たけしの本当は怖い家庭の医学

 改め「みんなの家庭の医学」

 

 この番組は、ごく日常に何気なく潜んでいるように見られる症状が、実は重大な病気の予兆であるかもしれないということを警告する番組である。以前から時々特番として放送されていたが、好評だったのか、この春からレギュラー番組になったようである。放送はテレビ朝日系で火曜日の8時から行われている。

 煽りたっぷりのおどろおどろしい演出と、ビートたけしのかなりおちゃらけなトークなどから、番組自体は極めて胡散臭い空気が漂っているのだが、それに反して内容自体は実際の症例に基づく比較的正確なものであり、一見した印象とその実にこれだけ落差のある番組も珍しいと言える。

 いろいろな病気を紹介しているので、そのつもりで見れば非常に勉強になる内容なのだが、視聴率を稼ぐためであろうと思われる過剰な演出があまりに品がないので、それが評価の分かれるところだろう。なおあるあるなどでは放送された食材が翌日にスーパーでやたらに売れるなどの現象が起こったらしいが、この番組を見た視聴者が「自称重病患者」として翌日に病院に殺到しないことを祈る。

 

('10/1/19)

 最近この番組もすっかり当初の頃の毒気が抜けていた印象があったが、その実態に合わせてタイトルの方も変更した模様。かつての下品な煽りは影を潜め、実用性の高い優良番組になったが、その分番組に「驚き」がなくなってしまったので、見ていて退屈に感じることが多くなったのは本音。普通の健康番組になった。

 

エンターティーメント度 B

情報信頼度 B

タイプ分け 知識型

お知らせ

当サイト管理人の鷺が、この度書物を出版することとなりました。「あるある大事典」の問題点や注意点などについて解説した書き下ろし本です。詳細はこちらへ。

書籍紹介ページ

 

お知らせ

当サイトではメールマガジン(無料)を発行しております。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 
  

トップページに戻る

4/20 たけしのみんなの家庭の医学「鬱病」

 鬱病というとなりやすい性格があるとかいろいろ言われているが、ストレスへの対処の仕方のクセによってもなるということが分かってきたとか。人間のストレスへの対処の仕方と言えば、1.積極行動型・・・ストレスを積極的に解決しようという行動をとるタイプ 2.気晴らし型・・・ショッピング、飲みに行くなどいわゆる気晴らしで発散するタイプ 3.否認型・・・問題を見て見ぬふりをして先送りにするタイプ 4.回避型・・・一人で引きこもったりなどストレスそのものを回避するタイプ だそうな。これのバランスが悪いとストレスへの対処がうまくいかなくなり、鬱病へつながったということになりやすいという。どうもこの1だと問題がないように見えるのだが、例えばストレス回避型が1に偏っている人間の場合、例えば親の介護などのような努力をすればすぐに解決するというようなストレスでない場合に破綻するのだという。

 例によってこの判定テストは番組HPにあるようだから試してみたらよい。ちなみに私の場合、1が12点 2が13点 3が15点 4が14点ということで否認型なんだが、全体のバランスが良いので鬱病になりにくいということになるらしい。

 では治療法の方だが、まずは鬱病の診断について、最新の画像診断で鬱病患者の独特のパターンが見つかったという話から始まる。脳のMRIを鶏ながら、「私は明るい」というような肯定的な言葉と「私は無価値だ」というような否定的な言葉を次々見せた場合、鬱病患者は否定的な言葉に強く反応することが分かったという。これは物事を悪い方へ悪い方へ考える鬱病患者の典型的な思考パターンで、これが脳科学的に見れるようになったという話。

 治療法に関してはまずは薬があるが、次に認知行動療法というのがあるという。これは自分の状態を、状況・・・嫌な出来事が起きた時はどんな時か 思考・・・それについてどう考えたか 根拠・・・なぜそうかんがえたか を整理していくというもの。例えば上司とうまくいかないことがストレスになって鬱病になったあるOLの場合、状況・・・挨拶をしたけど無視された 思考・・・自分は嫌われているので会社にはいられない 根拠・・・自分が挨拶をしても返してくれない というチャートができあがる。これに対して医師は「ではあなたの隣にこのように悩んでいる人がいたらどう声をかけますか?」と質問。すると彼女は「挨拶が聞こえなかっただけじゃないの」と答えた。彼女は自分自身の場合にはこういう発想は出なかったのだが(発想が悪い方に固まるのが鬱の特徴の一つ)、視点を変えて客観視することで新しい考えが出たという次第。このようなパターンで考え方自体を矯正していくらしい。要はやはり自分を客観視できるものは鬱になりにくいということか。

 今回この番組を見たのは、そもそも私は自分自身が現在明らかに鬱の入口に入りつつあるんじゃないかと感じていたから。しかしこの診断を信じるなら私はまだ鬱にはなっていないし、鬱耐性もかなり高そうである。まあ確かに以前から自分を客観視する傾向はある。例えば腹が立った時でも常にもう一人の自分が「おいおい、何を腹を立ててるんだ、そもそもそんなに腹を立てる必要のあることか? 腹を立てても解決するのか?」と横からツッコミを入れてくるし、今でも「自分は無能力だ、将来は真っ暗だ・・・」という考えが浮かんだから、またもう一人の自分が「じゃあ、お前の回りの者はみんなお前よりも有能か? 将来なんて今から分かってるのか? 全くチャンスはないのか?」ってツッコミ入れてくるから・・・。それとも単なる二重人格か?(笑)

 まあとりあえず、運動でもしてみるか。

 

1/26 たけしのみんなの家庭の医学「血管若返りSP」

 血管を老化させる原因と言えば高血圧。高血圧の原因は塩分の取りすぎであるが、特に日本人はこれに陥りやすい。一般的な味付けの味噌汁だと、既に一杯で塩分が2gも含まれているという。この塩分をどうやって減らすか。

 町ぐるみで減塩に取り組んでいるのが呉市。ここでは医師が音頭を取って、レストランのシェフに塩の使用量が2〜3gという減塩メニューに取り組んで貰った。その手法は出汁を強めたり、香辛料を使うというもの(この辺りは以前にガッテンでも言っている)。

 そこでこの手法を活かして減塩のための塩を作るというのが今回の目玉。番組提案の塩は和の塩、洋の塩、中華の塩の3種類。和の塩はかつおぶしに昆布に干し椎茸、洋の塩はローズマリーに黒胡椒、中華の塩は干しエビに干し椎茸を加えており、つまりは旨味を強くするのがポイント。配合は和の塩が鰹節6g、干し椎茸2g、昆布9gをミルミキサーで砕き、食卓塩50gと混ぜたもの。洋の塩は乾燥ローズマリー8g、黒胡椒8gを同じく食卓塩50gに中華の塩は干しえび7g、干し椎茸3g、に食卓塩50gとのこと。この塩を使うと量が2倍ぐらいに薄められているので、塩の使用量は1/2になるのに、出汁などの強さのために塩気の不足を感じないということらしい。

 以上。要は特にこんな塩を作らなくても、出汁をうまく効かせることを考えれば良いわけですが。それにこの塩を使っても、振りかける量が増えたら意味がないのでご注意。

 次回は健康のための料理SPということで例の番組御用達料理人・奥園氏が登場して牡蠣を使ったレシピなどを紹介とか。正直言ってあまり興味ないな。特に奥園氏の料理にはあまり感心しないだけに・・・。そう言えば今年はまだ広島に牡蠣を食べに行ってなかったっけ。この番組の影響で牡蠣料理店が混雑したら嫌だな・・・。

 

'10/1/19 たけしの本当は怖くない家庭の医学・・・じゃなくて、みんなの家庭の医学「脳若返りSP」

 どうもこの番組も最近は完全に毒気が抜けて普通の健康番組になったと思っていたが、とうとう今年から新装開店になった模様。まあ番組の実態にタイトルの方を合わせたということだろう。

 で、今回のテーマはいかにもであるが、脳の若返りだそうな。

 まず登場するのは世田谷で行われているという脳の若返りプロジェクト。参加者にはそれなりの効果が出ているのだという。その中でも特に効果が出ている人を追跡。

 20品目の買い物をメモを見ずに出来るという女性の場合、日課はゴミを拾いながらの散歩に料理をしながらの掃除、さらにはパソコン教室に通って、1日前のことを思い出しながら日記をつけるというもの。これらは 1.有酸素運動 2.注意分割機能(複数のことに注意を向けて同時に行う) 3.計画力(段取りを考えるということ) 4.エピソード記憶(体験を思い出す) に当たるという。

 まあ確かにこれらはすべて老化には絡んでいる。有酸素運動は血管の老化を防ぐし、注意分割機能や計画力、記憶力などはいずれも老化で衰えると言われているものである。特に認知症の傾向が出てきた者の場合は「段取り」が出来なくなるということがよく知られている。このような場合、とにかく目の前に浮かんだことが最優先になって順序が滅茶苦茶になるということになる(なんかうちの親父のようだ)。だから以前に別の番組で「老化防止には料理をすることがよい」などと言っていたのを思い出した。

 なるほど、すると私の場合、事前に綿密な遠征計画を立て(計画力)、美術館を回りつつ他のポイントも押さえ(注意分割力)、城跡を歩き回り(有酸素運動)、後日に遠征記をまとめる(エピソード記憶)ということで、これは脳の老化防止によろしそうである(笑)。

 番組後半は家事をしつつ脳を若返りさせるという話だが、要は「ながら家事をする」ということ。料理などの複雑な作業の場合には音楽を聴くなどという単純なことを、洗濯や掃除のような単純な作業の場合には歌を歌うなどという複雑な作業を同時にすることで、脳が活発に働くそうな。

 こういうながらなら、私もよく鼻歌歌いながら作業しているが、これで良いのだろうか? ちなみに「ながら勉強」は頭に入りませんので、これはしないように(笑)。

 以上、つまりは脳は適度に使ってやりましょうというお話。特に珍しくも何ともありませんが。なお今は脳トレなるものがブームのようですが、その中には科学的根拠がかなり薄弱なものもありますので要注意。要はポーッとした生活をしていなければ脳はそれなりに使われるんです。人間の身体というのは使わない所は衰えるように出来てますので、脳も使わないと衰えると言うこと。脳に刺激を与えるという意味では私は旅行などを勧めますが。時刻表と首っ引きで計画を練ったら、かなり脳を鍛えられますよ。

 

4/14 たけしの本当は怖い家庭の医学「夫婦で気をつける病気SP」

 今回のテーマは「夫婦のコミュニケーションが病気につながったりするんですよ」ということなのだが、いきなり登場した第一例は、妻の小言と仕事のストレスから高血圧を発症し、ついには心房細動になって病院に担ぎ込まれた例とかなり強引。

 二例目に登場するのは、完璧主義の妻と依存心の強い夫の夫婦で、まず妻が鬱病を発症し、やがては夫も鬱病を発症してしまったという萩原流行夫妻のエピソード。妻の方が典型的なメランコリー親和型という鬱病になりやすいタイプで、夫の方は典型的な「共倒れ」。何事もほどほどに考えるのが鬱病の一番の対策である。

 その後に登場したのが、バセドウ病の検査と鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)予防のための腹筋検査、さらに微少脳梗塞の判断テストといった夫婦とは直接に関係があるとは言いがたいものばかり。正直などころ特別に新しい情報もなかったし、無意味に長いだけでだんだんとどうでも良くなってきたな、この番組。はっきり言いますと、最近はゲストと北野武の与太話ばかりで全く面白くなくなってきてます、この番組。与太話が見たいのなら、「行列のできる法律相談所」でも見てれば良いんだし(ちなみに私はこの番組は大嫌いです)。

 

3/3 たけしの本当は怖い家庭の医学「最新乳がんスペシャル」

 乳がんといえば触診で発見できるというイメージだが、最近はこれでは発見できない可能性のある乳がんが急増しているという強烈な煽りから始まるのが今回。

 今回の事例に登場するのは、自己触診ではしこりがなかったのに乳がんを発症した患者。乳首から出た分泌物で下着にシミがつくという症状があったのだが、腫れもしこりもなかったために乳がんとは思わずに放置していたのだという。そのうちに血が出るようになり、とりあえずと診療所で診察を受けたところ専門医での病理検査を受けることを勧められ、そこで彼女は乳がんであることを告げられた。

 彼女のかかった癌は非浸潤性乳管癌だという。この癌は乳管の内部に広がるような形で成長するのでしこりなどができないのだという。唯一症状として現れることがあるのが乳頭からの分泌物なのだというが、これはハッキリと現れない人もいるのだとか。発見にはマンモグラフィが一番なんだが、日本は特にこの受診率が低いとのこと。

 番組ではゲストがマンモグラフィとエコー検査を受けての結果を報告しているが、二人が再検査の余地有りとの結果。と言っても、悪性ではなさそうであるが。

 次は乳がんと関係のある生活習慣について。番組がクイズ形式であげた乳がんに影響のあるファクターは、1.配偶者の死などの大きなストレス、2.閉経後の肥満、3.アルコールの摂取、4.夜間勤務など。日本乳がん学会が昨年に発表したという乳がん診療ガイドラインによると、先の1と4については乳がん発症に影響する可能性有り、2については確実、3についてはほぼ確実なのだそうな。2はエストロゲンが増加すること、3はメラトミンの分泌の低下と共にホルモンが絡んでいるようで、この病気がかなりホルモン系によって左右される病気であることを暗示している。

 以上、どうもこの番組は女性病の特集が多いような気がするのだが、視聴者層の構成を反映しているのだろうか。確かにこの時間帯にテレビを一番見ているのは主婦層だろうから(でなければ子供か)。

 

1/20 たけしの本当は怖い家庭の医学「女性の冷え性」

 今回の事例は、元々冷え性気味だった女性がオフィスの強すぎる冷房にさらされるうちに、冷え性がさらにひどくなってついにはどれだけ身体を温めても寒くて動けなくなってしまったという事例。彼女は内蔵型冷え性だったとのこと。身体の本来はメカニズムは、体温が低下すれば身体の中心部を冷やさないために手足の血管などを収縮させて体温を保持するようになっている。これが過剰に発生して手足が冷えるのが通常の四肢末端冷え性だが、交感神経の働きが悪い場合には、手足の血管が収縮せずに体温が逃げてしまって、身体の中心部が冷えてしまってこのタイプの冷え性になってしまうとか。こうなると免疫は落ちるし内臓の働きも悪くなるので、風邪ばかりひいたり身体の調子が悪いということになるという。またこのタイプの冷え性の場合、手足はむしろ温かいので冷え性だと思わないことが落とし穴だとのこと。彼女の場合、元々交感神経が弱いところに、冷房による冷え過ぎと仕事のストレスが原因になっているとか。彼女は漢方薬と生活改善(運動と食事療法・・・筋肉がつくと発熱量が増えて冷え性対策になる)で治療に臨んでいるという。

 後半はこの番組御用達料理人の奥園氏による料理教室だが、これはあまりに宣伝臭くて好かないので割愛。今回のお題は「高タンパク低カロリー食で身体を温める」ということのようだったが、身体を温めるには朝食で十分に糖質を摂ることも重要なので、必ずしも高タンパク低カロリーが良いとは思えない。まあ筋肉量が少なすぎるとそもそもは発熱が減ってしまって冷え性になるので、高タンパクというのは悪くはないと思うが、運動を併用しないとこれがそのまま筋肉にならないのが難点。ちなみに「糖質を抑えすぎて脳の飢餓スイッチが入ると冷え性になる」ということをこの翌日のガッテンで放送しているのでそちらも参照されたし。

 

12/9 たけしの本当は怖い家庭の医学「首や腰にまつわるトラブル」

 今回の事例は、姿勢が悪い上に首をコキコキならすクセのあった40代の女性に、指のしびれなどの症状が出るようになり、それがやがては腕全体に広がり、ついには首を反らした途端に耐えられないような手足の激痛に襲われたという内容。

 彼女の病名は頸椎症性脊髄症。頸椎の椎間板が加齢などで劣化、骨や靱帯が変形して首の神経を圧迫するという病気。椎間板ヘルニアの場合は潰れた椎間板がはみ出して神経を圧迫するのだが、この病気の場合は骨自体が神経を圧迫している。原因としてはまずは加齢があるのだが、さらに症状を悪化させる原因としては姿勢の悪さなどによって椎間板に負担をかけるというのがある。また事例の女性がしていた首をコキコキさせるというのは、関節に無理な力をかけるので良くないとのこと。

 予防としては姿勢に気を付けるという当たり前のことがあるが、さらには周辺の筋肉を鍛えることが関節の負担を減らすことになるので、首の筋肉や腰の筋肉などを鍛える運動が必要ということになる。番組ではその方法を紹介しているが、首の場合は頭を押さえながら首に力を入れる静的トレーニング、腰の場合には腹筋と背筋の筋力トレーニングを紹介している。概ね妥当なところだろう。

 高齢化社会の到来などから現在は腰などの問題を抱える人が増加して、整形外科が大繁盛なんて状況になっています。現代人は座り仕事が多い上に運動不足気味なので、余計に腰に負担が来ている模様。かく言う私も、パソコン作業中はついつい姿勢が悪くなりがちで、ご多分に漏れず腰の病気を持っています(椎間板ヘルニアで動けなくなった経験あり)。メタボ解消の意味もかねて運動が必要なようです。

 それにしてもこの番組、つくづく普通の健康番組になっちゃったな。番組の方向性としては健全な方向なんですが、これって視聴率的にはどうなんでしょうね。最近の内容は私的には「そんなこと今更言われなくても、知識としては既に知ってるよ」ってものばかりですから。まああまり難病奇病ばかり紹介しても役には立ちませんし、以前のこの番組はあまりに煽りすぎでしたけど。

 

11/11 たけしの本当は怖い家庭の医学「歯の手入れ」

 今回のテーマは歯の手入れ。手入れしているつもりでもその方法が間違っていると「大変なことになりますよ」というやつである。

 今回の事例に登場するのは、歯にコンプレックスのある女性。ある日彼女は一念発起して、徹底的に歯を磨くようになった。何かを食べる度、また紅茶やコーヒーを飲んだ後も一日に何度も丹念にゴシゴシしていた。歯について知識のある人なら、これを聞いた時点で「あちゃー」なんだが、やがて彼女は歯に水が凍みるようになり始める。そこで歯をよく見てみると歯の根本の方が黄色くなっている。そこでさらに丹念に歯を磨くようになったところ、ついには歯がうずくようになり、ある日温かい飲み物を飲んだ途端に激痛でのたうち回る羽目に。

 彼女が煩っていたのは歯髄炎。歯の中央の歯髄の部分に炎症が発生する病気で、そのままだと歯髄の神経などが壊死してしまうので、神経を抜いてしまうしかない。で、彼女がこれを患った原因が間違った歯磨き。彼女は強く頻繁に磨きすぎていて、そのことが歯茎をいためてしまい。歯茎が下がることで柔らかい象牙質がむき出しになり。そこから水が凍みるなどの知覚過敏が発生、しかし彼女はさらに磨き続けたことでついには象牙質がすり減って歯髄炎になったという次第。彼女は二週間で歯ブラシがだめになっていたというから、いかに異常な磨き方をしていたかが分かる。

 さて正しい磨き方だが、歯ブラシを歯に直角に当てて、力は入れずに小刻みに動かすというもの。これをしていると歯周ポケットなどもちゃんと磨けるとのこと。

 後は歯に関する常識テスト。虫歯菌は人の間で感染するとか、歯石ができやすい人は再石灰化作用が強いので虫歯になりにくいとか(ただし歯石ができるのは磨き方に問題がある場合が考えられるので、そこから推測すると虫歯になりやすい人かも。なお歯石自体は歯周病の原因となるので要注意)、歯が白く見えるのは実は初期虫歯だとかのお話。

 お定まりのゲストの検査をして云々といういつもの展開であった。それにしてもこの番組も、知らない間に普通の健康番組になっちまったな・・・。あまりに当たり前の内容ばかりになってきて最近あまり面白くない。

 

7/15 たけしの本当は怖い家庭の医学「眼の病気」

 1例目は53才の主婦。2年前に開設した美容についてのブログが人気で、すっかりネットにはまる生活を送っていた。そんな彼女が夫から指摘されたのはおでこにしわがいっていること。年を取るのは嫌だ・・・と思いながらしわを隠す努力をする彼女だが、さらに肩こりがひどくなり、ついには頭痛までが出始める。そして2ヶ月後、車を運転していた彼女は、真横の車を見落としたまま車線変更をし、あわや事故を起こしそうになる事態になる。どうしたのだろうかと辺りを見回した彼女は、視野が狭くなっていることを感じる。さらに20年ぶりの同窓会で、まぶたが下がってきて眠たそうな眼になっていることを指摘される。そう言えばまぶたが重くて開けづらいような気がする。夫の勧めで眼科の診断を受けた彼女は、形成外科の受診を勧められ、そこで病名を告げられる。

 彼女の病名は眼瞼下垂。まぶたを広げる力が弱って目が開きにくくなる病である。眼球の奥にある筋肉が引っ張る腱膜が疲弊して伸びきったことで、まぶたが上がらなくなるのだとか。原因の大きなものとして加齢があるが、これ以外に目の酷使があるという。また目をこするクセのある人は発症しやすいとのこと。まぶただけでなくおでこから首筋まですべての筋肉に影響するので、おでこにしわができたり、肩こりや頭痛につながるのだという。衰えた腱膜は回復しないので、形成外科による手術しかないという。

 2例目は日本人の失明原因のトップの病気だという・・・この時点でもう何の病気かは推測付くが、実際の患者が登場してその経緯を説明してくれる。最初の症状が出たのは59才の時だという。書類の細かい数字が見にくくなったのだ。しかしもう一度よく見るといつもの通り見えたので、気にしなかったという。見にくい時には昼でも電気スタンドをつけて明るくするなどでしのいでいた。しかし次の症状として、目の前のものに気づかずにテーブルから落としてしまうということが起こる。さらに症状は進行、道を歩いていて物にぶつかりやすくなってきた。しかし1年後、仲間と趣味のテニスをしていた時、ボールが突然に消えるという現象が発生する。動く物が見えにくくなっていたのだ。不安を感じながらも、これは眼鏡が合わなくなっているからに違いないと自らを納得させた彼は、数日後に眼鏡店を訪れる。しかしそこで受けた眼科の検診で病が発見される。

 彼の病は原発開放隅角緑内障だった。眼の圧力が上がって視神経が傷つくことで視野が狭くなる病である。原因は不明であるが、家族歴、近視、高血圧などが危険要因だという。しかし視野が欠けてきても、両目でそれを補ってしまうので、かなり進行するまで気づかないことが多いという。また一度傷ついた神経は回復できないので、早期発見が重要である。早期発見さえすれば、薬で進行を防ぐことはできる。

 眼瞼下垂は以前にガッテンの顔面若返りの回で登場している。あの回は「あるある」のような、「本当は恐い家庭医学」のような、ガッテンにしてはやや奇妙な回だったが、このネタがこっちの方にもついに登場である。なおガッテンでは「保険適用対象の病気」と解説されていたが、この番組の専門家によると「診断基準がまだキチンとしていないので、病院によって保険適用になったりならなかったりする可能性がある」とのこと。これはキチンとした診断をしてくれる病院を選ぶ必要がありそうだ。

 緑内障については知っている人は既に知っているメジャーな病気だが、それでも世間には全くこれについて知らない人がいるようである。このような早期発見が重要な病気については、広く啓蒙しておく必要がありそうである。なお私は最近、急激に視力が落ちているのだが、眼科の検診では緑内障ではないようである。どうも近視から発した乱視がひどくなってきたというところの様子。最近は視界がかすむというよりも、上下に二重に見えるという状態になってきた。調子の悪い時は信号機が上下二段に見えてしまうのである。これはまた眼科に行く必要がありそう。

 

6/3 たけしの本当は怖い家庭の医学「腎臓にまつわる病気」

 1例目は50才の女性。焼き肉パーティーが大好きな彼女は、太り気味なのが気になっていた。そしてやはりメタボリックであることを健康診断で指摘される。しかし特に自覚症状もなく、大して気にしていなかった。しかしやがて足のむくみや身体のだるさなどが出るようになる。さらに多尿や頻尿の症状が出るようになり、ついには朝からむくみが出てそれが消えなくなったり、身体のだるさが取れなくなってしまう。ここでようやく彼女は医師の診断を受ける。しかしそこで彼女は、腎臓がほとんど機能しなくなっていることを告げられる。

 彼女の病名は腎不全。彼女の腎臓をここまで悪化させた原因はメタボリックシンドロームだった。メタボリックシンドロームでの高血圧や高血糖による動脈硬化が、腎臓の血管に負担をかけて機能の低下に結びついていた。彼女の腎臓は60%以下の状態に機能が低下した慢性腎臓病の状態になっていたという。この慢性腎臓病患者は日本人の1割もいるという。メタボリックの人はそうでない人よりも2.2倍慢性腎臓病になりやすいのだとか。しかし腎臓は沈黙の臓器であるために、なかなか気が付かない場合が多いのが落とし穴だという。彼女も気が付かないまま腎機能が30%にまで低下したところで足のむくみなどの症状が現れたが、ここで気が付かなかったため、腎機能の低下はさらに進行し、病院を訪れた時点では腎機能は15%以下の回復不能なレベルにまで低下していたという。結局、彼女は腎臓透析に頼らざるをえない状態になってしまったとのこと。

 2例目は52才のサラリーマン。腎機能検査の結果、慢性腎臓病であることを告げられた彼は、医師の指示通りに食事制限などの生活改善に取り組む。しかしネットで腎臓病について調べたところも、自分に該当する症状が出ていなかったことなどから安心してしまい、半年も経ったら食事療法もすっかり止めて元の木阿弥になってしまう。しかし突然に破局が訪れる。ある日、胸を押さえて倒れ込んだ彼は、そのまま心筋梗塞で亡くなってしまう。

 慢性腎臓病の患者が心筋梗塞を起こす確率はそうでない人の1.9倍にまで上昇するのだとか。メカニズムは明らかではないが、腎機能低下による老廃物の蓄積で血管が損傷し、動脈硬化が進行、それがさらに腎機能の低下に結びつくという悪循環が起こるのだとか。またこの心筋梗塞は、慢性腎臓病の症状が出る前に発生することがあるという。

 2例目を見た時には、思わず「何も警告なしかい!」と叫んでしまった。糖尿病になると血管がやられることから、腎臓についても機能が低下することはよく知られている。そうして考えてみると、メタボと腎臓がマッチポンプで悪影響を及ぼすということは考えられることである。

 なお番組ではゲストの腎機能テストや、塩分の摂取量のチェックというお約束の内容をしていた。最近のこの番組はかつてのような刺激的な内容がなくなったが、その分実用性の高い内容にシフトしたようである。まあこういう形式の方が作りやすいのは分かるが。

 

5/13 たけしの本当は怖い家庭の医学「睡眠にまつわる病気」

 今回は睡眠関係の病気を特集。

 1例目は47才の男性。それまでの経理部から営業に異動になり、慣れない仕事のストレスと長時間労働にクタクタになっていた。そんな日から1ヶ月後、妻が異常に気づく。夫が寝言を言っているのである。ただこの時はあんまり気にしていなかった。しかしその2ヶ月後、夜中に突然に夫に蹴飛ばされた妻が目覚める。夫を起こして聞いたところ、サッカーをしている夢を見ていたのだと言う。それ以来彼女は、夫に夜中にぶたれたり蹴られたりすることが多くなってきた。さらに夫の寝言は以前よりも大きくハッキリとしてくるようになる。そしてある日、彼女は夫に殴られてしまう。夫を起こしたところ「ライオンと戦う夢を見ていた・・・」と言うのだが、ここまで来るとさすがに妻も不気味で仕方なくなる。そんな不安な日々を送っていたある日、妻が新聞で自分の夫とそっくりの症例を見つける。そして病院で、彼の病名が判明した。

 彼はレム睡眠行動障害になっていた。本来レム睡眠時には脳からの命令が遮断されて身体が動かないはずなのだが、脳幹部の機能が衰えることで、夢の中の言葉や行動が実際に身体に現れてしまうのだという。原因は不明だが、患者数は12万人、その8割が50代以上の男性だという。この病気を発症すると、本人が気づかないうちに身体を動かしてしまうので、隣で寝ている人を傷つけたり、自分自身がけがを負うことがあるという。今回の男性は投薬治療を受けることになり、異常行動は治まったとのこと。

 2例目は52才の女性。1週間前に再婚をした彼女は、新しい生活に胸を弾ませていた。仕事もしている彼女は、結婚以前よりも忙しくなり、睡眠時間が若干短くなることになったが、新しい生活の希望のおかげで彼女はそんなことは気にならなかった。しかしやがて彼女に変調が現れるようになる。仕事中に眠くて仕方ないのである。しかもいびきをかいているとの夫からの指摘もあった。そこで彼女は医師にかかったところ睡眠時無呼吸症と診断される。そこで彼女は治療用の器具を装着して寝るようになり、それからいびきはおさまる。しかしやはり変調は続く、やはり眠くて仕方ないのである。そこで彼女は休日に思い切って寝だめをしたのだが、それでもやはり月曜日から眠い。そしてついには居眠り運転で追突事故を起こしてしまう。

 彼女は睡眠不足症候群を発症していた。これは2005年に国際的に認められた新しい病気とのこと。慢性の睡眠不足のせいで、日中に強い眠気に襲われる病とのこと。健康な人だと、昼食後から午後3時ぐらいの間に少し眠くなることがあるぐらいだが、この患者の場合は朝から眠気に襲われ、昼間頃には耐え難いほどの眠気に襲われるという。睡眠の最適時間は人それぞれで、5〜8時間の平均的睡眠者から、10時間以上のロングスリーパー、5時間以下のショートスリーパーなどがあり、8〜10時間はロングスリーパー傾向者になるという。このロングスリーパー傾向者が、平均的睡眠者と同じような8時間程度の睡眠をとっていると、睡眠不足になって発症するなどということがあるとか(平均的睡眠者が5時間以下の睡眠を続けたりしても同様)。これを発症すると、寝だめしても効果がないのが特徴とのこと。勤勉で働き過ぎの日本人に多いという。

 以上、睡眠に関するトラブルについて。レム睡眠行動障害は既出だが、睡眠不足症候群は初めて聞いた。ちなみに睡眠不足が慢性化というのは、まさに私の現在の状態では。なお私の場合はほぼ確実に睡眠時無呼吸症も持っているので、昼間は眠くて仕方ない。これは睡眠外来に一度行った方が良いかも。

 レム睡眠行動障害なんていうと珍しい病気のようだが、要は昔からよくある「寝惚ける」というのに近いような気がする。ただいわゆる寝ぼけの場合は、トイレのつもりで布団で小便をしてしまうなどという平和な(とは言っても迷惑この上ないのは間違いないが)場合が多いのに対し、この病気の場合は何かと格闘したり、逃げたりなど暴力的な場合が多いようだから危険につながる。悪夢にうなされるというところからも、原因にストレスがあるのは間違いないが、ストレスがかかっても誰もが発症するというわけではないことから、何か他にも原因はありそうである。

 

3/11 たけしの本当は怖い家庭の医学「芸能人症例スペシャル」

 今回は無茶苦茶な労働時間と生活で心筋梗塞になってしまった徳光氏の例。彼は毎日睡眠時間は4時間以下、食生活もこってりしたものが好きで、しかもタバコを1日100本以上というとんでもない生活を続けていたらしい。その挙げ句に現れたのが胃の激しい不快感。最初は食あたりかなにかと思っていたら、その夜に異常な発汗などの現象が現れて、翌朝には起きあがれないほど衰弱している状態で医師の診断を受けると、心筋梗塞が発覚して緊急手術になったとか。こってりした食生活、さらには喫煙習慣、さらには過労などは血管の損傷を進め、心筋梗塞や脳梗塞などの原因になるから要注意。

 また単純な過労だけでも命に関わる例も紹介。43才のエリートサラリーマン。新規プロジェクトのリーダーに抜擢された彼は、寝る暇もないほどの過酷な勤務を続けていた。しかし日頃から食生活に気を付けていて、先の健康診断でも異常のなかった彼は、このぐらいは大丈夫だと思っていた。しかし彼が手がけた新製品は思うように売れず、疲労がのしかかってくる。やがて目の疲れや肩こりなどの症状が現れるようになるが、彼は部下の手前、疲れた様子を見せることはなかった。しかし1ヶ月後、彼の手がけた製品が急に売れるようになり、彼は一気に疲れが吹き飛び、それ以来疲労を全く感じることがなくなった。しかしその一方で、急に手に力が入らなくなるとか、暑くないのに発汗するなどの身体の異常は現れていた。また疲れているのに寝付けないなどの状態になる。しかしいくら仕事をしても疲れを感じない彼は、がんばり続けていた。そして半年後、成果を報告するプレゼンを無事に終了し、部長への昇進を告げられた彼。しかしその瞬間、彼は胸に苦しさを感じ、そのまま倒れて帰らぬ人となってしまう。

 彼は脳内出血を起こしていた。過度の疲労が脳の毛細血管をボロボロにしていたのである。しかも彼の落とし穴は、身体は疲労しているのに、仕事が成功した事による高揚感で疲労が覆い隠されてしまっていたのだどいう。しかし彼の身体は過労で確実にボロボロになっていたというわけ。なお番組では疲労で身体がボロボロになる原因を、活性酸素の蓄積に求めていたが、これについては原因はこれだけでないと思う。活性酸素に悪影響があるのは当然だが、どうも最近は活性酸素の影響が過大に見積もられているような気がする。しかしその一方で、活性酸素を生み出す可能性を増やす酸素カプセルなどがもてはやされるのだから、どうも世の中が分からない。

 人間の場合、いわゆる野性が鈍ってきているので、精神の働きによって疲労感や空腹感などという原始的サインがかく乱されてしまうことがあるのは要注意。もっともこれはすべての人間に言えるわけではないだろう。性欲といった原始的衝動で理性が吹っ飛んでいるケダモノも存在するのだから。

 

3/5 たけしの本当は怖い家庭の医学「便秘」

 今回は便秘が関係する病気。

 1例目は48才の女性。離婚して女手一つで二人の子供を育ててきた彼女の朝は戦場さながらの忙しさで、毎朝朝食を摂る暇もなかった。そんな彼女の悩みは便秘。朝トイレに入っても全くお通じがないのである。しかも不幸なことに、仕事中に便意を催しても忙しくてトイレに行けないことが多く、一度こうやって時期を逃してしまうと、後でいくらいきんでも駄目だった。そんな彼女に現れた異変は、残便感だった。いくらいきんでみてもすっきりした感じがしないのである。そのうちにさらなる異変が発生する。いつものようにトイレでいきんでいた彼女は、肛門の辺りに違和感を感じるのである。そしてさらに彼女にとんでもない事態が発生する。2,30分おきに便意を催してトイレに駆け込む羽目になってしまったのである。しかもトイレに行っても少ししか便は出ない。こうなるともうまともに仕事をすることさえ出来なくなり、苦しんだ挙げ句に彼女はようやく病院を訪れる。

 彼女の病名は直腸瘤だった。直腸が膣の方向に膨らんでしまい、排便が困難になる病気だという。こうなるといくらいきんでも、腹圧が肛門の方向ではなく膣の方向に向かってしまうので、ほとんど排便が出来なくなるという。40〜50代の出産経験のある女性に多く、膣と直腸の間の壁が弱っているのが原因だという。そして彼女がこれを患った原因は便秘。朝食を摂らない食生活や、便意を催してもトイレに行けない生活が便秘を悪化させたのだという。

 2例目は56才の女性。彼女は今まで便秘を全く体験したことがなかった。しかしある日に異変が発生する。排便してもすっきりした感じがなく、便の量も普段よりも少ないのである。それ以来、排便の回数がやたらに増えるが、そのたびにあまり量は出ることがなかった。この状態がだんだんと悪化することが気になった彼女は友人に相談するが、単なる便秘ではないのかと言われ、便秘薬を勧められる。便秘薬を服用してみた彼女は、1度にすっきりと便が出たことで安心する。しかし3週間たつ頃には便秘薬の効き目はほとんどなくなってしまい、お腹が張って食欲もなくなるようになってしまった。悪い病気ではないかと心配して便を確認した彼女だが、特に血が付いている様子がないので、やはり便秘なんだろうと考える。しかし事態はさらに悪化。1週間以上も便が出ない状態が続いた彼女は便秘薬を飲むが、便は出ずに激しい苦痛に襲われ、腹部が大きく膨らんでしまうのである。急遽病院に運ばれた彼女に意外な病名が告げられる。

 彼女はS状結腸癌だった。直腸の手前のS状結腸に出来る大腸癌で、最近増加している病気だという。彼女は癌によって腸がふさがったことで便が出にくくなり、ついには全く便が出なくなってしまったのだという。この状態で便秘薬によって無理矢理に蠕動運動を刺激したことで、彼女は激しい苦痛に襲われることになったのだという。またS状結腸癌は、直腸癌と違って便に血が付いても混ざってしまって見た目では分からないのが落とし穴だとのこと。ちなみに彼女は無事に手術によって回復、現在も再発防止のために治療を続けているとか。

 便秘については生活の乱れがもろに原因になるといいます。野菜類(生野菜ではなく温野菜がよい)を多く摂り、規則正しい食生活と排便習慣が予防に効果的だと言います。なおトイレでいきみすぎるのは確かに身体に悪く、あまりトイレで粘る人は痔になりやすいとも言います。

 ところでゲストのトイレ習慣についてチェックしていたが、トイレに本を持ち込んでいる人が多いのには驚いた。思わず「そりゃ駄目だろ」とテレビの前で声が出てしまった次第。私は基本的にトイレの中に物を持ち込むのは感心しません。それに私はどちらかというといつも下痢気味なので、便秘の経験だけはないんですよね・・・。

 

2/26 たけしの本当は怖い家庭の医学「花粉症」

 今回は花粉症がたちの悪い病気に結びつく例を紹介。

 1例目はスギ花粉症に苦しめられていた45才の女性。最近の彼女の悩みは、花粉症もさることながら、夜になると咳が出ることだった。そこで彼女は花粉症の薬を服用。すると花粉症の症状は治まった。ただそれでも夜の咳だけはどうしても続いていた。そんなある日、彼女は激しく咳き込むと共に呼吸困難を起こして倒れてしまう。

 彼女は気管支喘息を患っていた。夜の咳こそがまさにその症状であった。一般的にぜんそくの発作は夜に出やすいが、それは気管支を拡張させるアドレナリンの働きが弱まるからだとのこと。なお彼女が喘息を発症した理由は花粉症にあった。花粉症によって気道に炎症を起こしていた彼女が、さらに多くの花粉を吸い込んだことでその炎症が悪化、ついには炎症で狭くなっていた気管支が痰などで詰まってしまったということ。

 2例目はやはりスギ花粉症の41才の男性。彼は今年も花粉症で苦しめられ、マスクと薬でしのぐ毎日だった。しかしようやく5月になり、スギ花粉のシーズンも過ぎて彼も晴れ晴れとお気に入りの河原の道を通って通勤できるようになった。しかしそれから彼に変調が現れるようになる。時々咳などの症状が出るようになったのである。また首に赤い発疹が出来ているのを妻に指摘される。何か妙だなと感じつつも大して気にはしていなかった彼。しかし彼に災厄が訪れるのは、健康診断でメタボリックを指摘されて運動を始めた時だった。お気に入りの河原の道でランニングを始めた彼。しかし間もなく、激しい目眩と呼吸困難を起こし倒れてしまう。その時、彼の全身は赤く腫れ上がっていたのだった。

 彼の症状はまさにアナフィラキシーショックだった。急性の激しいアレルギー反応である。そしてその原因がイネ科の植物。彼はスギ花粉症だけでなく、イネ科の植物のアレルギーも持っていたのだった。そして不運なことに、この手の植物は河川敷などに非常に多いのである。運動で大量の花粉を吸い込んだ彼は、急激なアレルギー症状を起こしたのである。また彼が体重を気にして最近の昼食をパンにしていたのも不幸の一因だったという。イネ科のアレルギーは小麦にも反応するのである。

 以上、スギ花粉症からたちの悪い病気につながった例。特にアレルギーはスギ花粉以外でも起こるということは覚えておく必要があるだろう。環境の悪化か食品の汚染か原因はハッキリしないが患者が急増して国民病のようになってしまったアレルギーだが、一つのアレルギーを発症すると他のアレルギーも増えていくことが多いので困ったものである。

 番組ではスギ花粉以外に稲科植物に対するアレルギー、シラカバ類に対するアレルギー、キク科に対するアレルギーの3つを上げていたが、これらは非常に代表的なものでいずれもアナフィラキシーショックを起こしやすいものである。稲科の植物はあちこちにあるし、小麦もこの類に入るので、このアレルギーを持つ人は稲科の花粉が良く飛ぶ時期にはパン食などは注意した方が良いとのことだが、その時期というのが5〜7・9月とのことなので、かなり長い期間になる。なおゲストの眞鍋かをり嬢が稲科のかなり強いアレルギー反応が出ていたが、彼女は実際に番組で揚げ物を食べた時にアレルギーが出たことがあるとか(小麦に反応したと推測される)。

 またシラカバ科のアレルギーの場合はリンゴ、イチゴ、バナナ、キウイなどの果物やセロリなどが要注意食品になる。と言うわけで、キウイアレルギーを持つ小野アナなんかは、この辺りの食べ物は要注意ということ。花粉は5〜6月によく飛ぶとのこと。

 キク科のアレルギーの場合は、ブタクサ、マーガレット、ヨモギ、タンポポなどこれまたどこにでもありそうな植物に反応するのでたちが悪い。この番組でも以前にマーガレットでアナフィラキシーショックを起こして死にかけた事例を紹介していた。この花粉の時期だが5〜11月・・・ってほとんど1年中である。これとスギ花粉症を合わせて持っていたらほぼ1年中がカバーされてしまうというなんとも不幸なことになる。

 それにしても最近の免疫系疾患の増加ぶりはかなり異常に思える。やはり生活環境の根本的なところが現代は破壊されているのではないかと思われる。原因はハッキリとしていないが、個人的には食品の化学物質汚染と、過剰なまでの除菌抗菌社会が怪しいとにらんでいる(これ以外にも原発や核実験による放射能、海洋の重金属汚染、排ガス中の化学物質、高ストレス社会など要因となりえるものをあげていけば実際はきりがないのだが)。

 ところで先週からまた病例が2つに戻ったようです。その代わり、2種類の病気を扱うのではなく、1つの病気に関して2例をあげるという形にしています。やはりこの番組は2例あげている方がテンポがよいですね。1例の間延びした内容よりも見やすいのでは。ただ最近は本当に普通の健康番組になってきたなという気がしますね。人死にが出るのは相変わらずですが、紹介している内容はガッテンなどと大分かぶるようになってきた。

 

2/12 たけしの本当は怖い家庭の医学「立って靴下が履けない」

 今回のテーマは寝たきりにならないためにというもの。で、そのバロメータの一つが立って靴下が履けるかということらしい。

 57才の主婦。身体を動かすことが嫌いな彼女は、いつも家でゴロゴロしていた。そのせいで最近は太り気味だった。その彼女に現れた最初の兆候は立って靴下が履けなくなったこと。そして5年後、相変わらずの生活を続けていた彼女は、手すりにつかまらないと階段を上れなくなっていた。これは運動しないといけないなと一大決心でウォーキングを始めたものの、結局は三日坊主で終わる。そしてさらに5年後、遠くまで買い物に行って帰ってきた時、膝の痛みを感じる。久しぶりに運動したせいだと気にしていなかった彼女、膝の痛みは年のせいで仕方ないと考えていた。さらに1年後、彼女はちょっとしたことですぐによろけるようになってしまっていた。そしてさらに4年後、床のちょっとした段差につまずいた彼女は、転倒して腰を打ってしまい、大腿骨頸部を骨折してしまう。手術はしたものの、動きが不自由でますます動かなくなった彼女は、3年後にはついに寝たきりになってしまう。

 彼女は運動器不安定症だという。これは加齢でバランス能力や歩行能力が低下した状態で、高齢者の転倒予防のために2006年に新たに認定した病だとか。一言で言えば「転びやすい病」とのこと。それなら運動器不安定症なんて分かりにくい名前よりも、そのまま「転びやすい病」にしといた方が良いような・・・。

 番組ではこれの判定法を紹介。一つは腰に手を当て、目を開けたまま片足を上げて15秒立っていられるかというもの(軸足が動いてしまっては駄目)。ただ60代の平均は1分とのことだから、15秒保てばよいというのではなく、1分保たないと脚力が弱っていると考えるべきだろう。

 もう一つの方法は椅子に座った状態から立ち上がり、3メートル先を回って(この時はいつもの歩くスピードで)、再び椅子に座るという行為が11秒以内に出来るかどうか。これも11秒以内に出来ない人はかなり足下が危なくなっているので、普通は7秒程度で出来るとのこと。

 さて診断法が出たところでやはり対策も欲しいところ。番組ではストレッチを紹介。一つ目は歯を磨きながら2分で出来るというストレッチ。これは片足を上げて(なるべく膝を高く上げた方がよい)歯を磨くというもの。片足1分、入れ替えてさらに1分である。これにゲストが挑戦していたがかなりハードである模様。1分間でウォーキング50分の負荷が骨にかかると言っていたが、それだけのことはある模様。

 もう一つの方法は、椅子に座って今度は新聞を読みながら、片足を前に伸ばし、なるべくつま先を天井に向け(つま先を引き寄せるということ)、足をそのまま床から10センチ上げて5秒静止。それを左右それぞれ20回するというもの。これもゲストが挑戦していたが、かなりハードでとても新聞を読むどころではなかった模様。やはり一応筋トレなので、ある程度ハードでないと効果はないのだろう。ゴロゴロしていて筋力アップなんて結構な話はないと言うこと。

 ところで、1番組辺りにネタ1つというのはいいですが、どうも番組が間延びしてますよね。ストレッチの紹介のところなんて、時間稼ぎにしか見えなかったし。

 

2/5 たけしの本当は怖い家庭の医学「元気の良さ」

 48才の女性。3人家族の主婦で、娘の学校でPTAの役員をしながら多忙な日々を送っていた彼女は、細かいことにはこだわらない性格で人から頼りにされていた。頼まれると断れない彼女は、友人からの頼みでボランティアも引き受けていた。多忙な彼女はある日、PTAのプリント作成で徹夜の作業をする。しかし翌朝、徹夜明けにもかかわらず彼女はやけに調子が良くなる。家族は徹夜明けでテンションが上がっているだけだと大して気にしていなかった。しかし奇妙な行動が現れる。衝動的に大量の買い物をしてしまったのだ。しかも相手の迷惑も考えずに、PTAの仲間に夜中に電話するという行為に及ぶ。こんな状態が続くこと1週間、ようやくいつもの状態に戻る。それから1年後、彼女はPTAの会長をしてもらいたいと頼まれる。現状でも1日の睡眠が4時間という状態なのに、彼女はまたも安請け合いをしてしまう。しかし2週間後、早朝に目が覚めて熟睡が出来ず、食欲も出なくなってくる。更年期かなと首をかしげる彼女だが、1週間後にはひどい倦怠感でソファーから起きあがれない状態になってしまうのである。

 彼女は双極性鬱病だった。普段元気に見える人が何らかの原因で鬱状態になる病とか。鬱病患者の5人に1人がこの病気だとのこと。明るく、元気で社交的という高揚気質の人がなりやすいとか。このタイプの人は自分の体力や気力に自信があるので、ついついオーバーワークになって限界を超えてしまうとか。番組の説明では通常の鬱病は沈みっぱなしだが、最初にストレスがかかった場合に気分が高揚し、その次にさらにストレスがかかった時に鬱になると言う躁鬱病なのだとか。通常の鬱が真面目で責任感が強くて回りのことを気にするといういわゆるAタイプと呼ばれる人がなりやすいのに対し、こちらは普段は元気なイメージの人がなりやすいというところが違うとか。

 番組ではこの後、7つの設問を出してその回答によって3タイプに分けてどの鬱病になりやすいかという診断をしている。これで分類される1つはいわゆるAタイプというやつで、いわゆる鬱病になりやすいタイプ。2つめが高揚気質というやつで、今回登場した双極性鬱病になりやすいとしている。3つめのタイプだが、これはどちらかといえば回りを気にせず自分を守るタイプで、最近の若者に多いとしている。これが自己愛が強いディスチミア親和型と呼ばれるタイプだそうな。このタイプは急増しているディスチミア親和型鬱病になりやすいとしているのだが、これは気分が不安定になるという鬱病なんだそうな。登場した先生によると、このタイプは自ら「鬱です」と名乗って診断をもらいに来ることが多いというのだが・・・話を聞いていると単なるサボり病のように聞こえ、これって本当に鬱病なのか?

 なおこのテスト。どうも回答があまりに極端すぎるので、私はどれにも当てはまらないケースが多かった。無理矢理に当てはめるとディスチミア親和型になるようなのだが、どうも私にはしっくりこない。

 またどうも「双極性鬱病」という病気が引っかかり、これっていわゆる躁鬱病とどう違うのかというのに疑問を感じていたのだが、躁鬱病の患者や家族のためのサイトを運営されている方から、この件についてメールをいただきました。

 それによると、「双極性鬱病」という病名は一般的ではなく、やはり単なる躁鬱病のようです。なお躁鬱病と鬱病は全く異なる病気であり、この番組の診断で鬱病と一緒に括って診断していたのは誤解を招くとか。また発症するのが本人の性格のせいのように扱われるのは非常に遺憾とのこと(番組に登場した専門家は「どんな性格の人でも鬱病になる可能性はある」と言っているにもかかわらず、結局番組は性格診断でなりやすい鬱病の分類をしています)。

 私はこの分野の専門家でないので細かいことは分かりませんが、どうもこの分野はまだ研究途上であり、専門家の間でも見解が統一されていないような印象を受けます。私がちょっと本を読んだだけでも、治療法として薬物療法を重視する医師と、カウンセリングを重視する医師に分かれており、前者は後者のことを「効果のない治療もどきのことをして、治療の時期を逃して重症化させている」と批判し、後者は前者のことを「安易に薬を処方して、患者を薬漬けにしてしまう」と批判するという状況があるようです。また医師によって病名が違う場合もあると聞いています。

 ちなみに鬱病は性格に関係なく誰でもなりえるというのは正しいでしょう。私自身、いわゆるA型タイプとは違うと思うのに、職場でのストレス(上司との軋轢)や震災での実家の全壊などの度重なるストレスで鬱病の手前まで行ったことがありますから。ちなみに鬱病患者に「頑張れ」は禁句という話がありましたが、確かにあの時の私は「頑張れ」と言われても、「どうやって頑張りゃ良いんだ?」って感じで余計きつかったですね。それよりは「うん、分かるよ」と言われる方がありがたかった。

 さて番組の方ですが、やはり1回1症例のスタイルにすることにしたようですね。ただその分、どうも番組が間延びしたような印象を受ける。今回の診断なんかでも以前ならサクッと流してすぐに次の症例に行っていたところですが、いちいちゲストの反応をとって時間をかけていたのがどうにも間が悪くて・・・。ネタ的に苦しいのは分かりますけどね。実際この番組では鬱病は何度も出ているネタですから。

 

1/29 たけしの本当は怖い家庭の医学「目のかすみ」

 今回の事例は63才の男性。酒屋を営んでいる彼、最近はスーパーに圧されて経営は苦しくなっていたが、楽天的な彼はそんなことはあまり気にしていなかった。また彼は身体が資本と大食いの毎日、しかしそのせいでメタボリックを医師から指摘されてしまう。しかし特に身体の具合が悪いわけではないし、例によって楽天的にあまり心配はしていなかった。そんな彼にある日、おかしな現象が現れる。片目にカーテンが掛かったようにかすんで見にくくなったのだ、しかし1分もすると治ったので気にしなかった。しかし変調はさらに現れる。字を書こうとすると手が震えて書けない。さらに足の痛みなども出るようになる。それでも彼は病院に行く必要は感じていなかった。しかしやたらに疲れるようになり出し、妻に病院に行った方が良いのではと言われる。そんな矢先、客と電話で話している最中にろれつが回らなくなり、意識を失って倒れてしまう。

 彼は脳梗塞を発症していた。血管内にプラークと呼ばれる固まりが出来、それがはがれた時に脳の血管を詰まらせたのである。幸い、彼は迅速な治療によって一命を取り留めた。しかし検査の結果、閉塞した首の血管だけでなく、全身の血管で動脈硬化が進行していることが明らかになった。今までの不調は、小さなプラークが眼の血管や脳の血管を一時的に閉塞させたり、、腎臓の血管や足の血管などが狭くなることにょって発症していたのだった。

 メタボリックの男性が目が見にくくなったという話を聞いた時、私は思わず「どきっ」としたのであるが、私の事例とは異なる事例のようであった。私の場合は片目にカーテンがかかるのではなく、視界が二重にズレてまともに見えなくなる症状である(脳に障害がある場合に起こる左右の眼の映像が合わなくなる症状ではなく、片目で見ても二重に見える乱視の状況)。綺麗に上下に映像がずれるので、この状況になると信号が上下二段に見えてしまうという状態である。ちなみに眼科の診断は「強度の疲れ目」。確かに私の生活習慣(1日でパソコンに向かっている時間が15時間以上)を考えると、反論のしようはありませんが。

 なおメタボリックで目のかすみときた時に、私は最初は糖尿病性の網膜症の方かと思いましたが、次に手のしびれと来たので「ああ、脳梗塞か」と分かった次第。ただ糖尿病で末端血管がボロボロになっても、似たような症状は出ますが。

 番組では動脈硬化の治療として、ステントを使用して血管を押し広げる方法を紹介していたが、この方法は手術中にプラークがはがれて、脳などの血管を詰まらせるということが一番恐いという。そこで今は、まず先にプラークなどをせき止めるフィルターを入れてから作業をする方法が開発されているとか。ただ医師によると、動脈硬化の治療としては、外科的手術によってプラークを血管の内膜ごと直接に除去する方法があくまで主であり、それが適用できないような時にステントを使用するのだとか。

 以上。やはり先週と同様に事例は1例になり、また病気自体も極端に珍しい病気よりも、かなり一般的な病気を扱うようになった。これはこの番組の性質が変化してきていることを意味している。初期のおどろおどろしい番組でなく、より実用的な普通の健康番組になってきたと言うこと。ある意味では「良質の番組」を志向しているとも言えるのだが、それが番組としての面白さにつながるかが難しいところだろう。というのも、最近はあまりに特徴がなくなってきているので。

 

1/22 たけしの本当は怖い家庭の医学「思いこみ(乳がん)」

 今回は女性の病気と言うことで乳がんがテーマ。しかしタイトルとしては「本当は恐い思いこみ」である。

 事例は34才のOL。同期入社の友人と共に気ままな独身生活をしていた彼女。そんなある日、彼女は友人から相談を受ける。胸にしこりがあり、乳がんかも知れないというのである。とりあえず検診を勧める彼女。検診の結果、友人は乳腺症だったことが判明。自然に治るので特に治療はいらないとのこと。この時に友人から「しこりの大半は乳腺症らしい」という話を聞く。

 しかし一ヶ月後、今度は彼女自身が胸にしこりを見つける。柔らかいしこりがあるのだ。心配になった彼女はネットで調べたところ、乳がんのしこりは硬いと記載されているのを見て安心する。しかし半年後、今度はしこりのところが痛み出す。不安になった彼女は友人に相談するが、「乳がんのしこりは痛まないらしい」という話を聞いて、やはり自分は癌ではないと検査を受けずにすます。しかし最初にしこりを見つけてから2年後、乳房のしこりの部分がへこんでいて、しかもしこりが以前より硬くなっているのに気づく。不安を感じた彼女は、再び友人に相談するが、話を聞いていると自分の事例と彼女の事例には違いがある。慌てて病院に行った彼女、しかし精密検査の結果は恐るべきものだった。

 彼女は乳がんを患っていた。しかもかなり進行していたので、結局彼女は右の乳房を失うことになってしまった。命は失わずに棲んだが、彼女は大きな代償を支払うことになってしまった。現在、乳がんの患者は増加しており、毎年これで1万人が亡くなっているという。また乳がんのしこりが一般的に硬いのは確かだが、中には脂肪に包まれて初期は柔らかい乳がんもあるという。また乳がんは一般的に痛まないとはいうものの、人によっては痛みを感じることもあるという。要はすべて素人判断して放置してしまった彼女に非があった。というわけで、今回は「本当は恐いネットの怪しい情報」「本当は恐い無責任な友達」というやつである。そもそもプロでも組織検査しないと断定できない病気を、素人が簡単に診断できたら苦労しない。

 で、番組はこの後は乳がん発見の訓練機を使用した実習と意味のない料理教室になる。料理教室については、大豆イソフラボンを摂っていたら乳がんは防げるとのことで納豆を利用した料理。ただイソフラボンが良いと言っても、サプリなどで過剰摂取すると逆に癌が進行するので要注意。つまりは何事も限度というもの。ちなみに「納豆を用いた低カロリー料理」とあえて銘打っていたのは、納豆がどれだけ高カロリー食品かの証明でもある。というわけで、納豆でダイエットなんて出来るわけもない。

 以上、ネタ的には何度も既出。また後半の料理教室は完全な蛇足。何週も放送がなかった挙げ句の新年第一弾がこれか・・・。やっぱりそろそろ限界かな。スーパードクターを出してきたり、料理教室にしたり、芸能人症例を紹介したりいろいろしたけど、やはりどれも新機軸になれそうにないから、もうネタが苦しいんでしょう。そもそも引っ張りすぎたような気もする番組だし。

 

12/18 たけしの本当は怖い家庭の医学「人間ドックSP」

 今回は3時間スペシャルであらゆる病気の診断方法を紹介している。

 まず最初は整形外科から。1例目はダイエットのためにウォーキングを始めた主婦が、むきになってやりすぎたせいで腰や膝に痛みが出てきて、やがて足の付け根に痛みが。そしてついには正座が出来なくなったり、階段がつらいようになって転落してしまったという事例。彼女は変形性股関節症を発症していた。股関節の軟骨がすり減って関節が変形する病気で、彼女の場合は体重が重くて負担がかかっているのに無理をしすぎたのが発症の原因。

 番組ではこれを判断する方法として仰向けに横になって足を組み、上の側の足を水平にまで倒せるかを見るパトリックテストなる方法を紹介している。変形性股関節症を患うと関節の動きが悪くなるので、足を倒せなくなるのだとか。

 さらにもう一例紹介されるのは、整形外科では非常に多い腰椎椎間板ヘルニアの診断法。これは仰向けに寝て、足首を曲げて膝を伸ばした状態で足をゆっくりと上げて、70度以上上げることが出来るかで判断する方法を紹介している(SLRTというそうな)。

 また高齢者に多いのが脊柱管狭窄症という病気だが、これについては腰を後ろにそらすことが出来るかどうかで判別できるとのこと。

 2つめの診療科は呼吸器内科。登場するのはCOPDである。これは喫煙などが原因で肺機能が低下する病気で、これにかかってしまうと酸素ボンベを手放せないことになってしまう。患者の95%は喫煙者だが、身近に喫煙者がいると受動喫煙で発症する場合もある・・・というわけで「本当に迷惑な喫煙者」である。これの判別方法だが、火のついたマッチを口から15センチ離れたところに置き、口を大きく開けた状態でこれを吹き消せるかというテストをしている(口をすぼめて吹いてはいけない)。要は肺活量を見る簡単なテストだが、これで結構分かるらしい。

 3つめは特別診察室ということで、安倍総理がこれが原因で辞職したと自称している「機能性ディスペプシア」という病気。内視鏡では異常がないのに、胃の痛みやもたれが3ヶ月以上も続くという病気だとか。精神的なストレスなどの表れで、いわゆる心身症だとか。番組では心身症になりやすいと言われるA型(血液型とは全く無関係なので勘違いしないように)と言われるタイプの判別テストを紹介している。要は回りを気にしすぎて過剰適応するタイプがこのタイプである。防止のためのポイントはストレスの発散をいかにするかと言うことになる。

 4つ目は耳鼻咽喉科。ここでは女性患者が増えている病気を紹介。再婚した45才の女性が、姑からのストレスにさらされているうちに、耳のつまり、低音の耳鳴り、声が響いて聞こえるという耳の異常が現れ、ついには目が回るような強烈な目眩で立てなくなってしまうという事例。

 これはメニエール病。ストレスなどが原因で内耳の機能に障害が現れる病気である。と言うわけで、今回は「本当は恐い姑」もしくは「本当は恐い冬彦さん」である。なおこの病気の全段症状として急性低音障害型感音難聴という病気があるとのこと。低音が聞き取りにくくなるのが特徴だとのこと。メニエール病は早期発見による治療が重要で、治療が遅れると耳鳴りの後遺症などが残ることになるとのこと。

 番組では耳の機能をテストする方法を紹介。一つは2〜3センチ耳から離れた位置で人差し指と親指をぶつけた時の音が、左右とも聞こえるかというテスト。もう一つは平衡感覚のテストで目をつぶって両腕を前に伸ばし、その場で30歩足踏みをした後、身体が45度以上回っていないかというテスト。これで回ってしまうというのは平衡感覚に障害が生じている証拠で、すなわち耳の機能に問題があるということになる。

 最後は脳ドック。1センチ間隔の5重の渦巻きを書いてから、この線に触れないようにその間に渦巻き状の線を引けるか(ただし15秒以内で)というテストを左右両手でやっている。これで前頭葉の機能の低下を見るとのことだが、右利きの人の左手というのは脳に無関係に辛いのでは?(左利きの右手は結構動くが)

 もう一つ紹介されているのは、×印を書いて、その中心にトントンとリズミカルに点を打つというテスト。利き手で8ミリ、利き手と反対側で10ミリから点がはずれると小脳の機能に問題があるとのこと(小脳は運動を司る)。

 ラストは認知症のテストで、これはスーパーで買えるものを1分以内で出来るだけ多く書くというもの。大根、にんじん、キュウリ、レタスなどと書いていけば良いのだから、認知症でなければ10数個は書けるという代物(野菜だけで10個以上は書けそうだし、ネタに詰まれば肉やらそばやら書けば良いんだから)。これと209を「二百九」、六百八十一を681といった風に数字と漢字の変換のテストを紹介している。これも認知症でなければ楽勝である。

 以上、3時間スペシャル。この番組のスペシャルは、料理とか芸能人の症例とか、医者の紹介とかどうでも良い内容で時間をつぶす場合が多いのだが、今回はみっちりまるごと人間ドックである。これは好感度高し。内容的には今まで出た病気の総集編のような感じだが、簡単な自己診断方法を紹介しているので実用的。

 正直、3時間スペシャルと言うことでまたつまらない料理番組を延々と見せられるかと思っていたが(挙げ句が芸能人の料理教室なんかになった日にはまさに最悪である)、面白い内容であった。この番組の場合はこれでこそ正解です。

 

12/11 たけしの本当は怖い家庭の医学「結核SP」

 1例目は28歳のOL。仕事でバリバリがんばってきた彼女が最近始めたのはダイエット。それは食べるのを野菜だけにして肉類や炭水化物を一切取らずに食事量自体も大幅に減らすというものだった。彼女は1ヶ月後の合コンに向けて、3キロ以上減らすのを目標としていた。そんな彼女にある日異変が現れる鎖骨の上に2センチほどのしこりが現れたのだ。しかしその時は対して気にしなかった。しかしその3日後には微熱が出てなかなか引かなくなる。しかし彼女はそんなことよりも体重が減らなくなったことの方を気にしていた。そこで彼女は食事を1日1食にし、内容も海草などだけ、さらには職場帰りに歩くようにする。そうして体重を2週間で3キロ減らした彼女。しかししこりがさらに腫れ上がっていることに気づくが、合コンは明日なので気にしないようにする。そして合コンで理想の彼氏に出会った彼女、その後も一日一食ダイエットを続ける。そして一週間後、締め付けられる頭痛と激しい吐き気に襲われた彼女は、救急車を呼ぼうとして電話をするが、その電話に対して意味不明の言葉を話した挙げ句に意識を失ってしまう。

 救急車で病院に運ばれた彼女だが、一ヶ月後になくなってしまう。彼女は結核性髄膜炎だった。結核菌の感染で脳の髄膜が炎症を起こして最悪の場合は死に至る病である。彼女は実は結核に感染していたのである。日本でも感染者は2500万人以上いるといわれるが、薬や栄養状態の改善で症状が出る人は減っているという。しかし彼女は無茶なダイエットのせいで抵抗力が低下、結核菌が繁殖してしまったのだという。鎖骨に出たしこりは結核菌の増殖でリンパ節が腫れ上がっていたのだと言う。結核性リンパ節炎の状態になっていたのだとか。それにも関わらず無理なダイエットを続けたことで結核菌が血流に乗って拡散し、髄膜炎を発症したのである。

 ・・・亡くなった女性には気の毒だが「アホか」としか言えない状況。野菜ばっかり摂って肉や炭水化物を一切摂らないというのは確実に身体を壊す典型的な大馬鹿ダイエットです。特に炭水化物抜きダイエットは日本でも「あるある大辞典」が宣伝したせいでやった人が多いようだが、あれは根本的に嘘っぱちなので信用しないように。既に発祥の地のアメリカでは、よほどの馬鹿でもないかぎり相手にもしてません。しかもそれにも飽きたらずついには1日1食の海草だけなんて・・・今回はたまたま結核で死んだだけだが、結核にならなかったところで何か他の病気で死ぬのは時間の問題です。2週間で3キロの減量なんて言うのは、痩せたのではなく「衰弱した」というのです。

 それにそもそも、痩せれば痩せるほど男が喜ぶと思っているのが浅はか。大抵の男は鎖骨が浮かんでいるようなガリガリの女性には興味を持ちません。まあ中にはごく少数のガリガリマニアもいるでしょうが、それならそれと同じぐらいの数のデブマニアもいます。なぜか女性が目指す美しいスタイル(と思っているもの)は、男性から見ると「気色悪い」のが多いんですよね。私なんかもガリガリのモデルを見ても「醜い」としか思いません。そういえば最近のファッション雑誌って、醜いモデルが増えましたね・・・。ちなみに生物学的に見ると、ガリガリのメスというのはオスからは本能的にもてないはずなんです。と言うのはオスから見ると、メスは繁殖のための相手であって、ガリガリと言うことは生命力が低いわけですから、繁殖能力が低いことを意味し、すなわち魅力がないということになりますので。結婚率の減少と少子化の原因も意外とこの辺りにあったりして。世の女性の美意識をいびつに歪めたファッション雑誌なんかは万死に値すると思いますね。

 2例目は65才の男性。定年後に駐車場で夜勤のアルバイトをしていた彼だが、慣れない仕事にミスもしばしばという毎日だった。そんな彼には異変が現れる。朝に乾いた咳が出るようになったのである。熱を測ると微熱がある。しかしその咳は2週間経っても一向におさまらず、病院で精密検査を受けたところ結核との診断を受ける。入院かと驚く彼だが、幸いにも外来の投薬治療で十分とのことだった。彼は4種類の薬を半年間飲み続けるように医師に言われる。そして薬を飲み始めて2週間後、咳などの症状はすっかり治まる。2ヶ月後、医師に薬を飲み続けるように言われる彼だが、その頃から薬をあまり飲まなくなってしまう。そしてついにそのまま薬も通院もしなくなる。途中で保健所から薬をキチン飲んでいるかの確認の電話が入るが、彼はそれに適当に取り繕ってしまう。しかし1年後、再び彼に咳の症状が出る。慌てて病院に行った彼だが、医師に結核専門の病院に入院するように告げられる。そして1ヶ月後、彼は衝撃的な事実を告げられる。

 彼は多剤耐性結核になっていた。薬の効かない結核に感染してしまったのである。それは彼が途中で薬を飲まなくなったことで、耐性菌が出来てしまったのだった。彼は2年後に亡くなる。多剤耐性結核になった場合、半数近くが死に至るという。だから結核の薬は症状が治まっても菌を根絶するまで飲み続けることが重要なのである。

 いわゆる耐性菌の問題。かつては不治の病と言われた結核も薬で治るようになったが、そのせいか結核を甘く見るものが増えて、その結果が耐性菌の蔓延だという。おかげで最近はまた結核での死者が増えているとか。

 さすがに結核と言うべきなのかどうかは分からないが、今回はなんと二人とも死んでしまうと言うハイペースの展開でした。確かに結核は恐ろしい病気なので軽く見ない方が良いですし、1例目のようなアホなダイエットは絶対にするべきでないということを考えると、このぐらいの脅しを入れておいて良いでしょう。特に2例目の薬を最後まで飲むと言うことは極めて重要で、これをしない人間のせいで耐性菌が世の中に繁殖したら、人類は結核に対する有効打を持たない昔の状況に戻りかねないので、これについてはいくら脅しまくっても私は許します(笑)。

 

11/27 たけしの本当は怖い家庭の医学「むくみ」

 1例目は34才のOL。顔にむくみが出ているのに気づいた彼女、しかも顔以外に指などもむくんでいた。しかも翌日になってもむくみは消えず、体重も増加していた。しかもこの体重増加はとまらず、3日で3キロも増加してしまった。さらに身体のだるさも出始め、身体の異常を感じた彼女は翌日に病院に行くことを決める。そして翌日、よく寝たはずなのに身体の疲れが取れていない彼女、体重計に乗ってみると3日で4.5キロも増えていた。

 彼女はネフローゼ症候群だった。腎臓の異常で血液中の水分をコントロールするためのタンパク質が尿として排出されてしまい、体内に水分がたまり最悪は死に至る病である。原因は不明だが、アレルギー体質の人に多いという。典型的症状としてはむくみだが、このむくみが一向に落ちずに体重が急増したりするのが特徴だという。

 2例目は56才の主婦。スーパーでバイトをしている彼女は、足のむくみに悩まされていた。しかも足のだるさまで出るようになった。また朝になるとこむら返りが出るようになる。そして1年後、ふくらはぎの後ろ辺りに発疹が出てくる。そして1ヶ月後、その発疹は広がって大きなただれとなってしまう。

 皮膚科を訪れた彼女は血管外科での精密検査を勧められる。彼女は下肢静脈瘤を発症していた。足の静脈に血液が溜まり、血管が膨れて炎症、出血、潰瘍に至る病である。彼女がこれを発症した原因は、長年の立ち仕事と、日頃の運動不足だった。静脈には逆流防止のための弁があるが、長い立ち仕事などで足の血管の圧力が高まることが続いていると、この弁が破壊されてしまって血液が逆流するようになるのだという。炎症が発生したのは足の血流の悪さによって老廃物が蓄積したためである。長時間の立ち仕事だけでなく、長時間の座り仕事も要注意で、患者には女性が多いという。

 最近はネタ切れか症例が1例だけのパターンが続いたのだが、今回は久しぶりに2例だった。たたいずれも大分前に登場した病気ではある(だからなんの病気かはすぐに推測がついたが)。まあ毎回この番組を見ている視聴者ばかりではないから、以前に登場した例を再登場させること自体は問題はないとは思う。

 さて下肢静脈瘤ですが、長時間の座り仕事も危険と言うこと。はっきり言って私はもろに該当します。足のむくみは出ますし、だるさもあり。何より朝に足がつるというのはしょっちゅうです。もしかしたら足の動脈が詰まっているのかもと思ったことがあります(こちらだと、先週に登場した閉塞性動脈硬化症である)。やっぱり節制と運動が必要なのは重々承知しているのですが・・・。

 

11/13 たけしの本当は怖い家庭の医学「便秘と寝言」

 今回の事例は62才の女性。俳句を始めて充実した人生を送っていた彼女に現れた変調が、便秘と寝言だった。しかし大して気にせずに放置していた2年後、今度は指が震えるという症状が現れる。しかし何かをしようとすると治るので、やはり気にせずに1年放置した。すると今度は手が震え始める。しかし病院に行くのに抵抗を感じる彼女は、手の震えを気にして引きこもりがちになってしまう。さらに1年後にはもう震えが全く止まらなくなってしまっていた。そして決定的な事件が発生したのは、俳句の会に出てこない彼女を心配して友人が訪ねてきた時、玄関に出ようとして立ち上がった彼女は、身体のバランスが全く取れなくなりまっすぐ歩けず、階段から転落してしまう。

 彼女の病名はパーキンソン病だった。神経伝達物質のドーパミンが減少して運動機能に障害が生じる難病である。現在15万人の患者がおり、65歳以上の100人に1人が発症しているという。パーキンソン病の初期では安静時のみに震えが起こるが、重症化すると震えが止まらなくなり、ついには足にまで麻痺が現れるのだとか。この病気の前駆症状として最近の研究で判明したのが便秘と寝言だという。脳幹に異常が発生した時に、これらの症状が出るのだとか。

 番組ではこの後、運動神経の働きなどを見るパーキンソン病の診断方法を紹介、さらに最新治療法の紹介にはいる。

 その最新治療法とは日本大学医学部付属板橋病院の片山容一教授が手がけるDBS手術というもの。これはパーキンソン病が進行して震えがひどい患者に対し、脳の視床下核に電極を埋め込んで電気信号を送ることで神経の異常を抑えるとか。番組では手術の模様を紹介していたが、頭蓋骨に穴を開けて電極を刺し、脳の信号を見ながら細かい位置を決めるというかなり熟練の必要そうな作業。それにしてもかなりの大手術なので、これを選択するには相当の決断がいりそう。

 どうも最近はかつての2題から、1つのネタで引っ張るように変わった模様。やっぱりネタが苦しいんだろう。最初に症例を紹介して、後は料理やスーパードクターで引っ張るという形式。まあ工夫しているのは分かるけど、この番組の最初の頃にあった、怪しげだけど感心するというような面白みはほとんどなくなっちゃったな・・・・。

 

10/2 たけしの本当は怖い家庭の医学「難病&芸能人の症例」

 今回は、前半は特殊な病気に対しての専門医の紹介、後半は芸能人の症例という二部構成の特番になっておりました・・・が、特番なのを知らずに序盤を見逃してしまいました。で、私がテレビをつけた頃には、ほぼ1時間が経過、腹に擬粘液腫の患者が手術を受けるところでした。

 擬粘液腫とは内臓に付着する形でガンが発生し、それが原因で腹部に粘液が溜まっていく病気のようである。症例の患者の場合、体重よりもはるかに多い粘液が腹部にたまり、ついには動けない状態になってしまったという。この病気がたちが悪いのは、擬粘液腫が内臓に張り付いており、内臓を傷つけずにすべてを除去することが出来ないため、のぞけきれなかった擬粘液腫が再び増殖してしまうらしい。

 で、この難病の手術法を開発したのが、腹膜播種支援機構の米村豊医師。彼は静岡がんセンターの消化器外科と活躍していた時に、この病気の治療法を開発し、今では各地を飛び回っているとか。彼が用いるのがボールチップメスという先の丸い電機メスで、これを使うことで臓器を傷つけずに表面のガンをはがすことが出来るのだとのこと(とは言っても、かなりの技術が必要だと思われるが)。症例の患者の女性も、2度にわたる手術の結果、無事に回復したそうな。

 後半は芸能人の症例。まずは元ピンクレディーの増田恵子氏。彼女はピンクレディ時代に殺人的スケジュールを経験しており、盲腸炎を悪化させて腹膜炎を起こしてダウンなんてこともあったそうですが、医師の反対を押し切って傷口がまだ閉じていないのにステージに立ったなんて言う体育会系人間のようです。しかしそれが災いし、バセドゥ病を悪化させてしまったとか。異常に腹が減る、手にふるえが出る、動悸などが起こるという典型的な症状を経験していたにもかかわらず、例によって根性で乗り切ろうとしてしまったとか(更年期障害だと思ったということもあるようですが)。その結果、医師が「よくもここまで」と言うぐらい悪化していたとのこと。教訓、病気の疑いのある時は変な根性論に走らずに、医師の診察を受けましょう。

 2例目は長州小力氏。番組で行った血液検査で滅茶苦茶な値の出た彼は、急遽生活改善プログラムに取り組まされることになったらしい。それは食事のカロリーを通常の半分ぐらいにしてさらに品目を増やす。そして1万歩のウォーキングを取り入れるというもの。かなりしんどそうではあったが、中性脂肪地や血糖値などは順調に低下し、一週間で正常範囲に入った。これらの値は比較的コントロールしやすいのだそうな。ただしLDLやHDLについてはすぐには変化しにくいので、2〜3ヶ月ぐらいの取り組みは必要とのこと。ただこの取り組みで、メタボリックシンドロームは解消だとのこと。

 なお番組ゲストの松村邦洋氏や内山氏も血液検査で引っかかっていたが、松村氏はまだ正常にかなり近い辺り、これに対して内山氏の方はとんでもない値で、医師が「ただちに入院してもらいたいぐらい」との発言も。両者共に体格は似たようなものなのだが、やはり松村氏は最近に取り組んでいる食事改善の効果がハッキリと現れているようだ。となれば、後は内山氏を重点的に生活改善させた方が良さそう。しかし子供の頃から芸能界でかなりわがままに育ってきた彼が、生活改善に取り組めるかどうか(自制心はかなり弱そうである)。また本人は「デブキャラでなくなったら仕事がなくなる」ということを心配しているようで、それがまた確かに推測できることだから大変だろう。

 

9/11 たけしの本当は怖い家庭の医学「爪で分かる病気」

 今回のテーマは爪に兆候が出る病気。

 1例目は56歳の男性。マジック好きの彼は爪の手入れを欠かさなかった。そんな彼がある日、足の親指の爪に黒い線が入っているのに気づく。しかしその時は「ぶつけでもしたのだろう」と大して気にもしなかった。それから1年後、彼は爪の筋など気にしていなかったが、以前よりも線が黒く太くなっていた。しかし痛みなどはない。そしてさらに1年後、爪の筋はさらに太くなっていた。3ヶ月後、ついに彼に変調が現れる。体が異常にだるいのだった。そしてその二週間後、彼の指の爪全体が真っ黒になっていることに驚いた妻に促され、彼は初めて病院を訪れる。しかしそこで彼は直ちに精密検査を受けるように言われ、その半年後には亡くなってしまうのだった。

 彼の病気はメラノーマだった。皮膚ガンの一種であるが進行が速くて、体に転移すると手遅れになってしまうと言う。またこのメラノーマは足に発生することが多く、さらに親指に発症することが多いという。彼の爪に現れた黒い線は、爪の根本でガンが発生したためだった。打撲による出血に伴う黒い筋の場合は爪が伸びるに連れて移動して消えてしまうが、メラノーマの場合は消えずにだんだんと濃くなってくるという。なお生まれつき現れる筋については色素沈着なので危険はないという。

 これ以外に爪に現れる変調として、爪の中央がが白くなっている場合には肝硬変や腎不全、爪全体が白くなっている場合には鉄欠乏性貧血が疑われるという。また爪に縦の筋が現れることがあるが、これは加齢のためなので心配ない。

 2例目は49歳の女性。洗い物をしていた彼女は、爪の周辺が赤くなっていることに気づく。そこで彼女は手荒れ用のクリームをつけておく。その3週間後、クリームを塗り続けていたが、指先の赤みはそのままだった。しかも全身の倦怠感が表れるようになる。そして1ヶ月後、今度はひじが帯状に赤くなっているのに気づく。そして2ヶ月後、朝起きた彼女は、体に力が入らず起きあがることが出来なくなる。しかも足の指まで赤くなっていることに気づく。彼女は20本全部の指が赤くなっていた。気になって近所の皮膚科に行った彼女は、急遽精密検査を受けるように告げられる。

 彼女は子宮体ガンを患っていた。しかし彼女のガンは幸いにして初期状態であった。実は彼女の症状は膠原病の一種である皮膚筋炎の症状だった。皮膚筋炎は単独でも発症するが、子宮体ガンなどのガンと併発することがあるのだという。彼女の場合、皮膚筋炎の症状が現れたことにより、ガンが発見出来たのだった。早期発見が出来た彼女は、抗ガン剤と放射線治療で完治したという。

 これ以外に爪の周囲に変調が現れる病気としては、爪が横に広がったようなバチ指になった場合に、肺ガンを患っている可能性があるという。

 先週、この番組は人死にを出さない方向に路線変更したのだと確信したのだが、今回は2ヶ月ぶりぐらいに死者の発生である。やはり元の路線に戻ったのか? そう言えば去年も確か夏休みの頃に極端に人死にが減ったことがあったような記憶があるのだが、もしかしてこの番組は、夏休みになると人死にが出るのを控えるのか? お子様対策? だけど放送時間を考えるとそれも奇妙だな。

 なお最初に登場したメラノーマは以前にも登場している。その時に「爪に現れる縦の筋は老化」ということも言っており、ネタ的には焼き直しになる。そろそろネタが一回りしてきたかな。まああまりマイナーな病気ばっかり扱っても仕方ないから。

 

9/4 たけしの本当は怖い家庭の医学「貧血」

 今回の事例は57歳の女性。最近彼女は立ちくらみに悩まされていた。以前は貧血だった彼女も、閉経後には貧血は治まっていたのだが、また貧血がぶり返したのだろうか。そんな彼女を心配して夫は鉄分たっぷりのレバー炒めを作ってくれる。しかし鉄分の多い料理を食べ始めて二週間経っても立ちくらみは収まらなかった。しかも1ヶ月後にはちょっと買い物に出かけただけで息切れや動悸がするようになる。心配になった彼女は友人に相談するが、更年期障害ではと言われる。それを聞いた彼女は安心する。しかし2ヶ月後には重い頭痛がするようになり、不安になる。それを聞いた夫は彼女をやや強引に健康診断に連れて行く。検査後、彼女は精密検査を受けるように言われ、そこで本当の病気が判明する。

 彼女は胃ガンを患っていた。患部で出血が起こっており、彼女の貧血はそれが原因となっていた。閉経した女性や、男性に貧血の症状が現れた場合、胃ガンを疑う必要があるという。しかし彼女の場合、健康診断を受けて早期に発見したことが幸いし、治療によって健康を取り戻すことに成功したという。

 以上、前半は胃ガンについて。後半は鉄欠乏性貧血を防ぐための料理の紹介になっていた。例によって番組御用達の料理研究家が登場だが、そっちは興味がないので割愛。

 今回一番印象に残ったのは「良い旦那だな・・・」ということ。この年代で妻のことをこれだけ気遣える旦那は結構少ないと思う。妻のために料理を作ったり、妻の体を案じて健康診断に連れて行ったり。結局はそれが妻の命を救うことになるんだが。やはり健康を保つには、配偶者は選ぶ必要があります・・・なんてことを独身の私がいっても説得力皆無だが。求む!私の健康管理をしてくれる女性(笑)。

 ちなみに今回はこの番組の路線変更を明確に示した回でもあった。明らかに最近は人死にが出なくなっていたこの番組だが、今回は胃ガンという致死性の病気を扱ったにもかかわらず、それでも人死にが出ていないというのは、これは人死にを出さない方向に路線変更したことが明確である。最近は外反母趾などの致死性でない病気が増えていたので、死者の減少はそれが原因と言えないこともなかったが、今回についてはむしろ死亡例の方が多い病気で、むしろ事例の場合は初期で発見できたというかなり幸運な事例だと言える。

 まあ死屍累々の番組内容には批判もあったろうから、それを考慮したのだろう。それにそもそも「最終警告」が出た時には既に手遅れだったというのなら、それは「最終警告」と言うよりも、「最後通牒」ですから。やはり警告というからには、それから治療の手がないと。ただこの路線だと、単におちゃらけた「今日の健康」になっちゃうんですがね・・・。演出と番組としての良心のバランスが難しいところです。

 

8/28 たけしの本当は怖い家庭の医学「おならの関連する病気」

 今回のテーマは「おなら」。これが臭い場合も臭くない場合も問題があるのだとか。

 最初の事例は55歳の男性。おならを我慢するのは体に悪いと考えている彼は、家で平気でプープーやるのだが、それが非常に臭いので、家族の顰蹙をかっていた。しかしさすがの彼も会社の会議中にプープーやるわけにはいかない。長会議でおならを我慢しているうちにお腹が重く張ってきた。その時は会議後にトイレで一発で腹の張りは楽になったのだが、翌日に異常が現れた。いつものように一発ぶちかまそうとトイレに入ったのだが、すかしっ屁のような屁しが出ず、腹の張りもすっきりしない。実はなんとこれが最終警告。2日後には日頃は下痢気味だった彼が、便秘の上におならも出なくなってしまった。そしてその夜、お腹の激痛でのたうち回る彼は、急遽病院に運ばれることとなる。

 彼の病名は大腸憩室炎。大腸に休憩室ならぬ憩室と呼ばれる窪みが出来、そこに便などが詰まって炎症を起こす病気である。最悪は腸閉塞などで命に関わるという。憩室が出来る原因だが、便秘だとのこと。便秘の便を押し出すために腸が蠕動運動を繰り返すことで腸壁が弱り、便が発酵して生成したガスの圧力などで憩室が出来ると考えられるとのこと。彼は便秘ではなく下痢気味だったのだが、実は彼は肉食中心の生活のために宿便が出来ていたのだという。そして腸はそれを押し流すために水分を放出して下痢になっていたのだとか。そして腸に発生した炎症が腸を圧迫して便が通りにくくなっていたのだという。最後の瞬間には炎症から腸内細菌がお腹中に広がって激痛につながったのだとか。臭いおならこそが警告だったのだとのこと。こういう人は食物繊維を摂ることが重要だという。

