素敵な宇宙船地球号

 

 テレビ朝日系で日曜日の夜11時から放送されている番組である。初めて見た時はいわゆる紀行系番組かと思っていたのだが、実は環境などをテーマにした啓蒙系番組であった。内容的には良質のものであり、以前より「その他の民放番組」のところで何度か取り上げていたのだが、このサイトの主旨である「地味な教養系番組にスポットを当てる」という主旨に合致しているので、今回独立項目に昇格させることにした。

 内容的には極めて地味なのだが、実に考えさせるものが多い。概してこの手の番組は民放ではスポンサーに困るのだが、トヨタ自動車というある程度社会貢献も前面に打ち出している(企業イメージの向上などのためのある意味では「良い格好し」とも言えるのだが、それでも「不善」よりは「偽善」の方がいくらかでもマシというのが私の考えである)大企業が独占スポンサーについているという安定感があるからこそできる内容だろう。

 もっともこの番組もスポンサー付きである以上、そのバイアスがかかることは注意しておく必要があるが、目下のところは内容的にひどいと思ったことはない。民放系の中では良質の部類に属する番組であると考えている。

 

エンターティーメント度 C

情報信頼度 B

タイプ分け 話題型

お知らせ

当サイト管理人の鷺が、この度書物を出版することとなりました。「あるある大事典」の問題点や注意点などについて解説した書き下ろし本です。詳細はこちらへ。

書籍紹介ページ

 

お知らせ

当サイトではメールマガジン(無料)を発行しております。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 
 

トップページに戻る

1/25 素敵な宇宙船地球号「ゾマホン汗かき奮闘記2〜青い悪魔を駆逐せよ〜」

 西アフリカのベナン共和国のノコエ湖の水上集落ガンビエ村は、かつては「アフリカのベネチア」とまで言われた美しいところだった。しかし現在は生活排水で湖が汚染されてとんでもない状態になっている。これの浄化に取り組んだのが日本でタレント活動をしているゾマホン氏である。彼はこの番組の河川再生プロジェクトにも活躍した島多義彦氏に協力を仰ぎ、蛎殻を使用した水質浄化システムで湖の浄化に取り組んだ。

 それが前回である去年の2月なのだが、9ヶ月ぶりに訪れた現地ではまたとんでもないことが起こっていた。湖面を覆わんばかりにホテイアオイが大繁殖していたのである。これも湖の富栄養化が原因。このままでは湖が酸欠になる上に、ホテイアオイが腐るとヘドロ化してさらに水質が悪化する。ホテイアオイはその高い繁殖力のために世界各地で繁殖し、緑の悪魔とも言われているのだという。

 とりあえずゾマホン氏は地元民を動員して全員でホテイアオイを除去して、水質浄化装置の再生を行った。しかしまだ現地には問題がある。それは大量のプラスチックゴミ。

 そもそも今までゴミを湖に捨ててきた村人は、ゴミ処理という概念を持っていない。そして生分解しないプラスチックをそのまま湖に棄てたために、それらのゴミが大量に湖岸に漂着しているのである。ゾマホン氏はまずはみんなの意識を変えることから取り組むべく、日本でプラスチックから石油を作り出す装置を開発した伊東昭典氏を連れてきて装置の実演を行う。これは日本ではいかにゴミ問題に熱心に取り組んでいるかを村人に知らしめるためだった。彼の努力の甲斐あって、村人のゴミ問題に対する意識も徐々に変わりつつあるという。

 どんどんとプロジェクトが大規模になってきています。しかし世界の環境問題に日本の技術で取り組める部分はいくらでもあると思えるので、この手のプロジェクトはどんどんと進めてもらいたいものです。今は環境問題は実は途上国の方がかなり深刻ですので。

 

7/13 素敵な宇宙船地球号「北上する海の悪魔〜温暖化と猛毒の恐怖〜」

 去年の6月、大阪で不可解な食中毒が発生した。和歌山沖で釣り上げたイシガキダイを食べた9人が猛烈な食中毒に苦しめられたのである。

 彼らが食中毒を起こした原因はシガテラ中毒と呼ばれるものだった。日本ではあまり知られていないが、世界では毎年2万人以上の患者を出しているという。原因は有毒渦鞭毛藻ガンビエールディスカスという藻である。この藻は枯れた珊瑚に生えるもので、昔から船乗りの間では「船が珊瑚礁で座礁すると魚が有毒化する」と知られていたという。また1960年にタヒチで水爆実験が行われた後、周辺の島で中毒が大発生した事例があるという。

 この藻が和歌山沖までやって来た理由には温暖化があるのだという。温暖化によって珊瑚の天敵であるオニヒトデが北上し、和歌山沖でも繁殖、珊瑚を食い尽くすことによって枯れた珊瑚が発生、そこにガンビエールディスカスが発生してそれを食べたイシガキダイが有毒化したとのことである。

 この毒を持っている魚は見た目では分からないし、毒自体は煮ても焼いても消えないとのことである。温暖化がまたもとんでもない病気を発生させているということである。

 非常に恐ろしい話だが、まだ被害が拡大するところまでいっていないというのが救い。変に煽りすぎて消費者が魚を敬遠するなんてことになるのには要注意だろう。番組としては危険を啓発するという意義はあるのだが、それが煽りにつながらないようにするバランスがかなり微妙だったようである。ただこのまま温暖化が進行すると、脅威が現実のものとして迫ってくることになりかねない。日本人にとっては、魚の有毒化というのはかなり深刻な事態であるだけに、やはり対策は必要であるように思われる。

 それにしても嫌な時代になってきたもんだな・・・。

 

5/11 素敵な宇宙船地球号「空飛ぶバラの秘密 巨大花産業の光と影」

 切り花などで欠かせないバラ。今やバラの一大供給地はケニアになっているという。温暖なケニアではビニルハウスの天井を開け閉めするだけで温度調整が出来、暖房の必要がないのだとか。ここでつぼみのうちに摘まれたバラは、低温倉庫に入れられて飛行機で世界各地に配送される。このバラビジネスは巨額の富を生み出し、現地でも雇用を作っている。またケニアのバラ栽培は暖房が必要ないので、飛行機を使ったとしてもCO2排出量としては少ないのだという。

 しかしやはり良いことばかりではなく、影の部分もあるという。ケニアのバラ農園はナイバシャ湖を取り巻く形で存在しているが、最近はこの湖で水の汚染と水位の低下が問題となっているという。水の汚染はバラ農園で使用される肥料や農薬などによる富栄養化が原因。またバラ栽培には大量の真水が必要なため、湖から大量の水が汲み上げられており、それが湖の水位の低下をもたらしている。

 もっとも最近では農園側にも環境に配慮する動きは出てきているという。かつては湖に垂れ流していた農園の廃液を回収し、再利用することで水を節約しようという仕組みである。しかしこの設備などでコスト高となれば、国際市場で競争力を失ってしまう恐れがあることが最大の問題だとか。

 ・・・花ビジネスだろうと、ペットビジネスだろうと、産業が巨大化したらろくなことにならないという気がする。結局はビジネスの世界はすべて金が最優先で回っているから、他のところにあらゆるツケがきてしまうと言うこと。私は何も社会主義者のつもりはないが、こういうのを見ていると「資本主義は悪だ」という気さえ起きてきてしまうのが本音。

 ところで番組中には假屋崎省吾氏とその花教室の生徒が登場して、このケニアの現状を見ているシーンがあったのだが、どうもそのシーンが非常に場違い。恐らく本人達には何の悪気もないんだろうが、こういうお金持ち層のこういう時の反応は、どうしても「大変ですね。だけど私には関係ありません。」という空気が滲んでしまうので・・・。実際にこの時の假屋崎省吾氏の発言も何を言いたいのかさっぱり要領を得てなかったし。花がテーマだからって、何もわざわざ彼を出す必要はなかったのでは。

 

2/24 素敵な宇宙船地球号「シリーズ日本の食2008 仰天鍋!!これが自給率39%の真実」

 今回は日本の食料自給率を鍋で考えてみようと言うもの。日本の食料自給率に応じた材料だけで鍋を作ったらどうなるかである。既に日本の食料自給率は39%というとんでもない数字になっており、かなり悲惨なことになることが想像できる。

 まず鍋の具として欠かせない海産物。しかしこれも今や世界から魚が集まってきており、自給率は悲惨なもの。鱈などは自給率69%というものの、ウニは22%、はまぐりに至ってはほとんどが中国産でなんとたった6%。さらにマグロで37%、エビとなると国産は高価なため、輸入が増えており輸入先はなんと60カ国、そして自給率はたったの5%。というわけで日本の食生活の要であるはずの海産物もまず壊滅的状態。

 比較的自給率が高いのが野菜。しかしトマトは自給率49%、ショウガになると29%、ニンジンが63%、椎茸57%、カボチャ68%、タマネギ75%と確実に自給率は低下しているという。インゲンなどははるかオマーンから輸入されており自給率29%とか。鍋野菜として見た場合は、椎茸は低いが、白菜は100%、春菊、エノキダケも100%ということで、野菜はなんとか格好は付く。

 次は肉類。しかしこれらは国内生産量は半分近くあるものの、これらの食肉用家畜の餌は輸入された飼料が用いられているので、自給率となる牛肉で11%、豚肉5%、鶏肉7%、鶏卵10%という惨憺たるものになるという。

 さらに醤油などの調味料の元になる大豆はほとんどが輸入。というわけで調味料類は壊滅。というわけでできあがった鍋は野菜の水煮みたいなもの。西田ひかる氏によると「白菜を水で炊いただけ」という悲惨なものに。

 食料を輸入に頼っていると、海外で問題が起こった時に日本が日干しになりかねない。そこで休耕田を使用して資料用の多収穫米を栽培して家畜の飼料を国産化しようというような試みもあるというが、果たしてどこまで自給率が上げられるか。

 食料自給率の問題は実はかなり深刻なものである。食料というライフラインを海外に握られている以上、いざというときの命運を海外に握られているに等しいので。しかも日本が食料の多くを依存している国が、アメリカに中国というこれまた政治的に問題の多い国となれば何をか言わんである。国を守ろうと思うと、イージス艦だけあっても仕方ないのだが、なぜか自称「愛国者」に限ってこういうところのことは考えてない例が多いから。

 私は別の項でも21世紀の日本の産業の鍵は農業だと言っているが、食料自給・安全性の問題だけでなく、地方の再生という意味でも、日本はもっと農業について真剣に力を入れる必要があると考えている。特に恐ろしいのは、現在若い農業の担い手が急激に不足しており、このままいくと10年ぐらいで農業の技術を持つ人材が枯渇する危険があることである。食品の安全の問題に世間の耳目が集まっている今が、日本の農業再生の布石のためには最後のチャンスだと思うのだが・・・。しかしなぜ日本の政治家には、地方の振興と言えば道路や橋を造ることしか考えない輩ばかりなんだろう。補助金をばらまくのでなく、本当に農業の再生につながる手を打つことが真の地方の振興になると言うのに。実は日本の政治家は本音では地方が振興してもらっては困ると思ってるのでは(少なくとも小泉は明らかにそう思っていた)。

 

2/10 素敵な宇宙船地球号「居酒屋からニッポンが見える〜海洋廃棄大国の素顔〜」

 焼酎ブームが加熱しているが、その一方で焼酎カスの処理が問題になっているという。かつては家畜の飼料として処理されていたが、増産によって処理が追いつかなくなり、海洋投棄を行っていたという。しかし海洋汚染防止のための1996年のロンドン条約によって、物の如何を問わず海洋投棄が禁止という法律整備が進み、焼酎メーカーは大いに困惑したという。そこで焼酎カスをかつて飼料に使用していたことに注目して、地元鹿児島大学の林國興教授が家畜の成長に有効なブトキシブチルアルコールが含まれることを解明、家畜の飼料に焼酎カスをくわえるプラントを蔵本が共同で建設したという。しかし予定外の事態が、芋焼酎の生産量がさらに増加し、プラントの処理能力を超えてしまったのだという。焼酎カス処理のために新たに牧場と契約したり、コンクリートと混ぜる方法を開発したりとてんやわんやである。

 やはり問題に直面したのが梅干し。現在の梅干しは低塩が好まれるため、調味液に漬けて味を調えるのだが、この調味液が廃棄物となってしまったのだという。和歌山の東農園では独自の処理施設を建設して陸上処理に切り替えたが、社長によると調味液を廃棄物として処分するのは抵抗があると、リサイクルの研究を行ったという。そして試行錯誤の結果、牛用の塩を開発、北海道の牧場と連携しての再利用を目指している。

 青森ではホタテの貝殻の処理が問題となった。その使い道を検討した青森では、貝殻を加工して酢酸カルシウムを製造。これを道路の凍結防止剤として使用する方法を開発したという。効果は抜群で、なおかつ今までの物のような塩素を含んでいないので環境にも良くて一石二鳥とのこと。

 焼酎カスを海洋投棄することが本当に環境に悪いのかという疑問はあるが、確かにあれでも量が大量になりすぎると、汚染につながる可能性はなきにしもあらずという気はする。それにそうやって規制を緩めてしまえば、産業廃棄物などを海洋投棄する馬鹿も絶対出てくるから(日本ではかつて、放射性廃棄物を海洋投棄しようという案さえあった)、一律規制せざるを得ないんだろうが。それにしてもかつては飼料として使用されていた焼酎カスが、配合飼料に駆逐されてしまったというのは、やはり効率重視のせいなんだろう。金を第一優先にするグローバル経済の仕組みが、各地に歪みを与えていたりするのである。そういう現実を見るにつけ、自然と軸足が反グローバリズムの方向に動かざるを得なくなってしまうのだが・・・。グローバリゼーションも小泉構造改革と同じで、結局はごく一部の者の利権を保護するための誤魔化しだったように最近は思えてならないのである。

 

2/3 素敵な宇宙船地球号「大都会の緑のカプセル 地球にやさしいゴルフ場とは?」

 かつては乱開発に農薬の大量使用などで自然破壊の現況としてやり玉に挙がっていたゴルフ場。それが変わろうとしているとか。

 川崎市多摩区の川崎国際生田緑地ゴルフ場は、自然との共生を重視しているゴルフ場だという。ゴルフ場内には地下水が湧き、池には鳥も飛来し、土中にはミミズが多いのでそれを餌にするモグラが出没するとか。普通のゴルフ場だとこれらは駆除するところだが、ここではモグラの穴に杉の葉を入れて、コースから追っ払っている。

 またここからわき出す水は近くの川に流れ、そこには絶滅危惧種のホトケドジョウが生息している。地元の人々はゴルフ場に面した森を守る活動を始める共に、現在はゴルフ場内に小川を作ってホタルなどの生息場所を作ろうとの工事を行っている。

 千葉県はゴルフ場の乱開発が行われた土地だが、皮肉なことに今ではその近くまで宅地開発が行われ、今では緑はゴルフ場にのみ残っているような状態だとか。かつては芝生の病気を防ぐために農薬が大量に使用されたが、現在は農薬の使用が禁止され、千葉県が開発した病害虫に強い画期的な芝が使用されるようになったとのこと。今後はこれらゴルフ場の緑をどう活かしていくかが課題となっている。

 うーん、ゴルフ場にしか緑が残っていないという首都圏の状況が絶望的にとんでもないのではという気もするのだが。ゴルフ場の緑を活かす云々以前に、首都圏の人口を適正レベルにまで減らす必要があるというのが私の見解。地方における第一次産業の再生と、東京の解体は日本の今後百年の大計を考えた時に、絶対に必要なことだと私は考えている。これが実現できれば、無意味なゴルフ場など自然に山林に戻っていく。

 

1/27 素敵な宇宙船地球号「新たな進化!? ホッキョクグマの悲鳴」

 最近になって地球温暖化の影響で北極の氷が急速に失われているが、そのことによってホッキョクグマに異変が起こっているという。

 その一例が、最近発見されることが増えたハイブリッドグマ。これはホッキョクグマとグリズリーの混血だという。本来は両者の生息域は完全に分離していたのだが、地球温暖化によってグリズリーの生息域が北極圏に広がると共に、氷の北上が早いためにそれに取り残されて陸地に残ってしまうホッキョクグマが出ることで、両者の生息域が重なってしまったのだという。そもそも両者は近縁種であるため、雑種の誕生が可能らしい。

 氷がなくなるとホッキョクグマは狩りが出来なくなる。彼らは氷の上でアザラシを狩ることで生きているので、氷がなくなることは食べ物を失うことを意味する。またそのアザラシ自身も減少しているという。アザラシは氷と雪の間に巣を作るが、雪解けが早すぎてまだ成長していない赤ん坊が無防備な野ざらしになってしまうのだという。ここ数年、赤ん坊アザラシの凍死体が見つかることが多くなっているという。

 このままでは50年後にはホッキョクグマは1/3以下になってしまうという推算もある。またグリズリーとの交雑で種としてのホッキョクグマが消滅する可能性も浮上している。

