夢の扉

 TBS系で日曜日の午後6時30分から放送されているこの番組は、いわゆる人間ドキュメント系の番組である。いろいろな分野で活躍している人物を取り上げ、その人物の取り組む仕事を紹介、将来の夢を語ってもらうという構成になっている。

 内容は様々で、登場人物によって変わる。そのために登場人物によってはどうしても興味を持てない内容になってしまうことがあるのが辛いところではあるが、それはこの手の番組では仕方のないことではある。どちらかと言えば「感動系」の番組なので、民放の場合は感動の押し売りになりがちという危険があるが(テレビ局によってはやらせを総動員してまで感動を押し売りする)、目下のところは露骨に目につく過剰演出はないように思われる。

 

エンターティーメント度 B

情報信頼度 B

タイプ分け 話題型

緊急お知らせ

当サイトがメールマガジン(無料)を発行することになりました。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 
  

トップページに戻る

2015/6/21 夢の扉「味・鮮度・食感キープ!"凍らせない"冷凍」

 冷凍食品などが増えているが、冷凍した場合に問題になるのは味や食感の低下。その原因は氷の成長に伴う組織の破壊によるドリップなど。関西大学の河原秀久が開発した技術は、このドリップをほとんど出さない方法。植物原料の無色・無味・無臭の液体を加えることで、氷の結晶が生成しなくなるのだとか。この技術は50種類以上の冷凍食品に使用されており、文部大臣表彰の科学技術賞を受賞した。

 河原がヒントを得ているのは極冠地域で暮らしている動物。彼らは体が凍結するのを防ぐためのタンパク質などを有している。

 さらに河原が次に挑んだのは凍らせない保存方法。ヒントとなったのはアラスカの甲虫が出すキシロマンナン脂質。しかしこの物質を取りに極冠に行くというわけにも行かない(そもそも甲虫から抽出した物質を食品に添加するわけにもいかないだろう)。そこで似た物質を調べた結果、キノコ類がそのような物質を持つことが分かり、到着した原料はエノキタケ。ここに含まれる物質が凍結を防ぐ効果があることが判明したのだ。河原はこれを不凍多糖と命名、これを応用すれば野菜の輸出なども可能になるのではという。

 河原はこの技術を食品にとどまらず他の分野にも展開したいと考えている。彼の言葉によると「医・食・住」を目指しているのだとか。この不凍多糖を飛行機の翼のコーティングに使用して氷が付くことを防ぐという研究がJAXAで行われている。さらにこの技術を信号機などに拡張することも考えているという。医療の分野では臓器移植用の臓器の保存なども考えている。現在は移植用臓器24時間程度しか保存できないのだが、河原の技術を使用することで長期保存を可能にするというのである。

 凍らせない冷凍と言えば、冷蔵庫メーカーも各社が機械的にそのようなものに挑んでいるが、河原の技術はそれを科学的に実現するという方法。単純だが面白い方法である。特に医療方面への応用には大いに期待したいところ。

 

2015/6/14 夢の扉「電気の"おすそわけ"で世界を変える!」

 自然エネルギーで問題になるのは発電量の不安定さ。発電規模が多くなればなるほどこれが問題になるし、これこそが原子力利権にしがみつきたい電力会社などが自然エネルギーを否定するための拠り所になっている。この自然エネルギーの不安定さの解消につながるシステムを考えているのが東京大学特任教授の阿部力也。彼が考えているシステムは、各家庭などで発電した電力を余っているところから足りないところに適宜融通できるようなルーターシステム。これが大規模にネットワーク化できれば、自然エネルギーの不安定さの解消につながり、日本がエネルギー的に自活していくことも可能になると考えている。

 一方、アフリカなど電気の恩恵を蒙っていない地域も存在する。しかしそんなアフリカでも携帯電話は必需品になってきているという。ケニアのマサイ族などの遊牧民は、携帯電話で業者などと連絡を取るのに不可欠になっており、普及率は70%にもなるという。しかし彼らの村には電気は届いておらず、今後引かれる可能性も皆無に近い。では彼らは携帯電話の充電をどうしているかだが、ソーラーパネルを装備した店に行くのだが、その数は圧倒的に少ないという。

 この状況を見た阿部が考えたシステムが、村人をオーナーにして、ソーラーパネルと充電用のルーター、蓄電池、そしてデータ管理用のスマホを貸し出し、電気が欲しい客は欲しい分だけを電子マネーで支払うことで、電気を量り売りできるというシステムである。名付けて充電キオスク。同時に充電ランタンや充電ラジオを貸し出すことで村人にも喜んでもらえるだろうというシステムである。

 このシステムを実際にビジネスとして立ち上げようと立ち上がったのが秋田智司。彼は学生時代にアフリカでボランティアを行った経験があるのだが、そこで彼らは援助ではなくて自分たちで村を豊かにすることを願っているということを知ったのだという。現地のためにもなるビジネスを立ち上げることを考えた彼が、秋田と組んでビジネスを進めることになったとのこと。

 現在、充電キオスクはケニアに5カ所、タンザニアに8カ所あり、村人たちに喜ばれているとのこと。

 何やら途中で番組の主旨が変わってしまったような奇妙な印象を受けるのが今回。そもそも秋田のルーターは電気の相互融通が一番の肝だったはずなのに、後半の充電ステーションだと単に供給した電気料が分かれば良いだけの話になってしまっていて、彼のルーターの本来目指している用途よりはかなり限定されてしまっているように感じるのだが・・・。彼のルーターは目下の権力に連なっている原発利権擁護派には都合が悪いので、その絡みがあるのか? 何しろ安倍は、自分に都合が悪い内容の番組を流した放送局はトップを呼びつけて露骨に圧力をかけるそうだから。

 

2015/6/7 夢の扉「水に浮く電気自動車!水害から命を守れ」

 従業員7人のベンチャー企業社長の鶴巻日出夫が開発しているのは水に浮く小型の電気自動車。小型だが4人乗りで水上を走行できる。水害などに遭遇した時に、そのまま水上を移動して陸に上がるのだという。アクセルをハンドルに置いたことによって足下スペースを確保して、エンジンに当たるモーターは車輪のところに。それによってコンパクトなボディながら大人4人が乗れるスペースを確保したのだとか。

 この車が水に浮くのは、ボディが風呂桶のような構造になっていて水が入らないようになっているからだとか。スクリューもないのに水上を進めるのは、タイヤのモーターに水を流す仕掛けがあるとか。

 鶴巻は大手自動車メーカーで設計畑を30年歩んだ後に独立、しかしさあこれからのところでいきなり予定していた出資者が撤退して、事業は最初から暗礁に乗り上げたという。試作を頼む工場に支払う金もない状態で散々苦労したが、ようやく融資をしてくれるスポンサーが現れて何とか事業化が見えたが、ベンチャー企業としては量産が出来るかどうかが正念場である。

 鶴巻がとりあえず実績を作るのに選んだ地はタイ。ここではスコールによる突然の洪水などで苦しんでいる上に、交通渋滞による排ガス問題なども深刻になりつつある。この国でなら鶴巻の車は受け入れられると睨んだのである。ただ将来のタイでの製作を睨んでタイのメーカーに試作車の部品を発注したのだが、到着した部品は精度が滅茶苦茶だったりで前途多難である。

 そうしてようやく完成した試作車を持ち込んで、タイでの認可をもらうために大臣を呼んでの試乗会を開催。なかなかの好感触を得る。

 なかなかに目の付け所が面白い。水上走行はともかく、コンパクトで安価な電気自動車は日本でも必要とされているので、タイで成功を収めることが出来れば日本市場も狙うことが出来るだろう。ただ現在の最高時速80キロで走行距離150キロというスペックは日本人を満足させられるかは微妙なところである。もっとも買い物自動車と割り切ったら十二分なスペックではあるが。一番の問題は、規制でがんじがらめの上に、明らかにトヨタ様最優遇となっている現在の許認可システムになるが。

 

2015/5/24 夢の扉「新たな老化原因"AGE"を撃退」

 今回のテーマは老化物質。こういうテーマは特に女性が食いつくだろう。

 現在、老化に関わる物質として注目されているのが終末糖化産物「AGE」。タンパク質などが糖と結合することで劣化するのだという。例えばコラーゲンと糖が結合すると、ボロボロの物質になってしまって弾力がなくなる。これが肌などで起これば弾力が低下することになるのだという。AGEは体内から排出されないのが問題なのだとか。

 このAGEを除去する方法を研究しているのが久留米大学医学部教授の山岸昌一。高校生の時に難病を患い、それを医者に治してもらったことから医学を志すようになったという人物である。

 彼が用いている方法は、アプタマーと呼ばれる物質をAGEに結びつけることで、それまでマクロファージが無視をしていたAGEを排出させるようにするという方法。ただこのアプタマーの発見にはかなりの苦労を要したという。100兆種類もあるというアプタマー候補からAGEとの結合力の強いものをふるい分けていくという方法を延々と2年に渡って繰り返したという。透析などに組み合わせて血液中からAGEを取り除く方法や、薬によって使用する方法などを研究中とか。

 今後の研究の進展に期待したいが、こういう情報が中途半端に出てくると、「AGEの蓄積を防ぐサプリ」とか「AGEを減らすサプリ」なんて謳ったインチキ商品がドカドカと出てきそうである。また不必要にAGEの驚異を煽ってその手のサプリを買わせようとする提灯番組とか・・・(かつての「あるある」のような)。とりあえずそういうのに注意が必要。

 

2015/4/26 夢の扉「これなら安心!手ブレをなくす手術とは!?」

 東京医科歯科大教授の川嶋健嗣は医師ではなく工学博士である。彼が開発しているのは手術支援ロボット。彼の開発したロボットは内視鏡手術のためのマニュピレーターで、これを使用することのメリットは手ぶれを防止できること、また動作の比率を変えることで細かい作業の時には手の動きに対してマニュピレーターの動きを小さくすることが出来る。またこれを使うと夢の遠隔医療も原理的には可能となる。

 ただ彼の開発は常に順調であったわけではない。3年かけて作った最初のロボットは、医師たちから「動きがぎこちない。使い物にならない。」と散々だったらしい。しかしそれでもコツコツと改良を重ねてようやく今日まで至っている。

 実は手術支援ロボットは世界中で開発が進んでおり、その中には既に実用化されているものもあり、ダ・ヴィンチという機種などは有名である。ただ現行の手術支援ロボットの弱点は触覚がないこと。触覚のフィードバックがないので臓器の固さなどが分からないのだという。それに対して川嶋のロボットの特徴は触覚のフィードバックがあること。それは電気動力ではなく、空気圧のシリンダーで動力にしているからだという。マニュピレーターに加わった力がそのまま手元に跳ね返ってくるのだという。

 いよいよ製品化目前のEMAROの医師によるテストが行われる。この装置が画期的なのは、従来は内視鏡操作をする人員が医師と別に必要だったのが、この装置では医師にセンサーをつけることにより医師が自分の見たいところに内視鏡を動かせることである。カメラ操作を他人に頼るというもどかしさがなくなるのだとか。

 また触覚のある手術支援ロボットは医師達にも大きな反響を呼ぶ。従来なら難しい縫い方が出来たり、細い糸を切らないような繊細な操作ができるという。ただこのテストで新たな問題点も発覚。早速川嶋は装置の改良に取り組む。

 内視鏡手術は患者の負担が少ないという点で非常に優れた術式だが、最近死亡事故を続出させた医師などで問題になったように、とにかく医師の技量に大きく頼る手術法である。それが機械のサポートによって安全に行えるようになれば、これは極めて画期的なことである。現在は一部のスーパードクターでないと出来ないような手術が、そこらの普通の医師でも出来るようになる可能性がある。また遠隔操作というのも非常に魅力的で、離島などの診療所に装置と現地医師がいて、実際の手術は都会の専門医が行うということが可能になる。これは僻地医療に革命をもたらす可能性があるし、医師も全国を飛び回らなくてすむので負担が減る上に効率も上がる。是非とも実用化願いたい技術である。

 ところでこの内容、以前にどこかで見た記憶があるのだが、この番組でないのなら何だったんだろうか? こんな内容を扱うとしたらサイエンスZERO辺りか?

 

2015/4/19 夢の扉「キッチン発電!?流した水が電気になる」

 今回のテーマは発電。しかしそれはいわゆる大規模な発電器ではなく、どこにでもある水道につけて、その水道の流れによって発電するという装置である。侮るなかれ、日本で使用されている水道水の量から計算すれば、日本全体では約3万世帯分の電力に当たる10万キロワットの発電が可能になる計算なのだという。

 これを開発したのがなんと従業員13人の町工場である中野製作所。開発に当たったのは二代目の中野和明。彼は、創業者である父が何かを開発しても、下請けメーカーであるために特許はすべて発注元の大手メーカーのものになってしまい、非常に悔しい思いをしてきているのを間近に見続けてきていた。そこで是非とも独自の技術を開発したいと考えたのだという。

 この装置の常識を超えた画期的なポイントは、タービンを使わないシステム。チュープの中に円柱を入れるだけで水の圧力で回転をするのだという。流体力学的に説明すれば、円筒にかかる圧力が不均一になり、部分で変わることで回転力につながるのだという。タービンは羽をつけるなどの加工のためにコストが高くなるので、これは画期的なコスト低減になる。そしてこの羽のないタービンの技術は、中野製作所に念願の初めての特許をもたらす。

 回転力を上げるためのタービンの形状開発に、中野は親子で取り組み徐々に性能を上げていき、試作機の制作につなげた。そしてこの水道発電に目を付けて共同開発を申し出てくるメーカーも現れた。ただそこで出てきた要望が、発電量を今の3倍の3ワットにすること。3ワットの出力を得られれば、LED照明やポータブルテレビ、センサー型自動水栓、スマホの充電など一気に用途が広がるのだという。

 しかしここからの開発に難航する。出力が2ワットぐらいで頭打ちになってしまったのだ。正月の祝いもそこそこに開発に邁進する中野。ブレークスルーになったのは開発当初からアドバイスを受けていた流体力学の専門家である関谷直樹助教のアドバイス。それはラバールノズルと呼ばれる、一旦絞ってから再び広げるタイプの流路の使用である。水流の勢いを増幅させる効果があるのだという。これの採用でついに目標の3ワットの達成に成功する。

 こうして改良した水道発電をひっさげて中野が乗り込んだのは工業技術の展示会。この会場で中野の水道発電はいろいろな企業に興味を持たれて大きな反響を呼び、製品化への手応えを感じる。

 頑張る町工場の熱い物語。また彼の開発を身近で見ていた息子が、自分も将来はエンジニアになりたいと語るのがなかなか泣ける。こういうのが技術立国日本の礎なのである。実際、日本で今まで技術を培ってきたのは大メーカーではなくてこういう中小企業であり、大メーカーはそれらの技術を総合することで競争力のある製品を製造してきたのである。それが大企業がその地位にあぐらをかいて、下請けいじめなど中小企業を圧迫し始めたのが現在の日本の体たらくの原因というわけ。農村を捨てて都市だけで国が成り立たないのと同様、中小企業をつぶして大企業だけでも国は成り立たないのである。

 

 

 

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

 

 

 

7/13 夢の扉「人工股関節で痛みを取り去る北海道の整形外科医に密着」

 北海道で整形外科のクリニックを開く石部基実医師は、人工股関節の手術で多くの変形性股関節症の患者を救っている。変形性股関節症は股関節の軟骨などがすり減ることで股関節の骨があたって炎症を起こす病気である。中年以降の女性に多いが、特に日本人は股関節の発達が不十分な人が多く、患者が多いのだという。この病気を発症した患者は、痛みであることができなくなるという。

 石部医師の手術はチタン製の人工股関節を使用するもの。少林寺拳法を習っている彼は、手術の前には少林拳のポーズで精神集中をして臨む。多くの手術経験を持つ彼は、骨格の変形などが大きくて人工股関節の装着が困難な患者に対しても、的確な技術で手術を進めていく。

 ただ人工股関節にも問題がないわけではないという。まずは耐久性。長年使用するうちにずれが生じ、再手術が必要になることがあるのだという。また感染症の危険。異物を埋め込むために、どうしても1%程度の確率で感染症が発生し、その場合には一度埋め込んだ人工股関節を取り外すことになってしまうのだという。しかしそれらも患者のために新たな技術の開発が進んでいる。

 北海道の腕利き整形外科医の話。高齢化社会の到来と共に、関節のトラブルで悩む患者は増加の一途なので、これからは整形外科医は仕事が確実に増えてくると思われる。ただ人工股関節の手術は、整形外科の技法としてはかなり一般的なので、果たして今回登場した石部医師がどれだけ特別なのかはいささか疑問なのであるが・・・。

 

6/29 夢の扉「日本からブラックバスを根絶させ生態系を取り戻す秘密兵器」

 日本各地で固有生態系を破壊して問題視されているブラックバス。そのブラックバスの根絶に挑んでいるのが宮城県水産技術総合センターの高橋清孝氏である。

 ブラックバスはその獰猛性と高い繁殖力によって各地の水系で大繁殖し、在来魚は激減している。成魚を捕らえたり、稚魚すくいなどによる対策は行われているが、ブラックバスの繁殖を抑えることはできていない。そこで高橋氏が開発したのが、人工産卵床。ブラックバスが産卵に好む砂利などを敷いた物で、そこに産卵させて卵を回収してしまうことでブラックバスを根絶しようと言う考えである。

 試験的に導入した地域では効果が出ており、各地に広がりつつあるのだが、ここで障害になっているのが馬鹿の存在だという。自分が釣りで楽しめれば、生態系も漁民の迷惑もどうでも良いという一部のバカ釣りマニアによる妨害活動があり、しかけた人工産卵床が破壊される例などがあるらしい。高橋氏も感情を抑えながらも「許される行為ではない」と怒りの滲む発言をしている。

 彼の目的はブラックバスを根絶することだが、その後もにらんでいる。ブラックバスによって絶滅させられた在来種をそこに戻して、生態系の回復を行おうと考えており、そのための活動も開始しているという。

 こういうのを見ていると、やはりいつも一番バカなのは人間なんだよな・・・。自分の遊びのために生態系を破壊する一部のバカ釣りマニアや、輸入した動物をそこらに簡単に棄てる一部のバカペットマニアは、もはや社会的害獣として駆除しないといけないのではないかという気さえ起こってくるのが現状である。

 実際、自然の生物を一方的に傷つけて、意味不明のキャッチアンドリリースなどで悦に入っているスポーツフィッシングなるものは私には理解できないし(そもそも魚を釣るのは捕って食うためであり、それ以外の漁は単なる暴力性の発現としか見えない)、本来は日本にいないはずの魚を日本で釣ろうとする心理も理解できない(それも周辺に多大な迷惑をかけて)。ブラックバス釣りをしたければ、一部の釣り堀などでしておけば良いと思うのだが。そもそも日本の自然界にはブラックバスなんていないはずなんだから。

 

6/8 夢の扉「枕で肩こり解消 女性整形外科医の挑戦」

 肩こりに悩む人は多いが、肩こりと枕の関係に注目しているのが、神奈川県相模原市の16号整形外科の山田朱織医師。日本で唯一の枕外来を開いている彼女によると、身体に合わない枕が首に負担をかけ、それが肩こりの原因になるのだという。

 彼女は患者に合わせた枕を処方しているが、そのポイントは上向きになった時に首の角度が15度になること、そして横を向いた時に顔がまっすぐになる高さ。すなわちこれが寝返りを打ちやすい高さなのだという。枕が柔らかすぎたり、高さが合わないと寝返りが打ちにくくなり、それが寝にくさや首の負担になるのだという。

 また家庭で出来る枕の作り方として、使い古して硬くなった座布団にタオルを重ねて高さを調整する方法を紹介している。ちなみに番組ではやはり肩こりに悩んでいる田中有紀美氏がナビゲータとして(というよりももろに被験者だが)体験しているが、一週間で肩こりがかなり解消したという。

 さてこの医師、どこかで見たことがあると思ったら、以前にガッテンにも登場していた医師です。いわゆるネタの重複。まあこの手のネタはあらゆる番組で紹介することに意義がありますから、ネタの重複は問題ないでしょう。肩こりで苦しんでいる方は試されるのがよろしいでしょう。ポイントは首の角度ですから、これをキチンと調整して下さい。またガッテンでも言ってましたが、マットなどが柔らかすぎるのも良くないです。

 なお私も寝苦しさで困っている(朝になっても疲れが取れない)のですが、これは絶対的な睡眠時間の不足と、睡眠時無呼吸症が原因だと思われます。これは枕だけではどうしようもないでしょうな。残念ながら。

 

12/9 夢の扉「お年寄りの心を救う!!84才のわらじ医者に密着」

 京都の早川一光氏は、診療所を設立して地域医療に尽くしてきた医師である。往診に力を入れていた彼は「わらじ医者」と呼ばれている。現在彼は、ラジオのパーソナリティをしながら、お年寄りの相談などを受け、高齢者の問題に取り組んでいる。彼のあくまで前向きな姿勢は、多くの高齢者に希望を与えている。