 2例目は40歳の女性。夫の浮気から離婚調停中の彼女には、最近に別の悩みが発生していた。頻繁におならがしたくなってしまうのだである。しかしなぜかそのおならは全く臭くないのである。しかも緊張するほどおならがしたくなり、また夕方になるとおならがしたくなるのだった。ネットで調べた彼女は、自分が大腸ガンではないかと思って医者にかかるが、検査の結果は異常なしであった。しかし今度は激しい動悸にまで襲われるようになる。彼女はドクターショッピングの状態になるが、いつまで経っても原因はハッキリしなかった。やがて家に引きこもるようになってしまった彼女。そんな彼女はふと目にした雑誌の記事にひっかかり、一縷の望みを持って雑誌に書いてあった病院を訪れた。そこで彼女の病名が判明する。

 彼女の病名は噛みしめ呑気症候群だった。緊張やストレスが原因でゲップやおならなどが出る心身症である。原因不明のために鬱病になることまであるという。日本人の8人に1人が患っているとか。ストレスで歯を噛みしめることで、唾液を飲む時に空気を一緒に飲んでしまうのだという。そのために腸に届いた空気がおならになっていたのだという。なお激しい動悸は、心臓の鼓動が空気でふくらんだ胃に反響したのだとか(狸の腹鼓みたいだ)。彼女の場合、病名が分からないことがストレスになり、さらに悪化していたのだという。

 1例目は大腸ガンではないかと思ったのだが、別の病気の方だった。ちなみにこの男性は手術によって回復とのことで、またも今回も死者はなしである(大腸ガンだったら、激痛が来る状態になったらまず助からない)。一般に肉食は大腸ガンの原因にもなりやすいことが知られているが、これはよろしからぬ腸内細菌が繁殖するためだという。

 2例目はこれも通常は致死性の病ではありません。なおこの症状については私はもろに心当たりあり。私の場合はおならではなく、頻繁にゲップが出る。明らかに胃が張っている感じもある。こりゃやばいわ・・・私は傍若無人な人間に見えて、その実はのみの心臓であるらしい(笑)。

 で、次回のテーマは目眩・・・で、貧血のようである。ただ私は貧血ではないはずなのに、結構目眩はある。どうも三半規管が弱っているような。

 

8/14 たけしの本当は怖い家庭の医学「腰痛&疲れからくる病気」

 今回の1例目も先週に続いて腰痛。しかし当然ながら別の病気である。

 43歳の男性、かつてはサーファーとしてならした彼も、今は昔、現在は運動不足ですっかり太ってしまっていた。その挙げ句に最近は腰痛が起こるようになり、妻からは肥満のせいだとなじられる始末。そんな彼がこの夏には家族を連れてキャンプに行く、日頃子供を放ったらかしにしていた彼は、張り切ってボート遊びにハイキングと子供達と汗を流す。しかしこれが病気の引き金となる。腰にいつもより強い痛みがするようになったのだ。そして三泊四日の家族旅行の最後の夜。妻と子供は花火見物に出かけたが、疲れた彼は一人でバンガローで休んでいた。しかし30分後、立ち上がろうとした彼は腰にかつてないほどの強い痛みを感じたのである。しかも時間と共に痛みはおなかから背中全体へと広がっていき、動くことも出来なくなってしまった。もうこのまま自分は死んでしまうのだろうか、彼がそう思った時、帰ってきた妻によって彼は直ちに病院に送られる。

 彼の病気は尿路結石だった。腎臓中に析出したシュウ酸カルシウムが結晶化し、尿管などにつまる病気である。激痛で知られている。そして彼がこれを患った原因は食生活にあった。彼の食生活は肉食に偏っており、そのために尿が酸性化し、シュウ酸カルシウムの排出が多くなっていた。しかもそれに拍車を掛けたのがキャンプでの大量の発汗、その結果尿は濃縮され、シュウ酸カルシウムの結晶が成長してしまったのだった。

 2例目は夫婦で喫茶店を経営していた50歳の女性。彼女はこの夏、新婚旅行以来という海外旅行に出かけることになり張り切っていた。そして一週間後、無事に旅行から帰ってきたものの、彼女はくたくたになっていた。そして翌日から変調が現れる。最初は朝の頭痛だった。しかし仕事を休むわけにも行かず、市販の頭痛薬でしのぐ。しかし翌日も頭痛が発生し、しかも薬が効かない。夫に促されて彼女は近くの病院で診察を受けるが、脳の検査には特に異常はなく、神経痛ではないかと言われる。しかし翌朝も頭痛は治まらない。また顔を洗おうとした彼女は、虫にでも刺されたのか額に発疹があるのに気づく。その日は彼女はそのまま仕事をした彼女だが、その夜には額に水疱が現れているのに気づく。驚いた彼女は夫に相談、翌朝に病院に行くことにする。しかし翌朝、顔の痛みで目が覚めた彼女は、自分の顔が水疱で覆われていることに気づき驚く。

 慌てて夫に連れられて病院に行った彼女に告げられた病名は帯状疱疹だった。水疱瘡のウィルスが神経などに潜在化し、免疫力が低下した時などに再び現れる病気である。高齢化したりストレスなどで抵抗力が落ちた時に現れることが多いという。また水疱瘡は日本人の9割は感染するので、非常に現れやすい病気でもある。彼女の場合は三叉神経が感染したことで、額に発疹が現れたのだという。また進行が早いために早期発見が重要な病気で、彼女の場合は発見が遅れたせいで、頭痛などの深刻な後遺症が残ることになってしまったという。

 1例目は結構多い病気。これの激痛はかなりのもので、実際に経験した人間によると「このまま死んでしまうのではないか」と思うぐらいの激痛だそうです。ただよほど運が悪くない限り、この病気ではすぐには死にません。適切な治療さえ受けられれば大丈夫です。むしろ大抵は激痛のあまりに直ちに病院に運ばれるので、かえって治療を怠るということがないくらいです。

 2例目はこれも最近注目されている病気。この番組でも何度も登場しています。なおこれの危険があるからと言って、水疱瘡に感染しないようにしたら良いかと言えばそれも問題で、大人になってから水疱瘡に感染すると重症化するので、やはり子供の時にかかっておいた方が良いように思います。そもそも免疫が低下すると、帯状疱疹に限らずいろいろな病気が出ますので、免疫力が低下しないような生活が大事です。よく言われることですが、規則正しい生活に栄養バランス、適度な運動と言うところでしょうか(偉そうなことを言っている私は、どれも全く実践できてませんが・・・・)。

 やはり今回も人死にが出なかったこの番組。やっぱり方針転換があったのか。もっとも人死にが出る必然性はないので、別にこれでも問題はありませんが。なお最近は昔のように奇病に偏らずに、より一般的な病気が増えたようです。おかげで今回の症例は、どちらも途中で病名が推測ついてしまった。おかげで驚きはない(笑)。

 

8/7 たけしの本当は怖い家庭の医学「腰痛&爪の切り方」

 今回は女性に多い足の病気二題。

 1例目は息子夫婦と同居を始めた51歳の女性。長年男所帯だった彼女には、若い嫁との同居は刺激に満ちたものだった。灰比ヒールで出かけていく嫁を見て、自分のことを思い出す彼女。かつてはハイヒールで勤めに出ていた彼女も、結婚後はもっぱら楽なにおばさんサンダルばかりになっていた。そんな彼女の最近の悩みは腰痛だったが、彼女はそれを年のせいと諦めていた。しかし腰痛ならウォーキングが良いのではと嫁に勧められて、彼女は一念発起でウォーキングを始める。ウォーキング開始直後は腰痛が軽くなったように感じていた彼女、しかし一週間後には腰痛が再発、しかも背中全体に張りが広がっていた。しかし彼女は「運動が体に悪いはずがない」と運動を続ける。だが三ヶ月後、昔のハイヒールを引っ張り出して嫁と買い物に出かけたその出先、ふくらはぎから下が強烈に痛み始め、そのまま激痛で倒れ込んでしまう。

 彼女の病名は外反母趾。足の指が変形してまう病気で、女性の患者が男性の10倍以上だという。特に原因となるのがハイヒールなどの靴。足先に体重がかかることで人体がゆるみ、広がった足先が圧迫されて親指が変形してしまうのだ。実は彼女も昔のOL時代に外反母趾を煩っていたのだが、その後にサンダルなどを履くようになったことで、その痛みから逃れていたのだった。しかしこれが落とし穴で、ある程度進行した外反母趾は、揺るい靴などに変えても歩くだけで徐々に進行してしまうのだという。足の中指の根本などにタコがある人は要注意だという。彼女の腰痛は実はこの外反母趾が原因となっていたのだという。そして最後の瞬間、彼女はついに親指を脱臼してしまったとか。若い頃の外反母趾が50代以降などに悪化する例も多いという。

 なお番組では後頸骨筋という筋肉を鍛える体操を紹介。椅子に座って方足首を膝の上にのせ、足裏をのぞくように足首を動かす運動である。ただこの運動はかかとが内側を向いている内反足の人には逆効果になるのでやめて欲しいとのこと。

 2例目は爪の切り方のまずさで患う病気。32歳のOL。足の爪でストッキングが破れてしまった彼女は、それ以来足の爪の白い部分を完全に切るようになる。しかしその3ヶ月後、足に刺すような痛みを感じた彼女は、足をチェックすると、親指の脇が赤く腫れ上がっているのを見つける。爪の端が親指の肉に食い込んでいたのである。そこで彼女は以前以上に爪の両端を深く切り落とすことにする。すると翌日には痛みは引いていた。それ以来、彼女は指先が痛み始めると爪を切るようになった。しかしその二週間後、今度は爪の端から膿が出始める。そこで患部を消毒して絆創膏で処置した。しかし数日後、絆創膏が赤黒く染まっているのに気づいた彼女が患部を見てみると、爪の端から粒状に肉が盛り上がる状態になってしまった。

 彼女の病名は陥入爪。爪の角が肉に刺さって炎症などを起こす病気である。俗に巻き爪などとも言われる病気で、成人の10人に1人が患っているとか。そしてこれの原因になるのが爪の切りすぎ。爪を切りすぎることで、爪の下の肉が地面の圧力で盛り上がるようになり、爪が横からの圧力で巻き始めるようになるのだという。しかも外反母趾がある場合にはさらに悪化を促されることになるという。

 どちらの女性が多い病気ですが、男性にも発生します。実のところ、陥入爪は私もやっています。私の場合はこれで親指が炎症を起こし、結局は爪の端を切り落とす手術をしました。しかしそれから数年後にまた再発し、再手術をしています。私の場合は仕事のために履く安全靴が爪に当たっていたようで、靴を変えてようやく良くなったという経験があります。なお外反母趾については特に症状はありませんが、土踏まずが少ない足(いわゆる扁平足)の上に、足の中指の根本にタコが出来てますので、十分に可能性はあるところです。そもそも最近は体重が増加しすぎててきめんに足に負担がかかっているので、膝や足の不調はでやすくなっています。

 それにしても最近この番組に顕著に表れている傾向は「人死にがでない」ということ。今回などはそもそも死人がでるわけのない病気だが(外反母趾で死ぬと言うことはさすがにない)、前回や前々回のような致死性の病気の症例でも、患者が亡くなったという表現はない(リハビリ中というような事例が多い)。これはどうやら「恐すぎ」という批判を気にしだしたか。確かに過度に恐怖を煽るのはどうかとも感じるから。もっともあまり表現がソフトになりすぎると、病気の怖さが伝わらないなんてこともあるのだが。私としてはこの番組の演出は一応許容範囲内なのだが(下品だとは感じるが)、気になる人には気になるだろう。

 

7/31 たけしの本当は怖い家庭の医学「血管の病気SP」

 最近は日本人も血管の疾患が増えている。その中には、先ほどまで何ともなかった人が突然倒れて、最悪はそれっきりになる例も。今回はそんな血管にまつわる疾患の例。

 番組に登場する61歳の会社員は、わずか2時間足らずのうちに生死の境をさまよったという(本人が出演している)。

 夏バテ知らずだった彼は、いつもと同じように午前8時40分に、出社前に両親をかかりつけの整形外科に送ってから職場に出かけた。しかし午前10時、職場で印刷物を運ぼうとした時に、急に右肩に押されるような鈍い痛みを感じる。そこで一服しながら休憩するが、どうもたばこがうまくない。そこでたばこを消して10分ほど休むと肩の痛みは消えた。そして午前10時30分、両親を迎えに整形外科に車を走らせた時、今度は左肩に重い痛みが襲ってくる。先ほどに比べると激しい痛みだったが、この時は病院に行くほどでもないと考え、なんとか車を運転して病院の駐車場までたどり着く。しかし駐車場にたどり着いた時には状況はさらに悪化していた。大量に発汗し、胃の痛みや吐き気が襲ってきたのである。不安になった彼がフラフラになりながら両親の通う整形外科にたどり着いたのは11時だった。尋常でない彼の姿を見た医師は、直ちに専門医に診せるために救急車を手配する。しかし彼は搬送中の救急車の中で心機能停止状態になってしまう。幸いにして電気ショックで彼の心臓は再び機能を取り戻したが、彼は生死の境をさまよったのである(臨死体験である)。

 彼の病は急性心筋梗塞だった。心臓の冠動脈の閉塞に伴う病状である。彼の血管の中には不安定プラークと呼ばれるコレステロールの固まりが生成しており、これが心筋梗塞の原因となっていた。従来は心臓の血管が徐々に狭くなり、7割がふさがった時に全段症状が発生し、完全に閉塞すると心機能停止が起こると考えられていた。しかし最近の研究で判明した新事実によると、不安定プラークが生成した場合、血管の50%以下の大きさでも突然に血管壁が破れ、集まってきた血小板で数分から数十分で血管が閉塞することが明らかになったという。

 この不安定プラーク生成の原因は食の欧米化によるコレステロールの増加。血管の傷口から侵入したコレステロールが不安手プラークを生成するのだという。コレステロール値が高い人は要注意だという。

 番組ではフラミンガム・リスク・ポイントという心筋梗塞の危険性を示す指標をゲストに適用していた。この指標はアメリカの都市・フラミンガムで1万5千人の住民を調査した結果によるものだとか。指標に用いるのは、年齢、総コレステロール値、HDLコレステロール値、上の血圧の値、喫煙習慣の有無とか。ちなみに心筋梗塞については、男性の方が4〜5倍リスクが大きいとか。なお防止には運動が効果的とのことで、1週間に少なくとも900kcalの運動が必要とのこと。運動としては1週間に2時間以上で1回に30分以上の運動とのこと。なお散歩程度なら不十分で、早足で歩くなどの工夫が必要とか。

 後半はスーパードクター。順天堂大学医学部の心臓血管外科の天野篤医師を紹介。心臓を動かしたまま、1.5ミリの血管を10分程度でつないでしまうという神業の持ち主である(以前に他の番組で見た記憶がある)。心臓を動かしたまま手術するので、患者の負担が小さく、退院が早いのが特徴。

 ここのところ番組の方向性が大分変わってきたということを感じる。まず患者が死ななくなった(笑)。それに以前に比べると、普通の病気の紹介が多くなってきた。番組としての刺激は少なくなり、より実用性を重視の方向。しかしそれだと他の番組との差別化が出来ないのが辛いところ。ネタがなくなったというのが最大の理由だとは思うが、このまま行けば、いずれはガッテンの健康シリーズと大差なくなってくる可能性大。まあ確かに、何万人に一人しかいないような病気を紹介しても実用性は皆無だが、知識としては面白いのだが・・・。

 

7/24 たけしの本当は怖い家庭の医学「夏に気を付ける病気」

 今年は猛暑だと予想されているが、猛暑が原因で発症する病気もある。今回はそのような病気の特集。

 1例目は55歳の女性。夫を亡くして一人暮らしの彼女だが、趣味の会で知り合った仲間と充実した毎日を送っていた。そんな彼女の悩みは夜間の頻尿。一晩に3回も目が覚めるので寝不足になっていた。そんな彼女に対して友人は「水分を控えると良い」とアドバイスする。そこで彼女はそれを実践ししたところ、夜間のトイレの回数が1回に減少、睡眠不足が解消された。そしてその夏、水分を控えると共に汗をかいた方がよいと考えてクーラーを使っていなかった彼女。しかし変調が現れる。朝起きた時に左手にしびれが出たのだった。このしびれは30分ほどで消えたが、数日後は今度は足のもつれが現れる。しかしこの症状もすぐに消えたので忘れてしまった。しかしさらに数日後、翌日旅行に行くためにその晩も水分を控えた彼女。しかしその晩はこの夏一番の猛暑で、彼女はぐっしょりと汗をかいていた。そして朝、寝過ごしてしまってあわてて立ち上がった彼女は、突然に激しいめまいと共に意識を失って倒れてしまうのである。

 1時間後に訪ねてきた友人が彼女を発見して病院に担ぎ込まれる。彼女の病名は血行力学性脳梗塞。動脈硬化で狭くなった欠陥で、血流が途絶えてしまう病気である。一般的な脳梗塞は血管が完全に閉塞することで発症するが、この脳梗塞は血管が完全には閉塞していないのに発症する。原因は脱水症状による血液の粘度の上昇。寝る前に水分を控えていた上に、睡眠中に汗をかいたことで血液が濃縮され、起きあがった時に脳への血流を維持できなくなったのである。

 2例目は66歳の女性。糖尿病を患ったために娘のいる東京に移り住むことになった彼女は、東京で初めてのマンション生活を送ることになった。東京は暑いが自分は暑さに強いと思っていた彼女は、クーラーをなるべく使わなかった。しかしこれが徒になる。留守番をしていた彼女は、そんなに暑さを感じなかったのでクーラーを切った。一緒に家にいた孫は暑いとしきりに飲み物を摂るが、彼女は特にのどの渇きを感じていなかった。やがて孫は遊びに出かけるが、その後の彼女に変調が現れる。吐き気が起こったのである。少し休んだ彼女だが、今度は倦怠感が表れてくる。救急車を呼ぶことも考えた彼女だが、大騒ぎはしたくないと思ってそれはやめる。しかしそれが裏目に出る。夕方になって娘が帰ってきた時、蒸し暑いリビングの中で意識がもうろうとして倒れている母を発見するのである。

 彼女の症状は熱中症。体温調節が効かなくなり、最悪は死に至る病である。屋外の病気のイメージが強いが、3割以上が屋内で発生しており、高齢者に多いという。高齢者は暑さに対する感覚が鈍くなる上に、のどの渇きに対する知覚も鈍くなるので、対処が遅れがちになるのだというる。さらに彼女の場合、糖尿病が知覚神経の性能低下に拍車をかけていたという。そのために彼女は40度近くの部屋に居続けてしまい、熱中症になったのだという。

 1例目は「完全に閉塞はしていないのに血流が止まる」というのがポイントである。血液の粘度にはいろいろな要素が影響するが、実は高脂血症や高血糖症よりも、短期的にてきめんに影響するのが体の水分である。だからインチキ番組などでは、脱水症市場にして血液がドロドロになっているのを見せてから、サプリを十分な水と一緒に摂らせて「さあ、このサプリの効果で血液がこんなにサラサラになりました」とやるわけである。当然ながら血液の粘度が変わったのは、サプリの効果ではなくて水の効果であるという仕掛け。要は脱水状態になることはそれだけ危険だと言うことである。元々危険要素がある人は、より気を付ける必要がある。

 2例目は毎年これで死者が出ている病気。あちこちで注意はされているにもかかわらず、それでもまだ発生している。最近はさすがに減ってきたが、昔はアホなスポーツ指導者が根性論を振りかざして、水を摂らさずに夏にトレーニングさせた結果死者が出るということが毎年発生してました。さすがに今時は「運動中には水を摂るな」というアホな指導者はほぼ根絶されたと思いますが、もしこんな馬鹿がまだ生き残っていたら、早急に解雇の必要がある。人命に関わることなので。

 また老人に多い勘違いの一つが「クーラーは贅沢だ」というもの。確かに自然の多い田舎では夏でもクーラーなしで過ごすことは可能であるが、自然のないコンクリートジャングルの都会では、夏にクーラーなしで暮らすことは物理的に不可能と考えた方がよい。しかし未だにこの意識がなかなか浸透していないらしく、役所の担当者が「生活保護を受給しているのにクーラーを使うのは贅沢だ」として、高齢者の住宅からクーラーを撤去したせいで、そこの住民が熱中症で瀕死の状態になってしまったなどという事件も発生している。クーラーに頼らないといけなくなったのは現代人が軟弱になったからだという精神論的論調が未だに残っていたりするが、それは根本的間違いで、クーラーがないと生きていけないほど現在の都会の環境が悪化しているというのが現実である。もし戦前の人間を現代の都会に連れてきたとしても、やはりクーラーなしでの生活は無理なはずである。

 もし今の都会でクーラーなしの生活を実現しようとすると、一切のマイカー所有を禁止し、道路のアスファルトをすべてはがして土の道路にし、オフィスや商店の半分以上を都会から追い出してビルをつぶして跡地を緑地にし、人口も現在の1/4程度にした後に、一切のクーラーの使用を禁止する。このぐらいのことをしないと現在の都会でクーラーなしで生活することは不可能だろう。結局、現在の都会の自然に反した生活スタイルが集約されているのが、クーラーなしでの生活が不可能な環境というわけである。実のところ、たとえば今の東京などは生活場所としては破綻しているのは明らかである。私の推測するところでは、東京の適正人口はせいぜい最大で百万人程度までであろう。

 なお高齢者になるほど温度に対する知覚が鈍ってくるということは・・・・なんとなく東京の銭湯で年寄りが異常に熱い湯に入っている理由が分かったような気がする。江戸っ子は知覚神経が鈍ってたのか(笑)。

 

7/17 たけしの本当は怖い家庭の医学「高血圧スペシャル」

 今回のテーマは高血圧。最初に登場する事例は、会社の定期健康診断では血圧の異常が現れなかったのに、頭痛から始まって、動悸、そして最後は手のしびれとろれつが回らないという症状が出て倒れてしまった男性の例。彼は脳梗塞を患っていた。そして彼のように、検査では高血圧ではないのに実は高血圧である人間を仮面高血圧という。

 彼の場合は仕事に対して責任感が強く、バリバリと取り組むタイプだったので、職場で常に高血圧状態だったのである。しかし検査の時は病院でリラックスしているので血圧が下がる。だから検査では見つからないということ。彼のような仮面高血圧が増えているという。

 それを調べるには朝の血圧を測定するのが一番だという。仮面高血圧などがあると、ここで異常な血圧が出ることが多い。上は135、下は85を目安にとのこと。

 以上が番組の前半で、後半は高血圧予防のための減塩味噌汁。例によってこの番組御用達の奥園壽子氏による料理紹介である。ポイントは出汁を良く効かせると、みそが少なくても味が薄いと感じないこと。と言うわけで、昆布に対して、鰹節や煮干し、豚肉と干し椎茸などを組み合わせていた。

 うーん、正直なところ非常に中身が薄いという印象。仮面高血圧にしても減塩味噌汁にしても、ガッテンを見ていたらいずれも登場しています。だから今回は最後まで見る前から中身が分かってしまった。まあ、より「実用性が高い」番組になったとは言えるが、個人的にはあまり面白くなくなってきた。この番組の最大の面白みは、意外な病気を紹介することにあったと思うのだが・・・・多分、かなり深刻なネタ切れなんでしょうね。やはりこの番組もビフォーアフターみたいに季節番組に変更する必要があると思います。このままだったらごく普通の健康番組になり、そのうちに内容も怪しくなってくるんじゃないかという嫌な予感がする。

 

7/10 たけしの本当は怖い家庭の医学「美容医学スペシャル」

 今回のテーマは美容医学・・・という時点で私は興味が90%減(当社比)。思わず無視しようかと思ったが、そういうわけにもいかんので・・・。

 で、事例は47歳の女性が、高校時代の同窓会で老けたと言われたことで、昔はもてていたというプライドを刺激されてフェイスケアに励みだした例。そのやり方が徹底していて、顔は徹底的に洗うし、化粧水も徹底的に塗って、顔のマッサージも欠かさず、運動は肌に良いと夜中でもジョギングに行くという始末。しかし結果として逆に肌の状態は最悪になってしまったという結末。

 正直「馬鹿じゃなかろか」という言葉しか出てこないのだが・・・。化粧品メーカーの洗顔剤で顔を洗いまくり、その上に何とかクリームの類を使いまくっていたら、あっという間に肌なんてボロボロになります。化粧品メーカーが唱えるスキンケアなんて実践したらとんでもないことになりますよという事例。さすがに番組ではそんなことは露骨に言いませんが、医学の世界の人間の間では、化粧品メーカーはわざと肌をボロボロにするような方法を勧めているというのは暗黙の了解(中にはメーカーの手先になっている研究者もいるが)。化粧品で肌をボロボロにしておいて、さらにスキンケア用化粧品を販売するのを「マッチポンプ商法」という。

 とにかく人間の肌は角質層などで油分が保たれ、それが保湿の源になっているので洗いすぎは駄目。番組でも提案していた洗顔方法は、石けんを十分に泡立ててそれを肌に当てる感じで直接はこすらない洗顔法。これで十分に化粧品は落ちるという。見た目に化粧品が落ちていたら十分とのこと。化粧品を落とさないまま寝てしまうのは問題外だが、化粧品を落とそうと化粧品メーカーが売っている洗剤(洗顔剤というのは洗剤です)で肌をゴシゴシやると、一発で肌なんてボロボロになります。

 で、その後に紹介されたのは最先端の美容医学。光を当ててメラミンを焼いてシミをとるとか、しわのところに自分の血小板を入れてしわを消すとか、ラジオ波で肌の奥に刺激を与えてたるみをとるとか、レーザーで肌の表面を焼いて肌質を改善するとかいうもの。ただいずれも保険外なのでやけに費用が高いようですが。

 最後はこの番組に何度も登場したリハビリメイクを紹介して終わり。二時間SPだった割にはやけに中身が薄かったのも、いかにも美容医学的だった・・・。

 

6/19 たけしの本当は怖い家庭の医学「骨粗鬆症」

 今回は高齢化社会の進展と共に、患者数が増加して問題になっている病気について。そう言えば、つい先日にガッテンが、まさしく同じテーマを扱ってたな・・・。

 最初の事例は骨密度測定で84%(正常範囲内)だった50才の女性が、閉経後のわずか2年で72%にまで骨密度が低下し、転倒した際に大腿骨頸部骨折をしてしまった例。

 人間の骨は骨を分解する破骨細胞と、骨を生成する骨芽細胞の働きがバランスすることで保たれているが、高齢化すると共に骨の生成能力やカルシウムの吸収力などが落ちてくるため、どうしても骨密度が低下してくる。特に女性の場合、閉経による女性ホルモンの減少がこのバランスを崩しやすい。ただ彼女の骨密度の低下の仕方はあまりに異常なのだが、時折原因不明だがこのような極端な例が発生するという。だから骨密度測定は毎年行うことが必要なのだとか。彼女の場合も、急激な骨密度低下を事前に察知していれば、投薬治療などの手もあったという。

 2つ目の事例は、48才で閉経前にも関わらずたまたま受けた人間ドックで骨粗鬆症を指摘された女性。彼女が骨粗鬆症を患った原因は慢性腎臓病にあったという。彼女は日頃の生活の不摂生などから腎機能が低下しており、それが原因となって骨の生成に欠かせない活性型ビタミンD3の生産が減少することで、骨を生成する働きが衰えて骨代謝のバランスが崩れたのだという。カロリーの摂り過ぎや運動不足などが危険だという。慢性腎臓病は日本人の6人に1人の割合で存在するとのことで、将来の骨粗鬆症の増加が懸念されるという。メタボリックシンドロームに該当する場合の、もうひとつの危険ファクターになるとか。

 以前のガッテンでは、骨粗鬆症が動脈硬化の原因になるということもあげられていたし、これはメタボリック患者は袋だたきである。うーん、私も自分の出っ張った腹を眺めつつ、ため息出ることしきり。ちなみに私は体重増加が原因で、骨粗鬆症や動脈硬化などと言う以前に、腰を患ってます。こりゃ本気で対策しないと長くないわ。あの松村邦洋でも減量したということだし。

 

6/12 たけしの本当は怖い家庭の医学「認知症」

 今回のテーマは認知症。認知症と言えばアルツハイマーが一番メジャーで、次に微少脳梗塞などから来る脳血管性認知症が2大認知症と言われていたのだが、ここに脳血管性認知症をしのぐのではないかという第3の認知症が現れたのだという。

 まず最初に紹介されるのは、アルツハイマーについて。ここで紹介されるのは、去年の9/19のアルツハイマー予防のスペシャルで登場した事例の再利用である。この時にポイントになるのは、どこまでが前駆症状でどこからがアルツハイマーの発症かなのだが、自分が物忘れをしているということが分からなくなった時がアルツハイマーの発症であり、それ以前はMCIと呼ばれる軽度認知障害なのだとのこと。テスト方法として実施されていたのは、最初に3つの言葉を覚えてもらってから、計算などをさせて、その後に最初の言葉を覚えているかというもの。

 さて後半が今回の目玉である第3の認知症について。

 事例は62才の元小学校教師の女性。最近彼女は、夜になると恐い夢を見て大声を上げることが多くなっていた。そして4年後、いつも楽しみにしていた教え子たちの同窓会をことわるようになった。そしてその2ヶ月後、目の前に子供が見えるようになる。夫を呼んだものの、夫には何も見えない。彼女の幻覚なのである。しかもそのことを指摘された彼女は、夫に対して声を張り上げたのだった。温厚な彼女には今までになかった行動、不安を感じた夫は娘を呼んでみたのだが、娘の前では彼女は特に異常な行動を見せなかった。その後、特に言動におかしなところもなかったので、気のせいかと夫が安心しかけた時、さらなる異常行動が現れる。壁につるした自分の服を見て、部屋に女が入り込んでいると言い張るのである。心配になった夫は再び娘を呼ぶが、今度は彼女は自分の娘をかつての教え子だと思いこんでしまう。翌日、二人は彼女を病院に連れて行ったところ、彼女の病名が判明した。

 彼女はレビー小体型認知症を発症していた。これが第3の認知症である。これは脳の神経細胞に異常なタンパク質が蓄積し、レビー小体という構造物が出来て発症するのだという。特に視覚野に異常が現れやすく、視覚異常が現れるので、幻視や錯視などが現れるのだという。しかし本人は自分は正しく見えていると思っているし、日によって良くなったり悪くなったりするので発見が遅れてしまうのだという。発症すると急激に症状が進行し、記憶障害が現れたり、筋肉のこわばりなどのパーキンソン症状が現れ(だから今まではパーキンソン病だと思われていた例が多いという)、数年で寝たきりになって死に至ることがあるという。残念ながら現在のところは治療法はないが、早期の投薬治療で症状の進行を遅らせることはできるという。

 番組では早期発見の手がかりを紹介。睡眠状態と精神状態にポイントがあるという。睡眠状態については去年の11/7に紹介されているレム睡眠行動障害が、精神状態については老年期うつ症状が危険であるという。

 レビー小体型認知症というのは初めて聞いたが、脳内に異常なタンパク質が蓄積するというのは、BSEと共通する症状である。原因はアメリカの危険な牛肉と違うのか? もしそうだったら、多分原因は永久に判明しない(判明しても認められない)ということになりそうだが。

 認知症は早期発見が重要なのであるが、問題は今のところ根治療法はないこと。せいぜいが進行を遅らせるだけである。しかも本人がまだ自覚できるうちに「あなたは認知症です」と宣告されるのは、本人にとっても家族にとっても非常に残酷なものである。そう考えるあまりにやるせないのであるが・・・。

 ところで今回、第3の認知症の紹介は良いとして、前半は体の良い使い回しだよな・・・。放送素材の有効活用? これはNHKの得意技(笑)。正直なところは、相当ネタに苦しんでいるのだと思うが。実際、最近はこの番組は完全に不定期になってきているし。いっそのこと腹を括って、季刊とか月刊にしてしまうのも手だと思うがな。どうでも良いようなくだらんロンブーの番組の特番ばかりするぐらいなら(私の最も嫌いなタイプの番組)、いっそのこと他の番組を入れてしまった方が良いのでは。

 

5/29 たけしの本当は怖い家庭の医学「ストレスから来る病気」

 1例目は33才のOL。文具メーカーの宣伝畑で責任あるポジションで仕事に頑張っていた彼女、仕事に非常にやりがいを感じていたのだが、悩みの種が一つあった。それは大雑把で具体的な仕事の指示もまともに出来ない馬鹿上司だった。しかもいくら仕事を頑張ってもねぎらいの言葉もなく、すぐに次の仕事を振ってくるという駄目上司であった。勢いストレスは溜まっていっていた。ただ彼女は最近はむしろ食欲が増しており、机の中に甘いものを欠かせないような状態になっていたし、夜は夜で数分で熟睡してしまう状態だったので、自分では大丈夫だと思っていた。しかし変調は現れる。あれだけ睡眠をとったのに、手足が鉛のように重いのである。夜になってもそれはおさまらない。しかし実家の母からかかってきた電話に話しているうちに、それらの症状は嘘のように消えてしまった。疲れているだけだと思った彼女、しかし半年後、決定的なことが起こる。例によっての上司からの無茶苦茶な指示に、突然にぶち切れてしまうのだった。これがきっかけで彼女はベッドから起きあがれなくなり、無性に悲しさがこみ上げてきたり、イライラしたりと精神的に不安定になってしまう。3日後、連絡が取れないことを心配した彼女の部屋を訪れた母が目にしたのは、うつろな表情で部屋の中に座り込んでいる彼女の姿だった。

 彼女は非定型うつ病を発症していた。従来のうつ病は食欲不振や不眠などの症状が出るが、この病気の初期症状は全く逆で食欲が増す上に睡眠が過剰になるというものである。そのために鬱だとは気づかずに重症化して、自殺などにつながる危険があるという。またこの病気の特徴は気分反応性と言って、自分の好ましいことがあると急激に症状が改善することがあるのが特徴だという。それだけによけい気がつきにくいのだという。16〜35才の女性に急増中だという。

 2例目はオフィス機器のサービスマンの50才の男性。仕事柄ストレスにさらされることが多く、連日上司に怒鳴られまくっている彼、そんな彼にとってのうれしいことは、得意先の31才の事務員の女性のこと。実は彼はやさしい彼女にときめいていたのである。ただ50才でバツイチの彼は、その思いは胸にしまっていた。そんな彼であるが、ある日、彼女にあった時にキュンと胸が締め付けられる感じを受ける。まさに若い頃の胸キュンであった。それ以来、彼女をより意識するようになった彼は、彼女に会うたびに胸が締め付けられようになる。そんなある日、彼は思いがけないところで彼女に出会う。そのまま彼女を車で会社まで送った彼は、意を決して彼女を食事に誘う。しかし彼女の返事は「週末は忙しいので」というものだった。思いがはかなく散ってしまった彼、その時、今度は胸にチクチクする痛みを感じる。それから2ヶ月、なんとなく彼女を避けるようになってしまった彼だが、そこに思いがけない展開が発生する。なんと彼女の方から食事に誘って欲しいとアプローチしてきたのだ。そして彼女とのデートの日。突然入った仕事で遅れてしまった彼は、彼女の元に急ぐ、しかしその時、今まで感じたことのない激しい動悸に襲われ、彼女の前で彼は倒れてしまう。

 急遽病院に運ばれた彼の病名は心房細動だった。心房が痙攣を起こす不整脈の一種である。患者は100万人だが、自覚症状のない潜在患者を含めると200万人にもなるという。50才以上の男性で、過度な飲酒、睡眠不足、ストレスなどが原因になると言う。彼の場合、仕事だけではなくて皮肉なことに彼女との恋愛もストレスになっていたのだという。そして彼の心房は痙攣を起こし、それが長期間続いたために血栓が出来、走ったことで血圧が上昇し、この血栓がはがれて脳の血管を詰まらせたのだという。

 はい、非定型うつ病については私ももろに心当たりがあります。数年前、やはり上司とのトラブルで食欲の異常増進といくら眠っても眠くて仕方ないという症状が出ました。イライラもしました、何でこんなことをしてるんだと悲しくもなりました。そして何度資料を作り直しても「内容が分からない」とばかり言って何度も突き返す上司に対して(この上司自身、まともな報告書を書けないことで有名な人だったのですが)、「この内容で理解できないというのなら、あんたの頭が馬鹿すぎるんだ! まともな頭を持っている者なら絶対に理解できる!」とぶち切れて暴言をぶちかましたことがあります。そして出社拒否寸前まで行ってしまいました。幸いにしてその後、人事異動があって私は平静を取り戻すことが出来ましたが、正直やばいところまで行ってました(辞表を書くか、病院行きになるかのどちらかになると考えたこともあった)。まあ私に限らず、サラリーマンなら誰でもあり得る事例じゃないでしょうか。会社によっては、実際に病院行きが続々出ているようなところもあるようですし、ここ数年はこれが原因で最終段階まで行ってしまう人が全国で続出しています。

 2例目は「本当は恐い50才の恋愛」。もう50才にもなったら、恋愛なんて諦めて人生もう少し枯れてしまいましょうということか? そう言えば私はまだ50才までは10年近くあるのに、ときめかなくなってしまったな・・・。そもそも50になって胸が締め付けられる感覚がしたら、恋よりも狭心症を疑った方が良いような・・・。ところで私が最後にときめいたのっていつだったっけ? なんか遠い昔のような気がする・・・あの頃は私もまだ若く、将来に対する不安と希望が入り交じっていた頃、そんな時に私の前に現れた君の瞳は一撃で私の胸を打ち抜いた・・・しかし私は勇気もなく、何も出来ないまま時が二人の距離を広げ、語れぬ想いを秘めたまま君を遠くから見送ったあの日・・・・いかん、わけが分からなくなって、三流フォークソングみたいになってしまった(笑)。まあ私にもほろ苦い青春の思い出の一つや二つぐらいあるというか・・・恋愛に関してはハッピーな思い出は一つもないぞ!! いかん、こりゃ自滅だ。

 今回のゲストの診断については、身の回りで起こったことを点数化してストレス度合いを測るというものと、嫌な記憶を思い出した時の唾液中のクロモグラミンAというストレス物質の量を測定するというもの。今までストレスがらみの案件で何度も登場しているおなじみの方法です。だけど今どき、全くストレスのない人間なんていませんから、要はいかにうまくストレスを抜いているかなんでしょうけど。

 

5/15 たけしの本当は怖い家庭の医学「恥ずかしがり屋&微熱」

 1例目はただの恥ずかしがり屋だと思っていた背後に病気が潜んでいたという例。52才の主婦。人前に出るのが苦手な彼女だったが、マンションの理事長が抽選で回ってきてしまった。極度に緊張する彼女。そもそも彼女が人前に出るのが苦手になったのは、中学生の時に作文で受賞してみんなの前で読まされた時に、異常に緊張して以来だった。それ以降、人前に出る場は極力避けてきた彼女、そんな彼女には酷な話であった。理事会で今年の方針を述べるように言われた彼女だが、みんなの視線を気にすると緊張して大量の汗がにじむのだった。ついに我慢できなくなった彼女は、仮病で理事会をさぼるようになる。しかしさらに変調は現れる。宅配の配達にサインしようとしたら、配達員の視線が気になってサインが出来なくなってしまったのだ。そしてついに決定的な事態が発生する。母親代わりで面倒を見た姪の結婚式で、挨拶を頼まれた彼女は、マイクを握った手が大きく震え、緊張で全く言葉が出なくなって逃げ出してしまう。

 彼女の異常を心配する夫と相談し、彼女は病院で診断を受けることとなった。その結果、彼女は社会不安障害であったことが判明する。社会不安障害とは人前に出ることの緊張感や不安などで身体症状が現れて生活に支障が生じる病だという。潜在患者は300万人いるが、大抵は性格の問題だと思って放置しているので、7割の患者が鬱病、アルコール依存症、パニック障害などを併発するという。人の視線を強く意識する人がこの病にかかりやすく、患者の多くが多感な10代の時期に経験した極度の緊張で発症するという。脳内の扁桃体が過敏に反応するようになるのだという。心療内科などで投薬治療などで回復が可能であるという。

 2例目は微熱が重大な病気のシグナルだった例・・・って言っても微熱はどんな病気の場合でもあり得るのだが・・・。事例は中堅証券会社の専務の48才の男性(中堅とはいえ、48才で専務とはエリートだな)。業界再編に伴う合併を控えた正念場の時期で、日々交渉に当たっていた彼に現れた最初の変調は微熱だった。一晩寝れば治ると考えた彼だが、翌日になっても微熱はとれない。そして3日後には歯茎の出血が起こる。そして5日目、手に覚えのないあざが出来ている。その時は大して気にしなかった彼だが、翌朝になるとあざは倍ぐらいに広がっていた。それでも大したことがないと考えていた彼だが、翌日に仕事に行こうと朝起きた彼は、腕を見て驚く。手のあざが腕にまで大きく広がっていたのだ。それでも仕事が気になって会社に行こうとする彼を、妻が「すぐに病院に行ってください」と強い調子で引き留める。

 結局彼は病院へ行った。そこで判明した病名は急性前骨髄急性白血病だった。悪性化した白血球が増加して起こる病気である。最悪の場合は脳出血や肺出血で命を落とす場合があるという。日本の白血病患者6500人の6%がこの病気だという。進行の早いのが特徴で、たった一週間で死に至ることがあるという。ただし治りやすい白血病でもあり、7割は薬で完治するとのこと。彼の微熱は発病のサインで、歯茎の出血やあざは異常な白血球のために出血がしやすくなっていたのが原因だという。あざが広がっていくというのがポイントで、妻が彼に病院に行くことを強く勧めたのが命運を分けた。彼は投薬治療で半年後には仕事に復帰したという。

 1例目は精神の疾患。ただどこまでが性格で、どこからが病気かというと難しい気がする。しかも最近はどんな精神の不調にも病名がつくので、そのことによって病気が増えているなんて話も。極度なぐうたらとか、極度に歪んだ性格なんてものまで、今では病名がついている。そう言えば私のような部屋の片づけが極端に苦手なんて者にも、何か病名がついていたはずである。なお社会不安障害は投薬治療するとのことだが、向精神薬でも処方するのだろうか? しかし一つバランスを間違えると、性格が激変してしまう可能性もあるような気がする。

 この病気については、人が自分をどう考えているかを気にする人がなる病気とのことで、人のことが気になりすぎるタイプが危険だという。番組では5つのシチュエーションを提示して、そのような時にどう感じて対応するかで判断している。

  1. 「安売りの商品ばかり買い物かごに詰め込んでレジに行こうとした時、そこに知っている人がいた」
  2. 「異性のグループと道ですれ違った直後、背後で笑い声が上がった」
  3. 「親しい上司と食事に行ったのだが、上司が別の人にも声をかけており、初対面の人を交えた3人で食事をすることになった。そこに食べ方の分からない料理が出てきた。」
  4. 「エレベータに乗ったところ、顔見知りだが特に親しいわけではない人と二人っきりになった。」
  5. 「仕事先で会議に出席したが、先方の部長が15分遅れることになり、しばらく雑談をしていたのだが話題がなくなってしまった。仕事の話ならいくらでも出来るのだが・・・。」

というような状況である。これらについて「あまり気にならない」ような反応の場合はこの病気になる心配はなく、気になって不安になるようなタイプは危険だという判断。

 ちなみに私はどちらかというと人の視線を気にするタイプだと思っていたのだが、このシチュエーションに対する反応は

  1. 全く気にならない(安売り品を買うことが恥ずかしいなどという意識は皆無である)。
  2. ほとんど気にしない(何も私のことを笑ったとは限らないし、どうせ私の外見はそんなに優れたものでないことは自覚している)。
  3. 「これどうやって食べるんですか?」と聞く。知らない人と同席になることは全く気にならない。
  4. 乗る時に軽く会釈してそのまま気にしないか、先方から話しかけてくるようなら話をする。
  5. 雑談のネタが15分でなくなるってことが想像できないんですが・・・。仕事の話の方ならともかく(笑)。

というわけで、どうやら私は人の視線を気にしているようで、その実は傍若無人な人間だったらしい(笑)。

 2例目はこの番組でも時々出てくる白血病。内出血がポイントの模様。ただ微熱なんて言うとどんな病気でも起こるし、たいていの場合は単なる風邪であるので判定しにくい。なおこの番組の今までのパターンだと、彼は妻の心配を振り切って出社し、会議の席で突然に倒れてそのまま帰らぬ人になるってのがお約束パターンなのだが、そのお約束を破っているところを見ると、やはりあまりに死屍累々な内容にクレームがついているのだと思われる。最初の頃に比べると全体的に表現が穏やかに上品になってきている(最初の頃なんて「○○で死ぬ可能性がある人ランキング」なんて言ってましたから)。

 

5/8 たけしの本当は怖い家庭の医学「花粉症&手のしびれ」

 大分久しぶりの更新である。番組の方も随分抜けたり、いろいろあったみたいだが、久々の通常版か。

 1例目は花粉症からとんでもない病気に発展した例。事例は20年越しの花粉症に苦しめられていた45才の小学校教師。彼女の花粉症は毎年夏前まで続く長いものだったが、彼女はたかが花粉症と何の対策もしていなかった。その彼女に偏重が現れる。最初の異変は給食を食べていた時。口の中に妙なかゆみを感じたのだ。しかしそのかゆみは数十分で治まったので気にしなかった。しかし数日後、夜遅くまで仕事をしていた彼女は、口の中がイガイガする妙な感覚を感じるのだった。だがこの時もあまり気にしなった彼女、しかし1ヶ月後、給食を口にした彼女は、首筋から顔一面に激しいかゆみを感じ、なんと顔一面にじんましんが発生したのだった。

 彼女の病名は口腔アレルギー症候群。ある特定の果物や野菜を食べると起こるアレルギー反応である。症状はかゆみが全身に現れるなどだけでなく、最悪の場合はアナフィラキシーショックを起こして死に至る危険さえあるという。近年、子供を中心に増加しているが、花粉症が引き金になることがあることが知られているという。花粉症を長期に患っているうちに、果物や野菜の中の花粉に成分に似たタンパク質にアレルギーを起こすことがあるのだという。長期にわたって花粉症を放置していた上に、疲労や風邪などで抵抗力が落ちることで発症することがあるという。また気をつける必要があるのは、花粉症の中でもこの病気を発症させやすいタイプがあるという。それがシラカバ、ブナの花粉症(4月から6月に発生する)。この花粉症を持つ患者がアレルギーを引き起こす可能性のある食べ物はリンゴ、モモ、ピーナッツなど非常に多くのものが含まれるのだという(リンゴはシラカバの仲間というのは以前に聞いたことがある)。なお詳しくは番組HPでとのこと。とりあえず、自分が何のアレルギーかは調査しておくのが良いようだ。今は血液検査で簡単に分かるので、医師に相談すると良いだろう。なお私は花粉症で医師にかかったことがあるが、どの薬を使っても眠くて仕方なくなるので、結局は放置になってしまっている。

 2例目は10才年下の男性と結婚した35才の女性。家事にも仕事にもバリバリがんばっていた彼女にまず現れた変調は手のしびれだった。しかしこのしびれは1週間で消えたので彼女は気にとめなかった。しかし3ヶ月後、今度は入浴中に突然に手のしびれや感覚が鈍ったことを感じる。しかし風呂から上がって身体が冷えるとそれは治ってしまった。そして3ヶ月後、休日出勤して夜まで仕事をしていた彼女は、右目の視界がぼやけることに驚く。しかしこれにも徐々に慣れたので放置してしまう。そしてこのぼやけも2週間で消える。そしてかつての異変など忘れていた1年後、今度は階段を上ろうとした途端に突然に両足がひどい疲労感で動かせなくなるのである。その後も何かの度にひどい疲労感で会社にも行けなくなった。そしてある日、ついに膝から下が完全に力が抜けて転倒してしまう。

 精密検査で分かった彼女の病名は、多発性硬化症だった。難病指定されているこの病は現在増加中で全国で1万2千人の患者がいるという。25〜35才の発症が多く、女性の患者が2倍だという。この病気は免疫異常によって神経の皮膜が破壊されることで神経系の伝達に支障が出る病気だという。原因は不明だが感染症やストレスが考えられるという。典型的初期症状が手のしびれや視界のぼやけだが、症状がすぐに消えるのが特徴だという。早期発見のポイントは、体温が上昇した時に一時的に症状が現れることが多いことだという。入浴時に症状が現れたら要注意だとのこと。

 どうもこの番組に登場する病気は免疫疾患系が多いが、今回も両方とも免疫疾患である。免疫疾患の増加はやはり生活環境の悪化だろうか。私としては、何でもかんでも除菌に殺菌と言った世の中が悪影響しているように思えてならないのだが。実際、子供の頃を「適度に不潔な環境」で育った世代にはこの手の病気は少ない。

 なお番組では多発性硬化症その他の発見の方法として、目をつぶって片足立ちが10秒出来るかという試験を提案していた。これがうまく出来ないというのは、神経による筋肉の制御と感覚のフィードバックがうまくいっていないと考えられるのだという。つまり神経系が弱っているということになるのだとか。ただこのテストはかなり難しいので、番組に登場した医師も「真剣にやらないと出来ない」と言っていたが、実際に私も試すと実にその通りだった(そもそも最近の私は、慢性的に目眩が起こってるし)。

 ただ「手のしびれ」って言われても、思い当たる原因は多々あって(実際に私は、数年前に腱鞘炎で右手首を手術している)、果たして何が悪いのか断定できないのですが・・・。

 

3/13 たけしの本当は怖い家庭の医学「歯茎のしみ&口臭」

 1例目は56才にしてようやく課長に昇進した男性。彼に最初に現れた変調は冷たいものを飲んだ時の歯茎のしみだった。そしてさらに、晩酌を口にした時に舌がピリピリする感じがした。しかし鏡で見ても舌に特に異常はない。舌が頻繁にピリピリするようになったが、すぐに治まるために彼はそれを放置していた。そして半年後、今度は歯がグラグラするようになった。しかし歯槽膿漏だと思って歯科医を訪れた彼は、とんでもない病名を告げられる。

 彼は口腔底癌を患っていた。口腔底癌とは口の底の部分に出来るガンで、飲酒や喫煙が原因となる。このガンの落とし穴は異変が舌に現れるので、舌だけをチェックしただけで気がつかないのだという。やがてガンは進行し、アゴの骨に進行、それが原因で歯がグラグラしたのだという。この時点で既に手遅れで、彼の場合はリンパ節へも転移しており、2年後に亡くなったという。

 2例目は67才の女性。夫に先立たれ、一人暮らしの彼女の元に娘と孫が訪ねてきた。喜ぶ彼女、しかしそこで孫娘から口臭を指摘される。そういえば歯磨きを怠りがちだったと考えた彼女は早速歯磨きを始めるが、この時に歯茎から出血をする。4日後、彼女に変調が現れる。食後に声がかすれるのだった。しかし喉の痛みなどはないので彼女はそれを放置していた。しかし翌日、朝から倦怠感と食欲不振が発生する。その日は早く休むことにした彼女だが、数日経っても症状は回復しなかった。そして1週間後、彼女の元を訪ねた娘が発見したのは、息も絶え絶えでぐったりしている彼女の姿だった。急遽病院に運ばれて検査を受けた彼女は、なんと片方の肺が真っ白でほとんど機能していなかった。

 彼女の病名は誤嚥性肺炎だった。口の中の雑菌が誤嚥で肺に入り込んで起こる肺炎である。歯磨きを怠って歯周病を発生していた彼女は、口の中で肺炎の原因となる菌が発生していたのである。しかも彼女は尾錠脳梗塞を発生しており、誤嚥が増えていた。食後に声がかすれていたのは、誤嚥した食物が声帯に付着していたからだった。幸いにして彼女は大事に至らなかったとのことであり、これからは歯磨きに気をつけるようになるだろう。

 1例目については以前にも登場したことがある病気である。タバコは胃に入ると胃ガンを発生させるが、口の中でもガンを発生させるわけである。まさにたばこは百害あって一利なしである。なお口腔ガンの危険度のチェックとして、酒とタバコの危険度を判定する指数があるとのこと。

 アルコールについてはsake指数というものがあるという。この式は

   1日の純アルコール重量÷22×飲酒年数

 とのこと。純アルコール重量はビール中ジョッキ1杯で20g、日本酒1合で22gというように酒によって決まっているという(多分詳細な表は番組公式HPにあるだろうから割愛する)。この指数が60以上なら危険とのこと。

 喫煙指数については

   1日の喫煙本数÷20×喫煙年数

 で計算し、50以上になると危険だそうな。

 2例目については最近、ガッテンに登場していた内容のまんまである。歯周病菌は心筋梗塞の原因などになることもあると言うし、やはり歯は磨いておく必要があるということである。その場合に重要なのは歯磨きの仕方なので、これは歯科医に一度教わっておく方がよいだろう。またそれでも歯石はたまりがちなので、定期的に歯石除去をしてもらう方が良い。

 以上、比較的一般的な病気だった今回。また久々に死者1名である。まあ扱う病気がガンである以上、どうしても死亡率が高くなってしまう(メニエール病なんかで死ぬことはまずないから)。で、また来週は3時間SPとのことだが、また無用に長いダラダラした内容になるのではないかとの嫌な予感が・・・。

 

3/6 たけしの本当は怖い家庭の医学「胃の痛み&耳鳴り」

 1例目は定年を迎えた60才の男性。これからは悠々自適の生活と思っていた彼だが、妻からはシビアな老後の設計を突きつけられ、再就職を探す羽目になる。しかしこの年からの再就職は簡単ではなかった。毎日就職活動に走り回っていた彼に、最初の異変が現れる。空腹時に胃が痛むのだ。しかし彼は以前に十二指腸潰瘍の診断を受けていたので、それが再発したのだろうと考えて、いつもの対処法である水を飲むことと市販の胃薬で対応した。その結果、痛みが治まったので、彼はそれで安心した。しかし1ヶ月後、今度は胃のもたれが起こるようになる。そこで胃薬を飲んだのだが、胃のもたれは消えなかった。しかも疲れやすくなってきた。そして半年後、ようやく就職が決まった彼、しかし今までに経験したことない胃の鈍痛を感じたのだった。そして再就職のための健康診断で、彼は思いがけない病名を告げられる。

 彼は胃ガンを患っていた。日本で最も多いガンである。彼の最初の胃の不調は十二指腸潰瘍だったのだが、胃のもたれなどの症状は胃ガンによるものだったのだ。十二指腸潰瘍から胃ガンになることはないが、両者には共通した原因がある。それがピロリ菌である。胃ガン、十二指腸潰瘍、胃潰瘍の患者の9割がピロリ菌感染者だという。だからピロリ菌感染者で胃潰瘍や十二指腸潰瘍になりやすい人は要注意だという。

 2例目は40才の専業主婦。夫の仕事の関係で引っ越しをした彼女は、初めて出席した子供の転校先の学校のPTAで、学校新聞の責任者を任せられることになる。仕方なく彼女は他の母親たちに協力を求めるのだが、何となく彼女たちは面倒そうな印象であった。その時、彼女に低い音の耳鳴りが発生する。しかしその耳鳴りは帰宅した頃には治まっていたので、彼女はあまり気にしなかった。しかし次には耳が詰まったような感じがして、耳が良く聞こえなくなるという症状が出る。そして学校新聞発行の2日前、PTAの会合に出る彼女だが、案の定、他の母親たちは何の用意もしてきていなかったのに愕然とする。その時だった。強い目眩と吐き気で彼女は倒れてしまう。しかし保健室で2時間ほど横になると症状は治まったので、彼女は貧血だろうと考える。しかし翌日、彼女は機能にも増しての激しい目眩で倒れてしまう。

 緊急診察を受けた結果、彼女の病名が明らかになった。彼女はメニエール病だった。耳の器官が異常を起こし、最悪は耳鳴りや難聴が残る恐れがある難病である。患者数は2万4000人で、30代〜50代の患者が多いという。原因はストレスだという。ストレスが原因で蝸牛内のリンパ液が増加し、神経が圧迫されるのだという。しかしストレスが緩和されると症状が治まるので、気がつきにくい。だがこれを繰り返しているうちに症状は悪化、彼女の場合はついにライスネル膜と呼ばれる膜が破れて、三半規管にまで影響が及び、目眩が発生したのだという。メニエール病は進行性の病なので、早期発見が重要だという。

 1例目は極めてありがちな病気。見ていてあまりにまんまだったので、かえって驚いたぐらいである(笑)。2例目については、これも結構多い病気ではある。ストレスが耳に来るというパターンも結構あるらしく。実際に私も数年前から幾度かに渡って突発難聴の診断を受けている。左耳が原因不明の聴力低下をきたすのである。耳鼻科で検査を受けても原因不明。と言うわけで、耳鼻科的には原因不明の難聴のことを「突発難聴」というらしい。結局のところ、私は今でも左耳は若干聞こえにくい状態である。原因はストレスなどと言われたが、サラリーマンにストレスを避けなさいと言うのはほとんど無理な話である。

 今回は1例目は胃の部分摘出手術で現在リハビリ中、2例目は目眩が残ったので投薬治療中と、先週に続いて今回も死人0である。以前の死人1人+高度障害1人というパターンから比べると、明らかに緩和されている。やはり「恐怖感を煽りすぎ」という批判を気にしているように思われる。ただ、確かに恐怖感をやたらに煽りすぎるのはどうかと思うが、実際に病気によっては手遅れになると命を落としたり、高度障害が残ることがあるのは事実だから、そのような事例は仕方ないと思うのであるが。

 

2/27 たけしの本当は怖い家庭の医学「肩の痛み&浅い眠り」

 1例目は56歳の女性。夫に先立たれて一人暮らしの彼女の楽しみは、孫と遊ぶことであった。娘が仕事に行くようになった関係で、孫娘を預かることが多くなった彼女、また孫も良く彼女になついていた。そんな彼女に最初に現れた変調は小さなもの。孫に腕を引っ張られた時に、ビリッとした痛みが一瞬走ったのだった。その3日後、今度は洗濯物を干そうとした時に肩にズキンとしたがあり、腕が上がらなくなった。しかし彼女はそれを五十肩と思って気にしなかった。その翌週、風呂の湯加減を見ようして、熱さのあまりに手を引っ込めた途端に肩にズキンとした痛みを感じ、腕に力が入らなくなっていることに気づく。だがこの段階でも彼女は五十肩と思いこんでいた。だが1ヶ月後、肩の痛みで目が覚め、それ以来毎晩のように肩の痛みで目が覚めるようになってしまった。睡眠不足で身体に変調の現れた彼女は、娘に勧められて病院の整形外科を受診する。するとつげられた病名は五十肩とは異なるものだった。

 彼女の病名は腱板断裂だった。肩の筋肉の腱が切れることによって起こる病気だという。長時間放置しすぎると腱が縮まりすぎてつなげられなくなり、最悪は肩が完全に上がらなくなるという(切れた腱は勝手につながることはないので、そのまま放置しておくと吸収されてしまう)。原因は加齢。ちょっと手を引っ張られるなどのなんのことはない刺激で発生することがあるのだという。落とし穴は五十肩と勘違いしやすいことだという。彼女は幸いにして手術が可能だったので、腱板を再生して回復に向かっているとのこと。

 2例目は59才のベテランホテルマン。健康に常に気をつけていた彼だが、そんな彼に変調が現れる。眠りが浅くなってすぐに目が覚めるようになってしまったのだった。さらに2週間後、いつになく足にだるさを感じるという変調が。しかし疲れているにもかかわらず、どうしても目が覚めてしまう。結果として昼間眠くて仕方なくなり出した。睡眠時無呼吸症候群を疑った彼だが、妻に観察してもらったところ異常はなかった。しかしそれにも関わらず、彼の夜中の覚醒は続いていた。そのために仕事中に立ったまま居眠りをしてしまうという大失敗をしてしまう。不眠の連続と仕事での失敗で既に彼の精神は限界に近づいていた。妻の勧めで睡眠外来を受診した彼は軽い鬱病と診断される。そしてさらに詳しい検査をするうちに彼の病名が判明した。

 彼の病名は周期性四肢運動障害だった。睡眠中に勝手に足が痙攣して不眠症になってしまう病気だという。患者を観察すると、加速度的に足の痙攣が増加し、そのうちに患者は目覚めてしまったという。睡眠障害の患者2500万人の3割、750万人がこの病気だと言われているとのこと。神経伝達物質のドーパミンがなんらかの原因で減少することが原因だとのこと。なおこの病気は投薬で劇的に回復するとのこと。

 1例目は肩の柔軟性のなさが誘因になるとのことで、スタジオでは万歳テストをしていた。両手を自然に上に上げた時に、180度の角度まで上げられるかを見るテストで、これが出来ないと言うことは肩の関節に柔軟性がなくなっているということだとのこと。これの対策としてはやはりストレッチを勧めていた。なお私は最近肩の痛みを感じることが多く、五十肩ならぬ四十肩の可能性があると懸念している。肩の柔軟性を増すために肩を回す体操などをしたりもしているのだが、どうもどこか本質的に痛めているような気もする。

 2例目は初めて聞いた症例。高齢者の不眠の原因の一つに、睡眠時になると足がムズムズしてイライラするという「ムズムズ足症候群」という病名を聞いたことがあるが、それと関連する病気だろうか。なお私は最近睡眠が浅いことに悩んでおり、ほぼ間違いなく睡眠時無呼吸症だと思っていたが、恐ろしいことのこの病気の事例も完全に当てはまる。私は実際に夜中に足が痙攣したりつったりすることがあり、足のだるさもよく感じる。また番組では簡易な判定方法として、ベッドの上でリラックスした姿勢で座って、そのまま30分動かずにいられるかなどというテストを行っていたが、私はあんなものは絶対不可能である。と言うのも、私の足はしょっちゅう勝手に動いているからである。こりゃ睡眠外来に一度行った方がよいかな・・・。

 さて、毎回死亡率が50%ぐらいと言われていたこの番組だが、ここ数回目に見えて死亡率が減少しており、治療で完治したという例も増加している。あまりに恐怖を煽りすぎという批判が気になってきたのだろうか。それにしても、最近はこの手の番組にあからさまに自主規制が強まっている。それも内容が正確さを増す方向に向かうのならそれは良いのだが、演出面での変な制約の方に向かっているようなのがどうも感心しない。

 

2/20 たけしの本当は怖い家庭の医学「風邪と間違えやすい病気SP」

 今回のテーマは風邪と間違いやすい症状の危険な病気。

 まず最初の症状は下痢。35才の建築会社に勤める女性。会社のチーフデザイナーとなった彼女は、仕事に忙しい毎日を送っていた。そんな彼女の楽しみは週に一度の夫との外食だった。そんな彼女に、体調の異変が現れる。症状は微熱と刺すような下痢だった。風邪をひいたと考えた彼女は、薬を飲んで仕事を続けたのだが、下痢は二週間経っても治らず、下痢の回数は増えていた。そしてその症状を放置して1ヶ月後、またも下痢の症状が現れる。大事なプレゼンの最中だったので、なんとかこらえてその場をしのいだ彼女だが、今度は吐き気が現れてしまう。ここに来てようやく病院に行った彼女、しかし彼女の「1ヶ月前から風邪をひいてしまって」という言葉を聞いた医師の表情が変わる。医師の勧めで血液検査と下部内視鏡検査を受けた彼女に意外な病名が告げられる。

 彼女の病名はクローン病であった。口から肛門に至るすべての消化器官に炎症が起きて潰瘍が出来る病気である。治療法が不明の難病であるという。直接命に関わることはまれだが、肉類を一生食べられないなどの食事制限が必要になり、最悪は口から一切食事がとれなくなると言う。原因は不明だが、肉類などを撮ることで免疫細胞が暴走することによると思われるとのこと。食事の洋風化と共に患者は増加し、現在2万3千人以上も患者がいるという。症状が風邪と似ているために見落とすことが多いのが落とし穴である。ポイントは症状が続く期間で、普通風邪では下痢が2週間以上も続くことがないので、そのような長期に症状が続いた場合は、クローン病などを疑うべきなのだという。早期発見すると食事制限も少なくてすむので、早期発見が重要だという。

 次の例は発熱。15才の中学生が発熱と関節の痛みという症状が現れ、それは2日後ぐらいには治ったのだが、2週間後に全身の倦怠感を訴えるようになり、微熱が続くなどで学校を休みがちになり、ついには引きこもりになってしまったという例。

 彼の病名はQ熱。実は彼が密かに飼っていた野良猫からコクシエラ・バーネッティという細菌が感染し、それが初期のインフルエンザのような症状から、慢性化しての疲労感につながっていたという。現在、ひきこもりの患者の原因の1つと考えられているという。様々な動物がコクシエラ菌を持っているので注意が必要とのこと。特に生まれた時に感染する例が多いという。なお原因さえ判明すれば、ペットも人間も治療が可能で、彼も治療によって回復、無事に受験にも合格したという。

 1例目はまたも免疫系疾患。明らかにこの手の病気が増加している。原因は環境汚染や食品汚染、ストレスなど多々考えられるが、結局ははっきりしない。とにかく事実としてこの手の病気が増えているとしか言いようがない。なお番組では、これ以外の危険な下痢として、緊張時などに下痢をする過敏性腸症候群や、下痢や血便が出る潰瘍性大腸炎などを紹介していた(これらはこの番組で既出である)。

 なお食生活に関しては、近縁種ほど食べてはいけないという説もある。この説によると、最悪は人肉食で、その次が猿など、そして牛肉よりは鶏肉の方が良く、魚肉はさらに良いと言うことになる。そして肉よりは野菜と人間から離れるほど良いということになる。確かに共食いはBSEの例もあるように、異常プリオンの蓄積などが起こりやすく問題があるのは確かであるが、果たして他の食品についてはどうだろうか。それに人間は野菜だけ食べるというのも身体には良くないし。とにかく、食生活の問題というのは、意外と難しいのである。

 2例目はこれまたよくあるペット感染症。ペットとの適切なつきあい方が大事というものである。なおこれがひきこもりの一因では都のことだが、引きこもりの理由の大抵は精神的なものである場合が多い。あまりこういう事例があるということを強調しすぎると、自称病気のさぼり病が増える危険もある。それでなくても最近は、自称鬱病、もしくは自称自律神経失調症の単なるさぼり主婦やぐうたらニートも多くなっているので、どこからが病気でどこからは単なるさぼりかの判別がしにくくなっているのも問題だという。困ったことに特に精神がらみの疾患は、何でも病名がついてしまうという側面もあったりして、まだ結構混乱が多いようである。本当に病気の者が回りに理解されずに追い込まれる一方で、病気でも何でもない単なるさぼりが、自分は病気だと主張してさぼり続けているなんてこともあるわけである。

 

2/13 たけしの本当は怖い家庭の医学「夫婦で気をつける病気SP」

 今回は恒例の夫婦SP。いわゆる典型的な「本当は恐い馬鹿嫁」とか「本当は恐い駄目亭主」というパターンである。

 1例目は57才の男性。今まで妻の嫌みに耐えてきていた彼だが、左遷されることになってから妻の嫌みはエスカレート、毎日のビールも発泡酒に切り替えられるような生活を耐えていた。しかしそんな彼にやがて変調が現れる。最初に現れたのは胃のむかつきだった。そして次は歯が浮くような感覚。さらには左手のしびれを感じるようになったのだ。しかしそれでも彼はストレスに耐える毎日を送っていた。そんなある日、妻になじられたことに怒った時、彼はそのまま倒れてしまう。

 彼の病状は心筋梗塞。彼は妻の一言でストレスを受けるたびに血圧が上昇、上昇した血圧を緩和するために血液からは水分が抜かれ、彼の血液は濃縮型血液となっていた。これストレス性赤血球増加症というとのこと。40才以上の男性の10人に1人はこの傾向があるが、彼はこれに喫煙習慣やストレスをまともに受け止めてしまう性格が拍車をかけたのだという。

 2例目は50才の女性。子供の教育など懸命に息子を育ててきた彼女だが、息子は就職を期に独立、家を出て行くこととなった。しかし夫と二人の生活が始まってみると、夫婦の間に全く会話がないことに彼女は気づくことになる。彼女の身体に変調が現れるようになったのはその頃からである。毎日倦怠感に襲われるようになり、食欲も湧かなくなってきたのだ。夫に対する不満が高まっていく中、だんだんと家事も出来なくなってきたのである。そしてある日、出張から帰ってきた夫が目にしたのは信じられない光景だった。荒れ放題の家の中で、妻がぼんやりと座っていたのだった。

 彼女は空の巣症候群になっていた。子育てに必死になっていた母親が、子供の独立と共にかかることがある鬱病の一種である。子供にかけてきた母親が、喪失感を埋められなくなるのだという。この時に問題になるのが夫の態度だという。妻の名前を呼ばない、「ありがとう」の言葉がないなどの夫の無関心が、妻の喪失感に拍車をかけてしまったのだという。幸いに彼女の場合、投薬治療と夫の支え(夫の態度が一変しているのが笑えますが)のおかげで半年後には回復することが出来たとか(これを見ていると、悪い夫なのではなく、単に気の利かない人物だっただけだと思いますが)。

 この後は例のこの番組御用達料理人・奥園壽子による低脂肪・低塩のカレーの紹介だが、料理には興味がないし、あまりに宣伝めいているので割愛します。多分、公式HPにレシピはあるでしょう。個人的には小松菜入りのカレーなんて食う気がしない。

 以上、夫婦関係のストレスが原因になる病気ということだが、別に夫婦に限らずストレスはどこにであるもの。ストレスは万病の元と言うぐらい、あらゆる病気を引き起こす危険がありますが、ストレスが全くない生活というのも人間の緊張をゆるめすぎて駄目にしますので、そのバランスが難しいところです。なお私の場合、夫婦関係のストレス以前に嫁さんがいません(泣き)。こういうストレスはどうすりゃいいんだか。

 ちなみに第1例に登場した男性。この番組では非常によく見る顔です。私の記憶だけでも少なくとも数回はご臨終しているはずです(笑)。プロダクションなどとの契約の関係か、やはり大体登場する役者さんは決まっているようです。

 今回は2時間スペシャルであるが、この番組によく出演する芸能人夫婦ののろけ話が大半で、医療ネタに興味がある向きには余計な内容ばかりだったという印象。夫婦ののろけは別の番組でして欲しいという気もする(そういうことばかり扱う番組もあるはず)。どうもこの番組の特番は、関係のない内容で水増ししているというイメージばかりが強く、特番の時の方がレギュラーの時よりも面白みが減るというのはどうなんだろうか? 多分、既にかなりネタがしんどくなっているのだろうとは思うが。テレビ朝日の看板番組の一つみたいになってしまっているから続けないわけにもいかないのだろうが、あまり無理をしすぎてあの番組みたいなことにならないかだけが非常に心配。本来は月に1回ぐらいが妥当なペースなんだろうな、この番組の場合は。

 

2/6 たけしの本当は怖い家庭の医学「咳&頻尿」

 1例目は56才の銭湯経営の男性。最近、釜炊きなどで急に動いた時に空咳がでるようになっていた。しかし彼は風邪だと考えて市販の薬を飲ませて終わらせていた。しかし3日経っても空咳は続き、しかも息切れまでもするようになっていた。病院に行くことを勧める妻に対して「風邪ぐらいで病院に行けるか」と断った彼だが、3ヶ月後には横になると息苦しくなるようになっていた。ようやく病院に行く決意をした彼だが、翌日、風呂の中で客が倒れたという聞いて番台から駆けだした彼は、突然に咳が止まらなくなり、息も出来ない状態になって救急車で病院に運ばれたのだった。

 病院で彼は心臓の検査を受けることになり、医師から緊急手術を勧められた。彼の病名は僧帽弁閉鎖不全症。心臓の僧帽弁が高血圧などが原因で機能しなくなる病気である。そのため、血液が逆流し、肺に大量の血液が流れ込んで刺激されることなどが原因で、空咳が出ていたのである。運動やストレスなどによる血圧の変動が起こった時、空咳が出るというのがこの病気のシグナルだという。僧帽弁などの心臓の弁に異常がある人は100万人以上とのことなので、このような人は症状を悪化させないためには高血圧に注意した方が良いようである。なお症状が悪化した場合の対処法は手術で、事例の男性も手術の10日後には仕事に復帰したという(やけに回復が早い気がするのだが、内視鏡手術でもしたのだろうか?)。

 2例目は61歳の女性。出版した本が話題を呼び、講演に引っ張りだこになった彼女。しかし最近彼女は頻尿に悩まされていた。しかもある講演の時、突然に激しい尿意を我慢できなくなりトイレの前で少し尿漏れがしてしまうという事態になる。年のせいだから仕方ないと考え、外出の時には水分などを控えるようになった彼女だが、トイレに行く回数は減らず、むしろ我慢できる間隔が短くなっていった。病院に行くべきか迷った彼女だが、どうしても抵抗があってそのまま放置していた。しかしある講演の時、急に猛烈な尿意をコントロールできなくなり、壇上で失禁してしまったのだった。

 彼女の病名は過活動膀胱だった。膀胱の過敏反応で頻尿や突然の尿意などを催す病気だという。2002年に国際学会が承認した新しい病気で、現在治療を受けている患者は140万人だが、40才以上の800万人以上がこの病気だと推測されているという。1日8回以上の頻尿、週1回以上突然に強い尿意に襲われるといった症状が特徴とのこと。原因は明らかではないが、高血圧や動脈硬化などが関係していると見られているとのこと。また水の音で強い尿意を催すという特徴があることから、精神的要素も強いと考えられるとのこと。なお事例の女性は薬物治療により1ヶ月後には通常の生活に戻り、彼女の講演の演目に「頻尿の悩みへの対処」が加わったとか。

 今回はどちらも「かなり潜在患者の多い」病気である。程度の差こそあれ、先天的に心臓の弁に障害のある人は少なくないという話は私も聞いたことがある。軽度の場合はキチンと節制した生活をしていれば、一生特に問題なく終わるのだが、そこに不摂生が加わると病気が発症してしまうということである。番組では心音検査をしていたが、心音の聴診で異常の発見が可能であるようだから、健康診断などを受けておけば良いだろう。

 2例目については精神的要素が大きい病気のような気がする。実際、事例の女性の場合、聴衆の面前で失禁してしまうという最悪の事態を体験したことで、逆に開き直ることが出来てそれが症状の改善にも結びついているように思える。尿意というものは神経の影響を受けやすく、実際にストレスや恐怖などで激しい尿意をもたらすことはよくあることである。実際、私自身も大学入試の頃に、試験のストレスからこれに近い症状を発症した経験がある(試験を受けようとすると激しい尿意を催すのである)。幸いにして、私の症状はのんびりした大学生活を送るうちに消えたが(笑)。

 なお番組では将来の失禁につながる可能性として、女性特有の複圧性尿失禁と男女共通の切迫性尿失禁をあげている。前者は骨盤底筋のゆるみによるもので、これになると咳やくしゃみで尿漏れが起こったりするようになり、重度の場合は性器脱の可能性もあるという(性器脱についてはこの番組に以前に登場してますね)。後者は過活動膀胱と同じ症状で、かなり多くの患者がいる失禁だという。高血圧に注意する必要がある。ちなみに失禁について、番組に出演した専門家は「長寿命社会になっている今日では、みなさん「もれなく」失禁になると考えた方がよい」という「ありがたい」お言葉がありました。これからは尿取りパットが売れるようになりそうです(笑)。尿漏れ改善のための骨盤底筋を鍛える運動も紹介していたので(要は椅子に座ってお尻の辺りの筋肉を意識的に締めることだが)、心配のある人は心がけたらよいと思います。

 今回はかなり該当者の多い病気だけに、死者0。さすがにこの病気で死んでいたら恐怖を煽り過ぎと考えたか(ただし頻尿はともかく、僧帽弁閉鎖不全症の方は、最悪は死の危険もある病気だが)。この番組自体が病気の原因になりそうだという批判もありますし(笑)。そう言えば、心音検査で異常を指摘されたゲストの芸人が、完全に素になって引きつりまくってました。この番組って、よく芸人が素になってしまう番組です。

 

1/30 たけしの本当は怖い家庭の医学「やせの大食い&疲れ目」

 1例目は43才の主婦。やせの大食いだった彼女は、ランチの食べ歩きを趣味にしてそれをブログに書いていた。そんな彼女に現れた異変は階段を上った時の息切れだった。しかし健康診断の結果は常に異常がなかった彼女は、そのことをあまり気にしなかった。しかしその彼女を、今度は胸を刺すような痛みが突然襲う。しかしその痛みは一瞬で引いたので、あまり気にしなかった。そして3年後、彼女が書き続けたブログに目をつけた出版社から、出版の申し込みが来る。しかしその電話中、彼女は胸を締め付けられるような激しい痛みを感じる。しかしその痛みもすぐに引いたため、彼女はそのままそのことを忘れてしまう。だが最悪の事態は出版社の編集者との待ち合わせの時に起こる。時間に遅れて走ってきた彼女は、編集者の前で意識を失って倒れてしまうのである。

 彼女は直ちに病院に運ばれたが、そのまま帰らぬ人となった。死因は心筋梗塞。そして彼女が心筋梗塞を患った原因こそが隠れ糖尿病だった。一般の糖尿病は常にインシュリンの出が悪いために、血糖値が高くなるので検査で見つけられやすいが、隠れ糖尿病は食後のインシュリンの出が悪いだけなので、空腹時血糖の検査だけでは見つからないのだという。そして彼女の血糖値は食事のたびに高くなり、その間に心臓の血管が徐々に痛めつけられ、ついには心筋梗塞を起こしたのだという。いわゆるやせの大食いのタイプにこの隠れ糖尿病が多いが、隠れ糖尿病を発見するには、ブドウ糖を摂った後の血糖値を測定する負荷テストが必要なのである。

 2例目は2DKのアパートに夫と子どもの3人で暮らす50才の主婦。彼女の悩みは中二の息子が家が狭いことで何かと彼女に当たり散らすことだった。しかも姑が倒れて介護が必要になり、4人で暮らすことになったため、息子の部屋を姑に明け渡すことになってしまった。それを不満に思った息子はより反抗的になり、彼女の悩みはさらに増した。そんな時から彼女に異常が現れるようになった。最初に現れたのは目がしょぼしょぼするような疲れ、そして次には目の乾きを感じるようになった。ドライアイだと思った彼女は目薬を使用したが、症状は改善しなかった。ドンドン反抗的になる息子に彼女の不安は募る。そんな彼女に次に現れた異常はまばたきが突然に増えて止まらなくなる現象だった。そしてついに決定的なことが起こる。息子が万引で捕まったという連絡を受けて車で現場に急ぐ彼女。しかしその途中、突然まぶたが閉じたまま開かなくなってしまい、事後を起こしてしまう。

 彼女の病は眼瞼痙攣。脳の感覚運動回路に異常が起こって、目に障害が出る病気である。放置すると本人の意志に関係なくまぶたが閉じたまま硬直してしまい、失明同然となる。患者数は3万人(意外といる)、潜在的には30万人いるとのこと。そして原因と考えられるのがストレスだという。ストレスが目の感覚回路に異常を起こし、それが疲れ目や目の乾きといった感覚につながり、さらに運動回路に誤作動が生じたことで、瞬きが多くなったり、ついにはまぶたが硬直したのだという。幸い、彼女の事故は大事には及ばなかったが、病気の発見が遅れたため、まぶたが完全には開かなくなったとのこと。

 以上、また例によって、死亡一件、重度障害一件という、この番組のお約束のパターン。

 一例目の隠れ糖尿病は要注意病。空腹時血糖の測定だけの検査は、あくまで簡便法だということを了解しておく必要がある。糖尿病の可能性のある人は、希望すれば負荷テストを受けることが可能なはずである。生活習慣などに不安のある人は受けておいても損はなかろう。太らないからと調子に乗って暴飲暴食をしていると、そのツケは確実に身体に来るという話である。私などは、極端な暴飲暴食をしているつもりはないのだが、気がついたら太ってしまうというたちの悪い体質である。こんな私は、隠れ糖尿病よりも、通常の糖尿病の方が危険性が高いのだろう。

 二例目は「本当は恐い馬鹿息子」(笑)。2DKのアパートは確かに狭いが、私が生まれ育った神戸の長田では、そんな家は決して珍しくはなかったのである。やはり一人息子で甘やかされた面はあるのだろう。まあ、今時の中二が木で出来たバイクのおもちゃなんかで喜ばないのは分からないでもないが(笑)。

 ちなみにストレスは万病の元と言って、あらゆる病気の原因になるが、逆に病気の原因がはっきりしない場合に、すべてストレスが原因にされるという面もある。ただまばたきなどは実際にストレスによって回数が増えたり、逆に減ったりすることもあることから、眼瞼痙攣の原因がストレスであるという考えは、確かに説得力はある。なお疲れた時に下まぶたが痙攣するのは、眼瞼ミオキミアという状態で特に異常ではなく、単に休めば治るとのこと。私はこれがよく起こるんだよな・・・・。

 

1/23 たけしの本当は怖い家庭の医学「めまい&風邪」

 1例目は29才の主婦。初めての妊娠をした彼女は、子どもを待ち望む夫と一緒に幸福一杯だった。しかしそんな彼女に身体の変調が現れる。グルグルと回るようなめまいが起こったのだった。しかしそのめまいもすぐに治まったのであまり気にしていなかった。しかしその一週間後、下腹部に激しい痛みを感じて病院に運び込まれた彼女は、流産をしてしまう。一年後、彼女は再び妊娠。今度こそはと体調管理に気をつける彼女。しかし帰宅が遅い夫のことを心配していた彼女は、また1年前と同じめまいを体験する。またふくらはぎが網の目状に赤くなっていることに気づく。さらにろれつが回らないなどの症状が突然現れる。そして2ヶ月後、彼女は再び流産をしてしまう。

 彼女の病名は抗リン脂質抗体症候群だった。膠原病の一種で、体内に生成した抗リン脂質抗体が異常を来して血栓を生成しやすくなるなる病気だという。原因は不明でこの100人に1人がこの抗体を持っているとのことだが、患者は2対1で女性に多いという。特に妊娠をきっかけに発症することが多く、胎盤に血栓が出来ることで流産する危険が高いという。また彼女のめまいなどの症状は、血栓によって脳の血管が一時的に閉塞したことによるという。血液検査によって発見することが出来るので、産婦人科や内科などで検査してもらうのがよいとのこと。彼女も、二度目の流産から1年後に、血栓を防ぐ薬を服用しながら無事に出産をすることが出来たという。

 2例目は日本で死因の4位にあがるという病気。68才の現役大工の男性。若い者には負けないと、現役バリバリだった彼。しかも30才年下の女性と再婚していた彼は、年齢を思わせないほど元気に生活していた。そんな彼に最初に現れた変調は風邪をひいてしまったことだった。しかし仕事の納期が迫っている彼は、「病は気から」と妻の静止も振り切って、現場で仕事を続行していた。しかし湿った咳が出るようになり、熱も続いていた。それでも「この程度の風邪は気合いでどうにでもなる」と考える彼は、仕事を続けていた。だが一週間近く風邪を引きずった彼は、ついに呼吸困難を起こして倒れてしまう。

 彼は病院に運び込まれたが、そのまま帰らぬ人となってしまった。彼の死因は肺炎。最近やウイルスの感染で肺が炎症を起こす病気。非常にありふれた病気のように思われているが、実は日本人の死因の第4位で、毎年9万5千人もの人が犠牲になっているという。患者の92%が65才以上の高齢者で、免疫力の低下が原因となっているという。彼は高齢の上に風邪をひいたことで免疫力がさらに低下し、肺炎を起こしてしまったのだという。しかも高齢者の場合、なんらかの基礎疾患がある場合が多く、彼の場合も喫煙を原因としたCOPDを持っており、そのことが死を招く原因となったという。

 1例目はやけにドラマ仕立てになっていたのが印象に残る展開。「もしかして夫が浮気・・・」と疑わさせておいて、実は彼は出産費用を稼ぐために深夜に道路工事のアルバイトをしていたというエピソードは、本筋とは全く関係ない味付けになっている(ここまで良い夫というのもなかなかいませんな。悲しいかな、妊娠中に浮気されたという事例の方がよく聞きます。)。なお病気自体は検査で簡単に判明し、適切な対処法もあるようなので、妊娠時などにキチンと検査してもらえば、過度に神経質になる必要はないと思われる。

 2例目については、体力に自信のある人物が陥りやすい落とし穴。体育会系で今まで病気なんてほとんどしたことがないなんて人が、ポックリいってしまうパターンの一つであるので要注意。本人は自分はいつまでも体力があるつもりでいるんだが、残念ながら実際の体力は年齢相応に低下してしまうのは宿命なので、それを自覚してそれなりの養生は必要という話。

 それにしても例によっての死亡率50%。この番組は大体はこの水準を守ってくる。最近は「恐怖感を煽りすぎ」という批判もあることから、ややトーンは抑え気味にはなっているが。ただ病気はこじらせると、本当に「大変なことになってしまう」のは事実だから、気をつけるにこしたことはないんですがね。

 

1/9 たけしの本当は怖い家庭の医学「手術&漢方薬SP」

 今回は3時間スペシャル。ただし前半と後半で完全にテーマが分かれており、ゲストも異なる顔ぶれになっているなど、実質的には90分スペシャル×2という構成。これならなんで、90分スペシャルで2回で放送しないのかが疑問。実際、3時間もやられたら見ている方もしんどいから。どうせこの番組の前って、どうでも良いようなつまらん番組しかないのだし。

