解体新ショー

 

 NHKで土曜日の夜10時から放送中。身体のメカニズムに関する疑問などに答える形式の科学番組。ジャンルとしては科学番組に入るものの、なるべく柔らかい印象を持たそうとしており、若手芸人のプレゼンを中心に展開する形式になっている。もっともそれが功を奏しているかは評価が分かれるところだろうが。

 かなり軟派なイメージのする番組だが、専門家のアドバイスを聞きながら、時に実験(かなり馬鹿げたものもある)も交えて紹介していく形式は、実は「トライ&トライ」や「ウルトラアイ」などのNHK科学番組の伝統的な形式。そう言う点で私のような古手の視聴者には、むしろ「ためしてガッテン」よりも先祖返り的な印象を受ける時もある。

 

 NHKの科学系番組に新風を吹き込むかと期待されたこの番組ですが、今一つ視聴率が上がらなかったのか、はたまたネタ切れか、それともNHK内部での政治的問題か、理由は不明ですが2009年春の番組改編で消滅してしまいました。私としては結構期待していた番組でしたが、本格的に軌道に乗る前に終了した印象で残念です(特に終盤になってようやくスタイルを確立したと感じていただけに)。

 

エンターティーメント度 B

情報信頼度 B

タイプ分け 話題型
 

お知らせ

当サイト管理人の鷺が、この度書物を出版することとなりました。「あるある大事典」の問題点や注意点などについて解説した書き下ろし本です。詳細はこちらへ。

書籍紹介ページ

 

お知らせ

当サイトではメールマガジン(無料)を発行しております。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 

トップページに戻る

12/12 解体新ショー「笑った時になぜ手を叩くか&三日坊主」

 笑った時には自然と手を叩くことが多いが、実験によると、手を叩くのと叩かないのとでは呼吸量が変わるのだという。腕を動かすことで肺が吸う空気量が変わり、いわば深呼吸状態になっているとか。そしてこの習慣は赤ん坊が初めて笑いを覚えた時のものだという。

 さて三日坊主だが、脳内のセロトニンが減少すると衝動的な行動が増えるということから、セロトニンが減少すると三日坊主になりやすくなると考えられるとか。また将来の目標のために我慢していると、脳の中のある部分の働きが増すことが分かっており、これは脳が一種の鼓舞をしている状態だとのこと。で、三日坊主を防ぐには具体的かつ低めの目標を細かく設定していくこと・・・って、これは今までにもさんざん言われていること。確かに到底実現不可能な高すぎる目標はやる気を削ぐだけである。実際、高すぎる目標を設定して、それに到達しないということでネガティブにばかり評価するということを繰り返していけば、見事一ヶ月で部下を腐らせるということも可能ですので、無能な上司の称号が欲しい方にはお勧めの手法です(笑)。

 知見としてはあまり新しいものはなくても、尖った番組構成で見せるというパターンが大分決まってきた印象のあるこの番組。開始当初は今一つ売りがない雰囲気だったのだが、最近はスタイルが決まってきてなかなか楽しめるようになっている。ガッテンの方が保守的になってきて勢いを失っているが、こちらの番組はあの番組が捨ててしまった尖った部分を持っている楽しさがある。くだらない面白さ。それがこの番組の現在の最大の強みだな。

 

7/12 解体新ショー「走るとなぜ横腹が痛くなるか&なぜ涙は止まらないか」

 走っている時だが、内臓の状態を確認すると腸がかなり上下に揺れている。これは腸は固定されておらず、腸間膜で吊された状態になっているからだとか。ただこのように腸が揺さぶられることが原因かと言えば、それだと横腹が痛くなる理由が説明できない。そこで番組では座った状態で内臓を見られる特殊なMRIを使用して、実際に走って横腹が痛くなったところで内臓の状態を観測した。すると大腸に空洞が出来ている。これは大腸内にガスが溜まっているのだという。メカニズムとしては、腸が揺さぶられることで蠕動運動が停止。蠕動運動が停止したことで腸内のガスが流れなくなり、それが腸の屈曲部分にあたるところに集まってきたのだという。このガスによって腸が圧迫されて、それが痛みにつながるのだとか。なお今回のように映像でこの現象を捉えたのは世界初なんて話もあるが、どうでも良いことである(笑)。

 涙の方であるが、これについては番組では「火垂るの墓」を見せて平均何分泣き続けるかという実験を実施。結果は大体7分だとか。で、それとは全く無関係な気もするが、とにかく脳には涙を流すスイッチがあって、それが入るとしばらくは涙が出るらしい。また泣くことの効果だが、泣くことによってストレスが解消されるという効果があるとか。だから「今は泣きたいだけ泣けばよい」というのは本当らしい。

 どうでも良いようなことばかりではあるが、こうして説明されるとなかなかに面白い。この番組もだんだんと目がテン的な「特に役に立つわけではないが、情報としては面白い」という路線になり出した模様。ガッテンが実用本位一辺倒の番組なので、こういうスタンスの番組もあっていいだろうと考える。ようやくスタイルが確立でき始めてきたようだ。

 ところで泣くツボですが、「火垂るの墓」なんて私はタイトル見ただけでスイッチ入っちゃいます(笑)。それに未だに涙なしでは絶対に見られないのがフランダースの犬の最終回。あれは条件反射的にスイッチ入っちゃって、ネロが「おいで、パトラッシュ」なんて言う頃には画面も見えないぐらい(笑)。どうもこういう反応も条件反射的に刷り込まれてしまうことがあるのか。経験から言うと、自分自身が不幸を抱えている時に見た悲劇の類は、当時の自分の心境とも重なって条件反射の刷り込みが出来やすいような気が。と言うことは、人生順風満帆の時に悲劇を見ても心に落ちないってことか。だけど私の人生、順風満帆のことなんてなかったし・・・。

 

6/27 解体新ショー「目の下のクマ&爪」

 目の下にクマが出やすくて悩んでいる女性なども多いが、なぜ目の下が黒ずむかについてが第1題。まずあの黒ずみは血管の色だという。この部分は血管が皮膚のすぐ下にあるので、血管の色が透けやすいのだという。酸素をなくした血液は黒ずむので、血液が滞留すると黒ずむとか。で、この血液が滞留する原因だが、目の酷使などで眼球回りの脂肪がこの部分にせり出してきて血管を圧迫するのだとか。

 2題目は爪は何故あるか。爪は皮膚と同じ成分で出来ているが、指の先には骨がないので、まずこの爪が指先を支える役を果たしているという。また爪の根本にはメルケル細胞という圧力を感じる細胞があり、爪があることで指先が微妙な圧力を感じることが出来るとか。なお現代人は足の爪に変化が起きつつあるとのこと。足の小指の爪が小さくなってきているのだとか。それどころか足の小指の関節が減るという現象まで起きているとのこと。

 数回前から対決形式がなくなったが、その結果として番組全体がすっきりして、科学番組としてのイメージが強くなってきた。ところで足の爪については来週のガッテンでも登場するようだが、今回登場したエピソードはあっちにも出てきそうな気が。

 

6/13 解体新ショー「別腹&ひんやりするとなぜ気持ちいい」

 1題目は別腹の話。これは番組で実際にMRIを使用して実験しているが、ケーキなどを見て「食べたい」と思うと、脳からの指令が胃に行って、胃が食べ物を腸に送り込んで胃の中にスペースを作る。実はこれは以前に「たけしの万物創世記」でも放送されていて、知ってる人には結構有名な話。

 2題目であるが、これについて皮膚にはいろいろな温度に反応するセンサーの細胞があり、そのスイッチが入るので気持ちいいと感じるとか(なんとなく説明できているような説明できていないような中途半端な感じなんだが)。なおメントールなどで温度センサーが誤作動するという実験も実施。たとえ42度の湯に入っても、そこにメントールが加えられていたら、人間は寒気を感じてしまうという。同様の誤作動はカプサイシンなどでも起こる(熱くないのに熱く感じる)とのこと。

 以上2題。うーん、最初の方は以前に見ているし、次の方はイマイチ説明がしっくりきてなかったので(温度センサーのことは良いんだが、なぜそれが入ると気持ちいいの?)、何となくパッとしないな。

 

