ニッポンときめき歴史館

 

「ニッポンときめき歴史館」はあの鈴木健二アナが司会して有名になった「歴史への招待」などから脈々と受け継がれたNHKの歴史ドキュメントの王道番組です。そのダサいタイトル(まるでコナミの恋愛シミュレーションゲームのようだ)とやや珍説に傾きすぎるという欠点はあるものの、我々の歴史への興味を傾けてくれる楽しい番組です。放送は毎週火曜日の午後10時から。

 

 本番組は'00年3月で放送が終了しました。「その時、歴史が動いた」が後継番組として始まっています。

 

エンターティーメント度 C

情報信頼度 B

タイプ分け 知識型

トップページに戻る

 

2/29 ニッポンときめき歴史館「源氏物語ロマン 光源氏と紫の上・愛の軌跡」

 「源氏物語」は平安時代に紫式部によって執筆された当時の流行小説である。内容は美形の貴族光源氏の恋愛物語である。今日でこそ古典の名作として教科書に載っていたりするが、はっきり言って内容は昼メロ(言い換えればトレンディドラマというところか)である。

 紫の上とはこの作品中に出てくるヒロインである。彼女は少女の頃に光源氏に引き取られ、そのまま光源氏に育てられて、やかで光源氏の妻となる女性である。このエピソードというのがまさしく「プリンセスメーカー」で光源氏は自分が目を付けた少女を自分好みに育て上げるわけである。

 ちなみに作者の紫式部というのは本名ではなく、この紫の上が人気が出たので、紫式部と呼ばれるようになったとのことで、これは私も初耳であった。ただこの時代の女性は元々ほとんど名前が残っておらず(誰々の娘とか誰々の妻という形でしか残っていない)、こういう例はそう珍しくないのだろう。

 この番組では源氏物語のストーリーに沿って紫の上のその後を解説していたが、はっきり言って悲惨の一言。彼女は典型的な「男の身勝手に振り回された女性」のようである。もっともこの時代はこのような女性が多かったのだろう。

 

2/22 ニッポンときめき歴史館「千年の古都を近代化せよ」

 前回に東京遷都の話がちらっと出てきたが、今回はそれに絡んで京都の話である。現在この番組はご当地シリーズ中のようである。

 京都にとっては、天皇が東京に行ってしまったというのは街の存亡に関わる大事件だったようである。天皇を追いかけて東京に行ったもの、残ったものの転職を余儀なくされた者などいろいろいるそうである。京都の人間にとっては、東京都は「東・京都」であるらしい。つまりいつかは京都に首都が戻って来るという考えがあるとか。この辺りが関西でも京都人がもっともひねくれ者と言われる所以か(笑)。ちなみに大阪人も京都人も神戸人も「関西人」という括りで一緒にされることを嫌う傾向はある。いずれも、自分たちはあの連中とは違うと考えているようだが、特に京都はその意識が強いようである(ちなみに私は神戸出身で、現在は大阪人)。

 明治時代に京都の初代知事になった槇村正信は、京都がさびれないようにいろいろな手をうったそうである。繁華街を作るなどというのは分かるが、御所の一部を解放して動物園にしてしまったというのは驚きである。今なら彼は優れたプロデューサーになっていたところかもしれないが、彼の手法は相当過激である。民間信仰が迷信の元であると地蔵を撤去して公衆便所を作ったなどというのはあまりに過激で感心する。これは多分当時は相当に物議をかもしたのではないかと思える。

 槇村の開発主義で寺院などが荒廃したところを、もっと町並みを考えていこうという方向で動いたのは公家出身の岩倉具視だという。また福沢諭吉などは伝統的な町並みを守れと主張したそうである。京都は常にこの「開発・近代化」と「伝統保存」の間で揺れたようだ。

 その後、佐野常民が京都を観光都市として確立していくことを目指して、路面電車を走らせたり、観光ガイドを出したりなどといろいろな手をうったそうだ。そのための一大イベントが内国産業博覧会だったらしい。そしてこのイベントに合わせて平安神宮が建設されたとか。私は関西在住であるにも関わらず、平安神宮が博覧会向けのパビリオンだったというのは初めて知った。

 ただこのような方針の施策をとってきたにも関わらず、現在の京都の街は一貫したポリシーを持っているように思えないのが、少々疑問である。例えばあの悪名高き京都駅ビル。あの近代的(私にはどうしても下品で悪趣味にしか思えないのだが)な建築は明らかに京都の玄関口としては不適である。この辺りが日本の限界か。

 

2/15 ニッポンときめき歴史館「徹底比較! 江戸vs大阪」

 今回はいわゆる東京vs大阪の文化比較。

 昔からよくいわれる大阪と東京の食における端的な違いは、大阪ではウナギを腹から割くが東京ではわざわざ背中から割くということ。東京がこういう変なことをするのは腹から割くのは切腹を連想するからとか。この辺りも大阪の合理主義に対して、体面のようなものを重んじる東京の風潮が現れている。

