歴史秘話ヒストリア

 

 2009年4月から「その時、歴史が動いた」の後を受けて始まった、NHKの歴史ドキュメント番組です。放送は毎週水曜日の午後10時から。

 キャスターに初めて女性アナである渡邊あゆみアナ(私には旧姓の「黒田あゆみ」の名のイメージが強いが)を起用するなど、外観上の雰囲気を変えているが、話題も「歴史秘話」の名の通りゴシップ的なネタを採用するなど、NHK歴史番組のワンパターンを打破しようという試みがうかがえる。ただ番組の印象をできる限りソフトで軽いものにしようとしている一方で、基本の作りがNHK歴史番組の伝統を踏んでいるだけに、外観ほどは中身があまり変わっていないのが今後どうなるか。現に第一回のネタが「源頼朝と北条政子」第二回が「上杉謙信」とかなりコテコテのネタであり、いきなりネタに苦しんでいる風も見える。既に歴史番組自体がネタ切れ傾向にあるだけに、前途多難なような気はする。

 

エンターティーメント度 C

情報信頼度 B

タイプ分け 知識型

 

お知らせ

当サイト管理人の鷺が、この度書物を出版することとなりました。「あるある大事典」の問題点や注意点などについて解説した書き下ろし本です。詳細はこちらへ。

書籍紹介ページ

 

お知らせ

当サイトではメールマガジン(無料)を発行しております。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 

 

トップページに戻る

2015/6/9 歴史秘話ヒストリア「古代日本 愛のチカラ よみがえる持統天皇の都」

 今回の主人公は持統天皇。持統天皇を主人公にした里中満智子の漫画「天上の虹」が32年をかけてつい最近に完結したとのことで、それに載っかってという企画のようだ。ヒロインの声に水樹奈々を起用してという力の入り方。これはいずれアニメ化を狙っているか?

 持統天皇こと讃良皇女は中大兄皇子の娘で、父親の意向で叔父に当たる大海人皇子と結婚する。そもそも愛のない政略結婚であったのだが、やがて讃良は大海人皇子の大らかな性格に惹かれ、二人はパートナーとなっていく(やけにロマンチックな解釈だが、これは漫画に沿っているか?)。そして中大兄皇子こと天智天皇の死後に起こった壬申の乱では、大海人皇子が戦勝祈願に伊勢神宮に立ち寄った時、讃良に天照大神が降臨したことによって周辺の豪族が大海人皇子に同調して勝利を収めることになる(士気高揚のために夫婦二人で芝居を打ったと解釈するのが妥当なところだろう)。大海人皇子は天武天皇として即位すると共に讃良を政治的なバートナーと指名する。天武天皇の治世は実質的に二人の共同統治だったのだという。

 天武天皇は国力増強のために唐の長安に習った新しい都・藤原京の建設に着手する。伸張する唐によって高句麗や日本の友好国だった百済が滅ぼされたこの時代、国力増強は喫緊の課題だった。天武天皇は朝廷の服装も唐風に改めると共に、富本銭の鋳造を行うなど改革を進める。またこの頃にそれまでの「大王」から「天皇」に改められたのだとか。これは中国の皇帝を意識してのことだという。また歴史書の編纂も始める。

 なお今日残っている薬師寺は、讃良が病になった時にその回復を願って天武天皇が建立したものだという。二人の結びつきの強さを物語るエピソードではある。

 その甲斐あってか讃良は病気から回復するが、その6年後、今度は天武天皇が病に倒れてそのまま亡くなってしまう。残された讃良は彼の意志を継ぐべく持統天皇として即位する。

 持統天皇が行ったのは天武天皇が手がけた藤原京の造営。当時は唐と国交が絶たれていて唐の情報が入らない中、文献などを参考にして巨大な都を作り上げる。また近年の発掘によって藤原京を起点にした大道路網が全国に張り巡らされていたことが明らかとなっており、日本は急速に中央集権国家として整えられていく。

