スパスパ人間学!

 

 TBS系で放送されている健康系番組。関西では土曜の夕方に放送されているが、関東での時間帯は私は知らない。

 そもそも私がこの番組を知ったのは、いわゆるインチキ健康食品の宣伝である。以前からこの手の広告では「あるある」の名前が良く登場していたのだが(「あるある大実験」でも効果が証明された○○ですの類)、最近この分野に急激に登場回数が増えているのが、この番組である。そういう意味で気になってはいたのだが、関西での放送時間を良く知らなかったので、今まで放置していた。しかし最近、たまたま土曜の夕方に放送していることを知ったので、ビデオを回してチェックしたところ・・・・絶句した。まるっきり昔のあるある並みのひどい内容。そもそも構成から何からあるあるそっくりである。最近のあるあるは各方面からの批判を気にしだしたのか、以前に比べると一見して分かるほどのひどい論理の破綻は減ってきているのだが、この番組はそんなことはお構いなしで怪しげな内容の宣伝に邁進している。確かにインチキ健康食品メーカーが喜びそうな番組である。

 このサイトの主旨は「インチキ番組に鉄槌を」というものではないのだが(そもそもの主旨はマイナーな分野である教養系ドキュメント&バラエティに脚光を当てようというもの)、このひどい内容では扱わざるをえないという心境になりました。ということで、しばらくつき合ってみます。

 

 非常に問題の多かったこの番組自体は2005年3月に終了いたしました。直系の後継番組はないようですが、残念ながら未だにこの番組の精神はテレビ局の中で引き継がれているようで、相も変わらずの問題を発生させているようです。今後も視聴者による監視が欠かせないと考えております。

 

エンターティーメント度 B

情報信頼度 D

タイプ分け 宣伝型

緊急お知らせ

当サイトがメールマガジン(無料)を発行することになりました。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 

トップページに戻る

3/31 体脂肪完全燃焼SP

 あるあると並んで、巷に有害嘘情報を垂れ流してきたこの番組であるが、どうやら今回で最終回とのことである。これ自体は喜ばしいことであるが、今回は最終回として「嘘情報総集編・イタチの最後ッ屁スペシャル」の模様。

 まず最初は「食べても太らない身体になる」とのことだが、ここで太田や伊集院がCTで皮下脂肪を測定するなんていうどうでも良いネタでかなり引っ張る。多分、番組の中身がないものだから無理矢理に時間を埋めているのだろう。どうも今回はそういう構成がやたらに目立つ。

 さてそのようなどうでも良い前座の後にやっと本題が登場する。ここで登場するのが身長168センチで体重45キロ、体脂肪率15%というモデルであるが、実は異常な大食いであるという女性。彼女と肥満タレントで有名な松村邦洋が大食い対決、しかし彼女は見事に松村以上の量を食べてしまうという展開である。

 彼女が太らない理由とされているのが、彼女は基礎代謝が常人よりも多いとのこと。つまり燃費が異常に悪い身体なのだ。ちなみに彼女に敗北した松村が「俺は燃費の悪いデブだ」と言っていたが、それは完全に逆。燃費が良いから太ってしまうのである。こう逆を言ってしまうところが彼の知識の程度を反映していたりする(多分、伊集院ならこうは言わないと思う)。なお彼女の基礎代謝を測定すると標準よりも512kcalも基礎代謝が高かったと言っているのだが・・・・しかしここで計算できる人なら疑問を感じるだろう。彼女の基礎代謝がその程度常人よりも高くても、彼女が毎日摂取している異常なカロリーは消費しきれないのである。ここで想像がつくのは、彼女は基礎代謝が高いだけでなく、恐らくエネルギーの吸収機構にも問題があるだろうということである。はっきり言って、これは「食べても太らない理想の身体」なんてものではなく、異常な量を食べ続けないと維持できない欠陥を持った身体であるという方が正しい。恐らく彼女は、通常の食事量では身体を維持できなくて衰弱してしまうだろう。こんなものを「理想の身体」なんて言う健康番組がどこにあるんだ?

 と、最初から着眼点がずれまくっているから、当然後の展開もずれまくる。基礎代謝をあげるためにはミトコンドリアの働きを活発にすればよいとして、ミトコンドリアは背中の褐色脂肪細胞の部分に多いから、ここを氷で冷やせば・・なんてわけの分からん企画をやっているのだが、これが番組自体がゲストの口を借りて白状してしまっているように「全く無意味」。本来なら放送する意味もない内容なのにもかかわらず、それもそのまま垂れ流し、ここもいかに今回の番組が無理矢理作っているかの証明でもある。

 で、最終的に出てきた方法は、身体の筋肉が固いとミトコンドリアの働きが悪くなるから、身体を柔らかくするストレッチをしましょうという話。確かに筋肉の働きが良くなれば基礎代謝は上がる・・・で、さっきの褐色脂肪細胞なんてどこかに飛んじゃっているわけである。

 次のコーナーは、いよいよこの番組が血迷ってきたことを端的に示すコーナーである。ここで紹介されるのは「やってはいけないダイエット」。登場したのは「玉子のみ食べ続けダイエット」と「炭水化物0ダイエット」。いずれもインチキダイエット本などが仕掛けているダイエット(後者は「あるある」が宣伝したことでも有名)であるが、最終回のやけくそか、同業者批判という反則ワザに出るのである。

 番組では芸人をモルモットにし、いずれのダイエットも3日間で体重の減少が起こったとしているのだが、前者は「ビタミンCや食物繊維が0なので、便秘を招いたり大腸癌の危険が増す」、後者は「高脂血症や痛風、動脈硬化の危険が高まる」という解説が入る。そして確かに前者のモルモットになった芸人からは「ここのところお通じがない」、後者のモルモットは「体力がまずなくなって異常に疲れて、免疫力が低下した」との証言が出てくる。この番組(だけに限らず「あるある」も同じ)は今までこの前半部分の体重が減るところまでを使って「画期的ダイエット」と宣伝をやって来たわけだが、今回はその裏をばらしてしまっているのである。これは明らかにやけくそである。

 とにかく内容に脈絡がないのが今回の特徴だが、この次に登場するのは「食べる順番が太りやすさに影響する」というもの。つまり炭水化物などから先に食べると、インシュリンの分泌が増えて脂肪の蓄積が多くなるが、野菜などから食べるとインシュリン濃度が上がらないので脂肪にならないという理屈。これは一昔前に流行った低インシュリンダイエットの理屈だが、はっきり言って、食べた後に運動などでカロリーを消費しなければ、結局は過剰なカロリーは脂肪として蓄積されるので何の意味もない。

 この後は総集編的に、過去に反響を呼んだ体操3種と、食材5種をランキング的に紹介。ここでまたぶっ飛んだのは、各食材について番組の効果によっていかに売り上げが伸びたかを解説していること。これって、はっきりと「この番組はスポンサー付の食材の宣伝だ」と白状しているようなものである。しかも今まで登場した食材の数の多さは「実は本当に効果のあるものは一つもない」と言っている等しいのである。やっぱり今回はやけくそのようである。

 そして最後の最後にいたちの最後ッ屁である。最後に宣伝したのはガジュツと呼ばれる紫ウコン。これを飲むと腸内の老廃物やコレステロールが排出されて痩せるなどと言っているのだが、なんとなく「下剤」である予感がした。すると画面に「服用後、違和感のあった方は医師に相談してください」との字幕が。やはり相当やばいもののようだ。詳細は分からんし、調べる気にもならないが、十中八九下剤の予感がする。

 これで最終回とのこと。ただ田中が「もしかするとさらにグレードアップしてまた帰ってくるかもしれない」などと言っているし、番組の最後にも「必ずまたお会いします」なんて文字が出ているところを見ると、本当にこの番組が死んだのかかなり怪しげだ。近いうちに名前だけ変えて実質的に同じ番組が再登場するか、下手すると「スパスパ人間学2」が登場する可能性もありそう。どうも息の根が止まったと考えるのは早計に過ぎる恐れがありそうだ。これはキチンと成仏するように心臓に杭でも打っといた方が良さそうである。

 今回の「最終回」というのがどの程度本気で、またどういういきさつでそうなったのかは想像つかないが、今回の番組内容の支離滅裂さを見ていると(明らかに自爆テロのように見えるようなネタばらしと、従来型のインチキ情報が混在している)、どうも内部でかなりの混乱があったらしきことだけは推測がつく。なんにせよ、こんなインチキ番組は二度と復活しないようにキチンと封印しておくに越したことがない。

 

3/12 花粉症対策

 今回は花粉症向けの緊急特集で、花粉症対策の切り札を紹介するとの触れ込みである。まず花粉症のソムリエなどという悲惨な例(これは確かに仕事にならないわ)を紹介した後に、花粉症に悩む50人を集めての調査を開始、しかしみんながわざとらしく机の上のティッシュで洟をかんでいるのが胡散臭い。そう言えばよく考えれば、この回が東京で放送されたのは2/17とのことだが、この時期はまだ花粉はほんど飛んでいない時期である。この手の番組で取材に1年もかけるわけがないので、前年のシーズンの時のはずもない。それに集まってきている連中の服装が明らかに冬の服装なのである。ということは、どう考えてもこの50人が集められたのは花粉症のシーズンをはずしていると推測されるのである・・・つまり初っ端から「仕込み」であることが確定している。

 さてここで始めることは、花粉症に効く最強食材を試すのだそうな。ここで「そもそも花粉症に効くという食材って多すぎますよね」などと自分の番組のことを棚に上げたことを言っているのが笑わせてくれる。多分今回の放送が終わると、ここにもう一つか二つさらに効果のない食材が追加されることが想像出来るのであるが。

 で、例の仕込みの50人にアンケートを取ったところ、大抵の者が試して効かなかったのが「ヨーグルト」。一人が証言するのは「腸は良くなったが、花粉症には効かなかった」との話(当たり前だ)。番組はまずこのヨーグルトにケチをつけるところから始める。この番組によるとヨーグルトは体質改善から行うものなので即効性はないという(完全否定してしまわないのは、そこまですると別の機会にヨーグルトを宣伝できなくなって困るからだろう)。そしてより即効性のある食材として紹介するのが「べにふうき」なる茶。この茶を飲むと体質改善が出来る上に即効性があるのだという。もうこれは明らかに宣伝であるわけだが、そう思って見ていると「大手飲料メーカーも本格発売に向けて商品化を進行」という字幕が。おいおい、自分でスポンサーの宣伝だって白状しちゃってるよ・・・・。

 当然、この後は例の仕込み50人による露骨な宣伝、この茶を飲んだ途端に鼻の具合が良くなって「うわーぉ!こりゃすごいよ、ジョン!」となるわけである。彼らはしっかり自分たちの仕事をはたして、50人中22人が「症状が良くなった」と申告してくれます。うーん、バイト料はいくらなんだろう。ちなみに花粉症のシーズンでもない時に、熱い茶を飲めば、鼻に上がってくる水蒸気でそれだけでも鼻が通ります。これは番茶でも煎茶でも烏龍茶でもお白湯でも変わりません。また乾燥した部屋の中で湯気を浴びれば、それまでかゆかった眼もかゆくなくなるわな・・・。

