世界遺産

 

 TBS系で日曜日の午後11時30分から放送されているこの番組は、世界遺産を映像で紹介していこうという主旨の番組である。内容としては趣味の良い環境ビデオといった趣で、映像美が番組の中心になっており、教育的側面は比較的薄い。いわゆる「癒し系番組」と言って良いだろう。

 なお金曜日にBS−iでハイビジョン放送されているようであるので、映像コレクションとして保管するのなら、そちらの方が良いであろう。

 

エンターティーメント度 C

情報信頼度 A

タイプ分け 趣味型

緊急お知らせ

当サイトがメールマガジン(無料)を発行することになりました。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 
  

トップページに戻る

2015/6/21 世界遺産「ニューカレドニアのラグーン(フランス)」

 楽園とも言われるニューカレドニアで観光客に人気の真っ白なビーチ。この白い砂の生成メカニズムだが、なかなか意外なものである。ニューカレドニアは珊瑚礁の島で、珊瑚礁の海には多くの生き物が暮らしている。その中のブダイは強靱な歯でサンゴを削り取って、その中のポリブを栄養にして、サンゴの粉末は糞として排出する。これが砂の元になるのだとか。さらにそれを白くするのがナマコ。ナマコがこの砂の表面から栄養分を吸収して真っ白くなった砂を排出するのだとのこと。つまりは真っ白いビーチはブダイとナマコの糞というわけである。

 第二部では海中鍾乳洞に潜入。ニューカレドニアは珊瑚礁が隆起した島で、その石灰岩が雨で浸食されて鍾乳洞が出来、さらに地殻変動で島が沈降することで洞窟内に海水が浸入して海中鍾乳洞になるという次第。

 最後は夜の珊瑚礁を紹介。サンゴの中には紫外線で光るものもあるらしい。

 ・・・という話なのだが、美しい映像ならともかく、言葉で説明しても味気も何もないな・・・。やっぱり番組を見てください。

 

2015/4/26 世界遺産「イエローストーン国立公園(アメリカ)」

 アメリカのイエローストーン国立公園は3つの州にまたがる広大な地域である。ここには多くの間歇泉があり、あちこちから90度を超える熱水が噴き出している。地下に溜まった水が地熱で温められて吹き上がるのが間歇泉だが、地下の空洞の形などがそれぞれ異なるため、間歇泉が吹き出す周期はそこによって違う。その記録を取って、次に間歇泉が吹き上がる時間を予測する専門家もいるのだとか。この間歇泉はイエローストーン観光の目玉ともなっている。

 またイエローストーンに生きる野生動物もいる。一度は全滅した狼も今は棲息している。かつて家畜を襲う害獣として駆除され、この公園からも絶滅したのだが、10年前に狼を復活させるためにカナダから連れてきた狼31頭が放たれたのだという。狼にはGPSがつけられてその生態が観察されており、現在は11の群で95頭が生活しているという。狼を復活させたのは生態系を守るため。狼が復活したことでビーバーが帰ってきたという。狼がいなくなったことでエルクが増えて草木の芽を食い荒らしていたのが、狼によってエルクが減ったことで草木が生えるようになり、ビーバーが巣の材料にすることが出来るようなったのだという。

 イエローストーンには多くの温泉が湧いているが、その中には七色の温泉がある。この七色の原因は温度によって棲息する微生物が異なるからだという。熱水の過酷な環境でも棲息する微生物がいるというわけであり、実はこの研究を支援しているのはNASAだという。要は熱水の中でも生物が生きるのだったら、宇宙でも生物がいるかもしれないということらしい。

 世界遺産は世界中で1000以上あるとはいえ、さすがに毎週何年も番組をやっていたらネタもなくなってくるだろう。多分イエローストーンはこれで何度目かだろうと思う。どういう違った切り口を出すかが大変だろう。今回の内容を見ていてもかなり散漫な印象がある。まあこの番組は基本的に環境ビデオだから、綺麗な映像をハイビジョンで放送していたらそれだけで番組にはなるんだが。

 ところでこの番組も今年の春から、今まで単独スポンサーだったソニーがスポンサーを降り、キャノンやスバルなどの複数スポンサーの番組に変わった。目下のところそれが直接番組に影響を及ぼしているようには見えないが、今後はまだ分からない。それにしてもソニーもこの番組のスポンサーさえ続けられないぐらいのところまで落ちぶれたとは、今や瀕死とも言えよう。あのソニーがここまでなってしまったというのが、まさに日本の凋落の象徴でもあるのだが。 

 

 

 

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

 

 

 

6/11 世界遺産「シャーク湾(オーストラリア)」

 西オーストラリアのシャーク湾は、南北200キロ、東西100キロという巨大な湾だが、その水深は平均9メートルという浅い海である。海草が豊富なこの湾は、多くの海洋生物にとっての楽園となっている。特にここにはジュゴンが多く棲息しており、彼らにとってのシェルターであるという。