 北極がかなり大変なことになっているとは聞いていたが、この氷の溶け方は尋常ではない。地球温暖化のペースが想像以上に早いようである。数年前はブッシュ政権の意向を受けた御用学者が地球温暖化否定説なんかを盛んに唱えていたが、こうも現実が先行すればさすがにこれ以上の強弁は不可能になり、あのアメリカでさえも温暖化対策を考えざるを得なくなっている。しかし間に合うのだろうか。

 番組に登場したやせ細ってしまってまるでコリー犬のように見えたホッキョクグマの姿が強烈なインパクトがあった。あれではもはやクマとは思えない姿である。地球温暖化の問題をアピールするのに効果的な映像のようにも思われる。

 

12/23 素敵な宇宙船地球号「屋敷林は小さな宇宙〜日本再発見!樹木と人の暮らし〜」

 富山県の砺波平野。ここでは広大な水田の中に小さな森が点在している。これは「屋敷林」。住居を守るために家の周りに植えられた森林である。この地の人々は長年、この屋敷林と共に暮らしてきた。屋敷林は風を防ぐだけでなく、木から落ちる枝は貴重な薪となり、人々は屋敷林に薬草なども植えていた。また多くの生物がこの屋敷林を住処にしているし、樹木から分泌される匂い成分アルファピネンには血液を低下させる効果なども確認されている。また夏には気温を下げる効果もある。

 しかしこの暮らしが変化しつつある。伐採によって屋敷林が減少してきた上にカシノナガキクイムシの繁殖によって伝染病が蔓延し、立ち枯れしてしまう杉が増えており、これも温暖化の影響だという。

 やっぱりこういう光景は和むんですよね。日本の原風景の一つ(完全に野生という意味ではなく、人間の手が適度に胚って自然と共生している)だと思うんだが、こういう暮らしがなくなりつつあるんですよね。ただ単にそれを「時代の変化」とか考えたくはないように思う。まして一部の強欲な資本家の意向で世界的にこのような光景の破壊が進んでいるのだと考えれば・・・。

 

12/9 素敵な宇宙船地球号「台所から地球が見える 大豆が追いつめるアマゾン森の民」

 アマゾンの奥地で狩猟採取によって暮らす森の民ゾエ。しかし彼らの素朴な暮らしに危機が迫っている。

 アマゾンでは輸出用の大豆を作るための森林の違法伐採が相次いでおり、その伐採地域がゾエの保護区にまで接近しているのだという。そしてその大豆の一部は日本にも輸出され、食用油などの原料になっている。

 違法伐採を監視するのはIBAMAの環境保護管だが、その数は少なく手が回らない上に、欲のために違法伐採に手を染める連中はならず者であり、武装している。環境保護官の中に犠牲になる者も少なくないという。

 ブラジル政府は広大なアマゾンを監視するために、中国の協力によるアマゾン監視システムを導入した。しかし雲があると地表が見えない上に、解像度も低いという問題があった。そこに日本のJAXAからの応援が入った。ブラジル政府からの要請により「だいち」を使ってアマゾンの監視を始めたのだという。従来のシステムの3倍の解像度がある上に、雲も投下して監視できるので、その効果が期待されている。

 全く人間の欲って・・・。ちなみに人間の欲を全肯定して、欲望のままに生きることを勧めるのが資本主義的グローバリゼーションってやつだから、金のためなら何でもありって方向に世の中が進むのは理の当然であるわけだが(だから社会主義をなんて言う気はさらさら無いが)。なお現実には、目先の金のために違法伐採に走るブラジル人よりも、その背後で大豆を買い漁っている先進国の方が一番の問題で、さらには穀物相場で利益を上げている投資ファンドなんかが悪の元締めなわけだが・・・。こういう悪徳商人は「破れ奉行」がたたき斬ってくれないかって、最近は本気に願うようになってきた・・・やばいな。

 

12/2 素敵な宇宙船地球号「世界遺産の光と影9 屋久島いのちの森後編〜縄文杉の奇跡〜」

 世界遺産に指定された屋久島。ここの象徴となっているのは縄文杉である。樹齢2000年を超えるというその巨木を見るため、多くの観光客が訪れている。

 屋久島と言えば人の手の着いていない自然というイメージがあるが、実は昔から人の手が入っていたのだという。それは最近までバランスを保ってきていたのだが、チェーンソーの導入による大量伐採で森は荒れ、それは海の荒廃にまでつながった。そこで人々は屋久島の自然を守るための活動を始めたのだという。

 しかし今、別の問題が発生している。多くの観光客が訪れることで植物の根が踏まれたりして森が痛めつけられるのだという。土壌の貧困な屋久島では、杉の巨木もわずか数十センチの表土に広く根を張って生きている。この根が踏みつけられると木が弱るのである。

 これは縄文杉とて例外ではなく、誰かが周辺の樹木を伐採したことにより表土が流出、根が痛めつけられて樹が割るとということが起こったのだという。現在では保護のために手を尽くしているとのことだが、屋久島の自然も油断すると簡単に破壊されてしまう儚さを持っているわけである。

 観光客の殺到が問題になると言うのは良くあること。だから本当に自然を保護しないと行けない地域では、観光客の立ち入りを制限している。日本でも既に尾瀬が観光客を規制しないといけないのではと言われており、屋久島もその可能性が出てくるかも知れない。自然に触れあいたいと思う心が、自然を破壊することにつながってしまったりするのだから皮肉なものである。

 なお、豊かなように見えて貧困な土地というのは、実は熱帯雨林なんかも全く同じ条件。それだけに無闇な伐採は制限する必要があるのである。

 

11/11 素敵な宇宙船地球号「大都会ドブ川の奇跡4〜生命の川の大作戦3年目の真実〜」

 番組で3年がかりで取り組んできた旧芝川の浄化プロジェクトの続報である。

 ヘドロがつもり、悪臭で誰も寄りつかなかったようなこの川の浄化が始まって3年、生き物など住めそうに思えなかったこの川に、多くの生き物が戻って来つつある。しかしまだ生態系が単調すぎるのが懸念される点だとか。

 そこで番組では、ワンドに改良を加え、より多彩な生き物が生息できるような環境を作り上げることにした。また汚染によって沈んでしまっていた炭素繊維や、台風の増水で枯れてしまった植物なども入れ替え、新たに浄化プロジェクトを進めている。

 生態系が豊かになりつつあるこの川は、付近の住民の憩いの場所にもなりつつあるとのこと。都会の奇跡を広げていくことができるか。

 うーん、やっぱりいい話だと思うな、この話は。本気になればドブ川でも再生できるということです。要は環境保護は住民がどれだけ本気になるかと言うことだということを示しているわけ。こういう活動こそ、やはりテレビが音頭をとって欲しいですね。つまらんバラエティを流してお茶を濁すのがテレビの役割とは思わないから。

 

10/7 素敵な宇宙船地球号「奇跡の空中庭園〜食料危機!?ミツバチは警告する〜」

 ミツバチをめぐる話題2つの組み合わせ。

 まず今アメリカで問題になっているのは、ミツバチの大量失踪。養蜂などに使われているミツバチが突然にいなくなってしまうのだという。症状としてはまず働きバチが帰ってこなくなり(死骸も見つからないという)、そのことによって女王蜂や幼虫も死に至って巣全体が崩壊してしまうと言うもの。CCD(Colony Collapse Disorder 群れ崩壊症候群)と呼ばれるこの現象は、アメリカの農業の崩壊にもつながりかねない危機だと懸念されている。と言うのは、多く作物がハチによる受粉に依存しており、作物の受粉を担当するのが養蜂業の大きな仕事だからだという。

 アメリカで国を挙げて調査研究を開始したところ、原因として浮上してきているのがウイルスだという。IAPV(イスラエル急性麻痺ウイルス)というミツバチの羽に麻痺をもたらすウイルスがCCDの発生している地域で見つかったのだとか。このウイルスはオーストラリアから輸入されたミツバチや女王育成用の中国産のローヤルゼリーからも検出されたが、オーストラリアではCCDは起こっていないのだとか。結局、このウイルスと農薬や干ばつなどの環境作用が相互作用した結果ではないかというのが、目下の推測だという。ウイルスに感染したミツバチは仲間を守るために自ら巣を離れるので、死骸が見つからないのではとのこと。

 後半は銀座ミツバチプロジェクトの話。これは銀座のビルの屋上でミツバチを育てるというプロジェクトだが(以前に「夢の扉」にも出ている)、この仕掛け人の養蜂家・藤原誠太氏によると、都心にも意外にミツバチが集められる蜜があるのだとのこと。そこでこの番組では銀座グリーンプロジェクトと銘打って、ミツバチプロジェクトと協力してビルの屋上緑化を進めようとしている。その際に用いられるのが、従来の土よりも軽い屋上緑化用のルーフソイルという超軽量土。通常の土の半分以下の重量の上に栄養価にも富むのだとか。これを開発したのはマサキ・エンヴェック(以前に「ガイアの夜明け」にも登場)。ビルへの負担の少ないこの土を使い、銀座の屋上に農園を作ろうという構想が進んでいる。

 どうも番組の前半と後半が全く別のネタになっているので、どうにも座りが悪い。何となく感じられるのは、最初はCCDのネタだけで一本作ろうとしたのが、一本分だけのネタが集まらずに銀座ミツバチプロジェクトとひっつけたのではという印象。前半のネタと後半ネタが「ミツバチ」という以外に全く共通点がない。しかも銀座ミツバチプロジェクトの前座ネタとしては、CCDの話はあまりに重すぎる。この番組はたまにこういうまとまりが悪い「小ネタ集」みたいな回があるんだが。

 まあ次週も同じネタのようだから、それを見ないとハッキリとは言えないが、予告を見る限りでは次回は銀座ミツバチプロジェクトにしか触れないみたいだし。

 

9/23 素敵な宇宙船地球号「脳が地震を予知する!?〜生き物が持つ不思議なチカラ〜」

 生き物には地震を予知する力があるのではと言うことは以前より言われている。実際に中国では、動物の異常行動を観察して、地震を事前に予知したという例があるという。

 注目されているのは電磁波。地殻に歪みが溜まると、特に石英などは強い電磁波を出すのだという。そして動物はこの電磁波を感じる能力があるのではと見られている。実際に、ゾウなどに電磁波を当てる実験を行うと、警戒音を発するなどの反応が現れた。

 一方、人間もその能力があるのではという研究もあるという。番組では、地震前に耳鳴りを感じるという二人の人を使った実験を行っているが、実際に電磁波に対して脳の聴覚野が活性化するなどの反応が現れたという。さらに驚いたことに、電磁波を照射しても何も感じないと言っていた別の被験者も、地震の時に発生するレベルの電磁波を照射すると、本人には自覚がないにもかかわらず、聴覚野の活性が見られたとか。もしかしたら、人間にも地震を予知する能力があるのではとしている。

 まあ正直なところ眉唾なところもある。例えば電磁波を照射した時、測定器自体が誤作動している可能性なんかはキチンと調べているんだろうかなんて疑問である。強い電磁波を当てたら、コンピュータなどでも誤動作する。

 もっとも個人的体験から言えば、このような予知の可能性は否定できなったりする。と言うのも、実は私自身が、あの阪神大震災があった前日の夕方頃に表現しがたいような強烈な嫌な予感を感じて、その日のうちに慌てて家具の転倒防止を行ったという経験をしているからである。正直なところ、あの時の違和感は理論的には説明できない。しかし結果としては、それから数時間後に阪神大震災が発生し、私は家具の転倒防止をしていたおかげでその下敷きにならなくてすんだわけである。これが単なる偶然なのか、何かの能力なのかは私には分からない。物事に対しては常に合理的説明を重視する私だが、この個人的体験については目下の所は合理的説明がつかない状態なのである。

 

9/16 素敵な宇宙船地球号「遊々カントリーライフ見つけた!」

 女優の工藤夕貴氏は、富士の裾野に土地を買って、そこで自ら有機栽培の野菜を育ててカントリーライフを送っているとのこと。かつてアメリカで暮らしたことのある彼女は、日本においては安全な食品が入手しにくいことに気づき、手に入らないなら自分で作ろうと思い立ったとか。番組ではその工藤氏の元を春風亭小朝と大杉漣の二人が訪問している。

 拾ったガラス瓶を砕いてステンドグラスを作ったり、飼っている羊の毛をヨモギとタマネギの皮で染めてフェルトのバックを作ったりなど、彼女のエコライフを紹介。

 大いに結構な話なんだが、所詮は「金持ちだからこそ出来るエコライフ」なんだよな。最近の中国富裕層は、自国の食品の安全性に見切りをつけて、輸入食品などを食べるようになっているというが、それに近しいところがある。残念ながら我々庶民が彼女のような生活を送ろうとしてもまず無理。そもそも毎日通勤の必要があるサラリーマンにとって、田舎での生活というのは不可能なんですよね。自給自足などと言えば聞こえが良いが、田舎暮らしは意外と金がかかるのが実態。するとどうしても現金収入が必要。結局は我々庶民は会社勤めなどで絞られながらわずかな金を稼ぐしかないわけ。つまりは田舎暮らしなんて、短時間で大量に金を稼ぐことが出来る有名人か、財産などがあって当面の現金収入の必要のないのない富裕層しか出来ないわけで、庶民は悪環境の中で危険な食品を食わされながら、死ぬまでこき使われるしかないというのが現状。だからどうしても彼女の生活が浮世離れして見えるんだな・・・。

 

7/15 素敵な宇宙船地球号「緊急シミュレーション津波の恐怖〜生死を分ける19分〜」

 国中を長大な海岸線で覆われている日本は津波の被害に遭いやすい国だが、その中で近いうちに必ず津波に遭うと予想されているのが三陸海岸である。太平洋に面するリアス式海岸の三陸では、津波の被害に遭いやすい地域で、かつてもチリ沖地震でのつなみで大きな被害を受けた。

 現地ではその記憶を風化させないように、子供たちに伝えている人や、現地の住民が主体になってのハザードマップの制作なども開始されている。シミュレーションによると、気仙沼の場合は30分ぐらいで市街地の大部分が水没するという結果が出ているので、迅速な避難が生死を分けることになる。津波警報が出た場合に直ちに避難するのは当然だが、警報以前でも揺れを感じたら避難するぐらいの用心が必要なようである。

 シミュレーションに基づいて作った映像は、安っぽくはあるがショッキングな映像ではある。ただこの番組のスタンスとして、むやみに恐怖心を煽るのではなく、客観的に事実を伝えようという意図は感じられた。

 なお津波の恐怖は三陸沖だけではなく、日本どこでもあるものである。また必ずしも津波警報の後に津波がくるとは限らない。そういうことを考えると、少なくとも「揺れたら海岸から離れる」くらいの常識は日本人には不可欠なわけである。これはもっとアピールしておくべき。

 

7/8 素敵な宇宙船地球号「台所から地球が見える 白神山地ミクロパワーの奇跡」

 自然遺産の白神山地だが、その自然が食の危機の救世主としても注目されているという。

 ブナの原生林である白神山地は、各種の微生物の宝庫なのだという。ここで微生物を集めているのが、秋田県総合食品研究所の高橋慶太郎氏。1997年に彼がここで発見した微生物の一つが話題になったという。それは白神こだま酵母菌。この天然酵母は増殖力が非常に強いので、アレルゲンになりやすい卵や牛乳などを使用せずに小麦粉だけで柔らかいパンが作れるのだという。アトピーなどを持っている子供にとっては福音だという。なおこの酵母、結構じゃじゃ馬だったのだが、津軽海峡冬景色を聞かせたらゆったりと発酵するようになった・・・とのことなんだが、これはいくら何でも根拠が無かろう(笑)。

 白神山地はブナの林が雪で覆われるために、低温に強い微生物が育成されるのだという。ただその中から有用な微生物を見つけ出す作業は簡単なことではない。しかしその中に有用な微生物を見つけ出すことで、食の問題の解決にもつなげられるのではないかと高橋氏は期待している。

 なお白神こだま酵母は低温に非常に強い微生物だが、その秘密はトレハロースにあるという。微生物内のトレハロースが細胞の凍結を防ぐのだとか。このトレハロースは今では食品以外にも医薬品などにも利用されているが、その中には加齢臭を防ぐシャツなんてものもあるという。

 そして2003年、また新たな微生物が発見されたという。名付けて乳酸菌作々楽。この乳酸菌は低温に強い上に抗菌作用も持ち、さらには血圧を下げる物質も分泌するのだという。これを使用することで、保存の利かなかった漬け物の全国流通なども可能になったとか。

 しかもさらなる新しい微生物、乳酸菌Xも発見されたとか。この菌は4度で繁殖できるので、他の菌が繁殖しない条件で加工ができるようになることが期待できるとか。

 まさに宝の山の白神山地だが、高橋氏が一つ心配することが、地球温暖化などでこの環境が破壊されることだという。だから彼はそうなる前にとサンプルの収集に余念がない。

 以前にも微生物ハンターは登場していましたが、その華々しい成果に反して、これはかなり泥臭くて地味な仕事です。実際の所、狙って微生物が集まるわけではなくて、数多く採取した中からたまたま良い性状のものが出てくるというわけだから、まさに「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」の世界で、数の勝負ですから。まあ、根気に関してはあまりない私に向く仕事ではありません。