 彼は相談者に対して気になる点があると往診に飛んでいくという。彼はそこで薬を処方するわけではないが、患者の相談に乗るわけである。番組に登場した事例では3年前に最愛の妻を亡くして一人暮らしになった72才の男性の家を訪問したケースを紹介。家に引きこもってしまうことに危険を感じた早川氏は、彼にラジオのスタジオに遊びに来るように誘い、彼の目を外に向けさせるように誘導している。

 また彼が気に掛けている事例としては老老介護の現場などもある。70才の嫁が92才の姑を介護している事例などでは、共倒れになることを気にかけて定期的にのぞきに行っているようである。しかしあくまでその姿勢は常に前向き。介護を明るくとらえるというのが彼の姿勢らしい。

 さらに彼は高齢者の地域医療に取り組む若い医師などの支援も行っているとか。

 日本の医療で特に高齢者医療はもろに切り捨てられているが、小泉インチキ改革以来それに拍車がかかっており、今に国立の高齢者安楽死施設まで出来るのではないかという気さえする昨今だから、このような活動を行う医師がいることは貴重。ただ一番重要なのは、彼の遺志を継ぐ若手が多数出てくるかと、それを何らかの公的機関がバックアップできるかと言うこと。実際はここがかなり心許ないような気がするんだな・・・・。個人の使命感と善意には所詮は限界があるから。

 

11/4・11 夢の扉「すべては人命救助の為にハイパーレスキューに完全密着」

 番組では大規模災害などの場で活躍する東京消防庁のハイパーレスキューに密着。彼らは困難な現場で人命救助に挑む精鋭部隊である。それだけに最新の装備も用意されているが、最後はやはり体力勝負になる為、彼らは常に体力強化のためのトレーニングを欠かさない。番組では部隊長の清塚光夫氏に密着しているが、50才になった彼も常に体力トレーニングを欠かさない。中越地震で土砂崩れに埋まった車から子供を救い出したのも彼らである。

 番組では彼らの活躍を紹介しているが、土砂に埋まった車の中から、余震の危険を警戒しながら子供を救い出す姿や、台風の時に川の中州に取り残された男性を救うために、刻一刻と変化する状況を見ながら的確な判断をしていく姿は感動的。

 

10/21 夢の扉「有機農法で貧しい農民を救え!」

 荒川朋子氏はアジアやアフリカの人々に有機農法を教えている。彼らの国では大量の農薬が使用されており、その農薬による中毒などの問題や、土地の荒廃によって農薬の使用量がどんどんと増えて、借金漬けになるなどということが起こっているという。

 彼女が有機農法に使っている肥料は「ぼかし」。これは鶏糞や土着菌などを元にした肥料だという。これで土を活性化するのである。

 ただ有機農法は簡単なものではない。害虫に作物がやられることもある。害虫にやられて困り果てている生徒達に、彼女はあえて回答を教えることはしない。まず自分たちに考えさせることが重要なのだという。彼らが国に帰った時に、その状況に応じて考えていく必要があるからである。そして翌日、彼女が生徒達に教えたのはは木酢の作り方。これだと彼らの本国でも容易に作ることができる。

 しかし天敵は害虫だけではない。畑が台風に襲われたのだ。必死に台風対策を行う生徒達、その甲斐あって、作物は無事に収穫を迎える。

 農薬漬け、化学肥料漬けの農業で、世界各地の耕作地が荒廃していっているのは実は大問題になっている。化学肥料や農薬は使用することで短期的には収穫が上がるが、これを長期続けているとどんどんと土地が駄目になってしまい、最後は不毛の土地になってしまうことは知られている。結局は、その過程で先進国の農薬メーカーだけが儲けているというのが現実なのである。それに対する回答の一つは有機農法だが、実はこれは一朝一夕にやれるほど甘いものではない。実際、有機農法に取り組んだ農家でも、最初の数年はほとんど収穫がなかったという話は良く聞くし、有機農法に切り替えたから突然に美味しい野菜が収穫できるというものではなく、土が再生するのにかなりの時間がかかるという話もある。この学校で学んだ生徒達も、また本国ではいろいろの苦労があるだろう。

 ただ農業を取り巻く問題のもう一つ大きなものとして、水不足の問題もある。これも大規模灌漑農業が原因で、地下水が枯渇しているのだが、こっちは短期的な解決法がないというたちの悪さがある。結局、自然の中で回していける農業をしないと、自然から効率よく収奪する農業なら続かないと言うことであるのだが・・・。なお人口増加の問題もあり、このままいくと食料不足がさらに深刻化するのも確実視されており、どうもあらゆる点で明るい材料が見えないんだよな・・・。

 

10/14 夢の扉「自然の大切さを伝えたい ウミガメ保護に賭ける男の物語」

 馬場丈司氏は静岡の遠州灘海岸でで絶滅危惧種のアカウミガメの保護に取り組んでいる。遠州灘海岸は日本有数のウミガメの産卵地なのだが、これがウミガメにとっては非常に過酷な環境なのだという。

 一番の問題はレジャーのために乗り入れてくる自動車。これがウミガメの卵を踏みつぶすことなどもあるようだが、それでなくても、孵った子亀や産卵で体力の落ちた親亀が、轍の跡を乗り越えられなくて死亡するケースが多いのだという。しかも車の乗り入れによって、砂浜自体が消滅する危険性さえあるという。と言うのも、砂が風で飛ばされることを防いでいる植物が、車に踏まれて枯れてしまうことで、砂の減少が加速しているのだという。

 馬場氏はウミガメの産卵状況を毎日観察すると共に、産み落とされた卵を保護して、孵化させた後に海に放流するという活動を行っている。また植物の移植も行っている。

 基本的には車の乗り入れを禁止するのが一番なのであるが、行政は腰が重いという。今でもほとんどの海岸が車の乗り入れを禁止していない。

 また子亀にとっての環境の悪化も著しいという。最近は夜に孵った子亀が、海に出ても陸に戻ってくることが多くなっているという。それは子亀は月の光からの紫外線を見て海の方向を判断するのに、最近は蛍光灯などの紫外線を発する照明で陸が明るいために、海の方向を見失うのだとか。そこで最近は夜に孵った子亀を昼に放流するようにしたという。

 彼の願いは20年後に、多くの成長したウミガメがここに帰ってくること。それを願いながら、彼は子供達への自然の尊さを伝える活動を行っている。

 ウミガメの産卵地がひどい状態にあるということは聞いていたが、確かにこれは悲惨。しかし地元自治体なんかは、ウミガメよりも観光客の方を優先したいのが本音だったりするんだな。この手の問題の発生はRV車のブーム以来。一部のユーザーが我が物顔であちこちの自然を踏み荒らすことが急増したという(山の小川なんかに乗り入れて、滅茶苦茶にした例もある)。どの世界でも言えるんだが、どうしても一部にはどうしようもない馬鹿がいるわけで、そういう連中に道具を与えてしまうと、何とかに刃物状態になってしまうんだな・・・。啓蒙活動で分かるような者の場合は問題ないんだが、どうしてもそうでない奴もいるから(自分の楽しみのためなら、回りにどれだけ迷惑をかけても良いという馬鹿はいる)。

 

10/7 夢の扉「北の大地から宇宙へ ロケット開発に挑む男の物語」

 去年に放送した北海道大学の永田晴紀氏のカムイロケットの続報。彼の挑戦は、民間の技術で小型宇宙ロケットを打ち上げるというものである。彼の考えに共感した町工場・植松電機の社長の技術協力を得て、彼はカムイロケットの開発に挑んでいた。去年に打ち上げを目指したが、エンジンテストで爆発事故が相次ぎ、結局は打ち上げが中止に追い込まれていた。今回はリターンマッチである。彼はエンジン爆発の原因を究明して、改良エンジンを用意していた。

 しかし打ち上げ直前で問題が噴出する。計測機器が増えたことで当初目論んでいた機体よりも重くて長くなってしまったのだという。しかも打ち上げ当日になって台風が北海道に接近、打ち上げが可能かどうかが怪しくなる。

 だが簡単に打ち上げ延長は出来なかった。ロケットは海に向かって打ち上げるので、打ち上げ前に漁船に避難してもらう必要がある。また監視船を出すために漁協に協力してもらうことになっていた。もう打ち上げが延期になると、寮のシーズンの関係で来年の春になってしまう。

 永田氏は直前まで天気図や空をにらむ羽目になる。しかし幸運にも打ち上げ寸前の6時頃から風が弱まり始め、天気も回復してくる。遠くから打ち上げを見にやって来ている人たちもいる。永田氏は打ち上げ決行を決意する。

 緊張の中秒読み、そしてエンジンに点火される。そしてロケットはまっすぐに大空に上がっていく。打ち上げ成功だった。目標高度の5キロには届かず、高度3.5キロだったが、それでも永田氏にとっては満足すべき第一歩だった。

 前回、尻切れとんぼになっていた内容のその後。正直「良かったな」という展開。日本においてはこのようなチャレンジングな取り組みはほとんどないので、こういうのは理系の端くれとして応援したくなる。とりあえずこの取り組みが、日本の将来の民間宇宙開発に結びついてくれれば万々歳である。また町工場の心意気も私は買いたい。

 

9/30 夢の扉「認知症高齢者のためのスウェーデン式最新介護法」

 今回の主人公はスウェーデン人のグスタフ・ストランデル氏。介護に関しての先進国であるスウェーデンからやって来た彼は、日本の認知症患者の介護に力を入れている。

 高齢化社会の進むスウェーデンでは介護用品が非常に進歩しており、多くの認知症患者がそれらを使って一人暮らししているという。例えば、声だけで相手が分からない認知症患者のための写真の入った電話や、認知症患者のために大きくしてボタンを減らしたリモコンや、ベッドから下りた途端に時間を知らせる時計など、様々な機器が開発されている。スウェーデンでは100年前から高齢化社会であるので、認知症の研究も進んでいるという。

 また彼が紹介する最新の介護法がタクティールケアという手法。マッサージのようにも見える方法だが、興奮した認知症患者などにスキンシップによる絆を感じさせることで安心感を与える手法である。日本でもこの手法を取り入れる施設などが登場しているという。

 タクティールケアなる手法にどの程度効果があるのかは分からないが、感覚が混乱している認知症患者には、スキンシップで安心感を与えるというのはあり得る手法だとは感じる。

 それにしてもさすがに高齢化社会の大ベテランだけあって、高齢者への対処の仕方には堂のいったものがある。これに比べると日本は、未だに「姥捨て山」の発想から脱していない。果たして日本がスウェーデンのようなレベルになれる日はくるかどうか。

 

9/23 夢の扉「盲導犬不足を解消 繁殖の新技術!!」

 視覚障害者の目となる盲導犬。非常にニーズは高いのだが、育成に手間がかかるためになかなか数が確保できないでいる。また盲導犬には精神的に落ち着いていることや集中力が持続できることなどの特性が必要であるが、これらは主に先天的に決まっており、訓練でどうなるというものではないのだという。そのために盲導犬の合格率は1/3程度しかない。

 現在、盲導犬は盲導犬に適した性質を持つ繁殖犬と呼ばれる親同士を掛け合わせることで産まれているが、盲導犬育成の専門家である諏訪義典氏はそこに人工繁殖の技術を導入した。彼は海外から輸入した凍結精子などを使用して、盲導犬に適した特性を持つ犬の誕生を増やそうとしている。

 さらに最近、遺伝子を直接解明することで盲導犬に適した性質を決定する遺伝子パターンの懐石などにも取り組んでいる。その結果、ある遺伝子パターンがある犬が盲導犬の合格率の高いことが明らかになったのだという。

 今後、このようなデータをより集めていくことで、盲導犬が増やせる可能性が出てくるという。

 盲導犬の訓練はかなり手間がかかるだけに、訓練をした犬が盲導犬として不合格になれば、それはまるまる損害になってしまう。そう言う点では、合格率の高そうな犬を事前に生み出すことが可能になる彼の方法は要注目だろう。ただ、この手の研究で常々感じることなんだが、なんとなく生物を機会扱いしているような後ろめたさがあるんですよね。本来は犬も人間と同様に様々な個性があるわけだが、その中から人間に都合がよい個性を選別しようとしているわけですから。

 ちなみにこの技術が人間に悪用されれば、独裁国家などが国家に対して従順な国民だけを選別しようとするなんて可能性もあります。そうなれば完全に悪夢です。もっともそんな国民ばかり集めた国家なんて、早晩自滅するのがオチだろうとは思いますがね。

 

9/16 夢の扉「聴覚障害者の生活圏を広げる機械を発明した男」

 聴覚障害者にとって問題となるのは、いろいろな警告音などが聞こえないこと。例えば玄関の呼び鈴が鳴っても彼らには分からない。現在は、例えば呼び鈴が押されるとライトがつくなどといった装置があるが、日中には気づきにくいなどの問題がある。その問題を解消する装置を開発したのが齋藤勝氏である。

 齋藤氏は自身も聴覚障害を持っており、奥さんを亡くしてから覿面に生活の困難にぶち当たったのだという。そこで無線の技術などを勉強し、企業と合同で「シルウォッチ」を開発したのだという。シルウォッチは玄関の呼び鈴や電話の呼び出し音などの音を感知し、それを腕時計型の受信機に送信する。受信機ではそれを振動と文字で伝えるのである。また送信機を相手に渡すことで、呼び出しの時に信号を送ってもらうなどということも可能で、今までは窓口で呼び出しを待つのに常にそっちを注意しておく必要があったのが、その必要がなくなるなど、聴覚障害者の生活が格段に便利になったという。

 さらにシルウォッチの技術は様々な局面に応用されている。ある工場ではラインのパレットの管理にシルウォッチを導入している。パレットの残量が減少すると、作業員に信号が送られるようにしたのだという。そのことによって作業員がつねにパレットを監視しておく必要がなくなった。

 また高齢者施設への導入の相談もあった。新潟の認知症介護施設の翆風園では、高齢者が勝手に施設から出て行って徘徊することが問題となっていたが、高齢者の衣服などに小型の発信器を装着することで、高齢者が玄関に近づくと介護員の受信機に連絡が入るようになり、迅速な対応が可能となった。

 自身が聴覚障害を持っているからこそ思いついたというべきか。よく「相手の立場になって考える」などと言いますが、実際には健常者にはなかなか難しい。こういう機器の開発は今後も進んでもらいたいところ。こういった器具によって、障害者が健常者と全く差のない条件で生活できるというのが、本当の意味での平等社会なので。

 なおこのシルウォッチ、まだまだ応用範囲は広そうに思うのだが。

 

8/12 夢の扉「猛暑の都市を冷ませ!濡れない不思議な水」

 都会のヒートアイランド現象が地球温暖化との絡みで注目されているが、その灼熱した都市を水で冷まそうとしているのが東京理科大学の辻本誠氏である。

 彼が用いるのがドライミスト。通常の散水器だとあたりが水浸しになってしまうが、この装置は高圧噴射によって0.016ミリという微細な水滴にして噴出することで、噴出された水滴は直ちに気化、その時に周囲の熱を気化熱として奪うのである。実際に町中で実験を行った結果、1〜2度ぐらいは温度を下げる効果があるという。そのことによって周囲のエアコンの負担が軽減すれば、それがエネルギー消費の減少につながり、ひいては地球温暖化に歯止めをかけることになるというわけである。

 もっともこの装置も万能というわけではない。やはり水を出すので湿気の高い時に使用するとかえって不快になる可能性があるし、風が強い時なども効果が薄い。しかしエアコンなどに比べると使用する電力は圧倒的に少なく、また水にしても緑化した場合に散水する程度の量だと考えればよいという。辻本氏の言によると「緑化したと考えて導入すると、簡単に冷却効果が得られる」とのこと。

 なお最近では半地下式の地下鉄の駅で実験してみたり、家庭での実験も開始しており、将来はエアコン並の価格で一般家庭に普及させたいとか。

 考え方としては打ち水などと同じだが、より洗練されている方法。確かに屋外などには有効なように思われる。ただ室内の場合、私の部屋のように機械ものの多いところでは使いたくない(笑)。それに湿度が上がるという問題は、実は意外と大問題になる場面は多いと思うので、使用できる局面は結構限られると思う。ただそれでも発想としてはなかなか面白い。ところでこの装置、気温を下げるだけでなく、炭坑や製粉工場などでの粉塵爆発防止には使えないのだろうか?

 

8/5 夢の扉「もう一度歩く喜びを リハビリにかける獣医師」

 人工心肺を装備した最新鋭の手術室、巨大な放射線治療装置。最先端の医療機器が並ぶここは動物病院である。日本大学付属動物病院の獣医師・枝村一弥氏によると、ここには他の獣医で打つ手がないと言われた動物たちがやってくる最後の砦である。枝村氏が特に力を入れているのが、歩けなくなった動物のリハビリ。

 今日も重傷の動物が診療に連れられてくる。腫瘍によって脊髄を圧迫されて歩けなくなった犬、椎間板ヘルニアによって歩けなくなった犬などである。最新鋭の画像診断装置で患部の状態を確認すると、患部の除去などの大手術が行われる。

 手術のあとはリハビリになる。麻痺していた足の感覚を取り戻して、筋肉が動くようにしてやる必要がある。彼がとる手法は、初期は足を手で動かしてやって筋肉などを刺激する方法、さらに回復が進むとカートセラピーという車いすを使った歩行訓練を実施する。リハビリには飼い主の協力が不可欠なのだが、これらの器具を使用することで飼い主の負担を小さくすることが出来るのだという。

 この番組は医師ネタが多いんですが、今回は獣医師です。人間に対して行うような最先端の医療を実施しているのがこの病院のよう。ただ健康保険の存在しない動物の場合、医療費がかなりになると思うのですが、それだけの医療費をかけても治療して欲しいと飼い主が連れてくるペットたちですから、ここにくるペットはみんな幸福な連中だと思います。実際にはひどい環境で飼われているペットも少なくないわけで・・・。なお私はペットを飼っていないし、どちらかというと動物が苦手な人間なので、動物を飼う心理は今ひとつ理解できません。ただ動物を飼う以上は、ここに登場した飼い主のように、愛情と責任を持って飼ってもらいたいものです。

 

7/29 夢の扉「発展途上国の子供達を救う 無償・無給で働く医師」

 吉岡秀人氏はミャンマーでボランティアで働いている医師である。彼は小児外科医で、手術代を取らないために、ミャンマー各地から難病の子供が集まっているという。集まってきた患者の親たちは、吉岡医師のことを「仏様のような人」と語っている。吉岡医師は4年間、ほとんど日本に帰らずに治療に明け暮れている。彼は無給で働いているために、日本に残っている妻が働いているのだという。

 しかし医療の現場は厳しい。物資は圧倒的に不足しているし、停電もしょっちゅう起こる状況。そんな中で、時には懐中電灯の明かりの下で手術することもある。

 彼の目標の一つは後継者を育てること。現在、彼の元には数人のスタッフがいるが、いずれもここで修行を積んで国際医療の現場に飛び出していってくれることを彼は期待している。

 うーん、あまりのすごさに感動してしまったのだが、一体彼をそこまで動かす原動力は何なんだろうか。正直なところ、私の理解を超えている。世の中、自分の利益のために平気で他人を踏み台にするような輩ばかりが増え、しかもそんな輩が「成功者」としてもてはやされる時代に、無償でここまでがんばれる日本人がいるということには感動を覚える。彼ほどでなくとも、その何分の一かでも他人のことを考えられる者が増えれば、この国ももっと良くなるんだが・・・。残念ながら逆の方向に向かっている。

 

7/22 夢の扉「都会のおいしい蜂蜜物語 銀座ミツバチプロジェクト」

 田中淳夫氏はなんと銀座で養蜂を行うプロジェクトを立ち上げている。彼のプロジェクトに参加しているのは、銀座で働く素人ばかりでみんなボランティアだという。

 彼が銀座での養蜂を思いついたのは、六本木再開発などで銀座がポツンと取り残されているように感じ、銀座の活性化の必要を感じたことだという。そこで銀座の名物を作りたいと考えたのだという。彼が参考にしたのはパリのオペラ座の屋上で養蜂がされているということ。彼は養蜂家に弟子入りして、去年の3月に銀座ミツバチプロジェクトを立ち上げたのだという。

 しかし当初はハチに刺される人が出たりしないかという安全性に疑問を感じる人がいたのだが、ミツバチは障害物を飛び越して花の場所まで最短距離を飛ぶので、ハチに刺される人は出なかったという。また量も予想以上に採れ、しかも味が非常に良かったのだという。

 調査の結果、ハチはいろいろな花から蜜を集めており、それが独自のブレンドの非常にさっぱりした美味しい蜂蜜になったのだという。この銀座蜂蜜を使用したスイーツなどが製造され販売されたという(いずれも6月で終了)。

 なお銀座蜂蜜は、花の咲く4〜6月のみに行われ、まだまだ密の量も多くはないが、将来はもっと規模を拡大して、年間を通して安定供給できることを目指すとか。また田中氏はミツバチが活動することで、この地域の自然がより生き生きとしてくることも願っているという。

 銀座の真ん中で本当に食べられる蜂蜜ができるのかと疑問を感じたのだが、意外と良い密が採れたようである。ただ問題は品質の安定性になるのではないか。このようなブレンド蜂蜜の場合、そのたびに品質が変わってしまうのが問題で、だから専門の養蜂家はレンゲ蜂蜜などなるべく純品しか採らない。銀座蜂蜜を使用した料理なども登場していたが、毎回蜂蜜の風味が変われば、そのたびにメニューを検討する必要が出てくることになり大変である。自然のない都会の中で、自然を感じさせるプロジェクトいうのは結構ではあるが。

