所さんの目がテン!

 

 本番組は日本テレビ系で放送されている科学系番組です。日曜日の早朝(関西)という地味な時間に放送されているために知名度は今ひとつ高くないが、一般人に科学を分かりやすく解説しようという姿勢の見える番組である。

 メインに所ジョージを起用しているところからもうかがえるように、なるべく分かりやすく肩の凝らない構成にしようとしているのが読みとれる。ただし一見してふざけて見える番組構成に反して、内容は意外と真面目だったりする。この辺りはスポンサーが「電気事業連合会」という、一応は民間団体ではあるが公益団体を装おうとする(笑)団体であることが影響しているのかもしれない。もっともスポンサーがスポンサーであるだけに、エネルギー絡み、特に原子力絡みのテーマでも扱ってきた場合は注意する必要はありそうだが。(2004.4.4)

 

エンターティーメント度 B

情報信頼度 B

タイプ分け 話題型

お知らせ

当サイト管理人の鷺が、この度書物を出版することとなりました。「あるある大事典」の問題点や注意点などについて解説した書き下ろし本です。詳細はこちらへ。

書籍紹介ページ

 

お知らせ

当サイトではメールマガジン(無料)を発行しております。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 

トップページに戻る

2015/6/14 所さんの目がテン!「登山の科学」

 最近は高齢者を中心に登山ブームというが(実際に私も山城見学に登って山でよく高齢者に出会う)、その登山の健康効果等を科学で紹介とか。

 まず最初はお約束のように後藤アナがガイドと一緒に登山を経験するというところから始まる。登山の健康効果のポイントは、「ややきつい」ペースで登ることで筋肉を鍛えることにあるという。平地ではこの「ややきつい」運動を続けるのはモチベーションを保つのが難しいが、登山については「山頂に登る」という目標がハッキリしているのでモチベーションが保てるのだとか。なお適度な休憩とこまめな水分補給は体調を崩さないためには重要である。

 さて無事に山頂にたどり着いて風景を眺めながら達成感を味わう後藤アナ。この達成感は心理的な健康に大事だし、またこれがあるからはまる人間も多い。登山を習慣にしている高齢者は平均よりも脚力が強いという結果になる。

 山頂に到着して、後は楽な下り道。しかしこの下りが健康には重要だという。番組では男女6人を2組に分けて、階段とエスカレーターを使って片方には登りだけをもう片方には下りだけをしてもらうという実験を行っている。実験終了後は「楽でした」と言う下り組に対して、「ももがもう上がらない」とキツそうな登り組。しかし翌日になると話が変わる。脚にかなりダメージがあると言う下り組に対して、翌日になると思ったほどではないという登り組。筋肉の損傷を見てみると下り組の方が重いのだという。そしてこの筋肉の損傷がポイントで、この損傷を修復することで筋肉が太くなる効果があるのだとのこと。

 この山登りは下りが重要だというのはかなり以前にガッテンでも放送していたことで、体重がもろにかかる上に、脚の筋肉には「伸ばしながらふんばる」という筋肉にとってはキツい動作になるので、筋肉が損傷しやすいのである。実際にこの下りで不用意に降りると翌日に死ぬことになる。私もこれは嫌と言うほど体験している。また山登りでの事故は圧倒的に下りの方が多いので、そういう点でも注意。

 番組の最後は山登りが夫婦の関係に良い影響を与えるなんてことを実験しているが、これは例によってこの番組らしい蛇足。要は普段と違う環境で二人で共同作業を行うことで自然に関係も深まるというお話。これは何も登山に限った話でないし、一緒に山に登る嫁さんがいない私には無関係。そう、今日も私は悲しいロンリーハイカー・・・って何かやけになってきた。

 以上、登山を楽しむ上での注意事項も含めての話。この手のネタは最近のガッテンはほとんど扱わなくなってきたので、ちょうど隙間でよろしいところでは。大昔にガッテンでやっていた「展覧会の楽しみ方」なんてのも、この番組的な切り口で扱ってみて欲しいところ。それと個人的要望では「クラシック音楽の科学」とはどうでしょうか?

 

2015/6/7 所さんの目がテン!「金沢の科学」

 今回のテーマは北陸新幹線開通で湧く金沢(おかげでホテルの相場が上がって私は困っているが)を科学する・・・という意味不明のテーマ。金沢がどう科学になるんだなどという疑問はあるが、こういう突拍子もないテーマはいかにもこの番組らしいところ。

 金沢の人気観光スポットと言えば東山ひがし茶屋街だが、この町並みの特徴が木虫籠と呼ばれる格子。この格子には外からの視界は塞ぎつつ、外の視界は確保できるという仕掛けになっている。また格子が台形になっているが、そうすることによって格子の側面がやや明るくなることによって外の明るさとの緩衝地帯になるので外がより見やすくなるんだとか。また台形にすることによって光の入る範囲も広くなる。なおこの木虫籠は京都の格子よりも細くなっているとか。

 次は兼六園。兼六園は高台にある公園にも関わらず水が豊富なのが特徴。ここの水は遠くの山からトンネル用水路で持ってきてるのだとか。また兼六園は無動力の噴水があるのが有名だが、ここで用いられているのが逆サイホンの原理。ちなみに逆サイホンの原理は通潤橋などでも用いられている。また兼六園から金沢城内へも逆サイホンの原理で水を引いているとか。

 最後は金沢グルメ。金沢と言えば近江町市場が知られるように魚介類が豊富。ここで完全に番組は後藤アナのグルメレポート。番組では東京の小学生と金沢の小学生で知っている寿司ネタを書いてもらっているが、東京の13に比べて金沢は20以上ということでやはり金沢の小学生は寿司にも詳しいらしい・・・ってどうでも良いわ。さらにこの後、白身5貫を食べてネタ当て。次々とネタを当てていく金沢市民はやはり寿司に詳しい・・・ってどうでもいいわ!

 例によってのどうでも良いネタ(単なる観光案内)を科学のようなそうでないような妙なスタンスで紹介していくという、いつものこの番組らしい適度なぬるさが炸裂したのが今回。またこれで観光客が増えるか?

 ちなみに金沢グルメとしてやたらに寿司が紹介されるが、私個人としては金沢グルメと言えば、町の洋食屋さんの方により魅力を感じたりするのが本音なんだな・・・。どちらかと言えば寿司は富山のイメージ。

 

2015/5/24 所さんの目がテン!「コリを解消!?皮膚の科学」

 肩こりなどのコリは筋肉の硬直が原因と考えられているが、そこに皮膚も影響しているのだとか。

 番組で実験しているのは、立位体前屈で通常の状態よりもポニーテールにして顔の皮膚を後に引っ張ったり、テープで鼻の先端を上に引っ張った時の方が体が柔軟になるということを示している。つまりは体が動く時には皮膚が伸び縮みすることが必要なので、それがスムーズに行かないと筋肉にストップがかかってしまうのだとか。それを皮膚に刺激を与えることで解消するらしい。

 番組ではさらに皮膚を利用した首のコリや肩こり、腰のコリの解消の方法を紹介。首の時は頭の生え際、肩の場合は胸、腰の場合はウエストの皮膚を動かす(10回揺すった後、押し上げて10秒というパターンの繰り返し)と言う方法を紹介している。確かに私も試してみたら、何らかの効果はあるらしいことは体の反応で分かる。

 以上、皮膚に注目した内容。なかなか意表を突いていたが面白い視点であった。いかにもこの番組らしい。

 それにしてもこの番組も、冒頭の科学ニュース紹介とか余計な部分が多いような気がする。それでなくても実際の放送時間を考えたらガッテンの半分ぐらいなんだから、それをさらに短縮しているのはどうだろうか? もっともその時間だと1つのネタだけで済ませられるという番組制作上のメリットはあるが(ガッテンは大体1つの放送でネタを3つぐらい用意すると以前に聞いたことがある)。しかしそれだと一発芸。

 

2015/4/26 所さんの目がテン!「駅弁の科学」

 今回のテーマは駅弁。こういったテーマの唐突さがいかにもこの番組らしい。

 番組は駅弁大会を取材しているが、駅弁人気の理由としては行動心理学者なる人物が登場して、バーチャルに旅を楽しめるということを挙げているが、こんなものは今更学者先生が改めて言うまでもなく昔から常識である。

 では人気駅弁の法則とはということで、番組が挙げているのが「白いご飯が見えない」というもの。これがどう影響があるのかを脳波分析しようということでようやく科学番組らしくなる。白いご飯が見えている幕の内スタイルの弁当より、ご飯の上に具を散りばめた駅弁スタイルの方が見た時に脳が強く反応しているのだとか。行動心理学の研究者に言わせると、白いご飯が見えているのと言うのは日常的なのに対し、駅弁のスタイルは非日常性を感じるので強く反応するのだとか。となれば、白いご飯が非日常だった明治時代の庶民なんかだったら、白いご飯が見えた方が強く反応しそうだ。

 次に番組は人気駅弁の秘密を探ろうと言うことで、唐突に人気駅弁ランキングを。3位は仙台の牛タン弁当、2位は北海道森駅のいかめし、そして1位が米沢駅の牛肉どまん中。食べた人によると牛肉が柔らかくてうまいとのこと。ではなぜ牛肉は冷めると固くなるのかということで、ここでようやく少し科学らしく。要は牛肉の脂は鳥や豚よりも高い温度でないと融けないので固くなってしまうのだとか(科学と言うほどのレベルでもないが)。

 この後はこの弁当がどうやって作られているかを紹介。要は牛肉を下茹でして余分な脂を取ることで柔らかくしているのだとか。またこの時のゆで湯には少量の砂糖が入っており、これがタンパク質が固まることを防止しているという。実際に下茹での有無で牛肉の固くなり具合を実験しているが、やはり下茹では効果があるらしい。この方法は家庭の弁当でも活用できますということで、なんかガッテンみたいになってきた。

 なおこのような工夫が必要なのは普通の牛肉だからであって、いわゆるブランド牛などの高級牛肉は、肉の脂肪に融点の低い不飽和脂肪酸が多いから、脂の口溶けが良くて固くならないとのこと。ちなみに私の印象に残っている松阪牛弁当(松坂駅の人気弁当)は、冷めても固くなりにくい頬肉を使っていた。

 以上、いかにもこの番組らしく、くだらないけど面白いという内容。この番組はNHKのガッテンと言うよりも、それよりもはるか昔の「トライ&トライ」辺りの頃の雰囲気を持っている。そのせいでこのくだらなさに何となく懐かしさを感じる。

 

 

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

 

 

 

4/25 所さんの目がテン!「通勤列車」

 サラリーマンの宿命といえばこの深い極まる状況に耐えないといけないということだが、特に東京周辺なんか非常識極まりない状態なので、ストレスも多いことだろう。

 まずは例によって矢野氏がシーサイドラインでラッシュを体験するという実験からだが、身動きも取れないような大混雑。矢野氏が身体に巻き付けて乗ったアルミ缶はものの見事にすべてボコボコになっている。ではこの時のストレスはどうかということで、唾液中のストレス物質を測定すると、これはスタッフが一週間はき続けた靴下の臭いを嗅いだ時よりも強烈なストレスとか(測定の基準がよく分からん(笑))。

 次の実験は6人がけの座席がどの順序で埋まるかだが、これは大体想像がつく通り、まずは両端、次に真ん中、そして後は広い方の隙間から埋まっていく。ただここで座席の途中にポールを立てるとこの順序が変わるのだという。広い隙間よりもポールのそばを選ぶ傾向が出る。これは人間が心理的にポールを障壁と考えているので、隣の人間との間に障壁がある席を好むという傾向。

 次は「列車の中では人は無関心になる」という実験。建物内のシートに互いに無関係な人が着席した状況では、例えば一人だったら目の前で女性が転倒したり、外人が道を尋ねてきたりしたら声をかけたり対応したりするのに、大勢いると無視をするという傾向が見えた。これは他人が大勢いるような高ストレスの状態だと、お互いがお互いの存在を無視することによってストレスを回避しようとするからだとか。

 また電車内での時間のつぶし方だが、携帯電話をいらっている人が多いが、これは別に携帯が特に時間つぶしによいというわけではなく、たまたまいつも持っているからという性質が強いとか。

 最後はなぜうたた寝していても自分が降りる駅になると目が覚めるか。これは寝ていても注意睡眠という状態で周囲に注意を払っているので、駅名などが聞こえると反応するのだという。実験でも早い時間に駅名のアナウンスを流すと見事にそれにつられているという結果に。ただ飲酒していたり、睡眠不足の場合は熟睡してしまって目を覚まさないので注意とのこと。私も昔、睡眠不足が原因で爆睡して寝過ごしたことが数回あります。

 以上、通勤列車について。例によって意味のあるようなないような内容でしたが、この辺りがこの番組らしいバランス。そして実用性のある情報が皆無というところもこの番組らしい(笑)。ホント、全く役に立たない番組(笑)。

 

1/31 所さんの目がテン!「バイキング」

 今回のテーマはバイキング。まずバイキングがなぜ人気があるかを幼児を使った実験。その幼児が一番好きな玩具を一つだけ置いたテーブル(シンケンジャーが多かったな)とそれ以外の玩具をたくさん置いたテーブルの二つを用意して、幼児がどちらテーブルを選んで遊ぶかの実験。するとほとんどの幼児が多くの玩具が乗っている方を選ぶ。これはやはりバリエーションのある方が人間は好むと言うこと。

 また何を食べるか自分で選択するというのも大きいという。二種類のカレー皿を用意して、片方は皿が一つ、もう片方は三つの皿から一つを選んで試食して、どちらが美味しいかを聞いたところ、同じカレーを使ったにもかかわらず、三つから選んだ方が美味しいと思った被験者が多かったらしい。三つのうちから一番美味しそうなものを選ぶという行為をしたことで、これは美味しいはずだという期待値が上乗せされるのだとか。

 ただバイキングで気になるのはついつい食べ過ぎるのではないかということ。そこで三人の被験者で最初は3つの料理を90分でどれだけ食べられるかを実験し、同じメンバーで日を変えて今度は50種類のバイキングでどれだけ食べるかを比較したところ、バイキングの方が満足度は大きかったにもかかわらず食べた量は少なかったという。これはまず選んでいる時間が多いことで実際に食べている時間が少なくなっていることと、時間をかけていろいろ見ながら回ることで精神的に満腹してしまう効果があるのだとか。これは実際に私がバイキングを経験した時に感じていたことと合致する。実際、明らかに自分が普段食べると思っている量よりも少なくなるのである。ほとんど食べないうちに満腹になってくるという感じで。なお私がよく利用する安ビジネスホテルは大抵は朝食がバイキングですが、この場合はいろいろ見ているうちに腹が膨れると言うよりは、あまりに選ぶべきものがなくて食欲の方が失せるという場合が多いです(笑)。

 最後は佐藤アナ他三名が「バイキングで元を取る」という実験。戦略はとにかく時間を無駄にせずに同じ料理を食べ続ける(最悪の戦術の気がするが)。ローストビーフに挑む斑とカニに挑戦する斑に分かれていたが、ローストビーフ斑はあえなく玉砕、カニ斑は辛うじて元を取れたものの「罰ゲームみたいだった」と満足感は最低。バイキングでは元を取ろうなんてことは考えない方がよいとの結論である。

 例によってこの番組らしい突拍子もないテーマ。ただ実験をするまでもなく「当たり前だろう」という内容が多かった。なおバイキングでは食べる量がむしろ減るという効果がありましたが、だからこそ業者が儲けられるんです。そもそも業者は絶対に赤字は出ないように計算してますから。でないと店が潰れます。

 

'10/1/24 所さんの目がテン!「バーゲン」

 バーゲンが好きな人も多いが、何故人はバーゲンで燃えるのかという内容。

 まず最初の実験は、元値を高く書いた売値の高い商品と売値の安い元値も安い商品のどちらが売れるかという実験だが、これは元値が高い方。やはりそちらの方がお得だと感じるわけである。人間は数字に左右されやすく、価格を推測する実験前にダーツで数字を選んで貰ったところ、大きい数字を選んだ人は高く、小さい数字を選んだ人は安く価格を見積もる傾向があった。これを心理学的にはアンカリング効果という・・・ってことだが、これは以前にガッテンで同様のテーマを扱った時にも登場したかなり有名な話。

 次は貸し切りバーゲンとみんなと一緒の押し合いへし合いのバーゲンではどっちが多くのものを買うかという実験だが、これは予想通り押し合いへし合いの方が圧倒的に多く買っている。要は「買わないと売り切れてしまう」という強迫観念があるから、とにかく考える前に買ってしまうという心理。ちなみにこれを悪用するのがいわゆる催眠商法と呼ばれる悪徳セールス。また振り込め詐欺などもとにかく振り込み時間を焦らして正常な判断力をなくすという効果を利用している。人間いつでもとにかく冷静になるということが大事ということです。

 最後は「買わないと売り切れてしまう」というのがなぜ強迫観念になるかに関連した実験だが、これは4人の大学生が高級中華店を訪れ、一人だけが料理を食べられないという実験。三日後に全員に料理の値段を聞いたところ、食べられなかった者が一番正確に価格を覚えている(怨念が籠もっているのだろう)というお話。酷な実験だな・・・。ちなみにこれがあるので私の座右の銘は「買わずに後悔するよりも、買って後悔しろ」です(笑)。まあ、告白も出来ずにウダウダしているうちに何となく終わってしまった片思いよりも、告白したもののあっさり玉砕した片思いの方が後のダメージは少ないですから・・ってこれは関係ないか。

 以上、いかにもこの番組らしい内容ですが、まあ特に驚きはしませんよね・・・。

 

5/31 所さんの目がテン! ケロロ軍曹・・・・じゃなくて「カエル」

 平面になったり、侵略者になったりなどキャラクターとして定番もののカエルが今回のテーマ。

 まず最初はカエルの輪唱についてだが、カエルはメスを求めてオスが鳴き始めて、それにメスが答えてというような形になるので、輪唱になるとのこと。それと夜行性なので夜になると一斉に鳴き出すとのこと。

 またケロロ軍曹が水泳で日向夏美に勝利したように(本当にVTRが出てくるんだもん)、カエルといえば泳ぎが得意といわれている。番組で実験したところ、鯉並に早く泳げるということが分かったとのこと。カエルがこれだけ泳ぎが得意なのは、後ろ足が非常に発達しているからだという。

 カエル漫画の双璧と言えばケロロ軍曹ともう一つはど根性ガエルになるわけだが、このピョン吉のモデルは日比谷公園などに出没するヒキガエルだという。ヒキガエルは他のカエルと違ってジャンプしたりせず、のたのたと地面を歩くのだとか。番組ではカメと駆け足競争をさせているが、見事に惨敗。ヒキガエルは毒をもっているためにジャンプで逃げたりする必要がないのだとのこと。そういうわけで人目につき安いところをノタノタと歩いているから、ピョン吉のモデルにピッタリだった・・・って言ってるんだが、ピョン吉自体はかなり派手にジャンプするんですけどね・・・。

 やけに唐突なテーマだが、スタッフがケロロ軍曹を出したかったというようにしか見えない(笑)。いきなり「ケロッとマーチ(小倉優子版)」が番組冒頭から流れてくるのには・・・・。ちなみに今や完全にアニメの世界から遠ざかってしまった私が、未だに見ているのがこの作品だったりする(笑)。

 

3/8 所さんの目がテン!「ブタ」

 今回のテーマはブタ。日本の食肉消費量で一番多いというブタだが、まだまだ知られていないことが多い。

 まずは矢野氏らスタッフが養豚場を視察へ。しかしこれがまた警戒厳重。外からの菌が侵入しないように、撮影機材は滅菌し、スタッフは風呂で身体を洗ってから、指定された衣服に着替えて初めて入場許可である。集団感染がやっぱり恐いそうな。

 さてそのブタだが、家畜としてのメリットは「何でも食べること」。実際、番組で実験したところ、しょっぱいナスの漬け物も、苦いゴーヤも、酸っぱい梅干しも、辛いカレーもぺろっと食べてしまい、当然ながら甘いケーキに至ってはブタまっしぐらである。それどころかわさびまで食ってしまった。このようにブタは何でも食べるので、残飯などを餌にすることができるので安く育てることができるのだという。またこの「何でも食べる」を支えているのはその腸の長さ。人間は8メートルほどなのに対し、なんと29メートルもの長さがある。この腸で何でも消化するそうな。しかも消化に何日もかけるようで、番組ではブタが消化できない玄米を餌に加えて、何日後に出てくるかを調べていたが、5日経っても糞に玄米が含まれていたという。

 さらに番組ではブタの乳にも迫る。矢野氏がなんとブタの乳房から直接に飲むという暴挙に至っているのだが、味はなかなかだという。番組ではこれを集めてチーズを作っているが、所氏の試食の結果も「美味しい」というもの。また栄養価も高くてなかなか良いらしい。ただ問題は、牛と違ってブタは一度に大量の乳を出せないので(牛が4リットルに対し、ブタは0.2リットル程度とか)、商品化は無理だとのこと。

 最後はブタ皮について。どうもブタ皮というのは牛皮などにくらべてあまり使われていないイメージだが、どっこいそれは間違いなのだという。実は多くの牛皮製品の裏に使われているのはブタ皮が多いとか。ブタ皮は対摩耗性に優れ、通気性や耐曲げ性などにも優れた素材なのであるとのこと。ただ問題は「イメージがあまり良くない」ということだとか。これが一般にあまりブタ皮製品というのが流通しない(実際には流通しているのだが)理由だとか。しかし所氏も言っていたが「だからといって牛革に高級イメージがあるとも思えないんだけど」というのは私も同感。

 以上、いかにもこの番組らしい独特の切り口が冴えたのが今回。

 

2/15 所さんの目がテン!「防犯」

 こういう時代になると増えるのが犯罪。特に空き巣が多いのだが、最近は家に人がいるのに空き巣に入る「居空き」というのが増えているとか。

 事例としては二世帯住宅で、子世帯が外出の間に親世帯が居たのに空き巣に入られた例がある。そこで番組ではある家庭に協力してもらって実験。すると老夫婦が隣の部屋にいたにもかかわらず、スタッフがリビングの家具をほとんど外に持ち出すことに成功。途中で音も立ったのだが、「子供達が帰ってきたのかと思っていた」とのこと。日頃から音に鈍感になっている家は要注意なのだという。だから線路脇、道路脇、繁華街の近くなんかは要注意だとのこと。

 またちょっとした隙に家に侵入されることもある。番組では複数の家庭のご主人に協力してもらい、奥さんだけの時に家に侵入して金めのものにシールを貼って出てくるとという実験を実施。するといずれもまんまと成功。実は奥さんが二階に洗濯物を干しに出かけている時をねらったのだとか。こんな時に玄関に鍵をかけていないと易々と侵入されるのだとか。

 次は家の周りを不審者がウロウロしているケース。何も遮蔽物のない家では通行人のほとんどが不審者に気づいたが、2メートルの生け垣を張り巡らせると、不審者に気づいた通行人はほとんどおらず。やはり遮蔽物は防犯上良くないという結果が。

 いずれもよく言われていることだが、実験で示したというのが大きいところ。もっともすべてきわどい実験ばかりだから、下手すると大騒ぎになりかねない。実験自身がやらせでないのなら、かなり細心の注意が必要だったところだろう(侵入したスタッフが家人と出くわして、乱闘にでもなれば洒落にならない)。

 まあとにかく、「人がいようがいまいが玄関には鍵」は基本です。空き巣が来なかったとても、悪質な宗教の勧誘などろくな連中が来ませんから。

 

2/8 所さんの目がテン!「苦み」

 苦い食べ物を食べるのは人間だけだという。実際に動物は苦みを毒と判断するので、苦い餌を食べることはない。では人間はなぜ苦い物を食べるのか。

 まずは実験。被験者3人に日本一苦いと言われるせんぶり茶を飲んでもらう。案の定、なかなか苦労しながら飲む被験者。しかし彼らにある作業をしてもらってから同じセンブリ茶を飲んでもらうと「普通に飲める」という反応。この時に彼らにしてもらったのは、延々と計算をするというもの。人間はストレスがかかると苦みを感じにくくなるのだとか。苦み成分には覚醒作用などがあるものがあるので、これを薬としてとるように身体がなっているのではということ。

 次はサウナに入った後、苦い水と甘い水、辛い水、酸っぱい水でどれが一番渇きが癒されるかだが、これは苦いものだそうな。やはり苦みが刺激を与えるらしい。

 最後はセンブリ茶入りの苦みのある綿菓子を作る実験。すると大人の場合、こちらの方が美味しいという反応。しかし同じものを子供が食べると「まずい」。大人の場合も子供の場合も苦みのある綿菓子を食べた時に脳が激しく活動しているが、これを子供は「毒入り危険」と判断するのに対し、大人は経験上安全であると分かっているので、美味しいと判断するとのこと。やはり苦みを楽しめるのは学習によるわけであり、苦いものを食べられないというのはお子様の証拠というわけである。

 

1/25 所さんの目がテン!「ジャンプ」

 昔は日本のお家芸とも言われたスキージャンプ。そのジャンプについて科学する。

 まずはスキージャンプと言うからにはジャンプ力が大事なのかと、ジャンプの選手とバレーボール、100メートル走、柔道の選手などでジャンプ勝負。しかし結果はジャンプ選手の惨敗。競技の名に反して、ジャンプ力はそう必要ないのだとか。

 それよりもむしろ重要なのは空中で姿勢を保つバランス力だという。実際に先ほどのメンバーでバランステストをすると、今度はジャンプ選手の圧勝である。ジャンプ選手はこのバランス力と、ジャンプの瞬間に踏切を行うタイミングが大切なのだとか。

 ところで最近は全く奮わなくなった日本ジャンプ陣だが、これは細かくルールがいろいろ変わったことが影響しており、ウェアについてのルール改定なども影響しているという。昔はややゆるめのウェアで風を受けて飛ぶということをしていたが、ルール改定でより身体に密着したウェアになったのだという。

 最後は最長距離を狙えそうな飛行姿勢についてだが、番組提案は逆V字。かなり揚力が増すという結果が出たという。ただしこれを実際に競技で行うと、飛型点で大幅に減点されることになるとか。

 以上ジャンプについて。ちなみにルール改定であるが、これ以外にもスキーの長さなどいろいろと改訂されており、すべてその目的は「日本人を不利にすること」である。基本的にスポーツの国際団体は大抵は欧米に支配されているので、その使命はアジア人に欧米人が負けることがないように自分たちに有利にルールを改定するということにある。だから大抵の競技は、日本人がメダルを取った途端に日本人に不利になるようにルールが変えられるということになる。残念ながらこれがスポーツの世界の現実である。

 

12/7 所さんの目がテン!「防寒対策」

 冬も寒くなってきたということで今回のテーマは防寒対策。

 まずは人間は寒さと暑さのどちらに弱いかだが、とにかく感覚が鋭いのは寒さに対してとのこと。皮膚の表面の暑さを感じるセンサーである温点が3万個に対し、冷点は25万個もあるのだとか。

 次の実験は子供は風の子というが子供と大人でどっちが寒さに強い。雪原の上で裸で我慢比べなんて実験をしていたが、子供の方が先にギブアップ。これは子供の方が大人よりも身体の体積の割に表面積が広いので当然の結果。子供は風の子というのは、始終動き回って熱を出しているからという話。

 また寒さに強くなるにはということだが、冬でも冷水を触っている魚屋さんと普通の人が冷水に手をつける実験をしたら、魚屋さんの方が手の体温が高くなる。これは指先の血管が発達して温度を保ちやすくなっているという仕掛け。つまりは寒さにもある程度は慣れれるということ(それにしても冬でも生足の北海道の女子高生には驚くが)。

 さらには重ね着の効果を見るということで、トレーナーは3枚、6枚、12枚重ね着しての温度を測定したが、結果としては差がなし。保温効果は空気層によるので、無闇に重ね着しても空気層が潰れて効果がないとのこと。ちなみに日本の十二単は、現代のトレーナーのような起毛した保温性の高い服でなく、保温性の低い絹などを重ね着しているから意味があるのだと思うが。

 最後は心理的効果。これは最近彼女と別れたという男性に、彼女の写真を見てもらってどっぷりと寂しさに沈んでもらったところ、そうでない時よりも部屋の室温を上げたという実験を披露。こんな適当な実験でこういうことを言えるのかと疑問を感じたが、どうやら元ネタとしてはカナダの大学での実験結果があり、寂しさを感じると寒さを感じる傾向があるという実験結果を踏まえてのこととか。

 うーん、確かに心が寒いなんて言うが、本当に寒さを感じるらしい。ところで私は年がら年中、心も懐も寒いですが、どちらかというと暑さの方が苦手です・・・ってこれは単に皮下脂肪が厚すぎるだけか。心を温かくしてくれる女性と懐を温かくしてくれる仕事は年中募集していますので、我と思わん方はご応募下さい・・・って何の話やねん!

 

7/13 所さんの目がテン!「三宅島」

 今回のテーマは火山島の三宅島。2000年の噴火による一斉避難の後、現在は島民は戻っているものの、まだ火山活動は継続されており、島民はガスマスクを携帯して生活している状態とか。

 番組では役場の許可を得て、矢野氏が噴火口めざしてスタッフと共に登山しているが、悪天候のために残念ながら途中で断念・・・ってこういう展開が多いなこの番組。とにかく三宅島では今でも火口からガスが出ているとか。そもそも2000年の噴火自体も、溶岩は出ずにガスだけの噴火だったのだとか。

 またそんなに頻繁に噴火しているにもかかわらず、三宅島では緑が豊かだが、これは火山地帯に適応した植物が存在しているとのこと。溶岩を貫く長い根を持つ植物や火山ガスに耐える植物が生息しているそうな。

 最後は三宅島の海について。今、三宅島では巨大なサザエが摂れるのだとか。これは火山の栄養分などの関係か?と思えば、なんてことはない。島民が避難していた間は漁をしていなかったので、その間にサザエが成長して大きくなってしまっただけとのこと(オイオイ)。サザエの寿命は8年ぐらいで、普通一般に食用にされるのは2年ものなのに対して、三宅島のサザエは6年ものだったというだけの話。なお所氏が試食したところ、やはり2年ものの方が味は良いらしい。何事も過ぎたるはなんとやら。

 これだけだとあまりに腰砕けなので、最後はテングサについて紹介。多孔質の火山で海底が覆われている三宅島では、テングサの胞子が根を生やすのに最適な地形。と言うわけでテングサがたくさん摂れるらしい。で、最後はそのテングサでこの番組のタイトルでもあるところの「トコロテン」を作って所氏の試食で終わり・・・なんじゃこりゃ。

 まあ番組全体に腰砕け感が漂っておりましたが、このぬるさもこの番組らしさと言えば言えなくもない。他の番組だと「何やってるんだ」になりそうな内容でも、この番組の場合はそれで良しになったりするわけで。

 

7/6 所さんの目がテン!「牧場2」

 目がテン牧場では、生後1週間の子牛の白元と黒元に、早くも干し草が餌として与えられた。これからは母牛の乳は商品となるので、彼らには脱脂粉乳に食用油を加えた代用乳が与えられるようになり、草も食べさせられるようになるのだとか。また干し草を与えるのは、その方が子牛の胃の成長に良いのだという。牛の胃は4つあるが、まだ乳しか与えられていない子牛は第4胃しか大きくないのに対し、干し草を与えられてしばらくすると、草の消化に重要な第1胃が大きく成長するとのこと。干し草の方が胃への刺激が強いので、より成長を促進するのだという。

 一方、ケーキには不可欠の砂糖の方の栽培にも着手。牧場の一部で砂糖大根ことテンサイを栽培するのだとか。テンサイはその根の部分に糖分を多く含んでいるのだが、それは北部の寒い地域で育つために凍結を防ぐ目的があるのだという。なお日本の砂糖の80%はテンサイが原料で、サトウキビは20%に過ぎないとのことである(これは私には非常に意外だった)。

 牧場というか、順調にケーキのための準備が進んでいるようです。次は玉子に小麦と来るんでしょう。農業について考えるための大型企画・・・なんてもんでもないが(笑)。

 

6/29 所さんの目がテン!「落語」

 今人気の落語(ちりとてちんの効果だと思うが)の笑いのポイントについて紹介。

 まず注目しているのは話のテンポ。人間は自分の心拍よりも遅めのテンポの話を聞くと、安心してリラックスするのだとそうな。番組では一般人と落語家に魚の三枚おろしの仕方の話をしてもらって、落語家だとこれだけの話で笑いを取れることや、子供にテンポを変えた詩吟を聴かせて反応を見るなんてことをしているが、まあこの実験自体は怪しいところがあるが、こういう現象はあるかもしれない。セールスマンなんかも最初はゆっくり目のペースで相手に話を聞かせてから、だんだんとハイペースでまくし立てて相手を圧倒するなんてこともしているようだし。ただせっかちな上に、いつもテレビを倍速で見えている私は、詩吟に関しては明らかに速いペースの方が面白く、遅いペースのはイライラしたが。

 2つ目は仕草。落語では仕草でいろいろな人を描き分けて、イメージをする手助けにしている。番組では町人、侍、僧侶の3種を仕草で演じ分けてもらい、それを落語を知らない外人に見せるなんてことをしていたが、それでも半分は正解したと言っている・・・んだが、実験点数を考えると、選択肢が1/3で、正解率が1/2なのは有意な差とは言いにくいのでは。

 3つ目は緊張の緩和。人間は緊張の次の瞬間、それが緩むと笑いが出るのだという。落語でも大きな声で一瞬緊張させてからそれを抜いたりなんてことをしているという。番組の実験は、お化け屋敷の後で矢野氏の寒いギャグを見せるというものだが、そもそもお化け屋敷に矢野氏が出てきただけで笑いが取れそうである。まあこれについては、話に抑揚をつけるという基本。

 落語のポイントだとしているが、要はプレゼンなどにも通じる話し方のポイントでもある。落語家でなくても、話のうまい人はこの辺りは自然にわきまえている人が多そうである。

 

6/15 所さんの目がテン!「薫製」

 伝統的な保存食である薫製に注目。

 まずは保存について、塩漬け、乾燥などと比較したが、薫製が一番という結果に。これは煙の中に殺菌成分(フェノール)があることや、いぶすことによって表面に皮膜が出来るのでさらに保存性が良くなるとのこと。

 さらにこの番組では家庭にあるいろいろな木で薫製を作るという実験をしていたが、マツなどの針葉樹は樹脂が多いので臭くて駄目とのこと。さらにバナナにキュウリ、納豆、明太子、果てはプリンまで薫製にするという実験をしていたが、明太子、納豆は良くて、バナナ、キュウリは惨々、プリンは意外と好評とのこと。要はタンパク質の多い食品が良いそうな。そこでチーズケーキで実験していたが、チーズケーキは煙を吸いすぎて駄目とのこと。

 最後は薫製の防虫効果を確認とのことで、矢野氏が丸ごと薫製されるというとんでもない実験。安全のために防毒マスクをして(一酸化炭素でも発生したら洒落にならんからな)、たっぷり30分薫製にされた矢野氏(当然ながら決して真似しないで下さい)は、50匹の蚊にたかられる実験をしていたが、蚊が見事に避けていき、防虫スプレーよりも効果があったという結果に。とは言うものの、実際は臭くて使い物にはならないようだが(例によって実用性は皆無の実験です)。

 以上、薫製について。矢野氏が薫製にされているのを見て、「そのまんまハムやんけ」と思ったのは私以外にも多くいたのではないかというのが正直な感想(笑)。まあ私も人のことは言えないが。

 

6/8 所さんの目がテン!「東京湾の異常事態」

 東京湾は昔から江戸前と呼ばれて多くの寿司ネタを提供してきたが、最近はその魚介類が激減しており、今や東京湾で調達できる寿司ネタはほとんどなくなっているという。

 矢野氏が実際に東京湾に出て調査を行っているが、水はかなり綺麗になっているのだが、海底にはヘドロが蓄積している。番組ではこのヘドロを実際に合成するという実験をしているが、東京湾の砂に海水を入れ、そこに栄養源として米のとぎ汁を入れて一週間放置すると見事にヘドロが生成。有機物を餌にして増殖したプランクトンの死骸がヘドロになるわけである。これを防ぐにはアサリなどの貝類がいれば良いのだが、その貝類が減ってしまったのが問題なのだという。

 その貝類が減少した理由だが、海底が無酸素状態になっているということがある。これは海底にバクテリアが増えすぎたことが原因だという。つまりヘドロがあることがヘドロを増やすという悪循環になっているらしい。

 また東京湾で起こっている現象として、本来は日本にいないはずの外来種が増殖しているという。例えば偽ハマグリと言えるホンビノスガイなどが増殖しているという。この貝は酸素不足に強いのでハマグリなどよりも繁殖するのだという。これらの外来生物は船のバラスト水と共に入ってきたという。

 番組ではこのヘドロを何とか利用できないかとヘドロで焼き物を作ったり(ヘドロには不純物が多すぎるので、焼いたらかなり縮んだ)、ヘドロで電池を作ったり(ヘドロと海水中に木炭を電極として入れる、バクリテアが発生する電子が流れるそうだ)なんてことをしているが、これは蛇足。ヘドロに木炭をつっこむだけで電池になるのは面白いが、発電量は極微量なので実用性は皆無とのこと。

 ネタ的には最近に「サイエンスZERO」で放送していた内容とかなりかぶる。江戸前の寿司の話も出てきたし、当然であるが酸素濃度の減少もあげていた。なおあの番組では葦を植えるなどの対策についても紹介していたのに対し、この番組の場合は対策編が全くない(焼き物や電池じゃ役に立ちませんし)というところは、いかにもこの番組らしいスタンスであるかもしれない(教育的でも説教的でもなく、とにかくおもしろがるだけ)。ああ、これは悪く言っているんじゃないので誤解のないように。

 

6/1 所さんの目がテン!「レスリング」

 オリンピック企画だろうが、今回のテーマはレスリング。まずは日本代表の吉田選手の強さの謎に迫ろうと言うこと。

 吉田選手の攻撃の切り札はタックル。重心の低い日本人は、重心の高い外国人に対してタックルでは有利であるという。また普通の選手はタックルをする場合に一端身体を沈める予備動作があるが、吉田選手は直線的にタックルに入るので、相手からするとタイミングがつかめないのだとか。タイミングがつかめないタックルがどれだけ効果的かを、番組では高校生男子アメフト選手に高校生女子レスリング選手がタックルをする実験で見せている。相手の動作が見える状態ではタックルに耐えることが出来たアメフト選手が、間をカーテンで仕切って動きが見えなくした途端に、タックルに備えることが出来なくなって倒されてしまった。

 防御でポイントになるのはバランス感覚だという。佐藤アナが自分よりもはるかに小柄な小学生選手とタックル禁止ルールで対戦したが、物の見事にコロコロ転がされる。レスリングでは相手の力を利用してうまくバランスを崩すのも技だとか。そこでレスリング選手のバランス感覚を見るために、グラスに発泡スチロールの小球を満たして震度7の揺れの中で立つという実験を行っていたが、居酒屋店員、ダンサー、サーファーなどを押しのけて見事に圧勝している(レスリング選手だけは1つもこぼさなかった)。よく見ていると、見事に膝で振動を吸収していた。

 というようなレスリングについての紹介。なお番組中ではレスリングと柔道の違いについても説明していたが、胴着をつかめる柔道に対して、レスリングは手首などをつかむしかないので相手の腕をふりほどきやすく、それに対抗するにはかなりの握力が必要だとか。レスリングはそもそも古代ギリシアなどで裸で行われていたスポーツなので、それが今のユニフォームにつながっているらしい。そう言えば以前にある番組(多分「ガッテン」だと思うが、もしかすると「トライ&トライ」ぐらいかも)で、柔道選手とレスリング選手が各々胴着を来た状態と、レスリングのユニフォームの状態で対戦するという企画があったが、やはり胴着を着れば柔道選手が圧勝(あっという間に投げられてしまった)、レスリングのユニフォームを着ると、つかみ所のなくなった柔道選手は全く技がかけられなくなり、レスリング選手のタックルであえなく転倒という結果になっていた。柔道とレスリングの違いは、日欧での文化の違いもあるかも。

 

5/25 所さんの目がテン!「お茶」

 最近はペットボトルなどが普及したお茶だが、お茶の美味しい入れ方について科学している。

 まずは急須で入れたお茶とペットボトルのお茶の比較。旨味成分のテアニンで比較すると、圧倒的に急須の方が上、まあこれは当然。

 では美味しいお茶のポイントだが、まずは茶葉。お茶は新芽を使うのだが、新芽が使われる理由は細胞が柔らかくて成分がでやすいからだとか。実際に古葉でお茶を作ってみたら薄くて飲めたものではなかったとか。なお茶葉の収穫は1年で4番茶ぐらいまでするらしいが、当然のように1番茶が一番うまい。しかしペットボトルのお茶に高級な1番茶など使うわけもなく・・・というわけ。

 次はお茶の作り方。今は機械もみが普通で大量生産されるようになったが、昔は手揉みで行われていた。矢野氏が此に挑戦したのだが、かなりの重労働(だから昔はお茶は高価だったのだ)。ただ矢野氏が作ったお茶でも、機械もみと飲み比べると被験者全員がこっちが美味しいといったぐらい差が出たらしい。なお番組ではさらに焼きそば屋や鬼瓦職人などの揉みのプロを呼んできて、ドリームチームを結成してのお茶製作なんてこともやっていたが、かなり美味しいお茶が出来たという。

 最後は入れ方。やはり低温で抽出してすぐに飲むというのがポイント。お茶の成分は時間が経つと分解してしまうので。と言うわけで、ペットボトルはこの点では決定的に不利である。

 まあペットボトルのお茶なんて、お茶を飲むつもりではなくてジュースのような甘いものを飲みたくないから飲んでいるというのが実際では。だから私はいつも伊右衛門を飲んでいるのは「あれが一番水に近いから」。もともと私はペットボトルのお茶にお茶らしさなどは求めていない。

 ただいつも思うのは、ペットボトルの麦茶にまともなものが全くないんだが、もう少し美味しい麦茶はないのかということ(数社からでているが、まずくて飲めたものではない)。夏は緑茶よりも麦茶の方が絶対にありがたいんだが。まあどんな飲料でも、ペットボトルや缶に入れてしまうとその時点でダメダメになってしまうわけではあるが。

 

5/11 所さんの目がテン!「卓球」

 オリンピックや福原愛の活躍で注目されている卓球を科学するとか。そう言えば来日した胡錦涛も卓球してたな・・・。

 さてまずは卓球選手の身体能力をウェイトリフティング、陸上、バスケットボールなどの選手と比較。すると筋力や100メートル走などの記録は惨憺たる有様。彼らが優れていたのは反復横跳び、そしてダントツだったのが動体視力(なんとなく想像はつくが)。

 卓球選手にとって動体視力が重要なのは様々な理由がある。卓球はボールにいろいろな回転をかけるので、その回転を予測して打ち返さないとボールがとんでもない方へ飛んでしまって返せない。そこで、相手の動きからボールの回転を予測するのだという。

 また卓球のスマッシュは初速が150キロもあり、相手に到着するまでに0.18秒ほどしかないのだという。人間の反応速度は0.3秒かかると言われており(これを実証する映像に阪神の藤川の暴投シーンが登場しております)、このスマッシュを打ち返すには事前にコースを予測することが不可欠だという。卓球選手は相手が打つ時のラケットの位置や肩のひねり具合から事前に球のコースや回転を予測しており、そのためには動体視力が不可欠ということ。

 実際に暗い部屋で相手の身体と球に蛍光塗料をつけて光るようにすると、普通に卓球が出来るのに、相手の身体を黒子にして見えなくするともはや卓球にならないという実験をしている。

 以上、卓球は動体視力による予測が大切というお話・・・は良いけど、中身が薄いな。ちなみに卓球はペンホルダーとシェイクハンドがあるが、シェイクハンドは両面にラバーを貼れるので、それぞれ性質の違うラバーを貼って、試合中にラケットをクルクル回すことでどっちのラバーになるか分からなくして球筋を予測できなくするという戦法が一時期はびこりました。しかしこれだとペンホルダーの選手が一方的に不利すぎると言うことで、ルール改定でシェイクハンドの裏表のラバーの色を変えることが義務づけられたなんて話があります。卓球が予測のスポーツだということの一例ですね。また卓球のスタイルも、昔はペンホルダーで豪快にスマッシュを打ち合ういう比較的単純なスタイルが多かったですが、今はシェイクハンドでクネクネと回転をかけまくるスタイルが主流になってます。というわけで、余計に予測が重要になるという次第。しかしそうやって考えると、やっぱり地味なスポーツというのは否定できないな。

 

4/27 所さんの目がテン!「タコ」

 今回のテーマはタコ。まずはお約束で、矢野氏がタコ漁に同行というパターン。タコ漁は沈めたたこつぼを引き揚げて、その中に潜り込んでいるタコを捕まえるという漁。しかしこの入っている率が非常に低い。この辺りがタコが高価になる理由だとか。ちなみにこの漁は、狭いところに入り込んで身体を守るタコの習性を利用している。

 次はタコの足がなぜ8本かという話だが、これは吸盤で張り付いて海流などに耐える時に、この程度の足が必要なのだということで実験をしている。実際に足を縛って4本にしたら流されたとのことなんだが・・・この実験って意味あるのか?

 またタコがどんな穴を通り抜けられるかも実験。実験の結果、体長40センチのタコで、直径4センチの穴までは通り抜けた。タコの口には貝殻などをかみ砕くための硬い部分があり、これが3.5センチぐらいの大きさだから、ここさえ通れば後は通り抜けるのだとか。恐るべき軟体動物である。

 で、最後はタコと言えばたこ焼きと言うことで実験。現在はタコの価格が上昇傾向にあり(世界的に漁獲が減ってきているのが原因なんだが)、将来にタコがなくなった時にたこ焼きをどうするかは関西人にとっては死活問題(?)である。そこでたこ焼きに代わる食材をテスト。

 使用したのは、コンニャク、かまぼこ、モツ、エリンギ、グミなど。しかしグミは加熱で解けてしまって散々、結局は一番評価の高かったのはエリンギとのこと。これはエリンギが一番食感的にしっかりしており、タコに近かったからとのことだが・・・タコに比べるとまだまだだし、そもそもエリンギの味で誤魔化しようがないような気が・・・。

 以上、例によって意味のあるようなないような内容のオンパレードであった。ちなみにたこ焼きの代用品だが、我が家ではよくかまぼこを使用していた(私が子供の頃、タコを食べられなかったので)。このいきさつから、我が家では今でもたこ焼きにタコと共にかまぼこを入れている。確かに食感的には少々不足だが、味的にはエリンギよりは良いと思うのだが。

 

4/20 所さんの目がテン!「タンポポ」

 タンポポは生命力の強い植物だと言われるが、番組ではいきなり過酷な実験。しかし整地用機械で踏みつぶしても1週間たったら復活しているし、挙げ句は草刈り機で刈り取ってしまっても12日後には再び花が咲いている。

 この生命力の秘密はタンポポの深い根。掘り起こしてみると74センチ。実際、1メートルぐらいまでいくらしい。ここに栄養を蓄えると共に、根の上の方には次の芽がスタンバイしているのだとか。しかも根の一部を切り取って水に浸しておいたところ芽が出たとか。

 またタンポポの花だが、実は花びらに見えるもの一つが花で、花の集合体なのだという。だからこれが種になるわけである。なおタンポポの花は紫外線で見ると中心部の色が違っており、これが虫を引き寄せる。

 最後はタンポポの綿毛。この綿毛は空気の中で抜群の安定性を持つことを番組では実験で示すと共に、スキーのジャンプ台で高さ76メートル、距離250メートルの位置まで飛ばすという実験を実施している。

 以上タンポポについて。あの花びらの1つずつが花だと言われれば、そりゃ確かにそうだよなと思うが、言われるまで考えたこともなかった。それにあの根の深さは驚き。なお葛やわらびは根っこからデンプンを取ったりするが、タンポポでは無理なんだろうか。タンポポから作ったタンポポ餅なんてネタの方が、この番組には似合うような気がするが・・・。

 

4/6 所さんの目がテン!「城」

 今回のテーマは城。城に含まれている知恵などに注目しようというもの。

 城と言えば多くの門があるが、そこには防御のための知恵が潜んでいる。まずは姫路城で矢野氏と現地ガイドの70才の男性が天守閣まで到着する時間の競争。すると矢野氏は5分ハンデをもらったにもかかわらず、ガイドの男性の方が先に到着。実は彼は近道を通っていたというオチ。道を知らない矢野氏は前の門などに気をとられてまっすぐまっすぐ進んでいるが、実は近道は横だったり、後ろ方向にあったりなどうまく目をくらますようにしている。実際、目の前に門があると人間はそっちの方に誘われるというのを幼稚園児を使用した実験で示している。

 次に登場するのは石垣。城の下は実は土が盛ってあり、石垣はその表面で土が崩れるのを止める役割がある。使用している石を見ると、自然石を使ってデコボコなものと加工して隙間なく並べているものがあるが、耐震性を実験したところ、デコボコなものの方が高かった。これはデコボコな石の方が上下の石が接している部分が多いからだという(綺麗に加工した石は、実は一点でしか上下が接していない)。実際に、綺麗に加工した石を用いた石垣は、江戸時代以降の城に用いられており、耐震性よりも見た目を重視した結果だという。

 最後は城にはなぜ松が多いか。これは松は松脂を含んでいるために燃えやすいので、燃料として使用できるからとか。さらには松の甘皮の部分は、煮てアクを抜くと食べられるという。実際に番組で所氏が試食しているが、まあ食べられはするものの美味しくはないそうだ(そりゃ美味しければ今頃食用に多用されているだろう)。

 以上、城について。なお私は城が好きな人間なので、姫路城の仕掛けについては知っておりました。あの城の場合、さらにいざというときに門を守るための武者だまりのような仕掛けもありますし、さらに門を破って侵入しても、必ずそこで十字砲火にさらされるように設計されているし、さらには石段の間隔さえ、駆け上がりにくい幅にしてある(一歩だと広いし、二歩だと狭い)という話を聞いています。城は戦争時の要塞ですから、あらゆる防御のための知恵を駆使していたようです。

 なお今まで行ったことのある城で印象に残っているのは、やはり当時の天守が現存している姫路城や松江城、さらに天守が現存していないところでは石垣が非常に立派だった津山城と堅固な山城の竹田城ですかね。

 

3/16 所さんの目がテン!「自販機」

 日本は自販機王国などと言われるが、その自販機について。

 まずは矢野一家が自販機のみで一日の生活を送るという実験。しかしパンに歯磨き、さらには花から本、果ては温泉まで自販機で売られている今、実際にこれで生活が出来るらしい。

 次に自販機ではねられるコインについての実験。矢野氏が1万枚の10円を一枚ずつ自販機に入れて実験。無意味に11時間もかかった実験だが、その結果はねられたコインは32枚で、内訳はすり減ったもの、ギザ10、曲がったもの、付着物があったものだとか。自販機ではまず厚さをチェックして、次に大きさ、電気的に材質を調べ、最後に重さを調べるので、これらに問題のある硬貨がはねられるらしい。なおお札の場合、可視光と赤外でチェックするので、このチェックラインに問題があるとはねられるとか。番組ではしわくちゃのもの、折り目のあるもの、大きな落書きのあるもの、メモ書きのあるものをテストしていたが、しやくちゃのものと、大きな落書きのあるものがはねられていた。なおこの番組では言っていなかったが、最近の札は磁気印刷になっているので、磁気も見ていると聞いたが。

 さらには商品の並びだが、やはり左のものの方がよく売れるらしい。これは日本人は字を見る時のように左上から見る習慣があるからだとか。ちなみに右から字を書くアラブ人だと、右から見るらしい。と言うことは、明治時代の日本人だとやはり右から見たんだろうか。

 最後は最新の自販機について。この自販機は顔を見て年齢を判断して、未成年にはタバコを売らないとか。実際に佐藤アナが挑戦したところ、一回目は大人と認識。そこで次にガングロメイクでコギャルに変身、しかし自動販売機は年齢を正確に判別。佐藤アナの若作りは失敗。そこで次は年齢の割には老けた中学生をつれてきたが、やはり未成年と判別、次はメイクでしわをつけたがやはり駄目だったとか。この自販機であるが、顔のしわとか各パーツの位置(年齢と共に広がる傾向があるという)などで判断しているとのこと。とは言うものの、やはりこの判別方法は限界はあろう。若作りは判別できても、オッサン臭い高校生なんかにはやはり判別できない場合はあると思う。まあそう言う奴は、人間の眼で見ても判別は困難であるが。

 以上、自販機について。ちなみに日本が自販機王国なのは治安がよいということが大きい。アメリカなんかで夜中に自販機を店頭に置いておいたら、それは単に貯金箱を表に置いてあるのと同じようにしか思わない輩が多いので。そう考えると、いずれは日本の自販機も限界が来るような気がする。最近はケダモノみたいなガキ(オヤジもだ)が増えているようだから。

 

3/2 所さんの目がテン!「雛祭り」

 こんなものどうやって科学するんだと思っていたら、まずはひな人形の紹介から。ひな人形の頭(カシラ)であるが、これは桐の粉に糊などをまぜた桐塑というものでつくるそうな。なぜ桐を使うかと言えば、スギなどならタンニンのせいで黒ずむし、檜などは水を吸うので割れてしまうとか。桐塑を型に入れて作った桐塑頭に日本古来の白色塗料である胡粉を塗ってから仕上げるそうな。

 さて胡粉だが、これはイタボガキという貝の貝殻をつぶしたもの。鉛などを使ったおしろいでなく、胡粉を使う理由は胡粉の白はやや赤みを帯びており、この方が自然な肌の色に近いと番組では説明している。

 ひな人形の次は菱餅。菱餅といえばピンク・緑・白の三色だが、これは本来は薬草の色で白は菱の実、緑は母子草、ピンクは桃の花で、いずれも民間療法の薬草でそれぞれ、整腸作用、咳止め、便秘解消の効果があるのだとか。ところで最近は飾り用にこれに赤と黄色が加わった五段の菱餅が出ているとのことで、番組ではこの五色を実際に薬草で作っている。黄色は今流行のウコン、赤はクコの実を使用、そして見事に五色の菱餅を作ったが、これは作っただけ。

 最後は雛祭りの意味について。女の子に脳は測定器をつけてひな人形を触ってもらったところ脳が活性化したとのことで、これで情操教育が出来るという話らしいんだが、別にこれはひな人形に限らず、リカちゃん人形でも同じなのと違うのか?

 以上、例によってほとんど意味のない内容。ただひな人形の頭が何で出来ているかは知らなかったが。

 

2/24 所さんの目がテン!「ひじき」

 お袋の味とか、身体に良いとか言われつつ、今一つ印象の弱い海草であるヒジキ。それが今回のテーマ。

 まずはお約束で矢野氏がヒジキの産地訪問。矢野氏が訪れたのは愛媛県の四国の先端である佐田岬。海岸を探すと黒い海草があるが、それはヒジキではないという。生のヒジキは実は茶色っぽい色をしている。摂れたところのヒジキは渋くて食べられたものではないという。これを食べられるようにするには煮る必要がある。その過程でまずは緑色に変わり、やがて4時間後には黒くなるのだという。この時になると渋みが抜けているとのこと。これを2日間天日干ししたのが乾燥ヒジキだという。

 海草には緑のもの、褐色のもの、赤いものなどがあるが、浅いところにあるのが緑藻類、中間のところが褐藻類、深いところが紅藻類。深いほど青い光しか到達しないので、それを吸収する赤い色素を持つことになるのだとか。またヒジキの色と渋みであるが、これは紫外線から守るためのタンニンだとのこと。これを煮ることで酸化するので黒くなるのだという。

 さてヒジキがお袋の味と言われる所以だが、ヒジキ自体は単独ではほとんど味がないという。しかし自身の10倍もの水をよく吸うので要は味がつきやすいのだとか。番組ではカレー味、キムチ味、ラーメン味のヒジキなどを作っている。

 さらに番組ではヒジキを使ったパスタ作りやガラス作りなどにも挑戦している。パスタの方はイカスミパスタに習ってみたつもりらしいが、試食した所氏によると「もろにヒジキ」とのことなのでイマイチなんだろう。ガラスの方だが、古代オリエントで砂とヒジキと貝殻からガラスを作っていたという情報に基づいてのものらしいが、なんとかガラス作りには成功したものの、やはり海岸の砂は不純物が多すぎて溶かすのに苦労している。

 以上、ヒジキについて。例によってこの番組らしく全く意味のない無駄知識でした(笑)。なおヒジキは鉄分を始めとして多くの無機塩分を含んでいるので、栄養的には優れているのですが、その性質が災いして近年のように海洋汚染が進んでいる状態では重金属の蓄積も多くなっているので一長一短です。海外では妊婦などは海草を食べるなと言っているところもあるようですが、日本は古来より海草との関わりが深いお国柄だけに、海のものを禁止するのには抵抗が大きいようです。それに、では他の食べ物が安全かと言えば、それぞれ危険もあるだけに(私に言わせれば、海産物の重金属を気にして、アメリカ牛を食っているようならナンセンスだと思いますが)。

 

2/17 所さんの目がテン!「マラソン」

 今回のテーマは東京マラソンに合わせてマラソン。矢野氏がフルマラソンに挑戦する。

 まずは矢野氏がJALのマラソンチームの練習に参加。しかし初っぱなからとてもペースについて行けず1周400メートルで既に脱落。選手は100メートル19秒6で走っているとか。そこで次は全員が10キロを走ったところで矢野氏が100メートルで対決・・・しかし見事に惨敗。この時点でも選手は100メートルを19秒4で走っている。ではと20キロ地点で勝負を挑むが、ここでも19秒1。ゲロを吐きそうになっているのに見事に惨敗していた矢野氏が痛々しい・・・とは言うものの、全力で100メートル19秒台は、矢野氏の足が遅すぎ。

 マラソン選手の身体能力の秘密は筋肉構成。普通の人は速筋と遅筋の割合が大体1:1なのに、マラソン選手はトレーニングによって遅筋の比率を圧倒的に増やしている。だから長時間運動を続けられるのだとか。

 またマラソンには履き物も大事。番組では地下足袋、草鞋、スニーカー、裸足、そして一本歯の下駄という5種類で800メートル走。すると最初から問題外の下駄は早々に脱落(当たり前)。で、他の順位だが、地下足袋、スニーカー、草鞋、裸足の順。スニーカーの選手は途中から足が痛くなったと言っているし、裸足に至っては膝から下の感覚がなくなるぐらい足が痛いとのこと。要はクッション性が重要な模様。実際、足にかかる衝撃はこの時の順位の通りになっていたとか。だからランニングシューズなどにはゲルを使用した衝撃吸収剤が使われている。

 ではトップランナーはどんな靴を使用しているかだが、これが非常に軽い。通常のランニングシューズの1/2以下の軽さだそうな。ただクッション性がほとんどない。これはトップランナークラスになると、鍛えた筋肉が衝撃吸収剤になるので、靴は軽量化を最優先に考えているとのこと。実際に実験してみても彼らの足には衝撃があまりかかっていない。とは言うものの、トップランナーとはほどと遠い素人の場合、やはりクッションの効いた靴でないと身体を壊しそうである。

 最後は矢野氏がフルマラソンに挑戦。多くの市民ランナーを指導したというコーチに付き添ってもらって、いろいろとトラブルはあったものの10時間ほどで完走。なおポイントとしては、まずワセリンで摩擦を防止する(長距離走っていると、やはり身体のあちこちが摩擦でトラブルを起こすそうな。衣服などと触れる部分が要注意。)。常に身体を動かし続ける(途中で身体を止めてしまうと、筋肉が硬直して動けなくなるとのこと。)。水分は少しずつ補給(一気に摂ると胃にたまって身体に負担がかかる。)。ペースメーカーを見つける(精神的に楽になり、ペースが上がるらしい。)。テーピングで筋肉の動きを補助(これは効果があったと矢野氏が証言している。)。

 以上、マラソンについて。これであなたも明日から立派な市民ランナー・・・・になれるわけなんてないって。残念ながら私の場合、いくらクッションの効いた靴を履いても、体重が多すぎて3キロも走らないうちに膝を壊します(医師から「とりあえず運動する時は水泳などをして、ジョギングはするな」と言われている)。それにマラソンに面白さを見いだせないんだな。体力はまるでないし、いかにも運動不足体型をしているが、実は身体を動かすのが大嫌いと言うわけではないんだが・・・(遠征時などは結構歩いてますよ)。とにかく面白みがないと続かないんだな。

 

2/10 所さんの目がテン!「白鳥」

 白鳥は冬の渡り鳥。番組では日本で最大の白鳥の飛来地という瓢湖を訪れているが、1キロ先からもすさまじい鳴き声が聞こえる。この騒音は車が激しく行き交う交差点に匹敵するとか。白鳥がこんなに大きな鳴き声を上げるのは、夫婦で常に呼び合うからだそうな。夫婦の絆がつよい白鳥に対する実験。白鳥の模型を使ってメスに近づこうとしたところ、オスは羽を膨らませて威嚇。無視してさらに近づけるとついには飛びかかって攻撃。湖の中で夫婦の白鳥を対岸に放して様子を見てみたが、すぐに合流した。繁殖期間の短い白鳥は、一度つがいになった夫婦は一生連れ添うそうな。

 白鳥は秋から冬にかけてシベリアから日本に飛来するが、これは餌を求めてのものだという。湖の白鳥を観察すると、逆立ちするようにして水中に首を沈めている姿が見られるという。何センチの深さまで首を沈めるかを調べたところ、110センチの水深にある餌も逆立ちして食べたとのこと。

 また白鳥は飛行の際に水面を走る姿がよく見られるが、白鳥は体重が重いせいで翼の羽ばたきだけだと浮力が足らないので、水面を走るのだそうな。この辺りは白鳥が飛ぶのが下手な鳥といわれる所以。ちなみにこのタイプの鳥は、間違って狭すぎる池などに着陸すると、そこから出られなくなるという話を聞いたことがある。

 以上、白鳥について。白鳥はその姿から優美な鳥とされるが、その実態は結構大変なようである。まあ野生の世界にのんびりと優雅に遊んでいられる動物なんていませんから。ニートなんて優雅な身分が存在できるのは人間だけです。

 

2/3 所さんの目がテン!「ガソリン」

 現在、何かと話題になることの多いガソリンだが、それが今回のテーマ。

 ガソリンと言えば原油から精製されるが、原油からはガソリン以外にも軽油・灯油・ジェット燃料・重油などが精製できる。まずはその違いを見る実験。紐に同量のこれらの油を付け、炎の走り方を見るという実験。するとガソリンは一瞬にして紐全体が激しく燃え上がり、あまりにも燃え方が激しすぎるために実験が途中中止になる結果に。一応順位はガソリン、灯油、ジェット燃料、軽油、重油という結果。これは概ね引火点の順になっている。ガソリンは気化しやすいために引火しやすいのである。ただし重油は火がつきにくいが、火がついた場合には燃焼カロリーが高いという特徴がある。だから船舶の推進器などは重油を使用している。

 後半は軽油を合成できるという藻を使った実験。番組では岩手県釜石市の海洋バイオテクノロジー研究所を訪問、そこでその藻を譲り受けて、番組AD宅の風呂で10日間培養、そこから抽出した油(30ml)で実際に車(滋賀県立大学がバイオ燃料の研究用に改造した極少量の油でも動かせる車)を走らせるという実験を実施している。なおこの藻、植物のくせに植物性よりも鉱物性に近い油を合成するとか。

 以上、現在価格高騰中のガソリンについて。とは言うものの、内容的にはそう盛り沢山という印象ではない。まあネタがネタだけに、さして話題もなかったのでは。あとするとすれば、ガソリンを間違ってストーブに入れてしまったらどうなるかという危険を警告する実験ぐらいか。でもこういうのは、下手をすると煽ることにもなりかねないからな・・・最近は馬鹿が増えているし。

 

1/27 所さんの目がテン!「アンコウ」

 厳つい顔だが高級食材のアンコウ。それについて紹介。

 まずは矢野氏が漁船に同乗してアンコウ漁を体験・・・なのだが、揚げた網にはアンコウはかかっておらず他の魚ばかり、実はアンコウは海底で単独生活するため、狙って捕れる魚ではないというのである。だからアンコウ漁なるものは存在せず、一般の漁の時に入ってくるのみとか。これがまずアンコウが高級魚である理由だとか。

 さて取れたてのアンコウは料理店に持ち込まれるが、料理人はまずこのアンコウをいきなり天井から吊す。ヌルヌルするアンコウはまな板の上ではうまくさばけないので、こうやって吊した上で内部に水を入れて重さで安定させてから捌く、これがいわゆるアンコウの吊し切りである。さてこうして捌かれたアンコウはまさに棄てるところがない魚で、皮、肝、エラ、卵巣、胃袋、身肉、ほほ肉のすべてを食べる。これらはアンコウの七つ道具と呼ばれるとのこと。

 アンコウの生態であるが、海底にじっとして獲物を待つ。この時のアンコウは海底の色に自身の色を合わせる擬態をしているので、少し見ただけでは分からないぐらい。そして背びれから変化したという突起を動かして魚をおびき寄せると、水ごと丸飲みする。そのスピード実に0.1秒。この素早い動きを可能にするのがアンコウのほほ肉で、実はアンコウのほほ肉は身体全体の筋肉の11%を占めるのだとか(鯛は2%)。またアンコウのこの漁に役立つのが大きな胃袋で、海鳥を丸飲みしていたという例まであるという。

 またアンコウと言えばアン肝が有名だが、番組ではアンコウと鯛とマグロで肝の食べ比べを実施。やはりアンコウの圧勝だったとか。アンコウの肝は他の魚の肝よりも脂肪分がかなり多いとのこと。これはアンコウの獲物は少ないため、栄養分を肝に蓄積するからだとか。なるほど、私はアンコウだったわけか。

 番組最後には、アンコウで唯一棄てる部分の口の骨を使って貯金箱を作る・・・ってこれは例によっての完全な蛇足。なおアンコウの歯は後ろにだけ倒れるようになっており、獲物の丸飲みに適した構造になっているようである。

 以上、厳つい高級魚アンコウについて。アンコウの身ってやたらにブヨブヨしているのが印象的なんですが、あれって脂肪分が多いんでしょうかね? 私としてはそこが一番知りたかったな。

 

1/20 所さんの目がテン!「薄型テレビ」

 地デジなるろくでもないものの導入で、国が無理矢理にテレビの買い換えを促そうとしているが、今回はそのテレビについて紹介とか。

 薄型テレビと言えばプラズマか液晶が主流だが、それぞれ特徴がある。ただ一般的に液晶は動きの速い画面が苦手と言われている。番組ではこれを模型で説明しているが、要はプラズマは一端映像が消えてから次に移るが、液晶はシャッターで切り替えるので前の映像が残ってしまうと言うことらしい。これを解消する方法として倍速駆動というシステムがあるという。これはコマ間に平均した映像を加えることで切り替わりを滑らかにするそうな。

 一方、プラズマテレビの弱点としては消費電力が多いと言うことが言われるが、これは実は映像次第で、暗い映像の多い場合だと発光部分が少ないので液晶よりも消費電力が下がることがあるとか。またプラズマの弱点としては焼き付きが起こることがあるという。決まった映像ばかりが映っていると(時計など)、その部分の温度が上がって劣化してしまうのだとか。最近はこれを防ぐ機能も登場しているとのこと。