 日本の基礎を整備して持統天皇は崩御する。彼女の死後は火葬にされ、その遺骨は天武天皇が納められた古墳内に納められているという。

 あからさまに里中満智子の漫画の宣伝企画でした。まあ持統天皇はこの時代の人物の中ではかなりドラマのある方なので、この時代で大河を作るとしたら主人公として考えられる一人でしょう・・・吉田松陰の妹なんてどうしようもない人物を大河にするぐらいなら、なぜ彼女を大河にしなかったんだ? まあ今回の大河は、安倍の意向で無理矢理にでも山口を持ってこないといけなかったんだろうが。まあ今のNHKはアベ・ジョンウンの中央放送で、「皆様のNHK」ならぬ「安倍様の犬HK」だから。

 とにかく2年後の大河はちょうど原作もあることだし、持統天皇で行くか? その頃にはさすがに安倍政権も無茶が過ぎてコケてるだろう。もっともその時には日本がどうしようもないほど滅茶苦茶にされている可能性も高いが。

 

2015/4/22 歴史秘話ヒストリア「がんばれ!東京〜泣いて笑って400年」

 最近この番組は東京オリンピックに向けた提灯企画が多いが、今回もその一環。東京がいかにして成立したかの歴史。

 まず東京を一番最初に開発したのは徳川家康。家康の力をそぐことを考えた秀吉が、家康を東方の未開の地である江戸に国替えさせたのだが、当時の江戸は湿地で安定した陸地もろくにないような状態、工事をしようにも人足もいないので家臣たちが自ら土木工事に従事することになったとか。ようやく陸地が出来ると商人などの住民を集めたが、次に問題になったのが水の悪さ。そこで水を確保するために現在の井の頭公園のところから水を引くようになったとか。さらには食糧の輸送のために運河を造成と、家臣達は土木工事のプロになるほど酷使されたようだ(まるでローマ軍である)。さらには関西から漁師を移住させるなど、ようやく町としての体裁が整ってくる。

 家康が天下人となるとその権力の誇示のために作ったのが江戸城の大天守。天下普請で超巨大な白い天守を作り上げる。しかしこの次に将軍になった秀忠がやったのが天守の建て替え。家康の天守よりも大きなものを作ることで自らの権力を誇示したとか(こんな程度のことしかできないのか?さすがに無能の秀忠)。しかもさらに家光がこの天守を解体して新たに建て直すことで権力を誇示したとか。しかしこうして将軍の権力の誇示に使われた天守もその20年後に火事で焼失し、結局はそのまま再建されることなく終わってしまう。

 明治を迎えると不平等条約の改正を目指すべく、先進国アピールの一環として政府の建物を洋風化することが目論まれる。外務大臣の井上馨がこの事業に起用したのがドイツを代表する建築家だったウィルヘルム・ベックマン。単に西洋の建物を真似するのでなく日本の風土にあった建物を建てないといけないと考えたベックマンは、各地を視察した上で日本では地震災害などに備える必要性などを感じ、建物のみならず都市全体を含めた壮大な都市計画を提出する。それは防災のための幅広い道路をも備えた先進的な都市構想であった。しかしその後、井上馨が失脚することになり、ベックマンの壮大な計画は司法省と裁判所の建物の建設だけに大幅に縮小されてしまう。後の関東大震災では多くの建物が甚大な被害を受ける中、ベックマンの建設した建物だけは十分な耐震構造だったために被害がなく図らずしも彼の構想の正しさが証明されることになる。

 何やら「東京トリビア」のような趣で、番組としてのまとまりに欠けたのが今回。最近はこの番組もネタ不足が深刻なので、この手の小ネタ集みたいな回が増えてきた。

 ところでベックマンの構想はその正しさが後に証明されたのだが、悲しいかな現在の東京もその教訓が生かされているとは全く言えない町になってしまっている。それにしても建物だけでなく都市の構造まで考えるとはやはり建築家とはこうあるべきというところ。無意味な「芸術性」に走って実用に足る駅舎の一つも満足に設計できない某大馬鹿建築家は、彼の爪の垢でも煎じて飲んで欲しいところ。

 

 

 

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

 

 

 

2/3 歴史秘話ヒストリア「親父!いいかげんにしてくれよ!〜信長に振り回された家族たち〜」(再放送)

 戦国の風雲児などと言われて人気もある織田信長。しかしもし彼が兄や父だったら・・・そりゃ、勘弁してくれというのが本音だろう。はっきり言って彼のようなタイプは家族や上司には欲しくない。そんな彼に振り回された可哀想な身内の物語。