 なお品質の問題点としては、私としてはもう一つ気になることがあるのだが、それはあえて大きな声では言う気はしない。ただ一言だけ言っておくと、本当に集めているのが花の蜜だけかということである。

 

7/15 夢の扉「幸せを運ぶ福祉機器を! 人情派ロボット博士の挑戦」

 長崎大学でロボット工学を指導している石松隆和氏は、福祉機器の開発に積極的に取り組んでいる。彼は元々は産業機械の開発を行っていたのだが、福祉の分野にそのような機器を必要としている多くの人がいることを知り、この分野に取り組むことになったのだという。

 彼の開発品は、たとえば難病による体の麻痺によって手が動かせない人のために、頭で触るだけでナースコールをできる機器や、鍵の開け閉めができる機器などである。

 彼は開発した機器の材料費しか請求しないという。しかし材料費をなるべく安くあげるための努力も惜しまない。番組ではやはり難病で二階に上がることができなくなった女性のために、二階に上がれるようにする機器の開発を行っていた。すでにこのような機器は市販のものがあるのだが、それでは高すぎるので、彼はいかにして安価に機能を果たせるものができるかを考え、全く新しい昇降システムを提案している。

 この番組に非常に多い「福祉機器開発に携わる人間」のパターン。ただいずれの場合も言えるのは、とにかく本人に強い目的意識があるということである。今回の石松氏もかなり熱い人物であることが番組からうかがえた。やっぱり、ああいう「直接人に役に立つ機器」の開発ってのは、技術者冥利に尽きるところがあるんだろうな。機械屋ではないがやはり理系ではある私にも、何となく分かるような気はする。

 

7/8 夢の扉「自然が失われていく島で森を再生させる植物学者」

 マダガスカルはバオバブの木やキツネザルなどの独自種に恵まれた豊かな自然を誇る島である。しかし近年は、人口の増加による開墾や炭を作るための伐採などで8割もの森が失われて、生態系が危機に瀕しているという。

 植物学者の吉田彰氏は、そんなマダガスカルでボランティアグループで森の再生に取り組んでいる。彼は村人の協力を得ながら荒れ地に木を植える活動をしている。最初は彼の活動に疑問を感じていた村人たちも、今では積極的に彼に協力するようになっているという。

 また彼は廃材を使用した木彫りを村人に指導することで、村人に炭を作るよりも少ない木で高収入を得る方法を指導したり、次代を担う子供たちに森の生き物のことを教えるなどの活動を行い、この島の自然を再生させようとしている。

 今はキツネザルも減少したので、マダガスカルの子供でもキツネザルを見たことがない子供がほとんどだとか。そう言えば以前に何かの番組(宇宙船地球号かな?)で、アフリカの子供もゾウを見たことがないので、子供たちにゾウを見せることで自然の保護の意味を訴えるということをしている人もいたが、いずこも同じ状況なのか。

 そう言えば日本でも、今はキツネや狸を見たことのある子供なんてほとんどいないだろうからな・・・。自然は遠くなりにけりか。確かにこれは大問題だ。

 

7/1 夢の扉「不可能を可能にする町工場 もの作り職人の挑戦」

 田中隆氏は東京都大田区の町工場・安久工機の経営者である。従業員6人という典型的な町工場だが、彼はその創意工夫力と卓越した技術によって年商1億円をあげている。彼が開発した製品としては折りたたみ式パイロンなどというものもあるが、彼の技術を見込んで研究機関などから試作品の製造を依頼されることが多いという。

 彼が深く関与しているのは医療機器の分野で、特に人工心臓などは、血栓ができないようにするためには高度な技術が必要であり、彼の技術が大きく貢献している。彼は人工心臓開発のチームにも参加していた。

 そんな彼の元に盲学校からの依頼が舞い込んだ。全盲の生徒のために絵を描ける機械を作ってほしいというものである。全盲の生徒が絵を描くには、線を触って確認できる必要がある。現在はレーズライターという表面作図器が使用されているが、専用の紙が必要な上に一度描いた線を消せないという問題がある。

 田中氏はこの難題に対して、蜜蝋をインク代わりに使用するペンを開発した。加熱して溶かした蜜蝋をインク代わりに使用することで、盛り上がった線を描けて、しかも消す時は削れば良い。蜜蝋の出る量の制御などに苦労したが、そこはバルブを組み込んで先を押した時にバルブが開くようにして解決。早速生徒に使用してもらったところ、非常に好評であった。

 彼の父親もやはり腕の良い機械職人だったとのことで、その姿を見ているうちに自らも職人になってしまったのだという田中氏。「不可能を可能にする」という意気込みがなかなか良い。また彼は単なる町工場のおっちゃんではなく、現在は大学の博士課程にも通っているというから、技術だけでなく知識の裏付けもあるわけである(そうでないと医療機器の開発はできない)。

 やっぱり物を作っている人間はいい目の輝きをしているなとつくづく感じた。金を動かしているだけの奴が、いくら金持ちでも死んだ目をしているのと対照的(ホリエモンとか村上某が典型的だが)。やっぱり日本の技術の底辺は町工場が支えてるんだよな・・・。

 

6/24 夢の扉「野生動物を絶滅から救え!復活に挑む男に密着」

 よこはま動物園ズーラシアは、絶滅寸前の希少動物を多く飼育している。また単に飼育するだけでなく、絶滅寸前の動物を繁殖させるための繁殖センターも設置されている。白石利郎氏はここでカンムリシロムクなどの繁殖に取り組んでいる。生息地のインドネシアでは密漁によって絶滅に瀕しているのだという。彼はカンムリシロムクを繁殖させ、野生に帰そうとしている。

 繁殖には相性が大切であるので、繁殖時のペアリングには一番気を遣うという。団体行動をさせてその中で相性を見極めるのだとのことで、立場はほとんど仲人である。番組ではカンムリシロムクのペアの産卵から孵化までを追跡している。

 インドネシアでカンムリシロムクが絶滅寸前に追い込まれたのは、野鳥を飼うのがこの地域の男性のステータスになっているためで、それが密猟を促進してしまったとのことなんだが、そこのところの対策はどうなんだろうか。白石氏がいくら頑張って現地にカンムリシロムクを送り込んでも、それがアホな密猟者の餌食になってしまったら元も子もない。

 しかしどこでも人間のエゴや愚かさが自然の破壊を進め、ひいては人間自身をも追いつめていたりするんだな・・・。本当、そういうのを考えると空しくなることがある。一部の馬鹿が人類全体を滅ぼす危険さえあるのが今日だから。

 

6/17 夢の扉「一歩でも多く歩いてほしい 夢の靴を作る職人の情熱」

 神戸の靴職人の中井松幸氏は、足に障害のある人のための靴を作っている。彼の靴はオーダーメイドであるために年間200足ぐらいしか作れないので、注文は1〜2ヶ月待ちの状態だという。障害者の靴はフルオーダーになるので通常は極めて高価なのだが、彼の靴は比較的安価に出来るのが売りでもある。

 彼が最初に見せたのは外反母趾用の靴。見た目は普通の革靴なのに、中に鼻緒が入っているのがポイント。靴の中に親指の入るスペヘスがあるので、指がまっすぐになって外反母趾の進行が止まるのだという。

 彼の元を訪れるのは重度の障害を持った人も多い。ある人物は事故で下半身の麻痺があり、足首に全く力が入らずに歩けない状態。しかし彼はかかとを固定して足を支える靴を作り、この靴のおかげで歩けるようになったという。彼は足の不自由な人のためにたくさんの靴を作り、その功績で1998年には現代の名工に、2000年には黄綬褒章を受章したという。彼が靴を作る時にお客に対して必ずすることが、相手を笑わせること。彼によるとリラックスした足とそうでない足では4ミリの差が出てしまうのだという。

 また新たなお客が訪れた。今度はポリオのために片足のサイズが極端に小さい女性。彼女は普通の靴だと履けないし、すぐに着かれてしまって歩けないのだという。彼女の「格好良い靴を履いて三宮でショッピングしたい」という希望のために中井氏が作った靴は、見た目は左右の大きさが全く変わらないのに、中で巧みに足を固定している靴。その靴を履いた途端、今までぎくしゃくした歩き方だった女性が、颯爽と歩けるようになり、彼女の希望も叶えられた。

 しかし彼も仕事を辞めようと思ったことがあったという。あの大震災で彼の作業所も大被害を受け、もう仕事を続けるのは難しいと思われたのだという。しかし彼の元をわざわざ訪ねてきた障害者がいて、彼らのためにも仕事を続けないといけないと思ったとか。

 さらに彼の元に靴の修理を頼みに来た男性の場合は、もっと劇的である。先天性の骨の病気で車椅子生活を余儀なくされていた男性が、彼の靴で歩けるようになったどころか、今では走りさえ出来るようになったという。彼の右足は病気のせいで5センチも短いので、普通の靴が履けずに今までは底上げをした靴を履いていたという。しかしそれでは靴が思い上に底が固いので、思うように歩けない。そこで中井氏は、内部で二重底になっている靴を作り、軽くて底が曲がる靴を作った。そのおかげで彼は見た目では障害が分からないぐらいに歩けるようになったのだという。

 思わず感動してしまいそうになった内容。靴一つでもこれだけ重要なんですね。考えてみると、そもそも昔は靴はすべてオーダーメイドだったんですが、それが生産性重視で規格品が出来るようになった結果、障害を持っている人ははじき飛ばされてしまっていたわけである。最初にこの番組の冒頭を見た時は「靴で歩けるようになる」という意味がよく分からなかったのだが、番組を見て初めてその意味がよく分かった。中井氏が絵に描いたような職人のおっちゃんだったのが印象的。ただ一つ気になったのは、彼がこの仕事を出来なくなった後、誰がそれを引き継ぐのかである。

 

6/10 夢の扉「出産の環境が悪い国で子供たちの命を救いたい」

 74才になる牧野幸江氏はアフリカのマダガスカルで現役の助産婦として活躍している。彼女が働いている産院では多い日は1日に10件もの出産があるという。彼女は妊婦を励ましつつも心をほぐして出産を助けている。

 出産した妊婦が大抵直面するのは母乳の出の悪さだという。栄養状態の悪いマダガスカルでは母親の栄養が不十分なせいで母乳の出が悪い妊婦が多いのだという。しかし現地では粉ミルクは非常に高価で手が届かない。だから彼女は、日本から粉ミルクを送ってもらっているという。

 しかしマダガスカルの問題点は、乳児死亡率の異常な高さだという。産院が少ないために自宅出産する妊婦が多いが、正しい出産の知識が少ないために、妊婦の腹を押したり不衛生な道具でへその緒を切ったりなど、かなり危険な出産がなされているという。そこで彼女は正しい出産の知識を助産師に指導する行動もしている。

 また栄養失調の児童が多いのも問題。母乳が不十分の上に離乳食を与える習慣がないことが問題だという。彼女は離乳食の指導も行っている。

 出産というのは実はかなり大変だったのだということを改めて感じさせられた。日本では医療技術の進歩で出産時の死亡はかなりなくなったが、少し前までは死産や妊婦の死亡もかなり多かったという現実がある。

 もっとも日本でも、最近は産婦人科医の志望者が減少しており、地方の病院では産科を閉鎖するところが出てきていたりと問題になっている。また牧野氏はマダガスカルの子供は元気があると言っていたが、日本の子供が急速に元気をなくしているのも心配である。そもそも大人があまり明るい顔をしなくなっているから、それが子供に反映しているのだろう。日本ももっと将来に希望が持てて、人々が明るい表情を出来る世の中にしないといけないのだが・・・・。

 

6/3 夢の扉「究極の省エネルギーで地球温暖化を防ぎたい」

 省エネルギーコンサルタントの森幸一氏は、企業や官庁などの省エネルギーを手がけている。彼が手がけたガソリンスタンドでは電気代が3割以上も減少したという。彼がこのガソリンスタンドで目をつけたのは、照明に使っている水銀灯用の安定器。ここのコイルが猛烈に発熱していたのだという。安定器の発熱は単なる電気の無駄でしかないので、彼はコイルの銅線を1.2倍の太さの物に変更、そのことによって発熱が著しく減少し、消費電力も減少したのだという。

 彼の省エネのポイントは、このような無駄を見つけて省くというもの。たとえ省エネになっても快適性を損なうようでは続かないというのが彼の持論である。彼の開発した蛍光灯照明器具は、蛍光灯の後ろに反射板をつけることで、一本の蛍光灯で二本分の明るさを出すことが出来る。また家庭などでもファンを用いた気流循環装置で、部屋の上と下の温度差をなくすことで省エネにつながるのだとか。

 彼が目指していることは、省エネルギーによって二酸化炭素の排出を減らし、地球温暖化を阻止すること。環境意識の高まりで彼の元に相談に来る企業も、かつてはコストのことばかりを気にしていたのに、最近はどれだけ二酸化炭素を減らせるかということに注目するようになっているという。最近は彼はLED照明に注目しており、LEDを使用した広告照明などが地下鉄などで採用されているという。すべての広告がこれに置き換わると(現行では蛍光灯を使用している)、それだけでも省エネ効果は大きいという。

 その彼が手がけた大型案件が巨大ショッピングセンター(イオンですな)の空調の省エネ。彼が空調機器を調査して注目したのは大型のモーター。この施設の空調は冷水を循環させて冷房する方式で、温度が下がりすぎるとバルブで冷水を止めるのだが、その間もモーターはフル回転のままなのだという。彼はこのモーターに温度センサーと連動したコントローラを取り付けることで、快適さを損ねることなく大幅な消費電力の削減に成功した。

 驚いたのは彼の事業が成功報酬だと言うこと。ショッピングセンターの案件なども、一千万円もの装置を投入したのだが、それでうまく行かなかったら、すべて彼が損失をかぶることになっているのだという。そのようなやり方でもやれるのは、彼がよほど自分の技術に自信を持っていることでもある。

 とにかく快適さを損なわずに省エネというのが素晴らしい。とかく「省エネのためには不便を我慢しろ」というのが多いが、夏に暑さに耐えないといけないような省エネはまずは続かない。快適さが変わらないのなら、省エネに対する抵抗はなくなる。つまりは彼のやり方は、正真正銘の無駄を省くという物であり実に合理的である。もっとも彼が活躍する余地があると言うことは、今の世の中にあまりに無駄が多いということでもあるのだが。まあ日本で活路がなくなっても、アメリカや中国などに行けばいくらでも仕事はありそうだが(あの国ではエネルギーが垂れ流しだから・・・もっとも現状ではそれを改善する意識もまるでないのが問題。アメリカ人を口説くには「省エネに取り組むと御社のイメージが上がりますよ」と売り込んで、中国人を口説くには「省エネに取り組むと、御社の利益が増えますよ」と売り込むべきか。)。

 

5/27 夢の扉「貧困で苦しむ子供たちに大層で笑顔と夢を与える」

 体操選手だった石本泰規氏は、ジャマイカで体操指導をボランティアで行っている。彼のジムに来ているのは貧困層の子供たちだが、そこには厳しい現実がある。

 ジャマイカは貧困から来る犯罪が絶えず、ギャングなどの抗争による殺人事件が多発している。子供たちの中にもギャグの犯罪に巻き込まれたり、ギャングの一員になる者がいたりなど、生活全体が荒んでいるのである。石本氏は、子供たちに打ち込むことが出来るものが出来ることで、そのような犯罪の誘惑から距離をおけるのではないか、彼らが代わっていくことで社会全体も少しでも変わっていくのではないかと期待している。

 彼の現在の希望は、子供たちの中から将来のオリンピック選手が出ることである。今まで体操でオリンピックに出たことのないジャマイカだが、彼らの中からオリンピック選手が出ることで、少しでも社会が変わってくれることを期待したいのだという。

 手のつけようのない厳しい現実でやるせなくなってくる。ただその中で、少しでも何かの影響を与えられるのではないかと頑張っている石本氏については応援したい。一番心配なのは、彼も言っていたが、彼の元で体操に励んだ子供たちがこれから直面するであろう不公平に満ちた社会である。その中で彼らがまっすぐに生きていけるか・・・。社会の矛盾が増えると人心が荒み、それが社会の荒廃につながっていく。その循環に入り込むと簡単には抜けられない。

 ちなみに日本もそのような社会に入り込むかどうかの分水嶺にさしかかっている気がする。判断基準はいくつかあるが、挙げておくと、社会階層が固定化されている(貧困の再生産)、汚職や腐敗などが蔓延しているのに処罰がされない、警察が手を出さない(出せない)犯罪組織があるなどである。これで見ると、日本もかなりやばくなっているわけである。

 

5/20 夢の扉「子供たちの自然の扉を開く水族館 後編」

 先週に紹介されていた世界最大級という人工水槽・蛇の目ビーチがいよいよ完成にこぎ着けた。

 このプールでは海水を取り入れた上で、人工的に干満と波を作り、海の環境を再現している。また水族館では海水を使用する際はバクテリアなどが入り込まないように殺菌するが、ここではあえてそのままの海水を使用することで、プランクトンなどを餌にするのだという。

 ここに放つ生きものは飼育員自身が採取に出かける。干潟の生きもの、磯の生きもの、そして海の生きものなどが集められる。ただいざ放つとなると魚が少ないことが判明。そこで付近の漁師に協力してもらって、大量の魚を調達する。

 こうして蛇の目ビーチがオープンした。オープンの日には1万人が訪れた。

 番組では生きものが苦手で直接に触ることが出来ない子供が、この蛇の目ビーチで初めてウニに触れて、いきなり目を輝かさせる風景が描かれており、感動の内容となっていた。・・・のは良いのだが、結局のところ、わざわざ二週間にも引っ張るだけの中身は無かったような・・・。

 

5/13 夢の扉「子供たちの自然の扉を開く水族館 前編」

 今回の主役は古川健氏。福島県いわき市にオープンして人気の水族館、アクアマリンの飼育員である。同水族館は特別に珍しい魚がいるというわけでも特別に大規模というわけでもないが、年間入場者数91万人という大人気の水族館である。

 同水族館は全面ガラス張りの明るい館内で、太陽光を利用しての展示を行っているが、最大の売りにしているのが自然界を再現する生態展示である。同水族館ではイワシと鰹が同じ水槽の中で泳いでおり、実際に鰹がイワシを補食する姿なども見ることが出来る。また同館長の「命というものについて考えてもらう」という理念の元に、鰹を解体して勉強すると共に試食するなどという催しも実施しているという。

 古川氏が今まで行ったことで、世界でも不可能と言われていたことがサンマの飼育だという。非常に神経質なサンマはちょっとしたことで死んでしまうため、水族館での飼育は不可能だと言われていたのだという。しかし古川氏は、サンマの卵が産み付けられた流れ藻(海草がちぎれて流れているもの)の回収から始め、人工孵化に成功したのだという。

 同館が売り物にしている展示の一つにタッチプールがある。これは自然の磯の様子を人工的に再現し(人工的に潮の干満まで起こしている)、そこの生きものに子供たちが実際に触れることが出来るというものである。そして今、古川氏が長年夢見ていた巨大プロジェクトが実施されることとなった。それは世界最大級の4500平方メートルという人工のタッチプールを作り、ここに11万匹の生きものを放して、海の生態系を再現しようと言う壮大なものである。しかしこれの実現には困難も伴った。

 ・・・というわけで、次週に続くだそうな。

 アクアマリンふくしまについては、以前に「宇宙船地球号」でも登場している。要は最大の鍵は、自然に近い生きものの姿を見せる「生態展示」であり、これはあの有名な旭山動物園と同じ発想である。ただこれは一朝一夕に実現できるものではなく、現場の人間のかなりの熱意が必要である。アクアマリンふくしまでも太陽光を使った展示のため、毎日飼育員は水槽の苔取りをしないといけないと言っていた。これを維持するには現場の人間の熱意、さらには行政側のサポート、そしてそれを裏付けるための高い集客などが不可欠。実は私が心配していることの一つは、これから各地の施設がこの方向に向かった場合、珍しさが消えることで各施設の集客力が低下して、採算性の悪化につながって維持が困難にならないかということである。動物園、水族館、博物館、美術館などの文化施設は、国民の情操面や教養面などと言った内面の充実に不可欠な施設であるので、行政のサポートは絶対必要だと私は考えている。このあたりに力を入れないようだと、エコノミックアニマルなどと揶揄されるような卑しい国になってしまうのである。これからの日本が目指すべきは、内的に豊かな国だろう。

 

5/6 夢の扉「ひまわり畑が地球を救う!?夢の植物燃料でバスが走る!」

 松村正利氏はひまわりを原料にした燃料の開発を行っている。食用のひまわり油は引火点が高いので、油をメタノールと苛性ソーダで処理することで引火点を下げるのだという。できあがったひまわり燃料は通常のディーゼルエンジンで使用可能である。つまりはひまわり原料のバイオディーゼル燃料ということになる。

