民放系番組

 

 民放には教養番組とは言いにくいものが多いが、情報バラエティーのような番組は結構ある。一言で特徴を言えば、NHK系よりも「バラエティー」色が強いのと、気をつけて見ていないと、スポンサーの意向などのせいでとんでもない嘘を流していることもあるので要注意だが、さすがに番組としてNHKよりも構成がうまいので、流しで見る分には面白いものが多い。

 

お知らせ

当サイト管理人の鷺が、この度書物を出版することとなりました。「あるある大事典」の問題点や注意点などについて解説した書き下ろし本です。詳細はこちらへ。

書籍紹介ページ

 

お知らせ

当サイトではメールマガジン(無料)を発行しております。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 

トップページに戻る

1/25 近未来×予測テレビ ジキル&ハイド「聴覚の驚異」

 かなりバラエティ色の強い番組だが、意外と面白いネタをやっている。

 今回のテーマは聴覚。まず最初は幼児の絶対音感を鍛えている音楽教室の紹介。この絶対音感というものは、脳の発達のある時期までに確立するので、その時にトレーニングしていないと身に付かないと聞いたことがある。私の場合、親が息子の音楽教育なんかに金をかけられるような金持ちではなかったので、絶対音感なんて当然のように持ち合わせていない。なおこれを持っていると確かに音楽の道に進む場合はかなり有利であるが、絶対音感がないと一流の音楽家に絶対なれないというわけでもないので諦める必要はない。それに音楽の道に進むわけでもないのなら、持っていても無用の長物(笑)。ちなみに以前にこの絶対音感を持っている人が「街中の騒音もすべて音楽として聞こえてしまうので、精神的に疲れるし気が散る」と言っていたのを聞いたことがある。幼児教育をしようと考えている親御さんは、果たして自分の子供が絶対音感なんて必要になるかどうかは考えておいた方が良さそうだ。

 次に出てくるのは聴覚のすごい能力を持っている人たち。膨大な音の中から音程などの間違いを発見する指揮者や、缶を次々叩いただけで不良品を見つける検査の人などが登場。彼らのような優れた聴覚能力を持っている人は、聴覚野の一部であるヘシュル回なる分野が発達しているのだという。このヘシュル回なる部分は音の処理に働いているので、膨大な音の中から特定の音を聞き取るという時に重要なのだとか。

 で、このヘシュル回の働きのテストとして、番組では同時に喋る4人の中から、1人が話している内容だけを聞き取るというテストを実施している。ちなみに私は元々聴覚が良くないので、漫然と聞いていたら何のことやら分からない。ただある方法をとるとかなりの部分が聞き取れてしまうのである。それは「聞き取ろうと思っている人の口に注目する」こと。私は元より口の動きを読むなどという高等技術は持ち合わせていないが、この方法をとると聴覚が良くない私でも大体は聞き取れる。これって明らかに聴覚野と違う部分が働いていると考えられるので、この番組の意図とは全く違っていると思うのだが・・・。番組ではこのことには全く触れなかったな。だけど私だけの特殊能力とは思えないし。まあ私の場合、元々聴覚があまり良くないので、多分に視覚優位の脳になっているとは思うが。

 次は聴覚の脳での処理について。人間の聴覚というものはかなりの部分が脳の作用が大きいので、逆にこれによる勘違いも起こる。例えば映像に全く違った音を乗せても結構騙されてしまう(だからアニメなどでキャラクターが喋っているように思えるのだが)し、断続的な音声の空白部にノイズを重ねた方が連続的に聞こえるようになるという現象が起こる・・・ってこのこと、以前に他の番組でもろに見たことがあると思ったら、NHKの「解体新ショー」だった。しかもなぜかその回がつい昨日に再放送になってるんだよな・・・。これって何かのアピール?

 最後は聴覚で空間認識するという能力。これは視覚障害者などが優れているが、健常者でも環境騒音の変化などで目の前にある壁などは容易に判別できる。これを番組では実験で示してるが、本来は実験するまでもなく常識。ちなみにこれと遠赤外線に対する知覚などを組み合わせると、いわゆる「気配」というものを察することができるようになる。よく「人の気配がする」なんて言うが、これは人体という吸音体が存在することによる環境音の微妙な変化と、人体から放出される遠赤外線に対する感知が組み合わさったものである。だから頭の近くに手をかざされたりすると、よほど鈍感なものでない限りもろに感じることになる。そう言えば、これをやって「パワーが放出されている」などとアホなことを言って、インチキな宗教に勧誘する団体が昔はよく出没していたな(「血を清める」とか嘘八百を言っていた)。手から出ているのはオーラでも霊力でもなく、単なる遠赤外線である。遠赤外線で血が綺麗になるのなら、こたつにでも入っていたら健康になりそうだ(笑)。

 出演者がおちゃらけ系なので胡散臭い番組に見えるが、少なくとも今回を見る限りでは結構まともな番組のようだ。民放系がこういう科学バラエティをやったら、どうしてもこういうおちゃらけた空気にしないといけないのだろうか? 昔あった「特命リサーチ200X」なんかを思い出した。ちなみにあの番組は、インチキな回はとことんインチキで、まともな回はかなりまともと毎回落差の大きい番組だったが。

 

1/6 学べる!!ニュースショー

 この日はどうやら特番で時間延長していた模様。ちなみに私は8時からしか見ていない。

 前半は阪神大震災での生き残った人のエピソードだったようだが、そこで鍵になっていたのは閉じこめられた時にどうやって助けを呼ぶか。現場は大混乱していたので、声を出してもなかなか聞こえないので、何かを叩くなどして音を出した方が正解。実際の番組の事例でもそれで家族などに発見してもらって助かった事例が紹介されていた。なおがれきの下敷きになった場合に起こりやすい症状としてクラッシュ症候群というものがあり、2時間以上圧迫などを受けた場合に筋肉組織などの壊死が起こり、再び血流が回復した時に血液中の水分がそれらの部分に侵出して身体が脱水症状になると共に、患部から血液中に大量のカリウムが流出して最悪は心停止を起こすという症状。阪神大震災では、救助されたもののこれで命を落とした人が少なくないという。対策としては救助中、救助後に水分を十分に摂ることと、カリウムが増えた場合には直ちに人工透析を行うことだという。

 途中で挿入されたのはアンケートで国民が最も不安を感じているという結果が出た事例に対する対処について。男性はリストラで。万一リストラされたような場合には、会社から離職証明書を受け取るのが重要だという。またこの際に、会社都合での離職と、自己都合での離職では失業保険の支給期間も違うので注意とのこと。せこい会社の場合、事実上会社都合のくせに自己都合退職の形にして退職金をケチろうとする事例が多いが、そんなものをホイホイと受けてはいけないということ。

 女性については公共料金の値上げだとか。原油価格が低下しているのになぜ公共料金が上がるのかが納得できないというわけだが、これについては半年ほど前のエネルギー価格を基準にしているからだとか。つまり今年の夏ぐらいには今の原油価格が反映されるはずだから、この時に公共料金の大幅な値下げがなければ本気で怒る必要があるということ。

 ちなみにこのアンケート結果には私は疑問。実際は年金問題も上がったはずなんだが、多分トヨタの奥田氏が「社会保険庁の不祥事を扱うテレビ局からは広告を引き揚げる」と恫喝したから、大スポンサーであるトヨタ様に逆らえないテレビ局は、年金の問題を扱うわけにはいかないんだろう。実際あの件があってから、テレビが社会保険庁の不祥事をほとんど扱わなくなった。このことを見ていると、日本のマスコミの情けなさが嫌になるんだが。

 後半はホテルニュージャパンの火災。内容的には以前にプロジェクトXでやっていた内容とかなり重なり、特別救助隊の高野隊長を中心としたエピソードだが、この番組の特徴としては、火災現場から無事に救助された韓国人のエピソードを通して「どうやって助かったか」を描いていたこと。あの火災の時にはシーツをつないで逃げた人がいるらしいが、それは韓国人が多かったのだという。それは韓国で以前に大火災があった時に同様の方法で逃げ出した人がいて、その記憶があったからだとか。シーツをくくる場合のポイントは、そのまま普通にくくったのでは体重でほどけてしまう場合があるので、まず末端に結び目を作った状態にしておいてから2本を括るのだという。そうすると滑ってほどけない。

 それにしてもこのエピソードを見ていると、宿泊客の避難をほったらかして、ロビーの家具の運び出しを従業員に指示していたという横井秀樹の守銭奴ぶりに改めて怒りが湧く。彼はその後、禁固3年の刑を受けたが、その悪行に比べるとあまりに軽い刑罰という印象を受けた。プロジェクトXでは、後で現金を持って見舞いにきた横井からの使いに対して、怒った高野がその現金をたたき返したというエピソードがあったが、その気持ちはよく分かる。高野は今でも、多くの人命を救ったことを誇るのではなく、33人を助けられなかったことを悔しがっている。

 

9/18 本当にあった日本史サスペンス劇場

 日本史上で謎とされている事件などがあるが、それらをおもしろおかしく取り上げた番組。

 まず最初に取り上げられるのは龍馬暗殺事件。この事件については当時は新撰組の犯行と言うことにされたが、そもそもこの時点で新撰組には龍馬を暗殺する理由はなく、真犯人が別にいるということは前からよく言われていることである。

 番組が紹介しているのは京都見廻り組説と薩摩(西郷隆盛)黒幕説。京都見廻り組説については、彼らが龍馬暗殺で名を上げようとしたというもの。薩摩黒幕説については、武力倒幕を目指している薩摩には、幕府との融和路線を目指していた龍馬は邪魔になったというもの。なお番組はこれらを列挙しただけで結論は出していない(出せるわけはないが)。

 なおこれらの説は非常にポピュラーなもので、実は私はかなり前から薩摩黒幕説を支持している。犯罪が起こった時には、それで得をする奴が犯人だという原則からの考えである。

 2つめに紹介されたエピソードは織田信長の家臣に黒人の男がいたというもの。彼はそもそもルイス・フロイスについて信長と会ったのだが、珍しい黒人が気に入った信長は彼を譲り受けて、弥助と名付けて身近においていたとのこと。そして彼は本能寺の変の時も信長に随行しており、信長を守って戦った後に落ち延びたとのことだが、その後の消息は不明だとか。

 このエピソードはかなり怪しげに聞こえるが、実は信長の側近に黒人がいたというのは結構有名な話で、文献的史料も残っている。珍し物好きの信長らしいエピソードではある。

 3つ目に登場するのは振袖火事とも呼ばれる明暦の大火。10万人以上が死んだと言われているこの火事の原因については、振袖の因縁にまつわる伝説が残っているが、実はこの火事は江戸の街の再開発を狙った幕府による放火だったという説。あり得ない話ではないが、これは少々無理なのではないかというのが私の感想。正直、これよりは阪神大震災での神戸の大火が、ゼネコンによる再開発を目指した市当局による放火という説の方が説得力がある(放火はともかくとして、燃えて欲しい地域は放置していたのは確かであるから)。まあ幕府が実行したかはともかくとして、明暦の大火の原因が放火である可能性はあるとは思う(当時は非常に放火が多い)。幕府はその火災を最大限利用したんだろう。振袖の因縁のエピソードは明らかに後世に作られたものである。と言うわけで、私は幕府=神戸市当局説である。

 4つ目は大奥最大のスキャンダルとも言われた絵島生島事件。これは大奥の実力者の絵島が、歌舞伎役者の生島新五郎と密会した事件とされているが、これはでっち上げだという話。当時の大奥は6代将軍家宣の正室の天英院と、7代将軍家継の生母の月光院が勢力を争っていたが、月光院派の有力者である絵島が歌舞伎見物に出かけて大奥の門限に遅れるという失態を犯したのにつけ込んで、天英院派が月光院派の追い落としをたくらんだ画策という説を紹介している・・・・んだが、はっきり言ってこっちの方が既に通説です。絵島が生島と密会していたなんてのは芝居の世界だけの話。

 最後に登場するのは雅な世界と思われていた平安社会について、実は盗賊などが横行する物騒な時代だったし、光源氏のモデルとも言われている藤原道長は、権力に物を言わせて役人採用試験に不正を要求したり、平等院鳳凰堂を建設する際には土台の石を調達するのに朝廷の建物を破壊したりなど、好き放題していたとんでもない奴だったという話。正直何を今更で、こんなこと意外でもなんでもありゃしない。むしろ平安時代を本当に雅なだけの時代だと思っている者がいたら、そいつがあまりに歴史を知らないというか、脳天気と言うべきでは。

 以上、番組の作りとしては歴史の「珍説」を紹介するという趣があったのだが、その実は珍しくも何ともない、歴史に少し詳しい者なら必ず知っている有力や異説や、中にはむしろこっちの方が通説だというものばかり。そう言う意味では、驚きはないが、一応キチンと歴史を調べて作ったのだろうなというのは分かる番組ではある。まあ私としては、民放が夜の9時からという時間帯に歴史番組のスペシャルを持ってきたという意欲を買っておく。なるべく敷居の低い番組を作って、それをきっかけに歴史に興味を持つ者が出れば良しとしますか。

 

6/18 夢の扉「スポーツ義足の第一人者 義足が支える選手の夢」

 パラリンピックで大活躍する義足のアスリート達。彼らの活躍を支えるスポーツ義足の第一人者が臼井二美男氏。彼のスポーツ義足は大きな板バネを使用しているのが特徴で、その板バネの弾力が足首の微妙な動きを再現するのである。

 彼がスポーツ義足を作り始めたきっかけは、彼が義足を作った相手が将来を嘆いて自殺してしまったという衝撃の体験だった。これをきっかけに、彼は単に義足を作るだけでなく、今まで向かっていないところに向かっていけるきっかけを作る必要があると考え、障害者の陸上競技チームを立ち上げたという。義足で歩けるようになった人に「走ろう」と声をかけたのである。現在メンバーは50人以上で、中にはパラリンピックで活躍した選手もいる。走れることで自信が出て、生活に対して積極的になるのだという。彼の作った義足を使って、プロサッカー選手を目指して名門校で頑張っている高校生もいる。

 その臼井氏の元に難問が舞い込んだ。トライアスロンに出られる義足を作って欲しいという依頼が、チームのメンバーの一人の藤田征樹氏からあったのだ。東海大学で陸上選手だった彼は、2年前にトライアスロンを目指して練習を開始した直後、交通事故で両足を膝下から失ったのだった。彼は「義足で歩けるなら、走れる。走れるならトライアスロンも出来る」と考えたという。

 しかし問題があった。自転車は日常生活用義足のカバーをはずして特別な靴を履くことでペダルをこげ、マラソンは新たにランニング用の義足を作ってもらった。しかし水泳を出来る義足がなかった。当初は義足をつけずに泳ぐつもりだったが、それだったら自転車に乗るまでの移動が出来ない。

 大会までには1ヶ月しかなかった。臼井氏は急遽、足の角度を調整できる水陸両用の義足を制作する。しかし出来上がった義足には問題があった。重量が重くて水に沈むのだった。大会までの残り日数は少ない。

 というところで次回に続くである。義足はそもそも足に接続するソケットの部分を個人に合わせて制作しないといけないので、すべてがオーダーメイドの手仕事である。臼井氏のスポーツ義足は、その上に選手の体力や競技に合わせてさらに細かい調整が必要になるので、まさに精密機械になる。制作は簡単ではなかろう。

 しかし走れるということは足を失った人にとっては最大の自信になり、人生に対して前向きになるという効用がある。彼の仕事は非常に重要だと言えよう。スポーツに取り組む障害者達の表情が全員明るいのが印象に残った。

 