 またこの湾には地球創成の記録も残っている。奥まったハメリンプールと呼ばれる奥まった塩分の高い入り江には、ストロマトライトが生き残っているという。このストロマトライトは30億年前に地球に起こった劇的変化の商人でもあるという。

 実はストロマトライトは生きた岩である。この岩はシアノバクテリアが土や砂を粘液で固めて生成している。コノシアノバクテリアは30億年前に大繁殖し、光合成によって酸素を吐き出し、それまでの二酸化炭素と窒素しかなかった地球の大気を、今日の生物が呼吸できるものに変化させたのだという。

 例によっての環境ビデオなのだが、そこに地球創成の神秘を絡めているところが、私のような理系の人間には面白いところ。しかし地球が長い間かけて徐々に変化させた環境を、人類は今、たった数年で破壊してしまおうしているのであるが。

 

2/13 世界遺産「黄山(中国)」

 中国の黄山はまさに山水画の世界を体現している地域である。この地域は秦の始皇帝の頃から美しい風景で知られており、今でも年間100万人の観光客が訪れ、岩に沿って刻まれた石段を登っていく(これがまた私のような高所恐怖症の人間にはゾッとするような石段)。

 岩の間には松が生えており、それらの松は霧などの水分によって生きている。この地域には「雲海」という言葉がそのまま感じられるような光景を見ることが出来る。

 はっきり言って今回は100%環境ビデオ。ナレーターの寺尾聡氏もいつもよりも明らかに仕事が少なく(笑)、ただ静かに風景を流しているだけのシーンが多かった。しかしこの光景の前にはつまらない解説なんてやりようがないというものである。ハイビジョンでひたすら映像美を堪能しましょう。おおっ、It's a SONY ってか。

 

2/6 世界遺産「メンフィスとその墓地遺跡 ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯3(エジプト)」

 隆盛を極めたエジプトのピラミッドもやがて衰退の時を迎える。

 ギザの三大ピラミッドの中で最も大きいのがカフラー王のピラミッドである。このピラミッドは現存するものの中では高さが最大のものであり、クフ王のピラミッドをも凌ぐ。この地域はこのピラミッドを中心とする神殿地帯になっており、スフィンクスなどが配置されている。

 彼の息子であるメンカウラー王のピラミッドは、規模の点ではカフラー王のものより劣る。しかし石材ではさらに上質なものとなっており、ナイル上流から切り出された赤色花崗岩を使用している。この三代の時がまさにピラミッドの最盛期だったという。

 ピラミッドは死後に太陽の神となるファラオのために建造されたものだが、ピラミッドの建設は国民に仕事を与えるいわゆる公共事業としての側面が強かったという。ある神官の墓に残された壁画などから、人々はいきいきと働いており、奴隷の強制労働などではないことがうかがえるという(まさに前回私が「この番組では触れていなかったが」と書いたことだ)。

 しかしその後、ファラオの権力は急速に衰え、ピラミッドの規模も縮小すると共に造りも雑になってくる(質の悪い石材を雑に積み上げたことから、今日ではほとんど崩壊している)。莫大な費用を必要とするピラミッド建設は王権を弱め、神官や官僚の力が強まっていくことになった。これはエジプトの近代国家への発展を意味しているという。第四王朝の頃にはピラミッドの中で太陽神に生まれ変わるとされていたファラオが、第五王朝の頃にはファラオは太陽神の息子というように神官達によって微妙にファラオの地位が弱められているという。そしてこの頃になるとピラミッドよりも太陽神殿の方が巨大化しているというのだ。

 

1/30 世界遺産「メンフィスとその墓地遺跡 ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯2(エジプト)」

 エジプトのクフ王の大ピラミッドは、非常に高度な技術によって建造されている。かつて初期のピラミッドでは石を内向きに設置したところ、地盤沈下を起こしてしまったという経験から、大ピラミッドでは石を正確に水平に積み上げているという。

 またこのような大量の巨石をどのように運び上げたかが謎になっているが、これについては傾斜路を同時に建造して石を運んだという説が有力であり、初期のピラミッドの中に傾斜路が残っている遺跡もあるという。

 クフ王の棺が納めらている部屋の上には重力分散のための部屋があるが、これが設けられたのは棺の部屋の天井に重さで亀裂が入ったことによるという。つまりピラミッドも試行錯誤しながら新技術を開発しつつ建造されたようである。

