その他の番組(NHK系)

 

 ここではその他のNHK系の教養番組を特集したい。海外ドキュメンタリーやNHKスペシャルなどが中心になると思われる。

 

お知らせ

当サイト管理人の鷺が、この度書物を出版することとなりました。「あるある大事典」の問題点や注意点などについて解説した書き下ろし本です。詳細はこちらへ。

書籍紹介ページ

 

お知らせ

当サイトではメールマガジン(無料)を発行しております。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 

トップページに戻る

12/9 NHKスペシャル「激動中国 訴えられたカリスマ経営者−追跡・ブランド騒動−

 中国の現状を伝えるこのシリーズだが、今回は中国での合弁企業の紛争。そもそもは中国国内の飲料メーカーのワハハとフランスのダノンの両社が合弁企業を作ったのだが、ワハハが合弁会社に無断でワハハのブランドを使って商品展開を始めたと言うことで訴えたらしい。

 ダノンにとっては中国進出の足がかりを、ワハハとしては資本と技術を導入したいと言うことで、ワハハのブランドを合弁会社に委譲するということになっていたという。しかしワハハの言い分としてはその合弁会社の持ち株比率が知らない間にダノンに51%を押さえられており、事実上乗っ取りにあってしまい、ワハハの利益が吸い上げられることになったという。

 中国では現在、国内ブランドの保護に力を入れており、国内品に対するコピーに対する取り締まりを強化しているとのこと・・・しかしそれなら、日本製品に対するコピーも取り締まってくれよな・・・。

 ワハハの側はダノンに反撃を仕掛ける。中国の商標局が、ワハハが商標を合弁会社に対して譲渡したいと申請したのに対し、商標局の規定によりそれに同意しないと通達してきた文書を提出。つまり合弁会社はそもそも商標に対する権利を持っていないと主張したのである。それに対して今度はダノンも反撃、北京の裁判所に商標局を訴えた。その結果、「ワハハは商標譲渡に当たって一度も適正な申請を行っていない」という言質を政府から引き出したのだとか。後は訴訟合戦の泥仕合になっている模様。正直なところ、ここまで泥仕合になると、そもそもどちらに理があるのか分からない。しかしこのまま行くと、どちらにも利はなくなる可能性がある。

 中国が自国ブランドの保護のために乗り出し始めたというのは分かった。予想通りであるが、中国も自国に競争力のあるブランドが存在しないうちは知的財産権を無視しようとするが、自国でブランドが発達し始めると、知的財産権のことを言い始めた。これはかつての日本と全く同じ経緯。中国とていつまでもコピー商品ばかりでは、国全体の信用に関わって国益を損ねるので、そろそろ動きが出るだろう。ただまだ国内向けと海外向けにはダブルスタンダードがありそうである。

 なおワハハとダノンのどちらが正しいのか(それとも両社とも間違っているのか)は分からないが、ワハハ側の戦略がやたらにナショナリズムを煽る上に、メディアまで動員しているのは危険性を感じる流れ。合弁の紛争が起こるたびにこういう方向に話が進むのなら、日本企業も要注意だろう(特に日中は過去のいきさつもあることだし)。こういうところは番組ではあからさまには語っていないが、いわゆるチャイナリスというものも感じさせられる。まあ中国人は歴史的に見て海千山千ですから、日本人ごとき島国人が対等に渡り合おうなんてのは並大抵なことではないのが当然だが。中国人はメンタリティーとしては、日本人よりも欧米人に近いと考えていると間違いありません。合理主義でなんでもあり。顔立ちが似ていることは、必ずしも中身が似ているということを意味しないということであります。

 この紛争に関しては、どこかの段階で政府が介入して、両社痛み分けって形で決着しそうな気がするな・・・。中国政府にしても、海外資本が一斉に逃避するとやばいから、一方的にワハハを擁護するってわけには行かないと思うし、海千山千という点ではフランス人もなかなかですから。

 

9/29 解体新ショー「乗り物の揺れ&しゃっくり」

 まず最初のテーマは、なぜ乗り物の中で眠たくなるか。これについてはやはり揺れが関係しているという。ただ揺れについては眠くなる揺れと逆に寝られない揺れがあるとのこと。東京工業大学の木村仁助教の調査によると、路線によって眠っている人の比率は大きく変わり、それは揺れのパターンと相関があったという。ポイントは2ヘルツ(毎秒2回)の揺れで、これが多い路線ほど寝ている人が多かったとか。これより高い揺れ成分だと、内蔵が共振したり(5ヘルツ)など、体の各部分が共振によって強烈に揺れてしまうので不快感が大きくなって眠れないとか・・・は良いのだが、なぜ2ヘルツで眠くなるのかについては母体内にいる時の環境に相関があるのではとのことだが、これが今ひとつ不明確。やはりそれが災いしたか解体率は71%とそう高くない。

 次はしゃっくりだが、しゃっくりについて調べたところ、しゃっくりの状態とは横隔膜が下がって空気を吸おうとしているにもかかわらず、声帯が閉じて空気の流入を塞いでいるという。そのためにあの音が出るのだとか。なおこんな矛盾したことが起こる理由については、進化が絡んでいるという論文があるとか。それによると、水中で肺が生成した時(成長過程のおたまじゃくしなど)、水が入り込むのを防ぐために中で気道が塞がれるようになっており、それが太古の反射して残っているのだという。人間の場合も母体内で肺に羊水が入り込むと溺れてしまうので、やはり気道が閉じるようになっているのだという。この反射は脳によって押さえられるようになるのだが、子供の場合はまだ脳が不完全なので子供の方がしゃっくりが多いとか。これについてはかなり綺麗に説明がついた印象、と言うわけで解体率94%とかなり高い結果。

 以上。しかしやはり最初のお題については説明不十分な印象はぬぐえない。これだと「2ヘルツ以外では寝られない」理由はよく分かるが、2ヘルツで眠くなる理由としては曖昧。その辺りの説明不足を感じたのは私だけでないということは明らか。その辺りはリターンマッチがあっても良いかも。

 

9/22 解体新ショー「いびき&歯ぎしり」

 いびきは軟口蓋が揺れることで起こるのだが、動物はいびきをかくかどうかを夜の動物園でチェック。しかし動物はいびきをかいていない。最後にライオンの檻をのぞきに行ったが、やはりいびきはかかない。しかししばらく待っていると、おもむろにゴロンと仰向けに。途端にいびきをかき始める。いびきをかくのは仰向けになるのがポイントである。

 また鼻呼吸するといびきをかきにくくなると言う。逆に鼻を塞いで口呼吸にしたら、普段はいびきをかかないという女性達がいびきをかき始める。

 次は歯ぎしり。最初は「歯ぎしりはしたことがない」という人の歯に薄いフィルムで出来た「歯ぎしりチェッカー」をつけてもらって調査。すると全員が歯ぎしりをしていた。歯ぎしりには実は音が出るものと出ないものがあるのだという。音がするのは相当な力がかかっている状態。寝ている時にかみしめる力を測定すると、起きている時に測定するよりも力が上がっている。寝ることによってリミッターがはずれて、その結果音が出る歯ぎしりになるのだとか。

 ここで実験。歯科大学の研究生がモルモットになって、普通に寝てもらった時と、夕食に大嫌いなグリーンピースをたっぷり食べてもらった上に、寝る前には嫌いなホラー映画を、さらに布団は寝心地の悪いものというストレスのかかった状態で比較。すると歯ぎしりの力が3倍にもなったという。人間はストレスがかかると強い歯ぎしりをするのだという。これはいわばストレス解消なのだとか。

 と言うわけで、最後はいびきのプレゼンを行った麒麟と、歯ぎしりのプレゼンを行った劇団ひとりでの会場での投票。結果は劇団ひとりの圧勝。やはり「歯ぎしりはストレス解消」というのが目からウロコだったか。

 今回から投票の形式が解体率ではなく対戦形式になった。まあどちらかというとこの方が明確だろう。ただこの場合の問題点は、2つのネタをやはりある程度の関連性のあるネタで持ってくる必要があるという制約。例えば片方が「酔っぱらい」で、もう片方が「お腹の出っ張り」だったら、これを対決と言っても異種格闘技になってしまう(笑)。

 ただ個人的に言うと、これに出てくる情報で驚かされることってあまりないんだな。大抵は私が既に知っている範囲内の話ばかりなので・・・。

 

9/15 解体新ショー「つむじ&耳のひだ」

 今回は出演者自らが「地味」というネタ2つ。

 まずつむじであるが、これはなぜあるかと言うよりも、自然にできたものだという。人間の頭に毛が生える場合、毛根は周辺部から出来てくる。その時に新しい毛は周りの毛となるべく方向を合わせようとするので、最後に残るのがつむじになるのだとか。なお動物の毛の方向は上から下へとなっているが、それは雨がかかった時に速やかに流れるようにだという。ただ人間の場合、手の先と足の根本は逆向きの方向に毛が生えており、このことから太古の人間は、雨が降った時にかかんで頭を抱えるような姿勢で雨を凌いでいたのではと言うのだが、これは実際は半信半疑。出てきた先生も「そう言う考え方も出来るが、誰も見た人はいないわけで・・・」と煮え切らない発言。結果として解体率59%という史上最低の結果に。

 次は耳のひだ。では実際にこのひだがなかったらどうなるかと言うことを音大生に実験台になってもらって調べている。彼女たちの耳のひだを粘土で塞いで実験したところ、左右の音は分かるが前後上下の音の位置は分からないという結果に。人間は耳のひだで複雑に反射した音のパターンにより、前後上下を判断しているというのである。なおこれは人によって微妙にパターンが違うはずで、個々人が自分自身のパターンを持っているはずとのこと。思わず「なるほど」と私も納得したが、やはり解体率も97%と高率。

 以上「地味なネタ」2題。それにしても相変わらず、どうでも良いようなネタが多い番組である(笑)。

 

9/9 NHKスペシャル「激動中国 民が官を訴える−土地をめぐる攻防−」

 中国では現在、土地の権利をめぐっての騒動が各地で起こっているという。そもそも社会主義の中国では土地は国家の所有と言うことになっているが、改革開放以来、住民に土地の使用権を売却している。しかしその土地使用権を再開発などを理由に一方的に停止して、強引に立ち退きを迫る例が増えているのだという。

 その背景には地方政府と開発業者の癒着があるようである。地方政府は開発業者に土地の使用権を売却し、それを元に開発業者が住民の立ち退きを迫る。その手口たるや、いきなり解体業者が乗り込んで建物を破壊するなどと、ほとんどやくざの手口である。

 補償も全くないまま追い出される住民はたまったものではない。しかし最近は住民の側も地方政府を相手取って裁判を起こす例が増加しており、そのような訴訟を手がけている弁護士も活躍している。

 番組ではある地方において立ち退きを迫られた住民たちを追っていたが、その内容がすさまじい。県側は露骨に住民に圧力をかけ、裁判中だというのに力づくで住居の解体をおこなう始末。しかもそれに抗議して住民が開発業者の事務所に押しかけると、暴力行為を口実に住民側に一方的に落ち度があると決めつけて、住民側のリーダーを拘束しようとする。

 地方で行われる一審は住民側も予想通り、県政府の圧力で住民が敗訴。しかし住民リーダー達は検挙から逃れるために潜伏しながら、弁護士と連携して上級審への控訴を行う。県外で行われた上級審では、一審の判決を破棄して差し戻しの判決が出る。

 まさにすさまじいという状況。日本でも権力側を相手に裁判を起こすとまず勝ち目がないというのに、社会主義の中国においてそれがどれだけ困難なことか。それにも関わらず立ち上がる住民が増えていると言うことは、中国人の権利意識が高まってきているのと、それだけ状況がひどすぎると言うことの反映であろう。

 なおこれだけトラブルが頻発するのは、明らかに県の役人と開発業者の癒着があるだろう。調べてみると当然のように賄賂の授受などはあるのではないか。まあこの辺りは、中国に限らず日本でも未だにあることだが。果たして中国が本当の先進国になれるかどうかは、この辺りの体質の改善にもかかっている。

 

9/8 解体新ショー「金縛り&早口言葉&酔っぱらい」

 今回はスペシャルという名の総集編。以前に紹介したネタから3つを抜粋である。なおガッテンとは違って、何も足さない何も引かないのまさしく再放送。

 1つ目の金縛りは下の方で登場しているので省略。2つめの早口言葉については「早口言葉はなぜ喋りにくいか」というもの。結論は「舌などが規則的に動けないような言葉を選んでいるからだ」というもの。実際に「竹藪に竹立てかけた」の「たけたてかけた」を発音する時の舌をMRIで見ると、舌が前に言ったり後ろにいったり複雑である。これを「たけたけたけた」と規則的にすると突然に発音しやすくなる。つまりは舌の運動能力らしい。

 3つ目は「なぜ酔っぱらいは同じ話を繰り返すか」。実際に酔っぱらいを観察して、同じ話題が何度も登場しているのをカウントしているのは笑える。これについてはアルコールの働きで短期記憶を司る前頭葉の上部の働きが弱るからというもの。これに比べると長期記憶を司る前頭葉の下の部分は影響されにくいらしい。だから酔っぱらいは、昨晩のことは覚えていないのに、家には帰ってくるのだとか。つまりは短期記憶は長期記憶ほど強固ではないということらしい。

 というわけで、過去の3本のネタが1本にまとまってしまった。これはやっぱり番組の中身が少々薄いような。まあ肩の凝らないのがこの番組の特徴の一つではあるものの。

 

9/1 解体新ショー「老化」

 今回のテーマは老化。老化は防げるのか防げないのかで激論という趣向。

 まずは老化は防止できるという観点からのプレゼン。ここで登場するのはポリフェノール。かつて楊貴妃は老化防止のためにライチをわざわざ取り寄せていたとのことだが、それはポリフェノールの効果だという。ポリフェノールは細胞を傷つける活性酸素を処理するので老化を防げるという話。

 これに対して、老化は防止できないという観点からの反論。活性酸素は年齢に関係なく運動などをすると激しく発生し、それによる細胞の損傷は修理しきれないというもの。また最近に評判になった、ほ乳類の一生での心拍数はほぼ同じという学説も登場。それによると人類の寿命は大体50年で、その後の30年は医療の進歩などによるオマケの人生だとのこと。というわけで、ここで東京工業大学の本川達夫教授が「おまけの人生音頭」を披露・・・なんじゃこりゃ(笑)。

 これにまた再反論が。マウスとほぼ同じ体の大きさのシマリスは、マウスが3年程度の寿命なのに対し、11年も生きることが知られており、それの理由が冬眠中に作られるHPと呼ばれるタンパク質の働きであることが分かってきたとのこと。で、これを人間に応用すれば寿命が3倍ぐらいになるのではというもの。またベニクラゲという生物は、自ら若返ることが出来るということが発見され、これも人間に応用できたら・・・というもの。そこでここで京都大学の久保田信准教授は「僕の名前はベニクラゲ」という曲を披露。なんやねん、これ。

 最終投票では「老化は防げない」の方の辛勝であったが、まあそれは当たり前かな。実際に老化は防ぎようがないんだから。大体不老不死なんて実現したら、地球が人間であふれてしまう。

 どうも構成にメリハリのなかったこの番組だが、対決形式に持ってきたのは一つの実験か。完全に成功したとは言い難いが、この形式の方が盛り上げやすくはある。それにしても、番組中で一番盛り上がったのが、両研究者の怪しい歌とは・・・いろいろな先生がいるんですね。本川先生の歌は昭和歌謡調で(藤山一郎とかみたいだ)、久保田先生のはそれよりも若干新しい(一応戦後調かな)というのは正直笑えたが。ちなみに私が歌を作ったら、多分巨大ロボットもの主題歌調になりそう(「限りあるこの命、燃やし尽くせ平和のために」とか・・・笑)。

 

8/25 解体新ショー「おなかの出っ張り&薄毛」

 今回のお題は特に男性にとっては気になる内容。

 まず最初におなかの出っ張りであるが、これは脂肪が腹に蓄積するため。ただ脂肪がなぜ腹にわざわざ蓄積するのかは不明。動物によっては背中に溜まったり(ラクダ)、尻に溜まったり(ヒヒ)なと様々。番組では脂肪が腹に溜まることに有利さがあるかを調べるため、脂肪に見立てた5キロのおもりを、背中や首回りや尻や腹につけて、反復横跳び、階段登り、短距離走などをやって、短距離走では腹が勝ったとしたのだが・・・・こんなもの個人差もあるし、こんな実験で言えるのか?・・・と思ってたら番組自体もそのことをあっさり認めてしまっている(笑)。いったい何のために実験したのやら(カラフルなつなぎを来た連中が、ゴレンジャーの主題歌をBGMに登場したのだけは笑えたが。

 で、おなかにつく理由は今ひとつだが、おなかにつくメカニズムについては、腸間膜と大網と呼ばれる部分にある脂肪細胞がふくれて脂肪を蓄積するのだとか。ちなみに脂肪細胞は一杯にふくれると分裂して増えるそうな。恐ろしい。

 2つ目のネタは薄毛。これは昔からいろいろと話題にはなってきたことのようである。男性ホルモンが影響しているのではと言われ出したのは、1942年のエール大学のジェームズ・ハミルトン博士の研究によっているという。それは去勢手術をしている男性には薄毛が少なかったことに基づいているとか(彼らに男性ホルモンを注射したら毛が薄くなったとか・・・番組出演者も言っていたがひどい実験だ(笑)。

 なお最近の研究では、他に多くの物質が作用することになっているらしい。5アルファリダクターゼ2という酵素が男性ホルモンの働きを強化し、それが遺伝子に働きかけTGF−ベータ1と言うのが出来れば薄くなり、ひげなどの場合は逆にIGF−1というものの作用で濃くなる・・・とのことなんだが、今ひとつよく分からん。ただ今までの経験として「胸毛の濃い男性ほど頭が薄い」という経験則を感じている。

 何か今ひとつパッとしないという印象の内容。やっぱり「なるほど」というすっきり感がないんだな・・・。

 

8/11 解体新ショー「腹筋の割れ&銀紙を噛んだ時の痛み&かき氷頭痛」

 今回も先週に続いて小ネタ集。

 1つめはなぜ腹筋が割れるか。これについては左右の腹筋に対して横に腱が通っているので、腹筋が発達するとその腱に押されれて腹筋が割れるとか。またこの腱には個人差があるので、腹筋の割れ方は様々になる模様。それにしてもBGMに「キン肉マン」とはまたコテコテな。

 2つめは銀紙を噛んだ時に感じる痛みについて。これは歯に治療用の金属などを詰めてあれば、その金属との溶けやすさの違いで、アルミが溶けて電気が流れるのだとか(専門用語ではイオン化傾向が違うというのだが、そう言う用語はこの番組では一切使用しない)。なおそれではということで、番組では数人を直列につないで、アルミを噛んだ時の発電で電子オルゴールを鳴らすという馬鹿げたこともしていた。馬鹿げているが、確かに電気が流れているという証明ではある。

 最後はかき氷を食べた時の頭痛について。これについては、のどに対する刺激が脳に届く時に、神経が交差する三叉神経核で他の神経と混信して、他の神経に刺激が漏れてしまうことが原因とのこと。ちなみに番組では実際にかき氷頭痛が発生している時のMRIをとっていたが、脳の血管等には異常は現れていなかった。

 日常生活の細かい目からウロコなテーマを取り上げていたという印象。銀紙での馬鹿げた実験などは、何やら初期の頃のガッテンのノリに近いようなものがあった。そう言えばあの番組も、知らない間にだんだんと保守化していたな。基本的にはこういうくだらないノリは結構好きだったりするんだが。まあネタ自体は、2と3については今更聞くまでもなく知ってはいたが。

 

8/5 NHKスペシャル「核クライシス1 都市を襲う核攻撃〜地表爆発と高度爆発〜」

 核の拡散などで都市が核攻撃を受ける危険が問われているが、その際に注目すべき攻撃のタイプとして2つがある。1つはテロリストなどが持ち込んだ核兵器が地面の上で爆発する地表爆発、もう一つはミサイルなどで打ち上げられた核ミサイルが高度数百キロで爆発する高度爆発である。

 去年10月、広島では地表爆発を想定した場合の被害の見積もりを開始した。この分析の結果は驚愕すべきものだった。委員会では、かつて広島に投下された原爆と同規模の核兵器が、爆心地の地表で爆発したとして被害の想定を行った。

 まず核爆発では最初の3秒間に強烈な熱線にさらされるが、この熱線はビルのガラスなどを破壊し、これも凶器となる。さらにビルなどが林立する都市では、爆風の衝撃波はビルなどで反射して何度にも渡って複雑な経路で伝播することが分かった。爆発後の熱線で爆心地の半径1100メートル以内では大火災が起こり、衝撃波で半径600メートル以内の建物は破壊され91%の人が死亡すると見積もられた。爆心地から400メートルの距離にあるビルでは、震度7に耐えられる設計になっているが、その限度の6倍もの衝撃が加わり、建物の構造が破壊される可能性もあり、ビルの中のほとんどの人が死に絶えると考えられる。現在の広島の場合、爆発直後だけで5万5千人が死亡するという。

 さらに恐ろしいのが放射性降下物、いわゆる死の灰の影響である。62年前の原爆は上空600メートルで爆発したことから、放射性降下物のかなりの部分が広く拡散したが、地表爆発の場合はほとんどの放射性物質が爆心地周辺に降下し、投下1時間後には致死量の20倍もの放射線が、6ヶ月後になっても人間が近寄ることが出来ないレベルの放射能が残存すると考えられるとのこと。つまり投下直後の熱線と衝撃波から何らかの方法で逃れられたとしても、避難する人々を致死量の放射能が襲うことになる。様々な被害により20万人以上が死亡すると推定された。委員会の結論は「核廃絶以外に防衛の方法はない」というものであった。

 またアメリカなどで警戒されているのが、上空数百キロメートルの高さで爆発する高度爆発である。この場合は熱線や放射線は地表に到達しないが、爆発の影響で電磁パルスが広範囲に降り注ぎ、電子機器などを破壊する。アメリカによる試算では、一発の核爆弾でアメリカの半分近くの地域の電子機器を破壊することも可能だという。都市のインフラは停止し、運航中の飛行機の制御システムがダウンして墜落、インフラの麻痺による食料不足や疫病の発生などで多くの犠牲者が出ることが考えられ、場合によると直接攻撃よりも被害は大きいという。

 このような事態を受けてアメリカが打ち出した方策が「核兵器による先制攻撃」。つまり核を使う可能性のある相手に対しては、積極的に核で先制攻撃を加えるというものである。しかしこれはより核攻撃の危険を高めるものとして、アメリカ内部でも良識ある人々は強く非難している。

 戦慄するような事態であるが、実際にはここで想定されていないような要素も加わることで、実際の被害はさらに拡大するだろう。たとえば電磁パルスによる電子機器の停止であるが、原発の制御系はどうなっているのか? 多分、電子制御系が使用不能になると手動ででも停止させると関係者は言うだろうが、制御系だけでなく電気系統までがすべて破壊されると、原子炉の停止自体が不可能になってしまう(今回の柏崎原発のトラブルでは、その可能性もあったわけだが)。

 また情報が途絶することによって人々がパニックになったら、そのことによる被害も予想できない。関東大震災ではデマの流布によって朝鮮人などに多くの犠牲者が出たが、それと同様のことが起こる可能性もある。このような被害などは当然ながら「想定外」である。

 結局は核の廃絶しか方法はないと思うのだが、今のアメリカのように、自身は核兵器で他国を恫喝しながら、他国にだけ核の廃絶を迫るという姿勢で通用するのか。当然であるがこんな独善は通るわけもない。より具体的な核廃絶の道を探る必要が人類の生存のためには不可欠なわけである。当然であるが日本はそのリーダーシップをとるべきなのだが、今のポチ政権ではそれはおぼつかない。

 

8/4 解体新ショー「目を開けて寝る人&足のしびれ&エスカレーターでつまずく」

 今回は夏のスペシャルとして「視聴者の疑問にお答えします」・・・って、この番組はガッテンか?

 まずは目を開けて寝ている人がいるがなぜかという疑問。競輪選手学校に潜入しての調査によると、149人中17人が目を開けていたとか。目を開けて寝る人を調べてみると、目が開いた時が一番筋肉の緊張がなくなっているという。実はこれは赤ん坊も同じで、本来は人間は目を開けて寝るようになっているとか。赤ん坊は眼瞼挙筋というまぶたを引き上げる筋肉があるのだが、実はこの筋肉の付け根が脆いため、大人になると多くがここが切れてしまうので目が閉じるようになるとか。また夢を見ている時は人間の目は白目になるとのことで、白目をむいて寝ている人は、眼瞼挙筋が切れていなくて夢を見ているという状態らしい。なお眼瞼挙筋が切れているとまぶたを開ける力が弱くなるので、まぶたに2グラム程度のおもりをつけるとまぶたが開かなくなるとのこと。ちなみに眼瞼挙筋をつなげる手術というのもあるとか。

 次は足のしびれ。これは圧迫によって血流が止まることで神経が麻痺することが原因。そしてジンジン来るのは、血流が回復した時。血流の回復によって神経が急に復帰する時に大量の電流が飛び交うのだとか。なお常に正座をしているお坊さんが実践していたしびれを防ぐテクニックは、足を組み替えたり浮かしたりなど、血流が止まらないように細かく動かしているとのこと(また慣れてくると、神経がしびれに対しての耐性も持つようになるとか)。

 最後は止まったエスカレーターはなぜ登りにくいか。実際に観察をしてみると、二段目でつんのめっているのが分かる。これについては「壊れたエスカレーター現象」として、2002年にイギリスの研究者によって検証されたとか。これによると、脳の高度な部分はエスカレーターが停止していることを認識するが、運動を司る脳の原始的な部分がこれに反応せず、エスカレーターが動いている時と同じ対応をしてしまうからだとか。そして前のめりの姿勢になってしまう結果、つまづくとか。これは慣れた動作などは自動プログラムが脳に組まれることが原因とのことで、番組では歩行器の上でジャンプをしてから、それを降りて目を閉じてジャンプをすると、その場で飛んでいるつもりなのに前に飛んでしまうということを実験している。

 いかにもこの番組らしい小ネタ集というイメージ。なお2つ目のネタが史上最低点を記録したとのことだが、これはカンニング竹山のキレ芸のつまらなさもさることながら、ネタ自体もあまり面白くなかったのでは。実際、1番目や3番目のような目からウロコのようなところはなかった。

 それにしてもこの番組が芸人のプレゼン能力にかなり左右されているという体質は相変わらず、ネタとしてはまずまずなのだが、この作りは少し工夫が必要。

 

7/21 解体新ショー「金縛り&のどちんこ」

 身近な科学的な謎を解き明かそうというのがこの番組の趣旨のようである。スタンスとしてはお気楽極楽より。

 まず一つ目のテーマは金縛り。よく心霊現象の代表のようにあげられる金縛りだが、当然であるがそんな馬鹿げた原因ではなく、100%科学的に証明されている。福島大学で睡眠について研究している福田一彦教授によると、人間の睡眠というのは通常は最初に深い睡眠に入り、しばらくしてから夢を見るレム睡眠に入るのだが、そのリズムが乱れて入眠していきなりレム睡眠に突入した状態だという。番組では被験者の睡眠のリズムを意図的に乱すことで、人為的に金縛りを発生させている。またこの時に、被験者は目を開けているつもりだったのだが、実は完全に目を閉じていた。つまり夢を見ている状態。天井などが見えるのは寝る前に見た記憶によるものだったとのこと。だからこのときに幻覚が見えることがあるのだという。また押さえつけられているように感じるのは、筋肉が弛緩していて力が入らないから。

 金縛りについては私自身も何度か体験しており、その時に大体推測していたメカニズムがやはり科学的に正しかったようだ。なお金縛り中には強烈な不安を感じることがあるが、実験によると心拍や呼吸などに乱れがあるらしい(筋肉が弛緩しているせいだろう)。よく吊り橋効果などのように、心拍の乱れが感情の乱れのように誤解されるなんて例があるが、この時の不安感も原因は同じだろう。

 二つ目のテーマはのどちんこはなぜあるか。のどちんこの正式名称は口蓋垂というのだそうだが、これは鼻と口を仕切る口蓋の先が垂れ下がったものだという。この口蓋によって鼻と口が分離されるので、人間は物を飲みながら呼吸をスムーズにできるという仕掛け。またこの口蓋は発声の時にも関与しているという話。

 以上、身近なネタ2点。ネタとしては今更どうこうと言うほどのものではないが、金縛りについては未だに心霊現象だと信じていてそれをネタに良からぬ連中にだまされる者もいるので、これは100%生理学的現象であるということを解説しておくことは意義がある(もっとも、既に完全に洗脳されてしまっている者は、これを見てもやはり心霊現象だと主張してしまうのだが・・・だからそうなる前に正しい知識を伝えることが最重要なのである)。

 ただこの番組、ネタはともかくとして番組の作りがイマイチ。多分お気楽に楽しめる路線を目指しているのだろうが、これがいかにもNHK的なはずし方である。若手芸人を使っておちゃらけたイメージで作っているのが完全に滑っている上に逆効果。また2組の芸人の対戦形式にしている構成も何の意味もない。一言で言うと「ダサい」。番組イメージとしては土曜のお昼の「生活笑百科」(全国番組か関西ローカルかを私は知らないが)並のダサさなのである。もしこの番組の視聴者に若者を想定しているのなら、完全に失敗している。

 

6/12 クローズアップ現代「街をさまよう若者たち〜新しい形のホームレス〜」

 いわゆるネットカフェ難民を扱っている。内容的には4/3の「ガイアの夜明け」とかぶる部分がかなり多い。番組が密着取材したある青年は、やはり就職氷河期世代。地方の高校を卒業したのだが就職がなく、東京なら仕事があるだろうとやって来たものの、部屋を借りようと思うと最初に20万円ほどの資金が必要であったため、結局はホームレスとなってネットカフェを転々としている。日雇いの仕事がないと持ち金がなくなるので、そうなると野宿することになる。その日その日をギリギリでしのいでいるという生活である。病気などをしても何の保証もないので、将来に対する不安を強烈に抱いている。

 次に登場したのは派遣労働者の問題。現在、待遇改善を求めた労働運動が起きている。「この会社」では、派遣先から受け取った労賃から手数料を引いて労働者に渡すわけだが、そこからさらにデータ整備費用などと称してさらにピンハネをしており、派遣先からは13000円を受け取っているのに、労働者に渡るのは5千数百円なんてことになるらしい。