 

7/1 素敵な宇宙船地球号「棄てられた海…アラル海」

 世界第4の湖だったアラル海は、わずか40年でほとんどが干上がって砂漠に変わってしまった。現在はカザフスタンとウズベキスタンにの国境に位置するこの湖を破壊してしまったのは、旧ソ連時代の無謀な自然改造だった。

 かつてこの湖には天山山脈から流れるシルダリア川とパミール高原から発するアムダリア川の二本の大河が注ぎ込んでいた。しかしソ連政府は輸出用棉花を栽培するためにこれらの川の水を砂漠の大規模な灌漑に使用した。その結果はソ連では「社会主義の勝利」と宣伝されたのだが、そのとんでもない環境破壊の実態が露見したのは社会主義が崩壊した後だった。

 この灌漑によってアムダリア川は消失、また灌漑によって作られた農地も塩害によって荒れ果てていた。今では多くの土地が不毛の大地となってしまっている上に、アラル海は消滅寸前にまで追い込まれた。土を掘っただけの杜撰な運河はザルのように水を漏らし、意味もなく川の水が消失してしまったのだという。

 干上がった湖底には塩まみれの砂がむき出しとなり、これらは風によって塩の嵐として周囲にまき散らされ、さらに不毛の大地を広げているという。砂の移動を防ぐための植林もされたが、貧困にあえぐ周辺の住民がすべて薪として切ってしまったという。貧困が環境対策をも妨げているのである。

 現在、北部の小アラル海と南部の大アラル海の2つに分断された形になっているアラル海だが、南部の大アラル海は10年で消失するのはほぼ確実だという。現在、北部の小アラル海を守るために、シルダリア川の水を流し込むダムを建設したことで、辛うじて水位が上昇の方向に向かい、魚も戻ってきつつあるという。とはいうものの、かつてのアラル海に比べると見る影もないほどの面積にすぎない。

 20世紀最大の環境破壊などとも言っていたが、社会主義的な無茶な開発が自然にとんでもないダメージを与えてしまった例。もっともこの手の失敗は社会主義だけのせいでもなく、自由主義の国家でも起こしている。要は大規模灌漑に頼った近代農法の敗北ともいえるのだ(しかも棉花は特に水の消費の多い作物である)。近代農法はいかに効率よく作物を生産するかに力点を置いているが、これは同時に自然界から効率よく収奪するだけでもあり、確実に自然を痛めつけるものでもあったわけだ。だからこのアラル海周辺の砂漠地域のように、元々自然の力が弱かった地域ほど露骨にしっぺ返しがきてしまうという皮肉である。現在、ここと同様の危機に瀕しているのは世界各地にあり、特にアメリカの大農場地帯が危険視されている。ここも地下水を灌漑にほぼ使い尽くしつつあり、それがなくなった時には壊滅的打撃を受けるのは確実だとされている。また中国でも内陸部を中心に水不足が深刻化しつつある。水不足の原因は乱開発と共に地球温暖化の影響もあり、21世紀のキーワードは水資源の確保になりそうな気配である。しかしこれにはすぐに打てる効果的な手がないだけにジレンマがある。

 日本もこれからのことを考えると、国内の農地を整備しておくと共に、農業の担い手を育成しておく必要があると思うのだが、実際はその逆の方向にばかり行っているから・・・。食糧の確保ができなくなると、デイトレーダーが何人いたところで国は滅ぶんだが。日本政府は、ホリエモンを育てるよりも百姓を育てることを真剣に考える必要があるのと違うか?

 

6/24 素敵な宇宙船地球号「高樹沙耶の…MYエコハウス〜女優が挑んだ"地球への恩返し"〜」

 女優の高樹沙耶氏は3年前から自給自足を目指したエコハウスを建設していた。それがようやくこの春に完成したとか。オーストラリアで原住民のアポリジニと出合った10年前から、彼女はコンクリートの世界に疑問を感じ、自然に負担をかけない生活を考えるようになったとか。

 彼女が建てた家は、コンクリートに蓄熱したり、屋根の空気層の空気の入れ換えなどで夏は涼しく冬は暖かくを実現しており、冷暖房に頼らないことで電気代を大幅に節約しているとか。なお水も水道を引かずに井戸水、下水は浄化槽を通ってから土中のバクテリアで分解するようにしている完全循環型である。

 さらには畑を作っての野菜の生産も始めている。ただカラスに襲撃されて畑が駄目になるなんてこともあり、カラス対策に追われているとのことだが。

 どうも最近は田舎生活に憧れる女優なんかが増えてきているようだ。高木美保氏なども最近は畑生活をしているというのを聞いているし、田園に行ってしまった芸能人は意外と多いとか。都会の生活に疲れると人間は田舎に帰りたくなるのかな・・・。確かに私も東京に行ったら異常に疲れますから。しかもテレビの世界というのはさらに独特でして、あの世界の毒気に当たられると、人間の根本から妙な具合になってしまうのも何となく頷けます。

 ただ、しがないサラリーマンの立場として言えば、田園生活というのは憧れるのは楽ですが、実際に実行するとなると大変です。しかも自給自足の生活なんて言っても、それを確立するためには実は経済的余裕なんかも必要なんです(初期投資もかなり必要ですし)。と言うわけで、普通のサラリーマンは都会のウサギ小屋住まいの上に奴隷労働を強いられるということになるんですよね・・・何か空しい。

 

6/17 素敵な宇宙船地球号「ヤンバルクイナを守る犬〜外来種を探せ!ランディの物語〜」

 沖縄の固有種であるヤンバルクイナが絶滅の危機に瀕している。ヤンバルクイナが絶滅寸前に追い込まれた原因は、人間がもたらしたマングースの繁殖。マングースはそもそもはハブ対策として導入されたものだが、野生に放たれるやいなやハブよりも捕らえるのが簡単な沖縄の固有種を餌にして、急激に繁殖した。100年前に南部に17匹放たれたマングースが、今や3万匹にまで繁殖、ヤンバルクイナが棲息するヤンバルの森にまで迫った来たのだ。環境相は万里の長城と呼ばれる7キロのマングースよけの柵を建設したのだが、柵の建設以前にヤンバルの森に入り込んだマングースがいることが明らかになり、その駆除が課題となっている。

 現在はわなを接地したりしているのだが、その捕獲率は0.01%とのことで全く有効に機能していない。そこで注目されたのがマングースの匂いを探知し、その生活の痕跡などを見つける探知犬である。そもそもこのような探知犬はニュージーランドなどで導入されており、キウイの脅威となってしまったイタチの駆除などに活躍しているという。探知犬が痕跡を発見した地域にわなを仕掛けることで、捕獲率は40%ほどにまで向上するとのこと。

 日本でマングースの探知犬として訓練されることになったのはメスのシェパードのランディ。両親が警察犬というエリートである。ランディの訓練に当たることになったのは、琉球大学の4年生の山口貴子氏。しかし彼女は生きものを守りたいという情熱はあるが、犬の訓練の経験はない。その結果、ランディとうまくコミュニケーションがとれず、ランディが彼女の命令を聞かなくなるなどという事態も発生してしまう。しかしそれでも彼女は警察犬訓練士のアドバイスなどもうけながら、徐々にランディとのコミュニケーションをとれるようになってきた。やがて近いうちに、ランディと彼女のペアがヤンバルクイナの保護のために活躍する日が来るだろう。

 以上、犬を使った外来種駆除の話。犬の嗅覚細胞は人間の40倍あると番組中で言っていたが、その能力を活かして、麻薬探知犬や爆薬探知犬、最近はがん患者の発見にまで活躍しているというのだから驚きである。

 それにしても、マングースがわざわざハブみたいな捕まえにくいものでなく、もっと捕まえるのが簡単な生物を餌にするなんてことぐらい、ある程度予測できたと思うのだが・・・。それも予測できなかった専門家って・・・。

 

6/10 素敵な宇宙船地球号「外来種は警告する4 巨大ワニガメの悲鳴」

 外来生物による環境破壊を防ぐため、外来生物法が2年前に制定されたが、その後も問題は続出しているし、また法律が出来たが故の問題も発生しているという。

 まずオーストラリアから入り込んだ有毒のセアカゴケグモ。これは今や近畿に広く定着してしまっており、これから人的被害が出る危険が警戒されている。

 また岡山でワニガメ生態研究所を運営している荻野要氏のところには、多くのカメが送られてきているという。そもそもは無責任な飼い主が飼いきれなくなり、無責任に放り出したものだという。荻野氏施設は既にカメであふれている状況だが、今でも匿名でカメを送りつけてくる例や、冷凍して殺したカメの死骸を送りつけてきた例まであるという。

 特別天然記念物の阿寒湖の毬藻にも危機が迫っている。特定外来生物のウチダザリガニによる被害が増加しているのだという。しかしウチダザリガニが特定外来生物に指定されたことで新たな問題が発生したという。そもそもウチダザリガニは食品として北海道に導入されたもので、このザリガニを生きたままゆでると絶品の料理になるのだという。しかし特定外来生物に指定されたことで、生きたままの流通が出来なくなったことから、処理に困るのだという。外来生物法が駆除の妨げになってしまっているのだとか。

 また関西では外来の赤い水草であるアゾラ・クリスタータが大繁殖して問題化している。実はこの水草は無農薬の合鴨農法のために導入された生物だというのである。しかしこれが田んぼから外に流れ出して大繁殖し、水質汚染などの問題を引き起こしている。環境によいはずの合鴨農法が新たな環境破壊をもたらしてしまったという皮肉である。

 これ以外にも、今後特定外来生物に指定される可能性の高い生物は目白押しだという。しかしいずれも問題解決は単純ではない。

 うーん、簡単な解決法がないだけにまたも頭の痛い問題。現在、ブラックバスの駆除のために「とにかく食え」という政策が進められているが、ウチダザリガニなどはこれしかないだろう。ただ生きたまま流通させると、途中で逃げ出したりなんてことが起こりやすいだけに、無闇に許可できないし・・・。冷凍とかしてしまうと味が大分落ちるんだろうか・・・。

 それにしてもワニガメの話は、相も変わらずペットマニアってつくづく馬鹿ばかりなのかっていう気だけが起こってしまうわけである。飼いきれなくなるものを買わないのは当たり前のことなのだが、その当たり前のことを出来ない馬鹿が多いのは困りものである。

 なお一つ気になるのは、今回この番組で荻野氏のことが紹介されたことで、今まで以上に彼の元にカメの引取依頼が殺到するのではないかということ。かといって引取先が全くないと、無責任な馬鹿マニアが、そこらに捨てかねないし・・・。頭痛い。

 

6/3 素敵な宇宙船地球号「ベンガル湾に消えゆく島」

 バングラディシュの南部の島のチャーパティラ。ここは温暖化による海面上昇によって海に沈みつつある島である。海面上昇によって押し寄せる波と、サイクロンなどによって海岸線は浸食され、島は次々と海中に没している。番組では2000年に、ここの海岸から100メートルの家に住む一家を取材したのだが、今回この島を訪れると、彼らが住んでいた家があった土地は既に海中に没していた。取材のあった翌年に彼らの家は流されてしまったのだという。

 番組スタッフが彼らを追跡したところ、一家はダッカに移り住んでいた。彼らはそこで何とか生活していたが、父親は島に戻りたいという希望を強く持っているという。しかし地球気候変動研究所所長のアッサン・アハメド博士によると、残念ながらあの島は30〜40年が限界で、海に沈んでしまうだろうという。

 しかも彼によると、いずれはバングラディシュ全土が同じ運命を辿る可能性があるという。バングラディシュはそもそもヒマラヤからの堆積土砂で出来た低地の国である。最近は上流の森の減少によって流出土砂が増えており、それが河口に堆積して河床を上げ、川の水が海に流れにくくなっているという。そこに海面上昇とサイクロンが重なると、国土の大半が海に没する危険があるのだという。

 ここでも地球温暖化の影響をもろにかぶっている人々がいるわけである。なお低地を多く抱えるのは日本の大都市も同じで、海面上昇は人ごとではない。それにしてもこの番組では温暖化を扱うことが非常に多い。やっぱり、環境問題と言えば今は温暖化が一番に上げられるのだろうか。

 

5/20 素敵な宇宙船地球号「大都会ドブ川の奇跡vol3〜魔法の浄化アイテム!?大作戦〜」

 この番組が以前から浄化プロジェクトに取り組んでいる埼玉県の旧芝川の続報。

 炭素繊維や土壌改良などで浄化が進み始めた芝川に対し、今年はさらに浄化範囲を広げようとしている。今回取り組んだのはこの川に流れ込んでいる製紙工場廃水の浄化。

 この工場では廃水処理して環境基準以下にしてから排出しているのだが、それでもどうしても繊維などが含まれてしまうのだという。フィルターで濾過するのが一番効果的なのだが、排水量が多いためにフィルターがすぐに目詰まりしてしまうという問題があるのだという。そこで導入したのが、西脇市のメーカーが開発した自動洗浄フィルターである。

 製紙工場社員の全面協力と番組スタッフの手によって、製紙工場排水溝周辺のヘドロが除去され、フィルターの取り付け工事が行われることとなった。これで排水は劇的に綺麗になったが、まだ問題点として酸素濃度が異常に低いということがあった。そこで使用されたのが、マイクロバブル発生装置。極めて小さい泡を水中で発生させることで、酸素濃度を上昇させるのである。これで製紙工場の排水問題は解決である。

 さらには生物浄化も取り入れた。河川浄化能力を持つドブガイを芝川に放つことにしたのである。その放流の日には埼玉県知事も駆けつけて大々的に行われた・・・。

 なにやらドンドンと大規模な話になってきている模様。しかし実際にドブ川が劇的に変化しているのが分かるのがすごい。手を加えさえすれば、環境って再生できるんだな・・・。それはそもそも日本が恵まれた環境の国だからなんだが。

 

5/13 素敵な宇宙船地球号「驚異!巨大洞穴群のナゾ〜スーパー長寿村の秘密〜」

 中国の には天抗と呼ばれる巨大な縦穴群がある。地上から数百メートルもの深さがある。この天抗の生成メカニズムとしては、地下河川が影響しているという。地下河川によって石灰岩の地形が地下から浸食され、ある日それが大規模に崩壊することで天抗が生成するのだという。実際、天抗の位置と地下河川の位置は合致する。

 この天抗の周辺には100歳以上の老人が多数暮らす長寿の村が存在するという。長寿の秘密の解明が行われているが、その理由の一つとして、天抗の底に棲息する独特な薬草と、弱アルカリ性の水などがあるのではないかとしている。また天抗の底からマイナスイオンが湧き上がっているという説もあるとか・・・・ってオイオイ、ここでマイナスイオンかよ。こんなオカルトなもの宣伝しないでくれ。中国のことだから、次に出てくるのは気功のパワーか?