6/11 夢の扉「誕生!ガン探知犬 犬の嗅覚でガン早期発見!?」

 病気には固有の臭いがあり、例えばガンなどにも特有の臭いがあるのだという。そこでこのガン患者に特有の臭いを犬で探知するという試みがなされているという。

 ガン探知犬を育てのが佐藤悠二氏。彼はドッグトレーナーとして水難救助犬などを育てる傍ら、ガンを臭いで探知する犬を育成していたのだという。そのガン探知犬はラプラドール・レトリーバーのマリーン。マリーンはガン患者の息を嗅ぐことで、それと同じ臭いのする息(つまりはガンの患者)を判別することが出来るのだという。マリーンがこれまでに判別できたのは、食道ガン、肺ガン、肺腺ガン、悪性リンパ腫、肝臓ガン、胃ガン、乳ガン、前立腺ガン、大腸ガン、皮膚ガン、子宮ガンだという。中には呼吸とほとんど関係がないと思えるガンもあるのだが、ガン細胞はすべて血液に入り込むので、これが肺に到達して呼吸として出てくるのだという(とのことなんだが、ガン細胞が血液に入り込んだら、全身転移してもう終わりなのと違うのか?)。

 ただ佐藤氏にとっての障害は、日本の病院ではいろいろなしがらみで、なかなか病院の協力が得られないのだという。このためにガン患者の息のサンプルが入手しにくいのだという。これに対して、イギリスなどでは犬を使ってガンを検出する研究が正式になされているという。イギリスでの取り組みは患者の尿から膀胱ガンを検出するというものだとか。実際に初期の膀胱ガンでも発見できているという。

 なお番組ではマリーンはさらに初期の膵臓ガンのサンプルにも挑戦したが、これも発見することが出来たとか。さらに佐藤氏が協力して、東京のベンチャー企業のピクセンでは体臭から乳ガンを発見するセンサーを開発したという。

 臭いで分かるんだったら、分析機器を使用したら一発じゃないかというように思えるのだが、実は分析機器というのは意外と当てにならず、動物などの感覚の方が鋭敏だったりするのである。またターゲットが何か特定の物質であると絞れていればよいのだが、そうでない場合はいよいよ分析機器は頼りにならなくなる。というわけで、犬の出番になるのだろう。

 ただ犬を使用する場合は、犬の訓練が大変だし、処理できる数も限られてくるだろうし、やはり犬での知見を元にした人工センサーの開発が急がれるところであると思われる。そういう意味で、最後に登場した乳ガンのセンサーが一番興味深い。これを他のガンにも拡張できれば、ガン診断にとってかなり画期的なことになる。

 

6/4 夢の扉「世界が認めた大発明!音で騒音を消す男の物語」

 東京江東区にある株式会社エフ・ピー・エスの堀昌司氏が開発したのが厚さ7ミリの平面スピーカー。このスピーカーが今までのコーン型スピーカーと違うのは、複数を組み合わせて大きな平面スピーカーに出来ること。平面スピーカーのメリットは音波が拡散せずに特定方向に向かうために、音の減衰が少ないこと(100メートル先で比較したら、音量にして5.3デシベル違っており、3倍の音量差とのこと)。

 また指向性が優れていることを利用して、駅のホームのスピーカーなどに採用されているという。平面スピーカーの特徴で、ホームの上には音が伝わるが、周囲の住宅にはほとんど音が聞こえないというメリットがある。

 このスピーカーを使用して彼が挑んでいるのが消音システム。騒音をマイクで拾って、それと正反対の波形の音をスピーカーから出すことで音を消滅させるというアクティブ・ノイズ・コントロールのシステムを使ったものである。これを使用して騒音を10デシベル下げられれば、それは騒音の大きさを1/10にしたことになる。

 彼の会社に騒音対策の相談が持ち込まれた1つが、道路工事に用いられる大型舗装機械である。騒音の音量が大きいことと、音の発生源が複雑なことなどで対策に困難があったが、彼のシステムの使用によって5デシベル音量を低下させることに成功したという。彼はこのシステムで町の騒音対策を行いたいと考えている。

 平面スピーカーというのは、スピーカーの理想型の1つである(これ以外の理想型としては、点音源を再現する呼吸球)。昔からいろいろな試みが失敗したが、彼のスピーカーは初めて実用レベルで成功したものである。ただ、オーディオ的に見た場合にはまだ課題はありそうだ。

 なおアクティブ・ノイズ・コントロールについては研究が進んでいるが、問題点は騒音の発生源が複数だった場合に対応が難しいこと、また効果の範囲が限られることなどがある。これの開発についてはスピーカーだけの問題ではないので、多分彼の会社もどこかと手を組んで開発をしているのだろうと思う。今後の開発に期待と言うところか。

 

5/21 夢の扉「脳性マヒ患者に喜びと勇気を 奇跡の整形外科手術」

 脳性マヒは酸欠や出血などによって脳の一部の機能に損傷を生じることで、腕や足などの機能にマヒが生じる障害である。この脳性マヒに対して、画期的治療法で回復を試みている整形外科医がいるという。

 その医師は東京町田市の南多摩整形外科病院の松尾隆氏。彼の編み出した手術法というのは、マヒが強いことで手足の動きを阻害している筋肉の腱を切断し、他の筋肉をリハビリなどで強化することで手足を動くようにしようというもの。手足には数十種類の筋肉があり、脳性マヒの患者はその筋肉のいくつかのコントロールが阻害されることで手足がうまく動かなくなるのだが、その元凶となっている筋肉をカットしてしまって他で補おうというのである。脳性マヒの治療となると、脳の機能を何らかで補ってと考えがちだが、そうではなくて脳はいじらずに外科手術だけで対処しようというのが興味深い。人間の身体も実はかなりの可塑性を持っているのだと感じさせられる。

 番組では脳性マヒのせいで右手が自由に動かず、身体のバランスがとれないので伝い歩きしかできない10才の少年が、手術によって伸びなかった右手が伸びるようになり、しかも自力で歩けるようになったという過程を紹介していた。

 彼の元には多くの医師がその方法を学びに訪れているというが、脳性マヒの治療法の一つとして普及さしてもらいたいところ。ポイントは多分、どの筋肉がマヒしているのかを正確に見定めて、どの筋肉で代用させるかを考えることだろう。ただあくまで動かせる筋肉で補うという発想なので、マヒの程度によって重度の場合は残念ながら対応不能だろう。だから脳神経外科の方には、脳の機能回復の側面からの治療法の研究も進めてもらいたいところだ。

 

1/15 夢の扉「地震の揺れが予測できる!?夢の地震速報システムに密着」

 阪神大震災や新潟地震など、未だに日本では地震によって大きな被害を出している。この地震の揺れが来ることを数秒前に通知するシステムを開発している人物を今回は紹介している。

 気象庁に勤める束田進也氏が開発しているのが、日本周辺で起こる地震を監視して、地震の発生時に震源と規模を直ちに検出して、地震の揺れが何秒後に届くかを通知するシステムである。地震には最初の縦揺れと後に来る大きな横揺れがあるが、この2つの揺れの到達時間の違いに基づいて開発されたシステムである。

 しかしこの時間差は地震によってまちまちなために予測は困難だったのだが、彼は仲間と共に多くの地震のデータを処理することで、法則性を見出したのだという。ただこのシステムの弱点は、内陸の直下型地震には役に立たないことだという。しかし日本では多くの地震が沿岸部分で起こるため、東海地震などにも活用ができるという。

 もっともここで警告される時間はわずか数秒であるので、その間に何ができるのかは備えが必要である。そこで病院などでは警報が発令された時の対応の訓練などが行われており、また住宅メーカーも警報が発令されると共にガスや暖房を停止して、脱出路確保のために玄関の鍵を開けるようなシステムを開発しているという。

 非常に面白いシステムであるが、数秒という時間を長いと考えるか短い考えるかだろう。正直なところ、私などは今から10秒後に大地震が来ると言われても何もできない。またどうやってみんなに一斉に瞬時に伝えるかが問題になるだろう。番組でも言っていたように、高速道路上で一部の車だけが急にブレーキを踏むようなことになったら、逆に事故を発生させる恐れがある。とりあえずは、病院、鉄道、ガス会社、原発などと言ったところが瞬時に対応するシステムを導入すべき場所か。また警報が出たら直ちにエレベータを最寄り階で停止させるシステムなどというのも考えられるだろう。

 ところで今回登場の束田氏は38才とのことで、私よりも年下・・・・とてもそうは見えないのだが。

 

3/18 所さん&おすぎの偉大なるトホホ人物伝「ドラキュラ」 

 これは比較的良く知られているが、モンスターとして有名な吸血鬼ドラキュラにはモデルがいる。そのモデルになったと言われているのは、ルーマニアで救国の英雄と崇められているヴラド3世である。ヴラド3世は15世紀に侵略してきたオスマントルコ帝国の15万の大軍を、たった2万の軍勢で撃退したとされている。彼は1456年にワラキア公国(今のルーマニアの前身)の君主に就任したが、彼の治世は「金のコップを広場に置いておいても誰も盗まない」というほど安定したものであったという(何やら上杉鷹山の棒杭の商いの話によく似ている)。しかし1462年、オスマントルコ帝国がワラキア公国に侵攻、これに対してヴラドがとった方法は夜襲を中心としたゲリラ戦だったという。しかし多勢に無勢、ワラキア軍はオスマントルコ軍に圧され、首都にまで軍勢が迫ってくることになった。その時にヴラドがとった方法というのが、捕虜にしたオスマントルコ兵23809人を串刺しにしてさらすという行為だったという。このあまりの残虐ぶりにオスマントルコ軍の戦意は挫かれ、ワラキア公国は救われることになる。ただこれが彼が悪名を馳せる原因となったのだという。

 圧倒的に優勢な敵軍の戦意を挫く作戦でははあるのだが、確かにかなりの蛮行である。ただ実は先週に登場した伊達政宗も同じようなことをしている。18才で家督を継いだ政宗は、畠山氏攻略の際、落城させた小出森城内の老若男女800人をなで切りにしたという蛮行をなしている。これは自分に敵対すればどういう目に遭うかという脅しであり、政宗が意図した通り、畠山氏はこれで震撼した。また織田信長が長島で一揆衆を皆殺しにしたり、比叡山を焼き討ちした時も似たようなものである。「そこまでやるか」と思わせる脅迫効果である。オスマントルコ軍は大軍ではあるが、必ずしも求心力が強いとは言えなかっただけに、この脅しは確かに効いただろうとは思う。

 さて当のヴラド3世なのだが、後に彼に脅威を感じるハンガリー国王に逮捕され、13年間にわたって幽閉されたという。この際に、ハンガリー国王は自身の侵略行為を正当化するために、ヴラド3世がいかに残虐な王であるかということの嘘情報を流しまくったのだという(今でもアメリカなどが侵略を意図した国に対して行う情報戦と同じ。「イラクは大量破壊兵器を保持している」のようなもの)。その時に威力を発揮したのがグーテンベルクが開発した活版印刷機で、これでヴラドに対してのあらゆる誹謗中傷を書きまくって配ったらしい。しかしその内容が「読み物」として面白かったことから、広がってしまったとか(デマとしては最高の成功だな)。ドラキュラという呼称はこの時に登場し(ドラキュラというのは悪魔という意味らしい)、今日のドラキュラの特徴とされるポイントも大体この時に定まったとのこと。

 例えばドラキュラが十字架に弱いのは、ヴラド3世が生き残りの戦略のためには改宗もいとわないなど宗教心が薄かったこと(現実主義者だったのだろう)、ドラキュラが夜行性なのは、彼が夜襲にやたらに強かったことや、その時に奇声を発しながら先頭を切って突入した(相手に対する威嚇でもあるのだろう)ことから、ドラキュラがコウモリとなってキーキー言いながら飛んでくるイメージになったとのこと。また彼は捕虜になっても自力で脱出するなど、何度も死地を脱していることから、不死身のドラキュラのイメージが出来上がったらしい。また彼の最後の模様もドラキュラ伝説に反映されているという。彼は敵に包囲された時にオスマン軍の兵士に変装して危地を脱したのだが、それが災いして味方に弓で心臓を射抜かれるという最後を迎えたとのこと。これが「ドラキュラの心臓に杭を打って殺す」というドラキュラの退治法につながっているという。

 ドラキュラ伝説を小説として成功させたのは、プラム・ストーカーというイギリスの劇作家であるが、彼がこの作品を完成させた1890年にはヨーロッパにコレラの蔓延が起こっており、さらにイギリスではかの有名な切り裂きジャックによる連続殺人があったことから、そのような時勢とマッチして、あっという間に大ヒットしたのだという。

 以上、ドラキュラについてのエピソード。救国の英雄がいかにしてモンスターに仕立て上げられたかがよく分かる。つまりは敵国の謀略だったってことか。フセインも500年もすればモンスターになる?(笑) ヴラド3世のエピソードは、大国に翻弄された小国の悲哀も伝わってくる。実は中世以降のヨーロッパは、この手のエピソードには事欠かないのである。

 今回はヴラド3世という、日本ではよく知られていると言い難い人物だっただけに、今までの「おね」やら「伊達家」よりは内容的には面白かった。またこういう怪しげな内容の方がこの番組的にはマッチしているようだ。

 なお番組ではこの後、「お歯黒は歯を守るために塗られていた」ということを実験を交えて解説していたが、これはどうでも良いわ(笑)。

 

3/13 NNNドキュメント「ニート 〜働けない若者の憂うつ〜」

 現在、学校も行かない働きもしないといった若者が増えていると言うが、そう言う連中をニートと呼ぶらしい。そのような男女2人のニートについて紹介しているのが、今回の内容。

 1人目は文と名乗る20代の女性。彼女は完全に昼夜逆転した生活を送りながら、親からの仕送り(なんと月25万円もらっているとか)だけで生活している。就職しようと初めて就職情報誌を手にして応募してみたが、受かったにも関わらず、出勤日直前になって勝手に断ってしまう始末。そんな彼女が興味があるというのが演劇で、結局は詐欺同然の自称「一人芝居」で荒稼ぎ(2500円も払う客が80人もいたのは、多分あの怪しげなポスターで騙されたのだろう)、その後、ビデオ制作会社(と言っているが、明らかにアダルトビデオの制作会社だ)に就職して、ニート脱出、将来は制作も行いたいと言っている。

 2人目は21歳の隆。彼は毎日何をするでもなくプラプラ暮らし、夜になると彼女の部屋に転がり込んで、やはり何をするでもなくプラプラすごしている。彼に言わせると「やりたいことが見つからない」のだそうな。何かをしなければと、お笑いが好きだからという安直な理由で芸人の養成学校に願書を出そうとするが、選考料に5000円が必要と分かると「そんなお金は持っていない」と諦めてしまう。またアルバイトが決まっても、「働く時間が無駄に思えて」と行く前に辞めてしまう始末。今彼は、彼女に10万円のバッグを買ってやるためにアルバイトを探している。

 正直なところ「こいつら滅茶苦茶恵まれてるよな」というのが一番の感想。働かなくてもやっていけるから、プラプラしているわけである。また「本当にこいつらにみたいなのがニートなのかな?」と疑問を抱かずにいられなかった。文の方は、明らかに自意識過剰で、自分はあくせく働かなくても要領よくやっていけると考えているだけの奴のようで、この番組も体よく彼女の宣伝に使われただけという印象である。隆の方は単なるぐうたら男であって、こういう奴は今に限らず昔からいたように思う(定職に就かず、金は博打ですってしまうという典型的な駄目親父タイプ)。つまり前者は社会を舐めていて、後者は社会から逃げているだけというもの。しかし二人とも、異常に甘いと考えられる親がそれを許してしまっているのが、こうなっている最大の原因だろう。

 文の方は自意識過剰と同時に明らかな計算高さが見られ、彼女にとってはニートとはただの自己演出の看板にすぎない。勘違い系の自称アーティストに多い、社会に適応できない繊細な自分ということを演出するための小道具がニートという看板なのではないか。

