ダーウィンが来た!生きもの新伝説

 

 当番組は、NHKに脈々と続く自然紹介ものの血脈に連なる番組であり、「地球ふしぎ大自然」の後継番組になります。ただこの手の重厚な番組は不振なのか、時間枠が今までの45分から30分に縮小されてしまいました。そのために、今までの「動物の生態をじっくり描く」というスタンスから、「何かのトピックに絞って映像紹介する」というスタンスに移行しています。正直なところ、せっかちな私向けではあるのですが、今までのような環境ビデオ的要素がなくなったので、残念に思っているファンもいるのではないかと思われます。また日曜日夜7時30分という大河ドラマ直前の枠は、この手の番組にとって決して良い枠とも感じられないのも不安要素です。

 

エンターティーメント度 B

情報信頼度 A

タイプ分け 知識型

 

お知らせ

当サイト管理人の鷺が、この度書物を出版することとなりました。「あるある大事典」の問題点や注意点などについて解説した書き下ろし本です。詳細はこちらへ。

書籍紹介ページ

 

お知らせ

当サイトではメールマガジン(無料)を発行しております。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 
 

トップページに戻る

2015/4/26 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「大都会にアユの楽園!?多摩川」

 多摩川は都会の河でありながらアユが棲息するという珍しい河川である。その一方で都会の川特有の問題も抱えている。

 春になると現れるのがマルタ。川をさかのぼってくると川に産卵するのである。かつては生活排水による多摩川の汚れがひどすぎてマルタも見られなくなっていたが、下水処理施設が設置されたことで水質が向上、生態系が復活してきたのである。近年ではアユが増加し、1000万匹のアユが坂登ってくるという日本有数のアユの宝庫となったのである。今まで河口の堰でアユの遡上が妨げられていたのだが、鮎の遡上の時期に合わせて堰を解放したり、魚道を設置したことで鮎が増加したのだという。多摩川は鮎のえさとなる藻が多いのだが、これは多摩川に流れる下水処理水が栄養分が多いのだという。餌が豊富にあるために多摩川の鮎は縄張りを持たなくなり、鮎の密度も高いのだとか。

 しかし多摩川には本来は日本に棲息するはずのない生物が見られるため「タマゾン川」などと呼ばれたりもするという。飼いきれなくなった外来魚を川に捨てる馬鹿がいるせいだとか。チョウザメやコクチバス、アリゲーターガー、タイワンドジョウなど日本にはいるはずのない魚が発見されており、中には定着する危険のある生物も存在しているという。

 川を遡上してきた多くの鮎はそこで産卵して最後を迎える。そうして力尽きた鮎たちも鳥などの餌になり、生態系をつなげいてく。

 うーん、やはりどこでも問題になる馬鹿の問題。本当に世の中に迷惑だけかける馬鹿は、馬鹿だけ集まって地球の裏側に馬鹿国でもつくって、お互いに迷惑掛け合って生きていけと言いたくなる。残念ながらこれは人間が人間である限り解決しない問題なのかも知れない。

 

 

 

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

 

 

 

 

1/25 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「1羽4役!舞台にかける鳥」

 オーストラリアの北端の熱帯の森に住むオオニワシドリは、繁殖期になると求愛ダンスのための舞台を作ることで知られている。その舞台は木の枝で作られたトンネルのようになっており、回りは貝殻などで飾られている。この舞台にメスを引き寄せて、求愛ダンスを誇示してメスがその気になれば交尾をするわけである。

 しかしそれは決して楽ではない。舞台に入ってこないメスも多いし、油断していると競争相手のオスに舞台を壊されてしまうなんてこともある。しかしそれでもめげずにダンスに精を出すオス。そうしてメスを見事に射止めて交尾に及ぶと、メスは一羽で産卵して子育てに入るのだとか。

 女を引っかけることだけに全力を挙げている鳥の話(笑)。ちなみにこの鳥のことについては以前にNHKの番組で見た記憶があります(「いきもの地球紀行」あたりのような)。その時には、舞台を作っているうちにその舞台制作の方にばかり力が入って、本来の目的である「メスを誘う」という観点が欠落した超シュールな舞台を作ってしまったオスが登場していました。このオスの力作舞台は当然のようにメスに受け入れられず、見事にふられてしまうのですが、この時に「やっぱり、あまりにマニアックすぎるオスはもてないようです」というオタクにとってはかなり厳しいナレーションが入ったことが一番記憶に残っています(笑)。

 

7/13 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「"氷のクマ"極北の暑い旅」

 北極の流氷の上でアザラシを狩って生きているのがホッキョクグマ。1年の半分以上が氷の世界のスピッツベルゲン島では、そのようなホッキョクグマが2000千頭以上も住んでいるという。しかしそのスピッツベルゲン島に異変か起こっている。

 春になったら流れてくるはずの流氷が一向に流れてこないのである。流氷の上で子育てをするアザラシを餌にしていたホッキョクグマは、これではアザラシを狩ることができない。彼らは春から夏にかけて脂肪分がたっぷりのアザラシをたらふく食べることで、冬を越すためのエネルギーを蓄えるのに、これでは冬を越すことができない。

 それどころかただ開けている海の中には、本来はここに来るはずのないマッコウクジラなどがやって来ている。また北極とは思えないほどに温度が上がり、これが耐寒仕様のホッキョクグマを痛めつける。彼らは餌を求めて動き回るが餌にはありつけない状態。たまに鳥の卵を見つけたりしたが、その程度では彼らの巨大な身体を支えることはできない。

 番組で追跡していたホッキョクグマは、幸いにして陸に打ち上げられたマッコウクジラの死体を見つけることで飢えをしのぐことが出来たが、このまま飢えで死んでしまうホッキョクグマも多いという。地球温暖化によって北極の氷がなくなってしまうといわれている現在、ホッキョクグマは絶滅危惧種に指定されている。

 北極の惨状は耳にはしていたが、明からさまにこう映像で見せられると唸るしかない。地球温暖化は科学者達が予想していたよりも速いスピードで進行しているようである。対策が急がれる。

 

7/6 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「神秘!砂漠の水中世界」

 メキシコ北部のチワワ沙漠には、小さな湖が散在している地域がある。ここでは遠くの山脈で発生した地下水が、断層に沿って湧きあがっており、多くの湖が出来ているのだという。砂漠に孤立した湖にもかかわらず、この中には多くの魚が繁殖している。この湖は大昔には川とつながっていたのだが、長い年月の間に湖が堆積物で埋まっては他の低地に流れていくという移動を繰り返し、現在のように孤立したのだという。そのために、この湖中の魚の多くは固有種であるという。

 そんな中で注目されている魚がミンクリイ。ミンクリイには湖底の巻き貝を食べるタイプ、湖底の有機物を食べるタイプ、夜に小魚を補食するタイプの3種類があり、それぞれのどの奥にある骨の大きさが異なるという形態的違いがあるのだという。これは別の生物に分化する途上なのではないかと注目されているのだとか。

 この湖は非常に水の透明度が高いが(視界が50メートルぐらいあるという)、これは地下水には栄養成分が少ないために、微生物が繁殖しにくいせい。これはつまりは魚にとっては餌が乏しいことを意味する。そのためにミンクリイの繁殖は、孵化した稚魚が自分で身を守れるようになるまで、母親がかばうことで確実に繁殖しようとするのだとか。生存競争が厳しいので、そうしないとすぐに稚魚が餌食になってしまうのだという。

 砂漠の中の澄んだ湖というのが神秘的ですが、その中で繁殖する固有種の魚たちというのがまた非常に興味深いです。このような孤立生態系は非常に脆弱であるので、環境の保護が重要でしょう。砂漠の中で人がほとんどいないであろうことが幸いしているのでしょうか。

 

6/8 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「欧州 命集う里山」

 ヨーロッパの農家。そこには多くの野生生物などが住み着いており、里山の光景が繰り広げられる。ヤマネが住み着いたり、屋根裏にはフクロウが巣を作り、畑ではコウノトリが悠々とバッタや蛙を食べている。ヨーロッパの家は石造りのために古い家が多く、こういう家は野生生物にとっては格好の住処だという。

 ヨーロッパでは混合農業と言って牧草地と畑を交互に利用するので、この牧草地が格好の住処になるという。適度に手が入っている牧草地は、自然の草原よりもむしろ多くの動物にとって最適の環境だという。そのような中で多くの動物が繁殖する。

 台所にヤマネが入り込んでジャムをなめているシーンがあったが、結局はヤマネと言ってもネズミそのもの。こりゃ正直なところ鬱陶しいのでは。都会人にはなかなか想像のつかない世界です。

 

6/1 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「まるでイソップ?札幌リス物語」

 札幌の森に住む二種類のリス。シマリスとエゾリス。しかしこの両者はまるで対称的な越冬をする。秋になるとシマリスは頬袋に多くの木の実を溜め込み、それを巣の中に備蓄する。地面で餌を集めるシマリスは、餌を安全なところに運んで食べる習性があるのだという。

 一方のエゾリスはシマリスよりも一回り大きい身体で、秋の間は食欲のままに大量の餌を食べ続ける。木の上で餌を採る彼らは、地上で餌を集めるシマリスよりも天敵を気にしなくてすむので、その場で餌を食べるのだという。

 シマリスが秋に溜め込むドングリなどの木の実は、1000個にも及ぶことがあるという。これに対してエゾリスにはそのような習慣はなく、ひたすら食べ続けるだけ。イソップ童話のアリとキリギリスの世界である。

 そして冬になるとまさにアリとキリギリスの世界になる。巣穴の中で冬眠しながら、時々備蓄した食糧を食べるシマリスに対し、エゾリスは雪の中で餌を探すことになる。シマリスと違い、エゾリスは冬眠することが出来ないのだという。彼らは冬の間は食料が少ない中で、秋に備蓄した脂肪などで過酷な冬を越すのである。そして苦しい冬が終わると、シマリスも冬眠から覚め、繁殖のシーズンに入ることになる。

 同じリスでも様々な冬の越し方があるというお話。ちなみ番組中でも解説していましたが、「アリとキリギリス」の話は、元々は「アリと蝉」だったのですが(だから夏の間鳴いてばかりいるわけです)、北ヨーロッパではセミは馴染みがなかったのでキリギリスになったとか。またヨーロッパ版では、冬に食料がなくなったキリギリスはアリの元を訪ねるが、すげなく追い返されるのに対し、日本で発行された版ではアリがキリギリスに食料を分けてやる展開になっているとか。どうも日欧での文化の違いのようである。ちなみに今時版だったら、アリに食料を分けてやると言われて巣に入ったキリギリスは、あえなくアリの餌にされてしまうという展開になりそう・・・。

 

5/11 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「"海のピエロ"水中を飛ぶ」

 アイスランドのウエストマン諸島に生息する海鳥がパフィン。繁殖のために300万頭も飛来するという。派手な模様から海のピエロとも呼ばれるパフィンは、海の中を飛ぶように泳いで魚を捕らえるハンターである。

 ただ海の中を泳ぐのに適した彼らの小さな翼は、空を飛ぶためには小さすぎる。そのために彼らの飛行は大変で、着陸は最も難しいため、胴体着陸になってしまうような事例さえも。

 ここで彼らは子育てをする。口に一杯の魚を加えて彼らは飛んでくる。彼らの上くちばしの裏には多くのとげがあり、それと舌とで魚を挟んで運ぶのだとか。しかしそのパフィンの子育てに今年は異変が発生しているという。例年ならヒナの餌として多くのイカナゴを捕まえるのだが、今年は水温の上昇でイカナゴがほとんどいなくなり、遠くの海まで他の魚を捕らえにいくしかなくなっているのだという。そのせいで、今年の巣立ちは例年の2割程度の数になってしまったとか。

 ここにも地球温暖化である。なんか我々の予想以上のスピードで破綻が迫っているように思われて不気味。

 

4/27 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「釣りをする"怪獣"」

 アメリカ南東部のオーキフェノーキー湿地。多くのワニが暮らすこのは虫類の王国で、ワニと対等に渡り合って生活しているのがワニガメである。甲羅長80センチ、体重100キロにもなるという巨大な身体と強いあごを持つ彼らは、この湿地ではまさに無敵である。彼らはその強いあごを使って、貝でも貝殻ごとかみ砕いてしまう。

 あごの力を測定したところ、人間で70キロ程度、カミツキガメで30キロ程度だったのに、ワニガメは堂々の210キロ。とんでもないあごの力で、その源は巨大な頭の中の筋肉だとか。

 しかし巨大なワニガメだが、それが意外な小技を持っている。下の形がミミズなどにそっくりなので、口をあけて舌を動かしていると魚がよってくるのだという。このワザを持っているため、小さな子供でも食べ物を確実に得ることが出来るのだという。

 ガメラのモデルにもなったという巨大亀だが、意外な小技が冴えている。ただ最近は、ペット用に持ち込まれたカメが勝手に捨てられて、生態系に対しての影響や人間に対する危険性が指摘されているという。またここでもアホなペットマニアによる悪事が・・・。

 

4/20 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「アホウドリ ただいま復活中!」

 太平洋上の孤島・鳥島。この火山島で特別天然記念物のアホウドリが生息している。

 アホウドリが営巣する燕崎は急斜面の土地。そのために、卵やヒナが転がり落ちて死んでしまう場合もあるという。なぜそんな環境劣悪なところでアホウドリが繁殖しているかには理由がある。かつてこの島のアホウドリは島中に生息していたのだが、羽毛目当てに乱獲され、ついには絶滅したと思われていた。しかしこの燕崎地区で、人間が入り込めないのが幸いして、数羽が生き残っていることが確認されたのだという。そのために現在もここが繁殖地になっているのだという。

 しかし繁殖地がこの斜面だけであるのは危険である。そこで同じ島のより傾斜の緩い土地である初寝崎に新たな繁殖地を作る取り組みがなされた。その方法とはアホウドリそっくりの模型(デコイ)を作って引き寄せること。このデコイは10年ほど置かれ、それに引き寄せられた鳥同士がこの地でカップリングして営巣するようになってから撤去された。現在では若い鳥が中心になってよく飛来しており(ヒナがいることが若鳥を引き寄せるらしい)、繁殖地として定着してきたという。ちなみにデコイに9年続けて求愛していたオス(デコちゃんと呼ばれていた)も、無事にパートナーを見つけて、今は父親になっているとか(人形に恋する話って、コッペリアか?)。

 ただこの地にも問題がある。そもそも鳥島自身が火山島なので、大規模な噴火が起これば全滅の危険もある。そこで今年、燕崎のヒナ10羽を300キロ離れた聟島に移転することにした。ここで人の手によって人工飼育し、彼らが巣立った後にこの地に戻ってきて繁殖すれば、新たな繁殖地が誕生するという計画である。アホウドリの人工飼育は初めての試みであり、巣立ちの予定は5月頃とか。成功して欲しいものである。

 聟島の話が中心かと思っていたら、それ以前の鳥島の話だった。ただとにかく、アホウドリは繁殖地が限られてしまっているので、危険分散の意味でも早急に繁殖地を広げる必要がある。とにかく成功を祈るのみ。

 

4/13 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「壮絶1200頭!カバ大集合」

 タンザニアのカタビ国立公園。ここでは乾期になると、少ない水場を求めてカバが寄り集まるという。カバの皮膚は乾燥に弱く、水場から離れると脱水症状を起こして命にも関わる。そこで乾期になって川が涸れると、カバは少ない水場に身を寄せ合うようにして暮らすことになる。その中の一つ、イクーの水場と呼ばれる地には、1200頭ものカバがひしめく。

 狭い中に密集するだけに、さすがに温厚なカバとはいってもトラブルの発生はあるという。そして彼らは夜になると餌を摂るために遠くの森にまで歩いていく。しかし夜は天敵も徘徊する危険な時間。特に子供を持つカバは軽快に余念がない。

 中には水場が涸れてしまい、他の水場への移動を余儀なくされるカバもいるという。炎天下を長時間移動することが不可能な彼らにとってそれは命がけの移動となる。

 こうして苦しい生活を送りながら彼らは乾期を持ちこたえ、雨期がくるのを待つのだとか。

 カバといえばどうものんびり暮らしいているイメージがあるが、実はこのような苦しみもありますということか。そもそもカバの身体は皮膚の件だけでなく、すべての点で水場で暮らすことを前提としているから、水がなくなるということは死活問題だろう。となると、地球温暖化はカバにとっても脅威だな。

 

2/10 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「疾走!熱闘!カンガルー」

 オーストラリアの乾燥した大地に生きるのがアカカンガルー。大地を飛び跳ねながら猛スピードで駆け抜ける彼らのスピードは時速35キロほど。1日で走る距離は100キロを超えるものもいるとか。カンガルージャンプの飛距離は1回で4メート以上あるが、このジャンプは長大なアキレス腱の伸縮で行っているので、筋肉の疲労がほとんどないのだとか。また長い尻尾は姿勢の安定に貢献しているという。カンガルーは速度を上げてもあまりエネルギー消費は変わらず、非常に省エネで動いているのだとか。

 またカンガルーと言えばボクシングのイメージがあるが、オスはメスをめぐってまさにキックボクシングでの争いをするそうな。メスの繁殖期は8ヶ月に3日しかなく、この期間になるべく強いオスを見つけるために、メスはわざとオスを誘導して争わせるそうな。オスとしては繁殖期のメスを見つけるのが大変なため、長距離を飛び回って移動する必要もあるのだという。こうして無事にメスを獲得してまんよく交尾にこぎつけたオスは、次のメスを求めて飛んでいくのだとか。

 ただ近年は地球温暖化による干ばつによって、身体の大きなオスが多く死に、そのために逆にメスがオスにプロポーズする姿が見られるなどの異変が起こっているとか。

 またカンガルーはよく地面を掘って一休みしている姿が見られるというが(この時の姿が、まるでテレビの前で横になっているオッサンみたいなのだが)これはこの方がかなり涼しいかららしい。なおこのカンガルーが掘った穴では、雨が降った後に掘り返された草の種が芽吹いていた。カンガルーの行動が砂漠の緑も作っていたらしい。

 オーストラリアのカンガルーについての紹介。ただ、クジラを殺すのは反対だと言って、テロリスト集団であるシーシェパードを支援して日本の調査捕鯨船を襲撃させているオーストラリア政府だが、カンガルーについては害獣として「駆除」しているとか。典型的なご都合主義によるダブルスタンダードだが、日本の調査捕鯨妨害の背後には、オーストラリアが一方的に南極の領有宣言をしていることも絡んでいるとのこと。オーストラリアによると、南氷洋は公海ではなく、オーストラリアの領海だからそこで勝手に漁をするなといいたいらしい。常軌を逸しているが残念ながらこれがあの国の実態の一面でもあったりする。まあカンガルーには、アホな人間の思惑には関係なく、種として生き残ってもらいたいが。

 

2/3 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「土佐のクジラは池にすむ!?」

 土佐湾に現れるニタリクジラは地元の漁師にとっては、カツオの居場所を教えてくれる漁の相棒だという。と言うのも、ニタリクジラの近くには必ずカツオがいるのだとか。ニタリクジラは鰯などを餌にしているのだが、小回りのきかない彼らはそのまま鰯の群れにつっこんでも逃げられてしまう。そこで回りのカツオが飛び出して鰯が固まったところを一網打尽にするのだとか。カツオにとってはクジラの近くにいることで敵を防げるし、クジラが取り残した鰯を餌に出来るしということで共存共栄なのだとか。