 これ以外にも文化(大阪では「曽根崎心中」が江戸では「歌舞伎」が流行)とか経済(大阪では先物取引、江戸では現金掛け値なし)などというのが出てきた。さらに雑煮も登場。大阪のは具が多いが、東京のはおすましだとか。ただうちは代々関西の人間なのであるが、雑煮は東京型のおすましである。

 歴史的に見た場合、大阪は豊臣政権後に商人の街として、江戸は徳川政権によって武士の街として発展した。ただ経済的には大阪が優位で、酒・醤油・酢など圧倒的に大阪のものの方が質が良く、江戸周辺のものは品質的に勝てなかったとか。だから大阪からやってくるものは「下りもの」と言われて高級品の意味だったとか。これに対して江戸周辺で作られたものは「下らないもの」と言われた。これが今日、つまらないもののことを「くだらないもの」と言うことの語源のようである。

 ただそのように大阪に押されっぱなしだった江戸も、江戸時代末期には濃い口醤油の発明など、独自の文化を確立して大阪と並び立っていったとか。

 面白かったのは東京が首都になったいきさつ。最初は大阪が首都の候補であったのだが、公家達の猛烈な反対でつぶれ、その後東国で相次いだ反乱ににらみを利かせるために、天皇を東京に「行幸(一時的に滞在する)」させることが決まったとか。しかしそれが一時でなくそのまま遷都の詔もないまま東京が首都になってしまったらしい。東京という街の定義について、以前に私は「徳川家康の思いつきで都会になり、明治天皇の冗談で首都になったド田舎」というギャグを見たことがあるが、これもあながちジョークではないようである。

 

2/8 ニッポンときめき歴史館「古代日本の文明開化」

 飛鳥時代は大陸から多くの文化が入ってきた時代であるが、これを「古代の文明開化」として扱っているのが今回である。

 話は大化の改新から始まるのだが、この番組では大化改新を既定事実のように説明しているが、実はこの日本書紀に記述されたクーデター劇は、実は存在しなかったという説が現在出ている。これは日本書紀がかなり創作が多く(時の権力者の意向などによる)、歴史資料として怪しい部分もあるということも背景にある。また古代史は近代の日本政府が朝鮮支配を合理化するためにかなり歪めた部分もあるので、その辺りの事実に基づいた客観的研究の発展が望まれるところでもある。

 で、番組の方だが、最近に関西の難波宮の遺跡で発掘された大量の木簡などに基づいて当時の技術について推測するというものである。発掘物のなかには無文銀銭なるものがあるのだが、これは中国の貨幣を参考に造られたといわれているのだが、鍛造で作られた無文銀銭は明らかに中国の貨幣よりも技術的にはるかに劣るものである。中国並の貨幣が出てくるのは後に鋳造によって富本銭が作られるまでかかるようである。最初に鋳造貨幣が造られなかったのは、銅で鋳造するにはスズを混合しないとうまく出来ないのに、日本ではスズがとれなかったことによるという。

 またこの時代には水時計が作られて、役人の勤務時間が決められたとのこと(朝の4時から昼の12時の8時間勤務らしい)。これ以来我々日本人はタイムカードに管理されることになるのである。

 また彼は漆と麻で棺を作ったとか。漆は樹脂の一種であるから、これでも結構の強度が保たれたようである。これは日本の独自技術であり(元は仏像に使われた技術らしいが)、この辺りにも日本人の創意工夫が見られる。番組自体も「日本人は応用力がある」という結論をつけていた。

 

2/1 ニッポンときめき歴史館「戦国を生き抜け 跡取り息子達の選択」

 今回は武田勝頼、真田幸村、徳川秀忠といった三人の武将達の特集。偉大な父親を持った彼らが、二代目社長としていかに生きていったかに注目した面白い企画である。

 まず勝頼。彼はよく二代目馬鹿社長のように言われることがあるが、私はそれは彼にとっては厳しすぎる評価だろうと思っている。彼が無能であるかのように思われがちなのは、長篠の合戦での大敗北の印象が鮮烈すぎることによるのだろうと思われるが、あの敗北はなにも勝頼一人の責任ではない。

 彼の不幸は、元々直系の嫡子ではなく傍系の者と見られていたために、家臣団を対する統制が必ずしも信玄ほどはきかなかったことによるのではないかと思われる。彼は彼のビジョンを持って変革を目指したようであるが、中央統制色の強かった彼の改革は、豪族連合の色彩が強かった武田家臣団には受け入れられず、結局は家臣団の離反を招いて悲惨な末路をたどっている。

