その時、歴史が動いた

 

 2000年4月から「ニッポンときめき歴史館」の後を受けて始まった、NHKの歴史ドキュメント番組です。キャスターは松平アナ。放送は毎週水曜日の午後9時15分から。

 どうしても地味になりがちの歴史番組になるべくエンターティーメント性を持たせようとしているので、テーマの選択などにも配慮しているのがうかがえるが、そのことが歴史番組としての特徴を薄めてしまうことになりかねないのは両刃の剣。なおNHKの歴史番組の特徴として、諸説入り乱れているようなときは無難な説をとる傾向があるので、あまり珍説・奇説の類は出てこない。ただし、皇室絡みの時などは権力筋の意向に添ってやや右翼史観に偏っていることがあるので注意は必要。

 

 この番組も2009年春をもって9年の長い歴史に幕をおろしました。2009年春からは後継番組として「歴史秘話ヒストリア」に入れ替わることになりました。後半になるとかなり深刻なネタ切れ傾向を示していたこの番組ですが、果たして新番組はどうでしょうか。

 

エンターティーメント度 C

情報信頼度 B

タイプ分け 知識型

 

お知らせ

当サイト管理人の鷺が、この度書物を出版することとなりました。「あるある大事典」の問題点や注意点などについて解説した書き下ろし本です。詳細はこちらへ。

書籍紹介ページ

 

お知らせ

当サイトではメールマガジン(無料)を発行しております。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 

 

トップページに戻る

12/10 その時、歴史が動いた「一人、そしてまた一人〜マザー・テレサ平和に捧げた生涯〜」

 貧しい人々のために尽くし、ノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサについて。

 多民族と多宗教が混在するバルカン半島で、彼女は1910年にアルバニア人として生まれる。しかし第一次大戦で民族対立が激化し、父がアルバニア人の独立運動に身を投じたのが災いして、彼女が9歳の時に父が死亡する(毒殺されたと言われているという)。傷心の彼女は振興に救いを求め、そこでカトリックの聖人である聖フランシスコの「主よ、あなたの平和をもたらす道具として私をお使い下さい」という祈りの言葉に感銘を受ける。

 やがて18才になった彼女は修道女となってインドに渡ることを決意する。そこで貧困者を目の当たりにした彼女はコルカタ(カルカッタ)の修道院で教師を務めることになる。しかしヒンズー教徒とイスラム教徒の対立で多くの血が流れた惨状を目の当たりにして、修道院を離れて救済活動を行うことを願い出る。それは当時の修道院の規則に反することだったが、彼女の熱意によって2年後に彼女の願いは認められる。彼女はここで修道服を脱ぎ、民衆の服であるサリーに着替えて修道院を後にする。

 彼女はスラムで放置されて、そのまま誰からも見捨てられて死んでいくだけの人々のために「死を待つ人々の家」を設置する。そんな彼女に「カトリックの修道女がヒンズー教の聖地を乗っ取った」という噂が出るが、結核で運び込まれたヒンズー教の僧侶をヒンズー教徒の流儀に則って看取る彼女の姿が民衆の誤解を解く。そして彼女はさらに身よりのない子供たちのための施設も設立する。やがて彼女の活動への理解が深まり、周辺の住民達の協力や援助が集まるようになってきた。

 彼女はさらに第三次中東戦争の難民の救援のための活動を行うなど、さらに活動の幅を広げ、ついにはノーベル平和賞を授与されることになる。彼女の支援が世界に認められたのである。

 生涯を貧しい人々と平和のために捧げた偉人の物語である。世界の指導者達がせめて少しでも彼女の精神を譲り受ければ、今の世界はこんなにもひどいことになっていないのだが、実際は私欲のために戦争を始める馬鹿大統領や、意図的に貧困層を作り出してそれを奴隷化することで富裕層を優遇しようとするような世襲の馬鹿総理などばかりで、世界は彼女の理想とはほど遠い方向に向かうばかりである。彼女が立派だと思う点の一つは、彼女はあくまでキリスト教的奉仕精神から救済活動を始めているのだが、決してキリスト教の価値観自体を押しつけようとはしていないことである。宗教団体の慈善活動は、往々にして自らの布教活動の手段という偽善活動になりがちなことを考えると、彼女の精神はかなり立派であるということは言える。大体、宗教がなんだとか、民族がなんだとか言っている限り、世界に平和は訪れないだろうというのが現実なんだから。

 

12/3 その時、歴史が動いた「戦国の十字軍〜キリシタン大名・大友宗麟の「聖戦」〜」

 今回のテーマはキリシタン大名大友宗麟。外からは島津や毛利といった強大名の侵略、内では血みどろの内紛というものを見続けてきた彼は、ポルトガル人が持つ技術力に目を見張り、ポルトガルと手を組むことで強大化を目指す。また同時に彼はキリスト教の教えにも感化され、国内に領民のための病院を設立するなどの行為も行う。ただ彼の内面では、キリスト教の「殺すなかれ」の教えと、自衛のためにも戦争をしないといけないというジレンマによる苦しみがあったという。

 そんな時、隣国日向の伊東氏が島津に敗れて援軍を求めてくる。島津と戦うことに危険を感じる家臣や息子の義統は反対するが、宗麟は強硬に日向攻めを主張し、義統も渋々従う。宗麟は日向にキリスト教の理想の国を作ろうという考えがあったのだという。宗麟は自ら十字軍の深紅の十字架を旗印に「聖戦」として日向に遠征する。彼は日向北部に務志賀(西洋音楽「ムシカ(ミュージックのポルトガル語)」と名付けた理想郷の建設を始める。しかしこの際に宗麟が旧来の神社仏閣を破壊したり、僧侶や神官を労役に狩り出したりしたことからキリスト教徒ではない家臣達が動揺する。そして大友軍は統制が取れないまま耳川で島津軍と衝突して惨敗、2万もの将兵を失うことになる。

 ここから大友家の衰弱が始まり、大友家に見切りをつけた家臣の離反なども始まる。島津の脅威がそこに迫る中、宗麟は自ら秀吉と面会して援軍を請うが、秀吉からは四国平定が終わるまで1年持ちこたえるように告げられる。そしてついに島津軍が大友氏の本拠であるに府内に攻め込んでくる。義統軍は敗走、しかし宗麟は数十人の家臣と臼杵城に立てこもる。彼は領民保護のために領民を要害の臼杵城に迎え入れて、彼らと糧食を分かち合いながら持ちこたえるが、弾薬を尽き、もはや抵抗の手段もなくなる。しかしその時、宗麟を救うべく義統の軍勢が臼杵を目指し、大友軍がゲリラ戦で粘るうちについに秀吉軍が現れて島津は撤退する。

 ただ結局は宗麟はこの戦いからほどなく病死し、またその直後に秀吉によってバテレン追放令が出され、もともと親キリシタンではない義統によって領内のキリスト教関係の施設なども一掃されることになってしまうのである。

 うーん、宗麟の意図は分からないでもないが、どうも美化されすぎの感が。宗麟が本当にキリスト教の「汝殺すなかれ」の教えで悩んでいたのだとしたら、彼はかなりの理想主義者だったのだろう。と言うのも、キリスト教の「殺すなかれ」の教えなんてその実は嘘っぱちで、実際には当時最大クラスの大殺戮をしたのはくだんの十字軍だったし、キリスト教関係者にはそのことを悩んだり反省したりした節はほとんどなかったのだから。この無反省は現代にまで続いているから、ブッシュがイラク戦争を「現代の十字軍」なんて言って大騒動になったのだが(イスラム側からすると、これはアメリカが侵略戦争だと明言したのに等しいから)。

 そしてこの聖戦というのが曲者。歴史的に見た場合、一番凄惨な結果になるのがこの聖戦だから。と言うのは、これを掲げたら最後、相手とは妥協の余地が一切なくなって、相手を殲滅するかこちらが殲滅されるだけになってしまうから。現在でもイスラム教徒がイラクなどでこれを掲げて自爆テロに邁進しているし。また第二次大戦にしても、天皇を中心とした大日本帝国を守るための聖戦という側面があったから、あそこまで泥沼になってしまった。

 歴史的に見た場合は、大友宗麟は「宣教師に乗せられた挙げ句に自滅した、時流の読めなかった戦国大名」という評価になっちゃうんだよな・・・。結果的には宗教などを非常にドライに見ていた信長や秀吉が天下を取ったわけで。

 

9/17 その時、歴史が動いた「名君の改革に異議あり〜徳川宗春 華麗なる反乱〜」

 江戸時代中期、窮乏する幕府財政を建て直して名君と呼ばれていたのが徳川吉宗だった。彼が行った享保の改革は質素倹約を旨として、財政支出を徹底的に削減することによって財政を好転させる政策だった。この改革の効果によって悪化していた幕府財政は好転した。

 しかしこの改革に異議を唱えたのが、尾張藩主の徳川宗春だった。彼は22人の男兄弟の20番目と、本来は跡継ぎの立場になかったのであるが、藩主である兄が病死したことによって他に藩主を継ぐものがおらず(亡くなっていたり、他家を継いでいたりした者ばかりだった)、彼が藩主を継ぐことになったのだった。自由な立場で街中で放蕩生活を行っていた彼は、吉宗による質素倹約令が町の活気を奪い、民の生活を苦しめている実態を目の当たりにしていた。そこで尾張藩主になった彼は、吉宗の改革に真っ向から反することになる。

 藩主に就任するや派手な出で立ちで尾張に乗り込んで民衆を唖然とさせた彼は、芝居を奨励してさらに遊郭を設けるなどして名古屋の町を活性化する。彼の考えは「しっかり働いて、しっかり息抜きをする」というものだった。彼の政策によって名古屋の城下町は繁栄し、民衆も活気づく。

 しかしこの宗春による明からさまな反乱は吉宗の怒りを呼ぶ。早速幕府から詰問の使者が送られる。しかし宗春は公的な場では自らの態度を謝罪して改めることを約束するが、その後の私的な場(いわゆるオフレコ発言)では、吉宗の改革の誤りを指摘し、自らの政策の正しさを主張する。

 だが彼の政策が進むにつれて明からさまな問題も発生してきた。城下が活気づくのはよいが、それが風紀の乱れにつながり始めた。また彼の考えは「しっかり働いて、しっかり息抜きをする」というものだったが、その「しっかり働く」がなくて遊興にのみ溺れる者も増え始めた。さらに皮肉なことに、城下が活気づいてもそれは尾張藩の年貢収入には何ら影響するものではなかった。

 これらの問題点の発生や、幕府との対立が深まることに懸念を感じる重臣達が現れる。そしてついに彼らは宗春が参勤交代で名古屋を発った時に合わせて、クーデターで実権を掌握してしまい、宗春が行った政策をすべて撤回する。名古屋の状況を聞いてもすぐに戻るわけにいかない宗春。そしてようやく参勤交代が終わり名古屋に戻ろうとした矢先、彼は幕府より藩内での騒動の責任を一人取らされる形で蟄居を命じられる。実は重臣達は事前に吉宗と連絡を取っており、吉宗は彼らを利用して宗春を排除したのだった。

 緊縮経済が正しいか、積極経済が正しいかという昔からの命題です。確かに質素倹約に基づく改革は幕府の財政は好転させるが、民衆の生活を抑圧するので、概して庶民の評判は極めて悪いです。吉宗による享保の改革はともかくとして、その後にそれを焼き直しした寛政の改革と天保の改革が実際は短期で頓挫してしまうのはそれが大きな理由でもありました。

 また宗春の悲劇の原因の一つは、当時の財政システムが年貢にのみ依存しており、商人などから所得税や法人税にあたるようなものを徴収するというシステムがなかったことである。だから財政を好転させるのは新田開発などによる年貢増収か支出削減しかなく、城下がいくら賑わっても財政には関係ないということになってしまったわけである。この問題に取り組もうとしたのが実は田沼意次なのであるが、彼は今では賄賂政治家の象徴のように言われていることから分かるように、残念ながら彼の改革は幕府の守旧派の抵抗で頓挫している。

 実は田沼意次の政策とは何も賄賂で私腹を肥やすことを目的としているのではなく、商業を発展させて商人から税を取ろうというものだったのである。そのためには彼はロシアとの交易まで考えていたという。彼の目指したのは、それまでの重農主義だった幕府のシステムを重商主義に変換しようという極めてドラスチックなものだったのだが、あまりに先進的すぎて当時の幕府の重臣達には理解できなかったのである。

 宗春も田沼意次レベルの政策を持っていたら成功していた可能性はあるのであるが・・・。それが彼の不幸。ちなみに庶民から見た吉宗は、現在にさかんに言われているほどの名君とは見られていません。やっぱり歴史とは権力者の側から記されるということもあります。

 

7/15 その時、歴史が動いた「応仁の乱、天下を滅ぼす〜終わりなき"戦いの連鎖"〜」

 応仁の乱とは京都を焼け野原にした乱である。この乱の勃発によって足利幕府の権威失墜は決定的となり、戦国時代へと突入することになった。この乱の経過を追えば、幕府の無能な対応、武士の体面などの無意味なプライドなどによる泥沼化といった愚かしさが見えてくるという。

 そもそもの発端は、近畿南部の大名である畠山氏の跡継ぎ争いであった。当主の息子とそのいとこが跡目争いを始めたのだという。これに対して、幕府の権威を示したいと思っていた将軍の義政が調停に乗り出す。彼は直径であるということを重視して、息子の義就を後継者に指名した。しかしこの義就の人格に問題があった。粗暴でわがままで、将軍の権威をかさに着て隣の領地に攻め込むという挙にまで出たという。この義就を義政は次第に憎むようになる。そして義政はついに当初の裁定を裏返し、家督をいとこの政長に与える。はしごをはずされて激怒した義就は河内の山城に立てこもる。義政はこれを反逆として追討を命じるが、2年がかりでも鎮圧ができない。しかも妻の日野富子から義就を許すように迫られる。富子のバックには有力家臣の山名宗全がおり、彼は畠山氏を味方に付けて自身の勢力を拡大することを狙っていた。そして義政はそれに圧され、義就を赦免してしまう。

 これで将軍の権威が失墜したことが甚だしい。しかも最悪なことに義就と政長がついに直接の武力衝突を起こしてしまう。義政は他の大名に介入しないように指示を出すが、山名宗全がそれに反して義就を援護、政長の軍を一日で破って戦闘は終了する。だが義政は将軍の命に反した山名宗全を処罰することは結局できなかった。

 畠山氏を味方にした山名宗全は守護大名の頂点の実力者として振る舞っていた。しかし政長が細川勝元の援軍を得て京に戻ってき、山名宗全を不意打ちし、義政の花の御所を包囲する。義政を御所に押し込めた勝元は、自分たちを幕府軍として認め、山名氏追討の許可を与えるように迫る。側近達は反対するのだが、結局は義政はこの要求に屈してしまう。

 先手を打たれた山名宗全は屋敷のある西部に陣取り、東部の花の御所に陣取る細川勝元との戦いになる。応仁の乱の勃発である。この戦が始まったことで、近畿各地の大名が我先に京にはせ参じ、大軍勢同士の争いとなる。数の上では東軍が優勢だったが、大内政弘が西軍に加勢したことで勢力は拮抗する。この間、義政は何とか調停を試みようとしたが、ことごとく山名宗全に拒絶されて不調に終わる。この戦乱で京は焼け野原となってしまう。

 戦いが長引くにつれ、諸大名の利害が混乱して情勢は泥沼となっていった。しかも義政の弟の義視が御所を飛び出して西軍に身を寄せるに至って、事態は混乱の極みに達する。もはや義政には何をする能力もなくなっていた。しかも軍勢不足を補うために大名達が民衆を金銭で雇った足軽が増加するにつれ、彼らの略奪や乱暴狼藉によって京の町は混乱の極みに達してしまう。

 やがて争いの当事者である山名宗全と細川勝元が相次いでこの世を去るが、それでも全国に飛び火してしまった乱に収束の気配は見えなかった。しかし乱が続いて11年目、思わぬ形で乱が収束する。領国の不安定化や戦の負担に耐えかねた大内政弘が、日野富子に賄賂を献上して、幕府側と戦った罪を不問にして、官職を与えられて領国を安堵される形で帰国したのである。大内政弘の帰国で西軍の諸大名は続々と帰国、ようやく乱は終息したのである。

 なお義政はこの一件で完全に政治の世界に嫌気がさしたのか、将軍職を幼い息子に譲って、自身は自ら建造した銀閣寺にこもってしまったようである。

 何ともはや、どうしようもないという悲惨な状況。確かに義政の優柔不断のように思える。彼に同情するとしたら、室町幕府はそもそもが大名の代表政権という色彩が強く、権力が弱かった上に、彼の頃になるとそれがさらに進行していたということである。だから将軍が出した指示に大名が堂々と反してしまうということに陥る(落ちかけていた権威に、彼がとどめを刺したのも間違いないが)。なお大内政弘が日野富子に賄賂を送ったという話があるが、このようなエピソードから日野富子は守銭奴と言われることがある人物でもある。

 この事件から学ぶとすれば、トップが無能だと世の中が混乱すると言うことと、世襲の権力者が続くとやはり自然に権力者が無能になっていくと言うことである。これは今の日本でも大して変わっていない。残念ながら。

 

7/8 その時、歴史が動いた「古池や蛙飛びこむ水のおと〜松尾芭蕉 人生を映した17文字〜」

 今回のテーマは俳句を創始した松尾芭蕉。

 松尾芭蕉(本名・松尾宗房)は伊賀上野の生まれで、家の格式としては武士に準ずるものの、農業で生計を立てる必要があるという家で、父親を早くして亡くした彼は貧しい生活を送っていた。しかし伊賀上野は伊勢や京都、奈良からの街道の交差点で、これらの文化が流入しており、俳諧なども人気を博しており、芭蕉にとっては俳諧は生きる励みだった。そんな彼が19才の時に転機が訪れる。地元の上級藩士に仕官することになり、そこで藤堂良忠に出会ったのだった。俳諧の名手で京都での最大の流派である貞門に属する彼から俳諧の手ほどきを受けた芭蕉は、見る見る俳諧の腕を上げていく。

 しかし4年後、良忠がこの世を去り、芭蕉は自らの前途を思案することになる。これから6年間の芭蕉の行動は謎であるのだが、その後の彼は江戸に出て富裕な町人に俳諧を教えることで生計を立てるようになる。そんな中、古典から題材を録る貞門とは異なり、庶民な的な言葉で奇抜な内容を読む談林に出会い、その自由な空気に惹かれた彼は談林に転じる。

 だが芭蕉はやがて今までの俳諧が所詮は言葉遊びに過ぎず、精神的な深みがないことに気づき、新しい俳諧の形を模索するようになる。そうして41歳の時に、彼は俳諧の新しい形を模索して西国への旅に出る。これが野ざらし紀行である。この旅において彼はその時の心情を17文字で詠む新しい俳諧の形に行き当たる。そして旅から帰った1年後、彼が弟子達の前で詠んだ句が「古池や蛙飛びこむ水のおと」という句だった。それは今までの俳諧にはない新しい形式の俳諧で、また短歌に匹敵するような芸術性を秘めた新しい文化でもあった。これが蕉風俳諧と呼ばれ、今の俳句となる。

 俳句誕生のエピソードなのだが、所詮は松尾芭蕉の精神内での話なので、この手の歴史物としてはドラマにしにくいところ。実際、何となくパッとしないエピソードになってしまった。これなら、松尾芭蕉隠密説の真偽について考察するなどの方が、歴史番組としては面白くなったのではという気もする。

 

6/25 その時、歴史が動いた「戦国のゲルニカ 大坂夏の陣、惨劇はなぜ起きたのか」

 豊臣家が滅んだ大坂夏の陣。権力者の側から描かれることしかないこの合戦だが、巻き込まれて地獄を見た多くの民衆がいる。その民衆に注目したのが今回。

 大阪城の収蔵品に「大坂夏の陣屏風」があるが、この屏風が異色なのは、大抵この手の合戦図屏風は自らの祖先がいかに勇敢に戦って手柄を挙げたかを誇示するものが多いが、この屏風はその左半分に逃げまどう民衆の地獄絵が描かれていることである。大坂夏の陣では民衆が無防備のまま合戦に巻き込まれ、逃げまどう民衆は川で溺れ、またようやく岸に泳ぎ着いても、略奪や暴行、さらには無差別に民衆の首を取って武者の首と偽って手柄にありつこうとするにせ首、さらには奴隷狩りの被害にあって犠牲者が続々と出たのだという。

 また悲劇は合戦前にも合戦後にも発生している。豊臣方につくか徳川方につくかで真っ二つに分かれた村では、その対立が後々まで尾を引き、また豊臣方が徳川の背後を突かせようと一揆をけしかけた村では、一揆勢として立ち上がった村人が犠牲となった。結局はこれらの多くの民衆の犠牲によって江戸時代の到来となるのである。

 戦国の合戦などについて民衆の側から捉えるという視点はほとんどないので、これは画期的。実際に戦争における民衆の視点が欠落しているので「戦国時代は躍動的ですばらしい時代」とか「戦争は格好いい」なんていうトンチンカンな考えが出てくるわけである。実際のところは民衆にとっては正義の戦争もくそもない、その現実は今でもイラク辺りで証明されているわけなのであるが、権力者の欲と人間の愚かさはいつまでも尽きない。

 

6/11 その時、歴史が動いた「北方探検 異境の大地を踏破せよ〜間宮林蔵 執念の旅路〜」

 今回のテーマは間宮林蔵。あの間宮海峡を発見した人物である。

 1807年、南方進出を狙うロシアが択捉に上陸、攻撃を行うという事件が発生した。総崩れになる幕府群の中で、ただ一人持ち場を守って立ち向かおうとした役人が間宮林蔵だったという。彼は測量のためにこの地にやってきて、未だに測量半ばのこの地を離れることは、自分の仕事が無駄になることだという想いが強かったという。しかし彼も回りに無理矢理に説得されて逃走することになる。その後、彼は持ち場を離れた責任で江戸に呼ばれて取り調べされることになる。

 この事態に衝撃を受けた幕府は、国後に軍勢を送って守備にあたる。しかしここで問題になったのが樺太のことだった。当時は樺太のことが全く分かっておらず対策の取りようがなかった。そこで樺太の調査が急務となったのだが、この任務に指名されたのが間宮林蔵だった。またこれは間宮林蔵自身にとっても、択捉での屈辱を晴らせる絶好の機会だった。

 彼は樺太が島であることを確認して幕府に報告を送った後、自ら海峡を渡って異郷の地に乗り込む。樺太の現地民にデレンという地にどこかの国の役所があると聞いたからである。もしそれがロシアのものならロシアがすぐそこに迫っていることになる。そこで間宮は現地民に協力してもらいながら、デレンの地に向かう。途中で言葉も全く通じない異境の民に危うく殺されそうになったりしながらようやくたどり着いたデレンは、北方の交易地で、役所は清のものであった。この周辺地域は多くの民族の雑居地域であり、ロシアの勢力もまだこの辺りには及んでいないことを確認した間宮は、帰国してその旨を幕府に報告する。

 間宮林蔵は樺太が島であることを確認したのは有名だが、海峡を渡ってもいたんだという話・・・とは言うものの、特に中身があるように思えなかった内容だな・・・。番組演出が淡泊に過ぎたか。

 

6/4 その時、歴史が動いた「人を衛る都市をめざして〜後藤新平・帝都復興の時〜」

 医師だった後藤新平は、西南戦争でコレラ患者の治療に当たったことをきっかけに、公衆衛生向上のために内務省の衛生技師になる。彼の理念は「人と人とのつながりが人体のように機能することで世の中が発展する」という独特のものであった。

 日清戦争の帰還兵の伝染病対策に起用された彼は、現場で陣頭指揮をとる。彼は部下を叱咤激励しつつも、その一方で部下を信じて彼らの自主性に任せるという方式で、23万人の帰還兵の検疫を無事に完了する。3年後、台湾の民政局長に任命された後藤は、今度は都市計画に携わることになる。彼は上下水道の整備や幹線道路の建設などを行う。その後、南満州鉄道の総裁に任命された彼は、若手を起用して沿線のインフラ整備を行い、都市の開発を行う。そしてついに内務大臣に就任した彼が手がけることになったのが東京の再開発だった。

 彼は官民共同の都市研究会を立ち上げ、東京の再開発のプランを検討する。しかしその矢先に関東大震災が発生し、東京は壊滅的被害を受け、彼のプランはすべて白紙に戻ることになる。

 関東大震災から再建が急がれる状況になった。彼は都市研究会以来のメンバーを集めて復興計画を練る。彼が計画したプランは、将来の交通量増加を見越した広い道路や、防災をにらんでの広い公園も配した大胆な都市計画だった。ただこのための費用は当時の国家予算に匹敵する13億円と見積もられ、このプランは復興審議会で猛反対を受け、予算は5億7500万円に削減される。予算が削減されたことから、後藤達は土地買い上げではなく、住民から土地を提供してもらって道路等を整備する区画整理の方法を提案する。しかし後藤達のプランは議会で猛反対を食らう。区画整理事業は国がやるべではないとの反対だった。東京の復興はすでに待ったなしの状況で後藤は大幅な計画後退をのまざるを得なくなった。

 しかし後藤の理念に共感したのが東京市長で、かつて後藤の腹心だった永田秀治郎だった。彼は国に代わって市が主導して区画整理を実行する。その結果、東京は防災や衛生に配慮した新しい町として再生したのだった。この時に活躍したのが、かつて後藤の元で働いた人材だった。この時の開発が現在の東京の原型になっているという。

 後藤は「金を残して死ぬのが下、仕事を残して死ぬのが中、人を残して死ぬのが上」と語っていたらしいが、実際に多くの人材を育てたようである。今の政治家や官僚には残念ながらこういうスケールの大きな人物は見あたらない。この国の人材の劣化というのも著しいように思えてならないのである。

 なお当時はダーウィンの進化論を社会にも適用して、弱者などを救済することは国家の活力を削ぐなどといった主張があったが(その究極がナチスである)、彼はその考えを真っ向から否定したという。伝染病などになったら弱者かそうでないか関係なく命を落としてしまうから、世の中全体の衛生水準を上げないと国家は繁栄しないというのが彼の考えだったとか。全くその通りである。それに対して、最近の政治家、特に小泉などは、強者(と言っても、その実は世襲の馬鹿ボンのことだが)さえ残れば、弱者は死んでも良いという考えを実践しているのだから、愚かの極みというべきか。この国の劣化はとどまるところがない。

 

5/28 その時、歴史が動いた「養殖真珠宝石界に革命を起こす〜女性を輝かせた男・御木本幸吉〜」

 今回の主人公は真珠の養殖で有名な御木本幸吉。

 昔、真珠は天然物しかなく、しかも発見される頻度が極めて低いことから超高級品であり、ごく一部の女性しか身につけることは出来なかった。うどん屋を営みながら、副業的に真珠の売買をしていた御木本幸吉は、真珠が女性を輝かさせることに興味を抱き、真珠の養殖に本格的に取り組み始める。しかしそれは困難の連続だった。借金を重ねて増やした貝が赤潮で全滅したり、借金まみれの彼を常に支えてくれていた妻が亡くなったりなどの逆境の中、貝のどこに核を入れれば良いかの試行錯誤を繰り返し、ようやく彼は半円真珠の量産に成功する。彼はその半円真珠を使って、当時は和装が多かった女性のための帯留めなどの装飾品を製造する。

 しかし彼はさらに次の時代を見据えていた。やがて日本も洋装の時代が来るとにらんでいたのだ。そうなると洋装に似合うネックレスなどの装飾品が必要で、そのためには真円真珠の製造が不可欠だった。しかしネックレスに使えるような大きな真円真珠の製造は困難を極めた。しかし彼は作業の下手な職人に限って真珠が出来る事実から、核に外套幕を付着させることがポイントであることに気づき、これをきっかけにして量産に成功する。こうして洋食による真円真珠が画期的な価格で世界に登場することになった。

 しかしこれに抵抗を示したのがヨーロッパの宝石商だった。彼らは養殖真珠を「偽物」と断定し、マスコミを中心にネガティブキャンペーンを展開する(天然真珠の価格が下落することを恐れたのだろう)。御木本幸吉に対する風当たりが強くなる。しかしここで引き下がるとすべての女性を真珠で輝かせるという彼の夢は費える。ここで彼は勝負に出る。宝石商達を相手に外国で裁判を起こしたのだった。そして1924年5月24日「日本の養殖真珠は偽物ではない」との判決が下る。決め手になったのは生物学者達の「天然真珠と養殖真珠を違うものだと判断することの方が困難である」という意見だった。こうして養殖真珠は社会的に認められることになる。

 私が小学生の時の修学旅行で御木本幸吉の記念館を見学した記憶があります。昔は彼の功績については教科書に載っていた記憶がありますが、今はどうなんでしょう。なお宝石と言われるものの中で、真珠は唯一生物的に作り出されるもので、他の鉱物系の宝石とは性質が全く違います。だからこそ天然物と全く変わらないものを人工的に作り出せたわけです。なお今では鉱物系の宝石も人工的に合成することが可能ですが、宝石としての価値は天然物と大きく差をつけてあります。

 もっとも私には宝石なんて興味ないです。私の目にはダイヤモンドなんて黒炭の同素体としか見えないし、ルビーやサファイヤも不純物入りアルミナ結晶、真珠なんて炭酸カルシウムにタンパク質が加わった球という風にしか見えませんので。はっきり言って化学屋は、宝石にはあまり価値を感じなくて、価値を感じるとしたら煮ても焼いても腐らない金ぐらいです。

 

5/21 その時、歴史が動いた「攻防北の黄金王朝〜奥州藤原氏VS源氏」

 今回のテーマは奥州に独自勢力を築きながら、最後は源氏に滅ぼされた奥州藤原氏について。

 平安時代、陸奥の国は朝廷の支配下にあり、朝廷から派遣された陸奥守によって地元民である蝦夷は管理されていた。この陸奥守の国府である多賀城に送られてきたのが藤原経清だった。藤原氏の一門である経清だが、彼は主流から離れていたので地方の役人を歴任していた。彼の役割は当時は陸奥でのみ算出していた黄金を朝廷に届けることだった。しかし陸奥で算出した金は中央に届けられるだけで、地元民は全く潤うことはなかった。

 中央での栄達を望めない経清は蝦夷の有力者である安倍氏の娘と結婚、彼らと結びつくことになる。しかし1051年に安倍氏が陸奥守に対して反乱を起こす前九年合戦が勃発、朝廷は陸奥の守に源頼義を派遣して鎮圧にあたる。経清は悩みつつも頼義側につく。しかし蝦夷の女を妻にしていた武将が讒言によって処罰されるのを見た彼は、所詮は自分も頼義の信任を得られることはないと判断、安倍氏側に寝返る。経清の寝返りによって安倍氏は朝廷群を打ち破る。

 しかし頼義は隣国の出羽の蝦夷である清原氏に働きかけ、清原氏の軍勢が安倍氏への攻撃に参加する。これで安倍氏は滅ぼされ、経清も捕らえられる。裏切り者である経清に対する処罰は苛烈なものであった。彼は苦痛を増すために、あえて鈍刀で首をはねられたのだった。しかしこの時、経清の子供である清衡が生き残る。

 清衡は母が清原氏当主の妻となったことから、清原氏の元で養育された。彼は清原氏の三人の息子の一人として勢力範囲の一部を任されるほどの信頼を得る。しかし当主が死亡して、1083年に後継者争いである後三年合戦が勃発する。弟である家衡に急襲され、妻子や家来を殺害された清衡は、陸奥守である源義家の支援を受けて家衡を討つ。こうして清原氏の当主の座をついだ清衡は、義家が私欲で争いに介入したとして朝廷から罷免されたのを機に、藤原の姓を名乗って奥州に都を設立する。朝廷に莫大な貢ぎ物を送ることで従順の姿勢を示して中央からの介入を排しつつ、交易などをさかんにして平泉は繁栄する。

 しかしその藤原氏の転機は源頼朝の登場で訪れた。当時の日本は奥州を藤原氏が、関東を源氏が、西国を平氏が分割支配する状況だったが、西国の平氏を滅ぼした頼朝は奥州の藤原氏の制圧も目指す。そこに頼朝に追われた義経が逃れてくる。当主の秀衡は決断に迫られる。義経を追い返して頼朝に従順の意を示すか、それとも義経を押し立てて頼朝と一戦を構えるか。しかし既に朝廷への貢ぎ物を頼朝を通して納めるように要求されるなど、頼朝の藤原氏を滅ぼそうという意図を見抜いていた秀衡は頼朝と決戦する意志を固める。

 しかしそんな矢先、秀衡が病死してしまう。彼は息子の泰衡に「藤原氏は義経と共に源氏と戦うべし」と言い残していたのだが、朝敵になることをことを恐れた泰衡はその決断が出来ず、義経を急襲してその首を頼朝に差し出して従順の意を示す。しかしそもそも頼朝にはその意志はなく、やがて藤原氏は攻撃を受けて平泉も陥落、こうして奥州藤原氏の栄華は終わる。

 と言うように歴史を追えば、結局は4代目の泰衡の器量がなかったという結論にならざるを得ないわけだが・・・。実際、この時に秀衡が亡くなったのは非常に致命的だったと思われる。現実にはあそこで奥州藤原氏が徹底抗戦の意志を固めていれば、戦上手で知られる義経を前面に押し立てられると長期戦になっていた可能性が高かろう。すると当時はまだ西国も安定とはほど遠かった上に、頼朝の権威だって絶対的なものではなかったので、西国で不穏な動きが出たり、頼朝の家臣から離反が起こったりなど、何がどうなったかは分からなかったろう。となると、そこから数十年早く戦国時代に突入というような事態もあったかも。まあこれも「歴史のif」なんだが。

 

5/14 その時、歴史が動いた「日本人の心を守れ〜岡倉天心・廃仏毀釈からの復興〜」

 今回のテーマは天下の愚策「廃仏毀釈」について。

 明治初期の日本。日本の貴重な文化財が危機に瀕していた。発端は新政府が発した神仏分離令だった。これは国家神道を国の基本にしようとした政府が、既にかなり仏教との混交が進んでいた神道を強引に仏教から切り離そうとした政策だった。しかしこれに過剰に反応した民衆が、仏教の排斥に向かい、文化財でもある多くの仏像が破壊された。また多くの僧侶が神官に転向し、管理する者がいなくなった寺院は荒れ果て、経典が包装紙に使われたり、仏像が薪にされるような事態に至った。

 この事態を憂いたのが岡倉天心だった。彼は仏教文化の壊滅的状態を見て、なんとかする必要があると立ち上がる。しかし世は脱亜入欧の時代で、日本の固有文化を尊重する空気はなかった。そこで彼は内閣総理大臣の伊藤博文に直接働きかける。彼はお雇い外国人のフェノロサに強力を仰ぎ、日本絵画の鑑賞会に伊藤を招いた上で、「日本の伝統美術は西洋に匹敵する」とフェノロサから伝えさせることで、日本美術の保存の重要性を訴える(今も昔は、なぜか日本は外国人から圧力がかからないと動かない変な国だ)。天心の働きによってようやく日本の伝統文化を保護する方針が打ち出されることになる。

 その半年後、天心はヨーロッパに渡り、外国の美術品の管理状況について視察する。そこで彼が衝撃を受けたのが、首や手足が破損した状態の彫刻(トルソー)がそのまま美術品として評価されていることに衝撃を受ける。ただ日本の仏像は美術品であると同時に信仰の対象でもある。一部が欠けた状態の仏像は信仰の対象とはならず、かといって下手な修復は美術品としての価値を下げる。天心はこのジレンマに囚われることになる。

 視察の10年後の明治30年、ついに日本初の文化財保護法が成立する。東京美術学校の校長に就任し、美術行政を取り仕切っていた天心は、ようやく本格的に文化財の修復に乗り出そうとする。しかしその矢先、怪文書がきっかけで彼は職を追われることになる。天心が日本美術を重視することに反発した西洋美術派の反発が生んだ事件だった。(これについてはどっちが悪いとは一概に言いにくいんですよね。この番組だけ見てると、西洋美術派が強硬だったように見えるが、視点を変えると天心によって西洋美術派がかなり圧迫されていたのも事実です。)

 野に下った天心は、民間団体である日本美術院を設立し、そこで文化財の修復を本格的に手がけることになる。彼が打ち出した方針は、現存の仏像については直接的に手を加えることはなく、破損部分のみを厳密な調査に基づいて復元して補充するという方法だった。彼のこの方針に基づいて多くの文化財が復元され、これが今日にまで残されることになった。

 天下の愚策「廃仏毀釈」について。バーミヤンの大仏を破壊した馬鹿タリバンと同じようなことを、よりによって日本人がやっていたわけです。ちなみに日本の文化財は近代に二度危機を迎えています。一回目がこの廃仏毀釈。この時には心ある外国人が持ち出すことによって破損を免れた重要文化財もあります。二回目が第二次大戦後、戦争自体で破壊された文化財もありますが、戦後にアメリカに接収されたり、売却されたりで、多くの貴重な文化財が海外(特にアメリカに)に大量に流出しました。だから今日「日本にあれば国宝級」と言われる文化財がアメリカの美術館にゴロゴロあったりするんです。日本がいかに文化というものに敬意を払ってこなかったかを物語るエピソードでもあるわけですが。

 なお神仏分離令のナンセンスさは、実際にあまりに実行困難だったために、最終的にはこの政令自体が有耶無耶になってしまったことがすべてを物語っています。そもそも日本における神仏習合は昨日今日始まったものではなく、仏教が日本に伝来した頃から既に始まっており、熊野信仰に見られる本地垂迹など、日本の信仰の重要な根幹の一つになってしまっているので、それを切り離すなんてどだい不可能だったわけです。残念ながら明治新政府の中心連中の文化意識はその程度のレベルだったというのが現実だったりするわけ。今でも政治家は文化には全く無知な輩が多いですが。

 

4/30 歴史ドキュメント01「徳川家康「江戸」建設に挑む」

 次の歴史番組の形態を模索したパイロット番組と思われるスペシャルです。以前に「魯山人」をテーマにしてパッとしない内容になってましたが、今回はもっと無難に徳川家康の江戸建設にした模様。

 さてそもそも家康が江戸に拠点を構えることになった理由だが、小田原攻めの時に秀吉に「江戸に居城を構えるように」と命じられたことによる。これは勢力が拡大していた家康を旧来の領地から切り離すことと、当時は湿地帯でとても城を作れるような状態でなかった江戸の開発を命じることで、家康の力を削ぐという目的が明確だった。しかし当時の家康にはそれに反抗するわけにもいかず(反抗するなら秀吉相手に一戦構えることになる)、家臣を引き連れて江戸の地に移動している。

 ここで家康は、城の建設もそっちのけで、まずは家臣の住宅を比較的安定している地盤の部分に建設することから始めた。また一面が湿地帯である江戸の状況を見た家康は愕然としたが、同時に開発次第では江戸は発展の可能性がある立地であることも見抜いていたようである。江戸の開発については大阪をモデルにしていると考えられるとのこと。

 しかしながら江戸の開発は難航を極めた。海が近いために真水の確保に苦労し、井の頭から水路で真水を引いたり、町人を招くための土地を作るために、湿地帯の前島に水路を築いて地盤を乾燥させるなど多くの工事が必要で、そのたびに家臣達が不眠不休で作業したという。こうして建設した土地に、家康は各地から町人を呼び集めて家臣達の生活を支える町人街を作り上げた。

 そして江戸が劇的に発展するのは秀吉の死後である。関ヶ原の合戦で勝利して事実上天下を押さえた家康は、今度は大名達を動員しての天下普請を開始する。彼が取り組んだのが日比谷入り江の埋め立て。これは大名達の屋敷を建設するための土地を確保する目的もあった。この普請に各大名が動員され、彼らは多大な出費を強いられることになる。この普請は江戸の発展を促すと共に、家康にとっては脅威となり得る大名の力を削ぐ目的もあった。

 多くの犠牲も払いながら日比谷入り江の埋め立ては急ピッチで完成。こうして江戸の原型はできあがる。

 なお江戸は明暦の大火で市街の6割が消失するという被害にあっているが、この後、保科正之を中心として江戸の街の復興が行われ、この時に市街の大幅再整理と市街域の拡大が行われたという。これらを経て、江戸は世界最大の100万都市へと発展する。

 以上、江戸の生い立ちについて。それほど感心するような情報もありませんでしたが、歴史番組としての基本を押さえており、以前の魯山人の時に比べると歴史番組としては格段に面白くなっていたように思います。魯山人の時には「どんな版組を作るのか」ということがまるで絞れていないように思えたが、今回は歴史番組としてテーマがハッキリしていたのが勝因。やはりターゲットのハッキリしない番組は駄目と言うことです。もっともこの形態は、今までの歴史番組と大きくは変わっていないので、制作側としては新味を出しにくいというジレンマがありそうですが。

 

4/23 その時、歴史が動いた「古事記誕生〜日本最古の史書の謎〜」

 日本最古の史書である古事記だが、その中身は国造りの神話などとても歴史書とは言い難いような内容も含んでいる。

 そもそも古事記の編纂を命じたのは天武天皇で、豪族を二分する壬申の乱で勝利した彼は、天皇を中心に国をまとめる必要に迫られていた。それまで歴史書は口伝のものを各豪族などが各々でまとめたものが多く、地域によって内容に大きな違いがあった。そこで彼は、天皇が日本を治める正当性を担保するものとしての正史を必要としたという側面が強かったようである。

 実際の古事記の編纂は、歴史書について記憶していた稗田阿礼の口述を太安萬侶が筆記したという形になっているが、それは単なる口述筆記のような単純なものではなかったという。当時の日本では文書記述用のカナがキチンと整備されている状況ではなかったから、記述が様々で、文書があっても読み方が分からないというような状況だったという。それを稗田阿礼が口述することで初めて読み方や意味が明らかになるという状態で、それを太安萬侶がキチンと他の者にも分かる形にしながら記録していくという作業になったようである。

 こうして編纂された古事記だが、これがその後、国家神道と結びついてしまったりなどいろいろあったが、今日でも日本人のメンタルには根を張っているわけでもある。

 史書と言っても古事記の文献的価値は、残念ながら中国の史書などと比べると数段低いのは事実。中国ではかなり昔から、歴史を正式な形で記録するという作業が行われてきたが、日本ではこの時になってようやくなので、その差が出るのは仕方のないところ。結果として古事記の記述はとてもそのまま歴史的事実として読み取ることは無意味な内容が多いが、それでもその中から裏の意味を読み取ることは可能である(どこの国でも、太古の地方の豪族の話が神話に影響している。登場する神も怪物も、どちらもそもそもは地方豪族や部族の場合が多い。)。それに読み方によれば、天皇家とは大陸から渡来した部族の末裔という解釈も可能なわけで(高天原が朝鮮半島や大陸を意味していたら、そのものズバリである)、いろいろな解釈が可能になるわけである。

 とは言うものの、これを中心に据えて歴史の教科書を作れるというような代物ではなく、そんなことをすると、進化論を否定して「神が万物を作りたもうた」と書かそうとしているアメリカ南部のとんでも教科書みたいになってしまうわけであるが。

 

4/16 その時、歴史が動いた「人間は尊敬すべきものだ〜全国水平社・差別との闘い〜」

 士農工商の封建社会において、その身分制度の外におかれたのがエタ・非人と呼ばれた人たちである。彼らは職業などを制限され、差別の下で貧しい生活を強いられた。明治新政府発足後、四民平等により彼らは建前上は差別がなくなった。しかし現実には彼らは部落民として日常的に激しい差別にさらされ、彼らは貧困と差別に苦しめられながら、自らの出自を隠して生活することを余儀なくされていた。女学校を卒業して結婚して教師になった女性が、部落出身であったことが発覚すると共に、教職を追われた上に「血が汚れる」と離縁を申し渡されて自殺した事件なども発生している。

 そんな時代、部落出身の青年・西光万吉がいた。彼もやはり部落出身であることを隠して生活していた。しかしそれが転機を迎える。きっかけは米騒動だった。暴動の中には貧しい生活を送る部落民も含まれていた。そのことが「部落民は凶暴だ」「性根が腐っている」と差別を巻き起こしたのだ。まるで部落民であること自体が罪であるかのような論調に、西光万吉は憤る。しかし振り返ってみると自らも差別を逃れるために、部落民であることを恥ずべきこととして出自を隠していたことに気づく。そして彼はこの問題に正面から向き合うことを決意して東京から故郷に戻る。そして貧しい暮らしを送る人々の中で、自らが立ち上がることを訴える。

 一方、政府も部落対策を始める。しかしそれは「部落民の性根は歪んでいるので、それを矯正することで世間の同情を集めることができる」と部落民に対する教育政策であった。つまり差別する側でなく、差別される側に問題があるとしたのである。

 今でも差別主義的思想を持つ輩は、いじめ問題などでも「いじめられる側に問題がある」などとのことを言いたがるが、それと同じ思想である。言うまでもないことだが、いじめ問題ではいじめる側にほとんどの問題があるし(いじめられる側の問題など、まず本人の責任でない問題が多い)、差別についても差別する側の問題である。

 西光万吉もこの政府の政策を見て、その間違いに憤る。彼は「部落民自身が不当な差別の撤廃を求めるべき」という論文を読み、自らが立ち上がろうと「水平社」を結成する。彼は部落への同情を呼びかけていた新聞記者の元を訪れて、同情を呼びかけるのは止めて欲しいと訴える。あなた達のためにやっているんだという記者に対して、彼は「可哀想という恩着せがましい姿勢こそが部落民を見下しているのだ」「尊敬する気持ちを持って、同じ人間を見て欲しい」と訴える。これを聞いた新聞記者は自らの傲慢な姿勢に気づいて恥じ入る。

 彼の運動は全国に広がっていった。そして出自を隠していた部落民達も徐々に彼の運動に加わっていった。そして1922年3月3日、全国水平社創立大会が開かれ、そこで西光は水平社宣言を読み上げる。「吾々がエタであることを誇り得る時が来たのだ」という宣言に、多くの部落民が感動の涙を流す。

 彼らの行動のおかげで、部落差別については当時よりははるかに改善した。今日では少なくともある程度の知性を持つ者なら、部落差別のナンセンスは分かっている(数百年前に豊臣秀吉が支配のために取り入れた制度に今まで引きずられているのだから、馬鹿そのものである)。しかし未だにわざわざ調査してまでも差別したがる馬鹿とか(昔から「差別とは卑怯者の最後の安らぎ」と言う。自らに自信を持てない輩は、人を差別で引きずりおろすことで自尊心を保とうとするのである。)、差別を口実にして利権を引き出そうとするエセ同和なども存在しており、残念ながら部落差別の完全根絶まではいっていない。

 また差別は部落だけではない。同じ日本人同士でさえこのざまなのだから、国籍が変わったりするとこれがまた差別につながる。未だに「家柄がどうこう」となどと言う輩がいるが、あれなど差別意識そのものである。それに現在の世襲のバカボン政権は貴族社会を目指そうとしているから、家柄で差がつく差別社会を理想と考えている。現に「勝ち組、負け組」などいう言葉が新たな差別の芽として育っている。これが社会階層として完全に固定化されれば、小泉や安倍が夢見た身分社会の完成である。人間に浅ましい精神があり、それに支配される浅ましい人間がいる限り、どうしても差別の根絶は難しい。

 ちなみに西光が新聞記者に対して語った言葉については、障害者の団体も同じようなことを言っている。それだけ難しい問題だと言うことでもある。

 

4/9 その時、歴史が動いた「音楽の市民革命〜神童モーツァルトの苦悩〜」

 今回は毛色が変わってモーツァルト。モーツァルトが音楽を一部の特権貴族から市民に取り戻す過程を描いている。

 神童として貴族会でもてはやされたモーツァルトは、14才で初のオペラを書き上げるなど非凡な才を発揮する。彼はザルツブルグの領主に仕え、各地を演奏旅行したり、オペラの作曲を引き受けるなど大活躍する。しかしその後、彼が20才の時に新たに領主に就任した伯爵と対立する。伯爵は彼にオペラなどの大作は作らず、領内の協会の儀式用の短い音楽だけを作るように命じたのだった(早い話は、伯爵はモーツァルトを芸術家として見ずに、単に儀式用音楽の作曲職人としてしか見ていなかったわけである)。これに怒ったモーツァルトは伯爵とケンカ別れしてウィーンに出る。

 しかしここで彼は仕事の依頼が全く来ないという状況に直面する。当時の音楽界は貴族に牛耳られており、伯爵に通じる貴族は彼に仕事を与えなかった。つまりは「生意気な平民風情」が権力者から干されてしまったわけである。

 貴族社会の横暴に直面したモーツァルトだが、それでめげるような器ではない。彼は貴族社会を痛烈に批判した作品である「フィガロの結婚」に注目して、これをオペラとして上演しようと考える。しかし当時この作品は上演禁止とされていた。そこで彼は皇帝の信頼の厚い宮廷詩人を仲間に引き込み、脚本と音楽は極秘で完成、そして宮廷詩人の人脈を利用して皇帝に直接に上演許可を得ることにした。彼は「貴族批判のセリフはすべてカットした」としたと説明し、皇帝に音楽を披露、宮廷詩人を信頼していた上に、モーツァルトの音楽に魅せられた皇帝は、深く内容を吟味することなく上演を許可する。しかしモーツァルトは確かに直接的に貴族を批判したセリフはカットしていたが、内容自体に権力者に対する批判を潜ませていた。彼はこれを貴族達の前で披露したわけである(強烈な意趣返しである)。

 「フィガロの結婚」で貴族社会にけんかを売ったモーツァルトだが、時代の方が彼を追いかけてくる。やがてフランス革命が勃発、人間は平等だという思想がヨーロッパを席巻する。そんな中、モーツァルトは市民のためのオペラを企画する。それが貴族階級のためのイタリア語ではなく、市民のためのドイツ語で書かれたオペラ「魔笛」であった。この作品には人間は平等であるというメッセージが込められていた。モーツァルトは病をおしながらこの作品を精力的に書き上げる。そしてこの作品は大ヒットする。しかしモーツァルトは身体を壊して、この2ヶ月後にこの世を去る。

 今回の内容は、いわゆる「アマデウス」のヒットで一般に広がってしまった「モーツァルト=音楽的才能以外は単なるアホ」というイメージに対抗しているようである。確かにあの映画のモーツァルトの人格はあまりにデフォルメされてしまっているのは事実である。とは言うものの、彼が生活力的には欠けている部分が多々あったのも事実で、後先を考えずに行動する部分もあったので、「単なるアホ」は極端にしても、あまり計画的人生を送った人間でないのも確かである。

 なおモーツァルトは音楽が貴族から市民に移行する時の過渡期の作曲家としての苦悩があったが、この後のベートーベン以降は最初から市民を相手にした音楽家としての活動がメインとなっている。生活と自由な創作の狭間での苦悩とは、芸術家にはつきものであるが、モーツァルトも才能豊かであるが故にそれに翻弄されたということでもある。それに比べると、現代は生活に何の不安もない状態での「自称芸術家」がなんて多いことか(某知事の息子とか)。ちなみに「無職」ではあまりに世間体が悪い場合に名乗る職業で多いのが、作家(含フリーライター)やアーティストだったりする。何の資格もいらないので、名乗るは自由であるから。もっとも、世間がそう認めてくれるかは別問題だが。

 

3/12 その時、歴史が動いた「戦国北条百年王国の夢」

 今回の主人公は、戦国時代に関東で勢力を誇った北条氏について。北条氏は初代の早雲が戦国大名として勢力を確保してから、氏直が秀吉に降伏するまでの五代の間続いたのだが、北条氏は民を慈しむことを基本理念において統治を行っていたということを紹介らしい。

 まず早雲であるが、彼は応仁の乱で苦しむ民を目の当たりにして、自らは民を慈しむことを基本において、それによって民に対して過酷な統治を行っていた足利氏を追って伊豆・相模に独立勢力を確立したという話。実は早雲についてはこの番組で以前に扱っており、この序盤部分は事実上はその時のダイジェストである。

 次に登場するのは三代の氏康。武田や今川との戦に明け暮れることになり、民が疲弊していることに気づいた彼は、早雲の教えに立ち返って民を慈しむ政策を実行したという。年貢の支払いに行き詰まって逃亡した農民のために、それまでの年貢を免除する徳政を導入したり、目安箱を設置して公平な裁判を導入したという。また武田信玄・今川義元と三国同盟を結んで外交によって争いを解決できる道を選んだことによって、領国は安定したという。

 しかしその北条氏に暗雲が漂うのは、秀吉が全国統一を目指し始めた時。中央集権を進めて、民に過酷な重税を課す秀吉の政治は、北条氏の理念とは相容れないものだった。そこで氏直は徳川家康や伊達政宗と手を組むことで秀吉と対抗することを目指す。そして秀吉の小田原征伐。氏直は万全の体制で籠城して時間を稼ぎ、家康や政宗が呼応してくれれば天下の情勢はまだ分からないという策を打つ。しかしその家康が秀吉によって切り崩され、政宗も秀吉に降伏するに至って万策尽きる。氏直は自らが切腹することで他の者は助けるという条件で秀吉に降伏、こうして北条氏の百年王国は終わりを告げる。

 なんか今まで見たことのある話の総集編のような印象を受けた。なお北条氏は「小田原評定」という言葉で言われるように、秀吉の侵略の前に打つ手もなく無策に明け暮れたように言われるが、それはあくまで構成の権力側からの見方だろう。実際にはそれなりの手は打っていたというわけで、その方が実情には近かろう。もっとも、徳川や伊達という味方としては心許ない連中に頼らざるを得なくなっていた時点で(共に敵にしたらたちが悪いが、味方としては頼りない連中である)、情勢は絶望的に不利だったのであるが。

 

3/5 その時、歴史が動いた「北越の蒼龍"明治"に屈せず〜河井継之助 地方自治への闘い〜」

 異国船が現れるなど社会が騒然としてきた幕末。北越の小藩・長岡藩では、莫大な借金に財政が破綻寸前であった。その立て直しに活躍したのが河井継之助だった。最初は彼の意見は上層部によって妨げられていたのだが、彼の紳士に藩の将来を思う姿勢が藩主に認められ、藩主の後押しで改革を実行してからは、長岡藩の財政に目に見えて改善していった。

 しかし時代が彼の前に立ちふさがる。幕府に対して長州藩が闘いを挑み、幕府はその処理に手間取っていた。それを見た河井は、幕府にもはや諸藩を統率する力がなくなっていることを感じ、藩の武力の強化を行う。

 やがて大政奉還、そして新政府軍による幕府討伐が始まった。新政府軍は数手に分かれて最後まで抵抗を続けていた会津に迫っていった。その一軍が北陸沿いに武力で各藩を従えながら長岡に迫ってきた。河井はなんとか長岡を戦乱から救う方法を模索するが、抵抗すれば新政府軍に攻められ、降伏すると会津との戦乱に狩り出されるのは必至で、どちらになっても戦乱に巻き込まれるの確実であった。河井は新政府にも幕府にも荷担しないとして中立を宣言する。

 降伏を迫る新政府軍に対し、河井は自らが使者に立ち交渉を行う。また彼は、新政府に対して「諸藩を武力で従えるのではなく、諸藩がそれぞれ繁栄すれば日本全体が強くなる」という主旨の嘆願書を新政府軍の使節に差し出す。しかし新政府軍代表の土佐藩士の岩村精一郎(24才)は、河井を地方の家老と侮り、彼の話などに聞く耳も持たず、武力による制圧のみを告げる。河井はここに来て戦闘のやむなしを決意する。

 しかし戦闘は新政府軍にとって予期せぬものになった。長岡藩の兵力1300に対して新政府軍は5000、しかもまず奇襲をかけたのは新政府軍だった。長州藩最強の奇兵隊に対し、河井は自ら最新兵器のガトリング砲で立ち向かい、奇兵隊に対して痛手を加える。しかし三方から攻め寄せる新政府軍を支えきれず、長岡城は奪われる。だが河井はゲリラ戦で抵抗を続け、2ヶ月に渡って新政府軍を釘付けにする。この頃に書かれた河井の檄文によると、まだ新政府の体制が定まっていないから、抵抗を続けているとそのうちに新政府軍に反乱する藩などが出てくることを河井は期待していたことがうかがえるという。

 同様の懸念は新政府側も持っていた。新政府軍の参与であった木戸孝允は、もしこの北越戦争で敗北すれば新政府の瓦解にもつながりかねないとして、大規模な増援を送り込む。

 一方、その頃の長岡では、河井が自ら700を率いて長岡城に総攻撃を仕掛け、ついに長岡城を奪還してしまう。しかしこの時、河井が足に銃撃を受け、深手を負った河井は指揮を取れなくなってしまう。そこに新政府軍の援軍が到着、21藩1万2000にも及ぶ軍勢が長岡に迫る。そして抵抗空しく長岡城は最陥落、長岡の市街は灰燼と帰し、河井も会津に向かって落ち延びる途中で傷が悪化して亡くなる。

 この後、日本は中央集権国家として突っ走ることになる。それが果たして良いことだったか悪いことだったかは判断に苦しむところである。また河井に対しても、無益な抵抗で徒に犠牲者を増やしたとの批判もあるようだ。まあ確かに、河井の行動に対する評価は難しいところだろう。もっとも彼は武士の体面とかの狭い了見で新政府にたてついたわけではないのであるが。

 ちなみに明治維新は若い藩士が老人達を押しのけて台頭したまさに若手活躍の時代なのだが、それは裏を返せば「世間も知らないひよっ子が感情にまかせて突っ走る」という時代だったわけでもあり、あたら無駄に事を荒立ててしまった部分も多々ある。河井との交渉を頭から決裂させた岩村精一郎なんてのは、まさにその典型だったような。

 

2/27 その時、歴史が動いた「軍服を脱いだジャーナリスト〜水野広徳が残したメッセージ〜」

 日露戦争に日本が勝利し国中が沸く中で一冊の本が人気を博した。その本「此一戦」は日露戦争の戦いでの日本軍の活躍を描いたもので、執筆したのは海軍軍人として自身も戦争に参加した軍人の水野広徳であった。彼は軍隊を強化することこそが国を救うと考え、軍国主義の重要性を謳った。

 しかしその彼の考えを完全に覆す事件が起こる。第一次大戦が勃発、戦車に毒ガス、航空機が投入されたこの戦争は、それまでの戦争の様相を一変させた。大量殺戮が可能となったのである。最新の戦争の状況を視察するために軍事視察にヨーロッパに赴いた水野は、フランスの激戦地ベルダンを訪れる。

 そこで水野が目にしたのは、老若男女の別なく殺戮された大量の死体であった。破壊と殺戮を欲しいままにした戦場はこの世のものとも思えない惨状であった。国の膨張政策がぶつかり合った結果のこの事態に、水野は国家の有りように対する大きな疑問を抱くようになる。国家は国民を守るためのものではなかったのか、軍人としての自身の存在、それらに悩んだ水野は、戦争を防ぐには軍備の撤廃しかないという結論に至る。帰国した水野は大臣に「日本はいかにして戦争に勝つかより、いかに戦争を避けるかこそが重要だ」と当時の軍部の方針に真っ向から反する意見を述べ、自身も軍服を脱ぐ。

 水野はジャーナリストとして軍備縮小を世に訴えた。軍備の拡大で疲弊していた国民に水野の主張は受け入れられ、また第一次大戦で疲弊したヨーロッパでも軍備の縮小に向かい始め、軍縮会議が実施される。

 しかし世の中は不穏な方に向かい始める。軍部が統帥権を盾にして政府の軍縮方針に反発、暴走を始める。また言論に対するテロによる弾圧も始まる(今も昔も卑怯者がすることは同じである)。軍縮を進めた浜口雄幸総理が馬鹿右翼の凶弾に倒れるに至り、テロを恐れて政府も沈黙、完全に軍部はコントロールを失って暴走する。

 やがて満州事変が勃発、水野はこのままではアメリカとの戦争になり、日本は爆撃機の攻撃を受けて死屍累々野状態になると訴えるが(まさに後の東京大空襲を事前に完璧に予言していた)、彼のこの主張は民衆の目に触れる前に発禁処分となる。そして軍部による報道管制が強化され、報道機関は御用報道ばかりになる。講演会で自らの主張を訴える水野は卑怯者の右翼テロリストに命を狙われることになる。そしてついには彼は執筆禁止者リストに載せられ、発表の場を完全に奪われることになる。

 この後の日本はまさに水野の予想通りの死屍累々たる惨状を経て敗戦へと至ることになる。正常なジャーナリズムを失った国がどのような惨状を迎えるかを物語るエピソードである。

 戦争に賛成する奴は、自分は絶対に安全な場所にいられると確信している卑怯者か、戦争の現実を知らないか想像も出来ない馬鹿だけだと言うが、水野も実際の惨状を目の当たりにして考えが180度変わったという。現実に日露戦争ぐらいまでは一応は戦闘員同士の戦いが主であり、まだ軍国的ロマンチシズムを振りかざす余地があるが、第一次大戦以降の戦争は、非戦闘員の大量殺戮を競うだけのものであり、軍国的ロマンチシズムさえ出てくる余地がないのである。今日に至るとまさに「軍隊では国民を守れない」というのはハッキリしており(アメリカのイラク戦争の泥沼を見れば明らか。軍事力的には比較にならない差があるのに、イラクのテロによる反撃をアメリカは全く防げないでいる。)、軍拡に走るのはナンセンスだというのは明らかなのである。

 

2/20 その時、歴史が動いた「シリーズ秀吉の猛将2 豊臣家存続の秘策〜加藤清正 二条城会見〜」

 秀吉の配下で猛将として名を上げた加藤清正。彼は知略も兼ね備えた武将でもあった。肥後で豪族の反乱が起こった時、清正は慈悲で持ってあたれば収まると秀吉に進言、秀吉から肥後の半分を託され見事にこれを治めた。清正の秀吉に対する忠誠は厚く、清正の虎刈りの伝説は、彼が朝鮮出兵時に秀吉に薬としての虎を献上していたことによるという。

 しかし秀吉がこの世を去る。清正は秀頼を命がけで守ることを誓う。秀吉亡き後、家康と三成との対立が激化した時、清正は有力者にもかかわらず秀頼に家臣の礼をとり続ける家康こそ、秀頼を盛り立ててくれる人物と見込んで関ヶ原の戦いでは東軍について九州で闘う。

 しかし関ヶ原の合戦で勝利をおさめた後、ようやく家康がその本心を現し始めた。家康は豊臣家に多くの普請をさせたり、無断で領地を他の大名に分け与えたりしてその財力を削ぎにかかる。これを見た清正は豊臣家の将来に暗雲が漂ってきたことを感じる。他の武将が家康に気を使って、秀頼のご機嫌伺いに現れることさえなくなった時にも、清正は敢然として秀頼の元に通い続ける。また彼は熊本城に秀頼を匿うための部屋を設け、いざとなれば秀頼を守って熊本に籠もって一戦するつもりでいた。

 そして家康がついに秀頼に害を及ぼす意志を示す。10万の兵を率いて上洛した家康が、秀頼に二条城に来るように求めたのだった。清正はもはや秀頼が家康配下の一大名となってでも存続を図るしかないと考え、反対する淀君を説得して秀頼と共に二条城に向かう。

 清正は家康を刺激しないようにわずかな供回りだけを従えて二条城に向かった。秀頼につきそう清正は、もしもの際には家康と差し違える覚悟で懐に短刀をしのばせていた。そして秀頼と共に下座で家康を待った。上座についた家康は秀頼に共に上座につくように招く。しかしこれを受けては秀頼に臣従の意志がないと見られてつけまれると見た清正は秀頼にそれを拒否させる。こうして家康と秀頼の二条城での会見は終了し、清正はなんとか秀頼を守り抜くことに成功する。しかしその後、清正は熊本への帰国途上の船上で倒れ、この世を去る。大坂の陣で豊臣家が滅ぶのはその3年後である。清正亡き後も加藤家を警戒していた家康は、大坂の陣の際に熊本城に家臣を派遣して監視させていたという。

 豊臣家にとって痛かったのは、家康に対抗できる力を持つ唯一の大名であった前田利家が亡くなったことと、この加藤清正が亡くなったことだと言われている。実際、知勇兼備の加藤清正が亡くなった後、武辺者の福島正則だけでは豊臣家を支えられなかったのは当然と言えば当然であるわけである。

 もっともその知勇兼備の清正も、関ヶ原では家康にまんまとだまされているわけだから、家康のタヌキ度は相当のものであったということでもあるのだが。 

 

2/13 その時、歴史が動いた「シリーズ秀吉の猛将1 戦国の風雲児 法の世に散る〜福島正則 広島改易事件〜」

 秀吉の家臣で、その武人としての働きで出世した福島正則。しかし彼は時代の変化に飲み込まれてしまうことになる。

 豊臣家に対する忠誠度が高く、秀頼を守り抜くことこそが自らの使命と考えていた福島正則、しかし彼を中心とする武闘派が石田三成を中心とする官僚派と対立したことが家康につけ込まれる元になる。家康が上杉討伐に出た間に三成が挙兵した際、家康こそが秀頼を守ってくれる人物と信じていた正則は、自ら率先して家康支持を表明、それが豊臣系大名の趨勢を決し、結果として関ヶ原の戦いは家康川の勝利に終わる。

 しかし関ヶ原の合戦で勝利をおさめた後の家康は、徐々にその正体を現し始める。正則など豊臣恩顧の大名は、家康から多数の普請を命じられてその国力を衰退させられる。この期に及んで家康の意図に感づいた正則であるが、時は既に遅くもう抵抗するすべはなかった。

 こうなった以上、正則は豊臣家が家康に屈する形になっても仕方がないから、何とか豊臣家が存続できる道を模索するようになる。そして家康が10万の兵を率いて京に上り、秀頼に二条城に来るよう求めた際、秀頼が殺されると反発する淀君を必死で説得、秀頼を二条城に送ると共に、盟友の加藤清正と協力して必死で秀頼を守り抜く。

 しかしその後、彼が頼みとしていた盟友・加藤清正が病死、正則一人では家康とは対抗しようがなかった。そして家康はついに豊臣家に鐘の銘文の件で因縁をつけて合戦に及ぶ。正則は自らが使者として秀頼を説得すると願い出るが、元より豊臣家を滅ぼすことしか考えていなかった家康には一顧だにされなかった。こうして正則の願いも空しく豊臣家は滅亡。失意の正則は、家康家臣の一大名として存続する道を選ぶ。

 だがそれさえも彼には許されなかった。家康が亡くなり、後を継いだ秀忠は自らに全く軍功も何もないことにコンプレックスがあった。そのような彼は大大名を改易することで自らの権威を示そうと考えていた(実力のない二代目馬鹿ボンほど、無意味に権威を振りかざそうとするという典型)。その時に標的にされたのが外様大名の正則だった。

 広島城が豪雨被害で石垣が崩れる事故が発生、正則はすぐに復旧工事を命じたのだが、これが城の修繕は幕府に届け出が必要だと定めた武家諸法度に反する行為だと幕府に糾弾されたのだった。工事した分を元通りに戻す(つまりは破壊する)よう命じられた正則は、幕府に対して反逆する意志がないことを示そうと、指示された部分とは別の部分をより大規模に破壊する。

 しかしこれは幕府側にとっては格好の口実となる。正則が幕府の指示に従わなかったと正則は領地没収を命じられたのである。こうなっては幕府と一戦交えると家臣4000人は城に立てこもり、正則の指示を待つ。正則は決断を迷うが、結局は幕府の指示に従って粛々と領土を明け渡す。

 正則の話を見ていると、典型的な体育会系脳天気男の悲劇のように思える。正則のような単純な男は、家康のような古狸にかかるとひとたまりもなかろう。見事に餌食にされてしまったわけである。もっとも最後の改易を粛々と受け入れたのは、正則自身は豊臣家が滅んだ時点で既に半分死んでいたとも言えるのだろう。まああそこで一戦を構えても、武士の面目は立つかも知れないが、無駄に家臣領民の犠牲を増やすだけなので、統治者としては妥当な選択でもあるのであるが。

 なお次回は加藤清正とのこと。清正は正則よりは知恵者だったようで、家康の意図を見抜いて密かに秀頼を逃がすための算段を図っていたとの記録が残っている。ただ彼の場合、行動を起こす前に本人が亡くなってしまうのであるが。

 

2/6 その時、歴史が動いた「シリーズ江戸時代の危機2 天明の大飢饉 江戸を脅かす〜鬼平・長谷川平蔵の無宿人対策〜」

 鬼平犯科帳の主人公で、火付盗賊改として悪を厳しく取り締まったイメージのある長谷川平蔵であるが、彼は犯罪者の更生にも貢献した人物であるという。その長谷川平蔵が主人公なのが今回。

 1787年、天明の飢饉による米価高騰に苦しむ人々が、江戸中の米屋を襲う天明の打ち壊しが広がっていた。町奉行が歯が立たないこの暴動の鎮圧に活躍したのが長谷川平蔵であった。しかし暴動が鎮圧された後も治安が定まらず、これを取り締まるための火付盗賊改のトップに起用されたのが長谷川平蔵だった。彼は強盗などの重要犯罪者を取り締まったことが記録に残っているが、一方で衣類泥棒やスリなどの犯罪も多く取り締まっており、それらの犯罪は無宿人によってなされていた。

 無宿人の多くは天明の飢饉によって食べられなくなった農民が江戸に流れて来たものだったという。職もなく生きていけなくなった彼らは、犯罪に走ることになったのだという。無職人対策は幕府でも重要問題となり、無宿人を重労働に課して見せしめにしたが無宿人が減ることはなく、老中の松平定信は彼らを故郷に送り返す人返しの政策をとったが、治安の悪化を恐れる大名達に反対され頓挫する。定信は新たな対策のための人材を求めるが、誰も応じる者はいなかった。そんな中、自ら名乗り出たのが長谷川平蔵だった。彼は無宿人の多くが生きるためにやむなく犯罪に走る現状をよく知っており、彼らに職業訓練を施し自活能力を与えることで更生できると考えたのである。

 平蔵は隅田川河口の島に人足寄場を建設し、そこで無宿人達に大工や鍛冶、おけ作りなどの技術を身に付ける訓練が行われた。また寄場で作られた製品は江戸で販売され、特に紙すき訓練で作られた再生紙は飛ぶように売れたという。その利益の2割を平蔵は材料代や道具代として差し引き、8割を人足達に分け与え。出所後の生活の元手として貯金させたという。また一方で、彼は各地に部下を送り、人足達の出所後の就職先の開拓も行った。

 しかし人足達の中には、既に労働意欲を完全に失っている者もいたという。そこで彼は道徳の実践を説く心学の学者を招き、勤労や禁欲の重要さを教える徳育に力を入れたという。これによって多くの人足が次第に更生への道を歩んでいった。そうして1790年、第一号の出所者が社会復帰していった。この後も順調に出所者は増え、江戸の治安改善に大きく貢献したという。

 江戸自体に既に今日の刑務所の基本が見事に完成していたことに驚く次第。長谷川平蔵は実はかなり先進的な民主主義者であったようである。実際、当時のように貧困のために犯罪に走ったというような犯罪者の場合、この手の施設は更生に対して大きな効果を上げることが出来たであろう。彼がこのような先進的な施策をとれたのは、彼の本質が慈悲に満ちていたというようなことよりも、やはり日常的に貧困者の実態に触れて現実を知っていたということが大きいだろう。金持ちの世界しか知らないボンボンだとこのような現実的な政策は取れず、貧乏であること自体を犯罪のようにとらえて安直に切り捨て策のみを取ってしまうというのが実際である(前総理や前々総理がまさにその端的な代表例である)。

 ただ今日のように、「人を殺してみたいと思ったから殺した」というような馬鹿や、性犯罪者のような趣味の犯罪者が増加している今日では、この方法での更生は難しいというのが難点である。説くに人間の根本が完全に壊れてしまっている馬鹿の場合、通常の意味での更生はほぼ不可能というのが現実だったりするところが厳しいところ。現代においても徳育重視を訴える政治家などもいるが、問題はその中身が愛国心などという役にも立たないくだらないものばかりであるということ(自分たちには都合がよいのだろうが)。滅私奉公、忠君愛国なんかを強調しても犯罪者が更生できるどころか、また新たな犯罪者を生み出すのがオチ。公の精神を教えるなら、国などという小さな枠を課さないことが重要である。全く難しい時代になったものである。

 

1/30 その時、歴史が動いた「シリーズ江戸時代の危機1 富士山大噴火〜幕府・腹腔への闘い〜」

 今回からシリーズで、江戸時代の危機に対して当時の政権がどう対応したかを特集するそうな。今回は天変地異への対応。宝永の富士山の大噴火である。

 江戸時代中期の1707年11月23日、富士山が大噴火を起こす。麓には火山弾や火山灰が降り注ぎ、壊滅的な被害を受ける。しかも被害はそれにとどまらなかった。小田原の酒匂川の川底が火山灰で上昇、堤防が切れて流域の村々が押し流されて壊滅してしまったのだった。しかし小田原藩には民衆を援助する力はなく、幕府に領地の半分を差し出すという前代未聞の挙に及ぶ。幕府はそれを認め、国の主導で復興が進められることになった。幕府は全国の諸般から資金を集め、堤防の修復作業を行う。

 しかしこの時に工事を受注したのは江戸の大商人で、彼らは修復費の大半を遊興費や接待費に充て、堤防は粗悪な木材を使用した手抜き工事を行う。そしてこの手抜き工事の堤防は案の定、すぐに決壊し、残っていた家々までも押し流される。こうして農民に見捨てられた亡所と呼ばれる廃村が増加することになる。

 だが吉宗が8代将軍に即位した頃から状況は変わる。彼は幕府の地方行政を痛烈に批判した田中休愚に目を付け、彼を小田原藩の復興事業に取り立てる。休愚はまず談合を廃し、公平な入札を行う。その結果、地元の事情に詳しい業者が今までよりも安い費用で工事を受け持つことになった。彼は川の流れを元に戻すと共に、弁慶枠と呼ばれる木枠を川の流れに接地し、川の流れを弱める。これで洪水は防げると思われた。しかし今度は下流に大量の火山灰が蓄積し、豪雨で下流の堤防が決壊してしまった。そこで休愚は下流の堤防工事も行うことになる。

 こうして堤防は完備されたが、今度はその維持管理の負担について住民達の間で対立が深まる。休愚はこれを仲裁して負担が公平になるように配慮すると共に、吉宗から与えられた資金によって祭りを開催、住民の間のわだかまりを解いていく。

 吉宗は休愚の実績を認め、彼を大寒に取り立てる。しかしその直後、彼は病に倒れてこの世を去る。休愚の事業は娘婿の蓑笠之助に引き継がれることとなった。彼は火山灰で覆われた小田原で栽培できる作物として、サツマイモを農民達に紹介する。サツマイモは当時、青木昆陽によって関東に普及し始めたばかりの作物だった。こうして村々は復興に向かう。

 しかしその矢先、再び酒匂川が反乱、休愚が築いた堤防も決壊してしまう。笠之助は本格的な堤防の建設が必要と幕府に申し出、吉宗も翌日に工事の許可と資金を保証するという異例の早さの対応をする。笠之助は城の石垣に使用された石積みの技術を堤防に応用、強固な堤防を建設する。住民もこぞって工事に協力、堤防完成後は酒匂川の反乱は目に見えて減少する。それと共に住民も村に戻って来、幕府も小田原藩に土地を徐々に返還していく。こうして復興はなされたのだった。

 うーん、やっぱり吉宗という人物は指導者としてはなかなか優秀だったと言うことか。それにしても江戸時代でさえ災害復興に国が主導的に取り組んでいるというのに、今の政府は「自助努力」の名の下に被災者を切り捨てたのだから、どっちの時代の方が進んでいるんやら・・・。工事の入札を行ったら、奉行と癒着している大手商人ばかりが受注して、彼らは工事は手抜きして費用の一部を接待(つまりは政治家へのキックバック)に回していたと言うのは、これまた現代と全く変わらない図式。だから今でも、このような不正の財源のためのガソリンの暫定税率を死守しようと自公が悪巧みしているのだが。

 

1/23 その時、歴史が動いた「都会の地下に夢をもとめて〜地下鉄の父・早川徳治〜」

 今回の主人公は日本で初めて地下鉄を建設した早川徳治。彼は元々は政治家を目指して後藤新平の書生となっていたが、後藤が鉄道院総裁の任にあったことから、彼は今後の国家にとって鉄道が重要だと考え、いきなり新橋駅での切符切りから始めたという。彼の現場主義はこの頃から徹底していた。

 1914年、早川はイギリスに自費で留学し、現地の地下鉄などを調査する。そしてグラスゴーの地下鉄が乗車人数を制限して、ゆとりを重視しているのを見てショックを受ける。当時の東京は路面電車がすし詰めで走っている状況で、ゆとりなどとても考えられなかったからだとのこと。

 帰国した彼は、早速地下鉄の構想実現のために動き始める。しかし東京で地下鉄を建設するという話は当時の人々にはあまりに突飛すぎ、彼は山師扱いされたという。しかし彼は諦めず、独自に交通量調査を実施したり、地質のデータを入手したりして地下鉄建設のための出資を募って回った。ようやく彼の努力が実り、大物実業家の出資が決まり、1919年に地下鉄建設の許可が下りる。ただしこの時の許可状には「東京市が買収する時にはこれを拒めない」との記述があったという。東京市自身も、地下鉄が事業として成り立つならそれを取り込む思惑があったのだという。

 工事は難航を極めたが、早川はくじけそうになる現場の技師達を鼓舞しながら工事を続け、ついに1927年に上野−浅草間の地下鉄が開通する。この地下鉄は当初は評判を呼ぶが、やがては乗客数が低迷し始める。そこで彼は路線延長の勝負に出る。この時に建設資金を捻出するため、百貨店の前に駅を作って建設費を百貨店に出資してもらうという方法をとる。こうして路線は新橋まで延びる。都心の百貨店と直結する地下鉄は新たなの人の流れを生み出し、東京の新しいモードを発信することになる。

 しかし早川も予想していなかった事態が発生する。地下鉄が事業として旨味があると感じた事業者が、続々と路線を建設し始めたのだった。また次々と鉄道会社を手に入れていた五島慶太が新橋に路線を延ばし、早川に直通運転を申し入れてくるが、早川は地下鉄に対する考え方の違いからそれを拒否する。早川は地下鉄にゆとりを望んで、施設面に先行投資をしていたが、五島はあくまで合理主義的にコストを切りつめるタイプで、思想として水と油だったらしい。

 両者の争いは続いたが、そこに思わぬ介入が発生する。鉄道省が地下鉄を国家の管理下に置く姿勢を打ち出したのだった。そして早川と五島の対立を格好の口実にする。そして早川は鉄道省から辞任を迫られることになり、結局は1941年に鉄道事業の一切から手を引かされる。この時に地下鉄はすべて営団に譲渡されることになったのだという。ちなみに早川はその翌年に病死している。

 えげつなと感じる結果だが、当時は国が戦争絡みもあって鉄道を国家の元に集約していた時期で(地下鉄だけでなく、路線鉄道がすべて国鉄に統合されていた)、その流れに早川も巻き込まれたということ。その後、地下鉄は公的機関によって運営されることになったが、残念ながら現在の東京地下鉄を見れば分かるように、早川が目指した「ゆとり」とは対局の姿になっている。

 先週に予告を聞いた時には、今回はプロジェクトXになるんだろうかと思っていたが、予想に反してプロジェクト×(バツ)だった。実際、あの番組に登場した人たちも、必ずしも全員が報われた人ばかりではないんだが。

 

12/19 その時、歴史が動いた「対馬藩・決死の国書すり替え〜朝鮮通信使秘話〜」

 日本と朝鮮半島の中間に位置する対馬は、昔から日本と朝鮮半島の貿易の中継地となっていた。山がちでろくに耕作地もない対馬ではそれが生命線でもある。

 戦国時代、この対馬の当主は宗義智であった。しかし豊臣秀吉の勢力が拡大したことが対馬にとっての災厄をもたらす。秀吉に臣従することになった宗氏だが、秀吉は朝鮮侵略の意志を示し、宗義智に先鋒を務めるように命ずる。日本と朝鮮が交戦状態になると対馬にとっては死活問題である。義智はなんとか秀吉をなだめようと、朝鮮国王に願い出て通信使を派遣するように願い出るが、その使者を秀吉は朝鮮からの降伏の使者だと思い、明国を攻める時に朝鮮にも兵を送るように命じる。

 明を宗主国にしていた朝鮮が飲めるはずのない条件だった。こうして朝鮮との関係は決裂、秀吉は朝鮮に軍を派遣、義智も小西行長と共に前線に送られる。当初は破竹の進撃をする日本軍だが、明が援軍として参戦する頃から敗勢に陥る。勝ち目のないことを感じた義智は、明に偽造の秀吉の降伏文書を送って講和に持ち込む。明は日本に使者を送り、秀吉はこれを降伏の使者だと思いこむが、やがて使者の真の意図が判明、烈火のごとく怒った秀吉によって二回目の軍の派遣が行われる。多くの犠牲者を出した戦いだが、またも日本軍は劣勢に陥る。やがて秀吉が死去、日本軍は撤退となり義智は帰国するが、眼にしたのは荒れ果てた対馬の姿だった。

 対馬再興のために早急に朝鮮との国交再開の必要性を感じる義智だが、秀吉と代わって権力を掌握した家康は、自分は朝鮮出兵へは無関係の態度を示しており、朝鮮側が求める謝罪文書を送る可能性はなかった。そこで義智は再び国書を偽造する。それに対して朝鮮が返礼の使者を送ってくる。しかし使節が持参した国書の内容を知った義智は慌てる。朝鮮側の国書は、先の謝罪文書に対する返答の形になっていた。そこで義智は朝鮮国王の国書も偽造、使者が将軍と会見するまさにその日にようやくすり替えに成功する。

 こうして日本と朝鮮の国交回復はなり、その後、朝鮮からは11回の通信使が送られることになる。

 中継貿易で成り立っていた対馬の宗氏は、昔から日朝の窓口のような役を果たしていたが、その頃から国書の偽造は日常茶飯だったようです。つまりは双方の面目が立つように取りはからって、国交がうまく続くように細工していたということ。したたかでもあるが、貿易に頼らざるを得ない小国の悲哀をも秘めているわけである。朝鮮半島や大陸と緊張関係になった場合、一番災厄を蒙るのは常に対馬であり、実際に元寇の時には日本本土に先立って対馬が攻められ、多くの犠牲者を出している。そのような地であれば、国際関係に敏感になるのはある意味当然。これは日本の本土の人間よりも、多くのアメリカ基地を抱える沖縄の者の方が戦争につながる動きに敏感なのと同じである。

 

12/12 その時、歴史が動いた「天下に旗をあげよ〜伊達政宗・ヨーロッパに賭けた夢〜」

 遅れてきた戦国大名などとも言われる伊達政宗だが、彼が東北で覇を唱え始めた頃には、不幸にも秀吉の力が強大化していた。秀吉に対抗することがかなわず臣従する政宗だが、その結果として国替えで領地を失うことになる。

 しかしその異封先でも彼は金山や鉄の開発で国力を着実に上げていった。なおその影にはキリシタン勢力の存在もあったという。彼はキリシタン達の技術力を使って、鉄の生産力などを上げていたのだという。

 徳川幕府の時代になっても政宗は天下取りへの野望を棄てていなかった。そんな政宗を警戒して、幕府は何度も江戸城の普請を課すなどで経済力の疲弊を狙う。これに対して政宗はスペインと国交を開いて貿易することで利益を上げることを考えて使節を送る。さらには国内のキリシタン勢力と手を結んで幕府を倒すことも考えていたという。彼がその使節に選んだのが、古くからの家臣である支倉常長だった。

 スペインに到着した支倉常長だが、スペイン国王との交渉は不調に終わる。既にスペインには幕府がキリシタンを弾圧していることが伝わっていたのだという。支倉はさらにローマ法王による調停を狙って法王と会見するが、やはりこれも不調に終わる。

 一方、その頃政宗にも危機が迫っていた。家康が倒れ、幕府内で政宗が謀反を目論んでいるとの噂が持ち上がっていた。政宗は動きをとれず支倉らの帰りを待つしかなかった。1620年、支倉ら使節団一行が帰国する。しかしその報告は政宗を落胆させるものだった。ここで政宗は天下取りを諦め、領内においてもキリスト教禁止に踏み切る。幕府への恭順の姿勢を示したのだった。

 政宗が一発大逆転を狙って失敗したと言う話。まあスペインと手を結んで幕府をひっくり返したとしても、その後の日本画どうなったかは怪しいものですから(スペインの植民地にされる可能性もある)、これは良かったのか悪かったのかは分かりません。政宗は最後まで天下を狙ってあの手この手を打っていたようですが、結局はすべて空振りに終わったようです。よく言われるように、彼は産まれてくるのが10年以上遅すぎたんですね。

 

11/28 その時、歴史が動いた「緒方洪庵・天然痘との闘い」

 幕末の日本。その頃、猛威を振るっていた病気が天然痘だった。当時の日本では天然痘の効果的治療法はなく、また死亡率も高かった。この天然痘に立ち向かったのが医師としても教育者としても有名な緒方洪庵である。

 緒方洪庵は自身が子供の頃に天然痘を患ったせいで、病弱になって武士としては不適で医師を選んだということがあり、天然痘に治療に対する意志が強かったという。

 蘭学を学んでいた洪庵は、天然痘の予防法である牛痘法を既に書物で知っていた。しかし肝心の牛痘ワクチンが日本にないために、それを施すことが出来なかった。そのため、頼まれて危険な人痘法を施した結果、患者が発病して死亡してしまったという苦い経験もあるという。

 そんな洪庵に転機が訪れたのは1849年、天然痘に対処するために佐賀の大名が牛痘ワクチンを入手したのである。洪庵は京に行くと、そのワクチンを分けてもらう(分苗)。なおこの頃のワクチンの分け方は、子供の腕で培養してそこからかさぶたなどを取って別の人に植えるという方法らしい。牛痘ワクチンを入手した洪庵は除痘庵という施設を開設し、そこで天然痘予防のための活動を同志と始める。

 しかしこの活動が軌道に乗らない。当時の人々は「牛痘を接種すると牛になる」などという迷信に支配され、除痘庵に近づかなかったのだという。ワクチンが保存できるのは一週間ほどで、その間に次の患者に植えていく必要があるのだから、患者が来ないことはワクチンがなくなってしまうことを意味する。洪庵はやむなく貧乏人に米などを与えて、その代わりにワクチンを打たせてもらうということまで行うが、そのことは除洪庵の資金繰りを急激に悪化させることにもつながり、彼の元から多くの同志が離れていってしまう。

 危機に瀕した洪庵だが、時代の方が動き始める。ペリーの来航による鎖国の崩壊などで、世の中の価値観が変化し始めたのである。洪庵は除痘庵を公の組織として認めてもらえるように幕府に働きかけると共に、地方の医師にワクチンを分苗する活動を続け、牛痘法の普及に努める。

 そのような努力の甲斐あって、ようやく牛痘法が世間に認められ始める。すると今度は別の問題が発生する。牛痘法が評判になったことから、怪しげな医師が牛痘法を装ってインチキな薬品を接種する例が増加してくるのである。このままではせっかくの牛痘法に対する信頼までが崩れかねない。洪庵はこのようなインチキを防止するためには、除痘庵を公の組織として認めてもらうことによる権威付けが必要だと考え、さらに幕府に働きかける。

 そして1858年、ついに除痘庵は幕府公認の施設となり、牛痘法の推奨を始めるのである。

 緒方洪庵と言えば適塾が有名で、ここで学んだ生徒の多くが明治維新で活躍することになるのだが、当の洪庵自身は倒幕などの意志は全くなく、あくまで医師としての活動がメインであったわけである。

 なお「牛痘を接種すると牛になる」なんて馬鹿な迷信に惑わされた当時の人々を笑うのは簡単だが、現代人だって実はあまり偉そうなことを言えたものではない。今でも「マイナスイオンは身体に良い」とかのあからさまなインチキに踊らされている輩は多いわけだから・・・。

 

11/21 その時、歴史が動いた「継体天皇ヤマトを救う」

 今年は継体天皇即位1500年だそうで、その関連でのテーマの模様。

 さて、時は6世紀。ヤマト政権では求心力が衰えて戦乱が続いていた。506年、跡継ぎのいない武烈天皇が崩御したことで後継問題で大和朝廷は混乱する。政治の実権を握っていた大伴金村と物部麁鹿火(もののべのあらかひ)が協議し、後継の天皇として白羽の矢を立てたのが、越前を治めていた男大迹王(をほどおう)だった。越前の国を治める彼は朝鮮ともパイプがあった上に、鉄の産地であった近江地方へも影響力があったことが決め手になったとのこと。

 しかし男大迹王は慎重だった。豪族の中に自分の天皇即位に反対する者がいるとして即位の辞退を告げてきた。そこで慌てた大伴金村と物部麁鹿火が中心となって豪族達の意見をとりまとめる。そのような状況を調べていた男大迹王は、それを見て天皇即位を決定する(つまりはなかなかの策士なのである)。

 天皇に即位した男大迹王は継体天皇となる。しかし彼はヤマトに入らず淀川流域を転々としていたという。これは彼が百済との結びつきを重視しており、水路で朝鮮半島とつながっていた淀川流域を重視していた現れだとのこと。また彼は国造りのための政治制度を先進国である朝鮮半島から仕入れることで国内の基盤を強化する。

 しかし朝鮮半島に異変が発生する。百済にとってライバル国である新羅が加耶に進出、百済にも脅威が迫ってきたのである。これを聞いた継体天皇は百済に援軍を送ることにする。だがこの軍勢が北九州で妨害される。この地域を治めていた豪族の磐井が周辺の豪族を率いて反乱したのだった。そして彼らの背後には新羅の存在があった。

 この戦いは継体天皇にとってまさにヤマト政権の命運をかけた戦いとなる。しかしなんとか勝利を収め、継体天皇は国内の基盤の強化に成功する。

 と言う話なのだが、何しろこの辺りの古代史は史実と伝説が入り交じっている時代なので、諸説紛々であるような気もしないではない。それに教科書などでは「磐井の反乱」という言い方をされるが、そもそもこの時代の九州豪族がヤマト政権に従っていたかも怪しく。現実はヤマト政権対九州政権の国際戦争に近かったような気がする。もしかしたら、継体天皇の援軍派遣なるもの自体が、そもそもそれに名を借りた九州遠征だった可能性もあるのではないかという気もしないでもない。

 なお九州については邪馬台国九州説なども含めて、まだまだ古代史で謎の部分も多く、今後のさらなる研究も待たれるところ。実際私自身も、ヤマト政権と九州と出雲のそれぞれの関わりがどうもよく分からない。そもそもはいずれも独立した政権だったように思われるのだが(邪馬台国が九州から大和に移ったという説もあるようだが)。

 

10/17 その時、歴史が動いた「義に死すとも不義に生きず〜会津戦争 松平容保 悲運の決断〜」

 幕末、京ではテロが頻発して治安が悪化していた。そんな時に京都守護職に任命されたのが松平容保である。藩士には経済的負担の大きさを懸念する声もあったが、彼は徳川家のために尽くすのが使命と京に赴任、治安の回復に努める。また禁門の変での長州軍の撃退などに活躍、その甲斐あって京の治安は沈静化し、容保は孝明天皇からの信任も厚くなる。

 しかし比較的徳川家に理解のあった孝明天皇が没して情勢は変化する。薩摩は朝廷を抱き込んで新政府を樹立、容保は徳川慶喜と共に鳥羽伏見で薩長と戦うことになる。兵力的には優勢だった幕府軍だが、薩長側が錦の御旗を掲げたことで幕府側が動揺、総崩れとなってしまう。徹底抗戦を主張した容保を押さえて、慶喜は江戸へと撤退してしまう。

 その後、新政府軍は江戸へ迫り慶喜は恭順の意を示す。しかし容保は逆賊としての汚名を着せられる羽目になる。彼は朝廷ばかりか、徳川に対しても逆賊扱いされることになる。この事態を受け、容保の会津は藩の名誉をかけて戦うことになる。この時に新政府の使者に対して会津の藩士が述べた言葉が「たとえ義をもって倒れようとも、不義をもって生きず」だという。会津は評価は後世に託すと戦いの道を選ぶことになる。

 しかしそれは壮絶なものになる。会津に同情して東北の多くの藩が協力するが、新兵器を誇る新政府軍の前に敗北、会津は包囲されることになる。会津藩は籠城するが、その時に足手まといになることを避けて多くの女性や老人は自害したという。また白虎隊の悲劇があったのもこの時である。そして食糧の備蓄も乏しい中、会津藩士は徹底抗戦をするが、ついに容保の「これ以上藩士や家族に塗炭の苦しみを与えるのに忍びない」という意志により、降伏することになる。

 新政府側は何が何でも会津藩を武力で潰すつもりだったので、こうなることは避けられなかったように思われる。それは会津が旧幕府勢力の中では一番の軍事力を持っていたことと、容保が京都守護職の時の取り締まりなどで長州藩からかなり恨みを買っていたことなども大きいだろう。

 この後、会津藩士は多くが蝦夷地に流れることとなって、これが薩摩と会津の遺恨につながっていくわけである。悲しい歴史だ。容保は筋を通したわけだが、それが結果として良いか悪いかなんて、後世でも判断のしようがない。ただ個人的見解としては、負けるのが分かっている戦争をするのは、単なるナルシシズムにしか思えないのだが。

 

10/10 その時、歴史が動いた「賤ヶ岳に散った夢〜猛将・柴田勝家の悲劇〜」

 本能寺で信長が明智光秀に討たれた後、信長家臣団の有力者であった秀吉と勝家が対立することとなる。そしてこの両者が雌雄を決することとなったのが賤ヶ岳の闘いである。今回はその柴田勝家が主人公。

 信長亡き後、勝家は家老の合議制で織田家を運営することを考えていた。これに対して、秀吉は信長の後継者にたった3才の三法師を後継者に推し、自分がその後見として織田家を差配する野心をむき出しにする。

 結局、この両者の溝は埋まるはずもなく、ついには正面衝突することになる。まず先手をとったのは秀吉。勝家が越前北の庄で雪に閉ざされて動けないうちに、長浜城や岐阜城を落とす。これに対し勝家は、2月末頃、ついに大軍3万を仕立て、まだ雪の残る北国街道を南下する。

 これに対する秀吉の柵は、土塁を築いた上での持久戦だった。これに対して勝家は短期戦を目指していたが、秀吉の堅固な土塁を抜けずにいた。しかし勝家にも勝算がないわけではなかった。勝家は岐阜の織田信孝、伊勢の滝川一益、さらには長宗我部や毛利にまで働きかけ、反秀吉包囲網を形成しようとしていた。

 そしてこれが功を奏する。滝川一益と織田信孝が動いたことで、秀吉が軍勢の一部を割いてそちらに当たらざるを得なくなるのである。この時に勝家側の佐久間盛政は秀吉側の砦の奇襲を進言、勝家もそれを認める。佐久間盛政は夜明けと共に奇襲をかけ、秀吉側の砦を二つ落とし、勝家に総攻撃を進言する書状を送る。

 しかし勝家は盛政に撤退を支持する。秀吉の軍勢の移動の素早さを警戒したのだった。現に、勝利したとはいえ盛政の軍勢は敵中に孤立しているに等しかった。そして勝家の懸念が的中する。秀吉が直ちに軍を引き返してきたのだった。盛政は撤退をしつつ秀吉の軍勢に当たることになる。鍵を握るのは盛政の背後を守る形の前田利家軍。しかし前田利家は秀吉有利とみて無断で戦線を離脱してしまう。こうして盛政軍は敗退、柴田軍は全軍敗走となってしまう。

 こうして秀吉の天下が定まることとなる。北の庄に敗走した勝家は、秀吉軍に包囲され自刃して果てる。

 内容的には以上のようなところ、特別に新しいことも珍しいことも何もない。最近になって発見された勝家側の資料が追加されたぐらいのもの。観点としては、勝家は無骨一辺倒の人間ではなく、器量としても秀吉に劣るものではなかったという観点。それはその通りだろう。ただ事前の根回しその他で、秀吉の方が一枚上手だったのは間違いない。

 それと柴田勝家にとっての不幸は、信長の息子達が揃いも揃ってボンクラだったということ。彼らがもう少し器量があれば、勝家もそれを盛り立てて秀吉に対抗するすべもあったのだが・・・・。

 

10/3 歴史ドキュメント01「グルメ誕生〜北大路魯山人と器〜」

 今回は特番。本来は1ヶ月以上前に放送される予定だったのだが、安倍内閣のドタバタで番組が吹っ飛んでしまったといういきさつがあり、ようやく今回放送にこぎつけたようである。テーマは魯山人。

 後の魯山人こと房次郎は養子先を転々とする不幸な少年時代を送っていた。しかし4軒目の養子先で彼に転機が訪れる。彼は自分の味覚の鋭さに気づき、料理で養父を喜ばせられることが分かったのである。これが彼と料理の出会いだった。

 20才で東京に出た彼は書道家の岡本可亭の元に身を寄せる。彼はその料理の腕を活かし、まかない料理で可亭の心をつかんだのだという。彼は2年の修行で書家として名を上げ、食うには困らない程度に稼げるようになった。この頃から食道楽を極めたいと思った彼は全国を回っていろいろな料理に触れるようになる。

 彼は北陸の金沢で風流人として知られる細野燕臺と知り合い、細野が設けた一席で優れた器に盛られた料理は、同じ味付けでもさらに美味しくなることに気づく。これが彼と器の出会いだった。

 彼は東京で古美術店を始め、一級の器に料理を盛って振る舞うようになり、これが評判となる。このことで彼は自らが理想とする料亭を建てることを考える。また彼が魯山人と名乗り始めたのもこの頃だという。

 しかし料亭を作るとなったら器が不足していた。やむなく彼は、古代の名品を真似た絵付けを自ら行った器を用意する。そして彼は料理人を集め、材料も一級品を産地直送で集める。そうして彼の料亭である星岡茶寮が開業する。

 星岡茶寮は評判を呼ぶ。しかしやがて「魯山人の器は所詮間に合わせの模造品」という批判が起こる。料理のレベルが高かっただけに、器のアラが目立ってきたのだ。上絵だけをつけて、自分の銘をつけた器を作ってきたことを恥じた彼は、本格的に器の製造を始めることを決意、鎌倉に自らの窯を開き、一流の陶工を集めて研究に励む。彼は研究のために料亭の売り上げを湯水のようにつぎ込み、名品を買い集めた。また苛立つ彼は勤め人ともトラブルが増える。

 やがて彼は、器の原点は自然にあるということに気づくが、その頃に星岡茶寮を解雇され(経営は彼以外の者がしていた)、日中戦争の勃発で職人も戦争に狩り出される。一人になった彼は創作に励み、彼独自の備前焼に行き着く。そうして彼の器の世界が開花する。

 今回は特番形式であるが、恐らく「その時、歴史が動いた」がかなり長い放送になりマンネリ化の気配が出ていることから、次の歴史番組の形態を模索しての試行だと思われる。だが、正直なところこれは失敗である。はっきり言って面白くない。

 確かに魯山人というネタの選択のまずさもあるが、番組の作り方に問題が大きい。今回を一見しての印象は「美の壷みたいだな」というもの。しかし美の壷は美術品の鑑賞の仕方などのポイントの紹介が情報として面白いが、この番組はそこまで踏み込んでいるわけではない。かといって歴史番組としてはあまりにドラマがないし、考えさせる部分もない。何よりも、世の中との関わり合いが登場せずに魯山人を追っているだけだから、歴史番組ではなくてまるで「プロフェッショナル」か何かみたいである。

 また竹中直人をわざわざ起用しているにもかかわらず、その意味が全くない。大体、最後の部分の竹中直人が懐石料理を食べているだけの展開は、番組としても退屈至極でだれてしまうだけ。

 つまりは所詮は美術番組ではないし、かといって歴史番組としてもしまらないという中途半端な内容になってしまった。はっきり言ってこれなら、以前に何回かやった「歴史の選択」シリーズの方がまだ良い(双方向は絶対に不要だが)。

 歴史の原点を探るという番組コンセプト自体は悪くないと思うのだが、どうもできあがった番組がイマイチ。ネタを再吟味してリターンマッチをしてもらいたいところ。歴史番組を名乗るなら、事件もしくは人物の社会との関わりは不可欠である。中途半端にいろいろな番組の要素(美術番組、グルメ番組、人間ドキュメント)を取り込むのではなく、歴史番組としての核を明確化しておく必要があるだろう。

 