 松村氏は筑波大学の教授であったが、7年前からひまわりを原料にした燃料の研究を始めたのだという。現在のバイオ燃料の原料は食料消費の多いものばかりなので、食用にほとんど使わないひまわりに目をつけたのだという。またひまわりは他の植物よりも広い地域で栽培できる上に、栽培は簡単で年3回の収穫も可能、さらに花からは蜂蜜、茎からはパルプ製品を生産できるのだという。そして3年前から経産省の援助を受けて会社を立ち上げたのだという。

 彼は昨年フィリピンに渡り、現地で大規模なひまわりの栽培を開始した。また燃料を大量に製造するためのプラントの建設も進めている。国内ではひまわり燃料を使ったバスが試験的に運行されるなど、体制は整いつつあるという。

 最近多いバイオディーゼル燃料ネタ。ひまわりだと食料と競合しないのが素晴らしいのだが、やはり「採算性は?」ということを聞かないわけにはいかないだろう。ひまわり燃料はメタノールと苛性ソーダで処理をすると言うことだが、プロセスは簡単そうだが、どう考えても原料費が高くつくような気がしてならない。また大量にこの燃料を製造するとなると、不可欠なメタノールをどこから確保するかという問題もありそう。なんか大きな問題を含んでいそうである(そうでなかったら、国のバイオ燃料開発も今頃はひまわり燃料一本になっているはずである)。

 それと環境保護の観点などから言われるのは、バイオ燃料は二酸化炭素の総量を増やさないと言っても、燃料消費が増えてしまうと意味がないということもある。特にアメリカなどは、バイオ燃料にしたのだからもう省エネなんてしなくて良いんじゃないかと言い出しそうなのが困りもの。結局は新燃料開発と省エネ研究は別個に進めないといけないわけである。

 

4/29 夢の扉「今どきの若者を一流の家具職人に育てる男」

 秋山木工を運営する秋山利輝氏は、自身が一流の家具職人でありながら、若手職人の育成を行っている。彼が運営する秋山木工は注文家具を受注生産する会社である。秋山木工では、新入社員はまず4年間の住み込みの研修を行い、その後は職人としてさらに4年間修行し、その後は移籍も独立も自由というシステムである。

 その研修はまず生活態度の指導から始まる。作業場の片づけから朝のランニングなど、生活の隅々に秋山氏の目が光っている。また入社1週間後には、これからも修行を続ける決意の表明として全員(含む女子)が丸坊主になるのだという。また一日の作業が終了すると、その日学んだことを彼らにレポートを書かせる。秋山氏によると、間違っている時に早いうちに矯正できるようにだとのこと。もっとも、厳しい修行のために脱落していくものもいるようである。

 うーん、今どきの若者を鍛え直すための素晴らしい指導法・・・と見えるのだろうけど、それは正直なところ的はずれ。まず秋山氏の元にやって来ているのは今どきの若者ではなく、既に最初の時点からかなり強い動機を持った選ばれた若者であるということがポイント。秋山氏はその中から、将来ものになりそうにない者を厳しい修行でふるい落としているというのが実態である。これは優秀な職人を養成するためのシステムであって、何も今どきの若者を鍛え直すシステムではないので、そこを注意する必要がある。これを見て勘違いして「今どきの若者をちゃんとさせるには軍隊式教練だ」なんて勘違いするととんでもないことになる。

 まあ企業が使いにくい人材をふるい落とすのには使いやすいだろうから、企業の採用担当者などが注目するのは分かるが、この手のふるい分けで残った社員は、概して枠に収まってしまうだけで組織の変革に弱い社員ばかりになるので、そんな社員ばかりになると今度は長期的に見て会社が衰退することになる。結局はあくまで職人の世界でしか使えない方法なのである。

 なお一番のポイントは、秋山氏はスパルタでのぞみながらも一応全員に目配りをしていること。これがないと単なる虐待になってしまう(そもそも女子に対する丸刈り強制は実はそれだけで十分虐待なんだが)。ここの勘違いをするとこれまた悲劇的結果になるので要注意。しかし、こういうのを見ると誤解する奴は絶対いそうだな・・・・。

 

4/22 夢の扉「被災した住居を救え!能登半島地震の真実」

 能登半島を襲った地震によって、倒壊する家屋が多数発生した。今回登場する長谷川順一氏は、ボランティアの建築士として現地に飛び、現地で修復可能な家屋の修復のためのアドバイスを行っている。

 震災後、応急危険度判定がなされて、立ち入りが危険だと判断された家にはいわゆる立ち入り禁止の赤紙が貼られるが、これが貼られた家はそのまま解体されてしまうことが多い。しかし長谷川氏によると、十分に修復可能な家屋が多くあるのだという。家屋の修復が可能だと、新築よりもコストが抑えられるし、何よりも思い出のある家を失わなくてもすむ。これは特にお年寄りなどには大きなことである。

 長谷川氏は、中越地震でも多くの修復可能な家屋が解体された例を見たのだという。そこで今回の地震が発生した後、手弁当で能登に飛んでアドバイスをしている。とにかく現地では建築の専門家が不足しているという。

 私自身、阪神大震災を体験しているのだが、何が情けないと言っても、解体される我が家を見ることほど情けないことはない。阪神大震災でも、市当局が解体を優先する姿勢を前面に打ち出したせいで、解体が不要だった家屋が多く解体されることになってしまったということは、未だに震災における反省材料になっている(神戸市当局は、市民の家を立ち退かせてゼネコン主導の大規模開発をさせたがっていたので、解体ばかりを後押ししたという裏事情もあるのだが)。同じ木造住宅でも、積雪のある日本海側は瀬戸内沿岸などよりも基本的にしっかり作ってあるので、実際に修復可能な家は少なくないと考える。神戸でも、一番どうしようもなかったのは戦後の高度成長期前後に建った家で(基本的に安作りが多い)、むしろ昔から建っていたような古い家の方がダメージは少なかったりしている。やはり家の基本をキチンと作っているかが、こういう震災の時に出たりするようである。

 ところで、建築士と言ってもこういう風に震災の現地に飛んでいく建築士もいれば、耐震強度の誤魔化しに精を出している建築士もいるわけである。そういう連中は、長谷川氏などの活動を見て胸が痛まないのだろうか?

 

4/15 夢の扉「サッカーで視覚障害者に夢と希望を与える男の物語」

 風祭喜一氏は視覚障害者のサッカー、ブラインドサッカーの日本代表監督である。ブラインドサッカー用のボールは中に鈴が入っており、音がするようになっている。目が見えない選手達は、音だけを頼りにボールを追いかけるのである。番組ではもとサッカー選手の小倉隆史氏がナビゲーターとして取材しているが、視覚障害を持つ選手達が、小倉氏の攻撃を俊敏にガードしているのは驚きである。

 ブラインドサッカーはフットサルと同じ広さのコートで5人で行われる。5人の内、キーパーだけは健常者が行うという。コートでは自陣側の1/3ではキーパーが選手に指示を出し、相手陣側1/3ではコーラーと呼ばれる人物が敵ゴールの後ろから指示を出し、中央の1/3では監督が指示を出すのだという。

 風祭氏は元々は中学校の体育教師をしていたのだが、視覚障害者のマラソンに伴走した時に、その必死な姿に感銘し、自ら希望して養護学校に移動したのだという。彼が勤める高校では重度障害者が多く、生徒の就職探しにも奔走しているという。

 彼の理想は障害者も健常者も垣根なく生きていける世の中。彼はブランドサッカーに出会って、視覚障害者がサッカーをするということに驚いて、日本で広めるために活動をしたのだという。そして2005年、アジア大会で優勝して、いよいよ世界に挑むことになったという。

 代表選手の中には視力を失ったことから荒れていた者などもいたというが、風祭氏やサッカーと出会ったことで変わっていった者もいるという。また風祭氏は、視覚障害者がサッカーで自信をつけることも期待している。

 世界大会では日本代表チームは残念ながら1勝しかできず、世界の壁の厚さを痛感することになった。しかし世界の壁の厚さを知った選手達は、かえって闘志を燃やしている。

 うーん、すごい話。実のところ私などは、両目が見えているにもかかわらずボールをまっすぐに蹴られない(笑)。あのスピードは、普通にやってもとても勝負になりません(笑)。どうも運動神経が根本的に違うようです。

 障害者も健常者と垣根がなく暮らせる世の中というのは確かに理想です。障害者が「保護」されているうちは、まだ一人前として見られていないということですから。かといって、小泉のように何の対策もなくいきなり障害者の保護を廃止するのは、何も自立を促しているのではなく、単に弱者を切り捨てようとしているだけ。要は事前に、彼らが健常者と差がなく生活できるための施策が必要なのである。それさえあれば、彼らも健常者と垣根なく生活できるようなると言うこと。ここのところを理解している政治家のなんと少ないことか。

 

4/8 夢の扉「人の役に立つ機械 身につけるロボットを開発」

 東京理科大学の小林宏氏が研究しているのが人工筋肉。彼の人工筋肉は空気圧によって伸び縮みが起こるようになっている。彼の開発しているマッスルスーツは、人工筋肉をコンピュータで制御して、人間の動きをサポートするというもの。

 このマッスルスーツは、重さ10キロの鉄板を支える必要がある重機の整備の現場で導入が検討されている他、介護の現場への導入を考えているという。ベッドから患者を持ち上げる作業などをマッスルスーツでサポートすることで、介護者の負担を軽減しようというのである。

 彼がさらに開発を目指しているのが、歩行器に人工筋肉をつけたもの。ハートウォーカーという転倒しない歩行器に人工筋肉を着けたアクティブ歩行器で、歩けない人を歩けるようにしようというのである。番組では脳性麻痺の少女がこのアクティブ歩行器を体験する過程を追っている。筋肉の制御がうまくいかない彼女は、筋肉がこわばってしまうなど、歩行器を使ってもうまく歩けないのだという。しかもこのまま年齢を重ねてしまうと、関節などがうまく動かないまま固くなってしまう危険がある。そこでアクティブ歩行器を使って筋肉をなめらかに動かす感覚を身につけることが重要なのだという。実際に、彼女がこの機械でしばらく歩き回った後、今までの歩行器を使ってみたところ、明らかに以前とは動きが変わったという。

 小林氏の人工筋肉に限らず、この手の機械はあちこちで開発が進められている。いわゆるモビールスーツなどと呼ばれるものである。特にロボット技術が進んでいる日本ではこの技術の開発でも先進的なのだが、ただそれに軍需産業が目をつけているというきな臭い話もある。彼らは人工筋肉で強化した歩兵というのを考えているらしい。先端の科学技術は、人を幸せにするだけでなく、このような馬鹿共によって殺戮の道具にも使われてきたという側面もある。小林氏の技術に関しても、どうか人を幸せにするためだけに活かされることになってもらいたいものである。

 

4/1 夢の扉「緊急報告!海に沈む国の衝撃映像」

 地球温暖化による海面上昇で、南太平洋のサンゴ礁の島国のツバルでは、国土が海に沈む危機に瀕している。写真家の遠藤秀一氏はこのツバルの現状を映像に記録して、温暖化対策を訴えている。この番組では2005年に彼の映像を紹介したそうであるが、その続報が今回だという。

 2005年から比べても事態はさらに悪化している。最近になってツバルでは満潮になると地中から海水が噴き出して洪水状態になるということが発生していたというが、この2年でその状況はさらに悪化、被害地域は飛躍的に拡大しているという。また昨年は満潮時に大波が国土に押し寄せて、住宅地などが水没して被害が発生している。

 国を捨てて移住しようとする人もいるというが、ニュージーランドが受け入れる移民には年齢や人数などに制限があり、家族が引き裂かれる例などが多いという。またツバルを離れる人も、国を捨てるという悲しさからは逃れられない。

 また海水の流入によって井戸は使えなくなり、畑の作物も枯れてしまうなど、自給自足の生活を続けてきたツバルの人々の生活も困難になりつつあるという。

 遠藤氏はこの現状を多くに人に訴えて、少しでも温暖化対策を進めていきたいと考えているという。彼は現在、ツバルの人々をモデルにした写真展を企画しており、その収益でツバルの復興に貢献したいと考えているという。

 地球温暖化が深刻化しているが、ツバルの現状を見ているともはや秒読み段階という気がしてくる。海沿いに大都市が多い日本でも、これは実はよそ事ではないのである。温暖化対策を早く進めるためには、金儲けのために温暖化対策に反対しているアメリカのブッシュを何とかしないと・・・。それにしてもいつも言っていることだが、「馬鹿ブッシュは人類を滅ぼす」というのは常に真実だな・・・・。まあ国民のことを放ったらかしにして、ひたすら戦争ばかりやりたがっている安倍晋三のいかれぶりも尋常ではないが。こういう連中が先進国のリーダーでござるとふんぞり返ってるんだから、世界がおかしくもなるはずである。

 

3/25 夢の扉「赤ちゃんが産みたい!ガン患者の希望・卵子凍結」

 白血病などの血液のガンは近年の医療技術の進歩で助かる確率が飛躍的に上がってきた。しかしその一方で大きな問題として、抗ガン剤や放射線の副作用で卵巣機能が失われて不妊になるという問題がある。

 これに対する解決法として、治療前に卵子を取り出して凍結保存するという方法が、今年の1月に日本産科婦人科学会によって臨床研究として認められた。つまり卵巣機能が失われる前に卵子を取り出しておいて、将来に子供が欲しくなった時に体外受精などで妊娠できる可能性が出てきたのである。

 この方法を開発したのが桑山正成氏。彼は医師ではなくてクリニックの研究開発部門の責任者であるという。従来は卵子の凍結保存は、凍結の過程で氷の結晶が析出して卵子が破壊されるなどして非常に難しかったのだが(ウニが冷凍食品に出来ないのと同じ理由だ)、彼は凍結しても体積が増えないガラス化液というものを用いることで、従来は成功率数%にすぎなかった卵子の凍結保存を95%以上の高確率で可能にしたのだという。彼は患者の卵子を採取して、それが患者が生殖可能年齢上限の50才になるまで凍結保管する契約をしている。

 彼は元々獣医を目指し、そこから生殖技術の方に進んだのだが、やがて人間の生殖技術に携わるようになり、この現場での患者達の切実な願いを目にして卵子の凍結技術を開発したのだという。当初はガン治療に携わる側の医師からの理解などがなかなか得られなかったのだが、彼は血道に技術のPRを続け、このたびようやく認可されたのだという。

 不妊のことを言われて治療をためらう例などもあるので、これは若い女性には特に朗報だろう。将来子供を持てないと言われるのと、その可能性があると言われるのでは雲泥の差であろう。このような技術が進歩していくのは望ましいことだ。ただ気になったのは、桑山氏が技術的には1000年、2000年保管することができると言っていたこと。これは本人が死んだ後にも卵子だけ残せるということでもあり、ここにやはり何らかの倫理規定は必要なようである。多分、保管を本人が50才になるまでとしているのがそれなんだろうが、この技術が広がっていったら、本当に適正に運用されているかのチェックシステムなども必要になりそうである。

 ところで気になったのは、女性は不妊になる可能性がかなり高いとのことだが、男性の場合は影響はないのだろうか?

 

3/11 夢の扉「4分で光を取り戻す!白内障治療にかける医師の闘い」

 三井記念病院の赤星隆幸医師は白内障治療のエキスパートである。白内障は目の水晶体が白濁する病気で、最悪は失明につながる危険がある。老化現象の一つで、高齢化などによって患者は急増しているという。

 彼の手術の特徴は切り口が小さいこと。出血も少なく、4分で終わるので日帰り手術が可能なのだという。彼は1日に40件もの手術をこなすが、そのために手術台を二つ用意して、交互に執刀しているという(まるで歯科医である)。彼は患者の負担を減らすためにこの手術法を開発したのだという。しかしそれでも患者は6ヶ月待ちという状態だという。

 そんな彼を頼ってきたのは、重度の白内障で目がほとんど見えなくなっている71才の男性。彼は糖尿病から白内障を発症しているので、進行が早いのだという。赤星医師の診断を受けたところ、症状が悪化して水晶体が医師のように固くなってして手術が困難になっているという。しかしこの困難な手術を赤星医師は15分でこなし、無事に患者は光を取り戻した。

 彼の手術法は彼が独自に開発したものであるが、彼は特許は取らず、この手術法が世界に普及することを願っているのだという。既に多くの病院でも彼の手術法は導入されている。未だに東南アジアなどでは失明の原因の1位が白内障であるから、それが撲滅されることが彼の願いだという。

 ほとんど痴呆老人の方になりかけていた患者が、光を取り戻したことで見る見る元気になっていったのが印象的。確かに視力のというのは人間にとって重要である。なお私は、白内障の手術と聞いた時に「そんなもの、どこでもやってるじゃん」と思ったが、彼ほどの手術件数となると、これは確かにゴッドハンド。番組で取り上げるだけの意味もあるということである。

 ところでこの白内障、薬による治療法や、予防法ってないものなんだろうか。

 

3/4 夢の扉「貧しい人々に希望を ネパールで闘う鍼灸師」

 多くの世界遺産を抱える美しい国・ネパール。しかし国民の95%が貧困のために病院に行ったことがないというのがこの国の実態でもある。この国で貧しい人々のために活躍しているのが鍼灸師の吉岡大祐氏である。彼は自分のクリニックで貧しい人々のために無料で針治療を施しているという。身体の痛みなどの症状を持つ患者が、彼の針治療によって痛みが軽減して動けるようになったりしている。

 農村部などの状況はさらに悲惨なのだという。ここでは医師もおらず、病人はせいぜい祈祷師にかかるだけ。実際は治療もされずに死ぬまで放置されている状態だという。吉岡氏はそのような農村部も回って、針治療を行っている。薬品もない電気もないというネパールでは、針だけで治療が出来る針治療はもっとも適している治療法だという。

 ただ吉岡氏自身は針治療の限界も心得ている。彼自身が「医療が普及するまで」という言葉を何度も繰り返していた。彼は自身の針治療で痛みを除くことは出来ても、根治させることは出来ない病気も多く存在することを感じているようなのである。彼はネパールの人々が普通に医療を受けられるようになる日が来ることを願いながら、今日も針治療を行っている。

 またも真の意味で国際貢献している日本人の話。ネパールの惨状を知って飛んでいったという彼の行動力と信念に感心するが、何よりも彼自身が針治療の限界も心得ていることが共感を呼ぶ。東洋医学を行う者の中には、鍼灸などですべての病気を治せるというような傲慢な考えを持っている者もいるようだが、実態は西洋医学とは一長一短で、実際には西洋医学でないと手も足も出ない病気も多い。概して言えるのは、鍼灸などは痛みなどの症状を和らげるのには効果があるが、根治に関しては西洋医学に劣る部分がある。吉岡氏はその限界も心得ているから、とにかくネパールに医療が普及することを願っているわけである。

 

2/25 夢の扉「夢は日帰り手術 未来を見すえる心臓外科医」

 金沢大学医学部付属病院の心臓外科医の渡邊剛医師は、患者の負担の少ない手術を試みている。彼が行うのはアウェイク手術という患者の意識のある状態で行う心臓手術。局所麻酔で良いので、肺が悪い患者に適応できる、患者の状態を見ながら手術できるので、脳梗塞などを持っている患者に適応する、その日のうちに食事も出来るので早期退院が可能などのメリットがあるという。番組では、狭心症で心臓の動脈が90%閉塞している患者のバイパス手術を追跡していたが、この患者は手術の5時間後に自分でヨーグルトを食べ、翌朝には歩く練習を始めていた。

 渡邊医師は合併症を防ぐために心臓を動かしたまま手術を行うということを初めて導入し、心臓を動かしたまま手術を行う彼の手法は、既に1000例を突破したという。さらに9年前からはより負担の少ないアウェイク手術を開始したとのこと。

 彼は東京医科大学病院でも手術を行っているが、さらに新たな試みとして行っているのが、手術支援ロボットのダヴィンチを使用した手術にも挑戦しているという。ダヴィンチを使用するとマニュピレーターで手術をすることになるので、胸に小さな穴を3つ開けるだけで手術が出来、従来のように胸を開く必要がないので患者の負担がさらに小さくなるのだという。番組では心臓の動脈を4ヶ所バイパスするという患者を追跡していたが、手術にダヴィンチを導入することで、患者の負担を最小限にし(胸の血管を切り出す時にダヴィンチを使用し、血管を接続する時には手で行ったが、手術の傷は最小ですんでいる)、なんと10日後には退院している。

 つくづく医師って職人だなと感じる内容。スーパードクターなどと言われる医師に共通しているのは、とにかく技がすごいこと。渡邊医師も時間があると技を磨くのに手術の練習を行っているとのこと。この技の要素が強いから、勉強さえすれば誰でも医師にはなれるが、誰もが一流の外科医にはなれない理由がある。現在の問題点は、一流の技を持つ医師は数人いても、それがその個人の技に依存しており、なかなか後継者が養成できないところにある。これは全く職人の世界と同じである。

 また医師の中にも、どうしても不器用な人間がいて、手術にはむかない場合があるという。しかしそんな医師でも、患者を診る方ではなく研究の方で優れた成果をあげる場合がある。要は適材適所ということであるのだが。 

 

2/18 夢の扉「世界の照明デザイナー ライトアップで街おこし」

 照明デザイナーの石井幹子氏は、今まで多くの照明デザインを手がけているが、気をつけているのは環境に優しいことと、光害にならないことだという。特に街中などは、無意味な光が多くてそれがドライバーなどを攪乱している。彼女はこういう光の無駄な使い方が嫌いなのである。