 次は有機ELが登場。紹介するのは有機ELの伝道者である山形大学の城戸先生。有機ELは有機物に電気を流して発光させるという単純なもの。機能がシンプルでかなり薄くできるのが特徴。

 最後に登場するのは立体テレビ。これは特殊なレンズを使用して、見る角度によって違う映像が見えるようにするというもの。ただこれは実用化にはまだ30年はかかるとか(現段階の試作品は、画像が荒すぎてお話にならない)。

 以上、テレビについて。地デジの宣伝番組になるのかと思っていたら、そんなものは放ったらかしで最近のテレビの紹介だった。この番組のスタッフも、本音では地デジなんてろくでもないという気があるのかな? まあ今回はこの番組にしては珍しいぐらい実用性の高い内容だったのでは。

 ちなみに有機ELの城戸先生は自身のブログで「6時間もかけて取材を受けたので、もっと扱いが大きいのかと思っていたら、たったの5分だった」と落胆の意を示されているようだが、まあこの番組だと時間的にはこの程度が限界かと。まだ有機ELについて扱っただけでも良しと言うところでは。

 なお2011年にアナログ停波と散々宣伝されていますが、現実には絶対不可能です。地デジ対応テレビはいくら政府が音頭をとっても全く売れていません。北京オリンピックのためにわざわざテレビを買い換えようなんて人はごく少数です。今の状態で停波したらテレビを見ない世帯が大幅に増えるだけなので、1%以下の視聴率を競っているようなテレビ業界には死活問題であり、停波なんてできるわけありません。しかしそれを口にすると、地デジの普及がさらに遅れるのが火を見るより明らかなので、関係者は誰も口にしないだけというのが現実。多分、今年の終わりから来年ぐらいにかけてこの問題は噴出するのでは。実際、今の地デジなんて視聴者にとっては百害あって一利ありぐらいのもの(一利なしとは言わないが)。デメリットの方が大きすぎる。ここを根本的に改めないと、普及は絶対無理。

 

1/13 所さんの目がテン!「回転寿司」

 回転寿司の第一号は、大阪の寿司店の店主が、ビール工場のベルトコンベアを見て思いついたところから始まったとのことだが、今では大進化をして巨大チェーンがいくつも誕生している(番組ではこの後、蔵寿司の宣伝としか思えない紹介がしばらく続く)。

 なお全皿100円などという激安寿司もあるが(まさに蔵寿司そのもの)、その価格を支える秘密は職人ではなく機械が握る斜里に、従業員がネタを乗せるだけという製造工程とCASと呼ばれる最新冷凍技術だという。

 なお番組では寿司職人対機械で斜里対決。握る速度が圧倒的に機械が早いのもさることながら、味でも負けていないという結論にしている。握った直後では8人の試食結果は4対4だが、機械の方はしばらく後で食べることを想定して空気を多く含んで握っているので、30分回転させてから試食したら2対6で機械の圧勝とのこと・・・なんだが、握った直後の試食で4対4という時点で、今回の寿司職人の腕が悪いか、試食したメンバーが味のことがさっぱり分からない連中ということしか言えないような気もするんだが・・・。まあ味なんて主観的なものだがら、厳密な測定なんて不可能だが。

 さてCAS冷凍だが、これは凍結させずに氷点下まで温度を下げ、一気に凍結させる技術だという。原理としては磁場を加えて水分子を振動させながら冷凍することで、凍結させずに氷点下まで温度を下げられるのだという。そこで何らかの刺激を加えると一瞬で凍結することになるので、細胞が壊れないのでドリップなどが出ずに味が落ちないとのこと。番組ではCAS冷凍した水を紹介しているが、ペットボトルの中では液状の水(氷点下7度)がコップに注いだ途端に氷になるというインパクトのある映像を紹介。

 まあ回転寿司のポイントは分かったが、ただ一言言うと、冷凍していた冷え冷えのネタを機械が握った斜里に乗っけただけの回転寿司は、やっぱり職人の寿司よりは数段味的に落ちるのは仕方ないわな。それにしてもどこの寿司屋だったか忘れたが、ホントにネタが冷え冷えすぎて、口の中でシャリッと言った時にはもう呆れたな・・・。

 さて番組で最後に紹介するのは回転の効果。食べ物が横向きに流れると、狩猟本能が刺激されて食べる量が増える効果があるとのこと。実際に5人での食べ比べ実験と、犬を使った回転ドッグフード実験で、食べる量が増えたという結果が出ている。まあ似たようなことは、大分昔に「あるある大辞典」でもやっていたが、あの時も「目先が変わる効果」などを上げ、やはり食べる量が増えるという結論になっていた(まだ「あるある大辞典」がそんなにひどくなかった頃の話。まあ健康・美容ネタではないし)。

 以上、回転寿司について。科学したような科学していなかったような微妙な内容。まあネタがネタだけにこんなものか。私としてはそりゃお金があれば回転寿司なんて行きたくはありませんが、貧乏人には選択の余地がありません。

 なおこれは番組とは関係ありませんが、全皿100円を打ち出している蔵寿司はどうも客層が悪いのか、コンベアを流れているデザートに指をつっこんでなめる馬鹿ガキと、それを止めもしない馬鹿親なんていうどうしようもない連中を見ることが他店よりも圧倒的に多いです。このまま馬鹿ガキが増えれば、いずれは回転寿司なんて営業形態は危なくて出来なくなるかも。似たような光景はスーパーの店頭で見かけることも多くなりましたが。

 

12/30 所さんの目がテン!「科学10大ニュース」

 年末にありがちのネタであるが、番組で世話になっている専門家にアンケートを採った結果とのこと。10位巨大恐竜の化石の発見、9位ウナギの稚魚の輸出規制、8位は緊急地震速報、7位がバイオ燃料の発売、6位がタミフル問題、5位がカエルツボカビ、4位は超薄型テレビ(有機ELテレビ)発売、3位は月探査衛星「かぐや」、2位は地球温暖化、1位が皮膚から万能細胞。

 サイエンスゼロでほとんど同じネタを扱っていたが、上位3つは見事に同じ。やはり誰でも注目するニュースは決まっているということ。ただ4位以下はかなり内容が違っており、どちらかと言えばこちらの方がかなり多岐にわたっている。多分、専門家の構成の違いがあるんだろう。実際、サイエンスゼロの方は温暖化関連のテーマが複数上がっていたし。

 ちなみに私の個人ランキングでも上位の3つは全く同じだな・・・。

 

12/23 所さんの目がテン!「もち」

 正月と言えば餅。と言うわけで、世間がクリスマス一色の中で、気の早いこの番組は正月気分になっているという次第。

 まず餅と言えば杵と臼でつくと決まっているが、番組ではこれ以外の餅の作り方がないかと、ロミロミなる揉むマッサージやプレス機、果てはプロレスに参戦して餅を下敷きにしたり相手に叩きつけたりという意味不明の展開(「熱い、熱い」との絶叫が飛びほとんど凶器攻撃)。それで結果であるが、一番まともな餅になっていたのはプレロス。餅を作るには餅米に力を加えて固める「こね」という動作と、つぶしてペースト状にする「つく」という動作が必要なのだが、マッサージでは「こね」だけで「つき」がなく、プレス機では「こね」がなかったので米粒がつぶれていなかったのだとのこと。と言うわけで、餅を作る時にはプロレスをしましょう・・・って無意味(笑)。

 次に登場するのがとんでもない餅つき。奈良の中谷堂は超高速餅つきで有名。ほとんど神業とも言える早業でわずか1分45秒で餅をつきあげてしまう。ふつうにやると5分ぐらいはかかるということだから、かなりの高速技。しかしこれはただ単にギャラリーを意識している技というわけではなく意味があるのだとか。餅米のデンプンが絡み合うには60度以上の温度が必要で、高速餅つきはこの時間内につきあげていたのである。だからこの高速餅つきでつきあげた餅は通常の餅と全然伸びが違っていた。というわけで、よく伸びる美味しい餅を作るには、早くつくことが大事とか。

 次がまた馬鹿馬鹿しい実験。カチカチになった餅を空手の達人に割ってもらう・・・というわけだが、瓦なら簡単に割ってしまう達人が餅には歯が立たず拳をつぶしてしまいそう(マジで痛そうでした)。実はカチカチになった餅の硬度は煉瓦よりも硬かったとのこと(単に硬いだけでなく、瓦よりも粘りがある分余計に割りにくいと思われるんだが)。

 最後に登場するのは餅のみの秘技。これは佐賀の鹿島市で伝わっている技だが、餅をひものように伸ばして噛まずに一気に飲み込んでしまうと言う技。これで窒息しないのは、餅をひも状にして一端食道に入れてしまうと、そのまま切れずに続いて胃に入っていくので、気管に入らないのだとか(ただし真似はしないように)。なおこの技、番組では細かい説明はなかったが、私が以前に聞いたところでは、武士が戦場に駆けつける前に短時間で腹に食べ物を入れるために編み出された技だったはずである。

 番組ではこの技を参考に、もちをうどん状にして「のどにつまらない餅」を開発。ただ試食した所氏によると、確かにのどに詰まらずすすれるが、そうすると餅としての味が分からないとのこと・・・でこれまた無意味。

 例によってこの番組らしい無意味な実験の数々がなかなか面白かったという内容。それにしてもスタジオで実演もしていたが、あの高速餅つきはすごい。今回のテーマはほとんどこれだけだったりして。 

 

12/16 所さんの目がテン!「イチゴ」

 クリスマスケーキには欠かせないイチゴ。これは日本独自の習慣なのだが、これがイチゴ農家に変化をもたらしたという。本来は5〜6月にかけてが旬のイチゴが、クリスマスに併せたハウス栽培のせいで今では12月が旬になってしまったとか。

 なおイチゴの回りについている粒々。これは種だと思われているが、正確に言うと種ではないとのこと。実はこれは果実であって、種はその中にあるとか。ただしつぶしてみても果肉に当たるものはない。なお我々が果肉だと思っているのは花托と呼ばれる花の土台の部分とのこと。ちなみに番組では実際にイチゴの種を発芽させてみている。

 イチゴは品種改良でドンドン甘くなってきた。そこで番組では一番甘いという一粒500円のハイベリーなるイチゴで究極のイチゴショート作りに挑戦。しかし試食の結果は従来のケーキに惨敗。イチゴだけを食べ比べると圧勝なのだが、このイチゴは甘すぎるのでケーキの甘さとカブってくどくなるのだとか。だからケーキ用にはあえて酸味の強いイチゴを使っているのだとか。ちなみにイチゴ大福も同様だとか。

 次はイチゴの赤色について。これは動物を引き寄せるのだとか。番組では赤いイチゴと未熟な白いイチゴをサルに与えたところ、サルは赤いイチゴのみを食べた。ただこれでは味のためだろうと考えられるので、今度は白いイチゴに食紅で色を付けても、やはり赤く着色したイチゴの方を選んだとのこと。赤い色には意味があった。

 最後はイチゴのヘタでグリーンガムを作るという企画。ただこれはイチゴのヘタが繊維が多すぎるせいで、ガムベースが分断されるので、噛んでいると粉々になってしまうというとんでもないガムになった模様で、試食した所氏が大変なことになったようである。

 以上、イチゴについて。そういえばイチゴショートのイチゴって、あまり甘くないなというのを以前から感じていたが、それはあえてそういうイチゴを選んでいたのか。言われてみれば納得である。また食欲を色が刺激するということはあるようで、だからアメリカの菓子はあんなに毒々しい色が付いているのか。連中はサルに近いから・・・って、こりゃ問題発言か?

 イチゴに触れながら、栄養面の話等が全く出てこないというのがいかにもこの番組らしいところ。そういうところが好きなのではありますが。

 

12/9 所さんの目がテン!「忠臣蔵」

 今回のテーマは年末らしく忠臣蔵・・・と言ってもこの番組は歴史番組ではありません。忠臣蔵を科学するのだそうな。

 まずは討ち入りの日の12月14日について、何故この日が選ばれたか。番組では気象条件が影響しているとしている。この日は前日までに降った雪が降り積もった翌日の晴れの日、ここにポイントがあるのだとか。

 47人もの人間が集団で動くとどうしても目立つ。番組では実際に47人に歩いてもらって足音に気づくかという実験を実施。判定するのは寝入っている町人を想定して耳栓をしている3人。すると土の上では歩き出して4歩、8メートルの距離で気づかれている。これに対して雪の上だと間近によるまで気づかなかったとのこと。雪は空気を多く含んでいるため吸音効果があり(静音効果)、気づかれずに討ち入りするには最適だったとのこと。なお番組ではこれ以外に冬だと夜明けが遅いので人に気づかれにくいということと、この日に吉良上野介が茶会を開くので在宅が確認されていたなどがあるとしているが、実は最後の理由が最大のものであって、雪というのはたまたまだったというのが現実なのだが・・・。

 次は赤穂浪士の武器と防具について。武器については屋内を想定した小型の弓と短い槍が使用されたとのこと。まだ防具については鎖帷子が用いられた。番組では実際に鎖帷子を名人に斬りつけてもらって、日本刀の刃を防ぐ効果があることを確認している。

 鎖帷子というのは、日本刀のような斬りつけるタイプの武器に対してはかなり有効な防具であり、その上に比較的軽量で動きを阻害しないことからよく用いられた防具である。難点は細工が細かくて高くつくこと。屋内での斬り合いを想定していたら、かなり強力な防具だったろう。この防具をつけている相手と対戦するには、鋭い槍で鎖帷子ごと貫くか、銃器で撃ち抜くぐらいしか方法はない(もしくはメイスのような武器で叩きつける)。

 さらに実は赤穂浪士には50歳以上の浪士が10人もおり、腕利きの護衛を集めていた吉良側に比べると戦力的に劣ることは否めない。これをどうやって補ったかだが、それには一向二裏という戦略を使ったという。これは一人が正面から斬り合っている間に、二人が背後に回り、取り囲んで攻撃するという方法。番組では実際に、赤穂浪士を想定した9人の子供と、吉良側の護衛を想定した5人の大人(一人はチャンバラチャンピオン)でチャンバラ対決をしたところ、最初は大人側が勝利(子供側全滅、大人側は2人生存)という結果になったのに対し、子供側にこの作戦を指導したところ、子供側が犠牲者0の完全勝利を収めたとしている。

 なんとなく二戦目の時、大人側が手加減している雰囲気がなきにしもあらずだったが、まあ良しとしておくか(どうせあまり厳密な実験ではないし)。これはいわゆる各個撃破。ヤン・ウェンリーがもっとも得意としている戦法である。どころか同盟軍のエースパイロットのオリビエ・ポプランは、新人パイロット達にそのものズバリのことを言っている。「お前らひよっこは、3人で1機を取り囲んで攻撃しろ」と。これは基本。実際、タイマン勝負なら強い相手でも、3人で取り囲んだら大抵は勝てるでしょう(だからこそ、今時の根性なしの不良は絶対に1対1の勝負はしない)。これで3人を返り討ちにするような相手は拝一刀クラスの化け物なので、相手にしてはいけません(笑)。

 なお番組では全く触れない赤穂浪士側の有利としては、決行の日を決定する権利は赤穂浪士側にのみあり、吉良側はいつ攻撃されるか分からないので、常に備えていないといけないというのがある。これはテロリストとそれを防止する側の関係にも近いものがある(というか、吉良邸討ち入りはある意味では集団テロそのものなんだが)。まあ最近のアメリカは、テロを行う可能性のある相手に対し、こちらから一方的に先制攻撃をかけるという逆テロ行為に及んでおりますが。

 以上、赤穂浪士を科学した・・・のかな? まあ面白い切り口だったけど。なお番組中にBGMで大河ドラマのテーマ(これでは赤穂浪士ではなくて風林火山だと思うのだが・・・)や「その時、歴史が動いた」の音楽を使いまくっていたのは大丈夫なの? まあ私がNHKの担当者なら、こんなことにいちいち目くじら立てる気はしないが、私はNHKの担当者ではないので(笑)。

 

12/2 所さんの目がテン!「大根」

 おでんなどの煮込みがうまい大根だが、これはアブラナ科の根菜。似ている野菜と言えばカブを連想するが、両者の違いは煮てみると分かるとか。試しにおでんに入れて8時間煮込んでみると、大根は何ともないのに対し、カブは箸でつかめないぐらい煮くずれしてしまっている。これはカブの細胞の方が小さくて壁が薄いからだとか。実はカブは胚軸と呼ばれる根と茎の中間に当たる部分で、大根は大部分が根なのだという(大根の首の方が胚軸になる)。

 ただ大根は煮込みに時間がかかる。日本料理店で調理を見たところ、米のとぎ汁で30分下茹でし(臭みをとるそうな)、その後出し汁で30分煮込んでから、室温で8時間冷まして完成である。つまり非常に時間がかかっている。番組ではこれを短縮する方法として、30分茹でた後、アルミホイルやタオルなどで保温して30分置く方法を紹介している・・・・んだが、この方法は以前にガッテンなどでも紹介されており、既にそれ用の保温器具なんかも販売されているぐらいなので、情報としては新味はありませんね。

 また大根の保存食として切り干し大根があるが、これが出来るのは大根には水溶性線維のペクチンが多いために乾燥させて戻しても細胞がバラバラになったりしないとか。番組では切り干しキュウリやレタスなんかも作っているが、これらはペクチンが少ないせいでグチャグチャに、切り干し茄子や切り干しピーマンはグチャグチャにはならないが、水分が抜けにくいので保存性がないということで不可。やはり切り干しは大根に限るそうな。

 最後は大根おろし。大根おろしが辛いのは、細胞がすりつぶされることで細胞内のグルコシノレートと酵素が反応し、イソチオシアネートが生成することによるという。そこで「細胞をすりつぶせばすりつぶすほど良い」と引っ張り出してきたのは杭打ちようの重機。6トンにもなるという圧力で大根をすりつぶし(と言うよりは完全に粉砕)、料理屋で作った大根おろしよりも二倍の辛み成分が出たという結果を得ている。

 ただこの辛み成分、揮発性なので放置すると抜けてしまう。最後に番組が紹介したのは高知女子大学の食品化学研究室の渡邊浩幸氏が開発した粉末大根おろし。これは水で戻すといつでも辛い大根おろしになるのだとか。製法は低温乾燥とのことだが、その詳細は秘密とのこと。昨今は大学も金稼ぎを要求されているので、多分特許をとってどこかの食品メーカーと商売するつもりなんだろう。

 以上、大根について。たかが大根、されど大根で情報としては盛り沢山。例によって実用性は度外視だが(笑)、大根おろしのために重機を持ち出すなど、この番組らしい馬鹿馬鹿しさが出ていてなかなかにナイスなバランス。

 で、次回は忠臣蔵を科学する・・・こりゃ驚いた。この時期になると歴史番組では定番になるが、これを科学番組で扱うか。どういう切り口になるか注目(切腹最中はうまそうだったが、ただネーミングは良くないよな(笑))。

 

11/25 所さんの目がテン!「そば」

 そばが旬な季節。今回のテーマはそば。

 まずそばの分類について。そばをそば粉にする時にそば殻と丸抜きに分けた後、中央の柔らかい部分だけを粉にして作ったのが白い更科そば。これを全部すりつぶしたのが黒い田舎そばとのこと・・・なんだが、私が以前に聞いたのでは、黒いそばはそば殻も含んでいるという話だったのだが・・・と思ったら小さなキャプションが出ていた。そう言う場合もあるそうな。多分これは地域などで違うんだろう。ただそば殻だけでそばを作ったらとんでもないものになるらしい(そりゃそうだろう)。

 番組では佐藤アナがそば打ちに挑戦・・・は良いんだか、よりによって一番難しい十割そばに挑戦しており、当然のことながらあえなく失敗。十割そばで難しいのは粉に水を馴染ませることなのだとか。だからより打ちやすくしたのが小麦を2割加えたいわゆる二八そば。ただ番組では「水が馴染みにくいんだったら、馴染ませれば良いんだ」ということで、なんと霧吹きを取り出し、これでそば粉に水を吹き付け、なんとそば打ちに成功している。こりゃ驚いた。

 次はそばの食べ方。そばを食べる時はすすって音を出して食べるが、あれはそばの匂いを良く感じるためとか。番組では音を立てて食べる江戸っ子と音を出さないイタリア人の鼻に「吹きもどし」(吹いたらヒュルヒュルと伸びる笛)をつけてそばを食べるという馬鹿馬鹿しい実験をしているが、江戸っ子の方は見事に笛がヒュルヒュルと伸びて鼻に空気が通っていることが証明されたという次第。馬鹿馬鹿しい実験だが、一応テレビとしてのビジュアルを意識してます(笑)。

 最後はそばとうどんとどっちから腹持ちが良いかという実験。これは矢野氏を始めとする被験者3人が、まずわんこそばを腹一杯食べて、その時の胃の大きさと6時間後の胃の大きさをレントゲンで測定。翌日は同じ量のうどんを食べてやはり同じ測定ということで比較している。その結果、そばの時の方が6時間後の胃は大きく、番組の結論は「そばの方が腹持ちがよい」というもの。これはそばの方が食物繊維が多いからとのこと。まあこの結論も分かるが、ただそばの方が食物繊維が多いと言うことは、その分エネルギーが少ないわけで、同じ量のそばとうどんだと、そばの方が先にガス欠になってしまうという意味もあるように思うのだが・・・。それに実際に食べていると、うどんの方がかなり腹にきつかったようなので、現実の腹持ちはどちらが良いかは微妙なよう(そもそも腹持ちなんて主観的なものは実験では証明しにくいわな)。

 以上、そばについて。霧吹きでそばを打つのは驚いたが、本当にこれだけうまく打てるのなら、これはそば打ち教室でもてはやされそう(というよりも、もしかしたらもう使われているのか?)。なおイタリア人は麺を音を立てずに食べると言っていたが、実のところはこれは人によりけりで、実際にはズルズルと食べている人もいるようで。どちらかと言えば、そもそもは香りがどうこうなんて言うのは後付の理由で、普通にすすって食ったら音が出る方が自然だからってのが本来だと思う(笑)。

 

11/18 所さんの目がテン!「チーズ」

 今回のテーマは代表的な乳製品であるチーズ。まずはナチュラルチーズとプロセスチーズの違いだが、ナチュラルチーズはその名の通り天然物で、乳酸菌がまだ生きているので保存中に品質が変わってしまうと言う。これに対してプロセスチーズは複数のナチュラルチーズを混合した上で、加熱して菌を殺しているので長期保存が可能とのこと。近年はナチュラルチーズの消費が増えているとか。

 まずは矢野氏がチーズづくりに立ち会い。方法は簡単、低温加熱で殺菌した牛乳に子牛の胃からとったというレンネットという酵素を加えると固まってくる。そこでこの固まりを取り出して水分を絞り、その後に熟成させるのだとか。熟成させることでアミノ酸が増えてうまみが増すのだという。

 さて子牛の胃にあるレンネットという酵素だが、この酵素の働きは牛乳を固めることで消化器官の弱い子牛でも牛乳の消化吸収を良くするためだという。人間はこの酵素を持たないが、赤ん坊は胃酸で母乳を固めることで吸収を良くしているという。

 では熟成を長くすれば美味しいのかということで、番組では長期熟成チーズ(10年もの)を探し出して所氏が試食。熟成チーズがなかなか美味しいらしい。

 なおチーズはネズミが好きというイメージがあるが、実験してみるとネズミはチーズよりも米やリンゴなどの方が好みとのこと。ネズミはエネルギーにしやすい糖分の多いものの方を好むのだという。

 またチーズと言えばカビを生やしているものが多いが、これはカビによってアミノ酸が増えるからとか。と言うわけで、番組のでは身の回りのカビを集めてこれでチーズを・・・・と思ったのだが、チーズ工房に持参したところ「身の回りのカビは有害なものが多く、ちーずに使われるカビは2種類に限られている」と拒絶。そりゃ当たり前だ。

 そこで番組では安全が実証されているカビとして麹カビをチーズに吹き付けて実験。試食の結果は「ブルーチーズに近い」というもの。それならブルーチーズで良いじゃんとということでチャンチャン。

 なんじゃこりゃ・・・ってところだが、まあこの番組らしいところかな。チーズを固める酵素が子牛の胃の中からというのは知りませんでした。

 

11/11 所さんの目がテン!「アルミ」

 今年はアルミが発見されて200年目だそうな。今日では広く用いられているアルミだが、その歴史は意外に浅い。

 まずは矢野氏が、日本で唯一アルミを製造しているという日本軽金属の清水工場を訪問して、アルミの製法を紹介。まずはボーキサイトをカセイソーダで処理して結晶を析出させる。次に1200度に加熱して不純物をのぞく。この時に出てくるのが白い粉末のアルミナである。次にこのアルミナを電解炉に投入して55000アンペアという強力な電気を通じることで金属アルミニウムを精製するのである。この時に強烈な磁場が発生するので、時計が止まってしまうほどだとか。これがアルミが電気の缶詰と言われる所以である。

 ちなみに番組ではそこまで説明していないが、日本国内にアルミの製造工場がないのも、日本では電気料金が高すぎて採算が合わないからだという。ちなみに先の日本軽金属の清水工場は確か自前の水力発電所を持っているので、操業可能だったはずである。

 次はアルミを噛むとキーンとする件について。これは虫歯治療に詰めている金属とアルミが反応して、口の中に電気が発生するから。だから虫歯治療をしていない子供の場合は反応しない。で、電気が発生しているのならと17人を連ねて電子オルゴールを鳴らすという実験。見事成功・・・・は良いんだけど、「これって8/11の解体新ショーと完全にネタかぶってますから、残念!」

 さらにアルミはさびにくいというがなぜという件については、アルミは既に錆びているというのが正解。アルミの表面は薄い酸化皮膜に覆われており、これ以上さびが進行しにくいわけである。鉄だとこうはいかない。ちなみに鉄の場合、わざと焼いて表面に黒錆を作るというのが昔に行われていた錆防止法で、最近はクロムなどの他の金属を混ぜることで酸化皮膜を作ったのがいわゆるステンレスである。

 最後はアルミ缶から宝石を作るというもの。そもそもルビーやサァイアはアルミナに微量の不純物が加わったものなので、アルミから作れるはず。で、番組では人工ルビーを製造したが、原料に不純物が多かったせいで、今ひとつ美しくはない結果に。

 テーマがアルミだから、アルミを燃やす実験をして「固体燃料ロケットの燃料はアルミだ」というのをやるかと思ったが、それはなかった模様。はて、このネタは既出だったっけ? なおアルミの精錬には非常に多くの電気を使用しているので、アルミ缶はリサイクルをしないと非常に勿体ないわけです。またアルミがアルツハイマーの原因になるという説もあるのですが、それはどうなってたっけ?

 

10/21 所さんの目がテン!「サケ」

 矢野氏による「サーモン小暮」なんてコテコテな駄洒落で始まった今回のテーマはサケ。この時期に川に戻ってくる魚である。まずは矢野氏がサケの定置網漁に同行しているが、上がったサケはギンギラギン。しかしこのサケ、川に上がると色が黒っぽく変わる。これは婚姻色というもので、繁殖時のアピールだという。

 サケと言えばサーモンピンクの身が独特だが、富士五湖の一つ西湖にその秘密に迫るサケがいるとのこと・・・で行ってみると、それはヒメマス。実は海に出るのがベニザケで、海に出ないとヒメマスになる。このヒメマスの身の色は白い。実はベニザケの身の色が赤いのは、オキアミなどの餌を食べることによるのだとか。なおこの色素は産卵時に卵に移るので、産卵後のサケの身は白くなるとのこと。

 で、このサケの中に一匹10万円もするという鮭児という絶品のサケがいるという。この鮭児とは来年以降に産卵するはずの若い鮭が戻ってきてしまったものだという。脂肪分などが卵にとられていないのでうまいのだとか。で、番組ではスジコの成分をサケに戻せば鮭児に匹敵するようになるのではとスジコマヨネーズを作ってみたが、どうも微妙な結果のよう。

 最後はサケの皮で革ジャンを作ろうというこの番組らしいあほらしい企画。それなりの革ジャンは出来たようだが、なんとなく趣味が悪い。それにこれを着ていると猫が寄ってきそうだ(笑)。

 グルメではない私は鮭児なんて初めて聞きました。だけど1匹10万円のサケなんて無縁の世界です。大きさを考えると、価格としては本マグロ並みか。それなら本マグロの方が良いわ(笑)。

 

10/14 所さんの目がテン!「カロリー」

 今回のテーマはカロリー。と言うだけで矢野氏が実験台にされるのは見えているような・・・。

 で、まずは矢野氏の食生活をチェック。するとやはり成人男性の必要量の2倍以上になる5773キロカロリーも摂取していたそうな。と言うわけでカロリーの定義からはいる。

 基本的にはカロリーとはその食品を燃やした時に発する熱量。しかしノンカロリーと言われている寒天でも燃やすと湯が沸く。そこにはカラクリがあり、食品のカロリーの場合は人間が消化吸収できる部分のみを計算する。寒天の場合、カロリー源はほとんどが食物繊維で、人間は食物繊維を消化吸収できないのでノンカロリーになるというわけ。

 つまりはカロリーはエネルギーだと分かったところで、この番組では人間と車の対決になる。乾燥大豆1キロから豆腐3キロを作ってこれが矢野氏の燃料。一方この大豆から200ミリリットルの油を絞り、これが車の燃料。ただし車は矢野氏の20倍重いから、車には4リットル大豆油を入れる。そして同時にスタートして、車が動かなくなった距離と、矢野氏が豆腐3キロ分のカロリーを消費した距離を比較しようと言う実験。

 結果は、車が24キロ、矢野氏は20キロ歩いたところでガス欠。ただ矢野氏と一緒に歩いていたサポート役の筒井氏が矢野氏よりも体重が軽いことから燃費が良くなり、25キロ歩いたので「人間が車に勝った」と言っているんだが・・・オイオイ、筒井氏と比較するんだったら、車の燃料の量をもっと増やさないといけないんと違うんか? まあそんなに厳密な実験でないから(この番組お得意のお遊び実験)、別に良いけど。

 最後はどうやったら消費カロリーを増やせるかと言うことで、「ストレスをかけたら生体防御反応で消費カロリーが増える」そうな。で、双子の兄弟を実験台にして、方やヒーリング音楽に対し、一方は矢野氏の音痴な歌を聞かせる。方や癒し系アイドルと会話するのに対し、一方は強面のお兄さんが怒鳴りまくるというストレスをかけたところ、ストレスのかかった方が消費カロリーが増えた(呼吸量からの計算値・・・とこれが曲者)とのこと。だけど所氏も言っていたように、癒し系アイドルとの会話なんて、逆にストレスがかかりそう。

 と言うわけで、さすがにこの番組らしくインチキダイエットの宣伝するようなことはしませんでしたが、全く役にも立たない無意味な内容でした(けなしてるんでないので、間違わないように)。ストレスを感じることで減量するストレスダイエット・・・ってか。胃を悪くして飯を食えなくなったら、さらに痩せる(笑)。だけどこんな無茶なものでも、テレビでもっともらしく宣伝したら、やっちゃう人間がいるから。この番組はこういう馬鹿馬鹿しいぐらいでちょうどいいバランスか。

 

10/7 所さんの目がテン!「焼き芋」

 焼き芋と言えば石焼き芋だが、番組ではまずこの石焼き芋が本当に美味しいのかを、蒸し芋とレンジ芋とで比較。20人に食べ比べをしてもらったところ、17人が石焼き芋が一番美味しいと答えている。やはり甘みが違うという。

 この甘みの理由だが酵素の働きによる。芋にはデンプンが含まれているが、このままだと甘みを感じない。しかしこのデンプンが酵素で麦芽糖に変換すると甘みを感じるという次第。そしてこの酵素が働く温度が65度〜75度の間。つまりこの温度をどれだけの時間をかけて通過するかがポイントになる(ガッテンなんかでよく出てくるパターンだ)。

 この時間帯をレンジなら1分、石焼き芋だと10分もかけて通過しているとのこと。この結果として糖度が3.5倍にもなるのだとか。ではもっと時間をかければどうかと、番組では恒温器を使って70度で1時間おいてみたが、結果は10分と変わらなかったという。大体10分ぐらいで飽和してしまうらしい。

 さらに番組では江戸時代の書物に絶品の芋と記載されている塩竃焼きを再現。塩で覆うことによって水分が逃げずにしっとりとした焼き上がりになるそうで、確かに美味しいらしい。

 最後は焼き芋と言えばかならず連想するおならについて。実際に焼き芋でおならが出やすくなるかを実験したが、まる1日焼き芋だけを食べた場合、確かに平均と言われる13回よりも多くなったとか(そもそもその平均値がどうやって出てきているのかに疑問はあるが)。これは芋の食物繊維が腸内細菌で分解する時にガスが発生するからとのこと。ただしこの時、芋には硫化水素を発生するタンパク質がほとんど含まれていないので、おなら自体は臭わないとのこと。

 以上、焼き芋について・・・・だが、今更あまり新しい情報はありませんね。面白かったのは塩竃ぐらいか。まあ昔から、魚を塩竃で焼いたりすることもありますが、あれは定番ですね。魚の場合もゆっくり昇温することで酵素を働かしてアミノ酸を増やすんでしょうか。ただ魚に長時間加熱すると水分が飛んでバサバサになってしまうので、そこで塩竃の効果が出るという次第でしょう。

 なお食物繊維が豊富な焼き芋は、便秘解消に最適な食材と言われています。この辺りも女性に焼き芋が好まれる理由だとは思いますが。そう言えば、なぜ女性の方が便秘になりやすいんでしょうか。これも謎ですね・・・・どちらかと言えばこのネタは、この番組よりは「解体新ショー」向きかな。

 

9/30 所さんの目がテン!「デジタルカメラ」

 今やフィルムカメラを抜いて、圧倒的なシェアを誇るデジタルカメラ。それが今回のテーマ。

 まずはデジタルカメラが絵を取れる仕組み。デジタルカメラはフィルムに当たる位置にCCDと呼ばれる素子を持っている。このCCDを拡大すると赤・緑・青の光の三原色の点に分かれており、この点が画素と言われるもの。そこで番組では実際に3000枚のパネル(赤・緑・青のそれぞれの色の濃いのと薄いの)でリンゴの絵を表現して見せている。

 さてデジタルカメラを使っている者がいう問題点として多いのが、シャッターを押した時にタイミングがずれるというもの。フィルムカメラは 1.ピントを合わせる 2.シャッターが開く の手順で写真が撮れるのに対し、デジタルカメラは 1.開きっぱなしのシャッターが閉じる 2.オートフォーカスが起動する 3.シャッターを開く 4.CCDがピントを合わせる 5.写真を記録 とこのように手順が多いためにどうしてもタイムラグが出るという(番組が実験したカメラでは0.4秒の遅れがあった)。これに対する対処法としては、まずシャッターを半押しにしてピントを合わせておく「置きピン」にすることだとか。

 このシャッターのタイミングの問題は、動きの激しい写真を撮る人には深刻で(私の場合は風景写真がほとんどなので、あまり関係ないが)、「デジタルカメラなんて使い物にならない」と言われる理由の一つにもなっていた。もっとももっとシビアな人は、「オートフォーカス自体が使い物にならない」と言う人もいるが。なおこの番組では0.4秒と言っていたが、出始めのデジカメの場合、0.4秒どころか1秒近くシャッターが遅れる機種もあったはずである(私が昔に試した時、「なんじゃ、こりゃ」と感じた機種がありました)。

 またデジタルカメラに対しては、「写真が平面的」という声もあるとか。これについてはデジタルカメラの方がピントの合う範囲が広いからとのことだが、この辺りはいわゆる被写界深度とか、CCDの方がフィルムよりもサイズが小さいこととか、諸々の要因が作用していると思うので、あまり単純な話ではないと思うが・・・。

 さらに最新のデジタルカメラには、笑顔を感知してシャッターを切るなんて機能があるものも(余計なお世話だ)。また花火などを撮る時の機能として、まずフラッシュを焚いて人物などを撮ってから、背景の花火は時間をかけて露光する「スローシンクロ」なんて機能もあるとか。

 以上、デジタルカメラについて。まあこの番組にしては「実用的」な内容が多かったでしょうか。まあ私の場合、デジカメの一番のメリットは「フィルム代を考えずに撮りまくれる」と言うことでしょうか。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」じゃないですか、無闇矢鱈に撮りまくっていたら、一枚ぐらいまともな写真が撮れたりするんですよね。

 

9/23 所さんの目がテン!「900回記念目がテン農園」

 この番組もついに放送900回記念と言うことで、今年から始めていた目がテン農園が完結である。

 で、結論であるが、小豆、もち米等は無事収穫。ごまは台風による塩害でかなりダメージを受けたが、とりあえずなんとか3グラム収穫され、赤飯を作るには材料が揃った。

 と言うわけで番組ではこれらを使った赤飯と共に、赤米を使った赤飯も共に製作、所氏が味見したところ、赤米の赤飯はかなり苦しいようだったが(そりゃうまくはないだろう)、小豆の赤飯についてはかなり美味しくできたそうなでめでたしめでたし・・・って今回の内容はこれだけ。何だかな・・・。

 

9/16 所さんの目がテン!「老化」

 今回のテーマは老化・・・同じテーマが別の番組で登場していたような・・・それはともかくとして、やはり誰でも本音では老化は気になるところ。

 で、番組では老化の症状について調査。まず老化すると老眼が発生するが、これは目の水晶体が固くなってしまうため。この老化現象は既に10代から始まっており、実際に若者と高齢者を比べると、水晶体の厚みの変化率が減少しているという。

 また老化すると肌にしわが出るが、これは真皮のコラーゲンが変成して肌の弾力がなくなってしまうから。また老化すると皮膚の温度センサーが減少するので、温度差に鈍感になるという。だから高齢者は熱い風呂でも入れるんだとか。やはり江戸っ子って老化が進んでいた?

 また聴力の衰えもあるが、老化による聴力低下の特徴は高音から聞こえにくくなること。だからサ行の音の判別が困難になるのだという。

 では老化を防止する方法があるのか。番組が言う究極の老化防止法は「呼吸しないこと」。呼吸によって発生する活性酸素が細胞を傷つけてて老化を進めるからである。だから老化したくない人は今すぐ息を止めてください・・・・なんて出来るわけがない。要は生きている限り老化は防げないと言うこと。一応番組では、ビタミンCなどの抗酸化成分と、運動などによって活性酸素に対する抵抗力を上げるということを提案している。ただ実は運動自体も活性酸素を生み出すんだよな・・・。

 で、ここで考えて欲しいのは、巷で「疲れが取れる」とかひどい場合は「老化が防げる」と宣伝している酸素バー。こんなもの百害あって一利なしということである。スポーツ選手なんかに酸素カプセルが流行ってたりするけど、下手すると老化が進むだけですので。ましてやかなりハードに体を痛めつけるスポーツ選手ならともかく、一般人があんなもの入ってもメリット何もないですから。

 にしても今回の内容はなんだ? なんか当たり前のことばかりを並べていただけのような・・・。やっぱり「このサプリを飲むと老化が防げます」という「あるある」のようなインチキ番組以外は、このネタを扱ってもあまり面白くはならないんだろう。

 

9/9 所さんの目がテン!「ブルーベリー」

 最近人気のブルーベリーだが、日本で栽培されているのは生で食べるために品種改良された栽培種とのことで、原産地のカナダのものとは少々違うらしい。矢野氏がカナダに飛んでレポートしているが、ブルーベリー畑に行くと、ほとんど地面すれすれに思えるような低い草にブルーベリーが一杯なっている。粒もかなり小さく、これが本来の野生種だとか。これを千歯こきのような器具で収穫するようである。

 ただジャムにするにはこの野生種が最適なのだという。ジャムに必要なのは多糖類であるペクチンと酸であるが、これが野生種の方が栽培種より多いのだとか。だから現地では砂糖を加えて15分煮るだけで簡単にジャムが出来ている。

 なら日本でも野生種を栽培したらいいと思うがそれが出来ないのだという。野生種のブルーベリーは強度の酸性の土壌(普通は他の植物は育たないので、不毛の土地になりそうなところ)を好むので、結局はカナダの限られた土壌でしか育たないらしい。

 最後はブルーベリーを使ってジーンズを染めようという実験。しかしこれは見事に腰砕け。ブルーベリーの色素であるアントシアニンは光や空気の弱いので耐候性がなく、なにやらぼやけた色彩の染になってしまった。ブルーベリーは染め物には向かないと言うことでお粗末。

 以上、ブルーベリーについて。ブルーベリーは目によいなどと言われるので、その効果の確認でもするかと思えば、そのことは完全にスルーだった。裏がキチンと取れなかったか、効果がないと断言しても効果があると断言しても問題があるからか(前者だと困るメーカーがいくつかあるし、後者だと後に「あるある」と同じことになりかねない)。まあ果物なんて、健康効果云々ではなく、うまいかうまくないかで食えば良いんだが。ちなみに私はブルーベリーは苦手。ラズベリーとか、ベリー系って結構苦手なものが多いんでよすね。ストロベリーだけは食べますが。

 

9/2 所さんの目がテン!「サンマ」

 これからのシーズン美味しくなるのがサンマ。今回はこれがテーマである。

 まずはお約束であるがサンマ漁の取材からだが、これが実に豪快。サンマ漁は夜に行われる。サンマの習性を利用して明かりでサンマを誘導して網に集めるのだという。そこに赤い光を当てるとサンマは水面に浮かび上がってくるので、そこにフィッシュポンプと呼ばれる掃除機のような器具をつっこんで、サンマを吸い上げてしまうのである。

 次に登場するのがアクアマリンふくしま。日本で唯一サンマの展示に成功した水族館である。サンマは極めてウロコが取れやすく、漁の時に大抵はウロコが取れてしまい、そうなるといずれ死んでしまうのでサンマの飼育は極めて困難だったのである。同館ではサンマの卵が付着した海草(ホンダワラ)を集め、水族館で孵化させていたのである。なお最近は、水族館内で産卵させることにも成功したとか。ちなみにこのサンマの人工飼育については、以前に「宇宙船地球号」で出てましたね。

 また他の魚と違いサンマは内臓まで食べるが、これにも理由があるという。そもそも魚の内臓を食べないのは、排泄物が溜まっているからである。しかしサンマは消化器系が単純なため、餌を摂ってから30分で排泄してしまう(タイは8時間以上かかった)ので、排泄物が消化器官内に溜まっていないのだという。

 最後はいかにもこの番組らしい馬鹿馬鹿しい企画。サンマの頭の中には耳石があるが、これの成分が真珠と同じ炭酸カルシウムだということで、サンマの耳石を集めて装飾品を製作・・・・例によってまるで意味なし(笑)。「サンマの頭の再利用」と銘打っていたが、所氏が「再利用というかな?」と呟いていたが、それは全く同感。本当の意味でのサンマの頭の利用といえば、骨粉肥料ぐらいが関の山か。

 

8/26 所さんの目がテン!「働く犬」

 今回のテーマは警察犬・介助犬・盲導犬などの働く犬について。

 まず最初は矢野氏と警察犬が靴探し対決。園児30人の靴を片方だけ並べ、もう片方を探すというテスト。これを警察犬と矢野氏が競ったところ・・・矢野氏の方が早い。警察犬駄目じゃんとなるところだが、実は警察犬の方は最初にある程度目星を付けてから、本当に間違いがないかを確認してから選んでいる。これに対して矢野氏の方は結構最初から間違えっぱなしということで、警察犬は実は確実性を重視しているのだという(だから裁判での証拠に証拠にまでなるのだとか)。

 さて犬と人間の嗅覚の違いだが、嗅覚細胞のある面積が違うという。犬は畳5枚分もの面積があり、これに対して人間は切手2枚分だと言うから、全く桁違いである。犬の祖先であるオオカミは、臭いで獲物を追跡したので、鋭い嗅覚が不可欠だったとか。

 次に登場するのが災害救助犬、箱3つの一つに矢野氏が入り、後の2つの1つには矢野氏のシャツを着た人形が、最後の1つは矢野氏の声を入れたテープレコーダーを入れたのだが、見事に矢野氏を発見した。災害救助犬は、あくまで「生きている人間の臭い」に反応するように訓練されているのだという。

 手足の不自由な人のために物を取ってきたりなどをするのが介助犬だか、これは犬が獲物を巣に持ち帰る習性を利用している物だという。ただ実際の介助犬は、箸を割ったり、食品の箱を開けたりなど、手に力が入らない人などの手助けになることをいろいろとするように訓練されている。

 最後は比較的ポピュラーな盲導犬。番組では佐藤アナが実際に盲導犬に誘導してもらうという実験を実施。一人ではとてもまともに歩けない佐藤アナ(それにしても全身ジャージにサポーターというすごい格好。サポーターは分かるんだが、ジャージには意味があるの?)が、盲導犬のリードによってスムーズに歩けている。なお盲導犬がこのようなことをする理由だが、これは彼らはボスに仕える習性があることを利用しているとか。だから盲導犬の訓練の場合、うまくいった時には「グッド」とほめるのがポイントだとか。彼らはボスに認められたいという心理を強くもっており、それが満たされることで喜んでこれらの行為を行っているらしい。

 以上、働く犬について。いずれも犬の習性をうまく利用していることが分かったが、どうも習性と言い切ってしまうとあまりにドライにすぎるような気もしないでもない。主人をかばって事故に遭い、三本足になってしまった盲導犬サーブの話などを聞くと、やはりもう少しウェットな情愛的なものを感じずにはいられないのであるが。

 

8/12 所さんの目がテン!「炭酸飲料」

 夏になると飲むことも増える炭酸飲料。番組ではこれに注目した模様。

 まずは炭酸飲料と言った時に連想する炭酸入りジュースとビールと天然炭酸水。まずはこれらに含まれる炭酸量を測定。その結果は炭酸ジュース>天然炭酸水>ビールの順になっていたが、これは製法の違いが反映しているという。

 まずビールについては酵母が糖分を分解する過程で発生する。天然炭酸水は火山の炭酸ガスが地中で長時間をかけて地下水に溶け込んでいる。これに対して炭酸ジュースは加圧によって溶け込ませている。だから夏場にダッシュボード内にジュースなどを放置すると、加温によって炭酸ガスの溶解濃度が下がって爆発するということが起こるから注意。

 この後がいかにもこの番組らしいが、なんでも炭酸飲料にしてみるという実験。製造したのは炭酸牛乳に炭酸抹茶、さらにトマトソーダ。試飲した所氏によるとトマトソーダはまずまずとか。なおブドウに炭酸を溶かし込んだ炭酸ブドウまで製造していたが、これは所氏の反応が薄かった。

 次はみのもんたならぬ「やのもんた」が登場して、炭酸ガスの健康効果についての検証。炭酸水を飲んでから食事をすると炭酸ガスで胃腸が刺激されて食欲が増進されるとか。番組ではこれを食べ比べで確認(キチンと被験者グループを入れ替えての追試もしているところは、この番組らしい意外とキチンとしているところ)、さらには胃の内部映像でも確認している。なお番組では通常の3.5倍の炭酸を溶かし込んだ「超炭酸水」を製造して所氏が試飲しているが、ここまでくると体に悪そう(笑)。

 最後は炭酸の噴射で船が動かせるかという実験。噴射のタイミングが合わなかったりなど四苦八苦しながらも、炭酸水ボトル50本の噴射で、佐藤アナの乗り込んだボートを見事に動かすことに成功。この過程は「宇宙戦艦ヤマト」サントラをBGMにした壮大なドキュメントで放送されています・・・・この番組もこういうのが好きだな。正直BGMが大袈裟すぎて、見事にすべってましたが(笑)。

 以上、ある意味でこの番組らしさが全開していた今回。所氏が冒頭で「おバカな実験満載ですね今日は」と言っているが、これこそがこの番組の神髄。なおこの番組の良いところは、実験内容はおバカそのものだが、実験自体は真面目にやっているというところ。逆に実験内容は一見まともに見えるが、実は実験自体はおバカそのものというのが、最近問題になったインチキ番組の手口ですから。

 なおダッシュボードでの炭酸飲料爆発は、実際にこのシーズンには多発しているので要注意。これが原因でけがをしたという例はほとんど聞きませんが(大抵は灼熱した車内じっといることはありませんから)、これを起こしてしまった人は精神的ダメージが非常に大きいですので。また灼熱した車内というと、毎年この時期に起こるのが車内に子供を置いたままパチンコに興じていたバカ親が子供を殺してしまう事故。こんなバカな事故を今年こそは0にしてもらいたいもの。いっそのことは夏場はパチンコの営業を禁止したらどうだ・・・・話が横道にそれてしまって失礼。

 

7/29 所さんの目がテン!「パンダ」

 いよいよ夏休み(サラリーマンには関係ないが)ということで、例年通り夏休み海外企画に突入のようである。で、今年は中国と言うことで、まずはパンダから始まる。

 最初は佐藤アナが中国に飛んで、四川省の奥地に生息するという野生のパンダの撮影・・・・のはずだったんだが、野生のパンダがそうそう簡単に見つかるわけもなく、パンダが食べた竹の跡と、パンダが休んだ跡を見つけただけ。結局は、急斜面の上り下りでヘロヘロの佐藤アナを写していただけという、いかにもこの番組らしいヘナチョコな内容。まあこの番組は「ダーウィンが来た」ではないので、これもありなのか(笑)。

 しかしパンダの映像がないと始まらないので、取材班はパンダを飼育して研究している臥龍中国パンダ保護センターに出向く。登場するののは木の上で休んでいるパンダ(敵を避けるためらしい)や、器用に手を使って餌を食べているパンダである。また唐突にパンダの交尾シーンや、出産シーン(胎児がいきなりボヨーンと飛び出すのは驚きだが)なども登場。

 さてパンダが器用に手で竹を握るが、これを番組ではいろいろな形の餌を使用することで実験。実際に、餌がどんな形をしていても彼らは全く問題にしない。彼らの手がこんなに器用なのは、橈側種子骨と呼ばれる第6の指とも言える骨をもっており、これを親指代わりにできるからである。この骨は他の熊にもあるが、パンダのように発達してはいないので、物を握れるのはパンダだけとのこと。

 さてパンダが竹を餌にするのは、氷河の時に餌不足になったためだとされている。そこで番組ではパンダが他の物を食べないかを実験。するとリンゴやにんじんなどは問題なく食べた。実際に野生のパンダが鹿の肉を食料庫から漁っていく映像などの残っており、パンダは実は雑食性とか。で、雑食性のパンダの消化器系は本来の草食動物の物のように腸が長くはないため、食べた竹の2割程度しか消化できないのだとか(つまりは滅茶苦茶効率が悪い。だからパンダは一日中竹を食べている。)。このためパンダの糞は未消化の竹がほとんどであり、匂いもしないという。実際に、佐藤アナにパンダの糞を見せたところ、糞だと知らない彼女は素手で触る始末。

 しかしこれで終わらないのがこの番組。番組ではパンダの糞を集めて製紙工場(中越製紙だとか)に持参、これを原料に紙を作ってもらうところまで行っている。結果、見事に竹色のパンダの糞紙が完成・・・・しかし例によって意味はなし(笑)。

 以上、パンダについて。だけどパンダについては既にNHKの番組などで何度も登場しているので(野生のパンダの映像も登場してますね)、それを見ている人には今更新しい知見はなかったでしょう。この番組らしいのは、パンダの糞で紙を作るといういかにも馬鹿馬鹿しい実験だけ(笑)。まあこのバランスもこの番組らしい。

 

7/22 所さんの目がテン!「ウナギ」

 夏になるとスタミナ源として欲しくなるウナギであるが、今回はそのウナギの科学。

 まず矢野氏が訪問するのはお約束であるが、浜松のウナギ養殖場。そこでは温室の中でウナギが育てられている。というのは、ウナギは18度以下になると餌を食べなくなるからだそうな。またこのウナギを捕らえるのが豪快。養殖槽の栓を抜いて水と一緒に捕まえるのだとか。なお番組で紹介されているとおり、現在のウナギの養殖は卵から育てる完全養殖でなく、自然の稚魚を成長させているにすぎない。

 ウナギの完全養殖の研究もなされているが、これがかなり困難である。まずウナギは産卵時期までオスメスの分化がなく、養殖しているとほとんどがオスになってしまうのだという。性ホルモンを使用してメスを作ることができたが、次は卵を作らない。そこでサケの脳の一部をメスウナギに注射することでようやく産卵したとのこと。しかし今度は稚魚の餌が分からない。研究の結果、サメの卵を食べることが分かったが、それでも成長課長で死ぬ個体が多く、現在の成長率は卵1万個中の1つであり、コストとしては1匹あたり数百万円というわけで、まだまだ実用化は遠いらしい。

 そこで次は矢野氏が天然ウナギ漁に同行。用いるのはもどりという竹製のびくの様な仕掛け。これを川に沈めておくとウナギがはいるのだとか。これはウナギの習性に理由があり、岩の隙間などの狭いところに入る習性があるからだとか。しかも何かが肌に触れることを好むので、一匹が入り込むと次々に入り込むらしい。

 またウナギの習性として、地面の上を走れるというのがある。岩場などでも這いながら登っていくのだとか。番組の実験でも水からあげて22時間たっても生きていた。ウナギは皮膚呼吸ができるので、体が湿っていたら呼吸ができるのだとか。ウナギがヌルヌルしているのはそのためで、ムチンという成分で乾燥を防いでいるのだとか。

 最後は固いことが多い特売ウナギを柔らかくする方法。特売ウナギが固いことがあるのはコラーゲンのせいだという。うなぎはコラーゲンが多いので蒸したり焼いたりしてこれをのぞくのだが、特売ウナギはその手間を省いているので固くなるのだとのこと。で、料理研究家の町田えり子氏が紹介する方法は、うなぎの皮を下にして鍋に入れ、皮が浸るぐらいに緑茶をかけてそれを煮て水分をとばすのだとか。緑茶のアルカリ成分がコラーゲンを溶かすのだという。最後は市販のたれで仕上げて終了とのこと。

 以上、例によって役に立つような役に立たないような情報が多いが、最後の特売ウナギの食べ方はかなり実用性高し。またウナギの完全養殖成功のニュースは朗報として伝えられたが、どうも実用化の段階でまだまだ問題があるようである。しかし現在のウナギの稚魚の現象を見ると、早いところ実用化してもらわないと、日本の食卓が危機になる。しかもウナギの稚魚の減少の原因の一つに、中国による乱獲があげられていたりするのだが、その中国で養殖されたウナギが薬漬けで危険で食べられないなんて問題が発生しているのだから、洒落にならない。頼むから、稚魚を乱獲して食えない養殖をするぐらいなら、さっさと撤退してくれ。

 

7/15 所さんの目がテン!「トウモロコシ」

 この手のネタのお約束パターンとして、まずは畑を訪問。すると収穫は朝の4時頃から開始されている。収穫されたトウモロコシは直ちに冷蔵庫に入れられる。実はトウモロコシは朝と夕で甘みが変わるのだという。朝には蓄積されていた糖分が、昼の間に呼吸によって消費されてしまうのだとか。だから収穫は朝のうちで、しかも低温で保存するそうな。だから買ったトウモロコシはすぐに調理するのが良いとのこと。

 なおトウモロコシにはひげが生えているが、あれはめしべであり、そもそもすべての実につながっているので、ひげの数と粒の数は等しいという決まりがある。番組では実際にそれを数えて確認している。

 さてトウモロコシといえば茹でが一般的だが、その時間について調べたところ、産地ではみんな3分ぐらい。この程度の方が火は通っていて甘みは逃げないので最適なそうな。

 さらにトウモロコシといえばポップコーンということで、番組ではアンデス産のジャイアントコーンなるトウモロコシでポップコーン作りに挑戦。最初は普通にフライパンで作ろうとしたが、ポップコーン用のトウモロコシと違い、表面に柔らかいデンプン層があるので、そこから水蒸気が逃げて失敗。というわけで、ポン菓子器を使用しての製造に挑戦。見事に成功していた。ただ所氏の試食によると、イマイチっぽい・・・また意味のない実験である(笑)。

 で、結局のところは役に立ちそうな情報は、トウモロコシの茹で時間は3分というだけか。だけどこの話、以前に別の番組で聞いた記憶が・・・。この手の番組はネタがかぶりやすいから、どれも苦労しているのは分かるが。

 

7/8 所さんの目がテン!「給食」

 唐突なテーマの多いこの番組だが、今回のテーマもまた唐突。最近は給食費を払わないという馬鹿親が増えいるとかいうから、給食のありがたみを宣伝して、給食費の未納を減らそうという意図か・・・って、そもそも給食費を払わないような馬鹿親は、こんな番組なんて見ないわな・・・。

 最初は給食で人気があったというソフト麺の紹介をしていた(私はこれは全く見たことがないのだが)。あの麺は、単にゆでるのではなく、一端蒸してからゆでているのだという。そうすることで小麦の組織が変化してのびにくくなるのだとか。時間をおいて食べる給食のために開発された麺であるとのこと。

 さて給食の特徴であるが、それは大量の料理を一気に調理すること。そのために独自の調理器具やノウハウなんてのもあるらしい。番組では50人分の中華丼を、給食調理人チームと中華料理人チームで作って、小学生に食べ比べしてもらうという実験をしていたが、給食調理人チームの方が圧勝であった。中華料理人の場合は、こんな大量に一気に作るという経験が無いので段取りにとまどう上に、そもそも作ったすぐに食べてもらうことを前提にしているので、1時間放置の後に食べてもらう給食とは根本的に違うのだとか。

 また給食といえばワイワイガヤガヤと食べるものだが、これをおしゃべりなしで食べるとどうなるかという実験もしていた。結果は食べ残しが増えた。比較のために実験台にしたクラスを入れ替えての実験も行っていたが、結果は同じ(一応このように、実験については個体差などを減らすための追試などを行うのが、この番組の実験が良心的なところであるが)。互いに刺激しあって食べ残しなどを減らす効果がある(人が食べていたら自分も食べようとする)などの効果があるのではとのこと。

 それにしても最近は給食も贅沢になってきたもんだな。私の頃はもっとひどいものを食べさせられていた。給食の中身は格段に良くなっているのに、給食費を払わない馬鹿親が増えているというのだからあきれる。ちなみに家計が苦しくて給食費が払えないような時には減免措置などがあるが、大抵は「給食費を払うぐらいならパチンコをしたい」とか「ブランドものを買いたい」という馬鹿親が多いらしい。つまりは「払わずにすむなら何も払いたくない」という駄目駄目野郎が多いようである。日本人も劣化してきたものだ・・・。

 ちなみにアメリカなどは給食という制度がないせいか、子供の食生活が滅茶苦茶(お昼にお菓子ばっかり食べているとか)という実態があるようです。そう言う意味では給食も社会的意義があるように私は思いますが。

 

7/1 所さんの目がテン!「目がテン農園の台風対策」

 今回は目がテン農園の続報。

 小豆の畑で、株が根本が食いちぎられるという被害が発生したのだという。そこで赤外線センサーを設置して動物などの侵入がないかを警戒したが空振り、実はこれは蛾の一種のカブラヤガの幼虫であるネキリムシによるものだとか。ネキリムシは昼は土の中に潜み、夜になると植物の茎を切り倒して餌にするのだとか。番組では対策として、島トウガラシの実を泡盛につけた液を散布するという方法で虫除けを実践。なおこのような農薬に頼らない害虫対策はいくつかあり、アブラムシに対しては牛乳を吹きかける(牛乳がアブラムシの表面で乾くと膜になり、窒息させるのだとか)、ナメクジに対しては穴を掘ってビールを入れた容器を置いておく(ナメクジが麦芽の匂いに引き寄せられておぼれ死ぬのだとか)などがあるとか。

 さて沖縄といえばやはり台風が気になるということで、これについては現地独特の対策があるという。それはネットを張ること。風を防ぐといえば板を張りたくなるが、これだと板の後ろで風が渦を作ってしまうので効果がないのだという。これに対してネットを張ると、ネット通過によって風が弱まるので効果的だとか。これで害虫対策と風対策は万全とのこと。

 ということで、目がテン農園は900回記念に向けて着々と準備進行中とのことです。それにしても現地ではスタッフが張り番をしてる模様です。大変だなこりゃ。なお本日公開された手法は家庭菜園でも有効だと思われますので、そっちの趣味のある方は参考にされたらよいかと。

 

6/24 所さんの目がテン!「乗馬」

 今回のテーマは今ブーム(?)だという乗馬。佐藤アナが乗馬に挑戦である。一週間の練習でジャンプに挑戦するなどと豪語しているのだが、やる前から結果は見えているような・・・。

 八王子乗馬倶楽部にやって来た佐藤アナが最初に挑戦するのは常歩(なみあし)。いわゆるゆっくりした歩きなのだが、いきなり佐藤アナは馬に乗るところから悪戦苦闘する始末。なお馬を操る際にポイントとなる道具の一つが、馬の口に噛ましているハミという器具。馬の口には歯槽間縁という歯のない空間があるので、そこにハミを入れることで馬を制御しているのだとのこと。それではと番組では牛にハミをつけて、乗馬ならぬ乗牛に挑戦ということをしていたが、牛の制御は出来たものの、反芻する牛ではハミが反芻の邪魔になるとのことで、よだれが垂れ流しというしまらない結果に。

 なんとか常歩をクリアした佐藤アナは、次の段階である速歩(はやあし)に挑戦。しかし挑戦を初めていきなり佐藤アナが言い出したのが「お尻が痛い」。実は馬は常歩から速歩になった時点で歩き方が変わり、途中で飛ぶような段階が入るので上下動が途端に大きくなるのだという。だから乗馬のプロは馬の上下動にあわせて自分も腰を動かしているのだとか。番組では乗馬のプロと佐藤アナの尻の下に餅米を入れたシートを置いて見たのだが、乗馬のプロの方は餅米が全くつぶれていないのに、佐藤アナの方は見事な「サトウの尻餅」ができあがったとか(ひどいダジャレだな・・・)。

 そこで佐藤アナは一週間かけて上下動の訓練・・・ってオイオイ、もうこの時点で最初に言っていた一週間が過ぎてるがな・・・の甲斐あって、なんとか速歩もクリア。とは言うもののジャンプをしようと思うと、その前に駈歩(かけあし)が出来ないといけない。しかしいきなりこれに挑戦した佐藤アナは、あわや落馬寸前に・・ということで。これは飛ばしていきなりジャンプに挑戦・・・といっても出来るわけがないので、バーを50センチに下げたが馬は越えようとする気配がない。バーを下げていって、馬がおそるおそるようやく乗り越えたのは35センチ。馬の背中は固いために、本来はジャンプというのは苦手なのだという。だから馬がジャンプするには助走をつけた上で人間が指示を与える必要があるのだとか。

 と言うわけで予想通り、ジャンプなんてものは無理でした。で、今回は見事な佐藤アナのプロモーションビデオ(本人もノリノリでブリまくってましたが、当然ネタとして)。しかし佐藤アナファンでもない私にはな・・・。私のご贔屓はNHKの小野アナと首藤アナですので・・・。

 乗馬のことについては全く知らないし、経験もないし(経験する気もないが)で、まあそれなりに面白い内容でした。ただ例によって実用性は疑問ですが(笑)。ところで佐藤アナは二回の挑戦で速歩まではクリアしたようであるが、あれは勘の良い方なのでしょうか? もっと鈍くさい人間もいるような気もします。

 

6/17 所さんの目がテン!「梅」

 梅雨といえば文字通り梅の雨であるが、このシーズンは梅のシーズンでもある。というわけで、今回のテーマは梅だそうな。

 まずはお約束ということで、梅を動物が食べるかどうかを調べる。するとタヌキ、ハクビシン、猿のいずれも梅を食べなかった。これに対してカラスは問題なく食べている。動物が梅を嫌うのは有機酸で酸っぱいせいもさることながら、糖分が少ないせいだという(早い話が栄養がないと言うことか)。これに対して、鳥は酸っぱさや渋さの感覚が鈍いのだとか。

 次は梅酒について。梅酒には砂糖を加えるが、これは浸透圧の差で梅の成分を引き出すため。実際に番組では砂糖を加えない梅酒をつけたところ、半月後、砂糖を加えているものは梅の香りが出ているのに、砂糖がないと単なる焼酎のままであった。

 さて梅と言えば梅干しだが、番組で様々な塩分濃度のものを食べ比べてもらったところ、50代以上と以下で見事に好みが分かれたという。50代以上は塩分20%のものを好み、それ以下は塩分7%の低塩のものを好んだとのこと。実は梅干しには梅干しと書いてあるものと、調味梅干しと書いているあるものがあるという。梅干しと書いてあるものは梅に塩をまぶして作ったいわゆる普通の梅干しで、これが塩分20%になるという。調味梅干しというのは、この梅干しから塩分を抜くために水で洗い、味が薄くなった分を調味料などで補っているのだという。つまりは低塩のために新たに開発されたものになるという。で、高齢者は本来の梅干しを好んだが、若者は本来の梅干しをそもそも食べたことがないということらしい。番組では佐藤アナが実際に塩分20%梅干しを食べてみたが、あまりの酸っぱさに「梅干し食べてスッパマン」状態になっておりました(所氏も本来の梅干しの方が好みらしい)。

 最後は梅干しの殺菌作用について。梅干し、ツナマヨ、昆布の3種のおにぎりを、枯草菌を混ぜたご飯のおにぎりの中に入れ、6時間後に菌の繁殖を調べたところ、梅干しでは菌の繁殖が抑えられていたが、昆布では菌が繁殖、ツナマヨでは繁殖が促進されていた(ツナマヨ自体が菌の栄養になっている)という結果に。確かに梅干しには殺菌効果はあるとのこと。もっとも18時間後には梅干しも他と差がなくなってしまっており、その殺菌作用には限度があるということも判明。

 以上、梅干しについて・・・ですが、やっぱり個人的にはあまり新しい知見はなかったな。ちなみに梅干しの殺菌作用については、私も中学生の時に夏休みの自由研究で調べています。この時は確かに梅干しには腐敗を防ぐ作用はあるが、それはあくまで梅干しが直接に接している部分に限られていました。なおこの時の調査でもっとも高い殺菌力を示したのは酢でした(一週間経ってもご飯の色が変わらなかった)。ちなみに私がこの自由研究の時に掲げたテーマは「梅干しにぎりは人類を救えるか」でしたが(ちょうど「愛は人類を救えるか」をキャッチコピーにした「復活の日」が公開されていた時期でしたから)、結論は「梅干しにぎりは人類を救えないが、すし飯が人類を救えるかも」というものでした(笑)。

 

6/10 所さんの目がテン!「キリン」

 今年は日本にキリンがやって来て100年になるとか。そこでキリンについて紹介するのが今回。

 まずキリンの首についてであるが、あれだけ長い首でも骨の数は人間と同じ7つである。番組では動物園のキリンで取材しているが、オスの方がメスよりも背が高い。これはオスとメスで餌の取り合いにならないようになっているとか。またキリンは非常に長い舌を持っており(25センチぐらい伸びるとか)。この舌を伸ばして高い位置の餌でも取る。番組の実験では身長よりも30センチ高い位置の餌まで取ったという。なお地面に落ちている餌を取る時には、足を広げて頭を地面につけるという。またキリンは牛のように反芻する動物だとか。

 さらに番組ではキリンの血圧測定に挑戦している。ただ実はこの番組では以前に「血圧」の回でキリンの血圧測定に挑戦しようとしたが失敗しているとか。そこで今回は飼育員の協力の下で測定したところ、255と197とかなり高い血圧だったとのこと。脳が貧血を起こさないためには、やはりこれだけの高血圧が必要らしい。

 最後はキリンはどうやって眠るかを動物園のキリンで観察。腰を下ろしたかと思うと、首を背中に回す行為が見られた。これがキリンの睡眠とのこと。しかしキリンは肉食獣に襲われるのを避けるために睡眠時間が非常に短く、一晩で10分ほど(それも断続的)しかなかったとのこと。なお腰を下ろすのは動物園のキリンだけで、野生のキリンは立って寝るらしい。

 キリンの寝姿以外は、今更言われるまでもないような内容が多かったような・・・。なお動物園のキリンは座って寝るようになってしまったようだが、どうもペットにされた動物は野生をなくすのか、今どきの飼い犬の中にはお腹を上にして寝る奴がいるのには驚く。こんな無警戒な寝方は野生ではあり得ない。

 なおキリンは頭の上げ下げで貧血になったりしないように、血管に逆止弁がついていると聞いたことがあるのだが、そのことは今回出てこなかった。何かの細工がないと、頭が高い位置にある時は血圧を上げるだけで良くても、頭を下げた時に血が下がってしまうことになりますから・・・。

 

6/3 所さんの目がテン!「カタツムリ」

 6月と言えば梅雨。梅雨と言えばカタツムリという連想だろう。デンデンムシムシカタツムリは子供に有名、しかし都会では意外と見かけることがない。番組では都会の公園でカタツムリを探したが見つからない。都会の公園は湿度が低すぎるのだとか。番組がカタツムリを見つけたのは田舎の林の中。カタツムリは苔やカビを餌にするので、湿度が高いところを好むのだという。

 またカタツムリは貝の仲間で、サザエなどの仲間になる。そこで番組ではサザエのツボ焼きならぬカタツムリの壺焼き(エスカルゴ使用)を食べてもらったが、食べた人はほとんどが気がつかなかったという結果。カタツムリはサザエのエラの部分が肺に進化したことで陸上生活が出来るようになったのだという。

 さらにカタツムリの歌には「角出せ、やり出せ」という歌詞があるが、この槍とは恋矢と呼ばれるものだという。雌雄同体のカタツムリでは、互いの生殖器をお互いに挿入しあうという交尾をするが、この時に恋矢で交尾を促すのに相手をついて刺激するのだとか。

 で、最後はカタツムリ特有の歩き方。ガラスの表面を歩かせるとカタツムリの腹が波打っているが、これは進行波という歩き方だという。後ろから前に向かって波打たせるだけで進めるという歩行法で、接地面積が広くて安定しているのが特徴とか(その代わり速度は出そうにないが)。なお番組では油を塗ったガラス板、粘着剤の上、日本刀の刃の上などにカタツムリを置いたが、全く問題なく歩いてしまった。なおカタツムリの出す粘液はビンガム流体という接着性と流動性を併せ持つ独特のものであり、これがどこでも歩ける理由でもあるとか。

 以上カタツムリについて。虫類が苦手の人間には少々キツイ映像でした。カタツムリが日本刀の刃の上を歩いている映像は、大分昔(私が子供の頃)にも何かで見た記憶があるのだが、昔から良くやられる実験なんだろうな・・・。ちなみにエスカルゴは食べた人によると「美味しい」とのことですが、私は食べたことはありませんし、食べる気もありません。

 ところで、昔からナメクジはやたらに見るのだが、カタツムリってあまり見たことがない。両者の違いについてもやって欲しかったのだが・・・。

 

5/27 所さんの目がテン!「目がテン農園2」

 900回記念に赤飯を作ろうと、今年の冬頃から始めている目がテン農園であるが、どうも初っぱなからやばいことが発生したらしい。と言うのも、前回に撒いて順調に成長していたはずの小豆が、いざ実が付く時になって低温障害のために成長しなくなってしまったのだとか。小豆は実の成長の時に18度以下になると低温障害が発生するのだが、今回もろにその18度以下になってしまったとのこと。先に撒いた小豆はもうこれ以上の成長が望めないことから、改めてごまと一緒に蒔き直すとのこと。と言うわけで、最初に懸念されていたように、いきなり企画倒れの危険も・・・って展開。初っぱなのOPコントで、900回記念に白飯が出てくるというネタをしていたから、その可能性もあり? まあ、この番組の場合はそうなったらなったで、それもネタになるんだが。

 で、今回は水田作り。まずは種籾の選抜から始めた。種籾は塩水に入れて、沈んだもののみを使うとのこと。塩水に沈むと言うことはつまり中の密度が高い良い種籾なのだとか。これをしばらく真水につけて、後は土を敷き詰めた苗場箱に撒いて、ハウスの中で成長させる。この時、最初は苗箱を重ねているが、そのままだとひっくり返るので、途中で並べ直すらしい。実際、番組は25段に重ねた苗箱に270キロのバーベルをのせるという実験をしたが、4日目にには見事に持ち上がってしまったという次第。ちなみに日本で苗代を使うのは、種まきのこの時期は日本ではまだ寒いからだとか。だから温暖な東南アジアなどでは直まきで十分なわけである。

 次は水田作りの方。畦を作って水を入れるのだが、このままだと水が漏れてしまうのだという。重要なのは水を入れてから田んぼをもう一度耕すこと。こうすると土の層が詰まって水が漏れなくなるのだという。これがいわゆる代掻き。なお水田のメリットは温度変化や風害から稲が守られること、酸素が不足するので病原菌が繁殖しないこと、肥料が行き渡りやすくなることなどがあるという。ただし水田で小麦などを植えると、根が酸欠になって枯れてしまうとのことで、稲がこれが可能なのは、内部に空気が通れる組織があり、葉から取り込んだ空気を根に送ったりが出来るようになっているのだという。これは元々稲が湿地の植物だったから持っている特性で、足などと共通だとか。

 以上、今回は日本の風景水田について。正直申しますと、知ってるつもりで知らないことがてんこ盛りになってました。代掻きの名前は知っていましたが、その意味を私は知りませんでしたし、日本で苗床を使う理由や、水田のメリットも考えたことがありませんでした。これは日本人としては失格か?