 で、前半はいろいろな病気に対する最新の手術法などの紹介で、後半は漢方薬の紹介ということになっている。

 前半だが、まず紹介されるのは脳動脈瘤の手術法。今までの治療法は頭をザックリと開くという、考えただけでもゾッとする方法だが、最近はコイル塞栓術という手術法が開発されている。この方法は足の血管からかてーてるを挿入し、動脈瘤の中にプラチナ製の形状記憶コイルを充填して、動脈瘤の中を埋めてしまうという方法。こうすると動脈瘤内に血液が入り込まないので破裂の心配がなくなる。番組ではこの方法の第一人者だという、神戸市立中央市民病院の阪井信幸医師が登場して解説をしていたが、足を1ミリほど切るだけなので、患者の負担が劇的に小さいのがメリットだという。ただこれはかなり医師の技量が必要な治療法のように思われ、実際に今でもこの手術の割合は2割程度だという(下手な医師がこの方法をとると、逆に動脈瘤を破裂させる危険もありそうだ)。なんか脳動脈瘤患者が神戸中央市民病院に殺到しそうな気がするんだが大丈夫か? 私だって、頭をザックリ切られるよりもカテーテルで出来るのならそっちを絶対に選ぶもの・・・。

 二つ目はガン治療法について。最初に登場するのは早期の胃ガンや食道ガン、大腸ガンのための新しい内視鏡手術。最近はITナイフという器具が導入されたことで、従来のワイヤでは2センチまでしか切り取れなかったのが、今はどれだけ大きくても切れるとか。また最近登場したムコゼクトームという器具を使うことで、周囲の組織を傷つけずに切除が出来るようになったという。

 次は肝臓ガンの治療法。細い電極針を患部に刺して、AMラジオと同じ波長の電波で焼くラジオ波治療というものがあるという。また脳腫瘍の治療法としてはサイバーナイフというものがある。これは腫瘍に様々な方向から放射線を当てることで、患部にだけ放射線を集中して患部を焼くという方法。患部だけに集中するために誘導ミサイルに使われている技術が応用されているとか。

 さらに最新の注目されている技術としては、ガン細胞にだけ感染するウィルスを使って、ガン細胞を死滅させるという治療法。これはテロメライシンという薬品だが、これを研究している岡山大学病院の藤原俊義助教授によると、現在は臨床試験の段階に進んでいるとか。この技術が実用化されると、注射でガンを治療できるようなるかもしれないとのこと(まだ適応可能なガンが制約されるようだが)。なんかこれもガン患者の家族が殺到しそうなんだが・・・・。

 以上が前半で、後半は漢方。

 漢方では未病といって、検査などでははっきりとした異常は現れないにもかかわらず身体に不調があるというような状態にむいているという。漢方では患者の体質に合わせて生薬を配合することになるが、そのためには患者の状態を見極める必要がある。

 北里研究所東洋医学総合研究所部長の伊藤剛医師は、西洋医学と東洋医学の両方に通じているというすごい医師だが、彼の診療はまず患者が入ってきた時の観察から始まっている。顔色から体格なども診断の目安になるのだという(これが望診)。さらに問診(200項目もあるというかなり精緻なもの)、脈診(両手首に数秒触れるだけだが、これで脈を診ているらしい)、舌診(舌の色や形などを見る)、複診(腹を触診して、痛む場所や叩いた時の音を診る)などを実施するのだとのこと。これによって判断されるのは例えば体内の血液が滞るお血など。症状に合わせて漢方薬が調合される。

 番組ではこれを簡単にした診断法というものを紹介している。まずは脈を診る方法で、脈の部分を押してみた時の反発を診るのだという。これが弱いのは虚症といって身体の抵抗力などが落ちている状態。強すぎるのは実症といって、身体の抵抗力は上がって活発なものの、いろいろなトラブルも抱えている状態だという。舌を診る方法では色や形を診る場合は色や形に注目とのこと。例えば舌の回りがガタガタになっているのは、舌がむくんで歯にあたっているせいで、これは体内に水が滞っている状態だという。また複診については、胃のあたりを叩いた時にチャボチャボというような音がする時は、胃の運動が滞っている証拠だとか。

 なんてことを言っているのだが、簡単な診療法などと言いつつ、例えば脈が強いとか弱いとかの基準がはっきりしないので、やはり素人にはお手上げである。残念ながら専門医でないと判断のしようがない。

 最後は漢方を使用したレシピの紹介になっているのだが、これが七味唐辛子を加えたラー油など。確かにカプサイシンなどの効果で血流は良くなりそうだが、個人的にはあまり興味はありません。

 以上、最新治療法と漢方の紹介だが、前半についてはなんか特定の病院に患者が殺到しそうでそれが気になる。後半はやや漢方の宣伝が過ぎるように思えるのが一抹の胡散臭さにつながるのがなんとも。変なスポンサーがついてなければ良いが・・・。漢方に限らず、全体的に宣伝が強すぎるような気がして、そこのところのバランスには疑問もあった。

 なお脳動脈瘤のコイル塞栓法だが、これは最新というほど最新ってわけでもないと思いますが・・・。なおサイバーナイフについては似たような治療法が多々あるようなんですが、なぜか名前が統一されてないんですよね。私の記憶にある中でもガンマナイフとかいう呼び名があります。

 

12/5 たけしの本当は怖い家庭の医学「腰痛完全解消SP」

 今回は日本の国民病とも言える腰痛。今や10人に1人が腰痛持ちという状況だそうだが、そのまま放っておくと大変なことになりますよ・・・と先日から腰痛が爆発して寝込んでしまった私をねらい打ちするかのような内容である。実は昨日に腰痛が爆発し、今日の今頃になってようやく椅子に座れるようになった状態(といっても、あまり長くは座ってられないのですが)。こりゃ厳しいわ。

 今回はタイプ別の二大腰痛について考察する模様。事例は10年前に父を亡くして二人で花屋を切り盛りする母と息子。母は60歳で、背中を伸ばした時に腰が痛むタイプの腰痛持ち。息子は35歳で、前屈みを続けた時に痛むタイプの腰痛持ち。

 まず悲劇に見舞われるのは息子の方。お客の女性(どうやら彼にとっては「気になる女性」の模様)の前で鉢植えを持ち上げようとした時、いつにないピリッとした痛みが腰に走る。しかし我慢して立ち上がると痛みは次第に和らいだので、いつもの腰痛だと気にしなかった。しかし1ヶ月後、腰の痛みは寝ていても治まらないようになっていた。そしてその翌日、突然に左足の膝下から足の甲にかけて響くようなしびれを感じる。しかし忙しさにかまけて病院に行かなかった彼。そして例の彼女のところに花を届けた時、急に腰をかがめた途端に腰から脚にかけての激痛で動けなくなってしまったのである。

 病院に担ぎ込まれた彼は腰椎椎間板ヘルニアを患っていた。腰椎のクッションの役割をなす椎間板内の髄核が出っ張って神経を圧迫する病気である。30〜40代の働き盛りに多く、原因は 1.老化(椎間板の老化は18歳から始まるという) 2.重いものを持つ 3.姿勢の悪さ(前屈みの姿勢が椎間板に負担をかける) これが原因で椎間板ヘルニアを患っていた彼は、脚の神経が圧迫されて脚のしびれにつながり、最後の瞬間にはついいにはみ出した髄核が靱帯を突き破ってしまったのだという。彼は緊急手術により幸い仕事に復帰できたという。

 今度の悲劇は2年後に母親の方に現れる(彼はまんまんと例の女性と結婚したようだが)。彼女は背中を伸ばすと左足にしびれを感じるようになっていた。また寝ている時にも腰が痛むようになっていた。このあたりは息子の症状と同じだが、彼女の場合は背中を丸めると痛みが治まるのだった。そして2ヶ月後、買い物の帰り、腰の痛みと脚のしびれで突然歩けなくなってしまう。しかし座って2,3分休むと痛みは嘘のように消える。年のせいかと気にしなかった彼女だが、その1週間後、台所で腰をかがめた途端に左足が麻痺して全く動かなくなってしまうのである。

 彼女の病名は腰部脊柱管狭窄症。脊柱内の神経の通り道である脊柱管が狭くなる病気である。50代から症状が現れ、60代、70代で重症化する傾向があるという。原因は 1.老化 2.腰に負担のかかる生活 3.筋肉の衰え だという。特に腹筋と背筋が衰えることで筋肉が骨を支えられなくなり、骨などに負担がかかることで変形が起こるのだという。歩けなくなるというのが間欠性跛行という症状で、この病気に特徴的だという。そして最後の瞬間、ついに左足の麻痺にまでつながったという。幸い彼女の緊急手術も成功。店を手伝えるようになったという。

 以上、代表的な腰痛の例について。ちなみに私はもろに椎間板ヘルニアです。MRIを撮ったところ、椎間板がもろに神経に接触していたのが見えました。脚のしびれなどと言った症状も非常に心当たりがあり、調子が悪い時はとにかく下半身がだるくなります。

 で、椎間板ヘルニアの診断法ですが、番組で紹介していたのは仰向けになって脚を上に上げるもの。この時、70度以内で痛みを感じたら椎間板ヘルニアになりやすい可能性があり、30度以下だったら椎間板ヘルニアを患っている可能性があるとのこと。このテストは私も病院でやられまして、もろに痛みが来ました。

 脊柱管狭窄症の方は腹筋と背筋の衰えが原因とのことで、腹筋運動をしたら分かるとのこと。予防するには腹筋と背筋を鍛える運動が良い。なおここであまり無理をしないのが重要で、気をつけないと逆に腰を痛めます。そう言えば、あのみのもんた氏が手術したのもこの病気だった記憶が。

 なおこれ以外に腰の痛みにつながる原因は、骨盤のゆがみなども考えられるとのことで、番組ではそれを矯正するストレッチを紹介していた。

 腰痛持ちの場合、それを防ぐための腰痛体操などが病院で指導されているので、一度整形外科にかかるのがよろしいでしょう。後は日頃の生活でどうやって防ぐか。やはり私の場合は体重の減少と腹筋背筋の強化がポイントになるのだろうということは分かっているのだが、それが思うに任せていないのが現状だったりする。

 なお今回は二人とも最悪の事態までいってしまったが、幸いにして手術で回復している。これが寝たきりにでもなっていたらどうしようもないところだった。さすがに患者の多い病気だけにあまり脅しすぎるのも抵抗があったか。

 なんてことを言っている間に、腰の方に限界が来たみたいです。ちょっと足がしびれてきました。と言うわけで、おやすみなさい。

 

11/28 たけしの本当は怖い家庭の医学「頭痛&手の震え」

 1例目は49歳の主婦。神経症で心配性の彼女だったが、現在の一番の心配は息子の高校受験だった。帰宅の遅い息子を心配しながら待っていた彼女に異変が発生する。頭の後ろに締め付けられるような頭痛を感じたのだった。それ以来、肩に引きつるような痛みを感じるようにもなる。やがて彼女の言動に異常が現れ始める。やたらに心配性に拍車がかかり、いらぬ取り越し苦労ばかりをするようになり、不眠症になってしまったのである。また何かと夫にあたるようになった。夫は異常は感じたものの、受験で気が立っているだけだと考えた。そして最初の頭痛から半年後、いよいよ受験当日。息子からの連絡を待っていた彼女は、息子からの連絡が遅いのを、受験に失敗して身投げしたのではと考えてパニックになる。その時、息子から電話がかかってきてホッとした彼女、しかしすぐに高校に入学してもいじめにあう可能性もあるし、五月病になるかもしれないし、3年後には大学受験もあるしと再びパニックになってしまう。湧き上がる不安を抑えられなくなっている妻にようやく異変を感じた夫は、彼女を心療内科へと連れて行く。

 彼女の病名は全般性不安障害。原因不明だが、セロトニンが不足することで脳が過敏になって不安を抑えられなくなる病気だという。やがては鬱病につながる恐れのある病気で、中高年の女性に多いという。なりやすいのは元々心配性の性格を持つ人で、ストレスが引き金になると考えられるという。患者はいらぬ取り越し苦労をして精神が不安定になるという。病気の症状としては頭痛と肩こりが特徴的な症状だという。

 2例目は52歳の女性。介護士として忙しい毎日を送っていた彼女は、ある日、突然に右手の震えが発生する。意識するとすぐに止まったのでその時は気にしなかったのだが、1年後には力を入れなくても震えの症状が出るようになっており、その振れ幅も大きくなっていた。しかしそれでも何か作業をしようとすると震えは止まるので放置していた。しかしさらに1年後、その震えは1日に1度は起きるようになっており、自分では止められなくなっていた。それでも作業をしようとすると震えは止まるので、仕事のせいだろうと放置していた。そして最初の震えから5年後、彼女の異変に介護をされていた高齢者が彼女の異常に気づいた。彼女から笑顔がなくなって無表情になっているというのである。そしてある日、鍋が噴きこぼれたので慌ててガスを止めようとした彼女は、身体が全く動かなくなって救急車で病院に運ばれることとなった。

 彼女の病名はパーキンソン病。脳内の神経伝達物質ドーパミンが異常に減少して、運動機能に障害が出る病気である。原因不明で難病指定されている病気だが、決して希な病気ではないという。国内には12万人の患者がおり、50代以上の100人に1人は患者だという。彼女の初期に現れた手の震えは典型的な初期症状だという。安静時のみに震えが生じ、動作をしようとすると止まるのがこの病気の特徴だという。さらに病状が進行することで顔面の神経にも麻痺が生じて、無表情になったのだという。治療法はないが、早期に発見すると薬で病状をコントロールできるという。

 今回は2例とも脳内物質の欠乏が原因で発生する病気である。1例目はそれが精神面の機能不調に現れる例、2例目は運動機能の府庁に現れる例である。脳のことは未だに完全には解明されていないため、脳がからむ病気については原因不明で治療法不明という場合が多いのが現状であり、早期発見によって早期に手を打って進行を食い止めるしか方法がない。また脳がからむ病気の場合、大抵はストレスが原因にからんでいるので、やはり適度にストレスを抜ける生活というのが重要である。

 脳の不調といえば、今日のNHKのニュースで「昇進うつ」について紹介していた。昇進による仕事の責任が増したストレスなどで鬱病を発生する30〜40代が急増しているのだという。現代が高ストレス社会化している上に、どの分野でも仕事が高度化して困難になっているのが原因だとのこと。

 鬱病などの精神疾患の予防法は「頑張らない」ということである。大体この手の病気を患う人のパターンは決まっており、真面目で責任感の強い人である。その性格故に過剰なストレスを抱え込んでしまい、しかも最後までそれから逃げないので重症化してしまうわけである。精神系の疾患の増加は社会がそれだけ余裕をなくしている証拠でもあるわけだ。

 

11/14 たけしの本当は怖い家庭の医学「冷え性&ひざの痛み」

 1例目は旅館に住み込み仲居としてで働く38歳の女性。冬になると彼女の悩みは冷え性だった。いつものように苦しみながら洗い物をしていた時、両手の指先が白っぽくなっているのに気づく。しかし入浴すると指先の色は元に戻るので、単なる冷え性だと気にしなかった。その後も水仕事のたびに指先が白くなったが、暖めると戻るので気にしなかった。しかし一週間後、客が残した氷の入ったグラスを片づけようと触った瞬間、刺すような痛みを感じる。すると水仕事をしているわけでもないのに、指先の白い範囲が広がっていることに気づく。しかもやがて指先の色は白から薄紫に変化した。そこで慌てて指をさすって暖めたところ、今度は指先が真っ赤に変わってしまった。心配になる彼女だが、数分後に指先は元に戻っていた。結局彼女はそれをそのまま放置する。そして3年後、この頃になると冷たい外気に触れただけでも指先が白くなるようになっていた。そんなある日、指先がささくれて血が滲んでいることに気づいた彼女は、指先に絆創膏をまいておく。そのままけがのことを忘れていた彼女だが、数日後、指先に今までにない激しい痛みを感じた彼女は絆創膏をめくってみる。するとなんと指先が真っ黒に変色していたのだ。

 慌てて医師の診察を受けた彼女だが、医師は彼女に既に指先の壊死が始まっており、切断するしかないと宣告する。彼女がこのような状態になってしまった原因は、全身性エリテマトーデス、免疫の異常で関節や腎臓など全身に慢性的な炎症を発生する膠原病の一種である。原因は不明であるが、患者の9割は女性だという。その初期症状として半数の患者に現れるのがレイノー現象というもので、それは指先が冷えた時に白から紫に変わり、暖める赤くなるというものだという。これ自体は冷え性の人に多く現れる症状だが、その中のごく一部が全身性エリテマトーデスの症状なのだという。交感神経が刺激されることで指先の血管が異常に収縮し、血管に血が通わなくなっていたのだという。血液の通わない指先では免疫力が低下、傷口から侵入した細菌が繁殖してしまい、ついには指先の壊死に至ってしまったのだという。

 2例目は定年を迎えた60歳の男性。定年後、ゴロゴロしてすごすことの多くなった彼。1年後、立ち上がった途端に左膝のかすかな痛みを感じる。しかし膝をしばらく曲げ伸ばしすると痛みは消えたので、大して気にしなかった。さらに1週間後、階段を下りようとした彼は、左膝の鈍痛を感じる。しかしこの時もしばらくすると痛みは消えた。そのまま放置しての2年後、膝の痛みは頻発するようになっていた。しかもタクシーに乗ろうとした時、左膝が痛くて足に力が入らないことに驚く。そして膝の痛みを初めて感じてから5年後、すっかり出不精になっていた彼は、旅行に出かけた妻が帽子を忘れて行ったことに気づく。慌てて帽子を持って妻の後を追いかけるのだが、途中で激しい膝の痛みでついに立っていられなくなり病院に運ばれる。

 検査の結果、彼の膝はボロボロの状態になっていた。彼の病名は変形性膝関節症。軟骨がすり減ってしまうことで膝に痛みを生じる病気で、日本人の10人に1人がその患者だという。日本人にここまでこの病気が多い理由は、日本人の9割がO脚であること。O脚だと軟骨に負担がかかるため、これに老化が加わると軟骨がすり減ってしまうのだという。しかも彼の場合、明らかに運動不足だったため、膝を支えるべき大腿四頭筋が弱体化、膝がぶれて軟骨を大きくすり減らしてしまったのだという。最初の頃、膝を動かすと痛みが消えていたのは、膝の関節液が膝を動かすことで行き渡っていたからであり、そのために彼は病に気づくのが遅れてしまったのだという。現在彼は、膝に人工関節を入れ、リハビリで筋力を鍛えているという。

 1例目の全身性エリテマトーデスは、実はこの番組には既に何度か登場している。以前に芸能人特集の時に、安奈淳氏が死にかけたのがこの病気によるし、その前にも日焼けをきっかけにこの病気を発症した例を紹介していた。現在はこの手の免疫疾患が増加しているのだが、原因ははっきりしていない。高ストレス社会が原因になっているとか、環境ホルモンなどが原因だとか、諸説があるが未だに決め手がないようである。

 2例目については、高齢化社会の到来でまさに国民病になりつつある病気。これからもこの患者は増えることはあってもなかなか減りそうにないので、これから一番儲かるのは整形外科医だというのが私の考え。予防には適度な運動が一番で、軟骨自体が運動刺激で健康になるという話もあるので、適度な運動を心がけるのが良い。もっとも限度を考えずにがむしゃらに運動したら、かえって軟骨の摩耗を進めてしまう恐れもあるので、あくまで痛みを感じない程度に気をつけること。また既に膝があまり良くない者の場合は、水泳が膝に負担をかけずに足の筋肉を鍛えられるのでベスト。何もがむしゃらに泳がなくても、水中ウォーキングで十分である。

 以上、今回は2件だが、指先切断と膝の人工関節という程度だと、この番組では「まだラッキーな部類」という分類になる(笑)。ただ、1件目は既出ネタで、2件目は今更特別に取り上げるほどもないありふれすぎた病気というのは、やはりネタ的にしんどくなりつつあるのではないかという嫌な予感は抱かせるのだが。

 

11/7 たけしの本当は怖い家庭の医学「腹痛&寝言」

 1例目は56歳の女性。20年前に夫と死別し、子供も独り立ちした彼女はこれからの人生のパートナーを求めてお見合いパーティーに参加、そこで彼女は理想の男性と出会う。しかもその彼と順調に交際が始まる。幸せの絶頂の彼女、しかしその頃から身体に不調が現れる。彼と食事をして帰ってくると腹痛がするようになったのである。しかし胃腸薬を飲んで30分もすると治まるので気にしなかった。しかしその後も彼と食事をするたびに、たびたび腹痛が起こっていた。そして1年後、ようやく彼との結婚の約束をした彼女。しかしこの時には一人で食事をした時にも腹痛が起こるようになっていた。病院に行った方が良いと思いながらも、結婚式の準備に追われた彼女はそのまま病院に行きそびれる。そして悲劇は最悪のタイミングで発生する。結婚式の途中で今まで経験したことのないような激しい腹痛を感じたのだ。そのまま我慢していた彼女だが、ついには激しい吐き気が起こって倒れ、病院に運び込まれる。

 病院に運び込まれた彼女は危険な状態で、直ちに開腹手術をしないと命に関わると診断される。彼女の病名は腸間膜動脈血栓症。腸に血液を送る血管が血栓で詰まって腸が壊死してしまう病気である。発病後5〜10時間で治療しないと死に至る可能性が高いという。彼女がこの病気を発症した理由は動脈硬化。動脈硬化によって腸の血管が細くなり、腸への血液供給が悪くなることで消化のたびに腸が血液不足になって腹痛を発症していたのである。しかし時間が経って血液不足が解消すると症状が治まるため、動脈硬化に気がつかないことが多いのだという。そして最後の瞬間、ついに血管が完全に閉塞して腸が壊死してしまったのだという。彼女は一命は取り留めたものの、腸の大部分を切除することになり、点滴でしか栄養を摂取できない身体になってしまったという。

 2例目は54歳の男性。リストラされて半年、ようやく再就職が決まった彼は、新しい職場で努力していた。しかし1ヶ月後、彼の妻は今まで明るかった彼が、最近は肩を落として帰ってくることが多くなったことを気にしていた。そしてその夜、彼女は夫の大きな声で目が覚める。なんと彼はかなりはっきりとした寝言を言っていた。翌朝、彼に寝言のことを聞いた彼女に彼は、上司と言い争っている夢を見たんだと答える。その時は大して気にしなかった彼女なのだが、1ヶ月後、今度は彼が夜中に眠りながら腕を振っているのに驚く。慌てて彼を起こしたところ、ライオンに襲われる夢を見たんだという。それ以来、彼はそのような異変を頻発するようになる。心配した彼女は友人に相談したところ、狐憑きに違いないとお祓いを勧められる。藁にもすがる思いで祈祷を頼んだ彼女、その夜は異常は出なかったのだが、2日後、息苦しさに目を覚ました彼女は、夫が自分の首を絞めているのに驚く。このままでは夫に殺されると恐怖に駆られる彼女。しかしある新聞記事で、ようやく彼の病気の真相が明らかになるのである。

 彼の病名はレム睡眠行動障害。夢で体験していることをそのまま言葉に発したり、行動に出してしまう病気だという。原因は不明だが、まじめでストレスをためやすいタイプが危険だという。患者は推定12万人で、8割が50歳以上の男性だという。夢を見ているレム睡眠の時には脳からの命令は遮断されるので、本来は寝言を発するのは夢を見ていないノンレム睡眠の時だけだという。つまり通常は夢と寝言は関係しないのだという。しかしこの病気を発症すると脳幹部が機能低下し、夢を見た時の命令が身体に伝わってしまうのだという。だから夢と関係した寝言や行動をとってしまうのだとのこと。この病気の特徴は寝言と夢が一致していることで、さらに争ったり襲われたりという悪夢を見ることが多くなるのだという。彼の場合は病名が分かったことで薬を処方して症状は改善したとのこと。

 1例目は動脈硬化で現れるあらゆる病気の亜流。脳に現れれば脳梗塞、心臓に現れれば心筋梗塞などになるが、腸の動脈に現れたということである。つまりは動脈硬化をいかにして防ぐかがポイント。番組では喫煙や大量の飲酒を避ける。さらに肉よりも魚中心の食事にすることなどをあげていた。もっともである。

 2例目は「本当は怖いアホな友達」。お祓いなんてアホなものを勧める友人とは縁を切りましょう。この調子だと次には仏壇を売りつけられそうだ。多分こういう人物に健康法を聞けば、あるある健康法を勧めるのだろう。それはともかくとして、この病気自体はストレスが原因の脳障害の一種のように思われる。ストレスは万病の元などと言われるが、やはり脳関係に一番ダメージか現れやすく、いわゆる鬱などを招くことが多いが、もっと別の出方をしたのがこの事例だろう。いわゆる寝ぼけるという状態に似ているが、かなり常習的に現れるのが病気である所以である。しかもこのように攻撃的行為が現れるのだから、家族としては危険きわまりない。確かに治療の必要があるだろう。ストレスをためないことと、良い睡眠をとることが重要なようだが、私はここのところ睡眠不足だし、サラリーマンなんて因果な仕事をしている限りストレスからは逃げようがない。これは私も気をつけた方が良いか。そうか、もう少し不真面目な性格になれば良いのか・・・って、えっ?もう既に十分不真面目だって? どこかからツッコミが聞こえてきた。

 なんかこの番組を見るのはかなり久しぶりの気がするが、ここのところスペシャルだとかでまともな放送がほとんどなく、前回からは実質的に2ヶ月近く間隔が開いている。多分ネタ的に大分しんどくなっていたのだろう。この間にしっかりとネタを集められていたのなら良いが。まあ今回の内容はなかなか面白かったですが。

 

10/17 たけしの本当は怖い家庭の医学「メタボリックシンドロームを防ぐ料理」

 事例紹介は、姑にいびられながら家事に忙殺されていた女性が、姑の死後に急に楽になり、その結果10年後には肥満が元のメタボリックシンドロームで心筋梗塞になって命を落としてしまったという例。皮肉なことにいびられながらやっていた家事が、彼女の消費カロリーを増やして健康を保つ原動力になっていたという話である(身体はともかく、精神的には悪そうだが)。

 で、番組では平均をすると日本人は400キロカロリーを過剰に摂取しているとして、夕食の平均値1200キロカロリーから400キロカロリーを減らす料理を芸能人3人に作ってもらうという企画。こんにゃくライスを使ったオムライスや、キャベツばかりのロールキャベツ、揚げていないコロッケなんてものが出てきますが、料理番組には興味ありません。

 

9/19 たけしの本当は怖い家庭の医学「芸能人の病例&アルツハイマー予防」

 今回はスペシャルとのことで、前半と後半でテーマが変わっている。

 前半は以前にもあった芸能人の病例について。今回登場するのは糖尿病になってしまった假屋崎省吾氏と、橋本病を患った橋田壽賀子氏、さらに胃ガンを患った鈴木宗男氏である。

 假屋崎省吾氏の場合、ハードなスケジュールをこなすために、朝にはカツ丼、昼にはステーキにご飯大盛り、おやつにようかん一本、夕食に焼き肉、さらに夜食にカツ丼という1日5000キロカロリーを超えるような滅茶苦茶な食生活をしていた。しかし彼の場合はそれでも特に太らなかったので、気にしていなかったのだという。しかしやがて、息切れ、喉の渇き、身体のだるさなどの症状が出、訪れた病院で重度の糖尿病との指摘を受けたのだという。彼は内臓脂肪が大量に蓄積していたのだという。

 橋田壽賀子氏の場合は、橋本病は50年がかりで進行した病だという。最初に現れた症状は階段などを登る時の異常な動悸。さすがに心配になった橋田氏が医師にかかったところ、喉に腫れがあることからバセドウの可能性があると言われて薬を処方された。しかし楽天家の彼女はその薬を飲まなかったとのこと。しかし症状はやがて治まったのでそのまま気にしなかった。その後、彼女は脚本家として有名になり、結婚もした。その彼女に再び病気が現れたのは夫を亡くしてから。がっくりしてしまって全く気力がなくなったのだという。彼女はこれは精神的なものだと思っていたのだが、後の検査で橋本病だと分かったのだという。橋本病は甲状腺の異常によって全身症状が現れる病気だが、だるさなどが現れることが多いという。また初期症状はバセドウと似ているのだとか。

 鈴木宗男氏の場合は、彼は人間ドッグを欠かさず、暇を見つけてはジムに通っていたような健康マニアだったのだが、例のムネオハウス事件で東京拘置所に拘置され、仮釈放後に受けた人間ドッグで胃ガンが発見されたのだという。彼は胃ガンの危険要素である喫煙・塩辛い食事・ピロリ菌のいずれも該当しなかったのだが、仕事柄食生活が不規則で、生野菜をほとんどとれていなかったことによるビタミンC不足が胃ガンの原因になっていたと考えられるとのこと。

 後半はアルツハイマーについて。まず最初に登場するのは現在開発中というアルツハイマーの進行を阻止する薬について。これが登場するのが2年後なので、その2年をしのげばアルツハイマーは何とかなる可能性があると言いたいらしい。しかし本当にこの薬にそれだけの効果があるかは定かではない(何しろ開発メーカーの宣伝文句だけなので)。

 で、番組の方だが、まずはアルツハイマーの症状について、アンケートから集めた結果に基づいて紹介している。

 事例は定年を迎えた60歳の男性。彼に2年後にまず最初に現れた症状が、物忘れが多くなり、さらに会話に「あれ、それ」などが多くなるというもの。さらに番号を聞いてメモをとるなどの2つのことが同時に出来なくなるという症状が現れる。さらに定年の4年後には、テレビを見ていてもドラマの筋が分からない。慣れているはずの近所のスーパーへの道を間違えるなどの異常が現れる。そして5年後には、自分のしたことを忘れて、同じ掃除機を2回も買ってくるという症状が発生。この時に妻は病気を疑うのだが、それを信じたくなくてまだ病院には行かなかった。そして7年目に決定的な症状が現れる。とっくの昔に定年しているのに、夜中に出勤しようと鞄を持って家を出るという事件が発生。ついに徘徊するようになってしまったのだ。ここに来て妻が夫の異常を認めざるを得なくなり、病院の診察を受けるのだがアルツハイマーの診断を受ける。それから薬を飲むようになったが、現在は残念ながら進行を遅らせるだけでアルツハイマーを根本治療する薬はない。そして10年後には彼はついに寝たきりになってしまったという。

 この中でアルツハイマーと言えるのは5年目以降で、ポイントは自分が物忘れをしているということを分からなくなっている状態だという。また4年目のようなひどい症状が出た時点でアルツハイマーと診断されることもあるという。そしてそれまでの2年目に現れた症状がアルツハイマーの前段階ともいえるMCI(軽度認知障害)だという。これを発症した者の50%はそのままで、50%がアルツハイマーに移行するという。この段階で早期治療によって発症を遅らせられるのだが、単なる老化と区別がしにくいのが問題なのだという。ポイントは頻度の差で、頻度が多すぎる時はアルツハイマーの前段階の可能性があるという。

 さて対応だが、厚労省のプロジェクトチームが、アルツハイマーの予防に生活習慣が影響することを突き止めたのだという。このプロジェクトは利根プロジェクトと言い、利根町の高齢者2000人を対象に5年にわたって大規模な調査研究がなされたのだとか。

 このプロジェクトがMCIを調べるために用いたのがファイブコグというテストで、これは記憶・言語・注意・類推・視空間認知の5項目に渡って機能を調査するテストだという。番組でも実際に記憶と言語のテストを実施したが、これをやってみると、私は一応問題なしとは出たが、かなり難しい。そしてこれで問題のあった高齢者に30分の昼寝(1時間以上寝ると逆効果)、有酸素運動、栄養補給をしてもらったところ、記憶テストの成績に向上が見られたのだとか。

 で、最後の栄養だがこれはDHA、EPA、リコピン、フラボノイドを毎日摂るのだとか。番組ではこれらの栄養分を含んだ食材を用いたメニューを料理研究家の奥園壽子氏に提案してもらって終わりとなっている(料理の詳細は私は興味がないので割愛)。

 スペシャルであるが、どうも2本を1つにしたという印象の奇妙な構成。ただし今までの無意味なスペシャルと違い、内容は十分にあった。今回も料理が登場するということで嫌な予感がしていたのだが、今までのように単に芸能人が無意味に料理をするという内容ではなく、料理自体が治療用の処方箋になっていたのは一応の意味を持っているということで、以前のスペシャルに比べると随分とよい内容になった(それでも全体的にかなり無駄が多かったのは否めないが)。

 

9/12 たけしの本当は怖い家庭の医学「発汗&体重減少」

 1例目は51歳の主婦。1ヶ月前から寝たきりになった姑の介護に明け暮れていた。しかし、子育てしながら仕事をする彼女を理解してくれていた姑に対し彼女は心から感謝をしており、嫁姑の関係は良好で、彼女は献身的な介護を続けていた。そんな彼女に異変が現れたのは2ヶ月後、涼しくなってきていたにもかかわらず身体が火照って、汗をやたらにかくようになったのだ。そのことを姑に相談してみると、更年期じゃないかと言われて彼女もそれで納得していた。そして1年後、この頃には姑の世話が終わるとひどく疲れるようになっていた。しかもやたらにイライラするようになっていた。しかし食欲はやたらに進み、身体を動かしている時はむしろ以前よりもハイテンションになっていた。だが、彼女の献身的な介護もむなしく、寝たきりになっていた姑は他界してしまった。がっくりとした彼女に決定的な異変が発生する。葬儀が終わって一息ついたとたん、吐き気を感じた彼女は、そのまま呼吸困難になって病院に運び込まれる。

 彼女の病状は甲状腺クリーゼだった。突然に甲状腺ホルモンが爆発的に分泌され、生命の危機に瀕する病である。吐き気、頻脈、呼吸困難や最悪は心不全を起こして死亡するケースもあるという。原因は不明だが、ストレスがきっかけになると言われている。しかし彼女の場合は、この病気になる素地を既に持っていた。実は彼女の発汗などの症状はバセドウ病によるものだった。バセドウ病とは甲状腺の異常によって甲状腺ホルモンが過剰になる病気である。そして甲状腺クリーゼの90%はバセドウ患者が発症するという。落とし穴だったのは更年期障害の症状とよく似ていることである。またバセドウ病と言えば眼球が突出する症状が有名だが、これが現れるのは3割程度にすぎないという。50万人は潜在的患者がいると思われるが、半数は気づいていないと考えられるという。

 2例目は39歳の主婦。スタイルの良かった彼女だが、最近は年齢に勝てないのか胴回りに少し贅肉が付いてきたのを感じていたが、特にダイエットはせずに過ごしていた。そんなある日、最近外食が続いていたことを気にした彼女は、久しぶりに体重を量ってみる。すると特にダイエットはしていなかったにもかかわらず、1キロ体重が減少していた。彼女はそれを喜ぶ。そして翌月もさらに1キロ減少していた。10ヶ月前に健康診断で異常がなかった彼女は、自分の健康を信じており、体重の減少にはむしろ喜んでいた。しかしその1ヶ月後、食欲不振が現れる。さらに体重は減る一方で、4ヶ月で4キロも減っていた。ここになって不安を感じた彼女は、病院を訪れる。

 しかし残念ながら既に手遅れだった。彼女は胃ガンになっており、大腸や子宮にも既に転移していて手の施しようがなくなっていた。彼女は3ヶ月後に死亡する。彼女がかかった胃ガンはスキルス胃ガンだった。通常の胃ガンは胃の粘膜の表面で拡大していくのに対し、スキルス胃ガンは胃壁内部に潜るように広がるので発見しにくいという。しかもスキルス胃ガンは通常の胃ガンの6倍も進行速度が速く、気づいた時には手遅れになることが多く、死亡率は8割になるという。また30〜40代という若い女性がなりやすい特徴があるという。最初の体重減少の時に気づいたら助かった可能性もあるが、体重が減ることをうれしいと考える女性が多いため、発見が遅れることが多いという。

 1例目のバセドウ病は比較的多い病気で、私の知人にもストレスからこの病気にかかった者がいます。ちなみにバセドウ病になると代謝が異常に増進するので、体重が減少します。大馬鹿健康番組が「いくら食べても太らない理想的な身体」と紹介する状態になってしまうわけです。しかし代謝が異常に増進した状態なので、心臓などに負担がかかり、放置していると心不全などで命を落とす確率が高まります。ですからやたらに食欲が出るのに体重が増えないなどという症状があれば、血液検査を受けてみる必要があります。なおバセドウでなく胃腸に疾患があっても「いくら食べても太れない身体」になりますので、この場合も検査が必要です。ですから「いくら食べても太らない」なんてのはつまりは病気であって、健康番組が理想的として紹介するようなものでは絶対にないということです。

 2例目も似たような病例です。ダイエットもしないのに勝手に体重が減るなんてことは、本当は一番最初に病気を疑うべきものです。胃ガンでなくても糖尿病などの可能性もあります。なお司会のビートたけしがボケていましたが、わかりにくいガンという意味でステルスと勘違いする人が多いのですが、ステルスではなくてスキルスです。スキルスとは硬いという意味で、このガンが進行すると胃壁が柔軟性をなくして硬くなってくるのでこう呼ばれるとか。そして胃壁が硬くなるので消化が不十分になり、これが体重の減少につながるとのこと。

 今回は2例とも、女性に特有なわけではないが女性にとって落とし穴になりそうな病気です。しかしいずれも早期にキチンと検査をすれば発見して治療できる病気なので(特にバセドウは血液検査だけで一発で分かる)、思い当たる人は是非とも検査をしておきましょう。なお男性の方も、これらの病気を女性の病気とは思わないように。ちなみにバセドウにかかった私の知人は30代の男性です。

 

9/5 たけしの本当は怖い家庭の医学「頭痛&口臭」

 1例目は60才の主婦。娘に頭のトレーニングに良いと勧められたパズルにすっかりはまってしまい。今夜も遅くまでパズルを作っていた。そんな彼女に小さな異変が現れる。目の奥が重くなる頭痛を感じたのだった。しかしやがて治まったので、目が疲れているだけだと思って、彼女はそのまま床についた。翌朝7時、今度は眉間に痛みを感じる。しかしこれもすぐに治まったので、彼女はやはり目の疲れだと考えていた。しかし午後4時、今度は右目のかすみと昨日と同じ目の奥の痛みを感じる。しかしこれもすぐに治まってしまった。だがその夜、突然に激しい頭痛と吐き気を感じて苦しみだした彼女は、病院に運び込まれる。

 直ちに精密倹素が行われたが、彼女には脳梗塞などの脳の病気は見られなかった。しかし意外な病気が目に発見された。彼女は閉塞隅角緑内障だった。通常の緑内障は数年をかけて徐々に進行するのに対し、この病気は急激に進行し、1日で失明してしまうことがあるという。緑内障の中で2番目に多く、現在80万人の患者がいるという。原因は不明だが、発症しやすくなるのは40才以上で、50才以上の女性にもっとも患者数が多く、遠視が危険因子の一つだという。また眼球内の隅角という部分が狭い人に起こりやすいことが分かっているので、事前の検診によって可能性が分かるという。恐ろしいのは何の予兆もなく、いきなり症状が現れることが多いことだという。しかし事前に症状が出ることもあり、彼女の症状は隅角が閉塞しかけたことで眼圧があがったことによるものだったという。幸いに彼女は早期治療によって右目の失明は免れたとのこと。

 2例目は52才のベテランOL。几帳面で綺麗好き、回りにも良く気配りする彼女だったが、ある時を境に運命が暗転する。それは部長主催の焼き肉パーティーに出かけた翌日だった。お昼を食べに行った時、同僚に口臭がしていることを指摘される。彼女はその後、口臭を気にして歯を磨きなおしたのだが、それでも口臭が消えたようには思えなかった。そして翌日、新入社員をオフィスの案内をしていた時、彼女が話しかけるたびに新入社員が鼻を押さえるのに気がつく。口臭がまだ消えていない。その夜、彼女は歯間ブラシなども使って徹底的に歯を磨く。しかし翌日、同僚がやはり臭そうな反応をすることに気づく。彼女は口臭抑制剤を購入し、万全の体制で口臭予防するのだが、回りは彼女の臭いを気にしているようだった。そこで彼女は歯科医に行くのだが、特に歯に問題はないし、口臭もしないと言われて不信感を感じる。そしてある日、決定的なことが起こる。彼女が乗ったエレベーターに乗り合わせた人達は、彼女の口臭にチラチラと彼女を盗み見るし、ついには向かい側のホームの人までが臭がっているのだ。彼女はそのまま無断欠勤をするようになる。10日後、心配して彼女の部屋を訪れた同僚が見たのは、様々な消臭グッズに囲まれて引きこもっている彼女の姿だった。

 彼女の病名は自臭症。ほとんどしていない自分の口臭を異常に臭いと思いこんでしまう精神の病気である。清潔志向が異常に高まった最近に増加しているという。特に彼女のように他人に気を遣う綺麗好きの女性がかかりやすいという。つまり最初に焼き肉パーティーの翌日に少々口臭がしたのは事実だが、その後のことはすべて彼女の思いこみだったのである。幸いにしてその後、彼女は専門医のカウンセリングを受け、社会復帰を果たすことが出来たという。

 1例目は非常に恐ろしい病気だが、80万人も患者がいると言うことは珍しい病気ではない。ただ眼科検診で危険性は簡単に判定できるようなので、やはり定期的に眼科の検診を受けておけばよいのだろう。

 2例目はいかにも現代的で日本的な精神の病。そもそも現在の多くの女性の清潔好きにしても、既に精神的に異常な域に入っているのだから(人がさわったつり革を握れないなど言うと、歴とした病気です)、さらにこういう方向に病気が進むのもある種当然とも言える。異常な清潔志向と、対人恐怖が入り交じった症状である。さらに口臭が臭いと思いこむだけでなく、自分の体臭がきついとか、自分がわきがだと思いこむケースもあります。実際、わきが治療のために訪れる思春期の患者のほとんどは、単なる思いこみだとか。なおわきがについては、くれぐれも怪しげな紫外線治療器などを勝手に買って使用しないように。本当は紫外線なんか出ていないインチキ商品だと何の効果もないだけですが(ただの蛍光灯に紫色のフィルタをかけて、それっぽく見せている商品もあるとか)、もし本当に紫外線が出ていたらガンになる可能性があります。ちなみに日本人の体臭は、欧米人に比べると全くないに等しいです。やはり彼らは肉食である上に、元々人種的に体臭がきついようです。そして何より、彼らは大抵は日本人ほどはまめに風呂には入りませんから。

 

8/29 たけしの本当は怖い家庭の医学「頻尿&主婦の食習慣」

 1例目は美容院を営む52歳の女性。その彼女に尿意を感じたら膀胱がズキズキ痛むという症状と頻尿の症状が現れる。以前に膀胱炎を患ったことのある彼女は、残っていた薬を飲んだところ数日後には症状は治まる。しかし3ヶ月後、再び症状が現れる。膀胱炎だと思った彼女は泌尿器科を訪れるが、膀胱炎にしては尿がきれいので神経性の頻尿の可能性があると言われて、薬をもらう。その薬を飲むと2週間後には症状が治まる。しかし1ヶ月後、再び痛みがぶり返し、さらに足の付け根が引っ張られるような痛みも発生する。今まで体験したことのない痛みに、彼女は別の病院を訪れるが異常なしとの診断をうける。どこの病院に行っても同じ診断だった。しかし彼女の痛みは激しくなっており、今ではトイレに行く回数は1日40回を超えていた。そして彼女は性器周辺の痛みや焼け付くような膀胱の痛みでついに倒れてしまう。

 激しい痛みのあまり「膀胱をえぐり取ってください」と頼む彼女のただならぬ状態に、医師はある病の可能性に思い立って検査を行い、ついに彼女の病名が判明する。。彼女の病名は間質性膀胱炎だった。通常の膀胱炎が外部から侵入した細菌によって炎症が起こるのに対し、間質性膀胱炎は原因は不明だが、膀胱内部の間質が炎症を起こして膀胱が縮む病である。ソフトボール大の膀胱がピンポン球大にまで縮んでしまい、また通常の膀胱炎の薬は効かない。この病気は10万人に1人という希な病気だと思われていたので、医師にもあまり認知されていないのだという。しかし最近急激に患者が増加しており、ようやくガイドラインの作成に着手されている状況だという。彼女の症状は膀胱の収縮に伴う症状だった。通常の膀胱炎は排尿児や排尿後に痛みを感じるが、間質性膀胱炎は尿意を感じただけで痛む(膀胱が伸びなくなっているから)のが最大の特徴だという。またこの病気は痛みのサイクルがあるので、彼女はそれを薬が効いたのだと勘違いしたのだという。

 2例目は主婦特有の食生活が深刻な病につながった例。42歳の主婦。育ち盛りの子供を抱える彼女は、毎日栄養たっぷりのメニューを作っていた。そんな彼女の食習慣は朝の6時に弁当を作りながら味見がてらのつまみ食い、午前7時に夫と朝ご飯、そしてその後に子供たちが朝食を摂ると、片づけの時に食べ残しを食べてしまう。さらにお昼になると、賞味期限が切れそうな食材を食べきってしまう。さらに夕食後には夜遅く帰宅する夫につきあって少しつまみ食いというものであった。そんな彼女に2年後、異常が現れる。まず昼寝をしていた時に足にこむら返りが起こる。さらにやたらに喉が渇くようになり、全身にだるさを感じるようになった。そしてその夏の終わり、体重が急激に減り始める。そしてその5日後、ついに昏睡で倒れてしまうのである。

 彼女の病名は糖尿病。そしてその原因は食生活にあった。もともと脂っこいメニューが多かったのに、彼女はつまみ食いで759キロカロリー(メンチカツ定食並みとか)ものカロリーを余分に摂取してしまっていたのだ。しかも女性の1日の脂質の摂取量50グラム以内に対して、彼女は80グラムも摂取していた。こんな食生活を10年続けたことによって糖尿病を発症したのだという。

 1例目は膀胱炎でも珍しい方の膀胱炎。原因が不明だとのことだが、それでも早期治療法はあるようである。私は医学の専門家でないので断定は出来ないが、原因不明の炎症で、細菌性ではなく、最近患者が増加していると言えば、自己免疫疾患のような気がする。

 2例目については、症状を聞けば病名はすぐに分かる事例。食生活の問題が直結する病気である。番組ではゲストの食生活から脂肪をどれだけ摂っているかでレッドゾーンを決定していた。ゲストの麻木久仁子氏が見事にレッドゾーンになってしまい「ダイエットしてるのに」と驚いていたが、話を聞いていると当たり前。何しろ彼女の挑戦しているダイエットが低炭水化物ダイエットだというのだから、根本的に間違っている。低炭水化物ダイエットは脂肪分が過剰になるのは当然で、それが原因で肝臓を壊す事例がアメリカで続出して、完全に葬り去られた間違ったダイエット法である。今頃これをやってるなんて・・・・。これは是非とも私の本を読んでもらいたいところ(笑)。

 夏休み対応なのか何かは分からないが、今回も死亡者なし。また2例とも治療が功を奏して無事に社会復帰できたハッピーケースです。もし夏休みを意識してるのなら、次回から死屍累々になるのだろうか?

 

8/22 たけしの本当は怖い家庭の医学「咳&冷え性」

 1例目はマンションの管理組合の理事長に選ばれた48歳の男性。きまじめな彼は住民の板挟みになりながら頑張っていたが、3ヶ月後に変な症状が出る。妙な乾いた咳が出るのである。風邪でもひいたかと思っていた彼だが、次には目のかすみといった症状が現れる。さらに手や足にしこりが現れる。しかし痛みはないので放置していたが、彼は全身にだるさを感じるようになっていた。そしてある日、胸に苦しさを感じた彼はそのまま倒れてしまうのである。

 彼は検査の結果、目から内臓に至るまでサルコイドーシスに犯されていた。サルコイドーシスとは体のあらゆる場所に肉芽腫という腫れ物が出来る病気である。患者は1万8千人いるが特効薬がないために難病に指定されているという。原因ははっきりしていないが、ニキビの原因になるアクネ菌が原因と言われている。ストレスや過労などによって体内でアクネ菌が増殖して、それに免疫細胞が群がることで肉芽腫が生成するという。彼の場合、まず肺に、次に目に肉芽腫が出来、腕、足、ついには心臓に肉芽腫が生成したという。最悪は死に至る病だが、彼は幸いにして治療の結果、普通の生活に戻ることが出来たという。

 2例目は58歳の中華料理屋の女将。5年前に夫を亡くしてから、息子と二人で店を切り回していた彼女の最近の悩みは、右足の冷えだった。3ヶ月後、歩いていた彼女は足のふくらはぎにしびれを感じる。しかし休むとすぐに治ったので気にしなかった。そして3ヶ月がたつがまだ足のしびれや冷えは続いていた。その1ヶ月後、ガラスを踏んでしまった彼女は足に小さなけがをする。しかし大したことはないと彼女は絆創膏を貼って放置していた。そして5日後、傷口の痛みに足を確認すれば、傷が悪化していた。そして翌朝、足の痛みで目を覚ました彼女は、足の指がどす黒く変色しているのを見つける。

 すぐに病院に運び込まれた彼女だが、医師からの宣告は残酷だった。右足が壊死していた膝から下を切断するしかないと言われたのである。彼女の病名は閉塞性動脈硬化症。足の血管が動脈硬化で詰まってしまう病気である。様々な症状が現れ、最悪は死に至るという。元々は男性に多かった病気だが、最近は女性にも増加しているという。特に閉経した女性は、エストロゲンの分泌が減少することでコレステロールの低減効果がなくなるために、動脈硬化になりやすいのだという。彼女はほとんど血流がなくなっていた右足にけがをしたことで、侵入した細菌が一気に増殖してしまったのである。

 1例目は「ストレスは万病の元」という例のパターンである。ストレスが激化するとアクネ菌でさえ大問題になるなどと言われると、どうすりゃいいんだと言いたくなる。サラリーマンなんてやっていると、日常生活が過剰なストレスの洪水である。ストレスを持ちすぎないようになどと言われても、土台無理というものである。ストレス解消には休日などに気分の切り替えが重要とのことであるが、私の週末の美術館巡りは逆に肉体的ストレスになっていないだろうかと疑問を感じる今日この頃(笑)。経済的には間違いなくストレスになっているが・・・。

 2例目は動脈硬化から発生する病気。同様の危険は糖尿病でも発生するので、糖尿病の患者は特に足の手入れに気をつけるようにと言われている。なお番組では現在研究中という最新治療法を紹介。FGFというタンパク質を患部に注射して、新生血管を作ることで血流を回復させるという治療法が、京都大学付属病院で研究されているらしい。すでに7人の患者に施工例があると言うことなので、興味のある方は連絡を取ってみると良いと思う(と言っても、単に高血圧だというだけで連絡を取っても仕方がないので勘違いしないように。動脈硬化の治療法ではなく、閉塞性動脈硬化症の治療法なので。)。

 今回は完治?&重度障害という例で、この番組にしてはおとなしめ。ここ数回、死亡者が激減しているのはやはり夏休みバージョンか? となると、夏休みが終わったらいきなり死屍累々になりそうな予感が・・・・。

 

8/15 たけしの本当は怖い家庭の医学「喉の痛み&指先の違和感」

 1例目は50歳の主婦。息子が独立して夫と二人っきりになったものの、夫婦の会話もない日常に寂しさを感じた彼女は、ミニチュア・ダックスフントの子供を飼うようになる。しかし夫が犬嫌いだったので、彼女は夫には絶対迷惑をかけないということを約束し、彼女は自分の部屋で犬を飼い始める。また犬の飼育の費用のために、彼女は慣れないパートも始めることになる。慣れない仕事は疲れたが、彼女は犬のためだとがんばった。そして8ヶ月後、犬のしつけに成功したことから、それまで飼っていたケージから犬を出し、寝室で放し飼いをするようになった。その1ヶ月後、彼女の体に異変が現れる。喉にいがらっぽい痛みを感じるようになったのだ。そして1週間後、今度は痰の絡む咳が出るようになる。市販の咳止め薬を飲んだが、翌朝にも激しい咳が続いた。やがて高熱が出るようになり、彼女は病院に出かけようと決心する。そしてついに血痰が出る。

 彼女は重度の肺炎を患っていた。そしてその肺炎の原因が、パスツレラ症だった。犬や猫が持つパスツレラ菌が感染することで起こる病気で、年間数千人の感染者が出ているという。犬の75%、猫の97%がこの菌を保有しており、かまれたり引っかかれることで感染するという。特にペットとキスをしたり、口をなめさせるのが良くないという。彼女の場合、寝室で犬を放し飼いにしていたため、夜中に犬が口を舐めていたのだという。そして彼女はパートの疲労で免疫力が低下していたので、パスツレラ菌に感染して肺で菌が繁殖したのだという。

 サラリーマン川柳の愛好会(なんじゃ?そりゃ)に参加している55歳の男性。月に一回の発表会のために句をひねっていた彼は、指先に妙な違和感を感じる。まるで薄い手袋を通しているような感触だった。しかし痛みがあるわけでなく、特に気にしなかった彼、しかし2ヶ月後には指先にむくみが現れてくる。しかも爪を押してみると少しへこむような感じがする。しかし彼は気にはなったもののそのまま放置する。そして2ヶ月後、すべての指の指先がふくらんでいることに気づいた彼は、ついに病院へ行く。そして訪れた整形外科で、彼は専門医の精密検査を直ちに受けるように指示される。

 彼は肺ガンを患っていた。ほとんど自覚症状が発生しないのが肺ガンだが、20%ぐらいの患者にばち指と呼ばれる指先のふくらみの症状が現れるのだという。原因は不明だが、肺ガン細胞から一種の成長ホルモンが分泌され、指先の細胞の増殖が進行するのだという。彼は幸いにして肺ガンを早期発見できたので、手術で完治して半年後にはばち指もすっかり消えたという。

 夏休みを意識したのか、先週に続いて両例ともに死者が出ないという珍しいパターンである。しかも2例目については、自覚症状が出にくい肺ガンを早期発見できたのだから、むしろきわめてハッピーケースと言える(何も症状が出ないまま手遅れになる例が多いのだろう)。

 さて1例目だが、ペットから感染する病気は実に多いが、これもその1つである。ペットから感染する病気にはもっと怖いものもあるので、やはりペットの飼い方には節度を持つべきであるということ。なお私はこのケースの場合、病気のことよりも冷め切った夫婦関係の方が気になった。妻が病気になったというのに、夫が全く出てこなかったというのが妙に気にかかる。よく30歳以上の独身女性が犬を飼い始めたらもう終わっているなどというらしいが、この夫婦も完全に終わってしまっているので、妻が犬を飼い始めたのだろう。この夫婦関係の方が、病気よりもよほど深刻である。

 2例目は先にも述べたように明らかにハッピーケース。番組ではこれ以外にも爪に症状が現れることがある病気を紹介していた。爪が薄くはがれるのは鉄欠乏性貧血、白っぽくなるのは肝硬変、爪の周りが赤く腫れるのは膠原病の一種である皮膚筋炎の可能性があるという。いずれもポイントはすべての爪に現れるということで、一本や二本ぐらいの指に出るのは異常ではないそうな。なお爪に縦皺が出るというのはよくあるが、これは加齢によるものなので心配はいらない。私も親指の爪に縦皺が現れたのを見て、私ももう若くないんだということを痛感したものである。 

 

8/8 たけしの本当は怖い家庭の医学「歯茎の出血&水虫」

 1例目は41歳の女性。家族で梨を食べていたときに歯茎から出血したのに気づく。以前より歯を磨くと出血することが多かった彼女、実は歯周病を患っていたのだが、彼女は特に痛みもないし気にしていなかった。そしてそのまま一週間、家族とハワイに海外旅行に行った彼女は、帰ってきてから風邪をひいてしまった。その時から歯茎の一部が赤く腫れてむくむ症状が現れる。それでも放置してそのまま風邪をおして仕事に出た彼女、その夜、子供に口が臭いと言われる。確かに彼女の口からは肉が腐ったような口臭がしていた。歯を磨こうとした彼女は歯ブラシが触れただけで激痛を感じる。歯茎を見ると、赤い腫れが全体に広がっていた。明日は歯医者に行こうと早めに休んだ彼女だが、翌朝、口の中に激しい痛みを感じた彼女は、鏡を見て絶句する。歯茎がただれて腐っていたのだ。

 慌てて歯医者に行った彼女の病名は急性壊死性潰瘍性歯肉炎だった。雑菌で歯茎が激しい炎症を起こして、急激にただれる病気である。高熱によって全身が衰弱することもあるという。彼女がこの病気を発した原因は歯周病。歯周病によってできた歯周ポケット内で雑菌が繁殖、彼女は風邪で免疫力が低下したためにこの繁殖を押さえられず、爆発的に雑菌が繁殖して歯茎が破壊されたのだという。この病気は進行がきわめて早く、わずか1日から2日で歯茎全体が壊死してしまうことがあるという。彼女は幸いにして10日間の入院で完治したという。

 2例目は26歳のOL。仕事もバリバリがんばり、すてきな彼氏もできた彼女の唯一の悩みが水虫だった。毎年夏になると現れて、市販の治療薬を塗っていると秋には治まるということの繰り返しだった。彼女は病院に行くことも考えたが、やはり抵抗があってそのまま放置していた。ある日、彼の家に招待されることになってうきうき気分の彼女だったが、小さな異変が現れる。水虫の皮が裂けて赤くただれていたのだ。市販の薬で治療をして一週間後、料理の材料を買って彼の家に向かっていた彼女は、足の甲に痛みを感じる。気になって見てみると足の甲が赤く腫れていた。病院に行った方が良いかと思った彼女だが、そのまま彼の家へと行ってしまう。そのまま彼の家に泊まった彼女だが、明け方頃、彼女のうめき声で目を覚ました彼は、彼女の足の甲全体が赤く腫れ上がっているのを目撃する。

 病院に連れて行かれた彼女は、最悪の場合20センチ近い足の切開手術が必要と診断された。彼女の病名は蜂窩織炎。皮下組織に細菌が入り込んで炎症を起こす病だという。放置し続けると最悪は死に至る危険もあるという。足の膝から下にできるタイプが一番多く、その9割近くは水虫による傷が原因だという。国民の5人に1人が水虫だと言われており、誰もが危険があるともいえる病気だという。彼女の場合、赤くただれるところまでは白癬菌による水虫の症状だったが、その傷に黄色ブドウ球菌が侵入、それが皮下で繁殖することで足の甲の腫れなどの症状につながったのだという。幸いにして彼女は投薬によって回復し、手術は免れたという(20センチも切開したら、傷跡が残ることは必至だったろう)。

 1例目は歯周病から発症する病気。30代以上の70〜80%が歯周病を患っているというので(私も軽度の歯周病を指摘されている)、誰でも免疫力が低下すると危険があるという。わずか2日ほどで歯茎が壊死するというのが恐ろしいが、ふつうの歯周病でも進行が遅いだけで、最終的に行き着くゴールは似たようなものなので、歯周病には注意しておいた方が良いという。

 2例目は水虫から発生した怖い病気。かつては男性の病気というイメージのあった水虫だが、ストッキングに革靴という生活の性で、女性の水虫が増えているという(ブーツやルーズソックスも水虫のお友達です)。水虫はかつては治らないなどとも言われたが、今は良い薬ができているので、根気よく治療すれば完治するという。なお水虫だと思っていても実は別の病気と言うこともあるので、やはり一度は皮膚科の診察を受けておいた方がよいと思う。なお私は夏になると足のかかとが角質化してかゆくなることがあるのだが、皮膚科によるとこれは水虫ではないとのことで、保湿用のクリームをもらった。なおこのようにかかとが角質化したりした場合、よく軽石でこすり落とすことがあるが、それは皮膚に傷を付けて逆に水虫になりやすくなるので、するべきではないという。

 夏休みバージョンなのか、両例ともに完治というこの番組にしては珍しいケース(この番組の典型的ケースは、1例は死亡、もう1例は高度障害が残るというパターン)。やはり夏休みに家族で見るにはこの番組は怖すぎるか(いや、そもそもこの番組を普通は家族で見るだろうか?)。何しろこの番組は、家族団らんを凍り付かせる効果がありますから(笑)。

 

8/1 たけしの本当は怖い家庭の医学「こむらがえり&ゲップ」

 52歳の会社経営の男性。午後3時までに500万円を調達する必要に迫られた彼は、炎天下を金策に走り回ることになった。暑さのために持っていた水もどんどんと減って、2本目を飲み終わった頃、突然にこむら返りを起こしてしまう。日頃から運動不足だったせいと考えて、彼はそのまま金策に走り回る。すると、ある取引先ではしんどそうな彼を見て、氷水を勧めてくれたのだが、なぜかその頃には彼はのどの渇きを感じなくなってしまっていた。しかしその直後に、彼は立ちくらみを起こしてしまう。それでもさらに走り回っていた彼だが、今度はついに吐き気を起こしてしまう。これは彼もさすがにやばいかと思って、公園のベンチで一休みをする。しかしそのまま意識を失ってしまい、死亡してしまう。

 彼の死因は熱中症。体温の制御が効かなくなって、最悪は死に至る病気である。彼はこまめに水分を補給していたのだが、汗で大量の塩分を消耗したのに、水しか飲まなかったために塩分が不足してしまった。その結果、筋肉の制御が乱れてこむら返りを起こしたのだった。しかし彼はその後も水ばかり摂ったので、体内ではさらに塩分が不足、血液が薄くなったために脳がこれ以上の水分が必要ないと判断し、のどが渇かなくなってしまった。しかし水を摂らなくなったことで汗がかけなくなり、体内に熱が蓄積、その結果血液が40度までに上昇し、ついには脳が活動停止をしてしまったのである。

 2例目は37歳の主婦。彼女は子供が小学校に入学したのを機に、結婚前に勤めていた会社に再就職した。しかし仕事に頑張っていた彼女に、ある夜異変が現れる。何も口にしていないのになぜかゲップが出るのだった。それ以来、日に幾度となくゲップが出るようになり、午後になるとおなかが張って苦しくなり、おならがしたくて仕方がなくなるのだった。しかし不思議なことにそのおならはほとんど臭わない。そのうちに今度はお腹が張って食欲がなくなってしまった。自分の病状をインターネットで調べたところ、大腸ガンの可能性があると考えた彼女は、慌てて消化器系の医者に行って診察を受けたが、異常はないとの診断を受ける。しかしその後も症状は収まらず、ついには激しい胸の痛みが発生して倒れてしまう。病院に運び込まれて検査を受けた彼女だが、心臓には異常はなかった。これ以来、原因が分からずに医師を渡り歩くようになった彼女、今度は締め付けられるような頭痛を感じるようになっていたが、医師には異常がないと言われ続けた。苦しみから気力を失いかけていた彼女に朗報をもたらしたのは夫だった。彼がたまたま見た新聞記事に彼女が該当すると思われる病状が記されていたのだった。

 彼女の病は噛みしめ呑気症候群だった。ストレスが原因で身体に変調が現れて、最悪は鬱状態に陥る病気である。ストレスで無意識に歯を噛みしめることで、のどの奥につばがたまり、それを飲み込むときに空気を一緒に飲み込むことになったのである。その結果、彼女の胃は3倍に膨らみ、それが食欲不振や心臓への圧迫につながったのだった。落とし穴は、痛みを感じる部分を調べても異常が出ないこと。この病気自体は最近に明らかになったものらしく、未だに医師もよく分かっていないようである。彼女は心療内科による治療を受け、快方に向かっているという。

 1例目はこのシーズンに多い病気である。日本でも毎年250〜300人がこれで亡くなっているという。水分補給が重要だが、水分だけでもいけないと言うのが今回のポイント。ちなみに汗をかいたときにどれだけ塩分を失うかは、いい汗をかけるかどうかにかかっているという。普段汗を書き慣れていない人は、塩分の多い濃い汗をかいてしまうので、塩分が足りなくなりやすいという。また熱中症で倒れた場合の応急措置はとにかく体温を下げること。首筋や脇などの大きな血管が表層近くを走っている部分を冷やすのが効果的という。

 昔は「運動中に水を飲んではいけない」などと精神主義に毒されたアホな体育会系の指導者が、毎年のようにこれで選手を殺していたが、最近はようやく水分補給の重要さが認識されだしたので、さすがによほどのアホでない限り、水を飲むなとは言わなくなった。もし未だに水を飲むなというようなアホな指導者がいたら、そんなクラブ(学校)からはさっさと逃げ出すべきだ。命にかかわる。

 2例目は珍しい病気だが、実はかなり潜在患者数は多いようである。症状を聞いていると私も該当するのではないかという気が強烈にする。番組ではゲストが15分でつばを飲み込む回数が5回で「多い」と言われていたが、私自身の場合、15分で5回だと「メチャメチャ少ない」というのが本音。これは私も危ない。

 「最初は大した額ではないと考えていたのですが、買い物の増加に伴い返済額は膨れ上がって家計を圧迫、とうとう自己破産に追い込まれたのでした・・・・。本当は恐い「月賦」〜リボルビングの罠」・・・・お粗末でした。

 

7/25 たけしの本当は怖い家庭の医学「夏風邪&健康番組」

 1例目は魚屋を営む50歳の男性。最近ちょい悪親父に目覚めた彼は、夜になるとめかし込んで町に繰り出していた。そして夜遅くまでバーで飲んでは帰ってくる毎日。しかしある日、クーラーをかけたまま寝てしまったせいで夏風邪をひいてしまう。薬を飲めば2,3日で治るだろうと考えていた彼は、その夜、バーで若い女性と意気投合する。ついつい話が弾んで深夜の2時に帰宅した彼は、睡眠時間が3時間しかない羽目になってしまう。そして5日が経過、しかし夏風邪は全く良くならなかった。それでも懲りずに彼はまた彼女に会いに出かけていくのだった。そんな生活を続けるうち、彼は仕事中に息切れしたり、胸の痛みを感じるようになる。これはまずいのではと感じた彼だが、やはり夜になると足が向かうのは彼女のところ、しかしそこで彼は呼吸困難を起こして倒れてしまう。

 彼は直ちに病院に運び込まれたものの、既に心臓が停止しており、そのまま蘇生することなく死亡する。彼の病名はウイルス性心筋炎。ウイルスが心筋に入り込んで不整脈や心不全を起こす病である。この病気を発症する患者は年間1万人以上おり、その中の1割は死亡するという。彼がこれを発症するきっかけとなったのは夏風邪。その上に睡眠不足のせいで免疫力が低下し、ウイルスが心臓に入り込んでしまったのだった。心臓の筋肉が蝕まれることで、息切れや胸の痛みという症状につながり、ついには重い不整脈から心停止に至ったという。この病気は4割の患者は完治しているが、5割の患者に慢性心不全などの重い障害が残り、1割は死亡する。夏風邪がきっかけになりやすいので要注意だという。

 2例目は40才の健康番組マニアの女性。ある日、彼女は血圧を測ってみたら高血圧と出たことから、番組の情報などを元にカリウムを増やした食材を食べる食事療法を開始する。そして1ヶ月後、血圧の測定結果は正常値になっていた。これに気をよくした彼女はこの食生活を続ける。しかし4年後、身体に不調が現れる。やけに疲れやすくなったのである。しかし健康番組で夏バテを扱っていたのを見た彼女は、自分の症状を夏バテだと判断して、夏バテに良い食事を摂るようになった。そして4年後、症状は悪化していた。立っているだけでも疲れるようになっていた。近所の主婦仲間といった健康ランドでたまたま血圧を測定した彼女は、血圧が異常に上昇しているのに驚く。その翌朝、身体がやけに重くて起きれずにいた彼女。無理矢理に起きあがろうとした途端に意識を失って倒れてしまう。

 彼女は直ちに病院に運び込まれたが、そのまま脳出血で死亡してしまう。そして彼女が脳出血を発症した原因は高血圧だったが、その高血圧の原因が原発性アルドステロン症であった。副腎に腫瘍が出来て、アルドステロンというホルモンの分泌に異常が生じ、高血圧になる病だった。現在、高血圧患者のうち5%がこの病だという。血中に増加したアルドステロンはカリウムの量を減らし、血圧の上昇をもたらしたのだという。しかし彼女はここで食事療法を行ったことで、一時的に血圧は低下、結局は病状を見逃すことになってしまった。しかしその後も腫瘍は成長し、アルドステロンの分泌異常も加速し、食事ではカリウムを補えなくなってしまった。カリウムは筋肉の動きにも影響するため、疲れやすいなどの症状が現れ始めた。しかし彼女はこれを夏バテと判断してしまったことで処置が遅れ、ついにはアルドステロンで動脈硬化も進行してしまった。彼女の間違いは、健康番組のみを鵜呑みにして食事療法を過信したことと、継続的な血圧測定を怠ったことだった。

 一例目は俗に言う「風邪の菌が心臓に入った」という症状。結構ポピュラーな病気で、私の知人にもこれで死にかけた人物がいる。彼の場合は幸い完治したようであるが、そのまま死んでしまう者も少なくないようだ。免疫力の低下が原因であるから、睡眠不足、ストレスなどが要注意。一番悪いのは、例によって風邪の症状を無理矢理薬で誤魔化して無理すること。やはり風邪の時は早めに寝込むに限る。

 二例目は「本当は恐いみのもんた」(笑)。番組中に登場していた健康番組というのが、司会者の調子と言い、フリップと言い、明らかに「おもいっきりテレビ」だった。ただ内容を見てみると、これは別に健康番組で身体を損ねたというのではなく、単に高血圧を放置してしまったというだけの話。確かに健康番組で中途半端に得た知識を過信して、病気を悪化させる例は多いと言うが、この事例の場合は直接の引き金にはなっていない。これだったら「本当は恐いあるあるダイエット」と銘打って、にがりダイエットで命を落とした例を紹介して欲しかった・・・・ってできるわけないわな。

 ところで今回は死亡率100%という戦慄の内容。以前に死亡者0の回が2回ほどあったので、アベレージを保つために死亡率を上げてきたか? とにかくこの番組の死亡率はイチローも真っ青のハイアベレージですから。

 

7/18 たけしの本当は怖い家庭の医学「声のかすれ&頭痛」

 1例目は45才の女性。ようやく念願のカラオケスナックの店を持った彼女は、毎日客の接待に追われていた。そんなある日、カラオケを歌った時に声がかすれていると指摘される。また喉にしこりがあるのにも気づいたが、特に痛みもなければ大きくなるわけでもないので、彼女はそのまま放置していた。そして10年後、客が勝ってきたおみやげの饅頭を食べようとした時、なぜか飲み込みにくく、喉に異物感を感じる。そのことはすぐに忘れた彼女だが、その2週間後、喉が腫れていると指摘される。鏡を見ると確かに喉に大きなしこりがある。しかも翌朝になるとさらに大きくなっているように見える。驚いた彼女は慌てて病院で診察を受ける。しかしそこで告げられた病名は残酷なものだった。

 彼女はそのまま3ヶ月後に死亡する。彼女の病名は甲状腺癌だった。患者は8000人に及ぶが、甲状腺癌は進行が遅く命にかかわることが少ないので、恐くない癌とさえ言われるという。しかし放置したままだと、まれに未分化癌と言われる状態に変化することがあるという。すると癌は急激に巨大化し、3ヶ月程度で死に至るという。早期に発見することが重要である。

 声のかすれという時点で喉頭癌ではと思ったのだが、喉頭癌ではなくて甲状腺癌だった。なお甲状腺癌は若者にも発症しやすい癌だと言われており、また原発の放射能漏れ事故などがあった場合に多発する癌である。チェルノブイリ周辺ではこの甲状腺癌を発症した患者がゴロゴロいるという。

 先週にリニューアルしてから、ここで問診が入るようになった。今回は甲状腺の不調について、寒がりのケースと暑がりのケースでそれぞれ該当する病気があるという。

 寒がりの場合、1.冷房の効いた部屋に長時間いるのがつらく、夏でも重ね着してしまう 2.夏の熱い冷や運動した時でも汗をかかないことがある 3.最近物忘れがひどくボーっと過ごしてしまう の3つが該当すると橋本病の可能性があるという。橋本病とは甲状腺のホルモン分泌が低下し、全身の新陳代謝が低下する病気である。

 暑がりの場合、1.少し動いただけで汗をかく 2.真冬でも寒いと感じず半袖シャツ等でも過ごせる 3.いくら食べても太らない この3つが該当するとバセドウ病の可能性がある。バセドウ病は甲状腺の異常でホルモンが大量に出続ける病気で、代謝が異常に上がるために疲労などにつながり、最悪は心不全を起こして命を落とすこともある。なおバセドウ病は異常に代謝の上がっている状態なので、食べても食べてもやせるということになる。以前にこの状態を「いくら食べても太らない理想の身体」と紹介していた馬鹿番組があったのには呆れたが。

 なお私は明らかに暑がりであるが、いくら食べても太らないはなく、食べた分は確実に太るのでバセドウではない。食べた分が脂肪で蓄積してしまうことで、身体の放熱が悪くなっているのが暑がりの原因である。

 2例目は43才の女性。46才の男性とバツイチ同士で結婚した彼女だが、夫の連れ子である14才の娘との関係があまりうまくいっていなかった。やがて彼女は朝になると頭痛と倦怠感を訴えるようになった。さらに普段温厚な彼女が、突然に声を荒げて怒り出すという変化が現れる。しかもそれ以降、急に怒り出したり物忘れが激しくなるなどの明らかな異常が現れ始める。夫は異常を感じたのだが、疲れているのだろうと放置していた。しかし2ヶ月後、異常がかなり進行、無気力状態になってしまっていた。娘に異常を指摘されて心配になった夫は彼女を心療内科に連れて行ったところ、軽度のうつ病との診断を受ける。しかし2週間後、状態はさらに悪化していた。病院に連れて行った方が良いと考えた夫は、翌朝起きてこない妻を娘に呼びにいかせる。しかし娘が見たのはベッドの上で痙攣している彼女の姿だった。

 彼女の病名は髄膜種。脳を包む髄膜に腫瘍が出来て脳を圧迫、最悪は死に至る病である。年間400人の患者が発症し、40代〜50代の女性に多いという。原因は不明であるが、その4割は前頭葉に出来るという。そのために頭痛や感情の不安定という症状が出たのだという。なお彼女は手術によって一命を取り留め、皮肉なことにこの病気をきっかけに本当の家族になれたという・・・以前にも似たようなパターンがあったが、あまりに美しすぎるドラマになってないか?