 今までニタリクジラの繁殖は沖縄で行われ、土佐には餌を捕りに来るだけだと思われていたのだが、この度貴重な発見があったという。それは土佐湾で繁殖行動も行われていることが確認されたのだとか。つまり沖縄まで回遊せず、土佐で生まれてそのまま土佐で育つ地元土着のクジラがいるということが明らかになったとのこと。

 土佐ではかつて捕鯨が行われていたが、その時もニタリクジラはほとんど獲物にされることがなかったので、彼らは人間に警戒感を持っていないとか。日本人はクジラを無差別に虐殺していると信じ込んでいるアホなオーストラリア人は、こんなこと知らんだろうな・・・・。

 

12/16 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「サバンナのネコ 強烈パンチ!」

 アフリカのサバンナで暮らす野生のネコ・サーバル。彼らはサバンナの中で主にネズミを捕らえて生きている。彼らがネズミを捕らえるために繰り出す技が大技、なんと2メートルもの高さに飛び上がって上空から襲いかかるのである。これは忍び寄ったのではネズミに気づかれてしまい、追いかけ合いになると素早さで負けるため、離れた距離から奇襲をかけるのだという。

 また彼らは毒蛇をも餌にする。その優れた瞬発力で毒蛇の攻撃を鮭ながら、蛇の頭を狙ってネコパンチの連打。蛇が弱ったところで頭をガブリで勝負ありである。ネズミに比べると体の大きな蛇は彼らにとってはごちそうなのだそうな。

 また彼らは子育ての時、危険を感じると頻繁に巣を移動する習性を持っている。1日で3回移動した例もあるとか。そうやって育てられた子供達も、やがて一人前になると狩りの達人になるわけである。

 つくづくネコ科の生き物ってハンターなんだなということを感じた。毒蛇を食べると言えばマングースが連想されるが、マングースはサーバルと違ってネコパンチは繰り出さない。途中で招き猫の話が出てきたが、確かに見てると招き猫を連想してしまうんだよな・・・招き猫って実は結構凶暴だった?(笑)

 

12/9 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「なぜ?白いクロクマ」

 カナダ西海岸のグリブル島には白いクロクマが生息するという。この白いクロクマはグリブル島周辺にしか生息せず、この地域のクロクマの45%が白いという。

 白くなる遺伝子は黒くなる遺伝子よりも劣性遺伝子であり、そのために黒いクマの中にも白くなる遺伝子を持っているものもおり、その結果として黒いクマ同士から白いクマが産まれることもあるという。

 またこの白いクロクマは一般的に黒いクロクマよりも身体が大きく、つまりは強いので、繁殖などでも有利になるために白いクマが増えたのだという。通常はこのクマが生活する森林などでは白いクマは目立つために不利なのだが、この地域は彼らの天敵であるヒグマが入ってこないために生存に不利にならないのだという。

 それどころか白い色が有利になる局面があるという。秋になると彼らは鮭を食料とするのだが、川で鮭を捕ろうとした時、白い方が空などの背景に溶け込んで有利になるのだとか。実際、夜には彼らの狩りの成功率は差がないが、昼の狩りの時は白いクマの方が成功率が高いとのこと。その結果として、栄養たっぷりの鮭をたらふく食った白いクマは大きく成長するのだとか。

 突然変異による色素欠損で白い個体が産まれることがあるが、彼らは身体が弱かったりで生存に不利な場合が多いのだが、ここでは逆に生存に有利になっているというかなり特殊な例。特殊な環境が影響しているのだろう。多分、他の地域のクロクマの中でもある一定の確率で白い個体は産まれるが、それらはこの地域と違って生存に有利にならないため、子孫が残らなかったのだと考えられる。自然の面白さを示す事例。

 

11/25 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「若きオオカミ さすらいの旅」

 スペイン北部のガリシア地方。ここの森にはオオカミが生息している。オオカミは家族で縄張りを持ち、狩りをして生活するのだという。番組で注目したのはとある群れ。ここは父と母に2才のオスとメスの子供、さらに血はつながっていないものの、狩りや子育てを手伝った来た年老いたオスが1匹という構成である(オオカミの群れに、こういう血のつながりのない個体が入り込むこともあるらしい)。

 オオカミの群れでは父の存在が絶対である。彼らはその持久力を活かして(1日中走っていても大丈夫だそうな)獲物を追いかけ続けて消耗させることによって狩りをするのだという。しかし獲物を食べる時には父が完全に優先である。父が食べ終わるまで他の家族は餌にありつけない。群れを支えていく父は十分な栄養を摂っておく必要があるからであるが、やはり食事時は殺伐とした雰囲気になると言う。

 やがてこの群れから十分に餌をもらえなかった2才のオスと年老いた1匹が離脱する。オオカミの群れでは子供がある程度の年齢になると群れから離れるのだという。その際に年老いた狼が同行することも良くあるのだとか。番組では若いオオカミをロボ、年老いたオオカミをビホーと名付けて追跡している。

 ロボとビホーが目指すのは他のオオカミがいない新天地。しかし空腹を抱えての旅である。しかも経験の浅いロボは餌の取り方もよく分からない。彼はビホーに連れられて畑に忍び込んでブドウを食べたり、川で魚をとる技をビホーから学んだりしていく。

 しかし悲劇が起こる。ある家族の縄張りに侵入してしまった彼らは、その家族との争いになってしまい、この戦いで消耗したビホーがそのまま死んでしまうのである。一人残されたロボは自分だけで生きていく必要に迫られる。

 だがそのロボも、ようやく結婚相手と巡り会い、自分の縄張りと家族を持つことが出来た。こうして彼のさすらいの旅は終わる。

 非常に面白いのであるが、やけにドラマチックな内容になっているのが気になるところ。番組最初に「研究成果に基づいてスペインの撮影チームが構成した」と言っていたが、実はかなりシナリオを作っているのではという気がした。多分100%のドキュメントではなく、野生映画のようなシナリオに基づいた再構成だろうと思われる。まあそういうものをどうとらえるかにもよるが、エンターティーメント性を重視した民放的な作りとも言えよう。いわゆるNHKのスタッフが撮っているかなり客観性を重視した淡々としたドキュメントとは対照的である。

 

11/11 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「白い大砂丘に魚湧く!」

 ブラジルのレンソイス・マライェンセス国立公園は世界一白いと言われる大砂丘である。ここの砂は石英からなっており、真っ白い色をしている。乾期には一面の白い砂丘が広がるのだが、年に半分の雨期が訪れると風景は一変する。砂丘のあちこちに池が現れて、砂と池が入り交じった光景になるのである。

 池が発生する雨期は生命の季節でもある。湿気を含んだ砂の中に潜って乾期をやり過ごした亀や蛙だけでなく、どこから現れたか多くの魚も池には泳ぎ出す。この魚はどこから来ているかはまだ明らかではないが、卵の状態で乾期をやり過ごすのではと推測されている。

 この雨期の間に、亀は一年分の餌を食いだめし、蛙は繁殖を行うのだという。池が涸れるまでに孵ったオタマジャクシが地上にあがれないとアウトなので、蛙たちは必死であり、大混乱状態になる。

 やがて乾期が訪れると赤道の太陽の下で池は涸れていき、ついには消滅する。こうして半年後の雨期を待つことになるのだという。

 なんとも儚くもにぎやかしい印象の生態系である。しかしこのようなタイプの短期勝負型生態系というのは、結構砂漠の近いところなんかではよく聞くところ。こういう特殊な生態系を見るたびに、自然の奥深さを感じずにはいられないのだが。

 それにしても今回の取材はよほど苦労したらしく、番組の中でも取材の苦労話みたいなものがやたらに登場していた。まあ確かにご苦労なことである。その苦労した映像を茶の間でゆっくり見れる我々は幸せと言うべきか。と言うわけで、受信料をキチンと払ってあげましょうね・・・というお話ですか、これは(笑)。

 

10/21 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「超高速!海を泳ぐアリ」

 オーストラリアのグレートバリアリーフ。ここのマングローブの森に住むウミトゲアリは、海の上を泳ぐという世界でも例を見ないアリである。彼らはマングローブの森の中で、生き物の死骸などを餌にして生きている。

 潮が満ちると水没するが、粘土質の地盤が空気を通さないため、巣の中には空気の溜まった部分が出来るので、その中で彼らは生きているのだという。そして干潮になると、そこの砂地の部分から水が抜けるのだという。

 ただそんな彼らの巣も、例えばカニの掘った穴から水没してしまうなんてこともある。そんな時は彼らは仮死状態になって呼吸を押さえて生き延びるのだという。また水面に取り残された時は、彼らは水の上を泳ぐことも可能である(秒速50センチ、アリが人間と同じ大きさだったら、100メートルを1秒以下とか)。彼らは6本の足のうちの前の4本をオールのように使い、後ろの2本足を舵にするのだとか。さらに自ら泡をまとって、水の抵抗を減らしているのだとか。さらに短時間なら水中に潜ることも可能とか。彼らはこの技を駆使して、生き延びてきているのだという。

 水の上を泳ぐアリというのはインパクトあり。彼らはこの能力を敵から逃げる時などにも使っているようだが、確かにこの特殊能力は強みではある。干満の差が激しいマングローブの森という特殊な環境に適応した結果なのだろうが、これも自然の神秘だ。

 ただ例によって、昆虫嫌いの私にはかなりキツイ内容だな・・・。

 

10/14 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「コウノトリ46年ぶりの巣立ち!」

 兵庫県豊岡市ではコウノトリの人工繁殖に取り組み、今年ついに46年ぶりの野生での巣立ちが起こった。その経過の報告。

 コウノトリはそもそもは田んぼの生き物などを餌にするごくありふれた鳥だった。しかし田んぼが大量の農薬を使用するようになったことで激減、ついには野生のコウノトリは絶滅してしまった。そこで豊岡ではロシアからコウノトリを譲り受け、半世紀をかけて人工繁殖に取り組んできた。

 2005年、その甲斐あって、人工繁殖によって産まれたコウノトリが初めて野生に放たれた。しかし最初に放たれた鳥は、結局は飼育施設に帰ってくるなど問題が多かった。

 そこでさらに野生で生きていけるように配慮しつつ放鳥が繰り返された。またコウノトリはそもそもは松などに巣を作っていたのだが(だから松に鶴の鶴はコウノトリの間違いだという)、今は松がなくなっているため、巣作りのための巣塔を8本も立てて繁殖に期待した。

 最初は巣塔を無視して危険な電柱の上に巣を作られたりなどのトラブルもあったのだが、ようやく一組のカップルが巣塔で産卵、無事にヒナが孵ることとなった。豊岡では号外が出る大騒ぎになったとのこと。その後、カラスの襲撃などいろいろな障害を乗り越えながら、ついに今年の夏、このヒナが巣立ちすることとなった。今後はさらに野生で繁殖していくことが期待されている。

 以上・・・。もうこのネタは既に何度も放送されていますので、そのダイジェストみたいな感じですね。

 コウノトリはまさに人里で生きてきた動物なわけで、コウノトリが生きていける環境というのは、実は人間にとっても健康な環境であるわけ。この豊岡のプロジェクトは実は丸ごと環境再生プロジェクトなわけで、成功してもらいたいのであるが・・・実際はまだまだ問題も多いだろう。

 

10/7 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「おみごと!石に化けた魚」

 和歌山県の清流・古座川にはアユカケという奇妙な魚がすんでいる。このアユカケは、見た目が岩にそっくりで、川底で岩に擬態してじっと獲物が近づくのを待ち、何も知らずに近づいてきた獲物をパクッと一飲みしてしまうのである。アユカケの擬態は徹底しており、岩の色に合わせて身体の色を変化させるし、またエラを動かさずにじっと息を潜めたりもするという。

 なおアユカケはその身体にあるとげで鮎を引っかけるという噂があり、そこからアユカケとも言われるそうだが、番組の取材中にはそのような光景は見られなかった。一応目撃例はあるようだが、かなり珍しいようで、どうやら意図的にとげで引っかけるのではなく、たまたま引っかかってしまったと言うのが実態のようである。

 鮎の多いシーズンには上流で鮎を捕らえていたアユカケだが、冬頃になると子育てのために河口付近まで下ってくる。そこで産卵すると、後はオスが一匹だけ卵に張り付いて、1ヶ月間ほとんど何も食べずに卵を守るのだという。そうして無事に孵化した稚魚は、海に出てプランクトンを食べて成長、2センチぐらいになると川に戻ってくるのだという。

 そしてもはや岩にも見えないぐらいにやせ細ったオスだが、これから徐々に体力を回復させ、まだ2年ほどは生きるとか。魚の世界もあまり楽ではないようです。

 清流に住む珍しい魚の生態を紹介したのが今回。やっぱりこういうネタは面白いですよね。ところで魚の中で、オスが卵を守り続けるというパターンの魚は他にも結構いたような気がします。中にはそのまま力尽きてしまう事例も多いのですが、その点アユカケは結構しぶといのですかね。

 

9/23 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「シリーズスローライフ1 忍者ザルのろまの術」

 スリランカの森に生息する夜行性の小型のサルがスレンダーロリスである。彼らは非常にゆっくりとした動きで虫を捕まえて生きている。

 彼らはそのゆっくりた動きのおかげで音を立てることがないので、虫に気づかれないのだという。また彼らは全体重を後ろ足だけで支えられるので、自由な姿勢を保つことが出来る。彼らは動きがゆっくりのために一晩で10匹ほどしか虫を捕まえないが、その狩りの成功率は高いのだという。また彼らの体は触毛と呼ばれるセンサーで覆われているので、藪の中を移動しても木の葉一枚揺るがすことがない。

 また彼らは大抵の虫を食べることが出来、毒を持つカメムシでさえも食べるという。彼らの体内はいろいろな毒を解毒できるようになっているのだとか。

 彼らが天敵に狙われた時は、慌てて逃げたところで逃げ切れないので、その場で何時間でもじっとするのだという。すると色の識別能力の低い敵は、彼らの姿を藪と見分けることが出来ないとのこと。

 まあ見事なスローライフだが、彼らのスローな動きは、多分消費エネルギーを少なくするという意味もあるだろう。また昆虫などの場合、動きの遅いものの方が見にくい(複眼の特性です)というのがあるので、余計に好都合でしょう。実際、止まっている虫を捕まえる時は、慌てて捕まえるのではなく、ゆっくりと忍び寄って、最後の瞬間にさっと素早く押さえるようにした方が成功率が高いです。スレンダーロリスの狩りはまさにこの原則通り。

 なお現地では、ロリスは魔物として不気味がられていたというが、確かに暗闇であの目が光っていたら嫌だな。目が大きくて小さい生き物なんですが、イマイチ「かわいい」とは違う生き物ですよね。

 なお私がこの番組を見た時、「ロリスの動きはこんなにゆっくりなんです」と言われても、「そんなに極端にゆっくりしてると思わないんだけどな・・・」と感じました。私が再生速度を倍にして見てるのを忘れてました(笑)。常速にしたら・・・こりゃ確かに遅いわ。

 

9/16 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「鳥の長屋は大にぎわい!」

 山形県の山形盆地の集落のはずれにある鎮守の森。ここのうろの多いケヤキの森は、2月になると多くの野鳥が飛来してくる。うろのある木は鳥たちの格好の巣なのである。

 最初に飛来したのは鷹の仲間のチョウゲンボウ。バラバラに過ごしてきた雄と雌がここでつがいになると営巣を開始する。その後、トビやハシボソガラス、そして大量のムクドリが飛来、めいめいに巣を作る。

 ムクドリにとっては肉食のチョウゲンボウは天敵のはずである。しかしなぜあえてここに巣を作るか。それはチョウゲンボウの狩りは平原などでホバリングしながら行われるので、この森のような入り組んだところではムクドリが襲われることはないのだという。むしろチョウゲンボウがいることで他の敵の飛来が事前に察知されたり回避されたりと言うことがあり、都合がよいのだとか。まさに微妙なバランスでこの鳥長屋が形成されているのだとか。

 やがて各鳥たちの巣でヒナが孵り始め、長屋は一気ににぎやかになってくる。やがて夏が近づくとチョウゲンボウの雛たちも巣立ちの時が近づいてくる。この頃になると、親鳥はヒナに餌を与えなくなるという。お腹をすかしたヒナが巣から外に出てくると、親鳥はそこで餌を渡す。ヒナはそうやって自然に巣立ちをしていくことになるのだとか。そして彼らはめいめいに狩りの練習などを重ねながら、やがて自立するのである。

 餌を与えないようにして巣立ちを促すという親鳥の知恵が関心。巣の中でいつまでも餌を与えていたら、ヒナはいつまでも自立せずにニートになってしまうわけである。今の日本でニートが増加しているのも、ひとえに親が餌を与えすぎだから。さっさと世間の風にさらせばそんな贅沢を言っている余裕はなくなるのだが、いつの間にやら日本もおかしなことになってしまった。そう言えば、長屋もなくなっているな・・・。

 

9/9 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「ハイエナ女王 サバンナの掟」

 ハイエナは群れで暮らすが、メス優位の社会だという。番組では4頭の群れを追跡しているが、この群れではメスのゴーグを女王に、2位、3位にメスがいて、1頭のオスは最下位になるのだという。

 ハイエナは結構大きな動物で、ライオンよりは小さいがヒョウやチーターよりは大きい。だからヒョウから獲物を横取りするようなこともあるという。

 やがて2位と3位のメスに子供が生まれ、群れは子育てのシーズンに入る。しかしここで異変が勃発。常に獲物を独り占めする女王ゴーグに対して、子育てのために餌が必要なメス達の不満が爆発、群れの中で女王の座を巡る争いが勃発、ゴーグはその争いに敗れて重傷を負い、2位だったニキータが新女王の座に就く。なお敗北したゴーグであるが、ハイエナの群れでは敗北した者も群れを追われることはなく、メスの中の最下位として群れの中で生きていくのを許されるのだという。

 その後この群れは、縄張り内に侵入したライオンを追い払う際(ライオンはハイエナの子供を襲うことがあるので、子育て中の群れにとっては脅威なのだとか)、ニキータが重傷を負うというトラブルもあったが、その強靱な生命力で彼女も回復、半年後には子供達も狩りに参加するぐらい成長、また次の子供が生まれて群れも繁栄の方向に向かっているとか。

 あまり知ることのないハイエナ社会についての紹介。ハイエナが女系社会だとは知らなかった。ただオスの序列は最下位だと言っても、この群れは形態的には一夫多妻のようにも見えるのだが、オスが複数いる群れもあるんだろうか? また近親交配を避けるには、オスかメスかの子供がいずれは群れを離れるということもあると思うのだが、その辺りはどうなんだろうか。まだまだ分からないことが多い。

 

9/2 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「ミツバチお家騒動!」

 ミツバチは数が増えすぎて巣が手狭になると巣別れを起こす。女王バチが巣の働きバチの半数を引き連れて新天地を求めて飛び立つのだという。飛び出したハチたちは枝などに集まって峰球とよばれる固まりになることがある。このようなことをしながら、新しい巣のための場所を探しているのだという。なおつい最近、この峰球が青信号に出来たせいで交通障害が起き、騒動になったこともある。

 残されたハチたちであるが、まずは新女王の誕生を待つことになる。新女王は巣の中の王台と呼ばれる特別な部屋で、ローヤルゼリーを与えられて育つ。女王バチ候補は複数育てられ、羽化した候補達は女王の座を巡って命がけの争いをすることになる。争いを勝ち残った新女王にとっての最需要な仕事は卵を産むことである。女王蜂は3年程度の寿命があるのに対し、働き蜂は1ヶ月程度の寿命しかないので、女王バチは常に卵を産み続けていないと働きバチがいなくなり、自身も命を保てなくなるのだという。

