国宝探訪

 

 「国宝探訪」はNHK教育で毎週土曜日の午後11時から放送されている番組です。その主旨は国宝の美とその背景を紹介するという実に地味な番組であり、まさにNHK教育らしい番組です。しかしたまにはこのような番組を見て、歴史に思いを馳せるのもよろしいのではないでしょうか。

 

 この番組は'03年4月で放送が終了したようです。

(再放送を繰り返しているうちに何やらひっそりと消えてしまった)

地味な番組でしたが、いかにもNHK教育らしい良い番組でした。

私自身もこの番組のあまりの地味さのために必ずしもコメントの量は多くはないという

後ろめたさは持っているのですが(笑)、良質な番組だっただけに、このテイストを持った

番組がいずれ再登場するであろうことに期待したいと思います。

(もしかしたら、この番組自体の復活もあるかも・・・・)

 

エンターティーメント度 D

情報信頼度 A

タイプ分け 趣味型
 

トップページに戻る

 

11/3 国宝探訪「長大なる水墨の宇宙〜雪舟「山水長巻」〜」

 毛利家の財宝が収容される毛利博物館に、雪舟の「山水長巻」が収蔵されている。この作品は16メートルにも渡る大作である。これは日本でも最長の画巻であるという。

 その精緻な描き込みには驚かされる。

 

7/21 国宝探訪「描かれた権門の暗闘〜伴大納言絵巻〜」

 伴大納言絵巻は四大絵巻の一つなどと言われているが、その内容は、応天門炎上事件事件をドキュメント調で描いたかなり異色のものである。今で言えば、報道ドキュメント映画のような性質を持っている。

 応天門炎上事件とは、応天門で火災が発生し、大納言の伴善男が左大臣の源信に罪を着せようとしたが、逆に自身が首謀者として流されてしまうという、当時の中央政界の政変劇である。

 この絵巻はその状況を絵巻独得の方法で時間経過を追って描いている。多くの人物像を通して事件の顛末を活き活きと描いているのが、この絵巻の特徴となっている。この番組では、絵師も楽しんで描いているのではないかとの側面を説明している。今で言うところの、劇画の特徴も持っていると言ってよいだろう。

 またこの絵巻は伴善男に対する鎮魂の意味も込められているようで、彼に対して同情的な観点が見られるとのこと。どうもこの事件、真相は奥が深そうである。

 

6/9 国宝探訪「平安の夢 極楽浄土〜宇治・平等院〜」

 鳳凰が翼を広げた姿を形取っているといわれている平等院の鳳凰堂。この建物は、末法思想が広がった平安末期に、地上に極楽浄土を作りたいとの想いで建造されている。

 しかしこの鳳凰堂も今や大分痛んでおり、特に創建当初の色彩は全く残されていない。そこでこの番組ではお得意のCG技術を駆使して、創建当初の鳳凰堂を復活させようと試みている。

 創建当初の色彩を調査する試みは、専門家が集まって残された扉の塗料を分析する(まるで科学捜査のようである)ことで行われている。これによると、朱漆が使われていたとのことである(これは非常に高価な塗料である)。鳳凰堂はこの朱と丹と呼ばれるオレンジ色系の塗料が使われていたと考えられ、赤を基調とした外観をしていたようである。

 また堂内に安置されているのは阿弥陀如来像(このころは阿弥陀信仰が多かった)であるが、この堂は多くの装飾画で満たされていたようである。これのCGによる復元も試みられている。

 当時の色彩は紺丹緑紫の組み合わせと、繧繝彩色(「うんげんさいしき」と読む。この番組に多い変換に泣かされる言葉だ)と呼ばれるグラデーションの彩色法が使われていたと考えられるとのこと。図柄については昭和の修理の時に模写された絵があるので、それを下に色彩を復元し立体化している。

 その結果、極彩色の柱類が復元されたが、目眩がしそうなほど派手派手で落ち着きがなさすぎというのが私の正直な感想である。これは極楽浄土というよりは、私としてはむしろ悪夢のような世界に思える(笑)。このような派手派手の極楽浄土をイメージするとは、頼通なる人物、かなりの成金趣味だったように思えてくる(笑)。

 

6/2 国宝探訪「戦国武将の夢を伝えて〜松本城天守〜」

 松本城は大天守や乾小天守など5つの建物が渡り櫓でつながった形式になっている。これが連結複合式という独特の構造になり、これがこの城の美しさにつながっている(なにやら「鉄人28号」の独立連動システムのような名前であるが)。