 次に紹介するのは、花粉症対策にも落とし穴がある可能性があるという話。要はマスクで完全に花粉を防いだつもりでいても、鼻とマスクの隙間などから花粉が入ってくるし、家の中の洗面所などでは換気扇によって花粉が集まりやすいから注意とのこと。まあここまでは良くある話だから良しとするが、番組が勧める対策が、脱脂綿をガーゼでくるんだものを鼻の前にあて、さらにガーゼを2,3枚重ねた上からマスクをするというもの。しかしこれはどう考えても息苦しそうだ。そもそも花粉を防ぐこと自体はそう難しくないのだが(今時、花粉を完全に除去できるフィルターを作ること自体は難しくはない)、どうしても花粉を完全に防ごうとすると息苦しくなってしまうのが問題なのである。

 その次に出てくる対策は、鼻を温めると効果があるというもの。まあこれは実際に鼻づまりにはある程度の効果はあるが、これで花粉症が解消するなんておめでたいものではない。また鼻をかみすぎるとティッシュですれて鼻の皮がむけてしまったりするが、これへの対策として紹介されるのが、ウェッティティッシュスプレーなるもの、要はティッシュを湿らせてやれば鼻へのあたりが柔らかくなるという発想である。しかしここでこのスプレーのための配合を見たところで私は腹を抱えて笑ってしまった。配合はミネラルウォーター100mlににがりを小さじ1杯加え、グリセリン小さじ1杯をさらに加えるというもの。どう考えてもグリセリンと水だけで良いはずなのに、なぜかにがりが登場するのである。さて、思い出してみよう。この番組などでもダイエットに効くとしてにがりを散々に宣伝したのだが(当然ながらスポンサーの意向に沿ってである)、例の国立健康・栄養研究所の「にがりはダイエット効果なし(むしろ害がある)」の発表でズタボロになってしまい、それでもスポンサーに対する義理でにがり擁護の番組を作ったが(関西では10/23に放送)、結局はにがりローションなんていうどうでも良いようなものを提案することしか出来ず、番組がメロメロになっていた。ここでさらに改めて再びにがりの宣伝を行いたいということである。よほどスポンサーに金を積まれていたのだろう、もう必死である。ここまでくると、強引かつ涙ぐましい努力が哀れを誘う。

 そして最後に登場するのはレンコン。レンコンの煮汁を飲んだり、レンコンの絞り汁を綿棒につけて鼻に入れるなんてものだが、これは多分体質によっては逆に鼻がアレルギー反応を起こす危険があるので注意。例によって仕込み君達はまたもバイト料の責任を果たして、「鼻が通った」なんて言っているが、こんな実験信用できますか? そもそもさして詰まってない鼻に、綿棒を突っ込んだら確かにそれだけで鼻水はとれるわな。

 以上、いつものようにいい加減な内容だが、とにかくスポンサーの宣伝をしたいという意図だけはよく分かった。実にこの番組らしい展開である。多分近日中に「べにふうき茶」がどこかのメーカーから発売になるようだから、それが今回のスポンサーということである。

 花粉症に悩む人には一言アドバイスしときます。「レンコンを鼻に突っ込むよりは、さっさと医者に行きましょう。」結局はそれが一番です。

 

2/19 ペ・ヨンジュン式ダイエット 

 この番組もネタにつまってきたのか、それともあまりの嘘八百ぶりが知れ渡って視聴率が落ちてきたのか、とうとうヨン様頼みとなったようである。ヨン様とダイエットという主婦層に訴える二大テーマで視聴率を稼ごうという意図が見え見えである。

 かのヨン様はこのダイエットで8キロも痩せたとのこと。ここで視聴者は、さてどんな画期的ダイエットが登場するかと期待するところである。そして満を持して登場するヨン様式ダイエットというのが、激しい筋力トレーニングと5色の野菜を組み合わせた食事というもの。つまり、運動(かなり激しい)と食事制限ということで・・・・オイオイ、極めて普通のダイエットやないか。

 5食の野菜とは、赤(ニンジンなど)、白(白菜、大根など)、緑(いわゆる緑色野菜)、黒(キノコ類)、黄(カボチャやトウモロコシなど)であり、これらを組み合わせるのだという。しかしこれだけの野菜を組み合わせようと思うとかなり大量の野菜になるので、勢い野菜中心の食事となる。すると総摂取カロリーは当然のように低下して、これまた当然の結果として体重は減少する・・・・なんの不思議なところもない。

 番組によると白野菜の食物繊維が腸に貯まった毒素を掃除し、赤野菜のカロテノイドが血液中の毒素を除去し、緑野菜のクロロフィルは健全な赤血球の生成、黒野菜のメラニンが過剰の糖分を減らし、黄野菜のフラボノイドがホルモンバランスを整えるという。ここのところの実験やら理論付けは例によって作為も見えるし怪しげな部分はあるが、基本的に種類の違う野菜を組み合わせていろいろな栄養素を取り込むということ自体は理にかなっているし、身体に悪いはずもない。そして当然のことながらダイエットにも効果がある。

 で、番組の提案は、さすがに毎回野菜だけだと辛いから(それだけでなく、実際は逆に栄養が偏る危険がある)、週末の2日だけでも肉類を抜いて5色の野菜のメニューにしましょうというもの。今の日本人は大体は肉類過剰の食生活になっているから、週末の肉類断ちというのは確かに効果はありそうである。

 以上、結局のところ終わってみれば極めて当たり前の内容。あまりに当たり前すぎてインパクトがないのを、ヨン様で補おうとしたのだろう。ヨン様式ダイエットの神髄は「バランスがよい低カロリーの食事と、運動により筋力アップ」という極めて王道の方法であり(もっとも、彼の運動のやり方は通常よりはかなり激しいが、それは時間の制約などのせいである)、さすがにヨン様は頭の方も良いようである(変なインチキダイエットに騙されていないということである)。

 「あるある」などはすぐに炭水化物を0にしろとか、特定の食材を食べ続けろとかの類の偏ったダイエットを提唱するが、それは根本原理から間違っている。正解は今回のように「いろいろなものを摂る」と言うことである。これをしたうえで総摂取カロリーを落とせば痩せないはずはない。ただ問題は、やはり食欲を抑制する必要があることである(今回の場合でも週末は肉類断ちである)。しかしそれなしに痩せれるはずはない(全く何の抑制もなしに痩せられると銘打っているダイエット法は、その時点でインチキだと断言できる)。

 それにしても、どうしたんだこの番組。新年早々、やけにまともじゃないか。ただ、当たり前すぎてあえて番組にするだけの中身もないが(笑)。

 ところで全く関係ない話だが、この番組の最中に入ったnovaのCM。私なら「佐藤栄作の英語」「植村直己のスペイン語」と来た次に、「ブッシュの英語 @○*×□#?」というのを入れるところだが。

 

12/23 プチボケ解消SP

 この番組は、最近は関西ではあまり見ることもなくなり喜んでいたのだが、なんとゴールデン時間帯に特番で進出してきた。正直なところ無視するつもりだったのだが、何となく流しで見ていたから、相も変わらずあまりにひどい内容を平気で垂れ流ししているので、黙っていられなくなった。

 番組の主旨は、最近はプチボケなるものが増えていて(このプチ○○といった時点でもう内容がインチキであると自白しているに等しいのだが)、このままだと大変なことになるので、最後はスポンサー提携の食材を摂り、スポンサー提携の運動をしましょうというお約束展開である。

 まず最初には、着替えの最中にズボンをはかないまま書留を受け取りに出てしまった主婦という類の馬鹿話事例を引っ張りだして、いかに大変な事態が起こっているかというような煽りを展開する(騙しの常套テクニックである)。そしてこれらのプチボケを測るにはIQ−gなるものが指標になるのだという。そしてこのIQ−gなるものを測るテストと称してテストが開始される。3問の問題だが、これが1問でもできないとプチボケの可能性があるというのである。しかしこのテストというものの3問目が異常に難しく(私は一応出来たが)、ここで視聴者にプチボケ患者がゾロゾロ出てこないと困るという番組の意図が見え見えなわけである。そのおかげで番組のゲストは全員がプチボケという始末。この時点で実は完全に番組がコケているのだが、この番組はそんなことはお構いなしに突っ走る(「あるある」なんかでもよくやるが、「調査の結果80%の人に異常が」なんて結果が出た場合、調査がおかしいのである。つまりそこで調査したものは異常なのではなくて正常なのである。つまり今回の結果の場合、ゲスト全員がプチボケなのではなく、このテストで1問ぐらい出来ないのは正常であると考えるのが常識。)。

 このように最初からヘロヘロの内容なのだが、それに色を添えるのはまたも登場のこの番組の御用専門家である。見たことのある顔ばかりが出てくるということは、この連中は金さえ渡せば番組にとって都合のよいことをいくらでもベラベラ喋ってくれるのだろう。インチキ健康食品などを計画している業者は金を持参して相談に行けば、推薦書ぐらい書いてくれそうだ。脳科学の研究では全国規模のテストも実施したこの世界ではかなり有名な専門家の先生などもいるのだが、このような先生は当然のことながらこんな番組には出ない(こんな番組の内容を見せたら「なんて無茶苦茶な内容だ」と一発で切り捨てられるのは間違いないので、とても話を持っていけないだろう。)。

 で、番組が言うにはこのプチボケに関係しているのが「一休さんのツボ」だというのだが、これの意味というのは、例の一休さんが考え事をする時、頭に指を当てるが、そこのところにワーキングメモリーと呼ばれる部分があり、その部分がプチボケに関係しているなどというのだが、はっきり言って一休さんは何の関係もない。そもそも一休さんはあそこでツボ刺激をしているわけでもないし、脳のワーキングメモリーにあたる部分に指圧でもすれば働きが良くなると言うわけではない。明らかに番組的意図が先走った強引なネーミング。

 さて日本の大部分の人間を無理矢理にプチボケにしたこの番組であるが、次はプチボケ解消テクニックなるものに突入する。これがコインを手で触ってトータルの額を計算するとか、紙ゴミをゴミ箱に投げるとか、卒業アルバムを見てクラスメートの名前を思い出すとかのつまらない方法。計算を繰り返すとか、音読をするとかの明らかに科学的に実証された方法があるにもかかわらず(これらは老人性痴呆の対策として提案されている方法)、なぜわざわざこんな怪しげな方法を提案するんだ? ちなみに私の場合、卒業アルバムなんか見直しても、名前はおろかいたことさえおぼえていないという者が2,3人は必ずいる。これはボケとは無関係のことで、ただ単にクラスにそのぐらいは印象の薄い者が絶対にいるという話である(犯罪などかあった時、よく元クラスメートにインタビューしても「何もおぼえてません」という反応が返ってくる人間って絶対いるだろう。)。