 一方、隆の方はしんどいことからは逃げるという考えしかない。多分今までそれでも回りがフォローしてそれで通用してしまったからだろう。生活に困っているようでもないし、彼女までいる。彼は逃げるたびに口実だけはスラスラ出てくる。無職でいることには「やりたいことが見つからない」、バイトを断った時は「働く時間が勿体ない」、芸人養成学校を断念した時は「こんな学校行かなくても、オーディションなどを受けるやり方がある」といった調子で自己正当化だけは見事なほどなのである。しかし実際は、本当にやりたい仕事をやっている者なんてほとんどいないし、やりたいと思っていたはずの仕事も、実際に仕事としてやってみると、全然思っていたのと違うというのはよくあることで、それでも生活のために仕方なくやっているという者のがほとんどだろう。実は隆にしても本音ではそのことを知っているが、それでも甘い考えで逃げ続け、そんな自己正当化のための看板がニートなのだろう。

 結局「情けない男としたたかな女」という古来からのステレオタイプのパターンにスッポリはまってしまうので、こいつらがニートと言われてもピンとこなくて番組がすべった印象を受けたのはそのあたりが原因だろう。私は歴とした社会人であるが、仕事をしながらも常に「今の自分は本当の自分でない」と感じている口であり、多分メンタリティとしてはニートの連中にかなり近いと思うのだが、彼らにはシンパシーを全く感じなかった。今回の内容から見ると、副題の「働けない若者の憂うつ」は間違いで「働かない若者のお気楽」の方が正しいのではないか。

 

3/13 夢の扉「無添加パンに命を懸ける!カリスマ職人の壮絶人生 後編」

 無添加パンにこだわる廣瀬満雄氏は、食品通販サイトから究極のチーズパンを作って欲しいとの要望を受ける。しかし日本のチーズには廣瀬氏を満足させるような無添加チーズは存在しておらず、かなり困難であると感じていた。彼は一応努力してみることを約束して、奥さんらと共に数百種類のチーズを試したが、結局満足できるチーズには行き当たらなかった。しかし彼の中には、かつて彼の父がチーズパンを夢みながらも、当時は貴重品だったチーズを入手することが出来ず、頓挫したということに対する思いがあった。彼はインターネットで無添加チーズを探し求め、オランダで牧草の栽培から無農薬で無添加チーズを製造している牧場を見つける。

 彼は急遽オランダへ飛ぶ、そこで出会ったチーズは、まさに彼を満足させる究極のチーズであった。彼は早速このチーズを70キロ買って帰り、究極のチーズパンを作り上げることに成功する。

 一方、彼の元で修業に励んでいる元大学助教授の熊倉氏は9回目の卒業試験に挑んでいた。緊張でこわばっている熊倉氏であるが、辛くも試験を合格し、彼も無添加パンの職人として自立していくことになる。

 先週に続いての後編。ただ内容的にはそんなに多くなく、わざわざ二回に分けたのが個人的には謎。また今回の説明、私は意図的に熊倉氏の卒業試験とチーズパン作りの順序を入れ替えているが、実際の番組もこの構成の方がまとまりが良いと思うのだが。 

 

3/11 所さん&おすぎの偉大なるトホホ人物伝「伊達家」

 まず伊達政宗についてのエピソード。伊達政宗は秀吉の小田原攻めの際に遅参して咎められることになるが、その遅参の理由は彼のマザコンに会ったというもの。彼の遅参の理由は弟に家督を継がせようとした母親に毒を盛られたためとされているが、この番組の「新説」というのは、幼い頃に疱瘡を患って以来母に疎まれて愛情に飢えていた政宗が、母を独占しようとして弟に罪を着せて殺害するための自作自演だったというものである。しかし・・・毒を盛られたのが政宗の自作自演だったというのは私もそう思うが、母を独占したいがためというのは明らかに飛躍しすぎ。実際は家督問題の火種になりかねなかった弟を亡き者にするためというところが妥当だと考える。彼がマザコンだったというのは事実かもしれないが、伊達家の一大事の時に、そういうことをやっている場合ではなかったろう。政宗が母を独占したいと思っていたとしても、それはあくまで二次的なものである。

 さらに政宗のエピソードとして登場するのが、朝鮮出兵の時、3000人の足軽に金ぴかの帽子をかぶせて目立たせたが、政宗は自分自身が身長が低くて見場が良くなかったことから、側室で背が高くて端正な田村御前を身代わりに仕立てたというもの。この話の真偽については私は知らないが、政宗がやたらに派手な演出をしたがったのは事実であり、そこから「伊達者」という言葉が発祥しているのは有名。彼は現在なら優秀な広報マンになっていたかもしれない。

 番組は中盤で主人公を政宗の孫の綱宗に替える。彼は香木の伽羅で出来た200両(今の価値で1000万円とか)の下駄を履き、当時には珍しい大型の西洋犬を連れるという超ド派手な出で立ちで、吉原通いを続けていたとのこと。彼が執心していたのが吉原で最高の美女と言われていた二代目高尾太夫。彼女を身請けしたいと吉原に通い詰める綱宗だが、高尾太夫には旗本の島田重三郎という恋人がおり、綱宗の誘いを拒み続けていた。しかし綱宗は4000両(今の価値で8億円と番組では言っているのだが、さっきの下駄の時のレートとズレてるのはなぜ?)という大金を積んで強引に彼女を身請けしようとする。それを聞いた島田は人を雇って綱宗を暗殺しようとしたが失敗、江戸から逃げ出してしまう。結局、高尾太夫は綱宗に身請けされたのだが、それでも島田に操を立てようとする彼女に綱宗は激怒、ついに彼女を斬り殺してしまったのだという。

 綱宗に対しては、彼の吉原通いを諫めた家臣が手討ちにあったなりなどで、既に家臣の心が離れており、この事件をきっかけに伊達藩から幕府に藩主交代の訴状が出され、綱宗は隠居を命じられ、藩主は2歳の亀千代に代わったとのこと(一種のクーデターが伊達藩内であったのではないかと考えられる)。しかしこの時から10年に及ぶ伊達騒動と呼ばれるお家騒動が発生したのだという。

 うーん、と言ってしまったのが正直な感想。どうも内容にとりとめがなさすぎてまとまりがない。一体何をやりたかったのか。冒頭に5分で分かる伊達家の歴史というのがあったが、実際はこれが一番まとまっており、これをやってしまうと後は何も必要がなかった(笑)。政宗の最初のエピソードなど明らかに解釈が変というのも気になったが、それを措いて考えても、各エピソードもあまりにもテーマが不明であり脈絡がなさすぎ。先週にも感じたが、やはり番組の構成が下手。伊達政宗だけに絞った方が番組としてはまとまったと思うのだが、エピソードを引っ張ってこれなかったのか。

 ちなみに政宗の最大のトホホは、奥州という辺境の地に、戦国時代も終わりに近づいてから生まれてしまったこと。彼が頭角を示した頃には、既に日本の中央は秀吉がほぼ大勢を固めてしまっており(信長や秀吉は、政宗の父の輝宗と同世代になる)、国力の低い奥州といった辺境の大名では今更どうしようもなかった。政宗を語るにはこの件ははずしようがない事実のはずなんだが、そのことについてまるっきり触れていないのはなぜ?

 結局のところ、核心のエピソードが全く登場せず、どうでも良いような些事にばかり時間を割いてしまったことが、結局何をやりたかったのかが分からなかった最大の原因のようである。今回については完全にツボをはずしていたと断言する。

 

3/6 夢の扉「無添加パンに命を懸ける!カリスマ職人の壮絶人生 前編」

 東京でパン屋を営む廣瀬満雄氏は無添加パンを作るパン職人である。彼の素材へのこだわりは徹底しており、クリームパンのクリーム用のバニラビーンズはフィジー産のオーガニック栽培のものを、ブドウパン用のブドウは自分の農園で無農薬で栽培、アフガニスタン産の岩塩に高知産の地鶏土佐ジローの玉子を使用、北海道十勝産の国産小麦だけを使っている。また彼のこだわりは水にも及び、東京から車で2時間かけて山梨県のわき水を毎週汲みに行っている。

 また彼はパン用の酵母の自家栽培も行っており、地下では果物の酵母菌を培養している。今のパンは大抵は発酵促進剤を使用しているが、EUで禁止されている臭素酸カリが含まれていたりなど決して身体に良くはないのだという。様々な添加物はすべてパン作りの効率を上げるために使用されているのだが、彼はそのようなものは一切使用せず、その分手間をかけるのである。そのために彼のパンはやや高めだが、それでも遠くから買いに来る客もいるという。

 彼の無添加パンへのこだわりは、かつての父との確執があるのだという。彼の父は無添加パンを作り続けていたパン職人だったが、24歳の時にパン職人となった彼は、添加物を使用して効率的にパンを大量生産することを主張し、父と絶縁状態になったのだという。しかし彼は33歳の時に身体を壊したのをきっかけに再び無添加パンを作り始めたのだという(病気になった途端に健康に気を使い始めるというパターンである)。しかし結局は父との関係は修復できないまま父は亡くなってしまい、そのことが未だに負い目になっているのだという。彼の言によると「今でも父親に許して貰いたいと思っている。自分が正しくなかったことは事実で、自分が添加物を使うようなパンを作って、それで儲かればよいと思っていたのは事実で、これは父親の墓前でいくら謝っても許されるものではない」とのことである(ここまで言っているということは、パンの添加物がどれだけひどいものが使われているかということでもあるのだが)。

 また彼は無添加パンを作ろうとする後継者も育てている。全国からパン屋を目指す人が彼の元を訪れて修業をしているとのこと。そこで彼はあえて厳しい指導を行っている。

 と、ここまで来たところで、どうやら今回は前編だったということが判明、次回は彼が目指す究極のチーズパンと、彼の元で修行中の元大学助教授の熊倉氏が無事に試験を突破できるかというところがエピソードのメインになる模様。

 若気の至りで父の古いやり方に反発して、より儲けの多い方法を選んだが、気が付いてみたら父のやり方を踏襲していたという父と子の物語も含んだ内容である。しかし露骨には言っていないが、彼が身体を壊した原因は有害物質もあったのかもしれない。彼は主に「安全性」の観点から無添加パンに走っているが、これ以外にも明らかに無添加や無農薬の食品の方が美味しいというのがあるだろう。彼のパンを遠くからでも買いに来る客がいるのはそれが理由だと思われる。添加物を大量に使った食品は、危険であるという以前にまずい。例えばコンビニでよく見かけるヤマザキのパンなどは、薬臭くて食えたものではない。あそこのパンがあんなに大量の添加物を使うのは、工場での生産性を上げるためとか、流通過程で少々古くなっても腐らないようになどのためである。その結果、一週間経っても柔らかいままなどといった恐怖のパンが出来上がる(私は以前にあのパンを食べたことがあるが、あんなまずいパンは今まで食べたことがない)のである。安価な大量生産を全面的に否定する気はないが、これからの時代はアメリカ式の安価だがまずくて危険や食品と、少々高いが安全で美味しい食品を消費者が選択できるようにする必要があるだろう。私は日本農業再生の鍵もここにあると見ているので、産地と結びついた取り組みが重要性を増すと感じている。結局のところ、美味しい食品を追究していたら、素材にまで行き当たってしまうのである。

 

3/4 所さん&おすぎの偉大なるトホホ人物伝「おね」

 掲示板で紹介頂いたので早速チェックしてみることにした。この番組はテレ東で放送されている歴史バラエティ番組である。歴史上の人物のトホホなエピソードを取り上げようという主旨らしい。

 おねと言えば、NHK大河ドラマの「女太閤記」で一躍脚光を浴びたが、秀吉の出世を内助の功で支えた女性である。しかしこのおねにトホホがあった。

 おねのトホホとは、時には信長に直接に売り込みまでして必死で秀吉の出世を支えたのに、秀吉は出世するやさんざんの女狂いでおねを悩ませたということである。なおおねが信長に直接に秀吉を売り込んだというのは真偽のほどは分からないが、秀吉の女狂いに業を煮やして信長に直訴したというのは本当らしく、信長からその件について秀吉とおねに宛てた書状が残っているようだ(秀吉に対してはおねをもっと大事にするようにとたしなめ、おねに対しては秀吉を勘弁してやってくれと頼んでいる)。ただ秀吉の女狂いは病気のようなもので、結局は一生治らなかったようである。彼は高貴な女性が好きだったと言われており、大名や貴族の妻女にまで手を出したのは有名。

 なお信長は部下に対しては冷酷な合理主義で接し、明らかにヒステリー持ちであるなどかなり扱いにくい主君であったように思われるが、意外と家庭に対しては細やかなところがあったようである。なお信長の息子達がそろいも揃って馬鹿息子ばかりなのは、信長が家庭内に対しては甘すぎたのが原因という説もある。

 そして女狂いの秀吉にもトホホがある。秀吉の猛烈なアプローチ(それも権力を使ってくるのだからたちが悪い)にも関わらず、彼を袖にした女性も多い。まず彼は最後までお市の方にとことん嫌われていたのは有名であるが(賤ヶ岳の戦いの後など、柴田勝家は「秀吉を頼って逃げろ」とお市の方に言ったにも関わらず、彼女は秀吉の世話になるぐらいならと勝家と共に自害している)、これ以外にも前田利家の娘の摩阿には病気を口実に拒まれ、鍋島直茂の妻は秀吉に目を付けられないようわざと不細工なメイクをして彼の前に現れ、細川ガラシャに至っては、いざとなったら自害するという気迫で断っている。女性の心は金と権力だけでは買えないということのようだ。

 実子の出来なかった秀吉は多くの養子をとっているが、彼らの生涯もトホホというにはあまりに悲惨な例が多い。

 まず秀吉は信長の四男の於次丸を養子にし、元服した後は先に7歳で死んだ秀吉の息子の名である秀勝を名乗らせているが、彼は18歳で病死という報われない結果になっている。また家康の次男の信康も秀吉の養子になり、「実子が生まれなければ天下を譲る」とまで言われたが、鶴松が生まれたことで結城家に養子に出されてしまい、結局は家康の天下になっても将軍職を継いだのは弟の秀忠だった。鶴松が3歳で死んだ後に秀吉の養子にされたのは甥の秀次である。彼は秀吉の後継者として関白となるが、秀頼が生まれたことで秀吉に邪魔者にされ、えん罪で追放された後に切腹(一族郎党皆殺しにされている)という最後を遂げている。また秀吉の養子の中でおねが最も愛情を注いだのが金吾秀俊(後の小早川秀秋)であった。子のなかった秀吉に対して、おねが自分の甥を養子に勧めたのが金吾秀俊である。彼は秀吉にもかわいがられ、秀吉の後継者として育てられたが、彼の運命も秀頼の誕生で暗転する。秀頼に後を継がせるために邪魔になった金吾は、小早川家に養子に出され、小早川秀秋と名乗り秀吉の家臣とされる。しかし彼を疎んじる秀吉は、朝鮮出兵時での手柄を逆に責め、領地を召し上げる。この時はおねと家康の尽力でなんとか領地を回復したが、これが後に関ヶ原の合戦で彼が東軍に寝返った原因になった。しかし彼も関ヶ原の合戦の2年後、裏切り者の烙印に耐えかねたのか、21歳で精神を病んで死亡する。

 なお秀頼については、現在ではまず間違いなく秀吉の子ではあり得ないと見られている。また番組中でおねが秀頼は秀吉の子ではないのではないかと疑っているシーンがあったが、あの当時でも秀頼が秀吉の子ではないと疑っている者は多かったようである。だからこそ福島政則や加藤清正のような秀吉の子飼いの武将までが家康方についてしまったのである。なお秀頼の父親については、淀君の側近であった大野治長であるという説が最有力のようだが、俗説としては石田三成ではないかというものもある(私はこれは違うと思っているが)。