 松本城を建てたのは石川数正である。数正は徳川家から豊臣家に寝返った人物として有名であるが、その出奔の理由は未だに明らかにはなっていない。

 松本城は軟弱な地盤の上に立っているので、石垣の傾斜を緩くして圧力を分散したり、地盤の中に柱を埋めていたりなどの工夫がしてあるのが、昭和の大修理で発見されたとのことである。またこの際に松本城の設計が建造途中で変更されていることも発見されたという。当初の設計では大天守の周囲に回廊を巡らす予定になっていたのに、途中でその回りに壁がはられた結果(寒さのためだろうとのこと)、バランスとして頭でっかちの印象になっている。

 また松本城の特徴は、破風などの装飾を廃して、鉄砲狭間などを設けて実戦的な城になっているとのことである。

 数正が朝鮮出兵の際に死去した後、息子の康長がこの城を受け継いで、城下町を発展させる。関ヶ原の合戦では徳川方についた康長は一旦松本の本領を安堵されるが、その後、幕府内の汚職事件に連なったとの罪で改易されて豊後に流され、二度とこの城を見ることのないまま石川家は断絶するという(どうも無実の罪ではめられたのではないかということをこの番組でも言っていたが、これは私も同感。多分、松本のような要地を外様大名に任しておきたくはなかったので、陥れたのだろう)。

 その後、松本城は何人かの城主の時代を経て、天守閣も各種の櫓が増築されたりしていく。

 明治になって松本城の天守閣は、封建時代の遺物として現在の価格でたったの800万円で売りに出される。これを地元の人物が博覧会の収益金で買い戻して保護する。また傾いて倒壊寸前になっていた天守が地元の寄付金で大修理される。この時の修理にしても、後の昭和の大修理にしてもそれを支えたのは、地元の人々の熱意であるとのことである。

 

4/21 国宝探訪「秘められた王朝絵巻〜白描絵料紙理趣経〜」

 まず私事で恐縮であるが、今回の国宝探訪についてはかなり以前から、ディレクターの荻野昌樹氏から「見て欲しい」とのダイレクトメールでプレッシャーをかけられている(笑)。そういうわけで、今回は生で(普通は録画してから見ることが多い)じっくりと見させてもらった。

 今回のテーマは、装飾経と言われるかなりマイナーな品目である。装飾経とは功徳を積むために、贅を尽くして装飾を施した巻物に、経文を写したものである。ここに書かれているのが理趣経であって、それを描いてある用紙が料紙であるから、今回の品目は「白描絵・料紙・理趣経」と区切って考えると意味が分かる。

 なおこの理趣経が独特であるのは、背景に絵巻物の下絵のようなものが描かれていることである。当時の絵巻物は、つくり絵という技法で描かれている。つくり絵というのは、まず墨で下絵を描いてから、それに色を重ねていくという技法であり、目鼻は最後に描かれるので、下絵には目鼻がついていないのだとのことである。

 なぜこのような下絵の上に経文を書いたかについては、この経文内に記されているとのことである。この経文によると、この下絵は後白河法皇が作らせようとしていた絵巻物のものであるのだが、後白河法皇の生前には完成しなかったので、後白河法皇を弔うために未完成の絵巻の上に経を書き写したとのことである。

 後白河法皇は、あらゆる事物を絵巻物で残させたことで有名であるらしい。いわば、日本初の漫画コレクターであったと言ってもよいかもしれない。もっとはっきり言えば、彼の絵巻への執着はかなりオタク的でもある。

 さて、この番組はデジタル技術を駆使することを特徴としているが、今回はこの下絵に着色をして完成させようというかなり大胆なことをしている。ただ「鮮やかな彩りに満ちた画面は、この絵巻が華麗な王朝の物語であったことを想像させる」などと言っているが、元絵は単なる簡単な線画であるので、「その鮮やかな彩りは、あんたらがつけたんだろう」と少々ツッコミを入れたくはなる(笑)。

 この下絵については、平安時代の源氏物語絵巻に構図等が似ていることが専門家から指摘されており、王朝風俗を描いたものではないかと言われているとのこと。ただこの番組では別の説も紹介している。この説によると、理趣経に登場する謎の人影が一般に言われているような物の怪ではなくて、頭から隠れ蓑をかぶった男性の姿であり、当時流行した隠れ蓑伝説を描いたものだということである。私の目から見ても、この謎の人影は明らかに簑をかぶった男性に見えるので、この説はかなり説得力があるように思われる。