9/26 その時、歴史が動いた「日中国交正常化」

 300回記念に記念になると言う今回のテーマは、日中国交正常化。昭和49年9月29日に日中共同声明が調印され、日中関係の正常化がなされることになったが、その舞台裏について解説。

 日中国交正常化に動いたのは田中角栄であるが、当時の日本は台湾政府と国交を行っており、中国とは国交がなかった。日本は台湾政府と日華平和条約を締結して、これによって中国との講和はすんだという姿勢をとっていた。しかし田中は中国との貿易が増加していることに注目し、中国との今後の経済関係を強める必要性を感じ、それから中国との国交正常化を目指していた。

 そして社会情勢も変化する。1971年、アメリカのニクソン大統領が中国訪問を発表。ベトナム戦争が泥沼化していたアメリカは、ベトナム政府の後ろ盾である中国と交渉することによって事態の打開を狙っていた。この流れを受けて、田中は本格的に中国との国交正常化に乗り出す。そして佐藤内閣退陣後の総裁選挙において、親台湾派の福田赳夫を破って総理に就任する。

 しかし中国との交渉に入った田中の前に問題が発生する。周恩来との交渉に入った田中だが、まず最初に対立したのは歴史認識問題だった。田中がかつての日本の行為について「多大なご迷惑」という表現をしたことに中国側が反発する。中国側の主張は「迷惑」という言葉は軽すぎると言うものだった(中国側の認識では、迷惑とは道で水をかけてしまったなどのレベル)。これに対して田中は、日本においては迷惑という言葉は誠心誠意のお詫びにも使う言葉だと説明して、なんとか理解を得る。

 だがより本質的な問題になったのは台湾の問題だった。日本が中国との講和は日華平和条約で解決済みとすることが、中国は1つであることを主張している中国政府にとっては認められないことだった。これで交渉は暗礁に乗り上げる。外務スタッフの深夜に及ぶ議論の結果出てきた案は、今までの日中間の関係について「不自然な関係」と表現して、その点については曖昧にするという案であった。この案を外務大臣の大平正芳が中国側に提示した時、中国からはすぐの回答は得られなかった。しかしその後、田中が毛沢東に呼び出され、そこで中国側が日本の提案を飲むという意志が示される。こうして日中国交正常化が実現する。

 以前に石橋湛山の話があったが、その後編のような内容。また田中が総裁選で勝利したのが、今度総理に就任した福田康夫の父である福田赳夫というのが象徴的なんだろう。

 なおこの時に日中国交正常化が実現した最大の理由が、日中双方共に両国の関係が重要であるという認識があったからであり、結局はそれがその後も続いているわけである。ただその認識の背後には、経済的関係だけでなく、ソ連の存在も大きかった。だからソ連崩壊と共に、日中関係が微妙になってきたりしている。またこの時には曖昧に終わられた台湾についても、その後に存在感が大きくなってきて無視するわけにも行かなくなって来たりしている。日中関係は今や問題山積みでもある。

 

9/19 その時、歴史が動いた「赤ちゃんを死なせない〜乳児死亡率ゼロ・ある村の記録」

 昭和30年代、「もはや戦後ではない」という言葉に見られるように、都市部では繁栄の始まっていたこの時代、地方では未だに立ち後れが目立っていた。岩手県の沢内村では乳児の死亡率が高く、全国でも最悪の岩手県の中でもその平均死亡率以上という惨状だった。ここで立ち上がったのが村長の深沢晟雄だった。彼は「月にロケットが飛ぶ時代に赤ちゃんがコロコロ死ぬなど許せない」と乳児死亡率ゼロを目指して活動を開始する。その深沢を扱ったのが今回。

 台湾などで実業家として活動していた深沢は、終戦を海外で迎えて志半ばで故郷の村に帰ってくる。しかし彼がそこで見たのは昔と変わらない村の惨状だった。多くの乳児が死亡していた。

 昭和32年、村長に就任した深沢は村の赤ちゃんの命を救うための活動を開始する。しかしその彼の前に雪が立ちふさがる。豪雪地帯の沢内村では冬は雪に閉ざされ、病院に行くこともままならなかったのである。しかし除雪のためのブルドーザは県に二台しかなく、深沢の構想は村民には夢物語のように思われた。必死でブルドーザを探す深沢、そこに朗報が届く。彼の熱意を聞きつけた建設機械会社が最新型のブルドーザを貸してくれたのだ。その効果は絶大で、村人は病院に通うことが出来るようになる。この一件が村人の心に希望を持たせることになった。

 深沢はさらに定期的な乳児検診を実施、その結果、子供達の発育不良やくる病の多さなどが明らかになる。適切な育児が行われていない証拠だった。また診療所の医師にも問題があった。耳が遠く聴診器も使えない医師、攻撃的で性格に問題のある医師、果ては薬物中毒の医師までがいた。深沢は東北大学に医師の派遣を要請するが「地方に派遣すれば医師の技量が落ちる」と反対される。しかし深沢は大学に通い続け、ついに医師の派遣の承諾を得る。

 また深沢は母親達の意識改革のために保健婦達が中心となった教育を行う。しかしここにも壁が立ちはだかる。家庭で育児を差配していた姑達だった。「子供は放って置いても育つ」という考えを持つ彼女たちが育児改革の妨げとなっていた。そこで深沢は姑達の意識を改革するため、部下の提案で「おばあちゃん努力賞」を導入する。虚弱児を立派に育てた姑に贈る賞である。この構想は功を奏し、姑達の意識が改革されていく。そして乳児死亡率は低下に向かう。さらに予防医療に力を入れるため、病院に保健婦を常駐させる。このことにより、医師は乳児の発育状況などの情報を把握し、適切な医療を行えるようになる。

 しかしまだ問題があった。病院にかかることは「かまど返し」と言われ、財産をなくす大きな出費だと考えられていた。これを解決するために深沢は医療費の無料化を打ち出す。国民健康保険で定められた半額分の自己負担を村が肩代わりするのである。しかしこれには県から法律違反だとの待ったがかかる。しかし深沢は「憲法が保障している健康で文化的な最低の生活すらできない国民がたくさんいる。訴えるなら最高裁まで争う。」とこれを一蹴する。またこれは村の条例にも反することであった。しかし村長の強い意志を前にして、村議会も沈黙する。こうして全国に先駆けて、乳児医療の無料化が行われる。これによって村の赤ちゃんのすべてが病院にかかれるようになる。そして昭和38年1月1日。ついに乳児死亡率ゼロが実現される。

 すごい人だなとしか言いようがない。彼は「国のやり方だと不十分だ」とその先を行って、そして実績を上げたわけである。またうまいなと感心したのは「おばあちゃん努力賞」。今だとこういう時には「賞金でも出すか」になって、その財源はどうするんだという話になるのだが、戦前教育を受けている姑の世代は「役所から表彰される」という名誉に弱いわけで、その性質を見事についている。彼がすごいのは、往々にして高邁な理想を持つ政治家は、それの実行の段階の具体策でこけるんだが、彼は実現性のあるプランを掲げる能力やそれをサポートする部下を持っていると言うこと。この辺りは良い意味で実業家上がりなんだろう(悪い実業家上がりは、言うまでもないが金に汚い)。

 彼は国よりも先を行っていたんだが、情けないことに国は医療についてさらにレベルを落とそうとしている。何しろおよそ先進国とは言えない最悪の制度と言われているアメリカの医療制度をモデルにしようとしているんだから。なおアメリカの医療制度がどのようにとんでもないかは、マイケル・ムーア監督の「シッコ」を見ればよく分かるので一見をお勧めする。

 なおあの映画について世間で誤解されている点について言っておくと、アメリカは国民健康保険がないので、個人が保険会社と医療保険を契約している。だから底辺の貧乏人はこのような医療保険の契約が出来ないせいで病院にかかることが出来ない。しかしこの映画が扱っているのはそういう人たちのことではなく、普通に医療保険に加入しているにもかかわらず、保険会社がなんだかんだと理由をつけて保険を支払わないせいで命を落としている人がいるということ。保険会社には申請者に対して因縁をつけて保険金請求を却下するための専門家がおり、契約している医師は請求の却下率が高いほどボーナスが出るようになっているということ。で、現実に、ガンで手術を受けたら「あなたの年齢ではそのガンにはかからない」と文句をつけられて医療保険がおりなかったり、本人も知らなかった細かい病気を調べてきて「告知義務違反があったから契約は解除」なんて言われている例が続出しているということを扱っているのである。日本でも保険会社の不払いがつい最近に事件になったところであり、アメリカ型の制度なんかが導入されたらどうなるかは、容易に想像がつくのであるが。

 

9/12 その時、歴史が動いた「外交の信念 時流に散る〜宰相・廣田弘毅の闘い〜」

 今回の主人公は、第二次大戦当時の外務大臣で、東京裁判において唯一文官として死刑になった人物である。

 外交官であった廣田弘毅は、日本は中国に手を付けるべきでないという信念を持っていた。と言うのも、当時の中国では列強の権益が絡み合っており、そこに進出していくことは列強との対立が不可避だったからである。

 しかし時代は廣田が望んだとは全く逆の方向に向かう、満州事変が勃発、軍部は中国への軍事侵略を進め、満州国が建国される。そんな頃に廣田は外務大臣に起用される。彼は軍部の独走を掣肘することを期待されていた。この時、廣田は軍部を抑えて外交交渉に奔走し「私の在任中に戦争はない」と断言、彼は日本を外交手動にする共和外交を目指していた。

 しかし中国を勢力下におくことを画策していた軍部はさらに暴走する。統帥権を振りかざし、外交の介入を排除したのである。当時の日本の憲法では軍の統帥権は天皇に属するという欠陥があったので、それを悪用したわけである。こうしてまさに「何とかに刃物」の状態になった軍部は手の付けられない状況になる。さらに狂犬化した軍部は、二二六事件で実力行使にまで及ぶ。

 この頃に廣田は総理大臣に就任する。軍部を抑えることを期待して起用された廣田だが、もう既に彼にはその力も気力も亡くなっており、軍からの要求に唯々諾々と従うだけだった。そして間もなく廣田内閣は総辞職となる。そして日本は責任者不在の無責任体質のまま、戦争へと突入していく。

 暴走する軍部はさらに廬溝橋事件をでっち上げて中国軍と衝突、戦火は際限なく拡大していく。この時の廣田は近衛内閣の外務大臣として入閣していた。彼は再び外交交渉での解決を目指すが、閣議は一方的に軍部主導で決してしまう。戦火が拡大する中、廣田に一度だけチャンスが訪れる。天皇が「もうこの辺で外交交渉によって問題を解決してはどうか」と発言したのだった。この言を受けて廣田は中国政府も飲める条件の和平条件をまとめ交渉に臨もうとする。しかし状況が一変する。南京が陥落し、日本の先勝で国中が浮かれた状態になってしまい、もはや交渉の余地がなくなってしまうのである。廣田の用意した和平案も、閣議において中国政府が到底飲むことはできない条件に改められてしまう。そしてついに日本政府は「中国の国民政府を相手にせず」の宣言を発し、全面戦争に突入してしまうのである。

 戦後、廣田は東京裁判において死刑判決を受ける。廣田自身は軍国主義者ではないが、結果として戦争を傍観したというものであった。廣田はそれに反論することなく刑に処される(戦争を主導した軍部の連中は、あの手この手で見苦しく延命を図ったのであるが)。そこには諦めとも反省ともが入り交じった心境があったのではないか。

 軍部の暴走を抑えきれなかった悲運の外務大臣の末路です。しかしあの時代の狂犬化した軍部を果たして誰が抑えられたかは難しい。こういうことがあるから、軍部の暴走を防ぐ装置としてシビリアンコントロールと言うことが戦後に重視されたのである。それにもかかわらず、それをはずそうとしている馬鹿が今の時代にもいるようだが。 

 

9/5 その時、歴史が動いた「引き裂かれた村〜日米戦の舞台・フィリピン〜」

 大国に翻弄され続けてきたフィリピンだが、第二次大戦では日米の間で翻弄され、フィリピン同士で頃試合をする羽目になってしまった。そのフィリピンについて。

 フィリピンにアメリカが進出したのは1898年、10年の戦いの後にフィリピンはアメリカの植民地とされる。アメリカの支配下でのフィリピンでは、アメリカと結託した地主が農民の土地を奪い取る例などが相次ぎ、フィリピンでは深刻な格差が発生、貧しい農民のアメリカへの不満が高まる。そして貧困層を中心としたサクダル党がアメリカ支配に抵抗して立ち上がる(暴動発生)。しかし十分に武器も持たない彼らに対し、アメリカは銃による弾圧を行い、多くの犠牲者が出ることとなる。

 そこに日本が進出してくる。日本は大東亜共栄圏を大義名分に掲げ、ハワイ真珠湾と共にフィリピンのアメリカ軍基地に攻撃をかけ、フィリピンを占領する。日本の進出に対し、これをアメリカからの独立の契機と考え、日本に協力する人々も現れる(かつての貧困層に多いと思われる)。日本はフィリピンからアメリカ色を一掃すべく、日本式の教育などを導入する。

 しかし日本に好感を持つ者だけではない。特に日本が大量に軍隊を駐屯させ、その食料を現地調達にした結果、フィリピンは深刻な食糧難に陥る。そのような中で日本に対して反感を募らせる者が増えてくる(かつての富裕層に多いと思われる)。そしてフィリピン人による抗日ゲリラが結成される。抗日ゲリラは日本の現地施設や軍施設などへの攻撃をかける。日本はフィリピン人を懐柔するために1943年にフィリピンを名目上の独立国とするが、それは功を奏することはなく、日本は親日派のフィリピン人を集め、マカピリと呼ばれる対ゲリラ部隊を結成する。その結果、フィリピン人同士が争うことになる。

 しかし戦局は日本にとって厳しくなってくる。フィリピンにはアメリカ軍が迫り、抗日ゲリラにはアメリカ軍から武器が渡る。そして日本軍に対するゲリラの攻撃も激化する。住民に紛れて攻撃をかけてくるゲリラを見分けるために、日本軍はマカピリによってゲリラを通報させるようにする。しかしその結果、フィリピン人同士の間で憎しみが深まることになり、ついにはマニラにアメリカ軍の攻撃が迫る中、日本軍によって住民への無差別虐殺が発生することになる(マカピリが深く関わっている)。

 だが日本軍は敗北、するとマカピリは今度は抗日ゲリラの中に取り残されることになる。今度は彼らが抗日ゲリラのリンチにあうことになった。人々の憎しみを一身に受けた彼らからは多くの犠牲が出るが、その実数は未だに不明だという。

 結局、フィリピンは内部に大きな憎しみを残したまま、再びアメリカの支配下で戦後の時代を送ることとなった。同国がアメリカの支配から脱する道を選ぶのは、マルコス独裁政権を倒した後になる。

 日米の間で翻弄されたフィリピンの苦難の歴史についてである。なお同様のことは各地で起こっているが、先の大戦を美化したい連中は、ことさらに親日派の方だけを取り上げて「日本はアジアを開放するために戦争を行っており、それは現地民にも歓迎されていた」と主張するのだが、それが都合の良すぎる見方であるのは言うまでもない。先の大戦が日本だけが悪いのではなく、欧米などにも問題があり、結局は列強同士の植民地争奪の戦争だったというのは事実であるが、それは「日本が悪くない」という意味ではなく、「日本も悪いし、欧米も悪い」ということに尽きる。だから私は「日本だけが悪いのではない」という主張には頷くが、「日本は悪くない」という主張には「ふざけるな」と言いたくなるわけである。

 なお日本はそのような愚かな侵略合戦に参加して多大な犠牲を出した反省から、戦争に荷担しないということを誓った。ほとんどすべての侵略戦争が、自国の防衛や相手国住民の保護を大義名分にしていたことから考えると当然の判断である。日本が戦争に参加しないというのは、単に自国民の犠牲を恐れた卑怯な行為ではなく、他国民に犠牲を出すことを避けるための尊い行為だと考える。そしてこのことは日本人としてもっとも世界に誇って良いことだと考えている。だからこそ、日本をアメリカの手先として再び戦争に駆り立てようとする連中に怒りを感じるわけでもある。

 

7/31 その時、歴史が動いた「忘れられた島の闘い〜沖縄 返還への軌跡〜」

 今回のテーマは、戦中に本土の犠牲にされ、戦後もさらに本土の犠牲にされ、現在もさらに本土の犠牲にされている沖縄についてである。

 戦後、沖縄はアメリカの統治の元におかれていた。アメリカは沖縄を基地として長期保有を考えていた。収容所に押し込まれた島民は配給が不足していたために餓死者を出していた。この時にアメリカ軍との交渉役を務めていたのが瀬長亀次郎だった。しかしその要求は入れらず、それだけでなくアメリカ兵による強姦事件が続発していた(アメリカ軍の得意技である)。瀬長は「戦争は終わったが、地獄は続いていた」と述べている。

 昭和21年に一応民政への移行が謳われるが、実際は飾りのようなものでアメリカに統治されたままであった。瀬長は島民の人権を訴えるが、朝鮮戦争の勃発で沖縄の重要性はさらに増大、アメリカは沖縄の永久保持を意図、日本本土も沖縄を放置したまま独立をしてしまう。

 昭和20年代後半になると、冷戦下でアメリカの基地が拡張され、基地のための土地収用が進み始める。これはアメリカ軍の意向でいつでもただ同然で島民の土地を収用できるという事実上の土地の強奪である。生活の基盤が破壊される島民は抵抗するが、上を手に脅しをかける米軍を前にして無力であった。

 この時に運動の先頭に立ったのも、立法員(県議会に当たる)の議員になっていた瀬長だった。彼は強制収用反対を訴えるが、アメリカ軍はさらに無期限での土地収用を打ち出す。そして目障りな瀬長を、米軍が手配していた人物をかくまうのに協力したという罪で突然に逮捕する(今でもよくあることである)。瀬長の拘束は1年半にも及ぶが、その間にも米兵によって6歳の少女が誘拐暴行されて惨殺されるという事件も発生する。

 瀬長は釈放後も土地収用反対の活動を続け、島ぐるみ闘争と呼ばれる大きな運動になる。そして昭和31年12月、瀬長は那覇市長選挙に立候補し、アメリカとの協調路線を訴える候補を破って当選する。

 しかし早速米軍の妨害が始まる。米軍が大株主だった銀行が、突然に那覇市の預金を凍結して融資も中止したことで、市は公共事業などが不可能になる。しかしこの事態を受けて那覇市民が動いた。市民が市政を支えるべき行列を作って納税を始めたのである。また議会には瀬長を支援する市民が押しかけた。これに対してアメリカは市長の不信任が出来やすいように制度を変更し、瀬長をついに不信任で追放してしまう。

 しかしこれが本土にまで伝わり、アメリカの横暴に対する懸念が表明される。また再選挙では瀬長と同様に日本復帰を訴える候補であり、沖縄の祖国復帰への動きに拍車がかかる。またアメリカのベトナム戦争から戦争反対の機運によって、本土でも沖縄の復帰を求める声が上がり始める。このような声に押されて、ついにはニクソン大統領と佐藤総理の間で昭和47年に沖縄の施政権が日本に返還されることが決められる。しかし沖縄は基地を押しつけられたままという条件付であった。

 その後、瀬長は反基地闘争も続けるが、現在に及ぶも沖縄は基地は残留しており、アメリカ兵による犯罪も絶えていない。

 日本人なら、アメリカの汚いやり口に自然に憤りがわき上がってくるところだが、何もこれは日本だけでの話ではなく、イラクではまさにこの状況が現在進行形で起こっている。今イラクでは、米兵による市民に対する無差別発砲や強姦などが頻発しているが、日本政府はそんな米軍の支援を続けているわけである。この現状を考えると、やはり日本はつくづくポチなのだが。 

 

7/4 その時、歴史が動いた「冷戦の壁を破ろうとした男〜石橋湛山・世界平和への願い〜」

 第一次大戦後、日本が大陸への進出を図る中、東洋経済新報の記者の石橋湛山はそれに対して冷ややかな目を向けていた。彼の主張はアジアの植民地との貿易額は9億円に対して、アメリカやイギリスとの貿易は18億円であり、日本が大陸進出を続けてアメリカやイギリスと対立すると、その18億円が犠牲になるというもので、彼は日本は平和な貿易立国を目指すべきと訴えた。しかしその後も日本は帝国主義的領土拡張を続け、ついには世界から孤立する。そして日本が戦時色を強める中、湛山は憲兵からの圧力を受ける。しかし彼は自らの主張を曲げることもペンを折ることもしなかった。そして日本の敗戦。国民が深い喪失感に沈む中、彼は「更生日本の門出 前途は実に洋々たり」と日本は平和な貿易立国として羽ばたけると主張する。

 彼が政界に転身したのは、吉田茂に大蔵大臣に抜擢されたことからだった。大蔵大臣になった湛山は誰もが手を付けなかった進駐軍の経費削減に手を付ける。国家予算の1/3をも占めることになっていたこの経費に切り込んだのである。この問題に真っ向から切り込む湛山に対し、GHQはこの問題が大きくなることをおそれ、経費の2割削減を飲む。これ以来湛山は心臓大臣と呼ばれることになった。しかし昭和22年5月、湛山はGHQから突然公職追放に追い込まれる(GHQによる意趣返しとしか思えない。彼は戦争遂行に協力はしていないのだから。)。その間に朝鮮戦争の勃発、米ソの冷戦などによって日本は共産主義に対する防波堤として、西側諸国に取り込まれることとなる。

 やがて湛山の公職追放は解かれたが、その頃に米ソの対立は激化し、共に水爆実験を繰り返していた。湛山はこの冷戦構造に風穴を開けない限り、世界は水爆によって滅びるということを感じる。

 鳩山内閣の元で通産大臣に就任した湛山は、経済を足がかりにしたアジア外交に着手する。彼は国交のない中国と民間貿易協定締結の後押しをする。経済での結びつきから国交回復へとつなげようとしたのである。しかしこれはアメリカが反発する。あくまで「防波堤」である日本が、勝手に中国と結びつくことは彼らにとって脅威だったのである。しかし湛山はアメリカの意向を無視する。だが鳩山内閣が退陣、後継者としてアメリカ一辺倒の岸信介の名が上がるに至って、湛山は共産圏との関係改善を訴えて総裁選に出馬する。

 総裁選で湛山は僅差で岸に勝利する。岸に期待していたアメリカ(岸なら良い飼い犬になると考えていたのだろう)はこの結果に狼狽したという。しかし全国で自分の政策を訴えるための遊説を繰り返していた湛山は、突然に脳梗塞で倒れる。医師から2ヶ月の安静を要求された湛山は総理に就任して69日で辞任を決意する。

 湛山辞任の後は岸が総理に就任した。岸はアメリカ一辺倒の政策をとり、中国を敵視する。さらにその頃、中国軍が台湾に対して武力行使したことをきっかけに米中関係は一触即発の事態に陥る。この事態を懸念した湛山は、病身をおして訪中を行う。しかしアメリカべったりで中国敵視の政策をとる岸は、政府は無関係との姿勢を崩さず、湛山の訪中は賛否が渦巻く中でのものとなった。

 湛山は周恩来との交渉を目指したが、日本の中国敵視政策に非難する中国側は強硬だった。それでも彼はなんとか周恩来との直接会談に持ち込む。その席で彼は秘策を繰り出す。それは日中米ソ平和同盟だった。二国間では解決不可能な問題を四カ国の枠組みで解決しようというものだった。これは国連代表権をまだ持たない中国にとっては国際社会への足がかりとなるもので、周恩来にとっては一考の価値があった。周恩来は湛山の提案に同意し、台湾への武力行使をしないと伝える。これ以降、日中貿易も再開され、やがては両国の国交回復へとつながっていく。

 昔から日本の保守政治の中にはアメリカ一辺倒の勢力と、中国との関係も重視する勢力があるのだが、その後者の側の話。もっとも日中米ソ平和同盟が実際にどの程度有効に機能したかは評価の難しいところがある。なおアメリカは日本が中国と接近することをこの頃から警戒していたが、それは今でも続いている。だから岸の流れを汲む小泉政権や安倍政権は、アメリカのポチとして何が何でも中国との対立を煽ろうという方向に向くわけである。

 しかし実際に日本がアメリカ一辺倒で中国と対立することが国益にかなうかはよく考える必要がある。アメリカが日本を中国と対立させたがるのは、両国が手を結んで強大化するのが恐いのと、いざ中国と有事がある際は日本をまさに防波堤として戦場にするつもりであるからである。日本としてはそれにホイホイと乗る必要はない。中国とべったりしろなどとは言わないが、両国の力を秤にかけて間で巧みに振る舞うぐらいのしたたかさは必要なわけである。所詮日本のような地理的な小国は軍事力だけで国を保つことは不可能であるので、勢力バランスの狭間で平和を保ちながら、貿易立国で生きるしか道はないのではないかというのが私の考え。今の世界は、軍事力で物事を解決するにはあまりに狭すぎる。

 

6/20 その時、歴史が動いた「乱世に祈りを〜蓮如・理想郷の建設〜」

 室町時代、京の本願寺の宗主の息子の蓮如は、貧しい中で全国の布教の旅を続けていた。本願寺は親鸞が開いた浄土真宗の寺だったが、この頃には衰退していたという。布教の旅の中で、彼は塗炭の苦しみを受けている農民を見ると共に、僧侶の腐敗も目の当たりにする。世の中に疑問を感じた彼は、親鸞の「四海の信心の人は皆兄弟」という言葉に真理を見る。

 彼はこの言葉に従うべく、村の僧侶たちなどへの指導の旅に回ると共に、村同士の諍いを治めるべく講を広げる。従来は僧が唱える経を聞くだけだった講を、彼は全員が経を唱和する集会に変え、また比較的裕福な門徒が提供する酒や食べ物をみんなで飲み食いしながら話し合う寄り合いを講の後に開催した。やがてこの講が広がっていき、農民以外の堅田衆なども加入して大きな広がりを見せる。

 しかしこれが旧来の宗教勢力を刺激する。本願寺を敵視する比叡山延暦寺が本願寺と堅田を急襲、堅田の町は焼き払われてしまう(京の周辺での布教活動は、延暦寺から見るといわゆる縄張り荒らしであったわけである)。

 辛くも脱出した蓮如は、北陸の吉崎に道場を開くと、親鸞の教えをかな交じりの文章で分かりやすく記した御文章を執筆する。この御文章は多数書き写されて広がり、多くの信者が吉崎に集まってくる。蓮如は自ら彼らを手厚くもてなしたが、吉崎に多くの信者が集まってくることが周囲を刺激することになる。周囲との対立を恐れる蓮如は、これ以上吉崎に集まらないで欲しいと訴えるが、もう既に信者には彼の言葉は届かなくなってしまった。さらに門徒に武士が増えたことが暴走につながる。吉崎の信者たちは武装を始め、ついには門徒たちが応仁の乱に巻き込まれることになる。彼らは敵対する領主を追い出したばかりでなく、他の宗派などへの攻撃や略奪に走るなど暴走を始める。蓮如は激怒して信者を抑えようとするが、一部の信者は加賀で独立してしまう。挫折感にさいなまれた蓮如は、一人吉崎を後にする。

 京の山科にたどり着いた蓮如はここで仏法領(仏の教えがすべてを規定する理想郷)を作ろうと考える。そこは巨大な土塁に囲まれており、これは周囲からの攻撃を防ぐと共に、内部からも攻め出すことはしないという意志を示すものであった。しかしその実現のためには人出も資材も不足していた。しかしそこに大阪の信者たちが吉野から切り出した材木を持って駆けつける。しかしその頃、加賀の一揆勢が勢力を拡大、蓮如たちも争いに巻き込まれる危険が起こってきた。蓮如は作業を急がせる。そうして1483年、山科本願寺が完成する。そこは80万平方メートルの敷地面積内に信者たちが暮らす寺院都市であった。町は門徒たちによって自治され、戦乱の中50年の間平和を守るのである。

 戦乱の中で、武装中立を保ったのが蓮如のスタンスだったようだが、彼が同時に唱えていたのは政治への不関与であり、これはいわば政教分離か。最近の巨大宗教組織は、大抵が教祖の私欲から政治介入を目指すとのとは対照的な姿勢である。私は加賀の一向一揆は蓮如が関与しているものという認識を持っていたのだが、今回の内容から見ると、むしろ蓮如は反対していたということになっている。確かに途中で路線対立みたいなものがあり(内ゲバの多さも宗教組織にはよくつきまとう)、実質的に蓮如は吉崎から追放されたようである。

 まあ彼自体は苦労人ではあったようだし、庶民の生活の苦しさも知っていたので支持を集めたのだろう。ただ彼の後継者がその同じ資質を持っているとは限らないわけで、この後の本願寺の混乱もその辺りに起因したりするのだが。

 

6/13 その時、歴史が動いた「ニッポン外交力誕生〜伊藤博文・神戸事件解決〜」

 今回のテーマは神戸事件。これは1868年の王政復古直後でまだ新政府が発足していない空白時に発生した事件である。備前藩の行列を横切ろうとしたフランス兵と小競り合いになって威嚇射撃をしたことから、欧米列強の陸戦隊と備前藩が交戦状態になり、神戸が列強に占領されてしまうという事件である。

 この解決に当たったのが伊藤博文だという。基本的に伊藤博文は列強と武力で争ってはいけないという考えを強く持っていたという。それは彼がかつて長州藩から海外に留学させられた時、アヘン戦争で敗北して事実上列強の植民地化された清の現状を見ていたからだとか。

 番組では伊藤博文の経歴についての解説が大半を占めるのだが、要は「列挙と武力衝突してはいけない」と考えていた彼は、下関事件でも列強との仲介をしようとしたが、藩内の強硬派のために失敗、結局長州藩は列強と戦闘状態になって、砲台を占拠されるなどの大被害を蒙る。やがて彼は倒幕の必要性を感じ、そのために薩摩藩から最新鋭の武器を導入するために交渉、従来の丸玉を使うゲベール銃よりも射程距離の長いミニエー銃を入手することに成功(ミニエー銃はいわゆるライフルマークのあるタイプで、射程距離が長い)、これが幕府軍との戦いで威力を発揮、結局は幕府による長州征伐の失敗につながり、権威の失墜した幕府は大政奉還にまで至ることになる。

 列強の神戸占領については神戸開港を急ぐ列強の思惑もあったという。列強は責任者の処分を求めていた。また日本は新政府が発足したことを対外的にまだ表明していないということも着かれたという。そこで伊藤は天皇親政の宣言を列強に公布するように働きかけると共に、断固として責任者の処罰に抵抗する備前藩をねばり強く説得したという。結果として備前藩は責任者の処罰に同意、伊藤は今後の日本の対外問題については万国公報に基づいて解決することを宣言すると共に、各国の大使を備前藩の責任者の切腹の場に立ち会わせたという。こうして日本最初の外交問題は解決したということらしい。

 要はこの事件のポイントは、日本が国際法に基づいて外交問題を解決するということを宣言したことにある。ただ日本がその後に不平等条約を解消するにはまだまだ時間を要するのであるが。なお伊藤が備前藩の責任者の切腹に各国の大使を立ち会わせたのは、処罰をキチンとしたということを明らかにするだけでなく、切腹を彼らに見せることによる威嚇も狙っていただろうことは推測も着く(そちらがこれ以上ことを荒立てるつもりなら、死ぬ気で一戦構えるぞという無言の脅し。欧米人に腹切りパフォーマンスはかなりインパクトがあるだろうから。)。

 

6/6 その時、歴史が動いた「メキシコ五輪 奇跡の銅メダル〜日本サッカー・勝てる組織作り〜」

 何やらサッカーネタは以前にやった記憶があると思っていたが、それはベルリンオリンピックに出場した時のことであったようである。今回はその34年後にメキシコオリンピックで銅メダルを取った時のことだという。

 東京オリンピックに日本中が湧く中で、一つだけ蚊帳の外にあった競技がサッカーだったという。サッカーは知名度が低いだけでなく、当時の日本チームは連戦連敗で、アジア大会でも予選落ちする状態だったという。そこでこのサッカーを立て直すべく白羽の矢が立ったのが、ドイツ人コーチのデットマール・クラマーだった。

 本場ドイツのコーチがどんな高度な戦略を教えてくれるか。期待して待つ選手たちに彼が教えたのは基本中の基本のインサイドキックだった。実際、この基礎さえまともにこなせない選手が多かったのだという。彼は選手たちに基礎の訓練を徹底させると共に、日本人選手にあった戦略を立案していく。日本人はパワーがないが俊敏性があることに目をつけた彼は、パンアンドゴーを重視した練習を繰り返す。彼は選手に大和魂を説き、選手を心身共に強化していく。

 また彼は選手だけではなく、指導者も育てていた。彼は岡野俊一郎と長沼健に指導者として資質を見いだして育成する。岡野には情報収集能力と分析力、長沼には選手からの人望があった。

 そして東京オリンピック。日本はアルゼンチンと当たることになった。日本の勝利を予想したものは誰もいなかったが、グラマーは個人技に勝るアルゼンチンを速度で翻弄することに活路を見いだしていた。そして逆転でアルゼンチンに勝利する。大金星であったが、日本の勝利はそこまでだった。

 グラマーが日本を去った後、日本チームを率いたのは岡野コーチ、長沼監督だった。彼らは日本チームの強化を続け、杉野→釜石の日本の得点パターンを作り上げる。そうして臨んだメキシコオリンピック。日本チームは予選から快勝、ついには決勝へ進出する。しかし連戦の疲労で準決勝で敗れる。そして銅メダルをかけて地元のメキシコチームと挑んだ試合。序盤からメキシコの猛攻を受ける日本。しかしそれをしのぐと反撃、釜石のシュートが決まる。日本は前半で2点を先取する。しかし後半に突入した時には選手は体力が尽きていた。それでも体力の限界を超えた選手たちは全力でメキシコの攻撃を防ぎきる。懸命に戦う日本の姿に、ついには観客席から日本を意味する「ハポン」のコールさえわき起こる。そして日本は勝利する。

 日本チームは後にフェアプレー賞も授与されたそうだが、懸命に戦う日本選手に対して地元から日本コールが起こったというのは、思わず感動してしまうエピソードである。そう言えばメキシコといえば、あのWBCでも自身には決勝進出ののぞみはないにも関わらず、アメリカチームを粉砕して結果として日本を援護してくれたことを思い出した。良い連中である(笑)。

 

5/23 その時、歴史が動いた「悲しき女帝 許されざる恋〜道鏡事件の真相〜」

 今回のテーマは、古代史最大のスキャンダルの一つである道鏡事件である。道鏡事件と言えば、野心家の僧・道鏡が、女帝に取り入ってまんまと天皇になろうとしたが、和気清麻呂ら廷臣の行動で阻止された事件という風に一般に言われている。この番組では若干解釈が違うという。

 さて主役の一人は女帝・孝謙天皇である。彼女の父は、奈良の大仏の建立で有名な聖武天皇である。聖武天皇には結局男子が出来なかった(一人生まれたがすぐに死んだ)ことから、娘を皇太子に立てる。そして聖武天皇は大仏建立の事業に力を入れ、それが軌道に乗った749年に娘に皇位を譲って出家する。彼が娘に伝えたことは「仏法僧の三宝を盛んにせよ」ということだった。孝謙天皇はこの父の言いつけを守っていくことになり、父の死の一年後に大仏殿を完成させる。

 しかし天下は定まらなかった。女帝は所詮はつなぎと見られており、757年に彼女を皇位から引きずりおろそうとする政変が発生する。それが橘奈良麻呂の変である。彼女に代わって男子の皇族を天皇に立てようとするこのクーデターには皇族や貴族が443人も関わっていた。計画は事前に漏れたことで未遂に終わるが、彼女は大きな衝撃を受ける。結局その翌年、彼女は譲位を余儀なくされ、いとこの男子が淳仁天皇として即位する。

 しかし淳仁天皇の即位と共に、彼を養子にしていた藤原仲麻呂の勢力が増してくる。彼は太政大臣にまで登りつめ、国政を意のままに操り始める。淳仁天皇は自ら政務を執る気は全くなく、恵美押勝という尊号を受けた藤原仲麻呂が国の政策を独断で決済するようになる。そしてこのことが孝謙上皇と淳仁天皇の対立を深めることとなった。そして淳仁天皇が自分の亡くなった父に天皇の尊号を送ろうとしたことに孝謙上皇が反対したことで、両者の対立は決定的となる。

 やがて孝謙上皇は病に倒れる。その彼女を懸命に看病したのが弓削道鏡であった。この後、この二人は急速に接近することになる。

 しかしこのことがスキャンダルとなり、孝謙上皇は淳仁天皇から道鏡との関係を責められることになる。怒りをあらわにした彼女は、宮殿を出て法華寺に入る。10日後、再び人々の前に現れた彼女は尼僧の姿となっていた。そして淳仁天皇には天皇としての資格はないとして、天皇の権限を奪い取ることを宣言する。この彼女の宣言を受けて、藤原仲麻呂に不満を持つ貴族たちが彼女の回りに集まってくる。764年、藤原仲麻呂は孝謙上皇を排除するべく反乱を起こす(恵美押勝の乱)。しかしこれは直ちに孝謙上皇の知るところとなり、逆に先手を打たれて淳仁天皇は捕らえられ、天皇の証である駅鈴と玉爾を孝謙上皇に押さえられてしまい、仲麻呂自身も逃亡の途中で捕らえられて処刑される。

 孝謙上皇は淳仁天皇は淡路島に流すと、再び自らが天皇に即位する。これが称徳天皇である。そして彼女は信頼する道鏡を法王に即位させ、彼に天皇に等しいほどの実権を与える。

 そして道鏡が法王についた3年後の769年、太宰府から知らせが入る。九州の宇佐神宮で「道鏡を皇位につかせるべき」という神託が下ったというものである。称徳天皇は真偽を確かめるべく、信頼していた女官の弟である和気清麻呂を宇佐神宮に送る。しかし彼が持ち帰った知らせは「天皇は皇族から立てるべきで、無道の人である道鏡は排除すべき」というものであった。これを聞いて、和気清麻呂が他の貴族と結託して道鏡を排斥しようとしている感じ、激しく怒ると清麻呂を穢麻呂と改名して流罪にしてしまう。

 判断に悩んだ称徳天皇だが、1ヶ月の後に決断を下す。それは道鏡を皇位につけることはしないというものであった。さらに和気清麻呂と共に謀略に加わった者も許すというものであった。 

 さてこの番組の解釈であるが、従来は野心満々の道鏡が自ら皇位を狙ったという解釈が主流であったのだが、それに対して道鏡を皇位につけようとしたのは、むしろ称徳天皇だったというもの。道鏡は自らは積極的には動いていないとしているのである。

 うーん、これはどうか。道鏡が全く野心なしに称徳天皇に近づいたとは思いにくいというのが私の考えである。実際、惚れた男を天皇にしようと称徳天皇自身も動いたかもしれないが、道鏡からの働きかけがなかったとは思いにくい。

 なお道鏡については巨根だったなんて噂もありますが、これはなにしろ噂だけでそんな記録など残っていません。多分、中国の歴史に残っている始皇帝の母と愛人のロウアイ(日本字表記が不可能)のエピソードなどからの連想だろうと思われる(この人物については、史記に「巨根だったことから愛人にした」とはっきり書いてあるんですよね。中国の歴史書は正確さ重視ですから。)。

 真実のところははっきりしないのだが、歴史上皇族内での皇位争いは血みどろの抗争が延々と繰り広げられているが、皇族と全く無関係の者が皇位につこうとしたというのは、この件が唯一なんですよね。だからこそ古代史の最大のスキャンダルにも挙げられているわけで。ちなみに現皇太子が娘しかいないことから、女帝の是非についての議論が起こったが、この時に保守派が「女帝が誕生すると、どこの馬の骨か分からない奴が天皇になることになる可能性がある」とか言って反対していたのは、この道鏡事件がイメージにあったりするわけです。

 

5/16 その時、歴史が動いた「日本ミステリー誕生〜江戸川乱歩・大衆文化との格闘〜」

 日本のミステリーの元祖である江戸川乱歩が少年時代を送ったのは、都市化が進みつつある明治30年代。当時は新聞小説が花盛りで、彼もそれらによって文学に興味を持つことになった。大学生の時に、彼はエドガー・アラン・ポーの「黄金虫」に出会ったことでミステリーに興味を持つ。この頃の彼は、アメリカに渡って探偵作家になりたいと夢を抱いたという。

 しかし資金不足でその夢はかなわず、彼は日本で職業を転々としながら作品を発表する機会をうかがっていた。当時はまだ日本では探偵小説のジャンルは確立していなかった。そして大正12年、彼は処女作である「二銭銅貨」を発表、この時に初めて江戸川乱歩のペンネームを使用したという。

 この後、彼は次々と作品を世に送り出す。この時に誕生したヒーローが探偵・明智小五郎である。まさに大衆文化が花盛りで「エロ・グロ・ナンセンス」がキーワードの時代に、彼は次々と話題作を発表し、時代の流行と合致してもてはやされることになる。

 しかし彼の作品が有名になると共に、大衆からの予想外の反応も巻き起こすことになった。彼の作品のセンセーショナルさから、彼の実像と離れたイメージが勝手に一人歩きし、バラバラ殺人事件が発生した時には犯人として名指しする投書まで現れる始末。過熱する報道と巨大化する自らの虚像から大衆に嫌気のさした彼は、ついには執筆をやめてしまう。

 しかし昭和10年に、彼に少年倶楽部から少年向け少年向け作品の執筆依頼が舞い込む。彼は最初は戸惑うが新境地のつもりで挑戦する。こうして怪人20面相と少年探偵団の物語が登場することになる。

 だが翌年に日中戦争が勃発すると、探偵小説は犯罪を誘発する反体制的なものとして弾圧されることになる。そして検閲はだんだんと厳しくなり、太平洋戦争が始まると彼の作品はすべて絶版にさせられる。こうして乱歩は執筆活動をやめてさせられてしまう。

 そんな彼に転機が訪れたのは終戦だった。もはや作家をやめる覚悟だった彼だが、終戦で考えを変える。この後の彼は、自らの創作よりは後進を育てることに力を入れるようになる。昭和21年、雑誌「宝石」が創刊され、彼は探偵小説の紹介や募集小説の審査員を行った。ここに掲載されたのが横溝正史の「本陣殺人事件」だった。これが戦後初の本格探偵小説となる。そして彼は探偵小説の普及のために昭和22年、探偵作家クラブが設立される。この団体を中心に彼は後進の発掘に活躍する。

 以上、日本の探偵小説の黎明期のお話。今や小説の一ジャンルとして確立しているミステリーですが(このジャンルがなかったら一番困るのは、テレビの2時間ドラマだろう)、なかなか日本で定着するのには苦労したようです。ちなみにSFの方は未だに大人のエンターティーメントとしてはまだ定着していないようなのが、私としては残念なところです。

 しかし今回のこの番組を見ていると、江戸川乱歩の作品がいかによく映像化されているかが分かった。うーん、天知茂は懐かしかったな・・・日本で唯一と言えるハードボイルドを出来る役者だったのですが。ちなみに私の心の中に今でも強烈に残っている役者は、この天知茂と、時代劇と言えば彼しかいなかったという萬屋錦之介、そして日本で唯一SFが出来る役者だった平田昭彦の3名です。正直なところ、最近の役者はどうでもいいです・・・。

 

5/9 その時、歴史が動いた「源頼朝魔法の大逆転〜富士川の戦い〜」

 今回のテーマは源氏再興のきっかけとなった源頼朝の富士川の合戦の勝利について。

 源氏の没落の原因となったのは平治の乱である。この乱において平清盛に源氏の統領であった源義朝が敗北したことから。嫡子であった頼朝は危うく殺害されるところであったが、清盛の母の取りなしもあって伊豆に流刑になったのであった。

 この流刑先で頼朝は北条政子と結婚するわけである。なお頼朝伝説ではこの時期は「源氏再興の思いを胸に秘めながら、雌伏していた時期」となるのだが、この番組の解釈はやや異なる。どうもこの時期の頼朝は、この境遇に既に安住してしまっていたのではないかとしている。実際、清盛によって幽閉された後白河法皇の子である以仁王が頼朝に決起を促す令旨が送られた時も、行動する様子はなかったという。

 しかし二ヶ月後、令旨を受け取った源氏を追悼する計画を平氏が立てているという連絡を受け、頼朝はやむなく決起する。しかし頼朝の呼びかけに応じる武士はほとんどなく、頼朝の元に集まったのはわずか40騎にすぎなかったという。この40騎で頼朝は決起するものの、平氏の軍勢に囲まれて惨敗、命からがら房総に逃れる。

 関東の武士を味方につけない限り、自身の命さえ危ない状況の中、頼朝は一世一代のはったりをかます。以仁王からの令旨に「東国各地の土地の支配権はすべて頼朝に任せる」と書かれているという嘘をついて、平氏の支配に不満を感じている東国武士の心を惹いたのである。これで頼朝の呼びかけに応じる武士が出始めた。そして転機となったのは房総に大勢力を張っていた上総広常の帰趨。平氏との関係が悪化していた彼は、平氏につくとも頼朝につくとも決心できないまま、頼朝の器量を見極めようと2万の大軍勢を従えて頼朝の元に訪れたのだが、その広常に対して頼朝は遅参に怒って一喝するという態度で迎えたとのこと。それに圧倒された広常は、頼朝は大将の器量があると考えて彼に従ったとか。

 さらに隅田川を渡河する際には、この流域を支配していた秩父平氏に対し、源氏のシンボルである白旗を大量に見せることで、かつての恩義(源義家に従って奥州征伐に従軍した際、朝廷から恩賞がもらえなかったので義家が秩父平氏に私財を与えた)を思い出させることによって味方につけたという。これによって頼朝の評判はさらに高まり、軍勢は一気に10万に膨れあがったという。

 一方、頼朝討伐を命じられた平維盛は難儀に直面していた。彼の軍勢は兵員を現地調達するよう命じられていたのだが、何の見返りもない徴兵から逃れようとする者が多く、結局は3万人程度の軍勢しか集まらなかったのだという(しかも士気は最低)。

 両者の軍勢は富士川を挟んで向かい合う。しかし頼朝の大軍に驚いた維盛の頭には、にらみ合いで引き分けに持ち込むことしか考えはなかった。この時点で両軍の士気には雲泥の差が生じており、その結果、一斉に飛び立った水鳥の羽音に驚いた平氏軍勢が総崩れで逃げ出すという結果に陥る。

 頼朝は平氏軍を追討せず、関東を固めて武士団に恩賞を与えることを優先した。このことによって彼らの間に主従関係が確立されことになったという。

 以上、源氏決起にまつわるエピソードであるが、頼朝がかなりきわどいところではったりをかましていることがよく分かる。ただ私が以前から引っかかっているのは、源氏の御曹司である頼朝にこれだけの器量が本当にあったかである。私は頼朝の背後に彼を操った参謀の存在を感じているのだが、歴史はその辺りを明らかにしていない。

 まあなんにせよ、こうして武士政権の確立にまでこぎ着ける頼朝だが、結果としては疑心暗鬼から親族衆を粛正するに至って、最終的に鎌倉幕府は北条氏に支配されることになる(この辺りはどうも漢の高祖にそっくりなのである)。この流れを考えても、やはり誰か背後にシナリオを書いた人物がいるように感じられてならないのである。 

 

5/2 その時、歴史が動いた「憲法九条平和への闘争〜1950年代改憲・護憲論〜」

 安倍晋三が憲法改定を言い出している中で、やけに微妙な問題を扱うものだと感じたが、やはりNHK的バランス感覚というか、両論併記に近い無難な形をとりつつ、憲法改正論議は必要なのではないかという政府が喜びそうな方向に微妙に誘導していたのが今回の内容。また当然ながら安倍晋三による検閲に配慮して、岸信介を持ち上げることも忘れていない。

 内容的にはさほど新しいものはない。早い話が憲法九条で戦争放棄を謳ったものの、その後のアメリカの思惑で急に再軍備を強いられたことで、憲法と実態との矛盾が生じる(憲法改正論者は、平和憲法を押しつけられたとは盛んに主張するが、なぜか再軍備を押しつれられたとは言わないのである)。そんな中、憲法改正を掲げたのが岸内閣。しかし日本が戦争に巻き込まれる可能性が増大する中で国民世論は割れ、自民党は憲法改定に必要な2/3の議席を確保することに失敗する。そこで岸は安保改訂によって憲法改定につなげようとするが、これが国民の猛反発を呼び(いわゆる「安保反対闘争」)、安保の改訂には成功するものの、総理辞任に追い込まれ、後の池田内閣は憲法改定を封印してしまったというもの。

 さて憲法改定の問題だが、国際貢献だなどと美名を掲げているが、憲法改定を言っている連中が「先の戦争は正しかった」と言っている連中と完全にかぶっていることが要注意である。これを見ると、連中が何を狙って憲法を変更しようとしているかはおのずと明らかというものである。いざドンパチが起こった時、連中は一番に逃げ出し、戦火の中で犬死にさせられるのは一般国民だと言うことを忘れないように。あの戦争において言えることは、とにかく人の命が安かったということである。そういう風に自分の命を安く差し出したい人は戦争に賛成すればよいが、私は自分の命をそんなに安くは考えていない。

 なお憲法改正というと第九条がすぐに上がるが、あの連中は九条だけでなく、むしろ基本的人権の保証などの条項に「国益に反しない限り」という制約をつけて、自分たちの利益=国益とすり替えることで、国民の基本的権利の侵害を狙っているということも忘れてはいけない視点なのだが・・・・。

 

4/25 その時、歴史が動いた「大奥華にも意地あり〜江戸城無血開城・天璋院篤姫〜」

 今回の主人公は大奥最後の実力者とも言われる天璋院篤姫。彼女が江戸城無血開城に果たした役割を紹介するという。

 彼女はそもそもは島津斉彬の養女であったのだが、13代将軍に家定が就任することになって、その後妻として指名されたのだという。しかし彼女は実は斉彬から「次期将軍に慶喜が就任できるように画策すること」を命じられていたという。またこの時に彼女に対して監視員としてつけられたのが西郷隆盛だったとか。

 そもそも家定はその能力に疑問が持たれており、斉彬は次の将軍として慶喜に期待していたらしい。しかし彼女は慶喜の将軍就任に反対の城内の空気に手を打てないまま、家定が結婚から1年半でなくなり、23才で髪をおろし天璋院と名乗ることになったという。彼女は大奥のならわしで故郷に帰ることも出来ないままその後を暮らすことになる。

 家定に代わって家茂が14大将軍に就任するが、そこに政略結婚で送られてきたのが皇女・和宮である。自分と同じ立場である和宮に同情した天璋院は、彼女が徳川の女性として生きていけるためにしきたりなどを積極的に指導していく。最初はそれに反発する和宮も、やがては彼女の立場を理解し、徳川の女性として生きていくことを選ぶ。

 しかし彼女たちに受難が訪れる。家茂は病でなくなり(和宮の結婚生活も1年半だったとか)、薩摩が朝廷を擁して倒幕に立ち上がったのである。天璋院も和宮もいわば実家に裏切れたことになる。そこで彼女達はめいめいの立場で徳川家存続のために動き始める。天璋院は江戸城退去を促す幕臣に対し、懐刀を自らに突きつけて「無理にここから追い出すのなら自害する」と言い放ったという。天璋院の肝の据わりようには勝海舟も舌を巻いたという。その一方で彼女は倒幕軍を率いていた西郷隆盛に攻撃を思いとどまり戦いを避けるようにと書状で切々と訴える。彼女を政治的に利用してきたと思っていた西郷としては、彼女の書状には胸を打たれるものがあったのではないかとしている。

 そして倒幕軍は江戸を前にして進軍を停止する。そして西郷隆盛と勝海舟の会談がなされ、江戸城は無血開城される。天璋院は千人いた奥女中達が退去していくのを見送った後、自らは身一つで江戸城を後にしたという。その後の彼女は、自分に仕えた奥女中達の再就職や縁談に奔走し、自らの生活は困窮する中で、島津からの経済援助を拒絶してあくまで徳川の女としての意地を貫いたという。48才でなくなった時には所持金は今の金額で6万円しかなかったという。

 彼女のエピソードに関しては、既に以前に和宮自体がこの番組で登場しているので、その角度を変えた焼き直しという感が強い。天璋院と和宮については、いわば嫁と姑に近い立場なので、互いにはいろいろとあっただろうが、どうも最後にはやはり似た立場の女性同士という連帯感が生じていたのも確かなようだ(嫁と姑と言うにはあまりに二人の年齢も近いし)。

 ただ和宮のエピソードの時にも書いたが、江戸城無血開城については彼女たちの活躍が影響しなかったとは言わないが、あまりに内戦が長引いて欧米列強につけ込まれてはいけないという西郷や勝の判断が大きかったのではないかと私は見ている。現実には、この時には多くのものが各々の立場で動いていたのではないか。

 で、次回は憲法についてとか。うーん、明らかに権力筋からの介入を招きそうな微妙なテーマ。実は既に安倍晋三の検閲が入っているかもしれない。

 

4/18 その時、歴史が動いた「海の関ヶ原〜村上武吉・水軍にかけた夢〜」

 戦国時代、芸予諸島の能島を根拠地としていた村上氏は瀬戸内の海賊だった。潮の流れも速く航海の難所だったこの地において、村上氏はその抜群の操船技術によって無敵を誇っていた。しかしこの村上氏の家督を継いだ村上武吉は、村上氏の内紛などを目の当たりにし、海賊の寄せ集めではなくより強固な集団に再編成する必要に迫られる。

 そこで武吉は海賊稼業をやめることにする。略奪をするのではなく、瀬戸内海を航行する船から通行料を取り、その護衛をすることで安定収入を確保することに成功する。当時、海外ともつながる交易ルートであった瀬戸内海の地理的位置付けもあり、村上氏は徐々に力をつけていく。そんな村上氏にとって転機となったのは、毛利元就と手を組んで陶晴賢を打ち破ったことであった。以降、村上氏と毛利氏は友好関係を保ちながら発展をしていく。

 しかしそんな村上武吉の前に立ちはだかったのは織田信長だった。信長の石山本願寺討伐に伴い、本願寺を援護する毛利氏の要請で武吉は信長の海軍と戦うことになる。初戦は村上水軍の巧みな操船技術や集団戦法に、焙烙による焼き討ち攻撃が功を奏し、織田海軍を散々に打ち破る。しかし二度目の戦いでは、織田軍は鉄板張りの鉄甲船を投入、村上水軍の火攻めも通用せず、大砲による奇襲攻撃で村上水軍は敗北を喫する。この敗北は村上氏を動揺させることになり、一族内から織田方に寝返るものが現れるなど、村上氏は危機を迎える。

 だが信長は中国への本格進出の前に本能寺で倒れ、村上武吉は一息つくことが出来る。しかしそのような時も長くは続かなかった。信長の後を継いだ秀吉が勢力を伸ばし、中国・四国・九州を平定してしまうのである。朝鮮出兵を考えていた秀吉は、補給路である瀬戸内海は自ら押さえるつもりであった。村上氏に対して秀吉から「通行料を取ることを禁じる」最後通牒が突きつけられる。もはや村上氏には抵抗のすべもなく、武吉は九州に引き籠もることになる。

 その後、村上一族は朝鮮出兵にもかり出されて辛酸をなめることになる。だが秀吉が亡くなったことで風向きが変わり始める。中央では家康と三成の対立が激化、ついに関ヶ原の合戦が勃発する。村上武吉は、毛利輝元が西軍の総大将になったことで、西軍に荷担して東軍を攻撃する。

 村上氏は伊勢などで東軍の後方を撹乱すると共に、瀬戸内海を確保して九州の東軍大名の補給路を断つ作戦に出た。しかし関ヶ原の合戦では東軍が勝利を収める。しかし武吉はまだ諦めていなかった。四国を押さえて瀬戸内海を完全に勢力下に治めると、まだ東軍と対抗することができると考えていた。しかし瀬戸内海平定をかけての愛媛の攻略で、敵方の降伏の計略に騙され、奇襲によって敗北、武吉の夢も費えさる。

 以上、村上水軍の栄光とその末路であった。瀬戸内に覇を唱えた村上水軍であったが、陸上の大勢力には対抗することが出来ず、ついにはその配下に収められてしまったということである。そう言えば番組でも言っていたが、信長・秀吉・家康の三人に仕えた武将は少なくないが、この三人とことごとく戦ったことのある武将というのはかなり珍しいかもしれない。

 なお芸予諸島は、実際に現地を訪れると、ここでかつて海賊が活躍していたというのは非常に理解できる。複雑な島影は船が隠れるには最適であるし、潮の流れは複雑で速いので、潮の流れを熟知しているかどうかが操船技術に関わるだろうし、ここを航海する商人などはたまらなかったろう。なお似たような地形のマラッカ海峡では、未だに海賊が暗躍しているとのことだが。 

 

4/11 その時、歴史が動いた「所得倍増の夢を追え〜高度経済成長の軌跡〜」

 最近、戦後ネタも扱うようになったこの番組だが、それにしても生々しいテーマである。

 池田内閣による所得倍増計画の立案自体は下村治というエコノミストによるものだという。戦後、荒廃しきった日本を見た大蔵官僚の下村は、焼け野原の中でもたくましく生きている日本人にまだこの国には可能性があると感じたという。

 当時の日本では都市と農村の所得の格差などの問題が発生しており、それの解決が急務となっていた。かつて日本が貧しさのために海外に富を求めたのが戦争の原因と考えていた下村は、貧困から脱出することが重要だと考えていた。

 特需景気が終わった日本では、もう経済成長は限界だと考えられていたが、ここで下村が考えた経済政策は需要でなく供給が経済成長の起爆剤になるというものだった。企業の技術開発などを促して、新たな商品が登場することで需要が喚起されるというのが彼の考えだった。そして彼は計算に基づいて、年間の成長率11%という数字をはじき出した。

 しかし彼の考えは官僚や政治家などには認められなかった。しかし彼の考えに共感を示したのが池田勇人だった。そして池田勇人が総理大臣になった時から、彼の経済政策が実施されることになる。大幅な減税などで経済を刺激したことと貿易自由化による海外との競争で、企業は設備投資や技術革新に走り、いわゆる三種の神器の登場などで、消費も拡大、日本の経済は順調に成長していった。また地方からは労働力が流入、金の卵とも呼ばれ、これが農村と都市の所得の格差の解消につながった。

 昭和39年のオリンピックの直後、池田勇人ががんに倒れ、下村の理解者はいなくなる。またこの頃に下村の政策の矛盾も発生していた。工業の成長に伴う公害や農村からの労働力の流出によって、農業の衰退も始まっていた。そしてGNPの伸び自体も低迷し始め、大型倒産なども発生するようになり、株価の下落も始まる。

 ここで下村は禁断の手を打つ。赤字国債の発行であった。戦前の経済の混乱の教訓から長らく封じられていた手だった。しかし政府のあくまでも経済成長を優先する姿勢は市場に受け入れられ、経済は再び成長局面に転じ、所得倍増計画は実現する。

 ・・・という話なんだが、どうにも所得倍増計画の正の面にばかり日が当たっているのが何とも。実際、額面の所得は倍増したが、実はこの間に物価も飛躍的に上がっているので、生活水準の向上は所得の向上と必ずしも比例はしていないという事実があるのだが・・・。

 またこの時に赤字国債という禁断の手を打った副作用は大きく、その後も経済政策を口実にして、自民党の支持基盤である土建業界への買収のために赤字国債を垂れ流した結果は、現在の財政危機に陥っているわけである。後に下村は自身の所得倍増計画の路線を捨て、江戸時代のような国家にするのが良いとしてバブル景気を批判したと言うが、彼自身には自分の経済政策の問題点もよく見えていたのだろう。ただ残念ながら、もう軌道修正が出来なくなっていたというわけである。

 今の日本に必要な経済政策は、ひたすら成長を目指すものではなく、ゼロ成長でも成立するものであるべきなのだが、その理論をキチンと構築できている者はいないようである。その挙げ句に、竹中のような日本の資産をすべてアメリカに売り渡すことを目的とするようなインチキ経済学者が政策をリードしたりする始末。こりゃ救いがない。

 

4/4 その時、歴史が動いた「謙信恐るべし」

 今回の主人公は戦国最強とも言われ、信長も恐れたという上杉謙信である。

 今でこそ日本有数の米所である越後・新潟であるが、戦国時代には湿地で耕地が限られていたため、土地を巡って豪族たちが争いを繰り返していたという。長尾景虎(後の上杉謙信)も謀反の度に命の危険に去られることになり、寺に預けられて育ったという。19才で病弱な兄から家督を譲られた謙信は、その軍事的才能によって越後の平定を行うが、彼の願望自体は越後に戦乱が亡くなることだったという。仏教に心の救いを求めた彼は、24才で無闇に人を殺さないなど5つの誓いを立てるという。彼は国を豊かにすることによって争いをなくそうと、青そという植物の繊維の普及を行い、彼は自ら京への売り込みを行ったという。それによって越後は豊かな国となる。

 しかし国が豊かになると外敵が現れる。信濃に勢力を伸ばし、越後をうかがう勢いを見せた信玄と彼は対立することになる。殺生を行わないという戒律との矛盾に悩む謙信。謙信は毘沙門天に救いを求め、私的野心ではなく義のために戦うと言うことで問題の解決を図る。私心のための戦いをしない謙信は幕府から関東管領に任命される。彼はこの後、幕府や他の領主からの要請による戦いのみをすることになる(こうして上杉謙信は義理100の武将になったわけである)。

 その間に勢力を伸ばしたのは織田信長。信長は将軍義昭を擁して京に上ると、当面の最大の敵である武田信玄を牽制するために上杉謙信と同盟を結ぶ。謙信は「室町幕府を守護する」という信長を信用する。

 しかしやがて武田信玄が死去、その直後に信長は義昭を追放、さらに浅井・朝倉を滅ぼして北陸に勢力の伸張を図る。この頃の信長は謙信と敵対することを恐れ、謙信に数々の贈り物攻勢をかける。その中の一つが現在国宝になっている洛中洛外図屏風だという。立正大学教授の黒田日出男氏の分析によると、実はこの中には謙信が描かれており、信長からの謙信への「京の支配は一緒に行いましょう」というメッセージを込めているというのである。この時点で謙信は完全に信長の術中にはまっていたという。

 しかし設楽が原の戦いで武田勝頼を破って自信を深めた信長は、謙信の周辺に調略をかけるなど、いよいよ本格的に北陸進出の野心を見せる。またその頃、追放された義昭から謙信に反信長で立つことの要請があり、信長の真意に激怒した謙信はいよいよ本格的に活動を開始、石山本願寺や毛利と結んで反信長包囲網を結成、信長に包囲されていた本願寺を支援すると共に、自身も越後を出発する。彼は越中を平定、能登の七尾城を囲む。七尾を落とされてはまずいと考えた信長は4万の主力を七尾に差し向ける。

 しかし謙信は難攻不落の七尾を怒濤の勢いで落とすと、加賀の一向宗と手を結んで信長軍を待ち受ける。また謙信は信長の鉄砲隊の弱点も見抜いていたという。上杉軍は大量の鉄砲を装備する織田軍よりは明らかに装備が劣る。それを克服する謙信の策は野戦に持ち込むことだった。上杉軍では合い言葉を徹底するなど、野戦の準備を整える。また織田軍の偵察をことごとく討ち取るなど、情報も遮断する。そして先のことが全く分からないまま手取川を越えたところに陣をひいた織田軍(背水の陣になってしまっている)に夜襲を仕掛ける。夜の闇で視界をふさがれた上に、数日来の豪雨の中、織田軍の鉄砲隊は有効に機能せず、織田軍の多くの招聘は増水した手取川に追い込まれて多くの溺死者を出す(1000人以上が戦死したとか)。戦の後、謙信は「戦ってみると信長は案外弱い」と発言したという(さすがに戦国最強、武力100の武将である)。

 信長は動揺、反信長包囲網は一気に活気づくが、そんな中で上洛準備中の謙信が突然に厠で突然に倒れる。脳卒中だったと考えられているとのこと(あまりにタイミングのの良すぎる死に、暗殺説もありますが)。これによって反信長包囲網は崩壊、信長が天下を握ることになる。

 以上、戦国最強とも言われた上杉謙信について。なお私の説明の途中で「信長の野望」のパラメータが混入しておりますが、それは機にしないでください(笑)。

 暗殺か病死かはともかくとして、この時点で謙信が倒れるということがなかったら、実際に信長の天下取りはあったかどうかは微妙なところだろう。謙信は信長が案外弱いと語ったとのことだが、そもそも尾張の兵は東国の兵などに比べると弱兵なので、対等の条件で戦うことになると弱い。だから信長は装備などに力を入れて、対等以上の条件で戦えるようにしたわけである。その信長軍が機能しない条件に持ち込んだ謙信はさすがというところ。

 それにしても信玄にしても、謙信にしても、あまりにタイミングの良いところで死にすぎているので、暗殺説は未だにあります。暗殺などでなかったのだとしたら、信長はかなり強運だったということにもなりそうですが。

 

3/14 その時、歴史が動いた「歴史の選択 邪馬台国はどこか〜近畿説vs九州説〜」

 今回はいわゆる地デジ宣伝企画。例によっての両論をぶつけてアンケートをとろうというあまり意味のない企画である。

 テーマは古代史の最大の謎となっている「邪馬台国はどこにあったか」である。諸説がある中で最も有力な九州説と近畿説を競わせている。

 まず近畿説の根拠については、奈良県の桜井市に纒向遺跡という大規模な遺跡が発見され、それが邪馬台国ではないかと考えられるということ。この遺跡からは各地の形式の土器が見つかっていることから、各地からの定住者がいたと考えられ、かなり有力な国があったと考えられることから、邪馬台国に違いないというのである。

 また邪馬台国は魏と同盟を結んでおり、その権威をバックにして日本を支配したと考えられるという。その権威の象徴が銅鏡であり、だから近畿地方を中心に銅鏡が多く分布するのだという。そしてその邪馬台国がそのまま大和朝廷につながったとしている。

 これに対して九州説の方は、吉野ヶ里遺跡こそが邪馬台国であったという考え方になる。吉野ヶ里遺跡の建物を復元してみると、物見櫓や宮殿があったと考えられ、魏志倭人伝に記述してある邪馬台国の様子に非常に一致しているのだという。

 またこの時代ぐらいから鉄器が使用されるようになったが、当時の日本では製鉄技術がなく、日本は朝鮮半島から鉄を輸入していたのだという。九州からは鉄器が多く出土しており、朝鮮半島に近い九州は最適な立地であり、邪馬台国は鉄器を元にした武力で君臨していたというものである。またこの邪馬台国が、やがて日本支配のために都合の良い東方に移動していき、それが大和朝廷につながったとしている。近畿における墳墓が西日本様式の集大成のようになっているのは、邪馬台国が移動していった証拠であるとしている。

 投票の結果は九州説の方が優勢であった。吉野ヶ里遺跡の発見後、考古学の世界でも九州説がやや優勢であることから考えると、その通りの結果になったというところだろう。ちなみに私も以前より九州説を有力と考えている。ただ邪馬台国=大和朝廷というには少々疑問を感じている。私の説は、邪馬台国はそのまま九州地方政権となり、新たに近畿の大和朝廷が別個に強大化したというものである。邪馬台国という音と大和の音が非常に似ているので、両者はつながっているという説には説得力もあるが、私は畿内の権力が強くなった後も、九州は常に独立王国的な色彩が強かったことなどから、両者は別個のものと考えているわけである。

 

3/7 その時、歴史が動いた「苦しむ患者を救いたい〜イタイイタイ病裁判・弁護士たちの闘い〜」

 今回のテーマはイタイイタイ病。日本の公害病訴訟の先駆けとなった裁判を扱っている。

 富山平野の婦中町では戦後、骨がもろくなる奇病が流行しており、全身の72ヶ所が骨折している人も出たという。この病気の原因の究明に乗り出したのが、開業医の萩野昇だった。彼の証言によると脈をとるために手首を取っただけで骨が折れたとのこと。この病気は大正時代から発生していたが、原因不明の風土病とされていた。

 萩野は彼は患者の住所を地図に記録したところ、患者の発生地域が神通川流域に集中しているのは明らかだった。彼は神通川を遡ったところにある三井金属神岡鉱業所に注目、この鉱山の廃水が原因ではないかと考えた。神岡鉱業所では明治時代から亜鉛や鉛を大量生産していたが、その排水はほとんど処理されないながら垂れ流しされていた。萩野は患者の調査の結果、カドミウムが大量に蓄積してることを確認、イタイイタイ病はカドミウムを含む排水によるものだと結論づけて学会発表を行う。しかし彼の発表は他の学者からは冷淡にあしらわれる。

 しかし彼の発表に注目した人物がいた。地元の農家の小松義久である。彼は祖母をこの病気で失い、母もこの病気で苦しんでいた。彼は被害者たちに立ち上がることを呼びかけるが、米が売れなくなると尻込みする人々が多く、彼の説得は難航した。しかし彼は一軒一軒必死で説得(時には力づくで追い返されたこともあるという)、1966年に被害者団体であるイタイイタイ病対策協議会結成にこぎ着ける。その半年後、彼ら30人が神岡鉱業所に直接交渉に向かうが、彼らは警察によって身元確認された挙げ句に、長時間待たされて現れた職員にこう言われる「公の機関が多少なりとも三井に責任があるかのようにおっしゃいますれば、こんな遠いところへ、しかも暑い中をおいでにならなくても、私の方から補償に参じます。逃げも隠れもしないです。天下の三井でございます。」

 つまり丁重に門前払いされたと言うことである。この職員の発言には「天下の三井」の責任を国が認めることなどあり得ないという高をくくった態度が露骨に現れている(三井は戦争遂行の国策に従った会社であったわけだから)。

 翌年、窮地に陥った小松の元を地元出身で東京で弁護士をしている島林樹が訪れる。彼は弁護士になってまだ1年あまりだったが、それでも患者たちの手助けをしたいと申し出たのだった。彼は小松の呼びかけで集まった患者たちに「こんなひどい公害を許してはいけません。裁判で闘いましょう。」と呼びかける。彼は弁護士仲間にも協力を呼びかける。それに応じて全国の若手弁護士が手弁当で結集、20人の弁護士が協力することになる。

 1968年、若手弁護士たちと被害者たちとの初めての会合が行われる。しかし患者たちからは「大企業相手の裁判では勝ち目がない。」「莫大な費用がかかるのではないか。」「裁判が長引いて患者は全員死んでしまうのではないか。」と反発の声が上がる。ここで小松が口を開く「地元でも、米が売れなくなるとか嫁が来なくなるとかいう抵抗は根強い。万一、三井との裁判に敗れることがあれば、地元にいることは出来ないでしょう。そうなれば、先祖代々の戸籍を持って町を出なくてはならない。でも子供や孫の将来のためです。今、私どもがやるしかないでしょう。」。小松の固い決意が会場の空気を一変させる。こうして患者と遺族が原告となって損害賠償請求訴訟が行われることが決定、弁護士たちもイタイイタイ病訴訟弁護団を結成する。

 しかし訴訟には大きな壁があった。損害賠償を請求するための民法709条では、神尾鉱業所がカドミウム流したことが故意か過失まで立証する必要があることになっていたのだが、その証拠資料は神岡鉱業所が持っており、実証は事実上困難だった。苦しんだ島林は一つの条文を発見する。それが鉱業法109条だった。そこには鉱業廃水で損害を与えた時は、鉱業権者が賠償するようにとの鬼才があった。彼は農業や漁業補償のためのこの条文を、健康被害への賠償に適用することを考えた。

 ただそれでも因果関係の照明は必要だった。しかしカドミウムの人体への影響を立証するとなると、裁判の長期化は必至だった。弁護団はイタイイタイ病が神通川の流域だけで発症していること、その神通川の水が神岡鉱業所の排水で汚染されていることに絞って立証することにする。こうして1968年3月9日に富山地方裁判所に提訴される。

 平均年齢37才という原告側弁護団に対し、三井側弁護団は三井三池炭坑争議の弁護団長や元名古屋高裁長官などそうそうたる布陣であった。裁判開始から三井側弁護士はカドミウム説を否定すると共に、証拠調べも拒んで引き延ばしを図る。これに対して原告側弁護団は現場検証を求め、ようやく半年後に実施される。しかしその時も亜鉛集積所での検証が拒否されるなど、原告側の思惑通りには進まなかった。しかも訴訟費用が底をつく。そこで裁判費用支払いの猶予を受ける訴訟救助を弁護士たちは思いつく。しかし訴訟救助を受けるには生活保護を受けるほどの資産がない場合に限られていた。しかし被害者には農地も家もある。悩んだ弁護団は被害者は三井と比較すると相対的に資産が少ないという論をひねり出し、裁判所も全員に訴訟救助を認める。社会の空気が変わりつつあったのだ。実際に婦中町議会では全会一致で町費から100万円の助成金を出すことを決めた。これに対して工業化に熱心だった富山県から横槍が入るが、世論が原告団に味方し、富山県のほとんどの市町村が裁判支援を決議する。

 1969年、証人尋問が開始される。原告側証人と被告側証人の意見は真っ向から対立(当然ではある)、しかし患者の証言などもあり、被告側は徐々に追い込まれていく。追いつめられた被告側は、第三者による科学的な鑑定を求め、裁判の引き延ばしを図る。しかし既に21人の原告が亡くなっていた。これ以上の引き延ばしはできない。島林らは早く結審することを訴える。

 1970年、公害裁判に対して最高裁でも動きが現れる。今後の公害裁判に対し、加害企業に立証責任を負わせること、訴訟救助の適用で原告を保護する必要があることを打ち出す。こうして三井側の申請は却下され、1971年6月30日に原告勝訴の判決が出される。日本の公害裁判において原告側が初めて勝訴した画期的判決だった。三井側は即日控訴するが、翌年の控訴審でも原告側が勝訴、判決は確定する。この判決の後、水俣病訴訟や四日市ぜんそく裁判などで原告が勝利する。

 日本の公害訴訟において画期的な事件となったイタイイタイ病訴訟のエピソードである。この判決が画期となって、日本の企業も環境問題を考えないといけなくなり、それが今日の日本企業の環境技術の高さにつながり、それが今後の日本の競争力の高さにもつながっていることを考えると、この判決は目先の金のことしか考えない守銭奴(某経済団体の便所会長のような人物)には日本の企業にとって好ましくないように感じられたかもしれないが、実際は長期的に見た場合に日本の企業にとっても好ましいものであったのは明らかなのである。現に番組でもエピローグとして、その後の神岡鉱業所がいかにして地元の人々と協力しながら被害補償に取り組んだかを紹介している。

 ところでこの番組では以前より「プロジェクトX」的なものをやりたいという意志がにじんでいたが、今回などはまさしくプロジェクトXそのものであった。ネタ自体も戦後のものであるし、当時に関わった人物を中心に、本人の証言も交えながらの構成など、まさにプロジェクトXそのものであった(むしろ、なぜプロジェクトXでこのネタを扱っていなかったのかが奇妙なのだが)。その結果として、いかにもこの番組らしく演出は抑えめであったにもかかわらず、この番組には珍しいほどの「熱い」話になっていたようである。実をいうと、私も不覚にも涙がにじんだのである。

 

2/28 その時、歴史が動いた「天下は我が掌中にあり〜黒田如水・もうひとつの関ヶ原〜」

 豊臣秀吉の軍師として彼の天下取りに貢献した黒田如水(官兵衛)。しかし彼は実は天下分け目の関ヶ原の裏で、天下取りを狙ったと言われている。今回はそのエピソード。

 黒田官兵衛は播磨の小寺氏の家臣だった。当時の小寺氏は織田と毛利に挟まれて存亡の危機に瀕していた。切れ者で知られる官兵衛は、信長が天下をとると睨んで信長につくことを主君に勧め、小寺氏は信長につくことになる。彼はこの時に毛利攻めに派遣された秀吉と出会う。官兵衛は秀吉の要請を受け、播磨地域の豪族たちの説得工作にあたり、多くを信長方につけることに成功する。

 しかし1578年、官兵衛の主君の小寺氏が突然に毛利方に寝返ることを決意、再び織田方につくよう主君を説得した彼は、毛利派の家臣によって幽閉されてしまう。彼の幽閉は1年に及び、織田軍に救出された時には半死半生の状態だった。そうして救出された官兵衛は秀吉の家臣となる。そして官兵衛は秀吉の元で頭角を現し、本能寺の変では秀吉の中国大返しを仕掛け、ついには秀吉を天下人にする。

 官兵衛は秀吉の九州討伐にも参加、そこに息子の長政を同行させる。ただし勇猛果敢に戦果を上げる長政に対して官兵衛は、匹夫の勇で大将の道ではないと批判したという。官兵衛は巧みな調略で九州の豪族を味方につけ、秀吉の九州平定のお膳立てをする。

 九州平定に多大な功績をあげた官兵衛。しかし彼に与えられた恩賞は豊前の18万石にすぎなかった。この頃から既に秀吉は官兵衛の才能に脅威を感じ、自分を脅かすのではないかと警戒を始めていた。そのことを知って愕然とした官兵衛は、1589年に家督を長政に譲り、自身は豊前に隠居する。この時から官兵衛は如水と名乗ることになった。

 しかし1598年に秀吉が死去した後、天下は大きく動き始める。家康は勢力を強め、それを牽制しようとする三成と対立する。これを見た如水は、近畿との間の情報網を整備して、しきりに情報を入手し始める。実は彼は天下を狙っていたのだという。如水の戦略は、家康と三成の対立でほとんどの大名が出征した後の九州を平定、その兵力を率いて中国を平定しながらさらに軍勢を増やし、そのまま長い戦いで疲弊している関ヶ原の勝者(如水は家康が勝つと見ていた)を倒し、天下を手に入れるという作戦だった。

 如水は家康に警戒心を抱かせぬため、5000の兵を与えて息子の長政を家康の元に送り、自身は金で雇った農民たちを含む9000の兵で隣国の攻略を開始する。そして攻略した兵を次々と吸収しながら、軍勢を膨らませていった。しかし如水が愕然とする情報が飛び込む。長期戦になると見ていた関ヶ原の合戦が、なんと半日で決着がついてしまったのである。しかも皮肉なことに、東軍の勝利に貢献したのは息子の長政だった。悔しがる如水だが、こうなると東軍に味方をしているふりをしながら、早急に九州を平定して兵力を整えるしかなかった。そこで彼は急いで九州を攻略、島津の攻略を残すのみとなる。この時には既に如水の軍勢は3万に膨らんでいた。しかし島津攻めを始めようとした時、1600年11月12日、家康からの進軍を止めるようにとの書状が届く。家康は如水の動きに危険なものを感じていたのだった。ことここに及び、如水はもう勝敗が決したことを悟らざるを得なくなる。

 この後、如水は真の隠居生活に入り、二度と戦場に立つことはなかったという。

 黒田如水の最後の大勝負の話。ただ関ヶ原の戦いが長期化すると見て、裏で怪しい動きをしていたのは何も如水に限った話ではない。東北では伊達政宗が如水と全く同じようなことを考えて実行していた。だからもし関ヶ原の合戦が如水のもくろみのように長期化していたとしたら、三成と家康は混乱の中で倒され、九州から攻め上った如水と、東北から攻め下ってきた伊達政宗との間で第二次関ヶ原の合戦が行われていた可能性もあるわけである。そうなったとしたら先の歴史は全く予想できない。両者の対決が早期に決着がつかず、長引くようなことになると、各地で不穏な動きが出てきて結果としては戦国時代第二弾が訪れるという可能性もある。

 ただし実際のところは、このような動きがあることは当然ながら家康も察知しており、そのために短期決戦になるように誘導していたわけである。結局のところ水面下での腹のさぐり合いでは、結果として勝利をおさめた家康が一番したたかだったと言うことか。

 

2/21 その時、歴史が動いた「鉄は国家なり〜技術立国 日本のあけぼの〜」

 今回のテーマは製鉄。日本が鉄道レールを完全国産化に至るまでの話とか。なんか地味。

 明治時代より日本において鉄の国産化は急務であった。そこで1880年に官営釜石製鉄所が作られるが、燃料が近くに存在しない上に、設備と技術がすべてイギリスからの輸入だったため、操業がうまく行かず、2年で閉鎖の憂き目にあう。しかし産業の発展と共に鉄の輸入は増加し、国家財政が危機的状態になり、やはり鉄の国産化は重要であるとして、改めて製鉄所建設のための委員会が設置される。議員などがメンバーを占める中で唯一の近代製鉄の専門家として参加したのが、帝国大学工学部教授の野呂景義だった。

 一刻も早い製鉄所の建設を求める政府に対して、野呂は失敗の原因を徹底的に究明することからはじめることを訴える。2年間釜石に通い続けた彼は、原料調査を行っていない、海外技術に手を加えずにそのまま導入したことなどが失敗の原因として、最初は小規模に導入して、徐々に規模を拡大することで技術力を上げていくことを主張した。

 1901年、八幡に官営製鉄所が建設された。しかしそこに野呂の姿はなかった。鉄の増産を急ぐ政府は、大規模な製鉄所の建設をいきなりはじめ、政府の方針と対立した野呂は既に去っていた。この製鉄所では野呂の弟子達が苦戦することになる。いきなり製鉄所はその生産能力の1/10も生産できなかったのだった。そして相次ぐトラブルで1902年には高炉の停止が命じられる羽目になる。

 しかし1904年に日露戦争が勃発し、鉄の確保のために高炉の再開が命じられる。しかしやはり鉄はとれなかった。野呂の弟子達は野呂に助けを求める。彼らから細かく事情を聞いた野呂は、国産コークスがもろくて高炉中で壊れてしまうことが原因だと分析する。彼は国産コークスの特性に合わせて炉を改良、ようやく銑鉄の取り出しに成功する。野呂は徹底して原因を究明して対策を打つという、技術者としての重要な姿勢を弟子達に伝えたのだった。

 そうして製鉄が軌道に乗ったと思われた大正時代、思わぬ事態が発生する。国産レールの破損事件が多発したのだった。この時には既に野呂はこの世になく、原因究明に当たったのは野呂の弟子達だった。その中でも研究員の児玉晋匡は全国の現場をくまなく回り、寒冷地で破損が多いこと、イギリス製のレールがぬきんでて破損が少ないことなどを明らかにする。イギリス製レールと国産レールの徹底的な比較分析が行われ、国産レールには内部に不純物の層があり、そこが破損の原因になっていることが明らかになる。そして日本向けの新しいレールの規格が制定され、世界でもトップクラスのレールが開発され、1930年に海外からのレールの輸入がすべて停止され、国産レールのみでまかなわれるようになったのである。

 うーん、やはりネタとして地味。なおこの番組の場合、こういう技術系のネタの時は、以前なら露骨にプロジェクトXを意識した構成になっていたが、今回は演出にそのような影はなかった。NHK全体がプロジェクトXの呪縛から逃れたという象徴だろうか。

 なおこの時に製鉄は完全に国産化されたような印象を受けるが、実際はまだまだ鉄の輸入は多く、第二次大戦開戦の決定的要因の一つは、アメリカからくず鉄の輸出を禁止されたことにあったりするのである・・・・。技術力開発に力を入れながらも、常に資源小国の悲哀を味わっているのは日本の宿命のようなものでもあるのである。

 

2/14 その時、歴史が動いた「中国と国交を回復せよ〜足利義満の日明外交〜」

 室町時代、三代将軍に就任したのが足利義満だが、彼が将軍に就任した時はまだ南北朝の動乱期であった。そんな時、彼は衝撃の知らせを受け取る。南朝の後醍醐天皇の皇子であり当時九州で勢力を誇っていた懐良親王に、明から日本国王として任じる使者が送られていたのだった。南朝と明が軍事力で結ぶことを恐れた義満は、早速明へと使者を送ることを考える。

 しかし幕府内では義満に反対する声が強かった。未だに蒙古襲来の記憶の残る幕府には、中国に対する不信感が強かったのである。しかし義満はその反対を押し切る形で明への使者を送る。しかしその結果は惨憺たるものだった。日本国王である天皇の臣下である義満には交渉の資格がないとして門前払いを食らったのである。

 その6年後の1380年、義満は再び明に使者を送るが、またも拒絶される。義満が中国の皇帝に対しての臣下の礼をとっていないということが理由だった。これには幕府側も憤る。ここに来てこのままでは埒があかないと考えた義満は、まず国内を固めることに専念する。そして1392年、ようやく南北朝の統一に成功する。

 こうして国内を固めた義満だが、明との国交回復は諦めていなかった。当時の日本では宋の銅銭が普及していたが、国交の途絶で銅銭の供給が絶え、日本国内がデフレ状態になっていたのだった(日本独自の銭を鋳造すれば良いような気もするのだが、国産の銭を作っても当時の国際通貨である中国銭よりも信用が低くて使い物にならなかったかのだろう)。

 だが義満はあえて急がなかった。まず朝廷から准三后という皇族に匹敵する地位を取得すると、息子の義持に将軍位を譲り、天皇の臣下という立場を脱する。そして京の北山に、将来の明からの使者を招致することを想定した政治と外交の舞台を建設する。この中の迎賓館として建築されたのが金閣である(この工事には当時の金で400億円かかったことになるとか)。

 しかし義満の努力を無にする事件が発生する。中国で皇帝の側近が謀反を起こし、その裏で日本の関与があると疑われたのである。義満にとっては全くあずかり知らぬ事件であったが、これで国交回復は暗礁に乗り上げる。

 義満は情報を集めながらじっくりと時期を待つことにする。そしてその時期が到来した。明で皇位継承争いが起こったという情報が入ったのだった。明の皇帝も今なら味方となる国を求めていると考えた義満は、そっそく使者を送る。こうして1401年、3度目の使者が送られたのだった。義満は使者に多くの貢ぎ物を持たせ、義満自身もあえて臣下の礼をとった。1402年、義満の願いが叶って明からの国書を携えた使者がやって来る。こうして日本と中国の国交が回復されたのだ。

 この後、日本と明の貿易は盛んとなり、明の銭も流入、幕府の財政基盤も大いに強化されたという。明の皇帝に対してあえて臣下の礼をとった義満は、名を捨てて実を取ったのである。

 なかなかにしたたかな外交駆け引きの話であるが、日本と中国の関係については大体古代から一貫しているのは、日本は中国のプライドをくすぐっておいて、実利の方をしっかり取るというパターンである。義満にしても「頭を下げるだけならただ」という計算があったように思われる。なお今の日米関係を見れば、高圧的に出られた上に実利も向こうに取られているのだから、ある意味古代の外交の方がよほどうまかったようにさえ見える。いつから日本はこんなに外交下手になったのだろうか。まあ指導者の資質が悪くなったというべきかもしれないが。

 なお日本と中国との国同士の正式な国交は894年の遣唐使廃止以来絶えた状態とのことだったが、この間も民間ベースでの貿易などは常に行われていたという。確かに平清盛なども宋と貿易をしていたはずである。なんだかんだ言っても、中国と日本は関わり合いなしにはすまないわけである。

 

2/7 その時、歴史が動いた「完成・戦国最強軍団〜武田信玄・苦悩の生涯〜」

 今回のテーマは武田信玄。この番組によくある大河ドラマ連携企画でもある。

 武田信玄は「人は城、人は石垣」などと言い残しているが、実は武田家臣団は決して一枚岩ではなく、それを結束させるために信玄は非常に苦労していたというエピソードのようである。

 武田家ではそもそも家臣の力が強く、信虎はそれを抑えるために圧政を敷いた。それに対して反発した家臣団は、放蕩三昧で御しやすいと考えた信玄を担ぎ、信虎を追放した。こうして当主となった信玄だが、その行動は改まらず、それを好機と見た隣国に攻められて領土の一部を失ってしまう。これに危機感を感じた家臣団は内紛で揺れる諏訪に攻め込み、11日で勝利をおさめる。信玄は諏訪市の娘に熱を上げるが、家臣は諏訪氏に諏訪を乗っ取られるとそれに反対する。その時に信玄に味方したのが山本勘助だったという。

 その後も信玄の家臣団への統制はなかなかとれなかったという。悩む信玄に助言したのが山本勘助で、彼は信玄に甲州法度の制定を働きかけたという。しかしながらこの甲州法度もまだ家臣へ受け入れられなかった。そしてその家臣団の統制の弱さが露呈したのが、信濃の村上氏との衝突だった。功を焦って深く切り込みすぎた家臣達は村上氏の反撃で兵の1割を失う完敗に終わる。

 家督を継いで8年後、信玄が勘助に家臣の統率術を訪ねた。その時に勘助が答えたのが、戦を続けて領土を獲得し、その土地を家臣に与えることだということだったという。またどうすれば合戦に勝てるかについては、1に計略、2に布陣、3に情報の見極めただと答えたとのこと。これを聞いた信玄は、村上氏の家臣の一部を寝返らせる謀略を行ってから村上氏を奇襲、その領土を手に入れ。それを家臣に積極的に分配する。このことによって信玄を敬う家臣が増えだしたという。

 しかしその信玄の前に立ちはだかったのが上杉謙信だった。結局は合戦は5度にも及び、その中で最も激しかった4回目の戦いで山本勘助も戦死している。だがこの合戦は家臣団の結束を固める効果も上げた。武田の本陣が危うくなったとき、自らの命をかけて信玄を救おうとする家臣達がそこにあった。

 その後、情勢の変化が起こる。今川義元が討たれたことで今川氏が弱体化したのだった。信玄は今川領への侵攻を計画するが、これがまた家臣団の内紛を招いた。今川氏の娘を妻にしている嫡男の義信が今川攻めに反対、それに同調する家臣の一部と、信玄の追放を計画したのだった。信玄は義信に同調した家臣を厳しく処分し、義信を幽閉した。しかしそれでも火種は消えず、信玄は義信を反逆者として処分するという苦渋の選択を迫られる。

 我が子までも手にかけ今川領を手に入れた信玄はいよいよ京への上洛を目指す、そこに立ちはだかったのが徳川家康だった。浜松城に立て籠もる家康は信玄にとっては目障りな相手だった。城攻めを行えば兵を消耗するし、無視して進軍すれば背後を突かれる恐れがある。そこで信玄は大胆にも徳川軍を三方原に引き出す策に出る。武田軍の背後を突いたつもりで進撃してきた徳川軍は、突然反転して魚鱗の陣で攻勢をかけてくる武田軍の前に惨敗する。武田家臣団の結束がなさせた業だった。

 以上、世間で思われているほど武田軍の結束は絶対的ではなく、信玄も結構綱渡りの状態だったというのが今回のテーマ。ただ何もこれは武田家に限った話でなく、どこの戦国大名でも似たような状況だったと思われる。当時の大名は、決して専制君主なわけではなく、豪族連合に担がれた首長というのが実態だったのではなかろうか。だから家臣の方が実力が上になって乗っ取られてしまった例もよくあるし、君主の器量のなさに愛想を尽かした家臣団が離反してしまったという例も少なくはなかった。結局はこの時代の良い君主とは、領土を広げて恩賞をくれる人物であるわけだから、必然的に戦国大名は領土拡大のための戦いに明け暮れなければならなかったわけである。武士といえば主君のために命をかけてなどと思われているが、そんな価値観が固定化されたのは江戸時代以降のことで、この時代の武士はもっと現実的でドライである。なお武田家はこの後、息子の勝頼の代で滅亡しているが、勝頼の最後も家臣に裏切られたことによるものであった。

 この時代に大名をするのは、今の時代に会社の社長をするのなんかよりも、はるかに大変だったということである。今の財界を見渡しても、これが戦国時代なら当に家臣に追放されていそうな経営者が多い。少なくとも「サービス残業合法化法案」なんかを与党に裏で働きかけて通そうとするような輩など、この時代ならとうの昔に追放されているか寝首をかかれているだろう。

 なおこれは余談だが、今回の映像、随所にかつての大河ドラマ「武田信玄」(中井貴一主演のやつ)の映像が使われていたようだ。現在の大河ドラマはまだここまで撮影が進んでいないだろうから。こういう使い回しが多いのもこの番組の特徴。ちなみに今回は大河ドラマを意識して、山本勘助の存在をかなりクローズアップさせているが、それでもこの程度なんですよね。実のところ、山本勘助という人物は、歴史上で見てみると特にこれということをしていないといわざるを得ないと思うのですが・・・。

 

1/31 その時、歴史が動いた「東京オリンピックへの道〜平和の聖火 アジア横断リレー〜」

 ヒトラーによる国威発揚に利用されたベルリンオリンピック。その時に日本の水泳チームを率いて参加していたのが、田畑政治だった。彼は日本でもベルリンに負けないオリンピックを開催しようと企画、東京が次回のオリンピックの開催地として決定される。しかし日中戦争の激化と共に不参加を表明する国が続出、結局は東京オリンピックは幻と終わる。またこの戦争で田畑は多くの教え子を失い、スポーツを愛国心高揚に使用することの愚かさに気づく。

 戦後、国際社会に復帰しようとしていた日本だが、ロンドンオリンピックへの参加は拒否される。イギリスは日本に対する敵対心を捨てていなかった。しかし次のヘルシンキオリンピックには日本の参加が許される。しかし田畑がそこで見たのは、東西冷戦がオリンピックに持ち込まれている姿だった。日本は西側陣営の一員として、東西対立の中で参加を許可されたのである。田畑に複雑な思いがよぎる。

 またフィリピンで開催されたアジア大会では、日本を取り巻く厳しい現実を見せつけられる。日本の選手には観客から罵声が浴びせられ、石が投げられた。アジアの国は日本による侵略の痛みを忘れていなかった。

 田畑はそんな中、真に平和国家として日本が生まれ変わったことを伝えようと、日本でオリンピックを開催することを計画する。しかし未だ復興途上にある日本で、オリンピック開催は不可能であると当時の岸首相は反対する。そこで田畑はオリンピックがもたらす経済効果をアピール、ようやく国もオリンピック誘致へと動き始める。

 そうして東京オリンピックの開催が決定された。ここで田畑はもう一つの計画を進める。それは聖火をアジアの国々巡ってリレーすることだった。これはかつて日本が侵略した国々に、日本が真に平和国家となったことをアピールすることだった。かつては罵声で浴びせたアジアの人々が、聖火リレーには歓声を上げた。そしてアジアを巡った聖火は、最後に広島で原爆の日に生まれた選手によって聖火台へと点された。こうして東京オリンピックは平和の祭典として開催されたのだった。

 スポーツと平和の問題について考えさせる内容・・・なのだが、あまりに簡略化しすぎていて、肝心の部分が抜けているように思える。実際はアジアの対日感情が、単にオリンピックの聖火リレーだけで改善したなんて単純なものではないはずなのだが、その辺の背景が完全に抜け落ちているので、どうにも唐突な印象を受ける。

 それに現在のオリンピックは決して美しいものではなく、金と薬の祭典にまで堕落してしまっている。個人的には、もう既にオリンピックは使命を終えてしまっているように思えてならないのであるが。

 

1/24 その時、歴史が動いた「それでも民は祈り続けた〜島原の乱・キリシタンの悲劇〜」

 島原の乱の原因については諸説ある。純粋にキリスト教信仰を守るためのものだったという解釈から、キリスト教はあくまできっかけであって、実は領主の苛政に対する蜂起、土一揆の拡大版であったという解釈、また幕府に対する不満から端を発した世直し一揆的なものなどという解釈があるが、今回の解釈はキリスト教信仰が一番重要な要素であったというもの。なんか内容が私が最近読んだ本のものに近いなと感じていたら、ゲストはまさに私が読んだ本の著者の神田千里氏であった。

 江戸幕府が成立した年、島原の地域は領主の有馬氏がキリシタンで、キリスト教を保護したことから領民のほとんどはキリスト教に帰依していた。しかしキリシタンは寺社を焼き払うなどの他宗に対する過激な攻撃を行っていた。

 そのようなキリシタンに警戒心を抱いたのが家康であった。また彼にはプロテスタント国であるオランダの国王から、カトリック国のスペインとポルトガルが日本で宗教内乱を起こして侵略を目論んでいるとの国書が届けられていた。実際、イエズス会には日本の宣教師から「日本の征服が可能」と伝える文書が残っているという。

 そして1612年、有馬氏が密かに領地の拡大を目論んでいたとして処刑され、1614年には禁教令が布告、宣教師達は国外へ追放される。有馬氏に代わって島原を治めることになった松田氏は、キリシタンを徹底的に弾圧、多くのキリシタンが改宗させられることとなる。

 しかし密かに信仰を続ける人々もいた。彼らが拠り所としていたのは、ローマ教皇からの援軍を送ることを約束する手紙だった。1637年、3年連続の飢饉にもかかわらず過酷な税の取り立てで苦しむ人々が、次々にキリシタンへの回帰を宣言し始める。彼らの間ではやがて天人が現れるという伝説が広がっており、天草四郎こそがその天人として祭り上げられる。このことによって、ほとんどの村人がキリシタンへと回帰することとなった。

 キリシタンへ回帰した村人達は武装蜂起、島原藩では対応が不能になり、一揆勢は島原城まで押しかけた。この乱に懸念を感じた将軍の家光は3万7千の一揆軍に対して、12万の軍勢を送り込む。幕府軍の襲来を知った一揆勢は原城に立て籠もって、カトリック教国の援軍を待つ戦略に出る。

 幕府軍は最初は力押しで攻撃をかけるが、信仰で結束する一揆勢は手強く、多大な損害を出す。そこに新たな指揮官として到着したのが、老中の松平伊豆守信綱、知恵伊豆とも呼ばれる切れ者だった。彼は城内に「キリシタンになったことを悔いて投降する者は許す」という矢文を打ち込ませ切り崩しを図るが、それに対して一揆勢は「神に対して命を捧げる覚悟」との矢文を打ち返してき、信綱は一揆勢の信仰の固さを思い知る。

 しかし一揆勢の待ち望む援軍は来なかった。援軍を送ろうにも禁教下の日本には宣教師達が上陸することさえ不可能だったのだ。また信綱は一揆勢の意志を挫くために、オランダに依頼してオランダ船による砲撃を行わせる。味方と信じていた外国船からの攻撃に、一揆勢に動揺が広がる。

 籠城から3ヶ月、一揆軍の結束にかげりが見られるようになった頃、幕府軍は総攻撃に出る。もはや一揆勢には抵抗する力はなく、キリシタン達はなで切りにされ、天草四郎も二の丸で命を落とす。幕府は一揆勢の死体ごと原城を埋めてしまい、まさに乱を封印してしまう。その後、さらに禁教令は徹底され、踏み絵を使った宗門改めも導入されるようになる。

 以上、島原の乱はあくまで信仰が中心であったという話。ただ信仰が中心であったが、飢饉によって追いつめられて、藁をもつかむ思いで信仰にすがろうとしていた事情もかいま見える。また宣教師が日本征服の野心を持っていたということについては、濡れ衣だという意見もあるようであるが、今回の番組ではその野心があったことをはっきりと認めており、これは私も全く同感である。実際、日本に布教を行ったイエズス会は、戦う宣教師軍団とも言われており、彼らが布教を行った地域にはやがて侵略軍がやって来ているし、宣教師自らも先頭に立って戦っているのである。だからあの時点で家康が禁教令を布告したのには、合理的理由はあったわけである(何もキリシタンに対する過酷な弾圧を正当化するつもりは毛頭ないが)。

 なお番組ではキリシタン達は最後まで信仰のためにほとんどが玉砕したかのように描かれているが、投降しようとして捕らえられたという山田右衛門作に限らず、実際には結構落伍者はいたということが神田氏の著書にも記されている。その辺りが、単純に信仰だけのものではなくて、土一揆の性質があると言われる理由でもあるのだが。まあ私には、追いつめられすぎて村人が破れかぶれになった面が強いように思われ、結局は島原藩の失政が原因としか考えられないが。

 

1/10 その時、歴史が動いた「戦国の剣豪、太平を築く〜柳生宗矩・「活人剣」の真実〜」

 今回の主人公は、幕府の剣の指南役として知られている柳生宗矩が主人公。

 柳生一族はそもそも柳生の里を根拠地とした豪族で、宗矩の父・石舟斎が築いた独自の剣の流派が柳生心影流で、石舟斎は剣の達人として知られていた。しかし既に戦国も末期に近づくこの時代では、合戦の主役は鉄砲・弓・槍などの遠距離兵器であり、剣の出番はあまりなくなっていた。しかも柳生の地は交通の要衝のために、他の豪族からの干渉が強く、生き残りのために諜報技術に通じることになる(伊賀との姻戚関係もあったという)。

 しかし豊臣秀吉が天下を統一した後、太閤検地にあたって領土を誤魔化していたとして領土没収の憂き目にあう(交通の要衝だけに、秀吉が因縁をつけたのではないかと推測するが)。

