地球・ふしぎ大自然

 

 当番組は、一部には人気がありながらも客観的に見た場合の知名度がほとんどなかった自然番組の名作「いきもの地球紀行」の後番組である。放送枠もそのままで月曜夜8時から。

 第1回を見た限りでは、CGを使ってみたり、ナレーションに小泉今日子を起用してみたりなど、話題作りをしようとしているのはうかがえる。ただどうしても自然紀行番組という特性上、番組の印象は極めて地味。しかし内容的には良質かつ面白いので、教養番組ファンとしては押さえておきたいところ。

 

 この番組は2006年3月で終了致しました。「ダーウィンが来た」が後継番組になります。

 

エンターティーメント度 C

情報信頼度 A

タイプ分け 知識型

 

緊急お知らせ

当サイトがメールマガジン(無料)を発行することになりました。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 
 

トップページに戻る

2/1 地球・ふしぎ大自然「巨大洞くつにゾウが群れる アフリカ 大地溝帯」

 アフリカ東部の大地溝帯。ここのサバンナの谷にはゾウを始めとして多くの動物たちが住んでいる。

 ここの近くの火山・エルゴン山は国立公園になっている。ここの森に住むゾウはおかしな行動をとる。この山の中腹には洞くつがあるのだが、夜になるとゾウたちは真っ暗な中を奥行き200メートルも あるこの洞くつに入っていくのである。しかもこの洞くつに集まるのはゾウだけではない。水牛や鹿など多くの草食動物が集まる。

 実は彼らの目的はこの洞くつの中に蓄積した塩分である。草食動物は食料からは必要な塩分が摂取できないため、土を食べることで塩分を補給する。この洞くつの中には雨によって花崗岩から溶け出した塩分が洞くつの壁に蓄積しているのである。ゾウはこの壁を牙で削りながら20キロぐらいの土を食べるという。実はこの洞窟自体、最初にあった火山の洞窟を数千年の年月をかけてゾウが削っていったものである。

 しかしこのゾウたちにも受難は発生している。かつて80年代には隣国ウガンダのゲリラが機関銃で密猟したため、1600頭いたゾウが60頭にまで減少したことがあった。現在はゾウを捕ることが禁止されているが、それでも小規模な密猟は続いており、レンジャー達が監視活動を続けている。

 またゾウが生息する森が農地開発によって開墾されていることも問題となっている。ゾウの住める森は分断され、かつての数分の一の面積しか残っていない。それでもゾウたちはこの地で暮らし続けているのである。

 鹿などが塩を摂るという話は聞いていたので、洞窟の土を食べると行った時点で塩分が目的なのは推測できたが、ゾウが洞窟自体を掘っていたというところまでは考えていなかった。

 またゾウが住める森が減少しているというのは世界的傾向のようで、かつて「宇宙船地球号」でも開墾で住処のなくなっているスマトラゾウの話が登場していた。ゾウほどの巨大動物が生きていくにはそれなりの面積の縄張りが必要であろうから、現代はゾウにとっては非常に暮らしにくい世の中なのであろう。保護と開発のバランスというものは常に難しいものである。 

 

5/24 地球・ふしぎ大自然「干上がる川で生き残れ!アフリカ南部 ライオン家族の宿命」

 ライオンといえば草原の王者。しかしアフリカ南東部のジンバブエには川筋の林で生活するライオンがいる。なぜ彼らはこんなところに住んでいるのか。

 その謎は乾期になると分かる。乾期にはザンベジ川はほとんど干上がって水たまりだけになる。しかし水源だけは水が残る。そしてこの水源は動物たちにとって貴重な水場なのである。ここにやってきたバッファローの群れなどを、集団で仕留めるのである。ここで狩りをする動物はライオンだけである。彼らは木に隠れながら群れで獲物を取り囲むのである。このような狩りの仕方はライオンにしかできないので、ここに住む肉食獣はライオンだけである。

 しかし群れで暮らすライオンは3才ぐらいまでには雄のライオンは群れを離れなければならなくなる。2才をすぎた雄ライオンのファライにも群れを離れないといけない時が来た。しかし餌の見つけやすい草原と異なり、林では餌を見つけるのは困難である。ファライにとっては受難の日々が始まる。見る影もなくやせ細って衰えたファライはハイエナの群れに取り囲まれる。しかし仲間のライオンの助けを受けて、ハイエナに逆襲、ハイエナを捕らえて食べてまで生き残る。草原で群れを追われた雄ライオンの生存率は50%を下回るという。ファライは群れを持つようになる4才まで、こうして凌いでいくしかないのである。

 まさに生存競争の厳しさを感じさせる話。ライオンがハイエナを食べるなんて話を聞いたことがないので、まさに極限状態なんだろう。しかしこうして2年を生き抜いて、首尾よく群れを作ることが出来たとしても、次はその群れを守るための闘いの日々である。そして敗れると群れをまた追われることになる。厳しい世界だな・・・まさに究極の実力主義。

 

4/26 地球・ふしぎ大自然「世界で一番冷たい海 南極海 氷の神秘」

 氷点下の世界南極。その厳しすぎる環境のため、その奥地には生物は住んでいない。しかし南極周辺の海となると、一転して豊かな生態系が存在する。生物はその冷たい水の中でどうやって生きているのか。今回はアメリカのマクマード基地をベースに氷の下の生態を探っている。

 南極の氷の下を潜水していくと、海底に花のような氷の結晶が見られる。これはアンカーアイスといって、氷点下にまで冷やされた地面によって海底に氷の結晶が析出するのだという。

 この氷の海で、無脊椎動物は体液の濃度を海水に合わせることで、魚などの脊椎動物は不凍糖タンパクという不凍液によって血液が固まるのを防いでいるのだという。

 この氷点下の海ではダイバーの潜水は10分が限度である。そこでアザラシにカメラを担がせて撮影したところ、アザラシは1時間以上も潜水し、深さ400メートルまでも潜水することが分かった。

 南極の夏である1月が訪れると、南極の氷が割れ始め、シャチやペンギン、果てはクジラなどの大物が現れる。この時期になるとアイスアルジーという藻が大発生し、さらにそれを餌にするオキアミが増える。クジラやペンギンはそれを求めてこの海にやってくるのだという。

 南極の氷の海の映像がひたすら美しく、アザラシやペンギンなどの愛らしい映像も登場するという、環境ビデオとしては鉄壁の内容である(笑)。かなり楽しめた。

 