 まず被害者その一は彼の弟の織田信勝。破天荒な信長に対して弟の信勝は極めて常識的な人物であった。信長の回りには各家の次男や三男などのあぶれ者が集まったのに対し、信勝の回りに織田家譜代の家臣達が集まり始める。やがてそのような家臣団は信勝を担ぎ上げるべく反乱を起こす。しかしそこで活躍したのが信長の回りに集まっていたあぶれ者達。信長は実力本位での人材抜擢をしていたわけである。反乱はあっという間に鎮圧、しかし信長は信勝を始め、反乱に荷担した者達を許す。これで信長の器量が一気に認められて家臣達は信長の元に結集する。

 しかし担ぎ上げられた挙げ句にはしごを外された形の信勝にとってはこれは不本意そのものだった。そしてとうとう信勝は自ら信長に反旗を翻す。その信勝を信長は病気だと偽って呼び出し、自らの手で殺害する。

 被害者その二は長男の信忠。彼は跡取りとして徹底的な英才教育を施される。彼が息子に求めたのは「家臣が思いつかないような独自の判断をすること」。この高いハードルを課せされた信忠は苦労するが、武田の支配下にあった信濃の高遠城攻めで、自らの出陣まで攻撃を一端中止するようにとの指示に背いて自ら先頭に立っての猛攻で高遠城を落城させることで、信長に「天下を譲る」と認めさせる。しかしその三ヶ月後、本能寺の変が勃発。信忠は信長を助けるべく手勢数百人を率いて本能寺に向かうが、力尽きて二条城で切腹する。あらゆる英才教育を施した信長であるが、息子に「どんな手を使っても生き延びる貪欲さ」だけは教え込んでいなかったというのが番組の解釈。思うに、多分に父親が大きすぎて、その影から完全に離脱することは出来なかったのだろう。ちなみに彼がこの時に信長を見捨てて、とにかく自分だけでも逃げ出して生き延びていたら、その後の秀吉や家康の天下はなかったと言われている。

 被害者その三はその信忠の弟である三男の信孝。本来は信長の次男だったはずの彼だが、20日後に生まれた信雄の方が母親の家柄が上だったために次男となり、彼は三男と言うことになる。その後二人は養子に出されるが、その時の養子先も信雄の方が格が上だった。父に近づこうと考える彼は、自ら先頭に立って戦いで名を上げていく。そして本能寺の変後は彼は秀吉軍の総大将として山崎の合戦に参加、信長の後継者として名を上げる。しかしそんな信孝に信雄が反発、骨肉の争いが発生、さらには秀吉も信雄についたことで彼は孤立、秀吉に攻められることになる。捕らえられた信孝は信雄から切腹を命じられる。彼が切腹した部屋には、怒りのあまりに彼がはらわたを投げつけたと言われる血の跡が残っている。一方の次男の信雄であるが、結局は彼は秀吉の家臣に下ることで徳川時代にまで生き残り、織田家の血筋を今日に残している。

 とにかく信長ははた迷惑な人間である。こういう人物の回りにいる常識人は、常に被害者になると言うのは世の常。ただ時代が彼のような人物を求めたところもあるだろう。実際、織田家の当主が弟の信勝だったら、織田家内はまとまっただろうが織田家が天下に覇を唱えることはなかったろう。それどころか今川義元が上洛してきた時に滅ぼされている可能性もある。よくて今川家の家臣になっているというところか。

 長男の信忠については、やはり良くも悪くもボンボンだったということは否定できないのだろう。最後の最後で非情の決断が出来なかったと言うことである。父の背中が大きすぎた不幸でもある。

 信孝と信雄については、自らの力量を越える自負を抱いてしまった者と、そういうプライドを棄てて現実路線に走った者の差が出たと言うべきか。最も信雄にしても野心がなかったはずはないのだが(実際に彼は徳川家康と組んで小牧長久手で秀吉と戦っている)、そんなものを抱く余地すらないほどに秀吉が強大化してしまったというところがある。

 ところで、なんでこんなものを今頃再放送するんだろうと思っていたら、要するに織田信成がらみか。つまりはオリンピック企画?

