メールマガジン「教ドキュWeekly」発行開始!

 

 自称・教養番組評論家(笑)の鷺が、とうとう無謀にもメールマガジン(無料)の発行を決定してしまいました。

 毎週火曜日に発行で、多くの教養系ドキュメント・バラエティの情報を提供しようというメールマガジンです。サンプルは下に創刊号、2/24号、8/3号を掲載しました(新しい号ほど新企画が増えています)。

 購読希望の方は下のフォームで申し込みを行ってください。まだまだ今後も新企画登場予定。ご期待あれ。

 

教ドキュWeekly (マガジンID:0000125100)

メールマガジン登録

電子メールアドレス(半角):
メールマガジン解除

電子メールアドレス:

Powered by Mag2 Logo

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  教ドキュWeekly                  2004.8.3号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週のダイジェスト(7/27-8/2)
───────────────────────────────────
7/27 たけしの本当は怖い家庭の医学「虫さされ&夏風邪」
 1例目は虫さされによって慢性活動性EBウィルス感染症なる症状になり、
死亡した女性の例。2例目は夏風邪の微熱による発汗で、血液濃度が上がりす
ぎたことから脳梗塞になってしまった例について紹介している。
○1例目はかなり極端な例のように思われ、果たしてどの程度の危険性がある
のかは判断不明。2例目は気を付けておいても損はしない症例ではある。
----------------------------------------------------------------------
7/27 ガイアの夜明け「規制のカベを突き破れ」
 小泉改革の目玉として構造改革特区なるものが導入され、どぶろく特区、ロ
ボット開発特区など多くが名乗りを上げている。しかし特区となっても、実態
はやはり細かい規制でがんじがらめである。どぶろく製造に挑戦する民宿や、
大学を運営しようとしている株式会社の例を通して現状を報告している。
◎結局なんだかんだ言っても許認可権を手放そうとしない役人の姿が端的に分
かる。やはり自民党政権下では根本的な改革は無理そうである
----------------------------------------------------------------------
7/28 ためしてガッテン「最新版!痩せ情報の真実」
 夏やせとは、食物によって発生する熱を抑えるために身体が自衛反応として
食欲を落としたことにあり、夏バテとは関係ない。またガンで激やせというの
はかなり進行してからで、初期には体重の変化は少ない。さらにいくら食べて
も太らない人は、浪費遺伝子を持っていて基礎代謝が低いのが原因である。
・ダイエットではなく、その逆をついているのはこの番組らしくて面白いが、
情報の内容がどうしてもインパクトに欠けるきらいがある。
----------------------------------------------------------------------
7/28 その時、歴史が動いた「日米開戦を回避せよ」
 2003.12.3に放送された回の再放送。日米開戦の直前、実は日本がのめるよ
うな妥協案の用意がアメリカにあったのだが、それを覆したのは、チャーチル
を通しての蒋介石による働きかけがあったというもの。
・日米開戦秘話という類のもの。ただしこの番組の場合は、公式文書に基づい
てのものなので、いわゆる陰謀史観の類とは異なります。
----------------------------------------------------------------------
7/30 からだ元気科「熱中症」
 これからの増加する熱中症は、高温によって身体の体温調整機構が麻痺する
病気である。予防には汗で失われる水分と塩分の補給が必要である。また熱中
症になった場合は、身体を冷やすなどの措置をしながら、救急車を呼ぶことが
必要。熱中症は命を落とすこともある危険な病気である。また屋外だけでなく
直射日光の当たる室内でもかかることがあるので、老人などは要注意である。
◎とにかく夏の運動は水分の補給に要注意である。運動中は水を摂るなと言う
ような時代遅れの指導者は、命にかかわるのでとっとと追放すること。
----------------------------------------------------------------------
7/30 世界美術館紀行「始まりはモナリザだった ルーヴル美術館2」
 ルーヴルの看板とも言えるモナリザは、イタリア文化に魅せられたフランス
国王フランソワ1世が、レオナルド・ダ・ヴィンチを招いたことによってルー
ヴルにやって来たのだという。フランソワ1世はレオナルドを父のように大切
にし、彼の死後に残されたモナリザを含む3つの作品を買い取ったのだ。
○レオナルドとフランソワ1世の親交ぶりが印象的。
----------------------------------------------------------------------