 彼女が手がけたプロジェクトの一つにみなとみらいで行われた比叡山と高野山による声明の公演での照明があった。彼女はクライマックスにランドマークタワーに曼荼羅の映像を投影して仏教の世界を大いに盛り上げた。

 その彼女が最近力を入れているのが、照明による街おこしだという。今回依頼されたのは鹿児島市のメインストリートの照明。鹿児島は観光地なのだが、夜になるとまだ7時ぐらいからメインストリートも真っ暗になってしまい、人通りが絶えるのだという。その状況を打破すべく、彼女はこの通りのシンボルである楠を照らす照明を計画した。ただしここは車も通るとおりであるので、自動車の運転手の目を攪乱しないよう、光の角度は慎重に検討している。そして照明が点された初日。全く雰囲気が変わった通りに住民や観光客の歓声が上がるのだった。

 うーん、照明だけで街おこしになるんだろうか? まあそれはともかくとして、彼女の照明自身はいかにもギラギラしているところがないので、確かに好感の持てるものである。よくライトアップというと、下品にキラキラと照らしまくって、いかにも電気代を無駄にだけしてますという類のが多いが(特にクリスマス頃に増えるライトアップの大半がそうだ)、そういう下品さがないのが一番である。照明があるということは、それだけで心理的に効果を与えるので、町の雰囲気やひいては治安などにも影響はある。確かに夜に真っ暗な駅前なんて、気分も滅入るしなんとなく物騒でよろしくないのは事実である。ただライトアップをしても、例えば商店などが開いていたりしないと、やっぱり人通りはあまり増えないものなのである。そこのところは町の側での取り組みが必要だろう。

 

2/11 夢の扉「"子供たちに笑顔を" カンボジアで闘う形成外科医」

 与座聡氏は途上国で活躍する「世界の医療団」の中心医師の一人である。彼の専門は形成外科。カンボジアでは長い内戦によって多くの医師を失い(ポルポト時代に、いわゆる愚民化政策の一環として、インテリ層である医師は大量に虐殺された。)、未だに医療は立ち後れている。この国では妊婦の栄養不足や衛生状態の悪さなどから、不全唇裂(生まれつき上唇が割れている障害)などの生まれつき顔や身体に障害を持つ子供が多い。しかしカンボジアでは形成外科医は5人しかおらず、全く対応が不可能な状態だったという。

 彼がまず治療に取り組んだのは、不全唇裂の障害を持つ赤ん坊。手術は公立病院で行われたが、設備は劣悪で検査機器さえ揃っていないという悪条件である。しかし彼は細かいメスさばきにより、出血をほとんど伴うことなく手術に成功する。

 次の患者は甲状腺種が原因で、6年前から首が腫れ上がっているという女性。彼女はその異様な外観のために、様々な差別やいじめに遭ってきたという。そのまま腫瘍が大きくなると、やがては気道が圧迫されて命に関わると判断した与座氏は、この大手術に挑む。

 しかし手術中にハプニングが、協力していたカンボジア人医師が誤って血管を傷つけ大出血を起こしてしまったのだ。与座氏が警戒していた最悪の事態の一つである。現場に緊張感が走る。しかし彼は動揺するカンボジア人医師を落ち着かせると、黙々と事態への対処を行い、手術は開始3時間後に無事に終了する。数日後、いよいよ包帯がとれる日、彼女は今まで見たことがないと言っていた鏡を手渡され、綺麗に腫瘍が取り除かれた自分の首を見て感激するのだった。

 例によっての「本当の意味での国際貢献をしている日本人」の紹介。日本の医療技術は高いので、こういった分野で活躍してくれる医師が増えてくることは、ひいては日本の国際的名声につながることで、これこそが国益にかなうことでもある。安倍内閣も「美しい国」などと言うのなら、怪しげな教育制度改革よりも、こういう分野の重視が本来必要なのではないか。

 

2/4 夢の扉「日本の近代家屋を救え!ワラの家・燃えない木の家」

 建築材料に使われる化学物質が原因となったシックハウス症候群が社会問題となっているが、自然素材を使った新しい家造り取り組んでいる人物が今回の主人公である。

 大島秀斗氏が取り組んでいるのは、ワラを材料にした家。彼の造る家には化学物質を使わないので、シックハウスの問題がない。彼の建築する家では、ワラを圧縮したブロックを断熱材に使用している。ただワラは火に弱いので、土を塗ることで耐火性を高めている。また断熱材にワラを使用した家は、一般的なグラスウールなどを使用した家よりも、断熱性が非常に高いという。また彼が使用するワラは有機栽培の無農薬のワラであり、最初は農家も戸惑ったが、最近は協力をしてもらっているらしい。

 宇都宮大学の吉澤伸夫氏が手がけているのは、燃えない木造住宅。彼の開発した燃えない木は、中で火を燃やしても炭化するだけで炎を上げない。その秘密は製造法にあるのだという。まず遠赤外線燻煙法で木材を10日間燻し、これを水溶液に浸して燃えない加工をするのだという(当然ながら、化学物質過敏症などが出ない材料)。彼はこの材料を国内林業再生の鍵に考えているのだという。国内のスギを燃えない材料にすることで、林業を再生するのだという。彼は10分間燃えない木を開発し、現在は学校や美術館などに使われている。しかし住宅密集地に使用するには30分燃えない木を開発する必要があったとのこと。しかしそれも開発に成功し、準防火地域で民家の外壁に使用されるようになったという。現在は45分耐えられる木材を目指して開発を続けているという。

 単発ネタだと弱いので、二本立てにしたという印象。特徴はどちらも「古くて新しい素材」といったイメージ。ワラを壁に使う例は、今の日本では珍しいかもしれないが、昔はワラに土を塗った壁というのはごく普通の壁だったものである。また木材むき出しの外壁というのも、これまた日本では標準的なものだったものである。現代建築の欠点が明らかになって、再び古い技術が脚光を浴びたというパターンか。昔の日本にあった、自然と共生する知恵も復活してもらいたいものである。

 

1/21 夢の扉「血管内治療で進行がんに果敢に挑戦する医師(前編)」

 奥野哲治医師は、カテーテルを使用したがんの血管内治療に取り組んでいる。血管内治療とは、カテーテルをがんの患部の近くにまで挿入し、そこから抗ガン剤を注入して、がんに栄養を送っている新生血管をつぶし、がんを死滅させるという治療法だという。脳腫瘍や肝臓がんなどにはカテーテルを使用した治療が一般的にも行われているが、あらゆるガンに対してカテーテルを使用するのは彼だけだという。

 彼のクリニックを訪れる患者はステージ4の進行がんの患者が多い。他の病院で打つ手がないと言われた患者達である。特に転移がある場合には外科的治療などは打つ手がなくなる場合が多いが、彼の場合はカテーテルを使用して患部にだけ薬剤を投与するため、患者への負担が小さく、複数の病巣に対して同時に治療を行うことも可能なようである。

 彼のクリニックは入院設備を持たず、手術を受けた患者は日帰りする。足の付け根からカテーテルを挿入するだけという負担の少なさのために、それが可能なのだという。

 ただ問題は彼の治療は保険が適用されない自由診療であること。これは彼が患者の病状に合わせて、国内ではまだ認可されていない海外の抗ガン剤なども使用するからだという。そのために一回の手術で費用は40万円ほどかかり、最低でも3回は手術が必要であることから、やはり経済的負担は大きいという。

 また彼の治療も万能というわけでもない。完治したという患者がいる一方で、やはり手のつけようがないままなくなった患者もいる。そして、また一人のレベル4がん患者が奥野医師の元をはるばると訪ねてきた。

 というところで、今回は終わり、続きは次回とのことで、どうも最近はこの番組は前後編の話になっているようである。

 がん治療にもいろいろな選択肢があるが、奥野医師の治療法は有効な選択肢の一つだと考える。特にこの方法だと、副作用が強すぎるが故に全身に投与することが不可能な強い抗ガン剤を使用することが可能であるのが大きい。いずれは保険診療できるようにして欲しいという他の医師の意見があったが、全く同感。厚労省はインチキ治療を認可してしまうようなことになるといけないから、審査には慎重なのであるが、それが故に最新治療法に対応できないという弊害もあり、そのバランスが難しい。どちらかといえば、日本では何もしないで機会を喪失した場合には誰も責任を問われないが、間違ったことをしてしまった場合にはその責任を問われるため、どうしても「なるべく新しいことはしない」というベクトルがかかりやすい問題がある。がん患者にしてみたら、そんなものを待っている余裕はないわけで、中には「人体実験になっても良いから、可能性のある治療法を試してくれ」と言っている患者もいるという。そういう患者の気持ちも考える必要がある(ただし患者のそのような気持ちにつけ込んで、全く効果のないインチキ治療薬を売り込む外道もいるので要注意)。

 

1/14 夢の扉「カンボジア地雷と闘い続ける日本人エンジニア 後編」

 はぐれ地雷が発生するのは、中国製の小型地雷を取りこぼしてしまうためだった。そこで雨宮氏が繰り出した新兵器は、今までよりもハンマーの数を増やし、処理できる範囲も広げた新型機だった。彼はエンジニアとして今まで地雷と戦ってきており、そのたびに機械の改良を加えてきた。今度の新型機は地面をより深く、より緻密に掘り返すようになっている。また対戦者地雷などに触れても、爆発のショックを吸収するように出来ている。彼の行動に賛同して地雷除去に乗り出した他の重機メーカーもあるという。現地では「オールジャパン」という言葉が出ていた。

 彼がこの新型機で地雷除去に取り組んだのは、一度民間業者による地雷除去がなされた後も、はぐれ地雷が見つかったいわくつきの土地。しかも危険にもかかわらずそのことが現地の人々に伝えられておらず、今も入り込んでいる子どもがいた。彼はそこを機械で丹念に掘り返し、地雷を完全に除去した。彼の新型機は、通った後を耕すように出来ており、地雷除去作業の終了後、ただちに畑に出来るという優れものである。

 さらに彼は、地雷を見たことがないという現地の子ども達のために、カンボジア政府の協力で実際に地雷を爆発させる実演を行った。地雷の恐ろしさに恐怖する子ども達。彼らが雨宮氏の重機を見上げる目の輝きがまた良かった。それは正義のヒーローを見る目でもあった。

 現地で頑張っている日本人の続編。不覚にも涙が出そうになりました。一日も早くこの地から地雷が完全に除去される日が来ることを祈るのみ。それにしても未だに対人地雷の禁止さえ実行されず(特にアメリカが反対している)、また世界で新たな地雷原が作られているという愚かさには情けなくなってしまうのであるが。いつになったら人類はこの愚かさから抜け出すことが出来るのか。

 

1/7 夢の扉「カンボジア地雷と闘い続ける日本人エンジニア 前編」

 内戦が終わったカンボジアだが、大量の対人地雷が残され、今も犠牲者を出している。土木機械メーカーの雨宮清氏は、そのカンボジアの地雷を処理するための重機を開発、現地の地雷除去に活躍している。

 彼の活躍についてはこの番組で去年に紹介したが(私はその回を見ていない)、今回は以前の機械では対応できないより深い位置に埋められた地雷を処理できる新型重機を持ち込んでいる。

 しかしカンボジアの現地は厳しい。対人地雷だけでなく、より破壊力の大きい対戦車地雷も存在するし、雨期になると地雷が流されて移動拡散してしまう。これらを手作業で除去するのは不可能に近く、どうしても機械が必要だという。

 ただ雨宮氏の作業には危険がつきものである。処理中に破片に直撃されそうになったこともあるという。しかし彼は現地の人々の生活のために頑張っている。実際に地雷の除去された村では、畑が拡張されたりして、人々の暮らしが始まっている。

 しかしまだ問題はある。除去され残ったはぐれ地雷が被害を出しているのだ。人手による除去だと、どうしてもこのようなはぐれ地雷が残ってしまう。そこで雨宮氏ははぐれ地雷除去のための切り札を繰り出す。

 ・・・というところで次回に続くらしい。この番組はどうも最近は2回連続が多くなったようだ。

 例によって、まさに最前線で国際貢献をする立派な日本人の話。彼については以前にも紹介しているようだから、その後の追跡取材である。こういう問題については逐次状況を報告して、社会の関心を喚起するのは重要だろう。また日本の大手重機メーカーがこういう現場で活躍しているということが紹介されることは、メーカーにとっては宣伝になるわけだから、メーカーがこのような活動に力を入れるモチベーションを上げることになる。テレビもどうせ宣伝をするのなら、インチキ健康食品の販売メーカーの肩を持つのではなく、こういう有意義な活動をしているメーカーの肩をこそ持つべきだろう。

 ところで番組では西山繭子嬢が現地をレポートしているのだが、結構危険もある地域だと思うのだが、なかなか勇敢なことである。

 

12/24 夢の扉「風を切って走る喜びを 身障者用自転車を作る男」

 風を切って走る自転車は気持ちの良いものだが、体の不自由な人にとっては自転車は無縁の乗り物と思われている。しかし今回登場するのは、身障者用の自転車を作っている人物である。

 堀田健一氏は手作りで身障者用の自転車を製作している。彼の元には注文が殺到しており、3ヶ月待ちの状態とか。身障者の程度は人により千差万別なので、その人に合わせての特注になるため、どうしても製作に時間がかかるようである。

 彼の自転車が身障者でも乗れるのは、彼が開発した踏み込み式のギアにある。従来の自転車はペダルを回すために、足の動きのよくない身障者では踏むことが難しいが、堀田氏が開発した踏み込みギアは、ペダルを回さなくても軽く踏み込むだけで車輪が回転するようになっている。

 さらに堀田氏は依頼に合わせて、それに最適な自転車を開発している。手の不自由な人のためにはハンドルを足で操作するハンドルなし自転車などもある(彼の自転車のユーザーには、両手が義手で両足が義足という人もいる)。彼の自転車のおかげで職場に通えるようになった脳性小児麻痺の女性などもおり、障害者にとっての貴重な足になっている。

 番組では、脳性小児麻痺で両手両足が不自由な6才の女児や、重度障害でほとんど体を動かせない6才の男児のための自転車製作を追いかけている。女児のための自転車は、踏み込み力が弱い彼女のために、自転車の材質を軽量なものにする工夫を、男児のための自転車は、リハビリに使うためのものであるから、両親が後ろからハンドルを操作できるためのメカニズムを組み込んである。

 何より印象的であったのは、自転車が届いた時の子ども達の目の輝き。今まで満足に動くことが出来なかった彼らが、堀田氏の自転車によって風を切って走れるようになったことで、いかにもうれしそうで誇らしげだったのには思わず涙が出そうになった。

 「うーん、素晴らしい」という言葉しか出なかった。やはりこういう技術で人を幸せにするというのは技術者の夢である。自転車は運動効果が高いので、障害者のリハビリや高齢者の体力強化に最適である。堀田氏の三輪踏み込み式自転車は、体力の衰えた高齢者にも乗りやすいと思われるので、堀田氏のシステムをどこか大手メーカーがライセンスして、高齢者向き自転車として製造しないだろうか。すると高齢者にももっと普及するし、堀田氏もライセンス料をもらえることで経済的に報われると思うのだが。

 

12/10 夢の扉「スコットランドの大自然 アザラシと暮らす家族」

 スコットランドのアイレー島に暮らすフィオナ・ミドルトン氏はアザラシの保護などの活動をしている。彼女はかつてこの島を訪れた時に、自然が豊かなこの島が気に入り、現地の男性と結婚して島に住み着いたのだという。その後、この島で観光開発の計画が持ち上がった時、彼女は私財をなげうって島の土地を買い取り、アザラシの保護の活動を行っている。

 彼女は親とはぐれた子供のアザラシなどを見つけると保護し、成長してから海に帰すという活動をしている。彼女は現在4頭のアザラシを飼育しているが、そのうちの1頭が成長が遅れている。このアザラシは餌を飲み込むことが出来ずに吐き出してしまうのだという。彼女によると、時々餌の飲み込み方を知らないアザラシがいるのだという。親と別れた時があまりに小さかったので、親から餌の食べ方を教わっていないのだという。

 そこで彼女は一計を案じた。このアザラシだけを他のアザラシと離して、雑念の入らない状態で魚をおもちゃとして与えたのだという。そして放置してしばらく後、どうやら魚にかじった後があった。自ら食べようと言う意志が見えた前進である。自分で餌を食べられるようになったら、海に帰すことができる。

 この番組って外国人もありだったの?と驚いたのが本音。まあ別に番組のテーマからすれば、外国人を排除するべき理由もないが。もっともこれがネタ切れの兆候だったりしたら困りものなんだが・・・・。

 ちなみに彼女はアザラシの保護に取り組んでいるのだが、この手の保護活動をする時、一番難しいのが保護した動物を野生に帰すことだという。人間が育ててしまうとどうしても野生が復活しにくく、最悪の場合は自分で生活が出来ないニート動物になってしまいかねない。例えば彼女の場合、どうやって餌の取り方を教えるのかなどに興味があるところ。そのまま放しても本能で餌を取るというほど甘いものでもないと思うので。

 

12/3 夢の扉「エイズ孤児に自身と夢を!! タイ"大家族の母"物語」

 未だに感染者が増加しているにもかかわらず、治療法が発見されていないエイズ。名取美和氏はタイでエイズに感染した子供達を引き取って共同生活をしている。彼女はバーンロムサイという施設を開設し、29人のエイズ感染児童がここで生活している。彼らは母子感染でエイズに感染しており、彼らの両親のほとんどは既にエイズでなくなっている。

 エイズ患者に対する偏見や差別はタイでも強く。子供達の中にも辛い過去を持っている者が少なくない。彼女は彼らに絶対的何安心を与えたいと考えている。タイでは分かっているだけでも120万人の感染者がいる(50人に1人だとか)という。

 免疫力の落ちている子供達は、毎日キチンと体温を測りながら生活している。風邪でも命取りになりかねないからだ。またエイズの発症を防ぐ薬を欠かさず飲むことを義務づけられている。しかしこの薬はあくまで発症を抑えるだけで、エイズを治す薬ではない。また今では薬があるものの、昔は子供が安心して使える薬がなく、名取氏がこの施設を開設した初期には2年半で9人の子供をエイズで亡くしているという。

 彼女がもう一つ取り組んでいるのが、施設に預けられた子供の親戚を捜すこと。彼らに天涯孤独ではないということを知らせるためだという。番組では12歳の女の子のゴイの母親が身を寄せていた親戚の家が分かったという情報を元に、そこに会いに行く過程を追跡していたが、ゴイは大叔母には会えたものの、母親は彼女を施設に預けた数ヶ月後に死亡したという悲しい事実を知らせられる。

 しかし施設の子供は、彼女の努力のおかげで明るく育っているという。施設の子供の中には舞踏の専門学校に通うために特訓中の子供もいる。

 例によって、本当の意味で国際貢献している日本人の紹介です。しかし彼女の努力があっても、タイのごく一部の子供しか救えないというのが事実で、やはりタイ政府自体による取り組みも必要でしょう。日本政府もその支援をするべきである。

 それにしてもまだまだ世界的にはエイズは猛威をふるっているのに、日本ではなぜか既に消滅した病気のように考えられているのが不思議である。若者なんか危機意識がないせいで、性の乱れもあって再びエイズが急速に広がりつつあるという。もっとも危機意識のないのは若者だけでなく、未だに東南アジアに買春ツアーに行くアホなオッサンもいるようである。そういう日本の恥なオッサンは、入国を拒否してしまえと思う今日この頃。

 

11/26 夢の扉「コウノトリを野生に 自然環境の再生を目指す男」

 豊岡市のコウノトリの郷公園のコウノトリ文化館の館長を務める松島興治郎氏は、長年コウノトリの飼育に取り組んできた第一人者。かつては豊岡の各地に野生で棲息していたコウノトリだが、田んぼでの農薬の使用などで食料が激減、1971年に野生のコウノトリが絶滅した時、豊岡ではその6年前から人工飼育に取り組んでいた。松島氏は将来絶対に野性に帰すことをコウノトリに約束したという。

 しかし人工飼育は困難の連続だった。しかし手探りの中、20年を経過してようやく人工飼育は軌道に乗った。そして昨年、ついに人工飼育されたコウノトリの放鳥が行われた。

 だが問題が発生したという。放鳥されたコウノトリが郷公園に戻ってくるようになってしまったのだという。放鳥はしたものの周囲に餌が不足しているのが原因だという。コウノトリを野性に帰すにはコウノトリが生きていける環境の整備が不可欠なのである。

 松島氏はコウノトリの餌場になる水場の整備のため、土壌の稚魚を養殖してもらったりなどの取り組みを介し、またコウノトリの生きていける環境は人間にも良い環境だと、地域をあげて無農薬の農業などに取り組んでいる。

 さらに松島氏は今年の放鳥にあたっては対策を打った。去年のように郷公園からの放鳥をするのではなく、環境順応力の高い若い個体を選び、田んぼの中のケージなどの郷公園から離れた場所で以前からコウノトリを生活させ、そこから放鳥することにしたのだという。現在のところ、その工夫が功を奏したか、コウノトリが郷公園に戻ってくる様子はないという。