 この悪質な会社が「グッドウイル」であるということは、この世界について少しでも知っている者ならすぐにピンと来るが、この番組ではあくまで「ある会社」としか言っていなかった。多分、NHKらしいお上の事情があるのだろう。ただ途中で会議室が写った絵の時、会議室の扉が写る前に「グッドウイル」と手書きしたホワイトボードが1秒ほど写ったコマがあった。多分、NHK的には企業名を出せないのだが、現場の人間としてはグッドウイルのあまりの悪辣さに怒りを感じていたのではないかという気がする。私のうがった見方にすぎるのかもしれないが、私はこのコマに制作者のメッセージを見たと感じた。

 なお人材派遣のようなピンハネ業はかつては認められていなかったのだが、労働者を低賃金でこき使いたい財界の要請で認められるようになったものである。今ではこのピンハネ業の代表が労働政策審議会の委員などをしていて、「過労死は労働者の自己責任」だとか「祝日なんていらない」とか、労働者の労働条件をさらに切り捨てることを目指した発言をしまくっている。当然ながらこんな連中が仕切っている労働政策審議会は「サービス残業の促進」を目指しているので、次の選挙を乗り切ったら、またぞろ例の「ホワイトカラーエグゼンプション」こと「過労死促進法案」が浮上してくるのは間違いない。すると労働者の労働条件はさらに切り捨てられ、ネットカフェ難民に落ちていく若者はさらに増えるということになる。柳沢厚生労働大臣は、若者が結婚を考えられないぐらい労働条件を切り捨てるの躍起になっているのに、その一方で出生率低下が問題だなんていうのだからちゃんちゃらおかしい。もしかして彼の目指している理想社会は、多くの若い男は奴隷としてこき使われて、ごく一部の世襲の馬鹿ボンだけがハーレムを作って、女を産む機械として子供を産ませるような世の中か? まあこれは、彼の親玉である安倍晋三の描く理想社会でもあるのだろうが(多くの男は奴隷としてこき使われるだけでなく、安倍の取り巻きの利益のために世界のどこかに兵隊としても送られることになるのだろう)。

 

6/10 NHKスペシャル「激流中国 北京の水を確保せよ−しのびよる水危機−」

 北京オリンピックを前にして、先進国としての体裁を整えようとしている中国。しかしその影では数々の矛盾も噴出している。それらを紹介していくシリーズとのこと。

 今回扱うのは北京の水不足。北京においては急速な経済発展と、人口の増加によって水需要が急増、水の供給が追いつかない状況になっているという。北京の水瓶である官庁ダムではここ5年で貯水量が1/3に減ってしまったという。

 3年前に北京市水務局が発足、市民に節水を呼びかけると共に水の不法使用などの監視をしている。例えば緑化用の水を無断で戦車に使っていた業者などが摘発されたりといったことが行われている。また工場なども検査を受け、無駄に水を使用していた場合には罰金などの制裁がある。しかし利益優先の企業において、水の使用を押さえることには困難がつきまとっている。

 北京の切実な水不足は、周辺地域を犠牲にもしている。そもそも水が豊富ではない河北省では、本来は地元の治水や生活用水に使用されていたダムの水が、北京への供給を最優先にされたために、地元民にはダムの水の使用が禁止される事態になり、地元の農民は農業用水の確保にさえ困る状況になっているという。

 水不足の地域では雨雲にヨウ化銀を打ち込む降雨ロケットなども使用されている。このロケットの使用で降雨量が25%増加するとされているが、これとて万能の策ではない。

 中国では北京などの水不足を解消するための壮大なプロジェクトを実施中である。それは南水北調と呼ばれる計画で、比較的水が豊富な長江水系から北京にまで水を引こうというものである。しかしそれでも北京の人口増加を抑制しないと水不足は解消されないし、水源となる地域で汚染が進んでいるという懸念される事態があるという。

 水務局ではさらに監視体制を強化するために、住民の中から情報員を募り、水の無駄遣いの監視を強化している。しかし豊かさを教授する市民には節水の呼びかけはなかなか届きにくい。

 急激な都市化で北京では大変なことが起こっていると聞いてはいたが、確かにこれは大変だ。しかも現在の中国では、水不足と水源の汚染が同時進行しているので、かなりやばいことになっている。中国の水不足の問題は、日本としてはよそ事として高みの見物をしそうだが(中には喜んでいる奴もいそうだが)、今日のように中国と日本の経済的結びつきが強くなってしまうと、他人事では終わらない。実際、日本企業の現地工場が水不足の影響を受けたりという例もあるし、中国の農業生産が水不足で影響を受けるようになると、中国から多くの農産物を輸入している日本には切実な影響があるわけである。

 ちなみに水不足は中国だけの話ではない。世界的に見ると多くの地域では圧倒的に水不足で、しかもそれが深刻化しつつある。原因としては水を大量消費する近代農業や工業などの発展があるのだが、地球温暖化による気候変化や、公害による水源汚染も影響している。なお水不足とは無縁のように思われる日本でも、実は都市化が極端に進んでしまった東京などでは、圧倒的に水不足なのである。

 

1/10 クローズアップ現代「揺らぐ科学の信頼 〜東大・論文ねつ造疑惑〜」

 昨年末、東京大学では論文を捏造したということで、工学系研究科の多比良和誠教授と川崎広明助手に懲戒解雇という重い処罰を決定した。しかし論文の捏造については決定的な証拠を見つけるまでには至らなかったとのことで、多比良教授は「処分が重すぎる」として、川崎助手は「捏造はしていない」として、東大を相手に法的対応を検討しているという。

 疑惑の発端となったのは、彼らが遺伝子研究の分野で発表した論文。難病治療に使えるのではと注目されているsiRNAについて、これを簡単に作り出す方法を発表したのだが、これが海外の研究者から「再現が出来ない」と指摘されたのだという。

 東大では再度の実験を彼らに命じ、多比良教授は川崎助手と製薬メーカーに実験の追試を指示したのだが、川崎助手は論文通りの結果が出たと言ったのに対し、製薬メーカーの方では再現が出来なかったのだという。しかも川崎助手は実験ノートをつけていなかったということも分かり、どんどんと旗色が悪くなったようである。

 そもそも多比良教授は物理化学の分野が専門であり、遺伝子分野は専門ではないという。しかし今後遺伝子の分野が将来性があると見て、川崎助手などのスタッフを集めて研究を行っていたとのこと。当時のスタッフの証言では、多比良教授は川崎助手の研究の詳細については全く分かっていない可能性が高そうである。

 番組では1年がかりで彼らに密着して取材をしたらしく、川崎助手のインタビューなども紹介している(彼はきっぱりと捏造を否定している)。番組では事実を淡々と伝えるだけで、あえて判断は加えていないが、心象的には完全に黒である。

 そもそも科学においては、再現性が取れなかった時点でアウトである。科学は誰でも追試で再現できるというのが基本であり、特定の人物しか再現できないものは科学でなくて魔術と言う。となれば、後は重要なのは意図的な捏造の有無である。川崎助手自身も自分で把握できていない何らかの操作が鍵となって、彼だけが結果を再現できるという可能性は0とは言えないからである。それを確認するには、監視付で川崎助手が実験を再現するしかないが、彼がそれを頑なに拒否しているというのでは、黒としか言いようがない。

 捏造の動機としては、例によっての大学における悪しき成果主義である。短期的に成果を上げないと研究費さえ出ないようになったことから、とにかく短期での成果が求められ、それが研究現場での捏造に対する誘惑を強めているのである。正直なところ、今のままのやり方でいけば、技術立国日本基礎研究の場は、回復不能なまでに荒廃してしまうのではないかということを、私は懸念している。大学の研究室は企業と違って、短期的に金につながらないような基礎研究をやっていれば良いんだというのが私の考えである。物にならない研究も多いだろうが、その中から大化けする物がいくつか出ればそれで良い。そもそも科学研究なんてそんなものである。

 それにしても同じ捏造でも粗雑だというのが正直な印象。最近話題になった韓国でのES細胞の例などは、あれだけ受精卵をふんだんに使った実験などは、世界で追試できるところがほとんどないので、内部告発のようなものがなければ発覚しなかった可能性もあるが、こんな確実に追試が行われるような内容を捏造すれば、発覚するのは当たり前である。逆に言えば、あまり多くの追試が行われないようなマイナーな分野の論文などの場合、捏造がまだまだ潜んでいる場合も考えられるのではないか(実際に、捏造ではないが論文の間違い・勘違いというのは実は決して少なくはないのである)。というわけで、「最新の研究成果」というのには注意が必要であるということである。

 

12/10 NHKスペシャル「ワーキングプア2」

 今、社会的に問題となっているワーキングプアとは、キチンと働いているにもかかわらず最低水準の生活が維持できない人々である。

 最初に登場した31才の女性は、離婚後2人の子供を養って生活している。しかし子供を抱えてなかなか仕事はなく、パートの仕事をかけ持ちしており、毎日休みはなく睡眠は4時間程度だという。それでも家賃などを除くと生活費は2万円ぐらいしか残らない。彼女がようよう生活できていたのは児童扶養手当のおかげだったが、これも法の改悪でいずれは半額ほどに減らされることになっているという。国は母子家庭の就労支援のために資格取得の援助をすると言うことだが、彼女も資格を取ろうと考えたものの、そのためには専門学校に通わないといけないので、昼の仕事が出来なくなることが分かり諦めざるをえなかったという。国はすぐ「自助努力」といってごまかすが、果たして彼女にこれ以上どういう自助努力の余地があるのだろうか。

 北海道の23才の女性は町立病院で入院患者の食事を作る仕事をしている。最初は町の臨時職員として採用されていたのだが、町が調理の仕事を民間に委託したことで、時給は減らされボーナスもなくなり、今は月8万円の収入しかないという。彼女は絵が得意で成績も優秀、札幌で専門学校に入って将来はゲームメーカーへの就職を考えていた。しかし父が病気で失職したことで暗転、今は妹と二人で働いて家計を支えているという。彼女は努力して調理師の資格も取得した。しかしそれでも時給がたったの10円上がっただけだったという。自助努力などというが、全然その結果が反映されないのである。

 また経済のグローバル化は末端の中小企業へのしわ寄せも大きい。繊維産業の多い岐阜では、中小の企業は経営が成り立たなくなってほとんどが廃業に追い込まれつつあるという。その一方で、大手メーカーは海外からの研修生という名目で安い労働者を調達している。そしてそれがさらに中小企業に対する値下げ圧力につながるのだという。

 また高齢者も悲惨である。ある80才の老人は、夫婦で空き缶を拾って生活している。彼は8人兄弟の長男で、兄弟を養うために年金を払う余裕がなく、現在無年金状態なのだという。収入は空き缶拾いでの金だけなのだが、最近は年金では生活できずに空き缶拾いをする老人が増えているので、収入はさらに減っているという。もう既に高齢であり、空き缶拾いが出来なくなったら死ぬしかない。

 公園で清掃の仕事に従事している76才の老人は、この収入だけで生活している。年金は妻と二人で月に6万円あるが、それはアルツハイマーで特別養護老人ホームに入所した妻の費用で完全に消えてしまう。しかも介護保険法の改悪で自己負担分がさらに1万円増えることになったという。彼はもし自分が倒れた時の妻のことを心配している。

 もう暗澹たる事例ばかりである。しかしこのような事例が何も特殊ではないというのがさらに恐ろしい。働いても報われない社会に確実になってきているのである。そもそもこのような社会になったのは、無能な二世三世がのうのうと生きていけるように格差が固定した社会を作りたいと考えたボンクラ世襲政治家と、労働者に奴隷労働をさせたいと考えていた一部の守銭奴経営者の利害の一致で、このような方向に意図的に誘導されたからである。グローバリゼーションとか、市場主義とかいうのは、こういう格差社会をごまかすためのキーワードである。そしてこの方向をさらに明確に打ち出したのが、ボンクラ三世政治家小泉とアメリカのハゲタカファンドの利益代表の竹中のラインである。そしてそれをこれまたボンクラ三世の安倍晋三が継承しているわけである。当然ながらボンクラ三世が、いくら「再チャレンジ」なんてことをお題目に掲げても、そんなもの本気で考えているはずもない。再チャレンジどころか、そもそも一回目の珍レンジさえ出来ないのであるから。多分彼の場合、固定的貧困層が出来た方が、将来兵隊として前線で消耗させれる人員が増えて好都合とぐらい考えているだろう(実際にアメリカでは、軍隊にでも入らないと生活できない連中が多く。そういう連中がイラクでブッシュの利益のために使い捨てにされているわけである。)。

 番組では3人の有識者に意見を聞くと言うことをしていたが、2人目に出てきた有識者の「景気が回復したら問題が解決に向かう」というあまりに脳天気な分析には絶句した。いくら名目上景気が回復しても、結局はごく一部の連中の利益が増えるだけで、格差はむしろ拡大しているのである。そもそも現在は「戦後最長の好景気」だったのと違うのか? 基本的には一部の強欲者のために破壊されてしまった社会構造を再構築しないとどうにもならないのである。アメリカみたいな「明らかに失敗した国家」をモデルにしているようでは、世の中がおかしくなるのは当然なのだとも言える。

 

11/19 NHKスペシャル「分かっちゃいるけどやせられない〜内臓脂肪と闘う〜」

 今回のテーマは「メタボリ君しんどそーね」・・・じゃなくて、メタボリックシンドロームである。内臓脂肪は生活習慣病の原因になるとして警戒されているが、分かっていてもそう簡単に体重は減らしにくいもの。それに取り組んだ連中の物語のようである。

 舞台は東京の杉並。ここでウェストサイズプロジェクトと名付けられたプロジェクトが行われた。内容は、各人が目標を定めてそれを達成するために頑張るというもの。特別な減量指導があるわけではないが、同志が集まることで励ます効果があるのだろう。

 参加したメンバーは様々。番組に登場したのは、北海道の食品会社に単身赴任しているため、製品の試食や夜の接待などでカロリー過剰になって糖尿病の診断を受けた50代のサラリーマン。さらに家族の食べ残しを片づけているうちに体重が大幅に増えてしまっていたという主婦。またコンピュータソフトメーカーに勤務していて、ストレスのために酒が多くなって太ってしまったサラリーマンなど。

 減量のために生活を変えすぎてそのストレスで失敗したり、カロリーを抑えた食事をしていることで身体が飢餓状態になり、ちょっと食べ過ぎただけでリバウンドしてしまうと言うダイエットの罠にはまったサラリーマンなど、典型的な挫折例も登場する。

 最終的には番組が取材していた3人は、みんな努力の甲斐あってとりあえず目標達成でめでたしめでたしとなっている。もっとも実際は目標達成できなかった者も少なくないだろう。それにダイエットは減らすことよりも、それを維持することの方が大変なので、本当に大変なのはこれからである。

 うーん、もろにメタボリ君に該当する私としては、かなりキツイ内容。実際に私はかつて減量失敗経験もあります。食事コントロールと自転車中心の運動で10キロ以上減量したのですが、その後しばらくして仕事の関係で生活スタイルが変化したことがきっかけで、体重が大幅にリバウンド、そうして今日に至ってしまっているという次第。こりゃまた根本的に生活立て直さないといかんわ。

 それにしても某インチキ健康番組のように「これを食べるとダイエットに成功」なんてものを紹介するわけでもなく、真っ正面からダイエットに取り組む連中を淡々と描くだけという、この手の番組としてはかなり異色の内容(笑)。だけどダイエットって本来はこういうもんなんですよね。ダイエット食品メーカーなんかが言っている「努力なしで楽してダイエット」なんてのは間違いなく嘘です。もし何もしないで体重が減るとしたら、それは明らかに健康を損ねているということ。そんなダイエットは危険です。

 なおダイエットと言っても実は内容が異なります。今回登場したのは成人病の危険を避けるための健康維持のダイエットです。これが本来の意味でのダイエットです。痩せすぎの女性が、病気のモデルみたいになろうとして健康を損ねながらガリガリに衰弱していくことをダイエットと呼ぶ例があるようですが、あれはダイエットではなくて単に病気になっているだけです。これをやるとガリガリの醜い身体になって、最悪は命を落とします(つい最近もこれで命を落としたブラジル人モデルがいたようだ)。これをやっている人は、内科よりもまずは精神科の方を受診した方が良い例が多いです。

 

9/10 NHKスペシャル「マグロが食卓から消える?〜世界の魚争奪戦〜」

 日本人の大好きなマグロ。今まで日本人は世界中からマグロを買い付けて食べ続けていた。しかしその構図に異変が起きているという。まず今までマグロほとんど食べなかった欧米で、鳥インフルエンザやBSEでの食肉不安から、マグロの消費量が増え始めたという。また中国では経済の好調に伴う富裕層の増加で、今まであまり食べられなかった高級海産物の消費が増加しているのだという。

 大手水産輸入業者の双日では、今年は買い付けの異常が発生していたという。必要量のマグロが全く確保できなくなってしまったのだとか。買い付け担当者がベルギーでのマグロ商品の見本市に飛び、そこでマグロの輸出業者と交渉を行ったが、結局は必要量の1割しか確保できなかったという。そこで彼らが見せつけられたのは台頭する中国の力だった。

 中国では現在、食糧確保の観点から、海産物の消費拡大を国策で進めており、特にマグロの消費拡大を目指しているという。その結果、中国国内での海産物消費は猛烈な勢いで増加しており、今や輸入量では日本に次いで2位だという。中国のマグロ業者も日本向け輸出から、国内向けに重点を移すことを決定しており、これが日本にも跳ね返っているという。

 日本は6割のマグロを輸入している。台湾、中国、韓国などの天然物のルートとヨーロッパ、メキシコ、オーストラリアなどの養殖のルートがある。特に養殖は、価値の低いマグロに栄養価の高いえさを与えることで、日本人の好むトロを増やす畜養で、市場にも大きなインパクトを与えたという。しかしその一方で、輸入物のマグロと原油高騰のダブルパンチで、日本の遠洋マグロ漁船では廃業が相次いでおり、日本のマグロ自給率はじり貧になっているという。しかも廃船になった日本のマグロ漁船は高性能であると人気で、ロシアや韓国などの業者が購入していくという。

 そこにさらに暗雲がたれ込めている。資源の枯渇の問題である。台湾では資源の枯渇が指摘され、漁船の数が制限されて日本への輸出も大幅に減少することになった。また畜養を行っているヨーロッパでも資源の枯渇が問題化しているという。双日では、新たな畜養拠点を確保することや、逆に中国に進出することで中国でのマグロ流通ルートを押さえようとの対応策を練っている。

 オイオイと言いたくなるような厳しい内容。しかしどうもこれが、来るべき将来に訪れる国際的な食料品争奪戦の前哨戦に見えてならない。今はマグロだけであるが、これが穀物などの農産物一般にまで波及してくれば、食糧自給率の低すぎる日本はひとたまりもない。今は「トロが食べられなくなるかも」なんて言っている程度だが、今に下手をすると飯自体を食べられなくなる可能性もある。

 そしてここでも浮上するのが中国の影響力の増加である。今までは貧困に甘んじていた中国人が、豊かになるにつれて贅沢をしたくなり、それが地球全体に負担を与えつつあるのである。以前より、中国の国民が全員アメリカ人並の生活をしようとすれば、地球は破滅すると言われていたが、それが現実化しつつあるのである。しかも中国の次にはさらに人口大国のインドも控えている。いよいよ地球が狭くなりすぎてきたようである。飽食なんて贅沢が許された時代はいずれは過去のものになるのかしれない。そうなると「いくら食べても太らない夢のような身体」なんて言われているような連中は、真っ先に絶滅か?

 

8/20 NHKスペシャル「論文捏造〜夢の医療はなぜ潰えたか」

 人クローン細胞からのES細胞培養に成功。このニュースは朗報として世界を回った。クローン細胞からのES細胞合成に成功すれば、多くの難病の治療が可能になることが期待できたからである。多くの難病患者たちが希望を持った。しかし残酷にもそれは無惨に打ち砕かれることになった。

 論文を発表したのは韓国のソウル大学の獣医学部のファン教授だった。しかし彼の論文のすべてが捏造だったことが明らかになったのである。この番組は、その後の警察の捜査などで明らかになった捏造の過程を詳細に説明している。

 どうやら捏造の最初は半分は偶発的なものだったようである。病院から多くの卵子を提供させて(それでも足りなくてついには女性研究者からも卵子を提供させた)ES細胞培養の実験を繰り返したにもかかわらず、ES細胞ができずにファン教授が焦っていた時に、やっと1つのES細胞らしき細胞が生成する。しかしその細胞がES細胞であるかは試験で確認しないといけないのだが、その試験を担当した研究者がサンプルをなくしてしまい、慌ててファン教授に指示を仰いだところ、「出来ているのは間違いないのだから」と試験を行ったように結果を捏造することを指示されたのだという。

 早速ファン教授は画期的成果として論文を執筆するが、当初は雑誌にはなかなか掲載されなかったという。しかしファン教授の実験室が大量の卵子を使用して実験をしている(他の国では卵子の扱いに制約が多く、韓国のように大量に実験に使用するというわけにはいかない)のを見た、クローン研究の第一人者であるビッツバーグ大学のジェラルド・シャッテン教授が彼の論文を強く推したことで、権威ある雑誌であるサイエンスに掲載されることになったのだという。

 サイエンスへの論文の掲載で一躍脚光を浴びたファン教授は、直ちに難病患者のクローン細胞からES細胞培養に取りかかった。しかしその一方で、世界中でファン教授の実験を追試を行った研究者たちは、結果が再現しないことに首をひねっていた。

 意気揚々と実験に取りかかったファン教授の研究室だったが、細胞は次々に分裂を停止してしまい、最後の一個の細胞も瀕死の状態になっていた。その時に細胞の培養を担当していたのが、先に捏造を行った研究員で、彼は教授からのプレッシャーと功名心から瀕死の細胞をよく似た別の細胞にすり替えたのだという。そしてこのデータを元に、多くの細胞の培養に成功したとの論文を発表する。しかしそれらのデータは研究員が偽造した細胞の写真を大幅に水増ししたデータであり、その水増しを指示したのがファン教授自身だったという。

 しかし破局が訪れる。研究者たちが集まっているインターネットサイトで、論文に掲載されている写真に全く同じものがあることが指摘されたことから、論文の内容に対する疑問が一気に吹き出し、調査の結果、論文の捏造が発覚したのだった。国民的英雄になっていたファン教授の名声は一気に地に墜ち、今や研究費をだまし取った罪で刑事被告人であるという。

 自身も研究者の端くれである私としても、非常に重い事件である。ファン教授の捏造の動機については研究費を獲得するため出あることが指摘されている。実際に実験がうまくいっていなかった時は、彼の研究室は研究費を打ち切られる危険に直面していたらしい。また彼の論文を推したシャッテン教授にしても、研究費獲得のために捏造を意図的に見逃した疑いがあるようである。

 成果主義の負の面がもろに出てしまっているのである。昨今はどこの国でも研究者に対して即物的利益が求められようになった結果、研究成果に対する圧力が非常に強くなっている。しかし研究というものはうまくいく時もあれば、うまくいかない時もあるもので、うまくいかない時は延々と何年もうまくいかないということがある。先人たちはそれを忍耐で乗り切って大きな成果を上げていたのだが、最近は社会がそこまで待ってくれなくなっているのである(技術のことなど全く知らない事務屋が、研究予算を取り仕切るようになったことが大きい)。今や、世界中の研究者が捏造の誘惑と戦っているような状態であり、かつてのような科学者としての良心を信じるような論文査定では捏造は見抜けなくなってしまっているのである。

 科学界の信頼がこの一件で地に墜ちてしまったが、残念ながら今のようなもうけ第一主義原理が世界を覆っている限り、同じような事件は今後も再発してしまうのだろうと暗い気持ちにならずにはいられない。

 交通事故による脊椎損傷で歩けなくなり、ファン教授の研究に希望を託していた少年が痛々しい。番組の方も過剰な演出はしないで、事件再現ものと科学ものの中間の線で淡々と進めていたのが、逆に彼らのつらさをあぶり出しているように思われた。

 

6/4 NHKスペシャル「好きなものだけ食べたい〜小さな食卓の大きな変化〜」

 現在の子供の食生活がとんでもないことになっているという。一般家庭の食卓を調査したところ、典型的なパターンがいくつか見つかるという。1つは「切り札型」。食事に手をかけられない(かけたくない)母親が健康を気にした結果、出来合の食事に例えば野菜ジュースとかサプリとかを加えるというもの。2つめは「個食型」。家族全員がバラバラのものを食べているというパターンだという。そして一番多いのが3つ目の「好きなものだけ」という型だという。中には夕食のメニューがお菓子というとんでもない例もあるという。

 子供の食生活の乱れは健康に跳ね返っている。糖尿病や高脂血症などの予備軍が増加しているという。しかし家庭ではどうしても甘えが出て、食事の改善が難しいということで、問題のある児童に入院して食生活の改善を行うという取り組みもなされている。そこで入院した子供たちには食生活に根本的な問題があることが明らかになった。まず朝食を食べない。そして野菜などの嫌いなものには全く手をつけないということである。病院ではここのところの根本改善に取り組み、子供たちはその厳しさに不満を持ったり音を上げたりしながらも、なんとか仲間達と助け合って改善が見られた。今後は、彼らがこれを家庭で続けられるかがポイントである。

 また危険は肥満の増加だけでないという。ヤセの増加も問題になっているという。栄養が極端に偏っているために、栄養不足でヤセになるのだという。子供の頃の栄養不足はそのまま将来にまで響き、骨粗鬆症の増加などが懸念されているという。またヤセの女性が妊娠した場合、胎児が栄養不足で低体重児となる危険があり、このような胎児は後に成人病になりやすいと考えられるという。

 このような中、子供の好き嫌いを減らすことに成功した町がある。高知県の南国市では、子供たちに給食用の野菜を自ら栽培させたところ、野菜嫌いの子供が減って給食の食べ残しが劇的に減少したという。自らが食べるものに感心を持たせることで、子供の食生活が変化したのだという。

 かなり由々しき事態が広がっているという印象だが、子供が甘やかされすぎているとかの様々な問題が潜んでいるだろう。なお私個人としては、偏食の改善のために給食を全部食べるまで教室に居残らせるなどの類の指導法は駄目だと考えている。と言うのは、私自身が過去にこれをやられて、反発心こそ持ったものの、結局は偏食の改善には全く効果がなかったことを実感しているからである。それよりは子供たちに栄養の知識を指導して、自分たちから自発的に改善の必要性を感じさせるのが重要である。自覚のないところに強制しても、それは絶対に定着はしない。

 また野菜嫌いが増加している背景にはもう一つ忘れてはならない原因があると思う。それは農薬漬けで育てられている野菜はまずいということである。実際に私が農家で自家消費用の無農薬野菜を分けて貰って、これらは市場に出ている農薬漬けの野菜と根本的に違うことを実感した。南国市での試みが成功しているのは、食に対する関心云々以前に、自分たちで栽培した野菜が美味しいということが大きいと考えられる(学校で栽培する野菜をまさか農薬漬けにはしないだろう)。

 さらに無視してはいけないのは誤った価値観の蔓延である。テレビなどが異常にガリガリに痩せているのを美しいかのように宣伝した結果、その間違った思想が子供までを洗脳して、今では小学生のうちからダイエットをするような者まで出ている。最近になってヤセが増えているという統計には、栄養不足だけでなく、ダイエットによる人為的栄養不足も潜んでいるはずである。この辺りなどは、誤った価値観を流布させたマスコミなどが反省すべき点である。

 

6/2 NHKスペシャル「千年の帝国ビザンチン〜砂漠の十字架に秘められた謎〜」

 ビザンチン帝国とは、文明の十字路と呼ばれたイスタンブール(コンスタンティノープル)を中心として永らく栄えたキリスト教国であった。ここはかつて世界のキリスト教の中心として高い文化で反映した。ビザンチン帝国は後にオスマントルコによって征服され、今ではその面影はなくなりつつあるが、最近になってトルコのEU加盟によって注目を浴びるようになったという。

 というのは、ビザンチン帝国ではキリスト教国でありながらも、イスラムと共存を図っていたからだという。実際に現在のエジプトにあるビザンチン帝国時代からのの修道院では、今でもイスラム教徒であるベトウィン達が働いており、修道士達も彼らと共存しているという。

 かつてイスラム圏が強大化し、この修道院に危機が迫った時、修道士らは修道院内にモスクを造ることでイスラム教徒らによる破壊を免れたのだという。それ以来、この修道院ではイスラム教徒との共存を図ってきたという。

 またビザンチン帝国自身も、その高い文化をイスラム諸国に示すことで彼らと対立しながらも共存を図っていたという。

 皮肉なことに、この帝国を滅ぼしたのは同じキリスト教徒であったはずの十字軍であった。聖地奪還の大義名分とは名ばかりの略奪者集団であった彼らは、キリスト教国であるビザンチン帝国に攻め込み、略奪の限りを尽くしたのだという。これでビザンチン帝国は急激に国力が衰退し、後にオスマントルコ帝国に滅ぼされることとなった。

 本来はイスラム教徒の方が他の宗教に対して寛容で、キリスト教徒はかなり野蛮だったという歴史上の事実を思い起こさせる内容である。実はキリスト教徒でもビザンチンの連中は結構融通が効いたようだが、よりによって原理主義であるカトリックが生き残ってしまったのがキリスト教の悲劇でもある。とにかく他者に対する寛容をなくした宗教など滅びるのが運命と考えているのが私であるので、今のヨーロッパを取り巻く宗教状況には危機的なものを感じるのであるが。

 

4/16 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「幻の巨大イカを見た!」

 ダイオウイカは深海に棲息し、全長は10メートルほどもあるという巨大イカである。しかし時々死骸が打ち上げられる以外はその生態はほとんど知られておらず謎の生物だった。その巨大な姿から、ヨーロッパなどでは深海のリヴァイアサンとして創作の世界に登場したりする一方、実はクラゲのようにふわふわと漂うだけの生物だという説もあったという。

 今回、そのダイオウイカの生態を初めてとらえることに成功したという。それは国立科学博物館(いわゆる科博ですな)の窪寺恒己氏。ダイオウイカの姿を撮影したいと考えていた彼は、クジラの楽園である小笠原で2002年から撮影に挑戦し、2年以上をかけてそれに成功したのだという。

 彼が小笠原を選んだのはそこにマッコウクジラが多くいるからだという。マッコウクジラはダイオウイカを餌にしていることが知られておりマッコウクジラが多いということはダイオウイカがいるに違いないと判断したとのこと。

 苦労の末に彼が撮影した映像には、見事に餌のイカ(共食い?)に襲いかかるダイオウイカの写真が記録されていた。その記録によるとダイオウイカは4時間も餌と格闘した結果、針にひっかかった触碗を自ら引きちぎって逃亡したという。この結果から、ダイオウイカはクラゲなどと違ってかなり活動的で力強い生きものであることが確認されたという。よくマッコウクジラとダイオウイカが深海で格闘している絵などが登場するが、あのイメージの方がどうやら現実に近かったようである。