 しかし卵を産むためには交尾の必要がある。この時のためだけ誕生するのがオスバチ。彼らは特に巣での仕事はなく、交尾のためだけに産まれてくるのだという。彼らはある特定の場所に固まって飛び回り、女王はそこの中に飛んできて交尾するのだとか。大体10匹程度と交尾し、その精子を保持するのだという。これは働きバチの多様性を保つために必要なことだという。

 交尾のためだけに存在するオスバチは、交尾が終わると死んでしまう。また彼らは毒針などの武器を持っていないので、ツバメなどの天敵からは格好の獲物であり、その犠牲になるものもいるとのこと。

 首尾よく交尾に成功した女王バチは、巣の中でひたすら卵を産み続ける生活に入るのである。

 うーん、あまりに人間とは違いすぎているため、想像のしようのないような生態です。やっぱりハチの生態って、いろいろな点で機械的なんですよね。女王は産卵マシン、オスバチは交尾マシン、働きバチは労働マシン。全体として巣を維持している。なお全体主義国家は、このハチの社会などをモデルにしたがりますが、女王バチはどこぞの国の将軍様のように優雅なものではない。

 ところで、やっぱり昆虫は苦手だわ。今回の内容は結構きつかったな・・・。

 

8/26 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「シリーズ パラオの海2 世界最大の貝 煙を噴く!」

 パラオの海底には1メートル以上にもなるという世界最大の貝・オオシャコガイが棲んでいる。オオシャコガイは普段はボッカリと口を開けて、海の底で動かずにいる。オオシャコガイの体には光を感知する組織があって、敵影を感じた時のみ殻を閉じるのだという(動かざること山の如しのカイの武田信玄というのはかなりひどいダジャレ)。なおこの貝には「人食い貝」という呼び名もあるとのことだが、それは真珠取りのダイバーなどがこの貝に足を挟まれて溺れ死んだ例があるからだという。当然のことながらこれは不幸な事故であり、実はこの貝自体は肉食ではない。

 オオシャコガイがこんなに巨大に成長でき理由だが、彼らは「太陽を食べる」ことが出来るからだという。彼らの体には褐虫藻が存在しており、それらが生成するエネルギーを利用しているのだという。南洋のまぶしい太陽と、それを通す透明な海水。それらを利用してオオシャコガイはこんなに大きな体を作ることができたわけである。

 このオオシャコガイが突如として白い煙を噴き上げることがある。これは実は産卵である。雌雄同体である彼らは、まずいずれかの貝が合図のホルモンのようなものを分泌すると、周囲の貝が一斉に精子を噴出し、さらに続けて卵を噴出する。それらは海水中で受精して、12時間後には孵化するとのこと。動くことの出来ない彼らは、雌雄同体であることで確実に子孫を残すのだという。孵化した貝は小さい頃は自分で動きながら成長しつつ適当な場所を探し、やがてはひとっところにとどまって成長を続けるのだとか。

 でかい貝だが、まさか光合成がエネルギー源だとは思っていなかった。なお褐虫藻を飼ってそれからエネルギーをもらうというのは珊瑚も同じであるが、最近は海水温の上昇で珊瑚から褐虫藻が体がから逃げ出して死亡する白化が問題になっているのだが、この貝の場合はそれは大丈夫なんだろうか。それが少々気になった。それと雌雄同体であの形式の受精の場合、たまたま隣の貝と受精する場合もあるが、かなりの部分は自家受精になってしまいそうである。そう言う点では子孫を残すことに関してはあまり効率は良くなさそうである。まあ不思議な貝だ。

 

8/12 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「夏休み昆虫シリーズ2 17年に一度!セミが街を襲う」

 アメリカでは17年に一度セミの大発生があるという。これは17年ゼミと呼ばれるセミで、正確に17年ごとに大発生し、一斉に地中から現れるのである。その数70億。彼らは土から出るとまず近くの木を目指す。地中から現れると30分後には自動的に羽化してしまうので、それまでにそのためのポジションを確保しようとするのだという。中には羽化の途中で後から来た仲間にたたき落とされてしまって、そのままアリの餌食になる個体もある。

 そして羽化したセミたちは翌日になると、木の上に登って体を乾かす。そうしないとまだ羽が飛べる状態になっていないからだという。しかしこの過程でまたリスなどの餌食になる個体もある。

 そうして飛べるようになると一斉にあたりを飛び回り始める。こうなると人々はたまったものじゃないという。しかも一斉に鳴くその音はジェットエンジンにも匹敵する騒音だとか。まさに街はセミに支配されてしまう。そして彼らはその狂乱の中で必死で交尾の相手を探すのである。無事に交尾に成功するとメスは木の枝に穴を開けてその中に産卵する。そして成虫は10日ほどで死んでしまうのである。

 そうして生まれた幼虫は地面を目指して土の中に潜る。そうして17年後までじっと潜むのである。

 なおアメリカのセミがこのように成長に長い時間がかかるようになったのは、氷河期を乗り越えたためだとか。また17年という周期にも意味があって、実はアメリカには他に13年セミというのもあり、この両者は共に周期が素数であるために両者がかち合うことはなかなかないというのがポイントだとか。と言うのも、両者がかち合ってしまうと、間違って交尾してしまう例があり、そうなると種類が違うことから子供が生まれないので問題なのだとか。そこでなるべくかち合うことを避けるために、自然の淘汰の過程でこのような周期になったらしい。奥が深い。

 17年に一度というのも驚きだが、それがほとんどお祭りかしているのは、いかにもアメリカ。ただセミにチョコレートをかぶせて食べるというのは勘弁してくれ。全くこいつらの味覚と言えば・・・。

 

8/5 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「夏休み昆虫シリーズ1 カブトムシの王者!ヘラクレス」

 今回は明らかな夏休み企画。子供に人気のヘラクレスオオカブトを、昆虫写真家の栗林慧氏が南米のエクアドルに撮影に飛んでいる。

 南米は巨大カブトムシの宝庫であるが、これは太古の昔に北米から渡ってきたものだという。南米には競合する巨大クワガタが存在しなかったので、巨大カブトムシが繁栄したのだとか。アンデスの産地では、標高の低い地域にゾウカブトが、高い位置にヘラクレスに次いで体の大きいネプチューンオオカブトが、中間の位置にヘラクレスというような棲み分けが出来ているとか。

 番組では見事にヘラクレスを発見し、その生態を観察している。夜行性と言われていたヘラクレスだが、実は昼間も活動していた。なおここで栗林氏が開発した昆虫専用レンズが大活躍している。これは彼の手製による超マクロレンズ。昆虫に接近しての撮影が可能という代物である。これで観察すると、ヘラクレスが自ら樹皮を削って樹液をなめていることが分かる。樹皮を削るには力が必要なので、こんな芸当が出来るのはヘラクレスやゾウカブトの仲間だけで、日本のカブトムシなどは他の虫などが削ったところから出てくる樹液をなめるだけだとのこと。

 なおヘラクレスの羽は他のカブトムシと違って黄色っぽい色をしているが、これは羽の構造に特徴があって、乾燥すると黄色く湿気を吸うと黒くなるそうな。だから夜などには黒くなるとか。多分、昼でも夜でも活動できるような保護色なのだろう。

 最後はほとんどオマケのような映像で、ヘラクレス同士の闘いの模様を。これは明らかにお子様向けのサービス。自然界での映像ではなく、明らかに舞台を設定しての仕込みである。迫力があるのは確かではあるが。

 ヘラクレスについては単にでかいカブトムシという認識しかないのだが、確かに昆虫の王者のような風格がある。これに比べると日本のカブトムシって・・・。なんか日本人と外国人の体格の差と同じようなものを感じてしまう。

 

7/22 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「ハチになりたかった鳥」

 中米コスタリカのジャングルに生息するのがハチドリである。ハチドリは花の蜜を餌にしており、花から花へと渡り歩くための高い飛行能力を有している。このハチドリはホバリングできることで有名だが、その飛行の秘密は羽を8の字型に動かして、羽の表と裏の療法で空気を押す飛び方だという。この飛び方ができるのは鳥ではハチドリだけで、実はミツバチなどの昆虫と同じ飛び方である。

 しかしハチドリはこの飛び方を実現するために犠牲にしたものもあるという。それはエネルギー消費が非常に高いと言うこと。ハチドリは常に筋肉を全開に動かすことから心拍なども非常に高く、エネルギー消費が多いのだという。だから3〜4時間の絶食で餓死する危険があるぐらいで、1日に2000もの花を渡り歩くのだという。

 ハチドリは花の蜜を吸うために独自の飛行を進化させ、その独自の飛行を維持するために花の蜜を常に補給する必要に迫られているのだとか。

 餌取りに大変なハチドリであるが、子育ての時になるとなお大変なのだという。ハチドリの子育てはメスだけで行われ、子育て中のメスは、自分の分だけでなくヒナの分の蜜も集める必要があるので、非常に大変なのだとか。またそのように大量の餌を必要とするため、ハチドリ同士では縄張りを巡る争いも激しいという。

 ハチドリの世界も大変なんですというお話。確かにあの飛行方法は非常にエネルギー消費が大きいのは容易に想像つくが、そのエネルギーは蜜という高カロリーの餌を摂ることで維持されているわけである。花の蜜というのはカロリーが高いので、餌としては優れた部類に入るが、残念ながら一度に大量に摂ることが出奇異なので、花の蜜を食料にする限りは体の大きさには制限が出る。しかし一般に体が小さいほどエネルギー効率は悪くなるので、生命の維持のためには余計に多くの餌を集める必要があるというジレンマが見える。

 この関係があるから、一般に体が小さい動物ほど、蜜、木の実などの高カロリーの餌をとる傾向がある。以前に登場したマルミミゾウなども、木の実などを餌にすることで体が小さくなっていた。そういう点で考えると、ハチドリというのは一方の進化の方向を究極まで極めた生き物と言えそうである。

 それにしてもあれだけ高速に動くハチドリを撮影するのは相当に大変だったろう。この撮影の裏話だけでも番組一本ぐらいできそう。この手の番組って、実はとんでもない映像がさりげなく出てくるんだが、それはボーっと見ているだけではなかなか分からないから。こういう大変な仕事を支える現場のモチベーションって、並大抵じゃ保てないと思うんだが。

 

7/15 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「絶壁落下!ヒナの大冒険」

 宮崎県の無人島・枇榔島は蛇やネズミなどの卵を狙う生き物がいないことから、海鳥の産卵場になっているという。そんな枇榔島で産卵する海鳥の一種に世界に数千羽しかいないというカンムリウミスズメがいる。カンムリウミスズメは海中の移動に特化した鳥であり、水の抵抗を減らすために翼が短くなったため、長距離を飛ぶことはできない。

 そんなカンムリウミスズメが必死に飛ぶのが産卵の時である。切り立った絶壁の隙間まで飛んだカンムリウミスズメはそこで産卵をするのである。彼らが断崖まで飛ぶのは夜中。昼にはハヤブサやカラスなどの天敵がいるからである。無事に目的地に到達した彼らは、そこで営巣して産卵をする。

 彼らは大抵は卵を二個産み、夫婦が交代で温めるという。そして1ヶ月後、無事に孵化した後がまた大変である。孵化したヒナはすぐに海へと移動するのである。飛ぶのが苦手なカンムリウミスズメにとって、島での暮らしは危険が大きいのである。まず先に親鳥が海まで飛ぶと、そこから鳴き声で雛を呼ぶ。すると雛たちは10メートルもある断崖を海に向かって自力で降りていくのである。

 しかしその旅路は楽なものではない。ヒナは体重が軽い上に羽毛に覆われているせいで、落下によってけがをすることはほとんどないが、途中で岩場の窪地に落ち込んでしまって出られなくなってしまったり、移動の最中に他の生き物の餌食されてしまう場合もある(番組ではカニに捕まったものがいた)。親鳥は海から呼びかける以外に何もできない。中にはヒナが無事にたどり着けない場合もあるが、夜明けまでには大海原に移動する必要があるのである。

 カンムリウミスズメの子育ては大海原で行われるのだという。海鳥であり飛ぶことよりも泳ぎの方が得意な彼らにとって、大海原こそがホームグランドなのである。

 枇榔島の断崖絶壁も驚きだが、そこを落ちていくヒナもすさまじい。しかも彼らは孵化直後だというのだから、いきなりここまでの試練を受ける生物というのもそうそう多くはないような気がする。獅子は我が子を千尋の谷に突き落とすなんて話があるが、この鳥は我が子を断崖から飛ばせるんだから、これは獅子以上か。

 

7/8 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「追跡!密林のゾウ大移動」

 西アフリカ赤道直下のガボン共和国の熱帯雨林にはマルミミゾウが住んでいる。アフリカゾウが乾燥したサバンナに住むのに対し、マルミミゾウは密林で生活し、身体もアフリカゾウの半分ぐらいしかない。マルミミゾウは密林に適応したゾウなのだ。ただ用心深いために、地元の人も姿を見かけることはほとんどなく、生態は謎だった。今回、初めて大規模な生態調査がなされた。

 37頭のゾウに発信器をつけての調査の結果、いろいろなことが分かってきた。彼らの食生活は基本的に木の実や果実であり、アフリカゾウのような草はほとんど食べないという。また多くのゾウが集まる沼地があることが分かった。彼らはそこの泥を食べに来ているのだという。彼らの目的はその泥に含まれているミネラルである。

 彼らはその行動で湿地を作り出すこともあるという。彼らがミネラル補給のために水たまりを掘っているうちに、だんだんとそれが大きくなり、やがてはそこに水が流れ込んで湿地になるのだという。だから彼らは森の地形も変えているのだとか・・・って、このネタ、以前に聞いたことがあるぞ。いつだったっけ? 

 またある季節になると、彼らは海にまで移動する。その目的は海に落ちているマングローブの新芽だという。マングローブの新芽には豊富なナトリウムが含まれているため、彼らにとっては格好のミネラル源なのだという。

 森に特化したゾウの話。サバンナで暮らすゾウに比べると、木の実や果実などといった高カロリーの餌を摂れる彼らは恵まれているというべきなのか。なおミネラル(特に塩分)の補給というのは草食動物には共通の課題らしく、他の草食動物でも土を食べるという行動が見られる。馬などでも塩を見ると必ずなめるらしいが、彼らは塩分につられる習性があるとか。

 

7/1 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「大発見!農業する魚」

 沖縄の珊瑚礁に棲むクロソラスズメダイは農業をする魚として話題になっているという。彼らが育てるのは藻の一種であるイトクサ。しかしこのイトクサは普通のイトクサよりも柔らかくて消化が良くなっており、クロソラスズメダイが育てるために特殊化したものだと考えられるという(まだ名前がないために番組では便宜上スーパーイトクサと呼んでいる)。またクロソラスズメダイの消化器系は弱く、このスーパーイトクサ以外は実質的に食べられないのだという。

 このクロソラスズメダイとスーパーイトクサは一種の共生関係にあり、クロソラスズメダイはスーパーイトクサを育てることによって安定して食料を確保できるし、スーパーイトクサはクロソラスズメダイが他の藻を間引きしてくれることによって初めて成長できるのだという。両者はその進化の過程で徐々に共生関係を強めたと考えられるとのこと。

 クロソラスズメダイの各個体はそれぞれ自分の畑を持っており、その手入れと警護に怠りがない。他の魚やウニ、ヒトデなどが入り込むと直ちに排除すると共に、他の藻が繁殖しないように草刈りにも余念がない。

 また良い畑を持っていると言うことは、繁殖の時にも有利になるのだという。繁殖になると雄は自分の物件をアピールし、雌はそこに卵を産み付ける。ただし雌も畑を持っているので、産卵中でも自分の畑が乗っ取られないように、しょっちゅう飛んで帰るとのこと。

 そして生まれた稚魚は海流にのって大海原に出て行くのだが、彼らの前途は大変なのだという。まずスーパーイトクサが生えているところまで流れ着かないと万事休すだし、流れ着いてもそこに畑の主がいるわけだから、その縄張りの周辺に潜んでつまみ食いをしながら、自分の畑が持てるまで待つのだという。結局は無事に成長できるのは1万匹のうちの1匹だとか。一国一城の主は大変なのである。

 農業をする魚というのは驚いたが、キノコを育てるアリもいるぐらいだから、こういうパターンもありか。農業をすることによって食料を安定確保できることになるが、縄張りに対する執着も強くなるし、そのための争いも多くなるというのは、人間でも同じことである。彼らが団体行動をとるようになれば、もしかしたら文明につながったかもしれないが、どうも彼らを見ていると極度な個人主義のようだから、そっちの方向には向かわなかったのか。どちらかといえば、キノコを育てるアリの方が分明には近いか。というわけで、人類が馬鹿ブッシュのせいで滅亡したら、その後はアリの王国か?

