からだ元気科

 

 当番組は民放にしては珍しい硬派のというか地味な健康番組である。スポンサーは日本医師会といういかがわしい利権団体であるが(笑)、さすがに番組内容は医学的知識に基づいているものであり、「にがりでダイエット」などという類のインチキ健康情報は出てこないところが他の番組と一線を画しているところである(民放系の番組でこのスタンスに立っているのは、後はBS−iで放送されている「健康DNA」ぐらいであろうか)。

 もっともあまりに硬派であるため、番組の趣は「今日の健康」といった雰囲気で、一般視聴者にはうけにくいだろうと思われる。そのことを意識してか、8/20放送回からリニューアルされたようだが、なんとなく「無理して慣れないことをしている」という雰囲気が漂うのが痛々しかったりするのが気になる。変に「あるある」などのインチキ番組に毒されず、独自路線を走ってもらいたいと一視聴者としては願うところである。

 

 05.3.11追加

 この番組も、昨年の秋にリニューアルして以来、内容が中途半端に「軟派」になってくると共に、どうも切り口に冴えがなくなってきた。さらに、嘘とは言わないまでも首を傾げる話も時々登場するようになってきました。番組の先行きに不安を感じるという意味で、一旦情報信頼度をBに格下げして様子を見ることにします。

 

 地味ながらもなかなか秀作だった番組ですが、いつの間にやらひっそりと終わってしまいました。正直なところ、私自身もあまりに地味すぎたせいで終わったことにしばらく気づいていませんでした(笑)。

 なお私がよくチェックしていた「健康DNA」もやはり最近に終了しており、やはり民放においては正確な医学情報を伝えるという番組は大変なんだということを感じずにはいられません。この番組でもリニューアル以降、路線がフラフラしたりなどの迷走が見られたこともありました。どうしても数字的にはセンセーショナルでインチキなダイエット法などを紹介する番組の方が上になってしまうようです。悲しい危惧すべき風潮でありますが。

 

エンターティーメント度 C

情報信頼度 B

タイプ分け 実用型

お知らせ

当サイトではメールマガジン(無料)を発行しております。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 

トップページに戻る

3/11 からだ元気科「にきび」

 にきびは青春のシンボルなんて言ったりするが、大人になってニキビで困っている女性も多い。そのようなニキビについて皮膚科医がアドバイスしようという企画らしい。

 まずニキビ悪化の原因であるが、肌の洗い方が間違っている例が非常に多いという。ニキビに困っているという女性2人に実際に洗顔して貰ったところ、洗顔剤をほとんど泡立てていない、きつく肌をこすりすぎている、ニキビを手で触っているというような共通点があった(1人などは医師から思わず「最悪ですね」の言葉が出たほど)。

 ただしい洗顔法としては、洗顔剤は十分に泡立て、肌はゴシゴシとこすらずにやさしく洗う、さらに洗顔剤が残らないように十分に水洗いするというものだ。

 ニキビの治療法としては、ケミカルピーリングといって、古い角質層を酸で落とす治療法があるという。これはかつてエステで行われていたが、現在は医療行為として認められ、病院以外で行うことは規制されているという(これは逆に言うと、エステなんかで安易に行うのは非常にやばいと言う意味でもあるのだが)。これを数回行うことでニキビがかなり良くなるとのことだが、残念ながら保険が認められていないらしい。保険範囲内でとなると、赤く腫れているようなニキビには抗生物質を使った治療が中心になると言う。

 なおニキビを隠すために化粧をしたいと考える女性もいるだろうが、そういう人には油分を含まないパウダーメイクを使用したポイントメイクを勧めていた。自己流でファンデーションを厚塗りしたりするのに比べ、ニキビは目立たず、害が少なく、肌の感じも自然になっているという優れものである。

 ニキビの原因は化粧品による肌の痛みだから化粧をまず止めなさいと言わないのは、この番組の視聴者層を意識してのことだろう(恐らくほとんど主婦だろう)。しかし実際に、女性のニキビの原因は大抵は化粧品である。毛穴が詰まることでニキビは発生するが、この毛穴を最も詰まらせるのが化粧品である。そしてその化粧品を落とすためと称して洗顔剤を売りつけるが、これは合成洗剤であるから、当然ながら使い続けることで肌を覿面に傷めるのである。ニキビを悪化させている人は、概して顔を洗いすぎている人が多いのはそこにも理由がある。実際「たまに石けんで顔を洗う程度なんですが・・」なんて言う人の方が肌の調子が良かったりするのが事実。メイクをしばらく止めるだけで肌の調子が良くなると言うのは、あの「スパスパ人間学」でさえ認めているのである(いつもスポンサーの宣伝しかしないあの番組が、この回だけはまともなことを言っていた)。洗顔剤を十分に泡立ててと言うのは、肌をゴシゴシこすらないという意味だけでなく、実は「肌に直接当たる薬剤の量を少しでも減らす」という意味もあったりするのである。最近のこの番組は、このあたりのことをスバリと言わなくなってきた。方向として「典型的な民放の健康番組(つまりスパスパやあるある)」に近い方向に向かいつつあるのを感じる。この番組が向かうべき方向はそっちではないのだが。

 

3/4 からだ元気科「活性酸素」

 今回は活性酸素に対抗する身体を作るということなのだが・・・・。どうも番組の雲行きがおかしい。

 内容はありふれたもの。活性酸素は体内で発生するが、これが過剰に発生すると細胞を傷つける。これを抑止するためには抗酸化作用が強い身体にする必要がある。とこのあたりまでは良いのだが、なぜかここで番組が勧めるのがサプリメント。斉藤アナが「日本老化制御研究所」なる施設を訪れて検査を受けた結果、抗酸化作用が弱まっているとしてCoQ10などのサプリを勧められている。

 私は基本的にいきなりサプリや薬を勧める医者は信用しないので(普通は食生活や生活習慣の改善から入るものである)、なにか違和感を感じたのだが、どうやらこの日本老化制御研究所なる組織、歴とした株式会社で健康食品などを扱っている会社らしい。・・・ということで合点がいったのだが、なんだサプリの宣伝か。しかしこれでは「あるある」と同じではないか。一体何をやりたいんだか、この番組。どうも最近おかしな方向に向かっている。結局のところ今回の内容も、バランスの取れた食生活や適度な運動などといった妥当な対策と、いきなりサプリに頼ってしまうという宣伝めいた内容が混在しており、番組全体が意味不明。こんなことをやっているようでは、今後が懸念される。