 なおNHKでは現在、ハイビジョンカメラを深海に沈めての動画の撮影に挑戦しているという。これも成功したら多分番組での紹介があるだろう(多分NHKスペシャルぐらいになるだろうと思う)。楽しみではある。

 

4/9 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「古代魚が跳んだ!」

 アマゾンに住み、1億年前からその姿をほとんど変えていない古代魚と言われているのがアロワナである。またこのアロワナは、アマゾンの水没ジャングルの中で豪快なジャンプで虫を捕らえることで知られているという。

 アマゾンは雨季と乾季で水位が極端に変わるため、雨期になるとジャングルが水没する。するとそれまでは川の中で小魚を食べていたアロワナは、水没ジャングルの中では小魚の隠れる場所が多すぎるので、小魚を捕らえられなくなり、ジャングルの水没で木の上に逃れている昆虫を捕らえて食べるのだという。

 そもそもアロワナがこのようなことをしないといけないのは、水の中での餌の取り合いだと敏捷な他の魚に勝てないからだという。海で進化して泳ぎが素早くなった他の魚に比べ、川の中で古代の姿を保ってきたアロワナは、餌取りでは負けてしまい、既に多くが淘汰されてしまったのだという。アマゾンでは樹上の昆虫を捕らえるという技を身につけたことで生き残ったのである。

 アロワナのジャンプの凄さは、水面直下で静止した状況から突然にジャンプできること。通常の魚だと深いところから助走をつけないとジャンプできないので、これでは樹上の昆虫を狙うことが出来ない。アロワナは水面直下で狙いをつけてから、その細長い身体を活かしてジャンプするのだという。この時は古代から残っていた細長い身体に大きい口という形態が有利に働いている。

 さらにアロワナは口の中で子育てをすることで知られている。こうすることで稚魚を確実に育てる。このような知恵で彼らはアマゾンという特異な環境に合わせて生き残ってきたのである。

 地球ふしぎ大自然終了を受けての新しい動物番組がこれであるが、枠が45分から30分に縮小したのに合わせて、かなり盛り込んだ内容になったという印象。その分、情報量がてんこ盛りになったのは、私のようなせっかちな人間には向いているように思うが、雄大な大自然の驚異を環境ビデオ的に見たいと思っている者には適していないだろう。この辺りが吉と出るか凶と出るか。私個人には、時々眠気を感じた「地球ふしぎ大自然」よりは、こちらの方が向いているのは明らかだが。

 あと、日曜の7時30分という時間帯を意識したのか、何となく演出に幼稚さを感じたのが懸念材料である。やはりこの手の教養系番組はあまり幼稚さを感じさせない方が良いと思うが。

 

1/10 プロフェッショナル 仕事の流儀「"信じる力"が人を動かす 経営者・星野佳路」

 プロジェクトXの後番組として始まった本番組であるが、やはりプロジェクトXと同様にビジネスを意識した路線で、各分野のプロフェッショナルを取り上げ、その人物がどのような流儀で仕事を行っているかということに斬り込もうという企画らしい。

 第1回の今回は、破綻したホテルなどの再生を請け負っている星野佳路氏。彼は親から相続した破綻寸前の老舗旅館を再生させたことから脚光を浴び、その後も破綻した大型ホテルや山代温泉の老舗などの再生を請け負う旅館星野リゾートという会社の社長を務めている人物である。

 彼が気を使っているのはいかにして現場のやる気を引き出すかである。彼によると破綻した企業に残っている社員は財産なのだという。企業の破綻の中で先行きに不安を感じている彼らのやる気と意欲を引き出すことが、再生には不可欠なのだという。彼がとっている方法は、徹底して現場の意見を聞くということである。彼は経営会議に当たる会議にも従業員などの現場の人間を加えて積極的に発言させる。彼自身がトップダウンで決断することはなく、結論は社員の議論に任せるのだという。彼の口癖は「どうしまうしょうか」であって、十分に中味のある議論の結果に従業員が至った結論だと感じた場合にはそれに従うのだという。

 彼の組織は実にフラットで、社長である彼は社長室さえ持っていない。忙しくて全国を走り回っているうちに、社長室が他に転用されてしまったのだと本人は語っているが、社長が偉そうに自室にふんぞり返っていたのでは駄目だという考えがあるのだろう。

 しかし彼のこのやり方も最初から彼が持っていたものではない。彼は苦い教訓によってこのやり方に行き着いたのだという。彼は軽井沢の老舗旅館の長男として生まれ、アメリカに渡ってホテル経営について学んだ後、帰国後は外資系銀行で働き、31才の時に父のホテルを次ぐことになったのだという。しかし当時はバブル崩壊の嵐の中でホテルの収益は急激に減少しており、彼は早急に建て直しを迫られることになった。彼はアメリカで学んだ経営学に基づいて、矢継ぎ早にトップダウンで改革を指示していったのだが、それが古手の従業員などから反発を買い、従業員の1/3が辞めてしまったのだという。急遽求人を出したが全く人が集まらない状況が続いたという。職安に求人にいった彼がふと壁を見ると「星野に行けば殺される」と書いてあったという。長時間労働に安い賃金、御曹司のトップダウンで評判が散々だったのだとか。どうすれば自分の元で社員が働いてくれるのかを考えた彼は、危機的状態に陥ったブライダル部門の建て直しに、結婚式場でカメラマンをしていた現場の若手を起用、彼にすべてを任せることで彼が大きく成長すると共に社員全体が活性化したのを見て、今日の方法に行き着いたのだという。任せることによって社員は自分たちで物を考え、積極的に動くようになるとのことである。

 ただ新しい組織で彼の方法が浸透するには時間がかかる。彼は新たに再生を請け負った旅館では、まず従業員に対して新たなコンセプトを提案するということを最初に行っている。そしてそれを制定する過程で、現場の鍵となる従業員を加えて、独自のリサーチに基づく資料などを開示した上で徹底的な議論を行った。最初はほとんど発言しなかった従業員達も、やがては星野に乗せられて積極的に発言するようになり、会議が終わる頃には各人の目の色が変わっていた。

 実はこの星野氏については、去年の9/6の「ガイアの夜明け」に登場しているので、私としては「ああ、こいつか」というのが本音(笑)である。人の使い方がうまいなとは思ったが、このような失敗を経験していたとは、この番組を見るまでは知らなかった。現場に権限を委譲するというのは確かにやる気を引き出すにはうまい方法ではある。ただそれで成功するには、従業員の質自体がそもそも十分であるかを見極める目は必要だ。はなっからやる気のない従業員ばかりだとこの方法はうまくいかないから。

 なお日本の組織では、下に権限は全く与えないくせに、いざというときの責任とツケだけは下に押しつけるというタイプの中間管理職が多いのが問題であり、そういう点でもとかく害になりがちな中間管理職を取っ払ったという点で、彼の組織は効率的なのだろう。ただトップの負担は相当に重いだろうとは感じる。また下に任せるのは結構だが、トップはやはり何かのビジョンを持っている上で下に移管する必要があろう。何のビジョンも展望もない経営者が彼の方法を習って、「どうしましょう」ばかりを連発していたら、その組織は舵取りを失って迷走する羽目になるので、アホな経営者が早合点をしないことを祈るのみである(笑)。

 さてこの新番組だが、正直なところ「ガイアの夜明けと夢の扉を混ぜて2で割ったような番組だな」という印象。しかもこの内容だと、人間ドキュメントとの違いも今一つハッキリしない。多分こちらの方はより組織論的な部分を重視するのだろうとは感じたが、最終的に目的が不明になってくる可能性はかなり高い。また第1回から非常にインパクトが強かったプロジェクトXに比べると印象は弱いし、感動のようなものも感じられない。番組的にはいかにも今風の演出が入っているところにNHKの若手の制作者が関わっているのだろうと感じられるが、残念ながらまだ独自のスタイルというところまでは至っておらず、全体的に薄さを感じさせてしまう傾向がある。

 というわけで、まだ今後継続してこの番組をチェックしていくかは不明なので、しばらくはこちらのコーナーの方に入れておきます。もし継続チェックすることになれば、プロジェクトXに変わって独立項目を立てることになる予定。

 

10/30 NHKスペシャル「日本の群像(6)食卓の上の自由化〜輸入牛肉をめぐる攻防〜」

 日本で牛肉の輸入が自由化されて久しいが、その間に日本の畜産農家は壊滅的打撃を受け、日本の牛肉の自給率は4割にまで低下した。そこにBSE発生によるアメリカ牛の輸入禁止が混乱を招いた。その牛肉生産の現場のレポートである。

 北海道の芽室町で2700頭の牛を柏葉晴良氏は、消費者にとって危険のあるものを徹底して排除した畜産に取り組んでいる。餌は抗生物質や遺伝子組み換えのものを除いているという。彼は牛肉生産に関するあらゆる情報をネットで公開し、消費者に安心感を与えることを目指している。コストではアメリカ牛に勝てないことから、安心感で勝負しようとしているのである。

 彼もかつて牛肉自由化によってアメリカから安い牛肉が入ってきた時、アメリカの工業化された大規模生産に対抗するため、アメリカ的なコスト削減法を導入した。それは牛に抗生物質を与えて太らせ、さらには牛の餌の藁も台湾から輸入するというのだった。特に抗生物質の効果はめざましく、大幅にえさ代が減少したという。しかしそれでも輸入牛肉との競争による価格競争は彼の予想を超えて激しく、彼の牧場の経営は行き詰まりつつあった。

 そこに国内でBSEが発生したというニュースが追い打ちをかける。これで牛肉に対する逆風が強くなると考えた彼は、今までのやり方を180度転換することにしたのだという。耐性菌を生み出して人間に悪影響の可能性があるという抗生物質の投与をやめ、さらに藁も台湾からの輸入をやめた。そして彼のこだわりの牛肉をブランドとしてアピールするために「未来めむろ牛」というブランド名をつけ、スーパーへの売り込みを行っている。

 一方、アメリカ牛の輸入禁止で大打撃を受けたのが牛丼の吉野家だった。アメリカでBSEが発生する2年前、吉野家ではアメリカ一極集中を避けるべくアメリカ以外の牛肉調達先を検討したが、全国で1000店に及ぶチェーン店に供給できるだけの牛肉を安定して確保するには、アメリカに依存するしかないという結論に至っていた。

 吉野家ではアメリカ牛肉の輸入再開を睨んで20ヶ月未満の牛で今までと同じ牛丼が作れるかを検討した。肉質には問題がなかったものの、輸入量の方を懸念しており、価格が高騰することを警戒しているという。

 アメリカ産牛肉の輸入が禁止になって外食産業が大打撃を受けたというが、これは外食産業がどれだけアメリカ牛肉に依存していたかを示すわけである。外食産業は価格優先だから、安い牛肉に飛びつくわけである。アメリカ牛肉が輸入再開となれば、たとえどれだけの危険があろうとも外食産業は再びこれに飛びつくだろう。だから私はこれから吉野家の牛丼を食べることは絶対ないだろうと思う。

 コストでは勝負できないので安全性で勝負という方向は正しいと感じる。今の消費者は明らかに二分化されており、たとえ脳みそがスポンジになっても良いから安い牛肉が欲しいという層と、少々高くても安全な食べ物が欲しいという層に分化している。この分化はどちらかと言えば、所得によるものというよりは知識によるものだと私は感じているが。

 大規模工業的に生産されているアメリカの農産物は、牛肉に限らず大抵のものが危険なものである。抗生物質漬けの牛肉、農薬まみれで遺伝子操作した野菜など危険極まりないものであるが、経済性だけを優先したらこういう農産物が氾濫するのは見えているわけである。だから日本としては同じ土俵で闘うと分が悪い。ここは別の土俵で闘うことを考えるべきだろう。恐らく勝負は20年後ぐらいに現れるだろうが。

 

8/21 NHKスペシャル「ウォーター・クライシス〜水は誰のものか〜 第2回 涸れ果てる大地」

 水の使用が最も多いのが農業であり、実に淡水全体の使用量の7割を占める(家庭用が1割、工業用が2割)。20世紀において人口が4倍に増加したが、それは食糧の増産がベースにあってのことで、その間に農業用水の使用量は6倍になっている。しかし現在、農業用水の不足が世界的に発生している。

 インド北部の乾燥地域であるパンジャブ州では、地下水による灌漑によって大規模に農業を発展させインドの穀倉地帯となっている。しかしこの地域で近年になって異常が発生している。井戸が涸れるということが頻発しているのである。水を求めて井戸は年々深く掘られることになり、多くの地域で地下水位は50メートル以下になっており、毎年1メートルほど低下しているという。

 地下水位低下の原因とされているのが稲作の普及である。この地域では小麦と稲の二毛作が普及したが、稲は水を大量に使うために負担が増しているのである。地下水位の低下によって財力のない農家では深い井戸を掘ることが出来ず、水不足で農業が困難になりつつあるという。水の問題で悩んで自殺する例も増加している。パンジャブ州では近年農業生産が頭打ちになっているだけでなく、塩害の発生も問題になっている。かつては海の底にあったパンジャブ州の地下には大量の塩分が含まれており、多くの井戸水に大量の塩分が混じる可能性が高くなっているのだという。地下水の汲み上げが地表での塩分の蓄積を促しているのである。現在は食糧の自給を達成しているインドも、このまま無計画な地下水汲み上げを続けていれば、いずれは食糧輸入国に転落するとの分析もあるという。

 しかしこれはインドだけの問題ではない。ある意味インドは近代農業の典型例であり、中国やアメリカでも以前より同様のことが行われている。また河川にも負担がかかっており、中国では黄河が断流するといったことが起こっており、アメリカのグランドキャニオンのコロラド川も断流を繰り返している。コロラド川の水は海に至る前に100%が使用されてしまっているという。

 カリフォルニア州のインペリアルバレーではコロラド川からの水が生命線であるが、その水を都市と奪い合う形になっている。連邦政府の介入により、インペリアルバレーの農業組合では都市が拡大をしているサンディエゴに水を売り渡す契約を結ぶことになったという。インペリアルバレーでは水の使用量を減らすために農家に保証金を渡して休耕を行っているが、現地の農民の中には休耕によって農地が荒廃し、周辺の農地にまで悪影響を及ぼすとして反対している者達もいる。

 その地に降る雨だけを頼りに農業を続けるという選択肢を実行している人もいる。アメリカのカンザス州のドウェイン・シュナイダー氏は、農地の半分ずつに1年おきに小麦を植えるというこの地に古来より伝わる農法を守っている。1年間農地を休ませることで、1年間の雨水を大地にため込めるのだという。これは雨の少ないこの地に伝わる知恵だったという。しかしこの方法だと農業生産が半分になるため、多くの農家では地下水を大量に汲み上げ、センターピポットと呼ばれる自動式のスプリンクラーで散布する大規模な灌漑農法が行われている。しかしこれらの水源はオガララ帯水層に長年に蓄えられた地下水に頼っているため、地下水位の低下が急速に起こっている。カンザス州の水資源部では、このままでは地域によっては後25年で地域によっては飲み水も残らないという状況になると言う。「子孫に残すべき水まで使ってしまっている」という言葉が印象的である。

 しかもその枯渇に拍車をかけているのが、牛の餌として栽培されているトウモロコシの栽培だという。トウモロコシは小麦の3倍もの水が必要であるが、収益が小麦よりも高く、地下水自体はどれだけ汲み上げてもただであるため、トウモロコシの栽培が急速に増加しているのだという。「もはや法的規制によってトウモロコシの栽培を禁止でもしない限り、どうしようもないだろう」という地下水管理組合の代表の痛切な言葉と「まだ後10年から15年は今まで同じように水を使い続けられるから、この水がある限りは使い続けていきたい」という農家の脳天気な言葉の対照性が問題の深刻さを感じさせる(先のことなど考えないこの脳天気さがいかにもアメリカンだが、そのアメリカン的脳天気が今や世界中の災いのもとになっている)。

 インドのやはり乾燥地帯であるラジャスタン州では、古来の手法によって農地の復活を目指しているという。この地では昔から雨期の雨を溜めるためのジョハドと呼ばれるため池が多かったのだが、近年は井戸に取って代わられていた。しかしここでも井戸が涸れて悲惨な状況になっていた。そんな中、現在は農村を支援するグループの活動によって、村人達の手によってため池の建設が行われているという。地形を巧みに利用したため池が増えたことで、地下水位が上昇し、涸れていた井戸が復活するなどのことが起こっているという。そして何より重要なのは、村人自身をため池建設に参加させることで、水問題を自分たちの問題として自覚して貰うことだという。

 あまりに救いのない内容なので、最後に辛うじて明るいエピソードを加えたという印象だが、この問題はかなり深刻であり、大規模灌漑に頼る近代農法の限界を示している。インドはアメリカ的技術の導入による近代農法の実験地のようなところがあり、ここで起こっている問題は早晩世界中に波及することは必定である。インドだけでなく中国も近いうちに食糧輸入国に転落するとされており、アメリカの農業も危機的状況であることを考えると、食料を全面的に輸入に頼っている日本にとっては、これは非常に深刻な事態につながる危険があるのである。自然から収奪するだけの近代農法を脱して、自然と調和していく循環型農法に切り替えようと云う動きもあるが、循環型農法は経済的効率で近代農法に劣るため、資本主義の原理では全面的な導入は不可能なのである。これが今日の資本主義の限界でもあり、グローバリズムの負の側面である。このような状況があるので、私はグローバリゼーションという言葉をまるで錦の御旗のように使用する連中を信用する気にはなれない(グローバリゼーションとは、結局はごく一部の強者による収奪を世界規模で正当化するということにすぎない)。

 

8/20 NHKスペシャル「ウォーター・クライシス〜水は誰のものか〜 第1回 狙われる水道水」

 水の惑星と言われている地球だが、人間が使用できる淡水はごくわずかしかない(全体の0.8%)。しかしその水を巡って危機的な状態が発生している。

 人間にとって絶対的に必要な飲み水だが、世界の6人に1人は安全な飲み水を確保するために不可欠の水道がない。水道を布設する資金がない途上国では、世界銀行などの融資を受けることになるが、巨大企業の利益代弁者でもある世界銀行では融資の条件に巨大水道資本の参入を義務づける場合が多い。しかしそれが原因で問題が起こっている例が多々ある。

 フィリピンのマニラでは水道会社の破綻によりとんでもない事態が発生した。水道を布設する資金のないフィリピン政府は、1990年代の半ばに民間企業に水道事業を委ねた。その結果、フランスの水道資本と地元財閥が連携したマニラッドという水道会社が設立された。しかしこの会社は、フィリピン通貨危機によるペソの暴落によってドル建てでの債務の返済が悪化し、2001年に水道料金の値上げを申請した。フィリピン政府はこれを認め、水道料金は倍になりマニラッドは水道料金値上げによって大幅な増収になったはずだったのだが、その後も再び水道料金の値上げを申請した。マニラッドが経費を削減する姿勢を見せないことに不信を感じたフィリピン政府の調べによると、マニラッドでは利益がフランスの水道資本に吸い上げられる形になっており、しかも設備投資などはすべて下請け会社に投げられるようになっており、これもフランスの水道会社に吸い上げられていた。そこでフィリピン政府は値上げを認めなかった。しかし政府とマニラッドがにらみ合いを続けているうちに最悪の事態が発生する。マニラッドの水道工事のまずさが原因で、水道水がコレラ菌によって汚染され、大量の感染者が発生したのである。結果としてマニラッドは破綻、フランス資本は撤退していった。その結果、マニラ市民は水道料金が数倍に値上がりするという事態に直面したのである。水道料金が払えない市民は水道を使えず、また違法に水道管から水を盗むという事件も大量に発生しているという。

 民営化が破綻する典型的なパターンは、水道事業を独占した巨大資本が、その後に一方的に水道料金を値上げするというやり方である。競争原理が働いてこそ資本主義は自律的に機能するが、独占である水道事業では、利益を第一にする企業が一方的に料金を上げることに対する抑制力はない。同様に水道事業を民営化していたボリビアでは、5年前に水道料金値上げをきっかけに大暴動が起き、民営化が破綻した。また南アフリカでは民営化後の料金値上げで水道を使用できない国民が増加しているという。

 水道民営化の問題は途上国だけではない。アメリカでも水道が民営化されている地域が多い。そんな中、片田舎の町フェルトンでは町を二分する論議が起こった。この町では以前から水道は民間会社が経営していたのだが、その会社が大資本に買収され、さらに1年後にはその会社がイギリスの世界第三位の水企業に買収され、この企業はドイツに本拠地を置く多国籍企業の傘下だったため、この町では水道に関する問題で交渉するには、遙か彼方のドイツとやり取りをする必要が起こってしまったのである。そのため各種のトラブルが続出、住民の間から水道を公営化するべきだとの意見が浮上してきたのである。しかしそのためには水道設備を買い取る必要があり、膨大な資金が必要である(住民が年間6万円を30年にわたって負担するとのこと)。そのために賛否を巡って町が真っ二つに分かれたのである。しかし住民投票の結果は、賛成派が有効投票数の2/3を上回る75%を確保し、水道が公営化されることが決定した。住民の「自分たちの生活に必要な水は自分たちがコントロールしないと」という意見が印象的。なおここで水道民営化の運動が開始されたきっかけも、水企業が当初の約束に反して、水道料金の値上げを一方的に通知してきたからだという。

 民営化でも公営でもない第三の道を選んだのがイギリスのウェールズである。ここではサッチャーの政策により水道会社が民営化されたが、民営化された水道会社は利益を追求して多角化に走った結果、事業に失敗してアメリカの電力会社に買収された。それを苦々しく感じていた社員の一人のクリス・ジョーンズ氏が、非営利目的のグラス・カムリというNPO法人を設立して水道事業を担うことになったという。グラス・カムリでは事業を水道のみに限定した上で、地域の住民を経営監視に参加させ、利益は地元に還元しているとのこと。クリス氏によると「水道は公益事業であるべきだ」とのこと。

 以上、現在の水道を巡る民営化の問題点である。公益性の強いものを何でも民営化したらこういうことになるのは当然のことである。マニラのケースは典型的であり、このパターンで水企業に搾取された国は枚挙に暇がない。なお日本では現在のところは水道事業は公営化されているが、アメリカ巨大資本の利益代弁者である竹中大臣は、いずれは水道事業もアメリカ資本に売り渡すことを考えているだろう(金融資本をアメリカハゲタカファンドに売り渡した次は、水道などの公益事業に目を付けるのは必然)。

 なおこの問題については私も以前に数冊の本を読んだことがあるので、参考図書として下記の書物を挙げておく。

 「ウォーター・ビジネス」中村靖彦著 岩波新書

 「水」戦争の世紀 モード・バーロウ トニーク・クラーク共著 集英社新書

 

5/8 NHKスペシャル「少年院」

 番組では愛知県の瀬戸少年院の第2学寮で取材を行っている。

 少年院は少年に刑罰を与える施設ではなく、少年を教育する施設である。これには罪を犯した少年も適切な再教育によって更正できるという考えがある。ただ最近は処遇に悩む少年もいるという。金銭トラブルで友人に集団暴行を加えて半身不随にした19歳の少年が収容されているが、彼には未だに反省の情が見られないという。また被害者は半身不随の上に目が不自由になり、言葉も不自由になったということなのだが、その境遇を想像してみろ言われても、彼の返答は「自分がなったことがないから想像できない」というもの。このような精神的に未熟な少年が最近増えているという。

 彼は不幸な家庭環境で育ち、小学生時代から喫煙の習慣などがあったが、非行といえるトラブルは今回が初めてだったという。しかし彼は感情を溜め込んで突然にキレるという傾向があるのだという。少年院の中では各自が委員になって役割を分担しているのだが、彼はその委員の仕事でトラブルを起こす。しかしそれは彼が前向きに仕事に取り組もうとしていた結果であるとして、変化の兆しを見ている。

 もう一人の問題少年は、殺人で収監されている少年である。彼は彼女を妊娠させてしまい、生まれた子供を殺したことで収監された。しかしどうしても深層の感情を見せようとしないのだという。少年院では子供の命日の前後の一週間、彼を単独房において連日の面接と作文で彼を自身の罪に直面させようとした。その結果、彼は自分が子供に愛情を感じていたことに気づき、自身の罪を実感していった。

 少年院は処罰する施設ではなく、教育する施設だと言っていたが、確かにその通りであるようである。実際のところ、金八先生を十倍濃くしたような世界が繰り広げられており、これは関係者の労力は並大抵ではないと感じた。今回は特に問題のあった2人を中心に、彼らが更正の手がかりらしきものをつかんでいく過程を描いていたが、果たして本当に彼らがこれから更正できるかは全く分からない。また少年院の教育は、人間の中心には善なるものが存在するはずであることを前提として、それをいかにして引き出すかに腐心しているように見えるが、果たしてすべての人間の中心に善なるものが存在するかは難しいところである。更正したように見えた少年が、本心を偽っているという可能性も否定できないからである。また少年だからといって、処罰の概念がなくても良いのかというのも難しいところである。

 

3/31 探検ロマン世界遺産「天空のメッセージ〜ペルー・ナスカ地上絵」

 南米ペルーのナスカ高原の地上絵が発見されたのは、飛行機の時代になってからである。この地上絵は実はただ単に乾いた大地の表面をひっかいて地面を露出させることで線を引いてあるだけであるのだが、この地域はほとんど雨が降らないことから、今日まで地上絵が残ったのだとのこと。

 このような地上絵の制作方法だが、まず元になる絵を地面に描いてから、その絵の各ポイントをロープなどを使って数学的に拡大、そのポイント間を線でつないだと見られている。番組でもレポーターの住吉アナも参加して、数十人がかりで4時間かけて、実物の1/2サイズの地上絵を再現している。

 さてこのような地上絵が制作された目的であるが、未だにはっきりとはしていない。古代人が気球で楽しんだという説や、実はカレンダーだったという説、さらには最近になって日本の研究者からは、天の川の星座を写し取ったという説なども提案されているようだが、どれも決定打にはなっていない

 なおこれ以外にも「宇宙人が作った」などという馬鹿丸出しのオカルト説もあるが、当然ながら番組は相手にもしていないし、私も相手にする気がない。この手の古代人の遺跡をすべてUFOに結びつけたがる連中の特徴は、古代人は馬鹿だった→その古代人にこんな凄いものが作れるわけがない→だからUFOが作ったに違いない という論理展開だが、その前提が根本的に間違っているのはいうまでもない。現代人が思いつくような方法は、古代人はより容易に思いつくというのが現実なのである。

 さて番組では、現地でもっとも受け入れられている説として、これらの地上絵は水源の位置を示しているのではという説をあげている。乾燥するこの大地では水は非常に貴重であり、近くの山に降った水が地下を通る地下水脈はこの地の命綱だったという。また天空の神に雨を祈る意味でも巨大な地上絵が必要だったのではないかとしている。

 

 TBSから「ブランドへのただ乗りだ」と抗議が入ったといういわく付きの番組である。この抗議に対してNHKの側は「番組の枠も志向も違う」と戸惑ったというが、確かに戸惑うのも当然だろうというのが私の印象。明らかにTBSの「世界遺産」とは目指しているところが違う。TBSの番組が格調高い環境ビデオの方向を志向しているのに対し、この番組は作りとしては明らかに「地球ふしぎ大自然」。民放の番組で説明するとすれば、「クイズを抜きにした世界ふしぎ発見」というイメージである。TBSの番組が10時台、こちらが8時台という枠の違いからも想像できる通り、ターゲットとしては明らかにTBSの番組よりも年齢層の低いところを目指している(俗に言うファミリー狙い)。CGによる案内キャラクターなんかを登場させているところは、いかにも「子どもにも見て欲しい」という意図が汲み取れるのだが、所詮は今時の子どもはこの手の番組は見ないし、子どもをメインターゲットにしたので視聴者に広がりが出ない。そこで本音ではその親の年代に当たる層を取り込みたいというのが、このCGキャラのデザインに松本零士氏を起用してたり、主題歌に松任谷由美を持ってきているところに現れている。しかしそんな「既に終わってしまっている作家」を持ってきてしまうところは、いかにもNHKらしいセンスの悪さというものである。

 制作費も結構かかっていると思われ、NHKとしてもかなり気合いを入れている番組だろうと推測されるが、これが成功するかどうかは難しいところ。実際のところ、視聴した私が感じたのは「やけに全体の印象が薄い番組だな」というもの。何となく構成が散漫であるように思え、この番組の場合は45分という尺(民放の番組だったら60分番組に匹敵すると推測される)がどうにも中途半端に見えてしまう。実のところ、番組全体でもっとも印象的だったのは、井戸の中に入っていく時の住吉アナのお尻というのが本音(下品で失礼)であり、内容が盛りだくさんすぎてついて行けなかったというところ。その遺産の建造の歴史か、それとも現在の周辺の風俗か、遺産の現状の紹介か、何をメインに置くのかをはっきりさせた方が良いように思えた。今回の番組の印象は「世界ふしぎ発見」に「宇宙船地球号」あたりをつき混ぜたというところで、NHKらしい強みは特に見られなかった。

 なおこれは個人的好みの世界にもなるので、この提案に従うことで番組が成功するとは限らないということを前提で言えば、お子様層は切り捨てて、もう少し高年齢層に訴える渋い作りにした方が良いというのが私の考え。どうしたところで内容は高度なので、どっちにしても子どもは見ないと思われるから(誰もが見ないとは言わないが)。TBSの「世界遺産」に比べると、尺が長い割に「見応え」といったものが今一つ感じられなかったのが、一番の不満である。

 

2/6 NHKスペシャル「巨大マネーが東京をねらう〜オフィスビル投資の舞台裏」

 現在、東京でオフィスビルの価格が上がりつつあるが、その裏に海外の投資ファンドの暗躍があるという。

 彼等の手口は銀行の不良債権となった不動産を安価に買い取り、そこにテナントを誘致してビルの付加価値を高めた上で転売するというものである。バブルの崩壊が彼等のビジネスチャンスになっているのである。

 また別の会社は空き室が目立つ中古のビルを買い取って、改造して価値を上げるバリューアップという手法で稼いでいる。例えば女子トイレを和式から洋式に改造する。照明を追加して明るくするなどのイメージアップで、テナントを増やしている。また究極は、ビルの貸し床面積を増加させる手法もあるという。例えば共用スペースのエレベータホールなどをオフィスに組み込む、屋内にあった避難ハシゴを屋外に移動させることでスペースを作るなど、このような手法で床面積自体を増加させるというのだ。

 このような海外の不動産ファンドの進出による不動産投資の活発化の影で、地元の商店街などはその狭間で翻弄されている。バブルの最中に相続税の負担を軽減するために借金をしてビルを建設したあるオーナーは、投資ファンドの進出ラッシュによりテナント確保が困難になり、賃貸料収入は以前の半分ほどまで激減しているという。