 晩年の後白河法皇は、集めた絵巻を源頼朝に見せようとしたが、頼朝はそれを一見することもなく返したとのことである。後白河法皇がどういう意図で頼朝に絵巻を見せようとしたのかは分からないが、どうもコレクションを自慢しようとしたオタクが、完全に無視されてしまった図のように私には見えてしまう。なお後白河法皇はこの2年後に死亡している。彼がどのような思いを残したのか、それは想像するしかないようだ。

 

4/7 国宝探訪「金銀明暗 天才の人生〜尾形光琳・紅白梅図〜」

 江戸時代の天才絵師、尾形光琳の代表作であるこの「紅白梅図」は、教科書などにも載っているためにかなり有名な作品である。絢爛豪華なこの絵は、老木と若木、紅梅と白梅、金地と黒地といった対象の妙が冴え渡っている。

 尾形光琳は京都の豊かな商家に生まれ、何不自由なく暮らしていたのだが、放蕩がすぎてとうとう追い込まれてしまったとのことである。光琳はその後、江戸に行って雪舟の絵を学んだとのことであり、この紅白梅図にも雪舟の作品の影響が見られるとのことで、確かに構図にかなり近いものがある。

 光琳は雪舟から学んだ構図に自らのオリジナルなものを加えているが、そこには生家である呉服屋の着物のデザインから来ているものがあるというのは実に面白い。

 さてこの屏風の謎が川の部分だという。ここに銀を使用した跡があるのだが、いかに使用したかが分からないため、諸説あるとか。銀地を黒く焼いて使ったという説と、金泥を銀に塗ったという説、銀地に藍色を塗ったという説(これはあまり科学的根拠はないようだが)のそれぞれについて再現していたのが興味深い。

 1は派手ながらも軽やかに落ち着いた印象で、絵としてのまとまりが良い印象を受けた。2はいかにも絢爛豪華であるが、絵としては何となく単調にすぎるような印象を受けた。3が最も絵としては面白いという印象を受けたが、何となく一貫性に欠けるようなきらいもないではない。なお科学的にはいずれも可能性としては説明できるとのこと。

 この番組では3説を採用して、銀が年月と共に色合いを変えることで異なった趣を加えていったのではないかという結論にしていたようである。真相は尾形光琳のみぞ知るか。ちなみに私は1説を支持する。

 

12/2 国宝探訪「京満開・いろどりの宇宙〜仁清・色絵藤花図茶壺」

 今回の題材は野々村仁清によって江戸時代初期に作られた藤花図茶壺である。

 この壺の特徴はその鮮やかな色彩にある。日本の陶芸においては仁清以前にはこのような鮮やかな作品はなく、これは仁清によって開拓されたものであるという。仁清はその顔料の組成などを文献に残しており、現在の化学系の顔料が使用されるまでは仁清によって残された顔料が焼き物の世界では使われてきたという。

 また仁清の絵付けには狩野派の技法なども取り入れられていると共に、蒔絵の技法なども使われているという。その鮮やかな色彩は今日でも我々の目を引くものであるが、当時は都情緒を感じさせる作品として大名などに非常に好まれたという。

 確かに私の目から見ても王朝趣味がもろに出ている作品である。わびさびなどとは対極の雅を感じさせる。どちらかというとこちらの方が一般ウケしそうには思える。

 

9/23 国宝探訪「光の中の阿弥陀〜浄土寺」

 兵庫県小野市にある浄土寺は、その中に安置された阿弥陀三尊像で知られた寺である。この寺が建造されたのは鎌倉時代、源平合戦などで世の中は乱れに乱れ、末法思想の中で人々が希望を見いだせなかった時代である。

 この浄土寺の阿弥陀像の特徴は、この阿弥陀像を囲う浄土堂の作り自体にある。浄土寺の浄土堂は積極的に外光を取り入れた開放的で明るい作りになっており、光の中に阿弥陀三尊像が浮かび上がる構造になっている。この番組でもこの光を巧みに利用して、実に神々しい様を映し出しており、印象的な画面になっている。

 仏像は快慶の傑作だとのことであるが、私としては浄土堂の建築の方に目がいってしまう。しかしこのこの両者が一体化することで効果的な演出をなしているのは確実で、制作者の構成能力の高さを感じさせる(今日に生きていれば、一流の舞台芸術家になったのではないかと感じる)。

 