 ピラミッドの周辺には巨大な舟の部品も発見されており、ファラオの魂はその舟に乗って永遠の旅に出ると考えられていたと思われるとのこと。

 ちなみにクフ王のピラミッドの建設には10万人が20数年間渡って石を積み続けたと試算されているようである。ところでこの番組では触れていなかったが、これだけの人員の動員と言えば、奴隷を鞭打ちながらというイメージが持たれていたのだが、近年の研究ではどうもそのイメージとは異なることが分かってきたという。と言うのも、当時の労働者の勤務表のようなものが発掘され、それによると「親戚の法事があるので家に帰る」などの類の休暇の記録もあり、我々がイメージする奴隷よりも、現代で言うところの一般労働者のイメージが近くなっているというとのこと。つまりこのピラミッド建設に従事した労働者は、強制的に動員されたと言うよりは仕事としてピラミッドを建設した可能性が高そうであるとのこと。となると、南北戦争時のアメリカ南部の黒人奴隷などと異なり、人間的な扱いを受けていたことになる。この辺りも個人的には興味深い。

 

8/29 世界遺産「チキトスのイエズス会布教区(ボリビア)」

 南米ボリビアのチキトスには、プロテスタントに対抗してイエズス会が築いた布教区が残っている。ここでは宣教師は現地の人々に布教と教育を行いながら、自給自足の理想社会を目指していたのだという。それはまさにイギリスの思想家トマス・モアが描いたユートピアであったという。

 奴隷商人に捕らえられる恐れのあった先住民にとって、布教区は安心して暮らせる場所だったという。教会は木材などの現地で調達出来る素材で建てられており、光沢部分には金銀の代わりに雲母が用いられているという。

 だかこの試みは長くは続かなかった。1767年、強大な力を持ちつつあったイエズス会は、それに脅威を感じたスペイン国王によって国外追放される。その後は先住民達の手によって布教区は細々と生き残ってきた。しかしボリビア独立や白人入植者の増加によって布教区は消滅、信仰だけが残ったという。多くの布教区が廃墟になる中で、わずかに残ったのがチキトスの布教区である。この地の住民達は昔から音楽と密接に関わっており、宣教師も布教のために音楽を利用したという。やがて彼らの中から、ヨーロッパにも劣らない楽器職人なども登場、見たこともないはずの西洋の楽器を弾きこなすようになったという。

 イエズス会が去った後、多くの教会が維持する技術もないまま朽ち果て、今日我々が目にすることが出来る教会のほとんどは20世紀に修復されたものであるという。それに貢献したのが建築家でもあるスイス人神父ハンス・ロス。彼は現地の人々を職人として鍛えることから始め、半年で帰国する予定だったのが、結局は30年の月日をかけて教会を修復したのだという。

 今回はキリスト教が原住民とハッピーな折り合いをつけた例。しかし全世界的に見るとこれはむしろ例外に近い。どちらかと言えば、キリスト教徒は現地の文化を破壊したことが多いからである(今回の例にしても、結局は現地信仰を破棄してキリスト教に改宗させているわけである。)。比較的現地の風習に溶け込む形での布教を行ったことが成功の鍵か。教会が素朴な感じのあるところが、いかにも権威をひけらかしているような中央の教会と違って味がある。

 

8/8 世界遺産「イ和園(中国)」

 かつて清朝を支配した西太后が作られたのがこの庭園である。大地に池を掘り、その土を盛って山を作るという大土木工事によって、造園技術の粋を尽くして作られた庭園である。紫禁城での政争に疲れた西太后は、晩年は一年の大半をここで過ごしたという。

 しかし皇帝の死後、幼帝を擁立して政治の実権を握った西太后であるが、彼女の治世は清朝の衰退の時期でもあった。外からは西洋列強の侵略をうけ、内では叛乱の火の手が上がりつつあった。そんな中で彼女がイ和園の建造に走ったのは、一種の現実逃避のように思えてならない。しかも彼女がこの庭園の建造のために海軍増強用の予算を流用したことが、後の日清戦争における清の敗北につながったとも言われているという。

 皇帝である自身の子が夭逝した後は、やはり幼い甥を皇帝として傀儡にしたが、やがて彼も27才の時に側近と共に、前代未聞の「皇帝によるクーデター」を起こし、西太后に刃向かう。しかしこのクーデターは西太后側の反撃によって鎮圧され、皇帝は宮殿に幽閉状態で押し込められることになったという。

 西太后の生涯については、作られた伝説による汚名の部分がかなりあるとのことだが(確かにそうだろう)、ただ事実として確実である部分だけでもかなりハードなものであり、ただ単に彼女が生き残るためとして苛烈にすぎる部分があることから、権勢に執着があったのは事実だろう。滅んだ王朝の最後の権力者は悪く言われるのが常であるが(最後の皇帝は溥儀であるが、彼は若くして帝位を追われるので、実質最後の権力者は西太后のようなものだ)、それをさっ引いて考えても、良い治世を行っていたとは思いにくいところが多い。