 一方、日本の機関投資家も不動産投資に乗り出している。主な投資先はJリートという日本の不動産ファンドだという。資金の運用に困る機関投資家が増加している中、これらのJリートは外国の投資ファンドと熾烈な争いを繰り広げているという。そしてJリートと投資ファンドの激戦は物件の不足をもたらし、物件の価格が急騰しており、さながらバブルの再燃の様相を呈してきている。

 この事態は先の海外の投資ファンドにとっては高利回りを確保するための手頃な物件の不足につながり、戦略の変更が迫られているという。そこで彼等は高利回りを要求される海外の投資家ではなく、より低い利回りでも良い国内の投資家向けのファンドを設立し、主に地方の金融機関を対象に売り込みに奔走している。

 このような流れは不動産の金融商品化であるのだが、この傾向が先行しているアメリカでは不動産ファンドが景気の影響を受けて乱高下しているという。日本の不動産投資もいずれはまた落ち込む可能性があると見られている。

 結局は「バブル」である。こいつらまだ懲りてないのか?というのが正直なところ。私が以前から言っている「経済の博打化」の象徴のような話である。結局のところバブルとは「ネズミ講型経済」であるから、当然ながらどこかで破綻して誰かがババを引くことになるのだが、参加している当人達は自分だけは逃げ出せると考えているのである。社会主義経済が行き詰まって久しいが、こんな博打経済をいつまでもやっていたら、資本主義も早晩行き詰まるんじゃないかというのが私の持論。うーん、マルクスの資本論ならぬ「博打論」でも書くか(笑)。

 

11/28 NHKスペシャル「63億人のデータマップ9 いのちの地球へ〜野生生物からのメッセージ〜」

 今、世界で絶滅に瀕している動物、絶滅危惧種は15000種以上の動植物が含まれる。今回はこの絶滅危惧種についてのデータマップである。

 多くの絶滅危惧種を抱えるのがインドネシアであるが、その中でも急速に生息数が減っているのがスマトラゾウである。生息地のスマトラ島リアウ州では、椰子の木のプランテーションを荒らすとして殺されるゾウが多い。リアウ州では森を切り開いてアブラヤシのプランテーションに変えられてしまったことで、ゾウは餌を求めてプランテーションに現れるようになったのである。人間はゾウを殺した例だけでなく、ゾウによって人間が殺された例まで存在するという。捕らえられたゾウは、ゾウ訓練センターに連れて行かれ、人間慣らされた上で工事現場などで使われるのだという。ここに連れてこられたゾウは二度と森に帰ることは出来ない(そもそも帰るべき森がない)という。現在ここに収容されているゾウは56頭もいる。

 日本では668種の動物が絶滅に瀕している。伊吹山では絶滅危惧種のイヌワシが生息している。ウサギや蛇を捕りながら森の生態系の頂点に君臨していたイヌワシであるが、自然環境の悪化によって餌となる生物が減少し、それと共にイヌワシが絶滅に瀕することになったのだという。さらにダム建設などによって、営巣するのに適した場所がなくなっているのも影響しているという。しかもイヌワシの死骸を分析したところ、ダイオキシンの蓄積も見られたという。これらの影響で生殖に異常をきたす可能性も指摘されている。

 一方、野生生物の絶滅を食い止める動きも現れている。アメリカのフロリダのエバーグレーズの湿地では、大規模な自然再生事業が行われている。開発された農地に変えられていた土地を再び湿地に戻そうというものである。総工費は1兆円であるという。

 しかしこの事業は何も最初から自然保護を優先して行われたわけではなかったという。かつてはいのちあふれる湿地帯と言われていたエバーグレーズも、農地や市街地の開発により、生物が減少、この地に生息するフロリダパンサーなどは絶滅に瀕していたという。しかし湿地の水の流れを断ったことで、市街地域で地下水位の低下による大規模な地盤沈下や、地下に海水が入り込むことで飲み水にまで影響が現れ始め、人々は初めて湿地の再生の必要性を悟ったのだという。

 日本では豊岡でコウノトリを甦らせるプロジェクトが実行されている。コウノトリは田んぼの虫などを餌にしているが、農薬の使用などによって餌がなくなり、この地から消えていた。そこで豊岡ではコウノトリの繁殖センターを作ると共に、無農薬・減農薬の農業に取り組むことでコウノトリを甦らせようとしている。

 以上、絶滅危惧種についての内容であるが、テーマがテーマだけに「宇宙船地球号」とかぶっているネタがあった。スマトラゾウについては8/1の回、コウノトリについては8/22の回で登場済みである。どちらの局が先に取材を始めたのかは分からないが、それだけ象徴的な事例であるということであろう。

 絶滅危惧種の問題については、一国だけの取り組みでは限界があり、世界レベルで取り組まないといけない問題である。特に発展途上国での環境の悪化については、大抵は先進国に責任があるだけに、なんらかの援助は必要であろう。それと環境の悪化をもたらすのは何も開発だけではない。戦争も最悪の環境悪化をもたらす。まずこんな愚かな行為を地球から一掃するのが必要である。現実にはまだまだ難しいだろうが・・・。

 

11/14 NHKスペシャル「地球大進化 46億年・人類への旅 第六集 ヒト 果てしなき冒険者」

 本来は先月に放送されるはずであったこの番組だが、例の新潟地震の煽りで一ヶ月遅れての放送になっている。シリーズも大詰め、いよいよ人類の登場である。

 人類が二足歩行を始めたのは700万年前だという。この頃の人類はアウストラロピテクスであり、まだ「二足歩行するチンパンジー」というだけの存在である。彼らは二足歩行をしてはいたものの、森の木に登って果実を得るなどして生きていた。

 しかしそんな人類に危機が訪れる。アフリカにおける熱帯雨林の減少である。5000万年前にインドとアジアの衝突によって始まったヒマラヤの造山運動は、700万年前にはすでに標高5000メートルに達し、地球の環境に影響を与えていた。ヒマラヤで発生した上昇気流は乾燥した大気を生成し、それがアフリカまでに及んでアフリカに乾期が発生したのである。その結果、200万年前には新たな環境に対応した2種類の人類が登場した。ホモ・エルガステルとパラントロプス・ロブストスである。

 彼らの進化は果実の減少による食糧不足に対する適応であった。ずんぐりした体格で丸顔のパラントロプスは食料を植物の根に求め、栄養豊富ではあるものの固い植物の根を食べるために、大きなあごと強い筋肉を発達させた。一方の長身でスラリとしたホモ・エルガステルが食料としたのは肉食獣などが食べ残した肉であった。そして彼らはそれらを求めて長い距離をさまよい歩かざるを得ず、そのためにスラリとした長身になったのだという。

 700万年に及ぶ人類の歴史の中で、20種に及ぶ種族が発生したが、その中の1つを除いてすべては絶滅した。草食性のパラントロプスも100万年後に謎の絶滅をしている。

 アフリカに広がるサバンナの中で肉食獣の脅威にさらされながら生き残ったホモ・エルガステルの身体には劇的な変化が起こる。それは脳の巨大化である。脳の巨大化には肉という高カロリーの食料は有効であったと考えられるのだという。そして脳を発達させた人類はついに次の段階に発展する。狩りの発生である。

 その後も人類は脳の発達は続き、20万年前についにホモ・サピエンスが登場する。しかし我々とほとんど変わらない容積の脳を持つ別の人類も30万年前に登場していた。それがネアンデルタール人であった。彼らは寒さに適応しており、氷河期のヨーロッパに進出して繁栄したが、3万年前に絶滅している。

 ネアンデルタール人はかなりホモ・サピエンスに近く、もしネアンデルタール人が大都会の地下鉄に乗っていても誰も変に思わないだろうという研究者もいるぐらいである。またネアンデルタール人のレグルドュー遺跡には死者を埋葬した跡もあり、精神的にもホモ・サピエンスにかなり近いことが分かっているという。

 この両者の運命を分けたのは言語能力ではないかとの仮説がある。マウントサイナイ医科大学のジェフリー・レイトマン博士によると、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの頭蓋骨では喉の裏側にあたる部分の形が違っており、このことはネアンデルタール人の喉仏はかなり高い位置にあることを示しており、発声能力的にホモ・サピエンスに劣ることにつながるというのである。

 複雑な言語を操れるホモ・サピエンスは、言葉で仲間と連携をとったり、知識を言葉で次の世代に伝えることで知識の継承が出来るようになり、それが自然環境に対する適応能力の飛躍的発展につながったのだという。そして最後の氷河期の厳しい環境の中で、ホモ・サピエンスのみが生き残ったのだという。

 かつては人類の進化とはアウストラロピテクス→ネアンデルタール人→クロマニヨン人などというように直線的に進化したと考えられており、私も学生時代にはそのように習ったものだが、最新の研究では複数の人類種が発生しては絶滅していったということが分かってきている。この番組はその成果を反映しているようである。つまり我々は至高の生物として一直線の進化の結果に誕生したものではなく、多くの可能性の中からたまたま生き残った末裔にすぎないということであり、これは実は宗教及び哲学に与える影響も大きなものである。従来の考え方は多分にキリスト教的世界観の影響を受けていると思われるのに対して、最新の学説はどちらかといえば仏教的世界観に近いと感じられる。

 一つだけ気になったのは、肉食が脳の発達に貢献したという考え。これは気をつけないと、かつてから欧米の中にくすぶっている肉食民族優位説に火をつけかねない危険もはらんでいる。人類の進化の問題と民族の特徴の問題は全く無関係であるのだが、自らの野心のために民族優位意識を煽るような類の愚劣な政治家は今までその類の無茶な論理展開を平気でしているから要注意である(ヒトラーのアーリア人種優位論などが典型的)。

 なお番組中、山崎努氏がネアンデルタール人のメイクを施して街中を歩くシーンがあったが、正直な感想は「ほとんどメイクなんていらないじゃん」というもの。初めて、この番組に山崎氏を起用した理由が分かったような気がした。ネアンデルタール人は3万年前に滅んだと言っているが、現代人の中にもかなり彼らに彼らに近い顔立ちの者はおり、実は細々と生き残っているのではないかという気も個人的にはしたりする。もし百万年後に武田鉄矢氏の頭蓋骨が発見されたら「百年前にはホモ・サピエンスと北京原人が共存していた」と学会に発表されるのではないだろうか(笑)。

 またホモ・サピエンスとネアンデルタール人の命運を分けたものが、言語能力の違いだとしたら、「むかつく、切れた、殺す」しかボキャブラリーのない現代の若者などは人類滅亡の最前線にいるということか・・・おっと失礼。これは暴論。

 

10/31 NHKスペシャル「ドキュメント市町村大変革 1.特区を巡る攻防」

 小泉内閣の目玉と位置付けられていた構造改革特区であるが、権益を守ることに汲々としている中央省庁の反発で、その実態はお寒いことになっている。その実情についてのレポートである。

 本番組であげられている例は徳島県上勝町と埼玉県草加市である。過疎の町の上勝町では一人暮らしの老人の生活をどう支えるかが問題になっている。選択が大変な老人に対しては、ボランティアで洗濯サービスをしていたが、依頼する老人側に気兼ねがあって、謝礼を払って洗濯を依頼したいとの要望があった。しかし山間の上勝町にはクリーニング店はなく、さらに謝礼を取って洗濯をするには厚労省の許可がいることから特区申請をした。

 財政難を乗り切るために特区申請をしたのが草加市である。高度経済成長期に東京のベッドタウンとして急激に人口が膨張した草加市であるが、彼らが高齢化したことによって税収は減少、財政は逼迫をしている。しかも当時に建設された小学校などの老朽化が進み、危険建物と認定される校舎が現れ、建て替えの費用負担がのしかかった。そこで草加市が考えたのが教室の天井を一般のオフィス並みの2.7メートルにするという案である。この案によって建設費の節約が可能になる。しかし建築基準法の施行令で教室の天井は3メートル以上と規定されていることから、特区申請を行った。

 しかしこれらの自治体の申請に対する中央省庁の対応は最悪のものだった。共に門前払いに等しいC判定(対応不能)を受けることになる。

 上勝町に帰ってきた返答は「健康に関わる衣類を扱うには公衆衛生上必要な基準を満たす施設で行うべきである」という典型的な定型的返答であり、草加市に対しては「天井の高さを下げることは児童生徒の心身の健康に影響する問題である」という意味不明な返答であった。共に中央省庁は地方の細かいことまでいちいち許認可権限を振りかざしたいという意図だけが垣間見えるものであった。

 この返答を受けた両自治体が動き始める。まず草加市では特区担当特命理事の中村卓氏が、教室の大きさぐらい地方自治体に決めさせろと反論を送る。これに対する国からの返答は「天井を下げることは児童に心理的な不快感を与える可能性がある」という文科省の意味不明な調査結果であった。この馬鹿げた解答に憤った中村氏らは、まず文科省の言い分にどういう根拠があるのかを調べるため、文科省の調査に直接関わった千葉大学工学部の柳澤要助教授の元を訪れる。するとそこで分かったことは、3メートルでも2.7メートルでも児童の圧迫感には差がなかったこと、諸外国では2.7メートルの例が多いことなどであった。

 上勝町には厚労省から洗濯サービス特区の詳細を確認する電話が入る。そのやり取りで厚労省は特区を認めることで既存業者の権益が脅かされることを警戒していることが明らかになる。これに対して町の担当者は怒りを抑えながら答える「クリーニング店などない地域の老人はどうすれば良いんだ!」。

 草加市では中村氏が再度中央省庁との会議に臨む。しかし文科省の反応は非常に鈍く、その後に文科省によって開かれた研究会などでも、教育研究者(いわゆる御用学者)などの「子供はのびのびした環境で教育すべき」の類の空理空論ばかりが踊り、中村氏は絶句させられることになる。

 しかしこれで引き下がるわけにはいかない中村氏は、学習塾で集めたデータ(天井2.5メートルでも不快感はないというアンケート結果)などを持参して再び文科省に乗り込むが、今度は「特区としてではなく、文科省主導の制度改定という形で対応したい」という省としての体面ばかり重視した対応をされる。

 最終的に上勝町の洗濯サービス特区にはB1判定(今年中に対応する)、草加市の天井引き下げにはB2判定(来年以降、文科省が制度改定の形で取り組む・・つまりかなり時間がかかる)という結果に終わる。なおこの年に申請された特区は229であったが、そのうち許可が下りたのはたったの38だったという。

 いかに構造改革特区なるものが空疎であるかということと、中央省庁がどんなつまらない許認可権限でも手放そうとしないということを目の辺りに見せつけられた内容である。両自治体とも担当者が怒りを必死で堪えていたが、それはよく分かる。あんな馬鹿役人ばかり相手にしていたら、私ならぶち切れてしまうところである(笑)。中村氏が「縦割り行政の実情を目の当たりに見せつけられた」と怒りを滲ませながら語っていたが、非常にその心境はよく分かる。どうして中央官庁はあんなアホの巣窟になってしまったとのかと私など疑問に感じるところだが、一番たちが悪いのは、連中は「国民はアホばかりだから、自分たちエリートがキチンと指導してやらないと滅茶苦茶なことをしてしまう」とどうやら心底信じているようであることである。やはり東大卒で固まった官僚連中を一掃し、民間企業体験者などの外の血を大量に入れないとどうにもならないのではなかろうか。

 それにしても教室の天井が3メートルから2.7メートルになったら児童の心身の健康に悪影響を及ぼすなんてアホな理屈を本気で言えるなんて、こいつら本当にまともな頭持ってるんだろうか? ちなみに広場恐怖症の傾向がある私には、小学校の無意味に高い天井は非常に不快感があり、心身に悪影響があったのですが・・・。部屋の天井は低い方が学問に集中できるという意見もあるはずですが(実際に、書斎は狭めに作る人が多い)。

 

10/24 NHKスペシャル「63億人のデータマップ8 中国豊かさへの模索」

 経済的に急成長を続ける中国だが、経済格差が問題となってきている。行政区ごとに所得を比較すると、最大で171倍もの格差が存在するという。

 上海の富人区と言われる金持ちが集まった地域では、事業に成功した富裕層が居住している。豊かになれる者は先になれという「先富論」に基づく改革開放経済下、電気製品製造の工場などで財産をなした張氏が力を入れているのが教育分野である。彼は豊かになった人たちがまず力を入れるのは教育と読んでのことだった。彼の作ったエリート学校は入学金が50万円と上海の平均年収の2年分にもあたり、貴族学校と呼ばれているが、今年も多くの新入生が押しかけているという。

 上海の経済を支えているのが、民工と呼ばれる農村からの出稼ぎ労働者である。彼らは上海市民の約半分の給料で働いており、彼らを雇用して一財産をなしている者もいる。最近の調査では農村から都市に出稼ぎしている人口は1億人に達しているという。中国政府はこれからも毎年500万人ずつ増加すると見ているという。

 しかし農村居住者と都市居住者の間には確固とした差別が存在している。農村戸籍を有する者は、上海では公立学校には入ることが出来ず、彼らの師弟はやむを得ず民工学校と呼ばれる学校に通っている。これらの学校は国からの援助がなく、設備なども非常に貧しい。このような民工学校は上海に400以上存在するという。しかし中学校に当たる民工学校はほとんど存在しないし、公立中学校への入学は非常に困難であることから、そこに通う子供たちは進学ができず、親と離れて故郷に帰るしかないこととが多いという。政府は昨年、民工学校の子供たちをなるべく受け入れるように通達を出したが、20万人もいる彼らの受け入れはほとんど進んでいないのが実態であるという。

 中国における都市と農村の格差は改革開放経済と共に拡大したが、それは政府も問題であるとの認識はしているという。全人代でも温家宝首相は経済格差の解消が重要であるとの見解を示したと言うが、対策は遅々として進んでいない。中国社会科学院の李実教授も、中国の貧富の格差が問題であり、このままいけばいずれ社会不安につながりかねないとの論文を発表している。

 経済発展に取り残された農村の実態は、さながら原始時代のようである。番組では最貧困地域の一つである寧夏回族自治区の中庄村という農村を訪れているが、ここには井戸も灌漑設備も整っておらず、村人は雨水を溜めて生活用水としている。また降水量が日本の1/6程度しかないため、農業生産を上げようにもそれが不可能であるという。村長は貧困から脱出するために教育に力を入れようとしているが、教科書代を払えないために学校を辞める子供も多く、50人の子供が学校に通っていない状態であるという。またこの村から大学に合格した少女が出たが、その父親は入学金の8万円を工面できずに苦悩しているというような実態があった(結果として、彼女の入学金は村が保証する形で借りることが出来たという)。

 中国で現在最大の社会問題となっている経済格差の実態である。しかしこれの解消は困難であるのは間違いない。というのも、前半の上海の繁栄を見ていると明らかなように、上海などの富裕層は農村の貧困層を踏みつけにすることで繁栄を謳歌しているというのが実態であるからである。昔より資本主義社会の理想は奴隷社会でもあるのである(資本家にとっては労働者の生活向上など単なる無駄な出費である)。そういう意味で現在の中国の状況は、日本などよりもよほど「資本主義的」であるとも言える。経済格差の是正は上海などの富裕層の利益に反するので、果たして政府がそれを実施できるかは難しかろう。

 もっともこんな社会矛盾が成立しているのは、中国が中央集権色が強い国家であるからである。この状況が続きすぎると中国の社会体制にも揺らぎが消磁する可能性がある。人は、全員が貧しいことには耐えられても、自分が貧困であえいでいる時に、その真横に何不自由ない豊かな生活を謳歌している輩がいるというような状況にいつまでも耐えられるものではない。ただ気になるのは、この中国の社会的不公平に、アメリカや日本を始めとして外国も乗っかっているということである。これが世界経済の後々のアキレス腱にならないかを個人的には懸念している。

 

10/3 NHKスペシャル「チベット天空の湖 標高5000メートルに生きる」

 チベットの奥地標高5000メートルの地にはプマユムツォという巨大な湖が存在する。そもそもチベットの地はかつては海であり、点在する湖はその名残だという。

 酸素の薄いこの高地に、世界で最も標高の高い村であるツィ村が存在している。村人はここでは羊を飼って生活している。飲み水は周囲の山の氷河から溶け出した水がわき出している。この豊かな水は草原を養い、夏に水分を含んだ草をたっぷり食べた羊の乳で、彼らはチーズなどを作って冬を凌ぐのだという。

 彼らはプマユムツォを神聖な湖として、ここの生き物には手を出さずにいるとのこと。ただし冬になると羊に食べさせる草がなくなるので、その時には湖に張った氷の上をわたって、湖の島に羊を移す。そこにはまだ草が残っているからである。しかし地球温暖化の影響はチベットにも及んでおり、湖の氷が薄くなっているとのこと。彼らは慎重にルートを選びながら、滑り止めにヤクの糞を燃やして作った灰をまいた道を作る。そしてその道を羊は島に渡るのである。

 なにやら信じられないようなゆったりした時間の流れている世界であった。こんな中で生きている人もいるんだな。それにしても1年を通した映像を流していたが、1年がかりの長期取材をしたんだろうか。大変な内容だ。番組としては滅茶苦茶地味なのに(笑)。

 

9/26 NHKスペシャル「地球大進化 46億年・人類への旅 第五集 大陸大分裂 目に秘められた物語」

 恐竜の間で細々と生きてきたほ乳類。しかしその恐竜が絶滅していよいよほ乳類の時代かと思ったが、実はそうでもなかった。5600万年前、カルポレステスと呼ばれる我らほ乳類の先祖が存在していたことが化石で確認されている。カルポレステスは夜に木の間を餌を求めてコソコソと動いていた。その過程でカルポレステスは大きな目を発達させたという。しかしこのカルポレステスの生き方は恐竜の全盛期とほとんど変わらない。

 ほ乳類をそのような状況に追い込んでいた生き物が、ディアトリマと呼ばれる全長2メートルの巨大鳥であった。これこそが恐竜絶滅後の生態系の頂点に君臨した生物であった。頭の化石のCTによる解析の結果、ディアトリマはライオンに匹敵する強力な顎を持っていることが分かり、ディアトリマは強力な肉食獣であったと考えられるという。このディアトリマの獲物とされていたのがほ乳類であり、そのために我々の祖先は木の合間に隠れて生息せざるを得ない状況に追い込んでいたのである。

 この頃、全世界各地で巨鳥の化石が発見されており、地球は巨鳥の時代を迎えていたと考えられる。唯一の例外がアジアで、アジアはツルガイ海峡でヨーロッパと隔てられ、北アメリカ大陸とはベーリング陸橋でつながっていたが、これは極地に存在したために生物が渡ることは不可能だった。こうして他の大陸と隔てられたアジアでハイエノドントという最強の肉食ほ乳類が進化する。

 恐竜絶滅から1千万年後、地球を覆っていた氷河が溶け始めることにより、アジアと北アメリカの行き来が自由になると、ハイエノドントはディアトリマが支配する北アメリカに進出する。この両者の争いは、体は小さいものの敏捷性に優れ集団行動するハイエノドントに軍配が上がる。こうしてハイエノドントはディアトリマを絶滅に追い込み、ほ乳類の時代が到来したのだという。こうしてほ乳類の時代が到来したものの、我々の祖先である霊長類の祖先はやはり木の上でひっそりと暮らすしかなかった。

 5500年前、大陸大分裂が起こり、グリーンランドとヨーロッパが引き裂かれる。この時マグマが海底のメタンハイドレートに触れたことから、大量のメタンガスが一気に開放され、地球の気温は10度以上も上昇する。その後、温暖化は500万年以上続き、地球環境は一変する。この温暖化により、それまで針葉樹の合間で貧弱に生息していたにすぎない広葉樹が、巨木の森へと変化する。広葉樹の枝は互いに重なり合い、樹冠と言われる木々の枝が重なった世界が発生する。ここは霊長類にとっての楽園となった。彼らは危険な地上に降りる必要がなくなったのである。樹冠の上で生活したことで、身体の側面に目がついていたカルポレステスから、目が正面に並んだショショニアスに進化する。目の位置が変化することで視界は狭くなったが、立体視の能力が備わったのである。こうして広葉樹の森の広がりと共に、霊長類は全域に広がっていく。しかしこのままでは終わらなかった。変動は南極から始まる。

 5500万年前の南極は、今のような極寒の地ではなく亜熱帯の森が広がっていたという。当時南アメリカやオーストラリアと陸続きであった南極は、陸づたいに流れてくる暖流の影響で暖かかったのである。しかし南アメリカやオーストラリアが分裂するに伴い、孤立した南極の周りには周極流と呼ばれる海流に取り囲まれ、これが赤道からの暖流を遮ることになる。暖流と切り離されたことで南極は急激に氷の大陸となり、これが地球全体を冷却することになり、3300万年前には30度も気温が低下したという。この気温の低下により、広葉樹の森は急激に範囲を狭めていく。

 こんな中で進化したのがカトピテクスと呼ばれる霊長類である。カトピテクスの特徴は眼窩後壁という目の後ろの骨が存在していることである。眼窩後壁があると言うことは、フォベアという視細胞が集中している部分を持つことになったのだと推測されているという。これは視細胞自体が増加した上に部分的に集中したということであり、これで物をはっきり見ることが出来るようになったのだという。この高い視力は、他の生き物よりも先んじて餌を発見することなどに有効に働いたと考えられるという。

 さらに霊長類の中でも真猿類と呼ばれるチンパンジーの仲間などで固有に発達したものがある。それは豊かな表情である。真猿類は表情筋が発達することによって表情が多彩になり、これが仲間とコミュニケーションを図るために重要になるのだという。こうして真猿類には一種の社会が発生したと考えられるという。

 かなり劇的な展開が繰り広げられたが、一つ気になったのは恐らく今回登場したのは必ずしも学会での通説ではないのではないかということ。例えば眼窩後壁の意味についてなどは、最近に発表されて話題になったと言っていたことから、まだ通説に至っているとは思いにくい。また5500万年前にメタンハイドレートのせいで唐突に気温が上昇するというのは、あまりに激しすぎる気がするし、また南極が孤立したことで3300万年頃には気温が低下するという理論も、地球における熱の収支が変わっていないとしたらエネルギー量的に無理があるように思える(同じ熱量のところで、一カ所の温度が低下したら、その分は他の部分の温度が上がるのではないか?)。番組を理解しやすくするために詳細を省いたと言うことも考えられるが、どうもまだ完全にオーソライズされた通説がないような気がした。そう言う意味で今回の内容は面白くはあったが、10年後ぐらいのNHKスペシャルではまた全く内容が変わっているのではないかという予感がする(笑)。実際、10年以上前の「地球大紀行」などと比較すると、今回の内容はかなり変わっているから。

 

7/25 NHKスペシャル「にっぽんの"ゴミ"大陸へ渡る〜中国式リサイクル錬金術〜」

 最近、古紙の価格が急騰。世田谷では市民から回収した古紙が持ち去られる事件が発生しており、監視のパトロールまで始めたという。このように価格が急騰しているのは古紙に限らず、金属スクラップなどもである。そしてこのような廃棄物価格の高騰の背景には中国のバイヤーの存在がある。

 彼らはプラスチックゴミやスクラップなどあらゆるものを回収、これを中国に輸送して再生しているのである。このようなリサイクル業は日本では人件費の高さで既にビジネスとして成立しなくなっているのだが、中国では人件費の安さを活かして、人海戦術による徹底した分別によって金属類などを再生しているのである。こうして再生された金属は再び日本に輸出されたりすると言う。また金属類だけでなくペットボトルなども買い付け、これを梱包紐などに再生したりしているという。中国の再生技術では純度が低いため、ペットボトルから長い糸を作り出すことは難しいが、これらを綿として再生しているのだとのこと。

 このような中国でのリサイクルビジネスの発達は、日本の再処理業者とゴミの奪い合いという状態を発生させているという。日本では多くの業者はゴミをただで譲り受けた上に、補助金を交付されて処理を行っていたのだが、そこに中国の業者が乱入し、ゴミを有料で買い取っているのである。そのため、自治体の中にもこれらの業者に処理を切り替えるところも現れているという。

 しかしゴミを中国に押しつけるだけで良いのかという問題も存在している。かつて古紙と偽って有害な廃棄物をフィリピンに持ち込もうとした事件があったが、中国でも似たようなことが発生しているとのことで、習志野市では現地の視察を行った上で、環境に悪影響を与えていないことを確認して業者との取引を決定したのだが、その直後に別の業者が不法に廃棄物を持ち込んでいたことが判明し、中国政府が急遽ゴミの持ち込みを一時停止する措置をとったたため、ペットボトルが宙に浮いてしまったというようなことも起こっている。処理を外国にのみ頼ることの危険性である。

 またコンピュータ基板などの再生が困難なゴミが中国に持ち込まれ、環境汚染を招いてもいる。中国のある村では基板から金属類を回収しているが、その際に重金属などが漏れだし、地下水を汚染しているという。中国政府は基板類の持ち込みを禁止しているが、収入を求める村民は密かにこれらの作業を行っているのだという。

 なおなお考えさせられる内容である。問題は「中国が再生してくれるんなら、それでいいじゃん」と安直に言っていられないことである。所詮はゴミなのであるから、有害物が最終的にどうしても発生するので、それの処理をどうするかの問題があるのだが、現状ではそれを中国に一方的に押しつけているだけである。また中国でこのようなリサイクル業が成立しているのは、中国の異常な人件費の安さが背景にあるわけであり、いわば中国農村部の人々の貧しさを土台にしているのである。それを考えると、果たしてこのようなシステムをいつまでも続けることが可能であるのかの疑問もある(このシステムを続けるには、彼らが永久に貧民層として固定化されている必要があるわけであるのだから)。

 さらに懸念されるのは、「中国で再生してくれるんだから」と日本でゴミ減量などの機運が衰えることである。例えリサイクルしようが何であろうが、大量のゴミを出し続けるような社会はその他の面でも環境に負荷をかけているのは確かであるので、これからのことを考えていくと改善していく必要があるのだが、その深刻さを日本人が忘れてしまう恐れをがあるのではないか。

 とにかくゴミのリサイクルには技術開発も必要なわけであるから、少なくとも日本はその点で世界に貢献していくべきであろう。

 

7/17 NHKスペシャル「地球大進化 46億年・人類への旅 第四集 大量絶滅 巨大噴火が哺乳類を生んだ」

 生物の大量絶滅といえば、かつての恐竜の絶滅が有名であるが、実はそれよりも遙か以前の2億5000万年前にも生物の大量絶滅が発生しているという。それに関する最新の学説の紹介である。

 2億5000万年前、地上にはほ乳類型は虫類と言われる、我々ほ乳類の祖先に当たる生物を中心とした豊かな生態系が築かれていた。その中には我々の直接の先祖に当たるキノドンと言われる生物や、後の恐竜の祖先となる双弓類なども棲息していた。しかしこれらの生物の95%は2億5000万年前を境に死に絶える。