4/12 地球・ふしぎ大自然「イワシ大移動 1000キロ! 南アフリカ 喜望峰の海」

 南アフリカの喜望峰の海では、イワシの大群が季節によって大移動を行う。その距離1000キロ。さらにこれを追ってイルカやオットセイなども移動を行い、さらにその後にはサメまでが続く。

 移動するのはマイワシ。マイワシは大陸棚に沿って寒流に乗って移動する。その数、数十億匹。マイワシの移動は植物プランクトンを追ってのものである。マイワシはほお吹きと呼ばれる独特の食事方法をとる。これは口を開けたまま泳いで、エラで餌をこしとって食べるのである。これでミクロの植物プランクトンまで補食することが出来るのである。

 またマイワシが群れをなすのは、群れることで敵を威嚇できることなどの他、団体で泳ぐことで仲間が作った流れに乗ることが出来、エネルギー消費を1/5に出来るとの試算もあるという。またマイワシは群れて泳ぐのに便利なように、身体に回りの水の流れを感じるセンサーがついているという(サイドソナーを装備したシーウルフのようである)。

 マイワシが移動すると共に、それを追ってイルカやオットセイも移動する。イルカは団体でイワシの大群を海面に誘導する狩りを行うことが知られている。さらにこのイルカが集めたイワシを横取りしようとサメが現れることもあるという(サメは結構狩りが下手であると言われている)。

 このようにしてイワシは海の生態系を養う最底辺に存在するのだが、その旺盛な繁殖力のために決して絶滅することはない。実は意外としたたかな生き物であるのである。

 今回は「餌」が主役という面白い趣向(笑)。ちなみにイルカが狩りをする光景はNHKの別の番組でも使用していたことがある。まさに「生態系」を実感させる内容。

 

3/1 地球・ふしぎ大自然「木を使い分ける巨大キツツキ 北海道 富良野の森」

 北海道の富良野の森に住むキツツキの一種のクマゲラは、その生活目的に合わせて木を使い分けているという。

 まずクマゲラが巣を作るのはトドマツなどの針葉樹と決まっている。これはトドマツは表面が滑らかなために、蛇などの天敵が登って来にくく、巣を作るのには最適なのである。

 ただ、クマゲラも他の鳥に巣を横取りされるなどで(木のうろは巣穴に最適なので、キツツキ以外でも巣にしたがる鳥が多い。中にはオシドリなどの水鳥さえ木のうろを巣にするらしい。)、やむなく広葉樹などに巣を作ることもあるが、その場合は雛を狙って現れる蛇などに要注意である。

 一方、ねぐらに使用するのは広葉樹であるという。ここが巣穴と違うのは穴が複数開いていることで、これらの穴はすべてつながっているという。このようなねぐらを使用するのは、テンなどの夜行性の天敵に備えるためだと考えられている。複数ある出入り口はつまりは非常口なのだという。

 また、クマゲラが餌場にするのが朽ち木や倒木などである。このような木には蟻などが住み着いており、クマゲラはそれを餌にするのである。この際に有効に働くのがクマゲラの長い舌である。クマゲラの下の先端部は粘着性になっており、これで蟻を絡め取るのだという。

 しかし冬が訪れると餌場の倒木などは雪の下になり餌をとることが出来なくなる。このような時にはクマゲラはいきなり今まで見向きもしなかった生きたエゾマツなどの幹に穴を開けることがあるという。実は一見健康に見える木でも、猿の腰掛けなどが生えることで中心部分が朽ちていることがあるのだという。このような木はその空洞に蟻などが入り込んでおり、クマゲラはその蟻を餌にするのである。

 クマゲラの生態を紹介した興味深い内容。それにしても巣と寝室と餌場が別になってるなんて、何か贅沢なように思えるのだが(笑)。

 

2/23 地球・ふしぎ大自然「熱帯の森 光のシンフォニー ホタル1万匹 謎の集団発光」

 パプアニューギニアでは夜に奇妙な光景を見ることが出来る。それは1万匹ものホタルが集まって集団発光する姿である。蛍の光に映し出される樹はさながらイルミネーションのようになる。またホタルは集団発光する際は回りと合わせるので、同じ周期で点滅したり、ウェーブのように光が移動していったりなどの光景を見ることが出来る。

 この集団発光はオスのホタルがメスにアピールするための行為である。成虫の寿命は10日ほどしかないので、その間懸命に光りながらメスを引き寄せて交尾の機会を求めるのである。

 このように集団発光するのは、パプアニューギニアのホタルは日本のホタルと違って森林の中で生活するからである。見通しの悪い森林の中では個別に光っても目立たないので、特定の樹に集まって光るのだという。

 なおこのホタルは鳥などに補食されるのを避けるため、悪臭を放つという自衛法を持っている。そのため、ホタルが集まる樹にはホタルでない虫までが形態をホタルに似せている場合もあるという。集団のホタルが周辺の生物にまで影響を及ぼしているのである。

 集団発光するホタルの姿が圧巻。チラホラと光る日本のホタルと違って、さすがに熱帯のジャングルはホタルまでワイルドである(笑)。

 

2/16 地球・ふしぎ大自然「知られざる沖縄2 黒潮が海鳥をよぶ 絶海の孤島 仲ノ神島」

 西表島の西方にある絶海の孤島・仲ノ神島。ここは小さな島であるが、海鳥の繁殖地となっており、数千羽アジサシなどが産卵をする。

 海鳥たちがここに産卵するのにはわけがある。この島は黒潮の中に位置しており、黒潮に乗ってマグロなど大きな魚たちがやってくる。それらの魚が小魚の群れを追いかけることで、小魚の群れは水面近くまで浮上してくるので、数十センチしか潜れないアジサシでも容易に餌をとることが出来るのだという(アジサシの名前の由来は「鯵刺」であるとのこと。初めて知った。)。

 またアジサシの餌で多いのは、イカとトビウオであるという。普通のイカは水深100メートルほどの深い海に生息し、夜にならないと浮上してこない。アジサシが捕まえるのは、トビイカと呼ばれる海面を飛んで敵から逃げるイカである(こういうイカがいることも初めて知った)。

 しかしこの島のアジサシはかつては危機に瀕した時期もあった。卵が食用に乱獲されたり、成鳥も羽毛採取のために殺されたりで生息数が激減したのだった。しかし今はこの島は保護区となっており、許可を取らないと上陸が出来ない。そのような保護を始めたことで、海鳥の数は順調に増加しているという。