6/6 解体新ショー「シミ&食後に眠くなる」

 まず女性が気になるシミだが、これは紫外線が原因。肌が黒くなるのはメラミンによるが、これは紫外線を防がないと細胞が死んでしまうから。皮膚の表面には角化細胞と呼ばれる細胞があり、その奥にメラノサイトと呼ばれるメラニンを作る組織がある。角化細胞が刺激されるとメラノサイトにメラニンを作るように指示を出し、メラノサイトから角化細胞にメラニンが送られるのだという(番組ではまさにこのメラニンが送られる時の映像が登場しているのだが、これはなかなか衝撃的)。しかし紫外線がないのにメラノサイトに指示を出しっぱなしになる細胞が球にあり、これがシミの原因になるとのこと。なおシミの多さの差は、その人が今までに浴びた紫外線の量がかんけいするとか。

 2つ目は食事をするとなぜ眠くなるか。一般には胃に血液が集まって、脳の血液が減るからなどと言われているが、実際には脳の血流はつねに制御されているので、食事で減ることはないとのこと。食後に胃に血液が集まるのは事実だが、この時の血液はおもに筋肉から回っているのだという。では満腹になると眠くなる理由だが、実は満腹中枢と睡眠中枢は近い位置にあるので、満腹中枢が刺激された時に一緒に睡眠中枢まで刺激されてしまうのだという。また昼食後に眠くなったりするのは、昼食後の時間がちょうどサイクル的に眠気のピークが来る時間になっているということも大きいとのこと。

 以上2題について。1題目については化粧品のCMのまんまという印象。今更目新しさはない。2題目については「へー」って感じです。今まで深く考えたことはありませんでした。サイクルのことは知っていたが、満腹中枢と睡眠中枢が近いというのは初耳。

 ところで今回は対戦形式を止め、最後に要約を入れていました。元々この番組の対戦には全く何の意味もないので、これは省略しても良いような気はします。それに要約を入れるのはこの手の番組としては良しでしょう。ただ対戦形式にしないのなら、スタジオに来ている客の意味が全くないということもあるのですが・・・。

 

5/23 解体新ショー「本番でのあがり&暗いところでの読書で目が悪くなるか」

 一題目はなぜ本番であがるか。いきなりの実験は「あがりやすい」という子供を使っての実験。彼は集中力を増すために剣玉をしているとのことだが、最初はリラックスした雰囲気で練習。この時は心拍数にも何の変化もなく、剣玉も順調。しかしいざ本番、ハイビジョンカメラは二台も入ってくるは、GFはやってくるはとの状況で、心拍数は跳ね上がり、明らかに手が震えている。案の定剣玉はガタガタで、結局は彼が落ち着くまでには少々時間が必要となっている(ひどい実験だな)。このような時と言うのはノルアドレナリンが分泌された状態だという。このような状態を沈めるにはセロトニンの分泌が必要なのだが、セロトニンを分泌させる方法として有効なのは「リズムを刻む」ことだそうな。実際に踏み台昇降運動を行うとセロトニンの分泌が増えるそうな。歩行、咀嚼、呼吸などの簡単なリズムが良いそうだ。体操などを続けることで体質が変えられるとのこと(本当か?)。

 二題目は暗いところで本を読むと目が悪くなるか。これについては「根拠はない」とのこと。実際に実験でも、目の疲れについては明るさよりも近さの影響(近いところばかりを見ていた)の影響の方が大きいとか。なお最近の研究で分かってきた事として、近くばかりを見ていると眼球の奥行きが伸びて近くに焦点が合いやすくなる(つまり近視)になるとということがあるとのこと(これがいわゆる近視回復訓練なんかではどうにもならない近視)。

 なかなか興味深い内容。なお暗いところの読書と目の悪さが関係ないのは、目において明るさ調整の機構と焦点調製の機構が全く別メカニズムであるということを考えると推測はつくこと。暗いところで読書していると目が悪くなると言うのは、謂わば「絞り解放でカメラを使っているとオートフォーカスがへたってしまう」と言っているのと同じで、全く的はずれな話ではある。現実は「ピント固定でレンズを使い続けていると、オートフォーカス用モーターが固着してしまう可能性があるか」の方が考慮の余地はあろう。で、カメラでこんな事が起こるかは分からないが、人間の場合はあり得るというわけ。

 ところで落ち着くのに「リズムを刻む」というのは自然にやっている人も多かろう。現実に、緊張すると何かをカチカチと無意識にいじる人は少なくない(特に私はこの傾向が顕著だが)。やっぱりあれには根拠があったわけだ。 

 

5/3 解体新ショー「足の小指がなぜぶつかるか&足つり」

 まず第一題目は足の小指がなぜぶつかるか。ギャグのネタのようだが、実はこれでのけがは意外に多い。かのケロロ軍曹主題歌「ケロットマーチ」でも「閉まるドア小指挟んだ」と歌われている。

 まずは指をぶつけた時の衝撃を測定しているのだが、その衝撃たるやサッカーやバレーボールなどよりも強いとのこと。その衝撃が小指の一点、しかもここは脂肪が極めて薄いところに集中するのだから、死ぬほど痛いのは当然である。

 で、ぶつかる理由だが、要は自分の足の一がよく分かっていないからだとか。実際、足下を見えない状態にして、線に足を合わせてもらう実験をしたところ、足の内側は大体ピッタリ合うのだが、足の外側についてはちょうど小指分ぐらいはみ出す人が多かったとか。身体のバランスが悪くなった場合、無意識に足を広げてしまって、その結果として小指分はみだすのではとのこと。

 二題目はなぜ足がつるか。アンケートの結果によると、足がつる時としては朝というのが多いらしい。

 まずは足がつったとはどういう状態であるかだが、筋肉から力を抜いているにもかかわらず、一部の筋肉が縮んだままになっているという状態だという。で、そうなる原因だが、血流が悪化した場合に起こるのではとのこと。だから水分が減少すると発生し灸のこと。実際にサウナで汗をかいた後に実験したら、多くの被験者の足がつったという実験結果があるとか。朝方に起きやすいのはこれが原因ではとのこと・・・なんだが、これって水分だけでなくてナトリウム分とかも影響しているのでは? そもそもナトリウムやカリウムは筋肉の活動自体を直接制御するし。

 そして防止法だが、クエン酸が効くのだとか。今まで試合後半になると選手の足がつるせいで試合に負けていたラグビーチームが、クエン酸を事前に飲むことで足のつりが減少して、見事に優勝したのだとか。

 以上、二題。足のつりの方は感心したが、小指の方はなんだかなあと感じたのだが、やはり勝負の結果もそうなったようです。ちなみに内臓のどこかが悪くても足がつりやすくなると聞いた記憶があるのだが(腎臓だったかな?)。

 

4/18 解体新ショー「火事場の馬鹿力&考え事の時の見上げる動作」

 火事場の馬鹿力については、普段は人間は筋肉が出せる力のすべてを出していないから。実際、トラクターの下敷きになった子供を助けるために、1.2トンのトラクターを持ち上げた人もいるらしい。人間の脳には筋肉に対してアクセルにあたる扁桃体とブレーキにあたる眼窩野がバランスを取って、全力を出さないように制御している。これは骨や筋肉などの損傷を防ぐためである。しかし興奮状態などになった時、このブレーキが外れることがあり、これが火事場の馬鹿力になる。なお意図的に筋肉の出す力を増やす方法としては、声を上げるというのがあり、これは声を上げることで扁桃体が刺激されるからとのこと。

 考え事をした時に上を見る理由だが、これは視覚の刺激を減らして、脳の他の働きをアップさせようとする動作だという。実際に考え事をした時は、眼球の細かい動作が抑制され、視覚情報が遮断されるという現象が起こっているという。

 正直なところ、火事場の馬鹿力に関する説明は既に全部知っていたので、何も驚くことはなかった。これに対して、見上げる動作の方は目からウロコである。言われてみると、考え事をしている時は目の前に見えているはずのものが見えていない(実際、考え事をしながら道を歩いていて、電柱に激突してしまった経験がある)。これは驚いた。ちなみに私と同様の者が多いのか、結果もこちらが圧勝。そりゃそうだろう。

 

3/15 解体新ショー「痛み&かゆみ」

 痛みを誤魔化すにはどんな方法がよいかであるが、子供などの場合「気をそらす」などかあったが、やはりスキンシップが効果があるという。これは痛みのゲートコントロールというもので、なでたりさすったりなどの刺激を脳に伝えることでセロトニンが分泌され、痛みの伝達をブロックするのだとそうな。また痛みについては個人差があるということも最近の研究で分かったとのこと。音を聞かせながら痛みを与える実験で、音を短い間隔で聞かせた時には弱い痛み、長い間隔で聞かせた時には強い痛みを加えるということを繰り返すと、次に長い間隔で聞かせてから弱い痛みを加えても、痛みの信号が強くなったという。つまり脳の働きで痛みの感覚は変わってしまうのだとか。つまりとらえ方で痛みは変わるらしい。