 結局のところ何が長寿の原因かはっきりしないが、要は田舎の空気の綺麗なところで慎ましく暮らしているというのがポイントなんだろう。ただ気をつけないといけないのは、中国のような戸籍のしっかりしていない国では、100歳以上の老人というのが本当に100才以上とは限らないということ。実際、祖母の代からの年齢を引き継いでいたなんて例もあったりしたとか・・・(自称百数十才なんだが、実際は祖母の代からカウントしているので実は60才程度だったってオチ)。栄養状態が良くないせいで、50才以上になると見た目が老人になってしまうので、老人ばかりの村なんてのもあったり。

 

4/29 素敵な宇宙船地球号「故郷が砂漠になる日〜知られざる黄砂のナゾ〜」

 黄砂の飛来が年々激しくなっているが、最近は北海道にも黄砂が飛ぶようになった。それは新しい黄砂の飛来源が発生しつつあることと関係しているという。

 札幌の酪農学園大学の准教授のブホー・オーツル氏は中国内モンゴル出身で、長年に渡って黄砂の研究をしている。彼の研究によると、黄砂の発生源が従来のタクラマカン砂漠に黄土高原から、内モンゴルの草原地域に移りつつあるのだという。本来は内モンゴルは豊かな草原地帯のはずだった。そこで何が起こっているのか。衛星写真を分析すると、内モンゴルでは草原と砂漠がモザイクのようになっているのだという。

 現地を訪れると砂で埋まってしまった集落などが発生していた。このようなひどいことになってしまったのはここ20年以内のことだという。かつては放牧の民が自由に移動していた草原には柵が作られ、土地が遊牧民に分配されていた。土地を私有させることで生産意欲が高まるだろうと考えての政策だという。しかし柵で移動を制限された羊たちは、柵に行き当たったところでその地の草を根こそぎ食べてしまっている。内モンゴルの草原は、砂の上に極薄い表土が乗っているだけなので、一端根こそぎ荒らされてしまうと、あっという間に砂漠化してしまう。つまりは柵があることでその周辺から砂漠化が広がっていたのだ。しかも生産性を上げるための過放牧がそれに拍車をかける。

 また遊牧民の定住化政策も草原の荒廃を招いていた。従来、内モンゴルの草原のこの貧弱さを知っていた遊牧民は、草原を耕してはならないということを常識としていた。しかし定住化によってかつての遊牧民達が草原を耕すようになった。砂の層の上に極薄い表土が乗っているだけのこの地域では、耕すことで砂の層が露出してしまい、砂漠化が促進されるのである。ブホー・オーツル氏は、現地に飛んでこの危機を訴えているようだが、果たしてどこまで効果が出るのか・・・・。

 政策の誤りによって環境が取り返しのつかないダメージを受けつつある例である。古来からの現地での生活は、大抵は自然と共生できるシステムになっているのだが、そこに現在式の一見合理的に見えるやり方を導入することで、環境が徹底的に破壊されてしまう例である。このような問題は資本主義陣営、社会主義陣営を問わずに発生している。インドなどではアメリカ式の大量に肥料を用いる灌漑農法を取り入れたところ、地下水の枯渇と土地の疲弊でとんでもないことになりつつあるし、北朝鮮での飢餓の原因は、生産性を優先して土地の状況を無視した社会主義的農業で耕地が壊滅したことによるとされている。

 近代農法は、ごく短期的には生産性が高まるので利益が上がるが、継続することが出来ない例が多い。その結果として、農地が使い捨てになってしまうのである。現在、アマゾンの密林が急速に失われつつあるのもこのような状況が多い。根深い問題なのであるが、一番難儀なのは、現地の人間に「環境を破壊するのを防ぐために餓死しろ」と言うわけにもいかないということがある。現地民の生活が成り立ちつつ、環境と共生できる手法が提案できるかが最大のポイントなのだが、未だにそれになかなか成功していない。

 

4/22 素敵な宇宙船地球号「日本海漂流〜ナゾの貝殻は警告する〜」

 日本海にブカブカと浮かぶ奇妙な貝殻。これは地域によっては子安貝とも呼ばれている貝殻であるが、実はカイダコという貝殻を持つタコなのだという。このカイダコは海流に乗って流れながら、日本海を北上していく。今回はこのカイダコの漂流を追いかけながら、日本海にまつわるエピソードをその危機的状況を交えオムニバス的に伝えている。

 まずは対馬。ここでは海から漂着するゴミで海岸が覆われている。漂着しているのは生活ゴミ。しかもハングル文字が書いてあるものが多い。対岸の朝鮮半島からゴミが漂着しているのである。

 もっとも漂着物も悪いものばかりではないらしい。出雲にかつて大きいものは太さ2メートル長さ30メートルのものを含む100本以上の大木が流れ着き、これで出雲大社の本殿を建て直したという伝説が残っているのだという。実は、去年九州に7万本もの流木が流れ着いたという事件もあり、単なる伝説とは言い切れないとのこと。

 ただ島根の海でも変調は起こっている南の海にいるはずのハリセンボンが大量に上がっており、魚を傷つけるために嫌がられているという。またこれもやはり南方に棲息するはずのダイオウイカなども多く揚がっている。

 福井ではエチゼンクラゲの猛威にさらされている。大発生の原因は中国沿岸の富栄養化と海水温の上昇だと言われている。

 また他ならぬカイダコ自体も異常が発生している。寒さが苦手なために本来は北海道には来ないはずのカイダコが、大量に北海道に流れ着いているのだという。明らかに日本海の海面温度の上昇が起こっているのだという。

 しかもこれがさらにとんでもない事態の前触れである可能性があるという。日本海には低温の海水が深海に沈む深層海流があるのだが、温暖化によってこの流れが弱まっており、これが地球環境や海洋生態系に壊滅的打撃を与える危険が指摘されているのだという。実際、深層海流の沈み込みの地に当たるウラジオストクでは、ここのところ海面温度の上昇が続いているという。

 カイダコを追跡するという「地球ふしぎ大自然」のような構成を取りながら、実は環境問題を織り込むというこの番組らしい内容。メッセージを伝えるのに固すぎる印象を与えないための工夫なのだが、下手をすると番組が焦点ボケしてしまって、何を言いたいのか分からなくなる危険も秘めている両刃の剣である。ただ今回に関しては、メッセージが希薄になりすぎるギリギリのバランスを保っていたように思われる。もし最後の深層海流のネタがなければ、バランス的には失敗だったところだろうが。

 

4/15 素敵な宇宙船地球号「ペットブームの光と影vol.3 光るメダカの驚異」

 観賞魚などがブームだが、これらは各地に影響を与えているという。

 バリでは熱帯魚やサンゴの輸出か一大産業となっている。かつてはサンゴ礁に潜む魚を毒を使って追い出して捕まえることをしていたが、この毒が環境を破壊する上に、こうして捕った魚も長生きしないため、最近では毒を使わなくなったという。またサンゴについてもサンゴの養殖が行われるようになったとか。

 台湾では光るメダカが人気を博している。これは大学での研究の過程で発明された産物で、遺伝子改造によって生産されている。自然界に与える影響を懸念する越えもあるが、遺伝子改造技術を国家事業と位置づけている台湾では、批判の声は大きくはないという。メダカを生産している企業では「不妊処理をしているので環境には影響を与えない」としているが・・・(不妊処理は何も環境のことを考えて実施しているのではなく、勝手に増殖させられて企業の儲けがなくならないためなのは明らかだが)。

 ペットブームの現状について。ただどうもテーマが散漫。この後も水槽作家なる人物が出てきて、その作品を紹介したりなど、何をテーマにしたいのかがさっぱり分からない。

 ただ個人的にはこの番組を見るたびに、世の中のペットマニアが馬鹿にしか見えないんですが・・・・。実際はほとんどの人がまともでも、一部に金に飽かせて珍獣を買い漁っては、飼育しきれなくなってポンポン捨てる馬鹿がいると、ペットマニア全体のイメージが悪くなるんですよね。ブラックバスの放流を煽って自然を破壊した奴や、そのことを擁護しているタレントSみたいな馬鹿のせいで、釣りマニア全体のイメージが悪くなるのと同様です。

 

3/25 素敵な宇宙船地球号「さくら前線異状あり−日本から"春"が消える日!?−」

 現在、桜の開花予想は民間会社も参入して、3社の戦国時代になっているとのこと。その中の一つがウェザーニューズは全国のサポーターから桜の写真を携帯カメラで送ってもらい、それを開花予想の参考にしているという。同社は桜開花予想に参入して6年目だが、今年は記録的暖冬だったために予想が非常に難しくなっているという。今年も、熊本からつぼみが膨らむのが早いとの通報を受けて、全国的な開花予想日を見直した。

 桜の開花の時期が切実な問題になっている地域もある。弘前では例年、開花がGWと重なることで多くの観光客を集めてきた。しかし今年はGWには桜が終わってしまう危険がある。そうなると地元にとっては深刻な打撃だという。弘前大学農学部では弘前市の依頼を受けて桜の開花を遅らせる実験を行っている。今年は、遮光ネットを使用して日光を遮って開花を遅らせる実験を実施中とのこと。

 ただそんな中、気になる通報もあった。桜の木に変なキノコが生えているという通報である。そのキノコはコフキサルノコシカケだった。このキノコは、桜の表面の傷から入り込み、桜の木の内部を腐らせながら表面に顔を出す。このキノコにやられた桜の木はついには倒れてしまうことになるという。実はこのキノコは上野でも見つかっており、温暖化の影響ではないかと懸念されているという。

 実際、今年の東京の気温は100年前の鹿児島の気温と同じであり、ソメイヨシノの南限が奄美諸島辺りであるから、このまま行くと、いずれは東京でソメイヨシノが見られなくなる可能性があるとか。

 またも地球温暖化の影響である。ブッシュが石油業界の意向を受けて、御用学者を総動員して「地球温暖化はデマだ」とのPRをやっている一方で、現実の方だけは明らかに進展している。このまま行けば、桜が見られなくなるどころか、農業が深刻な打撃を受けたり、マラリアが蔓延したりといった問題が発生するのも時間の問題のような気もする。かなりやばい。

 そう言えば今年は、気象庁が桜の開花予想についてデータ入力ミスからすっとこどっこいな結果を発表してしまうなんて大チョンボをやっておりました。どうも現場も前代未聞の事態に大混乱している模様。

 

3/18 素敵な宇宙船地球号「世界遺産の光と影6 知床漁師悲しみの海峡〜北の海に生きる男たちの闘い〜」

 知床が世界遺産に指定されたことで、観光などで5年間で1000億円もの経済効果が生まれているという。地元の斜里町などでは観光で湧いている。

 しかしそれと対照的なのが、半島裏側オホーツク海側の羅臼町。漁師の町である羅臼だが、最近はスケトウダラの不漁で苦しんでいるのだという。そもそも羅臼では世界遺産の指定の時でも、絶滅危惧種であるトドを守るためにスケトウダラの規制を示唆されるなど散々な目に遭ったのだというが、近年は温暖化による流氷の激減など(特に今年はひどいらしい)によって、スケトウダラの漁獲が減っている。

 しかもこれに拍車をかけているのがロシアのトロール船。羅臼の漁師達は資源保護のために刺し網を使用しており、小さな魚は網の目から通り抜けるようになっているが、ロシアのトロール船は魚を根こそぎにしてしまうのである。しかも彼らは本来は日本の領土であるはずの根室沖にまで出没しており、しかもそれを日本側は取り締まることが出来ない状態である(つまりはこれがロシアによる「実効支配」というやつになるわけである)。

 このままでは羅臼の漁業が壊滅してしまうとして、地元の漁師の青年会が立ち上がった。今まで個々の漁師が持っていた漁場の情報などを公開して共有し、資源の保護をするようにしたのだという。しかしそれでもまだ漁獲は上向いていない。ここで考えた秘策が国後島を世界遺産に入れることで、ロシアをも巻き込んだ国際的な保護の枠組みを作ろうということだという。どう考えてもすんなりといくとは思えない目論見だが、彼らは将来を睨んでそれを夢見ている。

 うーん、切実すぎる話。世界的に漁業資源の争奪戦が激しくなってくると共に、日本近海でもロシアや韓国、中国などとの資源争奪戦が激化してます。日本では最近になって漁業資源の保護に乗り出しているが、これらの国はそんな概念をまだ持ち合わせていないから、ひどい場合には禁漁区に勝手に入り込んで違法操業をしていたりする始末。世界遺産でもなんでも良いから、とにかく何らかの枠組みを作って欲しいというのが、漁師達の本音なんだろう。

 

3/4 素敵な宇宙船地球号「日本ふしぎ"音"紀行〜脳と自然の調べの秘密〜」

 日本人は古来より自然の音を好んできた民族だという。実際に、獅子脅しや風鈴など、あえて音を出させる仕掛けも非常に多い。日本人が安らぐと感じる音を分析すると、いわゆる1/fゆらぎと呼ばれる周波数に応じたゆらぎがあるのがよく分かるという。なおこの1/fゆらぎがある音に安らぎを感じるというのは、日本人独自の感性というわけではなくて万国共通のものだという。実際にバイオリンなどの楽器も1/fゆらぎを持っているという。

 ただ日本人独自の感性も存在しているという。それは虫の音。日本人はこれを聞くと安らぎを感じると答えるが、欧米人の場合は「機械的でイライラする」という反応が多いという。これは日本人の脳の構造が影響しているのではないかと言うのである。首都大学東京大学院の菊池吉晃教授の研究によると、音を聞いた時は右脳が反応するのであるが、日本人だけは虫の音を聞いた時に言語を司る左脳の方が機能するのだという。日本語は非常に母音が優位である言語であり、自然の音も母音の成分が多いので、このような反応になるのだと推測できるとのことで、日本人はかなり特殊な独特の感覚を持っているのではないかということ。

 1/fゆらぎの話はかなり有名だが、後半の脳の働き方の話は興味深い。もっとも正直なところ「ホンマかいな?」という疑問はあるので、今のところは話半分と言った印象。ただ日本人と欧米人とで感覚が違うのは良くあるところで、それについて脳の働きが絡んでいるということはあり得る話。ただこれは「働きが違う」というだけの話であり、どちらが優れているとかいう話ではないので、そこのところを混同しないようにする必要はあるだろう。

 それにしても番組でも触れていたように、最近の街中は安らぎとは反対の不快感を与える音ばかりがあふれている。都会の環境を考える場合、音空間の設計も今後は重要性が高まってくるように思われる。今の若者の中には人工的な音のない自然界にいると耐えられなくなり、わざと大音量で音楽を流すというような者までいるというから、実際に感覚の破壊の方が相当進んでいる恐れもある。

 

2/25 素敵な宇宙船地球号「京都水物語〜古都を支えたナゾの地下水脈〜」

 京都は地下水の豊かな土地である。その地下水が今回のテーマ。

 基本的に京都の地下水は軟水であり、それを最大限に利用しているのが料亭だとか。実際に、京都の料亭では東京での支店のために毎日水を運んでいるという。やはり軟水の方が出汁が良く出るのだという。

 京都の地下水の秘密は、京都盆地に蓄えられた膨大な地下水脈。地層調査の結果、地下の岩盤がくぼみ状になっており、その中に琵琶湖に匹敵する量の水が蓄えられていることが分かったという。そしてその水が流れ出す唯一の出口が山崎の地。ここにはその水を利用してサントリーの醸造所が設置されている。

 一方、山から新鮮な水が流れ込む北部の方には御所がある。御所は、地下水をふんだんに利用できる地を選んで建設されたのだ。また酒造りで有名な伏見は若干硬水気味の水、かつてここに地下鉄が建設されようとした時、地元の酒造会社は水脈が断たれることになると陸軍にまで文句をつけて水脈を守って今日に至っている。

 ただ京都市内では地下鉄などが建設され、微妙に水脈が変化しているという。やはり地下鉄の影響によって以前よりも井戸を深く掘る必要が生じ、井戸が深くなることで若干井戸水が硬水になっているとのこと(地下深い水ほど硬水になると言う)。

 また京都太秦では開発の影響が出ていた。舗装や下水工事の影響で地下水が減少し、神社の湧水池が枯れるなどの事態が起こっているのだという。

 以上、京都の地下水について。なお京都の地下水脈の話は、以前にNHKスペシャルでもやっていた記憶があるので、ネタ的にはかぶる(放送自体は大分前のはずだが)。京料理が京都の水に依存していることは有名な話で、この水があるからこそ素材の味を活かす微妙な京料理の味付けが生きるわけである。この辺りの繊細さは、硬度の極めて高い水を飲んでいる欧米人には理解できないのではないかと私は感じている。ただし、この日本の水の硬度の低さは、同時に日本人のカルシウム不足の原因にも挙げられているのであるが。すべては良し悪しである。

 

2/18 素敵な宇宙船地球号「大都会の豹物語 インド・肉食獣と人間の共存」

 インドのムンバイでは人口の増加に伴い、豹に人間が襲われる事件が続出しているのだという。豹はサンジャイ・ガンジー国立公園の10キロ四方の森に住んでいるのだが、この豹が人家に出没するようになったのだという。そもそもこの地域は豹の生息域だったのだが、人口の増加によって豹の生息域が人間に浸食される形になったのだという。実際、公園内に居住する不法居住者などもおり、被害は公園の境界域に集中しているという。

 これに対するインド政府の対応だが、これがまた徹底している。あくまで人間よりも豹が優先なのだという。政府にすれば、人間と豹が近くに住みすぎているのが問題なのだと原因がはっきりしているから「問題ない」のだそうだ。

 豹に人間が襲われる時はパターンがある。豹は目の位置で獲物を判断し、しかも視力が良くないので、子供とか大人でもかがんだ時など、姿勢を低くした時に襲われるのだという(オオトカゲなんかも同じことを聞いたことがある)。

 また国立公園内に住んでいる山の民もいるが、彼らは豹を観光に利用するということもはじめている。子ヤギを囮にして豹をおびき出し、観光客に写真などを撮らせるという(かなり危険なやり方だと思うが)。こうして稼いだ金で、家畜を守るためのフェンスなどを作るのだという。

 うーん・・・。お国柄の違いというか何というか、少し日本では考えられない状況である。これは国が自然を大事にしているというよりも、人間を大事にしていないだけなのではないか。いくらなんでも、ちょっと私にはついて行けません。

 

2/11 素敵な宇宙船地球号「台所から地球が見える 中国的野菜大革命」

 近年、中国からの野菜の輸入が急増しているが、冷凍ほうれん草での残留農薬の問題などから、安価であるが農薬漬けの危険な野菜という悪イメージもつきまとっている。しかし実は中国の野菜栽培は本来は有機農法であり、農薬はとにかく規格などにうるさい日本向けに使うようになったというところが皮肉な事実だったりする。最近では中国では野菜の作り方の見直しも始まっているという。

 中国産白ネギを扱っている大阪丸促青果の福田浩司氏は、ネギ畑の土壌から注意している。現地での栽培責任者の陳栄芳氏によると、農薬の使用も日本の一般農家と同様のレベルに抑え、農薬の残留を防止するために収穫の一ヶ月前から農薬の使用は禁止しているという。しかし中国産青ネギから残留農薬が発見されたあおりで、同じ農薬は使用していない彼の農園も出荷量が1/3落ちたという。