 

6/24 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「おサルさんだよ!アイアイ」

 童謡で知られているアイアイ。マダガスカルに棲息するサルだが、深夜に活動するために幻のサルとされているという。現地ではむしろ不気味だと恐れられているとのこと。

 番組ではIIカメラなる高感度カメラを使用してこのアイアイの撮影に挑戦している。現れたアイアイは、コウモリのような顔立ちに細長い指、確かに可愛いというよりも不気味という印象のサルである。アイアイはヤシの実をその鋭い歯で食い破り、そこに細長い指を突っ込んでココナツミルクを書き出して食べるのである(いよいよ不気味である)。普通の動物はヤシの実に穴を開けることは出来ないが、アイアイはヤシよりも固いラミーの種を食べるぐらいなので、このぐらいのことは朝飯前なのだという。アイアイの前歯は次々と伸びてくるので、放っておくと伸びすぎて口が閉まらなくなることがあるぐらいなので、木にこすりつけて削るのだという。このような歯を持つサルは他にはいないとのこと(どちらかと言えば、ネズミなどのゲッ歯目のような歯である)。

 アイアイはそのように特殊なものを餌にしたために、他の生物と競合しないのだという。なお番組ではアイアイの子供が他の親子と遭遇するシーンがあったが、全く争う様子はなかった。アイアイは争わない動物だとか。やはり餌に恵まれているのだろう。

 なおアイアイの童謡を作った作詞家によると、百科事典の一枚目に登場していたので、どんなサルか知らないままに詩を作ったとか。悪魔の使いなどといって島の人に恐れられていると知ったのは後でだとか。

 正直なところ、私の目にもあまり可愛いと言うようには見えなかったな。特に顔がコウモリとそっくりというのはよろしくない。またあのやたらに長い指も。しかも鋭い歯を持っているのだから、悪魔の使いという呼び名も無理のないような。

 

6/17 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「火山が巨大グマを育てる」

 カムチャッカには世界最大のヒグマが棲息している。ここのヒグマには500キロにもなるものがいて、北海道のヒグマの1.5倍〜2倍ぐらいの大きさがある。この巨大グマ成長の秘密は火山にあるのだという。

 まずカムチャッカでは火山によって地熱が高いため、冬眠の期間が短くてすむのだという。クマの冬眠は完全に生体活動が停止するのではなく、ウトウトしているに近い状態のため、冬眠期間中にかなり消耗することになってしまい、実際に冬眠明けのクマはガリガリになるという。だから冬眠期間が短くてすむというのは、成長にとっては非常に有利なのだという。

 またカムチャッカで9種類のサケが年間を通じて遡上してくるので、餌が非常に豊富なのだという。そしてこの豊富な餌も実は火山の賜物なのである。火山灰中に含まれるリンが水中に溶け出すことにより、栄養が豊富になってプランクトンが大量に育つのだという。それがサケなどが豊かな理由だとか。カムチャッカのヒグマは、栄養豊富なサケを5月から12月一杯ぐらいまでふんだんに食べ、それから冬眠に入るのだとのこと。

 火山がクマを育てると言われた時は「?」だったのだが、言われてみると納得。ただ火山灰のと言えば不毛の大地のイメージが合ったのだが、どうも水中では話が違うらしい。私の頭の中でも火山灰と富栄養化は結びつかなかった。これは驚き。

 

6/10 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「壮絶!砂漠の果てに700万羽」

 サハラ砂漠の西、モーリタニアのバン・ダルゲン国立公園の沖合に浮かぶ小さな島・アレル島には700万羽もの鳥が大集結するという。一面砂地の何もないこの島に多くの鳥が集まり理由は、この地域の海にある。サハラからの砂が積もった遠浅のこの地域の改訂は、干潮になると一面に浅瀬が現れる。この浅瀬が鳥たちの格好の餌場になるのである。

 この地で子育てをするのがモモイロペリカンとカワウ。彼らはほぼ同じ地域で営巣するが、そこには激しい争いもある。また突然にペリカンがカワウの雛を襲ったりする光景があるのだが、これはカワウは驚くと飲み込んだものを吐き出す習性があるので、カワウを脅かして吐き出した魚を横取りしているのだという。時には餌を取って返ってきたカワウの親鳥を頭からまるごとくわえ込むような形で、餌を横取りすることさえある。ペリカンがここまでするのは、身体の大きいペリカンはカワウの6倍の餌が必要なのに、この島では干潮の時の1日2回しか餌がとれないからだという。実際、餌の不足のためにペリカンのヒナの半数は巣立ちの前に死んでしまうという。

 しかしこの厳しい環境をくぐり抜けて成長したペリカンとカワウのヒナは、やがて一人前となって巣立っていくのである。

 ペリカンがカワウを頭から加えている映像がインパクト大。思わず「ペリカンって肉食だったっけ?」って考えてしまった。魚を食べるのだから肉食には違いないが、猛禽類でないペリカンは他の鳥を食べはしません。またこの映像だけを見ているとカワウが一方的にやられっぱなしのようだが、実際は素早いカワウは逃げるのもうまく、攻撃の空振りが続いたペリカンの方が消耗して死んでしまうこともあるという。野生は厳しいので、攻撃する時も最小限の労力で確実に成果を上げないといけないということ。いたずらに力を誇示するのはアホな人間だけということか。

 

6/3 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「石が宝!南極ペンギン」

 南極半島に暮らすアデリーペンギンは、11月になって氷が溶け始めると上陸して営巣する。まず最初に上陸するのはオスだが、そのオスたちが岩場で競争するのが石集めである。多くの石を集めて巣を作ると、それをメスにアピールするのである。中には他のペンギンが集めた石を横取りする横着なペンギンがいたりなど大騒ぎである。その後、遅れて上陸したメスはオスとカップルになる。ペンギンは夫婦の絆が強く、半数ぐらいは前年と同じ相手とペアリングするらしい。

 その後は産卵になるのだが、この時に石を集めた意味が出てくるのだという。富士山型に石を積み上げた巣は卵が安定する上に、雪をかぶっても、溶けた水が石の間から抜けていくので卵が濡れないのだという。

 やがて雛たちが孵るが、そこに試練が待っている。南極の温暖化はペンギンたちを脅かしているという。かつては南極で雨が降ることなどほとんどなかったのだが、最近は温暖化のせいで雨が降るようになっており、その雨が雪を溶かして営巣地に川が出来てしまうことがあるのだという。そうなると雛がずぶぬれになるが、雛の羽は成鳥の羽と違って防水効果がないため、体温が保てなくて死んでしまうのだという。実際に温暖化の影響で南極半島のアデリーペンギンは減少傾向にあるとか。

 試練をくぐり抜けて成長した雛は、氷が張る頃になると親に促されるように海に出て行く。こうして一人前になるのである。

 ペンギンの映像がなかなか良かったのだが、ここにも影を投げかけるのは温暖化問題。馬鹿ブッシュはペンギンも滅ぼすか・・・。なお日本人がペンギン好きなのは、かつて捕鯨船の船乗りが多くのペンギンを連れて帰ってきて、それが各地で人工繁殖されたからとか。日本では世界で人工飼育されているペンギンの4割がいるというのだから驚き。まあペンギンの胴長短足のスタイルは、日本人にはシンパシーを抱かせるのではなどと、鏡を見ながら考えてしまうこと仕切り・・・うーん、情けない。

 

5/20 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「クジラ 浅瀬に生きる」

 メキシコ・カリフォルニア半島の先端のアルメハ湾の遠浅の海には、冬になると多くのコククジラが集まってくる。このアルメハ湾の水深は数メートルほどで、コククジラは泳ぎながらお腹をすっていたりするが、全く気にしていない。

 彼らがここにやって来るのは出産と子育てのためである。また潮目のところの浅瀬ではクジラが海底の砂を掘るという奇妙な行動が見られる。これの理由だが、実は海底を顔をすりながら砂を口に入れている。そしてこの後砂を吹き出して、砂の中に潜っているエビやカニなどを食べているのだという。ヒゲクジラであるコククジラは獲物を捕らえることがうまくないため、このような食事法をするとのこと。

 なおこのコククジラの食事法は習得が難しいのか、子クジラは母クジラに密着しながら半年ぐらいかけてこのやり方を学ぶとのこと。かつては沖合でプランクトンなどを食べていたと考えられる彼らの祖先が、競争者を避けて行き着いたのがこの浅瀬だったのだろうとのこと。

 うーん、クジラの映像はそれなりに面白いのだが、結局のところはあまり中身はなかったような・・・。まあ動物ものはこのぐらいのバランスでいいか。

 

5/13 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「巨大サボテンに生きる」

 北アメリカ最大の砂漠が、メキシコとアメリカの国境地域にあるソノラ砂漠。乾燥地帯であるが、意外に豊富な生態系が存在している。この砂漠に存在するのがサワロサボテンという高さが20メートルにもなることがあるという世界最大のサボテンである。1年に1回の雨期に1年分の水分を蓄えるために、こんなに巨大化したという。200年以上も生きると言われているこの巨大サボテンに生きる生物がいる。

 いろいろなサボテンが棲息するこの砂漠の、もう一つの名物がチョヤサボテンというサボテン。このサボテンは鋭いトゲだらけで、このトゲは分厚い靴底も簡単に貫くという。ままたこのサボテンのトゲには返しがついており、簡単には抜けないのだという。

 しかしこのサボテンの森で生活しているのがロードランナー。なんとロードランナーはサボテンの隙間に巣を作るのだという。天敵であるコンドルやガラガラヘビを避けるための知恵である。天敵のガラガラヘビが現れた時、ロードランナーは彼らをトゲのところに追い込むことでダメージを与えるのだという。

 6月、サワロサボテンが開花すると、その蜜を求めて多くの鳥がやってくる。その一種、サバクシマセゲラは別名サボテンキツツキとも呼ばれ、サボテンに穴を開けて巣を作る。水分が豊富なサボテンの中は涼しくて快適なんだそうな。キツツキは一度使った巣は放棄するので、サボテンは穴だらけになる。しかしサボテンは穴が空いたらその回りを樹枝で固めてしまうので、枯れてしまうことはないのだとか。現地ではこの巣穴が樹脂でガチガチに固まった代物をサボテンブーツと呼ぶとか。

 7月、年に一度の雨が降ると、サワラサボテンは実をつける。またこの実は動物たちにとっての格好の餌になる。そしてロードランナーの雛たちは、サボテンのトゲだらけの巣から巣立っていくのだという。

 どんなところにも独自の生態系があるのだと考えさせる興味深い内容。トゲだらけの巣で暮らすロードランナーは、「山ねずみロッキーチャック」に登場していたウサギのピーターがイバラの森に巣を作っていたのを思い出させた。身体が小さくて弱い生きものにとっては、ああいうところは格好の隠れ場であり、海でも毒を持つイソギンチャクの中に住み着く魚がいるのと同じだろう。人間でも、自身は力がなくても力がある者に取り入ることで身を守るスネ夫のような奴もいるし・・・ってこれは違ったか。

 

4/29 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「ゾウと人は永遠の相棒」

 ミャンマーの林業ではゾウが活躍している。ゾウ使いに操られたゾウの仕事は、切り出した丸太を谷底に蹴り落とすこと。谷底に蹴り落とされた丸太は、乾期に回収されるのだという。ミャンマーの林業は、森の奥まで手当たり次第で切り倒すのではなく、幹の太さを測って切って良い木だけを切っているので、トラックなどが入ることが出来ないのでゾウの出番になるのだという。

 ゾウ使いの一日は、まずゾウを探すことから始まる。ゾウ使いのゾウはいわば放し飼いの状態になっており、ゾウ使いはゾウに野生で自由に餌を取らせているのだという。そしてゾウを見つけるとまず川で身体を洗うことから始まる。この行為はゾウ使いとゾウとの絆を深めるだけでなく、ゾウ使いにとってゾウの体調を観察する機会にもなっている。

 ゾウ使いがゾウを扱える理由は一重にその絆の強さにあるという。ゾウ使いは子供の頃から特定の若いゾウと共に暮らし、ゾウも自分も成長した頃からこの仕事を始め、そのまま両者の関係は一生続くのだという。ゾウが年老いて引退した後は、ゾウ使いの仕事はそのゾウの面倒を死ぬまで見ることなのだという。

 ゾウの知能の高さを感じた内容。ちなみにゾウ使いはゾウに対して言葉で指示を出しているのだという。ところでゾウとゾウ使いの絆がこんなに強いということは、どちらかが途中で不慮の死を遂げた場合、後はどうしようもないということになるのか。まあゾウ使いを失ったゾウの方は野生で生きていくだけだろうが、ゾウを失ったゾウ使いの方はどうにもならんな。こういう関係は、ゾウの寿命が長いからこそ出来たものでもあるのだが。

 

4/22 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「札幌 生命よぶ校庭の巨木」

 札幌の真駒内曙中学校は、校庭の真ん中に樹齢300年のハルニレの巨木がある。今まで多くの生徒を見守ってきた巨木だが、最近になってその巨木にいろいろな珍しい生き物がやって来るようになったという。

 そもそもハルニレの木はうろが出来やすいので、動物が巣にするのには最適なのだという。そんなうろの一つに住み着いたのがメスのエゾモモンガ。彼女はハルニレの冬芽を餌にしているのだという。エゾモモンガがこの木に飛来するようになったのは、数年前からのことだという。それまでは学校の周辺には大きな木がほとんどなかったのだが、昔に植えた木がようやく成長して、山からエゾモモンガがそれらの木を伝ってやって来れるようになったのだという。エゾモモンガはこの木にやって来る時には、なんと校庭を50メートル一気に飛び越して来るのである。

 エゾモモンガ以外にもこの木からオシドリが巣立って行ったこともあるという。この時には、近くの池までオシドリ親子が無事にたどり着けるように、警察まで出動して交通規制を行ったとか。

 校庭のかなり邪魔な位置にあると思うのだが、この木を残したのは初代校長の判断だったという。確かに自然を学ぶ教材としては格好のものに思われる。考えてみれば、このような自然と直にふれあえる空間というのが、特に都会ではなくなってきている。今は校庭に木もない学校も多いようだし。

 

4/15 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「水面の王者 アマゾンに咲く!」

 南米アマゾンの水の流れの穏やか支流に一面に繁殖するのがオオオニバス。葉の直径は2メートルにも及び、水面を一面覆っている。この葉を支える葉脈は中空構造になっており、強力な浮力を持つという。番組では実際に人が乗ってみるという実験をしているが、子供などは余裕で乗ることが出来、最後には70キロの大人が乗っても沈まなかった(目がテンで体重100キロの矢野氏が乗った時はさすがに沈んだみたいだが)。

 オオオニバスが水面に浮くのは、水位が季節によって変化するアマゾンで、有効に太陽の光を集めるためだという。水面に広がったオオオニバスの葉は急激に広がり、他の水草を押しのけることで水面を独占するのだという。株は水中につながっており、一つの株から50ぐらいの葉が生えるという。

 またオオオニバスの花も驚きである。水中からトゲだらけの怪しい固まりが浮き上がってきたと思えば、それが綺麗な白い花を咲かせる。またこの花は甘い匂いを出すのだという。すぐにこの匂いに誘われてコガネムシがやって来る。しかし早朝になるとコガネムシを中に入れたまま花は閉じてしまうのだという。夕方になると再び花が開くのだが、その時には花は赤色に変わり、匂いもしなくなっている。この中からようやく開放されたコガネムシは、花粉まみれになったまま、次の白い花へと誘われ、受粉を媒介することになるのだという。

 受粉をした花はまた閉じると水中に沈んで実がなり、その中からやがて種が水面へと浮かんで行くのだという。水の流れで遠くに運ばれた種はそこで根付いて繁殖するのだという。

 オオオニバスは以前に目がテンでも見たが、その時に花が一端閉じるというのは聞いている(だから睡蓮というとか)。ただそれにこういう仕掛けがあったというのは、この番組で初めて知った。全く、自然というのは実に巧妙に出来ているものである。ただヘロヘロになりながら花から出てきたコガネムシを見た時、何となくべろんべろんになりながらはしご酒をしているサラリーマンのオッサンに見えたのは、私だけでしょうか?

 

4/1 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「氷河の山のいたずらオウム」

 ニュージーランドの高山地帯に暮らす野生のオウムであるミヤマオウム(ケア)はいたずら者である。山小屋や民家などにやってくると、ゴミをひっくり返したり、家に入り込んであちこちほじくり返したりとやりたい放題である。しかしそんな彼らの行動は、彼らの生き残りのための戦略なのだという。

 餌の乏しい山岳地帯では、木の芽など表に見えていない餌をほじくり出して探す必要がある。そこで彼らは好奇心旺盛にあちこち探るようになっているのだという。番組ではふたや引き出し式の透明ケースに、彼らの好むチーズを入れて実験しているが、彼らはその箱をあれこれ探ってためすうちにふたや引き出しを開けてしまった。そして一度覚えた仕掛けは学習してしまうので、次からはスムーズに開けてしまう。

 彼らの子育ては父親が行うのだというが、子供を抱えた父親は大変である。なんと1キロの身体で10キロの重しを落として、身体よりも大きなゴミ箱のふたを開けて中身を探り出している。これは都会のカラスよりもたちが悪いかもしれない。

 なおこのケアのいたずらは、代々引き継がれるものらしい。いたずらに関しては若者優先という決まりがあるらしく、それによって若いケアもすぐに熟達していくとか。

 こりゃ人間としてはかなわんなという気がしたが、彼らとしては別にいたずらしているつもりはないのだろう。ただ気になったのは、カラスなどと比較した時、知能の点ではどうなのだろうか。カラスはかなり知能の高い鳥として知られているが、ケアについてもむやみやたらに試してるように見えて、学習はしていっているんだから、そこそこの知能はありそうである。その辺りもまた調べてもらいたいもの。

 

3/11 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「知床 ハンターたちの攻防戦」

 世界自然遺産にも指定されている知床半島。ここにある大小100以上もの河川に、秋になるとカラフトマスが押し寄せてくる。彼らは産卵のために登ってくるのであるが、大量に押し寄せてくるマスはヒグマなどのハンターたちにとっては冬越しのための格好の獲物でもある。

 さらに10月になるとシロザケがやってくる。カラフトマスよりも大きく身体も多い彼らは、知床の主役でもある。ただ身体の大きい彼らは、水が少ないと浅瀬に遮られて遡上が出来なくなる。そんな彼らにとって、秋の嵐は天の恵みでもある。水深が増したのを見計らった彼らは一気に上流に昇る。水深が増していると、ハンターたちにも狙われにくいというメリットもあるのである。ただ急な知床の川は水の増減が早いので、水深が下がった時に浅瀬に取り残される者もいる。そういう不運な者たちはハンターたちの餌になってしまうのである。またハンターたちが現れるのは昼だけではない。ヒグマは夜にでも狩りをするし、夜になるとシマフクロウも現れる。

 無事に産卵場に遡上したサケは、そこで交尾をして産卵する。産卵は岩場で行われるが、流れの速い知床の川は卵に常に新鮮な水が与えられるので産卵場に適しているのだという。

 産卵を終えてもサケには安心している暇はない。彼らの産んだ卵を狙ってカモなどの鳥が現れる。彼らはそれをしつこく追い払うしかない。

 そして12月、知床はすっかり冬景色になり、川には力尽きたサケの死体がある。これらは餌の少ない冬にオオワシやキタキツネのようなハンターたちにとって重要な獲物となる。そして本格的な冬が訪れた頃、生き残った卵が孵化する。彼らは2ヶ月ほど石の下ですごした後、海に向かって旅立っていく。こうして知床の一年が繰り返されるのである。

 知床の自然をじっくりと追った内容。ただこういうまったりしたテーマだと、30分という尺はあまりに短いのである。もっとも長い尺で延々とやられると、せっかちな私の場合には眠い番組になるのも事実だが。ちなみに私は、この手の番組は倍速再生で見ているので、実は15分で見てることになったりするんですよね・・・・。

 

3/4 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「神秘!海の森に舞うドラゴン」

 オーストラリア南岸の海草の森には、シードラゴンという名を持つ魚がいる。このシードラゴンはタツノオトシゴの仲間で、体長は40センチぐらい。皮弁という皮膚が変化したヒラヒラに覆われているのが特徴で、この姿のおかげで海草の海の風景にとけ込んでいるのである。泳ぎ方もヒラヒラした感じで、海草が流れているようにしか見えない。

 夏になるとシードラゴンの繁殖の季節になる。無事に交尾するとメスはオスの尾の部分に卵を産み付ける。産卵するとメスはそのまま去り、これから2ヶ月の間オスが卵がかえるまでの面倒を見るのだという。ただ卵を産み付けられたシードラゴンは、卵が目立ってしまうので擬態が出来なくなって一苦労になる。しかしここでまた隠れ技があるのだという。この卵の表面に海草をはやすことが出来るのだとのこと。そうなるとまた非常に目立たなくなる。シードラゴンはとことん環境にとけ込むのがうまいわけである。

 やかで卵がかえるとオスの役割は終わり。後は子供たちは独力で生きていくことになる。こうして新たな命が繰り返すのだという。

 タツノオトシゴがオスのおなかの中に卵を産むというのを聞いたことがあるが、この種類はすべてオスが卵を守るのだろうか? こういう産卵方法は卵を放置しているだけの魚に比べると効率が良いのだろう。実際、産み付けている卵の数を見れば、普通の魚よりも大分少ないという印象を受けた。孵化の効率が高まるのなら、卵の数は少なくても良いという原理である。

 

2/25 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「花!海を走る」

 沖縄県の西表島。ここの豊かな海に奇妙な植物が棲息している。それはウミショウブ。ウミショウブはサンゴ礁と島の間の海域に棲息し、水深数メートルの明るい海の底が草原のようになっている。このウミショウブの森はいろいろな動物にとって格好の住処になっている。

 ウミショウブはワカメなどの海藻と違って、海草なのだという。本来は陸上で棲息していた植物が海中に移動したもので、サトイモの仲間になるという。生存競争の中で海中に生き場所を求めたのだという。