7/31 サイエンスZERO「生命を支える驚異の超ミクロマシン」
 生物の体内にはタンパク質で出来たナノスケールのマシンが存在する。サル
モネラ菌のべん毛モーターは1800回/分もの高速回転が出来るナノモーターだ
し、我々の体内にあるミトコンドリア内のATP合成酵素にも6000回/分の回
転数を持つナノモーターが存在する。現在、これらの分子モーターの研究が進
行中であり、将来的にはこれらを使ったナノマシンも考えられている。
◎最先端のナノテクノロジーの紹介。それにしても機械がタンパク質で作られ
るようになった時、生物と機械の区別は一体どこでなされることになるのか?
----------------------------------------------------------------------
7/31 美の巨人たち「土門拳作「子供たち」他」
 報道写真家だった土門拳は、昭和30年代ぐらいから、下町の子供達の写真
を多く撮っている。絶対非演出を目指していた彼にとって、子供は世の中を映
す格好の被写体であった。後に話題になった彼の広島や筑豊の写真集も、やは
りそこで撮影されていたのは子供たちの写真であった。
・個人的には写真にはあまり興味がありません。ただし彼の写真については、
確かに世相を映している。非演出が逆に演出以上の説得力を持っている。
----------------------------------------------------------------------
8/1 所さんの目がテン!「ブルガリア2」
 夏休みSPブルガリアの第2回。今回は自然について。黒海は外海と海峡で
しかつながっていないことにより、その表層付近では塩分濃度が低い。さらに
この地に住むハイイロペリカンを許可を貰って保護区で観察したり、ブルガリ
アの特産のローズオイルの産地を紹介したりなど。
・黒海の情報などは面白かったが、それ以外については情報が散漫すぎ。
----------------------------------------------------------------------
8/1 あるある大事典「むくみ」
 足のむくみはセルライトの増加による下半身太りを招くとして、1日2リッ
トルのミネラルウォーターの摂取及び、ヨガなどを勧めている。
×相も変わらず無意味な内容。今頃セルライトを蒸し返すのがあまりにも愚か
さ丸出し。また対策の方はことごとくスポンサーの影がちらついている。
----------------------------------------------------------------------
8/1 素敵な宇宙船地球号「ボルネオ島小象の涙〜地球に優しいの落とし穴」
 健康志向やエコロジー志向の高まりによって消費量が急増しているパームオ
イル。これの生産のためにボルネオ島ではアブラヤシの大規模なプランテーシ
ョンが急増している。しかしそれが熱帯雨林を住処とするこの土地固有のゾウ
の生活圏を脅かし、ヤシへのゾウの食害によるトラブルも急増している。
◎一面だけを見てエコロジーを唱えていると、こういうことも起こってしまう
という話。つくづく考えさせられるが、妙案が今のところはないのがつらい。
----------------------------------------------------------------------
8/1 世界遺産「コルドバ歴史地区(スペイン)」
 かつてイスラムの先進的技術を取り入れて建造されたこの都市は、後にキリ
スト教徒に占領されたことで、イスラムのドームとキリスト教会の大聖堂が混
在するという独特の都市となった。さらにこの都市にたどり着いたロマ人とイ
スラムの民との出会いが、フラメンコなどの独特の音楽を生み出している。
○イスラムとキリスト教の接点になっている都市。ただこの番組を見ていると
キリスト教徒の野蛮さと後進性ばかりが感じ取られてしまったのだが。
----------------------------------------------------------------------
8/2 NNNドキュメント「NOMOに憧れて "落ちこぼれ"たちの反逆」
 NOMOベースボールクラブは、自身も無名の選手から名を上げた野茂が、
プロ野球を目指す選手の裾野を広げるべく私財を投じて作ったチームである。
ここにはいろいろな理由で野球を一度諦めた選手達が、もう一度プロを夢みて
参加している。仕事に追われながら練習に励む彼らの生活を追っている。
◎ナベツネの1リーグ構想は、こういう選手達の門戸も閉ざすことになるんで
すよね・・・いいんですかね、日テレでこんなのを放送して。
----------------------------------------------------------------------
各番組の詳細は教養ドキュメントファンクラブ
http://homepage1.nifty.com/sagi/
もしくは各番組のホームページへ
======================================================================
今週のキーワード