 

1/27 歴史秘話ヒストリア「王女はなぜ"女スパイ"になったのか?〜男装の麗人・川島芳子の生涯〜」

 今回の主人公は今なお謎多き女性である川島芳子について。

 愛新覚羅顕シ(王偏に子)、後の川島芳子は清朝の皇族の名門・肅親王家の王女として生まれた。しかし清朝は倒れて、彼女は日本の支配下となっていた旅順に亡命する。そして清朝再興のためには日本の力を借りるしかないと考えた肅親王によって、彼を支援していた川島浪速の元に養女として送り出される。清朝再興を使命として教育されてきた彼女は、ジャンヌ・ダルクの物語を読んで強く感銘を受け、自分のジャンヌ・ダルクとなることを夢見る。

 しかし彼女が14歳の時、父の肅親王が死去する。このことは彼を支援していた川島浪速を落胆させることとなり、それ以来彼は何かと癇癪を起こしては彼女に冷たく当たるようになる。また彼女自身も自分の使命である清朝再興に自分が果たせることがないことに悩んでいた。しかもそんな生活の中での彼女の一つの希望だったある青年将校との恋も養父によって阻まれる。この時に、彼女は自分が女性であることを捨てることを決意。断髪して男装するようになる。

 このことによって彼女は多くの話題を集めることになる。男装の麗人は一種のブームを呼ぶのである。やがて満州事変が勃発、日本軍は満州国を設立する。そして川島芳子はこの満州国の広告塔として注目されることになる。この頃に雑誌婦人公論には彼女をモデルとしたスパイ小説が「暴露話」として連載されるようになり、彼女は颯爽と活躍する女スパイとして一躍注目を浴びるのである。しかし現実には彼女は確かに関東軍と行動を共にしていたが、実際の活動は明らかではないという。所詮はこの小説は「創作」に過ぎなかったわけである。

 関東軍の元で、満州国の広告塔として活躍する彼女だが、やがて満州国の実態が彼女が考えていたものとはほど遠いことに気づき始める。所詮は満州国は日本の傀儡国家でしかなく、中国人は日本人によって虐げられていた。ついに彼女はその実態を日本人に訴えるのであるが、その頃に日中戦争が勃発、もう既に彼女の声に耳を傾ける者はなく、またもはや広告塔としての利用価値のなくなった彼女は関東軍からも疎まれることになる。

 やがて日本が敗戦、北京の自宅にこもっていた彼女は中国政府に捕らえられ、裏切り者として裁判にかけられることになる。決して中国を裏切ってはいないことを訴える彼女だが、彼女が日本のスパイだったと認定された裁判で証拠とされたのは、何とあの小説であった。彼女は死刑となるが、最後に彼女が書き残した言葉が「デマに活きデマで死んでいく これが私の一生である」というものであった。結局は数々の思惑に振り回されたのが彼女の一生であった。

 何とも悲しいとしか言いようのない話である。ちなみに数々の謎に包まれた彼女らしく、実は後にも生きていたという生存説もあるのだとか。それは彼女に限って刑の執行が非公開であった上に、執行後に公開された遺体は顔の部分の損傷が激しく、彼女であると確認するのが困難な状態であったからだとか。まあこのような人物の場合、生存説が出るのはよくあることであるが、問題は中国政府にとって彼女を生かしておくことにメリットがあるかどうかである。彼女は清朝の関係者であるのだから、スパイ云々以前にそのこと自体が中国政府にとっては死刑の理由になるような気がするのであるが。

 

1/20 歴史秘話ヒストリア「愛したのはあなただけ〜戦国セレブ夫婦 宇喜多秀家と豪姫〜」

 宇喜多秀家は宇喜多家の当主でありながら秀吉の養子、豪姫も前田利家の娘でありながら秀吉の養女であった。共に実子のいなかった秀吉の養子戦略の一環にあった人物であり、二人を結婚させたのも秀吉である。秀吉は彼ら夫婦を自分の後継者として期待していた節があるという。

 その期待を受けて宇喜多秀家は秀吉から天下人としての戦の仕方から、天下人の生活のあり方まで学ぶ。秀吉に学んだ秀家の生活は豪奢を極め、趣味の鷹狩り用の鷹の世話のためだけでも家臣が300人もいたという。また彼が居城とした岡山城には豊臣家の桐の紋が入り、金箔貼りの瓦が用いられた。