 2つめはかゆみ。どんな時にかゆくなるかを聞いたら、肌が乾燥した時と言うのが多かったと言うが、実は肌が乾燥すると神経が皮膚の表面まで伸びてくるということが分かったそうな。なおかゆい時になぜかくのかは実はハッキリとは分かっておらず、有力な説の一つは「寄生虫を取り除こうとしているのではないか」というものだそうな。なおかゆみを誤魔化す方法だが、身体のどこかを氷で冷やすなどというのが有効だそうな。患部を冷やしても誤魔化せるが、これは冷やすのを止めた途端に逆にかゆみが強くなってしまうので、反対側の手なんかが有効とのこと。結局、脳に多くの刺激がきたら、脳がかゆみを誤魔化されてしまうということらしい。

 と言うわけで、痛みもかゆみもどちらも脳で感じているので、脳に刺激を加えると誤魔化しが利くというお話。ただ痛みの「人によって強さが違う」というのはともかく、「なら、どうすれば良いんだ」がないなと思っていたら、やっばり勝利を収めたのはかゆみの方だった。

 で、次回はスペシャルでクイズ形式で行うとか・・・これってガッテンスペシャル?

 

3/1 解体新ショー「お腹の音&ブーツの臭い」

 今回のテーマは女性にとっては気になること。

 まず最初はお腹のグー。これの起こる理由であるが、医師が自ら実験台になって見せている。胃の中を綺麗にするのに胃の中のものを腸に送るのに大きく収縮する際に音が鳴るとか。では、その時の音量であるが、これは無響室の中で測定している(なぜか水着のモデルのお姉さんが登場)。すると15デジベルぐらいとのこと。これはどの程度の音量かと言えば、図書館の中などの静かなところでは聞こえるぐらいだとか。そこでこの音を抑える方法だが、腹巻きをすれば5デシベル(衣擦れ以下の音量)になるとのことだが・・・なんで、天才バカボンやねん。

 で、次はいつ音が鳴るかであるが、これは先ほどのお姉さんに24時間密着で実験。すると周期性があるということが判明。食事を食べてから2〜3時間ぐらいで音が鳴るそうな。つまりは「お腹がすいたから鳴る」というものではないらしい・・・は良いんだが、何かモデルの彼女の行動がいちいちわざとらしくて癇に触るんだな。さすがに「バンバンババン晩ご飯」は退くわ。

 2題目はブーツの臭い。これを実験するのに今度は水着のお姉ちゃんが自転車こいで汗をかくという実験。要は汗自体は臭いはしないし、ブーツもすぐには臭いがしないという結果。では臭いはなぜ発生するかだが、それはこれらを体温近辺の温度で24時間培養すると分かる。今度は強烈な臭いを発することに。つまりは人間の皮膚に存在している常在菌が繁殖して、それが臭いの元になる成分を発生するということ。とは言うものの、常在菌とは皮膚の表面に繁殖することで悪い菌が繁殖することを防ぐ効果もあるので、そもそもは人間にとっても有益なものだ。だからブーツの臭いを防ぐには、良く乾燥させて菌の繁殖を抑えようということ。つまり毎日同じブーツを履かないということが大事とのこと。

 以上、なんかドタバタした演出がやけに目についたのが今回。スタッフが少々はしゃぎ過ぎと違うか。それにやたらに水着のお姉ちゃんが目についた。この前のガッテンといい、最近のNHKはどうなってるんだ? 個人的にははしゃいだ演出は嫌いではないが、無意味に登場する水着のお姉ちゃんは少し退くな。

 

2/23 解体新ショー「目立つ毛穴&空耳」

 毛穴が黒ずむと悩んでいる女性も多いと思うが1題目はそれについて。

 まず毛穴が黒ずむ原因だが、毛穴に汚れが詰まっているとか、毛穴が開いているなどと言われるが、実際に顕微鏡で観察してみるとそんなことは一切ない。ではなぜ黒ずんで見えるかだが、よく見ると毛穴の回りの皮膚がへこんでおり、その凹凸で光の影が出来て黒ずんで見えるのだという。で、この凹みだが、年齢と共に広がる傾向があるとのこと。この凹みが出来る原因であるが、皮脂が一つの原因になるのではとのこと。というのは、皮脂に皮膚をかぶれさせる成分からあるらしいことが分かったことから、皮脂の分泌が多い顔でこのようなことが起こりやすいということになるらしい。とは言うものの、皮脂は皮膚を守っているものであるから洗いすぎると肌には逆効果である。

 2題目は空耳について。

 これについては人間は音声などに欠落がある場合、頭で補完して聞いているからだという。例えば、所々音声が欠落してハッキリとは言葉として聞き取れない音も、ある言葉を見せてからそれを聞かせると、次からはその言葉通りにしか聞こえなくなるという実験を実施していた。またぶち切れになった音楽も、その途切れた部分にノイズを重ねると、逆に一続きに聞こえてしまうなどという実験も実施。つまりは人間はかなり脳で音を聞いているということである。

 1例目については、ではどうすれば良いんだという解決編が全くないというのがこの番組らしい中途半端さ。なおこの内容からすると「毛穴のゴミをのぞいて毛穴の黒ずみを防ぐ」などと称して販売している高価な美肌化粧品が嘘八百だということを証明しているわけでもあるが。なお毛穴に汚れが入るとすれば、その最大のものは化粧品そのものなので、これが化粧品こそが肌を荒れさせ、さらに肌を守るためと称してさらに化粧品を売りつけるという、化粧品メーカーのマッチポンプそのものであるわけでもある。

 2例目については、人間は感覚についてはかなり高度な情報処理を無意識にしているということである。同様の処理は視覚でも行われているので、いわゆる目の錯覚というものが起こる。人間、信じ込んでしまうとありもしないものが見えたり聞こえたりしてしまうというのも、こういうところに原因があるわけで、この錯覚を悪用したのが宗教などの類でもある。

 この2題だと、どう考えても説得力に圧倒的に差がありすぎると感じたが、案の定、2題目を担当した麒麟の圧勝で終わってしまった。まあこのネタならこうなるだろうな。ただ今回説明していた空耳については、以前に全く同じ説明と実験を何かで見た記憶があるが。

 ところでこの番組、最近は出演する芸人がほとんど固定になってきてますが、彼らが番組に慣れたのか良いテンポで回り始めています。ただ、一人出演している女子アナがその存在意味が全くなくなっているのが気にはなりますが(番組進行は芸人達が勝手にしているし、画面の飾りというほど華がある人でもありませんし・・・)。なお彼女のことを少し調べてみたら、彼女はNHK静岡局所属のままでこの番組に出演してるんですね。こういう形もありなのか。

 

2/16 解体新ショー「衝動買い&楽しい時間はなぜ短いか」

 今回は心理学的なテーマ2題。

 1つ目はなぜ衝動買いをするか。衝動買いにつながるキーワードを調べたところ「今」というもの。実験として、大きいケーキと小さいケーキを見せて、26時間待てば大きいケーキ、24時間なら小さいケーキを食べられる時にどちらを選ぶか聞いたら、大半の者が大きいケーキを選んだのに対し、2時間後に大きいケーキ、小さいケーキなら今すぐ食べられるとしたらどっちを選ぶか聞いた場合は、結果が反転して小さいケーキを選ぶ人が増えたというのを上げている。このような未来の大きな利益よりも目先の小さな利益を選んでしまうのを「現在志向バイアス」というそうな。これは脳の働きに起因していて、脳の線条体という部分が衝動的活動の時は下部が、計画的活動の時は上部が働いているということがわかったそうな。これは生き延びるための本能的な働きだとか。だから「限定」とかの文句がキャッチーな宣伝になるのだという。

 2つ目は楽しい時間はなぜ短いか。これについてはまずはある女性に、朝起きた時や仕事中、仕事後に遊んでもらっているときに1分を測ってもらうという実験をしている。すると楽しい時ほど短い時間を1分だと感じている。これは心拍数が影響していると考えられるとのこと。これで説明がついた・・・と思っていると、よく考えると、これだと楽しい時ほど時間が長くなってしまうことになる。そこで心拍数以外の原因があるはずと言うことになる。次の実験は外部の刺激のない部屋で、一方はハムスターと遊んでもらい、一方は親父ギャグを聞かされ続けるという実験。するとやはりハムスターと遊んでいる時の方が時間を短く感じている。で、結論なんだが、つまらない時ほど集中力が続かず、あれこれと関係ないことをしてしまうので時間が長く感じるというもの。ということなのだが、結論と実験が全く結びついとらん。さっきの実験は単に「つまらない時は時間が長い」ということを確認しただけでは。