 何やら今回は歴史物のような側面が強かった内容。それだけに私には興味深かった(笑)。

 

8/1 世界遺産「コルドバ歴史地区(スペイン)」

 コルドバは古代ローマの文化と、砂漠のイスラムの文化が混じり合った都市である。かつてヨーロッパ最大の都市といわれたこの都市は、8世紀の終わりに建てられたモスクから始まったという。モスクの建造を命じたのは、アブドアフラマーン1世。彼はダマスカスでの政争に敗れて、ここに宗教の中心を作ろうとしたという。

 この都市はイスラムの先進的技術を導入されて建設されたが、もっとも優れていたのは灌漑技術である。この都市には水をふんだんに使った庭園などが存在している。またこれ以外にも天文学や医学など先進技術がコルドバに持ち込まれた。そしてこれらの技術はラテン語に翻訳されてイタリアに伝わり、ルネサンスの花が開いたのである。

 またこの町はフラメンコギターの産地としても知られている。これはかつてこの地にたどり着いたロマの人々によってもたらされたものである。放論の民であるロマ人とイスラムの民の出会いがフラメンコなどの独自の文化を発生させた。

 ヨーロッパ最大の都市になったこのコルドバも、13世紀になって政治的分裂などで衰退し、イベリア半島を取り戻そうとするキリスト教徒の侵略によって、ついにキリスト教徒の手に落ちることとなった。こうしてイスラムのモスクはキリスト教の聖堂に変えられていく。かつて円柱の森と言われたモスクもキリスト教徒によって柱を削られ、大聖堂に建て替えられた。当初は大聖堂の建設に賛成したスペイン王・カルロス1世も、現場を視察した時、円柱の森が破壊されたことを知って「あなた達の造った聖堂はどこにもあるが、あなた達が壊したものはここにしかないものだった」と怒鳴りつけたという。

 なにやらイラスムとキリスト教の関係がここにも垣間見えてしまう。どうも日本人は、先進的なヨーロッパと後進的なイスラム諸国というイメージを持っているようだが、少なくとも中世までにおいてはこれは間違いであり、キリスト教国のヨーロッパは、イスラム諸国と比べると圧倒的に後進国であった。むしろ彼らが勝っていたのはその野蛮さにおいてのみであると言ってよい状態であったのである。カルロス1世の怒りは、まさに破壊主義的なキリスト教徒の行為を象徴していると言える(彼らは世界各地で多くの文化を破壊した。そして今もさらに中東において破壊を続けようとしている。)。

 

7/25 世界遺産「ウルル−カタ・ジュタ国立公園(オーストラリア)」

 ウルルとは白人言うところの「エアーズロック」のことである。この岩を原住民アナングはウルルと呼ぶという。この地は、火山岩が砂漠の過酷な環境によって浸食されたことによって生成した奇岩が転がっている。

 この地層が形成されたのはおよそ6億年前だという。隆起した岩が雨風で浸食され、残ったのが現在のウルルであるという。ここには水場があり、洞窟の中にはアナングの壁画も残されている。

 カタ・ジュタはアナングが「多くの頭」と呼ぶ独特の岩であり、これもウルルと共に世界遺産に登録された。この岩はかつてウルルよりも高かったのだが、ウルルと岩質が違うために浸食によって現在の形になったという。

 ここはアナングの男達の聖地であり、風が岩の間を通り抜ける風の谷と呼ばれる地域がある。なお番組ではこの風の谷の光景が様々な物語を思い起こさせると言っているが、風の谷と言えばナウシカしかないと思うのであるが・・・(笑)。

 光によって様々に色合いが変わるウルル(なんかウルルとサララみたいだが)が映像的に美しい。例によって良質の環境ビデオ。

 

7/18 世界遺産「キリマンジャロ国立公園(タンザニア)」

 アフリカ最高峰、キリマンジャロ。この山は熱帯の灼熱の大地にあるにもかかわらず、頂上には氷の世界が存在している。この山は独立した存在であり、この山にしか棲息しない名前さえない生物が多く存在する。ジャイアントセネシオと呼ばれる巨大化した菊の仲間などは他では見られない生物である。

 高度が上がってくるにつれ寒冷化し、寒冷と乾燥に対応した特殊な植物が見られるようになるが、ついには植物のほとんど存在しない高山砂漠となり、やがて氷に覆われた大地となる。気候は変わりやすく、春でも雪が降る。しかしここも温暖化によって2015年にはこの氷河はなくなると予想されており、事実この30年間で氷河は半減しているという。

 まるで嘘みたいな光景に圧倒される。一度自分の目で見てみたいななどと感じながらも、とてもあんなところを登れる体力はありません(笑)。それにしてもアフリカのサバンナの背後にそびえる雪をかぶった巨大な山という光景だけでも、かなり嘘のような光景なんだが。