 さて番組の方なのだが、ここから突然に話が赤血球に飛ぶ。プチボケの進んでいる人は赤血球が酸化しているとして、そのような赤血球を勝手に「ボケ赤血球」と命名している。ここで最初のテストで成績が悪かった人は赤血球の酸化が進んでいるとしているのだが、科学的検証には絶対必要であるはずの、「成績のよかった人は赤血球の酸化が進んでいない」というデータは、当然のことながらこの番組では絶対にとらないのである。なおこの部分で出演している専門家達は、全員が赤血球の酸化のことにはコメントしているが、「赤血球の酸化がボケにつながる」とコメントしている者はほとんどいないし、ましてやボケ赤血球なんて言葉を使用している者はいないのに注意。恐らくここで登場した専門家の中には、自分のコメントがとんでもないことに使用されているのに、唖然としている者もいるだろう。

 さてここまで散々煽ったところで、ここでこの番組の本命であるスポンサーつき食材の宣伝に突入する。抗酸化に効果があるのはキサントフィルという色素であり、温州ミカンが良いとのこと(さて、スポンサー登場です)。そして番組は静岡の三ヶ日町に(今回のスポンサーはJA静岡か)飛んで、ミカン農家のオッサンの「家族にはボケはいない」という何の確証もないコメントだけ引っ張り出してくるマヌケぶり。

 ここで番組では、キサントフィル自体は皮に一番含まれるとして、皮ごとミカン醤なるミカンの皮を使った調味料を紹介している。なお健康効果云々抜きでこの調味料を試してみても良いでしょうが、一つだけアドバイスしておくと、農薬を使用していないミカンの皮を使用しましょう。またワックスにも要注意です。ミカンの皮は元来は食品として使用しないことになっているので、この辺りに無頓着な製品もあるので要注意。

 で、大体予想できることであるが、先ほどのモルモット連中にミカンを10日間食べ続けて貰ったところ、赤血球の酸化が解消されてめでたしめでたしというお約束展開・・・・・なんだが、ここでなぜか「そしてこの4人に再びプチボケテストを行って貰ったところ、成績が大幅改善」といった当然あるべき展開がスッポリと抜け落ちているのである。ここで明らかに番組構成上、主旨が完全に入れ替わってしまっているわけだ。

 さてこんなことでめげずに(というか、既に番組が破綻していることに気づきさえしてないんだろう)、番組は突っ走る。次なるテーマは、ボケには脳の柔軟性が欠けたガチガチ脳が影響するというものである。ここでまたテストがあるのだが、これは全部とんちテスト。しかしどこかで聞いたことがあるような内容なので、この手の問題に慣れている者には簡単な問題である。で、このテストの結果が悪いような思考に柔軟性のないような人間は、ワーキングメモリー内のスパインと呼ばれる脳神経の情報の受け口が減少するので、ボケが進行するというのだ。ただあの問題の場合、頭の柔軟性よりも慣れの問題である。私の場合、頭を柔らかくする以前に脳内のデータベースで類例がすぐにヒットしてしまったから、考えている余地さえなかった。

 意味不明のテストの後は、当然ながら対策が出てくるはずなのだが、ここで対策と称して、また突然に意味のないクイズを始める。今回はクイズ番組をしたいのか? それなら最初からそういう構成にすればよいのだが、意味不明。

 座禅を組んで股関節を柔らかくすれば良いという意味不明のもの。この論理というのが、先のスパインの材料が筋肉にあるタンパク質で、これが身体を柔軟にするタンパク質と同じであるから、身体を柔軟にすれば脳が柔軟になると言うもの。はっきり言って論理展開が無茶苦茶すぎて、何回聞いても私には理解不能だ。この論理で行けば、脳のエネルギーになるのは糖分だから、糖をガバガバ摂れば頭が良くなるとか、何でもありなのと違うのか? ホントにこんな理屈で説明がついていると思ってるのか? この番組の制作者はプチボケどころか、かなり重度の痴呆症が進行しているのと違うか?

 ここでもう一つのスポンサー?とおぼしき、ボディメンテナンス学院なる怪しい組織の先生が現れて、座禅ストレッチを開始、で、このストレッチを先ほどのモルモット連中にやらせれば、今度はIQ−gが上がってめでたしめでたしと言うオチなんだが・・・単にテストに慣れただけと違うのか?

 この番組は以前より内容の滅茶苦茶さは「あるある」といい勝負だが、最近の「あるある」は時々自重している時が見られるので、今や大っぴらに嘘八百を流している番組の最右翼はこの番組になっている。特番となると少しはマシな内容をやるかと思えば、番組の途中で論旨はすり替わるわ、論理は通ってないわ、意味のないコーナーは多いわ(これ自体はこの番組の特徴のようなものであるが)、あのいつものお粗末さを数倍にしただけ。しかも内容の信憑性以前に、番組の構成として支離滅裂で何をやりたいのかがさっぱり分からないという「番組の作りの下手さ」がもろに出てきている。40分尺の番組でやるような内容を複数何の脈絡もなく放り込んだだけという印象で(ボケのテーマと赤血球が完全に無関係だし、クイズももろに浮いている)、あまりに作りが稚拙すぎる。

 穴埋め番組にしてもひどすぎるな・・・。まあ今日はどの局もあからさまな穴埋め番組ばかりでろくなものはないが・・・。ホントに末期症状。

 

10/23 にがり

 さて、にがりダイエットに関しては「効果なし」のお墨付きが出たのだが、それではにがりCM番組としては困ると言うことで、にがり擁護の論陣を張るつもりらしい。何やら初っ端から浅ましさ全開の今回である。恐らく先の国立健康・栄養研究所の発表で困った業者が番組に泣きついたのだろう。

 で、番組としての論理の展開だが、要は使い方を間違っているから効果がないという方向に持っていきたいらしい。番組によるとにがりのマグネシウムは代謝を高める効果があるので(確か以前は脂肪の吸収を妨げると言っていたと思うのだが?)ダイエット効果があるはずなのだが、食事と一緒にとらないと効果がないのだという(そりゃ、空腹時に下剤を飲んでも何も出ないわな)。と言っても食事に入れて摂っている者でも効果が出ていない。で、にがりの効果を妨げているのがリンであり、そのリンを追い出すのがクエン酸であるから、クエン酸とあわせて摂れという話らしい。

 で、クエン酸を含んでいる食品で一番効果があったのが、もろみ酢ということで、番組推薦は「にがりもろみ酢」・・・おい、前回(関西放送分)ももろみ酢だったじゃないか。多分、もろみ酢のメーカーがよほど番組に金を積んだんだろう。一回の宣伝では十分でなかったのか、二回も宣伝をしているようである。

 この後はお約束の展開で、にがりもろみ酢を飲んだ被験者が2週間で減量に成功というインチキ実験である。さりげなく「ウォーキングなどを組み合わせるとより効果的」などと流しているが、実は減量効果の大半はこっちが原因であったことは想像に難くないのだが、当然ながら番組はそんなことはおくびにも出さない。

 と、ここまでにがりを徹底的に擁護したところで、みんなでにがりもろみ酢をジャンジャン飲みましょうと言いたいところなんだろうが、さすがに「先の発表を踏まえて」などと言っている以上、そうも言えないので「使用量を守りましょう」ということわりつきである。結局のところ、スポンサーに義理を果たすべくにがり擁護の論陣を張ろうとしたのだが、「科学的事実」の壁の前には如何ともしがたく、にがりダイエットをクエン酸の方向にかわして誤魔化したと言うところか。さすがに「国立健康・栄養研究所の発表は間違っている」と言う勇気まではないようだ(笑)。

 しかしさすがにこれで終わってしまったら、あまりにも内容がズタボロであり、泣きついてきたスポンサーに対する義理を果たせないとこの番組は感じたらしく、ここからにがりの新しい用途を展開しようとする。しかしこれが、にがりが曇り止めになるだの、にがりを入れると金魚が元気になるだのと、もうここまで来ると情けなくて涙が出そうな代物ばかり、そして最後に万を持して登場するのが、にがりに茶を加えた「にが茶ローション」。このローションで肌の保水量が上がると銘打っているが、どうやらパッチテストをしてからでないとやばい代物らしい(茶もあれだけ濃く煮出せば刺激性になるし、にがりも人によっては肌に悪そうだ)。それなら普通の保湿クリーム(尿素入り)でも使った方がよほど効果があると思うのだが。わざわざにが茶ローションでないといけない理由が全く不明である。

 結局のところ、スポンサーに義理立てしようという意志だけは強かったのだが、「科学的事実」の前に無惨に玉砕、結果として他の分野に「転進」を図ってあくまでにがりのPRをしようというかなり苦しい中身であった。はっきり言ってここまで苦し紛れだと、見ていて哀れを誘う。とにかく、この番組がスポンサーに忠実だということだけは分かったので、自分のところの製品を宣伝したい人にはお勧めの番組である(笑)。全身全霊をこめて科学的事実に楯突きながらでも宣伝をしてくれるようである。それにしても今回の内容を見ていたら、この番組の正しいタイトルは「ズタボロ宣伝学」だな。来年から改題したら。

 

10/16 太る体内リズム

 二日間で太る体質になってしまうと煽りタップリで開始される今回。その内容は「不規則な生活をすると太る」というもの。鍵を握るのはBMAL1というタンパク質であり、このタンパク質が多いほど細胞内に脂肪が蓄積しやすいのだという。夜食べると太るのは、夜にBMAL1の量が増加するからだとのこと。

 不規則な生活をしている4人と、規則的な生活をしている4人を比較したところ、不規則な生活をしている4人は不規則な生活をすることで昼間もBMAL1の量が増加しているとしている・・・んだが、どうもこの実験が例によって怪しげである。まず規則的な方の4人はいきなりその平均値の30%という値しか出ておらず、これに対して不規則な4人は全員それを超えていると言っているのだが、規則的な方の平均値しか出てこないところが極めて怪しい。多分私が推測するに、この4人にもかなりの個人差があり、実は不規則な4人よりもBMAL1が多い者がいたのではないかということである。実際、不規則な方の4人の中でも1人は明らかに規則的な4人の平均値と大差がなく、多分ありのままの数値を出すと「不規則な生活をするとBMAL1が増加する」という番組が目論む結論が出せないため、データを操作したものだと思われる。さらに指摘しておけば、BMAL1が増加すると細胞が脂肪を蓄積しやすいということは一応実験で示しているが(この実験が全く捏造ということはないという前提であるが)、不規則な生活をした場合にBMAL1が増加するメカニズムについての説明はなく、唯一の証拠にされているのがこの怪しげな実験である。