 頭痛が起きて性格が変わるとなれば、脳梗塞や脳腫瘍などの脳の病気を疑うところだが、今回は髄膜種であった。なおこの例でもうつ病と誤診されているが、脳梗塞や脳腫瘍などに起因する症状をうつ病や認知症と誤認する例は多いという。だから慎重な医師はこの診断を下す前に脳のCT検査なども行うのだが、それをしない医師も多いようである。

 毎度のことながら、今回も死亡1名。最近は死亡例が減っていたので、少しはおとなしい番組になったのかと思っていたが、再び死亡率50%というノルマに戻ってきたか? もっとももう1例は、クサいホームドラマになってましたが。

 

7/11 たけしの本当は怖い家庭の医学「目の疲れ&めまい」

 約半月ぶりぐらいのこの番組だが(6/27のはこの番組だとは認めていない)、今回から若干リニューアルした模様。やけに気色の悪いCGの看護士や医師などが登場するようになった。そろそろテコ入れのつもりだろうか。

 1例目は30才の高校の英語教師の女性。熱心な教師だった彼女だが、ある夜、テストの採点中にものが二重に見える症状が現れる。疲れたのだと思ってその日はそのまま休んだところ症状は回復、彼女はあまり気にしてなかった。しかしその一週間後、ミーティングの最中に眠いわけではないのにまぶたが勝手に下がってくるという症状が出、また腕に力が入らないなどの異常も現れる。しかも午後になるとからだがだるくなって授業に身が入らないという状態になる。何か病気なのではと思った彼女だが、休日に家でのんびり過ごすと体調は良くなるので、疲れているだけと判断して頑張るしかないと考えた。しかしそれ以降も午後になると調子は悪くなり、自習ばかりさせる彼女が保護者達の間で問題になってきた。教師失格の烙印を押され、周囲の信頼を失いかけていた彼女。そんな彼女はある日、授業中に呼吸困難になって倒れてしまう。

 ただちに救急車で病院に運び込まれた彼女、しかし検査の結果肺には異常は見られなかった。しかし彼女は肺周辺の筋肉が極端に弱っていた。彼女の病名は重症筋無力症だった。これ全身の筋力が急速に落ち、最悪の場合は歩けなくなったり呼吸困難になって死に至ることがある難病である。発症の原因は未だにすべては明らかになっていないという。しかし筋力の衰えが目から始まるので、目に現れた症状はこの病の兆候だったのだという。筋肉が疲れる午後に症状が現れ、少し休むと回復するので疲れと間違えやすく、周囲も怠け者と誤解してしまうことが多いという。しかしこの病気も、近年になって胸腺の異常が発病の引き金になることが分かってきたという。彼女の場合もここに腫瘍が出来ており、これが筋肉への信号を阻害する物質を分泌していたのだという。手術で腫瘍を取り除いた彼女は、一年後に教壇に復帰することが出来たという。

 この番組には珍しい完全回復という例。ビートたけしが「先生が美人だったから助かったんですね」と言っていたが、私も同じことを考えてしまった(笑)。なお番組ではさすがにこんな希な病気のことを突っ込んでも仕方ないので、神経内科の先生を呼んで別の危険について紹介していた。次の3つの症状のすべてがあれば危ないとのこと。

 1.手足に力が入りづらいと感じることがある

 2.よろけたりつまずいたりすることがある

 3.ろれつが回らないと感じることがある

 この3つがすべてある時は、脳梗塞の疑いがあるという。なお脳梗塞の場合は口や手にマヒが現れやすいことから簡単なチェック法を紹介していた。

 まず「ぱぴぷぺぽ、たちつてと、がぎぐげご」を言えるか。口のマヒを見るテストである。次は手のマヒを見るテストで、手のひらを上にして両腕をまっすぐに伸ばし、指先がそるくらいに伸ばした上で、目をつむってこの姿勢を10秒間保てるかというものである。手にマヒがあると手が勝手に曲がったり下がったりするのだという。

 脳梗塞が口のマヒに現れるのは有名(一昔前は俗に小渕と言われたこともある)であり、これが出るとかなりやばいのですぐに病院に行った方が良い。なおこれは突然に現れるもので、日頃から滑舌が悪いというのとは別物であるので注意。

 2例目は56才の女性。レース編みを趣味していた彼女だが、姿勢が悪いという問題があった。そんな彼女にぐるぐる回るようなめまいが現れるようになった。その時はただの立ちくらみだと思っていたのだが、一週間後に美容院に行った時、首を後ろに曲げた途端に激しいめまいがして、それが一分ぐらい続くということが起こる。それ以来、首を回すとめまいがするので病気を疑ったが、健康診断では何の異常も出なかったので安心する。しかしレース編みの発表会の時に決定的な事件が起こる。名前を呼ばれて振り返った彼女は、激しいめまいで倒れてしまう。しかもろれつが回らない状態になってしまったのだった。

 病院に運び込まれた彼女は脳梗塞を起こしていた。一般に脳梗塞は濃縮型血液や動脈硬化などが原因となるが、彼女が脳梗塞を発症した理由はなんと猫背だった。彼女はその姿勢の悪さで首に負担をかけ、その結果首の骨の椎間板が潰れ、椎骨の一部がとげのように飛び出してしまったのだという。このとげのせいで、彼女が首を回すと動脈が圧迫されて血流が滞っていた。通常のめまいはほんの一瞬で終わるが、この病気のめまいは1分近く続くという。そして最後の時、椎骨動脈の内側に亀裂が入って、そこに血液が入り込んで膨れて血流が停止してしまったのだという。これが椎骨動脈解離という危険な状態だという。彼女は治療で一命は取り留めたものの、言語機能に障害が残ってしまったという。血液検査では異常が現れないのがこの病気の落とし穴だという。

 今回から構成が変化したが、1例目の後に紹介していた話が、実は2例目の伏線になっていた。ただ途中で出てくるCG、不必要に気持ち悪すぎないか? 子供ならうなされそうである。それでなくても気持ち悪いといわれている番組を、さらに気持ち悪くしてどうしたいんだが・・・。

 

6/27 たけしの本当は怖い家庭の医学「身体に危険な家庭料理スペシャル」

 今回は本当に怖い家庭の医学はありませんでした。何やら芸能人が料理を作っているだけのつまらない3時間番組があっただけです。というわけで、今回はパス。

 

6/20 たけしの本当は怖い家庭の医学「発疹&性格の変化」

 1例目は52才の主婦。花粉症などのアレルギーを持っている彼女は、いつもこまめに掃除をしていた。しかしある日、彼女は足に発疹が出来ているのに気づく。その時はそのまま放置して1週間後、再び足を調べた彼女は、発疹が増えていることに気づく。夫が最近水虫に悩まされていたことから、夫の水虫をうつされたと考えた彼女は、水虫の市販薬で治療をする。しかし1週間後、薬を塗っていても発疹は一向に良くならないどころか、今度は手にも発疹が出たのだった。やはり病院に行った方が良いかと考えた彼女、しかしその夜、床についた彼女がふとあくびを漏らした途端、胸のあたりに激痛が走り、彼女はそのまま動けなくなってしまった。

 病院に担ぎ込まれた彼女の心臓や肺は検査をしても異常はなかった。しかし彼女の足の発疹に気づいた医師が彼女の意外な病名を診断する。彼女は掌蹠膿庖症だった。手や足に小さな膿庖が出て皮膚が荒れ、放置すると首や胸や腰などの骨や関節が炎症を起こして激痛をもたらす病気だという。今まで原因不明と言われていたが、最近になって歯科金属アレルギーが原因の一つになることが分かったという。虫歯治療に使われた水銀アマルガムから溶け出した微量の水銀が免疫機能を暴走させることで発生すると考えられるという。彼女は口の中から水銀アマルガムを除去することで完治したという。アレルギー体質の人は発症しやすいので注意が必要だという。

 2例目は妻50才、夫55才の夫婦。中堅商社に勤める夫は真面目な人間で、温厚な性格だった。しかしそんな彼に異変が現れる。今まで誰に対しても腰の低かった彼が、突然に横柄な態度で電話に答えているのを見たのだった。しかもやけに怒りっぽくなり、今まで怒ったことのなかった娘に対して、ほんのわずかなことで怒りをぶつけるようになったのだった。妻はもしかして痴呆症ではと疑ったが、彼は性格の変化以外には異常は出ておらず、仕事のストレスのためだと考えた。しかし1ヶ月後、夕食後、風呂にも入らずに30分近くも延々と仕事の自慢話を始めるのだった。そして2ヶ月後、今度は突然にカレーを食べたいと言い出した彼は、4日間もカレーを食べ続ける。おかしいと感じて彼に理由を聞くと、彼は「テレビでカレーが健康によいと言っていた」と答え、彼女は一応安心する。しかしその夜、深夜にむさぼるようにカレーを食べている彼を止めようとした彼女は、彼に暴力をふるわれる。何かがおかしい、そう感じていた彼女に1週間後、衝撃の知らせが届く。夫が万引きで逮捕されたというのである。しかも常習犯だったとのこと。明らかに何かがおかしいと感じた彼女は、夫を神経内科に連れて行く。そしてついに病名が判明する。

 彼はピック病になっていた。ピック病とは認知症の一種で、脳細胞が萎縮して正常な行動が出来なくなる病気で、40〜50代に発症が多いという。しかしアルツハイマーが脳の中心部分が萎縮して記憶力がなくなるのに対し、ピック病は前頭葉が萎縮するため、感情が抑制できなくなり欲望の赴くままに行動するようになるという。しかし性格の変化として異常が現れるので気が付きにくいのだという。そして行動に抑制がとれなくなった彼は、ついに万引きにまで至ったのだという。ピック病は放置すると10〜15年で寝たきりとなって死亡する恐れがあるという。また対応を誤ると家族が暴力を受けるなどの被害に遭うこともあるという。

 1例目は金属アレルギーの関連する病気。金属アレルギーは最近になって患者が増加している(というよりも、最近になってやっと病名が分かるようになったということだが)ので注目されているが、歯科治療用の金属はピアスと並んで発症原因の上位に来るものである。かつて歯の治療金属が水銀アマルガムだと聞いた時、素人考えにも「そんなもの使って大丈夫なんかいな?」と感じたのだが、やはりあまり大丈夫ではなかったようである。だから最近は水銀アマルガムを使用する医師も減っているようだが、昔に治療を受けた場合は大抵これを使用しているから要注意である。

 2例目は認知症の一種。なお性格の変化は脳梗塞などでも起こることがあるので、私はこっちだと思っていた。脳の症状は発見が遅れると手遅れになるので、早期発見が重要である。といっても、判断が難しいだろう。今時なんて10代の頃から欲望の赴くままに行動するような輩もいるので。そう言えば、極悪犯罪者の脳を調べたら前頭葉の萎縮が見られたという報告を聞いたことがあるが、前頭葉が萎縮したから極悪犯罪者になったのか、極悪犯罪ばかりしていたから前頭葉が萎縮したのかは難しいところだ。脳の病気の問題は治療が困難なこと。しかしもし治療が可能になったら、極悪犯罪者を医学的に矯正するなんてことも可能になるんだろうか? これはこれで別の大きな問題を秘めているような気もするが。

 で、次回であるが、料理番組の模様・・・。また延々と3時間も中味のない放送をするのだろうか。つい3ヶ月前にも同じようなひどい内容を流しながら、また繰り返すとは・・・。それとも前回のが視聴率的には好評だったのだろうか? 正直なところ、私はあまりの中味の無さに最初は怒りを、それを通り越すと呆れてしまったわけなんですが。ネタ切れということも考えられるが、そもそも今でも1ヶ月に1〜2回程度しか放送がないのに、なんでネタが切れるんだか。

 

6/13 たけしの本当は怖い家庭の医学「胃の痛み&夜更かし」

 1例目は48才の専業主婦。愛犬家の友達とランチを食べるのを楽しみにしていた彼女だが、面倒くさがりのため、数年間健康診断を受けていなかった。そんな彼女が胃の痛みに襲われるようになる。市販の胃薬を飲むと楽になるのであまり気にしていなかった彼女だが、半年後には膨満感のためにあまり食事が出来ないようになってしまう。それでも放置していた半年後、今度はお腹の左側だけが膨らんで今まで履いていたスラックスがはけなくなっていた。そして一週間後、彼女は38度の高熱を出す。風邪薬を飲んで寝たものの、3日経っても治らないため、心配になった彼女は病院で検査を受けた。しかしそこで告げられた病名は信じられないものだった。

 彼女の病名は慢性骨髄性白血病。骨髄の造血細胞が腫瘍化することで血液に異常が生じる血液のガンである。4種類の白血病の中で急性骨髄性白血病に次いで多いが、原因は不明である。この病気は3つの時期に分かれており、初期の慢性期では自覚症状がほとんどないため、なかなか気づかないという。次の促進期では血液中の異常な白血球が増え、それが胃壁を刺激することで胃の痛みが発症していた。またこの白血球が脾臓に詰まって腫れ上がることで胃を圧迫、それが膨満感につながっていた。しかし彼女はここでも胃の不調だと思っていたので放置し、次の急性転化期に突入してしまった。発熱がその症状である。この段階に突入すると最悪の場合は半年ほどで死に至るという。血液検査を受けていれば簡単に発見できたのだが、彼女はそれを怠っていたために病気を悪化させてしまったのである。現在、彼女は無菌室の中で骨髄移植のドナーが現れるのを待っているという。

 2例目は証券会社勤務の34才のOL。連日仕事が忙しくて帰宅は夜の10時という彼女。しかし連続サスペンスドラマのDVDにはまっていた彼女は、いつもそれからDVD三昧の生活をするため、就寝はいつも深夜の3時頃で睡眠時間は平均4時間程度だった。さらに週末は徹夜でDVDを見るため、昼夜逆転の生活を送っていた。そんな生活を送り始めて半年後、彼女は月曜日の朝に寝過ごしてしまう。無意識に目覚まし時計を止めていたのである。しかも会社でも計算ミスなどの普段考えられないミスが発生する。以来、朝は起きられず会社に出ても午前中はボーっとして仕事にならない日々が続くようになる。さらにある朝、目覚めると頭痛を感じるようになっていた。そしてもう少し寝ようと寝直した彼女は、なんと昼過ぎまで寝過ごしてしまったのである。上司に叱責された彼女は、今夜こそはキチンと寝ようと布団にはいるのだが、睡眠不足にもかかわらず全く寝付けないのだった。寝ないといけないと焦るもののなかなか寝られず、彼女が眠りに落ちる時間は日に日に遅くなっていった。そしてある日、重要な会議の席で居眠りしてしまうという失態をしてしまう。彼女の状態はさらに悪化、前日徹夜しても寝られないという状況に陥っていた。そして1ヶ月後、彼女はとうとう何の連絡もないまま会社に出てこなくなってしまった。心配して彼女の部屋を訪れた職場の同僚が見つけたのは、やせ細ってひどい鬱状態に陥っていた彼女の姿だった。

 彼女の病名は概日リズム睡眠障害。不規則な生活が原因で正常に睡眠できなくなる病気である。彼女の夜更かしのせいで、睡眠誘発物質であるメラトニンの分泌リズムが徐々に遅れ、さらに週末の昼夜逆転生活のせいで、ついにはメラトニン分泌リズムが修復不能なまでに乱れてしまったのだった。その結果、自律神経が不調になって頭痛を発症、そしてとうとう夜全く眠れなくなるところまで状態は悪化したのだった。夜型生活が増加した現在、日本人の5人に1人が睡眠障害を抱えているという。

 1例目についてはかなり有名な白血病であるが、胃に症状が現れることがあるということは私は知らなかった。なお白血病については血液検査をすれば一発で分かるので、定期的な健康診断を受けていれば、こんなに発見が遅れることはなかったと考えられる。またこの病気の場合、重症の際の治療法が骨髄移植ぐらいしかないのが一番の問題点である。骨髄移植についてはドナーが少ないため、ドナーを待ちきれずに死んでしまう患者も多いという。

 2例目については最近多い睡眠障害。なお睡眠障害の判定基準としては、定期的に決まった時間に睡眠がとれているかということと、実睡眠時間を床についていた時間で割る睡眠効率という数字が重要だという。これが80%以上だと問題ないが、65%以下だと睡眠障害の可能性があるという。対策としてはとにかく朝起きて光を浴びることが重要だと言われている。またこの時に朝食を摂ることも大事だと言われている。最近増加している病気なので注目されており、つい最近にガッテンでもこのネタを扱っていたし、サイエンスゼロでも関連した話は登場している。とにかく夜更かしをしない(夜に強い光を浴びない)ことと、朝決まった時間に起きるということが重要なのである。この睡眠障害は重症化すると番組のように鬱に結びつくことがよくあるが、登校拒否やニートの原因にもなっているのではと言われている。睡眠障害の患者の生活は自堕落で無気力になりがちだからである。一般に「サボり病」と言われるものの中に睡眠障害が潜んでいることが多いので、どうにかしたいと思っている人は、病院の睡眠外来を訪ねると良いだろう。

 なお私の場合、最近は横になるとすぐ寝てしまうので、睡眠効率はかなり高いと思われる(昔はなかなか寝付けなかったものだが)。ただ朝は起きられないし、仕事中も眠くなる。体格を考えてもほぼ間違いなく睡眠時無呼吸症だと思われるので、現在減量プログラム実行中である。

 

5/23 たけしの本当は怖い家庭の医学「ホクロ&鼻風邪」

 1例目は61才の男性。彼は子供夫婦と同居していたものの、彼らに負担をかけまいと警備員として働いていた。ある日、彼はかかとにホクロが出来ているのに気づく。しかし彼は元々ホクロの多いたちだったので気にしなかった。しかし1年後にそのホクロは黒々として7ミリほどに大きくなっていた。しかしさらに半年後、今度はホクロの色がかなり薄くなっていた。疑問を感じながらも放置していた彼、しかし3ヶ月後には足の付け根にしこりのような違和感を感じることになる。そしてさらに3ヶ月後、今度は突然に咳きに苦しめられるようになる。風邪をひいたと思って病院に行った彼は、診察の結果とんでもない病名を告げられる。

 彼の肺はガンに冒されていた。転移ガンだった。そしてそのガンの発生した場所こそが足の裏のホクロだった。あのホクロと思ったものは皮膚ガンの一種であるメラノーマだった。ガンの中でも転移しやすい恐ろしいガンである。日本人ではこのガンは足の裏に出来やすく、3割を占めるという。原因は不明だが、歩くことで足の裏の傷に刺激が与えられたのではないかと考えられるとのこと。一度色が薄くなったのは、免疫系などの攻撃で一度はガン細胞か減ったことによるという。しかしガン細胞は完全には消滅せず、リンパ節などに転移したのだという。彼は半年後に亡くなったとのこと。

 2例目は52才の主婦。彼女は最近鼻水に悩まされていた。黄色い鼻水がなぜか右の鼻からだけ出るのだった。その3日後、今度は右の鼻の鼻づまりに悩まされるようになった。しかし彼女は単なる鼻風邪と思って気にしなかった。しかし2週間経っても治らなかった。そして1ヶ月後、今度は右頬に鈍い痛みを感じるようになった。しかも右目にも痛みを感じる。しかし特に目が腫れている様子はなかった。その2日後の朝、右目が赤く腫れ上がってまぶたが開かなくなった彼女は、急いで病院に行く。しかし彼女はそのまま右目を失明してしまう。

 副鼻腔真菌症だった。鼻の奥の副鼻腔にカビがとりつくことで様々な症状が起こる病気である。この原因として最も多いのは、どこでもごく普通に繁殖するアルペルギルスだという。彼女が経営していた文具店は、暗くて風通しが悪く、しかもものぐさな彼女は掃除をあまりしなかったため、カビが大繁殖し、彼女はその胞子を吸い続けていたのだという。そしてその胞子が彼女の副鼻腔内で発芽、繁殖してしまったのだという。しかし通常はこれ以上の悪化はほとんどないという。しかし彼女は糖尿病を患っていたため、免疫力が弱くカビがさらに増殖して目の神経まで侵してしまったのだという。副鼻腔心筋症は初期に治療するとほとんど完治するが、目の神経にまで至ると治療は困難になり、最悪の場合はカビが脳に到達して死に至るという。

 1例目のメラノーマは今までに何回か登場した記憶がある。ポイントはいかにして普通のホクロと区別するかである。番組によると、足の裏の場合は指紋があるので、それを見れば分かるという。通常のホクロは指紋の低い部分が黒くなっているのに対し、高い部分が黒くなっているとメラノーマの可能性があるという。

 2例目はカビが原因になって起こる病気なので、部屋の掃除と換気に気をつけましょうという話になる。部屋の掃除については、私もかなり悲惨な状況なので、かなりやばい気はする。ただうちの部屋は機械類が多いせいか、常に異常に湿度が低いので(部屋で作業していると喉が渇いて困るぐらい)、カビが大繁殖するということはないようである(喜んで良いのか、悲しんで良いのか・・・・)。

 先週は死亡1名、失明寸前1名でしたが、今回は死亡1名、片目失明1名でした。さすがに死亡2名というケースは少ないですが、毎回ほぼ確実に死亡1名のノルマは守ってくるようですこの番組は。しかももう1名は重度障害というケースも多く、つくづく心臓に悪い番組であります。

 なおカビについてですが、実際のところは人間は抵抗力がありますので、通常は部屋がカビだらけになるような状況でもない限り、少々のカビでどうこうなると言うことはありません(そんなぐらいでやられていたら、自然の森林に出かけるのが一番身体に悪いことになってしまう)。ごくわずかのカビに神経質になりすぎて、カビ取り剤や除菌剤などを多用したら、そっちの害の方が大きいので気をつけましょう。

 

5/16 たけしの本当は怖い家庭の医学「頭痛&飛蚊症」

 1例目は42才の営業マン。職場の人間関係も良好で充実した毎日を送っていた彼、しかし本社からテコ入れとしてやり手の新任支社長が就任した時から状況は一変した。売り上げで昨年度の50%アップを目標に掲げる支社長の下、彼も昼間は外回り、夜も遅くまでデスクワークに追われる毎日になった。しかし責任感の強い彼は、激務にも前向きに取り組んでいた。しかし半月後、彼に異常が発生する。支社長に夕方までに報告書を作成するように命じられた時、頭を締め付けるような痛みを感じたのだった。しかしその夜、家に帰った彼はもう既に頭痛は治まっていた。それ以来、彼は夕方になると頭痛が起こるようになったが、家に帰ると痛みはなくなるということが起こるようになった。そして2ヶ月後、会議中に彼は突然にバットで殴られたような激痛を背中に感じた。彼はギックリ腰かと思ったが、それにしては痛む部分が上のような気がした。なんとか会議は乗りきったものの、痛みが一向に治まらないので、彼は早々と帰宅したものの、痛みはひどくなり体の芯から痛みが発する状態になっていた。やっと帰宅した彼だが、その尋常でない様子に驚いた妻は、彼を病院に連れて行くために慌てて用意をする。しかし彼女が用意をすませて戻ってきた時には、彼は既に死亡していた。

 彼の死因は急性大動脈解離。大動脈の血管壁に亀裂が生じて、そこに血液が流れ込むことで、本来1本の大動脈が2つの筋に分かれてしまう病気である。年間7000人が発症し、働き盛りの男性に多いという。高血圧が要因になると言われている。しかし彼は健康診断の結果、血圧異常はなかった。そんな彼がこの病気を発症した理由は「職場高血圧」だった。彼はストレスのため、職場にいる時には血圧が上がっていたのだ。血圧が正常と判断された人の3割がこの症状を起こしているという。この度重なる高血圧で、彼の大動脈壁は痛み、ついに亀裂が入ったのだという。この状態でも病院で適切な治療を受ければ助かるのだが、彼は病院へ行くのが遅れたため、ついには大動脈が破裂して大量出血を起こしたのである。

 2例目は51才の主婦。ミステリー小説好きの彼女は、週に4〜5冊は図書館で借りてくる毎日を送っていた。子供も独立して、読書三昧の彼女だったが、ある日、目の前に虫のような黒いものが飛んでいるのが見える。しかしすぐに消えたし、夫に飛蚊症だと言われたので安心する。しかし1ヶ月後、目をマッサージした直後、視界の中に虫のような小さなものがやけにはっきりと見える。しかしまだ彼女は目が疲れているのだろうと大して気にしなかった。しかしその夜、灯りを消したその時、目の前に光がピカピカ走るという異常が現れる。それ以来、やはり飛蚊症は現れるものの、彼女は気にしないでいた。しかしある日、突然に視界の一部が霞んで見えるのに彼女は気づく。しかも右目の視界の下の方が白く霞んで見えなくなっていた。慌てた彼女は、早く眼科に行こうと急いだ。しかしその間にも視界は恐るべきスピードで白い霧のようなもので覆われ、ついには右目の視界のほとんどが真っ白になってしまったのだった。

 彼女の病状は網膜剥離。眼球の網膜が何らかの原因で剥がれ、最悪は失明につながる病である。痛みなどがないために知らずに悪化させる例が多いという。実は彼女が飛蚊症だと思っていたのは網膜剥離のサインであった。眼球内の硝子体に濁りが出来て現れる飛蚊症と違い、彼女に現れていたのは何らかの原因で硝子体が縮み始めたことにより、網膜が引っ張られたことで現れていたのだという。網膜剥離で現れる飛蚊症は、通常の飛蚊症に比べて濃くはっきりしており、突然に現れる特徴があるという。また彼女の目をこするくせは網膜剥離に拍車をかけたという。そして遂に網膜に穴が空いて視野が欠損したのだった。さらに彼女は眼科に急ごうとして走ったことから、破れた網膜に眼球内の水分が流れ込み、剥離が一気に進んだのだという。彼女は治療の結果、幸いに失明は免れたが、ものが歪んで見えるなどの障害が残ってしまったという。網膜剥離は強度の近視、40歳以上の年齢、目への激しい衝撃などが危険因子になると言う。

 1例目はまさに突発的な病気。以前に大動脈瘤が登場したことがあるが、その時も現れる症状は腰の痛みで、破裂が起こるとそのまま命取りであった。いずれも原因は高血圧であるが、最近は血圧はその時の条件でかなり上下すると言うことが注目されている。例えば白衣高血圧といって、医師の前になると緊張で高血圧になる例があるという。人間はデリケートなのでストレスが如実に血圧に跳ね返るわけだ。職場のストレスで血圧が上がるというのは、私も非常に思い当たるところがあるが(興奮しすぎて立ちくらみを起こしたことがありますので)、職場以外でも結構血圧が上がるシチュエーションはある。例えばコンピュータに向かってこのような文章を書いている時も、結構血圧が上がっていることを感じることがある。ここは私の職場か?(笑)

 2例目は比較的有名な網膜剥離。飛蚊症が網膜剥離の予兆であることがあるというのは、今まで何度か登場しています。番組によると飛蚊症と光の点滅が重なった時が危ないとのこと。なお網膜剥離を発症した時に厳禁なのが衝撃を加えることです。ちなみに私の知人でこれを体験した者がいますが(まだ20歳代にもかかわらず)、ある朝起きると視野が半分かけていたそうです。彼は慌てて眼科に行って治療で事なきを得ましたが、医師によると「下側が剥がれたのが幸いで、上側が剥がれていたら失明だった」と言われたそうな。目に衝撃を加えたような記憶もなく、全く原因は不明とのことです。

 例によってこの番組のノルマ通り、きっかり1人は殺してきました(笑)。どうもこの番組を見ていると、仕事に対して責任感の強すぎるタイプは早死にするようです。仕事は適当にということでしょうか・・・・(笑)。

 

5/2 たけしの本当は怖い家庭の医学「女性の病気SP」

 今回はこの番組に多い女性SPである。

 1例目は「いびき」。33才の主婦。夫と一人娘と暮らす彼女は、幸せ太りかかなりの肥満になっていた。そんな彼女の願いは2人目の子供をもうけること。ある日、そんな彼女に待ちに待った妊娠3ヶ月の診断がされる。ただ子供が生まれると生活が大変になると考えた彼女はそのままパートを続けていた。そんな時、彼女は夫から思わぬことを指摘される。夜中に彼女が大きいいびきをかいているというのだという。しかし彼女はそのことを大して気にしていなかった。しかし1ヶ月後、大きな悲劇が彼女を襲う。パート中に下腹部の激しい痛みで倒れた彼女は、原因不明の流産をしてしまう。しかし夫の励ましで立ち直った彼女は、1年後、再び妊娠をする。今度は体調管理を万全にしようと考える彼女なのだが、この頃からすぐに居眠りをするようになってしまう。しかし寝る方が身体に良いと考えていた彼女は、そのことをあまり気にしなかった。しかし彼女は再び流産をしてしまうのである。

 彼女の度重なる流産の影に隠れていた原因こそが、睡眠時無呼吸症候群だった。彼女は肥満になったことで、夜の就寝時に気道が圧迫されて無呼吸状態に陥っていた。睡眠時無呼吸症候群は心臓病などの原因になると言われているが、最近に注目されているのが流産との関係だという。身体が酸欠になることによって、胎盤の機能に障害が生じてしまうのだという。なお原因が判明した彼女は、医師の指導の元でダイエットに励み、順調な回復を遂げているという。

 2例目は「便秘」。60歳の女性。3人の子供を女手一つで育て上げた彼女は、長男夫婦と同居して充実した生活をしていた。そんな彼女の悩みは便秘症だったこと。しかし特に最近は便秘がしつこくなっていた。そして5ヶ月後、友人とレストランに出かけた彼女は頻尿に悩まされる。そして半年後、力を入れて立ち上がった彼女は、その時に尿漏れを起こしてしまう。それ以来、尿漏れは頻繁になり、悩みを抱えた彼女は気分的にも沈むようになる。そして彼女の以上はさらに続く。股間に違和感をおぼえたのである。さらに立ち上がるとお腹の中で何かが下に引っ張られているような感覚がした。異常は感じたのだが、場所が場所だけに医者に行くのを彼女はためらった。そして2年後、入浴していた彼女は陰部からピンポン玉大の何かが出ているのに気づいて驚く。慌てた彼女はそれを押し込んだのだが、するとそれは引っ込んでしまった。それでも医者に行かなかった彼女、そしてついに決定的なことが起こる。ある日、ついに尿が出なくなってしまい、激しい腹痛で倒れてしまうのである。

 彼女の病名は性器脱だった。子宮が膣を通って外に出てしまう女性特有の病気だという。あまり聞き慣れない病気だが、欧米では50歳以上の女性の半数がこれになっているという。内臓を支えている骨盤底筋が、出産や更年期で弱体化することで臓器を支えられなくなるのだという。ただしこの病気は多産の人がすべて発症するわけではないという。彼女の場合、便秘症でいきむことが多くなっていたので、これが子宮を下に押し出す原因になっていたという。そして子宮が下がって来るに連れて膀胱が圧迫されるなどして、頻尿、尿漏れ、ついには尿が出ないといった症状につながったのだという。専門医の診察を受ければすぐに治療できたのだが、医師にかからなかったことで症状が悪化したのだという。彼女は外科手術によって完治することが出来たという。

 1例目は男性も関係ある病気だが、女性の場合は流産というリスクがさらに加わるという話。こういうことがあるから、妊婦は太りすぎないように注意する必要があるという。もっとも妊婦の無理なダイエットは御法度なのでそこは勘違いしないように。妊婦なのに無理なダイエットを続けた結果、子供が栄養障害になって大変なことになったという事例が最近はあるので要注意。

 2例目はまさに女性特有の病気である。そもそも女性は出産のために骨盤が開いていることから、どうしても男性よりも内臓が墜ちて来やすい構造になっているという。なお番組では骨盤底筋を鍛えるストレッチとして、お尻を締めるようなストレッチを紹介していたが、これはかなりコツがいりそうな代物である。

 それにしてもこの番組って、しょっちゅう女性SPをしているが、やはり女性の視聴者の方が多いんだろうか。まあ昔から、何だかんだ言いながら、女性の方がホラーは好きなんだが(笑)。

 

4/25 たけしの本当は怖い家庭の医学「引っ越し&耳のつまり」

 1例目は引っ越しが病気につながった例。念願のマイホームに引っ越した40才の主婦。几帳面で計画的な性格で、コツコツと蓄えたのがマイホーム購入につながっていた。喜び一杯だったはずの彼女なのだが、慣れない家や環境に戸惑いがあった。しかしそうしているうちに身体に異変が現れる。まず引っ越したその夜、どうしてもぐっすりと眠れず、朝早く目が覚めてしまったのである。さらに翌朝は食欲不振で朝食が摂れなかった。その時は引っ越し疲れだと思っていたのだが、身体の不調は2週間を過ぎても続いた。さらにどうしようもない倦怠感にも襲われるのだった。そうこうしているうちに彼女の行動に異常が現れる。こんなところに引っ越したのは間違いで、自分の責任だと自分を責め始めたのである。そしてついにある日、彼女は突然姿を消してしまう。もしやと思って以前に住んでいたアパートへ探しに行った夫が見つけたのは、薬を飲んで意識を失って倒れていた妻の姿だった。

 彼女の病名は引っ越しうつ病。引っ越しなどの環境の変化がストレスとなって発症する鬱病である。以前にも鬱病は登場しているが、落とし穴は新居への引っ越しや栄転など、本人にとって好ましいはずの変化でも、環境の変化自体はストレスになるということである。特に彼女は几帳面で真面目で責任感が強いメランコリー親和型性格と呼ばれる鬱病になりやすい性格だったことから、引っ越しの違和感が鬱病の発症につながったのだという。引っ越しをきっかけに起こる鬱病は結構多いので注意が必要だとか。通常の引っ越し疲れだと、2〜3日程度で解消するので、それを過ぎても不調が続くようなら要注意である。彼女は幸いにして命を取り留め、治療によって現在は新しい環境に対応しているという。

 2例目は52才のそば屋の主人。彼は以前より、エレベターなどに乗ると気圧の差で耳が詰まったようになりやすい体質だった。ただ忘れた頃には治っているので、彼は全く気にしていなかった。しかしそんな彼に、高いところに登ったわけでもないのに耳の詰まりが現れるようになる。また耳の聞こえも悪くなってくる。そして半年後、耳の聞こえにくさは相変わらずだったが、彼はもうそれに慣れてしまっていた。しかし今度は耳の奥にズキズキとする痛みが現れる。さらに耳の中が気になって指を突っ込んでみた途端、激しいめまいに襲われる。そしてその1ヶ月後、開店60年の祝いをしていた時だった。店から出てきた彼を見て、妻も客も絶句する。なんと彼の顔が歪んで麻痺していたのだ。

 彼の病名は真珠腫性中耳炎。鼓膜の一部に垢が真珠のようにたまり、それが大きくなることでいろいろな症状を引き起こす病だという。耳の手術の2〜3割はこの病気が占めるというかなり一般的な病気だという。原因は不明だが、耳の詰まりが治りにくい人がなりやすいという。耳が詰まるとか聞こえにくいという症状はこれのせいであり、さらに真珠腫が巨大化することで、耳の痛み、めまいを発症、ついには顔面神経を圧迫して顔面麻痺になったのだという。彼は手術によって幸い顔面麻痺は回復したが、右耳の聴力を失うことになったという。

 1例目は引っ越しがきっかけで発症した病気という時点で、鬱病かシックハウスぐらいしか考えられない。シックハウスにしては症状が出るのが早すぎるし、症状自体が典型的な鬱病の症状である。なお鬱病は早期治療が重要で、放置して重症化すると治療に時間がかかることになる。大体専門家も、2週間〜1ヶ月ぐらい不調が続くようなら医師にかかるように指導している。鬱病の恐さは、重症化すると自殺する例が非常に多いことである。そうなる前に手を打つ必要がある。

 2例目はかなりポピュラーな病気という割にはあまり知られていない病。で、実はこれを見ていて私は顔が引きつってしまった。耳の痛みまでは症状に非常に心当たりがあるのだ。ただ、私は耳が聞こえにくくなったことで現在耳鼻科にかかっているのだが、医者はこんなことは言っていなかったが・・・。なお以前にこの番組では、難聴から始まって、めまい、最後は顔面麻痺といった症状に至った例は登場しており、その時は聴神経腫瘍だった。それに比べると、こっちの病気の方がよほどたちの良い病気だとは思う。

 で、今回は珍しく死人の出なかった回です。2例目の病気はなかなか死ぬところまではいきにくい病気だと思いますが、1例目の鬱病は死亡例が多いだけに、この番組にしては意外な展開。

 

4/18 たけしの本当は怖い家庭の医学「のどの腫れ&虫歯」

 40才の証券会社の営業課長、常にパワフルで部下からの信頼も厚かった彼だが、一つだけ弱点があった。昔から扁桃腺が腫れやすく、よく熱をだすのだった。しかも最近は健康診断でずっとタンパク尿を警告されていた。気になって自分の尿を見てみた彼だが、やけに泡立っているように思ったが、泡が消えた尿は濁りがなくて無色透明だったので心配ないと考えていた。しかしその2ヶ月後、彼は多尿に悩まされるようになる。だがあまり異常に感じていなかった彼だが、今度は口から尿の匂いがするという異常が現れる。口臭抑制剤を使っても消えない上に、身体もだるい。さすがに病院に行った方が良いかと考えた彼だが、その夜激しい呼吸困難で病院に運び込まれる。

 彼は心不全を起こして呼吸できない状態だった。そしてそうなった原因は慢性腎炎だった。腎臓が炎症を起こして機能低下する病気である。タンパク尿は腎臓に異常が現れている証拠だった。また彼が問題ないと考えた無色透明の尿こそが異常の証明だった。腎臓の機能低下で排泄物を尿中に出せなくなり、それが無色透明の尿につながっていたのだ。そして彼の体内には毒素が蓄積、遂に心不全を起こしてしまったのである。彼が慢性腎炎を発症した原因は、扁桃腺が腫れやすい体質にあった。一般に扁桃腺が腫れやすい体質の人は慢性腎炎を発症しやすく、彼も扁桃腺が腫れるたびに異常な物質が発生して、腎臓に蓄積していたのだという。彼は治療によって一命は取り留めたものの、週3回の透析が欠かせない身体となってしまったとのこと。

 広告会社勤務の42歳の女性。小さい広告会社なので、彼女の仕事は毎日多忙を極めていた。また家庭でも1年前に離婚して2人の子供を引き取った彼女の生活は大変だった。そんな彼女を最近悩ませていたのが虫歯だった。熱いものを飲むと右の奥歯が痛むのだった。しかし多忙にかまけてそのまま放りっぱなしにしていた。相変わらず仕事に追われる毎日、そんな時、同僚に虫歯のある側のアゴが腫れていることを指摘される。翌日、風邪で寝込んだ息子を一晩看病した彼女は、朝になって喉の痛みを感じる。風邪を移されたかと市販の風邪薬を飲んで出社した彼女だが、体調は最悪、激しい倦怠感に襲われていた。医者に行こうかと思った彼女だが、子供たちの夕食を用意しないといけないので彼女はそのまま帰宅する。しかし帰宅した時には体調はさらにひどくなっていた。息を吸うと胸がひどく痛んで、満足に呼吸が出来なくなっていたのだ。そしてついに子供たちの前で意識を失って倒れてしまう。急遽病院に運び込まれた彼女だが、原因も特定できないまま5日後に息を引き取る。

 彼女の死因は下降性壊死性縦隔炎だった。左右の肺を隔てる縦隔と呼ばれる筋肉の壁に細菌が感染し、死に至ることもあるという病気だという。そして彼女がこれを発症した理由は虫歯だった。虫歯で空いた穴から細菌が入り込み、それが歯の根元で繁殖、疲労から抵抗力が低下していた彼女は細菌の繁殖を阻止できず、ついには増殖した細菌が顎の骨を突き破って筋膜に感染してしまったのだという。こうなってしまうとわずか24時間で細菌が身体を蝕んでしまうのだという。症状がアゴの腫れから喉の痛み、そして胸の痛みと変化したのは細菌が下降していったためだという。そしてついには敗血症と多臓器不全を発症して死に至ったのだという。この病気については正確なデータはないが、毎年数百人が発症していると考えられるとのこと。

 1例目は尿に異常が出たという時点で慢性腎炎なのは想像がつきます。泡立ちやすい尿というのは典型的症状で、身体から尿の臭いがするようになると末期状態です。この番組でも以前に高血圧が原因で腎臓を患った例がありましたが、その症例でも最後には身体から尿の臭いがしました。なお番組では正常な尿と異常な尿の見分け方を紹介していましたが、正常な尿は黄色く透明なもので、無色の場合は慢性腎炎の危険が、濁っている場合は膀胱炎や急性腎盂炎の危険性が、紅茶色などのように赤っぽい場合は血尿で、腎臓や尿管の結石や炎症の可能性があり、最悪はガンの恐れもあるという。ちなみに私は、つい最近明らかな血尿が出たことがあるんですよね・・・・。その後は特に変化はないのですが。

 2例目は虫歯を放置したことで起こる症例と言うことで、最近話題になっている心筋梗塞あたりかと思っていたのですが、初めて聞いた病名でした。ただいずれもパターンは同じで、心筋梗塞の場合は血管内に入り込んだ細菌が血栓を作るのですが、この病気の場合は細菌が直接的に筋膜に感染するという違いだけです。結局は虫歯を放置したらろくなことはないということなのですが。ただマイナーな病気ですが、毎年数百人の患者がいるとなると意外に多いという印象です。

 さてほぼ1ヶ月ぶりのこの番組ですが、相も変わらず死亡率は50%。いつものペースのようです。

 

3/21 たけしの本当は怖い家庭の医学「薬の飲み方SP」+料理番組(蛇足)

 今回はスペシャルと銘打っているが、前半部分は芸能人が料理を作っているだけというくだらない内容で、この番組とは全く無関係である。はっきり言って、この番組の枠でなくて別の特番でやってくれと言いたくなる。あまりのくだらなさに私は腹が立ってきたが、多分ここでチャンネルを変えてしまった(と言っても、今日はどこの局もろくな番組をしていなかったが)人も多かったと思われる。テレビ朝日もこんな馬鹿なことをやっていると、この番組までこけてしまうのがオチだ。これは猛省を促す。

 さて本当の意味でのこの番組だったのは後半部分。薬の飲み方についての紹介である。

 1例目は32才の週刊誌記者の女性。大事なインタビューの仕事の前に風邪をひいてしまった彼女は、医者に行って総合感冒薬を処方してもらうが、薬を飲み続けても熱は下がらず、倦怠感などの症状も続き、その挙げ句に乾いた咳な息切れなどの症状まで出るようになり、ついにはインタビューの最中に激しい呼吸困難で倒れてしまった。

 彼女の肺は全体に炎症が広がっていた。そしてそうなった原因が薬剤生間質性肺炎。薬剤アレルギーの一種で、肺胞の壁である間質で炎症が起こる病である。市販の感冒薬などでの症例も知られており、服用の際に効果が出なかったり、症状が悪化した場合には服用を中止するように指示されている。今まで大丈夫だった薬でも突然に発症することがあるので要注意だという。風邪の症状とよく似ているが、注意すべきは乾いた咳や息切れだったのだという。特に花粉症などのアレルギーを持っている人は注意が必要だという。

 2例目は59才の定年間近の男性。一過性脳虚血発作で倒れた彼は、脳梗塞を避けるために医師からアスピリン成分を含む抗血小板薬を処方され、毎朝食後に飲むように指示される。医師の指示通りに薬の服用を続けた彼の、一週間後の予後は良かったのだが、太り気味を気にした彼は朝食を抜いて薬だけを飲むようになる。しかしその後、めまい、息切れ、食欲不振などの症状が出、ついに吐血して倒れてしまう。

 彼の胃には穴が空いて大量の出血をしていた。病名はアスピリン起因性潰瘍。食後に飲む薬を空腹時に飲んでいたことで、アスピリンが直接に胃に作用して潰瘍を引き起こしていたのである。胃での大量出血の結果、めまいなどの症状が現れていた。胃に負担をかける薬は食事を摂って胃の粘膜を保護してからとる必要があるのである。

 3例目は58才の青果店を営む女性。普段から健康には自信を持っていた彼女は、健康診断を受けたことはないものの特に病気は持っていないと感じていた。ある時、風邪をひいた彼女は医師に抗菌剤などを処方してもらう。それから彼女は薬を飲み始めたものの、どうも効きが悪いと感じた彼女は勝手に薬の飲む量を増やしてしまった。その後、彼女に空腹感、ボーっとする、猛烈な不安感に襲われる。そして仕事中、突然に冷や汗が出てきた彼女は、意識を失って倒れてしまう。

 彼女は低血糖症を起こしていた。脳のエネルギー源である血糖が減少することで、脳の機能が停止し昏睡状態に陥り、最悪は命にかかわる病である。そして彼女が低血糖障害を発症した原因は抗菌剤だった。彼女は実は糖尿病予備軍だったのだが、そのことを自覚していなかったのだ。しかも医師の処方量以上の薬を服用したことで、すい臓に負担がかかり、それが大量のインスリン分泌につながってしまったのだという。その結果、血糖値が激減し、空腹感などの低血糖の症状につながったのだという。現在、これらの抗菌剤は糖尿病患者への投与は禁止されており、糖尿病予備軍の患者についても注意するよう警告されているという。

 いずれも薬の飲み方を間違えたためにとんでもないことになった例である。ただいずれの事例もその後の治療で全員無事に回復しているのは(この番組のいつものパターンだと人死にが出るところだが)、さすがに「そんなに恐いのだったら薬を飲まない」と言って必要な薬も飲まなくなる患者が出ることを番組が恐れたのだと推測する(風邪薬が本当に必要かは疑問だが、抗血小板薬なくどは絶対に必要な薬である)。

 なお3例目の用量を守らないなどは問題外だが、意外と年寄りなどには「朝の分を忘れたの昼に合わせて飲む」なんてアホなことをする人が未だに多いという。正しくは「朝の分を忘れたのなら、その分はそのまま抜く」である。特別に医師に指示されている場合以外は、複数回分の薬をまとめて飲んではいけない。

 また2例目の薬で胃が荒れるという件も馬鹿に出来ない。実は私も重度の風邪で全く食欲がなくなってしまった時、風邪薬の影響(ほとんど何も喉を通らない状況で薬だけ飲んでいた)で胃が猛烈に荒れ、胃の激痛で救急車で病院送りになってしまったという経験がある。食後と指示されている薬の場合、とにかく牛乳でも何でも良いので胃にいれておくことは重要である。

 1例目については近年増加している化学物質アレルギーの1種とも考えられる。なおアレルギーは年と共に免疫が低下して沈静化する場合と、逆に突然に発症する場合とがあるようだ。ちなみに私の場合、3年ほど前からそれまでにはほとんど発症しなかったスギ花粉症が発症するようになり、年々症状は重くなっているようだ。

 以上、後半部分はいつもの通りそれなりに役に立つ内容。それだけに前半の無駄部分には腹が立つ次第。くれぐれもテレビ局に警告するが、「意味もなく別の番組を無理矢理引っつけるようなことはするな!」。これを放っておくと、今に笑いの金メダルまで引っ付けられそうである。「このまま放っておくと、大変なことになりますよ」というのは、この番組のことか?

 

3/7 たけしの本当は怖い家庭の医学「夫婦で気をつける病気SP」

 今回は夫婦の関係が影響する病気のSPとか。何やら意味不明な点がある。

 1例目は結婚30年の熟年夫婦。それまで特に問題もなくすごしてきていた二人だが、ある日に夫が発した「お前も年をとったな」の言葉が急に妻の心に突き刺さるようになる。その時以来、なぜか夫の嫌な部分ばかりが目につくようになり、彼女のイライラが募り始める。さらに物忘れや発汗が多くなるなどの身体的変調も現れるようになる。やがて症状はさらに悪化、彼女は精神が不安定な状態になり、夫の顔を見ることさえも出来なくなり、ついには離婚することになる。

 彼女は更年期障害から鬱病を発症していた。更年期障害は女性ホルモンの低下によって発生する症状だが、更年期障害によって精神が不安定になりかかっていたところに拍車をかけたのが、夫の何気ない一言だった。これがきっかけになって、彼女の精神不安定さと夫から無意識のうちに受けていたストレスが相まって、とうとう重症の鬱状態に陥ってしまったのである。

 2例は「本当は恐い鬼嫁」。7才年下の妻と中学受験を控えた娘を持つ45才の男性。彼の妻は娘の受験でピリピリしていて、彼に厳しく当たるようになっていた。元々のんびりした性格だった彼は、妻がうだつの上がらない自分にイライラしているんだろうと考えて、受験が終わるまでの辛抱だと我慢する。しかしそんな彼も、妻が娘に「お父さんのようなうだつの上がらない相手と結婚したらいけない」と言っているのを聞いてショックを受ける。その頃から彼には喉の詰まりといった身体の変調が現れるようになる。しかし娘の受験で神経が立っている妻はさらに厳しく彼を責め立てる。それと共に彼の身体にも動悸などのさらなる異常が現れる。そして受験の親子面接の日、彼に決定的な異常が現れる。なんと大事な面接の最中に彼は眠ってしまったのだ。娘が受験に失敗したらあなたのせいだと彼は妻に激しく罵られるが、彼はどうしてそんな大事な時に眠ってしまったのか全く分からなかった。そしていよいよ合格発表の日、彼は合格を祈りながら家で妻と娘の帰りを待っていたが、もし不合格だったらどうしようかとの強いストレスにさらされていた。そして数時間後、無事に合格し喜んで帰ってきた妻と娘が見たものは、意識を失って床に倒れている彼の姿だった。

 彼は心房細動を起こしていた。強度なストレスのために彼には不整脈が発生するようになっていた。喉が詰まった間隔や動悸は不整脈が原因だった。そしてさらなるストレスでついに不整脈が慢性化、心房が一分間に350回も鼓動する心房細動の状態になってしまう。こうなると血液がうまく送り出せなくなり、脳の酸素が欠乏、一時的に意識を失ってしまった。彼が面接中に起こしたのは、実は居眠りではなくて「失神」だったのである。そして心房細動がさらに続くことで、血流の悪くなった心房内で血栓が発生、それが脳の血管を閉塞させ、ついには脳梗塞を起こしてしまったのだった。彼は治療により一命は取り留めたものの、右半身不随と言語障害という大きな後遺症が残ってしまった。

 3例目は28才と35才のおしどり夫婦。家事も積極的に手伝ってくれる良い夫に、妻は幸福な生活を送っていた。ある日のこと、背中をかゆくて掻いていた彼女は、背中に傷を付けてしまう。それを見た夫は彼女の背中にかゆみ止めを塗ってくれる。しかし2日後、傷口が化膿してズキズキ痛むようになる。夫に言われて医者に行った彼女は、バイ菌が入って化膿したのだろうとの診断を受け、3,4日様子を見る治らなければまた来るように言われ、化膿止めの薬で治療を開始する。しかし2日後、傷はさらに悪化し治る様子がない。そして5日後、今度はなぜか夫の手にかぶれが現れ、また彼女の腕や腰にも同じかぶれが現れる。そして10日後、夫の出張中に彼女は突然の高熱を発する。風邪薬を飲んで寝ていた彼女だが、2日後に夫が帰宅した時には、激しく咳き込んで黄色い痰を吐いて呼吸困難になってしまう。

 病院に担ぎ込まれた彼女は、重度の肺炎を患っていた。しかし抗生物質を投与したが全く効かない。そこで慌てて医者が検査したところ、MRSA感染症だったことが判明する。MRSAは抗生物質に対して耐性を持つ菌で、抗生物質を大量に使用する病院などで広がって問題になった。しかし最近は、病院だけではなく、広く社会内に広がってしまっているのだという。欧米では学校や託児所でも感染のおそれがあるとされているが、日本ではどこに菌が広がっているか全く分からない状態だという。彼女も夫に薬を塗ってもらった時、夫の手から感染し、そのMRSAは彼女の体内で繁殖、体内で毒性が強くなったMRSAが夫に再感染したのだという。そして菌は肺の機能を停止寸前まで追い込み、彼女は命の危険にさらされたのだ。幸い彼女は特効薬で命はとりとめたとのこと。

 以上、夫婦の関係が影響する病気とのことだが・・・3例目は全然夫婦の関係と関係ないじゃん。

 1例目については最近問題になることが多い更年期障害である。身体の不調などの症状が現れる人もいるのだが、彼女のように身体よりも精神の方に変調が現れる事例もあるのだという。特に彼女の場合、本人も意識していないうちに潜在的に夫への不満が溜まっていたことが影響したと考えられる。最近増加している熟年離婚も、実はこれが原因になっている例が結構あるのではないかとの話。なお更年期障害は男性でも現れるが、なぜか男性の場合は自殺という形に結びつくことが多いようである。ちなみに更年期障害の影響が激しい時はホルモン補充療法という方法があるので、早期に医師に相談すべきである。

 2例目は「本当は恐い鬼嫁」なんてとんでもない副題がついているが、結果として夫を重度の障害に追い込んだわけだから、鬼嫁と言うよりは馬鹿嫁ではないかという気もする。番組では「皮肉にも彼は病気のおかげで家族との絆を取り戻した」という取って付けたようなハッピーエンドがついていたが、これはビートたけしでなくても「そんなことはないだろう」とツッコミを入れたくなる。それに無事に中学に合格したとはいうものの、父親が重度の障害をおってしまった状態で、学費が続くんだろうかなどと心配してしまう(中学受験と言うことは私学だろう)。「うだつの上がらない夫」がそんなに財産を溜め込んでいるとも思えないし。それにしても妻の方にも並々ならぬストレスがかかっていたのだろうし、夫のあまりの頼りなさがイライラに拍車をかけたのだろうことは理解できるが、そのストレスを夫にそのまま垂れ流して、病気に追い込んだんだから、やっぱり馬鹿嫁だ。

 3例目は俗に言う「恐怖のマーサちゃん」。抗生物質乱用の副産物である。しかしこんな菌が世間に広がってしまった原因ははっきりしている。日本人の馬鹿みたいな除菌好きのせいだ。欧米では学校や託児所で感染すると言われているのは、それらの施設がやはり除菌をよくするためである。日本人は無意味にどこでも除菌・抗菌ばかりするものだから、こんな達の悪い菌が増殖するのである。多くの種類の菌が自然にバランスをとっている場合、このような菌だけが増殖するということはないのだが、やたらに除菌をすることで、除菌剤耐性の強い菌が繁殖してしまうことになるのである。以前より多くの医療関係者などが「現在の除菌・抗菌ブームは百害あって一利なしだ」と警告しているにもかかわらず、未だに世の中は何でも除菌である。しかも今の除菌は本当に衛生的に意味があるものではなく、単にイメージの問題がほとんどなのだから(若い女性などに多いパターンだが、異常に除菌にこだわるような者に限って、肝心要の部分では実に不衛生だったりすることが多い)、有害無益としか言いようがない。早いうちに世の中にはびこる無意味な除菌・抗菌製品を排除した方が良い。大体考えてみたら分かるでしょう。今まで歯ブラシについていた菌で病気になったなんて話を聞いたことがありますか? 人間がそんなにひ弱な生物だったら、とっくの昔に絶滅してます。

 

2/21 たけしの本当は怖い家庭の医学「不眠&頭痛」

 1例目は56才の会社社長の男性。よく食べよく飲みバリバリと仕事をしていた彼だが、ある日突然に不眠に襲われるようになる。夜どうしてもよく眠れない彼は、だんだんと無気力になっていく。しかし疲れのあまり仕事を早く切り上げて家に帰っても眠れない。結局、彼は夜だけでなく昼もよく眠れないのである。ついには彼は完全に無気力状態になってしまい、会社にも出られなくなってしまう。心配した妻は、彼の症状を家庭医学書で調べ、鬱病ではないかと考える。彼女は彼に病院に行くことを提案したが、彼は全く無反応。鬱病患者を無理矢理に病院に連れて行くのは良くないと書いてあったのを読んでいた彼女は、しばらく様子を見ることにする。数日後の朝、突然に彼が締め付けるような激しい頭痛を訴える。彼女はとりあえず市販の頭痛薬を飲ませて様子を見る。そして明日はやはり病院に連れて行くべきだろうかと考えたその夜、彼が突然に意識不明になって倒れる。

 病院に運び込まれた彼だが、まもなく亡くなった。彼の死因は脳梗塞で、検査の結果、彼の脳からは多くの病変部が見つかった。そして彼の病状は脳血管性鬱病だったのだ。通常の鬱病は精神的な要因で発症するが、脳血管性鬱病は前頭葉などに微小な脳梗塞が出来ることで脳の機能が損なわれ、思考や感情などの働きが悪くなる病気である。彼がこれを発症したのは最初に不眠になった時だった。その後も脳梗塞が増加すると共に彼の症状は悪化、そしてついには決定的な梗塞が発生し、脳の機能が停止してしまったのだ。最後に起こった頭痛こそがそのシグナルであり、通常の鬱病では起こらない症状であった。

 2例目は41才の主婦。彼女は最近ビーズ細工にはまって、毎晩のように作業を行っていた。しかし作業の時に頭痛に悩まされるようになった。疲れたのかと思っていた彼女だが、一週間後、今度は急に手元が不器用になってビーズがうまく針にさせないようになる。視力が落ちたんじゃないかと夫に言われて、片目ずつで廻りを見回してみた彼女だが、特に視力に変化は感じられなかったので、そのまま放置した。そして5年後、近くのものを見落としたり、新聞を読む時ににやたらに頭を動かして読むなどのおかしな症状を夫に指摘される。何かが変だと感じた彼女だが、ある日ついに決定的なことが起こる。自転車を運転していた時、突然に目の前に子どもが現れて衝突してしまったのだ。彼女は子どもが突然に飛び出して来たように感じたのだが、子どもは普通に歩いてきていたのだという。彼女にはそれが全く見えていなかったのだ。

 眼科に行って検査を受けた彼女は、右目の視野の80%を失っていることを告げられる。彼女は緑内障を患っていた。緑内障は視神経が破壊されて視野に欠損が生じる病気で、40歳以上の17人に1人が発症すると言われている。しかし視界は両目で補い合うため、患者の8割は緑内障に気づいていないという。彼女に現れていた頭痛は、右目の視界が欠けてきたことによる眼精疲労であり、急に不器用になったのも右目の視界が欠けたことで遠近感がつかめなくなったためだった。しかし緑内障の進行は遅いため、彼女は発見が遅れてしまい、結局は右目の80%、左目の30%の視野を失ってしまった。

 1例目は典型的な鬱病の症状だけに、脳の検査をしてみないと分からないであろう事例。私も症状からは鬱病か男性更年期障害しか思い当たらなかった。微小脳梗塞は脳全般の機能に影響を与えるが、どんな現れ方をするかは千差万別である。突然に性格が激変するなどといった事例もあるというが、患部によっては患者が全く無自覚な場合もあるという。予防にはやはり高コレステロールな食事を避けることや喫煙をしないことだろう。番組では微小脳梗塞の判定テストとして「波が真南で鳴る」という言葉を、文字を見ないで正確に言えるかというものを実施していた。微小脳梗塞が発生すると、舌や喉の運動機能に障害が発生して、この言葉が正確に言えないことがあるのだという。もっともこれはあくまで簡易テストだから、これを言えたから脳梗塞がないとは断定できないし、これを言えなくても単に滑舌が悪いだけという例もあるだろう。

 2例目は以前にも登場したことがある緑内障の典型的なケース。最近になってかなり一般にも知られるようななった恐ろしい病気だが、それでもまだ自覚をしていない患者は多いと見られるので、PRは重要である。なお番組ではテレビ画面を用いた簡易チェックを行っていたが、一応私は問題がなかったようだ・・・・とは言うものの、どうも最近右目にかすみや違和感が生じることが多いので非常に気になっている。

 以上、前回に比べるとかなり平凡(というのも変だが)な病気の事例である。ただそれだけに、よく発生する可能性の高いものであるから要注意である。特になんの前兆もなく突発的に激しい鬱状態などが発生したら、脳を疑うべきなんだろう。

 ところで今回の番組中で、司会の渡辺真理がビートたけしに負けない見事なコケっぷりを見せていたが、とにかく彼女は極端に共演者に染まりやすいタイプだけに(以前にニュースステーションで久米宏と組んでいた時は、動きや喋りの一つ一つからことごとく久米宏のコピーになってしまっていた)、かなりビートたけしの芸風に染まってきたんじゃないだろうか。

 

2/14 たけしの本当は怖い家庭の医学「風邪&ストレス」

 1例目は一流商社に勤める43才の男性。完璧主義者の彼は、仕事だけでなく体力づくりにもはげんでおり、日頃の食生活にも気をつけるなど完璧な生活を送っていた。そんな彼が、ある時風邪をひく。しかしこれがきっかけになって身体の変調が現れることになるが、彼自身は体力に自身があったせいで軽く考えていた。その夜、彼は激しい倦怠感に襲われていたが、単なる風邪だと思ってすぐ治るだろうと高をくくっていた。翌日、休日だったので自宅でゆっくりと静養していた彼だが、この時には1時間に1回トイレに行くという頻尿の症状や、いくら水を飲んでも喉が渇いて仕方なく、朝から夕方までに4リットルもの水を飲むという異常が現れる。そしてその夜、彼は猛烈な吐き気を感じ、嘔吐してしまう。心配した妻は病院に行った方が良いのではと勧めるが、彼はたかが風邪で救急車を呼ぶこともないと、その夜はそのまま床についたのだった。そして翌日、朝になっても彼は起きてこなかった。不審に思った妻が覗きに行くと、彼は昏睡状態に陥っていた。

 彼の病名は劇症1型糖尿病だった。糖尿病には一般に生活習慣に起因する2型糖尿病と、生活習慣に関係なく突然にすい臓が破壊されてインスリンが分泌できなくなる1型糖尿病の2種類がある。通常1型糖尿病の進行は数年単位で起こるのだが、時としてわずか数日ですい臓の機能が破壊される例があり、これが劇症1型糖尿病だという。原因は不明だが、きっかけの1つは風邪だと考えられるという。彼は風邪をきっかけにすい臓の破壊が急速に進み、インスリンの減少によって糖分の取り込みが出来なくなり、脳細胞がエネルギー不足で機能停止してしまったのだ。頻尿や異常な喉の渇きというのが糖尿病の典型的な症状だったのだが、彼はこれに気づかなかったために手遅れになってしまった。結局彼は、病院に運び込まれた1時間後に死亡したという。

 2例目は53才の専業主婦の女性。健康診断でもなんの問題もないと言われた彼女は、夫と2人で何不自由ない平和な生活を送っていた。しかしある日、彼女の元に衝撃の知らせが入る。彼女の母親が交通事故で突然に亡くなったという連絡だった。母親と非常に仲が良かった彼女は、その知らせに打ちのめされる。失意の中慌ただしく帰郷し、母親の葬儀の用意をしていた彼女だが、通夜の時、突然に激しい胸の圧迫感に襲われる。疲れているんだろうとその日はそのまま休み、翌日は葬式を行ったのだが、この席でも彼女は再び胸に強い圧迫感を感じる。しかし彼女はそれを葬儀の最中だからと我慢する。だが出棺の時、遺影を抱えて棺に寄り添った彼女は、そこで呼吸困難を起こし、そのまま倒れてしまう。

 病院に運び込まれた彼女の心臓は既に停止しており、そのまま帰らぬ人となってしまった。彼女の死因はたこつぼ心筋障害。左心室の一部が硬直して収縮しなくなり、正常に血液を送り出せなくなる病だという。硬直した左心室がたこつぼのような形に見えることからついた病名だという。健康だった彼女がこの病気を発症した原因は強いストレスだった。日頃あまり変化のない生活を送っている専業主婦が特に危険なのだという。ストレスによって自律神経が混乱し、心臓の心拍をあげるように指示が出るが、突然の心拍数の増加に心臓が対応できずにたこつぼ心筋障害を発症するのだという。聞き慣れない名前の病だが、年間3万人がこの病に冒されているという。あの新潟中越地震では、被災者の中から少なくとも18人が発症したという。ストレスを感じた時に現れる胸の圧迫感がこの病気の症状だという。彼女はそのまま心不全を起こしてしまったのである。

 1例目は症状を見ていると明らかに糖尿病なのだが、あまりに進行が早いために、そんなに進行が早い糖尿病があるんだろうかと疑問に感じたのだが、劇症の糖尿病があったというのには驚いた。ここまで進行が早いのは、明らかに何らかのウィルスなどが原因になっていると考えられるのだが、未だに原因不明というのはまだウィルスなどが見つかっていないということだろう。1型糖尿病の原因としては以前からウィルスが考えられているが、ここまで激しいウィルスだとかなり危険である。しかし原因不明では予防の使用もないし困ったものだ。

 2例目は強烈なストレスで発症した心臓の不調である。ストレスはいろいろなところに病気を発症する原因となるが、一般に強烈なストレスの一撃がやってきた場合は、まず心臓に不調が出ることが多いと聞いたことがある。これに対して、例えば上司のイジメなどのようなネチネチと持続するストレスの場合は、神経系統を病む場合が多い。ストレスがかかると血管も収縮することになるので、それが心臓の不調の現れる一因になっているように私には思える。なおストレスについてはストレス耐性は個人差もあるが、あまりに日頃からストレスのなさすぎる生活を送っているとストレス耐性が下がると言われている。良く言われることだが、適度なストレスは生活のスパイスになるようである(ただ現在は質の悪いストレスが多すぎるのだが)。

 今回はこの番組の真骨頂とも言える「なんの予兆もなかった人が突然に死んでしまう」というパターンである。それだけに印象が極めて強烈である。先週は死者1名、先々週は死者0名だったのだが、今回は死者2名なので、やはり見事なほどに死亡率50%以上というノルマを守っている(笑)。ただ今回の内容は、はっきり言って見ているこっちの心臓にも悪い。そもそも私は最近どうもストレスがかかっているのか、慢性的に心拍数が上がってるんですよね。時々胸も苦しくなるし・・・・。

 

2/7 たけしの本当は怖い家庭の医学「咳&歯の痛み」

 1例目は56歳の女性。35年にわたって夫と2人で小さな不動産屋を営んできた彼女の悩みは、夫がヘビースモーカーだということだった。しかし彼女が禁煙を勧めても、いつも夫ははぐらかしてばかりだった。しかしその数日後、彼は健康診断で医師から高血圧を指摘されて、強く禁煙を勧められる。そしてついに彼は禁煙を決意する。そして1ヶ月後、見事に彼は禁煙に成功、彼女はホッとする。しかしその1年後、彼女に変調が現れる。風邪をひいたのをきっかけにして、痰の絡んだ咳が長引くようになり、階段を少し登っただけで息切れがするようになったのだ。そして決定的事態は1ヶ月後に起こった。朝起きた時に高熱を発症した彼女は、息をすると胸から笛を吹くような音がするのに気づいたのだった。何かとんでもないことが起こっていると感じた彼女は、慌てて病院に行こうとするが、そこで呼吸困難になって倒れてしまう。

 病院に運び込まれた彼女の肺は、組織がほとんど破壊されて機能していない状況になっていた。彼女の病名はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)であった。気管支や肺の異常で空気の取り込みが出来なくなる病気で、最悪の場合は死に至る。国内での潜在患者数は530万人で、全世界での死亡原因の第4位を占めているという。原因は喫煙にあり、患者の95%以上が喫煙者である。ただ彼女の場合は喫煙習慣はなかったのだが、夫がヘビースモーカーであったため、夫の煙草の副流煙を吸い続けたのが原因となっていた。副流煙は喫煙者自身が吸う主流煙よりもむしろ毒性が強いことが指摘されているが、彼女は夫と狭い店内にこもっていたので、高濃度で副流煙を吸わされていたのだ。その煙草の煙は彼女の肺にダメージを与え、風邪がきっかけとなって気管支の粘膜に炎症が発生、それはさらに悪化して、ついには気管支が腫れ上がって閉塞寸前になり、笛のような音がしたのだという。そして最後の瞬間、ついに気管支は呼吸不可能の状態まで閉塞してしまっていた。彼女はなんとか一命はとりとめたものの、酸素ボンベを手放せない身体になってしまった。また皮肉なことに、彼女の発症がきっかけで夫もCOPDになっていることが検査で分かり、彼は最悪の状態になる前に進行を食い止める治療を行うことが出来たという。

 2例目はレストランチェーンの店長を務める55才の男性。しかし彼は店の売り上げの低迷に悩まされていた。そんなある日、ランチタイムにやってきた部長が、彼の成績の悪さに対して激しく説教する。その時、彼は突然に響くような歯の痛みを感じる。数分後、部長が去った後、不思議なことに歯の痛みはなくなっていた。数日後、仕事場に急いでいた彼は、突然に締め付けられるような激しいアゴの痛みを感じる。しかしこの程度ではないと休めないと何とか遅れながらも店に出た彼は、そこでまたも部長に出くわす。部長は彼の遅刻をなじり、売り上げが伸びないのはお前のせいだと激しく彼を責める。その時、彼はさらに激しいアゴの痛みを感じる。そして10日後の店長会議、売り上げの上がらなかった彼は店長会議でつるし上げの状態になってしまう。その時だった。激しい胸の痛みを感じた彼は、意識を失った倒れてしまう。

 彼の病名は心筋梗塞だった。心臓の血管の閉塞で心筋が壊死してしまう病気で、彼はそのまま帰らぬ人となってしまった。彼が心筋梗塞を発症した原因は、過度の飲酒、喫煙、脂っこい食生活などで動脈硬化が発症していたことだった。そしてその彼に追い打ちをかけたのがストレスだった。ストレスを感じることで血管が収縮、心臓に異常を発生させていた。そして彼に現れていた歯の痛みやアゴの痛みは、まさに心臓の異常を伝えているものだった。痛覚神経は複雑な経路を辿るため、時に痛みの信号が他の神経に伝わり、無関係なところに痛みを感じてしまうという放散痛という現象が起こる(私はこれは「関連痛」という名で聞いているが)。そして彼の感じた痛みは、心臓の痛みが放散痛として現れたものだった。そして最後の瞬間、極度のストレスでついに彼の心臓は決定的状態になってしまったのだった。

 1例目はまさに喫煙が原因となる典型的病気。自身も喫煙者であるビートたけしを始め、スタジオの空気がどよーんと沈んだのが感じられた(笑)。COPD(慢性閉塞性肺疾患)は以前にガッテンでも採り上げたが、その時もやはり自身が喫煙者である志の輔氏がほとんどやけになっていたのが記憶に残っている(笑)。やはり「喫煙やめますか、それとも人生やめますか」としか言いようがない内容である。しかも今回は夫の方がCOPDになったのなら自業自得だが、喫煙をしていなかった妻の方がCOPDになってしまったのだから、より救いがない。我が家では今回の番組を見ながら「ヘビースモーカー」という言葉が出てきた途端に「はい、ドボン」と言っていたのだが(ひどい一家だな)、奥さんの方だとは思っていなかった。もっともこの状況で夫の方が発症していたら、多分ご臨終パターンだろうが。

 2例目はまたもや「本当は恐い馬鹿上司」のパターンである。そもそもチェーンのレストランなんて、どこかの店舗の売り上げが伸びなかったら、それは大抵は店長の責任よりも、立地や周辺環境といった本社サイドの問題である。しかも飲食店の人間たるものが、客の目の前で店長を叱責するなど言語道断、そもそもあんな鬱陶しいオッサンが出入りしていたから、それだけで店の雰囲気が悪くなって客が寄りつかないというものである。心筋梗塞自体は生活習慣が誘因になっていたものだが、最後にとどめを刺したのは馬鹿上司である。

 なお放散痛(私にはやはり「関連痛」の方がしっくりくる)については、内蔵の不調などを判断する有効な手段なのだが、例えば肩こりなどとして現れた時に、なかなかそれが内臓が原因とまで思いつかないのが一番の問題である。要注意なのは、特に肩が凝るべき理由がないのに突然に異常に強い肩こりが現れたような時である。しかもそれが何かの度に繰り返すようなことがあった時は、とりあえず医師の精密検査を受けた方が良い。私の知っている人でも、腰の辺りが痛むと思っていたら、膵炎になっていたという例がある。

 

1/31 たけしの本当は怖い家庭の医学「頭痛&偏食」

 1例目は51才の人材派遣会社の女性社長。仕事に忙しい彼女は、毎日ストレスの多い生活を送っていた。そんな彼女に現れた身体の変調は頭痛。しかし頭痛程度で仕事を休むわけにもいかないので、頭痛薬を飲んで誤魔化していた。すると次にキーンという耳鳴りが聞こえるようになる。さらに彼女は耳の後ろに1つだけ水疱が出来ているのを見つける。しかし水疱は1つしかないし気にしなかった彼女。しかし頭痛は以前よりもひどくなり始め、ついにはまっすぐに歩けないようになる。それでも取引先との接待に彼女は出かける。しかしその席で、ワインをまともに飲むことが出来ないのに気づく、驚く彼女にさらに信じられない指摘がされる。彼女の顔面はマヒして引きつっていたのだ。

 彼女の顔面マヒを引き起こした原因は帯状疱疹。身体に潜伏した水疱瘡のウィルスが、身体の免疫力が落ちた時を見計らって活動を再開する病気である。彼女が帯状疱疹を発症した原因は、過労とストレス。彼女の免疫力は度重なる仕事から来る過労とストレスで極度に低下していた。そしてその時を狙うかのように三叉神経に潜んでいた水疱瘡のウィルスが活動を開始、脳に近い神経や、三半規管に感染したことで頭痛などの症状が出ていた。また落とし穴は、彼女は水疱が1つだけだと思っていたが、実は他の水疱が髪の毛の下に隠れていたのだった。そして増殖したウィルスはついには顔面神経を侵し、顔面マヒを発症してしまったのだった。早期に治療を行えば抗ウィルス薬で治療できるのだが、彼女の場合は発見が遅れて重症化したため、顔面マヒは治ったものの、ひどい頭痛が残ってしまったという。帯状疱疹は、痛みと共に現れる水疱を絶対に見逃してはいけないという。

 2例目は商社で役員秘書を務める31才の女性。彼女が秘書を務める常務は、社内の若手のリーダーとして会社の改革に邁進していた。そのために彼女も仕事に多忙な日々を送ることになった。しかしそのために彼女の食事は簡単なものや出来合のものばかりの偏ったものになっていた。そんなある日、彼女の身体に異変が現れる。やたらに目が疲れるようになったのだ、さらに肌荒れがひどくなっていた。さらに味を薄く感じるようになり、彼女は徐々に調味料を多く使うようになっていた。そして1年後、改革プロジェクトが最終段階にさしかかった頃、彼女には爪の割れという症状が現れていた。そして改革成功を祝う常務の家でのホームパーティーの席で、彼女は口にしたケーキの味が全くしないことに驚くのだった。

 彼女は味覚障害を患っていた。そして彼女がそれを患った原因は偏った食生活による亜鉛不足だった。味覚障害は現代病の一種といわれ、現代では1年で22万人が発症するという。そしてそのうちの1/3が食生活が原因となっている。彼女の体内では新陳代謝に必要な亜鉛が不足することで、様々な変調が現れていたが、それがもっとも端的に現れたのが舌であって、味覚を感じる味蕾の新陳代謝が滞り、ついには破壊されてしまったのである。彼女は治療を受けたものの味覚が完全に戻ることはなかったという。半年以上放置してしまうと、味覚が元に戻るのは半分もいないとか。早期発見、早期治療が大切だという。

 1例目は比較的ポピュラーな帯状疱疹。しかし彼女ぐらい重症化してしまうのは、不摂生としか言いようがない。大体この番組でいつも病気をこじらせてしまうキーワードは「この程度で仕事を休めない」である。やはり無理をせずに調子が悪い時はさっさと仕事を休んで病院に行きましょう。ただあまりそれをやりすぎてますと、社内で冷たい視線を浴びることになりますが・・・・。

 2例目は、まさにコンビニエンスでジャンキーな食生活が引き起こす病気。また農薬の大量使用で土壌の亜鉛分が減少したことも拍車をかけているという。ただ私の見たところ、最近は舌の感覚云々以前に、幼少期よりファミレスの化学調味料大量使用の味に慣らされたせいで、味覚の発達自体に問題を生じている例が増加しているように思われる。近年に増加しているマヨラーなどはその典型だろう。また無茶なダイエットはよく味覚障害を発症するので要注意。

 今回はこの番組にしては珍しい死亡者0の回。毎回必ず最低1名は死亡者が出るこの番組のペースから考えると実に珍しい(笑)。それと今までと違ってかなりメジャーな病気の例だったことが印象的。

 ところで今回はゲストのいとうまい子が二冠王になってしまったが、何やら彼女をいじめていただけの番組だったような(笑)。「食べさせてあげる人を作っていただく」は滅茶苦茶キツイ(笑)。

 

1/24 たけしの本当は怖い家庭の医学「肥満体型の人に多い病気SP」

 今回は肥満が原因でなりやすい病気に関してのSPとのこと。というわけで、ゲストは松村邦洋氏や内山君などシード選手がズラリである(笑)。しかし実のところ、これは私にもかなり痛い内容であることが予測される。

 1例目は両親が経営する米屋を手伝っている41才の男性。未だ独身という彼は、親と同居していたが、とにかくよく食べるので体重はかなり多めだった。また彼の楽しみは夜に菓子をつまみに酒を飲みながらビデオを見ることで、そのまま酔いが回って寝てしまうことが多かった。そんな彼だったが、食後にゲップが出ることが多かった。またやがて胸やけがするようになる。しかし市販の胃薬を飲むと収まるのであまり気にしていなかった。そして4年後、彼に見合いの話が来るが、その頃彼は食べ物が胸につかえるのを感じるようになっていた。そして1ヶ月後の見合いの席、食事を摂っていた彼は、一気に大食いをした途端に呼吸困難を起こして倒れる。病院に運ばれた彼は、呼吸困難は回復したが、その原因はとんでもないものだった。

 彼はパレット腺ガンを患っていた。これは食道ガンの一種で、食道の胃に近い部分がガンに冒される病である。彼がこの病気を患ったのは、暴飲暴食と肥満から逆流性食道炎を患っていたのがきっかけとなった。逆流性食道炎とは、食事後にゲップなどの時に胃液が食道にまで戻ってくることで、食道が胃液のために炎症を起こす病気である。彼がこれを悪化させたのは、脂肪によって胃が圧迫されやすかったのと、食後にすぐごろ寝をする生活をしていたためだった。逆流性食道炎を繰り返していた彼の食道の組織は異常を起こし、食道の内壁がまるで胃のようになるバレット食道という状態になっていた。このバレット食道はガンになりやすく、前ガン状態であるという。そしてついに彼はガンを患ったのである。彼はそのまま緊急入院となり、結局3ヶ月後に息を引き取った。欧米では100人に1人、肥満の人の10人に1人がバレット食道であるという。

 2例目は46才の女性の例。学生寮の食道で働いていた彼女は、学生達と一緒に食事を摂ることから、カロリーが多すぎて体重が増加していた。そんな彼女は、最近になって肩こりに悩まされるようになっていた。重労働を送る彼女の楽しみは、一仕事の後のお茶。彼女は甘いものが大好きで、お茶の時には必ず甘いものを摂っていた。そんな生活を送るうちに次の変調が現れる。手に痺れが出たのだった。さらに腰が痛んだり、半年後には足に痺れも現れる。そしてある日、決定的なことが起こる。寮で学生と衝突して転倒した彼女は、身体の力が抜けて立ち上がれなくなったのだった。

 病院で検査を行ったところ、なんと彼女の脊髄は圧迫されてつぶれかけていた。彼女がこうなったのは脊柱靱帯骨化症だった。これは背骨をつなぐ靱帯が骨のように固くなって厚くなる病気である。固く厚くなった靱帯は脊髄の神経を圧迫し、最悪の場合には全身マヒを引き起こす。彼女がこの病気を患った原因は、糖尿病にあった。カロリー過多だった彼女は、初期の糖尿病を患っていた。一般に糖尿病はインスリンの働きが悪くなったり分泌されなくなる病気だが、初期の糖尿病では逆に大量のインスリンが分泌されるのだという。インスリンには糖を分解する役割以外に骨を作る役割もあるため、これが靱帯の骨化を促進してしまったと考えられるという。彼女の身体に現れた変調は、すべて神経が圧迫されたことに起因していた。そして最後の瞬間、転倒の衝撃によって彼女の神経が深く傷つけられてしまったのだという。幸いにして彼女は、その後の治療によってつえをつけば歩ける程度までには回復したという。

 1例目は私にとっては痛すぎる内容。私は食後にゲップどころか、吐き気がしてもろに胃液が上がってきます。ほぼ間違いなく逆流性食道炎は患っていると思われます。症状に心当たりがありすぎて、正直なところ胃が痛くなりました。「この番組を見ていると病気になる」という声もありますが、私も病気になりそう(笑)。なお食道ガンは以前にも登場しましたが、進行が非常に早いのが恐ろしいとのことです。

 2例目は糖尿病の思わぬ副作用といったところ。糖尿病はまさに万病の元で、あらゆるところに障害が現れることになります。やはり肥満が気になる人間の大敵は糖尿病です。後、腰痛と膝の痛みも泣き所。これがあまりにひどくなると今度は減量のための運動が出来なくなるので致命的です。私もかなり体重を減らす必要に迫られているのですが、これがなかなかうまくいかないのが問題です。

 

1/17 たけしの本当は怖い家庭の医学「微熱&首の痛み」

 1例目は31才の主婦。毎晩ビデオで夜更かしをしていた彼女は、微熱が出ていることに気づく。夜更かししすぎて風邪をひいたと思った彼女は、市販の感冒薬を飲んだところ熱はすぐに下がる。しかし2週間後、また熱っぽい日が続いていた。夫が血圧を測っているのを見た彼女は、自分も血圧を測ってみたのだが、なぜか何回測定してもエラーが出るのみだった。だが血圧計が壊れたと思った彼女はあまり気にしなかった。しかしその週末、おにぎりを作っていた彼女は、片手に力が入らないことを感じる。またこの頃から、動悸が現れることか増えていた。1ヶ月後、再び血圧を測ったもののエラーが出ることを奇妙に感じた夫が、彼女の手をとって驚く。なんと彼女には脈が出ていなかった。驚いて慌てて病院に行く準備をしようとした時だった、激しい胸の痛みで彼女は倒れてしまう。

 病院に運び込まれた彼女は、心不全を起こしていた。そして彼女が心不全を起こした理由は高安動脈炎だった。これは膠原病の一種で、免疫細胞が異常を起こして全身の動脈が炎症を起こし、動脈が炎症で細くなって血流が悪化することで最悪は死に至る病気である。10代後半から30代の女性に多いが原因が不明であるという。早期発見が治療には重要で、長く続く微熱が典型的症状だという。また彼女が脈がなくなったのは、腕の動脈に炎症ができて血流が低下したためであったという。これがこの病気の最大の特徴で、この症状がよく現れることから、別名「脈なし病」とも呼ばれるという。悪化した炎症はついには大動脈弁に波及し、そのことが心不全につながったのだという。だが幸いにして彼女は医師の手当てにより一命は取り留めたという。

 2例目は30才の独身OL。半年前にこの会社に転職した彼女は熱心に仕事に励んでいたが、上司のセクハラに悩まされていた。そんなある朝、彼女は首の痛みを感じる。その時は寝違えたと思ったのだが、痛みは1週間経っても治らなかった。そして1ヶ月後、鏡を見た彼女は自分の首が曲がっていることに気づく。しかも前を向こうと思っても首は動かない。しかし指で軽く押してやると首は前を向いた。不思議に思った彼女だが、その時はそのまま会社に出た。しかし昼休み、鏡を見た彼女は首がさらに曲がっているのに気づく。心配になった彼女は週に一回整体院に通うようになったが、首の曲がりは治らず、それどころか左に曲がったまま動かなくなってしまった。これは病院に行った方が良いと考えた彼女は、翌日の仕事の合間に病院に行こうと決心する。しかし翌日のことだった。例の上司が彼女の左から顔を近づけた途端、彼女の首は大きく後ろに反り返ったまま動かなくなってしまったのである。

 彼女の病気は痙性斜頸。脳と神経の異常によって首が曲がったまま硬直する病気である。現在患者は1〜3万人おり、30代から40代に発症しやすいという。原因はストレスなどにあり、彼女の場合は上司のセクハラが原因だった。また件のセクハラ上司は彼女の右側の席にいたため、彼女は常に左側を向いて仕事をしていたことがさらなる要因になったという。強いストレス下で首を曲げた姿勢を長時間続けることで、脳が誤作動することがあるのだという。首の痛みはその変調の初期サインであったのだという。この病気は発見が遅れると日常生活が困難になる恐れがあるという。

 1例目の高安動脈炎は、どうも奇妙な病名だと感じるが、これは1908年に眼科医の高安右人によって報告された病気であるとのことで、発見者の名前から命名されたようである(川崎病と同じパターン)。この番組では以前に膠原病も登場しているが、どうもこのような免疫異常系の病気が最近は増えているようである。大抵は原因は不明であるのだが、現代社会が高ストレス社会になっていることが反映していると考えられるが、私個人の見解としては、公害や食品添加物などの環境ホルモンの影響もあると推測している。なお番組では最初に夜更かしのことを強調していたので、夜更かしの疲労が原因につながる展開なのかと考えていたのだが、結局はそれは全く無関係のまま終わってしまった。

 2例目の痙性斜頸については、私も事例を聞いたことがある。非常に嫌な上司がいて、ついにはその上司の方向に首が回らなくなってしまったという事例である。ストレスというものはとかくあらゆる病気につながるが、アホな上司というのも実に万病の元である。私の聞いたことのある事例でも、上司によるイジメのストレスで鬱病を患って出社拒否になった事例などもある。最近は社内に鬱病のための診療室を設ける会社もあるというが、社内環境の整備のためには駄目な上司を職場から追放するのが一番確実である。鬱病の診療室は、職場から追放されたその駄目上司が鬱病になった時に使えばよいのである(笑)。

 こんなセクハラ親爺が部長をやっているような会社なんて、どうせ先がないから、彼女もさっさと職場を変えればよかったのだが、それができなかったのが彼女の病気が悪化した原因だろう。ストレスに対する耐性は性格によって異なるので、番組ではエコグラムのテストを行っていた。このエコグラムはかなり有名なので、インターネット上を検索するとエコグラムのサイトがありますので、興味のある方は探してみるとよいと思います。なお私の場合、「理性的な大人」の心が最も高く出ますが、オール巨人氏のような山型の安定タイプと違い、両端の「厳しい父親」の心と「従順な子ども」の心も極端に高く、逆に「優しい母親」の心と「自由な子ども」の心が極端に低いというW型のグラフになります。どうもこれも一種の不安定型のようです。そこの判定では、仕事のためには家庭を顧みないクールな仕事人とのことだったのですが、どうもこれは私のイメージとはかけ離れすぎています。

 

補足(1/24) 上記文章で私は「エコグラム」と記述してますが、どうやら「エゴグラム」が正解だそうです。確かによく考えると「エコ=環境」よりも「エゴ=自我」でないと意味が通りませんね。最近あちこちで「エコ」が連発されているもので、ついつい頭が「エコ」の方に行ってしまったようです。ただインターネットで「エコグラム」でググっても、見事に判定サイトがヒットするんですよね・・・。

 

1/10 たけしの本当は怖い家庭の医学「ガンの初期発見SP」

 日本人の死因の第1位はガンであるが、今回は「ガンを撲滅する」と銘打って、ガン患者に対するアンケートに基づいてガンの初期症状について紹介するとのこと。4種類のガンを紹介しており、そのそれぞれについて問診VTRを用いて8〜9項目のチェック項目をあげている。

 まずは日本人に一番多い胃ガン。チェック項目は 1.食後の胃もたれ 2.胃の不快感 3.胃の膨満感 4.胃の鈍痛 5.食欲不振 6.体重減少 7.吐き気 8.吐血 の8項目である。なお問診VTRに登場した症例では、30代から胃の不調が現れていた患者が、55歳にして末期の胃がんが全身転移して、吐血の1ヶ月後に亡くなっている。ただ1〜4までの項目については、日本人の大半が患っているという慢性胃炎の症状でもあるという。ただこの慢性胃炎の影にピロリ菌が存在し、そこにストレスやタバコ、塩辛い食べ物などが作用すると、胃炎→胃潰瘍→胃ガンという変化を遂げることがあるという。早期胃ガンは自覚症状がないため、自覚症状が現れた時には末期になっていることが多いという。

 2例目は女性の24人に1人の割で患者がいる(恐ろしい高率である)という乳ガンについて。なお乳ガンは女性特有の病気ではなく、男性でも乳ガンにかかる人はいるので、要注意である。年間79人の男性が乳ガンで死亡しているという(2003年度)。チェック項目は 1.乳房の張り 2.乳房がズキズキ痛む 3.乳頭から分泌物が出る 4.ゴリゴリとしたしこり 5.コロッとしたしこり 6.ひきつるような痛み 7.乳房にへこみ 8.血が混ざった分泌物 の8項目。VTRの38歳の女性患者は結局は左乳房を切除することになったという。ただこのチェック項目の1〜4までは乳腺症で出る症状であり、乳腺症自身は特に治療の必要はないという。乳腺症のしこりと乳ガンのしこりの違いは、乳腺症はゴリゴリした感触があるのに対し、乳ガンは小さな固まりであるという。なお乳ガンの予防については、触診による自己検診がポピュラーだが、定期的にマンモグラフィによる検査を受けることがお勧めである。

 3例目は最近増加しているという口腔ガン。チェック項目は 1.虫歯の詰め物がとれる 2.舌の傷 3.舌に口内炎ができる 4.口内炎の一部が赤くなる 5.舌がヒリヒリ痛む 6.口の中の出血 7.舌がしびれる 8.ろれつが回らなくなる の8項目。VTRの患者は舌ガンがリンパ節などに転移しており死亡したという。このチェック項目の1は虫歯の詰め物が取れていれば、そこのところで舌を怪我しやすいという意味であり、その怪我が慢性化すると白板症という舌の一部に白い板が張ったようになり、それが剥がれたところに刺激が加わることで舌ガンを発症するという。

 最後は最近増加している大腸ガン。チェック項目は 1.便の後、紙に血がつく 2.便に直接に血がつく 3.便が細くなる 4.便秘 5.排便後すぐ便意をもよおす 6.下痢 7.下腹部の膨らみ 8.ひどい便秘 9.激しい腹痛 の9項目。VTRの患者は直腸ガンで直腸全摘となり、人工肛門の生活を余儀なくされたという。便に血が出るととかく痔と考えがちだが、大腸ガンの可能性も高いのでとにかく検診を受ける必要がある。なお大腸ガンについては肉類中心の食生活や運動不足などが誘因になるといわれている。実際に、大腸ガンは以前より欧米人に多く、日本人も食生活が欧米化するに連れて増加したという経緯がある。

 以上、代表的な4つのガンについての初期症状の紹介である。ただ個人的には、口腔ガンという比較的マイナーなガンを紹介するよりは、もっとメジャーな肺ガンを紹介するべきだったのではということだけが少々ひっかかる。アンケートの患者に肺ガンの患者が少なかったのだろうか? まあ肺ガンについては、原因は圧倒的にタバコが多いので、タバコを吸わないというのがまず第一だが。

 今回、渡辺真理氏が「今回、番組はさらに真摯な姿勢で臨む」と言っていたが、今回のゲストでレッドゾーンになった人は、病院の検査に直行ということになっていた。芸能人はなかなか病院に行かないことが多いので、これは良い企画である(笑)。それにしてもこの番組って、芸能人の健康管理のためにあるのか?(笑)

 とにかく、ガンは早期発見するとかなりの高率で治せる病気となっているので、ガンの発症の可能性の高まる40代以上は、やはり定期的な検診が必要なのだろう。サラリーマンなどは会社で集団検診があるが(もっともかなり大雑把な検診なので、相当に漏れは多いが)、自営業の人などは自発的に検診を受ける必要があるだろう。また50代以上などはやはり人間ドックを受けた方が良いようである。

 

12/20 たけしの本当は怖い家庭の医学「芸能人症例SP」

 この番組で以前にも行った芸能人の病気の症例紹介である。スペシャルという意味だけでなく、ネタ切れを補うというニュアンスもありそうだ(笑)。

 1例目は子宮内膜症を患った漫才師のさゆり氏(かつみさゆり)の例。

 2000年にタレントから漫才師に転向して活動を開始したさゆり氏、しかし以前より生理が非常に重かった彼女だが、この頃からさらに生理痛が激しくなり始めた。実は彼女はこの時に子宮内膜症を発症していたのだが、彼女はそれを異常だとは分からずに薬を飲んでしのいでいた。しかし出血がひどくなり、生理用品が役に立たないぐらいになった。婦人科に行った方が良いと感じた彼女だが、恥ずかしさを感じて抵抗のあった彼女は、病院に行かなかった。しかし激しい貧血を起こし、貧血治療のために病院に行くが、そこで婦人科の診療を受けることを勧められる。しかしやはり心理的抵抗があるのと、仕事が忙しくなったので婦人科には行かずじまいでいた。この頃彼女の体内では卵巣が腫れ上がって破裂寸前にまでなっていた。しかし2004年4月、番組のロケ中に大量失血した彼女はそのまま気を失って病院に運び込まれる。彼女の子宮と卵巣は腸と癒着して原形をとどめていたなった上に、子宮筋腫や卵巣のう腫を併発していた。仕事を気にして手術に抵抗する彼女だが、医師はこのままでは命にかかわると告げ、彼女は手術を決意。手術は無事に成功、彼女は仕事に復帰する。

 子宮内膜症は受精卵を着床させるための子宮内膜が子宮以外の場所でも増殖する病気であるが、生理のある女性の10人に1人は患っているという比較的ありふれた病気で、生理の出血が増えるなどの症状が発生するが、それ自体ではそれほど恐くない病気だという。しかし早期に治療を行わずに悪化させると、この事例のようにひどい例にも至るということである。実際に卵巣が腫れてしまって摘出せざるを得なくなったという事例も存在している。婦人科の病気はなかなか診察に抵抗を感じる女性が多いというが、今は婦人科もその辺りにかなり配慮しており、かつてのイメージとは全く変わっていると言うから(そう言えば、歯医者なんかも30年ぐらい前と比べると随分変わったと思う)、生理が異常に重いなどの自覚症状のある女性は診察を受けた方が良いだろう。

 なお子宮内膜症などの女性特有の病気については、12/18の「あるある大事典」でも紹介していたが、とにかく生理に異常があった場合に医師の診断を仰いでみるというのが原則である。なお「あるある」のこの回の放送については、私が38度以上の熱を出してぶっ倒れていた最中だったために、まだコメントを書けていないが、この番組としては実に珍しい(年にせいぜい2,3回あるかないか)本当に役に立つ内容であったと感じている。

 2例目は肝臓病を患った力也氏の事例。

 身体に自信を持っている上に、強面のキャラが売りでもあった力也氏は、毎日テキーラやウオッカを1日に6本、たばこを60本は吸うというとんでもない生活をしていた。しかも霜降り肉ステーキを3キロも平らげることがあるという彼の生活は滅茶苦茶だった。しかし50才になった頃から酒がうまくなくなってきていた。肝機能低下を医師に指摘され禁酒を勧められた彼だが、6本の酒が3本になった程度で彼の生活は根本的には変わらなかった。そして5年後、さらに肝機能の低下が進んだ彼は、朝に疲れがとれないなどの症状が現れ始めた。また飲んで吐き気を催すというかつて経験したこともない減少まで発生、さらに胃が張ったり、背中が張ったりなどの異常も発生、さすがに不安になった彼は病院の診察を受けるが、肝臓の数値が健康人の10倍という異常値を示しているのを見た医師は彼に入院を勧める。抵抗を示す彼に、医師は「家族に対して責任があるだろう」と説得する。入院して検査したところ、彼の肝臓はいくつもののう胞を生じる「多発性肝のう胞症」を患っていたことが判明、かなり危険な状態になっていたことが明らかになる。彼は手術でのう胞を手術で除去、完全な禁酒と禁煙を徹底し、無事に復帰を果たした。

 正直なところ、ここまで滅茶苦茶な生活をして、それで50まで保ったというのが、実は人並み外れて肝臓が丈夫だった証拠だったとも考えられる。多分普通の人なら、40まで保たなかったのじゃないか(私なら1日の飲酒量で急性アルコール中毒であの世行きでしょう)。逆にだからこそそここまでひどい状態になったのだろう。また彼の場合、酒豪であったことが逆に幸いして、重度のアルコール依存症の兆候がなかったのではないかと思われる(そうでないとなかなかアルコールから抜けられない)。肝臓に悪影響を与えるのは、一般的にはまずアルコール、そしてタバコ、さらに高カロリーな食事である。アルコールもタバコも摂らない人は肝臓を患うリスクは低いが、それでも私のように食事だけで脂肪肝の診断を受ける者もいる(もし私が酒やタバコを摂っていれば、もう死んでいるだろうと言われた)。多分私の肝臓は、力也氏などとは比較にならないほど弱いのだろう。ちなみに肝臓は沈黙の臓器と言われるぐらい症状の出にくい臓器なので、全身疲労や吐き気などの症状が出るようになれば、かなり状態は進んでいると考えた方が良いだろう。

 なお番組では、力也氏が登場した途端に大魔神佐々木が急に小さくなってしまった(ホントに物理的に縮んでしまったから笑ったが)ところに何やら芸能界の相関図が垣間見える一コマもあった。これは全くの余談だが。

 3例目はパニック障害を患った長島一茂氏の事例。

 ミスタージャイアンツの息子として注目をされてプロ入りをした一茂氏だが、なかなか期待に応える成績が出せずに焦りを感じていた。そんな頃から、彼は毎晩のように落ちていく夢でうなされるようになる。次に彼に現れた変調は、まるで地震のように回りが揺れる妙な感覚だった。そしてある日、激しい息苦しさで倒れた彼は病院に運ばれ、そこで「自律神経失調症」の診断を受ける。当時はまだパニック障害が一般にあまり認識されておらず、自律神経失調症と判断される事例が多かったという。精神的にドンドンと追いつめられた彼は、自殺さえ考えることがあったという。実際にパニック障害から鬱を患い、自殺する事例も多い。だが彼の場合思わぬ転機が彼を助ける。巨人軍の戦力構想からはずされた彼は引退を余儀なくされ、芸能界に転進、環境の変化が結果として彼のストレスを緩和することにつながり、また彼の病名も判明、病と向き合うことで彼の症状は回復へと向かう。

 高ストレス社会になって非常に増えている精神の病である。精神から起因する変調はいろいろな現れ方をするが、パニック障害はその一例である。これ以外にも例えばストレスが内科的症状に強く現れると過敏性腸症候群などが発症場合もあるし、一気に鬱病を発生する人もいるなど変調の現れ方は人様々なのでそこに難しさがある。一般的にこのような症状は、責任感が強くて真面目な人間ほど発症しやすいという傾向があり、一茂氏の場合もお坊ちゃん育ちが災いしたのだろう。同じお坊ちゃんでも政治家の二代目連中などの場合は、はなっから無責任な連中が多いので、こういうのの発症の事例は少ないと思われる。なお世襲が各界で進んで日本社会も停滞化しているが、スポーツ界のようなどうしても実力が問われるために親の七光だけでは通用しない世界に生まれたのが一茂氏の不幸だった。これが芸能界なら親の七光だけで実力とは無関係にチャンスはいくらでも与えられるし、政界に至っては人並み以下の能力でも親の七光だけでやっていける(頭の中味がサル並みでも議員ができることは、最近になって証明されている)のだから楽なものである。

 4例目は膠原病を患った安奈淳氏の事例。

 膠原病は免疫に異常が発生して自らを傷つける病気である。一般に関節などに痛みが生じる事例が有名だが、いろいろなところに変調が出る。彼女の場合は、身体の広い範囲で炎症が発生する全身性エリテマトーデスという症例だという。患者数は5万人で、90%が女性、20代から50代に多いという。早期治療が重要なのだが、彼女の場合、10年前に指先の冷えなどといった症状が発生したのだが、そのまま放置していたのだという。放置したことで症状は進行、障子などが重くて開けられなくなったり、朝になると関節がこわばるなどといった関節の症状が出てもまだ放置していたという。そのうちに症状はさらに進行、炎症が腎臓に及んだことで足のむくみや、ついには尿がほとんど出なくなるといった症状まで出たが、彼女はそれでも我慢していたとか。ついには起きているのもキツイぐらいになり、とうとう炎症が肺に及んだことで、呼吸障害を起こしたところで病院に担ぎ込まれたという。この時点では生死に関わる重症になっていた。幸いにして彼女はその後の治療で回復、2年近い療養生活の後に無事に復帰を果たした。

 宝塚は体育会系だから、こういう無茶をしてしまうんだろうなというのが何となく感じられる事例。以前の叶和貴子氏の事例でも対応の遅れで症状を悪化させていたが、どうしても舞台中心の役者はなかなか舞台を抜けるわけにはいかないので、ついつい無理をしてしまうことが多いようである。芸能人は「仕事がなくなる」ということに対する不安が一番大きいことから、こういうことになりがちなのは分かるが「人間、死んじゃったらおしまいよ」とでも言わずにはいられない。つい最近も本田美奈子氏が亡くなったが(惜しい人を亡くしました。ご冥福をお祈りします。)、芸能人に限らず、どうしても自営業などの者は会社勤めの者と違って健康診断を受ける機会が少ないのが、早期発見を遅らせがちであることから、制度面での整備の検討を願いたいところだ。早期発見早期治療は、本人にとっても一番負担が少ないだけでなく、医療費の削減にもつながるわけであるから。

 なお私自身の話ですが、先週末に風邪でダウンして、ようやく今日の昼頃から熱が下がりましたが、まだ頭がボーっとして自分の頭でないみたいです(笑)。もし今回の内容で、どこか変なところがあったら、風邪がまだ残っているのだと思っておいてください(笑)。実のところ、キチンとチェックできるパワーがまだありませんので・・・・。

 

12/6 たけしの本当は怖い家庭の医学「腹痛SP」

 腹痛といえばいろいろな病気の最初の症状である場合が多いが、今回はそんな腹痛の特集だとか。

 1例目は脇腹の痛み。42才の主婦。育ち盛りの子どもを抱えて、食べすぎが多くなっていた彼女は、ある日脇腹の痛みを感じる。そこで近所の医師の診察を受けたところ胆石との診断を受け、手術を勧められる。しかし手術には抵抗のある彼女は手術を断る。医師は彼女に1年ごとに定期健診を受けることと、油っぽい食事を避けることをアドバイスする。そこで彼女は食生活を野菜中心のものに切り替える。その甲斐あってか彼女の胆石の具合は良くなり、ついつい定期健診には行かないまま終わってしまう。そして5年後、脇腹に鈍い違和感を感じるが、大したことがなかったのでそのまま放置した。だが次は前にかがんだ途端に背中に張りを感じる。そして3ヶ月後、彼女は起き上がれないぐらいの倦怠感に襲われる。そしてその晩、顔が真っ黄色になっているのに夫が気づき、直ちに病院に運ばれる。

 彼女の病気は胆のうがんだった。治療の甲斐なく彼女は半年後にこの世を去る。胆のうは肝臓の影になっており、がんを発症しても見つけにくいことで知られている。彼女は胆石がきっかけになって、胆のう内での炎症が慢性化し、ついにはがん化するに至ったのである。倦怠感や黄疸が出た時点では胆管がガン細胞に圧迫されて閉塞、がんは他の臓器にも転移が進んでいた。胆のうがんは進行が早いのが特徴で、胆石から胆のうがんになる確率は5%だという。

 2例目は某IT企業(どう見てもライブドアなんだが)の社長秘書の27歳の女性。やり手の社長の下で彼女は多忙な毎日を送っていた。そんなある日、彼女は下腹部の痛みに襲われる。しかしそれはトイレに行くと収まったので、単なる下痢だと考えた。しかし2ヶ月後、下腹部の痛みと下痢はひどくなっており、夜もそれに苦しめられていた。さらに2ヶ月後、症状はさらにひどくなっており、1日6回もトイレに駆け込んでいた。病院に行った方が良いのではと考えた彼女だが、雑誌の過敏性腸症候群の記事を見て、自分の症状はそれだと納得して、結局は病院に行かないまま終わる。しかし彼女の症状はさらに悪化。そんなある日、トイレに行った彼女は驚く。便器が血で真っ赤になっていたのだ。それでも病院に行かずに我慢した彼女、しかしとうとう激痛で倒れてしまう。

 彼女の病名は潰瘍性大腸炎。大腸に炎症が広がって最悪は死に至る原因不明の病気である。20〜30代の若者に多いという。原因はハッキリしていないが、ストレスが元になった免疫異常が発症の原因ではないかとのこと。彼女は過敏性腸症候群と間違ってしまったが、過敏性腸症候群は純粋に神経の症状であるため、ストレスが軽減される夜などには症状が出ないという。彼女は症状を放置したため、炎症が大腸全域に広がり、大腸は完全に機能を停止、一命はとりとめたものの結局大腸全摘になったという。

 1例目の胆のうがんはよく聞く事例である。それだけに胆のう結石が見つかれば胆のう摘出を勧める医師が多いという。実際、胆のうは摘出してもほとんど問題は発生しないという。もっとも身体にメスを入れるのには抵抗のある人も多いだろうから、その場合は定期健診は不可欠である。ただ、特に身体に不調がなかったら、定期健診はどうしても怠りがちになるのが大問題である。

 2例目は私は大腸がんだと思ったのだが、もっと特殊な病気だった。ちなみに番組では便による病気の見分け方を紹介していたが、基本的には便に血液が混ざったら危険ということである。どす黒い血の場合は胃などの疾患、鮮血に近い場合は大腸がん(直腸がん)の危険が高い。昔から便は健康のバロメーターと言われているので、常に気を付けている方が良い。いつもと状態が違う便が出たら要注意だ。ちなみに私は突然に真っ黒な便が出て驚いたことがあるが、それは前日に大量に食べたホウレンソウが原因だった(笑)。

 

11/29 たけしの本当は怖い家庭の医学「胃のむかつき&歯茎の出血」

 52才の女性。夫と2人悠々自適の生活を送っていた彼女だが、ある日突然に胃のむかつきを感じる。さらに同時に頭痛が発生する。その時は市販の胃腸薬を飲んで終わらせる。しかし1週間後、今度は猛烈な吐き気と激しい頭痛に襲われる。その夜はゆっくり休むことにした彼女。しかし翌朝、右のまぶたが開いていないことを夫に指摘される。驚いた彼女は病院に行くことにするが、時は既に遅かった。病院に行こうとした彼女は、玄関で後頭部をハンマーで殴られたような激痛に襲われ、そのままそこで倒れてしまう。彼女が発見されたのは10時間後に夫が帰ってきてからで、既に彼女は死亡していた。

 彼女の死因はくも膜下出血。脳を包むくも膜にできた動脈の瘤が破裂して出血する病気で、半数は死に至るという。更年期後の女性に発症が多く、エストロゲンの減少によって血管の弾力が失われることが原因になっていると言われている。また日頃から高脂肪の食事が多かった彼女は、高血圧にもなっていた。そして最初に小規模な出血が起こり、それが胃のむかつきと頭痛につながっていた。これが同時に起こるのが典型的なくも膜下出血の症状である。最後に彼女に現れた顔面のマヒは、動脈瘤によって目の神経が圧迫されたことによった。そしてついには大出血にいたり死亡したのである。

 2例目は自転車店を営む38才の男性。彼は最近、歯茎の出血が多くなっていた。しかし彼はそれをそのまま放置していた。それから1週間後、今度は彼に指先のしびれといった症状が現れる。しかし痛みなどはないので、彼はそのまま放置した。しかしその日の夜、今度は手足の冷えといった症状が現れる。さらに3ヶ月後、彼は不注意で足の小指に小さな怪我をする。しかしその傷は3日後には化膿して悪化していた。そこで彼は病院に言った方がよいと考えるのだが、その晩、足の痛みで目が覚めた彼は、自分の足を見て驚く。なんと小指が真っ黒になっていたのだ。慌てて病院行った彼だが、結局は膝から下を切断することになってしまう。

 彼の病名はバージャー病。手足の血流が滞って細胞が壊死する難病である。日本人の患者数は1万人で、ほとんどが20代から40代の男性で、患者のほぼ100%が喫煙者であるという。今まで原因は不明だとされていたのだが、最近の研究で患者の血管内から大量の歯周病菌が発見されたという。リンパ管に侵入した歯周病菌が全身を巡って手足の血管に大量に蓄積、これが血液を固まらせ、手足の血行が悪くなったのだという。そして血流の低下で治癒能力をほとんど失っていた足が、怪我によって壊死に至ったのである。

 1例目は典型的なくも膜下出血の事例。あまりにもまんますぎるので、ひねくれ者の私などは「本当にくも膜下出血?」と逆に疑ってしまった(笑)。頭痛にもいろいろあるが、吐き気が同時に来る頭痛は要注意である。そういえば、つい昨日に「あるある大事典」で頭痛の紹介をしていたところであるが、構成がもろにこの番組をパクっていたのがなんとも。

 ところで最後に彼女が倒れるシーン、仰々しい音楽をバックに花の中に倒れるって図、なんかわけの分からない演出に走っていたような・・・。こういう演出をあのオバサンでやられると完璧にギャグなんですが・・・。そういえば大分昔に、一度だけやけに仰々しい音楽を伴った演出をしていた回があったのが記憶に残っている。制作者の誰かにそういう趣味の人がいるのか? 昔、大映ドラマを作っていたとか(笑)。

 2例目はそのまんま事例を見ていたら糖尿病を疑うところなのだが、一ひねりしていた。歯周病菌は体内で色々な病気を起こすことが知られており、歯周病菌が原因で心筋梗塞を起こす例は有名である(この番組でも以前に出ていたような気が)。なんにせよ、足が壊死するような事態というのはかなりやばく、下手をすると命にかかわります。一般的には糖尿病で毛細血管が損傷することで発生する事例が多いです。ですから糖尿病患者にとって重要なケアの中に「手足の手入れ」が入っているんです。ところでこの事例を紹介していた役者さん、かなり歯茎が痩せていたように見えたのだが、本当に歯周病を患っているのでは?