 また中国人に農産物を売り込もうとしている日本人もいる。乾裕哉氏は、現地でイチゴを生産して、中国人への販売を狙っている。彼が使用するのはとよのかなどの日本で特許が切れた苗。これを現地で栽培して、今まであまりイチゴを食べなかった中国人に食べてもらおうとの試みである。中国人の舌が肥えることで、中国の農業も大きく変わるはずと彼は考えている。

 また料理人の立場から良い野菜を探している人物もいる。日本の一流ホテルで10年勤めたことがあるという伊達昇氏は、中華料理のための理想の野菜を求め、最終的には有機農法の野菜に行き当たった。農薬を使用した野菜ではこの味は出せないのだという。

 以上、中国の有機農法の現状。本来は有機農法だったのが、日本の農業に汚染されて農薬漬けになってしまったというのは大きな皮肉。中国に一番最初に乗り込んだのが、効率と銭もうけを第一にしていた商社だったというのが大きいのだろう。

 なお私が以前から何度も言っているように、有機農法の野菜と農薬漬けの野菜は、安全性云々という以前にまず味が全く違います。どうも農薬賛成派の人間には、こう言うと「思いこみ」だと決めつけかかる人もいるようですが、そういう人間は概して有機農法の野菜を食べた経験がありません(もし食べた上でそう言っているのなら、よほどの味音痴だ)。農薬を全く使わない農業というのは現段階ではかなり難しいのは事実であるが、なるべく農薬使用を減らした農業というのは、本来向かうべき方向だと思う。

 

1/14 素敵な宇宙船地球号「東京ふしぎ水探検〜地下水が巨大都市を救う〜」

 東京は意外なほど地下水の豊富な土地である。新宿にさえ井戸はあるのだという。東京の地下水にまつわる特徴として、1.崖から水がわき出している。2.標高50メートルの直下に大きな池がある。

 東京の地層は下から基盤岩、礫層、関東ローム層となるが地下水はこの礫層の中を流れているのだという。そしてこの礫層は多摩川によって運ばれた石が積もったものなのだという。かつて海底だった東京に多摩川が礫を運び、その上にローム層が積もったのだという。先ほどの地下水の特徴は、この構造のために発生しているのだという。

 また東京は実は温泉が多いところだという。またその温泉は色の黒い黒湯である。この黒湯は地下水が温められたものなのだという。

 阪神大震災以来、東京では災害時用の井戸が作られる用になったという。また東京駅の地下にわき出す地下水を立会川に流し込み、汚染されていた川を浄化することも行われている。さらに地下水を使った冷暖房なども実用化されている。

 東京は以前より地下水の豊富な土地であり、だからこそ大都市が築かれたのだが、問題なのはあまりに過密すぎること。人間が過密すぎるが故に一人あたりの水の量にすると不足することになってしまう。実際は今のような過密状態でガンガン地下水を使ってしまうと、あっという間に枯渇である。東京の過密は自然の許容能力をはるかに超えているわけである。ここのところが解消できれば、東京はもっと豊かな都になるのだが。

 

1/7 素敵な宇宙船地球号「台所から地球が見える 日本海マグロの叫び」

 マグロといえば大場のクロマグロが有名だが(ガッテンでも登場していましたね)、最近はそれに並ぶブランドとして台頭してきているのが、壱岐や見島といった日本海のマグロだという。そもそも日本海のマグロが増加したのはここ数年だという。地球温暖化の影響で海水温が上がり、日本海にマグロが滞留する期間が長くなったのだという。

 見島や壱岐ではマグロは一本釣りされている。現地の漁師には一本釣りは環境に優しい漁法だという誇りもあるのだという。

 マグロ景気に湧くように思われる彼らだが、彼らには大きな懸念がある。それは巻き網漁船が小さなマグロを乱獲していることだという。巻き網漁は産卵前の群れを取り囲んで一網打尽にするので、日本海のマグロ資源の枯渇が心配されている。大型巻き網漁船に怒る彼らは、巻き網漁の規制をするべきだと訴えている。

 それに対して巻き網漁を実施している大手水産会社は、巻き網漁は日本海に流入するマグロのごく一部を取っているだけだから資源枯渇の問題はないという。また産卵期は群れが集まるので漁がしやすく、数量規制などがかかると採算が合わないという。巻き網漁がなくなると、手ごろな価格のマグロが供給できなくなると主張している。

 しかし本当に資源の枯渇の心配がないかといえば疑問は大きい。北海道でかつてクロマグロ漁で湧いていた天売島では、10年ほど前からクロマグロの水揚げがパッタリとなくなってしまったという。現地の漁協では巻き網漁が原因だと推測している。

 世界的にマグロ資源の枯渇が問題視される中、水産庁もようやく重い腰を上げ、巻き網漁の規制に乗り出しはじめたとのこと。資源の保護と利用のバランスは難しい。

 ・・・というように日本では巻き網漁が規制される方向になったようだが、日本が止めたら今度は韓国が巻き網漁でごっそり持っていったということになっては元の木阿弥なので、韓国などの動向にも要注意である。水産資源問題は重要な国際問題にもなっているのである。

 巻き網漁を行っていた業者は、消費者の要望を盾にしていたが、実際に消費者は安いマグロを望んでいるのは事実である。ただそのために資源が枯渇してしまったのでは、結局はかえって高くつくことになる。目先のことだけを優先しない知恵が必要なわけである。

 とは言うものの、最高級のマグロなんてとても食べられない私のような庶民としてはどうすれば良いのやら。

 

12/24 素敵な宇宙船地球号「あなたの知らないハワイ 観光100年目の落とし穴」

 日本人にとっては、今やもっとも身近な海外観光地になっているハワイ。しかしそのハワイも観光に関しての問題はいろいろあるという。

 今年3月、集中豪雨で老朽化した下水管が破裂、あふれ出した汚水がホテルに流れ込むのを防ぐため、大量の汚水が運河に排出された。その結果、ワイキキビーチがしばらくの間、遊泳禁止になるという結果になったという。またこの汚水で肉食性のバクテリアが繁殖し、けがをしていた青年がそのことを知らずに海に入って、バクテリアに感染して死亡するという痛ましい事故も発生しているという。事件が発生した時、観光局はこの事実を海外に向けて積極的に広報しなかったので、知らずに訪れた観光客からは不満の声が上がったという。

 また地震でオアフ島が全島停電し、パニックが発生したこともあるという。送電線が切れた一番の原因は老朽化にあるとのことで、ハワイでは観光を優先しすぎたために、都市機能の遅れが目立っているという。

 なおワイキキビーチはそもそも人工のビーチであるため、毎日のように砂が削られるので、常に砂の補給が行われているという。ワイキキビーチは一種のテーマパークなのであるという。現在は沖に流された砂を浚渫して戻すということまで試みられているという。

 またハワイで人気のあるツアーにゴルフツアーがあるが、ゴルフ場はハワイ人の居留地を追い出す形で作られており、貧しいハワイ人にはホームレスも存在するという。

 さらに海で人気の「イルカと泳ぐツアー」というのも問題になっているという。そもそもイルカにとっては迷惑な話であるので、観光客が近寄るとイルカは逃げる。結果として船でイルカを追い回す形になるので、本来はこの地域に休憩のためにやってきているイルカは疲れるし、観光船が走り回ることで漁業にも悪影響が出ているという。そこで最近はこのツアーに規制がかかるようになったという。

 その一方で、島民の中には漁業から観光に転じる者もいる。種々の問題をはらみながらも、結局はハワイは観光地であるようだ。

 うーん、観光客って奴は・・・。正直、私は観光客というのが嫌いです(笑)。というのも、どこか景勝地があれば、大挙してやってきてそれを駄目にするのが観光客であるから。どんな地域でも人間を許容できる最上限の数値というものは存在するので、それを越えた人間が集まってきたら、それだけで環境が破壊されてしまうというわけである。最近は欧米などで「なるべく環境に負担をかけないツアー」なんてものも登場しているようだが、そっちの意識についてはまだまだ日本人は低いようである。

 それに観光客の集まるところって、環境破壊の問題はなくても、商業資本が集まってくることで雰囲気がぶちこわしになってしまうのである。日本でも古くからの温泉地などの惨状を思い浮かべれば分かると思うが、情緒もくそもあったものではない。私のようなひねくれ者は、金の臭いがするだけで嫌悪感が出てしまうんですよね・・・貧乏人のひがみ?

 

12/10 素敵な宇宙船地球号「ペットブームの光と影2 緊急出動!アニマルポリス〜虐待される生命を守れ〜」

 アメリカで深刻化しつつあるのが動物虐待。ロス市警では動物虐待を専門に扱う通称アニマルポリスを設置した。捜査に当たっている捜査官には殺人事件を担当していた者もいるという。

 アニマルポリスでは虐待されている動物を保護したり、場合によっては飼い主を逮捕することもあるという。動物を虐待するような輩は、家族にも暴力をふるっている場合が多く、麻薬中毒などの他の犯罪を抱えている場合も少なくないという。

 またここは動物シェルターも兼ねており、傷ついた動物などの保護も行っている。保護された動物は市民に引き取れる場合が多いという。

 しかしアニマルポリスの活躍にも関わらず動物虐待は尽きない。特に裏社会で闘犬などが広がっているという。やはり動物虐待と犯罪が裏表になっているのである。

 番組では近所の猫を罠などで捕らえては飼っているという猫コレクター(?)の家への強制捜査に同行していたが、防弾チョッキを装備してショットガンも携行してのガサ入れであり、歴とした犯罪捜査になっている。容疑者は直ちに逮捕され、屋内からは多くの猫(病気のまま放置されていた猫も多い)が保護された。

 さすがに暴力の国アメリカというか、ペットの虐待もさることながら、それを取り締まる側の物々しさも半端ではなかった。ただアメリカでは動物虐待だけでなく、ドメスティックバイオレンスもかなりの社会問題となっており、やはり国中に暴力が充ち満ちているようである。

 もっともこれはアメリカの話だけでなく、日本でも動物を虐待して喜ぶ変質者や、家族に暴力をふるうクズ野郎が増加している。しかし日本ではこれらは放置に近いのが現状。アメリカと日本とどちらがよりまともなのかは微妙なところである。

 

12/3 素敵な宇宙船地球号「ペットブームの光と影1 神の犬チベタンマスチフの叫び」

 中国の経済発展と共に、北京などではペットブームが起こり、犬を飼うことが流行しているという。その中でも最も人気のある犬が神の犬とも言われるチベタンマスチフ。一頭1000万円もの値もつくものがあり、一種のステータスにもなっている。

 このチベタンマスチフを飼っている一人が、年収4億とも言うベンチャー社長。しかし彼の妻が犬嫌いのため、犬は会社で飼っている。しかし北京の気候は必ずしもチベタンマスチフにあっているとはいいがたく、彼は既に6頭のチベタンマスチフに死なれたという。

 チベタンマスチフが暮らすのはチベット高原のシャングリラ。この高地でチベタンマスチフは牧羊犬として飼われている。彼らは非常にどう猛な犬で、オオカミをも倒すと言われている。今、このチベットではペットブームによるチベタンマスチフバブルが発生しているという。本来遊牧民は犬を売ったりしないのだが、今はチベタンマスチフのブリーダーに転身して財をなしているものもいるとか。シャングリラには多くの犬の買い付け業者が現れており、遊牧民達も犬を売るかどうかで迷っているという。

 どうも毎回思うことだが、ペット愛好家というものはなぜこうも馬鹿なのかということを感じずにはいられない。動物をその動物が本来生きていくべき環境と切り離してどうするというのだ。しかもその産地ではとんでもないことが起こりがち。以前にクワガタのブームでクワガタバブルに踊って、畑が荒れ放題になっているある村が放送されていたが、つねにこのようなバブルは不毛な後遺症だけを残してしまう。チベタンマスチフのブームにしたところで、いつまで続くやら。日本でもかつてシベリアンハスキーが人気になったが、どう猛で飼いにくいということで捨てられる犬が続出し、今や野良ハスキーがいるという状態だとか。

 

11/26 素敵な宇宙船地球号「大海原の小さな家 沈みゆく大地に生きる知恵」

 北海に面したドイツのハリゲン諸島は、海抜が1メートルにも満たない島々である。だから海面上昇の影響をまともに受けているという。昔はこの地域は大陸の一部だったのだが、海面上昇などに伴う浸食で現在は小さな島として孤立してしまっているのだという。5世帯19人の島民は、干満の差が大きいせいで船が使えないので、専用のトロッコで移動している。この島民のために引かれた3キロのレールには水道や電気も平行して通っており、まさに彼らのライフラインだという。

 しかし彼らの生活は厳しい。彼らは酪農で生計を立てているが、年に30日は高潮によって水が島に上がってくる。彼らはそのたびに家畜を避難させ、自分たちは土を盛って丘にした上に立てている家に避難する。そして彼らが最も恐れるのが、高潮の後の引き潮、それによって地盤がごっそりとさらわれることがある。以前、隣の家が目の前で家ごとさらわれた光景を目撃した人もいるという。

 彼らは引き潮に対抗するために、島を囲む堰堤の整備に余念がない。これらの整備は島民が自分たち自身の手で行っている。ハリゲン諸島の背後には本土の低海抜地帯が控えており、そこには何十万という人が暮らしており、ハリゲン諸島はそこを守る天然の防波堤でもあるという。

 自分たちの育った土地を守るために頑張っている彼らだが、やはり気になっているのは地球温暖化だという。やがて自分たちの努力も追いつかなくなる危険を彼らは感じている。少しでも歯止めにならないかと、CO2削減のために地熱を使った暖房装置を導入する島民もいるという。

 地球温暖化とまさに最前線で戦っている人達の話。同様の問題は太平洋のサンゴ礁の島などでも起こっているという。実際問題、日本の人口密集地域も低海抜地域が多いので、実は人ごとではないのだが、どうも日本人の認識は甘いようである。なおアメリカは、たとえ大都市が海に沈んでも、ブッシュの取り巻きが儲かればそれでよいので、CO2削減などはさらさらする気がない模様。また中国などは将来の危険よりも、目先の経済発展が優先という姿勢。このあたりを何とかしないと、人類の将来は八方塞がりである。

 

11/12 素敵な宇宙船地球号「世界遺産の光と影4 知床一年目のタメ息」

 世界自然遺産に指定されて1年経った知床。世界遺産に指定されてからというもの、多くの観光客が訪れるようになったという。

 しかし観光客が増えると問題も発生する。まずゴミの問題。そして観光客が捨てたゴミによって人間の食べ物の味を知ったクマの出没である。本州でもいわゆるゴミ熊が問題となっているが、北海道となると本州のツキノワグマと違ってヒグマである。大きさが桁違いなだけに人と遭遇すると危険も大きい。しかも最近は、人間を恐れない新世代ベアと呼ばれるクマもでているという。

 また秋になるとサケが遡上してくるが、知床ではそれを阻むようなダムもあるという。世界遺産を認定するIUCNもダムの撤去を要請してきた。ただ知床のダムは、急流による鉄砲水などを防ぐために建設されたものであり、ダムの撤去となると地元の住民の抵抗も大きい。

 そこで折衷案として出てきたのが魚道の設置。これによって羅臼川などでは中流域にまでサケが遡上できるようになった。しかしそのことはまた新たな問題を発生させている。サケが遡上できるようになった中流域には民家があるのだが、その周辺にサケを目当てのクマが出没するようになったのである。さらに魚道を造ってもっと上流までサケを遡上させるべきだという意見と、それは逆効果になるのではないかとの意見の対立が起こっているという。

 自然と人間の共生などというが、実際にはいろいろと問題は起こりますという事例。ただ知床の事例はまだ比較的救いのある部分があり、よほど下手なことをしない限り根本的に環境を破壊してしまう恐れはないだろうと感じる。私としてはもっとも心配するのは観光客のマナー。一番危険なのは、単なるキャンプ場感覚でやってくる連中である。マナーの悪い観光客によって滅茶苦茶にされてしまう地域も結構あるので、本当に守るべき部分には観光客は立ち入らせないとか、観光客に対しても教育をして協力を要請することは重要だろう。

 

11/5 素敵な宇宙船地球号「クレオパトラが愛した都 古代都市のナゾ 緑の秘密」

 エジプトのアレクサンドリアは湿地帯に築かれた大都市である。古代において交易都市として栄えた都で、クレオパトラが最後を迎えたのもこの都市であった。エジプト考古庁長官のザヒ・ハワース博士は、この都市にクレオパトラの墓が存在するに違いないと見て、精力的な発掘を行っている。

 その発掘の過程で大発見があった。アレキサンドリア沿岸の海底の発掘によって、クレオパトラの宮殿のや古代の都市の石畳、さらには世界七不思議の一つにもあげられていたファロス島大灯台の石材などを発見したのだった。これによってアレキサンドリアはかつて梅たちとして作られ、地震によってその埋め立て部分が沈没してしまったということが分かったという。