 このウミショウブは大潮の日になると一斉に開花する。雄花が水中から浮上すると、そのまま海面ではじけるように開き、そのまま水の上を走って雌花を探す。しかしこの時点では雌花はまだ水中にあり受粉できない。しかし大潮で海面が下がって来ると雌花が水面に現れ、そこに雄花が吸い込まれていく。この時に受粉するのである。その間3時間だという。ウミショウブがこのような方法をとる理由は、水面で受粉した方が受粉効率が良いということだという。実際、ウミショウブの受粉率は98%に及ぶという。

 こうして受粉した雌花の中で種が出来、それがやがて新たな命を生み出していくのだとか。

 雄花が水面を走る映像が面白いが、このネタ自体は既出。確か前番組の「地球ふしぎ大自然」の時にウミショウブの話があった記憶がある。まあこの手の番組は取材に時間がかかるので、ある程度同じネタが登場してくるのも仕方はないが・・・。

 

2/18 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「密着34年!母ゾウは強し」

 アフリカの大草原、ケニアにあるアンボセリ国立公園に、研究者によって34年にわたって観察され続けたゾウがいる。それはエコーという群れのリーダーのゾウ。ゾウの群れは女系であり、最年長の雌がリーダーとなるのだという。エコーは長い年月にわたって群れを率いてくると同時に、多くの子供を育ててきた。

 ゾウの群れのリーダーの役割は大変だという。家族みんなを養うための餌場に全員を誘導しないといけないし、夜に寝る時も最後まで警戒し、朝は一番に起きる。偉そうにしている奴ほどよく眠る人間とは大変な違いである。

 エコーの長い歴史の中ではいろいろな事件もあった。一度は生まれた子供が立てなくて三日三晩の奮闘になった(通常はゾウの子供は30分ほどで立ち上がるのだという)。しかしその子ゾウもようやく立てるようになり、今では元気に独立しているという。

 また生まれた子ゾウが対立する群れに誘拐されるという事件もあった。アフリカゾウは縄張りを巡って争いがあるので、群れからはぐれた弱いゾウを集中攻撃するなどといったことがあり(ヤクザみたいだ)、子ゾウはよく狙われるのだという。この時はエコーは家族を呼び寄せて、全員でなんとか子ゾウを奪還した。

 また悲劇もあった。エコーの長女が足をけがし、弱っているところを対立する群れに集中攻撃されて命を落としたのだ。二週間後、骨になった遺骸の回りで、奇妙な行動が見られた。群れのみんなが鼻で遺骸を調べるかのような動作をするのである。これはみんなで仲間を弔っているのではないかと見られているという。

 このエコーも今年で61才。大体60才が寿命といわれているゾウの中ではかなりの高齢だが、それでも現役のリーダーとして頑張っているとか。そしてすごいことに、子供を出産したらしい・・・まさに生涯現役。

 いやー、驚くような内容ですが、一番驚いたのって「ゾウって結構陰険」(笑)。群れ同士の対立なんてのはよく聞くが、そこまで陰険な争いをしているとは思わなかった。動物も知能が高いほど、人間に似て陰険になるのだろうか。そういえば、カラスも陰険ですし(笑)。そういえば、弔い行動についてはカラスも同様の行動をとるといいます。カラスは仲間の死を認識するらしく、だからカラスよけにはカラスの死体をつるしておいたら良いという話もあるとか。

 

2/11 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「ライオン新王誕生!」

 ライオンの群れは1〜2頭ぐらいの雄と数頭のメスからなるのが普通である。狩りは雌が行い、雌が捕らえた獲物を雄が悠々と食べるという姿が見られる。雄の役割は縄張りや群れを守ることで、いわゆる用心棒的な存在である。そのリーダーとしての雄がどうやって選ばれるかに密着したのが今回。

 注目したのはタンザニアのセレンゲティ国立公園(この番組には良く登場する)のマコマと呼ばれる大きなライオンの群れ。この群れは最大時には40頭ほどがいたという大きな群れだが、今は20頭ほどでほとんどが雌である。現在は若い雄が2頭いるだけ。以前にはショーンとパトリックと呼ばれる2頭の雄のリーダーがいたのだが(多分2頭は兄弟だろう)、相次いで病死してしまったことで王が空位になってしまったのだという。なお通常は3年ぐらいが限度と言われる群れの王の座を彼らは7年も守り抜いたそうだから、その間に群れはかなり大きくなったようである。

 リーダーである雄がいなくなった以上、残った雌たちは新しい雄を迎えることになる。この時に行われるのがマーキングといって尿の臭いで送るメッセージだという。これをかぎつけた雄がこの群れに近づいてくるわけだが、彼らは雌による厳しい選考を受けることになる。

 最初に現れたのは若い雄だが、見るからに貧弱なこの雄は相手にもされず門前払いを受ける。次に現れたのは2頭の雄だが、1頭がひどいけがをしていたことからこれも完全無視される(野生でけがをするのは弱い証拠)。その次に現れたのはウィリアムとワレスと呼ばれる2頭の雄(多分兄弟)。彼らは雌たちから一応の王の候補と見られたか、すぐに邪険に追い払われることはない。彼らとしては雌に気に入られないといけないわけなので、この時期は下手に出るそうな。

 やがて彼らは雌から餌をもらうことに成功する。これは王の座に一歩近づいたことを意味する。こうなると立場が悪くなるのが、群れの中に残っていた2頭の若い雄。新しい王が君臨すると、彼らはまず前の王の子供を殺すので、若い雄としては殺されるのが嫌なら群れを立ち去るしかないのである。2頭はある日、ひっそりと群れから去る(多分彼らは、放浪しながら新しい群れの王になれるチャンスをうかがうわけである)。

 こうして新しい群れの王へ迎えられたかと思われたウィリアムだが、まだ最後の試練がある。なんと群れの雌がとなりの群れの雄を呼び寄せたのである。もしこの雄を追い払うことが出来ないようだと、ウィリアムには王たる実力がないということになる。2頭の雄の死力を尽くした戦いが始まり、ウィリアムは何とか勝利、ワレスと共にこの群れの王に認められることになる。

 ライオンの雄と言えば、雌に食わせてもらっているだけのヒモのようにも言われるのだが、どっこい雌の方もしたたかですという話。それにしても雌に受け入れてもらえるまでは下手に出て、受け入れてもらったら一転して偉そうにするというのは、人間もライオンも大して変わらないと感じずにはいられない。なおこのように王に迎えられなかった雄は悲惨なもので、それこそ死肉漁りでもしながら、必死で生き延びることになる(雄は基本的に狩りが下手)。で、うまく群れの王につけなかった雄は、その過程で死んでしまうことが多いらしい。ライオンの世界にはフリーターはいてもニートはいないということ。なかなか厳しい世界である。

 

2/4 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「地球上最大!シロナガスクジラ」

 オーストラリア沖には、夏になるとシロナガスクジラが海岸のかなりちかくまでやってくるという。それはこの時期、この地域にオキアミが大発生するので、それを食べにクジラが現れるのだという。

 シロナガスクジラは、大きな口をいっぱいに開けると横向きになって水面付近のオキアミを海水ごと飲み込んでしまう。それを口にあるヒゲでこして食べるのである。シロナガスクジラの巨体はこのオキアミを餌にして支えられているのだが、オキアミよりも魚などを食べる方が効率良いようにも感じられるのだが、実はオキアミの方が捕らえるのが容易でなおかつ量も多く、結果としては食料として効率がよいのだという。シロナガスクジラはオキアミを食べることによって、地球上最大の動物にまで進化できたのだという。

 シロナガスクジラはこの地で体重が1.5倍になるぐらいまでオキアミを食べるが、それは冬になって赤道地域に移動すると、この地域は餌に乏しいためにほとんど飲まず食わずに近い状態で繁殖や子育てをしないといけないからだとのこと。この間に体重が50トンも減ることがあるという。

 またシロナガスクジラは実はオキアミだけでなく、場合によるとイワシの群れなども餌にすることも分かってきたのだという。まだまだこの巨大生物の生態には解明されていない謎がありそうである。

 この番組はクジラが好きなのか、今まで何種類かのクジラが登場しているが、今回はいよいよ真打ち登場と言ったところ。横向きになって口を大きく開いているクジラの映像が印象的だが、ああいう餌の取り方だったら、オキアミだけでなく諸々の他のものも食べてしまいそうである。一番気になったのは、最近海に増えているゴミ。シロナガスクジラの胃の中を調べたら、プラスチックゴミなどが出てきそうな気がする。

 

1/28 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「巨大高山植物 百年目の開花!」

 アンデス山脈の標高4300メートルには、高さ10メートルという巨大な奇妙な植物が生えている。その名はプヤ・ライモンディ。この植物は100年生き続けて、突然に1ヶ月ほどで10メートルの高さに急成長するのだという。通常、高山植物は小さい者が多いのだが、この植物は桁違いの大きさを持つ。

 高さ10メートルにも成長するのは実は花なのだという。ここには1万もの花がついており、これが一斉に開花するのだとか。高さを10メートルにも伸ばすのはハチドリを集めて受粉するためだという。風の強いアンデスの高地では昆虫がいないため、受粉にはハチドリを使うとのこと。

 番組では許可を得て、一本のプヤ・ライモンディを切り倒して調査しているが、大きく成長した花の奥には糖分が蓄えられており、根元の方ではデンプンの固まりとなっていたという。プヤ・ライモンディは100年にわたってデンプンを光合成で蓄え続け、それが十分な量蓄積したら一気に糖に変換して急成長しているのだという。

 開花して受粉すると、プヤ・ライモンディは枯れて多くの種を回りに吹き飛ばす。その中のごくごく一部のみが芽吹くことになり、再び生命が繰り返されるのだという。

 なんか壮大なドラマだなと思わずにはいられないエピソードである。なおこの植物が100年生きるというのは、実はまだキチンと確認されていないようで、今回炭素測定法を用いた年代測定に挑戦したそうで、後日その結果は報告とのこと楽しみである。

 花が咲いたら枯れる植物と言えば、竹などもそうだが、このプヤ・ライモンディも木ではなく、分類としては草になるらしい。過酷なアンデスの環境に対応するのに、このような特異な進化をしたのであろう。興味深い。

 なお現地の人々は、枯れたプヤ・ライモンディを建材として利用しているのだという。環境に適応する植物がいれば、それを利用する現地の人もいる。なんかエコロジーの原点って、こんなところにあるのかななんて気がしてならないわけである。

 

1/21 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「鳥が凍った?ヤマセミ厳冬のダイビング」

 北海道の千歳川は夏にはカワセミのダイビングが見られるという。そしてカワセミが南に渡った冬、この地にはヤマセミが残るのだとのこと。

 カワセミが冬になると南に渡るのは、寒さの問題だけでなく餌が取りにくくなるから、冬になると魚が成長して大きくなっている上に、水温の高い川の深いところでじっとするようになるので、格段に狩りが難しくなるのだという。身体の大きさが雀ほどしかないカワセミでは、あまり深いところに潜ると水流で流されてしまう危険があるために狩りが出来なくなるのだという。

 これに対して体重が300グラムぐらいあるヤマセミは、その深いところにいる魚を捕らえることが出来るのだという。また羽毛に覆われた彼らの身体は、完璧な防寒対策が取られており、冬の寒さにも対応できるのだという。

 さらにヤマセミの狩りの技のすごさを物語るのは、彼らが水面に斜めにつっこんで狩りが出来ることだという。このおかげで広い範囲の獲物を捕らえることが出来るが、まっすぐ落ちる場合に比べると推進力を必要とする上に、水の中の移動距離が長くなるのでパワーが必要になる。しかも斜めから水中を見ると、光の屈折で実際の位置とずれが生じるので、それを計算の上で飛び込まないと、飛び込んだ途端に獲物を見失うことになる。この困難な狩りを余裕でこなすほど、ヤマセミは名ハンターなのだという。実際、体重の増加を防ぐために体脂肪をためることが出来ない彼らは、毎日10匹程度の魚を捕らえる必要があるのだが、ヤマセミの狩りの成功率は実に7割を超えるのだという。彼らは若い頃から、水面の小枝などを標的にしてこの狩りの技術を磨いているのだとか(動くものに対して単純に本能的反応をしてしまっているだけとの解釈もあると言うが)。

 そしていよいよ冬を越えた時、彼らは渡り鳥がやってくる前に繁殖のシーズンにはいるのだという。この頃になると、雄から雌に魚を渡す姿などが見られ、この行為によって彼らは絆を深めるとか。古今東西、プレゼントは愛情を深める小道具のようでして。

 クチバシからつららが出ているのに、じっと獲物を狙っているヤマセミの姿が印象的。彼らの狩りは待つ時間が長いが、一度動くとかなりの率で仕留めるというのだから、彼らはスナイパー型である。また感心するのだが、水中に突入する時の映像などはどうやって撮ったんだろうか(多分、ねばり強く待ったのだろうとは思うが)。毎度のことながら、映像がすごいと感じる番組。ヒゲジイはちょっと邪魔ですが(笑)。

 

1/14 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「危機一髪!木登り名人クロクマ親子」

 アメリカのロッキー山脈に棲息しているクマがクロクマである。クロクマではアメリカでは馴染みのあるクマで、テディベアもくまのプーさんもクロクマだという。

 クロクマの得意技は木登り。クロクマと同じ地域にはヒグマも棲息するが、身体が小さいクロクマはヒグマに襲われることがあるのだという。ヒグマに襲われた場合、クロクマは得意の木登りで木の上に逃げる。ヒグマは身体が大きくなりすぎたために木登りは得意ではないので、クロクマは木の上に逃げることでヒグマをかわすことが出来るのだという。

 子グマは兄弟間でのじゃれ合いの中で脚力を鍛え、すぐに木登りをするようになる。しかし森にはヒグマ以外にも危険は一杯である。子グマにとってはコヨーテなども驚異。これもやはり木に登ってかわす。

 しかし木に登るだけでは逃げられないのが山火事である。母グマは木の上に逃げようとする子グマを呼び戻し、風上に逃げることを教える。

 そして冬になると彼らはヒグマが近寄らない急斜面にある洞穴で冬ごもりをする。春になった時、子グマたちの自立になるのだという。

 ヒグマより小型のクマというと、本州ではツキノワグマがいるが、ツキノワグマって木登りしたっけ? それにしてもヒグマって、クマを襲うこともあるって、かなり獰猛な動物だこと。確かにそんな獰猛なクマだとテディベアにはならないわな(笑)。

 

1/7 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「水上を走る!謎のバシリスク」

 コスタリカのジャングルの水辺で暮らすトカゲがバシリスクである。こいつがなんと、水上を走るという得意技を持っているという。このトカゲは水泳も得意技であるが、30分も潜水することが可能で、鳥などに狙われるとじっと潜ってやり過ごすのだという。

 さて番組ではバシリスクが水面を走る姿の撮影に成功しているのだが、秒速1.8メートル近くに達するという速度のために、普通のカメラではその姿をとらえることが出来ず、高速度カメラが登場している。

 映像解析の結果、1秒間で20歩進んでおり、100分の5秒で足を水中に入れ、抜いていたという。水中から撮影したところ、バシリスクの足は多くの空気を取り込んで動いており、衝撃力と抵抗力、浮力の3つで体を支えているのだという。そしてこの力が切れて沈む前に次の足を踏み出しているんだとのこと。つまり右の足が沈む前に左の足を出して、その足が沈む前に右の足を出してという忍者のような話である。ちなみに人間がこれで水上を走ろうとしたら、時速106キロが必要だそうな(100メートルの世界記録で時速36キロ)。なおバシリスクがこの技を持っているのは、天敵から逃げるのに必要なのだという。

 バシリスクという名前を聞いた時に、ファンタジーに良く登場する石化トカゲと同じ名前だと思ったのだが、実際に名前の由来はそこから来ているとか。なお水の上を歩くという意味で、キリストトカゲという呼び名もあり、コスタリカではこちらの方がよく使われているとか。

 それにしてもこんなギャグのようなことを実際にやってしまう生物がいたとは驚きである。いろいろと信じがたい生物がいるものだと改めて絶句。

 

12/10 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「大発見!道具を使うサル」

 南米ブラジルには、道具を使うサルがいる。そのサルはフサオマキザル。ブラジル高原の乾燥地帯に住むフサオマキザルは、ヤシの実を餌として食べるのだが、その固い殻を割るのに大きな石をたたきつけるのだという。彼らは近づく人間に石を落として威嚇するなんてこともするという。

 石を使ってヤシの実を割る技は誰が始めたのかは知らないが、群れの中で伝承されているようである。やはり一番この技に長けているのはボスざるで、若いサルはその技を見て盗むのだという。彼らが住んでいたこの森は、元々は水辺の森だったのだが、気候の変動で今のような乾燥地帯になったと考えられるという。その時にこの場にとどまった彼らは、餌に恵まれない乾燥地帯の中で、ヤシの実を割る技を身につけることで生き延びることが出来たのだと考えられる。

 なおこの技は、サルごとに微妙なクセがあり、いろいろな流儀が存在しているらしい。そして生まれて間もない幼いサルも、やがてはこの技に挑戦していく。もっともこの技を完全に習得するには4年はかかるそうだが。

 道具を使うという驚くべきサルの話。技に一番長けているのがボスなのだから、ボスと言うよりはマイスターという呼び名の方がしっくり来そうである。この調子で行くと、今に火を使うサルも出てくるかも。

 もっとも道具を使うサルは他にもおり、つい最近も「ケータイを使うサル」というものが発見されており、本も出ている・・・・ってこれはサルの話ではなくて、今時の若者論の本でした。ケータイ依存の若者の行動パターンがドンドンとサル化しているというお話。そう言えば、欲しいと思えば何も考えずに手を伸ばすサル並の輩が増えているのは事実。それにコミュニケーションに欠かせない言語能力が年々著しく低下しているとのことだから、こりゃ、そのうちにサルと人間の境界もなくなるな。

 

12/3 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「イワナは水中のケモノ!」

 渓流に住むイワナはどう猛な魚で、水中のケモノと呼ばれているという。彼らは水温の高い中では生きていきけないので、渓流の上流部に棲むのだという。しかしそのような上流部は水量が不安定。流れが枯れてしまうことも少なくない。そのようなことが起こった時は、イワナは水から出て地面を這って水場まで移動する。彼らの身体は丸いので通常の魚のように横倒しにならないし、身体がヌルヌルしているので、障害物をすり抜けていくのだという。

 また彼らは縄張り争いの激しい魚である。縄張りの取り合いの争いはしょっちゅうで、争いでは大抵は体の大きな方が勝利するという。彼らは縄張りの水面に落ちてくる虫などを餌にして成長するが、大きなイワナの場合は蛇を食べたという例もあるという。それどころか場合によると、小さなイワナを食べてしまうこともあるのだという。餌の少ない川の上流部で生活するために、非常にどう猛になっているのだという。

 繁殖期になると、バラバラに暮らしていたイワナが集まってくる。するとここではメスの奪い合いが起こる。身体の大きいイワナが小さいイワナを追い払うという光景もしょっちゅうあるようで、カメラがとらえた映像では、大きいイワナに追い払われたもののいつまでもしつこくつきまとっていた小さなイワナが、ついにはメスにまで追い払われたという光景が映っている。実に厳しい生存競争である。