 以上、豊臣家にまつわるトホホを扱った内容。もっと裏エピソード的な内容が多いのかと思っていたが、意外にもほとんど表のエピソードだった(大体が私の既に知っている内容というところがその証明)。番組の作りとして少々下品なのが気になった(笑)が、民放で歴史を扱おうとするとこういう切り口ぐらいしかないのかも知れない(昔「知ってるつもり」という番組がありましたが、あれの方が若干上品か?)。ただ番組構成的にまだ練れていないと思われるところも多々あるのが気になった。まず途中で3問入ったクイズがほとんど意味がない。またもっと根本的なことを言うと、と所ジョージとおすぎが出演している意味がほとんどない。特におすぎは存在感薄すぎ。歴史好きの私としては今後もしばらくチェックを続けるつもりであるが、残念ながら番組自体があまり長く続かない予感がする。

 なお歴史上のトホホな人物と言えば、支援者に金を貢がせて留学先のアメリカで散財した挙げ句、最後は存在しなかった黄熱病細菌(黄熱病はウィルスの病気なので、どう頑張っても光学顕微鏡で発見するのは無理だった)を見つけようと頑張った挙げ句に、自分が感染して死んでしまった野口英世の右に出る人はいないと思うのだが・・・。

 

2/27 夢の扉「成功率99%! 神の手を持つ脳外科医」

 脳外科医の福島孝徳氏は「神の手を持つ男」呼ばれ、世界的に知られている手術の名人である。彼は他の病院で手術不可能と言われた末期の脳腫瘍患者を多く手がけ、患者の命を救ってきている。彼の手術の成功率は実に99%になるという。彼の手術はまさに名人技であり、多くの若い医師が彼の技術を学ぼうと押しかける。

 明治神宮の神官の家に生まれた彼は「人のために生きろ」との父の言葉から、脳外科を目指し、37歳で大病院の脳神経外科部長に抜擢される。この頃彼が手がけた手術は年間900件と通常の脳外科医の10倍の件数である。しかし彼のこの行動力と歯に衣を着せぬ物言いは日本では疎まれ(典型的な日本の駄目組織のパターン。日本では出来る奴は疎まれてつぶされるのである。無能な上がふんぞり返っているのが最大の原因だが。)、アメリカへと渡る。アメリカでは彼の行動力と技術は絶賛され、ゴッドハンドの称号を受ける(日本なら「ブラックジャック」と呼ばれるところだが)。62歳の現在、デューク大学とウェストヴァージニア大学で教授を務める。彼のオフィスには世界中から年間1万通もの手紙が届くという。彼は1日に数件の手術を平気でこなすが、それでも間に合わないのだろう。彼が手術を終えて自宅に帰るのは夜遅く。一人暮らししている彼は、夕食はインスタント食品が多いという。すべては患者のためにというのが彼の生活スタイルになっている。

 彼は自分の技術を次の世代に伝えるために、私財を投じて世界中から集まってくる医師達を受け入れている。彼としては自分一人で救える患者の数は限られているので、次の世代や次の次の世代の名医を育てたいのだという。また彼は手術道具の開発も自分で行っており、数々の器具を考案している。彼のモットーは「一発全治」。一回の手術ですべての病巣を取り除いて完治させるというものである。この番組でも難しい脳腫瘍を患った38歳の主婦の手術を、いとも簡単に成功させてしまっている。

 信じられないような話である。なおこの医師はかなり有名な医師で、私も何回もテレビで見たことがあり、つい最近も他の番組で2回ほど見ている。また彼の技術も凄まじいが(まさしくブラックジャックである)、あくまで患者優先の生活を送っているところに、一体何が彼をそこまで駆り立てているのかと驚かされる。彼にしてみれば、彼の助けを求めている患者は世界中におり、自分の時間をすべてつぎ込んでも足らないのだろう。一番の問題点はすべてが彼個人の技術に負っているために、今のところ彼の後継者となる第二のゴッドハンドが登場していないこと。そのことを彼も痛感しているから、必死で若手の医師を育てようとしているのだろう。ただ彼の技術を見ていると、やはり外科医は職人の世界だと感じられ、彼と同じだけの技術を持つことが出来る医師がどれだけいるか。多分に先天的な素質に支配されると思われ、これは知識とは別の次元の話である。正直なところ、医師免許を持つ人間の技術を鍛えるよりも、細工職人などの手先の器用さを持つ人間を勉強させて医師免許を取らせる方が早いような気がするのであるが。

 

2/6 NNNドキュメント「手錠をかけられた検事」

 大阪拘置所から保釈された一人の人物。彼は暴力団に接待を受けて捜査情報を流した悪徳検事として逮捕された人物である。三井環、彼は元大阪高等検察庁公安部長、エリート検事であった。これだけだと単なる汚職検事の転落物語なのであるが、事態が複雑なのは、彼の逮捕の背後には検察幹部を巻き込んだ組織的汚職が潜んでいるからである。

 彼は逮捕される直前、マスコミに対して検察の調査活動費流用疑惑についての情報を匿名でリークしていた。そしていよいよその日、実名でこれらの疑惑をマスコミに対して発表することになっていた朝、突然に逮捕されたのである。逮捕の容疑は住民票を不正に移動して47万円の税金を誤魔化していたという電磁的公正証書原本不実記録・同供用詐欺罪という罪、明らかに微罪であった。そのあまりの微罪ぶりが、いかに検察が慌てて彼の口を封じようとしたかの証拠であると、当時この事件を取材していた元朝日新聞の記者が怒りを滲ませながら語っているが、まさにその通りである。

 調査活動費流用疑惑とは、検察幹部が調査活動費を私的な飲食に使用していたという疑惑であり、検察全体の組織的な犯行である。検察全体でのべ65億円と言われる調査活動費のかなりの部分が検察幹部に不正に流れていたと考えられる。当然ながら検察としては何が何でも誤魔化さないといけない疑惑であり、なりふり構わぬ手段に出たのである。

 立花隆氏によると、三井の脇が甘かったのは間違いないが、検察幹部がはるかにあくどいことをしているのは間違いないという(私も全く同感だ)。しかしこの疑惑は有耶無耶になったまま、三井に対しては接待を行ったという元暴力団員(既に懲役5ヶ月の刑に服役済みで、現在は姿を潜ませているとのこと)の証言に基づき、懲役1年8ヶ月の実刑判決が下った。三井は「事実無根」として徹底的に戦うとしているが、未だに真相は藪の中であり、検察は調査活動費の金額を減らして何事もなかったかのように誤魔化しを続けているのである。

 客観的に見て何から何まで検察による口封じであることは間違いない。マスコミ発表予定の朝に慌てて逮捕したこと、さらにその時に家宅捜索まで行っていること(家宅捜索は元来は容疑者が証拠隠滅することを防ぐために行うが、この場合は三井が押さえている調査費流用疑惑の証拠を検察が隠滅することが目的であるのは明らか)、検察が三井の保釈をなかなか認めず、延々と325日にも渡って拘留を続けたこと、さらに彼を接待したと証言している元暴力団員が完全に身を潜めていること(何らかの裏取引で証言を要請されたのは間違いない)、彼を接待したとされているデート嬢に至っては4ヶ月前に誰かに殺されて証言さえとれないことなど、偶然にしては出来すぎというほど条件が揃っているのである。日本の役人は自分たちの保身のためなら何でもするが、恐ろしいのは逮捕権を持っている検察がこのような見え見えの不正を平気で行うということである。

 なお立花隆氏が言うように、確かにこのような疑惑にはめられた三井は脇が甘かったのは事実である。しかし逆に彼がそのようなつけ込む隙が全くないような人物だったら、今頃は消されていた可能性が高いのではないかと想像できる。どこかの暴力団員に声をかけて彼を抹殺した上で、「仕事にまつわる怨恨の可能性が高い」と発表して、後は捜査に圧力をかけて事件を迷宮入りにしてしまって終わりである。法治国家と思われている日本でも、実は権力者にとってはなんでもありだということだ。実際、この手のやり方で有力政治家の子弟が絡んだ事件などはいくつももみ消されている。地方などで謎の多い怪しげな未解決事件があった場合、その地域の有力者の子弟が事件に絡んでいると考えるとおよそ間違いはない。この国の正義はいずこにあるのかと問いたくなるところである。

 

8/20 からだ元気科「貧血」

 今回からこの番組は改装とのことだが、どこが変わったのかと思えば、意図的に内容を軽くしたようである。今までまるで「今日の健康」みたいな雰囲気だったのだが、「あるある」とか「スパスパ」などを意識したような軽めの構成にし、また古市アナを従来よりもかなり正面に出してきている(アイドル路線?)、はっきり言って賛否両論が出そうなところだが、幸いなことにさすがに日本医師会がスポンサーと言うだけあって、内容の信憑度は落ちていないようである。

 さて番組の構成は、まずあるある一家?の貧血談義から始まり、貧血についての紹介に突入する。

 貧血でもっとも多いのは鉄不足性の貧血(鉄欠乏性貧血)である。鉄分が不足するとヘモグロビンが減少することによって、血液による酸素の運搬がうまく行かなくなるという症状が出る。ちなみに男性は3グラム、女性は2グラムの鉄が体内にあるという。

 ここでメディカルQなる新コーナー。ここで紹介される1つ目の話題は、犬なども貧血になるかというもの。犬や猫などはタマネギを食べるなどすると溶血性の貧血になるので注意とのこと。なお番組では理由を説明されていなかったが、犬や猫は人間と異なり硫黄分を体内で処理することが出来ないので、このような現象が発生するのである。犬・猫と人間の身体の構造の違いを物語る話である。

 2つ目の話題はスッポンの血は栄養があるのかというもの。これに対してはスッポンの血を少々飲んだ程度で貧血の解消にはならないと言うものだが、スッポンの身にはアミノ酸やミネラル、コラーゲンなどを含んでいるので美容によいとフォローを入れている。

 次のコーナーでは古市アナが血液検査を受けて健康体であることを証明されるエピソードや、エステティックサロンで女性を捕まえて(あるある会員?)、簡易血液検査キットで貧血度合いをチェックするエピソードなどもあるが、この合間に重要な情報を流している。

 よく貧血だと立ちくらみが起こるなどと思われるが、これは間違い。これは低血圧や脳貧血であり別の病気である。また貧血は軽く見られがちだが、重症の貧血を放置すると心臓に負担がかかって心不全などを誘発することもあるので注意とのこと。さらに一旦貧血になってしまうと、食事やサプリメントで慌てて鉄分を補充しても間に合わないので医者にかかるようにとのこと(この辺りは日本医師会がスポンサーである)。また鉄分に無関係の貧血として「再生不良性貧血」などもあるので注意とのこと。また男性の貧血は体内で出血のあるケースが多く、これは鉄分を補充しても効果がないという。

 以前の番組があまりに地味すぎたので、もう少し一般人が親しみやすいようにとリニューアルした主旨はよく分かる。ただその際に参考にしたのがどうやら「あるある」らしいことが気になるところ。もっとまともな番組を手本にすればと言いたくなる。また元々はかなりお堅い番組であるのに無理して軽くしようとした結果、かなりすべっている印象が強く、まるでかつての選挙の時の民主党の鳩山代表(当時)のカジュアルウェア並みに浮いている感じがある(笑)。

 さらに、いろいろなコーナーが入り乱れたせいで、番組構成的に散漫な印象になり、肝心の重要情報がむしろ伝わりにくくなったように思われる。まだ少し構成を練り直した方が良さそうである。

 

8/17 ガイアの夜明け「巨大銀行統合劇の真相〜その時頭取は決断した〜」

 UFJと三菱東京の合併は大きな話題となったが、その顛末をドラマ仕立てで再現している。

 ことの発端はUFJに金融庁による査察が入った2003年の秋のことであった。金融庁の検査チームは、銀行の不良債権の額が申請よりも少ないのではないかということを調査することを目的に編成されている。そんな彼らの調査に転機が訪れたのは、一本の内部告発の電話であった。その電話は「UFJは大口取引先の資料を隠している」というものであった。この告発を受けて、金融庁の監査官はただちにある部屋への入室許可を申請、1時間待たされた後に入ったその部屋には多くの段ボール箱が積み上げられていた。そしてその中には、先ほど検査チーム達が見せられたものとは全く内容が違う資料が入っていたのである。この資料を突きつけて詰問する監査官に対し、UFJの担当者はこれは大口融資先が破綻した際のシミュレーション資料だと言い張り、監査官の目の前で資料を破り捨てる。

 翌日、金融庁検査局の幹部を経済産業省の大物幹部が突然訪れる。彼の用件は「UFJをよろしく頼む」というものだった。UFJは政治家などに手を回して圧力をかけようとしている。この事態で金融庁の検査チームはかえって態度を硬化させ、竹中大臣からも「金融庁の体面に関わるのでしっかり対応して欲しい」との指示も飛ぶ。

 2004年4月23日、検査の結果を受けて金融庁幹部はUFJの寺西頭取を呼びつける。金融庁はUFJに赤字決算を求めていたのだが、寺西頭取はそれを拒否。UFJから発表された決算予想は下方修正はされていたものの、あくまで黒字決算になっていた。これに対して金融庁は激怒、金融庁の幹部はUFJに事実上の最後通告をたたきつけ、寺西頭取は赤字決算と辞任を決意する。UFJがあくまで赤字決算に抵抗したのは、赤字決算になることで自己資本比率が低下し、海外業務を行うための8%を割り込んで海外業務からの撤退を余儀なくされることになるからである。

 ここでUFJは自己資本の補充のために信託部門を住友信託銀行に売却することを決定する。この段階で住友信託の高橋社長は「破談になる可能性は限りなく0に近い」と語っていた。その後の展開はまだ誰も予想していなかったのだ。

 これに抵抗したのが、UFJ信託と住友信託の合併で信託銀行一位の座を追われることになる三菱信託を擁する三菱東京ファイナンシャルグループである。さらに金融庁との確執もこれで終わったわけではなかった。竹中大臣はUFJの刑事告発も辞さないとの発表を行う。UFJは資料の隠蔽などを組織的に行ったというものである。これに対してUFJ側は当初「組織的な隠蔽などはなかった」と発表したものの、40日後に組織的隠ぺい工作を認めることになり、事実上の全面降伏をする。

 そしてここに来て三菱東京が水面下で動き始める。三菱東京はUFJとの統合で世界最大の銀行になることを狙ったのである。そしてこの動きをキャッチした日経新聞がこれをスクープする(この段はいかにも身内の宣伝めいていてなんなんだが)。そしてこれに激怒したのが住友信託の高橋社長である。彼はUFJと三菱東京との交渉の停止を求めた裁判を行うと同時に、三井住友に働きかけてUFJとの統合を提案させる(これは朝日のスクープだったらしい)。しかしその後、住友信託の訴えを東京高裁が却下、三菱東京とUFJは統合に基本合意したと発表する。

 今回のドタバタ劇の舞台裏まで含めて、分かりやすい形で解説した内容であった。それにしても前半の資料隠しが内部告発で発覚する下りなど、7/26のNNNドキュメントで放送された三菱自動車のリコール隠しの一件とあまりに類似していたのを感じる。駄目な組織というのはいずこでも同じということか。この辺りの顛末や金融庁幹部との腹芸の世界などは再現ドラマでかなり盛り上げてくれた。もっとも番組自体は、後半の日経新聞の自画自賛のようなエピソード以降が急に面白くなくなってくる。視聴者としては金融界の裏側には興味あるが、新聞社の裏側はどうでも良いことだと思うのだが・・どうもその辺りがゴッチャになってしまっているようである。

 なお、UFJと三菱東京の統合が一応合意されて一件落着となっているが、これもこのまますんなりいくかどうかは微妙なところである。実際は三井住友側のもう一度の巻き返しがあり得ると思うのだが。 

 