 ところで、以前の時には私は「赤米を使った本当の赤飯は作らないのか」と言っていたのですが、どうやら番組はそれもするつもりのようです。今回、赤米も植えたとか。やっぱりこれをやらないと。

 

5/20 所さんの目がテン!「キャベツ」

 春キャベツが出回るシーズンになっているが、今回のテーマはキャベツ。ちなみに春キャベツは柔らかくて美味しいですが、お好み焼きは寒玉の方が適してますので、チョイスを間違えないように。

 まず最初に番組に登場するのはキャベツの花。キャベツの花の芽は結球の中心にあり、ここから結球を突き破って伸びてくるんだという。さて花の目がわざわざ結球の中にある理由だが、保温などに良いのではないかとのこと。番組ではそれを示すのに、結球の中心に氷を入れたキャベツをサウナに入れてみたり(20分経っても溶けなかった・・・は良いとして、BGMの「アチチ、アチ」は何やねん)、水を入れて冷凍室に入れても凍らなかったという実験をしている。キャベツはその断熱効果で温度変化に強いのだとか。

 次はキャベツの保存について。スーパーなどでよく見かける半玉キャベツだが、これは傷みやすいという欠点があるという。これに対して丸ままのキャベツは、痛んでいるように見えて、一枚めくると中は生きているという。だからキャベツを長持ちさせるには、切らないで使う分だけ葉をむいて、真ん中はラップにくるんで冷蔵庫に入れておけば、1ヶ月ぐらいもつとか。

 さてキャベツといえば、その名前が由来になっているシュークリーム。番組ではキャベツの甘みだけでシュークリームを作る実験をしている。すると・・・甘みは出たはずなんだが、キャベツの青臭さも濃縮されてしまってとんでもないことに・・・というトホホなオチになっている。

 最後のトホホな結果には爆笑してしまいました。ちなみにこんなトホホな結果をそのまま放送するのは、この番組とガッテンぐらいです。この辺りがこの両者の評価が高い理由でもありますが。

 なお野菜は切らずに丸ままで保存するというのは鉄則のようなものです。やはり野菜も切ることで傷口を作れば、そこから傷んでしまいます。そう言えば私は、キャベツを冷蔵庫に入れていたら冷えすぎて、凍結してしまったことがあるんですよね。こうなったら、後はどうしようもありませんでした。保管温度にも注意(笑)。

 

5/13 所さんの目がテン!「キジ」

 日本の国鳥である割りには今一つ知名度の低い鳥であるキジ(実際に「日本の国鳥は?」というアンケートを50人にとったら正解が出なかったとか・・・私もツルだと思っていた・・・)。

 まず最初は矢野氏が野生のキジを観測するところから。キジはその顔の赤色に特徴がある鳥である。繁殖期になると「ケン、ケン」という鳴き声を立てては翼を振るわせる(ほろ打ちと言うそうな)。これが求愛の行動だそうな。ちなみにこの行動が「けんもほろろ」の語源だという。

 ちなみにキジはあまり飛ばない鳥だという。実際にゴルフ練習場でキジを飛ばしてみると、最初は羽ばたいたものの二回目三回目は全く無反応。これはキジの筋肉は白い筋肉(いわゆる速筋)で出来ているので持続力がなく、一度激しく羽ばたくと飛べなくなってしまうのだという。だから「桃太郎」でキジが飛んで島まで渡っている図は間違いだとか。

 ただ飛べない代わりにすごい能力を持っている。キジは非常に足が速く、番組でスピードガンで測定したところ最高時速32キロもあったとか。これを100メートルのタイムにすると11秒32で、女子100メートル走に出ると金メダルは採れないものの、決勝進出はしそうとか(実際に合成映像を作っているのが笑えるが)。速筋から出来ているから瞬発力があるのだろう。

 次はキジが赤鬼と戦うという趣向。矢野氏が赤鬼に扮してキジ小屋に入ったところ、激しい攻撃をうけて散々な様に。実はこれは色が関係しているとのこと。キジに白、青、黄の風船を見せても全く反応しないのに、赤い風船を見せた途端に激しく警戒し、2分後には攻撃して割ってしまった。繁殖期のキジは赤いものを見ると、同じキジだと判断して縄張り争いのために戦うそうな。だから春のこの時期になると、郵便配達のバイクがキジに追いかけられるなんてこともあるとか。

 最後はキジ麺について、名古屋のきしめんの語源はキジ麺だという説があるとのことで、番組では実際にキジ麺を制作、所氏が完食して終わり・・・なんじゃこりゃ? 確かにうまそうであるが・・・。

 以上、例によってキジを題材にした無駄知識のオンパレードでした(笑)。しかしキジが赤いものを攻撃するというのは初めて知りました。この時期に野生のキジに襲われたら、赤いものを捨てるように・・・ってそんなシチュエーション普通はあるか?

 なお赤で興奮すると言えば、闘牛の牛がよくあげられますが、牛が赤色で興奮するというのは迷信です。闘牛の牛は赤色ではなく、目の前でヒラヒラする布に怒っているのだとか。あの布が赤いのは、牛ではなくて観客を興奮させるためなんです。

 

4/29 所さんの目がテン!「京都」

 京都と言えば地下水が豊富な地で、豆腐屋などは大抵は地下水を利用している。京都がこれだけ地下水が豊富なのは、地下に水瓶のような地形を持っているから。番組では実際の地下水のくみ上げの現場に立ち会っている。ちなみに地下水の水質判定はお茶でするとか。水質が悪くて鉄分が多いと、茶のタンニンが鉄分と結びついて黒ずんでしまう。

 京都の地下水の特徴は軟水であること。京都の料亭ではわざわざこの地下水を東京に送っているという。そうでないと味が代わってしまうのだとか。番組では昆布出汁を京都の地下水と東京の地下水で比較しているが、ソムリエ3人による感応テストでは、3人ともが京都の水で出した方が美味しいと判定(ちなみに佐藤アナだけは逆の判定をしてしまった)。東京の水は火山層を通るために硬度が高く、硬水で昆布出汁をとると、どうしてもグルタミン酸がミネラルと反応して灰汁として出てしまうのだとか。

 以上。中身少なっ! しかも以前の「宇宙船地球号」ともろにネタがかぶってしまった・・・・。残念。なお水の味に関しては多分に慣れがあるようで、私はそもそも東京の硬度の高い水は全く駄目です(苦くて飲めない)。だけど生まれた時から水はこういうものだと思っていたら、逆に軟水は味がないと感じるのでしょう。

 

4/22 所さんの目がテン!「バカガイ」

 バカガイと言ってもその姿がピンと来る人は多くない。そこで番組ではまず矢野氏が潮干狩りに。しかし獲れるのはアサリばかり。バカガイはもっと沖だと言われて掘ったら獲れたのはハマグリ・・・と思っていたら、焼いてみると中から赤い足がベロンと出てくる。実はこのハマグリそっくりの貝こそがバカガイだということ。なお寿司ネタでは青柳や小柱などが有名とのこと。

 バカガイのその名の由来は赤い舌のような足がベロンと出てくるからだというが、この足は斧足(ふそく)と言って、実は凄い能力を秘めているのだという。バカガイ、アサリ、ハマグリを砂の上に置いたところ、ハマグリは2分、アサリは10分以上砂に潜るのかかるのに対し、バカガイは20秒程度で砂に潜ってしまう。バカガイは斧足が発達しているのでこのようなことが可能なのだという。

 バカガイの斧足は天敵から逃げる時にも機能する。ホタテはその強力な貝柱で貝殻を閉じて水を吹き出しながら泳ぎ、ハマグリは貝殻を強力に閉じてやり過ごすのに対し、バカガイにはそのような能力はない。これはハマグリの貝柱は持久力のある平滑筋で出来ており、開くのに6キロもの力が必要なのに対し、バカガイの貝柱は横紋筋で出来ているので持久力がなく1キロちょっとで開いてしまうという。その代わり、バカガイは他の貝にはない能力を持っている。その強力な斧足で飛び上がって逃げるのだという。この時に飛び上がる高さはバカガイを人間の大きさにしたとすると、6メートルにもなるという。

 さてバカガイは寿司ネタに使用されているが、寿司屋で見ると内臓は除去されている。これはバカガイの内臓には砂が入りやすいからとのこと。ではと砂抜きに挑戦したのだが、水に入れて置いておいたところ、アサリは順調に砂抜きが出来るのに、なんとバカガイは死んでしまっている。実はバカガイはアサリと違って酸欠に弱いため、水中の酸素濃度が低下すると、簡単に死んでしまうのだという。そこで番組では熱帯魚水槽用のエアレーションを水槽に入れて48時間バカガイを生かし、砂抜きを成功させている。この砂抜きバカガイをアサリと同様の料理をしてみたのだが、なかなかのヒットだった模様。

 例によって意味不明の実験の好きな番組だが、バカガイという極めてマイナーな生物に注目して、その生態を明らかにしていたという「意味不明な有意義さ」は評価したいところ(笑)。実用性を気にする必要がないというのが、この番組の強みでもあるな。まあこの番組が「バカガイの健康効果」とか「バカガイダイエット」とかやり出したら、日本のテレビがいよいよ終わる時だろう。

 

4/15 所さんの目がテン!「ホタルイカ」

 富山湾のこの時期に旬を迎えるのがホタルイカ。例によって矢野氏がホタルイカ漁に同行するところから始まっている。日中は過海底に沈んでいるホタルイカが、夜の間はプランクトンを捕るのに浮上してくるので、それを漁で狙うのだという。なおホタルイカという呼び名は、その腕が光ることに由来している。

 この光だが、敵を威嚇するためのものだという。番組ではおもちゃの潜水艇をホタルイカの水槽に沈めて、ホタルイカがそれを攻撃する時に光るのを確認している。ホタルイカには発光物質のホタルイカルシフェリンという物質と、発光酵素のホタルイカルシフェラーゼがあり、これらが作用することで発光するのだとか。

 この番組らしい企画としては、ホタルイカの光で新聞が読めるかなんていう実験を実施、ホタルイカを複数集めることで、新聞の見出しぐらいは読めたという結果・・・しかし例によって全く意味のない実験(笑)。

 ちなみにホタルイカは実は光るのは腕だけでなく、身体にも弱いながらも発光器があるのだという。これらの発光器は海の底のおなか側ばかりにあり、これは太陽の光にとけ込んで姿を消すためのものだという。これをカウンターシェイディングというとか。ホタルイカはかなり深い海底で棲息するので、光も弱くて良いのだろう。

 最後はこれまた無意味な企画。ホタルイカの墨でイカスミスパゲティを作ろうというもの。420匹の墨を集めることでようやくイカスミスパゲティが出来たとのこと。所氏が試食していたが、この番組で今まで食べたもので一番美味しいかもしれないとのこと。

 以上、例によって実用性皆無の内容がこの番組らしかった(笑)。ホタルイカは食べたことがありますが、少し古くなると臭みが出るんですよね。産地で新鮮なホタルイカを食べたら美味しいだろうな・・・あっ、富山に行きたくなってきた。

 

4/8 所さんの目がテン!「シジミ」

 シジミだが、実は産卵前に栄養を蓄えているこの時期が旬だとか。そこで番組ではお約束通り、産地である宍道湖に出向いている。ここでとっているシジミは7年ものでかなり大きいもの。こういうものは料亭にしか行かないので、我々貧民がスーパーで見るのは3年ものぐらいの小さなものばかりらしい。

 さて捕れたシジミだが、漁師たちがいきなりこれを地面にたたきつけはじめる。これは中に身が入っているがどうかを確認しているとのこと。実はとれたシジミの2割ぐらいは身が入っていないものがあるとか(アサリなどの倍だという)。

 なおシジミを食べる時に気になるのが砂だが、実はこの砂はシジミの身の中に入っているのではなく、貝殻と身の間に入り込んでいるのだという。だから番組のお勧めは、湯の中で煮てふたが開いた時に貝をあげ、底に溜まった砂を入れないように上澄みをとる方法。

 またシジミというとあまり料理が思いつかないが、これはシジミが小さくて食べにくいせいが大きいという。実際、シジミとアサリでスパゲティを作ったところ、シジミの方が美味しいという意見が多かった。シジミは汽水湖で暮らしているため、塩分濃度が高くなると呼吸できなくなり、この時に体内のグリコーゲンを分解してエネルギーに変換するので、その際に旨み成分となるコハク酸が生成するのだという(同様のメカニズムは牡蠣でもあるはず)。

 さらにこのシジミの旨みを増す方法があるという。それはしばらく置いておくこと。置いておくことでコハク酸の量が増えるのだという(無呼吸状態でコハク酸が増えると言っていたのだから、そりゃそうだろう)。ただ18時間以上置くと、今度は魚介類が傷んだ時に発生するプロピオン酸が出てくるので、逆に味が落ちてしまうとか。

 と言うわけで、シジミはしばらく置いておきましょうとのこと。これって、魚の時にも同じことがあるし、牛肉などでもそうである。つまりは熟成ということ。なんでも鮮度が高ければよいというわけではないらしい。

 ところで番組は最初にシジミの最高の料理法を紹介と言っていたが、その結果は18時間置きましょうということだけ? これだと結局は料理法は味噌汁ぐらいしかないような気もするのだが・・・・。まあこの番組は実用性は二の次ですが(笑)。

 

4/1 所さんの目がテン!「サクラ」

 春にはつきもののサクラだが、それが今回のテーマ。

 まず番組では日本で一番早いサクラはどこかということで、立春からの最高気温の積算が540度になると花が咲くというデータに基づいて3月15日鹿児島に飛んでいる・・・しかしサクラはまだ全然。なんと最速は東京で3月20日だったそうな。

 サクラの開花時期が狂った理由は温暖化。サクラは休眠状態から覚めるためには冬の寒さが必要なのだという。それが鹿児島では暖冬で寒さが十分でなかったため、サクラの咲く時期が遅れたのだという。実際に例年は等高線のようになるサクラの開花前線が、今年は地域によって滅茶苦茶になっているという。

 また日本のサクラの中心であるソメイヨシノに迫っている危機もある。通常のサクラの寿命は200年ぐらいなのだが、実はソメイヨシノは60年ぐらいしか寿命がないという。実際にソメイヨシノの断面をガンマ線で調査すると、内部が空洞になっている例が多いという。実際に一本を切り倒して確認すると、内部が腐ってボロボロの心材不朽という状態になっている。マザクラに接ぎ木して育てるソメイヨシノは、後に腐ったマザクラの根の部分から不朽菌が入りやすく、心材腐朽しやすいのだという。だからサクラの名所などでは適宜サクラの木を入れ替えたり、心材腐朽に強い新しい品種を導入しているとか。

 最後は大体予想できますが、サクラを長持ちさせようと言う実験。番組では10度以下に保つと花びらを散らす酵素の働きを抑えることが出来るという情報に基づいて、サクラの木を二重のテントで覆って、テントの間に冷気を通すと共に、内部には保冷と加湿のために氷を入れるという方法で、サクラを実際に長持ちさせたようである。

 以上、サクラについて。先週の宇宙船地球号とネタがかぶったが、切り口が若干違っていたのが救い。ただあっちの番組では、サクラの根元に雪を撒いただけではほとんどサクラの持ちは変わらなかったと言っていたが・・・。

 

3/25 所さんの目がテン!「テントウムシ」

 今回のテーマはテントウムシ。テントウムシにはいろいろな日本にいるテントウムシの場合。星が2つのものから、28のものまでいるそうな(それぞれ、星の数に応じた名前がある)。

 寒い最中の今は、テントウムシは見かけないが、この時期のテントウムシは木の裏などで活動を停止した状態でジッとしているとのこと。テントウムシは気温が10度以下になったり、逆に35度以上になると活動を休止するのだという。だからテントウムシは寒い冬や暑い夏には休眠しているのだという。

 またテントウムシのサンバという結婚式の定番ソングがあるが、テントウムシがサンバを踊っているように見えるのは、実は交尾の時だとか(って言うことは、愛の歌とも言えるが、もっと露骨にエッチの歌だったのか(笑))。テントウムシは休眠明けの時期に交尾をし、その後成虫は死んでしまうのだという。テントウムシの繁殖時期は冬の休眠後と夏の休眠後の年二回あるので、テントウムシは半年サイクルで世代交代しているのだという。

 さらにテントウムシといえば、その名前の由来は「天道虫」つまりお天道様=太陽の虫である。これはテントウムシが太陽に向かって登っていく走光性という本能を持っているから。そこで番組ではテントウムシがどこまで登るかを実験。高さ21メートルのバンジージャンプ台に透明ホースをつり下げ、その中をテントウムシを登らせている。正午から登り始めて15メートルぐらいまで登ったところで日没で動きが止まってしまったのだが、その後、ライトで照らしたりカイロで温めたりなどと無理矢理に21メートルを登らしている。ほとんど虐待(笑)。

 テントウムシには利用法もあるのだという。農薬の代わりにテントウムシを育てることで害虫のアブラムシを駆除するなどということが行われているという(ナミテントウが実際に市販されているとのこと)。コアラの食べるためのユーカリなどもこの方法で育てられているという。ただし番組中に注釈が入ったが、テントウムシによっては作物を食べるものもあるので注意(ナナホシテントウなどは益虫だが、ニジュウヤボシテントウは害虫である)。

 以上、テントウムシについて。テントウムシがアブラムシを食べると言うことぐらいは知っていたが、テントウムシのサンバがエッチの歌だとは知らなかった(笑)。例によって、いかにもこの番組らしい「ああ素晴らしい無駄知識」である。役には立たないがなかなかに面白かった。

 

3/18 所さんの目がテン!「ピアノ」

 楽器の王様などともいわれるピアノだが、その前身はチェンバロという弦をはじいて音を出していた楽器である。しかしこの楽器では音の強弱を出せないので、弦を叩いて音を出す現在のピアノが開発された。ちなみにピアノというのは略称であり、元々はクラヴィ・チェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ(弱い音から強い音まで出せる大型チェンバロ)というのが正式名称であった。つまりは弱音(音楽用語でピアノ)から強音(音楽用語でフォルテ)まで出せるように改造したわけである。そのことによって、音楽に表情がついたわけである。

 さてこのピアノだが、かなり重い楽器である。それは心臓部分が鉄のフレームで出来ているからで、これが重量の1/3を占めている。このようなフレームが必要なのは弦をかなり強い力で張る必要があるからである。番組では実際にこのピアノの弦を重りで引っ張って、ラの音を出すのにどれだけの目方が必要かを実験しているが、最終的には体重95キロの矢野氏が装置に乗っかって引っ張る必要があったとしている。トータルでは20トンもの荷重がかかることになるので(220本の弦が、1本平均で90キロの力で引っ張られているのだとか)、鉄製のフレームが必要なのだとのこと。

 またピアノは高価であるが、実は一番高価なパーツは弦の下にある一枚板。これは響板と言って、弦の音を強める働きをしているのだが、これが木目が均一なスプルース材を長期間乾燥させて使用するので、非常に高価であるらしい。なおグランドピアノはふたを開けて演奏するが、あのふたを開けることで音が反射して伝わりやすくする効果もあるという。

 最後はピアノとオーケストラの楽器の音域勝負。これはピアノが圧倒的勝利・・・と思われたのだが、実は高音についてはバイオリンの方が良く出るらしい。ただその辺りの音域でバイオリンを弾くと、音色と言い音質と言いとても実用になるものではないので、実用レベルで見るとピアノが最も高音まで出せる楽器と見て良いとのこと。なおピアノは88鍵を持っているが、人の耳に音色が綺麗に聞こえる範囲はこの範囲内であり、これ以上の音を作っても不快なだけで意味がないとのこと。番組ではピアノの腱板以上の高音を電子音で再現していたが、確かに不快なだけで、音楽に使える音ではなかった。

 以上、ピアノについて。まあ音楽や楽器に詳しい人にとっては特別に目新しい情報はなかったでしょうか。ただ私も、ピアノの由来などは知っていましたが、弦を張っている力まではさすがに知りませんでした(笑)。

 

3/11 所さんの目がテン!「菜の花」

 今回のテーマは春の花である菜の花。ただそもそも菜の花といってもそれは通称であって、アブラナやセイヨウアブラナやカラシナなどの総称だという。さらにアブラナ科の植物には白菜、ブロッコリー、大根、キャベツなども含まれるという。野菜にはアブラナ科のものが多いという。

 アブラナといえばモンシロチョウのイメージがあるが、モンシロチョウにとっては特にアブラナを選ぶ理由はないという。しかし幼虫は別で、幼虫はアブラナ科の植物を選ぶのだという。アオムシはアブラナ科の植物に含まれるカラシ油配糖体を好むのだという。ただこのカラシ油配糖体はアオムシ以外の昆虫には毒成分であるという(ではなぜ食べるのかの説明がない)。

 アブラナといえば菜種油。ここで登場するのは菜種油で走ることが出来る車。番組では廃油などを集めながら三重から東京を目指すという企画を行っている。結果としては62.5リットルの菜種油で500キロを走りきっている。このような菜種油を使用する形式はSVO(ストレート・ベジタブル・オイル)といって、燃料を温める装置(菜種油は軽油よりも沸点が高い)がついている特殊なディーゼル車が対応可能なのだという。これに対して最近話題のバイオディーゼルはアルコールなどを混ぜて普通のディーゼル車で使用できるようにしている。

 というわけで菜の花について・・・結局何をやりたかったんだろう(笑)。科学番組としては、アオムシがわざわざカラシ油配糖体を好む理由や、菜の花であれだけ油がとれる理由ぐらいはつっこんでもらいたかったように思うのだが。菜種油で500キロ走ると言うだけだと、科学番組と言うよりも「鉄腕DASH」なんかと大差ないし・・・。それと菜種油と軽油との燃焼比較ぐらいもして欲しかったように思う。なんか全体的に中途半端。

 

3/4 所さんの目がテン!「小豆」

 今回のテーマは小豆。

 小豆といえば日本人には馴染みの深い豆であるが、小豆といってまず連想するのは、波の音などの効果音・・・・って、なんでこっちに来るねん!と突っ込みを入れたくなるが、それはともかくとして、番組では効果音のプロになぜ小豆を使うか聞いたところ、湿気で変化しにくいとのこと。

 そこでということで、大豆と小豆を湿度の高い部屋に置いてしっかり湿気を吸わせて音比べ。まずは小豆、確かに全くと言って良いほど音は変化していない。次は大豆。こちらは小豆と違って見るからに皮がふやけた感じで変化している。で、音なんだが・・・プロは変わっていると言うのだが、残念ながら素人には全く違いが分からないレベル。そこでということで、今度は水につけて放置してみる。するとほとんど変化しない小豆に対して、大豆は見る見る膨らんでいる。そして音の方も小豆はほとんど違いは分からないのに対し、大豆の方は今度は素人にも分かる変化が・・・・。と言うわけで、どうやら実験の失敗をなんとかフォローした模様。これが某番組だったら、水に漬けた大豆の音を湿気を加えた大豆の音と吹き替えるんだろうな・・・。ちなみにこのような違いが出るのは、大豆は豆全体から水分を吸収するのに対し、小豆は腫瘤と呼ばれる部分からしか水分を吸収しないからだとか。

 次は小豆と言えばやっぱりあんこ。そこであんこの製法を紹介しているが、そこを見ていると小豆と同量の砂糖を加えている。となるとカロリーが気になると言うことで、番組では人工甘味料のエリスリトールを使用してシュガーレスあんこを作成。所氏が試食なのだが・・・試食するまでもなく見るからに変。試食した所氏による「ボソボソ」だとのこと。これは砂糖が保水力があるのに対し、人工甘味料は保水力がないせいだという。だからあんこはしっとりするのに、シュガーレスあんこは無惨にもボソボソになってしまったのである。

 では小豆の他の食べ方はないのかということで、ピーナッツバターと納豆に挑戦したが、ピーナッツのように脂質が多くなく、大豆のようにタンパク質が多くない小豆ではこれは失敗・・・・って、以前にこれやってなかったか? 小豆で納豆作って失敗していたのを、どこかで見た記憶があるが。

 さらに子供に調査すると、あんこはどうもチョコレートに比べると人気がない。子供に言わせると「あんこはおばさんの食べ物」だそうな(「お前らには日本人の魂はないのか!!」)。そこで小豆にカカオバターを加えたあんこdeショコラ(略称あんこでしょ)を大量に作成、所氏に試食してもらったが「食感が最悪」とのこと・・・・失敗。おいおい、今回は全部失敗してるんじゃん(笑)。それをそのまま流してしまうところがこの番組のこの番組たる所以だが(笑)。なお「製作したあんこdeショコラは全部スタッフで食べました」とのキャプションが。食べ物を無駄にしたと文句を言われないための気遣いだろう・・・なんか気を遣いすぎ。

 結局終わってみたら、何も役に立つ情報がなかったというのがこの番組的(笑)。これでも通用してしまうのがある意味でこの番組の強みでもある(誉めているのかけなしているのか、自分でも分からなくなってきた)。だけど一つフォローしておくと、油たっぷりのチョコレートよりは、炭水化物だけのあんこの方が、油分過多の現代人にとっては健康に良いはず。ということで「奥さん、ダイエットしたいのなら、ケーキより和菓子よ」とみ○も○た風に付け加えておきますか(笑)。(もっとも和菓子にしてもケーキよりは太らないと言うだけで、バクバク食ったら確実に太ります。)←最近流行の批判封じキャプション

 

2/25 所さんの目がテン!「冬物衣料の保管」

 冬物衣料の大敵と言えば黄ばみと虫食い。どう対策をすれば良いかということになる。

 まずは黄ばみについて、黄ばみの原因は身体の皮脂であるが、冬には一日来たぐらいではそんなに汚れたような気はしない。そこで番組では一日来ただけでシャツがどれだけ汚れるかというのを実験。モルモットになった学生が、動いて汗をかかないように椅子に縛り付けられて一日シャツを着続けるという悲惨な実験である(笑)。実験終了後のシャツは全く汗をかいておらず、臭いもしない状態。しかしそれでも汚れを検出する試薬を吹き付けるとしっかり汚れが付いていると言う次第。この皮脂が酸化すると黄ばみになるとということで、黄ばみの黄色はバターの黄色と同じだそうな。・・・ということで、黄ばんだシャツはバターで染めてしまえば分からない・・・なんてことをこの番組では実際にやっているんだが・・・使えるか!そんなもの!(笑)

 次は虫食いの方。これは実際に研究機関に行って実験しているが、ウール、綿、ポリエステルについてテストしたところ、動物性タンパク質であるウールは食べられるが、植物性の綿と化学繊維のポリエステルは全く食べられていない。ただここに落とし穴があるのだという。再びこれらの繊維に牛乳をつけてテストしたところ、どれも食べられている。つまり虫に食べられにくい綿やポリエステルでも、食べこぼしなどがあると虫食いにやられてしまうのだという。なおこの後、番組では衣類害虫の羽化を紹介しているが、こんなもの興味がない(笑)。

 この次はドライクリーニングの紹介。ドライクリーニングは溶剤を使うのが特徴だが、ドライクリーニングと水洗いで汚れ落ちを実験。すると油汚れはドライクリーニングが、醤油やケチャップなどの水溶性の汚れは水洗いの方が落ちるという当たり前の結果(笑)。

 以上、冬物衣料の汚れについて・・・なんだが、この後この番組の場合は蛇足がついている。まずは最新式の洗濯機の紹介。最近はセーターを洗える洗濯機が登場しているとのこと。これのポイントは水流を調節して、セーターの繊維が絡み合わないようにするのがポイントとのこと。さらに最近の洗濯乾燥機は乾燥にヒートポンプを使うために、燃料を燃やして熱を得る場合よりも環境に良いと「ガスよりも電気の方が優れているんだ」というスポンサーの電気事業連合会の意向に添った宣伝を流している。なおヒートポンプが環境によいと言うように言っているが、これは考え方の問題。例えばヒートポンプ用の電力を原子力発電所で作っていれば、環境にはより取り返しのつかない悪影響を与えることになってしまう。ここのところはスポンサー効果をさっ引いて見ておきましょう。

 さらに蛇足の第二弾はアイロンがけ競技の紹介。これはトランポリンをしながらなどという、なんでそんな状況でアイロンがけをしないといけないかさっぱり理解できない状況でアイロンがけをするという、いかにも脳天気なアメリカ人あたりが好みそうなどうでも良い競技。と言うわけで、これはどうでも良い(笑)。

 最後に蛇足がつくところがこの番組らしいが、前半の実用性のありそうな部分のネタは、大分前にガッテンが同ネタをやっていたので、ネタがかぶるの仕方のないところ。ただ扱いについては、あっちは実用本位、こっちは興味本位というのが、番組のスタンスの違いを反映していて面白い。今回の内容から実用的な部分を引っ張り出すとすると「冬物衣料は、保管の前にキチンと洗濯しておきましょう」という極めて当たり前の内容だけ。これはやはり保管時の温度のことなどまで切り込んでいたガッテンには実用性の点では負けるわな・・・まあこの番組の場合、そういう切り口は本来ではないですが。

 

2/18 所さんの目がテン!「引っ越しの科学」

 今回のテーマは引っ越し。なんと引っ越しを科学するそうな。

 まずは矢野氏が引越センターに手伝いに行くところから始まるが、いきなり皿の梱包でだめ出しを出されるという展開。そこでプロの梱包と素人の梱包でどこが違うかの実験である。実験に臨んだのは3人。矢野氏と引っ越しのプロ、それに雑貨店の店員。矢野氏と引っ越しのプロは新聞紙を使用し、雑貨店店員はポリエチレンの梱包剤を使用している。そして3人の段ボールを落としてみたところ、矢野氏の梱包した皿は10枚中6枚が割れるという惨状、雑貨店の店員も1枚割れていたのに、引っ越しのプロは1枚も割れないという見事な結果。

 これの理由を解明するために高速度撮影を使用している。すると矢野氏の場合は、段ボールが地面についた途端に下の皿が跳ね上がって上の皿を割っていた。雑貨店の店員の場合も同じ。これに対してプロは新聞を丸めて縁に巻くだけでなく、皿を重ねずに立てて入れていたのだという。そのために落下しても衝撃が伝わらないのだとか。スタジオの実験では、こうやって梱包した段ボールを4メートルの高さから落としたが、見事に皿は無事だった。

 次は重量物の持ち上げ方。これは腰を使わずに足の屈伸で持ち上げるということ。この方が力が入ると言うことを実験で示しているが、そもそもこれは腰を痛めないための原則でもある。また荷物の箱を抱える時も対角線で持つことで安定化するのだとか。

 また引っ越しの段ボールは白いものが多いが、これは白い方が心理的に軽く感じるのだとか。そこで幼稚園で白い箱と黒い箱を園児に持ち上げてもらって実験ししたところ、白が軽いという園児が12人、黒が7人、同じというのが1人という微妙な結果(これで「効果があった」と断言しないのは、あるあると違うところか)。そこで東亜学園高校のウェイトリフティング部の部員に白いバーベルを持ち上げてもらったところ、5人中4人が自己ベスト記録更新・・・とのことなんだが、これについては所氏もコメントしているように「カメラが回っている効果じゃないの」というのは同感。というわけで、番組的には結局は何も断言していない。これもあるあるの影響?

 最後は段ボールの強度テスト。段ボールは紙を折り曲げることで強度を出しているのだが、丈夫と言えばやはり「象が踏んでも壊れない(昔の筆箱のCMです)」ということで(この発想が出てくると言うこと自体が、この番組の制作者が私と同年代と言うことを示しているように思えるが)、実際に象に段ボール箱を踏ませる実験をしている。実験は、段ボール箱でも最強という三層構造の段ボール箱を8個並べ、この上に合板を置いて(この合板もかなり厚そう。多分3センチの合板と違うか。)、1.6トンの象が乗ってみるという内容。段ボールは見事にこの荷重に耐えている。なおスタジオでは、引っ越し用の一層の段ボール箱に所氏と佐藤アナが乗っかっても大丈夫だったが、さらに矢野氏が乗っかった途端につぶれたという結果に。どうも荷重が斜めにかかったのもつぶれた原因とのことだが。

 以上、引っ越しを科学するというのはいかにもこの番組らしいが、内容が役に立つような役に立たないような微妙なバランスなのもこの番組らしい(笑)。なお私が「あるある」で数少ない評価する回というのの1つが引っ越しを扱った回だが、あの時の内容はかなり実用に徹していた(ああいう番組作りをしていたら、今回の捏造事件は起こらなかったはずだが、視聴率も上がらなかったろう)。

 なんかあるある捏造事件以来、ガッテンが以前にも増して慎重になっているのを感じるが、この番組にまで何となく影響は及んでいる気配。どうも科学系番組の受難の時代になってきたな。私はキチンと作ってさえいれば、少々のことは問題ないと考えているのだが。そもそも最終的には視聴者が自己責任で判断すべき問題だし(確かにデータの捏造は問題外ですが)。

 

2/11 所さんの目がテン!「ビーフシチュー」

 今回のテーマは料理。あるある捏造事件の余波で、どの番組も無難な料理番組になっていく・・・ってわけではないだろうが(笑)。

 まずビーフシチューに使う肉の種類だが、昔からすね肉などの安い肉が多い。しかしこれは何も金をケチっているわけではないというお話。実際に牛革、すね肉、ヒレ肉などでシチューを作って試食してもらったところ、ロース、サーロイン、ヒレ、モモといった高い肉は評判が悪く、皮は好みによりけり、ネック、バラ、スネといった安い肉が好評という結果。

 この原因は肉質の違い、高級部位は脂が多いのに対し、安いところはいわゆるすじ肉で、こういう部位はコラーゲンが多い。牛の脂はステーキなどのときは程良い抜け方をして美味しいが、煮込むと抜けすぎてしまって肉が高くなるということになる。これに対してスジのコラーゲンは、ステーキ程度では固くてどうにもならないが、煮込むとトロトロになるわけである。と言うわけでシチューにはすじ肉が最適という話。もっともこんなことは、料理をする人間なら常識だろうと思うが。

 シチューの場合に問題になることに野菜の煮くずれがある。これを防ぐにはどうすれば良いかだが、番組ではおでんの知恵を利用することを提案している。おでん屋では仕込みの時に、野菜をまず70度ぐらいで煮ておくのだという。こうすることで細胞壁のペクチンが固くなって煮くずれしにくくなるのだという。番組では70度で30分煮てから2時間煮込んだイモと、いきなり2時間煮込んだイモを衝突させるという実験を行っているが、先のイモの方がトータルでの煮込み時間は長いにもかかわらず、固いという結果になっている。もっとも固いといっても箸でサクッと割れる固さなので、適度な固さなのである。番組では鍋で温めた野菜を炊飯器の保温で30分おくという方法を紹介している。

 ただビーフシチューの難点は煮込みに2時間も要するというもの。そこで番組では短時間で肉を柔らかくする方法を紹介。それは肉を酢に30分漬け込んでから、5分ほどゆでて(酢を抜く)、それから使用するというもの。すると煮込み時間は30分でも肉は十分に軟らかくなるという。実際にあるシチュー店で客にこの方法を試してみたが、違和感を感じる客はいなかったとのこと。これは実用的。

 以上、今回は見事な料理番組。「この番組はガッテンかい!」というツッコミはともかくとして、この番組にしては珍しいほど実用的な情報が多かったのも今回である(普段は「ああ素晴らしき無駄知識」という回が多いが)。まあたまにもこういうのもありだと思うが、あまりこの路線に行くと、ガッテンと区別がつかなくなる(笑)。

 で、次回は「引っ越し」。また唐突なテーマだ。そう言えばあの問題になった番組も、こういうテーマの時は結構役に立つ内容を流していたりしたんですよね・・・。もっと早くにダイエットと若返りを封印してまともな番組になってくれていたら良かったのに・・・。

 

2/4 所さんの目がテン!「フグ」

 冬と言えば、フグの季節・・・とのことだが、貧乏人の私はフグなんて今までほとんど食べたことがない。一度、てっさを腹一杯食ってみたいものである。

 さてフグの刺身といえば薄切りするので有名だが、あれは何もフグが高いからではない。実際にフグの刺身を普通の刺身なみの厚さで切ってみると、噛み切るのも大変なぐらい固いのだという。これはフグの身にはコラーゲンが多く含まれているせいだとのこと。フグは腹を膨らませる時に邪魔になるので、肋骨を持っておらず、肋骨なしで内臓を守るためにコラーゲンを多く含む固い筋肉を持っているのだという(固さを比較したら、タイが208なのに、1913もあった)。さらにフグと言えば非常に淡泊な味であるが、これは脂質が少ないためだとのこと。マダイで10.8%、ヒラメが2.0%なのに、なんと0.3%しか資質を含んでいないらしい。

 なお番組では1.6キロのトラフグがどれだけの海水を体内に取り込むか(フグは海水を体内に取り込んで膨らむ)を実験しているが、なんと2リットル以上の水を飲み込んだという。フグは体重以上の量の海水を取り込むのである。早く泳げないフグは、敵に襲われた時に逃げることが出来ないため、膨れることで相手を威嚇するのだとのこと。

 フグの仲間にハリセンボンがいるが、この番組ではこのとげの数を数えるといういかにもの実験をしている。結果は352本。専門家による673尾のハリセンボンのトゲを数えるという研究の結果によると(こんなことをしている専門家もいるんですね)、250〜492本で、平均が353本だったとのこと。

 またフグと言えば毒であるが、この毒はテトロドトキシンというもので、これは実は自ら作り出したものではなく、このような毒を持つ生き物を食べることで体内に蓄積していると言う。だからこれらの生物を与えずに養殖でフグを育てると、毒のないフグを作ることが出来る。と言うわけで番組ではトラフグを養殖している施設に行き、そのトラフグの肝臓をガスクロ測定で毒がないことを確認してから、矢野氏が実際にその肝臓を食べてみている。アンコウの肝などよりも濃厚な味とのこと。ただし「無毒を確認し研究施設での試食実験です。絶対真似をしないでください。」の注釈付。実のところ、以前に別の番組で聞いたところでは、この施設では毒のない餌を与えることで毒のないフグを作り、それを毒なしフグ(内臓も食べられるという意味)として販売することの許可を得ようとしたが、まだフグが本当に体内で毒を作らないのかということの確証が得られないから、承認がとれていないと話であった記憶がある。

 実際、自分で毒を作り出すフグもいるとのこと。ハコフグと他の魚を同じ水槽に入れ、ハコフグを指でつつくなどの刺激を与えると、他の魚の様子が見る見るおかしくなる。これはハコフグの体表の粘液に有毒成分があるとのこと(こういう例があるから、万一を考えるとトラフグに許可を出しにくいんだろう)。

 と言うわけで、今回はフグについて。確かにてっさはうまいんですよね。ただフグちりにすると私的には鶏肉とあまり区別がつかなかった記憶がある。昔からこの危険な味覚に惹かれる人は多いようで、フグは食べたいけど毒は恐いと言うような歌を詠んでいた歌人がいたはずである(松尾芭蕉だったかな?)。私の場合は、毒の心配よりも金の心配ですね。

 

1/28 所さんの目がテン!「目がテン農園」

 この番組が今年の9月に放送900回を迎えるとのことで、その900回を目指して赤飯のための材料を作るそうな。作るのは餅米と小豆とごまと塩。これらを一から作ろうということらしい。

 ただ普通に作ったのでは、収穫が9月に間に合わないとのことで、畑は沖縄で作ることにしたという。すると8月には収穫できて、900回記念に間に合うという予定らしい。

 まずは畑の草取りから始まり、肥料をまくことになる。その肥料は豚の糞におがくずをまぜた有機肥料だが、発酵でかなりの熱が出ており、卵を入れると温泉卵が出来るぐらいの熱を出しているとか。また完全に発酵すると、アンモニアなどは分解されるので臭いはしないという。これを畑に蒔いて、一週間ねかせるそうな。

 そこで次は塩作り。まず矢野氏は海水を汲んで蒸発させるが、このままだと苦くなってしまった。そこで塩作り名人のところを訪れた矢野氏。一見同じ作り方をしているように見えるのだが、こちらの塩は苦くない。この違いは結晶の作り方なのだとか。名人はゆっくりと結晶化するので塩化ナトリウムだけが結晶化し、塩化マグネシウムなどはにがりとして分離される。矢野氏は海水を全部蒸発させたのが間違いだったのだという。

 さて寝かせた畑だが、その間に土が良くなっているという。実際に水を通してみると、最初の時よりも水持ちが良くなっている。これは肥料が微生物に分解される時に粘りけが出て、団粒構造というものになったからだという。番組ではモデル実験として、納豆を団粒構造に見立てて、同じ粒数の納豆と大豆に水を加えて、その水の通り方を比較している。納豆は水が出るのが早かったのに対し、最終的に出てきた水の量は少なかった。つまり水はけが良くて、なおかつ水持ちが良いのだという。ここに小豆を蒔いて、後はお楽しみということ。

 というわけで、今回は半年以上かけたプロジェクトの第一弾という内容。さて目論み通りの収穫が出るだろうか。沖縄というところは台風などの被害も出やすいだけに要注意である。作柄が良くなかったからって、やらせはしないでね(笑)。それと個人的には、餅米と小豆での赤飯ではなく、古来の赤米を使った本当の赤飯を作って欲しかったような気が。

 

1/21 所さんの目がテン!「働く車」

 走れ、走れ、働く車〜 というわけで、今回のテーマはポンキッキ・・・ではなくて働く車とか。

 マズ登場はショベルカー。ショベルカーがどれだけの威力を持っているかを示すのに、1トンの土を盛る競争を柔道部の5人と対決しているが、2杯で1トンを持ってしまったショベルカーに柔道部員は惨敗。そこで次は20人と対決したがこれでも惨敗。そこでショベルカーの方が選手交代。造園作業などに使用する世界最小のショベルカーと柔道部の5人が対決。今度は柔道部員が勝利を収めたが、それでもショベルカーも半分ぐらいの土を運んでいたらしい。番組では実際にこのショベルカーに所氏が試乗しているが、ほとんど遊園地感覚。持って帰りたいとの声も(私も乗ってみたい)。なお実際に作業をするには、「車両系建設機械運転講習」の受講が必要とのこと。

 矢野氏が新潟の鉱山で遭遇したのは最大高6.4mという日本最大のダンプカー。2トントラックがおもちゃに見える大きさで、荷台は31畳広さがあるという。さらにこれに土を運ぶのが最大のシャベルカー。土を運ぶところに「37人載っても大丈夫」とのことだ(明らかにどこかの物置のCMのパロをやっているのだが)。大きすぎて公道を走れないので、輸送時は分解して運ぶのだという。

 このような大型機械のアームなどを駆動しているのは油圧ポンプであるが、油圧ポンプはシリンダの断面積と力が比例するという効果を使用している。番組では実際に面積1:10のシリンダを小学生とキックボクシングの選手(エメカ・ウィルソン)が押したところ、小学生が勝つという実験で示している(ありがち)。これがパスカルの原理というやつである。また油圧を使うメリットは、油の量をコンピュータで精密にコントロールすることで、細かい作業も出来るのだという。番組ではショベルカーを使用してバーベキューを作るという名人技を実演している。ステーキを焼いただけでも驚きだが、エビの背わたまで取ったのには絶句。

 以前にショベルカーで棒倒しをするというのを見た記憶があるのだが、熟練者の手にかかるとかなり細かい作業が出来るのがショベルカーらしい。番組に登場した運転士もビルの解体の作業などをしているとのことで、手元か狂うと大事故につながりかねない現場で活躍されているようである。

 それにしてもこういう巨大メカには、やはり血が騒ぐのは否定できないんですよね。やはり巨大メカは男のロマンです(笑)。実を言うと私も、理系を志した最初の動機はマジンガーZのような巨大ロボットを作りたいという夢だったりします。それが途中からちょっと方向が変わっちゃいましたが。

 

1/14 所さんの目がテン!「マグロ」

 漁獲制限などで減少が問題となっているマグロ。そのマグロがテーマ。

 まず登場するのは完全養殖に成功した近畿大学の生け簀。矢野氏がその中に潜って観察しているのだが、マグロは常に回りながら及び続けていることが分かる。マグロは泳がないと海水を取り込むことが出来ないので死んでしまうのだという。では夜にはどうしているかを水族館で観察したところ、夜も速度を落としながら泳いでいたとのこと。中には突然に沈んでいく固体がいたのだが、これは人間で言えば力が抜けてガクッとなっている状態だろうか。

 またマグロの身体は水の抵抗が非常に少なく、泳ぎ続けるのに都合の良い形になっているという。さらに第一背びれは普段は収納されており、舵取りの時にだけ現れるという。同様に胸びれも抵抗にならないように身体にピッタリとひっつくのだという。マグロの最高時速は160キロ出るとの計算もあるとか。

 さらにつり上げたマグロは体温の上昇で身が白くなってしまう「身焼け」という現象が起きるので、ただちに氷などで冷却する必要があるという。常に及び続けているマグロは体温が上昇しやすく、海水を取り込むことで身体の冷却も行っているのだという。

 なお矢野氏がつり上げた直後のマグロを試食しているが「味がない」とのこと。つり上げた直後のマグロは固くて美味しくないという。マグロは数日間熟成することで旨み物質のイノシン酸が増加する。冷凍技術の進歩していなかった昔は、この熟成が出来なかったためにマグロは人気のない魚だったという。魚は寝かせるというのは、ガッテンを見ている者なら常識だと思うが。

 どうも最近、マグロのネタが多いのだが、ガッテンでは「どうやって美味しく食べるか」、宇宙船地球号では「資源問題がどうなっているか」、ガイアの夜明けでは「商社のマグロ獲得合戦」と各番組の性格が露骨に出ている(もしあるあるだったら「マグロダイエット」になりそうだ(笑))。この番組の場合はマグロの生態だった。同じネタを扱うと、各番組のスタンスがよく分かる。

 で、次回のテーマは「働く車」。この番組はいつからポンキッキになったんだ?

 

1/7 所さんの目がテン!「イノシシ」

 新年第一回目のこの番組のお約束の干支シリーズ。と言うわけでテーマはイノシシである。

 イノシシと言えば、西遊記に猪八戒という妖怪が登場する。しかしご存じの通り、猪八戒はイノシシではなくて、豚の妖怪である。実は中国では猪という漢字は豚のことを指し、イノシシは野猪と書くのだという。豚はそもそもイノシシを家畜化したものであり、肉を効率的に取るために下半身を発達させたのが豚になるという。またイノシシは豚と違って牙があるというイメージがあるが、実は豚にも牙はあるのだという。つまりはイノシシと豚は同じ種になるのであり、その証拠に豚とイノシシを掛け合わしたイノブタ同士からさらにイノブタが生まれることが出来るという。これはラバなどの雑種では出来ないことである(ラバは生殖能力を持たない)。

 なおイノシシは猪突猛進などと言われて、何も考えずに突き進むように思われているが、実は突き抜けることが出来るかどうか考えて進んでいるという。実際に番組では、イノシシの目の前で傘を広げると停止してUターンした(驚いただけという気もしないではないが)。

 イノシシは雑食性なのであらゆるものを食べるという。番組の実験では野菜から肉まで何でも食べた。またくさやや納豆、銀杏に梅干しといったものまで食べたという。そこでわさびを試してみたら、さすがに食べない・・・と思っていたら、急に体をこすりつけはじめた。イノシシは刺激の強い臭いを見ると、体をこすりつける習性があり、害虫を避けるためではないかと推測されているという。

 またイノシシの料理と言えば、ボタン鍋ぐらいしか知られていないが、これはイノシシの肉が臭みがあるので味噌で臭みを消す必要があるためとされている。イノシシ肉には豚肉よりもミオグロビンが多いので、脂肪の酸化が進みやすく肉の処理に時間がかかるとどうしても臭くなるのだという。しかし現在ではイノシシを生け捕りにして冷凍処理することで脂肪の酸化を進ませない処理が出来るようになったという。番組ではイノシシカツとトンカツを食べ比べしたが、イノシシカツが圧勝した。イノシシ肉にはアミノ酸の量が多いので味が濃いのだという。イノシシ肉のうまさは秋にドングリをたくさん食べるためだとか。

 最後はシェフによるイノシシ料理。所氏は相変わらず、正月から美味しい仕事してるな・・・。

 以上、今年の干支のイノシシについて。私もイノシシを食べたことがありますが、意外と臭みがないなと感じたのは、処理に秘密があったようです。確かにキチンと処理したイノシシは、豚肉よりも味が濃くて美味しいです。ただし野生のイノシシの場合は、寄生虫がついていることが多いので注意が必要だと聞いたことがあります・・・鍋が食いたくなってきた。

 

12/24 所さんの目がテン!「クリスマスSP」

 先週は、サンタに会うべく矢野氏がフィンランドまで飛んだが、サンタはロシアとの国境のコルバトゥントゥリにいると言われ、そこに向かいました・・・・という話だったが、今回はその続き。何とかそのコルバトゥントゥリに到着はしたが、そこにはサンタはいなかったという話・・・って当たり前やんか。なんじゃ、この全く中身のないロケは?

 なおサンタがコルバトゥントゥリにいると言われるようになったのは、ラジオの人気パーソナリティが子どもの質問に答えたことがきっかけになっているとのこと。なお第二次大戦後にソ連がコルバトゥントゥリをソ連領にしようとした時、フィンランド政府は「コルバトゥントゥリは子ども達にとって重要なんだ」と説得し、今日のように国境がその上を通るようになったとか。ホンマかいな?

 またクリスマスツリーといえばもみの木だが、フィンランドではもみの木はないためにトウヒを使うとのこと。トウヒはもみの木よりもワックスで出来ているクチクラ層の厚みが厚いので寒さに強いとのこと。で、番組ではこのクチクラ層に含まれるロウを使用して、クリスマスキャンドルを作ろうなんてことをしているが・・・・これも無意味。

 最後はフィンランド式サウナとフィンランドのサンタクロースの紹介。フィンランド式サウナは、サウナで暖まった後で冷たい水に入るのが特徴だが、これは体の毛細血管を収縮させることで体温が逃げるのを防ぐのだとか。番組ではそれを実験で確認しているが、これは確実に心臓に負担をかけるので、心臓に不安のある人はくれぐれも真似しないように。

 なお最後に登場したフィンランド版サンタは、どう見てもなまはげとしか言いようがないおっかないもの(「悪い子はいねえか」とか言えば似合いそうだった)。どうやらサンタは国によって全く違うようで、日本でよく知られているサンタは、イギリス版のファーザークリスマスが元になっていると考えられるとか。

 先週に続いてのクリスマス特集だったが中身がない。ちなみに先週も「サンタは9頭立てのトナカイのソリに乗っているが、実際のトナカイはリーダーに従って団体行動をするという習性がないので、複数立てのトナカイソリは不可能」ということ以外全くなんの情報もなかった回であるのだが、結局は何をやりたかったのだか・・・・。まあ所詮はクリスマスということでこれで良いのか?

 

12/10 所さんの目がテン!「カップラーメン」

 今回のテーマは、浅間山荘でブレイクし、最近はスペースシャトルでも食べられたという日本が誇る世界的発明にも上げられるカップラーメンである。

 まず番組はお約束として、大阪池田市のインスタントラーメン発明記念館を訪れている(つい先日、ガイアの夜明けでも登場していたな)。カップラーメンの断面を見た場合、特徴としては、麺が空中に浮いている「中間保持構造」と麺の上下で密度が違う「粗密麺塊構造」があるという。中間保持構造は衝撃が加わった時に壊れたりしにくいのと、ふたを開けた時に具が間近に見えて食欲をそそるという効果があるとか。粗密麺塊構造に関しては、熱を全体に行き渡らせる工夫だという。実際に全体の密度が均一な麺塊を作って湯をかけてみると、熱が全体に行き渡らず、3分では芯が残ってしまうという。

 また面白いことをやっているのは、カップ麺のカップに水深1000メートルに匹敵する水圧をかけるという実験。するとカップはかなり小さく圧縮され、多くのガスが出てくる。このガスのおかげでカップの断熱性が保てるという仕掛け。言葉で説明するだけでも良いようなものを実際に実験で示すのはこの番組らしい。

 カップラーメンの麺については、日清食品の会長である安藤百福氏(伝説の人物である)が試行錯誤の結果開発したものである。麺を油で揚げることで水分が抜け、その後が空洞になるのでそこに湯が入って戻るという仕掛け。

 具の方であるが、これはフリーズドライの技術を使用している。食材を冷凍して、真空乾燥することで水分を飛ばす方法である。この後がこの番組らしいのだが、何でもフリーズドライ出来るかと寿司やしゃぶしゃぶの具、さらには肉じゃがに果てはプリンなどをフリーズドライして大試食大会である。所氏によると、いずれもかなり奇妙なものになってしまったようである。ただどうも見ていると、戻し方にも問題があったような気がする。ちなみに決定的に駄目だったのはみたらし団子だったとか。練り物は組織が既に破壊されているので復元しないのだとか。同様にコンニャクとかちくわも駄目らしい。

 最後はカップラーメンの待ち時間について。1分の麺とかも作れるのだが、そういう麺はのびやすくなるのだとか(そう言えば、以前に1分でつくれるカップ麺が登場したが、あれはまずかった)。また番組では被験者を使って脳波を測定する実験から、人間が集中力を維持できるのは3分が限界としており、これが3分という時間設定の妙味につながっているとしているのだが・・・・そもそもカップラーメンをつくるのに、集中力を維持しておく必要はあるのか? まあ待ち時間が3分を過ぎれば人間はイライラしてくるということなんだろうが。ちなみに3分といえば、ウルトラマンが地上で戦闘可能な時間でも有名である。彼らも3分しか集中力が続かないのだろう(笑)。

 以上、カップラーメンについて。確かにカップラーメンって画期的発明なようであるが、私はあの塩辛い味付けと、揚げている麺が苦手なのでカップラーメンは食べません。なおカップラーメンの登場は文化にも影響を与えており、これが登場した頃から世の中がすべてインスタントになってきて、創作の分野などでも安直な作品が増えてきたように思えます・・・なんて文化論も語れたりするのが、この食品の影響力の大きさでもあるのだが。

 

12/3 所さんの目がテン!「酔っぱらいの科学」

 こんなテーマを科学するのはこの番組ぐらいだろう(笑)。

 まず番組では上機嫌に酔っぱらったサラリーマンを捕まえるところから始まっている。帰宅する彼を追跡したところ、電車の中で寝てしまうは、途中で神社の境内で横になるわとてんで滅茶苦茶なことをするのだが、それでも午前3時になんとか帰宅している。そこで翌朝、出勤途中の彼を捕まえて昨晩の映像を見せたところ、全く覚えていないという。記憶は完全に飛んでいるのに、なぜ家には帰られるのか。

 それは帰宅ルートのような長期記憶は測頭連合野に記憶されるのに対し、短期記憶は前頭前野に記憶され、前頭前野はアルコールの影響を受けやすいのだという。実際、被験者に飲酒してもらっての試験では、明らかに短期記憶の低下が見られ、前頭前野の働きが悪くなっていたという。

 また酔っぱらうと陽気になる人が多いが、これは快感物質であるドーパミンが分泌されることと関係が深いと思われるとのこと。また酔っぱらうとノルアドレナリンも分泌されるが、この影響で筋力が上がったり、反射神経が増すという。ただしこの効果はビールジョッキ1〜2杯ぐらいまでで、それを超すとヘロヘロになるとのこと。

 また二日酔いはアセトアルデヒドの影響だが、これの分解を助ける物質として、番組では唐辛子のハバネロを実験。二日酔いのサラリーマンがこれでシャキンとしたという。カプサイシンの効果によって肝臓の血流が増加し、それがアセトアルデヒドの分解が促進されたという。

 以上、酔っぱらいについての科学だが、なんかあまりに飲んべえの肩を持ち過ぎと違うか? ノルアドレナリンの話なんて、一つ間違うと「酔った方が運転はうまくなる」なんて言い出す馬鹿が出かねない。今回の番組を企画した人物は飲んべえと見える。

 なお酔っぱらいが筋力が上がるということは昔から言われており、筋肉に対するリミッターがはずれるのではないかとの説がある。それが本当なら、調子に乗ると筋肉を損傷してしまう可能性も高いと言うことである。やはり酒はほどほどにがよろしいようで。

 ちなみに私はアルコールが全く駄目な人種です。私にとってアルコールは、単なる頭痛発生薬品でしかありません。

 

11/26 所さんの目がテン!「イチョウ」

 イチョウは生きている化石とも言われており、太古より姿が変わっていないという。日本には遣唐使によってイチョウが持ち込まれたとされており、その名前の由来は中国名の「鴨脚樹(ヤーチャオシュー)」からとられているとか。

 なおイチョウは紅葉の時に黄色くなるが、赤くなる木は葉の根元に出来た離層で葉に残った糖がアントシアニンに変わるのに対し、イチョウは離層が出来る前にありったけの糖を木に移してしまうので、黄色い色素のカロテノイドだけが残るのだという。これはありったけのエネルギーを残そうというイチョウの生き残り戦略だという。

 現在、ヨーロッパにもイチョウはあるが、これは日本から江戸時代に持ち込まれたものだという。当時はぜんそくの薬として注目されたが、現在はアルツハイマー病に効果があるとして注目されている。元々は血流の改善薬として40年前に認証されたのだが、最近はラットでの実験によって海馬の細胞の再生に効果があることが確認されたという。とは言うものの、同じ効果が人間で確認されるとは限らない。

 なおイチョウといえば、銀杏、銀杏といえばあの強烈な臭いだが、あの臭いは動物に食べられることを避けるためだという。この臭いは普段食べる胚乳ではなく、その周囲の外種皮が発しており、木になっている時には臭いはしないのだという。生産農家では洗濯機で洗うことでこの外種皮を落としているという。なお番組では銀杏を動物に与える実験をしているが、サルやタヌキやネズミは確かに避けたが、アライグマは問題なく食べてしまった。アライグマにはこの臭いは効果がないようだ。もっともイチョウの原産地にはアライグマはいないので、アライグマを避ける必要はないとのこと。ちなみに銀杏にはアレルギー成分が含まれるので、あまり食べ過ぎると体に良くないので注意とか(1日に4個ぐらいしろとのこと)。

 というわけだが、そもそもイチョウが何のために日本に持ち込まれたのかが説明がなかった(やはり漢方薬だろうか)。雑多な情報が網羅されていたが、ほとんど役に立つ情報はなかったのは例によってこの番組らしいところ。

 ところで次回のテーマは酔っぱらい。こんなものをテーマに扱う科学番組って、これぐらいだろうな(笑)。これから年末になると多く出没するのがこの酔っぱらいだが、酔っぱらいのあしらい方でも教えてくれ。

 

11/19 所さんの目がテン!「綿」

 今回衣料品として最もよく使われている繊維である綿について。

 綿といえば綿花であるが、名前に反して綿は実である。だから中には種が入っている。これを糸にする時は、まずは種を取り出してそれから繊維を紡いでいくのだという。綿の繊維はあまり長くないのだが、元々ねじれがあるので、それをよじって紡いでいくことで丈夫な糸になるのだという(絹が一本の糸なのとは対照的だ)。

 さて何でも数えることが大好きなこの番組では、早速数えることから始めている。まず最初は1つの綿花からどれだけの長さの糸が採れるかというもの。結果は95メートルという数字。もっともこれは20番手という太さの糸の場合で、これが変わると当然ながら長さも変わる。

 次は紳士用のLサイズのTシャツをほどいて、その糸の長さが5600メートルだったなんてこともやっているのだが、これは手間をかけた割には全く無意味な企画(笑)。佐藤アナが「綿花1個の重さと糸の長さは分かってるんだから、Tシャツの重さを割ればすぐにでる」と言っているが、確かに概算するだけならその通り。ただこの場合、糸の太さを考えてませんので・・・。まあどちらにしても、ほとんど意味のない企画。まあこの番組らしいが。

 で、ここで綿の吸収力の秘密が説明されるのだが、それは綿の繊維の中央に穴が開いているからだとか。直径60センチのマンホールのふたにまで断面拡大したとしたら、穴は直径25センチになるとか。

 さらに続くのはこれまたこの番組らしい企画。せんべい布団を打ち直して蘇らせようと言うもの。フリーターの下宿から調達した5年もののせんべい布団(厚さ3センチにまでなってしまっている)を布団屋に持ち込んで打ち直したところ、見事に厚さは27センチにまでなったという内容。基本的にへたった布団は繊維が絡み合っている状態になっているので、それをほぐせば復活するという理屈。しかし最近増加しているポリエステル綿ではこれは出来ない。それに布団の打ち直しって、結構金がかかるんです。昔みたいに綿が貴重な時代はともかく、今はポリエステル綿の安い布団があるので、現実には打ち直しする人ってほとんどいないのでは。なお番組ではここのところは「ビフォーアフター」の音楽をBGMに使いまくっていた。良いのか? そう言えば、前々回も「徹子の部屋」のパロをしていたな・・・この番組は何でもありらしい(笑)。

 最後は綿の種の殻にあるキシロース(糖の一種)を取り出して、綿を原料にした綿菓子を作ろうというもの。しかしこれも手間のかかっている割には意味が・・・(笑)。

 全く意味のない企画に思いっきり手間をかけるというのは、いかにもこの番組らしいところ(笑)。以前より言っているように、この番組の主旨は「ああ素晴らしい無駄知識」としか言いようがないから(笑)。なお誤解のないように言っておきますと、私はこの番組のことけなしてるんじゃないですので・・・。私はこういうのは好きですから。好奇心というのは科学の原点ですので。

 

11/12 所さんの目がテン!「温泉」

 今回のテーマは、今人気の温泉について。そう言えば最近は私も温泉巡り始めたな・・・。

 日本には3000以上の温泉があるとのことだが、まずは温泉の定義であるが、源泉の温度が25度以上であること、19種類の特定成分の1種以上が規定量以上含まれているのどちらか一方を満たせば良いのだとか。こうして考えると、地下を掘って水が出てきたら、温泉にならない事例の方が少ないような・・・。だから全国で3000ヶ所も温泉が出来るわけである。

 番組では代表的な温泉として3つを取り上げている。

 まずは有名な草津温泉。この草津温泉の特徴はpH1.9とかなり強い酸性であること。番組では源泉にコクリートの固まりと包丁を一週間浸す実験をしていたが、コンクリートの表面は溶け、包丁の刃はボロボロになっていた。このように強い酸性の湯であるために、草津の湯に入ることで皮膚の殺菌効果があるのだという。ただ入りすぎると皮膚に有用な細菌まで根絶してしまうので、長湯をしないことが重要だそうな。強酸性泉の正しい入り方は 1.入浴時間は3分ぐらい。2.あがり湯をする。3.石鹸は不要。 だそうな。同様の強酸性泉は蔵王温泉や玉川温泉があるとか。

 2つ目は大分の長湯温泉。屋根のないビニルハウスのような所に31度程度のぬるい湯が入っている。ここの湯の特徴は炭酸ガス濃度が高いことで、皮膚から吸収された炭酸ガスが血管拡張効果を起こすので、湯の温度が低いにもかかわらず身体がポカポカしてくるのだという(浴槽が開放系になっていたのは、室内だと窒息するおそれがあるからだろう)。このような炭酸泉の正しい入り方は 1.入浴時間は15〜20分(ただし水分補給をすること)。2.あがり湯はしない。3.石鹸不要。 なお番組ではこの湯を使ってラムネを作るというどうでも良いことまでしている(笑)。

 3つ目はいわゆる美肌の湯。紹介したのは飯山温泉。このような美肌の湯の特徴は強アルカリ性ということで、飯山の場合はpH10.25だったとか。アルカリ性であることで皮膚の油脂と石鹸のようなものを作ってスベスベするという仕掛けである。番組ではこの湯で洗濯が出来るかという実験をしているが、確かにただの湯よりは汚れを落とす効果があるという。なお強アルカリ泉の入浴法は、 1.入浴時間は5分ぐらい。2.あがり湯はしない。3.石鹸は不要。 ということで、要は温泉には石鹸はいらないようだ。同様の温泉は白馬八方温泉、美又温泉、湯布院温泉などがあるという。なお私が最近に行ったシルク温泉もアルカリ泉であった。

 以上温泉について・・・だが、あまり特別に新しい知見はなかった印象。特別に温泉マニアでなくても、このぐらいは常識として知っている人も多いのでは。まあこの番組の場合、それを逐一実験で見せてくれるのは面白くはあるが。

 

11/5 所さんの目がテン!「タマネギ」

 紀元前から食用にされているというなじみ深い野菜であるタマネギについて。なおタマネギは今が旬らしい。

 まずは恒例の産地訪問。すると産地ではタマネギを収穫せずにそのまま畑に寝かせている。こうする方が甘くなるのだという。そこで番組では食べ比べをしているのだが、確かに加熱した状態では寝かせた方が甘いと答えているが、生では寝かせない方が甘いという答えが。そこで糖度計で調べると、寝かせていない時は6.8だった糖度が、寝かせると11.7と明らかに糖度が上がっている。しかし生の時にはそれを感じなかったのは、寝かせたタマネギにはプロパンチアールSオキシドという辛み成分が1.5倍も増えていたのだという。つまり辛み成分が増えたので、甘みを感じなかったのだという。なおこの成分は加熱で分解するので、加熱すると甘みを感じたのだとか。またタマネギが寝かせると甘みが増すのは、発芽のためにデンプンを糖に変換するからだという。

 次はタマネギの匂いに眠りを誘う働きがあるということについて。実際に保育園にタマネギ入りのクッションを持ち込むと、いつもはなかなか昼寝をしない園児たちが、30分後にはぐっすりという結果に。実際に矢野氏が被験者になって、タマネギ匂いをかいで脳波を測定したところ、10分後ぐらいに眠りを表すシータ波が増えたという。矢野氏の談によると「最初はくさいと思ったのだが、そのうちに眠ってしまった」とのこと。何の成分が効いているのかという具体的なところはまだ明らかではないが、タマネギの匂いに副交感神経を刺激する成分があると考えられるとのこと。

 最後はタマネギの皮について、この皮から抽出した溶液には、ケルセチンというポリフェノールの一種が含まれており、紫外線を遮断する効果があるとのこと。番組の実験では日焼け止めクリームより効果があったとしている。ただし、肌にあわない場合はすぐに水で洗い流してくれとのこと(これは当然)。

 以上、タマネギについて。役に立つような立たないような微妙な知識のオンパレードである(笑)。なお番組冒頭のいつものショートコント。徹子の部屋のパロをやっていたのだが、良いのか?よその局なのに。

 

10/29 所さんの目がテン!「和栗」

 最近ブームの和栗(と言われてもピンと来なかったのだが、よく考えてみると最近は「和栗の○○」という表示が増えている)。今回はそれを特集するとのこと。

 そもそも栗には3品種あり、和栗と中国栗(天津甘栗で有名)と洋栗だという(この中で洋栗は日本では皮の付いた状態のものは入手できず、冷凍して皮をむいた状態で入ってくるとのこと。検疫の関係か?)。

 まず番組で登場するのは栗が落ちる瞬間という意味のあるようなないような映像。栗のイガにはスポンジ状の物質があり、それが水を吸収することで膨張し、栗の実(正確には種だが)が押し出されるのだとか。

 では和栗の特長だが、これは和栗と洋栗で栗ご飯を作って比較している。和栗の方が香りが強いという。和栗にはサツマイモにも含まれるメチオナールという成分と、果物などに含まれる甘い香りのフラノンが含まれているとのこと。もっとも番組でも言っていたが、洋栗は皮をむいた状態で入ってきているので、洋栗の匂いが薄いのはそれが原因のような気がする。

 ここで番組ではちょっとした仕掛けをしている。ジャガイモを使用してモンブランを作り、それに和栗の香り成分だけを加えたのだという。すると被験者6人は全員だまされたと言う結果に。で、このモンブランを所氏も試食したのだが、所氏がモンブラン自体が嫌いだったとのことでこれは完全に不発。

 次は和栗の渋皮をむきにくいという欠点について・・・・なんだが、これが先日のガッテンと完全にネタがかぶってしまった。最近に開発された新品種のぽろたんを紹介していた。この番組らしいところは、このぽろたんの皮むきビデオを、このシーズンになると毎日2〜3時間は栗の皮むきに追われているという新米料理人に見せているということ。ただ残念ながらこの栗が製品化されるのは5年後ぐらいとのことなので、その頃になると彼はもう下ごしらえからは解放されているのでは?