 9年後、没落に貧していた柳生家にチャンスが訪れる。家康に剣を指南したことで、宗矩が召し抱えられることになったのである。そして関ヶ原の合戦。宗矩は家康から、石田方の内部調査と後方攪乱を命じられる。家康は柳生家の剣の腕よりも、諜報活動の技を買っていたのだった。宗矩はその功で柳生の領地を再び与えられるが、宗矩にとっては複雑な心境であった。

 その後も宗矩は諜報活動の面で家康に貢献することになる。大坂の陣では豊臣方の内部情報を探り、幕府成立後は各大名の動向を探った。柳生家は表向きは公儀の指南役ということになっていたので、各大名に門弟が召し抱えられていたが、彼らがいわゆる諜報員だったのだという。

 しかし宗矩は釈然としない気持ちを捨てきれなかったという。しかも友人であった坂崎成正が謀反を起こした際、彼は秀忠の指示で仲介工作を行い、成正が切腹したら坂崎家は取りつぶしを免れるということで説得したのだが、幕府側は最初から坂崎家を取りつぶす気であり結果として友人を欺いてしまうことになる。宗矩の絶望感は強まっていく。

 そんな宗矩に転機が訪れたのは禅僧・沢庵との出会いである。彼は宗矩に「こだわらぬ心こそ動かぬ心」ということを伝え、目先のことにこだわらずにより大きく物事を見ることを教える。これで宗矩は剣の道と人生を重ね合わせることになる。

 その頃、宗矩は家光に剣を教えるようになる。宗矩は剣を通して家光に生き方を指導していくことになる。その時に彼が家光のために記したのが兵法家伝書で、そこには「人を殺す刀を人を活かす剣」にすることを記している。彼は家光に、悲惨な戦乱が二度と起こらない世の中を作る重要性を訴えていたのだという。そして家光は太平の世を目指すための「武家諸法度」を発する。

 剣の道と太平の世で板挟みになった剣豪の話。実際、太平の世になって行き場をなくした剣豪は多く、宮本武蔵などもその一人である。宗矩は途中で思考を切り替えたようだが、それが出来ずに時代の狭間に消えていった者も多いし、中にももう一度戦乱を起こそうとしたはた迷惑な奴もいる。同様のことは今の世でも、内線が治まった後の軍人などに起こることが多い。どうしても軍人という存在自体が戦を好むというのは否定できないようで、軍が強すぎるアメリカが未だになんだかんだと戦争をしたがるのも同じである。

 ただ、宗矩が諜報に対して釈然としないものを感じていたのは分からなくもない。実際、柳生家はそっちの活動に従事していたことは結構知られているので、今でも創作の世界などでは悪の黒幕的な描かれ方をされることが多いから(「子連れ狼」などではもろに敵役でした)。大体、CIAやKGBの長官なんて、どうしたってあまり良いイメージはないから。今回の番組を見てても、宗矩は家光の弟を追い落とす工作をしてたりするわけだし・・・・。

 

12/20 その時、歴史が動いた「母の灯火 小さき者を照らして〜石井筆子・知的障害者教育の道〜」

 明治時代、鹿鳴館の華と言われた美しい貴婦人がいた。長崎の名家で生まれ、高級官僚に嫁いだ小鹿島(石井)筆子だった。フランス留学経験もあり、津田梅子と共に華族女学校の教師も務める才女である彼女は、世間の羨望の的だった。

 しかし明治19年に彼女が娘を授かった後、彼女の運命は暗転する。彼女の生んだ長女・幸子に知的障害があることが明らかになったのである。さらに次女は幼くして亡くなり、三女も発達に遅れがあった。新聞はかつての鹿鳴館の華の彼女のことを「憐れ」と書き立てる。富国強兵策のまっさなかの当時の日本では、兵隊にもなれず働きも出来ない知的障害者は差別の対象となっていた。彼女は信仰にすがるしかなかった。またこの頃に人権思想に触れて感銘を受ける。

 しかし彼女の不幸に追い打ちがかかる。彼女が31歳の時に夫を病で失い。また娘が障害者では後々に婿もとれないと、嫁ぎ先から離縁される(早い話が、障害者の娘などいらんと、娘と彼女は嫁ぎ先から追い出されたわけである)。彼女は路頭に迷うことになる。

 そんな時に彼女が出会ったのが教育者の石井亮一であった。彼は初めて知的障害者のための全寮制の学校である滝乃川学園を立ち上げたところであった。アメリカに留学して障害児にもその発達を促す教育があることを学んだ彼は、障害児を教育するための施設を作ったのである。彼の教育方針に感銘を受けた筆子は、彼の学園に協力することになり、やがて明治36年に二人は結婚する。

 しかし筆子を待っていたのは、今までの良家の子女とは全く異なる教育現場だった。本を破って投げる子、つばを吐いて噛みつく子、教育の現場という状況ではなかった。しかし彼女は、夫共に生活を通して生徒達を教育していく。

 例えば朝食も大事な教育だった。幼い頃から牛乳しか飲まずに食事をしなかった子供がいた。その子供に大して彼らは味覚を養うことから始め、ついには普通の食事をするようにまで教育した。しかもその子は偏った食生活が改善されたことで、苦手だった計算も出来るようになったのだった。

 しかしそのような手探りの教育を続けていた大正9年、園児の火遊びで男子寮から出火、救出の遅れた園児6人が焼死する。彼らは布団をかぶったままなくなっていた。恐怖のあまり隠れてしまったことで発見が遅れてしまったのだった。この事件は筆子を打ちのめす。

 だが大正デモクラシーの社会雰囲気の中、彼女の教え子や渋沢栄一などの財界人が学園救済に乗り出し、10万円(今の価値で4000万円)が学園に寄せられる。これで彼女は再び奮い立つ。

 学園再開にあたって、亮一は以前から抱いていた構想を彼女に打ち明ける。大人になった学園生が働ける農場を作りたいというものだった。しかしそれには1億円以上の借金が必要だった。二人は熟慮の末「子どもと共に学び 共に食し もし糧なくば 共に死せん」と決意する。こうして昭和3年、学園は東京・巣鴨から国立市・谷保へ移転する。ここで農業を学んだ園生の中には親元に帰って行く者も出た。彼らの理想は実を結ぶかと思われた。

 しかし昭和4年、昭和恐慌の波が訪れる。巣鴨の土地を売って借金返済に充てようという思惑がはずれ、学園の借金は2億円に膨れあがる。また筆子も脳溢血で床に伏し、亮一も病に蝕まれる。珍しく弱音を吐く筆子を励ます亮一。しかしその亮一が昭和12年に70才で死亡する。翌年、日中戦争が勃発、世間は戦争色一色に染まっていく。もはや限界として学園の閉鎖も検討され始める。

 しかし彼女はこの学園を見捨てることは出来なかった。昭和12年10月16日、彼女は夫の後を受けて学園長に就任する。彼女はあらゆるツテで寄付を募り、私財をなげうって学園の存続に貢献する。そして滝乃川学園は今日まで続いているのだという。

 障害者教育に取り組んできた先人の物語である。障害者は以前より強い差別にさらされて、社会のお荷物扱いを受けてきたが、こういう先人の血を流すような努力があって今日につながったのである。特に戦争中などは、兵隊として役に立たない障害者は、数々の迫害を受けており、並大抵の苦労ではなかっただろうと思われる。

 しかしこれをふいにしようとしているのが今の政府である。特に弱い者いじめ大好きの小泉が制定した「障害者自立支援法」はその名とは正反対の障害者生活破壊法である。元々この法律の目的自体が、障害者に福祉サービスを利用させないことであるので、生活が立ち行かなくなる障害者が続出し、現場では惨憺たることが起こっている。さらに今の安倍晋三は、兵隊にならない国民は不要と考えているくちなので、障害者はさらに見殺しにされる可能性が高い。私が小泉内閣を史上最低の内閣と断言するのは、金のある奴は犯罪者でも徹底して優遇するくせに、弱者救済のために先人が積み上げてきた努力は極めて単純に無に帰してしまったからである。

 

11/29 その時、歴史が動いた「ひらがな革命〜国風文化を生んだ古今和歌集〜」

 1100年前、平安時代の中期、日本のシステムは中国から導入した律令制度で行われており、1万人の官僚が国を支えていた。そして彼らが公式に用いていた文書は漢文であった。

 この頃に登場した秀才が菅原道真だった。当時の学者の当然の教養として彼も漢文を身につけていた。この同じ頃朝廷に登場したのが、有力者藤原氏の御曹司、藤原時平である。彼はかな文字を駆使する和歌の達人で、多くの女性と浮き名を流していた。

 886年、讃岐の地方長官に任じられた道真は、地方で律令制度の限界を目の当たりにする。重税に耐えかねた民衆は土地を捨てて逃げ出しており、貧困にあえいでいたのである。当然ながら税収も減る一方であった。京に呼び戻されて参議に任命された道真は律令制度の立て直しを決意する。この頃、藤原時平も名家の御曹司として参議の地位を得ていた。

 894年、疲弊する朝廷では57年ぶりに遣唐使を送って、唐から最新の知識や制度を導入しようという機運が盛り上がる。しかし道真は唐の現状を伝える文書を読んで愕然とする。唐では戦乱か相次いで国内が乱れに乱れており、この時期に遣唐使を送っても得る物はないばかりか、使節の身の危険さえ考えられた。道真は遣唐使を廃止することにする。

 さらに道真は律令制度の改革にも着手した。有力者の土地所有を認める代わりに、彼らから税を徴収するシステムを考えたのである。そして彼が改革に着手した頃、宇多天皇が退位、醍醐天皇が代わって即位し、この時に道真と時平が補佐役として立てられた。位としては有力者である時平の方が道真よりも上であったが、学識や経験豊富な道真が自然と朝廷のリーダーシップを握るようになった。

 しかし道真の改革は中国の制度を絶対視する官僚達の反発を呼んだ。道真に反発する彼らは自然と時平の周囲に集まるようになり、ついには彼らは集団サボタージュに及び政務は停止してしまう。その結果、道真は太宰府に流されてしまう。

 道真を押しのける形で朝廷のトップに立った時平だが、彼にしたところで律令制度の改革の必要性は感じていた。彼は道真と同じ方策を採用するが、その改革はうまく進行しなかった。そこで中国を絶対視する風潮を改めるためには、日本の文化に注目する必要があると、彼はかな文字による和歌を集めた古今和歌集を編纂することを命じる。

 このことによって、今まで女性の文字として正式な物と認められていなかったかな文字が、社会の表に現れることとなり、それが国風文化という日本独自の文化の開花につながっていったのだという。

 と言う内容なのだが、律令制度改革に古今和歌集というのがどうにもこうにもピントがずれているように見えて、どうにもしっくり来ない。やはり政治改革が必要にもかかわらず、愛国心を洗脳する教育改革という馬鹿げたことにばかり精を出している安倍晋三に対するNHKからの援護射撃のつもりなんだろうか?(NHKの番組内容については、安倍晋三は自らに都合が良いものとなるように逐一干渉しているようですから)。

 なお番組では藤原時平自身は特に道真を排除しようという意図はなかったという解釈だが、果たしてそれはどうだが。後の世に時平は道真追放のための陰謀を練った悪の張本人として悪役にされてしまったが、それは実際に本質を突いているように私には思える。時平の権力奪取は、藤原氏が朝廷を牛耳るという意図の元に行われており、そのためには道真が邪魔だったことは間違いないからである。

 ちなみに律令制度が崩壊して、有力者の土地私有が認められるようになった時、一番恩恵を蒙ったのが実は藤原氏だったのである。改革と詐称して、自分の周辺にだけ利益をばらまいている安倍晋三との共通点はここにもある。

 なおかな文字については、よくぞ日本にかな文字があったもんだと感心している。日本にかな文字がなかったら、コンピュータの定着が5年は遅れたであろう。実際、かな文字に該当する文字のなかった中国で、ワープロを導入するのにどれだけ苦労したかを考えると、かな文字様々なのである。

 

11/22 その時、歴史が動いた「我が手に郷土を〜真田昌幸・信州上田の市民戦争〜」

 今回の主人公は、信州の小大名でありながら、当時最強の徳川軍団を二度にわたって破り、あの徳川家康を震撼させたという真田昌幸である。

 真田家は武田氏に仕えていたのだが、武田氏の滅亡によって主を失うことになる。武田の重臣としての今までのキャリアがふいになってしまった昌幸は、真田の発祥の地である信州の上田を根拠に再起を期すことになる。しかし領国を見て回った昌幸は、干ばつなどで田畑が荒れ、疲弊している農民の現状を見る。少しでも良いから年貢を軽くして欲しいと直訴する農民達に、彼はなんと年貢の半減を約束する。彼は当面の収入よりも農民からの信頼を優先したのだった。

 また独立領主として国造りをしていくには家臣団の充実も重要だった。彼はかつての同僚であった武田家臣団に目をつける。しかし彼らを雇うにも十分な禄がなかった。そこで彼は武田の浪人達に城下の一等地を与え、それまでの真田の家臣団と差別せずに重臣などの重要な地位を与える。そのことによって武田の浪人達は昌幸こそ主君として頼める人物であると信頼をする。

 上田の周辺では200万石の北条氏と130万石の徳川氏が勢力を競い、上田へと手を伸ばしつつあった。これに対抗する昌幸は10万石の国力しかなかった。この限られた国力で大勢力と対抗するために昌幸が打ち出した方針は、農民に土地の所有を認め、農民と土地の結びつきを強めることであった。農民の郷土防衛意識を強めたのだった。

 1582年、昌幸が国造りを始めて間もない頃、北条氏が上田近くまで進出してくる。昌幸は急遽防衛のための城作りに着手するが、敵を牽制しながら城作りを急ピッチで進めるのは人手不足で困難であった。しかしその時に領民達が立ち上がる。彼らは自ら築城工事に加わり、上田城を完成させる。上田城の堅固さを目にした北条氏は損害を恐れて撤退する。昌幸は領民を城に招いて宴会で慰労したという。

 1585年、再び危機が訪れる。徳川が真田に領土の割譲を要求したのだった。徳川に従うべきとの意見も家臣団から出たが、昌幸はここで妥協すると、いずれすべての領地が徳川に浸食されると判断、この要求を拒絶する。激怒した家康は7000の精鋭を上田に差し向ける。これに対して真田の兵力は2000足らず、昌幸は籠城を決意する。この時、町人を籠城に加えると足手まといになるという家臣に対し、昌幸は「城下に住むものを慈しまなければならない」と一喝、町民達を全員籠城に加える。

 徳川軍が上田城下に押し寄せてきた。昌幸はあえて攻撃を加えず、ギリギリまで敵軍を引き寄せる。元より真田を小勢と見くびっていた徳川軍は、真田与しやすきと見て一気に城に押し寄せてくる。頃合いと見た昌幸は反撃を指示、城に押し寄せた徳川軍の頭上に丸太が落とされ混乱する徳川軍に対し、鉄砲の一斉射撃が浴びせられる。大混乱する徳川軍に対し、真田軍が側面から突入する。かつての武田家臣団が「今こそ昌幸の恩に報いる時」と大奮戦、徳川軍は支えられずに城下に退く。しかし城下には昌幸の指示で各所に柵を設けていた。柵に遮られた徳川軍は行く手を阻まれて立ち往生する。その時、昌幸は城下に火を放つ。徳川軍は1300人もの被害を出し、潰走状態となる(1300人が犠牲になっても、まだ徳川軍の方が真田軍よりも数で勝るのだが、ここまで惨敗すると既に戦闘意欲は皆無だろう。)。

 その後、昌幸は秀吉に接近、領土を安堵されることでようやく上田に平穏な日々が訪れる。しかし1598年、秀吉が死去したことでその平穏は再び崩れることとなる。そして1600年、ついに関ヶ原の争いが起こることとなる。三成から西軍への参加を要請された昌幸は、いずれ家康が再び上田に侵攻してくることを予想し、西軍に荷担することとする。この時、長男の信幸は東軍へ加わり、次男の幸村は昌幸と行動を共にし、一族が二つに分かれることとなった(これは昌幸による真田家存続のための策略との説もある)。

 西に軍を進める家康は秀忠に主力軍を与え、真田の討伐を命じる。真田討伐後は主力軍は家康軍と合流し、徳川軍が主体となって三成軍を倒すことで日本のほぼすべてを手中に収めようという家康の構想だった。

 徳川主力軍3万8千を迎え撃つ真田軍はわずかに2500。絶体絶命の危機に、昌幸は身分にかかわらず敵の首1つに対して土地百石を与えるふれを出す。まさに国家総動員だった。この呼びかけに応じて農民達も手製の武器を持って軍勢に加わる。

 徳川主力軍が上田に到着する。しかしかつて昌幸に敗北している徳川軍はすぐには攻撃にかからない。そこで昌幸は彼らの目と鼻の先で高砂を舞って見せ、彼らを挑発する。こけにされた徳川軍は攻撃の号令を待たずして五月雨式に上田城に攻めかかってくる。城壁にとりついて来た徳川軍に対して、農民達は灼熱する粥をふりかけた。徳川軍はやけどを負って混乱する。そこに農民達の矢がいかけられる。彼らは武士を相手に回して奮戦、彼らを追い返す。徳川軍が川に追い込まれたのを見た昌幸は、せき止めていた川の水を一気に流れさせる。押し寄せる濁流に多くの兵が飲み込まれる。徳川主力軍は大打撃を受けたのだった。結局、秀忠軍は真田に足止めされたことで関ヶ原に遅参するという決定的な失敗をし、家康は秀吉恩顧の大名達の軍勢を中心として西軍と闘わざるを得なくなり、西軍から没収した領土の8割は彼らに配分せざるを得なくなる。このため、家康は西国の直接統治は諦めざるを得なくなり、結果として外様大名ばかりの西国が徳川政権のアキレス腱となってしまったのである(実際に、明治維新で幕府を打倒したのは西国の外様勢力であった)。

 徳川の天敵とも言える真田の話。真田がもう少し大軍勢を有していたら、歴史は根本的に変わっていたのではという考えもあるぐらいである。実際、大坂の陣の時に真田が大阪入りしたと聞いた家康は「昌幸が大阪に入ったのか?!」と慌てたというエピソードが残っている。既にこの時には昌幸が死んでいることは家康は知っていたはずなのだが、それを忘れるぐらい動揺したらしい。なお大坂の陣では幸村が真田丸で健闘しているが、この時に幸村がとった戦法も、敵を挑発して引き寄せてからそこを一気に叩くという昌幸の戦法そのものである。

 今回の番組では、真田の強さの背景には領民達の協力があったということを取り上げ、真田の奮闘は結果として家康の構想を狂わせることになったと結論している。歴史を真に作るのは実は名もない民衆達であり、昌幸は彼らにとっては守るに値する主君であったということである。真田は兵法的に優れていただけでなく、統治の面でも優れていたという証拠にもなる。まあこのようなエピソードが多々あるから、今でも真田氏は一般的に人気が高いのだろう。実のところを言うと、私自身も真田ファンなんですが(「信長の野望」で真田氏に天下を取らせたこともあったな・・・)。

 

11/8 その時、歴史が動いた「日本を発見した日本人〜柳田国男・「遠野物語」誕生〜」

 明治時代、日本が近代化を進める中で農政官僚であった柳田国男は、農村を豊かにするべく農村の近代化を目指して奔走していた。貧農の生活を知っている彼にとって、農村を豊かにすることは願いであった。

 そんな柳田に転機が訪れる。明治41年、九州を視察で回っていた彼は、宮崎県の山村で原始的な焼き畑が行われていることを知った。その村は椎葉村。7月にそこを訪れた彼は驚くことになる。この地域では焼き畑を行うと、1年目にそば、2年目にひえやあわ、3年目にあずき、4年目に大豆を育て、その後は放置して山の栄養が復活するということを行っていた。厳しい山里の中で自然と共生して生きていく知恵がそこにはあった。またこの地域では焼き畑は村中で協力して行われていた。椎葉村では柳田はここに古典的ユートピアの姿を見る。

 さらに椎葉村ではイノシシ狩りも独特の作法と儀式に乗っ取って行われていた。そこにはイノシシの乱獲を戒める知恵が働いていた。彼らはイノシシを山の神からの授かりものと考えており、「のさらん福は願い申さん」(過剰な収穫は願わない)という自然と共生するための言葉も残っている。柳田はこのイノシシ狩りの慣習を記録にまとめる。

 同じく明治41年、彼は早稲田大学で文学を学ぶ遠野出身の佐々木喜善から、遠野に伝わる民話を聞いていた。それは山男や山の神、天狗やカッパが登場する不思議なものばかりだった。柳田はこのことから遠野に興味を持つ。

 遠野を訪れた柳田は、民話が生活の中に根付いており、一種の教訓にもなっていることに気づく。しかし同時に彼は危機感をも感じる。文明化が進む中で遠野の生活も変化しつつあり、画一化が進みつつあったのである。このまま遠野の伝承を廃れさせてはいけないと考えた彼は、失われつつある日本を記録する必要を感じる。そして明治43年6月14日、柳田は遠野物語を出版する。そこには遠野の民間伝承が記録されていた。これが日本民俗学の創始となる。その後、柳田は全国の民話を集めて回り、将来の民俗学者の発掘にも貢献することになる。

 民俗学創始の物語。柳田が懸念したように、現在の日本はものの見事に画一化して、残念ながら昔ながらの文化はほぼ壊滅しています。そう言う意味では文化の破壊が急速に進んだ明治時代に柳田が存在していたことは日本にとっての幸運と言うべきだろう。これが昭和になってしまっていたら、いくら頑張ったところでどうにもならなかったろうから。 

 

11/1 歴史の選択「坂本龍馬暗殺 黒幕は誰か?」 

 坂本龍馬の暗殺については、後に見廻り組の今井信郎が自分が実行犯だと告白しているという。しかしその黒幕についてはついに口をつぐんだままだった。そのために黒幕については諸説あるが、会津藩主で京都守護職だった松平容保だったとの説と、薩摩藩が黒幕だったという説を取り上げている。

 松平容保が黒幕だったという説は単純。まず彼は今井の上司に当たるから命令はしやすいし、さらに坂本龍馬については彼が大政奉還を進めたのが許せなかったという物である。

 これに対して薩摩黒幕説は、幕府の武力討伐を目指す薩摩にとって、龍馬の幕府も取り込んだ新政権という構想は都合の悪い物だったというのが動機。ただ薩摩がどうやって幕府型の見廻り組の今井に龍馬暗殺を依頼できたかがネックになるが、実は薩摩は見廻り組に対して貸しがあったのだという。実際にいろいろと水面下での接触はあったようである。

 で、視聴者にジャッジをさせているのだが、結果は薩摩黒幕説の勝利。実は私も龍馬暗殺については薩摩黒幕説を採っている。というのは、大政奉還を実現してしまった後に龍馬を暗殺しても幕府には何のメリットもないからだ。松平容保ほどの人物が個人的恨みのようなもので龍馬暗殺を命じるとは思いにくく、あの時点で龍馬に対して殺意を抱いているとすれば、薩摩が一番可能性が高い。

 元ネタ自体は大分前に放送した内容と連動している。はっきり言って、地デジ宣伝のためのつまらない企画。私は前から批判しているのだが、NHKとしては上層部の思惑で地デジを宣伝するという至上命令が出ているので、こういう無理な構成の番組が登場する次第。そもそも歴史の事実なんて、視聴者のアンケートをとっても何の意味もない。

 

10/17 その時、歴史が動いた「格差への怒り政府を倒す〜大正デモクラシーを生んだ米騒動〜」

 大正7年、全国で100万人を越える国民が低賃金や物価高に怒って暴動を起こし、結果的に当時の寺内内閣を退陣に追い込んだのが米騒動である。しかしこの米騒動も、元をたどれば富山のある港町での小さな騒動が最初だったという。

 富山の小さな港町・水橋は富山から北海道に向けての米の積出港で、そこでは「お母」と呼ばれる女性たちが、米の運搬の重労働を低賃金で行っていた。彼女たちは低賃金で働く一方、当時の日本は第一次大戦による景気で、成金と呼ばれるにわか金持ちが出現、庶民の生活とはかけ離れた贅沢をしていた。しかも彼らはその資金を米相場に投入し、米の価格は急激に上昇、庶民の生活は苦しくなる一方だった。

 この頃ロシアでは、戦時下の不況にあえいだ婦人労働者が「パンと平和よこせ」をスローガンにデモを決行したのをきっかけに国民が蜂起、皇帝を退位に追い込むロシア革命が発生する。しかし当時の日本の首相で陸軍大将だった寺内正毅は、これを大陸進出の好機ととらえ、シベリア出兵を進める。

 日本のシベリア出兵はさらに成金たちを米相場上昇へと誘導した。このままでは生きていけないと考えた水橋のお母達は、リーダーである水上ノブと共に、米商人に対して米をよそに運び出さないように懇願する。しかし商人は全く取り合わなかった。彼女たちの訴えは暴力的なものではなかったが、彼女たちはあくまで引き下がらなかった。結果、ノブ達リーダー格の者が警察に連行される。

 この頃、同様の騒ぎが富山の各地で起こり始める。これに対しての当初のマスコミの態度は批判的だった。しかしかねてから日本で貧富の格差が拡大していることを懸念していた高岡新報の記者・井上江花は、この事件を単なるお母たちの暴走ではなく、社会の欠陥による事件であると考え、政府は社会政策に力を入れるべきであると政府を批判する。彼の記事は当局に目をつけられ、新聞は発売を差し止められる。しかし彼は彼女たちの訴えが葬られないように、この記事を全国の新聞へ配信する。彼の記事が各地の新聞に掲載されると、同様の社会矛盾に直面していた民衆が各地で立ち上がる。暴動はあっという間に全国に広がる。

 しかしこの事態に対し、戦争のことしか眼中にない寺内馬鹿総理は、軍隊を動員しての鎮圧を指示、全国で多数の逮捕者が出る。また新聞が騒動を煽っているとして報道を弾圧する。しかしこれに対し、新聞各社は全国各地で抗議集会を行い、政府批判で徹底抗戦する。そしてついに事件が発生する。山口県宇部村の騒動の際に軍隊が発砲、死者14人重軽傷16人の犠牲が出たのだった。これによって民衆の怒りは政府に向かい、ついには騒動を鎮圧するべき警察官さえ民衆側につく事態となる。そして事態ここに及び寺内内閣は総辞職へと追い込まれる。

 政府の不公平な政策に対する民衆の怒りが、ついに内閣の転覆にまでつながった事件である。結局この時の民衆のパワーが大正デモクラシーへとつながっていくのだが、昭和になって再び政府による言論統制が強化され、あのアホな戦争に突入してしまうわけである。

 日本人はおとなしいといわれるが、この時はさすがに矛盾がひどすぎてついにはおとなしい日本人も本気で怒ったという事態である。これに比べると現代人はおとなしいというか、腑抜けというか、おかげで小泉や竹中のような「金持ちなら犯罪者でも優遇する」というふざけた政策が実現できるわけである。なお現在の安倍総理も国民の生活なんか眼中になく、あわよくば戦争をしたいというアホな考えに凝り固まっている。

 なおこの時は、マスコミも気骨があったわけだが、今やマスコミは政府の露骨な統制政策で、ご用マスコミばかりになってしまって、今や安倍讃辞一辺倒という体たらく。いよいよこの国もやばくなっているわけだが。

 なんか今回の内容、露骨に制作者のメッセージが見えるんだが、大丈夫なのか? それでなくても今の総理は、あの手この手でマスコミに対して公然と圧力をかけてくる卑怯者だし、NHKも上層部は政府に対するご追従者ばかりになっているというのに。

 

10/10 その時、歴史が動いた「神は我を救い給うか〜キリシタン 細川ガラシャの生涯〜」

 キリシタンとして有名な細川ガラシャだが、キリスト教社会の西欧では模範的淑女とされているという。

 細川ガラシャこと玉は、1563年に明智光秀の娘として生まれた。織田信長の家臣として頭角を現していた明智光秀の娘として、彼女は16歳の時に細川忠興と結婚、子供も生まれて幸せな日々を送っていた。しかし4年後にそれが暗転する。本能寺の変が発生、細川家は光秀に協力するように頼まれるが、細川家はそれを拒絶、孤立無援の光秀は羽柴秀吉に討たれる。謀反人の娘となってしまった玉は、夫・忠興から「もう一緒に暮らすことは出来ない」と告げられ、人里離れた山奥に幽閉されるここととなる。

 2年後、羽柴秀吉から許しが出、彼女の幽閉は解かれるが、彼女の留守中に忠興は側室との間に子供をもうけており、玉にとっては居場所がなかった。いたたまれなくなった玉は、精神的に不安定になる。この時に彼女が興味を持ったのがキリスト教だった。愛を説くキリスト教に彼女は強く惹かれる(不遇な立場などになり、精神的な免疫力が落ちた時に人間は宗教に乗せられやすくなる。だからインチキ新興宗教は、信者の勧誘を病院でよく行う。家族が病気で気弱になっている時を狙うのである)。

 一度、宣教師の話を聞きたいと思っていた彼女にチャンスが訪れる。夫の忠興が秀吉の九州討伐に同行して留守になったのだった。彼女はその時に宣教師の元を訪れ、万人が平等というキリスト教の斬新な教えに惹かれ、入信することを決意する。しかしこの時は彼女が身元を明かさなかったために洗礼が受けられず、その後、彼女は宣教師の元を訪れることが出来なかったので、結局は彼女は侍女を入信させて、彼女から洗礼を受ける。この時の洗礼名がガラシャである。

 しかし宣教師追放例が秀吉によって出され、忠興によってキリスト教徒の侍女たちが追い出されそうになる。ガラシャは夫の仕打ちに、夫と別れて西国に隠れ住みたいと宣教師に訴えるが、宣教師は「困難に出会って人の徳は磨かれて美しい光を放つ」と彼女を説得する(という美しい話になっているが、実は宣教師の側は大名婦人が入信しているというのは大きな宣伝効果があることで、彼女を手放すわけにはいかないというのが本音だったりするんだが・・・・)。これ以来、彼女は怒りを抑えて、忍耐強い人格者となったという。

 だが秀吉の命によって甥の秀次が切腹させられ、その累が忠興にまで及ぶかもしれないという事態が発生。彼女は忠興から、万一の時は自害するようにと告げられる。この時、彼女は宣教師に相談するが、宣教師はキリスト教の教えでは自殺は絶対に許されないと彼女に告げる。幸いにしてこの時は忠興には累は及ばなかったが、この教えが彼女の胸に残る。

 そして関ヶ原前夜、家康の留守中に決起した三成は、大名たちの妻子を人質にして協力者を増やそうとする。その時に最初に目をつけられたのが細川家だった。そして夫の足手まといになってはいけないという思いと、自殺は許されないという教えとに板挟みになった彼女は、家臣に自らの胸を刀で突かせて死ぬのだった。こうして三成の策略も水泡に帰し、関ヶ原の戦いは東軍の勝利となる。彼女は死後も家臣らから慕われ尊敬されることとなる。

 と言う話なのだが(注:括弧の中は私自身による補足で、番組の内容とは異なる)、実際にいろいろ裏があったりするのである。私は、宣教師たちがキリシタンを使って日本の侵略を目指しているという秀吉の宣教師追放例は、根拠のない言いがかりと考えてない。実際、世界中で宣教師の後からは軍隊がやってきて、ヨーロッパの植民地を広げていたわけだから。ただ日本の場合は、戦国でもまれていたせいで、当時は洒落にならないぐらい軍事力の強い国だったので、ヨーロッパ諸国がわざわざ日本に遠征して侵略するというのは実力的に不可能だったから、キリシタン大名を増やしてそれを先兵に使用しようとしていたのは事実なのである。実際、日本に布教したイエズス会は「戦う宣教師軍団」として有名で、かなり好戦的な輩も多く、宣教師追放例でキリスト教徒側が一方的に迫害されたように言われがちだが、実はこれ以前にキリスト教徒を先導して寺社の破壊などといった手荒いことも既にしていたりするのである。だから細川ガラシャがヨーロッパで讃えられるというのは、そういう背景も考えに入れとく必要があるわけだ。 

 

10/3 その時、歴史が動いた「戦火をこえた青春の白球〜学徒出陣前 最後の早慶戦〜」

 戦前、圧倒的な人気を誇っていたのが東京6大学の学生野球だった。その中でも早慶戦は抜群の人気を誇っていた。しかし1941年、アメリカと開戦して戦時色が強まっていく中、大学野球は危機を迎えていた。

 馬鹿軍部が「野球は敵国のアメリカのスポーツである」と弾圧を行い、これにへたれ文部省が同調したのだった。そして1942年には6大学リーグ廃止の声まで上がる。この時、早稲田大学野球部顧問の飛田穂州は野球を守るために陸軍省に乗り込む。野球は敵国のスポーツだからけしからんと言う馬鹿軍部に対して、彼は「学生野球は遊びではなく、教育の一環である。舶来のものがいけないのなら、軍人は鎧を着て兜をかぶり、槍や長刀で戦わなければならないのではないか。」と反論する。また慶応大学塾長の小泉信三も文部省によって開かれた戦時下での学生スポーツを議論する会の席上で「野球のどこに国の煩いとなる点があるのか。」と主張する。

 しかし1943年には、へたれ文部省は学生体育の目的を戦争遂行に集中させるとして、日本古来の武道を重視し、野球などの外来のスポーツを優先種目から除外した。そこで早稲田の飛田は陸軍将校の前で選手に手榴弾の遠投をさせるなど、あらゆる手を尽くして野球存続のためのアピールを行う。また6大学リーグでは野球用語を日本語に言い換えるなどの存続策を図る。しかしついにへたれ文部省が6大学野球の解散を通達する。

 この頃になると野球の存続も難しくなりつつあった。野球用具の調達が困難になってきたのだ。早稲田のマネージャーの相田暢一は東京中の用具店を回って、300本のバットと3600個のボールをかき集める。後1年で卒業となり、そうなると徴兵される彼は、なんとしても早稲田の野球を存続させたかったのだ。しかしこの年の9月にはついに学生の徴兵猶予も停止され、20歳以上の学生は卒業を待たずに軍隊に入れられることとなった。

 そのほとんどの部員が徴兵されることになる慶応野球部の中で、その前に最後の早慶戦をしたいという声が上がる。主将の阪井盛一はこのみんなの思いを塾長の小泉に訴える。小泉はそれを快諾する。次に阪井たちは早稲田の顧問の飛田を訪ねる。この申し出は飛田にとっても思いもかけない提案だった。しかしことなかれの早大当局はその実施に難色を示す。学生たちの徴兵は迫っていた、もう時間がない。飛田は自分が全責任を負うことにして、出陣学徒壮行早慶戦を開催することとした。

 試合は徴兵検査の9日前の10月16日に行われた。球場には6000人の学生が応援に押しかけた。しかしこの試合は勝敗は無関係であった。両校の選手は白球の感触を愛おしむようにプレーを続けた。試合終了後は早稲田が慶応の応援歌を、慶応が早稲田の校歌を歌って互いの健闘を讃え合った。

 その後、彼らは戦場へと送られていった。そして多くの学生が犠牲となり、本土への攻撃も激しさを増し、早稲田大学のキャンパスも空襲で大被害を受けた。しかしそんな中、飛田たちは相田が調達した野球道具を懸命に守り続けたという。そうして終戦から3ヶ月後、うち沈む人々を勇気づけるために、帰還した学生やOBによって再び早慶戦が開催される。この時にこの道具が使用されたのだという。

 日本にとっての愚かな時代の話である。この時、馬鹿軍部のせいで学生たちだけでなく多くの貴重な人命が失われたのである。こんな時代は二度と来させてははならないのだが、このように馬鹿な時代を「美しい国」などと呼んで復活させたいと考えている輩が今は総理だというのだから・・・・。昔から馬鹿な歴史だけは繰り返してしまうのである。それは戦争とは国民にとってはとんでもないものだが、権力者にとっては必ずしもそうではなく、むしろおいしい場合が多いから。この辺りが二代目のボンボンとかに政治をさせるとろくなことにならないという理由でもあるのだが。

 

9/20 その時、歴史が動いた「シリーズ「秀吉の家族」2 戦国の母 関ヶ原を決す〜おね・豊臣政権生き残りへの道〜」

 今回の内容に関しては全く新味はなしである。内容的にはこのページを下の方に検索すると出てくる2/28の内容とほとんど同じである。微妙な解釈の違いとしては、おねは豊臣家を存続させるために東軍側についたが、結果としてそれは大坂の陣でふいになったということを強調しているのと、小早川秀秋に宛てた黒田長政らの「北の政所の意向に従うように」という工作文書が出てきたぐらいである。

 で、私の解釈であるが、既におねには豊臣家に対する実質的な執着はなくなっていたというものである。と言うのも、秀頼が秀吉の実子でないのはほぼ間違いないし(あれだけ多くの側室を持ちながら一人も子が出来なかった秀吉が、老年になってから淀君にだけ2人も子が出来た)、当時からその噂もあったと思われ、おね自身もそのことは確信していたと思うので。それでもまだ彼女自身が豊臣家の中にいるうちは豊臣家名の存続に意義を感じたかもしれないが、実質的に淀君に豊臣家を乗っ取られた後となればなおだろう。そのおねの心中を分かっているからこそ、福島政則や加藤清正といった子飼いの武将までが徳川についたわけである。

 

9/13 その時、歴史が動いた「シリーズ「秀吉の家族」1 もう一人の秀吉〜豊臣秀長 太閤記を演出した弟〜」

 秀吉の弟で、豊臣政権を裏から支えた名補佐役と言われているのが秀長。堺屋太一氏が彼を主人公にした本を書いていたりするが、その秀長について追ったのが今回である。

 秀長が武士の道を歩き始めたのは1562年、信長の足軽頭として仕えていた秀吉に請われてのことだった。農民の出で織田家の中で孤立しがちの秀吉には、腹心の部下が欲しかったのである。

 農民の出で目立った武功などあげられない秀長が、頭角を示したのは信長の美濃攻めのことだった。美濃の斉藤氏の勢力をそぐために、川並衆を味方につけるように命じられた秀吉のため、秀長は彼らに誠意を持って理を説き、彼らを味方につけることに成功する。彼の実直な性格が川並衆の信頼を勝ち得たのだという。この功で秀吉は有力武将にのし上がる。さらに浅井・朝倉攻めの際は、浅井に背後を突かれ撤退する織田軍の殿を買って出た秀吉軍の中で、秀長は川並衆と共に奮戦して織田軍の撤退を助ける。この時の功で、秀吉は浅石を滅ぼした後に近江長浜城の城主となる。

 しかし秀吉の支配に反発を感じる近江では、旧家臣などの抵抗が起こっていた。秀長は彼らに対して温情を持って手をさしのべることで秀吉への反感を鎮める。またこの時に彼が召し抱えた藤堂高虎が、後に秀吉の毛利攻めの際に秀長の恩に答えて獅子奮迅の働きをし、秀長が奪われた竹田城の奪回に成功したという。

 その後、本能寺の変が起こり、秀吉が天下人への道を歩み始めるが、この時にも秀長は影で秀吉を支え続けた。その秀長がもっとも心配したのは家康の存在だったという。そしてその家康が織田信雄を担いで秀吉に小牧・長久手の戦いをしかけてくる。戦線が膠着状態になる中で、秀長は家康の大義名分を失わせるしかないと判断し、信雄を攻め、彼を秀吉との単独講和に追い込む。これで家康は戦闘の大義名分を失ってしまう。こうしておいてから、後方で家康に連携して策動していた紀州に対しては、情を持って対することで自らの支配下に治め、四国の長宗我部には自ら陣頭に立って戦って屈服させる。

 しかし天下の覇権納めるには、家康を臣下にするしかなかった。秀吉は妹と母を人質に出して家康の上洛を促す。謀殺される危機を感じて警戒しながら上洛してきた家康を、心からもてなすことで警戒を解いたのは秀長だった。そして家康は秀吉に臣従することになる。

 以上、秀長の視点からの物語・・・というのだが、今ひとつ秀長の活躍がはっきりしない部分があるが、それは仕方ないところがある。結局のところ秀長は常に秀吉に影のように従って補佐してきたのだから、彼の活躍というものは歴史に残っていないのである。それが逆に彼が名補佐役だったと言われるゆえんであったりする。

 実際に、彼が病没した後、豊臣政権は急速に傾くことになる。秀吉は朝鮮に出兵して失敗、さらには甥の秀次の一党を殺害するなど、豊臣家内部もおかしくなり始め、秀吉の死後に豊臣家が滅亡する下地を作ってしまうことになるのである。もし秀長が生きていたら、秀吉もここまで愚かな行為に走ることはなく、結果として豊臣家は延命できただろうという話もあるのである。

 大体、企業などでも成功した人物は名補佐役が存在していた例が多い。中には一人でリーダーと補佐役の両方を兼ねることが出来る天才のような者もいるが、そんな全知全能な人間はほとんどいないので、やはり成功には補佐役の存在が不可欠になるのである。そして路線の対立などでこの補佐役を更迭してしまったような時から、その人物自身の没落が始まるという場合が多いのだという。かのダイエーの中内功がまさにその軌跡をたどってしまったと言われている。

 

9/6 その時、歴史が動いた「日本独立その光と影〜吉田茂とサンフランシスコ講和条約〜後編」

 いよいよ講和条約締結が見えてきたが、1951年に交渉のためにアメリカから訪れたジョン・フォスター・ダレスは吉田に意外な要求を突きつける。それは日本に再軍備しろというものだった。アメリカは日本に駐留するだけでなく、日本を西側諸国の一員として軍事勢力に組み込むつもりだったのだ。しかし憲法に戦争放棄を謳い、未だに国民に戦争の傷跡の大きい日本ではこれは抵抗を呼ぶと吉田は考え、これを一度は拒絶する。

 しかしアメリカから寛大な講和を引き出したいと考える吉田は、将来軍隊を創設するという秘密文書をアメリカに送る。そして講和条約の締結は進行し、これとは別に再軍備と米軍駐留について別の協定書が結ばれ、これは講和締結まで秘密にされることになる。

 こうして講和会議が行われることになったが、アメリカが主導する講和会議にソ連が抵抗し、講和の正否は微妙な状況となった。そして1951年8月31日、日本全権団がサンフランシスコに出発する。そして9月4日講和会議が始まる。続々と西側諸国の代表が参加する中、韓国と北朝鮮は戦争中ということが理由で、また中国も中華民国と中華人民共和国が対立中であるとして招待されなかった。しかしここに参加しないと思われていたソ連が乗り込んできた。ソ連のグロムイコ代表は、会議開催早々、中国の参加しない会議は無効だと訴える。

 ソ連の提案は反対多数で拒絶されたが、会議は最初から波乱含みだった。またソ連に同調するポーランドやチェコスロバギアが反対に動く。こうしてアジアの動向に注目が集まる。アジアからはまずフィリピンのロメロ代表が演説を始める。フィリピンは日本に賠償金が請求されないことに不満を感じていたが、日本が生まれ変わることを講和の条件にする。これに対して吉田らは日本は平和国家として生まれ変わることを誓い、東側陣営の国家をのぞく国家が講和条約を締結する。

 しかしこの同じ日、吉田は密かに日米安全保障条約に調印したのだった。

 結局、戦後のゴタゴタがすべてこの時から尾を引いているということになってしまうのである。特に南北朝鮮や中国とは講和していないと言うことは、この後も長く尾を引き、今日のトラブルにまでに至っているということになる。また日米の関係の問題もこの頃に端を発していると言うことになる。

 それにしてもどうしても政治的な問題に絡まざるを得ない内容を、政治的には中立であることを建前とするNHKが扱うと言うことで、内容がかなり微妙になった印象を受けたのが今回のシリーズ。いかにもNHKらしく、右・左のいずれの立場からも「それは違うだろう」という不満の残る内容になったのではないかとの印象がつきまとうのだが・・・・。

 

8/30 その時、歴史が動いた「日本独立その光と影〜吉田茂とサンフランシスコ講和条約〜前編」

 今回は2週連続で日本独立に至ったサンフランシスコ講和条約について、それを締結した吉田茂を中心に紹介するとのこと。

 終戦直前の昭和20年の5月、東京が大空襲を受けた時、吉田茂は陸軍刑務所に収監されていたという。彼は戦前から大戦に反対し、開戦後も早期講和のために動いていたので、軍部や右翼から睨まれ、それがきっかけで収監されたのだという。そして逮捕から2ヶ月後の5月末に釈放された彼が見たのは、もっとも彼が恐れていた焼け野原になった日本の風景だった。

 戦後、日本はアメリカの占領下に置かれることとなり、独立を果たすということが最大の課題だった。この難局に外務大臣として抜擢されたのが吉田茂だった。和平のために活動してきた彼の経歴が、政治の表舞台に呼び戻すことになったのだという。

 彼がもっとも懸念していたことは、講和に渡って過酷な条件を課されることで、今後の日本の独立や自立が束縛されることだった。実際、第一次大戦後にドイツは天文学的な賠償金を課され、それがドイツ国民の不満につながり、これが後のナチスの台頭の土台になったということを外交官であった彼は強く認識していた。

 彼は「寛大な講和」を目指すために「良き敗者」であるように留意した。GHQから押しつけられてくる改革はかなり過激なものであったが、それに従うことで「良き敗者」たろうとしたという。彼の考えは「良き敗者」はやがて「良き勝者」を育み、それが「寛大な講和」に結びつくと考えたのだという。日本国憲法は総理となった吉田の元で公布され、それを見たマッカーサーは「占領の目的は達成された」と日本の独立を提唱した。

 しかし講和はスムーズには行かなかった。東西対立に巻き込まれ、アメリカの対日講話の提案に対してソ連が異議を唱えて、暗礁に乗り上げてしまったのである。しかしその中でも吉田は、このことは日本にとって必ずしも不利ではないと見ていたという。というのも、この頃に講和条約を締結したイタリアでは、かなり過酷な条件が課されていたからだという。

 吉田は米ソ対立の中で、その中間に位置する日本の地理的位置を利用して、寛大な講和を引き出そうと考えていた。彼の決意は「戦争に負けて外交に勝った歴史がある」という言葉に集約される。

 そして昭和24年5月、風向きが変わり始める。2年前に対日講話に異議を唱えたソ連が協議開始を提案したのだった。それを受けてアメリカも具体案の作成に取りかかる。しかし国論は東西両陣営と同時に講和をする全面講和は、西側諸国と先に講和を結ぶ単独講和を行うべきかで分かれる。しかし吉田はそのどちらを選ぶかは言明せず、曖昧な答弁を繰り返す。しかし昭和25年2月14日、ソ連が中国と日本を仮想敵国とした同盟を締結したことで、単独講和の方向に動くこととなる。

 しかしここにきて、日本の地理的位置を共産圏への封じ込めに使いたいと考えたアメリカの軍部が講和に難色を示し始める。そこで吉田は、日本が自らアメリカの基地を受け入れることを表明することで、アメリカ軍部の抵抗を和らげる工作を行う。こうして講和が前に進むことになる。

 日本の独立を目指す吉田茂の暗闘だが、このときの諸々が後にも響いてきている。結局のところ、このときに基地を受け入れたことで、沖縄では未だに米軍の犯罪の被害に遭うことになるし、アメリカも未だに日本を属国のような意識を持っている。また吉田の秘密主義が後々までに影響を及ぼしたという面もあり、吉田茂の外交に関しては確かに頑張った部分もあるのだが(一つ間違うと日本が分割統治されていた可能性もあったわけなのだから)、問題点もあり、功罪相半ばというところである。

 結局はこれ以来、日本は共産主義に対する防波堤(中曽根が言ったところの浮沈空母)としてアメリカに滅私奉公することを国是とすることになったのだが、東西冷戦構造の崩壊でその位置づけが急速に崩れてきたのが昨今の状況というわけである。過去の枠組みに固執しようとする連中は、ソ連よりも数段格下の北朝鮮を仮想敵国としてアピールしているが、ソ連と違ってアメリカに対する攻撃力をほとんど持たない北朝鮮では迫力不足であるので、今度はなんとか中国を引っ張り出そうとして、ひたすら中国の神経を逆なですることに邁進しているというわけなのである。日本を含め、アメリカも外敵を作らない形での外交なんてやったことがないので、右往左往しているのが現状だろう(無理矢理に外敵を作って、内政の不味さを外敵のせいにすり替えるのが常套手段だったので)。

 多分、日本の外交はこれからしばらくは迷走することになるだろう。そのどさくさに、憲法を改定して日本も核武装を目指そうなんて考えている馬鹿が次の総理になりそうだなんていうんだから、あまり明るい見通しが見えないのが厳しいところだが。

 

8/23 その時、歴史が動いた「幻のハワイ日本連合〜カラカウア王・祖国防衛に賭けた生涯〜」

 19世紀、帝国主義の元で欧米各国がアジアへの進出を競っていた。そんな中でアメリカが太平洋進出のための拠点として進出を図っていたのがハワイだった。アメリカ人はハワイでサトウキビ農園経営で富を蓄積し、着々と実力をつけており、当時のハワイは独立した王国だったにもかかわらず、アメリカの支配が徐々に強まっていた。

 そんな1874年、ハワイに新しい王が即位した。デイヴィッド・カラカウア、37歳の第7代国王だった。彼は就任すると直ちにアメリカとの通商条約締結を勧められる。アメリカの資本家たちはアメリカへの輸出への関税を撤廃することで、サトウキビの輸出か振興され、ハワイが潤うと説得したのである。

 彼は条約に調印した。その結果、アメリカの資本家たちは莫大な富を蓄積し、彼らはその資金で土地を買いあさり、条約締結後の15年でハワイは国土の半分を失うこととなった。さらに彼らはその力で政界に進出、政府の主要閣僚も彼らに抑えられることとなった。さらにアメリカは軍人を派遣して、パールハーバーに軍事基地を設置する準備も開始していた。ハワイの主権は徐々に侵害されていった。

 この状態に危機を感じたカラカウアは、アメリカに対抗するために同様に欧米の進出で圧迫されているアジア各国で連合を結成し、日本にその盟主となってもらうことを考える。

 1881年、カラカウアはアジア・ハワイ連合の構想を心に秘めて、世界周遊の旅に出たいと議会に提案する。カラカウアの心を知らない議会はそれを承認する。こうしてカラカウアの外遊が行われたが、一行の中には2人のアメリカ人が監視役としてつけられていた。

 日本に到着したカラカウアは熱烈な歓迎を受ける。当時の日本は不平等条約の改正の必要性に迫られており、アメリカの事実上の支配下にあるハワイに最大限の好意を示すことで、アメリカの歓心を買おうとの意図もあったという。明治天皇と会談し、日本の陸軍観兵式に参加したり、日本の兵器工場を視察したカラカウアは急速に力をつけている日本に期待する。

 しかしアメリカ人の監視下にあったカラカウアには自由に行動する余地がなかった。そんな中、カラカウアは突然に宿舎から行方をくらましてしまう。実は彼は通訳と2人だけで、明治天皇の元を突然に訪れ、密かに会談を行ったのだった。そこで彼はアジア・ハワイ連合の考えを明治天皇に訴え、日本にその盟主になって欲しいと依頼する。彼はアジアやハワイを後ろ盾にして、日本が不平等条約の改定を欧米に要求することも可能だと訴え、また日本との友好の印に、姪のカイウラニ王女を日本の皇族と縁組みさせたいと訴える。あまりに重大な話に即答のしようがなかった明治天皇は、熟慮の上回答すると答える。

 カラカウアの独断行動に怒ったアメリカ人たちは、彼の行動を完全に制約する。彼はその後中国を回ったが、西太后との会談はアメリカ人の強硬な反対で実現せずに終わる。

 明治天皇の回答書がカラカウアの元に届いたのは1年後だった。回答は丁重な断りの内容であった。実はカラカウアの提案は日本政府内でも大騒ぎとなり、外務卿の井上馨は8ヶ月もの間決断を下せずにいたのだった。しかし今まで不平等条約の改定を頑として受け付けなかった欧米列強に、条約改定を受け入れる機運が出てきたことを聞き、彼らの機嫌を損ねることを恐れた井上は、カラカウアの提案を拒絶することにしたのだった。

 その後、カラカウアは1882年に国王派を首相と蔵相に任命して王権の強化を図るが、1887年にアメリカ人武力行使をちらつかせながら国王の議会に対する権利を剥奪し、その後病に倒れた彼は1891年に54歳で死亡する。そして1898年にハワイはついにアメリカに併合される。

 例によってあの国はえげつないことをするなという印象。最終的に武力を背景に他国を侵略するというのは、アメリカの典型的な行動パターンである。なおカラカウアの病死というのも、実際のところは怪しいものである。もっともこのような行動はアメリカに限らず、日本もその後全く同じようなことを行っているので偉そうなことを言えたものではない。ただアメリカとの違いは、日本は今はこのような行為はしていないが、アメリカは未だに現代進行形だということである。

 なおハワイ文化の振興にも貢献したカラカウアは、今日でもハワイの民衆に人気があり、カラカウアの名前の付いた通りや彼の像があるということだが、これは今日どう間違ってもハワイがアメリカから独立運動を起こすなどという可能性がないからだろう。もしそのような可能性があれば、彼の存在は歴史上のタブーにされてしまったはずだ。実際、モンゴルでは社会主義政権の時代には祖国の英雄とされているチンギス・ハーンについて語ることはタブーだったという。

 ところでカラカウアの構想であるが、所詮は弱者連合であるアジア・ハワイ連合が成立したところで、どれだけ実効を持ったかにはかなり疑問がある。というわけで、この時の日本政府の対応はやむを得ないものというように感じる。

 なおこの番組についてだが、KONISHIKI氏の出演を売りにしているようでは既に末期症状。大体、この番組はドラマではないから、彼が出演したからといってどうこういうものでもない。ネタに詰まってきているからそういう目先のことで売りにしようというのではあまりに悲しすぎる。

 

8/2 その時、歴史が動いた「焼け跡から生まれたチャンピオン〜ボクシング白井義男とカーン〜」

 今回のテーマは日本で初めてボクシングの世界チャンピオンになった白井義男について。明らかに亀田のチャンピオン戦を意識しての企画である。ただ、白井義男のチャンピオンって、歴史番組ネタか?

 終戦直後、仮設のリングでボクシングが行われていた。やがては多くのボクサーが復員してきた。その中の一人が白井義男だった。かつては将来を嘱望されたボクサーだった彼だが、彼は従軍中に腰を痛めてしまっており、もう駄目だと言われていた。

 そんな白井に目を付けたのが、GHQ天然資源局水産部に勤務するために日本に来ていたアルビン・R・カーンだった。彼がGHQで与えられた仕事はあまり重要なものではなく、不完全燃焼の日々を送っていた彼は、白井を世界的なボクサーに育成したいという野心を持つ。しかし実は彼はボクシングに興味あったものの経験はなかった。しかし白井はわらにもすがる想いで彼の指導を受ける。

 カーンの指導は白井のフォームのチェックだった。基本練習ばかりを延々とやっている白井を仲間達はあざ笑う。しかしカーンは白井に「ボクシングは打たせずに打てば勝つ」と防御重視のボクシングを教える。そして白井は半信半疑のまま、初戦で勝利をおさめる。そして白井は防御重視のボクシングでついに日本フライ級チャンピオンに登りつめる。

 しかし白井とカーンのボクシングは「足を使って動き回るだけでつまらない」との批判も受けた。当時はピストン堀口のような、打たれても打たれても精神力で前進するボクシングが本物だと思われており、白井のボクシングは卑怯者とさえ罵られた。カーンは自分たちのボクシングを実証するために、一階級上のバンダム級王者・堀口宏(ピストン堀口の弟で、ボクシングスタイルは兄と同じだった)に挑戦しようと持ちかける。怖じ気づく白井をカーンは「これは踏み越えなければならない関門なんだ」と諭す。そして白井は堀口に判定で勝利し、二階級制覇を達成する。

 昭和25年9月、カーンはハワイを訪れ、世界フライ級チャンピオンのダド・マリノのマネージャーであるサム一ノ瀬を訪ね、白井にダド・マリノとの対戦のチャンスを与えて欲しいと頼む。しかし日本がまだ国際社会に復帰していなかったこの時期には、カーンの申し出は無謀なものだった。しかしカーンはサム一ノ瀬を説得、彼の尽力で白井は挑戦資格を得る。

 昭和27年サンフランシスコ平和条約が発効し、日本は独立国家に復帰した。その三週間後に白井とダド・マリノの試合が行われることになった。日本中がわき返る中、白井は強いプレッシャーを受ける。カーンは白井に「敗戦で失われた日本人の自信と気力を、君の勝利で呼び戻すのだ」と諭す。そして白井は15Rを戦い抜き、判定でダド・マリノを破る。

 敗戦国の白井と、戦勝国のカーンの二人三脚の物語である。くじけそうになる白井をそのたびに諭すカーンの言葉が鍵になっているが、試合のプレッシャーに押しつぶされそうな時に「日本人の自信と気力」がかかっているようなことを言われたら、逆にプレッシャーにならないのだろうかと疑問は感じたが(笑)。

 ところで、番組としては亀田と絡めたタイムリーな企画を狙ったのだが、その亀田の試合が「世紀の八百長試合」と非難される内容になってしまったのが、なんとも悲惨。そう言えば次回はKONISHIKIが出演するなどと宣伝していたが、一体この番組はどこを目指しているのやら・・・。

  

7/26 その時、歴史が動いた「川中島の戦い 引き分けの謎」

 今回は毎度の双方向宣伝企画である。テーマは川中島の戦い。川中島の戦いと言えば、信玄と謙信のどっちが勝ったかに投票させるのかと言えばさにあらず、この戦いは両者の力が拮抗していた故の引き分けと見るか、実はどちらも本気で戦うつもりはないパフォーマンスだったという説のどちらを支持するかである。

 なお以前より、この企画は「視聴者に投票させる意味が全くない」と言われていた(だろうと思う)ためか、今回は両方の説に基づいた最終VTRを作成し、支持の多かった説の方のものを放送するということにしていた。なんとかして投票に意味を持たせようと言う苦肉の策であることが分かる。

 まず実力拮抗説だが、これは今更説明するまでもなく今まで世間一般で言われていたもの。甲斐の国力を増すために信州への進出を図った信玄に対し、信州が落ちれば越後が危ないと考えた謙信が迎え撃ったというもの。また信玄は善光寺周辺の商業資本にも目を付けており、そのことが仏教を厚く信奉する謙信の逆鱗に触れたとしている。

 一方のパフォーマンス説だが、信玄・謙信共にクーデターで権力を掌握した人物なので、国内をまとめるために外敵を作る必要があったというもの。また激戦と言われた第4回の川中島の戦いにしても、信州の武将達があまり死んでいないことから、実は記録で言われているほど死者は出ていないとし、また現地の地形を考えるとキツツキ戦法は不可能だった(1万もの軍勢が馬をつれて山沿いに夜襲をするのは無理)ことから、実は撤退しようとしていた両方の軍勢が霧の中で遭遇してしまった遭遇戦だったというもの。また信玄と謙信の一騎打ちは、収拾のつかなくなった戦線を納めて撤退に持ち込むための両者の必死のパフォーマンスだったというものである。

 投票の結果は僅差で実力拮抗説の方が勝利したようである。

 なお私の考えは、パフォーマンス説に近いものである。それは両者が川中島で死力を尽くしたとしてもあまり得るものがないからである。なお第4回の川中島合戦については、撤退中の遭遇戦だったという考えには同感だが、犠牲がそんなに多くなかったというのは疑問である。むしろ無秩序な遭遇戦だったが故に、想定外のとんでもない犠牲が出たと考えている。ましてや信玄と謙信の一騎打ちなど、そもそもあり得るわけがないというのが私の考え、多分両者とも、大混乱になってしまった自陣を立て直すのに必死だっただろう。

 さて今回、いくらか工夫はしたようであるが、やっぱりこの企画自体は意味がないとしか言いようがない。歴史の事実について視聴者に投票させたところで何の意味がある? 基本的にこの手の番組は、ある観点に立った考えをまとめて視聴者に提案するというのが意味があるのと違うのか? それが視聴者の多数意見に合わせて結論を変えるのでは、番組自体の意味がないではないか。やはり地デジ宣伝企画なんてろくな物にならないとしか言い様がない。まあ地デジ自体がテレビを売りたいという家電メーカーの思惑に従ったろくでもないものだから、どうしようもないのだろうが。

 

7/12 その時、歴史が動いた「生まれくる命 そして母のために〜荻野久作の受胎既発見〜」

 今回のテーマは、女性の排卵周期を初めて明らかにした荻野理論で、世界中で注目を浴びた医師・荻野久作である。

 明治45年3月、新潟の民間病院である竹山病院に赴任した若い産婦人科医。それが30才の荻野久作だった。彼は東京帝国医科大学で将来を嘱望されていたが、両親を養うために就職した。医者不足の新潟では東京の4倍の給料を提案してきたことが、彼が新潟に来た理由だった。

 赴任地の新潟で彼は田舎の女性達の厳しい状況を知る。子供が欲しいのに出来なくて離縁されそうになっている女性。家の存続を最優先にする当時は、足入れ婚といって跡取りが生まれるまでは入籍せずに正式な嫁と認めない風習があるのを知った。その一方で、逆に多産で身体に負担がかかり、ついには流産で死亡してしまう女性もいた。女性がいつ妊娠するかさえ明らかになれば、このような悲劇が防げる。しかし当時は排卵の周期についてはまだ明らかではなかった。そこで彼は自ら研究を行うことを決意する。

 当時から月経と排卵の関係は言われており、月経から14〜16日で排卵が起こるとされていた。しかし荻野が自ら集めたデータと参照したところ、排卵日は明らかにそれとずれていた。行き詰まった荻野だが、ある時、生理痛の相談に来た女性が月経の2週間前ぐらいに必ず痛くなると言ったのを聞いた時に、月経の次に排卵が来るのではなく、排卵の次に月経が来るということを思いつく。荻野は早速データを見返した。それらのデータは次の月経の12〜16日以内の範囲にピタリと収まった。

 早速荻野は自分の妻とでその結果を確認する。最初の7ヶ月は排卵期を大きくはずして夫婦の関係を結ぶ。その7ヶ月間、妻は妊娠しなかった。そして8ヶ月後、今度はその日にあわせたところ、妻は見事に第3子を妊娠したのである。

 荻野は早速この理論を日本の医学誌に発表する。しかし権威主義の傾向が強い日本の医学会は、市井の開業医が唱えたこの理論を完全に無視した。このままでは自分の理論は闇に葬られ、女性達は救われない。悩んだ彼は、医学先進国であるドイツで自らの理論を発表しようと、必死に蓄えた金銭でドイツに渡航する。

 しかし国や大学の後ろ盾のない彼には、論文を発表できるツテが全くなかった。彼は各地の有名産婦人科医や大学などを訪ね、自らの論文を読んで貰う売り込みを行う。しかし斬新すぎる彼の論文はなかなか相手にされなかった。しかし彼が苦労すること3ヶ月、初めて彼の論文に目を留める医師が現れた。フンボルト大学のシュテッケル教授だった。彼は荻野と同様に排卵周期の解明に長年取り組んでおり、荻野の斬新な発想が彼の興味を惹いた。彼は荻野の論文をドイツの医学誌に載せると約束し、1930年の2月22日、ついに荻野の論文はドイツの医学誌に掲載された。

 荻野の論文に対して、当初は反応はほとんどなかった。しかし思いがけないところで大きな反響を呼んでいた。避妊や堕胎などを禁じていたカトリックでは、多産による生活困窮に苦しんでいた。しかし自然の摂理に基づく荻野学説による避妊なら許されるのではないかと大論争が起こったのである。激論の結果、当時のローマ教皇ピオ11世が荻野学説に基づく受胎調整を容認する。これで一躍荻野の理論は有名になり、科学的に実証されたのだった。そして日本にも逆輸入、日本でも受け入れられることとなった。

 なおその後、荻野は大学の教授への就任を何度も要請されたが、その要請を拒否し、生涯を新潟で医師として送ったという。また昭和30年代にに荻野理論が安価な避妊術として週刊誌に盛んに紹介された時、荻野はその風潮を激しく批判したという。より確実な避妊法が開発されたにもかかわらず、自分の学説を安易に使われ、その結果赤ちゃんの命が失われることを許せなかったのだという。彼が発表した学説は、命を守るために生み出した学説だったのである。

 いわゆる荻野式の提案者である荻野久作のエピソード。当時の日本の医学会の権威主義が情けなく感じられるだろうが、実際のところは未だにこの体質は改まっていないと言える。だから日本では駄目だと感じた研究者は、海外を目指すことになるのである。

 ちなみに荻野理論を皮切りに女性の妊娠についての研究は進み。荻野久作自身が語っているように、現在ではより確実な避妊法なども開発されている。それにも関わらず、特に若い男女に安易な妊娠や中絶が増加しているのは、特に男性自身が生命についてキチンと考えていないということが大きいだろう(女性が主体性を持っていないためという指摘もあるが)。私はカトリックではないし、女性の尊厳の点からものぞまない妊娠を女性だけが強要されるのはおかしいと考えているので、妊娠中絶に反対するつもりは毛頭ない。しかし安易な乱用には当然であるが反対である。

 ところで荻野以前から月経と排卵の関係は言われていたというのだから、今になってみれば荻野理論はコロンブスの卵のようなものである。だれもこれを思いつかなかったというのは、あまりに研究者の考えが硬直していたというような印象も受ける。

 

7/5 その時、歴史が動いた「勝負師は志高く〜碁聖・本因坊秀策の無敗伝説〜」

 今回のテーマは、徳川将軍の前で開催される御城碁で12年間無敗を続けたという、本因坊秀策についてのエピソードである。なお巨人ファンの松平アナは「あの巨人でさえV9なのに、秀策はV12」と紹介していたが、これは趣味が出過ぎ(笑)。

 1829年、広島の庄屋の家に桑原虎次郎(後の本因坊秀策)は生まれた。彼は物心のついた頃から囲碁に強い関心を示しており、それを見た母に五歳の時に囲碁を教わったという。彼はメキメキと上達し神童と呼ばれ、7才で地元三原城の城主に見出され、英才教育を施されたという。そして9才の時に城主の勧めで修業のために江戸に旅立った。彼はそこで囲碁の家元である本因坊家に入門した。という当時の城主は十二代目の丈和であり、日本の囲碁界に君臨していたという。

 彼はそこで日々の雑務をこなしながら、修業の日々に励んだ。彼は古い棋譜を学びながら、他流試合で腕を上げた。この時に彼が好んだ戦法が、最初の三手で3つの隅を固めるというやり方だという。

 その秀策に実力を示す機会が訪れた。兄弟子の本因坊秀和と対局することになったのだという。ここで彼は後に秀策流と呼ばれる隅から両方向の攻めを目指す布石を打ち、この勝負を引き分けに持ち込んだのだという。

 18才の秀策は家元井上家の当主・井上因碩と対局、老練な井上の打ち筋に押されて苦戦する秀策だが、127手目、碁盤のほぼ中央に打った一手が流れを変える。その一手でそれまで分断されていた秀策のすべての石がつながって連動した。この一手を打たれた井上は狼狽を隠せなかったという。この時に対局を観戦していた一人の医師が、動揺して真っ赤に染まった井上の耳を見て秀策の勝利を確信したという。後にこの手は「耳赤の一手」と伝えられることになるという。この一手をきっかけに秀策は逆転勝利をおさめた。

 押しも押されぬ実力を身につけた秀策は、1846年についに本因坊家から跡継ぎを勧められる。三原城主の浅野氏に見出されて彼の援助を受けていた秀策は、その恩を思ってこの話に躊躇うが、本因坊丈和は浅野氏にも説得工作を行う。秀策が名門の本因坊家を継ぐということを名誉だと考えた浅野氏は、その話を快諾する。こうして秀策は本因坊家の跡継ぎに定まる。

 その翌年、秀策は御城碁に出仕することになる。各家元の代表が腕を競うこの場で、秀策の快進撃が始まる。しかし時代は幕末、ペリー来航などの動乱の時代を迎え、御城碁の開催さえも怪しくなったり、故郷の母が病気になるなどの試練を乗り切って(結局、母は秀策が連勝記録を達成した後に死去)、彼は御城碁で12年間無敗の19連勝を達成する。しかしその後に流行したコレラによって、34才で死亡する。図らずしも秀策の死後、世情の不安から御城碁は中止され、そのまま江戸時代が幕を閉じる。秀策の死は一つの時代の終わりともつながっていた。

 未だに碁の世界ではカリスマ的人気を誇っており、碁聖と呼ばれている秀策についてのエピソード。今まで強かった碁打ちは何人かいるが、その中でも無敗記録を立てているのは秀策だけだという。また秀策は、並み居るライバルを押しのけての圧倒的強さ、無敵の必殺技(秀策流)、そして若すぎる死と伝説になりそうな要素が揃いすぎている。なお秀策の強さの背後には、「神の一手」を極めようとしていた藤原佐為の亡霊の存在があることが指摘されている(オイオイ)。

 囲碁というとかく地味になりがちなテーマで、どうやって盛り上げるかに配慮していたのがうかがえる内容。また一応歴史番組として、世の中の流れと結びつけるという観点も忘れてはいなかった。ただこのネタをヒカルの碁の連載が終了してからしばらく経つこの時期に持ってくるという、微妙なタイミングのはずし具合は、いかにもNHK的なんだが(あまりに生々しすぎる時期にはNHKとしては無理なんだろう)。

 

6/21 その時、歴史が動いた「幻の大艦隊〜イギリスから見た薩英戦争〜」

 イギリスと薩摩が直接に砲火を交えた薩英戦争。幕末期のこの日本の対外戦争について、イギリスの視点から描いたのが今回のテーマである。

 1859年、イギリスから通商条約批准のために使節団が日本に送られる。全権代表は中国で長い経験を積んだ老練な外交官ラザフォード・オールコックだった。しかし幕府の側は前年にアメリカと日米修好通商条約を締結した際、ハリスから「イギリスが日本侵略の意志を持っている」と聞かされており、警戒心が高まっていた。

 その日本に対してオールコックは威圧的態度をとる。通商条約批准の日には江戸市中で140人からなる大パレードを敢行、制止を振り切って江戸城内まで乗り入れる。さらに高輪東禅寺を公館にして江戸に居を構えたり、ひたすら高圧的で国威を見せつける態度を示す。

 しかしその裏で、実はオールコックには焦りがあった。当時のイギリスは中国と第二次アヘン戦争の最中であり、日本に振り向ける艦隊の余裕がなかったのである。オールコックの態度には弱みを見せないための虚勢の部分もあったのである。「中国の大艦隊をいつでも江戸に差し向ける」は決まりの脅し文句だった。

 一方、中国のイギリス艦隊に注目していたのが薩摩藩主・島津久光だった。イギリスが日本を侵略するつもりなら、まず一番南の薩摩が狙われる。危機感を抱いた薩摩では自前で鉄製の大砲を製造したり、鹿児島湾に水雷を設置するなどの独自の軍備を進めていた。

 やがて日本は開港し、イギリスはアメリカを抜いて貿易額の一位となる。しかしオールコック達が富士登山を強行したことが、富士を神聖視する日本人を激怒させ、武士の間に攘夷の機運が高まり始める。またイギリス人が我が物顔で日本をウロウロとすることに島津久光も怒りを感じていた。そしてとうとう事件が起こる。1861年7月5日の夜半、イギリス公使館が14人の浪士に襲われ、公使館員3人が重傷、オールコック自身も命を狙われて辛うじて助かるという事態が発生する。自らが攘夷の嵐を巻き起こしてしまったことに震撼したオールコックは艦隊の派遣を要請するが、艦隊は日本に来ることはなかった。オールコックは自ら休暇を願い出て本国に帰国してしまう。

 1ヶ月後、代理公使として日本に着任したのが陸軍中佐のニールだった。彼もオールコックと同様に武力を背景に威圧的な交渉を行う。そんな時、薩摩藩の行列に騎馬で乗り入れたイギリス人が無礼打ちにされ、1人が死亡、1人が重傷を負う事件、いわゆる生麦事件が起こる。

 ニールは艦隊の日本派遣を要請するが、第二次アヘン戦争は終結したものの、太平天国の乱への対応に追われていたイギリス艦隊は動かなかった。しかし半年後、ようやく中国での乱が終結し、イギリス艦隊12隻が日本に向かって移動を開始する。最新式のアームストロング砲を装備した最強艦隊だった。武力を背景にニールは薩摩藩に2万5千ポンド(現在の価値で3億円)の賠償金を要求する。しかし薩摩の島津久光はその要求を拒絶する。イギリス艦隊は江戸から薩摩に向かう。

 その頃、薩摩では大騒ぎとなっていた。ニールからの賠償を求める書簡に記載されていた事件の首謀者を処刑せよとの文面が、島津久光の首を要求していると考えたからだった。しかし実はニールが要求していたのは、斬りつけた主犯の処分だった。幕府に雇われていた福沢諭吉が文面を直訳したために誤解を生んでしまったのだ。薩摩領内では武士だけでなく農民からも動員された5万人が国を固める。

 それに対してイギリス艦隊は最初から楽勝気分で、物見遊山のつもりだった。既に幕府から賠償金10万ポンドをせしめることに成功していたことも、彼らに日本を甘く見させることになっていた。艦隊を見せつければ薩摩も怯えて賠償金を支払うと考えていたのである。

 しかし薩摩では10ヶ所の台場に85門の大砲を据え付けて待っていた。その中には鉄製の150ポンド砲の巨砲も含まれていた。鹿児島湾に悠然と入ってきたイギリス艦隊は、いきなりの薩摩の予期せぬ猛攻撃でパニックになる。ニールの乗船していた旗艦ユーリアラス号は賠償金の箱で弾薬庫の扉が塞がれ、反撃さえ出来ない状態だった。大混乱になるイギリス艦隊。しかしようやく2時間後、旗艦ユーリアラス号が攻撃を開始、イギリス側の反撃が始まり、鹿児島の城下は炎に包まれ、一進一退の攻防となる。しかし薩摩の一発の砲弾が旗艦ユーリアラス号に命中、艦長と副長が戦死したことで戦いの帰趨は決する。イギリス側戦死者13人、薩摩側5人、イギリス艦隊は3日後に満身創痍の状態で撤退する。

 それから3ヶ月後、薩摩とイギリスの間で講和の交渉が行われた。実質的に敗戦に近い状態だったために、身構えて交渉に臨んだニールは我が耳を疑った。なんと薩摩があっさりと賠償金の支払いを飲んだのである。実は薩摩では戦争後にイギリスの砲弾を分析、圧倒的な技術力の差を痛感しており、実力を持っての攘夷は不可能と判断していたのである。この後、薩摩はイギリスと友好関係を結び国力を増強、明治維新へとつながっていく。

 イギリスにとっての手痛い敗戦のエピソードだが、ゲストの軍事アナリストも言っていたように、イギリス側の慢心が何よりの敗因だろう。東方の野蛮国と見くびっていたの間違いない。多分艦隊を城下に見せつければそれで怯えて直ちに降伏すると高をくくっていたのは間違いない。結果として、自らむざむざと薩摩の砲台の射程距離に入り込むこととなり、アームストロング砲の長射程のメリットを全く生かせないことになってしまったのである。

 また当時のヨーロッパの軍隊が強いと言っても、それは今イメージするほど絶対的なものではなかったという事実もある。まず補給線が圧倒的に長いという不利があるし、それに兵器の優劣も現在のハイテク兵器ほど一方的なものではなかったのである。そもそも機関銃でも弓矢で命中すれば人を殺せるのは一緒であり、兵器は使い方次第というところがある。実際、イギリスが圧勝したように思われているアヘン戦争でも、局地戦ではイギリス軍が惨敗している例もあるのである。

 なお薩英戦争は明らかにイギリスの思惑はずれなのだが、そこに至る過程を見ていると、「窮した時ほど虚勢を張る」という欧米人の特色というか、欧米流交渉術の特徴がもろに出ている。ただ計算違いは、当時の日本人は中国人よりもさらにプライドが高かったということか。当時の武士などはプライドだけで生きていたような存在なのだから。

 注目すべきは薩摩のしたたかな対応だろう。事実上の勝利でも浮かれることなく、冷静に彼我の実力差を認めてあっさりと講和しているのは優れた現実感覚である。薩摩側はイギリスのミスがなければ勝てなかったことを分かっていたのである。実際、この後1864年に長州がイギリス、フランス、アメリカ、オランダの4カ国連合艦隊と交戦して惨敗、砲台を占拠されるという目にあっており、薩摩の判断は正しかったことが証明されている。

 それにしてもこの時はこれだけ冷静な判断が出来た薩摩の流れを汲む日本政府が、その後には第二次大戦であれだけ無謀で馬鹿げた判断ばかり行ったのはなんとしたことなのだろうか。どうも時代が進むにつれて日本人は退化しているのかとさえ思ってしまう。そう言えば、基地移転にかこつけたアメリカのぼったくりを丸飲みしたポチ小泉は、この時代の幕府よりもさらに退化しているよな・・・・。

 

5/31 その時、歴史が動いた「これは正義の戦いか〜ジャーナリスたちのベトナム戦争〜」

 ベトナム戦争はジャーナリストが終了させた戦争とも言われる。ジャーナリスト達がアメリカの大本営発表に疑問を感じ、自ら現地の真実を伝え、それがアメリカ国民の反戦意識につながっていった。そのジャーナリスト達が今回のテーマである。

 南北で分裂したベトナムで対立が強まった時、アメリカは傀儡政権である南ベトナムを支援していた。また現地には報道のために記者達が訪れていた。そんな記者達の中にニューヨークタイムズのデイビッド・ハルバースタム、UPIのニール・シーハンらがいた。彼らはこの戦争の報道をチャンスだと考えていた。またCBSニュースキャスターのウォルター・クロンカイトなども現地のレポートを行っていた。

 ベトナム戦争開始当初は、ジャーナリスト達もアメリカの大本営発表を信じ、ベトナム戦争は共産主義を倒すための正義の戦争だと考え、そういうスタンスで報道を続けていた。当初はアメリカ軍の優勢のみが伝えられていた。そして国民もアメリカの優位を伝える報道の影響もあって、戦争支持派が65%と反対派の21%を遙かに凌いでいた。

 国民の支持を受けてアメリカは介入を深める。そして1964年、アメリカ軍の哨戒艇がトンキン湾で北ベトナム軍の攻撃を受けるトンキン湾事件で、アメリカはついに直接介入を行うことになる。18万人の地上部隊が投入され、さらに北ベトナムへの空爆(北爆)が開始される。

 この頃、UPIのニール・シーハンは軍の将校からアメリカ軍の活躍の話を聞かされる。それは共産主義者300人を戦死させたというものだった。これはスクープとしてニューヨークタイムズの1面を飾るが、実は誤報であった。実際は戦死者は15人に過ぎなかったのだ。戦場を見ていなかったシーハンは軍の水増し情報に踊らされたのだった。この件でシーハンは、サイゴンで軍の発表を聞いているだけの自分たちは、戦場の真実を伝えていないのではないかとの疑問を感じる。

 1965年の夏、南ベトナムの海岸線をヘリコプターで飛んでいたクロンカイトは、偶然信じられない光景を目撃する。数十万人の収容能力のある巨大な基地の建設が進められていたのである。アメリカ軍は勝利目前と言われていたのに、長期戦の準備を進めていたのである。クロンカイトは軍の発表に不信感を抱く。

 サイゴンを飛び出したハルバースタムとシーハンの2人はメコンデルタで兵士と行動を共にして、前線の実態を目の当たりにした。アメリカ軍が敗北して死傷者を出していたのである。北ベトナム軍のゲリラ戦にアメリカ軍は大苦戦をしていたのだ。ハルバースタムは前線でアメリカ軍将校のジョン・ヴァン中佐からやり場のない不満を伝えられる。それは彼らが支援しているはずの南ベトナム軍は本気で戦う気がないというものだった。ハルバースタムはこの現実をそのまま記事にする。しかしこれに激怒したジョンソン大統領は、彼らを祖国の裏切り者と呼び、ライバル誌の大物記者に依頼し、彼らの記事を打ち消す記事を掲載させる。これに動揺したニューヨークタイムズは彼らの記事の真偽を疑う。

 変化はテレビにも起こり始めていた。それまでテレビでは残虐な場面を映さないように自主規制されていた。そんな中、クロンカイトはサイゴンから届いた映像について放送すべきかどうかをディレクターに相談される。そこに映されていたのは、南ベトナムの民家を焼き払うアメリカ軍の姿だった。クロンカイトはこの映像をそのまま流すことにする。放送直後からCBSには「アメリカ人がそんなことをするわけがない」と抗議の電話が殺到、翌朝にはジョンソン大統領から「君たちはアメリカの国旗に泥を塗った」と抗議の電話がくる。

 しかし1966年には投入兵力は38万、死者は6千人を超えていた。そして戦線は膠着したままだった。この年、アメリカ国民の戦争支持率は50%を割り込んでいた。

 1968年、北ベトナム軍は南ベトナムの各都市に大規模な攻勢をかける(テト攻勢)。激しい市街戦の結果、アメリカ軍は辛うじてサイゴンを死守し、ジョンソン大統領は勝利宣言を行う。しかしこの時、衝撃的な映像が家庭に飛び込んでいた。南ベトナム警察長官が捕虜を路上で射殺した映像だった。これ以外にも非人道的な戦場の映像が次々と飛び込み、これは正義の戦争かという疑問が国民に湧き上がってくる。そして再びベトナムに渡ったクロンカイトは、自らのレポートの最後で「この状況から抜け出すには停戦しかない」と自らの意見を述べる。

 1969年10月、アメリカでは史上空前の反戦デモが起こり、デモ参加者は200万人に及んだ。この年、世論に追われる形でジョンソン大統領が退任、後任はベトナム戦争終結を公約にしていたニクソンだった。しかし戦線縮小の困難さに直面した彼は「私はアメリカ史上初の敗北を決める大統領になりたくない」と言い始める。

 1971年、本国に帰還してニューヨークタイムズに移ったシーハンは、驚くべき文書を入手していた。それはアメリカのベトナム戦争介入の実態を示した秘密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」だった。そこにはトンキン湾事件が実はアメリカ側の挑発だったことなどが記されていた。この文書の公開は国家機密漏洩罪当たるのではないかとニューヨークタイムズ者の幹部は掲載に反対するが、シーハンは「この文書はジョンソンのものでもニクソンのものでもない。血を流して代償を支払ったアメリカ国民とインドシナの人々のものである。」と主張、この文書はニューヨークタイムズの1面に掲載される。そこでは北爆での死傷者の8割が民間人であって、軍事施設に限って爆撃するなどということが嘘だったことなども報告されていた。ベトナム戦争正当化のために政府が重ねていた嘘が暴かれたのだった。

 連載の中止を求めるニクソン大統領は、記事の掲載差し止めの仮処分を裁判所に求め、政府とジャーナリズムの戦いはついに連邦最高裁判所に持ち込まれる。そして最高裁は大統領の差し止め命令を却下する。「報道機関は政府に奉仕するものではなく、国民に奉仕するものである。」

 そして1973年3月29日、ついにニクソン大統領がベトナム戦争の終結を発表する。

 不覚にも涙が出そうになった。凄まじいジャーナリスト達の戦いである。この時の骨太のジャーナリスト達のことを考えると、今のジャーナリスト達の情けないこと。この時の教訓で学んだアメリカ政府は、湾岸戦争やイラク戦争では徹底した報道管制を行い、ジャーナリスト達の自由な報道を禁じたのである(これに反したジャーナリストは「イラク軍の犠牲になった」ということになって、米軍に「誤射」されることになる。)。番組でも言っていたが、この時の教訓は皮肉にもジャーナリスト達よりも、政府の方が学んでいたのである。

 そしてそれに輪を掛けて情けないのは日本のジャーナリスト達である。イラク戦争では大本営発表に終始したどころか、政府の意向を受けて、イラクで人質にされた人々を非国民として叩くという信じられない破廉恥な行為のお先棒まで担いだわけである。健全なジャーナリス精神などかけらも見られない報道機関が多すぎるのである。

 もっとも、最近はあまりのイラクの泥沼ぶりに、さすがのアメリカの報道姿勢も若干は変わりつつある。しかし日本の方は相変わらずである。結局日本には、マスメディアは存在してもジャーナリズムは存在しないということになる。

 

5/24 その時、歴史が動いた「帝と民の巨大プロジェクト〜東大寺大仏 聖武天皇の挑戦〜」

 今回は大仏建立について。今までは大仏建立は、国家の力を占めそうとした聖武天皇が考え、民衆を動員したはた迷惑なプロジェクトという認識が強かったのだが、そうではなくてもっと民衆も加わったプロジェクトであったという解釈らしい。

 奈良時代、律令制に基づいて国家を強化しようと考えていた朝廷にとって、聖武天皇はまさに律令制を定着させるにはこの人しかいないという切り札だったという。聖武天皇は天皇に即位すると律令制の浸透を図る。

 しかしそれは民衆にとっては迷惑以外の何物でもなかった。律令制に基づいて彼らの税負担は強化され、しかも天災などで収穫がなくても律令制に基づいて一定の税が徴収されたため、国民は負担に耐えかねて逃亡を始めたという。

 その頃、民衆に支持された僧が行基だった。彼は布施屋と呼ばれる施設で人々に無料で食料と寝場所を提供しながら、ぶっ虚の不況を行った。彼の教えは抑圧に苦しむ民衆の心をつかんだが、勢い彼の元には政治に不満を持つ民衆が集まってくることとなった。そのことに脅威を感じた聖武天皇は行基を弾圧し、追放する。

 しかし民衆の逃亡は一向におさまらなかった。律令制が浸透さえすれば国はまとまるという聖武天皇の信念は揺らぎ始めていた。その最中に、かつて聖武天皇の教師を務めたこともある山上憶良が地方勤めから都に帰る。彼は地方の民衆の状況を目の当たりにし「貧窮問答歌」を読んだ人物である。彼の報告を聞いた聖武天皇は、自分が民の現状を全く知らなかったことに愕然とする。

 ここにいたって聖武天皇は各地に救援物資を送り、減税を行ったが民衆の逃亡はまだとまらなかった。そのような時、聖武天皇の元に行基が地方で民衆を動員して土木工事を行っているという報告を受ける。そして民衆によって建立された河内の智識寺に足を運んだ彼は、民衆が自ら進んでこれだけのものを作ったということに驚愕する。その後、彼は行基の元を訪れて語り合い、その結果として大仏を建立して仏教によって民衆をまとめるということに思い至り、行基の協力を取り付ける。

 しかし実際の建造は困難を極めた。当初は信楽に計画されたのだが、地震や山火事で工事は進まずに断念せざるを得なくなる。次に若草山の麓に場所を移したが、今度は行基の弟子達の間で意見が二分、離反する弟子なども出て行基も心労で倒れてしまい、工事は暗礁に乗り上げる。そんな時、聖武天皇は現場に訪れると、自ら土を手にとって運び大仏建立への意志を示す。これで民衆達も動き始める。

 その後、工事中の事故や行基の死などのトラブルもあったが、752年、ついに大仏は完成する。

 要するに聖武天皇は今まで言われていたよりももっと民衆のことを考えていたよという内容であり、それも分からないでもないが、終始彼が上からの視点でものを見ていたのは否定できないだろう。また民衆の間で布教を行っていた行基にしても、結局は権力に取り込まれたと言うことを否定できず、それが彼の弟子が割れた原因だろうと考える。当時の民衆がどう考えていたかということについては資料がないので(常に云えることだが、歴史というのは権力者によって残されるものであるので、民衆の考えは残らないのである)、実際のところ民衆がどう思っていたかは分からない。

 なお最近登場した説に、平城京が滅んだのは大仏建立のせいだという説がある。当時のメッキ技術というのは、金を水銀と合金にして、それを塗布した後に加熱して水銀を飛ばすという方法であり、これは必然的に大量の水銀の蒸気を発生されることになる。この水銀の蒸気が奈良盆地に溜まって病気の発生や環境の破壊につながったという説である。まあこれだけが原因とは考えられないが、実際に、この後に平城京は遷都されるのだが・・・。もしこれが本当ならかなりの皮肉である。

 

4/26 その時、歴史が動いた「歴史の選択 本能寺の変 織田信長VS明智光秀」

 今回は、NHKの内部の事情で年に2回ほどある「デジタル放送宣伝企画」である。デジタル放送をアピールするために意味もなく視聴者投票を取り入れるという例の企画である。

 で、今回のテーマは「織田信長と明智光秀のどっちを支持するか」。どちらかを上司にするとしたらどちらが良いかなどと言っていたが、そんなことを言われたら私は迷うこともなく明智光秀を選ぶ。織田信長が上司だったら、会社は大きくなるかもしれないが、自分は使い捨てでリストラされてしまうのがオチである。

 番組の方では両者を比較するのだが、織田信長は体制破壊者で、能力主義、そして目的のためには冷酷だった人物。これに対して明智光秀は現状を強化しながら穏健な社会を目指すタイプで、家族主義の温情主義である。明智光秀は歴史上は謀反人とされているが、実際のところ彼の領土だったところではとにかく民衆のウケがよい。また彼については妻に対する細やかな愛情を示すエピソードも残っている。人格的に明らかに欠陥があったと考えられる信長(間違いなくヒステリーの傾向がある)に対して、光秀は穏健な常識人だったようである。

 というわけで、番組では3回に渡って投票をしたのだが、最初は人気の点で信長がリードしていたのに、番組が進行するに連れて光秀の票が伸びて、最終的にはひっくり返ってしまったのが象徴的。信長みたいな唯我独尊で自分にとって都合の悪い者は次々と切り捨て、さらに言えば庶民のことなど一切顧みないという人物は、歴史の上で見ていくには面白いが、同時代の人間にとっては迷惑きわまりないと言えるだろう・・・・とよく考えてみたら、今の日本でも、能力は信長の足元にも及ばないにもかかわらず、彼の悪いところだけを忠実にコピーしているかのような奴が政治を仕切っていた。こりゃ末世だわ・・・・。

 

4/19 その時、歴史が動いた「それでも地球は動いた〜ガリレオ・ガリレイの栄光と挫折〜」

 今回はこの番組では珍しい世界史ネタである。テーマは地動説を唱えたガリレオが宗教裁判によって地動説の放棄を迫られるエピソードについて。

 1564年にガリレオはピサで7人兄弟の長男として生まれる。彼の家庭は貧しかったが、優秀だった彼は知人の援助でピサ大学に入学する。しかしそこで教えられていたのは2000年も前のギリシア時代の学問であり、彼はすぐに興味を失った。大学よりも外の世界に目を向ける。ルネサンスの時代を迎えて自分の目で観察することを基本にした学問が始まっており、そのような新しい学問が彼の心をとらえる。そして彼は世の中のすべての事象は数学で説明できるとの確信を持つ。

 彼は独学で物理学の研究を始める。そして重い物体の方が早く落ちるというアリストテレスの定説の間違いを実験で明らかにし、これが認められて28才で名門のパドバ大学の数学教授に任命される。

 そしてガリレオの名を上げたのが自作の望遠鏡による天文観測の結果だった。彼は月のクレーターなどを発見したり、木星に4つの衛星が存在することを発見した。彼のこの功績はヴァチカンにも認められ、バルベリーニ枢機卿などは彼の熱烈な支持者となり、彼は当代随一の科学者との評価を得る。

 しかし彼の栄光は自らの発見によって暗転する。彼は金星の観測結果から、かつてコペルニクスが仮説として提唱していた地動説が正しいことを確信する。しかし地動説は、聖書の記載が唯一の真実であると信じていた阿呆の集まりであるローマ教皇庁にとっては異端の教えだった。また当時はカトリックとプロテスタントの対立が激化していた。しかしガリレオは地動説は聖書の教えの解釈さえ変えれば問題ないと考えていた。だが運悪く彼の手紙が聖職者(狂信者と同意)の手に渡り、彼は異端審問を受ける羽目になる。

 審問の結果、阿呆共は地動説は聖書の教えに反しており異端との判断を下す。ただ当時の判例ではガリレオは火あぶりになるところだが、バルベリーニ枢機卿などの彼の支持者の尽力で死罪は免れる。

 しかし地動説を唱えることを禁じられたガリレオは、数々の中傷に苦しめられることになる。しかし7年後、彼の支持者であったバルベリーニ枢機卿が教皇に選ばれた(ウルバヌス8世)ことを知った彼は、今なら地動説を受け入れてもらえるのではないかと、地動説と天動説を対話形式で紹介した「天文対話」を出版。この本は飛ぶように売れる。彼はこの本で特に地動説を勧めたわけではなく、両論併記で読者の判断に委ねようとしたのだが、人々はそこに真実を見たのだった。

 しかし彼のこの本が、他ならぬウルバヌス8世を激怒させたのだった。プロテスタント諸国との戦いで神聖ローマ帝国が劣勢に陥っていた時に、カトリックの教えに疑問を投げかけかねない彼の地動説は都合が悪かったのである。結局ガリレオは、宗教裁判によって死刑か地動説の放棄かの二者択一を迫られ、地動説の放棄を余儀なくされる。

 その後の彼は幽閉状態の中で生涯を送ることになる。しかし心の中で地動説を諦めていなかった彼は、死の前に自らの研究結果をまとめた「新科学対話」を記す。この書はプロテスタント諸国で出版され、後にニュートンなどに影響を与えることになる。

 結局、彼がこの書を記したことが後に大きく影響し、歴史の上では後に彼は勝利者となり、彼が異端審問を受けたという事実は、皮肉なことに宗教というものがどれほど馬鹿げていて救いがたいものであるかということを端的に物語るエピソードの一つになるのである。

 宗教というのは実にくだらないものであるが、そのくだらないものが世の中を支配したこの時代、ヨーロッパでは数々のとんでもないことが起こっていた。これはその一つである。なお地動説がここまで頑なに否定されたのは、地動説が真実か否かという次元ではなく、当時は教会が権力機構そのものであったから、それに楯突くものはとにかくなんでも否定するという組織防衛上の話であって、理屈ではないのである。そういう意味では組織防衛が合理性に優先している今の日本の官僚機構も宗教組織とそっくりかもしれない。

 

4/12 その時、歴史が動いた「大奥悲しみの果てに〜徳川家宣正室 天英院煕子の生涯〜」

 徳川綱吉の治世、徳川家宣とその妻・煕子は甲府藩35万石を治める小大名だった。家宣は藩政に手腕を発揮し、甲府藩は繁栄していた。また公家から来た妻の煕子を大事にして夫婦仲は非常に睦まじかったという。しかし1704年、その2人の運命が急変する。綱吉に子供がいなかったことから、家宣が次期将軍に任命されたのである。そして1709年に家宣は6代将軍に就任、煕子は正室として大奥に入ることとなった。

 しかし44才で大奥に入った煕子には戸惑うことばかりであった。大奥は当時の幕府の予算の1/4も使用し、将軍の世継ぎを生んで育てる一大官僚機構になっていたのだった。彼女はいきなりこの巨大組織を取り仕切ることになったのだ。

 家宣の治世は正徳の治と呼ばれて評判はよかった(馬鹿将軍綱吉が制定した生類憐れみの令などの馬鹿法を、彼は片っ端から廃止したわけだが)。だが煕子にとっては辛い日々が続いた。夫婦が共に過ごせる時間はほとんどなくなっていた。しかも大奥には「御褥御免」というしきたりがあり、30歳を過ぎた女性は正室であっても将軍と夜を過ごせなかったのである(世継ぎを生むことが最優先にされていたということである)。家宣も4人の側室を持たされ、やがてその1人・お喜世に男子が産まれる。

 そして1712年、家宣が突然に倒れる。しかしたとえ正室でも大奥の女性が将軍の居住空間に立ち入ることは出来なかったため、彼女はそこに駆けつけることは出来なかった。そして家宣はそのまま亡くなり、彼女は臨終に立ち会うことさえかなわなかった。

 家宣の死後は、お喜世の生んだ家継が7代将軍に就任した。家継の生母であるお喜世は月光院と名乗り、煕子は天英院と名乗ることとなった。ここで慣例では将軍が死ぬとその正室は大奥から出ることになっていたのだが、天英院は家宣から若い家継のことを託されていたために、大奥に残留し、家継を盛り立てることとなった。しかしそのために、将軍の生母として勢力を伸ばしてきた月光院と対立することになってしまう。

 しかもこの頃、月光院の派手な生活が災いし、大奥の規律は乱れに乱れる。その挙げ句に絵島生島のスキャンダルも発生、大奥に対する風当たりが強くなる。しかも家継が風邪をこじらせて危篤状態に陥り、幕府は将軍の後継者がいないという非常事態になってしまう。

 こうなれば次期将軍を御三家から招くしかないが、だれを後継にするかの議論は全くまとまらなかった。また大奥の中では息子の危篤に動転した月光院は大奥を取り仕切れる状況になく、混乱状態になっていた。この時に天英院が立ち上がる。彼女は月光院を励まし落ち着かせるし、幕府の重臣を呼び集めて、次期将軍を紀州の吉宗にするようにと告げる。大奥が次期将軍を決定するという異例の事態に承伏しかねる重臣達に、彼女は切り札を繰り出す「これは家宣の遺言だ」と彼女は告げたのだった。

 こうして吉宗が8代将軍に就任、徳川幕府の危機は回避される。

 以上、吉宗が将軍に就任するに至るエピソードでもあるのだが・・・・うーん、やっぱりネタとしては弱すぎる。そもそも6代将軍が印象の薄い人間だし(結局はその治世は4年しかないわけだから、印象が薄いのも当然である)、大奥の話となるとどうしても裏のエピソードなのでなんとも。ただ吉宗が天英院にこれで恩を感じていたのは事実らしく、それ故に大奥に対して頭が上がらなくなったというのも後々につながっていくのである。ちなみに幕府の財政の建て直しを迫られていた吉宗は、大奥のリストラにも取り組むのだが、この時には一悶着あったようではある。

 しかし家宣にしても、吉宗にしても、直系の連中は駄目でマシな人材は傍系からしか出てこないという典型的なパターンなのである。やはり世襲なんてろくでもないということは歴史で証明されているとしか言いようがないということはつくづく感じる。と言うわけで、世襲議員ばかりになりつつある日本は、このままだといずれは滅びそうだ。

 で、次回はガリレオ・ガリレイの地動説の話。と言うわけでいよいよ世界史の登場です。多分、宗教が支配する世の中はどんなアホな世の中になるかってことを、痛感させられるエピソードになっちまうんだろうな・・・。

 

4/5 その時、歴史が動いた「マッカーサーを叱った男〜白州次郎・戦後復興への挑戦〜」

 終戦後、焦土となった日本はマッカーサーをいただくGHQに支配されていた。そんな時にGHQと日本政府との連絡を受け持つ終戦連絡中央事務局に入ってきたのが白州次郎だった。彼は抜群の英語力とマッカーサーを相手にしても全く物怖じしない態度で注目を浴びる。彼は「我々は戦争に負けたのであって、奴隷になったのではない」という信念を持っていたという。GHQから彼は、従順ならざる唯一の日本人と評されたという。戦前から吉田茂の信を受けていた彼は、戦後に吉田茂が外務大臣に就任したため、この厄介な任に抜擢されたのだという。

 マッカーサーは日本の憲法改正を急いでいた。しかし日本側の草案は明治憲法を基本に置いたものであり、GHQ案とはかけ離れていた。白州はGHQに抗議したり調整したりしながら、いかにして受け入れられやすい憲法にするかに奔走したが、結局はGHQに押し切られるような形になった。白州はこの時に「敗戦国の現実」を思い知らされたという。

 この後、吉田が首相に就任するが、当時の日本経済はガタガタの状態で、その建て直しが急務となっていた。GHQはこの状態を統制を強めることで収拾しようとするが、その試みは成功しなかった。吉田が統制経済に協力的でないと見たGHQは政権交代を見越して、解散総選挙の実施を促す。その結果、政権は社会党の片山内閣に移行する。しかし片山内閣下でも経済は好転せず8ヶ月で辞任、さらに次の芦田内閣は昭電疑獄のスキャンダルでガタガタになり、世論に吉田復帰期待論が持ち上がってくる。

 これに対してGHQの民政局が反対し、吉田の民主自由党に内部分裂の画策を行う。これを内政干渉だと反発した白州は民政局の独走に反発する参謀第二部に接近し、民政局の内政干渉を阻止するように働きかけた。これでGHQ民政局は力を失い、吉田内閣が成立する。貿易庁長官に就任した白州は、GHQの統制経済から自立を果たそうと考えていた。しかし輸出の許認可権を握る貿易庁には利権が集中し、業者からの賄賂が横行していた。白州はこれらを徹底的に糾弾すると共に、根本的な組織の改革の必要性を感じる。自分たちの利権が脅かされることを恐れた商工省は永山時雄を白州の監視のために送り込む。しかし白州はこの永山を逆に説得して仲間に引き込んでしまう。