8/13 からだ元気科「適応障害」

 皇太子妃の雅子さんの病名として急に有名になった「適応障害」であるが、それについての解説である。

 適応障害とは環境の変化などによるストレスによって、その環境への適応が心理的に困難になり、鬱のような症状が出ることだという。一般的な鬱病との違いは、鬱病はどのようなものに対しても気分が滅入るようになって何も出来なくなる(かつて好きだったことなども出来なくなるために、気分転換もできなくなる)のだが、適応障害はそこまでは重症でなく、ストレスの原因になっているものには拒否反応が出るが、それ以外の行為は出来るのだという。例えば会社がストレスで適応障害になった場合、出社は出来なくなっても、旅行などは出来るだという。

 さて治療法であるが、投薬とカウンセリングが基本とのこと。大切なのは誰かに相談すること。端的に言えば愚痴をぶちまける相手がいるだけでも大分症状は改善するという。

 番組を見ていると、どうやら鬱病の前段階といった印象である。果たして適応障害というのが正式な病名であるのかについてはやや疑問を抱いた。なお番組中、やたらに最上級の敬語が飛び交っているのが気になったのと、ほとんど皇室番組になってしまっていたために今回は中身が薄くて面白くなかった。

 ところで、なんで「愛子様」なんて呼ぶんだ? 産まれてすぐの未だに何もしていない子供を様付けで呼ぶことのナンセンスを感じないのか? なぜ「愛子ちゃん」だといけないんだ? そもそも皇室なる存在が、人の上に特別の人がいるという差別思想であってナンセンスこの上ないのである。よく差別はいけないと言うが、差別とは特定の集団を問答無用で低い地位に置くことだけでなく、特定の集団を問答無用で高い地位に置くことも意味しており、これは表裏一体の関係にある。現代社会では差別はいけないということは常識となっているにもかかわらず、皇室が存在することはナンセンス以外の何物でもない。このような皇室のナンセンスが彼女を病気に追いつめてしまったにもかかわらず、このナンセンスに対して誰も疑問を感じないのどういう訳なんだろうか? 皇太子も自分の妻が本気で大切なのなら、今こそ真の意味での皇室改革を行うべきだと思うんだが・・・。彼にそこまで行動力があるかは疑問だが。

 

8/10 ガイアの夜明け「さらば親会社〜工場独立への挑戦〜」

 現在、工場の中国への移転などで日本のメーカーの地方の工場は次々と閉鎖され、産業の空洞化と共に地域社会に大きな影響を与えている。そんな中、また一つの工場が閉鎖された。福井県の武生松下電器。社員は他の地域に移動したりリストラされることになったのだが、この工場では従業員達が独自の行動を起こした。親会社から土地と設備を借り受けて、新会社TOPを立ち上げたのである。

 社長に就任したのは、製造現場の中間管理職だった金子徹氏。彼は工場が閉鎖されたことで故郷の新潟に帰ろうとしていたのだが、部下達に請われて社長に就任したのだった。しかし彼は現場一筋の人間であり、経営経験は全くなかった。彼自身の模索の経営が始まる。

 社員はかつての武生松下の社員。388人がTOPに移籍し、120人が辞めた。しかし残った社員も給料はかつての半分となった。社長の金子は、新会社のモットーを「品質」に置く。土地も設備も親会社から借り受けていて何の資産もないTOPにとって、財産は従業員だけであり、品質で勝負するしか市場で生き残っていく道はないのだった。

 しかしその品質の問題で新会社はいきなりけつまずいた。経験豊かな中堅社員が抜けたことで現場が混乱、かつてにはあり得なかったレベルで不良品が続発していたのである。経験の浅い社員達は右往左往し、かつての社員を再雇用できないかという意見も出るが、金子は「かつての社員の再雇用より、若手を鍛えることを優先する」と決断する。

 社長の若手起用の方針などもあり、ラインリーダーに起用された若干29歳の上木紀夫氏。しかし現場の経験が豊富とは言い難い彼は、現場の年上の部下達との意思疎通に苦しんでいた。彼の担当ラインは不良品が続発しており、会議などでも上司から厳しい意見が飛ぶ、彼にとっては苦難の日々であった。

 一方、会社を辞めた社員達も苦しんでいる。120人の内、再就職が決まったのは一部であり、大半は職業安定所などに通いながら職を探していたが、思ったような職にはありつけない状況であった。

 さらに会社にとって生き残りを図るには、松下の下請け仕事から脱却して、新規事業を展開する必要がある。新規事業の開拓を託されたのはたった一人の企画係の小林久義氏。彼は新聞などで情報を集めたり、自動車部品の展示会などに出向いては新しい事業の情報を収集しているが、最先端の技術のレベルの高さに圧倒されることもあり、新規事業の開拓に苦戦中である。

 独自の道を歩き出した工場の奮闘を描く内容。しかし社長の金子氏も言っていたが、この会社にとっての正念場は新規事業を開拓して松下の下請けから脱却することに成功するかにかかっているだろう。現状の松下の下請け仕事に依存している状況では独立した意味はなく、松下にとっては一方的なリストラと給料の大幅カットに体よく成功しただけということになってしまう。ただ新規事業開拓と言っても、工場部門だけで研究開発部門を持っていないTOPにとっては相当に厳しいだろうことは想像に難くない。なかなか身につまされる者も多い話ではなかろうか。

 

8/8 NNNドキュメント「逃亡兵の遺言 久米島住民虐殺事件」

 壮絶を極めた沖縄戦。多くの住民が犠牲になったが、その中には日本軍に殺された住民も多い。そのような日本軍の恥部の物語である。

 大阪で写真屋を営む渡辺典央氏(90才)は、沖縄戦の生き残りである。彼はかつて陸軍の軍人として沖縄にいたが、米軍に包囲され、敵前逃亡をする。彼は海に逃げ出すしかなく、漂流の果てに久米島にたどり着く。衰弱してこの島にたどり着いた彼を、島民は少ない食料を分けて助ける。しかしここで彼が見たのはまた別の地獄であった。

 久米島には日本軍の通信部隊が駐屯していたが、米軍が迫ってきた頃から、恐怖に駆られた通信部隊の隊長が、島民をスパイと称して次々と無差別虐殺を始めたのである。これがまた救いがたいのは、スパイ容疑に何の根拠もない(一方的な決めつけである)だけでなく、家族も含めて(赤ん坊まで)皆殺しにした上に家に火を付けるという徹底したやり方であったことだ。しかも戦後になってこの虐殺について取り調べられたこの隊長は、自分は悪いことはしていないとして「最善を尽くした」と証言したという。さらにこの殺害に関わった日本兵達は「戦争中のことであり調べようがない」として罪に問われることはなかったという。

 久米島を訪れた渡辺氏には多くの悔恨があるという。戦友を残して敵前逃亡した後ろめたさ(残った兵隊は大半が玉砕したという)、同じ軍人として久米島の住民を守るために何も出来なかったなどである。彼にとってこの島の記憶に向き合うことは苦痛であるが、戦争の真実を伝えないといけないと、久米島の高校生達に自身の戦争体験を語って聞かせる。

 島民の無差別虐殺に走った隊長は、恐怖で島民を押さえつけようとしたのか、ただ単に自身の下劣な残虐性を満足させようとしたのか、恐怖に正気を失くしたのか、その辺りは定かではないが、これこそまさしく軍隊というものの本質を物語る事件である。軍隊というものが巨大な暴力装置である以上、このような事件は日常茶飯に起こりうることである。これこそが「軍隊で国民を守る」というのが嘘八百である証拠であり、今の政府としては絶対に国民に知らせたくない事実であるはずなのだが、その事件を真っ正面から扱ったことには感心する。

 しかし一番救いがたいのは、この事件の責任者が処罰されていないということ。これもある意味で、戦争の本質というものなのである。どれだけ美化しようとしても、戦争とは早い話が人が人を殺すということである。それが許されるはずもないのは至極当然である。にもかかわらず、こんな当たり前のことさえ理解できない輩が多いのは悲しいばかりである。

 

8/6 からだ元気科「パニック障害」

 現在、若い人を中心に増加中というパニック障害。この病気は外出中などに突然に強い不安感と共に、過呼吸、激しい動悸などを伴う激しい発作に見舞われるという病気だとのこと。内科などで調べても循環器系等には異常が見られないのだが、発作を体験した本人は、またこの発作が起こるのではないか(予期不安)とか、このまま死んでしまうのではないかとの不安感で、外出が出来なくなる(外出恐怖)という。このように不安が不安を呼ぶ状況をパニック障害という。

 現在のところ、原因ははっきりしていないという。ストレスが原因ではないかと言われているが、必ずしもそうとは限らず、脳内での伝達生涯のようなものも原因としてあり得るとのことである。

 治療法としては、薬物療法とカウンセリングの併用を行い、外出恐怖に対してはまず家の外に出てみるところから始めて、医療関係者に付き添って貰ったりしながら、徐々に行動半径を広げていくというようなことを行うという。

 一番大事なのは、とにかく医師に相談することだろう。このまま引きこもりになってしまう例もあるようなので、早期に適切に手をうつことが重要なようだ。それにしてもやはりこれも現代病なんだろうな・・・。ちなみに実は私もこれに近しい症状を経験したことがあるのですが(大学入試の直後です)、軽度だったのか外出恐怖にまではつながらず(それでも試験というシチュエーションになると体調がおかしくなった)、そのうちに自然に治りました。ストレスの少ない大学生活が治療になった?

 

8/3 ガイアの夜明け「南米大豆ロードを行く〜ニッポンの食糧を確保せよ〜」

 低下する一方の日本の食糧自給率。もし世界的な不作が発生すれば、たちまち日本の食料は枯渇する可能性がある。しかもアメリカの耕作地は疲弊が進みつつあるし、中国も近年は食糧輸入国に転落した。世界的な食糧事情は日に日に逼迫しつつある。日本の大豆の自給率はたった5%にすぎず、日本ではかつて大豆不足により豆腐を製造出来ないような事態も発生したことがある。

 将来に来たるべき食糧危機を睨んで、岐阜県のもやし製造業者がギアリンクス(岐阜とアルゼンチンをリンクするという意味をこめているとか)というベンチャー企業を立ち上げて、アルゼンチンからの大豆輸入に乗り出した。この会社ではアルゼンチンの畑を購入して、現地の会社に大豆の生産を委託、通常はその大豆は現地で販売し、日本で大豆が不足した時には優先的に日本に販売されることになる。

 また現在、栽培が容易であるという理由で危険な遺伝子組み換え大豆が広がりつつあるが、そこで安全な非組み換え大豆を入手するにはどうするか。この会社では隣国のパラグアイに目を付けて、非遺伝子組み換え大豆の確保にも乗り出しているという。パラグアイには多くの日系移民が存在しており、非遺伝子組み換え大豆の生産を彼らに委託している。

 ギアリンクスの社長が言っていた「石油は中東だが、食料となれば南アメリカ。」という言葉が印象的。確かにアメリカや中国の農地の疲弊はかなり深刻であり(アメリカの場合は明らかに近代灌漑農業の負の側面、中国も類似しているが工業重視の国策の負の側面でもある)、そうなれば南米が世界の食糧基地になる可能性はあろう・・・ただそうなったら、今度はアメリカがアルゼンチンの政府に何だかんだと難癖をつけて、軍事占領を狙う恐れも・・・。考えたくない未来である。どちらにしても、果たして日本もいつまでも今のように食料を全面的に海外に頼っている状態で良いのかという問題はある。

 

7/26 NNNドキュメント'04「三菱自動車"リコール隠し"の真実」

 三菱自動車のリコール隠しが問題になったが、その実態と発覚までを再現ドラマの形で放送している。

 三菱自動車では以前から、会社にダメージとなるリコールを避けるために不具合情報を二重管理していた。一つはリコールにならない軽度のトラブルでこれはP分類とされ、運輸省に報告されていた。もう一つのリコールにつながる可能性の高い深刻なトラブルはH分類とされ、これは社内で秘匿され、ユーザーから苦情があった時などだけ密かに修理が行われていたのである。

 ことの発端はある販売店で、三菱車の不具合を記した内部文書がユーザーに漏れてしまったことであった。運輸省の監査が入ることを恐れた三菱自動車は組織ぐるみで隠ぺい工作を開始する。その手口は実は至って単純で、運輸省の監査官が来たことが分かると、グループ長や部長が彼らを足止めしている間に、社員達が知られるとまずい書類を紙袋に入れて9階か地下の倉庫に隠す。また同時にコンピュータのデータにもアクセスできないように細工するというものであった。三菱自動車ではそのための訓練が繰り返され、訓練中に紙袋が破れた反省から、紙袋を二重にする対策が講じられるという徹底ぶりで、当初の隠蔽時間30分から、最終的には目標タイム10分を実現する。

 そうしてついに監査の日がやってくる。しかしグループ長は当初に想定していたほどの時間を監査官の足止めをすることに失敗、危ういところであったが、この第一回目の監査はすんでの所で切り抜け、彼らは祝杯を挙げる。

 しかし次の第二回目の監査で三菱自動車にとっての事態は暗転する。今度は監査官達は万全のシフトで乗り込んできていた。彼らはグループ長の引き延ばし工作をあっさりとパスすると、直ちに当初の計画通りのシフトを取る。彼らの目的は三菱自動車の社員の動きを封じることだった。特に監査官達が直ちにロッカールームを押さえたことに三菱自動車の社員達は青ざめる。

 実はこの監査の前に、運輸省に対して「三菱自動車の社員が資料をロッカーに隠している。」との内部告発があったのである。それを受けて監査官らは万全の体制で二回目の監査に臨んだのである。そして監査官らが差し押さえたロッカーから、隠蔽されていた書類が見つかる。

 それでも二重管理をしていた事実だけはなんとか隠したいと思った三菱自動車の社員達は、監査官が帰った後、徹夜で証拠の隠ぺい工作を行う。しかし一晩だけの工作ではどうやっても矛盾が生じ、監査官らに事実がバレるのは明らかであった。ここに来て取締役の判断で二重管理の事実を告白することになる。

 まさに迫真のドラマ仕立てになっており、思わず目を引いてしまう構成である。実は私はこの時、もう夜も遅いので明日に備えて寝ようと思っていたのに、たまたまテレビをつけたらこれを放送しており、ついつい最後まで見てしまったのである。おかげで翌日は寝不足で大変だった(笑)。

 それにしても三菱自動車のリコール隠しは組織ぐるみのものであるとは聞いていたが、ここまで徹底したものであるとは思ってもいなかった。社員達が避難訓練さながらに証拠隠しの訓練をやっているのには、ある種の馬鹿馬鹿しささえ感じられ、「お前ら、何を考えてそんな馬鹿らしいこと出来るんだ?」と言いたくなるところであった。いかに組織の論理とはいえ、これに疑問を感じる社員はいなかったのだろうか・・・少なくとも一人はいたから内部告発があったんだろうが・・・日本人は組織のことになると思考が停止するという典型例である。

 それにしてもここまでのことをしていたとなると、この会社の体質改善は容易なことでは無理だと思う。実際、この4年前の監査で「すべてをお話しします」ということになったのだが、実はそれがすべてではなく、その後もさらなる事実隠蔽がボロボロと出てきているわけである。その点についてこの番組では当時の監査官にインタビューしていたが、「まさかと思いました」と本気で呆れていたのが印象的。確かにこの会社の体質には呆れるしかないだろう。現に業務提携をしていたダイムラーも呆れてしまって、三菱相手に訴訟も辞さずという状況になってしまったようである。よほどのことをしない限り、この会社はいずれは消え去る運命にありそうである。

 

6/6 ecoウィークエンドSP 水に抱かれた楽園 (日本テレビ系)

 水の惑星と言われる地球であるが、淡水は実は2.5%しかない。しかもこの淡水の大半は北極や南極の氷であり、我々が生活に使えるのは地球上の0.3%にすぎないという。その水について考えるという主旨の番組であるとの触れ込みなんだが・・・。