 

7/4 世界遺産「ポルト歴史地区(ポルトガル)」

 ドゥロ川河口のポルト、ここはもっともポルトガルらしい町並みを持った都市だという。元々この町はローマ時代にはガレと呼ばれており、これに港を意味するポルトスをつけてポルトスガレと呼ばれていたのが、現在の国名であるポルトガルにつながったという。

 ポルトガルの最盛期を偲ばせる建物がサンフランシスコ聖堂である。17〜18世紀、ポルトガル王は植民地のブラジルから400キロの金を持ち込んでこの聖堂を飾り立てたという。この聖堂に祀られているマリア像は船に乗っており、これは船乗り達が船出の前に航海の無事を祈ったものだという。

 世界の海を制したこの地の重要な産物はワインである。ドゥロ川沿いの斜面の畑で栽培された葡萄は良質のワインの原料となり、ドゥロ川を通ってポルトの街に運搬され、ここから世界に輸出された。ポルトから輸出されたワインはポートワインと呼ばれた。その伝統は今にも続いているという。

 何となく時間がゆったりと流れているのが感じられる街である。この辺りはラテン系の特性なんだろうか? なお大航海時代はポルトガルにとっては繁栄を謳歌した古き良き時代なんだろうが、植民地側にとっては侵略と収奪に会った暗黒の時代であったということは忘れてはならないのであるが。

 

6/27 世界遺産「蘇州古典庭園(中国)」

 蘇州には1000年前に建造された滄浪亭・拙政園などの古典庭園が存在している。これらの庭園は高度に計算して構成されており、視点が変わるたびに異なる光景が広がるように設計されている。限られた空間である庭園を借景などを利用して広く見せたり、様々な形態の岩を配置して自然の山河を再現したりなど、非常に計算された設計を行われているのが特徴である。

 今回は完全に「環境ビデオ」。それだけに私もコメントすることはほとんどない(笑)。ハイビジョンのデモンストレーションとして流すには格好の素材であるし、趣向を凝らした各庭園には感心させられるが、所詮それだけ(笑)。番組としてこれらの庭園の背景にある時代の意味などを解説してくれたらもっと面白かったのだが。

 

6/20 世界遺産「ティワナク(ボリビア)」

 南米ボリビアのチチカカ湖のほとりのティワナクの地では、かつて巨石文化が発達しその遺跡が残っている。しかしその文明は忽然と消え去り、未だに謎となっている。

 チチカカ湖はかつては海だったが、アンデス山脈の隆起でこの地に取り残されたという。南米で発達した文化としては、15世紀に発達しスペインに滅ぼされたインカが有名であるが、それ以前に勢力を誇ったのがティワナクである。インカの遺跡にもティワナクとの交流をうかがわせるものが残っているという。

 ティワナクの地には巨大な赤茶けた山があるのだが、実はこれが巨大なピラミッドだったのである。ここにはインカにも匹敵する巨大文化が存在したのである。彼らは鉄器を持っていなかったにもかかわらず、巨石を切り出して正確な石組みを築いているのだが、それがいかなる方法によったのかは未だ明らかではない。また半地下式神殿などの多くの巨大建造物の建築目的も明らかではないという。

 ティワナク文化の名残を伝えると言われているのが、カヤワヤと呼ばれる呪い師達である。彼らは呪いによって邪気を払うことで病を治したりするという。カヤワヤのこのような儀式はユネスコの無形文化財にも指定されている。

 インカ以前に600年もの歴史を誇り、巨石を操りながら、突如として消えたティワナク文化。その謎は未だに多い。

 何やら歴史の神秘を感じさせる話であるのだが、南米の古代文明に謎が多いのは、実はスペインによる徹底した破壊の影響も大きい。全く大航海時代のヨーロッパはろくなことをしていないのが事実だったりする。欧米の保守派は大航海時代はヨーロッパが世界に文化を広めた時代のように言うが、世界のほとんどの地域にとっては、野蛮な侵略者が大いなる災厄をもたらした暗黒の時代だったと言える。

 

6/13 世界遺産「バンダルガン国立公園(モーリタニア)」

 西アフリカ、モリータニアの大西洋岸の遠浅の海が続く海域にバンダルガン国立公園はある。ここには膨大な鳥が飛来する。数百万羽もの鳥がここで冬を越すという、まさに渡り鳥の楽園である。魚などの餌に恵まれるこの浅瀬を訪れる鳥の種類は100種類を越える。

 この遠浅の海を作ったのはサハラの砂である。サハラから飛来した砂が海に堆積し、60キロ先の沖合でも5メートル程度の深さしかない海を作り上げたのだという。太陽が十分にさすバンダルガンの海ではプランクトンが大発生し、これがすべての生態系の源になっている。