 そして生まれたイワナは、まだ小さいうちから既に縄張り主張を始めるとか。

 イワナが地面を歩くというのは、以前に「目がテン」で見て知っていたが、それにしてもここまでどう猛な魚だとは呆れる次第。彼らはサケの仲間であり、本来は川と海を行き来していたのだが、水温の上昇で上流部に取り残されてしまったとのことだから、その厳しい環境の中で生きていくために、数々の修羅場をくぐり抜けてきたのだろう。人間でも、自然環境の厳しいところで生きてきた民族ほど攻撃的になる傾向はある。なかなか興味深い映像であった。

 

11/26 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「キツネとガン 極北の攻防」

 カナダのハドソン湾。まだ海に氷の残っている4月末、カナダガンが繁殖のために渡ってくる。このガンを狙ってやってくるのがアカギツネである。ガンが営巣して子育てをするこの時期は、彼らにとっても子育ての時期に当たる。この時からガンとキツネの攻防戦が始まるのである。

 8000羽はいるというカナダガンは、やがてつがい単位に分かれて営巣を始める。彼らが産む卵はキツネにとっては格好の餌。ガンの方も警戒態勢で挑むが、餌取りなどに巣を離れたすきに卵が狙われることも多いという。

 やがて雛が孵ると、ガンたちは水辺に移動する。水草を餌にすると共に、泳ぎの得意でないキツネを避けるためだという。ガンを狙えなくなったキツネは、この頃には繁殖のためにやってくるししゃもを狙って増加する水鳥の雛などを狙って生きていくのだという。

 やがて秋が来ると、ガンたちの雛も一人前に成長している。やがて冬が訪れる前に、彼らは越冬地のアメリカ東海岸へと渡っていく。その頃にはキツネの子供たちも独り立ちをしているのだとか。

 以上、ガンとキツネを通して極北の動物の紹介なのだが、テーマを二本にしてしまったせいか、いささか焦点ボケしたきらいを否定できず、今ひとつ印象に残らないないようであった。やはり30分という短い時間枠ではこの内容はキツイのでは。

 

11/19 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「幻の魚が用水路にいた!」

 岡山の市街地から車で10分ほどの高島地区。ここには江戸時代から使われているという祇園用水があるが、この用水路に天然記念物のアユモドキが棲息しているという。回りは石垣で底には土があるというこの用水路は淡水生物にとって格好の住処になっているという。

 6月になって用水が増水し、休耕田に水が入れられて湿地状になると、ここがアユモドキの産卵場所になるのだという。卵は草産み付けられ、24時間で孵った稚魚は酸欠を避けるために直ちに水面に移動するのだという。水の入った休耕田ではプランクトンが大発生するので、これが稚魚の餌になるのだという。昔は田んぼで産卵していたのだが、コンクリートで畦が固められて草の減った今の田んぼでは産卵が出来ないのだとか(農薬の問題もありそう)。なおこの休耕田は付近の住民がアユモドキのために農家から借りているのだという。

 3ヶ月後、用水路の水位が下がって休耕田が再び荒れ地に変わった頃、アユモドキは水路に移動しているのだという。ここで稚魚は石垣に隠れることでナマズなどの天敵から逃れながら生きていくのだという。

 驚くほど人間の手が入った環境に適応している生物である。それだけにキチンと環境を守っていかないと、すぐに絶滅する危険もあるというはかなさを感じる。日本人が自然と共生していた時代には、例えば里山や田んぼなど、人間の手が入った環境に適応した生き物もいたのだが、そんな生き物は今は絶滅の危機に瀕している。何しろめだかが絶滅危惧種にあげられるぐらいなんだから・・・・。

 

11/12 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「現代の恐竜!コモドドラゴン」

 コモドドラゴンはインドネシアのコモド島に棲息する全長3メートルにもなるという巨大トカゲである。番組ではこのコモドドラゴンに接近するためにラジコン戦車にカメラを搭載して(科特隊のテーマに乗せて颯爽と登場)、生態を撮影することに成功している。

 コモドドラゴンはその凶暴そうな容貌に反して、意外とのんびりと生活している。彼らは体温調節が出来ないので暑さに弱く、日中は日陰に寝そべって省エネ生活をする。そんな彼らが猛然と奪取するのは狩りの時、獲物のイノシシに向けて時速20キロぐらいで猛ダッシュ。しかし一噛みは出来たものの、イノシシの方が足は速いのでまんまと逃げられてしまう。

 これで狩りは失敗・・・と思っていたらそうではないらしい。一週間後、イノシシの群れのそばに潜むコモドドラゴンがいた。よく見るとイノシシの一匹が突然に倒れてしまったりと調子が悪そうである。実はコモドドラゴンの口の中には有毒な細菌があり、イノシシの皮も貫く鋭い牙で噛んだ時に、その細菌がイノシシの体内に入ってイノシシを弱らせていたのだという。コモドドラゴンは慌てずあせらず、このイノシシを常に追跡しながら、やがて完全に息絶えたのを見てから餌にしたという次第。コモドドラゴンは一度に体重の80%にもあたる量を食べることが出来、満腹になると洞窟にこもってまたも省エネ生活になると言う。

 なお日頃は省エネ生活をしているコモドドラゴンが、命がけで争うのが繁殖の時期。メスを巡ってオス同士がまさに命がけで戦うという。巨体がぶつかり合う争いは壮観だが、この争いは途中で10分の水入りを挟んで(双方が体力が尽きたらしい)、1時間にも及ぶ長期戦になった。なお先ほどイノシシを仕留めたコモドドラゴンの細菌だが、なぜかオス同士の争いでは互いに傷ついても細菌でやられることはないという。これはコモドドラゴンの体内に何らかの抗菌成分があることを示しており、それが病気の特効薬に使えるのではと研究が進められているという(そもそもコモドドラゴンがその細菌に弱ければ、死んだイノシシの肉を食べた時点で危ない)。

 繁殖期後に孵った子供は(コモドドラゴンならぬコドモドラゴンである)、天敵を避けて木の上などですごしながら、時折餌を探して地上に降りてくる生活をするという。将来は巨大になるコドモドラゴンも、この頃はカラスにまで追っかけられる始末で、実際に生き延びるのは1/10程度だとのこと。

 なかなか興味深い内容であった。やはり一番感心したのは、毒をもっているわけではないのに、結果としては口内細菌を使って獲物を毒殺するということ。これは驚いた。ということは、人間も気をつけないとこいつに噛まれるとかなり危ないということである。道理で戦車カメラなんて使ったはずだ。ただ一つだけ困ったのは、人間と同一フレームに入った映像がないので、コモドドラゴンの巨大さを今ひとつ実感できなかったこと。イノシシの大きさを考えるとかなり大きなことは想像できるのだが、やはり具体的にイメージしにくい。さすがに人間と並んで映像を録るというわけにいかないだろうから、例えばCGなどで人間と並べてみるなど、何か具体的に人間と大きさを比較する映像があれば良かったのだが・・・。

 

11/5 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「チョウがアリに化けた!」

 地上で繁栄しているチョウの仲間にシジミチョウがいるが、この中にはアリをだましてアリに世話をしてもらうというしたたかなチョウがいるのだという。

 クロシジミは卵を産む時にアリの多くいるところに生む。ここで孵った幼虫は、身体からアリと同じ匂いを出すことでアリの仲間だと思わせるのだという。また雄アリの匂いを出してまんまと巣の中に入り込み、世話をしてもらうのだとのこと。こうなると餌から身の回りまですべてアリに世話をしてもらえるのだとか。また幼虫は自ら蜜を作り出し、それによってもアリをてなづけてしまうのだという。

 またムモンアカシジミの場合は、巣に入り込むことはなく、自ら蜜の匂いを出すことでアリを引きつけるのだという。アリは蜜の匂いにつられて幼虫につきまとうので、結果としてアリに護衛してもらっているのと同じになるという。なおこの蝶の場合は蜜の匂いを出すだけで蜜は出さないという。つまりは見返りなしでまんまと騙し通すのである。

 しかしそんな彼らに危機が生じるのが羽化の時。さなぎから羽化した後は、匂いを出せなくなるのだという。そうなると彼らはアリにとってはただの餌。だからアリに攻撃される前にスタコラと逃げるらしいが、逃げ延びられずにアリに殺される例も多いとか。

 番組中でも出てきたが、カッコウを連想させる話。しかしカッコウの話は何度見ても「ひどい話だな」と思わずにはいられない(笑)。自然界のしたたかさと言うべきか、しかし人間界にもああいう厚かましい奴はいるが。

 

10/15 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「北欧 クズリ最強伝説」

 北欧に住むタヌキともクマとも言い難いような外観の動物がクズリ。しかしこの動物は世界でも最も凶暴な動物と言われており、巨大なシカを一頭で倒したなどという話もあり、小さな悪魔という呼び名もあるとか。今回はこのクズリの生態を紹介するとのこと。

 タヌキのようにもクマのようにも見えるクズリだが、これは実はイタチの仲間だという。番組ではクズリの大食漢ぶりがカメラに収まっている。体重の1/5にも当たる5キロもの肉を一度に平らげたとのこと。また食べきれない獲物は持って帰り、木の上に隠したりするのだが、これが他のクズリに奪われるなんてこともよくあることだとか。

 このクズリが最も得意とするのが雪原。普通の動物は雪の中では空だが埋もれて動きがとりにくいのだが、クズリは足の上の面積が大きいので、雪の中に沈まずに自由に動くことが出来るのだという。そして動きが鈍った獲物をしとめるのだとか。このような光景がクズリが凶暴だという伝説の元になったのではという。

 今回はクズリの子育てという珍しい光景も紹介されているが、興味深いのはクズリが立って授乳すること。乳首が足の根元の辺りになるので、この姿勢が授乳しやすいのだという。また娘が子供を母親に預けて餌をとりに行ったりなど、家族の絆の強さなども見られており、凶暴な動物という伝説とはかなり違ったクズリの姿が記録されている。

 なかなかに面白い内容だったが、クズリという動物自体がどうしてもピンと来ないのが残念なところ。多分、北欧の人々などには非常になじみ深い動物で、それだけに凶暴さが強調されたのだろうが、日本人にはあまりに縁がなさすぎる。私なんかも、先週の予告を見た時に「グリズリー?」と勘違いしたぐらいである(笑)。なおクズリは絶滅が心配されているとのことだが、やはり生活環境が悪くなってきているんだろうな・・・。

 

10/8 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「トキ 人とともに生きる」

 日本では絶滅してしまったトキ。しかしそのトキが中国では野生で棲息している。中国の陝西省の洋県は世界で唯一の野生のトキの生息地である。ここでトキは、田んぼの虫や魚などをとって生活している。実は中国でも一時期は野生のトキは7羽にまで減少したのだが、中国政府による保護などによって、現在は700羽程度に増加しているのだという。

 トキが生きていけるポイントは4つほどあるという。まずトキが巣を作れる大木があること。木の上に巣を作るトキにはそのための木が必要なのだという。さらに餌場の確保。この地域ではトキのために無農薬で農業を行っている。日本でトキが絶滅したのも田んぼが農薬のために餌が確保できなくなったためだった。そしてこの地域の人々はトキを大切にする意識が強く、トキの巣が蛇に襲われないように保護したりしながら、トキが巣立つまで監視しているという。そしてトキの棲息のために必要なもう一つが、田んぼから餌がなくなる秋に集団で生活できる水場の存在だという。この水場は、若いトキにとってはパートナーを見つけるための場にもなるとのこと。

 しかしこの中国のトキの楽園にも危機が訪れようとしているという。餌場と水場を分断する形で高速道路の建設が進んでおり、これがトキの生態に影響を与えることが懸念されているのだとのこと。中国でも経済成長と自然保護のバランスが難しくなってきているのだとか。

 結局は人里の近くで生活してきた鳥には、昔ながらの人里の光景が棲息のためには必要なのだという話。兵庫県で人工繁殖を行っているコウノトリにしても、それの保護のために周辺の田んぼを無農薬栽培に切り替えたという。つまりは効率最優先の農業は自然と両立しないという話で、現代のジレンマなのである。

 なお絶滅した日本のトキだが、中国から新しいトキを迎えたおかげで、現在は繁殖施設内で100羽程度にまで増加しており、野性に帰すことも検討されているとか。恥ずかしながら、これは私は全く知らなかった。ただ気をつけないといけないのは、一時個体数が激減した生物は、その後の繁殖で増加しても、遺伝的なバリエーションが極端に減少しているので、何かの病気で一度に全滅する危険性があるということである。種の中での多様性というのは、何らかの原因での全滅などを防ぐための保険のようなものなのだが、個体数が一桁ぐらいにまで激減してしまうと、いわば全個体が遺伝的に親戚になってしまうので、環境への適応能力が著しく低下するわけである。実際にこの危険を抱えている動物は結構おり、例えばチーターなどはほとんど絶滅寸前まで減少してしまったせいで、今や別の個体間で輸血を行っても拒絶反応が起こらないぐらい個体の多様性がなくなってしまっているのだと聞いたことがある。そう言う意味では、トキもまだまだ油断は出来ない。

 

10/1 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「東京タヌキ 大捜索!」

 大都会東京。しかしこの東京に棲息している意外な動物がタヌキだという。番組では視聴者から寄せられた情報を元に、タヌキの捜索を行っている。その結果、住宅地の真ん中や超高層ビル街の真横といった意外なところにもタヌキがいることば判明、23区の全域にタヌキが棲息しているという。最低でも1000匹はいるのではないかとのこと。

 世田谷ではなんと踏切脇の排水溝の中にタヌキが住み着いている。穴の中に住むタヌキにとって排水溝は格好の住処になるし、線路脇だと天敵のカラスや野良猫などが近づかないので安全なのだという。ここのタヌキは終電車が出た後に線路を通って食べ物を探しに行く。深夜の線路は電車も人も通らないことを彼らは知っているのだという。東京で発見されたタヌキの住処と線路には相関関係が見られており、都会のタヌキは線路を獣道として使用していると推測されるという。雑食性のタヌキは人間の食べるものは何でも食べられるので、都会はタヌキにとって餌場としても適しているのだという。また高カロリーの餌をとることで、野生のタヌキよりも子供の数が多く、それが目撃事例が増えている理由だとも見られているという。

 また都会で生きるタヌキは結構柔軟に環境に適応しており、踏切脇で生活していたタヌキも、子供が盛んに動き回るようになって危険を感じると、一家で近くの神社に引っ越したという。野生のタヌキは普通は子供が巣立ちするまで巣を変えないと言うが、都会のタヌキはこのように臨機応変に行動するとか。タヌキの適応能力の高さを示している。

 タヌキは昔から比較的人間の近くで暮らしてきた生き物だが、それがそのまま東京でも適応されているという例。ただこれだけ適応力が高くて繁殖していると、近いうちに東京で野良タヌキが問題になりそうな気がする。駆除なんて言う無粋なことにならないことを祈るのみ。

 

9/24 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「シリーズガラパゴス2 小さな鳥が大進化!」

 ダーウィンの進化論のヒントになった動物にゾウガメともう一つ、ダーウィンフィンチという小鳥もあるという。この鳥は住む地域によってくちばしの形などが全く異なり、これがダーウィンの進化論につながったという。

 フィンチは環境に合わせて適応しているという。サボテンの島ではサボテンの花の蜜をとるためにくちばしが長くなり、木の実を食べるフィンチは大きく丈夫なくちばしに、虫を食べるフィンチは虫をとるためにピンセットのようにというように、13種類のくちばしが存在するという。

 ガラパゴス中央のサンタクルス島には驚くべきフィンチがいるという。ここに生息するキツツキフィンチは木の枝を使って虫をとるのだという。このフィンチは単に枝を道具として使うだけでなく、その道具を加工までするのだという。これはダーウィンでさえ知らなかったこととのこと。

 人の立ち入りが禁止されている絶海の無人島のウォルフ島にはさらに驚くべきフィンチが住んでいるという。この島は断崖絶壁の島で、緑のほとんどない島である。ここに多く生息するのがマスクカツオドリ。この鳥は海の魚を食べるのでここで生きていけるのである。しかしフィンチはそのようなことは出来ない。ではどうやって彼らが生きているかだが、驚いたことにここのフィンチはカツオドリの血を吸うのだとか。そのために吸血フィンチと呼ばれているとのこと。

 ダーウィンフィンチの名前ぐらいは聞いたことがあったが、さすがに吸血フィンチには絶句。動物の環境適応能力のすさまじさを思い知らされた感じである。環境が種を育むというところか。そう言えば人間の場合も「環境が人を作る」という言葉もあるな・・・・ってこれは違ったか(笑)。しかし実際、環境に合わせて急に進化する人もいたりするんだよな。逆に全く進歩しない困った人もいるが・・・。

 

9/10 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「シリーズガラパゴス1 ゾウガメ200歳泣き笑い」

 ガラパゴス島に生息するガラパゴスゾウガメは地上最大のカメである。寿命が200歳近くにもなり、地上でもっとも長生きすると言われている動物でもある。このガラパゴスゾウガメには11種類が存在すると言うが、その中の一種が最後の一頭だけになっているという。

 ガラパゴス島には環境に合わせて多様なゾウガメが生息している。イサベラ島の高地に住むゾウガメは、食料が豊富な草原に暮らすために大きな体をしているのに対し、標高の低い乾燥地した島に生息するゾウガメは、餌が不足しているために小さな身体をしている。彼らの得意技は首を伸ばしてサボテンの花などを食べること。そのために首を伸ばしやすいように甲羅の首に当たる部分が上に反り返った倉型の甲羅をしている。これに対して、先ほどの草原のカメの甲羅はドーム型をしている。このように環境の違いによってゾウガメの種類が異なっていることが、ダーウィンの進化論の着想のきっかけになったのだという。

 しかしゾウガメにも受難があった。食料や水を与えなくても数ヶ月生き続ける彼らは、格好の保存食として大量に捕獲されたのだという。その中でもピンタ島はカメを運びやすい平坦な地形が災いして、乱獲されてカメが絶滅してしまいかけたのだという。その中で一頭だけ生き残っていたカメが、現在ロンサムジョージと呼ばれて、施設に保護されているカメだという。現在、彼の子孫を残すための一縷の望みをかけて、他の種類の雌のゾウガメに2頭と繁殖の試みを行っているが、残念ながら17年間まだ繁殖行為は見られていないとのこと。

 現在のガラパゴスでは、この教訓を生かしてゾウガメの保護と人工繁殖に取り組んでいるという。その甲斐あって、十数頭にまで減っていたゾウガメが復活した例もあるという。

 これなくしてはダーウィンの進化論は誕生しなかったというゾウガメについて。大陸から隔絶しているために固有種が多く、貴重な動植物の豊富なガラパゴスだが、最近は外来種の進入や環境の破壊が深刻化していると聞いていた(観光客が持ち込んだ猫が問題になったという例を聞いたことがある)。現在は環境の保護に真剣に取り組んでいるようであるから、是非ともそれが功を奏して欲しいところである。

 ところでゾウガメの寿命は200歳とのことであるが、これは身体の大きいゾウなどよりも長い。一般に身体の大きいほど寿命が長いと言われるが、ゾウガメの場合はやはりそのゆったりとした生活スタイルが功を奏しているのだろうか。やっぱりぼんやり過ごしている輩の方が長生きするのか? となると、せっかちな私はやっぱり早死にだな・・・。

 

9/3 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「災難が原始のサルを鍛える」

 アフリカ大陸の東、インド洋に浮かぶ島がマダガスカル島である。ここには固有種が多いが、この島の南部に生息するのがワオキツネザルである。一見サルとは違うように見えるが、この動物は原始的なサルである。