 その時、日本は貿易を中心とし自立すべきだとの考えを持つ経済顧問のジョゼフ・ドッジが来日、これを好機ととらえた白州は、一気に組織改革に動く。そして昭和24年5月25日に設立したのが通商産業省だった。白州の貿易で立国するという意志が反映された組織だった。

 その後の日本は、この時の「貿易立国」という考えに沿って、経済発展を続けていくのだが、それがやがて日米貿易摩擦につながるようになるとは歴史の皮肉である。またこの通商産業省も後にやはり利権の巣になってしまった。役人の体質を改めるのは組織改革だけでは駄目だという証拠でもある。

 なお白州は憲法についてGHQに押しつけられたものだという認識を持ってはいたが、その戦争放棄などについては評価していたという。この辺りが押しつけられた憲法だから全面的に駄目と主張して戦争をやりたがるアホな輩と彼が違うところである。日本人には珍しく「ものが見えていた」人物だったのだろう、彼は。

 さて新装開店したこの番組だが、ネタ不足を補うためかこれからは戦後史や世界史なども扱うという。ただ世界史を扱おうと思うと映像的にしんどいし(この番組で海外取材は難しいだろう)、戦後史については生々しすぎるだけにいろいろと横槍が入りやすい(権力による介入が入りやすくなる。どこぞの政治家のようにNHKの番組内容に逐一介入したがる輩がいますから)などの問題も多々ある。さてどうなることやら。

 

3/8 その時、歴史が動いた「ゼロ戦・設計者から見た悲劇〜マリアナ沖海戦への道〜」

 太平洋戦争初期においては、その圧倒的性能で米軍を恐怖のどん底にたたき落としたゼロ戦。しかしやがては悲劇の運命をたどると共に、戦況は悪化をしていった。その過程を追うのが今回の内容。

 そもそもゼロ戦は海軍からの無茶と思われる要求に基づいて設計された。エンジンは外国製の8割程度の出力しかないのに、速度や航続距離ではそれらを凌ぐという無茶な要請に応えるための方法は1つしかなかった。それは機体の徹底した軽量化だった。しかしこれは必然的に機体強度の低下と防弾性能のなさに直結し、これがゼロ戦の後々の致命傷となる。

 まずゼロ戦はその試験飛行から波乱含みだった。強度不足のために急降下から急上昇を行った時に機体が空中分解する事故が発生した。しかし海軍はこの問題に急降下性能の抑制と、ほんのわずか主翼強度アップという小手先で対応する。

 それでもゼロ戦は初戦における真珠湾奇襲などでは大戦果を上げる。しかし1つの転機となるのがガダルカナルでの戦いである。この時にはゼロ戦の中心は改造型の2型になっていたが、この機体がとんだ欠陥品だった。大出力化した大型エンジンを搭載するために燃料タンクが小さくなったことと、空母搭載のために翼端を無理に切り落としたことで空気抵抗が増えたため、航続距離が著しく短くなり、ラバウルとガダナルカナルの間を往復することが出来なかった。そのためにガダルカナルの航空戦では旧型のゼロ戦のみが投入されることとなり、徒に熟練パイロットを消耗しただけで敗北する。

 明らかに設計の失敗だったが、この件について海軍では誰も責任をとることがなかった。結局はこの無責任さがこの後の悲劇につながる。またこの頃、アメリカはほとんど無傷のゼロ戦を入手することに成功、これでゼロ戦のすべての弱点が明らかになる。その上でアメリカは、強力なエンジンを搭載して機体を徹底的に強化した新型機F6Fを開発する。

 F6Fの登場でゼロ戦の優位は完全に崩れ去った。ゼロ戦が後ろにつくとF6Fは急降下、これにゼロ戦は全くついていくことは出来ない。またF6Fは上空でゼロ戦を待ちかまえ、急降下しながら攻撃を行った。防弾の全くないゼロ戦は、燃料タンクや操縦席に被弾し、次々と撃墜された。

 前線のパイロットからは防弾に対する要望が高まる。しかし海軍上層部は「大和魂で突破する」という馬鹿げた精神論を振りかざすだけで防弾は採用しなかった。

 そしてアメリカがサイパン上陸攻撃を開始したことから始まったマリアナ沖海戦。日本は持てるすべての航空戦力を投入するが、既に機体性能でも劣り、熟練パイロットの多くを失っていた日本軍は、電探によって日本軍の襲来を察知して万全の体制で待ちかまえるF6Fの前で次々と撃墜される。またなんとかそこをかいくぐった機体も、米軍の猛烈な対空砲火の前に防弾性能のなさという弱点をさらけ出し、ことごとく撃墜された。日本はこの戦いで戦闘機の8割を失い、これで航空戦力が崩壊する。

 例によって軍隊の駄目さ加減を示すエピソードである。日本軍の致命的欠陥は、人員の損耗を軽視しすぎていたことである。やはり人間は赤紙一枚でいくらでも調達できるという甘い考えがあったのだろう。もっとも技術的にも資源的にもアメリカに負けているのが明らかな中で、防弾をした上で米軍機と互角以上に渡り合える戦闘機が開発できるかといえば、それもどだい無理であったのだが。突き詰めれば、どだい無茶な戦争に突入した上層部が馬鹿だったということに尽きるのである。

 ただこれではっきりしているのは、精神主義では合理主義には絶対勝てないということである。精神的要素なんて、物質的環境と社会的環境が整った後で効いてくる要素なので、それが逆にはならない。ましてや近代戦ではなおさらであるということだ。

 なお、戦争をなくすには「戦争を決断した者は必ず最前線に立つこと」というルールを作れば良いという話もある。実際にこんなルールを守る輩などいるわけがないが、とにかく戦争をやりたがるのは安全な場所にいることが出来る奴というのは常に言えることで、今の日本でもやたらに勇ましい奴ほど必ず安全な場所にいる。

 

3/1 その時、歴史が動いた「さらば殿様〜廃藩置県 激動の内幕〜」

 中央集権国家として基盤を固めようとしていた明治新政府にとって、解決しないといけない問題は藩の存在であった。政府は全国を府と県に分け、そこに中央で任命された知事を派遣しようと考えていた。しかし封建社会を根底から覆すこの変革には、薩摩や長州などの有力藩の反対は必至だった。特に薩摩の島津久光は藩の廃止には強硬に反対しており、強行すれば何が起こるか分からなかった。

 まずは人民を朝廷に返還する版籍奉還から政府は計画し、木戸孝允は主君である毛利敬親を説得する。毛利敬親は藩士を自由に行動させたことから、別名「そうせい候」と呼ばれていた人物であるが、さすがにこれには首を縦に振らなかった。藩の基盤が危うくなれば、内乱になりかねないことは彼でも感じていたのである。

 結局、新政府は薩摩・長州・土佐・佐賀の四藩の藩主に版籍奉還を上表させるが、この合意を取り付けられたのは、この版籍奉還には実態はなく、藩主による支配が続くシステムとなることが考えられたからである。藩主達にすれば、国のトップが将軍から朝廷に変わったというだけの意味しかなかった。版籍奉還によって藩には藩主に変えて知藩事を任命することになったが、結果としてそれには藩主が任命されることになった。

 廃藩置県後も結局は支配構造は変わらず、新政府の収益は直轄領からの年貢だけであり、それは日本全体の3割に過ぎなかった。そこで政府は徴税の強化を行うが、これは民衆の反発から暴動につながるだけだった。政府の財政基盤確立のためにも廃藩置県は急がれた。

 しかし意外なところから廃藩論が持ち上がった。藩の財政の建て直しに苦しんでいた地方の諸藩から、藩内改革に限界を感じ、廃藩によって一気に改革を進めるべきとの声が上がり始まるのである。新政府にとってはこれは願ってもない追い風のはずであった。しかしやはり薩摩などの意向が気になる新政府は廃藩置県に踏み切れなかった。

 ここでさらに新たな動きが起こる。土佐藩大参事の板垣退助の呼びかけで、土佐・米沢・熊本・徳島・彦根・福井藩の大参事達が集まり、藩を廃止して各藩の代表者による議会を開設し、薩長政府を牽制しようと言う計画が持ち上がっていくのである。

 ことここにいたって黙ってみているわけにもいかなくなった新政府は、ついに廃藩置県に踏み切る。しかしこれは木戸孝允、井上馨、山県有朋、西郷隆盛、大久保利通、大山巌、西郷従道の7人だけの密議で決定されたもので、一種のクーデターであった。突然に朝廷に呼び寄せられた藩主達は、唐突に廃藩の詔を聞かされることになったのだという。心配された混乱は起こらず、諸藩は黙り込んだが、薩摩藩だけは屋敷に花火が上げられたという。これは島津久光の最後の抗議の意味が込められていたという。

 着々と改革を進めたかに思われる明治新政府であるが、実はかなり綱渡りであったという話。かつての自分たちの主君が最大の抵抗勢力であったのが皮肉である。ただ廃藩置県が予想以上にスムーズに進行したのは、もう既に各藩とも限界が来ているという共通認識が合ったのではないかと思われる。もっとも薩摩藩はこの時に納得しておらず、結局はそれが後の西南戦争への伏線となることになる。

 

2/22 その時、歴史が動いた「伝染病から日本を守れ 細菌学者 北里柴三郎の闘い」

 明治時代の日本は、開国以降外国からの伝染病の脅威にさらされていた。当時の日本では検疫もなされていなかったため(不平等条約の影響があるという)、外国から伝染病が流入しては大感染を繰り返し、特にコレラは数度にわたって流行し、多くの犠牲者を出していた。肥後の北里村の北里柴三郎も、幼い弟二人をコレラで失い、伝染病に対する憎しみから研究者への道を歩んだ。

 北里はドイツ・ベルリンに渡り、世界で初めてコレラ菌を発見したコッホの元を訪れる。彼はそこで連日研究に励み、コレラ菌が三に弱いことを発見する。これはコレラの消毒法につながった。またコレラが経口感染することも明らかにしたという。しかしここで政府から思わぬ横槍が入る。彼に他の留学生と交代するようにとの指示が下ったのだった。その窮地を助けてくれたのは恩師であるコッホだったという。彼は北里が確実に大きな研究成果を上げると主張して、北里が研究を続けられるように取りはからってくれた。北里はその後、破傷風菌の純粋培養に成功したり、動物の抗体を利用する血清療法という画期的な治療法を発見した。

 ようやくコレラの治療の道筋を見出した北里は、欧米の多くの大学から誘いやコッホの慰留を断り、日本に帰国して伝染病の治療に尽くすべく伝染病の研究所を開設する。しかしそれは理解を得られず、近隣の住民からは感染を恐れての反対運動までも行われる。彼は血清療法の有効性を示して理解を得るため、自分の娘に対して血清を投与して治療を行う。娘は見事に全快し、血清の有効性が証明される。北里の元には治療を求める患者が次々と訪れた。しかし今度は血清が足らなくなってしまった。彼は国家レベルで伝染病対策に取り組む必要を感じ、政府に訴えるが、富国強兵を最優先にする政府には彼の意見は通らなかった。

 しかし思いがけない出来事が転機となる。1894年、香港でペストが流行し、日本にも上陸の危険が迫ったのであった。危険を感じた政府は北里を中心とした6人の調査団を香港に派遣する。北里らは患者が廊下にまで横たわっているという惨状の香港の病院で、部屋にこもりきってペスト患者の解剖調査を実施する。6人の派遣団の内3人がペスト感染で倒れるという中、北里はペスト菌の正体を発見することに成功する。

 帰国した彼は、血清の製造などの対策を行うと共に、国を挙げての伝染病対策が必要であると訴え、伝染病予防のための法律を作成する。こうして1897年、伝染病予防法が成立する。患者の隔離、検疫の徹底、上下水道の整備などを訴えた、後の伝染病予防の指針ともなる法律だった。この法律が成立したことで、後に神戸にペストが上陸した際も迅速な対応で感染の拡大を阻止、さらにはコレラの流行をも抑えることに成功する。

 日本が本当の意味での「先進国」になるのに貢献した人物の物語である。「文明国とは衛生が発達した国を指す。戦に勝利したことを喜ぶのが文明国ではない」というのは至言である(戦に勝利したことを喜ぶのは文明国ではなく野蛮国である)。この時代からの基礎があるからこそ、日本は今でも世界でトップ水準の衛生を誇れるわけである。現在、BSEやSARS、新型インフルエンザなどが警戒されているが、果たして現在の日本は北里柴三郎の意志を生かせるかが再び問われているようである。もっとも政府が一般国民の健康や命のためには金を使いたがらないのは、あまり変わっていないのが不安だ(小泉はアメリカご追従のためなら、国民の命など平気で差し出す輩であるから)。

 

2/8 その時、歴史が動いた「壬申の乱 天武天皇誕生の秘密」

 今回は初めて「天皇」という称号を用いた天武天皇が、兄である天智天皇の息子の大友皇子に勝利して権力を掌握した壬申の乱についてである。

 豪族蘇我氏を滅ぼして権力を掌握した中大兄皇子は皇太子として実権を握り、大王中心の政治を進める大化改新を行う。彼は難波の宮に都をおいて諸改革を進めた。さらに彼は大王の権力を示すために、唐・新羅連合軍と戦う百済を支援、中国大陸に軍勢を送り込む。しかしその軍勢は白村江の戦いで惨敗、彼の政策も挫折する。その時に中大兄皇子を支えたのが、弟である大海人皇子であったという。彼は離反しかねない豪族達をつなぎ止めるのに奔走し、兄の改革を再び軌道に乗せる。そして中大兄皇子は大王に即位する(後の天智天皇)。

 大王になった天智天皇は大津に遷都する。大津遷都の意図は朝鮮半島との交流に有利であったことと、渡来系の豪族であった大友氏の本拠であったことなどであったという。彼は大友氏に長男を預け、これが後の大友皇子になる。さらに天智天皇は太政大臣の職を設け、それに大友皇子を就かせることで大友皇子が後継者であることを明らかにしようとする。当時は後継者は一族の中の有力者から選ばれることが多かったが、彼は血統による継承を打ち出したのだという。しかしこの決定に大海人皇子は不満を感じていた。天智天皇が病気になった時、彼は大海人皇子を病床に呼び、大友皇子への協力を要請するが、大海人皇子は病気を理由にそれを断り、出家して仏道の修業にはいると吉野に去ってしまう。

 しかし吉野に去った大海人皇子に対し、大友皇子は脅威を感じていた。彼は大海人皇子を討つために軍勢を集め始める。それを聞いた大海人皇子も立ち上がる。彼は秘かに吉野を去り、美濃に向かう。この頃から彼は数々の「不思議な力」を見せ始めるという(早い話が自身に神秘性を持たせるための演出なのだが)。また彼は途中で伊勢神宮の天照大神を祀ることで、伊勢神宮との結びつきの強い東方の豪族を味方につける算段をする。彼の策略は頭にあたり、伊賀・伊勢・桑名・尾張・美濃の豪族は彼の味方につく。

 大友皇子と互角の軍勢を揃えた大海人皇子は大友皇子の本拠である大津宮に向けて進軍を開始する。しかし彼自身は前線に立たず、総大将は息子の高市皇子に託す。高市皇子を大友皇子と互角の地位で戦わせることで、自身は彼らを超越する位置にいることを誇示したのだという。戦いは激戦を極めるが、ついには大海人皇子の軍勢は大津宮に乱入、逃げ場を失った大友皇子は自害して果て、戦いは終結する。

 勝利して権力を掌握した大海人皇子は飛鳥に都を移す。そして自らの称号としてそれまでの大王でなく、「天皇」という称号を用いる。また過去の大王にも遡って天皇の称号を与えることにした。こうして天皇が誕生したのだという。

 天皇誕生の話なのだが、つまり古代史最大の合戦である壬申の乱を中心としたエピソードである。壬申の乱自体は比較的良くある息子と弟の後継者争いというパターンである。現在も皇位の継承が問題になっているが、これももし皇太子に何かあった時、皇位を娘の愛子ちゃんが継ぐか、弟の秋篠宮が継ぐかという話であるので、実のところは図式はよく似ていたりするのだ。これがかつてのような天皇がすべての権力を掌握している時代なら、愛子派と秋篠宮派の二派に分かれて合戦になりかねないところだったが、幸いにして現代では武力衝突ということはなかろう。ただ既に、皇室典範の改定を巡って水面下の攻防はかなりあるようではあるが。

 大海人皇子としては、兄を常に陰から支えてきたのは自分だという自負もあったろうから、当然ながら自分が後継者になるはずだとの思いもあったろう。彼は地位を大友皇子に譲った形で吉野に隠遁したが、実際のところは権力への野心は捨てていたとは思えない。番組では大友皇子側の仕掛けに対応する形で起ったようなニュアンスが出ていたが、現実にはある程度は予定していたことのように思われる(当初の予定よりも行動が早まった可能性はありそうだが)。実際に東国の豪族を仲間に引き入れたのも、天照大神を祀るパフォーマンス一発ですんなりいくはずもなく、既に水面下での工作は進行していたはずである。多分そのような工作では、御曹司の大友皇子よりも大海人皇子の方が長けており、それが最終的に勝敗を決めたように思える。

 

2/1 その時、歴史が動いた「新聞誕生〜幕末・ジョセフ彦の挑戦〜」

 1837年、播磨の船乗りの次男として生まれた彦太郎は、兄の薦めで舟で江戸に出かけた帰り、遠州灘で舟が時化に巻き込まれ遭難、アメリカの商船に救助させる。当時の日本は鎖国状態にあり、日本に帰ることの出来なかった彦太郎はアメリカへと連れて行かれる。ここで彼はアメリカの文化に驚く。この時、彦太郎は13才。彼はそこで税関長のサンダース夫妻に引き取られ、教育を受ける。そして18才の時にカトリックの洗礼を受け、ジョセフ彦と名乗るようになる。

 彼は商社に就職し、そこで頭角を現す。アメリカで活躍する彦には社会の注目が集まり、彼は大統領と会見する機会も得る。国家の最高権力者にでもこのように会えるアメリカの自由に彼は感銘を受け、日本にもこの自由の精神を伝えるべきだと考え始める。

 その頃日本では、ペリーの来航によって日米和親条約が締結される。そこで彦は日本に帰ってアメリカの情報を人々に伝えたいと考える。しかしキリスト教徒になってい彼は幕府に弾圧を受ける心配があった。そこで彼はサンダース夫妻の薦めでアメリカに帰化しアメリカ国籍を得る。

 こうしてアメリカ国籍を持つ日本人として帰国した彦だが、彼の行動は外国人居留地の中に制限されていた。しかも攘夷の嵐が吹き荒れ始めた日本では、彼も命を狙われており、枕元に銃を置いて寝るような状態だった。このままではどうにもならないと考えた彼は、日本で新聞を作ることを考える。彼は協力者として岸田吟香と本間潜蔵の2人を得て、新聞の製作を始める。

 彼は海外の新聞を集め、それを翻訳し、岸田吟香と本間潜蔵の2人がそれを記述するという形で新聞製作が行われる。しかし彼の行動は、海外の情報を独占することを狙っていた幕府の反発を呼び、彼は連行されそうになる。しかしそこで彼は自分がアメリカ国籍であることを盾にして拒絶する。そして1864年、日本で初めての新聞が発行された。名前は「新聞誌」。諸外国の政治・経済・戦争の情報から、茶・煙草・綿などの世界の相場なども記載されていた。最初は手書きの5部だけ発行された新聞も、やがては木版に移行し、100部に部数が増える。福沢諭吉も帰国後この新聞を購読したという。

 その後、居留地の火事などで彦は新聞の発行を断念せざるを得なくなるが、彼の精神は明治新政府に継承されることになったという。

 以上、日本で最初の新聞の話なんだが、まず最初から「ジョセフ彦って誰?」というのが正直なところ。どうしてもマイナーな人である。またその半生もジョン万次郎と見事にかぶってしまう。ジョン万次郎が政府で働いたのに対し、彼はあくまで民間の人間だったために、どうしても歴史評価上の割を食ってしまった感はある。

 またエピソードとしても非常に弱い。多分この時代に彼と同様に情報の発信を目指していた者はいたと思うが、彼の発行した部数から考えると果たしてそれがどれだけの影響力を持ったかが疑問。発行部数100部だと、マスコミではなくてミニコミである。

 

1/18 その時、歴史が動いた「古代の文明開化〜1号寺院・飛鳥寺建立の戦略〜」

 日本に初めて仏教が伝えられたのは欽明天皇の時代である。百済から日本に仏像と教典が伝えられたのである。この頃の仏教は東アジアで大きな勢力を広げていた。しかしこれを受け入れるかどうかは朝廷内で意見が分かれる。大連の物部氏は強硬に反対し、大臣の蘇我氏は賛成と意見が割れた。

 こうなったのには蘇我氏と物部氏の背景の違いがある。仏教導入に積極的だった蘇我氏は配下に多くの渡来人がいたのに対し、物部氏は石上神宮を氏神とする神道色の強い豪族だった。当時の仏教は単なる信仰というだけでなく、総合文化と言えるものであった。蘇我氏は仏教を導入することで先進的な文明を導入しようと考えていたのだが、物部氏ら諸豪族の強硬な反対により、欽明天皇は国家として仏教を受け入れることは見送り、さらに次の代の敏達天皇も仏教を公認しなかった。それどころか物部氏は高句麗の使節を暗殺、新羅には贈り物を拒絶、百済から招いた高官も暗殺と朝鮮半島との関係は断絶に近い状態になる。

 この状況に危機感を感じた蘇我馬子は自ら率先して仏教に帰依し、高句麗の僧を迎え、家臣の娘を出家させて尼僧とする。そして翌年には仏塔を建てるなど公然と布教に乗り出す。しかしこれに対して物部守屋が疫病を口実にして仏法の排斥を敏達天皇に奏上、敏達天皇もこれに同意する。こうして物部守屋は仏塔を切り倒し、仏像のあった屋敷を焼き払い、尼僧らの法衣をはぎ取って鞭打つという仕打ちを行う。

 ついに蘇我氏と物部氏は決定的な対立を迎えるが、両者の力関係に変化が生じるのは敏達天皇の死後、用明天皇の時代である。即位後まもなく病に伏した用明天皇は、初めて仏教の崇拝を表明するのである。これに物部守屋は強硬に反対するが、蘇我馬子は天皇の意向を持ち出して押さえつける。そして多くの豪族は物部氏から蘇我氏へと乗り換えることになる。

 起死回生を目指す物部氏は武力によって蘇我氏を討とうとし、蘇我馬子をこれを受けて立つ。諸豪族を率いて闘うと蘇我氏と、武力に長けた物部氏の争いは激闘となるが、戦闘の最中物部守屋が狙撃されて戦死、物部軍は総崩れとなる。

 こうして権力を掌握した蘇我馬子は飛鳥の地に都を築き、仏教の布教を開始する。しかしその頃、馬子は中国で隋が勢力を伸ばし始めたことを高句麗の僧から聞き、早速視察のために遣隋使を派遣する。隋は朝鮮半島にも勢力を拡大しようとしており、その拡大主義は日本にも脅威だったのである。日本の使節が中国を訪れるのは120年ぶりだったが、この派遣によって日本の政治制度が隋よりも遙かに劣っていることが明らかになる。

 日本の遅れをなんとかしないと考えた馬子は、仏教布教のために建立中であった飛鳥寺を最先端の文化センターとして位置付け、先端の技術を導入する。飛鳥寺は日本にはかつてなかった瓦葺きの建物となった。そして飛鳥寺の完成が近づいた頃、日本は再び遣隋使を送り出す。この時に使節が携えた国書が例の「日出ずる処の天子 書を日没する処の天子にに致す つつがなきや」というものである。この高慢な国書に隋の皇帝の煬帝は激怒し、日本に国情視察の使節を送り出すことにする。もしここで日本が見くびられたら侵略の危機さえある。しかし馬子は万全の準備を持って飛鳥で使節を待ち受けていた。馬子が建立した飛鳥寺は大陸の寺院にもひけを取らない規模で、しかも最先端の技術を用いて建造されていた。飛鳥はこの後発展を続け、中国や朝鮮の使節も訪れるようになる。

 日本は今まで新たな宗教を導入する時は、大抵その副賞が目的で導入を行っている。仏教の副賞は最先端の中国文化、キリスト教の副賞は鉄砲であった。食玩目当てで飴を買うマニアのようなものである(笑)。

 なお遣隋使においては日本は思い切りはったりをかましたわけだが、外交には時にははったりも必要なわけである。それに比べて今の外交は・・・。アメリカにはポチだし、アジアには無意味にケンカを売るんだから、小学生レベルだ。

 

1/11 その時、歴史が動いた「人間ドラマ誕生〜近松門左衛門・曽根崎心中」

 徳川家綱の時代、幕藩体制は固まり戦はなくなった。しかしそれは武士にとっては出世のチャンスがなくなるという意味でもあった。そんな中、公家に仕える武士であった杉森信盛は、武士を捨てて、好きだった浄瑠璃の道で生きていく決心をする。彼こそが後の近松門左衛門である。

 彼は京で人気を誇る浄瑠璃太夫・宇治加賀のじょうに弟子入りして修業することになるが、浄瑠璃作者の地位は低く、なかなか芽が出ることはなかった。しかし6年後、彼が31才の時にチャンスが訪れる。彼が曾我物語の後日談として創作して描いた「世継曾我」が脚光を浴び、それが竹本義太夫に注目されたのである。彼は近松に書き下ろし作品を依頼し、近松は座付きでない独立作家として認められたのである。

 近松は平家の武将・景清を主人公とした人情物語「出世景清」を制作、ロングランの大当たりをする。近松はそれまで歴史上の英雄豪傑の物語が中心だった浄瑠璃に人情の機微などを持ち込み、彼の作品は新浄瑠璃と呼ばれた。この頃から彼は、自分の作品に「作者近松門左衛門」と記すようになった。作者が出てくるのはおこがましいと思われていた時代に、彼はこの道で生きていくことを宣言したのである。この後の近松は、多くの歌舞伎の制作を行う。

 1703年、歌舞伎作家として活躍していた近松に、竹本義太夫から声がかかる。彼の浄瑠璃は歌舞伎に押されて客が入らず、興行が行き詰まっていた。彼は近松に助けを求めたのだった。今までにない新しい浄瑠璃をつくって欲しいとの義太夫の依頼に近松は悩む。そんな近松にヒントを与えたのが、曾根崎で起こった商家の手代の徳兵衛と遊女のお初の心中事件だった。封建制度の秩序の中で自由に恋愛もできない息苦しさを感じていた庶民の感情を、近松は2人の心中事件を題材にしたドラマに描きあげることで表現したのだった。この作品は大当たりし、竹本義太夫の浄瑠璃は一気に持ち直したという。それ以降、近松は多くの浄瑠璃用の名作を制作する。

 日本最初のメロドラマ作家の近松門左衛門のエピソードである。現在のドラマの基本と言える形態は大体江戸時代に出尽くしており、ある意味、現代の作家はこの頃からほとんどレベルが上がっていないとも言える。近松はこの時代の流行作家と言えるわけだが、さすがに時代の空気を読むのに非常に長けており、流行作家にとってはそれが命であるのは今も変わっていない。ただ、その時代に話題になった事件を芝居などの題材にするというのは良くある話であり、誰でも結構よくやっていることであることを考えると、近松の「曽根崎心中」がそれだけヒットしたというのは、ただ単に時代に便乗しただけでなく、彼の才能もあったのだろう。少なくとも、女子高生コンクリート詰め殺人事件を題材にしたくだらんエロ映画を制作して、被害者の家族などに大顰蹙をかったどこぞの馬鹿監督などとは才能のレベルが違うというものである。

 

12/7 その時、歴史が動いた「真珠湾への道 後編 〜山本五十六 運命の作戦決行〜」

 アメリカとの戦争が不可避となりつつある中、山本五十六は航空兵力による真珠湾攻撃作戦を軍令部に提案する。山本は国力に勝るアメリカに勝利を収めるには、この作戦で初戦においてアメリカの兵力に壊滅的だけ気を与え、講和への世論を盛り上げるしかないと考えていた。しかし艦隊決戦思想に支配されている軍令部は山本の奇抜な作戦に反対を続ける。

 また山本はこの作戦自体にまだ問題点があることを認識していた。当時の魚雷では真珠湾の浅い水深では魚雷が海底に衝突して使用不能になるのである。そこで山本は鹿児島湾で従来よりも遙かに低い高度で魚雷を発射する訓練を重ねさせる。

 真珠湾攻撃の準備を進める一方で、彼は対米講和の行方にも注目していた。彼自身はアメリカとの戦争には勝ち目がないと考えていたので、もし対米講和が実現すれば常にいつでも作戦を中止できるように準備を行っていた。しかし彼の希望は、本音では日本と戦争がしたくて仕方がなかったルーズベルトによって打ち砕かれる。

 この時のために開発された新型魚雷(浅い水深に対応したもの)を搭載した日本機動艦隊は、12月8日真珠湾を奇襲、アメリカの太平洋艦隊に甚大な被害を与える。しかし軍令部より自艦隊に被害を受けないように言明されていた現地指揮官の南雲は、敵空母の補足も真珠湾の燃料タンク及びドックの破壊もしないまま帰還、結局はこれが実は後に致命傷となる(アメリカ軍はその国力を動員して、日本が予測したよりもはるかに早く太平洋艦隊を再建する)。

 また山本は国際法に則って事前通達を行ってから攻撃をするように配慮していたにもかかわらず、結局は攻撃の通知は55分後になってしまい(こうなった背景にもアメリカの陰謀があったという説もあるようだが)、日本はだまし討ちの形になってしまい、山本の意図に反して戦意喪失どころから逆に対日参戦機運を盛り上げてしまうことになる。

 一方、日本の国内は攻撃成功に湧き上がってしまい、こちらもアメリカとの早期講和などといった状況でなくなる。皮肉なことに、アメリカとの戦争に反対し、アメリカとの早期講和を望んでいた山本の意図は完全に裏目に出てしまうのである。

 結果としてアメリカとの戦争は泥沼化し、山本自身も前線で米軍機の犠牲になる。そして彼自身が予想した通り、日本は焦土と化してしまうのである。

 歴史の皮肉の後半である。山本五十六は戦場においては知将であったが、戦局全体を左右できるだけの状況ではなかったため、結局は彼の行為がことごとく裏目に出てしまったということである。まあこの戦争自体が、日本が見事にアメリカの戦略にはめられたものであると、私などは見ているのであるが。

 こういう言い方はなんであるが、当時の日本は「敗戦でもしないとどうしようもない」ぐらいにおかしくなっていたのも事実であり、この戦争で負けなかったとしても、また次の戦争でよりひどい結果になっていた可能性は高いと思う。おかしくなってきた国内を自律的に正常化するというのはなかなか難しいものであり、実際、あのアメリカでさえもおかしくなりつつある現状を未だに自律的には正常化できていない。

 日本は甚大な犠牲と引き替えに国内の正常化に成功したのだが、未だにアホな上層部はあの時代を懐かしんで、またあの異常な時代に戻そうとしているようである。結局、根本的な病因は残念ながら取り除かれていなかったということを痛感させられる今日この頃である。

 

11/30 その時、歴史が動いた「真珠湾への道 前編 〜山本五十六 苦渋の作戦立案〜」

 12月ということで開戦スペシャルである。今回は日本画泥沼の闘いに陥るきっかけとなった真珠湾攻撃について、その立案者であった山本五十六に注目して紹介していく模様。

 山本五十六は日露戦争に従軍し、士官候補生として日本海海戦に参加、敵の攻撃で指二本を失う重傷を負ったが、日本が大国ロシアに勝利する場面に立ち会ったのだった。この後、日本は軍艦建造に走ることになり、フィリピンに権益を持つアメリカと対立していくことになる。

 海軍のエリートとしてアメリカとの太平洋覇権争いを牽引していた山本は、大正8年5月、駐米武官の任を受けアメリカの国情視察を行う。ここで山本はそれまでの考えを一変することになる。アメリカの経済的繁栄ぶりと、莫大な生産力は日本とは比較にならない者であることを痛感、この国を相手に戦争しても勝ち目がないことを悟る。

 昭和9年、イギリスで行われた軍縮条約の予備交渉において海軍少将の山本が全権に選ばれる。この条約ではアメリカとイギリスと日本の主力艦保有比率は5:5:3に制限されており、屈辱的な不平等条約は破棄すべきとの声が国内で高まっていた。山本は政府から「不平等を改められない場合は、条約を破棄する」という方針を告げられる。しかし山本は条約破棄は避けるべきだと考えていた。彼は条約に少々の不平等があっても条約を締結すべきとして政府に打診を進めていた。彼の考えは、もし条約が破棄されれば、工業生産力の差から軍事力の差は5:3どころか10:1にでも開いてしまうというものであった。しかし日本政府からは交渉打ち切りの指示がくだされ、日本は軍拡競争に突入することになる。

 帰国後の山本は海軍本流をはずされ、航空部門に左遷される。しかし日中戦争が勃発、日本とアメリカの対立が高まるにつれ、アメリカとの全面衝突を懸念する海軍首脳によって海軍次官に据えられる。

 しかし日本はドイツ・イタリアとの三国同盟を目指して動き始め、アメリカとの対立はより激化する。山本は三国同盟はアメリカとの戦争を招くことになるとあくまで反対する。それ以来山本の元へは急進的な政治団体(いわゆる馬鹿)が押しかけ、山本は過激派に命を狙われることになる。2.26事件などが起こった殺伐とした当時の政治状況では、まともなことを言えば命が危ないのだった。

 しかし情勢が変わる。ドイツが日本が敵としていたソ連と不可侵条約を結んだことで、三国同盟の話が立ち消えになったのだ。それを見た山本は退役を決意し、勇退前のお定まりのポストである任期二年の連合艦隊司令長官ポストを引き受ける。しかしこれが歴史の皮肉だった。

 山本が司令長官に着任したまさにその日、第二次世界大戦が勃発、開戦初期においてはドイツは圧倒的武力で連勝、それを見て再び三国同盟待望論が持ち上がってくるのである。近衛文麿内閣も三国同盟を推進、同盟反対の山本の声は空虚に響くのみであった。そうして三国同盟成立、日米開戦は時間の問題となる。山本はこの時「アメリカと戦争するということは全世界を相手にするということだ。東京あたりはさんどくらい丸焼けにされ、惨めな姿になってしまう。」と語ったという。

 退役するか最前線で指揮を執るかに迷った山本は後者を選ぶ。そして日本の取るべき道は、最初の一撃でアメリカの戦意を挫いて講和に持ち込むことしかないと考える。こうして山本は新戦力である航空機を使用した作戦を立案するのである・・・・。

 日米開戦前夜の話。アメリカの国力を知る山本五十六は早期終戦論者であったが、情けないことに日本でアメリカの実態を知っている者はほとんどいなかった。孫子に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」というのがあるが、当時の日本は敵を全く知らず、己のこともよく分かっていなかったということである。しかし日本全体が集団ヒステリーのように対米戦争に傾いていた状況ではどうしようもなかったわけだ。

 なお日本が対米参戦に巻き込まれたのルーズベルトの計算通りであり、結果として日本は踊られてしまったことになる。山本が「戦争を好めばどんな大国でも滅びる」と書いていたが、やたらに戦争を好むアメリカも、そろそろ滅びかかっているように私には見えてならないのだが。

 

11/16 その時、歴史が動いた「秘められたメディア戦略〜児玉源太郎 日露戦争のシナリオ〜」

 日本にとっては圧倒的に不利な戦いであった日露戦争。今回はその戦争を日本にとって有利な講和に導くための、参謀・児玉源太郎のメディア戦略を紹介する。

 明治時代、近代化を急ぐ日本は、不平等条約の改正と大陸での権益の確保が国の課題となっていた。しかし日本の大陸への進出はやはり朝鮮半島への進出を目指していたロシアとの対立を呼ぶ。そうして1904年、ついに日本の先制攻撃によって日露戦争が開戦される。

 国際的な電信網が発達していた時代、欧米のメディアはみなこの戦争に注目した。メディアを味方につけて日本を有利にしたいと考えていた児玉源太郎は、欧米の記者を受け入れて帝国ホテルで厚く遇する。しかしその裏で、児玉は記者を前線には行かせないようにしていた。

 その頃、日本軍は鴨緑江のロシア軍を攻め、まだ戦闘の準備の整っていなかったロシア軍を1日で打ち破る。児玉はこの戦況を事細かに記者に報告し、情報をコントロールする。日本勝利の情報は記者達によって世界中に知らされる。

 そして開戦5ヶ月後、児玉は自らの手でロシアに勝利を収めるべく大陸に渡る。そして遼陽を攻め、犠牲を出しながらも勝利を収める。一方ロシア軍の指揮官・クロパトキンは無理な戦いを避けて遼陽を放棄する。この勝利の報を日本に送った児玉は、世界中が日本の勝利を報ずると信じていた。しかし彼の意に反して、メディアはクロパトキンの戦略的撤退を称えるものが主であった。児玉は愕然とする。

 メディアがロシア寄りになったのには理由があった。記者を国内に留め置いた児玉に記者達の不満が高まっていたのだ。やむなく児玉は記者の従軍を許可するが、機密が漏れることを恐れる彼は、電信などの通信を禁じる。しかしこれがまた記者の不満を呼んでいた。

 一方のクロパトキンは積極的にメディア対策を行っていた。彼は記者達を自分の側に取り込んでいたのだ。児玉の情報操作が裏目に出ていた。そこで大本営はついに情報公開の方針を立てる。

 しかしメディアの見方はまだ「ロシア有利」であった。児玉はアピールできる大きな戦果が必要だと考える。そこで彼は旅順を攻撃していた乃木希典に目をつける。彼は乃木と戦力を合わせると203高地に攻撃を集中させこれを奪取、旅順を攻略する。また旅順攻略に多大な犠牲を出した乃木の解任の声が日本の参謀本部から上がるが、児玉はその声を抑え、積極的に乃木を英雄としてメディアに売り込む。児玉のこの作戦は功を奏し、乃木は一躍メディアの寵児となる。

 児玉はロシアに対する戦局を有利にするため、ロシアの拠点である奉天の攻略を決意する。ロシア軍は32万に対し、日本軍は25万。児玉はこれを5軍に分け、敵の後方に回り込む西側の部隊を乃木に指揮させる。戦いは東側の部隊の衝突から始まった。ロシア軍が東側に援軍を送ったのを知った児玉は、乃木を部隊を突撃させる。西側から乃木の部隊に攻められたクロパトキンは、東側と正面から部隊を移動させてこれに当たる。それを見た児玉はここで正面部隊を突撃させ、乃木にはひたすら前進を命じる。乃木の部隊は3倍の敵を相手に多大な犠牲を出しながらも前進を続け、ついにクロパトキンは奉天からの撤退を決意する。

 日本軍は7万もの犠牲を出しながらも奉天を制圧した。この知らせはメディアによって世界中を駆け回り、日本有利の世論が沸き上がる。そしてこの半年後、ロシアとの講和条約が結ばれる。

 イラク戦争などでアメリカが気をつけていた情報のコントロールというものを、実は日本も行っていたというエピソードである。これを見ていると児玉源太郎が実にしたたかな現実主義者であることが分かる。

 また乃木については、私は「明らかに戦略的に無能」と見ているのだが、今回の制作者も多分私に近い感覚を持っているのでは無かろうか。今回の内容は、明らかに乃木は「作られた英雄」だっということを語っているわけである。奉天での戦いでも分かるが、結局のところ彼は「犠牲を顧みない猪突猛進」しか戦略には無かったようである。

 なおこの戦いでは日本は勝利を収めたのだが、この時に既に第二次大戦で惨敗する下地は出来ていたことも感じられる。それは「兵力の損耗を計算に入れていない」という日本軍の体質である。奉天を落としたといっても、ここで日本軍は事実上継戦能力を失ってしまっているのだから、相手が本格的に体制を立て直してきたら、玉砕するしか無かったわけである。損害を最小限に抑えて退く時には退くという思想が、既にこの頃から日本には無かったことがうかがえる。

 結局のところよくいわれているとおり、日露戦争は薄氷の勝利だったわけだが、それを勘違いした軍部の暴走の結果、後のアホな大戦に突入するのである。現実主義者の児玉が見れば、自分の後輩達のあまりの愚かさを嘆いたであろう。

 

11/9 その時、歴史が動いた「鎖国の扉を開け〜ジョン万次郎 漂流民の挑戦〜」

 14才の時に漁で難破した万次郎は、伊豆諸島の鳥島に流される。しかしそこは無人島で彼らは飢えと乾きに耐えながら、アホウドリを殺して食べ、雨水で乾きをしのぎながら100日が経過。彼らは餓死寸前でアメリカの捕鯨船のジョンハウランド号に救助される。万次郎は日本に帰りたかったが、鎖国政策をとっていた日本には上陸することが出来ず、彼は船長のホイットフィールド似アメリカに渡ることを勧められる。

 アメリカのニューベッドフォードに着いた万次郎は、アメリカの技術力に感嘆する。彼はホイットフィールド船長の家に家族の一員として迎えられ、そこで船長の勧めによって小学校に通い、小学生と共に勉強をし、アメリカ文化を吸収していく。その後、彼は船乗りを養成する学校に入学し、航海術を学んでトップの成績を収める。

 彼は19才で船乗りとなるが、日本に帰るチャンスはなかった。しかし漂流民をまるで罪人のように扱う日本に対する船乗り達の不満を目の当たりにし、日本を開国させたいと考えるようになる。そして帰国を決意する。

 彼はカリフォルニアの金山で日本に渡るための資金をつくり、上海行きの商船に乗り、琉球に近づいたところで秘かに小舟で琉球に1851年に上陸する。この時の万次郎は24才だった。しかし万次郎はそのまま役人に拘束され、鎖国の禁を犯した罪で長崎の奉行所に送られ、9ヶ月もの詮議を受けさせられる。彼がようやく土佐に帰ったのは帰国後1年半後だが、土佐から出ることも外国のことを話すことも禁じられた状態で、幕府に開国を説くどころではなかった。

 しかしその1年後に彼の運命は急転する。ペリー艦隊が来航したことで、アメリカの真意を測りかねた幕府によって、彼の知識が必要とされたのである。老中・阿部正弘に呼び出された万次郎は、アメリカは日本との親睦を図りたいと考えていることを訴え、また通商についてはアメリカは本気ではないという旨を伝える。これを受けて、幕府は通商は拒否するものの、港は開くという判断をする。こうして万次郎は通訳として幕臣に取り立てられる。

 しかしペリーの再来航による交渉の直前、水戸の徳川斉昭から、万次郎がアメリカのスパイである嫌疑がかけられ、万次郎は通訳からはずされる。万次郎は自分を推挙してくれた江川英龍に訴える。彼は徳川斉昭の意向に背いて交渉に万次郎を同行する。彼は江川と共に幕府全権代表の林大学頭と面談する。林はアメリカ側の剣幕に押されて、不安になり、開港だけでなく交易も認めようとしていた。ここで万次郎は林に、アメリカの本意は開港にあって、通商までも慌てて認める必要はないと訴え、またアメリカが琉球を占領するというのは出任せだろうと伝える。

 こうして日米交渉が開始、幕府側はいきなり開港を認め、交渉の主導権を握る。そしてペリーが交易を切り出した時にはきっぱりと突っぱねる。ペリーは少し考えた後、この条件を飲む。この時、通訳から外されていたはずの万次郎が、実は隣の間に控えて、幕府のために働いていたとの記録が残っているという。こうして日米和親条約が締結される。

 明治維新の時に活躍した人物でありながら、幕府側にいたということと、あまり政治的ではなかったということで今一つ存在感の薄いジョン万次郎についてである。なお万次郎については、英語は堪能であったが、土佐の漁師の出身であるために、日本語の方がかなりなまっていて通じにくかったという記録も残っているとか(笑)。私は以前に万次郎が作ったという英語の教科書を見たことがあるが、そこに表記されているカタカナ発音が、今一般に言われているカタカナ発音よりもよほど原音に近いのを感じた記憶がある(What time is it now? を「ホワッツタイム、イズ、イット、ナウ」と発音するよりは「掘った芋いじくるな」と言った方が通用するという類)。彼の学習はすべて実戦に即していたようである。

 それにしても万次郎はたまたま黒船来航の件で重用されるようになったが、同じような漂流民でも鎖国の禁を破ったということで、最悪は処刑されてしまった者もいるわけであるから、これも運不運である。時代が彼を求めたという側面はかなりあるのだろう。

 

10/19 その時、歴史が動いた「誰がための仏教か〜鑑真和上の宗教改革〜」

 奈良時代、朝廷は仏教による国造りを目指し、平城京への寺院の建設を進めていた。しかし民衆は租庸調の税だけでなく、寺院建設の労役も課されることとなり、重税に喘ぐこととなる。そのために税を免除されていた僧侶になる人が増え、大幅な税の減収につながるだけでなく、怪しげな僧侶がえるなどして世の中が不穏な情勢になり、律令国家の根幹が揺らぎ始めていた。そこで朝廷は唐から高僧を招いて日本の仏教界の建て直しを図る。

 これに答えたのが鑑真であった。日本への布教の熱意に駆られる彼は、当時の国禁をおかして日本への渡航を試みる。何度もの失敗によって彼は視力を失いながらも、753年に6度目の挑戦でようやく日本にたどり着く。

 国を挙げての大歓迎を受けて平城京に入った鑑真は、朝廷によって戒律を伝えることを一任される。彼は仏教界の戒律を正す作業に取りかかる。彼は東大寺に戒壇院を設けて、ここで250項目に及ぶ戒律を守ることを誓う(受戒)儀式を行った者しか国から僧侶として認められないようにする。これで僧侶の数は激減、税金逃れの出家は減り、喜んだ朝廷は鑑真を仏教行政の最高責任者の大僧都に任命する。

 しかし鑑真の思惑と朝廷の思惑がここからズレ始める。鑑真は僧侶を減らすことを目指していたわけではなかった。彼は優秀な僧侶を増やすことを目指しており、東大寺に道場を設けて多くの優れた層の育成を始める。しかしこれは僧侶の人数を減らしたいと考えていた朝廷と対立を呼び、758年、ついに鑑真はたった2年で大僧都を解任される。

 しかし鑑真の日本への布教の熱意はこれで終わったわけではなかった。彼は隠遁生活を行っていた地に、人々の寄進による私設の寺院を建設する。こうして唐招提寺が建設される。最近になされた金堂(いわゆる本堂)の再建修理のための調査の結果、金堂が建設されたのは鑑真の死後であることが確認されており、実は当初の唐招提寺は講堂・僧坊・食堂のみであったことが分かったとのことである。つまり鑑真はここに寺院と言うよりも、僧侶が仏教の戒律を学ぶための修行場を築いたのだという。ここで学んだ鑑真の弟子達は全国で教えを広めたという。

 唐招提寺は鑑真を招いた朝廷が鑑真のために建立したと聞いていたのだが、実は私立の寺院であったとは初めて知った。あそこまで苦労して来日した鑑真は、実はその後はかなりの冷遇を受けたのだというのは、私にとっては思いがけない話だった。それにしても仏教が国教として扱われるようになってまだそんなに年月が経ってはいないと思うのに、既にかなりの腐敗が進行していたとは。まあヨーロッパにおいてもキリスト教教会は中世において腐敗を極めていたし、権力を持った組織が腐敗するというのは古今東西変わらぬ現象のようである。しかし朝廷も、仏教を国の基本として建国しようとしていながら、僧侶が増えるのは困るって・・・結局は仏教を自分たちに都合よく使うことしか考えてなかったように思われる。

 それにしてもそのような逆境で腐らずに自身の信念を貫いた鑑真という人の熱意も驚くばかりである。まあ国禁をおかしてまで来日した人だから、並大抵の意志力と行動力ではなかったのは間違いないが。思わず「ボクには出来ない」と小学生の読書感想文のような感想が出てくる(笑)。

 

9/21 その時、歴史が動いた「戦国出世の方程式 藤堂高虎 大阪の陣の大勝負」

 地侍の家に生まれた藤堂高虎は180センチの巨漢の男だった。15才の初陣で敵の武将首を上げる武勲を上げた彼は、浅井長政、阿閉貞征、磯野員冒、羽柴秀長と4人の主人の間を転々としながら、数々の武勲を上げ、4600石の知行を持つところまで出世をした。しかしここで高虎は武勲によって出世をしていくことには限界を感じる。羽柴家の家臣には賤ヶ岳の七本槍など戦上手が多く、武勲だけでは行き詰まることが必至だったのである。

 ここで高虎は転進を図る。彼は今までの戦の経験から、どのような城が堅固であるかを学び、築城の名手として生涯に20もの城を築いたという。そして秀長の家老として2万石の重臣にまで出世する。だが秀長の死後、秀吉による身内の粛正の煽りを受け、自分が使えていた秀保(秀長の息子)が謎の死を遂げるに至って(秀吉による暗殺が疑える)、自身の身の危険を感じた高虎は髷を切って高野山へと入る。今までの地位をなげうって俗世間から姿を消した彼は、秀保の家臣が粛正される中も俗世から離れた彼には秀吉も手が出せず、逆に自分に仕えるように説得する。それに応えた高虎を秀吉は7万石で迎える。もっとも高虎が高野山に籠もっていた間も家臣は離散せずに待っていたとのことだから、どうも最初から計画づくだったようである。

 秀吉の死後、石田三成と徳川家康の対立の中、高虎はいち早く家康支持を打ち出す。関ヶ原の合戦で彼は西軍への寝返り工作などで活躍するが、戦後に外様大名を次々と粛正していく家康に高虎は危機を感じる。そして大阪冬の陣、高虎は豊臣方の謀略によって内通の疑いをかけられる。

 この時に高虎がうった手は「徹底した忠誠」を見せることだった。徳川型の先鋒として出陣した彼は、家康本陣の奇襲を狙う長宗我部軍を発見、間に湿地を挟むという不利な状況下に関わらず攻撃を仕掛け、6人の大将と300人の家臣を失うという大被害を受けながらも、長宗我部軍を撃退する。家康は高虎のこの活躍を賞したという。

 藤堂高虎というと、私は「保身に長けた人物」というイメージを持っているが、確かに風を読むのに長けていたようである。世の中が定まらない時は、主君を渡り歩くことでキャリアアップをし、世の中が定まりかけると誰が一番有力かを読み、世の中が完全に定まると体制に忠誠を誓うという流れを踏んでいる。サラリーマンとしてはある意味で参考になる生き方なんだが、こういう人物には歴史のロマンを感じないのは事実である。ある意味、高虎は超リアリストだったとも言えるだろう。少なくとも「歴史上で尊敬する人物は?」と聞かれて名前が挙がるタイプではない。まあ高虎はそんなことはそもそも全く望んではいないだろうが(笑)。

 

9/14 その時、歴史が動いた「二宮金次郎 天保の大飢饉を救う」

 二宮金次郎といえば、柴を担いで本を読んでいる銅像が小学校などにあり、夜になるとその銅像が動き出すなどと云うことで有名であるが(笑)、何をした人かと言われると具体的に言える人は意外といない。今回はその二宮金次郎の活躍について紹介している。

 小田原城に近い栢山村の農家に生まれた金二郎は、1791年の5才の時に酒匂川の叛乱で田畑をすべてを失ったという。藩からの支援はほとんどなく、やがて両親は過労で死亡、親戚の家に引き取られた金二郎は子守で貯めた金で松の苗を買い、酒匂川の土手に植えたのだという。彼は自ら酒匂川の堤防を強化しようと自力で努力したのだ。この松は金二郎の松と呼ばれて今日も残っているという。

 貧しい中で独学で学問もした金二郎は、失った田畑の復興に取り組む。彼は荒れ果てた土地を耕し、捨てられた苗を見つけてはそこに植えたという。そして一年後には一俵の米を収穫し、20才の時には田畑を再興し、かつて両親と住んでいた土地に家を建てて、妻子も持ったという。無一文から家を興した金二郎は話題になる。

 そして1821年、藩主の大久保忠真から出頭を命じられる。小田原藩が下野の桜町に持っていた領地の年貢収入が極端に落ち込んでいたことから、金二郎に桜町の建て直しを依頼したのだ。拒む金二郎だが、最後には10年間自分のやり方でやるという条件で赴任する。

 桜町に村役人として赴任した金二郎は、現地を見て愕然とした。農民は昼間から酒を飲んで働く意欲が全くなかった。なぜこのような状態になったのかを調べた金二郎は、あまりに年貢が重すぎるせいで彼らが働く意欲をなくさせていたことに思い当たる。金二郎は年貢を1/4を下げることを村人に約束した上で桜町の再興に取り組む。彼はキチンと働くものは褒賞し、怠ける者に処罰するという姿勢で農民に対する。しかし金二郎の厳しいやり方に反発する村人もいた。そこで金二郎は誰にも告げずに突然に姿を消す。村人達は話し合った結果、金二郎に帰ってきて欲しいとの嘆願書を藩に提出する。こうして金二郎と村人に信頼関係が形成される。桜町はみるみる復興する。そして天保4年、夏のナスがまるで秋ナスのような味がする異変を感じた金二郎は、飢饉が来ることを予測、村人に穀物を備蓄することを指示したため、天保の飢饉が到来しても桜町の人々は飢えに苦しまずにすむ。

 1836年、桜町を救った金二郎に、今度は小田原領民を救済する命が下る。彼は民を救うためと抵抗する役人に迫り、藩の米倉を開かせる。

 しかし藩の米倉を開いてもそれだけでいつまでもしのげるわけではないことを分かっていた金二郎は、農民達の実態を調べ、食料も金も足りている無難、不足しつつある中難、どちらもなくなってしまった極難に分類し、極難の中で命の危険のある人々を集めて、一日一合の飯を与える。さらに無難、中難の人々を集めて、余分の金や米を提供させて基金をつくり、これを村を通して極難の人に無利子で貸し出すという相互扶助のしくみを作り上げる。この結果、小田原藩では一人の餓死者も出なかったという。

 後に金二郎は天保の改革に取り組む幕府に取り立てられ、全国の農民の救済のために活動したという。

 二宮金次郎は立派な人だとは聞いていたが、まさか農協の元祖だったとは知らなかった(笑)。戦後にはあのGHQまでもが、二宮金次郎は偉大な民主主義者であったと高く評価したという(日本的なものは片っ端から否定したGHQが、戦前の修身に登場していたはずにもかかわらず、金二郎を評価するというのはかなりのことだと思うが)。

 恥ずかしながら、私も今回の番組を見て初めて二宮金次郎がどういう人だったかを知った次第。死んだ後も遺言によって土を盛っただけの質素な墓を残したのみというのは、今時の政治屋に聞かせてやりたいようなエピソードである。やはり上に立つ者は、庶民の喜怒哀楽を知っている者でないといけないという良い例であり、苦労知らずの二代目馬鹿息子がろくな政治を出来ないのは自明でもある。

 

9/7 その時、歴史が動いた「歴史日本の謎 平家はなぜ滅亡したのか」

 今回は趣向を変えて、歴史について通説と別の説を取り上げて紹介するという形式である。視聴者からどちらに説に納得できるかを投票して貰うということから、デジタル放送のPR企画(NHKはこれが多い)ということと、マンネリ化しているこの番組の新しい形態を探る試みの両方の側面がありそうである。

 今回取り上げたのは平氏の滅亡の原因について。通説で言われている権勢を独占した平氏は驕り、さらには権力を掌握するためにクーデターを起こすまでにいたり、それが他の武士らの反感を呼んだという「身から出た錆」説と、後白河法皇による陰謀などによって追い込まれた平氏が乾坤一擲の大勝負としてクーデターに至ったという「窮鼠猫を噛む」説の二つである。番組では上田早苗アナが通説の方を、松平アナが新説を紹介というパターンで持って行っている。

 ・・・・だが、正直なところ完全に番組としては失敗である。まず通説と新説に違いがなさすぎる。現実は第三者から客観的に見れば「身から出た錆」なのだが、当の平氏にすれば「窮鼠猫を噛む」と考えていた可能性が非常に高い。つまりどう見るかを争っているだけで、歴史的事実を検証するというほどのスタンスになっていない。しかも番組全体は上田アナと松平アナの淡々とした喋りが中心で全く盛り上がらない。そしてアンケートを取ったものの、その結果が最後に数字で紹介されるだけで、そこから何にもつながらない。つまり全く無意味なわけである。これは完全に失敗と言っていいだろう。

 ちなみに通説と新説を戦わせる形式というのは、私も歴史番組の形態としては考えており、名付けて「歴史ウソ?ホント?」という番組企画である(当然ながら私は番組制作者でもない一視聴者ですから、単なる素人の与太話ですが)。ただこういう番組構成の場合は、各説に合わせてそれようのVTRを作って、最後は視聴者に判断を委ねる(投票をさせるという意味ではなく、私の考えているのは番組は双方の考え方だけを提示して「判断を下すのはあなた自身です」と視聴者に投げて何の結論もつけずに終わるのである)という形にするのが良いと思っている。今回の番組内容はこの私の素人企画と比較してさえあまりに練れていない印象で、何やら無理矢理に作り上げたように見える。またもやNHK上層部による「デジタル放送をPRしろ」という緊急命令によるものなのだろうか。そう言えば地上波デジタル放送はかなり苦戦している(当初の目論見に比べてさっぱりチューナーが売れていない)との話であるから。

 ちなみに地上波デジタルが視聴者にそっぽを向かれている大きな理由に、厳しすぎる録画制限(実質的に編集不可)というのがありますが、あまりの不振ぶりに耐えかねて、これを緩和しようという動きが出ているようです。これは当然のことである。

 

8/31 その時、歴史が動いた「家康が最も恐れた男〜敗者 石田三成の関ヶ原〜」

 歴史は勝利者によって記録されるものであるから、とかく敗者は不当に低く評価されがちである。私は以前より、不当に低く評価されている人物として石田三成と明智光秀を挙げているが、今回の主人公はその石田三成である。

 石田三成が暮らしていたのは近江の姉川の合戦の戦場にほど近い地域であった。そこの豪族の息子であった三成は、近江の領主となった秀吉に1577年に仕官する。三成の才知に目をかけた秀吉は、三百石の禄高で彼を召し抱えたという。三成は加藤清正や福島政則らと共に賤ヶ岳の合戦に参加しているが、三成は戦場において武功を立てることはなかった。

 この三成が頭角を現すのは天下が定まった後である。太閤検地において三成は活躍し、これが結果として商業などの発展に貢献した。その功績に対して秀吉は三成を筑前・筑後33万石の大名に取り立てようとするが、彼は九州の大名になるよりも秀吉の元で官僚として腕をふるうことを希望して、これを辞退する。

 しかし三成の運命が暗転するのは1598年に秀吉が死んだ後である。三成は天下の争乱を避けるために秀頼をもり立てようとするが、秀吉の死を待って動き始めたのが徳川家康である。徳川家康は勝手に大名の婚姻政策を進めるなど専横を開始する。これに対して三成は五奉行と家康以外の五大老の連名で家康を制止する。しかし1599年、家康に唯一対抗できる力を持つ前田利家が死去、三成は後ろ盾を失う。そしてまさにその夜、三成は加藤清正や福島政則ら武闘派の襲撃を受ける。三成は間一髪で襲撃を逃れるが、結局は家康の力を頼るしかなく、結果として謹慎を命じられることになる。

 だが三成は、家康が上杉景勝の武力討伐に出兵した際に挙兵、秀頼を戴くことで家康の軍勢を超える9万の軍勢を集結することに成功する。しかし結局は家康の切り崩し工作によって裏切り者が出、関ヶ原で敗れることとなる。しかし西軍の前面に立った三成の軍勢は、「戦下手」と言われていた三成の評判に反して最後まで善戦し、結果として全滅したという。

 三成の視点から描くと言う割には、大して普段と変わらなかったような印象である。まあさすがに、もうこのネタはあまりにもやり尽くしていて今更しんどいのだろう。なお番組でもゲストの国際日本文化研究センター教授の笠谷和比古氏が「三成は人望がなかったなどと言われるが、部下の奮戦を見ると、彼らに命を捨てさせるだけの人望があったはずだ」と言っていたが、それはまさに同感である。実力的に家康とは比較にならないような三成が、まがいなりにも家康と互角の戦いを出来るだけの勢力を結集できたのは、彼の知略もさることながら、人望が皆無では不可能だったのではないかと思われる。実際に大谷吉継なども勝ち目のないことを承知で三成のために命を賭けており、そうさせるだけの器量は彼にあったというべきだろう。三成と家康の最大の違いは、家康は上の立場から他の大名に命令できる位置にいたが、三成はそれだけの地位がなかったということである。三成の地位がもっと高ければ、家康と互角以上の戦いが出来たであろうことは間違いない。

 なお三成は秀吉に取り入って栄達した人物として後世に喧伝されているが(当然ながら勝利した徳川方はそう記録するだろう)、番組でも言っている通り、彼は私欲を通したことがなかったのは間違いないようだ。そういう意味でも彼は優秀な官僚だったようである。彼が生まれたのが戦国の世でなく、世の中の安定した100年後だったら、多分優秀な幕府の官僚として名を残していたであろう。もし現代に現れたなら、国土交通省か財務省あたりの改革に取り組んで貰いたいところである。

 ちなみに今回のタイトル「家康が最も恐れた男」となっているが、これは違うだろうというのが正直な感想。家康は三成に対しては、少なくとも戦においては恐れたことはないと思う。また彼の行政手腕には目を付けていたろうが、家康がそれに脅威を感じるとも思えない。関ヶ原の合戦においても、常に先手は家康が取っていたわけで、家康が三成を恐れる理由はない(むしろうまくおびき出したんだから)。実際にはこのタイトルに合致しそうな人物と言えば真田昌幸である。

 

8/24 その時、歴史が動いた「日露衝突を回避せよ〜高田屋嘉兵衛 決死の交渉劇〜」

 高田屋嘉兵衛は蝦夷地や国後などで昆布やニシンを仕入れ、それを北前船で上方に運ぶことを巨額の富を一代で築いた商人だった。しかしその嘉兵衛が44才の時、1812年に国後沖でロシア船に捕らえられる。嘉兵衛が捕らえられたのは、この5年前にロシア軍人のフォボストフが択捉島に上陸して略奪・暴行を働いたことに対する報復として、幕府が1811年に上陸したロシアのディアナ号のゴローニン館長以下8人のロシア人を捕縛したゴローニン事件の影響であった。日露は一触即発の緊張状態になっていたのである。

 嘉兵衛を捕らえたのはディアナ号の副艦長のリコルドであった。嘉兵衛は5人の水夫と共にカムチャッカに連行される。しかし彼らは収容先で飢えと寒さに苦しみ、仲間のうち3人が栄養不足からくる脚気などで倒れる。嘉兵衛は生き残るためには事態の打開が必要だと考え、使用人のロシア少年に近づき、ロシア語を勉強する。そして嘉兵衛はリコルドと交渉して、自分たちをリコルドと同じ部屋で寝泊まりさせるように強引に主張する。そして抑留から2ヶ月後、嘉兵衛はリコルドの留守を見計らって、リコルドに宛てたロシアの政府の文書に目を通す。その結果、ロシア政府はゴローニンが理由なく捕らえられたと考えて怒っていることを理解する。嘉兵衛はロシアの誤解を解くことが自分が帰国できる糸口になると考え、リコルドに対して、フォボストフの暴行から始まった日露の対立の経緯を説明する。事情を理解して納得したリコルドは、嘉兵衛に対してゴローニン達を取り戻す方法を尋ねる。これに対して嘉兵衛はロシアが謝罪すればゴローニンは釈放されると答える。しかし実はこれは嘉兵衛にも確証があるわけではなく、帰国するための賭であった。

 リコルドは直ちにロシア政府と交渉し、嘉兵衛が日本政府との仲介人に指名される。しかしその時、嘉兵衛の耳にロシアの軍艦5隻が日本に出撃準備をしているとの情報が伝わる。もし交渉が決裂したら、日露が全面戦争になる恐れがあった。嘉兵衛は難題を背負うことになる。

 1813年4月、嘉兵衛は日本に向かって出航する。そして翌月、国後島に到着、陣屋に向かって交渉に臨む。嘉兵衛はリコルドに覚悟を示すため、髷を切って交渉に臨んだ。嘉兵衛はロシアの謝罪文を懐に交渉に臨む。嘉兵衛は鎖国破りの咎で拘束されるが、日本の要求がロシアの謝罪文の提出であることを知り、持参したロシアの謝罪文を提出する。しかし謝罪文の書面がロシア政府高官のものでなかったことから(リコルドの署名だった)、この謝罪文は突き返され、嘉兵衛は函館で軟禁される。

 嘉兵衛にとって最後の望みはリコルドが新たな謝罪文を持って帰ってくることだった。リコルドは日本を発つ前に「新たな謝罪文を持って必ず帰ってくる。あなたは友達だ。」と嘉兵衛に約束していた。そして9月16日、リコルドは嘉兵衛との約束を守って再び帰ってくる。そしてゴローニン事件は解決、捕らえられていたロシア人達も無事に解放され、嘉兵衛も無罪放免となる。出航するディアナ号、見送る嘉兵衛、その時ディアナ号のすべての船員達が叫ぶ「ウラァ タイショウ(万歳、大将)」。嘉兵衛はロシア人達と心を通い合わせていたのだった。

 高田屋嘉兵衛はさすがに一代で身を起こした人物だけあって、度量の大きさが違う。それにしても抑留されて2ヶ月で政府の文書を理解できるだけのロシア語をマスターしたのだから、駅前留学も真っ青である。いくらなんでも全くのゼロから2ヶ月でここまでというのは考えにくい(しかも正規にロシア語の授業を受けたわけではない)ことから、彼は商売柄以前から少しはロシア語を耳にしていたのではないかと推測する。

 彼は商人らしく、信義に重点を置いて日露の衝突を回避したのだが、その交渉の行方が自分の運命に直結しているのみならず、もし戦争にでもなれば自分の住んでいた函館などが戦場になるということを恐れていたのだろう。一般市民の普通の感覚で戦争を回避する必要を感じていたのである。ここがやたらに対立を煽りたがる馬鹿政治家などとの違いである。

 しかも彼は交渉の過程において、ロシア側の謝罪文はキチンと出させているわけである。この辺りがイラクで外交官を米軍の誤射で殺されても(状況から見てその可能性が実に高いと私は考えているが、明らかに報道規制がなされているようで全く続報が出ない)、その事実を伏せてひたすら対米追従だけをしている小泉となどとは違うところである。筋は通して双方の顔が立つ落としどころを探っているのはさすがに商人の交渉術でもある。しかしこうして活躍した嘉兵衛に対する報償がたったの5両だったというのが、いつの時代も政府は民間人を馬鹿にしているもんだと妙に納得。

 

8/3 その時、歴史が動いた「ソ連参戦の衝撃〜満蒙開拓民はなぜ取り残された〜」

 今回のテーマは、日本人に多くの犠牲者を出し、シベリア抑留や中国残留孤児などの戦後にまで残る多くの問題を起こした原因となったソ連参戦についてである。

 昭和6年、陸軍の陰謀による満州事変で満州に傀儡国家を樹立した日本は、満州に100万の開拓民を送り込む(満蒙開拓団)。この満州を守備するべく駐屯していたのが関東軍であるが、日本のこの方面での軍備強化は必然的にソ連との緊張を高め、ついに昭和14年にノモンハンで両軍が武力衝突する。しかしこの時、日本軍は近代装備のソ連軍に惨敗し、1万8千人を超える死傷者を出し、停戦協定を結ぶことになる。

 ノモンハン事件の1年後、東南アジアへの進出を図った日本は英米との対立を深め、ソ連はヨーロッパでのナチスの台頭を懸念していた。こうして両国はアジアで対立するのは避けた方が賢明であると利害が一致し、昭和16年4月に両国は5年間の期限を切った日ソ中立条約を締結する。こうしてソ連はナチスとの戦線に戦力を集中し、日本は東南アジア進出に力を入れることになり、ついにはアメリカと全面戦争になる。

 しかし状況は変わっていく昭和19年にはソ連はナチスとの戦いの勝利をほぼ確実にしていた。そして昭和19年のソ連革命記念日での演説で、スターリンが日本を明確に敵として名指しにするなど、日本に対する風向きが変わってくる。さらに昭和20年の連合国のヤルタ会談で、日本の抵抗に手を焼くアメリカのルーズベルトは、ソ連のアジアでの権益を認める代わりに対日参戦を促す密約をスターリンと結ぶ。

 一方の日本では南方戦線の泥沼化と共に、関東軍からは精鋭が南方戦線に引き抜かれ、その穴埋めは現地の開拓団から男性が徴兵されてあてられた。しかし彼らは訓練はおろかまともな武器さえもなく、既に関東軍の空洞化が進みつつあった。

 そして昭和20年4月、ソ連外相モロトフに呼び出されたソ連大使の佐藤尚武は日ソ中立条約の破棄を通告される(まだ条約の有効期間は1年残っていたが)。また既にソ連軍はシベリア鉄道で西方の戦力を東方に移動しつつあった。しかし大本営はこの事態を受けても、ソ連の日本への参戦はないと甘い分析をしていた(分析力の不足と言うよりも、思考停止か現実逃避に近かったのではないかと私は感じるが)。

 そして昭和20年、ドイツは連合国に無条件降伏する。この頃になると日本でも沖縄戦で惨敗(現地の民間人を大量に巻き込んでの犯罪的戦闘である)、日本の劣勢はどうしようもなくなっていた。しかしこの期に及んでの御前会議の決定は日ソ中立条約の延長を求め、ソ連に連合国との和平の仲介を依頼するという現実離れしたものだった(国体護持・・つまりは自分たちの利権を保護する天皇体制を維持するということだが・・を最優先するあまり思考停止を通り越してやはり現実逃避に陥っていると思われる)。そしてソ連大使佐藤の元にはソ連に日本からの外交使節を受け入れるように手配せよとの指示が届く。しかしこれは当然であるが、佐藤はモロトフと会うことさえも出来なかった。

 7月には連合国がポツダムで会談をなす。この時、既に原爆実験に成功していたアメリカのトルーマンは、ソ連のアジアでの勢力拡大を懸念して、ソ連の対日参戦は不要と考えていた。このアメリカの態度を見たスターリンは対日参戦を急ぐ。こうして7月26日、日本には無条件降伏を勧告するポツダム宣言が行われるが、その宣言にソ連が参加していないのを見た日本は、ソ連が和平交渉の仲介に応じるのではないかとの期待を抱く(完全に現実逃避)。こうして政府がポツダム宣言を黙殺した結果、8月6日に広島に原爆が投下される。

 この事態を受けて、スターリンは対日参戦を早める命令を翌日には下す。そして佐藤大使が8月8日クレムリンに呼び出されると、モロトフから宣戦布告たたきつけられる。しかも戦闘開始まで後1時間しかなく、しかも本国に連絡しようにも電話線などはすべて切断されていた。

 そして8月9日午前0時過ぎ、ソ連軍の全面攻撃が開始される。既に張り子の虎と化していた関東軍にはそれを防ぐすべは全くなく、守備隊は各地で全滅、全面崩壊となる。なおこの連絡が届いた大本営では参謀次長が「予ノ判断ハ外レタリ」などとのどかなことを言っていたようだ。(なお番組では言っていないが、この時に関東軍の首脳部は民衆を捨てて真っ先に逃亡しているのである。)

 さらに8月9日には長崎にも原爆が投下され、8月10日の御前会議でついにポツダム宣言の受け入れが決定される。

 しかしこの時、女性と子どもだけが残されていた満蒙開拓団では地獄が始まっていた。ソ連軍との戦闘に巻き込まれたり、略奪や暴行の犠牲となったり、逃亡の最中に命を落とすなど多くの犠牲が発生していた。また降伏した関東軍の兵隊はシベリアに抑留され、厳しい強制労働の中、多くの犠牲を生じる。(これも番組では説明していなかったが、このシベリア抑留の影には、ソ連に対する賠償の代わりに日本政府が彼らを見殺しにしたということも後に判明した。)

 番組では当時の体験者の証言も含めて淡々と進行していた。当時の満蒙開拓団の生き残りで、逃亡の途中に子どもを栄養失調でなくしたという女性の「地獄だった」という淡々とした証言が、胸を打つ(語り口が感情的でないところに、かえって感情の深さを感じてしまうのだ)。

 まさに戦争とはいかなるものかというものを感じさせられるエピソードである。この期に及んでも自分たちの利益を最優先し、現実逃避してしまっている日本政府。既に戦後の利権を巡って綱引きをしている米ソ。そしてその影でいつも最大の犠牲を払わさせるのは一般庶民である。つまりは権力者の利益のために庶民が犠牲にされるということこそが戦争の本質である。

 それだけに戦争は権力者にとっては「儲かるビジネス」であり、それが未だにアメリカが戦争をしたがる理由でもあるし、日本でも戦争で自分が犠牲になることは絶対ないと確信する者達は、再び戦争をやりたいと考えており、そのための手段が改憲であるわけだ。日本で最も好戦的なのは、まかり間違っても自分が犠牲なる可能性はないと考えている者達であり(今の日本の政治家の中には戦争で犠牲どころか、そのドサクサで儲けた者達の末裔が多い)、そう言う連中が再び暗躍をしているのである。

 

7/27 その時、歴史が動いた「戦艦大和の悲劇〜大艦巨砲主義、時代に敗れる〜」

 戦艦大和が就航したのは、日本空母部隊が真珠湾でアメリカ太平洋艦隊の戦艦群を全滅させた8日後だった。日本海軍の切り札として投入された大和だが、結局はまともに活躍できないまま、終戦間近に無意味な沖縄特攻作戦に導入され、昭和20年4月7日に九州沖で航空機に袋だたきにされて沈没する。今回はその大和がテーマである。

 日露戦争における日本海海戦での日本海軍の鮮やかな勝利により、世界中で戦艦建造競争が開始される。日本ではアメリカの40.6センチ砲クラスの戦艦に対抗するため、46センチ砲を積んだ戦艦の建設を開始する。大和は41センチの装甲板で覆われ、1000以上の水密区画に分離され、最新の注排水システムを備えた最強の不沈艦であった。

 しかし大艦巨砲主義の象徴である大和を時代遅れにしてしまったのは、皮肉なことに日本軍自身だった。真珠湾の奇襲攻撃で航空機の優位性を悟ったアメリカは、戦艦の建造をやめて大量に空母の建造を開始した。しかし日本は対照的に大艦巨砲主義から抜けられず、大和型戦艦の2番艦である武蔵の建造も開始される。

 大和はミッドウェーの海戦に投入されるが、はるか後方で戦闘に参加することも出来ないまま、機動艦隊が壊滅することをただ見守るしかなかった。

 空母部隊の全滅で、日本も空母の増産を開始するが、日本の生産力はアメリカの1/10にすぎなかった。そのため、大和も対空兵装を強化する改造が施される。そうして大和はマリアナ沖海戦に投入されるが、ここでも活躍の場がないまま、日本の航空戦力がほとんど壊滅してしまう。さらにレイテ沖海戦ではすでに航空戦力による護衛のない日本海軍は袋だたきにされ、武蔵が沈没、大和もたまたま遭遇した敵の護衛空母一隻を沈没させただけで、大した戦果のないまま撤退せざるを得なかった。

 アメリカ軍の圧倒的な物量の前に日本軍は劣勢に陥っていく。そんな中で神風特攻隊などが出撃していった。そして大和に沖縄の米軍上陸部隊を攻撃する命令が下される。沖縄に到着すれば浅瀬に乗り上げて陸上兵力を攻撃するという特攻作戦だった。昭和40年4月6日、片道分の燃料だけを積んだ大和が出撃する。しかし翌日には敵の航空部隊に補足され、袋だたきの状態になる。アメリカ軍は徹底して大和の左舷を狙い、左舷に集中的に魚雷を受けた大和は、頼みの注排水システムもついに限界に達し、最後には転覆して爆発沈没する。大和の沈没は日本海軍の最後の断末魔であった。

 無用の長物の象徴のように言われ、昭和の三大馬鹿査定の筆頭にあげられる(後の2つの1つは青函トンネルで、もう1つは整備新幹線だったり、本四架橋だったりします)大和であるが、こうして見てみるとやっぱり無用の長物だった。諫早湾干拓などと同じで、いくら無用でも一度走り出したら止まらないという官僚的体質が、この時代の日本では軍部にまではびこっていたということである。そもそも日本が航空機決戦の時代の先鞭をつけたのに、結果としてそれに乗り遅れてしまったというのが、当時の軍部が思考停止していた証拠である。もっとも航空機決戦主義は、そのものズバリの物量決戦であるから、そちらの方向に行ってしまうと日本に勝ち目はなかったわけで、あくまで艦隊決戦に持っていきたかったという心理も分からないでもない。しかし一端時代が動き始めてしまった以上、もはやどうにもならなかったわけである。

 もう一つ日本の軍部がおかした大きな過ちは、人命を軽視しすぎたこと、日本軍は兵隊はいくらでもただ同然で徴兵できる消耗品のように考えていたが、熟練したパイロットは簡単に補充がきかないという当たり前のことに考えが至ってなかったわけである。後半の戦闘がさらに悲惨な状況になるのは、航空機の質量での劣勢もあるが、そもそも航空機があったところで既にパイロットの技量で大幅に負けている(熟練パイロットはほとんど戦死していた)のだから、所詮は勝負になりようがなくなっていたということである。そして最大の過ちは、国体の護持を最優先にした挙げ句、終戦の時期を遅らせすぎて、徒に犠牲を増やしたこと。このことはまさに犯罪行為のようにさえ思われる。

 結局、当時の日本の国力でアメリカと戦争をしたこと自体が無謀で、負けるべくして負けたという面が強い。要は日本はまんまとアメリカに乗せられて戦争を起こしてしまったわけである(精神主義に毒されて軍事ボケしていた馬鹿軍人ならともかく、日本でも少しは頭のある連中は、アメリカと戦争して勝ち目がないことは十分に認識していた)。真偽のほどは知らないが、日本がアメリカに開戦したことを知ったルーズベルトは狂喜したとの話もある。まるで今のイラクのようで、結局はアメリカのやることは今も昔も変わっちゃいないということでもある。

 それにしても、大艦巨砲主義の時代が終わって役に立たなくなった大和に、付け焼き刃のように機銃を設置するというのが、当初の農地開拓という目的が消失したら慌てて治水という目的を引っ張り出してきた諫早湾干拓に似て、これもいかにも役人的な感じのする発想である。大和って、終始一貫官僚主義の象徴だったのかもしれない。官僚が暴走したら一般市民が最後には犠牲にさせられるというところまで。

 

7/20 その時、歴史が動いた「信長の巨大鉄船、戦国の海を制す〜織田水軍VS村上水軍、決戦大阪湾〜」

 今回は「信長の野望」マニアに圧倒的な人気を誇る鉄甲船のエピソードである。

 信長が水軍の設立を開始したのは、伊勢の北畠氏を攻めることを考えた時である。京に上るための最短ルートを確保するには伊勢の攻略は不可欠であった。しかし伊勢には強力な水軍が存在した。もし信長軍が陸上づたいで伊勢を攻めた時、海岸から側背をつかれる恐れがあり、水軍の攻略が不可欠であった。そこで信長は豪族同士の争いに敗れて信長の元に身を寄せていた九鬼嘉隆に命じ、水軍を設立させる。

 そして1569年、信長は伊勢を急襲する。攻撃が奇襲であったために、完全に機先を制して伊勢水軍の動きを封じ込めることに成功するが、予想以上に北畠氏の居城の制圧に難航し、戦線は硬直する。やがて武田氏が援軍として水軍を送る用意をしているとの情報が入ってくる。そうなれば伊勢の水軍もそれと共に活動を始める危険が発生する。信長はここで自らの水軍を投入する。

 信長の水軍は大型の安宅船を中心として鉄砲を搭載した火力に優れたものであった。これらの水軍が沖合から伊勢水軍の陣地を急襲した。伊勢水軍は射程200メートルの鉄砲の攻撃に大混乱し壊滅、武田氏も海戦の不利を知って水軍の投入を取りやめる。こうして孤立した北畠氏は降伏する。

 その後、天下統一を目指す信長は、着々と畿内に勢力を広げていった。しかし大坂で頑強に抵抗したのが本願寺である。ついに1576年、本願寺への総攻撃が開始される。頑強に抵抗する本願寺に対し、信長は包囲線で兵糧攻めを行った。そのために信長は和泉や摂津の水軍を動員して大阪湾の海上封鎖を行った。

 しかしそこに本願寺の援軍として攻め寄せたのが、毛利輝元が派遣した戦国最強と言われた村上水軍であった。団体戦に長け、統制のとれた村上水軍は、機動力で信長の水軍を翻弄する。一方の信長側は海上では頼みの鉄砲が十分な効果を発揮できないでいた。そして信長軍の安宅船に接近した村上水軍は火矢や焙烙(手榴弾のようなもの)による火攻めを一斉に行う。この攻撃で信長軍の安宅船は焼き払われ、完全に壊滅する。

 この事態を受けて信長は、九鬼嘉隆に焙烙にも耐える鉄の船を建造することを命じる。嘉隆は考えた結果、従来の安宅船よりも1.5倍ほど大型の全長30メートルほどの安宅船に鉄板を張ることにする。そのための鉄板は信長が関の刀鍛冶を動員して作らせた。

 1578年、再び大阪湾で海戦が行われることとなった。攻める村上水軍は600隻の船団、これを迎え撃つ信長方の水軍は鉄甲船6隻だった。当初は機動力に勝る村上水軍のペースで戦いが進むが、村上水軍の得意の火攻めはまったく鉄甲船には効果がなかった。そこで村上水軍側は接近して移乗攻撃をかけようとする。しかしこの時に鉄甲船の秘密兵器が火を吹く。3方に配置された西洋式の大砲が、村上水軍の大将戦をめがけて一斉に火を吹いたのである。至近距離からの砲撃に村上水軍の中心となる大将船はひとたまりもなく沈没する。指揮系統を失った村上水軍は混乱し、ちりぢりになって逃走する。こうして信長水軍は勝利をおさめ、これが後に本願寺の降伏につながる。

 火攻めをされたのなら燃えない鉄の船を造ればいいなんてことは、誰でも考えそうなことだが、それを現実化してしまうところが信長の非凡なところである。こうして登場した超弩級兵器の鉄甲船は、この海戦で鮮やかな勝利を収めたものの、その後の歴史に二度と登場することはなかった。それは謎とされているが、この兵器の限界を考えると「二度と使えなかった」というのが実態だろう。鉄甲船は兵器としては根本的な欠点を抱えている。それは機動力が皆無であること。この時の海戦では奇襲攻撃で敵の指揮系統を破壊することに成功したから勝利したが、実際は小舟で取り囲まれて移乗攻撃をかけてこられたらひとたまりもなかった可能性が高い。白兵戦に持ち込まれたら鉄の装甲も鉄砲の火力も役に立たない。初戦では相手の度肝を抜くことが出来たので、敵が体制を立て直す前に勝利できたが、一度ネタが分かってしまうと、次に万全な対策を立てて当たられたらどうしようもなかったのではないか。つまり鉄甲戦の存在自体が一種の奇襲攻撃であり、同じ奇襲は二度と効かないということは、信長にしても秀吉にしても分かっていたはずである。

 なお今回の番組は海戦シーンをCGなどで再現する力の入れようであったが、村上水軍の火攻めを食らって安宅船が爆散して沈没するシーンには、思わず「そりゃ違うだろ」と呟いてしまった。火器の威力を考えると、日本海海戦じゃあるまいし、あんな派手な海戦にはなりようがないと思うのだが。どちらかと言えば、赤壁の戦いの方がまだ実際のイメージは近いのと違うか?

 

7/13 その時、歴史が動いた「実録・大岡越前〜火事と闘った知られざる素顔〜」

 江戸は非常に火事の多い町で、何度も丸焼けになっている。1717年(享保2年)にも江戸で大火が起こり、江戸の7割が焼け野原になるという惨事となった。この直後に41才という当時としては異例の若さで町奉行に就任したのが大岡忠相である。彼は火災からの復興が義務づけられていた。

 大岡が注目したのは、当時の江戸では町人が住む町の面積は16%にすぎないのに、出火率は全体の62%を占めていたことだ。町人の町は超過密状態で非常に火に弱かったのである。大岡は町人の町の防火が鍵だと考え、耐火性の強い瓦屋根や塗り壁を導入させようとするが、これは町人の経済力からして非現実的な政策であり、結局は大家などに責任を持たせ、徹底的に火元管理をすることで火事を抑止しようとする。

 しかしこれはほとんど効果がなかった。当時の江戸では放火が非常に多かったのである。そこで火事が起こった時の被害を最小にするための防火対策を考える。当時の江戸の防火は幕府直轄の定火消と大名家が雇った大名火消の2種類が担っていた。しかし彼らは武家の町を守るだけで、町民の町には出動しなかった。そこで大岡は江戸の1000の町民の町に町火消を創設することにした。

 しかし大岡の目論見最初から頓挫した。町火消と定火消の間でいざこざが起き、町火消不要論が湧き起こったのである。この事態に大岡は将軍・吉宗に直訴、町火消し消火に当たっている時は定火消は手を出さないようにとの命令を出させる。

 だが大岡の意に反して、町火消しの無力さが露呈する事件が起こる。当時の消火活動は水をかけて火を消すという技術が確立しておらず、建物を倒して延焼を防ぐという破壊消火であった。しかしそのための知識と経験を持つ鳶職は大名火消しとして雇われており、町火消は素人集団であった。そのために火災現場でもまともに作業が出来ず、しかも指揮系統がはっきりしていないため、集まった火消達は全く統制がとれなかった。そのために1720年の火事では寛永寺が延焼で焼け落ちるという被害が発生する。

 町火消の実力不足は明らかであり、存続の危機に立たされていた。そこで大岡は吉宗に図って起死回生の策を講じる。この年、吉宗は大名火消に市井の鳶を雇うことに対する禁令を出した。さらに大岡は町火消をいろは47組に統合、総数を3万人から1万人に絞って少数精鋭とした。さらに各組に組頭を置き、組同志の連携がとりやすいようにした。そこに大名火消しから流れた鳶職が大挙して加入、レベルが一気に向上した。また大岡は彼らの士気を上げる策を講じた。武将の馬印に当たる纏の所有を奨励したのである。これらの施策は彼らのプライドを刺激、纏持ちは粋な江戸っ子の代表として注目を浴びる。

 そして町火消の実力を世に示す事件が起こる。1747年、江戸城の二の丸から出火して江戸城が全焼する危機に瀕した時、幕府から出動を要請された町火消は、この火事の消火に見事成功するのである。

 江戸時代版プロジェクトXといった趣。次々と起こる難題に対して大岡の決断が見せ所になっている。ナレーションを松平アナから田口トモロヲに変えたら、それでプロジェクトXになりそうだ。OPなんて明らかにそれっぽかったし(笑)。またこの番組はありものの映像をよく使うが(大河ドラマから持ってくることが多い)、今回は往年の時代劇から抜粋していたようだ。あの纏を持っていた人物の顔に見覚えがあるような気がするのだが、私は往年の時代劇ファンではないので(萬屋錦之介のテレビ時代の時代劇ならよく見たのだが)誰かまでは分からない。

 それにしても大岡が吉宗に町火消の重要性を訴えるのに「経費節減になる」という論理展開でいったのはある意味笑える。この時代から経費削減には民営化の手法がとられていたということであろう。ただ消防などといった公益性の高いものを本当に民営化するのは無理な話で、この時も民営化というよりも分権化の方が実態に近いのかもしれない。

 また大岡は庶民の心理を操作するのにも長けていたと感じる。消火活動等という危険性の高い任務に従事させるために、彼は火消に「格好良い仕事」というイメージを与えるために腐心し、それが纏に結実したと言えるだろう。粋ということに高い価値観をおいていた当時の江戸町民は、まんまと大岡の策略に乗せられて(笑)、勇んで火消活動に従事したというわけである。仕事にとって実は一番大切なものはモチベーションであるということを示す実例であり、大岡は今日の世なら人使いのうまい名マネージャーになったことであろうと感じる。

 なお次回は「信長の野望」マニアに圧倒的な人気を誇る「鉄甲船」のエピソードのようである。CGまで投入したかなり気合いの入ったもののようだが、これは明らかにスタッフにもマニアがいるな・・・。

 

7/6 その時、歴史が動いた「プロ野球を作った男たち〜昭和10年 アメリカ遠征記〜」

 早慶戦が圧倒的な人気を誇っていた昭和6年10月、アメリカの大リーグ選抜チームが来日する。日本は大学の有名選手らを集めて迎え撃ったが、まるで歯が立たず、17戦全敗という散々な結果に終わり、選手のみならずファンまでもが日米の圧倒的な実力の差に愕然とする。

 この時、日本がアメリカと互角に野球で戦えるようになるためにはプロ野球チームを設立するしかないと動き始めた人物がいた。読売新聞の嘱託記者であった鈴木惣太郎である。彼は企業廻りをして資金を集めようとするが、なかなか出資は集まらなかった。しかし読売新聞社主の正力松太郎が、ベーブ・ルースを招いて日米野球をしようと考えているのを知り、正力にプロ野球チーム設立の資金提供を了承させる。こうして31人の選手が集められる。

 昭和9年11月、ベーブ・ルース率いるアメリカチームが来日する。雪辱を期する日本チームはエース沢村栄治を登板させる。しかし沢村はいきなり連打を浴び、打撃陣もアメリカ投手に歯が立たず、15戦全敗という結果に終わる。呆然とする日本チームに対し、アメリカチーム監督のコニー・マックが日本チームのプロ意識の欠如を指摘する。

 こうなれば本場アメリカでプロの野球を体得するしかないと決意した日本チーム18人の選手が、昭和10年2月アメリカ遠征のために渡米する。対戦相手は実力的に釣り合うと考えられるマイナーリーグが対象とされた。日本チームは東京ジャイアンツと名付けられる。彼らは一流ホテルに宿泊し、料理も日本人向けの特別メニューが用意された。しかし彼らはいきなりアメリカのチームに惨敗する。またアメリカのプロ野球選手の生き残りの厳しさに驚かされる。しかもアメリカチームは4月の公式リーグに開幕に合わせて、調整が進むと共にますます強くなり、日本チームとの実力の開きが生じてきた。

 するとこれが観客数に影響してくる。当初は物珍しさで来ていた観客が、試合のレベルが低いと来なくなったのである。入場料収入の激減がチーム財政を圧迫、それは選手の宿泊料や食費に跳ね返る。また入場料収入の減少を試合数の増加で補おうとした結果、日程が厳しくなり、疲労した選手の怪我も増加、選手の不満が高まりチーム崩壊の危機に瀕する。

 しかしそんなハングリーさの中で、日本選手に徐々にプロ意識が芽生えてきた。それが各人のプレーに磨きをかけ、沢村の豪速球や田部の俊足などがアメリカのマスコミなどでも注目され始めた。

 そうして彼らが乗り込んだデトロイト。彼らは強豪でもあるフォードのチームと対戦することになる。スタンドはフォードのファンで満員だった。これに日本選手は奮い立つ。そしてキャッチャーの中島が負傷で倒れるような激しい試合の中、彼らは見事に6対0でフォードに勝利する。見事な試合内容に、グラウンドになだれ込んだ観客は敵である日本チームを祝福する。この試合はアメリカでも大きく報道される。彼らのプロとしての試合がアメリカ人の目にもかなったのである。

 帰国した彼らを待っていたのは歓呼の渦だった。こうして翌年に、7チームでの本格的プロ野球のリーグ戦が開始される。

 以前にもプロ野球ネタがありましたが、またもプロ野球ネタです。どうもこの番組はプロ野球が好きなようですが、巨人ファンの松平アナのせいでしょうか? なお今回のエピソードは巨人のエピソードですが、こうやって巨人は日本のプロ野球創設に貢献したことから、「球界の盟主」を自認しているわけですが、まだこの頃は日本プロ野球界全体を考える余裕があったのに対し、最近は巨人がよければ他はどうでも良いという安直な考え方で、日本のプロ野球全体を存亡の危機に追い込んだ渡辺恒雄のような阿呆に支配されるようになったのだから、巨人もプロ野球も墜ちるところまで堕ちたものである。

 ところで今回の話、確かにエピソードとしては面白くはあるが、これはどう考えても歴史番組のネタではない。ネタで苦労しているのは分かるが、歴史ファンとしてはプロ野球なんてどうでも良い話をされてもね・・・。

 

6/29 その時、歴史が動いた「さらばサムライ 西南戦争・田原坂の真実」

 地震が下級武士の出身であるため、士族階級の限界を感じていた(というよりも士族階級を恨んでいたとさえ言える)山県によって、徴兵制の導入などを核とした士族階級の解体は着実に進み、さらには帯刀を禁じる廃刀令の発布、ついには今まで支払われていた秩禄の廃止の決定された。これに対して士族らの叛乱が起こったが、山県による徴兵軍隊はその装備の優位さなどによってこれら単発的な叛乱を次々と鎮圧していった。

 しかし明治10年1月、鹿児島県内の陸軍施設から武器弾薬が運び出されようとしたのを機に、薩摩士族が政府の火薬庫を各地で襲撃、ついに叛乱の火の手が薩摩で燃え上がる。中央政府から離れ、薩摩で反隠遁の生活を送っていた西郷は、この報を聞いた時「しまった」と叫んだという。しかし彼らの暴発は停まらず、彼らは西郷を旗頭に押し立てようとする。この期に及んで西郷も覚悟を決め、それを引き受けるという。

 しかし西郷の意図はまだ武装叛乱にではなく、政府との話し合いにあったという。西郷としては大久保らの同志と談判し、士族の立場を守ることが出来る落としどころを探ろうと考えていたようである。しかし彼らは賊軍として政府軍に討伐されることになる。

 薩摩軍1万3千は九州における政府軍の要衝である熊本城を囲む。しかし3千の政府軍の守備隊は優秀な装備で頑強に反抗し、戦線は硬直する。そして2月、山県有朋率いる1万5千の軍勢が熊本城救援のために到着する。それに対して薩摩軍はその半数を割いて、田原坂で迎え撃つ。

 かつて加藤清正が防衛陣地として考えていたという田原坂は要害の地だった。また装備で劣る薩摩軍も士気では勝っていた。そもそも戦いの意義を感じていない上に、庶民出身の徴兵軍では弾丸を恐れて物陰から手だけ出して銃を撃つものが多いのに対し、薩摩軍は立って狙いを定めて撃つため、銃の性能は劣っても命中率は格段に違い、「薩摩の立ち撃ち」として恐れられたという。また政府軍を震撼させたのは薩摩軍による切り込みであり、接近戦に持ち込まれた政府軍は大敗し、開戦後1週間で政府軍は1千人の死傷者を出す。

 この大敗に対し、士族を軍に起用すべきだとの声が政府内で上がるが、徴兵制の根幹を揺るがす行為に山県は抵抗する。しかし政府軍はなおも大敗を続け、やむなく山県は士族出身者が大半を占める警官隊の戦線投入を決断する。彼らは軍隊ではないとして銃を持たず、剣のみで敵陣に斬り込むため、抜刀隊と命名されたという。彼らは最前線で薩摩軍に切り込みをかけ、多くの犠牲を出しながらも薩摩軍の戦線の一角を崩し、それが田原坂での政府軍の勝利につながったという。なお抜刀隊の士族には会津出身者が多く、彼らは「戊辰の仇討ち」と叫びながら敵陣に斬り込んだとのこと。田原坂で敗退した薩摩軍は劣勢に陥り、結局は西郷の自決によって戦闘は終結する。

 ここまでエピソードを聞いたところで、私は「日本の陸軍の悪しき風習はここから始まったのか?」と感じたのだが、ゲストの佐々木克氏もそのような見解であるようである。つまりこの戦闘後、日本の軍隊では精神主義が強調され、明治天皇を軍隊を束ねるカリスマとして持ち上げるわけだが、結果としてそれが過重な精神主義と人命の軽視につながり、そのままその体質を第二次大戦まで引きずった結果、まさにそれが原因で敗北するわけである。

 結局のところ、日本軍は明治時代における成功のメカニズムをそのまま現代にまで持ち越してしまったわけであるが、それは剛直化してしまった組織によるものであるが、この時の薩摩軍の強さが意識化に刷り込まれていたということもあるかもしれない。となれば、これは歴史の皮肉であるが。

 

6/22 その時、歴史が動いた「さらばサムライ 西郷隆盛 徴兵制の決断」

 明治新政府樹立後も、新政府の基盤は弱いままだった。未だに財政と軍備の大半は藩が握っており(全国の石高3000万石のうち、政府の収入となるのは旧幕府直轄領などの800万石、兵力では武士40万人のうち新政府直属兵は3000人)、当時の政府は中央集権化を進める必要があった。

 新政府は廃藩置県を計画するが、これは士族の反発が必至であった。そこで新政府は士族達に圧倒的な支持を受けていたカリスマ・西郷隆盛に協力を要請する。新政府樹立後、故郷に帰って半引退のような生活を送っていた西郷だが、要請によって上京する。こうして明治4年7月14日、廃藩置県の詔が発布される。西郷は厳戒態勢で臨んだが、一夜明けても特別な混乱は起こらなかった。こうして版反体制派崩壊し、中央集権国家が実現した。

 しかしまだ武士の処遇の問題があった。武士の40万人という数は明らかに多すぎ、彼らに支払う禄が政府の財政を圧迫していた。政府は武士を廃止し、国民皆兵の軍隊を創成することを考えていた。また軍務を取り仕切っていた山県有朋は、下級武士の出身であり、身分制度にあぐらをかいている武士の限界を痛感していた。当時の山県の言葉として「武士と称し抗顔坐食し、その甚だしきに至りては、人を殺し、官その罪を問わざる者のごときにあらず」というものが残っているという。武士という立場にあぐらをかいて無駄飯を食って、ひどいのになると人を殺しても罪を問われないということである。まるっきり、今の二代目馬鹿ボン議員共と同じである。

 しかし徴兵制の導入は士族の存在意義を根底から覆すものであり、彼らの猛烈な反発を呼んだ。その頃西郷は、廃藩置県に激怒した島津久光を説得するため、明治天皇と共に薩摩に赴いたのだが、説得に失敗したところであった。東京に戻った彼は、木戸や大久保らが外遊していたために一人残される(彼等は外遊を口実にして、廃藩置県に対する批判から逃げていたという面もあるという)。徴兵制の反対派は山県に狙いを絞り、彼の汚職の疑惑を暴き出す。軍は混乱し、山県の政治生命も絶たれかねない状態になった。山県は西郷に徴兵制の意義を説き、彼の協力を要請する。徴兵制の必要性は自身も感じていた西郷は、山県に一旦辞任を促し、後のことは自分に任せるように言う。

 西郷は山県の辞任後、徴兵制反対の急先鋒の薩摩藩士に面会し、「山県は辞任したのに、これ以上争うことはあるのか」と彼らを沈黙させる。そして明治5年11月28日徴兵の詔が発布される。

 と、ここまでが今回で、いわば前編に当たるようである。そして来週は、こうして徴兵制を導入した西郷が、皮肉にも士族達に担がれてその新政府軍と戦うことになる西南戦争についての話になるという。

 徴兵制というのは、当時としては武士の特権を破壊することであり、つまりが武士階級の消滅を意味していたのであるから、彼らが反発するのは理の当然というものであり、それが分かっていたから大久保ら「政治家」はさっさと逃げ出していたのである。それに対して「軍人」であり、不器用な人物でもあった西郷隆盛はすべての前面に立たされたということになる。

 ただ山県の言う通り、近代戦に対して士族は全く対応できておらず、その特権意識が今後障害になる可能性も高かったのは事実であり、この時はこういう方向に行くのは必然だったのだろう。

 ところでNHKは「日本国策放送」と揶揄されることもあるぐらい、明らかに政府の意図を受けた放送が多い。そういうことを考えると、この時期に徴兵制の話を持ち出すことに非常な不気味さを感じるのだが。ましても国際貢献を隠れ蓑にして軍事拡大を目論んでいる小泉政権下では・・・。私はそのことが一番恐い。まかり間違っても、二代目馬鹿ボン議員共の利益のために、国民が血を流させられるのは御免である。すでにアメリカなどはそういう国になってしまっているが、日本もそういう国にしたいのが彼らの思惑なのだから。

 