8/26 国宝探訪「天才が愛したかきつばた〜八橋蒔絵螺鈿硯箱・燕子花図〜」(再放送)

 今回は尾形光琳の手になる表題の二品である。毎回この番組のコメントを書く際は、まずサブタイトルが変換で出せないので四苦八苦するが今回もその類である。

 まず燕子花図であるが(これで「かきつばたず」と呼ぶそうだが、変換では「杜若」しか出てこない)。これは例の伊勢物語の「かきつばた きつつなれにしつましあれば・・」の場面を描いているのだが。人物を描かずにカキツバタのみで表現しているとのことである。

 この図の特徴として、型を使って同じ絵柄を繰り返すという技法を使っているとのことである。では何故光琳がこの技法を用いたのか(私なら「単なる手抜きと違うのか?」と結論づけてしまうところだが)。この番組では、着物の図柄からヒントを得たのだろうと言っている。

 二品目は八橋蒔絵螺鈿硯箱である。これも伊勢物語の八橋の場面を描いているそうだが、橋とカキツバタを描いているだけで人物等の場面は描いていない。金の蒔絵をベースにし、貝を使った花びらや、鉛を使った橋の豪快さが目立つ作品である。かなり荒々しく大胆に見える作品であるが実は繊細な工夫がなされているという。なおこの斬新なデザインは私も初めて見たときには思わず息を呑んでしまった。

 またプロの目から見ると、葉の部分に使われている蒔絵の技法に独特のものがあるという。普通は平蒔絵というものでは立体感は出ないのだが、筆遣いをそのまま生かすことで葉の筋を出したり、塗り重ねを行うことで、葉を立体的に重ねたという。私がこの蒔絵を初めて見た時になんとなく違和感を感じたのだが、それはこのような立体表現によるものだということを理解できた(普通は確かにこの番組で言っていたように、葉の重なりは書き割りで表現するものである)。

 これらの逸品はともに光琳のずば抜けたデザイン能力の高さを示すものであるという。確かにそれは十分にうかがえる。

 

7/22 国宝探訪「岩に刻まれた祈り〜臼杵麿崖仏〜」

 豊後水道の近くの大分県・臼杵市に石仏群があるという。この仏像は自然の岸壁にそのまま彫られた仏であって、麿崖仏とはこういう仏をさすとのことだ。私はこの手の仏像がいわゆる敦煌の遺跡などに多く見られているのは聞いているが、日本にもこの類のものがあるとは、恥ずかしながら初めて知った。

 建造されたの、今から800年前の平安末期であるという。今日では岩肌の色が見えているが、建造当時はこれらの仏は彩色されていたという。これらの仏は地味な野仏のように見えるが、その製造技術は非常に高いものがある。なぜこの地域にこのような高い技術を持った仏師がいたのかについては、まだ謎の部分があるという。

 なお、これらの仏像が修復されたのは最近のことで、昭和の初期の頃などは野ざらしになって朽ちるに任されていたとのことである。崩壊寸前になっていたこれらの仏像は破片を一つ一つ集めての血道な修復作業により、現在の姿が復元されている。またこの過程で大量に発見された瓦器(瓦のような疾患を持つ土器の一種)から、畿内から招かれた仏師が建造を行ったのではないかということが分かったという。またこの仏像群には末法思想の影響が現れており、末法の世に救いを求める思想が濃厚に繁栄されているという。

 この仏像群を建造させたのは、源平の合戦で活躍した豊後地方の豪族、大神氏ではないかと言われている。大神氏は義経に協力して平氏討伐に貢献したが、後に義経が頼朝に討伐された時に、義経に荷担した罪で流罪になったという。そもそもの大神氏は山岳信仰の民であったために、その山岳信仰と仏教が結びついた結果がこの麿崖仏という形であったという。

 末法の世に救いを求めつつ、結局は時代に翻弄されて滅亡した大神氏、この麿崖仏には彼らのいかなる想いがこもっているのだろうか。何やらもの悲しいものを感じさせられる。

 

7/8 国宝探訪「政宗野望の果て〜松島・瑞巌寺〜」

 松島の瑞巌寺は東北の雄、伊達政宗が建立した寺院である。秀吉や家康よりも年齢的に出遅れてしまったせいで、結局は天下に届かなかった政宗であるが、彼は最後までその野心を捨てなかったと言われているが、この寺院にはそのような政宗の意向が現れている。