 番組では沖合の砂の島に特別の許可をとって上陸した上で、そこに飛来する鳥の姿を紹介している。もっともこの番組は生物番組ではないので、生態を紹介するというわけではなく、あくまで環境ビデオの範囲である(笑)。

 浅瀬に飛び交う鳥の姿が非常に印象的。干潟などは渡り鳥にとって実に貴重な餌場や繁殖地なのである。世界全体から見ればちっぽけな点にすぎないバンダルガンの海も、大西洋を渡る鳥の1/3が訪れる渡り鳥にとっては聖地のようである。環境にとって干潟がどれだけ重要かを実感させる。これは日本における諫早湾にも同じことである。それだけにあの海をアホな官僚の無意味な工事で失ってはいけないということをつくづく感じる。

 

6/6 世界遺産「麗江旧市街(中国)」

 中国雲南のナシ族の歴史と文化が刻まれたのが麗江旧市街である。玉龍雪山からの湧き水で潤うこの町には、瓦屋根の木造家屋が並んでいる。

 1996年、大地震で大被害を受けたこの町を中国政府は鉄筋のビルで修復しようとしたのだが、現地の人々は木造の家屋を修復するために立ち上がり、今の家並みが守られたとのことである。

 ナシ族の文化の象徴が東把文字である。これは世界で唯一の未だに使われている象形文字だという。しかしこの東把文字を完全に理解している古老は既に少数になっており、麗江の小学校では文化の継承のために東把文字の学習が開始されている。

 水路と路地の麗江の町が非常に印象的だが、瓦屋根に木造の建物は、中国の風景であるにもかかわらず、なぜか懐かしいものを感じさせる。どことなく日本の風景と相通じるものを感じさせるのである。日本もかつてはああいう生活感のある路地の世界が存在したのだが、いつの間にやら無味乾燥な光景が多くなってしまったものである。

 

5/30 世界遺産「トロイの古代遺跡(トルコ)」

 ホメロスの壮大な叙事詩で描かれたトロイ戦争の舞台・古代都市トロイ。しかしその場所は長らく謎であり、シュリーマンがトロイの遺跡を発見した時、世間はあっと驚いた。

 トルコは遺跡の宝庫であり、古くは紀元前6000年のものからあるという。代表的なものとしては、ヒッタイトの都であったハットゥシャ遺跡などがある。トロイ遺跡はダーダネルス海峡の入り口のところにある。この遺跡はあらゆる時代の遺構が残っており、一望で全貌を把握するのは非常に困難である。

 子供の頃からトロイの伝説に見せられたシュリーマンは、この地で発掘を行う。しかしあらゆる時代の遺構が重なっている遺跡は彼を混乱させた。しかし彼は奇跡的にここで多くの財宝を発見する。そしてこれだけの財宝が発掘されたからにはここはトロイに違いないと断じられ、シュリーマンは大いなる名誉を得る。

 しかし後に彼は容赦のない批判を浴びることになったという。まず発掘のやり方が杜撰であること、彼の杜撰な発掘である時代の遺構などは完全に破壊されてしまったという。また彼はトルコ政府との約束に反して、財宝を勝手に持ち出した。トルコ政府の抗議を受けた彼は、結局は莫大な賠償金は払ったものの、財宝は自らのものにしたという。さらに彼が発見したトロイの財宝と思われたものは1000年も古いものであることが判明し、この地が伝説のトロイであるということには疑義が投げかけられることになった。

 そうして一度は事実であったと認定されたトロイ戦争は、再び神話の世界に戻ってしまったのである。しかしこの地が当時のヨーロッパの中心となり得るだけの勢力を持った都市であったことは間違いなく、一体何であるのかの研究は現在も続けられている。またシュリーマンの発見が古代への憧れを掻き立て、考古学の発展に大きく寄与したことは間違いなく、この地はシュリーマンの功績を讃える意味で世界遺産に指定されたのだという。

 この番組によると、どうやら「トロイ遺跡」と呼ばれているものは実はトロイではないのではないかというのが現在の通説であるようである。教科書で「シュリーマンがトロイの遺跡を発掘」と書いてあるのを学んだ私は、現在の状況はよく知らなかった。この分野はすぐに事実が変わることがあるから(つい最近も、例の遺跡ねつ造事件で日本の古代史がほとんど書き換えられてしまった)、要注意であるようだ。

 

5/23 世界遺産「モン・サン・ミシェルとその湾(フランス)」

 モン・サン・ミシェルとは湾の中の島に建設された、大天使ミカエルを祀る寺院である。かつてミカエルの怒りによって森が海に沈んだとの伝説があるとのことだが、この湾は潮が満ちると海中に没する。もっとも干満の大きいこの地は最大の場合、15メートルの干満の差があるという。難攻不落でもあるこの地は、かつてはイギリス軍の攻撃にも落ちなかったという。