 1つ目のネタについては以前に「ガッテン」で既出。その時は線条体ではなく、前頭前野と大脳辺縁系に結びつけていたが、つまりは「脳に長期計画を考える部分と短期利益を考える部分がある」という内容で意味的には全く一緒。「限定」などの煽りが衝動につながるという下りも全く一緒ということで、何となくネタの重複の気配濃厚。

 2つ目のネタについては、結論はともかくとして実験が無意味。前半の心拍数での説明をひっくり返す意図も不発。なんとなく「イマイチ感」が漂う内容。

 というわけで、今回は全体的にイマイチです。まあ心理学的なネタというのは正確な検証がしにくい上に、解釈がいくらでも付いてしまうので、往々にしてこういう結果になりがちですが。ただこの番組の場合は以前から、まず結果が先に天から降ってきていて、それに結びつけるのに強引に実験を行っているという空気が濃厚なんですよね。この手の番組として、作り方自体がそうなるのはある点では仕方ないですが(そもそも論文などでも仮説に基づいてそれを証明するために実験をしますから)、なんとなく実験がこじつけに見えることが多いのがこの番組の難点ですね。ましてや今回のように、実験が結論と全く結びついていないと・・・。この番組って、テレビの前で「それって、何の説明もついてないやん」と一人ツッコミ入れてしまうことが良くあるんですよね。

 

2/9 解体新ショー「匂いの記憶&シーンという音」

 今回は人間の感覚にまつわるテーマ。

 一題目は匂いについて。人間は匂いによって記憶がその時の感情と共によみがえるということが多い。番組に登場した女性も、下痢止めの匂いをかぐと子供の頃にお腹を悪くして父親に看病しもらったのを思い出すとか。実験によって視覚の記憶は比較的すぐ忘れるのに、匂いの記憶は長期にわたって残るということを証明した研究もあるとか。匂いをかいだ時の脳の働きを見ると、記憶や感情を司る部分に近い脳の中心部分が反応しており、匂いの反応というのは感情や記憶と密接な関わりがあるのだという。これは匂いに関する記憶は生存に直結するものが多いからではないかとのこと。

 二題目はシーンという音。静けさを表現するのに「シーン」という言葉をよく用いるが(最初に漫画に登場させたのは手塚治虫とか)、本当にこの音があるかというもの。番組では田舎の旅館でこの音を聞いたことがあるという視聴者に当時の様子を再現してもらう。好感度マイクをセットして実験。すると本人は音が聞こえたと言っているが、マイクには何の音も入っていない。次に数人の被験者に無温室に入ってもらって実験したところ、やはりすべての被験者が音が聞こえるといっている(音の表現は様々だが)。さてこの音の正体だが、一つの仮説として耳の中にあるダンス細胞によるものだと考えられるとか。このダンス細胞とは耳の奥で動いている細胞であり、小さな音を増幅する作用があるという。だから音が小さいほどよく動くそうな。この細胞が動く時に耳の中で音がしており、実際に音に対する反応が明確でない赤ん坊などの場合、耳の中でこの音がするかどうかで聴覚が正常かどうかの判定が出来るとか。

 匂いに対する記憶というのはよく言いますが、私の場合はかびくさい匂いを嗅ぐと、小学校時代に掃除の担当だった応接室を思い出し、薬品系の匂いは中学時代の化学部の部室を思い出します。なおシーンという音の方ですが、私は明らかに難聴の傾向があるので、静かになるとシーンという音ではなく、キーンという高い音やジーという蝉の鳴き声のような音が入り交じったいわゆる耳鳴りがします・・・って、つくづく私の身体ってあちこちボロボロだな。

 さて番組の方であるが、明らかに結論あっての実験という気配は濃厚であるが、そもそも最初からある特定の仮説に基づいての内容なので、そういう作りになるのは自然なんだろう。別にあるあるなどと違って誘導の意図は見えないので良しとしておきましょう。ただし視聴者としては、この番組で示している知見は、あくまで仮説の一つであるということは忘れないように。もっとも厳密に言えば、すべての科学的事実は仮説であるとも言えるのであるが。

 なお、シーンの音のためにわざわざ山奥の旅館にまで出かけているという「無駄さ」は、この手の番組につきものの演出とも言えましょう。ようやくこの番組もスタイルを確立しつつあるかな。

 

2/2 解体新ショー「子供の寝相&寝違え」

 子供と言えばとにかく寝相が悪いが、それはなぜかというのが今回の1題目。実際に「夜中は大運動会」というある家庭でそこの子供の一晩の様子を観察したところ、最初こそ布団に入っているが、後は突然に立ち上がってひっくり返ったりとドッタンバッタン。さてこの時に子供の体表温度を調べてみると、最初は32度ぐらいのものが、1時間後には35度ぐらいに上昇し、その後また低下するというパターンになっているとか。この体温が上昇している時だが、これは身体の深部体温を下げるために体表温度が上がっているのだという。またこの時に子供は成長ホルモンが多量に分泌されており、このことが寝相の悪さと関係する・・・・という話なのだが、成長ホルモンの分泌と寝相が直接に話がつながっていない。

 2題目は寝違えについて。大体アンケートを採ると普通は寝違えの経験については1年に3回以内という回答が多いのだが、ある人物が1ヶ月に2,3回の頻度であると答えていた。そこでその人物に一晩密着。しかし時々首を回しているぐらいで、特におかしなところはない。しかしこれが実は落とし穴とか。首を一杯にひねった状態の場合、筋肉が全力で働いている場合の10%ぐらいの力がかかっており、これはまっすぐ立って歩いている時よりも強いぐらい(歩く時は8%)とのこと。しかも筋肉を伸ばす形になっているので、これは負担がかかるのだとのこと。さらに先の被験者を調査した時、首の軟骨に細かい傷が多数あることも分かったとか。このような傷は日常生活で首に負担をかけると付くことがあり、これが寝ている間に負担がかかって悪化するという例もあるとか。

 以上、寝違えの方に比べると、寝相の方はどうも説明がついているようなついていないようなという印象を受けたが、案の定勝負結果は寝違えの勝利。やっぱり私と同じことを感じた者は多かったのでは。

 

12/29 解体新ショー「年末SP」

 今回は年末SPということで、麒麟、ペナルティ、劇団ひとりのレギュラー3組にゲストの中川翔子を加えての4組でのプレゼンという仕掛け。

 まずは「こたつでなぜ眠くなるか」。これについては、こたつで下半身が温まると、身体は逆に温度を下げようとするのでその時に眠くなるのだとか。実験によると一番勉強の能率が上がる室温は18度とのこと。

 2題目は「近視の人が目を細めるとなぜ視力が上がるか」。これについては、まぶたが瞳孔にかかって網膜に入ってくる光が減る結果、ぼやける分が減るのだとか。要はカメラなどによる絞り込み撮影の理屈。だから部屋を明るくして瞳孔を小さくしたり、まぶたを一端閉じてから開く(開いた瞬間は1秒ほど瞳孔が狭くなる)などの方法を紹介。また視力検査の目隠しを光を通す磨りガラスにするだけで視力は上がるそうな(目隠しで反対の眼を完全に隠してしまうと、脳が暗くなったと判断して瞳孔を開いてしまうそうな)。もっとも実用性のある方法はないが(笑)。

 3題目は「指先だけがなぜふやけるか」。これは皮膚がふやけるのは角質が水を吸収しやすいからだとのこと。そして指先はその角質が身体の他の部分よりも極端に厚いので、結果として激しくふやけることになるらしい。

 最後は「なぜ舌を噛むか」。これについては、食べ物を食べている時は舌はかなり激しく動いているので、歯の位置が少しずれたり、頬が太って厚みが変わったり(1日だけで太ることがあるらしい)などの微妙なバランスの崩れで舌を噛んでしまうことがあるのではとのこと。

 以上の4題を各プレゼンテーターが担当して勝ち抜き戦という形だが、後ろのお題ほど圧倒的な有利なシステムなので、4題目を担当した中川翔子氏が見事にチャンピオンという一種の出来レース。まあこの番組における対戦形式なんてなんの意味も持っていないから、別にそれで良いんだろうけど。ただなぜゲストが中川翔子氏なのかという意味だけが不明。どうも最近のNHKはオタクに媚びようとしている姿勢がありあり。