 しかし秀吉の死後に彼の運命は暗転する。台頭してきた家康に対抗するために三成と共に挙兵した関ヶ原の合戦、しかし皮肉にも自身と同じく秀吉の養子であった小早川秀秋の裏切りによって敗北、宇喜多秀家は生死不明となる。家康の元には秀家の家臣が彼の愛用していた脇差しを届けて、秀家は自害したと報告したのだが、実は秀家は逃亡中であった。一ヶ月半後、大阪の宇喜多屋敷に現れた秀家は豪姫との再会を果たす。しかしこれが二人の今生の別れとなった。その後も三年に渡って逃亡生活を続けて島津に匿われていた秀家だが、島津が徳川と和睦するに当たって身柄を徳川に引き渡される。

 秀家は辛うじて死罪は免れるが、八丈島に息子二人と共に流刑にされ、子孫の代まで本土への帰国を禁じられる。島での秀家の生活は困窮を極めたという。前田家に引き取られた豪姫は、秀家のためにせめて生活費の仕送りをしたいと何度も幕府に働きかけ、ようやく15年後に許されて米が秀家の元に送られる。これは困窮していた秀家を救うことになる。

 その後、1634年に豪姫が金沢で死去、1655年に秀家は八丈島で84才で死去した。かつて戦国の貴公子もその頃には島の好々爺となっていたという。最後まで再び会うことが叶わなかった二人を偲んで、数年前に八丈島にこの二人の像が並んで建てられたという。

 夫婦の真価は落ち目になった時に分かるという。そう言えばセレブ夫婦なんて言われたカップルも、旦那の事業の失敗なんかで落ち目になった途端にさっさと離婚というパターンをよく見る。結局は金だけで結びついている夫婦も多いというわけである。その点、宇喜多秀家は当時にしては珍しく側室を持たなかったというし、この二人は本当に心が結びついていたんだろう。ある意味、秀吉の養子なんかになったのが不幸の元だったような気もしないではない。

 なおセレブとはほど遠い私の場合、たとえ妻を迎えても豪奢な生活なんてさせられようがない。というわけで、好き好んで今時こんなところに来る女性もいないというわけだよな・・・。

 

1/13 歴史秘話ヒストリア「焼け跡とバウムクーヘン〜あるドイツ人夫妻の苦難と愛〜」

 今回の主人公は日本に初めてバウムクーヘンを紹介したドイツ人菓子職人・カール・ユーハイムである。

 1908年、ドイツで菓子職人としての修行を積んだ22才のカール・ユーハイムは、当時ドイツの租借地であった青島の菓子店から誘いを受け、一旗揚げるべく渡ってくる。彼はそこで成功を収め、エリーゼと結婚、順風満帆の人生となるかと思われた。

 しかし運命を変えたのが第一次世界大戦の勃発。青島は日本軍の攻撃を受け、カールも招集を受ける。しかし青島のドイツ軍は降伏して彼は捕虜として大阪に送られる羽目になる。その後、広島に送られたところでようやく休戦を迎える。その時、現在は原爆ドームとなっている広島県物産陳列館で行われたドイツ俘虜技術工芸品展覧会のために彼は4年ぶりにバウムクーヘンを焼く。彼のバウムクーヘンはあっという間に売り切れる大盛況で、彼はこのまま日本にとどまることを決意、5年ぶりに妻のエリーゼと日本で再会する。

 その後、彼は破格の待遇で銀座の洋食屋に雇われ、3年後には独立して横浜で店を構えるようになる。今度こそ順風満帆といった所で、今度は関東大震災に出くわして店は全壊、彼は家族と共に神戸に避難する。

 無一文になってしまったカールだが、再び復興資金を借りて今度は神戸で店を再開する。そこにかつての弟子達も集まってきて、神戸でも彼のバウムクーヘンは受け入れられる。

 こうして神戸で幸せな生活を送ったカール一家だが、今度は第二次世界大戦が勃発する。カールの日本人弟子達は徴兵され、カールの息子もドイツ軍に招集されて戦死、カールの店も神戸空襲で焼かれる。度重なるショックの中でカールは重度の肺炎で寝込んでしまう。そして彼は終戦の前日に59才でこの世を去る。