 この2億5000万年前、地球に何が起こったのか。シベリアでの石油の掘削の際、2億5000万年前に大量の溶岩が噴出していることが明らかになったという。その面積は日本の10倍、その量は富士山がかつて1万年に噴出した量の10万倍だという(想像もつかん)。吹き出した溶岩の高さは2000メートルから3000メートルに達したと考えられている。噴き上げた溶岩はシベリアの森林を次々と飲み込み、ほ乳類型は虫類たちはその中を逃げまどうことになったと考えられている。

 今から3億年前、パンゲアと呼ばれる超大陸が形成された時、大陸周辺の海溝から海のプレートが核に落ち込み、その反動として核からスーパーブルームと呼ばれる直径1000キロの噴流が地上に吹き上げたのだという。これがシベリアの大地を裂き、大量のマグマを噴出させたと考えられているという。

 また近年新たなエネルギー源として注目されているメタンハイドレートが、この2億5000万年前に大量に融解ことも分かってきているという。先の巨大噴火が40兆トンもの二酸化炭素を大気中に放出、その温室効果によって地球の気温が上がる。さらに海水の温度が上昇することで、海中のメタンハイドレートが融け始め、大量のメタンガスが大気中に放出される。メタンの温室効果は二酸化炭素の20倍あるので、さらに温室効果に拍車がかかり、それがさらなるメタンハイドレートの融解を促すという破局的連鎖を招き、赤道で7〜8度、極付近で20数度という劇的な温度上昇が発生、環境が激変し、多くの生き物が絶滅したのである。

 辛うじて生き残った我々の祖先キノドンには、さらなる試練が襲いかかる。南極での地層の調査の結果、生物の大量絶滅後の地層から、ベルチェリンという高酸素濃度下では生成しない鉱物が発見されており、この時期の地球の酸素濃度が極端に低下していたことが推測されているという。植物の減少と大量に発生したメタンとの反応により、それまで30%の濃度のあった酸素が、一気に10%程度にまで減少したと推測されているという。ようやく生き延びたキノドンはこの低酸素濃度とも闘う羽目になるのである。

 こうして長らくの生物の空白の期間を経て、1億年後、再び生物が地上に復活した時、その様相は一変していた。恐竜の時代が訪れたのである。その中で我々の祖先はネズミのような姿に変わり、恐竜の間で生き延びていた。恐竜の繁栄の秘密は気嚢システムにあるという。このシステムは鳥類に残っているものだが、このシステムを使用することで肺を常に酸素に満ちた状態に出来るため、酸素取り込みの効率が劇的に向上するのだという。大量絶滅後、地球ではしばらく低酸素の時代が続き、そのことが恐竜の繁栄をもたらしたのだという。

 一方の我々の先祖であるほ乳類も低酸素環境に合わせた進化を遂げていた。トリナクソドンと呼ばれるほ乳類では、横隔膜を持つことにより、呼吸の効率を上げることに成功したという。またその過程で副産物として、子に対して授乳が出来るようになったのだという。そしてさらに卵生から胎生へと進化を遂げることになった。初めて胎生を行った生物はエオマイアであるとのこと。これがすべてのほ乳類の祖先となった。

 このシリーズでは、「母なる地球」という観点ではなく、「荒ぶる父なる地球」という観点で地球の歴史を描いているのだが、確かにこれでもこれでもかとばかりに生物に試練を科してくる地球の姿は、なかなかに衝撃的である。もっともここで扱われているのは、「最新の学説」ではあるが、必ずしも最も権威を持った学説という訳ではないというのには注意しておく必要はあろう。ただ実に見応えのある内容で、このような最新学説を学ばせてもらえるのは、さすがにNHKの大型ドキュメントである。

 なお気になったのは、火山による温室効果の発生から引き続いたカタストロフィである。これは火山の噴火が原因でなくてもあり得る話である。現在の二酸化炭素による温室効果の進行も、ある限度を超えた時点でこのようなカタストロフィを招く恐れがあると言うことである。これは是非とも、あの「馬鹿でマヌケなアメリカ大統領」に見せる必要がありそうだ。

 

6/27 NHKスペシャル「21世紀の潮流“アメリカとイスラム” シーア派の選択 革命25年目のイラン」

 戦争大好きのブッシュが、イラクに続く次なる標的として掲げているのがイランである。そのイランの現状を伝えている。

 イスラム革命による新政権が誕生したイランは、フセインによって追われたシーア派の難民などを受け入れてきた。フセイン政権が倒れたことでシーア派住民の中にはイラクに帰還しようとするものも出ている。しかし当初はフセイン政権を共通の敵と見ていたシーア派は比較的アメリカ軍に協力的であったのだが、アメリカによる支配が長引くにつれて対立が強まってきた。その抵抗運動の中心となっているサドル師が師と仰いでいるハーエリ師はイランにいる。アメリカはイランの動きに神経をとがらせているという。

 一方のアフガニスタンとの国境ではアフガニスタンからの難民と共に、密輸団なども暗躍しているという。密輸団は難民を輸送すると共に、その料金を払えないような難民には人質を取って密輸の手伝いをさせているという。イラン政府は取り締まりを強化しているが、今も大量の麻薬や武器が密輸されているという。

 イランは最近、密かに核兵器を開発しようとしているとして批判を浴びている。イランはこれに対し、ヨーロッパを味方につけて難局を乗り切ろうとしている。

 アメリカとサドル師の対立の最中、シーア派の怒りを呼ぶ事件が発生した。シーア派にとっての最大の聖地とも言えるアリー廟が傷つけられたのである(アリーはシーア派が崇拝する人物である)。これによって多くのシーア派教徒がテロ攻撃を志願することになっているという。またアメリカの横暴と、その支援を受けたイスラエルの暴挙などは、サドル師を中心としたシーア派、レバノンのヒズボラ、パレスチナのハマスなどの抵抗勢力を互いに結びつけることにもなりつつあるという。

 一時はイラクへの帰国を考えた難民達も、いつまで経っても治安の回復しないイラクに見切りをつけてイランに帰ってくる例も多いという。彼らは隣国のイランでイラクの情勢をじっと注目しているという。

 イランが今後アメリカと友好関係を結ぶことが出来れば中東情勢は変化すると期待できるが、アメリカの言う中東の民主化がイスラムの排除とアメリカ主義の押しつけであるのなら、これからも混沌は続く可能性が高いとのこと。

 私の見たところ、イランは穏健なイスラム主義国家としてやっていける可能性が高いと思われるのだが、問題はアメリカの姿勢。キリスト教原理主義者と軍事資本の連立政権であるブッシュ政権では、イスラム教徒=邪悪=根絶やしといった短絡発想しか出来ないので、共生の余地が全くなくなっており、それが中東地域の緊張感を高めることにつながっている。やはり一番は、今のブッシュ政権をもう少しまともな政権に入れ替えるしかないように思えてならないのだが・・・。

 

6/26 NHKスペシャル「地球大進化 46億年・人類への旅 第三集 大陸からの離脱 そして手が生まれた」

 4億5000万年前の地球。小さな大陸3つに挟まれた海・イアペトゥス海でそれは始まった。我々の先祖に当たるアランダスピスという魚は海の中の楽園で暮らしていた。しかしこの楽園に異変が起こる。それはマントル対流によってイアペトゥス海を囲む3つの大陸が移動し、集まってきたのである。大陸の移動は年間数センチといったものだが、それでも珊瑚礁の海を消滅させる大変動となった。珊瑚礁に生きていた我らのご先祖は、新大陸の周辺のわずかな地域に生きられるのみとなった。生息域の減少は生存競争を激化させ、弱肉強食の時代が出現した。この時期には三葉虫などもかつての姿とは似ても似つかぬ姿に進化したという。我らのご先祖ものどかに餌をとっていたアランダスピスから、強力なひれと歯を持ったユーステノプテロンに進化する。しかしそれだけではまだ不十分であった。彼らの中には住み慣れた海を捨てるという選択をしたものもいた。

 彼らが進出したのは大陸衝突によって発生したカレドニア山脈の山麓であった。この地域には山脈に衝突した雲が降らせる雨による巨大な川が存在したのだ。彼らはその地に生息の場所を求めたのである。しかしこの時の地上はまだ過酷な環境であった。しかしこの環境が一変したのが、アーキオプテリスという樹木の発生である。この樹木は地上に繁殖し、木陰を作り、この木から落ちた葉は生物たちの餌となった。この樹木の発生で、淡水世界という新しい世界が生まれたのであった。

 しかし3億7000万年前、この淡水域を激しい乾期が襲う。水位の低下と有機物を分解するバクテリアの存在は、水中に酸欠状態をもたらした。我々の祖先はこの酸欠に対応する必要が出た。こうして我々の先祖は肺を持つようになり、空気中から酸素を取り入れるようになったのである。

 そしていよいよ我々の先祖は、手足を持ったアカンソステガへと進化する。アカンソステガは手足を持った魚という形態であり、かなりは虫類のイメージに近づいてきている。しかしこのアカンソステガの手足は横に突き出ており、まだ重力下で体を支えることは不可能である。彼らはこの手足を肉食獣に追われた時に、草をかき分けて逃げるために使われたのではないかと言われている。しかしこの弱い存在であったアカンソステガは、この手足を持ったことで新しい世界が広がってくるのである。そして6000万年前、ついに地上に上陸する生き物、ペデルペスが誕生する。

 我々の先祖は「弱かったからこそ肺や手足を獲得した」という観点がなかなか面白かった。確かに弱い生き物は、弱いが故に生き残るためには環境への適応を余儀なくされ、それが結果として特異な進化を促すという例は多い。それとは逆に、強い生き物は強いが故に環境の激変には対応できずに絶滅してしまうという例もあるようだ。これは人間も同じで、社会環境が激変したら、それまで偉そうにしていた奴らほど没落が早いというものである・・・少し例が違うか。

 

6/13 NHKスペシャル「21世紀の潮流“アメリカとイスラム” カリブの囚われ人たち」

 キューバにあるアメリカのグアンタナモ基地には、アフガニスタンなどで囚われた現地民が収容されている。彼らは裁判を受けることもなくアメリカの一存で一方的に囚われたままである。彼らはアルカイダと関わりがあると言われているのだが、無実を訴える者がほとんどである。さらにはこの基地内では虐待の噂もあり、実際に公開されたいくつかの写真はその事実を立証するものである。

 この基地への収容はアメリカの議会などからの干渉を排除するために、大統領令だけで行われているという。囚人はいつまで続くともしれぬ監禁の中で尋問を繰り返される。当局に協力する者と協力しない者は徹底的に区別され、食事にまで差がつけられているという。

 アメリカは彼らを犯罪者としてではなく、テロ戦争の戦闘員と位置付けているとのことで、裁判を受けさせる必要はなく情報を引き出すことが目的だとしているとのこと。特にネオコンの連中などは、疑わしきは事前に拘束すればよいと公言しており、彼らが人権などという感覚を持ち合わせていないことをうかがわせている。法の支配から離れたこの収容所の存在は、今世界的にも問題視されている。

 ブッシュ及びその背後にいるネオコンなる狂信者どもの正体を暴く内容である。NHKとしては珍しく番組内に怒りを感じられたことから、恐らくよほど激しい人権抑圧が行われている可能性を感じたのであろう。実際にNHKの取材にもかなりの制約がかけられたようであり、囚人の顔を写すなと言われたり、彼らが取材した聖職者がスパイ容疑で拘束されたりなどのいろいろの嫌がらせもあったようである。傲慢なる大国・アメリカの正体が垣間見える。こういうのを見ていると、例のアブグレイブ刑務所での囚人虐待が、アメリカ軍による組織的な犯行であったことは間違いないと確信される。このようなことを行いながら、いくら自由と正義を主張したところで、それが世界に受け入れられるはずがないのは当然である。やはり今のアメリカの政権は根本的に狂っている。 

 

5/30 NHKスペシャル「63億人のデータマップ5 犯罪 町の安心を取り戻せ」

 犯罪の増加率でデータマップを作れば、韓国・日本などやヨーロッパなどが目立つ。特に日本は一昨年までの5年間で55%の増加率で、増加率で見れば先進国で一番だという(もっともあくまで増加率であるから、アメリカなどは減少の方向にあるとはいえ、そもそもの犯罪発生件数がべらぼうに多い)。さらに詳細に見ていくと、都会よりも地方での増加が目立つという。

 山口県の菊川町、下関市に隣接する人口8500人のこの町では、急激な犯罪の増加が起こっている。かつては犯罪などほとんどなかったのどかな農村なのであるが、20倍にも増加したという。国道や県道が整備されてアクセスが便利になると共に、道路沿いに犯罪が増加しているのが特徴である。車上荒らしやかつてはなかった空き巣なども発生するようになっているという。町の活性化が犯罪をも呼び込んでしまったのである。

 また都市近郊でも犯罪が増加している。新興住宅地の千葉の緑区ではこの10年で犯罪が5倍以上になっている。緑の遊歩道などを取り入れた環境の良い町として人気を呼んで人口も増加したのだが、皮肉にもこの遊歩道が犯罪の温床になっているという。特に遊歩道沿いの住宅の空き巣が増加している。遊歩道の側はフェンスなどがない上に、家から死角になるため、家人に咎められずに下見が出来るのが要因になっているという。

 犯罪が増加しているイギリスは、監視カメラ王国でもあるという。イギリスは世界で監視カメラが最も多いと言われているのだが、ロンドン市内だけで50万台、イギリス全土で400万台のカメラが設置されている。ロンドンの町を一日歩くと、300回はカメラに撮られると言われているという。かつて犯罪が増加した時にこれらのカメラは設置されたのだが、最近はこのカメラによる犯罪抑止効果に疑問が持たれているという。カメラを設置しても、周辺地域に犯罪が移動するだけだったり、そのうちに監視カメラ下でもフードで顔を隠すなどして犯罪をするというようなカメラに対する慣れや、強盗などが減ってスリなどのカメラに映りにくい犯罪が増加するなどの犯罪の種類の変化などが起こっているという。

 犯罪が減少しているアメリカでは、地図を使っての取り組みが行われているという。ロサンゼルスのノースイースト署では犯罪地図を詳細に分析することで犯罪の抑止を図っている。アメリカの警察がとっているのが10%解決法というものである。これは10%の場所で60%の犯罪が起きているというもので、この10%の場所での犯罪を制圧すれば、60%の犯罪を抑止できるという考え方である。犯罪の多いアメリカでは、犯罪の検挙もこのように「効率」重視になっているという。ノースイースト署でも犯罪多発地帯を重点的に取り締まりすることで犯罪を減少させている。

 多くの都道府県で犯罪が増加しているのに対して、減少しているのが鹿児島市である。鹿児島市の取り組みは「声かけパトロール」というもので、若者達に積極的に声をかけることで犯罪を抑止するというものである。さらにもう一つの取り組みが「校区公民館制度」というもので、学校内に公民館を造ることで子供達と地域の住民との接触を増やそうというものである。地域で子供を育てることで少年犯罪の抑止を図っているのである。

 犯罪の抑止には、どこの国でも共通して言えるのは、地域としての取り組みが重要であるということのようだ。かつて日本が犯罪が少ないと言われていたのは、地域社会の結びつきの強さが原因であるとされていたが、都市化と共に地域の結びつきが弱くなりその隙間に犯罪が忍び寄ったという。結局、少年犯罪の抑制に効果があるのは「よその子も叱りましょう」であるというのは、古くて新しきと言うべきなのか。

 なお今回は触れていなかったが、犯罪の増加は景気とも連動する。衣食足りて礼節を知るなどと言うが、職も収入もないような状態では犯罪にでも走らざるを得なくなるという事実もあるのだ。アメリカで犯罪が減少傾向なのは、今のところ経済が順調であるということが大きいのだろう。さらに犯罪を増加させる経済要因としては、貧富の差の拡大もある。貧乏人はいくら努力しても貧乏で、金持ちは何もせずにのうのうと贅沢をしているような国では、貧乏人に犯罪に走るなという方が難しいだろう。その点で、日本も貧富の差の拡大の方向に向かっている(明らかに政策的に誘導している)のが心配である。

 

5/28 世界美術館紀行「非情の経営者、名画との密会 フリック・コレクション」

 ニューヨーク5番街、かつて百万長者街と言われたこの地にあるのがフリック・コレクションである。ここは大富豪ヘンリー・クレイ・フリックが晩年の5年間をすごした屋敷である。この屋敷の一階部分が美術館として一般公開されており、美術館となっている。つまりこの美術館はフリックの個人コレクションを公開しているのである。この美術館では作品をガラスで覆ったり、プレートをつけたりしておらず、あくまで来客がフリックの屋敷を訪れてそのコレクションを鑑賞しているというスタイルをとっているとのこと。

 1849年、アメリカ・ピッツバーグの貧しい農家に生まれたフリックは、製鉄業に不可欠なコークスの製造業に目を付け、この分野によって百万長者へとなる。この頃から彼の絵画コレクションが始まったという。しかし彼は経営する鉄鋼会社のストライキに対する強圧的対応などから世間の批判を浴び、ついには暗殺未遂事件まで発生する。 この事件はフリックの心身を傷つけ、これからフリックは美術品収集に本格的に取り組んでいく。彼はピッツバーグの空気は美術品に悪いと、この地に屋敷を建てて美術品を収納したのだ。

 彼は美術品の収集に関しても仕事と同じようなスタイルであり、感情を示すことはなかったと言われている。しかしそのフリックも、レンブラント作「ポーランドの騎手」の入手に成功した時は、エージェントに対して「良かった」という感想を示したと言われている。

 各部屋は内装まで含めて彼の意図に基づいて設計されている。タフなビジネスマンと言われていたフリックは、夜になると一階に下りてきて、あかりを灯して美術品を見ながら心を癒していたという話である。フリックコレクションにはレンブラントなどの肖像画やフェルメールの貴重な作品も含まれている。彼は穏やかな肖像画や風景画を好み、いくら名画と言われても戦争を描いているものや裸体画などには手を出そうとしなかったという。こうして心のままに美術品を収集したフリックの行為は、フェルメール「婦人と召使い」で彼の命と共に最後になる。これが3点目のフェルメールだという。

 先週のボルゲーゼ美術館に続き、個人コレクションから発展した美術館の紹介である。先週のボルゲーゼは、美に対する強烈な執着と、美の守護者たらんという強烈な意識が見え、いわゆる「オタク色」が濃厚に現れていたが、それに比べると今回のフリックのコレクションは、明らかに「癒し系」である。彼のエピソードも物語るように、彼はシビアなビジネスの世界で傷ついた自分の心の癒しを美術品に求めたのだろう。ボルゲーゼのコレクションと違い、フリックのコレクションは明らかに穏やかで美しい絵画ばかりが揃っていることに、そのことが顕著に現れている。

 こういう番組を見ていると、海外での美術品愛好家がどういう意図で美術品を買い集めるかがうかがえて面白い。こうして考えると、バブル期に投資として美術品買いあさりに狂奔した日本人の浅ましさが情けなくなる。

 

5/23 NHKスペシャル「足尾銅山 よみがえる森」

 かつて鉱毒問題などで知られた足尾銅山。鉱山は30年前に閉山になったが、この地域ではそれ以前から緑化に取り組まれ、今ではツキノワグマなども観察されるぐらい自然が復活しつつある。

 かつて富国強兵の政策の元、最新の技術を導入して増産された足尾銅山では、鉱毒などの問題のみならず、亜硫酸ガスを含む煙害などで付近の自然は壊滅的な打撃を受けた。酸性のガスは山の木を枯らし、それが表土の流出につながり、足尾の山は丸裸になってしまった。この死の山を復活させるプロジェクトが開始されたのは1954年のことである。

 しかし表土のなくなった山に緑を復活させるのは容易ではなかった。とられた方法は植生盤という土と種などを一体にしたものを並べていく方法だった。しかしこれは夏の雨で流されてしまう。次にとられたのはガーゼなどで覆って土を流れにくくする方法。これによって1年後には草が根付いていった。こうして土が安定してから初めて木が植えられることとなった。草地の広がりに合わせて、70年代にはカモシカが80年代にはシカが戻ってきた。

 ようやく表土は戻り始めたが、それはまだ薄く痩せたものであった。何の木を植えるかということも難しい問題であった。当時は林業のことを考えて杉などの針葉樹が植林されるのが普通であったが、足尾では土を養うことを考え、広葉樹が植林された。また植えられた木は痩せた地に対応できるように、ニセアカシアやヤシャブシなどのように根粒菌によって空気中から窒素を取り入れることが出来る植物が選ばれた。こうしてかつてはむき出しの裸山であった足尾に緑が復活したのである。そしてこうして植えられた広葉樹は動物に餌を与えることになり、それがさらに自然の復活につながっている。

 しかし松木沢などの800ヘクタールは、45度もの急峻な斜面のために人が近寄れず、未だに緑化が遅れている。かつてヘリコプターによって種や土が蒔かれたが、斜面が急すぎるために緑化にはなかなかつながっていない。

 緑化プロジェクトが最終目標にしているのは、中禅寺湖近くなどに存在するミズナラの森のような森を復活させることである。しかしミズナラの大木を育てるには1メートルの表土が必要である。まだまだ先は長いのである。

 しかし動物が戻ってきたことが森の回復を促してもいる。ここでは毎年多くのシカが死ぬが、彼らの遺体は分解されて土となって足尾の森を養うのである。また最近は動物によって外から持ち込まれた種が芽吹く例もあり、だんだんとではあるが自然の森へと近づいて行きつつある。

 かつて人間がとことんまで荒廃させた森を、再び人間の手で復活させようと言う試みである。長期にわたる人々の苦労は確実に報われつつあるようで、希望を持たせる内容である。しかしこうして見ると、やはり広葉樹を植林したということが大きいのだろう。日本の多くの森は、確かに木は生えているものの生き物を養う力のほとんどない針葉樹林が多く、見た目に反して非常に荒廃しているところが多い。こう言うのをみると、そのような針葉樹林を広葉樹との混在林に変更していく改良も必要なように感じられた。

 

5/21 世界美術館紀行「美に憑かれた枢機卿・至福の館〜ローマ ボルゲーゼ美術館〜」

 ローマのボルゲーゼ美術館はローマの貴族・ボルゲーゼ家の別荘を美術館としたものであり、多くの彫刻や絵画などのボルゲーゼ家が所有していた美術品が収蔵されている。ボルゲーゼ美術館はプライベートコレクションの女王と呼ばれているが、これだけのコレクションを成したのは、かつてのボルゲーゼ家の当主・シピオーネ・ボルゲーゼである。「美に憑かれた枢機卿」と呼ばれた彼は、叔父がローマ教皇であるという権勢を利用して、多くの美術品を集めた。中には教会から略奪したものや、他の枢機卿に頼まれて制作していた作品を手に入れるために画家を牢に捕らえたりなどのかなり強引な手法を用いたものもあるという。

 一方、彼は芸術家のパトロンとしても活動していたようである。特に彼が目をかけたのは天才彫刻家ベルニーニである。幼き頃から彼の才能に目を付けたシピオーネは、彼を一流の彫刻家として育てたのである。若き日のベルニーニの制作した「アポロンとダフネ」は当時大評判となり、多くのローマ市民がこの像を見ようと駆けつけたという。

 また彼は画家のカラヴァッジオにも目をかけ、彼の作品も多く集めたようである。カラヴァッジオは後に殺人を犯し、ローマを追われて放浪の果てに38才で世を去るが、シピオーネは彼が死ぬ前に描いた最後の作品も入手しているという。

 シピオーネのコレクションはその後ボルゲーゼ家に代々伝えられたが、20世紀に建物とコレクションをわずかな金額で国に譲り渡し、「美術品を散逸させてはならない」というシピオーネの遺言を守ったのだという。

 どうやらシピオーネはかなり人格的には問題のある人間だったように思われる。いわゆる典型的な「オタク」だったのではないか。今でも「オタク」と呼ばれる人種の中には、欲しいものを手に入れるためには手段を選ばない(時には法さえも破る)者もいるが、シピオーネはその典型であろう。ただそれだけに彼の美術品を見る目は確かであったと言わざるをえない。ベルニーニの「アポロンとダフネ」の像など、あまり彫刻を好むと言えない私でさえ、思わず息を呑んでしまいそうな作品であり、ベルニーニの天才を感じずにはいられない。シピオーネのような存在があったことは、果たして美術史にとって幸運なことだったのか、不運なことだったのかは私には分からない。

 

5/16 NHKスペシャル「疾走 ロボットカー・アメリカ軍の未来戦略」

 アメリカの国防総省が主催で、ロボットカーのコンテストが行われた。これは障害物などを配置したコースをロボットが自動で判断しながら回避してコースを回るというレースである。アメリカ内外のメーカー(イスラエルの軍事メーカーなど)や大学などが参加して技術を競った。

 アメリカはこのようなロボット技術に力を入れており、飛行機は2010年、戦闘車両は2015年までにその半数を無人化するという法律が誕生している。

 予選で圧倒的な強さを見せたのがカーネギーメロン大学である。ここでは各界の技術者を集めて開発が行われている。この中には航空会社から派遣されている技術者や、日本から行っている学生などもいる。

 これに対抗するのは、イスラエルの軍事メーカーのエルビット社。エルビット社は無人偵察機で確立した技術を元に、地上車の開発にも乗り出しており、この予選でも一時はカーネギーメロン大学を抑えて一位をとったこともあった。

 カーネギーメロン大学がポールポジションをとっての本戦は砂漠で行われる。

 結果はカーネギーメロン大学とエルビット社がかなり強さを見せたのだが、カーネギーメロン大学の車は12キロ地点で脱輪して炎上、エルビット社も途中の山道で崖に乗り上げて走行不能になり、優勝者はなしという結果になった。しかし国防総省は今回の結果に満足しているとのこと。

 

 産学全面協力で組織的に開発を進めているカーネギーメロン大学のマシンがインテルの宣伝塔になっていたのに対し、個人でバイク型ロボットを開発していたプログラマのマシンにはAMDのロゴが入っていたのが妙に印象に残った。技術面だけに注目してみていれば、ロボコンのようで面白いのだが、主催が国防総省だけに、とてもそんな脳天気な見方は出来ない。背後にはアメリカ特有の狂気の沙汰がもろに存在しているのである。

 ロボット化の背景には「いかに自国の兵士を殺さずに、他国の人民を虐殺するか」という戦争大好き国家アメリカらしいエゴが露骨に出ている。現在のアメリカに対する戦争抑止の唯一の歯止めが、自国の兵士にも犠牲者が出るということであることを考えれば、こんな技術が完成すれば、アメリカの暴走に歯止めがかけようがなくなるのではないかと懸念される。しかもイスラエルのメーカーまで参加しているとなったら、ロボット装甲車がパレスチナ人を無差別虐殺する図が浮かんでゾッとする。国防総省の人間が「これからの十数年アメリカの戦場は砂漠です」と強調していたのを見ると「馬鹿かこいつらは!」と叫びたくなったのが正直なところ。技術開発の負の側面を露骨に感じてしまう。どんなすばらしい技術でも、使用する輩の人格のレベルが低ければ、人類に対して害しかなさないと言うことである。こんな技術はブッシュやラムズフェルドに持たせるのは危なすぎる。ロボット戦争なんて御免である。

 

5/15 NHKスペシャル「地球大進化 46億年・人類への旅 第二集 全球凍結 大型生物誕生の謎」

 6億年前、地球はすべてが凍り付く全球凍結を経験した。そして生物はこの時を境に急激に大型化の道を歩んだという。

 2万年前の氷河期では熱帯地方などは影響を受けていなかったのだが、この全球凍結では熱帯地方を含む地球全体が氷点下50度の世界になったのだという。地上は厚さ1000メートルの氷に覆われ、海も水深1000メートルまで凍り付いたという。そして数百万年も氷に閉ざされたと考えられている。

 6億年前の地球には微生物しか存在しなかった。海中には酸素を生成する光合成生物と、我々の祖先になった微生物(光合成生物の発生した酸素を利用している)、さらに第3の微生物が存在した。そしてこの第3の微生物の存在が、全球凍結と関係があるという。この第3の微生物とはメタンを発生するメタン菌であった。当時の地球を温暖に保っていたのは、このメタンによる温室効果であった。しかしこの3者のバランスが崩れることで、光合成生物の発生した酸素がメタンを分解し、地球の温室効果を破壊することで、全球凍結に結びついたのだという。つまり生物自身が自らを窮地に追い込んでしまったのだとのこと。

 この生物絶滅の危機の中で、我々の祖先は温泉の中で生き延びたと考えられるとのこと。そしてこの全球凍結を乗り越えた後に、生物に劇的変化が訪れる。それまでの微生物ではなく、複雑な構造を持った大型生物が誕生したのだ。数種類の生き物の化石がシベリアなどで発見されているという。この時に一斉に発生した100種類からの生物たちをエディアカラ生物群と呼ぶ。当時の生物のチャルニオディスクスの生き残りと考えられているのが、ウミエラであるが、その体内には大量のコラーゲンが含まれている。コラーゲンの網目を牛場にすることで細胞が増殖することができ、これが生物の大型化が可能になった原因であるという。

 全球凍結に終止符を打ったのは、火山から発生した二酸化炭素であった。二酸化炭素は通常は海水に溶け込むのであるが、この時期は海が氷で塞がれているため、大気中に二酸化炭素が蓄積し、数百万年を経過して二酸化炭素濃度が現在の300倍に達した時、その温室効果によって氷河が大崩壊、全球凍結が終わったのである。

 その後、地球上では急激な酸素濃度の増加が起こったという。二酸化炭素の影響で地球の表面気温はマイナス50度からプラス50度に上昇、海面から発生した水蒸気によりハイパーハリケーン(最大風速300メートル以上とのこと)が発生し、海岸には高さ100メートルの高潮が押し寄せる。このハイパーハリケーンによってかき乱された海底からは豊かな栄養分が沸き上がり、栄養分が浅い海にまで行き届く。そしてこれが光合成生物の爆発的な繁殖を促したのだという。現在の20%という酸素濃度はこの時に実現されたものである。

 そして酸素を利用していた我々の祖先は、大量の酸素を利用してコラーゲンを合成することが出来るようになり、そのことによって大型化が実現したのだという。

 前回の大隕石衝突に引き続いて、かなりショッキングな光景が繰り広げられる。今まで地球は「母なる大地」と呼ばれ、生命を慈しみ育んだゆりかごのイメージがあったが、ここに現れる地球の姿は、自らの息子たちである生命に生きるための試練を与える「荒ぶる父」の姿である。地球に対するイメージが一新されると共に、我々のご先祖は凄まじい試練の中で生き抜いてきたのだなと、感慨ひとしおである。またここで紹介されている内容は、最新の研究に基づいているようで(私が学生だった頃には全球凍結など少なくともオーソライズされた考え方ではなかった)、非常に興味深い。さすがにNHKの大型科学ドキュメント、中身が濃い。これは教材に使っても十分に耐えるのではないか。