 

2/25 からだ元気科「味覚障害」

 現在、味覚障害の患者は予備軍を含めて毎年24万人増えているという。その原因の60%は亜鉛の不足が原因といわれている。舌の味覚感覚である味蕾が更新する際に亜鉛が必要であるので、亜鉛が不足することで味覚が障害を受けるのである。亜鉛不足になる原因は食生活の問題。特に加工食品を大量に摂るような食生活を送っていたら、加工食品中のポリリン酸などによって亜鉛の摂取が妨げられてしまう。亜鉛不足になった場合、一般的な新陳代謝も低下するので、疲れやすくなったり、皮膚がカサカサする、視力が落ちる、抜け毛が増える、食欲が落ちる、口内炎が出来やすくなるなどの症状が出やすく、酒を飲みすぎたり偏食したりすることが亜鉛不足を招きやすい。

 味覚障害の検査方法としてはろ紙ディスク法という検査方法がある。これは苦味・甘味・塩味・酸味などの基本の味を5段階に分けてろ紙につけてあり、これを舌に当てることでどのレベルで味を感じたかを判断するという方法である。味覚障害は早期の治療が重要であり、毎年10%の人が重症化しているので、異常があると思えば医師の診断を受けるのが重要である。また亜鉛不足だけが原因とは限らないので原因の決めつけは避けるべきであるという(確かに、脳の異常が原因になって味覚に障害が出るといった例もある)。

 要旨としては以上のところなのだが、今回はやたらに無駄な企画が多いのが気になった。冒頭の右松アナによる美味しんぼのパロが、いきなり見事にはずれていて寒さを漂わしてしまうのだが、まだこれは単に番組を取っつきやすいものにしようとしての悪ふざけとして理解は出来る(その意図は完全に失敗してはいるものの)。しかし街中でろ紙ディスク法による味覚テストをやってもらっても、ただ単に試験をして貰っているだけで特にデータをとるでもなく単に試験風景を垂れ流しているだけで全く企画として無意味であるし、最後の右松アナのソムリエに挑戦のコーナーに至っては、出来の悪いバラエティ番組的企画で、番組内容に全く無関係である。制作スタッフがつまらないバラエティしか作ったことがないのか、内容があまりに少なかったので水増ししたかのどちらかの印象で、非常に作りとしてまずいものを感じずにはいられなかった。一言言っておけば、番組を作る時、軽くすることが面白くなることと誤解しないように。どうも民放系、特にフジを中心としてこの勘違いが制作側に多いようだ。

 

2/11 からだ元気科「下肢閉塞性動脈硬化症」

 血管が老化してきた時に生じる病気に「下肢閉塞性動脈硬化症」というものがある。これは下肢の血管が動脈硬化などで血流が悪化することによって、足が冷たい、痺れる、痛いなどの症状が出る病気であり、最悪の場合には足が壊死する恐れがある。足で血管が詰まるといえばエコノミークラス症候群を連想するが、あれは正式名は深部静脈血栓症と言い、全く別の病気である。なお血管の病気といっても動脈と静脈で異なるが、動脈に出来る脳卒中、心臓病、下肢閉塞性動脈硬化症は男性に多く、静脈に出来る深部静脈血栓症、静脈瘤などは女性に多いという。

 さて下肢閉塞性動脈硬化症であるが、触診や足と腕の血圧を測定する検査(ABPI)などで診断はつくとのことである。治療法としては薬物療法及びバイパス手術などがあるが、バイパス手術よりも身体に負担の小さいカテーテル治療が主流になってきているという。これはカテーテルを使用して、閉塞部をバルーンで膨らましてから、金属製のステントを入れて固定するという手術である。患者の負担が小さいため、翌日には歩けるようになるとのこと。

 以上、血管の病気についての紹介である。比較的発生しやすい病気なので心当たりのある方は医師の診断を受けるべきだろう。なお番組ではレポーターの右松アナが池谷直樹氏と血管年齢で勝負するなどという趣向も盛り込んでいるのだが、これが全く無意味。内容にも直接には絡んでこなくて完全に浮いているし、視聴者に対する「惹き」の企画としてもあまり面白くない。正直なところ、思いっきりはずしてしまっている。私が前からよく言っているが「あまりガラでもないことはしない方がよい」と思うのだが・・・・。所詮、この番組のカラーにはこの手のバラエティ的センスを持ち込んでもスベる。よほど上手にやらないとしっくり来ないのだが、残念ながらこの番組のスタッフはその手のセンスがそこまで良くないようだ。なら無理をせずに、手堅くまとめとけば良いのに・・・・。

 

2/4 からだ元気科「災害と感染症」

 津波によって沿岸諸国に甚大な被害をもたらしたスマトラ沖地震であるが、現在非常に警戒されているのが感染症の蔓延である。感染症はその毛色によって多く存在するが、経皮感染するものでは破傷風、蚊などによる経皮感染のものではデング熱などが警戒されている。また衛生状態が極端に悪化していることから、経口感染によるコレラや腸チフス、細菌性赤痢などの蔓延が警戒されている。さらに多くの被災者が避難所で集団生活する場合、飛沫感染の拡大も懸念される。結核患者などがいれば、それが爆発的に広がる危険もある。

 さて日本であるが、懸念されている東京西部直下地震(この地震がもっとも懸念されていると言うところが、いかにも東京中心主義的考え方で気に入らないが)が発生した場合、ライフラインの寸断などで避難生活を強いられた市民の中で、やはり感染症が蔓延することが懸念されるという。警戒を要するのはインフルエンザ(実際に阪神大震災ではこれが蔓延した)、結核、はしかなどがあり、油断ならないのははしかだという。日本でははしかの予防接種率が低く、かなり無防備であるという。また衛生状態の悪化では、ノロウィルスなどの感染も警戒される。

 一番大事なのは清潔な水の確保。流水による手洗いやうがいが感染症の予防に有効で、石けんと流水で15秒手洗いすると、消毒液を使用するのと同じ効果があるという。

 とは言っても災害時に一番確保に困るのが水である。東京では災害時に備えて公園などの地下に水を蓄える給水施設などが作られているという。都民一人あたり一日に3リットル使っても4週間供給できるだけの水を蓄えている・・・というのだが、果たしてこの施設が本当に目論み通りに機能するかどうか。神戸ではほとんどの防火水槽は地震による亀裂で空になっていたのだが。なお1人1日3リットルという量はイメージして貰うと分かるが、決して多い量ではない。飲み水は確保できても、衛生にまで回せる量があるかは疑問である(流水で手を洗うなんて夢のまた夢)。