 戦後、エリーゼはドイツに強制帰国させられたが、1953年にカールの弟子達が作った会社に社長として迎えられて日本に戻ってくる。そしてカールのバウムクーヘンは現代にまで伝えられている。

 歴史番組と言うよりもユーハイム創業物語でした。神戸生まれの私にはユーハイムのバウムクーヘンといえば非常に馴染みの深い菓子で、今でも洋菓子といえば一番に思い浮かぶものです。ちなみに神戸にはユーハイムを名乗る菓子会社が複数あり、共にバウムクーヘンを販売していたのであるが、つまりはどちらも彼の弟子筋だったということのようだ。

 神戸生まれの私にとっては、ユーハイムのバウムクーヘンとフランクフルタークランツは神戸土産の定番というよりも、時々これを食べずにはいられないという代物である。とは言うものの、やっぱりこの内容って歴史番組ではないよな・・・。まあネタに詰まってるんだろうけど。

 

’10/1/6 歴史秘話ヒストリア「激突!真田幸村vs伊達政宗〜めぐりあい大阪夏の陣〜」

 新年度第一回はいかにも正月企画らしく、戦国末期では人気の一位二位を争う両者の激突という華々しい内容で・・・と言っても実のところは別の面でいかにも正月企画らしいのである。

 と言うのは、番組の前半部分は完全に以前に扱った政宗の回と幸村の回の使い回し。NHK的に言うところの素材の有効活用である。要は政宗は天下を夢見るも残念ながら登場が遅すぎ、その後は秀吉、家康といった権力者の下でしたたかな生き残りを図る。一方の幸村は天才的軍略家とも言われた父・昌幸と共に関ヶ原合戦時に上田で徳川軍(率いるは秀忠)に大打撃を与えるものの、肝心の関ヶ原自体が西軍の呆気ない敗北に終わり、流刑の身となってしまう。

 この両者が大阪の陣で相対することになる・・・と言っても夏の陣では幸村が真田丸で獅子奮迅の活躍をしていたのに対し、政宗は徳川にそこまで義理立てする必要もないとばかりに本気で戦ってはいないので両者の激突はなし。この両者が実際に激突するのは豊臣家の存亡がかかった冬の陣。ここで大軍で迫る政宗に対して、幸村はできる限り敵軍を引きつけて一斉に鉄砲などで反撃するという真田お得意の戦法で戦線を一気に押し戻す。兵力に勝る政宗が体制を建て直して再度の攻撃・・・というところで豊臣軍の総崩れの状況を受けて幸村軍が撤退に移ったので結局は両者の衝突はこれだけ。もっともこの合戦で両者は互いの力量を見切ったのか、この戦いの後に幸村の娘が密かに政宗に託されることになる。結局彼女は伊達家の重臣である片倉小十郎の妻として生涯を仙台で終えたというから、伊達家は徳川の敵であった真田の末裔を密かに匿ったということになる。

 まあ実際には激突と言うほどの激突はなかったので、番組的には看板倒れ的なのはこれがいかにも正月企画。なお次回のテーマは「バームクーヘン」とのことで、こういう今までの歴史番組では扱わないだろうネタの方がいかにもこの番組らしくはある。もっともそれが面白い内容になるかどうかは見てみないと分からんが。

 

5/27 歴史秘話ヒストリア「いつだって好奇心〜水戸黄門知られざる熱中人生」

 漫遊記で知られている水戸黄門だが、本当は江戸と水戸の間ぐらいしか移動したことがなかったというのも有名な話。これは彼がもし将軍に何かがあった時のための控えのような立場だから仕方のないところである。その水戸黄門のお話。

 水戸黄門こと徳川光圀だが、若い頃にはかなり遊びまくっていた(要はぐれていたということ)と言われている。水戸家には彼の兄がいたのだが、諸々の事情で跡継ぎは彼になっており、そのことに負い目を感じていたらしいと言うのが番組での話。