 さらに彼の精力的な発掘によって、アレキサンドリアの都市に秘められた古代の知恵も明らかになってきたという。アレキサンドリアの地下には無数の貯水槽があり、それらが水路で結ばれていることが分かったとのこと。これらの貯水槽はナイルにつながっており、遙かナイルから運河で水を運んでいたのだという。これは地下水のくみ上げをしないですむための知恵だったのだという(低地のアレキサンドリアで大量に地下水をくみ上げると、地盤沈下のおそれがある)。

 またアレキサンドリアはパピルスの茂る湿地に建設されているが、実はこれにも意味があった。パピルスには水質浄化能力があるので、生活排水をパピルスの湿地に流すことで浄化していたのだ。

 現在、アレクサンドリアではかつての知恵に学び、環境と調和する都市として再生しようとしているという。

 アレクサンドリアといえば、古代史には必ず登場する有名な都市であるが、さすがに高文明国だったエジプトらしく、多くの知恵がそこで生きていたようである。古代の知恵というのは侮ることは出来ず、環境と共生して持続可能という意味では、現在の都市よりも優れている部分もある。その知恵からは積極的に学ぶべきだろう。

 

10/29 素敵な宇宙船地球号「クロッピの贈りもの〜飼育小屋は生命の学び舎〜」

 小学校などの飼育小屋が今は危機に瀕しているという。鳥インフルエンザを警戒するあまり消毒薬をまきすぎて、消毒薬で足が溶けてしまった鶏、放置していたためにウサギが170羽にまで異常繁殖してしまったウサギ小屋などのとんでもない例が増えているという。また飼育小屋のうさぎを虐殺した例など、動物の虐待例も出ている。そんな中で飼育小屋の改善に取り組んだ小学校の例を紹介している。

 東京の町田町立大戸小学校は、日本一の飼育小屋を目指しているという。間伐材を使って2年がかりで作り上げた飼育小屋では山羊などが育てられている。子供達も動物が好きで、動物をもっと増やしたいと考えており、このままでは小学校が動物園になりそうだ(笑)。

 西東京市の柳沢小学校は、放置状態になっていた飼育小屋を改善するための取り組みを開始した。三年生が飼育小屋の担当になり、獣医達の指導の元で動物たちとのふれあいを始めた。初っぱなはおっかなびっくりで怖がっていた子供達、また動物の方も子供達を警戒して逃げ回っていたのだが、ふれあいが進むにつれてその関係は自然になっていく。そこで発生したのが、ニワトリのクロッピの突然の死。死因は肝臓ガンだった。かわいがっていた動物が亡くなったことで、子供達は命という物について学ぶことになった。

 クロッピの死に涙を流している子供を見て、「ああ、これなら日本も救われる」という気がしたのが本音。ウサギを遊びで殺すようなガキばかりになったら、この国は滅ぶところである。そういえば、小学校の飼育小屋はこういうことを学ばせるための教材のはずなのだが、私が小学生だった頃を思い出しても、有効に機能していたとは思いにくい。当番制で鶏小屋の掃除があったが、正直なところやっかいで汚い仕事だったので敬遠したかったという気持ちだけが残っている。結局そのまま、私は動物嫌いになってしまったのだが・・・。

 

10/15 素敵な宇宙船地球号「極北の狩人 イヌイットの嘆き〜地球温暖化と石油バブル〜」

 アラスカに住むイヌイットにとって、この地域にだけ棲息するクジラであるイッカクの肉はごちそうである。彼らは7月頃に海の氷が融け始めた時、その隙間にやってくるイッカクを氷の上から銃でしとめていた。しかし最近は地球温暖化と共に、氷が北にどんどんとあがっていってしまっており、狩りがだんだんと困難になっているという。このままペースでは2070年には北極から氷がなくなり、シロクマなどが住処をなくすことになるという。

 氷の後退は、イヌイットに別の大きな変化ももたらした。氷が後退した後に油田の開発が進んでいるのだという。油田開発に土地を提供したイヌイットは、石油バブルで金持ちになり、生活は贅沢になり、以前の暮らしが破壊されている。また野生動物保護区などで今まで油田の開発がなされなかった地域も、石油企業と癒着したブッシュ大統領が開発許可を出したという。既に本来は開発が禁止されている地域でも密かに油田の試掘などが行われている跡が見つかっており、自然への影響が懸念されているという。

 うーん、ここでもまたも馬鹿ブッシュが地球を滅ぼすという構図である。二束三文の土地が開発などで高く売れ、にわか成金になるということをイナカモンドリームと呼んでいるコラムニストがいるが(今問題になっている滋賀での新幹線新駅建設など、まさにこのイナカモンドリームだけが目的である)、このイナカモンドリームがアラスカにまで起こっているとは・・・。なお、このようにして大金を一時的にせしめても、所詮はあぶく銭、すぐになくなって終わりです。すると破壊された環境だけが残り、もう二度と昔に帰ることも出来ないという悲惨な状況だけが取り残されるわけです。彼らにはこんな馬鹿な道を歩んではもらいたくないんだが、人間の欲というものを考えると、なかなか難しかったりする。

 それにしてもこのように地球温暖化までも自身の利益につなげるのなら、やはり馬鹿ブッシュが温暖化対策なんてしたがらないはずである。恐るべき事態でもある。

 

10/8 素敵な宇宙船地球号「緊急シミュレーション 富士山噴火300年目の真実」

 富士山は活火山であるが、最近300年間はその活動は沈静化していた。しかし最近になって噴火の可能性が懸念されているという。6年前から低周波地震が観測されており、噴火の前兆ではないかと警戒されているのだという。フィリピンのピナツボ火山のケースでも5年前から低周波地震が観測されていたという。日本を含む環太平洋火山帯の山々はリングオブファイヤーと呼ばれているが、その中のフィリピンやエクアドルの火山が今年になって活性化しているのだという。しかもインドネシアなどでも大規模な火山の噴火が発生したのだとか。

 富士山は周辺にも多くの噴火口を持っており、どこから噴火しても不思議ではないという。また噴火口の中に潜ってみると、謎の温度上昇で万年氷が融け出しているということが発生しており、地下活動が活発化していると考えられるという。

 富士山が噴火した場合に溶岩がどう流れるかについては、国土交通省の富士砂防事務所が開発した富士山溶岩流シミュレーターで推測できるという。そのシミュレーションによると、宝永山付近による山腹噴火の場合、25分後に溶岩は富士山スカイラインに到達し、20時間後には富士宮市に到達し、45日後には東名高速を越えて東海道新幹線に到達し、日本の大動脈は分断されるという。

 しかし静岡大学の小山真人教授によると、富士山の噴火で本当に怖いのは火山灰だという。首都圏を覆った火山灰は、粒子が帯電しているために多くの雷を発生し、テレビ・ラジオ・携帯電話などの電波を攪乱、さらに飛行機のエンジンや発電機などに入り込むと機器を停止させ、さらにはコンピュータ内に進入してCPUなどを停止する可能性もあるという。水道などのライフラインも寸断され、復旧にはかなりの期間を要する可能性がある。また火山灰は周辺の森林や広範囲の農作物に甚大な被害を与え、しかも蓄積した火山灰によって、数十年という長期間にわたって降雨のたびに土石流に悩まされる可能性もあるという。被害総額は2兆5千億円にものぼると推測されている。

 しかも富士山噴火と東海地震が連動する可能性があるという。東海地震が発生した場合、富士山がそれに刺激されて噴火を起こす可能性はかなり高いという。

 そのような危険が予想されるのだが、日本では火山被害に対応する統一組織も存在せず、対応にはかなり不安があるとか。お寒い話である。

 シミュレーションについては大体予想の通りだが、実際にこれだけの被害が発生してしまうとどうしようもないので、政府なども思考停止しているというのが実際なんだろう。東海地震の被害を推算した時も、あまりに被害が甚大で対策の打ちようがなく、結局はそのまま放置してしまっているような無責任政府なので。

 ただ少なくとも100年スパンで長期的に見た場合、富士山は「いつかは噴火する火山」なのは間違いない。打てる対策はやはり打っておくべきだろう。その対策の一つとしては、やはり極端な首都への集中の解消があると思うのだが・・・・。

 

10/1 素敵な宇宙船地球号「大都会ドブ川の奇跡vol.2〜よみがえれ水遊びの川大作戦〜」

 3/12の放送で、埼玉県の川口市の芝川で植生浮島と炭素繊維を用いた水質浄化の試みを紹介したが、その続報のようである。この時の試みは劇的な効果を上げ、カワセミが現れるという奇跡まで起きたのだが、これは芝川のほんの一区画の話。今回は、芝川の汚水が流れ込んでくる最上流部に浄化施設を作り、その下流に子供が遊べる水遊び場を作ろうとの構想だとか。

 今回の作戦は、前回と同様に植物と炭素繊維の両面での水質浄化作戦、並びに微生物で排水を浄化する「えひめAI」の使用地域をさらに拡大することで、流入してくる下水の水質を改善すること。植物については川に蓄積しているヘドロにマッドキラーと呼ばれる土質改良材を混ぜて硬い土壌に改良してから葦を植える。炭素繊維の方は地元の鋳物で製造した重りを使って固定、500本の炭素繊維を水草のように浮かべた。

 また子供の水遊び場となるために、下流にワンドと呼ばれる入り江を埼玉県が作ることになった。このワンドは生物にとっての住処にもなるのだという。地元の住民が総出でこのワンドに植物を植え、今はその効果を見守っている。

 前回の続報と言うことで、事態の進展は見られるものの話としてはまだ途中経過報告といったところ。番組としてのまとまりは疑問ではあるが、ここで進行しているプロジェクト自身は非常に意義のあることなので、今後も継続していってもらいたいところ。「夢の扉」では銀触媒を使用した河川の浄化の試みが紹介されていたが、こういう試みが各地で実施されて、住民の環境に対する意識が少しずつでも改善していったら望ましいと思うことしきり。

 

9/24 素敵な宇宙船地球号「ナマケモノ流快適生活 森の哲人が語るスローなエコ」

 今回のテーマはナマケモノとのことなんですが・・・録画失敗しました。録画ファイルをチェックしながら、裏でこの番組を録画していたんですが、なぜかプログラムが起動していなくて、気がついた時には番組が半分終わってしまっていました。ということで、私がこの番組を見た時には、ナマケモノが木の上で寝ているシーンでした。

 舞台は中米のコスタリカ。ナマケモノは消費エネルギーを最小にしてあまり食べないですむ生活をしている。彼らは基本的に木から木に移る生活をしている。やむを得ない場合には地上を歩くが、そもそも歩くことはあまり得意ではない。

 そのナマケモノに受難が襲いかかっているという。最近になって感電事故で手足を失うナマケモノが急増しているのだという。原因は森の分断。森が道路で分断されたせいで、彼らは往来が出来なくなり、そこで道路の上を通っている電線にぶら下がってしまったのだという。

 こうなってしまった原因はコスタリカの森が20世紀になってから開発などで激減したこと。そこで政府は森の回復に努めているとのことだが、まだまだ不十分。現在はカカオの農園の一部を借りて、ここに植林して森からの回廊を造り、ナマケモノなどの動物がここに入れるようにするという試みもなされているという。

 以上、スローライフの達人のようなナマケモノだが、そのナマケモノにも危機が迫っているという世知辛い話。人間はそんなに急いでどこに行くんだろうというところか。

 

9/17 素敵な宇宙船地球号「追跡!謎のアンダーグラウンド〜都市を救う地下空間の秘密〜」

 過密都市東京、その地下にはあまり人に知られていない空間が多くあるという。今回はその東京のアンダーグラウンドの紹介とか。そう言えば「東京アンダーグラウンド」という漫画があった気がするが、これは全く無関係(笑)。

 まず東京のど真ん中の虎ノ門にある巨大な穴。ここは実は電気や水道、通信などライフラインの共同溝だという。現在東京ではこのような大規模な共同溝の建設を進めているが、これは地下の方が地震の被害が少ないことが阪神大震災の結果分かったからだという。

 地下利用と言えば地下鉄だが、地下鉄の霞ヶ関駅は、実は海軍省の防空壕から作られているのだという。地下鉄の深度は年々深くなり、大江戸線ではなんと42メートルの深さとか。東京の地下は超過密なのである。

 また地下の利用は実は江戸時代からあり、ウドなどは地下で育てられていたという。今でも地下の湿度や温度が一定である性質を利用して、ワインや生ハムなどの貯蔵に使用されているという。

 そして意外な地下利用というと、東京港区高輪の高野山東京別院の地下。この地下には実は巨大な変電所があるのだという。東京の電力をまかなうには多くの変電所が必要なのだが、土地が不足しているために地下のあちこちに変電所があるのだとか。実は新宿中央公園の下などにも変電所があり、東京で157カ所も地下変電所があるとのこと。

 さらに現在建設が進んでいるのが、都市型洪水に対応するための地下河川。洪水の頻発で問題になった神田川などの水を東京湾まで流す壮大な計画も進行中だという。

 以上、過密都市東京の地下利用について・・・・なんだけど、今ひとつ中身がなかった印象なのはなぜなんだろう。へぇーで終わっちゃって何も残らないんですよね。番組としてちょっと印象が薄い。やはり特にテーマがなかったせいか。

 

9/10 素敵な宇宙船地球号「台所から地球が見える 超高級茶東方美人の秘密」

 台湾に東方美人と呼ばれる超高級烏龍茶があるという。100グラム60万円の値が付いたこともあるというこの高級茶の特徴は、まるで密のような甘い香りにある。しかしこの茶、茶葉を見てみると不揃いで縮れている。実はこの茶は、昔は商品にならない粗悪品とされていたのだという。

 この茶が高級茶になったエピソードというのが面白いものだ。19世紀の後半に東方美人茶の産地には中国の福建省からの移民が住んでいたのだが、貧しい彼らはいつも売り物にならない粗悪品のお茶ばかり飲んでいた。ある農家の娘が、奉公先の外国人貿易商の家に持ち帰りいれていたところ、その匂いに気づいた主人が飲んでみたいといい、「これはすばらしいお茶で高く売れる」と言ったのだという。高値で買うから茶葉をすべて持ってくるように主人に言われた娘が、家に帰ってそのことを母親に告げたが、母親はそれを信じずに、ホラを吹いてと言ったので、なんと「ほら吹き茶」という名前が付いてしまったとか。しかしこのほら吹き茶が欧米で大人気になり、オリエンタルビューティーと呼ばれ、台湾に逆輸入されたのだという。

 しかし変わっているのはこの茶の由来だけではない。東方美人茶を栽培しているという畑が、雑草はぼうぼうで虫だらけというとんでもない畑なのだ。新芽が害虫に食われようと放置である。畑の主によると、自然界でバランスがとれているのだという。しかもそれどころか、この害虫が東方美人茶には不可欠なのだという。

 実際に東方美人茶の収穫を見ると、小さくて傷物の新芽ばかりを選んで摘んでいる。この葉はチャノミドリヒメヨコバイという害虫にやられた葉で、このような葉だけが東方美人茶になるのだという。ここにはヨコバイと、それを補職するハエトリグモとお茶の葉の微妙な関係があるのだという。

 ヨコバイは茶の葉の汁を吸う害虫だが、その時に唾液のようなものを分泌する。そしてお茶の葉はその唾液に反応してある成分を分泌するのだという。そしてその成分がハエトリグモを誘うのだとか。つまりお茶の葉は自分を守るために、ハエトリグモをコントロールしているのである。しかもこの時に分泌される成分が、お茶にする過程で変化して、東方美人茶特有の甘い香りになるのだという。

 もう絶句である。高級茶なんてテーマにして何をするんだろうと思っていたのだが、高級茶の話が見事にこの番組らしい環境保護の問題に結びついてしまった。私は東方美人茶なんて全く知らなかったし、こんな展開はまるで予想していなかった。これは素直に「ごめんなさい。やられました。」と言っておく。

 なんか今回のエピソードを見ていると、野生児はたくましく育つなんてことを思わされる。これに比べると、最近の若者は温室栽培ばかりでひ弱になってしまったこと。特に精神面のひ弱さが極端である。人間も自然から離れすぎたと言うことだろうか・・・。うーん、それにしても今回の内容には本当に驚いたな。

 

9/3 素敵な宇宙船地球号「ヒートアイランド東京VOL,2 風の谷と森が奇跡を呼ぶ」

 灼熱するコンクリートやエアコンの排熱でヒートアイランド化する東京。その東京の中に別天地がある。それが新宿御苑。周囲3.5キロの広大な緑地内は、渡り鳥の中継地になっていたり、貴重な動物も生息しているし、最近は狸まで帰ってきたという。

 この新宿御苑を熱センサーで見てみると、確かにここだけ周囲より温度が低くなっている。しかし緑地の効果はこれだけではないという。調査の結果、ここで生み出された冷気が高さ30メートルにまで及び、徐々に周囲に漏れだしているという。この冷気の元は芝生にあるという。夜になると芝生が放射冷却で温度が下がるのだとか。新宿御苑の外の温度が28度なのに対して、御苑内は27度、芝生の上だと23度まで下がっているという。