6/8 その時、歴史が動いた「エンタツ・アチャコの漫才革命〜あんじょうわろうてや!〜」

 なんかコテコテのテーマだなと思ったら、NHK大阪開局80年記念ということで大阪局制作でした。お好み焼きの匂いがしそうだ(笑)。

 大正11年(1922年)、明石の小さな演芸場で横山エンタツと花菱アチャコの二人が出番を待っていた。彼らは病気になった芸人の代わりに、急遽穴埋めとして出演させられたのだった。ここでエンタツがアチャコに奇妙な提案をする。彼は喋りだけの漫才をしようと持ちかけたのだった。当時の漫才は歌や踊りの合間に喋りを挟む音曲万才が中心であった。このような万才に対し、エンタツは「今の万才はあまりに猥雑で下品である。日本中の老若男女が誰でも共感し、家族で笑える無邪気な笑いをとる万才がしたい。」と考えていた。

 しかし彼らの試みは散々な結果に終わった。いつまで経っても歌も踊りも登場しない彼らの芸に、客達は「芸がない」とミカンを投げつけたのだった。その後、エンタツは一人で浅草に上り、ここでチャップリンなどの喜劇を意識した新しい万才を模索するが一向に客の笑いは取れなかった。そして昭和4年(1929年)、彼は万才をやめてしまう。しかし彼が生活のために始めたパーマ機の販売も大失敗、生活に行き詰まる。そんな彼の元を訪ねてきたのが、吉本興業総支配人の林正之助だった。サラリーマンの増加などによって寄席の客層が変化しつつあるのを感じていた林は、今の芸では観客に受けなくなると感じていた。そこで新しい万才を模索していたエンタツに声をかけたのだった。エンタツはアチャコと組ませてもらえるのならとその話を受ける。

 そうして二人の新しい万才を求める苦闘が始まった。どんな話だったら観客が聞いてくれるか。二人は風呂屋に出かけて客の話に耳を澄ませた。そして家族などの話を題材にすれば観客が聞いてくれるのではないかと考えた。こうして編み出した家族の話などをテーマにした万才はだんだんと評判を呼ぶ。

 時代は昭和8年、満州事変が勃発するなど世相に影が差し始める。そんな中、さらに新しいネタを追い求める彼らは、ラジオで人気となっていた野球の早慶戦に目を付ける。そして野球の実況をパロディにした「早慶戦」のネタを作り出す。彼らの「早慶戦」は大阪で爆発的人気を呼ぶ。しかし日本全国の人を笑わせるにはラジオに出るのが一番だった。しかし当時の吉本興業は、芸人がラジオに出ることを禁じていた。ラジオで芸を披露すると寄席の入りに差し障ると考えていたのである。しかも昭和5年にNHK大阪が吉本の人気芸人だった桂春団治に直接交渉し、彼がラジオに出演した件で吉本興業とNHKの関係は最悪となっていた。このままでは二人のラジオ出演は難しかった。

 しかし時代が変化し始める。ラジオの全国中継が始まり、NHKは演芸コンテンツを求めていた。また吉本の方でもラジオに出演した後の春団治の寄席がむしろ以前よりも入りが良くなるということが起こり、ラジオに対する認識を変え始める。こうして先の春団治の件についてNHKが吉本興業に謝罪するということで、二人のラジオ出演が実現する。そして彼らの万才は日本中を爆笑させる。

 しゃべくり漫才の元祖の話である。大阪と言えば、やくざ・漫才・お好み焼きというイメージがあるようだが、あまりにコテコテすぎるネタである。ちなみに私はエンタツ・アチャコの名前は知っているが、明らかに彼らは過去の人すぎてよく知らない。むしろゲストに出演していた喜味こいし氏が兄の夢路いとし氏(既に故人)と組んでやっていたしゃべくり漫才が記憶に残っている世代である。夢路いとし氏が亡くなる直前ぐらいに二人の漫才をテレビで見た記憶があるが、そのしゃべくりのテクニックはさすがだと感心したものである。彼らがちょうどエンタツ・アチャコの後継的位置付けになるようである。ちなみに番組では、さらに横山やすし・西川きよしの二人、ついで中川家のVTRが登場していたが、正統派しゃべくり漫才の系譜と言えばこの辺りの流れになるのだろうか。確かにこれに付け加えるとしたらオール阪神・巨人ぐらいか。

 しゃべくり漫才はラジオ時代を意識した新たな漫才の形と言うことだろうが、そういう意味で言うと、テレビ時代を意識したのはどつき漫才か? それがさらに発展すると漫才ではなくてコントの形になってくるようにも思えるのだが。そしてテレビ時代に徹底的に対応したのが、陣内智則になるのか?(笑) ん?はなわはどんな流れにつながってるんだ?(笑)

 

6/1 その時、歴史が動いた「民を救った義士たちの物語〜宝暦の治水・薩摩藩士の苦闘」

 今回のテーマは薩摩藩士が遠く離れた美濃の地で行った治水の物語である。まるでプロジェクトXのような内容だが、確かにOPからしてプロジェクトXくさい。例によってプロジェクトXを作りたい連中が作ったのではないかと思わせる(笑)。

 1754年(宝暦4年)、幕府から届いた書状に薩摩藩は騒然とする。それは「美濃・伊勢・尾張の各河川の治水工事を命ずる」という幕府の治水工事命令書であった。これはいわゆる「お手伝い普請」というものであり、幕府が各藩に強制する公共事業のようなものであった。目的はいわゆる社会インフラの整備などもあったが、その実は諸藩(特に外様藩)に金銭的負荷を課すことでその力を削ぐことにあった。幕府は薩摩藩が琉球貿易や黒砂糖の販売などで力をつけつつあるのを警戒しており、それに対する処置であると見られた。

 問題になったのはその工事の内容であった。総延長120キロに及ぶ堤防建設をほとんど薩摩藩独力で実行するというものであり、その費用は15万両(今日の価値で120億円とか)と試算された。既に参勤交代の費用などで66万両の借金を抱えている薩摩藩にとって、その費用は藩財政を破綻させるものであって、理不尽としか言いようのないものだった。命令を拒否すれば藩は取りつぶしの憂き目にあう、しかし藩士の中では幕府と決戦すべしと言う強硬論が台頭する。これを制したのが家老の平田靱負である。彼は「民を救うのは武士の本分」という大義を訴えて、藩士を説得する。

 こうして薩摩藩士の第一陣が美濃に出立した。別行動をとった平田は大阪で豪商達に借金を申し入れる。しかし薩摩の財政が火の車であることを知っている豪商達は資金提供を渋り、結局平田は予定していた額の半分の資金も調達できなかった。しかもそこに薩摩藩の江戸屋敷から届いた書状が平田を震撼させる。それは総工事費を改めて見積もると、当初予定の倍になったというものだった。やむなく薩摩藩は領民に特別税を課し、領民は飢えと貧困で困窮する羽目になる。

 しかも美濃に到着した平田が眼にした光景は信じられないものだった。先に送られた藩士達は粗末な農民の小屋に詰め込まれており、一汁一菜の粗末な食事が与えられるのみだった。しかも幕府は治水の専門業者を雇うことを許さず、素人である藩士と農民だけで作業が進められていた。さらに幕府の役人は石の積み方など細かなところに文句をつけては、何度も工事をやり直しさせていた(つまりこの工事の目的が幕府の薩摩に対する嫌がらせであったことがはっきりするわけである)。平田は幕府に治水の専門業者を雇う許可を申請するが、幕府はそれを却下する(幕府の目的を考えると当然な対応)。そんな中、藩士の一人が抗議の切腹を行う。幕府に反抗の意志を示すことを公に出来ない平田は、泣きの涙でその死の真相を伏せる。

 しかし彼らの苦労は続く、その年の夏、美濃を大豪雨が襲い、藩士らの奮闘も空しく建設途中の堤防が決壊してしまう。ここで平田は再び治水の専門業者の雇い上げを嘆願するが、これも再び却下される。そんな中、追い打ちをかけるように作業現場で赤痢が蔓延、藩士に数十名単位の死者が出た。また抗議の意味や、病で足手まといになることを恐れた藩士の切腹も相次いだ(実に28名もの藩士が切腹した)。

 堤防の修復はなんとか完成したが、最大の難所がまだ残っていた。それは木曽川と揖斐川の水量を調整するための分離堰を油島に建設する工事だった。これは急流の中に堤を建設するという専門家にさえ困難な工事であった。ここで平田は三度専門業者の雇い入れを嘆願する。この頃になると幕府の側もさすがに薩摩藩士に相次いで犠牲者が出るという異常事態に、工事の失敗を懸念し始めていた(工事が失敗したとなったら、今度は幕府の威信に傷が付く)。ようやく幕府からの許可が下りる。

 しかしこの時になると工事の資金が底をついていた。平田は大阪の豪商と交渉し、特産の黒砂糖や菜種の販売権を担保に借金をした。これは藩の財政の根幹をひっくり返しかねない決断であった。なおこの時の文書によると、借金はすべて平田の個人名義になっていたという。責任をすべて平田が一身に背負うつもりだったのである(最悪の場合は、薩摩本国が後で「あれは平田が勝手にしたことで、薩摩藩は全く感知していない」と開き直ることも可能にするつもりだったのだろう)。

 そして油島の工事は開始された。急流の中工事は難航を極め、犠牲者も出たが、工事は完成する。平田は工事の犠牲者を悼む意志と、この堤防を未来永劫守るために薩摩から取り寄せた1000本の日向松を植える。こうしてようやく薩摩藩士は帰国。それを見送った平田は、自邸で自刃する。平田の死は病死と公表される。

 凄まじい物語である。また幕府による嫌がらせも執拗であり、これに対する怒りがそのまま後の明治維新にまで引き継がれたのではないかとの話もあったが、さもありなんである。もっともこのエピソード自体が再発掘されて日の目を見たのは、薩長閥による新政府が樹立された明治以降であり、そっち向きのバイアスがかかっていることも考慮には入れておく必要はある。それでもこの当時の幕府によるお手伝い普請の実態を示す資料としての意味があろう。恐らく薩摩だけでなく、他藩でも似たような事例はあるはずである。1754年と言えば、九代将軍家重の治世であり、吉宗の享保の改革でわずかに持ち直した幕府が、再び衰退の局面に入りつつあった時代に当たる。薩摩藩に対するこの過酷な仕打ちは、落ち目になりつつあった幕府の焦りと表裏一体でもあったろう。

 それにしても終わってみたら、やっぱりプロジェクトX(笑)。困難な作業、立ち上がるリーダー、名セリフ「民を救うのは武士の本分」、次々と立ちふさがる難題、政府の無理解、バタバタと倒れる仲間、農民達との心の交流、リーダーの決断、乾坤一擲の大勝負、そして目的を達成、リーダーは一人ひっそりと去る。内容といい、展開と言い、これでナレーションが田口トモロヲなら完全にプロジェクトXだろう(笑)。

 

5/25 その時、歴史が動いた「傷ついた戦場の兵士を救え〜佐藤常民 日本初の国際人道支援〜」

 今回のテーマは日本赤十字を立ち上げた人物について。敵味方関係なく傷ついた兵士を救うという赤十字の理念は、当然のことながらなかなか理解されなかったようだ。

 明治初期、西南戦争の勃発した九州では凄惨な光景が繰り広げられていた。新政府軍と薩摩軍の両軍の衝突の狭間で、兵士の死体はそのまま野ざらしに放置され、負傷兵は放り出されたまま死ぬに任されていた。この光景に心を痛めたのが元老院議官の佐野常民である。彼はかつて欧米を視察した時に見た赤十字の理念に感動した経験があった。また彼の故郷の佐賀でも反乱が起こり、戦いの中で彼の友など多くの人々が亡くなっていた。彼は戦争での犠牲をこれ以上出したくないと考え、敵味方関係なく負傷兵の命を助ける博愛社の設立を計画し、同じく元老院議官の大給恒と共に右大臣の岩倉具視に請願書を提出する。しかし岩倉は「なぜ賊軍の命を助ける必要があるのか」とこの請願書を却下する。

 しかし佐野はそのまま九州に向かい、現地司令官の山県有朋に訴える。現地の惨状を目の当たりにしていた山県は、政府軍の責任者である有栖川宮熾仁親王に取り次ぐことを約束、佐野の訴えを聞いた有栖川宮は彼の請願を聞き入れ、博愛社設置の許可を与える。この時、佐野は感極まって涙したという。

 佐野は早速故郷に戻り、博愛社に対する出資と協力を要請する。佐野の要請に故郷の人々は全面的に協力し、元藩主の鍋島氏は現在の額で300万円に当たる額を寄付し、佐野の後輩の医師達が佐野と共に危険な戦地に赴くことに同意した。彼は仲間と共に熊本に赴くが、彼らの活動は難航を極めた。賊軍をなぜ助けるのかと政府軍の妨害を受けたり、薩摩軍の残党の襲撃を受けて同志の一人が死亡する事件まで起こった。双方の無理解に苦しめられた結果、佐野達が救護したのは1429人で、これは死傷者数の5%にすぎなかった。

 西南戦争は終了したが、いずれ中国において外国との衝突が必至と見た佐野は、この活動をより強化する必要を感じる。佐野は博愛社の活動をより理解して貰うため、政府に働きかけてジュネーブ条約への加入を促し、博愛社を日本赤十字社へと発展させる。佐野は女性看護士などを養成、赤十字社を拡張する。

 そして日清戦争が勃発した。赤十字社の救護班は大陸に派遣される。彼らは大陸の寒さ、疫病の発生、敵軍からの攻撃(清はジュネーブ条約には加盟していない)の中で敵味方の区別なく負傷兵の救助を行い、その行為は諸外国からも高く評価される。

 「人道支援は非軍事で」という典型的なエピソードである。非軍事組織であるからこそ、中立を謳えるわけであって、これが軍事組織ならこうはいかない。ただこのような非軍事組織が有効に機能するには国際的取り決めが必須である。なお日清戦争の時は、日本はこのように諸外国の眼を気にしながらある意味「カッコつけながら」戦争している余裕があったのだが、これが第二次大戦になると全く余裕がなくなり、戦争の手段を選ばないようになる。もっとも手段を選ばなかったのはアメリカなども同じであり、非戦闘員への計画的殺戮(無差別爆撃)などという明らかにモラルに反することを行っているのだが(だから日本軍の中国人民への虐殺行為に並んで、アメリカによる原爆なども糾弾されるべきなのである)。

 

5/18 その時、歴史が動いた「戦国をひらいた男 北条早雲56才からの挑戦」

 乱世の梟雄などと言われ、戦国時代を拓いた人物とされているのが北条早雲である。しかしその歴史上の重要性に反して、彼の出自は謎が多い。巷では伊勢の素浪人だったという説が小説などで広がっているようだが、実際は幕府でも重きをなしていた伊勢一族の分家の出であるというのが最近の研究の結果であるという。

 彼は将軍の弟・足利義視に仕えたが、この時に応仁・文永の乱を体験する。戦いは民衆を巻き込んだ陰惨なものとなり、多くの餓死者を出した。しかし幕府は何の手も打とうとしなかった。若き早雲はそのような光景を間近で見ていたのである。早雲は30才で義視の元を辞し、僧となる。このまま僧として一生を終えるかと思われた早雲であるが、50歳の時に突然に行方不明になる。

 彼が歴史の舞台に姿を現すのは1487年、早雲が56歳の時である。彼は守護の名代として駿河を治める今川氏の一門の小鹿範満を急襲し殺害、先代の守護の息子を新しい当主に据える。今川家では御家争いが起こっており、小鹿範満には人望がないということを見越した上での行動であった。この戦いで早雲は伊豆を睨む地にある興国寺城を手に入れる。この城は当時の城では珍しい堅固な要塞であったという。

 1493年、隣国の伊豆を支配する足利家で後継争いが起こっていることをつかんだ早雲は伊豆に出兵、彼は幕府の権威を振りかざして民に背を向けている足利一族には、皆殺しなどの苛烈きわまりない態度で挑んだという。しかし一方で、民衆からは略奪などを行わないように自軍を厳しく律したという。次に早雲が目を付けたのは交通の要衝である小田原。堅城ではあるが当主がまだ若いことをつかんだ早雲は、腰を低く接して油断させ、奇襲によって小田原城を手に入れる。しかし翌年、関東管領の上杉軍が小田原奪還を目指して3000の騎馬軍団で攻め寄せる。これに対して早雲の手勢は数百、この戦いで早雲は大敗を喫する。この後、早雲は長期にわたって守勢に回ることを余儀なくされるが、早雲は逆境の中でも冷静に上杉家の衰退を見抜き、国内の充実に努める。彼は戦国時代で初めてと言われる検知を行い、商工業の発展にも努める。さらには年貢の引き下げにも着手し、農民の支持を得る。農民達は早雲を父のように慕い、足軽として軍に参加する者も増加した。

 そして1510年、早雲82才にして上杉氏との決戦を決意する。この時、早雲は2000以上の兵を率いており、戦力は互角となっていた。最後は奇襲攻撃によって勝敗が決し、早雲は勝利を収める。その後、3年をかけて彼は相模の国を完全に平定、87才の時、彼は室町幕府にいたいして独立宣言を行い、朱印状の発給を行う。こうして戦国時代の幕が開いたのである。

 奇襲、だまし討ちといった手段が多かったため、梟雄と呼ばれる早雲であるが、その根底には民衆のためという考えがあったとしているのが今回の内容。もっとも、民衆のためというのも民衆の支持を得て自国の国力を強化するという計算も間違いなくあっただろう。ただ、彼が単なる野心家だけだったら、このように力を付けられなかったの確かで、そこには民衆や豪族達が既に幕府に見切りをつけ、新たなる指導者を求めていたという背景が間違いなく存在する。早雲はそこに新たなビジョンを提示したわけである。時代に乗ったということが大きいだろう。

 それにしても56才でことを起こすというのは、人間50年などと云われていた時代を考えると、信じられないような話である。実のところ、彼の出自が明らかでないことなどもあり、実は私は彼の年齢については半信半疑な気持ちが強いのだが、その辺りは歴史学会では決着はついているのだろうか。ちなみに年齢の問題はやはり中国の歴史などでも問題になっており、よく言われているのは太公望について。彼の年齢を文書の通りに解釈していたら、100才を軽く越えてしまうのだという。この辺り、まだ真実は闇の中である。なお太公望については、資料に間違いがあるというごく普通の説から、太公望は複数存在したという説、太公望クローン説(嘘)、太公望ハーロック説(これも嘘)などがあるという。

 

5/11 その時、歴史が動いた「にっぽん郵便創業物語〜前島密の挑戦〜」

 郵便システムを確立したことで知られる前島密だが、彼がこのシステムを導入することに至った背景の一つとして、彼自身が文書の未達によって命を狙われるという体験をしたことがあるという。

 海外渡航経験があり英語力のある前島は、薩摩藩に藩士として招かれていた。その時、大久保利通に新設する海軍の士官にならないかと勧誘されたのだが、薩摩藩が欧米との対決姿勢を強めていたことに反対の考えを持っていた彼は、それを断って薩摩を辞して故郷の越後へ向かう。彼はそこから、この度の海軍士官就任を断ったいきさつを十数通の書面にしたためて薩摩に送ったのだが、その書物は一通も薩摩に到着せず、薩摩の海軍創設計画を知った途端に出奔した前島は幕府の密偵として疑われ、島津氏から殺害の指示が下されてしまったのだという。

 前島の書面が薩摩に届かなかったのは、当時の文書配送システムの複雑さにあった。前島の書面は高田藩に預けられた後、江戸屋敷まで大名飛脚で送られ、そこから高田藩士自身の手で薩摩藩の江戸屋敷送られた後、薩摩藩の大名飛脚で薩摩に送られることとなっていた。しかし薩摩との関わりを恐れる高田藩は、前島の書面を途中で握りつぶしていたのである。当時はこのように途中で検閲が入って文書が握りつぶされるなどと云うことがよく起こっており、また町飛脚は採算のとれる街道筋にしか配達をしていないうえに、文書も本当に到着するか怪しく、手数料も極めて高かった。このことが前島の「誰でも手軽に利用できる郵便システムの導入」の意志を固める。

 新政府成立後、前島は新政府に招請され、念願の郵便システムの確立の作業を開始する。しかし新政府には財源がないことから、前島は新政府が飛脚業者に支払っていた莫大な資金を元に、まず東京、大阪、京都の間での郵便システムを創始する。

 その後、彼は政府の仕事でイギリスに渡り、そこで最新の郵便システムを視察する。そこで彼が注目したのは、全国一律料金制度であった。帰国後の彼は、その制度を導入するために各地の有力者などに声をかけて、郵便局を開設するように呼びかける。彼らは国家のための名誉な仕事として、ほとんど無給でそれを引き受ける。また新郵便制度に従来の飛脚業者などからの猛烈な反発もあったが、前島は飛脚問屋の総代である佐々木荘助と直談判で郵便システムの理念を説き、飛脚問屋にも新システムに協力して欲しい旨を訴え、佐々木を説得する。

 こうして明治6年4月1日、全国一律料金制度の郵便システムが創設された。その料金は二銭。牛乳1本が五銭で買えた時代であった。こうして日本の情報化も進行することになったのである。

 郵政民営化に併せての企画のようである。ちなみに特定郵便局の事実上の世襲が問題になっているが、特定郵便局とはまさにこの時に前島が各地の有力者を説得して私財を提供して解説して貰った郵便局の末裔である。この時は郵便を社会に定着させるための妙案だったのだが、100年以上を経過して当時の精神も完全に消え去った後、特権として問題化してきたというのが現状である。郵政全体の民営化の是非はともかくとして、世襲制の公務員というのは現在の社会においては問題が多いのは間違いなく、特定郵便局の制度の見直しは必要であろう。

 ただ、国家全体の利益を見据えて郵便制度を創設した前島に対し、今日議論させている郵政民営化は、特権を守ろうとする既得権益者の欲と、格好をつけたいだけの首相の見栄といった極めて低次元の争いになっており、前島密が見れば情けなさに顔を覆いそうである。

 

4/27 その時、歴史が動いた「源義経 栄光と悲劇の旅路 第2回 北へ 流浪の果てに」

 今週は義経の後半である。

 平家の討伐には成功したものの、頼朝の不信を招いてしまった義経は、直接に頼朝と会って誤解を解こうとして家臣を引き連れて鎌倉に向かうが、鎌倉の手前で足止めをされてそのまま頼朝には会えずに終わる。

 義経はやむを得ずそのまま京に引き上げるが、そこで頼朝の手のものによって命を狙われることになる。ことここにいたり義経は頼朝に正式に反旗を翻さざるを得なくなる。義経は後白河法皇に働きかけて頼朝追討の宣旨をもらい、西国の武将に頼朝追討を呼びかけるが、この呼びかけに応じる武将は全くいなかった。これは頼朝の手が先に回っていたこともあるが、頼朝は家臣に領地を与える権限を持っており、家臣団との間に御恩と奉公の関係が確立していたのに対し、義経にはそのような権限はなかったことにある。この事態に義経は頼朝と現状で一戦構えることは不可能と判断し、体制立て直しのために一旦西国に引き上げることにする(これで京が戦渦に巻き込まれることが避けられたわけだから、京の民衆の義経への支持はさらに高くなったとのことであるが)。しかし頼朝からの圧力を受けた後白河法皇は先の宣旨を撤回し、新たに義経追討の宣旨を出し、義経は朝敵になってしまう。

 西国での体制立て直しも困難となった義経は、奈良県の吉野の宗教勢力の支配下に逃げる(ここで静御前との涙の別れがある)。しかしそこにも頼朝の手が回り、義経はかつて世話になっていた奥州の藤原秀衡を頼って落ち延びる。

 義経を押し立てて頼朝と対抗することを考えていた秀衡は義経を受け入れ、義経はようやく安住の地を得たかに見えた。しかし不幸にもまもなく秀衡は病で死亡し、後を継いだ泰衡は頼朝の圧力に屈して、義経を殺害する。

 以上、やはり以前に放送した内容の総集編の感が強く、新たに登場したことはほとんどない。

 行く当てのなくなってしまった義経は、結局はかつて世話になった奥州を頼ったのだが、彼にとっての不幸は秀衡の後継者である泰衡の器量が秀衡には到底及ばなかったことである。泰衡は一旦頼朝に屈することで奥州藤原氏の延命を図ったのだろうが、結局は間もなく奥州藤原氏は頼朝によって滅ぼされたのだから、この時に義経を殺害せずに手を組んで頼朝に立ち向かうのが正解だったのだが、その判断が出来だけの器量がなかったのだろう(秀衡は間違いなくその覚悟を決めていたようだったのだが)。もし泰衡が義経と完全に手を組んでいたら、実践指揮官としての義経の器量は間違いなく頼朝よりも上であったし、奥州の合戦は長引く可能性があっただろう。そうなれば頼朝に服しているとは言い難い西国が動揺し出すことは必定で、こうなると結果はどちらに転んだかは分からないだろう。

 なお頼朝がここまでして義経を葬ろうとしたことには、嫉妬説などがあるが、嫉妬などといった単純なものよりも、頼朝の正確に根ざしたもっと深いものだろう。頼朝の人格の基本には人間不信があるので、事前に将来の脅威を除こうと考えていたのだろう。しかしこうして親族衆を徹底的に排斥してしまったツケで、結果として源氏の本流は絶えてしまい、その後は北条氏に事実上乗っ取られてしまうわけであるから、これは非常に皮肉なことなのだが。

 

4/20 その時、歴史が動いた「源義経 栄光と悲劇の旅路 第1回 西へ 戦いの彼方に」

 大河ドラマ連携企画・・・であるのだが、正直なところ今までやったことの寄せ集めのような内容で、特に見るべきところもない。

 平治の乱で平家に破れたことで、源氏一門は離散することになる。源義経は京都の鞍馬寺に預けられていたが、平家の打倒を目指す彼は、再起を期して奥州の藤原氏を頼る。そこで兄・頼朝が挙兵したと聞いた義経は、藤原秀郷から家臣をつけられて頼朝の元にはせ参ずる。

 しかし頼朝の扱いは義経の期待に反して冷たいものだった。彼は義経をあくまで家臣として扱い、義経はその屈辱に耐える必要があった。関東武士団の長である頼朝は、奥州藤原氏に対して警戒心を持っており、義経の背後に奥州藤原氏がついていることも、彼が義経と距離を置く一因であった。

 義経は手柄を上げることで頼朝に認めてもらおうと、獅子奮迅の働きをする。彼は京都で無法を働いていた木曽義仲を破り、さらに平氏討伐では一ノ谷で奇襲攻撃によって圧倒的な勝利をおさめ、屋島の戦いでも少数による奇襲攻撃で平氏に勝利する。しかしそれでも頼朝の義経に対する扱いは冷たかった。また単独で暴走する義経は、頼朝から配下としてつけられた関東武士団から「大将としての器ではない」と見られ、彼らとの関係もぎくしゃくする。

 そして壇ノ浦の戦い、義経は平氏に反感を持つ水軍を味方に付けることで、兵力的に圧倒的に有利な平氏とまともに戦える兵力を揃える。この戦いでは義経は、諫める配下を振り切って、自ら陣頭で戦う。しかし海上での戦いには平氏に一日の長があり、潮の流れの関係もあり源氏は危機に陥る。その時、義経は合戦ではタブーとされていた非戦闘員の舵取りへの攻撃を指示する。舵取りを失った平氏の船は混乱し、源氏が勝利、平氏は海の藻屑と消え去る。

 と、既に明らかに知られていることの総集編である。特に今回に登場した新事実はない。

 なお義経の悲劇については、明らかに彼が世渡りが下手すぎたということに尽きるが、確かに彼に大将たる力量がなかったというのもその通りであると思われる。将来の武家政権を企図して、それに沿った戦略を駆使している頼朝に対し、義経は単に目の前の敵に勝利することしか考えていない。また義経が先頭に立って戦ってしまうというのは、彼が部下達の手柄を横取りしてしまうことになり、それが配下の関東武士達の不満につながっていたことは容易に推察できるのだが、組織的考えのない義経にはそれは分からなかったのだろう。これは自身がプレーヤーとしても高い能力を持っているマネージャーが行いやすい失敗でもある。マネージャーは前線での手柄は部下にあげさせてやり、自身の手柄は部下に手柄をあげさせたことと考える必要があるのだが、そこのところの切り替えの出来ないマネージャーが往々にしているのである。義経は流転の生活を送っていたため、個人や小集団で活動することが多く、大軍を率いる発想がそもそもなかったのではないかと思われる。またいかに起死回生の策といっても、漕ぎ手を攻撃するというルール違反は、合理的思考よりも体面を重んじる当時の武士の反感を呼んだであろう事も想像に難くないところである(この時代の武士の戦いは多分に儀式的な部分があり、多くのルールがある。結局そのルールをそのまま馬鹿正直に守ったことで、後に第一回の蒙古襲来の際に鎌倉武士団は惨敗するのであるが。)。義経は天才戦術家ではあったが、戦略家ではなかったし、ましてや政治家ではなかったというところに尽きるだろう。

 

4/13 その時、歴史が動いた「武田家滅亡の謎〜戦国最強軍団はなぜ滅びたのか〜」

 武田勝頼といえば、父・信玄の残した甲斐の国を守りきれず、武田家を滅ぼした愚将と一般的には考えられがちである。しかしそれは認識が間違っているというのが今回のテーマである。

 1573年、信玄の急死により、四男の勝頼が武田家を継ぐことになる。しかしそれは最初から波乱を含んでいた。甲陽軍艦には「勝頼は信勝が十六になるまでの陣代とする」と記載されており、勝頼はそもそも代理とされていたというのである。これは勝頼の母が信玄によって滅ぼされた諏訪家の出身であり、勝頼は信玄の息子と言うよりは、諏訪家の者であり、信玄の家臣筋であったのである。当然ながら勝頼が武田家を率いることには重臣達には不安と不満が起こる。

 一方、信玄は自分が死んだ後に3年は外征せずに国力を充実しろと言い残していた。しかし信玄が死んだと見た徳川家康や織田信長、上杉謙信の軍勢が武田家の領地に侵入してきており、それを見過ごすわけにもいかなくなっていた。勝頼は重臣達の反対を押し切って出兵する。平時にはゴタゴタ揉めても、合戦になると団結するのが武田軍団でもある。勝頼は信長の領地であった東美濃で一気に18カ所の砦を攻め落とす。

 しかし織田方の最後の拠点である飯羽間城で戦線は硬直する。こうなると重臣達は戦の継続に反対するのだが、ここで積極攻勢を主張したのが新参者の家臣達だった。勝頼に忠誠を見せようとする彼らの意を汲んだ勝頼は、彼らを起用し、飯羽間城を落とすことに成功する。さらに1574年には遠江の拠点で、信玄も落とせなかった高天神城を落とし、勝頼は信玄の時代よりも領地を広げる。武田家の重臣達は積極攻勢に出すぎる勝頼を危ぶんだが、信長は「勝頼は油断ならぬ敵である」と評価していたという。

 しかし1575年、家康が治める長篠城に進軍した武田軍は、鉄砲隊を中心に万全の準備を整えた織田・徳川連合軍四万の前に大敗し、1万人もの犠牲を出す。

 大抵の歴史書ではここで武田家が事実上滅んだように書いてしまうのだが、実はこの後もしばらく武田家は持ちこたえているのである。そしてこれこそが勝頼が愚将ではなかった証明である。

 敗北した勝頼は武田家の立て直しに取りかかる。まず彼が行ったのは軍備の近代化で、今までの槍などではなく鉄砲を重視するようにする。またそのための資金を調達するために、京にパイプを持つ有力商人を家臣に取り立てるなどの画期的政策を行う。この結果、武田家の実力もまた盛り返し始める。その頃、反信長連合軍に包囲されて窮地に陥っていた信長から、和睦の使者が送られてくるが、勝頼は武田家の名誉のためにこれを蹴る。

 後顧の憂いを立つために北条氏との同盟を強化しようとした勝頼は、北条氏政の妹を妻に迎える。しかし勝頼の望みに反して北条家との同盟はすぐに崩壊してしまう。1578年、上杉家の家督争いが景勝と景虎との間で起こった時、北条氏政の弟である景虎を支援するべく勝頼は軍勢を出すが、その隙をついて家康が駿河に攻め込んで来たために武田軍が反転したところ、それがきっかけで景虎が殺されてしまうのである。これに北条氏政は激怒、逆に徳川方についてしまう。こうして勝頼は織田・徳川・北条に包囲されてしまうことになる。

 包囲されて苦戦する勝頼の元に、高天神城が家康に包囲されて苦境に陥っているとの報が来る。一般的にはここで勝頼が援軍を送らなかったことが勝頼への家臣の信頼を失墜させ、武田家滅亡の原因になったとされている。しかしどうやらこれにも裏があるとの話である。

 甲陽軍艦によると、この時、高天神城からは援軍を求める文書以外にもう一通の密書が送られてきていたというのである。それは「この戦況で勝頼が出陣する危険を冒すよりは、城を捨ててくれ」というものだったという。つまり城兵は援軍が来ないことを覚悟していたのだという。勝頼が援軍を送らなかったということになったのは実は信長の策略であり、この時、高天神城の城兵は家康に対して降伏を申し入れていたのだが、信長はあえてそれを認めさせず(この時代は城兵が降伏を申し入れたら受けるのが常識)、高天神城を玉砕させることで「勝頼が高天神城を見捨てた」ということにしたのだという。

 信長の戦略は頭にあたり、武田家臣団は崩壊、勝頼は逃げ延びる最中に覚悟を決めて自刃する。なおこの時、彼は妻を実家の北条家に帰そうとしたが、彼女は「輿で送られても帰りません」と言って彼と最後を共にしたという。どの程度まで脚色があるのかは知らないが、戦略結婚で来た女性にそこまで言わせたのなら、やはり彼はただ者ではないと思うのだが。

 結局のところ、勝頼が愚将でなかったのは間違いないのだが、彼の不幸は信長という希有な人物と戦う運命になってしまったことである。彼としては古い体質の武田家を必死で改革しようとしていたが、残念ながら間に合わなかったというのが実態なのだろう。実際、勝頼は愚将だったら、設楽ヶ原の敗北からすぐに武田家は滅んでいるところだが、その後7年間武田家を持たせたわけであるから、それなりの力量はあったのだろう。父親が偉大すぎた故の悲劇という側面もある。

 歴史は常に勝者の側によって記録されるので、敗者の側は不当に低く評価されるのは常である。そういう例はあまたあるが、武田勝頼もその例の一つであろう(彼以外には、明智光秀、石田三成などもそうだと思う)。

 

4/6 その時、歴史が動いた「大帝国の野望、博多に散る〜大陸から見た蒙古襲来〜」

 今まで何度か登場している蒙古襲来であるが、今回は大陸の側に視点をおいてこの事件を眺めてみることで、新しい知見を出そうと言うことらしい。なお冒頭から松平氏が「以前にも放送してますが、再放送ではありません」と強調しているのは、この番組が再放送が多いと言われていることを意識しているのだろうか。

 1268年、モンゴル帝国から日本に国書が届く。この国書を見た朝廷は、モンゴルの軍事的脅威と判断し戦々恐々としたというのだが、実はこれが過剰反応だったという。モンゴルの資料によると、この時の国書は日本に平和的に国交樹立を呼びかけるものだったのだという。南宋攻略を進めていたモンゴルは、日本と対立するよりも手を組む方が得策だと考えていたのだという。しかし朝廷は国書に返答せず、蒙古退散の祈りをするだけだった(アホ)。

 執権の北条時宗はモンゴルへの警戒を指示する。それは幕府は南宋から招いた僧侶を唯一の外交情報源にしていたからだという(つまり情報が最初から非常に偏っていたということだ)。結局、モンゴルの使者は何の返書も得られぬまま追い返される。クビライはこの無礼に戸惑い、落胆するが、何度も日本に対して使者を送る。しかし日本はこのモンゴルからの友好のメッセージには全く答えなかった。南宋の攻略を進めるモンゴルは5度目の使節を日本に送るが、これはもはや猶予がないことを示すかなり強い調子の文書だったという。しかし時宗はこれも無視する。ことここにいたり、クビライは兵を起こす必要性を感じ、高麗の軍船を日本に送り込む。これが文永の役である。この戦いは歴史にも残っている通り、日本軍は勝手の違う相手に戸惑い、惨敗。元は一日で博多を制圧してしまう。しかし最初から占領し続ける意図のなかった元は、一日で引き上げる。

 日本に対して軍事力を誇示した元は、ここで再び日本に使者を送り出す。しかしクビライがその返答を待つ前に南宋が元に降伏、クビライは南宋の強大な艦隊を手に入れる。ここに至り、モンゴルは海洋帝国の夢を抱くことになる。

 一方の日本では、権威の失墜を恐れる幕府が元との対立姿勢を強めていた。未だ勢力が盤石と言い難い鎌倉幕府としては、ここで弱腰を見せれば武士政権の崩壊につながりかねないと考えたのである。時宗は元からの使者を斬り、これを知ったクビライは日本総攻撃を命じる。

 日本総攻撃に動員された兵力は文永の役の5倍に及んだ。資料によるとこの時の元の軍艦には農機具を携え人々も乗り込んでおり、日本占領後に植民する用意をしていたという。

 しかし博多沿岸に到着した元軍(東路軍)は、日本の防衛網が一新されていることに戸惑う。沿岸には石による防塁が築かれ、日本は元のものよりも射程の長い弓で攻撃をかけてきた。元側も弓で応戦したが、揺れる船の上からでは狙いがつけられず(艦船の砲よりは、地上の砲の方が有利なのは現在でも常識)一旦撤退する。さらに沖合に逃げた元の船団に対し、日本側は小舟で乗り付けての奇襲攻撃をかける。東路軍は辛くも沖合に逃れて、ここで江南軍を待つが、江南軍は指揮官の交代などで混乱して予定日になっても到着しなかった。東路軍は3ヶ月間補給しておらず、食料不足や船の損傷で自滅寸前にまで陥る。結局、江南軍の到着は予定日よりも1ヶ月半も遅れる。そしてこの1ヶ月半が元軍に命取りになる。出撃しようとする元の艦隊を台風が襲い、7万の将兵が海の藻屑と消える。世界制覇を目指すクビライの野望は、その第一歩で費えるのである。

 さて、今回のポイントは「大陸側から眺めてみることで新しい知見が出る」ということだったのだが、実際のところは特に新しい知見が出てきたように思えない。あえて言うなら、最初はモンゴルは日本に友好を求めてきたということであるが、そんなことは今までにも言われていたことである。確かに鎌倉幕府は世界情勢に対する疎さからつたない対応をしたが、ここで友好関係を築いたところでそのまま日本と元が一戦交えずに終わったかどうかは微妙なところである。また最初の元寇(文永の役)が元にとっては軍事力の誇示が目的であり、その目的を達成したから一日で引き上げたのであって、この時は台風で被害を受けたわけではないというのも最近では通説になっていることである。

 新しい視点という割にはさして新しくなかったという企画倒れ的な感のあるのが今回である。歴史番組がネタ的にしんどくなっているのは分かるが(科学番組のように最新の研究で新事実が次々出るというものではないから)、せめて切り口はもう少し鋭く願いたい。

 

3/30 その時、歴史が動いた「恋・人生・そして小説〜樋口一葉 女性作家誕生の時〜」

 この度5000円の肖像に採用された女流作家・樋口一葉。彼女が今回の主役である。

 一葉は17歳の時、士族だった父が事業に失敗して借金を残したまま死亡、彼女は老いた母と妹を養う立場に追い込まれてしまう。当時は女性の仕事と言えばまともに金になるような仕事がなく、彼女はその当時流行し始めていた小説を書いて原稿料を得ることを思いつく。

 彼女は当時新聞などに小説を連載していた作家の半井桃水の元を訪れ、小説の指導を依頼する。桃水は反対するが(男でも小説で食べていくことは難しいのに、女性はさらにハンデがある)、一葉の熱意に押されて指導を引き受ける。彼女は彼の指導の元、文体などの訓練を受ける(桃水によると彼女の最初の作品は「和文めかしき」とのこと。つまり昔の王朝文学的で流行小説としては文体が固いということだろう。)。

 試行錯誤の末、彼女は「闇桜」を書き上げ、桃水から合格との評を得、桃水が創刊した文芸誌「武蔵野」に掲載される。この作品はありがちなストーリーであったが、桃水に恋愛感情を抱き始めていた一葉の心情が反映して、恋愛描写にリアリティがあったという。しかし文芸誌「武蔵野」は売れないまま廃刊になり、一葉には原稿料は全く入ってこなかった。しかも彼女は通っていた歌塾の師匠の中島歌子から、桃水が彼女のことを自分の妻として吹聴していると言われ、桃水と決別してしまう(この辺りが現代人には理解しがたいところだが、当時は結婚前の女性にそのような噂が立つということ自体が非常な屈辱だったという。)。

 その後、一葉は職人を主人公にした小説「うもれ木」が知人のツテで文芸誌に掲載され、初めて原稿料を得るが、この後一葉の筆はさっぱり進まなくなってしまう。人間を深く描こうとすればするほど筆が進まなくなった。

 これはいわゆる創作家につきもののスランプである。しかもこれは作家がさらにハイレベルの世界を目指そうとしたために陥るタイプのスランプ。これを突き抜けてさらに高い次元に突入するか、妥協して適当なところで手を打つかでその作家の後の評価が変わるのだが、当時生活に困窮していた一葉には極めて危険である。

 結局、全く小説が書けなくなって生活に困窮した一葉は、下谷竜泉寺町に引っ越し、そこで小間物屋を始めるが、単価の安い小間物屋では生活は一向に楽にならなかった。しかも引っ越し後、それまで借金に応じてくれていた知り合いが金を貸してくれなくなり、生活は切迫していった(遊郭の近くであったということだから、いよいよ身を持ち崩したと見られたのだろう)。そして結局はその小間物屋も失敗、どん底の状態の中一葉は本号丸山福山町に引っ越す。その地域は酌婦と呼ばれる売春婦達が住んでいる地域であり、彼女はそこで酌婦達と知り合い、彼女たちの生活を知ることになる。

 そして彼女がその酌婦をモデルにして描いた作品が「にごりえ」であった。これは大評判を呼び、一葉は一躍近代文学の旗手として注目される。その後、彼女は「たけくらべ」を執筆するが、結核のために24才で死亡する。

 よく知られていることだが、一葉はあまりに若くして死亡したため、実質的には作品としては「にごりえ」と「たけくらべ」ぐらいしか残っていない。それにも関わらずこれだけ彼女が有名なのは、彼女の作品がいかにインパクトがあったかと言うことである。彼女は元々文才自体は持っていたのだが、やはり小説家としては世間のことを知らなすぎたのだろう。それがどん底の生活をすることで、世間の最底辺への人々の生活を知り、それが小説家として肥やしになったということである。創作家は基本的に人間を知らないと創作が出来ない(人間を知らない作家の書いた作品は、とにかく人物の描写や感情にリアリティがなくなる。最近のドラマの台本などがそれに近しい。)ので、こういうことはよくあることではある。まただから、小説で成功して大家と呼ばれるようになった作家は、その後の作品がどんどんと駄目になっていくこともある(要は有名になってしまったことで、世間の常識と乖離してしまうのだ)。一葉は早逝してしまったことで、そのような晩年の醜態をさらすこともなかったし、逆に「もし生きていたらどんな作品を描いただろう」という想像を抱かせることになって、伝説となったという側面はあるだろう。

 ところで新紙幣であるが、1000円は野口英世。彼は偉人伝にあげられている人物ではあるが、実際はスポンサーに貢がせてはその金を散財していたということであり、偉い人というだけでなく「どえらい人」という側面もあることが知られている。5000円の樋口一葉は、今回のエピソードのように結局は貧窮の中で病死した。このラインナップを眺めていると、どう考えても日本の景気が良くなりそうには思えないのだが・・・。例えば紀伊国屋文左衛門とか、もう少しバブリーな人を肖像に出来なかったのだろうか(笑)。

 

3/2 その時、歴史が動いた「実朝暗殺〜歌人将軍は、なぜ殺されたか?〜」

 鎌倉幕府の三代将軍・実朝の就任は鎌倉幕府内での権力争いの渦中であった。二代将軍の頼家は土地を巡る裁きが公平でないなどで鎌倉武士団から信頼を失い、反旗を翻した武士団によって伊豆に追放されてしまった。その後に新将軍として担ぎ上げられたのが12歳の実朝であった。しかし執権の北条時政(実朝の祖父に当たる)は若い妻にそそのかされて、伊豆に流されていた頼家を殺害、さらに彼女の娘婿を将軍にするために実朝の命を狙おうとする。その時に実朝を救ったのは時政の娘であり、実朝の母である北条政子であった。彼女は実朝を弟の北条義時の屋敷に保護する。鎌倉武士団は実朝の元に結集、時政の元に駆けつける者は一人もいなかった。これで時政は観念し、伊豆に流される。

 実朝にとって転機となったのは、彼の和歌が藤原定家に認められ、朝廷との結びつきが出来たことである。和歌を通して古代の朝廷の政治を学んだ実朝は、古代の朝廷をモデルにして人民のための政治を行おうと志す。

 しかしそのことに執権の北条義時以下の鎌倉武士団は警戒心を抱く、頼朝以来、鎌倉は常に朝廷と距離をおいて独立を保ってきた。実朝の朝廷への接近はその独立を危うくするものと感じられたのである。義時は実朝に忠誠を尽くす和田義盛を罠にかけ、反逆者として処分してしまい、実朝から軍事上の実権を奪う。

 一方、自身の権力基盤の危うさを一層感じていた実朝は、朝廷内での官位を上げることで将軍の権威を上げようと画策する。そして実朝の要望に応えて朝廷側も実朝の官位を上げていく。しかしここで朝廷側には「官打ち」という分不相応に官位を上げて相手を滅ぼそうとする呪詛の意図があったことに実朝は気づいていなかった。

 こうして実朝がより一層朝廷に接近することは、義時らの懸念をさらに増大させる。しかし実朝はさらに朝廷に接近をする。朝廷に接近を図る実朝が鎌倉武士の反発を呼び、鎌倉武士の反発が実朝に将軍の権威の向上を目指せる(その手段としては朝廷への接近)という悪循環に陥っていた。そしてついに実朝は右大臣に任命される。ここに来て鎌倉武士団は実朝が完全に朝廷に取り込まれたと判断する。

 そして実朝の右大臣就任のための儀式の帰り道、儀式の行われた鶴岡八幡宮に潜んでいた公暁(頼家の息子)が実朝を暗殺する。公暁は結びつきの強かった三浦義村に自分が将軍になれるよう取りはからうようにとの手紙を送るが、義村はその書状を北条義時に提出、公暁討伐が決定され、公暁は三浦義村の兵によって殺される。結局これで源氏は滅びてしまうのである。

 実朝の暗殺については、北条義時黒幕説、三浦義村黒幕説、朝廷黒幕説など種々の説が存在するが、今回の内容は鎌倉武士団による共同謀議説である。論旨としては通っており、あり得る話ではある。特にこの時代の将軍は、後の徳川幕府の将軍のような絶対的権力者ではなく、武士団の代表程度のニュアンスしかないから、彼等の利益に反すると考えられたら排除される可能性は大なのである。ただ私個人としては、共同謀議を行うには当時の鎌倉武士団の利害が完全に一致していたとは言い難いと感じることから、北条義時黒幕説を採っている。この考えの根底には「犯罪は常にそのことによって最も利益を得る者によってなされる」という原理が存在している。

 どちらにしても、実朝という人物は政治家としてはあまりに現実感覚がなかったように思われる。最初から文人であればこのような不幸な目に遭わなかっただろうに、あたら将軍に担ぎ上げられたのが不幸だったようだ(兄の頼家がヘマをしなければ、彼も一生を歌人として送れた可能性があっただろうに・・・)。

 

2/23 その時、歴史が動いた「我が運命は民と共に〜悲劇の英雄 楠木正成の実像〜」

 楠木正成と言えば、鎌倉幕府滅亡のときに後醍醐天皇方で戦い、その知略によって幕府軍を翻弄、建武の新政に対して大いに貢献するが、その後に挙兵した足利尊氏に湊川の戦いで敗れて自刃した武将である。天皇に忠誠を尽くした武士と言うことで、戦前に主に尊敬の対象にされていた。今回のテーマは「楠木正成の実像」と称しているが、それはつまり楠木正成はただ単に天皇に対する敬愛で挙兵したわけではなく、その背後には鎌倉幕府に反発を感じていた多くの民衆の意志があり、この民衆の意志が後醍醐天皇から離れた時に楠木正成自身もその生涯を終えたという意味である。

 鎌倉幕府末期、時の執権の北条高時は闘犬にうつつを抜かして、全国から闘犬用の犬を献上させる(これがまた徳川綱吉時代の「お犬様」を彷彿とさせるのだが)など、幕府の指導力は衰退の一途をたどり、民衆も生活の困窮の中で苦しんでいた。そんな中、後醍醐天皇が政権を天皇に取り戻すべく挙兵、彼は反幕府勢力に協力を呼びかける。しかしまだ幕府の軍事力は強く、後醍醐天皇の元に参集する者はいなかった。そんな中、後醍醐天皇の元に駆けつけたのが楠木正成である。政重は河内赤坂城で挙兵、しかし兵はわずか500にすぎなかった。これに対して北条高時は数万の幕府軍を差し向ける。圧倒的な兵力差に油断し、赤坂城を一揉みにしようとした幕府軍であるが、これに対して正成軍はゲリラ戦法をとり、慣れないタイプの戦で幕府軍は数百の犠牲を出す。この時の正成軍に参加していたのは実は地侍などの民衆であり、彼らは正規軍とは違う団体戦が得意だった。

 ここで幕府軍は城を取り巻いての兵糧攻めに作戦を切り替える。これには正成軍もなすすべもなく兵糧が尽きる。ここで正成は城に火を放つ、幕府軍は正成が自害したと見ていたのだが、実はこれは正成の撹乱戦術であり、彼はこの間に脱出していたのである。

 行方不明になっていた正成は1年後、忽然と姿を現すと摂津の天王寺を占拠、京をうかがう姿勢を見せる。幕府はこれに対して幕府軍最強といわれていた宇都宮軍500騎を差し向ける。正成軍は2000、正成の部下達は夜討ちで一気に叩くことを提案するが、正成は「良将は戦わずして勝つ」と言って、さっさと天王寺を引き払う。呆気なく天王寺を奪回した宇都宮軍だが、4日目の夜に信じられないことが起こる。数万ものたいまつが彼らを取り囲んでいたのである。正成の大軍に包囲されたと感じた宇都宮軍は激しく動揺する。しかし正成軍からの攻撃はない。これが毎晩続き、4日後、ついに耐えきれなくなった宇都宮軍は天王寺から撤退する。しかしこれは正成の心理戦であった。実は彼は5000人の農民にたいまつを持たせて数万の軍勢に見せていたのである。正成は民衆の間にネットワークを持っていたのである。

 このネットワークがフルに活躍したのが千早城での戦いだった。千早城に立て籠もった正成に対し、幕府軍は8万の軍勢で包囲する。幕府軍は力攻めを避けて兵糧攻めを行うのだが、いつまで経っても千早城の兵糧は尽きなかった。実は正成は山伏などのルートを使い、密かに城内に兵糧を運び込んでいたのである。そして何と逆に包囲する幕府軍側の兵糧が尽きてしまう。幕府軍の背後では正成が仕掛けたゲリラ戦によって補給路が断たれてしまっていた。こうして幕府軍は櫛の刃がこぼれるように脱落者が出、ついには瓦解してしまう。幕府軍が正成に敗れたという報は全国に伝わり、足利尊氏らが幕府に対して反旗を翻し、ついに新田義貞が鎌倉幕府を滅亡させる。

 こうして後醍醐天皇の建武の新政が始まったのだが、それは民衆が期待したものとは違っていた。後醍醐天皇は公家ばかりを優遇し、また急進的に改革を急ぎすぎた挙げ句に、民衆は今まで以上の重税にあえぐことになる。こうして民衆の心は後醍醐天皇から離れていく。また公家ばかりが友軍されることは武士にも不満を抱かせ、彼らの代表と言える足利尊氏がついに後醍醐天皇に反旗を翻す。正成は一度は尊氏を退けたものの、自軍の兵士までが九州に落ち延びていく尊氏を追っていったのを見て、後醍醐天皇に尊氏と和睦することを懇願する。しかし公家達はその必要を認めなかった(なんで貴族というのはいつの時代もこうも無能なのだろうか?)。そして九州で再び勢力を盛り返した尊氏は京を目指して進軍してくる。そして正成は負けることを承知で湊川の戦いに挑み、圧倒的に少数の兵で善戦するもついには自刃に至るのである。

 今回の主題は「楠木正成の後ろには多くの民衆が控えていた」と言うことなのだが、はっきり言ってこれはかなり以前にも出てきたネタで、その時も千早城での戦いを上げて「山伏などの抜け道を使用していた」と解説していた。つまりネタ自体は既出であって、今更「楠木正成の実像」などと銘打つほどのネタでもない。この辺りが番組的に最もしんどいところである。

 なお後醍醐天皇については、皇室の中ではかなり能力の高かった人であるようだが、所詮は貴族には民衆の心は分からなかったということか。民衆の支持を得たことで倒幕に成功したのに、その民衆を疎かにしたことで権力を失ってしまったわけである。これは貴族などと言われる連中の限界を示している。苦労知らずの二代目政治家などがろくな政治が出来ないことや、二代目の世襲社長が会社をつぶしてしまうパターンと一緒である。やはり生まれながらに上の立場にいた人間には、どうしても限界がある。せめて優秀な部下の直言を容れる度量があればまだ最悪の事態は免れるのだが、このような人間はどうしても「なぜいちいち下の立場の者の意見を聞く必要があるのか」という考えになりがちなので、それも難しいようである。 

 

2/16 その時、歴史が動いた「日米攻防90日 国際軍縮を実現せよ!〜ワシントン会議・全権 加藤友三郎の挑戦〜」

 第一次世界大戦後、世界平和を求める空気の中で、日米は太平洋でのにらみ合いを続け緊張が増していた。特にアメリカがハワイ・フィリピン・グアムなどの太平洋方面の海軍基地を強化して、日本を包囲するような形になっていたことは、日本の警戒心を高めていた。

 そんな中、第一次世界大戦での犠牲の大きさに欧米から軍縮を求める世論が盛り上がり、米・英・仏・日など9カ国が参加しての軍縮会議がワシントンで行われることになる。日本がこの会議に全権として送り込んだのが海軍大臣であった加藤友三郎である。軍人である加藤を全権として送り込むことには、国内外からの反発があったが、それに反して加藤には別の思惑があった。彼は日本の不況の現状を把握しており、現在の状態で軍拡を続けるのは無理であると考えていたのである。彼は軍縮によって軍事による財政圧迫を避けることを目論んでいたのである。しかし海軍内の強硬派はアメリカを警戒しており、主力艦保有対米7割が最低でも必要な線であると主張していた。

 そうして1921年11月12日に軍縮会議の第一回総会が開催される。ここでアメリカ全権のヒューズが軍縮案を提案する。それは各国が現在進行中の主力艦建造計画をすべて放棄すること、今後10年主力艦の建造を行わないこと、米・英・日の主力艦比を10:10:6にすることというものであった。この提案に議場からは拍手が沸き上がる。アメリカは国際世論を背景にして日本に圧力をかけようとの意図を持っていた。

 しかしこれは日本にはとても飲めない案だった。まず軍部は対米7割を主張していたし、この案に従うと現在建造中の新鋭戦艦「陸奥」の廃棄をすることになり、これは海軍を激高させる。これに対してアメリカは会議直前に戦艦「メリーランド」を大急ぎで完成させていた(この辺りのせこさは、この国は今も昔も変わらないなと妙な感慨を抱かせる)。しかし軍縮を成功させることが重要であると考える加藤は、イギリスの反応を見ることにする。大幅な軍縮を迫られることになるイギリスもこの案に反発するはずと見ていたのだ。しかし彼の意に反してイギリスはこの案に賛成する。第一次大戦で保有艦艇の半数を失ったイギリスには、もはやかつての海軍力を維持する力がなく(大英帝国の崩壊が既に始まっていたことを示す事実である)、既にアメリカと同調することで話が出来上がっていたのである。窮地に追い込まれる加藤。しかし彼は会議の席上でアメリカの提案に賛成する用意があるとの発言をし、各国の喝采を受ける。国際的孤立を避けた上で、受け入れ条件については別途交渉するとしたわけである。加藤のこの発言はアメリカでも高く評価を受ける。

 しかしこれは海軍の強硬派を激怒させることになる。挙げ句が会議に随行した強硬派の随行員の一人が「対英米7割が認められなければ日本は会議を離脱する」と発言するなどに至り(明らかに分を超えた発言であり、本来なら厳罰ものだと思うのだが)、加藤の意図は頓挫する危険に直面する。

 加藤はここで日露戦争の戦友である海軍元帥・東郷平八郎に働きかけるという最終手段に出る。東郷は加藤の「軍事力だけでは国を守れない」という意図を察し、強硬派の幹部に対して「責任ある大臣が6割で良しと思うなら、大臣の言う通りでよろしい」と発言、これで海軍内の反対派は沈黙する(日露戦争の大殊勲者であり、後には軍神にまでなる東郷にこう言われると、誰も反発できなかったのだろう。軍隊というところの権威主義的姿勢を痛感させることではある。)。

 対米6割受諾可の切り札を得た加藤は、ここでアメリカに対して最後の交渉を持ちかける。彼は対米6割を受け入れることを隠した上で、陸奥の建造を認めることと、アメリカがフィリピンなどの基地の拡張を凍結することを提案したのである。自国が主催する会議をまとめたいアメリカはこれを受諾、こうして1922年、歴史的な軍縮条約が締結されるのである。

 条約締結のための外向的駆け引きストーリーである。似たようなエピソードは以前にも日露戦争の講和条約の話が出てきた。ただ、いわゆる交渉術の実践例としては面白いかも知れないが、番組的には地味にすぎ退屈になる感は否めない。

 なお加藤はこの条約が恒久平和を約束するものでないことを見抜いていたというが(考えれば当たり前のことである)、やがて日米は太平洋で衝突することになる。ただそれでもこの条約はしばらくは有効に機能したのは事実ではある。悲しいかな人類は未だに恒久平和などというものを実現したことはない。大きな戦争の直後にはしばらくは民衆の間に反戦意識が盛り上がるのだが、しばらくするとその意識が薄れてきて、そのうちに戦争で得をする連中が暗躍を始め、やがては多くの国民が戦争に巻き込まれてしまうという繰り返しなのである。今の日本がまさにその状態で、既に国民は戦争経験世代の減少で戦争の現実が伝わらなくなり(これは政府が意図的にそう誘導してもいるが)、その挙げ句に戦争で儲かる連中が、過去の戦争を賛美したり、侵略戦争を国際貢献にすり替えるなどで再び日本を戦争に巻き込もうとしているわけである。歴史を見ていると、この辺りが嫌と言うほど見えてくるのが辛い(だから政府は正しい歴史は勉強させたがらないわけであるが)。

 

2/9 その時、歴史が動いた「プロ野球を変えたホームラン〜展覧試合 オーナーたちの戦い〜」

 戦後、野球が市民の娯楽として人気を博し始めていた。GHQも日本の占領政策をスムーズに進行させるために、アメリカのスポーツである野球を後押ししていた。GHQ経済科学局長のマーカット少将はアメリカ式の二リーグ制が野球の人気を確立すると見て、読売巨人軍の正力松太郎に旗振り役を命じる。しかし当時民政局から公職追放処分を受けていた正力は、自分の代わりに動ける人物として大映スターズの若きオーナー・永田雅一に白羽の矢を立てる。撮影所のの案内係から社長ののし上がった風雲児であり、「だっぱ」と呼ばれて人を動かすのがうまかった永田は、積極的に動き始める。こうして彼は読売新聞の競争相手である毎日新聞など名だたる企業を野球に参入させ、二リーグ制を実現する。

 二リーグ制になったプロ野球では、セリーグでは正力が新興メディアでテレビを利用して巨人のPRを行い、パリーグでは永田が当時絶頂であった映画の力を利用してPRを行い、両リーグは人気を二分していた。

 1959年、天皇が野球に興味を示したという話を聞いた正力は、天皇を巨人戦に招くことを考え、宮内庁に打診をする。しかし宮内庁側は「球界の総意でないと動けない」と返答をしたことから、正力はパリーグに内緒で調整を始める。しかしその動きはやがて永田に知れる。天皇が一般大衆に与える心理的影響の大きさを知っていた永田は、天皇をパリーグに招くために動き始める。こうして両者の綱引きが起こる中、宮内庁の決定がなされたのは試合の6日前だった。結果を知った永田は「お上がプロ野球をご覧になるのは、球界にとって名誉なことだ。ゴタゴタを起こすわけにはいかない。」と語ったという。

 こうして天覧試合が開催される。試合は接戦のまま、最終回に長島が村山からサヨナラホームランを打つ(ちなみに村山は死ぬまで「あれはファールだった」と語っていたらしいが)。この後、巨人の人気が沸騰し「巨人・大鵬・玉子焼き」と言われる時代が来る。

 プロ野球再編でゴタゴタがあった直後だから扱ったテーマなのだろう。ゲストのスポーツライターの玉木正之氏が「この後、巨人の人気だけが突出するというプロ野球界にとっては歪な問題が発生したのだが、その問題点を長島という傑出したスターの光が隠してしまった」と言っていたが、それは全く同感。皮肉なことにこの天覧試合が後のプロ野球界衰退の一つの原因にもつながったわけである。実際、この後のプロ野球は、巨人の独走と、巨人さえよければそれでよいという渡辺オーナーなどの独善の結果、かつてのファンにそっぽを向かれることになる。

 ところで、正直なところ今回のテーマは「どこが歴史なのか?」。司会の松平アナ(根っからの巨人ファン)だけは昔を懐かしんで楽しんでいた風だったが、私には個人的には面白くないテーマだった。まあプロジェクトXで扱うには生々しすぎるテーマだし、かと言って他に適当な番組もないしと言うことでこの番組で扱ったんだろうが、歴史番組としてはテーマがせこすぎてつまらないというのが私の感想である。ネタが苦しいのは分かるが・・・。

 

2/2 その時、歴史が動いた「龍馬が愛した女〜幕末、愛と別れの物語〜」

 幕末の志士・坂本龍馬には妻がいたのだが、そのお龍の話である。

 龍馬がお龍と出会ったのは、彼が京都で定宿にしていた寺田屋でのことで、お龍はそこで働いていたのだという。お龍はそもそもは京都で医師の娘として生まれたのだが、父が亡くなって貧しくなり、寺田屋に働きに来ていたのだという。龍馬はお龍のことを故郷に「面白き女」と手紙で書いているとのこと。実際、彼女は炊事などは全くダメで、お茶やお花などには長けていたという(育ちが良かったわけだろう)。そして龍馬がもっとも彼女に惹かれたのはその気っぷの良さだという。

 龍馬は日本を変えるために薩摩と長州に手を組ませるために奔走し、それを実現するが、その直後にお龍は龍馬の命を救ったことがある。それは寺田屋が幕府側の捕り手に包囲された時、いち早くその異変に気づいたお龍が、直ちに龍馬に急を告げ、おかげで龍馬は脱出に成功したという。薩摩屋敷に保護された龍馬は、お龍と結婚し、西郷隆盛などの勧めもあって幕府の目を逃れるためにお龍をつれて九州に出向く。そこで龍馬とお龍は日本で初のハネムーンを行ったと言われている。この時の様子を故郷に書き送った龍馬の手紙は残っており、文面から見るとかなり「はじけている」とのこと。

 しかし二人の幸福は続かなかった。龍馬は再び京都に戻り、大政奉還のために奔走するが、その直後の慶応3年11月15日に京の近江屋で刺客に襲われ、新時代の到来を見ることなくこの世を去る。なお龍馬の暗殺については、幕府の手の者によるという説や、薩摩の中で武力での倒幕を目指す勢力によるものという説などがあるが、未だに真相は明らかではないという。ちなみに私は後者の薩摩説を採っている。西郷隆盛などを中心として、当時の薩摩の中には武力倒幕派が台頭しており、平和裏に政権移譲することを狙って画策していた龍馬は今や目の上のたんこぶであったのではないかと考えられる。よって、邪魔になった龍馬を暗殺した考えられる。実際、この時点で大政奉還が行われており、龍馬の暗殺が幕府方の者によるとするなら、それにはもはや単なる意趣返しぐらいの意味しかなくなってしまうからである。

 なお龍馬の死後にお龍は龍馬の故郷の土佐に行ったが、そこでは邪魔者扱いされたことから、彼女は1年後に京都に移っているが、生活が成り立たず龍馬の縁者などを頼って転々とし、その後露天商の男と結婚したとのこと。お龍がかつての龍馬について語り始めたのはかなり後のことで、彼女の墓には彼女の夫によって「龍馬の妻」と墓碑が刻まれているという(彼女の夫もかなり複雑な心情の男に思われてならないが)。

 今まで散々にやりつくされている龍馬のエピソードを視点を変えての描き直しだが、はっきり言って新しい知見は何もない。それどころか龍馬のハネムーンのエピソードは以前にも出ており、視点が変わったという気さえしない。さすがにネタ的にこれはかなりキツイ。同じネタを扱ってはいけないということはないが、どこかで見たことがあるような内容ばかりでは面白味に著しく欠ける。

 

1/26 その時、歴史が動いた「日露戦争100年 日本海海戦〜参謀 秋山真之・知られざる苦闘〜」

 この番組の第一回が日本海海戦であったが、今回はその同じテーマを参謀の秋山真之に焦点を当てて焼き直している。

 日清戦争後、日露戦争に至るまでの期間は、海軍の技術が劇的に変化した時期である。大砲の射程距離や破壊力が飛躍的に向上し、船舶の装甲は大幅に強化され、船舶の推進力も強化されて速度が増していた。そのような装備の変化に伴って新たな戦略の構築が必要とされていた。

 日本はアジアでの権益を巡ってロシアと戦うことになったが、当時の日本の海軍力はロシアの1/3にすぎなかった。このような状況下で参謀に起用されたのが若冠30代であった秋山真之であった。彼は「知謀湧くがごとし」と評された俊英で、物事のポイントを捉える能力に秀でていたという。

 秋山は村上水軍の兵法書から集中攻撃による各個撃破の考え方を、まあアメリカ軍とスペイン軍が戦ったサンチャゴ会戦から、各司令官が作戦の目的を完全に理解した上で独自の対応を行えることが重要であるということを学び、日本の海軍の革新に取り組んでいた。

 東郷に参謀として起用された秋山が考えついた戦法は丁字戦法であった。これは艦隊で敵艦隊の前方を遮断しながら、敵の先頭艦に集中攻撃を浴びせていくというものであった。秋山は早速この戦法を、ロシアの旅順艦隊との黄海海戦で実践しようとするが、この時はロシア艦隊が直前で回頭して逃走を図ったことから、丁字戦法は不発に終わる。その後、ロシア艦の機関の故障によって追いついた日本艦隊は、幸いにして旅順艦隊に壊滅的打撃を与えることに成功したが、もしここで旅順艦隊を取り逃がしていれば日本にとっては旅順艦隊とバルチック艦隊に挟み撃ちにされて殲滅される危険があった。秋山は実戦では机上の作戦と異なる事態が起こり得ることを知り愕然とする。

 やがてロシア・バルチック艦隊が現れ、日本艦隊との先頭になる。秋山は水雷艇の攻撃と主力艦の砲撃を組み合わせた波状攻撃を立案していたが、会戦当日は波高が高く、水雷艇による攻撃は不可能であり、主力艦での砲撃で挑まざるを得なくなる。ここで秋山が繰り出したのが改良した丁字戦法だった。かつて黄海海戦での教訓から、敵を逃がさないように直前での回頭を取り入れていた。これは回頭時に逆にこちら側が集中攻撃を受ける危険のある策だったが、東郷はこれを採用する。

 そして開戦、秋山の作戦は功を奏し、バルチック艦隊の1番艦と2番艦に決定的ダメージを与えることに成功する。しかしここで3番艦が予想もしなかった転舵を行い逃亡を図る。秋山は急遽反転し、それを阻止しようとするが、それを見たバルチック艦隊は再度転舵、旋回を終了した第1戦隊はそれにすぐには対応できず、バルチック艦隊を逃亡させる危険に陥る。しかしここで第2戦隊は独自の判断によって第1戦隊に追随せず、ロシア艦隊の前方を塞ぐ行動に出る。結果的にこの独自の判断が奏功しバルチック艦隊の撃破に成功する。秋山が考えていた各司令官が作戦の目的を完全に理解した上で独自対応を行うという方針の勝利でもあった。

 内容的に第1回の焼き直しであったが、秋山に焦点を当てたことで作戦面をよりクローズアップしたことになるので、戦略マニアにはより楽しめる内容になっていたようである。この海戦での日本海軍の勝利は、進化した装備をどれだけ有効に使いこなせたかということが大きい。当時の日本の艦船とロシアの艦船を比較した場合、火力ではロシア側が勝っており、日本側が勝っているのは機動力においてであった。秋山は火力の不備を一点集中攻撃による各個撃破で補い、機動力の優位を艦隊の練度の向上によってより決定的なものにして戦闘に挑み、機動力と艦隊運動の正確さがすべてを決める丁字戦法で勝利したわけである。そこには彼我の戦力を十分に分析した上で、万全の準備を持って挑むという姿勢がそこにはあった。しかしこの後の日本軍は無意味な精神主義に陥り、この基本のところがだんだんと疎かになる。その結果が無謀な第二次大戦への突入と惨敗につながるわけである。また秋山の「各司令官が作戦の目的を完全に理解した上で独自対応を行う」という考えも、皮肉なことに現場の暴走による作戦計画の不徹底ということに結びついた。そういう点では、日露戦争ではあれだけ機能的に働いた日本軍が、太平洋戦争ではなぜかくも無惨で無能な結果に陥ったのかというテーマは、組織論的には面白いのではないかと感じた(権威主義や官僚主義の蔓延が背景にあるのは間違いない)。

 

1/12 その時、歴史が動いた「百世の安堵をはかれ〜安政大地震・奇跡の復興劇〜」

 江戸時代末期、1854年(安政元年)11月5日、和歌山沖を震源地とするマグニチュード8.4の大地震が発生した。これが安政南海地震である。この時、和歌山の海沿いの村・紀州広村の商人・濱口梧陵は、津波の発生を予期し、村人に高台の八幡神社に避難するように呼びかける。さらに津波の第一波が襲来後、逃げ遅れて暗闇の中でパニックになる村人達を救うため、津波の第二波が襲来する危険を冒して高台を下り、周囲の稲藁に火を付けて村人達に避難方向の指示を出した。梧陵の活躍によって村人の97%が助かることが出来たのである。

 しかし村人の苦労はそれからだった。村は壊滅状態で、避難先の寒さに命を落とすものが続出した。梧陵は紀州藩に支援を頼むが、財政が危機的状態にあった紀州藩はそれを無視する(災害時にお上は庶民のことなど助けないのは、今も昔も同じようである)。先行きに対する絶望と津波に対する恐怖から村を離れる村人が出始め、村は消滅の危機に直面する。そこで江戸と銚子で醤油屋を営んでいた梧陵は、私財を投じて村民のための仮小屋(いわゆる仮設住宅)を建設し、農具などを提供する。しかし津波に怯える村人達は希望も気力も持てずにいた。

 村人に希望を与えるため、梧陵はさらに私財を投じて巨大な堤防を建設することを計画する。工事には村人を動員して、彼らに賃金を与えた。こうして村人は初めて将来に対する希望を持ち始める(防災事業と失業対策の両面政策ですな)。

 しかし一年後、今度は江戸でマグニチュード6.9の直下型地震(安政江戸地震)が発生、梧陵の江戸の醤油屋が壊滅的な被害を受ける。梧陵は江戸に向かうが、店の被害はあまりに甚大で、番頭は梧陵に堤防建設への支援を取りやめないとこのままでは店がつぶれてしまうと訴える。既にこの時点で梧陵の送った支援は総資産の2割を占めるまでになっていたのだ。危機に直面した梧陵は悩む。しかし堤防に期待する村人達からの手紙を見て、支援の継続を決意する。彼の決意を知った職人達は奮起、店員全体が一丸となって銚子の醤油屋は過去最高の生産量を上げる。

 こうして1858年、全長900メートル、高さ4.5メートルの広村堤防が完成する。この堤防は後に昭和南海地震の際、この地の津波被害を防ぐ働きをした。

 インド洋大津波があった直後で、あまりにタイムリーな内容。最初はこの津波を受けて急遽編成したのかと思ったが、日数的に考えてそれは難しいだろうから、多分阪神大震災10周年に合わせて編成したらたまたま津波が起こってしまったのだろう。

 私財をなげうって地元のために尽くした人物の物語である。彼は商人であったわけだが、単に金儲けしか考えないようなタイプの人間とは違ったということか。彼は後に和歌山県議会の初代議長に就任したとのことだが、これだけの大事業を行った人物なら当然であろう。このような人物こそまさに「地元に貢献する政治家」であって、現在のように国から税金を分捕ってきて、それをまるで自分の金であるかのように選挙区にばらまいた挙げ句、その一部をふところに入れるような政治家は、地元に貢献しているのではなく単なる税金泥棒である。昔はこのようなタイプの政治家がいたから、政治家になったら身上をつぶす(井戸と塀しか残らないという意味で「井戸塀政治家」という言葉もある)と言われたものだが、現在は政治家になったらお屋敷が建つようだ。いかに多くの金を自らの懐に突っ込んでいるかがうかがえる。

 なおこの時に彼が作った堤防は、時期と規模から見ても世界最初で最大のものであったとのことであり、この頃から日本の津波対策技術は世界最先端を言っていたと言えるようだ。

 

12/8 その時、歴史が動いた「ミステリー大化改新〜蘇我入鹿暗殺の実像〜」

 古代史の謎として未だに明らかでない部分が多い大化改新であるが、今回は大化改新には実は黒幕が存在したとの説である。

 大化改新については日本書紀に記述があるのだが、一般的には天皇をないがしろにしようとした蘇我入鹿を、天皇親政を目指す中大兄皇子が暗殺したとされている。しかしまず蘇我入鹿には天皇に取って代わる意図はなかったというのである。

 まず蘇我入鹿が天皇に取って代わることを狙っていたという証拠としてあげられる山背大兄王(聖徳太子の息子で、当時の時期天皇の最有力候補)襲撃事件であるが、これは飛鳥京を作ることにこだわっていた皇極天皇が、斑鳩を拠点にする山背大兄王がそれに対する抵抗勢力になっていたことから邪魔になり、蘇我入鹿に命じて殺害させたのだという。実際にこの時、皇極天皇は蘇我入鹿を罰することなく、古人皇子を次期天皇候補として据えているという。

 しかしこのことによって皇極天皇の弟である軽皇子に不満が高まった。そしてこの軽皇子に近づいたのが中臣鎌足であったという。中臣氏は代々神事に携わっていたが、蘇我氏の仏教重視政策により要職から退けられており、蘇我氏に対する恨みは深かった。彼はさらに中大兄皇子にも接近すると共に、蘇我倉山田石川麻呂にも接近し、蘇我の一族にまで食い込む。さらに彼が暗殺の共犯として声をかけたのが、佐伯連子麻呂と葛城稚犬養連網田であった。これらの人物は実は中大兄皇子以外はすべて河内和泉地区の豪族であり、地縁を持っていたという。つまり蘇我入鹿暗殺の中心にいたのは中大兄皇子ではなく、軽皇子であったのだという。

 さらに話はこれで終わらない。実は蘇我入鹿暗殺の背景には皇極天皇自身も関与していたというのが今回の説である。当時の人民は豪族達に支配されており、皇極天皇といえども蘇我入鹿など豪族達の同意がなければ人民を徴発することが出来なかった。皇極天皇自身は飛鳥京建設に固執していたが、蘇我入鹿はそれに対して熱心ではなく、そこに軽皇子が公地公民制の改革の構想を持って話を持ちかけたのだという。この改革がなれば天皇が自ら人民を動員しての都の建設が可能になるということで、皇極天皇がこれに乗ったのだという。

 唐突に大化改新が出てきたからどうしたのかと思えば、どうやら新年に大化改新をテーマにした歴史ドラマがあるので、それに連携した宣伝企画だったようだ。どうも昨今のNHKはこの手の内部宣伝企画がやたらに多いのが気になるところ。

 ところで大化改新なのだが、実はこの存在自体に疑問を投げかける説もある。と言うのも番組中でも触れていたように大化改新は日本書紀にしか記述がなく、日本書紀自体がその内容の信憑性にかなり疑問のある部分も多いことから、当時の他の資料などとつき合わせた場合、矛盾も多々あるのだという。そのことから大化改新自体が存在しなかったという説もある。

 それはともかくとして、私個人としては「中臣鎌足首謀説」である。結局はこのクーデターは、権勢を誇っていた蘇我氏と、それをけ落とそうとした策士・中臣鎌足の権力抗争だったように思われるのである。実際、この後の日本は天皇親政と言うよりも藤原氏の時代に最終的には落ちていくわけであり、天皇家はそれに巻き込まれたという考えである。中大兄皇子は単なる旗頭にすぎず、あくまで主導権は中臣鎌足が握っていたのではないか。

 

11/24 その時、歴史が動いた「ニッポンに学べ!タイの"明治維新"〜「王様と私」・ラーマ5世の苦闘〜」

 映画「王様と私」のモデルになったタイ国王・ラーマ4世及び、その息子のラーマ5世の時代はタイにとって独立を維持するための苦闘の期間であったという。ちょうど時期は日本の幕末と重なり、日本とタイの両国はある点で非常に類似した経緯をたどる。

 1855年、欧米列強がアジアに対して領土的野心を露骨に示しながら進出してきた時期である。この時期、日本では幕府が不平等条約を締結させられて、それが幕府滅亡の一因になるが、タイにおいてもやはりラーマ4世がイギリスとの不平等条約を強いられていた。ラーマ4世はイギリスとの不平等条約に甘んじながらも、タイを近代化する必要性を痛感していた。しかし1868年にラーマ4世は64歳で死亡、後をついだのチュラロンコン王子は15歳でラーマ5世として即位する。奇しくもこの時、日本では明治天皇が16歳で権力の座に就いていた。

 見聞を広げるため、イギリスの植民地になっていたアジア各地を訪問したラーマ5世は、イギリスの国力に驚嘆すると共にタイの近代化の必要性を痛感する。これがこの後の彼の政治の基本方針となる。

 成人した彼は、自ら国王としての指導力を発揮して改革に乗り出す。まず国政参議会を設立し、国王中心の集団合議制を敷いた上で、国税改革に乗り出す。当時のタイの徴税システムは、徴税請負人が自ら税率を決めており、国家には税の一部しか入らず、多くは有力貴族に流れていたのである。しかしこれを改革することは当然ながら有力貴族の反発を呼んだ。特に摂政であったシースリヤウォンら側近の抵抗が強く、改革は一時頓挫する。

 しかし彼が30歳の時、改革の追い風となる事態が発生した。抵抗勢力の中心であったシースリヤウォンが死んだのである。彼は当時急激に勃興しつつあった日本を参考に、西洋列強から外国人を雇いい入れて諸制度の改革に乗り出す。その中には日本人の政尾籐吉の存在もあったという。この時、養蚕業や女性教育などが日本から導入されている。またこの腐敗が進行していた仏教も王の権威の元で再編成する。

 しかし欧米列強との関係に問題があった。当時のタイはまだ不平等条約を撤廃できていなかったし、フランスやイギリスが領土的野心を剥き出しにしてタイを侵食しようとしていた。タイはかねてより朝貢国であったラオスをフランスに渡すと共に、さらに西カンボジアも割譲する妥協によってフランスとの問題を解決し、さらにイギリスに対してはスズの産地であったマレー半島を割譲して鉄道の建設資金を求めると共に、不平等条約の改正も行った。こう書くと、タイは一方的に領土を割譲させられたように見えるが、フランスへの領土割譲は移民問題の解決も含んでいたし、イギリスへの領土割譲はイスラム教徒の問題を回避するためであり、タイにとって必ずしも一方的に不利なだけの条件ではなかったようである。

 こうしてかつて領土は縮小したものの、外交交渉によって独立を守りきったラーマ5世は、今日でもチェラロンコン大王としてタイ人に尊敬されているという。日本は富国強兵の道で列強と対抗する方法を選んだが、タイはまた異なる解決法を目指したと言うことだという。

 当時に非常に似た環境にあったタイと日本を対照的に描いた面白い内容である。この当時の欧米の野蛮さはかなりのものであったから(今でもその本質は大して変わってはいないが)、その欧米と対等に渡り合っていくのはかなりの苦労があったであろう。現に弱みを見せてしまった中国はこの時散々に食い物にされてしまっているのであるから、タイにとっても独立を維持するのは至上命題であったろうことは想像に難くない。

 さて結局のところ、タイのやり方と日本のやり方とでどちらが正しかったのは難しかったところだ。両者を比較するなら、日本は脱亜入欧で欧米列強のやり方を真似しようとした結果、最終的には中国に対する進出合戦に乗り出すことになり、その権益が衝突した結果、第二次大戦で国家滅亡の寸前にまで追い込まれてしまう。これに対してタイはあくまでアジア的なやり方で、領土を大幅に失うことにはなったが、欧米とまともに戦争をすることはなしになんとか独立を維持することは出来た。結局のところ、日本にかけていたのはしたたかな外交交渉であって、それは未だに変わっていないようである(アメリカ追従ばかりやっているうちに、世界中で孤立の危機に瀕しているのだがら、つくづく外交がダメな国である我が国は)。

 

11/17 その時、歴史が動いた「サムライ魂でデパートを創れ!〜近代百貨店誕生物語〜」

 以前にあんパンの回で「和魂洋才」という言葉が出てきたが、今回のキーワードは「士魂商才」というものらしい。武士の精神で商いを行う。つまり儲けのみを重視するのではなく、義を重んじるという意味の言葉らしい。今回の主人公である日比翁助が師と仰ぐ福沢諭吉の言葉だそうな。だから今回の内容には企業メセナの走りのようなエピソードも登場する。もっとも「武士の魂で商売を」と言えば、私には「武家の商法」とか「大名商法」という言葉の方がちらついて、あまり良い印象がないのが事実だが(笑)。

 明治時代半ば、急速に近代化が進む日本の中で、未だに立ち後れていたのが商業であった。三井呉服店などでも江戸時代と変わらないような旧態依然とした商売が行われており、大名の没落などで今までの顧客を失った上、貸付金の踏み倒しなどで経営危機に陥っていた。母体の三井家も危機感を感じて人材を送り込んでの改革を行うが、旧来の番頭などの反対で難航していた。ここに送り込まれたのが、氏族出身の銀行員であった日比翁助である。

 彼はそれまでの「座売り」と言われていた奉公人が倉から一つずつ商品を出して客に示す方法を廃し、西洋式の陳列販売を導入することを考える。そのために彼は、従業員による運動会を開催したり、客へのサービスの徹底を指示するなどして、まず風土の改革から乗り出す。そして明治33年、三井呉服店は陳列販売を開始する。

 三井の陳列販売は大評判を呼び、手応えを感じた日比は、呉服店を近代的な新店舗に立て替える案を母体の三井に諮る。しかし当時重工業化が進展する中で、三井は事業を銀行・商社・鉱山に集約することを考えており、日比の提案は否決されたばかりか、呉服店が本体から切り離されることまで通達される。

 三井の本体から切り離されたことで、従業員にも不安が高まり、日比への批判も強くなってくる。そんな中、日比は生き残りのためには近代的なデパートに切り替えるしかないと考える。日比は従業員に対して持ち株制と能力給の導入、純益の3割を賞与に充てるといった待遇改善策を提案した後、デパートの視察のために欧米に出かける。彼はロンドンの老舗デパート・ハロッズに通い、ハロッズの支配人と面談するなどしてデパート経営のノウハウを取得して帰国する。

 明治41年、日比は東京の日本橋に木造3階建ての仮店舗を開店する。仮店舗というものの、今までの呉服店のイメージを一新する斬新な設計(大型ショーウィンドウや吹き抜けを採用していた)などで評判を呼ぶ。また彼は文化事業による社会貢献を目指し、児童博覧会の企画を行い、少年音楽隊を結成するなどの事業に乗り出す。そしてこの児童博覧会も大好評を博す。

 ここで日比はいよいよ鉄筋5階建ての近代的デパートの建設に乗り出す。しかしここで思わぬ非難が生じる。日露戦争後の不況で多くの人があえぐ中でデパート三昧の贅沢を奨励することがけしからんとの批判である。日比はこの思わぬ批判にショックを受け、神経衰弱状態になって現場を離れざるを得なくなる。

 しかし大正2年、不況がさらに深刻化する中、日比は病床の中で第5回児童博覧会を企画する。非難を受けるのではと警戒されたが、予想に反して大好評を博す。不況の中でも人々は娯楽や文化を求めていたのである。これに意を強めた日比は、ついに大正3年、日本初の近代的百貨店を開店する。多くの客が押しかける。日比の理想が実現した瞬間だった。

 日本初のデパート設立物語だが、こうして見てみると「デパートって、そもそもは理念を持っていたのか」と感心することしきり。昨今はデパートの低迷が言われて久しいが、このような理念が消えてしまったことが大きいのではと思う次第である。最近つぶれたそごうの水島会長などを見ていると、とても金儲け以外の理念があったとは思いにくい。単なる物を売るだけの店舗なら、郊外のディスカウントストアに勝てないのも道理である。昨今のデパートにおいては、デパート展なる美術展がたまに行われるところにかつての理念の片鱗がうかがえる程度である。

 さらに娯楽の多様化というのも大きいだろう。映画館が急速に衰えたのと同じである。私が子供の頃などには、日曜日にはデパートで買い物をして、最上階の大食堂で食事をするというのが、子供にとってもうれしいパターンであったのだが、今時の贅沢に慣れた子供はそんなことでは喜びもしないだろう。まさに時代は変わりけりといったところか。

 

11/10 その時、歴史が動いた「秘録・幻の明治新政府〜維新を変えた激動の27日間〜」

 幕府軍と薩長軍が正面から衝突した鳥羽伏見の戦い。この戦いの雌雄を決したのは、薩長軍に錦の御旗が掲げられた時である。自分たちが朝敵となってしまったことに動揺した幕府軍は動揺し、敗走に転じる。しかしこの直前まで、実は徳川慶喜も加わった新政府の構想が進んでいたのだという。

 慶喜も加えた新政府の構想を進めていた中心人物は越前藩主の松平春嶽であった。これに対して大久保利通や西郷隆盛は幕府を完全に排除することを主張しており、両者は激しく対立していた。

 王政復古のクーデター直後、新政府は慶喜の官位の降格と領土の返上を要求し、これに応じるなら慶喜の新政府への参加を認めるとした。その使者として送られたのが松平春嶽であり、彼はこの交渉をまとめて慶喜の政権参加を実現しようとしていた。慶喜自身はこの要求に応じるつもりだったようだが、幕臣連中が猛反対し、御所を取り囲んでいた薩摩軍に攻撃をかけかねない勢いになってしまう。そこで慶喜は一旦軍勢を大阪に引き上げる。

 しかし幕府軍が大阪に引き上げたことで、逆に朝廷内には、体制を整えた幕府軍が再度侵攻してくるのではないかとの恐怖が湧き起こる。この時期に春嶽は、官位を「降格」でなく「辞退」に、領地を「返上」でなく新政府の財源として「提供」することにするという慶喜のメンツが立つ妥協案を強硬派の岩倉具視と間でまとめる。

 春嶽はこの案を新政府案としてまとめるべく、大久保や西郷抜きの会議の席で決定しようとするが、大久保らが働きかけた反幕府派の公家の猛反対によって難航。しかし春嶽は半ば強行にこの案をまとめ、慶喜もこの案を受諾した。こうして慶喜の新政府入りが実現する筈だったのだが、ここで思いがけないことが起こる。

 慶喜がこの案を受諾した前日、江戸で徳川方が薩摩藩邸を砲撃する事件が起こったのだ。これは江戸の治安を乱すことを狙った西郷隆盛が江戸城の二の丸に放火させたのが原因だった。春嶽はこの混乱が京に飛び火する前に交渉をまとめようとするが、間に合わなかった。西郷の挑発に乗った徳川の家臣団が暴発、大阪から京に進軍を始めたのである。激発する家臣の中には「上様を刺してでも進撃する」という者までおり、慶喜にも制止は不可能であった。

 幕府軍と薩長軍は鳥羽伏見で衝突する。しかしこの時点では土佐などは「この戦いは徳川と薩摩の私戦である」として参加しなかった。しかしこの混乱に乗じて、大久保らは画策を開始する。皇族の仁和寺宮を担ぎ出して薩長軍を官軍にしようとしたのである。春嶽は越前軍を両者の間に割り込ませてでも戦をやめさせようと考えるが、時既に遅く、また朝廷工作の点でも大久保らに先んじられてしまうのである。こうして薩長軍に錦の御旗が立つことになったのである。

 非常に目まぐるしい展開である。実は幕府軍はこの後、大阪城に退いて一戦を構えようとするが、総司令官たる慶喜がわずかな側近と共に大阪城から江戸に脱出してしまい、結局は幕府軍は戦わずして総崩れになってしまうのである。未だに解せないところがあると言われている慶喜の敵前逃亡だが、こういう経緯があったのなら慶喜の心境も分からないではない。慶喜としては「俺の気持ちも分からずに、なんでこいつらはこんなに暴走するんだ」との苛立ちぐらいは感じていただろう。家臣の暴発は、慶喜の統制力のなさとも言え、それは家臣達に将来のビジョンを見せられなかった慶喜に責任もあるが、そもそも徳川本家の出身ではない慶喜(一橋家の出身である)としては、権威で家臣を抑えることが出来ないのがなんとも辛いところだったろう。

 なお現代人にはたかが錦の御旗ぐらいでなんでこんなにビビるのかはどうしても理解しがたいところであるが(特に皇室に対して何の特別の価値も感じていない私などは)、当時の武士にとっては錦の御旗とは大義名分そのものであったのだろう・・・と言ったところで、やはり理解しにくくはある。現代ではブッシュのように大義名分なしで大っぴらに侵略戦争を始める大国の指導者がいて、それに我が国の指導者は無条件に追随しているわけであるから。しかし彼らのような恥知らずと違い、メンツに生きていた武士としては、大義名分を失うことは死にも匹敵することであったのだろうと推測するしかないところか。

 それにしても大久保や西郷のしたたかな(と言うか、あからさまに言うと卑怯である)策略に対し、ことごとく乗っかってしまう幕府側の単純馬鹿っぷりと言えば・・・。私はこうなってしまった以上は慶喜も大阪から逃げ出さずに、腹をくくって一戦を構えるしかなかったのではと思っていたのだが、こんなレベルの連中を率いて新政府軍と戦争する気になれなかったのも分からないでもない。正直なところ、今回のエピソードを見ていると、慶喜に同情の気持が少々湧いてきた(笑)。やはり能力主義に近い状況で藩士の中から人材を選抜した薩長と、未だに世襲制が色濃かった幕府側との人材のレベルの差だろうか。

 

11/3 その時、歴史が動いた「義経はなぜ死んだのか〜源頼朝と奥州藤原氏の攻防〜」

 源平の戦いの頃の日本は、西国の平氏、関東の源氏、奥州の藤原氏と3つの勢力に分割されていた。奥州の藤原氏の根拠地・平泉は京都に次ぐ巨大な都市といわれており、奥州は金に恵まれ、良馬を産したことから国力も強く、藤原氏は朝廷に金や馬を献上することで奥州の自治を認めさせていた。義経はこの藤原氏の当主・秀衡に庇護されていた。義経を奥州独立維持のための切り札と考えていた秀衡は、義経が頼朝に呼応して挙兵した際、家臣の佐藤継信、忠信の兄弟を義経に同行させる。

 頼朝の元に馳せ参じた義経。しかし頼朝は義経が藤原氏の家臣を連れてきていたことで警戒する。平氏との戦いの際に藤原氏に背後を突かれることを恐れていた頼朝は、藤原氏と結びついているらしき義経に不信を感じたのである。結局、この不信は後々まで続き、義経が平氏を滅亡に追い込んだ後、佐藤忠信と共に朝廷から官位を受けたことで爆発する。

 義経はなんとか兄の怒りを解こうとするが、それもかなわず、それどころか頼朝から命を狙われるに及んでわずかな家臣と共に京都を落ち延びる。そしてその義経が頼ったのが秀衡である。

 当時の奥州は17万の軍を持っており、鉄に恵まれたことから良質の刀を製造する技術もあり武器も豊富であった。ここに義経の軍事的才能が加われば頼朝とも互角に戦えると考えた秀衡は義経を迎え入れる。

 秀衡に奥州軍を託された義経は、大規模な堀を築いたりして鎌倉軍の襲来に備える。しかしそんな最中、不幸にも秀衡が病に倒れる。死を悟った秀衡は最後の床で息子の泰衡・国衡と義経に対して、三人で協力して頼朝を討つように言い残してこの世を去る。

 義経が奥州にかくまわれていることを知った頼朝は、直ちに奥州を攻めようとするが、義経のついた奥州は戦うには手強すぎると止められる。そこで彼は藤原氏の分断工作を開始する。

 頼朝は朝廷に働きかけて、泰衡討伐の宣旨を願い出る。朝敵となることで奥州自治の根拠を失うことと、日本中の武士を敵に回すことを恐れた泰衡は動揺し、義経を差し出すことを申し出て時間を稼ごうとする。しかし頼朝はさらに朝廷に圧力をかけ、泰衡討伐の宣旨を直ちに出すように働きかける。この事態に秀衡は義経を包囲して攻撃、自らの運命を悟った義経は自刃する。その後、義経の首は鎌倉に届けられたが、頼朝は受け取らず、鎌倉軍はその1ヶ月半後に奥州に攻め入る。義経なき奥州軍は鎌倉軍に敗北、藤原氏は滅亡する。

 義経の悲劇は傑出した人物であった秀衡が死んでしまったことに尽きるようである。秀衡の後を継いだ泰衡はあまりに器量が小さかったということだろう。泰衡は朝敵の言葉に怯えてしまったが、秀衡は頼朝に勝ちさえすればそんな立場はいつでもひっくり返せることが分かっていただろうと思われる。実際のところ、そのつもりだからこそ義経を迎え入れたはずである。彼にしてみれば、このまま鎌倉の圧力を受け続けていればいずれは藤原氏が滅亡するのは時間の問題であると考えていたからこそ、息子達にあくまで頼朝と戦うように言い残したのだろう。しかし残念ながら息子の泰衡はあまりに器量が小さすぎたし、恐らく秀衡の意図さえも理解していなかったと思われる。

 もし秀衡がこの時に死んでいなかったら、義経を戴いた奥州軍と、頼朝率いる鎌倉軍が正面からぶつかることになり、これは容易に勝敗が決することはなかろう。そうして戦が長引くと、西国が動揺し始め、場合によってはそのまま群雄割拠する戦国時代にまで一足飛びに突入という展開もあり得たかもしれない。歴史の「もし」を語ることは詮無きことなどと言うが、しかしこの「もし」というのが実は一番面白いのである。

 

10/27 その時、歴史が動いた「実録・ええじゃないか〜幕末ニッポンを動かした民衆パワー〜」

 幕末に発生した謎の現象である「ええじゃないか」。これはそもそも1867年三河の牟呂村である男が御札を拾ったことがきっかけだという。この時に御札を拾った二人の身内が相次いで死んだことから、神の祟りを恐れての祭りが行われたのだが、その後も村では御札が降り、連日連夜の祭りを続けることになったのだという。やがては他の町にもこの騒動が飛び火し、各地で連日連夜のお祭りが続くことになったという。この祭りでは餅や酒などがふんだんに振る舞われ、それが出来るのは大商人や地主などの金持ちしかいないことから、この頃から御札は金持ちのところに降るようになったという。

 この時点での仕掛け人は恐らく村人などの庶民であったろうと思われるという(つまりただ飯にありつこうという魂胆)。しかしやがてはそれが政治的メッセージを帯び始める。この頃の庶民は助郷などの賦役に不満を感じており、これらの不満がこの騒ぎをきっかけに爆発したのだという。この頃のええじゃないかのお囃子の中に「世直し」という言葉がしきりに登場したという。

 そしてこの頃に徳川慶喜による大政奉還が行われる。しかし当時の朝廷には統治能力はなく、このままだと何の実態も変わらないことを懸念した岩倉具視は、西郷隆盛、大久保利通や坂本龍馬と謀って、薩長軍を京都に引き入れて王政復古のクーデターを起こすことを計画する。倒幕派の怪しい動きに気づいた新撰組などの佐幕派は、岩倉らの行動を阻止しようとするのだが、まさに岩倉らの援軍のようになったのがええじゃないかだったのだという。この頃に京都にも飛び火したええじゃないかで京都市中は混乱。結局幕府側はその警備に忙殺されてしまい、結果としては薩長軍の集結を見逃して、王政復古のクーデターは成功してしまったのだという。

 未だに「誰が何のために仕掛けたのか」という部分に謎が多く、その実態が不明である「ええじゃないか」を扱ったという点が面白いが、結局のところその実態は謎のままであった(笑)。実は倒幕派が仕組んだものだったという仮説でいくのかと思っていたのだが、この番組の内容だと「自然発生」だったという結論のように見える。

 結局この時は民衆は単に踊り狂ったわけであるが、これがフランスなどなら革命につながっているところだが、そうならなかったのは日本人の国民性なのだろうか。もっともこれで政権が転けていたら、インドのガンジーの独立運動と渡り合えるぐらいの「非暴力非服従」運動になっていたところだが(笑)。ちなみに今の政府を見ていると、ええじゃないかと言うより「駄目じゃないか」と踊りたくなるところだ。

 

10/13 その時、歴史が動いた「列国の野望 シベリアを走る〜ロシア革命・ソビエト成立まで混迷の5年〜」

 レーニンによるロシア革命が1917年、そしてソビエト連邦が成立したのは1922年、実はこの間に5年間の月日がある。帝政ロシアを倒すことには成功したレーニンだが、実はソビエトはすんなり成立したわけではなく、その間には列強の介入や帝政ロシア再興を目指す連中との対立があった。その時代のエピソードである。

 今回のエピソードの主役の一人になるのがアレクサンドル・コルチャークという一般には知名度が0に等しい人物である(実は私もこの人物の名前は聞いたことがない)。ロシアの帝政が倒れたのは1917年だった。第一次世界大戦に参戦して2年が過ぎたこの年、相次ぐ兵員の損耗などで負担に耐えかねた民衆と、軍の一部が帝政打倒に立ち上がり、ニコライ2世は退位しロマノフ王朝は終焉する。この時、黒海艦隊司令長官であったコルチャークは民衆側に立った下級兵士によって艦隊を乗っ取られ、追放されるという屈辱的な体験をしている。

 帝政の打倒には成功したレーニンであるが、ロシアの統一は出来ていなかった。ロシアでは旧帝政派や民族派などの30以上の政権が乱立して割拠する混乱状態になっていた。一方、コルチャークはイギリスと接触していた。コルチャークを通してロシアの権益を得たいと考えたイギリスは彼の利用価値を認める。

 レーニンはドイツとの講和に動いていた。このことはイギリス・フランスにとって好ましくないことであった。両国は日本にも働きかけ、レーニンの革命政権に圧力をかけることを考える。一方、コルチャークをハルビンのセミョーノフの反革命政権に軍事大臣として送り込んでいた。シベリア独立を目指していたセミョーノフは裏で日本の支援も受けていた。日本はシベリアに傀儡政権を建てることでロシアの権益の確保を目指していた。やがてコルチャークはセミョーノフと考え方の違いで衝突、日本軍よって追放される。

 一方のレーニンも危機に瀕していた。第一次世界大戦で帝政ロシア側についたチェコスロバギア軍がレーニンと関係の悪化でロシアから脱出する。この時、チェコ軍は革命からロマノフ王朝の金塊500トンを奪い取っていた。そして列強はチェコ軍救援を名目にしてロシアへの出兵を行う。日本も1万2千人の軍勢をウラジオストクに派遣する。この時、ロシアに派兵したのは10カ国以上になる。その中にはイギリスの支援を受けたコルチャークも存在していた。

 やがて第一次大戦は集結するが、ロシアに対する列強の進駐は続いていた。終戦より一週間後、オムスクにイギリスの支援を受けた旧帝政派が新たな政権を樹立する。その最高統裁官に就任したのがコルチャークであった。彼はここでレーニン政権への勝利を目標に掲げる。コルチャークはイギリスやチェコ軍と連携し、軍備を整える。またコルチャークの手元にはチェコ軍が入手した500トンの金塊もあった。コルチャークは各地の反革命派と連携してモスクワに進撃をする。しかしここでレーニンは徴兵制を敷いて軍備を強化、大幅に増強された革命軍の前にコルチャーク軍は敗北する。さらにイギリスも撤退を決意、残留した日本軍も補給線であるシベリア鉄道に対する破壊工作などで苦戦を強いられ、奇襲によって一個大体が全滅するなどの被害を受ける。