 瑞巌寺の襖絵なども、中国の文王が太公望と出会うシーンを描いていたり、天下人の心得のようなものを示すものであるところなどが、その政宗の志向を示している。

 しかし結局は政宗に天下が回ってくることはなかった。野望と挫折の果てで政宗はいかなる気持でその晩年を送ったのかは誰にも分からない。ただその感情の片鱗は瑞巌寺に現れているようである。

 

6/3 国宝探訪「人の世の恐れと苦しみ〜地獄草紙〜」

 奈良国立博物館に収蔵されている地獄草紙には7つの地獄が描かれている。

 一つ目は升目を誤魔化した悪徳商人などが陥る「函量地獄」。ここでは商人達が焼けた鉄を計らされている。これなどは無責任経営で公的資金に頼った銀行経営者などにふさわしいだろう。

 次に仏の教えを守らず不潔なものを美しいと感じたものが陥るのが屎糞地獄。糞尿の海の中でウジ虫に襲われるという地獄である。これなどはオウムの麻原などが行くところか。

 他人のものをだまし取った者は「鉄鎧地獄」。ここでは鬼達が鉄臼で罪人達の身体をすりつぶす。政治家としての地位を利用して、オレンジ共済で他人の財産をだまし取った友部などは、ここに直行だろう。

 また生前に生き物をいじめた者は「鶏地獄」で火を吐く鶏に襲われることになる。

 しかしこれらの凄まじい地獄図も、長年の歳月で色あせたり剥落したりでかなり不鮮明になっている。そこでこれらを最新のデジタル技術で製作当時の色彩を甦らせようと試みた。

 例えば色彩を甦らせた「鉄鎧地獄」では鬼達と鉄の色で五行説の考え方に基づいていることが分かったという。また臼の周りに骨が散っていることも見えており、盗んだもので肥え太った罪人を骨だけに戻していることを現していることも見て取れるという。

 この修復した絵画を現在日本一の妖怪画家水木しげる氏に見せていたが、やはり絵師の非常な力量を感じるという。彼によると、絵師などというものは良い待遇を受けている例がないから、極楽を描かせると発想が貧困だが、地獄を描かせると妙に力が入っており迫力があるのだとのことである。

 また昔は鶏はあの世とこの世をつなぐ生き物と考えられていたらしい。当時の鶏はまだ野生が残った気性の激しいものであり、闘鶏などに使われていたという。そのイメージから地獄の生き物となったのだろうと言う。西洋では地獄の生き物は、三首の番犬ケルベロスなのだが、日本では鶏だというのはなかなか興味深いところである。

 色彩を甦らせた「鶏地獄」は炎の朱が非常に激しい絵画であり、地獄の恐ろしさを人々に印象づけるには十分な迫力を持つ絵画である。

 このような絵画が登場したのは、平安時代の末法的雰囲気が背景にあり、それはある意味では現代と通じる時代である。現代でも人類滅亡の予言がもてはやされたが、それと同じ類であると考えられる。また同時に、法(ここでは仏の法の意)を破ろうとする者に対する警告でもあるわけである。

 

5/20 国宝探訪「極彩色の守護神〜新薬師寺・十二神将〜」

 先週は薬師寺であったが、今回は新薬師寺の十二神将についてである。

 十二神将像は8世紀の半ばに造られた塑像(土製の像)である。かつて地震で一体が破損したそうであるが、現在まだ11体が残存している。これらの像は薬師如来像の周りを取り囲んで配置されており、薬師如来を護衛している。この像がすばらしいのはその表情である。彼らは悪魔と闘う将であるが、その表情はまさに悪を許さぬ怒りの形相である。この怒りの表現は後の歌舞伎の隈取りにまで影響を与えたとのことである。

 現在ではほとんど残っていないが、この像は建造当時は鮮やかに彩色されていたとのことである。彼らの服装の模様は宝相華唐草文(ほうそうげからくさもん)と言われる3色のグラデーションを巧みに使用した極彩色のものであった。これは当時の流行の最先端であり、いわば彼らはトップモードの出で立ちであったらしい。

 この像は木の骨組みに2種類の土をのせて造っていっているのだが、これだけの構造で1200年もの間これらの像が残ったというのはまさに驚きである。古代の職人の技術の凄さのようなものを感じさせる。

 