 

11/22 たけしの本当は怖い家庭の医学「軽い腹痛&肩こり」

 52才の男性。家電メーカーを早期退職で辞めた彼は、長年の夢だったレストランをオープンするために料理の勉強を行っていた。しかし料理の研究のためにレストランでフルコースを食べた後に小さな異変が現れる。お腹に軽い痛みが発生したのだ。しかしその時は単なる食べすぎだと放置する。しかしその痛みは数日たってもおさまらず、お腹の張りまで現れた。そこで心配になった彼は人間ドックで胃腸を検査してもらう。検査の結果は胃腸にはがんなどはないことが分かったが、コレステロールや血糖値に血圧などがどれも高いことが指摘される。高カロリーな食事に飲酒を続けていた彼は成人病が進んでいた。そこで彼は一念発起して運動を始め、30年吸い続けてきたタバコも止めた。しかし無理に運動したせいか腰痛が起こる。しかし二週間後には腹痛などの症状が消え、彼はレストランのオープンの前日にこぎ着ける。しかしその晩、彼は尿がチョコレート色になり、顔色が黄色くなっていることに驚いて病院に運ばれる。

 彼の病名は膵臓がんだった。膵管にがんが発生したことで膵管に消化液が詰まり、膵臓が腫れたのが、腹痛や腹の張りや腰の痛みなどの原因だった。しかしこれらの痛みが2週間ほどでなくなったのは、詰まった消化液ががんを強く押して、一時的に流れたことが理由だった。膵臓がんのたちの悪さは他の臓器の影になって人間ドックなどでは発見しにくいことだという。膵臓がんの原因は不明だが、彼のように脂っこい食事をし、喫煙をしている者に発症が多いと言われており、50歳以上でなりやすい病気だという。彼に現れた黄疸などの症状は、大きくなったがんが胆管を圧迫して胆汁が逆流したことが原因だった。彼は入院から半年で息を引き取ったという。膵臓がんは発覚した時には手遅れのケースが多く、現在でも毎年2万人が膵臓がんで命を失っているという。

 2例目は34才の女性。夫と離婚して実家に帰った彼女は以前に勤めていたブティックに再就職、店長を任されることとなった。しかしその一日目、ずっしりと重い肩こりを感じる。さらに一週間後には今まで感じたことのない強烈な腰の痛みを感じる。翌朝、彼女は整形外科を訪ねるが、骨には異常はなく筋肉痛だろうとの診断を受ける。しかし一週間後には痛みは身体のあるゆる場所で起こるようになり、不安から不眠に至る。この頃から彼女は仕事を休んで医者を訪ね回るが異常は発見されず、病気の存在さえも疑われる事態になる。一ヶ月後、彼女は痛みのために外出もできないようになり、ブティックを休職する。しかも軽く触られただけで激痛を感じるようになる。三ヶ月後、彼女はとうとう寝たきりの状態になっていた。自殺さえも考えるようになった頃、別れた夫が彼女を訪ねてくる。彼は彼女を心配していろいろと調べ、専門医に彼女を連れて行こうと考えたのだった。そして診断の結果、彼女の思わぬ病名が分かる。

 彼女の病名は線維筋痛症。痛みを司る神経に異常を発することで、身体の各部が痛む難病である。患者の8割は女性で、日本だけで200万人の潜在患者がいるという。これを発症した患者は、生活のわずかな刺激が増幅され、激痛となるのだという。患者の中には激痛のために爪を切ることさえできなくなった者もいるという。原因は不明だが強いストレスが一因ではないかと見られているという。異常が神経内で発生しているため、検査でも異常は分からず、ドクターショッピングに陥る患者が多いという。彼女は治療の結果、幸いにも5年後にはほぼ普通の生活ができるようになったという。発症から3年以内に治療すると、回復する可能性が高いという。

 番組ではこれらの病気についての危険度をチェックするチェック項目をあげていた。膵臓がんについては肉食などの食生活及び、飲酒、喫煙、さらには家族のがん履歴などである。膵臓の病気はとかく発見が遅れがちなので要注意である。私の職場の先輩でも、ある日猛烈な腹痛が起こり病院に行ったところ、肝臓などの数値が滅茶苦茶な値を示しており(GDPとかGTPとかの値が1000を越していたとか)、調査の結果急性膵炎が発覚して緊急入院になった人がいる。彼は幸いにして一週間ほどの断食療法によって職場復帰を果たしたが、医師の診断を受けた時には「もうこれで人生も終わりかも」と覚悟をしたという(笑)。

 線維筋痛症についてはマイナーな病気であり、ようやく2年前に厚生労働省に研究班ができたところだという。しかし調査の結果、潜在患者が200万人いる可能性が指摘されたとのこと。線維筋痛症のチェックの13項目は

  1. 首から肩にかけて痛みがある
  2. 身体を触るとあちこち痛みがある
  3. よく頭痛がする
  4. よく手足が冷えたり、火照ったりする
  5. 身体が痛んで目が覚めることがある
  6. 朝、身体がこわばって起き上がれないことがある
  7. 疲労感がある
  8. よく眠れないことがある
  9. 目や口が渇きやすい
  10. よくトイレに行く
  11. 下痢や便秘、腹痛を起こすことが多い
  12. よく不安感に襲われる
  13. 鬱状態になることがある

このうちの10項目以上が該当する女性については、要注意であるとのこと。番組ではゲストの愛華みれ氏が危険性があるということで指摘をされていた。この病気は血液検査などの検査によって骨粗鬆症や関節リウマチなど他の病気の可能性を消去していくことで診断するようである。チェック項目を見ているとストレスに起因していると思われるものが多いことが、ストレス原因説に基づいていることを感じさせる。前半は身体症状の「関節などが痛む」という項目で、後半がストレスに起因する症状になっている。とにかく関節などに痛みがある場合、リウマチ、痛風など、他にもたちの悪い病気があるので、医者にかかった方がよいだろう。リウマチなども放置していて関節が変形してしまうと、完治は難しくなる。この番組ではないが「早期診断があなたを救うのです」である。

 なお線維筋痛症については原因不明とのことであるが、私の直感としては、環境ホルモンなどによる内分泌系の撹乱に起因しているのではないかと感じる。もっともこれについては科学的証明が困難だろう。なにしろ環境ホルモンについてはその作用濃度が低すぎるために分析さえ容易ではないし、環境ホルモンの危険性を訴えている研究の中にもほとんどオカルトに近いものがあったりするのが現状であるから。しかも環境ホルモンの危険性があまりに主張されると、今度は「環境ホルモンを除くためのサプリ」なんてインチキなものを売り出す輩も出てきそうだし・・・。

 それにしても何でもかんでも病気の原因を「ストレス」と言われても、現代社会でストレスを取り除くのはほとんど不可能な話である。それにストレスがあるのは現代社会だけでなく、昔でもである。それこそ原始時代に遡っても、「今日の食糧が確保できるか」なんていうのは生存に関わる切実なストレスだったんじゃないだろうか。そうやって考えると、現代のストレスなんて、ある意味では全然大したことない(笑)。

 

11/15 たけしの本当は怖い家庭の医学「応急処置スペシャル」

 いつもは病気の症例について紹介するこの番組だが、今回は応急処置に対するスペシャルである。応急処置によって患者の生死が分かれることもあるだけに重要性は高い。

 最初に紹介されるのは、応急処置を間違ったために命を落とした例。脳梗塞で倒れた夫に対し、妻が水を飲ませたために死んでしまったという事例である。脳梗塞で身体にマヒが出ているのにもかかわらず水を飲ませたので、水がうまく飲めずに気管に入ってしまい、むせたことで血圧が上昇して大出血に至ってしまったという。

 ここでゲストが脳梗塞の応急処置に対するクイズを行う。シチュエーションは風呂の脱衣場で夫が倒れたという状況。倒れてはいるが患者はまだ意識がある。

 次は一般に行われている応急処置についての○×である。1.鼻血の時に首の後ろを叩く 2.のどに魚の太い骨が刺さった時にごはんを丸飲みする 3.突き指をした時に引っ張る 4.蜂に刺された時に小便をかける 5.水虫に酢をかける 

 答えはいずれも×。1は全く根拠がない。2は粘膜を傷つける恐れがあるので医者に行くべし。3は靱帯や関節を痛める危険がある。4は蜂の毒にはアンモニアはきかないし、出たばかりの尿にはアンモニアはほとんどない。5.肌がただれる危険がある。

 次は心筋梗塞で妻が倒れたものの、蘇生術が何も出来なかったばかりに結局妻を亡くしてしまった夫の例を出して、心肺蘇生の方法について紹介。心肺停止の場合、5分を越えると蘇生率は25%以下になる上に、重大な障害が残る可能性が高いことから、救急車を待っていては間に合わないと言われている。

 心肺蘇生のポイントは、人工呼吸についてはあごを上げて気道を確保してから、鼻をつまんで2秒かけて息を吹き込む(この時に胸が膨らむのを確認する)。心臓マッサージについては肋骨の交点のやや上の乳首の間ぐらいを押すのがポイント、ペースは1分に100回。人工呼吸を2回、心臓マッサージを15回をワンセットで繰り返すのが基本だという。なお番組ではゲストが挑戦したが、鼻をつまんでいなかったために息が漏れたり、心臓マッサージで押すポイントが違っていたりなどで患者がご臨終になってしまうケースが続出していた。

 ちなみに番組では言っていなかったが、心肺蘇生術を行う前にはくれぐれも心肺停止状態であることを確認してからにするように。これを確認しなかったがために生きていた患者を殺してしまったという洒落にならない事例もある。

 なお番組では心臓の除細動のための電気ショック機器(AED)についても紹介していた。最近は公共施設に設置されている例も増えているが、使い方を知らなかったばかりに役に立たなかった例も多いというので、これについてはよく紹介しておく必要があるでしょう。なお別の番組で専門家が言っていましたが「患者を見た時には勇気を持って行ってください」とのことです。たとえうまくいかなっかたとしても、放っておくと確実に死ぬわけですから、その責任を問われることはないと専門家は語っておりました。もっともしたり顔で間違ったやり方をされてもどうかとは思いますので、やはり講習などを受けておくべきだとは思いますが。消防署などがよく行ってますので、機会があれば参加されるのが良いと思います。

 次は間違いやすい応急処置について。

  1. やけどの時に出来た水ぶくれをつぶすか放置するか これはつぶしてはいけない。 
  2. 熱湯を被った時に服の上から水で冷やし続けるか、シャツをまくって冷やすか これはそのまま冷やす。服の上から熱湯被った場合、時間がたつと無理にめくると皮膚がめくれる場合があるので危険。 
  3. 天ぷら油を下半身に被って大やけどを負った場合、患部を水で冷やすか、患部をタオルで覆うか これは患部をタオルで覆うのが正解。大やけどの場合は冷やしすぎると低体温になる可能性がある。 
  4. ギックリ腰の時には温湿布か冷湿布か。 これは冷湿布。急性の痛みにはまず冷湿布というのが原則だとのこと。 
  5. 餅が喉に詰まった時、指を入れて掻き出すか、背中を叩くか。 これは背中を叩くのが正解。指を入れると逆に押し込む場合がある。

 なお背中を叩いても駄目な時はハイムリック法という方法があるという。これは臍の少し上に拳を当てて、一気に腹部を圧迫して肺の空気で異物を押し出す方法だという。ただ少々コツがあるという。

 最後は止血法について。ネクタイで縛ってから棒で締め上げる方法を紹介していた。なお止血をした時は30分に1度は緩めるように。でないと組織が壊死する危険があります。

 以上、今回はかなり実践的で役に立つ内容という印象。この番組もさすがに病気の危険を煽るだけでなく、もっと他の展開を考え出したか。 

 

11/8 たけしの本当は怖い家庭の医学「目のぼやけ&手荒れ」

 1例目は55才の男性。待望の初孫が生まれ、昔のカメラを引っ張り出してきては孫の写真を撮っていた彼だが、ある日、ファインダーをのぞいた時に目がぼやけるのに気づく。しかしぼやけたのは一瞬だけだったので、老眼だと言われてそう思っていた。しかし異変は続く。1ヶ月後、後ろから声をかけられて振り返った途端、視界の中心が突然に歪んで見える。しかしこれも一瞬ですぐに普通に戻ったので、彼はそのまま放置していた。1週間後、カメラの整備中にファインダーをのぞいた時、視界の中心が暗くなっていることに驚く、しかしこれもやはり一瞬で戻る。だが1ヶ月後、孫を連れて動物園に来た彼は、写真を撮ろうとして愕然とする。なんと彼の右目は真っ暗になって何も見えなくなってしまっていたのだ。

 眼科を受診した彼の目は大量の出血を起こしていた。彼の病名は加齢黄斑変性。老化によって目の機能が衰える病だが、放置しておくと失明に至ることもある恐ろしい病であり、近年日本で患者が急増しているという。なんと推定患者数は40万人だとのこと。原因は加齢以外に喫煙や高血圧などにもあるという。この病は網膜の奥に新生血管が出来ることで起こるという。これらの血管からの出血によって網膜の中心部がダメージを受けることで視界の中心がぼやけるといった症状が出るのだという。加齢黄斑変性は老眼と異なり、視界の中心だけがぼやけるのが特徴だという。また視界の中心が歪んだり、薄暗く見えるのはこの病の特徴だという。しかし両目で見た場合にはその異常が補正されてしまうので気づきにくいのだという。そして最後の瞬間、ついに網膜の中心部が壊滅的ダメージを受けたことによって、彼は右目の視力をほとんど失ってしまったのだ。

 2例目は夫と2人で花屋を開店した42才の女性。そんな彼女は最近、手荒れに悩まされていた。まるでしもやけのように手が赤く腫れるのである。しかし仕事柄仕方がないと諦めていた。1週間後、やはり手荒れは続いていたがなぜか痛くもかゆくもなかった。しかし手が重くて上に上げておくことが出来なくなっていた。ただ大したことがなかったので気にしなかったのだが、それ以来階段を登るのがきつくなったり、重いものを持つことが出来ないなど、全身にだるさをしばしば感じるようになっていた。しかし、花屋の開店以来休みをとっていなかったので、疲れがたまっているだけだと彼女は思っていた。だが2ヶ月後、今度は乾いた咳が止まらなくなる。それでも彼女は風邪でもひいたのだと思って放置していた。そして3日後、今までにない激しい咳が出た彼女は、そのまま呼吸困難になって倒れてしまう。

 彼女は病人に運ばれたが、3日後に肺炎で死亡する。そして彼女がこの肺炎を患った原因は皮膚筋炎だった。この病は膠原病の一種であり、原因はまだ不明だという。30代〜60代の女性がかかりやすい病気で、患者は全国で6000人とのこと。免疫細胞が異常をきたして皮膚や筋肉の細胞を攻撃することで、体中で炎症を起こすのがこの病気の特徴である。彼女に現れた手荒れは、その最初の兆候だったのだという。この病気による手荒れは関節部分だけが腫れるが、痛みやかゆみがないのが特徴だという。彼女の炎症は全身に及び、それが脱力感につながった。この時点で医師にかかっていれば彼女も助かったのであるが、彼女はそのまま放置したことで症状はさらに悪化、ついには炎症が内臓に及び、肺に炎症が広がってしまったのである。

 1例目は眼底の血管の病気である。血管に問題があれば眼底出血などが起こりやすく、眼の網膜には血管の変調が一番現れやすいなどと言う。今回の事例は高血圧などに起因しているが、糖尿病などの場合も眼底出血で失明する事例が多いのが有名である。ちなみに今、生体認証で網膜パターンを見る手法が有名だが、あのシステムで眼底出血が発見されたという事例があるらしい。思わぬところで健康診断できていたというラッキーケースである(笑)。

 2例目はいわゆる免疫疾患。最近急増しているのがこの手の病気なのだが、原因ははっきりしていない。ストレス説、環境ホルモン説、食品添加物説等、多くの説があるが決め手に欠けているのが現状。私は個人的には食品添加物なんかが怪しいと思ってはいるが。なお私はこの症例を見ていて、アレルギーを疑ったのだが、免疫疾患であるのだから結局は似たようなものだったようである。ただ膠原病の場合は原因が内部にあるだけに、アレルゲンを遠ざければよいアレルギーよりも始末に負えない。

 先週から久しぶりに番組再開なのだが、例によって死亡率50%という快調(?)なペースを保っている。実際のところ、うちの家族なんかこの番組を見るだけで胃がおかしくなりそうだと言っており、実はこの番組が一番身体に悪いかも(笑)。

 

11/1 たけしの本当は怖い家庭の医学「立ちくらみ&喉の痛み」

 1例目は建設会社を営む51才の男性。50才を過ぎてもまだまだ元気で病気一つしていなかった彼、しかしある日、突然に立ちくらみを体験する。低血圧でもないのにおかしいなと思ったが、その時は疲れているのだろうと気にもしなかった。しかし3日後に今度は片目の視力が落ちているのに気づく。そして一週間後、夜に寝ようと横になった途端、まるで蒸気機関車のような音が聞こえることに驚く。そこで彼は仕事が一段落したら病院に行こうと考える。しかし翌日、今度は仕事中に突然に右手の力が抜けて金槌を落としてしまう。しかも金槌を拾おうとしても拾えない。しかし右手をしばらくさすっていると、まるで何事もなかったかのように右手は動く。彼はここで明日には医者に行こうと決める。しかしそれでは遅すぎたのである。翌日彼は口から泡を出し、右半身が完全にマヒしている状態で病院に運び込まれる。

 彼の病名は頸動脈狭窄症。脳に血液を送っている頸動脈が細くなって閉塞する病気である。そして彼がこれを発症した原因は食生活と高血圧だった。彼は高血圧のために頸動脈の分岐点の血管壁が損傷し、そこにコレステロールが蓄積したのである。そして脳の血流が不足したために立ちくらみの症状が現れたのだった。また蒸気機関車の音のような耳鳴りは狭い血管を血液が無理に流れる時の音だった。そしてついには血栓が発生、その血栓が脳の血管につまることによる脳の一時的酸欠によって一過性脳虚血発作が起こったのが、金槌を落とした時である。これは数分から数時間ですぐに消えてしまうのだが、これが現れてから数時間から一ヶ月以内に大規模な脳梗塞が起こる可能性が高いのである。そして彼はその晩にとうとう脳梗塞を発症したのである。幸い彼は一命を取り留めたが、強い後遺症のためにリハビリの生活を送っているという。

 2例目は酒好きで夫と共に店を開いている52才の女性。そんな彼女に現れた変調は喉の奥の痛みだった。2日後には喉の奥に違和感を感じるが、風邪だと思って気にしなかった。そして一ヶ月後、今度は冷たいお茶を飲んだ時に耳の奥に鋭い痛みが走る。それから同様の痛みは時々現れたが、すぐに消えるために彼女はそのまま放置していた。そして3ヶ月後、彼女は声が枯れたり、咳が出るといった変調が出る。風邪かと思ったのだが、2日経っても全く良くならないために、彼女は夫と共に病院に行く。しかしこの時点では既に手遅れだった。彼女は半年後にこの世を去る。

 彼女の病名は下咽頭がん。食道の上の下咽頭に発症するがんである。男性に多いがんだが、原因は飲酒と喫煙である。長年のニコチンとアルコールの摂取によって下咽頭が刺激され、がんが発生したのである。またこのがんは進行が早く転移しやすい特徴があるため、彼女も症状が出てから1年で死亡してしまった。病気のシグナルは喉の奥の痛みや異物感であり、これを風邪による喉の痛みと見分けることが重要だという。風邪は喉全体が痛むのに対し、下咽頭がんはがんの患部の喉仏の近くのみが痛むという。また彼女が感じた耳の痛みは、喉の神経と耳の神経が合流しているために脳が錯覚したのだという。彼女は発見が遅れたために、がんが声帯にも影響を与え(だから突然にドラえもんになってしまったのである)、リンパ節や肺にも転移してしまったのだ。

 今回の例は病名は初めてだが、1例目はよくある血栓による血管の閉塞だし、2例目もこれに近い食道がんは既出である。食道がんも非常に進行が早くて転移しやすいがんだが、下咽頭がんも出来る場所が微妙に違うだけで、同じ性質を持っているようである。

 例によって今回もコレステロールの多すぎる食事と高血圧には注意しましょうということと、やはりタバコはやめて、アルコールも適量にしましょうというお話である。この番組を見て、それでもタバコを吸い続けられる人は果たして何人いるだろうか。この番組は禁煙教育にも良いようである(笑)。

 

9/20 たけしの本当は怖い家庭の医学「芸能人症例SP」

 今回は芸能人がかかった病気の症例を紹介していこうというSPとのこと。

 第1例は坂上二郎氏の脳梗塞の事例。

 今まで健康には自信のあった坂上二郎氏であったが、人間ドックで不整脈を指摘されたことから運動のための散歩を始める。しかしその散歩こそが落とし穴になる。彼は2時間の散歩をしたが、太ることを気にして水分を摂っていなかった。また不整脈の薬も、自覚症状がなかったために飲んでいなかった。このために血液が濃縮型血液となって、血栓が出来やすい状態になってしまったのである。そして3ヶ月後、やけに眠くなるという症状が出始める。この頃には心臓に対する負担で疲労が始まっていたのである。そして最後の症状は倒れる2日前に起こった。カラオケに出かけた彼は手が震えるという異常が現れたのだった。これは心臓で出来た血栓によって一時的に脳の血管が閉塞したためだった。しかしやがてこの症状はおさまったので、彼は全く気にしなかった。そして運命の日、ゴルフに出かけた彼は、左腕がマヒするという症状が出る。いち早くその症状に気づいたのは、一緒にゴルフに来ていた彼の主治医だった。坂上氏は直ちに病院に搬送され、一時は昏睡状態にまで陥ったものの、一命を取り留める。

 第2例は叶和貴子氏の関節リウマチの事例。

 舞台に忙しい毎日を送っていた叶氏、しかし彼女は風邪が治りにくい、関節が痛むなどの身体の不調を感じていた。さらに背骨がゾクゾクとする異常な寒気などを感じるようになる。医師を訪ねた彼女に下された診断は「関節リウマチ」であった。関節が痛みや腫れを起こして、最悪は変形や破壊にまで至る病気である。しかし関節リウマチは年配の人の病気というイメージしか持っておらず、大事な舞台も控えていた彼女は、そのまま医者に通うことはなかった。しかしそのことが彼女の病気をさらに悪化させる。手のこわばり、膝関節の痛み、肩関節、さらには顎関節などと日常生活を送ることが困難になる状況にまで追い込まれる。ここで彼女はまた病院を訪れるが、医師はあまりの症状のひどさに彼女に仕事を休むように警告する。しかしどうしても舞台を続けたかった彼女は、想像を絶する痛みに耐えながら舞台を続け、舞台が終わった頃には杖がないと歩けない状況になっていた。その後、彼女は3年間、芸能界から姿を消す。

 第3例はアントニオ猪木氏の糖尿病の事例。

 39才でレスラーとして頂点を極めつつあったアントニオ猪木氏。しかし身体の変調が現れ始めていた。最初の兆候は異常な喉の渇きだった。いくら水を飲んでも焼け付くように喉が渇くのである。さらには眠気や疲労感などの症状にも襲われる。彼はこの時点で実は糖尿病を発症していたのだった。彼はハードトレーニングで消費するカロリー4500キロカロリーに対し、摂取カロリーは1万5千キロカロリーと大幅に摂取カロリーが超過していた。それが膵臓に負担をかけていたのだ。そして1ヶ月後、彼の症状はさらに悪化していた。風邪が治りにくくなり、頻尿の症状も現れていた。また尿がやけに泡立つといった糖尿病特有の症状が現れていた。そしてある日、とうとう歩くことさえ覚束なくなり、医師を訪ねる。彼の血液検査をした医師は血糖値が596もあることに驚き、彼は緊急入院をすることになる。一時は引退も囁かれたが、彼は徹底したカロリーコントロールによってレスラーとして復帰を果たす。

 第4例は大空眞弓氏の多重がんの事例。

 仕事に忙しい毎日を送っていた彼女、しかしある日、以前に見つかっていた乳房の良性のしこりが、悪性のものに変わっている可能性があることを指摘される。母と姉をがんで失っており、がんにかかりやすい体質であることを自覚していた彼女は、知人の紹介でがんの専門の医師の元を訪れる。彼は彼女が乳ガンにかかっていることを指摘し、直ちに手術することを勧める。仕事を抱えているから手術を送らせたいという彼女に対し、医師は「命を犠牲にして仕事をして、どんな意味があるのですか?」と彼女に訴える。この言葉が彼女に手術を決意させる。そして彼女は左乳房の全摘手術を受ける。その後も、彼女は定期的に検診を続け、2回の胃がんを発症しながらも、早期発見によって手術で回復し、今日に至っている。

 今回は芸能人の九死に一生スペシャルでもある。しかし実際には手遅れになって死亡した芸能人もかなり多い。ただ我々庶民としては、この助かった事例を聞いていると、やはり彼らはラッキーであっただけでなく、恵まれた環境にいるということを感じずにはいられない。大空眞弓氏の事例など、彼女がああいう一流の医師に出会えるのは彼女の地位があってこその話であり、我々庶民は定期的に診断と言われてもそれさえもままならないのが実態である。言いたいことは分からないではないが、我々には「そりゃ恵まれてる人は助かるわなスペシャル」にしか見えないところが、少々ツライ。ところで芸能人って、なんでこうも無理をしすぎるうえに、病気に対する知識が乏しいんだろう。 

 

9/13 たけしの本当は怖い家庭の医学「膀胱炎&腰痛」

 1例目は27才のファッション雑誌記者の女性。連日の取材などでトイレを我慢することが多い彼女は、最近になって頻尿と排尿時の痛みに悩まされていた。そこで彼女は、医師の診察を受けたところ膀胱炎との診察を受け、一週間分の抗生物質をもらう。しかし一日薬を飲むと翌日には症状が治まったので、彼女はそのまま薬を飲むのを止めてしまう。しかし2日後、39度の高熱が出る。そこでその日は早めに帰宅して解熱剤を飲んで寝たところ、翌朝には高熱は下がっていた。しかし夕方になると高熱がぶり返すのだ、そして翌日、締め切りの日にもかかわらず会社に出てこない彼女を心配した同僚が彼女の部屋を訪ねたところ、変わり果てた彼女の姿を見つけたのだった。

 彼女の病名は急性腎盂腎炎。尿管から腎盂に細菌が入り込んで炎症を起こす病気である。そして彼女がこれを発症した原因は膀胱炎であった。彼女は薬を1日飲んで症状が治まったので、治ったと思っていたが、まだ細菌は完全に死滅していなかったのである。そして疲労で免疫力が落ちていた彼女の膀胱内では細菌が再び繁殖、これが腎盂に入り込んで炎症を起こしたために高熱が出たのだった。またこの高熱は周期性を持っているため、彼女は夕方ごとに高熱が出たのだという。しかし彼女はここで放置したため、ついには腎臓から血管内に細菌が侵入、ついには敗血症を起こしてしまったのだった。

 2例目はホームセンターへ再就職した38才の女性。慣れない仕事に苦労していた彼女は、腰痛に悩まされるようになっていた。昔から身体の固かった彼女は、少しでも腰の痛みが軽くならないかとストレッチを始めたが効果はなく、腰の痛みはお辞儀も辛いほどひどくなっていた。そして腰だけでなく足にまで痺れるような痛みが発生する。不安になった彼女は整形外科を受診するがヘルニアなどの異常はないと診断され、湿布薬での治療を行うが、腰や足の痛みは一向によくならなかった。しかも頻尿といった症状も現れる。そしてある日、彼女はお辞儀をした次の瞬間に右足の力が抜けて転倒、そして右足首に全く力が入らなくなってしまうのだ。救急病院に運ばれた彼女だが、なかなか原因は分からず、様々な病院を転々とした挙げ句にやっと意外な病名が判明した。

 それは脊髄終糸症候群。脊髄終糸とは脊髄の末端から伸びる長さ15センチほどの部分であり、ここは腰を曲げた時にゴムのように伸び縮みをする。しかし生まれつきこの部分が硬い人がおり、腰を曲げるたびに脊髄が引っ張られることになるのだという。そして無理に引っ張られ続けた脊髄に障害が出るのが脊髄終糸症候群なのだという。脊髄終糸の硬い人は生まれつき身体の硬い人に多く、彼女もそうだったという。それにも関わらず彼女はお辞儀や重いものを持つなどで腰に負担をかけたことによって、足や膀胱へ伸びる神経が刺激された結果、症状が現れたのだという。そして最後の瞬間、ついに足首に伸びる神経に損傷が生じたのだという。現在彼女は筋力低下を回復する手術に備えているとのこと。

 1例目は女性の2人に1人は経験があるという膀胱炎から発症した重大事例(女性は尿管が短いせいで、男性よりも膀胱炎になりやすい)。ただ膀胱炎に限らず、抗生物質を自分の判断で止めるのは耐性菌の出現の危険などもあり御法度である。さらにまた登場したのが市販の解熱剤。これは無理矢理に熱は下げるが、発熱の原因となっている病気自体は全く治さないので余計にこじれる場合がある。普通の風邪の場合はむしろ発熱を抑えない方が早く治るというのは今や常識となっている。ところでこの番組は、一人暮らしの女性が部屋で倒れて、そのまま死んでしまうというパターンが非常に多い。一度だけ、単身赴任の男性が死亡したという例があった記憶があるが、大抵は一人暮らしは女性である。なおゲストの眞鍋かをり嬢が見事にVIP患者席送りになっていたが、これなどは彼女のブログのネタになるんだろうな。

 2例目についてはかなりマイナーな病気である。ただ番組は潜在患者は多くいると考えられると言っていたが、全く数字が出てき来ないのでオーダーが分からない。普通は腰が痛んで足がしびれると言えば椎間板ヘルニアを疑うところだが、今回は整形外科を訪ねた時点でその可能性が消え、次に頻尿が出てきたところで癌を疑ったら、精密検査の結果その可能性も消えてというように、通常考えつくような病気を順番に消していっている展開が目に付く。どうも事前の病名予測に対しての牽制ではないだろうか(笑)。ただ脊髄終糸症候群なんて普通は思いつかないよな。医師でさえなかなか診断のつかない病気なんだから(笑)。彼女の不幸は自分の体質に気づいておらず、しかもこの病気についてはホームセンターは最悪の仕事場所だったということである。ただ身体の硬い人の大半は筋肉の伸縮性のものであり、誰も彼もがこの病気になる可能性があるというものではないはずだ。

 それにしてもこの番組を見ていると、あまりにもマイナーな病気なども登場し、これは医師も診断が大変だなと苦労が偲ばれる。昔は1つの病気に括られていたものが複数の病気に分かれたり、今まで知られていなかった新病が登場したりと、これは医師もかなり勉強して貰わないと、対応は難しいだろう。全般的に科学技術が進歩するにつれて、その現場はかなり大変になっているのだが、医療現場もそうなんだろうな・・・。

 ところで、尿の回数が少ないと雑菌が繁殖しやすいと言うのを、使用頻度の少ない便器で表現していたが、ああもしつこく汚い便器の映像を流し続ける必要はあったのだろうか。食事時の番組としてはあれはあまりに無神経では? まあ「飯を食いながらこんな番組見るな!」って言われそうですが、うちはいつもこの時間が夕食時なので(家族からは「飯がまずくなる」と不評ですが)。

 

9/6 たけしの本当は怖い家庭の医学「ドライアイ&頭痛」

 1例目は31才の独身女性。ネットショップを立ち上げて軌道に乗っていた彼女、写真写りが良くないということから眼鏡からコンタクトに変えることにした。ただこの時に、眼科医から軽度のドライアイであると指摘され、3ヶ月ごとの定期健診と調子が悪い時にはすぐに医者に来ることを告げられる。そして2ヶ月後、コンタクトの扱いに慣れてきた彼女は、だんだんとコンタクトの扱いが雑になり、こすり洗いも十分にしないようになっていた。そして1ヶ月後、彼女は朝起きるたびに目やにが出るようになっていた。しかし忙しさに追われて、3ヶ月後の定期健診はのばしのばしになっていた。そして数日後、コンタクトをはずした途端に眼にヒリヒリする痛みを感じる。そして翌日、眼は真っ赤に充血して痛みが増していた。しかしコンタクトをつけると痛みはおさまったので、大丈夫だと考えてそのまま出かける。しかしその先で、彼女は眼に激痛を感じて医者に運ばれる。なんと彼女のまぶたの裏には無数のできものが出来ていたのである。

 彼女の病名は角膜びらん。角膜表面の細胞が剥落して炎症が起きる病気である。そして彼女がこれを発症した誘因がドライアイである。通常より少ない涙が、コンタクトのせいで蒸発によってさらに減少しており、角膜が酸素不足になっていた。さらに彼女がレンズのこすり洗い怠ったことで、レンズが汚れてまぶたの裏にアレルギーが発生したのである。また汚れによってレンズは酸素供給が出来なくなり、症状を悪化させたのである。また眼の痛みは、コンタクトと共に角膜の表面が剥がれて角膜が剥き出しになったためだった。そこに汚れたコンタクトを着用したため、角膜が細菌感染をしてしまったのである。幸いにして彼女は治療が功を奏して、普通の生活を送れるようになったとのことだが、要注意の症例である。

 2例目は42才のハウスクリーニング会社を経営する女性。離婚後にこの会社を興した彼女はがむしゃらに働き、会社は軌道に乗ったものの疲労困憊していた。そのうち、頭を締め付けられるような頭痛を感じるようになる。3日後、頭痛の続いていた彼女に妙な症状が現れる。なんとケーキをテレビと呼んでしまうといった奇妙な言葉の誤りが現れたのである。そして2日後、今度は自分の会社の社員が分からなくなるという記憶の消失が発生する。そして最初の頭痛から7日目、いきなり深夜に暴れ出すといった異常行動を起こした挙げ句、全身の痙攣をおこして倒れる。病院に運ばれた彼女の脳は激しい炎症を起こし、脳細胞の死滅が起こっていた。

 彼女の病名はヘルペス脳炎。ヘルペスウィルスが脳内に入って脳細胞を破壊する病気である。ヘルペスウィルスは日本人の90%が保有しているが、免疫力が低下した時に帯状疱疹などの症状を起こすことがある。そして最悪の事例が脳への感染だという。毎年300〜400人が発症し、死亡率10%に至るという。免疫力が低下する40歳以上に発症が多く、記憶や言語への障害といった症状が一気に現れるという。彼女は治療の結果一命は取り留めたが、最近数年の記憶を失うという記憶障害が残ったという。

 コンタクトが原因の障害は以前に角膜潰瘍が登場しているが、今回もよく似た事例である。以前の角膜潰瘍の場合は、コンタクトの手入れの悪さによって雑菌を繁殖させたのが主因となっていたが、今回はドライアイが大きく影響しているという違いぐらい。どちらにしても類似の事例であり、コンタクトのトラブルとしては比較的多い事例なので注意が必要だ。コンタクトの手入れに自信のない人は、眼鏡にしている方が無難ではある。

 2例目はたまたまヘルペスウィルスが原因であったが、慢性的過労状態になっていたら、何が発症しても不思議でないので、人間無理は禁物である。なお頭痛が症状の病気は非常に多いが、頭痛自体も偏頭痛や緊張型頭痛のようにそれ自体は命にかかわるようなことはないものもあるので区別が重要である。ポイントは今まで経験したことのないような頭痛だったり(脳梗塞や脳腫瘍の場合)、痛みが何日も続く(脳出血など)といった症状である。また吐き気の有無などもポイントの一つではある。なお一般に脳炎といえば高熱を発症するイメージがあるのだが、この事例では熱は出ていなかったようである。

 今回は2人とも命を取り留めた例。ただ2例目の女性の場合、彼女の命はとりとめたが、最近の数年の記憶を失ったとのことで、果たして彼女が作った会社は命を取り留めたのか? 妙にそれが気になってしまった。

 

8/30 たけしの本当は怖い家庭の医学「顎の音&虫歯」

 1例目は25才のOL。経理を担当する彼女は、決算期を迎えて忙しい毎日を送っていた。そんなある日、彼女は口を大きく開けると顎が鳴ることに気づく。しかし痛みは大してなかったので、彼女はそのまま放置していた。しかしその後、今度は肩こりに悩まされるようになる。そこで彼女はマッサージに行くが、肩こりは良くならず、それどころか頭痛や背中の痛みまで現れる。ここで異常を感じた彼女は脳神経外科を受診するが、異常はないと言われる。さらに翌日には整形外科も訪ねたが、ここでもやはり異常は発見されなかった。不安に駆られた彼女はこの頃からドクターショッピングを始めるが、やはり原因は分からず、心理的に追いつめられた彼女はとうとう会社にも出られなくなる。彼女は心配した家族の勧めで心療内科を受診し、そこで意外な病名を告げられる。

 彼女は鬱病を患っていた。そして彼女がそれを患った原因は身体の不調からくるストレスだった。そして彼女の身体の不調の原因は、顎関節症だった。若い女性に多い、顎が痛みなどで開かなくなる病気である。柔らかいものばかり食べていたり、顎に負担のかかる生活を送っていると、顎の筋肉に不調が生じ、結果として顎関節の関節円盤のズレなどが発生することによる痛みが発生する。また顎関節症は、肩こりや頭痛、背中の痛みといった症状もこの筋肉の不調から端を発している。しかも彼女の場合、鬱病も併発したのでさらに症状が悪化した。顎関節症に鬱病などの精神疾患を併発する例は3割に及ぶという。

 2例目は48才の会社員。会社でうだつの上がらない彼は、毎晩酒を飲んでは管を巻いている生活を送っていた。ある日、そんな彼は虫歯にかかっていることに気づく。しかし常に痛むわけではないので、彼は騙し騙し一週間放置していた。すると今度は頭を針で刺されたような痛みが出てくる。しかし彼は二日酔いだと思って気にしなかった。しかし一週間、痛みはだんだんと強くなってきたので、彼は市販の頭痛薬で誤魔化すことにする。頭痛薬が効いたのか頭痛が和らいだその日、彼はいつものように飲みに出かけるが、そこでまだ酒を飲んでいないのに嘔吐してしまう。今日は調子が悪いと考えた彼は、その日は早く帰ることにするが、その夜、夕食を摂っていた彼はいきなり意識を失って倒れてしまう。

 彼の病名は脳静脈血栓症であった。脳梗塞の一種で、脳の静脈が血栓で閉塞して脳が壊死する病気である。彼は既に脳の半分が壊死しており、救急車で病院に運ばれたもののそのまま意識を失うことなく亡くなった。そして解剖の結果、彼の脳静脈血栓の原因は虫歯菌であったことが判明した。彼の体内では虫歯菌が血管に入り込んだが、日頃の不摂生で免疫力が低下していたためにそれを駆除できず、虫歯菌が脳の血管で炎症を発生させていたのである。その上に彼は日頃の不摂生から濃縮型血液になっていたため、血栓が発生して炎症で狭くなっていた血管が閉塞したのだった。

 1例目は非常に症例が多いという顎関節症である。今回の症状を聞いただけで顎関節症であるのは予測できるのだが、どうやったらこの番組のお得意の「大変なこと」につながるんだろうと考えていたが(顎関節症は口が開かなくなるため、患者は非常に不便な生活を強いられることになるが、それが直接に命の危険に結びつくような病気ではない)、鬱病とドッキングするとは考えていなかった。思わず私はテレビの前で「合わせ技かい」と叫んでしまった(笑)。ただ、顎関節症の原因としては無意識の食いしばり等で筋肉に負担をかけることなどもあるのだが、その原因はストレスである場合が大半なので、そういう意味では顎関節症から直接に鬱病に結びつくと言うよりも、同じストレスから同根の病気として鬱病を併発する可能性はあると思われる。なお顎関節症については、以前にガッテンでも紹介していたので、参考にされるのがよいと考える。顎の使い方1つで顎の負担が全く変わるのである。

 2例目は虫歯から血管の閉塞につながる例で、脳だけでなく心筋梗塞などを発症した例も知られている。これはかなり以前に200Xで紹介されていた記憶があるが、最近になって比較的ポピュラーになった症例である。なお虫歯を放置すると、今回のように虫歯菌が血管内にはいるところまでいかなくとも、身体の一部で常に炎症が発生している状態であるため、種々の不調が現れやすい。虫歯を軽視して放置しないことが重要である・・・とはいうものの、特に勤め人などの場合、なかなか歯科医には行きにくいものである。ましてや歯科医が好きだという人間は未だに聞いたことがない。最近の歯科治療は麻酔の進歩などによって以前のような痛みはなくなったし、最近の医者は昔と違ってやたらに歯を抜くということはしなくなっている。ただそれでも歯科医というのは気が重いものである(私の場合は、治療がどうこうというよりも、とにかく時間がかかるのが嫌だ)。ちなみにこういう言葉がある「英雄とは酒場にはいくらでもいるが、歯医者の治療台の上には一人もいないもの」。言い得て妙。ところでこの言葉、ヤン・ウェンリーの言葉だったっけかな・・・・。

 死亡率50%という相も変わらないこの番組のいつもの調子であった。しかし顎関節症をここまで持ってくるとはあなどりがたし(笑)。この番組にかかるとどんな病気でも命の危険につながりそうだ。この番組で一度やってくれないかな「本当は恐いにがりダイエット」って(笑)。

 

8/23 たけしの本当は怖い家庭の医学「高血圧&乾いた咳」

 1例目は52才の女性。10年ぶりの同窓会の案内が届いた彼女は、同窓会までに最近少し気になっていた顔の肉のたるみなどを解消しようと、フィットネスジムに出かける。しかしそこで健康診断したところ、彼女は高血圧という思いがけない結果が出た。肥満が原因だと考えた彼女はそれから運動に励み始める。努力の甲斐あってか体調は良くなくなったと感じていたが、夫からは夜中に激しいいびきをかいていると言われる。太りすぎが問題なんだと考えた彼女はさらに運動に励み、体重も順調に減り始める。しかし同窓会まで後1週間になった時、今までしていた指輪がはまらなくなっていることに気づく。そして同窓会当日、会場に出向いた彼女だが、誰も彼女のことに気づかない。友人に声をかけたところ、10年前に比べてあまりに変わりすぎていると指摘される。愕然とした彼女は、自分の10年前の写真と自分の顔を見比べるが、確かに鼻が広がり、唇が異様に厚くなるなど顔が明らかに変化していることに気づく。その時、彼女は胸に激痛を感じて倒れる。彼女はすぐに病院に運ばれたが、そのまま帰らぬ人となる。

 彼女の病名は先端巨大症。脳下垂体に腫瘍が出来ることで成長ホルモンの分泌が過剰になり、手足や内臓、顔などが肥大するのだという。特に顔に変化が表れやすく、唇が厚くなる、鼻が横に広がって大きくなる、額が付き出してくる、下あごがせり出してくるなどであるという。しかしこれらの変化は徐々に現れるので、本人にも家族にも気づきにくいという。彼女の場合、さらに舌が肥大して、これがいびきの原因となっていた。そして血管が肥大することが高血圧につながっていた。そして血管壁が厚くなり動脈硬化を起こした血管が閉塞し、ついに心筋梗塞を発症したのである。この病気を発症すると、死亡する危険が普通の人の2倍以上になり、10年も寿命が短くなるという。

 2例目は50歳の女性。彼女は健康法としてよく歩くことを心がけており、電車に乗るような距離でも歩いていくことが多かった。そんな彼女に、ある日突然に乾いた咳が起こるようになる。帰宅した彼女は熱を測ると微熱があったことから、風邪が原因だと考えて薬を飲んで放っておく。3ヶ月後、彼女には背中と脇腹にチクチクした痛みが現れる。しかし同僚に肋間神経痛だろうと言われた彼女は、大して気にしなかった。しかしさらに3ヶ月後、以前に増してさらに激しい背中と脇腹の痛みが発生する。病院に行った方がよいと夫に言われて彼女は整形外科を訪れるが、そこで大病院で精密検査の必要があるといわれる。そして精密検査を受けた彼女だが、予想外の病名を告げられる。

 彼女の病名は肺腺癌だった。肺癌の中で最も発生頻度が高いこの癌はたばこやアスペストなどが原因になると言われている。しかしこの両者に全く縁のなかった彼女がこれを発症した原因は、排ガス中の粉じんだった。彼女は常に都会で歩き回っていたため、人よりも多くの排ガスを吸い込んでおり、これらの粉じんが肺癌を発症してしまったのである。彼女は既に手遅れの状態で、手術も出来ないまま亡くなったとのことである。

 1例目は明らかにマイナーすぎる病気。うちの掲示板でも「病名の予測がつかない」と話題になっていたが、こんなにマイナーな病気だと普通は予測がつかないだろう(笑)。年間の患者数を全く紹介していなかったが、そんなに多くはないはずである。これだけは特に予防法があるというわけでもないし、これを警戒するよりは生活習慣病を警戒した方がよほど建設的というものである。ゲストも今回はレッドゾーンの該当者なしだったが、こんなに特殊な病気で該当者が出る方が異常である。

 2例目は症状から一番普通に予測のつく病気だったようである。肺ガンは発生部位によっていろいろなところに痛みが出る。以前にも肺ガンが原因で肩こりが起こっていた症例がこの番組にも登場している。肺腺癌の場合、肋間神経痛と間違いやすいのが落とし穴とのことだが、しかし実際には脇腹や背中に痛みが出た人のほとんどは肋間神経痛なわけだから、判断が難しい。痛みと咳が出る場合に注意した方が良さそうだ・・・と言っても、咳はどんな病気でも普通に出るからな・・・・。

 ここのところ人死にが出ていないと思っていたら、今回は全滅です。死屍累々というこの番組らしい展開になってしまいました。ところで、この番組は病気の症例を知らせることで病気の早期発見につなげるという大義名分をかざしているのですが、あまりに極端にマイナーな病気の場合、役に立つんでしょうか?

 

8/16 たけしの本当は怖い家庭の医学「シミ&ストレス」

 1例目はゴルフ好きの51才の男性。ある日、彼は妻から鼻にシミが出来ていることを指摘される。しかし年を取ればシミぐらい出来ると気にもしなかった。そして2年後、そのシミのあった位置にイボが出来る。しかしそのイボはいじっていると簡単にとれてしまい、その後は赤くなっているが平らになっていた。それから数ヶ月おきにイボが出来るようになったが、そのたびにそのイボは簡単にとれた。しかし1年後、イボがとれた後がただれる。その時は絆創膏を貼っていたのだが、数日経っても傷口は治らず悪化していた。心配になった彼はようやく皮膚科に行くが、そこで告げられたのは信じられない病名だった。

 彼の病名は有棘細胞癌。外回りの営業にゴルフなどで紫外線を浴び続けた彼の皮膚は、紫外線による損傷によって癌を発生してしまったのである。ガン細胞は激しい新陳代謝を起こすので、イボ状になっていたのはいわゆる垢のようなものであったのである。そして癌はさらに拡大、最後に彼がとったイボは既にガン細胞そのものであり、結果として彼は癌を広げることになってしまった。結局彼の命を救うためには、鼻の左下半分を切除せざるを得なかった。

 2例目は34才の女性。1月前に外資系の広告代理店に転職し、入社早々大きなプロジェクトを担当してプレッシャーを感じながらも頑張っていた。プロジェクトが大詰めを迎えた頃、彼女に微熱の症状が出る。風邪だと思った彼女は市販の風邪薬を飲んだところ、翌日には熱は下がる。その後、プロジェクトも成功し、彼女はマイホームに入居し、夫の誕生日など忙しいが楽しい日々を送っていた。しかしその頃から彼女には微熱が続くようになる。しかしその微熱は数時間でおさまった。しかしその2日後、朝目を覚ました彼女は尋常でない倦怠感と全身の脱力感を感じる。彼女は病院を訪れるが診察は「過労によるもの」というものだった。しかしこの倦怠感は一週間経っても全く抜けず、彼女は病院を転々とするが理由は分からなかった。そして半年後、彼女はついに会社を辞めていた。そして絶望の中、インターネットで情報検索をしていた時、まさに自分と同じ症状を発見するのである。

 彼女の病名は慢性疲労症候群だった。これはストレスが原因で免疫機能が低下し、脳の神経細胞に異常が起こる病気である。現在、全国で22万人の患者と240万人の予備軍がいるといわれており、25〜34才の女性が最もかかりやすいという。彼女がこの病気を発症したきっかけは風邪。通常なら免疫刺激物質サイトカインによって免疫細胞が活性化して風邪のウィルスを駆除するが、彼女は強度のストレス下にさらされていたため、ウィルスは撃退されず、サイトカインが過剰に生産されたのだという。増加したサイトカインは脳の神経細胞を刺激し、その結果として異常な倦怠感が現れたのだという。また彼女にとって落とし穴だったのは、新居への入居などの一見幸せそのものの事態も、環境の変化というストレスになっていたのだという(本人が全く無自覚なのに)。この病気の落とし穴は、すべての問題が脳内で発生するので、普通の検査では見つかりにくいという。

 1例目は状況から見て皮膚癌であることは容易に推察がつく事例。有棘細胞癌自体は今年の1/18の回でも、こたつによる熱の刺激によって発症した例が登場しています。また皮膚癌ということでは、それ以前にも南の島での日焼けが元でメラノーマを発症した事例も登場しています。本来は日本人は少々日光を浴びたぐらいで皮膚癌を発症するほど弱い肌をしてはいないのですが、近年はオゾン層の破壊のせいか、皮膚癌が増加しているといいます。また体内によからぬ物質(食品添加物など)が蓄積しているせいで、光に対する増感作用が出るという説も耳にしたことがあります(ホンマかいなという気はするが)。対策は紫外線カット化粧品などということになりますが、個人的にはこれをベタベタと塗りまくるのも、また別の問題が発生する可能性が懸念されます(近年の剤はかなり良くなっているようだが、昔はまさにUVカット化粧品自体がシミの原因になる事例も多かった)。

 2例目は名前は聞いたことがあるが、かなりマイナーな病気。これが注目されたのはつい最近のことで、未だに社会的にキチンと認識されているとは言い難いところです。この病気の難儀なところは、単なるさぼり病と区別がつきにくいことと、同じく精神疾患とも症状が類似していることである(今回の事例なら、まず鬱病を疑うことが多いと思われる)。全身の倦怠感と言えば、内臓系では肝臓の疾患の場合が多いが、これは血液検査をすると一発で分かるので、肝臓に問題がない場合には精神疾患を疑うことになる。鬱病もストレスによって発症するので、症状だけで区別をつけることは極めて困難であろうと思われる。ただ今回の番組で、鬱病ではないということを臭わせていたのは「やる気はあるのだが身体がついてこない」と言っていたことだろう。鬱病の場合は、まず何よりも意欲の低下が現れるというのが最大の特徴であるから。

 さてこの番組としては珍しいことに、ここ三週間は人死にが出ておりません。また表現についても意図的に和らげている部分が見られます(最初の頃なんて「有棘細胞癌で死ぬ確率が高い人ランキング」なんて言っていたから)。多分、あまりに脅しすぎだという批判が来ているのではないかと推測しています(今が夏休みだからというのも微妙に影響しているかもしれない)。

 

8/9 たけしの本当は怖い家庭の医学「子どもの病気SP」

 38才の母親。仕事に忙しい彼女は、11才の息子に十分にかまうことが出来ず、せめて好きなものを食べられるようにと十分にお金を与えていた。またたまに早く帰れた時は、息子の好きなものを手料理で作ってやっていた。しかしその息子に変調が現れる。やたらに喉が渇くという彼は、1日で2リットルものジュースを飲んでしまうのだ。またその頃から夜によくトイレに行くようになった。しかし彼女はそれを特別に異常だとは感じていなかった。そして1年後、彼の食欲はいよいよ増していたが、育ち盛りの子どもだから当然だと考えていた。しかしその頃、彼が尿検査で引っかかり、再検査を受けることになる。しかし再検査のために行った病院で医師に呼び出された母親が告げられたのは、彼は2型糖尿病を発症しているという結果であった。

 2型糖尿病はいわゆる生活習慣に起因する糖尿病であるが、最近10代の子どもに爆発的に増加しており、20年前の3倍にもなっているという。この病は一度発症すると20〜30代で失明や足の壊疽、死に至ることさえあるという。食べたいままに食べさせていたのが原因であり、喉の渇きや頻尿は糖尿病の症状であったのだ。彼がそんなに食べてしまった理由は母親から離されていた寂しさであった。結局彼女は仕事を辞め、息子につきっきりで食生活の改善に挑んでいるという・・・とのことだが、父親はどうなってるんだ? 母子家庭なんなら仕事を辞めるわけにもいかないだろうし。

 43才の専業主婦。3人の子どもを育てる彼女は子育てにはもう慣れていた。そんなある日、末っ子の女の子が38度の熱を出す。しかし彼女は慌てずに薬を飲ませる。2日目市販の薬では熱が下がらないと見た彼女は医者に連れて行く。しかし4日後、目の充血といった症状が現れるが、風邪だと思っていた彼女はそれをあまり気にしていなかった。また娘の身体に表れていた発疹にも気が付かなかった。そして一週間後、娘の熱はすっかり下がって、彼女は安心するのだが、その1ヶ月後だった。公園で遊んでいた娘は突然にお腹を抱えて嘔吐するのだった。慌てて連れて行った病院で告げられた病名に彼女は愕然とした。なんと娘は心筋梗塞を患っていたのである。

 一般的に心筋梗塞は大人に現れる生活習慣病であり、4才の少女が発症するとは考えにくい。彼女が心筋梗塞を発症した原因は川崎病だった。これは全身の血管に炎症が起きる原因不明の病で、0〜4才の子どもに多い。通常は1週間ぐらいで症状がおさまるのだが、最悪の場合は心筋梗塞に至るという。川崎病の症状としては、発熱、目の充血、発疹、唇舌の赤み、リンパ節の腫れ、手足のむくみなどがあるという。発熱に加えてこれらの症状のいくつかがあれば川崎病と診断されるという。血管に出来た炎症によって、心臓の冠動脈に瘤が出来、そこに血栓が生じたのだという。川崎病の治療は早期発見が重要であり、早期発見をすれば完治するという。

 1例目は近年著しい問題になっている症状。食生活が滅茶苦茶なアメリカなどでは日本よりもひどい状態になっており、ペットボトル症候群などと言われていたりもする。子どもにストレスがあるなども問題だが、往々にしてファーストフードやファミレスに頼ったジャンキーでコンビニエンスな食生活が原因になる。古来からの日本の家庭料理というのは栄養のバランスになかなか優れているので、いかにそのような家庭料理を日頃から食べさせているかがポイントになる。また子どもには毒々しい色のついたお菓子は止めましょう(またアメリカ人はこういうのが好きなんだ)。個人的には、子どもにはマクドナルドと少年漫画誌とインターネットは与えたくないと考えているのだが、子どもはこういうものがまた好きなのである。こうなると家庭環境と躾の問題。

 2例目はもっと特殊な病気。ちなみに川崎病の病名は発見者の名前に由来していたはずである。原因は不明らしいが、個人的には自己免疫疾患くさい気がする。また実際にこの病気が原因で突然死する子どもは結構いると聞いたことがある。50すぎのオッサンならともかく、4才の子どもが心筋梗塞ではあまりに可哀想である。

 子どもの重大な病気を防ぐには、いかに親が正しい医学知識を持ち、常に子どもの状態に注意しているかであるのだが、いざとなるとこれが難しい。一つ間違うと、どうでもないことでいちいち大騒ぎして子どもを病院に連れて行く、はた迷惑な親にもなりかねないし・・・。今回もゲストに子どものいる芸能人が集まっていたが、ほとんど吊し上げに近い状態になっていたな。罪作りな番組だ。

 

7/26 たけしの本当は怖い家庭の医学「口内炎&咳」

 1例目は33才の教師。夏休み直前の忙しい日々を送っていた彼は、口内炎が出来ていることに気づくが、その時はビタミン剤を飲んで終わらせていた。しかし2週間後、治ったはずの口内炎が再発する。それから数週間おきに口内炎が現れるようになっていたが、ビタミン剤を飲むと治るので、彼は疲れのせいと考えていた。しかし2学期が始まってすぐ、今度はかすみ目の症状が現れる。鏡で見てみると、右目の黒目の下に白いものが出来ていた。しかし授業を休むことに抵抗があったので、彼は病院に行かずにいたのだが、2週間後には目の白いものは完全になくなっており、彼は安心する。しかし半年後、突然の目の痛みと目の前の異様なぼやけを感じた彼は、病院に行くが、彼の視力は劇的に低下しており、特に右目の視力は測定不能な程に低下していた。

 彼のベーチェット病。免疫機能の異常によって最悪の場合には失明する病気である。日本では発症が多く、20〜40代に発症が多いと言われているが、原因は不明である。しかしストレスが誘引になると言われている。彼は転任直後でストレスが多かった上に、夏休み前で疲労がたまっていたのが引き金だと考えられるという。ベーチェット病の特徴は口内炎で、数週間で繰り返すのが最大の特徴だという。またかすみ目もサインだった。彼はこのサインを見逃したため、ついに網膜が破壊されてしまったのだという。彼は発見が早かったことから、視力も徐々に回復に向かっており、現在さらに治療中とのこと。

 2例目は43歳の主婦。夫の転勤で初めて東京に出てきた彼女だが、新居のマンションが幹線道路に面していて騒音と排気ガスがひどいので、彼女はリビングや台所、寝室などあちこちに観葉植物を飾るようになり、部屋は閉め切ったままになってしまった。。しかし1年後、咳き込むことが多くなってきた。しかし痰が出ることはないので、市販の風邪薬を飲んでいた。しかし1週間後、またも咳がぶり返し、息が吸いづらい状態になる。8月になって自宅に帰った彼女は、久しぶりに体調が良くなる。しかし自宅に帰るとやはり咳が出るのである。しかも今度は痰も絡んでいた。そしてその晩、寝ようとした彼女は激しい咳をして呼吸困難になって病院に運び込まれる。

 アレルギー性気管支肺真菌症 カビを吸い込んだことによってアレルギー反応を起こしたのである。そしてカビを発生させていたのが観葉植物の土だった。観葉植物の数が多すぎたのと、日当たりの悪いところに置いたこと、さらに換気が悪かったことがカビの大量発生を促してしまった。そしてこのカビの胞子が部屋に充満し、アレルギー症状を発症することになったのである。さらに寝室にまで観葉植物を置いていたのが彼女の不幸だった。

 1例目はあまり知られているとは言い難い病気であり、2例目は比較的よくあるアレルギー疾患。共に自己免疫疾患であるのが特徴である。最近はストレスやら化学物質の影響で体内のバランスが狂うのか、明らかに自己免疫疾患が増加しているようである。自己免疫疾患は本来なら元気な若い世代が、その免疫の強さ故にかえって症状が重くなるという皮肉な病気である(高齢化して免疫が低下してくると、アレルギーなどの症状も出なくなることが多い。当然ながらその代わりに別の病気にはかかりやすくなるが。)。この番組でも自己免疫疾患はよく登場しており、4/19には尋常性天疱瘡が、去年の10/5には全身性エリテマトーデスといういずれもかなり重症の例が登場しております。

 自己免疫疾患はほとんどは「原因は不明」であるが、大抵ストレスが誘因になっていると言われている。ただストレスは万病の元で、過度のストレスがかかった状態が続くと、どんな病気になっても不思議ではないが、逆に言うと「ストレスが原因です」といっておけば大抵ははずれないと事情がある。ベーチェット病では遺伝の要素が指摘されていたが、それだけですべてが決まるわけでもないので話は複雑だ。

 ちなみに今回は、1例目については例のランキングがなく(あまりに特殊な病気で原因も特定されていないだけに、ランキングの意味がないと判断したのだろう)、代わりに病気によって現れる視界の異常について紹介していた。虫が飛んでいるように見える(飛蚊症)のは網膜剥離の可能性が、光がやけにまぶしく感じられるのは白内障、近くのものに焦点が合わせにくいのは老眼である。そして視野に霞がかかったようになるのがベーチェット病であるとのこと。これは代表的な症状なので、覚えておいて損はない。なおこれに付け加えておきたいのは、視野の一部が欠けるという緑内障の症状だろう。

 なお今回はこの番組としては珍しい「一人も死ななかった回」である。1例目の教師が視力の著しい低下という重度の障害にあったが、回復に向かっていると一応明るい含みを持たせているのも、この番組としては珍しい。今回は比較的マイルドな内容だったようである。夏休み向け? だけど家族で見る番組でもないよな、これ(笑)。

 

7/19 たけしの本当は怖い家庭の医学「ダイエットスペシャル」

 無茶なダイエットは百害あって一利なしであるが、今回はこの番組らしく、間違ったダイエットで悲惨な末路をたどった例を紹介している。

 1例目は31才の主婦。ちょっと太ってきたことが気になった彼女は、夏に向けてダイエットを始める。その時に彼女がとった方法が、朝食抜きで食事はほとんどサラダとフルーツにし、間食はしないというもの。また高タンパク高カロリーの食事は徹底して控えた。その結果、彼女は2ヶ月で64キロから49キロへ15キロの減量に成功する。しかしこれで気が緩んだのが間違いの元で、その後堰を切ったように食べすぎる状態が続き、半年後にはダイエット前よりも3キロ太ってしまうというリバウンド状態になる。それ以来、彼女は毎年夏前になるとダイエットをし、夏が終わるとリバウンドを繰り返すことになる。そして10年後、この頃には彼女の体重はリバウンド太りで75キロになっていた。この頃から彼女には手のひらの赤みといった症状が現れ始める。また頻繁に倦怠感が起こるようになった。しかしこれも太ったせいと彼女はさらにダイエットとリバウンドを繰り返していた。そして5年後のある夜、トイレに行こうとした彼女はトイレの位置が分からなくなって家の中をさまようという異常行動をとる。そして病院に行こうと考えた翌朝、彼女は大量の吐血をして病院に運び込まれる。そして治療の甲斐なく1年後に死亡する。

 彼女の死因は肝硬変。肝細胞が繊維状に固まることで肝機能が低下し、死に至ることもある病気である。一般的に肝硬変はアルコールやウィルス感染で発症するが、彼女が肝硬変に至った原因は無茶なダイエットだった。彼女の食生活はタンパク質が極端に不足しており、その結果肝臓内に脂肪が蓄積される脂肪肝の状態になっていた。しかしさらに無理なダイエットとリバウンドで肝臓に負担をかけ続けた彼女は、非アルコール性脂肪肝炎に至ってしまったのである。この時に現れた症状が手の赤みと倦怠感だった。しかし彼女はそのまま養生をしなかったため、ついには肝硬変に至ったのである。

 2例目は55才の主婦。5年前に閉経して更年期を迎えていた彼女は、一流シェフの料理を食べることを趣味にしていたが、最近少しお腹が出てきたことを悩んでいた。そんな時、健康診断でコレステロールが少し増えていると指摘される。そこで彼女はこれを機会にダイエットを始めることにする。彼女がとったのは食事の量を減らす方法。朝食からはコレステロールの多い玉子と牛乳を除き、昼食はパスタ半人前にサラダ、夕食も量を半分にして肉を少な目にした。1年後、彼女はダイエットの甲斐あってか8キロの減量に成功する。しかしこの頃から、彼女に腰痛が起こり始める。しかし大して気にしていなかった彼女はそのままダイエットを続ける。そしてダイエットを始めてから2年後、彼女が家に来た孫を抱き上げようとした時、激しい腰痛で動けなくなってしまう。

 検査の結果、彼女の背骨の一部は潰れてしまっていた。そして彼女がそうなった理由が骨粗鬆症である。そもそも閉経後の女性は女性ホルモンのエストロゲンの減少で骨がもろくなりやすいのに、彼女の食事にはカルシウムとカルシウムの吸収を助けるビタミンDが決定的に欠けていた。これらは彼女が避けた牛乳と玉子に多く含まれていたのである。また彼女が魚介類やキノコがあまり好きでなかったことも不幸であった。さらには体脂肪の減少は、皮肉にも脂肪細胞から分泌されるエストロゲンをも減らすことになってしまった。こうして極端にカルシウムが少ない食生活を続けた結果、彼女の骨はどんどんともろくなり、ついに最後の瞬間に決定的に破壊されてしまったのである。

 

 間違ったダイエットもいろいろあるが、1例目は典型的な間違ったダイエットである。2ヶ月で15キロも減ったという時点で、間違いが明らかである。こんなに短期間に減るということはそれだけ身体に負担をかけていることであり、この後リバウンドをしたのは理の当然である。これは飢餓状態に対する正常な肉体の反応と言って良い。概ね、リバウンドに要する期間はダイエットに要した時間に比例する。つまり短期間に減量するほど、短期間でリバウンドする。減量というのは本来は生体にとっては危機的状態であるから(飢餓に瀕しているということである)、生体はよりエネルギーを摂取しようとするのである。それを生体に異常事態ではなくこれで良いんだと納得させるには、それなりの時間がかかるということである。

 2例目のダイエットは1例目に比べるとまだまともなものに思えたが、それでも栄養のバランスに偏りがあったという例である。さらには彼女が閉経後であったのが不幸の根源でもある。この時期は意識してカルシウムを摂る必要があるのに、逆にカルシウムを不足させてしまったのだからアウトである。なお閉経後でなくても、若い女性などでもアホなダイエットをすると大抵不足するのはタンパク質にカルシウムである。また最近は偏食で魚介類を嫌うことにより、やはり極端に低カルシウムな食事をしている女性が多い。そこに加工食品の摂取などが重なると、若い女性でも骨粗鬆症になる例は近年増加している。この番組でも放送開始直後の5月、昼夜逆転の生活と極端な偏食によって18才で骨粗鬆症になってしまった女性の例が登場している。最近は若い女性の骨密度の低下(ほとんどがアホなダイエットが原因である)が指摘されており、2,30年後には日本は寝たきり大国になってしまうと言う警告まであるぐらいである。バランスの良い食事と適度な運動(骨に刺激を与える)が骨粗鬆症を防ぐポイントである。

 未だに世の中には間違ったダイエットがはびこっており(例えばにがりダイエットとか)、しかもそのような危険なダイエットを手放しで宣伝する危険な番組まであるという状態である。健康になったり美しくなったりするのがダイエットの目的であるから、それで健康を損ねたら本末転倒であるということを忘れないように。ちなみに私は以前から言っているが、現在ダイエットが必要だと考えている女性の大半は実際は痩せすぎである。異常にガリガリの病気体型のモデルなどを見ることで、感覚が破壊されているのである。その美意識の破壊についても根本的に是正する必要があるのだが。

 

7/12 たけしの本当は怖い家庭の医学「頭痛が知らせる病気スペシャル」

 今回は頭痛SPとのこと。ただしSPとは名乗っても、放送時間が伸びるわけではないようである。どうも明日には病院にMRIの予約を取りに行く人が増えるような気がする・・・。

 1例目は52才の編集会社の社長の女性。独身でがむしゃらに働き続けた彼女は、酒とタバコが好きで、毎晩のように仲間と飲み歩いていた。そのために彼女は5年前から高血圧を指摘されていた。そんなある朝、彼女に頭痛が現れる。しかしその頭痛も1時間後には消えており、彼女はあまり気にしなかった。しかしその日の午後、さらなる異変が現れる。目がかすんで原稿がよく見えないのである。これでは仕事に障ると考えた彼女は眼科の診断を受けるが、高血圧が眼の異変の原因になっている可能性があると、大学病院で精密検査を受けることを勧められ、さらにタバコと酒を控えるように言われる。しかし酒とタバコが楽しみの彼女はそれを止められず、また忙しさにかまけて精密検査を受けることもなかった。そして2週間後、今度は身体がおしっこ臭いと指摘される。また顔にむくみが現れていることに気づく。そしてその夜、飲み歩いて夜遅くに帰った彼女に、深夜に異変が発生する。激しい胸の痛みを感じた彼女はそのまま倒れてしまったのである。翌日の午後、彼女が出社してこないことを心配して彼女の家を訪ねた社員が見たのは、既に冷たくなってしまっていた彼女だった。

 彼女の死因は悪性高血圧症。劇症型の高血圧で、急激な血圧上昇により身体の臓器に障害を起こし、死に至ることがあるという病気である。誘因は明らかに彼女の高血圧であった。彼女の高血圧は腎臓を直撃し、腎臓内で動脈硬化が発生することで、腎臓が処理できる血液量が減少、このため腎臓は処理する血液量を増やすために血圧を上げる物質を大量に分泌、さらに高血圧が進行するという悪魔のスパイラルに陥ったのだという。彼女に現れた頭痛は、起床時の血圧の急激な上昇で脳の圧力が高まったことによるという。さらに脳の圧力の上昇で視神経が圧迫され、これがかすみ目につながっていたのだという。しかしこの時点でも彼女はさらに不摂生を重ねたことで、腎臓の機能はさらに低下、血液中に濾過すべき成分が大量に残存する尿毒症の状態に陥ったのだという。そしてこの段階で最低血圧が130というとんでもない領域に入っていた彼女は、ついに心臓に限界が来て、最後の瞬間に不整脈を起こしてしまったのだという。

 2例目は子供の頃から始まる長期の物語である。母一人息子一人でコンビニを経営する35才の男性。彼は10才の時に頭痛が発生するという経験をしていたが、その後は特におかしなこともなく今日に至っていた。しかしある日、ろれつが回らなくなっていることに気づく。そしてその夜、レジを打とうとした彼は、なんと自分の手が勝手に動いてレジが操作できないという異変が起こる。これはただごとではないと考えた彼は、翌日、店の仕事を片付けてから病院に行こうと考えるのだが、ジュースのケースを持ち上げた途端、意識を失って倒れてしまう。

 彼の病名は脳内出血。そしてそれが発生した原因はもやもや病だった。もやもや病とは脳の動脈が閉塞した時に、それを迂回するための細い血管(確か新生血管と呼んだはず)が生まれる状態である。このとは、脳内の動脈が靄がかかったように見えることから、もやもや病と呼ばれることになったという。彼がこれを発症したのは、鼻の炎症から副鼻腔炎を起こし、これが大脳の動脈にまで及んで閉塞したと考えられるとのこと。そして新生血管が出来る時に起こったのが頭痛だったという。この時、彼の頭の中では脳の酸素不足を行うため、頭皮の血管からも脳へ向かって血管が伸びていたのだという。やがて新生血管によるネットワークが完成して彼の頭痛はなくなったが、もともとも新生血管は能力が低いため、彼の脳は酸素不足による微小脳梗塞が生じ始めていたのだという。彼に現れた異常はそれであった。そして最後の瞬間、彼が力を入れて血圧が上がった時、この弱い新生血管が破裂して脳内出血が発生したのである。彼は幸いにして一命を取り留め、現在治療を受けながらリハビリ中とのこと。

 

 1例目については酒とタバコが大好きと言った時点で、この番組をよく見ている人なら「はい、死亡決定」と呟いたのではないだろうか。この番組でタバコが絡んだ時の死亡率は9割を超えていると推定される(私の主観的判断なので、なんの統計的裏付けも取ってませんが(笑))。多分最後は脳内出血だろうと予想していたのだが、悪性高血圧症とは初めて聞いた病気であった。恥ずかしながら高血圧症にこのような急性症状があるとは初耳である。高血圧の患者は全国でも多いので、今頃自分の身体のニオイを嗅いでいる者がかなりいるだろうことが想像できる。彼女の不幸は一人暮らしだったことで、心停止後にすぐに治療が施されていたら、蘇生した可能性は0ではなかったと思われる。もっとも尿毒症が発生するぐらい腎機能が低下していたら、人工透析になった可能性が高いように思われるが。なお今回の番組では、高血圧の基準については、以前(1/5)にガッテンでも紹介していた去年の学会における最新基準を用いていたようである。つまり140/90以上はすべて高血圧であるというもの。結構ギリギリの人が多いのではないだろうか。

 2例目は最近注目されている病気である。新生血管の発生は体内の防御反応のようなものなのだが、それが仇になる例である。もっとも血管の新生は悪いことばかりでなく、これを利用して脳血栓などの治療に利用しようという研究もなされていたはずである(閉塞部分に対する迂回路を作るのである)。実際のところ、新生血管がすべて脳内出血につながるとは限らず、彼の場合も脳内出血発生の背景には、コンビニ経営のために過労状態にあったのではないかと推測されるのである(コンビニ経営については、本部だけが儲けて末端のオーナーは食い物にされてしまうと言うコンビニ残酷物語のような実例をいくらでも聞いている)。

 なお番組では頭痛の種類も紹介していたが、ズキズキ痛むのは片頭痛(偏頭痛と書くこともあるようだが)、締め付けられるような痛みは緊張性頭痛の典型的症状なのでこれは覚えておいた方が良いだろう。なお片頭痛は血管の拡張に伴って頭痛が起こるのに対し、緊張性頭痛は血行不良による筋肉の凝りなどが頭痛につながっているので、対処方法が全く逆になることに注意(例えば偏頭痛は風呂などにはいると大変だ)。さらに目の奥がえぐられるように痛むのは群発頭痛とのことだが、これは医師に適当な薬でも処方して貰うしかない。そして一番危ないのが突発的に激しい痛みがするパターンで、これは脳腫瘍や脳内出血などのかなり危険な頭痛である。このタイプの頭痛については、経験者は「今まで体験したようなとんでもない頭痛で、金槌で頭を叩かれたよう」と表現しているという。このような頭痛が発生した場合は、ただちに病院に行くのが正解である。

 なお次回はダイエットSPということで、「あなたは最近ダイエットをしていませんか?」「リバウンドを繰り返していませんか?」「食事の量を減らせば痩せられると思っていませんか?」ときて「これらを放っておくと大変なことになりますよ・・・」と例のおどろおどろしい脅しをかけているのだが、私ならもう一言付け加えるところである。「あなたはあるあるダイエットを信用していませんか? 本気にしていると大変なことになりますよ・・・」

 

7/5 たけしの本当は怖い家庭の医学「薬の飲み方スペシャル」

 1例目は27歳の女性。彼女はファッション関係の会社に長年アルバイトで勤めていたが、その勤めぶりが評価されて、10日後の面接に合格すると晴れて正社員になれることになっていた。しかしこんな時に彼女は風邪をひいたのか発熱してしまう。そこで彼女は解熱鎮痛剤を飲んだところ、熱は下がったので、そのまま3日間薬を飲み続けた。そして熱も下がったと思った4日後、異変が現れる。両腕に発疹が現れたのだ、しかしかゆみもなかったので放っておいたところ、翌朝には再び微熱と倦怠感が出てきた。そこで彼女は再び同じ薬を飲む。しかし熱は下がったものの、倦怠感は抜けなかった。そして面接の3日前、白目が黄色くなるという異常が現れる。しかし仕事が気になる彼女は病院に行かずに出社する。しかし仕事中に居眠りなどのミスを連発してしまう。そして面接当日、面接会場に普通は考えられないような身だしなみで現れた彼女は、錯乱して異常な興奮状態になった挙げ句に倒れてしまう。急遽病院に運ばれた彼女だが、3日後に死亡してしまう。

 彼女の病名は劇症肝炎。肝細胞が破壊される病気で、通常は肝炎ウィルスによって発症する。そして彼女がこの肝炎を発症した原因は解熱鎮痛剤であると推測された。彼女の病名は薬剤性劇症肝炎だったのである。これは薬が引き金になって強いアレルギーを起こしたものである。そして彼女に現れた発疹はアレルギー反応の兆候であった。それにも関わらず彼女は薬の服用を続けたために、さらに症状が悪化したのである。彼女の白目が黄色くなったのはまさに黄疸であった。この時点で病院に行かなかったのが彼女にとって命取りとなったのである。最後には肝機能の低下により毒素の除去が不可能になり、毒素によって脳が侵されたのである。こうなると生体肝移植しかもう治療法はないという。彼女は不幸にもドナーが見つからなかったのである(そもそも3日では時間がなさすぎるが)。

 次は少し趣向を変えて、薬の誤った飲み方の紹介になる。最初は細菌性の食中毒で微熱が出た場合。この場合に絶対してはいけないのは下痢止めを飲むことである。身体は体内から細菌を追い出そうとして下痢になっているのに、それを無理矢理に薬で止めると、強い細菌の場合は腸内で繁殖して、腸炎などになる危険がある。発熱するような事例は強い細菌に感染した証拠なので、整腸剤を飲むなどして腸の働きを良くして様子を見るのが正解。下痢止めを飲むのは食べ過ぎや飲み過ぎなどの時ぐらいにした方が良いという。

 次は咳などが出てのどがいがらっぽく、食後に胸やけがする時。この時に飲んではいけないのは咳止め。食後に胸やけがして咳が出たりするのは逆流性食道炎であるから、咳止めを飲むと胃の入り口の噴門が緩んで(咳止め薬には筋肉を弛緩させるものがある)、胃液の逆流がより激しくなり、ついには食道潰瘍を患ってしまうことがあるという例。確かこれは以前に放送があった記憶があります。

 そして2例目。今度は53才の保険会社の営業員の女性。くしゃみと鼻水に襲われた彼女は、薬箱の中に入っていた鼻炎薬を1日3回、2日間にわたって飲む。しかしその後、頭痛が発生し、やがては右手の痺れと言った症状が現れる。さらに1時間後、より激しい頭痛に襲われた彼女は、なんとか家にたどり着くが、そのままベッドに倒れてしまう。その夜、家に帰ってきた娘が見つけたのは、右半身がマヒして意識不明になっていた母の姿だった。

 彼女は脳内出血を発症していた。そして彼女がそれを脳内出血を起こした原因として考えられるのが、鼻炎薬に入っていた塩酸フェニルプロパノールアミン(PPA)は、血管を収縮させる作用があるため、高血圧の患者がこれを飲んだ場合、脳内出血を発症する危険があるのだという。日本では7例の事例が報告されており、アメリカでは死亡例も報告されており、2003年8月に厚生労働省が製薬会社にPPAを含む市販薬の製造中止を指導し、各製薬会社もPPAを含んだ剤の回収を進めたという。彼女は古い薬を飲んだために、PPAが含有されており、元々彼女が高血圧だったせいで脳内出血を発症してしまったのだという。

 3例目は薬の飲み方を根本的に間違っている例。腰痛津に悩んでいた56才の女性が、病院の診断を受けたところ、初期の骨粗鬆症と診断されカルシウム剤とカルシウムの吸収を助ける活性型ビタミンD3剤を処方される。彼女はこれらの薬を2週間飲み続けるが、症状が改善したように思われず、不安を感じて別の医者を訪れる。しかしここでもやはり骨粗鬆症の診断を受けた彼女は、またカルシウム剤と活性型ビタミンD3剤を処方される。しかし彼女は「薬を多く飲んだ方が治りが早くなるだろう」と考え、両方の病院から貰った薬を一緒に飲み続ける。しかし彼女に無闇にイライラするなどの異常な症状が現れ、また身体のむくみなども発生する。そしてついには尿が出なくなり、意識がもうろうとして倒れてしまう。

 彼女の病状は急性腎不全だった。彼女は大量のカルシウム剤にそのカルシウムの吸収を助ける活性型ビタミンD3剤を服用したため、体内に吸収されるカルシウムが異常に増加し、腎臓でのカルシウムの排出が追いつかなくなり、カルシウムが腎臓に蓄積した挙げ句に腎機能が停止してしまったのである。彼女は一命はとりとめたものの、現在人工透析を受けているという。

 

 日本人は薬好きなどと言われるが、確かにとかく薬を飲みたがる悪弊がある(薬をたくさん出してくれる医者が人気が出たりする)。しかし薬は基本的には「毒をもって病を制している」ものであり、適当な薬を適当な量服用しなければ、覿面に毒になってしまうのである。1例目は最近増加している化学物質アレルギーの一環でもある。アレルギーは基本的に肝臓に負担が来るので、発疹などの症状が出たらただちに服用を停止して様子を見るのは大原則である。そもそも副作用の全くない薬など存在しないことを忘れてはいけない。2例目については、薬は次々と切り替わっているので、古い薬は使わない方がよいという話。また使用期限が切れた薬などはもってのほかである(効き目はなく副作用だけある場合がある)。ただ新しい薬がすべて良いかと言えば、個人的にはそれは疑問であり、素性の分からない新薬よりは、勝手知ったる昔の薬の方が無難な場合も多々あるのが薬学の世界である。3例目についてはこれは問題外。量が多すぎる薬はまさしく毒以外の何物でもなく、薬のCMではないが「決められた用法・用量をキチンと守りましょう」である。なお今回の例はカルシウム剤とビタミン剤といった、一般的にはほとんど害がないと考えられている薬であるのに、これだけ重篤な症状を発生した例である。こうして見ると、あるあるなどで刺激されて、やたらにサプリメントを摂取している者が最近増えているが、果たしてこれが本当に健康によいかをよく考えてみる必要があるだろう。私としては、よほど極端な食生活の偏りでもない限り、サプリメントなんて百害あって一利なしと考える。また食生活が極端に偏っている場合は、サプリメントで補充するのではなく、食生活を改善するのが原則である。薬で健康を保てるなどと考えない方が良いであろう。

 

6/21 たけしの本当は怖い家庭の医学「お腹のはり&鼻のつまり」

 1例目は48才の書店の店主。店の医学関係の本を読みあさって健康は気にしていた彼は、年に一度は人間ドックでの検査も受けていた。今年も人間ドックでは大きな異常を指摘されず安心した一週間後、彼は下腹部の張りを感じる。しかしこれはおならをするとスッキリとしていたので気にしなかった。3ヶ月後、まだお腹の張りは続いていた。そんなある日、右下腹部にキリキリした痛みを感じる。父親が大腸癌で亡くなっているため、不安に襲われた彼は自分の症状を本で調べたが、大腸癌の初期症状は便の出血と書いてある。そこで彼は自分の便に血が混ざっていないかを調べるが、血は混ざっていないのを見て安心し、ただの腹痛と考えて医者には行かないで終わらせる。しかし2ヶ月後、彼は猛烈な吐き気を感じる。ここに来て明らかに異常を感じた彼は専門医を訪れる。

 彼の病名は陥凹型結腸癌であった。一般的な大腸癌は隆起型であり、そのために排便時にこすれて出血するのだが、陥凹型結腸癌は腸壁の内側の粘膜が癌化し、くぼんだ形で出来るので便に血が混じらないのだという。またこの癌は通常の人間ドックでは発見しにくく、内視鏡検査をしないと分からないことが多いのだという。彼のお腹の張りはガン細胞によって腸管が細くなったことによっていたし、右下腹部の痛みは癌で便が通りにくくなっていたためだという。最後の激しい嘔吐はついに腸が詰まってしまったためだという。この癌は発見しにくいだけでなく、進行が早くて転移もしやすいのだという。彼の場合も既に肝臓に転移しており、2年後に再発して死亡したという。

 2例目は50才のスナックのママ。夫の浮気が原因で離婚した彼女は、ペットと二人で暮らしていた。彼女にとってペットのプードルは子供のいない彼女にとってはかけがえのないもので、彼女は溺愛していた。そんな彼女にある日、しつこい鼻づまりの症状が現れる。その時は風邪薬で対処したのだが、2週間後には目の充血、さらに1週間後には咳が現れる。いずれも症状はしばらくするとおさまっていたので彼女はあまり気にしていなかったのだが、今度は咳が止まらなくなり、その晩高熱が出て、ついに血痰を吐いてしまう。慌てて自分で救急車を呼んだ彼女は、病院に担ぎ込まれる。

 病院に担ぎ込まれた彼女の肺や気管支は激しく炎症を起こしていた。そしてその原因はパスツレラ症だった。パスツレラ・ムルトシダという細菌による感染症で、感染源はペットの犬だった。パスツレラ菌は犬や猫の口の中にごく普通にいる菌であり、犬の75%、猫の97%が保有しているという。彼女がこの菌に感染したのは、彼女のペットの飼い方に問題があった。ペットを溺愛する彼女は、自分の食器でペットに食事を与えたり、キスをしたり、一緒に寝たりをしていた。そのため彼女はパスツレラ菌に感染し、鼻づまりなどの症状はそのためだったのだ。これらの感染は抵抗力が高い時は自然に回復したのだが、寝不足が続いて抵抗力が落ちた時に肺炎を発症してしまったのである。

 1例目は最近増加している大腸癌の中でもっともたちの悪いタイプである。大腸癌=血便と単純に考えていたら見逃してしまうと言うこと。生兵法は大怪我の元ってやつか。しかしこの番組が言っていたら洒落にならないような・・・。しかも人間ドックで発見できないとなれば、どうすれば良いんだと言いたくなるところ。そんなしょっちゅう大腸スコープを突っ込まれたい人間はいないだろう(笑)。医者は45歳以上は3年に1度は検査をと言っていたが、そんなに進行が早い癌なら、3年に1度で大丈夫なのか?