 

12/22 解体新ショー「恋愛SP2」

 今回も先週に続いて恋愛がテーマ。

 まずは恋といえばドキドキのイメージだが、そのドキドキが何故起こるのかということ。これについては、脳内でドーパミンが分泌されることが影響しているのだとか。また猿の研究によると、メスは今までの群れと異なるオスに興味を示す傾向が見られ、これは自然に遺伝の多様性を保つようにしていると考えられるとのこと。やはり刺激が必要なのだろう。ちなみに吊り橋の上などの緊張でドキドキするような場面で異性に出会うと、そのドキドキを恋のドキドキと勘違いして恋愛が発生してしまうという効果が「吊り橋効果」として知られており、これを番組でも紹介。

 果たしてこれがどの程度本当なのかは怪しげなところもある。ただ吊り橋の上はともかく、ドキドキするような危機を助けてくれた異性に恋をするのは昔からのパターン。

 二つ目のプレゼンは永遠の愛について。先ほどのドーパミンだが、これはやはり期間によって分泌されなくなってしまうのだとか。これがいわゆる「夫婦の間でドキドキがなくなった状態」。俗に言う倦怠期である。しかしこの時にオキシトシンという物質が存在すると、好意に関する刺激が持続する傾向が見られたとか。このオキシトシンだが、異性と触れあうことなどで分泌されるとのことで、夫婦の絆を持続するにスキンシップが必要ということか。そう言えば、ベッドを共にしなくなった時が夫婦の終わりの始まりなんて話もあるな・・・。なお調査の結果、うまくいっている夫婦の方が傷などの治りが早いという統計結果が出ているとのことで、長生きしたければ夫婦円満が重要とのこと・・・・独身の私にはどうしろと言うねん!

 先週に続いての恋愛スペシャルですが、話のネタとしてはともかく、実践としては役に立たないでしょう(笑)。

 

12/15 解体新ショー「恋愛SP」

 もうすぐクリスマスということで、今回は恋愛スペシャルだそうな。これは今年も寂しいクリスマスを送ることが確定している私のための企画か?

 今回の争点は「見た目対中身」。見た目の方だが、4人の女性に男性の写真を0.5秒だけ見てもらって好悪を判断してもらう。次に同じ写真をゆっくり見てもらって評価が変わるかというものだが、これが見事なほどに変わらない。0.5秒と言えばほんの一瞬だが、人間はその一瞬で好悪を判断し、好感を持った者には海馬が活発に働くことで強い印象が残るだとか。

 ではその好悪の判断の基準が何かであるが、これは10人の男性の写真から複数の女性に選んでもらって順位をつけたところ、顔の左右の対称性が高いほど好感を与えるという結果になったそうな。顔のバランスが良いと言うことは、身体のバランスが取れているという意味になるのか。

 さて中身の方だが、これは「声」が好悪の判断に影響を与えるというもの。試しに麒麟の写真を彼らのことを全く知らない女性16人に見てもらい、どちらが良いかを選んでもらってから、次に声を聞いてもらい(ただしこの時に二人の声を入れ替えている)評価が変化するかというもので、これは見事に4人が変化したというもの。

 声が異性の選択に大きな影響を与える例はジュウシマツなどにあるそうだ。あるオスのジュウシマツは10分に渡ってさえずったもののメスに全く相手にされなかったのに、わずか12秒で交尾にまで及んだ凄腕のオスもいるのだそうな。両者の違いはさえずりのパターン。もてない君は同じパターンのさえずりばかりなのに、凄腕君はパターンが多彩。つまりは「話題のない男はもてない」ってことか? 解説によると、それだけ多彩なパターンのさえずりが出来るというのは、それだけ生命力が強いことを意味するのだとか(経験豊富という意味でもある)。

 うーん、参考になるんだかならないんだか(笑)。同じパターンでさえずってばかりだともてないよと言われると、何か身につまされるんだよな・・・。なお人間の場合は、これに収入だの社会的地位だの家庭の事情など様々な要素が加わってくるので単純にはいかん。とは言うものの、私が女性にもてないという事実だけは動きようがないんだよな・・・・。

 

12/1 解体新ショー「冷え性」

 今回のテーマは冷え性。会場に冷え性の人を50人集めての冷え性特集である。

 前半は「なぜ冷え性が起こるか」。番組ではなぜかビキニの女性二人で実験(制作者の趣味か?)。二人の女性にある部屋に入ってもらい、室温を徐々に下げていった時の皮膚温を観察している。その結果、冷え性の女性では皮膚温の低下が大きいという結果に(6度室温を下げた時に、冷え性でない人は4度低下したのに、冷え性の女性はなんと7度低下してしまった)。次に今度は先ほどの女性二人にお化け屋敷を体験してもらう。すると二人とも、顔の温度は上がっているのに手の温度は低下していた。

 これは人間が恐怖などを体験すると手足の血流を下げて、脳や筋肉への血流を増やすからだとのこと。これは戦闘態勢であり、生存のために優先されるところに血液を集中させているわけである。同様に温度が低下した時も、身体の温度を下げないように手足の血流を低下させるのだが、冷え性の人はその反応がいささか敏感すぎるということであるという。

 後半は対策編。まず「太っていたら冷え性にならない」というのはどうか。これは実際に太った男性と太っていない男性を先ほどの部屋に入れて(ビキニの女性二人に比較すると、かなりキツイ映像(笑))、温度を下げた。すると太った男性の方が寒さを訴え、身体の温度も低下していた。これは脂肪があるために体内の熱が表面に出てこないため、皮膚表面にある冷点が寒さを感じてしまうのだとか(身体から逃げる熱が少ないということだから、やはり雪山で遭難した時は太っている人の方が生き残ると思うが)。だから冷え性の解消に太っても駄目とのこと。

 次はやや太めに見える女性二人で実験。しかし一方の女性は寒さを訴えるが、もう一方の女性は全く寒さを感じない。実はこの寒さを感じなかった女性は重量挙げの選手で、やや太めに見えた彼女の身体は筋肉の量が多いわけである。筋肉はそれ自体が熱の発生器であるから、筋肉が多くなると冷え性もなくなるだろうというのが番組の結論。

 前半は劇団ひとり氏が、後半はペナルティが担当したのだが、実のところこれで「勝負」というのは辛かろう。どう考えても対策編の方が票を集めるのは分かっている。まあもともとこの番組における「対決」にはあまり意味がないわけだが。

 例によって驚かされるような内容は少ないのだが、それなりに感心する内容ではある。太っている人の方が寒さを感じるというのは驚いたが、まあこれは個人差がありそう。だから「ほんまかいな?」という疑問はある。ただ確かに、私もここ数年でかなり太ったがそれで寒さに強くなったという事実はない(暑さには確実に弱くなったが)。

 

11/10 解体新ショー「携帯メール&顔」

 今回はメール絡みネタということになるらしい。

 最初は「なぜ携帯メールを素早く打てるか」。ここに登場するのは、いかにも日頃から携帯メールを打ちまくっているらしき二人。確かに彼女たちの速度は半端じゃない。大抵は1分以上かかるという文面を、彼女たちは40秒や20秒で打ってしまう。そこで彼女たちの脳の働きを調べたところ、前頭葉がほとんど働いていないことが分かる。前頭葉というのは慣れないことや新しいことをする時には活性化するが、慣れた動作の場合は小脳の方に移管されてしまうのだという。つまりこうなったら「身体が自然に動く」という状態になるのだろう。これは人間が行動を効率化するためのメカニズムだとか。ただこれの裏返しが「慣れたことばかりしていると前頭前野が機能低下して、認知症になる」などと最近言われていることだと思うが。なお、私は携帯メールは使わないので全く操作できないが、パソコンのキーボードに関してはかなり自動化されていると思う(カナ入力限定だが)。実際そうでもないと、このサイトのテキスト量はこなせません(笑)。

 二題目はなぜなんでも顔に見えるか。これについてはある家族に、町中で顔に見える光景を写真にとってもらうところから始まったが、確かに人間の場合、主に目に該当するものがあれば顔に見えるという習性がある(これが世の中に心霊写真がごまんとある理由でもあるが)。これについては最新の研究で、人間の脳の中に顔にだけ反応する部位があることが分かったのだという。人間にとって相手の表情を読むというのは生存にとって重要なので、そのような能力が進化したらしい。なお生存に直接関わるという意味で、怒った顔に対する反応が一番素早いとか。