○「浪費遺伝子・節約遺伝子」(ガッテン)
 浪費遺伝子は基礎代謝を上げ、節約遺伝子は基礎代謝を下げる。だから浪費
遺伝子を持つ人は太りにくいが、雪山で遭難すれば先に死にます(笑)。
○「ブラウン運動」(サイエンスZERO)
 植物学者ロバート・ブラウンが花粉の観察をしていた時に発見した運動。微
粒子が水分子の衝突によってランダムに動き回る運動をさす。ナノオーダーの
世界では無視できないだけの運動量を持つことになる。
======================================================================
今週の放送予定&期待度

8/3 プロジェクトX「リーダー達の言葉」
 △要は体の良い総集編です。あまり興味はなし。
8/3 ガイアの夜明け「南米大豆ロードをゆく」
 ○食料の外国生産の話の模様。食料問題も深刻。
8/4 ためしてガッテン「現代病!ドライマウスの恐怖」
 ◎この症状も最近増えているといいます。気になります。
8/4 その時、歴史が動いた「さとうきび畑の村の戦争」
 ・アンコールです。戦争の悲惨さを伝えるエピソード。
8/6 からだ元気科「パニック障害」
 ◎最近増加している心の病気です。知っていて損はないと思う。
8/6 世界美術館紀行「ナポレオンが築いた美の都」
 ・再放送。ナポレオンのマークがルーヴルのあちこちにあるとか。
8/7 サイエンスZERO「外来生物が日本の自然を脅かす」
 ◎深刻な問題の割には、世間で注目されていないのが気になります。
8/7 美の巨人たち 「川合玉堂作「鵜飼」」
 ○どうも私は日本画には疎くて駄目ですね。
8/8 所さんの目がテン!「クモ」
 ・科学的には興味はあるが、クモの映像はあまり見たくない。
8/8 あるある大事典「オバサン体型克服」
 ×またまたダイエット。インチキダイエット路線まっしぐらの模様。
8/8 素敵な宇宙船地球号「わが心の富士山が消える」
 ◎富士山の永久凍土についてとか。富士山の荒廃もひどいんですよね。
8/8 世界遺産「イ和園(中国)」
 ○またも中国の庭園シリーズ。ちなみにJISでは名前が書けなかった。
======================================================================

晴耕雨読ヘッドライン
───────────────────────────────────
7/27 大阪市の第三セクター、中国産ブロッコリーを産地偽造。
7/28 「華氏911」絶好調、どうするブッシュ大統領。
7/29 UFJと三菱東京の統合に、裁判所が待った。
7/30 柏市がすべての公道を禁煙に。いよいよ肩身の狭い愛煙家。
7/31 予想外の展開。三井住友がUFJに対し、統合の申し入れ。
----------------------------------------------------------------------
鷺の主宰する時事コラムページ「晴耕雨読」
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1274/
======================================================================