 コウノトリを野性に帰すには環境の整備という大きなものも必要だったという話。人工飼育に関してはコウノトリはこのようになんとか軌道に乗ったのだが、佐渡で行われていたトキの人工飼育の方は、結局は日本のトキは絶滅してしまうという失敗に終わり、現在は中国から導入したトキに期待をかけている状態だという。日本の里で生きてきた生物の受難はまだまだ続きそうである。実際、この試みで豊岡ではコウノトリが生きれるようになったとしても、一端豊岡を出てしまうとそこはコウノトリにとっては生きていける環境ではない。日本の将来はどういう姿であるべきなのかについても考えていく必要がある。

 

11/19 夢の扉「フレンチシェフがつくる しあわせな介護食」

 フレンチシェフの多田鐸介氏は、フランスの一流レストランで終業して帰国後、自分の店を営む傍ら、介護食の開発を行っている。

 飲み込む力の弱った高齢者などには、いわゆる料理をミキサーにかけたミキサー食が出されることが多いが、もうこうなってしまうと元の料理が何かも分からない状態で、高齢者にとっての食事の意欲を削ぐことになっている。多田氏はそのような状況を改革して、高齢者に生きる希望を持ってもらいたいと考えている。

 彼が使う手法はフレンチのテクニックであるフェッテ。メレンゲなどの菓子に使われるいわゆる泡立てなのだが、これを使うことで食材がとろけるように出来る上に、風味や香りなども閉じこめることが出来るのだという。彼は要介護高齢者の老人ホームのために、ホームなどではまずでることがない刺身を料理した。今まで食事の時もボヤンとして反応の薄かった高齢者達が、彼の料理を口にした途端に目の輝きが変わり、全部平らげる高齢者なども現れている。

 また彼が認知症患者のためのグループホーム用に作ったのは、なんとステーキ。肉を細かくつぶして繊維を切ると共に、ジャガイモを加えて焼いても固くならないようにした。彼はそれをホームのその場で焼いて高齢者達に提供。評判は上々である。彼は現在、仲間と共に理想の老人ホームを造る夢を持っているという。

 以前に「ガイアの夜明け」でも外食産業から老人ホームに参入するメーカーの例が登場していたが、食という本能に根ざした感覚というのはかなり重要なものであり、馬鹿に出来ないのである。今までほとんど何の反応もなかった重度の認知症患者が、馴染みのある料理を口にした途端に反応をしたというような例もあるというが、食という感覚はかなり鮮明に残って脳に影響も与えるらしい。だからこそ、高齢者の介護を考える時に、食をどうするかということは今後重要になると思われる。彼以外にも例えば和の鉄人とか、中華の達人なんかもこの世界に参入してきたら、日本にもっと元気な老人が増えるかも。

 

11/12 夢の扉「野生の王国ケニア アフリカゾウを救う獣医 後編」

 妊娠していた母ゾウをなるべく早く移送させる必要がある。ゾウは体重が重いため、横になっているだけで肺の血管が圧迫されて死んでしまうことがあるのだという。またゾウは家族の愛情の強い動物で、もし家族が欠けると全滅につながりかねないという。神戸氏自身、かつて苦い思い出があるのだという。捕獲の時に子ゾウを殺してしまい(麻酔がかかって倒れた時に鼻を折って窒息してしまったらしい)、母ゾウも後を追うかのように移送中に死んでしまったのだという。

 しかし輸送用トレーラーがパンクのために到着が遅れていた。一方の母ゾウはそろそろ麻酔が切れかかっていた。神戸氏は追加麻酔を使用する苦渋の決断をする。麻酔の追加は下手をすると流産につながりかねないが、他に手段はなかった。その後、トレーラーがやっと到着、急いで輸送すると直ちにリバース剤(麻酔の効果を消す薬)で蘇生させる。幸いにして母ゾウは無事に目を覚まし、親子は新天地へと解放された。

 ・・・というのが前回の続きになる。前回かなり気を持たせた割には呆気ない結末という気もする。少々演出過剰気味なのがいささか鼻につく。

 なおケニアでは実は野生動物を見たことのない子供も多く、ゾウの絵をまともに書けない子供も多いという。神戸氏はそんな子供達に野生動物とふれあう機会を与える活動もしているとのことで、彼らの中から将来野生動物を保護する者が出てくることを期待しているという。

 本当の意味で国際貢献をしている「頑張っている日本人」の紹介である。こういう目立たないが地道な活動をしている人物が増えれば、草の根での日本のイメージも良くなっていくのだが・・・。

 

11/5 夢の扉「野生の王国ケニア アフリカゾウを救う獣医 前編」

 神戸俊平氏はケニアで野生動物のために活躍している獣医である。彼は日頃から野生動物の保護や、近隣のマサイ族の財産でもある牛の治療などを行っている。その彼が現在協力しているプロジェクトがアフリカゾウの保護のための移送プロジェクトである。

 アフリカゾウは象牙を狙った密漁などで激減しているが、さらに最近問題になっているのが生息地の減少。開発が進んだことによって生息域が制限され、農民とのトラブルも増加している。そこで150頭ものアフリカゾウを別の保護区に移動させようと言うのである。

 今回のターゲットは家族での群れ。麻酔を使って眠らせ、なるべくゾウに負担がかからないためには作業は1時間で終える必要がある。しかし輸送のためのトレーラーがトラブルで遅れ、1時間が経過、しかも麻酔で眠らせた母ゾウは妊娠していたことが判明する・・・といったところで次週へ続き。オイオイ。

 何やら緊迫の次回へという展開。それにしてもゾウが農民とトラブルを起こしている例が、アフリカでもあったとは。既に東南アジアではプランテーションがゾウの生息域を脅かしていて、農民とトラブルになっている。全く同じ構図がここでも発生しているようである。難しい話だ。

 

10/29 夢の扉「笑顔が戻った!人を変える 極上ホテル支配人に密着」

 栃木県の宇都宮郊外にあるホテル・ハートピアきつれ川は、世界で一つという精神障害者の社会復帰訓練のためのホテルである。ホテルのスタッフには統合失調症や鬱病といった精神障害を抱えた人が働いている。ここの支配人が豊岡信夫氏である。従業員87人中、43人が精神障害を抱えている。彼らはここで仕事の基礎を学び、社会復帰をしていくのである。

 ここに入所する条件は医師の許可があることと、薬を飲む習慣があることだという。期間は最高2年で、接客や厨房での調理、客室清掃など様々な業務に携わる。豊岡氏は彼らを指導していく立場にあり、時には厳しい指導をする必要があるが、精神障害を抱える人に無闇に厳しく接することは彼らを萎縮させることになるので、彼らとの心の交流を重視している。

 そもそも彼がここの支配人を引き受けたのは、彼自身が福祉関係の仕事の経験と、敏腕ホテルマンとしてのキャリアの両方を持っていたからだという。この施設で訓練を終えて、就職を果たした卒業生も20人に及ぶという。

 統合失調症の患者は対人恐怖的なものが現れることが多いので、臨機応変な対応が出来る接客がキチンとこなせれば、それはかなり回復度合いとしては高いと言えるのではないか。通常はそこにいくまでが大変だと思う。それでなくても社会では客にもとんでもない奴がいるので、病気を抱えていなくても接客業務とは神経のすり減る仕事である。実際に、接客業務で神経をすり減らしすぎて病気になってしまう者もいるんだから。

 どうしても精神障害者は社会の偏見が強く、しかも昨今などは凶悪犯罪が起こるたびに犯人の精神病歴が報道されることが多い。それは凶悪犯罪を起こした犯罪者が、精神障害ということを逃げ道にして罪を逃れようとするからだが、結果として精神障害者に対する偏見を煽る羽目になってしまっている。精神障害者に対する偏見を解消するためにも、豊岡氏のような人物には頑張ってもらいたいところ。

 

10/15 夢の扉「身体が変わる!奇跡の野菜 究極のロハス宿をつくった男」

 自然を取り入れた生活スタイル・ロハスなるものが現在注目されているが、今回の主役の臼井健二氏は、究極のロハス宿を経営する人物だという。彼の宿は安曇野にあるが、彼がこだわっているのが食事。彼の考える身体に一番よい食事とは「季節に採れるものをまるごと食べる」ということだとか。彼の野菜は自家製で、スタッフが朝に摘んだものを使用する。彼の畑は雑草だらけ。収穫量は少ないが、こののような環境で育った野菜は生命力が強いのだという。

 番組では野菜を全く食べなくて、アトピーで苦しんでいる子供が、ここに来て野菜を食べるようになるというエピソードを紹介していたが、これは野菜がおいしいから。私自身も体験しているが、無農薬の野菜って安全性云々の問題ではなくおいしいんです。一度そういう野菜を食べると、日頃いかにインチキな野菜を食べさせられているかと言うことを痛感します。だから最近野菜嫌いの子供が増えているというのは、ある意味では彼らは敏感に偽物を見抜いているということも言えるわけです。ただ悲しいことに、こういう本物の野菜を育てるのは非常に経済効率が悪いので、経済効率を優先すると農薬付けのインチキ野菜ばかりになるわけで、それの究極が危険な遺伝子改変作物にまで行き着いてしまうわけである。身体からの毒抜きというのは、あるあるなんかでやっているようなインチキなサプリを使ってやるものではなくて、本来はこういう本物の野菜を使ってやるべきものなんだが(サプリなんて薬を使って、身体から毒抜きなんてナンセンスきわまりない。サプリ自身が毒の一種でもあるわけだから。)、それが現在では限りない贅沢になってしまっているのが実態だったりするわけである。

 

10/8 夢の扉「日本初!金賞のチーズを支える男と牧場の仲間たち」

 日本で初めてモンドセレクションで金賞を受賞したチーズがある。そのチーズを作ったのは宮嶋望氏。彼は北海道で共働学舎という牧場を運営しており、このチーズはそこでとれた牛乳を使って製造している。彼の共働学舎で働くのは心や体に問題のある人達である。生まれながらに両手がない人もいれば、網膜剥離で両目が見えない人もおり、また不登校やひきこもりなどの問題を抱えていた人物もいる。効率一辺倒の考え方から見れば明らかに非効率なのであるが、宮嶋氏は彼らを見守りながら各人が自分のペースで生きていけるように願っている。現在、ここで働いているのは60人。自給自足をしながら共同生活し、無農薬の牧草で育てた牛の牛乳を使ったチーズや、工芸品などの様々なものを牧場内の店で販売して資金を稼いでいる。

 彼がこの共働学舎を設立したのは、そもそもクリスチャンである彼の父親も長野で共働学舎を運営していたからだという。父の理念に賛同した彼は、北海道で共働学舎の支社を設立したのだという。最初は6人で始めた牧場だが、社会で不登校などが問題化するにつれて人数も増加、牛乳の販売だけでは施設を運営することが不可能になってきたのだという。そこで彼はより収益の高いチーズの製造を行うことを考えたのだとのこと。彼は無農薬の牧草を餌にした牛の牛乳を用い、牛舎を常に清潔に保って雑菌の少ないミルクを搾り、さらに機械や添加物を使わずに手作りでチーズを作ることで、最高のチーズを作ることが出来たのだという。

 番組では、言葉に遅れを持っていたために人とのコミュニケーションがうまく出来ず、就職してもすぐに解雇されてしまった若者が、共働学舎で働くうちに仕事の意義を見いだして自信を持ち、見る見ると表情が変化していく過程を追っている。印象的だったのは、宮嶋氏はことさらに何かのアドバイスをするというわけではなく、彼が自ら答えを見いだしていくように見守っているという点。自覚していくことが自身につながっていったようであり、教育とはどうあるべきかということを考えさせられる。

 現在各種の問題が多発しているのは、効率一辺倒で金儲け第一主義の世の中に対応できない人間が増えているというのが原因の一つである。その中で宮嶋氏は、人間らしい生活というものを追いかけているようである。しかし一番感心するのは、単に献身的な慈善事業でやるのではなく、牧場自体が運営していけるように経営の観点が入っていること。以前に障害者が働くパン屋の話もあったが、やはり自分で食い扶持を稼げると言うことは自信にもつながるし、そうでこそ自立していけるというわけである。

 

10/1 夢の扉「手足の不自由な人を助ける!介助犬の訓練士に密着!」

 障害者を助ける犬としては盲導犬が一般的によく知られているが、これ以外にも耳の不自由な人にチャイムなどを知らせる聴導犬、手足の不自由な人を助ける介助犬などが存在する。今回の主人公はこの介助犬の訓練士の阿部明子氏。彼女は元々は警察犬の訓練士だったのだが、イギリスに旅をした時に介助犬の存在を知り、介助犬の訓練に転身したのだという。まだ日本では介助犬は33頭しかおらず、彼女はそれをもっと増やすために頑張っているのだという。

 その彼女の元に介助犬が欲しいとやってきたのが、神戸の佐藤泉氏。脳性小児麻痺のために立ったり座ったりが不自由な彼女は、高校生の娘に介護されていたが、娘も高校生のために常に母に付き添っているわけにもいかないので、介助犬との生活を希望したのだという。ただ問題は彼女の要望として車いすで移動する時の段差での補助があったこと。これの訓練は今まで犬にしていなかったので、阿部氏は急遽訓練に取り入れる。しかし段差で転んだことのある佐藤氏は、車いすで段差を超えることに恐怖を抱いており、彼女が犬に対して信頼を抱いていないと、犬がその恐怖心を察して途中で作業をやめてしまうという問題がある。そこで犬と二人三脚での訓練が行われ、ついには課題を克服したのだった。

 介助犬となると、要望されることが人によっていろいろあると思われるので、訓練も大変だろうし、犬もかなり賢い犬でないと務まらないだろうと思われる。これは犬の確保も訓練士の養成もどちらも相当に大変だろう。しかし盲導犬でさえ全く足らないと言われている現状を考えると、介助犬がそんなに多く確保できそうな目処もまるで見えない。やはりこういう取り組みは、国を挙げて行っていく必要があるんだろう。

 なお私は、別の番組でサルを介助に使うという例を見た記憶がある。サルは器用という点では犬以上に良いのであるが、問題は犬よりも気まぐれだということらしい。究極はロボットだろうと私は見ているのだが、これは実用化にはほど遠い現状を考えると、やはり現在は犬が一番実用的なんだろうか。

 

9/24 夢の扉「よみがえれサンゴの森!サンゴ礁復活への大挑戦」

 サンゴは海中への酸素の供給源であり、サンゴの森は海洋生物たちの住処になっている。しかしそのサンゴ礁が危機を迎えているという。

 サンゴ礁の島である石垣島。ここを拠点にしてサンゴの研究と再生に取り組んでいるのが岡本峰雄氏。彼が研究拠点としているのは石垣島と西表島の間にある石西礁湖と呼ばれる地帯。ここはサンゴの大生息地域であり、ここから日本中のサンゴが供給されているという。しかしこの石西礁湖でサンゴが白化して死滅する現象が続発しているのだという。

 サンゴ死滅の原因は地球温暖化。サンゴは体内に褐虫藻という藻を共生させ、これが光合成で作る養分で生きているが、地球温暖化による海水温上昇で、この褐虫藻がサンゴの体内から逃げ出すことで死滅するのだという。岡本氏によると、このままでは石西礁湖のサンゴは全滅してしまい、それはひいては日本のサンゴの全滅につながるという。

 しかしその中で1つの明るい希望もあるという。以前にサンゴが全滅してしまった北方の水域で、新たに生育しているサンゴを岡本氏が見つけたのだという。これは高温に強いサンゴだと考えられるので、岡本氏はこのサンゴを南方の水域に移植することで、サンゴの全滅を防ごうとしている。

 彼のとった方法は、瀬戸物製の着床具を海底に沈め、これにサンゴの幼虫を付着させ、ある程度成長したところで他の水域に移そうというものである。現在、このサンゴをより海水温の高い南の水域に移動させて、その環境でも生きていることを確認したところだという。

 サンゴ再生に取り組む人物の話だが、実はこの岡本氏、以前にサイエンスゼロにも登場している。褐虫藻云々の話はその時にも登場しているので、実はこのエピソード自体は私は聞くのは2回目である。ただ以前の時には高温に強いサンゴのことは言っていなかったような気がするが。

 

9/17 夢の扉「都心の屋上が菜園に!緑を蘇らせる男の物語」

 屋上緑化とは、ビルの屋上に緑地を作ることによって、都会のヒートアイランド現象などを緩和しようという試みである。しかし従来の屋上緑化には問題があった。それは屋上に土を持って上がると、雨によって流出した土で排水溝がつまって水浸しになったり、そうなることで構造体自体にも負担がかかるということだった。また養分もその時に溶け出すために、肥料を頻繁にやる必要があるなど、コストや手間の問題もあった。それを解決したのが今回の眞崎健次氏だという。

 彼が用いたのは泥炭。これにある処理をすることで(企業秘密だそうな)、流出しにくくて養分の保持性能も良い土を生み出すことが出来たのだという。彼はこの土をルーフソイルと命名して、各地で屋上緑化に取り組んでいる。

 眞崎氏は最初は鉄鋼会社に勤務して、エジプトへの海外赴任を経験、そして家業の建材会社を継ぐために故郷の長崎に戻ったが、そこで県で進めていた緑化のプロジェクトに関与。その時に以前にエジプトで緑化に取り組んでいた人達が泥炭を使用していたことを思い出し、これを使った緑化に成功したのだという。そこでこの技術をさらに都会に広げたいと考え、環境技術を扱うマサキ・エンヴェックという会社を立ち上げたのだという。

 彼によると、屋上は害虫が少ないので野菜を作るには最適な場所なのだという。屋上で野菜を作れば無農薬野菜をまさに産地直売できるのだという。実際に彼のルーフソイルは北千住の駅ビルの屋上に導入され、成果を上げているという。

 うーん、すばらしいと思わず声が出てしまった。屋上緑化については私も是非進めるべきだと考えていたのだが、技術的な問題点が多々あることも聞いていたので、難しいのだろうかと思っていた。しかしその問題のかなりの部分を彼のルーフソイルが解決しているようで、これで屋上緑化にも弾みがつきそうである。

 

9/10 夢の扉「メスを使わずに脳腫瘍を治療する最新医療」

 今回はメスを使わない最新の脳腫瘍治療を行う医師について。埼玉県の三愛病院の一角にガンマナイフセンターがあり、ここでガンマナイフ治療に携わっているのが林基弘氏である。彼の用いるガンマナイフ治療とは、脳の腫瘍部分に集中的にガンマ線を照射することで、腫瘍の組織を破壊する放射線治療である。患者は頭に位置を定めるためのマスクをネジで固定し、後は治療器の中に頭を入れて寝ているだけである。

 この治療法は正式名称は定位的放射線手術と言い、201本のガンマ線を患部に集中することで、あたかも患部を切り取るかのように治療することから、ガンマナイフと呼ばれるのだという。開頭手術が難しい部分に発生した脳腫瘍などに威力を発揮し、これ以外にも脳血管奇形や三叉神経痛などの機能的疾患などに威力を発揮するという。

 治療の手順としては、患者に位置固定用のマスクをつけ、MRIによって患部の位置を0.1ミリ単位で正確に測定し、放射線の照射位置を定める(この過程が一番難しいのだとか)。後は機械が自動で放射線を照射するという(自動工作機械みたいである)。そして放射線を照射された患部は死滅するということらしい。なお三叉神経痛などを改善するメカニズムについてはよく分かっていないらしいが、弱い放射線を当てることが神経を正常化することにつながっているという。

 番組では脳の幹部に良性腫瘍が出来て、圧迫で生活が困難になりつつあった女性や、三叉神経痛で苦しんでいた男性が、日帰りの手術で見事に回復に向かっていく例を紹介。何よりも患者の負担が圧倒的に少ないのが最大のメリットである。

 もっともすべての場合に適用できるのではなく、限界はあるという。たとえば悪性腫瘍のように血管や神経を複雑に巻き込んでいるような場合は放射線では治療が困難だという(その時は、ゴッドハンドに登場願うしかない)。ケースバイケースの治療法が選択できることで、今まで救えなかったような患者も救えるようになったのだとか。

 最新の放射線治療法について。ガンマ線は本来は人体に有害なのであるが、微弱なガンマ線をあらゆる方向から患部にだけ集中させるのがこの治療法のポイントである。全国から彼の元にガンマナイフ治療を学びに医師がやってくるとのことだが、これも普及して欲しい方法である。またこの方法は、ゴッドハンドの外科手術のような神業的技術に頼る必要がないので、広く普及する可能性は秘めている。そういう点では、より深刻なのはゴッドハンドの後継者育成だろうな・・・。

 

9/3 夢の扉「クマと人間の共存を目指す 若き挑戦者の物語」

 最近、山の食糧不足などで人里近くに野生動物が降りてきて、トラブルを起こす事例が増加している。特に問題が発生しやすいのがクマである。そのクマと人間との共存を目指している人物が今回の主人公である。田中純平氏は野生動物の保護を目的とするNPO法人ピッキオでクマ対策のチームのリーダーを務めている。