 最後は樹齢800年という栗の巨木が登場。日本人は縄文時代から栗を食べていたという話になる。番組では縄文時代に食べていたという栗と椎の実をすりつぶして卵や山芋を混ぜて焼いたという料理を再現していたが、所氏によると「まずい」とのこと。こりゃ、縄文土器で単純に栗を蒸した方が正解だったのでは(ガッテンではこれを紹介していた)。

 以上、季節柄ネタが完全にガッテンとかぶってしまったのが辛いところ。特にぽろたんの映像は初めて見ると衝撃的なだけに、先を越されてしまっては辛い。

 

10/22 所さんの目がテン!「こんにゃく」

 こんにゃくはこんにゃくいもから作られるが、このこんにゃくいもは土中で3年かけて太らされるという手間のかかるもの。なお生のこんにゃくいもにはシュウ酸が含まれているので、とてもそのままでは食べられるものではないという(舌が痛いと言っていた)。このこんにゃくいもからこんにゃくを作る際には、スライスして乾燥させられるので、この時に熱に弱いシュウ酸は分解されてしまうのだという。そしてこれは粉末にされて保存されることになる。こんにゃくにする時にはこの粉を水で溶いてから、海草の粉末などを入れて黒くし、これに石灰を加える固まるのだとか。

 なおわざわざ黒くしている理由だが、昔はこんにゃくいもを皮ごとおろして使用していた上に、灰などを加えていたのでこんにゃくが黒くなったのだという。今は黒くする必要性はないのだが、昔からこんにゃくを作っていた地域では「こんにゃくは黒いもの」というイメージがあるので、わざわざ色をつけているのだという。番組の調査によると、元々こんにゃくが作られていなかった東北では、白いこんにゃくが使われているという。

 後はこんにゃくを食べたら血液の中性脂肪値が下がったとか(こんにゃくで腹がふくれて食事が食べられないと体験した矢野氏が言っていたのだから、当たり前の結果である)、世界最大のこんにゃくの花であるスマトラオオコンニャクを紹介したり(以前にダーウィンが来たで紹介していたが、とんでもない臭いの花だという)して終わりである。

 こんにゃくの色がわざわざつけているものだとは知らなかった。しかしよく考えてみれば、糸こんにゃくは色が付いていないんだから、こんにゃくが必ず色が付くものではないことは、考えたら分かっても良かったような気もするが。たかがこんにゃくと言っても、意外と知らないことも多いんだと言うことは思い知らされた。

 

10/15 所さんの目がテン!「スズメバチ」

 秋になると被害が増加するのがスズメバチだという。しかも最近は住宅地の近くに巣があったりして、これで命を落とす人も多い。と言うわけで、今回はスズメバチの特集とか。今回は何やら冒頭のヘボいコントもなく、マジモードのようである。

 スズメバチが怖いのはその毒。スズメバチの毒は、マムシやハブなどと同じく、人間の細胞を破壊するタイプの毒だという。スズメバチの毒に含まれるホスホリパーゼという毒を、実際に血液に加えてみると、みるみる赤血球が破壊される。スズメバチは集団で襲いかかる上に2つに分かれた針を交互に切り込むことで、深く刺すことが出来るのだという。またアレルギー体質の場合、たった1匹に刺されただけでも死ぬ場合がある。これがアナフィラキシーショックというやつで、免疫の過剰反応である(実際にこれで死ぬ人が多い)。

 番組ではオオスズメバチの駆除に立ち会っているが、カメラに向かって毒を吹きかけるという光景が撮影されている。この毒は直接に相手にダメージを加えるだけでなく、この毒に含まれている警戒ホルモンが他のハチの攻撃を誘うことになるのだと言う。番組ではラジコンカーにこの臭いのついた濾紙をつんで巣に接近させているが、実際にハチが攻撃をかけてきている。この警報フェロモンに含まれている成分は、2−ペンタノールと3−メチル−1−ブタノール、1−メチルブチル−3−メチルブタノエイトだという。この2−ペンタノールはオレンジジュースなどフルーツ系の香りに含まれているので、ジュースの残りなども危険なのだという。

 なおスズメバチは黒を襲いやすいというが、確かに昼間はその通りだが、夜になると逆に白の方が狙われるとのこと。これはハチがコントラストでものを見ているからだとのこと。なおハチに刺された場合の処置としては、まず毒を絞り出す(この時に口で吸い出さずに、手で絞って絞り出すこと)、その後は水洗いをして、直ちに病院に行けとのこと。またスズメバチに遭遇した時の対処としては、頭を手で覆って姿勢を低くし、下を向き(上を向くと目を狙われる)、ゆっくりと5メートルほど後ずさりしろとのこと(素早く動くとハチを刺激してしまう)。ハチも最初からむやみやたらにこっちを攻撃するつもりがあるわけではないので、攻撃を誘わないことが大事なのだという。

 以上、今回はいつもよりもマジモードでの内容。さすがにネタがネタだけにあまりふざけたことも出来なかったのだろう。しかし内容的には実用的で良いと感じた。スズメバチは牛でさえ倒すなどという話もあるぐらいで、かなり危険な動物であるので気をつけるように。何よりも巣を見つけたら絶対に近寄らず、専門家による駆除を依頼するのが大事である。

 

10/8 所さんの目がテン!「内臓脂肪」

 最近話題になっている内臓脂肪。これは腸の回りなどの内臓に蓄積する脂肪で、脂肪細胞から出るホルモンが高血圧や高脂血症などの危険を招くと言われている。

 この内臓脂肪の落とし穴は、見た目や体重からは太っているとは思えない人でも、内臓脂肪がかなり蓄積している例があるということ。これがいわゆる隠れ肥満というやつである。また一般に、女性は皮下脂肪が蓄積しやすく、男性は内臓脂肪が蓄積しやすいという。

 またこの内臓脂肪の特徴としては、短期間でつきやすいというものがある。番組ではある男性に3日間好きなものを食べてもらって、運動は全くしないという生活をしてもらったところ、内臓脂肪面積が27.2から32.0にまで大幅に増加したという。

 しかし短期間で増えるものは逆に短期間で減らすことも出来る。減らすのに有効なのは運動である。運動によって分泌されるノルアドレナリンが、脂肪細胞の表面の受容体に結びつくことで、脂肪の分解が開始されるのだという。この状態の数が内臓脂肪の方が皮下脂肪よりも3倍もあるので、内臓脂肪は減りやすいのだという。番組では4人を2組に分け、1組は食事制限はなしで運動をしてもらい、もう1組は運動なしで食事制限をしたところ、共に体重は減少したものの、食事制限のみの組では内臓脂肪が落ちずに筋肉が減少していたのに対し、運動の組では内臓脂肪が減少していたとのこと。

 というわけで、内臓脂肪を減らすためには運動をしましょうという内容。全くもってその通りで、特に言うべきこともありません。今回の内容は殊更に新しい知見を出すと言うよりも、既に知られている内容を分かりやすく実例を示して紹介したという内容。おかげで地味な印象がありましたが、まあこれで良いのでしょう。とにかくインチキなダイエットや食品の宣伝をしなかったのが一番です。

 

10/1 所さんの目がテン!「ナス」

 秋と言えばナスの季節だが、今回のテーマはナス。

 まずは毎度のように産地訪問から。矢野氏が栃木県の真岡市のナス農家を訪れている。ここで紹介するのが「ボケナス」。実はボケナスというのは、日陰になって日光が当たらなかったために色がぼんやりしてしまったナスのことを言うのだとか。ナスが濃い紫色になるためには日光が不可欠とのこと。だから農家ではナスの苗をV字仕立てにしてよく日光が当たるようにしているのだという。日光が当たることで実の中のブドウ糖がナスニンという色素に変わることで、紫外線から実を守るのだとのこと。

 そこで番組ではナスの実に光が当たらないようにして白いナスを作ったり、精霊馬用にブチ模様のナスを作るなんて言う悪ふざけをしている。これに対しての所氏の「これだとホルスタインじゃん」というツッコミはまさにその通り。昔の牛車を引いていたのはホルスタインではないはずである(笑)。

 次に出てくるのはナスの選択について。どうも巷では傷ナスが避けられるようだが、番組の実験では傷ナスの方がポリフェノールが多かったという。傷が出来ると雑菌を防ぐのに内部でポリフェノールが生成するのだとか。というわけで、賢い主婦は安くなった傷ナスを買いましょうというお話。そもそも焼きナスとかにしてしまったら、皮に傷が付いていても関係ないし。またナスといえば麻婆茄子がイメージに浮かぶが(個人的には焼き茄子しかイメージにないのだが)、これはナスの組織に空洞が多いので味が良くなじむとか。

 最後は、秋ナスは嫁に食わすななどと言うが、その語源について。3人の女性にハムとタマネギとナスを同じカロリー分食べてもらった実験では、ハムやタマネギだと体温はほとんど変化しないが(若干の上昇ぐらい)、ナスの場合は食べるとトイレに行きたくなる女性が相次いで、結果として足が冷えたり体温が低下するという結果になったという。これはナスには大量のカリウムが含まれるので、利尿効果が高いのだとのこと。だから秋ナスは嫁に食わすなというのは、身体を冷やしやすいので注意という意味だとの結論。

 以上、ナスについて。最後のナスが身体を冷やすと言うことは聞いていたが、それが利尿作用によるものとは考えていなかった。また傷ナスの方がポリフェノールが多いというのは面白い結果。やはり人間でも何でも、温室で過保護に育てられたものはいけないと言うことか。そう言う点では、最近の日本の総理は二代目のボンボンばかりだから不安である・・・って話が横道にそれてしまった。 

 

9/24 所さんの目がテン!「パーム油」

 最近、食用や洗剤用として需要が増えているパーム油。近年では大豆油を抜いて、世界で最も生産されている植物油になったという。しかしその割には日本での知名度は低い。と言うことでパーム油を紹介するとか。

 まずパーム油だが、これはヤシからとられる油である。しかしここでのヤシは我々がイメージするココヤシではなく、アブラヤシという種類。このヤシの実は細かい房がついており、これを絞って油をとるのだとか。なおこの番組らしいところではあるが、この実の数を数えている。3000個以上あったとのこと。

 アブラヤシが実をつけるのに不可欠なのがゾウムシという虫だという。この虫は花粉を食べる虫だが、そのために体中に雄花の花粉をつけることになる。そして黄色いに雌花に惹かれ(黄色に惹かれる習性があるらしい)、受粉完了となるとのこと。ちなみにこのゾウムシはアフリカに住んでいる虫で、またアブラヤシもアフリカの原産。どちらもマレーシアに栽培のために導入されたのだという。油の多いアブラヤシの実は、多くの動物が好んで食べるとのことだが(人間にはうまくないらしい)、農園で一番問題になるのがネズミだという。そこで農園ではフクロウやコブラなどを飼っているのだとか。

 また絞りたてのパーム油は元々赤い色素を含んでいるので赤い色をしているという。これが精製の過程で高温処理をすると黄色くなるのだとのこと。またパーム油は20度ぐらいの室温で放置すると固まる性質があるが、これはパーム油が植物油でありながら、豚や牛の脂と同じ飽和脂肪酸を50%も含んでいるからだという。パーム油はこのように常温で固まるので、これを使って揚げ物をすると、時間がたっても衣がサクッとするという効果が出るのだという。

 と言われると、肉屋が揚げ物にラードやヘッドを使っているのを思い出した。手軽に入手できることや、コクがつくことなどが理由だが、こういう効果もあったのだろう。しかしここで気になったのは、飽和脂肪酸が半分も含まれているということは、一般に植物油で言われる健康効果というのがないことだと言うことになるのだが・・・・番組ではここの部分へのツッコミはなし。まあそりゃそうだろうが。

 なお番組で訪れたパーム油の農園はジャングルの奥に切り開かれていたが、実はこれが現在環境破壊で問題になっていたりするのである。宇宙船地球号などにも登場したが、環境に優しいはずのパーム油洗剤が、一方で環境を破壊していたという皮肉である。

 ちなみにパーム油については、食用だけでなくバイオ燃料として使用しようという動きもあると聞いたことがあるが、現状では食用だけで一杯一杯でとても燃料にまでは回せないのでは?

 

9/17 所さんの目がテン!「藍染めの科学」

 日本古来からの青色染料として用いられているのが藍。この藍とはタデ藍と言われる植物から取り出される染料。番組では藍染めの産地である徳島に行って藍染めについて紹介している。しかし藍染め染料はどう見ても藍色ではない。染師の元を訪れると、最初に生地を染め液につけた時には緑色の感じなのだが、それが空気に触れるうちに見る見る青く変わっていっている。タデ藍の葉の中にはインジカンという無色の物質があるのだが、それが作業の過程で酸化するうちにインジゴという色素に変わるのだという。藍染めではこの液に何度もつけることで色の調整をするのだという。実際に、染めの程度よって無数の色が存在している。

 なお、戦国時代の武将には鎧の下に藍染めの下着を着けていた者がいるというが、これは藍に消臭効果があるためだという。番組では藍染めをしている部分としていない部分の半分になったTシャツをつけて、後で汗の臭いがどう違うかをテストしている。すると汗をかいた直後から藍染めの方がやや臭いが弱いが、本領が発揮されるのはそれを3日間放置した後。藍染めをしていない方はとんでもない臭いになっているのに対して、藍染めの方はさほど臭いが強くなっていないという。藍には体臭の元になる黄色ブドウ球菌の繁殖を抑える抗菌作用があるのだとか。ちなみに徳川家康は藍染めのふんどしを着用していたという。

 しかしこの藍、実は戦争の時に絶滅の危機に瀕したのだという。食糧増産を最優先する馬鹿軍部が藍の栽培を禁止したのだという。その時に17代目の藍師である佐藤平助氏が、国の禁を破って山間の畑で密かに藍を栽培して守ったのだという。戦後はこの佐藤氏の畑から得た種が全国に広がったとか。ちなみにこの佐藤氏の孫が現在も藍師になっているという。

 以上、日本の伝統藍染めについて。それにしても馬鹿軍部に国を仕切らせていたら、こんな伝統までも根絶やしにされそうになったというエピソードまで登場している。次期総理と目されている安部氏によると、こういう馬鹿な戦争をする国が「美しい国」だそうだが。

 なお所氏も番組中で言っていたが、臭いセンサーだけで見てればいいのをわざわざ臭いをかいでみるってのが、意味は全くないのだがこの番組らしいところではあったりする・・・。

 

9/10 所さんの目がテン!「パパイア」

 南国の果物のパパイア。これは原産地は中南米とのことだが、沖縄ではかなり栽培されているとか。しかしこのパパイア、種のあるのとないのとがあるという。パパイアには雄花と雌花と両性花というのがあり、雄花から雌花が受粉して結実した場合と、両性花が自家受粉した場合には種が出来るのだが、雌花が受粉せずに実を結ぶ単為結実というケースがあり、この時には種が出来ないのだという。ちなみに種があるかないかは割ってみないと分からないとか。

 またパパイアには黄色いのと青いのがあるが、果物として食べられる黄色いものに対し、青いものは野菜として食べられており、沖縄ではこちらの方が消費が多いという。番組ではこのパパイアを使用した料理を紹介しているが、刻んだパパイアを肉や野菜と炒めるだけなので、料理が皆目駄目な佐藤アナでも作れている(以前よりは包丁の使い方にぎこちなさが減っている気がしたが、少し練習したのか?)。

 なおパパイアをもいだ時には白い汁が出るが、これにはタンパク質分解酵素が含まれており、肉などを軟らかくする効果があるという。またこの酵素は皮にも含まれており、番組ではこの皮を入れた石けんを作り、これで身体を洗えば余分な角質がとれてお肌がツルツルになどと言っている。

 以上、番組はここまでなのだが、このパパイア石けんには要注意。番組でも「使いすぎると肌が溶けすぎてよけいにカサカサする危険がある」とは言っているが、それ以前に、この成分は人によっては強烈なアレルギーを起こす可能性がある。というのは、酵素というのはそもそもそれ自体がタンパク質であり、アレルギーは異種タンパクに反応するからである。もし肌が赤く腫れたりかゆくなったりしたら絶対にさわらないように。一般に南国系の果物はパイナップルなども含めてタンパク質分解酵素を含んでいるものが多いが、これがアレルギーの元になる。医師の中にも「体質の難しい人は、南国系の果物には手を出さない方が良い」と言っている人もいるとか。

 人によってはパイナップルを食べると唇が腫れるという人もいるし、キウイフルーツなどでも強いアレルギーを起こす人がいる。そういう人は絶対に試さないように。それだけは要注意である。これは番組で触れておく必要のあることだと思うのだが・・・・。

 

9/3 所さんの目がテン!「酸素の科学」

 今回はパパイヤの予定だったのだが、急遽酸素に変更になった模様。

 さて酸素と言えば、人間が生きていくためには必要不可欠なものだが、番組ではこの酸素がなくなるとどうなるかと言うことを人体実験している。番組ディレクターに低酸素室で暮らしてもらい、1時間ごとに2%の割で酸素濃度を下げてどうなるかという実験。酸素濃度が16%台になったところで、被験者は大あくびをして横になったところで実験中断。被験者によると頭痛がするとのこと。このとき、体内の酸素濃度は90%を切っており、酸素不足になっていたとか。

 なお酸素不足になると頭痛になる理由だが、脳の酸素が不足するため、血管を拡張することで脳に届く酸素を増やそうとするからだという。高地に人間の場合、酸素を運搬するヘモグロビンが増加するという現象が起こる。番組でも低酸素室で5日間寝てもらったところ、ヘモグロビンが増加するという効果が確認されたという。これがマラソンなどの高地トレーニングの原理である。

 最後は酸素が使用されている例として、ステンレスが紹介される。ステンレスは表面に薄い酸化物の皮膜が出来ることで、それ以上酸素が中に進入しないようにしている。だからこの酸化皮膜をヤスリなどで削るとさびてしまう。同様の酸化皮膜はアルマイトなどでも生成しているという。

 以上、酸素について。なお番組途中で酸素バーや酸素カプセルなども紹介され、酸素バーに行った人達が「すっきりした気がする」などと言っていたが、まさにあれは「気がするだけ」。通常の生活をしている限り酸素バーにはなんの効果もなく、下手をすると逆効果があります(私の本を読んでいただけると書いています(笑))。番組ではこれらを紹介はしていたが、なんの評価もせずにただ流していただけだったというところに、何となく制作者の良識を感じた。多分、効果なしと断定するといろいろと問題があるので、特に宣伝はしないという形式にしたのだと感じる。これが「あるある」だったら、いかに酸素バーが身体に良い効果があるかを宣伝しまくったはずである(現にそういう回があったのだから)。

 それに番組冒頭では酸素水なんてものがちらっと出たが、あれも番組中では全く触れなかった。酸素水にしても、酸素がどれだけ水に溶けるか(ほとんど溶けない)、胃腸は基本的に酸素は吸収しないし、もし吸収があったところで肺から吸い込む酸素量と比較した時、効果が現れるはずがないという意味で、あれも「気のもの」です。科学に対する心得のあるものなら、こんなものは絶対に推薦はしない。

 

8/20 所さんの目がテン!「水生昆虫」

 今回は夏の自由研究として水生昆虫を扱うとか。

 昔はそこら中の田んぼにゴロゴロいた水生昆虫だが、今ではほとんど見かけなくなり、ゲンゴロウなどは準絶滅危惧種に指定されているという(田んぼの農薬の影響だろう)。まず番組ではアメンボの生態から紹介している。

 アメンボといえば、水の上を歩くことで有名だが、あれが可能なのは足の先に毛が生えていてそこに油が分泌されて水をはじくから。だからアメンボの浮かんでいる水面に洗剤を垂らせばアメンボは水に浮いていられなくなり沈んでしまう。しかしそうなったアメンボも、外で10分ほど置いておけば、自ら足に油を出してまた浮くようになるという。

 さらにアメンボは流水の上でも保留走性といって同じ位置を保とうとするのだという。これは餌を取りやすい位置にとどまろうとする習性だが、この時にポイントになるのは視覚だという。彼らは周りの風景を見ながら自分の位置を確認しているとか。

 さて次はゲンゴロウだが、都会の護岸工事がなされてしまった川では陸に上がってさなぎになることができないので見つけることができないとか(ホタルなども同じ理由でいなくなっている)。そこで番組では無農薬で稲を栽培している田んぼに矢野氏が出向いて、ゲンゴロウ採取に挑戦している。なんとか無事にゲンゴロウを捕まえたところで、その生態紹介となる。

 ゲンゴロウの潜水時間を測定したところ、5分27秒。ゲンゴロウは空気が不足すると水面におしりを突き出す行動を取るが、これは羽の裏に空気をためるスペースがあり、そこに空気を補充しているのだという。

 最後はタガメ・ミズカマキリ・マツモムシ・ゲンゴロウで潜水深度実験。実験の結果、2メートルの実験装置の底まで潜水したゲンゴロウが一番という結果に。

 以上、いかにも夏休みの自由研究という内容(笑)。個人的には番組中で登場した学研の図鑑が異様に懐かしかった。あのシリーズは私が理系を志した原点ですから・・・。ところでこの番組の内容をそのまま自由研究にしてしまう子供がいたら恐ろしいが、全国でそういう横着な子供が何人かはいるような気がする・・・・。先生はこの番組を見てるんだろうか?

 

8/13 所さんの目がテン!「氷の科学」

 今回のテーマは夏にあわせて氷。氷と言えば簡単に融けるものだが、番組ではなかなか融けにくいスーパークールロングライフ氷を制作するといっている。

 氷の温度を下げると言えば、塩を加えると0度以下になるということが有名だが、これは塩が氷を融かすときに周囲の熱が奪われるので氷点下に温度が下がるのだという。しかしこれでは氷が融けてしまう。で、番組が考えた方法は? となるわけだが、番組では製造法よりも先にその実力の証明からはいる。

 実験は至って簡単、窓もない4畳半という東京の貧乏下宿を舞台に、このスーパークール氷と普通の氷を置いて、扇風機を組み合わせることで部屋を冷やそうという試み。スーパークール氷の方は翌朝まで氷が残って涼しく過ごせたのに、普通の氷だと夜中に氷が融けてしまって安眠できませんでしたという結果。

 で、ここでいよいよこのスーパークール氷の作り方になるのだが、なんてことはないドライアイスで氷を冷やすと言うだけの話。この方法で氷の温度が氷点下80度まで下げられるので、冷蔵庫などで作った氷点下数度程度の氷よりは遙かに融けにくくなるということ・・・・はっきり言って、ネタばれしてしまったらきわめて当たり前の話である。

 ただこの氷のメリットは、たとえば部屋が暑いからと言って部屋の中にドライアイスなんて置いて寝たら、酸欠になって命に関わるが(危険なので絶対にしないように。実際に車の荷台に入っていた保冷用のドライアイスで窒息死した事例もあります。)、氷だとその危険がないということ。

 このネタだけだとさすがに弱いと感じたのか、番組ではさらなる方法も調査。まず1つは氷の結晶を大きくすること。氷が融けるときは結晶の境界からも融けるので、結晶が大きくなると融けにくくなる。番組では秩父の天然氷が融けにくいということを実験で示しているが、秩父の氷のポイントは時間をかけてゆっくりと凍ったということ。そこで番組では湯冷ましの水(空気を抜くためである)を製氷器に入れ、これをタオルでくるんでゆっくり冷やすという方法を提案している。

 もう一つの方法は氷を丸くするということ。球は体積からすると表面積が最も小さいので有利になるという仕掛け。

 番組では以上の方法を組み合わせた氷を作成し、これをシロクマの檻に入れたところ、普通は1日以内で融けて無くなる氷が翌日まで残ったとしている。

 ある程度科学を知っている人間なら、「そんなもの全部当たり前じゃん」という内容だが、一般人に対してはこれでも感心する内容なのだろう。ただ後ろ2つの方法はそう劇的に効果があるというほどでもないように見えたのがなんだが。ちなみに今回の前の2つは「氷屋の氷が融けにくい理由」でもあります。実際、喫茶店などでも氷屋の氷を使用している店のかき氷は溶けにくいが、普通の冷蔵庫で作った氷なんかを使っている店のは、出てきたときにすでに半分融けかけているなんてことが多いんですよね。そして最近はほとんどの店のがそうです(多分、製氷器で作った氷を使ってるんだろうな・・・)。

 

8/6 所さんの目がテン!「花火」

 今回のテーマは花火。番組の目玉はスタジオ内で打ち上げ花火をあげるというもの。その花火とは産業技術総合研究所(いわゆる産総研)の研究員である松永猛裕氏が開発中のもの。彼の打ち上げ花火とは直径1センチの花火を1.2メートルの高さに打ち上げるというもの。

 ただ単純に小さい花火と言っても簡単ではないと言う。問題は 1.花が開かない。 2.色が付かない 3.思った高さに上がらない などがあったという。

 花が開くことに関しては、花火の中には割り薬という火薬が回りにある星を飛ばし、この星が燃えながら散ることで花が開くことになる。しかしこの割り薬の配合が非常に微妙だったのだという。これだけで1年かかったという。

 色については金属を混ぜることによってつける。ちなみに江戸時代の花火は色が付いていなかったとのことで、色が付くようになったのは明治以降とか。これについても金属の配合が多いと燃えないし、少ないと色がつかないということで、微妙な配合になったという。

 最後の打ち上げの高さであるが、これは花火玉が小さいため、微妙な形の差やその他で高さが全く揃わなくなってしまうのだとか。

 で、結局の所、これの開発に5年を要したという。番組中で打ち上げを行い見事に成功・・・なんだが、一瞬星が散っただけという印象で、これが打ち上げ花火と言われても・・・・。 

 

7/30 所さんの目がテン!「旭山動物園」

 日本最北端の動物園である北海道旭川市の旭山動物園は、今や夏の入場者数は上野動物園を凌ぐという大人気動物園になっている。

 旭山動物園の人気の秘密は、普段見られない動物の姿を見られること。その一つは立体展示というもので、例えばペンギンの水槽では観客はまず水槽中のガラス通路の中から水中を飛ぶペンギンの姿を見られ、次に水槽の横から地上に上がる姿を、そして最後に水槽の上から地上の姿を見られるという仕掛けになっている。

 この立体展示ができる秘密の一つが旭山動物園の構造。旭山動物園はその名の通り旭山と呼ばれる山の斜面にあり、高低差は最大で44メートルものあるという。従来は不利な条件であるその斜面を利用して、逆に観客が下から上に上がっていくことで順番に動物のあらゆる姿を見られるようにしたのだという。

 また旭山動物園では動物の習性を利用した行動展示も行っている。例えば白クマの水槽では、白クマからは観客が餌などのように見えて、観客向かって白クマが水中にダイブする姿が見られるという仕掛けになっている。またオランウータンの檻では、オランウータンが17メートルもの高さの塔を渡って餌を取りに行くという光景が見られる。なおこのような展示は、動物の野生の環境に近いので、動物のストレスを低減する効果もあり、繁殖が難しいと言われているオランウータンの繁殖にも成功したという。

 以上、夏休み企画の観光地紹介。旭山動物園については現場の人間の意識改革も重要だったようだが、ある程度の資本を投下したというのも大きい。それがきっかけとなって成功し、成功したからさらに資本を投下できるという好循環に入っているように思われる。

 動物園に限らず、美術館や博物館なども全国で経営に苦しんでいるのが現状。これらの施設ももう少し見せ方に工夫をするなどの集客を図る必要があろう。美術館に関しては、いかにも集客目的見え見えの企画というのは私などには好ましく感じられないが、ただあまりに集客のための工夫をしていないところが多いことも気になるところである。

 例えば、公式ホームページさえキチンと整備していない美術館があるのには呆れる。遠隔地などのファンを引き寄せるには、インターネットでの情報提供がもっとも安価で効果的であるので、その程度の工夫はして貰いたいところ。中には以前にはキチンとしたホームページを持っていたのに、最近の市町村合併によって新しく市のホームページに吸収されてしまって、見る影もないほどお粗末なページになってしまったというような、市町村合併の意義に疑問を感じさせるような例がある。また中には市がページをリニューアルしたら、その時に市立美術館のホームページが以前よりも数段お粗末なものに変えられてしまったという、何のためのリニューアルだろうかと情けなくなる例もある。(なおいずれの例も、具体的なある美術館をイメージしてのものだが、さすがに悪いので名前は伏せておく。前者の例は中国地方の町から市に吸収されたとある美術館、後者の例は四国地方のとある美術館である。)

 

7/23 所さんの目がテン!「韓国・済州島」

 韓国南部の済州島は「韓国のハワイ」と言われる観光地だという。済州島は火山島で最高峰は漢拏山という韓国最高峰の標高1950メートルの山があるという。済州島はホットスポットと呼ばれるマグマが吹き出しやすい位置に存在しており、済州島自体が火山島なのだという。同様のホットスポットはハワイやガラパゴスなどにもあり、こういう点で韓国のハワイなのだそうな。

 また済州島には寄生火山と呼ばれる周辺の火山も多く、全部で360以上もの寄生火山があり、中には海に突き出した城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)のような観光地になっているものもあるという。

 また済州島には黄金色に輝くという溶岩洞窟があるが、これは溶岩が流れた時に出来た洞窟に、貝や砂が堆積してそこから雨で溶け出した石灰分が洞窟内部に蓄積することで黄金色に見えるようになったとのこと。

 さらに済州島は火山島であるので、溶岩の穴にプランクトンの死骸などが溜まって海草が生えやすいので、海産物が実に豊富なのだそうな。

 番組では佐藤アナが眠たい目をこすりながら、漢拏山を登ったり、城山日出峰に出かけたりしているのだが、どちらも雨のせいで景色が全く見えない(自分がどんなところにいるのかも分からない状態)というお粗末。さらに最後には彼女が海女に挑戦して、ウニを捕まえたりしているのだが、果たしてそれにどういう意味があるのだが・・・というわけで完全にバラエティとなっておりました。なんか単なる紀行番組みたいで中味が薄かったな・・・・。別に私は佐藤アナのファンではありませんし。

 

7/16 所さんの目がテン!「韓国・キムチ」

 韓国料理と言えば連想するのがキムチ。日本ではキムチと言えば白菜キムチと大根キムチくらいしか一般的ではないが(しかし日本での生産量が最も多い漬物はキムチだとのこと)、韓国ではあらゆるものがキムチになっており190種類のキムチがあると言われているとか。番組では韓国の一般家庭の食卓を直撃しているが、どこでも必ずキムチは食べている。日本での1年での1人あたりの漬物の消費量(キムチを除く)は5.4キロであるのに対し、韓国では33.2キロもあるという。キムチではキムチ専用の冷蔵庫まであるとのこと。またキムチのおかげで韓国では野菜の消費量が多く、日本の1人あたり年間104キロに対して、211キロとかなり野菜を食べているという。

 キムチに不可欠なのがアミ(エビの一種)の塩辛。これを加えることでキムチ中のグルタミン酸が増加して、キムチの旨味につながるのだという。なおこのアミノ塩辛は、年間を通して温度が一定に保たれる洞窟の中で作られているという。またこのアミの塩辛はキムチ中のアミノ酸を増加させ(ダジャレみたいだな)、そのことによって乳酸菌が増殖するのに最適な環境がつくられるので、キムチは乳酸菌が非常に多いという。これがキムチが健康食品だと言われる所以とのこと。

 以上、最近ブームのキムチについての紹介。キムチが人気を博する理由は、グルタミン酸や乳酸菌などもあるだろうが、唐辛子のカプサイシンの刺激にやみつきになる部分もあるのではないか。なおカプサイシンが美容によいなどと注目されているが、カプサイシンを極端に摂りすぎると身体を壊すもとなので、それには注意した方が良い。韓国人とてむやみやたらに辛いキムチばかり食べているわけではないという。

 

7/9 所さんの目がテン!「睡蓮」

 今回のテーマは睡蓮。まず初っ端から私がとんでもない勘違いをしていたことが判明する。睡蓮と蓮の関係だが、両者は全く別の植物だとのこと。睡蓮の葉は全部水に浮いているが、蓮の葉は水面から立ち上がっている葉もある。また睡蓮の葉には切れ込みがあるのも特徴だとか。さらに蓮の根はかの有名なレンコンであるが、睡蓮の根は全く別のもの(外観的にはワサビのよう)だという。

 いきなり、あちゃーである。これは私は全く勘違いをしていた。そういえば先週のメルマガに「睡蓮の根っこがレンコン」と書いたような記憶がある。無知をさらして恥ずかしい次第である。

 さて番組の方だが、睡蓮の生態を紹介している。睡蓮は花で有名だが、あの花は夜になると閉じ、朝になるとまた開くということを繰り返して3日ぐらい咲くのだという。夜になると眠ったように見えるので睡眠する蓮で睡蓮だそうな。

 またこの3日間の間で花の様子は変わるのだとか。最初は柱頭液という甘い液が真ん中にたまっていて、これで虫を誘うのだとか。この時に来た虫に睡蓮の花粉がついていたら、花粉は柱頭液で洗われて、そのまま底に沈んで受粉するのだという。そしてこの柱頭液は吸収され、今度は花粉が大量に出る。この花粉が次に来た虫に付着するようになっているという。睡蓮はこうやって他の睡蓮に花粉のやり取りをするとのこと。

 また世界最大の睡蓮にオオオニバスというものがあるが、これは最大で葉の直径が2メートルにもなるという代物。番組ではこれに人が乗れるかという実験も行っている。実験の結果、子供の体重は楽々支え(ただし、そのまま乗ると葉に穴が開いてしまうので、プラスチックの板(薄い洗面器のようなもの)を乗せている。体重60キロのディレクターも乗れ、最後は体重90キロの矢野氏まで乗ってみたが、それでもわずかに重量を支えた(最終的には水没したが)。

 ここまで浮力がある秘密は、葉っぱの縁がそりあがった形状もさることながら(もし浮力の原因がこれだけなら、先程の洗面器に直接人間が乗れるはず)、葉の裏側一面に、中空構造になった葉脈が張り巡らされていることが大きいのだという。

 なお池や川と言った水位が変化しやすいところで育つ睡蓮は、水位の上昇によって葉が水没してしまうと、再び水面に葉を出すために茎を急激に成長させるという技も持っているとか。また葉が裏返ってしまった場合、数時間後には自動的に表返ったとのこと。

 以上睡蓮について、所氏が「あるもんだねぇ」と言っていたが、実際に私もこんなテーマでどんなネタがあるだろうかと思っていたが、予想に反してかなり情報がてんこ盛りだった。これには驚いた。

 で、次回であるが、夏休みの海外旅行シリーズで韓国のキムチをテーマにするそうな。また唐突な・・・。

 なお今回ですが、実は私が週末に信州遠征に行っている間、留守録設定をしていたPCがハングして(ここ一番の時に裏切るあてにならないマシンである)、ほとんどの番組の録画に失敗してしまいました。この番組についても録画失敗してまして、たまたま旅先で直接に見た記憶を元にして書いてますので、若干の記憶違いが入っているかもしれませんのでご注意ください。

 

7/2 所さんの目がテン!「スイカ」

 先週は録画用に使用しているPCがハングしてしまっていて、録画に失敗してしまいました。気を取り直して今回。テーマは夏向けにスイカ。

 まずスイカについてだが、スイカの原産地はアフリカのカラハリ砂漠なので、スイカを育てるにはビニルを被せたトンネルと呼ばれる中で行うとのこと。温度を上げるだけでなく、スイカは雨が多すぎると病気になるので、それを防ぐ意味もあるという。またスイカには雌花と雄花があって、雌花が受粉すると、その根元の子房の部分が成長してスイカになるのだという。その成長の速度は凄まじく、番組ではメロンと比較していたが、スイカはみるみる大きくなっていく。メロンは10日間で0.7グラムから385グラムに550倍成長したのに対し、スイカは1.2グラムから3500グラムに約3000倍も成長したという。実際、メロンは収穫するのに60日かかって2000グラムになるのに対し、スイカは45日で7000グラムになって収穫させるという。雨の少ない砂漠で育つスイカは、ごく短期間で成長する必要があるのだという。蔓を切ってメロンとスイカで水を吸い上げる量を比較したら、スイカはメロンの4倍の水を吸い上げたという。実際にスイカの原産地では、住民はスイカを水分として摂っているという(原種のスイカは全く甘くないとのことだが)。

 次はスイカの種の除き方。スイカといえば種が嫌だという人が多いので、その種を除きやすくする切り方を考案するらしい。まずそのためにはスイカの種がどのような配置になっているかだが、八百屋で聞くとシマの黒い部分の下に種があるという。そこでフルーツ細工の名人に頼んで、シマの部分と緑の部分を切り分けて貰って種を比較したのだが、シマの部分が230個に対して、緑の部分が265個とほとんど差がない。シマの下に種があるというのはデマだったとのこと。

 ではというので、ここで登場するのがMRI。これで種の並びを見極めようということらしい。で、透視の結果は、種は断面で見ると、6ヶ所にV字の形で配置しているとのこと。これは雌花の中に三本の雌しべがあり、その先端の柱頭が2つに分かれいてることから全体が6つに分かれているというのと関係しているという。だからこれを避けるには、スイカを断面に切ると見える維管束のY字の線から15度に切り込みを入れ、そこから30度ごとに切っていけば、ちょうど種の真ん中に包丁が入ることになるので、種が切り口の表面に現れて取り除きやすくなるとのこと。もっともこれだと12等分しか出来ないし、まずスイカを輪切りにしないといけない上に、最終的に切り分けたものも少し薄すぎるような気はするが。

 以上、スイカについて。切り分け方などはなかなか面白かったが、果たして実用性はいかに。なおここの説明、図を入れて説明した方が分かりやすいのだが、画面のキャプを掲載すると著作権の問題があるし、新たに図を書き起こすには私はよいツールも持っていなければ使いこなす技倆もないので割愛した。気になる方は公式HPを見られると多分図を掲載していると思う(確認していないので断言できませんが)。

 なおスイカについては、農家の人から「スイカは土地の栄養分を吸収してしまうので連作が出来ない」と聞いたことがあります。それはこの強力な成長力に原因があったようです。

 

6/18 所さんの目がテン!「トマト」

 今回のテーマはトマト。お約束であるが、まずは矢野氏の産地訪問から始まる。トマトは雨が降ると病害虫などにやられるので、ハウスで栽培されるという。そしてこのハウスの中では蜂が放されているという。この蜂は花粉を集める蜂で、トマトの花を揺する奇妙な動きをする。トマトの花は下を向いて咲いており、揺することで雄しべから花粉が出て受粉するのだという。トマトの原産地は南米の高地で、虫がほとんどいないところなので、風で花が揺らされることで受粉する風媒花なのだという。しかしハウスの中は風がないので蜂を使うということだとか。

 次は最近人気のフルーツトマト。これは甘味が強いことで知られているが、実はこのトマトは何も特別な種類ではないのだという。実はトマトの原産地ではほとんど雨が降らないようなところで育っているのだが、ハウスのトマトを水を減らして育てると、実は大きく育たず味が濃いものになるのだという。

 さらにトマトの中にあるゼリー、これは何のためのものかであるが、番組ではこのゼリーだけを分け、残りの皮と身の部分をジュースにしたものを用意、動物がどちらを食べるかをテストしている。するとサルも豚も亀もみんなゼリーの方を食べる。実はこのゼリーの部分にはグルタミン酸が多いそうな。もっともこのゼリーの部分だけを食べてみた所氏のコメントは「すっぺー」というもので、人間にとってはゼリーの部分だけを食べるのは向いていないようである。なおこのゼリーの部分には発芽を防ぐ成分もあり、つまりはゼリーの部分と種が一緒に食べられた後、ゼリーの部分だけが消化されて糞などで落ちた種が発芽するということになるらしい。

 以上、トマトについてであった。トマトはグルタミン酸が非常に多く含まれている野菜であるということが紹介されていたが、だからイタリアンではトマトが出汁がわりに使われるのだと聞いたことがある。イタリアンがやたらにトマトを使うのは、和食が昆布を使うのと同じ理由なのだとか。

 なおトマトは結構好き嫌いのある野菜ですが、私はこれは駄目です。小学生の頃から給食では苦しめられています。授業の後残されて食べさせられたのは今でもトラウマであり、私が無理矢理に食べさせる式の食事指導は百害あって一利なしだと断言している根拠です。ちなみに私は今でも生のトマトは苦手です。ケチャップやトマトソースなどの加工品は問題ないのですが、生のトマトはあの青臭さがどうしても駄目です。

 

6/11 所さんの目がテン!「伊豆・天城」

 天城といえば、伊豆半島にある山である。昔はここを横切るルートを「天城越え」と言っていて、旅人にとっての難所だったという。最近は石川さゆりの歌で有名になっている。また伊豆の踊子の舞台でもあるという(主人公の踊り子と学生が出会ったのが天城越えだったとのこと)。

 で、番組では予想通りであるがいきなり佐藤アナの目眩のしそうな歌から始まる。今回は踊り子と学生に扮した佐藤アナと矢野氏が天城越えをしようとのこと(この番組らしい展開だ)。

 まずは天城の紹介だが、ここは滝の多いところである。また地元の特産としてアマギアマチャと言うものがあり、実はこれが天城の名前の由来であるという。甘木が天城になったのだという。

 さらに天城で有名なのは温泉にわさびだとか。ワサビ栽培に必要なのは大量のみずで、米の15倍もの水が必要なのだという。そしてこれを支えているのが、全国の観測点の中でも第三位という天城の降水量だという(1位は屋久島)。天城に雨が多いのは天城連山がU字型をしているので、海からの湿った風がどこから吹いてきても天城連山で雨を降らせることになるのだという。また天城の名物の一つにイノシシがあるが、これは雨が多いのでイノシシが好むブナが生えるからだとか。

 なおこの天城連山が形成されたのは、そもそも南方の島であった伊豆半島が、フィリピン海プレートにのって本土に衝突したからだという(だからこの辺りを震源にした東海大地震が懸念されるわけだが)。

 なお天城越えのルートが出来たのは、天城連山を超える谷筋がこれしかないからだとか。そしてお約束なのだが、番組ではこの天城越えルートに佐藤アナと矢野氏が挑んでいる。今はトンネルがあって、5分ほどでくぐれるそうだが、トンネルを通らずに峠越えをするとかなり急峻なルートだという。またここは崩落などでよく通れなくなるという。結局両名は1時間30分かかってようやく峠を越えている。

 どうも何をやりたかったのかが不明だが、夏が近づいてきたことだし、観光案内のつもりだったのだろうか。伊豆・箱根といえば、東京からは行楽地の定番ではある。ただ関西の人間にとっては箱根はともかく、伊豆は一番イメージしにくい観光地であり、私も多分伊豆に行くことは一生ないのではないだろうか。

 

6/4 所さんの目がテン!「ソーセージ」

 今回はドイツワールドカップ記念第二弾。弁当の定番であるソーセージである(なんのこっちゃ?)。

 まず一口にソーセージと言っても、ウィンナーやフランクフルトなどがあるが、これらの区別については日本では使っている腸によって区別されているという(元々は産地が違ったはずだが)。羊の小腸を使用するものがウィンナー、豚を使うとフランクフルト、さらに牛の小腸だとボロニアソーセージになるらしい。

 さてソーセージの製法だが、これはあの料理下手の佐藤アナが挑戦しても出来るという代物。まずは豚の肩肉に大量の脂身を混ぜて(肩肉8:脂2)ミンチにし、塩を加えて混ぜて3日間寝かせる。さらにスパイスなどを混ぜて、これを腸詰めする。後は長さを決めてひねり、これを桜のチップで薫製にする。後はボイルすると食べられるという次第である。

 ここで脂を大量に入れる理由だが、こうしないとボサボサになってしまうのだという。加熱でタンパク質が縮んだ時、脂がないと水分が外に出てしまうのだとか。実際に脂抜きのソーセージを作って所氏が試食していたが、かなりひどいものだったらしい。ちなみにどんなソーセージでも使うのは豚の脂で、これは豚の脂が一番動物臭さがないからだとか。また豚の脂は低温で融けるために、食感上も好ましいのだという。

 また塩を加えるのは、これによってタンパク質のミオシンが溶けて粘りが出て、食感がよくなるからだという。また薫製にするのは色づけ、香り付け、保存の問題だけでなく、ソーセージの皮を固くしてパリッとした食感にする効果があるのだという。

 次に番組では羊一等分の腸で何メートルのソーセージが出来るかに挑戦。ちなみに羊の腸は内から粘膜層、基底層、筋肉層、しょう膜層とあるそうだが、ソーセージに使用されるのは基底層だという。なおこの基底層には、血管が通るための穴が空いているとのこと。で、羊一頭での結果だが、18メートルもの長さになったという。昔からうねった路を羊腸などというが(箱根の山の歌で有名)、その通りのようだ。

 最後は100%の魚肉で魚肉ソーセージを作るという実験(現在の魚肉ソーセージは豚の脂が含まれている)。脂分を補うためにマグロを原料にし、これを養殖鯛の腸に詰めるという方式で作り上げたが、所氏の試食の結果は惨々。豚肉に含まれるゼラチンがマグロにはほとんどないために食感が悪くなったのだという(ゼラチンは肉の筋などによく含まれている。ここで豚の肩肉を使用する理由が分かるわけである)。

 以上、毎度のことながら突拍子もないテーマでありながら、それでも内容をうまくまとめるのはお見事。ソーセージとは、そのままでは食べにくいような部位を美味しく食べるための生活の知恵だったんだなというのには感心。ドイツなどでは豚一頭をバラスと何も残らないと言うが、これは血液等まですべてソーセージにするから。日本がクジラ一頭をばらしたら何も残らないが、やはり生活に密着しているものには無駄を出さないと言うことである。

 

5/28 所さんの目がテン!「ビール」

 今回はドイツワールドカップ記念でビールがテーマ(なんのこっちゃ?)。

 まずビールの原料といえば麦芽であるが、これはそのものズバリの芽が出た麦である。これの芽の部分を取り除いて使用するのだという。どうしてこんな面倒なことをするかは、大麦と麦芽を食べ比べると分かるという。大麦にはデンプンが蓄積されているが、これが発芽の際には酵素で分解されて糖を生成するので甘味が増す。この糖を酵母がアルコールに変換するのだという。さらにこの際に炭酸ガスも生成するが、密閉されたタンク内で発行させることで炭酸ガスはビールに溶け込むことになる。なおホップについては泡を安定化させるなどの作用があるという。

 なおよく聞く「生」ビールの意味だが。これは加熱をしていないという意味。出来上がったままのビールは酵母を含んでいるので、これを常温に置くと酵母が発酵を続けてアルコール度数や風味が変化してしまう。これを防ぐには低温で貯蔵する必要がある。だから70度ほどに加熱して酵母を殺すのだという。しかし最近は、珪藻土を投入することで酵母を吸着除去し、常温でも保存可能な生ビールが登場した。これが現在普及している生ビールで、今では日本のビールの99%は生ビールだという。

 またビール腹などというが、ビールのカロリーのほとんどはアルコールによるもので、アルコールのカロリーは体温などで消費されて脂肪にはならないとのこと。実はビール腹の原因は「とりあえずビール」が良くないのだという。番組でビールを飲んだ組と飲まない組で焼き肉を食べ比べたところ、ビールを飲んだ組の方が良く食べたそうな(ちなみにこの番組では、個人差の影響を除くために翌日に今度はビールを飲む方を入れ替えて再実験をしている。「あるある」なんかではこういうことは絶対にしない。)。これはビールのアルコールや炭酸、さらにホップの複合作用などで胃が刺激されるからだという。実際にビール、水、焼酎にバリウムを混ぜて飲んで、その時の胃の様子を観察すると、ビールの時がもっとも胃がよく動いていたそうな。

 以上、ビールについて。私は生ビールが加熱をしていないという意味なのは知っていたが、珪藻土を使用しているとまでは知らなかった。珪藻土は壁にも使われるが、その細孔吸着によってシックハウスを防ぐとも言われている。ただこれって結構高かったと思うのだが、生ビールを製造するのにどのぐらい使用しているのだろうか? それとも回収して再生再利用でもしてるのか? 私としては使用後の珪藻土の行方が樹になってしまった(笑)。

 

5/21 所さんの目がテン!「プリン」

 今回のテーマは、巷にもファンの多いプリン。かく言う私も大好きです。

 まずは佐藤アナの爆笑料理教室から。これはいきなり佐藤アナにレシピなしでプリンを作ってもらうという内容なのだが、大雑把な彼女は勘に基づいて材料を混ぜる混ぜる。まずは洋菓子はバターを練ることから、いきなりバターを練り始め、そこに卵、牛乳、砂糖に塩などを加え(クッキー?)、さらには小麦粉を加える。しかしこれを混ぜても混ざらずにダマになるので、唐突に彼女は加熱を開始。するとなにやら焦げた炒り卵のようなものが、これを冷やして出来上がり・・・・。おいおい。

 当然ながらこれは間違いで、正しいレシピは砂糖:玉子:牛乳=1:2:4の割合で混ぜ、これを140度のオーブンで30分蒸し焼きにするのだという。プリンは実は玉子の固まる力だけで固まっているのだとか。これがいわゆる典型的な「焼プリン」である。なおこの時に蒸し焼きにするのは理由があって、こうすることで玉子が固まる80度にすぐに達し、しかもその温度を保つことが出来るのだという。これをしないと、80度に達するのに時間がかかるので30分では固まらない上に、そのまま放置すると今度は温度が100度を超えてしまって、すが入ることになるという。蒸し焼きにするのはプリンの中の水分が逃げることを防ぐ効果もある。

 ただ実はプリンの作り方としてはこのような焼プリン以外にもある。今話題のバケツプリンなるものがあるというが、これは材料に海草由来の凝固剤を加え、冷やして固めているのだという。これ以外にも寒天やゼラチンを使うなどの方法があり、市販されているプリンは実際にこの方法が多いという(いわゆるプリンの素といわれるものも、中味はゼラチンである)。実際に、蒸し焼きでバケツプリンを作ろうとすると、強度的にかなりしんどいとか。このような凝固剤を使用したプリンの特徴は、加熱すると融けることで、電子レンジに入れると分かるという。

 また最近は、なめらかプリンといった柔らかい食感のプリンが人気があるが、これのポイントは玉子の卵黄だけを使用することだという。卵白と卵黄では含まれるタンパク質が違っており、卵白に含まれるオボアルブミンやオボトランスフェリンなどのタンパク質は凝固作用の強いものであるのに対し、卵黄のタンパク質はリポタンバクなど凝固作用よりも乳化の作用が強いものであるという違いがあるからだという。

 意外と面白かったという印象、司会の所氏と同様、私も「プリンなんてテーマでどうなるんだ?」と疑問を感じていたのだが、意外とあるもんだなと感心。

 ちなみに所氏は焼プリンと凝固剤使用のプリンを食べ比べ、焼プリンの方が好きだと言っていたが、これは私も同感。凝固剤を使用したものはどうしてもゼリーに近くなるので、やはり焼プリンの方がプリンらしくてうまい。ただ工業的に考えた場合、蒸し焼きなんて手間のかかるプロセスよりも、冷やして固めるだけの方が遥に楽なので、こちらが多くなったのだろう。最も最近は、消費者の志向の多様化・高級化などで焼プリンもかなり出回るようになったが。

 ところで一つだけ疑問だったのは、最後に登場したなめらかプリンって、これは最近に人気のクリームブリュレのことなのか? それともそれはまた別物なのか? 甘いものは好きだが料理には疎い私には、そこだけが分からなかった。

 

5/14 所さんの目がテン!「カツオ」

 そろそろ関東で初がつおの時期になるということで、今回のテーマはカツオ。こうなると今回はひたすら所氏が食いまくる展開になるのが想像できるが、結局はその想像通りになっている(笑)。

 まず矢野氏が漁港に行って、カツオの水揚げを観察するところから始まる。カツオの身体にはよく縞模様が出ているが、あれは生きているうちにはなく、興奮状態になった時に色素で現れるもので、そのまま死ぬことでそのまま残るのだとか。なお初がつおなどと言うが、今は保存輸送技術が進歩しているので、9月頃でも北海道で水揚げされた初がつおを食べることが出来るという。

 なおカツオと言えば一本釣りのイメージがあるが、これは手間がかかるので、最近は巻き網漁もかなり行われており、これは一本釣りの3倍の漁獲量があるという。しかしこの方法はカツオ同士がぶつかって身が傷みやすいため、カツオ節や缶詰用に回されるという。

 この後は所氏の食べ続け展開。まずはカツオはタタキということで、佐藤アナが日本料理の調理人のところでタタキの製法を学んでくる。なおタタキと言われるのは、ワラの火であぶった(火力が強いので最適だそうな)カツオに塩をかけて包丁で叩くからだとか。

 番組ではさらに今度はカツオの刺身に挑戦。カツオがクサイのは血に含まれる鉄分のためで、マグロなども同じことがあるのだが、マグロは釣り上げた後に血抜きをして、刺身にする時に血合いも取り除いているからである。さらに1日寝さしたほうがイノシン酸が増加するので、番組では漁船に頼んで血抜きして貰ったカツオを1日寝さして刺身にしている。これは所氏によると絶品とのこと。

 さらに次にはカツオの開きに挑戦。干すのに8時間かかった上に多いので焼くのも大変だったとのことだが、これもかなり旨かった模様。

 以上、カツオについてである。実はこのテーマは以前にガッテンでも扱っているが、あっちはタタキ一本に絞って、いかに美味しいタタキを作るかに特化していたが、こっちはもっとゲテモノに走っている。これは番組の特徴が露骨に現れていると言えるだろう(笑)。今回、なかなかに面白かったが、例によって実用性はゼロ(笑)。いかにもこの番組らしい。

 

5/7 所さんの目がテン!「ポピー」

 またも唐突なテーマであるが、今回はポピーについて。

 まずポピーだが、これは原産地はシベリアの辺りで、ケシの仲間なのだという。葉の背が低くて茎が長いのは、冬の寒さをしのぐためだという。で、ポピーはひなげしの一種に当たるという。

 さてケシといえば、よくあんパンなどにふってあるゴマのようなものは、ポピーシードといってケシの種なのだという。ちなみにこのケシはモルヒネが作れるケシであるので、日本ではそのままでは輸入が禁止されているので、現地で加熱処理してあるとのこと。

 で、なんでも数えるのが大好きのこの番組は、早速あんパンのケシの種を数えるという意味のあるようなないようなことを行っている。結果は5個の平均で1803個・・・・って言ってるんだけど、そんなもの製パンメーカーで全く違うじゃん。やっぱり意味がない(笑)。まあ目的がどうこうというよりも、数えることに意味があるのがこの番組なんだろうが。

 ケシの種をこのように使うのは、ケシの種の内部に空洞があることが理由になっているという。同様の空洞はゴマにもあり、これがサクッとした歯触りになるという。なおこのケシの種は七味唐辛子にも入っているとか。

 さてポピーなのだが、これも長い茎の先端の子房の中に種が出来るという。で、例によってこの数が3791個。この種は風に乗って飛ばされるのだという。ポピーの子房は実は風が通り抜けにくいような巧みな形になっているとのこと。

 以上、ポピーについてだが、ひなげしつながりでいきなりアグネス・チャンをゲストに呼んでいるが、それが全く意味がなかったり、何時間もかけて数を数えることにも意味がなかったりと、相変わらず意味のないことをやたらにやるのはこの番組らしい(けなしているんじゃなくて、誉めているのだから誤解しないように)。

 ちなみに個人的には、モルヒネがケシのどこからとれるのかに興味があったのだが、さすがにこれはやばすぎて流せないか(笑)。

 

4/30 所さんの目がテン!「グリーンピース」

 給食などによく登場するが、その割にはいまいち人気がない豆、グリーンピースに注目とか。

 まずグリーンピースであるが、これはエンドウ豆の未熟なもの(ちなみにエンドウ豆と言う呼び名は漢字にすると「豌豆豆」になるので、本来は「エンドウ」が正しいのだとか)。これが未熟なうちはサヤエンドウだし、成熟すると青エンドウや赤エンドウになるとか(赤エンドウは豆大福などに使われているという)。エンドウはさやの状態でも豆になってからでもいろいろな段階で食べるが、このように用途が広いのはエンドウぐらいだという。そもそもエンドウは栽培された最古の豆で、昔から品種改良がされているので豆などが本来持っている有毒成分が弱くなっており、リスなども生の大豆や空豆は食べないが、エンドウは食べるとのこと。

 ただその割には人気のないのがこの豆。評判を聞いても「青臭い」などと惨々。この青臭さの原因はヘキサナールという成分(名前からすると炭素数6個のアルデヒドのようだ)。これは下茹でするとある程度抜けるので、これが嫌いな人は先に豆だけ10分ほどゆでろとのこと。

 それでもやはり地味という感は否めないとのことで、グリーンピースを使っての料理に挑戦。ということで、これで豆腐と納豆を作ろうととしたが、まず豆腐はグリーンピースは粉に出来ないとのことでいきなり失敗。そこで今度は青エンドウを使って再挑戦したが、豆乳が絞れずに餡になってしまういう体たらくであえなく失敗。次は納豆作りに挑戦。これは納豆にはなったものの、所氏の試食では惨々な評価。エンドウは大豆と違ってタンパク質が少なくデンプンが多いので、大豆と同じものは作れないという。

 というわけで、グリーンピースの紹介だったが・・・結局何も解決してないやん! 相も変わらず実用性皆無の番組である(笑)。確か、以前に小豆で豆腐が作れなかったという回があった記憶があるが、エンドウも小豆と同様デンプンが中心の豆なので、結局は餡ぐらいしかできないような気が・・・。青エンドウをうぐいす餡にしてたらそれで良いだけでは・・・。なおグリーンピースは私も大嫌いで、誰かが言っていたようにシュウマイに乗っているのは許せません(また大抵、これがのっているシュウマイは安物なんです)。ミックスベジタブルからグリーンピースを取り除くフィルターが市販されているというのには爆笑したが、分からないでもない気はする。私も給食のミックスベジタブルには泣かされたくちだから。なおミックスベジタブルはまずいのグリーンピースだけでなく、全部がまずいというのが私の感想。あんなまずいのもの考えたのはどこのどいつだと感心する。

 

4/23 所さんの目がテン!「ガラス(後編)」

 ガラスの後編は、まず板ガラスの作り方から。一番古典的な板ガラスの作り方としては、グラスを作る要領で吹いたガラスを木片で広げていくという方法。この方法はクラウン法と言うそうだが、この方法だと円い小さい板ガラスしか作れない。

 次は円筒に作ったガラスをの一部を切って、それを加熱によって広げるという方法。これは円筒法と言って先程の方法よりも大きなものを作れるが、これもほとんど工芸の世界で量産向きではない。これ以外には砂の型にガラスを流し込む方法や、ローラーでガラスを伸ばす方法(実は最近まで量産板ガラスはこれが主流だった)などがあるが、いずれもキチンとした平面に出来ないので後で磨く必要があった。

 最近に開発された画期的方法は、溶かしたスズの上にガラスを浮かせる方法である。すると水に浮いた油膜のようにガラスは自然に平になるので、研磨もいらないし、サイズも自由に作れるという画期的方法である。番組では旭硝子を訪問してこのプロセスを紹介していたが、私も話には聞いていたが実際の装置を見るのは初めてであり、実に興味深い映像である。

 次はガラスに色を付ける方法。これは金属を加えるということになる。そして色ガラスを削ったのが切り子細工となり、この番組では佐藤アナもそれに挑戦したのだが、今回は放送時間の関係でカットとか(なんじゃ?)。

 さらにクリスタルガラスについて。クリスタルガラスの特徴は柔らかいということで、柔らかいのでカットなどの加工が出来るのだという。クリスタルガラスは材料に酸化鉛を含んでおり、鉛の含有量は24%もあるとのこと(だから通常のガラスよりも重い)。重くて柔らかいクリスタルガラスは普通のガラスの要領で吹こうとするととても出来ないとか。その代わり後の細工はしやすく、電子の多い鉛を含んでいることで光の散乱が多いのだという。

 なお通常のガラスは微量な鉄分のために若干の青みがあるが、その鉄分を徹底的に排除して透明度を上げたガラスが石英ガラスであり、これは水晶の結晶を1800℃の高温で加熱して作ってある。手間がかかるために効果であるが、光学レンズや医療用分析機器、実験器具などに使われるという。近年は光ファイバーでも注目されている。

 そう目新しい情報があったようにも思われなかったが、板ガラスの生産現場の映像は面白かった。実は最近になって大きなガラス板を使用した建築物が増えたのには、この方法で巨大なガラス板を量産できるようになったことが大きかったりするのである。

 

4/16 所さんの目がテン!「ガラス」

 ガラスの原料は珪砂と呼ばれる砂である。これを1000度以上の高温で加熱融解することでガラスにするのだが、このままでは融けないので、ソーダ灰を加えることで融点を下げるのである。なお番組では言っていなかったが、ソーダ灰と石灰を加えたガラスはソーダガラスという一番一般的なガラスで、これ以外にもホウ酸を使用したガラスはホウケイ酸ガラスと呼ばれ、いわゆる耐熱ガラスであるパイレックスに使われる。また非結晶質でない石英ガラスとなどは超高耐熱性を持つ。