 

5/14 世界美術館紀行「ツタンカーメンの黄金 エジプト博物館」

 カイロに1863年に設立されたエジプト博物館。有名なツタンカーメン王の遺品はここの2階に納められている。金とブルーの色ガラスで作られたツタンカーメン王の仮面は、今でも鮮やかな輝きを見せている。

 王家の谷でツタンカーメンの墓を発見したのは、イギリスのハワード・カーターである。最後の発掘で彼は地下に続く通路を発見する。その先には部屋があり、門番の像などが発見された。さらにその部屋の壁の一部が後で塗り込められた跡があったことから、そこの壁を崩したところ、その中から4重の厨子が発見され、その4重目の扉の奥にツタンカーメン王の棺があった。その中には3重の棺桶があり、その中にマスクをつけたツタンカーメン王のミイラが存在したという。

 公式行事に用いられた玉座には王の名が刻まれているが、そこには「ツタンカーメン」ではなく、「ツタンカアテン」と書いてある。これは当時の宗教状況が反映しているとのことである。代々エジプトではアメン神が信仰されてきていたのだが、ツタンカーメンの先代であるアクエンアテン王が、アメン神を中心とする神々を否定し、太陽の円盤で現されるアテン神の信仰を行う宗教改革を実施したのだという。ツタンカーメンはアクエンアテンの三女・アンケセナーメンと結婚することで王位を正当化したのだが、彼は即位後に再びアメン王の信仰を復活させた。だからツタンカアテンという名前とツタンカーメンという名前があるようだ(つまりツタンカーメンという名はツタンカ・アメンで、後ろは神の名であるということらしい)。

 ツタンカーメンの死後、王妃アンケセナーメンは敵対していたヒッタイトから王子を迎えて、彼とエジプトを共同統治しようと考えるが、彼はエジプトに入国する際に国境付近で暗殺され、彼女の祖父にあたるアイが次の王に就任する。しかし彼も3年後になくなり、その後に王になったのはかつて軍司令官だったホルエムヘブである。大英博物館にある王の名を記した王名表ではアメンヘテプ3世の後にはすぐにホルエムヘブ王になっており、アクエンアテン、ツタンカーメン、アイの存在は歴史上から消されているという。これはアメン神を信仰したホルエムヘブの意図があるとのこと。このためにツタンカーメンはその墓が発見されるまで、その存在を知られていなかったのだという。

 ツタンカーメンの名ぐらいは知っていたが、その詳細までは全く知らなかったので実に勉強になった。ツタンカーメンの墓と言えば、石室の中に石棺が転がっていたイメージを持っていたのだが、4重の厨子に3重の棺桶とは、そこまで厳重に納められていたとは驚きである。

 またホルエムヘブ即位の経緯などを見ていると、古代の権力争いのようなものが垣間見え(ホルエムヘブの即位は一種の下克上のように見える)興味深い。恐らく親ヒッタイトと反ヒッタイトの2つの勢力がエジプト内で争っていたのではないかと考えられる。そうして考えると、ヒッタイトの王子を暗殺したのはホルエムヘブの手の者か。何やら陰謀の匂いがして歴史マニアには興味が尽きない。

 

5/9 NHKスペシャル「大欧州誕生2 動き始めた強いヨーロッパ〜新安全保障戦略〜」

 経済での統一を果たしたEUは、政治面での統一も視野におさめている。しかしその場合に避けて通れないのは安全保障の問題である。

 安全保障の問題に関しては、EU内での統一がとれていない。特にそれが浮き彫りになったのはアメリカのイラク戦争に対する対応である。イラク戦争に反対する独仏に対して、ポーランドなどの旧東側諸国はアメリカとの関係を配慮してイラク戦争支持に回った。冷戦後のポーランドはアメリカとの関係を強化することを安全保障の基本にしようとしている。これに対して独仏の両国は関係を強化しており、合同閣議も何度も開催されている。独仏両国では外交の機密も共有化されているという。

 独仏両国の連携は軍事面で成果を上げており、両国はアメリカに頼らない軍事力の確立を目指している。昨年4月、アメリカがイラク先勝気分に酔っていた頃、独仏がNATOの欧州司令部を独自に立ち上げることを提案し、これはアメリカの強烈な反発を招く。

 しかしEUは独自の軍事行動として、国連の要請に基づいてコンゴへの治安維持部隊の派遣を行って現地の治安回復に成果を上げた。また去年の春、4カ国共同で新鋭戦闘機ユーロファイターの開発も行っている。

 ヨーロッパが基本方針として考えているのは多国間主義であり、これはアメリカの一国主義への牽制でもある。EUが取り組んでいるのは中東和平であり、イスラエルがハマスの指導者を殺害したときも、一躍非難声明を発表している。イスラエルべったりのアメリカと異なり、EUは公正なる仲介者の位置を獲得しつつある。

 さらにイラク戦争の泥沼化により、政府がイラク戦争を支持したポーランドでも市民による反米行動も起こりつつある。これはアメリカを助ければビザなしでの渡航が認められるなどの待遇の改善を期待していたのに、それをアメリカに裏切られた失望感があるという。またイラクの復興受注などでもアメリカの企業のみが優遇されており、このこともポーランドの産業界に強烈な不満となっている。またスペインが政権交代に伴ってEUとの連携を強化する方向に向かったことが、ポーランドをさらにEUとの結束に向かわせる方向に後押しをし始めたという。

 EUは「強いヨーロッパ」を目指した独自の道を歩み始めている。

 安保の面でもヨーロッパが独自路線に走り始めている現状をレポートした内容。アメリカの一国支配には世界中で批判が高まっているので、必然的にEUの存在価値は今後高まっていくことが考えられる。ただ現在のようにEUとアメリカが軍事的に対立する可能性が考えられない状況では問題がないが、EUの軍事的実力が上がってくると共に、常に外に敵を求める習性があるアメリカとの間に対立が生じかねない危険性は感じるのであるが。

 

5/8 NHKスペシャル「大欧州誕生1 国境なき巨大市場〜ヒト・モノ・カネの激流〜」

 この5月にはかつての社会主義陣営10カ国をも組み込むことで大きく拡大したEU。この取り組みについて紹介する。

 かつて西側と東側の境界であったポーランドとドイツの国境も、ついに検問が廃止されて自由な行き来が可能となった。EU拡大前にはこの国境には検問のために大渋滞が生じ、物流を妨げていた。しかしその渋滞は消滅し、東西での物流は盛んになった。ドイツの住民はポーランド側の安いスーパーで買い物を楽しんでいるという。ポーランド側ではその経済効果を期待している。

 またかつての東西での企業の交流も盛んになっている。西側陣営は安く部品を供給してくれるメーカーを東側に求め、東側陣営は部品を購入してくれる企業を西側に求めている。

 EUでは利害の対立や文化の違いを乗り越えるため、アキ・コミュノテールと呼ばれる法典を共有している。これがEUでの共通のルールとなっている。EUではユーロスタンダードと呼ばれる、アメリカ型の資本主義と一線を画した「持続可能な発展」を目指し、環境保護と効率追求の調和を目指した理念を掲げている。今回これらの理念を旧社会主義国にも徹底させる必要があったのだが、この作業は困難を極めた。

 EUではこれらの新加盟国に各分野に専門家を送り込み、行政担当者を直接指導するツイニング(双子化)と呼ばれる政策に乗り出した。ポーランドにおいては、漁業分野で乱獲が指摘されており、その監視システムなどもEUから導入されている。また乱獲防止のために2年以内に40%の漁船を廃棄するように求められているが、これは漁民の反発を招いている。

 ポーランドには安い労働力を求めて世界中の企業が進出しつつある。日本のメーカーに買収された元国営工場では品質と効率の向上に取り組んでいる。現在のポーランドの人件費はイギリスなどに比べるとかなり安いが、それでも中国の6倍。品質で勝負できるようにならないと、将来的には競争に勝ち残れない可能性があるため、かなり真剣な取り組みが行われている。

 ハンガリーはハイテク基地を、チェコは巨大自動車産業の拠点を目指すなど、各国の特色を生かした生き残り策が検討されている。

 EUの拡大はその国境の東側の諸国にも影響を与えている。ウクライナではEUに隣接する西部に経済特区を創設し、EUとの結びつきを強化している。しかしウクライナのEUへの接近はロシアの警戒心を招き、ロシアはウクライナに対する介入を強化しつつあるという。

 経済を統合することで紛争をなくして行こうというEUの壮大な実験は日本としても注目すべきであろう。戦後の日本はひたすらアメリカに追随していくことを国是としていたが、そろそろその限界は明らかになりつつあり、日本も韓国・中国・東南アジア諸国などとの経済連合を検討する必要に迫られつつある。その際にはEUの歩みは確実に参考になるはずである。今の日本の課題は、どうやってアメリカと対立することなしに徐々に距離を置いていくかである。アメリカが今の路線を突っ走る限り、近い将来に大きな破綻をきたすのはまず確実であるから、日本としてはそれに巻き込まれない知恵が必要であろう。

 

5/7 世界美術館紀行「ナポレオンが築いた美の都 ルーヴル美術館2」

 ルーヴルの成立とナポレオンの存在は密接な関わりがある。絵画を自らの宣伝に利用した彼は、自らの肖像画についても計画的に作成させており、例えば有名な「ナポレオンのアルプス越え」の絵画など、自らが立派に見えるように意図して描かれている。

 またナポレオンが各地で勝利すると共に、彼はその地の絵画をルーヴルに納めさせた。特にその略奪を激しく受けたのがイタリアであった。フランスを世界の中心にしたいと考えていた彼は、パリを文化の中心にしようと考えていた。今日の形態のルーヴルを成立させたのはナポレオンであり、ルーヴルの各所にナポレオンを意味するNの頭文字が残されているという。

 ナポレオンとルーヴルの関わりを、ナポレオンの戴冠式を描いたダヴィッドの絵画を題材に解説している。ルーヴルの背景がよく分かる面白い内容であった。

 

4/25 NHKスペシャル「63億人のデータマップ4 魚が消えていく…」

 日本人は世界の魚の1割を食べているとのことであるが、この魚が世界の海から消えつつあるというのである。原因は乱獲による資源の枯渇である。

 日本のタコの多くはモロッコから輸入されている。しかし最近はこのモロッコからのタコが全く入ってこなくなったという。これは乱獲のためにタコが捕れなくなり、漁場が閉鎖されたからだという。モロッコ沖のタコの漁場はかつて日本の遠洋漁業が開拓したのだが、その後モロッコが200海里を設定したことから、モロッコからの輸入に切り替えたという。その後、日本への輸入を中心として漁獲量が急増したが、2000年をピークに劇的に漁獲高が低下し、ついに禁漁になったのだという。

 このように魚資源が減少した原因は魚の消費量の増加があるという。1961年と2001年を比較した場合、中国での消費が10倍に増えたことを筆頭に、世界全体で消費量が3倍に増加しているという。その結果、公海上での魚の争奪戦が繰り広げられている。

 カナダ沖の公海ではカラスガレイを巡っての争奪戦が繰り広げられている。この海域はNAFO(北西大西洋漁業機関)が管理しており、カナダが監視している。漁船の監視には軍用カメラまで使用されているという。資源保護のために漁獲割当量が決められており、監視員は漁船にまで乗り込んで調査をしている。カナダがここまで神経質になるのは、自国の沿岸のカラスガレイの枯渇を恐れてのことという。特に対立の激しいのがカナダとスペインで、1995年にはスペインの漁船が割当量を無視していると、カナダの監視艇が公海上でスペイン船を追跡し発砲するという「カレイ戦争」と呼ばれる紛争まで発生しているという。

 20世紀は北の魚を取り尽くした先進国が、だんだんと漁場を南に下げてきた時代だったと言える。そしてこのあおりを受けているのはアフリカのセネガルである。かつてこの国は豊かな水産資源によって支えられていた。しかし最近、目に見えて漁獲が減っているのだという。セネガルは200海里を宣言したが、貧しいセネガル政府は漁獲権を欧米などに売ったため、先進国の大型トロール船が漁業資源を根こそぎにしているのだという。セネガルでは最近になって漁業協定の見直しを進めている。

 海の枯渇が深刻化している中で、資源の再生に成功した希有な例が秋田のハタハタである。1968年のピークから激減し、絶滅寸前の状態になったハタハタを見た漁業長は禁漁の決意をしたという。ここで禁漁に踏み切ったのは、彼がかつて戦争中の漁ができなかった時期に海が復活したことを知っていたからだという。彼の決定は当然ながら多くの反発を呼んだが、彼は漁師の説得を続け、ついに禁漁に踏み切った。禁漁の3年間、漁師たちは何の補償もないなかで苦しんだが、3年後に漁が再開された時、ハタハタは大漁になった。これ以来、秋田の漁師は資源量の半分以上を絶対取らないことにしたという。

 アメリカで今注目されているのが一枚のカードである。このカードには枯渇の恐れのある魚と、枯渇の心配のない魚をリストアップしてあり、これを使って魚を選ぶ指標にしている消費者も出始めているという。

 漁業資源の枯渇については特に日本にとっては深刻な問題であるから、非常に注目する必要があろう。世界的に魚の保護の機運が出てきているのは結構なことだが、それがまかり間違って日本へのバッシングにつなげられないようには注意しておく必要がある。なお魚の減少については、欧米が感情論だけで保護したクジラが増加しすぎたことも一因に挙げられていたりするのだが・・・。

 

4/17 NHKスペシャル「地球大進化 46億年・人類への旅 第一集 生命の星 大衝突からの始まり」

 どうやらまたもNHKの大型スペシャルである。かつての地球大紀行などを思わせる地学シリーズのようだ。

 46億年前、地球は今の1/10の大きさしかなく、大気層は厚く、表面は海しか存在しなかった。しかもこの頃は現在の火星の軌道までの間に、ミニ惑星が20個も存在したという。しかしこれらの惑星はやがて衝突して1つの惑星になっていく。水星は1つか2つ。金星は8個ほど、火星は衝突なしにミニ惑星がそのまま生き残り、地球は10個のミニ惑星が衝突したという。

 この時に、地球が適度に大きくなったことが、生物にとってはラッキーなことだったという。地球よりも小さな火星は太陽から適度な距離を持っているにもかかわらず、その重力の弱さのために海や大気を保持できず、現在は荒涼たる星になってしまっている。地球と火星を分けたのはその大きさだったのだと言う。

 しかし地球が大きくなったことは、別の不幸の原因となってしまった。地球が大きくなったことで、当時まだ太陽系に多く存在していた隕石が地球目指して襲来することになってしまったのである。地球には直径400キロ以上の隕石が最大8回衝突したと見られているという。400キロと言えば本州の幅を超えるという。

 このような隕石が衝突した場合のシミュレーションを現在の地球に当てはめて行っているが、これがまた壮絶な光景である。隕石が太平洋に落下したとした場合、厚さ10キロの地殻がそのままはがれる地殻津波が発生、一辺1キロもの巨大な破片が捲きあがり、日本列島などひとたまりもなく粉砕される。破片は数千キロ吹き上がった挙げ句に再び地上を直撃する。また衝突後には4000キロのクレーターが出来るという。

 また衝突直後に発生した熱(太陽の中心並みの温度だという)によって岩石が蒸発する岩石蒸気が1千億メガトンも発生、これが一気にあらゆる方向に押し出され、落下後3時間で岩石蒸気はヒマラヤに達するという。4000度の熱風が300メートルで駆け抜け、雪は流れる暇もなく蒸発するという。1日後にはアマゾンにも到着、ジャングルは瞬く間に火の海と化す。岩石蒸気は地表に1年近く居座り、地球を焼き尽くす。さらに海もたちまち蒸発し、析出した塩も融け、現れた地面が焼け融ける。こうしてまさに生物は根絶やしとなってしまうのである。(まさに火の七日間だな・・・)

 しかし最近はこの全海洋蒸発をも生物は生き抜いたと言われているという。地中深い岩塩層から2億5千万年の微生物が休眠状態で発見されたという研究結果があり、生物はこのような中でも生き残れる可能性が指摘されているのだという。

 しかし隕石の衝突では塩さえも融けてしまっている。ではどこで生物は生き残ったのか。それは1000メートルの深度の地下である。深さ3500メートルもの金鉱の奥でも、地下水中に微生物が発見されており、岩の隙間などで微生物が生き残ったのだという。こうして生き残った微生物が、海の再生と共に復活、それが今日の生命につながっているのだという。

 最新の科学研究成果を取り込んであり、私でも知らなかった事実が次々と登場して圧倒される。また隕石衝突再現のショッキング映像もインパクト大。さすがにNHKが本気を入れて作ったドキュメントは凄い。これは今後の話も抑えておきたい。

 なお番組構成としては、山崎努のドラマは賛否両論だろう。私としては少々鬱陶しい気もしないではない。

 

3/28 NHKスペシャル「63億人のデータマップ3 希望の町へ〜都市再生への挑戦〜」

 データで世界を見ていくこのシリーズ。今回は所得の格差に注目するという。

 世界地図を所得で見ていくと、アメリカがダントツで所得が高い。さらにこのアメリカの中を詳細に見ていった場合、所得の高いのは都市部なのだが、都市の中心部には低所得地域が存在し、その回りに高所得地域が取り巻いているという。

 かつてアメリカの製造業の拠点だったフィラデルフィア。しかし工場の多くが閉鎖され、今や完全にさびれてしまっている。多くの人々が移転していき、中心部には移動の出来なかった老人や有色人種などだけが取り残されているという。産業の衰退と貧困層の増加は市の財政を逼迫させ、市はそれを度重なる増税で補ってきた。しかしそれは富裕層の不満を呼び、富裕層が逃げ出すことも問題になっているという。また町が二層に分断されたことにより、今後この町をどうしていくのかの話し合いさえ出来なくなっているという。さらに貧困のために教育を受けられなくなるなど、貧困が世代を超えて受け継がれ、貧困が固定化されてしまう効果も現れている。

 日本においては、東京や名古屋ではこのような「所得のドーナツ化」は現れていないが、大阪ではこの現象が見えているという。製造業の衰退によって貧困層が増加している門真市。ここでは住民同士が互いに助け合うことによって生活している。しかし失業などの問題は、住民だけの取り組みだけでは解決するものではない。

 住民と行政が協力して行われた取り組みで、復活に成功したのがイギリスのバーミンガムである。ここでは住民が提案し、行政が予算をつけて支援するというシステムが確立している。かつてこの町ではある公園を中心に売春婦があふれ、公園から追い出そうとすると今度は住宅地の中まで入り込み最悪の状態になっていた。しかし彼女たちをただ排除するのではなく、住居と別の仕事を与えることによって最終的には売春を撲滅したという。今も多くのボランティアが町のために活躍している。

 最終的に町を救ったのは「ご近所の底力」と言うところであるのだが、こういう点ではボランティアの歴史がほとんどない日本では不安きわまりない。またアメリカの状況は明らかに日本の数年先を行っているものであるので、フィラデルフィアのようにならないためには、今から対策をうっておく必要がある。しかし残念ながら日本の政府は、貧富の差の解消どころか、むしろ政策的に貧富の差を拡大しようとしている愚かの極みなのであるが。

 

2/15 NHKスペシャル「SARSと闘った男〜医師ウルバニ 27日間の記録〜」

 ベトナムでSARSの危険性について世界に警告しつつ、自身もSARSで命を落としたイタリア人医師のカルロ・ウルバニ。彼の戦いを描いている。

 WHOから派遣されていた医師のウルバニは、中国から来たビジネスマンが重症の肺炎にかかっているとの報告で現場に駆けつける。患者の容態を見たウルバニは、これが普通の病気でないことに勘づく。患者は既に抗生物質による治療を受けていたにもかかわらず、症状は全く改善せず、ドンドンと悪化をしていた。ウルバニは当時、中国の広東省で流行していた謎の肺炎との関連を疑う。早速ウルバニはインターネットを駆使して情報を収集し始めるが、中国政府は当時は肺炎の原因をウィルスではなく微生物であるとしてほとんど情報を流していなかった。

 しかし患者がより医療設備の整った香港への転院を希望、彼は反対するがそれを止める権限はなかった。患者は香港に転院してから数日後に死亡。しかしその後、ハノイの病院内で医療関係者が次々と肺炎で倒れる。ウルバニが調査したところ、そのすべてが患者と何らかの接触をしていたことが判明した。

 さらにハノイの事務所で患者の同僚が肺炎に感染していることが判明。その中には海外に出かけようとしている者もいた。世界中に新型ウィルスの感染が広がるという最悪の事態にウルバニは震撼する。

 ベトナムでかなり深刻な事態が発生していることをウルバニからのメールで知った日本の押谷医師は、中国政府から全く情報が得られないことから、ベトナムの現地に飛ぶ必要性を感じる。彼はアメリカのウエキ医師と共にベトナムに飛ぼうとする。しかしWHOは政府の要請がないと動けない。ベトナム政府は押谷医師とウエキ医師の入国を要請しなかったのだ。

 ウルバニは病気についての情報を公表するとしてベトナムの保健省と交渉する。しかし保健省の先延ばしばかりをしようとする態度は、ウルバニを失望させる。

 しかし状況はさらに悪化。17人の医療関係者が肺炎にかかったことが分かる。治療法がないことを説明された彼らの中にはパニックに陥る者も現れる。もはや一刻の猶予もないことを感じたウルバニは、WHOに直ちにベトナムの保健省と交渉するように訴える。

 保健省との会談で、ウルバニは事態を大きくすることを懸念する保健省の担当者を熱心に説得、保健省も情報の発表に同意、押谷医師とウエキ医師の入国も許可される。

 しかしこの時、香港の病院でも医療関係者への感染が始まっていた。WHOは早急な対応が必要になった。この時にウルバニの情報が非常に大きな影響を与えた。しかしこの時点でウルバニはウィルスに感染していた。彼はタイの病院で治療を受けるが、彼が新型ウィルスに接触したから27日後に死亡する。しかし彼の残した情報のおかげで、世界は新型ウィルスSARSとの戦いに勝利したのである。

 SARSとの戦いにまさに命をかけた医師の物語。SARSの発生時、ベトナムは迅速に対応することで感染爆発を押さえることが出来たと言われているが、その裏にこのような事実があったとは驚いた。お役人が迅速な対応などは出来ないのは、日本だけでなくベトナムでも一緒だったのか。なおこの時に徹底的に情報を隠蔽した中国は、そのために感染爆発の状態になり、多くの犠牲者を出したことは記憶に新しい。何事も初期の対応を誤ってはいけないという教訓である。

 

2/14 NHKスペシャル「2兆円は銀行をどう変えるか〜密着 りそなの270日〜」

 2兆円もの公的資金が投入されることが決定されたりそな銀行。その再建はJR東日本の細谷英二に託された。金融業に関しては門外漢である細谷氏は、すべての業務を見直すことを指示、りそなでは再建に向けて業務の見直しが始まっている。

 中小企業への融資の多いりそなでは、東大阪の中小企業などを対象の融資をしてきた。しかし東大阪支店では、公的資金注入後は信用の失墜と、他の大手銀行による市場への参入で苦戦している。特に現場の銀行員を震撼させたのは、大手銀行が土曜日に得意先回りをしているとの情報だった。そこで支店長の澤田氏を始めとして土曜日の得意先回りをしてみたが、これは空振りに終わる。しかし年間融資額75億円を目指しての取り組みを実施している。

 細谷会長が打った手は巨額の赤字を計上し、注入された公的資金を使い果たしてそれらの不良債権を処理することだった。その中には緊密先と呼ばれる関連会社が含まれており、それらはOBの受け入れなども行ってきた企業である。プロパーには出来ない改革に細谷氏は取り組んだわけである。

 収益を上げるための取り組みは支店レベルでも行われ、金利を上げるための交渉なども開始されている。しかしこれは顧客に負担を強いるものであり、難航している。

 顧客に負担を強いる以上は、サービスの向上に取り組まないといけない。細谷の指示の元で取り組んだ改革としては、窓口の営業時間の延長と、待ち時間ゼロへの取り組みを行っている。しかしなかなか現場の意識を変えるのは困難であるようだ。しかし細谷は「いざとなれば支店長が窓口に出ても良いぐらいの覚悟で取り組むように」とハッパをかける。

 また一方、全体で1000人以上のリストラも計画し、人員削減のための取り組みも実施している。りそな全体での収益を上げるための減量化である。

 2003年、結局澤田らの75億円融資の目標は10億円ほど不足して達成できなかったという。しかしりそな全体での営業時間の延長と、待ち時間ゼロへの取り組みは着実に実行され、効果をあげていくのはこれからとのこと。

 事実上「倒産」したに等しいりそな銀行への再建への取り組みである。しかしこれを見ていると、サービス業経験のない私から見ても「甘いな」と感じる点は多々ある。今まで銀行がいかに顧客のことを考えずに営業してきたかということである。恐らくサービス業に所属する人などからは「まだまだこんなものじゃない」と思われるだろう。しかし銀行内部にいた人間にはそういう「銀行の非常識」は全く見えなかったんだろう。そう言う意味では経営陣に外からの血を入れるというのは重要なんだろうと思われる。りそなの再建にしても、金融業の「常識」に染まっていない細谷だからこそ取り組めている部分は多いと思われる。改革における理想的な指導体制は、トップには理念を掲げて行動する者がいて、その脇を実務を良く知っている優秀な人材がかためるというものだが、心配なのは細谷の脇に実務派の人材がいるかどうかである。特にりそなの場合は、ここまで経営が悪化したというのは、今までの経営陣に全く人材がいなかった証拠であるのだから。もっとも日本の銀行に真の意味での人材がどれだけいるかは心もとないが。

 さらに今回は銀行の観点から話を進めていたが、銀行の再建の過程で貸しはがしなどにあって倒産の憂き目を見た中小企業なども多い。次はこちらの視点なども加えて欲しいところだ。なお銀行は「晴れの日には傘を押しつけて、雨になるとそれを取り上げる」というのは昔から今日まで常に言われていることである。

 

11/16 NHKスペシャル「文明の道 第7集 エルサレム 和平・若き皇帝の決断」

 イスラム教とキリスト教とユダヤ教の聖地であるエルサレム。未だにこの地を巡る泥沼の争いは絶えることはない。この地がこのような戦乱の地になったことには、過去の十字軍による侵略の蛮行が影を落としている。しかし今回のテーマは、その十字軍による蛮行が繰り返されていた時代に、イスラム教徒と和平することでエルサレムをキリスト教徒とイスラム教徒が平和に共存する都市にしようとした若き神聖ローマ皇帝についてである。

 900年前、イスラム勢力に支配されていたエルサレムを奪回することを大義名分として、野心家であったローマ教皇・ウルバヌス2世が十字軍の派遣を計画する。異教徒を殺せば神によってこの世の罪を許されると吹き込まれたキリスト教徒達は、エルサレムを急襲、老若男女7万人のイスラム教徒を虐殺して、聖地を奪回する。これに対して、聖地を奪われたイスラム側も反撃、イスラムの指導者はジハード(聖戦)を呼びかけ、激しい戦いの後に再び聖地を奪回する。これに対して教皇は再び十字軍を派遣、血で血を争う戦乱となった。

 なおこの時にウルバヌス2世が十字軍の派遣を命じた文書が残っているが、狂信と偏見と野心に満ちていて、少し聞いただけでも胸糞が悪くなりそうな内容である。こういう輩が当時の宗教界を支配していたというのがこの時代の不幸である。

 こうして泥沼の戦乱が始まってから130年後に突然に講和が結ばれるのである。これを実現したのは若干20歳で神聖ローマ皇帝に就任したフリードリヒ2世だった。元来十字軍を指揮する立場にいたはずの彼が、このようなことを実現できたのには理由があるという。

 フリードリヒ2世の出身地はシチリアであり、この地はイスラム圏とキリスト圏の双方に属した時期があるために、両者が自然に共存している世界になっていたという。そのために彼はイスラム文化に対する理解が深く、ローマ教皇などのようなイスラムは滅ぼすべき人類の敵であるなどの馬鹿げた狂信にとりつかれていなかったらしい。まち新たに皇帝に就任したフリードリヒ2世の元に使節を送り込んだイスラム側も、彼がイスラムに対して理解が深いのに驚き、イスラムの指導者であったアルカーミルは彼と個人的親交を結んでいたという。

 しかしフリードリヒ2世の個人的思想とは別に、彼には十字軍の指揮官という立場があった。ローマ教皇から十字軍の派遣を強制された彼は仕方なく兵を集めて出航するが、まもなく船の中でチフスが流行、彼自身も病に倒れて引き返してくる(どうも病気にかこつけてサボタージュしたような気もする)。戦闘をすることさえなく帰還した彼に教皇は激怒(多分教皇も、私と同じように感じたのだろう)、フリードリヒ2世に対して破門の処置を下す(教皇から破門されるということは、キリスト教世界との一切の関わりを断たれることになるという)。

 この処置に怒ったフリードリヒ2世は「教皇は羊の皮を被った欲深な狼だ」と語ったという。この時に彼は教皇なる輩の正体を痛感したということか。

 教皇と対立したフリードリヒ2世は、武力で奪還できなかった聖地を交渉で奪還することを考え、自分の手勢だけを引き連れイスラム圏に訪れ、アルカーミルと聖地引き渡しを求める交渉を行う。フリードリヒの大胆な交渉(と言うよりは、厚かましいという気もする)に難色を示すアルカーミル(彼にしてもイスラムに対する配慮がある)、しかしフリードリヒは粘り強い交渉の結果、なんと聖地引き渡しに対する合意を獲得してしまうのである。

 その合意文書というのが、実に双方の立場を反映した内容である。第1条は神聖ローマ皇帝がエルサレムを統治することを認めるというフリードリヒの要求に沿うもの。第2条は皇帝は神殿の丘(イスラムの聖地)を侵してはならず、神殿の丘はイスラム教徒が管理するというアルカーミルの立場に配慮したもの。驚くのは第6条に皇帝はイスラムの君主に敵対する勢力に食料や軍隊を提供しないこと、第8条にキリスト教徒が平和条約に反する行動をとる場合には皇帝はイスラムの君主を守るなどの条項があることだ。つまりフリードリヒは場合によってはアルカーミルのために教皇と戦うことさも約束したというのである。

 イスラムに対する理解の深かったフリードリヒでこそなしえた合意であるが、祖国に帰還した彼を待っていたのは教皇の軍だった。彼ら狂信者達は、フリードリヒを「悪魔と手を組んだ裏切り者」として攻撃してきたのである。こうしてフリードリヒと教皇の戦いは彼の生涯に及んだとのことである。