 蒼い沖縄の海と、岩だらけの島が印象的な映像。なおあれだけの海鳥がいるのなら、あの島は相当海鳥の糞も溜まっているだろう。そう言えば、外国には海鳥の糞で真っ白になっていた島があるのを見たことがある。上陸して調査する人たちも大変である(笑)。

 

2/9 地球・ふしぎ大自然「知られざる沖縄1 海面を花が走る 西表島 海の神秘」

 沖縄・西表島、ここにはウミショウブの群生がある。ウミショウブはそもそもは地上の植物だったものが、競争相手のいない海中に繁殖の地を求めて進出した。クジラなどの海中に生活場所を求めた動物と同じパターンである。

 沖縄と言えば珊瑚礁。珊瑚礁は熱帯魚の楽園になっているが、珊瑚礁の内側の浅い海がウミショウブの群生地になっており、ここは小さな魚たちの楽園となっている。これらの生物はウミショウブの中に生活の場を持っている。密生したウミショウブの群生地は、小魚にとっては格好の隠れ場所であるのである。

 このウミショウブは夏の大潮の昼に奇妙な光景を繰り広げる。潮が引き始めると共に、ウミショウブから多くの泡が出始める。実はこの泡と共に雄花を放出しているのである。大きさ3ミリほどの雄花は、風などに吹かれて水面を走り回る(小さいために水の表面張力で水面に浮けるようだ)。これらの雄花は、やがて水面の低下と共に海面に出てくる雌花に捕らえられ、これで受粉となるわけである。

 大潮の日に一斉に開花が起こるということは、ウミショウブは何らかの方法で大潮の日を知っていることになるが、このシステムについては未だに不明であるらしい。ウミショウブを潮の干満のない水槽の中で育てても、大潮の日には開花することから、何らかの体内時計のようなものを持っていると思われるとのこと。

 こうして受粉を果たしたウミショウブの花は、株に巻き付いた状態で固定され、やがて実が出来る。この実の中には10個程度の種が入っており、実がはじけて種が散らばっていくことにより新たな生命が芽生える。

 雄花が水面を走り回る姿はユーモラスであり楽しめた。ただウミショウブが大潮の日を知る方法は未だ不明であるし、ウミショウブが酸素や二酸化炭素を取り込む方法についても「細胞の表面から取り込んでいると思われる」などの言い方で、どうもはっきりした結論を出していないところを見ると、まだ研究のあまり進んでいない植物のように思われた。植物学者を目指す方は狙い目かも(笑)。

 

2/2 地球・ふしぎ大自然「カカトで歩く太古の昆虫 一瞬のお花畑で大発見!」

 4500万年前の琥珀の中から見つかった新種の昆虫カカトアルキ。実はこの昆虫がアフリカで今も生きていることが発見されたという。

 場所は南アフリカの乾ききった大地。体長3センチぐらいの小さな昆虫であるカカトアルキは、肉食昆虫であるという。その名前の由来通り、カカトだけで歩くのが特徴で、つま先には爪とミットのような膜がある。これは狩りの時に獲物を押さえつけたりするのに使うとのこと。

 乾いた大地に雨期が訪れると、地上に産まれたカカトアルキの卵が一斉に孵化する。雨期は開花の季節でもあるので、花を目当てに訪れる虫を餌にして幼虫は成長する。カカトアルキは短い雨期の間で脱皮をしながら急激に成長するとのこと。バッタなどでは数ヶ月かかる成長が、たったの3週間で終了するという。

 一面の花畑になる8月、成虫になったカカトアルキは繁殖に入る。オスはお尻で枝を震動させて存在をアピールするのだという。メスはその震動をカカトで感知するとのこと。無事に交尾に成功すると産卵に入るのだが、大きな卵を体内に抱え込むことになるため、動きが鈍くなって餌をとることが出来なくなり、この時期のメスは餌を食べないという。そのため負担に耐えかねて死亡するメスも多く、半分はここで死んでしまうのではないかと試算されている。この試練を生き残ったメスだけが地面に産卵し、次の世代の生命を育むのである。

 太古からの形態を保って生きてきたカカトアルキ。しかしどう見ても生存能力が高い昆虫とは思いにくく、よくこんな不器用な昆虫が生き残ってきたものだと感心する。やはり過酷な環境の中で耐えてきたのがポイントなんだろう。それにしてもまだまだ新種の生物はいくらでもいるもんだ。

 

1/26 地球・ふしぎ大自然「小さな大食漢リカオン サバンナ野生犬の宿命」

 アフリカのサバンナで生きるイヌ科の狩人リカオン。身体の大きさが、ライオンの200キロ、ハイエナの50キロに比べて25キロ程度しかないリカオンは、群れで暮らすことで生き延びている。

 リカオンは巣穴を中心に集団で子育てをするという。リカオンの巣立ちはオスの兄弟、メスの姉妹でそれぞれまとまって行い、それがまた別のグループと合流する形で行われるという。だからリカオンの群れは血縁関係で結びついており、出産は最も強いオスとメスの間で行われ、他の姉妹・姉妹がそれをサポートするという形で暮らしているらしい。

 リカオンの狩りは集団で持久戦で行われるので、リカオンにとってはスタミナが重要で、身体はハイエナの半分であるにもかかわらず、ハイエナとほぼ同じ量の肉を食べるという。それだけに育ち盛りの子供達を養育するのは大変で、群れが総出で子供達に餌を与える。リカオンが一番強いオスとメスの間でしか出産をしないのは、そういう理由があるという。

 やがて子供がある程度成長し、巣穴の周囲の獲物が減少してくると、群れは総出で移動を行う。これは獲物を狩り尽くしてしまわないための知恵である。

 あまりメジャーとは言い難いリカオンの生態に注目した興味深い内容。なお現在リカオンは、人間による駆除(残酷な狩りの仕方が嫌われたというところが、いかにも欧米にありがちな独善性を感じたが)や開発による生息域の減少などによって絶滅の危険があるという。ここでも人間の所行が及んでいるようである。

 