今週の一冊
───────────────────────────────────
「抄訳ギリシア神話」ロバート・グレイヴズ著 椋田直子訳 PHP新書

 ギリシア神話とはいわゆるゼウスを中心としたオリンポスの神々の伝説であ
る。それらは実に多彩な物語を含んでいるのであるが、ギリシア神話を解説し
た著と言えば、学問的に偏りすぎて面白味のかける著が多い。それに対して本
著は、学術的な解説はすっ飛ばして、読んでいて面白いように小説のような仕
立てでギリシア神話のエピソードを解説した著である。
 ギリシア神話といっても無数のエピソードを含んでいるが、本著ではヘラク
レスの冒険や、亡き妻を取り戻しに冥界に下ったオルペウスの物語など、かな
り有名な27のエピソードを抜粋して、ギリシア神話のエッセンスに触れられ
るように構成してある。
 「小説仕立て」ということになっているが、本著の語り口は実に淡々として
おり、現代の流行小説のような過剰な飾り立ての描写はほとんどなく、まさに
「昔話」といった趣である。内容的にあまりに淡白にすぎるが故に、あらすじ
だけを読んでいるような気にもなってくるが、実際のところは昔話や神話など
といったものは口伝で伝えられることが主であることを考えれば、このような
ものが本来なのではないかという気もする。
 ギリシア神話の面白味は、ここに描かれている神々が実に人間くさいことで
ある。神々の王たるゼウスはかなりの浮気者で、美女を見かけると常に追っか
け回してばかりいるし、ゼウスの妻のヘラはかなり嫉妬深い女性で、ゼウスの
浮気相手にありとあらゆる嫌がらせを仕掛けている。神々の王たるゼウスと王
妃ヘラでさえこの有様だから、後は推して知るべしというか、嘘をついて他人
を騙したり、甚だしきは他人のものを盗んだり、また傲慢さのあまり大失敗を
したりなどと、とてもではないが「立派」とは言えない姿ばかりをさらしてい
るのである。また神といっても本当の意味での全知全能ではなく、力が及ばな
かったり、とんでもないミスをしたりなどといった例が多く、あらゆる点で人
間の延長として神々が設定されていることがよく分かる。だからこそ、ここで
登場する物語は非常に生々しくて面白いのである。このような面白さは、後に
キリスト教社会になってからの説教臭くて嘘くさすぎるキリストにまつわる伝
説の類には決してみられないものである。古代ギリシア人の精神の自由さもう
かがえるような気がする。
 本著は先に述べたように実に淡白な語り口に徹しているため、果たして本当
の意味で小説として楽しめるかについては甚だ疑問はあるが、ギリシア神話に
興味を持つものが入門書としてその輪郭を把握するには最適な著であると言え
よう。
======================================================================

展覧会レポート
───────────────────────────────────
「横山大観展」京都国立近代美術館で8/8まで

 日本画の巨匠・横山大観の作品を、明治期、大正期、昭和期を通して一望で
きる展覧会である。通して見ることで大観の画風の変遷も把握することができ
るようになっている。
 東京美術学校を卒業後、日本画の新しい流れを作るべく奮闘していたのが明
治期にあたる。この時期の大観の絵画は、まだ日本画の伝統から大きくは踏み
出していない。しかしその後、岡倉天心が東京美術学校を追われるという事件
があり、この時に彼がやり場のない怒りをこめたと言われているのが話題作と
なった「屈原」である。その後、朦朧体などと言われる書式を経由した後、傑
作と名高い「流燈」が登場する。
 大正期の大観の作品は、以前より自由奔放な画風となる。実験的な作品が多
いのもこの時期であり、私の目から見ても「ムラが多いな」というのが若干気
になったりする。ハッとする作品もある一方で「?」と思わずにいられないよ
うな作品もかなりあったりする。
 そして昭和期になって円熟味が増してきた時期に、戦争の影が忍び寄る。皇
室を敬愛していたことから、積極的に戦意高揚に協力した大観の作品は、また
玉石混淆の模様を呈する。深い精神性を示す優れた絵画がある一方で、宣伝色
ばかりが強くて首をひねるような作品も存在したりする印象を受けた。
 以上のように、私の個人的印象を述べると、意外と作品にばらつきの多い画
家だと感じずにはいられなかった。さすがに巨匠と思わせる絵から「なんじゃ
、こりゃ」と言葉が出てしまった作品まで実に千差万別である。なんともとら
えどころのないといったのが本音である。
 うなったり、首をひねったり、とにかく大観芸術とはなんたるかを楽しめる
ので、一見の価値はあろう。なお残念だったのは「生々流転」が一部しか見ら
れないこと。しかしあの絵の全体を展示するのはスペース的には不可能であり
仕方のないことかもしれないが。
======================================================================
あとがき