 この島ではサイクロンの季節をすぎた5月頃から乾期に入るという。このときの天候次第ではワオキツネザルは食料に困ることになると言う。そうなると、日頃は木の葉などを食べているワオキツネザルも昆虫などを食べるようになると言う。また群れの中で立場が弱く、なかなか餌にありつけないような個体は、毒のあるギンネムの葉などを食べて、毛が抜けてしまう事例もあるという。

 群れで暮らすワオキツネザルは、餌場を巡っての群れ同士の争いなどもある。番組でもレストランの食べ残しを巡って、群れ同士が争う光景が伝えられていた。このようにして乾期をなんとか生き延びて、彼らは食料が豊富になる雨期を待つのだという。

 毎度のことながら「野生は厳しいな」という内容だが、なにやら今ひとつ中身が薄かったような・・・。やっぱり30分という尺では自然ものはきついのかな。特別なトピックがない場合のこの番組は、かなりしんどいのを感じる。

 

8/27 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「オオカミの掟」

 カナダの北部、ノースナイフレイクの周辺の森にはオオカミが住んでいる。この地域に住むダグ・ウェーバー氏によると、森林オオカミが近くの飛行場に現れるとのこと。警戒心の強いシンリンオオカミが彼の前には無警戒で現れる。オオカミに呼びかけることのある彼のことをオオカミは仲間と思ってるのではとのこと。

 オオカミは家族で暮らしている。番組に登場するのは夫婦に子供5匹という7匹の家族だったが、兄弟の間でもオオカミには序列があり、餌を食べる順番や狩りでの役割が決まっているのだという。

 冬になってトナカイの群れが南下すると、オオカミの群れもそれを追って縄張りごと南下する。その過程で他の群れの縄張りとぶつかるなどの軋轢も生じるという。その過程で家族が離ればなれになることも多いとのことで、番組に登場した群れは結局はそのまま帰ってこなかったという。

 なんかやけに中身が少なかった印象を受けたが、オオカミの話とダグ・ウェーバー氏の話の両方が入り乱れていたせいか。30分という尺では1テーマに絞らないと時間がすぐになくなってくる。

 なお番組に登場するキャラクター(ヒゲジイだっけ?)、途中でツッコミを入れて番組の説明を深めるのが仕事のはずなのだが、寒いだじゃれはともかくとして、その登場が番組の流れを断ち切っていることの方が最近増えているように思える。このまま行けば、不要どころか邪魔になってきそう。

 

8/20 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「花の女王ランが化けた!」

 花の女王とも言われる蘭は、花びらの一枚が他と形が異なっているのが特徴で、この花びらはリップと呼ばれる。園芸の世界では掛け合わせなどでこのリップの形を変えるのだが、自然界にもこのリップをいろいろに変形させて巧みに生き延びている蘭がいる。

 オーストラリアの蘭はハチを巧みに利用している。ハンマーオーキッドと呼ばれる蘭は、リップをハチの雌に擬態することで、交尾のために訪れた雄バチの背中に花粉をつけるという高等テクニックを駆使している。エルボーオーキッドも同様の擬態で雄を引き寄せるが、こちらはより強引に花粉を押しつける。ドラゴンオーギッドという蘭も同じメカニズムを使用するが、いずれの蘭も特定のハチをターゲットにしているという。

 蘭の宝庫メキシコには幻の蘭とも呼ばれているバケツランがある。このランのリップはバケツ状になっており、このランは匂いでハチをおびき寄せ、これをバケツの中に落とす。バケツの出口はただ1カ所の狭い出口しかなく、そこを通って抜け出すときに背中に花粉を押しつけられる仕組みになっている。もう一度別のランに落ちると、今度は花粉が回収されて受粉するという仕掛けになっている。

 良くできていることと感心せざるを得ないシステム。進化の過程による適者生存の選択だけでここまで高度なシステムが確立するとは驚く次第。確かにここまでの高度なシステムになると、偶然にできたものではなく神のような超越者によって設計されたものだとする妄言が出てくるのも分からないでもない。

 なお蘭は呼吸する花として有名で(どんな花でも暗くなると呼吸はしますが)、ある暴力団の組長が胡蝶蘭が好きで事務所の中に大量の胡蝶蘭を並べていたら、酸欠になって組員がみんなぶっ倒れたなんてエピソードがあるのですが、なぜ蘭が呼吸するのかというあたりも興味のあるところ。どうも蘭ってかなり特殊な花のようです。

 

8/13 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「カワウソ兄弟 雪山大冒険!」

 ロッキー山脈のイエローストーン国立公園のスネーク川に住むカナダカワウソの兄弟を追跡。

 子供が3匹に母親というのが典型的なカワウソの家族構成だという。冬に川が凍結するとカワウソ一家は狩ができなくなるため、雪原の上を滑りながら滝の麓などの川が凍結していないところを目指して移動する。彼らはかなりの大食漢であるために、1カ所で獲物を食べ尽くしてしまわないように、2,3日で移動を繰り返すという。そのために50キロ四方もの広い縄張りを持つのだという。

 子供たちが1歳になる春頃になると、カワウソは繁殖の季節にはいるために、このときが子供たちにとっては巣離れの時になるという。母親の元にやってきた雄に追われるように巣を出た子供たちは、まだ未熟なので兄弟そろって行動をしている。しかしまだ狩りの下手な彼らではなかなか獲物の獲得がままならない。なかなか獲物を捕れない彼らは小さなエビで食いつなぐ。しかし未熟なカワウソたちにとっては世間は厳しい。すでに次の子育てに入っている母カワウソは、たとえ子供といえども自らの縄張りから追い払うという。カワウソが生きていくための縄張り獲得は大変なのである。

 夏になると彼らは産卵に上ってくるマスを狙って移動する。そこにはマスが多くいるので、ここでは多くのカワウソが自由に餌を取っているのだとか。実はこの場所は彼らが母親にかつて教えられていた場所でもある。自立した子供を冷たく追い払ったような母親であるが、生きていくためのすべは教えてあったのである。やがては三兄弟もそれぞれ自立して生活していくことになるはずである。

 野生は厳しいなということを感じさせるエピソード。カワウソの世界にはニートなどはあり得ないのである(笑)。結局は親の過保護は子供の生活力をなくすということで、やはりある年齢になった子供は親としては放り出す必要があるようである。しかし自然界のカワウソでこのような子育てができているということは、やはり人間って野生の本能を失っているようである。

 

8/6 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「大追跡!草食動物は強かった」

 草食動物と言えば、肉食動物に一方的に狩られるか弱い存在というイメージがあるが、どっこいそんなに彼らもか弱くはないという草食動物の生態について紹介とのこと。

 大食漢のシマウマとヌーは、餌を確保するために大移動をするが、今回はそのシマウマやヌーに発信器をつけて追跡をしたという。

 移動の最中、乾きに弱いシマウマは毎日水場で水を摂る必要があるという。しかし水場は一番肉食動物に狙われやすい場所である。しかしシマウマもただやられているだけではない。ライオンに襲われたシマウマが、逆にライオンの上に乗っかって、ライオンを溺れさそうとして逃げたしたなんて光景もある。またシマウマはヌーの群に紛れ込んで敵を避けるという。危険に敏感なシマウマは敵を素早く発見し、チーターなどが相手の時には逆に大きな体を使って追いかけ回すなんてこともする。

 移動する彼らの前に立ちはだかるのは大きな川。彼らはその前でしばらく躊躇して立ち止まる。川を渡る時には敵に狙われやすいのである。しかし一度意を決すると一斉に渡河を開始、中には力つきて倒れるヌーもいるが、大量に突進する彼らは現れたワニをも踏みつぶして先に進む。こうして移動した先で彼らは一斉に出産するのだという。

 ライオンやワニなどの強さも実は圧倒的なものではないということを感じさせるのが今回。実際、ライオンにとっても狩りは命がけで、反撃によって命を落とす例は多いという。今回登場したのはシマウマやヌーだが、例えばヒヒなどは場合によってはヒョウを襲うようなこともあるという。サバンナでの強弱関係はあくまで相対的なものであるということである。だから実際にライオンも狩りをするときは単独でなくて群でする。

 そう言えば、最近の子供の世界では、決まったいじめっ子がいると言うわけでなく、いじめられる側が逆に徒党をなしていじめる側に回るなんてことも起こるという。今時の子供は、動物並になってきているのだろうか?

 

7/30 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「"死の谷"に輝く命を見た!」

 アメリカのデスバレーは56.7度という気温を記録したこともある灼熱地獄である。地面はかつての湖が干上がった後である塩で覆われた死の谷である。しかしこの死の谷で生きている生き物がいるという。

 デスバレーにソルトクリークと呼ばれる塩の小川がある。とても生物など生息できそうにない環境だが、この川の中で生きているのがソルトクリークパップフィッシュ。この魚の身体は海水の4倍とも言うこの川の塩分を体内から排出しながら生きているという。この魚は川の土の中に1つずつ卵を産み付けるが、これは真夏になって川が干上がったときに、地中の水分で卵が生き残ることを狙ってのことだという。

 またデスバレーの地下は地下水の豊富な場所であり、この中に生きている生物もいるという。それがデビルズホールパップフィッシュ。先ほどの魚の仲間だという。これは地下の狭い洞窟の中の生活に適応しており、極端に餌の少ない洞窟の中で生きていけるようになっているという。かつて地下水の汲み上げによって地下水が激減して、この魚も危機に瀕したそうだが、その後地下水の汲み上げが制限されてから水位も徐々に復活しているという。

 冬、11月から2月にかけて、この地域には1年に1度の雨が降る。すると地中に埋まっていた花の種が開花し、さらには先ほどのソルトクリークパップフィッシュの卵も孵化するのだという。

 とても人間が生きていけない死の谷であるが、それでもどっこい生きている生物はいるということで、生物の適応力の凄さを感じさせる。ただこれらの動物は特殊な環境に適応しすぎているので、一度環境が激変すると全滅を余儀なくされるはかない種とも言える。はかなさとしぶとさの共存、生物の世界は奥が深い。

 

7/23 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「銀の乱舞!キビナゴ大産卵」

 四国南西部、高知県の柏島は周囲4キロほどの小島であるが、日本の魚の1/3にあたる1000種類が見られるという日本有数の魚の棲息地である。ここに初夏になると産卵のためにキビナゴの大群が訪れる。キビナゴの群れは変幻自在の動きで捕食者を撹乱するが、得意技は身体の光の散乱をコントロールすること。これを巧みに操ることで突然に群れが消えるということも出来るのだという。

 このキビナゴが産卵するのは砂地。何もない砂地だと卵は簡単に敵に狙われるような気がするが、何も遮るもののない砂地は、敵にとっても出て行きにくい場所なのだという(自分自身も捕食者に狙われやすくなるから)。キビナゴは砂地の上に流されないように粘りのある液と共に卵を産み付けるのだという。

 柏島の周囲にはキビナゴの産卵に適した砂地がいくつかあるが、その中で最大のものは島と四国の間の水道で、ここが大産卵の場所のとなるのだという。この辺りは水の流れが速いために、常に卵に新鮮な海水が供給されるのだと言う。夜明け頃にここの砂地に数百万匹ものキビナゴが押しかけ、大産卵が行われる。産卵のために辺りの水が濁るぐらいだという。

 しかし大産卵は敵をおびき寄せることにもなる。タコやウツボなど、キビナゴを狙う生き物も砂地にやってくる。集合での産卵はいかにも狙われやすい気がするが、実は捕食者もいくらかキビナゴを食べるとそれ以上は食べられなくなるため、キビナゴにしてみるといくらか犠牲は出ても、集合で産卵した方がトータルで生存率は高まるのだという。

 こうして卵を産み付けるとキビナゴは沖合に去っていく。残された卵は魚などの餌になってしまうものもあるが、多くから稚魚がかえり、彼らは半年ほどで大人と同じ大きさにまで成長し、沖合に向かって泳いでいくのだという。

 あまりの大群に圧倒されそうになる。しかし正直なところ、私はキビナゴの大群を見たら「うまそう」と感じてしまうのである。以前に海遊館に行った時も、鯛や平目や伊勢エビが泳いでいる瀬戸内海水槽を見て、「うまそう」と感じたが、どうしても魚屋で見る魚が泳いでいるのを見たら、私には生け簀に見えてしまうようである。食い意地がはっているのだろうか・・・。

 

7/16 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「モグラびっくり地下生活!」

 今回は良く知られた動物でありながら、その生態は意外と知られていないモグラ。

 モグラが生活するのは田んぼや畑がある里山。このような場所でモグラはトンネルを掘って生活している。モグラのトンネルは直径は5センチほどだが、総延長は100メートルにもなり、1日に50メートルも掘ることがあるのだという。しかしモグラは蟻などと違い、このトンネルに部屋は1つしか作らず、後はトンネルしかないという。実はこのトンネルに落ちてきたミミズを捕るための罠なのだという。モグラは大食漢で、自分の体重の半分、20〜30匹のミミズを1日に食べるという。

 このモグラにとって受難の季節は梅雨。豪雨のためにトンネルが水没することがあるという。こうなると地上に逃げるしかない。しかし視覚がほとんど退化してしまっているモグラにとっては、地上は危険極まりない場所である。また水に落ちることもある。そんな時は、穴掘りに使う大きな前足で水をかいて泳ぐという。

 またモグラのトンネルはまるごとが自分の縄張りであるので、ここに入り込んできた他のモグラに対しては激しい攻撃をして追い出すという。モグラはこのトンネルの中で日常生活から、子育てまでを行っている。

 なおモグラは日光を浴びると死ぬというわさがあるが、これは完全な迷信だとのこと。

 モグラの巣穴にまでカメラを入れて、その生態を紹介していた興味深い内容。ただ難点は、モグラの子供って全く可愛くないんだよな(笑)。

 こうしてみると、比較的身近に生息している動物なのだが、その生態については全く知らなかったことに気づく。こういう身近な動物についても今後も積極的に紹介してもらいたいところ。

 

7/2 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「密着!深海の巨大クジラ」

 先にダイオウイカの回で、マッコウクジラがこれを餌にしていると紹介されたが、今回はそのマッコウクジラの方である。

 マッコウクジラは小笠原の海で家族で暮らしている。彼らは3000メートルもの深海にまで潜って餌を捕っている。彼らは1時間以上行きを止めても平気で、酸素を体中に蓄積するように出来ているのだという。また彼らがそんな深い海に潜るのは、進化の過程で、最初は水面近くで餌を捕っていた彼らの祖先も、水面近くでは他の素早しこい生物との競争が激しいため、競争相手のいない深海へと活路を求めたのだと考えられている。そこで彼らが出会ったのはダイオウイカで、彼らの口はダイオウイカを捕るために対応して箸のように長くなってしまったので、今や水面で魚などを捕るには適していないのだという。

 光のない深海で彼らが獲物を捕るために、彼らはカチカチというような音を出して、その反射で周囲を探っている。つまりソナーである。またこの音を使って情報交換をすると考えられているという。

 彼らの群れが潜る時、まだ潜水の出来ない子供は置いていかれる。非常に危険なように思われるが、マッコウクジラの大敵であるシャチは、暖かいこの辺りの海にはほとんど現れないのだという。そういう点で、小笠原沖は育児に最適な海なのだとか。

 1時間以上も息を止めながら一直線に深海に沈んでいく映像が印象的。息の問題だけでなく、潜水病のようなものもクジラにはないのだろうか。3000メートルもの深海となれば水圧もかなりのものになると思われるのに、どうやってその水圧に耐えられるのかというところも非常に興味深いのだが、その辺りの説明はなかったようだ。

 正直なところ今回の内容を見ていると「はーん、こいつを録りにいったついでにダイオウイカも録って、それで一本作ったんだな」と感じずにはいられない。一粒で二度美味しいという取材?(笑) NHKも経費節減を迫られていて大変である。

 

6/25 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「黄金のチョウ 宿命の旅!」

 メキシコの中部には黄金の木の伝説がある。その黄金期の木とは実は黄金色(と言っても実際は黄色だが)のチョウ、オオカバマダラの越冬地となっており、無数のチョウが木に留まるからである。

 オオカバマダラは北米から3500キロもの距離を横断してこの地にやってくる。この地に渡ってくる理由は実際は不明で、太古からの習慣と考えられるという。ここでチョウ達は寄り集まって寒い冬を越える。

 そして春が訪れると彼らは「アメリカ横断ウルトラ飛行」となるそうだが・・・おい、ここの音楽、これ使って良いのか? 最近はNHKも変わったもんだ・・・。

 で、オオカバマダラは春になると北を目指して移動を開始する。その前に彼らは花の蜜を摂って体力の回復をする。体力が回復すると交尾などが始まる。そして彼らはきたら向かって大移動し、トウワタに産卵する。生まれた幼虫はこのトウワタの葉だけを食べるのだという。トウワタの葉には毒が含まれており、幼虫はこれを食べることで体内に毒を蓄積し、それによって鳥などによる食害を阻止するのだという。親の蝶は産卵後に力尽きるが、そこで成長した幼虫はやがて成虫へと成長し、再び北を目指すのだという。オオカバマダラの幼虫はトウワタの葉しか食べないが、トウワタは成長すると葉の栄養がなくなるので、トウワタの芽吹くトウワタ前線を追いかけて彼らは北上するのだという。

 そうして四世代をかけてカナダのあたりまでやってくると、秋ごろに越冬のために一気にメキシコにまで飛行するのだという。この旅は1日に100キロ以上を飛ばないといけないという彼らにとっては過酷なもので、その過程で多くの蝶が命を落とすという。しかしメキシコの越冬地から代を重ねて個体数が増えているので、結果として彼らの個体数は保たれることになるのだとか。

 渡りをする蝶の話は聞いたことがあったが、何世代もかけて渡るとは知らなかった。ただこれを見ていると、同じ蝶でも世代によって寿命が違うということなんだろうか。最後に越冬する世代は明らかに前の世代よりも長生きすることになるように思うのだが。その辺りが何となく謎だ。

 

6/18 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「大発見!親孝行する魚」

 パプアニューギニアには囚人魚と呼ばれる奇妙な名前の魚がいる。縞模様が囚人服のように見えることから名付けられたのだが、この魚は名前だけでなく生態も奇妙である。

 囚人魚は穴を掘って生活している。しかもこの穴の中で親子が同居しているのである。普通の魚は卵を産んだら産みっぱなしだったり、卵が孵化するまでは面倒を見ても、その後まで親子が同居するというのは囚人魚ぐらいである。しかも早朝になると子は穴から出てきて外で餌をとるが、親は穴の中に入ったままで餌取りをしている姿が目撃されたことがないという。

 では親はどうやって餌を確保しているかなのだが、夜になって子が巣穴に戻ってくると、親は突然に子を口の中に飲み込んでいる。まさか子を食べているのか?と思えばさにあらず、実は子供が外で捕まえたプランクトンなどの餌をこの時にもらっているのだと考えられるとのこと。実際、6匹ほどの囚人魚の胃の中が調べられたが、子を飲み込んでいた例はなかったらしい。というわけで、表題の「親孝行する魚」ということになるのだという。

 なんともはや奇妙な生態を持った奇妙な魚の話である。なおこの囚人魚にはまだ謎が多く、例えば子が自立した後(子がある程度大きくなると独立する)どうやって餌をとるのかなどもまだ不明らしい。

 またこの囚人魚の研究をしている83才の生物学者・ユージェニー・クラーク博士が登場したが、彼女は徹底した現場主義で、今でも自身が海に潜って観察をしているというのには驚き。実に凄い婆さんである。これも生涯現役というのだろうか。頭が下がります。

 

6/11 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「大接近!北極の王者白くま」

 北極の氷の上で暮らすホッキョクグマ。学名はUrus Maritimusで「海のクマ」という意味だという。その名の通り泳ぎが達者で、65キロもの距離を一気に泳いだという報告もあるのだという。また氷の上を放浪して暮らす白クマは1年で1000キロも歩くクマもいるという。

 彼らが餌にするのはアザラシ。彼らは鋭い嗅覚で氷の下のアザラシを見つけ、その力で氷の上からアザラシを押しつぶして捕まえるといったこともするのだという。北極の極寒の中でホッキョクグマがその身体を維持するには1週間に1頭ぐらいのアザラシを捕まえる必要があるのだという。

 夏になって氷が減ってくるとホッキョクグマにとっては受難の季節になる。氷が小さくなってくるとホッキョクグマは氷の残った極冠の方に向かうが、中には取り残されてしまうクマもいるという。するとこのようなクマは餌が少ないために苦労することになるという。休憩を取ることの出来る氷さえなくなってしまって、耐えかねて陸地に上がったものの、餌が見つからずに餓死するクマもいるとのこと。

 一方、ホッキョクグマも出産の時は陸地に上がるという。母熊は陸地の上の氷の中に穴を掘り、そこで子供を出産して育てるのだとか。これは海の上の氷のように流される心配がないからだと考えられるとのこと。

 ホッキョクグマがセイウチを追いかけて、海の中を泳ぎまくる映像に圧倒された。海のクマと呼ばれるだけあって非常に泳ぎが達者である。ところでホッキョクグマはそもそもはシベリアのヒグマから分岐したものだと考えられるとのことだが、ヒグマって泳げたっけ?