 クマの問題が深刻化しているのが軽井沢。人の出すゴミの味を覚えたクマが、ゴミを漁りに人里に降りてくるようになったのである(他の番組ではゴミ熊と呼ばれていたが)。彼はクマの目撃情報を公開すると共に、クマがあけられないゴミ箱を導入したり、住民にクマの知識を教育している。彼はクマを駆除するのではなく、人間の怖さを教えることでクマと人間との共生をはかりたいという。現在、日本ではクマは減少傾向にあり、九州では既に絶滅したと言われている。かつて絶滅してしまったニホンオオカミが彼にとっての教訓になっているという。

 彼はクマが人里に現れやすい7月頃になると、24時間態勢で待機し、クマの目撃情報などがあれば直ちに駆けつけ、クマの確認をすると共に対策を打つ。また彼はクマに発信器を取り付けてその行動を追跡するということも行っており、人里近くに降りてくるクマに対しては、罠でとらえてから発信器をつけてから山の中に放す。なおこの時には、犬で激しく吠えかけると共に、爆竹などを使って人間の恐ろしさを教えてから放す。これを学習放獣と言うのだそうな。

 以前にサイエンスゼロでも宇宙船地球号でも紹介されていた内容。特に去年は山の食糧不足が深刻だったようで、クマの問題がクローズアップされ、あちこちでよくクマの事件が番組に登場していたが、今年もやはり人里に降りてくるクマはいたようである。なお人とクマとの遭遇が増えたのは、緩衝地帯となる里山の荒廃も大きいという。これはかなり難しい問題なのである。

 

8/27 夢の扉「北の大地から宇宙へ ロケット開発に挑む男の物語」

 ロケット開発といえば国家規模で行われるというイメージがあるが、北海道大学大学院教授の永田晴紀氏は、学生と中小企業でそのロケットの開発に挑んでいる。彼が開発しているカムイロケットは全長10メートルという小型ロケットだが、これで宇宙を目指すのだという。現在はロケット一台を打ち上げるのに、数十億円かかるが、カムイロケットは1000万円ほどで打ち上げが出来る。安価なプラスチック燃料を使用するのが費用の安さのポイントだという。これで彼は民間によるロケット打ち上げを目指している。

 子供の頃からあこがれていた宇宙を目指す彼の試みを支援したのが、北海道の町工場植松電機だった。彼の志に共感した専務の植松努氏が敷地や技術を無償提供したのだという。しかし実験は苦労の連続で、今年3月に予定されていた打ち上げも延期されていた。

 彼のチームではカムイロケットの打ち上げをこの夏に計画し、それに向けて着々とエンジンの燃焼実験を繰り返していた。しかし打ち上げ予定の2週間前ぐらいからエンジンの燃焼実験の失敗が相次ぐ。どうやら液体酸素が漏れだしてエンジンが爆発しているようだ。急遽原因究明が行われ、エンジンの改良がなされる。そして運命の燃焼実験に挑むが・・・残念ながらエンジンは爆発、結局は再度の打ち上げ延期に追い込まれてしまった。

 というところで、番組は終わり。多分、番組的には最後に打ち上げが見事に成功して感動の物語としたかったのだが、それが完全に空振りしてしまったのだろう。永田氏にしてもここで華々しく成功をPRし、ひいては将来の予算獲得やスポンサー獲得につなげたいと考えていたと思うのだが、すべて水泡に帰したようである。

 この北海道でのプロジェクトは以前に「ガイアの夜明け」でも紹介していたものだが、民間で低コストでの宇宙開発を目指すという意味で興味を持っている。そもそも技術者の端くれとしても、こういう心意気を感じるものは応援したくなるというものである。将来の成功を願ってやまないのである。

 

8/20 夢の扉「人体の暗闇に光を照らす 内視鏡医師の挑戦」

 長くて曲がりくねっているために内視鏡検査ができず、暗黒大陸とも呼ばれていた小腸。その小腸の中に入っていけるダブルバルーン内視鏡を開発した医師が自治医科大学付属病院の山本博徳氏である。この内視鏡は二つのバルーンを使って巧みに腸をたぐり寄せて奥に進むようになっている。

 自治医大を卒業して高知で僻地医療に尽くしていた彼の転機は、10年前に母校に講師として呼ばれたときだという。小腸を検査するのによい内視鏡がないことに気づいた彼は、アイディアを練った結果、コンドームを使用して今のダブルバルーン内視鏡を開発したのだという。彼の内視鏡は海外での発表で非常に注目を受け、海外からも技術の習得に来る医師が多いという。

 番組では大腸が部分的に狭窄しているために内視鏡を使用できなかった患者に、ダブルバルーン内視鏡でポリーブの摘出をする例と、生誕肝移植を受けた患者の胆管の狭窄をやはりバルーンで治療する例について紹介していた。目印があるわけでもない腸内で、患部めがけて内視鏡を進めていくのはかなりの技術である。ただこれはまさしく熟練の技が必要とされる世界なので、技術の継承が課題だろうと思われる。

 胃カメラは日本で開発されたものだが、内視鏡といった細かい技術はまさに日本のお家芸である。患者の負担も開腹手術よりも格段に少ないことを考えると、ドンドンと進歩させて欲しい技術である。

 なお驚いたことに番組では、ドリームナビゲータの小西美帆嬢が内視鏡検査を実際に受けていた。彼女は余裕綽々だったが、私が胃カメラを飲んだ時は、気持ちは悪いし苦しいしでゲーゲー言いながら涙ボロボロ状態で、とてもテレビで放送できるような状態ではありませんでした(私は以前より胃が悪いので、30代までに胃カメラを2回も飲んでます)。胃カメラなどは医師の腕で全然しんどさが違うと言うが、そのためでしょうか。それとも彼女が鈍感なのか(笑)。

 

8/13 夢の扉「ホタルを救え!復活にかける男の挑戦」

 阿部宣男氏は東京板橋区でホタルの人工飼育施設を運営している人物である。彼は元珍走団から理学博士になったという異色の経歴の持ち主だという。この施設にはホタルを見るために多くの人が押しかけるという。

 彼はホタルの飼育だけでなく、各地でホタルを復活させるための活動もしている。去年も箱根でゴルフ場の農薬で汚染された小川の再生に取り組んだことがあるという。

 しかし彼にとっても苦労があったという。今年、ホタルが華美で大量に死亡するという事件が発生したという。その危地を救ったのは、その記事を読んだ人から寄せられたアイディアだったという。それはナノ銀を使用するというもの。銀は殺菌力を持っているので、これを超微粒子にすることで殺菌剤として使用するのだという。

 今年彼は、山形県の最上川の支流の小牧川の復活を依頼された。しかしこの川は生活排水などが流れ込んでかなり汚染されている状況だった。しかも河川内には有害な最近が大量に発生している状況であった。付近の住民も河川の浄化に取り組んできたというが、今でも県内でワースト4にあげられる汚染度だという。

 彼がこの河川の浄化のために使用したのが、ナノ銀。ナノ銀を石に担持する(表面に付着させること)ことで、有害細菌などを殺菌しようという作戦をとった。また抗火石という表面積の大きい石を導入することで、農薬などを吸着しようという作戦である。さらにはホタルが必要とするマグネシウムを補充するため、那智石を並べ、さらにはホタルの幼虫が上陸できるように護岸の一部を崩して上陸地を作った。彼のこの対策で病原細菌は大幅に減るという効果が出たという。このような取り組みで川がきれいになり、ひいては海がきれいになることが彼の願いであるという。

 かつては日本各地にいたホタルなのだが、河川がドブ川化することで今や貴重な存在となってしまった。確かに今のうちにホタルが住める川を取り戻さないと日本の環境がとんでもないことになると思われる。ホタルを河川浄化の象徴としてホタルの復活に取り組むことは大いに意義のあることである。

 現在、日本の各地でホタルを保護している地区があるが、なんとそこにホタルを大量に採取しにくる馬鹿がいるという。どうやら奴らはそのホタルをデパートなどに売る目的で集めているとか。環境浄化にまじめに取り組む者もいれば、それを邪魔するこういう馬鹿もいるというのが日本の現状なのである。また水源地へのゴミの不法投棄なども相変わらず多いというし。環境を守るためには、残念ながら血道な取り組みだけでなく、こういう馬鹿を取り締まる必要もあったりする訳なのであるが。

 ところで今回の阿部氏は、珍走団から更正したようだが、どういう件がそのきっかけになったのかというのが気になった・・・ので、少し調べてみたが、高校時代に珍走団に入り、大学には入学したものの単位が足りなくて中退、その後に就職した区役所でホタルの飼育の仕事を与えられたのがきっかけ・・・とのことである。ということは、高校生の時の途中で珍走団をやめて勉強したのか? 結局のところは更正のきっかけはよく分からなかった。

 

8/6 夢の扉「五輪メダリストから高齢者まで 驚異のアミノ酸パワー」

 東大の大谷勝氏(どうやら客員教授の模様)はアミノ酸研究の第一人者だという。彼のアミノ酸が注目を浴びたのが競走馬へのアミノ酸投与。子供の時にアミノ酸を投与された馬が記録を伸ばしたのだという。

 今、アミノ酸が一番注目されているのが運動の世界。今ではアスリートがアミノ酸を摂取することは常識だという。アミノ酸を摂取することで疲労が回復しやすくなるという。

 大谷氏がアミノ酸の効果を使う場面として注目したのが高齢者医療。栄養の吸収が悪くなっている高齢者にアミノ酸入りのゼリーを食べてもらうことで、筋力を増すことで症状を良くするのだという。番組でも筋力が衰えてほとんど手が動かなかった高齢者の手が動くようになったり、寝たきりの高齢者の床ずれが回復したり、激しいむくみに悩まされて歩けなかった高齢者が歩けるようになったりといった劇的な効果が現れている。

 アミノサプリの宣伝のように見えるが、注目すべきは大谷氏自身が「通常の食事をしていればアミノ酸が不足すると言うことは起こり得ない」と断言していること。つまりはアミノ酸が効果があるのは、アミノ酸を大量に消費するアスリートと、消化吸収能力が低下している高齢者であるということ。また今回の内容でも「アミノ酸でやせる」なんて馬鹿なことは一言も言っていない。そもそもサプリメントの類は、身体に問題のある人が使うものであって、健康な人が使っても百害あって一利なしである。普段から十分にアミノ酸を摂れている人がさらにサプリメントを摂ったからといってより健康になるというものではないことを誤解しようにする必要がある。

 そういう点では、今回登場した高齢者医療へのアミノ酸の応用は、まさにサプリメントの正しい使い方の例と言って良い。今後も応用の余地はいろいろとありそうである。

 

7/23 夢の扉「炭は地球を救う!水を蘇らせる炭博士の物語」

 群馬工業高等専門学校の小島昭氏は30年以上炭素の研究をしているという。彼は炭素を利用した製品を多数開発し、多くの特許も取得している。その彼が現在力を入れているのが、炭を利用した水質浄化。アクリル繊維などから作った炭素繊維を用いて、水質汚染を除去するというものである。

 その原理は、炭素繊維を水中に吊しておくと、炭素繊維が日光を浴びたりすることで超音波を発し、これが微生物や細菌を引き寄せて生物膜が出来、これが汚れを吸着して微生物の力で分解するのだという。彼が炭素繊維のこの効果を発見したのは、実験中に誤って炭素繊維を汚い水中に落としてしまったところ、引き上げた炭素繊維が付着した生物でヌルヌルしていたことから思いついたという。彼は大学時代に恩師に言われた言葉で忘れられないものは「絶対に人まねをするな。自分のオリジナリティを持て。じぃーっとしてろ。日陰にいろ。日陰にいればいつか太陽が当たる。」というものだったとか。彼は実際に恩師の言葉通りひたすら炭の研究に明け暮れて、脚光を浴びるようになったのだという。

 彼はこの炭素繊維を用いて静岡県の猪鼻湖で水質浄化の実験を開始した。かつては稚魚の宝庫と呼ばれていたこの湖も、今では生活排水や産業排水、さらには付近のミカン畑から流入した肥料や農薬などによって水質汚染は深刻化、漁業も壊滅的な状態に陥っていた。

 彼はこの猪鼻湖に対して2種類の炭素繊維を筏から吊し、さらに地元のミカンの木を焼いた炭を湖底に沈めた。1ヶ月後、炭素繊維には生物が付着し、稚魚が集まってきており、湖底に沈めた炭もヘドロを浄化し始めている効果が見られたという。

 彼の炭素繊維の話は「宇宙船地球号」でも見たが、とにかく炭素繊維を吊しておくだけで良いというのが一番である。後は生物による嬢かシステムによって自然に水質が浄化されるわけだから魅力的である。私は最初に炭素繊維で水質浄化と聞いた時、炭素繊維で水質の汚染物質を吸着するだけかと思っていたのだが、実際はこのシステムの肝は炭素繊維がバクテリアなどに生息場所を与えるということであったわけだ。もっと研究が進んで欲しい分野である。

 なお「人まねをするな」とか「日陰にいろ」というのは研究者としては胸を打たれる言葉だが、現実にはこれを実践した研究者は大抵は日の光を浴びることなく終わってしまいます。残念ながら特に近年のように短期的な成果主義に走っている世の中では、人真似をして目立ちまくった研究者の方が評価されてしまうのです。これだと本当の意味での良い研究は絶対に出てきませんが。

 

7/16 夢の扉「沖縄の生態系を守り 種の絶滅回避に立ち向かう」

 獣医の長嶺隆氏は、沖縄のヤンバルクイナの保護に努めている。天然記念物のヤンバルクイナは今や1000羽を切り、このままでは近いうちに絶滅するのではないかと懸念されているという。

 ヤンバルクイナが激減した理由は環境の変化。ヤンバルクイナの生息域であるヤンバルの森に網の目のように張り巡らされた道路によって、交通事故死するヤンバルクイナが増加しているという。飛べない鳥であるヤンバルクイナは、産卵期になると餌を摂るためにさかんに動き回り、その時に道路で事故に遭う例が多いのだという。そこで長嶺氏はヤンバルクイナのレスキューセンターを設立して、怪我をしたヤンバルクイナを救護している。

 しかしヤンバルクイナにとって一番の驚異は、ハブ対策として島に持ち込まれたマングースなのだという。敏捷なマングースの前にヤンバルクイナは獲物にされ、マングースがその生息域を広げると共に、ヤンバルクイナは減少した。現在、沖縄島のヤンバルクイナが1000羽に対して、マングースは3万匹棲息しているという。マングースはその生息域をドンドンと北に拡張しており、ヤンバルの森にも浸食してきている。このままでヤンバルクイナの絶滅は時間の問題になってしまう。長嶺氏も、ヤンバルの森をフェンスで囲ったり、ヤンバルクイナの繁殖施設を建設するなどの活動を行っている。

 なんとなく宇宙船地球号を思わせるようなネタ。それにしてもここでも問題となっているのは外来種である。つくづく人間の勝手な思惑で外来種を持ち込んだら後々まで禍根を残すということを考えさせられる。ハブ対策として持ち込まれたマングースにしても、実際は危険なハブを捕まえるよりも、ヤンバルクイナを捕まえる方が楽だから、そっちに向かうのはある種当然だったわけである。なお現在ではハブの方が激減して、既にマングースの意味はなくなっていると聞いたことがある。どうにもこうにもうまくいかないものだ。

 

7/9 夢の扉「土を使わない栽培法 農業に革命を起こす男」

 今回のテーマは土を使わずに高分子を使用して農業をするという話。これを手がけるのは早稲田大学の教授であり、ベンチャー企業の社長である森有一氏。彼が用いるのはハイドロゲル(吸水性高分子)という水を保持しやすい高分子。彼はこれをフィルム状に成型することで、このフィルムに種を蒔き、ここに根を生やさせるという仕組みである。このフィルムを栄養分を混ぜた水に浮かしておくと、この上でレタスなどが成長できる。土を使わないことで雑菌の繁殖が防げるというメリットがある。森氏はこれを海上での自給自足や宇宙での野菜の供給などへの応用を考えているという。

 また森氏は沖縄の実際の農場でこのフィルムの実用研究を行っているという。ここではトマトの栽培を行っているが、実験室のような完全な水耕栽培ではないらしい。ここのシステムはまず養分を含んだ水の上に発泡スチロールを浮かせ、その上に水を吸わせるための布を置き、この上に先程のフィルムを置き、さらに少し土を被せてから水分の蒸発を防ぐビニルシートを被せているという。ハイドロゲルのフィルムは通常の土よりも水が吸いにくいため、ここで育てたトマトは甘味が強くなると言う(以前に所さんの目がテンで登場したフルーツトマトの栽培原理である)。またこのフィルムを使用した方法は、夏場に温度が上がりすぎないので雑菌の繁殖が防げるのだという。

 またこの手法を屋上緑化にも使用しているという。ここでフィルムではなくポリマーを土に混ぜ込むことで、水やりの手間を省ける上に土の量を1/3にできる(建物への負担が少なくなる)というメリットがあるのだという。

 将来展開が期待できる技術。ただいくつかの問題点もあろう。まずハイドロゲルシートからは水を吸いにくいと言っていたが、これではトマトのような乾燥地原産の作物の場合は良いが、大量に水を必要にする作物ではしんどくなる。特に発芽の時期のように大量に水を吸う必要のある場合はツライだろう。また以前より水耕栽培はなされているが、この場合も必要な栄養分は水に溶かし込んでいるにもかかわらず、どうしても成長が悪くなるということがよく言われている。植物の成長には土の中に存在する菌なども必要であるとされており、これが有機農法などの根拠の一つにもなっている。実際、森氏の実験でも実用化を目指した沖縄の農場では結局は土も使用しているというあたりにミソがありそうだ。そういう点で、森氏の技術は農業の将来に新たな展開を起こす可能性はあるが、タイトルで謳っているような「土を使わない栽培法」というのは少々疑問。

 

7/2 夢の扉「一番自然に近い家を完成させた男の物語」

 住宅などの化学物質が原因で、化学物質過敏症になる人が急増している。化学物質は接着剤などに使用されており、住宅内のありとあらゆる場所に存在する。今、化学物質を一切使用しない無添加住宅で注目を浴びているのが株式会社無添加住宅の秋田憲司氏である。

 彼は父の工務店を引き継いでから、化学物質過敏症の人の相談を受けたことで無添加住宅の着想を得たという。彼の住宅では接着剤は使わない。まず接着剤がわりに使用するのはニカワ。これは動物の骨や皮から取ったコラーゲンである。虫が付きやすいという欠点を補うために、彼は塩を加えた。このニカワを使って木材を接着する。ただし、ニカワの寿命は40〜50年ほどなので、床材の張り付けなどにしか使用しないという。

 彼が構造合板に使用するのは米糊である。これは寿命が300〜400年あるとのことで、彼は建築に米糊を使用した合板を用いており、建具の接着にはこれを用いるとか。なおこれも防虫対策に塩を加えている。

 また壁には壁紙を用いず漆喰を使用している。湿気の調節機能がある上に、耐火性も高いので壁材として非常に適しているという。またペンキなどの塗料の代わりに使用するのは柿渋。防虫・防腐効果もある耐水性に優れる天然素材である。これらを用いた無添加住宅では、室内で化学物質は全く検出されないという。

 彼の無添加住宅に望みを託したのが、化学物質過敏症に悩む神戸の女性。彼女は7年前にこの病気を発症しており、彼女の部屋は部屋中の壁にアルミホイルを貼っている。こうしないと壁紙の臭いで呼吸が出来なくなるのだという。また冬でも窓を閉めることが出来ないという。彼女は昔から転居の際に新築の家にはいることが多かったので、それが化学物質過敏症を発症させる原因となったと考えられる。彼女は秋田氏に部屋のリフォームを依頼したのである。

 秋田氏の方針は、クロスの壁の上にアルミホイルを貼って、その上から漆喰を塗るというものと、床は合板のフローリングの上に化学物質を出さない木を被せることで、徹底して化学物質を封じ込めるというものだった。彼がこの床材に使用したのがインドネシア原産のマメ科植物のシンゴン。毒性がないと言うことで注目を浴びているという。彼のリフォームが功を奏して、リフォーム後はマスクをしないでも生活できるようになったという。

 最近になってシックハウスが注目されているが、昔から「何となく調子が悪くなる家」というのはあったのであるが、それにやっと病名がついたということである。昔は最初からホルムアルデヒドの臭いがプンプンしているような合板も多く、新築の家といえばかなり臭ったものである。また私は昔から合板で家具を作る人間なので、かなりこの接着剤臭にはさらされていた。その上に化学関係の仕事に就いたわけであるから、将来的に化学物質過敏症が発症する可能性はあるのではないかと懸念している。

 秋田氏の無添加住宅という試みは非常に面白いが、一つだけ気になるのは強度の確保である。米糊の合板で強度がキチンと保てるのかということだけは気になった。またシロアリ対策などについて、柿渋だけで対応可能なのかということもある。昔の天然素材から現在の人工素材に移行したのは、コストや効率という問題だけでなく、性能の問題も含んでいたはずだからである。その辺りの検証も今後の課題なのではないかという気はする。しかしとにかく大手メーカーなどもこの問題に注目して、より害の少ない住宅が増えれば万々歳である。

 

6/25 夢の扉「スポーツ義足の第一人者 義足が支える選手の夢(後編)」

 臼井氏が作成した水陸両用義足は水に沈んでしまうという問題が発生した。そこで臼井氏は水に浮く材料を使用することにし、耐水性の高い車椅子用のウレタンを使用することにした。これを足首カバーに用いて浮きの役割を果たさせたところ、大分自然に泳げる水陸両用義足の作成に成功した。