 以上が今回の二題。ちなみに今回から、勝負判定の間に、今回の番組のポイントを一言で要約するコーナーが登場した。本編の番組でこれをやられてしまうと、私のサイトの役割がないな(笑)。なおこれって、この番組の内容は要約するとたった一言で終わってしまうという意味でもあるんですけどね(笑)。まあこのわかりやすさもこの番組の信条だとは思うが。

 

10/13 解体新ショー「親知らず&唇」

 今回は親知らずと唇という口関連ネタでの対決形式。

 まずは親知らずであるが、最近はやはり全く生えない人なんかも非常に多いし、生えても横向きになっていたりで事実上役に立っていない例が大半だとか。しかしこれは昔からなのではなく、古代人の骨などを見ると、親知らずはしっかり使われていた跡がある。やはり食べ物が軟らかくなってきたことで歯がすり減らなくなったり顎の骨が小さくなったりで、生えてくる場所がなくなったのだとのこと。

 しかしこの親知らず、全くの役立たずではないのだとか。実はこの親知らずを歯がなくなった部分に移植できることは以前から知られていたとのこと。ただ、今までは保管方法がなかったのだが、最近になって冷凍保存技術が開発されたので、親知らずを歯の治療に使うと言うことも可能だとか。また親知らずから採取した細胞を培養して皮膚組織をつくり、アフリカで流行した病気の治療に使用した例などもあるとのこと。役に立たないと思われていた親知らずが、再度脚光を浴びているのだとか。

 次は唇。唇は実は意外と敏感な器官で、例えばどれだけの距離離れると2点と感じるかという触覚のテストなどをすると、指先並に敏感なのだとか。また脳の感覚を司っている面積でも、手や足をしのぐほどの面積が割り当てられているという。

 なぜ唇にこれだけの神経が割り振られているかだが、養老猛氏の解説では、元々は触角用の神経が人間が進化の過程で触角をなくすことで唇にきたのではないかとのこと。まあ人間の進化なんて、かなりあり合わせでいい加減に行われているので、あり得ない話ではないが・・・。

 以上、口関連のネタ二題。結果は親知らずが実は役に立つと言うことを解説した劇団ひとり氏の圧勝・・・・といっても、何も彼が取材したわけではないんだが。

 まあ親知らずから皮膚組織を培養するというのは知らなかったし、唇の神経が触角の名残かもというのは目からウロコでした。それにしても脳の神経バランスに基づいて作ったという人形、なんかいかりや長介に似てたな・・・・。

 

10/6 解体新ショー「ガッツポーズ&プレッシャー」

 ガッツポーズについてだが、考えてみるとどんなポーズでも手を握っている。これは脳が関係しているのだとか。専門家の意見によると、酔っぱらいとじゃんけんをすれば分かるとのこと。実際に実験してみると、酔っぱらいは圧倒的にグーを出す確率が高い。実は手を握るというのは原始的な反応であり、酔っぱらって理性の部分が抑制されると、この原始的反応が強くなるのだとか。

 さてガッツポーズの意味だが、テニスプレイヤーの松岡修造氏(さわやかで暑苦しくてどこか笑える御仁ですな)によると、「ガッツポーズなしだと、自分はほとんど負けていただろう」とのこと。テニス愛好家20にんで、コートの決まった範囲に玉を打ち返すという実験をし(20人を2グループに分けて実験、さらにはポーズの有無を入れ替えて再実験。一応は実験の原則はふまえています。)、ガッツポーズをする場合としない場合とで比較したら、ガッツポーズをした方が命中率が上がったとか。ガッツポーズで脳に刺激を与え。脳を覚醒させるような効果があるのだという。そう言えば私はスポーツはほとんどしないが、仕事をしながらうまくいった時には「よっしゃあ!」と言うのがやたらに多い気がする。これは自分ではテンポやメリハリをつけているつもりなんだと思うが(何しろ無意識なので)。

 次はプレッシャー。最初に登場するのはWBCでガチガチになり、エラーを連発するソフトバンクの名手・川崎の映像。本人によると、プレッシャーで膝がガクガクしたのだとか。プレッシャーのかかった状態というのは、「失敗したらどうしよう」という類の雑念が頭に渦巻いて、慣れているはずの動作を行うプログラムがスムーズに流れなくなっている状態だとか。

 これを解消するのに良い方法が「正しいため息」とのこと。大きく息を吐くことでバランスが崩れた身体のシステムを整えることになるのだとか。番組ではバスケ選手にプレッシャーをかけて実験しているが、息を吐くことで、それまで泳いでいた視線が急に安定したというようなことも起きている。息を吐くという動作が身体の力を抜いて、過剰な緊張を和らげる効果があるそうな。で、ため息の話題が出てきたら私がいつも思い出すのが、細川内閣の時に総理が突然「国民福祉税構想」をぶち上げた事件(別名「殿ご乱心事件」)の直後、武村官房長官が記者会見でいきなり大きなため息をついた件。あのため息については、武村氏の「俺は何も聞いてないぞ」という意味と、突然に記者会見を余儀なくされた緊張が現れていたのだろうと見られている。

 さて今回も対戦形式になっており、プレッシャーをプレゼンした劇団ひとり氏が勝利という形になった。ところでこの番組のプレゼンターはペナルティ、麒麟、劇団ひとりの3組にほとんど固定されてきた印象があるが、これはやはり無難にプレゼンが出来る芸人がこの辺りになったんだろうな(ギャラとかの関係もあるかもしれないが)。実際、カンニング竹山なんかのプレゼンはひどかったし。だけどそれを突き詰めていくと、実は芸人にプレゼンさせている意味ってほとんどないんだが。

 

9/29 解体新ショー「乗り物の揺れ&しゃっくり」

 まず最初のテーマは、なぜ乗り物の中で眠たくなるか。これについてはやはり揺れが関係しているという。ただ揺れについては眠くなる揺れと逆に寝られない揺れがあるとのこと。東京工業大学の木村仁助教の調査によると、路線によって眠っている人の比率は大きく変わり、それは揺れのパターンと相関があったという。ポイントは2ヘルツ(毎秒2回)の揺れで、これが多い路線ほど寝ている人が多かったとか。これより高い揺れ成分だと、内蔵が共振したり(5ヘルツ)など、体の各部分が共振によって強烈に揺れてしまうので不快感が大きくなって眠れないとか・・・は良いのだが、なぜ2ヘルツで眠くなるのかについては母体内にいる時の環境に相関があるのではとのことだが、これが今ひとつ不明確。やはりそれが災いしたか解体率は71%とそう高くない。

 次はしゃっくりだが、しゃっくりについて調べたところ、しゃっくりの状態とは横隔膜が下がって空気を吸おうとしているにもかかわらず、声帯が閉じて空気の流入を塞いでいるという。そのためにあの音が出るのだとか。なおこんな矛盾したことが起こる理由については、進化が絡んでいるという論文があるとか。それによると、水中で肺が生成した時(成長過程のおたまじゃくしなど)、水が入り込むのを防ぐために中で気道が塞がれるようになっており、それが太古の反射して残っているのだという。人間の場合も母体内で肺に羊水が入り込むと溺れてしまうので、やはり気道が閉じるようになっているのだという。この反射は脳によって押さえられるようになるのだが、子供の場合はまだ脳が不完全なので子供の方がしゃっくりが多いとか。これについてはかなり綺麗に説明がついた印象、と言うわけで解体率94%とかなり高い結果。

 以上。しかしやはり最初のお題については説明不十分な印象はぬぐえない。これだと「2ヘルツ以外では寝られない」理由はよく分かるが、2ヘルツで眠くなる理由としては曖昧。その辺りの説明不足を感じたのは私だけでないということは明らか。その辺りはリターンマッチがあっても良いかも。

 

9/22 解体新ショー「いびき&歯ぎしり」

 いびきは軟口蓋が揺れることで起こるのだが、動物はいびきをかくかどうかを夜の動物園でチェック。しかし動物はいびきをかいていない。最後にライオンの檻をのぞきに行ったが、やはりいびきはかかない。しかししばらく待っていると、おもむろにゴロンと仰向けに。途端にいびきをかき始める。いびきをかくのは仰向けになるのがポイントである。