 災害時に警戒するべきことを指導という内容だが、はっきり言ってあまり役に立つ内容があったと思えない。関西在住の私としては、やっぱり東京の人間って日本が東京しかないように考えているなというようなことを痛感しただけである。阪神大震災を経験した身として一言言わせて貰うと「甘い」。想定通りにいかないのが巨大災害というものなのである。

 

1/28 からだ元気科「花粉症」

 花粉症が初めて確認されたのは高度成長期の1963年、そして現在では日本人の15%は花粉症であり、都心では5人に1人が花粉症だという。

 花粉症は免疫の誤作動なのだが、その原因ははっきりとはしていない。この番組ではディーゼル排ガスの影響と杉の増加、食品添加物の影響などを可能性としてあげている。一般的に民放系の健康番組では、スポンサーに差し障りが出ることが多いディーゼル排ガス説と食品添加物説は意図的に無視して、杉の増加だけに原因を押しつける場合が多いのだが、さすがにこの番組は「提供 日本医師会」である。この辺りはさすがにキチンとしている。

 アレルギーの検査は病院で簡単に出来る。指先から血液を微量採取して、これをプレートにたらすだけでスギ以外にもネコやダニに対するアレルギーなども判定できるという。番組では花粉アレルギーのある女性とない女性にこの試験を受けて貰ったが、花粉アレルギーのない女性にもダニアレルギーが出て、本人もビックリという結果に。

 さて巷にはアレルギーに効くと言われている(宣伝している)代物がごまんとある。この番組で例をあげているのは甜茶、シジュウム茶、シソ、凍頂烏龍茶、ヨーグルトさらに鼻うがいである。これらについて本当に効果があるかを医者に聞いたところ「アンケートをすると1割〜2割ぐらいはかなり効くという人がいるが、全員に効くと言えるものはない」とのこと。至極当然なお答え。というわけで、これらがアレルギーの特効薬のように宣伝している場合は明らかに誇大広告(あからさまに言えば嘘)ということである。なお鼻うがいについては、風邪の感染予防効果は明らかにあるが、花粉については鼻の粘膜を通らずに直接に体内にはいるので効果はないとのこと。

 では効果のあるものはとなると「アレルギーを専門にしている医者が処方する薬」とのこと(さすが提供日本医師会)。抗ヒスタミン薬とステロイドの点鼻薬がもっとも効果があるという。なお抗ヒスタミン薬は眠くなると言われているが、市販薬では確かにそういうことがあるが、病院で処方する薬では眠くなるのは10人に1人ぐらいだという。またステロイドと言えば恐いというイメージがあるが、医師の指導の元で短期間の服用で終わるので、副作用はほとんどないという。

 最後はスギと共生する方法について。住民が参加して間伐に協力するなどの活動も行われているが、花粉の少ないスギの開発なども進んでいるとのこと。また抗体が反応しなくなるようにする抗体治療なども研究されているとのことで、未来には花粉症の治療が可能になるだろうとのこと。

 怪しげな治療法を排して、医師による適切な治療を勧めているのはいかにもこの番組らしいスタンスである。これが「あるある」などなら、ステロイドやヒスタミンを否定した挙げ句、甜茶や凍頂烏龍茶などを特効薬のように全面的宣伝しているところである(実際に以前に凍頂烏龍茶は宣伝してるんだよな。そして当然ながら直後にスポンサーから凍頂烏龍茶が発売されてるんでよすね。)。この辺りはさすがに民放番組とはいえスポンサーがメーカーでない強みではあろう。

 ただ番組の作りとしては、花粉症の仕組みを「太陽にほえろ」のパロディで紹介したり、最後にNG集的なものを入れたりなど、「ガラにもないこと」をやろうとしているのが気になった。以前から時々この手の演出が登場する回があるのだが、制作スタッフの中に軽いイメージで番組を作りたいと考えている者がいるように見受けられる。ただこの番組の場合、下手にそういうことをするとちぐはぐになるのがオチなんですが・・。所詮はお固めの番組であって、何も知らない主婦をだまくらかしてインチキ健康情報を宣伝する番組ではないので。残念ながら、今の日本では正確で正しい情報を伝える番組が常に支持されるほど視聴者のレベルはまだ高くありませんから(逆にインチキ情報ばかり伝える番組がもてはやされている)、この番組の場合は数字を狙いに行っても無駄なんですよね。悲しいことに。

 

1/14 からだ元気科「外反母趾」

 最近女性に増加しているのは外反母趾である。これはきつすぎるヒールなどを履くことで足が変形することによって発生する。重度になった場合には治療法としては手術しかない。だからそうならないように事前の対処をするという話である。

 まず外反母趾の判定だが、親指と足の角度を取って15〜20度は軽度、20〜40度が中度、40度以上だと重度になる。大体30度を超えると手術を勧めているとのこと。原因は靴で(ここで番組のディレクターがハイヒールを1日履いてみるという気色悪い実験をしている)、先のとがったハイヒールなどが原因となる。ただキツいくつがダメだからと、広すぎる靴を履くと今度は支えがなくなって横アーチが崩れる危険があるとのこと。

 番組はここで靴選びのコツを紹介。足の甲のサイズが合っているもの、中で指が自由に動かせるもの、かかとに指が1本ぐらい入るものというのがポイントだという。また外反母趾になりかかって骨が当たって痛い場合は、シューズプレッダーという靴を部分的に広げる道具が市販されているので、これを使用するのが良いとのこと。

 なお外反母趾の予防としては、足裏の筋肉を鍛えることが有効で、親指に輪ゴムをかけて引き合う輪ゴム体操やタオルたぐり寄せ、グーチョキパー(私はこれが出来ない)、階段をつま先で登るなどが有効とのこと。

 外反母趾については靴の選択がほとんどすべてである。足に合わない靴を無理して履かずに、足にあった靴を選ぶことが一番である。靴が合わなければ足を合わせろというような、戦時中のアホな精神主義とは違うんですから(笑)。なお番組ではいかにも主婦層がターゲットらしく、足モデルが登場して「綺麗な歩き方」とかもやってましたが、これは私は興味ないので割愛します(笑)。ただ、猫背で歩いているのはいかにも見苦しいですが、意識しすぎている歩き方も嫌みですよね。

 