 で、次はこの番組の本領である食材編に突入のはずなんだが、ここで番組はいきなりの寄り道を始める。朝目覚めを良くするには昼に太陽の光を良く浴びる方が良いので(これ自体は事実)、電車の中では立って全身で日を浴びた方がよいとか、朝8時の方が夜よりも味覚が鈍いので、まずいものを食べる時はこの時間の方がよいとか、情に訴えるには夕方の5時の方がよいとかわけの分からんことを言い始める。いずれも一応理由はつけているが、実験はあまりにいい加減でデータ点数も少なすぎるなど、まるっきりあてにならない。なお電車の中で立つというが、地下鉄の人はどうするんだろう? まあ昼間に運動するということも深い睡眠には重要であるから、若い人は電車の中では立ちましょう(笑)。

 ここでようやくこの番組の本領である食材の方に突入する。番組は沖縄まで飛んでたっぷりと沖縄の宣伝をした後、泡盛の酒粕であるかしじぇーなるものを紹介する。これはもろみ酢の原液とのことで、今回のスポンサーの一つがもろみ酢のメーカーであったことがはっきりする。次の二つ目のスポンサーは青じそ。産地の豊川市に行っての宣伝のオンパレードである。で、番組提案は青じそもろみ酢ということになる。この後はパターン通り、いかにこの青じそもろみ酢が劇的な効果を持つかを、得意のインチキ実験で証明して宣伝終了。なお散々体内リズムのことを煽っていた割りには、この時点になるとこの体内リズムは完全にどこかに飛んでしまっているのも毎度のごとしである。

 体内リズムが乱れると太りやすいということは事実であるが、これは食事のリズムが不規則になることで、結果として食事量が増加してしまうことが多いというのも無視してはいけない原因である。また昼夜の逆転がいけないということであるが、たまたま逆転してしまった人でなく、元々逆転の生活を続けている人の場合はどうなるのだろうか。

 何にしろ今回の番組の目的は青じそもろみ酢の宣伝であり、そこまで強引に論理を引っ張ってきた。相変わらず番組の中身は「あるある」といい勝負な、いい加減かつ嘘八百なものであった。こんな内容は適当に聞き流しておくべきだろう。

 

10/2 大豆ペプチド

 今回は大豆ペプチドの宣伝のようだ。大豆ペプチドで体が若返ると銘打って、いきなりママチャリレース。大豆ペプチドを飲んだ方は乳酸値が減少するのだというのを証明する実験だそうな。またおなじみの買い物テストで、大豆ペプチドを飲んだ方が記憶力が上がるなどとしているのだが、こちらの方は個体差が大きすぎる実験なのでまるっきりあてにならないのは毎度のこと。

 番組によれば、大豆ペプチドはアミノ酸よりも体により早く吸収されるのだという。ここで登場するのがマッスルミュージカル(筋肉番付でやっていたあれですな)というどうにも宣伝臭い内容。で、公演終了後の彼らにアミノ酸と大豆ペプチドを摂ってもらったところ、ペプチドの方が早く吸収されたそうな。ただのアミノ酸よりも、アミノ酸が複数つながった構造になっているペプチドの方が小腸での吸収に有利なのだという。この番組ではやたらに「アミノ酸を超えている」を繰り返していたが、もしかして「あるある」に喧嘩売ってるのか?

 さらにここからはいい加減な実験のオンパレードによる大豆ペプチドの宣伝内容。番組の出演者が一定数を足していくテストを行い、ペプチドを飲んだ後の成績が向上しているなんて言っているのだが、これが馬鹿げていることこの上ない内容。一番のポイントはペプチドを飲む前は「17」を足しているのに対して、飲んだ後は「18」を足しているのがポイント。少し計算をすれば分かるが、奇数である17を足していくのと、偶数である18を足していくのとでは、18の方が格段に楽であるのはやってみれば分かる。つまり大豆ペプチドなんか関係なく、絶対に成績は向上する(よほどの特殊な頭脳の持ち主でない限り)。後の実験も推して知るべきだが、ポイントを挙げておくと、少々体温が上がったからといってめざましい減量効果はないということと、コラーゲンが肌の弾力に効くなどと言っても、コラーゲンを飲んですぐに肌の状態が変わるなんてことはあり得ないことと、コラーゲンを摂ったからといってそれがコラーゲンのまま吸収されるわけではないということである。

 で、最後は豆乳にパイナップルを加えた大豆ペプチドドリンクを紹介して終わり。ただし味の方は「少し慣れてもらう」必要があるレベルなそうな。

 と、ここまで来たところで奇妙なことに気づいた。あれ?今まで恒例の産地宣伝シリーズがない。今までこの番組はどさ回りをしながら細かいスポンサーを集めていたのだが、それがなくなったのは番組の形態が変わったのか? もっともその結果として、以前よりもさらに「あるある」にそっくりになってしまった。そう言えばやたらに「アミノ酸よりも効果がある」を繰り返していたが、アミノ酸ブームを裏で煽っているのが「あるある」であるのは周知の事実であるから、アミノ酸に喧嘩を売るということは、あるあるに喧嘩を売ることと同じである。パクリが本家に喧嘩を挑むのだろうか。もっとも私としてはこの二つの番組が喧嘩をしようと全く関係ないし、その結果として共倒れでもしてくれたら望ましい結果であろう。一番面白い展開としては、かつて「200X」と「あるある」がやったような、お互いに相手の番組の嘘を暴き合うという展開だが、この番組も内容の滅茶苦茶さはあるあると互角だから、そういう展開にはなりそうにない。

 なお私は別に豆乳を飲むことが悪いという気はないし、豆乳が体によいことを否定する気もさらさら無い。ただし注意することは、即効的な効果を期待しても無駄だし、豆乳を摂りすぎて食事全体のバランスを崩したら元も子もないし、豆乳もカロリーはあるわけだから、通常の食事にそのまま豆乳を加えると、その分カロリーが過剰になって逆に太ってしまう危険がある。この辺りをすべて了解した上で行うべしということである。ちなみに必須アミノ酸を含んでいるのは豆乳だけではない。当たり前のことだが。

 それにしても今回の内容を見ていると、8/21の回は単なるまぐれか、スタッフが自分たちのやっていることの意味を理解しないまま流してしまったんだろうな。まあもともとこの番組には全く期待はしてないが。 

 

8/21 肌のトラブル対策

 夏は肌のトラブルが多い季節だが、そのトラブルの原因がナイロンたわしなどによる無理な垢落としが原因であるというもの。

 人間の肌の表面は垢(いわゆる角質)で守られているのだが、これをゴシゴシと落としてしまうと、肌の表面が乱れて紫外線などでやられやすくなるというものである。そういう点で最悪なのはクレンジング、これは肌の垢を完全にそぎ落としてしまって最悪の状態にしてしまう。だから肌の手入れをすればするほどトラブルになるのである。

 垢がなくなることで起こるトラブルとしては、表面の保湿成分がなくなることによる乾燥、肌が傷むことによって色素が沈着してしまうシミ、菱の不足を補おうとして皮脂の活動が過剰になることによる脂性などがあるという。

 そういうことからこの番組が提案しているのは、メイクなどを3日間行わない「肌のプチ断食」なるもの。ただ肌の手入れを行わないということに抵抗を感じる女性が多かろうと言うことで、番組が提案するのが「肌断食ローション」なるもの。

 さてこのローションの中身であるが、にがり、リンゴの酵母、質の良い水(塩素などを含まないもの)、もずくであるとのこと。番組では肌のトラブルに苦しんでいた女性が、このローションで見事に肌の具合が良くなってめでたしめでたしというものである。なおこのローションは人によっては逆にトラブルになることもあるので、使用前にパッチテストを行うようにとのこと。

 以上、この内容を見ると「なんて凄いローションなんだ」と早速このローションを試してみたくなる人が多いだろうが、ここで勘違いしてはいけないことがある。それは実は「このローションは気休めにすぎない」ということである。多分、番組に登場した皮膚科の医者はそのことを十分に分かった上のことであると推測できるが、このローションは三日間ノーメイクでということに抵抗を感じる女性を納得させるための意味しかなく、一番重要であることはまさしく「三日間ノーメイクですごす」ということなのである。

 化粧品メーカーが「肌の健康のために」などと称して販売しているスキンケア商品なるものは、まず間違いなく肌に悪いか効果がないかのどちらかの代物である(よく肌に栄養をなどというが、肌の表面に栄養分を塗ったからといって肌がそれを吸収しないのは医学の常識)。さらに化粧品となれば問答無用で肌には悪いものである。つまりこれらを三日間断つだけで、肌に備わった自己修復機能によって肌のトラブルが解消していくということなのである。この真実こそは、化粧品メーカーをスポンサーに持つ「あるある」などでは口が裂けても言えないことである。そういう意味ではこのテーマを持ってきたこの番組の大胆さには驚くのだが、何があったんだ?

 というわけで、今回の内容はこの手の番組では非常に大胆な意味を含んでいるというこで、この番組では実に珍しいことであるが、今回の内容は私は推薦します。つまり今回単独だと情報信頼度A(断食ローションは気休めということを込みにして)を出しても良いと言うことである。

 ところで私はこの番組を関西でMBSで見ているのだが、こちらでは全回を放送しているわけでない。下の記録でも分かるように、前回は6/19であり、それからしばらく放送がなかった。そして久々にあったのがこの放送。この意味は一体? もしこれが単に放送スケジュールの問題というわけでなく、MBSが番組の中身を判断して選択したのだとしたら「なかなかやるな、MBS」と言いたくなるところなのだが、実際のところはどうなんだろうか?