1/19 地球・ふしぎ大自然「冬も夏も寝てばかり?森の忍者ヤマネの生き残り術」

 愛らしい動物というイメージの強いヤマネ。しかしこれで結構したたかに生きてきたのである。ヤマネが今日まで生き残ってきた最大の特徴は「よく寝ること」だとか。冬季はほとんど冬眠してすごすのだが、冬眠明けのヤマネがエネルギー源として食べるのが花。カロリーたっぷりの花は餌としては魅力的だが、細い枝の先についているために大抵のほ乳類は食べることが出来ない。しかしヤマネは細い枝でも枝からぶら下がって自由に動くことが出来るのだ。だからヤマネは「森の忍者」とも呼ばれているという。

 春になると冬眠から目覚めるヤマネだが、6月頃に低温になると、冬眠状態になるという。これは「夏眠」といって食料の少ないシーズンにエネルギーの消費を最小にするための知恵だとのこと。冬眠中のヤマネは心拍数なども1/10になっており、省エネモードである。ヤマネはこのような冬眠をすることで、同じぐらいの身体の大きさの動物の中で、寿命が長いのだという。

 冬眠できる動物はほ乳類の一部であるが、今後冬眠の研究が進むことで、医学などへの応用も期待されているとか。なかなか興味深い。

 

9/28 地球・ふしぎ大自然「タカがモグラを襲う!? 里山知られざる命の環」

 多様な環境を誇る日本には、地形に合わせて各種の猛禽類が棲息している(山岳地帯のイヌワシ、岸壁での隼など)が、その中でノスリは里山に棲息する猛禽類である。

 ノスリの狩りは主に畑などで行われるという。畑には蛇や蛙などノスリにとっての餌が豊富にあるからである。中でも圧巻は、なんとノスリはモグラを捕まえて餌にするのだという。

 地下で暮らしているモグラをどうやってノスリが捕まえることが出来るかであるが、これはモグラの生態を利用しているという。モグラは巣の中の土を掘り出してモグラ塚と呼ばれる小山を作るのだが、ノスリはこのモグラ塚を見張って、モグラが現れた時の土の動きを見てモグラを捕まえるのだという。

 ノスリにとってはモグラは蛙などよりも餌としての食いでがあるので、子育てのために重要な餌なのである。もっともこの番組の取材ではノスリがモグラを捕まえるまでに3時間かかっているというので、根気の勝負のようである。

 ワシ・鷹・鳶などは比較的馴染みがあったのだが、個人的にはノスリはあまりよく知らない鳥であった。里山という人の手の入った環境でこのような生態系が生まれているのはなかなか感動的である。しかし最近はこのような里山の光景も減少していることが懸念される。

 

6/10 地球・ふしぎ大自然「探検!海底洞窟の島 パラオ・クラゲ舞う神秘の湖」

 太平洋に浮かぶ珊瑚の島・パラオ。大小の島々、洞窟、湖が混在するこの島に、クラゲが大量に生息する奇妙な湖があるという。石灰岩で出来ているパラオ諸島の島々は波などの浸食に弱く、独特の地形を形成している。さらに氷河期の海水面が低かった頃に出来た鍾乳洞が、そのまま海中に没して海底洞窟となっている。この頃に同様に出来た湖が多く存在するのだという。問題の湖はその一つである。

 この湖はあまり魚は住んでいないのだが、湖面に日が差すと大量のクラゲが浮かび上がってくる。これはタコクラゲと言って毒を持っていないクラゲだとのこと。こんな孤立した餌も豊富とは言えない湖でタコクラゲが大繁殖しているのには実は秘密がある。このクラゲは体内に藻を飼っており、この藻が光合成を行った栄養分のおこぼれをもらって生きているのだという。だから昼間には海面に浮上して日光を浴び、夜間は湖底に沈んでミネラル分を補給するのである。

 なおタコクラゲは外洋にも棲息するが、こちらはタコのような足を持っていて、毒もあるという。これは外敵から身を守るためであるが、湖に入り込んだタコクラゲ(幼生の時に石灰岩の隙間から入り込んだのだと推測されるとのこと)は、外敵はいないが餌が少ない環境に適応した結果、現在の形態に進化したらしい。なかなか生命の神秘を感じさせる。

 体内に藻を飼って、光合成で生きていくというのはなかなか感心させられるところ。人間も苔でも飼って光合成するわけにいかないのだろうか。そうすれば食うために働くという必要はなくなる(笑)。と言っても人間の体に苔を生やすというわけにもいかないのだろうな・・・もっともうちの会社には脳みそに苔の生えている上司なら存在するが。 

 

9/10 地球・ふしぎ大自然「サイガ」

 ユーラシア大陸の中央、カザフスタンのステップ地帯にサイガは住んでいる。サイガの特徴は非常に大きな鼻を持つこと。またろくに眠りもせずに歩き回るなど奇妙な習性で知られているという。

 サイガの大きな鼻は、日中気温50℃を越えるカザフステップで、血液の温度を下げるためのラジエターの役割を果たしているという。これが水も少なく気温の高いステップ地帯でもサイガが歩き続けることが出来る秘密である。

 

 

7/23 地球・ふしぎ大自然「巨大サボテン」

 北米のサワロ砂漠には数メートルのサワロサボテンという巨大なサボテンが生えている。このサボテンは多くの鳥の住処になっている。それはサボテンの中は水分が多いために、外気温よりも5℃も涼しいからである。サボテンの中は、鳥たちにとっては冷房完備の快適な住まいというわけである。

 このようなサボテンの森の中で生きている鳥の一つがロードランナーである。アニメの主人公にもなっているこの鳥は、時速30キロで地上を走る飛べない鳥である。彼らはサワロサボテンに巣を作ることは出来ないが、別のサボテンの上に巣を作る。

 彼らがこのようなところに巣を作るのは、サボテンが外敵から雛を守る防壁になるからである。

 砂漠の乾期、サワロサボテンは花を咲かせる。水が不足しているこの時期に、サボテンの蜜は鳥たちのための貴重な水分となる。しかし飛ぶことの出来ないロードランナーは、この蜜を飲むことは出来ない。

 しかしここで自然界の絶妙な仕組みが発現する。砂漠ではこの時期にアパッチセミが大量に発生する。アパッチセミはサワロサボテンの樹液をたっぷりと身体に蓄える。ロードランナーはこのアパッチセミを捕食することで水分を補給するのである。

 食料が不足する時期にはロードランナーは、ガラガラヘビさえ捕食する。彼らはその俊敏な動きで、巧みに蛇の毒牙を避けながら、トドメを刺す。そしてそれらは雛の餌になるのである。