12/3 からだ元気科「便秘」

 女性に多いと言われる便秘。女性が便秘になりやすいのは女性ホルモンの影響だとのことだが、最近増加しているのは緊張性便秘とのこと。これはストレスが原因になって腸の働きが悪くなる症状である。

 さて便秘の解消には朝食をしっかり取る、便意を催した時に我慢しない(これを重ねるとまともな排便習慣がなくなる)などである。さらに番組では快便体操なる少々怪しげな体操を紹介しているが、要はポイントは腰などを動かして内臓を刺激することが目的なようである。さらに食物繊維たっぷりの豆乳スープなるメニューを紹介。また便秘の解消には快適な睡眠が必要なのだという。

 最後は便による健康チェックについて。腸内細菌の研究者である理化学研究所微生物材料開発室の辨野義己氏によると、便は身体からのラブレターだそうな。で、便所は便をするところではなく、身体からのお便りを受け取るお便り所なんだそうな。水様状の便はいわゆる下痢(そりゃそうだ)、泥状の場合は過敏性腸症候群、兎糞状の場合はけいれん性便秘なんだそうな。健康な便は半練り状、バナナ状のものだという。そして何よりも気持ちよく出ることが一番大事なんだとか。

 また便秘に他の病気が隠れている場合もある。大腸癌が便秘の原因になる場合もある(「本当は恐い家庭の医学」であったような気がするな)。気になったら医者の診察を受けましょうとのことである(スポンサーは日本医師会)。

 主婦層をターゲットに分かりやすい番組にしようとしたのだろうが・・・当たり前のことばかりすぎて、改めて目新しい情報がない。うーん、ちょっとしんどいか。

 

11/26 からだ元気科「インフルエンザ」

 冬になると流行するインフルエンザ。今はまだ時期が早いと思われがちであるが、実はもう既に流行の可能性のある時期に突入している。昔と違って今はもうインフルエンザは恐くないと思っている人がいるようだが、インフルエンザは特に免疫が落ちている高齢者に対しては危険性が高く、今でも数千人単位での死亡者がでている。インフルエンザは感染者の唾液などに含まれるウィルスが飛沫感染するので、手洗いやうがいが大切である。

 インフルエンザと言えば予防接種を連想するが、どうもこれは「注射していたのにインフルエンザにかかった」などと、一般的に効果がないと思われている。しかしインフルエンザの予防接種とは、インフルエンザにかかった時に重症化を防ぐのが目的であり、かからないようにするものとは違うとのこと。ただこの番組では深入りしなかったが、インフルエンザには複数の方があり、そのどれが流行するかを事前に予測することは不可能であるから、この予測が全くはずれてしまうと効果がないと言うことになってしまう。また全く新しい型のウィルスが流行する可能性も指摘されており、その場合には世界的流行が懸念される。

 もっとも高齢者などには事前に肺炎球菌ワクチンを併用して接種しておくことで、インフルエンザによる死亡の原因となる肺炎をかなり防ぐことが出来るらしい。

 内容的には極めて地味・・であるから、それをなんとかイメージを変えようとしたのか、今流行の韓流ドラマ調のドタバタ劇を入れて、軽い雰囲気にしようという番組構成の工夫をしているのだが、残念ながらそれがすべっている(笑)。以前にも言ったが、新装開店してからこの番組は、どうも無理矢理に「慣れないことをしようとしている」という痛々しさがある。どう頑張ったところで、医師会がスポンサーになって最新の医療についての正しい情報を視聴者に提供するというと番組の根本がある限り、どうしてもある程度堅苦しい印象の番組になるのは避けられないところである。私の見解としては、あまり無理をして軽くしようとしない方が良いと思うのだが・・・。どうせこの時間帯だと、番組内容を少々いじったぐらいでは視聴率の大幅な上昇は難しいところだから。

 

11/5 からだ元気科「ダイエット」

 業者などの煽りもあり、近年明らかに過熱気味のダイエットであるが、そのダイエットに関して医者の観点から注目している。

 まず現在の女性のアンケートを取ると、そのほとんどがダイエットの経験があるという。しかし問題なのは、正常体重どころか既に痩せすぎの域に入っている女性まで、自分は太っていると勘違いして無理なダイエットをしている例があるという。そのようなことが起こるのは「痩せている方が美しい」と誤って刷り込まれていること(つまりは美意識の破壊だが)があるという。実際、現代は明らかに痩せすぎの女性の比率が増加しているという。

 ちなみに肥満の目安になるのはBMIという数値で、体重(kg)を身長(m)の二乗で割ったものである。これが18.5未満だとやせ、25以上だと肥満、その間が正常となる。またよく言われる体脂肪率では男性は25%以上が肥満、女性は30%以上が肥満であり、女性の場合30歳以上では体脂肪率20%以下は痩せすぎ、30歳未満の場合17%以下が痩せすぎとなる。

 まず体脂肪を敵視することが間違いである。体脂肪は身体にとって重要なものであり、体温を保ったり、女性ホルモンを生成したり、衝撃から身を守る、エネルギーを蓄えるなどの役目がある。そのためこれが減少しすぎると、肌の荒れや脱毛、さらに生理が止まるなどの障害が発生する。さらに将来的には骨粗鬆症が爆発的に増加する危険性まで指摘されている(今の若い女性がこの調子でダイエットを続けると、20年後ぐらいには40代の寝たきり女性が日本中にゴロゴロ出るとの警告まで別の番組ではなされていた)。

 また番組では世間のダイエットに対する嘘ホントも解説している。

1.タバコをやめると太る? A.× タバコは脂肪の燃焼を悪くするので、むしろ統計的には喫煙者の方が肥満が多い。

2.太った人は汗をかきやすい? A.○ 体脂肪は断熱材になるので汗をかきやすくなります。(私がそうです)

3.水を飲んだだけで太る? A.× 水は油と混ざらない。体内の脂肪が多いのが肥満。水分が増加するのは単なる「むくみ」(そりゃそうだ)

4.カラオケで痩せる? A.○ 一曲当たり20kcal消費するとか。(運動の方が良いと思うがね)

5.部分やせは可能? A.× 無理。部分やせはできない。(つまり部分やせを謳っているダイエット広告は、その時点でインチキという意味)

6.トウガラシで痩せる? A.○ トウガラシのカプサイシンはエネルギー代謝を活発化する。ただし運動をしないと無意味。(ただし以下が重要)