 この義足を使って、藤田氏がいよいよトライアスロンに挑むこととなった。しかし当日はあいにくの悪天候、まず最初の1.5キロの水泳、向かい風の中を苦しみながらも藤田氏は強いストロークで泳ぐ。折り返し地点を過ぎて追い風になってからは、藤田氏の泳ぎはさらにスピードアップ、1.5キロを無事に泳ぎ切る。ここで彼は義足の角度を歩行用に切り替え、次の競技へと向かう。

 大会の方は悪天候のために自転車競技が中止となり、次はランニングとなっていた。藤田氏はランニング用の義足に付け替えて走り始めようとする。しかしここでトラブルが発生、義足の取り付けが不十分だったのか義足が突然に外れて転倒、足の先をまともにアスファルトにぶつけた藤田氏は痛みのために動けなくなる。

 実は臼井氏は競技前に彼に「義足の取り付けはゆっくりと慎重に行うように」とのアドバイスを与えていた。万一義足が外れると大事故につながることを懸念してのものだったが、不幸にも臼井氏の懸念が的中してしまった。藤田氏はその後もなんとか走ろうとするのだが、やはり痛みのために途中で棄権を余儀なくされてしまう。

 藤田氏の挑戦はこれで終わった。しかし初挑戦で水泳を泳ぎ切っただけでも快挙だと言える。まだ臼井氏の挑戦はこれからも続く。

 義足と言えば「歩く」ということしか考えないが、あえて「走る」にこだわる臼井氏の姿勢が共感を呼ぶ。なお藤田氏のリタイアは番組的にはしんどいところだろうが、それでもあえてそのまま流しているのはむしろ好感(テレビ局によってはやらせをやる可能性が非常に高いシチュエーションだけに)。

 

6/18 夢の扉「スポーツ義足の第一人者 義足が支える選手の夢(前編)」

 パラリンピックで大活躍する義足のアスリート達。彼らの活躍を支えるスポーツ義足の第一人者が臼井二美男氏。彼のスポーツ義足は大きな板バネを使用しているのが特徴で、その板バネの弾力が足首の微妙な動きを再現するのである。

 彼がスポーツ義足を作り始めたきっかけは、彼が義足を作った相手が将来を嘆いて自殺してしまったという衝撃の体験だった。これをきっかけに、彼は単に義足を作るだけでなく、今まで向かっていないところに向かっていけるきっかけを作る必要があると考え、障害者の陸上競技チームを立ち上げたという。義足で歩けるようになった人に「走ろう」と声をかけたのである。現在メンバーは50人以上で、中にはパラリンピックで活躍した選手もいる。走れることで自信が出て、生活に対して積極的になるのだという。彼の作った義足を使って、プロサッカー選手を目指して名門校で頑張っている高校生もいる。

 その臼井氏の元に難問が舞い込んだ。トライアスロンに出られる義足を作って欲しいという依頼が、チームのメンバーの一人の藤田征樹氏からあったのだ。東海大学で陸上選手だった彼は、2年前にトライアスロンを目指して練習を開始した直後、交通事故で両足を膝下から失ったのだった。彼は「義足で歩けるなら、走れる。走れるならトライアスロンも出来る」と考えたという。

 しかし問題があった。自転車は日常生活用義足のカバーをはずして特別な靴を履くことでペダルをこげ、マラソンは新たにランニング用の義足を作ってもらった。しかし水泳を出来る義足がなかった。当初は義足をつけずに泳ぐつもりだったが、それだったら自転車に乗るまでの移動が出来ない。

 大会までには1ヶ月しかなかった。臼井氏は急遽、足の角度を調整できる水陸両用の義足を制作する。しかし出来上がった義足には問題があった。重量が重くて水に沈むのだった。大会までの残り日数は少ない。

 というところで次回に続くである。義足はそもそも足に接続するソケットの部分を個人に合わせて制作しないといけないので、すべてがオーダーメイドの手仕事である。臼井氏のスポーツ義足は、その上に選手の体力や競技に合わせてさらに細かい調整が必要になるので、まさに精密機械になる。制作は簡単ではなかろう。

 しかし走れるということは足を失った人にとっては最大の自信になり、人生に対して前向きになるという効用がある。彼の仕事は非常に重要だと言えよう。スポーツに取り組む障害者達の表情が全員明るいのが印象に残った。

 

6/11 夢の扉「誕生!ガン探知犬 犬の嗅覚でガン早期発見!?」

 病気には固有の臭いがあり、例えばガンなどにも特有の臭いがあるのだという。そこでこのガン患者に特有の臭いを犬で探知するという試みがなされているという。

 ガン探知犬を育てのが佐藤悠二氏。彼はドッグトレーナーとして水難救助犬などを育てる傍ら、ガンを臭いで探知する犬を育成していたのだという。そのガン探知犬はラプラドール・レトリーバーのマリーン。マリーンはガン患者の息を嗅ぐことで、それと同じ臭いのする息(つまりはガンの患者)を判別することが出来るのだという。マリーンがこれまでに判別できたのは、食道ガン、肺ガン、肺腺ガン、悪性リンパ腫、肝臓ガン、胃ガン、乳ガン、前立腺ガン、大腸ガン、皮膚ガン、子宮ガンだという。中には呼吸とほとんど関係がないと思えるガンもあるのだが、ガン細胞はすべて血液に入り込むので、これが肺に到達して呼吸として出てくるのだという(とのことなんだが、ガン細胞が血液に入り込んだら、全身転移してもう終わりなのと違うのか?)。

 ただ佐藤氏にとっての障害は、日本の病院ではいろいろなしがらみで、なかなか病院の協力が得られないのだという。このためにガン患者の息のサンプルが入手しにくいのだという。これに対して、イギリスなどでは犬を使ってガンを検出する研究が正式になされているという。イギリスでの取り組みは患者の尿から膀胱ガンを検出するというものだとか。実際に初期の膀胱ガンでも発見できているという。

 なお番組ではマリーンはさらに初期の膵臓ガンのサンプルにも挑戦したが、これも発見することが出来たとか。さらに佐藤氏が協力して、東京のベンチャー企業のピクセンでは体臭から乳ガンを発見するセンサーを開発したという。

 臭いで分かるんだったら、分析機器を使用したら一発じゃないかというように思えるのだが、実は分析機器というのは意外と当てにならず、動物などの感覚の方が鋭敏だったりするのである。またターゲットが何か特定の物質であると絞れていればよいのだが、そうでない場合はいよいよ分析機器は頼りにならなくなる。というわけで、犬の出番になるのだろう。

 ただ犬を使用する場合は、犬の訓練が大変だし、処理できる数も限られてくるだろうし、やはり犬での知見を元にした人工センサーの開発が急がれるところであると思われる。そういう意味で、最後に登場した乳ガンのセンサーが一番興味深い。これを他のガンにも拡張できれば、ガン診断にとってかなり画期的なことになる。

 

6/4 夢の扉「世界が認めた大発明!音で騒音を消す男の物語」

 東京江東区にある株式会社エフ・ピー・エスの堀昌司氏が開発したのが厚さ7ミリの平面スピーカー。このスピーカーが今までのコーン型スピーカーと違うのは、複数を組み合わせて大きな平面スピーカーに出来ること。平面スピーカーのメリットは音波が拡散せずに特定方向に向かうために、音の減衰が少ないこと(100メートル先で比較したら、音量にして5.3デシベル違っており、3倍の音量差とのこと)。

 また指向性が優れていることを利用して、駅のホームのスピーカーなどに採用されているという。平面スピーカーの特徴で、ホームの上には音が伝わるが、周囲の住宅にはほとんど音が聞こえないというメリットがある。

 このスピーカーを使用して彼が挑んでいるのが消音システム。騒音をマイクで拾って、それと正反対の波形の音をスピーカーから出すことで音を消滅させるというアクティブ・ノイズ・コントロールのシステムを使ったものである。これを使用して騒音を10デシベル下げられれば、それは騒音の大きさを1/10にしたことになる。

 彼の会社に騒音対策の相談が持ち込まれた1つが、道路工事に用いられる大型舗装機械である。騒音の音量が大きいことと、音の発生源が複雑なことなどで対策に困難があったが、彼のシステムの使用によって5デシベル音量を低下させることに成功したという。彼はこのシステムで町の騒音対策を行いたいと考えている。

 平面スピーカーというのは、スピーカーの理想型の1つである(これ以外の理想型としては、点音源を再現する呼吸球)。昔からいろいろな試みが失敗したが、彼のスピーカーは初めて実用レベルで成功したものである。ただ、オーディオ的に見た場合にはまだ課題はありそうだ。

 なおアクティブ・ノイズ・コントロールについては研究が進んでいるが、問題点は騒音の発生源が複数だった場合に対応が難しいこと、また効果の範囲が限られることなどがある。これの開発についてはスピーカーだけの問題ではないので、多分彼の会社もどこかと手を組んで開発をしているのだろうと思う。今後の開発に期待と言うところか。

 

5/21 夢の扉「脳性マヒ患者に喜びと勇気を 奇跡の整形外科手術」

 脳性マヒは酸欠や出血などによって脳の一部の機能に損傷を生じることで、腕や足などの機能にマヒが生じる障害である。この脳性マヒに対して、画期的治療法で回復を試みている整形外科医がいるという。

 その医師は東京町田市の南多摩整形外科病院の松尾隆氏。彼の編み出した手術法というのは、マヒが強いことで手足の動きを阻害している筋肉の腱を切断し、他の筋肉をリハビリなどで強化することで手足を動くようにしようというもの。手足には数十種類の筋肉があり、脳性マヒの患者はその筋肉のいくつかのコントロールが阻害されることで手足がうまく動かなくなるのだが、その元凶となっている筋肉をカットしてしまって他で補おうというのである。脳性マヒの治療となると、脳の機能を何らかで補ってと考えがちだが、そうではなくて脳はいじらずに外科手術だけで対処しようというのが興味深い。人間の身体も実はかなりの可塑性を持っているのだと感じさせられる。

 番組では脳性マヒのせいで右手が自由に動かず、身体のバランスがとれないので伝い歩きしかできない10才の少年が、手術によって伸びなかった右手が伸びるようになり、しかも自力で歩けるようになったという過程を紹介していた。

 彼の元には多くの医師がその方法を学びに訪れているというが、脳性マヒの治療法の一つとして普及さしてもらいたいところ。ポイントは多分、どの筋肉がマヒしているのかを正確に見定めて、どの筋肉で代用させるかを考えることだろう。ただあくまで動かせる筋肉で補うという発想なので、マヒの程度によって重度の場合は残念ながら対応不能だろう。だから脳神経外科の方には、脳の機能回復の側面からの治療法の研究も進めてもらいたいところだ。

 

1/15 夢の扉「地震の揺れが予測できる!?夢の地震速報システムに密着」

 阪神大震災や新潟地震など、未だに日本では地震によって大きな被害を出している。この地震の揺れが来ることを数秒前に通知するシステムを開発している人物を今回は紹介している。

 気象庁に勤める束田進也氏が開発しているのが、日本周辺で起こる地震を監視して、地震の発生時に震源と規模を直ちに検出して、地震の揺れが何秒後に届くかを通知するシステムである。地震には最初の縦揺れと後に来る大きな横揺れがあるが、この2つの揺れの到達時間の違いに基づいて開発されたシステムである。

 しかしこの時間差は地震によってまちまちなために予測は困難だったのだが、彼は仲間と共に多くの地震のデータを処理することで、法則性を見出したのだという。ただこのシステムの弱点は、内陸の直下型地震には役に立たないことだという。しかし日本では多くの地震が沿岸部分で起こるため、東海地震などにも活用ができるという。

 もっともここで警告される時間はわずか数秒であるので、その間に何ができるのかは備えが必要である。そこで病院などでは警報が発令された時の対応の訓練などが行われており、また住宅メーカーも警報が発令されると共にガスや暖房を停止して、脱出路確保のために玄関の鍵を開けるようなシステムを開発しているという。

 非常に面白いシステムであるが、数秒という時間を長いと考えるか短い考えるかだろう。正直なところ、私などは今から10秒後に大地震が来ると言われても何もできない。またどうやってみんなに一斉に瞬時に伝えるかが問題になるだろう。番組でも言っていたように、高速道路上で一部の車だけが急にブレーキを踏むようなことになったら、逆に事故を発生させる恐れがある。とりあえずは、病院、鉄道、ガス会社、原発などと言ったところが瞬時に対応するシステムを導入すべき場所か。また警報が出たら直ちにエレベータを最寄り階で停止させるシステムなどというのも考えられるだろう。

 ところで今回登場の束田氏は38才とのことで、私よりも年下・・・・とてもそうは見えないのだが。

 

3/13 夢の扉「無添加パンに命を懸ける!カリスマ職人の壮絶人生 後編」

 無添加パンにこだわる廣瀬満雄氏は、食品通販サイトから究極のチーズパンを作って欲しいとの要望を受ける。しかし日本のチーズには廣瀬氏を満足させるような無添加チーズは存在しておらず、かなり困難であると感じていた。彼は一応努力してみることを約束して、奥さんらと共に数百種類のチーズを試したが、結局満足できるチーズには行き当たらなかった。しかし彼の中には、かつて彼の父がチーズパンを夢みながらも、当時は貴重品だったチーズを入手することが出来ず、頓挫したということに対する思いがあった。彼はインターネットで無添加チーズを探し求め、オランダで牧草の栽培から無農薬で無添加チーズを製造している牧場を見つける。

 彼は急遽オランダへ飛ぶ、そこで出会ったチーズは、まさに彼を満足させる究極のチーズであった。彼は早速このチーズを70キロ買って帰り、究極のチーズパンを作り上げることに成功する。

 一方、彼の元で修業に励んでいる元大学助教授の熊倉氏は9回目の卒業試験に挑んでいた。緊張でこわばっている熊倉氏であるが、辛くも試験を合格し、彼も無添加パンの職人として自立していくことになる。

 先週に続いての後編。ただ内容的にはそんなに多くなく、わざわざ二回に分けたのが個人的には謎。また今回の説明、私は意図的に熊倉氏の卒業試験とチーズパン作りの順序を入れ替えているが、実際の番組もこの構成の方がまとまりが良いと思うのだが。 

 

3/6 夢の扉「無添加パンに命を懸ける!カリスマ職人の壮絶人生 前編」

 東京でパン屋を営む廣瀬満雄氏は無添加パンを作るパン職人である。彼の素材へのこだわりは徹底しており、クリームパンのクリーム用のバニラビーンズはフィジー産のオーガニック栽培のものを、ブドウパン用のブドウは自分の農園で無農薬で栽培、アフガニスタン産の岩塩に高知産の地鶏土佐ジローの玉子を使用、北海道十勝産の国産小麦だけを使っている。また彼のこだわりは水にも及び、東京から車で2時間かけて山梨県のわき水を毎週汲みに行っている。

 また彼はパン用の酵母の自家栽培も行っており、地下では果物の酵母菌を培養している。今のパンは大抵は発酵促進剤を使用しているが、EUで禁止されている臭素酸カリが含まれていたりなど決して身体に良くはないのだという。様々な添加物はすべてパン作りの効率を上げるために使用されているのだが、彼はそのようなものは一切使用せず、その分手間をかけるのである。そのために彼のパンはやや高めだが、それでも遠くから買いに来る客もいるという。

 彼の無添加パンへのこだわりは、かつての父との確執があるのだという。彼の父は無添加パンを作り続けていたパン職人だったが、24歳の時にパン職人となった彼は、添加物を使用して効率的にパンを大量生産することを主張し、父と絶縁状態になったのだという。しかし彼は33歳の時に身体を壊したのをきっかけに再び無添加パンを作り始めたのだという(病気になった途端に健康に気を使い始めるというパターンである)。しかし結局は父との関係は修復できないまま父は亡くなってしまい、そのことが未だに負い目になっているのだという。彼の言によると「今でも父親に許して貰いたいと思っている。自分が正しくなかったことは事実で、自分が添加物を使うようなパンを作って、それで儲かればよいと思っていたのは事実で、これは父親の墓前でいくら謝っても許されるものではない」とのことである(ここまで言っているということは、パンの添加物がどれだけひどいものが使われているかということでもあるのだが)。

 また彼は無添加パンを作ろうとする後継者も育てている。全国からパン屋を目指す人が彼の元を訪れて修業をしているとのこと。そこで彼はあえて厳しい指導を行っている。

 と、ここまで来たところで、どうやら今回は前編だったということが判明、次回は彼が目指す究極のチーズパンと、彼の元で修行中の元大学助教授の熊倉氏が無事に試験を突破できるかというところがエピソードのメインになる模様。

 若気の至りで父の古いやり方に反発して、より儲けの多い方法を選んだが、気が付いてみたら父のやり方を踏襲していたという父と子の物語も含んだ内容である。しかし露骨には言っていないが、彼が身体を壊した原因は有害物質もあったのかもしれない。彼は主に「安全性」の観点から無添加パンに走っているが、これ以外にも明らかに無添加や無農薬の食品の方が美味しいというのがあるだろう。彼のパンを遠くからでも買いに来る客がいるのはそれが理由だと思われる。添加物を大量に使った食品は、危険であるという以前にまずい。例えばコンビニでよく見かけるヤマザキのパンなどは、薬臭くて食えたものではない。あそこのパンがあんなに大量の添加物を使うのは、工場での生産性を上げるためとか、流通過程で少々古くなっても腐らないようになどのためである。その結果、一週間経っても柔らかいままなどといった恐怖のパンが出来上がる(私は以前にあのパンを食べたことがあるが、あんなまずいパンは今まで食べたことがない)のである。安価な大量生産を全面的に否定する気はないが、これからの時代はアメリカ式の安価だがまずくて危険や食品と、少々高いが安全で美味しい食品を消費者が選択できるようにする必要があるだろう。私は日本農業再生の鍵もここにあると見ているので、産地と結びついた取り組みが重要性を増すと感じている。結局のところ、美味しい食品を追究していたら、素材にまで行き当たってしまうのである。

 

2/27 夢の扉「成功率99%! 神の手を持つ脳外科医」

 脳外科医の福島孝徳氏は「神の手を持つ男」呼ばれ、世界的に知られている手術の名人である。彼は他の病院で手術不可能と言われた末期の脳腫瘍患者を多く手がけ、患者の命を救ってきている。彼の手術の成功率は実に99%になるという。彼の手術はまさに名人技であり、多くの若い医師が彼の技術を学ぼうと押しかける。

 明治神宮の神官の家に生まれた彼は「人のために生きろ」との父の言葉から、脳外科を目指し、37歳で大病院の脳神経外科部長に抜擢される。この頃彼が手がけた手術は年間900件と通常の脳外科医の10倍の件数である。しかし彼のこの行動力と歯に衣を着せぬ物言いは日本では疎まれ(典型的な日本の駄目組織のパターン。日本では出来る奴は疎まれてつぶされるのである。無能な上がふんぞり返っているのが最大の原因だが。)、アメリカへと渡る。アメリカでは彼の行動力と技術は絶賛され、ゴッドハンドの称号を受ける(日本なら「ブラックジャック」と呼ばれるところだが)。62歳の現在、デューク大学とウェストヴァージニア大学で教授を務める。彼のオフィスには世界中から年間1万通もの手紙が届くという。彼は1日に数件の手術を平気でこなすが、それでも間に合わないのだろう。彼が手術を終えて自宅に帰るのは夜遅く。一人暮らししている彼は、夕食はインスタント食品が多いという。すべては患者のためにというのが彼の生活スタイルになっている。

 彼は自分の技術を次の世代に伝えるために、私財を投じて世界中から集まってくる医師達を受け入れている。彼としては自分一人で救える患者の数は限られているので、次の世代や次の次の世代の名医を育てたいのだという。また彼は手術道具の開発も自分で行っており、数々の器具を考案している。彼のモットーは「一発全治」。一回の手術ですべての病巣を取り除いて完治させるというものである。この番組でも難しい脳腫瘍を患った38歳の主婦の手術を、いとも簡単に成功させてしまっている。

 信じられないような話である。なおこの医師はかなり有名な医師で、私も何回もテレビで見たことがあり、つい最近も他の番組で2回ほど見ている。また彼の技術も凄まじいが(まさしくブラックジャックである)、あくまで患者優先の生活を送っているところに、一体何が彼をそこまで駆り立てているのかと驚かされる。彼にしてみれば、彼の助けを求めている患者は世界中におり、自分の時間をすべてつぎ込んでも足らないのだろう。一番の問題点はすべてが彼個人の技術に負っているために、今のところ彼の後継者となる第二のゴッドハンドが登場していないこと。そのことを彼も痛感しているから、必死で若手の医師を育てようとしているのだろう。ただ彼の技術を見ていると、やはり外科医は職人の世界だと感じられ、彼と同じだけの技術を持つことが出来る医師がどれだけいるか。多分に先天的な素質に支配されると思われ、これは知識とは別の次元の話である。正直なところ、医師免許を持つ人間の技術を鍛えるよりも、細工職人などの手先の器用さを持つ人間を勉強させて医師免許を取らせる方が早いような気がするのであるが。

  

トップページに戻る