 第一章は食と水の関係を考える・・・とのことであるのだが、実際のところは相田翔子がヨーロッパを訪れてスパゲティを食べるという、土曜日のこの時間にありがちな単なるグルメ番組。情報としてまだしも面白かったのは、伊達公子がフランスのミネラルウォーターの産地を訪ねる企画で、ミネラルウォーターの産地ヴィッテル村では水源の質を守るために、農薬の使用を禁止しているという話のぐらいである。

 後はヨーロッパの水は硬水だが、料理などの時は硬水で煮込むと肉などが固くなるので、煮込みには水でなくスープを使うのだという(ミネラルがアクとして浮かんでくるので、これを除去すれば軟水と同じになるとか)。そしてこれを使ってリゾットなどの料理をするとか、軟水の日本では、これを使って豆腐などが昔から作られているとか、ご飯がどうとか、そばがどうとか、この第一部は単なるグルメ番組であり全くつまらない。

 この番組の本領は第二章の方である。ここで現在の水の問題について考えている。

 日本で水フォーラムが開催されることが決まった2001年3月、水フォーラムを主催するコスグローブ副会長は「日本は世界一の水輸入国であるという自覚を持って欲しい」との警告を発したという。こう言われてもピンとこない人が多いと思うが、これはバーチャル・ウォーターという考え方である。つまり日本は多くの農産物や畜産物を輸入しているが、これらはすべて大量の水を消費して生産されており、輸出国の水を使用して生産されているわけである。つまりこれらの生産品を輸入すると言うことは、それに使用する水も輸入しているのに等しいという意味である。

 例えば大豆は収穫までに大豆1キロあたり2500リットルが必要である。つまり日本は大豆輸出国のアメリカからこれだけの水を輸入しているのに等しい。さらに牛肉の場合は1キロあたり6000リットルもの水が必要であるという。こうして考えていくと、日本はかなりの量の水を輸入していることになるのである。天ぷらそば一杯をとっても、その材料はほとんど輸入品であり、920リットルものバーチャルウォーターを輸入していることになるという。日本はこうやって食料に必要な水を海外に頼ることで、豊富な生活用水を使用することが出来ているのであるという。日本が年間に輸入しているバーチャルウォーターの量は640億トンになり、これは東京都を水槽にしたとしたから30メートルの高さになる量だとのこと。ちなみに日本で1年に使用される水の量は870億トンであるから、その2/3にあたる量を輸入していることになるという。つまりこれを代替しようとすると、日本では明らかに水不足になるのである。日本は雨が多いと言われるが、一人あたりの降水量に換算すると、中東などよりも少ないことになる。さらに日本の地形は水の保持が難しいので、有効に使われる水の比率はさらに下がるという。

 では我々はどの程度の水を使っているのかをあるOLの例について計算したところ、326リットルにもなったという(昼間に仕事に出ている間の使用量は計算に入っていないので、実際はもっと違うだろう)。4人家族の例では925リットルであったという。2000年に国土交通省が発表したデータでは1人あたり322リットルで、これはアメリカに次いで世界で第2位の使用量であるという。水の専門家ピーター・グレーク博士が発表した数字では、人が一日生きていくのに必要な最低の水の量は50リットルとのことだが、世界人口の41%、25億人の人がこの量の水を確保できていないという(しかも水質にさらに問題がある)。

 もし日本が食料を輸入できなくなったらのシミュレーションを今年の4月に農林水産省が発表したという。朝食はご飯1杯とぬか漬けと粉ふきいも。昼食は焼き芋200グラムにリンゴ1/4切れ、夕食はご飯1杯と焼き魚1切れに粉ふきいもとのこと。さらに味付けに使える調味料は塩だけ。醤油やミソなどの原料の大豆はほとんどを輸入に頼っているからである。また芋ばかりなのは、国内で自給率が高いものは芋ぐらいしかないからだという。日本の穀物自給率は主要先進国では最下位だという。

 日本の食料の輸入先はアメリカと中国であるが、実はこれらの国で深刻な事態が起こりつつある。アメリカの穀倉地帯グレートプレーンズでは地下水を使用したセンターピボットという灌漑システムが用いられているが、これらのシステムが大量の地下水を汲み上げることで、地下水位の大幅な低下が起こっているという。現に、地下水位の低下によってシステムが使用できなくなり、廃棄された畑もあるという。そもそもこの地域は降水が少ないために、地下水が補充されないと言う問題があるのである(そもそもここの地下水はロッキーの雪解け水などが溜まったものであり、新規な補充は極めて少ない)。さらに中国では工業化などにより水の使用量が増えており、黄河では断流と呼ばれる水位の低下で上流の水が下流に流れない減少が発生している。これらは将来的には農業生産の低下につながるのではないかと予想されており、中国が食料の輸入国になる恐れも指摘されている(そうなると日本に食料が入ってこなくなる)。

 以上、我々は水に対して無関心であるが、もっと気を付ける必要があるのであるとのメッセージを残して番組は閉められる。

 

 番組構成的に見て、前半部分は全く不要であり、制作者側が訴えたかったのが後半部分であることは明らかである。このような二部構成になったのは「こんな固い内容だけの番組だったら、視聴率がとれないので駄目だ」という局側からの要請があったのであろうことは想像に難くない。恐らく番組制作者としてはそれなりの苦悩や葛藤があったのではないだろうかなどと察してしまう(もし苦悩も葛藤もなく、こんなてんでバラバラな構成の番組を作ったのだったら、それはあまりにおめでたすぎるというものだ)。

 ちなみに日本テレビは、会社としては視聴率獲得のためには手段を選ばない(そのせいで視聴率を買収しようとしたプロデューサーもいたが)とか、番組を盛り上げるためには平気でやらせをさせるなど、ろくでもない会社であるが、現場の制作陣にはり地味ながらもまともな番組を作り続けている優秀なスタッフもいることを感じさせられている。恐らくこの会社は組織としての上層部に問題があるのであって、上層部が一新されればかなり優れた番組を作れる会社になると思われる。多分ここのこの会社のガンは、未だに読売帝国のトップに居座わり続けているあの馬鹿の存在なんだろう・・・・。これに対してフジテレビなどは、既に現場レベルでもまともな番組を作れる人材は枯渇してきている気配が濃厚であり、今後さらにひどいことになることが予想できるのが懸念される。

 なおこの水問題については私も以前に数冊関連本を読んでおり、注目している。これらの本はこの番組で下敷きになっていた気配があるので、参考書として紹介しておく。これらの本を読んで、この問題についていろいろ考えてもらいたい。

 参考書

 「水」戦争の世紀 モード・バーロウ トニーク・クラーク共著 集英社新書

 ウォーター・ビジネス 中村靖彦著 岩波新書

 

5/23 NNNドキュメント'04「妻と子供がいても私は女」

 性同一性障害(GID)の問題である。性同一性障害とは、肉体の性と本人が自覚している性が一致しない症状である。胎児期のホルモンバランスの乱れが原因ではないかなどと言われているが、原因は必ずしもはっきりしていない。これが病気として認識され始めたのはごく最近であり、本人は特に思春期以降、感情と肉体のギャップに悩むことが多い。

 最近法律が制定されて、性同一性障害の患者の性別転換が可能になった。しかしそのためには結婚していない、子供がいないなどの条件が付いている。これは「家庭を乱しててはいけない」という考えからである。しかし性同一性障害の患者の中には、回りなどに勧められて結婚している者もおり、それが問題になる。性同一性障害が発覚したことで、離婚に追い込まれた例もあるという。

 この番組では性同一性障害の患者のために活動している森田菜々恵さん(自称)に密着して、その家庭を紹介している。彼女は2年前に自分が実は女性であるとしてカミングアウトし、現在は女性として生きているという。しかし彼女の家族でさえ、その事実は必ずしもすんなりと受けいられている訳ではないという。特に奥さんには葛藤があったし、高校生の娘はその事実を知られたくなくて、ひた隠しにしているという。その彼女が海外で性一致の手術を受けて、一歩を踏み出していくドキュメントになっている。

 性同一性障害は歴とした障害である。またこれはいわゆる同性愛者とは違う(同性愛者は自身の性を自覚している上で同性を愛するのである)。しかしこれに対する正しい認識が世間でなされているといは言い難いし、拭いがたい偏見なども存在する。実際、かくいう私自身も理屈では理解できても、感覚的にはどうしても抵抗を感じてしまうのは抑えようがないところがある。重すぎる事実だけに、なかなか世間でも受け入れることも難しいだろう。それを変えて行くには、やはり患者自身が声を上げていくしかないのだが、それがまた非常にハードルが高いという問題がある。どうすればよいのかは、私にも分からない。

 なお近年、このような性同一性障害などの障害が増加しつつあるという指摘もあるが、これは本当に増加しているのか、それとも今まで分かっていなかっただけなのか(社会的に存在が認められていなかったのだから、本人はひた隠しにしてきたはずである)は明らかではない。本当に増加しているのなら、いわゆる環境ホルモンの影響が一番疑われるところである。

 

5/2 NNNドキュメント'04「キャベツも豚も育てちゃいました ボクのお好み焼き」

 東広島市の野々川仁氏はお好み焼きに魅せられて、勤めていた出版社を辞めてお好み焼きを開店することを決意した。

 材料にこだわる彼は国内産の材料を使用したいと考えたが、小麦一つとっても国内産の価格は輸入品の3倍、とても手が出ない。そこで彼は一念発起してキャベツや豚を自分で育てることを考えた。キャベツは無農薬栽培を行っている農家の指導をうけて自分で栽培、豚は化学飼料を使わずに養豚を行っている農家の協力をあおいだ。

 開店準備に追われて放りっぱなしにしている間にキャベツが虫に食われたりなどトラブルに遭遇しながらも、何とか彼は開店にこぎ着け、多くの人に支えられながらお好み焼き屋で頑張っている。

 彼が自分が作ったお好み焼きを、協力してくれている農家の人に食べてもらった時に、彼らが「こういう形で口にするのは初めてだ」と言っていたのが印象的。農家の側は一度送り出してしまったらその食品がどう扱われるかには関与する余地がないからだろう。しかしこれが生産者と消費者が「互いに顔が見えない」ことにつながり、その結果かなり無責任な作物を出荷してしまう農家がでたり、食べ物を粗末に扱う消費者がでる原因であると感じられる。

 お好み焼きを通して、生産者と消費者の関係についてちょっと考えさせられる佳作であった。

 

4/27 たけしの本当は怖い家庭の医学「ダイエット&むくみ」

 今回の例は、まずダイエットから命を落としてしまった女性の話。

 体重を減らしたいと思っていたあるOLが取り組んだダイエットは食事を野菜中心に下うえで下剤を使用するというもの(これをやる輩が実際に多いことが懸念されている)だが、やがて彼女は身体のむくみに悩まされることになる。そこで友人に勧められて利尿剤を使用し始める。利尿剤でむくみは一時的に解消されたのだが、やがて再びむくみが発生、さらに肌の荒れやかゆみに悩まされるようになる。異変はさらに続き、腕の筋肉痛や少し歩いただけでも疲れてしまうという全身異常が現れる。ここまで至っても彼女はこのダイエットを続けてしまい、ついに事態は破局に至る。ある日、体の不調をうったえて会社を休んだ彼女は、二度と出社することはなかった。彼女は心臓停止で死亡してしまったのである。

 彼女の病名は偽バーター症候群。カリウム不足によって生じる全身の筋肉の機能停止である。彼女の死因は言うまでもなくそのダイエットにある。まず彼女の食生活。彼女は温野菜中心の食生活をしていたが、野菜は湯通しすることで水中にカリウムが溶け出すので、湯通しした野菜ばかりを食べていたらカリウムは不足する(だから腎臓病などでカリウムの摂取量に制限のある場合は、野菜を湯通しすることを勧めるのである)。さらに彼女の場合は下剤と利尿剤の使用がそれに拍車をかけた。その結果、筋肉を制御するカリウムまでが不足し、全身の筋肉の機能障害が発生したのである。

 2つ目の事例は、GWで帰省したサラリーマンの例。渋滞に出くわして延々と車内に閉じこめられた彼は、最初は足のむくみの症状を自覚した。そのうち、胸焼けの症状を感じたが、やかでそれは収まり、彼は運転を続けた。そうして無事に実家に彼はたどり着いたものの、夜には咳や発熱の症状に苦しめられる。その時は風邪だと思い、症状のおさまった一週間後、帰宅することになるがここで再び渋滞に遭遇。ここで再び動悸や息切れの症状に見舞われた彼は、妻に運転を代わってもらって自宅にたどり着いた後に倒れて帰らぬ人となってしまうのである。

 彼の病名は肺血栓塞栓症。俗に言うエコノミークラス症候群である。これは長時間同じ姿勢を続けることで圧迫された静脈内で血栓が出来、それが肺などの血管を詰まらせる病気である。足のむくみは血液が滞留したことで血液の中から水分が浸出したことによるものである。この病気が真に症状を現すのは、乗りものから降りた後である。急に流れ出した血液に乗って血栓が肺の血管に至ってここを閉塞させてしまうのである。また彼がそのような病気を起こした誘因としては、彼が過労状態にあったことと、肥満であったことから血液の粘度が上がる濃縮型血液になっていたことがあるという。

 以上、2つともかなり有名な症例であるので、知っている人も多いのではないかと思われる。例によっておどろおどろしくて煽り満開の番組の形態には抵抗がないでもないが、内容自体は注意しておくべき事例である。特にダイエットに関してはとんでもないダイエットが平気で行われている例があるので、その危険性はとことん訴えておくべきであろう。

 前回同様、一見いかがわしく見える作りに反して、情報自体は信憑性の高いものである。視聴率を稼ぐための演出であることは十分理解できるが、このいかがわしすぎる雰囲気はいかなるものかなどと思ってしまったりもする。

 

4/25 世界遺産「テ・ワヒポウナム(ニュージーランド)2」

 孤立した生態系であるニュージーランドでは鳥が生態系の頂点に立っており、ここには66種ものここにしか生息しない鳥がいる。その中にはタカヘのように飛べない鳥もいる。さらに飛べない鳥の代表格は、ニュージーランドの国鳥・キゥーイである。キゥーイは現在絶滅の危機に瀕しており、個体数の回復が図られているという。

 この地に降る大量の雨はフィヨルドに大量の有機物とタンニンを流し込み、それがフィヨルド内に独自の海洋環境を形成する。フィヨルド内の海は二層になっており、表層2、3メートルの濁った淡水と、その下の海水からなる。濁った淡水が日光を遮断するために、ここの海洋は温暖な海洋にすむ生物と深海生物が共存しているという独自の生態系になっている。

 環境ビデオとして最適な内容。それだけにコメントすることがあまりないんだよな・・・・(笑)。

 

4/20 たけしの本当は怖い家庭の医学「肩こり&頭痛」

 ごく普通に起こる症状が、実は恐ろしい病気につながっているかもしれないと言うことを警告する番組。以前に何度か特番として放送されていたが、ついにレギュラーになったようである。

 まず肩こりから。あるOLの事例であるが、彼女は最近激しい肩こりに悩んでいた。とりあえずはマッサージなどで癒していたのだが、そのうちに肩に触るだけでも痛みが走るほど肩こりはひどくなり、さらにすぐに息切れがするようになってきた。さらにはその痛みは背中にまで広がり、微熱も出た。しかしこの時点ではまだ薬を飲んで無理をしていた。しかしその二週間後、高熱が出る。この時点で医者に行ったが診断は風邪。確かに薬を飲んで寝ていると熱は下がった。だが肩こりはひどくなり続け、全身の骨がきしむような痛みが起こるようになった。そして足に1ミリほどの紫色の斑点が発生、そしてついに鼻血と共に倒れてしまったのである。

 彼女の病名は急性骨髄性白血病。これは骨髄の造血細胞が異常を起こして、異常な白血球を大量に生産すると共に、まともな血球を生産できなくなる病気である。肩こりは赤血球が減少することによるもの(赤血球が減ることで謂わば血行障害に近い状態が発生していた)であり、紫の斑点は血小板が減少することによる血管からの血液の漏れ(要するに内出血)によるものであった。彼女はいま無菌室でドナーを待っているという。