7.アミノ酸は脂肪を燃やす? A.× アミノ酸は筋肉の原料であって脂肪を燃やす効果はなし。全然運動してなかったら、アミノ酸もカロリーがあるので、むしろ逆に太る。

 番組の推奨はバランスよい食事をしながらの適度な運動。また運動をする場合のポイントは楽しんですること(でないと続かない)。この番組ではボクシングを上げていたが、要は全身運動なら何でもよいということである。また基本的に、量をキチンと考えれば「食べてはいけないものは何もない」とのことである。またリンゴダイエットの類の「○○を食べ続ける」というダイエット法は「科学的にあり得ない」と断言していた。(つまりあるあるダイエットもであるのだが)

 さすがにスポンサーが「日本医師会」というだけあって、実に科学的かつ的確な内容であった。現在の病的なダイエットブームには医師達がよほど危機感を感じていると言う意味でもある。

 今のダイエットブームは明らかに業者に煽られたもので、女性は「痩せているほど美しい」と勘違いしているが、男はそうは思っていない。私を含めて大部分の男が好むのはほどほどのいかにも女性的な体型(何もグラマーボディーという意味ではない、普通の日本女性の体格)であり、雑誌などのガリガリのモデルに対しては「痩せすぎていて気持ち悪い」というのが本音である。中には「女はガリガリの方が良い」という特異嗜好の男もいるが、ほぼそれと同数ぐらい「女は太っている方が良い」という嗜好の男もいるので、トータルとしてはバランスがとれている(笑)。実際、急激に痩せ始めた時の宮沢りえは、一番痩せてしまった時のはるかに以前から、多くの男の間で「痩せすぎてて恐い」とまで言われていたんだから・・・。そもそも本能の点から考えても、男は女性に生命を求めるわけで、ガリガリの身体というのは生命を感じさせないわけですから、男としては本能的に魅力を感じないようになっているのです。どうも女性は男の気持ちが分かっていないようです。

 

10/8 からだ元気科「爪のトラブル」

 女性で爪のトラブルに悩まされている人が多いと言うが、そのトラブルの原因が何かなどといった内容。

 一番多いトラブルは爪が割れるというもの。これは爪の乾燥によるという。爪は三層になっているため、乾燥するとこれらの層がバラバラになって割れるのだという。乾燥を防ぐには尿素配合のクリームなどが良いという。また爪に段が入るのは甘皮などを傷つけた場合が多いという。この部分には未熟な爪があるために、甘皮を傷つけることで爪が痛むのだという。なおよく女性で甘皮をむいてしまう人がいるが、あれは細菌感染の可能性も増えるので百害あって一利なし。見た目を気にしすぎると逆に見た目がより悪くなるという例である。

 また爪は指先を支える役目を果たしているため、爪の手入れが悪いと指先が効きにくくなるということがあるから要注意。ということで、爪に対する正しい手入れの方法について。まずマニキュアが爪を弱くしていると思っている人がいるが、マニキュア自体は爪には悪さはしない。爪に悪いのは除光液の方である。除光液に入っているアセトンなどが爪を乾燥させてしまうのである(化学実験をしたことのある人だったら、アセトンがどれだけ爪を弱くするかは身をもって体験しているのでは)。だから除光液の使用は一週間に一度ぐらいにするべきだとのこと。つまりマニキュアをなるべく長く保たせるのがポイントだとか。ここで番組ではネイルサロンに行ってますが、男の私には全く興味ないので割愛します。

 また爪に全身の病気が出るという。ちなみにその前に一般にある勘違いを正している。まず、爪の白い部分の大きさは爪の健康とは無関係であるとのこと、さらに爪の白い斑点は爪周りをぶつけたあとであり、これも健康とは無関係だそうな。さらに爪の縦皺は老化現象でありも、40才頃から増加するとか。

 爪で分かる全身の病気としては、ばち状爪(爪が指先をくるむように変形)になる肺疾患、テリー爪(すりガラス状に白く濁る)になる肝硬変、マーキー爪(爪にもう一つの三日月が現れる)になる腎臓疾患、スプーン爪(中央がへこみ先が外側に反り返る)になる貧血などがあるそうな。

 以上、女性なら気になる爪の健康について。しかし男の私には大して興味ありません(笑)。やっぱり放送時間柄、あきらかに女性対象だなこの番組。なおリニューアルしてから私にとっては番組の面白さがかなり減少してますので、近日中にフォローの見直しをするかもしれません。あまりに美容方面にシフトするなら、私としてはフォローする意味はありませんので。

 

10/1 からだ元気科「小児医療の理想像」

 去年11月に開院した宮城県立こども病院は、高度専門医療を行う子供専用病院である。しかしここは建物を入った途端に、光が差し込みまるで遊園地のような作りである。この病院では子供の目線に立って、子供としての生活の場としての雰囲気を大事にしており、「病院らしくない病院」を目指しているのだという。

 番組ではある小学校の生徒に病院や医者のイメージを答えてもらっているが、やはり予想通りというか「恐い、痛い、苦しい」などのネガティブにイメージのオンパレードである。だからこの病院では病院のそのようなネガティブなイメージを払拭することで、子供の自然治癒力のようなものを引き出すことも狙っているという。

 配慮は随所に及んでいる。子供の目線に立った洗面台や手すり、さらに医者や看護婦は白衣を着ておらず子供の緊張感を和らげる。また随所に描かれたイラストが子供の心を和ませる効果も持っている。さらに外来患者にも受信専用のPHSを与えることで、待合室で延々と待たされる(これは子供にとっては特に辛いことだ)をなくしている。

 またチャイルドライフスペシャリストという子供の視点を加えるための人材もおり、彼女の活動の一つとしては、例えば手術を受ける予定になっている子供に対して、手術室に至るルートを探検させて馴染ませることで、手術の緊張を和らげるなどということも行っている。またこの病院では子供のための企画もあり、例えばその一環として夏祭りなども行われた。番組では血液の病気で移植治療を受けた男の子を追いかけ、彼がこの祭でイキイキとした表情を浮かべる様子を伝える。

 なおメディカルQは聴診器の由来について、190年前にフランスの医師のルネ・ラエネックが開発したとのこと。それまでは医者が患者の胸に直接に耳を当てて聴診をしていたのだが、ある日患者としてやって来た美女の胸に直接耳を当てることが出来なかった彼が、木の筒で出来た聴診器を開発したとか。まあこのエピソードなどは本当かどうか疑わしいところもあるが(笑)。ラエネックが開発したというのは事実らしい。ちなみに今時の医師なら、これ幸いと喜んで胸に耳を当てる連中の方が多いと思うのは偏見だろうか?(笑)。なお最近は立体的に音が聞こえるステレオ聴診器も開発されている(これは以前に健康DNAでも紹介していた)。