 東京には新宿御苑以外に、明治神宮、赤坂御用地、皇居などの巨大な緑地がある。この緑地の冷却効果と海風を組み合わせて街全体を冷やそうという試みもなされているという。現在、海からの風は八重洲通りを通って東京内に流れ込むが、これをせき止める形で東京駅ビルが建っている。この駅ビルは現在改装中で、ツインビルに変更になるという。そうなるとこの風がそのまま皇居まで流れ込み、皇居で冷やされた空気があたりにしみ出して行くことが期待できるのだという。同様にして他の緑地もリンクすることが出来れば、街全体が冷却できるのではとのこと。

 非常に面白い試みなのだが、東京の規模を考えた時、これだけの緑地では街全体を冷やすことは不可能だろう。やはり究極的には東京の解体しかなかろう。現に、周囲に田園地帯を持つ地方都市では、東京や大阪のような殺人的な暑さにはならない。集中の排除による都市の分散という方向しか抜本的な方法はなかろう。まずは新宿の都庁をぶっ壊して、あそこを緑地にするか(笑)。いや、永田町の方が良いか。どうせなんの役にも立ってないんだから。

 

8/27 素敵な宇宙船地球号「ヒートアイランド東京VOL,1 都市型ゲリラ豪雨の恐怖」

 最近、東京などでは夕立と言うにはあまりにひどすぎる大雨による被害が増えている。これらは都市型ゲリラ豪雨と呼ばれているという。特に1999年7月21日の練馬でのゲリラ豪雨では床上浸水などの大きな被害が出た。このときは1時間に131ミリの雨が降ったという。

 その時の練馬上空での積乱雲を観測していた防衛大学校の小林文明助教授によると、異常な大きさの積乱雲だったという。通常は山沿いに積乱雲が発生するのだが、時折都市上空で積乱雲が発生することがあるという。このときいきなり都心部で積乱雲が発生して、移動をせずにそこで急成長したのだという。これは都市のヒートアイランド現象が関係していると考えられるという。

 この都市型ゲリラ豪雨は発生地点がかなり限定的だという。このゲリラ豪雨を研究してきた首都大学東京の三上岳彦教授によると、東京23区の北西、練馬、板橋、中野、杉並の4区が発生しやすい地域だという。以前よりこのあたりでは環八雲といって環状八号線上空での雲の発生が見られていたという。東京湾から流れ込む風と相模湾から流れ込む風が、環八上空の汚染物質を核として雲を起こしているのだという。

 そして都市型ゲリラ豪雨には鹿島灘の風という第3の風が関与しているという。東京上空でヒートアイランドによる低気圧が発生すると共に、南向きに吹いていた鹿島灘の風が向きを変え、これが東京方向に流れ込み、練馬での豪雨につながったという。

 またエアコンによる排熱なども積乱雲にエネルギーを与えているという。新宿あたりがそのエネルギー供給源になっているという。

 東京工業大学の神田学教授は都心部の熱の流れを研究しているが、モスラと彼が呼んでいる風の固まりが熱や湿気を一気に上空に運ぶ現象が見られているという。この研究が都市型ゲリラ豪雨の予測などにつながるのではと期待されているという。

 サイエンスZEROとネタがかぶった感があるが、こちらの方が数段面白かったというのが正直な感想。特に都市型ゲリラ豪雨の解説が興味深かった。ヒートアイランドが都市の豪雨に影響している可能性については、あっちではサラッと触れただけだったのだが、この番組ではそこにポイントを絞って解説していたのが特徴。こうして説明されると、東京の異常な過密が気候変動まで巻き起こしているという状況が実感され、いよいよ末世的世界が見えてくる。これは石原都知事がどれだけ反対しようが、東京の解体が必要なようにしか思えない。道州制の導入も検討されているようだし、ここは私が以前から唱えている全国中核都市ネットワーク構想(人口70万程度の中核都市とそれを取り巻く農業都市などからなる文化圏を全国に散在させ、それらを鉄道などのネットワークでつないでいくという構想)に向けて日本を改造していくしかないのではないか。

 

8/20 素敵な宇宙船地球号「エココロスペシャル」

 牧瀬里穂、照英、富田靖子が衣食住の観点から真夏のエココロを追求する・・・・という話でしたが、高校野球のニュースで放送時間が動いたせいで、番組の録画が照英が秩父の天然氷でかき氷をしているところで終わってしまいました・・・・すみません。

 秩父の天然氷と言えば、目がテンでも登場していたな。どうもこの夏は各番組のネタがかぶる例が多い。

 

8/13 素敵な宇宙船地球号「巨大竜巻を追跡せよ!〜アメリカ・気象キャスターの闘い〜」

 アメリカ中西部のテキサス州からネブラスカ州にかけての一帯は「竜巻街道」と呼ばれており、5月頃になると多くの竜巻が発生するという。毎年全米では50人が竜巻で亡くなるという。そんな竜巻街道の真ん中のオクラホマ州の地元テレビ局KWTVの気象キャスターがゲーリー・イングランド氏。彼は気象予報に革新的役割を果たしたという。

 彼は全米で初めて気象レーダーを導入したというが、KWTVでは24時間態勢で竜巻の予報を行うシステムを構築しており、実際に現地で竜巻を追いかけて調査するスポッターと呼ばれるスタッフも6人いるという。

 彼の報道は現地で絶大な信頼を受けている。巨大な竜巻が襲来したときに、彼の「地下室に逃げてください」という放送を聞いて、慌てて親戚の家の地下室に逃げ込んで命拾いした住民などもいるとのこと。

 なお竜巻の研究を行っているNOAA(国立海洋大気局)によると、最近になって竜巻の発生位置が変化してきているという。今まで竜巻がほとんど発生しなかった東部や北部で竜巻が発生するようになっており、温暖化の影響ではないかと考えられるとのこと。

 竜巻に関してまさに迫真の報道を行っている地方テレビ局の姿に関心。日本の地方局で災害時にこれだけ活躍できるテレビ局は皆無だろう。まあ日本の地方局と向こうの地方局では同じ地方局と言っても規模やレベルは違うが。

 それにしても竜巻の破壊力には驚かされる。日本では竜巻はほとんどないのであまりイメージできないのだが、竜巻の破壊力を示す実験で、打ち出された角材が家の壁を易々とぶち抜いたのにはゾッとさせられた。

 竜巻に限らず、近年は明らかに台風も多発で巨大化の方向に向かっている。アメリカでは去年も台風カトリーヌ(私は地球温暖化を進めた元凶となった人物の名を取って「ジョージ」と呼ぶべきと主張しているが)で大被害が出たし、日本でも去年は台風被害が多かった。いよいよかなりやばい状態になってきているのを感じずにはいられないのだ。特に昨今の都会の殺人的な暑さを体験するにつけ。

 

7/30 素敵な宇宙船地球号「水槽の中に未来が見える〜生命伝える次世代水族館の挑戦」

 アメリカのアトランタに去年オープンした巨大水族館がジョージア水族館。この世界最大の水族館をオープンするに当たって、オーナーは世界各地の水族館を視察したと言うが、その中で最も影響を受けたのが福島県いわき市にあるアクアマリンふくしまだという。この水族館では海の中の環境を再現した展示で知られているという。

 例えば水槽の中にあえてサメを入れることで、魚の群に緊張感が現れて自然の姿を再現できるなど、環境全体を見せることに配慮しているという。野外で太陽光の下で木々が成長している下に、福島県の川の環境を再現した展示があったり、黒潮を再現した水槽の中に鰯の群が泳ぐなど、自然の際限に配慮している。ただこれを維持するためにはスタッフのたゆまぬ努力が必要なのだという。

 この水族館では魚を調達する段階からスタッフが関与している。今回、黒潮水槽にカツオの群を再現するため、スタッフは漁船に同乗してカツオを釣り上げる段階から関与。特別製のトラックを使用して細心の注意で輸送しているという。また学校や幼稚園などに出張して海洋生物を見せるための特別車なども配備しているとのこと。

 夏休み用の宣伝企画というイメージ。今朝目がテンが旭山動物園をネタにしていたのを連想するが、この水族館の展示形式も旭山動物園と同じであり、自然の動物をなるべく自然に近い状態で見てもらうというものになっている。やはりこれからはこういう工夫をする施設だけが生き残っていくことになるのだろうか。実際、動物園の中には施設などがあまりに貧弱すぎて、これでは動物の虐待ではないかと懸念してしまうような所もありますから(サファリパークなどの中には、実際に虐待をしていて問題になったところもあるが)。

 

7/16 素敵な宇宙船地球号「台所から地球が見える うなぎ大航海の不思議」

 現在、ウナギの稚魚のシラスウナギの大争奪戦が起こっている。フランスのナント市のロワール川では以前からシラスウナギの漁が行われているが、価格が高騰して乱獲などによって激減しているという。捕まえたシラスウナギは生きたまま中国に輸出されている。中国の福建省にはうなぎの養殖場が多くあり、ここで育てられたシラスウナギは1年で近くの加工工場に出荷される。その工場だけで1日最大6万匹が加工されるという。100メートルのベルトコンベアでウナギは処理され、最後には冷凍される。そしてそのほとんどは日本向けに輸出されるという。今や日本で消費されるウナギの大部分が海外製になっているという。

 ウナギの生態には未だに謎が多い。つい最近になって日本ウナギの産卵場がグアム近海にあるということが判明し話題になった。日本から旅立ったウナギは、海底山脈沿いに南下して、グアム近海の豊かな海で産卵するのだという。なおどうやってそこにたどり着くかについては、火山による磁気異常を感知するという説や、匂いによるという説などがあるようである。

 またウナギの完全養殖の研究も進められている。今まで稚魚を育てる餌がネックになっていたのだが、研究の進歩で餌が段々と分かってきた。ただまだ生存率が非常に低く、今後のコスト低減が課題だという(現在のところ、1匹当たり100万円かかるとか)。

 うなぎが好きな私は、見ていてよだれが出てきました(笑)。しかし貧乏人の私では天然ウナギなんて夢のまた夢。それに最近は乱獲でシラスウナギが減少しているという話には、懸念を感じずにはいられません。早く完全養殖が確立して欲しいところです。現在のウナギの養殖は番組でも紹介していたように単なる肥育なので、天然のシラスウナギの供給が絶たれたらその時点でアウトです。資源保護の意味でも重要な技術となります。

 ああ、蒲焼き食いたい・・・。

 

7/2 素敵な宇宙船地球号「世界最大!野生動物オークション〜射殺される生命を救え〜」

 南アフリカのシュルシュルウェインフォロージ州立公園(舌を噛みそうだ)は東京23区の1.5倍の面積を誇る野生動物保護区である。ここで370種類の野生動物が暮らす。特に絶滅寸前だったシロサイの保護に力を入れたのだが、その結果として数が増えすぎて他の動物とのバランスが崩れだしたのだという。そこで増えすぎたサイは捕獲して保護センターでオークションにかけられるのだという。

 オークションに参加するのはサファリロッジの経営者らだという。南アフリカに多いサファリロッジはサバンナの中にロッジを作って、サバンナ観光を売りにする施設だという。このような施設が野生動物保護に一役買っているという。

 しかし一方でとんでもないビジネスも発生している。料金を取って野生生物を狩猟させるハンティング牧場である。ここの利用者の7割はアメリカ人だという。狩りの対象として人気の高いライオンを繁殖させる業者も現れており、フェンスに囲まれた狭いエリアでライオンを育てるため缶詰ハンティングと呼ばれているという。南アフリカ政府もこうした事態に手を打つべく、缶詰ハンティングを禁止する法律を制定しようとしているがまだ施行されていないという。

 そんな中、野生生物と人間が共生できる村を目指している人々もいる。広大な敷地に野生生物を生活させ、その中に人が住む家を建設するのだという。このような人々にオークションで野生生物が渡ることで、保護につながっているのだとか。

 なんとも難しい話である。保護区などで保護をすると、数が増えすぎることになって下手すると駆除が必要になるというのはありがちである。しかし駆除は忍びないから飼う意志のある人に売ろうということらしい。しかし何にせよ、とにかく土地が必要なプロジェクトである。南アフリカだから出来ることか。

 それにしてもハンティング牧場などは、放っておくとこういうものが出来るのは常である。それにしてもアメリカ人は動物にしても人間にしても殺戮というのが大好きな連中だとつくづく感じる。やっぱり根っから野蛮なんだろうか。

 

6/25 素敵な宇宙船地球号「葉っぱをお金にかえる町 奇跡のバアちゃん奮闘記」

 徳島県の勝浦川の上流にある上勝町は、人口2100人の半数以上が65歳以上の高齢者という山村である。しかしここは全国のつまもの(料理などに演出として添える葉っぱ)の8割を産出するという大産地で、これで年間1000万円以上を稼ぐ高齢者もいるという。

 上勝町がつまものの生産を始めたのは、かつて大寒波で主力産物であったミカンが壊滅したためだという。今やつまものは町の財源を支える重要な産物であり、これの生産を行うには環境を保護する必要があると、環境保護に本気で取り組んでいる。上勝町では2020年までにゴミをゼロにすることを目指しており、現在は34種類にも分別する徹底した分別回収やリサイクルを実施している。分別回収されたゴミは、全国各地でリサイクルに回されるのだという。

 さらに上勝町では、今までゴミとして扱われてきた倒木などもバイオチップとして燃料利用する取り組みも模索している。このバイオチップは町で唯一の温泉で燃料として使用されている。かつての燃料の重油よりも割高だと言うが、環境を守るための取り組みである。家庭でもなるべくゴミを出さない取り組みが行われており、例えば生ゴミなどは畑の肥料にされているという。

 上勝町にはゴミ問題に悩む各地の地方自治体や海外からも視察が訪れるという。上勝町の笠松町長は「日本全体もゴミゼロに向けて努力すべきだ」と語っている。

 ひたすら感心するのみだが、上勝町のゴミゼロへの取り組みは自然の中の山村だから出来る部分があって、都会ではそのまま手法では不可能である。例えば都会では生ゴミを堆肥にしても、残念ながらそれを蒔く畑がない。また現在のスーパーやコンビニ中心の生活は、必然的にゴミが多くなるようになっており、そこのところの根本改革が必要になる。

 ああやってテレビなどで放送されると、田舎の良い面が見えて都会人には田舎暮らしなどに憧れが湧いたりするわけだが、田舎には田舎の大変さもある。ただ昨今は都会がかつてほどの輝きをなくしているのは事実である。

 

6/11 素敵な宇宙船地球号「がんばれ!ビーグル検疫犬 小さな犬の嗅覚が国を守る」

 成田空港で活躍しているのが検疫探知犬。彼らは旅行客の荷物の中に無断の持ち込みが禁止されている肉類などがないかどうかを判断するのだという。これらの検疫探知犬はそもそもオーストラリアで活躍しているものだという。オーストラリアでは海外からの病害虫を阻止するため、水際でチェックを重視している。同様の検疫犬は郵便局でも働いているという。

 検疫犬にはビーグルが用いられることが多いが、素質としては、人間が好きなこと、いつも臭いを嗅いでいること、食べ物に対する興味が強いこと、大きな音で怯えないことなどだという。これらの素質を持つ犬が捨て犬などの中から選抜され、8ヶ月の訓練をうけることになる。

 オーストラリアでは州ごとでも検疫が徹底されており、例えばタスマニア島には他の地域から果物の持ち込みなどが禁止されているという。これらを探知するために、フェリー乗り場で活躍する検疫犬もいる。

 今日放送の「夢の扉」(その他民放系番組参照)でもガン検知犬が登場していたが、犬の嗅覚は並みのセンサーなどよりもよほど鋭敏なので、訓練するとかなり有効であるだろう。ただ実際には、検疫犬だけですべてが捌けるとはとても思えないのだが・・・。やはり検疫犬は補助的手段なのではないかという印象。

 なお人や物の移動の増加で、検疫はだんだんと大変になっているという。その一方で、病害虫などの阻止のために検疫の重要性はより増している。検疫をいかに効率的にかつ厳密に行うかが重要な問題になっているので、そのための方策の検討は必要だろう。

 

6/4 素敵な宇宙船地球号「シリーズミクロの生命体4 忍び寄る猛毒カビの脅威」

 現在、カビによるカエルの大量死といった異変が世界中で起こっているのだという。この大量死の原因となっているのは水の中にあるツボカビだと見られているという。温暖化で雨が多くなって、蛙の体温が上がりにくくなり、ツボカビが発生しやすくなったのだという。またアメリカではカビ毒による家畜の大量死といったことも発生しているという。

 また台風の被害を受けたニューオリンズでは、カビが大問題となっているという。台風で浸水したことでカビが大繁殖し、とても住めない状態になっているのだという。カビが原因でアレルギーなどの呼吸系の障害が発生する事例が増加しているという。