 で、ガラスと言えば割れるという性質があるが、これは結晶状態ではなく、非結晶状態であるからだという。また古いガラスなどでは表面に細かい傷が入るので強度が大幅に低下するのだという。このようにガラスは傷が入ると割れやすいので、ガラス瓶の底にはナーリングと呼ばれるギザギザをつけて、接触部の傷が本体に及ばないようにしているという。

 さてこのガラスを強化する方法だが、600℃程度に加熱してから冷ます熱入れがある。これをすることで表面と内部の温度差によって表面に圧力がかかって強度が上がるのだという。番組の実験では、通常のガラスでは1メートルの高さから1キロの重りを落とすと割れたのに、強化ガラスでは4メートルまで割れなかったという結果が出ている。

 以上、ガラスについてであるが、化学屋である私としては「うーん、常識レベルかな」という内容。かなり初心者向けだっただけに、意外な内容はほとんどなかったのではないだろうか。次回はクリスタルガラスなどについても触れるというが、なぜ鉛で透明度が増すのかといったところの説明が核かな。

 

4/9 所さんの目がテン!「脳年齢」

 最近、脳年齢ブームとやらで任天堂DSがバカ売れしているとか。人間誰でも老化と共に記憶力などが落ちてくるので、それにつけ込んだ不安商法の1つでもあるのだが、ただ脳を全く使わずにいると思考力自体が衰えてくるということもある。今回この番組では脳年齢について解説するとか。

 まず脳細胞については年齢と共に減少するが、脳年齢自体はそれと関係ないという(脳細胞が問題があるレベルまで急激に減少するのは、アルツハイマーなどの明らかな病気である)。脳細胞は1日10万個消滅すると言われているが、1000億と言われている脳細胞の数から見ると微々たるものであるので、それは影響ないのだととか。

 では脳年齢とは何であるかであるが、判定方法はいろいろあるらしいが、この番組では画面に現れる数字を順番に押していくタイプのものを紹介している。これで見ているのは前頭前野の働きだという。この部分は発想などを司っていると言われており、旅行が嫌い、人見知りで人と話さない、夢中になるものがない、恋をしていないなどのタイプの人は働きが悪いのではないかと言われているという。私の場合、旅行は国内に限れば好き(海外旅行は嫌い)、話さない方ではないがケース・バイ・ケース、夢中になるものって・・・あるようなないような・・・恋については、憧れている人はいるが、これって恋と言えるのかどうか・・・ってところである。

 この後はお約束であるが、所氏や佐藤アナが脳年齢測定。所氏は実年齢51才に対して55才という年齢相応、佐藤アナは26才に対して17才という結果が。佐藤アナがこんなに若く出たのはこの後の項と関連する。

 前頭前野は脳の各部に指示を送る部位であるが、いちいちそのたびに指示を送っていると疲れてしまう。そこで慣れた作業などには脳の各部が記憶に基づいて自動処理するようになるのだという。つまり慣れている作業を行っている時は脳はほとんど働かない。これはこの番組では実験で示しているが、これは誰でも自覚していることだと思う。慣れすぎると、自分で認識しないうちに作業をしてしまうので、「あれ、やったっけ、やらなかったっけ」なんてことにもなる。

 だがこのような慣れた作業しかやっていないと、前頭前野が衰えて、いざ初めての作業を行おうとした時に、スムーズに指示を出せなくなるのだという。だから前頭前野を若く保つには、常に新しいことに取り組んで刺激を与える必要があると言うことである。

 で、その方法だが、この番組では「誰かを相手に、その日1日にあったことを1分間スピーチする」という方法を紹介している。喋りながら次の話を考えるという行為、スピーチという不慣れなことに挑戦する緊張などが刺激になるのだとか。2人の高齢者に5日間挑戦して貰ったところ、脳年齢が若返ったとしている。

 というわけで、ここで佐藤アナの脳年齢が若かった理由が推測がつくという仕掛けである。一般的に機転が要求されタレントなどは、この数値は若く出そうである。というわけで、書斎派の私としては分が悪いか(笑)。機転の利かなさは、以前に痛感しているし・・・。

 以上、ブームの脳年齢について。ネタがネタだけになんとなくあるあるみたいに見えたのが気にならないでもないが、内容的にはこんなもんでしょう。脳は使わないと衰えますよというDSのCMのような結論になってしまうわけである(笑)。ただここでいう脳年齢と、知識や教養というのは全く別問題なので、やはり人間一生が勉強であるということであると、最後に付け加えておくか。

 

4/2 所さんの目がテン!「ワラビ」

 山菜で有名なワラビだが、いざ町の人に絵を描いて貰うと正しい絵を描ける人は全くいない。大抵の人が1本の芽が巻いているような絵を描くが、これはゼンマイだという。ワラビの先端は3つの巻いている部分がある。

 この巻いている部分を開いてみると、これは実は葉になっている。ワラビは全体が1つの葉であり、本体は根茎になっていて土の中に存在するのだという。我々は葉柄と呼ばれる部分を食べていることになるという。ワラビの先端が巻いているのは頂端分裂組織という成長点を守っているのだという。またワラビはシダ類なのだとか。

 またワラビを動物に与えても彼らは食べないという。これはワラビの灰汁にポイントがあるのだとか。灰汁はポリフェノールの一種であるタンニンを含んでおり、またビタミンB1を壊す酵素なども含んでいるので、動物は嫌うのだという。またワラビは蜜腺から蜜を出すことで蟻を集め、その蟻に芽を守ってもらうなどという仕組みも持っているという(日本のテレビでは初公開の映像だと言うが、所氏の言う通り、そりゃただ単に誰も興味を持たなかっただけだろう(笑))。

 最後はワラビを使って本物のワラビ餅を作るという話。本来のワラビ餅はワラビの根茎から抽出したデンプンを用いているのだが、これは高価なために現在はほとんどがサツマイモのデンプンなどを原料に用いているという・・・なんか以前に似たような話があったなと思ったら、葛餅のときだった。やはり本物のワラビのデンプンの方が、口当たりが良くて美味しいとか。

 以上、またもマイナーな素材に注目したこの番組らしい内容。ワラビがシダの仲間とは知らなかったが、シダと聞いたら何やら食べる気が失せてしまうのは私だけ? ちなみにワラビのビタミンB1破壊酵素はアク抜きの操作で失活するとのことなので、ワラビを食べるにはアク抜きが重要なようだ。それにしてもアク抜きをしないと食べられないような植物を食べるのって、やっぱり人間ぐらいなんだろう。もっとも人間でもワラビを食べるのは大抵は大人に限るが、子供が山菜を食べても美味しいと感じないのは、ある意味動物的本能に素直だったと言えるように思える。

 

3/25 所さんの目がテン!「牛乳」

 前回は乳牛にについてであったが、今回はいよいよ牛乳についてである。

 まず牛乳では雑菌が繁殖しやすいことから殺菌が義務づけられているが、この殺菌方法には複数ある。一般的なのは130度2秒間の超高温殺菌であるが、65度で30分の低温殺菌や、75度で15秒の高温殺菌などがある。これらの牛乳の飲み比べによると、低温殺菌の方がさっぱりした味がするという。高温殺菌の場合、牛乳に硫黄化合物が生じて加熱臭が強くなるのだという。だからコクがある濃い牛乳と感じられるのだとか。なんか牛乳業者に配慮しているのか穏やかな言い方だが、早い話は加熱することであの乳臭い嫌みな感じが強くなるという意味である。なお有害物が生成すると言っている連中もいるようだが、そこまでは私には分からない。また超高温殺菌は栄養価を下げるという指摘もある。何にせよ実のところは超高温殺菌はあまりよろしくないから、最近は低温殺菌牛乳が登場しているわけであう。ただこれは殺菌に30分もかかるので生産性がどうしても悪いので、その折衷が高温殺菌なんだろう。

 またそのままの牛乳は放置しておく脂肪分が固まって浮いてくる。そこでそれを防ぐのがホモジナイズという技術である。これは牛乳に圧力をかけて脂肪球を細かくする技術である。これをした牛乳をホモ牛乳という。ただ最近はこの加工をしないノンホモ牛乳というものもあるという。また無殺菌での販売が認可された牛乳もあるとのこと。これを飲んだ所氏が「牛乳くさくない」と言っていたが、つまりは我々が牛乳の臭みだと感じているものは、実は加熱殺菌で生じているという証拠である。だから「牛乳は臭くて嫌」と言っていた子供が、この牛乳だと飲めたという話も私は聞いたことがある。

 なお番組では佐藤アナが牛乳をビンに入れて8分にも渡って振り回すことでバターを作っていたが、これは古典的なバターのの作り方である。それにしても佐藤アナって、つくづく肉体波だな(笑)。

 牛乳の成分は、先に登場した乳脂肪以外ではタンパク質と乳糖がある。牛乳に酢を入れた時に固まるのはタンパク質のカゼインで、ヨーグルトを作る時に乳酸菌の餌になるのは乳糖だという。なお牛乳を飲んだらお腹がゴロゴロするという人がいるが、これは乳糖不耐症という症状で、小腸内で乳糖を分解するラクターゼという酵素の働きが悪いため、牛乳が大腸で腸内細菌で分解され、この時に水素や二酸化炭素が発生するのでお腹がゴロゴロするのだという。子供は母乳を飲むためにラクターゼがよく働くのだが、大人になるとその働きが弱くなるのだという。この番組には登場していないが、牛乳に弱い人のためのアカディ牛乳というのがあったように思うが。

 以上、牛乳について。殺菌方法について触れてはいたが、さすがに「超高温殺菌牛乳は良くない」と言わなかったな(笑)。ただ実体は超高温殺菌牛乳でよいのは生産性だけであり、それ以外には何のメリットもないのが実態らしい。健康に良いか悪いかはともかくとして、まずいのはどうしようもないという。

 なお牛乳離れの件は番組でも触れていたが、最近は特にバターが余っているのだという。健康ブームで乳脂肪が敵視された結果、脱脂粉乳とバターの需要バランスが崩れてしまって、これが産地では頭が痛いとか。

 

3/18 所さんの目がテン!「牛乳」

 今回は牛乳について紹介とのことで、北海道の牧場を訪れている。

 まず牛に与える餌だが、これはサイレージと呼ばれるトウモロコシや草などを乳酸菌発酵させた保存食を与えているとのこと。牛の餌と云えば干し草を連想するが、実は干し草は日本では作りにくいので輸入しているのだとか。さらには主食にあたる牧草以外に濃厚飼料と呼ばれる穀物を与えることで、牛乳の質を管理するのだという。

 さらに牛に与えるもので忘れてはいけないのが「塩」だという。生物はすべて体内のカリウムとナトリウムのバランスが1:1となっているが、牛が餌とする草にはカリウムが大量に含まれているため、牛などの草食動物は岩塩や塩分の多い土を食べることで体内にナトリウムを補給するのだという。

 また牛は体内に4つの胃を持つことで有名だが、草しか食べない牛がタンパク質豊富な牛乳を製造できる秘密はそこにあるという。牛は第1の胃で草を餌として微生物を大量に繁殖させ、その微生物を第4の胃で消化してタンパク質を摂取しているのだという。なお第2の胃は草からの炭水化物などの吸収、第3の胃は水分を吸収するのだという。これらの胃は焼き肉屋などではミノ、ハチノス、センマイ、ギャラと呼ばれている。

 といったところで今回は終わり、実は今回は「乳牛編」だったとのことで、次回が「牛乳編」になるのだとか。

 牛が4つの胃を持つという辺りまでは知っているが、微生物を飼ってそれからタンパク質を摂っていたというところまでは知らなかった。牛はこれらの微生物とうまく共生しているわけである。ということは、人間には食物繊維は単に便の嵩まし程度の役しかなさないが(身体の健康の観点からは食物繊維は重要だが、栄養的には全く貢献はしていない)、人間もこのような微生物を飼っていたら、食物繊維からタンパク質を作り出すことも可能になるのだろうか? なんてことを考えてしまった。もっとも今の日本人などは既にタンパク質は過剰気味ではあるが。

 

3/11 所さんの目がテン!「しょう油」

 日本料理に不可欠の調味料で、和食の流行と共に世界的に広がったあるしょう油について。

 まずはお約束の「しょう油の製法」について。最初はしょう油の元祖とも言えるたまり醤油の製法を紹介。まず大豆を蒸して、それを団子状にしてから麹菌を被せ、そのまま熟成するとここまでは味噌と全く同じ。そしてこの後、塩水を入れて雑菌と共に麹菌を殺してしまうのだという。麹菌は死んでも麹菌が生産した酵素は残るので、これがタンパク質をグルタミン酸にデンプンをブドウ糖に分解する反応は続くのだという。またこの時に乳酸菌による乳酸発酵も起こるという。このままそこに沈む塩水を上からかけ直すという「汲みかけ」という作業を繰り返して3年かけてたまり醤油は製造されるとのこと。

 ただこれだと非常に生産性が悪いので、もっと簡単に改良されたのがいわゆる「濃い口しょう油」だという。こちらは減量に大豆だけでなく小麦も1:1で使うのが特徴であるという。小麦にグルテンが含まれていることでペプチドが生成し、このペプチドの苦味があることで、味に深みが出るのだという。人間の味覚神経では苦味を感じる神経と旨味を感じる神経が近いので、旨味が強い時には苦味も旨味と感じるのだという。また小麦のタンパク質は分解が早いので6ヶ月でしょう油が出来るとのこと。また酵母菌によるアルコール発酵も起こることで、風味が増すのだとか。

 なお「しょう油」と言うぐらいだけあって、油分が含まれているというので、番組ではしょう油の油分を抽出するということを行っているが、これは番組的にもあまり意味があったとは思えない。

 以上、日本食に不可欠のしょう油についてだが、私的にはたまり醤油と濃い口しょう油の製造法の違いを分かりやすく説明してくれているのが一番良かった。何しろ今まで「しょう油の桶の底に溜まっていたのがたまり醤油」という風に聞いていたからである。なるほど、最初から全く原料が違っていたのか。これは知らなかった。

 

3/4 所さんの目がテン!「キャビア・チョウザメ」

 キャビアはチョウザメの卵であるが、このチョウザメ、サメという名前は付いているが、実はサメの仲間ではない。まずチョウザメの口であるが、歯がないのだという。チョウザメは海底の貝などをその独特の筒状になった口を伸ばして吸い込む形で食べるのだという。鼻先にひげがついていて、そのひげに触れたものは反射的に吸い込むようになっているのだという。

 またチョウザメにはサメと違ってえらぶたがあるし、そもそもサメの身体は軟骨なのに対し、チョウザメは硬骨を持っており、広義では鯛などの仲間になるという。サメは軟骨魚綱に属し、チョウザメは硬骨魚綱に属するのだとか。さらにサメは浮き袋を持たないので、浮力を巨大な肝臓で稼ぐのに対し、チョウザメは浮き袋を持っているという。またチョウザメの粘液を洗い流すと、そこには骨鱗という蝶の形をした巨大なウロコが現れるとのこと。チョウザメとは、蝶のようなウロコを持ったサメのような魚という意味の名前だという。

 さて、その卵のキャビアの方であるが、番組では国産キャビアを製造している施設を訪ねて紹介している。卵であるキャビアはチョウザメの腹の中にびっしりと入っており、大体体重の10〜15%ぐらいはキャビアだという。取りだしたキャビアは、バラバラにして洗った後、塩漬けにされるのだとか。取りだしたばかりの生キャビアはクリームのような乳製品の味がするという。

 キャビアは脂肪分が多いのが特徴であるが、これは川で産卵する魚に共通する特徴でイクラなどとも成分は近いという。川は海に比べて餌が少ないため、脂肪分を多く貯め込むことで稚魚が生き残れるようにするのだという。なおキャビアが黒いのはメラニンのためで、中味は白いとのこと。なぜこのように黒い卵になったかは謎だが、岩場に産卵するチョウザメにとってはこの方が保護色になるからではないかと考えられるとのこと。

 最後は「キャビアが美味なのなら、チョウザメ自身も食べられないか」という企画で、チョウザメ漁に挑戦。しかしこのチョウザメ、その厳つい見てくれに反して、白身でフグのような味がして結構美味だとか。これは意外だった。

 以上、日本人に馴染みのあるようなないようなチョウザメについての紹介。なおチョウザメがサメではないというのは、結構常識なので(クイズなどによく出る)覚えておく方が良いでしょう。ただチョウザメ自身も食べられるとは、私は全く知らなかったが(笑)。もっとも、チョウザメがフグに似て美味だったとしても、チョウザメの方がフグよりもレアものだと思いますが。

 

2/26 所さんの目がテン!「CTスキャンとMRI」

 内部を見る医療機器として有名なのがCTスキャンとMRI。しかしこの両者の違いについては意外と知られていない。それを紹介しようと云うのが今回。

 まずCTスキャンであるが、これはX線を周囲からあて、その透視画像をコンピュータで3次元に再構成するものである。CTとはComputed Tomography(コンピュータ断層撮影)の略である。番組では工業用CTスキャンを用いて、缶詰の中味を判別するという実験を行っている。缶詰の中味がコンピュータの3D画像で判別できるという塩梅である。

 次にMRIであるが、MRIとはMagnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像法)の略であり、強力な磁場を使用して水分中の水素原子が発する各磁気共鳴の磁場を測定しているものである(これを利用した分析装置は化学の世界ではNMRと呼ばれる)。水分に反応するため、CTと違って内蔵や筋肉、脳などの撮影に優れている特徴がある。番組ではこれを使用して中華まんの中を透視するという実験を実施している。

 以上、最新医療機器についての紹介であるが、私が要約するとやけに中味が少なくなってしまった(笑)。化学の世界にいる私としては、これらの機器の原理は今更説明されるまでもないのですが、そうでない一般人には非常に参考になる内容だったでしょう。やはり科学番組たるもの、こういう啓蒙が大切であります。

 ちなみに私は、つい先日、激しい腰の痛みにより病院でMRI検査を受ける羽目になりました。検査の結果、見事に椎間板ヘルニアが発見されてしまったという次第(明らかに椎間板が脊髄を圧迫している図が見えました)。現在、痛み止めを飲みながら保存療法中です。これは全く余談(笑)。

 

2/19 所さんの目がテン!「フィギュアスケート2」

 今回はフィギュアスケートの続編。前回に続き、村主章枝選手の妹・村主千香嬢の出演である(それにしても村主妹出演という表現はどうにかならんか。彼女自身もフィギュアの選手なんだから、どうも失礼な言い方のような気がするな。)。

 今回のお題はフィギュアの6種類のジャンプ(アクセル、サルコウ、トウループ、ループ、フリップ、ルッツ)の見分け方。ただしその前に前置きがいくつか必要なのようである。

 まずスケートをすべる時の重心なのだが、前進の時はかかとに、後にすべる時はつま先にかけるのだという。この方が氷の滑りが良くなるのだという。しかしジャンプをする時にはつま先に力を入れないと飛べない。このために6種類のジャンプの中で、アクセル以外はすべて後ろ向きに飛ぶものなのだという。

 またジャンプの踏みきりにも、すべってきた足のつま先でそのまま飛ぶエッジジャンプと、逆の足のつま先で氷を蹴るトウジャンプがあるという。6種類のジャンプはこれらの組み合わせなのだという。ちなみにこのトウジャンプは前向きでは絶対に出来ないものだという。

 で、先程の6種類のジャンプだが、利き足が右の人について分類すると

向き

滑ってくる足

踏みきる足

サルコウ

左(エッジ)

ループ

右(エッジ)

トウループ

左(トウ)

フリップ

右(トウ)

ルッツ

右(トウ)

アクセル

左(エッジ)

とのことだそうな。なおフリップとルッツの違いについては、重心の位置の問題で、体重が右にかかっているのがフリップ、左にかかっているのがルッツだとのこと。

 またジャンプの着地だが、これは絶対に後ろ向きでないと転けるのだという。と言うのは、着地の時は絶対につま先から着地する訳だが、前向きに着地すると靴の前のギザギザの歯が氷に噛むので、ブレーキがかかって転んでしまうのだとのこと。このように着地は後からと決まっているからアクセルの場合には○○回転半ジャンプということになるのだという。

 以上のことから、フィギュアスケートとは後ろ向きに滑る競技なのだという。実際に村主章枝選手の3分間の演技を観察すれば、前向きに滑っていたのが1分に対し、後ろ向きに2分近く滑っていたとか。

 以上、フィギュアのジャンプの名前はなんとなく聞いたことがあったが、こういう風に分かれていたとは知らなかった。この組み合わせを見ていると、トウループは重心がどっちにかかっているかは関係ないということか。また右足で飛ぶアクセルはないのかと考えていたが、回転方向が決まっているわけだから、右足でジャンプしたら左回転は無理だよな・・・。

 

2/12 所さんの目がテン!「マグネシウム」

 マグネシウムはアルミよりも軽い金属であり、最近になってあちこちに使われるようになっている(マグネシウム合金使用のノートPCなども増えている)。ただマグネシウムは非常に燃えやすい金属だというのが問題点だという。

 マグネシウムが燃えやすいのは酸素と結合する力が強いからである。マグネシウムは水や二酸化炭素からまで酸素を奪うので、燃えているマグネシウムに水をかけると、水素が発生してより火力は強くなるし、二酸化炭素の中ででも燃え続ける。マグネシウムを精錬する場合はこの燃えやすさが難点なので、工場では防燃剤を加えながら慎重に行われている。

 マグネシウムの用途であるが、例えば現在はアルミ缶に1%(同の部分、フタの部分には5%)のマグネシウムが加えられているという。純粋なアルミで缶を作れば柔らかすぎるのだが、マグネシウムを加えることで、マグネシウムの原子がアルミの原子と強力な化合物を作って、強度が上がるのだとか。

 また人間の体内にもマグネシウムが存在する。体内には大体25グラムのマグネシウムが含まれるが、これらはカルシウムと結びついて吸収を助けるなどの働きをなしているという。マグネシウムを多く含む食品はなんと言っても海草類であり、骨が心配な人はこれらを摂取すると良いという。

 さて番組では海水からマグネシウムを取り出して、それを加工してマグネシウムの刀を作ろうなどという試みを行っている。そこでにがり80リットルを濃縮したものを豊橋技術科学大学に持ち込んで電極分解でマグネシウムを取りだしたは良いが、実験用の設備だとせいぜい3グラムを精錬するのがやっとで、これを使ってミニチュアの刀を作るというわけの分からん結論になっている。

 例によって意味のない企画もあったが、マグネシウムというマイナーなテーマでここまで番組を作ったのは感心。それにしても3グラムのマグネシウムを見事に刀に加工した日大の教授には感心。所氏が「先生はなんかのカルチャースクールにでも通ってるのかな」と言っていたが、確かにモデラーの素質がないとあれは作れないだろう。もしかしてこの先生、家には何かのフィギュアがあったりして(笑)。

 マグネシウムといえば、最近にがりが注目されたが、あれは塩化マグネシウムを大量に取ると下剤作用で下痢になるので身体の水分が減って一時的に体重が減るだけというインチキで危険なダイエットであるから、絶対にしないように。マグネシウムに限らず、なんでも「過ぎたるは及ばざるがごとし」であって、マグネシウムも適正な摂取量というのがあるのである。

 

2/5 所さんの目がテン!「エノキタケ」

 鍋の定番食材であるエノキタケ。今では昭和3年にビン栽培による大量生産の方法が確立され、今や国内生産量1位の茸だという。

 まず茸の生態であるが、基本的には木などに胞子がつくことで、その中に菌糸体を伸ばし、やがて胞子を生産するための子実体を形成するのだという。我々が茸として食べるのはこの子実体の部分である。

 番組ではいきなりお得意の「数え」から始まっている。100グラム中の本数をブナシメジと比較しようと言うもの。結果はブナシメジが151本に対して、620本もあったという。

 次はこれまた定番の生産地見学。ということで番組は国内生産量の60%を誇るという長野に飛んで農場を見学しているが、これがやはり農場と言うよりは工場。おがくずや米ぬかなどをまぜた培地を無菌状態でビンに詰め、ここに種菌を植え付けるのだという。培養室で菌糸体を成長させた後、生育室で育てる。この生育室は温度は5度、湿度は90%以上での暗室になっている。エノキタケはそもそも冬の茸であり、低温に強いのだという。また雑菌に弱いため、高温だと雑菌の繁殖でやられてしまうとか。そもそもエノキタケは「ユキノシタ」と呼ばれるように、雪の下の低温高湿度下で生育するのだという。

 そこで番組では実際に天然のエノキタケを雪の下から探している。しかし積雪量1メートルという中では茸探しの名人でも探すのは大変。ということで警察犬を連れてきたのだが、あえなく失敗(その失敗したことをそのまま流しているのが、いかにもこの番組らしいが)。結局は名人の勘と経験に頼って天然エノキタケを見つけ出している。雪の下から掘り出された天然エノキタケは、まず形が全然違う(マイタケみたいに見えた)のと、色が茶色であり、これは普通に見てもエノキタケとは気づきにくい代物である。この天然エノキタケの色はメラニンによるものとのこと。これに対して栽培エノキタケはSODというメラニンの働きを抑制する酵素の活性が強いものなので、色が付かないとのこと。初期のエノキタケは色が付いていたのだが、色のないエノキタケを開発したのが例のホクトらしい。

 最後はエノキタケの新しい食べ方を作ろうと言うことで、乾燥エノキタケを作っている。するとなぜかスルメによく似た味になったとのこと。だけどこれって意味あるの?

 例によって意味のあるようなないような「ああすばらしい無駄知識」の世界である。雑多に情報がてんこ盛りされている印象だが、天然エノキタケは私も全く初めて見た。エノキが雪の下で生きているとは知らなかった。菌類だから高温多湿の条件で栽培するのだろうと思っていたのだが、どうやらそれはとんだ勘違いだったようである。

 番組では夏に消費が落ちるエノキのために新しい食べ方をとして干しエノキを作っていたが、スルメと似ているのならわざわざエノキを使う意味が・・・。はっきり言ってこれは企画倒れでは。なお鍋以外のエノキの食べ方といえば、やはり炒め物ではないだろうか。私は昔、よくホタテとエノキの炒め物を作ったことがある。エノキは野菜炒めなどに加えても良い。

 

1/29 所さんの目がテン!「ティッシュの科学」

 これから花粉症のシーズン到来で、手放さなくなる人も多くなるティッシュについての科学だとか。

 まずティッシュであるが、その製法を紹介している。一般に洋紙は木材のチップから繊維を取り出したパルプで出来ているが、このパルプを水に溶かした液が高速で送られるベルトコンベア(普通の紙で時速80キロ、薄いティッシュはなんと時速120キロ)の上に流され、その後の行程で乾燥されていく(水分量95%→5%)ことで紙になるのだとか。またこの時に紙の送り方向に繊維が並ぶことから、紙には線維方向の縦と線維に直角の横が生じるという。そしてこの縦と横で紙の強度はかなり異なる。

 ティッシュで実験したところ、横方向だとリンゴ2個でちぎれたのに、縦方向だとリンゴ5個までちぎれなかったという。1.4キロの過重にまで耐えたことになるので、1箱400枚だと560キロまで耐える計算になるとのことで、実験を行っている(ただ計算上はこうなっても、実際に実験をしようとすると、一部に集中的に荷重がかかることで切れてしまったりなどで、この番組では今までに散々失敗をしている)。

 番組が行った実験は、400枚のティッシュで相撲部員を釣り上げるというもの。実験の結果、見事に相撲部員3人(360キロ)まで釣り上げることに成功。ただしこの時点でティッシュの一部に亀裂が入ったので実験を中止している。ティッシュの場合、横方向だと線維同士の電気的引力だけで結びついていることになるので、この方向は弱いらしい。

 なお、ティッシュといえばその柔らかさがポイントになっているが、これはティッシュに細かいシワがあるからだという。実際にティッシュにアイロンをかけると縦方向に3センチも伸びるという。これはティッシュの製法にポイントがあり、実は途中で線維を折る行程が入っているのだという。

 さらに2枚重ねのティッシュには実は裏と表があり、表は広葉樹の短い線維で柔らかさを出し、裏は針葉樹の長い線維で強度をだすようになっているとか。実に芸が細かい。

 まさ最近に登場しているウェットティッシュ(番組では濡れティッシュと呼んでいたが、ウェットティッシュってもしかしてどこかの商標なんだろうか?)と保湿ティッシュの違いについても紹介。ウェットティッシュは実は紙ではなく、レーヨンなどの人工線維を接着した布のような素材で、これにエタノールなどの成分を含ませているもので、揮発性成分があるので時間と共に重量が減少するという。これに対して保湿ティッシュはグリセリンやソルビットという空気中の水分を取り込みやすい成分を加えたものだという。だからこちらはなかなか乾かないとか。

 ウェットティッシュと保湿ティッシュの違いは何となくは分かっていたが、改めて説明されると感心である。確かにウェットティッシュは明らかに紙ではないし、溶剤成分が入っているのは明らかで、放置するとすぐに乾燥する。これに対して保湿ティッシュはしっとりした紙という印象である。だからウェットティッシュは何かを濡らせて拭き取るという用途に使われるのに対し、保湿ティッシュは紙によるスレなどを防ぐために使われている(確かに普通のティッシュで鼻をかみ続けると、すぐにこすれて鼻が真っ赤になってしまうから)。本質的に全く違うものである。

 以上、身近でありながら意外と知らないティッシュの科学。私もさすがにこれは唸らされたが、ただこんな知識は単なる蘊蓄以外になにか役に立つのだろうかは疑問ではある(笑)。それにしても紙に縦と横があるのは知っていたが、実際に時速80キロで送られるベルトコンベアは迫力があった。化学屋の私としては、それでも切れないベルトコンベアの材質の方に興味が湧く(笑)。

 

1/22 所さんの目がテン!「ヨガの科学」

 最近人気になっているというヨガについて科学するとか。

 まずは同じポーズをしているだけと思えるヨガについて、これが運動なのかどうかを見ている。最初はパントマイムをしている人をサーモグラフィーで測定して、静止時の変化をチェック。するとやはり筋肉の温度が上がっている。人間の体は静止していても、例えば腕の重みを支えるなどで筋肉を使用している。

 実際に矢野氏がヨガのポーズをしてみたところ、5キロカロリーぐらいを消費していたという。しかしこの消費は上級者になる程低下し、上級者では2キロカロリーと立っているだけとほとんど変わらないところまで消費カロリーが減少したとのこと。ヨガは体のバランスを整えるが目的であり、何も運動が目的ではないという。最近はよりストレッチ要素を強めたパワーヨガもあり、こちらは運動面が寄り強化されているとのこと。

 さてヨガといえば腹式呼吸だが、ヨガの上級者では腹式呼吸の訓練により普段の呼吸数もかなり低いという。その秘密は横隔膜にあるとのことで、実際にヨガの達人では横隔膜の動きがかなり大きい。

 腹式呼吸の効果だが、これはリラックス効果である。女性の冷え性などは一般に精神的ストレスが関わっているが、実際に番組でも頭にリンゴを乗せて百マス計算をするという奇妙な状態でストレスを被験者にかけてみたところ、足の温度に低下が見られた。そこでここで腹式呼吸を行うと、自律神経が抑制されてストレスが軽減、足の温度に上昇が見られたとのことである。ちなみにほとんど同じ実験は以前にガッテンでも行っているので、これはかなり有名な効果ではある。

 以上、今回はヨガについてであるが、やはりヨガの鍵は呼吸法にあったようである。また体の筋肉を伸ばす効果があるので、体によいことは間違いないだろう。もっとも今回の結果から見ると、ダイエット効果としてはやはり有酸素運動の方が効果が高そうである。

 ヨガと言えば、個人的に連想するのはどうしてもレインボーマンである。しかしあのヒーロー、戦いが続くとヨガの眠りという状態に入ってしまい、その間は全く無力になってしまうということだけが妙に印象に残っている。それが記憶の水面下に刻み込まれてしまったせいか。未だに私は、ヨガと言われると頭に浮かぶイメージは、座禅を組んだまま敵にこづき回されているヒーローの姿なのである(笑)。

 

1/15 所さんの目がテン!「フィギュアスケート」

 確か先週の予告では、今週はマグネシウムの筈だったのだが、どうやら予定が変更になったようである。

 まずフィギュアスケートのフィギュアだが、これはやはりfigureで図形の意味だという。元々はコンパルソリーという規定の図形の上を正確に滑るという競技があったのだが、あまりの地味さになくなったのだという(確かに地味すぎて面白くない)。今はショートプログラムとフリーだけになったとのこと。

 さて番組では村主章枝の妹の村主千香さんに協力してもらってフィギュアの実験を行うとか。早速行ったのは、彼女にスピードスケートの靴を履いて貰うという実験。するとなんと全日本強化選手だという彼女が「恐い」を連発して初心者のようなよたよたの状態。彼女によると「屈辱」とのことだが、片足で立つことと左右に曲がることが非常に難しいとか。

 今度は逆にスピードスケートの選手にフィギュアスケートの靴を履いて貰うということをしているが、するとスピードが全く出ない挙げ句によたよたと転んでしまうという始末。タイムもなんと倍かかってしまったという。フィギュアの靴はスピードスケートの靴と比較すると、刃の長さが狭い上に幅が広く、エッジが立っているのでこれでターンができるのだという。またフィギュアの刃はつま先にトウピックと呼ばれるギザギザがついているので、スピードスケートの選手が前に体重をかけたら、これが氷に噛んでひっくり返ってしまうという塩梅である。

 次は誰もが抱く「フィギュアの選手はスピンで目が回らないのか」という疑問について。ここで毎秒2回転するという回転椅子を使用して、先の村主千香さんに協力して貰って実験・・・となったんだが、ここで先にモルモットにされたのが佐藤アナ。彼女が実験台になったところ、1分経って回転が終わっても目がフラフラと動いている。これは眼振といって目が回っている状態だという。これは三半規管の中のクプラという平衡感覚を司る部分が回転で傾くことによって起こるのだという。

 いよいよ村主千香さんが実験台になったのだが、なんと5分経っても全く目が回らないのだという。彼女たちは訓練によって、クプラが動いても眼振しないようになっているのだという。しかしそこにもミソが、実は彼女はスピンでもターンでもいつも左回転だとのことで、それではと右回転したところ、ものの見事に数秒でギブアップ。いつも回転する左回転では目が回らないが、右回転だと目が回るのだとか。

 次はスケートのジャンプについて。実はジャンプにはアクセル、サルコウ、トゥループ、ループ、フリップ、ルッツの6種類があるという。これをどうやって見分けるかとのことなんだが・・・これは現在制作中なので乞うご期待とのこと。オイッ!

 フィギュアとスピードスケートでの靴の違いぐらいは知っていたが、こうも見事にメロメロになろうとは想像もしなかった。なおスピードスケートの靴を初心者が履いたら、立つことさえままならないという。フィギュアの選手が逆回転すると目が回るというのは爆笑だった。これから考えると、やはり人によって得意な回転方向というのがありそうである。

 ところで村主千香嬢、姉さんにあまり似ていないように私には思えましたが・・・。今後実力が伴ってくれば、姉さん以上に人気が出る可能性がありそうですね。

 

1/8 所さんの目がテン!「オオカミ」

 今年は戌年ということで、新年第一回のテーマは犬のご先祖である狼とのこと(狼を家畜化したものが犬である)。

 犬を飼っている人が持っている悩みとしては、家の中でオシッコされる、言うことを聞かない、ガリガリして傷をつけるなどがあるが、これらはすべて狼の習性が影響しているのだという。

 まずオシッコであるが、これが縄張りを誇示するものであることは良く知られているが、同じことは狼もするのだという。ただこの時に足を上げてオシッコをするのは群れのリーダーだけだという。犬が足を上げてオシッコするのは、自分がリーダーだと考えているからとのこと(一人だけの群れ?)。犬が家でオシッコをするのを防ぐには、散歩などをさせてマーキング本能を満たしてやることが必要なのだという。なお一匹狼と言うと格好良いイメージがあるが、実は単独でいる狼は弱い狼だとか。

 また犬が言うことを聞かなくなるのは序列の感覚がおかしくなっているのだという。自分の方が上位だと認識している犬は、叱っても尾を立てているという。犬に飼い主の方が上位だと認識させるにはマウンティングという序列を示す儀式を利用するのだという。これは犬に対して上から乗るようなボーズで押さえつけることで、服従させるのだという。また鼻面を押さえつけるマズルコントロールという手法もあるという。いけないのは犬を抱くことだとか。ここで犬が飼い主の肩に足をかけると、これはマウンティングと同じ形になり、犬が自分の方が上だと勘違いするのだという。

 なお犬があちこちをガリガリやるのは、狼が風よけのために土を掘って穴を開けて寝る習性があるからだという。犬の場合、例えば綿などを敷き詰めたところを作って、そこを「掘りやすい地面」だと認識させる手があるという。

 なお犬が骨を食べるのは、厳しい環境下で群れで餌をとるため、骨まで食べる習慣が身に付いたのだという。そのために狼には後臼歯という骨を砕くのに適した歯があるという。もっと温暖な地域で単独で棲息する猫科は骨を食べないという。

 以上、新年と関係のあるようなないような微妙な内容は、いかにもこの番組らしい(笑)。犬は序列を意識して生活する動物なので、序列の概念を叩き込んでやることは躾の基本だという。しかし実際は、自分からペットの下僕になってしまっているような飼い主が多いのが情けない。もっとも、別に好きこのんで自分がペットの下僕になることをとやかく言うつもりはないが、それを他人にまで求めるような飼い主は世間の迷惑である。なお最近は、ペットの下僕になる飼い主だけでなく、子どもの召使いになってしまっている親もいるようだ。この辺りが子どもの躾もうまく行かない理由では?

 

12/11 所さんの目がテン!「東京タワー」

 今年で47年を迎えるという東京タワー。今回はこれがテーマである。

 さてなんでも数えるのが大好きなこの番組だが、早速矢野氏が大展望台まで階段で上ってその段数を数えている(日曜・祝日のみ登れるようになっているとか)。段数は563、10分31秒かかったという。なお東京タワーは放送塔であるが、その放送アンテナは特別展望台の上にデジタル放送用アンテナが、その上にはアナログ放送用のアンテナが設置されているという。

 また東京タワーは芝公園に設置されているが、当初は上野公園に設置する計画もあったのだという。東京には東京礫層という硬い砂利の層が東京の地下にはあるが、上野公園よりも芝公園の方がその層が浅い位置にあるため、ここに地盤を建てやすい芝公園が選ばれたのだという。

 東京に高い放送塔が建設されたのは東京には高い山がなかったためだが、最近は高層ビルに電波を遮られる都市難視という問題が発生しており、今の東京タワーに変わるタワー610メートルのタワーを浅草に建てようという計画もあるとか。

 以上、お上りさんのお定まりルートの東京タワーについて(などと言いつつ、私も東京に行った時には一度ここを登っているのである。もっとも2回以上行くようなところとは思わなかったが。)。

 第2東京タワーの計画が番組で紹介されていたが、実際にそんなタワーを建てる必要なんてあるんだろうか? 既に世の中は衛星時代に突入しており、今更電波塔を建てるべき理由が全く思いつかないんだが・・・。

 なお、大阪を紹介する時に吉本のテーマをかけるのはやめて欲しい(笑)。大阪の人間でも吉本が大嫌いな者はいるし、何よりも大阪と言えばお好み焼きと漫才師とヤクザという東京人の浅薄なイメージは、大阪人にとっては一番癇に触るものだったりするのだから(それにしても東京人の東京が日本の中心と考えている感覚は、アメリカ人の地球にはアメリカしかないと思っている感覚と相通じるものがあるな。)。

 

12/4 所さんの目がテン!「アマエビ」

 今回のテーマはアマエビ。またもこの番組らしい唐突なテーマである。

 寿司ネタなどで有名なアマエビだが、正式名称はホッコクアカエビと言うという。まず最初のネタはエビの足は何本かというもの。これはアマエビも他の海老も同じだという。答えは身体の後ろについていて泳ぐ時に使う腹肢(遊泳脚)が10本、前についていて歩いたり餌をとったりに使う胸脚(歩脚)が10本ということで、よく使う足は20本だという。「よく使う」とあえて言ったのは、実は退化していたり触覚に変化したものなどもあって実は全部で30本あるという。なおカニも海老の仲間であり、腹肢は退化しているのだが、今でも腹の中に名残があるという。また海老の内臓については、背わたと呼ばれるものは実は腸なのだとか。

 次はアマエビ取りの漁船に矢野氏が便乗するというお定まりの企画。しかし例によって矢野氏は船酔いでダウン。その間に漁が終わってしまうと言う毎度の体たらく。アマエビは深海500メートルに棲息しており、夜になると300メートルぐらいに上がってくるので、そこに餌を入れたかごを仕掛けるのだという。このアマエビの生育深度は他の海老に比べて遙かに深いとのこと。

 さてこの取れたてのアマエビだが、矢野氏の試食によると(漁には全く参加しなかったが、こういう時にはしっかり出てくる(笑))、甘くないとか。実はアマエビは翌日の方が甘くなるのだという。アマエビの甘さの元はアミノ酸のグリシン・・・こう言ったところで、私は「ああ、タンパク質分解酵素でアミノ酸が増えるというパターンだな」と思ったのだが、若干違うようだ。翌日になってもグリシンの量自体はほとんど変わらないのだという。アマエビの特徴は翌日になると出てくるとろみ。このとろみの正体はタンパク質分解酵素によって生成した水溶性タンパク質。このとろみがあるために、甘味成分が舌に付着することになり、アマエビは他の海老よりはグリシンはむしろ少ないのに、甘味を強く感じることになるのだという。

 なおアマエビが大量のタンパク質分解酵素を持っているのは、アマエビが生育する深海では水温が低いため、食物の分解に使うタンパク質分解酵素の働きが非常に悪く、そのままではエネルギーを得られなくなるから、酵素の働きの悪さを量で補っているのだとのこと。

 さらにアマエビは大きさで分類されるが、なぜかメスの方が大きい。これは実はアマエビは途中で性転換するのだという。アマエビは実は5才まではすべてオスであり、これが間性という中間状態を経て、メスに変化するのだという。アマエビの生育する低温下では卵の生育が悪く、10ヶ月もの長期間卵を抱く必要があるので、身体が大きくなってからメスになるのだとか。

 なおアマエビには国産や輸入などでいろいろなランクがあるが、一番安い輸入の小さいオスはエビせんべいに、輸入の大きなメスは回転ずしなどのネタになると言う(私のような貧乏人が食べるのはこのクラスなのだろう)。そして国産のオスやメスは、私などはいけない町の寿司屋さんに、もっとも効果なのは国産の間性のもので、これなどは私には一生縁がなさそうな高級寿司店に行くらしい。間性のものは卵などに栄養を取られていないので、もっとも旨いのだとか。

 以上、アマエビについて。確かによく食べる食材であるにもかかわらず、全く何も知らなかったことに驚かされた。アマエビが深海で暮らすということも知らなかったが、途中で性転換するなどということも知らなかった。しかし一番衝撃を受けたのは、アマエビが一貫600円もする寿司屋がこの世にはあるということだった(笑)。まだまだこの世の中には私の知らない世界が多すぎるようだ。

 

11/27 所さんの目がテン!「シクラメン」

 冬の花として人気のあるシクラメン。だいぶ前に「シクラメンのかおり」という曲がヒットしたことでも有名になったが、実際はシクラメンはほとんど匂わないのだという(匂いセンサーでユリが44だったのに対し、シクラメンは0〜1)。これは品種改良の過程で匂いがなくなったのだと考えられ、実は原種はかなり匂うのだという。

 また実はシクラメンの花は下向きになっていて、雄しべや雌しべは下向きについているという奇妙な花である。シクラメンのつぼみは下向きにつき、開花の時に花弁が上に向かって反り返るのだという。シクラメンの原産地では開花時期が雨期に当たるので、花が上向きになっていると花が浸水して花粉がはじけてしまうのだという。

 また花弁が反り返るのは、花弁の表の面には中央部の色が濃くなっており、これが花粉があるという虫に対する合図になるので、これを見せるには花弁が反り返る必要があったのだという。番組では実際に下向きにした花を作っていたが、蜂はこちらには全くたからなかった。

 なおシクラメンには「豚のまんじゅう」という和名があるのだが、これはフランスで豚がシクラメンの球根を掘り起こして食べていたことがあったことから、現地で「豚のパン」と呼ばれており、これが日本に来る時に「豚のまんじゅう」なったという。しかし実際にシクラメンの球根を豚に与えると食べないという。これはシクラメンの球根にはシクラミンというサポニンが入っており、これは苦い上に毒性があるのだという。実際にシクラミンは下剤としても用いられていたとか。

 またシクラメンの球根は1年でしぼむわけでなく、年々大きくなるといい、100年生きている今日コンもあるという。葉と花が一対になっているシクラメンではすべての栄養を花を咲かせるだけに使うわけでなく、球根に栄養を貯め込むことで、悪条件の時には花を出さずに耐えるのだという。

 またシクラメンでは花が散った後、花こうと呼ばれる軸の部分が巻いていき、先端の種ができる部分を守るという。そもそもシクラメンという名前自体が、ギリシャ後のキクロス(巻くという意味)から名付けられたという。またシクラメンの種は甘い成分で覆われているので、ありが好んで運ぶとのことで、これで遠くまで運搬してもらうらしい。

 最後はシクラメンを長持ちさせるコツについて、水をやりすぎないこと、1日に2時間は日を当てること、夏には球根を冷暗所で休眠させること。6月頃に葉が少なくなって枯れてきたら、あえて枯れさせて涼しいところで保管するのがよいとのこと。

 シクラメンはかなり厳しい環境で育った植物であるだけに、実はかなりしたたかな生態を持つ植物だったようである。そうか、シクラメンのかおりという歌は、か弱そうに見えても実はしたたかで逞しい女性のことを描いた歌だったのか(笑)。

 ところでオープニングでまたも佐藤アナが歌っていたが、相も変わらず並はずれてオンチだな彼女は(笑)。多分、だからこそわざわざ歌わすんだろうが。

 

11/20 所さんの目がテン!「コウノトリ」

 今回のテーマはコウノトリ。昔から日本に棲んでいたコウノトリだが、既に野生種は絶滅して、現在日本にいるコウノトリは大陸から迷い込んだものだけだという(豊岡のハチゴロウ)。

 で、コウノトリと言えば鶴と似ているというが、実際は鶴の方が身体が多く、体重も倍ほどあるという。だからコウノトリはそのまま飛べるのに対し、タンチョウなどは助走をつけないと飛べないという。

 また昔から松に鶴というのは絵画などの素材であるが、実はこれはコウノトリの方が正しいのだという。と言うのも、実はタンチョウの足は木の枝をつかめるようにはなっておらず、木の上に留まれるのはコウノトリなのだという。コウノトリが遠くから見ると鶴にシルエットが似ているのと、やはり松に鶴というめでたさから、鶴になってしまったのだろうとのこと。

 またコウノトリは赤ん坊を運んでくるなどと言われているが、この番組ではコウノトリが本当に赤ん坊を運べるかに挑戦(オイオイ)、多摩動物園でコウノトリに赤ん坊入りバスケットを運んで貰おうと思ったが「くちばしが折れる危険がある」とあえなく断念(笑)。これでは様にならないので、飛行機の模型を使って航空力学的に説明している。

 それによると、まずバスケット+赤ん坊の4キロという重量はコウノトリの体重とほぼ同じであり、これを持ち上げるには1.4倍の速度で翔ぶ必要があるという。またくちばしでバスケットを加えると、加重バランスが前に偏ってしまって飛べなくなるので、もっと重心に近い位置に持ってくる必要があるとのこと。

 以上の見解からこの番組が作った映像が、バスケットをわしづかみにして猛スピードで翔ぶコウノトリ。そのあまりの馬鹿馬鹿しさに私は大爆笑してしまった。

 なおヨーロッパでコウノトリが赤ん坊を運んでくると言われるようになったのは、ヨーロッパでは電柱や屋根の上でコウノトリが巣作りをする姿がよく見られ、バスケット型の巣の中で夫婦で子育てしている姿からこういう伝説が生まれたのだという。

 さらに昔話の「鶴の恩返し」であるが、これも実はコウノトリだったという説があると言う。と言うのは、コウノトリはまれにクラッタリングといってくちばしから音を立てることがあり、これが機織りの音に似ているのだという。ちなみにコウノトリは成長すると鳴けなくなる鳥だとのこと。

 ここで番組は機織りの名人を呼び出して、コウノトリが機織りの音に反応するかという実験を開始。なんと15分後にコウノトリがクラッタリングを始めたのだが・・・・実験のあまりの馬鹿馬鹿しさにまたも爆笑してしまった。

 今回は科学的に意味のないくだらない実験ばかりだったが、そのくだらなさがいかにもこの番組らしくて楽しませてくれた(誉めているつもりなのだが、とても誉めているように聞こえないな(笑))。

 しかし松に鶴ならともかく、確かに松にコウノトリでは画題として・・・。もっともタンチョウは平地で暮らす鳥なので松に留まれというのには実は私も疑問を感じていたので、これは納得である。ただ、タンチョウは松には留まれないものの、鶴の仲間で樹上で暮らす鳥もいたのでは? ちなみに分類学的にはコウノトリはコウノトリ目で、ツルはツル目ということで、完全に別種になるようですが。

 

11/13 所さんの目がテン!「赤ワイン」

 先週に続いてのワインシリーズの今回は赤ワイン。まず作り方の違いだが、白ワインはぶどうジュースを絞ってから発酵をさせていたのに対し、赤ワインは葡萄の粒のままアルコール発酵をさせる。そのために葡萄の皮から色素のアントシアニン、種からは渋みの成分でもあるタンニンが出ている。こうして発酵させた後に液の部分だけを除くのだという。ただこの時点での赤ワインはとても飲めたものではないらしい。この酸味はリンゴ酸によるものだという。白ワインではこれがさわやかな酸味になるのだが、赤ワインの場合はタンニンの渋みも加わるので強烈な刺激になるのだという。だから赤ワインはこの後に乳酸発酵の過程を経て、リンゴ酸がより刺激の少ない乳酸と二酸化炭素に分解されるのだという。

 だから白ワインにはリンゴ酸が、赤ワインには乳酸が多く含まれているという。だから飲み頃の温度が異なり、5度と15度で比較すると、リンゴ酸の場合は5度の方が酸味がさわやかになり、逆に乳酸は15度の方がマイルドになるのだという。

 またワインは樽で長期間寝させたりすることで味がマイルドになるが、長期熟成したものと短期熟成のものを比較すると、アントシアニンの粒の大きさが変わったという。長期熟成することでワインのアントシアニンがタンニンなどの雑味を取り込んでオリとなって沈殿することで、ワインの中の雑味が取り除かれるのだという。なお卵白を加えることでタンパク質がタンニンを沈殿させるという裏技もあるとか。赤ワインは1〜3年熟成させるのに対し、白ワインは半年〜2年程度だという。

 さてこのワインの熟成については温度を保つとか、光を当てないとか、空気を遮断するなどの約束事があるが、番組ではこれのどれが一番悪影響を与えるかを、ワインを35度で保温したり、日焼けマシンで紫外線を与えたり、半分飲んで空気に開けたままさらしたり、果ては空気ポンプで空気を吹き込んだりなどしてどれがもっともワインを駄目するかなどという実験を実施している。

 判定するのはプロのソムリエ。判定によると一番美味しかったのは普通に保存したもの(これは当然)で、次は栓を開けたまま放置したもの、35度で保温したもの、紫外線を当てたもの、一番まずかったのがエアポンプで空気を吹き込んだものだったという。分析の結果でもエアポンプを使ったものが劣化が一番ひどかったという。ワインの劣化は空気によって香りの成分が酸化によって劣化だという。

 次に空気に絞って次なる試験。今度は開けてそのまま栓を閉めたワインと、半分飲んで立てたまま置いたワイン、横にしたワイン。やはり横にした方が空気に触れる面積が広いので劣化が進んでいたという。

 なお普通のワインが最低でも1年はかかるに対し、1ヶ月でできるボジョレ・ヌーボーだが、これは作り方が待った全く違うのだという。ボジョレ・ヌーボーではまず葡萄を炭酸ガスを満たした容器中に入れて、ここで炭酸ガスと葡萄中の酵素の働きによって糖とリンゴ酸を分解してアルコールと二酸化炭素を生成する反応をするのだという。だからこの時点でリンゴ酸は減るし、またアルコール度数が低いことでアルコールに溶け出しやすいタンニンの量も減るのだという。この方法によって酸味と渋みが抑えられるのだとか。この後、葡萄を搾って取り出した液体に酵母を加えてアルコール度数を上げるのだという。そもそもボジョレ・ヌーボーはすぐに出来ることから、その年の葡萄の出来を占うのに使用されていたという。

 今回もなかなか面白かったが、ボジョレ・ヌーボーがワイン通からは「あんなもの・・」といって鼻であしらわれるわけがよく分かった。つまりは発酵を省略した促成ワインであるわけだ。しかしそもそもアルコールが全く駄目な私の場合、まだこっちの方が良いのと違うか(笑)。いや、実は発酵させてなければもっと良い(笑)。

 それにしてもソムリエの感覚ってのは、分析装置並みに敏感なんだということのようだ。やはり人間の感覚とは侮りがたく、実のところは装置で人間の感覚を代替するというのは未だに不可能なのだが、この辺りがあるんだろうな。

 

11/6 所さんの目がテン!「ワイン」

 太古からよく飲まれている酒がワインであるが、最近日本でブームになっているという。今回はこのワインがテーマ。

 番組ではワインの産地の長野県を訪問している。ワイン用の葡萄は食用の葡萄とはまた違った種類を用いるという赤ワイン用はメルローという黒葡萄、白ワイン用にはシャルドネという白葡萄などが用いられるという。さてこれらの葡萄の特徴であるが、まずは糖度が非常に高いという(巨峰が17に対し、メルローで22)、さらに酸味成分の量が多いのだとか。試食した所氏によると「うまい」とのことだが、これらの品種は果肉の部分が少ないので、食用にはむかないのだろう。

 これらの葡萄は収穫されるとまず身の部分が機械で集められ、これから果汁を絞り出す。そして白ワインの場合はこのジュースに酵母が加えられるのだという。この時、酵母は糖分からアルコールを造るので、糖度の高い葡萄が必要なのだという。なお糖分が少ない米などで酒を造る場合は、アルコール発酵の前に糖化の過程が必要なのだが、葡萄は糖度が高いのでそのままアルコール発酵が出来るので、もともと酒にしやすい果物なのだという。

 さて葡萄の産地は盆地が多いのだが、これは盆地に特有の夜になると気温が下がるという気候が葡萄の生育に都合良いのだという。葡萄は昼間に作った養分で、夜間に葉や茎を成長させるのだが、夜が寒いことでこの成長が抑えられて、葉に栄養分が残り、これが実に蓄積されることで甘くなるのだという。なおワイン用の葡萄は水はけの良い斜面に作られることが多いという。

 なお貴腐ワインやアイスワイン呼ばれるワインが存在するが、これらは実の水分か奪われて糖分が濃縮されるのがポイントだという。そこで番組では実を乾燥機に入れて糖度を上げた干しぶどうワインを制作しているが、所氏によるとなかなかのものらしい。

 で、次は赤ワインの作り方なのだが・・・ここで来週とのこと。どうも作っているうちに30分に収まらなくなった気配が濃厚である。

 ワインといえば健康効果云々を正面に出してくるのかと思っていたのだが、なぜか全くそれが出てこなかった。多分これは来週に回るのだろう。もっともこの番組は健康効果云々をあまりPRしないのが特徴の一つでもあるが(笑)。今回の内容も純粋に科学的に結構面白かった。

 ただアルコールが皆目駄目な私には、日本酒でもワインでも無関係です。ですから私は専らいつもぶどうジュースです(それかパインジュース)。だけど良い葡萄だとジュースもうまいんですよね。

 

10/30 所さんの目がテン!「別府温泉」

 またも唐突なテーマだが、今回は吸収の温泉地である別府についての紹介だとか。温泉と言えば、美女が温泉に入っての紹介と相場は決まっているのだが、この番組では矢野氏が温泉につかっているだけで、色気のかけらもない(笑)。

 さて別府と言えば実に湧出量の豊富な温泉だが、湧出量に関しては日本一、しかも世界で見てもアメリカのイエローストーン国立公園に次いで2番目だという。しかも泉質としては、11種類のうちで放射能泉を除く10種類が存在し、種類も豊富なのだという。

 番組では最初に「美人の湯」の秘密に迫っている。美人の湯と言われる温泉に共通するのは、肌がスベスベすると言うこと。そこでこの湯で洗濯をしてみたらどうなるかという実験を実施している。結果、水道水に比べると見事に落ちている(石鹸は入れていない)。これは温泉の湯がアルカリ性であるために、身体の油などと反応して石鹸成分が生成するのだという(いわゆる鹸化)。美人の湯で肌がスベスベするのはこの効果と、後はタンパク質がアルカリで溶ける効果であるとしている(だから水酸化ナトリウムで指をこすると指紋が消えるのだが)。もっとも、美人の湯はつかりすぎると肌に必要な油分まで溶け出してカサカサする恐れがあるので注意とのこと(そりゃそうだ)。

 また別府では血の池地獄とか海地獄などと言われる赤や青の温泉もあるが、これは赤は酸化鉄による色で、青は水中に含まれるシリカが析出してきて青い光を乱反射するためだとか。だから湧いたすぐの温泉は透明なのに、時間が経つとシリカの粒子が成長して青くなるという。なおさらに粒子が成長すると今度は白くなるとのこと。

 別府温泉と言えば湯けむりのイメージがあるが、これは別府温泉は温泉の温度が非常に高く、90度以上の湯が湧くからだという(だからどうやって源泉を冷ますかが課題になるそうな。贅沢な悩みだが。)。このような100度に近い湯が湧くのは沸騰泉と言い、日本でも珍しいのだという(温泉と言っても、地下水に毛の生えたような温泉が多く、大抵の温泉は後で沸かす必要があるのが実情。)。別府の温泉の熱源は鶴見岳であり、この山に近いほど温度は高くなるという。

 なお鶴見岳が活火山なのはこの地域に断層があることで、また別府は鶴見岳の火砕流で出来た火山性扇状地なのだという。だから別府の地面は火山岩で出来ており、水はけが良いために雨水が地中に染み込みやすいので地下水が豊富になり、これが湧出量日本一の理由だという。

 単なる温泉ガイドではなく、あくまで科学的解説に徹したところがいかにもこの番組だが、下手な温泉ガイドよりもよほど別府に行きたくなる内容である。私も別府温泉あたりでゆっくりしたいところなのだが、暇も金もそれを許してくれない。

 

10/23 所さんの目がテン!「レッサーパンダ」

 立ったとかなんとかで最近人気沸騰のレッサーパンダが今回のテーマ。さてこのレッサーパンダ、ああ見えても腹が黒いんです・・・は良いとして(笑)。

 さて、このレッサーパンダ、棲息地は中国の奥地のヒマラヤ近辺、ジャイアントパンダと同じ辺りで樹上性であって厚さに弱いそうな。

 ちなみにレッサーパンダはジャイアントパンダの仲間かそれともアライグマの仲間かなどと良く言われるが、体格はアライグマにそっくりだが、棲息地や食料(竹を食べる)などはジャイアントパンダに近い。で、レッサーパンダの正体は何なんだになるのだが、実はよく分からないのだという(ドッチラケ)る。レッサーパンダは最近まではアライグマ科に属するのではないかとの説が有力だったが、ジャイアントパンダの仲間ではないかという説もあり、最近に行われたDNA鑑定の結果によると、どちらとも違うレッサーパンダ科という結果が出ているのだという。

 ちなみにレッサーパンダのネーミングだが、パンダの語源になったネパール語の「ニガリャポンヤ」というのが「竹を食べるもの」という意味だったという。しかしその後、ジャイアントパンダが発見され、こちらが人気を博したことから、本来はパンダであったはずのレッサーパンダは、英語の劣っているという意味のlesserがついてレッサーパンダになったのだという(何ともひどいネーミングである。こりゃ、レッサーパンダが聞いたらグレるよな(笑))。なおレッサーには小さなという意味もあると言うが、それならミニパンダでもスモールパンダでも良いはずである。

 なお竹を食べるレッサーパンダではアライグマなどと比べると小臼歯が平たくなっているという。またレッサーパンダにはニセの親指とも言うべき、撓側種子骨と呼ばれる6本目の指に当たる骨が存在し、これによって竹などをつかむことが出来るのだという。これが発達しているのはパンダの仲間だけだとのことである。

 またレッサーパンダが立ったことで話題になったが、そもそもレッサーパンダは立ちやすい足をしており、大抵のレッサーパンダは立ち上がることが出来るという。人間は足の裏全体を地面につけるしょ行性という歩き方をするが、犬などは足先だけがついてかかとが浮いた指行性という歩き方をする。また山羊などの蹄のあるものは蹄で歩く蹄行性になる。しかしレッサーパンダは人と同じしょ行性なのだという。つまり人と同じく足の裏をベッタリ地面につけるので、彼らは立ち上がりやすいのだとか。

 で、最後はレッサーパンダが子どもの時にだけ出すという鳴き声を紹介して終わり。今回は全編レッサーパンダの愛らしさが爆発していたという回である。

 それにしても「劣りパンダ」が名前の語源とは・・・・。今回はこれが一番インパクトがあったな(笑)。

 

10/16 所さんの目がテン!「コスモス」

 秋桜とも書き、日本の秋の花として定着しているコスモスだが、町を行く人に絵を描いて貰ったところ意外とまともに絵を描ける人がいない。正しいコスモスは、まず花弁は大体8枚、中央に芯のような部分があり、花弁の先はギザギザになっているのが特徴だという。

 さてコスモスの花だが、実は中央にある芯のような部分が本当は花なのだという。この番組では例によってここの数を数えているのだが、103個あった黄色い粒々の一つ一つが実は筒状花という花であり、5枚の花弁と5本の雄しべと1本の雌しべを持っているのだという。また花弁に見えている部分は舌状花といい、筒状花だったものが大きく伸びたものだという。筒状花の5枚の花弁が1枚に伸びた名残が花弁の先のギザギザだという。そしてコスモスの花全体は頭状花序と呼ばれるとのこと。またコスモスが舌状花を発達させたのは、紫外線などで風景を見るミツバチなどにアピールするためで、実際に紫外線領域でコスモスの花を見ると、舌状花がはっきりと見えるという。

 またコスモスの葉は非常に細いが、これはコスモスの原産地がメキシコであることと関係があるという。コスモスの細い葉は強い風で倒されることを防ぐと共に、乾燥に耐えるためなのだという。メキシコの厳しい自然の中で進化したコスモスは、気候に恵まれた日本では、高さ3メートル以上まで育つことも可能であり、ギネスによると3メートル75センチにまで伸びた例があるという。

 番組では最後には、コスモスも食用菊と同じキク科ということで、日本料理人によるコスモス料理が登場して終わり。しかしこれに意味があるようには思えないのだが・・・。

 番組終了後に長島リゾートによるダリア・コスモスまつりのCMが入ったのだが、もしかして今回はタイアップ企画? まあ番組内容は非常に興味深かったし、勉強にもなったから良いけど。私もコスモスの花が花の集合体だったなんて初めて知りましたから。

 それにしても毎度のことながら、この番組の特徴となっているOPコントは、相も変わらずすべりまくってるな(笑)。あのスベリ具合が逆にこの番組の看板になっているのだろうか(笑)。まあ印象に残っているのは、佐藤アナの奇妙なヅラと、とてつもない歌の下手さぐらいだが(笑)。

 

10/9 所さんの目がテン!「カルシウム」

 日本人はカルシウムが不足しがちだと言われる。実際にかなり栄養のバランスが良いと思われる矢野家の食卓でも、1日の必要量と言われる600ミリグラムの量を満たしていない。それに対してアメリカの一般家庭では1000ミリグラムも摂取しているという(そもそも食べる量自体も日本よりはやたらに多いが)。この違いが出るのは水の中のカルシウム量の違い。火山島の日本では土中のカルシウムが少なく、カルシウム分が少ない軟水のせいで、どうしても食品中のカルシウム量も減少してしまうのだという。

 さてカルシウムの働きだが、骨の成分になるだけでなく、神経の伝達などにも働いている。番組ではスタッフの1人が一週間のカルシウム断ち(といっても、できる限り減らすと言うだけで0には出来るものではないが)を行ったところ、PTHという血液中のカルシウムを一定に保つためのホルンの分泌が増加していたという。これは骨の中のカルシウム分が溶け出していることを意味する。また同時にニワトリでもカルシウム断ちの実験を行ったが、覿面に卵の殻が薄くなるという結果が出た。カルシウムが極限まで不足すると、ついには殻のない軟卵と呼ばれる卵が産まれることもあるという。

 で、骨粗鬆症を防ぐ方策だが、やはり骨に重力による負荷をかけることが重要であるという。だから水泳などよりは、重量挙げなどのような体重がまともにかかる運動を行う方が効果は高いという。

 以上、カルシウムについてと骨粗鬆症を絡めての内容。カルシウム不足の危機を訴えてはいたが、食生活からの提案はなく、運動の提案になっていたところが奇妙なところ。しかしあのかなりバランスがよいと思われた矢野家の食卓でもカルシウムが不足しているというのなら、これはサプリメントにでも頼らないと所要量を満たせないのと違うか? という点で、私は実は600ミリグラムというあの値には実はかなり疑問を感じているのである。

 なお骨を丈夫にするのには体重のかかる運動が良いというのは当然だが、水泳が駄目だという意味ではない。水泳選手でもやはり運動をしないものよりはかなり骨が丈夫になっていたことに注目。老人などがいきなり重量挙げを出来るわけもなく、日頃運動不足のものがいきなり体重の負荷のかかる運動を始めると膝や腰を痛めるのがオチなことを考えると、やはり最初は水泳がよいのではないか。 

 

10/2 所さんの目がテン!「科学で嘘を発見する」

 今回は番組が800回に到達した記念として、嘘八百で嘘がテーマとのこと。

 嘘をつけば人間は反応が不自然になったりするものだが、その辺りはプロにかかると見抜けるのだという。刑事歴25年で今は探偵事務所を開いているという人物が、3人の若者の嘘を見抜くというテストから。まず最初に面通しの雑談を5分ほどやって貰ってから、3人のうちに2人はケーキを食べて貰うが、もう1人はケーキを食べずにいて、誰が食べていないかを見抜くというテストである。彼が投げた質問はケーキの形と味という2つの質問だけなんだが、彼はそれだけで嘘を見抜けるという。

 実験では確かに見事に嘘をついているのが誰かを見破った。彼によると注目するのは目で、嘘をついている人物は瞬きが異常に増えたり、瞬きが増えるなどの反応が出るのだという。また尋問を重ねていった時に、嘘を重ねるということを行うのだという。嘘をつくと俗に言う「目が泳ぐ」という状態になるわけである。これを不随意性瞬目というそうな。もっともこのテストに関していえば、嘘をついている被験者の嘘の付き方があまりに下手だったという印象もあり、強者の詐欺師だとこれで見抜くのは困難なような気がする。