 このような戦いを仕掛けたのは革命政権のゲリラ兵であり、彼らは農民と区別がつかないため、日本軍は疑わしい集落を焼き討ちするなどの無差別攻撃に出る(後に中国戦でも繰り返された日本軍のお家芸である。このような蛮行が結果として現地民の反感を招くことになる。ちなみに今のイラクでのアメリカ軍の事情も似たようなものである。)。

 敗北したコルチャークはオムスクからシベリア鉄道によって脱出を図るが、シベリア鉄道に対する破壊工作でこの逃避行は遅々として進まず、ついにイルクーツク手前の駅で包囲され、囚われる。そして裁判にかけられた彼は反革命行為で処刑される。

 一方、コルチャークが持ち出された金塊の大半が行方不明になったという(これが後の黄金伝説の原因になっているのだろう)。しかしそのうちの7トンはセミョーノフによって日本に運ばれたという。その後、紆余曲折があったが日本軍もロシアから撤退、レーニンはソビエト連邦を樹立する。

 非常に動きが目まぐるしいため、ボーっと見ているだけでは流れが把握できなくて大変である。コルチャークが主人公と言っていた割りには、彼は脇でウロチョロしていただけで(笑)、しかも途中退場してしまう。何やら時代に乗り遅れた挙げ句に、大国の思惑で翻弄された者の悲しさだけが彼のエピソードには残る。彼の名前が歴史に残っていないのはある意味必然だろう。彼は歴史を動かす側でなく、その動きを止めようとして失敗した側にいるわけだから。

 

10/6 その時、歴史が動いた「グッドバイちょんまげ〜明治日本文明開化騒動記〜」

 明治の日本では幕府が締結した不平等条約の改正が課題となっていた。しかし文明化=文明化と考える欧米にとって、日本のちょんまげは当時の清の弁髪と同様に珍妙で未開の風習の象徴のように考えていた。この状況を見た木戸孝允は日本の風習の変更が必要と考え断髪を勧めようとするが、岩倉具視を始めとする宮中の公家などの強烈な反対を受ける。

 木戸はせめて政府機関からだけでも断髪を進めようとするが、その結果はちょんまげを禁止した造幣局では、当時では破格の給料を与えていたにもかかわらず就職希望者が激減するという事実であった。そこで木戸は断髪の法制化という強硬手段に出る。明治4年に散髪脱刀勝手令が発布される。しかしこれが全国に思いがけない騒ぎを巻き起こす。断髪した夫を不気味がって離婚する断髪離婚の増加や、村人に村長が断髪を強制したことで怒った村人が蜂起し、村長宅が焼き討ちを受けた上に一揆にまでつながるというような事件が発生、全国が極めて不穏な空気になる。

 当時のちょんまげは単なるヘアースタイルの問題ではなかった。まげは身分や地方によって細分されており、日本の文化やステイタスの象徴でもあったのである。それだけに世間の反発も大きかった。木戸は断髪を徹底するために明治天皇に髷を落として貰うことも考えるが、宮中の女官達は皇室の西洋化には頑強に反対しており、そんなことを始められるような状況ではなかった。

 そんな中、明治4年末に不平等条約改正のための使節がアメリカに送られる。全権大使は岩倉具視、木戸は副使であった。大半の使節が洋装の中、ちょんまげに固執していた岩倉具視はちょんまげに和装という出で立ちだった。

 初めて見た西洋文明に目を丸くする岩倉らは、各地で熱烈な歓迎を受けることで気をよくし、交渉の前によい手応えを感じていた。しかしアメリカに留学させていた息子達とあった岩倉は、彼らから愕然とする話を聞かされる。それは岩倉の和装がアメリカ人には珍妙な見せ物のようにおもしろがられているだけで、彼らは日本人を軽蔑しているというものであった。アメリカ人の偏見を目の当たりに知らされた岩倉は、この時に髷を落とすことを決意する。

 結局交渉は決裂する。この時にアメリカは日本を対等の交渉相手とは見なしていないことがはっきりし、岩倉も日本の改革の必要性を痛感する。そして宮中でも改革が行われ、ついに明治6年3月20日に明治天皇が断髪、それを見た庶民の間でも急激に断髪が普及していく。

 現代人の我々にとっては非常に馬鹿らしい騒ぎに見えるが、ゲストの黒鉄ヒロシ氏が言っていた「この時はこれしか仕方なかった」というのがその通りであろう。当時の明治政府は断髪のみならず、鹿鳴館に見られるように形から入っていくという馬鹿げた政策を多くとっているが、それは内に対しての日本は変革しているんだというPRと同時に、外に対するPRでもあったわけだ。当時の欧米は文明化=欧米化という非常におごった考えを持っているので(今でもその本質はあまり変わっていないが)、形だけでも西洋化しないことにはまともに相手にさえもされなかったというのが事実である。要は偏見剥き出しの欧米人が馬鹿なのであるが、馬鹿に対処するにはこちらも馬鹿にならないといけないことがあるという外交の事実である。もっとも馬鹿は欧米人だけでなく、現代の日本人にしても、例えばアフリカなどの変わった風習を紹介する番組などには露骨な軽蔑のまなざしが入っていることが多い。自分の方が立場が上だと思っている者は、相手が自分と異なるというだけで軽蔑の対象にしがちである。これは大は国家間の対立から、小はいじめにまでつながる人間の浅ましい心理である。相手を自分と対等の人間として捉えていたら、決してこうはならないはずなのだが。

 なお黒鉄ヒロシ氏は「今でも例えば我々よりも数段進んだ宇宙人などが現れたら、まずそのスタイルから真似をしようとするなどということが起こるのでは」などと言っているが、これも慧眼だろう。確かにアフロ星人が襲来したら、地球人はみんなアフロになりそうである(笑)。その時の外交使節団はみんなアフロヘアでアフロ軍曹でも踊るんだろうか・・・失礼、これはネタがズレすぎた(笑)。

 

9/22 その時、歴史が動いた「焼け跡にゾウがやってきた〜海を越えた日本の子供たちの夢〜」

 今回は戦後の心温まるエピソードである。もっとも歴史の本筋には関係がない(笑)。

 

 プロジェクトR「子供たちの夢、ゾウよ再び〜上野動物園のゾウ復活 執念の総力戦〜」

 第二次世界大戦、多くの国民が犠牲になったが、犠牲は人間だけではなかった。上野動物園では動物たちは殺され、ゾウがいない動物園となってしまった。戦後、子供たちが声を上げた「ゾウが欲しい」。しかし当時の日本は国民の食料さえも事欠き、ゾウを輸入する外貨も全くなかった。その時、一人の商社マンが立ち上がった。「戦争でゾウを奪った大人達がなんとかしてやらないと」。彼の行動はやがて全国を巻き込み、インドのネルー首相をも動かした。これは子供たちと彼らを思う大人達の心温まる物語である。(ナレーション 田口トモロヲ)

♪風の中のスーバール

膳場「プロジェクトR〜挑戦者たち 今夜は戦争でゾウがいなくなった上野動物園に、再びゾウを呼ぶために奮闘した子供たちと大人の物語です。」

国井「見てください、膳場さん、これが戦後に上野動物園にやってきたゾウのインディラの写真です。」

膳場「うわっ、さすがに大きいですね。これだけ大きいと輸送も大変でしょうね。」

国井「そうなんです。それにこの頃は国民さえも飢えに苦しんでいた時代ですし、輸入をするにも外貨は全くない。ゾウを連れてくると言っても簡単なことではなかったんです。」

膳場「物語は戦争直後に遡ります。」

 

 昭和20年、日本中に多くの爪跡を残して太平洋戦争が終結した。そしてその爪跡はここ上野動物園にもはっきりと残っていた。戦争中、上野動物園では多くの猛獣たちが軍の命令によって殺された。トラ、ライオンなど27頭もの動物が犠牲になった。3頭いたゾウは餓死させられることが決定された。彼らは1ヶ月間餌を与えられず、やせ細って死んだ。

 戦後、GHQの指示により、日本に民主主義を浸透させるために各地で子供議会が開催された。その中の一つ、台東区子供議会で一つの手紙が紹介された。それは「昔見たゾウのことを忘れてしまっている妹に、本当のゾウを見せてやりたい」と10才の少年が上野動物園の園長に送った手紙だった。彼はゾウを買うためにと貰ったばかりの自分の小遣いを上野動物園に送ったのだ。子供議会のメンバーは、2頭のゾウが生き残っている名古屋の東山動物園に、ゾウを一頭貸して貰うように頼みに行くことを決定した。その大任を負って名古屋に出向くこととなったのは、議長の大畑敏樹と副議長の厚田尚子だった。

 名古屋に着いた彼らは、東山動物園園長の北王英一に面会し、ゾウを一頭貸してくれるように頼み込んだ。しかし彼らの願いを聞いた北王の表情が曇った。実は東山動物園のゾウは戦争中の栄養状態の悪さのために健康を害しており、とても東京までの輸送に耐えなかった。北王は彼らの願いを聞き入れることは出来なかった。彼は返事をする代わりに二人を黙ってゾウ舎に連れて行った。飼育係が二頭のゾウを引き離し、檻を閉めた時だった。突然に二頭のゾウが互いに泣き始めた。「この二頭を引き離すわけにはいかない」二人はそう悟るしかなかった。

厚田「二頭の様子を見て、これは駄目かなと自分では納得したんです。でもなんとか方法はないかなと感じたんですが」

 諦めきれなかった二人は、名古屋市長の塚本三にも陳情した。訴えているうちに感極まった厚田の頬に涙が流れた。しかし市長の塚本にもこればかりはどうすることも出来なかった。二人は失意のまま東京に帰るしかなかった。

 

膳場「今日はゲストとして、当時名古屋に陳情に行かれた厚田さんが来られています。」

厚田「こんにちは。」

国井「わざわざ名古屋まで行ってこられたんですね。」

厚田「そうです。みんなの期待を背負って責任重大だという緊張感がありました。」

国井「しかしゾウを借りる話はだめだったんですね。」

厚田「ええ、あの二頭の姿を見ると、とても彼らを引き離すなんてことは出来ないのは感じずにはいられませんでした。しかしやはり諦めきれなかったんですね。」

国井「で、市長の下に陳情に。厚田さんはあの時、涙まで流されたんですね。」

厚田「ええ、想いがこみ上げて来てしまって・・・・。」

膳場「こうして暗礁に乗り上げたプロジェクトですが、ここから思わぬ展開が起こります。」

 

 ゾウを借りることが不可能になった台東区子供議会は、大胆な決定をした。ゾウの輸入を国会に訴えることにしたのである。彼らは地元選出の参議院議員宿谷榮一の元に請願書を持参した。しかし当時の日本は困窮しており、国会では財政立て直しのための公務員の大量解雇の計画で侃々諤々の騒動になっていた。宿谷は子供たちの誓願の扱いに困り、参議院議長の松平恒雄に相談を持ちかけた。松平は考え込んだ。その時、松平の頭に日本国憲法の条文が浮かんだ。日本国憲法は基本的人権の考えに則り、国民の請願権を認めていた。彼は言った「子供も大人でも基本的人権は同じである。受理しよう。」こうして国会史上初めて、子供の請願が受理された。

 しかし当時の吉田内閣は、子供たちの請願を実現することは出来なかった。子供たちのためにゾウを買ってやるにも外貨が全くなかった。これが当時の日本の現実だった。

 しかしこの子供たちの請願は新聞で大々的に報道された。そしてこれが思わぬところで事態を動かすこととなった。

 それは東京商社での雑談から始まった。社員の江森盛久と商談していたインドの貿易省のニョギから、ゾウについての話題が出た「日本の動物園にはゾウがいないそうですね」。江森は戦争でゾウがなくなったいきさつをニョギに語った。その時、ニョギから思いがけない言葉が出た「私からインドのネルー首相にゾウの寄贈を頼んでみましょうか」。ニョギの叔父は地方州の商工大臣でネルー首相とも面識があった。もしかしたら彼がネルー首相との橋渡しを出来るかもしれないというのだった。それを聞いた江森、絶対にこの話を雑談で終わらせたくないと考えた。江森は急遽友人の新聞記者に連絡した。この件は直ちに新聞に載った。新聞記事には書いてあった「子供たちがネルー首相に手紙を書けばゾウを送ってもらえるかもしれない」。この記事を呼んだ全国の子供たちから新聞社に続々と手紙が送られてきた。その手紙は1週間で1500通も集まった。ニョギはこの手紙を受け取り、ゾウを送ってもらえるように力を尽くすと約束してインドに帰った。

 しかしゾウはとても高価な動物、しかも当時のインドも戦後の混乱の最中であった。大人達は本当にゾウを送ってもらえるとは思っていなかった。当時新聞社で子供たちの手紙を集めた志村武夫。絶対に無理だと思っていた。

志村「ゾウみたいに高い動物が絵を描いただけで来るなんて誰も考えてなかった。何十年かかるか分からない話だった。」

 ニョキが帰国してから3週間が経過した。「やはり駄目なのか」諦めかけたその時だった。ニョギから朗報が入った「インド政府がゾウを寄贈することを検討している」。だが問題があった。輸送費は日本が負担する必要があった。しかし当時の日本にはそんな予算はなかった。さらにGHQがゾウの輸入に反対していた。プロジェクトは再び暗礁に乗り上げた。

 

膳場「もう一人のゲストにお越し頂いております。ゾウを寄贈して貰うために奔走した江森盛久さんです。」

江森「こんにちは。」

国井「発端はほんの雑談だったわけですか。」

江森「そうです。雑談の中で、ニョギ氏の方からネルー首相に頼んでみるということになって、これは絶対に実現しようと。」

国井「そして1500通もの手紙が集まったんですよね。」

江森「これだけ日本中の子供たちが願っているんですから、引き下がるわけにはいかなくなりましたね。大人がゾウを奪ったわけですから、やはり大人がなんとかしてやらないといけないと」

国井「しかし問題が、しかもGHQまでもが反対したんですね。」

江森「あの当時のGHQは絶対でしたからね。しかしそれで負けているわけにはいかない。」

膳場「難関に直面したプロジェクトですが、突破口を見つけます。」

 

 この時に立ち上がったのが江森だった。「戦争でゾウを奪った大人達がなんとかしなければ」。彼は上野動物園園長の古賀忠道と共にGHQに出向いて、ゾウの輸入を許可するよう訴えた。しかしGHQは言った「食料不足の下で大量の食料が必要なゾウを持ってくるなどもってのほかだ」。これに対して江森は答えた「ゾウの餌は草やワラであり人間と競合はしない」。しかし輸送手段をどうするのかと聞かれて返事に窮した。彼は心当たりを片っ端から当たった。そしてようやく無償でインドからゾウを運搬してくれる貨物船を手配することができた。「子供たちのためにゾウを輸入させて欲しい」。ついにGHQの許可が下りた。「インドからゾウをもらい受けることが出来たら、こんどこそ日本人は平和な国家を築かないといけない。戦争によってゾウを餓死させるようなことは二度とあってはならいない」江森は心に誓った。

 昭和24年9月23日、ついにインドからゾウのインディラが到着した。ネルーは日本に送るゾウに自らの愛娘の名前をつけていた。ネルーはインディラに平和のための使節としての思いをのせていた。

 9月25日インディラのお披露目の日が来た。上野動物園には開園前から行列が出来た。その日、8万5千人もの入場者を記録した。その中にはあの台東区子供議会の子供たちの姿もあった。

 

厚田「・・・・」

江森「・・・・」

国井「GHQを説得するには相当のご苦労がありましたね。」

江森「やはり一番の問題は輸送のことでした。考えられる限りのツテを当たって、インド初の貨物船を見つけた時には、これはやったーって感じでしたね。」

国井「インディラを初めて見られた時はどうでしたか。」

厚田「ああ、やっとゾウが来たんだって。感無量でしたね。」

膳場「インディラのその後の物語です。」

 

 上野動物園にやって来たインディラは、全国達の子供の「ゾウを見たい」という要望で、移動動物園で全国を回ることになった。初めて見るゾウの姿に子供たちは目を丸くし、インディラの周りには常に子供たちの笑顔があった。

 昭和58年8月11日、戦後の子供たちに勇気を与えたインディラは亡くなった。今は上野動物園の慰霊碑で眠っている。

♪ヘッドラーイト、テールラーイト

プロジェクトR 終

 

 実に感動的な物語である。しかし戦後のネタであるし、無名の人々の活躍が中心であるし、この番組よりもどちらかと言えば「プロジェクトX」向きのネタであるような気がしてならない。以前より私はたびたび「この番組のスタッフはプロジェクトXを作りたくて仕方がないのではないか」と感じることがあったが、今回なんかももろにそんな気配が濃厚に漂っている。

 というわけで、今回も悪のり企画のプロジェクトRという塩梅です。だって番組冒頭から「プロジェクトXをやりたい」ってオーラが漂ってるんですから。今回のOPなんて、少しカットのテンポを上げてBGMを「地上の星」にしたら、そのまんまプロジェクトXですから(笑)。だけどこの企画、はっきり言って滅茶苦茶大変ですから(書き込み量は通常時の倍以上ありますね。所要時間も倍以上)、次は番組の方でやってください(笑)。

 しかしつくづく感じるのは、この時代の日本には民主主義の理念のようなものが濃厚に漂っていたということ。GHQがそれを推進したというのは当然あるでしょうが、長い戦争に対する真摯な反省というものもあったのでしょう。それに比べれば今の日本は、民主主義を守るべき政治家連中自身が民主主義を軽んじているのは腹立たしい限りです。中には「アメリカに押しつけられた」などと妄言を吐いている馬鹿までいる始末。それに国民の方もあまりに民主主義を当たり前に思いすぎて、それを守るべき努力を怠っているようです。このままだといつの間にやら民主主義が破壊されて、またもや戦時の総動員態勢に逆戻りということにされかねないことを懸念します。いつの時代も戦争で良い思いをする連中がごく一部におり、そう言う連中の発言力がもっとも強いですから。そう言う連中が私益を図ると、国民が塗炭の苦しみを舐めるわけです。再び動物たちを殺さないといけないような馬鹿な時代は絶対に来させてはならないところです。

 

9/15 その時、歴史が動いた「悲劇の英雄"アラビアのロレンス"の真実」

 アラブの英雄として映画の主人公にもなったロレンスであるが、彼は実在の人物である。

 第一次大戦の時代、イギリスはスエズ運河の権益を巡って、ドイツ側についたオスマン帝国と対立していた。イギリスはオスマン帝国の後方にあたるアラブ人の叛乱を煽動することで、オスマン帝国を脅かすことを計画、考古学者でアラブについて詳しいトマス・エドワード・ロレンスを工作員として送り込む。さらにメッカ太守のフセイン・イブン・アリーに対し、アラブ独立国家の建設を支援すると持ちかけて、彼のオスマン帝国への叛乱を呼びかける。

 フセインはアラブ諸部族と共に叛乱を起こし、メッカ周辺を押さえるがオスマン帝国は直ちに反撃、部族間の結束が弱く装備にも劣るアラブ軍は窮地に追い込まれる。その時にアラブに送り込まれたロレンスは、フセインの三男、ファイサル・イブン・フセインに目を付ける。ヨーロッパの学問を修め、政治家の資質もあったファイサルがリーダーにふさわしいと考えたロレンスは、彼の軍事顧問として行動を共にする。

 ロレンスはオスマン軍の補給路となっていたヒジャーズ鉄道の破壊作戦を実行する。80回にも及ぶ奇襲で補給路を断たれたオスマン軍は大混乱し、アラブ軍にはベドウィンを中心とする志願兵が集まる。彼らはアラブの自由のために集まっていたのだ。彼らと寝食を共にして戦い続けたロレンスの中に、アラブ人に対する共感が生まれてくる。当初はイギリスの工作員としてイギリスの国益のために活動していたロレンスであるが、だんだんとアラブ人の側に視点が移っていったのである。

 ロレンスは難攻不落のアカバ要塞に対し、大規模なラクダ部隊を率いて砂漠を横断しての背後から奇襲をしかけ、要塞を落とすことに成功する。

 しかし1917年、ロシア革命の発生によってロシアの外交文書が公開されたことで、サイクス・ピコ協定という英仏露によるオスマン帝国の領土の分割のための秘密協定が暴露される。この協定ではロシアの南下、英仏によるアラブの分割が約束されていた。さらにイギリスはバルフォア宣言でパレスチナにおけるユダヤ国家の建設も約束していた。イギリスはこの地域に対して、何重もの相矛盾する約束を交わしていたのである。これはロレンスに大きなジレンマをもたらす。しかしそれとは対照的に、ロレンスは戦争宣伝として「砂漠の英雄」として祭り上げられていく。

 その後、アラブ軍はイギリス軍と合同でダマスカスの攻略を計画、ロレンスはイギリス軍に先んじてダマスカスを制圧することで、アラブによる暫定政権の確立を目指す。砂漠を横切って攻略を行ったアラブ軍は、イギリス軍よりも先にダマスカスを制圧することに成功する。

 1919年、パリで講和会議が実施される。ロレンスはファイサルと共にアラブの代表として会議に臨み、アラブの独立を要求する。これに対して、英仏はそれを支持する声明を発表、彼らの目的は達したように思われた。しかしその一ヶ月後、アラブをイギリスとフランスの委任統治領とすることを定める外交機密文書が作成されていた。モスルで油田が発見されたことで、イギリスはフランスを抱き込んでアラブを支配することを狙ったのである。ロレンスはかれを阻止するために、イギリスの外交機密文書を暴露するなどの抵抗をしたが、イタリアでのサンレモ会議によってアラブの委任統治案が締結される。もっとも皮肉なことは、ロレンスの活躍を伝える記録映画が、イギリスのアラブに対する指導力の宣伝に使用され、イギリスによるアラブの委任統治を支持する世論を形成することにつながったことだった。ロレンスの夢は石油資源の独占を目指すイギリスの野望によって費える。その後、フランス軍は武力でダマスカスを制圧、ファイサルを追放する。

 自らの思いに反して、汚い政治家どもによってその反対側の目的に使われてしまったという、歴史の英雄の悲劇である。この番組中で伝えられている彼の心の変遷は、彼が残した文書で確認されているようである。今に残されている彼に対しての印象は「繊細で神経質な部分がある人物」とのことであるが、多分彼の根っこの部分はかなり純粋な若者だったのだろうと考えられる。だから当初は国のために軍を志願し、アラブ人と共に暮らすうちに彼らの立場に共感するという経緯をたどったのだと思われる。

 当時、植民地主義が曲がり角を迎え、落日に向かいつつあったイギリスは、かなり露骨な領土的野心を示していたようである。また第一次大戦による戦費の負担が莫大なものとなり、イギリスの経済が事実上破綻していたこともそれに拍車をかけたことは容易に推測できる。綺麗事を言っている余裕などなかったイギリスにとしては、ロレンスの提案など一顧だにしなかったのだろう。この辺りの事情は、現在落日に向かいつつあると思われる大国アメリカが、国際世論を全く無視してイラクに対して露骨な侵略戦争を行った事情と類似するところもある。古来より往々にして、落日に向かいつつある大国のそれを妨げようとする悪あがきは、周囲の国にとんでもない不幸をもたらすことが多いのである。アメリカの近くにいすぎる日本は、その点を注意しておく必要がある。

 結局はこの頃からの問題が、今日の中東問題につながっているわけである。これがヨーロッパが中東に対して原罪を負っていると言われる所以のところである。だからこそこの地域の問題には、日本のような原罪と無関係な国が乗り出すことが期待されているのだが・・・この国の政治家にそれを望むことはとうてい無理なようであるのが悲しい。

 

9/8 その時、歴史が動いた「信長と道三〜改革者を生んだ非情の絆〜」

 どうしてもネタが限られる都合上まんねりになりがちな中で、いかに新味を出そうかと苦戦しているこの番組だが、今回は信長と道三の関わりを中心に紹介するとのこと。戦国時代の改革者として知られている信長であるが、実は彼の改革は道三のものを参考にしているのだとことである。

 そもそも信長と道三は、信長が道三の娘である濃姫と結婚していたことから、道三は信長の舅にあたる。信長は若い頃から「うつけ」と言われ軽んじられていたが、結婚から4年後、父の信秀が急死して信長が跡を継ぐことになる。それから間もなく、道三から信長に対して婿と舅として会わないかとの話が来る。あらゆる手練手管で美濃一国を手に入れた道三の誘いだけに、もしかしたら謀殺もあり得るのではないかと家臣達が警戒する中、信長は道三と面会に出向く。ちなみに信長の部隊は長槍(普通の槍よりもはるかに長い)と鉄砲を使うことを特徴にしていたが、そもそもこの構成は道三が編み出したものだという。信長はそれをさらに拡張したわけである。そして彼はこの部隊を引き連れ、道三との面会に赴く。信長と面会した道三は、信長の器量が並々ならぬことを一瞬で見抜いたという。彼は「いずれ自分の息子達は、あの信長の家臣になるだろう」と語ったという。

 その後、尾張に今川軍が侵攻するという事態が発生。信長は道三に救援を仰ぎ、道三は家臣の安藤守就を派遣する。信長は安藤守就に居城の守備を任せると(もし裏切られると本城を失くすわけだから実に大胆である)、自ら前線に出向いて今川軍を蹴散らす。帰国した安藤守就から報告を聞いた道三は、信長は敵に回すと恐るべき男になると語ったという。

 しかし道三と信長の関係は思いがけない形で終わりを告げる。以前より道三から「器量不足」と言われていた息子の義竜が、道三に始末されることを恐れて道三に反感を持つ勢力と結んで道三を攻めたのである。信長は直ちに救援に出向くが、彼が駆けつける前に道三は「美濃を信長に任せる」という遺書を残して死ぬ。

 道三の死後の信長には、身内の叛乱や今川軍の再度の侵攻などの困難が降りかかるが、敵の虚をついて勝利を収めた道三の戦いを参考にした桶狭間の奇襲で勝利する。

 尾張を固めた信長は、美濃攻略に乗り出す。しかし美濃の領主達の結束した抵抗で信長は苦戦する。そこで信長は美濃の領主の結束を崩すため、小牧山に新しい城を造ると共に、そこに道三のやり方を参考にした城下町を建造する。こうして経済力を見せつけた信長は、秀吉に美濃の領主達の切り崩しを行わせる。信長は寝返りそうな領主には金を与えるなどの方法で、東美濃のほとんどの領主を寝返らせる。

 この頃、美濃では義竜が急死し、その子の竜興が跡を継いだが、14才で国主となった竜興は遊興にふけるばかりで、国の将来を案じた安藤守就ら美濃三人衆は信長への寝返りを決断する。こうして竜興は完全に孤立、ついに信長に降伏、信長は美濃を手に入れる。信長はこの時から天下布武の印を用い始める。信長が天下統一に乗り出した時であった。

 信長は独創的な人物であったが、それがすべて彼個人からのみ発していると考えるのは無理があろう。道三に限らず手本に出来るものは手本にしたと考えるのが正解であろう。なお道三と信長の関係だが、これはまさに戦国らしく互いに利用してやろうという魂胆が見え見えの政略的なものであるが、その一方で道三が信長の器量に惚れ込んでおり、本気で自分の後継者に考えていた節もあるという。結局彼は自分の息子に命を奪われるのだが、その息子の器量については非常に低い評価をしていたらしいので、信長の登場で義竜はさらに追い込まれたという側面もあったろう。

 信長は「実力主義」を徹底させた人物なので、尾張の国主を先祖から引き継いだ父・信秀よりも、実力で一から身を起こした道三の方が参考になったのは確かであろう。もしくは道三の存在を間近で見ていたことが、信長を徹底した実力主義者にしたという可能性も確かにあり得なくはない。

 ただ、こういう上司の下では部下は息をつく暇もなくなるということになりがちである。うまい上司はそこのところを適度にバランスを取り、時には部下が気を抜けるように取りはからうのだが、信長に決定的に欠けていたのはそういう配慮だった(信長はこれまた究極のエゴイストでもあったから)。結局はそれが最終的に彼の命取りになるのだが・・・。

 

9/1 その時、歴史が動いた「武田信玄 地を拓き水を治める〜戦国時代制覇への夢〜」

 武田信玄と言えば戦国最強の武将として知られており、信長をも震撼させた上洛の行動や、謙信との川中島の戦いなどがよく登場するが、それでは月並みだと考えたのか、今回は信玄が上洛を開始するまでの間の内政を中心として紹介している。

 信玄が国主になるまでの父・信虎の時代、甲斐は小領主が分立している状態の貧しい国だった。信虎はそれを力で押さえようとしたが成功せず、むしろ家臣の心は離れていくだけだった。そのような中、信玄は半ば家臣に押されるような形で信虎を国外に追放して、国主となる。

 若くして国主となった信玄は、隣国信濃に進行する。そして獲得した領地を家臣に与え、甲斐を一枚岩にしていく。

 また国力増強には新田開発が不可欠であった。そのために必要だったのが釜無川などの河川の治水である。信玄は、それまで各豪族がその場その場で行っていた治水を、中央が統制した大規模なものに切り替える。信玄は家臣の石高に応じて堤防建設の長さを決め、作業を割り当てる。工事は釜無川と6カ所で交わっていた御勅使川の流れを整理し、合流点を2カ所にすることで洪水を防ぐというものである。その時に大規模な石組みの堤防が築かれている。また堤防を守るために聖牛と呼ばれる石と木材を組み合わせた装置なども導入している。さらに堤防の保守のため、税を優遇することによって堤防近くに人を住ませる移住なども行っている。

 また信玄の軍事行動を支えたのは甲州金と呼ばれる甲斐独自の金貨である。これらの金を産した金山は金山衆と呼ばれる独自の技術者集団が押さえていた。このような金山衆に対して信玄は、彼等を保護する代わりに産出した金の4割だけを納めさせるようにして配下に加えたのである(共存共栄の思想である)。こうして信玄の配下になった金山衆は、合戦時においても地下のトンネルから敵の城の井戸の水抜きをしたり、城壁を崩したりなどの工兵としての働きもしている。

 こうして着々と国内の整備を行い、国力を盤石のものとした上で、信玄はいよいよ上洛に乗り出す。番組ではここからの部分に最後を費やしているが、この部分は今まで何度も放送したものの総集編の雰囲気であり、あまり新しい内容がない。知られているように、上洛を行った信玄は三方原で家康を散々に打ち破るが、上洛の途上で病に倒れ、自らの死を3年間秘するように言い残してこの世を去るのである。

 内政に重点をおいた紹介ということで、番組としては極めて地味な内容。しかし武田信玄を理解するためには、彼が有能な政治家であった部分を忘れるわけにはいかないので、これは歴史を語る上で押さえておく必要がある内容である。とはいうものの、ネタ的にはかなりしんどくなってきている印象を受ける。

 

8/18 その時、歴史が動いた「奇跡の銀メダル人見絹枝〜日本女子初メダル獲得の時〜」

 まずいきなりであるが、録画に失敗してしまった。時間が変更になっていることを知らなかったので、見事に冒頭の15分が欠損である。録画を再生してみると、既に人見絹枝はアムステルダムに行ってしまっていた(笑)。

 そしてアムステルダムオリンピックに参加した人見絹枝であるが、彼女は当時100mの世界記録保持者だったのだが、本番ではプレッシャーに負けてしまい、準決勝で惨敗してしまう。

 このままでは日本に帰られない(この辺りに現代と違う悲壮感があるのだが)と考える彼女は、今まで走ったことのない800メートル走に出ることを決意する。そしてこの競技で銀メダルを獲得して日本に凱旋する。

 要約すると30分が数行になってしまった(笑)。しかし実際に内容的にはこれだけしかなかった。

 彼女はその後、日本女子スポーツの先駆者として各地で公演などの活動を行ったそうだが、3年後、ロサンゼルスオリンピックに向けての女子選手団の結成を目指していた最中、過労から来る肺炎で24才で亡くなってしまう。過労が原因というところに何やら嫌なものを感じるのだが、この「若くして死んだ」というのも、彼女の物語が伝説になる一因であるのは事実だろう。

 人見絹枝の名前ぐらいは私も聞いたことがあったが、短距離の選手が800メートルでメダルを取ったということまでは、恥ずかしながら全く知らなかった。今では信じられない話だが、当時はまだ女子選手層も薄く、今ほどに各競技に特化した選手が揃っていたわけではないという事情はあるだろう。ただそれを差し引いて考えたところで、彼女の快挙がとんでもない偉業であるのは間違いないが。

 それにしても彼女には日の丸を背負った悲壮感がどうしても漂っている。現在の選手は、そこまで国を意識する必要がないのは、スポーツとしては正しいことであり、喜ばしいことである。

 

7/21 その時、歴史が動いた「世界遺産 熊野の森を守れ〜南方熊楠・日本初の自然保護運動〜」

 今回はタイトルからしてまるでプロジェクトXのようであるが、実際に中身もプロジェクトXである。時代が明治・大正でなければ、間違いなくプロジェクトXネタである。

 国家神道による国家統制の色彩が強まりつつあった明治時代、明治39年に施行された神社合祀令によって、神社は一町村一社に限られることとなった。この結果、多くの神社が廃止され、その鎮守の森として保護されていた森林は次々と伐採されていった。鎮守の森の樹齢数百年の木は巨額で売買され、その利権に群がる連中が国策を隠れ蓑にして懐を肥やしていたのである。この事態に熊楠は故郷の熊野の森も危なくなると懸念する。彼は鎮守の森の伐採を「神狩り」と断じ、この伐採は人々の生活にも影響を与えているのではないかと、住民の事情調査を始める。すると、伐採によって森の保水力がなくなり鉄砲水が増えたり、天敵の減少によって害虫が増加したりなどの悪影響が出ていることを把握する。そして何よりも鎮守の森の伐採は人々の心の荒廃を進めつつあることを目の当たりにする。

 熊楠は伐採に反対するため、猛然と新聞への投書を始める。ここで彼は「神社合祀は希世の愚挙なり」と断罪する。しかし彼の思いと裏腹に伐採は進み続けた。明治43年その熊楠の元に、那智の原生林に危機が迫っていることが知らされる。業者が役場と警察を賄賂で買収して伐採権を得たのである。彼は直ちに反対のための行動を始める。彼は地元の新聞社に通い、伐採計画に関わる賄賂の授受の実態を解明氏よとしたのである。彼によって暴かれた不正によって地元の村人達が立ち上がり、訴訟を起こす。やがて業者は文書偽造の廉で逮捕され、伐採計画はなんとか回避される。しかしこのような熊楠の運動は権力側からの圧力を受けることになる。400年間南方家が守ってきた大山神社が突然廃止に追い込まれ、熊楠らの抵抗も空しく、大山神社の森はすべて伐採されるのである。これは明らかに利権まみれの県知事ら官憲による熊楠に対する嫌がらせであった。そして熊楠は神社合祀を推進する会合に乗り込み、県の役人らに熊野の森の植物を投げつけて抗議、彼は警察に取り押さえられ留置される。

 しかし熊楠が留置されたことが大きな反響を呼ぶ。世界的にも通用する学者になっていた熊楠が留置されてまで森を守ろうとしていることを新聞で知った人々が、彼の釈放を求めて押しかけてくる。また彼の留置所暮らしの間に、内閣書記官の柳田国男からの書物の差し入れがあったことから、熊楠は柳田と知り合うことになり、それが後の運動に影響を与える。

 釈放後の彼は三重県の阿田和の大楠が伐採されるという投書を読み、その伐採を中止するための運動を開始する。これを止めるためには三重県知事を説得するしかない。彼は文通を始めていた柳田の支援をあおぐべく、彼に協力を訴える。柳田は熊楠の意志を受け、三重県知事に伐採中止を働きかける。高級官僚である柳田の書簡は功を奏し、三重県知事は伐採の中止を通達する。

 しかし彼の活動はこれでは終わらない。熊野の継桜王子神社の廃止に伴って、その周囲の杉林が伐採されることになったことから、彼は現地に駆けつけて村人達と共に保存のための運動を開始する。村人は総出で植物の調査を行い、彼はそれを元にして和歌山知事に嘆願書を送る。彼はこの嘆願書の中で「エコロジー」という言葉を初めて使う。彼はこの言葉を様々な動植物が互いに関わり合って生存していること示すために使用したのである。しかし彼のこの思想はバカ役人どもには理解できず、40本の杉は9本だけを残してすべて伐採されてしまう。

 これに衝撃を受けた熊楠は、神社合祀による自然破壊をエコロジーの思想に基づいて全国に訴える。この時に彼が書いたのが南方二書と呼ばれる文書であり、この文書は柳田国男によって製本され、各界の名士達に配布される。彼のこの書は多くの反響を呼び、多くの財界人、政治家までにも賛同者を呼び、明治45年ついに帝国議会で神社合祀反対運動が審議されることになる。ここで熊楠によって調査された自然破壊の実態が報告される。そしてついに神社合祀令が廃止されることになる。

 日本で初めてではないかという大規模な自然保護運動の顛末である。利権にまみれた政治家どもは、回復不能な自然破壊をやりたがるというのは、どうも今も昔も変わっていないようである。ここで熊楠は初めてエコロジーという言葉を使用したのだが、人間も自然の中で共生しているという考えは、西洋文明かぶれしている役人連中よりも、むしろ庶民の方が実感として理解しやすかったのではないかと思われる。また既に学者として名声を確立していた熊楠が、科学的な見地から「自然破壊が人間の生活に悪影響を及ぼす」と解説したのは、影響力は大きかったと思われる。

 ただ神社合祀令が熊楠の運動だけで廃止されたというのは、どうも怪しいような気がしてならない。もっと他の分野で神社合祀令による弊害が出つつあって、それとも合わせ技で廃止に追い込めたのではという気がしてならないのだが、私は近代史にはあまり詳しくないので、そこのところははっきりとは分からない。ただ、利権まみれの政治家連中が、熊楠の自然保護の崇高な訴えに単純に感銘を受けたとはなかなか考えにくいのである。

 

7/14 その時、歴史が動いた「新撰組 ドキュメント池田屋事件〜近藤勇・突入決断の真相〜」

 今回のテーマは池田屋事件。はっきり言って露骨な大河ドラマ連携企画である。

 近藤らが長州藩士の倒幕派の陰謀をかぎつけ、池田屋に切り込んだ時は隊士は近藤を含め4人、これに対して長州藩士は20人が刀を抜いて待ちかまえていた。なぜこのような無謀な突撃をかけたかというのが今回の主題。

 結論から言えば、武士を目指して新撰組に志願したものの、一向に働きの場がなくて活躍できなかった近藤達にしてみれば、この池田屋事件は千載一遇のチャンスであったということと、広い空間での団体戦ならともかく、建物内という狭い空間では敵方も人数の多さのメリットが使えないので、勝算があると近藤が計算したということである。

 もっともこれでも持ちこたえられたのは、近藤達の剣の腕が高かったのはあるだろう、実際のところ最初は4人で斬り込んだが、途中で沖田総司は結核の発作で戦線離脱、藤堂平助も重傷を負ってやはり戦線離脱し、最終的には近藤勇と永倉新八の2人で支えていたというのだから、半端なことではないだろう。

 なお池田屋騒動などの顛末は、後に新撰組の数少ない生き残りである永倉新八が手記を残しており、そこで詳細を知ることが出来るとのことで、今回の内容もその手記に基づいている。もっとも永倉新八自身による手記となると、永倉の活躍がどこまで客観的に書かれているかには少々疑問もあったりするが(少々意地の悪い見方かもしれないが、老人が昔を思い出しての手記などは、どうしても自身に美化が入ることがある)。また今回のゲストは、新撰組に思い入れがあるのか「よく新撰組は池田屋事件で明治維新を遅らせたと言われるが、むしろこれで倒幕陣営が引き締まって、明治維新が早まったかもしれない」と言っていたが、これは贔屓のしすぎというものだろう。客観的に見ると、新撰組は一旗揚げようとした野心ある若者達が時流に反してしまって自滅したとしか見えない。ドラマとしてはともかく、歴史的意義から言えば新撰組の歴史的意義はほとんどないというのが私の見解である。

 ちなみに今回の内容には全く新味はなし。内容的には以前に放送した新撰組関係のエピソードの繰り返しである。やっぱりタイアップ企画という意味しかないような。

 

7/7 その時、歴史が動いた「「関白」対「源氏長者」〜家康・秀吉「姓」をめぐる知られざる攻防〜」

 戦国時代と官位の関わりというのは、なかなか理解しにくいものである。実力本位の下克上の時代、既にその権威など地に墜ちている朝廷による官位など、なんの役にも立たないように思えるのだが、実はそう言うわけでもない。やはり全国の武将に号令を発しようと思えば、それなりの権威付けが必要なのである。この朝廷と武士の関係というのは後の江戸自体まで矛盾を含んだまま継続されるのだが、今回のテーマはその矛盾と密接に関わった「姓」の問題である。

 かつてなぜ秀吉の天下が家康に取って代わられたかを分析する場合、秀吉が征夷大将軍になって幕府を開くことが出来なかったからだという分析が成されていたことがある。しかしこの分析が全く的をはずしたものであるのは明らかである。秀吉にとって権力を掌握するには、別に将軍にならずとも関白の地位で十二分だったのである。実際、将軍の地位だけがあったところでどうなるものでもないのは、室町幕府末期の将軍達の悲惨な状況がすべてを現している。つまり将軍であろうが、関白であろうが、大事なのは実力である。そう言うわけで近年では秀吉は将軍になれなかったのではなく、将軍にならなかっただけであるというのが普通の解釈である。さてこうなった場合、次に出てくるのは「つまり朝廷による地位など、戦国時代には何の意味もなかったのだ」という論になりやすいのだが、実はそう言うわけでもないというのが今回の内容であると言える。

 小牧長久手の戦いで秀吉軍にさんざんの苦戦をしいた家康に対し、秀吉から和議のために上洛するように求める使者がやってくる。しかし暗殺を恐れる家康はこれを突っぱねる。この時に家康が秀吉の要請を突っぱねた根拠になったのが、家康はこの時既に従三位という官位を持っていたが、秀吉は当時は無位無官であったことであるという。つまり無官のものが官位が上の者を呼びつけるとは何事だと言うことだろう。

 この家康の態度に対し、自分も官位を手にする必要があると感じた秀吉は、官位獲得のための調停工作を始める。当時の官位は姓によって決まっており、高位の官位を得るためには源平籐橘とよばれる「平氏、源氏、藤原氏、橘氏」のいずれかの姓を持っている必要がある。そこで秀吉は強引に近衛家の養子となり藤原の姓を得ると共に、一気に従一位の官位を手に入れ、さらに関白の地位をも手に入れる。この後に秀吉はその権威を背景にして家康に上洛を求め、ことここに至ってはもう断りようがないと、家康は上洛をし、諸大名の前で秀吉に臣従する姿勢を示すことになる。

 と、このようにこの番組では家康が上洛をせざるを得なくなったのは官位の権威のためという解釈なのだが、それは私には疑問である。確かに官位の件も一つの要因ではあろうが、それよりも何よりもこの時に秀吉は家康の元に自分の母親を人質として差し出してまでいる。その状況で家康がさらに上洛を拒み続ければ、家康の方が「卑怯者、臆病者」として諸大名に嘲られる恐れがあることを恐れたのではないだろうかというのが私の解釈である。

 さてこうして心ならずも秀吉に臣従した家康であるが、家康を警戒する秀吉は突然の関東への国替えを命じるなど、家康の勢力を削ぐための理不尽な仕打ちを始める。しかし時期を待つために耐えている家康は、黙々としてこれに従う。また北条氏への忠誠心がまだ残っている関東の民衆を抑えるために、新田氏の流れを汲む源氏を名乗ることによって自らの正当性を確立しようとしたのだが、これが後の伏線にもなったという。

 秀吉の関白の権威に対抗するためには、それを凌ぐ権威が必要である。そのために古書を調べた家康がたどり着いたのが「源氏長者」という肩書きである。その肩書きは源氏一門の長と言う意味であるが、室町幕府の衰退と共に、公家が就いていた地位である。「征夷大将軍」だけでは「関白」の肩書きに負けるが、「源氏長者」と併せ持つことで「国王」と認識されることになり、「関白」を凌ぐことが出来るのだという。

 そこで家康の源氏長者を得るための工作が始まる。彼は秀吉に恭順の意を示しながら官位を徐々に上げ、やがて秀吉の従一位に次ぐ正二位まで昇進する。そして秀吉が死去、秀頼が成人するまでは五大老が政治を仕切ることになるが、他の大老が従三位にすぎないのに対し、家康は正二位とはるかに高い官位であり、これが家康が五大老の筆頭となる大義名分となったという。また家康の台頭を警戒した石田三成らが挙兵した関ヶ原の戦いでも、勝負を決することになった小早川秀秋と吉川広家の寝返りを誘った際にも高い官位は有効に機能したとしている。

 こうして権力を掌握した家康は、秀吉の死後空位になっていた関白を朝廷に返上することで秀頼の関白就任を阻むと共に、朝廷へ工作を行い源氏長者の地位と征夷大将軍の地位を獲得する。こうして万全の地位を得た家康は、豊臣方を滅ぼして天下を手に入れる。

 今まで征夷大将軍のおまけにようにしか捕らえられていなかった源氏長者という肩書きに着目した興味深い内容である。この番組の解釈は、征夷大将軍一本だけだと関白よりも劣るから、源氏長者との合わせ技で関白を凌いだということになる。面白い考え方であるが、私には少々異論もある。確かに官位を全く無意味なものと考えるのは問題があるが、この番組の解釈は官位をあまりに重く見すぎであると考える。まるで家康の台頭が官位の上昇に伴ったもののように見えるが、実際はその逆で家康が勢力を増すと共に官位がそれに伴って上がったというのが正しいのではないか。先にも述べたが、実力の伴わない官位など無意味である。家康が五大老の筆頭になった際も、家康の領国の国力が他の大老よりも傑出していたのを忘れてはならない。小早川秀秋の寝返りについては家康からの誘いだけでなく、北の政所に対する気遣いがあったことは言われているし、吉川広家の造反もそもそもは毛利の力では徳川に対抗することが不可能と考えた彼による毛利家の生き残り戦略であった。家康の官位というものは確かに一因として影響しているかもしれないが、少なくともそれが主因になっているとは考えにくい。

 以上、解釈としてはなかなか面白いものであるが、あまりに一面にこだわりすぎているように思える。官位や役職はあくまで従であって主ではないというのが私の考えである。

 

6/30 その時、歴史が動いた「もう一つの日本を創った男〜平将門 東国独立政権の謎〜」

 関東地方に住み着く最大の怨念などと言われながら、未だに慕っている者も多い平将門。彼についてのエピソードが今回の内容である。

 平安時代中期、武勇で知られた平将門は東国武士の筆頭として頭角を現していた。この頃の東国の人々は貴族が課す重税にあえいでいた。中央から送り込まれた国司は、不当に税を取り立てて私服を肥やしており、領民は苦しんでいた。また飢饉の際にも税は変わらず取り立てられ、土地を捨てて逃げ出す農民も増加していた。

 将門は農民達のために開墾を行うと共に、中央と対抗できる兵力を蓄え始める。そして939年、常陸の国の国司に反逆して逃げてきた藤原玄明を保護したことで、将門はついに常陸の国に出兵する。独自の製鉄技術によって製造した最新鋭の刀を装備する将門軍は、3倍の兵力を要する常陸の国司軍を打ち破り、常陸の国の印と倉の鍵を手に入れる。これは将門が朝廷から領地を奪い取ったことを意味する。そしてこの時から将門は東国を独立させることを考える。

 将門軍は破竹の進撃を開始する。また彼を慕う民衆も彼と共に蜂起した。そして将門は東国のすべての国司を追い出し、事実上の支配者になり、新皇に即位する。この時に八幡大菩薩の巫女のお告げがあったことになっており、彼が新皇に即位した際に菅原道真の霊魂が現れたとされているとのこと。将門は自らの地位を権威づけると共に、菅原道真を持ち出すことで反中央の色彩を明確にしたのである。

 朝廷は将門を呪い殺すために寺社に祈祷調伏を行わせるが、当然ながらそんなもので将門が死ぬわけもなかった。またこの頃西国でも藤原純友の叛乱が発生し、朝廷は追い込まれる。そこで朝廷は将門追討のために前代未聞の太政官符を発する。それは「将門を討った者は貴族とする」というものであり、貴族社会の根底を覆しかねない決断であった。そしてその呼びかけに答えたのが、平貞盛と藤原秀郷であった。

 しかしこのことを全く知らなかった将門は、手元の兵を農作業のために国に帰す。これが将門の運命を決めることになる。将門が軍を解いたことを知った平貞盛と藤原秀郷が2900の軍勢で攻め寄せる。それに対する将門軍は400。圧倒的劣勢の中で将門は戦いに挑むが、敵の矢に当たり命を落とす。

 番組では、将門は志遂げずに命を落としたが、結局は彼の叛乱が貴族社会に風穴を開け、後の武士台頭につながったとしている。この観点には全く同感であり、この時期に将門の叛乱だけでなく、藤原純友の叛乱も同時に発生したのは、貴族社会にガタが来ていた証明に他ならない。将門は領民のために蜂起したのであるが、この領民との一体感はまさしく武士に特有のものであり、朝廷にはどうしてもこれは理解できなかっただろうと思われる。

 

6/23 その時、歴史が動いた「大江戸発至急便 黒船あらわる〜幕末日本の情報ネットワーク」

 1852年、アメリカのペリーの艦隊、いわゆる黒船が開国を迫って日本に現れる。鎖国の中で海外の事情に全く疎かった日本は、完全に不意をつかれててんやわんやの大騒ぎ・・・・と一般には思われているが、実はこの当時の日本は実は意外と情報を把握していたし、高度な情報社会に発達していたのである。

 1852年、オランダ商館長が幕府に提出した別段風説書により、老中首座の阿部正弘はアメリカの艦隊が江戸を目指していることを知る。そこにはペリーの名前、艦隊の戦艦の名前、1年以内に江戸を目指していること、戦闘の準備もしていることなどすべてが記載されていた。しかし飢饉の続発で幕府の財政は破綻寸前、幕府の評議は利害の対立でまともに機能しない状態であった。

 この時、同様の情報を同じ時期に入手していた人物がいた。薩摩藩主の島津斉彬であった。当時琉球を支配していた薩摩にとっては、薩摩が一番最初に脅威にさらされる可能性があった。

 幕府で本格的な審議が始まったのは、第一報をうけてから4ヶ月も経った後であった。しかし砲台を設置して江戸を守ることを提案した阿部に対し、幕閣は財政の逼迫を理由に反対する。そこで阿部は、ペリー艦隊来週の情報の詳細を島津ら有力外様大名に流す。硬直した幕府の官僚機構に手を焼いた阿部は、外様大名に情報を流すことで揺さぶりをかけようとしたのだろうという。

 島津から流された情報は瞬く間に広がる。しかし一方の幕府はさしたる根拠もなしにペリーの来航はないと決めつけ、全く何の手も打つことが出来なかったのである。この番組では、幕府はシステム的に情報収集能力はあったのだが、世襲によって就任していた老中達には阿部を除いて情報分析能力がなかったのだとしている。つまり世襲を重ねることで人材が馬鹿ばかりになっていたということだろう。何となく現在の官僚にも似ている。

 こうして幕府が何の手も打たないまま、ペリー艦隊が浦賀に来航、国書を受け取ることを要求する。

 ペリー来航の報は東北の八戸藩にまで伝わっていたという。通常は8日で届くはずの情報が、最速の飛脚を使って6日で伝えているとのことである。また同じくこの情報は長州にも直ちに伝わっていたという。

 浦賀沖で足止めをされていたペリー艦隊は、回答期限の一日前に、測量を称して江戸湾に侵入、示威行動を行う。ここにきて幕府も国書の受け取りを拒絶することは不可能と判断、現在の横須賀で会見が行われる。ペリーは1年後に回答を受け取りに来ることを告げ、再び江戸湾で示威行動を行ってから去る。

 ここで阿部がとった方策は、アメリカの国書をすべての大名・旗本から庶民に至るまで広く公開して意見を集めるというものだった。この時に集まった意見は、開国を唱えるものは1/3、2/3は鎖国を唱えるものであったという。

 阿部は回答を引き延ばす手を打ちつつ、お台場の砲台を整えるなどの対策を打つ。これらの情報は瓦版などで庶民の間にも広がっていたという。また各藩も独自に情報を集めて分析を行っていた。また江戸市中には藤岡屋由蔵のように情報を専門に売買する者も現れたという。

 翌年、幕府の予想よりも早くペリーの艦隊が来航する。ペリーは今度は戦艦7隻を引き連れていた。未だ準備は整っておらず、この期に及んで引き延ばしは不可能として阿部は交渉に臨む。この交渉で日米和親条約が結ばれ、下田と函館が開港されることになった。日本は時代の曲がり角を曲がったことになる。

 この頃の浦賀には、幕府の異国船見物禁止のお触れにもかかわらず、多くの者が異国船見物にやって来たらしく、異国船について記した多くの資料が各地に残っているという。鎖国下ではあり得なかった民間の交流も行われていた記録も残っているとのことである。

 結局、この後も幕府の権威は低下し続け、ついには幕末の動乱に突入する。39才で死んだ阿部正弘は、幕府の権威の低下を嘆いて「事前に情報を察知していながら、何も出来なかったのは自分の力不足である」という言葉を残している。彼としてはいろいろと策があったにもかかわらず、硬直した幕府官僚機構の前に尽くをつぶされてしまった改革派の悲劇と言えよう。阿部正弘はその名前も江戸時代の人間とは思えない今風の名前だが(笑)、考え方もかなり新しい線を行っていたと感じる。彼が今回とった方法はいわゆる情報公開であって、詳細な情報を一般に公開することで外様大名から庶民までをすべて運命共同体にしてしまうというものである。幕藩体制下で育ったと思えないような先進的な考えであり、彼がもう少し長生きをしていたら、幕府ももっと違ったあり方があったかもしれないなどと考えてしまう。

 番組的には当時の情報ネットワークに注目したというのは面白い観点だったのだが、結局終わってみればそのネットワークの部分がほとんど印象に残っていない。面白い看板を掲げた割に、中身はありきたりであったという印象である。

 

6/16 その時、歴史が動いた「日露戦争 逆転の極秘電報154号〜知られざるポーツマス講和会議の真相」

 1905年、アメリカの仲介でロシアと講和条約を結ぶべく、日本の全権大使・小村寿太郎はポーツマスに向かう。戦争勝利に沸き立つ国民は、莫大な賠償金と領土の割譲を期待して、歓呼をもって彼らを送り出す。しかし小村の心の中は穏やかではなかった。彼は「帰国の時に罵声ぐらいですめばよいが、悪くすれば爆裂団の出迎えを受けるくらいは覚悟せねばならないだろうと語ったという。

 というのも、国民には意図的に隠していたのだが、戦況は彼らが思っているような日本の勝利とはほど遠いものだった。連戦の消耗でもはや日本の戦力・国力は尽きており、これ以上の継戦は不可能な状態であった。それに対してロシアはまだ精鋭を温存してあり、それらをアジアに投入することも可能であった。つまり日本としては何が何でもここで講和を結ぶ必要があったのだ。日本側は国民を納得させられて、なおかつロシアが飲む可能性のある案として、樺太の割譲と賠償金の請求という線を考えていた。

 これに立ちはだかるのはロシアの全権大使・ウィッテであった。ここから老練なる政治家・ウィッテと小村の外交戦が始まる。日本側の樺太割譲及び賠償金といった請求をロシアは拒絶するが、当初はルーズベルトの支援をうけてアメリカの世論を味方につけていた小村がやや有利に交渉を展開する。

 ウィッテは小村に非公式の会見で、賠償金には応じられないが、樺太の南部を日本に割譲することで手を打てないかとの案を示してくる。ウィッテはロシアが交渉を決裂させたと言われることを恐れて妥協してきたのだ。しかし日本側は領土割譲はそれで良いが、賠償金は必須との見解を示す。

 ウィッテはこの案をロシア本国に図る約束をする。しかしロシアの皇帝ニコライ二世は「領土の割譲も賠償金の支払いも一切認められない」と拒絶する。

 再開された講和会議でウィッテは「賠償金には応じられないが、もし樺太の全土を日本に割譲したら、日本は賠償金要求を撤回するか」と提案する。これに対し、小村は「賠償金要求の撤回はあり得ない」と即答する。しかしこれこそはウィッテの罠だった。ウィッテは「日本は金銭を得たいために戦争をしたのだ」と発表し、アメリカ世論は日本を非難し始める。ウィッテは交渉が決裂してもそれがロシアの責任とならないように策を巡らしたのであった。

 窮地に追い込まれた小村は賠償金要求を断念、南樺太の割譲に最後の期待をかけて交渉に臨む。しかしそこでウィッテの解答は「我がロシア帝国は日本への領土割譲、賠償金要求には一切応じられない」というものであった。

 戦争の継続か実質的に負けに等しい講和条約の締結か、もはや選択の余地のなくなってしまった小村は日本政府に判断を委ねざるを得なくなる。

 一方、講和成立を模索していたルーズベルトは独自に動いていた。彼はこの講和を成立させてアメリカの権威を示すと共に、日本を戦勝国とすることで、ロシアを牽制することを意図していた。彼は駐露大使のマイヤーに、ニコライ二世に謁見して南樺太の割譲を認めるよう説得するよう指示を出す。やがて、ニコライ二世はマイヤーの説得に応じ南樺太の割譲を認めたとの報がルーズベルトの元に届く。

 しかしルーズベルトはこのロシア皇帝の妥協を日本に伝えなかった。彼は一旦交渉を決裂させておいて日露両国への批判を高めておいてから、再度交渉を行わすことでアメリカの存在感をさらに印象づけようとしていたと推測されているという。

 最後の交渉の前日、小村の元に日本政府の決定を伝える電報が届く。それは「賠償金、領土の割譲を諦めても講和を成立させる」というものだった。これは日本外交の完全な敗北を意味していた。

 しかし最終交渉の当日、会議直前に小村の元に日本政府からの至急電が届く。それはロシア皇帝が南樺太の割譲の意志を示したことを伝える電報であった。この情報は駐ロシアイギリス公使が伝えたものだったという。イギリスは日本と日英同盟を結んでいたこと、さらにロシアのインド進出を懸念していたことなどから、アメリカが秘匿したこの情報を日本に伝えたのだと推測されるとのこと。

 この土壇場の情報によって、日本は辛うじて南樺太の割譲を得ることで講和に成功する。ギリギリの妥協であった。しかし日本の全面勝利を信じていた国民はこの講和に納得せず、小村には批判が集中、小村の私邸が襲撃されて家族が避難する事態にまで陥ったという。

 まさに狐と狸の化かし合いといった外交の裏側を語るエピソードだ。ちなみにこの時は日本をロシアに対する権勢に使用することを考えていたルーズベルトも、日本の国力が強化されるにつれて今度は日本を警戒して、いかにして日本を叩くかに腐心したという。嫌な話ではある(笑)。

 またロシア側があくまで賠償金支払いを拒絶したのは、賠償金を支払う力がなかったわけではもちろんなく、それよりも大国ロシアが小国日本に対して負けを認めるわけにはいかないというメンツの問題である。ニコライ二世がここまでメンツにこだわったのは、当時のロシアは国内的にいろいろなほころびが生じ始めており、ここで敗戦となれば自らの権威に傷が付き、それが政治的混乱につながることをもっとも恐れたのであろうと思われる。つまり互いにもろもろの国内事情を抱えていたということである(そうでなければ、そもそもこの段階でロシアが講和交渉に応じることさえあり得なかったろう)。実際にこの後、日本の勝利に勇気づけられてロシアへの対抗意識を強化した周辺国もあるわけであるから、ある意味、領土の割譲はロシアにとってもギリギリの譲歩だったのかもしれない。

 この時の国民の反応は、今から見れば馬鹿げているのだが、当時の国民が伝えられていた情報から見ればこうなって然りといった反応であろう。何しろ国民は「我が軍大勝利」ばかり聞かされていたのだから、大勝利していたはずが賠償金さえ得られないとなったら(しかも以前の日清戦争で莫大な賠償金を得て美味しい思いをした記憶もまだ残っている)、小村の交渉が無能にすぎるとして激怒したとしても仕方なかろう。小村は損な役回りを押しつけられたわけである。

 

6/9 その時、歴史が動いた「日露戦争 二〇三高地の悲劇」

 日露戦争最大の激戦地で、日露双方で8000人もの犠牲者を出したという、例の「海は死にますか、山は死にますか」の死屍累々の二〇三高地攻略戦が今回のテーマである。

 日本が二〇三高地の攻撃を決意したのは、ロシアの旅順艦隊を攻撃するためである。海軍の旅順攻撃はその要塞のために失敗していた。そこで陸軍による攻撃が決定されたのである。以前に日清戦争の際には一日で旅順要塞は陥落しており、当初は陸軍もそう堅固な要塞は存在しないと考えていた。しかしやがて陸軍に恐るべき情報が入る。旅順要塞はロシア軍によって近代的で強固な要塞に作り替えられていたのである。実はこの時点での旅順要塞は世界でも最強クラスの要塞であったのだという。

 旅順要塞は難攻不落であることが明らかになったにもかかわらず、陸軍は今更作戦の変更は出来ないとして、旅順攻略戦が開始される。(この辺りは、いかにも日本の軍人というのは今の役人と同じで全く融通の利かない馬鹿ばかりである証明なのだが)

 乃木大将は砲撃の後に突撃をかける正面突破作戦を計画し、二龍山と東鶏冠山の陣地に攻撃をかける。しかしコンクリートで守られた要塞はほとんど砲撃が通用せず、突入した日本軍は塹壕と堀に阻まれて全く攻撃も出来ないままいたずらに犠牲を増やすだけで、攻撃中止を余儀なくされる。

 要塞の正面突破が不可能になったことで、次の作戦として要塞に隣接する高地を制圧し、そこから要塞越しに艦隊を砲撃する作戦が立案させる。この時に標的となったのが二〇三高地である。乃木はこの作戦に従って、二〇三高地と旅順要塞の二正面作戦を実行することになる。

 しかし二〇三高地への攻撃も4日で2500人もの犠牲を出す。しかしここで乃木に朗報がもたらされる。二〇三高地の攻撃の過程で占領した南山玻山から旅順港が見えるというものであった。乃木は南山玻山から28サンチ砲で旅順港を攻撃させ、ロシア艦隊に大打撃を与える。ロシア艦隊は山陰の死角に逃げ込むがさらに攻撃を続行、また捕虜から得た情報などから、乃木はロシア艦隊の戦闘能力を奪ったと判断し、大本営にその旨を連絡する。

 しかしバルチック艦隊が出向したことにおののく海軍は、乃木からの報告を信用せず、大本営からはあくまで二〇三高地の占領を行ってロシア艦隊の撃滅を確実にすることを乃木に命じる。現場と中央での見解の相違だった。なおこの番組によると、この時点でロシア艦隊が事実上壊滅していたことは、最近の資料によって明らかになったとのことである。

 大本営からの指示は来たものの、乃木は二〇三高地の攻略要請を黙殺する。彼は塹壕を使った作戦で要塞を攻略するつもりであったのと、既にこの時点で二〇三高地は要塞化されており、大被害を出すことが確実だったからである。

 そして第二回の要塞総攻撃が実行される。しかし旅順要塞は予想以上に堅固で総攻撃は失敗に終わる。一方、バルチック艦隊は着々と日本に接近しつつあり、二ヶ月後には日本到着が予想された。これを受け、海軍はより強行に二〇三高地占領を主張、陸軍もこれを受け入れ、最高幹部の山県有朋から乃木に対して二〇三高地総攻撃の命が下る。しかしそれでも旅順要塞攻略にこだわる乃木に対し、軍首脳部はついに明治天皇からの「ロシア艦隊攻撃を優先するべし」との命令を突きつける。しかし乃木は今度は要塞の正面攻略から、標的を要塞背後の丘・望台の攻略に切り替え、やはり要塞攻略作戦を実行する。しかしこの作戦も失敗、突入部隊は全滅する。

 ここに及んでついに乃木も二〇三高地全面攻撃を決定せざるをえなくなる。こうして1904年11月27日に二〇三高地総攻撃が実行される。死屍累々たる惨憺な状況になるが、12月5日ついに多大なる犠牲と共に二〇三高地は陥落、旅順艦隊は殲滅される。

 さてこのようにして日本は辛うじてロシアに勝つことが出来たのだが、事実は大勝利とは言い難いほどの甚大な被害を出している(日本軍の死者の方がロシア軍の死者より多いのである)。これについて番組では、日本が情報を軽視しすぎたために、敵の状況を把握できずに徒に犠牲を増やしたとして、これは後の第二次大戦での玉砕につながる日本軍部の構造的欠点であるとしている。

 その分析については私も同感である。ただこの番組では乃木の立場についてかなり同情的な視点で描いているが、現実のところは乃木は何の工夫もなく要塞正面に突撃を繰り返しただけであり、無能のそしりは免れぬであろう。むしろ私は、このような無能な人物が前線での最高司令官になった日本軍の人事面での構造的欠陥の方が深刻なのではないかと思われる。しかもこの構造的欠陥は、戦後においても官僚機構の中で温存されており、今日の日本の大きな災いになっているように思われてならない。

 方針の一貫しない首脳部と無能な現場指揮官に翻弄され、前線では若者が死屍累々というのは、何もこの当時の軍隊に限った話ではない。今日の日本でもあちこちで見られる光景である。私自身もあまりに身近で目の当たりにしているので何とも言い難い。

 

6/2 その時、歴史が動いた「家康、人生最大の危機の3日間〜大脱出!伊賀越えの先に天下が見えた〜」

 本能寺の変が発生した時、家康は30人の家臣だけを引き連れて堺に滞在していた。ここで信長死すの報を受けた家康は、追っ手から逃れながらの伊賀越えによって領国にたどり着くのだが、そのエピソードである。

 通常は東海道を通って帰るのだが、この時は東海道は明智勢に押さえられている。そこで家康は伊賀の山越えルートで帰還することにする。その場合の一番の危険は、落ち武者狩りや山賊である。本多忠勝は落ち武者狩りを避けるために、村の長老に道案内(一種の人質であるとのこと)をさせる。次に山賊と出会った時は御用商人の茶屋四郎次郎が山賊に金を手渡すことで危機を切り抜ける。

 翌日は難関の伊賀越えである。しかし伊賀は信長の伊賀制圧で大虐殺を受けており、反信長の機運が高かった。家康は地元の土豪の宮田氏を将来家臣として迎えることを約束して懐柔し、さらに囮の別働隊も出して伊賀越えを実行した。さらに 難所の加太峠越えの前には、地元の徳永寺に門前から見える範囲の土地を寄進するという申し出を行うことで、伊賀の地侍達をてなづけ、彼らは家康の護衛を買って出る。加太峠で家康一行は敵対する伊賀者の襲撃を受けるが、伊賀の地侍たちの護衛のおかげで難を切り抜けて無事に三河にたどり着く。

 こうして家康はこの難局を切り抜けることで、後の天下取りにつながった。また後に家康は、この時に脱出口に協力した伊賀の地侍の多くを、服部半蔵の下に組み込んで雇い入れたという(これがいわゆるお庭番になるわけだが)。

 家康最大の危機と言われている伊賀越えのエピソードである。この時に元来は敵に属していた勢力までも味方に組み込んで危機を切り抜けた家康の人心掌握述のうまさが光る。もっともこの伊賀越えには、私は歴史に残っていない裏があるのではと勘ぐっているのではあるが・・・。

 

5/26 その時、歴史が動いた「モンゴル帝国後編 マルコ・ポーロは見た 巨大帝国の盛衰〜「東方見聞録」誕生のとき〜」

 モンゴル帝国の後編は、「東方見聞録」こと「世界の叙述(Description of the World)」の著者であるマルコ・ポーロを通してのエピソードである。

 マルコ・ポーロの時代の半世紀前、ヨーロッパは十字軍を派遣してイスラム世界と抗争を繰り返していた。カイロ遠征が失敗して抗争が泥沼化していた時、ヨーロッパにイスラム国のホラズムが東方の軍勢に滅ぼされたという報が入る。これこそがチンギス・カンの率いるモンゴル帝国だったのだが、ヨーロッパ側は勝手に救世主伝説を作り上げてしまう。ちなみにこの救世主伝説が、プレスター・ジョンなるキリスト教を信仰する君主が東方にいて、彼がヨーロッパの危機を救うというあまりにご都合主義な荒唐無稽なものであるのだが、当時はローマ教皇などもこの伝説を信じてしまったようである。

 しかしまもなく彼らの伝説は無惨に打ち砕かれる。チンギスの死後に後を継いだオゴデイ・カンがヨーロッパに侵攻してくるのである。ポーランド・ドイツの連合軍はポーランドのリーグニッツでモンゴル軍を迎え撃つ、しかし重装備の騎士の一騎打ちを旨とするヨーロッパ軍は、モンゴル軍の集団戦法に完膚無きまでにたたきのめされる。この戦いの後、ヨーロッパ人はモンゴル人のことを地獄(タルタロス)からの使者・タルタル人と呼んだという。この時に、ヨーロッパは初めてモンゴルの存在を知ったのだという。

 ちなみに先のプレスター・ジョン伝説を信じていたローマ教皇は、当初はモンゴルのことを認めず、ポーランドが攻撃されたのは「彼らが異端なキリスト教を信仰しているからだ」と強引に主張するという醜態をさらしたという記録も残っている。またこの時にモンゴル軍に完膚無きまでにたたきのめされた記憶は後々までヨーロッパにトラウマのように残っているのか、未だに欧米人のイメージする「侵略者」の像はモンゴルを連想させるものである(スタートレックのクリンゴン星人を思い浮かべれば納得できよう)。なお惨敗したヨーロッパ軍の「重装備の騎士による一騎打ち戦法」という戦い方は、奇しくもやはりモンゴルに当初は惨敗した鎌倉武士の戦い方と同じである。

 しかし軍事力による拡大を続けたモンゴル帝国は、その後その統治の形態を変え、経済的に結びついた緩やかな連合国家の形態にと移行していく。ベネチア商人はそれに目を付け、東方との交易を考え始める。マルコ・ポーロが登場したのはこういった時代である。

 マルコ・ポーロは陸路を通ってモンゴル帝国の都である大都を目指した。この頃のシルクロードなどにはモンゴル帝国によって40キロごとに駅が設けられ、宿泊施設、食料、替え馬などの旅の必需品が完備されていたという。当初はこの駅は大カーンの使者が帝国内を行き交うためのものだったのだが、後に一般商人などにも開放されたとのことである。当時、大カーンの使者は2ヶ月でユーラシアの東西を結び、鉄道が開発されるまでは最速の記録を保っていたという。

 大都に着いたマルコはその繁栄に目を見張る。大都では宗教などに関係なく各国の国民が集まっていた。そしてこの大都を治めていたのが当時の大カーン、クビライ・ハンである。マルコはその知識によってクビライに認められ彼の側近として仕えることになる。東方見聞録によると、クビライが南宋を制圧する決戦となった襄陽城を攻略する決定打となった新型の投石機の開発を進言したのは、マルコであったとのことである。南宋を制圧したモンゴルは陸上交通だけでなく、海上航路も制覇し、商業国家としての繁栄を遂げる。この時、モンゴルでは世界で初めての紙幣も発行されている。

 しかしその後、クビライは2度にわたる日本侵攻に失敗。3度目の遠征は内乱の発生によって見送られる。また当時のモンゴルはベトナムやジャワへの遠征も失敗しており(大平原での大部隊同士の戦いには圧倒的に強いモンゴル軍も、地形を生かしたゲリラ戦には弱いのだと推測される)、帝国に翳りが見え始める。マルコが祖国に帰還する決断をしたのはその頃である。ちなみにマルコが帰国のために海上の人となっていた時、クビライが死に、その後のモンゴルは後継者争いによって泥沼状態に陥る。

 ベネチアに帰国したマルコであるが、ジェノバとの戦いに志願兵として参加し、敗北して捕虜になる。実はマルコが東方見聞録を書いたのはこの時であるのだという(これは私も今まで全く知らなかった)。彼は同じ牢獄に居合わせた作家に自らの体験を書き留めてもらう。これこそが「東方見聞録」である(つまり自分で書いたわけでもなかったわけである。私はこれも初耳だった。)。1298年に東方見聞録は完成する。

 今まで東方世界に全く興味を持っていなかったヨーロッパ人は、この書によってアジアに目をむけ、それはやがて後の大航海時代(非ヨーロッパ世界から見れば、ヨーロッパによる「大侵略時代」とも言えるのだが)につながったのだという。

 モンゴル帝国後編というわりには、マルコ・ポーロに焦点を当てていたので、当のモンゴルについての説明がかなり薄めだった印象を受けたのが今回。また内容的にも、以前に放送した回からの流用が目立った。マルコ・ポーロ以前の話は、かつてNHKで放送したモンゴル帝国に関する番組からの流用であるし(ちなみに私のプレスター・ジョンに関する知識の出所はその番組なのだが)、後半部分にはこの番組で以前に放送された「蒙古襲来」の回からの流用であった。元々いろいろな流用の多い番組ではあるが、それは新事実があまりないと言うことの裏返しでもある。モンゴル帝国についての研究はもっと進んでもらいたいものである。モンゴルの民主化によってチンギス・カンの見直しが進んでいるとのことであるから、今後はさらなる研究の進展があるかもしれないことに期待したい

 

5/19 その時、歴史が動いた「モンゴル帝国前編 草原の覇者チンギス・カン〜ユーラシア統一への道〜」

 2回シリーズでモンゴル帝国を紹介しようという企画である。

 テムジンこと後のチンギンス・カン(この番組ではこう呼ぶとのこと)は、1162年(生年は不明だそうだ)にモンゴル族の有力氏族の長の息子として生まれる。しかしテムジンが9歳の時、父は対立するタタル族によって毒殺される。遊牧で生きる民には強力なリーダーが必要である。9才のテムジンには当然ながらそんな力量はなかった。そのためテムジンの家族はモンゴル族の仲間から見捨てられ、塗炭の苦しみを味わうことになる。

 そんな中で若き武将として成人しかテムジンは、モンゴル族復興を掲げて頭角を現すことになる。当時、草原で最強の勢力を誇っていたケレイト族のトオリルの元で数々の戦いに参加し、実力を蓄えていく。彼の方針は、敵や裏切り者には容赦しないが、優れた能力を持っている者は忠誠を誓えば採用するという実力主義の者である。こうして採用された者は「ノコル」と呼ばれ、後にモンゴル帝国を支えることになる。

 そしてついに父の敵であるタタル族を討ち果たすことに成功したテムジンは、モンゴル族のリーダーとなる。しかしテムジンの台頭はトオリルとの対立につながり、1203年ついにモンゴルとケレイトの衝突になる。戦力に劣るため緒戦では完敗するテムジンだが、半年後体勢を立て直し、ついにケレイトに打ち勝つ。1206年、すべての部族長を集めたクリルタイという会議を開き、テムジンは名をチンギス・カンと改める。こうしてチンギス・カンによる新体制が確立される。彼はモンゴルの文字を作ったり、法律を整備するなどモンゴルの国家として体裁を整える。

 モンゴル帝国が最初に攻略目標として掲げたのは金国であった。金はモンゴルに隣接する大国で、今までモンゴルの諸部族の対立を裏で煽ってきていた。チンギスは中国などから工人を集めて鉄製の武器や攻城兵器などを自作したり、3,4頭の馬を乗り換えながら移動する騎馬隊の機動力で金軍を翻弄したりで、金軍を圧倒する。そして1215年、ついに金の首都・中都が陥落、ここに金王朝は実質的に崩壊する。

 その頃、ユーラシア中央部ではイスラム国家ホラズムが勢力を伸ばしていた。チンギスはホラズムに通商団を派遣するが、彼らが国境の町で処刑される事件が発生、こうしてモンゴル帝国のホラズム攻撃が開始される。まずチンギスは通商団が殺害された都市・オトラルを半年で攻略、捕らえた太守を処刑する。チンギス・カンに抵抗すれば虐殺されるという恐怖で、戦わず降伏する都市も続出、1220年、ついにホラズムの中心都市サマルカンドが陥落する。こうしてモンゴル帝国はユーラシアの東と西を結ぶ大国となる。

 モンゴル帝国設立の時期を描いたのが今回の内容。どうもモンゴル帝国は野蛮な侵略者というイメージだけが持たれているようであるが、それはヨーロッパなどによる一方的な評価である。モンゴル軍は確かに抵抗する者には容赦なかったが、現地民を採用したりなども行っており、歴代の世界帝国に比較して傑出して野蛮だったというわけでもない(十字軍なんかの方がよほど野蛮で残虐である)。ゲストの陳瞬臣氏が「パクス・モンゴリカ」という言葉を使っていたが、確かにそう言う側面もあったと思われる。

 チンギス・カンは今までモンゴルでは社会主義政権によって「野蛮な侵略者」として封印されていたとのことだが(やはりロシアもチンギス・カンは恐かったのである)、最近の民主化によって民族の英雄として再び浮上してきたのだという。NHKでは「文明の道」でもモンゴル帝国のことを扱っていたが、近年のモンゴル帝国見直しはそういう社会的背景があるのかと納得した次第。今までの世界史はどうもヨーロッパ中心の史観に偏りすぎているので、アジアからの視点や、イスラムからの視点、アメリカ原住民の視点なども補っていく必要はあるだろう。

 

5/12 その時、歴史が動いた「日本サッカー ベルリンオリンピックの奇跡〜世界を驚かせた逆転勝利〜」

 ベルリンオリンピックの半年前、早稲田大学にオリンピックのサッカーに参加するようにとの要請がくる。東京でのオリンピックを目論む政府が、そのアピールのためにベルリンに大選手団を送り込むことを計画したことが理由であった。しかし当時の日本のサッカーはアジア内でさえ低迷していた。早稲田の学生を中心に急遽チームが結成される。早稲田の堀江忠男はサッカーの本を読んでサッカーの勉強をする。

 しかし代表選手達にのしかかったのはレベルの差の問題だけではなかった。戦争の近づく不穏な社会情勢も彼らに影響を与えていた。当時日本の植民地だった朝鮮から選ばれていた金容植選手には朝鮮蹴球協会から参加を辞退するように要請されていた。代表選考試合で朝鮮のチームが日本のチームに圧勝したにもかかわらず、朝鮮からはわずかしか選ばれなかった(当然のことながら民族差別であろう)ことへの抗議だった。金選手は悩むが民族の誇りをかけてオリンピックへの参加を決意する。

 昭和11年6月、日本代表団がベルリンに向かう。彼らはベルリンで地元のクラブチームとの練習試合を行う。相手はベルリンでも最下位を競うような弱小チームだったのだが、日本代表チームは3対0で完敗してしまう。この試合結果で日本代表チームはヨーロッパのメディアに酷評される。しかし彼らはこの試合で、自分たちの守備陣形が根本的に古かったことを学ぶ。そこで本番直前にして急遽守備陣形を変更する。

 そしてオリンピック本番、日本代表チームはいきなり優勝候補のスウェーデンと衝突する。スタジアムにはスウェーデンの圧勝を見ようと6000人の観客が押しかける。体格・技量共に圧倒的に劣る日本チームにおよそ勝ち目があるとは思われなかった。

 いよいよ試合開始。試合開始早々スウェーデンの攻撃を前にして、日本の付け焼き刃の守備陣形は脆くも崩れ去る。前半24分にスウェーデンが得点を挙げ、日本は全く攻めることの出来ないまま2対0で前半が終了する。誰もが敗北感にうちひしがれている時、鈴木監督が意外な言葉を発する「みんな調子が良いぞ。うまくなっている。後半頑張れば今日はきっと勝てる」。選手達はこの言葉で奮起する。

 後半開始、日本選手の動きは見違えるように良くなる。そして後半4分、日本のエースストライカー川本がシュートを決める。さらに14分、今度は右近がシュートを決め、ついに同点となる。日本が追いついたことで、スタジアムの空気は一変、観衆が日本を応援し始める。そして残り5分、松永がついに逆転シュートを決め、優勝候補スウェーデンに対して勝利を収める。日本の勝利はすぐさま全ヨーロッパに伝えられる。

 

 ヨーロッパでは未だに語り草になっているという伝説の試合であるらしいが、なぜか日本では知名度はほとんどない(やはりベルリンオリンピックと言えば「前畑がんばれ!」が一番有名)。多分、優勝候補のスウェーデンを破るという大金星は挙げたものの、メダルを取ったとかそういうわけではないというのが原因だろうか。この番組では、この後にすぐ戦争があって、戦後はアメリカの影響で野球が全盛になるのでそれで隠れてしまったのではと解説していたが、私は日本のメダル至上主義の方に原因を求める。

 なおこの大会で活躍した朝鮮の金選手は、戦後に朝鮮のサッカーに貢献したそうである。一方、日本の選手の中の多くはこの後の戦争で犠牲となっている。あのアホな戦争のせいで多くの有為の人材が散ったということである。

 オリンピックがもうすぐということで、タイムリーなネタとしてこれを持ってきたのだろう。ただ歴史的事件としては価値があまりない(笑)。まあ何を持って「歴史」と言うかという問題もあり、確かに権力者の話や政府の話だけが歴史ではないのは事実であるが。

 

5/5 その時、歴史が動いた「子どもの心に歌を〜大正・童謡誕生物語〜」

 大正5年、夏目漱石門下の作家・鈴木三重吉は娘が生まれたことから、彼女に与える本を買いに本屋に行く。しかし本屋には愛国心を煽るような類の馬鹿本しか置いてないことに彼は愕然とする。日露戦争の影響がまだ残る当時は、子どもの想像力を刺激する類の本は存在しなかったのである。

 そのことに疑問を感じた彼は、その疑問を自分の仲間達にぶつけたところ、彼らも同様の疑問を感じていたことが明らかになる。そこで彼は新しい児童雑誌を創刊することを決意する。こうして大正7年7月、児童雑誌「赤い鳥」が創刊される。この創刊号に名を連ねたのは、芥川龍之介、島崎藤村、泉鏡花、徳田秋声など気鋭の作家を集めたそうそうたるメンバーであった。そしてこの雑誌の巻頭を飾ったのが、北原白秋の子ども向けの詩であった。この詩は独特のリズムを持つもので「童謡」と呼ばれた(つまりこの時点での童謡は歌ではなく、詩だったのである)。

 赤い鳥のために、全国の小学校を回って小学生の詩などを集めていた三重吉は、ある時、赤い鳥に掲載されている詩に曲をつけて楽しんでいるという手紙を受け取る。この時代は子どもたちに歌える歌がほとんどなかった(歌の方も愛国心を煽るタイプの馬鹿歌ばかりだったようだ)。ここで三重吉は童謡にメロディをつけることを思いつく。

 しかし北原白秋は三重吉の考えに反対だった。そこで三重吉は歌のための詩を書いてくれる詩人を探し、西条八十に行き当たる。彼は生活苦から詩を断念していたのだが、三重吉の訴えに応えて彼は「かなりや」の詩を書き上げる。この詩には子どもたちに希望を失くさないで欲しいという心がこめられていた。

 次に三重吉はこの詩に合わせる曲を作る作曲家として、小学校で音楽を教えながら作曲家を志していた成田為三に白羽の矢を立てる。彼はこの仕事に奮い立ち、2ヶ月後に三重吉の元に楽譜が届く。この楽譜は赤い鳥に掲載される。

 しかしこれに対する反響はほとんどなかった。それは当時楽譜を読めるものがほとんどいなかったことによる(三重吉自身も譜面が読めなかったという)。子どもたちに歌を届けたいという三重吉の思いはここでしぼみかける。しかし一ヶ月後、成田が自分が音楽を教えている学校に三重吉らを招待し、彼らに小学生が歌うかなりやを聞かせる。これに心から感動した三重吉は、この子どもの声をそのままレコードにして全国に伝えることを決意する。

 そして大正9年6月、日本初の童謡のレコードが誕生する。このかなりやは全国で大ヒットし、その後続々と童謡が誕生する。

 その後、童謡は、日中戦争勃発後には馬鹿軍部によって「軟弱である」との理由で弾圧を受けるが、戦後に学校教育に復活し、今日に至っている。

 

 子どもにとっての文化の貧弱さを目の当たりにし、それに生涯をかけた人物のエピソードである。今日でも歌われている童謡の多くが、実はこの時代に誕生していたとは、恥ずかしながら私もよく認識していなかった。

 ただ子どものための歌がなくなっているのは今日も同じような気がする。最近の子どもが歌っている歌には、残念ながらろくなものがない。しょうもない歌謡曲(3ヶ月ほどで消えてしまううえに、内容も極めて乏しい)でなく、もう少し子どもの情操面を育てる歌が必要だと感じてしまう。童謡が学校教育に取り入れられたことで、逆に童謡=ダサイ歌というイメージが子どもに出来てしまっているのが問題である(とにかく学校教育に取り入れられると、どんなものでもつまらないものになるのは事実である)。三重吉が今日に生きていれば、今の状況をどう思ったであろうか。

 

4/28 その時、歴史が動いた「女優誕生〜マダム貞奴、「オセロ」初演の時〜」

 今回の主人公は日本初の女優であるマダム貞奴。今一つ知名度に欠ける人物であるが、大分昔に大河ドラマの主人公になったことがある。その時は貞奴を松坂慶子が、夫である川上音二郎を中村雅俊が演じたのだが、二大大根役者の共演で「芝居が下手すぎて見るに堪えない」と酷評されていたのが記憶に残っている(私も見たことがあるのだが、主役の演技力云々以前に、そもそもドラマとして全く面白くなかった)。今回の番組でもその時の映像を使用していたようである。

 売れっ子の芸者であった貞は、政治風刺をこめた「オッペケペ節」を流行らせていた川上音二郎に出会い結婚する。貞は新演劇に邁進する音二郎を裏方として支える。音二郎は莫大な借金をして劇場を作るが、失敗。アメリカに活路を求めた音二郎と共に貞は渡航する。しかし女形だと観客が気味悪がると興行主に言われ、そこで貞は初めて舞台に立つことになる。その後、興行主に売り上げを持ち逃げされて食うや食わずで放浪したりなどの苦難を続けながら、貞はアメリカでの演劇のあり方を体験。観察に根ざした演技、女性も男性と同じく俳優になっていることなどに感銘を受ける。

 明治33年イギリスに渡った貞奴一行は、イギリス王室の直々の招きを受け、ここで貞奴は皇太子の絶賛を浴びる。6月、パリの万国博覧会で講演した貞奴の演技はヨーロッパでブームを巻き起こす。

 外国での絶賛をバックに帰国した川上一座、しかし帰国後の反応は冷たかった。川上一座の演劇は国辱ものとの罵倒まで浴びる。

 川上一座の再興をかけて音二郎は「正劇」と呼ぶ欧米のドラマを演じることを考える。演目は「オセロ」。これを成功させるには貞奴が舞台に立つことが必需であったが、帰国後の貞奴は日本での女優に対する風当たりの強さから舞台に立っていなかった。

 しかし音二郎の説得と、かつてアメリカで見た役者の姿を思い出したことで、貞奴は舞台に立つことを決意する。

 あの貞奴が舞台に立つ。それが評判を呼び、近代演劇の行く末に関心を持っていた多くの文学者(坪内逍遙や森鴎外、尾崎紅葉なども来たらしい)達も集まった中で舞台の幕が開く。貞奴の演技は評判を呼び、絶賛を浴びる。日本において初めて女優が確立した瞬間だった。

 日本では歌舞伎の影響で、女性が舞台に立つことが禁じられていたとのことであるが、そもそもは歌舞伎で女形が登場したいきさつ自体が「風紀を乱す」として舞台に女性が立つことが禁じられたからである。実はそれ以前には舞台に女性が立つことは珍しいことではなかったのである。それがいつの時代でもそうであるが、だんだんと内容が低俗化するにつれてきわどい内容になり始め、ついには権力によって禁止されるに至ったという次第である。現在でもバラエティなどの内容の低劣さを見れば、女性がテレビに出ることを禁止したい堅物もいるのではないか(笑)。

 日本では「女性は家庭に」という道徳が昔から確立されていたように言われるが、実はそのほとんどは江戸時代以降のシステムであり、実はそれ以前の時代には意外と男女同権の部分もあった(中には巴御前のような女武者の例もあるが)ということが最近に明らかになっている。だからよく保守系政治家などが「日本では古来より女性は家庭にというようになっていた」などと主張する時は注意しておく必要がある。どうも日本では保守と呼ばれる連中は、女性差別やアジア人差別などの差別が大好きなようである(石原慎太郎の発言を聞いていればよく分かる。彼の場合は差別意識が人格の根幹をなしていると言ってもよいほどである。)が、これは自身の劣等感の裏返しであることに注意。

 

4/21 その時、歴史が動いた「信長暗殺を命じた男〜新説・本能寺の変 浮上した黒幕〜」

 本能寺の変の原因については諸説紛々である。メジャーなところでは怨恨説(光秀に対する信長の今までの仕打ちが恨みとなっていた)などがあるが、これ以外にも野望説(光秀が天下を取る野望にとりつかれたというもの)、黒幕説(何らかの黒幕が光秀を操った)、共謀説、UFOからの怪電波説(笑)などが存在するが、この中で黒幕説を採り、さらにその黒幕が誰だか判明したというのである。

 まず番組は黒幕の可能性として朝廷・将軍・本願寺の三者を挙げ、この中から真犯人を見つけるという形式で行っている。

 これらの三者は共に信長に対して危機感を持っていたが、本願寺については本能寺の変の時点では信長と講和して石山本願寺の立ち退きを行っており、この時点で信長暗殺を行う力も動機もないとしている。

 残った朝廷と将軍の両者であるが、これは共に本能寺の変の時点で信長に対して殺意を持つべき理由があったという。本能寺の変の直前、勢力を伸ばしていく信長を懐柔するため、朝廷は「欲しい官位は何でも与える」という最後の大きな妥協をしている。しかしこれに対して信長は「天皇の元を訪れて解答する」と答えており、即答していない。もしここで信長が官位をいらないと言えば、それは朝廷の権威を認めていない意志になり、朝廷の権威は大いに傷つくことになる。朝廷内ではそれを恐れる空気が強かったという。

 またここで信長が将軍になったとしたら、将軍・義昭にとってはもはや自分の存在そのものが否定されることになり、これは死命を制されてしまうことになる。だからこの時点での義昭は相当な危機感を持っていたはずである。

 さてこのどちらが真の黒幕であるかを証明する資料が見つかったというのである。それは光秀が乱の直後に雑賀にあてた文書である。この文書は今までは乱の5年前に書かれたものと言われていたのだが、文書の形式などの研究から、乱の直後に書かれたことがほぼ確定したというのである。そしてこの文書の中には、上意という言葉と、御入洛という言葉がみられるとのこと。つまり光秀よりも上の地位の者で、さらにこの時点で京都にいなかった者ということになるので、これは将軍・義昭をさすのだという。

 果たしてこれだけで決めつけて良いのかどうかは怪しいところはあるが、確かに義昭黒幕説というのも筋は通る。そもそも光秀は義昭の配下であったし、光秀は秀吉と戦う前に細川藤孝の助力を期待していたことは知られているが、彼は光秀と共に義昭の配下であった。もし義昭が黒幕なら、光秀は藤孝も呼応するように聞かされていた可能性がある。

 何にせよ、この事件の真相については未だに決定打はないので、今後もいろいろな説が出てくることだろうと思われる。

 

4/14 その時、歴史が動いた「日本の運命を背負った少年たち〜天正遣欧使節・ローマ教皇謁見の時〜」

 鉄砲などの近代兵器をいち早く取り入れだ織田信長が天下を統一しようとしていた戦国末期、多くの宣教師が日本に布教のために訪れていた。しかし多くの宣教師は日本人を野蛮人と見下し、祈りの言葉を教えるだけで、キリスト教の教義などを教えることはなかった。そのような状況が変化するのは、1579年にイエズス会の重鎮・アレッサンドロ・ヴァリニャーノが来日してからだ。当初は日本人は野蛮人であるとの報告を受けていたヴァリニャーノであるが、来日して自分の目で日本を見ることによって、日本には西欧とは異なるが高度な文明を持った国であると理解する。

 ヴァリニャーノはそれまでの布教の方法を改め、有馬にセミナリヨを開き、キリシタン大名の子弟などにキリスト教と西洋の学問を教える。そこで彼は日本人の優秀さに驚く。また織田信長がキリスト教に関心を示していたことなどから、日本にキリスト教国を作れるのではないかと考え、ヨーロッパに日本の少年を派遣することを考える。こうして遣欧使節として派遣されたのが伊東マンショ、千々石ミゲル、原マルチノ、中浦ジュリアンの4人である。

 彼らはイエズス会の指示でインドにとどまることになったヴァリニャーノと途中で別れながら、2年半をかけて1580年にヨーロッパにたどり着く。彼らは当時スペインとポルトガルを支配していたスペイン王・フェリペ2世と謁見することになる。当時のスペインは世界各地を支配しており、そのスペインに日本を文明国と認識させることが彼らの使命であった。

 彼らはかつてヴァリニャーノに受けていたアドバイスに従って、あえて和服で謁見する。これは日本を独自の文明を持つ国として認識させることだった。フェリペ2世は、彼らが持っていた刀などの高い技術水準や、縦書き文字などの独自の文化に感心し、日本を独自の文明国と認識する。

 フェリペ2世との謁見の成功で、彼らの名は全ヨーロッパにとどろく。そしてついに1585年3月23日、ローマ教皇との謁見の時を迎える。ローマ教皇・グレゴリオ13世は遙か極東から訪れた彼らに、涙を流して感動したという。

 こうして日本の存在をヨーロッパに知らしめた遣欧使節であるが、彼らは帰国するやいなや歴史の激動に飲み込まれる。彼らが出航した直後、織田信長が本能寺で死亡し、後継者である秀吉は、宣教師たちが日本征服を目論んでいるとして1587年、伴天連追放令を発布し、キリシタン弾圧を開始していた。彼らが帰国したのはこの直後であった。

 伊東マンショは1612年に長崎で病死、原マルチノは1629年に追放先のマカオで病死、中浦ジュリアンは日本で布教をした罪で1633年に刑死、千々石ミゲルはキリスト教を捨てて消息不明になる。

 華々しい成果にもかかわらず、時代の流れに見放されて悲劇的な最後を遂げざるを得なかった彼らが痛々しい。なお実はこの時代は彼らだけでなく、他にも大名などから派遣された使節もあるのだが、いずれも帰国後には悲惨な末路をたどっている。秀吉がなおキリスト教を禁じたのは、イエズス会が日本支配を目論むフェリペ2世の先棒を担いでいると判断したからだが、これについてはあながち誤解とも言い切れないだけに、なんとも評価の難しいところだ(スペインが各地でキリスト教の布教と侵略を同時進行していたのは事実である)。

 なおこの番組のゲストの美術史家の若桑みどり氏が「この時初めて日本が世界史に認められた」とかの類のことを言っていたが、あまりにヨーロッパ中心的な考えであるのは気になった。正確に言うならば「この時初めて日本がヨーロッパ史に認められた」である。日本は何もそれまで引きこもっていたわけではなく、アジア社会においてはそれなりのプレゼンスを示していたからである。よくある「コロンブスのアメリカ発見」みたいな無意識にヨーロッパ中心思考に染まってしまっているパターンではないだろうか。なお私はむしろ戦国時代を「初めてヨーロッパが日本史に認められた」時だと考えている(笑)。

 

4/7 その時、歴史が動いた「大阪城は超ハイテク要塞だった」

 大坂夏の陣における大阪城落城は、徳川家康が和議の条約を破って堀を埋め立てたことによると言われている。なぜ、家康がそこまでなりふり構わずに堀の埋め立てを行ったのか(どう考えてもだまし討ちと後々罵られるのは確実であるにも関わらず)。それを大坂城の遺構から分かった堀に注目しているのが今回である。

 秀吉が築いた大坂城は、城下町全体を惣堀と言われる堀で囲んでいた。この堀が攻防の要になる。

 秀吉の死後着々と権力を固めた徳川家康は、20万の軍勢を集め、万全の体制で豊臣家打倒に立ち上がる。これに対して豊臣方についたのは多くが行き場のない浪人であった。圧倒的に豊臣方が不利と考えられたこの戦いで、意外にも家康は苦戦することになる。

 大坂城の攻防で大活躍されたと伝えられているのが真田幸村である。幸村は大坂城の南方に真田丸と呼ばれる出丸を築き、徳川軍に大打撃を与えたとされている。この活躍は幸村が巧みな心理戦を仕掛けたためと言われていたのだが、実は堀の方にも最新技術が駆使されていたことが分かったというのだ。

 大坂城の堀は底に高さ1.5メートルもの障壁が作られた障子堀になっていたという。この中には泥水が張られ、ここに落ちた兵は身動きがとれなくなる。さらに堀の奥にはトーチカが築かれてあり、そこから軍勢を狙い撃ちできるようになっていたのだという。このトーチカはヨーロッパの城から取り入れた可能性があるとしている。大坂城は銃撃戦を想定した近代的な要塞であったというのだ。

 徳川軍は堀を一歩も越えることが出来ないまま冬を迎える。燃料と食糧が尽き、兵は飢えと寒さに苦しむことになる。正攻法では大坂城を落とせないと考えた家康は、心理戦に切り替える。家康は夜な夜な兵にときの声を上げさせ、豊臣方に精神的プレッシャーをかける。また昼には天守閣を狙って砲撃を行わせる。そしてそのうちの一発がたまたま淀君の部屋を直撃し、侍女に死者が出る(この時の映像は明らかに以前の河ドラマのものを使用していた)。

 豊臣方を精神的に追い込んだところで、家康は満を持して和議のための使者を送り込む。家康は使者として阿茶の局を送り込む。阿茶の局は徳川方が兵を引く代わり、家康の面目を施すためとして、惣堀を徳川方に埋め立てさせることを提案する。しかしこれこそは城攻めにもっとも障害となった堀を埋め立てるための家康の陰謀だった。和睦が成立するや、家康は7万の兵を動員して突貫工事で惣堀のすべてをわずか3日で埋め立てる。和議の条件では徳川方はここで兵を引くはずだったのだが、家康は秀忠に二の丸三の丸の堀も「三歳の子でも上り下りできるように埋め立てよ」と言い残す。強引に堀を埋め立てる徳川方に、当然豊臣方は抗議する。秀忠はその抗議を無視して堀の埋め立てを続けるが、実はその工事は難航していた。二の丸の堀は巨大な上に、周囲には埋め立てのための土もなかった。そのため堀の発掘跡からは瓦や石垣の石、果ては瓶などの日用品まで埋め立てに使われていたという。

 家康に抗議の使者を送った豊臣方は、一ヶ月後ようやく家康に面会することが出来る。しかし家康は堀を戻すように指示をすると言いながら露骨に時間稼ぎをする。

 徳川方にも余裕がなかったことは遺構からうかがえるという。食糧の尽きた徳川方は作業用の牛まで食べていた跡が見つかったという。後に言われているような徳川方の余裕の圧勝ではなく、徳川方にとっても実は紙一重の勝利だったのだという。こうして本丸を除いてすべての堀を埋め立てた後、家康は満を持して大坂城攻めを行い、裸城となった大坂城は三日で落ちる。

 堀に注目して、いかに堀の役割が大きかったかに注目したのが今回の特徴である。ゲストの堺屋太一氏が堀を核兵器に喩えていたが、この喩えは適切さを欠いている。堺屋氏は堀を「それがあったら攻めるに攻められない最終兵器」として捉えたようだが、堀は攻撃兵器ではないのだから、純粋な攻撃兵器である核兵器とは全く異質のものである。適切な表現が浮かばなかったんだろう。

 なお堀に注目したという点は新しくはあるのだが、全体としては「今まで何度もやってきた内容」。新事実としては徳川方にとっても実はかなりの苦戦だったという部分だけで、面白くはあるがインパクトは弱い。

 ところで後になってみれば、豊臣方としては結局はここでの弱腰が致命傷になったということになる。徳川方が二の丸の堀を埋め始めたところで、和議違反として即刻に攻撃を仕掛けていたらまた歴史の展開も変わったかも(和議が成立した時点で豊臣方は浪人たちを解雇してしまっており、兵がいなかったとの話もあるようだが)。ただ大坂方にその決断の出来る人物はいなかったのだろう。結局は交渉上手の家康が勝ったということである。子供時代から苦労した叩き上げの狸親父の前では、淀君などただの世間知らずのお嬢である。その時点で勝負は見えていたと言うべきか。

 