 また鼻呼吸するといびきをかきにくくなると言う。逆に鼻を塞いで口呼吸にしたら、普段はいびきをかかないという女性達がいびきをかき始める。

 次は歯ぎしり。最初は「歯ぎしりはしたことがない」という人の歯に薄いフィルムで出来た「歯ぎしりチェッカー」をつけてもらって調査。すると全員が歯ぎしりをしていた。歯ぎしりには実は音が出るものと出ないものがあるのだという。音がするのは相当な力がかかっている状態。寝ている時にかみしめる力を測定すると、起きている時に測定するよりも力が上がっている。寝ることによってリミッターがはずれて、その結果音が出る歯ぎしりになるのだとか。

 ここで実験。歯科大学の研究生がモルモットになって、普通に寝てもらった時と、夕食に大嫌いなグリーンピースをたっぷり食べてもらった上に、寝る前には嫌いなホラー映画を、さらに布団は寝心地の悪いものというストレスのかかった状態で比較。すると歯ぎしりの力が3倍にもなったという。人間はストレスがかかると強い歯ぎしりをするのだという。これはいわばストレス解消なのだとか。

 と言うわけで、最後はいびきのプレゼンを行った麒麟と、歯ぎしりのプレゼンを行った劇団ひとりでの会場での投票。結果は劇団ひとりの圧勝。やはり「歯ぎしりはストレス解消」というのが目からウロコだったか。

 今回から投票の形式が解体率ではなく対戦形式になった。まあどちらかというとこの方が明確だろう。ただこの場合の問題点は、2つのネタをやはりある程度の関連性のあるネタで持ってくる必要があるという制約。例えば片方が「酔っぱらい」で、もう片方が「お腹の出っ張り」だったら、これを対決と言っても異種格闘技になってしまう(笑)。

 ただ個人的に言うと、これに出てくる情報で驚かされることってあまりないんだな。大抵は私が既に知っている範囲内の話ばかりなので・・・。

 

9/15 解体新ショー「つむじ&耳のひだ」

 今回は出演者自らが「地味」というネタ2つ。

 まずつむじであるが、これはなぜあるかと言うよりも、自然にできたものだという。人間の頭に毛が生える場合、毛根は周辺部から出来てくる。その時に新しい毛は周りの毛となるべく方向を合わせようとするので、最後に残るのがつむじになるのだとか。なお動物の毛の方向は上から下へとなっているが、それは雨がかかった時に速やかに流れるようにだという。ただ人間の場合、手の先と足の根本は逆向きの方向に毛が生えており、このことから太古の人間は、雨が降った時にかかんで頭を抱えるような姿勢で雨を凌いでいたのではと言うのだが、これは実際は半信半疑。出てきた先生も「そう言う考え方も出来るが、誰も見た人はいないわけで・・・」と煮え切らない発言。結果として解体率59%という史上最低の結果に。

 次は耳のひだ。では実際にこのひだがなかったらどうなるかと言うことを音大生に実験台になってもらって調べている。彼女たちの耳のひだを粘土で塞いで実験したところ、左右の音は分かるが前後上下の音の位置は分からないという結果に。人間は耳のひだで複雑に反射した音のパターンにより、前後上下を判断しているというのである。なおこれは人によって微妙にパターンが違うはずで、個々人が自分自身のパターンを持っているはずとのこと。思わず「なるほど」と私も納得したが、やはり解体率も97%と高率。

 以上「地味なネタ」2題。それにしても相変わらず、どうでも良いようなネタが多い番組である(笑)。

 

9/8 解体新ショー「金縛り&早口言葉&酔っぱらい」

 今回はスペシャルという名の総集編。以前に紹介したネタから3つを抜粋である。なおガッテンとは違って、何も足さない何も引かないのまさしく再放送。

 1つ目の金縛りは下の方で登場しているので省略。2つめの早口言葉については「早口言葉はなぜ喋りにくいか」というもの。結論は「舌などが規則的に動けないような言葉を選んでいるからだ」というもの。実際に「竹藪に竹立てかけた」の「たけたてかけた」を発音する時の舌をMRIで見ると、舌が前に言ったり後ろにいったり複雑である。これを「たけたけたけた」と規則的にすると突然に発音しやすくなる。つまりは舌の運動能力らしい。

 3つ目は「なぜ酔っぱらいは同じ話を繰り返すか」。実際に酔っぱらいを観察して、同じ話題が何度も登場しているのをカウントしているのは笑える。これについてはアルコールの働きで短期記憶を司る前頭葉の上部の働きが弱るからというもの。これに比べると長期記憶を司る前頭葉の下の部分は影響されにくいらしい。だから酔っぱらいは、昨晩のことは覚えていないのに、家には帰ってくるのだとか。つまりは短期記憶は長期記憶ほど強固ではないということらしい。

 というわけで、過去の3本のネタが1本にまとまってしまった。これはやっぱり番組の中身が少々薄いような。まあ肩の凝らないのがこの番組の特徴の一つではあるものの。

 

9/1 解体新ショー「老化」

 今回のテーマは老化。老化は防げるのか防げないのかで激論という趣向。

 まずは老化は防止できるという観点からのプレゼン。ここで登場するのはポリフェノール。かつて楊貴妃は老化防止のためにライチをわざわざ取り寄せていたとのことだが、それはポリフェノールの効果だという。ポリフェノールは細胞を傷つける活性酸素を処理するので老化を防げるという話。

 これに対して、老化は防止できないという観点からの反論。活性酸素は年齢に関係なく運動などをすると激しく発生し、それによる細胞の損傷は修理しきれないというもの。また最近に評判になった、ほ乳類の一生での心拍数はほぼ同じという学説も登場。それによると人類の寿命は大体50年で、その後の30年は医療の進歩などによるオマケの人生だとのこと。というわけで、ここで東京工業大学の本川達夫教授が「おまけの人生音頭」を披露・・・なんじゃこりゃ(笑)。

 これにまた再反論が。マウスとほぼ同じ体の大きさのシマリスは、マウスが3年程度の寿命なのに対し、11年も生きることが知られており、それの理由が冬眠中に作られるHPと呼ばれるタンパク質の働きであることが分かってきたとのこと。で、これを人間に応用すれば寿命が3倍ぐらいになるのではというもの。またベニクラゲという生物は、自ら若返ることが出来るということが発見され、これも人間に応用できたら・・・というもの。そこでここで京都大学の久保田信准教授は「僕の名前はベニクラゲ」という曲を披露。なんやねん、これ。

 最終投票では「老化は防げない」の方の辛勝であったが、まあそれは当たり前かな。実際に老化は防ぎようがないんだから。大体不老不死なんて実現したら、地球が人間であふれてしまう。

 どうも構成にメリハリのなかったこの番組だが、対決形式に持ってきたのは一つの実験か。完全に成功したとは言い難いが、この形式の方が盛り上げやすくはある。それにしても、番組中で一番盛り上がったのが、両研究者の怪しい歌とは・・・いろいろな先生がいるんですね。本川先生の歌は昭和歌謡調で(藤山一郎とかみたいだ)、久保田先生のはそれよりも若干新しい(一応戦後調かな)というのは正直笑えたが。ちなみに私が歌を作ったら、多分巨大ロボットもの主題歌調になりそう(「限りあるこの命、燃やし尽くせ平和のために」とか・・・笑)。

 

8/25 解体新ショー「おなかの出っ張り&薄毛」

 今回のお題は特に男性にとっては気になる内容。

 まず最初におなかの出っ張りであるが、これは脂肪が腹に蓄積するため。ただ脂肪がなぜ腹にわざわざ蓄積するのかは不明。動物によっては背中に溜まったり(ラクダ)、尻に溜まったり(ヒヒ)なと様々。番組では脂肪が腹に溜まることに有利さがあるかを調べるため、脂肪に見立てた5キロのおもりを、背中や首回りや尻や腹につけて、反復横跳び、階段登り、短距離走などをやって、短距離走では腹が勝ったとしたのだが・・・・こんなもの個人差もあるし、こんな実験で言えるのか?・・・と思ってたら番組自体もそのことをあっさり認めてしまっている(笑)。いったい何のために実験したのやら(カラフルなつなぎを来た連中が、ゴレンジャーの主題歌をBGMに登場したのだけは笑えたが。

 で、おなかにつく理由は今ひとつだが、おなかにつくメカニズムについては、腸間膜と大網と呼ばれる部分にある脂肪細胞がふくれて脂肪を蓄積するのだとか。ちなみに脂肪細胞は一杯にふくれると分裂して増えるそうな。恐ろしい。