5/13 国宝探訪「天人が舞い降りて〜奈良・薬師寺〜」

 薬師寺は天武天皇が妻(後の持統天皇)の病気平癒を祈って作った寺であるが、天武天皇が死去後は持統天皇によって完成させられた。

 薬師寺は金堂を中心に西塔と東塔が取り囲む形式である。なお この寺は何度も火災にあっており、創建時代のまま残るのは東塔のみである(これが国宝になっている)。ちなみに西塔が再建されたのは、私の記憶ではごく最近だったはずである(昭和56年だと後で番組中に出てきた)。なおこれは余談であるが、関西在住の私は奈良は遠足などで何度か行っており、薬師寺も行っている。その時に印象に残ったのは、とんでもない辺鄙にあったということと、ここの坊さんが妙に観光慣れしていて、やけにしゃべりがうまかったことである。

 この薬師寺にまつられている仏像が、国宝の薬師如来像である。この仏像は銅製の鋳造仏であるが、これが実に細かい作業によって作られている。ちなみにこの仏像は唐の影響が大きく、そのために実際の人間の等身に近いリアルな造形をされているとのことである。

 薬師如来の両脇には日光菩薩と月光菩薩が配されているが、この菩薩像は唐の女性をモデルにしていると言われており、確かにそのフォルムには艶めかしさのようなものも感じさせられる。なおこれらの仏像は当初は金箔を貼られていたらしいが、長い年月でそれは失われ、現在では黒色の落ち着いた雰囲気になっている。なおこの時代の銅は非常に貴重であり、その銅を大量に使ったこの仏像は、当時では最高のものであったのだろうことはうかがえる。

 さて東塔であるが、この塔の特徴の一つはその高さの1/3を占める相輪と呼ばれる青銅製の重しと、その大小の屋根から来るシルエットの美しさである。よく東塔は六重の塔と間違われるが、実は三層であり、それぞれの屋根の下に裳階と呼ばれるひさしがついているのである(東塔は三層であるというのは、例の坊さんも非常に強調していた)。

 構造的に見た場合、礎石の上に心柱と呼ばれる通し柱が中心に配されているのだが、塔の構造自体はこの心柱には直接接続していないというのが特徴になっている。各階を上の階が重しとなって押さえており、最上階を相輪が押さえていることで安定しているという。建築学的に見た場合もこの東塔の構造は非常に理にかなっており、そのためにこの地震国日本でも今まで倒れずに残ってきたとのことである。

 合理的なものは美しい。薬師寺東塔の美しさもそういうものなのかもしれない。

 

5/6 国宝探訪「失われた遊びの風景〜鳥獣人物戯画〜」

 教科書に必ずと言ってよいほど掲載されているので有名なのが、この鳥獣人物戯画である。絵自体は甲乙丙丁の4巻からなるそうだが、教科書などに掲載されて有名なのは、ウサギと蛙が相撲をとっているシーンだろう。特徴は動物を擬人化して描かれていることで、日本最古の漫画と言ってもよい。

 作者は鳥羽僧正だと言われているらしいが定かではないらしく、また彼がこの絵にどういうメッセージを込めていたのかも不明らしい(特に深くは考えていなかった可能性もあると私は思うが)。

 鳥獣人物戯画は日本の漫画の原点と言う意味で、ゲストには漫画家の黒鉄ヒロシ氏が出演していた。彼によると、絵巻物という形式で順番に見ていくことで、非常にうまく構成されていることが分かるというのである。こういう点でも、この番組では実はこの絵巻物はアニメーションの原点でもあるかもしれないと指摘していた。

 鳥獣人物戯画の甲巻の中に一部接続が不自然な部分があるという。ここで明らかに別巻構成になっていた二本の絵巻を一つにしていると考えられるらしい。ここに注目することでこの絵巻の元の姿を読みとろうというのが今回の内容。

 絵巻は5ミリずつぐらいの糊代でいくつかの紙をつないでいるのだが、100年ぐらいでこの糊は劣化し、ここで管理が悪いとバラバラになってしまったり、「断簡」と呼ばれる抜けが出てしまったりするらしい。実際にいくつか鳥獣人物戯画の断簡だと言われているものが信楽・アメリカ・東京に残っているらしい。これらを江戸時代に作られた模写を元に順番に並べていくと、競馬の場面などが浮かび上がってくる。そしてこの部分こそが実はこの絵巻の甲巻のさらに冒頭なのではないかという解釈がなされていた。

 だがこの絵巻の真実の姿はまだ不明であり、それがさらに人を引きつけるのかもしれないと言うことがこの番組の結論であった。ただこの構成だと、この番組自体の焦点がかなり不明瞭だったのが気になる。一体、今回のこの番組は何を言いたかったのだろう。新たな冒頭部分が加わることでこの絵巻にどういう意味が読みとれるかというところまで踏み込まなかったのは明らかに不十分である。