 

6/19 突然死を防ぐ塩の取り方

 やたらに塩辛いものを好む人がいるが、番組冒頭に紹介されるのは肉じゃがに醤油をかけたり寿司のネタを醤油漬けにしたりする味覚の死んだ連中。こんな連中は問題外としても、現代人は減塩しているつもりでも塩分が多くなることがあるということらしい。言うまでもなく塩は身体に不可欠であるが、塩の取りすぎは高血圧の原因になるといわれている。

 まず塩の役割についてであるが、弱り切っている金魚が濃度1%の塩水中に入れると元気になったり、同じく濃度1%の水につけることで花が長生きする映像を紹介し、塩は身体に必需であると解説している。塩に含まれるナトリウムは細胞内の浸透圧のバランスを保つのに必要である。さらに神経伝達にもナトリウムは関与しており、またアミノ酸やブドウ糖の吸収にも貢献している・・・以上、説明としては正しいのだが、この番組が科学に疎いスタッフばかりで作っているのが、ここの説明の仕方で分かってしまうのである。塩はその大部分が塩素とナトリウムからなると説明していたが、確かに食塩は塩素とナトリウム以外にカリウムや微量金属なども含まれているが、塩=塩化ナトリウムは、大部分でなくてすべてが塩素とナトリウムだけで出来ている。またナトリウムが細胞が無制限にふくれるのを防止しているという説明の下りも、まるでナトリウム分子が細胞を物理的に支えているような表現をとっており、ナトリウムが浸透圧を制御して細胞に浸透する水の量を制御しているということをスタッフが理解していないことがうかがえる。

 さて、塩分が多くなりすぎるとどうなるかであるが、ナトリウムが過剰になることで身体はそれを薄めるのに水分を過剰に取ろうとして血液量が増えると共に、ナトリウム自体が血管を収縮させるので高血圧を招くという。で、これを確認するのに塩分を過剰にとって高血圧実験・・・というわけには行かないので、冒頭の塩漬け連中を減塩させることで血圧が下がるかどうかを実験したという。完全に高血圧だった連中(なかには200以上というゾンビのような奴もいたが)がみんな血圧が下がってめでたしめでたしとのこと。

 しかし人によって塩に強い体質と弱い体質があるという。やはり塩漬け生活を送っているにもかかわらず高血圧にならない人もいるのだとか。これはナトリウムを溜め込みやすいか溜め込みにくいかというもので、溜め込みにくい人は尿で排出されるのだという。そして日本人にはナトリウムを溜め込みやすい体質が多いとのこと。ただしこの体質を簡単に調べる方法は今はないという。では高血圧を防ぐには塩分を減少させるしかないのだが、その目安となる値は1日あたり6〜7グラムだという。また塩分に強い体質と言っても、あまりに塩分の多い生活を続けていれば、そのうちに腎臓の機能が低下して塩分の排出が出来なくなるという(そりゃそうだ)。なお一般的に取られている塩分の量は12グラムであり、まだ減塩の必要があるという。

 と、ここまでは比較的まともな内容なのだが(スタッフの科学に対する無知は露呈しているが)、ここからいよいよこの番組の本領、インチキ情報の方に入っていく。

 番組はいろいろな食品に塩分が含まれているので減塩は無理と断言し(なんでだ?)、塩分を排出するためにアルギン酸カリウムを摂取することが重要であると説明を始める。だからこれが含まれる昆布を摂れ(それもドロドロしているものが良いとか)と言う結論に飛躍する。

 その後はいつものこの番組のおなじみの展開である。ここで紹介されるのが北海道のガゴメコンブなるまたもマイナーな食材(なんで普通の昆布じゃだめなのか?・・それはそんな普通のものだとスポンサー料を取れないからである)である。後はもうこのガゴメコンブの宣伝オンパレードなる。なお番組はここで昆布の宣伝をしながらさりげなく「腎臓病の人は減塩すると危険です」と警告するが、これは正確には「腎臓病の人はカリウムの摂りすぎが危険である」である。これなどはこの番組を真に受けて腎臓病を悪化させた患者が出た時のためのアリバイであろう。

 なおこの番組は昆布だけだとスポンサー料が不足なのか、次は藻塩や自然海塩なるものの宣伝を始める。確かにカリウムが豊富な塩が良いのは事実だが、明らかに宣伝の意図の方が先行しているのが浅ましい。それにそもそも「どんな食品にも塩分が含まれているから、食事で減塩は不可能」だったんじゃないのか? 論旨が滅茶苦茶である。

 以上、前半は比較的まともなことを言っていたが(といっても無知丸出しだが)、後半がシッチャカメッチャカという典型的パターン。もともとこの番組は宣伝番組なんだから、これで正しい構成なのか? なお上手な詐欺師のポイントは、100%の嘘を言うのではなく、90%は真実を言い、最後の一番大事な10%で決定的な嘘をつくことであるという。そう言う意味ではこの番組はだんだんと詐欺番組としての手法が板について来たような感じである。

 

6/12 燃える脂肪燃えない脂肪

 今回のこの番組のテーマは「有害金属が体内に多いと脂肪が燃焼しない」という珍説である。有害金属が多いと栄養吸収が阻害されて太れないという話なら聞いたことがあるのだが・・・。

 この番組では痩せられない人を集めて体内の有害金属を毛髪から測定したところ、有害金属が多く検出されたというのである。さらに「ら・べるびぃ予防医学研究所」なる組織のデータから、体内の有害金属が少なかった4人をピックアップしたところ、全員が痩せていたとしている。

 もうこの時点で「?」である。統計を少しでも知っている人なら、この番組が出してきたデータは統計的に全く無意味であるということはすぐに推測がつくはずである。さらにこの4人の抽出にしてもそこに作為が入っていない保証はないのである。しかもこの4人の有害金属がなぜ少ないかについては「野菜の多いバランスの良い食事をしている」からとのこと。それだったら、有害金属云々に関係なくそもそも太るわけがない。

 さらにここで馬鹿の上塗り。ラードに水銀とマグネシウムを添加して、それを加熱して燃焼してみたところ水銀の入っているものは燃焼しにくいとして、これが有害金属によって脂肪が燃焼しないメカニズムとしている。なおこの番組は「身体の中でこれと全く同じことが起こっているわけではないが」と断っているが、その通り、身体の中で起こっているのはこんな単純なことではない。だからこの実験は科学的に全く無意味である。

 と初っ端から番組はコケてしまっているので、この後は見るだけ無駄というもの。なおここで登場した「ら・べるびぃ」なる組織のことはよく分からないが、恐らく今回のスポンサーなんだろう。

 で、この有害金属を排出するには汗をかけばよいのだという。汗をかくシチュエーションにもいろいろあるが、もっとも効果があるのが脂汗であり、ジョギングをした時にかいた汗がもっとも良かった・・・・って、だからジョギングをしたら金属云々に関係なく痩せるだろうが!

 さらに効果的なのは遠赤外線を使ったサウナなどによる汗とのことだが、サウナに入ると体内の水分が排出されるので、一時的に体重は減少する。この辺りにもいかにも誤魔化しの匂いがプンプンする。

 さらに韓国で流行している解毒法なるものを紹介(以前にも韓国が出てきたが、なんか胡散臭い健康法となると登場することが多い国だ)。ここで登場するのがサウナと断食。この断食についていえば、食料を断って「生食(センシク)」なる穀類を乾燥させた粉末を食べるのだという(ここで今回の2つ目のスポンサーの登場である)。

 最後は家庭での断食の勧め。にんじんジュースやにがりを混ぜたジュースだけにして3日間すごすんだとか(ここでまたにがりダイエットかよ!)。すると3日後には被験者の体重も減少・・・って断食してるんなら体重減って当たり前だろが!そんなもの、また普通に食事したらすぐに戻る。

 と、もうこのように最初から最後まで徹底しての滅茶苦茶。結局のところ、スポンサーの宣伝をしようという意図だけが露骨に現れていた。こんなものを真に受けて、訳の分からない断食を実践して身体をこわす者が出た場合、番組は責任取るのだろうか?(とるわけがない) 嘘八百の内容でも害のないうちは放置しておいても良いが、今回の内容は真に受けるととんでもない害が出る恐れがある。だから声を大にして言っておく「こんな内容は科学的に滅茶苦茶である。信用してはいけない。」。こんな有害な内容を垂れ流しする放送局には大いに疑問を感じる。この番組の弊害もだんだんと「あるある」並みになってきた。それにしてもなぜこんなろくでもない番組ばかりが増えるんだ・・・。いくら無茶苦茶をしても小泉内閣の支持率が全く落ちないことといい、日本人も騙されやすくなってきてるんだろうか。とにかく自分の頭で物事を考えない連中が増えたのがもっとも由々しきことである。

 

5/29 高血糖

 高血糖とは血中の糖分量が多くなった状態であり、俗にベトベト血などといわれる。これの原因は不適切な食生活。ドカ食いやダラダラ食いなどが原因となる。高血糖状態が続くと動脈硬化などが発生し、命にかかわる可能性もある。また一般に内臓脂肪の蓄積が高血糖を招く一因になると言われている。これを解消するにはウォーキングが最適で、30分ほど歩くだけでかなりの効果がある。

 前半を要約すれば大体こんなものである。ここまでについては問題はほとんどなく、大体妥当なことを言っている。しかしこの番組、このまますんなり終わるわけがない。大事なCMの時間がここから始まるのである。

 この番組が今回宣伝する商品は「酢漬け黒豆」。これを摂ることで血糖値は改善し、ダイエット効果もあったとのこと。この辺りはどうやら今回のスポンサーらしき医者による宣伝のオンパレードである。で、最後は予想通り、高血糖のメンバーがこの酢漬け黒豆を食べて血糖値減少でめでたしめでたしというオチなんだが、ここで気をつけないといけないことがある。彼らは酢漬け黒豆を食べただけでなく、ウォーキングをしているということが要注意である。酢漬け黒豆にどの程度の効果があるのかは怪しいが、ウォーキングには劇的な効果があるのは知られている。つまりゴロゴロして酢漬け黒豆を食べているだけでは血糖値が減ったりなんかするわけはないのである。そこのところを意図的に誤解を招きそうな内容にしてあるのが、宣伝の宣伝たる所以である。

 今回については、30分の科学娯楽番組+CMと考えて、前半部分だけみるのが正しい見方であるようである。高血糖の気になる方は無理のない程度にウォーキングをお勧めします。なおより効果的なのは水中ウォーキングですので、プールが近くにある方は試されるのがよろしいかと。

 

5/8 若ボケになる血液毒素

 血液内の尿素が増加すると脳の働きが悪くなるとして、尿素を増やすと若ボケになるとしている。

 尿素を体外に排出するのは腎臓の役割である。それにもかかわらずこの臓器はあまり注目されているとは言えない。と言うわけでこの番組ではなぜかここで、酔っぱらいサラリーマンを集めて腎臓に関する講談を聞かせるという意味不明の企画。まあこの番組はお笑い番組と言うことでこれで良いのか?