 子供の頃からイスラム教徒とキリスト教徒が共存している社会を見てきたフリードリヒとしては、なぜエルサレムでそれが出来ないのかが不思議だったのかもしれない。しかし残念ながら彼のこの進歩的考え方は、当時のキリスト教世界を支配していた狂信的な猿どもに理解できなかったのだろう。もっともこれは現代でもあまり変わっておらず、アメリカのブッシュやイスラエルのシャロンなどはやはり猿並みの知恵しか持っていない。その現実にはやりきれない悲しさを感じさせられる。

 

8/19 NHKスペシャル「日本人はるかな旅 第1集 マンモスハンター シベリアからの旅立ち」

 我々日本人はどこから来たのか。これについては未だに定説というものはない。今回のこのシリーズは最新の研究結果からその謎に迫ったシリーズである。

 縄文人のDNA鑑定の結果から解明されたのは、縄文人の祖先はシベリアに居住していた可能性が極めて高いということである。しかしこの時代のシベリアは氷河期であったはずである。なぜ氷河期のシベリアに人類が定住していたのか。

 しかし、実は氷河期のシベリアとは、我々のイメージする荒涼たる大地ではなく、草原にマンモスや他の動物が居住する比較的豊かな土地であったとのことである。この地域の人々はこのマンモスを狩り生活をしていた。

 最近シベリアで発見されたマリタ遺跡には、細石刃と呼ばれる骨と石器を組みあわせた高度な道具(この刃の鋭さを示すのに、研究者が自分の体毛を剃って見せていたのは印象的である。まるでカミソリ並の切れ味であった。)を使用した後が残っている。

 しかし2万年前、突然この地域から人類の痕跡がなくなる。実はこの時期、氷河期の中でも最も寒い次期が訪れ、この地域の生態が大幅に変化してしまったのである。そして人々は獲物を追って南下していった。そしてそのその中の一つの流れが、当時陸続きだったサハリンを経由したり、現在よりもはるかに幅の狭かった対馬海峡を渡って日本に訪れたと考えられる。

 しかし日本を訪れた彼らに新たな試練が訪れる。今度は氷河期の終結に伴う急激な温暖化による気候変化が訪れたのだ(1万5千年前までの間で7℃の気温上昇があり、現在の地球温暖化よりも早いペースであるとのこと)。この気温上昇は激しい環境の変化を伴い(草原から森林へと変化する)、彼らの獲物であった大型動物の減少を促す。さらに細石刃といった彼らの高度な武器による狩りが、ついにはこれらの動物を絶滅に追い込んでしまう。

 彼らは武器を細石刃から鏃に変え、小動物の狩りを始める。しかし小動物だけでは彼らの食料を賄うことは不可能だった。

 この頃に日本の文明が石器文明から土器分明に変化するという。ドングリなどの木の実を食べるには、土器を使って煮るという作業がどうしても必要であり、この土器の登場が彼らの食料問題を解決に導く。

 ちなみに土器はアムール川の流域で開発されたとの説があり、これが日本に渡来したと考えられるとのこと。ただしこの地域の土器は日本のものと違って、かなり厚手の土器であり、土器も日本に渡ってから独自の進化を遂げたと考えられる。土器は薄いほど煮炊きの熱効率が良くなる。しかし薄い土器を作るには高度な技術が必要である。我々の祖先は、土器の土に動物の毛を混ぜることで強度の問題を解決していたとのことである。

 日本人のルーツに切り込むという意欲的な企画で、最新の学説を取り入れた興味深いものである。今回の内容は私にとっても初めての知見が多く、実に面白かった。今後がなかなか楽しみである。

 

7/7 NHKスペシャル「医療 信頼は回復できるのか 第2回 問われる医師の”裁量”」

 医療事故の多くの背景に見え隠れするのが、医師の技量不足であるという。医師は患者にとって最善と思われる治療法を選ぶ「裁量」があるのだが、その陰に隠れて個々の医師の技量不足が現れることがなかった。今、そこにメスを入れようとする動きがある。

 ある病院の脳内外科が各医者による治療のデータを集めたところ、投薬の量や期間などが医師によってまちまちであった。これをつきあわせてみると、結局誰も根拠のないまま、経験で決めていたという。三人の医者が三様の治療法をとっていたが、これは元を正せば出身大学の違いによるものだったという。医師の臨機応変性を奪わずに、いかにして基準を設けるかに苦労しているとのことである。

 アメリカでは既に医療のガイドラインの作成と公開が行われているという。また医師の治療などを厳しくチェックして、問題を起こして医師免許停止などの処分をうけた医師の氏名を公開している。

 これに対して日本では医療事故が原因で免許を取り消された例はないという。

 日本でも新しい取り組みを始めている病院もある。死亡症例について、医師が集まって、担当医の判断が適切であったかどうかについて議論をかわすことを始めている病院の例を紹介している。医師の「裁量」の範囲内にまで踏み込んでの取り組みである。

 また診療内容にまで踏み込んで病院を評価しようとする動きも現れている。医療の現場を知った第三者が、病院の中をチェックする仕組みを作ろうとの取り組みである。第三者の目を通すことで、今まで気がつかなかった改善点が見つかることになる。

 基本にある考え方は、医療もサービス業であるということである。極めて当たり前のことであるのだが、今まで日本ではこの考え方が薄かった。サービス業である以上は、「顧客満足度」が重要なファクターになってくる。そういう意味ではこういう取り組みは正しいところである。

 

7/1 NHKスペシャル「医療 信頼は回復できるのか 第1回 事故は密室で起きた」

 大病院での患者取り違え、単純な投薬ミスに死亡事故。現在医療に対する信頼が揺らいでいる。その原因はどこにあるのか、どうすればよいのか。それに迫ろうとしているのがこのシリーズである。

 まず医療事故の事例について紹介する。

 埼玉の女子高生・古館友理さんの事例は、抗ガン剤の投薬ミスによる死亡例である。顎に出来た初期ガン(滑膜肉腫)を手術した彼女に対して、担当した耳鼻科の医者は、再発防止のために抗ガン剤による治療を開始する。だが、この医師は滑膜肉腫の治療経験がなかったので、医学書を調べて投薬量を決定する。ここで悲劇的なミスが生じる。彼は投与間隔の単位の週と日を勘違いして、一週間で投与する量を一日に処方してしまう。そして誰もこのミスに気がつかないまま、患者の容態が急変、友理さんは帰らぬ人になる。

 事故の原因は、未熟な医師をサポートできる体制が病院に整っていなかったことにあるという。医師とて人間であるから、いわゆるヒューマンエラーの類は避けられないし、誰もが最初からベテランのわけがないので、そこで二重三重のチェックが必要なのである。

 二つ目の事例は、心臓病の手術でなくなった河野浩一さんの事例。彼は心臓病を患っていたので、心臓の弁を取り替える手術を受けることになる。この手術は心臓病の手術としては初歩的なもので、この手術で死ぬ人は100人に1人か2人しかいないとの説明を主治医から受け、河野夫妻は安心して手術に臨んだ。しかしここで事故が発生する。動脈が破裂し、心筋梗塞を併発、処置が間に合わず浩一さんは二度と目を覚ますことがなかった。

 主治医から「避けられない事故だった」の説明を受けた妻の和子さん。しかし夫の葬儀が終わってから、主治医の言葉に引っかかるものを感じた彼女は、主治医に説明を求める。そこで主治医に明かされたのが、執刀したのが主治医ではなく教授であったということである。つまり河野夫妻は主治医の腕を信じて手術を任せたのだが、別の人物が執刀して手術を失敗したのである。

 和子さんが主治医の元を頻繁に訪ねるうち、主治医は手術にミスがあったことを告白する。しかし病院側はそれを認めず、とうとう訴訟になってしまう。なおこの主治医はその後、この病院をやめて別の病院に移ったとのことであるから、いろいろと複雑な事情が潜んでいることは容易に推察できる。

 いずれの場合も最大の問題は、病院側がすべての事実を隠していること。日本では医療情報は公開しないという風潮が強く、それが問題をこじらせている例が多い。

 これに対してアメリカでは、10年前に医療事故が相次いだときに、すべての情報を公開するように、方針を180度転換したという。事故が起こった時に情報を公開し、再発防止策を真摯に検討していくことで患者の信頼を勝ち取ることに成功したという。医者個人の責任を問わないかわりに、すべてのミスを報告するように義務づけているとのである。実はこの方法は医療現場に限った話ではなく、航空会社のパイロットのケースでも同様のことがなされている。

 日米での根本的な違いは、日本は「医師は絶対にミスをしない」という無理な前提に基づいているのに対して、アメリカでは「医師もミスをする可能性がある」という現実に即した対応をしていることである。日本のこの無理な前提というものも、実は医療現場だけではない。例えば「警察官は犯罪をしない」「原子力発電所は事故を起こさない」という無理な前提があちこちにある。その結果どうなるかといえば、ミスが起こった時には徹底的に隠蔽して、なかったことにしてしまう体質が染みついてしまうのである。

 今回のテーマは医療についての話であるが、どうも医療現場に限った話ではないように思える。日本はとかく「お上」意識が強い国だが、医師も「先生」などと呼ばれてふんぞり返っているところに問題があるのではないだろうか。権威を示そうとするから、無謬性が求められる。しかし人間である以上、そんなことは不可能であるから、嘘で誤魔化すことになるのである。

 

3/5 いきもの地球紀行「フラミンゴ」

 アフリカ大陸の裂け目大地溝帯。ここは活発な火山活動のために苛性ソーダの溶けた死の湖がある。ここではほとんどの生き物が生息できない。しかしここに住み着いているのがフラミンゴである。

 フラミンゴは櫛のようになったくちばしを使い、湖の中のプランクトンを濾しとって食べるのである。フラミンゴにとってソーダの湖は、天敵もなく餌も豊富な格好のすみかなのである。フラミンゴは太古の時代からこのようなソーダの湖で暮らしてきたのだが、地球の火山活動が沈静化するに従って、生息域を限られたのである。

 フラミンゴが数日ごとに必ず立ち寄るのが、湖に湧きだした温泉。この温泉の水にはほとんどソーダが含まれていないので、フラミンゴはこの水を飲み、またここで体についたソーダを洗い流すのである。

 しかしその水場はフラミンゴにとっては危険な地域である。多くの生き物がフラミンゴを狙っており、必ず数羽の犠牲が出るのである。そして犠牲になったフラミンゴは他の動物の餌になり、自然を養っているのである。

 フラミンゴは繁殖活動もソーダの湖で行う。天敵のいないソーダの湖は、繁殖に最適の地である。フラミンゴはここで1つの卵を産み育てる(卵を1つしか産まない鳥は珍しい。これはフラミンゴの雛の生存確率が高いことを意味する。)。

 なおこの時印象的だったのは、フラミンゴの子供が灰色の羽をしていたこと。フラミンゴの赤い色は、食料にするプランクトンの色によるのだということである。フラミンゴのひなは親からフラミンゴミルクと言われる栄養液をもらって育つが、その中に赤い色素が含まれるので、だんだんと赤い色になるらしい。ここで気になったのは、動物園のフラミンゴはどうしているのだろうかということ。赤い色素でも与えるのだろうか?

 

2/26 いきもの地球紀行「チャイロスズメバチ」

 幻のスズメバチと呼ばれているチャイロスズメバチの生態が描かれている。

 チャイロスズメバチは自ら巣を作ることはない。チャイロスズメバチはモンスズメバチなどの他のスズメバチが巣を作り始めた時を狙い、そこの女王を殺して巣を乗っ取ってしまうのである。やがて生まれたモンスズメバチの働きバチは、チャイロスズメバチを自分たちの仲間と間違い、チャイロスズメバチのためにせっせと働く羽目になるのである。まるでカッコウのような話である。

 このチャイロスズメバチというのはかなり凶暴で、集団でカマキリなどまで狩るそうである。私などはスズメバチが集団でカマキリを狩る姿を見ていると、つい「みなしごハッチ」を連想して、「カマキリのおじさん!」って叫んでしまいそうになった(笑)。

 チャイロスズメバチが乗っ取りのターゲットにするのはモンスズメバチだけでなく、最近都会に繁殖しているキイロスズメバチの巣を乗っ取ることもあるという。

 秋が来ると新女王が誕生する。こうなるともう働きバチは必要ないので、働きバチの幼虫はすべて新女王の餌になる(昆虫の世界って、なんでこうもエグイんだろう)。そして数百匹の女王蜂はオス蜂と交尾をし、春を待つ。この数百匹の中で将来自らの巣を作るのはせいぜい数匹であるという。チャイロスズメバチの世界もなかなか厳しいのである。

 非常に興味深い内容であったが、チャイロスズメバチの生態については、他のスズメバチの巣を乗っ取るという点以外は特に珍しいものではない。それにしても実は昆虫類が大嫌いな私にとってはキツイ内容だった(笑)。「ヒェー」って寒気がしそうになりながら、「オーッ」とうなずくという状態であった。

 

2/11 NHKスペシャル「エネルギーシフト 第2回 クルマが変わる世界が変わる」

 発電での二酸化炭素が削減されても、クルマによる二酸化炭素の問題を解決しないと、温暖化の問題は解決できない。特にこれから、中国などの国でモータリゼーションが進んでくると、一層の環境への悪影響が懸念される。

 このような中、問題解決の切り札として期待されているのが、燃料電池車である。燃料電池とは水素を燃料にして直接電気を取り出すシステムで、従来の水素燃焼などのエンジンよりも効率がよいのが特徴である。

 ただし問題になるのは水素の供給である。水素は扱いが困難であるため、水素ステーションが町中に出来るのはかなり先の話になるのは間違いない。

 そこで各メーカーは他の物質から水素を取り出すことを考えている。とりあえずアメリカはガソリンから水素を取り出すことを考えて、研究を進めている。これは従来のインフラをそのまま利用できるというメリットがあるのでかなり有望だとのことだ。ただ私が見たところ、この方式は資源の枯渇の問題を考えたときにメリットがないし、排出される二酸化炭素も多いと考える。多分アメリカがこの方式に走っているのは、石油企業(いわゆるメジャー)の政治の支配力が強く、ガソリンの存在価値を下げる政策に反対しているのだろう。

 これに対してドイツは燃料電池の原料にメタノールを考えている。メタノールの分解の方が技術的に容易である上に、メタノールは天然ガスから作れるので、資源的に有利である。ただこの場合は、従来のガソリンスタンドでは対応できないので、ガソリンスタンドの改造が必要である。

 方法としては明らかにドイツ方式の方が優れていると考えるが、政治的なものを考えた場合、中途半端なアメリカ方式で決着がつきそうな気がする。

 なんにせよ、各国は動き始めているのであるが、日本は異常に反応が鈍い。あの利益確保に汲々としている政治屋共を早急に一掃することが最優先であるようだ。

 

2/10 NHKスペシャル「エネルギーシフト 第1回 電力革命がはじまった〜ヨーロッパ・市民の選択〜」

 現在の文明は石油などの化石燃料を大量消費することで支えられている。しかし資源の枯渇や温室効果の問題などで、それも限界に達している。これからはエネルギー源を風力や太陽光などのような自然エネルギーにシフトしていく必要がある。その取り組みが世界的にどうなされているかというのがこのシリーズのテーマである。

 ヨーロッパは自然エネルギーへの取り組みが比較的進んでいる地域である。デンマークでは、風力発電で得た電気を電気会社が購入するシステムが確立されているから、自分の土地に風車を取り付ける人が増えているとのことである。また電気製品に対して、国の消費者情報センターがエネルギー効率を表示しているので、消費者はどの製品が省エネ効率が高いかを参考にして商品を購入することが出来る。

 ドイツのシェーナウでは、市民が作った電気会社が風力や太陽光などの自然エネルギーによる電力を購入して供給しているという。この方式の是非を問う住民投票では非常に意見が分かれたが、僅差で決定されたとか。ただし結果としては市民のエネルギーに対する関心を高め、市民が自分達で発電するケースが増えてきているという。 ドイツでは風力発電の比率が高く、電気の2%を供給しているという。これに対して日本はドイツの70分の1にすぎないという。これは発電コストが高いとか発電能力が不安定と言う問題があるからだとこの番組では指摘している。ただこれは実は核燃料を持ちたがっている政府が、原子力発電の存在意義が怪しくなるのを恐れて、わざと自然エネルギーが普及しないようにしているからである。

 ドイツでは温室効果に対処することを求められた時、原発への国民の反発が強いことから、国策として風力発電を推進した(日本では未だに「原発は環境によい」という詭弁を弄して、原発建設を推進しようとしている)。発電能力が不安定である問題については、風車の数を増やすことによって出力を安定化させたという。コストの問題については、電力会社に風力発電の電気を高値で買い取ることを法律で義務づけることで、風力発電を普及させ、そのことによって一気に風力発電装置の量産化が進み、コストが低減されたという。

 ただこのことが電力会社の負担を増加させることになったので、現在はこれらの負担は国民が背負っているという。日本でこれを導入する場合も、このような負担が国民に認められるかどうかも鍵になろう。

 スウェーデンでは化石燃料の使用を減らすため、火力発電の燃料を木材のチップなどのバイオマス燃料に切り替えているという。確かにこの方法では二酸化炭素は出るが、植林することでその二酸化炭素を再び吸収することが出来るのである。また発電での廃熱で温水を作り家庭に配給するコジェネレーションによって、エネルギー利用効率を上げている。

 どこの国でも共通して言えるのは、政治がビジョンを持ち、強力なリーダーシップによって政策を推進していることである。これに対して日本にはビジョンがなく自己の利益蓄積のために業界と癒着する議員ばかりで、政治にはリーダーシップが不在である(森のような絶望的なほど無能な総理がいるようでは)。なにやら暗い思いにとらわれる。

 

10/22「世紀を越えて テクノロジー・あくなき挑戦5 インターネット・中国を変える公開技術の衝撃」

 今までマイクロソフトのWindowsが独占していたOSの世界に殴り込みをかけたのが、フリーOSであるLinuxである。これに目を付けたのが中国である。

 中国としては、中身を改造できないWindowsよりも、自由に改造の出来るLinuxは魅力的であった(アメリカの会社にOSを独占させるのは好ましくないという政治的理由も多分にありそう。「民主独裁」を謳っているこの国が、やたらに「OSを一社に独占させるのは好ましくない」と連発していたのは実に印象的だった。)。現在の中国はこのLinuxを中心とした情報革命が進行中であるというのである。

 国が情報産業に力を入れている中国に比べると、日本はかなり遅れている。これが後で取り返しの付かないことにならなければ良いが。 

 

9/10「世紀を越えて テクノロジー・あくなき挑戦3 疾走・人間の限界に挑む」

 テクノロジーについて解説している本シリーズの今回のテーマは、スポーツ医学である。かつてのマラソンのトレーニングと言えば、足の筋力を鍛えるというのが中心であったのだが、それがやがて心臓などの循環器系を鍛えるというトレーニングになり、現在は「血を鍛える」と言うことらしい。これは高地トレーニングなどで赤血球を増やして「戦える血」を作り上げるということらしい。

 このようなスポーツ医学の進歩はドーピングという負の面をも作り出した。東ドイツの選手などはかつて国家レベルで行われたドーピングの後遺症で苦しんでいるという。中でもショッキングだったのは、思春期の頃に筋力強化に男性ホルモンを投与されたせいで、男性化してしまった女性選手の話である。ここまでの事態が発生すると、オリンピックそのものが愚かしく見えてくる。

 オリンピックでメダルを取ろうとすると、もはやスポーツ医学は不可欠だとのこと。日本の選手なども、ドーピングは行っていないが、ありとあらゆる栄養補助食品などを使用しているという。

 さらに不気味だったのは、選手に動物の遺伝子を導入することで、動物の筋肉を作る(例えば蛙の筋肉を持つ高飛び選手とか)ことで記録を飛躍的に伸ばすなどということも、理論的には考えられるとのことである。もしこんなことが許されれば、未来のオリンピックはキメラ選手ばかりが登場することになる。考えただけでゾッとする話である。ここまで来ると、もはや「オリンピックなどいらない」と言いたい。

 

7/16「四大文明 2 メソポタミア・それは一粒の麦から始まった」

 NHKの新企画は四大文明について見ていこうと言うことらしい。ちなみに先週にはエジプトを扱っていたが、私は録画はしたもののまだ見る時間がとれなかったので、今度改めてコメントしたいと思う。ちなみに四大文明という括り方は実はもう既に古いもので、地球上の古代文明は4つどころではないということが定説になっている。

 メソポタミアとチグリス川とユーフラテス川に挟まれた三角地帯で、現在のイラクに当たる。メソポタミア文明は、教科書などでは「楔形文字」で有名であるが、確かに世界で最も昔に文字を発明した文明であると言われている(本当かどうかは知らないが)。

 ウルの遺跡と言われるメソポタミアの大遺跡は、イラクの砂漠の奥の荒涼とした大地の中にある。ただここの遺跡も、先の湾岸戦争でアメリカ軍の爆撃により損傷を受けたという。今は荒涼たる砂漠の中にあるこの地域も、以前は麦の栽培などがなされていたという。

 トルコにチャイヌの遺跡と呼ばれる遺跡があるそうだが、この地域には野生の麦が存在するという。そしてこの地域で、野生の麦を農耕で栽培することが始まったという。今でもこの地域に住むクルド人はこの麦を主食にしているということである。そしてこの地域から麦の栽培がチグリス・ユーフラテスの下流地域に伝えられたと言うことである。また現存しているシュメールの遺跡が砂漠の中になってしまっているのは、ユーフラテスの流路が変わったことによるという。

 このチグリス・ユーフラテスの流域で、彼らは灌漑農業を始めた。これによって麦の収量は飛躍的に増大し、そのことによって彼らの文明は発展した。

 こうして繁栄した彼らの文明であるが、彼らは他の多くの文明と違って、永遠の命などの類の考えは持っておらず、人間は労働をさせるために神が土から生み出したもので、死んだら土に帰ると考えていたそうである。ある意味で合理的なところがある。文明によって、自然との共生を前面に打ち出している場合と、自然の克服を前面に出している場合があるが、どうやらこの文明は後者であったようである。その意味では現代文明と近い性質を持っているように思える。

 しかしこうして繁栄した彼らの文明も、農地の疲弊(塩害を受けた)、外敵の侵入などによって滅亡する。また自然に挑んだ彼らが自然を破壊しすぎたことも考えられるようである。何やら現代文明にも相通じるものを感じてしまう。

 

6月17日「世紀を越えて いのち・生老病死の未来6・自分らしく死にたい・安楽死が問いかける生と死」

 ガン治療の話があった次の今回は、安楽死の問題である。

 アメリカ・オレゴン州では世界で唯一、安楽死が合法化されている。オレゴン州における安楽死のための手続きは、まず医師が余命半年以内の診断を下した後、患者が口頭で安楽死を請求する。その後、2週間の考慮期間があり、患者はその間にもう一人の医師から同様の診断をもらう必要がある。2週間後、患者は今度は書面で安楽死を請求し、48時間以内に医師は薬を処方する。医師が処方するのは睡眠薬で、これを大量に服用することで患者は死に至る。

 しかしながらアメリカでもこれには賛否両論あり、アメリカの議会でも安楽死を禁ずる法律を制定しようという動きがあるという。しかしながら不治の病を抱えている患者達にとっては、自分の死は自分で選びたいという意志が強いという。

 これはなかなか重いテーマで、安直な結論を下せないものである。ただ私個人としては、苦しんで死ぬよりは尊厳を守って死ぬという選択肢はあっても良いと思える。番組としては、登場していた患者達が結局は、すべて放送までに亡くなっているというのが、極めて痛々しかった。

 

6月11日「世紀を越えて いのち・生老病死の未来5・ガンと闘う・患者主役の治療へ」

 ガンは決定的な治療法がないために不治の病と言われ、ガン宣告=死刑宣告ととられやすい。そのために患者が自暴自棄に陥ることを恐れて、未だに告知をしない医師が日本には多い。しかし現在では多くの抗ガン剤が登場し、ガン治療のオプションも多くなっている。しかし適切な治療をするためには、患者にすべての情報を公開して、協力を求める必要がある。

 アメリカでは当たり前になりつつあるこの方法に挑んでいるのが、この番組で紹介された平岩医師である。彼の元には他の医療機関で回復不可能と言われたガン患者達が多く訪れている。彼は患者にすべての情報も治療法も公開して、患者の理解を求める。彼の言によると「敵を知らずして戦うことはできない」だそうである。多くの患者は情報がない状態の中で不安に駆られていたので、むしろすべてを明かされることで安心し、闘病の意欲も湧くという。

 また平岩医師の治療の特色の一つは、夜間の抗ガン剤治療があることである。抗ガン剤の投与には9時間かかるが、ある小腸ガンの患者(34歳の出版社部長)は夜の9時から翌朝の6時までの治療をしている。彼は朝は病院から勤務先に通勤している。これは患者の生活を守ることに重点を置いていることと、ガン細胞は夜間に分裂活動が活発になるので、抗ガン剤の投与は夜にした方がよいという事実があるからだという。

 また大きな問題の一つは使える抗ガン剤の種類が限られていることだという。当初は効果のあった抗ガン剤も、長期に使い続けるうちにガン細胞が耐性を持ってしまって効果がなくなるという(まるで細菌と抗生物質の関係のようだが)。その時は新しい抗ガン剤を使用するしかないのだが、日本では使える抗ガン剤は5種類しかないという。患者にとっては、使える抗ガン剤がなくなった時が命の終わりになってしまうのである。

 これに対してアメリカでは、ガン患者の要望を受けた形で、抗ガン剤の認定が6ヶ月でできるようにしたという(今までは1年はかかっていた)。効果があることさえ確認されれば認定するという方針らしい。これは副作用の危険などにはある程度目をつぶるということを意味しているのだが、副作用の危険性とその薬による延命効果を考えたときに、承認を急いだ方が患者にとってのメリットがあるという。

 またさらに一歩進んで、現在認可されている薬に効くものがなくなってしまった患者に対しては、臨床試験中の新薬を患者の合意の元に投与する例もあるという。これも副作用の危険があるのだが、患者にとってはほかの選択肢のない中での選択なので、可能性に賭けるということだろう。ある意味、アメリカらしい考えではある。

 今まで日本は医療に関しては医者に任せて、患者は口出しをしないという体勢になっていた。しかしこれからの時代は、患者も医療に参加し、自らがどんな医療を受けるかを考える時代になるだろう。ただ医師の方の意識改革がまだまだのようであるが。

 

6/4 NHKスペシャル「コンクリート高齢化社会への警告」

 山陽新幹線トンネル内でのコンクリート剥離事故などで明らかになったように、日本の各地でコンクリートの老化による問題が発生している。かつては半永久的といわれ、最低でも100年は保つと言われていたコンクリートであるが、実際は20〜30年ぐらいでかなり深刻なトラブルが発生している。

 コンクリート建築が日本で始まったのは100年ほど前からである。しかし実はこの時代のコンクリート建造物は未だにほとんどトラブルを起こしていない。実はもっと新しいコンクリート建造物が、外壁剥離や亀裂による雨漏りなどのトラブルに見舞われているのである。

 ちょうどトラブルに見舞われているのが、築30年ぐらいのかつての団地ブームなどに建造されたマンションである。しかし修理や建て替えをするにしても莫大な費用が必要である。しかし入居者の大半が65歳以上の高齢者であり、建て替え費用の捻出のメドは立っていない。

 コンクリートにこのようなトラブルが起こる原因として、コンクリート中の水分の含有量の多さがあげられる。コンクリートは水分が多いほど流動性が増して施工が容易になるが、コンクリートの強度がきわめて低くなるのである。いわゆる高度成長期に作られた建造物にこのような手抜き建設が多く、これが現在に問題になっているのである。

 これらが端的に露呈したのが阪神大震災である。この時には高度成長期に建造された新幹線の橋脚や阪神高速が破壊された。そしてこれらはことごとく施工不良であった。専門家はこの事態に愕然としたという。また山陽新幹線では工期厳守のために、手抜き工事がまかり通ったということである。

 こうなってくると、この番組でも掲げていたが「作る時代から、維持管理する時代へ」ということになる。しかしその費用が馬鹿に出来ない。

 日本よりも先にコンクリート高齢化の問題を迎えているアメリカでは、ライフサイクルコストという考え方が一般化しつつあるという。つまりその建造物を建設してから解体するまでのすべてのコストを計算せよということである。良質なコンクリートを使用することは、当初の建設費は上昇するかもしれないが、ライフサイクルコストで見ると安くなるのである。

 結局、日本ではこのような効率を考えずに公共事業などばかりを行ったことが諸悪の根元であり、土建屋に仕事を回して票を稼ぐことが政治家の仕事と考えてる土建政治家が悪の元凶であると言えよう。ここらで、政治体制から発想まですべて変えていくことが必要なのである。

 

5/28 NHKスペシャル「世紀を越えて いのち・生老病死の未来4・トラウマ・心の傷」

 大きな事件などに出くわした人が心に傷を負い、それに後まで苦しむことがある。アメリカでのビル爆破のテロによる被害者達の中に、精神的な後遺症が出ている人がいる。

 爆破の後、瓦礫の中に閉じこめられたある女性は、子供の泣き声を聞くと事件を思い出してしまって逃げ出したくなるのだという。彼女はPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断され、現在は郊外で一人暮らしをしているという。しかし未だにサイレンの音に過敏に反応して落ち着かなくなるところに彼女の心の傷の深さが見えていた。

 またベトナム戦争に参加したある男性は、ディーゼルの臭いを嗅ぐと、恐怖を感じ手に汗をかいてしまうという。

 このような大きなストレスは脳内に変化を起こしてしまうことが最近の研究で明らかになり始めた。人間は扁桃体といわれるところでCRFが分泌されることで、不安や恐怖といった感情を感じることになるのだが、これに理性をつかさどる前頭葉がブレーキをかけるのである。しかしPTSDの患者ではこの前頭葉の働きが低下することが分かってきたとのことである。

 これに対する方法として、トラウマを負ったときの体験を順序立てて言葉とすることで、脳が過去の出来事として処理できるようになるという治療法が紹介されていた。つまり自分の体験を客観的にとらえることで、理性的な判断が出来るようになるということである。

 PTSDがアメリカで深刻視され始めたのはベトナム戦争後だという。ベトナム帰還兵の中に、精神的ストレスによってまともな生活が出来ない者が相次いだという。そのため未だにホームレスの中にはベトナム帰還兵が多いという。

 またトラウマが問題視されているのは、児童虐待などによる心の傷である。最近になって児童虐待が連鎖するといわれているが、虐待によって多重人格症が現れる事例が多いという。虐待を受けている自分が別の人物だと感じるような逃避をしているうちに、人格が分裂してしまうのだという。

 多重人格症患者の脳について調べた博士によると、児童虐待などを受けた患者では脳の中の海馬が12%も萎縮していることが判明したという。記憶をつかさどる海馬はストレスに弱い細胞が多いので、海馬が萎縮し、それによって記憶が混乱してしまうという。