 さらに嘘と云えば嘘発見器ということで、まず番組では嘘発見器ことポリグラフの紹介を行っている。このポリグラフは嘘をついた時の緊張や手のひらの発汗、呼吸などを見ているものである。番組では精神的に強い推測されるマジシャン、ヨガのベテランなどにカードを引いて貰い、その番号を当てるというテストを行っている。調査する側は1から7までの番号を順番とランダムに言い、被験者はそれにすべて「いいえ」で答えるというものなんだが、これが見事に当たるのである。反応が比較的出やすいのが手のひらの発汗であり、両者ともここに顕著な反応が出ている。もっともこれには個人差があるようで、佐藤アナの場合は手の発汗にはほとんど変化がなく、呼吸や脈に微妙に反応が現れたようである(彼女はかなり嘘がうまいということか?(笑))。なおスタジオで所氏も挑戦したが、ものの見事に見抜かれていた。見かけによらず、意外と動揺しやすい人間のようだ(笑)。

 そしてここで今回の番組のメインイベントになるのだが、これはレポーターの矢野氏の嘘を見破るというもの。実は矢野氏は以前にバナナだけを食べ続けるというダイエットに番組で挑戦したのだが、その時にバナナ以外のものを食べたという疑惑についてである。ただ嘘発見器で調べるには、事前に調査が必要ということである(いきなり「あなたは何かを食べましたか」という質問の投げ方は出来ないらしい)。そこで矢野氏が何を食べたかについて事前調査。すると大体のところの目星がついたようで、その情報を持って矢野氏の尋問である。

 いよいよポリグラフにつながれた矢野氏に対し、先ほどのカードのテストと同じ形式で、いろいろな麺類の名前が投げられる。その結果、山形板そばに反応が出て、矢野氏の自白につながって御用である(笑)。

 なおP300という自分に意味のあるものを見た時に現れる脳波を使用する嘘発見法もあるとのことで、これで矢野氏の余罪を調査したが、これは現れなかったとか(笑)。

 ちなみに矢野氏は今回のペナルティとして、今後85キロを切るまで月4キロのダイエットを命じられる羽目に・・・とのことだが、月4キロは明らかにハイペースすぎる。確かに矢野氏の体重は96キロとかなり多めなので、普通よりは減る余地は大きいが、それでも月4キロのペースは身体を壊す懸念もなきにしもあらず。なおバナナダイエットのデータは矢野氏の掟破りにより「正確さを期すべき科学番組としてはあるまじき」ということで、HPから削除されるとか。しかしこんなことを言っていると、某番組なんてHPに記載できることは1つも残らないぞ(笑)。

 なにやら意味があったようななかったような内容だが、ポリグラフの正しい使い方はよく分かった(笑)。結局はかなり追い込んだあとの最後の詰めぐらいにしか使う局面はあまりないようである。一般に思われているほど万能な機械ではないということである。まだまだ知らないことも多いようだ。

 

9/25 所さんの目がテン!「ヒガンバナ」

 秋の花としてメジャーなヒガンバナであるが、その割りにはイメージがあまり良くない。地方でこの花の名前を調べても、実に多くのながあるのだが、その中には「ソウシキバナ」とか「シビトバナ」というものまであり、どうもイメージの悪さが先行する。このヒガンバナについて科学するという。

 まずは番組ではヒガンバナが町の花という熊本県山鹿市菊鹿町に出かける。しかしヒガンバナは影も形もない。しかし一週間経つとこれがヒガンバナで一杯になるのだという。実際に一週間後、町はヒガンバナで一杯である。ヒガンバナは一週間程で芽が伸びて、花が咲くのだという。またヒガンバナの花は1株から5〜7つの花が咲くのだという。あの花は複数の花の集合体だとのこと。

 またヒガンバナは葉がないことで有名だが、花が咲いている時は葉はまだ球根の中にあるという。ヒガンバナは秋の花芽が枯れた後、冬になってから葉が出るのだという。そしてこの葉は春になると枯れ、夏には球根が分裂して増えるのだという。このような独特の生育過程がユウレイバナなどとも呼ばれる原因だという。

 またヒガンバナの赤い色は、アゲハチョウを引き寄せる効果があるのだという。番組の実験でも圧倒的にヒガンバナが強かったという結果。ただ日本のヒガンバナは受粉はするが種は出来ないのだという。となると花が咲くことは無意味ということになるが、花が咲いて枯れないと葉が出ないのだという(融通の利かない生物だ(笑))。

 なおヒガンバナは田んぼの畦に咲いていることが多いが、これはネズミよけなのだという。チーズとネズミの間にヒガンバナの球根を置く実験をしてみたところ、ネズミは球根を全くかじろうとしなかったという(コルクを置くといとも簡単にかじってしまったのに)。これはヒガンバナの球根に含まれるリコリンという有毒成分の効果だという。で、番組ではこのリコリンを抽出してゴキブリに噴射するという実験を行っているのだが、5分でほぼ全滅という強力な効果である。だから昔はこの球根から糊を作って使用していたという(虫除けになるのだ)。

 にも関わらず、戦後にはヒガンバナが食用にされていたことがあるという。ヒガンバナの球根をすり下ろして水に丁寧にさらすことで、水溶性のリコリンを除去することが可能なのだという。番組ではヒガンバナの球根からでんぷんを取り出し、これから団子を作るということまで行っている。ただ番組では「専門家の指導の元」というのをやたらに強調していたのは「マネをするな」という意味なのだろう(笑)。そりゃ、戦後の食料に困っているような時でもない限り、何もわざわざ有毒のヒガンバナからあんなに手間をかけてでんぷんを取り出す必要はなかろう。

 毎度のことながら突拍子もないテーマが登場するこの番組だが、ヒガンバナとはまたも唐突なテーマである。確かにヒガンバナはあまり良いイメージがないが、葉っぱがないという異様な生態の上に、毒まで持っているとなるとイメージが良くなるはずがない。ましてやお盆の頃に毒々しいまでに真っ赤な花が咲くわけであるから。ただそんな花も、田んぼのネズミよけなどと有用に使っている人間のたくましさには感心することしきり。昔からの知恵だな・・・・。

 ところでヒガンバナエキスの効果だが、これは下手な殺虫剤よりもめざましい殺虫力だったが、これは近日中にアース製薬からヒガンバナエキス配合の殺虫剤が発売されるかも(笑)。

 

9/18 所さんの目がテン!「ナシ」

 秋になると旬が来るナシ。ただ我々がイメージするナシは、西洋人がイメージするものとは全く違う。西洋で一般的なのはあの洋梨のこと。日本のザラザラしたナシは日本ナシといって日本独特の種である。また日本ナシの中でも幸水や豊水などの赤ナシと二十世紀のような青ナシがある。一般的に赤ナシの方が甘味が強いという。品種改良などで1200種の日本ナシがあるという。しかしこれらはすべて同一のルートから発祥しており、それはヤマナシだという。

 またナシといえばザラザラした粒が実の中にあるが、あれは石細胞といって細胞内にリグニンが蓄積されたもので、成分としては木に近いのだという。この石細胞は種を守るためのものだという。実が熟すると石細胞が拡散することで食べやすくなるのだという。

 さらにナシの表面からは粉が出ることがあるが、これはナシの表面のブツブツから出ているという。このブツブツは果点コルクと言い、実が熟する前は呼吸するための気孔だったものが、実が熟するとつぶれて、水分が逃げないようにここにコルク分が溜まるのだという。

 りんごは水に浮くのに対し、ナシは水に沈むが、ナシはりんごよりも含有水分が多く、空気をほとんど含んでいないのだという。また一般的に糖度の高い果物ほど沈む傾向があるという。番組の実験では浮くのはみかん、バナナ、桃、メロン、すいか、沈むものは柿と葡萄であった(桃が沈んだら桃太郎が困るわな)。

 なお韓国料理はナシを非常に良く使うとのことで、ナシは調味料なのだという。これはナシに含まれているタンパク質分解酵素であるプロテアーゼが肉を柔らかくするのだという。

 以上、ナシについての知見。私はナシはかなり好きだが、今回紹介していた内容は全く知らなかった。いやー、勉強になったな。多分、なんの役にも立たないが(笑)。なお水に浮かべた時に糖度の高い果物ほど沈むと言っていたが、同じことは野菜でも言え、ガッテンでもジャガイモの見分け方に水に浮かべる(この場合は塩水)というものがあったのを思い出した。

 

9/11 所さんの目がテン!「イチジク」

 秋に旬を迎える果物の一つがイチジクだという。しかしこのイチジク、今の若者には全く知らないものもいるとか。ちなみにイチジクの名前の由来は、ほぼ1日に1個熟して収穫できることから「1熟」が「イチジク」になったと言われているとのこと。イチジクは江戸時代に中国から渡った蓬莱師があり、明治にアメリカから導入された栽培種の桝井ドーフィンが全国に広がったのだという。

 イチジクと言えば乾燥イチジクがあるが、一般的な乾燥イチジクは西洋の小型の品種を使っているとのこと。番組では強引に桝井ドーフィンで乾燥イチジクを作っていたが、見た目が極めて悪いが、所氏によると味はなかなかだったようである。

 さらにいかにもこの番組らしい企画は、イチジクの中身のつぶつぶを勘定していること。5時間かけて数えた結果1834個と判明した。ちなみにこのつぶつぶはタネであり、これ一つが花であるわけである。イチジクは無花果と書くが、実の中に花があるからである。イチジクはオスの木とメスの木がある雌雄異株の木であり、オスの木からメスの木に花粉を移動させて受粉する必要があるという。だが日本にあるイチジクは全部メスの木だという。だからイチジクを増やす時は挿し木で増やすのだという。

 番組ではイチジクと同じ族になるイヌビワの受粉を紹介している。イヌビワコバチという体長2ミリぐらいの小さな蜂が、実の先の穴から入り込んで花粉を媒介しているのだという。イチジクにも同様にイチジクコバチという蜂が媒介するのだという。イチジクにはオスの実とメスの実があるが、メスの実に入り込んだイチジクコバチはイチジクを受粉させるが、メスの実の雌花は長いために産卵が出来ず、そのままそこからでられないまま死んでしまうという。それに対してオスの実に入り込んだイチジクコバチは、オスの実の雌花は短いのでそこに産卵でき、イチジクコバチはオスの実の中で繁殖するのだという。イチジクコバチとイチジクはこのように長い年月をかけて共進化したという。またオスの実の中で生まれたイチジクコバチは、そこで交尾をし、オスの支援を受けながらメスだけが外に出てくるのだという(この時に花粉が身体に付く)。オスはイチジクから外に出られないまま一生を終えるとか。

 なおこうやって聞くと、コバチで一杯のイチジクの中を想像してゾッとする視聴者が多いのではないかと思うが、日本では気候が寒いことなどからイチジクコバチがいないという(番組では字幕でさらっと流しただけなのだが、これはもっと強調しておく必要があるんじゃないか?)。こう聞いた時、日本のイチジクがメスの木だけの理由が分かった気がした。コバチの繁殖を防ぐためなんだろう。

 またイチジクを料理している料理人によると、イチジクを扱っていると指紋が消えるという。これはイチジクから出る汁に含まれているタンパク質分解酵素であるフィシンのせいだという。なおこのフィシンは牛乳に加えるとミルクカゼインを固める効果があるという。そこで番組では皮付きのイチジクと牛乳をミキサーにかけてチーズを作るという実験を実施、所氏が試食しているが味はイマイチらしい。最後は所氏がイチジクを使った料理を食べて終わり。

 イチジクという地味な果物に注目したところはいかにもこの番組らしく。しかも内容がイチジクの紹介で、イチジクの健康効果云々という類の不純なもの(笑)が含まれていなかったのもさらにこの番組らしい。しかしあのハチの件はもっとフォローを入れとかないと、イチジクの販促どころか逆に売り上げに響くことになりかねないぞ。それでなくてもあの中が気持ち悪くてイチジクは駄目だという人も多いんだから。

 

9/4 所さんの目がテン!「秋吉台」

 山口県の有名な鍾乳洞である秋芳洞がある秋吉台は、石灰岩の台地である。これらの石灰岩は酸性な雨(酸性雨というわけでなく、そもそも雨は炭酸ガスが溶け込むことで元々弱酸性である)によって溶かされるために、秋吉台には無数の洞窟が存在する。鍾乳洞につきものの鍾乳石や石筍は石灰分を含んだ水が滴ることで出来たものである。そのため、鍾乳石を輪切りにすると中央に穴があるという。

 なお石灰岩は日本が唯一自給できる鉱物資源だとか。番組ではこれらの石灰岩が何に使われるかを紹介していたが、セメントにコンクリートといった簡単に思いつくものから、はては食品添加物まで無数に使われている。

 また秋吉台ではトリュフが自生していることも確認されているという。トリュフの産地として有名なフランスのペリゴール地方もラスコー洞窟がある石灰岩土壌であり、秋芳洞とよく似た環境にあるのだという。そこで番組では警察犬を使用してトリュフ探しに実際に挑戦している(踊る大捜査線のBGMを使っていたようだが、これはいいのか?)。3時間後、ようやく見つけたのは謎の小さな物体。番組ではこれを国立科学博物館と筑波大学、東京大学に分析を依頼して、トリュフであると確認していた。

 と、文字にしてしまうとたったのこれだけの内容だが、それは今回は映像が主体だったから。秋芳洞に一度も行ったことのない私には、洞窟内部の映像は非常に興味深いものだった。それにしてもトリュフの分析をわざわざ3個所に依頼しているのは、いかにも「いい加減な嘘はついていません」と誇示するようであり、こっちとしては正直なところ笑ってしまった。確かに某番組だったら、キチンとした分析なんて絶対しないもんな・・・。

 

8/21 所さんの目がテン!「ウズラ」

 久しぶりの佐藤アナの超下手くそな歌で始まる今回のテーマは「ウズラ」。言うまでもなく、あのウズラ卵のウズラである。

 しかし日本人はウズラ玉子は1人あたり年間17個を食べていると言われているにも関わらず、ウズラを実際に見たことがあるという人はほとんどいない(かく言う私も見たことがない)。そこで番組では国内のウズラ卵の6割を生産しているという愛知県の豊橋市の養鶉場(ようじゅんじょう)に出向いて、ウズラの紹介を行っている。

 ウズラはキジ科の鳥であるが、他のキジ科の鳥と異なり、かなりの距離を飛行できる飛行能力を有しているという。番組では実際にウズラを飛ばしてみて、飛行距離80メートル(ぐらい)という実験を行っているが、本来のウズラの飛行能力はこんなものではなく、1日で116キロを飛んだという記録もあるという。ウズラは10〜30度の環境でないと生息不可能(キジだと−30度〜30度、ニワトリは−10度〜38度まで大丈夫)なので、実は季節に合わせて渡りをしているのだという。

 さてウズラ卵だが鶏卵よりも栄養が豊富で、ビタミンB12に至っては5.2倍も含まれているという(当然、同じ重量中に対してであるが)。これはウズラなどの小鳥は早く一人前の成鳥にならないと外敵に襲われやすいためで、ビタミンB12を豊富に蓄積することで、成長を促進しているのだという(ビタミンB12は造血作用があると言われている)。ウズラは病弱な大正天皇に小鳥の卵を献上するために、比較的多くの卵を産むウズラが目を付けられ、そして品種改良によってほぼ毎日卵を産むようになったのだという。大正天皇は数個のウズラの卵を食べていたという(大正天皇の病気については、体のものではなく頭の方のものだということも密かに言われているが)。

 ちなみにウズラの卵は体重の8%にあたり、もしウズラの大きさがダチョウほどあったとしたら、卵は9.6キロになるということで、実際にその模型をスタジオに用意しているのは笑えた。ただ大体の生物において、身体が小さくなるほど体重に対しての卵の比率は大きくなる傾向はあるので、ウズラだけが特殊とも考えにくい点はあるが。

 なおウズラの卵と言えば独特の模様があるが、あの模様は親鳥によって大体決まっているという。あの模様は、生まれる1時間ほど前に粘膜から分泌されたポルフィリンによってつけられたものであり、酢に漬けると綺麗に落ちるのだという。このような模様をわざわざつけるのは、ウズラが生活する草地で卵を分かりにくくするためだとか。

 この後は矢野氏がウズラの卵を孵すという企画。ウズラのヒナが可愛いといった映像的売りはあるが、番組の内容構成的には全くの蛇足(笑)。

 私もウズラ卵はよく食べるが(ゆで卵ならニワトリよりもウズラの方が好きです)、ウズラのことについては全く知らなかったということを痛感させられたのが今回。特にあの模様が後から殻につけられていたものだとは思いもしなかった。またウズラが渡り鳥だったとは・・・。

 ところでウズラ卵は栄養価が高いと言っていたが、コレステロールなどはどうなんでしょうか? これで低コレステロールだったらニワトリよりもヘルシーを謳えそうだが、早く成長を促すという観点から考えると、コレステロールなども高いような気がするんだが。

 

8/14 所さんの目がテン!「ベニバナ」

 夏と言えばお中元、お中元と言えばベニバナ油と言うことで今回のテーマはベニバナだとか。

 さてベニバナとは言うものの、日清のベニバナ油(これがやたらに番組中に登場するが、CM料をもらったのか?)に描いてあるベニバナの色は黄色い。そこで例によって矢野氏の産地訪問である。すると畑には黄色いベニバナと赤いベニバナがある。これは実は同じ種類だという。ベニバナは細胞が損傷すると紅変と言って赤くなるのだという。ベニバナ中のプレカルタミンという黄色い色素が、細胞が損傷することでカルタミンと言う赤色の色素に変化するのだという。またベニバナの紅変は受粉が終了したという合図を虫に送っているという意味もあるのだという。

 さてベニバナだが、畑ではベニバナの花を収穫し、これをセイロで蒸してつぶすことで紅餅を作るのだという。この紅餅だが食べ物というわけではなく、紅染めの染料である。これから弱アルカリで赤い色素を抽出することで染め液を作るのだそうな。これにつけた布をさらに酸の定着液につけることで、鮮やかな赤色になるという。

 ではベニバナ以外の赤い花で染色は出来ないのかと、番組ではカーネーションなどの花を用いて染色に挑戦しているが、これらの色素であるアントシアニンはベニバナのカルタミンと違い、布と結びつく力が弱いので、洗うと落ちてしまうとか。定着させるには媒染といって、金属などと反応させる必要があるという。

 またベニバナ油であるが、これに使用するベニバナは、染料に使うベニバナとは別の種類だという。このベニバナの種から抽出するのがベニバナ油であり、他の油に比べると酸化しにくいという特徴があるという。

 以上、ベニバナについての紹介。いかにもこの番組らしい展開であったが、ベニバナは黄色から赤に色が変わるというのはなかなかに面白い。なお紅餅が食べ物でないというのは、私は以前に聞いたことがあったが。

 

8/7 所さんの目がテン!「夏休み企画エクアドル アマゾン」

 エクアドルは多彩な環境によって動植物の宝庫だというが、今回は矢野氏がそのアマゾンにヘラクレスオオクワガタを求めて潜入という内容。

 エクアドルには海から沸き上がった蒸気によって常に霧がかかった状態の雲霧林と呼ばれる地域があるそうだが、ここはその環境のため独特の生態系が存在するという。空気中から水分を摂る地衣類や、やはり霧から水分を摂る蘭の宝庫であるという。またここに住む世界最小の鳥がハチドリ。ハチドリは一個所にとどまるホバーリングが出来ることで有名だが、ハチドリはこの時に羽を8の字型に動かしているという。またハチドリは餌にする植物に合わせていろいろな形のくちばしを持った種が存在しており、植物とハチドリの間に1対1の関係が成立しているとのこと(共進化というという)。ただこれに関しては、所氏が「これって進化っていうのかな?」と疑問を呈していたが、確かにあまりに狭い環境に適応しすぎているのは絶滅と紙一重に思える。なおハチドリは飛行に非常にエネルギーを費やすので、1日に体重の8倍もの食料を摂るという(やはり進化の袋小路に入っている気がする)。

 この後は矢野氏が現地民の案内でいよいよヘラクレスオオカブトを捕まえるべくアマゾンへ。しかし一向にヘラクレスオオカブトは現れない。そこで光で虫を集めようとしたのだが、集まってくるのは蛾ばかり。しかし待つこと3時間、ようやくヘラクレスオオカブトを捕まえることに成功する。なおこの虫は湿度が下がると羽が黄色く変わるという性質があり、これはアマゾンでは昼に湿度が下がるので、昼になると羽が黄色くなって保護色になるのだとか。

 なお番組では現地で捕まえたヘラクレスオオカブトは現地で放してきたとのことで、スタジオには日本で養殖したものが登場。捕まえた虫はどうするんだろうと気になっていたが、とりあえずこれで納得。

 以上、夏休みシリーズこれで完結だが、やっぱりあまり中身がなかったような・・・。まあこの番組の場合、これでいいんかもしれないが。

 

7/31 所さんの目がテン!「夏休み企画エクアドル アンデス」

 夏休み企画の第2弾で、今回は矢野氏が標高5000メートル以上のコトパクシ山を登頂し、氷河を採取するというトライを行っている。

 といっても、これだけでは中身が薄いので、アンデスの風物についての紹介もある。まずアンデス山脈中で見つかる意外なものとして、岩塩を紹介。アンデス山脈は本来は海の底にあったのが、隆起して山脈になったので、その時に取り残された海水が塩湖になり、蒸発乾固した後に圧力で岩塩になったのだという。

 またアンデスといえばコンドルを連想するが、実はコンドルとは体重が重すぎて(15キロぐらいある)羽ばたいて飛ぶことは出来ず、上昇気流を捕まえてそれに乗って浮くというのが正しいのだという。つまり「コンドルは飛んでゆく」ではなく「コンドルは浮いている」が正解だとか(これは所氏がツボにはまってしまったらしく、爆笑していたが)。しかも餌を一度に2〜3キロも食べるので、なおのこと飛べなくなり、餌を食べた後は歩いて帰るなんていうこともあるらしい(なんか情けない話だな)。

 後はティランジアといった、木の枝や電線などにからみついて空気中の水分を摂りながら成長する植物についての紹介をしたりしながら、いよいよ矢野氏のアンデス登頂に至る・・・・のだが、矢野氏は標高4800メートルの小屋にたどり着いたところでボロボロ、スタッフも高山病で脱落続出という有様で、山頂へのアタックは断念して、氷河の末端が到達する5000メートルぐらいに目標を変更した上で、矢野氏の影武者が氷河を取ってきたという次第(矢野氏も遅れてそこに到達はしたようだが)。

 「コンドルは浮いている」は面白かったが、イマイチ中身がなかった印象の今回。まあこの番組らしい展開ではあったが。ところでヘラクレスオオカブトの中には5%ぐらい青い個体がおり、ブルーヘラクレスと呼ばれマニアの間で重宝されていると言っていたが、これって「珍重されている」が正しいのではないか?

 

7/24 所さんの目がテン!「夏休み企画エクアドル バナナ」

 また今年も恒例の夏休み企画である。今年のテーマはエクアドルということで、まず第1回目はバナナである。

 エクアドルはバナナ王国であり、現地の人は焼きバナナにバナナチップスなど1人あたりで1年に780本のバナナを食べているという(日本人は60本)。番組ではエクアドルのバナナ農園で佐藤アナが実際に収穫の仕事を体験したが、一塊で40キロを超えるというバナナの重量に見事に倒れてしまうという結果に。

 しかしこれだけだとまるで「うるるん」なので(実際にナレーションで矢野氏が明らかに「うるるん」のパロをしたが)、この番組らしい科学的な部分も紹介している。バナナの農園に行くと、一つの木に一塊のバナナがぶら下がっている。農園ではこれを青いうちに収穫する。収穫されたバナナは輸出先でエチレンをかけて黄色くするのだとか。また収穫時にはバナナの木自体を切り倒してしまうが、これはバナナの木は1度しか実がならないからだという。ちなみに1本の木に何個のバナナがなっているかをこの番組では勘定しているが、結果は186本であった。

 このバナナの木は非常に皮がむけやすいものであるが、実は植物学的にはバナナは樹ではないのだという(高さは7メールとにもなるにも関わらず)。バナナの樹の中央には花茎とよばれる茎があり、これが実とつながっており、周囲の皮は葉鞘である。つまりバナナは樹ではなく草なのだという。バナナは子株から生え、1年後には花のようなものがつく、これの中には将来実になる子房がついており、この先に花がつくのだという。ただ農園では花を咲かせる必要がないので花は取るという。また最初バナナは下を向いているのに、途中からそり上がって上をいてくる特性があるとのことで、これは成長ホルモンであるオーキシンが下に溜まる性質があるからだという。

 またバナナ農園では蟻が葉を運んでいるのがよく見かけられるが、これはハキリアリといい、葉を使ってカビを繁殖させ、ここにアリタケとよばれるキノコを栽培して、これを餌にするのだとか。このアリタケが葉などを分解する作用で、農園の土を豊かにする効果があるという。この循環を殺さないために、バナナ農園では農薬を使わず、害虫は蜂を放つことで退治しているとか。

 最後は矢野氏がバナナと牛乳だけで2週間をすごすというバナナダイエットを実践。結局は99.8キロの体重が95キロに減少したといっているが、これは摂取カロリーが減ったというだけなので意味はない(所氏が「2キロぐらい1日で変わる人もいるよ」と言っていたが、あれはまさにその通り)。またあるあるダイエットと同様に身体に悪いので、良い子は真似をしないように。

 以上、エクアドルでバナナというわけの分からん内容。まあバナナの紹介は面白かったが、やはり最後のバナナダイエットは余計。まさかこの番組まであるあるとかに毒されたのと違うだろうな・・・。

 

7/17 所さんの目がテン!「リニアモーターカー」

 愛地球博で派手に宣伝されているリニアモーターカーであるが、番組では博覧会の会場に出かけて取材している。

 現在営業運転されているリニモはリニアモーターカーである。これは磁石の吸引力で浮いているのだが、そのために51.9トンの車体を一人で押すだけで動かせるのだという。なおリニアモーターとは直線のモーターという意味だが、これは回転型のモーターを直線型に変えたという意味である。この原理で動いているものがリニアモーターカーであり、東京の地下鉄の大江戸線の車両もリニアモーターカーであるという(浮上はしていない)。また最近はひげそりや自動ドアなどのモーターにもリニアモーターが使用されているという。リニアモーターカーといえば浮上のイメージがあるが、確かによく考えてみると、リニアモーターというのは推進のシステムであって、必ずしも浮上は不可欠ではないことに改めて気づかされる。

 さてこの後は矢野氏がリニアモーターカーの実験線に出向き、最高時速500キロを体験している。ここのリニアモーターカーはリニモとはシステムが異なり、8の字のコイルを使用することで、一つの磁石から推進力と浮上力を同時に得るシステムらしい(図を使わないとうまく説明できませんので、興味のある方は自分で調べてください)。で、500キロとはまさに風景がぶっ飛んでいくという世界。確かに未体験ゾーンである。

 初心者にもリニアモーターカーの原理が分かるように簡単に説明していたのが今回の特徴。しかしリニア実験線の浮上の原理は、実のところは私も知らなかった。つくづくよく考えているシステムだと感心する。

 ところで今回は久々に科学番組ぽい内容でした(笑)。やっぱりこういう内容の方が、この番組も強いような気がするな。

 

7/10 所さんの目がテン!「イワナとヤマメ」

 川魚として有名なイワナとヤマメだが、背中に白い斑点があるのがイワナ、黒い斑点がヤマメだそうな。

 例によって番組では矢野氏がイワナの渓流釣りに挑戦。イワナは毛針を使ったフライフィッシィッングで釣るのだが、イワナは視界が広いために、矢野氏は見事にイワナに見抜かれているという始末。イワナの視界はかなり上に向いているのだが、それはイワナが棲息する水域が餌に恵まれていないことから、水面の昆虫とかを補食するためだという。また天敵であるカワセミなども上から襲ってくることがイワナの視界が上を向いている原因だという。またイワナが幻の魚といわれるのは、上流地域に住んでいることが影響しているという。

 しかし幻の魚と言われている割りには、イワナは結構市場に出回っている。これらはすべて養殖物だという。養殖物は川の上流の水の冷たいところの生け簀で育てられ、2年ぐらいで出荷される。養魚場では卵をとるために4〜5年育てた成魚もいるが、これらから卵をとっている風景を見ると、イクラにそっくりである。それもそのはずで、イワナとヤマメは共にサケ科の魚で、これらは氷河期に川と海を往復していたが、水温の上昇で海に出られなくなって陸に閉じこめられたたために小型化した種類と考えられているという。ただイワナやヤマメの中にも実は海に降りるものがおり、共に海に降りたものは巨大化し、イワナはアメマス、ヤマメはサクラマスと呼ばれるものになるという。

 またイワナは歩くという噂があるとのことだが、それを番組では検証している。イワナとヤマメを共に水槽に入れてそれから水を抜いていったところ、イワナは砂利の上を飛びながら水のところまで移動したが、ヤマメは横になってバタバタともがくだけだったという始末。イワナの丸い体は、起きあがって動くのに向いているのだという(川の中を泳ぐ場合は、平べったいヤマメの方が向いている)。イワナがこのように進化したのは、上流に生活するために水が涸れてしまうようなことがあるからだという。

 最後は、矢野氏が釣ってきた天然イワナ・・のはずだったのだが、結局は例のごとく矢野氏ではなく、同行した名人が釣ったもの・・と養殖のイワナを焼いて所氏が食べ比べ、天然の方が身が締まっており、香りが強いとのこと(大抵はそういうものです)。

 以上、また今回も役に立つような役に立たないような情報ばかりです。所氏がやたらに「今回は勉強になるねぇ」と繰り返していたが、この番組は無駄知識ばかりだと言われているためか?(笑) この番組のおかげで私もやっとイワナとヤマメが区別できるようになりました。以前にヤマメを食べた時、赤っぽい肉でサケによく似た魚だなとの印象を持ったのだが、サケ科の魚と言われて納得である。 

 

7/3 所さんの目がテン!「マンゴー」

 いきなり「君たちキウイパパイヤマンゴだね」と来る今回のテーマはマンゴー。日本でもマンゴーは栽培されているものだが、メジャーなのは輸入品である。フィリピン産のカラバオに対し、日本産はアーウィンと呼ばれる品種だが、両者の価格は圧倒的に異なる。この価格差は単に国産だからというだけではないという。

 番組では矢野氏が沖縄・宮古島まで飛んでそれを調べている。矢野氏が見せてもらったのは4メートル程のマンゴーの木(南では10メートルぐらいになるという)。しかしなんと沖縄ではマンゴーは実がならないのだという。沖縄産のマンゴーはビニルハウスの中で栽培されているとのこと。しかもこの木は非常に背丈が低い。これは誘引といって、ビニルの紐でわざと伸びないように抑えているという。マンゴーは花の咲く時期に雨が降ると受粉が出来なくなるので、雨よけとしてハウスが必要なのだという(花が咲く1〜3月に沖縄は雨が降る)。

 また沖縄のマンゴーは日焼けを防止するために袋をかぶせて栽培し、実はもぐのではなく自然に落下するのを待つのだという。マンゴーはクライマクテリック型の果物であり、これらの果物は落下の直前に急激に呼吸が増え、一気に実が赤くなるのだという。ちなみに輸入マンゴーは実が熟する前に収穫されるので、甘味がどうしても劣るのだという。

 さてマンゴーの花なのだが、腐敗臭を放つという。マンゴーは受粉が難しい植物であり3%にすぎないという。マンゴーはこの臭いでハエを集め、ハエによって受粉するとのこと。マンゴーの原産地であるインドでは、マンゴーの咲く時期は気温がミツバチの活動に適さないことによるという。

 またマンゴーと言えばマンゴープリンであるが、これはゼラチンが固まるにはタンパク質分解酵素を持たないことと、酸性が強くないことが必要なので、マンゴーはゼラチンで固めるのに適しているのだという。

 なおマンゴーはウルシ科の植物であり、マンゴーの皮でかぶれることがあるという。となればこの番組のやりそうなことは想像つくが、案の定、マンゴーの皮を集めて抽出成分で漆器を作ろうという試みを行っている。しかし通常の漆の乾燥のさせ方では失敗したとのことで、焼き付けという方法で挑戦し、マンゴー塗りのおちょこを作っている。

 毎度のことながら意味のあるようなないような内容が多いこの番組だが(けなしているわけではないので、誤解ないように)、今回もまた唐突なテーマを「素晴らしき無駄知識」といった趣でさばいていった。ただ、沖縄でマンゴーがハウス栽培されているとか、マンゴーは蝿が受粉するとか、マンゴーがウルシの仲間だったとかはさすがに知らなかった。実は私の妹もマンゴーにはまって食べすぎた結果、見事にかぶれが出てしまって、医者から「マンゴーに限らず南国の果物はキツイものが多いから気を付けた方がよい」と言われたらしいが、ウルシ科なのなら、確かにキツイだろう。私が南国系の果物がほとんど駄目なのも(アレルギーが出るほどに食べたことがない。そもそも好みにまるで合わないのだ)、この辺りに理由があるかもしれない。ただマンゴーについては全く駄目だが、マンゴープリンについては、一度中華料理屋でかなり美味しいのを食べたことはあるが。

 

6/26 所さんの目がテン!「ミョウガ」

 拓殖大(矢野氏と所氏の母校らしい)のある地は茗荷谷と呼ばれ、かつてはミョウガがとれた地であるとのことだが、今では拓殖大のキャンパスで聞いても、ミョウガのことは知らなかったり嫌いだという者が大半という状況(そりゃそうだろうな)、そこで今回はミョウガの科学とか。

 まずは矢野氏がミョウガ畑に赴くが、葉っぱが茂っているだけでどこにもあの見慣れたミョウガはない。実はミョウガは足下に生えているのである。実は普通食べるミョウガは実は花のつぼみであり、これらは地下茎でつながっているのだという。また葉と茎に見える部分は偽茎と呼ばれ、実は全体が葉なのだという。ミョウガのつぼみからは次から次へと花が咲いては1日で枯れることを繰り返すという。ミョウガから剥がれる20枚ぐらいの皮は実はすべて花なのだという。

 この後、番組では全国にあるミョウガのついた地名を回って、そこにミョウガがあるかという調査をしているんだが・・・はっきり言ってこれはどうでも良い企画。ここで出てくる話は、ミョウガは半陰性の植物であり、日の出ている時間の半分ぐらいは日陰になっているようなじめじめした地形が好きで、そのためにミョウガに纏わる地名は茗荷谷とか茗荷沢と言ったものが多いということだけ。

 さてミョウガと言えばミョウガの宿などの昔話(落語?)であるように、食べると物忘れをするなどと言われている。そこで当然ながらこの番組では実験である。ミョウガを食べたチームと食べないチームで比較したところ、少なくとも記憶力が落ちるという結果は出ず、番組的にはむしろ記憶力が上がっているのではないかとの結論を出している。ミョウガを摂取することによって辛み成分の刺激でむしろ脳の働きは活発化するというのを結論にしている。

 なお番組によると、ミョウガを食べると物忘れするようになると言われる理由として 1.仏陀の弟子の中の物忘れの激しい弟子の墓からミョウガが生えてきたから 2.ミョウガは刺激が強いので、子供にあまり食べさせたくない大人がこういった。 との2つをあげている。1は眉唾物だが、2は結構ありそうな話である。

 そして最後は佐藤アナ得意(?)の料理ネタ。ミョウガを使った新しい料理を作ろうと言うことだが、料理自体は佐藤アナがするわけではないようなので、安心して見ていられる(笑)。ミョウガはジャパニーズジンジャーということで、ショウガ焼きとジンジャーエールを冥加でやってみたが「ミョウガの味がしない」との結果に。ミョウガの香り成分はショウガよりも低分子であるために、加熱すると抜けてしまうのだとか。結果として登場したのはミョウガアイスクリーム。ミョウガ好きの所氏にはまずまずだったようだが、ミョウガ嫌いの佐藤アナの場合、悶絶ものだったようである。というわけで、お粗末。

 どういういきさつで登場したのかはしらないが、ミョウガとはこれまたマイナーなネタである。ショウガやニンニクならまだ分かるのだが、もしかしたらこれらは既に登場しているのか?(わさびと辛子は出ていたはずだが) 

 ただ中身としては、全国のミョウガ地名を回るとか、さして意味のない企画で時間を取っていたのが少々不満(序盤の拓殖大訪問もほとんど無意味)。ミョウガで本当に忘れっぽくなるかなんてのを実際に実験していたのは、いかにもこの番組らしくて良いが、ミョウガの成分についてあまり深く斬り込んでいなかったのは、科学番組としては物足りない。内容が少なくて、それでなくても尺が短いこの番組が、さらに短く感じられてしまったのが残念。

 

6/19 所さんの目がテン!「サクランボ」

 いきなり矢野氏のみのもんたのものまねから始まる今回、テーマはサクランボ。今日、6/19はサクランボの日だとか。それはいいんだが、その紹介の時にバックでかかっていた気色の悪い曲はなんなんだ?(ベチャベチャした女性ボーカルの気色悪い曲)

 サクランボは世界に1200種あり、白肉種と赤肉種があり、日本のサクランボはほとんどが白肉種、アメリカンチェリーは赤肉種だという。番組では数種類のサクランボを紹介していたが、実際に試食した所氏の評価が見事に価格と比例していたのが見事(笑)。

 サクランボはセイヨウミザクラという歴とした桜である。一応ソメイヨシノにもサクランボは実るという。この種は花の数が多いのが特徴だとか。花になる花芽の数自体が多いのだという。番組では例によって、一本の木になるサクランボの数を数えるという馬鹿馬鹿しいことを5時間かけて行っているが(いかにもこの番組らしい。とにかく数えるのが好きだな、この番組。)、10625個という数が出ている。とんでもない数だが、これでも花の数に比べると全然少ないのだという(花の数は10万ぐらいあるとか)。サクランボの成長の過程で9割の実が生理落果として自ら落ちてしまうのだという。受粉期間がたったの2日しかないサクランボでは(りんごや桃は5日間とか)、より多くの花をつけることで実をつけようとするのだという。人工授粉などをしても1.5割ぐらいしか残らないのだとか。

 またサクランボでは実割れといって、水によって実が割れることが起こるのだという。サクランボの実は本来は葉っぱが丸まったものであり、その表面に気孔があるため、そこから水が果実の中に入り込み、実が割れてしまうのだという。サクランボの原産地はトルコであり、本来は乾燥しやすい地域で栽培されるのだという。サクランボがハウスで育てられるのには、こういう理由があるのだとか。

 さらに番組では種なしサクランボに挑戦。種なし葡萄を作る時に使うジベレリンというホルモンを使って見たようだが、種はなくなったものの、サクランボには果実の一部が変質した内果皮というものがあるので、意味がないようである(内果皮の中にある種は7割ぐらいの率でなくなるらしいが)。

 さらにサクランボの種からはアンズと同じベンズアルデヒドが検出されたことから、サクランボの種から杏仁豆腐を作れないかということにも挑戦。中華料理店に協力して貰って杏仁豆腐ならぬ桜仁豆腐を制作してもらったが、桜の種が足りなくて風味が不足してしまったとか・・・残念。

 例によって今回も「どうでも良い内容(笑)」といういかにもこの番組らしい展開(くれぐれも言っておきますが、これはけなしているわけではないので誤解のないように)。サクランボは食べていても、こんなことまでは全く知りませんでした(笑)。皮が割けているサクランボを見ることは良くあるが、あれが水のせいだったとまでは知らなかった。ということは、冷蔵庫の中で結露させても皮が割けるということか。

 なお私はアメリカンチェリーは甘味に下品さを感じるので好みません。国産の佐藤錦は確かに滅茶苦茶旨いですが、高すぎて手が出ません。またアメリカンチェリーに限らず、基本的には皮ごと食べる果物はアメリカ産のものはどんな農薬を使ってるか分かったものでないので食べません。それと防カビ剤が恐いレモンも。

 

6/12 所さんの目がテン!「味醂」

 日本料理には欠かせないという味醂。町で聞いてみても80%以上の人がやはり味醂を使っている。そして味醂を使っている料理の一位は肉じゃが。しかしではなぜ味醂を入れるのかと聞いてみると「何となく」という頼りない返答になる。

 味醂の効果は煮くずれを防ぐのだという。細胞のペクチンに味醂のアルコールが加わると、煮込んだ時に溶け出しにくくなり、長時間煮込んでも煮くずれを起こさないのだという。味醂には14%のアルコールが含まれており、分類上は酒類に入るという。

 さて日本酒と味醂の違いだが、これは矢野氏が味醂の製造所に行って紹介している。日本酒ではうるち米を使用するが、味醂はもち米を使用するのだという。もち米のデンプンには糖分に分解されやすいアミロペクチンが100%だが、うるち米は分解されにくいアミロースが25%含まれており、もち米を使用した方が糖分が多くなると言う。さらに日本酒は酵母でアルコール発酵を行うが、味醂ではここで焼酎を加えることで酵母のアルコール発酵を押さえるのだという。これらの効果によって味醂は独特の甘味を発するのだという。さらに焼酎の添加は雑菌の繁殖を防ぐ効果もあるとのこと。

 また味醂の甘味は砂糖などと異なり9種類以上の成分が含まれているという(砂糖はほとんどショ糖)。この中にはコージビオースやニゲロースのように1グラム90万円や120万円もする高価な成分もあるとか(高価な理由は単離が難しいことによると言うが)。

 なお日本で一人あたりの味醂の消費量が一番多いのは香川県だという。これは讃岐うどんの出汁に味醂が使われることによる。うどんの出汁のかえしは大量のカツオ節を煮込むことで使用するが、この時に魚の臭みを抑えるのに、大量の味醂を加えるのだという。味醂に含まれる糖は魚のアミノ酸と結合してメラノイジンが生成する(いわゆるアミノカルボニル反応)。これが魚の臭み成分と結合して無臭化するのだという。味醂に一日漬け込むと、あのくさやでさえ匂いがしなくなるということをスタジオで所氏が実験している。

 さて味醂と言えばテリとツヤであるが、このテリとツヤがあるだけで美味しく感じるということをこの番組では実験で確認している。番組では宝酒造にでかけ、テリの正体を見せてくれと頼んだところ、見せてもらったのは、表面がざらざらしたタイルに味醂と水を塗って30分乾燥させた後に表面を観察するというもの。味醂を塗ったタイルではざらざらしていた表面が滑らかになっていたという。味醂の糖分が保水層を形成しているのだという。

 味醂のテーマは以前にガッテンでもあったが、ガッテンでは味醂の消臭効果を正面に据えて、煮魚をする時にどういう使い方をすれば良いかという実用的な観点が中心だったのに対し、この番組では味醂がどうやって出来るかとか、テリの正体を解明するといった「どうでも良いこと(笑)」が中心になるというところが、この両者の特徴の違いが出ていて面白い。一言で言えば、より科学番組であるのがこちらであり(科学には無駄知識も多い)、ガッテンは科学番組というより生活情報番組としての色彩が強いということである。

 なお讃岐うどんであるが、カツオ節を濃く煮出したかえしを作っていたのを見て、関東のそばつゆに近いなと感じた。関西のうどん出汁はかえしは使用せず、かつおだしと醤油で薄い味付けをする。大阪のうどんと讃岐うどんの違いであろうか。ただ今回登場した方法が讃岐うどんすべてに共通する方法とも思いにくかったが。

 

6/5 所さんの目がテン!「水族館」

 日本人は海と関わりの深い民族であるが、それを反映して水族館の数は実に多く、全国で70館も存在するという(日本動物園水族館協会加盟の水族館。ということは、これに加盟していない弱小水族館もまだあるかもしれない。)。ちなみにアメリカが41館、ヨーロッパで20館と言うから、いかに多いかがうかがわれるというものである。

 水族館の水槽の水であるが、これについては八丈島沖で取水されているという(4/8にオープンしたエプソン品川アクアスタジアムの場合)。八丈島行きの貨物船がバラストタンクに詰める海水を利用しているらしい。なぜこんな遠くまで取水に来るかと言えば、海水の透明度。黒潮が通るこの海域の海水は、海水中のプランクトン数なども少なく、透明度が沿岸部のものと段違いに高いらしい。この海水を先のアクアスタジアムでは毎日20トン使用しているという。水道水にミネラルなどを加える人工海水も考えられるが、実際は微量成分などが多すぎて、海水を再現するよりは実際に海水を持ってきた方が良いらしい。またアクアスタジアムではさらに海水の濾過器も使用して、水の濁りを防いでいるという(魚の排泄物などによるアンモニア等を除くのが主目的)。

 また最近の水族館の巨大水槽に用いられているのはアクリルパネルである。水族館の水槽を作っているメーカーによると、厚さ4センチのアクリル板を重ね、その間にアクリル樹脂の接着剤を流し込んで一体化するという。薄い板を重ねるのは、一度に分厚い板を作ろうとすると固める時にひび割れなどが生じてしまうからだという。ただアクリル板の泣き所は傷が付きやすいところ。そのため、トドなどの水槽では強化ガラスのものを使用しているという。

 アクリル板のメリットの1つは成形のしやすさにある。最近は円筒形の水槽などもあるが、アクリル板は120度の炉の中で型に当てるだけで容易に成形できる。また不純物の少ないアクリル板は透明度が高いというメリットがある。ガラスは重ねていくと中に含まれる不純物の鉄などで緑色に着色していくのに対し、アクリル板だとそのようなことがないから、分厚いものも作れるのだという。

 また水族館は暗くなっていることが多いが、あれは水槽の方を明るくすることで、客からは水槽が見やすく、魚の側からは観客が見えないので安心するという仕掛けになっているという(いわゆるマジックミラーの原理に近い)。

 最後は餌について。苔や海草を食べるキイロハギにはレタスを、クラゲを食べるウミガメには寒天で作ったクラゲゼリーを与えるという。ウミガメは海藻も好きなので、テングサで作っている寒天は最適だとか。 ジュゴンにはわざわざ韓国から直輸入したアマモを与えるとのことだが、これが1日5万5千円、年間2千万円もかかるとのこと。

 以上、水族館といった突飛なテーマを科学してしまった今回。毎度のことながら「ああ素晴らしき無駄知識」の世界だな(笑)。なお関西ジンの私としては、水族館と言えば海遊館であるが、海遊館には水槽用の分厚いアクリル板(アクリル板と言うよりも、アクリルの角材というイメージだが)の展示もあるので、実際に見たことのある人も多いのでは。水槽になってみると、あんなに分厚いアクリル板を使用しているとはとても思えないのがまた不思議なんですよね。

 ところで今回の内容って、やっぱりアクアスタジオの宣伝なんでしょうかね・・・・。

 

5/29 所さんの目がテン!「シナモン」

 甘い香りで知られる香辛料のシナモン。原料は南アジア原産のセイロンニッケイという樹木である。この木の表皮とコルク層をはぎ、これを乾燥させたものであるという。

 さてシナモンであるが、これの匂いを嗅いで貰ったところ、若者はシナモンと答えたのに対し、年配の人はニッキと答えたという。さらに若者の答えの中には「八つ橋」というものがかなりあった。番組は京都まで飛んで聖護院八つ橋総本店で取材。八つ橋の製造工程を紹介している。八つ橋は米の粉を蒸してから、砂糖を加え、ここで謎の液体登場。これが実はニッキなのだという。このニッキとはシナニッケイから取った成分なのだという。両者の成分はかなり類似しているが、シナモンの方にはオイゲノールという成分が入っており、幾分ニッキよりもマイルドであるという。イギリスなどではセイロンニッケイで作ったものでないとシナモンと認めないとのことだが、日本製のシナモンの7割はシナニッケイ製だという(つまり実質はニッキということか)。

 番組ではさらにクスノキ科の樹木、クスノキ、月桂樹、クロモジ、アボカドの4種類の木でシナモン作りに挑戦している。いずれも匂いはしたとのことだが、これらの樹木に含まれる成分は揮発しやすいので、揮発性の悪いニッケイの方が良いのだという。ところでクスノキのスティックについて、所氏が「スースーする」と言っていたが、これはシナモンではなく、樟脳と違うか?

 なお砂糖にシナモンを加えた方が甘味を強く感じるが、シナモン自身の甘味は砂糖よりは少ないという。シナモンの効果はスイカに塩をかけるようなもので、いろいろな味による刺激によって甘味を増しているのだという(分かったような分からないような曖昧な説明だな)。

 さてこのシナモン、果たして動物が食べるかということを試しているが、ゾウは食べたものの、ウサギ、テナガザル、シカ、ライオン、さらには蟻までもシナモンを避けるという結果に、どうやらシナモンの香り成分の中には虫を嫌がらせる成分があるのだという。実際にシナモンと樟脳で虫除け実験をしたところ、シナモンの方が樟脳よりも効果があるという結果に。ただし、長期保存の場合にも同じ結果が出るとは限らないし、実際の環境では今回の実験のような状況はあり得ないから(今回の実験では樟脳のものはわずかに食べられてしまったのだ)、やはり虫除けには樟脳が良いはずというフォローは入っていた。多分、防虫剤メーカーから苦情が来るのを避けるためだろう(笑)。

 以上、シナモンについての紹介だが、シナモンの健康効果なんて方向に行かないのがいかにもこの番組らしいところだな、というのが正直な感想(笑)。役に立つやら立たないやら分からない無駄知識に近い情報を次々と並べていくのは、この番組の最大の特徴である(けなしているのではないので誤解のないように)。で、今回分かったこと「日本でシナモンって言っているもののほとんどは、やはりニッキだった」。なおシナモン中に含まれる成分の中に、虫が嫌うものがあると言っていたが、それが何でなぜ嫌うのかの説明は少しあっても良かったのではと思うのだが(それとも、実はそこまではまだ分かってないのか?)。

 

5/22 所さんの目がテン!「芝生」

 芝生と言えば西洋のイメージがあるが、実は芝草はイネ科の植物で、野氏場などの在来の草も使用されるという。一般的に多いのがコウライシバであるが、これらの芝はほふく茎という地下茎で増えるのだという。

 矢野家では2年前に芝を植えたと言うが、既に惨憺たる状況になっている。これは地面の固さに問題があるのだという。例えばゴルフ場など芝は砂の上に植えられているのだという。砂は踏まれても固まらないので、根の生えるスペースがなくなるということがないのだという。芝草は本来、ライバルの少ない砂地に育つ植物なのだという。そこで矢野家では地面を15センチ掘り返し、そこに砂を撒いてから芝生を植えて完成である。良く踏まれる場所では土よりも砂の方が良いのだという。

 さて、芝生と言えば競技場であるが、競技場の芝生に縞模様が見えるのは、芝刈り関係であるという。手前から奥に向かって芝を刈れば白い色になり、奥から手前に刈ればクロっぽくなるのだという。また芝生は一般的に冬になったら枯れるのに、競技場の芝は年中青々としている。これは冬芝という芝が植えられており、これが夏芝と混ざっているのだという。2種類の芝があることで年柄年中青々とするのだという。冬芝は夏芝のようなほふく茎ではなく、種で増えるので夏から秋にかけて冬芝の種を植えるのだという。今の時期は夏芝の成長を促す必要があるので、冬芝を間引いて夏芝に日光を当てるバーティカルカットや地面に穴を開けて夏芝の根に空気を当てるエアレーションといった作業が行われるという。このように夏芝と冬芝を混ぜるのをオーバーシードと言うという。一般的に南の競技場はオーバーシードしているのだが、埼玉スタジアムでは地下に冷却パイプを通すことでオーバーシードせずに冬芝のみを植えているという。

 さて芝草はいくら刈っても伸びてくるが、これはなぜか。ライ麦と芝草を牛に食べて貰ったところ、ライ麦はほとんど伸びずに枯れてしまったのに対し、芝草はみるみる伸びて1週間ぐらいで回復。これは・・・・といったところで、突然に私の番組は終了してしまいました。どうやら録画マシンがトラブったらしく、ここで録画が終わってしまっています・・・。というわけで、この後は誰かが補ってください。

 というわけで今回は番組が途中で寸断。オチが分からないというお粗末な結果になってしまいました。ただここまででも、意外と知らない事実が公開されており、なかなか面白かったです。ただ・・・誰か、芝生が伸びるわけ教えて!

 

5/15 所さんの目がテン!「ブーム到来!!ジャムの科学」

 いきなり所氏が「ブーム到来?」と疑問を呈していたが、これは全く私も同感。ただコンフィチュール(フランス語でジャムの意味)と呼ばれて、ノンシュガーなどのジャムが流行っているのだという(ジャムと呼べば良いところをわざわざフランス語に読み替えるところが、いかにも馬鹿っぽくて今時のブームっぽいが)。

 ジャムは元々は果物を蜂蜜で煮込んで作っていたという。かのインチキ予言書で有名なノストラダムス(実はノストラダムス自体は何も予言書を書いたわけでなく、彼の散文集を予言書にしてしまったのは、後世のペテン師どもなのだが)もジャムの製法について記載しているという。

 ここで佐藤アナと2人の主婦がジャム作りの名人と共にジャム作りに挑戦するというまるでガッテンのような企画が始まる。3人は最初はめいめい思い思いの方法でジャム作りに挑戦するのだが、水を加えて砂糖を控えめにした佐藤アナのジャムはいきなり固まらないという難問に直面。その挙げ句、煮続けたところ30分後には焦げ付いてしまうというお粗末さ。他の2人も程度の差こそあれいずれも失敗(1人はゲル化しておらず、もう1人は量が減りすぎ)。

 ジャムがゲル化するのは、果物に含まれる多糖類であるペクチンが、酸で網目構造を作ったところに糖が入り込んで固まることで起こるという。ゲル化のためにはペクチン1%以上、糖が60〜65%、酸がpH2.9〜3.4といった微妙な条件が必要なのだという。佐藤アナの作ったジャムはそのいずれも満たしていなかったとか。

 ここで名人登場。名人は水をほとんど入れずにイチゴを煮て、ここにりんご汁を加えてペクチンを補充、それから砂糖を加えてレモン汁も入れて、まだ少し柔らかいのではないかというところで終了。冷えると適当な固さになるという次第。番組では矢野氏が手作りジャムの店を訪ねているが、やはり果物ごとにペクチンや酸の量が違うので、果物ごとに作り方が変わるのだという。アンズなどはそのままジャムになるが、ブルーベリーなどではペクチンや酸を加えてやらないとジャムにならないのだという。ジャムになりやすい果物はアンズ、梅、プラムなど。なりにくい果物はスイカ、カキ、ナシなどだという(カキでジャムが出来ないというのは以前にどこかで聞いたことがある)。

 番組ではここで小豆でジャムを作るということをしている。小豆は酸味が全くないので、大量にレモンを加えてジャムを作っていたが、所氏によると「非常にうまい」とのこと。

 さてジャムと言えば保存食だが、水分活性というものが関わっているのだという。雑菌が繁殖するには自由水が必要なのだが、ジャムの場合は糖に結びついた結合水がほとんどなので、最近は繁殖できないのだという(蜂蜜が腐らないのも同じ原理だと推測される)。またジャムは瓶で保存されているが、ここに減圧状態で詰め込まれているので、さらに保存性が上がるのだという。

 番組では某倉庫の中から20年以上経過したジャムを探してきていたが、腐っていなかったとのこと。ただし最近は健康志向で糖度の低いジャムがあるので、このようなジャムはやはり保存性が悪いという。

 以上、役に立ちそうに見えて特に役に立たない知識というこの番組らしい展開である(笑)。とんでもなく料理がへたとして有名な佐藤アナであるが(私は料理よりも歌が下手な方が印象に残っているが)、今回のジャムでまたも伝説を作ってしまったようである。

 ところで毎回あるOPのミニコントであるが、今回は所氏が言っているように全くオチがない。どうも最近オチが弱い。こりゃスタッフがかなりネタに苦しんでないか?(笑)

 

5/8 所さんの目がテン!「渋谷」

 渋谷はその名の通り谷なのだという。渋谷では地下鉄がビルの3階を通っているが、隣の表参道駅では地下1階。しかし高度計で測ったところ、この間で地下鉄の線路はほとんど高さが変わっていないのだという。渋谷の中心は表参道と比較すると、実に20メートルほど低いのだとか。渋谷駅の部分は回りよりも10メートル以上低くなっており、だから台風などになると水が溜まるとのこと。そこで現在、地下25メートルに4000トンの雨水を溜められる貯水槽が建設されているという。

 渋谷が谷になったのは、川の浸食によるという。その川は渋谷川(なんとあの童謡「春の小川」は渋谷川の支流だという)であるが、今はフタがされて地下を流れている。そこで番組では許可を貰った矢野氏が、ワンダバダバダバと地下に潜入(まるで河口浩探検隊である)している。番組によると、渋谷川は東急東館の地下を流れ、その支流の宇田川は西武の間を通っているとのこと。なお番組では川の天井で鍾乳石を発見しており、酸性雨の影響がもろに出ているという。なお渋谷川の水源は新宿御苑の玉藻池だとか(と言われても、東京の土地勘が全くない私には「何のことですか?」であるが)。

 なお渋谷の「渋」の方であるが、これは渋谷の川の色が渋色をしていたからという説があるという。実際、この地域の湧き水は非常に鉄分が多いという。この鉄分は関東ローム層によるものだったという。渋谷では渋谷粘土という粘土があり、明治時代には瓦が作られていたという。番組では工事現場でわざわざ粘土を掘り出して貰って、これを使った瓦を作っている・・・のだが、これってほとんど意味ないし(笑)。

 以上、渋谷について「科学」した今回。こんなテーマでどうするんだと思っていたら、本当に科学してしまった。これは脱帽。なお私のような余所者は、東京と言えば関東平野でどこでも真っ平らと思いがちなのだが、実際に東京に行ってみると意外と起伏が多いのに驚かされる。渋谷に坂が多いのは私も実感しており、東急ハンズあたりの坂道でさんざん疲れたのを思い出す。

 

5/1 所さんの目がテン!「アジ」

 サバやイワシなどと並んで大衆魚であるアジ。これらの大衆魚は集団で浅い海を回遊する(だから旬には大量にとれる)という特徴があるが、だから鳥から見えにくいように背が青く、下からは魚から見えにくいように腹が白いのだという。ちなみにアジ科の魚としてはシマアジ、ヒラマサ、ぶり、カンパチなどがあるという(どれも旨い魚だ)。アジの形態的特徴としては、尾びれにかれてゼンゴと呼ばれる固い鱗があること。正式にはこれは稜鱗と呼ぶとのこと。

 この後、番組では佐藤アナがアジの開き作りに挑戦しているが、予想通りというべきか、あじの開きを作るつもりで二枚おろしにしてしまう。なお内臓を取って開いたアジはかなり濃い塩水につけ込まれるが、この塩水の濃度は15%。これは雑菌の繁殖を防ぐためで、濃い塩水につけることで浸透圧によって魚から水分を吸い出す効果があるという。また塩水は5%で腐敗菌の繁殖が止まり、10%を超えると食中毒菌の繁殖も止まるとのこと。乾燥については天日で行う昔ながらの方法があるが、最近では天候に左右されない機械乾燥が主流になっているが、やはり天日干しの方が明らかに旨いとのこと(所ジョージ氏自身が食べて比較している)。

 天日干しと機械乾燥の違いであるが、専門家に聞いたところ「恐らく紫外線だと思うが、紫外線でなんらかの影響があるのかもしれない」といういささか頼りない意見。そこで番組ではいわゆる日焼けマシンを使用し、紫外線を当てた開きとこれに紫外線カットフィルムを通して紫外線を当てなかった開きの二種類を作って比較、食べ比べではやはり紫外線を当てた方が旨いとしている。なお紫外線を当てたものと当てないものの二種類を作って比較するというのは明らかに実験の基本であるが、実はこのような展開の時、紫外線を当てたものだけを作って「やっぱり美味しい」ってやっちゃう番組が意外と多いのだが、さすがにこの番組は科学の基本的なところは押さえているようだ。

 さて番組では矢野氏が近海で釣り上げてきたアジと、佐藤アナが市場で買ってきたアジが違うというところから、実はアジには二種類があるという話題になる。同じマアジでも、近海で回遊せずに暮らすアジと、日本近海を回遊して暮らすアジとで見た目が大きく変わるのだという。前者はキアジと呼ばれずんぐりした体型で色が黄色がかっているのに対し、後者はクロアジと呼ばれスリムな体型で黒っぽい色をしている。キアジの方は近海で小魚や海老・カニなどを食べているのに対し、クロアジはプランクトンを食べているので、一般的にはキアジの方が脂が乗っていて旨いとされているとか。

 最後のネタは缶詰。一般にサバやイワシなどは缶詰にされるのにアジはなぜか缶詰がない。そこで番組ではアジの水煮の缶詰を作ったが、これは所氏が悶絶するぐらいのまずさだったようだ。このようになったのは、サバやイワシにはヒスチジンというイノシン酸などの旨味を強める成分があるのに対し(ちなみにこのヒスチジンはヒスタミンに変化するため、サバでじんま疹が出る原因になると以前にガッテンで言っていたが)、マアジはこのヒスチジンがかなり少なく、油分も少ないなどの性質があるため缶詰にむかないのだそうな。なかこの性質は回遊魚よりもタイやヒラメなどの定着魚に近く、これはアジが本来は定着魚であったことが反映しているという(つまりキアジの方が本来のアジの性質に近いと言うことか)。なおアジは酸化する油が少ないことが、干物に適していることにつながっているという。

 例によってこの番組らしい「役に立つのやら役に立たないのやらイマイチよく分からない豆知識」という形態であった(笑)。だけど科学番組としてはこういう展開が面白い。また内容的にも意外と盛りだくさんでなかなか楽しめた。アジは油分が少ないと言っていたが、これがアジがアジフライに適している理由でもあったのか。確かにイワシやサンマのフライは少々油臭くて胃がもたれるのに対し、アジフライはそういうことがない。ちなみにタイの天ぷらも絶品ですが、これも同様の理由であると推測される。

 

4/24 所さんの目がテン!「ミソ」

 いきなり佐藤アナの強烈に下手な歌から始まる今回のテーマは、「愛知万博」・・・ではなく、万博開催地の愛知にちなんでミソだぎゃーと云うところである。さて愛知のミソは豆味噌であるが、これがもっともミソの原点に近いという。なお番組によるとミソの伝来は高句麗が滅亡した時に、渡来人によって伝えられたと考えられているとのこと。日本全国で見た時(ここでまた全国ミソマップを作ってしまうところがこの番組らしい)、中京地区が豆味噌、九州が麦ミソであるが、それ以外の地域は米味噌であるという。

 例によって矢野氏が味噌造り体験である。大豆に水を吸わせてから蒸し、これをつぶして米麹を加えて、一週間ぐらい寝させるとのこと。今回矢野氏が作ったのは西京味噌であるが、これは米:大豆が7:3 信州味噌は5:5、仙台味噌は4:6であるという。麹による炭水化物の分解は早いが、大豆のタンパク質の分解は時間がかかるので、一般的に大豆の割合が多いほど熟成時間がかかるという。

 なお豆味噌の場合、米麹ではなく豆麹を使用するという。しかしこの豆麹を作るのが難しく、下手をすると納豆が出来てしまうのだとか(納豆菌の方がどこにでもあるから)。豆味噌では納豆菌の繁殖を防ぐために水の吸わせる量が少なく、かなり高温高圧で蒸すのだという。蒸した大豆はすりつぶして団子状にし、これに種麹を混ぜた味噌玉にし、これを製麹室というところで味噌玉を広げて空気を十分に行き渡らせることで、麹菌を繁殖させ、3日後には緑色の豆麹が出来るという。表面に麹菌が取り巻くことで、内部を酸欠にすることで納豆菌の繁殖を防ぐ効果があるという。この豆麹に塩を加え、味噌桶で2年間熟成させることで味噌が出来るという。寝かせることアミノ酸の量が増加し、旨味が増加するのだという。米味噌が多くなったのは、このように豆味噌の製造が難しい事があるという。

 熟成の進んでいる八丁味噌は黒っぽい色をしているが、これはアミノカルボニル反応によるという。糖とアミノ酸が反応してメラノイジンという色素が生成するのだとか。

 さてここで番組では小豆やピーナッツで味噌が出来ないかという挑戦を行っているが、所ジョージ氏によると「駄目」とのこと。これは小豆やピーナッツにはタンパク質が少ないことが原因とのこと(小豆は炭水化物が多いし、ピーナッツは脂質が多い)。

 また味噌汁は煮立たせると駄目と云うが、実際にテストしてみると7割の人が煮立たせていない方が美味しいと答え、「香りがよい」と言ったらしい。味噌汁を加熱して出てきた成分を蒸留したところ、アルコールが流出してきたという(番組では火を付けてみるというデモンストレーションを実施している)。米味噌ではアルコール発酵が起こっており、ここで生成するアルコールやエステルが味噌の香りの元になっているという。実験の結果、90度で煮込めば煮込むほど抜けてしまうという。なお豆味噌ではこの香り成分はほとんどなく、これが豆味噌を煮込み料理に使う理由でもあるという。うまみの豆味噌、香りの米味噌だとか。

 この後番組では「佐藤アナでも出来る美味しい味噌汁の作り方」といった極めて「実用的な」内容を紹介。味噌ダマを出来ないように味噌こしを使用すること、鍋の縁に小さな泡が出来て、味噌のアクが出てきたら完成というのがポイントだそうな。

 味噌については以前にガッテンでもNHK名古屋制作の回に登場したことがあるが、その時は名古屋局制作ということで赤味噌に極端に偏っていたが、この番組では特に赤味噌だけを紹介と言うことではなかったようだ。なおガッテンでは「旨味は強いが甘味や香りのない赤味噌は、ほかの味噌と合わせて赤だしにするのがよい」とのことであったが、この番組では特にそれには触れなかったようである。またわざわざ小豆味噌やピーナッツ味噌まで作ったのだったら、「駄目」の一言で終わらせるのではなく、もっと深く突っ込む(ピーナッツ味噌は油がギラギラして脂っこいとか、小豆味噌はうまみがないとか)ようにしていたら良かったと思うのだが、どうもそこのところが少々勿体ない(この番組にありがちの無駄な努力ってやつ?)。短い時間の中で情報を目一杯詰め込んだせいか、中身は濃かったが、少々バタバタした印象もあったのが今回である。面白かったけどね。

 

4/17 所さんの目がテン!「ワカメ」

 今回のテーマはワカメ。さてワカメといえば海草だが、かなり高級品のある昆布に比べると、安いというイメージがある。その理由であるが、昆布は2年ぐらい成長させるのに対し、ワカメは100日ほどで収穫できるからだという。ワカメは実は1年で枯れてしまう海草なのだとか。また収穫した後の処理もほとんど機械で行うため、手間もかからずこれが安さの秘密らしい。

 またワカメといえば緑色のイメージがあるが、実は市販のワカメは一度ゆでてあるのだという。採りたてのワカメはもっと褐色ががっているのだが、ゆでることで赤い色素が黄色に変わり、それによって緑色になるのだという(生のワカメには赤・青・緑の色素が含まれているらしい)。

 なお昆布が出汁に使われるのに対し、ワカメは出汁に使われないが、これはワカメに含まれるグルタミン酸量が昆布よりも圧倒的に少ないことによるという。もっともこれはワカメが少ないと言うよりも、昆布が極端に多いのであって、ワカメの量は他の海草とほぼ同じだという。

 ワカメといえば、多くの人が魅力に感じているのはその食感だという。この食感はワカメの組織に隙間が多くあることによるという。この隙間に含まれるのがアルギン酸という食物繊維である。このアルギン酸は人工的には精製できず、ワカメなどの類にしか含まれていないという。このアルギン酸は保湿成分でもあり、ワカメがこれを多く含むのは、ワカメが生息する水深2〜5メートルでは、大潮の時に干上がる可能性があるので、それに備えるためだという。より深い域に棲息する昆布はこの恐れがないためにアルギン酸の量はワカメよりも少ないのだという。

 さらにワカメといえば味噌汁を連想するが、これは味噌汁にワカメを入れることによって味がまろやかになる効果があるという。実際に、ワカメを入れた味噌汁と入れない味噌汁を味見してもらったところ、20人中19人がワカメを入れた方を塩辛くないと答えたという(どうやら1人は味音痴のようだ(笑))。アルギン酸はナトリウムを取り込むことでアルギン酸ナトリウムとなるため、これは減塩効果を持つのだという。

 なお最近健康食品として人気のあるメカブであるが、これはワカメの根本にあるもので「芽株」と書く。またメカブのぬるぬるは実はアルギン酸ではなく、表面に存在するフコイダンという多糖質によるものだという(アルギン酸も多糖質である)。このフコイダンによって二重に乾燥から守られているのだという。これはメカブには遊走子というワカメの種とも言えるものを持った生殖器官だからだとのこと。

 以上、またも地味なテーマながら面白い事実を紹介するというこの番組らしい展開であった。ただワカメを入れると減塩になると言っていたが、私はワカメを入れると味噌汁の味が鈍くなるため、ワカメの味噌汁はあまり好きではない。アルギン酸が塩分を鈍らせるのなら、下手したら逆に塩味をつけすぎるという危険はないのだろうか。どちらかというと、ワカメは別に食べて体内のナトリウムを吸着させるという方法の方が効果的にも思える・・・となれば、ワカメサラダか。

 

4/10 所さんの目がテン!「イモリとヤモリ」

 一般に違いがあまり認識されていないイモリとヤモリ。違いはイモリは両生類なのに対し、ヤモリはは虫類である。またイモリの腹は赤いのに対し、ヤモリは全身がグレーがかっている。またヤモリは猫のような目をしているが、イモリは魚の目に近い。さてこのイモリやヤモリであるが、最新の科学の現場で注目を浴びているのだという。

 ヤモリはデコボコのない垂直な壁を平気で登るが、その足にあるのは吸盤ではなく縞模様である。この縞模様には細い家がびっしりと生えている。その密度は1平方センチに数億本という割合で毛が生えている。ヤモリが壁に貼り付く力は「分子間力」だという。毛の分子が壁の分子と密着することで、分子間力による引力が発生し、これを多くの数まとめることで十分な力が発生するのだという。現在、この原理を利用したヤモリテープなるものの開発がイギリスで行われているとのこと。なおこれに対してイモリは塗れた腹を使用して壁を登るとのこと。ちなみにこの原理について、番組では紙は表面がデコボコのために2枚を重ねても貼り付かないが、表面が平滑なガラスは2枚を重ねると貼り付くという説明をしていたが・・・あれ?これって分子間力でなくて大気圧が原因でなかったっけ?