 2例目はよくあるペット感染症。以前にこの番組でもエキノコックス感染症が登場していましたが、自分のスプーンでペットに餌を与えていた時点で問題外である。ペットとあまりにけじめのない接触をしていたら、ペットから病気をうつされるだけでなくも、自分がペットに病気を移してしまう例もあるので、ペット愛好家は要注意。私のように犬と食器を兼用するどころか、犬が座敷に上がってくるだけでも気色悪くて我慢できない人間には無縁の病気であります。

 ところで今回、この番組のおかげで直腸癌の初期症状の発見につながったと番組の自画自賛がありました。単なる恐怖番組ではなくて、意義のある番組だと強調したかったのでしょう(笑)。確かにこの番組自体は意義のあるものだと私も思っています。ただ作りが少々下品にすぎるのは事実ではありますが(笑)。

 

6/14 たけしの本当は怖い家庭の医学「胃のもたれ&肩こり」

 2回連続で番組が抜け、かなり久しぶりの放送です。正直なところ、だんだんと番組のネタがしんどくなってきているのではないかと思います。しかし当番組は「ビフォーアフター」と並んでテレビ朝日としては久々のヒットなので、当分止めるわけにはいかないでしょう。そこで特番などでしのぎながらスタッフは必死でネタを集めているのだと推測されます。そのうち、アンコールと称して実質的な再放送もあるかもしれません。このような状態を「プロジェクトX」と言います(笑)。

 1例目は53才の会社員。今まで病気をしたことがなく、身体に自信があり特に胃袋は丈夫というのが自慢の彼であるが、ある日、夕食の時に胃のもたれを感じる。その時は娘に「もう年なのだから、少し節制したら」と言われて食事量を減らしたところ、数日で調子が良くなったので、彼はまた健康への自信を取り戻す。しかし1年後、大きな仕事を任された彼は、仲間と共に打ち上げ会で酒をあおったのだが、この時に彼は胃に刺すような痛みを感じる。しかしこの時もストレスのせいだと考え、市販の胃薬を服用する。すると今回も胃の痛みは数日で消え、やはり大したことがなかったのだと考える。しかしさらに1年後、今度は突然の息切れの症状に見舞われる。そして3ヶ月後、彼は食欲が低下してきていた。そして体重を測ったところ、なんと1ヶ月で4キロも減少していた。これは本格的に問題が起こっているのではと感じた彼、しかし翌日、会社に行こうとした彼は大量の吐血をして倒れてしまう。

 病院に運ばれた彼の病名は胃ガン。日本人に最も多い癌であり、毎年25万人が発症し、5万人が死んでいるという。そして彼がこの胃ガンを発症した一因はピロリ菌であった。彼は幼い頃からピロリ菌に感染しており、それが胃壁に軽い炎症を繰り返すうちに、胃の粘膜が薄くなる萎縮性胃炎の状態になっていたのである。彼が最初に胃もたれを感じたのはこの萎縮性胃炎が原因だった。この時点で措置をしていたら何も問題が起こらなかったのだが、彼はタバコと塩分の多い食事を続けてしまったため、これらの刺激でついに癌が発生してしまったのだ。飲み会の時の胃の痛みは初期の胃ガンが引き起こした胃潰瘍による痛みだった。もしこの時に検査を受けていたら生存率は95%だったのだが、彼はそのまま放置してしまい、癌が末期状態まで広がってしまったのである。彼は1年後に死亡したという。

 2例目は49才の女性。経理の仕事を担当している彼女は、肩こりに悩まされていた。しかもその肩こりはなぜかいつも右肩だけだった。そのうちに今度は右手の指に痺れが出る。しかしこれらの症状は朝にはすっかり良くなるのだが、午後になってくるとなぜか再発するのだった。痛みと言うほどの痛みはなかったのだが、少し気になった彼女は病院に行こうと考える。しかしその日は残業になってしまい、結局は医者に行けなかった。遅くなった帰り道、寒かったせいか彼女はくしゃみをする。しかしこれが症状の引き金になる。翌日、妙な感覚に気づいた彼女は、自分が失禁しているのに驚く。そして慌てて医者に行こうとした時だった。彼女は玄関で脚がこわばり、そこで転倒したまま動けなくなってしまう。

 彼女の症状は頸椎椎間板ヘルニアだった。頸椎(首の骨)の関節の椎間板が出っ張って脊髄などを圧迫する症状である。彼女がこの症状を発症した原因は姿勢の悪さだった。元々猫背で姿勢が悪かった彼女は、常に首に負担がかかっており、それが頸椎椎間板ヘルニアを発症することとなった。そしてヘルニアで右半身の神経が圧迫され、右肩のこりや指の痺れが現れていたのである。また朝になると回復していたのは、夜に寝ている間は頭の重量が首に掛かっていなかったからである。そして最後の瞬間、彼女がしたくしゃみがきっかけとなって、椎間板が脊髄を圧迫するようになり、これが下半身の神経までマヒさせて、失禁や脚のこわばりにつながったのである。幸いにして彼女は緊急治療で首から下がすべてマヒするという最悪の状態は免れたが、現在リハビリ中であるという。

 最初にこの番組もネタが尽きてきかかっているのではないかと書いたが、1例目の胃ガンというのはあまりにまんまの平凡なケースであり、やはりネタが尽きてきているのではないかと感じさせられる。ただし健康番組としては、胃ガンは発症例が実に多いだけにかなり重要ではある。この病気のもっともたちの悪いところは、初期においてほとんど自覚症状がないことである。それだけに症状が出た時には既に手遅れといったケースが多い。なおピロリ菌は胃ガンの一因であることは知られているが、必ずしも胃ガンにつながるというわけではないので(と言っても、日本人の2人に1人がピロリ菌に感染しており、その1%が胃ガンを発症すると言えば、とんでもない数字ではあるが)、生活習慣に注意が必要だ。特に注意が必要なのがタバコと塩分。タバコは肺癌が有名だが、タバコの有害成分は胃にも入り込んで胃ガンの原因になるので、やはりタバコは百害あって一利なしである。また塩分は高血圧の原因にもなるので、特に高齢者は要注意。

 2例目については頸椎に起こる椎間板ヘルニアである。椎間板ヘルニアはどちらかと言えば腰で起こるものの方が有名であるが、腰と同様に可動部である首でも起こる。なお腰の椎間板ヘルニアで脊髄を傷つけると、下半身不随になることになるが、頸椎の場合は首から下がすべてマヒすることになる恐れがあるので、腰の場合よりもさらに悲惨な結末になる。基本的に高齢者に多い病気であるが、近年は若者にも増加しているので姿勢が悪い若者は要注意である。予防には姿勢を正すことだが、それには運動などによって筋肉を鍛える必要がある(筋力が弱いと、どうしても姿勢は悪くなる)。

 さて、好評のこの番組ですが、ネタ的には難しいところです。今回の1例目の場合のように誰でも可能性のあるケースの方が有用性は高いのですが、あまりにもまんますぎて展開が読めてしまうということがあります。どちらかと言えばレアケースの方が番組的には意外性が出て面白くなるのですが、あまりにレアな例だと医学知識的にはほとんど参考になりません(日本で数人しか発症しない病気を紹介してもらっても、自分がそれに関係する可能性は皆無に近いので、別の病気の可能性の方が高い)。その辺りのジレンマがそろそろ出てくる頃ではないかと思われます。実際、この番組は「病気の症例を知って貰うことで早期発見につなげ・・・」なんてもっともらしい番組の目的を言ってはいますが、本音は「恐ろしい病気の症例を紹介することで、視聴者を恐怖のどん底にたたき落とす、現代の医療ホラー」ってところですから(笑)。本当に病例紹介に力点を置いて実用性本位で番組を組み立てたら、せいぜい日テレの「からだ元気科」かBS−iの「健康DNA(日曜朝10時放送)」や「医者が勧める専門医(月曜夜10時放送)」みたいになってしまいますが、いずれも一般人にはあまり面白いとは言い難い番組でしょう(ちなみに私は結構好きですが(笑))。

 

5/24 たけしの本当は怖い家庭の医学「足のかゆみ&早食い」

 1例目は45才の主婦。健康には自信のあった彼女だったが、ある夜、足に奇妙なかゆみを感じる。この時はかゆみはすぐに治まったのだが、数日後、寝ようとした彼女は足がむずむずするのを感じる。しかもこのむずむず感は掻いてもさすっても治らない。不快になった彼女はベッドから起きだして足の屈伸をしたところ、むずむず感は嘘のようにおさまった。しかし翌晩、やはりまた足がむずむずとしてぐっすり眠れない。しかも足先が勝手に動くなどの妙な症状が出る。不安になった彼女は病院で検査を受けるが、異常なしと診断される。しかし彼女の足の不快感はだんだんと強くなり、一週間ほどろくに寝られない状態になる。そして寝不足のあまり錯乱状態に近くなった彼女は、とうとう自分の足を切断しようとして娘に発見されて病院に運び込まれる。

 この時点で彼女は鬱病になっていた。そして彼女の病名は「むずむず脚症候群」であった。40歳以上の人に発症が多い、脚にむずむずするなどの不快感が現れて不眠になる病気である。症状の軽い人も含めると200万人の患者がいると言われているが、そのはっきりとした原因は未だに不明である。ただ貧血症の人に起こりやすいと言われており、彼女も貧血状態だったという。鉄分不足がドーパミンの不足を招き、それが神経系に異常をきたすのではないかと推測されるとのこと。幸いにして彼女は鉄分の補充を受けることで症状は回復、無事に退院したという。この病気の問題点は、医師にも十分に認知されていないことであり、不眠症外来などのある医者を訪ねて、病名をアピールすることが大切だという。

 2例目は定食屋を営む35才の男性。結婚5年目にして妻が妊娠した彼は、子供のためと仕事に張り切っていた。そんな彼の生活は忙しく、食事はどうしてもかき込むような早食いであった。しかし彼は食事をしても1時間ほどすると異常に空腹を感じるようになっていた。そして2週間後、彼の目に異常が現れる。黒い糸くずのようなものが見えるのである。彼は不安になるが、知り合いに相談すると飛蚊症じゃないかと言われて、安心して医者には行かずにすます。しかし2ヶ月後、今度は左目だけ風景が歪んで見えるという症状が出る。しかしこの時も、眼鏡が合わなくなっているのかと考えたものの、やはり医者には行かなかった。そして1週間後、いつものように起床した彼の視界に異常が現れる。岩のようなものが見えるのである。慌てて医者に行こうとした彼だが、今度は視界が突然に真っ赤になってしまう。

 病院で検査を受けた彼の目は、大出血が起こっていた。病名は糖尿病性網膜症。糖尿病が原因で身体の血管がボロボロになり、それが網膜に現れた症状である。彼は重度の糖尿病を患っており、食後の空腹感はそのためだったのである。そして彼が糖尿病になったのは早食いのせい。早食いでかき込むように食べると、血糖値が急激に上昇するため、膵臓に負担がかかり、ついにインスリンの分泌が低下してしまっていたのである。糖分の多い血液で網膜の血管が詰まり、それを補うために網膜内では新生血管が生成、しかしこの新生血管は細くて脆いため出血がしやすく、この出血に伴う症状が彼の視界に現れた異常だった。そして最後の瞬間、ついに大出血が起こってしまったのである。糖尿病患者の3人に1人はこの網膜症が現れると言われており、年間3000人がこれで失明しているという。彼の場合も発見が遅かったせいで両目の視力を失うことになってしまったという。

 1例目は知名度が低いなどと言われていますが、特に高齢者の不眠の原因としては結構メジャーな症状です。ビートたけしが言っているように「むずむず脚症候群」なんて妙にふざけた名前ですが、患者は結構深刻な不眠症に陥るので、今回の事例のように鬱病などになる危険はあるでしょう。なお高齢者ではありませんが、私も昔からこの傾向があり、未だに足を布団から出さないと不快で寝られません(中学生の頃から脚に神経痛の症状を持っているので、やはり神経系に何らかの問題があると推測される)。また夜中に脚が痙攣するとか、朝起きた時にこむら返りになるなどという症状もよく現れます。なお私は慢性の睡眠不足気味ですが、これは忙しすぎるのと、肥満から来る睡眠時無呼吸症の方がむしろ疑われます。不眠症で悩んでいる人は、最近は睡眠外来を開設している病院もあるので、そこを訪れるのがよいでしょう。不眠症の原因は肉体的なものから精神的なものまで様々ありますので、そこは医師のアドバイスを仰ぐのが一番です。

 2例目については、要するに糖尿病です。糖尿病から来る網膜症は実にメジャーな病気でして、非常に大酒飲みだった私の祖父は、晩年に糖尿病を患ってそれが原因で失明しました。まさに今回の事例です。糖尿病による血管の障害は全身に現れますが(それが心臓に現れたら、いつぞやのように心筋梗塞につながる)、網膜は毛細血管が多いために、ここに障害が現れることが実に多いのです。だから重度の糖尿病患者は眼の状態については、手足の傷などに並んで常に気を付けておく必要があります(糖尿病患者は手足の小さな傷が組織の壊死などにつながって大変なことになることも多い)。彼にとって不幸だったのは、それだけ重度の糖尿病を患っていたにもかかわらずその自覚が無かったことでしょう。これはやはり彼が自営業だったことと関係が深いと思われます。会社などで定期的に健康診断を受けさせられるサラリーマンと違い、自営業の場合は自分から積極的に健康診断などに出かけないと、なかなか機会がありません。彼が事前に健康診断を受けていたら、糖尿病はすぐに発見され、生活改善の指導を受けていただろうと思われます。すると35才という若さで糖尿病を個々まで悪化させることもなかっただろうと思われるのが気の毒であります。

 さて今回、人死にこそは出ませんでしたが、1人は両眼失明という非常に厳しい結果です。ただ以前に比べるとやや死亡率が低下した傾向があり、番組の語り口も若干ソフトになった気がします。やはり「脅しすぎだ」という批判もあるのではないかと思われるところです。もっとも、患者に病気の深刻さを知らせて生活の改善を促す時には、医師もやや脅し気味のことを言うものですが(特に生活習慣病などの場合)、実際、私も肝臓の数値がやや悪いので、産業医から「このままの生活を続けると、そのうちに糖尿病を発症し、最後は身体がボロボロになる」と脅されています。しかし意志の弱さのせいか、なかなか体重を減らせないんですよね。運動をする時間も欲しいところですが、それもままならない。「言うはやすし、行うは難し」というのが生活習慣病の予防です。「あんたは理屈の方は十二分に分かってるんだが、実践する意志力の方がね・・」というのが産業医に言われた嫌みです(笑)。

 

5/17 たけしの本当は怖い家庭の医学「食欲&生理不順」

 29才の女性。子供が産まれて忙しい中を一人で家庭を守って頑張っていた彼女、しかし最近なぜかやたらに食欲が増すようになっていた。数日後、忙しく動き回っていた彼女だが、どうも気持が高ぶって落ち着いていられなくなっているように気が付いていた。しかし夜になるとぐったりと身体が鉛のように重くなるのだった。しかしベッドに入ってもなかなか眠られなくなっている。そんな時の彼女は、夜中に間食をするようになっていた。しかしそれにも関わらず彼女の体重は減少していた。そして1年後、いたずら盛りになった娘の姿を見るたびに彼女はやたらにイライラするようになっていた。育児ノイローゼかもしれないと心配になった彼女は、その夜、夫と話し合って夫にも家事を分担して貰うことになる。しかしある日、久しぶりに外出した彼女は、走り出した途端に胸を押さえて倒れてしまうのだった。彼女は直ちに病院に運び込まれたが、心臓がほとんど血液を送り出せない状態になっていた。

 彼女の病名はバセドウ病。甲状腺ホルモンが過剰になる病気であり、女性患者が男性の5倍ある。彼女がこの病気を発症した原因は明らかではないが、ストレスが原因ではないかと推測されるという(バセドウ病の原因は未だ完全に明らかになっているわけではない)。甲状腺ホルモンが過剰になると、あらゆる臓器がフル回転し続ける状態になり、やたらに食欲が湧く上に活動的になる。また彼女が異常な疲れを感じたり体重が減っていたのは、エネルギー不足になっていたことによる。そしてこの状態が続いたことで心臓に負担がかかり、限界寸前になっていたのである。そして最後の瞬間、心臓が限界に来てしまったのである。彼女は幸いにして一命を取り留めたが、これで命を落とす例もあるという。

 52才の女性。体重が増えていることを気にした彼女は水泳に通っていた。しかし水泳に行っては仲間とランチに行く状態で、体重は一向に減らなかった。そんな彼女に異変が現れる。生理が長引くようになったのである。さらに半年後、短い生理が続くようになった。しかし生理不順は更年期のせいと考えた彼女はあまり心配しなかった。しかし今度は生理でないのに出血が起こるようになった。そんな彼女は、風呂に入っていた時に胸にしこりがあるのに気づき、慌てて病院に向かう。そこで検査の結果、彼女は乳ガンを発症していた。早速手術をすることになったが、彼女から不正出血の話を聞いた医師は、精密検査を行うことにする。そこでもう一つの病気が発見される。

 彼女は子宮体癌を発症していた。乳ガンは子宮体癌の転移ではなく、同時に別の癌が発生する重複癌だったのである。彼女がこれらの癌を発症した原因はホルモンの乱れだった。そしてホルモンの乱れが起こった原因が肥満。脂肪細胞から女性ホルモンが分泌されることで、体内の女性ホルモンが過剰の状態になり、子宮体癌と乳ガンを発症したのである。この二つの重複癌は報告事例が多いという。なお彼女の場合、幸いにも早期発見であったために命を取り留めたという。

 以上、女性の病気SPである(何回目だろう?)

 一例目のバセドウ病は男性も発症するが、一般的に女性の発症が多い。バセドウ病の最大の特徴は、やたらに食べるにもかかわらず体重が増えない(減少する)ことである。甲状腺ホルモンは内臓の働きを高めるホルモンなので、これが過剰になるというのはエネルギー消費が極端に増加するからである。しかしこれは一つ間違うと「いくら食べても太らない理想的な身体」などと解釈されてしまうのである。実際に明らかにホルモンに異常があると思われる女性を「理想的」として紹介していたとんでもない番組もあった。なんでも痩せればそれで良いと考えていたら、こんな大誤解をする。バセドウ病は早期に治療を行えば問題なく生活を送れるが(実際に私の知人(男性)の中にも、過労が原因でバセドウ病を発症した人物がいるが、彼は早期治療によって現在全く普通に生活している。)、発見が遅れると心臓を患って死んでしまう例が多い。また本人にしても、とにかく「疲れる」ということなので、かなりつらいようである。

 二例目の子宮体癌自体はそう珍しい病気ではないが、重複癌になっていたというのが、新しい話である。つまりは癌が出来る原因が身体に揃っていれば、複数の箇所に同時に癌が出来る可能性があるということである。なお重複癌とは少し違うが、大量に放射線を浴びた場合なども、身体のあちこちに同時に癌が発生して手をつけられなくなることがあると聞いたことがある。

 今回は2例とも命を取り留めたというこの番組にしては珍しい例。また後半は例の「子宮体癌になりやすい人ランキング」というのもなく、いつもと印象が変わっていた。さすがに「女性SP」にはあまりにびびらせすぎだということで、少し柔らかくしたのだろうか。実際、この番組を見ることで病気になりそうだという声もあることだし(笑)。

 

5/10 たけしの本当は怖い家庭の医学「声のかすれ&胃の痛み」

 工務店を経営する58才の男性。仕事に忙しい毎日を送る彼の楽しみはカラオケだった。しかしいつものようにカラオケを楽しんでいた彼に、突然に声のかすれが現れる。その時はじきに回復したのだが、翌日に風呂に入っていた時、今度は激しく咳き込む。だがそれもやがておさまったので、大したことはないと彼は考える。しかしさらに翌日、弁当をかき込んだ彼は飲み込んだものが喉につかえるのを感じる。そしてその30分後、咳き込んだ途端に血痰が出る。翌日、病院に行こうかと思った彼だが、その日に2週間前に受けた健康診断の結果が帰ってくる。血圧は少々高いものの特に異常がなかったのを見た彼は、これで安心して病院に行くのを止めてしまう。しかしその夜、いつものようにカラオケを楽しんでいた彼は、さびの部分で全身に力を入れた途端に胸と背中に猛烈な痛みを感じて倒れてしまう。彼はすぐに病院に運ばれたが、1時間後に死亡する。

 病名は胸部大動脈瘤。胸部大動脈がコブ状に膨らむ病気で、60歳以上に多く、毎年1000人以上が死んでいるという(予備軍は8万人とのこと)。そして彼がこれを患った理由は、喫煙と高血圧(お約束ですな)。40年間毎日2箱のたばこを吸っていた彼の血管では動脈硬化が進行し、これに高血圧が拍車をかけたのである。彼の場合、2センチの胸部大動脈が6センチにまで膨れあがっていたという。声のかすれは膨れた動脈が声帯の神経を圧迫したことが原因だった。また食べ物が飲み込みにくいというのも同様に動脈瘤によって食道が圧迫されたことによるものだった。また胸部大動脈瘤はレントゲンに写りにくいので、通常の健康診断では分かりにくいのだという。そして最後の瞬間、ついに動脈瘤が破裂してしまったのである。こうなると生存率はわずか25%であるという。

 夫婦でトンカツ屋を営む47才の女性。店が終わってからいつものように残り物で遅い夕食をとっていた時、刺すような胃痛に苦しめられる。しかし痛みは1時間ほどで治まる。しかし不思議なことに夜になると胃痛が起こる。さらに右肩だけが凝るようになる。彼女は食生活を改善しようとあっさりしたもの中心の食事に切り替える。するとその甲斐があったのか、胃痛が起こらなくなる。しかし結婚20年目のお祝いにとごちそうを食べた晩、みぞおちの激痛に苦しんで病院に運ばれる。緊急検査の結果、なんと彼女の膵臓は倍に腫れ上がっていた

 病名は急性膵炎。溜まった膵液によって膵臓自体が破壊される病気である。そして彼女がこれを患った理由は胆石であった。高コレステロールの食事が多かった彼女は、コレステロール性の胆石が出来ていた。彼女が食事後に胃の痛みを感じたのは、脂肪分分泌のために胆汁分泌のために絞られた胆嚢で、胆石が挟まることによる痛みが起こっていたのである。また肩の痛みはいわゆる関連痛であった。また彼女が夜にだけ痛みを感じたのは、彼女は夜に高コレステロールの食事をしていたからである。そして胆嚢の収縮が戻れば痛みはなくなっていたのである。最後の瞬間、大量に絞られた胆汁と共に胆石が流れだし、膵臓の出口を塞いでしまったのである。彼女は幸いにして一命は取り留めたが、現在も絶食治療中であるという。

 さて1例目、掲示板で「胸部大動脈瘤でないか」という予想がありましたが、大当たりです。ちなみに私は喉頭癌を予想していたのですが、「この3日後に悲劇が」と言われた時点で「あちゃー、はずれた」とテレビの前で呟いてました(笑)。喉頭癌だったら、声がかすれて3日後なんてそんな劇的な症状の出方はしません。なおこの番組では以前に腹部大動脈瘤で足がしびれた例がありましたが、あの時は動脈瘤が足の神経を圧迫していた。今回は声帯の神経を圧迫しており、これは動脈瘤の場所によるものである。

 2例目の急性膵炎は以前に一度登場しているが、今回は胆石に付随して急性膵炎を発症した例である。先の急性膵炎の例でも患者は死んでいるが、急性膵炎は命を落とすこともある恐い病気である。ただ胆石から急性膵炎に至るというのは、症状としてはかなり重症です。もっとも胆石がたちが悪いのは、なかなか自覚症状がないことなんですが。胆石の治療については番組に登場した医者も手術を推奨してましたが、以前にガッテンで胆石を扱った時も、現在は胆嚢の切除手術が多いと言っていた記憶があります。なお番組にも登場しましたが、胆石はコレステロールが析出している場合が多いですので、予防するには肉類を摂りすぎないことということになります。

 相変わらず順調に死亡率50%を超えているこの番組ですが(動脈瘤破裂の生存率の25%といい勝負と違うか)、今回も2人中1人が死んでおります。なお1人は助かったものの、とんかつやのかみさんが絶食療法中という始末です。なお先週も1人は完治しましたが、旦那と離婚に追い込まれてしまいました。韓流ドラマも真っ青の「これでもかこれでもか」という展開である(うちは母と妹が韓流にはまってしまって、いくつかのドラマの筋を聞かされたが、なんでああもしょっちゅう交通事故と記憶喪失が登場するのかには呆れたのだが)。

 

5/3 たけしの本当は怖い家庭の医学「頭痛&運動不足」

 1例目は31才の女性。久しぶりに家族と旅行に出かけた彼女は、転倒して尻もちをついてしまう。その時は大したことがないと思っていたのだが、これがきっかけになってとんでもない病気を発症する。

 翌日、彼女は軽い頭痛を感じる。しかしこれはしばらく横になっていると良くなったのであまり気にしなかった。しかしそれ以来、彼女の頭痛はひどくなる。しかし10分ほど横になっていると楽になるのだ。彼女は脳神経外科の診療を受けたところ、筋緊張性頭痛との診断を受け、痛み止めを処方して貰う。しかし薬を飲めば一時的に楽になるのだが、すぐにまた痛むようになり、首を激しくつかまれるような痛みも現れる。さらにひどい倦怠感でほとんど家事が出来なくなる。彼女の状態はドンドン悪化し、彼女は内科や整形外科、精神科まで訪れるが異常は見つからない。そして一ヶ月後、彼女はほとんど家事をしない状態になり、家の中は荒れ放題になり、ついに夫と離婚することになってしまう。すべてを失い落胆していた彼女は、最初に訪れた脳外科が「もし痛みが長引くようならもう一度来てください」と言っていたのを思い出して、一縷の望みをかけて再びそこを訪れる。彼女が「横になると頭痛が治まる」と言ったのを聞いた医師は、ある病名を思い出し、詳しい検査を実施、ようやく彼女の病名が判明する。

 病名は脳脊髄液減少症。脳や脊髄が浮かんでいる髄液がどこかから漏れ出すことで発症する病気である。この病気が発見されたのはわずか3年ほど前であり、あまり知名度はないが、現在5万人の患者がいると考えられているという。そして彼女がこれを発症した理由は、尻もちをついたことだった。この時の衝撃で脊髄の硬膜に亀裂が発生し、そこから髄液が漏れていたのだ。そのことによって脳が沈み込んで脳を覆っている硬膜が引っ張られ、それが頭痛につながっていたという。またそれ以外の症状もすべて髄液の減少から発生していた。この病気はMRIやCTでも発見しにくいため、なかなか見つからないことが多いという。最大の特徴は横になると頭痛が治まることだという。なおこの病気の7割は治療が可能であり、彼女も2週間後には回復して退院したという。

 2例目はIT企業の社長を務める59才の男性。車で移動しながら忙しい毎日を送っていた彼は、スポーツとは無縁の生活を送っていた。そんな彼に異変が現れる。激しくむせ返った時に、股の付け根に妙な違和感を感じるのである。しかし痛みは特になかったためそのまま放置していた。1ヶ月後、荷物を運ぼうと力を入れた彼は再びあの違和感を感じる。驚いて確認すると、股の付け根がピンポン球大に腫れていた。しかし痛みはなく、押すとへこむのである。彼はそのまま放置したが、それ以来この腫れ物はたびたび飛び出すようになっていく。そして3ヶ月後にはついに腫れが大きくなり、激しく痛み出すようになる。しかし大事な会議があった彼は、下腹部の激痛に絶えながら会議に出席する。会議は深夜に及んだが、その途中で腫れは引き、痛みも治まった。そこで彼は大丈夫だと考え、なんとか会議を乗り切る。そして翌朝、念のためにと病院に向かった彼だが、病院に車が到着した時には意識を失ってしまっていた。そして意識の戻らないまま1週間後に死んでしまう。

 彼の死因は敗血症。全身が細菌に侵されて臓器の機能が低下し、死に至ることもある病気である。そして彼がこれを発症した原因が鼠径ヘルニアである。鼠径ヘルニアは俗に脱腸とも言われるが、これは小腸が股の付け根の部分にはみ出してくる病気である。彼が鼠径ヘルニアを発症した理由は運動不足による腹筋の衰えだった。全く運動しなかった彼の腹筋は、極端に薄くなっており、咳き込んで腹圧が上がった時に小腸が腹筋の弱い部分を突き破って飛び出したのである。鼠径ヘルニアはクセになりやすく、彼の最後の時には腸がびっしりと飛び出したため、腸の血行が滞って壊死が起こってしまったのだという。また一旦腫れが退いたのは、腐った腸がしぼんで亀裂が生じたことによるという。この時に腸内の細菌が全身にばらまかれ、腹膜炎を発症、敗血症に至ったのだという。

 1例目はさぼり病と間違われそうなところが一番の問題である病気である。3年前に発見されたばかりの病気と言うことだから、不勉強な医者だったら全く知らない可能性が高い。彼女の場合、かかった医者が勉強熱心な医者だったのだろうことが幸運だったと言うべきなのだろう。なおこのような倦怠感に襲われる病気の場合、家庭が滅茶苦茶になる場合が多い。以前に登場した、日焼けが原因で全身性エリテマトーデスを発症した主婦の場合も、離婚寸前まで行ってしまっていた。また鬱病などでも同じようなことが起こりやすい(しかも鬱病の場合は、離婚がさらに病気を悪化させる原因になる)。もっとも鬱病などは詐病も多いのが事実で、自称鬱病の実は単なるさぼり病という例もかなり多いので、その辺の見極めが難しい。なお脳脊髄液減少症の患者は5万人もいるとのことだが、これを聞くと「うちの働かずにブラブラしてばかりいる息子は、実はこの病気なのかもしれない」と息子を連れて脳神経外科を訪れる親が増加しそうな予感がする。ただ多分、そのうちの99%は単なる「甘え病」であろう。これは、親に息子を養えるだけの経済力がなくなったら、自然に回復する場合が多い(笑)。

 2例目の鼠径ヘルニアについては40才以上の男性に多い病気だとのこと。なおヘルニアというのは「はみ出す」という意味であり、背骨に発生する椎間板ヘルニアは、椎間板の髄核がはみ出すことによって起こる。鼠径ヘルニアの場合は、腸がはみ出すのである。なおどうもこの病気は「恥ずかしい」というイメージがあるとのことだが、私は生後3ヶ月でこれを発症して手術を受けた経験があるため(先天的に骨盤の穴が大きく、そこから腸がはみ出したとのこと)、なぜ恥ずかしい病気なのかは全く理解できない。

 通常、鼠径ヘルニアで命を落とすということはあまり聞いたことがないが、彼の場合は非常にひどい状態になっていたのに、そのまま放置したためにここまで至ったようである。この病気は早期に適切な治療を受ければ全く問題が起こらない(腸が勝手に中に戻っているうちは良いのだが、今回の事例のように戻らなくなった時が恐ろしいのである)。また腹筋が弱ることが鼠径ヘルニアにつながると言っていたが、一旦これを発症してしまうと力むことは御法度なので、発症してから慌てて腹筋をしないように。

 なお番組の方では、体力に自身があるのか最初は「楽しみ半分、不安半分」などと余裕をかましていた鳥越俊太郎氏が、脳の検査では微小脳梗塞は見つかるわ、腹筋をやるとほとんど駄目でレッドゾーンに入れられてしまうわ(しかも松村邦洋と一緒にだ)で、番組の最後にはすっかりへこんでしまっていた。つくづく罪作りと言おうか、病人作りと言おうの番組である。

 

4/26 たけしの本当は怖い家庭の医学「胸やけ&息切れ」

 1例目は52才の女性。商店街で青果店を営んでいた彼女の趣味は、カラオケで自慢の喉を披露すること。彼女は連日のようにカラオケスナックで歌を聞かせていた。そんなある日、コーヒーを飲んだ時に胸に染みるような感覚を感じる。しかしその胸やけはすぐに治まる。そしていつものようにカラオケをしていた彼女は、おつまみを口にした途端、胸がチクチクするように感じる。だがやがてその痛みもやがて治まったので、単なる飲み過ぎだろうと思っていた。しかし半年後、彼女は食べ物が胸につかえるのを感じ、それ以来よくものがつかえるようになる。やがて食欲が低下し始め、1ヶ月で5キロも体重が減少してしまう。驚いた彼女は、明らかに身体がおかしくなっていると感じ、病院に行く必要を感じる。しかしその晩、激しく咳き込んだ彼女は血痰を吐いて病院に運び込まれる。

 彼女の病名は食道がん。病院に運ばれた時点ではかなり末期であり、彼女は3日後に亡くなった。食道がんは年間1万人が発症しているが、進行の早い悪性のガンであるという。発生メカニズムは不明であるが、飲酒や喫煙が引き金になりやすいと言われており、酒を1日1合半、タバコを1日20本以上吸う人の発生率は、どちらもしない人の33倍になる。さらに香辛料の大量摂取も食道の粘膜を刺激して食道がんを発生させることがあるという。同様に塩辛いものや熱いものの大量摂取も危険であるとのこと。彼女が最初に感じた胸やけやチクチクした痛みは、食道に発生したガンによってただれた粘膜が発していた痛みだという。しかし粘膜がその刺激になれてしまい、痛みを感じなくなってしまったのだという。そうしてさらに進行した食道がんは食道を狭め、これが食べ物のつかえにつながり、そのことが食欲不振及び体重減少につながったという。そしてついに最後の時、食道がんが気管や気管支に達する末期ガンとなり、彼女は血痰を吐いたのだという。

 2例目は52歳の男性。妻に最近肥満気味だということを指摘された彼は、妻と共に登山に出かける。しかし15分ほど登ったところで息切れに襲われる。運動不足が祟ったかと考えた彼は、しばらく休んで息切れが治まってから、再び登山を始めた。しかし登山開始1時間後、胸が重苦しくなり、ついには締め付けられるような痛みを感じる。引き返そうと妻に言われた彼は、しばらく休んでから山を下りようとする。しかしその時、胸が突き刺されるような激痛に襲われ、遂に倒れてしまい、そのまま息絶える。

 彼の病名は心筋梗塞。心臓に血液を送る血管が閉塞して心筋が壊死する病である。中高年の登山ブームで、これで命を落とす人も増えているという。ヘビースモーカーで脂っこいものが好きな上に、運動不足だった彼は心筋梗塞の四大因子をすべて持っていたという。これは 1.高血圧 2.高脂血症 3.糖尿病 4.喫煙 である。このような危険因子を持った彼の登山は自殺行為だったのだという。7〜8時間登山をすると、フルマラソンに匹敵する運動量になるのだという。彼に現れた息切れは、冠動脈の血液が滞って心筋への酸素の供給が不足する狭心症の発作だったという。その状態でさらに登山を続けたことで、発汗による血液の濃縮などで血流はより滞り、これによって心臓の冠動脈は詰まっていったのだという。登山中の心筋梗塞は登り始めの1時間以内に起こることが多く、山奥で発症した場合には手遅れになってしまうという。

 1例目は最近比較的増えているという病気である。食道がんは進行が早いと言っていたが、食道の壁は薄いため、すぐにそれを突き破って気管などに転移しやすいと聞いたことがある。とにかく要注意である。なおものがつかえるではなく、ものが飲み込みにくいという時は、喉頭癌の危険もある。私はよくものが飲み込みにくくなることがあるのだが、これはどうやら扁桃腺が原因であったようだ。また香辛料の取りすぎが良くないと言われていたが、香辛料の取りすぎは胃にも良くない。あるあるあたりがカプサイシンでダイエットというのを煽ったが、カプサイシンの効果も適量というのがあるので、痩せようとして唐辛子を大量摂取すると病気になる危険があると言うことである。そもそもカプサイシンによる代謝の工場というのは、危険物に対する一種の生体防御反応なのだからそれも当然か。運動などと同じで、身体を鍛える時は壊さない程度で負荷をかけるというのが大事であり、限度を超えると自殺行為である

 2例目は病気はありふれたものであるが、発症したシチュエーションに問題があるというもの。山の中などで病気を発症すると大変なので、急に思い立って登山をするのではなく、日頃からの健康管理が大切であるというお話である。心筋梗塞の場合は特に初期治療が大事なので、倒れた場所が明暗を分ける場合が多い。

 また今回の症例はいずれも「喫煙」が大きく影響する症例である。おかげでゲストの松崎しげる氏が二冠を達成してしまったわけである。喫煙は特に肺に影響が大きいが、血管にも影響を与えるため、心臓にも脳にも来る。またニコチンが入り込むことで胃にも影響があると、まさに「万病の元」である。「喫煙止めますか、それとも人生止めますか。」このぐらいの広告を流しても良いのでは。

 

4/19 たけしの本当は怖い家庭の医学「胸の痛み&口内炎」

 1例目は44才の働き盛りのサラリーマン。課長に昇進してプロジェクトを任された彼は、忙しい毎日を送っていた。彼が気にしていたのは休みに家族を沖縄に連れて行くと約束していたこと。仕事が忙しくてとても休みが取れそうにないと考えた彼は、約束をキャンセルしようと思うが、沖縄行きを楽しみにしている子供たちの姿にそれを切り出せなくなる。やむなく彼は、なんとか休みを取れるようにと猛烈に仕事をこなす。そんな彼の身体に不調が現れる。朝方になると胸に重しを載せられたような痛みを感じるのだ。しかしその痛みは数分でなくなる。何か異常が起こったのかと心配するが、一ヶ月前に受けた健康診断では何の問題もなかったことを思いだし、大したことはないと考え、それからも彼は家族のために休日返上で働き続ける。しかし朝方の胸の痛みは日に日に激しくなってき、締め付けられるような痛みになっていた。そして旅行の直前、既に彼の睡眠時間は3時間を割っていた。しかし彼はなんとか仕事にケリをつけ、家族旅行のための休みをとれることになった。そして旅行の前日、疲れ果てて帰ってきた彼は、翌日に備えて早く床に就く。しかし翌朝、彼を起こしに行った家族が見つけたのは、既に冷たくなっている彼の姿だった。

 病名は異形狭心症。普通の狭心症は高血圧や高コレステロールなどによって、心臓の血管に血栓などが生じることによって発生するが、異形狭心症とは、心臓の血管自体に異常が生じて血管の収縮などで血流が止まる病だという。そしてこのような異常を発生する引き金になるのはストレスだとのこと。そして彼がそのような病を発症したのは彼の性格に問題があったという。彼のような時間に追われる仕事人間は、タイプAと呼ばれるせっかちでストレスを感じやすいタイプなのだという。ちなみに番組ではタイプAであるかを判別する10項目のテストを紹介している。以下のテストで「はい」が6個以上あればタイプAであるという。

 1.何事も徹底的にやらないと気がすまない 2.休みの日もつい仕事のことを考えてしまう 3.食べるのが早い 4.渋滞に巻き込まれるとひどくイライラする 5.一度に2つ以上のことをしてしまう 6.行列に並ぶのが嫌い 7.予定が空くとすぐ次の予定を入れてしまう 8.いつも時間に追われている気がする 9.何かに熱中すると他のことに目が行かない 10.負けず嫌いである

 ちなみに私は2以外はすべて「はい」であり、典型的なタイプAであるようである。ちなみに「仕事」という言葉の定義を会社の仕事ではなく、このページの運営などにすると「はい」になります・・というか、そもそも休日がありません(笑)。

 日本人にはこのタイプAが非常に多いらしいです(ラテン系などには少なそうだな)。またこのタイプAというのは、そのまま鬱病になりやすいタイプとも符合します。ストレスを思いきり抱え込んだ状態で無理をしてしまうタイプがこのタイプAのようです。

 なお事例のサラリーマンは朝方になると胸の異常を発症していましたが、この時間帯は副交感神経が働いてリラックスする時間帯であり、このような時に症状が出やすいとのこと。血液などに異常がないので、日中に血液検査や心電図をとっても異常が出ないのが一番の落とし穴らしい。

 ついでにこれは蛇足ですが、番組を見ていてやけに気になったこと。妙にオーバーなBGM(バイオリン曲やピアノ曲、果ては声楽まで)と、忙しいオフィスで仕事に励んでいるはずの女子社員のパソコンモニターがWindowsのログイン画面になっていたこと(笑)。ログイン画面を表示していて、どうやって仕事が出来るのだろうか?

 2例目は49才の主婦。口内炎が発症したみたいなので、ビタミン剤を飲んで治していた。しかし1ヶ月後にまた口内炎が再発する。だが今回もビタミン剤を飲んだら1週間ほどで治ったので気に留めていなかった。しかし3ヶ月後には食欲がわかないなどの不調が発生し、胸が苦しくなった途端に口から半透明の物体を吐き出す。驚いた彼女は、翌朝病院に行くことを決める。しかしその晩、寝苦しさに目覚めた彼女は、体中に水疱が出来ていることに気づいて驚き、急遽病院に運ばれる。

 彼女の病名は尋常性天疱瘡。身体の免疫機能の異常により、全身にただれや水ぶくれが出来る皮膚病だという。患者数は約4000人で、40代から50代での発症が多いという。また重症化したら死に至る危険があり、10%ぐらいの人が感染症で命を落とすという(免疫系に異常が発生するわけだから、免疫力が低下するのだろう)。この病気では免疫細胞によって皮膚表面の細胞を結びつけている成分が破壊されるために、水疱が発生するのだという。尋常性天疱瘡の口内炎の特徴は、中央がふくれていることであり、通常の口内炎は中央がへこんでいるとのこと。彼女の場合はこの病気がまず口の中に発症し、それがやがて全身に回ったのだという。彼女が吐き出した半透明の物体は実は剥離した食道の内膜であり、ついには全身での発症によって体中にかぶれが現れたのだとのこと。ポイントは早期発見で、彼女の場合は3ヶ月の治療によってなんとか回復したとのことである。

 それにしても最近は自己免疫疾患の類が増えている。やはり環境中の化学物質の影響などによって、身体の機能が撹乱されているのではないかと考えられる。今のうちに手を打っておく必要があるようだ。これこそ「そのまま放っておくと大変なことになりますよ・・・」なのではないだろうか。

 

4/5 たけしの本当は怖い家庭の医学「ストレスから来る主婦の病気」

 今回は2時間SPで、主婦がストレスによって発症する病気を紹介するとのこと。

 1例目は34才の旅行会社に勤めるOL。2年前に結婚した彼女は、家庭でも仕事場でも忙しい毎日を送っていた。しかし仕事場では責任が重く、家庭も完璧にこなそうとする彼女は、徐々に疲れがたまっていた。そろそろ子どもが欲しいと考えた彼女は、夫も同じことを考えていたことを気に、上司に辞表を提出する。しかし彼女の上司は「忙しいから困る」という理由で彼女を慰留し、責任感の強い彼女(と言うか、強く言われると断れない性分)は仕事を続けることになる。しかしそのことが夫の怒りを呼び、夫婦の関係は冷たいものになる。この頃から彼女には生理が遅れるといった症状が現れる。その後も仕事に忙しい毎日を送っていた彼女には、半年後には肌荒れや疲労感などの症状が現れる。そして1ヶ月後、ついに生理が来なくなった彼女は、もう一度辞表を提出するが、「後一ヶ月待ってくれ」とまたも慰留される。しかし彼女の身体にはこの頃には動悸や息切れなどの異常が現れていた。そして一ヶ月後、海外出張から帰ってきた彼女は、家で倒れてしまう。

 精密検査を受けた彼女の病名は卵巣機能不全。卵巣が働かなくなって、そのことが全身に影響を与える病気である。そして彼女がこうなった理由が若年性更年期障害だった。これはストレスによって脳の視床下部の機能に問題が生じ、そのために脳下垂体への命令が機能しなくなり、全身のホルモンのバランスが崩れ、卵巣での女性ホルモンの分泌が急激に低下、彼女の身体ではエストロゲンの不足により急激な老化が起こっていたのである。そしてさらなるストレスで全身の自律神経系のバランスが崩れ、卵巣の機能が低下し、自力では回復できないほどに萎縮してしまっていたのである。こうなると女性は不妊症になってしまう可能性が非常に高い。結局彼女は、現在は仕事を辞めて不妊治療を受けているという。

 2例目は56才の主婦。仕事人間だった夫が定年を迎え、夫婦水入らずの生活を始めたものの、仕事一筋だった夫は趣味もなく、家でゴロゴロするだけだった。その頃から彼女は今までになかったしつこい肩こりを感じるようになる。さらに今まで感じたことのないような激しい頭痛も体験する。そして彼女は夫の晩酌の用意をしていた時に倒れ、病因に運ばれる。彼女の病名は一過性脳虚血発作だった。一時的に脳の血流が悪くなる病気である。彼女は高血圧が進んでおり、それも原因だということで二週間の入院をする。病院で家事から解放された彼女は元気を取り戻す。しかし二週間後に家に帰った彼女はたった二週間で家が荒れてしまっているのに唖然とする。その後、彼女を気遣う夫は家事を手伝ってくれたりするのだが、とにかく要領の悪い彼はむしろ邪魔になるぐらいで、彼女のイライラは募り、再び頭痛や肩こりが始まった。そんなある日、外出した彼女は、突然膝がガクガクと震え始め、激しい動悸で動けなくなってしまう。救急車で運ばれた病院で告げられた病名は衝撃的なものだった。

 病名は主人在宅ストレス症候群。夫が家にいることがストレスになって最悪は鬱病になってしまう症状である。60歳以上で、夫婦二人で住んでいるケースに多く発生するという。それまで夫の出社後には一人で自由にすごしていた彼女には、夫が24時間家にいる状態はストレスになっていたのだ。その結果、自律神経系に異常をきたし、交感神経が刺激され続ける状態になっていたのだという。結局彼女は夫と別居し、治療に専念しているとのこと。それにしても、身もふたもない病気だな・・・。

 3例目は46才の主婦。彼女はやたらに嫌みの多い姑のせいでストレスが溜まっていた。そんな彼女のストレス発散法は、友達と一緒に美味しいものを食べ歩くことだった。彼女は15年前に姑との同居が始まって以来、ストレスが溜まるたびに食べることでストレスを発散するようになってしまっていた。ただ彼女は体重は気にして、標準体重は守っていた。しかしそんな彼女の最近の悩みは頻尿で、一晩に2,3回もトイレに起きるようになっていた。そんな彼女に次に現れたのは、足の裏に薄い紙でも貼り付いているかのような違和感だった。1ヶ月後、今度は足でかなり大きな靴擦れが化膿していることに気づく。そしてさらに1ヶ月後、買い物に出かけた彼女は姑が陰口をしてるのを見た時、突然に胸を抱えて倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまう。

 彼女の死因は心筋梗塞。そして彼女が心筋梗塞を発症した原因はストレスだった。食べることでストレスを晴らしていた彼女は、糖尿病を患ってしまっていたのである。彼女は体重は増えないように気を付けていたのだが、彼女は内臓肥満タイプであったことから、自分が隠れ肥満であることに気づいていなかったのだという。しかもストレスは高血糖を悪化させ、彼女の血管はボロボロになってしまっていた。頻尿や足の違和感、靴擦れの可能などは、すべて糖尿病の症状だったのである。既に末梢神経のマヒが起こっていたのである。そして最後には心臓の冠動脈で動脈硬化が進行、ついには心筋梗塞が発生してしまったのである。

 1例目については、はっきり言って「過労」である。彼女の場合はたまたま卵巣に障害が出たが、血管に出ても、心臓に出てもふしぎはなかったところである。卵巣に出てしまうのは女性たる所以か。男性の場合は大抵は心臓発作になります。

 2例目については、先にも書きましたが「身もふたもない」としか言いようがない。男の立場から見れば、この主人は決して悪い人とは思えないのだが。彼は仕事に一途すぎたために家の中で粗大ゴミになってしまっていたし、そもそも妻の方も「主人のいない生活」が習慣になってしまっていたのだろう。これは男の方が反省しないといけない病気である。なお家事を全くやらない夫だけでなく、家事をやりすぎる夫もストレスになる例があるとのことだから難しい。ただ同様のストレスは、長年一人で暮らしていた男女が結婚した場合にも発生する可能性があるように思えるのだが、その場合は病気になる前に離婚してしまうのだろうか(笑)。結局、夫婦も「つかず離れず」の適度な距離というものがあるらしい・・・などと独身の私が言ったところで全く説得力がないが。

 3例目については、姑が性格悪すぎ(笑)。以前にも嫁いびりの結果、嫁を寝たきりにしてしまった馬鹿姑がいたが、またもこのパターンである。ただ今回は明らかに嫁の立場から描いているので、姑には姑の立場と論理はあるはずだと思うのだが。実は姑の方は姑の方で嫁の無神経さでストレスを溜めていたなんてことがありそうな気がする。でないと今回の事例の姑の場合、ここまで極端な嫌みが本当なのなら、人格異常か精神を病んでいる可能性があり、まず彼女が病院に行く方が先である(笑)。なおストレスが溜まると食べてしまうというのは、女性に限らず男性にもあるパターンで、私も上司にネチネチと人格攻撃されたストレスでドカ食いに走った結果、とんでもなく太ってしまって今はその後遺症で苦労している(食生活を根本的に立て直さないと減量できそうにない)。

 なお足や手などが化膿したり極端な場合は壊死するというのは、典型的な重度の糖尿病の症状なので、これが出るぐらいになったら実のところはかなりやばいです。ただ一つふしぎだったのは、彼女の事例では体重の変化がそうなかったこと(ずっと体重をチェックしていたわけですから)。普通はだんだんと体重が増えてきて、それがあるところから急激に減少に転じるという軌跡をたどるものなのだが・・・。それとも糖尿病を患ってからの彼女は、糖尿病による体重減少を補ってしまうぐらいの異常な量を食べていたのだろうか? なおストレスが直接糖尿病を悪化させるという指摘もあるので、ストレスを食べることで晴らすというのは健康の面からは危険です。そこはもっと前向きに、ストレスの源である姑をどつき倒しましょう・・・っていうわけにもいかないしな。会社の中ではたまに上司をどつき倒してしまった者の話を聞くが。

 今回は主婦のストレスから来る病気ということで、さすがに人死にはでないかと思ってたんだが、やっぱり3例目で死人が出ちゃった。この番組って、毎回一人は殺さないといけないというノルマでもあるんだろうか(笑)。それにしても今や日本は高ストレス社会で、あっちでもこっちでもストレスによる病気(内科的な病気よりも、実は精神的な病気の方が多い)が増加している。今に「ストレスから来る子どもの病気」なんてSPが放送されるるんじゃなかろうか(最近は幼稚園児でさえ「人間関係のストレスが」なんて言うらしい)。

 

3/15 たけしの本当は怖い家庭の医学「歯茎の出血&腰痛」

 「りんごをかじると歯茎から血が出ませんか」という有名なCMがあったおかげで、歯茎からの出血=歯槽膿漏と考える場合が多いが、今回の1例目はそこに大きな落とし穴のあった例である。

 51才のトラック運転手。彼は不規則な仕事の疲れを飲酒とタバコで誤魔化す日々を送っていた。そんなある日、右の奥歯の歯茎からの出血に気づく。歯槽膿漏だと思って医者ににもかからずにいた1ヶ月後、歯を磨いていた彼は、奥歯の歯茎が腫れて血が滲んでいることに気づく、しかし触ってみても特に痛みはない。彼は大丈夫だと考えてそのまま放置した。さらに1ヶ月、奥歯がぐらついてシクシク痛むようになるが、この段階でも彼はまだ医者に行かなかった。そしてさらに2ヶ月後、この頃には脈打つような痛みが生じるようになっていた。しかも眠気覚ましに熱い缶コーヒーを飲もうとした時に、唇の右半分がマヒしていることに気づく。しかし彼はこれでも放置して1ヶ月後、ついに激痛で口が開かなくなり、病因に駆け込み、恐るべき病名を告げられる。

 彼の病名は歯肉癌。歯茎に発生する癌である。発病者は年間2000人以上おり、50代以上の男性に多く、30年前に比べると発病者は約3倍という。そして彼が歯肉癌を患った原因はたばことアルコールだった。ともに歯茎の粘膜を刺激する上に、たばこの中の発ガン物質のためについに歯茎に癌を発症したのである。癌の発生と共に新たな血管が生じることから、これが歯茎の出血を呼び、さらに歯茎の腫れにつながった。しかしこの段階では歯槽膿漏と間違いやすいという。歯槽膿漏と決定的に異なるのは、この後に唇のマヒが生じたこと。これは癌が顎の神経をも蝕んだためである。そしてさらに癌は顎の筋肉にまで拡大、ついには口が開かなくなってしまったのだ。彼の癌はまだ幸いにして転移しておらず(これだけ放置していて転移していなかったのは奇跡的に思えるが)、一命はとりとめたものの、彼は下あごの右半分を摘出することになってしまったという(当然ながら大きく顔が歪むことになる)。

 2例目は新聞記者の27才の女性。忙しくてハードな毎日ではあるが、仕事にやりがいを感じていた彼女の悩みは腰痛だった。1週間前から重だるい状態が続いていたが、彼女は職業病と諦めていた。しかし3ヶ月後、彼女は突然足に痺れを感じる。そこで彼女は腰痛解消のためにマッサージに出かけたが、腰痛はマッサージでは解消されなかった。そして3日後の健康診断、なぜか身長が2センチも縮んでいることに気づく。そして2日後、朝起きた彼女はパジャマに妙なシミが出来ているのに気づく、調べると足の付け根に傷が出来て膿がそこから出ていたのである。医者に行った方が良さそうだと感じる彼女だが、その日は大事な取材の予定があったために、市販の軟膏を塗って仕事に出かける。しかしその日、彼女は仕事先で転倒した途端、腰に激しい痛みを感じ、そのまま足が動かなくなってしまっていることに気づく。急遽病因に運びこまれて精密検査を受けた彼女は、腰の骨が融けて押しつぶされていることが判明する。そしてその腰の骨が神経を圧迫していたのである。

 彼女の病名は脊椎カリエス。結核菌が脊椎に入り込むことで発症する症状である。現在でも毎年3万人以上の患者が発生しているということだが、その中でまれに発症する病気である。脊椎に入り込んだ結核菌は、そこで繁殖する。その時に骨を包む膜が刺激されて腰痛が発生するのだという。通常の腰痛はマッサージなどで症状が軽くなるのだが、脊椎カリエスによる腰痛はマッサージなどが効果がないのが特徴だという。彼女の場合は症状がさらに進行し、背骨の破壊が進むと共に神経が圧迫され、それが足のしびれにつながり、また背骨が曲がったことで身長が縮んだのだという。そして足の付け根から出た膿は、炎症が進むことで筋肉に沿って膿が流れ出してきたのだとのこと。そして最後の瞬間、ついに背骨が耐えられなくなって破壊されてしまったのである。結局彼女はそのまま神経の回復が出来ず、下半身不随になってしまったという。

 1例目はよくタバコを吸う者には発症しやすい病気である。番組によると1日にタバコを2箱以上、アルコールを3合以上といった生活を25年間続けると、発ガン率は通常の2.5倍以上になると言う。タバコがいかに身体に悪いかという証明でもある。毎日タバコを吸っている人は、歯肉癌と肺癌のどちらが良いかを考えておくべきだろう(高血圧の進行による脳卒中という選択肢もある)。今回のトラック運転手は、遅くとも唇がマヒした時点で医者に駆けつけるべきだったんだが、それでも行かなかったというのは、多分医者が恐かったのだろうと推測される。しかし「医者を恐がっていたら、もっと恐いことになりますよ」というのもこの番組のテーマである。疑わしきは一度検査を受けるべきだろう。

 2例目の脊椎カリエスは結構有名な病気であり、志賀直哉の「城崎にて」にも登場する(志賀直哉は交通事故に遭った時に、医者に脊椎カリエスになる可能性があると警告されたと書いてある)。昔は結核患者がかなり多かったので、脊椎カリエスの発症もかなり多かったのだろうと思われる。結核はもう既に過去の病気と思っている者が多いようだが、そのせいか最近また再び患者が増加傾向にあるという。しかも中途半端な治療(途中で勝手に薬の服用を止めてしまう)などのせいで耐性菌が登場している例も多く、問題になっている。なお余談であるが、昔に南野陽子が主演したドラマで「アリエスの乙女たち」というのがあったが、これを「カリエスの乙女たち」と勘違いしていた者がいた。それじゃ、難病ものやがな・・・。

 結核と言えば肺の病気というイメージが一般的に強いようだが、実は結核菌が繁殖するのは肺だけに限らないというのが最大の落とし穴なのである。長引く腰痛や微熱を伴う腰痛には特に注意とのこと。ただ、一般的には長引く腰痛の場合は、脊椎カリエスの可能性よりも椎間板ヘルニアの可能性の方がはるかに多いとは思うが。

 

3/8 たけしの本当は怖い家庭の医学「スランプ&頭痛」

 今回はスポーツのやりすぎなどで起こる身体のトラブルについて特集。というわけで、今日のゲストは体力バカ・・失礼、日本を代表するトップアスリート達です。

 1例目は夫の薦めでマラソンを始めた30歳の主婦。3年前に参加したハーフマラソンで3位に入賞して以来、マラソンの魅力にとりつかれた彼女は、今では市民マラソンの上位入賞の常連となっていた。彼女は1年後に開催される全国レベルでの大会への入賞を狙って、毎日練習に励んでいた。夫に協力して貰って自己流のハードトレーニングに励んでいた彼女だが、半年後、タイムが低下し始める。スランプに陥ったと感じた彼女は、以前以上の練習をこなすようになる。しかし大会まで2ヶ月に迫った頃から、彼女の身体に異常が出始める。最初の異常は風邪をひきやすくなりしかも治らなくなったこと。そして大会まで半月になった頃には、1ヶ月で体重が3キロも減少してしまう。そして大会を1週間後にひかえたある日、練習中に彼女は締め付けられるような胸の痛みで倒れてしまい、病院に運び込まれる。

 彼女の病状は不整脈。心臓の脈拍の乱れで全身に血液が周らなくなっていた。そして彼女が不整脈になった原因が運動性慢性疲労だった。これは過度の運動によって身体の臓器がボロボロになってしまう状態である。すべての元凶は彼女の無謀なトレーニングにあり、スランプは身体の不調のシグナルだったのだ。まず一番負担がかかっていた喉に症状が現れた。激しい呼吸で時速50キロから150キロといった気流が通過する喉では、細胞がはがれて細菌に感染しやすくなり、風邪が治らなくなったのだ。また長期間の激しいランニングは、着地の衝撃を脊椎を通じて膵臓に加え、それが消化酵素の分泌の阻害につながり、急激な体重の減少に至った。さらに心臓の自律神経に異常が生じるに至り、不整脈を起こしてしまったのである。彼女は幸いにして迅速な処理で九死に一生を得たが、今でも200万人の人がスポーツで内臓を損ねているという。

 2例目は相撲の同好会を主催する42歳の男性。学生時代から名門相撲部で活躍していた彼は、今でも毎週末激しい稽古を行っていた。そんな彼の悩みは夜に布団に入った時に起こる頭痛。頭の左半分だけがズキンズキンと脈打つように痛むのである。しかしその痛みは翌朝になると治る。だが夜に床に就くとまた痛みが始まるのである。頭痛はだんだんとひどくなり、ついには耳鳴りがするにいたり、恐怖を感じた彼は病院でMRA検査を受ける。しかし脳に異常は見つからず、群発性頭痛と診断される。薬をもらった彼はその晩、その薬を飲んで床に就く、しかし以前にも増しての激しい痛みにのたうち回る。そして苦しむ夫の姿に心配になった妻は、夫の眼球が飛び出していることに驚く。彼は直ちに病院に運び込まれ、急遽脳の検査が行われ、初めて真の病名が判明する。

 彼の病名は硬膜動静脈ろう。これは脳の血管に起こる異変から発生する病である。彼は長年の相撲の稽古で、頭を何度もぶつけることにより、脳の動脈の壁に穴が開き、血液が滲み出ていた。この血液は静脈に吸収されていたが、これを繰り返しているうちに動脈から静脈につながる新たな異常な血管が生成してしまったのである(いわゆる血管新生であると思われる。このような新生血管は構造的にひ弱で破れやすいのが特徴。)。そして就寝時に横になることで静脈の流れが悪くなると、この血管から静脈に流れ込んだ血液が滞留し、炎症を起こしたのが頭痛の原因だった。またこの時に血液が流れ込む音が頭蓋骨に伝わって耳鳴りとなり、また眼球の静脈も流れにくくなることで、血液が眼に溜まって眼球が膨張したのだという。彼は脳の検査を受けたが、このような血管は頭痛が発生している時にしか写らない場合が多いのだという。彼は幸いにして発見が早かったので、手術で回復したとのこと。この病気は交通事故などの1度限りの衝撃でも発症することがあるので注意が必要とのこと。

 いずれもスポーツのやり方がまずい時に発生する病気である。スポーツは適度に身体に負荷をかけるから身体が鍛えられるのであって、限度を超えた負荷をかけたら、それは身体にとっては単なる拷問である。またトレーニングの仕方も年齢に応じたコントロールが必要で、成長期の10代と既に成長は止まった30代ではおのずと鍛え方が変わる。30をすぎたプロ選手が、高校生のようなトレーニングをすると当然ながら身体を壊してしまう。プロ選手ぐらいの年齢になると、適度に身体をいたわるテクニックも必要になるのである。そこが分かっていない馬鹿コーチ(やたらに根性論を振りかざすようなタイプ)は、それをわきまえていないから選手をつぶしてしまうわけである。

 1例目は内臓に負担が来た例だが、膵臓に症状が現れるというのは比較的珍しいように思われるが、心臓は一番症状が現れやすい部位である。なおどんな動物でも一生のうちに刻める心拍数は決まっており、スポーツによって慢性的に心拍数が高くなっていると、その分を早く使い切ってしまうので早死にすることになるなどという説まである。この説については真偽のほどは怪しいが(私は信じていない)、心拍数の多い小型生物ほど寿命が短いという傾向は事実ではある。なお今回の症例の女性は、完全にマラソン中毒になっていたようであるが、マラソンはランナーズハイといって、限界が来た時に脳内で鎮痛物質であるβエンドルフィン(いわゆる脳内麻薬)が分泌されるので、それの中毒になってしまう例があるという。今回の内容を見る限りでは、彼女はそっちの方でもかなり危ないところにいっていたように思われる。

 2例目は頭をぶつけていたら何かトラブルが出ることは容易に推測がつくところ、ちなみに私は現在たまたま頭痛の本を読んでいるところなのだが、この頭痛のようにズキンズキンと脈打つ頭痛は血管が原因になっている証拠である。脳の半分の脈打つ痛みと言えば、通常は片頭痛(偏頭痛とも書く)が多いが、このような症例もあると言うことである。なおこの病気の危険性があるのは、明らかに格闘家(高山善廣)とレーサー(片山右京)だろうことは誰でも予測できるが、案の定、この二人が見事にレッドゾーンになってしまった。必死にジョークにしようとしながらも、顔が引きつっていた右京がやけに印象に残った。

 とにかくポイントは、人間の身体は鍛えれば鍛えるほど丈夫になるなんていう好都合なものではなく、当然ながらそこには限界というものがあるということである。コーチなどの指導者はそこのところの見極めがキチンと出来る必要があるわけであるのだが、日本のスポーツの指導者はまだそれが分かっていない者が結構多いのが問題である(とにかく脳みそまで筋肉の輩に限ってコーチなどになっているから)。

 

3/1 たけしの本当は怖い家庭の医学「つまづき&のどの痛み」

 日本全国を病気の恐怖に叩き込んでいるこの番組、さて今回の犠牲者は・・・。

 1例目は日舞の師匠を務める64歳の女性。ある日、稽古中に彼女は突然につまづいてしまう。この時は畳にひっかかっただけだと思っていた彼女、しかしその後、彼女に次々と異常が現れる。一週間後、買い物に行った彼女が奇妙な小刻み歩きをしていることに嫁が気づく。しかしそのことを指摘された彼女は、すぐに元通りの歩き方に戻る。そして10日後、今度は物忘れの症状が現れる。この後、彼女の物忘れやつまづきはどんどんひどくなり、半年後には意欲が低下して一日中何もせずにボーっとすごすようになってしまうが、彼女自体はその異変に気づいていなかった。呆けたのではないかと心配した家族は彼女を近所の脳神経外科に連れて行く。そこで出た診断はアルツハイマーだった。ショックを受ける家族に医師は、アルツハイマーは何年もかけてゆっくり進む病気だから暖かく見守ってくださいとのアドバイスを受けて、病気の進行を遅らせる薬をもらう。しかし三週間後、今度は彼女に失禁の症状が出る。そして一週間後、ついには孫の顔さえも分からなくなる。アルツハイマーにしては進行が早すぎる。異常を感じた家族は急遽彼女を病院に連れて行き、事情を説明して再検査を受ける。その結果、思いもかけない病名が判明する。

 彼女の病名は特発性正常圧水頭症であった。これは脳室で作り出されて脳内を満たす髄液の排出口が、癒着や老廃物によって詰まることで、髄液が脳内に溜まって脳室が膨張し、脳が圧迫されることによって現れる症状である。一連の症状は脳の機能が圧迫によって低下したことによって起こっていた。しかしこの病気の落とし穴は病状がアルツハイマー病とそっくりなことで(私も前半の症状だとアルツハイマーだと思った)、しかも脳のMRI画像もアルツハイマーとそっくりなのだという。実はこの病気は昨年になって治療のガイドラインが制定されたという最近になって知られた病気であるという。彼女は急遽手術が行われ、三ヶ月後には元通りに日舞の師匠に復帰したとのこと。早期に適切な手術を受けるとこの病気は回復可能であるという。現在国内にいる認知症の患者の5%にあたる10万人が実はこの病気の患者ではないかと言われているという(つまり、アルツハイマーと誤診されて放置されているということか)。

 2例目は、息子の大学合格を喜ぶ49歳のガッテンパパ・・・じゃなかった、ビルのガードマンを務める男性である。この日の午後2時、彼に最初の異常が現れる。軽いのどの痛みを感じたのである。そして1時間後には微熱が出る。そこで彼は出勤前に近所の内科で診察を受けたところ、風邪と診断される。そして午後5時、出勤した彼はそのまま翌朝8時までのガードマンとしての勤務を始める。そして午後7時、巡回中の彼は激しい咳に襲われる。そこで彼は風邪薬を飲んだのだが、午後10時には激しい痛みに食べ物がうまく飲み込めない状態になる。仮眠後の午前3時、今度は彼は声が出なくなってしまう。それでも我慢して勤務していた彼だが、午前7時に巡回中に激しい呼吸困難を起こし、ついに窒息死してしまう。なんと最初の異変が出てから17時間後の最悪の事態だった。

 彼の病名は急性喉頭蓋炎。喉頭蓋とは喉の奥の気管と食道の分かれ目にあり、食べ物が気管に入らないように蓋の役目をはたす器官である。彼はこの喉頭蓋が炎症を起こして腫れ上がり、それによって気管を塞がれてしまったのである。実は急性喉頭蓋炎は風邪をひくことなどでごく容易に発症する病気で、毎年1万4千人以上が発病しているという。この病気の落とし穴は、普通に喉を見ただけでは喉頭蓋は見えないことで、喉の奥まで検査する耳鼻咽喉科でないと分からないという。また通常、気管などで起こった炎症は筋肉などで吸収されてそこだけ極端に腫れることはないが、粘膜と軟骨だけで出来ている喉頭蓋では炎症が吸収されることがなく、急激に喉頭蓋が膨れあがることになるのだという。その速度は桁外れで、発病から半日で死に至ることもあるという。彼は風邪薬を飲んだが、この病気には抗生物質を使わないといけなかったのだという(風邪には抗生物質は効かないので、最近の医師は耐性菌の危険も考えて、普通の風邪では抗生物質を処方しないようになりつつある)。この病気を発病しやすいのはタバコを吸う40〜60代の男性で免疫力が低下している人とのこと。

 1例目は私自身が完全にアルツハイマー病と間違えてしまった。突発性正常圧水頭症の症状の特徴としては、足に症状が出やすいとのこと。しかしつまづき自体はアルツハイマーでも発生するので、やはり素人に診断は難しそうである。しかしアルツハイマーは現在のところ根本的治療はない(進行を遅らせる薬はあるが)のに対し、この病気の場合は早期に手術をすることで回復するのだから救いがある。実際、今回の事例もこの番組では極めて珍しいハッピーケースで終わっている(この番組の事例で、完治した例って5%以下ではないだろうか)。アルツハイマーよりもむしろこの病気だった方が救いがあるのではなどと感じた次第。ちなみに私も最近物忘れが激しくて、少し脳を心配している。私の物忘れが特に痛感されるのは、このような文章を書いている時で、以前に比べてボキャブラリーが格段に落ちてきたのを痛感させられるのである。以前なら状況にピッタリの語彙がすっと出てきたものが、最近ではどうしてもその言葉が思いつかなくて歯がゆい思いをすることがしきり。こりゃ、やばいかも。

 2例目は、症状が現れてから死亡までの最短時間記録ではないだろうか。しかしそう言えば私も「食べ物が飲み込みにくくなる」というのは今まで何度も体験している。そのたびに喉頭癌を疑ってゾッとしたのだが、しばらくすると治っているので特に検査を受けたことはない。もしかしたら、私も一つ間違ったら窒息死してたもしれないのか? ただ「喉に異常を感じたら耳鼻咽喉科の診察を受けてください」と番組では言ってたが、喉に異常を感じた人が全員本当に耳鼻咽喉科に行ったら、とんでもないことになるのでは。

 

2/22 たけしの本当は怖い家庭の医学「生理痛&身体のかゆみ」

 今回は女性SPとのことで女性がかかりやすい病気についての特集である。ところで最初に断っておくことがある。私はいつもメモ代わりに一旦番組を録画するのだが、今回その録画に失敗したので(なぜか「なんでも鑑定団」が録画されていた・・・)、番組の内容を思い出しながら書いている状態である。細かい部分については覚え違いがあるかも知れないことをご了承頂きたい。

 1例目は35歳の主婦。10年以上子宝に恵まれなかった彼女だが、今度やっと出産をすることが出来た。しかし出産後半年ぐらいから激しい生理痛に苦しみ始める。実は彼女は以前から生理痛が激しく、出産の1年前にも産婦人科の診察を受け、子宮内膜症との診断を受けていた。どうしても子供が欲しいと考えていた彼女は不妊を恐れて経過観察することにし、それから半年ごとに定期健診を受けていた。しかし念願の子供を授かり、安心した彼女はそのまま定期健診を受けることがなかった。そして1年が経過。彼女の生理痛はさらに激しくなっており、下腹部の膨らみや、さらに生理時以外にも下腹部が痛むなどの症状が出ていた。しかし子育てに忙しい彼女はそのまま病院に行かなかった。しかしやかで彼女は咳に苦しめられるようになる。風邪を子供にうつしてはいけないと考えて近所の医者に行った彼女だが、ただちに総合病院で精密検査を受けるように医師に言われる。そして精密検査の結果、彼女に告げられた病名は思いもかけないものだった。

 病名は肺癌。そして彼女が肺癌になった原因は卵巣癌であった。彼女の生理痛は卵巣癌から来ていたのだ。彼女は以前から子宮内膜症であった。子宮内膜症とは内膜細胞が子宮以外で増加する病気であるが、この病気自体は良性であり、生理がきつくなるなどの症状はあるが、直接に命にかかわることはない。出産可能な女性の5人に1人はこの病気を患っているという。しかしごくまれに子宮内膜症から卵巣癌に転じる例があるという。その時に気を付けるべき自覚症状は、生理以外の時にも痛みが発生するということなのだが、彼女はそれを見逃してしまったのだ。さらに卵巣癌は転移をしやすいという特徴があり、彼女の肺癌も卵巣癌から転移したものであった。彼女は既に全身に癌が転移しており、1年後に亡くなったという。現在、卵巣癌で年間4000人が死亡しているという。

 2例目は48歳の主婦。彼女は最近、身体のかゆみに悩まされていた。しかしそれは乾燥肌のせいだと考えて、クリームなどを塗ってしのいでいた。2年後、彼女は夫の勧めで区で行われた健康診断を受ける。お酒の好きな彼女は肝臓の検査も受けるが、肝炎ウィルスなどは検出されなかったと聞かされ安心する。ただその時に指摘されたのがγ−GTPなどの数値がやや悪いということであり、病院で検査を受けることを勧められる。肝臓を指摘された彼女はその後、一念発起、酒を止めて健康に気を使い出す。すると体調は良くなり、体調が良くなったのだからと彼女はそのまま病院に行くことはなかった。しかしこの間も彼女の体のかゆみはだんだんと激しくなっていた。そんなある日、ふとしたはずみに転倒した彼女は、そのまま背中の激痛で起き上がれなくなる。しかも吐血、彼女はそのまま病院に運ばれる。

 彼女の病名は原発性胆汁性肝硬変。一般に肝硬変の原因の90%はウィルス性のもの、後の5%がアルコールによるものだが、これは残りの5%に属する。肝臓の機能は栄養の蓄積と毒物の分解だが、これ以外に消化液である胆汁の分泌がある。原発性胆汁性肝硬変とは胆汁が通る胆管が免疫異常によって破壊されることによって発生し、肝臓内にあふれた胆汁は血液に乗って体中を周ることになる。この時に末梢神経を刺激してかゆみが発生するのだという(激しいかゆみのために自殺した患者もいるという)。また胆汁が分泌されないことでカルシウムなどの吸収が阻害され、彼女の骨は急激に脆くなっていた。そのため彼女は転倒時に背骨を骨折していたという。さらにこの時、肝臓への血流が停まっており、このために食堂の血管などの圧力が上がって破裂、これが吐血につながったとのこと。彼女は命はとりとめたが、現在リハビリに励みながら肝臓移植のためのドナーを待っている状態だという。なおこの病気については、原因は不明であるがなぜか患者の9割は女性とのこと。