 今回は番組数を増やしています。来週もこれだけすべてをチェックできるか
は分かりませんが、面白そうな番組はおいおい追加していく予定。
 今週は関西は台風で振り回されました。偏西風に逆らって東から西に移動す
るという珍しく根性のある台風(笑)だったようです。実は私が京都に行ったの
は台風の最中の土曜日ですが、京都は台風の影響はあまりなく、むしろ暑さが
ややマシだったので助かりました(笑)。
 そろそろ夏休みをとりたいなどと思っておりますが、なかなか仕事の都合で
そうもいきにくいです。それに私のようなインドア派は、休みをとっても意外
とすることがないんですよね(笑)。やはりもっとアウトドアを志向して、美術
館巡りでもしましょうか・・・ってこれってアウトドアとは言わないか(笑)。
---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000125100.htm
---------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  教ドキュWeekly                 2004.1.20号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週のダイジェスト(1/13-1/19)
──────────────────────────────────
1/13 プロジェクトX「100万ボルト送電線 決死の空中戦に挑む」
 新潟から東京に電気を輸送するためにの世界最大規模の100万ボルト送電線工事に従事した架線電工達の熱い戦い。
△無名の人を扱うことをテーマにしたこの番組らしい内容。ただしいささか地味な印象も。
---------------------------------------------------------------------
1/14 サイエンスZERO「ひざの痛みを再生医療で治せ」(再)
 高齢化と共に患者の増加した膝のトラブル。治療の決め手のなかったこの病気に対する、最先端の再生医療について紹介する(03.10.14の再放送)。
○今トレンドの再生医療。将来に期待の持てる技術として注目。
---------------------------------------------------------------------
1/14 ためしてガッテン「紅茶!実験1000回 見つけた極意」
 番組が実験の結果見つけた最高の紅茶の入れ方を紹介する。おいしい紅茶は「ジャンピング」にポイントがあった。
○ガッテンらしい実用に徹した内容。紅茶好きは必見。
---------------------------------------------------------------------
1/14 その時、歴史が動いた「秘められた革命工作〜孫文を支えた日本人〜」
 辛亥革命によって清王朝を打倒した革命家・孫文。彼の偉業の裏には強い友情で結びつけられた日本人が存在した。
○孫文の支援者に注目した面白い内容。当時の日中関係の状況もうかがえて興味深い。
---------------------------------------------------------------------
1/17 スパスパ人間学!「冬眠体質」
 冬に日照時間が減少するとセロトニンの減少による身体の不調が起こるとして、これを冬眠体質と名付けている。その対策はひまわりの種とのこと。
×例によって話の前提になる条件が滅茶苦茶。論理展開・内容のすべてが粗雑の極み。ひまわりの種の拡販が目的か?
---------------------------------------------------------------------
1/18 特命リサーチ200X「西郷隆盛本当の顔」
 東北の旧家の倉から見つかった西郷隆盛の肖像と疑われる写真。この写真の真偽を番組で調査したところ、残念ながら別人と断定された。
△正直な内容ではあるが、これでは番組自体がどっちらけ。もっとも上野の西郷像は写真をモデルにしていないなどの知見は、一般人には面白いか。
---------------------------------------------------------------------
1/18 あるある大事典「気功」
 気功の一種である内気をコントロールすることで、集中力アップや免疫力アップ、ダイエット効果があるなどとしている。
×科学的根拠が滅茶苦茶。完全にオカルトに走ってしまっている。どこぞのインチキ気功師に買収でもされたか。
---------------------------------------------------------------------
1/18 素敵な宇宙船地球号「緑の街の誇りをかけて〜チリ・サンティアゴ〜」
 急速に拡大するチリの首都サンティアゴでは、ゴミの減量が課題となっている。そんな中、生ゴミの堆肥化に対する取り組みが開始された。
◎ゴミ問題は日本でも深刻な問題となっている。そんな中、サンティアゴの取り組みは実に興味深い。日本でも同様の取り組みが出来ないものか。
---------------------------------------------------------------------
1/18 美の巨人たち萬鉄五郎作「女の顔(ボアの女)」」
 生涯の内、二度に渡って画風が一変した画家・萬鉄五郎。彼は生涯をかけて絵画を追究していた。
△個人的には彼の絵にはあまり非凡なものを感じないのがつらいが、番組としては面白い。
---------------------------------------------------------------------
1/19 地球ふしぎ大自然「ヤマネ」
 愛らしい生き物・ヤマネ。ヤマネは餌の少ない季節には、冬眠をすることでエネルギーの消費を抑えるという知恵を持っている。
○意外と知られていないヤマネの生態は面白い。夏にも冬眠するとは特に驚かされた。人間も冬眠できたら便利なんだが。
---------------------------------------------------------------------
各番組の詳細は教養ドキュメントファンクラブ
http://homepage1.nifty.com/sagi/
もしくは各番組のホームページへ
=====================================================================
今週の放送予定
1/20 プロジェクトX「日米ブルドーザー対決」
1/21 サイエンスZERO「生体認証技術最前線」
1/21 ためしてガッテン「知らなきゃ防げない!防火対策最新版」
1/21 その時、歴史が動いた「平清盛早すぎた改革〜平氏政権誕生のとき〜」
1/24 スパスパ大実験! 放送なし
1/25 特命リサーチ200X「科学の力で食材の味を変える」
1/25 あるある大事典「水菜とほうれん草」
1/25 素敵な宇宙船地球号「マリ 砂漠に灯す命の光」
1/25 美の巨人たち「黒田清輝「知」「感」「情」」
1/26 地球ふしぎ大自然「リカオン」
=====================================================================