 2例目は42歳のサラリーマンの事例。彼は毎朝公園をジョギングするなど健康には気を使っていた。しかし異動で営業に配属になり、仕事が忙しくなり始めた頃から頭痛に悩まされるようになった。さらに倦怠感も表れ、微熱も発生していたことから、風邪と判断して薬を服用して仕事をしていた。しかしそのうちに目がかすむ症状が発生、頭痛もさらに激しくなり、ついには激しい嘔吐に至る。彼は会社を休んで静養することにしたが、39度を超える発熱に、髪を触っただけでも頭が痛むほどの激しい頭痛、さらに歩くことさえ出来なくなっていた。

 彼の病名は髄膜炎。この後、救急車で病院に運ばれた彼は、残念ながら命を落としたとのことである。髄膜炎とは脳の髄膜にウィルスなどが入り込んで炎症を起こす病気であるが、彼が髄膜炎を起こした原因になったのが、クリプトコッカスと言うカビの一種であった。そして彼がこれに感染したのは、公園でのジョギング中であった。クリプトコッカスは鳩などの糞に含まれており、乾燥してまきあがった鳩の糞を吸引したことでかれはクリプトコッカスに感染したのだ。ただし通常はクリプトコッカスなどのカビが体内に入ってもただちに免疫によって排除される。彼にとって不幸だったことは、仕事による過労で免疫機能が低下していたことであった。低下した免疫の攻撃をくぐり抜けたクリプトコッカスは血管内に侵入、髄膜で炎症を起こしたのである。

 以上、肩こりや頭痛といったごくありふれていると思われる症状の中に重大な病気が潜んでいる可能性があると言うものである。

 番組はおどろおどろしく、煽りや脅しに満ちている。ただし情報の内容は正確であり、某番組のように特定の商品の購買に視聴者を誘導しようという意図もない。わざとらしいほどの煽りに脅しは、番組に興味を惹こうという演出であるようだ。病気の紹介番組などは普通にやったのでは非常に地味な番組になるので、民放的にはそれでは辛いということだろう。

 これはBS−iで放送されている「健康DNA」をご存じの方なら思い当たるだろう。あの番組は病気の症状などを医学的に説明している優秀な番組だが、非常に地味で視聴率は期待できない番組である。製薬メーカーといった強力なスポンサーがなかったら、とっくに消えている可能性が高い。

 この番組は「健康DNA」などのような一見しての真面目さはないが、それでも病気の危険性を紹介するという観点では意味のある内容ではある。非常に胡散臭そうに見える作りにも関わらず、意外と内容は真面目だと言えるだろう。もっともこういうネタは持続するのが難しいので、そう遠くない将来にネタ切れで打ちきりになるか、大きく方向転換をするかのどちらかになるのは確実と見ているが。

 

4/18 世界遺産「テ・ワヒポウナム(ニュージーランド)1」

 ニュージーランド南島のフィヨルドの渓谷・テ・ワヒポウナムでは独自の生態系が守られている。4つの国立公園を含むこの地域は世界遺産に指定された。

 太古から他の大陸と孤立してきたこの地には、キウイのような飛べない鳥などの独自の鳥類の宝庫になっており、またフィヨルドの底には普通は深海にしか生息しないような生物が浅瀬に生息しているという。

 この地にあるクック山は毎年1センチ隆起しており、もし氷河による浸食がなかったら、今頃は1万8千メートルを超えると言われている。ウェストランド国立公園の一帯は氷河に覆われており、これらの氷河は1年に2メートル進んでいる。しかしこの氷河も最近は地球温暖化の影響による後退が見られるという。

 非常に多雨で世界で最も寒いジャングルにあたるテ・ワヒポウナムでは太古の地球を思わせるシダ類が繁茂している。この森には毎年秋になるとフィヨルドランドペンギンが訪れる。このペンギンは生息数が3000羽しかいない絶滅危惧種である。彼らは秋になると南極から卵を生むためにこの地にやってくるのだという。海から上がった彼らは、そのまま森の奥に移動し、毎年同じ場所で同じ相手と営巣する。孵化した雛は1ヶ月後には川で泳ぎの練習を始めるという。

 森の中を歩くペンギンという図が奇妙に印象的な内容。前半はフィヨルドの大地の映像を、後半はほとんど「地球ふしぎ大自然」。ニュージーランドは自然が多彩なところだと聞いていたが、確かにこれはかなりのものである。往々にしてこのような孤立した生態系は、人間が持ち込んだ動物によって破壊されてしまうことが多いのだが(今までたいした肉食獣がいなかったオーストラリアでは人間の持ち込んだ犬が、ガラパゴス島では猫が最強の狩猟動物になって、現住生物を脅かしているという)、このような生態系を保護していくためには、なみなみならぬ努力がなされているのではと思うのだが。そこのところはどういう取り組みがなされているのだろうか。

 

4/11 NNNドキュメント'04「100歳のバイリンガル〜脳と体の若返りプロジェクト〜」

 東北大学と仙台市が協力して、老人を対象にした脳と体の若返りプロジェクトが試験的に行われている。若返りプロジェクトは転ばないための体力強化と、ボケ防止のための脳の訓練が中心となっている。

 筋力トレーニングの指導に当たっているのは、東北大学の永富良一教授。筋力が弱って杖がないと歩けない老人などが、トレーニングに取り組んでいる。

 脳のトレーニングを指導しているのは、東北大学の川島隆太教授。川島教授の理論に従って、前頭前野を鍛えるために計算や音読などのトレーニングが行われている。

 脳のトレーニングに取り組んでいる一人が100歳の辻チトセさん。彼女は最近英語の学習に取り組んでおり、この1年で100個の単語を覚えたということである。彼女は足が弱っているのだが、それでも身の回りのことは自分で行おうとしており、英語の学習を始めてから積極性が出てきたという。

 また数字トレーニングに取り組んでいた佐々木和彦さんの場合、自身の成績の向上に自信をつけ、とうとう奥さんのために自宅の改築を決定したとのこと。奥さんによれば、トレーニングに参加してから、明らかに夫婦の対話が増えたとのこと。

 さらに筋力低下で転倒してから杖なしで歩けなくなっていた80歳の酒井恵代子さんは、半年のトレーニングで筋力が4倍になり、片足立ちも出来るようになった。

 死ぬまで元気で生きたいということは誰でもが思うことであるが、それに対する取り組みの紹介である。なかなか効果が上がっているようであり、試験的ではなく、もっと恒常的に各地で取り組んでもらいたいものである。

 なお脳の訓練についてはどこかで見たことがあると思ったが、完全にガッテンとネタがかぶってしまっている(東北大学の川島教授はガッテンにも登場していた)。大学も独立行政法人化されたことで、各先生も自分の研究成果の売り込みに必死なのだろうか。

 

4/4 世界遺産「ビブロス(レバノン)」

 1984年に世界遺産に登録されたレバノンのビブロスは、かつて栄華を誇った海洋民族フェニキア人の遺跡である。この地に人が住み始めたのは紀元前7000年頃からだと言われているが、紀元前5000年頃の集落の跡も残っているという。

 紀元前18世紀に建造されたオベリスク神殿の遺跡からは、ブロンズに金箔を施したフェニキア人像だけでなく、スフィンクスの像なども発見されており、エジプトとの結びつきの強さを示している。温暖な気候のレバノンからエジプトにはレバノン杉が輸出されていた。さらに南部のシドンでは巻き貝の一種であるムーレックスが産出された。この貝はカイムラサキと言われる染料の材料にされたという(現在は乱獲で絶滅寸前だとか)。これらの産物を持つフェニキア人は地中海に勢力を伸ばし、黄金時代を築き上げる。

 フェニキア人が信仰していたバール神を祀った神殿も発見されている。それがバーラット・ゲバル神殿である。バールは嵐を鎮める神として、海洋民族の彼らに信仰されたという。しかし彼らの神殿には偶像はなく、神の座る椅子があるだけであるという。これは偶像崇拝を戒めたユダヤ教やイスラム教の原点と考えられているという。

 またビブロスには多くの穴が存在しているが、これらは王の墓だという。この中の一つで世紀の発見がなされた。1929年、奇跡的に盗掘を免れたアヒラムの石棺が発見され、その石棺にはレリーフなど共に、アルファベットの原点となるフェニキア文字の碑文が刻まれていたのである。フェニキア人は効率的に記録を行うために、複雑なくさび形文字を簡略化したアルファベットを発明していたのである。

 このように栄華を極めたフェニキア人も、大国に支配されたりして、紀元前2世紀に最後のフェニキア人都市であるカルタゴの滅亡で歴史の表舞台から姿を消す。しかし未だに彼らの文化の面影は各地に残っているという。

 海洋民族フェニキア人の文化の跡をたどる重厚で興味深い内容である。実はこの番組をキチンと見たのは初めてなのであるが、こんなに面白い番組だとは知らなかった。今後チェックしていこうか・・・。

 

11月22日 スパスパ人間学「若ボケ&秋の味覚」

 前回の放送でも後半はいきなり「現代の若者はボケばかり」という内容にとんでいたのだが、今回もテーマは若ボケ。この番組のスタッフは若者に恨みでもあるんだろうか?(多分、言うことを聞かない息子に困っている親父がスタッフにいるのだろう)

 で、最初は若ボケ度チェックと言うことで「誰でも名前を知っている」20人(個)のものの名前をどれだけ答えられるかというテストをしたところ、15以上正解した人はたったの1人ということで、現代人はボケばかりと言う結論に持って行っている。つまり「あるある」と全く同じ煽りの手法である。しかしそもそも「誰でも知っている」というのが本当だろうか? 私にしても途中で出てきたスキーの選手らしき人物や、グレムリンもどきの人形なんかは「初めて見た」ものであるので、そもそも名前を知りようがない。それに現代のように情報が氾濫している時代、1年も経ったら綺麗に消えている芸能人や、3年も経ったら社会から消えている政治家(笑)、大会の時だけ騒がれるスポーツ選手、ましてや半年で消え去る流行品なんてそんなものいちいち覚えている方がおかしい。むしろそういうものは一時記憶としてさっさと処分している方が脳の働きとしては健全だと思うのだが。

 まあこういう常識的考えをおっぽり出して、番組はさらにあらぬ方向に進む。物忘れか激しいという3人を選び出して(「スパスパ会員」?)、買い物テストを実行。番組の予定通り、彼女たちは見事に頼まれた買い物品目を忘れている。もうここで番組の構成は予測はつく、どうせこの後、この番組が提案する怪しいボケ対策法を実行して、その後のテストでは彼女たちの成績がアップと持っていくのだろう(実際にその通りの方向に行ったのだが)。まるっきり構成があるあると同じである。やっぱり同じ制作会社に丸投げしてるのと違うか?

 で、そのボケ対策だが、これが秋の味覚を味わうこと。サンマにはDHAが、ナスには神経伝達物質(この番組では名前を挙げなかったが、アセチルコリンのことか?)の原料であるコリンが、牡蠣には亜鉛が(これはあるあるでも何度も宣伝していた)、柿には血液さらさらのリコピンが含まれるので、脳に良いとする。さらに今回の切り札が山伏茸なるキノコ。これは最近、ボケに対する効果が研究されているとのこと(山伏茸の人工栽培をしているらしき人物のところに行っていたが、マイタケなどに比べるとこのキノコはマイナーであることから、このキノコの宣伝が今回の番組のメインであると推測される。つまり今回のスポンサーだ。)。

 ただしこれらをただ食べるだけでは駄目で、20回以上噛めとのこと。こうすることで脳神経を成長させる魔法の薬が分泌されるとしている。だから発育期にある子供は良く噛んでいるのだとのことだが、これはどう考えてもおかしな論法。子供が良く噛むのは、ただ単に飲み込めないだけである。まあ食べ物を良く噛むことは、胃腸に対する負荷の点においては正しいことなので、これを否定するつもりはないが、これがボケに効くというのは論理のウルトラD。

 結局は冒頭で現代人はボケばかりと煽った挙げ句に、最後には山伏茸なるキノコの宣伝で終わるという、まるで健康食品の宣伝のような番組である。まるっきりあるあると同じ構成の内容。最近はあるあるの方は、あちこちで指摘を受けることが多くなったせいか、一見して分かるほどひどすぎる論理の破綻には気をつけるようになっているが(視聴者は自分たちが思っているほど馬鹿ばかりではないということに気づいたのだろう)、この番組はそういう気兼ねがないのか、昔のあるあるを彷彿とさせるひどい内容を垂れ流ししている。全く、あんな番組を見習ってどうするつもりなんだ・・・・。そんなことをしていると、TBSのテレビ局としての品位までが低下するぞ。

 

11月15日 スパスパ人間学「体内老化」

 この番組については初めて見たのだが、もろに「あるある」のパクリであるのには絶句。画面構成から展開までそっくり。爆笑問題と木村アナを堺正章と菊間アナに入れ替えるとそのままあるある大事典になってしまう。あるあるが他の番組(ガッテンなど)をパクることは有名だが、その番組をパクる番組が登場するとは世も末である。

 世も末といえば、内容のいい加減さももろにあるあるを見習っているとしか思えない。

 今回は体内老化がテーマとのことだが、いきなりあるある会員かと思わせるOL・主婦が出てきて、何の根拠で測定したか分からない体内年齢で、50代とか評価を受けるところから始まる。

 次に登場は、いくら食べても太らないとか言う特殊体質のモデルの例。彼女は軽く2、3人分は食べるにもかかわらず、太らないし健康なのだとのこと。それは彼女の胃が長胃といって縦長の胃なので、食べ物が完全に消化されないで腸に送られている(これのどこが健康なんだ?要はまともに栄養を吸収できない体質だから、あんなに馬鹿みたいに食べないと身体を維持できないんじゃないのか?)とのこと、さらに褐色脂肪細胞が多いと推測される(推測しているだけで何の確認もしていないということである)、また腸が健康なのだとのこと(未消化の食べ物が直接に腸に送られているのに、なんで腸が健康なはずがあるんだ?)。

 で、先ほどの体内年齢ボロボロのOLは腸がボロボロで、悪玉菌が繁殖することで腸内から毒素が出て、その結果として赤血球がグチャグチャになるとのこと(もう理屈も何も滅茶苦茶ですな)。そしてこれを防ぐにはどうすれば良いかであるが、ここでスパスパ特性ドリンクなるものが登場する。

 このドリンクとはキャベツ、レタス、パパイヤ、ヨーグルトなどを混ぜたもの。これを1日3倍飲めとのこと(何やら腹を壊しそうな気がするんだが)。これを先ほどの被験者に5日間飲ませると、赤血球が綺麗になったとのこと。さらに自己申告によると肌が綺麗になって便秘も解消したとのこと。

 後半は脳の老化について。この番組の論旨を一言でまとめると、脳を使わないと脳が衰えるので、脳を使うようにしろとのこと。この方法というのが、携帯メールを聞き手と違う方の手で打つとかの極めて下らない方法。また書道が脳に良いとしている。

 はっきり言ってあまりに下らない内容。脳を使った方が老化が防げるなどというのは常識なので、言っていることをすべて嘘だとは言わないが、だからどうしたと言いたくなるレベル。全体的にレベルの低さはあるあるを見習ったとしか思えない内容。もしかしてフジテレビと同じ製作会社に丸投げしてるんじゃないだろうかと感じられる番組である。あるあるの害毒がこんなところまで来てしまったか。思わず溜息が出る。

 

9/28 素敵な宇宙船地球号「檜の森と生きる 未来派林業家 速水亨」

 一般に人工林は、生物を養う力がなく環境に有害であると言われている。しかしそうではなく、持続可能な林業が環境と共生できるものであるというのが海山町で林業に従事する速水氏である。速水氏によると森の管理にとって大事なのは光の管理だという。枝払いなどを適切に行っていると、森の中に光が射し、下草や広葉樹なども生え、檜も健やかに育つのだという。