 で、そういうどうでもよい与太話の次に、この番組の本筋(?)の説明になるのだが、腎臓に対する負担が増えるのは酸性食品のとりすぎだとのこと。肉の食い過ぎが体に良くないのは事実だが、今時酸性食品・アルカリ性食品なんて引っ張り出してくる時代錯誤。アルカリ食品だから体によい云々ってのは、既に誇大広告として使用しないようにという指導がなされているんだが・・・。さすがにこの番組でも「酸性食品を摂りすぎると体内が酸性になる」とは言わなかったが(これは既に科学的に間違いであることが証明されているので、これを言ったらその時点でアウト)、アルカリ食品だから腎臓に負担をかけないという論理展開。

 確かに食品によって尿の酸性度が変わるということは知られているが、それは含有されるミネラルの問題。ここで酸性食品・アルカリ性食品という言葉は誤解を生むもとなので使用しない方が賢明である。それに尿の酸性度とかが効いてくるのは脳の問題ではなくて、痛風などの場合である(痛風は体内に尿酸が析出してくる病気)。

 さてこのように今回のメインの論旨が展開されたところ、突然に番組はまたもや全く本筋に関係のない幕間劇を開始する。それは本屋と遊園地と電車の中でどれが一番尿意を催すかというもの。番組では若手芸人に実験をさせ、遊園地が一番尿意を催しやすいとしている。これの説明としては遊園地に行けば尿意を催すのは興奮して血圧が上がることで、尿から水分を排出しようとするからというもの。

 これなどはいかにもこの番組らしい「結果が先にあって理由を後付けする実験」。何しろ実験者が遊園地でやっているのはバンジージャンプ。あんなものやれば、興奮ではなくて無重力の効果で尿意を催すのは当然である。それに緊張すると尿意を催すのは、血圧云々よりも、緊張による膀胱の収縮である。つまり理由が滅茶苦茶。この辺りはこの番組の科学面の考察が極めていい加減なことを証明している。つまりこの番組で持ち出してくる科学データは、まず信用しない方が無難と言うことである。

 で、以前から私が言っているように、実は通販番組であるこの番組としては、ここで当然のことながら何かの食材を引っ張り出してくる必要がある。というわけで今回登場するのは、腎臓に効果があると言われているコンカナバリンAを含むナタマメとのこと。ここで毎度のことながら極めてマイナーな食材を引っ張り出してくるのである。ナタマメは福神漬けに含まれているが、地域によってはお茶にして飲まれているという。兵庫県の春日町ではナタマメ茶の通信販売も行っているとのことで、正真正銘の「通販番組」になってしまうのである。

 最後はお約束の通り、血中の尿素が多いとされた三人が、「最低でも三ヶ月摂取することで腎臓が改善する」と言っていたナタマメ茶を、なぜか「たったの二週間」摂取しただけで尿素量が激減して脳年齢も若返ってめでたしめでたしというオチである。作為の臭いがプンプンする実験である。

 尿素で若ボケになるなどとの煽りたっぷりの後、最後はまたも食材の通販につなぐというこの番組の毎度の展開が濃厚に現れた内容である。ミネラル含有食品が身体に良いであろうことは否定しないが、今回登場した実験なるものはいずれも極めていい加減である上に、作為性の濃いものばかりであるので、内容的には信用しない方が無難であると言っておく。

 

5/1 性格

 いきなり筆跡鑑定から始まる今回であるが、どうやらその中身はホルモンで性格が左右されるという話のようである。全く関係のない話から始まってしまうところがいかにもこの番組らしいとは言えなくもない。

 この番組で、買い物の間に車を隠すという実験を行ったところ、被験者の反応は三通りに分かれたという。1つ目が細かいことにこだわらない楽天タイプ(笑ってしまうようなタイプ)、2つ目は不安が表に現れるタイプ(イライラしてキレかける)、3つ目はおっとりしたタイプだった(何が起こったか分からずなぜかぼんやりしている)という。そしてこれらがドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンによって支配されているのだという。

 ドーパミンが多い場合は楽天的で脳天気なタイプで、新庄や小泉総理などだという。セロトニンが多い場合は抑制が効いているタイプでノーベル賞を受賞した田中氏などのタイプだという。そしてノルアドレナリンが多いと喜怒哀楽がはっきりした田中真紀子や星野監督のようなタイプになるのだという。これから豊臣秀吉をドーパ人間、家康をセロト人間、織田信長をノルアド人間だと言っている。

 番組では100項目のTPD試験をアレンジしたという9項目のテストで、これらのホルモンの多少を判断し、それで性格を8通りに分類し、その結果から性格を判断するとしている。これでいくと私は全部が少ないsndで八方美人タイプとのこと。

 で、性格を変えるにはホルモンの分泌を変えれば良いという。セロトニンを増やすには朝の光を浴びる。ドーパミンを増やすには新しいことにチャレンジする。ノルアドレナリンを増やすにはホラー映画を見るもしくは悲しい映画で泣いたり、面白い映画で笑うなどをするとしている。行動でホルモンを変えられて性格を変えられるとのことである。

 以上、性格をホルモンと結びつけて説明しているのだが、肝心のホルモンと性格の結びつきの説明が皆無。これだったらホルモンに結びつけないでも、サル型、犬型、キジ型でも同じである。つまりはよくある性格占いの類と全く同じで、遊びとしては良くても化学的には根拠は全くない。また行動を変えるとホルモンが分泌されて性格が変わるとしているが、これはホルモンをすっ飛ばしても全く問題がない(行動を変えることがすなわち性格を変えることになる)ということで、ここでも科学的に説明になっていない。

 今回のテーマを聞いた時に、あるあるなどでよくやる心理学現象を内科的現象だけで説明してしまうという無理な内容でくるのかと思ったのだが、実は単なる性格判断(占いと言っても良い、実際にこれは動物占いなんかと大差はない)であった。だからどのタイプでも「あなたはこのタイプです」と言われてしまうと、大体の者は部分的に頷けてしまう内容になっていたのに注意。あくまで今回の内容は「遊び」であると断言する。

 ところで今回も前回と同じ北大医学部の澤口俊之教授が出演していたが、彼ってこの番組の御用学者? 多分適当に都合の良いことを言ってくれるので、番組としては使いやすいんだろうな・・・。今回の内容なんて科学的根拠はかけらもないもの。この番組って、この間までは通販の番組かと思ってたが、最近は完全な娯楽番組になったようだ。まあその方が正解かもしれないが。くれぐれも視聴者はそのつもりで見るべし(つまり科学的と称している部分は頭から信用するなということ)。

 

4/24 おじさんおばさんの脳

 お笑い番組らしく(もしくは通販番組)、いきなり長井秀和のコントから始まってしまうという今回。老化によって脳がどう変化するかを紹介しようという主旨らしい。

 老化と共に発生するのは、まず記憶力の低下。この番組では15語句程の文章を暗記してもらうテストをしていたが、高齢者では散々な結果が。一般に40歳で記憶力は低下してくるという(当然、個人差はあるはずである)。脳の老化によって血流量などが低下してきた時に、海馬がもっともダメージを受けやすく、海馬の処理能力が落ちることで記憶の整理が出来ないのだという。

 しかし年を取ることによって伸びる能力もあり、それが年を取ってからの性格に影響するという。前頭葉の働きが良いと柔和な性格になり、前頭葉の働きが悪いと頑固な性格になると言うのである。これをお姑さんを集めた試験で証明しているのだが、この実験自体は極めて作為的なので信用性は薄い。

 前頭葉の働きが良ければ、年を取ってきて来るにつれてメタメモリーの処理がうまくなるのだという。記憶を関連づけることで処理の効率が上がるという。これは結晶性知能といい、新しいことに取り組むことも出来るという。逆にこれが出来ないと頑固になってしまうのだという。つまり新しいことに取り組めなくなるのが、前頭葉の機能の低下だという。

 説教くさい親父というのがいるが、この番組によると、年長者が説教するのは情報を若者に伝えると言う意味があるのだが、ここでメタメモリが貧弱な者の場合は、意味のない鬱陶しいだけの無意味な説教になるとのこと。なおこれの説明を行っている北大医学部の澤口俊之教授の「最悪ですね」という説明が、やけに実感がこもっており、この番組でも爆笑問題がつっこんでいたが、明らかに誰かをイメージして言っていると思われる。なおこの説明については、私も一人の人物の顔が瞬時に浮かんだのだが、これは細かくは語るのを止めておこう(笑)。

 痴呆は前頭葉の能力低下によって起こるので、物忘れ自体は痴呆とは関係ないとする。

 前頭葉が低下すると新しいことに取り組んだり、計画性などがなくなるというが、特に顕著に表れるのが「二つのことを同時に出来なくなる」ということだという。これを解消するために何やら怪しい体操を実践。

 今回は珍しいことに食材の紹介がなかった。あれ?通販番組のこの番組でははずせない内容のはずなんだが・・・。そう言えば、今回は内容自体も、この番組にしては比較的まともだったな(いい加減な実験はともかくとして、言っていること自体はそうひどくもなかった)。

 ところでボケには前頭葉の働きが影響しているというのは、ガッテンでもNNNドキュメントでもほぼ同じ時期に扱っていたが、何かブームでもあるんだろうか。

 

4/18 頭痛

 頭痛が脳出血などの重大な病気のサインであることがあるが、この番組では頭痛が性格と体型に左右されるとしている。

 まず最初は性格面。これを8項目でチェックして、ストレスを感じやすい性格は頭痛を起こしやすいとしている。ストレスがかかると交感神経の働きで血管が収縮して血流を滞らせると言うのである。そしてこれを元に戻すのがマグネシウムである(ここで主題歌つきのノリノリVTRでこれを紹介しているのだが、あまり意味がない(笑)。ちなみここでの主題歌ってドッコイダーですよね)。しかしこのマグネシウムがストレスに弱く、ストレスが強いと血管の収縮が戻らなくなるという。そして頭痛になるのは、この血管が急激に膨張した時に神経が刺激されて片頭痛になるのだという。

 大まかな説明は大体そうなんだが、8項目チェックでチェックが多かった人は、慢性的にマグネシウムが不足しているのが分かったといっているんだが、たった一回の血液検査でなんで「慢性的に」マグネシウム不足であることが分かるんだ?

 二つ目の体型については首が細くてなで肩で猫背の場合は頭痛になりやすいというもの。これは緊張型頭痛といって、肩の筋肉の緊張による血行不良から起こる頭痛である。これは肩から首にかけての筋肉の弱さが原因となるもので、頭痛もちの二人とレスラーの神取忍で比較して、筋肉の弱さが頭痛の原因としている。

 片頭痛と緊張型頭痛では血管の状態が逆なので対処法は逆になる。カフェインなどは血管を収縮させるので、片頭痛に良いが緊張型頭痛では不可。運動などは血管を広げるので、緊張型頭痛には良いが、片頭痛には不可である。さらに首回りの太さや首の長さから導き出す頭痛係数なる数値があるという。なおこめかみに梅干しという方法は、頭痛を誤魔化すという点で効果はあるとしている。

 さて対策の方だが、ひじきなどのマグネシウムの多い食物を摂ることと、筋肉の緊張をほぐすためのツボを併用したストレッチを進めている。

 と、ここまではこの番組にしては珍しく比較的まともなことを言っているかなと思っていたのだが、この番組の本領はここからであった。またも例によって訳の分からないマイナーな食材の紹介にはいるのである。

 この番組ではフィーバーフュー(ナツシロギク)なるハーブを紹介。そしてこのハーブが山梨県で栽培されているという。これをハーブティーにすると良いのだという。なお血友病患者や2歳以下の子供、妊娠中の人は飲むなとのことであり、実はかなりキツイものであることが推測される。本当にこんなもの無闇に飲んで良いのか? そしていつものように、このハーブティーを飲むことで、頭痛もちがみんな解消といった通販CMに突入するのである。

 最初に頭痛が重大な病気の予兆であることがあると散々煽っておきながら、結局はそのことはどこかに飛んで行ってしまって、単なる普通の頭痛対策ばかりになっていたという番組構成の雑さが気になったが、それでも頭痛の原因紹介のあたりは「この番組にしては珍しいぐらいほぼまとも」と感じていたのだが、結局最後に落ちたところはやっぱりいつもの通販CMだった。やっぱり駄目だ、この番組。