 さて、イモリは実はスペースシャトルで宇宙に行ったことがあるという。イモリが選ばれたのはその独特の繁殖行動にあるという。フェロモンでメスを誘った雄は、精包という精子の入った袋を排出し、雌はこれを総排出膣という部分で受け止め、体内の貯精嚢に貯め込み、体内で精子を5ヶ月も保存するのだという。そして水温が25度以上になると受精して産卵するのだという。このような独特の生殖システムを持っているため、無重力中で受精が行えるかという実験に使用されたのだという。

 しかしこういう野生のイモリも今は減少しているという。そういえば、少し前はよくバラエティ番組で見かけたが、最近はトンと見ることがなくなった・・・ってこれは「井森」でした。失礼。

 少し横道にそれてしまいましたが、番組では佐藤アナが野生のイモリを捕まえに行っている。イモリは池や田など水の流れのないところにいるとのこと。最近減少しているのはこのような棲息地が減少したからである。

 またイモリは皮膚にテトロドトキシンという毒を持っている。これはフグ毒と同じ成分であり、1匹で0.12mgでマウス600匹を殺せる量を持っており、人の神経をマヒさせて痺れを起こさせるに十分な量であるという。イモリは攻撃されるとその赤い腹を見せて、毒をもっていることを誇示するという。なおイモリの毒はフグと同様に食料から取り込んでおり、地域によって毒の強弱はあるという。

 一方のヤモリの身の守り方であるが、トカゲと同様に尻尾を切って逃げることが出来るのだという。切れた尻尾は再生するが、実は完全に再生すのではなく、新しく生えた尻尾には骨が再生しないとのこと(これはトカゲも同様)。これに対して、イモリは手足などを切断しても、完全に再生するという。イモリは足などを切断されると、切断面が再生芽という特に役割を持たない細胞に変化し、これが新たに足の細胞へと変化するのだという。これに対して人間などでは再生芽がないので、傷口には別のタンパク質が出て、これが傷口を塞ぐのだという。人間の場合は、つまり再生ではなくて修復なのだとか。人間でも再生芽を作り出すことが出来れば、再生が可能になるのではないかと期待されているという。この研究が成功すれば、臓器移植が不要になると期待されている。

 以上、ヤモリとイモリといった今一つ人気が高いとは言い難い生き物を扱った今回。役には立たないが(笑)、感心させられる内容が多かった。

 

4/3 所さんの目がテン!「あさり」

 日本では沖縄以外のすべての地域でアサリが棲息しているとのこと。アサリが棲息するのは干潮時には干上がってしまうような浅瀬。アサリがそのような場所に住むのは、ホタテやハマグリなどのような身を守るスベを持たないからであるという。干潮時のアサリは体内のグリコーゲンを使用して無酸素呼吸を行っており、これはカキなどと同じであるという。

 アサリはよくむき身にされるが、これはハマグリに比べると殻を閉じる力が弱いからだという。あさりの貝柱は貝殻を瞬発的に閉じるための横紋筋の比率が高く、貝殻を閉じたまま保持するための平滑筋の比率が少ないからだという。

 アサリといえば、半日かけて砂抜きをするということになるが、実は砂抜きをしなくても、殻を開けて水洗いすれば砂は取り除けるという。実はアサリは砂を内臓には取り込んでおらず、砂に潜る時に貝殻の中に砂が入り込んでいるだけだという。

 番組ではあさりのみそ汁の作り方まで解説がある。アサリは殻が開いた直後がもっとも柔らかくて美味しいので、殻が開いたアサリから取り出し、後でもう一度出汁に戻すのだという。

 またアサリはみそ汁、ハマグリはおすましが一般的だが、これはアサリの方が味が濃いことによるという。これはアサリにはハマグリの倍以上のコハク酸が含まれていることによるとのこと。なおこのコハク酸は、呼吸が出来ない時などに体内のグリコーゲンを分解することによって生じているという。だからアサリを水中から出して2〜3時間放置した方が美味しくなるという。ただし冷蔵庫に入れた場合は温度が低すぎて駄目だという。

 以上、アサリについてであるが、前回のわさびに比べると比較的実用性の高い知識が多かったのが特徴。アサリの中に砂が入っていないことを確認するのにX線撮影装置を使うという大袈裟さは例によって爆笑ものだが、実はアサリの内臓には砂が入っていないというのは、私も知らなかった。つまりアサリをむき身にしてしまうのなら、砂出しの必要は全くないということのようだ。ただ我が家ではアサリはほとんどがみそ汁なので、やはり砂抜きをせざるを得ないようだ。

 アサリがハマグリよりも味が濃いというのは、アサリの方がより過酷な環境で生きていることが大きいようである。そういう点で考えると、さらに過酷な環境で生きているカキは確かにさらに味が濃い。逆境を体験した方が中身が濃くなるのは、人間でも貝でも同じということか(笑)。

 

3/27 所さんの目がテン!「わさび」

 以前にこの番組でカラシを扱っていたと思うが、今回のテーマはわさびである。

 まず最初の実験は、寿司のわさびをカラシと入れ替えるというもの。しかしこれを試してみると、仕掛けられた被験者の誰もが気が付かないという結果に。実際にスタジオで所氏が試してみても、ほとんど差が分からないという。

 これはわさびもカラシもその辛み成分はアリルイソチオシアネートであり、全く同じだからだという。両者の違いはわさびには「グリーンノート」という新緑の香りに当たる香り成分があるということだけであり、このグリーンノートは5分をピークに揮発して弱っていくので、もうこうなるとほとんど区別がつかないのだという。

 さてわさびはアブラナ科の植物であり、わさび田と呼ばれるところで栽培される。矢野氏が産地に出向いて、わさびの葉や花や根を食べているが、わさびはどこを食べても辛いのだという。さて普段食べるのは根茎と呼ばれる部分だが、これをいきなりがぶりとやった矢野氏によると、辛いが(実際に悶絶している)甘味も感じるということ。わさびの辛み成分は細胞内のミロシナーゼという酵素とシニグリン配糖体が反応することで生成するので、細胞が壊れることで辛みが出るのだという。また根茎部分の内側は成長のための糖分を含んでいるので、外側よりもマイルドだという。

 人工栽培のわさびは大体1年半ぐらいで収穫されるのだが、これをさらに放置したらどうなるかということで、矢野氏が2年以上経っている野生のわさびを採取したのだが、これがなんと人工栽培のものよりもかなり小さい。これはわさびが自分で放出するアリルイソチオシアネートで自家中毒を起こしているのだという。本来アリルイソチオシアネートは植物の成長を阻害する物質であり、根にVA菌を持たないわさびが、他の植物に栄養を取られるのを防ぐために放出する物質だとのこと。わさびにとってはこれは他者の進出を阻害する武器なのだが、ただ土壌中に蓄積すると今度は自分自身の成長が阻害されてしまうのだという。わさび田の水が流水になっているのはこの蓄積を防ぐ意味があるという。

 またわさび田が段々畑になっているのは、こうして水を泡立たせることで、水中に空気を溶かし込んでいるのだという。これはわさびにはイネなどと違って通気組織を持たないので空気の取り込み能力が低いからだという。わさび田はわさびを良好に育てるための知恵なのである。

 さて番組は最後に、わさびからアリルイソチオシアネートが土中に放出されるなら、わさびの周辺の土壌を集めるとわさびの成分があるのではないかという実験を行っている。この実験の結果は、確かにそれらしいものは抽出できたのだが、所氏によると「全然辛くない」とのことで、どうやら肝心の辛み成分は揮発してしまったらしい。

 どうでも良いようなことでありながら、あまり知らないわさびの正体について紹介してくれたこの番組。内容的には実に面白いのだが、例によって実用性は皆無であるところがいかにもこの番組らしいところ(笑)。ある意味「役に立たない無駄知識」という開き直りに近いものが見られる(笑)。なお辛み刺激による身体への効果が云々という話が来るかと思ったが、この手の話題は以前にカラシの回で扱っているので、今回は省いたと思われる。

 

3/20 所さんの目がテン!「発光ダイオード」

 今回はいきなり佐藤アナのヒロシネタという分かりにくいOPで開始されるが、これが「薄幸大王→発光ダイオード」という非常に分かりにくいネタであるらしい。

 さて発光ダイオードと言えば、大抵の人が見たことがあるのが信号機であろう。発光ダイオードを使用した信号機の特徴は昼でも視認性がよいことである。また最近の電気機器はあらゆる部分の表示や照明に発光ダイオードが使用されている。しかも近年はクリスマスイルミネーションなどでももてはやされている。

 さて発光ダイオードは今時は秋葉原の電機店にでも行けば簡単に入手できるが、これの正体を調べるために矢野氏が日本一の発光ダイオードのメーカーの日亜化学工業(かの中村氏と泥沼の訴訟合戦をやった会社である)に行って調べたところ、発光ダイオードの素子は実は0.2ミリ程度の微小なもので、これをエポキシ樹脂で固めているだけだという。

 発光ダイオードの最大の特徴は低消費電力であること。30ワットの白色電球と同じ明るさを出すのに0.1ワットで十分であったという。また長寿命であることも特徴で、電球の1000時間程度に対し、発光ダイオードは5万時間以上もつので、これが信号や電化製品の表示に使用される理由である。なお信号機では従来が各色60W消費していたのに対し、青で5W、黄で19W、赤で12Wしか消費しないし、交換も電球なら1年ごとだったのが(黄色だけは3年ごとだと聞いたことがある)、発光ダイオードだと10年もつとのこと。

 さて発光ダイオードの発光の原理だが、半導体である珪素を用いるのがポイントで、これに少量のリンを加えると電子が過剰な状態になり電気を通すようになる。これをn型半導体という。逆にホウ素を加えると電子が不足の状態になりこれも電気を通す。これがp型半導体である。このp型半導体とn型半導体を接触させると、電気を通した時にプラスとマイナスが界面で衝突して光を発するのである。電気を直接光に変えるのが高効率の理由である。これに対して電球は熱を発するため、効率が悪くなるのである。

 さて番組では矢野氏が発光ダイオードを家庭の照明に使えないかと試したところ、100W電球と同じ明るさを再現するには110本を使うことで可能になったが、発光ダイオードは真下しか照らさないため、部屋は真っ暗ということになってしまった。発光ダイオードは光の方向を制御しているので、真下しか明るくならないということになり、部屋の照明には使えない。

 また最近話題になったのは青色発光ダイオードだが、これが実用化されたことで総天然色の表現が可能となった。また発光ダイオードの光の特性として、虫を寄せ付けないとか、紫外線を含まないので写真などを劣化させないなどがあるという。

 最後は発光ダイオードを電卓に取り付けて、発光ダイオードで電卓を動かすということを行っている。実は発光ダイオードと太陽電池は構成的にはほとんど同じものであり、発光ダイオードの逆を行っているのが太陽電池であるということである。

 以上、発光ダイオードについて。今回の番組の中で発光ダイオードの発光源理についての説明があったが、残念ながらこの説明では難しくて一般人には理解しにくいのではないか。しかし残念ながらこれ以上簡単な説明もやりようがないのが実際で、実は発光ダイオードの原理を理解しようとすると、かなり難しい科学を理解しておく必要がある。この辺りのバランスには苦労が見られた。

 なお発光ダイオードを家庭の照明には使えないと言うところで、所ジョージ氏が「20センチぐらいの大きいのを作れないの?」と言っていたが、実はこれこそが発光ダイオードの弱点である。パネルを作りやすいという点ではこれも最近話題になっている有機ELの方が適しており、山形大学の城戸先生などは「未来の照明はすべて有機ELになる」などと吠えている(笑)。ただこちらはまだ寿命が短いのが最大の難となっている(それとも相関することだが、経時的に色調が変わってしまうようなこともある)。

 また最後の太陽電池の話も未来のエネルギー源として注目されている。こちらもやはり半導体系の太陽電池は大きなパネルを作ることが難しいのが最大の難になっており、有機ELの技術はこちらの方でも注目されているわけである・・・って何やら有機ELの宣伝みたいになってしまったが、私は決して有機ELメーカーのひも付きってことではありませんので(笑)。ただ化学をやっている人間なら、誰でも今注目しているのがこの分野であるということです。

 

3/13 所さんの目がテン!「陶磁器の科学 磁器編」

 先週は陶器であったが今回は磁器。さて陶器と磁器の見分け方であるが、叩いてみて音が高い方が磁器であるという。また磁器は陶器に比べて熱伝導度が高いという特徴があるので、お茶を入れた時に熱くなるのが磁器だという。さらに磁器は陶器と違って光を当てた時に透けるのだとのこと。さらに磁器は陶器に比べて強度が高いという(およそ1.5倍の強度)。

 磁器と陶器では原料が異なる。陶器では陶土を使用していたが、磁器の原料は陶石と呼ばれる石であるという。陶石とは火山活動によって生成した流紋岩が温泉によって鉄分などが洗われて白くなったものなのだという。陶石が出来る条件はこのように難しいため、日本でも5カ所にしか産地がないという。それが九谷、出石、砥部、有田、天草であり、それぞれ有名な磁器の産地となっている。これに対して、陶土の産地は日本で12カ所(益子、備前、信楽、萩など)ほどあるという。磁器は細かく砕いた陶石を水と混ぜ合わせ、粗い粒子を沈ませた後に、上澄みから余分な水分を抜いて粘土のようなものを作るのだという。陶器は土から作るのに対し、磁器は石から作っているのだという。

 陶石には陶土に含まれていた長石・珪石と言った成分が既に含まれているのだが、その比率は陶土と異なるという。陶石の場合、陶土よりも年度分が少ないのが特徴であり、そのために粘土をこねる際も非常に固く、陶器よりも扱いが困難なのだという(先週に続いて矢野大路魯山人が磁器に挑戦したが、あまりに勝手がちがうことから惨敗している。つまり素人は陶器はなんとかなっても、とうてい磁器は作れないようである。

 成形された磁器は5日間ほど乾燥した後、900度で素焼きされてから絵付けされるのだが、この時の磁器は粘土が少ないことから非常に脆いという(矢野大路魯山人がここで素焼きの磁器を物の見事に粉砕してしまう)。絵付けは呉須と呼ばれる酸化コバルトを含む塗料で行われる。しかしこの時にポイントは、重ね塗りが出来ないことだという(重ね塗りをするとムラになるらしい)。そしてこれに透明釉薬をかけ、登窯を使って1300度で焼成する。登窯を使用するのは穴窯よりも温度が上げられるためだという。磁器は灰がかからないようにさやと言われる容器に収められてから焼成にかけられる。磁器は1300度で焼成することで珪石の一部が融けてガラス化するのだという。

 番組は最後に親切にも陶器と磁器の違いをまとめてくれている。つまり

1.「粘土」「珪石」「長石」の割合の違い

2.焼く温度の違い

とのことである。よく分かりました。感謝。

 正直なところ私は陶器と磁器の違いが全く分かっていなかったのだが、今回はそれを非常に分かりやすく説明してくれた。原料の違いと焼成温度の違いで出来上がったものの性質が異なるというわけである。なかなかセラミックは奥が深い。いかにもこの番組的な面白い内容であった。次回は発光ダイオードのようだが、ハイテクセラミックなどについてもいずれ扱って貰いたいところだ。

 

3/6 所さんの目がテン!「陶磁器の科学 陶器編」

 最近は自分で作る人も増えているという陶磁器が今回のテーマ。まず陶磁器であるが、粘土に珪石(石英)や長石などを混ぜて作っているという。粘土が土台になって、珪石が骨格、長石は粘土と珪石をつなぐ接着剤の役割をなしているという。実際に粘土だけで陶器を作ると、手で割れるぐらい脆いものになってしまうという。

 陶器は粘土に珪石や長石を混ぜた陶土を使用する。これをまず良く練って空気を追い出してから、ろくろで成形、一週間乾燥させてから900度の窯で焼く、この時点の陶器は素焼きという状態で、まだ長石と珪石が結びついていないので非常に水を吸いやすい状態だという。これに釉薬を塗ってから釜に入れ、1200度以上で焼成し、自然冷却して出来上がりとのこと。

 矢野氏(今回は矢野大路魯山人と名乗っている)が陶芸家に入門して陶芸に挑戦している。実際に一週間の乾燥をさせずに窯で焼いたら水蒸気爆発で粉砕されてしまうなどというのを実験で確認している。また焼成時に塗る釉薬は長石と珪石、石灰を混ぜて出来ているが、焼くことで透明性が出、耐水性も出るのだという。本焼きの時の素地は長石は融けても珪石が融けていないのに対し、釉薬では石灰を加えることで1600度でないと融けない珪石が1200度で融けるようになるのだという。このような石灰は媒溶剤とも呼ばれているという。また釉薬には鉄分が入っているものなどがあり、これは薪を普通に入れた酸化焼成時(窯中に酸素が十分にある条件)には黒くなるのに対し、薪を多めに入れて窯の酸素を減らした還元焼成時には青くなることになる。同様に銅が含まれているものは、酸化焼成時には緑に、還元焼成時には赤やピンクになる。このような釉薬と焼成条件の組み合わせで、80種類以上の色が出せるのだという。

 また釉薬を使用しない焼成方法もあるという。釉薬をつけずに焚き口の近くに素焼きを置き、赤松を使用して焼くことで、赤松の灰を被って釉薬をかけたような効果が出るのだという。赤松の灰の成分には石灰、珪石、長石、金属のすべてが含まれているので釉薬を使用しなくてもよいのだとか。これを灰かぶりというとのこと。

 以上、今回は陶器について・・・で磁器については次回とのことです。ちなみに今回のクイズは磁器に使用する鉱物の名前は、カオリン、ミカリン、ユカリンのどれかといったものですが、化学の世界に携わるものには、カオリンという名前は馴染みの深いところでしょう。ちなみにカオリナイトとも呼びますが、こちらの名称はセーラームーンファンに馴染み深いものであります(笑)。なおカオウールというセラミック綿がありますが、これもカオリンに関係があるのでしょうか?

 陶器はいつも使用しているが、その原理などはよく知っていなかったので、今回の内容は分かりやすくて面白かった。ただ矢野大路魯山人は例によって全く意味なし(笑)。まあこの番組らしくはある。

 

2/28 所さんの目がテン!「石炭」

 かつてはエネルギー源の中心であったものの、最近は石油に追われてさっぱり影が薄くなっている石炭が今回のテーマである。

 まず石炭の生い立ちであるが、3億4千万年前の石炭紀、水中に貯まった植物などが地熱と圧力によって炭素以外の成分が抜けていって出来たものが石炭である(だから化石燃料と呼ばれるのだが)。炭化の度合いによりに石炭の種類があり、褐炭、瀝青炭、無煙炭の順で炭化が進んでいくのだという。番組ではつくば市の産業技術総合研究所(いわゆる産総研ですな)のエネルギー技術研究部門の杉本義一氏のところを訪問し、人工石炭を作るということに挑戦している。木の枝、アスパラガス、人参、干ししいたけ、落花生などを装置の中に入れ、温度と圧力を加えることで石炭が出来るという塩梅、実際、2日後には見事な人工石炭が生成している(これは驚いた)。

 さて私も含めてピンとこないのが、石炭と木炭はどこが違うかということである。まずこの両者では密度がまるで違う。また燃え方については石炭は炎を上げて激しく燃え上がるのに対し、木炭は赤くなって静かに燃える。この時に石炭が発する煙の成分は、硫黄酸化物である。これは木炭にはほとんど含まれていない。石炭が煙を発する成分は土中で染み込んだものだという。石炭はこの煙のために嫌われており、中世のロンドンでは街中で石炭を燃やすことは町を汚すとして禁止されていたという。

 さてこのように問題を持つ石炭だが、これが注目されたのは製鉄業の発展と関係あるという。中世において鉄鋼業が発達すると共に、木炭が不足してしまったのだという。鉄を1キロ作るためには1.5キロの木炭が必要であり、そのためには薪3.8キロが必要になるのだという。これによると軽自動車一台(鉄500キロ)を作るには木2本が必要になってしまうのだという。しかし石炭でそのまま鉄を作ろうとしても駄目なのだという。石炭をそのまま鉄鉱石に混ぜて加熱したのでは、石炭中の硫黄が反応してしまい、もろくて使い物にならない鉄しかできないのだとのこと。だから製鉄では石炭を1度、1200℃の熱で蒸し焼きにしたコークスを使用している。蒸し焼きにすることで炭素以外の不純物は揮発するのだという。コークスにはほとんど不純物がなく、燃やしても先ほどの石炭とは異なり煙が上がらない。これを使って鉄を作るのだという。またコークスは多孔質になっているので酸素と接触する面積が増加して燃焼温度が高くなるので、製鉄に都合がよいのだという。

 燃料としての石炭はその使い勝手の悪さから石油に取って代わられたが、現在、資源の観点から注目されている。石油は後40年で枯渇すると言われているのに対し、石炭は192年持つとのこと(所ジョージ氏が「どっちにしてもあまり持たないんだね」と言っていたが、それは同感。なお私が気になったのはウランがたったの85年というもの。これが本当だとしたら、ウランは元より代替燃料としての資格は全くないということである)。しかし石炭には硫黄酸化物や窒素酸化物などの汚染物質が含まれているという問題がある。そこでこれらの物質は最新の石炭火力発電所などでは排ガス処理装置によって取り除かれているという。日本の火力発電所の有害物質の排出量は世界でもトップクラスの少なさだという(どうもこの辺りはスポンサーである電気事業連合会の宣伝臭がプンプンする)。また石炭を燃やすと1割の灰が残り、毎年東京ドーム11杯分の灰が出ることになるという。これらはほとんどリサイクルされており、中には人工ゼオライトのような水質浄化剤に使用される場合もあるとのこと(人工ゼオライトでオレンジジュースを浄化する実験はなかなかインパクトがある)。

 以上、石炭というマイナーな物質についての特集であった。どうもスポンサーの宣伝臭さがプンプンしていたのが気にはなったが、殊更に嘘を流しているわけではなかったので良しだろう。それにしてもスポンサーとしては代替燃料として売り込んでいるウランの埋蔵量がたった80年程度しかないということは、一般に流して良かったんでしょうか?

 なお最後に番組からの訂正があった。先週、ほ乳類の首の骨はすべて7個と言ったが、これは間違いであってミユビナマケモノ科の3種が9個、ホフマンナマケモノが6個、マナティー科の3種が6個など例外があるとのことだ。うーん、とんだ盲点。私もほ乳類はすべて7個と思っていた。もともとほとんどのほ乳類は7個で、どちらかと言えば例外の方が希少だから、一概に間違いというのもどうかと思うが。それにしてもこの番組はいつも間違いの訂正は迅速に行います。ここは「あるある」なんかとえらい違い、あの番組は間違いを訂正したことなどありません・・・あっ、そもそも嘘情報を視聴者に吹き込むことを目的にしてる番組だから、間違いを訂正なんかしてたら番組が成り立たないか・・・。

 

2/21 所さんの目がテン!「首」

 首と言えば頭蓋骨と肋骨の間をつなぐ骨である。この骨の数は7個であり、首が長い人も首が短い人もその数には差はない。それどころかあのキリンでさえ7個である(1個の大きさが大きいのである)。実はほ乳類はすべて首の骨は7つなのである。これに比べて鳥は10個以上、は虫類の蛇は2個、両生類の蛙は1個、魚類は0であるという。

 さてこの首は何のためにあるかであるが、首が動かなければどうなるかということで、佐藤アナが首固定用ベストを使って首の動かない生活を体験するという非常に乱暴な企画を実行している。ちなみにこのベストは歴とした医療器具で、首の手術などで首を絶対に動かしてはいけない人に対し、頭蓋骨に直接差し込んで固定するのだとか。さすがに佐藤アナの頭蓋骨にビスを差し込むわけにいかないので、そこはクッションで固定したということであるが。

 さて佐藤アナ、いきなりデスクワークで大わらわ。首が動かないと眼をやたらに動かさないといけないのでとにかく目が疲れるとのこと。さらに当然のことながら振り返られない。さらに歩こうとすると頭が揺れてしまって気持ちが悪くなるとのこと。しかも身体のバランスがとれなくなるという。実際にテストしているが、首を動かせなくなると身体のバランスが全くとれなくなるという。所ジョージ氏もスタジオで体験しているが、彼をもってしても30秒保たなかったようである(それでも26秒いったそうだから、かなりの運動神経ではある)。人間はバランスを保つ時に首を垂直に保とうとするのだが、それが出来ないためにバランスをとれなくなるのだという。なお首を垂直に保とうとするのは三半規管の機能を保つためだという。

 また人間は首を力を加える方向に向けることで力が入りやすくなるという。これは頸反射といい、スポーツ時などにうまく使えばよいとのこと。さらに首にある組織が喉仏であるが、これは軟骨で出来ており、声帯を支える役目をなしているのだという。このような喉仏はチンパンジーにもあるが、チンパンジーの喉仏は頭に近い部分にあるために、複雑な音を作る空間が小さく、チンパンジーは人間のような複雑な発声が出来ないのだという。ちなみに同様の違いはホモサピエンスとネアンデルタール人との間にもあったらしく、そのことは以前にNHKスペシャル「地球大進化」で紹介されている。

 例によって唐突なテーマであるが、結構面白かった。首の役割としては、地上で辺りを警戒するのに便利なため(頭はセンサー部でもあるわけだから、自由に回転できた方が都合がよいのは当然)ぐらいではないかと思っていたのだが、歩行をするのにこれだけ重要であるというのは恥ずかしながら盲点であった。

 ところで最初に出てきた安田大サーカスなる芸人。出演にほとんど意味がなかったし、「今ブレイク中」などと言っていたが、私は全く聞いたことがない(もしかしてブレイクって爆発する方のブレイクでなくて、休息取る方のブレイクか? それともbreakでなくてbrakeなのか?)。日テレで売り出そうという思惑でもあるのだろうか? 最近は面白くない芸人が多すぎて(最初は面白かった芸人でも、酷使されるうちにネタが尽きて面白くなくなるという「少年ジャンプ状態」になっている)、テレビの退屈さに余計拍車がかかっている。・・・すいません、また話が横道にそれました。

 

2/13 所さんの目がテン!「冬においしい日本酒の謎」

 今回のテーマは日本酒・・・は良いんだが、今回も佐藤アナの下手くそな歌(ホントに彼女の歌と料理だけはどうにもならん)から開始という、いつものような分けの分からん導入部である。

 さて日本酒はワインなどと同じ醸造酒(以前に扱った焼酎は蒸留酒)であり、原料は米、黄麹菌、酵母、水などである(醸造用アルコールや調味料なども使われるとのことだが、当然ながらこれらを大量に使う酒は悪い酒である)。材料は法律で決められており必ず米を使うのが特徴だとか。また日本酒に使う米は酒造好適米と言い(一般的には酒米で良いんじゃないか?)、飯米に比べて中心の部分が白くなっている(心白)が特徴である。

 日本酒は米を蒸して、30度ぐらいまで冷ました後、そこに黄麹菌の胞子を振りかけて繁殖させる。この時、米に心白があると米に隙間が出来ているので、内部でも麹が繁殖して都合がよいのだという。この状態の米を麹と言い、これはかなり甘くなっているという。酒のアルコールは酵母が糖を分解することで生成するのだが、米には糖がほとんどないので麹によって糖を生成するのだという。こうして出来た麹を酵母と共に蒸し米や水と混ぜたものがもろみである。10日後のもろみを番組では紹介していたが、かなり激しく発泡していた。これは発酵に伴う炭酸ガスの生成による。この段階では麹による糖の生成(糖化)と酵母によるアルコール発酵が同時に起こっており、これを並行複発酵と言うとか。またこの発酵は低温で行われる(低温発酵)。これは高温発酵を行うと酵母によるアルコール生成がさかんになりすぎ、短時間でアルコール濃度が急激に上昇することで、自分で生成したアルコールで酵母が死んでしまい、未反応の蒸し米が大量に残ってしまうことになるのだという。だから日本酒の製造は冬に行うのだとか(高温発酵すると酵母以外の雑菌の繁殖の危険性もあることも一因ではと私は考えていたのだが)。もろみの低温発酵は20日から30日行われ、これを圧搾機にかけて酒と酒粕に分けるのだとか。なおこの並行複発酵というのは世界的にも珍しい酒の作り方だとか。日本酒は杜氏によって発酵の温度などがこまかく管理されており、そこに杜氏の技が出るようである(そう言えば、ワインなどは樽に入れてただ寝させているだけだ)。

 なお日本酒には純米酒、吟醸酒、本醸造酒、普通種などがあるが、米・麹・水だけで作られて醸造用アルコールを使用していないのが純米酒、米の磨き方にもいろいろあり、米は中心部にデンプンが多く、周辺部には脂肪やタンパク質などを含んでいるため、米の削り方が少ないほど濃厚な味、多く削ったものは軽やかな味になるという。この米の削り方が60%以下まで削ったものが吟醸酒、70%以下のものが本醸造酒であるという。日本酒スタイリスト(なんじゃ、そりゃ)の木村克己氏によると、初心者には吟醸酒がお勧めだとか(軽やかで飲みやすいとか)。

 さて日本酒は燗で飲む人が多いが、それの効果について番組は検証している。大学生に同じ酒を冷やと燗で飲み比べて貰ったところ、ほとんどの者が燗酒の方が甘いと感じたという。酒を燗酒にしてもブドウ糖などの成分は全く変化しておらず、これは人間の感覚のものなのだという。燗酒にするのは人間の味覚を高めるためだという。ちなみにブドウ糖は30〜40度がもっとも甘味を感じるが、フルーツなどの果糖は低温でも甘味を感じるのだという(だからフルーツは冷やしても良いと言うことか)。一般的に純米酒は燗酒に向き、スッキリした味の吟醸酒は冷やが良いとか。

 また冷や酒は後で効くなどと言われるが、これをこの番組では酒を飲みながらブロック積みをするなどという実験を実施している。その結果は燗酒を飲んだグループは先に酔い始めるが早く抜け、冷や酒は酔い始めるのが遅いという傾向が出ている。これは燗酒の方が体温と同じ分、胃の血行が良くて吸収速度が速いのだという。なおこの番組ではこの結果を確認するため、二日後に冷や酒グループと燗酒グループを入れ替えて同じ実験を行っているが(以前にも同じようなことをしていた)、この辺りは一見いい加減な番組に見えて、実験には厳密性を期していることがうかがえる。これは個人の体質の差を考えると、最低限必要な措置である。なお「あるある」ではこのようなことを行ったことを今まで一度も見たことがない。あの番組の場合は、常に結果に任意性が最も増すようなやり方が意図的に選ばれている。

 さて今回、日本酒はおろかアルコール類が一切ダメな私には全く無関係な話だったが、それでも内容的には面白かった。むしろ日本酒好きの人間の方が「だから何なんだ?」って言いたくなる内容だったかも。

 

2/6 所さんの目がテン!「諏訪湖」

 例によって今回も突拍子もなく諏訪湖などと言うテーマ。ところでヤノトラマンの「スワッコ!」は所ジョージ氏でなくても、私でも「帰れ」と言いたくなる(笑)。

 さて諏訪湖と言えばワカサギ釣りということで、例によって矢野氏が諏訪湖に向かうのだが、なんと諏訪湖に氷が張っていない。最近は温暖化の影響で諏訪湖も氷が張りにくくなり、今では従来式の氷に穴を開けるワササギ釣りは規制されているのだという(多分、氷が薄くなっているせいで穴を開けると危ないのだろう)。そこで今ではドーム型の釣り船からワカサギ釣りをするとのこと。

 ワカサギ釣りは氷の張った時の方が釣れやすいという。それは諏訪湖の表面が氷で覆われることによって、穴の部分からのみ光が差し、そこに動物プランクトンが集まり、ワカサギもそこに集まってくるのだという。なおワカサギはサケ目キュウリウオ科に属し、実際にキュウリの匂いがするという。また諏訪湖のワカサギは90年前に霞ヶ浦から移され、ここで繁殖したものだという(このような事実が、ブラックバスをそこここに放流する馬鹿釣り人の大義名分にされることがあるが、次元の違うことであるのは言うまでもない)。

 諏訪湖は実は富栄養化している湖であり、これがワカサギの餌の繁殖を促し、それがワカサギが繁殖するもとだという。これらの栄養分は諏訪湖に流れ込む31本もの河から運び込まれている。また諏訪湖の平均水深は4.5メートルとかなり浅く、湖底には大量の有機物が蓄積しているという。このため諏訪湖では湖底からメタンガスが沸き上がってくることもあるという。実は諏訪湖はかつてはもっと広かったのだが、山から流れ込んでくる堆積物などで小さくなっているのだという(諏訪湖は年間2センチずつ浅くなっているという)。湖の定義としては中央部の水深が5〜10メートル以上というものがあるとのことで、このままいくといずれは諏訪湖は池になってしまうかもしれないとのこと。

 諏訪湖では御神渡りと言われる氷の盛り上がりができることで有名だが、これは諏訪湖の地域の寒暖差が大きく氷の伸縮が発生し、氷の収縮によって亀裂部分に生成した氷が、氷が膨張した時に割れて盛り上がることによって発生する。しかし近年では先の温暖化の影響で、御神渡りが発生しない年も増えているという。

 さらに諏訪湖の周辺には間欠泉などが存在するが、それは諏訪湖が日本生成に纏わる大断層上にある断層湖であるからだという。ちなみに断層湖は日本に15個あり、琵琶湖も断層湖だとか。

 以上、突拍子もないテーマに脈絡もない内容だったが、それにも関わらず意外と知的好奇心を刺激される内容であった。ある意味、こういう脈絡のないてんこ盛りはこの番組のもっとも得意とするところか。

 それにしても気になったのは、諏訪湖にまで温暖化の影響が顕著に現れていること。これは「自分たちに献金をくれる石油業界の利益にならないから、地球温暖化対策には反対する」というアメリカのブッシュ金権政権を早いところ打倒するしか方策はなさそうである(今回ブッシュが再選されたのは、実に地球にとっても大きな災厄としか言いようがない)。あっ、また話がそれた。

 なお次回のテーマは日本酒。ある意味、最近では比較的まともなテーマのような。

 

1/30 所さんの目がテン!「マジシャンの手」

 毎回突拍子もないテーマが登場するこの番組だが、今回のテーマはマジシャンの手である。

 さて人間の手の特徴と言えば、非常に器用であることだが(中には極めて不器用な人もたまにいるが)、人間を含む猿類の手が他の動物と特徴的に異なる点は、物がつかめるということである。これは親指が他の指と向かい合って配置されていることによる。ただここで人間とチンパンジーとの間にも違いがある。チンパンジーが物をつかむ時の手を見れば、人間に比べてかなりぎこちないのが分かる。彼等の手は特に親指の動きに人間ほどの器用さがないのである。人間の親指は実に8本の筋肉によって動かされており、このために自在な動きが出来る。親指を他のすべての指につけられるのは人間だけだという。またあまり働いていないように見える小指だが、実はこれを固定すると覿面に握力が低下する。番組では人差し指を固定した場合と比較しているが、握力の低下は小指を固定した方が大きい。

 さらに人間の手の構造を見れば、人間の手の指には実は筋肉はつながっていない。指を曲げる筋肉は指屈筋というものであり、ここから腱で各指につながっている。だから指を曲げると腱が緩んでしまい、指先はブラブラしてしまう。さらに指を伸ばす指伸筋は手の外側にあるが、これは4本の指につながっており、人差し指と小指には示指伸筋・小指伸筋といった専用の筋肉が存在している。さらに伸筋の腱は腱間結合といって互いにつながっており、このつながりは薬指の周りが一番厚いという。だから中指を曲げてしまうと、薬指を伸ばすことは出来なくなってしまうのである。さらに両手を組んで人差し指の間を広げていると、これがだんだんとくっついて来るという手品があるが、これは人の指は元来は伸びきった状態でいることがしんどいからだという。

 以上の人の手についての一般的な考察の後、マジシャンの手は一般人とどこが異なるかを解析する。MRIでの結果によると(私も腱鞘炎を患った時はこれを撮りました)、骨間筋という指の間の筋肉がバランスよく発達しているという。これは指を開いたり閉じたりする筋肉であり、これが発達していることから彼等は指を自在に動かすことが出来るのだとか。で、矢野氏がこの骨格筋を鍛える運動を伝授され、手品に挑戦というのかこの番組のラスト。さてここで見事に矢野氏が手品に成功して・・・となるのが普通の展開なのだが、矢野氏は見事に失敗。やっぱり手品は素人には難しいですねという腰砕けのオチが付くというのが、いかにもこの番組らしいところである。普通の番組だったらここでテイク2を撮って、成功したかのように編集するところだろうが(ましてや最初から実験の結果についてのシナリオがある「あるある」などだったら当然)、それをしないのは正直というべきか、投げやりとというべきか(笑)。

 あまりにも突拍子のないテーマに、一体何をやるつもりなんだろうかと思っていたが、人間の手について解析するという極めて科学的かつ妥当な内容であった。人間の手というのは構造的に面白いので、こういう扱い方は化学番組としては正解。マジックが大して登場しなかったので、そっちを期待した人は肩透かしだろうが、科学サイドから番組を見ている私には、こっちの方が面白かった。

 

1/23 所さんの目がテン!「グライダー」

 例によって思いっきりすべったコントで始まる今回のテーマはグライダー。

 最初は矢野氏が紙飛行機に挑戦したのだが、それが全く飛ばなくて、父親の威信をかけてグライダーに挑戦するという次第である。

 まずグライダーであるが、これは普段は分解して収納されており、重量は200キロ程度、結構簡単に組み上げられる。そして番組の方は高所恐怖症の矢野氏が突然にワンダバをBGMにグライダーで空を飛ぶことになる(「聞いてないよ〜」とのこと)。グライダーは小型飛行機に引っ張られて離陸した後、切り離されて単独で飛行。緊張してガチガチの矢野氏だが、とにかく無事に帰ってくる。

 ここでグライダーについての番組の説明。つまりグライダーは前方に下りていきながら翼に風を受けて揚力を発生するということ。つまりは普通の飛行機でも滑空は出来るわけである・・・ということでここでまたもや矢野氏が飛行機に乗ってエンジンの推力を停止する(実際はアイドリングにまで回転を落とす)という体当たり実験で証明。ちなみに軽飛行機の場合は1メートル降下する間に9メートル前進するように、ジャンボジェットでは15メートル前進する設計となっているのに対し、これがグライダーでは30メートルから50メートルぐらい前進するのだという。グライダーがこれほど滑空できるのは、翼長が長く翼の面積が広いからだという。計算上ではジャンボジェットは巡航高度の1万メートルからだと150キロ飛べることになり、これは東京→静岡にあたるとのこと。またグライダーだとこれが東京→名古屋〜神戸ぐらいになるのだという。ちなみにグライダー飛行距離の世界記録は3009キロでこれは東京→マニラにあたるという。

 さらにグライダーは上昇気流を利用することで高度を上げることも出来る。刈り取り後の田んぼやグランドには温められた地面から発生する熱上昇気流が、山の斜面などでは風の吹き上げによる上昇気流があるので、これを利用して高度を上げることが出来るのである。

 さて番組ではこのグライダーでの知見を活かして、紙飛行機を作成。ポイントは大きい翼と前方を重めにしたことだという。そして矢野氏が子供たちとケント紙で巨大紙飛行機を作ってめでたしめでたしというオチである。なお紙飛行機がうまく飛ばない時の調整法として、翼の後ろを折ると言うのがありましたが、これは常識です(笑)。

 以上、グライダーなどとかなり突拍子もないテーマでしたが、終わってみたらなんてことない内容(笑)。実質20分程度のこの番組の尺を考えると、これでもよく情報を盛り込んだ方でしょう。20分の尺の番組って、考えてみると作るのは結構大変だろうな。

 

1/16 所さんの目がテン!「水銀」

 奇妙なテーマであるが、番組は水銀とは何かから始まる。水銀って何?水?銀?とくるわけなんだが、実際のところ水銀は水銀としか言いようがない(笑)。実際に水銀は水銀という元素であり、それ以外の何者でもない。

 水銀は金属であるが、常温では液体である元素である。金属であるから電気を通すし、金属探知器にも反応するとのこと。また蛍光灯には水銀が使用されており、水銀の蒸気が中に入っているという。また水銀は金属水銀と有機水銀と無機水銀に分類されるが、この中で有機水銀は毒性が高い(水俣病の原因物質である)ので、番組では金属水銀と無機水銀のみを専門家の指導の元で扱ったとのこと。

 番組では水銀の鉱石を紹介。これは辰砂と言われており、ここに水銀が硫化水銀の形で含まれているという。番組ではここで11.5キロの鉱石を採掘して、水銀リサイクル施設で精製、500グラムの水銀を得ている。水銀の特徴は極めて比重が高いこと。番組ではそれを実感させるため、矢野氏と水銀をシーソーにのせ、水銀がたったの7リットルで矢野氏よりも重くなるという実験やら、水銀にパチンコ玉や鉄アレイなどを浮かせる実験を行っている(関東化学の協力で行っている模様)。

 次に行ったのは、水銀を融点の−38.9度以下で固めて、銀メダルならぬ水銀メダルを作ろうという企画(意味ねー)。番組では見事に水銀メダルの製造に成功しているが、これを所氏に贈呈しようとしたが、常温では融けてしまいますという当たり前の結果に。私は水銀メダルと言ったところで、水銀アマルガム(歯の充填剤などに使用される)にでもして固めるのかと思っていたが、もっと安直な方法だった(笑)。

 これではどうしようもないので、かつて番組で作った所氏のコンクリート像を水銀の合金で金ぴかにしようという企画に変更。これは下地として銅処理した像に水銀と金のアマルガムを塗布し、バーナーで水銀を蒸発させて金ぴかにしようということらしい(これは古典的な金メッキの方法である)。で、出来上がった像であるが、予算の都合で金メッキされたのは髪と眉の部分だけという笑える像になって登場である。

 テーマがテーマだけに終始「水銀の扱いは難しいので真似はしないように」とか「水銀を扱う場合は専門家の指導の元に」などとやたら注釈が入っていた(当然ではあるが)。そもそも水銀はかなり危険性が高いので、私などはよほどの必要性がない限り、絶対に触りたくない。少なくとも夏休みの自由研究のレベルで触れるものではないのは了解しておくべし。それにしても今回の内容、やっぱり「意味ねー」。

 なお水銀についてはかなり昔から利用されており、日本でも鏡を磨くなどに使用されていたが、おかげで鏡職人は水銀中毒になることになる。また秦の始皇帝の不老不死の薬の中に、水銀を含んだものもあったらしく、結果として不老不死どころか彼の寿命を縮めてしまったようである。これは変な健康法(あるある健康法とか)に踊らされて、かえって健康を害している者へは教訓である。

 

1/9 所さんの目がテン!「ニワトリ」

 酉年の今年にちなんで、第一回のテーマはニワトリのこと。どうやら玉子の高騰に対応するべく、矢野家でニワトリを飼うという内容らしい。

 さて白色レグホンのつがいを飼い始めた矢野家であるが、早速早朝4時半から鳴き始めるニワトリに、一家揃って寝不足気味というお粗末。実はニワトリは夕方頃から12時間寝ており、朝方に起き始めるのだという。そこでニワトリを夜更かしさせれば朝に鳴かないのではないかと、庭を照明してニワトリを10時半まで寝させないという作戦をとる。するとこれが見事に頭に当たり、ニワトリは朝8時40分(完全に明るくなっている)まで寝坊したという次第。ニワトリの体内時計は松果体という器官で司っているのだが、照明などを当てたことでこれが狂ったのだという。

 なおニワトリは歩く時に首を振るが、これは我々がバスなどに乗って流れる風景を見る時に眼球を動かして見ているのと同様のことだという。眼球運動が出来ないニワトリでは、眼球を動かす代わりに首を振るのだという。番組ではニワトリをルームランナーで歩かして、風景が変わらなければ首を振らないことを確認している。

 さて今回ニワトリを飼った目的は玉子を生ませることであるが、矢野氏のニワトリはいつまで経っても玉子を産まない。それはカルシウム不足が原因だったという。ニワトリは骨の内部の骨髄骨という部分にカルシウムを備蓄するが、カルシウムが不足してこの部分がほとんどなくなると、玉子を産めなくなるのだという。また寒い風が当たると玉子を産まなくなるし、日照時間が14時間よりも短くなると玉子を産まなくなるのだという(つまりは冬には玉子を産まないということである)。

 そこで矢野家では餌に貝殻を加え、巣に風防をつけた上で、照明で16時間照らすようにしたところ、やっと一週間後に玉子を産んだとのこと。

 なお時々ゆで卵の殻が異常に剥きにくい時があるが、あれは玉子が新しすぎるのだという。新しい玉子には二酸化炭素が含まれているので、ゆでた時にそれが白身を圧迫して殻と密着させてしまう上に、白身をスポンジ状にしてしまうとのこと。だからゆで卵にする場合は、産んでから一週間ほど熟成した方がよいのだという。これは私は初めて知った。実は剥きにくい玉子は逆に古いのかと思っていたのである。うーん、これが今回で一番実用性の高い情報だった。

 で、玉子の高騰に対応すべくニワトリを飼ったという矢野家だが、飼育にかかっている手間とコストを考えると、とても元をとれているとは思えない。やはり養鶏はある程度以上の規模でやらないと割が合わないのだろう。

 

12/12 所さんの目がテン!「ポインセチア」

 クリスマスシーズンに大量に出るポインセチアであるが、買ったことのある人に聞くと「翌年まで保たない」という話が続々と出てくる。そこで佐藤アナがポインセチアを育ててみようということらしい。

 ポインセチアとは外交官のポインセット氏がアメリカに持ち込んでおり、彼の命日である12/12はナショナルポインセチアデーだそうな。

 さて佐藤アナが育てたポインセチアだが、数日後に早速しおれてしまった。この時の原因は気温の低下。ポインセチアは5度以下になると1日で、10度でも1週間ほどでしおれてしまうのだという。そこで室内で育てることにした佐藤アナ。しかしまたも枯れてしまう。原因は水のやりすぎ。メキシコ原産のポインセチアは水のやりすぎもダメなのだという。

 日本一長寿なポインセチアは筑波の実験植物園にあるそうだが、この30年もののポインセチアはもはや立派な木である(幹回り36センチ)。ポインセチアの赤い色は緑の葉が色が変わるのではなく、苞と呼ばれる赤い葉が出てくるのだという。これはポインセチアの花に虫を引き寄せる役をなしているのだという。

 ポインセチアは非常に成長が早い植物(3年で1メートルを超えている)だが、その茎の中は竹と同様に空洞と節があるのだという。

 またポインセチアを傷つけると白色の乳液が出るが、これは傷口を塞ぐと共に、虫や菌を寄せ付けない効果があるのだとのこと。またこの成分はラテックスでゴムと同じである。そこで番組では宮崎の日南海岸で5時間かけて110mlの乳液を集め、ゴム印とポインセチアの色素から朱印を作っている。

 以上、確かに知らない情報ばかりだが「だから何なんだ」と言いたくなる情報がほとんどだった(笑)。以前はもっと情報の内容に実用性があったような気がしたのだが、最近は面白ければ何でよいという印象で、実用性はどうでも良いような感じになってきた(決して悪い意味で言っているのではない)。そこでタイプ分けを実用型から話題型に変更します。

 

12/5 所さんの目がテン!「モミの木」

 クリスマスシリーズと言うわけだろうか、今回のテーマはモミの木である。

 クリスマスツリーといえばモミの木と考えるが、実はトウヒやイチイ、ヒマラヤスギなどの代用品も結構ツリーに使用されているとのこと。見分け方は葉の先だという。モミの葉先は2つに分かれているのが特徴だという。モミの木はトウヒなどに比べると枝がしっかりしているので飾り付けには適しているのだという(モミの木が1軍だとしたらトウヒに2軍だと言っていた)。

 このツリー用のモミの木であるが、ほとんどは国内で自給されているという。産地としては長野などで、植えてから8年ぐらいで出荷されるという。またモミは夏の間に幹が伸び、春になるとここから枝が放射状に出るという成長の仕方をするので、この枝の根元(節と言うそうな)の数を数えることで年齢が分かるのだという。またこの放射状に出る枝は、毎年少しずつずれて生えることにより、上から見ると回っているようになるのだという。これを車枝と呼ぶとのこと。またモミの木には、マツボックリならぬモミボックリなるものが出来るとのこと。大きさは松の倍ぐらいあり、これがバラバラになって種が飛び散るのだという。

 なお明治神宮には代々木なるモミの木があり、これが代々木区の名前の由来になっているとのこと。モミの木は卒塔婆や棺桶などや長野の御柱祭など冠婚葬祭に使用されることが多いという。これはモミは他の木に比べて白いからだという。松などでは心材の部分が色が変わっているが、この心材の部分はそもそも死んでいる細胞であるために、周辺から防腐剤が供給されるのだが、これに色が付いているために心材の部分の色が変わるのだという。だからモミは他の木よりも腐りやすいのだという。このことや強度がないことなどから建材には用いられなかったのだが、最近は消臭効果があるということでトイレの内装などに使われる例があるという。

 さてクリスマスツリーにモミの木が使用される理由だが、これはモミの木は根元から切ってしまっても保ちがよいからだという。実際に番組では、スギとヒノキとモミの木でツリーをつくり、湿度0%の環境においてテストを行っているが、スギとヒノキがあっという間にしおれてきたのに対して、モミでは変化が見られなかった。モミはスギやヒノキに比べて葉から水分が逃げにくい構造になっているのだという。この役割をなすのは葉の表面のクチクラと呼ばれるワックス層であり、モミはこれが熱いのだとのこと。

 なおこの後、オランダから来たフラワーデザイナーなるゲストが登場したが、これは番組的にほとんど意味がなかったのが少々辛いところ。

 モミの木と言ったところでどの程度の内容が出来るだろうかと思っていたのだが、意外に面白いことが登場した。クリスマスツリーがモミの木以外にもあったというのは私は知りませんでした。

 ちなみに次回のテーマはポインセチア(これをセインポチアって呼んだ奴がいたな)。どうやらクリスマスシリーズで走るつもりのようである。

 

11/28 所さんの目がテン!「シメジ」

 現在一般的にシメジだと思われているものはブナシメジやヒラタケであり、これらは元来のシメジとは全くの別物である。そこで矢野氏がキノコ山に現地の人と一緒にホンシメジを探しに行っている。クマが出るという山に熊よけのスズをつけての決死の探索(笑)の結果、矢野氏は無事にホンシメジを発見する(これがもし見つからなかったら、番組的にきつかっただろうな)。

 このホンシメジは非常に育ちにくいこと、環境が変化したこと(山が荒廃した)などがこのキノコが幻になってしまった原因だという。キノコには枯れ木に育つ不朽菌(シイタケ・エノキタケ・ブナシメジ)と生きている木と共生する菌根菌(松茸・トリュフ・ホンシメジ)に分かれる。松茸やホンシメジが栽培できないのは、生きている木が必要であるからである。

 匂い松茸、味シメジなどと言われるが、それが本当であるかというのを、この番組ではソムリエ3人に判定して貰うという意味不明な実験を行っているが(笑)、結果はホンシメジの圧勝。ホンシメジはグアニル酸やグルタミン酸が圧倒的に多いのだとか。また食感についてもホンシメジはほどよい固さと弾力があるのだとか。スタジオで所ジョージ氏がホンシメジとブナシメジの食べ比べを行っていたが、あからさまに分かるぐらいの差があるとのこと。

 で、番組としてはブナシメジで出来るだけ美味しくできないかという方に乗り出している。まず傘と柄を比べたところ、傘の方がアミノ酸が多いという。このアミノ酸が胞子に含まれているのではと見た番組では、傘の開いていないブナシメジの傘を集め、胞子を落とすまで放置するという手を使って、胞子を集めるというこれまたとんでもない実験を行っている。

 スタジオでは実際にブナシメジ丼に採取した胞子をかけて試食するということを行っているが、所ジョージ氏によると「美味しくなったような気がする?」という程度で効果薄。番組の注釈ではホンシメジ丼と同じ味を出すには、ブナシメジ80gに対して胞子200gが必要だったとのことで、手間は思い切りかかったが、見事に空振りである。

 このまま終わったのでは格好がつかない。そこで次に登場した手は、干ししいたけに学んで、ブナシメジを干してみるというもの。干したシメジを60度で保温、このことによって酵素の働きでグアニル酸が増加するのだという。さらにこれにトレハロースを加えて完成。所ジョージ氏によるとかなり旨いとか。

 あれだけ手間をかけての胞子採取が完全に空振りに終わった時は、番組成立の危機ではないかと思ったが(笑)、結局は干しシメジで起死回生。いやー、ドラマがあるな(笑)。しかし80グラムに対して胞子200グラムというのは、明らかに量としては無理がありすぎ。胞子は予想していたよりも旨味成分が薄かった? しかしよく考えてみると、今回の内容って「そこらで売られているシメジは実はシメジではない」という知っている人は知っている情報以外にはあまり科学的な情報はなかったような・・・。まあいいけどね。この番組らしくて(笑)。

 

11/21 所さんの目がテン!「トリ肉の謎」

 11/21はフライドチキンの日だそうな。ケンタの1号店が出来たのがこの日だからとのこと・・・オイオイ、いきなり宣伝かよ。と、まあそれはともかくとして、今回はトリがテーマだそうな。ところで、今回のOPコント、完全に先々週の焼き直しなんだが・・・。

 まずトリ肉と言えば唐揚げということで、牛や豚で唐揚げを作ればどうなるかという実験から(この番組らしいな)。全く同じ方法でトリ、牛、豚の唐揚げを作ったところ、牛と豚は固くて噛めないほどになってしまったという。これはトリ肉に比べて豚や牛の方がコラーゲンの量が多いせいで、加熱によって縮みが大きいのだという。そう言えば豚や牛の唐揚げは中華料理にあるが、どちらも薄切り肉を使用していて、今回のようなブロック肉は使ってなかったな。

 また鶏の唐揚げと言えば弁当の定番であるが、これはトリの脂が低温でも溶けやすいからだとのこと。実験によるとトリ肉は30度〜32度で脂が溶け出すのに対して、豚は33度〜46度、牛では40度〜50度だったという(だから牛刺しには霜降り肉を使わずに赤身を使わないといけないのである)。これはトリ肉には不飽和脂肪酸が多いからだという。

 ところで町でアンケートを取ったところ、皮が不人気の原因になっていた。しかし皮付きと皮なしで焼き鶏を比較したところ、皮なしのはパサパサになってしまったという。皮の成分の半分は脂質であり、脂身の少ないトリ肉にとっては、これを皮を加えることで適度な脂分が加えられるのだという。またトリ肉が脂肪が少ないのは、トリでは脂肪が筋肉に溜まらずに肝臓に貯まる生態があるからだという。

 番組では悪のりついでに豚皮と牛皮を串焼きにするということをやっているが、これはカチカチでとても食えた代物ではないとのこと(当たり前だ)。ただ牛皮も豚皮も調理法があり、牛皮は韓国料理の牛足湯が、豚皮は中国料理の東坡肉が登場していた(東坡肉は皮の下の脂肪がもっとも美味なのである。だから皮付きでない東坡肉はインチキと言っても良いぐらい。パリッとした皮の下のジューシィーな脂の風味ときたら・・・うーん、たまらん)。

 最後は地鶏とブロイラーの違いについて、これについてはまず鶏の種類が違う。ブロイラーは早く成長するように開発された種であるので、55日で2.5キロにまで成長して出荷されるのに対し、地鶏(名古屋コーチン)では130日かけて2.5キロまで育てられるのだという。肉質としてはブロイラーは白色筋が多いのに対し、地鶏では赤色筋が多いため、味としてはブロイラーの方が淡白になる。この番組の実験では、トリ鍋は地鶏の方が、唐揚げはブロイラーの方が美味しいという人が多かった(実験点数が少なすぎるし、味についてはあくまで好みの問題ですから、常に同じ結果が出るとは言えないが)。また地鶏の肉はブロイラーよりも歯ごたえがあるのも特徴だということ。

 以上、トリ肉について。例によって「トリ肉の健康効果」云々などという方向に行かず、あくまでトリ肉の性質について淡々と解説しているのがこの番組らしい。それにしても番組に協力した焼鳥屋さんが一番ご苦労様である。

 

11/14 所さんの目がテン!「酢」

 最近、身体に良いとして人気の酢。それが今回のテーマである。

 まず最初は黒酢の生産現場の紹介。黒酢の製法は麹と蒸した玄米を壺に入れて放置しておくだけである(現地の人が「畑」と読んでいたのが印象的)。この間に麹による糖化、酵母菌によるアルコール発酵、酢酸菌による酢酸発酵が起こり、それをさらに半年熟成することで黒酢が出来るとのこと。なお麹以外の酵母菌、酢酸菌については、壺の中に既に住み着いているので特別に添加する必要はないのだという(自然の知恵ですな)。

 さて、酢と言えば体が柔らかくなるなどと言われているが、この番組では1日30mlの酢を1週間とり続け、体が柔らかくなるかを実験。矢野氏と4人のスタッフが1週間の苦痛の酢漬け生活を送った結果、確かに体は柔らかくなったそうな。酢酸が血管を拡張することで、乳酸を減少させて筋肉の柔軟性を上げるのだという。もっともこれはあくまで凝りをほぐす効果だから、とり続けるとどんどん柔らかくなるというものではないとか。また体重・血圧・コレステロール・中性脂肪・血糖値・肌の水分量なども測定したが、これは変化がなかったという(なんて正直な番組だ)。もっとも長期間摂取し続けると高血圧やコレステロール値が改善したという報告もあるとのこと(番組は保証していないが)。

 また酢を摂る場合の注意事項も指摘している。空腹時に酢の原液を一気飲みしたところ、出血性胃炎が発生しているのが確認されたという。だから酢を飲む場合は水で5倍以上に薄めて食後に飲むのが良いとのこと。

 酢で油ものを食べるとさっぱりするなどというが、これは酢が油を分散させる効果によるという。実際に餃子を醤油と酢で食べ比べて、酢の方が食が進むということを実験で見せている。

 また酢を使っている食品としては、ソースなどがあるという。実はソースの1/4は酢であるというのだ。これは酢を加えると辛みが強調されることによるという。塩分を多くしすぎると塩が他の味を妨害するので、酢を加えて塩を減らすことで微妙な味が感じられるようになるのだとか。なお調味料の中には酢が加えられているものか多いという(タバスコなど70%が酢だとか)。

 以上、酢についての紹介であるが、健康効果を過剰に謳わないところがいかにもこの番組らしい。他の番組だったら、「一週間酢を飲み続けたところ血圧が低下」などとやらせをやるところだが、それをやらずに「変化なし」と明言してしまうところがいかにもこの番組らしく、好感を持てる(実際、一週間程度で影響が出るはずがない)。この辺りも、この番組が「健康番組」でなくて科学番組である所以であるのだが。

 

11/7 所さんの目がテン!「カキ」

 秋の味覚と言われている牡蠣であるが、牡蠣は2枚貝であるが、幼生の時に岩場などに貼り付くとそこでそのまま一生を終える。

 養殖の牡蠣はホタテ貝の貝殻に牡蠣の幼生を付着させて育てるという。これに対して天然の牡蠣は岩などに貼り付くが、餌が養殖の場合よりも少ないため、圧倒的に小さく、しかも川や海の毒を取り込んでいることがあるので、食用には適さないのだとか。

 なお牡蠣の最大の特徴は内臓の比率の多さである。牡蠣では内臓の比率は93%もある。これに対してホタテは内臓は46%、ハマグリは66%だという。なおこの結果は別にこれで良いんだが、ここの測定でグラム単位しか量れない秤を使っていたのはおマヌケ。おかげでハマグリなんて筋肉が1グラムで内臓が2グラムという数値。これだとデータとしての正確性がまるでない(50%〜83%の範囲での誤差が考えられる)。せめて0.1グラムまで量れる秤を使わないと・・・多分調達できなかったんだろうな。それなら適当に比率の数字だけ示しておけば分からないのに、そのまま出してしまうのはこの番組は正直と言おうか、不器用と言おうか・・。

 で、番組では牡蠣は内臓が多いのが特徴と言うことで、ハマグリの内臓を集めてフライを作って、牡蠣フライもどきを作ろうという実験をしている。その結果、試食した20人中18人が牡蠣フライだと思ったということで、つまり牡蠣の味というものは貝の内臓の味であるということがはっきりしたわけである。

 牡蠣はあたりやすいと言われるが、それは牡蠣が腐りやすいということとは別の話である。この番組ではホタテと牡蠣を水から出して耐久テストを実施したところ、ホタテは2日で死んでしまったのに対し、牡蠣は7日経っても生きていた(8日目に全滅したそうだが)という。牡蠣はグリコーゲンを大量に含んでおり、陸上でもこれを分解して生存のためのエネルギーを得ることが出来るのである。実際、パックで売られているむき身の牡蠣なども実は生きているのである。

 では牡蠣にあたるのはなぜかであるが、牡蠣はたまに毒性プランクトンを取り込んでしまうことがあるので、その毒にあたるのだとのこと。内臓の比率の多い牡蠣ならではことである。

 以上、なかなか面白い情報・・と言いたいんですが、実は私にとっては目新しい情報は皆無でした。今回登場した情報は実は数年前ににガッテンで扱ってまして(私のガッテンのバックナンバーの2番目に古い記述がそれです)、残念ながらすべてそれとかぶってます。何分、大昔のことですから、パクッたのではないでしょうが(あるあるなんかの場合は数ヶ月以内にパクリますから)、カキの情報としては出尽くしてしまっていたということでしょうか、残念。

 

10/31 所さんの目がテン!「サトイモ」

 さて、先週は新潟地震で吹っ飛んで、二週間ぶりの登場である。今回のテーマはサトイモというこれまた地味な食材。

 サトイモの原産地はインドなどの熱帯地帯で、日本に伝わってきたのは縄文時代とのこと(ここの説明のところのアニメがやけにかわいらしいのが印象的)。だから本来は日本で「芋」と言えば、サトイモをさしたという。

 さて芋と言えば根っこにぶら下がっているというイメージが強いが、サトイモの場合、親芋から塊茎がつながって出来るので、地面を掘り返すと固まって出来ているという。また日本ではサトイモの花は滅多に見られないが、この花は水芭蕉などとそっくりなのだという(水芭蕉はサトイモ科らしい)。

 ここで唐突にサトイモ料理教室になる。フライドサトイモやサトイモコロッケなどが登場するのだが、サトイモ嫌いの矢野氏はやはり食べられないそうな(実は私もサトイモ嫌い。所ジョージ氏が「サトイモ嫌いなんているの?」と言っていたが、私も声を大にして言いたい「ここにいるぞ!」。)。で、矢野氏が里芋が嫌いな理由はあの独特のねっとりした食感(実は私のサトイモ嫌いの理由も同じだ)。これはサトイモのデンプンの粒が小さいことが原因だという。

 さて、サトイモは親芋に小芋、小芋に孫芋がつくのだが、出荷されるのは孫芋だけであり、親芋などは捨てられてしまうのだという。しかしサトイモ嫌いの矢野氏が試食したところ、親芋はヌメヌメ感が少ないので耐えられるとのこと。そこでここから親芋を食べられる里芋の捜索になる。

 そうしてたどり着いたのが、沖縄のターンムという芋。これは親芋のみを食べるサトイモだという。これをふかしたところ、矢野氏でも美味しく食べられたてめでたしめでたし・・・ってところで番組が終わるんじゃないかというのは私も思ったのだが、ここでもう一題。

 サトイモの葉はトトロが傘にしていたことでも有名なように、非常に水を弾く。実際に接触角を測ったところ、撥水処理の傘をも凌ぐ153.6度もあったという。サトイモのこのような撥水性は、表面にあるワックスのようなものと、微細な構造が撥水性に効いているのだという(蓮の葉も同様な構造を持っており、それを参考にしたハイテク撥水布がサイエンスZEROに登場していた)。サトイモの葉のこの撥水性は、大雨で葉が折れるのを防ぐためだと考えられるとのこと。

 以上、サトイモという地味な食材についての地味な情報の紹介(笑)。普通、この手の番組では「サトイモの健康パワー」などといった方向に行きがちなのだが、そういうのが一切ないのがこの番組らしくはある(笑)。なお、所ジョージ氏らが絶賛していたターンムは沖縄の高級芋であり、南方などでよく主食にされているタロイモは、その仲間になるという。そうか、私は「芋が主食なんて・・・」って思っていたのだが、あいつら意外と良いものを食べていたのか(笑)。

 

10/17 所さんの目がテン!「大豆」

 最近、大豆が健康食品として注目されているが、その大豆が今回のテーマ。で、大豆と言えば白豆と黒豆ということで、今回のOPコントはオセロ・・だんだんと分かりにくいネタになっていく今日この頃である。