 彼は信玄が築いた武田家を十年でつぶした無能者のように言われるが、むしろ急成長する織田氏のとなりでよく十年保たせたものだと言うべきかもしれない。

 次は権謀術策の人・真田昌幸の息子、真田幸村である。真田昌幸は私にとっては戦国武将の中で最も興味を惹かれる一人である。なんと言っても彼は巧みなゲリラ戦であの徳川を二度に渡って翻弄した人物である。家康でさえ真田昌幸のことは恐れていたらしく、大阪城に幸村が入ったと聞いたとき「昌幸が出陣したのか?」と家臣に確認したというエピソードが残っているぐらいである。

 残念ながら大阪の陣に参戦したのは息子の幸村だったのであるが、彼もさすがに父昌幸仕込みの戦術を心得た名将である。大阪の陣の時にも、大阪城の弱点である南側に「真田丸」と呼ばれる出城を築いて奮戦して名をあげている。ただメンツなどにこだわる豊臣家や家臣団は幸村を冷遇していたらしい。結果としてはそれが豊臣家の滅亡につながった気もする。

 そして最後は徳川秀忠。彼は典型的な守成の人。明らかに彼は武将としては弱いのだが(関ヶ原の戦いの時には上の真田昌幸に翻弄された挙げ句に、戦場に遅参するという大失態をしている)、平時だからこそ家康も彼に後を任せたのだろう。もっとも秀忠は将軍になってからも、事実上は家康リモコン政権であって、彼には反抗の余地はなかったようである。父を恐れ敬い、ひたすら父のレールを守ったのが彼の生き方のようである。

 今回はこの三人に注目することで、創業者の息子の二代目社長の生きる道を考えようと言うところなのだろう。ただその前に「世襲は組織を衰退させるもとである」という真理があるのだが、歴史番組ではそこには触れないのだろう。

 

1/18 ニッポンときめき歴史館「出世の達人 藤堂高虎」

 今回の主人公は、戦国時代に10人の主君の間を渡り歩いて出世していった藤堂高虎。最初は80石から始まった彼の石高も最終的には32万石に、なんと4000倍にもなったというのだから、絵に描いたような出世物語である。

 ただ彼はどうも「風見鶏」とか「日和見主義者」というイメージがあり、どうも良い印象を持たれていないという。多分決定的なのは、彼が豊臣譜代の大名でありながら、徳川方についたことによるのではないかと考えられる。

 もっとも主君に対する忠義云々が言われ、二君に仕えることを良く言わなくなったのは、江戸時代以降のことであって、完全に実力主義の戦国時代では主君の乗り換えというのは結構あったことである。それに10人に仕えたと言っても、浅井氏のように没落したり、豊臣秀長のように死んでしまった人物もいるので、そうそう渡り歩いていたわけでもない。それに彼にしてみれば、自分の才能を正当に評価してもらえる職場を探していたということであり、現在のご時世ならごく普通のことだろう。

 やはり彼の強みはその武力もさることながら、築城術という特殊技能を持っていたことだろう。いつの時代もやはり手に職を持っている者が強いということだろう。この時代にこの人物をこの番組で取り上げることに番組制作者の意図を感じるが、確かに今は忠義のために殉死する時代ではない。

 

1/11 ニッポンときめき歴史館「坂本龍馬の手紙」

 今回は坂本龍馬の人となりを、彼が残した手紙などで探っていくという企画です。

 彼の手紙は初めて見たんですが、伝えられている彼の人柄を思わせるような豪快な文面です。しかも非常に分かりやすい。手紙ってホントにその人物が現れるものです。

 坂本龍馬の最大の功績と言われているのは、なんと言っても薩長連合の実現でしょう。当時は犬猿の仲であったこの両藩を結びつけることが出来た段階で明治維新は成功したに等しいです。当時の幕府はこの両藩に対抗できるだけの軍事力は持っていませんでした。だから幕府の方も両藩の分断をはかった形跡があるんですが、結局は失敗しています。

 それにしても坂本龍馬はこの薩長連合を経済面から進めたというのがうまいですね。彼の位置づけを見ているといわゆる政商的位置づけなんですね。だけどこのようなポジションって結構自由に動けるから、いろいろな策略を巡らせやすくもある。そこに注目したのは彼の先見の明でしょうか。

 ただ残念ながら、彼は若くして暗殺されます。果たして彼がもっと生きていれば明治の世で何をしただろうか・・・そう考えるのは面白くありますね。彼のような人物が生き残っていれば、明治の息苦しさも少し変わったのでは、という気がしますね。多分、彼は世界を股にかけた大商人になったのではと思えます。

 今でも坂本龍馬のファンが多いところは、やっぱりあの発想の自由さでしょうね。最近にはいなくなったタイプの人物です。彼は。

 ところで、どうでもいいことなんだが、この番組のタイトルなんとかならんのかな。まるでコナミの某ゲームみたいでかなりダサイんですよね。このあたりが国営放送(じゃないらしいが)なんですよね。

 

トップページに戻る