 

4/11 冬の体脂肪は食べて燃やせ

 アンケートを取れば、もっとも太りやすい季節が冬だとの答えが多いという。しかし本当に冬はやせにくいのかということで、番組では温水プールと冬の海で水中ウォーキング&水中阿波踊り(?)をしたところ、寒中水泳組の方が脂肪率が低下した。だから実は冬の方がやせやすいのだと言っている。

 寒中水泳の方が温水プールよりも脂肪燃焼が多いのは当然である。番組では冬太りする人は、筋肉が衰えているために脂肪を燃焼しないのだとしている。そこでこれを解消するには運動を・・・といくのがごく当たり前の展開なのだが、ここでこの番組はなぜか「だからアミノ酸を摂取しましょう」という方向に行ってしまうのである。

 まず紹介するのは韓国の謎の黒エキス。韓国のモデルらという女性(身長169.7cmで体重40.2kgということですから、彼女は完全に病気体型です。これだと子供を産めないぞ。)が紹介した「韓国で女優やモデルに大人気」というそのエキスは、1ヶ月分で3万円もかかるそうなんだが、これを分析したところ大量のアミノ酸が検出れ、特にBCAA(バカ?)という筋肉の構成原料になるアミノ酸が多く含まれていたという。ここでこのBCAAの宣伝がはいる。BCAAを投与されたアミノスタローン(ひどい名前)という馬の成績が伸びたとのこと。そしてさてこの黒エキスの正体だが、韓国特産の黒ヤギを丸ごと一頭圧力釜に入れ、それに25種類の漢方薬共に煮込んだものだという。

 さすがに韓国直輸入の黒ヤギエキスだけだとスポンサー料があまりとれないと考えたのか、次に出てきた食材は凍り豆腐。それはともかくとして、ここで番組はなぜか「幻の凍り豆腐」なるものを求めて(この番組はグルメ番組か?)、東北の岩出山町まで出かけ、例によって凍り豆腐の製作工程の紹介を開始する。そしてその後はお約束の、凍り豆腐を食べ続けたら減量が出来ましたという「結果が先にあってこじつける実験」で締めといういわゆる「あるあるパターン」である。

 減量にアミノ酸をというのはあるあるも仕掛けて、既にそれでボロ儲けをしているメーカーがあるが、これは一般に言われているとおり(私も言っているが)「いくらアミノ酸をとってもその後に運動しなければ太るだけ」だし「普通にバランスの良い食事をしていれば、ことさらにアミノ酸を意識して補充する必要はない」と言うところに尽きる。

 それにしてもアミノ酸補充の方法としてあるあるはサプリをあげ、この番組は韓国の黒ヤギエキスとなぜか岩出山町の凍り豆腐というのが双方の番組の特徴が出ている。お互いにスポンサーを意識するとこうなるのだろう。あるあるは大手メーカーがスポンサーであるが、この番組ではあちこちから小規模スポンサーを集めているのだろうか? おかげで毎回「テレビ通販」みたいな内容である。この番組に関しては健康番組としてみるのは間違いである。今回の場合は韓国の黒ヤギエキスと岩出山町の凍り豆腐のテレビ通販番組だとして見るべきだろう。そう思って見れば、番組の内容について見誤ることはない。テレビ通販番組であるから、商品の紹介のための内容は嘘っぱちばかりであるし、そもそも解決法が必ず食材になると言うわけである。テレビなどのメディアは、広告の比率を一定以下にしないといけないという取り決めがあるので、実質的には広告であるはずの通販番組も体裁上は番組という形式をとっているわけだが、それがさらに一歩進んだらこの番組になったのか。自分のところの食材を宣伝して欲しいと思っている方は、一度TBSに連絡を取って、一体いくら出したらこの番組の一回分を買収できるか聞いてみれば良いのではないか。

 

2/29 脂肪肝

 今回のテーマは脂肪肝。一般に軽く考えがちの病気であるが、実は重大な病気につながる可能性がある・・・って、去年の年末に全く同じ内容を「ガッテン」で放送していた記憶が。そう言えば、その時も伊集院静がゲストで登場していたのでは。例によってもろにパクリの気配が・・・。つくづくこの番組って、昔の「あるある」にそっくりだな。

 さてこの番組はまずは肝機能低下者のあぶり出しから始める。その方法はデコボコのマットの上を走らせるというもの。肝臓などの内蔵に疾患があると、足の裏にそれが出て痛くて歩けないとのこと。いわゆる足のつぼマッサージ的な考え方だが、これが足裏診断になるとインチキ宗教だから要注意(笑)。で、出演者がみんな「痛い痛い」と言いながらマットの上を走るのだが、このこと自体には何の意味もない。やっぱりバラエティか。

 次は脂肪肝の事例紹介である。まずは今回晴れて(?)脂肪肝予備軍と認定された女性二人の異常な生活から。一人は運動0のお菓子漬け、もう一人は何にでもマヨネーズをかけまくるマヨラー(私に言わせればこれは味覚が破壊されている証拠なんだが)。さらに真打ちとして登場するのが、食べ過ぎで太ってしまった女性。彼女の場合は脂肪肝予備軍どころか、完璧な脂肪肝である。

 ここで脂肪肝の原因についての説明。つまりはカロリーが過多でタンパク質が不足すれば肝臓に脂肪が蓄積する。恐らくこの辺りはガッテンの説明をそのままパクッたのだと思われる。

 で、脂肪肝を解消するには当然食事療法と運動・・となるはずなんだが、なぜかこの番組ではシジミと湯葉を食べろという結論。シジミはアミノ酸が豊富だし、湯葉はコリンを含んでいるからということ。そこでコリンが脂肪を乳化させて血液に溶かすなどと説明していたが、これが完全に大馬鹿説明。ビーカーの中じゃあるまいし、そんな単純なことが起こるわけがない。湯葉は確かに高タンパク低脂肪なので脂肪肝に良いのには異存がないが、説明が滅茶苦茶である。

 滅茶苦茶と言えば、シジミについてもなぜか普通のシジミでなくて十三湖のシジミだとか、湯葉にしても日光の湯葉と細かい産地指定。例によってこの辺りにスポンサーの影がちらつく。実際にこの部分は産地の宣伝のオンパレード。

 ここまで来た時点ではたと気づくことがある。私は今までこの番組に対しては「なぜいつも解決法が食材ばかりなんだ?」「なぜいつも一般的な食品を使わずにわざわざマイナーなものばかり選ぶんだ?」と疑問を抱いていたのだが、実はこちらこそがこの番組の本質だったのだと言うことだ。つまり今回の内容の場合は、十三湖のシジミと日光の湯葉を宣伝するという目的が先にあって、そのために脂肪肝を引っ張り出したと言うことである。だから前回なども普通のショウガでなくて金時ショウガだったし、その前もカツオ節ではなくてひまわりの種だったのである。実際にこの部分の作りは明らかにグルメ&紀行番組の作りになっていて、この番組のスタッフはその方面のスタッフばかりなのではということが想像できるのである。

 で、どうやらスタッフに科学系がいないであろうことを確信させるのが、番組の終盤。いよいよ先ほどの脂肪肝軍団がシジミと湯葉で脂肪肝解消を目指すという下りである。さすがに食べるだけで脂肪肝解消はおぼつかないと考えたか、ストレッチ運動を併用するんだが、そこのところ説明が「身体をひねることで肝臓をほぐす」なんて馬鹿なことを平気で言っているのである。筋肉じゃあるまいし、内臓なんかほぐしたら内臓破裂でバラバラになって命取りである。このストレッチの目的は、正しくは「腹筋・背筋といった大きな筋肉を運動させることで、エネルギーを消費して、体脂肪の低下を狙う」である。こんな基礎的なことも理解していないんだから、やはりスタッフは科学の素人ばかりである。少なくとも健康番組の体裁をとっているのなら、科学をある程度知ったスタッフを使え!

 と言うわけで、私にとって謎だったこの番組の目的がやっと理解できました。こうして理解してしまうとあまりにくだらない中身なので、呆れる次第。こっち(関西)では放送もイレギュラーだし、もうこの番組は落ちても良いかと思い始めた今日この頃。

 

2/1 冷え性は骨盤の歪みを直せ

 今回のテーマは冷え性。冷え性がなぜ骨盤の歪みと関係するのかであるが、骨盤が歪んでいる→下半身の筋肉(大殿筋など)が弱い→熱の生成が弱い→冷え性になるという、まるで「風が吹けば桶屋が儲かる」のような論理展開であるようだ。

 で、この見分け方だが、目を閉じてその場でジャンプしてみた場合、下半身の弱い者は姿勢を保つことが出来ないので、フラフラしてしまうと言う(そりゃそうだ)。ただこのテストは下半身の筋力だけでなく、平衡感覚などのいわゆる運動能力も影響するので、一概に筋力だけとはいいにくい)。

 骨盤の歪みの影響としては、骨盤が歪むことで交感神経が圧迫されることで交感神経が刺激され、それが細動脈の収縮を促した結果、手足の血流が悪くなってしまうのだという。だから冷え性の人は手に汗をかきやすいとしている。交感神経が刺激されれば確かに手足に汗をかきやすくなるものだが、骨盤がどの程度歪んだら、交感神経がどの程度圧迫されるのかは不明。

 で、当然この後は対策に移るわけだが、対策は当然のことながら長腰筋と大殿筋を鍛えること。この番組では数種のストレッチを紹介。骨盤の歪み云々はともかくとして、冷え性の人はそもそも運動不足の場合が多いので、身体に悪かろうはずはない。なおすぐに手足を温めたい時は、手をグルグルと振り回して、遠心力で血液を手の末端に集めるそうな。もっとも持続性はないとしている(当たり前だ)。

 次は食材の紹介になるのがこの手の番組のお約束だが、この番組が紹介する食材が金時ショウガなるもの。一般的に身体を温めるというと唐辛子のイメージが強いが、この金時ショウガの方が暖める効果の持続力があるとしている。それにしても骨盤の歪みは全く関係なくなっている。

 ところでこの番組についていつも思うことなんだが、なぜ普通のショウガでなくて金時ショウガなんだ? この前登場した山伏茸といい、ひまわりの種といい、なぜかこの番組ではメジャーな食材を避けて、あえてマイナーな産地や取扱業者などが極めて限られるような食品ばかり提案するのである。マイナーな食品であればあるだけ、宣伝効果は上がるわけであり、特定の業者に利益が集中する。どうもその辺りに利権の影がチラホラ見えるのである。あるあるの場合はスポンサーが強いので、そのスポンサーの宣伝になるような内容を第一優先で放送しているが、この番組の場合はあまり強いスポンサーがいないようであるところから見ると、どうも適宜スポンサーを集めているのではないだろうか。どうもこの番組は主旨が不明だという印象を受けていたのだが、最近やっと正体が見えてきたような気がする。一体、いくら出したら一回分の放送を買収できるんだろうか。

 