 2つ目のネタは薄毛。これは昔からいろいろと話題にはなってきたことのようである。男性ホルモンが影響しているのではと言われ出したのは、1942年のエール大学のジェームズ・ハミルトン博士の研究によっているという。それは去勢手術をしている男性には薄毛が少なかったことに基づいているとか(彼らに男性ホルモンを注射したら毛が薄くなったとか・・・番組出演者も言っていたがひどい実験だ(笑)。

 なお最近の研究では、他に多くの物質が作用することになっているらしい。5アルファリダクターゼ2という酵素が男性ホルモンの働きを強化し、それが遺伝子に働きかけTGF−ベータ1と言うのが出来れば薄くなり、ひげなどの場合は逆にIGF−1というものの作用で濃くなる・・・とのことなんだが、今ひとつよく分からん。ただ今までの経験として「胸毛の濃い男性ほど頭が薄い」という経験則を感じている。

 何か今ひとつパッとしないという印象の内容。やっぱり「なるほど」というすっきり感がないんだな・・・。

 

8/11 解体新ショー「腹筋の割れ&銀紙を噛んだ時の痛み&かき氷頭痛」

 今回も先週に続いて小ネタ集。

 1つめはなぜ腹筋が割れるか。これについては左右の腹筋に対して横に腱が通っているので、腹筋が発達するとその腱に押されれて腹筋が割れるとか。またこの腱には個人差があるので、腹筋の割れ方は様々になる模様。それにしてもBGMに「キン肉マン」とはまたコテコテな。

 2つめは銀紙を噛んだ時に感じる痛みについて。これは歯に治療用の金属などを詰めてあれば、その金属との溶けやすさの違いで、アルミが溶けて電気が流れるのだとか(専門用語ではイオン化傾向が違うというのだが、そう言う用語はこの番組では一切使用しない)。なおそれではということで、番組では数人を直列につないで、アルミを噛んだ時の発電で電子オルゴールを鳴らすという馬鹿げたこともしていた。馬鹿げているが、確かに電気が流れているという証明ではある。

 最後はかき氷を食べた時の頭痛について。これについては、のどに対する刺激が脳に届く時に、神経が交差する三叉神経核で他の神経と混信して、他の神経に刺激が漏れてしまうことが原因とのこと。ちなみに番組では実際にかき氷頭痛が発生している時のMRIをとっていたが、脳の血管等には異常は現れていなかった。

 日常生活の細かい目からウロコなテーマを取り上げていたという印象。銀紙での馬鹿げた実験などは、何やら初期の頃のガッテンのノリに近いようなものがあった。そう言えばあの番組も、知らない間にだんだんと保守化していたな。基本的にはこういうくだらないノリは結構好きだったりするんだが。まあネタ自体は、2と3については今更聞くまでもなく知ってはいたが。

 

8/4 解体新ショー「目を開けて寝る人&足のしびれ&エスカレーターでつまずく」

 今回は夏のスペシャルとして「視聴者の疑問にお答えします」・・・って、この番組はガッテンか?

 まずは目を開けて寝ている人がいるがなぜかという疑問。競輪選手学校に潜入しての調査によると、149人中17人が目を開けていたとか。目を開けて寝る人を調べてみると、目が開いた時が一番筋肉の緊張がなくなっているという。実はこれは赤ん坊も同じで、本来は人間は目を開けて寝るようになっているとか。赤ん坊は眼瞼挙筋というまぶたを引き上げる筋肉があるのだが、実はこの筋肉の付け根が脆いため、大人になると多くがここが切れてしまうので目が閉じるようになるとか。また夢を見ている時は人間の目は白目になるとのことで、白目をむいて寝ている人は、眼瞼挙筋が切れていなくて夢を見ているという状態らしい。なお眼瞼挙筋が切れているとまぶたを開ける力が弱くなるので、まぶたに2グラム程度のおもりをつけるとまぶたが開かなくなるとのこと。ちなみに眼瞼挙筋をつなげる手術というのもあるとか。

 次は足のしびれ。これは圧迫によって血流が止まることで神経が麻痺することが原因。そしてジンジン来るのは、血流が回復した時。血流の回復によって神経が急に復帰する時に大量の電流が飛び交うのだとか。なお常に正座をしているお坊さんが実践していたしびれを防ぐテクニックは、足を組み替えたり浮かしたりなど、血流が止まらないように細かく動かしているとのこと(また慣れてくると、神経がしびれに対しての耐性も持つようになるとか)。

 最後は止まったエスカレーターはなぜ登りにくいか。実際に観察をしてみると、二段目でつんのめっているのが分かる。これについては「壊れたエスカレーター現象」として、2002年にイギリスの研究者によって検証されたとか。これによると、脳の高度な部分はエスカレーターが停止していることを認識するが、運動を司る脳の原始的な部分がこれに反応せず、エスカレーターが動いている時と同じ対応をしてしまうからだとか。そして前のめりの姿勢になってしまう結果、つまづくとか。これは慣れた動作などは自動プログラムが脳に組まれることが原因とのことで、番組では歩行器の上でジャンプをしてから、それを降りて目を閉じてジャンプをすると、その場で飛んでいるつもりなのに前に飛んでしまうということを実験している。

 いかにもこの番組らしい小ネタ集というイメージ。なお2つ目のネタが史上最低点を記録したとのことだが、これはカンニング竹山のキレ芸のつまらなさもさることながら、ネタ自体もあまり面白くなかったのでは。実際、1番目や3番目のような目からウロコのようなところはなかった。

 それにしてもこの番組が芸人のプレゼン能力にかなり左右されているという体質は相変わらず、ネタとしてはまずまずなのだが、この作りは少し工夫が必要。

 

7/21 解体新ショー「金縛り&のどちんこ」

 身近な科学的な謎を解き明かそうというのがこの番組の趣旨のようである。スタンスとしてはお気楽極楽より。

 まず一つ目のテーマは金縛り。よく心霊現象の代表のようにあげられる金縛りだが、当然であるがそんな馬鹿げた原因ではなく、100%科学的に証明されている。福島大学で睡眠について研究している福田一彦教授によると、人間の睡眠というのは通常は最初に深い睡眠に入り、しばらくしてから夢を見るレム睡眠に入るのだが、そのリズムが乱れて入眠していきなりレム睡眠に突入した状態だという。番組では被験者の睡眠のリズムを意図的に乱すことで、人為的に金縛りを発生させている。またこの時に、被験者は目を開けているつもりだったのだが、実は完全に目を閉じていた。つまり夢を見ている状態。天井などが見えるのは寝る前に見た記憶によるものだったとのこと。だからこのときに幻覚が見えることがあるのだという。また押さえつけられているように感じるのは、筋肉が弛緩していて力が入らないから。

 金縛りについては私自身も何度か体験しており、その時に大体推測していたメカニズムがやはり科学的に正しかったようだ。なお金縛り中には強烈な不安を感じることがあるが、実験によると心拍や呼吸などに乱れがあるらしい(筋肉が弛緩しているせいだろう)。よく吊り橋効果などのように、心拍の乱れが感情の乱れのように誤解されるなんて例があるが、この時の不安感も原因は同じだろう。

 二つ目のテーマはのどちんこはなぜあるか。のどちんこの正式名称は口蓋垂というのだそうだが、これは鼻と口を仕切る口蓋の先が垂れ下がったものだという。この口蓋によって鼻と口が分離されるので、人間は物を飲みながら呼吸をスムーズにできるという仕掛け。またこの口蓋は発声の時にも関与しているという話。

 以上、身近なネタ2点。ネタとしては今更どうこうと言うほどのものではないが、金縛りについては未だに心霊現象だと信じていてそれをネタに良からぬ連中にだまされる者もいるので、これは100%生理学的現象であるということを解説しておくことは意義がある(もっとも、既に完全に洗脳されてしまっている者は、これを見てもやはり心霊現象だと主張してしまうのだが・・・だからそうなる前に正しい知識を伝えることが最重要なのである)。

 ただこの番組、ネタはともかくとして番組の作りがイマイチ。多分お気楽に楽しめる路線を目指しているのだろうが、これがいかにもNHK的なはずし方である。若手芸人を使っておちゃらけたイメージで作っているのが完全に滑っている上に逆効果。また2組の芸人の対戦形式にしている構成も何の意味もない。一言で言うと「ダサい」。番組イメージとしては土曜のお昼の「生活笑百科」(全国番組か関西ローカルかを私は知らないが)並のダサさなのである。もしこの番組の視聴者に若者を想定しているのなら、完全に失敗している。

 

トップページに戻る