 今日ではこの島は、アメリカから自らのルーツを求める多くの黒人が訪れるという。ここで語られる祖先の苦しみと屈辱に多くの者が涙するという。

 今回は同じ世界遺産でもいつもの名所旧跡のようなものではなく、人類の愚行を後世に伝えるための社会的な史跡である。それだけにいつものこの番組と比べると、重苦しくて深刻な空気が漂う。

 奴隷制度は欧米にとっては十字軍の遠征などに並ぶ蛮行の一つである。それだけにその記録を後世に残していくことは重要である。もっとも現在でもすべての欧米人が奴隷制度を誤っていたと思っているわけではなく、未だに黒人差別を正当化しようとするような馬鹿は欧米に存在する。しかしそれでも日本のように、アジア人差別を正当化する(というよりも差別意識が人格の根幹をなしている)人物が知事を務めているような国よりはまともか。

 

5/9 世界遺産「レッドウッド国立公園(アメリカ)」

 アメリカカリフォルニア州の太平洋岸の森には、レッドウッド(セコイアメスギ)と呼ばれる巨木が存在する。最高で高さ100メートル以上ともなるこの巨木は、かつて開拓者によって建材として大量に伐採された。しかし20世紀になって保護の気運が高まり、背丈の高い木の集まった北部の地域が国立公園となった。

 かつて世界中に存在したレッドウッドも自生しているのはこの地域だけであるという。レッドウッドはその分厚い樹皮のため、枯れた後も虫に食われることがなく腐らないという。この森には樹齢数千年の木が存在している。

 レッドウッドの葉は霧の水分を集めて水滴として地面に落とすため、レッドウッドの森では雨が降らない時でも水が供給されている。こうして出た水は腐葉土中のミネラルを含み、海に流れ海を養っている。

 レッドウッドの大敵は風である。100メートル近くまで成長するにもかかわらず、浅くしか根の張らないレッドウッドは風で倒れやすい。こうした倒木はその虫に食われず腐りにくい特性のために、100年もそのまま残っていたりするという。

 レッドウッドはダメージを受けた場合、バレルという組織が活性化され、そこから新たな芽を出すことが出来る。こうしたしたたかな繁殖方法でこの木は恐竜時代から生き続けてきたのであるという。

 レッドウッドの巨木の姿が圧巻。これに対抗できるのは屋久島の縄文杉ぐらいか。この森が完全に荒廃する前に保護されたのは、人類にとって幸いと言うべきだろう。

 

5/2 世界遺産「イスラーム都市カイロ(エジプト)」

 アフリカ最大の都市カイロ。このイスラム都市には多くのモスクが存在する。

 カイロの最高権力者はカリフと呼ばれ、イスラム教の開祖ムハンマドの後継者を名乗っていた。またカリフはよく自らの名を冠したモスクを残した。その中でハーキム・モスクは18歳の若きカリフ、ハーキムが残したものであり、未だに色あせずに残っている。

 カイロの南にある廃墟は、最古のイスラム都市フスタートである。ビザンチン帝国を退けてここに都市を築いたのは将軍アムルであり、彼は税率を下げるなどしてここの民を治めた。その頃にカイロに初めて建造されたのがアムル・モスクで、カイロの発展はここから始まったという。しかし1000年の間改修を重ねてきたアムル・モスクはもはや原形をとどめておらず、当時を物語るのは一本の柱のみであるという。

 エジプトには原始キリスト教を信仰するコプトと呼ばれる民もおり、農村に基盤をおく彼らは、都市に基盤をおくイスラムと共存してきた。彼らの独自の芸術はイスラム社会にも影響を与えており、特にマシュラビイヤと呼ばれる独特の幾何学木工格子はモスクにも取り入れられたという。

 イスラム都市にキリスト教徒が共存しているのが印象的。これはイスラム教の柔軟性を感じさせる。ちなみに逆のパターンは絶対にあり得ないことである。非常に攻撃的かつ排他的なキリスト教は、他宗教の信者については殺すか改宗させるかの二者択一しかなく、キリスト教都市でイスラム教コミュニティが存在出来る余地などは全くない。これこそがこの両宗教の性格を端的に物語っているのだが、どうも日本人は一般的に逆の理解をしているようであるのが気になるところである。

 

4/25 世界遺産「テ・ワヒポウナム(ニュージーランド)2」

 孤立した生態系であるニュージーランドでは鳥が生態系の頂点に立っており、ここには66種ものここにしか生息しない鳥がいる。その中にはタカヘのように飛べない鳥もいる。さらに飛べない鳥の代表格は、ニュージーランドの国鳥・キゥーイである。キゥーイは現在絶滅の危機に瀕しており、個体数の回復が図られているという。