3/31 その時、歴史が動いた「さとうきび畑の村の戦争〜新資料が明かす沖縄戦の悲劇〜」

 軍人ばかりでなく多くの民間人を巻き込んでの犠牲者を出した沖縄戦。最近、アメリカで見つかった日本軍の作戦資料によってその実態が分かってきたというのである。番組では47%もの村民が犠牲なったというさとうぎびの村・西原村を舞台にして沖縄戦の実状を描いている。

 1945年、米軍の本土攻撃も迫っていた頃、軍部は沖縄防衛戦について「本土攻撃の前になるべく米軍に出血を強いる」ことを方針としていた。しかし沖縄に駐留する軍隊7万だけでは持久戦は不可能であった。そこで軍部は民間人を防衛隊に根こそぎ動員をかけた。アメリカで見つかった資料によると、17歳から45歳の男性の9割が召集される計画であったことが分かったという。しかし避難者などがいたりで人数が確保できず、その結果老人や少年などの対象年齢外の男性も召集されることになったという。そして女性だけが残された村に疎開命令が出るが、北部まで歩いて行くしかない上に、食料を現地調達することを義務づけられており、実質的に残された者達には疎開は不可能であった。そして米軍はやってくる。

 4月1日、米軍18万の上陸が開始される。北部から拠点の首里を目指した米軍に対して、西原付近で激戦が開始されることになる。米軍の圧倒的な火力の前に昼間の正面攻撃が不可能であることを悟った軍部は、「斬り込み」と呼ばれる夜間特攻を行うことにし、これに防衛隊を動員する。この斬り込みによって多くの犠牲者が出るようになる。また村に潜んでいた女性や老人達もアメリカ軍の銃撃を受ける。米軍がこのような無差別虐殺に及んだのは、現地住民を装っての斬り込みを警戒してのものだという(日本軍が女性を装って斬り込みを行うという計画は事前に米軍に漏れていたという)。

 5月末、西原は突破され、日本軍司令部のあった首里が陥落する。軍部及び西原村の住民も南部の喜屋武に避難するが、そこでさらに過酷な運命に直面する。

 喜屋武半島に逃げ込んだ住民達は、海陸からの猛攻撃にさらされる。西原村の住民達は、ガマと呼ばれる洞窟に逃げ込むしかなかったのだが、そこは既に日本軍や地元の住民が逃げ込んでおり、彼らは逃げまどうしかなかった。またアメリカ軍に捕まると残虐な仕打ちを受けると聞かされていた村人達の多くは自殺した。

 6月23日、沖縄の司令官が自決し、日本軍の組織的抵抗は終結する。しかしその後も戦闘は継続された。そして9月7日沖縄戦が公式に終結する。

 目を覆いたくなるような惨状である。日本が無条件降伏したと聞かされた仲間が「ああ、これで父ちゃん、母ちゃんに会える」と言ったというのが印象的。ただ彼らが帰ったときには、その父ちゃん、母ちゃんの多くは既に死んでいた。

 このような体験をした沖縄が未だに反戦意識が強いのは当然である。いつの時代でも戦争をやりたがるのは、戦争で悲惨な目にあったこともなく、また危険な目に遭う可能性もない連中ばかりである。また戦争をしたがる連中は沖縄戦の現状を直視することを避ける。だから戦争大好きの小泉総理も、沖縄に対しては非常に冷淡(沖縄をまともに訪問したこともなかったのでは)であるのは有名で、むしろ沖縄戦の事実自体を葬りたがっているようである。

 それにしても日本軍が最初から住民を巻き込んでの戦争を想定していたというのに呆れさせられる。実際、米軍にではなく日本軍に殺された住民も多かったとの話もある。この辺りも「軍隊は国民を守るためのもの」なんてのが実は詭弁にすぎないということが分かるのである。

 

3/3 その時、歴史が動いた「大久保利通 新生日本を救う〜回避された「幻の日清戦争」〜」

 明治7年、日本の台湾出兵を発端に日清間の緊張が増加、戦争直前の一触即発の状況の中、戦争回避に動いた大久保利通の話である。

 ことの発端は、台湾南部に漂着した琉球船の船員が現地民に暴殺されたことにある。当時の国際情勢は複雑で、台湾には清の役所はあったものの、その南部は事実上清の支配が及んでいなかったし、琉球は薩摩に支配されながらも清に朝貢をしているという両国に二重に属している状態にあった。

 琉球船員殺害事件に関連して、日本は清に謝罪を求める交渉を行うが、ここで清は「台湾南部には清の支配は及んでいない」と言明する。そこで日本国内では清の支配の及んでいない地域であるなら出兵してもよかろうという話になり、西郷隆盛と弟の従道を中心に出兵の準備が進められる。なおこの出兵の背景には、琉球が日本の支配下にあると言うことを国際的に明言するという意図と、不平士族達の不満に答えるという意図があったという。

 その頃、大久保は不平等条約の改定を目指して外遊中であった。大久保は不平等条約の改定はならなかったが、欧米の視察を行って、現在の世界情勢は弱肉強食の世界であることを実感して帰国する。

 帰国した大久保が直面したのは、征韓論の嵐であった。朝鮮への出兵を目指す西郷隆盛に対して、大久保は朝鮮出兵はロシアなどの大国の介入を促すし、日本の出兵は時期尚早であると反対する。

 しかしこのことが士族の不満に火をつける。そこで大久保は不平士族の不満をそらすために、台湾への出兵を承認する。しかし大久保はあくまで琉球船員殺害に対する報復に限定するつもりでいた。しかし佐賀で不平士族による反乱が勃発、大久保がその鎮圧のために東京を離れている間に、総司令官に就任した西郷従道によって台湾占領へと方針が変更されてしまう。

 またこの出兵には中国に権益をもつイギリスなどが猛烈な反発をする。列強を敵に回すことを恐れた大久保は出兵を取りやめさせようとするが、西郷従道は出兵を強行してしまう。

 日本の出兵により、清との緊張感が高まる。このままでは戦争に発展する恐れがあった。そこで戦争を回避するために大久保は清に飛ぶ。しかし萬国公法に基づいて清に台湾南部を統治している証拠を求める大久保に対して、清の代表はのらりくらりとした返答で解答をはぐらかす。大久保の交渉は一向に功をなさず、ついに交渉は決裂に直面する。

 ここに来て大久保は激しく動き始める。本音では清も戦争を望んではいないという情報をイギリス公使などの感触から得ていた彼は、まず彼は双方が納得できる落としどころを考える。日本にとっては名誉を保つために賠償金を得るということが絶対条件である。清としては台湾の主権に関して清の面目を保つことができれば合意が可能であると見当をつける。この妥協案を持って大久保はイギリス公使の元を訪れる。中国での権益の確保を重視するイギリスは、絶対に戦争を望まないはずであるとの読みであった。

 大久保の読み通り、イギリスの積極的な仲介によって事態は動き始める。清は賠償金で決着をつけるという方法に興味を示し、日本の要求額よりはかなり低い額であるが、賠償金を払うことに同意する。今は戦争を回避することが重要だと考えた大久保は、独断で清との合意を決意する。

 こうして大久保の活躍によって、維新間もない日本が外国と戦争をするという事態は回避されたのである。なおこの時に日本が清と戦争をしていたら、未だ発展途上の日本では勝利は覚束なかったと思われる。もし戦争が泥沼化してしまえば、列強(特にロシア)などの介入は必至で、一気にアジア情勢が流動化し、日本としては国家の危機を招いた危険があった。その意味でここでの戦争回避の大久保の判断は正しかったと言える。

 しかし大久保はこの後「国益に反した妥協を勝手にした」として不平氏族らに暗殺される(いつの時代にもこういう近視眼的な輩はいるものである。そしてこういう輩が国の主導権を握り出すと、国が滅ぶのである。)。まだ国の体制が安定していなかった時代だけに、諸々の勢力が血なまぐさい抗争を繰り広げていたあおりを食ったと言えよう。

 

2/18 その時、歴史が動いた「日露開戦 男たちの決断〜明治日本 存亡をかけた戦略〜」

 日本がまさに国家の存亡を賭けて大国ロシアと闘った日露戦争。その経緯を海軍大臣の山本権兵衛・外務大臣の小村寿太郎の二人を通して描いている。

 日清戦争に勝利後、41歳で抜擢された山本権兵衛は人事の刷新及び装備の新鋭化を実行する。彼は10年で90隻もの戦艦を建造する計画を立てて、国家予算の半分を軍事に投入して艦船の充実を目指す。

 その頃、日本に対して思いがけない国から思いがけない提案が行われる。それはドイツからの日独英三国で同盟を締結しようと言うものであった。イギリスはそれまでは「栄光ある孤立」という政策をとっていたのだが、南アフリカへの侵略戦争で苦戦、アジアまで手が回らなくなり、アジアでの権益をロシアに侵害される恐れを感じ、アジアで勢力を張りつつあった日本と同盟することを考えたのである。

 この時から日本の政府はロシアと組むかイギリスと組むかで二つに分かれる。親ロ派の伊藤博文はニコライ2世との謁見を求めてロシアに、親英派の小村寿太郎はイギリスと交渉を開始する。伊藤が先行してロシアとの交渉をまとめつつあったが、それに危機感を感じた小村は天皇の側近たちを説得して、日英同盟を締結してしまう。それを知った伊藤はロシアとの交渉を諦めて帰国する。

 日英同盟の締結は、ロシアへの抑止力となると思われた。しかしロシアで政変が起こり、対日強硬派が主導権を握り、日露間での緊張が高まり始める。ここに来て日本政府内では開戦やむなしとの意見が大勢を占める。ただ山本は十分に体制を整えることを主張、アルゼンチン海軍のためにイタリアで建造中だった二隻の巡洋艦を、イギリスの仲介によって急遽購入。イギリスの援護によって日本に回航することに成功する。こうして万全の体制を整えた日本はロシアに開戦、甚大な被害を出しながらもロシアに辛勝する。

 日露戦争開戦までの過程を描くという地味な企画(笑)。CGで再現した日本艦隊の映像は、この番組の懐かしの第1回放送の目玉だった映像である。ところで日露戦争当時のロシア皇帝・ニコライ二世は実は日本贔屓であったという話が残っている。かの有名な大津事件(ロシアの皇太子に日本の巡査・津田三蔵が斬りかかったという事件)の時のロシア皇太子が彼であったのだが、この事件が結果としては大事に至らなかったのは、彼の配慮があったとの話もある。こういう人物と日本が戦争になってしまったというのはある種の悲劇に思えてならない。

 

1/28 その時、歴史が動いた「明治天皇あんパンを食す〜リストラ武士・木村安兵衛の挑戦」

 

プロジェクトR「和魂洋才、あんパンに賭けた夢〜リストラ武士、再起への挑戦」

 明治初期、東京の街は職を失くした武士であふれかえっていた。そんな中、一人の武士が立ち上がった。彼はそれまで日本になかった全く新しい食品に自分の未来を賭けようとしたのだった。しかしその試みは想像もしなかった苦難の連続となった。そんな時、生まれた逆転の発想。そしてすべてを賭けた大勝負。今日は日本の食卓に革命をもたらした一人の男の物語である。(ナレーション・田口トモロヲ)

♪風の中のスーバール

膳場「プロジェクトR〜挑戦者たち 今夜は画期的食品「あんパン」を始めて作り出した男達の物語です」

国井「見てください、膳場さん、こっちに今、日本で売り出されているあんパンの一部を集めてきたんですが、こんなに多くの種類があるんですよ。」

膳場「うわっ、すごいですね。これでもまだほんの一部なんですか?」

国井「そうなんです。あんパンは今や日本ではこんなに愛される食品となっているんですね。しかしこれを始めて作った時は大変だったんです。何しろ日本にパン食の習慣が全くなかった時代だったんですから。」

膳場「物語は幕末直後に遡ります。」

 

 1868年、明治維新によって幕府は消滅、東京の街には職をなくした多くの武士達が存在していた。一人の生活に窮する武士がいた。木村安兵衛51歳、下級武士の家来であった彼は、幕府の崩壊によって真っ先に仕事を失った。職のない安兵衛はやむなく、仕事のない武士達の職業訓練所である授産所に通う毎日を送っていた。しかし彼はそこで運命的な出会いをすることになった。

 ある日のことだった。安兵衛は一人の職人が麦の粉をこねているのを見た。興味を持って見守る安兵衛の前で職人が作り上げたものは、安兵衛が今まで見たことのない食べ物だった。「これはなんだ?」「これはパンです。西洋人はいつもこれを食べています。」「これだ!」

 手に職のない安兵衛には、今更何かの商売を始めても到底勝ち目はなかった。しかし誰もやっていないパン屋なら、今からでも勝負が出来る。急いで家に帰ると安兵衛は家族に打ち明けた。「パン屋を開こうと思っている」「それはいい」西洋文化に興味を持っていた息子の英三郎は直ちに賛成した。しかし大きな問題が存在した。安兵衛が失業していた木村家にはパン屋を開業するための資金がなかった。「やはり無理か・・・」安兵衛は呻いた。

 その時だった。妻のぶんが小さな袋を差し出した。その中には金が入っていた。苦しい家計の中でぶんが必死でやりくりして貯めたものだった。「これを使ってください。」安兵衛は妻の心に胸が熱くなった。

 1869年、安兵衛は新橋に日本初のパン屋「文英堂」を開業した。安兵衛は息子英三郎が横浜で知り合ったコックにパン焼きの技術を学び、西洋のものに劣らないと自負するパンを焼き上げられるまでになった。「これは絶対に売れるはずだ」安兵衛は自信満々でパンを売り出した。

 だがパンは全く売れなかった。塩味しかなく、しかもビール酵母のクセのあるパンは、米食に馴染んでいる日本人の舌には馴染まないものだったのだ。しかし安兵衛は挫けなかった。「絶対にパンを日本人の食卓に上らせてみせる」安兵衛は決意を新たにパンを焼き続けた。

 しかし信じられないことが起こった。1872年2月、東京で大火事が発生、2万人以上が焼け出さされる被害が発生した。安兵衛のパン屋も石造りのパン焼き窯を残して全焼した。安兵衛は呆然とした。

 

膳場「ここでゲストの方をご紹介します。日本で始めてあんパンを作られた木村安兵衛さんの息子さんの木村英三郎さんです。」

英三郎「こんにちは」

国井「お父さんがいきなりパン屋を始めると言い出した時は、どう思われましたか。」

英三郎「いえ、当時の私はかなり西洋かぶれの青年でしたので、おっ、これはいいぞとすぐに賛成しました。」

膳場「しかし開業のお金がなかったんですよね。」

英三郎「そうなんです。男どもはそういうことは全く考えてなくて(笑)。結局それは母が用意したのですが、あの生活の中でよくあれだけの金銭をやりくりしたものだと、父は感心してました。多分、一生感謝していたと思います。」

国井「しかしそうまでして作ったパンが全く売れませんでしたよね。どうでした?」

英三郎「いや、あれは本当にまいりました。何しろ店を一日開いていても一つも売れない日もありましたから。まさかここまでパンが日本人に受け入れられないとは思ってもいませんでしたから。」

国井「しかもその店まで全焼。」

英三郎「本当にこの時は最悪の状態でしたね。ただパン焼き窯は残ったのがせめてもの幸いでしたが。」

膳場「こうしてどん底の状態に陥ったプロジェクト。しかしここで一つの転機が訪れます。」

 

 1873年3月、安兵衛は急ごしらえのバラックでパン屋を再開した。しかし思いがけない出来事が発生した。今まで全く売れなかったパンが飛ぶように売れ始めたのだ。これは、パン食によって脚気が回復したという桂弥一の話によるものだった。当時不治の病と思われていた脚気にパンが効くというウワサが瞬く間に広がり、患者の家族達がパンを求めて殺到したのだった。

 しかしパンが売れても安兵衛の心は浮かなかった。「このままではパンは食べ物ではなく、薬になってしまう」。実際、脚気騒動が収まると共に、パンは再び全く売れなくなってしまった。

 いつまで経ってもパン食を日本に定着させることが出来ずに悩み続けていた安兵衛。ある日、彼はある西洋風の食べ物が話題を呼んでいるという話を聞いた。「牛鍋」それは牛肉を味噌や醤油で日本風に味付けしたものだった。「これだ!」安兵衛の頭に閃くものがあった「パンも日本風の味付けにすれば受け入れられるのではないか」。その時、安兵衛の頭に一つの食べ物が浮かんだ。饅頭であった。「パンにあんを入れれば日本人に受け入れられるパンが出来るに違いない。」

 安兵衛は早速パンにあんを入れ、パン生地にも砂糖を練り込んで焼いてみた。しかし窯から出てきたそれは、安兵衛がイメージしていたものとはほど遠いものだった。不様に焼けこげ、あんは飛び出し、パンとも言えない代物だった。実はビール酵母は糖分の多すぎる環境では発酵できないのだった。何度挑戦しても、パンはうまく焼けなかった。プロジェクトはいきなり暗礁に乗り上げた。

 ある日、安兵衛が言った「饅頭は酒の酵母を使っている。酒の酵母をパンに使ってみたらどうだ。」それから安兵衛達の不眠不休の検討が始まった。1873年、ついにパンは焼き上がった。日本初のあんパンの完成だった。

 翌年、大金をはたいて安兵衛は銀座に店を出した。ここで後のあんパンの運命を決める出会いが起こる。

 ある日、一人の人物が安兵衛の店を訪れた。山岡鉄舟。失業した武士のために静岡で茶の栽培の指導などを行っていた彼は、失業した武士がパン屋を開いたという安兵衛の噂を聞いて、この店を訪れたのだった。西洋のパンに日本のあん、和魂洋才の精神、「これだ」山岡は呟いた。

 

国井「突然にパンが売れ始めた時は驚いたでしょう。」

英三郎「ええ、しかし父は喜びませんでしたね。父にはこれが一時的なものであることは分かっていたんでしょう。実際にすぐにまたパタッと全く売れなくなっちゃったんですよ。」

国井「そして苦労の末にあんパンを開発する。」

英三郎「酒の酵母を使うことを思いついたことが最も大きな成功の理由ですね。それがなければ出来なかったでしょうね。」

膳場「ここでもう一人のゲストをお迎えしています。失業した武士のために尽くされた山岡鉄舟さんです。」

山岡「どうも。」

国井「初めてあんパンを食べられた時はどう思いましたか。」

山岡「まさにこれだと思いましたね。外側は西洋のパン、内側には日本のあん、この和魂洋才の精神こそ当時の日本が目指していたものと合致すると。それに安兵衛さんはいわば失業武士の希望の星なわけです。絶対に失敗してもらいたくない。だから是非ともこのあんパンには普及してもらいたかった。」

国井「それで一計を案じたと」

山岡「そうですね。今思えば少々博打でしたが。」

膳場「ここでプロジェクトは大勝負に出ます。」

 

 なんとしてもこのパンを普及させたいと感じた山岡は一計を案じた。彼は明治天皇の花見の際に、あんパンを天皇に献上することを計画した。もし天皇が召し上がったとなれば、それは最大の宣伝効果を持つ。

 山岡は、天皇が立ち寄ることになっていた水戸・徳川家の屋敷の主・徳川昭武の元を訪れ、あんパンを献上することを提案した。見たこともない食べ物を献上することに昭武は抵抗を示した。しかし山岡は言った「あんパンこそが和魂洋才の精神の象徴。これが普及することで国民は文明開化を体感することが出来るのです。」。

 「あんパンを天皇に献上する。」知らせを聞いた安兵衛達は、献上のためのあんパンの制作に取り組んだ。安兵衛達は三日間不眠不休で桜の花の塩漬けをあしらった立派なあんパンを焼き上げた。

 あんパンが明治天皇に献上される日がやって来た。あんパンが天皇の前に差し出された。天皇はゆっくりとあんパンに手を伸ばした。天皇はゆっくりとあんパンを平らげた。食べ終えた天皇が一言語った「引き続き納めるように」。あんパンが天皇に認められた瞬間であった。

 

英三郎「・・・・」

山岡「・・・」

国井「どうでした」

山岡「果たしてあんパンを天皇が受け入れてくれるかに最後まで心配があったんですが、引き続き納めるようにとのお言葉まで頂いて最大の成功でした。ああ、これであんパンが日本に広がっていくとホッとしましたね。」

英三郎「やっと父の努力も報われたと・・・」

膳場「あんパンのその後です」

 

 天皇に献上されたとの噂で、あんパンは飛ぶように売れた。やがて安兵衛の元からは多くの弟子達が巣立っていき、彼らは全国であんパンを作り始めた。こうしてあんパンは日本の食べ物となった。それはまさしく文明開化の精神が全国に広がっていくことであったのだ。

♪ヘッドラーイト、テールラーイト

プロジェクトR 終

 

 どうも今回の内容は「その時、歴史が動いた」というよりは「プロジェクトX」のようだなと感じたら、こんな悪ノリした内容になってしまいました。何となく制作スタッフからの「プロジェクトXを作りたいんだ」という魂の叫びが聞こえたような気がしてなりません(笑)。以前にもトヨタが初の国産自動車を作ったエピソードの時も同じ空気を感じたのですが、もしかして制作スタッフが一緒なのだろうか?

 ところで、あんパンが和魂洋才の文明開化の精神そのものというのは、かなり宣伝文句としては言い過ぎのように思う。山岡鉄舟は現代に生きていれば、広告代理店の敏腕営業マンぐらいになっていたであろうか(笑)。しかし今回のエピソードで、全国にやたらに木村屋という名前のパン屋が多い理由が分かったような気がする。昔、私が住んでいた地域にも社長は木村さんではないのになぜか「木村屋」を名乗っていたパン屋があったのだが、今思えば木村安兵衛の弟子の流れを汲んでいたのだろう。なるほど。

 

1/21 その時、歴史が動いた「平清盛早すぎた革新〜平氏政権誕生の時〜」

 今回は平安時代末に権力を掌握し、後の武家の台頭の基礎を作り上げた平清盛の実像に迫るという内容である。なお司会の松平氏も言っているように、どうも平清盛といえば悪役的イメージが強いが、これは「歴史は常に勝者によって記述される」ということが影響しているのは明らかである。この後源氏が権力を握ったわけであるから、当然敵対していた平氏のことを良く書くわけはない。このことは歴史を見る者は常に考慮に入れておかないといけないことである。

 平清盛が台頭したのは、平安末期に発生した保元・平治の乱がきっかけである。保元の乱は崇徳上皇とその弟の後白河天皇の対立から発生したもので、後白河天皇側に与した平清盛は勝利の後に播磨の守と太宰府の次官の職を得たという。瀬戸内海の要衝の播磨と、中国との玄関口である太宰府を得たことは後の平清盛にとって大きなことになる。

 続いて起こった平治の乱は後白河上皇が一部の貴族を優遇したことに反発した貴族たちの反乱である。この時反乱側には源義朝がついていた。乱の発生時に熊野に向かっていた平清盛は武装もなくどうしようもなかったのだが、熊野水軍の支援を得て六波羅に帰還、義朝への降伏を装って時間を稼ぐ間に二条天皇を御所から救出し、官軍となってから義朝との決戦によって勝利を納める。この辺りは清盛のしたたかさを示すエピソードである。なお勝利した清盛は源氏の一族を処罰し、頼朝と義経の二人は流罪にする。しかしこれが後に平氏を揺るがすことになったのは皮肉ではある。

 平治の乱での活躍でさらに影響力を増した清盛は、二条天皇と後白河上皇の双方に信頼を受ける。清盛はこの二人の権力者の間でうまく渡り歩いたようである。二条天皇の死後、清盛は後白河上皇に接近、また清盛の甥にあたる高倉天皇が即位したことで、清盛の権勢はより増していき、ついには太政大臣に就任する。このころに清盛が整備したのが福原の港(後の神戸)である。

 しかし清盛の台頭と共にそれに敵対する勢力も登場する。1177年、貴族に政治を取り戻そうとする勢力が反清盛の陰謀を図る。これを鹿ヶ谷の陰謀と言うが、この背後には後白河法皇も荷担していた。しかしこの陰謀は清盛の先制攻撃によって頓挫、後白河法皇以外の参加者全員が処罰されることになる。

 その後、清盛と後白河法皇の対立はさらに激化。清盛の後継者の重盛の死亡の際にその対立は決定的となり、ついには清盛は後白河法皇を幽閉、こうして平氏が完全に権力を掌握することになる。これが江戸時代末期まで600年続く武家政権のきっかけとなる。しかしこうして「平家にあらずんば人にあらず」とまで言われた体勢を築き上げた平氏の体勢も、頼朝の挙兵によって揺らぎ始める。そして清盛も頼朝の脅威を感じながら、1181年に熱病で死亡する(天然痘だったと言われている)。

 さてこの番組でも言っているが、清盛は後の武家政権の基本を作った天才と言えるが、貴族としての権勢を得ようとしていたというところに限界があった。また平氏にとっての誤算は、地方武士達の信頼を得られなかったことだろう。平氏は都で貴族化することによって、日本全国で起こっていた武家の台頭を把握できなくなっていたのではないだろうか。これに対して、頼朝は武家の統領として彼らの信頼を得て台頭してくるのである(だから後の鎌倉幕府は武家連合政権の色彩が強い)。このことが端的に現れるのが、壇ノ浦会戦においてかつて平氏に与した熊野水軍が源氏についたことである(これが結果的にこの会戦の勝敗を決することになった)。源平合戦の背後には、中央と地方の争いもあったというのが私の考えである。

 なお清盛はあまりにも長く政争渦巻く京にいすぎたのではないかと感じる(その政争の中心には常に後白河上皇がいたわけだが)。中央での政争に気をとられる余り、視線が中央にばっかり向かってしまい、朝廷を押さえた時点で日本すべてを押さえたつもりになってしまったのではないだろうか。この点では頼朝が中央から離れたのは幸いだったのかもしれない。

 

1/14 その時、歴史が動いた「秘められた革命工作〜孫文を支えた日本人〜」

 辛亥革命によって清王朝を打倒したことで知られている孫文であるが、そんな彼を支えた日本人がいたというのが今回の内容である。

 19世紀末、諸外国の侵略により清王朝は国力の衰退を重ねていた。そんな中、医師であった孫文は「医学で救える人間は少ない。国を正さないと人々を救えない」と考え、秘密結社を結成する。そんな時に彼が出会ったのが日本人実業家・梅屋庄吉であった。孫文の思想に感銘した梅屋は「君は兵を挙げよ、我は財をあげて支援す」と誓う。軍資金を得て、武装蜂起を決意した孫文であるが、決行直前に恐れをなした同志の密告によって計画は失敗、孫文は日本に亡命することになる。

 日本に亡命した孫文は、政府から危険人物としてマークされていた。そんな孫文に接触を図ったのが、外務省に雇われた宮崎滔天だった。彼の任務は孫文に接触してその意図を調査することだった。しかし孫文の革命思想に感銘を受けた滔天は、外務省の仕事をなげうって孫文の同志となってしまう。滔天の仲介によって孫文は犬養毅などの日本政界の重要人物と知り合うことになる。

 日本政府の支援を取り付けた孫文は、再び決起を図る。しかし日本の内閣が山県有朋内閣から伊藤博文内閣に代わったことで、あてにしていた日本からの支援を得られず、またも決起に失敗してしまう。さらに孫文を支援していた梅屋も逮捕の危機に合い、一度は身体一つでシンガポールに亡命せざるを得なくなる。しかし彼は日本に帰国後、映画事業で成功し、多くの財をなす。彼がその財を惜しみなく孫文の支援に当てたことで革命軍は息を吹き返す。

 日本において反清運動の統一を図った孫文は、次なる手として工作員を送り込んで清軍の乗っ取りを図る。そうして1911年に起こった武漢での蜂起では清軍の半数が寝返り、武漢の制圧に成功する。これに勢いを得た革命軍は各地で叛乱を起こす。しかしここで深刻な問題が発生する。あまりに急速に戦線が拡大しすぎたせいで軍資金が不足したのだ。孫文はヨーロッパの銀行に融資を要請するが、正規政府でない革命軍への融資は断られる。一方、資金援助を要請された梅屋も映画会社が不渡りを出して倒産の瀬戸際にあった。梅屋は悩んだ挙げ句、革命軍を支援する。彼は孫文との友情を守ったのである。

 しかしその頃、清朝軍の反撃が始まった。袁世凱率いる精鋭軍が革命軍の拠点の武漢を攻撃、革命軍は総崩れになる。その時、孫文がヨーロッパから帰国する。「国を人民の手に取り戻す」孫文の言葉に勇気づけられた革命軍はようやく勢いを盛り返すが、袁世凱が守る北京を攻めるまでには至らず、中国を南北に分けたまま戦線は膠着状態に陥る。人民を苦しめることを恐れた孫文は、ここで主戦論を退けて和議の道を模索する。孫文は清朝の完全なる打倒を行う前に、中国初の共和国・中華民国を設立し、臨時大総統に就任する。その後、孫文は大総統の地位と引き替えに袁世凱に和議を申し出、清朝皇帝の退位を要求する。こうして清朝は滅亡した。

 

 歴史の教科書に掲載されてはいるものの、日本ではあまりメジャーとは言えない辛亥革命の指導者・孫文に光を当てたのが今回の内容である。彼の革命に関係した日本人がいたというのは何となく意外な印象を受けた。革命家と言われる人々は例外なくカリスマを持っているものだが、孫文もその例外に漏れずかなりのカリスマを持っていたのだろう。ただ私の見たところ、孫文は革命家たるにはあまりに理想家の部分が強かったようである。それ故に革命運動の精神的支柱としては良いが、新政府の為政者としてはどうだったかは疑問なところである。実際に、結果論としては袁世凱との和議は失敗であり、大総統に就任した袁世凱はその後独裁色を強め、中国初の共和国家だったはずの中華民国は実質的には袁世凱の独裁国家になってしまう。この辺りは孫文の判断が甘かったのではと思われてならない。またこのように日中の将来を考えて行動する日本人もいたにも関わらず、結局は日本人の手によって中国は蹂躙されてしまうことにもなるわけで、この辺りは歴史のどうしようもない悲しさも感じる。

 

1/7 その時、歴史が動いた「スペシャル 新撰組」

 今年の大河ドラマは新撰組だということで、完全にタイアップ企画である(NHKはCMを放送しないが、自分のところのCMは非常に多い)。なお今度の大河ドラマは主人公・近藤勇をSMAPの香取慎吾が演じ、脚本は三谷幸喜とのことであるので、相当に若者を意識した(というよりは媚びた)のが明らかであるが、果たしてどうなることやら。

 さて今回はスペシャルとはいうものの、内容的には6月に放送した新撰組の回と比べてほとんど違いがなかった。なお6月の放送では池田屋事件のことには触れていないが、今回の前半のメインの一つは池田屋事件になっていた・・・と言っても、この池田屋事件自身も以前に一度扱っている。と言うことで、残念ながら今回の内容は全く新味なし。

 あえて新味をと言えそうなものは解釈の面で、今回は元々武士でなかった近藤がどうやって武士を目指したか、またそれがために彼は最も武士らしく振る舞おうとしていたというところに焦点を当てていたことぐらいか。

 内容的には新味はなかったが、番組の構成としては「新撰組ファイル」という形で加えていた説明的コメントが分かりやすくて良かったと思える。なお一介の農民であった近藤が憂国の士となった理由としては、近藤の出身地はそもそも旧武田家臣団が家康によって農民として配された地域であり、いざというときには武器を取って江戸を守るために戦うという意識を持っていたためというのは興味深かった。確かに家康は、もし江戸に何かがあった時には甲州に逃げることを考えており(そのために甲州街道を造った)、その方面にはいろいろと手を伏せてあったと言われているが、それがこんな時代にまで影響したということか。

 

12/10 その時、歴史が動いた「忠臣蔵・お裁き始末記〜忠義か、犯罪か?幕府をゆるがした50日〜」

 今年も忠臣蔵シーズンがやって来たが、例によってこの番組は忠臣蔵特集である。今回は討ち入り後に焦点を当てている。

 実は赤穂浪士の討ち入りから切腹までに50日もの期間があるのであるが、この間にいかに幕府での議論が紛糾したかについて焦点を当てている。

 そもそもこのように議論が紛糾したのには種々の理由がある。

 1.そもそも浅野内匠頭が切腹お家断絶なのに、吉良がお咎めなしというの裁定が間違っている。

 浅野と吉良との争いだったのなら、喧嘩両成敗の原則に基づいて双方にお咎めがあるのが当時のきまり。また浅野内匠頭の乱心だったのなら、浅野内匠頭は隠居するなどしても、お家断絶はないというのが当時の常識だった。綱吉はこの原則に反して、かなり恣意的な処分をしてしまったのである。こうなった背景としては、あの時の朝廷からの使者は綱吉の母親に官位を授けに来るはずだったのに、あの騒ぎで有耶無耶になってしまったことに綱吉が激怒したからだと言われている(綱吉はマザコンだった)。

 2.綱吉が政策として「忠義」を重んじるように指示していた

 封建体制を維持するための方便として綱吉は「忠義」をかなり重視していた。そのために「忠義」を正面に出した赤穂浪士の討ち入りを否定しにくかった。

 3.当時の世論がかなり赤穂浪士に同情的だった。

 綱吉が生類哀れみの令などの馬鹿げた法令を出していたために、世間には幕府に対するかなり強い不満が渦巻いていた。ここで世論を逆なでするようなことをすると、不満の爆発が恐かった。

 結局綱吉は悩んだすえに、幕府の重臣達に投票までさせたそうだが「遠島にすべし」「永久に大名に預けおいておくべし」との2人以外はまともに意見を書いたものがいなかったそうだ。この辺りがいかにも責任回避体質の日本人らしい。なおこの時に側用人として権勢をふるっていた柳沢吉保は白票を投じ「将軍の裁定がいかなるものでもそれに従う」と表明したらしい。さすがにおべっかの達人である。

 やむなく綱吉は切腹の沙汰を下す。徒党を組んで幕府の重臣を殺した連中を助命するわけにもいかず、かといって罪人として打ち首にしたのでは浪士達の面目が立たないのでことが収まりそうにないということで、浪士の面目は保ちつつ処罰をするという、ある意味での折衷案だったのだろう。

 なおこの時にとばっちりを蒙ったと言えそうなのは、吉良上野介の息子である義周である。彼は討ち入りへの対応を咎められて領地召し上げの上にお預けになってしまった。これも幕府による赤穂浪士懐柔策と言えるだろう。結局は綱吉は自分の裁定のまずさをすべて下に押しつけたと言えるだろう。やっぱりこの五代将軍は無能だ。こういう無能の輩が権力を握ってしまうのが世襲制の最大の弊害と言える。

 

12/3 その時、歴史が動いた「日米開戦を回避せよ〜新資料が明かす最後の和平交渉」

 今回は日米開戦前夜における日米交渉に関しての新事実である。

 日米開戦前夜の1941年11月、日本は中国と戦争をしつつ東南アジアに進出を図っていた。しかしこれがフィリピンに植民地を持つアメリカに脅威を感じさせることとなり、アメリカは日本に対する石油の禁輸を決定する。当時アメリカから石油の大半を輸入していた日本は混乱、アメリカに対する早期開戦を主張する軍部を抑えて、外務大臣の東郷茂徳は日本の運命をかけてアメリカと最後の交渉を行う。

 この時に日本が持参した最終提案が乙案と言われるもので、これは日本が南方への進出を中止する代わりに、アメリカは中国に対して干渉しないことを要求するというものだった。歴史上はこの提案は拒絶され、ハルノートと呼ばれる日本の中国からの全面撤退を要求する最後通告がアメリカから突きつけられ、日本はアメリカと泥沼の戦争に突入することになる。しかし実はこの時、日本の乙案をほぼ了承する妥協案がアメリカには用意されていたのであるというのが今回の番組の主旨である。

 この番組によると、日本とドイツの両面で戦争を開始するには最低でも3ヶ月の準備は必要であると考えていたルーズベルト大統領が、対日交渉責任者のハル国務長官に、妥協案を提出して時間を稼ぐように指示していたのだという。その用意されていた妥協案が日本の乙案とほぼ同じものだった(ただし3ヶ月という期限を切ったものだが)ということである。しかしなぜこれが提出されなかったのか。

 ここには外交の駆け引きがあったのだという。まずこのアメリカの妥協案の内容を知った中国の蒋介石が、イギリスのチャーチルにまで働きかけて、アメリカが妥協案を提出しないように圧力をかけたこと。また交渉の直前に、日本が南方に大規模な兵員を輸送しているとの情報がルーズベルトに入り、日本の背信行為だと彼が激怒したことなどがあるという(結果としてこの情報は誇張されたものだったとのことだが、そもそもその誇張自体に何らかの意志の介在を感じる)。

 さてもしこの妥協案が提出されていたらであるが、この番組のゲストの神戸大学教授の五百旗頭真(いおきべまこと)氏によれば、この妥協案が提出されていたら交渉が成立することは間違いなく、3ヶ月後にはドイツの敗北が始まるなど大きくヨーロッパの戦局が変化するので、ドイツの快進撃に期待していた軍部も開戦を諦め、結果としては日米戦争が回避されて歴史が変わったのではないかとしている。

 確かに私も歴史が変わっただろうと思うが、日米戦争が回避されるという点には疑問がある。ヨーロッパ戦線でのドイツの圧倒的優位が崩れることで軍部が開戦を諦めるということだが、それはあくまで軍部がまともな判断能力を持っていればであるが、あの当時のアホ軍部にはそんなまともな判断能力があるとは思えない。それにそもそもルーズベルトは日本を戦争に引きずり出すことを狙っており、やはり3ヶ月後には日本の中国からの全面撤退を求める最後通告を突きつけてくるだろう。そうなった場合、当時は軍部のみならず政府も満州は日本の生命線と考えていたことから、とてもその要求を飲めるはずはなく、最終的には戦争にならざるを得なかったのではないか。もっともその場合、万全の準備をして待ちかまえていたアメリカ軍の前に、日本軍はケチョンケチョンにやられ、大戦初期における快進撃もなく、結果としては終戦がさらに早まっていた可能性はある。そうなればもしかしたら広島・長崎の悲劇が回避された可能性はあるか。ただしそうなった場合には、アメリカはベトナム戦争でためらわずに核兵器を使用していた可能性が高く、米ソ全面核戦争という恐るべきシナリオも考えられないではない。

 なお今回の番組内容で、個人的にもっとも興味深かったことは、当時の日本はアメリカや中国などの外交電報の暗号を解読しており、そのやり取りも完全に把握していたという新事実である。今まで、日本は諜報戦能力で圧倒的に劣っていたために、結果としてアメリカに翻弄されてしまうことになったと言われていたのだが、どうも事実は異なるようである。これはなかなか興味深い。ただそうだとすると、なぜ大戦中にああも一方的に日本が情報戦でやられてしまったのかが疑問なのであるが。

 

11/5・12 その時、歴史が動いた「項羽と劉邦」

 今回は漢帝国成立前の項羽と劉邦の争いを2週連続で描いている。前編は鴻門の会まで、後半は四面楚歌の中で項羽が滅ぶまでである。なおこの番組が世界史も扱い始めてから、中国関係で扱ったのは「三国志」「秦の始皇帝」そして今回が「項羽と劉邦」である。いかにも歴史マニアが好みそうな題材を選んでいることがうかがえる(もしかするとスタッフ自身の趣味かもしれない)。次に扱うとしたら恐らく「太公望」辺りではないかと推測する。

 さて中国初の統一王朝・秦も、その圧政のために始皇帝の死後、急激に全国で反秦の決起が巻き起こる。その中心となったのがかつての秦の強敵であった楚である。楚ではかつての皇帝の末裔を捜し出して担ぎ上げ、多くの将軍がその配下で秦軍と戦っていた。その中で頭角を示しだしたのが項羽と劉邦である。しかしこの二人は極めて対照的で、貴族である項羽はプライドが高く、滅法戦いに強いという人物であったのに対し、農民出身の劉邦はとにかく戦には弱かったにもかかわらず、なぜか多くの臣下が彼を慕って集まってくるという妙な人徳を持っていた。

 この二人は楚王の「最初に関中(秦の本拠地)に到達したものを関中王にする」との指示に従って、共に関中を目指す。戦の強い項羽は秦軍を撃破しながらとにかく一直線に関中に向かったのに対して、戦の弱い劉邦は遠回りをして秦軍を避けながら関中に向かった。しかし結果としては劉邦の方が先に関中に到着する。それは項羽は降伏した秦兵20万人を生き埋めにして殺すなどの暴虐を働いたために、敵が「どうせ降伏しても殺されるなら」と必死で抗戦したのに対し、劉邦は降伏してきた秦の地方長官をそのまま遇したために、続々と地方長官達が降伏し(つまりはこの時点で秦からはどうしようもないほど人心が離れていた証明でもある)、まともな抵抗がなかったためだという。これをしてこの番組では武の人・項羽に対して、知の人・劉邦として紹介している。もっとも項羽が武の人であることには異論はないが、劉邦については一般的には仁(もしくは徳)の人と言われている。と言うのは、劉邦自身には知略と言えるものはほとんどなく、彼が行ったことと言えば彼の人徳をしたって集まってきた参謀達の意見に従っただけであるからである。

 さてこうしてまんまと関中に先着した劉邦。秦の王宮の財宝や美女に目がくらんで(元々劉邦は大の女好きである)、そこにそのまま居座ろうとするのだが、家臣達の諫めを受けて宝物庫に封印して王宮の外に駐留する。

 そこに劉邦に先を越されたことに怒った項羽が現れ(この番組では省略していたが、この前に劉邦が臣下の進言で函谷関を閉じて項羽を妨げようとしたことが、項羽の怒りをさらに煽ることになっている)、劉邦に攻撃をかける姿勢を見せる。この絶体絶命の中、劉邦が項羽の元に釈明のために出かけたのが「鴻門の会」である。

 この鴻門の会では、劉邦が徹底的に項羽にへりくだったのと、劉邦の参謀の張良の友人である項伯(項羽の叔父)の助けもあって、項羽は劉邦を殺すことを思いとどまり、劉邦は一命を取り留める(この時、項羽の軍師である笵増は劉邦から献上された玉斗を叩き割って怒ったとのことであるが)。

 こうして関中を制圧した項羽であるが、彼は秦の都である咸陽を略奪した挙げ句に焼き払って楚に引き上げる(この暴挙に秦の人々は「項羽は猿が冠を被っているようなもの」と怒ったとのことだ)。そして各地に王を配置して、自身は覇王として君臨する。また劉邦は最果ての漢中に左遷される。

 しかしこの項羽の論功行賞は不公平が多かったために、すぐに諸侯の不満を呼ぶことになる。それを見た劉邦が再度立ち上がり、諸侯連合の56万の軍勢を率いて項羽が不在の楚を占拠する。しかしこの寄せ集めの軍勢は統制がとれず、急遽引き返してきた項羽の3万の軍勢に散々破られることとなる。

 命からがら脱出した劉邦は、項羽とにらみ合いの状態になる。当初は項羽に一方的に押されていた劉邦であるが、別働隊である韓信の活躍などで徐々に形勢は逆転、食糧が尽きて退却する項羽を逆に追撃し、垓下の地で包囲する。

 ここで劉邦がとった策が、項羽軍を包囲する軍に、項羽の故郷である楚の歌を歌わせるというものである。そのことによって項羽の兵達は望郷の念を煽られると共に、楚が既に劉邦に墜ちたと考えて戦意を喪失する。項羽軍からは脱走が相次ぎ、項羽もなんとか包囲を破ったものの、追いつめられてついには自害する。なおこれが「四面楚歌」の故事となっている。

 以上、非常に有名な項羽と劉邦のエピソードである。よく言われることだが、二人の運命を分けたのは、項羽は自らの能力に自身がありすぎたが故にワンマンになり、家臣に逃げられてしまうことになったのに対し、劉邦はうまく家臣を使うことによって項羽に勝ったということである。また劉邦は連戦連敗であったが、常に早めに逃げ出すことで致命的ダメージを受けることは避けており、結果としてはそのことが最後の一戦の勝利につながったと言えるだろう。また忘れてはいけないのは、項羽は各地の王を復活させた上で覇王として君臨しようとしたのに対し、劉邦は皇帝になったということである。つまり項羽が目指していたの古い体制の復活にすぎず、結局は歴史に逆行していたために成功しなかったとも言えるのである。

 

10/15 その時、歴史が動いた「始皇帝後編 崩壊は絶頂の中で始まった〜秦王朝 滅亡のとき〜」

 中国初の統一王朝・秦であるが、この帝国は始皇帝の統一後たったの15年で崩壊する。それがなぜである咸咸咸咸かを解説するのが今回である。

 秦の崩壊の原因としては、前回に私があげた「始皇帝の改革があまりにラディカルで、世の中がついてこれなかった」という歴史的側面があるが、より直接的には始皇帝の独裁が強すぎたことが最大の原因である。

 独裁制というのは独裁者が有能である限りは極めて効率的に働くのであるが、一旦その独裁者が無能に堕せばどうにもならなくなるのである。中国統一までは抜群の行動力と構想力を示した始皇帝であるが、中国統一後の彼はおかしなことになり始める。

 法家に傾倒していた始皇帝は、秦を法律で縛ったがんじがらめの国家にしてしまう。また万里の長城の建設などの大土木工事を繰り返し、民衆の不満は急激に高まってくる。

 しかし当の始皇帝自身は政治から遠ざかり始める。40代という当時としては老境にさしかかった始皇帝は、自身の死を恐れて不老不死を求め始め、そのため多くの方士をかかえて不老不死の仙薬の研究をさせる。また朝廷内では法家と儒家の対立が激しくなり、儒家の追放を考えた法家が始皇帝に儒教の書を焼くことを勧める。さらにいつまで経っても不老不死の仙薬の開発の出来ない方士を儒家と一緒に生き埋めにしてしまう。こうして始皇帝の暴虐の象徴のようにいわれる焚書坑儒が行われる。

 なお始皇帝が研究させた不老不死の薬の中には水銀などを使用したものもあったらしく、実は始皇帝の死因はこれらの仙薬による薬物中毒との説もある。これが本当なら実に皮肉なことであるが。またこの頃の始皇帝は明らかに精神的に病んでいるのではないかと思われる節もあるのだが、これも彼の生来の極度の人間不信という先天的なものばかりでなく、水銀などによる神経障害が現れていたとの説もある。

 そしてこの始皇帝のあまりの暴虐に危うさを感じた長男の扶蘇が父を諫めようとするのだが、かえって怒りを買い、北方の辺境に追放されてしまう。こうしてもはや始皇帝の回りには諫める者は誰もいなくなり、彼の暴虐ぶりはさらに増していく。

 しかしやがて始皇帝は全国巡業の最中に病死する。臨終に際して彼は後継者に扶蘇を指名するのだが、遺言を聞いた宦官の趙高がその遺言を握りつぶし、扶蘇に偽の詔勅を送って自殺させた上で、自分が操りやすい始皇帝の末子の胡亥を皇帝に立てる。しかしこの胡亥という人物は、まさに無能を絵に描いたような人物であり、結局は秦は始皇帝の死後、たったの4年で滅びてしまうのである。なお始皇帝は「秦を滅ぼすのは胡である」という予言におびえて、北方の騎馬民族(胡と呼ばれていた)からの防衛のために長城の建設を急がせたとのことであるが、実はこの胡とは騎馬民族のことではなくて、始皇帝の末子の胡亥のことだったと後に言われることになったとの逸話もある。

 始皇帝も独裁者の陥りやすい失敗に見事に落ちてしまったということである。最もそれまでは中国統一という目標に向かって邁進していた彼が、その目標を実現した途端に一種の目標喪失の虚無状態に陥ったのではないかと私は考えている。いわば大学合格のために必死で勉強した受験生が、大学に合格した途端に目標を見失って怠惰な生活を送ってしまうようなものである。また彼があそこまで徹底した独裁を布かずに、もう少し官僚制度のようなものを整えていたら、国自体はもっと保った可能性もあったのだが、それは彼の性格では無理だったのだろう。結局は秦という国家は、始皇帝という個人が存在して初めて存在できるものであって、彼が死ねば滅ぶのは当然だったのだろう。

 

10/8 その時、歴史が動いた「始皇帝前編 希代のカリスマ・中国に立つ〜秦王朝天下統一のとき〜」

 最近は海外づいているこの番組であるが(国内だとネタが尽きたので海外に活路を求めているのだろうと思われる)、今週と来週は2回シリーズで中国を初めて統一した秦の始皇帝をとりあげる。

 中国では秦以前に夏・商(殷)・周などの王朝が存在しているが、これらの王朝は中原と呼ばれる地域を支配していた一勢力にすぎず、統一王朝ではなく諸侯連立政権の趣が強い、真の意味での統一王朝は秦が初になる。そしてこの秦の天下統一は、始皇帝の強烈な意志がなくては成し遂げられなかったものである。始皇帝については冷酷な独裁者とのイメージが強いが、近年では合理主義的なカリスマという評価が高まっているとか。もっとも私に言わせれば、これはどちらも同じことを言っているわけで、否定的か肯定的かだけの違いである。合理主義=冷酷、カリスマ=独裁、これは表裏一体である。なお彼のパーソナリティーを語る上では、強烈な人間不信ということもはずすことは出来ないだろう。

 戦国七雄と呼ばれる秦・楚・趙・魏・韓・斉・燕の七国がしのぎを削っていた紀元前4世紀の戦国時代、政(後の始皇帝)は13歳で秦王に即位する。しかし政には出生の秘密があった。政の父は側近・呂不韋の愛人を妻にしたのだが、その時点で彼女は既に妊娠しており、そして生まれたのが政であったのである。このことは史記に記載されていることから考えても、当時からかなり知られていたことであると考えられ、当然のことながら政の耳にもそれは入っていたのではないか。それが政の人間不信の一因になったとも考えられる。

 政が秦王に即位した時は宰相の呂不韋が実権を握っていたが、やがて成長した政は呂不韋が疎ましくなる。政が22歳の時、大事件が起こる。政の母親が愛人との間に二人の子供をもうけていたことが発覚するのである。政はこの子供を処刑し、母は地方に追放した上でその愛人は極刑に処し、さらにこの事実を知りながら政に隠していた呂不韋をも追放する。追放された呂不韋は自ら毒をあおって自殺する。なお呂不韋は政に母のことを告げなかったと言われているが、そもそも彼女に愛人を斡旋したのは呂不韋だとも言われている。奔放だった政の母は、呂不韋とよりを戻そうとしたが、スキャンダルを恐れた呂不韋が他の男(巨根の男だったと言われている)をあてがったとのことである。

 韓非子の思想に傾倒していた政は、法によって治める国家を考え、強烈な中央集権によって国力を強化していく。政は能力のあるものは異国人でも取り立て、また国内でも治水工事によって国力を強化した。こうして強国となった秦は、いよいよ中国制覇に乗り出していく。紀元前232年、趙に対する攻撃から彼の天下統一の戦いが始まる。

 政は支配域では法律や貨幣などの統一を行った(この番組ではふれていないが、車の轍を揃えるために車輪の幅の統一なども行っている)。こうしてさらに国力を増強しながら、ついに紀元前221年に最後に残った斉を滅ぼし、中国全土の統一を成し遂げる。そして政は今まで誰も成し遂げなかった偉業を成し遂げた自分には、今まで存在しなかった称号が必要であると考え、「皇帝」という称号を考え出す(これは古代の王である皇と帝を組み合わせているのだが)。そして自分はその初代皇帝という意味で「始皇帝」と名乗るのである(以降は二世皇帝、三世皇帝・・となるはずだった)。そしてこの時より中国は一つという考え方が芽生え、後の王朝はすべて中国統一を目指すことになるのである。

 さていわゆる「法家」の思想によって強力な中央集権を推し進めることで天下統一を成し遂げた始皇帝であるが、実は天下統一を成し遂げた後はこれが逆に仇になるのである。この辺りは多分次回の内容だろうと思うが、法家の思想に基づいて法によって民の行動を律することを基本にした秦の国家は、非常に息苦しいものとなって、これが後に民衆の大きな不満につながってくる。そして始皇帝の死後、彼の後継者の無能もあってその不満が一気に噴き出すことになるのである。

 そもそもこういうことになってしまうのは、彼が極度の人間不信であったために、彼の法には「情」が全く通っていなかったからである。その結果、いたずらに罪人ばかり増やす結果となってしまうのである。例えば後の諸葛孔明などもスタンスとしては法家に属する人物であるが、彼は罪を問われて処罰された者でも、能力があれば然るべき時に再び取り立てるなどといったことを行っていたために、民衆からも敬愛された。始皇帝には残念ながらその度量がなく、結局は焚書坑儒などの強権で押さえつけることしか出来なかった。これが後の悲劇の元になると言えるだろう。

 歴史を見ていると、変革期にはこの始皇帝のようにやや偏執狂的な部分がある強烈な改革者が登場し、世界を改革していくのだが、往々にして彼らは志半ばで倒れ、その後継者がより穏健な路線でまとめるということになる場合が多い。ちょうど日本における織田信長などがそれになる。

 

 

9/17 その時、歴史が動いた「日野富子 愛と憎しみの和平工作〜応仁の乱を終結させた将軍の妻〜」

 応仁の乱の原因を作ったとか、金の亡者だったとか、とかく悪女の評判のある日野富子。そんな彼女を別の面から見てみようと言うのが今回の主旨である。

 16才で将軍・足利義政(21才)の妻になった日野富子、しかし義政は政治に興味がまるでなく、さらに元乳母であった一回り年上の今参局に愛情を向けており、富子には見向きもしない状態であった。しかし4年後に富子が死産した際、今参局が呪いかけたとの噂が出、その噂を信じた義政が今参局を流罪にし、流罪にされた今参局は自害、ようやく富子は将軍の妻として認められる。

 いきなり波乱の幕開けであるが、真相はともかくとして、今参局の流罪の影には富子の陰謀があったのではと誰もが考えるところであろう。富子が手を下したかどうかはともかく、当然ながら富子の背後には実家の勢力がついているのは間違いなく、その辺りが画策したのは容易に推測のつくところである。この辺りも富子の悪女イメージに影響しているのでは。

 

 しかしその後、京の町は天変地異に見舞われ多くの餓死者を出す。しかし将軍義政は趣味の庭園造りに没頭し、全くなんの手も打たない状況であった。そこで義政に代わって富子が炊き出しをしている僧侶に多額の寄付を行い、民衆を助けるようにする。しかし29才にして隠居を考え始めた義政は、富子に無断で弟の義尋を還俗させ、義視と改めさせて自分の後継者とする。しかしこの3日後に富子が長男・義尚を出産する。

 義政は有力守護大名の細川勝元を弟・義視の後見人とし、万全の体勢を取る。これに対して自らの子・義尚の将来を案じた富子は、細川勝元に対抗できる大大名である山名宗全に接近する。これが後に全国を二分する争いに発展することになる。そして1467年、細川型の攻撃を皮切りにとうとう応仁の乱が勃発する。

 義政は細川勝元の東軍の大将に義視を任命、山名宗全の追討命令を出す。しかし細川と対立する西国の大大名・大内政弘が西軍に参戦し、これがさらに事態を混乱させる。西軍の優位を視た義視が義政を裏切り西軍に寝返り、これに激怒した義政が義尚を後継者に任命、東西両軍のトップがそっくり入れ替わるという混迷状態に陥る。

 つまりは義政は典型的な「現実逃避」タイプであったわけである。こういう人間は芸術家はともかく政治家にはもっとも向かないタイプである。そしてこの義政の現実逃避が応仁の乱の原因となることになる。こうなれば、応仁の乱のキッカケとしては、確かに自らの子供を将軍にしようとした富子にも一因があるが、最も大きい理由は義政の無能に尽きるように思われる。

 

 東軍を率いる細川勝元・西軍を率いる山名宗全の二人がこの世を去った後も、戦乱は続いていた。戦乱の中、人々は飢え、しかも京で大火が発生、幕府や内裏の建物が焼失する。内裏などの再建の費用を調達する必要に迫られた富子は土倉(高利貸し)に接近し、彼らから税を徴収することを考える。土倉への課税によって幕府の財源拡大に成功した富子は、内裏の再建などを行い、足利幕府の権威を示すことに成功する。

 ここで後に守銭奴とまで言われた日野富子の蓄財策が登場するのだが、状況から見ればやむを得ないと言うところなのだろう。しかし農業に基本を置く中世封建社会では、概して商業重視の政策を打ち出した者は批判されがちである。ましてや儒教の影響が強くなり、商業を卑しむ風潮が強くなった江戸時代以降において、富子が批判されたのはある意味当然のところがある。実際、江戸時代にやはり商業中心の政策を打ち出した老中・田沼意次なども、賄賂政治家として批判されている。

 

 乱の長期化で大名は疲弊し、厭戦気分が出ていたにも関わりなく、各大名は各々しがらみで退くことが出来ない状態であった。西軍の有力武将の一人、畠山義就は領国に帰ろうにも領国には兄が居座っており、兄と戦う軍資金のない義就は退こうにも退けない状態にあった。それに目を付けた富子は、敵方の無精である義就に金を貸し付けるという形で軍資金を提供する。

 西軍最後の有力武将である大内政弘は、この乱で領国を失った上に官位も剥奪されており、大大名の大内氏としても退くに退けない状態であった。これを見た富子は大内政弘のメンツを立てるために、後土御門天皇に大内の降伏を条件に官位を与えるように要請する。これに難色を示す天皇に対し、富子は義政も連れて度々の働きかけを行い、これを実現させる。こうしてかつての所領と官位を再び与えられた大内政弘は国元へ帰還する。これでついに応仁の乱は終息する。

 男連中がメンツだのなんだのといったくだらんしがらみで動きがとれないところを、富子が現実主義で乱を終息に導いたと言うことである。こういったやり方は実は今の日本でも参考になるのだが、このようなやり方は往々にして「卑怯だ」などと批判を行う連中もいたりするのも事実である(概してこういうことを言う連中は、民衆の犠牲を屁とも思わない連中ばかりであるが)。この辺りも後に日野富子悪女論の原因になったのではないかと思われる。

 

 こうして見てみると、日野富子という女性は終始一貫して現実主義者であったようである。彼女の悪名の大半は無能すぎる夫・義政の責任であったようである。夫が無能すぎるがばかりに自分が前に出ざるを得なくなり、その結果として諸処の批判も彼女の上に注ぐことになったように思われる。また夫を差し置いて出しゃばる女というイメージも、中世の道徳観から見ればマイナスだったのだろう。日野富子悪女論の背景には、このような当時の倫理観というのが色濃く影を落としているようである。

 なお彼女のおかげで将軍になれた義尚であるが、自らの母親に反発した挙げ句に酒に溺れ、ついには25才で病死するという。彼はどうも親父の駄目なところばかりを引き継いでいたようである。過保護に育てられた義尚は、独り立ちするべき年齢になってからやや遅い反抗期が来たのだろう。乱はうまく捌いた富子であるが、自分の息子の育て方は失敗したようである。これは哀れである。

 

9/10 その時、歴史が動いた「ジャンヌ・ダルク 戦いはわが愛のあかし〜裁判記録が明かす聖女の真実〜」

 フランス北部のブルゴーニュ公と結んだイギリスがフランスに攻め込んだ、いわゆる100年戦争。この戦争をフランスの勝利に導くきっかけとなったと言われているのが、ジャンヌ・ダルクである。しかし彼女は最終的には宗教裁判にかけられた上で火あぶりの刑になっている。この背景に何があったのかというのを当時の裁判記録から迫ろうというのが今回の番組の主旨である。

 100年戦争の末期、人口200人の小さな村・ドンレミ村。ジャンヌはこの村で暮らすごく普通の少女だった。しかし1428年、ジャンヌが17歳の時、この村がイギリス軍の攻撃を受ける。傷ついた村の人々を目の前にしたジャンヌに「シャルル王太子の元に行き、フランスのために戦え」という神の声が聞こえる(本人の証言)。男装をしたジャンヌは旅に出る。フランスの人々は彼女にフランスを危機から救うという「ロレーヌの乙女」という伝説の少女を重ね合わせる。

 ジャンヌが神の声を聞いたというのは、思春期の少女にありがちの思いこみの強さから来る幻覚だったのだろう。恐らくは神の声ではなく彼女の心の声だったのだろうと思われる。彼女が伝説の少女に重ねられたのは、時代の空気というものがあるのだろうが、何やら裏でシナリオを書いていた者がいるような気がしてならないのだが・・・。

 翌年、ジャンヌはシノンの街の王太子シャルルの元にたどり着く。シャルルは父を亡くしているにもかかわらず、敵の妨害で即位できずに権威が失墜していた。シャルルはジャンヌに疑問を感じつつも、指揮官として迎え、イギリス軍中に孤立していた戦略の要衝・オルレアンの解放を命じる。オルレアンに駆けつけたフランス軍は、オルレアンの守りの要であるトゥーレル砦の奪回の戦いを挑む。しかし士気の上がらないフランス軍はイギリス軍に苦戦、さらに放たれた矢がジャンヌの胸を貫く。他の指揮官達は撤退しようとするが、苦しい息の中でジャンヌは攻撃の続行を命じる。傷つきながらも陣頭に立つジャンヌに、フランス軍とイギリス軍の士気が逆転。ジャンヌはオルレアンの解放に成功する。

 この戦いの勝敗を決したのは、双方の士気にあったように思われる。恐らくイギリス軍はジャンヌに致命傷を与えたと考えていたのに、再びジャンヌが陣頭に立ったことで、そこに神がかり的なものを感じたのだろう。中世の民衆は非常に迷信深いので、これは士気に決定的に響いたと思われる。

 形勢の逆転に盛り上がるフランス軍は、次々に街を奪還、ついにはフランス国王就任の儀式を行うための大聖堂のあるランスを奪回し、こうしてシャルルは晴れて国王に就任する。

 ジャンヌはさらにフランスの解放を目指すのだが、この時点でイギリスとの交渉を考えていたシャルルは、ジャンヌの軍を解散させる。しかしジャンヌはそれでもたった200人の同志と共に民衆の救出のために戦うが、孤立無援の中とうとう敵軍に捕らえられる。

 フランスのために戦いながら、結局はジャンヌはシャルルに見捨てられるわけである。この番組ではイギリスとの交渉を考えていたシャルルが、戦闘を続けるジャンヌを疎んだためとしているが、国王をも凌ぎかねない人気のジャンヌをシャルルが警戒したという説もある。

 ジャンヌの権威を失墜させる必要のあるイギリスは、ジャンヌを宗教裁判にかける。イギリスはジャンヌを異端の魔女として処刑しようとしたのである。イギリスの息のかかった司祭や学者達に取り囲まれる中、ジャンヌは弁護士さえいない状態で裁判にかけられる。しかしイギリスの思惑に反してジャンヌは脅されても拷問されても罪を認めなかった。そこで裁判官達はジャンヌを騙して、罪を認める「誓いの書」に署名させた上に、さらに罠に嵌め、男装の罪で火あぶりの刑に処する。

 これが今回の主題であるところの裁判なのだが、当然のことであるが全くの茶番である。最初から結論は決まっていて、いかにしてそのための段取りを踏むかだけの話である。こういう茶番劇に協力したということが、いかにこの時代の教会が堕落していたの証明であるのだが、まあこの時代に限らず、宗教なんてものはこんなものだと思う。特に権力と結びついて宗教がどれだけひどいことになるかは、現在の世の中でも見えていることだ。アメリカの戦争の背後にはキリスト教原理主義者の影が見えるし、日本にも政権に食い込もうとしている某宗教組織がある。それにしても最終的なジャンヌの罪が「男装の罪」という馬鹿らしさは、宗教なるものの非合理性と本質的な愚かさを示しているようにしか思えない。

 ジャンヌを魔女として処分したイギリス軍は、これで邪魔者はなくなったとばかりに攻撃を再開する。しかしここでフランス民衆が立ち上がる。彼らの先頭にはジャンヌの死を無駄にするなと奮起する、彼女のかつての同志達の姿があった。

 こうして1453年、とうとうイギリス軍はフランスから撤退し、100年戦争は終結する。彼女の処刑後25年、教会は彼女の処刑を決めた裁判の正当性を検証し、あの裁判は無効であったことを宣言、ジャンヌの名誉は回復される。しかし勝利を収めたシャルルが「勝利王」として国民に賞賛されるのに対して、ジャンヌの存在は徐々に民衆に忘れられていった。

 しかしジャンヌのことをあくまで忘れない人々がいた。ジャンヌに開放されたオルレアンの人々だった。そうして彼らの手によりジャンヌ・ダルクの物語は今日まで伝わっているのである。

 フランスの心の支柱であるジャンヌを始末した以上、もうこれでフランスは士気を喪失するとイギリス軍は読んでいたのだろうが、予想に反して「ジャンヌの弔い合戦」になってしまったようである。いくら迷信深い中世の民衆にとっても、ジャンヌを有罪にした宗教裁判は見え見えの茶番劇にすぎたのだろう。そうしてフランスが勝利を収めてから、裁判の無効を宣言するなんてところは、いかにも帳尻合わせのようにしか思えない。

 結局はジャンヌは純粋すぎるが故に、政治家や宗教家といった俗物共の間で翻弄されてしまったわけである。政治家や宗教家には人間の中でももっとも下等な部類に属する連中が多いのは、今の時代に限らずこの時代からそうであったということだ。なお今の時代ならこんな馬鹿王は見捨てて別の道を選ぶなんて選択肢もあるが、それが出来ないのはこの時代の人間の限界といったところ。

 ところでジャンヌ・ダルクの物語については、どうも当初からすべてのシナリオを描いていた人間が黒幕にいるような気がしてならない。決して歴史の表には出てこない事実なのであるが。

 

9/3 その時、歴史が動いた「クレオパトラ 世界帝国の夢〜知られざる愛と誇りの決断〜」

 最近は過去の総集編のような内容が多かったので、とうとうネタが尽きたかなと思わせていたこの番組だが、どうやら活路を世界史の方に求めたようである。今回のテーマはクレオパトラ。例によって何かの映画の映像を用いているようなのであるが、映画に対して全く知識のない私には、いつ頃のどんな映画の映像を用いているかまでは判断できません。恐らく往年のハリウッドの名画だと思うのですが・・・。映画に詳しい方、誰か教えてください(笑)。

 クレオパトラと言えば、ローマのユリウス=カエサル(ジュリアス=シーザー)とアントニウスという二人の権力者を夢中にさせた絶世の美女というのが一般的な見方である。ただし記録によれば、それほどのすごい美女ではなかったという話もあるとか。しかし教養が高く機知に富んだ彼女の話しぶりは男を惹き付けるものがあったのとのこと。

 クレオパトラは紀元前51年に18才でエジプトの女王に就任する。しかし一緒に政治を司っていた弟の側近に疎まれ、内紛によって首都のアレクサンドリアを追われることになる。その時にエジプトに進駐してきたのがカエサル率いるローマ軍。このままではエジプトはローマの傀儡にされてしまうと懸念したクレオパトラは単身でカエサルの元を尋ね、エジプトの富とローマの軍事力を結びつけることで世界帝国も可能になるという構想を打ち明ける。カエサルはクレオパトラの機知と美貌に魅せられ、カエサルの権力を後ろ盾にクレオパトラはエジプトの女王に返り咲く。

 しかしクレオパトラの計画は、カエサルが独裁を恐れる元老員メンバーに暗殺されたことで頓挫する。それどころかローマ市民に反感を持たれていたクレオパトラ(ローマ市民からすれば、クレオパトラは色仕掛けでカエサルをたらし込んだ悪女だろう)のエジプトはローマに制圧される可能性さえあった。

 しかしここでクレオパトラは、カエサルの後継者の一人アントニウスの心をつかむことに成功する。すっかりクレオパトラに魅せられたアントニウスは、エジプトの旧領を返還する約束を一存で行ってしまう。しかしこれが後にアントニウスの運命を狂わせる。アントニウスの行為を糾弾したローマのもう一人の権力者・オクタヴィアヌスはエジプトに宣戦布告、アントニウスとクレオパトラの連合軍はこれを迎え撃つが敗北、アントニウスはこの戦いで命を落とす。囚われたクレオパトラはローマに連行されさらし者にされることとなっていたが、辱めを受けてエジプトの名声を貶めることを恐れたクレオパトラは、毒蛇を使って自殺する。享年39才。クレオパトラの死後、エジプトはローマの属国となる。

 クレオパトラについては、二人の権力者をたぶらかした悪女の評もあるようだが、ゲストの宮尾登美子氏の分析では、クレオパトラはカエサルとアントニウスのどちらをも愛していたという。カエサルは彼女にとっては尊敬できる父のような人物、これに対してアントニウスは飲んだくれの駄目亭主であるが、放っておくことはできない相手だったとのこと。あり得る話ではある。

 ローマという強大な軍事国家の隣で、富はあるものの軍事的には劣るエジプトが生き残るには並々ならぬ苦労があったことと思われる。彼女はそのための最大限の努力をしていたのだというのが実際だろう。ただ最終的にはローマの軍事力の下に屈することになってしまったのには悲しさがあるが。

 

6/25 その時、歴史が動いた「新選組誕生の夢、関東に散る〜江戸城明け渡しの裏で何がおきていたのか〜」

 前回は新選組の誕生の巻だったが、今回はその後の歴史である。隊長の近藤勇を中心に彼が処刑されるまでを描いている。ちなみにこの後は生き残った副隊長の土方歳三が結局は五稜郭の戦いで戦死(どうも私は、味方の手によって殺されたのではないかと見ているのだが)するのだが、そのいきさつは以前に登場しているので、その前段までということになる。

 慶応4年、幕府軍と薩長軍が鳥羽伏見で激突(鳥羽伏見の戦い)、この時に新選組は伏見奉行所を守って出撃したのだが敗北、新選組も撤退を余儀なくされる。大坂に逃げ込んだ幕府軍はここで再戦を行おうとするのだが、大将の慶喜がわずかの人数で逃げ出してしまい、その再戦もかなわなくなる(このいきさつも以前に出てきている)。

 やむなく江戸に戻ってきた近藤は、江戸に上る新政府軍を迎え撃つために甲府城に立て籠もることを考える。当時の幕府軍の中心人物であった勝海舟に会見した近藤は、武器の支援を受け甲陽鎮撫隊を結成し、甲府城へと向かう。

 なおこの時、既に勝海舟は本心では既に官軍と戦うつもりがなかったはずなのに、なぜここで近藤に協力したかについて、ゲストの童門冬二氏は「やっかい払いしたのではないか」と分析しているが、これは私も同感である。なお同様に後に五稜郭における土方も、和睦を目指す榎本武揚などに疎まれていたので、密かに始末され(と私は見ている)ることになるのである。

 甲府城に向かった近藤達であるが、途中で通った故郷で大歓迎を受ける。しかしそのような歓迎を受けているうちに、新政府軍の方が先に甲府城に到着、近藤達が甲府城に到着したときには城は既に新政府軍に確保されていたのである。しかも新政府軍の戦力は近藤達の5倍、とても城攻めは不可能であった。やむなく近藤は近くに急場の陣を築いて、土方を援軍要請に送る。

 しかしこの陣は官軍の総攻撃を受け、脱落者によってさらに兵力が減少していた甲陽鎮撫隊はひとたまりもなく叩きつぶされる。剣豪を集めた新選組も、大砲や銃を駆使しての近代組織戦では無力だった。

 その後、勝海舟と西郷隆盛の会談により江戸城明け渡しが決定されるが、近藤は少数の兵力でまだ官軍との戦闘を考えていた。なおこの時に、勝は近藤に対して「無用の戦いをするな」と言って近藤の考えを拒絶したとのことだが、その一方で勝と近藤が情報交換していた節もあるとのことである。

 なお近藤達は官軍の大勢力と衝突してしまい、結局のところ近藤は官軍の捕虜になってしまった。近藤は尋問で勝との関係を問いつめられたが、これは頑として認めなかったとのこと(もしここで近藤が勝との関わり合いを証言していたら、江戸城明け渡しが白紙に戻り、江戸市街は灰燼に帰することになったろう)。その後、江戸城は明け渡され、近藤は罪人として斬首される。

 どうやら勝は和戦両面を睨んで近藤をその駒の一つとして扱っていた節があるようだ。これに対して近藤の方ももっと単純だったばかりに、結局は使い捨てにされたというように見える。そうして考えると、新選組自体が使い捨ての駒であったという側面は否定できないところだ。新選組が未だにドラマなどの題材として人気があるのは、このあたりの悲しさにあるのだろう。ただ歴史的に見た場合、彼らは歴史に対してどれだけ貢献したかという点では、かなり評価は下がらざるを得ないのだが。

 

6/18 その時、歴史が動いた「新選組誕生〜幕末に青春をかけた男たち〜」

 なにやらまるで「プロジェクトX」みたいなタイトルがついている今回であるが、内容は新選組発足のきっかけを作った清川八郎と、新選組隊長の近藤勇に焦点を当てての、新選組が出来るまでの物語である。

 そもそも新選組の前身となった浪士隊は、清川八郎が幕府に設立を進言したものだったという。しかし実は清川の本心は、幕府の力によって浪士隊を結成しておいて、その組織で尊皇攘夷、ひいては倒幕を実現しようというものだったという。

 清川は、諸外国からの開国要求などに対してまともに対応できない幕府に幻滅し、倒幕を思いついたが失敗、この課程で最愛の妻を獄死させているという。その清川が一転して、幕府に対して江戸の治安維持のために浪士隊を結成することを進言して採用された。こうして結成した浪士隊は、京に上る将軍を護衛するために京に向かう。しかしここで清川は当初の目論見通り、浪士隊で尊皇攘夷を行うことを宣言、天皇からの勅許をもらうことに成功した。

 しかしこれに異を唱えたのが近藤勇、彼は智で動く清川に対して、誠で動くことを信条にしていた。彼はあくまで佐幕を主張し、近藤と同じ考えの浪士数人が離脱する。これが後の新選組になったという。

 その後、江戸に戻った清川は暗殺され、近藤勇の新選組は京で治安維持のために活躍する。やがて京では幕府側と反幕府側に分かれての争いが起こるが、このときの反幕府勢力には清川の教えを受けた者達もいたとのこと。つまりかつての仲間が二つに分かれて争うことになったのだという。

 今まで何度も登場した新選組のネタであるが、その発足時に焦点を当てたのは初めてであろう。ちなみに新政府発足後、近藤勇は朝敵として処刑されたが、清川は功労者として祀られたという。このあたりも「勝てば官軍」ということである。もっとも今日では明らかに近藤勇の知名度の方が高いようである。実際のところ、清川八郎については、まだ本格的に活躍を始める前に暗殺されてしまったのだから、せいぜいが後の火種をばらまいた程度である。もっとも清川のとった、敵の力を利用して革命勢力を発足させるという手法。実は現在でも結構通用する方法だったりするんだが。

 それにしても今回は新選組、先週は源義経、その前は徳川家康、どうもウケ線を狙っている気がするが、ネタ的には既に新味はほとんどなくなっている。この番組もそろそろ晩期めいてきているように思われるのだが・・・。まあ歴史番組を毎週放送するのは、どうしてもネタがしんどくなるのは理解は出来るが。

 

6/4 その時、歴史が動いた「信長と家康、そして同盟は幻と消えた?〜長篠の戦い、戦国を変えた両雄の決断〜」

 徳川家康と織田信長は、20年以上という戦国時代には珍しい長い同盟関係を結んでいた。こう言えば、二人が固い友情で結ばれてでもいたように聞こえるが、実のところはこの同盟は打算の産物である。今川の人質からようやく脱し、三河領主として自立した直後で強力な後ろ盾が欲しかった家康と、京に上る時の後顧の憂いを立つために、東側に同盟国が欲しかった信長の思惑が合致しただけである。なお番組中でゲストが、家康としては「年上でわがままでキレやすい」信長とは本音では同盟はしたくなかったのではないかと言っていたが、これは私も同感だ。はっきり言って信長は、有能ではあっても一緒に仕事はしたくないタイプである。

 しかしそのあたりの思惑はともかくとして、家康は信長との同盟を重視した。浅井・朝倉との戦いでは奮闘する(信長に見捨てられて危うく全滅の危機にも陥ったにもかかわらず)など存在感も示した。だがその両者の同盟関係が怪しくなったのが、武田が動き出してからのこと。武田信玄が、家康が支配する遠江に侵攻する気配を見せた時、家康は直ちに信長に援軍を要請したが、信玄と争いたくなかった信長は十分な援軍を送らず、その挙げ句に家康の短慮もあって家康軍は武田軍に散々に打ちのめされる(いわゆる三方原の戦い)。この時の家康に対して信長が「体たらく」と罵倒した文書が残っているとのこと。信長にすると、自分の思惑も知らずに短慮に走った家康を、信頼に値しないと考えたのだろう。

 この両者の関係が再び修復に向かったのが、武田軍が高天神城を攻めた時である。この時、家康は信長の援軍を待って最後まで動かず、結局は高天神城は武田の手に落ちた。家康は過信の信頼を失う危険を冒しても、信長の意向に沿おうとしたのである。

 そして次に武田軍が長篠城を攻めた時が最後の決戦となる。一気に武田軍と雌雄を決することを考えていた信長は直ちに3万の大軍を率いて出陣、織田・徳川連合軍は武田軍を完膚無きまでに打ちのめすのである(設楽ヶ原の戦い)。

 もっとも家康にとっては信長との同盟関係はある点では最後まで頭痛の種だったかもしれない。彼は信長の命によって息子と妻の命さえも奪っている。なおこれは、両者に反乱の動きがあったからということになっているが、一説によると家康の長男の方が信長の長男よりも器量が上であることを、信長が懸念したためとも言われている。ちなみに家康はこのことがよほど悔しかったらしく、後々まで「信康(長男)が生きていれば」と言っていたとのこと。また家康の後継者であった秀忠が明らかに凡将であったために、その気持ちはなお一層大きかったものだと思われる。

 家康と信長の同盟関係について扱ったのが今回の内容であるが、実際のところは今まで出てきた多くの回の総集編の色彩が強かった。そのため何となく番組自体の焦点がはっきりしなかった印象を受ける。どうも春先ぐらいから総集編に近い内容が増えてきているが、ネタ切れなのか、それともそろそろ番組改編の可能性があるのか?

 

4/3 その時、歴史が動いた「シーザー」

 繁栄を極めていたローマ、しかし国内では多くの問題が発生していた。征服地から流入した安い小麦は国内の小麦価格を暴落させ、中産階級の農民は没落し、貧富の差が拡大していった。

 そんな中、執政官に就任したのがカエサル(ジュリアス・シーザー)であった。彼は貴族階級の特権の象徴になっていた元老院の権限を制約し、賄賂を禁止する法律を制定した。また元老院議員の徹底的な抵抗をはねのけ、農民に土地を与えるための農地法を制定する。

 しかし執政官の任期はたったの1年(独裁者の登場を阻止するためである)、カエサルは改革半ばにして、執政官の任期が満了し、ガリア(現在のフランス)に総督として派遣される。

 そこでカエサルは異民族の統治に乗り出す。彼の政策は、反抗する者は徹底して弾圧するが、服従した者には寛大に接し、ローマの文明を伝えて経済の振興をはかった。またガリア語の使用を認めるなど、ガリア人を尊重した政策をとったおかげで、彼らの中からもカエサルに信服する者が現れ、カエサルの声望は上がる。

 外地で功績をあげたカエサルに対して、ローマ国内では再び彼が執政官に就任することを望む世論が盛り上がった。しかしこれに危機感を感じたのが特権階級である元老院議員達であった。再びカエサルが執政官に就任するようなことがあったら、またも彼らの特権を剥奪しようとするのは必至である。元老議員達はなんとかカエサルを排除しようする。

 再び執政官に就任したいと考えていたカエサルにとっては、大きな問題が一つ存在した。当時のローマの法律では、軍団を率いたままルビコン川を渡ることが禁じられていた。しかも彼が執政官に立候補するには、彼自身がローマに来て、それを申請する必要があった。しかしカエサルが単身でローマに乗り込んだ場合、元老院議員達に因縁をつけられて葬られることは明かであった。しかし軍団を率いて戻れば、ローマを2つに分けた内戦に至るのは必至である。カエサルは苦悩する。

 紀元前49年1月12日、カエサルはついに決断する。彼は「賽は投げられた」の一言を残し、軍団を率いてルビコン川を押し渡る。カエサルが本当に軍勢を率いてくると考えていなかった元老院議員達はローマから逃げ出し、短い内戦の後、カエサルはローマを掌握し終生執政官に就任する。

 執政官に就任後、積極的に改革を押し進めるカエサルであるが、5年後、彼自身が赦免した反対派によって暗殺される。

 

 改革者であるのか、独裁者であるのか評価が分かれるユリウス・カエサル(英語読み:ジュリアス・シーザー)であるが、この番組では改革者の観点から解説を行っている。ただここで注目すべきは、カエサルの改革を妨げようとした旧弊は、実はすべてローマの共和制を守るために独裁者の出現を阻止するための制度であったということ。抵抗勢力たる特権階級は、その制度に寄生して自分達の利益を確保していたのである。それに対抗しようとしたカエサルは、結果として独裁者に陥り、ローマの共和制を破壊し帝政に移行させるきっかけになった(実際にローマ皇帝に就任したのは、カエサルの後継者オクタヴィアヌス=後のアウグゥストス帝)というのは、歴史の皮肉である。

 改革者を自認する者が、もっとも効率よく改革を行おうとした場合、自らが独裁者になってしまうことが一番効率がよい。また民主主義が堕落してきたり、社会が閉塞した場合の民衆の改革願望が、独裁者出現の土壌になってしまうこともある(第一次大戦後のドイツでのヒトラーの出現など)。その結果として、国全体がより一層悲惨な状態になってしまう例も実に多い。こういう意味では、現在の日本はかなり危険な状態になっているので要注意である(改革派などと自称している小泉純一郎や、特に石原慎太郎などは極めて独裁志向が強い)。

 

 新年度になり、NHKでも番組の新装などが多くなっているが、この番組もこれからは世界史も視野に入れていくとのこと。今回がその第一弾とのことである。ただ世界史の場合は海外ロケなどのコストがかかるので、果たしてどれだけ扱えることやら。もっとも日本史だけでは既にほとんどネタがなくなりつつあるのは事実であるので(同じネタの視点を変えての焼き直しが増えている)、ここで分野を変えることには賛成なのだが。

 

10/17 その時、歴史が動いた「日本を愛したアインシュタイン・その悲劇〜核兵器廃絶への願い〜」

 相対性理論の発表で一躍時の人となったアインシュタインは1922年、日本に招待され講演をする。彼はこの旅行中に通訳の稲垣守克と親しくなり、終生の友となる。第一次大戦で荒廃したヨーロッパと違い、平和な日本の光景はアインシュタインに強い印象を与えたという。

 戦後のヨーロッパでは、国際紛争を武力を行使せずに解決することを目指し、国際連盟が結成される。アインシュタインもまた国際連盟の知的協力委員会のメンバーになり、科学者として協力する。ここで彼は、国際連盟に勤めていた稲垣と再会することになる。

 しかしやがて国際連盟はその無力さを露呈する。フランスがドイツのルール地方を占領したが、国際連盟はこれを阻止することが出来なかったのだ。国際連盟に失望したアインシュタインは、知的協力委員会を脱会する。さらに満州国の問題で日本も国際連盟を離脱するに至り、稲垣は本国に帰国する。

 またアインシュタインの祖国ドイツでも、ナチスが台頭し、ユダヤ人に対する迫害が始まる。アインシュタインもその例外ではなく、アインシュタインの書物はユダヤ人の書として焼却される。やむなくアインシュタインはアメリカに亡命する。

 そのアインシュタインが衝撃を受けたのは、ドイツのオットー・ハーンのグループが核分裂を発見した報だった。この発見は彼の相対性理論の正しさを証明するものであったが、それは同時に核爆弾開発の可能性を示唆するものであったのだ。ナチスによる原爆開発を懸念した彼は、ルーズベルト大統領に核兵器の開発を促す手紙を送る。これからアメリカは原爆の開発に着手するが、その状況がアインシュタインに知らされることはなかった。

 やがてナチスは原爆の開発の前に降伏する。しかしアメリカでは原爆の開発が続けられ、ついには原爆が日本に投下される。それを知ったアインシュタインはうめき声をあげた後、ずっと沈黙を続けたという。

 戦後、アメリカでは原子力は陸軍が管理するという法案が出され、原子力を軍事利用していく姿勢を明確にする。科学が大量殺戮に使用されていく現状に悩んだアインシュタインは、ついに立ち上がる。彼は核兵器廃絶運動を始め、世界政府による原子力の管理を訴える。

 その頃、同じく稲垣も平和運動を始めていた。彼はアインシュタインに手紙を送る。アインシュタインは彼が生き残っていたことを喜び、手を握って平和運動を呼びかける。

 

10/10 その時、歴史が動いた「不平等条約を改正せよ〜外務大臣・陸奥宗光の決断〜」

 明治時代の日本は、江戸幕府が欧米と結んだ不平等条約と苦しんでいた。この条約のせいで、日本は犯罪を犯した外国人を自ら裁くことが出来なかった(今でもどこかで聞いたことがあるような話である)。今回はその不平等条約を改正するいきさつについてである。

 明治初年、13才に満たない少女がイギリス人に暴行されるという事件が起こるが(やはりどこかで聞いたことがあるような話だ)、日本には裁判権がなく、犯人はイギリスで裁判された結果、禁固6ヶ月という極めて軽い刑罰に終わってしまう。日本中で不満が巻き起こり、これが不平士族の不満と結びつき、政府転覆の計画が持ち上がる。陸奥宗光はこの騒ぎに荷担して、山形の監獄に投獄されることになる。しかし監獄の中で陸奥は猛勉強を行う。

 4年後、特赦で釈放された陸奥はヨーロッパに渡る。

 その頃の日本では、外務大臣・井上馨の元、欧化政策を進めつつあった。欧米に気に入られることで条約改正を進めようとしていたのである。交渉は、外国人の裁判には半数以上の外国人判事を加えて日本で裁判するという線でまとまる手前まで行く。

 そんな矢先、イギリス船ノルマントン号の事件が起こる。この事件は、船長以下の乗組員が日本人乗客を見捨てて自分達だけ逃げ出した事件である。この事件のイギリスでの裁判は船長達には責任がないという判決になり、日本国内での世論が沸騰する。その時、井上達がまとめようとしていた交渉の内容が一般に漏れる。日本の裁判に外国人判事を加えるなどは主権の侵害だと批判が沸き上がり(この批判には理があると私も思う)、井上達の交渉は無に帰す。

 帰国した陸奥は、帝国憲法成立後の農商務大臣に就任する。混乱する初の帝国議会の中で、陸奥は野党との調整に奔走し、その手腕を買われて1892年に外務大臣に就任する。この時から陸奥は本格的に条約改正に取り組むことになる。

 陸奥の改正案は5年間の経過措置の後、日本の主権を完全に認めさせるというものであった。しかし諸外国の賛成を得るのは困難で、特に強硬に反対していたのがイギリスであった。陸奥はイギリスとの交渉を開始するが、イギリスの主張は、法律が整備されていない日本の裁判権を認めるわけにいかないと言うものだった。

 その矢先にまたも事件が起こる。日本の軍艦がイギリス船と衝突して沈没したのだが、イギリスの裁判はイギリス船に責任なしの判決を下したのだ。またも世論の不満が爆発する。

 野党の一部は政府批判を強め、国内は混乱する。このような一部野党から出てきたのは、条約励行運動である。これは元来、不平等条約では外国人は居留地に居住することを定めていたので、これを守らせて、外国人を居留地に押し込めようという運動であった。イギリスはこれに不信を抱き、日本が本気で条約改正をする気があるのかを問いただしてくる。陸奥はイギリスに対して国内の法整備を確約すると共に、国内に対しては条約改正に対しての理解を求める。しかし野党の反対は強く、とうとう議会は解散に追い込まれる。

 イギリスとの交渉が無に帰したかと思われたこの時、イギリスから新たな要求が来る。それは条約改正後も函館を貿易港として使用するというものであった。この背景にはロシアの強大化に焦るイギリスの事情があった。陸奥はこの機を逃してはイギリスとの交渉は成立しないと考え、イギリスの要求を受け入れることを伝える。こうしてイギリスとの間に新たな条約が結ばれることになる。これを皮切りに、日本は他の国とも条約の改正に成功する。

 陸奥の機を見るに敏なるところ、利害調整のうまさが結実して条約改正がなされたわけであるが、これはこの当時の日本が一応自立していたということも大きいだろう。残念ながら現在のように、アメリカの属国並にしっぽを振っていれば、アメリカ兵の犯罪さえ裁く権利を与えられないのは当然である。現在のこの不平等条約も早々に改正してもらいたいものだが、まるでブッシュの番犬のような現首相の元ではそれは到底望めないものだろう。どうも日本は外交については人材に恵まれていない。

 

10/3 その時、歴史が動いた「走れ!AA型〜国産自動車 誕生物語〜」

 日本の首都を壊滅させた関東大震災。あらゆる交通機関が停止した中で、人や物資の輸送に大活躍したのは、アメリカから緊急輸入された800台の自動車だった。廃墟の中を力強く疾走する自動車は、日本にも自動車時代がいずれ到来する予感を人々に抱かせた。しかし当時の日本にはまだ国産車を開発する技術力がなかった。そんな中、一人の若者が立ち上がった。彼は父の意志を実現すべく、周囲の反対を押しのけて、不可能と思われた国産車開発に挑むことになる・・・。

 ♪風の中のスーバルー・・・・ん、番組が違った。

 今回のテーマはトヨタによる自動車開発物語、はっきり言ってネタとして「プロジェクトX」向けの内容である。ただあちらは戦後だけが対象なので、こちらに回ってきたのだろう。しかし随所に渡ってプロジェクトX的要素が見えて、田口トモロヲのナレーションが聞こえてきそうな錯覚まで起こる(笑)。

 自動織機の開発で成功した技術者・豊田佐吉は、息子の喜一郎が設計の才能を持っていることを見抜くと、彼に「自動車を作って国に尽くせ」と命じる。

 しかし当時の日本では国産車を開発するだけの技術的基盤は全くなかった(ボディに使うための薄い鉄板を製造する技術さえなかったという)。佐吉から自動車開発を命じられてから2年経っても、喜一郎は自動車開発に踏み出せずにいた。

 しかし昭和4年、自動織機の特許権譲渡の交渉で欧米に渡った喜一郎は、そこで普及著しい自動車を目の当たりにし、自動車産業への参入を決意する。帰国後、自動車産業参入を役員会に諮る喜一郎であるが、役員達の猛反発を受ける。その矢先、喜一郎の父、佐吉が病死する。父の遺志をどうしても実現することを誓った喜一郎は、特許権譲渡で得た25万円の資金を従業員に分配し、社内に自動車部を設立する。

 その頃、豊田以外にも自動車開発に乗り出した企業があった。それが今の日産である。日産では創業者の鮎川義介の元、アメリカの技術を積極的に取り入れての自動車開発を目指していた。

 一方、喜一郎はとことん自前の技術にこだわった。彼はGMの人気車・シボレーを輸入し、これを解体して部品のサイズを細かく測定するという血道な作業を開始した。

 しかし当時の鋳造技術では、どうしてもシリンダブロックを製造することが出来なかった。その時、技術者の一人から、鋳型を作る砂が悪いのではないかとの指摘が出る。鋳造技術者の原田梅治は各地の鋳造所を回って砂の秘密を探ろうとするが、どこも教えてくれない。そこで彼は一計を案じる。ハンカチを落として、それを拾うふりをして砂を爪のあいだに入れて持ち帰ったのである(この辺りは、未だに存命である本人の口から語られる。これがいかにもまた「プロジェクトX」みたいである。)。

 やがて試作車が出来上がる。しかしここで政府が立ちはだかる。自動車製造が許可制になり、一定量の量産体制が整った企業にしか免許がおりなくなったのだ(日本のお役所は、いつの世でもやたらに規制をかけたがるものだ)。しかし今の豊田はほとんど手作りで試作車を作り上げたのみで、とても量産は不可能だった。

 量産のためには大がかりな機械の投入が必要だった。しかし日本の自動車市場では、大型機械を投入していては採算がとれないのは確実だった。喜一郎はコスト低減のために、金型でおおよその形を作った後、手作業で部品を完成させるという日本独自の方法を作り上げる。結果としてこの方法は、モデルチェンジへの対応などを容易にする方法となった(戦後の日本車の強さの源もここにあったわけだが)。

 こうして豊田のAA型が完成する。そしてトヨタ自動車工業が創設される。しかしやがて日本は戦時体制に突入し、軍需会社に指定されたトヨタは軍事用トラックの生産だけに業務を限定される。

 しかし敗戦後、トヨタは再び乗用車の製造を再開し、クラウンを世に出す。「国産車もここまで来た以上、もう外車は不要だ」と言わしめた名車である。そして物語は「テントウ虫の開発」につながる・・・違うって。

 終始一貫「プロジェクトX」もどきになってしまった内容である。どうも最近のNHKの方向を示しているように思える・・・。

 

9/28 その時、歴史が動いた「ぼく一生の不覚〜三国同盟締結 松岡洋右の誤算〜」

 日本があの不毛の戦争に引き込まれる原因となった日独伊三国軍事同盟。この締結のために奔走したのが、当時の外務大臣・松岡洋右であった。しかし実は彼の本意はアメリカとの戦争を避けることに合ったのだが、歴史のいたずらでその逆の結果になってしまったという内容である。

 満州に傀儡国家を建設した日本は、国際連盟で他国から強烈な非難を受ける。この際の交渉を担当したのが、松岡であった。松岡の演説にも関わらず、国際連盟内では日本の主張は全く受け入れられなかった。松岡の元には本国から「要求が認められない場合は国際連盟脱退もやむなし」との指示が下る。松岡の本意は脱退すべきでないというものであったが、結局日本の主張は入れられず、日本は国際連盟から脱退する。交渉に失敗し、失意を抱いて帰国する松岡。しかしその松岡を待っていたのは国民の歓呼の渦だった。当時の国民は国際連盟の脱退をむしろ歓迎したのだった。

 当時日本と共に孤立化の道を進んでいたのが、ヒトラー率いるドイツであった。国際的孤立は望ましくないと考える松岡は、ドイツとイタリアを加え、日独伊防共協定を結ぶ。

 やがてドイツから同盟の提案が行われる。ここでドイツと同盟を結べば、日本は公然とイギリスやアメリカと敵対することになる。ドイツと同盟を結ぶべきかについては70度に及ぶ会議が行われたが、結局結論は出なかった。その矢先にドイツがソ連と不可侵条約を結んだというニュースが飛び込んでくる。それまでソ連を仮想敵国としてきた日本は、ここで大いに混乱することになる。

 やがて近衛内閣が成立し、松岡は外務大臣に任命される。この時松岡の心の中にあった構想は、ソ連と不可侵条約を結び、日独伊軍事同盟にソ連を引き込んで、アメリカを牽制するというものであった。

 ヨーロッパではドイツの快進撃が始まっていた。これを見た松岡は、ドイツと同盟を結ぶと共に、ドイツを仲介にしてソ連を同盟に引き込もうと考える。閣議においては、日独伊三国同盟の締結はアメリカを刺激することになるのではないかとの疑問も呈されるが、松岡は毅然とした態度を示した方が長期的にはアメリカを軟化させることにつながると主張する。こうして三国同盟は締結される。

 しかしこれに対してアメリカは屑鉄や石油などの対日禁輸を発動。日米関係は修復不能の状態に陥る。この状況を打開するために、松岡はドイツにソ連との仲介を依頼するが、既に対ソ戦闘開始を決意していたヒトラーに拒絶される。やむなく松岡は単独でソ連と日ソ中立条約を締結する。しかしその二ヶ月後、ドイツが対ソ攻撃が開始される。こうして松岡の4国同盟構想は崩壊する。

 信望を失った松岡は外務大臣から外され、近衛内閣は対米関係の修復を目指すが、時は既に遅かった(もともと日本を戦争に引き込むことを目指していたアメリカが、この段階で日本と関係修復を図るはずはなかった)。やがて日本はあの大戦に突入する。

 日米開戦を知った松岡は友人に「三国同盟の締結はぼく一生の不覚だった」と語ったという。

 松岡としては、三国同盟はアメリカとの交渉の材料のつもりだったのだろうが、手を組んだ相手があまりに悪かったというべきだろう。またドイツがヨーロッパで勝利すると読んだのも、外務大臣としては読みが甘すぎたと言える。

 ただアメリカ自身は、日本が対中進出を開始した頃から、いずれは日本を軍事的に叩くことを目論んでいたわけであるから、日本が満州から撤退でもしない限りは、三国同盟があろうとなかろうといずれは戦争に引き込まれたのではないかと思われる。松岡はアメリカ留学経験があり、実はアメリカのことを好きであったというのだから、結果として彼が対米戦争への最後の一押しをしてしまった形になったのは、歴史の皮肉と言うべきなのだろうか。

 その後の日本は、アメリカに徹底的に叩かれて、その挙げ句に現在はアメリカの属国並の御追従外交ばかりしている(今回のテロ事件の報復について、アメリカがどう行動するかも分からないうちに、全面協力を申し出た尻軽総理はその象徴でもある)。どうも日本は昔から外交がまるで駄目なようである。

 

8/22 その時、歴史が動いた「スペシャル三国志」

 今回は日本史の枠をはずれて、三国志がテーマである。「視聴者のリクエストが非常に多かったから」とのことであるが、実際のところはリクエストと言うよりも、制作側が扱いたくて仕方なかったというのが真相ではないかと私は見ている(6/20の「邪馬台国」の項参照)。

 番組の枠も大幅に拡大して、45分×2の二部構成を1日で放送という力の入れようである。前半は赤壁の戦いまで、後半は五丈原で孔明が没するまでである。

 世の中が乱れに乱れた後漢末、帝室の末裔を自称する劉備は義兄弟の関羽・張飛と共に、群雄の一人として旗揚げをする。しかし彼は曹操などの強力なライバルの前に、50近くになるまで自分の本拠地さえ持てない不遇の立場であった。曹操に追われて荊州に逃れた劉備であるが、自らの軍勢さえ持たない彼は、そこでなすすべもなく日を送るだけだった。そんな劉備は「臥竜」と呼ばれる賢者の噂を耳にする。それが後に蜀の丞相になる諸葛孔明であった。劉備は諸葛孔明を「三顧の礼」で迎える。

 中国全土制圧を目論む曹操は、ついに劉備のいる荊州にも侵略の手を伸ばす。劉備はいち早く逃げ出すが、劉備を慕って後を追ってきた領民達のために進軍の足が送れ、曹操軍に追いつかれて散々の敗北をする(劉備びいきの三国志では、劉備が領民を見捨てるのが忍びなくて曹操に追いつかれたと言われているが、これについては劉備が領民を盾にして逃げたとの説もある。実際にこの時、劉備の軍勢は散々に敗れているが、劉備自身は命を保っている。)

 こうなっては曹操に対抗するには、江南で独自の勢力を保っていた孫権を曹操と戦わせるしかない。しかし曹操の兵力は20万 それに対する孫権の兵力は3万、いくら孫権の兵が水戦に長じているといっても、圧倒的な兵力差で不利と思われていた。この困難な説得に向かったのが孔明である。

 これからが孔明の大活躍である。孔明は、孫権に曹操との戦いを頼みに来るだろうという予想に反して、いきなり「もし曹操にかなわないと考えるのなら、すぐに降伏した方が良い」と話を切り出す。「それなら劉備の方こそ曹操に降伏するべきではないのか」と切り返す孫権に対して、孔明は「我が主君は帝室の血を引いており、曹操ごときに降伏するはずがない」と言い放つ。孔明の言葉に焚き付けられた孫権は、曹操と戦うことを決意する。

 プライドの高い孫権の性格を読み切った、孔明の見事な挑発である。孫権としては家臣達の前でここまで言われてしまうと、曹操と戦わざるをえなくなったであろう。なおここでは省いているが、孔明は孫権に対して「もし降伏すれば、あなたの家臣達はそのまま曹操に取り立ててもらえるでしょうが、果たしてあなたはどうなるでしょうね。」というような、孫権の立場の危うさを匂わせるようなことも言ったようである。

 孫権軍は曹操軍との戦いで火計を行うことを考える。しかしそのためには東南の風が必要なのだが、この時期の風向きは逆である。この時に出てくる有名なエピソードが「孔明が東南の風を吹かせた」というものである。これは演義の創作だといわれていたのだが、この番組では、この時期でも気候次第では東南の風が吹くことがあることを知っていた孔明が、それを知った上で風を呼ぶ儀式を行い、自分が超能力を持っているかのように装ったのではないかとしている。