1/17 冬眠体質

 冬になって日照時間が短くなると、太りやすく、老けやすく、疲れやすくなるのだという。この番組によるとこれはセロトニンの減少が原因だという。で、これを証明すると称して、沖縄と根室のある夫婦について調査し、沖縄の夫婦はセロトニンが多いのに、根室の夫婦はセロトニンが少ないという例によって異常にデータ数の少ない実験が始まる。そして根室の夫婦はセロトニンが少ないせいで体調が悪いとか。こんなもの少し考えれば分かるが、セロトニンが少なすぎると体調が悪くなるという事実を説明したとしても、これが日照時間と関係あるという証明には全くなっていない。

 で、この番組ではこのような身体の不調を冬眠体質と銘打って、その対策を提案するという構成なんだが、そもそもの前提自体がこの時点で崩壊しているんだから、この後いくら何を積み重ねたところで全くの無意味である。というわけでここでこの番組はもう見るのを止めてOKです・・・というところですが、私は一応もう少しつき合うこととします。

 番組によると日照時間が短くなるとセロトニンが減少し(なぜ減少するかの説明が一切ないのだが)、脳が励まされない(セロトニンの脳に対する沈静効果を番組ではこう呼んでいるようだ)ために、ダルイ感じになったり、満腹感がなくなって食欲中枢が暴走したりして、鬱や肥満になるのだとしている。またセロトニン不足で抗重力筋の働きが弱って、身体がたるんで老けるのだという。この番組で言っているとおり、北欧など極端に日照時間の短い地域では冬季の鬱があったりするが、それは昼になっても日が昇らないような極地の話であり、日本ぐらいの緯度ではそれほど極端なことは普通起こらない。にも関わらず、この番組は煽りタップリで危険性を訴える(まるっきり昔のあるあるのパターン)。これは当然次につながるからである。

 で、この番組では「恐るべき」冬眠体質を解消するには、セロトニンの原料であるトリプトファンとビタミンB6を摂るのが良いとしている。そしてそれを兼ね備えているのがカツオ節だとのこと。だと日本人だったら何も心配がないはずである。にも関わらず、なぜかこの番組では「出汁ばかり飲むわけにも・・」と言い出して、他の食材を探し始める。そしてここで浮上した食品が、ひまわりの種。これをお茶などにして飲めと言うのである。

 さてここで頭の良い人なら考えつくだろう。カツオ節とひまわりの種とどちらが普通に摂りやすいか。なぜカツオ節みたいな非常に摂りやすいものを排除してまで、ひまわりの種なんてわざわざ普通は食べないものを勧めるのか? 当然これが今回のスポンサーということである。つまりハムスターの餌ぐらいしか用途のないひまわりの種の拡販が今回の番組の目的。そっちの業者から一体いくらもらったんやら・・・。それともスタッフの誰かに北海道の北竜町の出身者でもいて、町興しに協力してくれと泣きつかれたんだろうか?(まだこの方がいくらか救いがあるが)

 さてこうやって鳴り物入りで勧めたひまわりの種なんだが、なんと冬眠体質の解消ではこれを食べるだけだと駄目だとのこと(それならなんのためにひまわりの種なんて摂るんだ?)で、リズム体操を併用するのだという。確かに冬の体調不良が起こる場合は運動不足が原因である場合が多いので、どんな体操でも身体を動かすことは悪くはない。朝起きた時に軽く身体を動かすと、目覚めが良くなるのはセロトニンと無関係に当たり前のことである。

 ちなみにこの番組では、リズム体操をすると脳のアルファ波が出るからセロトニンが分泌されているとしているが、これは本末転倒。アルファ波が出ているとセロトニンが分泌されるのではなく、セロトニンが分泌されるとアルファ波が出るのである。だからここの実験は完全に無意味。

 例によって極めて粗雑な内容。番組のタイトルを「スパスパ人間学!」よりも「ズタボロ人間学!」に変更した方が良いのではないか。こんな番組を続けていると、TBSの品位が低下してしまうことが懸念される。この局は、ほとんどすべてがどうしようもない番組ばかりのフジテレビなどと違って、優れた番組もいくつかあるだけに、こんな番組はそろそろ見直しをしてもらいたいところ。昔から悪貨は良貨を駆逐するといって、一つレベルの低い番組が登場すると、それに引っ張られて全体のレベルが落ちることにつながるからである。是非とも番組自体の再考を強く要請する。

 

11/22 若ボケ&秋の味覚

 前回の放送でも後半はいきなり「現代の若者はボケばかり」という内容にとんでいたのだが、今回もテーマは若ボケ。この番組のスタッフは若者に恨みでもあるんだろうか?(多分、言うことを聞かない息子に困っている親父がスタッフにいるのだろう)

 で、最初は若ボケ度チェックと言うことで「誰でも名前を知っている」20人(個)のものの名前をどれだけ答えられるかというテストをしたところ、15以上正解した人はたったの1人ということで、現代人はボケばかりと言う結論に持って行っている。つまり「あるある」と全く同じ煽りの手法である。しかしそもそも「誰でも知っている」というのが本当だろうか? 私にしても途中で出てきたスキーの選手らしき人物や、グレムリンもどきの人形なんかは「初めて見た」ものであるので、そもそも名前を知りようがない。それに現代のように情報が氾濫している時代、1年も経ったら綺麗に消えている芸能人や、3年も経ったら社会から消えている政治家(笑)、大会の時だけ騒がれるスポーツ選手、ましてや半年で消え去る流行品なんてそんなものいちいち覚えている方がおかしい。むしろそういうものは一時記憶としてさっさと処分している方が脳の働きとしては健全だと思うのだが。

 まあこういう常識的考えをおっぽり出して、番組はさらにあらぬ方向に進む。物忘れか激しいという3人を選び出して(「スパスパ会員」?)、買い物テストを実行。番組の予定通り、彼女たちは見事に頼まれた買い物品目を忘れている。もうここで番組の構成は予測はつく、どうせこの後、この番組が提案する怪しいボケ対策法を実行して、その後のテストでは彼女たちの成績がアップと持っていくのだろう(実際にその通りの方向に行ったのだが)。まるっきり構成があるあると同じである。やっぱり同じ制作会社に丸投げしてるのと違うか?

 で、そのボケ対策だが、これが秋の味覚を味わうこと。サンマにはDHAが、ナスには神経伝達物質(この番組では名前を挙げなかったが、アセチルコリンのことか?)の原料であるコリンが、牡蠣には亜鉛が(これはあるあるでも何度も宣伝していた)、柿には血液さらさらのリコピンが含まれるので、脳に良いとする。さらに今回の切り札が山伏茸なるキノコ。これは最近、ボケに対する効果が研究されているとのこと(山伏茸の人工栽培をしているらしき人物のところに行っていたが、マイタケなどに比べるとこのキノコはマイナーであることから、このキノコの宣伝が今回の番組のメインであると推測される。つまり今回のスポンサーだ。)。

 ただしこれらをただ食べるだけでは駄目で、20回以上噛めとのこと。こうすることで脳神経を成長させる魔法の薬が分泌されるとしている。だから発育期にある子供は良く噛んでいるのだとのことだが、これはどう考えてもおかしな論法。子供が良く噛むのは、ただ単に飲み込めないだけである。まあ食べ物を良く噛むことは、胃腸に対する負荷の点においては正しいことなので、これを否定するつもりはないが、これがボケに効くというのは論理のウルトラD。

 結局は冒頭で現代人はボケばかりと煽った挙げ句に、最後には山伏茸なるキノコの宣伝で終わるという、まるで健康食品の宣伝のような番組である。まるっきりあるあると同じ構成の内容。最近はあるあるの方は、あちこちで指摘を受けることが多くなったせいか、一見して分かるほどひどすぎる論理の破綻には気をつけるようになっているが(視聴者は自分たちが思っているほど馬鹿ばかりではないということに気づいたのだろう)、この番組はそういう気兼ねがないのか、昔のあるあるを彷彿とさせるひどい内容を垂れ流ししている。全く、あんな番組を見習ってどうするつもりなんだ・・・・。そんなことをしていると、TBSのテレビ局としての品位までが低下するぞ。

 

11/15 体内老化

 この番組については初めて見たのだが、もろに「あるある」のパクリであるのには絶句。画面構成から展開までそっくり。爆笑問題と木村アナを堺正章と菊間アナに入れ替えるとそのままあるある大事典になってしまう。あるあるが他の番組(ガッテンなど)をパクることは有名だが、その番組をパクる番組が登場するとは世も末である。

 世も末といえば、内容のいい加減さももろにあるあるを見習っているとしか思えない。

 今回は体内老化がテーマとのことだが、いきなりあるある会員かと思わせるOL・主婦が出てきて、何の根拠で測定したか分からない体内年齢で、50代とか評価を受けるところから始まる。

 次に登場は、いくら食べても太らないとか言う特殊体質のモデルの例。彼女は軽く2、3人分は食べるにもかかわらず、太らないし健康なのだとのこと。それは彼女の胃が長胃といって縦長の胃なので、食べ物が完全に消化されないで腸に送られている(これのどこが健康なんだ?要はまともに栄養を吸収できない体質だから、あんなに馬鹿みたいに食べないと身体を維持できないんじゃないのか?)とのこと、さらに褐色脂肪細胞が多いと推測される(推測しているだけで何の確認もしていないということである)、また腸が健康なのだとのこと(未消化の食べ物が直接に腸に送られているのに、なんで腸が健康なはずがあるんだ?)。

 で、先ほどの体内年齢ボロボロのOLは腸がボロボロで、悪玉菌が繁殖することで腸内から毒素が出て、その結果として赤血球がグチャグチャになるとのこと(もう理屈も何も滅茶苦茶ですな)。そしてこれを防ぐにはどうすれば良いかであるが、ここでスパスパ特性ドリンクなるものが登場する。

 このドリンクとはキャベツ、レタス、パパイヤ、ヨーグルトなどを混ぜたもの。これを1日3倍飲めとのこと(何やら腹を壊しそうな気がするんだが)。これを先ほどの被験者に5日間飲ませると、赤血球が綺麗になったとのこと。さらに自己申告によると肌が綺麗になって便秘も解消したとのこと。

 後半は脳の老化について。この番組の論旨を一言でまとめると、脳を使わないと脳が衰えるので、脳を使うようにしろとのこと。この方法というのが、携帯メールを聞き手と違う方の手で打つとかの極めて下らない方法。また書道が脳に良いとしている。

 はっきり言ってあまりに下らない内容。脳を使った方が老化が防げるなどというのは常識なので、言っていることをすべて嘘だとは言わないが、だからどうしたと言いたくなるレベル。全体的にレベルの低さはあるあるを見習ったとしか思えない内容。もしかしてフジテレビと同じ製作会社に丸投げしてるんじゃないだろうかと感じられる番組である。あるあるの害毒がこんなところまで来てしまったか。思わず溜息が出る。

 

トップページに戻る