 雨期が近づく頃、大きく成長した雛たちは巣立ちする。飛べない彼らの巣立ちはユーモラスでさえある。

 サボテンによって支えられる生態系というユニークな世界を垣間見せられた内容である。どんな地域にも独自の生態系があることには感心させられるところである。しかしこのような生態系は、外的要因の変化に実に弱い。それだけにサボテンの保護が重要であり、アリゾナ州もサワロサボテンの保護の姿勢を打ち出しているとのこと。

 

7/16 地球・ふしぎ大自然「シマフクロウ」

 北海道の根室地方は、森の失言・・間違えた、森と湿原の大地である。ここに住んでいるのがシマフクロウである。

 このフクロウが珍しいのは、魚を餌にすること。一般的に大型のフクロウは小鳥やネズミなど、小型のフクロウは昆虫などを餌にし、魚を餌にするフクロウは世界中でも6種類しかいないという。そして日本に生息するのはこのシマフクロウだけである。

 シマフクロウは、北海道の厳しい冬に卵を生み、ひなを孵す。実はこれはひなの成長にあわせた絶妙のタイミングがあるという。

 ひなに餌が必要な4月。この時期は川は荒れ、魚が捕れない。しかしこの時期に現れるのがカエル。柔らかいカエルはひなの餌に最適なのだという。

 さらにひなが成長した頃には川には魚が溢れ、ひなはこれを食べながら順調に成長する。そして秋には栄養豊富なサケ・マスが遡上してくる。

 しかしここで問題が発生する。人間がサケ・マスの卵を採取するのに(人工孵化のため)、下流に堰を作ってしまったために、シマフクロウが生息する上流にはこれらの魚が来ず、シマフクロウの餌が不足しているのだという。シマフクロウにとっては栄養豊富なサケ・マスは厳しい冬を過ごすための貴重な栄養源なのである。

 シマフクロウを守ろうとする人たちの手で、シマフクロウの餌のための生け簀などが作られたとのことであるが、彼らによると、これは決して好ましい方法ではないという。しかしもはや北海道でさえ、シマフクロウが人間に頼らずに生きていくことは難しいほどに自然破壊が進みつつあるとのことである。

 堰一つでこの有り様なのであるから、ダムなど問題外であろう。シマフクロウの姿を通して、日本の自然の悲惨な状況が見え隠れする一編であった。

 

7/9 地球・ふしぎ大自然「シママングース」

 アフリカのサバンナに暮らすマングースは、巣穴を掘って群れで暮らす。雑食性の彼らは、昆虫などを食べる。象の糞にたかってくるコガネムシが彼らの好物である。俊敏な彼らは、サソリさえもその毒針をかわしながら捕まえる。

 彼らの先祖は、意外なことにライオンやハイエナと同類に属する(なんとなくネズミの仲間に見えるが、実は彼らは猫科である)。ライオンやハイエナが肉食に特化してその歯の一部が退化したのに対して、マングースは祖先の姿に比較的近い形で生き残った種類であるとのこと。何でも食べることで彼らは厳しいサバンナに生き残ることが出来たのである。

 非力な彼らは常に群れで暮らす。育児も集団で行い、外敵などに対しても集団で対応する。彼らは3,4匹の子供を産むが、厳しいサバンナでは、その半分が3ヶ月で死んでしまうという。

 食べ物の少ない乾期には彼らは草食動物を追って移動する。草食動物のいるところには糞があり、その糞にたかるコガネムシなどが現れるという塩梅である。この辺り、結構したたかでもある。

 彼らの生態で印象に残ったのは、常に団体で行動していること。一匹では非力で鷲の餌食にされてしまうマングースも、集団になると逆に鷲を追い払ったりする。どうもこの辺りの力関係は実に微妙なようである。人間でも、群れると急に態度がでかくなる奴がいるが、その類か(笑)。

 ちなみにマングースはハブ退治のために沖縄に持ち込まれたが、その適応能力の高さのために繁殖しすぎ、最近は天然記念物のクロウサギなどを襲って問題になっているとか(ちなみに既にハブの方は絶滅寸前と聞いたことがある)。人間が自分の都合で自然に干渉すると、そのツケがくるとの証明になってしまっているのが悲しい。

 

7/2 地球・ふしぎ大自然「ハシボソミズナギドリ」

 タスマニアに棲息するハシボソミズナギドリは、知床にまで移動をする渡り鳥である。

 ハシボソミズナギドリが餌にするのはオキアミ。彼らは水の中をまるで飛ぶように泳ぎ、オキアミを濾し捕って食べる。南半球の夏、彼らはここで巣を作り、産卵する。また彼らは長生きすることが知られており(30年以上生きるそうだ)、産卵のパートナーも変わらない(17年同じつがいもいるとか)。

 雛が羽化すると、彼らは一端南極に飛ぶ。ここで彼らは巨大に成長した(5センチほどにもなるとか)オキアミを大量に摂取する。そして帰還後、今度は雛にせっせと餌を与え、雛はこの間に大量の皮下脂肪を蓄える(体重の40%が体脂肪になる)。そして彼らは雛を残して北半球の海へと旅立っていく。

 残された雛は、蓄えた体脂肪で成長する。羽が生え替わって巣穴から出てきた雛は、すっかりスリムになっているという塩梅である。彼らがこの間を耐えることが出来る秘密は、胃の中に蓄えられたスタマックオイルにある。スタマックオイルとは炭素数30〜40の長鎖の脂肪族エーテルである。その特徴は「腹持ちが良い」こと。つまりこのオイルが徐々に分解しながら雛のエネルギーになるのである。そしてこのスタマックオイルを蓄積するのに必要なのがオキアミなのである。

 雛を巡る環境は過酷である。彼らは一刻も早くここから北半球の海に向かって旅立たないといけない。しかしまだうまく飛べない雛は、多くが力つきて死んでしまう。しかし一部の雛はオホーツクにまでたどり着き、仲間と合流するのである。

 なかなか過酷な話である。雛を放ってさっさと北に渡ってしまう親鳥などは、まるで昨今の親の育児放棄に見えてまったりする(笑)。それでも残された雛が一人で旅立っていくのは実に感嘆する。親がなくとも子は育つというのを地でいっているような鳥である。

 