 その彼が一転して生活を改めたのは、中国の古典書で伯夷叔斉の話を読んでからとか。歴史書を学ぶことの重要性を感じた彼は、それから歴史書の収集を始めることになる。しかし彼が30歳の時、明暦の大火で彼の集めた書物の多くも燃えてしまう。

 しかしそこでめげずに彼は再び立ち上がる。彼は研究者らをあつめて彰考館を設立する。そこでは多くの史料を集めて、系統的な歴史書を編纂しようというプロジェクトが企画されたわけである(現在ならプロジェクトXものである)。

 そして光圀の意図を受けて各国の調査に回った調査員の中に佐々介三郎なる人物がおり、これがいわゆる「助さん」のモデル。彼は各地を回って古文書などの史料を調べまくったのだが、「こんな遠くまで来てしまって一体いつになったら帰れるのやら」なんていう愚痴のような記録も残しているらしい。ちなみに彰考館の総裁に安積湛泊(覚兵衛)という人物がおり、これが「格さん」だそうな。要は助さんは記者で格さんは編集長だったようだ。

 光圀は古文書の調査だけでなく、遺跡の調査なども行っており、発掘調査した品はそれが後世にまでキチンと残るように気を付けていたという。また文献調査結果をまとめた大日本史を編纂する時も、史料の真偽を十二分に吟味してから、出典を明らかにした上で記録を残すということを徹底していたらしい。そのためにこの大日本史は光圀の生存中には発行が間に合わず、第一版が出たのは彼の死後15年も経ってからとか。それ以降、明治時代まで修正が続けられたとのこと。

 と言うわけで、知られざる水戸黄門の実像と言うことですが・・・あまり目新しい話も面白い話もないよな・・・。

 

4/15 歴史秘話ヒストリア「美の戦国時代〜長谷川等伯vs狩野永徳」

 七尾の生まれで若い頃から絵師としての修業を積んだ長谷川等伯は、朝倉氏から武田信玄に送るための絵の依頼を受けたことで、一躍一流の絵師として認識されるようになる。ここから「天下一の絵師になる」との野心を描いた等伯は中央へと向かう。

 しかしそこに立ちはだかったのが、御用絵師として中央からの依頼を一手に引き受けていた狩野派と、その総帥である狩野永徳だった。等伯が千利休とつながりを作り、大徳寺の金毛閣に絵を描くことになって一躍京都の注目浴びる。しかしこれが狩野永徳との確執を決定的なものにする。等伯に脅威を感じた永徳は、御所の絵を依頼された等伯に対して有力者に働きかけることで妨害する。永徳の妨害によって等伯のチャンスは奪われ、しかも彼の後ろ盾であった千利休もその半年後に秀吉によって切腹させられる。

 しかし等伯にチャンスが訪れる。豊臣秀吉から絵の依頼が来たのである。この時の狩野派は永徳の死で混乱状態にあり、一方の等伯は多くの弟子を抱える工房を抱えており、息子も後継者として順調に成長していた。等伯はこの依頼を成功させるために、秀吉の好みを探るべく永徳の作品を調査する。その結果、秀吉の派手好みの性格を見抜き、絢爛豪華な「楓図」を制作する。

 順風満帆に見えた等伯であったが、不幸は突然に訪れる。後継者として目していた息子が突然にこの世を去ったのだった。また秀吉もこの世を去り、等伯は虚しさを感じずにはいられない心境になる。この頃に描いた作品が墨一色の松林図屏風である。この作品は実は何のために制作されたのかが不明だとのことであるが、等伯が己の心証をはき出すために制作したのかもしれない。

 その後、御用絵師として徳川幕府と運命を共にした狩野派に対し、長谷川等伯は一生涯に渡って絵を描き続けたとのこと。もっとも完全に野心を失ったというわけではなかったようだが。

 第3回にしてはかなり地味な話題で来たなという印象。ちなみに等伯の息子の突然の死については、狩野派による暗殺との噂もあるのだが、さすがにそれは扱わなかったか。ちなみに永徳も等伯も明らかに天才です。ただ狩野派については永徳の死後はかなり様式化した作品ばかりで、あまりにワンパターンに陥った感じがしますね。探幽など単発的には優れた才能は出ているのですが、狩野派全体としては明らかに衰退傾向に入ってしまいました。

 

トップページに戻る