 この病院については、高度医療専門病院ということで、恐らく長期入院をする子供が多いことからこのような特別な配慮をしているのだろうと推測される。ここまでするかどうかはともかく、他の病院も少しは見習って欲しいところ。それでなくても病院は、不必要に子供にストレスを与えるシステムが多すぎる。それに子供に限らず大人に対してももう少し配慮して欲しいというのは、最近病院通いをしたことで私もつくづく感じた。例えば待ち時間は大人にとっても苦痛であり、受信専用のPHSを渡す方法は検討してもらっても良いと思える。それに手術室までの探検ツアーはしてもらわなくても良いが(笑)、手術室に運ばれる際には私も相当に緊張したのは事実である。そう言うメンタル面での対応はまだまだ普通の病院では弱い。

 今回は特別編成だったようで、かなり構成が変わっていた。内容的には病院の宣伝だったことが気にならないでもないが、情報としては有用な情報だったので良しとしよう(笑)。番組構成として渋い地味な構成になっていたが、やはりこの方が無理矢理に浮ついた内容にしているよりも、板についていたという印象。今回はメディカルQも中身に関連した内容にはなっていたし。

 

9/24 からだ元気科「ストレスによる腸の炎症」

 人間の腸には炎症が発生することがある。何らかの理由で免疫系のマクロファージが誤作動し、腸の細胞を攻撃することによって炎症が発生するのだとのこと。腸の炎症性疾患は40種類ほどあるそうだが、その中でもっとも多いのが過敏性腸炎であるという。これは過度の緊張やストレスなどの精神的要因が影響して、自律神経が乱れることでマクロファージに誤った信号を送ってしまうのだという。

 症状は下痢や便秘などであり、治療法としては薬剤療法がまず実施され、これで効果が上がらない場合には原因となっている精神的問題を取り除くためのメンタルクリニックが必要になるという。

 番組では職場の異動と上司からの叱責などのストレスから便秘になった例、時間に追われる仕事のストレスから激しい下痢になった例、彼氏の母親とのトラブルで腹痛や下痢になった例などをあげ、これらはストレスによる過敏性腸炎であるとしている。

 これらに対して対処法として運動療法及び食事療法も紹介している。食事療法のポイントはアルコールや刺激物を避けて、消化のよいものを摂取することである。そしてどうしても改善されない場合は、職場などの環境を変えることと言ってるんだが、そもそもそれが出来れば病気になっていないと思うが。

 全般的に情報少なめ。食事療法の部分で延々と料理教室をやったりなどの本筋と関係ない話が目についた(メディカルQに至ってはソーセージの話)。事例の部分を妙な漫画と演出で紹介したり、全体的に「親しみやすい」印象にしようと演出しているのは分かるが、親しみやすいというよりは「ふざけている」と言った方が適切な雰囲気で、あまり印象が良くない。いくら番組を見やすくしようとしても、情報量が減ってしまっては無意味である。また内容が内容であるのだから、無理に軽くしようとしても馬鹿になるだけであって番組のイメージが悪くなる。どうもリニューアル以降そこのところがしっくり来ておらず、「柄にもないことをしている」という印象だけを受ける。正確な知識を伝えるという原点に戻って構成を考え直した方がよいのでは。私個人としては、リニューアル以前の方が番組として面白かった。

 

9/17 からだ元気科「シミやアザ」

 女性にとっては悩みの種になりやすいシミやアザ。これらの原因になるのは紫外線である。予防するには紫外線を避けるということになるが、では出来てしまったシミをどうするかということで、この番組ではレーザー治療を紹介している。

 レーザー治療のメリットは、色によって反応が違うので、シミの部分だけ治療をすることができることだという。具体的な治療法は、皮膚に注射や貼り薬で麻酔をして、レーザーを照射後は炎症を防ぐ薬を塗布して数分で終了。一週間か10日程度で完治するそうな。被験者によると「思ったよりは委託はなかった」とのことで、天ぷらの時に油が跳ねたという感触だそうな。なお治療後のケアとしては、再生した皮膚は弱くなっているので、紫外線を当てないことが重要だという。被験者の場合、10日ほどでかさぶたがとれて完治したとのこと。なおこの治療については保険は適用されず、費用は医師によって異なるが、1円玉大で2〜3万円といったところだという。

 ちなみに今回のメディカルQは、肌に悪いことは何かといったもの。肌に悪いことは偏った食事や喫煙などだとのこと。また睡眠不足は肌の新陳代謝を阻害するので大敵。肌によいのはビタミンCであるとして、ビタミンCか多い赤ピーマンを推薦している(ピーマンのビタミンCは熱に強いそうな)。今までの中ではまだ一番役に立つ内容だったのでは。

 以上、レーザー治療に的を絞った内容。リニューアルしてから、病気の紹介というよりも治療法の紹介、もっとあからさまに言えば「医者の宣伝」のニュアンスが強くなったように思われる当番組である。まあスポンサーが日本医師会だからそれも当然か。また放送時間の関係からか、女性の病気に絞ってきたようである。より視聴者とスポンサーのニーズに合致させてきたと言えなくもないのだが、あまりにそれがすぎるとあざとくなりすぎるので注意。

 

9/10 からだ元気科「甲状腺の病気」

 女性に多いのが甲状腺の疾患である。甲状腺ホルモンは活動のためのエネルギーを作り出す働きをしており、これの生産が過剰になるのがバセドウ病である。症状としては心拍が上がる、息切れがする、食べても痩せてしまうなどの症状が出る。更年期障害などの症状と間違いやすいので要注意である。逆に甲状腺ホルモンの生産が低下するのが橋本病である。症状としては肌が乾燥する、鬱状態になるなどの症状が出る。これらの病気では甲状腺が炎症を起こすので、腫れで首が太くなるなどの症状が現れるという。

 ここでメディカルQはエコーに関連して超音波の紹介・・・は良いとして、これが超音波でケーキを切る装置についての紹介・・・面白くはあるが、全く無関係。

 さて本題の治療の方だが、橋本病については薬によるホルモンの補充、バセドウ病の場合はホルモンの産出を抑制する薬や、放射線治療などを行う。また甲状腺ガンの場合には外科的治療が必要になる。しかし甲状腺ガンの手術では首に大きな手術跡が残ることになるので、女性にとっては精神的負担になる。そこで番組に登場した日本医科大学第二外科の清水教授らが開発したのが内視鏡手術だそうな。目立たない位置から内視鏡を挿入して、初期のガンならこの手術で切除するのだとのこと。甲状腺ガンは比較的たちの良いガンなので、手術後の生存率は極めて高く、手術で患部さえ切除できれば健康を保てるという。