6/18 地球・ふしぎ大自然「東京湾」

 千葉の館山、この沖にはかつて江戸前と言われて豊かさを誇っていた東京湾の面影が残っている。

 館山の海にはアマモの草原が広がっている。アマモとは元来は陸上の植物であったのに、再び海中に適応した珍しい植物である。だから形は地上の草のままだし、花まで咲く。

 アマモの草原は海中生物たちの住処かとなっている。例えばここに棲息しているカミナリイカは、ここで餌を捕り、ここに産卵する。

 カミナリイカ以外にも多くの生態系を養っているアマモの草原であるが、アマモが繁殖するためには、日光を通す綺麗な水と適度な潮の流れ、なだらかな砂地といった条件が必要なのであるが、最近は埋め立てなどでアマモの繁殖地は激減していっている。これはつまり日本の海がだんだんと活力を失いつつある証明であるのだが。

 

6/11 地球・ふしぎ大自然「ハイエナ」

 死肉漁りだの獲物を横取りするだのと、極めてイメージの悪いハイエナ(「ハイエナ」のような奴と言われて喜ぶ者はまずいないだろう)。そのハイエナをあえて主人公にすえたのが今回。

 まずハイエナについてのイメージが変わるのは、ハイエナはかなり大きい動物であるということ。ハイエナは豹やチータなどよりも大きく、ジャングルの肉食獣の中ではライオンの次ぐらいに大きいという。

 またハイエナ社会は意外と平和的である。群の中での序列がはっきりしており、常にそれを確認する儀式を行うので、むやみやたらに争うことはしないとのこと。

 ハイエナは女系社会で、雌の方が地位が高い。また女王の座は末子相続であるので、女王の次に地位が高いのは女王の末女、その次の地位はさらに彼女の末女というようになるらしい(末子相続が社会的に定着しているのは、人間でもモンゴル民族などがそうである。長男から順番に独立していき、残った末子が親の跡を継いで親の面倒も見る。)。

 ハイエナの子育ては共同の保育場で行われるという。ただし授乳は実の親が行う。ただし母親同士が親子や姉妹などのような肉親の場合は、子供を交換して授乳することもあるという。ハイエナの子供の生存率は高く、1年後の生存確率は60%以上という野生動物としては極めて高いものである。

 またハイエナは「泥棒」のイメージが強いが、獲物の6割は自分たちで狩りをしているとのこと。逆にライオンに獲物を盗られることがあり、むしろライオンの方がハイエナの上前をはねているとのことである(ライオンについては、正体が分かれば分かるほど、百獣の王のイメージとは遠くなる)。

 ハイエナの得意技は骨を砕くこと。獲物の骨をかみ砕くことで随のタンパク質などの栄養を摂ることが出来るのである。これはライオンなどにも出来ない芸当である。この骨までも食べるという得意技が、ハイエナが生き抜いてきた秘密であるとのこと。

 また自然界の動物は傷つくと餌をとれなくなって死ぬ場合が多いが、ハイエナの群では傷をした個体も他と同様に餌を得ることが出来るという。群全体での相互扶助のような体制が出来上がっているとのことで、どうもずいぶんとイメージが違う。

 ハイエナはかなり有名な動物であるが、こうして見てみると意外とその生態について知らなかったことを感じさせられた。彼らは意外と高度で社会的な生物だったようである。これは「ハイエナのような奴」という言葉を迂闊に使えないようである。

 

6/4 地球・ふしぎ大自然「雲豹」

 以前にこの番組で「ヒョウ」について取り上げていたが、今回はその仲間で「幻の豹」と言われている雲豹である。

 雲豹が棲息しているのは赤道近くのボルネオ島である。この番組のスタッフは、雲豹が目撃されたというジャングルに潜入して、無人カメラを設置して雲豹に迫っている。

 ジャングルの中は、昼間も鬱蒼とし、蛭は出るし、崖はあるしといった「川口博探検隊シリーズ」なら絶対に白骨の一つも転がしておくだろうロケーションであるが、当然のことながら天下のNHKはそういうせこいやらせはしない(笑)。

 しかもそうやってご大層にあちこちに無人カメラをセットした挙げ句に、雲豹がロッジの近くや畑などで目撃されたという証言が現れ、結局はカメラを抱えての夜間撮影に臨んでいる。その結果、雲豹のものではないかと思われる光る目は見つけたのだが、ここでは雲豹は見つけられなかった。

 しかも一週間後にチェックした無人カメラの結果も空振り。映っていたのはマレー熊とカニクイザルであった。どうもダメダメムードが漂いだして、これが民報だったら、そろそろ仕込みを始めるところである(笑)。

 なんと撮影隊が雲豹と遭遇したのは、ロッジでという展開。鶏小屋を襲おうとしていたところで接近遭遇である。こうして一応はその姿をカメラに収めることに成功する。

 いつものこの番組は、ある動物の生態系に切り込むのだが、今回は雲豹を追いかけただけで終わっていたので、番組としては中途半端な印象になっているような気はする。

  

5/21 地球・ふしぎ大自然「変身するタコ」

 インドネシアのバリ島には、他の生物に擬態する「変身タコ」が棲んでいる。このタコはそのあまりに見事な擬態のために、最近まで人間に発見されなかったので、正式な名称さえついていない新種である。一応は、擬態するタコという意味で「ミミックオクトパス」という通称がついている。(ミミックと言えば、ドラクエなどに出てくる、宝箱に化けた嫌なモンスターですね。洞窟の中で体力のなくなった時に、こいつにトドメをさされた経験のある人もいるのでは。)

 砂地に棲んでいるこのミミックオクトパスは、ウミヘビ、カレイ、イソギンチャクなどあらゆる生物に擬態することが可能である。もともと砂地のような身を隠す場所のないところでは、このような擬態によって生き延びるしかなく、ミミックオクトパス以外の生物でも、砂地にカモフラージュしたカレイとか、海草に擬態した魚などが多い。ただ他の生き物はいわば「一発芸」にすぎないのに対し、このタコを観察していると、コロッケの物真似よろしく、次々と他の生物に擬態していく。バリ島を舞台にした「ものまね王座決定戦」をしたとすれば、彼は優勝間違いなしであろう。彼のレパートリーのポイントは、ウミヘビなどのやばい生き物や、毒を持つ生き物の真似をするということである。

 彼の擬態は餌を捕る際にも威力を発揮する。捕食の時はサンゴやウミシダ(ヒトデの一種)などのような弱い生き物に擬態し、獲物を油断させて接近して、一気に獲物を捕らえる。まさに「芸は身を助ける」である。