晴耕雨読ヘッドライン
──────────────────────────────────
1/15 小泉総理、自衛隊イラク派兵に関連してマスコミ規制検討
1/16 石破防衛庁長官「米国以外とも武器の共同開発を」発言
--------------------------------------------------------------------
鷺の主宰する時事コラムページ「晴耕雨読」
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1274/
====================================================================

今週の一冊
──────────────────────────────────
「人間は進歩してきたのか」佐伯啓思著 PHP新書
 現在イスラム原理主義と並んで世界平和にとって最大の脅威となっているのが、アメリカ政界中枢に巣くっているネオコン思想である。彼らの思想を要約すれば欧米文化絶対主義であるが、その一方でキリスト教原理主義といった色合いも強い。我々非欧米人からすれば、合理主義の国であるアメリカで、なぜこのように狂気にも思える思想が勢力を持てるのかに違和感をおぼえるが、その疑問にこの著は明確な回答を与えてくれる。
 著者によると、欧米における近代合理思想は中世の神話的思想を克服することによって成立したものではなく、それらを内在したまま拡張発展してきたものであり、その根底にはキリスト教的思想が流れているのだという。また欧米人の金銭崇拝とも感じられる自由競争主義もキリスト教的価値観と密接な関わりがあるとのことである。
 本著は大学の講義用に資料から起こされたとのことで、やや難解な部分もあるが、欧米人の思想形式を知るために興味深い著である。
====================================================================
 
あとがき
 このたび、私としては初めてメールマガジンなるものに挑戦してみようと考えました。果たして私の体力と知力がどこまで続くかにまだ不安があるのですが、読者のみなさんにいくらかでも役に立つ情報を提供できればと思っております。読者の皆さんの叱咤激励・ご意見などいただければ幸いです。