 しかし日本の林業には容易ではない状況にある。安い輸入材に圧されて日本の林業は衰退の一途をたどっており、放置された山林が環境の荒廃を招いている。速水氏の林業とて例外ではなく、国内木材の価格低迷の影響を受けている。そんな中、速水氏は環境に配慮した林業に与えられるFSCマークの取得に挑戦した。

 日本ではFSCマークの申請は初の例だという。速水氏の山林は管理が行き届いており、生態系も周辺の自然林よりも多様であることを評価され、2000年にFSCの認証を得た。

 一般的に人工林はネガティブな印象を持たれているが、適切に管理された人工林は放置されている自然林よりも環境に対して貢献するというのが実に印象的である。ただこうやって頑張っている速水氏の林業でさえ、国からの補助を入れてトントンぐらい経営であるとのことであり、やはり日本においての林業は大変なのであろうと思われる。FSCマークはそういう中で頑張っている健全な林業を支援する主旨であるということを考えると、もっと周知を図っていく必要はありそうである。

 

9/21 素敵な宇宙船地球号「フェアトレード〜インドの環境を守る新戦略〜」

 フェアトレードとは、途上国の製品などをその生産に携わる人間の生活も考えた価格で購入する取引を意味するようである。資本主義的経済では、途上国の製品はその足下を見て買いたたくことになるのだが、そうではなくて高くはついても妥当な価格で購入することで、途上国の人間も裕になれるのである。

 この番組ではインドでの綿花栽培にこのフェアトレードを取り入れた例を取り上げている。インドでは綿花栽培に使用する大量の農薬が問題になっている。これらの農薬は環境や労働者の健康を破壊する上に、農薬の費用が農民にとって重くのしかかっている。このような農薬の大量使用が必要なのは、綿花の単一密集栽培を行うからである。これを改善するには、綿花の単一栽培ではなく数種類の作物を混合して植える。こうすると畑に生態系が発生し、害虫に対する天敵も繁殖することが出来る。さらに肥料には牛糞を使った有機栽培を行う。こうして育てたオーガニック綿花はフェアトレードによって通常の綿花よりも高く引き取る。こうすることで生産者にもメリットが出るのである。

 またこの綿花から服を作る段階でもフェアトレードの精神が実行される。フェアトレードでの縫製工場は、近隣の貧しい家の娘を通常よりも高い賃金で雇う。こうすることでその地域の生活水準の向上が実現するのである。

 このようにして生産されたフェアトレードによる製品は、確かに通常よりも若干高くなるのだが、買い物をすることで発展途上国に貢献できるということで、最近は支持者も増えているという。

 確かに現在は資本主義経済による「アンフェアトレード」によって、発展途上国の商品は不当に買いたたかれ、すべての富をアメリカなどが吸い上げているという構図を考えると、このような運動は有意義であろうと思われる。ただどれだけの広がりを持たせることが出来るかが難しいだろう。ただフェアトレードの製品は高いといっても、確かにユニクロなどの服よりは高いが、無意味に値段だけ高いブランド商品(あんなものはほとんどがブランド料である。私は未だにブランド商品なんてありがたがる連中の頭の構造が理解できない。)を買うことを考えると、はるかに安価である。これは我々も思考方法を転換した方がよいのではないか。他人の労働には相応の敬意を払って然りだと思うのだが。

 

9/14 素敵な宇宙船地球号「プラスチックの海 "幽霊網"からアザラシを救え」

 第二次大戦の戦場として有名なミッドウェイ環礁、昔は米軍の基地があったこの島も、今は野生動物の保護区となっており、多くの野鳥などの繁殖地になっているという。この島の海岸に住んでいるのがハワイモンクアザラシという絶滅に瀕しているアザラシである。

 実はこのアザラシにとっての脅威が「幽霊網」であるという。幽霊網とは漁船から流されたり捨てられたりした網のことである。昔と違い最近の化学繊維で出来た網は自然界で分解しないので、そのまま海中を漂うことになる。この幽霊網に絡まって命を落とすアザラシがいるとのこと。

 この幽霊網を除去するべく頑張っているボランティア団体があるのだが、彼らが回収する網は毎年数トンにもなるという。しかし彼らの努力にもかかわらずすべての網が除去されるわけではなく、生分解性の網などの技術開発や、漁師達のマナー向上などが必要であるという。

 また野生動物にとっての脅威は幽霊網だけでなく、海面を漂ってくるプラスチックのゴミなども海鳥にとっての脅威であるという。アホウドリなどの海鳥は、海面に浮かんでいるものを餌と判断する習性があるので、プラスチックのゴミを胃袋に一杯詰めた海鳥の雛の死骸が多く見られるという。

 今回の番組では取り上げられなかったが、これ以外にも釣り人の捨てた釣り糸が海鳥の命を奪ったりなど、人間の悪行の限りはあちこちにある。確かにこれは抜本的対策を考える必要があろう。今は生分解性プラスチックの開発などが進んでいるが、私が思うのは、そもそも使い捨てにするような容器にプラスチックを使用する必要があるのかという疑問である。もう少し天然素材などの使いやすい容器は作れないものなのだろうか。

 

9/7 素敵な宇宙船地球号「幻の魚イトウ 北の森で生きる」

 北海道の宗谷地方の河川に生息しているイトウ。しかしイトウが繁殖していくためには、河口から源流まで自由に移動できる環境が必要なのだという。イトウは上流に遡って産卵を行うので、その途中が河川改修などで通れなくなると、イトウが生息することは出来ないのだという。実際に一級河川に指定されたせいで、洪水対策などの大規模な護岸工事がなされた尻別川では、もうイトウが繁殖することは出来なくなってしまったという。

 またイトウは森の中の源流地域まで遡って産卵するので、森の中の支流の途中が伐採工事などでふさがれてしまうと、もはやその支流では産卵は不可能になるのだという。だからイトウは「森の魚」なのだとのこと。今、尻別川では釣り人達が中心となって、なんとかイトウが生息できる環境を取り戻そうとの試みがなされているとか。

 それにしても自民党土建政権のせいで日本中で無意味で有害な公共事業が行われているが、こんなところまでそのツケが来ているのには感心させられる。イトウのような「手付かずの自然」が生きていくために必要な生物は、このままだとほとんど絶滅してしまうのではないだろうか。コンクリートで固められた生き物も全くいない川だけが、アホな政治家の票集めのために作られていくのではあまりに悲しい。

 

8/26 健康DNA「リンパ腺と免疫」

 この番組はBS−iで放送されている健康番組である。ちなみにタイトルのDNAは「ドクターなんでもアドバイス」の略というかなりひどいものである(笑)。

 ただしタイトルはひどいが、中身はかなり真面目。NHKの今日の健康を民放向けに分かりやすくしたような番組で、「あるある」のような変に視聴者の不安感を煽って何かを売りつけようという意図は見られない(笑)。スポンサーは大正製薬であるが、特に番組で商品の宣伝をしようという意図も見られないところも評価できる。

 番組自体は、高田万由子(知的イメージがあるからでしょう。ちなみに私は彼女が「歴史発見」のアシスタントをしていたころから贔屓なんですが)を中心に、TAKE2の二人がレギュラー(番組を柔らかくするために起用されているのは確実。ちなみにこの一人は田中美佐子の旦那として有名)で、これに毎回ゲストを一人迎えて、テーマに応じた専門家(大抵は医者である)がやって来るというかなり手堅いものである。

 で、内容の方であるが。今回はリンパ腺の働きと免疫システムについて。

 まずリンパ腺が免疫細胞を作り出していることを紹介し、免疫力を強化するためには、疲れを溜めないこと、栄養のバランスをとることなどと極めて妥当な結論から入っている。

 次はTAKE2の深沢氏が司会しての「予防接種の歴史の紹介」。司会が深沢氏だけにかなりふざけた印象はあるが、実は内容的にはかなり真面目なもの。

 世界初の予防接種は、ジェンナーによる天然痘の種痘である。彼は牛痘にかかった者は天然痘にかからないという事実から、牛痘感染者からとった細胞などを他人に植え付けることで、天然痘を予防できることを発見したのである。種痘の普及によって天然痘はついに絶滅にまで追い込まれたのだから、効果は絶大であったといえる。

 免疫機構についても紹介しており、発熱はウィルスの活動を抑制するためのメカニズムだから、38度程度の熱の場合は、解熱剤などを使わずに発熱することも重要であるということや、子供などは外で遊ばせて、膝などをすりむいて雑菌に触れるということも非常に重要であるという極めて妥当なことを紹介している。

 次はこの番組恒例の十問チェック。免疫を下げる生活を送っていないかのチェックとのこと。

1.いつも寝不足だ

2.通勤はいつも満員電車だ

3.階段よりもエスカレーターをよく使う

4.上司とうまくいっていない

5.ランチは油っこいものが多い。

6.のどが渇いたら水よりジュースを飲む

7.おなか一杯にならないと食べた気がしない

8.毎日お酒を飲み過ぎる

9.体はゴシゴシ洗わないと気が済まない

10.明日の仕事が気になって寝付けない

 はいが0〜3なら問題なし 4〜6が注意、7〜9は生活の改善が必要 10はかなり問題とのこと。ちなみに私は1,3,4,5,7,10の6個が該当なので、かなり免疫力が落ちているようである。確かに私は病気になりやすいのは事実であり、やはりこれは正しいようだ。ちなみに上の選択肢を見れば分かるが、「ストレス」「寝不足」「運動不足」「高脂肪食」などがいけないようである。私の場合は、ストレスと寝不足がまともに該当している。

 免疫細胞を活性化するには「笑う」ことが効果があるということであるが、ここでTAKE2のもう一人、東氏によるどんな笑いがツボかというどうでもよい実験コーナーがある(この番組唯一の意味のないコーナーである)。ちなみにどうして笑うことが免疫に良いのかは明らかではないというが、ストレスが確実に悪影響を与えるのだから、笑うことは少なくともストレスを緩和するだけでも効果があるのでは。

 最後にはこの番組恒例の体操。ところで高田万由子がいつも体操をしないのはなぜだろう?

 

8/19 素敵な宇宙船地球号「コケ」

 都会でのヒートアイランド現象が問題になっているが、それを緩和するために高層ビルでコケを育てる実験を行っている。

 強風の高層ビルでは植物は吹き飛ばされてしまうが、コケならばコンクリートの表面でも生育することが出来、またコケは自ら大気中の水蒸気より水を作り出す能力を持っているので、コンクリートの温度を下げることが期待できるという。

 苔むすといえば、熟成するというイメージと、寂れるというイメージの二つがあるのだが、これからのビルは苔むしたビルが出てくるかもしれない。ただし、現代建築のいかにも人工的なデザインは、コケとは両立しないと思うのだが・・。

 

7/8 美の巨人たち「伊藤若沖作「菜虫譜」」(BSジャパン)

 今回のテーマは、伊藤若沖という決してメジャーとも思えない人物の、野菜と虫を描いた地味な絵である。しかしこの菜虫譜、地味ではあるがなかなかの大作である。

 若沖は青物問屋の息子に生まれたのだが、芸事も酒も遊びもしないかなり無粋な青年だったらしい。人嫌いの彼は、家業を放ったまま、出家同様の生活を始める。そして彼が絵を描き始めたのがこのころだという。最初は狩野派の画家に学んだり、昔の絵を模写したりし始めたのだが、やがてそういうことに疑問を持ち、自分で写生を始めたという(つまりここで彼は自分の絵のスタイルを確立したと言えるだろう)。

 彼は一年以上、鶏をずっと観察していたというが、その観察眼によって描かれた絵の緻密さには舌を巻く。実際に私も、これだけリアルに描かれた日本画は記憶にない。明らかに、装飾化された狩野派の絵画などとは一線を画している。

 彼は60をすぎてから、野菜を画題に用いるようになる。このころに彼が描いた変わった作品が「野菜涅槃図」というもの、釈迦の涅槃図を野菜にしているのである。これなどほとんどパロディにしか見えない。

 「菜虫譜」は最近見つかった彼の晩年の作品であるとのこと。野菜や虫が実に生き生きと描かれている。ここに彼の自然に対する愛情がうかがえる。

 途中で「若沖はいわゆる旦那様だったから、絵を描くときにコストパフォーマンスを考える必要がないので、実によい絵の具を使っていて、それが発色の良さにつながっている」という説明をしていたが、確かに古い絵にもかかわらず、非常に色が鮮やかなものであった。またビジネスを考えなくてよかったから、野菜の絵なんて地味なものを描き続けることも可能だったんだろう。そういう意味では究極の趣味の絵か。

 

7/1 美の巨人たち「ミレー作「晩鐘」」(BSジャパン)

 今回のテーマは有名なミレーの「晩鐘」。

 ミレーはコローなどと共にバルビゾン派と言われる画家である。彼らはフランスの田舎の村バルビゾンで農民の絵を描いていた一派である。ミレーは結局はバルビゾンに一生住んでいたという。

 フランスの古い農家で生まれたミレーは、早くから絵の才能を示し、パリに留学する。しかし彼はここで大いなる失望を味わうことになる。彼は貧乏のどん底で、裸婦像で生活費を稼いでいたが、やがてそれが嫌になり、農民の生活を描くようになる。

 しかしその頃、フランスでは二月革命が起こり、パリは動乱の渦中に放り込まれる。それを嫌ったミレーは田舎の村バルビゾンへと逃亡する。彼はここで農作業をしながら絵を描く日々を送った(まさしく「晴耕雨読」という生活ですな)。ここでミレーは農民の生活を描き続ける。革命下のフランスでは彼の絵の評価はまっぷたつに分かれるが、彼はひたすら自分の絵を描き続ける。

 この番組では「晩鐘」には、ミレーの死んだ祖母に対する祈りが込められているのではないかと解釈している。ミレーの祖母は彼に絵を勧めてくれた人物であるが、彼の二回目の結婚に反対(相手が貧民の娘だったことが理由らしい)、彼は駆け落ち同然に故郷から逃げ出してきており、祖母が死んでも故郷に帰れなかったのだという。

 確かに「晩鐘」には「祈り」のトーンが漂っており、この解釈はそう無理なものでもないように思える。それにしてもミレーの絵に対して、革命の精神にかなっているか否かという観点から評価が分かれたというエピソードは、ソビエトでの芸術家が受けた問題と同じであることを思い出される。芸術というものも、政治と完全に切り離されるものではないと言うことなのである。

 

6/24 美の巨人たち「ブリューゲル作「ネーデルラントの諺」」(BSジャパン)

 ブリューゲルの絵に「ネーデルラントの諺」と言われる作品がある。この作品は一見したところ庶民の生活を描いている絵に見えるのだが、これはよく見ると百以上の諺を描いているのであるとのこと。

 例えば粥をひっくり返して嘆いている人の絵があったりするのだが、これなどはまさしく「覆水盆に帰らず」である。この他にも豚に薔薇を与えている人物などもあり、これは「豚に真珠」なのだそうだ。

 ブリューゲルはこの作品以外にも、諺を題材にした多くの絵を描いているとのことである。彼はこのような多くの諺を描くことで、人間というものをあぶり出そうとした意図があるのだろうとのことである。それは十分に考えられることであるが、何やら嫌みな人間観察である(笑)。

 日本では諺を絵で表したものというものはあまりに見たことがなく、いろはカルタぐらいのような気がする。こういうタイプのものよりも「仲良きことは美しきかな」という言葉となすびなどの絵というパターンの方が記憶にある(笑)。

 なかなか面白いのであるが、ただこれが芸術としてどうかとなると・・・。

 なおこの番組は私は初チェックであるが、なかなか興味深い番組である。もし毎週チェックするようになれば、レギュラーコーナーへの移転も考えたい。

 

トップページに戻る