 ただこのような技をもつミミックオクトパスでも、油断できないほど砂地は天敵の多い環境である。この番組でも、移動のために変身を解いた一瞬をヒラメに見破られ、丸飲みにされてしまったタコが出てきた(結局は彼はなんとか逃げ延びたが)。なおこの変身の技は子供の頃から持っており、徐々に磨きがかかっていくとのことであるから、後天的に学ぶ技術というよりは、本能的に持っている習性なのであろう。

 物真似の天才、コロッケダコ・・じゃなかった、ミミックダコはその技によって生息地を広げているのか、今は他の島でも発見されているとか。全く南方の海にはいろいろな生物がいるものである。

 

5/14 地球・ふしぎ大自然「ヒョウ」

 ジャングルの猫科の動物の中で、サバンナの樹上生活に適応したのがヒョウである。しかしヒョウの生態はあまり知られていない。この番組ではヒョウの一家を追いかけて、その生態を紹介している。

 「姿なき狩人」などと言われ、精悍なイメージのあるヒョウであるが(そう言えば昔、怪鳥や巨大ロボットとトリオを組んだ、変身できる黒ヒョウというものもいましたね)、どうもその実態は少々違う。ヒョウには天敵が多く、ライオンはその代表的なものである。ヒョウよりも数段身体の大きいライオン(ヒョウの体長は1m程度、体重は30キロほどだと言う)は、ヒョウを見つけると殺す(食べるわけではない)。だからライオンに出会ったヒョウは、木の上の方に逃げ登る。

 なお、ライオンがヒョウを殺すのは、獲物を求めて競合する競争相手を排除するという意図であるとのことである。

 ただし、ヒョウの天敵はライオンだけにとどまらない。ヒョウはヒヒやハイエナよりも弱く、これらの動物に出くわすとヒョウは一目散に逃げる。ハイエナが相手の場合はヒョウは木の上に逃げるが、木登りの出来るヒヒはその点では強敵だという(ヒョウが夜中に木の上のヒヒの子供を狙ったりするので、ヒヒの親は昼間にヒョウをみると攻撃をかけるという)。

 ヒョウはまた、あまり狩りの得意な動物ではなく、狩りの成功率は20%ぐらいだという。時速60キロぐらいでしか走れず、サバンナの中ではあまり速い部類に属さないヒョウは、匍匐前進で獲物に近寄って突然襲いかかるという。だから「姿なき狩人」なのだそうだ。獲物を捕ったヒョウは、それをすぐに木の上に持ち上げて貯蔵する。天敵の多いヒョウは、地上ではゆっくりと獲物を食べているわけにはいかないのと、狩りが下手なので蓄えが必要なのである。

 子供が成長すると、母ヒョウはなわばりを子供に譲って出ていく。この家族でも、娘がなわばりを引き継いで母ヒョウはどこかに旅立っていった(息子の方は、残念ながら途中で死んだようだ)。

 ヒョウのあまりの「弱さ」が意外だったのが今回の内容である。ヒョウと言えば木の上から獲物に飛びかかるイメージがあったのだが、ヒョウが木で狩りをするのは、鳥などを狙う時で、木に登るのは天敵から逃げるためであるというのは、完全にイメージが変わってしまった(弱い、弱すぎるぞ、ロデム(笑))。

 今後は「○○の黒ヒョウ」などと名乗る輩がいれば、「ほーっ、木登りがうまくて逃げ足が速いんだな」と言ってやろう(笑)。

 なお面白かったのは、何故サバンナのような木が点在している地形が出来るかの解説。サバンナに多いアカシアの木は、乾燥したサバンナの地ではかなり広い範囲に根を広げるので、1本の木を養うのに30m四方の面積が必要なのだという。だからこのエリア内には他の木が生えられず、木が点在することになるという。ただ最近はサバンナの乾燥化が進行しているので、今後ヒョウが生きていける大地が残るかが心配なところである。

 

5/7 地球・ふしぎ大自然「ピラルクー」

 世界最大の淡水系アマゾン。そこには、1億年前から姿を変えていないと言われる古代魚、ピラルクーが棲息している。

 アマゾンに巨大な淡水系が誕生したのは、1億年前には太平洋につながった湾だったこの水域が、後のアンデスの造山活動によって海から切り離されたことによるという。後にアマゾンは大西洋につながって600年前に今日の姿になったということである。

 ピラルクー取りの名人によると、ピラルクーをとるには、ピラルクーが20分おきに呼吸のために水面にあがってくるので、その音をたよりに居場所を探すのだそうである。ただしピラルクーは体の表面を固い鱗で覆われているので、銛をはじかれることがあり、これを捕まえるのはかなり困難であるとのことである。

 水面にあがってきて呼吸をすることからも分かるように、ピラルクーはエラだけでなく、肺を持っている。この辺りの身体的特徴がこの魚が古代魚である所以だそうだ。

 なおピラルクーの身体的特徴はそのすさまじい餌取り方法にも見られる。ピラルクーは餌を見つけると、口とエラを大きく開いて、周囲の水ごと餌を飲み込むのである。さらにピラルクーの舌に当たる位置には硬い骨があり、捕まえた魚はすぐにここでつぶされてしまう。このような骨があるのも、ピラルクーに固有の特徴だそうである。とにかく最大で全長3mにもなるという魚の荒々しい餌取りは、なかなか壮観である。

 ピラルクーは繁殖期になると500匹ほどの子供を産んで、夫婦でこれを守るという。私の記憶では500匹というのは魚の子供の数としては少ない部類に属すると考えられる(多い魚だと、数万匹ぐらい産むものもある)ことから、稚魚の生存確率は比較的高いのだろうと考える(1mを軽く越えるような親が2匹で守っているのだから、敵も迂闊には近寄れないだろう。

 しかし味の良いピラルクーは高価に取り引きされるため、最近は人間による乱獲によって激減しているという。政府は繁殖期の漁を禁止しているのだが、広いアマゾン全域を見張るわけにもいかず、密漁が絶えないと言う。どうもここでも人間が自然の生態系を壊しているようである。先の名人によると、難しい銛による漁を嫌って、網で捕る者が増えてきているのが良くないと言う。ピラルクーの稚魚は非常に早く成長するので、繁殖期での乱獲さえなくせば、ピラルクーの数は回復するはずだとも先の名人は語っていた。現在はブラジル政府もピラルクー保護のための調査に乗り出しているとのことであり、アマゾンの生態系の破壊だけは避けてもらいたいところである。

 