 十分にあり得る話だと私も考える。孔明は元来は慎重な人間だといわれているが、彼は孫権の説得でも見られるように、ここ一番になると、かなりハッタリをかますことがあるのである。この番組ではふれていないが、後の北伐の時の有名なエピソードに「空城の計」というものがある。これは兵力が出払った本陣を敵に攻められて絶体絶命に陥った孔明が、敵が来たときに城の門を開け放ち、その上で悠々と琴を弾いて見せたというものである。孔明の策略を恐れる敵軍は、伏兵を疑って撤退した。つまり完全な「ハッタリ」である。孔明はここ一番でこういったハッタリをかますのがうまく、これもその一環だったような気がする(当時の中国においては、自分の才能をいかに売り込むかということも重要視されているので、このようなハッタリも有用な手法の一つとして考えられていた)。

 曹操は、孫権軍の火計の前(この時、黄蓋の「苦肉の計」があるのだが、この番組ではそれも省いている)に壊滅的打撃を受け、中国統一の野望を諦めざるをえなくなる。

 後半は孔明の最後の戦いになった五丈原の戦いまで。

 孔明は魏を打つために5度の北伐を行った。第一次の北伐は魏の意表をつくことになり(魏としては、兵力的に圧倒的に劣勢の蜀がまさか討って出てくるとは思っていなかったのだろう)、かなり良い線までいく。しかし戦略的要衝である街亭の守りを任された馬謖が、孔明の命に反して山上に布陣した結果、魏軍に包囲され水を断たれて壊滅する。そのせいで蜀は全軍撤退せざるを得なくなり、第一次の北伐は失敗に終わる(この時の撤退の過程で、先の「空城の計」が行われたのだが)。孔明は敗戦の責任を問い、自分の後継と目をかけていた馬謖を死罪にすると共に(これが有名な「泣いて馬謖を斬る」のエピソードである)、自身の位を三階級降格する。またこの敗戦については、包み隠さず国民に報告したという。

 つまり孔明は論功行賞が非常に公正であった上に、情報公開も行っていたとのことである。これが孔明が民心を得ていた最大の理由である。孔明が人事が公正であったのは、孔明を恨んでいた者でさえ認めていたという。この番組では触れていないが、孔明が死んだとき、孔明に左遷された武将が、「孔明が生きていればまた再び取り立ててくれるだろうが、彼が死んでしまえばもうそれはない」と将来を悲観して死んでしまったというエピソードもある。

 孔明の北伐は五度にわたるが、とうとう五度目の北伐の戦場の五丈原で孔明は没する。死因は病死であるが、明らかに過労死である。前線でも国内の差配までしていたというのだから、身体を壊さない方がおかしい。これは完璧主義な彼の性格にもよるだろうが、何よりも蜀の人材不足も大きいだろう。なお自分の死を悟った孔明は、自分の死を秘して全軍が撤退できるように策を残している。蜀軍が撤退を始めたとき、孔明の死を確信した魏の将軍・司馬仲達が追撃をかけたが、蜀軍の反撃により、孔明の策略にはまったことを恐れて撤退している。これが有名な「死せる孔明、生ける仲達を走らす」のエピソードである。

 この番組では、孔明の「民衆のための国を作る」という精神が、後の歴史に残って影響を与えているとしているが、はっきり言ってここまでくると、少々贔屓がすぎるような気もする。ただ孔明が清貧に徹したというのは事実であり、この辺りは現代の金まみれの政治家共は少しは見習えと言いたくはなる。

 なお余談であるが、番組のレポーターに孫明日香嬢が登場していたのは、久しぶりで懐かしかった(彼女は以前、「サイエンスアイ」で「にっぽん名物研究室」のレポーターの一人だった)。ただ彼女のナレーションが入ると、番組がまるでTBSの「世界・ふしぎ発見!」みたいに見えてしまったが(笑)。

 

7/25 その時、歴史が動いた「シリーズポツダム宣言・米ソの攻防1 原爆投下 トルーマンの決断」

 1945年、第二次大戦の最中、アメリカ大統領・ルーズベルトが急死する。急遽大統領に就任したのは、わずか3ヶ月前に副大統領に就任したばかりのトルーマンであった。

 突然に大統領に就任したトルーマンには、大統領としての何の情報も準備もなかった。トルーマンが原爆開発計画を知ったのは大統領になってからである。しかしこの時点での原爆は開発が可能かどうかもはっきりしない代物であった。

 トルーマンの心の中にあった戦争終結のための切り札は、1.ソ連の参戦 2.天皇制の存続 3.原爆の使用であった。特に国体護持にこだわる日本にとっては、天皇制の存続は鍵になる可能性があった(当時のポツダム宣言の草稿には「立憲君主制」の文字が見られるとのこと)。しかしこれにはアメリカ国内でも反対派が多かった。

 対日戦争の終結の方法を模索していたトルーマンは、ソ連の対日参戦を促すためにポツダムでの会談に臨む。スターリンは対日参戦については無条件で承諾するが(既にこの時点でスターリンは対日参戦の準備を進めていた)、その他の案件についてはソ連とアメリカとでは全く意見の一致を見なかった。たとえばドイツによる賠償の使途についても、ヨーロッパ復興に重きを置くアメリカと、自国の権利を主張するソ連とでは考えに大きな隔たりがありすぎ、歩み寄りの余地は全くなかった。

 その時、トルーマンの元に原爆完成の報が届く。このことによって単独でも日本を降伏に持ち込める自信のついたトルーマンは、一気に交渉の調子を変更する。もはやトルーマンにとっては、もはやソ連の参戦は必要なく、むしろ戦後のことを睨むとソ連の参戦前に対日戦にケリをつけるのが好ましいと考え始めた。またこの時点でアメリカ国内で反対の多かった天皇制存続を目指す必要がなくなり、ポツダム宣言から立憲君主制の文字は削除される。トルーマンはこの原稿を中国の蒋介石に送り、彼の了承を得たのちに、自分でチャーチルと蒋介石のサインを加えた文書を作成する。

 結果としてポツダム宣言は日本に無条件降伏を勧告する文書となっており、日本政府はこれを拒絶する。だがこの結果はトルーマンにとっては予測の範疇であった。もはやトルーマンにとって、ポツダム宣言は原爆投下のためのアリバイ作りでしかなくなっていた。8月6日広島、8月9日長崎に原爆が投下され、20万人以上の市民が犠牲になる。この原爆と8月9日のソ連参戦により、日本政府はついに降伏する。

 この結果、トルーマンには世界で初めて核兵器を使用した人物という烙印が押されることになる。引退後の彼は、来客のたびに問わずがたりに「原爆の投下がやむを得なかったこと、そのことが戦争の終結を早めたこと」を語っていたという。彼の墓には退役軍人によって「多くの人命を救うために原爆を使用して、戦争を終結させた」という顕彰碑が建てられているという。

 どうも最後の方のエピソードを見ていると、トルーマンは原爆の予想を超える破壊力に、罪の意識を感じていた節が見られる。どうも彼の晩年は言い訳の一生のようにされ見られる。なお彼の墓に建てられた顕彰碑こそ、まさにアメリカの言い訳そのものである。

 しかしながら日本で未だに「南京大虐殺はなかった」などの虚妄を主張して、先の大戦の罪を認めない輩がいるのと同様、「原爆は戦争の犠牲者を減らした」というのも、アメリカが先の大戦での残虐行為を認めない詭弁である。この手の虚妄や詭弁が通用しているうちは、真の平和など遠いように思えるのだが。

 

7/11 その時、歴史が動いた「北条時宗、起死回生の決断〜モンゴル軍壊滅の時」

 今回は大河ドラマ完全リンクテーマ、「蒙古襲来」である。実際に大河ドラマの映像も多数使用している。

 さて蒙古襲来であるが、一般には蒙古軍は台風で壊滅したと言われているが、実はそんなに単純なものではなかったのである。

 当時のモンゴルは第5代皇帝フビライ=ハンのもと、世界的大帝国となっていた。フビライはこの大帝国を支えるために、持ち運びに不便な金銀ではなく、紙幣を発行した(世界初ではないだろうか)。しかしその紙幣に信頼を与えるためには、大量の銀が必要であった(つまり兌換紙幣である)。国内で銀山の開発を続けていたフビライは、金銀を豊富に産出するという日本の話を聞く(黄金の国ジパング伝説)。

 フビライは日本に国交を求める使者を送る。しかしモンゴルの国書は表向きは国交を求めるものであったが、その実は、拒否すれば戦争も辞さずという脅迫に満ちたものであった。モンゴルの脅迫に対し、朝廷は国交を認めようとするが、鎌倉幕府の若き執権・北条時宗はそれらの考えに真っ向から反対する。

 時宗は異母兄・時輔を始めとする反対派を一掃する。しかしそのためにモンゴルに対する備えが遅れてしまう。

 日本の対応に怒ったフビライは(大帝国モンゴルの要求を、日本のような小国があっさり無視するとは思っていなかったのだろう)、1274年、日本に兵を送り込む。その数、軍船900隻、兵2万6000人の大軍団であった。モンゴル軍はまず対馬に上陸、蹂躙する(武士だけでなく、多くの島民が犠牲になったという)。

 次にモンゴル軍は九州に到着、博多湾に上陸する。これを迎え撃つ日本武士団は3000人(この時点で1/10の兵力しかない)。しかも鎌倉武士が相手にしたのは、今までとは全く勝手の違う連中であった。そのために大苦戦することになる。

 なにより戦いの作法が違う。日本は一騎打ちが中心なのに対し、モンゴル軍は団体戦主体である。一騎打ちを挑んで出ていく鎌倉武士は、次々と囲まれて討ち取られていく(兵力が少ないにも関わらず各個撃破されているという最悪の状況である)。しかもモンゴル軍は日本の知らない兵器を持っていた。それが火薬を使った「鉄砲」(これは今の鉄砲ではなく、手榴弾のような爆発兵器である)。火器を見たことのない鎌倉武士は大混乱する。しかもモンゴルの弓は連射がきくうえに、殺傷能力の高い毒矢を使用しており、鎌倉武士は次々と倒れていく。結局、この合戦は日本軍の一方的敗北に終わる。

 初戦の惨敗に意気消沈し、いよいよ明日は全滅しかないと覚悟を決める鎌倉武士達。しかし翌日には彼らの目の前からモンゴル軍が綺麗に消えていた。

 まずこの第一戦については、モンゴルの撤退の理由は台風ではない。モンゴル軍は明らかに自ら撤退しているのである。それはモンゴルにしてみれば、初戦の圧勝で日本にモンゴル軍の強さを見せつけるという示威の目的は果たされているからである。フビライにしてみれば、これだけ見せつければ、日本は簡単にモンゴルに屈服すると見ていたのである。

 ところでこの第一戦の日本の惨敗は、明らかに準備不足が原因である。そもそもこの段階で日本はモンゴルの情報を十分に把握しておらず、それが戦いの作法の違う連中に日本流の戦いを挑んでしまうという荒唐無稽の仕儀に及んでしまっているのである。この辺りは日本国内でばかりある一定のルールのもとで戦っていて(しかもこの時代の合戦というのは実に儀式的である。これが戦国時代などであれば全く違うのだが。)、対外戦争の経験がなかったことが現れている。ちなみにもっと戦い慣れている中国人やヨーロッパ人は、自分たちの内輪では戦いに一定のルールがあるが(騎士道など)、異民族を相手にするときは、そんなルールをかなぐり捨てて、かなりえげつない戦い方をする。つまりあまりに日本の不慣れぶりばかりが際だったのである。

 さて第一戦で圧勝をして、フビライは自信満々で再び国書を送ってくる。しかしこれに対する時宗の返答は、モンゴルの使者を斬首するというものであった(つまり宣戦布告である)。

 時宗は直ちに博多湾に20キロもの防塁を築き、九州の武士にそれを守らせる。さらに武士以外の農民なども取り立て、兵力を拡充する。さらに中国から亡命してきた僧侶などから情報収集を行う。その結果、時宗はモンゴル軍の出兵の予定日を知る。

 フビライは万全の体制で日本出兵を行おうと、南宋を攻略した後に、高麗と南宋に大量の軍船を作らせる。朝鮮半島を経由する東路軍は4万、中国南部から出兵する江南軍10万という大兵力を動員する。

 まず東路軍が先発し、江南軍との合流地点に出向く、しかし江南軍の到着は遅れ、東路軍は単独で日本に攻撃をかける。しかし万全の布陣で備えている日本軍の前に上陸を果たせず、しかも日本軍の小舟で乗り付けて切り込みをかけるゲリラ戦法(いわゆる水軍の戦い方)の前に苦戦し、壱岐まで撤退する。東路軍はここで江南軍の到着を待つが、その間に病気などで多大の被害を出す。

 空しく時間を過ごす東路軍、ようやく江南軍到着の報が届く。平戸の沖で両軍が合流、いよいよ全軍で攻撃をかけようという矢先に、台風が起こる(既に7月の台風シーズンになっていた)。占領地の高麗や南宋に作らせた船は手抜き品ばかりで、この嵐でモンゴル軍は呆気なく壊滅し、モンゴルの歴史書に「10万人中、帰る者3人」と記されるほどの大損害を蒙る。

 モンゴル軍にとっての敗因は、指揮系統に統一がとれていなかったこと、日本側の備えを全く知らなかったこと(前回の圧勝で慢心していたのである)、征服してまだ間もない高麗や南宋に協力させざるを得なかったことなどであろう。

 結局モンゴル帝国にとってはこの敗戦が曲がり角になる。この後フビライは東南アジアやベトナムの攻略に失敗、やがてモンゴル帝国は滅び、彼らは蒙古の平原に戻っていく。また北条時宗もこの戦いによって生命を使い果たしたのか、まもなく30代で若死にする(この時代の若死にといえば、毒殺などの可能性も否定できないと思えるが)。その後、鎌倉幕府は混迷を極め、やがては滅亡する。まさに両国の運命を大きく変えた戦いである。

 この第二戦は完全にフビライの失敗といって良いだろう。第一戦の圧勝で日本の屈服は間違いないと確信していた彼にとっては、日本の対応は大国・元に対する許し難い侮辱だったのであろう。ただ冷静に考えれば、台風がなかったとしても、日本の征服が当時のモンゴルに可能であったかは疑問である。まずモンゴル軍は水上戦の経験がなかったこと(そのために日本の水軍に大苦戦をしている)、補給線が長すぎること(日本軍に地形を利用したゲリラ戦で粘られたら、補給線を断たれるのは確実である)、将兵の士気が必ずしも高くないこと(占領地の兵を含んでいるので、もとより忠誠心は低い)などのマイナス要因が非常に多い。時宗がその辺りまで読み切って徹底抗戦を決定したのかは疑問であるが、とにかくフビライにしては短慮にすぎたと言えるだろう。

 

6/27 その時、歴史が動いた「白村江の戦い」

 今回のその時は、日本初の対外戦争と言われる「白村江の戦い」を取り上げている。この戦いは百済・倭国(当時の日本の呼称と言われている)連合軍が新羅・唐連合軍に惨敗する戦いである。この戦いに至った過程と、その後の日本への影響を解説している。

 当時の朝鮮半島は百済・新羅・高句麗の三国とその背後にいる唐との間で争いが繰り広げられていた。その時の日本は斉明天皇の時代であり、皇太子の中大兄皇子らが中心となって、天皇を中心とした王権を強化しようとしていた時であった。その頃の百済は日本に王子を人質を差し出してまで親交を結んでおり、日本は百済から仏教などの文化を輸入していた。

 一方、百済の侵攻を受けていた新羅は、唐と同盟関係を結ぼうとしていた。そして新羅の武烈王の時代、ついに唐が新羅に援兵を送る。圧倒的な新羅・唐連合軍の前に百済は敗北し、逆に占領されてしまうことになる。

 しかし百済の旧臣達が名将・鬼室福信を中心としてレジスタンス運動に立ち上がる。鬼室福信は日本に送られていた王子・豊璋を王に立て、日本に援軍を求める。これに対し、斉明天皇は百済救援のための兵を送ることを決定し、九州にまで進出する。

 この番組では、ここで斉明天皇が百済救援を決定したのは、どうも唐の援軍のことを考えていなかったと思われ、斉明天皇に国際感覚が欠如していたのではないかと指摘している(入ってくる情報が少ないので仕方ないとかばってはいるが)。

 私の思うには、斉明天皇の決心の背景には、野心と同情が入り交じっていただろうと推測している。

 まずは日本にいた豊璋に対する同情。そしてそれ以上に朝鮮半島に対する野心があったのだろう。もし豊璋を擁立して百済を再建することが出来れば、日本は朝鮮半島に対して影響力を行使することが出来る。これは王権確立の宣伝のために大土木工事を繰り返していた斉明天皇にとっては、甘美な誘惑であったのではないかと思われる。

 日本の援軍を得た豊璋は、復興軍の拠点・周留城に渡り、鬼室福信と合流する。二人は連合して当初は戦いを有利に進めるが、戦況が悪化すると共に対立、ついには豊璋は鬼室福信に謀反の疑いがあると殺害してしまう(要は馬鹿殿だったのですな、この王子は)。

 一方の日本は、中大兄皇子(この時に既に斉明天皇は死去している)が2万7千の軍勢を百済救援に送る。日本軍は白村江に到着するが、そこには既に唐軍が鉄壁の布陣で待ちかまえていた。しかしここで日本軍は、後に203高地や第二次大戦でも繰り返す最も得意な戦法「無謀な突撃」を行ってしまう。その挙げ句に唐軍に火矢で散々に打ちのめされ死屍累々、「海は死にますか、山は死にますか」の状態の惨敗を喫してしまう。

 初の海外遠征で大敗した日本は、唐からの侵攻に備えて九州を中心に防御を固めると共に、唐の律令制を取り入れた中央集権国家の確立を目指す。この過程でそれまでの倭という呼び名から「日本」という国号に変わっていくのだとのこと。つまりこの戦争こそが「日本誕生」のもとだというのである。また唐に敗北した日本が唐の制度をすぐに取り入れるところは、アメリカに負けた後にアメリカの制度を取り入れたのと似ており、今日の日本のあり方にもつながるものであるとの解釈をしている。確かに海外の状況をキチンと把握せずに、無謀な対外戦争を起こした挙げ句に全滅というのは、あまりに後の日本の行動に似すぎているのは確かではある。

 ただこの解釈に従うと、日本人は自立的には改革は出来ず、対外戦争での敗北という、国の滅亡寸前の事態に陥らないと改革がなされないという意味になるのだが・・・。まあ昨日まで森総理を支持し続けていた小泉氏が、総理になって急に「改革」と口先だけで唱えだしたら、今までのことを綺麗に忘れて、再び自民党に投票してしまうような国民なんだから、確かに自立的に改革なんて出来ないのかもしれない。

 

6/20 その時、歴史が動いた「邪馬台国の女王卑弥呼 動乱の中国に使者を出す」

 謎に包まれた古代王国・邪馬台国。今回の「その時」は卑弥呼が魏に使者を送って「親魏倭王」の称号を受けた時をあげている。

 卑弥呼が女王として邪馬台国を治めていた(卑弥呼については女王と言うよりも、巫女の要素が強かったように思われるのだが)3世紀の日本では、全国に小国家が乱立して争っていた。

 ちょうどその頃の中国は魏呉蜀の三国に分かれて争っていた「三国時代」であった。その中で邪馬台国の卑弥呼が登場するのは「魏志倭人伝」である。ここの記述によると、邪馬台国の使者が魏の皇帝に奴隷などの貢ぎ物を送り、魏はそれに対して多くの宝物をを与えたことが記載されている。

 ポイントは卑弥呼が何故魏に使者を送ったか、またそのことにどういう意味があったかである。

 この番組の結論から言えば、卑弥呼は魏を後ろ盾にすることによって、国内での権威を高めようとしていたということ。しかし三国時代になって朝鮮半島の北部に勃興した公孫氏によって、中国との交通が遮断されてしまったために、魏に使いを送ることが不可能だったということである。

 また魏が邪馬台国の使者を丁重に迎えたのも、当時の三国が互いに相手の背後の勢力と結ぼうとしていたことも大きい。現に日本に対しては、魏だけでなく呉も誼を結ぼうとしてきたとのことである。しかし邪馬台国は結果としては魏を選び、その魏から発生した晋が中国を統一したのであるから、邪馬台国の国際感覚はかなり正確であったということである。 

 今回は「三国志」の映像を多用していたのが特徴。恐らく中国でドラマ用に撮影された映像であろうと思われる(多分、NHK−BSで以前に放送されたもの)。ちなみに「一部再現イメージをまじえて構成しています」とことわりが入っているが、どうも「一部」でもないような気がする。日本史の番組であるため、テーマとしては日本史に限られるのだが、スタッフとしては日本人に人気のある「三国志」をどうしても扱いたかったための苦肉の策(笑)ではないかとも思われる。

 またゲストとして中国古代史の専門家である、大庭脩氏(皇學館大学学長)が来ていたが、彼が露骨な諸葛孔明贔屓だったのも印象に残った。「その時というなら、卑弥呼が魏に使者を送ったときよりも、そうなるきっかけとなった諸葛孔明の死んだときが、その時と言っても良いのではないか」とまで明言していた。しかしここまでくると、いささか「贔屓の引き倒し」の感もないではない。

  

6/13 その時、歴史が動いた「伊達政宗、百万石への挑戦」

 遅れて来た戦国大名・伊達政宗。彼は戦国大名としては抜群の強さを示していたのだが、残念ながら彼が領土拡張に乗り出した時は、既に天下は豊臣秀吉のものとなりつつあった。

 秀吉の干渉をはねつけながら独立を保ってきた正宗も、関東の大名・北条家が秀吉の圧倒的大軍に攻められる当たって、ついに秀吉に下る。この時点で正宗は天下を一度諦めざるを得なくなる。

 正宗に再びチャンスが巡ってきたのは、秀吉の死後の関ヶ原の合戦の時である。この時、上杉家を正宗に牽制させたいと考えた家康は、正宗に「上杉を攻撃すれば百万石の領地を与える」とのお墨付きを渡す。

 しかし関ヶ原の合戦が長引くと睨んだ正宗は、上杉家だけではなく、家康陣営の南部家までも密かに攻める。だが関ヶ原の合戦は正宗の予想に反して一日で決着し、家康に南部家を攻めたことを責められ百万石の約束を反故にされる(そもそも家康が本当にこの約束をはたす気があったかは怪しいところだが)。

 こうして正宗にとって悲願だった百万石は夢と消える。しかし彼はこれであきらめはしない。彼は新田開発によって、62万石の領国を100万石にしようと考えるのである。

 当時の仙台の地は北上川の氾濫による湿地が広がっていた。彼が行ったのは、北上川の流れを変えて新田を開発することである。彼はそのために専門の技術者も雇い入れている。

 正宗の努力の結果、仙台藩の生産高は大幅に増加し、ついには江戸に米を輸送するに至る。今回の「その時」は仙台藩から初めて米が輸送された時にしている。しかし正直なところ、これはかなり苦しいような気もする。伊達政宗に脚光を浴びせたかったのだが、適当な「その時」がなかったので、無理矢理にもってきたのだろう。

 この番組の解釈では、このように東北地方の生産力が上がることで、増加する江戸の人口を支えることが可能になり、これが江戸の発展、ひいては今日の東京の基礎を確立したとのことである。これについては一部真実はあろう。ただし当時の江戸を支えていたのは東北だけではなく、また新田開発に本腰を入れていたのは仙台藩だけでもなかったはずである。またこの時代は江戸は食料を東北に頼っているだけだが、今日では人口その他も含めて、東京が東北の活力を吸い取ってしまっていることは明らかであり、そろそろ抜本的対策を考える必要に迫られているだろう(本格的な地方分権が必須である)。

 ところで正宗はある意味では不運な武将であった。彼は生まれてきたのが遅すぎた故に、天下取りレースに参加することさえ出来なかったのである。逆に生まれるのが早すぎたのが、武田信玄や上杉謙信である。彼らがもっと長生きしていれば、信長や秀吉の出番は無かったであろう。なお政宗については、今回のエピソードでも語られているように、内政にも手腕を発揮しているので、その点でも優れた武将だったのは明らかである。ただし政宗が天下を目指すとなると、京から遠いとか、東北は畿内などに比べて貧しい地であるなど、年齢以外のハンデも多いのは事実であり、やはり天下は遠かったのではなかろうか。

 

6/6 その時、歴史が動いた「土方歳三 北の大地に散る〜戊辰戦争、最後の激戦」

 かつて新撰組の鬼の副隊長として知られ、戊辰戦争に幕府側として参加した土方歳三の最後にこだわったのが今回である。

 土方の現存する写真は少ないが、それに写る土方は、髷を落とし洋服を着た姿をしており、新撰組副隊長のイメージとは大分ずれる。なぜ土方がそうなったのかからこの番組は始まる。

 平民出身の土方は新撰組に参加して功を上げ、武士へと取り立てられる。しかしその土方に転機が訪れたのは鳥羽伏見の戦いである。この時、新撰組は伏見奉行所を守る使命を与えられたが、銃を中心とした近代装備の薩長軍の前に、刀槍中心の装備の新撰組は全く歯が立たず、土方はこれからの時代の戦いは銃でないと戦えないことを痛感する。

 江戸に脱出した土方は、髷を落とし、洋服を着、銃を手にし、部下達にも近代的な歩兵銃を与える。ここで土方は自らの部隊を近代軍隊に変更しようとしたのである。

 土方は薩長軍(この時点ではすでに官軍になっていた)を迎え撃つために甲府に向かう。しかし彼が編成した西洋装備の軍も、練度と士気の低さのために敗北する。やがて江戸城は官軍に明け渡され、土方は北へ落ち延びる。ここで土方は旧幕府軍の指揮官となり、宇都宮城を落とすなどの功績を挙げる。その後、土方は東北諸藩の反官軍同盟の軍事総督への就任を要請されるが、諸藩の腰が定まっていないのを見きって蝦夷地に向かう。

 蝦夷地では榎本武揚を中心とする旧幕臣が函館・五稜郭に拠点を置いて、函館政府を樹立していた。土方はこの蝦夷政権に参加したのである。ここで土方は陸軍の実践での責任者になる。

 この時の土方の軍隊には、フランスからの軍事顧問が来ており、土方は彼らに訓練させた近代的軍隊を率いていたのである。彼は新撰組時代の単なる剣豪から、近代軍隊の指揮官に変貌を遂げていた。

 翌春、官軍が函館に侵攻してくる。土方は地形を利用して、寡兵をもって官軍の大軍をくい止める。しかし別方面の守備隊が突破され、五稜郭への撤退を余儀なくされる。

 5月11日、官軍の函館への攻撃が始まる。土方は孤立した弁天台場を救出するため、函館市街地の官軍を突破するべく出撃する。しかし五稜郭と函館の中間にある一本気関門で、撤退する部下を押しとどめながら指揮を執っていた土方を、一発の銃弾が襲う。土方は即死だったという。

 その後、函館政権は官軍に降伏、戊辰戦争は終結する。また旧幕府軍の幹部の多くはやがて明治政府に仕え、官僚として活躍することになる。土方は幹部の中でのただ一人の戦死者であった。

 さてこの番組ではあまりあからさまには言っていないが、土方の死については未だに諸説ある。その最たるものは、土方を撃ったのは官軍ではなく幕府軍だったという説である。

 実のところ、函館に立て籠もった榎本達がどこまで官軍と本気で闘うつもりだったかは疑問がある。榎本の函館政権については、旧幕臣の中の強硬派を排除するための、官軍との間の出来レースだったとの説があるぐらいである。私はそこまではどうかと思うが、榎本達が官軍との戦いを交渉の材料と考えて、落としどころを探っていたのは間違いないと考える。そのような妥協を探っている榎本達にとっては、徹底抗戦派の土方は非常に邪魔な存在であったはずである。交渉のために、官軍に対して強固な抵抗を示す必要がある戦争初期では土方の能力が必要であるが、降伏のタイミングを計るべき戦争終盤では、もはや土方の存在は榎本達にとっては危険なものであっただろう。以上の諸般の状況証拠から、私の考えも土方は幕府軍に暗殺されたというものである。

 革命の類でも、初期は武闘派が力を持つのだが、終盤でそれらの連中は排除されてしまうというのは良くあることである。どうも土方もその類だったように思える。

 

5/30 その時、歴史が動いた「徳川吉宗 財政再建の闘い」

 徳川八代将軍の吉宗は、別名「米将軍」と呼ばれている(「暴れん坊将軍」ではない(笑))のは教科書などにも載っているが、これは吉宗が米価の安定策に非常に苦心したからである。今回はその吉宗が、米価下落の防止のために通貨を大量発行し、今で言うところの「調整インフレ」によって、米価の下落停止に成功したエピソードである(どうも政策的な意図を感じてしまうのだが)。

 兄たちの病死によって紀州家の家督を継いだ吉宗は、質素倹約と新田開発によって、赤字だらけだった財政を立て直すことに成功する。しかし将軍の家継が幼くして病死したことで、その吉宗に今度は将軍の地位までもが回ってくることになる。

 なおこのように吉宗の上の立場の者が次々と病死することには、何やら裏の事情の臭いがしないでもない。しかし当時の徳川本流は近親交配などで弱体化していたのに対して、吉宗は外の血が入っているので(吉宗の母親は非常に地位の低い人で、紀州の殿様の側室でさえなかったとの説がある)、結果としては丈夫で優秀だったのではないかとも考えられなくもない。

 とにかく将軍職を継いだ吉宗であるが、幕府の財政は紀州家以上に破綻していた。そこで吉宗はここでも質素倹約(大奥をリストラし、自身も一汁二菜の質素な食事を摂った)・新田開発を奨励し、幕府の財政を立て直すことに成功する。しかしここで吉宗が予想しなかった事態が発生する。新田開発が奨励され、全国で米の生産が向上した結果、米余り現象が生じて、米の相場が大幅に低下を始めたのである。

 当時の武士は○万石の大名とか、三十俵二人扶持の同心などと言われるように、給料は米で与えられていた。その米を売ることで武士は現金収入を得ていたのである。つまり米相場の低下はすなわち、武士の現金収入の減少を意味した。その結果、内需は低迷。世の中は不景気となっていく。

 危機感を感じた吉宗は、大阪の米相場に御用商人を送り込むことで強引に米相場の上昇を狙う。しかし幕府の設定した市場は完全に無視され、この試みはとん挫する。

 次に吉宗は大量の米を幕府が買い入れることで相場を支えようとする(今で言うところの公的資金投入である)。しかしこれも思ったほどの効果をあげることが出来なかった。

 しかしその翌年、西日本で起こった病害虫の被害によって大飢饉が発生。今度は一転して米相場が急騰することになる。吉宗は急遽、東日本の米を西日本に回すが、それでも足りずに1万2千人もの餓死者が出ることとなる(享保の大飢饉)。しかも江戸でも、買い占めをしていた米屋が打ち壊しにあうなどの社会的大混乱が発生する。

 米価安定策に苦心する吉宗であるが、翌年には一転して大豊作になり、今度は逆に米相場が低下を始める。ここで大岡忠相が吉宗に貨幣の増鋳による米価安定策を進言する(いわゆるインフレ誘導である)。それでまでの幕府の方針に逆行する政策について、一度は退ける吉宗であるが、結局は忠介の進言を入れて、新貨幣を鋳造して通貨供給量を増加させる。結果として米価は上昇し、諸物価の方は恐れていたほどには上昇せず、世の中は落ち着きを取り戻す。

 いわゆる「調整インフレ」の成功例であるので、この時期にこのテーマを出してくるのに、明らかにある筋の意図を感じる。だが、確かに吉宗の場合はこれは成功であるのだろうが、忘れてはならないのは、この政策がその後の幕府の財政の規律を失くし、後に幕府は財政が逼迫するごとに貨幣の改鋳を連発し、その結果としてとんでもないインフレを招いてしまうことになるということである。

 

5/16 その時、歴史が動いた「「あうん」の呼吸はこうして生まれた〜東大寺金剛力士像完成の時〜」

 東大寺南大門の金剛力士像で有名な運慶が今回の主役。なお金剛力士像については、最近「国宝探訪」でも扱っていたので、NHKお得意の使い回しだろう(笑)。

 金剛力士像は長らく「うん形像」が運慶の作で、「あ形像」は快慶の作だと言われてきた。しかし最近の解体修理によって、あ形像の中から運慶と快慶の名前が、うん形像の中からは運慶の兄弟子・定覚と運慶の子・湛慶の名前が、さらに両者共に十数人の仏師の名前が現れたのである。このことから明らかになったのは、金剛力士像は数十人の仏師による共同作業で制作されており、運慶は総合プロデューサーのような役割を果たしていたということである。これを可能にしたのが、今までの一刀彫ではなく、寄せ木形式で分業化したことである。これによって、金剛力士像の制作は2ヶ月という短期の納期で実現しているのである。

 もっとも運慶は最終段階で多くの修正を行っている。この修正によって金剛力士像はより力強いものとなったのである。決して運慶は作品に妥協はしていないのである。

 運慶の金剛力士像は一見して分かるように、非常に力強くリアルな作品であり、当時の京都などで制作されていた仏像とは明らかに一線を画している。このような作品が登場した背景は、当時の世の中は公家から武士への権力の過渡期にあり、世の中が大いに乱れていたことが関係しているとのことである。つまり当時の世の中は、邪を払う強き神々を欲したということである。

 私は仏像とかはあまり好きな人間ではないが、この金剛力士像については例外である。この像の存在感の強烈さはまさに日本仏像芸術史に残る最大傑作であると感じると共に、ヨーロッパのルネサンスの精神にも相通じるものがあると感じる。

 

5/9 その時、歴史が動いた「昭和天皇とマッカーサー会見の時〜日本を動かした一枚の写真〜」

 敗戦後、占領軍司令官マッカーサーの元を訪れた天皇が、彼と並んで撮った写真が新聞に掲載されたことは日本中に衝撃を与えた。それは戦前の日本では天皇の写真は「御真影」といって、学校などに奉られており、馬鹿げたことにこれは人間の命よりも大切にされていたからである(実際に、火事が起こった時にこの写真を持ち出すために教師が焼死した例がある)。これは日本人に対して、「敗戦」を印象づける決定的なものだった。今回はこの写真が撮られるに至ったいきさつである。

 当時の連合国側の世論は圧倒的に「天皇を戦争犯罪人として処罰すべきだ」であった。特に日本から被害を受けているオーストラリアなどは強硬に主張していた。しかしマッカーサーは天皇を処罰するのは得策でないと考えていた。戦前から狂信的な天皇教国家として国民が洗脳されていた日本で、もし天皇を処罰すれば、国全体が大混乱に陥る可能性があることを彼は恐れていたのである。そこで彼は天皇と会見することを考えたが、天皇を呼びつけるのではなく、天皇の側が出向いてくるのを待つという穏便な姿勢をとった。

 一方の昭和天皇の側は、敗戦で先が分からなくなった自分の立場を保つには、マッカーサーと会談する必要があった。また彼にすれば、自分の重臣たちが処罰されることを恐れていたとも言う。

 二人の会見は35分の短いものだったが、この会見でマッカーサーは天皇を処罰しないことを決心し、帰りには予定を変えて玄関まで見送るという破格の対応をした(天皇が着いた時には、彼は部屋で待っており、迎えに出ていない)。政治的計算だけでなく、どうも彼が個人的に天皇を気に入った節があるようである。マッカーサーの立場からしてみれば、例え天皇を残すことが政治的には得策だと考えていても、天皇本人がヒトラーのような暴虐な独裁者なら、処罰しないわけにはいかなかっただろう。だが彼は昭和天皇と実際に会見して「利用価値がある」と判断したのだろう。

 これが戦後の日米関係を築き上げる元になったわけである。もしこの時にマッカーサーが天皇を処罰することを決心していたら、日本の戦後の歩みはもっと異なったものになっていただろう(多分、日本人の精神の根っこに反米感情が染みついてしまったろう)。ただこの時に彼が天皇を全く無罪としてしまったが故に、日本の戦後が曖昧になってしまったことも否定できない。この時に明確なけじめを付けなかったがために、未だに「天皇教」の洗脳が抜けずに、天皇が国家の元首だなどと寝ぼけたことを言った挙げ句に、あの戦争は正しかったなどと恥ずかしい教科書を作る馬鹿がいるのはそのせいでもある。

 ただしこの時のマッカーサーの判断については、日本の占領政策を穏便にまとめるという点では、政治家として正しい選択であったろう。麻原彰光が逮捕されて、すべてが金儲けのためのインチキであったことがはっきりしたオウム真理教でさえ、未だに信者はいるし、彼らは未だに麻原をあがめている。当時の日本も似たようなもので、「国体護持(いわゆる天皇を中心とした国家体制を守ること、そう言えばつい最近もこの時代錯誤な言葉を信条にしていたお粗末総理がいた)」が国民の命よりも大事だと考えていた連中が多かった状態であるから。天皇が処罰されたら、内戦が起こっていた可能性が高かったであろう。ただ、昭和天皇が「自発的に」退位して、他の皇族が後継に立つという方法はあったと思うのだが。

 

5/2 その時、歴史が動いた「戦艦大和沈没〜大艦巨砲主義の悲劇〜」

 今回のテーマは、第二次大戦の徒花、無用の長物・予算の無駄遣いの象徴の戦艦大和である。

 大和は大艦巨砲主義の象徴である。大艦巨砲主義は、艦隊決戦の時に巨砲を使って敵の射程外から射撃が出来れば圧倒的に有利であるという発想にある。大和は世界最大の46センチ砲(当時の世界最大は40センチ)を搭載するために作られた戦艦である。

 大和は日本海軍の象徴として総力を上げて建造されたが、第二次大戦は既に艦隊決戦の戦争ではなくなっていた。皮肉なことにその道筋を作ったのは日本側だった。日本軍の航空機による真珠湾攻撃で戦艦部隊に大打撃を受けたアメリカは、航空決戦の優位性を感じ取り空母の増産に入った。これに対して日本側は未だに大艦巨砲主義にとらわれ、大和の二番艦・武蔵の建造を開始する。

 日本側が戦略の根本的間違いに気づいたのは、ミッドウェー海戦で主力空母艦隊を全滅させられてからである。しかし造船能力で10倍の違いがある日米では勝負は明らかだった。

 航空機全盛時代の中で大和は何の戦果もあげることもないまま、戦局は日本側にどんどんと不利になっていく。そして絶望的な戦局の中で、大和の沖縄特攻が決定される。これは大和を沖縄に突入させて、浅瀬に乗り上げて海上砲台として陸軍戦力を攻撃するという、作戦とも言えないようなお粗末な作戦であった。しかもこの時に大和の頭上には一機の護衛戦闘機さえなかった。

 結局大和はその真価を発揮することさえなく、アメリカ航空機によって袋叩き状態にされて沈没する。数千人の日本将兵を道連れにして・・・。

 大和のエピソードは日本軍部の愚かさを象徴するエピソードである。大和の建造計画があったがために、現実の変化を無視してそちらの方向に突っ走ってしまったのである。そしてこの体質というのは、残念ながら今日でもこの国には健在である。諫早湾干拓のように、一度決定してしまった公共事業がその前提となる条件が崩れているにも関わらず、継続されてしまうのがその最たる例である。日本人が大和から教訓とすべきは、官僚主義と軍国主義の馬鹿らしさであろう。

 

4/18 その時、歴史が動いた「春日局 徳川家康を動かす〜戦国女性、太平の世への願い〜」

 家光の乳母として有名な春日局。彼女が歴史に名を残すのは、家光が三代将軍に就任する際に尽力したことによる。今回はそのいきさつについてである。

 家光はすんなりと将軍職を継いだのではない。多くの家臣や家光の実母などは、家光の弟である忠長に将軍職を継がせたいと考えていた。それを逆転して、家康による指名を引き出したのは春日局である。

 後の春日局ことお福は斉藤利三は娘として生まれた。斉藤利三は明智光秀の重臣であったので、お福は反逆者の一門に連なっていたことになる。成人後、お福は稲葉正成に嫁ぎ、二児を儲けるが、正成が主君小早川秀秋の元を去ったことで、田舎に引きこもることになる。しかしこのお福に何故か徳川家の乳母として白羽の矢が立つ。実はなぜここでお福に白羽の矢が立ったのかは未だに謎とされており、諸説が存在するが、この番組でもこの部分は謎にしている。

 この件については私の見解は「お福が明智光秀に連なる女性だったから」である。本能寺の変に関して未だに明智光秀の謀反の理由が謎とされているが、私は「光秀・家康密約説」を取る。つまり光秀は単独で謀反に走ったのではなく、裏で家康と手を結んでいたとのいう見解である。光秀が信長を討った後、家康が呼応して二人で天下を掌握する予定であったのに、秀吉の行動が早すぎて家康が間に合わなかったのではないかと考えている。もしこのような密約があったとすれば、光秀の行動が鈍かった原因も、家康が光秀の関係者を取り立てた理由も説明がつく。なお最も突飛な説には、光秀は死なずに、名を変えて家康の参謀となったというものもある。

 とにかく家光の乳母になったお福は、病弱な家光を必死で育てる。しかし家光の弟の忠長が誕生してからは、生母のお江の方が忠長を偏愛したことで家光の立場は怪しくなる。そこでお福は伊勢参りと偽って、命がけで家康の元に直訴に行くのである(当時は直訴は死罪であった)。家康は兄弟で相続争いが起こることを懸念し、家光を次期将軍として確定する。家光の将軍就任後は、お福が育てた小姓達が家光の補佐としてつとめ、徳川幕府の盤石の体制が完成する。

 確かにこの時点で将軍家の跡目争いが起こっていたら、まだまだ伊達や島津などなどの動向の怪しい連中がいただけに、もう一度戦乱の世が発生する可能性があっただろう。つまりお福の行動が、後の太平の世を築いたというのがこの番組の解釈であり、これについては私も概ね同感である。

 

4/11 その時、歴史が動いた「秀吉家康たった一度の直接対決〜天下取りの知恵くらべ〜」

 タイトルにもあるように、実は秀吉と家康の直接対決というのはただ一度しかない。それが小牧長久手の戦いである。

 この戦いは、山崎の合戦で明智光秀を滅ぼして後急速に勢力を拡大した豊臣秀吉に対して、信長の馬鹿息子・信雄(信長の三男)が反発し、徳川家康に働きかけた結果起こった合戦である。信雄はあやよくば織田家の栄光を取り戻したいと考え、家康にすれば秀吉と雌雄を決する格好の口実だったわけである。

 動員した兵力は秀吉8万に対して、家康2万。兵力上では秀吉が圧倒的に有利なのだが、野戦に長けていると言われた家康は、小牧山に堅陣を築き堅く守る。これには秀吉も攻めあぐねて、合戦は長期戦へと突入する。

 睨み合いが続いている内に秀吉陣営の中で動きが起こる。秀吉と同行していた池田恒興が、別働隊で家康の本国の岡崎城に奇襲をかけることを主張する。功に焦る恒興の計画に対して秀吉は反対するが、まだ恒興の主人というわけではない秀吉には恒興を制することは出来ず、恒興は2万の別働隊を率いて岡崎に向かう。

 しかしこの情報はすぐに、戦巧者の家康の知れるところとなる。家康は小牧山にわずかの守備兵を残し、直ちに全軍で恒興の別働隊を追跡しこれを捕捉・襲撃する。別働隊が襲撃された情報は秀吉に伝わり、急遽秀吉は自ら救援に向かうが、時既に遅く、恒興は討ち死にし全軍壊滅した後だった。結果としてこれはこの合戦における最も激しい戦いであり、秀吉にとっては手痛い敗北となる。

 ここまでは完全に、戦巧者の家康の独壇場である。しかし秀吉のしたたかさがここから光る。

 家康が手強いと見た秀吉は、急遽目標を家康の同盟者であるところの馬鹿息子・織田信雄に変更する。所詮信雄では秀吉とは勝負にならず、結局この馬鹿息子は家康に無断で秀吉と講和してしまう。信雄の講和で合戦の大義名分を失った家康は、やむを得ず秀吉と停戦する。

 この後は秀吉の政略が光る。秀吉は他家に嫁いだ妹を離婚させてまで、家康の元に人質同然で送り込む。しかし慎重な家康はこれでも上洛せず、秀吉はとうとう自分の母親まで人質として家康の元に送る。ここまでされては家康も上洛しないわけにはいかず、上洛の求めに応じる。その家康の前で秀吉は大芝居を打つことで、家康を諸大名の前で家臣として扱うことに成功し、家康もそれ以降は秀吉に従うことになる。

 この辺りは秀吉の政略のうまさに家康がしてやられた印象があるが、家康にしても、今は秀吉と正面から対抗するだけの実力はないとの計算があったのだろう。まさに虚々実々の駆け引きである。結局のところ、家康は秀吉の死後に天下を取ったのだから、結果から見れば家康が勝ったと言えるのかもしれない。 

3/21 その時、歴史が動いた「もしもその時…〜中世・近代編〜」

 先週に続いて、今週も「もしもシリーズ」。テーマは、もし本能寺で信長が死ななかったら、もし関ヶ原で西軍が勝っていたら、もし薩長同盟が成立しなかったらである。分析は前回同様、堺屋太一氏と杉本苑子氏である。

 まず本能寺の変についてであるが、堺屋氏の見解は、信長を中心とした絶対王政の国家が成立し、日本は対外拡張政策をとり、いずれはどこかの国と戦争を起こしたのではないかとのもの。これに対して杉本氏の見解は、異文化かぶれの信長が欧米列強の侵略的意図を見抜けず、列強がキリシタン大名などと手を組み、日本が武力侵略を受けた可能性があるとのことである。堺屋氏が信長の能力をやや過剰に評価し、杉本氏が過小に評価しているのが特徴的である。

 さて私の見解であるが、基本的には堺屋氏に近い。信長が権力を握ることで恐らく朝廷の権威が完全に失墜したのではないかと考える。なお信長がキリスト教を保護した件についてであるが、これは信長が一向宗などの既存宗教への対抗勢力としてキリスト教を導入しただけであって、もしキリスト教が強大になり始めると、いずれは信長はキリシタン禁止令を出したのではないかと考える。私の見たところでは、信長の性格は超合理主義と超利己主義が中心になっている。だから、朝廷も宗教勢力も使えるうちは使うが、その価値がなくなると簡単に切り捨てるのではないかと考える。

 次の関ヶ原の合戦についてだが、堺屋氏の見解では、豊臣秀頼では諸大名を抑えることが不可能であるから、石田三成が執権となった鎌倉幕府のような組織が成立したのではないかとのことである。その結果として地域の独立色が強くなるのではないかと結んでいる。これに対して杉本氏は、関ヶ原の合戦での西軍の勝利がそのまま豊臣政権の安泰にはつながらず、東西分権国家のような形になった後、結局は徳川氏が天下を制することになるのではないかとの考えである。

 さて私の見解であるが、基本的には杉本氏の見解と同じである。徳川氏の勢力を考えると関ヶ原で敗戦しても、結果的には天下を制することは可能であると考える。ただ唯一このシナリオが変わる可能性があるとしたら、それは関ヶ原で徳川家康が戦死した場合である。家康という強力なカリスマを失ってしまうと、家康よりもはるかに器量の劣る秀忠では東軍をまとめきることは無理ではないかと考える。結果として東軍は分裂、さらにそもそも西軍は何のまとまりもないわけであるから、全国で諸大名が乱立する室町時代末期に近い状態が発生すると考える。そうなれば諸外国の介入があったりなどで、結果としては戦国時代パート2になってしまうのではなかろうか。そして覇者が誰になるかは私にも予測不可能だ。

 最後にもし薩長同盟が成立しなければであるが、杉本氏の見解は、内戦が長引くことで日本の近代化が遅れ、列強との不平等な関係が解消できないまま近代を迎えてしまうことになるのではないかとのことである。堺屋氏の見解は、もし幕府が存続したとすれば、慶喜による体制内改革が起こることになるので、明治維新のような徹底した改革はできず、清朝などと似た体制になるとのことである。さらに、幕府と結ぶフランスに対抗して、イギリスが薩摩と組んで長い内戦になってしまうのではないかとのことである。

 私の見解は、一言で言えば、「どうなったところで大混乱が発生する」である。つまり幕府が存続して体制内改革が起こったところで、既に政治の矛盾は限界に達していたので、いずれは動乱が起こるということである。薩長が同盟を組んだことで結果としては圧倒的に優位な勢力が幕府を駆逐したが、もし薩長が登場することがなかったら、市民革命のような形で幕府がひっくり返る可能性もあったのではないかと私は考えている。薩長同盟が成立しなければ、幕府はさらに存続することになるということを考えると、この革命が起こるのはかなり時代が下ってからになるので、もしかしたら社会主義の影響を受けたものになるかもしれない。と言うことで、私の大胆な仮説は「大日本社会主義共和国」の成立である。

 

3/14 その時、歴史が動いた「もしもその時…〜古代・中世編〜」

 歴史に「もし」はつき物だが、今週と来週は歴史上の「もし」を検証するとのことである。ちなみにこの時期にこういう特集をする場合は、この春で番組が終わる場合が多いのだが(「いきもの地球紀行」なども来週から総集編である)、この番組は春以降も続くとのことである。

 第一回は、もし大化改新の蘇我入鹿暗殺が失敗していたら、もし壇ノ浦の合戦で平家が勝っていたら、もし蒙古が日本を占領していたらの3点である。そのそれぞれの事件の背景について説明した後、作家の堺屋太一氏と杉本苑子氏が 「もしも」についてのコメントを述べる形式である。この「復習」の部分は、昔にこの番組で使用した内容の使い回しであるから、なんだかんだ言いながらも体の良い「総集編」である側面が強い。

 まず蘇我入鹿暗殺が失敗していたらであるが、堺屋太一氏の見解は、天皇家を軽視し仏教を重んじていた蘇我氏が権力中枢につくことで、日本の国体が変化し、日本はもっと宗教色が強い国家になったのではないかということである。これに対して杉本氏の見解は、保守派の中大兄皇子の台頭がなくなることで、律令国家の成立が数十年早まったのではないかとの考えである。さて、私の考えであるが、蘇我氏が藤原氏に取って代わるだけで、歴史的にはほとんど変化は生じないというものである。大化改新は所詮は権力争いのクーデターにすぎず、大きな歴史の流れを変えるものではないと私は考えている。

 次は壇ノ浦で平家が勝っていたらであるが、杉本氏の見解は、古い体質の平家が日本を支配したところで、所詮は最後は他の勢力に取って代わられ、時代は遅れるものの幕府の時代が来るというものである。堺屋氏の見解は、貿易重視の平家が権力を握ることで、農業重視の鎌倉政権とは異なる室町時代か訪れたであろうというものである。これに対して私の見解は、杉本氏に近いものである。なおさらにいえば、もし壇ノ浦で平家が勝利しても、平家が日本を支配することは難しく、せいぜいが九州で独立色の強い国家をつくるのが限界であると考える。そうなれば、九州に中国・朝鮮との結びつきの強い地方国家が誕生したことであろう。

 最後が、元寇の時にもし日本がモンゴルに征服されていたらである。これについては堺屋氏、杉本氏に共通している見解は、そもそもモンゴルが日本を征服することは不可能であったということである。そこをあえてこのような事態を想定するとするなら、堺屋氏の見解は、嫌でも国際社会に目を向けざるおえなくなり、国際的な国家になったのではないかというもの。杉本氏の見解は、元の滅亡ですぐに日本が主権を取り戻すだけだとのものである。私の見解も両者と同じく、モンゴルが日本を支配することはそもそも不可能だし、その意志もはなからなかったと考えている。この番組中でも、第二回の元寇で、元軍は小舟で切り込んでくる日本軍に苦戦したとあるが、実際に正規軍同士の正面衝突では日本は惨敗しているが、このようなゲリラ戦では日本は善戦しているのである。大平原での集団戦を得意とするモンゴル軍は、日本のような島国ではその真価を発揮しにくい上に、地形を利用したゲリラ戦で粘られると、兵站線が長い上に動員数も決して多いとは言えないモンゴル軍では、前線の維持は不可能であったろうと考える。モンゴルの本音としては、モンゴル軍の強さを日本に見せつけて、日本と宋を絶縁させればそれで十分だったのだろう。

 

2/28 その時、歴史が動いた「秀吉の妻・おね 関ヶ原を動かす〜西軍戦勝祈願の時〜」

 秀吉の正室・おね(よく一般的には「ねね」と言われることが多いが)が関ヶ原の合戦で徳川家康側についたことが、後の豊臣家の死命を決したと言われているが、彼女がはっきりと旗幟を示した瞬間にこだわったのが今回の内容である。

 おねは秀吉にとっては糟糠の妻にあたる。まだ身分の低かった秀吉に嫁いだ彼女は、苦労しながらも、秀吉の出世と共に自らの身分もあがっていく。子供のいなかったおねは親戚の子供を集め、実の子供のように育てる。それが後の加藤清正、福島正則、豊臣秀次、小早川秀明などである。

 しかし秀吉の側室の淀君に子供が産まれたことで、秀吉が淀君を寵愛し、おねとの間に亀裂が入り始める。さらに秀吉に子が出来たことで、おねが育てた秀吉の養子達は冷遇されることになる。養子の秀明は小早川家に養子に出され、秀次に至っては妻子らと共に殺される。

 秀吉の死後、おねは大阪城を出、秀吉の魂を弔いながら静かな余生を送りたいと考える。だが、世の中がそれを許さなかった。おねは俗世と離れるには重要人物すぎたのだ。結局、石田三成と徳川家康の双方が、おねを味方につけようと接近をはかる。おねはなるべくどちらか一方への旗幟を明らかにしないようにしていたのだが、それも関ヶ原の合戦の勃発で不可能になる。

 西軍の戦勝祈願の日、これに参加すればおねは西軍に荷担することになるし、これを欠席すれば東軍に荷担することになる。結局この時、おねは欠席を決意する。

 関ヶ原において東軍が勝利したことに関しては、おねが消極的ながらも東軍に荷担したことは小さくないと考える。寝返りによって東軍の勝利を導いた小早川秀秋や、東軍の陣頭で闘った福島正則は共におねに実子のように育てられた者達であり、彼等の選択にはおねの意志が影響していると考えるのは妥当なところであろう。

 彼女は長生きをしたので、結果としては豊臣家の滅亡までも見送ることになる。その彼女の胸中にどのような思いが去来したかは誰にも分からない。ただ私が想像するに、彼女は秀吉に対する思いはあっても、当時の豊臣家に対する思いはもうほとんどなかったのではないかと思われる。当時の豊臣家は実質的に淀君のものになっていたし、後継者の秀頼が秀吉の血をひいていないのはほぼ間違いなく(秀吉はあれだけの側室を抱えながら、誰一人として子供が出来なかったのに、淀君だけが二回も子供を産んでいるのである)、当時もそのことは周囲はうすうす感じていたであろうからである。

 

2/14,21 その時、歴史が動いた「シリーズ二・二六事件」

 昭和日本を揺るがしたクーデター事件、二・二六事件。これは青年将校が大臣などの政府閣僚を暗殺した事件であるが、実はその背景には陸軍首脳部の関与があった。

 当時の日本軍部は統制派と皇道派の二派に分かれて互いに対立していた。統制派によって地位を追われた真崎大将は、皇道派の青年将校たちが起こしたこのクーデターを利用して、一気に権力の奪取を狙っていた。彼の目論見は、天皇から決起を認める詔勅を取り付けて権力を握ることであった。しかし彼の計算が狂ったのは、側近を殺された天皇が激怒したことである(どうもこの辺りの経緯についてこの番組は触れていないが、この時の天皇は「すぐに鎮圧が出来ないのなら、自分が近衛部隊を率いて鎮圧をする」とまで言ったらしい。これに触れないのは、やはり天皇に好戦的イメージを加えるのはまずいという、政治的配慮か?)。

 事態がこうなった時、軍首脳部はあっさりと決起部隊を見捨てる。彼らに全部罪を着せて処分しようとするのである。最初は軍部は首謀者達を自決させようとしたが、彼らは軍事法廷で軍上層部の関与を訴えようとする。検察官になったのが匂坂春平である。しかし軍事法廷は、陸軍大臣が裁判官を務めるとという公正とはほど遠い裁判である。匂坂は真崎ら軍上層部の罪を追求しようとするが、軍上層部からの猛烈な圧力で、結局は軍上層部はすべて無罪になり、青年将校達だけがすべての罪を着せられて処刑される。

 すべての罪を部下に着せてのらりくらりと逃げる真崎を初めとする軍上部の連中が、いかにも日本的であり嫌になる。私の目には真崎の姿が、多くの不祥事を言い訳で誤魔化してばかりいる森総理の姿ダブってしまう。このような無能で卑怯な上層部に率いられてあの太平洋戦争に突入した日本が、アジアに多大な迷惑をかけた挙げ句に、自国も滅亡の危機に瀕したのは当然である。しかし嫌になるのは、未だにその構造はこの国では変わっていないこと。そしてその象徴というべき政治家どもが、あの戦争を美化するような発言を繰り返していることである。日本では卑怯者ほど出世するようになっているのである。

 

2/7 その時、歴史が動いた「6000人の命を救った外交官〜杉原千畝ビザ大量発給決断の時〜」

 今回の主人公は、第二次大戦中に人道的観点からユダヤ人に大量にビザを発給し、「日本のシンドラー」として最近注目された(スピルバーグがシンドラーの映画を作ったのが大きく影響している)、外交官・杉原千畝である。

 杉原はリトアニアに領事として赴任するが、第二次大戦が勃発、リトアニアはソ連に占領され、杉原も退去を申し渡される。しかしその杉原の元に大量のユダヤ人が訪れる。彼らは先に占領されたポーランドから逃亡してきた避難民であった。

 当時の日本は人種差別撤廃を国策として掲げていたので、杉原は本国に対してビザ発給の許可を本国に求める。しかし本国からの返答は「ビザ発給は許可できない」であった。しかし杉原は悩んだ末に、自身がナチスに捕まる危険を冒して、彼らにビザを発給する。結局彼は一日平均70枚のビザを一ヶ月に渡って発給し続ける。彼が発給した2000枚以上のビザによって、6000人以上のユダヤ人が命を救われたという。

 杉原は終戦から2年後帰国するが、かれは外務省を辞任することを求められる。その後彼は商社勤務や翻訳などいろいろな職を転々とする。その彼が注目を浴びたのは、ビザ発給から45年後、イスラエルに杉原の功績を顕彰する碑が建てられてからである。

 極限状態においての、外交官としての職責と人道の狭間で板挟みになった杉原の苦悩がうかがえる内容であった。ここで杉原は自分の信念に従って行動したのであるが、これは組織の原理では否定されてしまう行為であることが、後の杉原に対する処遇に端的に現れている。

 果たして彼のような行動をとれる日本人が何人いるだろうか。まして国全体がおかしな方向に向かいつつある時代においては・・・。

 

10/18 その時、歴史が動いた「弟・義経を討て〜源頼朝・武家政権確立への決断〜」

 今回のテーマは、よく歴史の悲劇として語られる源義経が源頼朝に討伐されたいきさつについてである。芝居などでは頼朝が義経を討伐した原因は、頼朝による嫉妬と扱われる場合が多いが、そんな単純なものではなく、背後にはもっと深いものがあったというのが今回のこの番組のテーマである。

 一言でまとめれば、朝廷などの介入を排して武家政権を確立しようとしていた頼朝と、朝廷の権威の元に源氏の権勢を拡大しようとしようとしていた義経の立場の違いが、平氏討滅後に際立っていったことにあるという解釈である。また平氏討滅に功績の多かった義経であるが、あまりにスタンドプレーが目立ったため、関東武士団からの受けが悪く、関東武士団の利益代表であった頼朝とは必然的に対立関係にならざるおえなかったとも説明している。

 この解釈は何も新しいものではなく、実際には現在の通説であると言えるだろう。ただ私としてもむしろ、やはり頼朝にとっては嫉妬のような感情はやはりあったのではないかと感じている。

 なお組織創設の頃の功労者が、組織確立後には排除されることはよくあることである。狡兎死して走狗煮られるなどと言うが、平家が滅んだ後では、天才軍略家義経は頼朝にとっては脅威でこそあれ、もはや使い道はなかったということである。そこのところをドライに割り切ってしまうところが、その頼朝という人物の政治家としての側面であると言えよう。

 

10/11 その時、歴史が動いた「関ヶ原合戦 家康なぞの大突撃〜ヨーロッパ製甲冑の威力〜」

 関ヶ原の合戦はこの手の番組ではさんざん扱われたテーマであり、今更新味はほとんどない。しかし今回はあえてそのテーマに対して、全く別の切り口から攻め込もうというなかなか意欲的な内容である。

 この仮説がまた大胆である。一言で言えば「家康が西洋式甲冑を手に入れたことで関ヶ原の合戦の勝利に結びついた」というものである。この甲冑は関ヶ原の合戦の前に家康が漂着船リーフデ号から入手したものである。この西洋甲冑が日本の甲冑と全く異なっていたのは、銃弾を弾く能力を持っていたことである。従来の日本の甲冑は刀を使用した戰いを想定しているので、動きやすさを重視して、小さい金属板をつなぎ合わせた構造になっている。そのため銃弾に対しては防御能力を持っていなかった。これに対して西洋甲冑は一枚物の鉄板を使用しており、防弾能力に優れていたのである。家康はこの西洋甲冑に日本甲冑の特徴を取り入れた南蛮甲冑と呼ばれる和洋折衷甲冑を作り出した。これが家康の秘密兵器になったというのである。

 また一般的イメージと異なる事実として、関ヶ原の合戦は当時では世界最大規模の銃撃戦であったということである(実際に当時の日本は、銃を使った戦術では世界でもトップレベルであった。これがあの朝鮮出兵での初期の快進撃の原動力であった。)。その中ではこの南蛮甲冑は大いに威力を発揮したものであると推測される。

 またこの最新兵器は、豊臣恩顧の大名達にも与えられ、家康の人身掌握にも貢献したとのことである。南蛮甲冑を与えられた大名にしてみれば、自分はこのような最新兵器を与えられるぐらい家康に重視されていると感じたらしい。

 そしてこの兵器が関ヶ原の合戦の最終局面で勝敗に影響したとこの番組は見ている。序盤で東軍がやや圧され気味の時に、家康は本陣を前線に出すという異例の行動をする。結果としてこのことが東軍の士気を上げ、また前線で戦う家康の姿は、小早川秀秋の翻意を促す効果も持ったとし、家康がこのような行動をとれたのは南蛮甲冑の防御力に自信があったからだという分析である。

 ただこの推測については牽強付会というべきか、論理のウルトラCという印象を受ける。確かに家康の頭の中に南蛮甲冑の防御力については一つの要素としてあったかもしれないが、それが大きかったように言うのは強引にすぎよう。

 私の推測では、家康が陣をひいていた桃配山でも、既に毛利勢や長宗我部勢などに囲まれていたので、もしこれらの軍勢が動けば安全とは言えなかったこと(結局これらの軍勢は動かなかったが)。前線がかなり苦戦していたので、本陣の部隊を増援してでも支えないと危険であったことなどが理由の大きなもので、家康としては冷や冷やものであったのは間違いない。また前線に立つ家康の姿が、小早川秀秋の心を打ったのではとの解釈もやや疑問。この小人物はただ単に決意に時間がかかっただけに思えるからである。

 だが歴史については想像力をたくましくしていろいろな仮説を考えるのが面白いものである。今回の内容も一つの仮説としては興味深かった。

 

8/23 その時、歴史が動いた「キリシタン禁制〜秀吉・ヨーロッパと対決す〜」

 今回は、後の日本が鎖国へと動くきっかけとなった、秀吉の伴天連追放令のいきさつについてである。当初は南蛮貿易を重視し、キリスト教布教についても容認と言うよりも、むしろ積極的に進めていた節のある秀吉が、なぜキリスト教禁止に動いたかということを海外の資料も含めて分析しているのが今回である。

 この番組の結論を一言で言えば、スペインの国力をバックにしたイエズス会の布教活動に、秀吉がスペインの日本に対する領土的野心を見て取ったということを理由にしていた。そしてこれが当時の世界情勢を必ずしも正確に把握していたとは言い難い秀吉の過剰反応ととらえていたようだ。

 よく教科書的解釈では、神を絶対視し将軍などの権力を認めなかったキリシタンに危険を感じたことで、江戸幕府が鎖国に動いたなどと書かれているが、そんな単純な話でないのは明らかである。まずキリスト教が地上の権力を認めていないわけでないのは、この時代のヨーロッパが王制をとっていたことからもあきらであるし、バチカンなどの教皇勢力の強さは一重にキリスト教の一神信仰を地上の権力と結びつけたことによる。

 またこの当時を考えてみると、ヨーロッパは対外侵略に非常に積極的な時期で、植民地を巡る争いが多かった。イエズス会自体に侵略意図があったかはともかくとして、キリスト教の布教が、現地文化の徹底的破壊を伴い(実際にイエズス会は現地信仰を徹底的に破壊する戦闘的布教集団であったことは、この番組でも指摘している)、その最後の仕上げに領土的侵略が来る例は実に多かったので、秀吉の反応を単に世界を知らない者の過剰反応とは考えにくいと私は考えている。

 なお秀吉の前には、信長がキリスト教を保護したことが知られているが、彼にしてもキリスト教を保護したのは明らかな政策的意図を持ってのことだ。まず南蛮貿易によって鉄砲などの武器を導入することや、交易の利益を得ることが一つ、次に大きかったのは、キリスト教を広げることで、当時団結して大名などに反抗することが大きかった一向宗などの在来宗教勢力の力を弱めることであった。

 その観点から見てみると、秀吉政権の末期には既に本願寺には勝利し、本願寺も分裂弱体化していたので、もはや秀吉政権に真っ向から対決する力は失っており、むしろキリシタン大名が連合して秀吉に対立する事態の方が現実味を帯びていたので、ここでの秀吉の判断は政策的には間違いとは言えないと考える(キリシタン弾圧が人道的に許されるかというのは別の問題である)。

 さらに言えば、内政を重視した徳川政権がその秀吉の決断を受け継いでいくことになるのも当然であった。そしてまたそのことが江戸幕府の安泰につながった部分も明らかにある。問題は、外国との交流を閉ざしたとしても、外国の情報は常に集めておく必要があったのに、それを怠って、外国がまるで存在しないかのように考えてしまったことである。それが日本が世界の流れから取り残される原因となり、あの激動の幕末につながることになるのである。

 

8/2 その時、歴史が動いた「ミッドウェー海戦の悲劇〜日本空母部隊壊滅の時〜」

 夏になったので太平洋戦争シリーズなのかどうか知らないが、今回は太平洋戦争のターニングポイントとなったミッドウェー海戦である。

 この海戦は戦史マニアならずとも知っているぐらいの有名な海戦だが、その内容は日本びいきの戦史マニアなら地団駄踏んで悔しがるほどの惨敗である。しかしその惨敗は不運でもなんでもなく、必然の結果であった。ここでの日本軍は考えられる限り最低ではないかと思われる判断ミスを繰り返したのである。

 まず敵の情報を全く把握していなかったこと。連戦連勝に慢心していた日本海軍は、ミッドウェー基地の戦力を十分につかまないまま戦闘に臨んでいる。その結果、全島が高射砲陣地と化していたミッドウェー島の前に攻撃機隊は十分な戦果をあげることが出来なかった。そして何よりも致命的だったことは、米軍空母の位置をつかまないまま空母の出撃はないと判断してしまったことである。

 その挙げ句に、予想に反して敵空母が出現したものだから、正常な判断力を失ってしまう。敵機が飛来している最中に、基地攻撃用にいったん爆装させた攻撃機を再度雷装させ直すという馬鹿げた判断をしてしまうのである。この時、首脳部は爆装のままでもとりあえず攻撃機を発艦させるべきだとの進言を無視している。あくまで結果論であるが、この時攻撃機を即座に発艦させていれば、敵空母にどの程度の被害を与えられたかは不明であるが(確かに対艦攻撃を爆装でやるのは困難である。しかし敵空母の飛行甲板に損傷を与えることが出来れば、戦闘力を奪うことは可能であった)、少なくとも日本空母が全滅するという事態は避けられた可能性が高い。

 しかし現実は最悪の事態を迎える。攻撃機の装備変更で混乱している飛行甲板を、米軍の急降下爆撃機が直撃、飛行甲板に命中した爆弾は容易にそれを貫通し(この時代の空母の飛行甲板は装甲がなく、大抵は木造であったから、爆弾は容易に貫通してしまうのだ)、燃料や爆弾を満載した格納庫で大爆発を起こし、日本空母は瞬時に壊滅してしまったのである。

 硬直したマニュアル思考が、予期せぬ事態への対応にいかにまずいものであるかが露呈した事件である。この番組でも「危機管理のまずさ」という言い方をとっており、名前こそあげてなかったが、雪印などの対応を連想させる内容になってしまっていた(もしかしたら、収録自体はこの事件よりも前かもしれないのだが)。

 結局、日本軍はこの敗北を境にして敗戦へと急坂を転げ落ちていく。ただ、もしこの海戦で勝利を収めていたらどうなったかであるが・・やはり敗戦は免れなかっただろう。日本にとってはアメリカとの総力戦は国力的に勝ち目がないのだから、講和に持ち込むしか手がないわけだが、この海戦で勝利した日本軍はさらに慢心し講和など歯牙にもかけなくなるのがオチであるから、最終的には破滅しかなかったのである。要は、こんな無能な軍部が主導で戦争を始めた時点でもう結果は見えていたとも言えるのだ。

 

7/5 その時、歴史が動いた「徳川家康・非情の天下取り〜大阪の陣・豊臣家滅亡の時〜」

 今回のテーマは大坂の陣。これは大河ドラマの進行とある程度連動していることと思える。NHKにはよくあることである。

 関ヶ原の合戦後、天下は事実上徳川家のものになる。しかし豊臣家も未だ無視できない力を持っていた。また加藤清正のように未だに秀頼に忠誠を尽くす武将も多かった(加藤清正は関ヶ原では徳川についたが、豊臣に楯突いたのではなく、三成と対立しただけである)。清正は熊本城にいざというときには秀頼を迎えるための部屋を用意していたという。

 また秀頼は無能な二代目のボンボンのように思われがちだが、実は意外と頭脳の明晰な将であったという説もある。また実際に、彼はかなりの偉丈夫だったという。これに対して家康の後継者である秀忠は明らかに器量が劣っていた(関ヶ原の合戦への遅参など、彼は結構いろいろと決定的な失敗をしている)。これが家康に徳川家の将来に対する危機感を感じさせたことは容易に推測できる。

 そして家康は、清正達が亡くなった頃を見計らったように、例の方広寺の鐘の銘文に因縁をつけて(「国家安康」「君臣豊楽」といった銘文が徳川家を呪い、豊臣家の繁栄を願うものだというヤクザも真っ青のひどい言いがかりだ)、合戦をしかける。これが大坂冬の陣である。

 しかし家康の予想に反して、豊臣家の抵抗は頑強であった。秀吉が心血を注いで建築した大阪城は難攻不落であるし、真田幸村を始めとする豊臣家に荷担した牢人達の戦力もあなどれず、家康は苦戦に陥る。そこで和睦を進めるために、大阪城の本丸めがけて大砲を撃ち込む。そしてその砲弾の一発がたまたま淀君の部屋を直撃し、侍女が数人死亡する。これで怯えた淀君が和平に応じることになる。

 しかし家康は豊臣家を許すつもりはなかった。だまし討ち同然で大阪城の内堀を埋め、再度の合戦を仕掛ける。これが大坂夏の陣である。そしてこの戦いは真田幸村の奮戦で家康が危機に陥るといった局面もあったが、結果として大阪城は落城する。

 ここまでは今までよくドラマなどで描かれている展開なのだが、この後がさらに続いているのが、この番組での解釈の面白いところだ。落城後も秀頼と淀君が城内の倉に逃げ込んでいるのが分かり、千姫が秀頼の助命にやってくる(千姫が秀頼の助命に来るのはドラマでも描写されるが、落城の前であることが多い)。ここで家康は悩む。孫娘の千姫の夫である秀頼を殺すことには抵抗がある。また秀吉に秀頼の行く末を頼まれていたということにも良心の呵責を感じる。しかし家康は徳川家の行く末を考えて、秀頼を殺すことを決断する(秀忠の器量の低さがこの決断の後押しをしていたように私には思える)。そして秀頼と淀君は自害して果てる。

 さてここでもし秀頼を助命していたらどうなるかであるが、たとえ助命したとしてもどこかの山にでも流されるのがオチであるから、秀頼がもう一度天下をうかがうことは事実上不可能であったと推測される。しかしそれでも万全を尽くして豊臣家を完全に滅ぼしてしまうという慎重さが、ある意味では家康らしいとも言えるような気がする。

 

6/14 その時、歴史が動いた「吾輩は小説家である〜夏目漱石・東大辞表提出の時〜」

 今まで、日本の歴史を変えたような瞬間瞬間にこだわってきたのがこの番組であるが、今回はやや趣が違う。随分と個人的な話である。ただこの瞬間に後の大文豪の誕生が決定したのである。

 男にとって(女でも同じかもしれないが)、仕事において安定をとるか夢をとるかというのは悩ましいものである。漱石もまさにそのジレンマを体験しているのである。その時の漱石の前には、東大の教授という選択肢と、プロの小説家という選択肢の二つが用意されていたのだ。

 漱石は元々から作家を目指していたのではなく、最初は東大で英語を学んでいた。彼の英語力は抜群で、後に国の留学生としてロンドンに英語の勉強に赴く。しかし彼はそこで英文学を研究しながら、所詮欧米人とは価値観の違う日本人が、西洋文学をそのまま理解しようとするのには無理があることに思い悩み、ノイローゼの寸前までいったようである。

 一方、彼の創作活動は、留学前に友人の正岡子規と共に俳句を書いていた頃からであるという。帰国後、英語講師の職に就きながらも悶々としていた漱石の元を、正岡子規(この時には既に彼は故人である)の弟子の高浜虚子が訪ねる。彼は漱石に対して気晴らしも兼ねて文章を書いてみることを勧める。そうして完成した「吾輩は猫である」は虚子が発行していた同人誌「ホトトギス」に掲載され、大好評を博する。これによって漱石は創作の楽しみに目覚めたようである。

 その後さらに「坊っちゃん」を発表、これがさらにヒットし、漱石の元には多くの編集者から作品の依頼がくるようになる。この頃から漱石の頭の中には大学をやめて小説家になると言う考えが浮かんでくるようである。

 そんな時、漱石に専属作家になってくれないかとの依頼が東京朝日新聞社からくる。これは漱石にとっては魅力的な話であったが、悩ましくもあった。と言うのは、この時に漱石には東大から教授になって欲しいとの打診があったからである。また今でこそプロの小説家という職業はそう珍しくはないが、この頃の小説家は収入も安定せず、社会的地位も低いものであった。また今でこそ朝日新聞社は大企業であるが、当時の朝日新聞は日本のジャーナリズムを確立すべく健闘していたベンチャー企業のようなものである。将来の安定をとるか、それとも仕事のやりがいをとるか、悩んだ漱石は朝日新聞社に対して、安定した給料や雇用の保証を要求する。朝日新聞社はこの条件を受諾し、漱石はついにプロの小説家になることを選択する。

 この後の漱石は次々と傑作を生みだし、文豪と称されることになる。結果として彼の選択は正解だったのだが、これは成功したからこそ言えることだろう。現実にはこの選択で失敗した者も多いと思う。生活の安定をとるか、夢を追うか、いつの時代でもこの命題は悩ましいものなのである。

 

6/7 その時、歴史が動いた「坂本龍馬幕末の日本を動かす〜薩長同盟成立の時〜」

 今回はあちこちでよく扱われる坂本龍馬についてである。実際に今年の1/11の「ときめき歴史館」でも同じ人物が扱われており、内容的にも重複するところがあったようである。さてこの番組では龍馬が薩長同盟を成立させた時を「その時」と定義して、いかにして龍馬が、当時は絶対不可能と思われていた薩長同盟を成立させたかを、彼の交渉術という観点に注目して構成している。

 この番組で、彼の交渉術のポイントとしてあげていたのは3点である。

1.キーパーソンを押さえる

 組織相手に交渉を図るとき、誰でも彼でもと適当に接触しても無意味である。こういう時は、その組織の中での発言力が大きく、その組織の意向を左右することが可能である人物と接触しないと意味がない。龍馬はそのキーパーソンとして、薩摩藩では西郷隆盛、長州藩では桂小五郎に目をつけた。その上でこの両者の直接交渉が可能になるように手配したのである。

2.利害を一致させる

 当時の薩摩と長州は、禁門の変で直接戦闘したことなどもあり、犬猿の仲であった。しかし龍馬は幕府の勢力に対抗するためにはこの両者が手を組むことが絶対に必要だと考えていた。そのために龍馬は自らが仲立ちになり、長州藩へは薩摩藩から武器を購入できるようにし、薩摩藩は長州藩から兵糧を得られるようにして、まず経済面から両者を結びつけることを図った。その上で日本の将来のために幕府の勢力を抑えるという両者に共通の目標に誘導したのである。

3.互いの体面を立てる

 龍馬の尽力によって西郷隆盛と桂小五郎の両者の直接会談が実現する。しかしそれは薩長同盟への実質的論議には入られないまま不調に終わりかける。実は長州は薩摩との同盟を切実に望んでいたのだが、桂にすれば、現在の状況で長州から同盟を持ちかけるのは、長州が薩摩に膝を屈するようなもので、どうしても出来なかったのである。その事情を聞いた龍馬は西郷と掛け合い、薩摩の側から同盟を提案するようにお膳立てをする。

 以上のように彼の用いた交渉術は実にポイントを押さえたものであり、今日でもあらゆる交渉において通用するものである。これだけ大きな仕事を単なる一青年が実現したというのは、そういう時代背景があったことは考慮する必要はあるが、それでも信じられないような器量の大きさを感じさせる。この辺りが今日でも龍馬のファンが多い理由であろう。

 

5/31 その時、歴史が動いた「敵は本能寺にあり〜なぜ光秀は主君・信長を裏切ったのか〜」

 今回は日本史の謎の定番で、今までいろいろな仮説が提出されている「本能寺の変」についてである。光秀反逆の真相については、怨恨説・朝廷の謀略説・徳川家康との密約説などがあるが、未だに真相は不明である。

 京への人脈を売り込んで信長に仕えた光秀は、丹波平定の功を買われて丹波の国を任せられる。浪人だった光秀にとってはこれは大出世である。この時点での光秀は信長に非常に感謝しており、そのことは文書にも残っているという。

 光秀は信長に叛乱した結果殺されたということで、あまり良いようには言われていないが、客観的に見て光秀はすぐれた人物であったことを示すエピソードが多い。光秀は領民にも尽くしたし、降伏した敵の将を取り立てるなど優しさを見せるエピソードが多い(奥さんも非常に大事にしたと言われている)。

 これに対して信長は酷薄な人物であった。信長の方法は究極の能力主義と言えるもので、たとえ過去の功績が大きくても役に立たなくなったと思えば、あっさりと切り捨てる。その上に信長は明らかに男のヒステリーであった。そういう意味では家臣としては、出世の可能性はあるが恐ろしい主君であったと考えられる。そういう点で家臣と信長の間に緊張関係があったのは間違いなく、私の読みでは、光秀が背かなかったとしても、早晩他の誰かが信長の命を狙ったであろうと想像できる。

 また信長と光秀の間に「性格の不一致」と言えるものがあったのは想像に難くない。ヒステリー症で感情の振幅の激しい信長は、秀吉のように人に取り入るのがうまい人物には良いが、光秀のように律儀で真面目な人物にはストレスが大きかったことは想像に難くない。またこの番組では、「改革者・信長」と「保守主義者・光秀」という観点も示していた。確かに光秀は皇室などを尊重していたが、信長は朝廷の権威など意に介していなかった雰囲気が強い。

 そしてとうとう光秀は決意を固める。だが本能寺に討ち入った光秀の家臣達は敵の正体を知らなかったということである。そうして信長を討ち果たす光秀であるが、その後秀吉に敗北し、主君殺しの汚名だけが歴史に残されることになる。

 光秀のゆかりの地では、未だに光秀の人柄をしのんで、ひそかに祀られているという。その辺りを見ても、明智光秀という人物は未だに正当な評価を受けていないのだということを感じさせられる。

 私は歴史的にもう少し評価されても良いと考える人物が数人いるが、明智光秀は石田三成などと並んでその筆頭である。

 

5/24 その時、歴史が動いた「ダルマ大臣・高橋是清 経済危機と格闘す」

 今回の主人公は、昭和初期の経済危機のたびに何度も登場し、名大臣といわれた高橋是清である。

 種々の職業を転々とした後、日本銀行に入った高橋是清は、日露戦争での戦費調達で評価をあげ、後に日銀総裁となり、大蔵大臣、総理に就任する。その後、彼は72才で政界を引退するのだが、この後の彼の人生がすごいのである。

 昭和2年、日本は金融恐慌に直面する。各銀行では取り付け騒ぎが起こり、大混乱に陥っていた。この時.急遽大蔵大臣に就任した彼は、銀行に3日間休業することを命じ、その間に紙幣の大増刷を行う。これは彼にとっては大博打であったのだが、結果としてこれが事態を沈静化することにつながる。そして彼はすぐに銀行に公的資金を投入することを決定する。結果として彼は44日で事態を収拾するのである。

 次に彼が大蔵大臣に就任するのは昭和6年の大恐慌の最中である。この時に彼が打ち出した政策が赤字国債の発行である。これにより財政の規模を拡大し、道路工事などを起こすことで雇用の創出を行う。これが景気回復の呼び水となる。

 しかしこの赤字国債による資金調達を、国家の先のことなど何も考えていない軍部が軍事費調達に使用しようとする。彼は政府の代表として際限なく予算を要求する軍部と対立する。しかしその結果、阿呆な軍部は暴走し、2・26事件で彼を殺してしまう。この結果、日本は無能な軍部の主導で無謀な戦争に突入、そして日本は国家滅亡の危機にまで陥るのである。

 今回を見ていて感じるのは、高橋是清の行動力の高さ。最近、平成の高橋是清を目指して就任した大蔵大臣がいたが、彼は結局のところ何もできていない。

 それとさらに印象的なのは、日本軍部のとことんまでの無能さである。どこの国でも言えることだが、軍部が主導権を握れば国が滅びるということをはっきりと示している。

 また現在の状況と照らし合わせた場合、軍事費中心でこそないが、赤字国債で予算を際限なく拡大し、国の財政は破綻寸前である。そしてその原因は、予算をばらまくことで票を買収している利権議員どもである。かつては阿呆な軍部が、現在は無能で汚れた政治家が国を滅ぼそうとしている。なんとかならないものかと怒りがこみ上げてくるのを私は抑えられなかった。

 

5/17 その時、歴史が動いた「織田信長・勝利の方程式 〜真説・長篠合戦〜」

 設楽原の合戦(一般には長篠合戦と言われることが多いようだ)は織田信長が武田勝頼の騎馬軍団を鉄砲の威力でうち破った合戦だと言われている。しかし実はそんなに単純なものではなかったのではないかというのが今回のテーマである。

 まず信長は鉄砲の三段撃ちで武田騎馬軍団を葬ったと言われているが、この番組はまずこれに疑問を呈する。まず「信長公記」には三段撃ちのことは一切描かれていない。その上に設楽原は水田であり、しかも前日は雨が降って完全なぬかるみ状態であり、この中で三段撃ちを続けることは至難の業である(この番組では実際にこれを実験で再現している)。この結果から、この番組では現実には設楽原での火縄銃の三段撃ちは出来なかったのではないかと結論している。

 この結論を受けて、では信長が勝利を収めた原因は何であるかと言うことであるが、この番組では信長が万全の野戦築城を行っていたことであるということに求めている。信長軍は陣地を空堀や馬防柵を巡らした「陣城」に作り上げ、万全の体制で武田軍を迎え撃ったのである。しかし武田勝頼がこの陣に向かってこなければ意味がない。そのために長篠城を一種の囮にして武田軍を引きつけ、前日の雨の中で隠密作業で陣城を建設したのである。そして武田軍は信長軍の万全の構えを知らないまま、その策にはめられることになる。

 織田・徳川連合軍は兵力38000、武田軍は兵力12000。しかも織田軍は万全の陣城に頼って防衛をする。元々兵力が少ない上に攻城戦を強いられることになった武田軍は、陣地内から飛んでくる銃弾など(この番組では触れられていないが、長槍なども使われたと言われている)の前に次々と倒れ、最終的には10000の犠牲を出すという壊滅的敗北を蒙る(これは当時の合戦の常識をはずれた全滅と言っても良い惨敗である。激戦で異常に損耗率が高かったといわれている川中島の合戦でも、武田・上杉両軍損耗率は五割を越えていない)。

 勝利を導いたのは信長の卓越した戦略眼であり、これは当時の時代を超えた異質の才能であったと言って良い。この後、強力なライバルを殲滅した信長は天下布武に向けて大きく踏み出すことになる。

 いわゆる教科書的知識を中心に持っていた人にとっては、今回の番組の内容は異説に聞こえるかもしれない(長篠合戦は鉄砲が効果的に使われた代表的戦いとして紹介されているから)。だが実はこの推理は異説でも何でもなく、今日では主流となって来つつある考え方である。信長の鉄砲三段撃ちというのは、後に物語として面白くするための脚色であるというのが今日の通説である。実際には武田勝頼も何の考えもなく鉄砲の前に猪突をかけるような愚将ではなく、それなりの能力は持っている将であった。しかし信長の戦略眼が勝頼のそれを大きく凌いでいたということである。

 

5/10 その時、歴史が動いた「その日6人がいた 〜鉄砲伝来・偶然のドラマ〜」

 現在は宇宙センターがあることで有名な種子島。457年前にそこに漂着した一隻の船が伝えた鉄砲が、その後の日本の歴史を大きく変えることになる。そしてこの鉄砲伝来に関わった6人の人物がいた。

 まず最初の人物が種子島主・種子島時堯とその家臣、西村織部丞。織部丞は現場に駆けつけると、漂流船に乗っていた中国人と筆談によって意志疎通を行う。また当時16才の時堯はポルトガル人が持参した鉄砲に興味を示し、それを2丁入手する(2000両・・現在の価値で数億円だそうだ・・で購入する)。またこの番組が3人目に挙げていたのが、この鉄砲を持参した人物であるが、これにはあまり深く触れなかった。

 そして4人目の人物が種子島の鍛冶屋・八板金兵衛である。彼は時堯の命令で鉄砲の製造に携わる。彼は銃身の筒は作ったのだが、銃身のネジの製造で行き詰まる。火縄銃は銃身に溜まるすすを抜くために銃身の端がネジになっているのだが、この雌ネジがどうしても作れなかったのである。金兵衛はこの技術を知るために、娘をポルトガル人の元に嫁がせる。翌年彼女は一人の鍛冶職人を連れて帰る。こうして初めての国産鉄砲が製造される。

 5人目は津田監物。種子島は紀州と黒潮を通しての交流が盛んであったのだが、紀州の津田監物は時堯から鉄砲を一丁譲り受けられ持ち帰る。彼が鉄砲入手をしたのは根来寺の依頼であり、根来衆は鉄砲を武器として注目したのである。根来衆とはいわゆる傭兵集団であり、習熟が簡単で威力の強い鉄砲を軍事的に使用することの有効性に気づいたのである。

 そして6人目が芝辻清右衛門。彼は根来寺からの依頼で鉄砲の量産に取りかかる。彼が堺に鉄砲製造技術を持ち帰ったことで、堺は鉄砲量産地としての地位を確立することになる。

 こうして量産された鉄砲は、日本の戦国時代の合戦に投入され、この兵器を最も有効に活用した織田信長が天下統一に向けて大きく一歩を踏み出していくことにつながる。こういう観点から見ると、確かに鉄砲伝来というのは日本の歴史を大きく変えた出来事である。ただ今回の番組構成としては、鉄砲伝来の経緯を6人の人物のみに託して見るというのには少々無理があったように思える。私個人としては、もっと根来の雑賀衆の話などには深く切り込んで欲しかったところなのだが・・。

 

4/26 その時、歴史が動いた「新撰組参上! 〜池田屋事件に賭けた若者たち〜」

 この番組のタイトルは、歴史のターニングポイントに注目するという主旨であるのだが、その点から考えると、今回のテーマは果たして歴史のターニングポイントになっているかどうかは、私には甚だ疑問である。この番組での解釈は、池田屋事件で若い藩士を殺された長州藩が怒って攻め上がったのが、幕末の動乱のきっかけで、新撰組の池田屋事件は結果として明治維新を早めたというものである。ただ私個人としては、どうも新撰組の働きは過大評価されている向きがあるのではと感じる。私の解釈では、彼らは時代に反抗して一旗揚げようと試みたが、時代の流れに勝てずに押し流された者達である。

 新撰組で一旗揚げたいと考えていた近藤勇のもとに、長州藩の過激派が御所に放火して天皇を拉致しようとしているとの情報が入る。近藤は新撰組を率いて捜査を行い、藩士達の会合が池田屋で行われていることを嗅ぎ付ける。この時、新撰組は二班に分かれて捜査していたので、近藤の仲間は10人。近藤はここで裏口と表口に3人ずつを配して、4人で切り込んだとのことである。しかし長州藩士は20人以上いたというから、これはそもそもは無謀な試みであったのは間違いない。これをあえて行ったところに、近藤のあせりのようなものも感じられる(結成されて以来それまで新撰組は大きな手柄は上げていなかったらしい)。しかも沖田総司は途中で結核の発作でリタイヤ、もう一人も重傷を負って、近藤は追いつめられる。しかしそこに別働隊の土方歳三以下24人がかけつけて、なんとか勝利をおさめる(新撰組の死者は1名、長州藩士側は死者7名で20人以上が捕縛されたそうだから、大勝利であろう)。

 新撰組の活躍は朝廷にも評価されるが、この後の幕府は賊軍となり、新撰組も幕府の捨て駒として悲惨な末路をとげる。

 よく新撰組に「男の生き様」を見る者がいるようだが、やはり私としては「時代を読めなった者の悲しさ」の方が見えてしまうのが本音である。

 

4/19 その時、歴史が動いた「幕末のプリンセス 日本を救う 〜皇女和宮の悲願〜」

 今回はいわゆる公武合体の主人公、悲劇のヒロインとも言われている皇女和宮についである。

 和宮の結婚はいわゆる典型的な政略結婚であった。幕末、黒船の来航などで威信の低下していた幕府は、皇室と結びつくことで権威を高めようとする。また皇室は皇室で、幕府と結びついておくことでいずれは権力を取り戻そうという思惑があった。その結果、皇室の中で唯一結婚適齢期であった和宮が幕府に送られることになったとのことである。この時の和宮は悲痛な思いで「東下り」することになるのである。

 江戸にやってきた彼女は江戸と京都の違い、朝廷と幕府の権力の問題などでかなり苦労したようである。そんな彼女の救いになったのが、夫、徳川家茂のやさしさだったとか。彼は将軍としては大した功績は残さなかったが(享年21歳なのだからこれは仕方ない)、人格的には優しい人物で部下などからも慕われており、彼は彼女を非常に大切にしたらしい。しかし彼は若死にし、彼女は若くして未亡人になる。彼女に対しては京都に呼び戻そうという声もあったそうだが、彼女はそのまま江戸に残る。

 この間のエピソードなどを聞いていると、宮中育ちで世間のことを全く知らなかった和宮が、精神的に大きく成長していく過程を見せており、実に印象的である。

 この後、幕府はとうとう朝廷と真っ向から対立することになり、幕府軍は賊軍とされてしまう。彼女はその間、朝廷に何度も手紙を送り、幕府と朝廷の間を取り持とうとする。それと同時に徳川家家臣団が暴発しないように、家康の名前を出して(「神君家康公以来の徳川家をつぶすわけにはいかない」の類のことを言ったとか。)押さえ込む。そして彼女の功績あって、無事に江戸城無血開城となり江戸の町はは内乱から救われるのである。

 この番組ではこの時にもし江戸で泥沼の戦いになっていれば、それはイギリスやフランスなどの介入を招き、日本が欧米列強の植民地になっていた可能性もあると指摘している。これに関しては確かにあり得ることであるし、英仏などが野心満々で日本に接近していたのは事実である。ただ江戸城無血開城に関して、和宮の功績のように言うのは言いすぎであろう。確かに彼女も奔走したのは事実であるが、先の懸念を共有化していた官軍の西郷や幕府側の勝などが動いたというのが実際は最も大きなところであろうと考えられる。とにかく危うい一線で日本の独立は守られたと言うことである。もっとも官軍と幕府軍の対決はこれで終結したわけでなく、この後会津から(白虎隊の悲劇が有名)最後は函館五稜郭まで続くのである。

 なお和宮は徳川家が駿府に移転するのを見届けてから京に戻ったが、32歳で早逝するとのことである。時代に運命を翻弄された悲しい人物である。

 

4/12 その時、歴史が動いた「天下分け目の天王山 〜秀吉・必勝の人心掌握術〜」

 非常に重要な勝負のことを「天王山」と言うが、これは光秀と秀吉の山崎の合戦での天王山の戦いがこの合戦の勝敗を決したことによる。

 しかし実はこの勝負は戦う前に決まっていたとも言える。信長の旧臣を統合できた秀吉に対し、光秀には援軍は全くない状態で、圧倒的に秀吉軍の方が多数であったのである。このように秀吉が味方を増やせたのは、事前に情報を把握して準備に怠りがなかったことと、「主君の仇を討つ」というスローガンを掲げたことによるという。これに対して光秀の側は、秀吉の動きを把握していなかった上に、主君を殺したという後ろめたさがある。結局光秀は自軍のみで戦うことになる。つまりこの時点で光秀は戦略的に秀吉に負けていたのである。

 そしていざ合戦。光秀の戦略は敵を西国街道の隘路で待ち受け、出てくる敵を各個撃破するという戦術的にかなったものであった。ただこの戦術にとって重要なのは西国街道脇の天王山を制圧することであった。しかし光秀はここで天王山を秀吉側に制圧されてしまう。こうして光秀は戦略上の不利を戦術で補うことさえ不可能になってしまう。天王山を制圧した秀吉軍は西国街道の隘路をくぐり抜け、平野に陣を敷く。もうこうなると単純に数の勝負であり、光秀は敗れ去るわけである。

 なお、この番組はこの戦いを「復古主義者・光秀」と「改革者・秀吉」という側面でもとらえ、時流を読んだ秀吉が勝利したという解釈も見せており、これはなかなか興味深いものである。確かに公家側に近い立場をとっていた光秀では、既に自立の意志の強かった当時の武家を制御することは不可能であっただろう。このあたりは知将・光秀らしからぬ誤算だった気がする。

 

4/5 その時、歴史が動いた「世紀の対決 沢村対ベーブ・ルース 〜日本プロ野球誕生の時〜」

 NHKの歴史番組としては非常に珍しいテーマを扱ったのが今回(まるで「知ってるつもり」みたいなテーマだ)。歴史番組になんとかエンターティーメント性を持たせようと苦心しているのがうかがえる。

 時は昭和初期、日本は満州事変などで国際的に孤立の方向に向かっており、国際連盟からも脱退をしていた。そんな中アメリカとの関係修復の思惑もあって開催された。主目的は人気者であるベーブ・ルースを招くことで、ベーブ・ルースが来日するなら後は二流の選手でも良いという文書が残っているのがすべてを物語っている。

 当初は来日を渋ったルースも、日本が日米野球の宣伝用に作ったポスターに、でかでかとルースの顔を描いているのを見て、来日を決定したとか。そして横浜に到着したルースたちは大歓迎を受ける。

 ただ試合の方は日米のレベルの差が歴然と現れて、日本選抜チームは連日大敗を喫していた。そして第4戦に沢村栄治が登板するが、その沢村も12安打で10点を取られるという大敗。しかし沢村があまりに肩を酷使しすぎている(当時は日本チームは精神主義が強く、試合直前でも300球の投げ込み練習をするなど、かなり馬鹿げた練習法をとっていたらしい)ことに気づいたアメリカのピッチャーが沢村に肩を休めるようにアドバイス。沢村はそのアドバイスを聞いて、走り込みを続けながら次の機会を待ったとのこと。

 そして迎えた第10戦。いきなり沢村の剛椀が唸りをあげる。ルースやゲーリックといった当時の大リーグを代表する強打者をバッタバッタと三振にきってとる。この事態に慌てたルースは必死で沢村の攻略法を考える。そしてうちだした攻略法が「沢村のドロップ(いわゆる落ちるカーブ)の落ち際を叩く」ということ。そして沢村がドロップを投げるときには口をへの字に曲げるクセがあることに気づく。

 沢村攻略法を持って打席に入るルース。しかし彼はピッチャーゴロに終わる。太陽の位置が悪く、逆光になったために、沢村の表情を見ることが出来なかったのだ。そこでルースはこのことを次のバッターのゲーリックに教える。そしてゲーリックは帽子を目深に被り、太陽を隠して沢村の表情を読む。そしてゲーリックのバットは沢村の投球をとらえ、それが決勝ホームランとなる。

 なんとも実にドラマチックな展開である。事実は小説よりも奇なりなどと言うが、ちょっとしたスポ根漫画が出来そうな展開で楽しめる。再現フィルムや再現音声を含めての実況中継など、NHKもかなり工夫しており、ちょっとした見物であった(たださすがに、沢村の左足を高々と上げたピッチングフォーム(こんなに足を上げるのは、沢村以外では星飛雄馬ぐらいだろうと言っていた)を再現するのは出来なかったようだ)。

 この後、日本にはプロ野球チームが発足し、今日に至る。しかし沢村はこの後太平洋戦争に召集され、他の多くの若者と同様に無駄な死をとげさせられることになる。この沢村の悲劇は、戦争というものの愚かさをも我々に考えさせるものである。

 

3/29 その時、歴史が動いた「運命の瞬間・東郷ターン 〜日本海海戦の真実〜」

 第一回は軍神とも言われて、戦前には軍国主義の下でかなり崇拝されていた(今でも崇拝している連中がいるようだが)東郷平八郎の日露戦争における日本海海戦の話である。

 日露戦争は歴史的に見ると、日本が欧米の列強と並んで植民地主義でアジアに乗り出していくことになるきっかけの一つであるが(最初のきっかけは日清戦争の方である)、これは本当は日本が勝ったと言うよりは、ロシアが自滅したというのが真相である。

 東郷が取った戦法としては丁字戦法(よく「T字」と言われるが、「T(ティー)」ではなくて「丁(てい)」が正しい。丁字戦法の基本は戦力の集中と各個撃破である。東郷はこの戦法を旅順艦隊との対決である黄海海戦で取ろうとしたのだが、実はこの時は失敗して旅順艦隊を取り逃がしてしまうのである。結局旅順艦隊は陸軍が殲滅するが、これには203高地で代表されるような乃木大将の無能な突撃などもあったおかげで6万人もの犠牲を出したらしい。

 そして今度こそはとの思いで東郷が望んだのが日本海海戦。丁字戦法の弱点は敵前で回頭しているときに一方的に敵の砲弾にさらされることである。東郷の旗艦である三笠も300発もの砲弾にさらされた。ただこの攻撃で三笠が致命的ダメージを受けることはなかった。これがいわば東郷の持って生まれた運と言っても良いものではないかと思われる。なおここで命中弾がなかったことには、当時の戦艦の砲撃の精度というものが極めて低かったということも忘れてはなるまい。もしもっと後の時代、例えば第二次大戦などで同様の戦法をとれば、ほぼ間違いなく先頭の艦から順番に集中攻撃を受けて全滅してしまう。

 無事に回頭を終えた日本連合艦隊はバルチック艦隊に猛攻をかけ、ほぼ一方的とも言える勝利をおさめることになる。ただ日本はこの海戦では勝利をおさめることは出来たが、実は国力的にはもう既に継戦能力はなく、なんとかアメリカの仲介にすがってロシアと講和するのである(だから日露戦争は必ずしも日本が勝ったとは言いにくい側面がある。実際にロシアは日本に賠償金を支払っていない。)。しかしこのようにして辛うじて勝利をつかんだにもかかわらず、日本はそれを自らの実力と勘違いして、後にあの愚かな世界大戦に突入してしまう。

 東郷自身は自らの勝利がいかにきわどいものかを認識していたらしいのだが、その東郷が神格化され、後の大戦のシンボルになってしまうのは皮肉なものである。

 ちなみにこの番組では扱っていなかったが、東郷の丁字ターンに関しては異説もあり、実は日本海海戦で東郷はこの戦法を用いなっかったという説もある(この説によると、日本海軍は丁字ターンではなく、その機動力を生かして、バルチック艦隊の片側側面にのみ攻撃を集中させることでダメージを増やしたということだ)。 

 

トップページに戻る