 

4/29 国宝探訪「失われた桜の宴をさがして〜花下遊楽図屏風〜」

 狩野派の画家、狩野長信によって描かれたと言われている花下遊楽図屏風であるが、この屏風の一部は関東大震災で消失してしまっている(表具屋に修理に出されていたのだが、その表具屋が震災にあった)。

 失われた部分については東京国立博物館に白黒の写真だけは残っている。そこで最新のデジタル技術によって、これを復元しようという試みがなされた。

 残されている部分から桜の色と、背景、一人の着物の色は分かる。こうして一部の色が復元されたのだが、どうしても分からないのが残りの人物の着物の色である。そこでこれらの色を求めての調査が始まる。

 花下遊楽図屏風はその桜の写実性の確かさからも(専門家によると桜の種類の判別まで出来るぐらいであるらしい)、人物が着ている着物はその当時の服装をそのまま反映していると考えられる。そのような傍証から最終的には色を決めていくのだが、この辺りが推理もののようである。

 なお私はこの屏風を見たときに、どうも構図が悪いなという違和感を受けたのだが、それはこの屏風が2つが対になったものであるかららしい。確かにこの屏風は2つを対にしたときに構図が良くなるのである。しかもこの屏風をさらによく観察すると、右側の屏風の方が人物が大きく描かれており、こちらが近景である考えることが出来るのではないかとのことである。つまりこの屏風を前後にずらして配置することで奥行きを出すことが出来たのではないかという解釈であり、これは実に面白い。

 面白いと言えば、最後に屏風の人物絵を3Dで配置していたが、これが一番面白かった。この絵などはCMなんかにも使えそうである。

 

4/22 国宝探訪「天上から見た理想郷〜雪舟「天橋立図」〜」

 今日、雪舟の作と専門家に認められている絵は30点しかないとか。そのうちの5つが国宝で、その中の1つが「天橋立図」である。描かれたのは室町時代後期。日本では最も古い実在の風景を描いた水墨画であるらしい(それまでの日本画は、仮想の中国の山水などを描いているものが多かった)。

 明に留学後、日本に帰国した雪舟は京には帰らず、日本を転々としながら多くの傑作を描いたらしい。天橋立図はそんな中での傑作である。実は天橋立図の構図は地上からは見ることの出来るものではなく、ヘリコプターで上空900メートルから見ることで、やっとこれに近い構図を得ることが出来るとのことである。多分雪舟は自らの想像力で風景を補って、自らが最も面白いと思える構図を作り上げたのだろう。またこの絵は実は21枚もの紙で継ぎ合わされて描かれており、それぞれのパーツを後で組み合わせたと考えられるらしく。絵としては大きく3つの部分に分かれるとのことである。

 絵の中心部分には多くの寺院が描かれており、これは雪舟の信仰に対する思いがあったのではないかとのことである。当時の京の寺院は腐敗しており、そんな中で信仰の心を守っているこの地域の寺院に感銘したのだろうということである。

 奇妙な描かれ方をしているのが手前の部分で、ここは現実の風景とは全くことなる位置関係にあるらしい。それをわざわざ特別な構図を使って描いているのは、当時から地元の漁師の間で信仰の対象とされていた冠島を描きたかったのではとのことである。

 これらの事実から言えるのは、雪舟はただ単に風景を写実したのではなく、そこに種々の想いを込めていたことである。この番組では当時戦乱の最中にあった中で、この地に一つの理想郷の姿を見出そうとしていたのではないかと指摘していた。これもさもありなんである。そう考えてこの絵を見ると、美しくも悲しくも思えたりする。

 

4/15 国宝探訪「永劫の微笑み〜広隆寺・中宮寺 半跏思惟像〜」

 京都広隆寺は聖徳太子とゆかりの深い寺であるが、ここにある国宝の弥勒菩薩半跏像は太子の死後に新羅から送られたものであるという。これは現存する半跏思惟像ではもっとも古いという。半跏とは台座に座り足を組むことで、思惟とは思索に耽ることで、指先をかるく頬につけている姿勢を指すらしい。つまり半跏思惟像とはそのスタイルを言ったもので、なにもこの広隆寺の弥勒菩薩の固有名詞ではないらしい。これは浅学な私に初耳であった。