 以上、今回は女性に多い病気ということで、1例目は男性には関係ないが、2例目は男性にも可能性があるので要注意である。1例目の卵巣癌については以前から女性の病気といえば子宮ガンなどがよく登場しているので、生理痛と聞いた時点でピンときた者も多いのではないかと思われる。生理時に痛みがあるのは仕方がないが、生理でない時も痛みがあるというのが要注意である。また生理時に異常におりものが多い場合も検査を受けた方が良いという。2例目については、皮膚のかゆみと言われた時点で肝臓だとピンときた。というのも、私自身がこのγ−GDPについては医師から警告されている状態である(診断は脂肪肝)ので、館蔵の不調でかゆみが出るという話は聞いていた。なお今回のかゆみは胆汁によるものだが、これ以外でも肝機能が低下することによって毒素の分解がうまくいかなくなり、そのことがかゆみにつながるというのも聞いたことがある。ちなみに肝臓といえば連想する症状は黄疸だが(「白い巨塔」の最終回で、財前が自分の顔に黄疸が出ているのに気づいて、自分がもう駄目であることを悟るというシーンが印象的だった)、この病気の場合は黄疸は出ない例が多いという。

 今回も死亡率が50%というこの番組らしいとんでもない展開だった。念願の子供を得たのもつかの間、命を失った彼女も悲惨だが、男で一人に娘を残された夫も大変である。また2例目の主婦についても肝臓移植のドナー待ちとのことだが、現在このドナーがなかなか少ない状況であるから、彼女の肝臓の状態次第ではドナーが現れるまで持たない可能性もあるわけで、これもかなりハードである。肝臓は手遅れになりやすいだけに、早期発見、早期治療に気を付けましょう・・・・ドキッ!  人のこと言ってる場合じゃないわな・・・・。

 

2/15 たけしの本当は怖い家庭の医学「花粉症SP」

 今年のスギ花粉は最悪の状態になりそうだと予想されているが、それを受けての花粉症SPということらしい。通常は花粉症で命を落とすような事態は想像しにくいのだが、そう一筋縄でいかないのがこの番組のこの番組たる所以。

 まず1例目は花粉症がとんでもない状態になってしまった例。

 38歳の不動産屋に勤めるOL。彼女は以前から花粉症に悩まされていた。彼女は通勤の時などは花粉除けのマスクをしているのだが、接客業である都合上、仕事の時にマスクをすることは憚られていた。しかしその時に外気に触れてしまった彼女は、くしゃみが止まらなくなってしまう。しかもその年は花粉が多く、彼女の花粉症は悪くなる一方で、慢性的な鼻づまりになってしまった。その症状は市販のアレルギー性鼻炎の薬である程度抑えたのだが、2週間後には息が切れて階段が登れなくなってしまう。そしてその日の夜には激しい咳に苦しめられる。風邪をひいてしまったと思った彼女は風邪薬を飲んで寝たところ、翌朝には症状が治まる。しかし3日後の夜、またも激しい咳に襲われ、薬を飲むが全く効かず呼吸さえ苦しい状態になる。ようやく寝られたのは明け方頃で、翌朝慌ててマスクも忘れて駅まで走った彼女は、途中の道路で呼吸困難になって倒れてしまう。

 彼女の病名は気管支喘息。彼女の気管支は炎症を起こして、空気の流れが悪くなり、そのために呼吸が困難になったのだ。気管支喘息は死に至ることもある病気で日本では年間4000人がこれで死亡しているという。そして彼女が気管支喘息を発症したのは花粉症と密接な関係があった。花粉症は花粉に対して免疫系が過剰反応をすることで発症するが、これが気管支で発生すれば気管支喘息になってしまうということである。実際、喘息患者の3割以上は花粉症との合併症を引き起こしているという。スギ花粉に対するアレルギー反応には一番軽いクラス0から一番重いクラス6までがあり、この程度が重いほど喘息を発症する危険性が高くなるという。そして彼女はクラス5であった。彼女は花粉症の悪化で完全に鼻が詰まってしまい、その結果口呼吸に頼ることになり、花粉が直接に肺に入るようになってしまった。しかも彼女の鼻の粘膜で起こっていた炎症は肺にまで波及、その結果息苦しいなどの症状が出ていたのである。そして彼女が不幸だったのは、晴れた風の強い日という最悪のコンディションの日にマスクをせずに走ったこと。これで激しい喘息の発作を起こしてしまったのである。彼女は幸いにして迅速な治療で命はとりとめたとのこと。

 2例目は花粉症の思わぬ危険性。

 43歳の主婦。今まで花粉症と縁のなかった彼女だが、今年になって突然に花粉症を発症してしまった。そこで彼女はスギ花粉症について勉強し、部屋は密閉して外の空気を入れないようにして、こまめに掃除機をかけるなどの努力によって、家の中では花粉症が発症しないようになる。しかしそんな彼女に別の異常が現れる。庭に咲いたマーガレットを見ている時に眼が痒くなったり、母が持ってきてくれた花を持っていると首が赤くなったりなどの症状が出たのである。スギの花粉の季節が終わるまでの我慢だと思っていた彼女、やっとスギ花粉の季節が終わり、彼女は今まで干せなかった布団を庭に干す。そしてその夜のこと、激しい胸の痛みと下痢で苦しんだ彼女は、急に目の前が真っ暗になって廊下で倒れてしまう。10分後、彼女の異変に気づいて様子を見に来た夫が見たのは、全身が真っ赤に腫れ上がった彼女の姿であった。

 彼女の症状はアナフィラキシーショックだった。全身の免疫が暴走する劇症型のアレルギー反応で、血圧の急激な降下によって死に至ることがある。そしてこのアナフィラキーショックは花粉でも発生するのだという。彼女はスギ花粉アレルギーを持っていたが、スギ花粉でアナフィラキシーショックを起こすことはほとんどない。盲点だったのは彼女がキク科の植物の花粉に対してのアレルギーも発症していたことだった。そして彼女がアナフィラキシーショックを起こした原因は庭のマーガレットだった。また母が持参したガーベラもキく科の花で、これも彼女のアレルギーの原因となっていた。そして彼女が倒れた日、彼女は布団をマーガレットが咲く庭に干したのが決定的だった。彼女は布団に付着したマーガレットの花粉を大量に吸い込んで、アナフィラキシーショックになってしまったのである。彼女も幸いにして一命は取り留めたが、長年育ててきた庭のマーガレットを処分することになってしまった。

 3例目は「花粉症だと思っていたら」という例。

 木工所を経営する62歳の男性。彼は最近、左の鼻だけが詰まるという症状を気にしていた。娘に花粉症ではと言われた彼はそれで納得してしまい医者にかからなかった。1週間後、今度は黄色い粘りのある嫌なにおいのする洟に血が混じっているのが出る。その時は大して気にせずにいた1ヶ月後、今度は左目だけに涙が出る。そして3ヶ月後、しかし彼の鼻づまりや涙目は治っていなかった。しかも左の上の歯が痛んで頬が腫れていたのだ。そこで彼は歯医者にかかったところやはり虫歯があったので治療を受ける。しかしそれから数日経っても歯の痛みは消えず、左の頬はさらに腫れて黒ずんできた。妻に言われて翌日再び歯医者に行こうと決めたその晩、彼は頬の激痛で病院に運ばれるのである。

 彼の病名は上顎洞癌であった。頬のところにある上顎洞という空洞に発生する癌である。現在、年間1000人が発症しており、50代以上の男性に多いという。落とし穴は花粉症などと間違ってしまうことである。上顎洞癌発生のメカニズムは解明されていないが、彼が長年埃を吸い続けてきたことと喫煙の習慣があったことが引き金になったと推測される。そして癌の成長と共に、鼻腔が圧迫されて詰まったり、はなに膿がでたりの症状が発生していたのである。また歯の痛みは癌が歯の神経を圧迫したため、目の症状も同様にガン細胞が眼球にまで達していたのだという。そして最後の日、ついにガン細胞はほお骨を突き破り、さらには脳にまで達して脳の活動を停止させた。

 花粉症でまさか死なないだろうと考えるところだが、いずれも死ぬ寸前まで行っており、最後は花粉症と間違ったばかりに命を落としてしまったという視聴者を震撼させるようなこの番組らしい展開である(しかしこれは煽りすぎだ)。

 花粉症と喘息については確かに密接な関わり合いがある。花粉症を発症している人間はアレルギーが強いわけであるから、喘息を発症する危険性は高い。ちなみに私もアレルギー鼻炎と喘息の傾向を医師から診断されている。だから時々咳が出てどうしようもなくなる時がある。この場合、喘息を悪化させないためにはいかにアレルギーを抑えるかが問題になる。

 アナフィラキシーショックについては、蜂に刺された場合や食物アレルギーなどで発症する事例はよく知られているが、花粉症というのはとんだ盲点である。アナフィラキシーショックを起こす可能性のある植物としては、キク科以外にイネ科やシラカンバの仲間などがあるという。血液検査で自分が何に対してのアレルギーを持っているかはすぐに判定できるので、気になる人は医師の診断を受けるとよいだろう。私が昔に受けた診断では、パッチテストといって手に数種類の抗原を注射されてどこが腫れるかを見るというものだったが、今では血を抜くだけでよいようなので随分検査も楽になったものだ(パッチテストは、反応が出た部分が後で痒くてかなわないのである)。

 上顎洞癌については発見が遅れた例。ただ番組では花粉症などから慢性的に副鼻腔炎を患っていると、上顎洞癌を患う可能性も否定できないとこれまた強烈な脅しが入っていた。ただこの部分は風邪をひいても炎症などを起こしやすいところなので、それとの判別が一番難しいのでは(私もここのところがズキズキ痛むことはよくある。しかし未だに生きているところを見れば、癌を発症したことはまだないようだ。)。

 これから激化する可能性のある花粉症について対策紹介・・は良いんだが、対策として出てきたのは、外からの花粉を持ち込まないように玄関で花粉をよく落とすとか、花粉症が発症する前に先回りで薬などを使用しておくとか、はっきり言って既に一般に知られているものばかり。その挙げ句にこんな極端な例ばかり出して、花粉症患者をびびらしたところでどうなるんだ? 正直言って、あまりに悪趣味にすぎないか。確かに2例とも実際にあり得る危険だけに、それを伝えることに意味がないとは言わないが、番組の作りのせいで危険性を伝えると言うよりはただ単に脅しただけである。民放の番組である以上エンターティーメント性を捨てられないのだろうが、少々下品にすぎるとの印象を受ける。

 

2/1 たけしの本当は怖い家庭の医学「骨折&難聴」

 1例目は骨折から思いがけない病気になった例。

 転倒したことで大腿骨頸部骨折になった57歳の主婦。彼女は骨粗鬆症が進んでいた。そこで彼女は骨を丈夫にするべくカルシウムを摂取し、リハビリに励んだ。その甲斐あってか半年後には普通に動けるようになり、1年後には好きなテニスを再開した。しかしテニスを始めたところ膝の痛みが発生、無理をしすぎたかとしばらく養生したところ、3日後には膝の痛みが消えた。しかし3週間後、今度は身体が曲げられなくなり足の爪が切れなくなる。さらに股が痛むという症状が出る。しかししばらく安静にしていると痛みは消えた。そして数日後、配達された米袋を持ち上げた途端、股の激痛で動けなくなってしまったのである。

 彼女の症状は大腿骨頭壊死だった。これは大腿骨の骨頭に壊死が進んで骨が破壊され、股関節が破壊されてしまう症状である。骨にも血管が通っており、それによって新陳代謝が行われている。しかしその血管が切れてしまうと新陳代謝が阻害されることで、骨頭が壊死してしまったのである。彼女は骨折時に彼女はレントゲンを撮っているが、レントゲンだけでは血管の状態までは判断できなかったのだ。そして彼女の症状を悪化させたのがテニスだった。テニスの加重によって陥没が一気に進んでしまったのである。彼女の足の症状はすべてがそれが原因になっていた。結局股関節を破壊されてしまった彼女は人工股関節に変えざるを得なくなり、現在もリハビリ中とのこと。ただし今後、股関節に負担のかかることはできない。大腿骨頸部骨折は年間12万人発生し、大腿骨頭壊死も年間3000人に発生しているとのこと。

 2例目はちょっとした難聴から始まった病気である。

 有名店で修業後、念願の自分のレストランをオープンして張り切っていた37歳の男性。店をオープンして半年後、左耳が聴き取りにくくなっていることに気づくが、それは2,3日後には回復した。しかし2週間後、今度は突然目眩に襲われる。疲れていると感じた彼は、翌日の休日にはじっくり休み回復する。そしてある日、客にソースが辛すぎて食べられないとの指摘を受け、自分の味覚に異常が発生していることに驚く。これはかなり疲れているのではと彼は初めてまとまった休みをとる。しかし4ヶ月後、今度は突然に眼の周りがピクピクするのに気づく。これも疲労のせいだろうと考えていた3ヶ月後、昼食を食べようとした時、なぜか口に入れたパスタがこぼれてしまうことに驚く、不安に襲われて鏡を覗いた彼が見たのは、顔の左半分がマヒして歪んでいる自分の姿だった。

 病院での検査の結果分かったことは、彼の脳に直径4センチの巨大な腫瘍があったことだ。病名は聴神経腫瘍。これは耳から脳につながる内耳神経に腫瘍が出来る病気で原因は不明である。発見が遅れると腫瘍が脳を圧迫して死に至ることもあるという。彼の場合、腫瘍は5〜10年前に出来ていたと考えられ、彼の最初の症状は腫瘍によって聴神経が圧迫されたことに起因しているが、この病気の落とし穴はしばらくすると症状が治まることだという。そしてさらに巨大化した腫瘍は顔面神経を圧迫し、味覚異常や眼の周りがピリピリするという症状を招き、ついには顔面の筋肉を制御できなくなったのだという。彼は手術により一命は取り留めたが、腫瘍が大きくなっていたので、左耳の聴覚を失った上に顔面マヒも残ってしまったという。年間1000人が聴神経腫瘍を発症しているという。

 1例目は高齢者などに非常に多い症例。特に大腿骨頸部骨折は骨粗鬆症患者に特有で、健康な若者の場合は滅多にこの部分が骨折することはない(身体を支える部分だけにそれだけ丈夫なのである)。非常に負担の多い部分だけに、高齢者の場合はそもそも最初の骨折で寝たきりになってしまう場合が多いという。基本的には骨粗鬆症に注意するのが基本である。閉経後の女性は特に骨粗鬆症になりやすいので、カルシウムが不足しないようにするのと、適度な運動で筋力を鍛えておく必要がある。

 2例目は・・・・はっきり言って、見ていて顔が引きつりました。難聴・・2年前に左の聴覚が突然に落ちて「突発難聴」との診断を受けました。その時はしばらくして治ったのですが、最近も何度か左耳の聴覚が落ちてます。目まい・・しょっちゅうです。目の回りがピクピク・・これも結構あります。これは私も病院直行か? なんか見ていると病院に行きたくなる番組だな・・・。 

 

1/25 たけしの本当は怖い家庭の医学「風呂あがりのめまい&海外旅行の疲れ」

 今回は旅行に注意というテーマだそうな。1例目は旅先での思いがけない落とし穴。

 43歳の主婦。中学受験の娘につき合って不規則な生活を続けていた彼女は、娘が無事に合格したことから自分へのご褒美にと、友人2人と一泊二日で温泉に羽をのばしにやってきていた。2月末ということで露天風呂は凍えるような寒さだったので、彼女は慌てて湯船に飛び込み、10分ほど十分に温まった。しかし風呂から上がった彼女を突然の目眩が襲う。のぼせたのかと考えた彼女は、部屋でしばらく休む。すると目眩はおさまったので、彼女はその夜は友人たちと遅くまで飲み明かす。翌朝午前6時、早朝に目が覚めた彼女は、せっかくだからもう一度入浴しておこうと露天風呂に入る。しかし彼女が風呂から出ようとした時、突然に右半身に痺れが走り、体が思うように動かせなくなる。1時間後、露天風呂にやってきた友人たちが見たものは、風呂で溺死した彼女の死体であった。

 彼女が溺死した原因は脳梗塞である。日頃から高カロリー高コレステロールの食事を好んでいた彼女は、脳の血管で動脈硬化が進んでいた。それが寒い露天風呂に突然に入るということでとんでもないことを引き起こしたのである。寒い中で収縮した血管では血流が悪くなり、血小板などが詰まる。次に身体が温まると共に急激に血管が拡張、今度は血圧が急降下し、澱んだ血液によって血栓が生成する。風呂あがりのめまいはそれが原因だった。しかしこの血栓は、彼女が休養を取っていた間に流れさり、一端は症状が治まった。しかし次に彼女が大量の飲酒をしたのが悲劇的だった。アルコールの利尿作用で体内の水分が減少した彼女の血液は濃い状態になり、そのまま早朝の寒い露天風呂に入ったため、今度は完全に血管が閉塞してしまい、破滅的結果を迎えたのである。

 2例目は海外旅行での落とし穴。

 60歳で定年を迎えたことをきっかけに、夫婦で東南アジアに出かけた男性。現地で珍しい料理を堪能して帰国してきた。しかし帰国して一週間後、彼は身体のだるさに襲われる。旅行の疲れだと思っていた1ヶ月後、今度は首に赤みを帯びたコブが現れる。しかも奇妙なことにそのコブは、しばらく経つと消えてしまい、数日後には別のところに現れるということが起きる。気になった彼は皮膚科を訪れるが、その時には既にコブは消えており、異常は発見できなかった。そして半年後、今度は彼は眼の激しい違和感に襲われる。様子を見ようとして彼の目を見た妻は、そこでとんでもないものを発見する。それは彼の目の中にいる虫のようなものだった。

 彼の病名は有棘顎口虫症。淡水魚などに寄生する有棘顎口虫の幼虫が、体内に侵入したことで発生した病気だった。彼がこれに感染したのは、東南アジアで食べた川魚の刺身だった。最近のグルメブームで感染者は増えており、年間で100人以上の日本人が感染しているとのこと。体内に侵入した有棘顎口虫の幼虫は、腸の壁を食い破って血管に入り込む。そしてまずは肝臓に到達する。彼に現れた身体のだるさは肝機能の低下によるものだった。しかし免疫細胞などから逃れられる快適な住処を求める幼虫は体内を移動、その時、一時的に皮下脂肪層に入り込んだのが赤いコブであった。しかし有棘顎口虫は移動時に消炎鎮痛効果のある分泌物を出すため、移動後にはかゆみや赤みは消えてしまう。これが落とし穴となった。そして有棘顎口虫はついに頭部に到達し、頭蓋骨の隙間から脳に侵入、そのまま脳の表面を経由して免疫細胞の少ない眼球にたどり着いたのである。この病気の場合、最悪は失明に至る危険があるが、彼の場合は発見が早かったおかげで幼虫の摘出に成功、失明を免れた。しかし有棘顎口虫の寿命は長いため、感染に気づかない患者も多いという。

 共に旅行で遭遇しやすい病気としているが、実際は1例目の方は家の風呂でも非常に可能性がある(というよりも、その方が圧倒的に多い)事例である。日本人は風呂が大好きであるが、入浴というものは身体に負担もかけるので、風呂の入り方というのは重要である。特に風呂場が温まっていない一番風呂は身体に負担が大きいため、一番風呂には一家の主人が入るというのは、一番体力的に強い者がまず入るという意味で理にはかなっているのである(奥さんの方が身体が丈夫な家は、奥さんから入ればよいです)。よく熱々の湯にヒーヒー言いながらザブンとつかる人がいるが、あれが最悪の入り方。実際にそんな入り方をすれば、血圧が激しく上下しているのは体感でも分かるはずです(頭にザーッと血が上がってきて、顔が真っ赤になる)。高血圧の素因のある人がこんな入浴方法をしていたら、いつか命を落とすのも当然というもの。

 2例目の方は、これはよくある症例。番組でもゲストのうち3人が寄生虫に感染した経験がありと診断されていたが、青田典子が感染していたアニサキスは国内でも感染例が非常に多い。よく鯖などについているので注意。これに感染した時の症状は非常に特徴的で、アニサキスが胃壁を破れろ卯とした時に激痛に襲われる。しかし大抵は胃壁を通り抜ける前に死んでしまうので、それで終わりである。魚などから感染する寄生虫は、人間の体内で棲息するには適していないので、重大な障害を発生する前に大抵は死んでしまう。しかしごく希に脳内や心臓内などに入ってしまうような例もあるので、軽く見過ぎると痛い目に遭う。またこれらの寄生虫が原因となってアレルギーを起こすこともある(鯖アレルギーと思っているもののかなりの部分は、実はアニサキスに対するアレルギーだというのは、以前にガッテンでも放送していた)ので、要注意ではある。基本は「衛生状態の良くないところで生ものを食べるのはやめましょう」というもので、だから東南アジアがよくやり玉に挙がるのである。

 新年1回目は2人とも助かり、2回目は2人とも助かったものの障害が残ったと来たから、今回は2人とも死ぬかと思っていたら、1人が死んだようである。それなら次回は2人とも死んじゃうのか? 予告を見ていると、耳が聞こえにくくなって目眩がするというのは、十中八九脳の障害だから、これは死亡確率高そう・・・って、ちょっと待て。耳が聞こえにくくなっていて目眩がするといったら、私の今の症状そのままだった・・・。

 

1/18 たけしの本当は怖い家庭の医学「朝の頭痛&肌の赤み」

 1例目は頭痛の例・・と言ったところで何の病気であるかは大体想像がつく。

 22歳の女子大生。彼女は既に大手旅行代理店への就職が決まっており、卒論の追い込みにかかっていた。しかしそんな彼女が、毎朝頭痛に悩まされるようになる。しばらく安静にすると頭痛は治まるので、ただの疲れだと考えていた。しかし彼女にさらなる異常が発生する。立ちくらみや腕の力が入らないなどの異常が立て続けに現れた。そして頭痛が始まってから6ヶ月後、卒論が終わっていよいよ楽しみの卒業旅行に出かけようとした彼女、しかしこの時には目がかすむなどの症状が現れる。そして卒業旅行の日、いきなり激しい頭痛に襲われる。それを圧して空港に出かけた彼女だが、空港でついに意識を失って倒れ、病院に運び込まれる。

 彼女の病名は脳出血。脳内の血管が破れて血液が漏れ出す病気である。普通は高齢者がよくなる病気なのだが、彼女がこれを発症したのは意外な原因があった。彼女が脳出血を起こした原因は腎臓にあった。彼女は腎血管性高血圧にかかっていたのである。これは腎臓への腎動脈の異常によって発生する。彼女の場合は腎動脈の壁が厚くなって腎動脈が極端に細くなってしまったのである(これを繊維筋性異形成と言うらしい)。血液が不足した腎臓は血圧を上げるレニンという物質を分泌し、血流を確保しようとする。その結果、彼女の血圧は200/130以上というとんでもない高血圧になってしまっていたのである。彼女の朝の頭痛は起床による血圧の上昇によって、立ちくらみも同様に高血圧が原因となっていた。また腕に力が入らないのは、腎臓の異常によって体内からカリウムが減少したことによる。そして最後に現れた目のかすみは高血圧のせいで目の毛細血管が出血を起こしたことによった。なお繊維筋性異形成は20〜30代の女性に多く、潜在的な患者は30万人いると見られているとのことだが、ほとんどの場合は特に問題は発生しないという。彼女の場合は比較的レアケースのようである。なお彼女は脳内の出血が比較的少なかったおかげで一命は取り留めたが、半身のマヒが残って現在リハビリ中とのこと。

 2例目は思わぬことで思わぬ病気になった例。

 68歳の女性、冷え性の彼女は冬にはもっぱら自分の部屋にこもってこたつに入り続ける生活を送っていた。そんな彼女は、冬になる度にすねに赤みが出ることに気づいていた。しかし痛みもかゆみもないため、単なる肌荒れと考えていた。しかしある時、足の皮が剥け血が滲んでいることに気づく。その時はどこかにひっかけたのだと考えて、絆創膏を貼ってすませていたのだが、その傷は一週間経っても治らなかった。しかしこの傷は痛みもなく、やがてかさぶたになったので、彼女はこの傷のことは忘れてしまった。そしてその次の冬、その傷はさらに大きくなっていた。しかし彼女はこの傷のことを家族に隠していた。しかしある日、孫がそれを見つけ、話を聞いた息子達に強引に勧められて彼女は病院の診察を受ける。しかし彼女を待っていたのは思いがけない病名だった。

 彼女の病名は有棘細胞癌。皮膚癌の一種で、紫外線ややけどの刺激で発症すると言われている。そして彼女がこの癌を発症した原因はなんとこたつだった。冬の度に長時間こたつにはいり、しかも素足で姿勢を変えずにいたため、彼女のすねは常に直接に熱が伝わっている状態であった。皮膚の赤みは温められて拡張した血管が表面から透けていたものだった。これは熱性紅斑と呼ばれる火傷の一種である。ただこの時に足を衣服で覆ったり、温める場所を変えていれば特に問題が発生しなかったのだが、彼女は20年に渡って同じ箇所に熱刺激を加え続けていた。そしてこのことが遺伝子を傷つけ、ついには癌を発生させてしまった。すねに現れた傷は、この癌だったのである。1年間放置していた彼女の癌は骨まで達しており、結局は足を膝下から切断せざるを得なくなったとのことである。

 新年第二弾目はかなり意外な症例。1例目は通常は年寄りの病気と思われる高血圧が若者に発生するという衝撃的な例だが、かなりのレアケースとと思われるので、過度に心配する必要はないと思われる。また2例目は、皮膚癌と言えば普通は紫外線だと考えるのに、紫外線以外の原因で皮膚癌になるという珍しい例だが、これもあまりに特殊すぎる(20年間、ずっとこたつに入り続けていた)ように思われる。

 番組的には意外な例ほど面白いのだろうが、あまりにレアケースばかりだと実用性が薄くなり、変に不安感を煽るだけの番組になってしまう。その辺りのバランスが難しいのだが、この番組もそろそろネタがしんどくなってくる頃だと考えられるだけに、今後はさらにレアケース事例が増えてしまいそうな懸念がある。あまり特殊すぎる病気に偏らないバランスを願いたいところである。

 なお先週は2例とも患者は助かった。今週は2例とも患者は命はとりとめたが、大きな障害が残った。この調子で行くと、来週は2人とも死亡しそうな気配がある。

 

1/11 たけしの本当は怖い家庭の医学「浮き出た血管&長く続く咳」

 1例目はかなり長期間の例。

 29歳の時に出産をきっかけにして足の血管が浮き出るようになった美容師。特に痛みもないのでそのまま放置して10年後、やや豊満な体つきになった彼女の足の血管は、既にあまり目立たなくなっていた。しかしこの頃から、足のむくみやかゆみで悩むようになっていた。立ち仕事だから仕方ないかと諦めていた1ヶ月後、今度は足に小さな赤いコブが出来る。どこかにぶつけでもしたかと軽く考えていた翌朝、今度はそのコブから太ももにかけて赤い筋が出来ているのを見つける。これはさすがに病院にかかった方がよいと考えた彼女。しかしベッドから立ち上がった途端に、彼女は倒れてしまう。

 彼女の病名は肺梗塞。肺の動脈に血栓がつまり、最悪は死に至る病である。そして彼女が肺梗塞を起こした理由が、浮き上がった血管・下肢静脈瘤だった。彼女の足の静脈は妊娠の時に胎児に圧迫され、静脈が逆流したのが下肢静脈瘤が発生した原因だった。しかし下肢静脈瘤自体は珍しい病気でなく、日本人の5人に1人はかかると言われており、これ自体は特に恐い病気ではない。彼女にとって悲劇だったのは彼女が長時間の立ち仕事を続けていたこと。このため足のポンプ作用の働きが悪くなり、静脈の弁が逆流によって徐々に壊れ、血流がかなり悪くなっていたのである。しかし彼女は皮下脂肪が蓄積していたため、下肢静脈瘤の悪化は見た目には分かりにくくなっていた。しかも彼女の高カロリーの食生活は濃縮型血液につながり、この相互作用で血栓が出来てしまったのである(これが赤いコブ)。そして赤い筋はそこから伸びた血栓だった。そしてこの血栓が立ち上がった途端に肺に流れ込んでしまったのである。幸い彼女は治療が早かったため命はとりとめたとのこと。

 2例目はとんでもない落とし穴。

 健康には自信のあった35歳の主婦。しかしある日、息子が咳を始めたのをきっかけにして、病気がうつったのか咳が止まらなくなる。息子の方は2、3日で回復したが、彼女と夫はその後も咳が長引く。そして咳が出始めて4日後、彼女と夫には微熱が発生する。そこで2人は市販の風邪薬役を飲み、彼女は数日間休養を取ったが、夫の方は年始で忙しく不摂生な毎日が続く。3日後、夫の方は咳がおさまったのだが、彼女の咳はまだ続いていた。そして1週間後、彼女は猛烈な悪寒に襲われ、翌朝には激しい頭痛と40度を超える高熱で倒れてしまう。

 彼女は重い肺炎を起こしていた。病名はマイコプラズマ感染症。マイコプラズマは土中などに存在する菌で、誰でも1度は感染したことがあるというありふれた感染症である。普通は免疫によって回復するので、彼女の息子はすぐに治ったのだが、大人2人は別の症状が発生していた。それが免疫応答という免疫の過剰反応である・・・と番組では説明しているのだが、一つだけ気になったのは「免疫応答=免疫細胞の暴走」と番組で定義していること。私の記憶では、免疫応答という言葉自体は抗原物質に免疫系が通常に反応することを指していたのではないかと思うのだが。つまり「過剰な免疫応答=免疫細胞の暴走」という定義の方が正しいように私は感じる。ただ私は医学の専門家ではないので、断言まではできない。

 言葉の定義はともかくとして、免疫細胞が暴走した大人2人は、免疫系が正常な細胞まで破壊してしまうという事態になる。ここで明暗を分けたのが二人の免疫力の強さ。不摂生な生活をしていた夫よりも、健康に気を使っていた彼女の方が免疫力が強いため、これが仇となって免疫細胞の暴走の影響を強く受けてしまったのである。また一般にマイコプラズマに今まで感染した回数が多い人ほど症状が重くなりやすい傾向があり、彼女は既に何回か感染経験があることが災いした。しかもさらに不運なことは、彼女がこの状態でさらに風邪にかかってしまったことで、肺の炎症が一気に悪化して重度の肺炎を発症してしまったとのこと。幸いにして彼女も適切な治療によって回復したが、健康であることが思わぬ落とし穴になったのである。

 以上、新年一回目から死屍累々なのは避けようとしたのか、この番組には珍しく今回は二人とも死んでません。今回の二例の特徴は、普通はここまで悪化しないのだが、いくつかの不運な要素によってここまで悪化してしまったという例である。

 一つ目はいわゆるエコノミークラス症候群(肺塞栓)と似た症例です。肺塞栓は足を動かさないことで滞留した血液内に発生した血栓が肺の動脈に到達するのだが、今回の事例はこれよりもさらに大規模です。ちなみに肺塞栓と肺梗塞の違いは、血栓によって肺の血流が悪くなる状態が肺塞栓、肺塞栓によって肺組織の壊死などが進行した状態が肺梗塞だそうです。今回の事例の場合、かなり大きな血栓が出来たために肺梗塞になったのでしょう。このような血流系の病気はまさに日頃の生活がものをいいますから、濃縮型血液にならない食生活を心がけるべきでしょう。

 二つ目は健康なのが仇になった例。一般に免疫力が強い方が病気になりにくいですが、これがあまり強すぎると過剰反応を引き起こしやすくなります。近年増加しているアレルギーは、免疫系の過剰反応によって引き起こされる症例である。ただし、だからといって不摂生な生活を続けて免疫力を落とした方がよいなんて考えないように。今までこの番組で紹介された事例でも、かなりの事例が不摂生によって免疫力が低下していたことが誘因になっているわけですから。

 

12/14 たけしの本当は怖い家庭の医学「朝の吐き気&空腹」

 今回は冬の病SP。

 1例目は、マンションから新居に引っ越してきた44歳のサラリーマン。新居に満足していた彼だが、新居は広くなった分、どうしても寒くなりがちだった。そこに大きな落とし穴がある。

 引っ越しから二週間後、寒さの中で朝起きだした彼、しかし洗面所で激しい吐き気を感じる。さらに愛犬の散歩に出かけた時には左肩に激しい凝りを感じる。その夜にはパジャマ姿でキッチンに出た彼は、左手の外側に激しい痛みを感じる。しかしこれらの痛みはすぐに治まったので、寒さで筋肉がこわばったのだろうと考えて気にしなかった。さらに翌朝、今度は階段を上ろうとしただけで息切れがしてしまう。破局は次の年の正月に訪れた。この冬一番の寒さを記録したこの日、彼はトイレで倒れてそのまま帰らぬ人となるのである。

 彼の死因は心筋梗塞。心臓の血管が詰まって心筋が壊死することによる発生する恐ろしい病気である。彼が心筋梗塞を起こした原因は長年の生活習慣による動脈硬化の進行であった。しかしさらに彼の心筋梗塞を促したのは、皮肉にもマイホームであった。家の中の温度差の生じやすい木造一戸建てでは、屋内で10度以上の温度差が生じる。この気温差が、血管の収縮を促し、彼の血管の閉塞を招いてしまったのである。彼に現れた多くの症状は、心臓が一時的に酸素不足に陥ったことによる関連痛であった。本来は不調を訴えていたのは心臓であったのだが、この信号が他の神経と混信した結果、胃、肩、腕などの不調として感じられたのである。そして最後のその時、寒いトイレの中で力んだことで、血管が収縮、血管のふくらみにひび割れが生じ、これが血栓を作って血流が止まってしまったのである。

 2例目はこれも思わぬ原因の例。

 26歳のOL。几帳面で仕事熱心な彼女であったが、冬になると体調がおかしくなる異変が発生していた。まず現れるのは空腹。普段は食が細い彼女が、12月頃になるといくら食べても空腹感を感じるようになるのである。さらに彼女の不調は続く、やたらに眠気に襲われて睡眠時間は大幅に増加、倦怠感に悩まされるのである。しかしこれらの症状は春になると改善、仕事も順調になり、彼女は地方での大型プロジェクトに抜擢されるのである。彼女の転勤先は北の地方都市であった。しかしこの転勤が彼女に悲劇となる。冬の到来と共に、彼女の身体に今まで以上の不調が訪れる。再び空腹感が出た上に、仕事中に意識を失ってしまうなど眠気と倦怠感は去年以上になっていた。ここで彼女は内科の診断を受けるが、風邪との診断を受ける。しかし風邪薬を服用しても彼女の症状は改善しなかった。彼女の状況はさらに悪化、集中力が低下して普段はしないようなミスを起こしたり仕事に支障が生じ始めた。そして10日後、いたたまれなくなって会社を飛び出した彼女はそのまま無断欠勤をするようになる。2日後、心配になった同僚が彼女の部屋で見つけたのは、自殺を図った彼女の姿だったのだ。

 彼女の病名は冬季うつ病。冬にだけ症状が現れる鬱病である。最近になってアメリカで報告された病気であり、原因は不明であるが、日照時間の不足によるセロトニン不足が原因ではないかと推測されている。一般の鬱病がストレスが原因になっているのとは少々性質が違う。セロトニンが減少したことで、脳の活動が低下し、それを補おうとしてエネルギーを補給したり、眠気や倦怠感につながったのだという。彼女の場合、北国に転勤したことで日照時間がさらに短くなり、その傾向に拍車がかかってしまったのだという。現在の彼女は光療法(強い光刺激を受けるというもので、睡眠障害の患者もこの療法を受ける)を受けて回復に向かっているとのことである。

 1例目は冬の病気の典型である。これ自体は珍しくも何ともないが、家の中の温度差に注目しているのが興味深い知見であろう。2例目は最近浮上してきた病だが、北欧などでは以前より注目されており、だから彼等は夏の間に日光を浴びることを心がけている。なおこの病気は季節によって気分が変化する傾向がある人間がかかりやすいとのことだが、私は5月のGWがすぎた頃から7月頃にかけて気分が沈むことがある。が、原因ははっきりしている。これはこの時期は祭日がない上に梅雨で鬱陶しい日が多いからである。こう言うのは鬱とは関係ないだろう(笑)。もっともこの時期に五月病にかかる新人が多いことを考えると、全く無関係ではないかもしれないが。

 SPの後半はインフルエンザについて。

 この番組が警告しているのは新型インフルエンザである。インフルエンザは鳥のものが人間に感染するのではと言われているが、鳥のインフルエンザはH1型からH15型まであり、この中で人間に感染するのはH1型(スペイン風邪)、H2型(アジア風邪)、H3型(香港風邪)である。これらはいずれもかつてに多くの犠牲者を出しているが、H1型とH3型は完全に定着してしまい、今では毎年交互ぐらいに流行するインフルエンザになっており、ワクチンなどの開発も進んでいる。恐るべきはこれら以外のインフルエンザが人間に感染することである。

 今年香港で3歳の子供が鳥のH5型インフルエンザに感染して死亡する事例があった。人間には直接は感染しないと言われている鳥インフルエンザも、接触が濃密だったり体質によっては感染することがある。もっとも警戒されたのは彼の体内でこのウィルスが新たな人から人への感染力を有する新型ウイルスに変異することだ。もしそうなれば人類は未だにこのウィルスに抵抗を持っていないので、パンデミックと呼ばれる世界的大流行を起こし、世界人口の半分の30億人が感染し、5億人が死亡する危険があるというのである。WHOは急遽綿密な調査を重ね、今回の事例についてはうぃするの変異はなかったと結論づけた。

 しかしさらに恐ろしい事件が発生した。今度はタイで少女がH5型ウィルスに感染して死亡する事件が起こったのだが、今度は彼女を看病していた母親もそのウィルスに感染して死亡したというのである。もしこれが人から人への感染なら大変なことになるということで、これもWHOが緊急調査を行ったが、現在のところは彼女の親類の間にしか感染は見られていないとのことである(つまりある特定の遺伝的体質しか感染しないということか)。ただまだ結論は出ておらず予断は許せないとのこと。

 専門家によると新型ウィルスの発生を抑えることは不可能だという。ウィルスが発生してからワクチンが開発されるのに半年ぐらいかかるから、その間に感染を予防するのが重要であるという。感染予防のポイントは、人混みの中に出ていかない(と言っても、サラリーマンにとってそれは不可能だ)、インフルエンザは飛沫感染をするので手を良く洗うなどである。

 以前にもインフルエンザの脅威は200Xでも紹介していたが、その時の内容は全くの新型ウィルスの流行のことよりも、最近あまり流行していないH2型ウィルスが流行する危険性のことがメインであった。今回の内容は全くの新型ウィルスについてであるので、それよりもさらに危険である。

 インフルエンザの危険性を訴えるという番組の主旨は良いのだが、非常に気になったのはこの番組特有の「煽りすぎ」。かなり恐ろしい内容を紹介しているだけに、煽りすぎはパニックを呼ぶ危険もあるので気になった。確かに今はパニックになるよりもこの危険性を知らない人間の方が多すぎることを考えると、ややキツメに宣伝しても良いとの判断だったのかもしれないが(正常化バイアスを打ち破るためか?)、対策に決定打がないのに危険性を煽るのは両刃の剣である。その辺りがやや無神経にすぎたのではないかとの懸念はある。

 

12/7 たけしの本当は怖い家庭の医学「関節痛&頻尿」

 今回は男性SPとのことで、男性がかかりやすい病気の特集だとか。おかげでスタジオは男性ゲストばかりというむさい状態である(笑)。

 1例目は関節痛がとんでもない病気の予兆だった例。

 53歳のサラリーマン。昔からスポーツマンだった彼は、今でもジムで汗を流す日々を送っていた。しかしそんな彼がある時、関節痛を感じ始める。「さすがに俺ももう年か・・・」そう感じた彼だったが、その後、異常な発汗、集中力の低下、不眠などの症状が出てくる。そして朝はだるくてなかなか起き上がれなくなる。ついには横になっているだけなのに激しい目眩に襲われ、不安になった彼は会社を休む。その後、身体の不調で会社をしばしば休むことになった彼は、近所の内科を訪れるが異常なしとの診察を受け、神経科の受診を勧められる。ここで鬱病の診断を受けた彼は、こう鬱薬を飲み始めるのだが、症状は一向に改善しなかった。そして半年後、彼はついには家から一歩も出られなくなってしまっていたのである。

 彼の病気は男性更年期障害だった。更年期障害は一般に女性の方が有名であるが、最近の研究で、男性も男性ホルモンの減少に伴う更年期障害が起こることが知られ始めている。彼が最初に感じた関節の痛みは、男性ホルモンの減少によって骨や筋肉の生成が衰えて関節がやせ細ったことによるのだという。またその他の症状もすべて、男性ホルモンの減少に伴う自律神経や脳への影響だったという。男性更年期障害は男性ホルモンを調べないと分からないので、鬱病と間違いやすいという。また更年期障害は誰でも発生するものではなく、ストレスが引き金になることが知られているという。ちなみに彼は現在ホルモン投与やカウンセリングの治療を受けて回復中であるという。

 2例目は頻尿。

 50歳のサラリーマン。仕事も遊びも若い者に負けないことを自任していた彼だが、最近は頻尿に悩まされるようになっていた。さらに尿意を我慢できなくなったり、尿がなかなか出ないなどの症状も起こっていた。さらに一ヶ月後、今度は残尿感に悩まされるようになる。半年後、さらに腰の痛みが起こる。一週間後、今度は足の痺れで歩けなくなる。妻に付き添ってもらっていった整形外科で精密検査を命じられた彼に、思いもよらない病名が告げられる。

 彼の病名は前立腺癌。50歳以上で検診を受けた男性の100人に1人はこの症状が見つかるといわれている(最近も、天皇がこれの手術を受けたのは話題になった)。原因は不明だが、高タンパク高脂肪の食事が原因になるのではと推測されているという。彼の症状はすべて前立腺の癌が肥大することによる膀胱や尿道の圧迫が原因になっていた。しかし彼はこの症状を年のせいと思いこんだため発見が遅れ、癌が脊椎にまで転移してしまったのだという。彼は2年後に死亡したとのこと。前立腺癌は、症状からは前立腺肥大症特別がつきにくいために、それが落とし穴になると言う。

 1例目は最近になって注目されているが、未だに一般的に認識が広がっているとはいいにくい病状である。漫画家のはらたいら氏がこの症状になり、その闘病記を公開したことで話題になったりしたこともある。今回の事例ではかなり重症化したが、現在は回復中とのことでまだ救いがあるが、これが原因で自殺に及んでしまった例もあるので注意。

 2例目はこれまた最近増加している事例である。頻尿は確かに老化でも起こるのだが、それ以外の要因もあるので要注意である。番組中でも説明していたように、前立腺肥大症と区別のしようがないのがこの病気のもっとも恐るべきところである。女性で同様の症状が出た場合には子宮癌の可能性もあるが、いずれにしても腰に痛みが出るぐらいになると手遅れであることが多い。

 以上、男性の病気を紹介したのが今回。男性諸氏は注意されたし。なお今回、この番組のゲストにヒロミが出演していたが、かなり久方ぶりに顔を見たような気がする。例の「あるある」のリニューアルと共に突然にレギュラーをはずされた彼であるが、裏では「堺正章ともめて干された」との噂があるが、その真偽のほどは私は知らないし興味もない。しかし彼を欠いた「あるある2」は、以前よりもさらにつまらない番組になったことは事実である。あの番組では、彼の発言は単なる馬鹿話のようであって実は本質を突いているということが結構あったのだが、それがかえって疎まれたか?

 

11/30 たけしの本当は怖い家庭の医学「風邪&痔」

 1例目は風邪がとんでもない病気に結びついた例。

 風邪をひいてしまった31歳の商社マン。しかし転職直後で仕事に頑張りたいと思っていた彼は、無理をして仕事を続ける。しかし熱が下がってから2日経っても黄色い鼻水が止まらなかった。しかもその症状は3ヶ月後でも変化がない。そんなある日、彼は妻から変な口臭がすると指摘される。さらにその数日後、彼は再び風邪をひいてしまったので、今度は市販の風邪薬で熱を下げる。しかしこの時、眼の周りが赤くなって痛むことに気づく。明日は病院に行こうと決めてのその夜。彼は眼の強い痛みに苦しみ、痛み止めを服用する。翌朝、眼の激痛に耐えかねて彼は病院に駆けつける。しかし既に彼の右目は失明していた。

 彼の病名は眼窩膿瘍。視神経が通っている眼窩というくぼみに膿が溜まる病気である。彼の視神経はこれで蝕まれて失明に至ってしまったのである。そして彼が眼窩膿瘍になった原因こそが慢性副鼻腔炎(俗に言う蓄膿症)であった。彼は最初に風邪をひいた時に、風邪のウィルスが副鼻腔に入り込んで炎症を起こしたのである。この程度の副鼻腔炎は誰でもよく起こるとのことだが、彼の場合、仕事の疲労で免疫力が低下していたため(いつもこのパターンである)、この副鼻腔炎が慢性化してしまったのである。黄色い鼻水や口臭はその症状であった。そして彼にとって決定的だったのは二度目の風邪をひいたこと。この時、彼の副鼻腔に連鎖球菌が入り込んで、急激に繁殖、一気に増殖した膿が副鼻腔からとなりの眼窩にまで流れ込んでしまったのである。この時にすぐに適切な治療をすれば失明は免れたのだが、彼の場合は治療が遅れたために視神経が侵されてしまったのである。

 2例目は痔だと思っていた病気が・・・。

 スナック経営の46歳の女性。ある日、排便時に出血をしているのに気づく。以前から便秘気味だったため、時にかかったと考えた彼女は市販の薬で治療を始めた。その後も、時々出血はあるものの痛みはなく、薬が効いているのだと考えていた。しかし3ヶ月後、彼女は激しい便秘と下痢に苦しめられていた。5ヶ月後、彼女に立ちくらみや下腹部のふくらみといった異常が出る。そしてついには便が全く出なくなってしまう。そしてある日、腹部の激痛で倒れた彼女は病院に運び込まれる。

 彼女の病名は直腸癌。排便時の出血はその症状だったのだ。直腸癌では常に出血がするとは限らないので、彼女は痔の薬が効いていると思いこんでいたのである。しかし癌は大きくなり、便が通ることを阻害し始めたことから、便秘や下痢が起こり始めたのである。また症状はさらに進展し、出血による立ちくらみ、便が詰まることによる下腹部のふくらみなどが発生。さらにはついに直腸を完全に塞いでしまって激痛に襲われたのである。彼女は命はとりとめたものの、直腸と子宮を全摘出し、現在も再発防止のための抗ガン剤治療を受けているという。

 1例目は明らかにかなりレアケース。慢性副鼻腔炎を患っている人は結構いるが、眼窩膿瘍に至る例は極めて少ないという。だから過剰に恐れる必要はないが、こういう最悪ケースもあり得るという警戒だけはしている方がよいだろう。なお慢性副鼻腔炎の治療については程度によって薬物療法から手術まであり、治療可能であるので、これに苦しめられている人は治療を受けるべきだろう。なお私は慢性副鼻腔炎は患っていないが、アレルギー性鼻炎を患っているので、常に鼻は詰まっている状態である。また鼻の形によって副鼻腔炎を患いやすい場合があるので、この場合は外科的治療が良いとのこと。

 2例目であるが、これは最近に多い病気である。今回の患者の場合は飲酒と肉食が誘因になっていた。便に血が混じる場合といえば、大腸癌と直腸癌があるが、大腸癌は鮮血ではなくもっと濁った血が出るので、痔とは区別がつきやすいが、直腸癌の場合は痔と同様に鮮血が出るので間違いやすいのが落とし穴である。大腸癌や直腸癌は元々日本人にあまり多くなかったのだが(日本人には胃ガンが多かった)、食生活の欧米化によって、欧米並みに増加してきたのが現状である。特に女性の場合は、痔ではなかなか医者に行かない場合が多いので、余計に危険であるようだ。直腸癌でなくても、痔などでもかなり悪化させてから医者に来るのが女性患者の特徴だという。心理的に抵抗があるのは分かるが。

 1例目はともかく、2例目にはかなりドキッとする人もいるのではないかと思われることから、明日辺りから医者に駆けつける患者が増加することが予測される。その患者のほとんどは単なる痔であるだろうが。もっとも定期的に検査を受けることは悪いことではないので、気になったら医者に行くのも良いであろう。

 

11/23 たけしの本当は怖い家庭の医学「イライラ&充血」

 1例目は病気の原因を間違えた例。

 大きなプロジェクトを任せられることになった43歳の商社マン。しかしその直後から彼はイライラしていることが多くなる。しかも家でも突然に怒り出すことなどがあり、ストレスが溜まっているのかなと考えていたのだが、症状はさらに悪化、不眠やすぐに腹が減るなどの異常な症状が出る。そしてついにある日、幻覚まで見るようになる。ここに至って精神を病んでしまったのではないかと疑って彼は心療内科を受診する。今までの症状を医師に説明したところ、鬱の傾向があるとして抗うつ剤を処方される。薬のおかげで気分も落ち着き、彼はその後も仕事を続けた。しかし1ヶ月後、プロジェクト成功を祝う席で思いっきり飲酒をして帰った彼は、そのまま寝込んでしまう。翌朝、彼が昏睡状態になっているのに気づいた妻が慌てて病院に運んだのだが、彼はもう二度と起きてくることはなかったのである。

 彼の病名はインスリノーマ。これは膵臓に出来る謎の腫瘍であるという。膵臓はインスリンの分泌によって血糖値を制御しているが、インスリノーマを発症した彼の膵臓は、インスリンを止めどなく分泌するようになってしまったのだという。その結果、彼の血中のブドウ糖は肝臓に蓄積され、慢性の低血糖の状態になってしまったのである。彼のイライラの原因は、低血糖になったことから脳がアドレナリンを分泌したことが原因だった。アドレナリンは肝臓に蓄積された糖分を血中に放出する働きをするが、同時に脳を興奮状態にして攻撃性を増す性質がある。イライラや不眠などはそれが原因であった。そして低血糖はさらに進行、ついに幻覚が現れるに至る。ここで彼が内科などで血液検査をしていれば、低血糖が発見された可能性があったのだが、精神の病と考えて心療内科を受診したのが悲劇だった。そして彼にとどめを刺したのが、大量の飲酒。アルコールによって肝臓からのブドウ糖の放出が抑制され、今まで辛うじて機能していた脳が致命的な低血糖状態になって昏睡状態に陥ってしまったのである。

 2例目はコンタクトレンズの使い方を間違えた例。

 田舎から上京した女性。彼女は変身をするべく2週間使い捨てのソフトコンタクトを使用し始める。1年後、キャバクラで働きだした彼女の生活は激変していた。酔っぱらって朝方に帰宅することが多くなり、コンタクトをはずさないまま眠ってしまったり、レンズケースの手入れをキチンとしなくなったりなど、コンタクトの扱い方が粗雑になり始める。この頃から目に充血がでるようになったが、彼女は目薬で抑えてコンタクトの使用を続けていた。しかし彼女はブランドもののバッグを買ってしまったことで、お金の節約のために2週間を超えたレンズをそのまま使用するようになる。そしてある日、またも帰りの遅くなった彼女は、レンズを2日間つけたままになってしまう。翌朝、猛烈な右目の痛みに驚いた彼女が見たものは、黒目が白くなってしまっていた右目だった。

 彼女の病名は角膜潰瘍。角膜が損傷して潰瘍が発生する病気である。失明などにつながることが多く、結局は彼女も右目を失明してしまった。そして角膜潰瘍を患った原因はコンタクトの誤った使い方だった。角膜は涙を通して酸素を補給しているが、コンタクトを装着することで酸素の透過が減少する。しかも眼を閉じた状態では涙の循環が減少するので余計に酸素が減少する。そのことによって角膜が傷ついてしまったのである。通常ならこの角膜の傷は一週間ほどで回復するのだが、彼女の場合は1日12時間の使用時間を超えていたために角膜の傷はさらに深くなっていった。しかもレンズの手入れを怠ったことで、レンズ内で緑濃菌が繁殖、このレンズを2日間つけっぱなしにしたことで角膜の損傷部で緑濃菌が爆発的に繁殖し、ついには潰瘍が出来るまでに至ってしまったのである。

 1例目については、精神の病か脳梗塞などの脳障害のどちらかだと思っていたのだが、膵臓の病気とは完全に意表を突かれた。確かに低血糖になるとイライラしたり、それを通り越すとボーッとしたりしてしまうものである。糖尿病患者などでも低血糖発作で昏睡状態に陥ることがあるので、症状的には全く同じものであると思われる。しかしこの症状だと、心療内科や脳外科にはかかる者はいても、なかなか内科にはかからないだろう。それが落とし穴だったということか。

 2例目はコンタクトの誤った使い方が悲劇的な結果につながった例。今回の場合はかなり極端な事例ではあるものの、決して少ない事例ではないので要注意である。ソフトコンタクトは装着感が楽なので人気なのだが、手入れが大変なのは事実である。最近登場している使い捨てコンタクトも、扱いを間違えると今回のように細菌の巣になってしまうことはよくあることなので要注意である。私のように手入れなどが横着になる危険のある人間は、コンタクトではなくて眼鏡を使う方が無難であろう。眼鏡だと、少々レンズが汚れていたぐらいで眼の病気になることはまずない(笑)。なおゲストの一人がカラーコンタクトを使用していたようだが、カラーコンタクトの中には医療品としての認可を受けてないものもあり(アクセサリー扱いになっている)、その中には色素が溶け出すような粗悪品もあったりすると聞いたことがあるので、カラーコンタクトを使用する際は気を付けてレンズを選んだ方がよい。番組に出演した医師も言っていたが、とにかく「トラブルがでたらまずはずすこと」これが基本である。

 ところで司会のビートたけしが「本当は恐いキャバクラ嬢」などと言っていたが、実際のところは彼女はコンタクトの扱いが云々などという以前に、キャバクラなんかで働きだしたのがそもそもの間違いだったような気がするが、これは別の話か。

 

11/16 たけしの本当は怖い家庭の医学「腰痛&しゃっくり」

 1例目は腰痛が重要な病気の予兆だった例。

 58歳のタクシー運転手。しかし彼の習慣は喫煙と脂っこい食事だったが、半年ほど前から腰痛に悩まされていた。マッサージで誤魔化していたが、腰痛はさらにひどくなってきたし、足の痺れまで出てきた。そこで彼は一度整形外科にかかる。そこでの診察結果は坐骨神経痛というもの、運動をした方がよいという医者のアドバイスに従って、彼はウォーキングとストレッチを始める。しかし腰痛はさらに進行、寝ていても腰が痛むようになり始める。さらには尿や便が出ないなどの症状まで現れる。そしてある日、腰に感じた激しい痛みに腰を伸ばそうとした途端、倒れて意識を失ってしまうのである。彼はただちに病院に運び込まれたが、その時には既に死亡していた。

 彼の病名は腹部大動脈瘤。これは血液を下半身に送る腹部大動脈の動脈瘤ができる病気である。そして彼がこれを発症した原因は、喫煙などの生活習慣から来た高血圧であった。彼の症状は動脈瘤が腰骨や尿管、大腸などを圧迫したことによるものだったのだ。そして最後の瞬間、彼が腰をそらしたことで大動脈瘤が破裂、彼は失血性のショックで死亡したのである。動脈瘤は通常のレントゲンには写りにくいため、残念ながら整形外科の検診では発見されなかったのである。

 2例目はしゃっくり。

 28歳の受付嬢をしていたOL。いつものように接客をしていた彼女は突然のしゃっくりに戸惑う。このしつこいしゃっくりは2時間ぐらいでおさまったものの、その夜、今度は激しい吐き気に襲われる。異常を感じた彼女はかかりつけの医者に行ったところ、ストレス性の胃炎ではないかとの診断を受けて、その時は薬で回復する。しかし半年後、今度は突然に耳が聞こえなくなるといった症状が現れる。また翌朝には一定のリズムを刻む鈍い頭痛に襲われるが、彼女は市販の頭痛薬を飲んで出社する。その一週間後、明らかに彼女に異常が現れていた。今まで服装に気を遣っていた彼女の制服はシワだらけ、しかも突然に客に対して怒鳴ってしまうという異常行動を示す。彼女が倒れたのはその直後であった。彼女は意識不明で病院に運び込まれるが、そのまま帰らぬ人となる。

 彼女の死因は脳腫瘍。脳に出来た腫瘍が周囲を圧迫することによる病気である。腫瘍の出来る場所でいろいろな症状が出るが、彼女は脳幹付近に腫瘍が出来たことから、呼吸中枢や胃の中枢が圧迫されたため、しゃっくりや吐き気の症状が現れたのである。その後さらに腫瘍は成長し、それが聴神経を圧迫して難聴が、脳の髄液の流れを止めることで頭痛が起こったのである。さらに成長した腫瘍は感情を司る中枢を圧迫、ついには呼吸中枢を押しつぶして死に至ったのだという。脳腫瘍発生の原因は不明であるが、女性の方が男性よりも2倍も発生するという。ただし悪性でなければ90%は早期の治療で助かるのだという。

 1例目は血管の病気で、2例目は腫瘍である。ただ同様の症状はその逆でも起こる。例えば女性の子宮癌などでも大きくなると腰痛などの症状が出る。また突然の難聴や性格の変化などの症状は、多発性脳梗塞などでも発生する。この症例の彼女の場合は年齢が若かったことから、脳梗塞は考えにくいが、高齢者の場合は脳梗塞の方が確率は高くなる。この番組でも言っていたが、脳の場合はどこに症状が現れるかは千差万別であり、今回のようなしゃっくりなどと言うのは極めてレアケース(この番組自身も珍しい症状と言っている)であるので、「しゃっくりは出ないから大丈夫」と考えないことは重要である。代表的な症状は頭痛やめまいや吐き気などと言うが、脳腫瘍に限らず脳の障害では大抵はこの症状が出るので、このような症状が続く場合は脳の検査を受けた方が良いだろう。特に高血圧の人は要注意である。

 なお脳梗塞などの脳の障害の場合、程度によっては性格の変化というのが現れることがあるのは有名である。それまで堅物だった親父が急にスケベ親父になったり、おとなしかった人物が暴力的になったり、几帳面だった人が急にルーズになったりなどの例を聞いたことがある(不思議なことにその反対は聞いたことがない。元々スケベだったり、暴力的だったり、ルーズだったりしている人は、初めから脳が損傷してるのだろうか?)。家族などにとっては、その変化に戸惑って苦しむ場合が多いという。なお政治家によく現れる症状で、選挙が終わった途端に公約のことをきれいに忘れてしまう「突発性健忘症」とか、選挙が終わった途端に政治信条が180度変化して、野党から与党に鞍替えしてしまう「突発性人格変調(別名、末広まき子症候群)」なども存在するが、こちらの治療法は選挙で落選させることしかないようだ。なお当選回数を重ねてしまうと病状がより悪化するので、患者のためには出来るだけ早急に落選させる必要があるようである。おっと失礼。またも話があらぬ方向にそれた。 

 

11/9 たけしの本当は怖い家庭の医学「体重の減少&肩こり」

 今回は肥満SPと言うことで、ゲストは高木ブーを始めとして、内山信二、松村邦洋、伊集院光という、まさに全席シード席という凄まじい構成である。ちなみに肥満SPとなると、当然ながらそれは私の身にも降りかかってくることである。正直なところ、もう番組が始まる前から何の病気が登場するかの大体の予想は出来ている。

 1例目は体重の減少がとんでもないことになった例。

 体重が115キロもある30才のサラリーマン。合コンで女性にもてたいと思った彼は、一念発起してダイエットを始める・・・と言っても、昼食をラーメン+チャーハン+餃子だったのを餃子を抜くといった程度の、とてもダイエットとは言えないダイエットだった。しかしそれでも1週間後に体重は5キロも減少していた。気をよくする彼だが、2週間後には倦怠感に襲われ始める。しかしその後も体重は減少、わずか3週間で10キロも減量する。勇んでコンパに出かけた彼、しかしその場で「息が甘い匂いがする」と指摘される。そしてそれが実は最終警告だった。コンパ後、女性の部屋に4人で二次会に出かけた彼だが、途中で疲れたのか寝込んでしまう。酔っぱらったのだと思って仲間は彼をそのまま放置したのだが、翌朝、彼が昏睡状態になっているのに気づき、急遽病院に搬送したのだが、彼はそのまま息絶える。

 彼の死因はケトン性昏睡だった。これは糖尿病の急性合併症の1つで、意識障害を起こして最悪は死に至ることもある病である。今まで散々暴飲暴食を繰り返してきた彼は、腎臓のインスリンの分泌が一気に減少する状態(いわゆる糖尿病)になってしまったのである。インスリンが減少することで糖分がエネルギーに使用できず、エネルギー不足になった身体は脂肪の分解を始めるために、この時に体重の減少が発生するのである。しかし大量の脂肪が分解された時に大量のケトン体が放出される。ケトン体は少量の時には問題ないが、これが大量に発生すると身体に有害であり、倦怠感などの症状が発生する。また息が甘い香りになったのは、肺から放出されたケトン体によるものだった。またケトン体の増加は脳の活動を低下させ、昏睡状態に陥ってしまったのである。さらに彼にとって不幸だったのはそのまま放置されたことであり、これが彼の死を決定的にしたという。なおこの病気の恐ろしいところは、急激な体重の減少から数週間で死に至ることがあることだとのこと。

 2例目は肩こりから始まった例。

 結婚後に体重が92キロにまで増加した44才の主婦。彼女は最近、肩こりに悩まされるようになっていた。また朝起きるたびに頭痛が発生するようになる。そこで一念発起して水泳を始めたのだが、今度は毎晩悪夢にうなされるようになってしまう。そしてある時、異変が起きた。てんぷらを揚げていた彼女は、目の前の油が燃え上がっていたのに気が付かなかったのである。その時は異変に気づいた夫の機転で事なきを得たが、この後、水泳に出かけた彼女を不幸が襲う。仲間とプールサイドを歩いていた彼女は突然に胸を押さえて倒れ、そのままプールの中に転落する。仲間が慌てて彼女を病院に運び込んだが、彼女はそのまま帰らぬ人となってしまった。

 彼女の死因は心筋梗塞。そしてこの心筋梗塞を招く元となった症状こそが「睡眠時無呼吸症」であった。睡眠時無呼吸症とは、7時間の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上起こるか、睡眠1時間あたりの無呼吸が5回以上起こる場合を言う。原因は肥満によって気道が圧迫されて閉塞することで、睡眠中に大きないびきを発することが特徴である。睡眠中に呼吸が頻繁に停止しているため、身体が酸欠になって肩こり、頭痛、悪夢などにつながっていたのである。さらに睡眠不足になることから、昼間に突然眠気に襲われることがあり、天ぷらの時のトラブルも彼女が知らない間に眠っていたことが原因だった(これで事故を起こしたJRの運転士もいた)。さらには慢性の酸欠は、濃縮型血液につながり、しかも肥満による動脈硬化が血管の閉塞に拍車をかけ、結果として心筋梗塞につながってしまったのである。なお睡眠時無呼吸症の患者は200万〜300万人いるのではと言われているとのこと。

 肥満からくる病気という時点で、糖尿病と睡眠時無呼吸症ではと予想していたのだが、見事に的中してしまった。実際私も、睡眠時無呼吸症はかかっている可能性があるようである。ゲストのVIP連中は、内山氏が糖尿病、松村氏と伊集院氏が睡眠時無呼吸症の可能性がある(松村氏はほぼ確定)との診断を受けていた。また高木ブー氏は既にだいぶ前に睡眠時無呼吸症の診断を受けており、現在睡眠時には対策器具を使用しているという。

 肥満はそれ自体は死につながるものではないが、数々の病気の引き金になりやすい。糖尿病はその最たるもので、またこの病気が恐いのは数々の合併症を引き起こすことである。今回の事例ではケトン性昏睡で命を落としていたが、重度の糖尿病の場合、毛細血管の破壊による手足の組織の壊死や、失明などが起こる場合がある。肥満の人間が特別に生活を改めていないのに、突然に体重が落ち始めると要注意である。実際、私などは身体の不調で医者に行くと必ず聞かれるのは「最近、突然に体重が減ったということはありませんか?」である。体重の減少は糖尿病の典型的症状であり、だから糖尿病になると痩せるのであるが、世間ではそこのところに誤解があるようである。そう言えば、あるダイエット薬の宣伝で「インスリンが細胞に糖質を取り込む作用を妨げ」などと謳っているものを見たことがあるが、本当にそんなことをしたら命取りである。ダイエット薬の宣伝はインチキが多いので注意するように(そもそも運動もせずにゴロゴロしているだけで体重を減らせる薬など存在しないというのは、医学の常識ではあるが)。

 また最近とみに注目を浴びている睡眠時無呼吸症だが、これは突然死の原因になるだけでなく、JRの事故のように注意の欠落による重大事故につながる恐れがあるので要注意である。この病気は一番気づきやすいのは配偶者であるので、その点は既婚者の方が有利である(私の場合、チェックしてくれる人がいない)。独身男にとっては、睡眠時無呼吸症をチェックしてくれた上で、食事の計算をしてくれる嫁さんを貰うことが一番の予防のようであるが・・・。

 

11/2 たけしの本当は怖い家庭の医学「むせかえり&かすり傷」

 今回は高齢者SPとのこと。どうも最近はターゲットを明確化しようとしているのか、この○○SPというのがやたらに多い。ちなみに次回は肥満SPのようであるし。

 1例目は70才の町工場の主人。

 70才でも現役で活躍していた彼であるが、どうも最近は食事でむせかえることが多くなっていた。それがある日、いつもの機械を運ぼうとしても力が入らないという症状が発生、翌日には倦怠感がでて微熱が出た。風邪かと思って放っておいた彼であるが、2日後には返事をする気力もないほどの倦怠感に襲われる。しかも1時間後にはトイレに向かおうとして失禁してしまう。初めての体験にショックを受けた彼は、翌日に病院に行こうと決めるが、異変はその夜に起こる。彼が眠りについた2時間後、妻は彼の爪が青黒く変色している上に、唇まで青黒くなっているのを発見する。彼はすぐに病院に運び込まれたが、その日の深夜に呼吸不全で帰らぬ人となる。

 彼の死因は誤嚥性肺炎であった。これは口の中の菌(彼の場合は肺炎球菌)が肺に入り込んで炎症を起こす病気である。口中のこれらの菌は大抵は唾液の酵素で破壊されるのだが、彼の場合は高齢のために酵素が十分でなく、これが口の中で繁殖してしまったのだという。そしてその菌が、むせかえった時に肺に入り込んだのだという。通常は食べ物を食べる時は喉頭蓋(その名の通り気管の蓋)が気管を塞ぐのであるが、彼の場合は動脈硬化によって喉頭蓋に対する脳からの指令がうまく伝わらず、誤嚥を起こしたのだという。むせかえりは誤嚥した食物を吐き出すための反応だが、彼は高齢のためにこの効果が弱く、食物が肺まで入り込んでしまい、そこで肺炎球菌が繁殖してしまったのだという。力が入らない、倦怠感などの症状は肺の機能の低下による酸欠症状であり、気力の低下や失禁は酸欠が脳にまで及んだ結果だという。なお肺炎は通常高熱が出るというイメージがあるが、高齢の場合にはこのような発熱の機能が低下していることから、発熱・咳きなどの症状が出にくく、実際に3人に1人はこのような症状は出ないのだという。そして彼の肺の機能は機能停止にまで陥り呼吸不全で命を落としたのだという。なお誤嚥性肺炎の怖さは進行の早さで、この事例でも1週間で最終局面にまで至ったという。

 2例目は長男夫婦と同居している68才の女性。

 夫を亡くしたことから長男夫婦と同居するようになった彼女だが、長男の嫁と折り合いが悪く、肩身の狭い思いをしていた。そんなある日、彼女は鉢植えを動かそうとして転倒、腕に擦り傷を負う。その時はそんなに気になるほどの傷でなかったのだが、この傷から後にとんでもない事態に陥る。まず最初の異変は1週間後、食事をしていた彼女は、やけにアゴが疲れることを感じる。さらに翌朝には、味を全く感じなくなっていた。さらに首筋に強い張りや凝りを感じたが、これについては年のせいだと気にしなかった。するとその夜、今度は呼吸しづらいといった症状が出る。それはしばらく後におさまったものの、翌朝、自分の顔に妙な違和感を感じた彼女は鏡を見てびっくりする。口が異様に引きつっていたのである。たまたまその時、彼女の部屋に嫁が入ってくるが、義母の異様に引きつった顔を見た嫁は思わず悲鳴を上げる。しかしそれがきっかけとなったように彼女は激しい全身痙攣を起こし、病院に運び込まれる。

 彼女の病名は破傷風であった。これは傷口から入った破傷風菌の毒素によって神経がやられる病気である。50年前にはこの病気で年間1000人以上が死んでいたというが、衛生環境の改善とワクチンで死亡者数は激減したが、今でも100人ぐらいが発症しており、死亡率は20%近くあるという。そして彼女がこの菌に感染したのは、転んで腕に怪我をした時である。破傷風菌は土に50%の確率で存在しており、この時も植木の土から傷口に菌が入ったのである。通常は免疫で菌は排除されるが、彼女は高齢とストレスで免疫が低下していたため、菌を完全に排除できず、また血管がなかなか再生しなかったことから傷口が無酸素状態になり、この環境が破傷風菌の爆発的な増殖と毒素の発生を促したのだという。この毒素はまず顎の神経に作用し、次には肩や首、呼吸筋にまで入り込んだのだという。そして最後の日には毒素がついに顎の筋肉を麻痺させ、破傷風菌に侵された神経は、音や光に過剰に反応するため、嫁の悲鳴が引き金になって全身痙攣を起こしてしまったのだという。なお彼女は治療の甲斐あって命を取り留めたが(ワクチン治療などによって治癒可能であるという)、破傷風患者の7割は60歳以上の高齢者であるという。

 いずれも高齢であることによる免疫力の低下が原因となった病気である。そのために通常はかからないような細菌に感染した事例であると言える。2例目の破傷風は特にポピュラーなものであり、今でも「ガーデニングの時の怪我には注意しろ」と言われる一つの理由になっている。破傷風菌に限らず土の中には多くの菌が存在している(だからこそ土は生きているとも言えるのだが)。通常はこのような菌に感染することはあまりないのだが、何らかの理由で免疫力が低下しているとこのように重大な症状になることがあるのである。今回の事例はその原因が高齢であったが、若くても疲労やストレスで免疫力が低下していると当然ながら感染のおそれがあるので要注意である。

 今回の事例を見ていると、やはり免疫力を高い状態に保つというのがポイントであるのが明らかであり、疲労やストレスは万病の元というのがうなずけてしまう。現代人に奇妙な病気が増えているのは、高ストレス社会の反映に他ならないようである(医療水準も栄養環境も向上しているのだから、元来は大幅に病気は減少するはずであり、実際に一部の病気はそうなっているわけであるから)。

 

10/26 たけしの本当は怖い家庭の医学「食欲不振&発疹」

 かなり久方ぶりの放送である。ところで食欲不振や発疹ってあまりにありがちすぎて、どんな病気でも考えられそう。

 1例目は思わぬところで思わぬ病気になった例。

 両親と暮らしていた高校生の少女、彼女はある日、庭に病気の小猫が迷い込んでいるのに気づく。猫好きの彼女は三日三晩徹夜で猫の看病をしたのだが、彼女の看病の甲斐なく小猫は死んでしまう。しかしその後、彼女の身体に異常が現れる。最初の症状は食欲不振だった。小猫のことで気落ちしているのかとその時はあまり気にしなかったのだが、やがて発熱が出る。この時点で近所の医者にかかるが診断結果は「風邪」(いつものお約束のパターンである)。薬で熱は下がったのだが、倦怠感は全くとれなかった。しかもその二日後に、今度は母親に同じ症状が現れる。そして半月後、今度は少女に目の充血が現れる。そしてこれが最終警告であった。その夜、居間の物音が気になって様子を見に行った母親が目にしたのは、錯乱して暴れ回る娘の姿だった。父が慌てて押さえつけると、今度は全身痙攣を起こし、昏睡状態に陥ってしまう。

 彼女の病名はCSD(ネコひっかき病)。病気の小猫から感染したバトルネラ・ヘンセラ菌が原因であった。この菌は猫の血液や口、爪などに存在し、人間が感染した場合には最悪は死に至るという。普通は猫に噛まれたりひっかかれたりした時に感染するのだが、彼女にはそのような傷はなかった。実はこの菌を媒介したのは猫につくネコノミであったのだ。菌に対する感染によってリンパ節が炎症を起こしたことが発熱や食欲不振・倦怠感などに、さらに目の結膜に感染することで充血が、ついには脳に炎症が及び異常行動が起こったのだという。通常はここまで重い症状には至らないのだが、彼女の場合は三日三晩の不眠での看病による免疫力の低下がここまで症状を悪化させた原因だったのである。ちなみに日本の飼い猫の保菌率は7.2%だという。表をよく出歩く猫ほど他の猫から感染するケースが多いとのこと。なお彼女は幸いにも治療の甲斐あって命を取り留めている。

 2例目は発疹の例。

 48才の板金工場の経営者。ある日、食事時に首に発疹が出ていることに気づく。さらに彼は3年前から夏バテ対策がきっかけでよくうどんを食べるようになっていたのだが、この頃からうどんを食べると下痢を起こすようになる。そしてついにある日、昼食にうどんを食べていた時、全身に激しい腫れが出て、病院に運び込まれる。

 この時の彼は全身に湿疹が出ていた。そして彼の診察結果は小麦アレルギーだった。元々彼は弱い小麦アレルギーを持っていたのだが、うどんばかりを食べすぎたせいでそれが悪化、ついには激しい全身症状が出るに及んだのである。また彼の食事時の発疹は、家族が食べていたクッキーが飛び散って首に付着したのが原因であった。

 話はここで終わらない。さらにその後があるのである(新しいパターンだな)。それ以来、彼の家では小麦が一切追放され、彼は毎日妻の弁当を工場に持っていって慎重に小麦を避ける生活をしていた。しかし工場の忘年会でのことであった。従業員と一緒に参加した忘年会で、天ぷらを避けてつくねを食べて帰った彼は、家に着いたところで全身に発疹を出して突然に倒れ、病院に運び込まれるのである。

 彼の症状はアナフィラキシーショックだった。これは全身の抗体が暴走する強度のアレルギー症状であり、死に至ることが多い(蜂などに刺された場合によく起こることが有名である。それも初めて刺された時でなく、二回目に刺された時というのがたちが悪い)。そして彼がこの症状を発症した原因がつくねのつなぎに使っていた小麦粉であった。またこの時に彼がこのような激しい症状を発症したのは、仕事が年末進行で過労状態になっていたことと、彼が忘年会の後に歩いて帰ったことで運動刺激が加わったことがあるという。誰でも自分では気づいていないアレルギーを持っている場合があり、そのような物を食べた時、これらの条件が揃っていると突然にアレルギー症状が出ることがあるので注意。

 さて1例目であるが、CSDに限らず、犬猫などの動物から感染する病気は多い。だからこそやたらに野良犬などに触るのはよくないし、犬と食器を共用する(自分の箸で餌をやるなど)などは御法度なのである(以前にも犬から感染する寄生虫エキノコックスも登場している)。動物との接触は節度を持って行うのは基本。なお動物から人間に感染する場合だけでなく、逆に人間についている菌が動物に感染して命を奪う例もある。だから動物園の飼育係などはこれに非常に気を使っている。

 2例目は最近非常に多いアレルギーの落として穴。事例のような小麦粉の場合、つなぎなどに目に見えない形で使用されている例が多いので、これは要注意である。またそばアレルギーなどでよくあるのが、そばと同じところで調理された食べ物で発症する例(そば粉を使用したパンなどを作っているパン屋なら、他のパンで発症するなんて例もある)。気が付きにくいだけに要注意である。なおアレルギーは明らかに近年に若い層を中心に急増しており、日本の異常に除菌しまくっている環境が原因であると私は考えている。以前から私が言っているが、「毒まみれの無菌より、雑菌との秩序ある調和」である。なおこの番組で言っていた「特定の食品を短期間で大量に摂取したこと」がアレルギーの原因になったというのは要注意である。これはあるある健康法などで踊らされて、特定の食品を摂りすぎるなどということがいかに危険であるかということの一例でもある。食生活についても常に言っているように「バランスが重要」なのである。

 なお今回は珍しく、二例共に治療の甲斐あって助かった例である。今まで登場した患者の生存率が5割を切っていると言われているこの番組にしては、極めて異例のことである。あまりに衝撃が強すぎるので番組の方針を変えたのであろうか・・・などと思ったのだが、推測するに、今回の事例は猫とうどんが原因になっているので、視聴者が過剰に反応する(飼い猫を捨てたり虐待したり、うどんを食べなくなったり)ことを警戒したのではという気もする。それに今回の事例はどちらもかなり極端な例であるということを意識しておいた方がよい。通常はCSDでは風邪に近い症状ぐらいまでしか出ないし(でないと、毎年2万人ぐらいの患者がいるそうだから、死人がゴロゴロすることになりかねない)、うどんを毎日食ったからといってアナフィラキシーショックになるものでもない(でないと、香川県では死人がゴロゴロ出ることになりかねない)。多分そのことを番組も了解しているからこそ、少しトーンを落とし気味(この番組的には)なんだろう。もし番組内容を短絡的に受け取って「うどんを食べすぎると危ないらしい」なんてデマでも起これば、はなまるうどんに訴訟を起こされることにもなりかねないので(笑)。

 

10/5 たけしの本当は怖い家庭の医学「夫婦で気を付ける病気SP」

 最近は女性SPなどSPが多くなっているこの番組だが(マンネリを防ごうと必死なんだろう)、今回は夫婦で気を付ける病気だそうな。

 1例目は物忘れが重大な病気の前兆だった例。

 小さな運送業を営む48才の男性。妻と二人で会社を切り盛りしていた。しかしある頃から物忘れが起こり始める。最初の兆候は5分前に聞いたばかりの配達先を忘れてしまったこと。それがやがては冷蔵庫に取りに来たものを忘れて何度も冷蔵庫を開けるといった奇妙な行動が現れ始める。妻はまさかと痴呆を疑うが、まだそんな年齢ではないしとこの時は気に留めずにいた。しかし2年後にはさっき入ったばかりの風呂にもう一回入ったりの異常行動や、仕事上での不手際も増え始める。しかもそのことを指摘した途端に火がついたように激怒する。この異様な姿に妻は絶対にどこかがおかしいと考え、病院に行くことを勧めるが、自分が病気ではないと信じている彼は病院に行くことはなかった。そして最初の物忘れから4年後、彼の以上はさらに進行し、すべてに対して無気力になって一日中ゴロゴロしている状態になってしまった。そしてある晩、妻は彼が夜中にブツブツ呟きながら素手で庭を掘り返している姿を目撃する。驚いて声をかけた彼女に対しての返答は「どなたですか?」であった。翌日、彼女は夫を病院に連れて行こうとするが、彼はあくまでそれを拒む。しかしその直後、突然に倒れて意識を失う。

 彼の病名は多発梗塞性痴呆。これは理性や感情をコントロールしている脳の白質の神経線維が切れてしまう症状である。そしてその原因は肉類中心の食生活・飲酒・喫煙などによる動脈硬化によって生じた高血圧であった。その結果、脳の血管に血液が行き渡らなくなり、脳の一部の組織が壊死してしまったのである。症状はさらに進み、ついには感情のコントロールまで出来なくなる(感情失禁と言うそうな)に及んだのである。しかもたちが悪いことに、症状が進むほど自分が痴呆であるとは認めなくなるという。その間に彼の症状は気力低下や夜間の異常行動(夜間せん妄)にまで進み、ついには進行した動脈硬化によって生じた血栓による大梗塞を発生したのである。その後の彼は治療によって命はとりとめたと言うが、53才にして完全に痴呆になってしまったとのことである。

 2例目は目眩が前兆だった例。

 会社では毎日遅くまで仕事に追われ帰宅が午前様になることが多かった45才のサラリーマン。しかし彼は家庭に帰っても、5才年上の気の強い妻は深夜に帰宅する彼をしなじるばかり、さらに15才の娘には煙たがられるというストレスの多い毎日であった。そんなある日、彼はキーンと言う耳鳴りに襲われる。それはすぐに治まったので単なる疲労だろうと気に留めなかった彼だが、次は仕事中に強い目眩に襲われる。しかしこれもすぐに治まったので気にはしなかった。しかし酒も飲んでいないのに赤ら顔になるなどの妙な症状が現れ、ついには通勤中に足がしびれて動けなくなるという症状が発生する。そしてその夜、妻に早く帰ると約束しながら得意先とのつき合いを断れずに深夜に帰宅した彼が、妻と激しい口論になった時に悲劇が起こった。激しく彼をなじる妻に対して彼が反論しようと立ち上がった時、彼は突然倒れて意識を失ってしまう。そしてそのまま帰らぬ人となってしまったのだ。

 彼の死因は心筋梗塞だった。そして彼が心筋梗塞に至った原因がストレスだった。仕事の疲れと家庭のストレスから彼はストレス多血症という症状を起こしていた。これはストレスによって交感神経が刺激されることで血管が収縮。上がった血圧を下げるために血管が血液から水を排出することで、血液の濃度が上がって流れが悪くなってしまうのだという。彼の場合、もともと高脂血症の症状があったので、劇的に血流が悪化、それが種々の身体の症状として表れていたのだという。そして最後の瞬間、ついには心臓の冠動脈が閉塞、心筋梗塞を発症してしまったのである。

 3例目は発疹が前兆だった例。

 27歳の女性、彼女は恋人と結婚したばかりだった。新婚旅行はハワイ、そこで彼女は日焼けをして帰ってくる。しかし異常はまず帰国後に現れた。鏡を見た彼女は顔に発疹が現れているのに気が付いたのだ。少し焼きすぎたかなと思っていたらしばらくすると発疹はおさまった。しかし今度は身体のだるさや微熱の症状が現れる。この時点で近所の内科の診断は風邪。風邪薬を飲んだら症状は良くなったので、治ったと思っていたのだが、またしばらくすると激しい身体のだるさが現れ始め、さらには関節の痛みまでが発生する。その後、彼女の症状はさらに進行、半年後には部屋は荒れ放題になり、ついには外に出られなくなってしまう。この状態に夫は激怒、ついには別居を提案するに及ぶ。久しぶりに実家に帰った彼女、故郷の日差しを浴びて少し元気になるのだが、翌日、顔に蝶のような大きな発疹が現れているのに驚く、慌てて医者に行こうとしたのだが、呼吸困難になり、その時に倒れて意識を失う。

 彼女の病気は全身性エリテマトーデスであった。これは膠原病の一種であり、全身で炎症などを発生する免疫疾患であり、4千人に1人の割合で発症するという。20歳代から30歳代の若い女性に多いが、誰が発症するかは分からないという。ただ彼女の場合、発症の引き金になったのは日焼けであったという。日焼けによって免疫機構が異常をきたし、自分自身の組織を攻撃し始めたことによっていろいろな症状が出ていたのだという。特に皮膚が薄くて日差しを浴びやすい顔には発症しやすいのがこの病気の特徴だとのこと。幸いにして彼女は投薬治療によって症状を抑え、彼女が病気であったことを理解した夫も戻ってきて、再び家庭生活を営んであるという。

 以上、夫婦で気を付けるべき病気ということで、ゲストにも5組の夫婦を呼んで夫婦SPにしていたが、果たしてこれらの病気と夫婦が本当に関係あるのかは疑問なところ。今までに登場した病気も、殊更に単身者に固有というわけではないし、配偶者が気を付けていたら早期に発見できていたものも多い。どう考えても夫婦SPというのはこじつけだろう。マンネリを恐れているのは分からないでもないが。何しろ毎回いろいろな病名は登場するものの、最終的な死因は脳梗塞か心筋梗塞の例が圧倒的に多いから、毎回よく似ているという印象はどうしようもないだろう。

 さて1例目だが、いわゆる非アルツハイマー型の痴呆である。こういう脳の物理的障害による痴呆も増加しており、これは一種の生活習慣病であるので、若くして症状が現れることがあるので要注意。なおこれ以外にも原因のはっきりしない若年性痴呆症というのも存在する。どちらにしても年齢的に働き盛りであるだけに、家族の苦労は計り知れないものになる。

 2例目はストレスで心筋梗塞になってしまった例。ただストレスの原因を家庭にだけに求めるのは酷であろう。これでは「夫をストレスで死に追いやる鬼妻」である。妻には当然妻の言い分もあろうというのが私の偽らざる感想。なおこの事例も高脂血症が根本原因になっているので、やはり生活習慣病である。

 3例目は無理な日焼けは百害あって一利なしという例である。日焼け自体は人間の自己防衛反応であるので、日焼けが健康なのではなく、日焼けするぐらい野外で活動したということが健康なのである。日焼けなどは身体にとってはしなくても良いならしない方が良いぐらいだ。まあ今時、ハワイに行ったからといって馬鹿みたいに焼く者もいないだろうと思うが・・・。ちなみに自己免疫疾患は近年増加していると言われているが、本当に増加しているのか、今まで原因不明にされていた者が自己免疫疾患であることが分かり始めたのかは明らかではないところだ。もっとも近年の高ストレス社会化が原因になっているという説や、大気汚染などの公害が人体のバランスを崩しているという説、さらには過剰なまでの雑菌排除が免疫系を暴走させているという指摘もある。いずれにしてもたちが悪いのは、この膠原病などはいわゆるさぼり病と見た目には区別がつきにくいことだ。恐らく今回の番組を見て、「自称膠原病」の単なるぐうたら主婦も現れることであろうと推測される。そういう時は、さっさと病院に連れて行って免疫検査を受けさせよう(笑)。

 

9/14 たけしの本当は怖い家庭の医学「かぶれ&めまい」

 1例目はかぶれについて。

 36才の主婦。二人の娘を抱えて忙しい毎日を送っていた彼女、ある日着替えの時、乳房の脇がかぶれているのに気づく。一週間後、赤みはさらに広がってしかもかぶれた側の乳房が大きくなっているのに気づく。乳ガンを恐れた彼女は自己検診をしてみるが、しこりはなかった。しかし気になった彼女はかかりつけの医者に行ったところ、乳腺炎の診断を受けて薬を貰う。数日後、薬が効いたのか赤みが薄れたのを見た彼女は安心して、それ以来病院には行かなくなる。そして二ヶ月後、今度は腕を動かした時に脇の下に違和感があるのに気づく。筋肉痛かと思った彼女だが、その夜入浴した時、乳房の赤みが強くなり、皮膚がごわごわと硬くなっていることに気づく。

 子供にまで心配されたことから病院に行った彼女は緊急入院を告げられる。彼女の病名は炎症性乳ガンだった。炎症性乳ガンは一般的なしこりの出来るガンではなく、皮膚のリンパ管に出来るガンである。リンパ管が閉塞することで赤い炎症が起こっていたのだという。このガンはリンパ管を通って広がっていくので、脇の下に違和感が現れていたのはがんの転移だったのだという。彼女はすでに手遅れであり、1年後に死亡する。乳ガンの原因ははっきりしていないが、肉類を多食している場合に発生率が上がると言われており、40代ぐらいに多いとのこと。

 2例目はめまい

 31才のブティックの店長。ノルマが厳しい上に人間関係の複雑さなどからストレスの多い毎日を送っていた。しかしある日、仕事中にめまいに見舞われる。その時は少し休んだだけでおさまったので疲れが原因だと考えていた。しかし数日後、突然の今度は激しい動悸に見舞われる。しかしこれもしばらくすると完全におさまったので、やはり疲れているんだと考えた彼女は、まっすぐに家に帰ってリラックスした時を送る。しかしその時に、今度は胸が爪つけられるような症状が出る。心臓の病気を恐れた彼女は病院に行くが、この時は「異常なし」の診断を受ける。そして二週間後、仕事で失敗をしてしまった途端に、激しいめまいと動悸、さらに呼吸困難に陥って彼女は倒れてしまう。店員が慌てて救急車を呼ぶが、救急隊員が到着した頃には彼女の呼吸困難は完全におさまっていたのである。その後、彼女はあちこちの病院で検査を受けるが、異常なしと診断されるのみであった。またあのようなことになってしまったら・・・そう思った彼女はついに家から一歩も出られなくなってしまう。

 彼女の病名はパニック障害。ストレスから起こる精神の病である。女性に多く、最悪の場合は自殺に至る危険がある。きまじめな彼女は、店長に昇進したことで強度のストレスにさらされていた。そしてこのストレスが中枢神経を過敏にさせ、これがノルアドレナリンの分泌につながった。ノルアドレナリンが分泌されたことで心拍の増加やめまいなどが発生したのである。また症状が進行するとリラックスした状態でもノルアドレナリンが分泌されるようになるという。しかも症状が進行すると発作を恐れる予期不安にさいなまれ、ついには鬱病に至ってしまったのである。現在の彼女は心療内科に通って治療をしているが、仕事は辞めたままでまだ社会復帰のめどが立っていないという。

 今回は女性SPということで、共に女性に多い病気についてである(乳ガンは男性もなります。女性の方が圧倒的に多いですが)。1例目については患者自体が乳ガンを一度は疑ったにもかかわらず、乳ガン=乳房にしこりという硬直した考えにとらわれていたことが悲劇を呼んでいます。それにしても医者の方も「薬で症状が回復しない場合は乳ガンの危険もありますので、絶対にもう一度来るように」とやや厳しめに言っておくぐらいの方が良かったのだろう。一般的にリンパ腺に感染するガンは転移が早いのが特徴であるので、手遅れになりやすく危険である。

 2例目は最近増えている精神の病気である。高ストレス社会の反映なのであろう。ちなみにパニック障害は私自身が受験のストレスによりそれに近い状態にまで追い込まれた(あるある式表現法を使えば「プチパニック障害」とでも言うところか)経験がある。この時の私の症状はとにかく試験になると心拍が上がってめまいがし、尿意を催すというものである。発端は共通一次の際に、覚えていたはずの公式が突然に思い出せなくなってパニックになった(この公式が思い出せなかったせいで大問題5問中の1問がまるまる解けなくなって、おかげで私の数学の点数は散々なものになったのだが)ことである。これ以来、試験になると同様の症状が出るようになってしまったのである。幸いにして私の場合は、結果的にこの時の大失敗にもかかわらず大学には合格したので、その後のストレスの少ない大学生活(笑)によって癒されたようである。この病気は、とにかく患者にとっては自分の身体の状態を全く制御できないようになってしまうので、重症化すると外出不安から引きこもりになってしまうのが非常に多いケースである。重症化した場合は薬物療法なども使用されるが、軽度の場合の対策は月並みではあるが「気分転換を行いストレスを発散する」というものである。またこの病気を避けるマジックワードは「どうにでもなるさ」「なるようになるさ」というものである。適度に無責任になれる人間はこの病気にはかからない(笑)。

 以上、確かに女性に多い病気であるが、いずれも男性も可能性がないわけではないので男性諸君も注意されたし。

 

9/7 たけしの本当は怖い家庭の医学「足のしびれ&あざ」

 まず最初は思いがけないことから重大な病気に結びついた例。

 54才の会社員、経理から営業に仕事が変わってストレスの増えていた彼は、仕事のストレスを毎日のビールで晴らす日々を送っていた。今日も酔っぱらって帰ってきて、風呂に入ろうとしたところ、こけて尻餅をついてしまって足首をねんざしてしまう。このねんざはすぐに治ったのだが、1ヶ月後に足の痺れが現れる。そして3日後、今度は箸がうまく使えないという症状も現れる。さらに6日後、今度は小銭の計算が全く出来なくなってしまった。1週間後には、妻から家にかかってきた電話をとった時に、相手が誰か分からなかった挙げ句、そのことをきれいに忘れているという記憶の欠落までが現れる。そして最終的な症状が出たのは1週間後、妻が家に帰ってきた時である。妙な臭いに気づいた彼女が目にしたのは、失禁している夫の姿であった。ここに至って彼女は夫の変調を確信、翌日に病院に連れて行こうと決意するが、彼が翌朝起き出してくることはなかった。彼はそのまま帰らぬ人となってしまったのである。

 彼の病名は慢性硬膜下血腫。脳は外から頭蓋骨、硬膜、くも膜、軟膜で守られており、くも膜と軟膜の間は脊髄液で満たされている。しかし硬膜とくも膜の間で出血が起こって血腫になり、これが脳を圧迫するのが慢性硬膜下血腫である。彼がこの病を発症した原因は多量の飲酒にあり、大量のアルコールが脳の神経線維を破壊し、萎縮、そのことによって脳とくも膜の間にすきまができたところに、転けて尻餅をついた時に脳が揺さぶられて脳の静脈が割けて出血、漏れた血液と脊髄液で血腫が出来たのだという。そしてその血腫が拡大して脳の圧迫が増加すると共に、各種の症状が出ていたのだという。そしてついに限界まで達した血腫は、呼吸を司る脳幹をも圧迫して破壊、ついに彼は死に至ったのだという。

 2例目は45歳の主婦。ある時、洗濯中に物干し竿を腕にぶつけてあざを作ってしまった彼女であるが、そのあざがいつまで経っても消えないことに気づく。さらに1ヶ月後、今度は歯磨き中に歯茎からの出血が起こる。またこの頃から倦怠感に襲われ始めるのだが、息子の進学のことで悩んでいた彼女は、それの方が気がかりでそのまま放置して3年が経過した。息子も無事に大学に合格してホッとした彼女であるが、倦怠感は相変わらずで、ある日、手のひら全体が赤く染まっていることに気づく。さらに首にクモのようなあざが浮き上がる。不安を感じる彼女であるが、最後の変調を目の当たりにしたのは彼女の夫であった。夜中に妻がいなくなったことに気づいた彼は、妻が風呂場で野菜を洗っている姿を目撃する。彼女は完全に錯乱しており、台所で夕食の準備をしているつもりでいたのである。妻の変調に驚いた彼は、慌てて彼女を病院に運び込んで精密検査を受ける。そして彼女の病名が判明する。

 病名は肝臓ガン。そして彼女が肝臓ガンを患った原因はC型肝炎ウィルスへの感染だった。彼女がC型肝炎ウィルスに感染したのは、子供の時に交通事故にあって輸血を受けた時であった。C型肝炎ウィルスが発見されたのは1989年であり、それ以前の血液はこのウィルスの検査を受けていなかったため、彼女は輸血でウィルスに感染したのだった。そしてウィルスは彼女の肝臓を徐々に蝕み、肝炎を発症する。肝炎を発症した彼女の肝臓では血液凝固因子が作られなくなったため、内出血を起こしやすくなり、それが消えにくいあざになっていた。そしてさらに肝炎が進行し、肝臓に血液が流れにくくなった結果、肝臓に向かう血液が逆流、全身の血液の流れが混乱した結果が、手の赤み(手掌紅班)、クモのようなあざ(蜘蛛状血管腫)などにつながったのだという。また肝臓が機能停止に近い状態になったことで処理できなくなったアンモニアなどの毒素が脳に流入、中枢神経を麻痺させたことで幻覚に陥ったのだという。彼女の場合、肝炎が肝臓ガンにまで進行していたのだが、幸いにしてまだ早期であったため、一命は取り留めたという。

 以上、1例目はアルツハイマーなどと間違いそうな症状だが、アルツハイマーだとすればあまりに進行が早すぎる。このような場合は脳内出血を疑うのはセオリーだろう。確か、くも膜下出血などでも同様の症状は出たと思う。大量のアルコールが脳に回復不能のダメージを与えるということは効いたことがあるが、神経繊維の破壊をしていたとは恐るべしである。この辺りも重度のアル中がなかなか回復しない原因の一因だという。

 2例目は沈黙の臓器の病気。ウィルス肝炎については一定の年齢以上の者でかつて手術を受けた経験のある者は要注意だというのは前から言われているところ、ただ1989年以前だと、10代以外はほとんど危険性があることになるが・・・。一般的には30〜40代以上が要注意と言われていたはずである。実際、その頃はかなりいい加減なもので、注射針なども使い回す例が多かったので、予防接種などでかえって病気が蔓延したなどと言われていたりする。もっとも某宗教のように、命が危険なのに輸血を拒否して命を落とすのは愚の骨頂であるが。

 

8/24 放送分についての訂正

 下記の放送でワルファリンカリウム剤とグレープフルーツの相性問題が登場しておりますが、それについて「根拠がない」という指摘がありましたので、私も独自に調査したところ、どうやら相性問題があるのは「グレープフルーツとカルシウム拮抗剤(高血圧の薬)」であるらしきことが判明しました。どうも放送内容が怪しいようです。なお下記文章で私も「グレープフルーツとワルファリンカリウム剤というのはかなり有名な組み合わせのようです」などと偉そうに書いていますが、これは私の覚え違いのようです。次に書いている「一般的にグレープフルーツは血圧系の薬と相性が悪いと言われていますが」というのがカルシウム拮抗剤のことで、どうもこれと記憶が混合されてしまったようです。なお下の文章は自戒をこめて、あえてのそのまま恥をさらしておきます。

 ちなみにワルファリンカリウム剤は納豆との相性問題があるとのこと(薬効を打ち消すそうな)なので、これは番組の方も私と同様に「複数の情報がごったになってしまったチョンボ」か? 