 

6/4 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「モモンガ驚きエコ生活」

 北海道のサロベツの森にはエゾモモンガが棲息している。夜行性で木の間を滑空して飛ぶ彼らの生活はエネルギー節約型のエコライフだという。

 彼らの滑空は身体にある皮膜を使って行われる。幼児期から訓練によって習得されたこの技によって、彼らは労せずして場所を移動することが出来る。彼らが餌にするのは木の葉や芽。リスなどは木の実などの高カロリーの食べ物を摂るが、これらの食料は競争率が高い。そこで彼らはあまり人気のない葉などを食べるわけである。しかし木の葉などは決して食料としては優れているものとは言い難いため、彼らはエネルギーを節約するエコライフを行うことになる。

 彼らは巣の選定からエコ生活で徹底している。リスなどは自分で巣を作り、その巣は1年しか使わないのに対し、彼らはキツツキが使っていた巣などを再利用し、自分たちで巣を作ることはないという。また1つの巣を数年間使うという。

 北海道の冬は氷点下の極寒のものである。そのような時、エゾモモンガは巣穴の中で数匹が寄り添って温めあう。苔を集めて毛布にした巣の中は、外がマイナス16度でも、中は20度を超えるという。また彼らの食べ物は冬でもなくならないので、彼らはリスなどと違い冬眠はしない。冬眠の準備のための手間を考えると、この方がエコライフなのだという。

 モモンガの生態は初めて見たが、なかなかに驚くものがあるようである。私は漠然と「リスと似たようなものではないか」と考えていたのだが、実はかなりの違いがあるようで驚いた。特に木の実を食べないというのは意外だった。モモンガのような小動物の場合、どうしても身体に比してのエネルギー消費は多くなるので、高カロリーの木の実を食べないというのはかなり不利なはずである。だからエコ生活で消費カロリーを減らすのだろうが、それでも相当食べ続けないと生命を維持できないのではないか。多分、モモンガの生活も結構大変なんだろう(笑)。

 

5/28 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「アフリカゾウがしゃべった!」

 アフリカゾウは実は会話しているというのが今回のテーマ。

 ゾウは群れで暮らしている動物であるが、群れでのコミュニケーションをとるのに言葉を使用しているという。アフリカゾウを研究している研究者のジョイス・プール博士によると、アフリカゾウは70種類程度の言葉を使用しているという。

 しかしその言葉は人間には聞こえない。というのも、アフリカゾウはその数メートルある鼻腔を使用して、人間の可聴帯域以下の超低周波を使用しているからだという。またジョイス博士によると、ゾウの言葉は単語になっており、文法を持っているという。

 なおスマトラ島沖地震の時、津波を察知してゾウが逃げ出したことで命を助かったという人がいるが、実はゾウは津波に先駆けてやってきた超低周波の音で異常を察知していたのだという。

 番組ではこの人には聞こえない超低周波を映像化する音カメラを使用して、ゾウの会話を映像化するということを行っていた。このカメラの映像ではゾウ同士が会話している様子がよく分かって興味深かった。

 なお番組では群れがライオンから子ゾウを守る様子も登場したが、ライオンの気配を察知した群れが子ゾウを中心に円陣を組んで移動し、リーダーのゾウはただ一頭でライオンの群れに立ち向かって彼らを撃退していた。妙に感動的な光景だった。人間はリーダーと自称している輩は危ない時には自分が率先して逃げてしまうし、子供を守るどころかそれを犠牲にする馬鹿もいるわけだから、よほどゾウの方が高級な動物に思えたのが悲しい。

 

5/21 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「はばたけ!イヌワシ大五郎」

 日本の北上高地にはイヌワシが棲息している。番組では4月に生まれたヒナの大五郎の成長を追いかけた。

 イヌワシは上空から野ウサギなどを捕まえて餌にしている。彼らはその優れた視力によって1キロ先の獲物でも見つけるという。本来そのような狩に向いているのは草原であり、実際にイヌワシはモンゴル平原に多く棲息しているという。日本で彼らが棲息できるのは、人間が牧場地などに切り開いた平原があるから。しかしモンゴルに比べると圧倒的に狭い猟場の中で、彼らは暮らしているのだという。

 しかしそんな彼らの狩は、茂みが成長してくる夏近くになってくると難しくなってくる。茂った草の中で野ウサギなどが隠れることが出来るからだ。こんな時に彼らが餌にするのはヘビなどになる。ヘビは気温が下がると行動が出来ないため、火に当たりに草地から出てくるため、底を狙うのだという。しかしそのようなヘビもなかなか捕まらず、大五郎の成長も後れがちになる。

 そんなある日、大五郎が突然に行方不明になる。最悪の事態も考えて、付近を探し回るが幸いにして大五郎の遺骸は見つからなかったが、大五郎自身も発見できることはなかった。しかし秋頃、両親と共に空を飛んでいる大五郎の姿が発見される。この年はこの地で6羽のヒナが確認されたが、辺りでは牧場が減少しており彼らの棲息環境もだんだんと厳しくなっている。

 うーん、良かった良かったという展開なんだが、この番組、本当に大五郎が死んでいたらどうなるんだったんだろう・・・。ところで人間が手を加えた自然と言えば、環境破壊の観点で語られることが多いのだが、このイヌワシの場合は人間が自然に手を加えることで生活環境が出来ていたというのだから興味深い例である。人間の活動すべてが自然に悪影響を与えているわけでなく、自然と共生して生活していく行動の場合、自然にも良い影響を与えることがあるということである。実際に里山の環境がそうであり、最近は里山に人の手が入らなくなったことで荒廃が進んで、それがいろいろな問題を起こしている。地方の過疎の問題というのは、こういう点にも影響しているわけである。

 

5/14 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「賢い!奥アマゾンの超小型サル」

 奥アマゾンに暮らすピグミーマーモセットは超小型のサルである。ハムスターほどの大きさしかない彼らは、ジャングルの木に無数の穴を開けると、翌朝にはそこに滲み出てきた樹液を食べるという。翌日の餌のために前日にしっかり仕込みをする彼らは、未来を予測しているという意味で非常に知能が高いことを示しているという。ジャングルには食べられる樹液を出せる樹は何種類かあり、彼らはそのような樹のあるところを住処にするのだという。彼らは昆虫なども食べるが、やはり安定して得られる食料である樹液は大切な食料である。しかし実はただ単に樹に穴を開けただけでは樹液は出てこない。ピグミーマーモセットには樹液を出させるための何らかの作用をしているようであるが、それはまだ謎だという。

 彼らは家族で群れをなして暮らしている。出産は一度に2匹ずつで、子育ては家族で分担して行うという。親は餌をとる時になると、生まれたばかりの子供を、年長の子供に託して餌を取りに行く。このような群れでの助け合いが強いのもこの猿の特徴だという。

 サルの仲間もいろいろいるが、こんな小さいサルもいるとはなかなか驚きである。木を登っている姿を見るとリスかなんかのようだが、顔を見ると確かにサルである。

 それにしてもこんなサルでも、将来を見据えて前日のうちにキチンと用意をしておくというのに、ホワイトハウスに居住しているサルは、明日のことが全く見えずに、地球を滅ぼしかねない愚行ばかり繰り返している。人類はホモサピエンスなんてご大層な名前が付いているが、本当に進化したサルかどうかには疑問を感じずにいられない今日この頃である。

 

5/7 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「ハチミツパワーで生き残れ!」

 日本ミツバチは木のうろなどに巣を作り、集団で生活する。彼らは花の季節には大量のハチミツを集めるが、それは彼らの生き残りに不可欠だからである。

 よく花の蜜を集めればハチミツになると考えている者がいるが、それはとんだ勘違いである。花の蜜は薄いショ糖の溶液であり、ハチはそれを体内のタンクに蓄え、口から戻す時に体内の酵素を加える。そのことによってショ糖が果糖などに分解されて吸収が良くなる。また巣の中で水分を飛ばされて糖度80%にまで濃縮されるのである(糖度が高すぎて雑菌が繁殖できないため、ハチミツは腐らないという)。

 このハチミツのパワーは凄まじく、1グラムでハチは1000キロも飛ぶことが可能だという。ただその代わり、彼らは蜜を集め続けることになる。スプーン一杯のハチミツを作るためには5万個もの花の蜜を集める必要があるという。

 彼らの天敵はスズメバチである。そのスズメバチに対抗する手段は、胸の筋肉を激しく動かして体温を上げ、その状態で一斉に襲いかかって団子状に丸まり、中心のスズメバチを熱で蒸し殺すという手段をとる。スズメバチは48度で死んでしまうが、ミツバチは50度まで耐えられるので、その耐熱温度の差を使用した攻撃方法だという。ここで体温を上げる燃料として使用されるのもハチミツである。

 また冬場は巣の中はハチの体温で30度程度に保たれる。その燃料もやはりハチミツになる。しかし今年の冬は厳しく、ハチミツを十分に蓄えられていなかった巣では、巣が丸ごと全滅した例もあるという。

 いやー、ハチミツって偉大だなって内容であるが、いつもの如く虫嫌いにはかなり辛い内容であった。ミツバチが集団でスズメバチを蒸し殺すという話は以前に別の番組で聞いた記憶があるが、改めて見てみると凄い光景である。あまり直接には見たくないものである。

 ところで前回はまた「地球ふしぎ大自然」に戻ってしまったと感じたが、今回は一応「ダーウィンが来た」の作りになっていた印象。まだ制作スタッフによって作風が統一できてないんだろうか。

 

4/30 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「サンゴ礁にクジラが歌う」

 亜熱帯地方のルルツ島のサンゴ礁には、7月〜12月の南半球の冬の時期、ザトウクジラが出産にやってくる。深さたった20メートルほどの浅瀬にやってきたメスクジラは、ここで出産する。出産直後の子クジラは真っ白い身体をしているが、それが母乳を飲んですくすくと成長すると共に身体も黒くなってくる。

 ルルツの海にはザトウクジラの餌はないため(ザトウクジラはオキアミなどを食べる)、この間、母クジラは何も食べずに子育てを続ける。わざわざこんな暖かい海まで来て出産するのは、生まれた直後の子クジラは体脂肪が薄く、南極の海の冷たい水温に耐えられないからだという。

 なおクジラは歌を歌うと言われているが、非常に複雑な音を組み合わせた独自の旋律を歌うことが知られているという。その歌の長さは30分にも及び、地域によって違うのだという。またこの歌を歌うのはオスだけで、求愛の意味があるのだという。なおかつてはオーストラリアの西と東の群れで歌が違ったのだが、ある時に西のクジラが2頭東に行った後、東の歌が西の歌と同じになったという報告があることから、歌にも流行り廃りがあるらしい。なおクジラがこの歌を歌うのは7〜8才ぐらいからで、子クジラは大人の歌を聞きながら覚えるのだとか。

 夏が近づいてくると、ザトウクジラの親子は他の群れと共に南極海へと移動する。しかしその旅は1ヶ月にも及び、その間に子クジラがサメなどに襲われることもある危険な旅だという。そうして無事に南極にたどり着いた群れは、そこでたっぷりとオキアミを食べて翌年に備えるのだという。

 クジラの子育てはともかくとして、クジラの歌の話は面白かった。状況によってパターンがあるのかと思えば、地域によってパターンが決まっているというのは初めて知った。

 ところで、この番組になってからパターンが変わったと思っていたのだが、第4回にして早くも「地球ふしぎ大自然」に番組が戻ってきた印象。今回の内容なんて、30分版地球ふしぎ大自然という趣である。やっぱり器が変わっても、中味はなかなか変わらないか。

 

4/23 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「世界一の巨大花 開花の瞬間!」

 インドネシアのスマトラ島には世界一の巨大花であるスマトラオオコンニャクが棲息している。しかしその花が咲く期間はたった2日しかないとのことで、現地でもこの花を視たことのある人はほとんどいないという。

 撮影は花の芽を探すことから始まる。しかしここで探す芽は1つでは足りない。というのもスマトラオオコンニャクはその名前の通りコンニャクの仲間で地中に芋があるのだが、この芋が小さいと芽は葉にしか成長しないのだという。葉が出るたびに芋は栄養を蓄えて大きくなり、そして7年目にようやく花が咲くのだという。

 ようやく見つけたつぼみは1日10センチというペースでグングンと成長する。一週間もすると両手で抱えられないほどの大きさに成長した。

 7時間かけて開花した花は高さは2.6メートル、直径は1.5メートルに及ぶという巨大なもの。しかも開花すると同時に腐った魚のような臭いの強烈な臭いをする湯気を発する。かつてロンドンの植物園でこの花が開花した時は、あまりの臭いに気を失う人が出たという。この花は身体に蓄えた炭水化物で熱を発して温度を上げて、湯気を発しているのだという。この臭いは動物の死骸などを食べるシデムシなどを引き寄せる。そして花の奥で受粉するのだという。しかしこの花は滅多に咲かない花だけに、周囲に同じ花が咲いている可能性が低いため、森中に広がるような強烈な臭いを出し、虫を引き寄せるのだという。

 翌日になるとこの花は臭いがしなくなるという。そして今度は大量の花粉を出すのだという。そしてこの花粉は前日から花の中に入っていた虫に付き、その虫は今度は別の花の臭いに引き寄せられるという仕組みになっている。そして翌日、すべての役割を果たした花は静かに倒れる。

 そして2ヶ月後、多くの真っ赤な実がなり、それはサイチョウに食べられて種が遠くに運ばれるのだという。

 ジャングルにはとんでもない植物がいるが、これまた桁外れな植物である。なおテレビで臭いを伝えられないのは残念と言っていたが、この花の場合は臭いが伝わらないのが幸いだろう(笑)。食事時に腐った魚の臭いなんて・・・。

 

4/16 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「幻の巨大イカを見た!」

 ダイオウイカは深海に棲息し、全長は10メートルほどもあるという巨大イカである。しかし時々死骸が打ち上げられる以外はその生態はほとんど知られておらず謎の生物だった。その巨大な姿から、ヨーロッパなどでは深海のリヴァイアサンとして創作の世界に登場したりする一方、実はクラゲのようにふわふわと漂うだけの生物だという説もあったという。

 今回、そのダイオウイカの生態を初めてとらえることに成功したという。それは国立科学博物館(いわゆる科博ですな)の窪寺恒己氏。ダイオウイカの姿を撮影したいと考えていた彼は、クジラの楽園である小笠原で2002年から撮影に挑戦し、2年以上をかけてそれに成功したのだという。

 彼が小笠原を選んだのはそこにマッコウクジラが多くいるからだという。マッコウクジラはダイオウイカを餌にしていることが知られておりマッコウクジラが多いということはダイオウイカがいるに違いないと判断したとのこと。

 苦労の末に彼が撮影した映像には、見事に餌のイカ(共食い?)に襲いかかるダイオウイカの写真が記録されていた。その記録によるとダイオウイカは4時間も餌と格闘した結果、針にひっかかった触碗を自ら引きちぎって逃亡したという。この結果から、ダイオウイカはクラゲなどと違ってかなり活動的で力強い生きものであることが確認されたという。よくマッコウクジラとダイオウイカが深海で格闘している絵などが登場するが、あのイメージの方がどうやら現実に近かったようである。

 なおNHKでは現在、ハイビジョンカメラを深海に沈めての動画の撮影に挑戦しているという。これも成功したら多分番組での紹介があるだろう(多分NHKスペシャルぐらいになるだろうと思う)。楽しみではある。

 

4/9 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「古代魚が跳んだ!」

 アマゾンに住み、1億年前からその姿をほとんど変えていない古代魚と言われているのがアロワナである。またこのアロワナは、アマゾンの水没ジャングルの中で豪快なジャンプで虫を捕らえることで知られているという。

 アマゾンは雨季と乾季で水位が極端に変わるため、雨期になるとジャングルが水没する。するとそれまでは川の中で小魚を食べていたアロワナは、水没ジャングルの中では小魚の隠れる場所が多すぎるので、小魚を捕らえられなくなり、ジャングルの水没で木の上に逃れている昆虫を捕らえて食べるのだという。

 そもそもアロワナがこのようなことをしないといけないのは、水の中での餌の取り合いだと敏捷な他の魚に勝てないからだという。海で進化して泳ぎが素早くなった他の魚に比べ、川の中で古代の姿を保ってきたアロワナは、餌取りでは負けてしまい、既に多くが淘汰されてしまったのだという。アマゾンでは樹上の昆虫を捕らえるという技を身につけたことで生き残ったのである。

 アロワナのジャンプの凄さは、水面直下で静止した状況から突然にジャンプできること。通常の魚だと深いところから助走をつけないとジャンプできないので、これでは樹上の昆虫を狙うことが出来ない。アロワナは水面直下で狙いをつけてから、その細長い身体を活かしてジャンプするのだという。この時は古代から残っていた細長い身体に大きい口という形態が有利に働いている。

 さらにアロワナは口の中で子育てをすることで知られている。こうすることで稚魚を確実に育てる。このような知恵で彼らはアマゾンという特異な環境に合わせて生き残ってきたのである。

 地球ふしぎ大自然終了を受けての新しい動物番組がこれであるが、枠が45分から30分に縮小したのに合わせて、かなり盛り込んだ内容になったという印象。その分、情報量がてんこ盛りになったのは、私のようなせっかちな人間には向いているように思うが、雄大な大自然の驚異を環境ビデオ的に見たいと思っている者には適していないだろう。この辺りが吉と出るか凶と出るか。私個人には、時々眠気を感じた「地球ふしぎ大自然」よりは、こちらの方が向いているのは明らかだが。

 あと、日曜の7時30分という時間帯を意識したのか、何となく演出に幼稚さを感じたのが懸念材料である。やはりこの手の教養系番組はあまり幼稚さを感じさせない方が良いと思うが。

 

トップページに戻る