---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000125100.htm

---------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  教ドキュWeekly                 2004.2.24号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週のダイジェスト(2/17-2/23)
───────────────────────────────────
2/17 プロジェクトX「われら茨の道を行く〜国産乗用車攻防戦」
 アメリカメーカーが攻勢をかける中、あえて独自の乗用車開発に挑戦したト
ヨタ。それを支えたのは伝説の技術者の執念と信念であった。
◎以前に「歴史が動いた」で放送された内容の後編にも感じられた内容。技術
開発物語がメイン。伝説の技術者・中村建也は凄すぎ。信じがたい人物。
----------------------------------------------------------------------
2/18 サイエンスZERO「次世代テレビ開発最前線」
 最新テレビの開発状況と、デジタル放送の紹介を行った以前の回の再編集。
△やはりNHKの宣伝色が強い。再放送でもあり興味薄である。
----------------------------------------------------------------------
2/18 ためしてガッテン「?にお答えします」
 紅茶・湿布・ダイエットについてのアフターサポート。ダイエットで途中で
体重が減らなくなってもご心配なく。それは体質が変化しつつるある証拠。
○恒例のシリーズ。湿布は凝りをほぐさないということを改めて念押ししてい
たのが印象的。なおポットで紅茶は水を足して二杯目のお湯をどうぞ。
----------------------------------------------------------------------
2/18 その時、歴史が動いた「日露開戦 男たちの決断」
 日本が初めて大国ロシアと戦争した日露戦争。この勝利の影には万全の準備
で臨んだ海軍大臣・山本権兵衛や外務大臣・小村寿太郎の活躍があった。
△日露戦争の開戦までを二人の人物に重点をおいて解説。しかしやはり内容的
に地味。第一話で登場した三笠のCGの再登場がやけに懐かしい。
----------------------------------------------------------------------
2/22 特命リサーチ200X「森林火災&恐竜の真の姿」
 巨大恐竜はその体重の重さから立ち上がれなかったと考えられる。これらの
恐竜が地上を歩けたのは、当時の地球の重力が小さかったからではないか。
×巨大恐竜は湿地に暮らしていたという通説を無視して、地球の重力が小さか
ったなどという珍説に飛びついて玉砕、結局説明できず。意味不明の内容。
----------------------------------------------------------------------
2/22 あるある大事典「嫌われる人嫌われない人」
 嫌われる人の原因になっていたのは、舌打ち、ため息、指さしなどの無意識
な行動。これらの行動が相手に対して無言のプレッシャーを与えていた。
・アンケートに基づいてどのような行動が嫌われるかを解明。それは良いのだ
が、内容があまりに当たり前すぎて、だからどうしたという印象がつよい。
----------------------------------------------------------------------
2/22 素敵な宇宙船地球号「石が育てる砂漠の緑〜アフリカ遊牧民の新農法」
 東アフリカの砂漠の国ジブチ。この国の緑化に取り組む東京農大のチームは
ストーンマルチ農法と呼ばれる石を地面に並べる農法で成果を上げている。
◎空気中の結露を効果的に使用するストーンマルチ農法に感心。途上国に援助
する場合は、その地域の実情にあった方法の選択が最も重要と痛感する。
----------------------------------------------------------------------
2/22 美の巨人たち「ルノワール作「田舎のダンス・都会のダンス」」
 同時期に制作された対照的な二枚のダンスの絵。この絵には当時追いつめら
れていたルノワールの、生涯の選択が隠されていた。
◎二枚の絵のモデルとルノワールのロマンスの行方で興味を惹くようにした構
成が印象的。彼がどちらの女性を選んだかは、絵を見れば分かりましたが。
----------------------------------------------------------------------
2/23 地球ふしぎ大自然「熱帯の森 光のシンフォニー 1万匹のホタル」
 熱帯の島・パプアニューギニアでは夜になるとホタルの集団発光が見れる。
これはオスのホタルがメスを引き寄せるためのアピールなのである。
◎1万匹のホタルの映像が圧巻。ホタルも熱帯では生態が違うようだ。
----------------------------------------------------------------------
各番組の詳細は教養ドキュメントファンクラブ
http://homepage1.nifty.com/sagi/
もしくは各番組のホームページへ
======================================================================
今週のキーワード