 

8/24 たけしの本当は怖い家庭の医学「薬の使い方SP」

 今回は2時間枠で薬の使い方の落とし穴について紹介している。

 まず最初は身体に合わない薬によって深刻な事態に陥った例。

 エアロビのインストラクターをしている25歳の女性。少し風邪気味なのを感じたので、病院で総合感冒薬をもらった。その薬を飲んで3日目にはようやく熱も下がってやれやれと思っていたのだが、この頃に背中に赤い発疹が出ているのに気づく。やはりまだ調子が良くないのかと思った彼女は、また風邪薬を飲んだのだが、その夜には高熱が出る。風邪が悪くなっていると感じた彼女はその夜は薬を飲んで寝る。しかし翌朝、猛烈な目のかゆみと充血が発生する。しかも発疹が全身に現れる。ここで同居していた妹が慌てて彼女を病院に連れて行ったのだが、彼女はさらに状況が悪化、口の周りに水ぶくれまで発生して、そのまま意識を失い、3日後に死亡する。

 彼女の病名はスティーブンス・ジョンソン症候群。これは薬を飲むことで発症する謎の病気で、身体の皮膚や粘膜が次々と破壊されて、最悪の場合は死に至るという病である。今まで大丈夫だった薬でも発症することがあるとのことで、日本でも年間400人ぐらいが発症しているという。これは薬の特定の成分で、粘膜などの細胞が突然変異し、免疫系によって攻撃が始まってしまうというものだという。また発症した場合、進行が非常に速いので彼女の場合はたった2日で多臓器不全にまで至ってしまったのだという。この症状のサインは、風邪では起こらない赤い発疹で、これが発生した時点で薬の服用を直ちに停止して医師にかかるべきだったのだという(薬の注意書きにはその旨を書いてあるとのことだが、なかなかあれをキチンと読む人はいませんよね)。

 2例目は不適切な薬の服用で思いがけない症状になった例。

 37才の独身のサラリーマン。得意先の接待などに追われて不規則な暮らしをしていた彼は、胸やけや乾いた咳などの症状に苦しめられることになる。彼はこれを会社に常備していた咳止め薬で止めたのだが、おさまるのは一時的であって、2,3時間もすると咳が出るようになるので、彼は薬を飲み続ける状態になっていた。気にはなっていたが咳以外には特に不調はないので、そのうちおさまるだろうと考えていた彼。しかし3日後、突然に胸を締め付けられるような激しい痛みで病院に運び込まれることになる。

 彼の症状は食道潰瘍。そしてその症状を急激に悪化させたのが咳止め薬であった。彼がそもそも食道潰瘍になった原因は、連日の接待で脂っこい食事をとり続けることで胃酸過多になっていたところに、食べてすぐ寝る生活をしていたことから、胃液が食道に流れ込んで食道炎をおこした(逆流性食道炎)ことによる。そしてこれが食道の神経を刺激して咳が出るようになっていたのである。ここで彼が咳止め薬を飲んだことにより、薬の中のテオフィリンが気管支の筋肉だけでなく(テオフィリンは気管支の筋肉を緩めることで咳を鎮める)、胃の噴門の筋肉を緩めることでさらに食道炎が悪化、ついには食道潰瘍に至ったのである。

 3例目は薬と食べ物の飲み合わせ。これを間違うととんでもない事態が発生することがあるという。

 心筋梗塞で倒れ、血液凝固因子を抑えるためのワルファリンカリウム剤の服用を開始した52才の男性。妻も夫のために心筋梗塞によいという食材を雑誌などで調べ、肉類をとらないなどの食事療法の結果、彼の症状は改善、コレステロール値も順調に低下した。これでさらに健康食材熱の高まった妻は、グレープフルーツが心臓病を予防するという話を知り、毎朝夫のためにグレープフルーツを搾るようになった。また彼自身もグレープフルーツが気に入ったので、会社でも絞って1日3回グレープフルーツジュースを飲むようになった。そして2週間後、身体に変調が表れ始める。まず最初は歯茎の出血、さらに特にぶつけたこともないのに指先に血豆が発生した。その翌日、いつものように薬を飲んでトイレに入った彼、しかし彼はそこで倒れて、病院に運ばれたものの、そのまま命を落とす。

 彼の死因は脳内出血。そしてその原因は妻が健康のために食べさせたグレープフルーツだったのだ。一般に摂取された薬は肝臓で無毒化されて排出されることで体内での濃度が一定に保たれるのだが、グレープフルーツの薄皮に含まれるナリジンはこの肝臓の解毒作用を抑えるため、薬の排出が阻害されることになり、薬が過剰になってしまったのだ。こうしてワルファリンカリウムが過剰になったため、彼の血液はほとんど凝固能力を持たなくなり、ついには脳出血にまで至ってしまったのである。

 4例目は子供への薬の飲ませ方について。

 風邪をひいて40度の熱を出した5才の女の子、両親は大人用の薬を半分の量にして彼女に与えた。翌日熱は38度まで下がったので、薬が効いたのだと思った母親は、もう一度彼女に薬を与えた。夜には彼女は熱が下がって楽になったのか、夕食を食べることが出来るようになった。翌日には36度3分にまで熱は下がったのだが、なぜか母が話しかけても彼女はボーっとした状態で反応しなくなっていた。さらに翌日になっても彼女は眠りがちになる。そして翌朝、彼女は嘔吐を繰り返しついには痙攣まで始まる。彼女は意識不明の状態で病院に運び込まれるが、そのまま死亡する。

 彼女の死因は脳ヘルニア。これは脳が腫れ上がって脳幹を圧迫することで死に至る病気である。実は彼女はインフルエンザにかかっており、その時に両親が与えた解熱鎮痛剤にアスピリンが含まれていたのが悲劇の元だった。子供にアスピリンを投与した場合、免疫系に指示を与えるサイトカインが暴走し(原因は不明とのこと)、健康な細胞まで破壊されるのだという。これがライ症候群という病気だとのこと。彼女の場合、この症状が脳と肝臓に現れており、それが眠気や嘔吐、痙攣などの症状につながったという。そして腫れ上がった脳がついに脳ヘルニアを起こし死に至ったという。なおこの症状のために、1998年に厚生省が15歳未満のインフルエンザの子供にはアスピリンを含む解熱鎮痛剤を与えないように通達しているとのこと。

 日本人は薬が好きだと言われているが、その飲み方はかなりいい加減だったりする。そこのところを警告するシリーズと言ったところか。

 1例目はいわゆる薬アレルギーの一種。スティーブンス・ジョンソン症候群と言う名前は初めて聞くが、多分発見者の名前か。薬は人によって体調によってどんな副作用が現れるか分からないので、様子を見ながら何か異常が現れた時はただちに服用を停止するのは原則。これは日頃から病気にあまりかかったことのない人が陥りやすい落とし穴なので注意。

 2例目は根本的に服用する薬を間違っていた例。また薬によって胃などが荒れる例もあります。実を言うと私自身が、ほとんど食欲のない状態で風邪薬ばかり飲んでいた結果、胃を荒らしてしまって、激しい胃痛で救急車で病院に運び込まれたという体験をしています。よく風邪薬などが「食後に服用」と書いてあるのは、空腹時だと胃壁に対する刺激が強すぎることによります。よく医者が風邪薬と一緒に胃薬を処方することがあるのは、単に保険料を稼ぐ目的ではなく、胃を保護するという意味もあります(保険料稼ぎの方が主目的の場合もあるが)。逆流性食道炎は太っている人の方がなりやすいと言いますが、食事をする度に吐き気に襲われる私は、多分この病気だと思います。

 3例目は、中途半端な健康情報で陥る落とし穴。特に危険なのは「あるある会員」などです。あの手の番組に踊らされて極端な食事をしていると、薬との相性の問題を抜きにしても体調を崩すことがあります。なんであれ、とにかく「極端」には要注意。健康によい運動でも極端にやりすぎると身体をこわしてしまうのと同じです。なおここで登場したグレープフルーツとワルファリンカリウム剤というのはかなり有名な組み合わせのようです。一般的にグレープフルーツは血圧系の薬と相性が悪いと言われていますが、結構トラブルのある食材なので、薬を常用している人は注意。

 4例目は子供に対する薬の与え方の難しさです。子供は大人と身体の仕組みが異なるので、単純に量を減らせばよいというものではありません。同じ薬でも信じられないような極端な反応が出ることがあるのが小児医療の難しさで、だからこそ「小児科医」という特別な医者が必要なわけです。ただ日本では小児科医は大変な割りには儲からないということで、医学部でも敬遠されていて小児科医の不足が問題になっています。これを解消するために、海外から小児科医を招くための特区を作ろうとしたが、日本医師会の反対で難航している医者のエピソードは以前に「ガイアの夜明け」でも紹介されています。

 なおアスピリンについては、子供だけでなく大人でも体質によってはかなり激しい副作用が出ることが知られているので、服用には注意が必要な薬剤ではあります。薬アレルギーの可能性がある人は特に気を付けましょう(場合によっては命を落とすことがありますので)。

 

8/10 たけしの本当は怖い家庭の医学「発疹&筋肉痛」

 家族三人でキャンプに出かけたある家族。しかしキャンプからかえって5日後、娘の腕に発疹が出始める。この時点では痛みもかゆみもなかったのだが、やがて娘が身体のだるさを訴えて、微熱が出ていることが分かる。夏風邪だろうと母は風邪薬を飲ませるが、夕方には熱は38度まで上昇、また発疹が全身に広がる。翌日、近所の内科を訪れるが、風疹との診断を受け、薬をもらって帰る。翌朝には熱は下がるが、夕方には熱が40度にまで上昇する。さらに全身の発疹は小豆大に膨れあがる。しかもこの時に母にまで発熱と発疹の症状が現れる。そして最初の発疹が出てから7日後、一週間ぶりに出張から帰宅した父が目にしたのは、家の中で倒れている妻と高熱で痙攣を起こしている娘の姿であった。慌てて二人は病院に運び込まれるが、かなり危ない状態であった。何が起こったのか分からずパニックになる父と、病気の原因が分からずに悩む医師。その時、二週間前にキャンプに出かけたという話から、やっとこの症状の原因が判明する。

 病名は日本紅斑熱。この病気はマダニに刺されることによって感染するリケッチアによる症状である。体長わずか2ミリのマダニは、生物にとりついて吸血すると、そのまま外れないようにその生物に張り付いて、数日にわたって血を吸い続けるのだという。リケッチアはマダニの体内に存在し、マダニとは共生関係にあるが、人間の体内にはいると猛烈に増殖して毒素を発するのだという。発疹や発熱はその症状であるという。しかしこの病気の症状は風疹と似ているために医師には判別ができなかったのだという。この病気固有の症状は12時間周期で高熱が出ることであり、手当てが遅れると命にかかわることがあるという。幸いにしてこの家族は早急な処置により一命を取り留めたとのことだが、1984年に発見されたばかりのこの病気は、毎年50人ほどの感染者がいるという。

 二例目はようやく夏休みをとってサーフィンに出かけた31才の会社員。彼は久しぶりの二日間の休みに、昼はサーフィンに明け暮れ、夜は友人と飲み明かすと羽を伸ばす。しかし帰る頃から筋肉痛に悩まされるようになる。その時は少しサーフィンをしすぎたかなと思っていたが、翌日には全身のだるさと尿意を感じるにもかかわらず尿が少ししか出ないという症状にさいなまれる。また筋肉痛はさらに激しくなり、軽く腕に触られただけでも激痛が走るようになる。翌日、顔のむくみを家族に指摘されながら、会議のために発熱による不調を圧して出社した彼に、最後の症状が現れる。会議中に激しい尿意に思わず中座した彼が、トイレで目にしたのは今までに見たこともないような赤茶色をした尿だった。ここになって恐くなって慌てて病院に移行した彼だが、会社を出たところで倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまう。

 彼の死因は急性腎不全。腎臓の機能が低下して体内に毒素が溜まってしまう病気である。そうしてこの腎不全を起こした原因が、横紋筋融解症であった。横紋筋融解症とは骨格の回りの筋肉の細胞が壊れる病気である。そして彼がこの症状になった原因が炎天下でのサーフィンである。彼は炎天下のサーフィンで大量の汗をかいたにもかかわらず、水分を補給せずにビールを飲み続けた。このことによって発汗で体内の水分が低下した上に、さらにアルコールの利尿作用によって水分が減少、彼の体内は極端な水分不足の状態から濃縮型血液になってしまった。こうして血液の濃縮によって血の循環が悪くなって酸素不足になっているところに、サーフィンによってさらに負荷をかけたことで筋肉の細胞がついに限界に達し、壊れ始めてしまったのである(補給もなしに前線で戦闘を続けた挙げ句に、ついに限界に達して戦線の維持が出来ずに全軍崩壊になった状況に似ているように感じる)。筋細胞の崩壊は筋肉中のミオグロビンの溶出を招き、このミオグロビンが腎臓に達して腎臓の老廃物を濾過する部分に蓄積することで腎臓が目詰まりをおこしてしまったのだという。そして彼が最後に見た赤茶色の尿こそが、尿中に溶け出したミオグロビンの色だったのだという。

 一例目は夏の野山などで起こりやすいトラブルである。マダニに限らず野山には毒虫が多いので、肌の露出しない服装というのは原則であり、また虫除けスプレーなども使用した方がよい。もっともマダニなどは昔の方が遥に多かったはずだが、昔にこの病気でボコボコと人が死んだという話を聞いたことがないと言うことは、多分に免疫力の強弱が症状に反映するのだと思われる。この番組でもゲストの免疫反応をチェックしていたが、虫に刺され慣れていた昔の人は、この程度のことでは簡単には発症しなかったという可能性が高いように思われる。

 二例目は夏の水分補給の重要性を痛感させる事例。炎天下での運動とビールという組み合わせは最悪であり、まさに墓場直行便と言ってよい。このケースでは急性腎不全で亡くなっているが、熱中症や脳梗塞などで死ぬ可能性もある(というよりも、実際は可能性はこちらの方が高く、今回の事例の方がむしろレアケースに思われる)。ゲストの医師も言っていたが、今時運動中に水分を摂るなと言うような時代遅れのアホな指導者は、人命に関わるのでさっさとご退場願う必要がある。

 夏休み向けということで、夏に遭遇する可能性のある事例を紹介・・していたのは良いのだが、この番組のコンセプトである「身近な症状がとんでもない病気の予兆である可能性がある」というケースに持っていくために、殊更にレアケースばかりになってしまったように思えるのが気になるところ。一例目の虫さされのケースは、マダニ以上に危ない虫も多くいるし、二例目にしても横紋筋融解症などよりは熱中症などの方が普通に危険率の高い病気である。まあ番組としての構成上、どうしてもこうなるのは分かるが、この辺りはエンターティーメント性を強くしないといけない民放系番組の限界か。この手の番組でエンターティーメント性を捨ててしまうと、「からだ元気科」か「健康DNA」、下手すれば「今日の健康」になってしまって、まず視聴率は期待できないことになるだろうから・・・。

 

7/27 たけしの本当は怖い家庭の医学「虫さされ&夏風邪」

 最初は虫さされが思いがけない症状につながる例。

 夏に蚊に刺された18才の女性。最初はいつものことだと思っていたのだが、そのさされ跡が異常に腫れ上がったのに驚かされる。やがて発熱の症状が出るが、よく発熱していた彼女はいつものことと気にしなかった。しかしなぜかその夏は頻繁に発熱を繰り返してしまった。そして1年後、今度は頬に水疱が出来るという症状が出る。さらに足をぶつけた時に、ぶつけたところだけでなくぶつけていないはずのところにもあざが出るという奇妙な症状が現れる。そして出かけた先でもう一度蚊に刺された帰り道、意識が朦朧として倒れてしまう。急遽病院に運ばれた彼女だが、5日後に死亡する。

 彼女の病名は慢性活動性EBウィルス感染症。EBウィルスとは日本人の90%以上が持っているありふれたウィルスで、リンパ球と共生し、特に悪さをしていないという。しかしごくまれにリンパ球の活動を阻害する例があるという。彼女は幼い時にこれに感染しており、それが彼女が病弱だった原因だという。しかし症状が比較的軽かったため、彼女はこの病気を意識していなかった。だがそれが虫さされがきっかけになって劇症化したのだという。蚊の唾液の成分が彼女の体内のEBウィルスを活性化、それがリンパ球の過剰反応を促し、異常な腫れや水疱やあざにつながっていたのだという。そこにさらに蚊に刺されたことで、リンパ球が大暴走し、マクロファージを暴走させ、マクロファージが赤血球などを破壊することで多臓器不全が発生したのだという。

 2例目は夏風邪がとんでもない事態につながった例。

 夏風邪で寝込んでしまった37才の主婦。微熱が続いていたものの仕事に復帰した彼女、しかし彼女は仕事中に軽い手の痺れを感じる。しかしそれはすぐに回復、その時はそのまま仕事を続ける。翌日も微熱は下がらないまま仕事を続けていた彼女だが、今度は手に力が入らない、物忘れなどの症状に遭遇する。翌日、30度の猛暑の中で子供を幼稚園に送っていた彼女に、今度は目のかすみの症状が現れる。そしてその日の午後、得意先に急いで駆けつけた彼女は、得意先のビルに到着した途端に倒れてしまったのである。

 彼女の病名は脳梗塞。そして彼女が脳梗塞になった原因こそが夏風邪であった。彼女は夏風邪になったことで大量の汗をかき、そのことによって身体から大量の水分が失われて、濃縮型血液になってしまっていたのである。そのままで炎天下で動き回っていたことで、彼女の血液はさらに濃縮され、ついに頸動脈に血栓が生成してしまったのである。手の症状や物忘れ、目のかすみなどはその血栓が脳の様々な部位を詰まらせたことが原因だった。しかしその症状がすぐに回復したのは、できたての血栓は柔らかくすぐに溶けてしまったからである。しかし最後の時、彼女は炎天下で走ったことで今までにないほど血液が濃縮、それが巨大な血栓を生成し、クーラーが効いたビルに入った途端に血管が収縮、それがその血栓を押し流し、脳の太い血管を閉塞させてしまったのである。なお彼女は幸いにして一命を取り留め、現在は右半身不随と戦っているとのこと。

 1例目は最近注目されるようになった病気とのことで、私も全く聞いたことがありません。大体、慢性活動性という言葉自体がしっくりこない(笑)。慢性と言えば進行が遅いイメージがあるが、活動性と言えばすぐにでも発症しそうで理解できません(笑)。どの程度の率で深刻な事態として発症するのかが分からないので、脅威の度合いが想像できない。どちらかと言えば蚊に刺される危険性については、日本の熱帯化の進行によって今後はマラリアなどの蔓延が警戒されると言われており、その方が危ない気がする。また蚊に刺されて感染する伝統的な病気と言えば、日本脳炎などが存在している。EBウィルスの症状は微熱だったようだが、これが高熱が出れば日本脳炎の可能性が高い。

 2例目は夏によく言われる「水分補給に気を付けましょう」という話。先週のあるある辺りでも言っていたが、夏の水分補給が重要なのは事実である(あの番組の内容は嘘八百が多いが、先週のこの点については真実である)。身体が脱水症状になると血栓などが生成しやすく、それが最悪の場合は脳梗塞につながったりするという。もっとも誰も彼もが夏に脳梗塞になるわけがなく、この番組でも言っていたような「高血圧、高血糖、たばこ、飲酒」などのそもそも脳梗塞になりやすい素因を持っている人のリスクが特に上がるわけである。この番組の事例でも、決定的だったのは彼女がずっと微熱状態だったことである。風邪をひいた場合にはかなり汗をかくので、すぐに脱水状態になりやすい。実は私も昔に独身寮で暮らしていた頃、風邪で寝込んだ時に夜中に脱水症状になり死ぬかと思ったことがある。その時は幸いにして冷蔵庫の中にミネラルウォーターが入っており、急遽それで水分を補って事なきを得た。なおその時の私の症状と言えば、それまではかいていた大量の汗が出なくなって、逆に身体がカラカラに乾いていた。さらに視界はチカチカして眩しくてまともにものが見えない。頭はフラフラして意識が朦朧とするという状態であった。実は私はそれまで寝ていたんだが、変な症状が出たことで急に目が覚めたのである。これは自衛本能だったのか。もしあの時に目が覚めなかったら、下手をしたらそのまま命を落としていた可能性もあったように思えてならない。今思い返してみると、あの時点では脳のどこかの血管が既に閉塞していたのではないかという気もする。

 突然に個人的な話になってしまって恐縮であるが、夏の脱水症状が危険なのは事実である。脱水症状が招く危険としては、脳梗塞よりもむしろ熱中症の方が身近かもしれない。熱中症と言えば軽く見る者も多いようだが、実はこれで命を落とす者が毎年かなりの数がいるから侮ってはいけない。重度の熱中症の状態に陥ると、自分で体温調節が出来ない状態になり直ちに命にかかわることになる。これを防ぐには適切な水分補給を心がけることである。特にスポーツの時などはよほど注意して水分を摂らないと、すぐに危険な状態になる。さすがに最近は「スポーツ中に水分をとるな」というようなアホな軍国主義的スポーツ指導者はほとんどいないだろうと思うが、もしそんな古代の遺物が生き残っていたら、これは選手の命にかかわることであるから、さっさと追放することである。

 

7/13 たけしの本当は怖い家庭の医学「水虫&喉のつまり」

 1例目は水虫から発した病気。

 足のかゆみに水虫だと思ったOL。しばらく放置していたが、ひどくなってきたので市販の薬で治療した彼女、かゆみは治まったものの、彼と出かけた旅行先で足の激しい痛みや足の甲が赤く腫れるなどの症状が出る。しかし彼に水虫のことを知られるのを恐れた彼女は、そのまま放置する。しかしその夜、関節の痛みなどに襲われ、さらに高熱が出る。この時点で足がどす黒く変色する症状も発生。あわてて彼は彼女を病院に連れて行くが、彼女は命を落とす。

 彼女の死因は壊死性筋膜炎。筋膜に細菌が侵入して細胞が壊死するという病気である。そして彼女がこの病気を発症したきっかけは水虫だった。指の間の皮膚が薄い部分が水虫で割けてしまったことで、溶連菌がここから筋膜に入り込んだ。日々の激務に追われて抵抗力が低下していた彼女の体内で溶連菌が繁殖、それが足の痛みや腫れなどの症状につながったのである。この段階で病院に行っていたら助かったかもしれないのだが、彼女はここで放置したことで血液内に大量の毒素が回り、発熱などの症状が出ると共に、ついには足の血管を詰まらせ多臓器不全をも起こしたのだという。その間、わずか15時間、この病気の死亡率は実に50%だという。

 2例目の症状は喉のつまり

 職場でも家庭でもストレスを感じていたサラリーマン。ある日、喉のつまりを感じる。タバコの吸いすぎかと思っていたのだが、次はこみ上げるような吐き気を感じる。それはすぐにおさまって、連日の残業をしていた彼、しかし今度は動機に襲われる。そして次は軽いめまい。そして2週間後、会議中に突然に意識を失くすという症状までもが現れる。どうもおかしい、一度病院に見て貰った方がいいと思った彼だが、仕事に追われて病院に行く間もないまま迎えた次の日曜日の朝、接待ゴルフの最中に突然倒れ、そのまま帰らぬ人となる。

 病名は心室細動。これは心室が痙攣して血液が送り出せなくなる症状である。彼がこの病気を発病した原因は実はストレスである。昇進による仕事の負担の増加と、心の安まらない家庭は彼の心臓に負担を与えていたのである。極度なストレスは脳から心臓への信号に異常を与え、動結節以外の部分から信号が起こることで不整脈が発生、それが喉のつまりや吐き気につながっていた。また喫煙は心臓の症状を悪化させる。めまいは心臓が血液をうまく送り出せなくなり脳が酸素不足になり発生していた。そして運命の日、不整脈が発生し、それが心臓の痙攣につながり心室細動となったのである。早朝に疲れた身体で緊張を伴う運動をすることは心室細動を起こしやすい条件であり、ゴルフ中に倒れる例は意外と多いという。

 1例目は明らかにかなりのレアケース。こんなものを心配しても仕方がないというような気がする。これよりは、思わぬ怪我から発症することが多い破傷風の方がよほど危険である。多分、これから水虫が辛くなるシーズンなので、水虫予防の紹介というニュアンスでこの事例を取り上げたものと思われる。

 2例目は確かに最近増えている症例だと聞いている。高度ストレス社会である現代の環境と、高脂肪高カロリーの食事は確実に心臓に負担を与えている。この番組でも不整脈が見られたゲストをレッドゾーンにしたら、7人中6人が該当してしまったという結果になっていたが、何らかの形での不整脈が現れている例は非常に多いという。もっともその中で深刻な症状につながるのは一部であるが、注意するにこしたことはないであろう。なお心臓については私も非常に不安があり、特に最近急激にストレス太りして以来、何かの度に胸の痛みを感じることが多くなっている。こりゃ気を付けないかんな・・・。

 

7/6 たけしの本当は怖い家庭の医学「便秘&肩こり」

 便秘に悩まされていた主婦。また肌荒れや冷え性の症状にも苦しめられていた。最初はありがちな症状だと思っていたのだが、やがてひどいだるさに襲われる。しかし家事と子育てに追われて10年以上そのまま放置していた彼女、しかしこの頃には無気力症状に襲われるようになっていた。ここでようやく婦人科を訪れたところ、更年期障害ではとの診断を受ける。薬を飲んでの治療が開始されたのだが、身体の不調は相変わらずで、むしろひどくなっていくようだった。そこで別の病院で血液検査を受けたが、診断結果は「異常なし」であった。納得のいかない彼女はこの頃から病院巡りを始めるのだが、どこでも結果は「異常なし」というものだった。薬ばかりが溜まって症状の改善しない彼女はどんどん追いつめられていく。そしてついに精神科を訪れるが、そこでもらった鬱病の薬も効果はなく、落ち込んだ彼女はそのまま引き籠もってしまって、家庭は崩壊寸前になる。そうして最初の症状から20年後、夫に連れて行かれた総合病院での徹底的な検査の結果、やっと彼女の病名がはっきりする。

 彼女の病名は橋本病だった。発見者の名が付けられたこの病気は、実に日本人の30人に1人がかかっており、その9割は女性だという。橋本病は免疫機能が甲状腺を攻撃することで甲状腺が破壊されて機能低下する病気である。しかし甲状腺の病気は専門医でないと分かりにくい上に、婦人科の症状に似ているために気づきにくいのだという。こうしてドクターショッピングと言われる病院の渡り歩きの状態になるのだという。なお早期に適切な治療をすれば、回復は可能とのことである。

 2例目は肩こりに悩まされ始めた50代の会社員。しかも不思議なことに右肩ばかりが凝り、さらにだんだんと凝りがひどくなりついには痛みにまで至る。またマッサージをしてもらっても凝りはほぐれるどころか、むしろ痛くなるばかり。さらに声のかすれや激しい咳などの症状が出る。ここに来て、日頃からのタバコの吸いすぎが気になった彼は、病院で健康診断を受ける。しかし結果は「特に異常なし」というもの。そして2ヶ月が経過、ある暑い日、顔の左側にしか汗をかいていないことを指摘される。しかも鏡を見ると右目だけが細くなって来ているのに気づき、不可解さに首をかしげる。そして肩の痛みが始まって3ヶ月後、突然の高熱と激しい熱、ついには血痰が出る。ここで慌てて病院でCTスキャンを受け、この時に初めて彼の病名が明らかになる。

 彼の病名は肺ガン。しかも既に末期であった。彼は治療のかいもなく3ヶ月後に死亡した。そして彼が肺ガンになった最大の原因は、やはりタバコであった。また彼の癌が健康診断で見つからなかったのは、肋骨などの影になって見にくくなっていたのが原因だった。最初から肺ガンを疑って徹底的な検査をしないと、肺ガンは発見しにくいという。なお彼の癌は右肺の上部に出来ており、これが右肩の神経を圧迫したのが肩こりに、声帯の神経を圧迫したことが声のかすれに、そして汗が出ない、右目が細くなったというのも同様の神経の圧迫による症状だった。

 橋本病とか川崎病とか、日本人研究者の名前が付いた病気は意外と多いが、いずれも知名度は低い。橋本病は自己免疫疾患の一種のようであるから、これから増加する可能性はありそうである(環境ホルモンの影響か、高ストレス社会の影響かは分からないが、どうも近年は自己免疫疾患の類が増加しているようである)。症状が分かりにくいと言っていたが、確かにこの症状だと私なら鬱病と診断してしまうだろう(私は医師ではありませんので念のため)。

 2例目の肺ガンについては、確かに肺ガンで肩こりが出ることがあるというのは以前にも聞いたことがある。ただしこれは肺ガンの発生部位によるので必ず肩こりになるわけでないことに注意。また健康診断では肺ガンは見つけにくいと言うが、これはその通りで、しかも部分によっては(気管の根本など)そもそも肺のレントゲンでは全く写らないこともあるので、健康診断で指摘がされなかったから安全とは限らないのが難儀なところである。しかも肺ガンは初期には自覚症状がないとくれば、どうやって早期発見すればいいんだというのが本音である。つまり予防をするというのが確実な対策であり、タバコは御法度ということだ。なお番組ではタバコの危険指数として、一日に吸う量×吸った年数が400を超えると肺ガンのハイリスク群に入ると解説していた。しかしのビートたけしは危険指数800と余裕でこの数値を超えており、ネタではなく本気で落ち込んでいた様子である。この番組は彼にも実はかなりのプレッシャーなのではないだろうか(笑)。

 

6/29 たけしの本当は怖い家庭の医学「肥満&頻尿」

 1例目は肥満。肥満が身体に悪いことは分かってるから、放っておいてくれと言いたくなるところであるが、いわゆる成人病の話とは異なるようである。

 結婚を控えたOL。しかしウェディングドレスを合わせようとした時に、お腹が出てきていることに気づく。そこで彼女は慌てて朝は野菜ジュースは夜はサラダだけというダイエットを始める。しかしそれでも体重は減らず、むしろお腹は以前よりも出てしまった上に、吹き出物に悩まされることになる。そして2週間後、なんとふくらはぎにや口の周りの毛が太くなっていることに気づく。慌てて彼女は脱毛処理をしつつダイエットを続けたが、それでもお腹は出る一方、さらに顔までが丸くなってきた。しかし不思議なことに、何故か体重は全く変化しない。そして結婚式を2ヶ月後に控えた頃、今度はのしかかってくるような頭痛を感じ始める。さらに一週間後、結婚式の打ち合わせのために出かけた彼の実家、正座から立ち上がった途端に足に異様な内出血が起こっていることに気づくが、そのまま倒れてしまう。病院で緊急手術が行われたが、彼女はそのままなくなってしまう。

 死因は脳出血。そしてその誘因となったのが副腎癌である。副腎は脂肪の量の調整をするホルモンなどを分泌している器官である。彼女はこの副腎を癌に犯されたことで、クッシング症候群という症状になったのである。この症状はコルチゾールを過剰に分泌させるもので、これが脂肪細胞の異常な増殖を促したのである。しかしコルチゾールは筋肉の合成を妨げるので、筋肉は減少しトータルとしての体重は変わらない。こうしてお腹が太って手足が痩せるという中心性肥満という状態になったのである。またさらに副腎が犯されることで、男性ホルモンが分泌され、彼女には男性化が進行し、太い毛が生えてくることになったのである。そして増加するコルチゾールはさらに血管壁をボロボロにし、ついには脳出血で死亡したのである。副腎癌はそれ自体も危険なものであるが、クッシング症候群は極めて短期間で死に至るため、非常に危険であるという。特に20代から30代の女性に患者が多いという。

 2例目は頻尿。

 51才の会社員。今まで暴飲暴食の日々を送っていたので、健康が気になりテニスを始めた。しかしやがて頻尿に悩まされ始め、ついには尿漏れの症状までが現れる。慌てて泌尿器科に駆け込み診察を受けるが、膀胱炎や前立腺肥大などの症状は見られなかった。処方された薬で尿漏れは収まり、年のせいかと諦めながら、さらに健康のためにジョギングを開始する。しかし今度はジョギング中にふくらはぎの痺れという症状が現れる。この時は休憩をとることで一旦症状はおさまったものの、次はある日に足の裏の強烈な痛みを感じる。そして一週間後、テニス中に突然強烈な腰の痛みを感じ、その場に倒れたままついに動けなくなってしまう。直ちに彼は病院に運び込まれたものの、下半身不随となってしまう。

 彼の病名は脊柱管狭窄症。神経の通っている脊柱管が狭くなって神経を圧迫する病気である。そして彼がこの症状を発症した原因は、なんと健康のために始めたテニスであった。彼は老化で椎間板が脊柱管に飛び出していたのだが、ここで急に腰を回転させる運動を始めたため、これに耐えるために骨が大きく成長し、さらに靱帯も厚くなってきた。その結果、神経を圧迫し始めたのである。この結果、脊髄が圧迫されていたため、尿を完全に排出することが出来ず、頻尿の症状がまず現れたのである。この病気のたちの悪いのは、腰には痛みが現れないことが多いことであるとのこと。しかもここで彼がジョギングを始めたことで症状はさらに悪化、そして足に痺れが現れた。これは間欠性跛行というこの病気に典型的な症状であるのだが、しばらくするとおさまるために気が付かないことが多いのだという。そしてそのまま彼の腰の症状は悪化を続け、そしてテニスのサーブのために腰をそらした時に、神経が強烈に圧迫され、これが激痛となったのである。さらにそのまま転倒して腰を打ち付けたことで、これが決定打となってしまい、神経が回復不能のダメージを受けてしまったのである。

 1例目は「肥満」とのことなので、また成人病の類かと思っていたが、そうではなかった。どちらかと言えばゲストの松村氏のような慢性の肥満ではなくて、急性の肥満の方であったようである。だから「肥満」という言葉が出てきた時に、松村氏は「やめてくれよ・・・」という表情をしたが、結局彼はこの病気については問題なしという結果であった(それよりも他の病気の危険がごまんとありそうだが)。クッシング症候群という症例は私は初めて聞いたが、そもそも特に理由もなしにお腹に脂肪が急激に付き始めるというのは、明らかに内臓疾患系であるから、何らかの病気を疑った方がよい。私はこの番組を見た時は、無理なダイエットが原因となった一種の飢餓症状ではないかと思ったんだが(アフリカなどの栄養失調の子供は、概して手足は枯れ枝のようでお腹だけが出ている)、そうではなかったようだ。腹が出てくる、肌が荒れる、手足が痩せてくるといえば、症状は非常にダブるが。

 2例目については、これはかなり事例の多い病気である。腰の疾患は二足歩行をしている人類の宿命のようなもので、年代が上がるにつれて腰に障害を持っている比率は増加する。また若い世代でも私のように体重が超過している者はどうしても腰の病気になりやすい。ちょうど6/25放送分の「からだ元気科(日テレ系)」でも腰部脊柱管狭窄症を扱っていたが、この病気はどちらかと言えば排尿障害よりも、歩行困難などの足の症状の方が先に出るようである。初期の軽度な内は保存療法や、痛みの強い場合は神経ブロック療法などがなされ、それでも痛みが治まらない場合は、背骨の一部を切除して神経の圧迫を防ぐ椎弓切除術という治療法がなされるとのことである。今回の事例の場合には腰に痛みが現れていなかったようであるが、むしろそのような例は少数派に属するのではないかと言うのが私の印象なのだが・・・。なお今回の事例は男性であったが、女性の場合、子宮筋腫などによって膀胱が圧迫されて頻尿になるといった事例もあると聞いたことがある。それから脊柱管狭窄症の患者は、腰をそらすのは御法度である。この番組の事例でもそうであったように、腰をそらすことで神経の圧迫はより強くなるので、なるべく前屈みの姿勢をとった方がよい(あまり格好良くないが)。

 

6/22 たけしの本当は怖い家庭の医学「咳&足のしびれ」

 今回の1例目は咳。

 中古ながらも念願のマイホームを手に入れ、張り切って掃除をしていた43才の主婦。しかし彼女は最近、夏になると妙な乾いた咳に苦しめられていた。しかも咳だけでなく息切れまでがする。また不思議なことに実家に帰った時には咳は出ず、家に帰ると再び乾いた咳が出るのである。しかしこの症状に苦しめられていたのは彼女だけで、さらにこの咳は秋になるとおさまる。しかし翌年の夏になると、再び咳が出始めるのだ。そして三年目の夏、今までにない激しい咳が出ると共に39度の高熱を発症する。ここで近所の医者にかかった時に下された診断は「喘息の疑い」というもので、家の中の埃に気を付けるように指示される。そこで床のカーペットをやめてフローリングに替え、掃除も今まで以上に丹念にするようになったのだが、咳は止まらなかった。しかしそれでも秋になると嘘のように咳は止まる。この繰り返しをしているうちに、彼女も「毎年のこと」と気にしなくなっていた。しかし6年目の夏、お盆休みに帰った夫の実家で激しい咳で寝込んでしまった彼女は、翌日、急遽予定を変えて自宅に帰ろうとした車内で異変に気が付く。息をするたびにマジックテープをはがすようなバリバリという音がしたのである。そしてその夜、彼女は息も出来ないほど激しい咳で病院に運び込まれるが、三日後に息をひきとってしまう。

 病名、夏型過敏性肺炎。これは空気中のトリコスポロンというカビを吸い込むことによって起こるアレルギー性の肺炎だった。このカビは腐った木材に発生するもので、築27年の古い家にこのカビが生えていたのである。秋になると症状がおさまるのは、夏にしかトリコスポロンは胞子をとばさないからである。このカビは10年単位で身体を蝕むため、初期では発見できないという。そして肺が炎症を繰り返していくうちに肺胞の壁が固くなり、ついには空気を取り込む能力がなくなってしまうのである。彼女は専業主婦としてずっと家にいたために、この病気にかかってしまったのである。ちなみにトリコスポロンが発生しやすい条件は、木造だと築21年以上、鉄筋だと12年以上、風通しの悪い家で1階が多いという。また湿地などの湿気の多い土地で発生しやすい。水回りなどに特に注意という。

 2例目は足のしびれ。

 日曜日も接待ゴルフに明け暮れる、大手銀行の融資部長の55才の銀行員。彼は最近、ゴルフをしてしばらくすると足のしびれを感じるようになっていた。しかも片足の足先だけが妙に冷たいことに気づく。しかしやがてふくらはぎにピリピリとしたしびれや、腰のしびれを感じる。ここで妻の勧めで整形外科を受診した彼は、座骨神経痛の疑いがあると診断される。この時は、ゴルフを控えるように言われただけで帰った彼だが、今度は部下と得意先回りの最中に、足のしびれで歩けなくなるという症状が出る。さらにある日の風呂あがり、靴擦れが起こっているのに気づき、絆創膏を貼っておく、しかし翌日にその傷がやけに痛むのを感じた彼は、傷口を見てゾッとする。傷が急激に悪化していたのだ。「明日は病院に行かなくては」と思って帰宅した彼だが、その日の深夜に自宅で倒れ、病院に運び込まれる。しかし彼は二日後に死亡する。

 彼の死因は脳梗塞。そして彼が脳梗塞を起こした原因が閉塞性動脈硬化症である。この病気は腹部や足の血管が動脈硬化を起こして血液が流れにくくなる病気である。彼は腹部で動脈硬化を起こしていたのである。そして彼がこれを招いた原因は、飲酒・喫煙・油分の多い食事などの長年の生活習慣であった。腹部で血管が閉塞したために、足先から順に血流が悪くなり、その症状がだんだんと上に上がってきたのである。そしてこのような症状が出るということは、彼は全身で動脈硬化が進行していたのである。しかし腰にしか症状が出なかったため、彼はそれに気が付かなかったのである。

 以上、2点である。1例目については、これはかなり極端な症例であるが、家のカビなどが重大な病気の原因になることがあるので、それには注意した方がよい。今回はトリコスポロンというカビを上げているが、他にも黒カビの類などで身体に有害なカビが知られている。このようなカビの発生する場所としては、水回りなどは非常に発生しやすい場所であるが、盲点なのは壁紙の裏などである。特にコンクリート建築で結露がしやすいような建物の場合、壁紙の裏に大量のカビが発生していたという例がある。また木造住宅において断熱材の施工の不良により、壁の内部がカビの巣になっていたという例などもあり、これらは住宅が適切な施工をなされているかと密接に関わりがある。古い家でも風通しを考えてキチンと建築している家の場合は問題は発生しないし、新しい家でも施工した業者が技術が低かったり手抜きをしていたりしたら、すぐにカビだらけになる例がある。気になる場合はチェックしてみた方が良いであろう。なお肺胞が弾力を失くすことによって呼吸が出来なくなるという症状は、喫煙習慣が原因となって発生するCOPD(慢性閉塞性肺疾患)に類似している。いずれにしても症状としては、極端に肺活量が低下してくるということがあるので、息切れがしやすくなったりしたら注意した方が良いであろう(単なる運動不足による心肺機能の低下という場合もあるが)。

 2例目については、またもやの脳梗塞である。脳梗塞は血栓が原因になるが、今回はそれが足に向かう血管に発生していたということである。基本的に血管が詰まるとしびれたり傷が悪化したりなどの症状が出るのは一般にも理解しやすいだろう。なお足に出来た傷が急激に悪化するという症状は、重度の糖尿病でも発生する。糖尿病が重症化すると、毛細血管がボロボロになり、内出血が発生したり、甚だしい場合は手足の組織の壊死が発生する。だから投入病患者にとっては足の怪我は御法度である(患者は足を怪我しないように、履き物や爪の手入れに気を付けるように医師に指導される)。

 いずれも必ずしも症例が多いというわけではないが、頭の片隅に意識しておいた方がよい症例ではある。

 

6/15 たけしの本当は怖い家庭の医学「頭痛&虫歯」

 今回は頭痛と虫歯というかなりポピュラーな症状から。頭痛といえば、脳梗塞などの症状であることが多いのだが、今回は実は意外な病気につながる。

 1例目は頭痛から。

 頭痛と肩こりに悩まされていた49才の女性。しかし躓きやすくなる、文字がうまく書けないなどの症状が出るようになる。さらには水を大量に飲むと異常に頭が重いといった症状が出始める。夫をくも膜下出血でなくしている彼女は、この時点で脳の検査を受けたが、脳には異常なしとの判定を受ける。しかし車を運転していて信号を見落として事故を起こしそうになる。ここで自分の目を疑った彼女は慌てて眼科で視力検査を受けたが、左目の90%の視野を失っていることに気づく。

 彼女の病名は緑内障。原因ははっきりしないが、ずっと下を向いた作業を続けていたのが原因ではないかと考えられるとのこと。緑内障は眼圧の上昇によって視神経が損傷することによって起こるが、眼球の外側を流れる房水が下を向き続けたことにより悪くなり、それによって眼圧が上昇したのではないかと考えられるとのこと。頭痛は眼圧の上昇によってもたらされていたのだ。またイライラによる血圧上昇も眼圧を上げる原因になるという。彼女はこの時点で左目の視野の90%、右目の視野の30%を失っていた。しかしこの時点で治療に専念すればまだ進行を食い止めることが可能であったのだが、子供を支えるために仕事に追われた彼女は、数年後に両目の視野の90%を失うことになってしまったとのこと。

 緑内障は視力を失う原因になる危険な病気であるが、本人になかなか気がつきにくい(両目で互いに視野を補い合うために自覚症状が出にくい)発見が遅れて取り返しがつかなくなることが多い。この番組でも緑内障にかかっている患者400万人のうち、治療を受けている患者は40万人しかいないとして危険性を警告している。眼科医の団体などが時々緑内障チェック用のシートを新聞に掲載しているので、それでチェックしてみるのも良いであろう。ただしこのチェックはあくまで簡易チェックであるので、気になる場合は眼科医にかかる方が良い。

 この番組でも既に緑内障を患って医者にかかっている寿美花代氏ではなく、今のところは緑内障ではない畑山隆則氏や斎藤慶子氏がレッドゾーンになっているというところに意図が現れている。つまり眼科にキチンとかかってさえいれば進行を止められるという意味である。なお緑内障になりやすい3要素は近視・低血圧・40歳以上ということだ。

 2例目は虫歯がきっかけにとんでもない病気になる可能性である。

 ノルマに追われる41才の営業マン。1年前から虫歯を煩っていたのだが、仕事に追われて歯医者に行かずにいた。そのまま放置しての半年後、食事の際にガリッという大きな音と共に大量の出血が。この後に及んでさすがに歯医者に飛び込み、抜歯を受ける。痛みもなくなってホッとした二週間後、発熱の症状が現れる。しかし仕事を休めず風邪薬を飲んで仕事を続けた彼だが、何日経っても発熱はおさまらず、ついには39度の高熱が出る。内科に行って解熱剤をもらって一時的に熱は下げたのだが、やはり発熱がぶり返すという状態になった。そして一ヶ月後、指先に赤黒い斑点がいくつも現れていることに気づく。病院に行かないとと思いながら出社した彼だが、1時間後会社で倒れ、そのまま帰らぬ人となる。

 彼の死因は脳梗塞。血栓で脳の血管が閉塞することによって起こる病気であるが、彼が脳梗塞を起こした原因は感染性心内膜炎、心臓の内部に細菌が侵入して心臓の一部を腐られてしまう病であった。虫歯を患っていた彼は、その傷口から緑色連鎖球菌に感染し、さらにストレスと過労で免疫力が低下していた彼は、この菌が心臓の僧帽弁にとりついてしまったのである。この時点での症状は風邪とあまり変わらないため医者では見つからず、解熱剤を飲んで無理を続けた結果、僧帽弁が腐って病巣がイボ状になってしまい、ここから剥がれたかけらが血流にのって身体の各地に運ばれ、末端の血管を閉塞させたのが手の斑点で、ついに最後に大きなかけらが脳の血管を閉塞されてしまったのである。

 虫歯も先週の痛風などと同じで「虫歯で死ぬ奴はいない」などと言われがちであるが、実際は命につながることもあるのである。虫歯が原因となった心疾患は実はかなりポピュラーである。もっとも激痛が続く虫歯を大穴があくまで放置するというのは並大抵のことではないとは思うのだが・・・(私も歯医者は嫌いですが、虫歯を我慢する方がキツイです)。

 潜在的患者数の多さと、その症状の深刻さから考えた場合、緑内障については広くPRしておく必要がある。その意味で今回の内容は意味がある。思い当たる節のある方は、早急に眼科に行くことをお勧めする。

 

6/8 たけしの本当は怖い家庭の医学「しみ&痛風」

 今回のテーマはしみと痛風。もっともシミの方はこれが出てきた時点で何の病気か推測がつく。

 一例目はシミだと思っていたものが・・・というパターンである。

 小麦色の肌にしようと南の島で肌を焼いたOL。しかし肌は焼けずに赤くなっただけで、おまけにシミが出来てしまう。さらにそのシミはほくろのようになり、徐々に大きくなってくる。やがてそのホクロは固く大きくなり、輪郭もいびつになってくる。ここでホクロのことが気になった彼女は、美容整形医を訪ねて、ホクロの除去手術を受ける。しかし彼女は手術から半年後、疲れやすい、食欲の減退などの症状に悩まされるようになる。そしてある日、ついに彼女は倒れて病院に運ばれる。しかし検査の結果、肝臓ガンが発見され、既に全身に転移が起こっていた。4ヶ月後、彼女は死亡する。

 彼女の病名はメラノーマ(皮膚ガンの一種)。彼女がメラノーマを発症したのは、南の島で肌を焼いた時。色白の彼女はメラノサイトの働きが弱いので、肌を守れなかったのである(だから白人などは絶対に肌を焼かない)。メラノーマが普通のホクロと違う特徴は、高く盛り上がってくることである。またメラノーマを触ることは厳禁であるとのこと。刺激を与えることで増殖を早めるのだという。彼女は手術を受けたが、その時点で内臓に転移が進んでいたのだと考えられるとのこと(そもそもこの時点で、皮膚科ではなくて美容整形外科を訪ねたのが間違いだったのではと思うのだが)。

 皮膚ガンはオゾンホール絡みで注目されたので、知っている人も多いのではないかと思われる。一時期、小麦色の肌が健康的ともてはやされ、誰も彼もが馬鹿みたいに日焼けをしていた時期があったが、あの頃から専門家は「こんなことをしていたら大変なことになる」と警告していた。くれぐれも誤解してはいけないのは、小麦色に肌が焼けることが健康的なのではなくて、肌が焼けるぐらい屋外で活動できることが健康的なのである。ちなみに今は逆に美白ブームの方なので、無理矢理に紫外線を浴びる馬鹿はほとんどいないだろうと思われるが、今度はUVカット剤の使いすぎが問題になる可能性あり。

 二例目は痛風。痛風とは尿酸が身体の関節に溜まる病気である。ビールなどのプリン体の多い食生活が引き金になると言われている。老人病のように思われ、とかく軽視されがちであるが、重症患者は関節の激痛に苦しめられることになる。実はこの病気自体が実は非常に大変な病気である。しかしこの痛風がさらなる病気の予兆である場合があるというのである。

 症例は痛風になってしまったビール好きのサラリーマン。毎日のようにビールを飲んでいた彼は、ある日関節の激痛で医者に行ったところ、痛風の診断を受けた。一週間ほどはビールを止めており、症状も改善したのだが、それが気のゆるみにつながって再びビールを飲み始めることに。そして半年後、突然にひざのしびれの症状が出る。さらに手に力が入らなくなり、ろれつが回らなくなるという症状が発症する。そして最初の痛風発作から1年半後、彼は風呂あがりにまるで眠るように意識不明になり、そのまま帰らぬ人となってしまう。

 死因は脳梗塞。血栓で脳の血管が閉塞する病気である。原因は一般的に高血圧・高血糖・高コレステロールである。彼は血糖やコレステロール値は正常範囲内にあったにも関わらず、血液中に増加した尿酸が動脈硬化を促進し、血栓の形成を促してしまったのだという。ひざのしびれなどの症状は脳の一部が機能麻痺を起こしたことが原因になっているという。「痛風では死なない」などと言われたりするが、痛風で命を落とすこともあるということである。

 

5/25 たけしの本当は怖い家庭の医学「四十肩&生理痛」

 今回は女性SPとのこと。要するに婦人病が中心の模様。となれば、それだけで何の病気が登場するか想像はつくように思われる。この番組も、そろそろネタがしんどいのではないかいう気もする。なんとか変化をつけようという工夫をしているようだが。

 1例目は四十肩と思っていたものが実は・・・というもの。

 30才の若い主婦。ある日突然に肩が上がらなくなったので、四十肩かと思っていたのだが、やがて体のこわばりにまで症状が進展する。微熱があったので風邪かと思って風邪薬でしのぐ。しかし2ヶ月後再び肩の痛みが再発、さらに口が渇くといった症状が、ついにものが歪んで見えるという状態になる。しかし彼女は姑を気兼ねして病院に行かなかった。だが、これが彼女の悲劇につながる。半年後、彼女は全身の関節の激痛でとうとう倒れてしまう。この時点で彼女は自力では起き上がれなくなり、とうとう寝たきりになってしまったのである。

 彼女の病名は関節リウマチ。これは関節が破壊される自己免疫疾患である。関節リウマチの特徴は痛みが左右対称に広がっていくことがあるので、これに注意するようにとのこと。また彼女の口と目に現れた異常はシェーグレン症候群というリウマチの合併症である。現在、リウマチの原因ははっきりと分かっていないが、ストレスが病状を悪化させると言われている。彼女の場合も、姑との関係でストレスを背負い込んでいたようであり、これが遠因になった可能性がある。また一般にリウマチは高齢者の病気と思われているが、全国100万人のリウマチで悩む患者の3割は30代以下だという。さらに患者の8割は女性であるとのこと。

 2例目は生理痛。

 課長として仕事に励んでいたキャリアウーマンの女性。彼女は今まで生理痛に苦しめられていたが、ある時、いつもと違う締め付けられるような激しい生理痛を感じる。さらに出血量が異常に増えており、さらに頻尿の症状も出る。3ヶ月後、下腹部が膨れているのに気づく。その10日後、大量の不正出血が起こる。さすがに心配になり、この時点で婦人科を受診したところ子宮筋腫との診断が下りる。しかし子宮筋腫は35才以上の4人に1人は持っており、良性のものであるとの診断に安心する。だが3ヶ月後に微熱が出、それを風邪薬で抑えて仕事をしていたものの、今度はしつこい咳に悩まされる。さらに生理後にも生理痛が続くようになる。そして1ヶ月後、ついに呼吸困難に陥って倒れてしまう。慌てて病院に運ばれたものの、39度を超える高熱と呼吸困難で亡くなってしまう。

 彼女の病名は子宮肉腫。良性の子宮筋腫と思っていたものが、実は悪性の子宮肉腫だったのである。この両者はMRIでは専門家でも区別が難しく、彼女の場合も解剖されるまで分からなかったという。彼女の肉腫は子宮外にまで達し、肺に転移しており、これが直接の死因となった。子宮筋腫と子宮肉腫を見分けるポイントは、生理が終わっても痛みが続かないかなのであったのだが、彼女はこの時点で医者に行くタイミングを逃したのである。

 今回は女性SPだったせいか、それとも煽りがきつすぎると苦情がついたのかは不明だが、いつもならランキングの後「この中でリウマチで寝たきりになる可能性のある人は」とやるところを、今回は「レッドゾーン」といったやんわりとした言い方に変わっていた。あまりに品がなさすぎると判断したか(笑)。実際にその病気で苦しんでいるような人からは、あの強烈すぎる煽りは明らかに感情逆なでですから。もっとも番組の作り自体は変化してませんが。

 女性SPということで、子宮ガンを予想していたのだが、微妙に違って子宮肉腫だった。ちなみに国立がんセンターのHPをザッと見たところでは、子宮ガンは子宮内膜に発生する子宮体ガンと、子宮腟部や頸管の上皮に発生する子宮頸部ガンの2種があり、子宮の筋肉に発生する子宮肉腫とは違うとのこと。ただ、別の項目のところには「子宮肉腫は婦人科のがんの中でもまれな病気で、子宮体部がんの2〜5%です。」と書いてあり、素人の私には子宮肉腫=子宮ガンなのかどうかがイマイチよく分からん。誰か医学の心得のある人がいれば、簡潔に説明を願いたいところだ。

 なおもう一つは女性に多いリウマチを持ってきていた。女性の病気といったところで、大体はこの辺りに絞れるところ。

女性といえば乳ガンも連想するところだが、あれは男性でもなります(確かに圧倒的に女性の方が多いが)。実際、男性の乳ガン患者は、「乳ガンは女性の病気」という妙な偏見に苦しんでいるという。なお最近は女性の子宮がんが増加傾向にあるという指摘があり、原因については、ストレス説、環境ホルモン説、出産年齢高齢化説、食生活変化説などがあるが、ハッキリとはしていない模様。ちなみに私は環境ホルモン説を採ります。ストレスなんて今に始まった話でなく、昔でもありましたから。昔になくて今にあるものといえば、環境ホルモンなど公害が一番怪しい。

 

5/18 たけしの本当は怖い家庭の医学「かすみ目&咳」

 1例目はマイホームを購入した直後の45歳のサラリーマン。彼は最近、新聞の字が読みにくいなどかすみ目の症状を感じていた。この時点での眼科の診断は異常なし。しかしそのうちに眩しさを感じるなどの視力の異常と後頭部の頭痛を感じるようになった。やがて微熱や吐き気で会社を休むことになる。再び医者を訪れた彼であるが、この時の診断は風邪。しかしかすみ目から2ヶ月後、ものが二重に見えたと思った途端、激しい頭痛で倒れてしまう。直ちに病院に運ばれたものの、そのまま帰らぬ人となる。

 彼の病名はくも膜下出血。脳の血管の破裂する病気である。彼の病気の誘因は喫煙の習慣であった。喫煙の習慣は動脈硬化の原因となる。また酒の席での塩分の多い食事は高血圧の誘因になるのである。彼の目に現れた症状は、動脈瘤が動眼神経を圧迫することによって現れたものであった。また頭痛や微熱、吐き気などの症状は動脈瘤の大破裂の前の小破裂によって起こっていたと考えられるとのこと。

 2例目はある微生物が原因の恐い話。

 幼稚園で咳の病気に感染してしまった幼児が、里帰りをした際に祖父に感染させてしまい、祖父は数日後に激しい咳で緊急入院することになる。幸いにしてこの時は、抗生物質の投与で祖父は命をとりとめた。この時に感染していた細菌が肺炎クラミジアである。この細菌は咳の飛沫などで感染し、気管で繁殖するのだという。子どもの場合は重篤な症状に陥る例は少ないというが、抵抗力の弱っている老人の場合は激しい症状が出ることがあるという。しかし今回の本題は実はここからである。この時に感染していたのは祖父だけではなく、父も感染していた。ただし37才と若く体力のあった父は、その時は少し咳が出ただけですぐに回復する。しかしそれが10年後に牙を剥く。

 47才になった父、ある夜、急に激しい胸の痛みと異常な発汗といった症状に見舞われる。この時は、症状は一時的なものだったものの、一週間後、日課であるジョギング中に彼は胸を押さえて倒れてしまう。

 死因は心筋梗塞であった。これは心臓の血管が閉塞して壊死する病気である。しかし彼は喫煙などの習慣もなく、健康にも気を使っていた。そんな彼が心筋梗塞を起こした原因こそが肺炎クラミジアだったのである。肺炎クラミジアは非常に生命力の強い細菌であり、免疫物質であるマクロファージの中で生き残ることがあるのだという。こうして感染したマクロファージは通常のマクロファージよりも正常なものよりもコレステロールを多く取り込む性質があるので、血管壁が破れてコレステロールがしみ出したような時(40歳以上ではよくあることとのこと)、このマクロファージが血管壁内でコレステロールを大量に取り込み、それが血管を閉塞されてしまうのだという。

 以上、1例目のくも膜下出血は患者も多いので要注意。なお今回は症状としてかすみ目を挙げていたが、これって必ずかすみ目が出るとは限らなかったと思うのだが・・・。なお頭痛が起こるのは大体共通の症状だと聞いたことがある。また本格的な破裂が起こった時の頭痛は「バットで殴られたような」というような表現をよくされる。これが起こったら患者はすぐに気を失ってそれっきりになることが多いようだが、ただもっとじわじわと漏れていた場合は、何か頭が痛いなと感じているうちに意識を失ったという例もある。なんにせよ、原因は高血圧などがあるので日頃の養生が大事。

 2例目はしぶとい細菌の例。しかしこれを予防すると言っても難しいような・・。もっとも菌自体が直接心筋梗塞を起こしたというよりも、心筋梗塞を起こりやすい体質にしたという印象なので、コレステロールを摂りすぎないようにするなどのことをしていたら、そう易々とは心筋梗塞まではいかないような気もするが。

 

5/11 たけしの本当は怖い家庭の医学「のどの渇き&おなかの張り」

 まず第1例目はのどの渇きが重要な病気の前兆であった例。

 真面目な働きぶりが評価されて部長に抜擢されたあるサラリーマン。しかしその直後から彼の体に変調が現れ始める。まず最初の症状はのどの渇き。その時はそれほど気にしていなかったのだが、これがやがてのどの違和感につながっていく。そのうちに夜に寝られないようになり始める。さらに記憶力が低下して重要な用事を忘れるなどの失敗をするようになる。この時は睡眠不足が祟っているかと思っていたのだが、ある朝、味を感じないことに気づく。さらにその夜に皮膚のただれが現れ、さすがに心配になってこの時点で人間ドックを受診したが異常なしの診断を受ける。しかしある日、破局がやってくる。いつものように通勤していた彼は、まるで引き寄せられるかのように電車に飛び込んでしまう。

 彼の病は仮面鬱病だった。彼は仕事に頑張っており、鬱病のような症状は見えていなかったのだが、これが仮面鬱病の症状である。彼は昇進がストレスになって、本人さえ気がつかないうちに精神を病んでいたのである。強烈なストレスは彼の脳を知らない間に蝕んでいたのだが、本人自身も体に表れている症状に気をとられて、自らの精神の変調に気づいていなかったのである。彼の場合は幸いにも、電車に飛び込もうとしていることに気づいた後ろの人が制止して、そのことによって命をとりとめたのであるが、自殺者の6〜7割は鬱病が原因であると言われているとのこと。

 2例目はおなかの張りである。

 犬を飼っていた22歳の女性。彼女は最近、おなかの張りを気にしていた。最初は単なる飲み過ぎだと思っていたのだが、それがだんだんと痛みに変わってきた。肝臓の不調を疑った彼女は禁酒をするが、数日後、微熱が続くようになり、おなかの張りも広がってきた。太ったのかと思って体重を測ったのだが、体重は逆に減少していた。3ヶ月後、久しぶりに飲みに出かけた彼女は友人に黄疸がでていることを指摘される。翌日病院に行こうと決めた彼女だが、その帰りに倒れ、そのまま1ヶ月後に死亡してしまう。

 彼女の死因は肝不全。彼女を肝不全に追い込んだのは寄生虫・エキノコックスであった。エキノコックスはよくキタキツネに寄生しているのだが、彼女はキタキツネとは全く接点がなかった。彼女がエキノコックスに感染したのは皮肉にも彼女の愛犬からであった。犬をかわいがる飼い主の中には犬とキスしたりする者もいるが、これが感染の原因となる。彼女の肝臓は数年かけて徐々に蝕まれていたのである。

 今回は精神症状と寄生虫病といったかなり傾向の違った病気を持ってきていた。それにも関わらず伊集院氏が上位になっていたのは「肥満が原因の病気なら分かるけど、何でこんなのまで上位なの?」と彼が言っていたのもよく分かる(笑)。なお今回は珍しく、患者が生き残った例でもあります。この番組が始まってから、出てきた患者の生存率は5割割ってますから(生き残った例も白血病でドナー待ちとか、20歳にして杖なしに歩けなくなるなど悲惨の極みである)、これはかなり珍しい例。まあ患者が生き残ったからこそ、仮面鬱病であったのが分かったようにも思われるが。

 なおゲストの黒沢氏が強調していたが、犬とキスしたり箸を共用するなんてのは絶対にやめた方がよい。またそこここの犬にやたらによっていく類の愛犬家も危険である。エキノコックスは最近話題になったことがあるので、知っている人も多いと思うが、やはりペットのように異種動物と接する場合はどうしても寄生虫や病原菌の感染の危険はあるので、節度を持った接し方をすべきである。

 

5/4 たけしの本当は怖い家庭の医学「腰痛&肌荒れ」

 今回のテーマは腰痛と肌荒れ。これらがとんでもない重病の予兆である例についてである。

 一例目は酒と油ものが大好物のサラリーマンの例。彼は最近、腰痛に悩まされていた。あまりにひどい腰痛に、飲酒癖による肝臓の障害を疑った彼は、会社指定の人間ドックを受診、そこでやや肝機能が低下しているとの指摘を受けて、それ以来禁酒を始める。しかし禁酒のストレスのために、彼は食事量とコーヒーの摂取量が増加することになった。そのうち、彼は激しい胃痛に遭遇することになったが、この時も胃薬で誤魔化していた。しかしある日、キャンプでバーベキューと久しぶりのビールを飲んだ途端に彼は激しい腹痛で倒れる。ただちに病院に運び込まれたものの、二日後に亡くなってしまう。

 彼の病名は急性膵炎。膵臓はちょうど胃の裏側に位置し、胃と背骨の間に位置することから、彼が感じていた腰痛や胃の痛みは実は膵臓のものだった。膵臓は膵液を分泌しているが、アルコールの摂りすぎで膵臓の組織が破壊され、膵臓の細胞内で膵酵素が以上に活性化し、膵臓自身を溶かし始めてしまうのだという。彼の膵臓は腫れて崩壊寸前になっていたのだ。また彼は禁酒はしたものの、代わりに摂取した多量のコーヒーに含まれるカフェインも膵液の分泌を促すものであった。さらに彼は人間ドックを受けていたが、酒で悪くなるのは肝臓という先入観から、膵臓の検査を申し込んでおらず、通常の人間ドックでは膵臓まで検査しない例が多いという。これ故に障害が分かりにくい膵臓は「暗黒の臓器」とも呼ばれるという。そして彼の膵臓は壊死が進んでおり、膵臓の機能停止と共に多臓器不全が起きたことが彼の直接の死因である。

 二例目は18歳の女性の例。フリーターの彼女は深夜のコンビニのバイトをしており、朝に帰ってきては夜に起き出す昼夜逆転した生活を送っていた。しかしそのうちに、彼女は肌荒れに悩まされるようになる。彼女はそれを保湿クリームなどで誤魔化していたが、やがては足がつる、まぶたが痙攣するなどの症状や、わずかの階段の上り下りだけで激しく疲れるなどの全身症状が現れる。この段階でのかかりつけの近所の内科の診断は「特に異常なし」。しかしその一年後、今度は歯茎からの出血という症状が現れる。その3日後、バイトの休みの日にクラブに遊びに行った彼女は、ちょっと転んだだけで起き上がれなくなってしまう。

 病院に運ばれた彼女は、脊椎の圧迫骨折が起こっていた。この程度のことで彼女が骨折してしまった原因は、彼女が骨粗鬆症にかかってしまっていたこと。一般に骨粗鬆症は高齢の女性の病気と考えられており、確かに閉経後にエストロゲンの分泌が低下することによって発生する例が多い。しかし彼女は昼夜逆転の生活のために日光を浴びていなかったことが原因となって、カルシウム吸収を助けるビタミンDが不足していたこと、及び極端な偏食で野菜や魚をほとんど摂っていなかったことがそれに拍車をかけていた。さらに彼女は運動らしい運動を全く行っていなかったためにさらに骨を弱らせていた。一度圧迫骨折した脊椎は治りようがない。彼女はその後、辛うじて動けるようにはなったものの、腰が曲がってしまって杖なしには歩けなくなってしまった。

 

 実際にこういった若い女性の骨粗鬆症の例は増えており、専門家もその危険性を警告している。今回の事例の場合は昼夜逆転の生活が引き金になっていたが、一般的に多い理由はダイエットである。極端な食事制限によりカルシウム不足になり、20歳前後にして骨がレントゲンに映らないぐらいにスカスカになってしまった例もあるという。特に深刻なのは、ダイエットの低年齢化であり、今は小学生でさえダイエットをしている例がある。身体の基本が出来上がるこの時期の栄養不足は一生に影響を与え、骨密度の低下などの問題を起こす。専門家の中には2,30年後には日本は寝たきりの女性の比率が急激に増加するという指摘をする者もいるぐらいである。

 例によって番組の構成はやや下品であるが(笑)、内容的にはかなり重要なことを指摘していた。骨粗鬆症はダイエット中の女性は特に気を付けて欲しい。ところで一例目の患者ですが、享年38歳となっていたのですが、それならあの俳優さんはあまりに老けすぎじゃないでしょうか。あんなに老けた38歳なんていないと思うんですが・・・。

 

4/27 たけしの本当は怖い家庭の医学「ダイエット&むくみ」

 今回の例は、まずダイエットから命を落としてしまった女性の話。

 体重を減らしたいと思っていたあるOLが取り組んだダイエットは食事を野菜中心に下うえで下剤を使用するというもの(これをやる輩が実際に多いことが懸念されている)だが、やがて彼女は身体のむくみに悩まされることになる。そこで友人に勧められて利尿剤を使用し始める。利尿剤でむくみは一時的に解消されたのだが、やがて再びむくみが発生、さらに肌の荒れやかゆみに悩まされるようになる。異変はさらに続き、腕の筋肉痛や少し歩いただけでも疲れてしまうという全身異常が現れる。ここまで至っても彼女はこのダイエットを続けてしまい、ついに事態は破局に至る。ある日、体の不調をうったえて会社を休んだ彼女は、二度と出社することはなかった。彼女は心臓停止で死亡してしまったのである。

 彼女の病名は偽バーター症候群。カリウム不足によって生じる全身の筋肉の機能停止である。彼女の死因は言うまでもなくそのダイエットにある。まず彼女の食生活。彼女は温野菜中心の食生活をしていたが、野菜は湯通しすることで水中にカリウムが溶け出すので、湯通しした野菜ばかりを食べていたらカリウムは不足する(だから腎臓病などでカリウムの摂取量に制限のある場合は、野菜を湯通しすることを勧めるのである)。さらに彼女の場合は下剤と利尿剤の使用がそれに拍車をかけた。その結果、筋肉を制御するカリウムまでが不足し、全身の筋肉の機能障害が発生したのである。

 2つ目の事例は、GWで帰省したサラリーマンの例。渋滞に出くわして延々と車内に閉じこめられた彼は、最初は足のむくみの症状を自覚した。そのうち、胸焼けの症状を感じたが、やかでそれは収まり、彼は運転を続けた。そうして無事に実家に彼はたどり着いたものの、夜には咳や発熱の症状に苦しめられる。その時は風邪だと思い、症状のおさまった一週間後、帰宅することになるがここで再び渋滞に遭遇。ここで再び動悸や息切れの症状に見舞われた彼は、妻に運転を代わってもらって自宅にたどり着いた後に倒れて帰らぬ人となってしまうのである。

 彼の病名は肺血栓塞栓症。俗に言うエコノミークラス症候群である。これは長時間同じ姿勢を続けることで圧迫された静脈内で血栓が出来、それが肺などの血管を詰まらせる病気である。足のむくみは血液が滞留したことで血液の中から水分が浸出したことによるものである。この病気が真に症状を現すのは、乗りものから降りた後である。急に流れ出した血液に乗って血栓が肺の血管に至ってここを閉塞させてしまうのである。また彼がそのような病気を起こした誘因としては、彼が過労状態にあったことと、肥満であったことから血液の粘度が上がる濃縮型血液になっていたことがあるという。

 以上、2つともかなり有名な症例であるので、知っている人も多いのではないかと思われる。例によっておどろおどろしくて煽り満開の番組の形態には抵抗がないでもないが、内容自体は注意しておくべき事例である。特にダイエットに関してはとんでもないダイエットが平気で行われている例があるので、その危険性はとことん訴えておくべきであろう。

 前回同様、一見いかがわしく見える作りに反して、情報自体は信憑性の高いものである。視聴率を稼ぐための演出であることは十分理解できるが、このいかがわしすぎる雰囲気はいかなるものかなどと思ってしまったりもする。

 

4/20 たけしの本当は怖い家庭の医学「肩こり&頭痛」

 ごく普通に起こる症状が、実は恐ろしい病気につながっているかもしれないと言うことを警告する番組。以前に何度か特番として放送されていたが、ついにレギュラーになったようである。

 まず肩こりから。あるOLの事例であるが、彼女は最近激しい肩こりに悩んでいた。とりあえずはマッサージなどで癒していたのだが、そのうちに肩に触るだけでも痛みが走るほど肩こりはひどくなり、さらにすぐに息切れがするようになってきた。さらにはその痛みは背中にまで広がり、微熱も出た。しかしこの時点ではまだ薬を飲んで無理をしていた。しかしその二週間後、高熱が出る。この時点で医者に行ったが診断は風邪。確かに薬を飲んで寝ていると熱は下がった。だが肩こりはひどくなり続け、全身の骨がきしむような痛みが起こるようになった。そして足に1ミリほどの紫色の斑点が発生、そしてついに鼻血と共に倒れてしまったのである。

 彼女の病名は急性骨髄性白血病。これは骨髄の造血細胞が異常を起こして、異常な白血球を大量に生産すると共に、まともな血球を生産できなくなる病気である。肩こりは赤血球が減少することによるもの(赤血球が減ることで謂わば血行障害に近い状態が発生していた)であり、紫の斑点は血小板が減少することによる血管からの血液の漏れ(要するに内出血)によるものであった。彼女はいま無菌室でドナーを待っているという。

 2例目は42歳のサラリーマンの事例。彼は毎朝公園をジョギングするなど健康には気を使っていた。しかし異動で営業に配属になり、仕事が忙しくなり始めた頃から頭痛に悩まされるようになった。さらに倦怠感も表れ、微熱も発生していたことから、風邪と判断して薬を服用して仕事をしていた。しかしそのうちに目がかすむ症状が発生、頭痛もさらに激しくなり、ついには激しい嘔吐に至る。彼は会社を休んで静養することにしたが、39度を超える発熱に、髪を触っただけでも頭が痛むほどの激しい頭痛、さらに歩くことさえ出来なくなっていた。

 彼の病名は髄膜炎。この後、救急車で病院に運ばれた彼は、残念ながら命を落としたとのことである。髄膜炎とは脳の髄膜にウィルスなどが入り込んで炎症を起こす病気であるが、彼が髄膜炎を起こした原因になったのが、クリプトコッカスと言うカビの一種であった。そして彼がこれに感染したのは、公園でのジョギング中であった。クリプトコッカスは鳩などの糞に含まれており、乾燥してまきあがった鳩の糞を吸引したことでかれはクリプトコッカスに感染したのだ。ただし通常はクリプトコッカスなどのカビが体内に入ってもただちに免疫によって排除される。彼にとって不幸だったことは、仕事による過労で免疫機能が低下していたことであった。低下した免疫の攻撃をくぐり抜けたクリプトコッカスは血管内に侵入、髄膜で炎症を起こしたのである。

 以上、肩こりや頭痛といったごくありふれていると思われる症状の中に重大な病気が潜んでいる可能性があると言うものである。

 番組はおどろおどろしく、煽りや脅しに満ちている。ただし情報の内容は正確であり、某番組のように特定の商品の購買に視聴者を誘導しようという意図もない。わざとらしいほどの煽りに脅しは、番組に興味を惹こうという演出であるようだ。病気の紹介番組などは普通にやったのでは非常に地味な番組になるので、民放的にはそれでは辛いということだろう。

 これはBS−iで放送されている「健康DNA」をご存じの方なら思い当たるだろう。あの番組は病気の症状などを医学的に説明している優秀な番組だが、非常に地味で視聴率は期待できない番組である。製薬メーカーといった強力なスポンサーがなかったら、とっくに消えている可能性が高い。

 この番組は「健康DNA」などのような一見しての真面目さはないが、それでも病気の危険性を紹介するという観点では意味のある内容ではある。非常に胡散臭そうに見える作りにも関わらず、意外と内容は真面目だと言えるだろう。もっともこういうネタは持続するのが難しいので、そう遠くない将来にネタ切れで打ちきりになるか、大きく方向転換をするかのどちらかになるのは確実と見ているが。

 

トップページに戻る