4/16 地球・ふしぎ大自然「ガラパゴス」

 ダーウィンが進化論の着想を得るきっかけになったと言われる島、ガラパゴス。ここの独自の生態系で有名な島である。

 まずこの島の主とも言えるガラパゴスゾウガメ。これは200年もの寿命を持つとのことで、100年前にダーウィンと出会ったゾウガメもまだ生きている可能性がある。なお島の名前のガラパゴはスペイン語でゾウガメのことなので、まさにゾウガメはこの島の主である。

 さらにこの島には独自の生物が存在する。その中で有名なのは、これまた寿命60年と長命なイグアナである。彼らは大きく分類するとリクイグアナとウミイグアナに分かれ、リクイグアナは陸上で生息し、この島で唯一の植物と言えるサボテンを食料にして生活している。

 ウミイグアナは海中生活に適応しており、5分以上も潜水することが可能である。彼らはこの特技を生かして、海藻などを食べて生活している。なお面白いのは、彼らは餌から取り込まれた過剰の塩分を、地上にあがってから吹き出しているとのことである。また彼らにかかせないのが体温を保つための日光浴。そのためになんとなくのんびりした印象を受ける。なおリクイグアナよりもウミイグアナの方が数が多く、彼らは環境に合わせた進化型であると見られている。

 最近、リクでもウミでもない第3のイグアナが発見された。彼らの正体は長らく不明であったのだが、最近のDNA調査により、リクイグアナとウミイグアナの交雑種であることが判明した。さらに彼らの生態が調査されたところ、実は彼らには独自の特技があることが発見された。リクイグアナは木登りが出来ないのに対して、なんと彼らは木に登ってサボテンを食べることが出来るのである。

 彼らが誕生した背景にはエルニーニョが影響しているという。エルニーニョによって陸では降雨が増え豊かになるのに対して、海では水温上昇によって海草が枯れ、深刻な食糧不足に陥る。その結果、餌を求めて内陸に向かったウミイグアナが登場し、彼らがリクイグアナと混血したのだとのことである。なんともすさまじい適応力であるが、このような雑種が誕生するということは、リクイグアナとウミイグアナには種としての違いはほとんどないことが分かる。

 なお彼らは現在確認されているのは20匹ほどであるが、まだ交尾は確認されていないとのことである。この番組ではあまり深く触れていないのであるが、私が疑問を感じたこととしては、果たして彼らが本当に生殖能力を持っているのかである。雑種が生殖能力を失うことはよくあることであるので、もしそうなら、彼らがリクイグアナから交尾の相手として敬遠されることも納得いく。もしそうならば、残念ながら「新種誕生」とはいかない。

 また彼らのすさまじい適応力は、餌が不足した際に体を縮めることさえ可能にしているという。餌が不足した場合には、体を縮めるホルモンが分泌されるのだという。

 個人的に私が感心したのは、イグアナの環境適応能力の高さだ。普通、長命な生物種は概して環境適応能力が低いのに、イグアナは長命にも関わらず、高い環境適応能力を持つというのは生物学的に見て驚異なのではないかと思われる。さすがに「進化の島」の生き物ではある。

 

4/9 地球・ふしぎ大自然「放浪ライオン」

 ライオンは猫科の中で唯一群をなして生活する動物である。しかし一つの群の中のオスは最大でも三頭ぐらい。それ以外のオスは群に属しない放浪生活をする。だが放浪ライオンの生態についてはあまり知られていない。今回この番組はその放浪ライオンの生活の記録を伝えている。

 群の中のオスは、遅くとも三歳までに群を出される。これは近親交配を防ぐためであるとのことであるが、元来狩が苦手な雄ライオンにとっては、これは試練の始まりでもある。この番組では、ある三頭の兄弟を追いかけて、その生態について紹介している。ライオンは同時に群を出た兄弟が一緒に生活する例が多いとのことである。

 群を出た放浪ライオンは、自らだけの力で生きていくか、どこかの群を乗っ取るかしか手はない。まだ力不足の三兄弟は、まずは自分たちの力で生き残る試練にさらされることになる。食料の少なくなる乾期などの試練を乗り越えて、三頭はなんとか生き延びる。

 翌年、やや逞しくなった彼らは、群の乗っ取りを試みる。しかしながら他の群のメスに全く相手にされない。結局彼らは二回の失敗後、幸運にも雄ライオンを病気でなくしたメス三頭の群と出会い、自分達の群を手に入れる。もっともこれからの彼らは、その群を守る任務に追われることになるのだが・・・ちなみにライオンが群を維持できるのは長くても三年が限度だとのことである。

 ライオンが群で暮らすことは以前から知っていたのだが、あぶれた雄がどうして生活しているのかは、当番組で初めて知った。やはり雄が自分の城を築くのは大変なようである。

 ところでこれまた私が初めて知ったのは、雄ライオンが兄弟で行動することが多く、群も兄弟で維持している場合が多いということ。ライオンの兄弟の結びつきがこれほど強いというのは、なかなか興味深いものであった。

 

4/2 地球・ふしぎ大自然「深海のタイムカプセル 発見!恐竜時代の生きた化石」

 アメリカ西海岸のモントレー湾、ここの深海には珍しい貴重な深海生物が棲息する。その中でも恐竜時代からの形態を伝えている生きた化石と言われるのが、「地獄の吸血イカ」こと「コウモリダコ」である。

 このコウモリダコは深海600〜900メートル付近の、酸素極小層と呼ばれる、極端に酸素の少ない層に棲息している。そのために観測することさえ容易ではないのだが、当番組ではモントレー湾水族館の調査チームに同行し、この生きた化石の撮影に成功している。

 そもそも深海600〜900メートルに酸素極小層が存在するのは、浅い海から沈んできたプランクトンの遺骸(マリンスノー)などが分解するときに、酸素を使用するからである。当然ながらこの層では生物は暮らしにくいはずなのであるが、コウモリダコはこの中でなるべくエネルギー消費を減らすために漂いながら餌を探しているのである。生き物の棲息しにくい環境というのは、彼らにとっては天敵のいない環境でもあるわけである。

 表題にもなっているコウモリダコ以外にも多くの深海生物が登場し、なかなか知的刺激を受ける内容である。特に深海生物の生体発光の光景などはなかなか壮観であった。なおこの番組では発光器の存在を、敵に襲われた時の威嚇に使うと説明していたが、往々にしてこのような器官は異性を引き寄せるのに使うことが多いのだが、そういう用途はないのだろうか。

 

トップページに戻る