 またこの菩薩像はその完成度の高さから飛鳥時代の仏像の最高傑作とも言われている。そしてこの仏像は一本の木から彫り出されており、その木目の美しさも特徴の一つなのであるが、実はこの仏像にとって特徴的なのは、赤松で作られていることだそうだ。実はこの時代の木像はすべてクスノキで作られているのだが、この像だけが例外なのだそうだ。木目が均一に安定していて彫りやすいクスノキに比べ、赤松は木目がハッキリしているので、堅さが安定しておらず非常に彫りにくいとのことである。そのような木をあえて用いているのはこの仏像の特異なところだとか。また現在の姿からは想像しにくいが、実はこの仏像は元々は金箔を貼られていたとのことで、この番組では映像でそれを再現していたが、こうすると印象が一変する。この仏像は1300年の歳月の間に金箔がはがれ、木目も落ち着いて、現在の美しさを示すようになったとのことである。なんとも奥の深い話だ。

 なお半跏思惟像は当時は多く朝鮮から渡ってきており、その最も洗練されたものが広隆寺のものであるとのことである。

 そしてこれと双璧をなす半跏思惟像が奈良・斑鳩の中宮寺(これもまた聖徳太子ゆかりの寺である)の国宝の菩薩半跏像である。広隆寺のものが渡来品であったのに対して、こちらは飛鳥時代後半の国産品であり、飛鳥時代の彫刻の最高峰と言われている。この像の特徴は、当時はほとんどの仏像が一本の木からの彫り出しであるのに対して、この仏像では寄せ木造りが使われていることである。大陸で作られ、朝鮮から渡ってきた半跏思惟像の日本での完成型ががここにあるとのことである。

 

4/8 国宝探訪「よみがえる平安の色〜源氏物語絵巻〜」

 国宝の源氏物語絵巻であるが、やはり長い年月に伴う経年劣化による傷みが著しい。しかし現代の赤外線撮影やコンピュータ処理の最新技術を駆使すると、平安時代の鮮やかな色彩を甦らせることが出来る。蛍光X線分析装置などで顔料を分析することでどのような塗料が使われていたかが推測され、そこからも昔の色彩を甦らせる参考データになる。

 絵巻を詳細に調査していくと、複数の人間によって描かれたのがわかるそうだ。例えばあるシーンにおいては、光源氏の描写はまさに超絶的な技巧で描かれているのに、部屋の欄干部分の線引きは非常に稚拙であったりなど、弟子なども制作に参加しているのがうかがえるとか。とにかくかなり多くの当時の最高クラスのクリエイター達が参加した大作であるようだ。

 復元された色彩を見ると、かなり色鮮やかな絵画であったことがうかがえ、印象が一変する。私の印象としては、やはり絵巻物とは絵本だったのだろうと思われた。誰か高貴な者が贈答に使用したのではという推測をする。 

 

4/1 国宝探訪「白き要塞の美〜姫路城〜」

 姫路城は池田氏によって建造された城であるが、現在でも当時の状態を実に良く保存している建造物である。

 姫路城は白鷺城とも呼ばれる通り、その美しさで有名なのであるが、やはりこれは戦時のための設備であり、実に戦略的に工夫されている。例えばそのジグザグに折れ曲がった通路は天守に攻め込むことを困難にしているし、しかもどこからでも弓矢や鉄砲で狙われる配置になっており、攻め手の側は多大な犠牲を要求されることになるのだ。この番組では言ってはいなかったが、実は石段の一段の幅でさえ、なるべく歩幅と合わないように(石段の間隔が、一歩で行くには広過ぎで、二歩で行くには狭すぎるのでリズム良く走り抜けられない)設計してあるとのことで、実に緻密に作られているのが感じられる。

 昭和30年から始められた昭和の大修理では、天守の部品がすべて分解され、破損している木材は取り替えた上で再構築されたとのこと。その時に当時の建築技術などが徹底的に研究されたらしい。

 姫路城は基本的には25メートルの大柱(これは一本の木材で作られているらしい)を中心として、これから無数の梁などが組まれて出来上がっているらしい。これは当時の建設技術としては最先端のもので、またその白い外観を特徴づける元となっている漆喰の壁にしても、職人達の技術の粋とこだわりが発揮されているのである。

 やはり職人達がかなりの力を入れて作った一つの作品であるからこそ、姫路城は戦争の施設であるにもかかわらず我々の心を打つような優美な外観を備えているのだろう。 

 

トップページに戻る