 こういう事態に対して、カウンセリングのような心的方法だけでなく、薬物で回復を試みる研究もなされているとか。SSRIという物質は投与することでストレスを抑えて、脳を回復することもできるという。ただし私個人としてはこれは疑問。変に脳細胞を刺激する物質を投与することには危険性を感じる。

 今回の番組ではアメリカの事例ばかりが取り上げられていたが、PTSDは日本でも問題化しており、地下鉄サリン事件の被害者や半身大震災の被災者などでも問題化している。しかしこの番組で日本の取り組みの事例が出てこなかったのは、日本では対応がほとんどなされていない現状を物語っているようでもある。

 

5/21 NHKスペシャル「世紀を越えて いのち・生老病死の未来3・脳死移植 生と死の問いかけ」

 日本ではまだ始まったばかりの臓器移植であるが、アメリカではもっと以前から普通の医療として定着している。

 冒頭で脳死患者から臓器を摘出する手術の光景が映ったが、ここでショッキングであったのは、当然のことではあるのだが、まだ心臓が動いていること。これを見ると家族などが心理的な抵抗を感じることもやむを得ないことも感じられる。さらに肝臓、骨、皮膚と摘出は進み、結果としてこれらの臓器は70人の患者を救うことになったという。

 しかしやはり提供者の遺族としては、臓器提供後もやはり脳死を死として認めることには納得が出来ていないものが多いという。アメリカでは家族の承諾だけでも臓器提供が出来るので、患者の死に際しては移植コーディネーターと呼ばれる人がやって来て、臓器の提供を依頼するという。確かに合理的ではあるのだが、これなども日本人には心理的抵抗の多いものであると思う。そしてアメリカ人もやはり身内に対する感情は同じであり、臓器提供後に「自分の選択は間違っていたのではないか」と後悔にさいなまれる家族が多いのである。そして今や移植コーディネーターはこれらの家族に対するケアも仕事になりつつあるという。

 また移植を受けた患者の中にも心理的負担を訴える者もいる。心臓移植を受けて命をとりとめることが出来たある開業医は、移植を受けてから死にまつわる夢をよく見るようになったという。誰かの死によって自分が生きているという後ろめたさに近い感情があるという。また彼によると、自分の心臓に対してどうしても異物感を感じてしまうと言う。また患者は拒絶反応と一生戦っていかなければならない。数年後に拒絶反応が起こることもあり、アメリカでは臓器の再移植を受ける患者が年間100人ほどいるという。

 アメリカでは内臓だけではなく腕の移植なども行われており、左腕を移植した男性の例をあげていた。驚くべきは、キチンと動くし、鈍いながらも熱いや冷たいの感覚があるということだ。ただ内臓でも違和感があるという人がいるぐらいである。果たして自分に他人の腕がついていると言うことがどういう感覚か、私にはとても想像できない。

 移植医療が進歩するにつれて問題化しているのが、臓器提供の不足である。このためオランダなどでは18歳以上の国民の全員に臓器提供の登録用紙を送付したという。ちなみにこの用紙での選択肢は4つ、「臓器を提供する」「臓器を提供しない」「決断を家族に委ねる」「(恋人等)特定の第三者に判断を委ねる」。これらの選択肢を選び、一度登録をすると本人の申し出がない限り変更はないという。 ある若者の事例では、本人は臓器提供に同意するつもりだったのだが、母親が反対(彼女自身は自分の臓器提供には同意しているのだが)、結局は用紙を送付するのを思いとどまったという。実際このような事情で、未回答率は44%、臓器提供の意志を示した者は20%にすぎず誤算であったという。

 もっと強引なのはイタリアの事例。イタリアでは用紙の返送を3ヶ月以内と義務づけ、3ヶ月以内に反対の意志を示さない場合は同意したと判断するというのである。ここまでくると果たしてこれが正しいのであろうかとの疑問も感じてしまう。

 私が以前に読んだラリィ・ニーヴィンのSF小説で、臓器移植が進歩した結果、死刑の犯罪者から臓器を摘出することが決議され、その結果当初は殺人などに適用されていた死刑が、収賄など他の犯罪にも次々と拡大され、最後にはとうとう交通違反にまで死刑が適用されるようになるという作品があった。何やらこの調子ではこれが現実化するのではないかと危惧してしまう。

 またアメリカでは人骨などの人体部品の加工を請け負う会社が登場し、人体の商品化の懸念が現れるなどの問題も現れている。またさらに問題になっているのは、臓器提供者の家族が移植を受けた患者と会いたがるケースが増えていること。現在の臓器提供はあくまで無償の善意が原則であり、臓器提供者の家族と移植患者が会うことは禁止されており、匿名が原則である。これは臓器提供者の家族が、移植患者から金品を要求することなどの危険を警戒してのことである。実際に移植コーディネーターが懸念している問題はこれ以外では、臓器提供者の家族が死者の代わりに患者に対して深い人間関係をもとめる可能性や、逆に患者側が体調がすぐれない場合に提供者の家族を逆恨みする可能性などである。だが臓器提供者の家族の感情を考えて、家族と患者の双方の同意がある場合には対面を認めるということを決めたという。この番組では、息子を失った母親が心臓移植を受けた患者と対面することで心に整理をつけた事例についてあげていた。ただ果たしてこのようなハッピーケースだけであろうか。それが大いに疑問である。例えば自分の家族の臓器提供を受けた相手が人間的に好きになれないタイプの場合や、拒絶反応などで再手術されていた場合などにどうなるかなどを考えると、難しい問題はまだまだ多そうである。

 

4/30 NHKスペシャル「世紀を越えて いのち・生老病死の未来2・遺伝子診断の光と影」

 現在、ヒトゲノム計画などによって人間の遺伝子を解読するという作業が進行しつつあるが、それとともに遺伝子の役割なども解明されつつあり、特定の病気になりやすい体質などが事前に予測できるようになってきた。遺伝子の特定の部分に欠陥があることで、その病気になりやすいなどということが分かるのである。これが遺伝子診断である。

 この遺伝子診断が数々の波紋を投げかけている。アメリカではかなり遺伝子診断が進んでおり、例えばガンになりやすい体質なども分かる。だが「あなたはガンになりやすい体質です」と診断された患者はどう思うか。実はそれが一番の問題なのである。

 例えば両親が乳ガンで死亡したことで不安になった(女性に比べると珍しい事例ではあるが、男性も乳ガンになることはある。ただなかなか世間の理解が得られなくて患者は苦労しているそうだが。)女性が遺伝子診断を受けた結果、「70才までに乳ガンになる確率が84%、卵巣ガンになる確率が27%」と診断をされた。この女性のとれる道は3つあった。1つは頻繁に検診を受けて早期発見をめざす、2つ目は乳ガン予防のために開発された新薬を試すであったが、不安に駆られた彼女は第3の方法を選択した。それはガンになる前に乳房と卵巣を除去することだった・・・。彼女はこの選択によって不安は小さくなったと言っているが、正直なところ「いかにもアメリカ人らしい、おおざっぱなやり方だな」というのが私の正直な感想である。今日ではガンは早期発見によってほぼ完璧に治療できるのであるから、まめな検診によってガンが発見され次第直ちに治療することで生命に対する危険はほとんどない。それをまだ病気でない器官を除去するというのは医療としては異常である。少なくとも日本の常識では、医者がこのようなことを積極的に勧めるとは考えにくく、これは不安感に駆られた患者がかなり積極的に望んだ結果ではないかと感じられる。

 またインシュリン依存性糖尿病になる可能性が高いと診断された子供のケースも紹介されていたが、彼の両親は肉食を週一回にし、彼にはチョコレートなどの甘いものを一切食べさせなくなったという。しかしインシュリン依存性糖尿病にこのような食事療法が通用するかどうかは医学的に証明されていないと言う。これなども、恐怖に駆られての過剰反応の類のように私には思えた。子供が甘いものや肉類を好むのは、成長に必要であるから本能的にこれらを求めるからであることを考えると、むしろ彼の成長に関して悪影響が及ぶのではないかとそちらの方が心配になった。

 さらに問題になっているのが、アメリカでは国民健康保険に該当する制度が存在しないため、民間会社の医療保険を使用している国民が多いが、それらの保険会社に遺伝子情報が伝わることによって、遺伝的に病気になる確率の高い人には医療費の支給が断られたり、保険料が高くなったりなどの不利益が生じるのではないかということである。連邦議会は保険や雇用での差別を禁ずる法律が提出されているが、これに対して全米医療保険協会は猛反発している。また公務員の採用について差別を禁止する大統領令は発令されたが、民間企業については企業の反発で実現していない(裏を返せば、民間企業では遺伝子情報に基づく就職差別を実施したいという意味でもあるように私には思える)。

 また現在の医療では「不治の病」である病気の将来の発病を指摘された人物の問題もある。ある34才の人物は早期発症型アルツハイマーを将来に発病すると指摘された。アルツハイマー病は治療法が開発されていないので、これは彼にとっては「緩慢な死刑判決」を受けたに等しく。母親が早期発症型アルツハイマー病で亡くなるのを見てきた彼は強度の不安に駆られており、現在は一ヶ月に一度カウンセリングを受けているという。彼は自らの意志で診断を受けたのだが、それでも自殺も考えたと言う。彼はその後結婚し、生きていく決意をしたが、未だに不安の中で日々を送っている。

 遺伝子診断は受精卵にまで適用され、今や病気の可能性のある受精卵は除去されるような選別も行われつつある。しかしこれは非常に問題の多いことであるのは間違いない。特に障害者などは、これは自分達が「存在してはいけないもの」として白眼視されることにつながりかねないと反発している。彼らの懸念はもっともである。また特定の特質を持ったものだけが遺伝子で選別されることになれば、例えば独裁国家によって従順な性質を持っている子供だけが選別されたり、特定のタイプの遺伝子型の人間に偏ることになれば、環境の変化に遭遇した際に人類が種として滅ぶということさえもあり得る。

 この番組を見ていると、人類は踏み込むべきでない領域に踏み込みつつあるのではないかという気持を強くする。どうしも「科学性善説」的な楽天的見方はできなくなる。

 

4/23 NHKスペシャル「世紀を越えて いのち・生老病死の未来1・人体改造時代の衝撃」

 冒頭から、パーキンソン病にかかったマイケル・J・フォックスが登場するという、かなり意表を突く導入部で始めたのが今回。テーマはバイオテクノロジーの進歩によって人体のパーツが作れるようになるという時代の到来である。

 アメリカで突然の肝機能障害を起こした患者が緊急入院した。一刻を争う症状の中、彼は肝臓移植を受けることになったが、ドナーが現れない。このままでは彼の命は風前の灯火と思われた。ここで医師が採った方法が、豚の肝臓を使う方法。彼の血液を体外に導き出して、豚の肝臓によって浄化してから体内に戻すという方法で、彼は臓器移植を受けるまでの間を凌ぎ、命をとりとめることが出来た。信じられないような話であるが、昨今の移植医療の進歩で移植臓器が不足し、豚などの臓器を移植することも検討されているらしい。彼の事例はその可能性を示すものとして注目されているとか。

 移植医療は第二次大戦中に、やけどを負った将兵に対する皮膚移植などが始められたのが最初だったそうだが、最初は自分の他の部分の皮膚を移植する自己移植だったのに対し、その後他人の臓器を移植できるようになり、今は他の動物の臓器を移植するという段階に進みつつあるとか。またアメリカで最近に問題になった事例は、ある女性が骨髄移植をしないと命が危ない状況になったのだが、彼女の骨髄のタイプが非常に珍しいので、適合するドナーが現れない。そこで彼女の母親がとった方法が、もう一人子供を産んでその子供をドナーとする方法。結果的に移植は成功し、彼女は命をとりとめて現在は赤十字で移植のコーディネイターとして働いているとのことだが、これは当時には宗教界なども巻き込んで、倫理的な大議論を呼んだそうだ。

 現在注目されている技術は、受精卵のES細胞という細胞を用いて臓器を作り出す方法であるが、この方法がまた倫理的な大議論を呼んでいる。つまりこの技術は受精卵を原料として用いるので、命を軽視しているという議論である。実際にこの技術に反対している医者は、このまま行けば将来的には貧乏人が受精卵を売買することになりかねず、受精卵を用いることが出来るのなら、赤ん坊でもいいのではないかなどと言うことにもなりかねないと言う。一見極論に聞こえるが、確かにあり得る話であるだけに、難しいところである。

 またアメリカでは人のクローン技術を禁止していないので、民間企業の中にはクローンを目指している企業は多いという。また中には、牛の卵子に人間の核を移植して受精卵を作ってES細胞を取り出すという技術を開発しているところもあるが、例えばその受精卵を子宮などに戻して生育させるとどうなるのかなどを考えていると、非常に恐ろしくなってくる。一つ間違えれば、ミノタウロスが生まれかねないのではないかという恐怖を感じる。

 アメリカはバイオ技術を21世紀のキーテクノロジーと考え、規制等をしない方針のようであるが、果たしてこれが正しいのかには大いに疑問を感じる。人間の生命を資本主義の論理に委ねるというのは、資本主義社会の弊害の最たるもののように思える。この調子で行けば、いずれは臓器売買はおろか、人身売買まで行われるのではないかという気がする。そういえば、アメリカという国はつい最近まで黒人を人身売買していた国ではあるのだが。 

 

3/26 NHKスペシャル「世紀を越えて クライシス・突然の恐怖6」

 20世紀は戦争の世紀とも言われるが、一面ではテロの世紀でもあった。アメリカなどの超大国に正面から軍事的に衝突しても勝ち目のないような弱小国が自分たちに有利にことを運ぼうとして選んだ手段の一つがテロである。

 テロが卑劣であるのは、なんの関係もない一般人を大量に巻き込むことである。例えばアメリカに対する批判が目的であったとしても、そこで殺されるアメリカ市民個別に責任があるものではなく、ましてや他国人まで巻き添えを食らうことがある。一般的に、死亡することを想定されている戦闘員を対象とせずに、後方の非戦闘員を標的とする攻撃方法は戦争の法理から言っても卑劣な行為であると規定される。だからこそ非戦闘員をターゲットとしたテロは卑怯なのである。ただし非戦闘員をターゲットにしているという点では、核兵器も同様であるということは忘れてはいけない。

 近年は政治絡みのテロだけでなく、地下鉄サリン事件などのようなカル宗教組織によるテロなども発生し、テロも多様化しつつある。中には人殺しだけを目的とした愉快犯としか思えないような不可解な事件も増えている。

 世界貿易センターの爆破テロはアメリカを震撼させた。犯行はイスラム原理主義の過激派によるものだった。背後にはラーマンなる人物が黒幕として存在することが疑われていたが、FBIは証拠を掴んでいなかった。そこでFBIはスパイを送り込んで捜査を継続した結果、ラーマンがアメリカ軍を攻撃するように指示した会話をキャッチして逮捕したとか。アメリカがテロに対して必死の対応をとろうとしていることをうかがわせるエピソードである。ただアメリカをターゲットにしたテロはこれだけではない。

 イスラム原理主義者のテロリズムが始まった最初は、ソ連によるアフガン侵攻であったとのこと。共産主義に抵抗するために世界中からアフガンに原理主義者が集まったのである。そしてアメリカも彼らに武器を供与したり訓練をしたりの支援を行った。しかし後に彼らの一部がテロリストとなり、今度はアメリカに牙をむいた。こうして考えるとアメリカにとっては皮肉なことに、自業自得の側面があることは確かである。イラン革命がイスラム原理主義に火をつけ、これが中東を支配しようとするアメリカとの対決状態に陥ったとのこと。湾岸戦争による一般市民をも巻き込んだアメリカの無差別攻撃がさらに彼らの怒りに火をつけた。こうしてさらにテロは激化することになっていった。

 なんと言ってもたちが悪いのは、彼らは神のために命をかけることをなんとも思っていないし、神の名の下に無差別殺人をする事に抵抗を持っていないことである。狂信者というもののたちの悪さを考えさせる事例である。

 オウムによる地下鉄サリン事件で最も震撼したのもアメリカである。オウムの事件は、街中で化学兵器を使用することでどれだけ大きな被害を及ぼすことが出来るかを世界中のテロ組織に対しても宣伝したに等しい事件であった。アメリカは目下のところ、生物・化学兵器によるテロに対処するための訓練を実施しているとか。この問題もなかなか解決をみるのが困難な問題である。

 

3/12 NHKスペシャル「世紀を越えて クライシス・突然の恐怖5」

 今回は航空機事故について。人類は航空機事故を防止するために、今まで各種の安全策を講じてきた。その甲斐があって航空機事故も減少、これで航空機事故はいずれはなくなるのではないかと思われていたのだが、最近その事故件数の減少が下げ止まりになるどころか、むしろ増える傾向さえ現れつつある。今後航空機はさらに増加すると思われ、このまま行けば将来は9日に1研の割りで世界のどこかで航空機事故が起こることになってしまう。事故防止のために何をすべきか、それがテーマである。

 大西洋に墜落したTWA機の事故では、配線からの火花が燃料に引火して爆発したと見られている。ジャンボ機の膨大な部品の中の一つに欠陥があっただけで、大事故の危険があるのである。驚いたのはNTSB(アメリカ・国家運輸安全委員会)がこのTWA機の最後の模様をCGで復元して、遺族達に見せていたこと。さすがにアメリカという国は事実検証が徹底している。ただ日本ではこういうことは、逆に遺族の心を痛めることになると問題になりそうな気がするが。

 アンデス山中で山に激突して墜落したアメリカン航空の例では、自動操縦に頼りすぎたパイロット達の操作ミスが原因であり、最近はこのようなヒューマンエラーが問題になりつつあるという。確かに今のビデオなどを見ても分かるように、システムが複雑になりすぎると人間の操作ミスというものは増えるものだ(私自身、未だにビデオの録画予約に失敗することがある)。

 またシステムが巨大化することでの問題が、チャレンジャーの事故を例に挙げて説明されていた。チャレンジャーの事故は実はその可能性があることが事前に指摘されていたのだが、打ち上げを強行したいNASA(主にコストの問題である)に押し切られる形で打ち上げが行われてしまったらしい。これなどは安全性よりも経済性が優先されたが故の悲劇である。この事故に関しての事故調査委員会の「全部弾を詰めたロシアンルーレットをやったようなもの」とのコメントが印象的だった。

 このように明らかに人災と思われるような例は、アメリカのバリュージェット社の事故の例であった。バリュージェット社は安価な運賃で急成長した会社だが、その影でコスト切り詰めのために安全面にしわ寄せがきていたのである。不慣れな下請け会社が不適切な工事をした上に、バリュージェット社にもそれをチェックする能力がなかった。その結果、元来は積まれていないはずの酸素発生装置が、安全装置をはずされた状態で貨物室に積まれており、これが発熱することから事故が起こったとのことである。後にこのバリュージェット社は認可を取り消されたそうだが、以前から異常に事故率が高いことが指摘されていたとのことであり、そのデータが生かされていれば、犠牲者を未然に救えたことが残念である。

 結局、どのようなジャンルでも同じことで、経済性を優先すれば安全性は二の次になる。これは日本における原発の現状なども同じである。

 

2/27 NHKスペシャル「世紀を越えて クライシス・突然の恐怖4」

 先週は最近と抗生物質の話だったが、今回はウィルスの話である。世間ではよくこの両者は混同されるようだが、この番組ではその違いについても説明していた。最近とは自分で繁殖する能力を持つが、ウィルスとは細胞にとりついてその細胞の増殖機能を使用して繁殖する生物であり、細菌よりも大分小さい。なお抗生物質が効くのは細菌に対してだけであるから、ウィルスに対して抗生物質を使用しても効果はない。ウィルスに対してはワクチンを使用するのが正しい。だから風邪に抗生物質を使用するのはそもそも意味がない。ただ日本ではよく消炎などのために抗生物質を処方することが多いようだが。

 ところで今回の内容は、マレーシアで発見された新種のウィルスのことである。このウィルスはまず豚に感染し、そこから人に感染したらしい。症状は激しい高熱や意識の混濁で、脳が破壊されるとのこと。数百人の犠牲者が出て、村の住民がほとんど避難してしまうなどのパニックが起こったとか。当初は日本脳炎だと思われていたが、調査の結果、新種のウィルスであることが確認され、マレーシア政府はその地域の豚を全頭処分することでなんとか事態を沈静化させたらしい。

 ちなみにこのウィルスの感染源としてはコウモリが疑われているようだが、それもまだ確認されていないとか。

 このような新種のウィルスが現れる背景には、開発が進んで人が熱帯雨林と接近し始めたと言うことがある。そもそも昔から熱帯のジャングルは病原菌の宝庫であり、古代中国でも北から攻め込んだ国はまずこれと水軍で負けている。そのようなジャングルに人間が入っていくことで、未知のウィルスと出会う危険が増えたと言うことだろう。AIDSなどもこの類である(もっとも私は個人的には、AIDSは実は米軍が密かに開発しようとしていた生物兵器だったのではないかなどと疑っていたりするんだが)。そういうことを考えると、今後はこの手の事件はまた発生する可能性が高いと言うことだ。実に恐ろしい。

 

2/20 NHKスペシャル「世紀を越えて クライシス・突然の恐怖3」

 抗生物質の登場によって人類はもはや感染症を征圧したかと思われていた。しかしそれは人類のとんだ思い上がりだったのだ。現在、耐性菌と呼ばれる抗生物質の通用しない細菌が増加している。今回のテーマは耐性菌である。

 奇跡の薬と言われたペニシリンも耐性菌の出現でもはや有効な薬品ではなくなっている。その後次々と抗生物質が登場したが、それに対して耐性菌が次々と発生する始末で、現在最強の抗生物質と言われているバンコマイシンでさえ、その耐性菌が現れている。

 私が今回驚いたのは、耐性菌の問題は既にペニシリンが開発された直後からその開発者によって指摘されていたということ。それにも関わらず抗生物質が乱用されたのが耐性菌問題が深刻になった原因である。特に最近はどんな菌にも効くような広域の抗生物質が主流になったせいで、耐性菌以外は根絶やしになることになり余計に耐性菌が繁殖することになったとか。

 これに対する対策として、現在の抗生物質とは作用機構が異なるより強力な抗生物質も開発されているらしいが、これも耐性菌が現れないと言う保障はない上に、人体に対してかなり強い副作用を持つものであるとのことである。

 院内感染の問題も含めて、耐性菌問題はもっと真剣に議論されていくべきであろう。

 

2/15 NHKスペシャル「世紀を越えて クライシス・突然の恐怖2」

 コンピューターネットが世界的になるにつれて社会問題化しつつあるハッカー(クラッカーの方が正しいという説もあるが、この番組に出てきたのは明らかに「ハッカー」でした)の問題である。

 発端は米空軍の研究所にある二人のハッカーが入り込んで、そこを踏み台にして各地の軍関係の施設などに侵入してデータを盗み出すという事件が起こったこと。結局はこの二人のハッカーは逆探知により発見されたが、幸いにして彼らはそのデータを悪用はしていなかったらしい。

 ただこれからの時代は、サイバーテロなどの明らかに悪意を持った連中がコンピューターシステムにアタックをかけてくることが想定される。そうなった場合、現状のシステムはあまりに脆弱である。シティーバンクのコンピュータにまでハッカーに侵入されたというのだから、コンピュータネットに聖域はないそうである。現に闇で個人情報が売買されている。これはかなり恐ろしいことである。

 

2/6 NHKスペシャル「ヒマラヤ 氷河湖が決壊する」

 ヒマラヤには多くの氷河があるのだが、20世紀に入ってからその氷河が溶け始めており、多くの氷河湖ができている(この原因には地球温暖化もあるのだろう)。しかしその一つのかなり大型の氷河湖が決壊の危機に瀕しているということである。大量の水が150mほどの土手で支えられているだけで、万一これが決壊すると最悪で4000万トンの水が一気に麓の集落を10分ほどで直撃し、被災者一万人以上という被害が予測されると言うことである。

 この事態に対してネパールは急遽国家プロジェクトとしてこの氷河湖の水抜きをしようとしているのだが、その作業というのがこの番組で見る限りではいささか心もとない。

 また氷河湖の決壊というのは今回が初めてというわけではなく、既にもっと小規模のものは何度か起こっており、土石流で埋まってしまった村もあるとか。聞いているとネパールではこれは明らかに国家的大問題である。それに多分かなり犠牲者も出たと思われるのだが、何となくのどかに見えるのは国民性なのか。洪水に備えてと言って村の人間がやっているのが堤防作り。しかしこれが手で石を積み上げている状態。果たして本当にどの程度役に立つかは怪しいもの。一応警報機は設置してあると言うが、避難できる時間はたった15分。非常に厳しい条件である。

 そこで水路を造って湖の水を排出することを考えたのだが、これが高地だけに大型機械は持ち込めず、ほとんどが手作業の世界。どう見ても工事が追いついていない。その挙げ句に雨期が来ると湖が増量して水漏れが始まる。こうなると水路を造るどころか下手するとその水路自体が「蟻の一穴」になって堤防崩壊を促しかねない。

 正直なところ、見ていて「どないしたらええねん」と言いたくなるような状態だった。日本のゼネコンとかが協力することは出来ないのだろうか。地球温暖化の原因を作っているのは先進国で、そのツケがこのような発展途上国にかかってくるとは理不尽である。

 

2/4 海外ドキュメンタリー 未知なる生命・ヒト 第4回「脳の神秘」

 今回は人にとっては要である器官、脳についての解説である。

 人間の脳はかつての猿人時代に比べると3倍の大きさになっているとか。エンジンにたとえると、猿人の脳が小型車だとすると、現代人の脳はスポーツカーにあたるとのことである。ただ大型化の代償として莫大なエネルギーを消費することになったとのことで、そういう意味でもスポーツカーのエンジンに近いとのこと。

 面白いのはニューロンの中を走る電気パルスの映像が見られたことと、脳の構造を多くのニューロンのネットワークによって構成されているものとして、シロアリに喩えたこと。シロアリは一匹ではほとんど何の能力も持っていないが、これらが群をなしてネットワーク化することで蟻塚のような複雑なものでも作り上げることが出来る。脳もこれと同じようなものだというのである。

 人間の脳の1/4は視覚情報の処理に当てられているとのことで、人間は画像処理のために大きな脳を持っているらしい。なるほど、未だにコンピューターを使ってもなかなか画像処理がしにくいはずである。

 内容は極めて雑多。記憶術の紹介まで含んでいた。数字などを覚えるときに、その数字をなにかのイメージと結びつけて物語を作るという方法である。これは結構昔から知られている方法で、年号の暗記なんかにも応用されていたりする。

 最後は「意識」の謎に対するアプローチだったが、結論は脳のどこが意識を司っているかは分からない、あえて言うなら脳全体わたっているとのことである。確かに最近問題になっている脳障害として、高度脳機能障害というものがあるが、これは交通事故などによって脳の一部が損傷することでその人物の人格などが変化してしまうことである。やはり脳の問題は難しい。

 

1/21 海外ドキュメンタリー 未知なる生命・ヒト 第3回「最初の冒険」

 今回は出産後の乳児の成長について。乳児の行動は各種の反射によるものらしいが、驚いたのは生後6ヶ月ぐらいまでの乳児は水中で息を止めることが出来るということ。しかも泳ごうとするらしい。これは人間が太古に水中で生活していた名残だとか、赤ちゃんが羊水の中で暮らしていたことによるなどと言われているが、実際のところは分かっていないとか。

 さらに乳児の脳は3才ぐらいまでに形成され、それまでの経験などがどのような発達をするかに影響するとか。「三つ子の魂百まで」とはよく言ったものである。乳児の頃というのがどれだけ大事かよく分かる。ここでまともな保育をされなかった子供は、一生心に欠陥を持つ可能性があるのではと思われて、何やら恐ろしくもなる。

 この回では4才ぐらいまでに至る間の幼児の精神的成長を分析していたが、ヒトはかなり早くから嘘をつくようになるというのも驚きである。概して知能の高い幼児ほど嘘をつくらしい。これはトラブルを避けるための知恵だとか。同時に他人の行動を理解したりなどの社会性もこのころに身につけるらしい。だとすると、今の子供が社会性がなく自己中心的になっているのは、この時期に同年齢の子供達と遊んだりするという経験が決定的に欠如しているせいではないかということが想像できる。

 以上のようになかなか興味深い内容だった。今の日本の子供達が以上になりつつある原因について考えさせられたりしてしまった。つまり社会の歪みなどは子供に反映しやすいと言うことなのだろう。これを見ていると、4才ぐらいまでの子供はいろいろな点で社会と接触する必要があり、この時代を家でほったらかしで成長した子供はろくなものには育たないのではないかという気さえしてきた。

 

1/14 海外ドキュメンタリー 未知なる生命・ヒト 第2回「いのちの誕生」

 イギリスBBCの製作によるドキュメントである。特殊カメラやCGを駆使しての、生命の本質に迫るドキュメントという意味では、NHKの「驚異の小宇宙・人体」などと同類の番組である。

 いかにもBBCだと感じるのは、いかにも硬派な番組作りをしていること。例えばNHKの番組なら、誰かタレントをメインに据えて、なるべく「ソフトな」イメージにしようとするところだが(誰かゲストに「へーっ、そんなことは初めて知りました」なんてわざと驚かしたり)、当番組の場合は徹底してドキュメントに徹している。

 またNHK製作ものとは違うなと実感するのは、裸の女性などが乳房むき出しでやたらに出てきたこと。これについては何も嫌らしい意図があるわけではなく、テーマが妊娠に関わるものであるからだが、天下のNHKはこういうのにはどうしても後込みしてしまうところだ。

 排卵の瞬間の映像やら、どうやって撮影したのだろうと驚かされる映像が多かったが、一つ気になったのは、どれが実写でどれが合成映像かがはっきりしなかったこと。

 それにしてもこの番組を見ていると妊娠というものがいかに困難なことかというのが感じられる。女性が排卵するのは一月に一回、そして卵子が受精の能力を持っているのは排卵後24時間。こういうのを聞いていると、よくも妊娠などが起こるものだと感心する。またここで「妊娠の確率を増加させるには方法は一つしかありません。つまりセックスの回数を増やすことです。」なんてことをサラッと言ってしまうのがまたNHKではないところで、思わず苦笑させられる。

 それにしても無事受精した卵子も5/6が子宮着床後8週目までに死んでしまうなどと言うことで、つくづく妊娠というのはハードルの高いものだと感じさせられる。我々は誰もがこの高いハードルを越えて世の中に出てきたのだと考えると驚異を感じる。また妊娠・出産というものが母体にとってどれだけ負担なものか(子宮に押されて内臓やら心臓まで変形するというのは驚きだ)を科学的に示していた。なにやら男の私としては腹の辺りがうずうずしてくる気分だった(笑)。

 

トップページに戻る