 この地に降る大量の雨はフィヨルドに大量の有機物とタンニンを流し込み、それがフィヨルド内に独自の海洋環境を形成する。フィヨルド内の海は二層になっており、表層2、3メートルの濁った淡水と、その下の海水からなる。濁った淡水が日光を遮断するために、ここの海洋は温暖な海洋にすむ生物と深海生物が共存しているという独自の生態系になっている。

 環境ビデオとして最適な内容。それだけにコメントすることがあまりないんだよな・・・・(笑)。

 

4/18 世界遺産「テ・ワヒポウナム(ニュージーランド)1」

 ニュージーランド南島のフィヨルドの渓谷・テ・ワヒポウナムでは独自の生態系が守られている。4つの国立公園を含むこの地域は世界遺産に指定された。

 太古から他の大陸と孤立してきたこの地には、キウイのような飛べない鳥などの独自の鳥類の宝庫になっており、またフィヨルドの底には普通は深海にしか生息しないような生物が浅瀬に生息しているという。

 この地にあるクック山は毎年1センチ隆起しており、もし氷河による浸食がなかったら、今頃は1万8千メートルを超えると言われている。ウェストランド国立公園の一帯は氷河に覆われており、これらの氷河は1年に2メートル進んでいる。しかしこの氷河も最近は地球温暖化の影響による後退が見られるという。

 非常に多雨で世界で最も寒いジャングルにあたるテ・ワヒポウナムでは太古の地球を思わせるシダ類が繁茂している。この森には毎年秋になるとフィヨルドランドペンギンが訪れる。このペンギンは生息数が3000羽しかいない絶滅危惧種である。彼らは秋になると南極から卵を生むためにこの地にやってくるのだという。海から上がった彼らは、そのまま森の奥に移動し、毎年同じ場所で同じ相手と営巣する。孵化した雛は1ヶ月後には川で泳ぎの練習を始めるという。

 森の中を歩くペンギンという図が奇妙に印象的な内容。前半はフィヨルドの大地の映像を、後半はほとんど「地球ふしぎ大自然」。ニュージーランドは自然が多彩なところだと聞いていたが、確かにこれはかなりのものである。往々にしてこのような孤立した生態系は、人間が持ち込んだ動物によって破壊されてしまうことが多いのだが(今までたいした肉食獣がいなかったオーストラリアでは人間の持ち込んだ犬が、ガラパゴス島では猫が最強の狩猟動物になって、現住生物を脅かしているという)、このような生態系を保護していくためには、なみなみならぬ努力がなされているのではと思うのだが。そこのところはどういう取り組みがなされているのだろうか。

 

4/4 世界遺産「ビブロス(レバノン)」

 1984年に世界遺産に登録されたレバノンのビブロスは、かつて栄華を誇った海洋民族フェニキア人の遺跡である。この地に人が住み始めたのは紀元前7000年頃からだと言われているが、紀元前5000年頃の集落の跡も残っているという。

 紀元前18世紀に建造されたオベリスク神殿の遺跡からは、ブロンズに金箔を施したフェニキア人像だけでなく、スフィンクスの像なども発見されており、エジプトとの結びつきの強さを示している。温暖な気候のレバノンからエジプトにはレバノン杉が輸出されていた。さらに南部のシドンでは巻き貝の一種であるムーレックスが産出された。この貝はカイムラサキと言われる染料の材料にされたという(現在は乱獲で絶滅寸前だとか)。これらの産物を持つフェニキア人は地中海に勢力を伸ばし、黄金時代を築き上げる。

 フェニキア人が信仰していたバール神を祀った神殿も発見されている。それがバーラット・ゲバル神殿である。バールは嵐を鎮める神として、海洋民族の彼らに信仰されたという。しかし彼らの神殿には偶像はなく、神の座る椅子があるだけであるという。これは偶像崇拝を戒めたユダヤ教やイスラム教の原点と考えられているという。

 またビブロスには多くの穴が存在しているが、これらは王の墓だという。この中の一つで世紀の発見がなされた。1929年、奇跡的に盗掘を免れたアヒラムの石棺が発見され、その石棺にはレリーフなど共に、アルファベットの原点となるフェニキア文字の碑文が刻まれていたのである。フェニキア人は効率的に記録を行うために、複雑なくさび形文字を簡略化したアルファベットを発明していたのである。

 このように栄華を極めたフェニキア人も、大国に支配されたりして、紀元前2世紀に最後のフェニキア人都市であるカルタゴの滅亡で歴史の表舞台から姿を消す。しかし未だに彼らの文化の面影は各地に残っているという。

 海洋民族フェニキア人の文化の跡をたどる重厚で興味深い内容である。実はこの番組をキチンと見たのは初めてなのであるが、こんなに面白い番組だとは知らなかった。今後チェックしていこうか・・・。

 

トップページに戻る