 なお今回は内視鏡手術が紹介されたが、従来の手術においても、傷跡がどの程度目立つかは医師の腕次第のところがある(甲状腺ガンに限らず、どんな手術でも言えること)。チェルノブイリの事故以来、甲状腺ガンが多発しているベラルーシで、現地の医師があまりに無造作に切除手術をしているのに憤り、傷跡のあまり残らない手術法を現地で指導した日本人医師の物語も以前にプロジェクトXで登場しております。傷跡を残さない手術法というのに対して、外科医ももう少し関心を持ってもらいたいというのは以前から言われていることだったりします。ちなみに私も腱鞘炎の手術を受けましたが、この傷跡も手首にざっくりと残っております。まあ私の場合は別にこれは気にはなりませんが。

 

9/3 からだ元気科「鼻から入れる胃カメラ」

 番組は冒頭からいきなりセーラームーンのBGM(だったと思うが記憶違いかも)にのせて、胃カメラで悪戦苦闘している男性の姿を映し出すことから始まる。この男性も吐きそうになって涙を流していたが、確かにこれは経験した者なら分かる(私は実は既に2回も体験している)が、かなり苦しいものである。と言うわけで、最新の技術でもっと楽な胃カメラをというわけである。

 胃カメラの元祖は1世紀以上前にドイツのアドルフ・クスマルによって考案された。彼は剣を飲み込む大道芸人の芸を見て思いついたのだが、実はこれは柔軟性もなく太いため、まさに患者は死ぬ思いをしたばかりか、実際に胃を突き破って死んでしまう例も多発したために、ある日本人技術者が執念によって開発したのが現在の胃カメラである。この経緯はプロジェクトXで詳しくやっていたので、そちらに譲った方が良かろう。

 なおこの胃カメラから進化した内視鏡は、現在ではイルカの人工授精などにも使用されているとのこと。身体を切らなくても検査や治療が出来る内視鏡は活躍の場が増加している。

 さて番組の方だが、胃カメラには抵抗のある鈴木さんが鼻から入れる新型胃カメラを体験するという展開になっている。この新型胃カメラ(経鼻内視鏡)は細い上に、鼻から入れるために吐き気を催すところに触れないために、患者にとっては非常に楽で、最初はビクビクで検査を受けた鈴木さんも楽勝でめでたしめでたしというものである。

 なおこの新型内視鏡であるが、5.9ミリとかなり細いものだが50人に1人ぐらいは鼻の奥が狭くて通せない人がいるということ(慢性的に鼻炎を患っている私もその可能性が高い)。しかしその場合は口から入れても従来の胃カメラより細いので楽であるという。

 以上、新型胃カメラについての紹介。胃カメラで死にそうな思いをした私としては、胃カメラが従来よりも楽になるのは大歓迎である(最近、また胃の具合が悪いので、いずれ3回目の胃カメラを体験させられそうな気がするので)。このような新技術の紹介はジャンジャンやって欲しい。

 ところで今回のメディカルQはホルモンの紹介。いくら何でもこれは内容に関係なさ過ぎ。やっぱり浮いてるって、このコーナー。

 

8/27 からだ元気科「夏かぜ」

 風邪は寒い季節にひくものと思われがちだが、意外と暑い夏にも風邪をひくものである。夏かぜの原因となる代表的なウィルスはアデノウイルスやエンテロウイルスで、これらの活動は高温多湿な夏にピークなる。アデノウイルスは喉などに、エンテロウイルスは下痢などの症状が出るのが特徴である。アデノウイルスで発症するのが咽頭結膜炎(プール熱)である。予防には手洗いの徹底が必要。エンテロウイルスが引き起こすのは、手や足の先に発疹や水疱が出来て口内炎など併発する手足口病、乳幼児に多いヘルパンギーナ、無菌性髄膜炎などがある。いずれも発症した時は安静を保つと共に、脱水症状を防ぐための水分補給が重要になる。

 大人がひく夏風邪は暑さのストレスなどによる体力の低下が引き金になる。ただ咳などの症状が1週間以上続く場合は風邪以外の病気を疑う必要がある。咳が長引く場合、夏型過敏性肺炎の疑いがある。これはカビを吸い込んで発症するアレルギー反応である。原因となるのは家にはえるトリコスポロンというカビで、高温多湿の環境下で増殖する。流しの下などの家の水回りが要注意である。風邪がいつまでも続いたり、息切れなどの症状が出る場合はこの病気を疑う必要があるという。予防は月並みであるが家の換気を良くすること、規則正しい生活で抵抗力をつけることなどである。

 実に地味な内容であるが知っておく必要はある内容である。ただ先週から気になるが、取って付けたようなコーナーが浮いている。各国の風邪の際のレシピを紹介したメディカルQなるコーナーはまだともかくとして、売れない女芸人二人が家庭内をチェックしたコーナーは全く無意味。番組内でも「まったく役に立たないリポート」と言っていたが、それが冗談ではなくて本当にその通りなんだから洒落にならない。恐らく彼女たちの唯一のネタであると思われるわざとらしい喋り(多分高級住宅街の夫人の喋りを意識しているのだろうが)がわざとらしくて耳障りで不快なだけであり、明らかに「ない方がマシ」なコーナーであった。柄でもないことはしない方が良い。どう頑張っても、「真面目な」健康情報を扱っていると視聴率はどうしても限られる。悲しいことに大半の視聴者は、ゴロゴロして食べたいだけ食べながらでもダイエットできるジュースなどのインチキな情報の方を好むという事実があるのだから。それを了解した上で、中途半端に視聴者に媚びようとしない方がこの番組としては正解である。

 

8/20 からだ元気科「貧血」

 今回からこの番組は改装とのことだが、どこが変わったのかと思えば、意図的に内容を軽くしたようである。今までまるで「今日の健康」みたいな雰囲気だったのだが、「あるある」とか「スパスパ」などを意識したような軽めの構成にし、また古市アナを従来よりもかなり正面に出してきている(アイドル路線?)、はっきり言って賛否両論が出そうなところだが、幸いなことにさすがに日本医師会がスポンサーと言うだけあって、内容の信憑度は落ちていないようである。