 さてまずは矢野氏が大豆畑に出向いている。大豆とは完熟した枝豆(というか、枝豆が未熟な大豆なのであるが)である。大豆は非常に栄養価の高い豆であるが、大豆を育てる土地自体は肥料を与える必要がないのだという。大豆に肥料を与えすぎると、背丈ばかりが伸びて実がならないつるボケという状態になってしまうのだという。だから大豆は痩せた土地で育てる方が良いのだという。痩せた土地で栄養豊かな豆を作れる秘密は根にある。大豆の根には根粒菌という菌が大量についており、この根粒菌は空気中の窒素をアンモニアにして大豆に供給し、大豆は光合成による糖分を根粒菌に供給するという共生関係にあるのだという(なんて凄い作物なんだ・・・)。また大豆が栄養豊富なのは、発芽してから根粒菌がつくまで、自分自身のエネルギーで凌がないといけないからだという。

 また生の大豆は苦くて渋いのでとても食べられないとのこと。これは胚芽の部分に含まれる大豆サポニンの効果による。これは動物などによる食害を防ぐのに効果があり、さらに生の大豆にはトリプシンインヒビターという動物の消化酵素であるトリプシンの働きを妨げる物質まで含まれているという(これが働くと、最悪は大腸での異常発酵によって死に至ることもあるそうな)。

 さて大豆と言えば丹波の黒豆が有名であるが、これが普通の白豆とどう違うかを比較している。まずは豆腐を作ってみてテストしている。黒豆を使って通常の白豆と同じ方法で豆腐を作ったところ、黒豆を原料とした場合、豆腐が固まらなかったとのこと。これは黒豆のタンパク質の量が少ないことによるという。次に煮豆を作ってみたところ、今度は黒豆の方が味が良かったという。これは黒豆の方が糖分が多いことによるという。

 この両者の違いは根の違いにあるという。黒豆の方が根粒菌が少ないとのこと。だから黒豆は通常の大豆より豊かな土地で育てられる必要があるという。さらに生育期間も一ヶ月ほど長く、そのために糖分が増加するのだとか。さらに黒豆の皮にはアントシアニンというポリフェノールの一種が含まれており、これは抗酸化作用を持つが、これも自然界のカビなどに抵抗するためのものだという。なお遺伝的には黒豆の方が原種のツルマメに近く、白豆の方が突然変異種であるという(白大豆の方が痩せた土地で栽培できるのだから、農業的には明らかに具合がよいことから普及したのだろう)。

 以上、大豆について。普通の番組ならこのテーマで来ると、大豆ペプチドの健康効果とか、アントシアニンの健康効果などといった類の情報ばかりを垂れ流しするところだが、そっちではなくてあくまで大豆の植物としての特徴の方に力点を置いて流すところがいかにもこの番組らしいところ。この辺りがインチキ健康情報で視聴者の関心をひこうとする他の番組と違って好感の持てるところ。この辺りがこの番組が「科学」としているところであり、私がこの番組を高評価する理由である。実際、インチキ健康情報などの何の役にも立たないが、今回の番組内容については実に勉強になる点が多かった。この番組には今後もこの姿勢を貫いて貰いたいところ。

 

10/10 所さんの目がテン!「フラミンゴ」

 日本の動物園にいる動物で一番数が多いのがころフラミンゴだそうな(3000羽)。

 秋はフラミンゴの産卵シーズンだそうだが、フラミンゴの巣は土を盛って作る。この上にフラミンゴは卵を産むそうな。フラミンゴの雛は親鳥からフラミンゴミルクと呼ばれる分泌物を貰って成長する。このフラミンゴミルクはそ襄(のう)と呼ばれる器官で作られる。このフラミンゴミルクには赤い色素が入っているため、雛はだんだんと赤くなっていく。この時、逆に親鳥はだんだんと色が薄くなるのだという。

 そもそもフラミンゴの色は彼等が餌にするプランクトンに起因している。フラミンゴは塩湖で生活するが、餌にスピルリナというプランクトンがあり、これをくちばしでこすようにして食べる。スピルリナにはβ−カロチンが含まれているので、フラミンゴは赤くなるという塩梅だとのこと。なお動物園などで飼う場合、色素を与えないと色が抜けてしまうので、フラミンゴフードと呼ばれるβ−カロチンを含んだ特別な餌を与えているとのこと。

 なおフラミンゴは一本足立することで有名だが、これは足から体温が逃げるのを防ぐためであるとのこと。フラミンゴの足は片足立ちするのに都合が良くできているという。

 最後は佐藤アナがフラミンゴショーに挑戦するという企画。フラミンゴショーはフラミンゴの警戒心と集団行動をするという習性をうまく利用するのだそうな。要は人間が追い立てているだけらしい。

 30分番組という枠のせいもあって情報少なめ。色と片足立ちしか情報がなかった(笑)。はっきり言って、私にとっては目新しい情報は何もなしです。それにしても矢野氏のブタミンゴはちょっと・・・。

 

10/3 所さんの目がテン!「カワハギ」

 今はちょうどカワハギの旬だそうな。カワハギは刺身などにしても美味であるし、その肝は珍味であるという。しかし大量に水揚げはないため、魚屋には並びにくいとのこと。そこでカワハギを釣ろうと新キャラ・矢野方弘樹が登場、カワハギ釣りに挑戦するそうな(オイオイ)。

 さて勇んで海に出た矢野方であるが、アタリのないまま餌だけとられる体たらくである。この理由はカワハギの餌の取り方にあるのだという。カワハギは餌をはぎ取るような取り方をするので、アタリがほとんど出ないのだという。そしてカワハギがこのような餌の取り方を出来る秘密はカワハギの泳ぎ方にあるという。大抵の魚は尾びれで推進力を選るのに対し、カワハギは背びれと尻びれでホバリングするような泳ぎ方をすることによるという。カワハギは海底に沈んでいる餌をとるためにこのようなホバリングを身につけたのだという。

 このような「餌取り名人」であるカワハギの取り方であるが、餌を動かすのだという。動く餌はカワハギの注意を惹き、餌が止まった途端にカワハギはがっちりと食いつくため、こうするとアタリが出るそうな。さてこの技を伝授された矢野方、再びカワハギ釣りに挑戦であるが、なんと30分後に船酔いでダウン、釣り果は全くなしという情けない結果に(この番組らしいな)。

 ところでカワハギの皮であるが、これはザラザラしていておろし金のようである。またカワハギの名前は皮を剥ぎやすいことから来ているとのこと。カワハギの皮がこのように剥ぎやすいのは、カワハギの皮が厚いことと、身が固いことによるという。この固い皮は身を守るためのものであるという。実際にアジにカワハギの皮をかぶせてエイに食べさせたところ、吐きだしてしまう。肉食性の魚はそれが食べられるかどうかを10秒ほどで判断し、そこで食べられないと判断すると吐き出すのだとのこと。これをギブアップタイムというそうな。

 またカワハギの特徴の一つは大きな肝だが、この肝の大きさは栄養状態に左右されるという。運動をあまりしないカワハギは、筋肉に脂肪をためずに肝臓に脂肪をためるのだという(いわゆる脂肪肝ですな)。だから秋も深まった頃のカワハギの方が肝が大きいとのこと。

 最後はカワハギを人工肥育して肝臓を大きくしようと言う試み。カワハギに大量の餌を与えて肝臓の大きさをMRIで測定したところ、一週間で見事に大きくなってめでたしめでたしである。

 以上、カワハギという美味ではあるがマイナーな魚に注目しての徹底的なお遊びである。しかしこのカワハギという魚、見た目に反して、確かに煮付けても刺身にしても美味なのであり、私も好きな魚である。あっ、カワハギの刺身が食いたくなってきた。

 ところでカワハギは一種の脂肪肝であるわけだが、人間などの場合は脂肪肝は高脂血症などを招いて健康に悪いので生活改善の必要がある(実は私もこれを指摘されているのである、情けない)のだが、カワハギの場合、脂肪肝でも身体に影響しない仕組みが何かあるのだろうか。個人的にはこちらの方が興味あり(笑)。

 

9/26 所さんの目がテン!「750回記念SP」

 この番組も放送750回目を迎えたとのことで記念SPというのが今回である。で、歴代のアシスタントも揃って今までの放送を振り返るという企画だが・・・はっきり言ってこの番組をずっと見てきた者以外には関係ない(笑)。印象に残ったのは、魚住りえ氏が自分自身でも言っていたが「確かに太った」こと(笑)。当時に比べるとかなりプックリしたようである。

 それにしても記念SPという割にはかなりあっさりした内容であった。次回からは通常テーマのようなので、その方が私としては期待。

 

9/19 所さんの目がテン!「アンテナ」

 またも極めて分かりにくいコントで始まった今回のテーマはアンテナとのこと。

 さてこのアンテナであるが、本体は単なる金属の棒にすぎない。この金属の棒に電波が当たることで電気が発生するのであるという。だから電気を通すものであれば何でもアンテナになるわけで、極論すれば人体でもアンテナになる。

 いわゆる八木アンテナについてであるが、電波を取り出しているのは一本の横棒だけにすぎない。では他の横棒は何のためにあるかであるが、これは導波器と呼ばれるもので、これらがあることで共振して同じ電波を出す作用が発生し、電波を増幅するのだという(なるほど、だから弱電界用のアンテナほど素子数が多くなるわけだ)。さらにこれらの電波は一番後ろの反射器で跳ね返される上に、上下の電波はスクリーンと呼ばれる素子で集められるとのこと。八木アンテナは非常に理にかなった構造をしているらしい。ちなみにこの八木アンテナのネーミングは、開発者の八木博士の名前から来ており、世界的にも通用するという。

 さらに電波には縦向きと横向きがあり、これは送信するアンテナの方向と関係しているとのこと。テレビの送信アンテナは横向きなので、テレビアンテナは横向きにしないといけないのである。さらにこれは常識と言って良いだろうが、アンテナの方向が横を向いていると電波をうまくキャッチできない。

 なお携帯などの電波は縦向きに送信されている。テレビ電波が横向きなのは広く送信できるようにだが、携帯などの電波はどこでも送れて、ビルの合間なども抜けられるように縦向きなのだという。だから電話は立てて使うのが正解なのだが、最近の携帯は複数のアンテナを使用しているので、方向は関係なくなっているとのこと。

 次はマグロの骨をテレビのアンテナにしようという大笑い企画。八木アンテナの形が魚の骨に似ているからという発想のようだが(実際にフィッシュボーンアンテナというものがあるという)、所ジョージ自身が言っていたように「くだらない」(笑)。しかも佐藤アナが言うには、機能していたのは水分を含んでいる脊髄の部分だけで、あばら骨の部分は全く機能していなかったとのこと。おいおい。正直な番組だこと。

 最後は流れ星をアンテナでキャッチするというもの。空に向かって電波を発射して、これが流れ星に反射することで分かるのだとか。ちなみにこの電波は京都(46.5MHz)と福井(35.75MHz)から年中発射しているので、受信機さえあれば誰でも受信できるとのこと。アンテナは2メートルのリード線で十分という。流星マニアは挑戦するもよいかも。

 アンテナに関する一般常識から始めて、どうでも良いような情報(笑)も含めててんこ盛りなのがこの番組らしいところ。面白いが、実用性は全くない(笑)というところが、この番組らしいおふざけである。科学を楽しむというこの番組の姿勢が非常によく分かる内容。科学ってほんとは面白いものなんですが、それを分かっていない子供が多いんですよね、最近。

 

9/12 所さんの目がテン!「スズムシ」

 スズムシは学名は「鈴の鳴るコオロギ」という意味の名前が付いており、また日本の固有種であるという。平安時代から日本の風物詩であったのだが、実は今のスズムシの音色はは平安時代のスズムシの音色と違うというのである。

 まずスズムシの音についてだが、スズムシの音色は高周波成分が多いので、電話では伝わらないという。そしてこの高周波は羽をこすり合わせることで発生している。また音量をエンマコオロギやマツムシなどと比較すると、圧倒的に大きいという。

 またスズムシが音色を出すのは前羽であるが、後羽も持っている。一般に昆虫の後羽は飛行のために重要なのだが、スズムシの後羽は完全に退化していて役に立たなくなっているとのことで、スズムシは自ら後羽を落としてしまうという。

 さて最初のスズムシの音色についてであるが、野生のスズムシは一人鳴きするのに対し、飼育されているスズムシは競い鳴きをするので、そもそもの鳴き方が違うというのである。現在では野生のスズムシはほとんどいなくなっているとのことで、番組では野生のスズムシを求めて若草山まで出かけているが見事に空振り、次に出向いたのが赤穂の河原。自然のスズムシはリーンではなく、リー、リーと鳴くとのこと。・・・と大騒ぎをしているのだが、この音色はよく聞いた気がするのだが・・・。

 またスズムシが鳴くのはメスを引き寄せるためのものだが、テストの結果、間隔の短いものの方がメスにもて(体力があるという意味になるという)、競い鳴きよりも一人鳴きの方がもてるのだとか(一人鳴きは本来のメスを引き寄せるための鳴き方であるという)。いかにもこの番組らしいのは、この後、江戸屋小猫氏に一人鳴きに挑戦してもらい、スズムシの競い鳴きと決闘していること。結果は見事に小猫氏の勝利という結末。一体何をやりたいんやら。

 

9/5 所さんの目がテン!「クズ」

 今回もまた唐突なテーマである。クズと言えばくず餅とか漢方薬の葛根湯などが有名であるが、意外と知られていない。そこでクズの科学なのだとか。

 まず番組は矢野氏がクズの本場・奈良県御所市に出向く。ここで目にしたものは、ほとんど木と化したようなクズの茎。その根っこ(塊根)を掘り起こす。平地に生えるクズは横に伸びるために小さな根っこしかできないが、木のそばで縦に伸びたクズの場合は、巨大なものになるのだという。この根を崩して水を加え、濾過後1日放置。この時に底に沈殿するのがクズのでんぷんであるという。これに水を加えて再沈殿を5回ほど繰り返すことで、白い綺麗なでんぷんがとれるのだという。これを半年から1年乾燥させてくず粉のできあがりだという。10キロの根っこから1キロしかとれないため、くず粉は貴重なのだという(1キロで6000円とのこと)。だから東京で売られているくず餅の大半は実は小麦(小麦粉を乳酸発酵させているという)から出来ているという。実際に本当のくず粉から作ったくず餅を所ジョージが食べたところ「全然違う、話にならない」とのこと。

 またクズの成長力はものすごく、30センチ伸びるのに28時間しかかからなかったという。この成長力の秘密は、その大きな葉にある。クズの茎は身体を支える必要がないため、葉を大きく成長させることができるのだという。さらに葛の葉は調位運動といって、暑い時には葉を立てて水分の蒸発を防ぐというように実に効率的に働く。またクズの葉は飼料などにも使用できるとのこと。

 さらに漢方薬として使用される葛根には脳の血流を良くする働きがあるという。そこでこの番組ではクズ芸人(吉本総合芸能学院卒業生の連中・・なんだけど、確かに本当にどうしようもない連中)を集め、葛根と小麦粉を飲んでもらって、新聞から特定の文字を拾うテストをして貰ったところ、葛根を飲んで貰ったチームが大幅に成績が向上したとのこと(たまたまと言われるのを警戒して、後日改めて再テストをした模様)。また医学的にチェックしたところでも、前頭葉の血流が増えていたという。葛根に含まれるダイゼインやダイジンという成分が脳内の血管を拡張させるという。

 最後のテスト、「たまたまと違うんか?」と言おうと思ったら、キチンと先手を打ってあった(笑)。脳の血管拡張=集中力の向上と直接つながるかには疑問はなくもないが、何らかの作用を及ぼすことについては間違いないのだろう。脳の血管を拡張させるとなったら、脳梗塞とかの予防にも使えるかもしれない。もっともこのような効果は大抵は一時的なものだから、それがどの程度持続性があるかも重要になってくるだろうが。

 そういえば、私は以前に東京土産としてくず餅を買って帰ったのだが、あまり美味しくなかった記憶がある。あれなどは東京駅の中で買ったものなので、間違いなく小麦原料であったのだろう。ちなみにワラビ餅の方は、これまたワラビ粉が現在ではかなり貴重なので、今ではほとんどはジャガイモのデンプンが原料になっている。こっちの方はそれなりに美味しいのだが・・・。

 

8/29 所さんの目がテン!「テコンドー」

 いきなり冬ソナという意味不明のOPで始まった今回のテーマはテコンドー。これは岡本選手(競技団体のオッサン達のアホな権力争いに巻き込まれて、オリンピックに出られなくなりそうになって話題になった彼女です)の試合が今日あることにちなんでいるとか。ところでなんでBGMが少林サッカーなんだ?(チャーリーズエンジェルは分かるが)

 テコンドーは格闘技の中でも女性に有利なものだという。まず所ジョージが女性選手のケリを受けるのだが、これがかなりの破壊力である。テコンドーではかかと落としなどの足技がメインなので、筋肉や腱が細くて身体の柔軟性がある女性の方が有利なのだという。実際にマッチョマンのラガーマン達に柔軟をやってもらったところ、身体がガチガチだったという次第。

 そこで所ジョージ、矢野氏、佐藤アナの3人で柔軟テストを行ったところ、佐藤アナの圧勝ということで、今回は佐藤アナがテコンドーを体験することに。

 まずテコンドーの蹴りの解明から、佐藤アナと10才の少女が蹴りを比較したところ、佐藤アナの方が股の力は強いにかかわらず、蹴りの力は圧倒的に弱い。それは佐藤アナが足を伸ばしてつま先だけで蹴っているのに対し、彼女は横蹴りという方法で押し込むように力を加えているのだという。

 またテコンドーで大事なのはバランス能力だが、このバランス能力は女性の方が勝る・・ということで4人の男女を地震体験車で振動を与えて、やはり女性の方がバランス感覚がよいとしているのだが・・・これって単に個人の運動神経の差である。むしろ面白いのはこの後のテストで、身体の重心をチェックしたところ、先ほど成績が良かった女性の方が重心が低かったということ。

 ここで佐藤アナの訓練は次のステップに、今度は後ろ回し蹴りの訓練である。しかしながら初心者の彼女の蹴りはまるで当たらない。この回し蹴りにはバレリーナのバランス感覚が必要とのこと。そこでバレリーナに実際に板を割って貰っていると言うのがこの番組らしいが、実際に割れるのは驚き(怪我したらどうするんだ?)。回転のポイントは首を先に回して目標を早く見定めることだという。

 最後は佐藤アナがスタジオで三枚連続試割りに成功してめでたしめでたし。これで彼女は8級の黄色帯を獲得した次第である。

 テコンドーの蹴りを解明した今回。最後の佐藤アナの蹴りが結構様になっていたのが感心。彼女はブルガリアロケ中も蹴りの練習をしていたとのことだが、確かにかなり練習はしたのだろう。回し蹴りは試してみたら分かりますが、初心者はまず転けます(笑・・私も転けた経験あります)。

 

8/15 所さんの目がテン!「二酸化炭素」

 いきなり佐藤アナの超ドヘタな歌から始まる今回のテーマは二酸化炭素だとか(要はドライアイスの煙を使いたかっただけらしい)。昨今は温室効果ガスとして敵視されることが大いに酸化炭素だが、そもそもは必要のあるものである。

 まず最初は、二酸化炭素といえば連想するドライアイスについて。ドライアイスの製造法は、まず気体の二酸化炭素に圧力をかけて液体化し、これを急激に減圧する(断熱膨張)することで急冷され、ドライアイスが生成するのだという。二酸化炭素のこのような性質を利用して、液体二酸化炭素ボンベで救命具を膨らませるなどにも利用されているという。

 番組ではドライアイスの代わりに窒素や酸素を固体に出来ないかということを実験している。大陽東洋酸素に協力して貰って、液体ヘリウム中で固体窒素や固体酸素を作っているが、共に常温下で数秒で消失、やはりドライアイスでないと使い物にならないとしている(そりゃそうだろ、それに固体窒素はともかく、固体酸素なんて危なくて仕方ない)。

 さらに二酸化炭素といえば連想するのは炭酸飲料だが、番組ではメーカーに協力して貰って高濃度炭酸水を合成、これを飲んだ所ジョージは悶絶、相当に口が痛いらしい。炭酸ガスは口の中で痛みとして感じるのだという。また炭酸水を飲めば重炭酸が筋肉中の乳酸を排出させることで、筋肉の疲労が早く解消するとしている(ただし炭酸飲料には糖分が多く含まれるものがあるので、飲み過ぎは太る原因になるというごく当たり前の注釈付であったが)。

 最後は二酸化炭素の温室効果について。番組の実験で、普通の空気と二酸化炭素濃度の高い空気の二種類をコンロで温めたところ、二酸化炭素濃度の高い方が温度の上昇が大きかったとしている。

 ではここで二酸化炭素を減らす方法だが、二酸化炭素を利用した給湯器が現在開発されているという・・・と、このあたりはスポンサーである「電気事業連合会」の宣伝のオンパレードである。いわゆる「電気で温水」といったオール電化の露骨な宣伝。ただ「二酸化炭素で二酸化炭素を減らす」などと言っていたが、これは正しくは「二酸化炭素を増やさない」であって、二酸化炭素は全く減らしていない。また原子力発電は二酸化炭素を出さないがまだ火力発電に対する依存度が高いなどの表現は、原子力を増やしたいという電気会社の思惑がもろに出ているが(美浜原発事故の直後のためか、表現は比較的慎ましやかではあったが)、原子力発電は危険性が大きい上に経済性も悪い(廃炉の処理まで含めると採算が合わない)ために増やしようがないとは口が裂けても言えまい。

 最後の部分では露骨にスポンサーの思惑が出たが、この程度は民放の番組である以上は仕方ないか。まだあるあるやスパスパなどの嫌らしい宣伝に比べると、マシな方なのであまり目くじらは立てないことにしておく。大体、いくら電気事業連合会がPRしようとしたところで、原子力発電は完全に破綻しているのは誰の目にも明らかなんだから。

 

8/8 所さんの目がテン!「クモの糸」

 今回のテーマはスパイダーマン2のヒットにあやかってクモの糸だとか。この番組では芥川龍之介の小説よろしく、クモの糸で人間をつり上げることが出来るかということに挑戦するという。

 まずクモであるが、これは良く知られているように昆虫ではない。分類的にはダニやサソリの仲間になる(確かにダニはクモとよく似た形態をしている)。

 さて芥川龍之介の小説であるが、お釈迦様は蓮の上で糸を出していたクモの糸を手にしたとのことで、蓮池にクモ探しである。ここで見つけたのはアシナガグモ。このクモの糸は自身の体重の三倍を支えることが出来るが、残念ながらこの糸で人間をつり上げるには数十万本必要だとのことで、もっと別のクモを探す必要があるとのこと。

 ここから番組はクモの生態の紹介になる。まず矢沢氏の新築住宅の周辺でチェックしたところ、10種類ぐらいのクモを発見、その半分は徘徊性(蝿とリグモナドの巣を造らないクモ)、残りが造網性だという。そして日本で見つけられるクモの中ではもっとも太い糸を出すというオニグモを見つけにいく。オニグモは夜行性で、オニグモの巣の糸は少し引っ張っても切れないぐらい丈夫だという。

 またクモの糸には縦糸と横糸があるが、粘着力があるのは横糸の方である。横糸には粘着球というものがあり、ここが粘着すると同時に、この中には丸まった横糸が入っており、このために横糸は縦糸よりもさらに弾力があるのだとのこと。

 このクモの糸は8グラムを支えることが出来、断面積当たりの加重では天然繊維としては最強だという。ここでクモの糸の研究家という奈良県立医科大学の大崎教授なる人物が登場、クモの糸の巻き取り機を考案。番組はこれを元に115匹のクモの糸を集めるべく、クモ合戦の町である鹿児島県加治木町に出かけている。こうして集めたクモの糸をたばめて、いよいよ人間つり上げに挑戦・・・のはずだったのだが、スイカのつり下げ実験の結果、20キロまでが限界でそれを超えたらあっさりと切れてしまったという腰砕けな結果に。クモの糸の太さが均等でなかったことなどが原因とのことだが、そもそもかなり細くて弱い糸をたばめているのだから、すべての糸に同時に荷重がかからないと保たないわけであり、糸の構造自体に原因があったというしかない。

 結局のところ「クモの糸で人間をつり下げる」という一本のネタだけで引っ張ってきたのに、それに完全に失敗(そもそも人間の体重に遠く及んでいない)したのであるから、番組自体は完全にドッチラケである。それにも関わらずそのまま放送するのは、まあ正直であるとは言えるが・・・(あるあるなんかだったら別の糸を持ってきて、無事につり上げに成功したようにでっち上げるだろう)。これでいいのか? まあこの番組の場合は許されるのか(笑)。

 なお、今回の内容は虫類が苦手である私にはきつすぎ。画面を直視することが出来ずに困った。

 

8/1 所さんの目がテン!「ブルガリア2」

 ブルガリアシリーズの第2弾は自然環境などについて。

 矢野氏が黒海に行って調べたところ、黒海といっても海の水が黒いわけではない(当たり前だ)。黒海のネーミングの由来には定説はないそうだが、それよりも興味深いのは、黒海の表面付近の水は塩分濃度が低いということ。黒海には多くの川が流れ込んでおり、しかも外海とはボスポラス海峡を通じてつながっているだけなので、海の水と川の水が塩分濃度と温度の違いなどのために混ざり合わないのだという。

 なお現地の船長によると、黒い海は海の底にあり、そこには魚は棲めないのだとか。水深2000メートルを超える黒海の底には太陽も届かず生物が存在しないために、微生物もおらずここに沈んだ船などはいつまでも朽ちずに残るのだという。

 このブルガリアはかつて海の底だったという(5000万年前)。その証拠は地面に生える謎の石の柱。この柱の真ん中には穴が空いているのだが、これはかつて海底から天然ガスが沸き上がった時、その周辺に生物の死骸が溜まって石灰岩となったのだという。

 次はドナウ川でハイイロペリカンを探すというもの。佐藤アナとカメラマンの二人が特別の許可をもらって保護区に入り込み、ハイイロペリカンの撮影に成功。通常の桃色ペリカンと違ってこのペリカンはかなり巨大なものであるという。

 最後はブルガリアのダマスクローズという薔薇について。この薔薇はオイルを摂るために栽培されている薔薇で、この薔薇のオイルはパラフィンを含んでいるために変化しにくく、香水などに最適なのだという。

 以上、ブルガリアについての情報の第2弾・・・は良いんだが、やけに中身が散漫でとりとめがなかったという印象。結局多くの情報が頭の中を一瞬で横切っていってしまっただけだった。記憶に残ったのは佐藤アナの馬鹿騒ぎだけ。やっぱりただの夏休み企画?

 

7/25 所さんの目がテン!「ブルガリア」

 夏休みSPのテーマはブルガリア。ブルガリアと言えばヨーグルトということで、今回はヨーグルトの特集である。

 まず紹介されたのは現地のヨーグルト料理。佐藤アナによると、好き嫌いは分かれるかもしれないが、さっぱりしているとのこと。

 次に紹介されたのはヨーグルトの作り方、と言っても絞りたての牛乳を40度に温め、微量のヨーグルトを加えて布を巻いて2時間保温するだけである。ブルガリアヨーグルトを作る菌はサーモフィルス菌とブルガリア菌の二種類。これらの菌が乳糖を食べて乳酸を発生する。そしてこの乳酸がタンパク質を凝固させることでヨーグルトになるのである。ヨーグルトは乳酸の働きで酸性になっており、これが雑菌の繁殖を抑える効果もある。また40度というのは、これらの菌がもっとも働きやすい温度であるとのことである。

 さてここで変わり種エピソードが紹介される。昔ブルガリアのヨーグルトは牛乳に蟻を加えていたというのだ。実験したところ、確かに蟻を入れるとヨーグルトが1時間で出来上がる。実はサーモフィルス菌が蟻酸を発生させ、これを取り込んだブルガリア菌が活発化するということが起こっているのだが、蟻を加えるのはまさにこの蟻酸を補うことになるという。確かに理にはかなっている。もっともこの方法は今では誰もしていないとか(そりゃそうだろう)。

 次はドリャンという木を使ったヨーグルトの製造法。これは牛乳にドリャンの枝をつけて5時間保温するというだけ。ドリャンに付着している乳酸菌がヨーグルトを作るのだという。

 なおヨーグルトは身体によいと言われるが、これは腸内の善玉菌の繁殖を促すためである。ブルガリアでヨーグルトを食べ続けた矢野氏にもその効果はあったとのこと。

 以上、ヨーグルトについての紹介。蟻でヨーグルトを作るなんてのは面白かったが、こんなヨーグルトは食べたくない(笑)。ところで結局矢野氏はヨーグルトを食べていただけのように思えてならないのだが。

 ところでどうしてブルガリアなんだろう? 実は佐藤アナや矢野氏がただ単にブルガリアに行きたかっただけなのでは?(笑) うーん、夏休み企画。

 

7/18 所さんの目がテン!「ミントとハッカ」

 また例によって意味不明のオープニングコントから始まったこの番組、今回のテーマはミントとハッカだそうな。

 ミントとハッカと言うのは、実は別の植物であるという。この番組によると、ミントは香りが強く、ハッカはスースー成分が強いのだそうな。さらにかつて世界的なハッカの産地だったという北海道の北見市(しかし今ではハッカ農家はたった2軒らしい)に行って、ハッカの葉から製油成分を抽出する過程を紹介している。200キロの乾燥葉からとれる成分はたった4キロ(2%)ということで、昔は「荷物が薄い」と言う意味で薄荷と呼ばれたのだという。

 化学的に見た場合、ハッカにはスースー成分であるl−メントールが80%含まれているのに比べ、ミントには40%にすぎないという。これに対してミントは香り成分であるメントフランが2%含まれている(ハッカには0)とのことである。

 さてハッカが冷たく感じる原因だが、これはハッカに含まれるメントールが皮膚の冷感受容体を刺激することによるという。つまり脳による誤認識である。

 ここでこの番組で行っている面白い実験は、45度の風呂の湯にハッカ油を入れるというもの。そのままだと熱くて2分も入っていられなかった風呂が、ハッカ油が入ると「水のような寒さを感じる」と言い出す始末。その挙げ句、寒さに耐えかねて5分後にギブアップ。その後の体温変化を見ると、本人の「寒い」という感覚と裏腹に体表面温度は上がりっぱなし。これはハッカ油の作用により、毛細血管が拡張しているのだとか。なお「家庭ではマネをしないでください」というお決まりの警告が出ていたが、確かにハッカ油を風呂に入れたりなんかしたら、刺激が強すぎてとんでもないことになりそうだ。

 さてミントがこのような成分を持つのはなぜかであるが、この番組によると「防虫のため」だそうな。実際、餌にミントを入れられたカブトムシは悶絶を始めるし、半身にミントを塗って蚊に刺される実験をすれば、ミントを塗った側は蚊に刺されないという結果に。ミントは地下茎で増えるために虫に花粉を媒介してもらう必要がなく、むしろ葉を食べる虫は害でしかないらしい。そういえば虫除けの樟脳なんかも精油成分だったはずである。

 さらにミントを料理に使う場合は、ミント自体は苦みを持っているので、甘いものと組み合わせるのが良いのだそうな。

 以上、ミントとハッカについて。なかなか面白い情報もあって興味深い内容であった。ちなみに私はミントもハッカも全く駄目です。ですからのど用のトローチなどもなめられません。もしかして私のご先祖は虫だった?

 

7/11 所さんの目がテン!「プラチナ」

 貴金属の中で最も高いと言うプラチナ。現在までに算出された量は金の1/33にすぎず、価格は金の2倍だという。さてこのプラチナ、金や銀とどう違うかである。

 まずは佐藤アナが金・銀・プラチナの指輪を1週間つけ続けてどういう違いが出るかというテストを実施。予想通りであるが、銀は真っ黒になっているのに対し、金とプラチナは変化なし(銀は化学反応を起こしやすい。特に温泉などの硫黄には極端に弱い)。

 次はこれらの指輪を1200度の窯の中に入れ、どういう変化が出るかという試験。6時間後に取り出したところ、銀は溶けて変形、金は溶けて真っ黒、これに対してプラチナはそのままという塩梅である(融点1769度)。

 さてこのプラチナであるが、日本では北海道で産出するという。白金はマントルに含まれているのだが、これが蛇紋岩となって北海道が出来た時に浮上したのだという。

 さて身近にあるプラチナであるが、まず万年筆のペン先についてはプラチナでなくイリジウムが用いられているという。次に白金懐炉であるが。これは確かにプラチナが触媒として含まれている。白金懐炉中のベンジンが発揮の触媒作用によって酸化し、この際に熱を出すのである。またプラチナ触媒は脱臭触媒としても利用されており、番組ではこれでくさやの臭いを消すという実験を行っている。なおプラチナ触媒の最もメジャーな用途は排ガス浄化用触媒である。

 では、ということで番組ではこの排ガス触媒からプラチナの回収を行って、1グラムのプラチナを回収していた(実際に使用済みの触媒からはプラチナが回収されています)。これをプラチナの糸にすると12メートルになるとのこと。それを利用してこの番組ではプラチナ万年筆(まんねんふで)という意味不明のものを作っている。

 

7/4 所さんの目がテン!「オクラ」

 また例によってオクラホマミキサーという分かりにくいというか分かりやすいベタな導入から始まる今回。テーマはオクラなどという地味なものである。

 まず最初はオクラを外人に食べてもらうというもの。ネバネバは苦手だといわれている外人はほとんど食べられない中で、エジプト人だけは平然と食べる。そもそもオクラとはアフリカ原産の野菜で、エジプトではよく食べられているのだという。

 オクラの産地は高知県。番組は産地に飛んでオクラの調査をしている。オクラとは子房の部分であり、花が落ちた後の未熟な子房を食用にするのだという。収穫の時期が大事であり、収穫の時期が5日ずれると子房が育ちすぎて固くなって食用に適さない(画用紙を噛んでいるようだとのこと)という。またこのオクラはハイビスカスの仲間になるという。だから沖縄などの暖かいところではハイビスカスも実がなるのだという(ただし原種に近い種類だけだとのことだが)。

 さてオクラといえばネバネバだが、このネバネバの正体は多糖類と糖タンパク質である。これらの物質は乾燥地帯において水分が逃げるのを防ぐためなのだという。このネバネバにはタンパク質の消化を助けたり整腸作用があるとのこと。このネバネバを有効に利用するためには生で食べるのが最適で、ゆでる場合は10秒程度にとのこと。

 さらに、日本伝統の和紙。この製造にはオクラの仲間のトロロアオイという植物のネバネバが重要なのだという。これがコウゾの繊維を結びつける糊になるのだという。ではオクラでも和紙が作れるのではないかとこの番組は挑戦し、見事にオクラ和紙を作っている。もっともコスト的にはオクラは高すぎて駄目なんだそうである。

 最後はマシュマロの話。本来のマシュマロとは古代エジプトで作られていたもので、マーシュマロウというオクラの仲間である植物の根を使用したものだという。この番組ではこの古代マシュマロを再現している。所ジョージ氏によると「洋菓子のマシュマロよりもうまい」とのこと。

 オクラという地味な野菜に注目した興味深い内容であったが、テーマが地味なだけに内容も地味であった(笑)。まあ「マーシュマロウ」は驚いたが。

 

6/27 所さんの目がテン!「食器洗い」

 今回のテーマは食器洗いについて。まず佐藤良子嬢の食器洗いをチェックすることから番組が始まる。彼女の食器洗いは油ものを最後でなくて途中で洗ったという点と、水を出しっぱなしであった点で失格だとのこと。なおこの検証に際してはライオンに協力して貰ったようであり、それに対する義理なのか、洗剤の効果(油を乳化によって溶かす、浸透作用を持つ)などを宣伝していたのが少々わざとらしくはあったが、まあ言っている内容に嘘はなかったから良しか。

 さて食器の汚れでたちの悪いものといえば、こびりついたご飯粒。これは一旦糊化したでんぷんが老化して固くなったもの。続飯(そくい)という日本古来の糊。この番組ではこの糊で木を貼り付けたところ、人間2人180キロがぶら下がってもはずれなかったことを実験で示している。

 このご飯粒を落とすには、洗剤を入れた水につけておくのが一番であるという(洗剤は必須ではないと思うのだが、そこはライオンである)。やたらに洗剤を強調する(洗剤を入れないと汚れが広がってしまう」と言っている)のが何となく宣伝めいている。

 次は食器洗い機について。今度は松下電器を訪問しての実験である。食器洗い機のポイントは60度くらいのお湯を使って、酵素の入った専用洗剤を使うのがポイントだという。酵素の働きででんぷんを分解するのだという。

 何やら今回はこの番組にしては珍しく、スポンサー(というよりも取材協力者か)の影がやけに濃厚に見えていた。情報自体に嘘と言えるものはなかったが、宣伝的意図は入っていると覚悟しておいた方がよいだろう。また今回の内容自体は以前にガッテンで扱っていたどうテーマともかなりかぶっており、情報的に新味が乏しかったのは辛いところ。なおこの番組のスポンサーは「電気事業連合会」であるので、いきなり食器洗い機の全面的宣伝になるかと思っていたが、そこまでは行かなかったのは、まだ抑制が効いているとは言えるであろうが・・・。

 

6/20 所さんの目がテン!「ウミガメ2」

 先週の続き、ウミガメの第二弾である。

 卵から産まれたウミガメは一路海を目指すが、これは何を目印にしているのか。聴覚・嗅覚などが考えられそうだが実は走ではなく視覚なのだという。真っ暗でないも見えないように思える夜の海も、ウミガメの目には海から散乱する紫外線が見えるのだという。実際にカメを使った実験でも、彼らに紫外線が見えていることは明らかになっている。

 こうして海に出たウミガメの中でも、大人になるのは1/5000にすぎないという。また一般に亀といえば甲羅の中に首を引っ込めるというイメージがあるが、ウミガメは首を引っ込めることは出来ず、ウミガメの最大の武器はその泳力によって敵から逃げることだという。瞬間最高速は30キロに及ぶという。

 この後は矢島氏がウミガメの模型に乗っかって浦島太郎になるというどうでも良い企画(笑)。しかもこの企画、「ウミガメに影響のない時間帯と堤防内、並びに水上バイク走行許可のある海岸で実験しています」「ウミガメは国際保護動物、本物のウミガメは追いかけたり触れたりすることは出来ません」という長ったらしい注釈付である(笑)。一応はウミガメがいかに速いかを体感する実験だそうだが、どう考えても意味がない。海の中は凄まじい水圧のため、矢島氏は時速5キロで振り落とされてしまった。ちなみにウミガメの巡航速度は10キロ程度だそうだ。最高速の30キロならイアン・ソープの5倍、サメでも25キロだという(ただ、ウミガメはその最高速をどれだけの時間持続できるんだろうか?)。

 変温動物であるウミガメは、暖流に乗って移動するという。日本で生まれたウミガメは黒潮に乗るのだが、その後にどこに移動するのかを調査するプロジェクトが行われている。これはアンテナをつけたカメを房総沖で放流し、人工衛星NOAAで追跡するという大がかりなものである。番組ではその一頭にTOKOROと名付けて追跡を行っている。現在のところ放流地点より1400キロほど東に移動しているという。ウミガメはメキシコ沖まで移動するといわれているとのことであり、多分無事にこのTOKOROがメキシコ沖にたどり着いたら、また特集がありそうである(その前にあえなくサメの餌食なってしまえば、なかったことになるのだろう。もっとも発信器付の亀なんか食ったら、サメも大変なことになりそうだが。)。

 しかし番組中でも所ジョージ氏自身が「あのウミガメに乗っかる実験は何だったんだ?」と冗談めかしていっていたが、私にも一体何だったんだか分かりません(笑)。あまりにもどうでも良い企画だったようにしか見えない(笑)。まあこういうお遊びがあるのもこの番組らしくはあるが。 

 

6/13 所さんの目がテン!「ウミガメ」

 どうしてテーマがウミガメなのだろうかと疑問を持ったのだが、6月はウミガメの産卵シーズンだからだという。日本にはアカウミガメ、アオウミガメ、タイマイの3種類が生息しており、日本全国でウミガメの産卵地は400カ所あるとのことで、実は日本はウミガメ天国なのだとのこと。

 そんな産卵地の1つが屋久島であるとのことで、番組は屋久島まで取材に行っている。この番組が取材したところでは127個の卵を産卵したとのこと。またウミガメは産卵の時に涙を流すというが、これは涙ではなく、実は餌と一緒に取り込んだ海水中の塩分を目のところにある塩類腺から排出しているのである。さらに現地のNPOの調査により、一頭のウミガメが1シーズンに複数回産卵するとのこと。

 またウミガメの卵は鶏の卵などと違い、殻ではなく分厚い卵殻膜で覆われているので、押すとへこむ。だから1つの穴に100個以上を次々と産み落としても割れることがないのだという。またウミガメの雄雌の分化は産卵した砂の温度によるのだとのこと。29度未満で雄、30度以上でメス、29度では半々に産まれるのだという。

 また亀は産まれると深さ60センチの中からはい出してくるが、これは身長5センチの子亀にとっては人間が20メートルの深さからはい出すのと同じになるという。ちなみに人間は20メートルどころか、肩まで埋められるともう動けないということを実験で示している。

 子亀がどうやってはい出してくるかであるが、穴の中で騒ぐことで天井を崩しては、そこからはい出してというのを繰り返すことで地上に出るのだという。だから産まれてから1週間もはい出すのにかかるのだとか。

 とここまで来たところで、実は今回の内容は前編であったことが判明。どうやら今回は2回連続の大型企画だったらしい。ああ、驚き(笑)。

 知っているつもりで意外と知らないことが多かったウミガメの生態である。特にウミガメがどうやって土の中からはい出して来るかなんてことは、考えたことさえなかった(笑)。ところでウミガメの雄雌分化が砂の温度で起こるというのは、ある年は気候の加減で雄しか産まれないなどといった不都合は発生しないのだろうか・・・。

 

6/6 所さんの目がテン!「琵琶湖」

 先週に続いて今回も佐藤良子嬢のドヘタな歌から始まる。何の意味があるのかと思えば「琵琶湖はるみ」というしょうもないダジャレだったようである。このようにOPは例によって無意味でいい加減だったのだが、中身はかなり真面目なものである。

 琵琶湖というテーマで何のネタを扱ってくるのかと思ったのだが、環境問題に焦点を当てたようである。今琵琶湖で起こっている問題は、琵琶湖の固有種が激減していることである。その原因はアメリカから持ち込まれたブルーギル(青エラという意味だという)である。これが琵琶湖の在来種を駆逐してしまっているのである。このブルーギルは人為的に持ち込まれたもので、無責任な釣り人が勝手に放流したり(それを煽ったアホな釣り雑誌もあった)したのが原因で大繁殖したのである。

 ブルーギルはブラックバスと同じく、なんでもかんでも食べてしまう。特にブルーギルは卵を食べる習性があるので、在来種に壊滅的打撃を与えてしまうのである。

 このブルーギルの天敵としてはナマズが存在するという。確かにナマズはブルーギルを食べるのだが、ナマズが増えすぎると今度はブルーギル以外の魚も食べるので、ナマズを大量放流というわけにはいかないとのことで、これも対策にはならないとのこと。

 となれば人間が食べるしかないということで、佐藤良子嬢がとてつもなく不器用な料理の腕を披露したのだが、とりあえず結構食べられる魚だということのようで、もうこうなると本当に方法はこれしかないのではと思えてくるのが悲しい。

 このブラックバスやブルーギルの問題は、日本の釣り人の中にはいかに無責任で馬鹿な奴がいるかということが露呈してしまったのだが、未だに「ブルーギルが増えたんなら、逆にそれを名物にしてしまえばよい」などと言う信じがたい輩もいるようである。無知・無責任も極まれりという印象である。こういう輩は「イラクがアメリカ人に侵略されたのなら、イラク人はアメリカ人と共存すればよいのに」とか言うんだろうか・・・。

 

5/30 所さんの目がテン!「グレープフルーツ」

 いきなり矢野氏と佐藤良子嬢のとてつもなく下手くそな歌から始まった今回のテーマは「グレープフルーツ」。それにしても毎度のことながら、この番組のつかみは意味不明だ(笑)。

 まずグレープフルーツなのだが、これはそもそもバルバドスでブンタンとオレンジが自然交配した結果発生した種であるとのこと。またその名前の由来はぶどうのように房状に実がなることから来ているという。柑橘類にはグレープフルーツやレモンなどの初生カンキツ亜種と温州ミカンなどの後生カンキツ亜種があり、初生カンキツ亜種は房状の花をつけるのだという。ただしブンタンやオレンジでは花の段階で一つを残してほとんどが落ちてしまうので、グレープフルーツのように房状になることはないという。

 さてグレープフルーツを食べる時は大抵横に切るが、この時にへたのある方とない方でどちらが甘いかということを、この番組は100個のグレープフルーツのジュースを作って調べている(なんて血道な努力だ)。その結果、15対80(引き分け5)でへたのない方が糖度が高かったという。これは果樹では一般的にへたの反対側から熟していくということによると言う。

 次はグレープフルーツの分厚い皮についてだが、この皮はすべての砂じょう(実にある粒)とつながっており、砂じょうに水分や栄養分を補うシステムになっているという。このように厳重なシステムになっているのは、グレープフルーツの原産地であるバルバドル島が熱帯にしては降水量が少ない上に、グレープフルーツが実をつける時期は乾期にあたるため、水分を保つためのシステムであるという。なかこの番組では砂じょうの数を数え、3923粒であったなどとのデータも出しているが、これはどうでも良いことである(笑)。また皮に含まれる精油成分リモネンは油汚れ用のクリーナーやマニキュアの除光剤にも使われているという(発泡スチロールの回収にも溶剤として使われている)。

 最後はグレープフルーツの効果について。グレープフルーツの苦み成分・ナリンジンには胃の動きを活発にする効果があるので、朝のグレープフルーツジュースは食欲を促進する効果があるという。また最近、グレープフルーツダイエットなるものが流行しているそうだが(いかにも胡散臭い)、グレープフルーツの匂いを嗅いでもらう実験をしたところ、体温の上昇効果があり、体脂肪の減少が見られたという。これは交感神経が刺激されて褐色脂肪細胞で脂肪の燃焼が行われるからだとしている。実に劇的な効果が表れているように見えるのだが、グレープフルーツの匂いを毎日嗅いでも、だんだんと匂いの刺激の効果はなくなってしまうとのこと。それだったらダイエットには使えんじゃんという声が聞こえてきそうだ。

 なかなか面白い内容だったが、最後の実験についてだけは疑問あり。グレープフルーツをオレンジに変えての実験では体脂肪の変化がなかったと言っているが、結果を見れば2%も増加している人もいた。これって、どういう方法で測定したのかは分からないが、そもそも今回の体脂肪の測定方法が数%の誤差は出る方法だったのではないかとの疑問がある。グレープフルーツの匂いで体温が上昇したというのは事実だったとしても、2時間程度のたかだかわずかの体温上昇で、そんなに顕著な体脂肪減少効果があるとは思いにくい(もしその程度でそんなに脂肪が減るなら、世の中にダイエットで苦労する人間はいなくなるだろう)。なんかまるで「あるある」のような実験であり、この結果については納得しがたい。

 まあこの番組の場合、グレープフルーツのダイエット効果には最初から注釈付であり、「グレープフルーツこそはダイエットのための救世主と心得よ」という類の煽りはないようだから、「あるある」のようなインチキを目指しているものではないとは感じるが。

 

5/23 所さんの目がテン!「からしVSとうがらし」

 夏に暑くなってくると食欲増進に使われるのがからしである。辛み調味料について言えば、からしとトウガラシが双璧であるが、意外とその詳細は知られていないということで、今回はその紹介のようである。

 まずトウガラシの原料であるが、これはナス科トウガラシ属のトウガラシの実である。シシトウなどもこの仲間になる。よく似た種類は世界中に存在し、各地で使用されている。タバスコやコチジャンなどもトウガラシが原料である。

 これに対して原料がよく知られていないからしであるが、これの原料はカラシナと呼ばれるアブラナ科の植物の実に含まれる種から作られるとのこと。この種はマスタードシードと呼ばれ、現在の日本ではほぼ100%カナダから輸入されているという(そう言われてみれば、粒のあるからしをみたことがあるな)。からしの種の中にはカラシ油配糖体という辛み成分の元と、ミロシナーゼという酵素が存在しているのだが、これを粉にすることでこれらが反応してアリルイソチオシアネートという辛み成分になるのだという。

 さてこのトウガラシとカラシを入れ替えたらどうなるかを実験している。まず担々麺のトウガラシをカラシに入れ替えて見たところ、辛みを感じなかったという。次にサンドイッチカラシバターをトウガラシバターに入れ替えたら、やはりこれも辛くないというリアクションが。なぜこういうことになるのかということが、番組の核心になる。

 所ジョージが実験台になったスタジオの実験では、サンドイッチにそのままトウガラシをふりかけても辛くないのに、温めると途端に辛くなった。またトウガラシの匂いを嗅いでもほとんど分からないのに、カラシは強烈な匂いがしたという。

 これはトウガラシとからしの辛みの感じ方の違いにあるという。トウガラシは舌に刺激を与え、これを辛いと感じるのだという。だからトウガラシの辛いは実は痛いなのである。これに対してからしの方の辛みは揮発して鼻を刺激するわけである。つまりからしの辛いは「鼻が痛い」であるらしい。この番組ではこれをADを実験台にしてかなり「痛い」実験を実施している。

 最後に人はどうして人は辛いものをとりたがるかである。トウガラシの成分カプサイシンは発汗や血流を増加させる効果があるが、これはカプサイシンが交感神経を刺激するためであるという。またこの刺激は身体にとっては痛みであるから、早く排出しようと食欲を促進し、また脳に痛みの刺激が来ることで沈静物質のβエンドルフィンなどを分泌するために、いわゆる辛み中毒のような症状になるのだという(ランナーズハイなんかにも似てるな)。

 以上、30分の番組にしては、要領よくからしとトウガラシのポイントを紹介していた。からしの原料を聞かれてもピンとこない人も多い(私を含めて)と思うので、なかなか勉強になる内容。また以前にもガッテンでも言っていたが、辛いというのは実は「痛い」だったのだということはおぼえておいてよいだろう。だから人間の舌には甘い、しょっぱい、苦い、酸っぱい、旨いなどを感じる部分はあるが、実は辛いを感じる部分はないのである。ただ辛みの正体がこういう身体に対する刺激である以上、限度を超えた辛みは明らかに身体に悪そうである。そう言えば、昔の劇辛ブームの時にも、あのブームに乗っかっていた連中って、いかにも頭悪そうだったし、味音痴なのもむき出しだったからな・・・・。

 ちなみに現代人は、幼少期から化学調味料漬けになっているせいか、微妙な味が分からなくなってきているという指摘があります。その流れが劇辛ブームとか、最近の油中毒(マヨラーなど)につながっていると思われます。そう言えば酢を飲んでいる連中もいたな。この順番から行けば、次にくるのは大甘ブームか。実際にテレビとかで「今、大甘食品がブームです」とか紹介して「甘味をとることで脳がリラックスする効果が得られ・・」なんて煽ってやると、本当になりかねないからな・・・。 

 

5/16 所さんの目がテン!「シカ」

 いきなり吉永小百合の名曲(迷曲?)「奈良の春日野」で始まる今回のテーマはシカ。それにしても脈絡のない番組だ。

 シカの説明で私が度肝を抜かれたのがヘラジカの実物大パネル。ヘラジカは高さ2m35cmもあるとのこと。でかいとは聞いていたが、これではシカと言うよりも牛か何かである。

 シカの食欲というのはかなりのものだという。野生のシカが生存している金華山では、シカの食害で林が草原になってしまっているという。残っているのはトゲのある植物だけで、草はすべて食べられ、木の皮まで食べられている。シカに24時間密着して調査したところ、10時間も食事に費やしていたとのこと。

 シカの食料は植物などの繊維質のものであり、和紙などまで食べるという。またシカには反芻も見られるという。シカは繊維を原料に有機酸を発生すると同時に微生物を繁殖させ、これらを栄養にするのだという。

 またシカの身体能力で特徴的なのは、彼らは斜面で暮らすこと。牛や馬などはとても下れない30度の斜面でも、彼らは簡単に駆け下りるのだという。敵が来た時には、斜面を一気に駆け下りることで逃げるのである。

 また鹿の角は毎年生え替わるのであるが、落ちた角は齧歯類(ネズミなど)の餌になるという。鹿の角は漢方薬にも用いられる滋養薬であり、ネズミにとっては格好の餌だとか。

 さらに子鹿に特有の鹿の子模様は、茂みに潜む子鹿の姿を見えにくくする目くらましの効果があるという。

 以上、シカについての知見である。面白くはあったが、あまりに脈絡がなかったきらいもなくもなし。

 

5/9 所さんの目がテン!「血液」

 最近、健康絡みで注目されているドロドロ血液であるが、この番組でも矢野氏がチェックしてもらったところ、見事にドロドロ血液であったとのこと。今回の内容は血液である。

 まず血液がどこで作られているかであるが、それは骨髄である。この番組は「ヒントはラーメン屋」とラーメン屋で実際に豚の骨髄を見せている。で、問題のドロドロ血液であるが、これはいわゆる高脂血症の状態であり、血液中にコレステロールなどが増加する。血液中のコレステロールが増加することによって赤血球にコレステロールが沈着し、赤血球の柔軟性がなくなることなどが血液の流れの悪さにつながるのだという。

 血液がドロドロになるとどうなるのかということを、この番組ではドロドロ血液を油に、サラサラ血液を水に見立てたイメージ実験で見せている。この番組でも言っているようにこの実験には全く厳密性はないが、イメージをつかむには格好の題材ではある。

 そしてこのドロドロ血を解消するにはどうするかであるが、これは規則正しい生活、バランスの良い食生活、ストレスのない生活に適度な運動である。いわゆる健康番組などであるとここに力点を入れるのであるが、この番組は健康番組ではなくて科学番組であるので、ここの部分はサラッと流している。

 この番組が面白いのは、ここで超サラサラ血という問題が生じていると紹介しているところ。この超サラサラ血なるものの正体は、いわゆる鉄不足性貧血。鉄分が不足するために、血中のヘモグロビンの量が極端に少なくなってしまうのである。血球が少ないから血液自体はサラサラと流れているように見えるが、血液が薄いために体に悪いという状態である。最近は献血に訪れる女性の6〜7人に人は貧血のために献血が出来ないのだという。これはダイエットなどが原因になっている場合が多いという。

 以上、血液全般にわたっての紹介であった。健康情報の部分に偏らないあたりが、この番組のスタンスが現れていてなかなか面白かった。

 なお最後に前回の間違いについての訂正があった。私が指摘したように「いろいろのアルコールから複数のアルデヒドが生成する」が正しかったとのことである。多分、電話でもかかってきたのだろう(笑)。

 

5/2 所さんの目がテン!「焼酎」

 いきなり飛び箱などといった極めて分かりにくいギャグで開始されたこの番組であるが、今回のテーマは飛び箱ではなくて焼酎である。

 焼酎製造ははまず米に麹と酵母を加えることから始まる。米のでんぷんを麹菌がブドウ糖に変え、これから酵母がアルコールを作り出すのである。酵母や麹による作業が始まった後に、麦などの材料を加える。こうして発酵が始まったものをもろみと言うという。しかしこの段階では酸っぱくて焼酎とは似ても似つかないものであるが、これから蒸留によって焼酎を取り出すのだという。

 このように蒸留する酒を蒸留酒といい、ウィスキーやジンなど含まれる。これに対して日本酒やワインなどの蒸留をしない酒を醸造酒と呼ぶ。この番組では日本酒・ビール・ワインなどを蒸留したところ、無色の焼酎(もどき)が出来たとしている。ただし実は日本酒と焼酎では使う麹菌が違うという。日本酒には黄麹菌を焼酎には黒麹菌を使用し、黒麹菌は酸を作り出すのが特徴であり、この酸ゆえに雑菌が繁殖しないため、温度の高い南方で焼酎が増えたのだという。

 さて焼酎が二日酔いしにくいという点であるが、この番組ではいろいろなアルコールが含まれている日本酒に対して、ほとんどエタノールだけの焼酎の方が肝臓で分解されやすいとしている。また焼酎の方が日本酒よりもいろいろなものが含まれていない分カロリーが低いとしている。

 最後は焼酎のもろみかす使ったパンを製造してめでたしめでたしで番組は終了である。所ジョージ氏によるとこのパンはなかなか美味しいとのこと。

 ネタ的にはガッテンで最近放送した内容と完全にかぶるのだが、二日酔いしないという点とカロリーが低いという点についてはやや見解が異なっている。ガッテンでは二日酔いについては、実験的にはわずかに差があったが誤差の範囲内。低カロリーという点については確かに焼酎は他の酒よりもカロリーは低いがアルコール分解の際に中性脂肪が発生することを忘れてはいけないとしている。

 二日酔いについては結果が異なっているのは、アルコールの量の測定の仕方に原因がありそうな気がする。ガッテンではアルコール量を揃えたと言っており、この番組では度数を揃えたと言っている。恐らくそこのところにアルコール量の規定の仕方で違いがあったのではないだろうか。詳細が不明なので断言しにくいが、多分ガッテンの方が科学的に厳密なやり方で行ったが、実際に酒を飲む者の感覚はこの番組での結果の方が近いのだろう。

 ただし一点だけこの番組が根本的な間違いを言っているので指摘しておく。この番組では「いろいろなアルコールからいろいろなアセトアルデヒドが生成する」と言っていたが、これは化学的に明らかな間違い。正しくは「いろいろなアルコールからいろいろなアルデヒドが生成する」である。アセトアルデヒドとはある特定の化合物であり、エタノールの酸化でしか生成しない。他のアルコールの場合は、例えばプロパノールからはプロピルアルデヒドといったように別のアルデヒドが生成する。「肝臓で違った種類のアセトアルデヒドが生成する」という説明は、「違った種類のエタノールが含まれている」と言っているのと同じことで、明らかな間違いである。これはスタッフの勘違い(化学の専門家がいないということか?)による初歩的ミスであると思われる。

 また低カロリーの点については、明らかにこの番組の説明不足であり、ガッテンの考察の方が深い。スポンサーに酒造メーカーはついていないので、別に宣伝などの意図はないと思われるが。

 

4/25 所さんの目がテン!「ショウブとアヤメ」

 アヤメとショウブであるが、どちらも「菖蒲」という字を当てられているので紛らわしいので、完全に違う植物であるというのである。アヤメはアヤメ科の植物であり、ショウブはサトイモ科になるのだという。また花札に描かれているのはカキツバタ、5月人形に添えられているのはハナショウブだという。これらを見分ける方法は、アヤメは花びらの模様が網状で、カキツバタは白い線、花菖蒲は黄色い線なんだという。この番組では冒頭にこれをクイズ形式にして所ジョージに解いてもらっていたが、見事に全滅。確かにこれは分からない。実は私も全滅である。

 さてアヤメであるが、これは種でも根茎(根っこの固まりのようなもの)のどちらでも増えるとのこと。なお今年は天候不順のせいでアヤメの花を映像的に紹介できなかったとのこと(番組的にキツイな)。

 次はよく似ているショウブとハナショウブの葉の違い。これは湯に入れると分かるという。ショウブ湯だけには血流量を増加させる効果があるのだという。アザロンとオイゲノールという精油成分が血管を刺激して膨張させる効果があるからだという。さらにこの成分はショウブの根茎にさらに多いのだという。またショウブについては花にほとんど繁殖の能力がないので、ショウブは根茎で増殖するという。

 さらにこのショウブについては防虫効果がある(ゴキブリが寄りつかないという実験をしていた)とのことで、この番組ではショウブで畳表を制作(ただしショウブはイ草よりも短いので、畳の手織り機で制作していた。以前にダッシュ村でTOKIOが使ってたやつですね。)していた。所ジョージによると、匂いも良くてなかなか良いとのこと。

 以上、今回はショウブ湯以外はあまり実用性はなかったものの、知識としては面白い内容。やっぱり一見してふざけた作りだが、内容的にはしっかりしているなこの番組。

 

4/18 所さんの目がテン!「ドッジボール」

 DNA、弁当の次はドッジボール。つくづくよく分からん番組だ(笑)。

 まず逃げ方のポイントであるが、相手の利き腕の外側に逃げるというのがポイントであるという。これはグリーンベレーでも指導されている方法で、人間は利き腕の反対側については、大胸筋などの作用で修正できるが、利き腕の側(外側)だと筋力が弱いのですぐに修正が出来ないのだという。また逃げるタイミングとしては相手が踏み込んだタイミングがベストであるという。

 次は捕球の仕方。これはトップクラスの小学生のチームに登場してもらっての実験(ここの選手は80キロ以上の球を投げるそうであるからとんでもない)。ポイントは腕をひいて衝撃を和らげるのと、棒立ちせずに体を曲げて衝撃を分散することだという。これをこの番組では中華なべに喩えて練習している。この練習を積んだ佐藤アナが、スタジオで全国平均レベルという60キロの球を受けてめでたしめでたしである(80キロにはとても歯が立たなかったようだが、確かにあれはとれん)。

 最後は球の投げ方について。ドッジボールの投げ方はボールを投げると言うよりも、実は柔道の背負い投げに近いのだという。そこで柔道の古賀にボールを投げてもらったところ、70キロというまずまずの球を投げている。これはボールが大きいためで、体全体で投げないといけないのだという。そしてこれのトレーニングによいのがゴムチューブとのこと。

 さて以上のメニューに従って特訓を積んだ鈍くさい小学生が、今までよりも格段にドッジボールがうまくなって万歳というのが番組の締めである。

 このテーマでどのように持ってくるんだろうと思っていたのだが、見事にドッジボールを科学してしまった。内容的にもリーズナブルで、これをもっと早く(30年ほど)放送してくれていたら、私もドッジボールであんなに苦しまなくてもすんだのにと悔しい次第である(笑)。

 

4/11 所さんの目がテン!「弁当」

 DNAの次は弁当と、何とも幅が広いのはこの番組の特徴のようである。この番組によると弁当というのは日本の独自文化であるとのことで、今回は覚めても美味しい弁当について科学の観点から研究するとか。

 弁当で問題になるのはやはりパサパサした冷やご飯。これはデンプンの老化によるのだという。アミノペプチンが水を取り込んで糊化することによってご飯はふっくらするのだが、これが水を放してパサパサになるのが老化だという。

 冷めても美味しいご飯と言えば寿司。酢飯は冷めても粘りが落ちないのだが、これは酢によってアミノペプチンの鎖が短くなることで、水を放しにくくなるのだという。

 といっても、毎食酢飯と言うわけにもいかない。だが冷めても味の落ちないご飯はあるという。それは釜戸で炊いたご飯だという。釜戸と炊飯器で炊いたご飯を5時間後におにぎりにしたところ、釜戸炊きのご飯はしっかりしたおにぎりになったのに対し、炊飯器の方はまるで駄目という差が出たという。この差は炊飯時の温度差によるのだという。釜戸では釜の側面まで火が回ることで全体がムラなく98度まで上昇することによって、アミノペプチンが開ききった完全糊化が起こるのだという。しかし今の時代に釜戸でご飯を炊くというわけにはいかない。これを補う裏技として、炊飯器に金網を入れて炊く方法というものがあるという。

 さらに味覚の問題として、温度が下がると人間は甘みを感じにくいという問題がある。そのため、弁当では塩味を強く感じてしまうという問題があるという。だから弁当のおかずを作る場合は、甘みを増やして塩味を抑え目にすればよいと言う。ただし、肉や魚は塩を加えることで固くならないという効果があるので(タンパク質の変性効果のようである)、これらの下味には塩や味噌を使うべきという。

 また弁当にはよく煮物が使用されるが、これは煮物は冷めるときの方が煮汁が染み込みやすいというソレー効果を活用しているのだという。

 最後に番組からの訂正を先週の放送でDNAの情報量を「一冊3000文字の百科事典1000冊分」と言ったが、これは正しくは「一冊300万文字の百科事典1000冊分」だとのこと。そりゃそうだろう、一冊3000文字の百科事典なんて見たこともない(笑)。・・・ところで先週の放送にこんな下りありましたっけ? 私は全く覚えておりません(笑)。

 内容的にはまずまず面白かったのだが、番組が30分という短い尺のせいか、不満点も多々。例えば金網を入れて炊くことで冷めても美味しいご飯になると紹介したのはよいが、なぜそうなるのかの説明が欠落していたのは問題(説明がなければ検証のしようがない)。また弁当は辛くなるから塩味を控えろと言っておいて、肉や魚には塩を下味にというのは矛盾なんだが、そこのところの折り合いのつけかたも流してしまった印象。実質20分程度に情報を盛り込もうとして苦労しているのは分かるが、大事なところはキチンと説明するべき。

 

4/4 所さんの目がテン!「DNA」

 生命情報の根源として注目を浴びているDNA。その割りには一般人はその意味がよく分かっていないということで、この番組ではDNAとは何なんだという解説を行っている。

 この番組ではまずDNAを目で見てみようということから、タラの白子からDNAを抽出するところから始めている。初めての者にとってはこのようにDNAが目に見えるというのはなかなかインパクトがあるだろう(DNAも所詮はタンパク質にすぎないのだから、目で見えても悪くはないのだが)。

 DNAは人間の細胞の場合は2メートルだという。この長さを実感するために、細胞を30センチ立方の箱と仮定した場合のDNAの長さを、体区間に糸で張り巡らして表現している。その長さは98.7キロ(約100キロ)。細胞の大きさと2メートルという長さから計算すればわざわざ測るまでもないことであるのだが、あえてそれを映像的に見せてイメージを作ろうとしているのはテレビ番組としての工夫である。

 さて最近、人間の遺伝子情報が解読されたとして話題になっているが、これは全遺伝子の配列が読みとられたというだけで、まだ遺伝子のどの部分がどのような情報を司っているかまでは判明したわけではない。

 最後に番組では、一卵性双生児についての紹介を行っている。一卵性双生児とは一つの卵子が卵割の段階で何らかの要因によって二つに分割されたものであり、同じDNA情報を持っている(これに対して二卵性双生児は二つの卵子が同時に育ったもの。だから二卵性双生児の場合は同時に生まれたというだけで普通の兄弟と同じでDNA情報は異なる)。しかし一卵性双生児でもその後の環境因子で成長の仕方は変わるし、指紋なども違う。これは人間のすべてがDNAで支配されているわけではないという証明である。

 科学初心者に対する紹介としては概ね妥当な内容。特に最後の一卵性双生児に関する下りは非常に重要。一卵性双生児は一種のクローンと同じといったことがキーワードで、これはクローンに関する巷の誤解を解くのに非常に大事な内容である。巷ではクローンと言えば自分と全く同じ人間が出来ることだと考えており、甚だしきは一つの意志を共有しているような誤解をしている例まであるが(このような誤解を生む原因になったのは、クローンについて一時期コピー人間という呼び名があったことも大きいと思われる。この言葉がパーマンのコピーロボットを連想させてしまったのだろう。)、一卵性双生児と同じだと解説すれば、それはもはや別個の人間であることは理解できよう(一卵性双生児がたった一つの意志で動いていると考えている馬鹿はそうはいまい)。なお一卵性双生児が異なる人格である(つまり性格なども異なる)ということは、占星術や血液型占いに対する有力な反証でもある。未だに血液型占いなどを信用している者がいるが、あれなどは数あるオカルトの中でも最もいい加減なものであるので、絶対に信じないように。

 

トップページに戻る