○「スポット溶接」(プロジェクトX)
 重ねた鉄板に電極を当てて熱で接着する溶接法。鍋のとって付けに使われて
いたのを、中村が目をつけて導入。トヨタの生産性向上の切り札になる。
○「コーチング」(あるある大事典)
 指導者が一方的に指示を与える(ティーチング)ではなく、選手にも自ら考え
させる手法。主にスポーツに導入されたが、企業においても有効な指導法。
○「ストーンマルチ農法」(宇宙船地球号)
 砂漠に石を並べてその間で作物を育てることで、昼は日光から土壌を守り、
夜は結露で水分を補給できるという、砂漠の土壌に適した農耕方法。
======================================================================
今週の放送予定&期待度

2/24 プロジェクトX「命のリレー 出動せよ救急救命士」
 ・以前の再放送。内容的にもかなり地味だった記憶がある。
2/25 サイエンスZERO「最新技術で環境を守れ」
 △再放送の再編集版。この時期はこういう構成が多い。
2/25 ためしてガッテン「よみがえる!革製品の新常識」
 ○手入れの難しい革製品。実用的情報に期待する。
2/25 その時、歴史が動いた「外様大名はこうして生き残った」
 △再放送の再編集版と推定される。新ネタが欲しい。
2/29 特命リサーチ200X「タイタニック号はわざと沈められた!?」
 △センセーショナルな煽り見出しが、またも珍説の嫌な予感を抱かせる。
2/29 あるある大事典「携帯電話」
 ・この番組の非健康情報の回は、無難だが当たり前の内容が多い。
2/29 素敵な宇宙船地球号「森を救う黄金の糸」
 ○友禅職人がカンボジアで活躍するという内容に興味を感じる。
2/29 美の巨人たち「モネ作「ジヴェルニーの庭 三題」
 ◎モネの睡蓮の絵は生で見たことがあるが圧巻だった。
2/30 地球ふしぎ大自然「木を使い分ける巨大キツツキ」
 ○個人的にキツツキの生態には興味あり。
======================================================================

晴耕雨読ヘッドライン
───────────────────────────────────
2/17 印鑑偽造による預金引き出し被害急増。銀行は大丈夫か?
2/18 与党が児童虐待防止法改正案。馬鹿親につける薬はあるのか?
2/19 バラスト水国際条約採択。経済圏の拡大が環境破壊の原因に。
----------------------------------------------------------------------
鷺の主宰する時事コラムページ「晴耕雨読」
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1274/
======================================================================

今週の一冊
───────────────────────────────────
「日本の権力人脈」佐高信著 講談社文庫

 政界に大した人物がいなくなったと言われて久しいが、同様の現象は財界に
も起こっているようである。
 本著は著者が財界の有力人物について、各種のエピソードを交えてその人物
像を描いていっている著である。ここで扱われる人物は、新しいところではリ
クルートの江副浩正などがいるが、大部分は新日鐵、三井、三菱、住友などの
歴代の総裁といったかなりの大物ばかりを並べており、彼らの人となり、その
理念などを描くことで、それらが各企業にいかに反映されていったかを解説し
ている。
 本著を一読して納得するのは、昨今は世の中が小者ばかりになってしまった
というのは、理念というものを持ち合わせていない経営者ばかりになってしま
ったことであるということだ。権力にしがみつくことばかりを考えて老醜をさ
らすトップ。トップに腰巾着のように引っ付いて日和見だけをしている無責任
な幹部。これらの悪しき構図は日本を代表するそうそうたる大企業さえをも蝕
んでいる実態がよく分かる。
 もっとも著者のいつもの毒舌で、内容的にもかなりの偏りが見られるようで
あるので、本書のみで人物評を信じてしまうのは問題があろう。しかしながら
「長いものには巻かれろ」と言った姿勢は著者には見えないので、注意して読
めば参考になる著である。
======================================================================

あとがき
 我が家にBフレッツがやって来ました。光ファイバーの細さと、その細い線
が伝送する情報量の多さに驚きを感じた。こう高度情報社会になってくると、
いよいよ情報の取捨選択が大事であると痛感させられる次第。
 今号から新たに「今週のキーワード」のコーナーを新設しました。番組の中
で印象的だった言葉を抜き出していくつもりです。これを知っているだけで博
学になれる?

---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000125100.htm
---------------------------------------------------------------------

TOPページへ