 さて番組の構成は、まずあるある一家?の貧血談義から始まり、貧血についての紹介に突入する。

 貧血でもっとも多いのは鉄不足性の貧血(鉄欠乏性貧血)である。鉄分が不足するとヘモグロビンが減少することによって、血液による酸素の運搬がうまく行かなくなるという症状が出る。ちなみに男性は3グラム、女性は2グラムの鉄が体内にあるという。

 ここでメディカルQなる新コーナー。ここで紹介される1つ目の話題は、犬なども貧血になるかというもの。犬や猫などはタマネギを食べるなどすると溶血性の貧血になるので注意とのこと。なお番組では理由を説明されていなかったが、犬や猫は人間と異なり硫黄分を体内で処理することが出来ないので、このような現象が発生するのである。犬・猫と人間の身体の構造の違いを物語る話である。

 2つ目の話題はスッポンの血は栄養があるのかというもの。これに対してはスッポンの血を少々飲んだ程度で貧血の解消にはならないと言うものだが、スッポンの身にはアミノ酸やミネラル、コラーゲンなどを含んでいるので美容によいとフォローを入れている。

 次のコーナーでは古市アナが血液検査を受けて健康体であることを証明されるエピソードや、エステティックサロンで女性を捕まえて(あるある会員?)、簡易血液検査キットで貧血度合いをチェックするエピソードなどもあるが、この合間に重要な情報を流している。

 よく貧血だと立ちくらみが起こるなどと思われるが、これは間違い。これは低血圧や脳貧血であり別の病気である。また貧血は軽く見られがちだが、重症の貧血を放置すると心臓に負担がかかって心不全などを誘発することもあるので注意とのこと。さらに一旦貧血になってしまうと、食事やサプリメントで慌てて鉄分を補充しても間に合わないので医者にかかるようにとのこと(この辺りは日本医師会がスポンサーである)。また鉄分に無関係の貧血として「再生不良性貧血」などもあるので注意とのこと。また男性の貧血は体内で出血のあるケースが多く、これは鉄分を補充しても効果がないという。

 以前の番組があまりに地味すぎたので、もう少し一般人が親しみやすいようにとリニューアルした主旨はよく分かる。ただその際に参考にしたのがどうやら「あるある」らしいことが気になるところ。もっとまともな番組を手本にすればと言いたくなる。また元々はかなりお堅い番組であるのに無理して軽くしようとした結果、かなりすべっている印象が強く、まるでかつての選挙の時の民主党の鳩山代表(当時)のカジュアルウェア並みに浮いている感じがある(笑)。

 さらに、いろいろなコーナーが入り乱れたせいで、番組構成的に散漫な印象になり、肝心の重要情報がむしろ伝わりにくくなったように思われる。まだ少し構成を練り直した方が良さそうである。

 

8/13 からだ元気科「適応障害」

 皇太子妃の雅子さんの病名として急に有名になった「適応障害」であるが、それについての解説である。

 適応障害とは環境の変化などによるストレスによって、その環境への適応が心理的に困難になり、鬱のような症状が出ることだという。一般的な鬱病との違いは、鬱病はどのようなものに対しても気分が滅入るようになって何も出来なくなる(かつて好きだったことなども出来なくなるために、気分転換もできなくなる)のだが、適応障害はそこまでは重症でなく、ストレスの原因になっているものには拒否反応が出るが、それ以外の行為は出来るのだという。例えば会社がストレスで適応障害になった場合、出社は出来なくなっても、旅行などは出来るだという。

 さて治療法であるが、投薬とカウンセリングが基本とのこと。大切なのは誰かに相談すること。端的に言えば愚痴をぶちまける相手がいるだけでも大分症状は改善するという。

 番組を見ていると、どうやら鬱病の前段階といった印象である。果たして適応障害というのが正式な病名であるのかについてはやや疑問を抱いた。なお番組中、やたらに最上級の敬語が飛び交っているのが気になったのと、ほとんど皇室番組になってしまっていたために今回は中身が薄くて面白くなかった。

 ところで、なんで「愛子様」なんて呼ぶんだ? 産まれてすぐの未だに何もしていない子供を様付けで呼ぶことのナンセンスを感じないのか? なぜ「愛子ちゃん」だといけないんだ? そもそも皇室なる存在が、人の上に特別の人がいるという差別思想であってナンセンスこの上ないのである。よく差別はいけないと言うが、差別とは特定の集団を問答無用で低い地位に置くことだけでなく、特定の集団を問答無用で高い地位に置くことも意味しており、これは表裏一体の関係にある。現代社会では差別はいけないということは常識となっているにもかかわらず、皇室が存在することはナンセンス以外の何物でもない。このような皇室のナンセンスが彼女を病気に追いつめてしまったにもかかわらず、このナンセンスに対して誰も疑問を感じないのどういう訳なんだろうか? 皇太子も自分の妻が本気で大切なのなら、今こそ真の意味での皇室改革を行うべきだと思うんだが・・・。彼にそこまで行動力があるかは疑問だが。

 

8/6 からだ元気科「パニック障害」

 現在、若い人を中心に増加中というパニック障害。この病気は外出中などに突然に強い不安感と共に、過呼吸、激しい動悸などを伴う激しい発作に見舞われるという病気だとのこと。内科などで調べても循環器系等には異常が見られないのだが、発作を体験した本人は、またこの発作が起こるのではないか(予期不安)とか、このまま死んでしまうのではないかとの不安感で、外出が出来なくなる(外出恐怖)という。このように不安が不安を呼ぶ状況をパニック障害という。

 現在のところ、原因ははっきりしていないという。ストレスが原因ではないかと言われているが、必ずしもそうとは限らず、脳内での伝達障害のようなものも原因としてあり得るとのことである。

 治療法としては、薬物療法とカウンセリングの併用を行い、外出恐怖に対してはまず家の外に出てみるところから始めて、医療関係者に付き添って貰ったりしながら、徐々に行動半径を広げていくというようなことを行うという。

 一番大事なのは、とにかく医師に相談することだろう。このまま引きこもりになってしまう例もあるようなので、早期に適切に手をうつことが重要なようだ。それにしてもやはりこれも現代病なんだろうな・・・。ちなみに実は私もこれに近しい症状を経験したことがあるのですが(大学入試の直後です)、軽度だったのか外出恐怖にまではつながらず(それでも試験というシチュエーションになると体調がおかしくなった)、そのうちに自然に治りました。ストレスの少ない大学生活が治療になった?

  

トップページに戻る