 白血病などで免疫が低下した場合、人間の体内でカビが繁殖することもある。肺から入ったカビが体中で繁殖し、ついには脳にまで至るという例もあるという。

 カビはどんな家庭にでも存在している。風通しがよいのでカビとは無縁と言っている家庭でも、培養すると無数のカビが検出された。

 しかしカビは悪いことばかりではない。ペニシリンはカビから発見されたし、味噌は麹カビを利用した食品である。我々はカビと共生してきたわけである。

 カビについての紹介なんだが、どうも番組自体が何を言いたかったのかが分からない。カビには危険もあるが、通常は問題になることはないし、どんな家でもカビの胞子が大量にあるのは当たり前である。結局は、カビの危険性を警告するのか、カビと共存してきた知恵を紹介するのかのスタンスがはっきりしなかったせいで、番組のテーマが今一つ見えてこなかったのではないかと思われる。

 個人的にはニューオリンズでのカビの問題の話ぐらいまではともかく、その後は当たり前のよく知られた内容ばかりだったので、今一つ視るべきところがなかった印象。

 

5/28 素敵な宇宙船地球号「台所から地球が見える ラッコが暮らす神秘の森」

 アメリカ西海岸のカリフォルニアの海には、ラッコが暮らすジャイアントケルプの森がある。ウニやアワビが多いこの海域は、魚を捕らえるのが苦手なラッコにとっては格好の餌場なのだという。このジャイアントケルプの森を住処にしている生物は多く、豊かな生態系を誇っている。ジャイアントケルプの成長は凄まじく、2年で30メートルにも達するという。ジャイアントケルプの森を住処にする魚がいて、それを捕る鳥がいて、その鳥の糞がジャイアントケルプに窒素やリンの栄養を与えるという連鎖が発生している。

 このジャイアントケルプから摂れる成分がアルギン酸。このアルギン酸は食品添加物や口紅などの添加物など色々なものに使用されている。しかしそのためにジャイアントケルプが激減するという事態が発生しているという。そこでジャイアントケルプの人工栽培に乗り出している取り組みもあるという。

 また異常事態が発生している海域もあるという。クモヒトデが大発生して海底を覆い、海草が一本もない海域が現れているのだという。原因は地球温暖化。本来はカリフォルニア沖の水域は低温の海流が流れていたのだが、エルニーニョなどで水温が10度も上昇、ジャイアントケルプが枯れ始め、その枯れたジャイアントケルプがウニの格好の餌食となり、大発生したウニは残ったケルプを食い尽くしてから移動。砂漠化した海底にやってきたのがクモヒトデだったのだという。クモヒトデを食べ尽くすような天敵はおらず、海底一面を覆い尽くし、こうなるとジャイアントケルプの胞子が海底に付着することも出来ないのだという。

 またも温暖化である。どうも地球温暖化があらゆるところに影を落としていて、このままでは人類の先行きも暗いのではと感じずにはいられなくなる。

 それにしても海洋環境が荒廃すると、最後に現れるのはヒトデという印象がある。日本近海のサンゴ礁なども、オニヒトデの被害で壊滅したところがある。もしかして人類が馬鹿をやって自滅した後は、地上はゴキブリが、海底はヒトデが支配することになるんだろうか。

 

5/21 素敵な宇宙船地球号「世界遺産の光と影3 アンコールワットの悲鳴」

 世界最大の仏教遺跡アンコールワット。内戦が終結して世界遺産に指定された後、アンコールワットを訪れる観光客は年々増加している。それと共に周囲は観光で潤い、ほど近いシェムリアップ市は、のどかな水田地帯からホテルの建設ラッシュに湧く全く別の町になった。10年前にはこの地にはわずかに2つのホテルしかなかったのに、今や100を超えようとしているという。

 しかしこの急成長はいろいろな歪みを生んでいる。アンコールワットの入口に当たる南大門では毎朝、バスによる大渋滞が発生し、遺跡の周辺にもゴミが急増している。またアンコールワットの近くにあるトンレサップ湖には、昔から水上で生活する人々がおり、水上の村が存在している。しかしこの湖にシェムリアップからの生活排水が流れ込み、湖水の水質が劇的に悪化、魚が減少すると共に、腸チフスなどが増加、かつてはこの湖の水を生活用水にしていた人々も、町から水道水を買わないといけない事態に追い込まれた。またアンコールワットを訪れた観光客が、この湖の村にも訪れるようになり、水上は船の大渋滞でとんでもない状態になりつつある。

 またシェムリアップで増加するホテルが大量に地下水を汲み上げたため、アンコールワットで地盤沈下が起こり始めており、遺跡に崩壊の危機も迫っているという。

 カンボジア政府はこの事態に対して対策に乗り出した。かつてクメール王朝が作った人工池であるバライから、かつての水路を復活させて瀬いつ揚水などを確保しようと言うのである。またゴミの分別の教育や、清掃運動、また遺跡周辺のバスの規制なども始まっている。

 観光客が増えると、周辺地域は潤うが環境は破壊されてしまうと言う典型例。途上国などにとっては観光客は痛し痒しになるのである。結局は観光と環境保護を両立させるには観光客の方の自覚も必要なのだが、それがまた心許なかったりする。日本人でも重要文化財に自分の名前を刻むような馬鹿がいるぐらいだから(世界中に「私は馬鹿です」と宣伝しているようなものなのだが)。

 

5/14 素敵な宇宙船地球号「欲望のオイルロード〜中国・黄砂の大地に生きる〜」

 中国奥地の不毛の大地タクラマカン砂漠。死の海とも呼ばれる巨大な砂漠。しかしここを貫く全長500キロの一本の道がある。砂漠のど真ん中の油田を結ぶ道である。そして死の海の中に石油掘削の労働者の町も出来た。

 オイルロードは砂の上に布を敷く工法で建設された。常に砂との戦いを強いられているこの道では、道路脇で地下水によって植物を育てている。しかし元々海だったタクラマカン砂漠の地下水は塩分を含んでおり、塩と乾燥に強い植物である必要がある。一番外側には成長の早いソオソオ、真ん中は根が広がって砂を抑えるスナナツメ、一番内側に地下水を汲み上げ花が咲くタマリクスを植えている。数年後には砂漠を横切る緑の帯になる目論見である。

 このオイルロードを通って原油の運送に携わっているのがトラックドライバー達である。彼らの仕事は収入はよいが、砂嵐の時になると前もろくに見えない中で走らないといけない過酷な仕事である。番組では一人のドライバーを追跡。彼は都会に妻と子供を置いてこの仕事に従事していたのだが、仕事のストレスで業務規則を破って飲酒、ケンカをして解雇されてしまう。自分のした失敗に落ち込む彼だが、最後はやはりそれでも砂漠の中で生きていくことを決意するというラストがついている。

 日本にいても黄砂の凄さは体感しているが、現地のとんでもない砂嵐には呆れる次第。これは早急に対策を打たないととんでもないことになりそうだ。とにかく砂漠の進行を食い止める緑地帯などの設置が急がれるところだろう。中国が未だに日本にODAを要求してくると問題になっているが、それならいっそのこと、金で渡さずに緑化用の資材で現物支給してやればどうだ。日本も黄砂でかなり迷惑を蒙っているわけだし、中国の農地が影響を受け始めれば、日本も他人事ではすまないのだから。

 

5/7 素敵な宇宙船地球号「外来魚は警告する2 謎の古代魚の逆襲」

 沖縄では既にダム湖などで網を投げると在来種は全くかからず、ほとんどが外来種という状況になっているという。これらは観賞用として飼われて捨てられたものである。しかしこの危機的状況が今や琵琶湖にも迫っているという。

 琵琶湖で捕まる外来魚もほとんどが観賞魚だという。ペットとして飼われていたものが捨てられたのである。なかには成長すると体長3メートルにもなるというアメリカ産の古代魚アリゲーターガーまでいるという。

 こんな魚が全国で密放流されたらとんでもない事態になると言うことで、観賞魚のマニア達が立ち上がっているという。彼らは密放流について考える会を立ち上げ、実態の調査を行っている。

 愛好者によると、巨大魚を飼うには子供一人を養うぐらいの覚悟がいるとのこと。しかしインターネットの普及で、そんなことも知らずに簡単に飼い始め、飼いきれなくなって簡単に捨ててしまう無責任な飼い主が増えているのだという。

 一方、皮肉なことにアメリカではアジア産の魚が外来魚として脅威になっているという。中国原産のコイの一種が大繁殖し、ナマズ漁が出来なくなった地域などが出ているという。

 外来生物の問題はとかく無責任な飼い主の問題に行き着くのだが、飼いきれないぐらいなら最初から飼うなという当たり前のことがなんで出来ないのかというところには人格を疑わずにはいられないのである。外来生物を規制するよりも、飼い主の側を規制する法律が必要なのかもしれない。

 

4/30 素敵な宇宙船地球号「外来魚は警告する1 巨大魚が食べ尽くした湖」

 今、外食産業などでもてはやされている魚がナイルパーチである。白身魚で脂ののりも良いため、非常に料理に使いやすいとされている。かつてはシロスズキなどと名前が付けられていたこの魚は、遠くアフリカから輸入されている。産地はアフリカのビクトリア湖で、沿岸国のタンザニアはこの漁獲で外貨を稼いでいる。

 ナイルパーチはそもそもはビクトリア湖に棲息していた魚ではなく、漁業資源確保のために導入された外来魚である。ビクトリア湖沿岸の都市ムワンザは、このナイルパーチビジネスで潤い、ナイルパーチの漁によって財を成した漁民なども多いという。

 その一方で外来魚固有の問題も発生している。ビクトリア湖には本来カワスズメと呼ばれる小魚が多く棲息しており、これらが固有の進化を遂げて500種もの腫に分化しており、ダーウィン箱庭とも呼ばれていた。しかしこのカワスズメがナイルパーチの食害によって激減、既に200種が絶滅寸前に追い込まれているという。さらにナイルパーチ自体も、乱獲と餌不足によって漁獲は減少しつつあり、前途に暗雲が立ちこめているという。

 またムワンザの発展は周囲からの人口の流入をもたらし、生活排水がビクトリア湖に流れ込むなど湖の環境の悪化も進んでいる。また動力付の船で大量にナイルパーチを捕獲して財を成す漁民がいる一方で、従来の漁民が廃業に追い込まれるなど、貧富の差の拡大なども起こっているとのことである。

 外来魚による環境破壊という問題点について注目した内容。経済優先で導入されたナイルパーチは、国に外貨をもたらしたが、その一方でやはり問題も発生させたということである。ビクトリア湖の環境が根本的に破壊されてしまわなければよいが。

 なおビクトリア湖のナイルパーチはまだ経済のためという導入目的があったが、琵琶湖のブラックバスは一部のアホな釣り人が趣味のため(それも外国の魚を日本で釣ろうという馬鹿げた趣味)に導入したというものであり、実に救いがたい。ブラックバスのゲリラ的放流を煽った一部の釣り雑誌などには猛省して貰いたいところだが、現在はとにかく琵琶湖からブラックバスを意図的に駆除する必要がある。取り返しがつかなくなる前に対策を急ぐ必要があろう。ただ一度広がってしまった外来種を完全に駆除するのはほとんど不可能であるので、最初の時点で対策を打っておく必要があったのだが。

 

4/23 素敵な宇宙船地球号「世界遺産の光と影2 スフィンクスの悲鳴」

 エジプトの大ピラミッドで知られるギザ地区。かつては砂漠の中にあったピラミッドも、カイロの反映に伴う巨大化で今や町はずれに位置する状況になっている。

 しかし最近になって、スフィンクスに危機が迫っていることが明らかになった。スフィンクスは石灰岩を削りだして作られているのだが、その岩に多くの亀裂が入っており、崩壊の危機に瀕していたのだった。最初は砂漠から吹き寄せる季節風が風化の原因と考えられたのだが、エジプト考古庁長官のザヒ・ハワース博士は、付近の岩盤に至るまでの大がかりな調査を行った上で、地下に出来た水脈から上がってきた塩分が、石灰岩の中に染み込み、そこで塩分が再結晶することで石灰岩をボロボロにしていたことを明らかにした。そしてこの地下水層の生成原因は、カイロからの生活排水などが地下に流れ込んだものだった。

 カイロの都市化が遺跡に危機を招いていたのだった。博士は政府に働きかけて、遺跡地域を保護地域にして住民などの移転を促したという。

 また博士は遺跡の発掘において、古代の労働者達の都市も発見している。その発掘の結果から、今まで奴隷を強制労働させて建設したと思われていたピラミッドが、多くの労働者の自発的労働によって建設されていたことを明らかにした。また彼らの町は実に快適に作られていただけでなく、地下を掘削して地層を十分に調査し、そこの地下水量なども計算して適正な規模に都市計画されていたということが分かったという。

 現在エジプト政府は、郊外に環境と共生できる衛星都市を建設してカイロの過密の解消を図っている。そこには環境と共生した古代の知恵を導入しているという。

 毎度のパターンであるが、古代人の方が現代人よりもよほど環境意識が高かったらしいという話。もっとも古代人が常に現代人よりも環境意識が高いと言うものでもなく、無計画な都市開発のために国を滅ぼした古代人もいたようだ。まあなんにしろ、まだまだ歴史から学ぶべきことは多いようだが。

 またピラミッド建設に携わっていたのは奴隷ではなかったというのは最近出てきた新説。そしてふと考えたのだが、1000年後に現在の都市の遺跡などを未来人が見つけたとしたら、やはり「奴隷による強制労働で作った」と考えるのではないかということ。もっとも現代のサラリーマンなんて、奴隷とどれだけ差があるかといえば、それは疑問だが。

 

4/16 素敵な宇宙船地球号「古代コンクリートの謎〜ローマ帝国の知恵が日本を救う!!〜」

 現代社会に不可欠の建材となっているのがコンクリートだが、最近はマンションの強度偽装が問題になったり、コンクリート建造物の老朽化など、コンクリートにまつわる問題も出ている。特に高度成長期に建設された建造物はシャブコンと呼ばれる水増ししたコンクリート(コンクリートをケチるというよりも、水を増やすと粘度が下がって型枠に流し込みやすくなることから、手間を省いて工期を短縮するのによくやられることがある)を使っている手抜き建築などがあるという。また川砂の不足によって海砂を使ったことにより、塩分が原因の鉄骨の腐食などもコンクリート建造物の寿命を縮めることになる。

 古代ローマの建造物も実はコンクリートを使っていたという。しかしそれは現在の石灰岩などを使用したセメントによるものではなく、火山灰を用いたものだったという。ただその古代コンクリートの製法は、ローマ帝国の滅亡と共に失われたという。

 現在、火山灰を用いて新しい耐久性の高いコンクリートを作ろうとしている人がいる。それは鹿児島大学工学部の武若耕司教授。彼の研究室では鹿児島の火山灰・シラスを使用したコンクリートを開発しているという。シラスを骨材に使ったコンクリートは粘りが強いので砂や砂利と一体化しやすく、強度が高くなるのだという。また酸に対する耐久性が強く、海砂コンクリートなどは酸で溶けていくのに対し、シラスコンクリートは抜群の耐久性を誇るという(火山灰がもともとアルカリ性であるからだと思われる)。なお火山灰はクレンザーなどの用途もあり、最近は壁材として使用することで、その粒子表面にあるミクロの穴が化学物質などを吸着し、いわゆるシックハウス対策にもなるとのことである。

 ろくな用途もない火山灰を、有用な資源に変えようという話である。なおこのシラスコンクリートは、温泉地の橋脚の根本にも使われることになったという。この地では通常のコンクリートは硫黄を含む蒸気で10年もすればボロボロになるからだとか。

 ただ気になったのは、シラスコンクリートは耐久性については申し分ないようだが、粘度が上がるというのはつまり作業がしにくくなるということにつながることである。逆に普通のコンクリートでも、水分量を減らして高粘度の状態で施工すれば、強度も耐久性も格段に上がることは既に知られている。実際、昔に丹念にコンクリートを叩いて流し込んだような建造物(現在の通常のコンクリートは50%以上の水分を含むのに対し、昔のコンクリートは30%ぐらいのがあるという)は、何十年経ってもひび一つ入らずに保っているという。これを考えると、シラスコンクリートのメリットは耐酸性ぐらいしか内容に思えてならないのだが。

 なお今回のこの番組では、学生時代に工学部の建築学科でコンクリートを専攻していたという菊川怜氏を出演させていたが、これが番組上全く意味をなしていないのがなんとも(なお彼女の作ったコンクリートは、先の武若教授に「到底学んだ人間が作るようなコンクリートではない」と完全に駄目出しをされていたが、これはご愛敬か)。

 ちなみに番組では、コンクリートが水を反応することで三次元上の網目が出来て、これが砂利などの骨材を固定するというようにコンクリートの硬化のメカニズムを説明していたが、実は化学的にはコンクリートの硬化のメカニズムは未だにはっきりしていない部分が多く、まだまだ課題が多かったりするのである。

 

4/9 素敵な宇宙船地球号「ゴミのなかに夢を探す〜ケニア 15才リサイクル職人〜」

 貧富の差の激しいケニアのナイロビではゴミが大きい問題となっている。高級住宅地から大量の生活ゴミが分別されない状態で出てくる。それらは町はずれのダンドーラのゴミ捨て場に向かう。そしてここには多くの人々が集まってくる。彼らはゴミを集めて売り、それらのゴミはスラムの人々によってリサイクルされるのだという。

 キベラスラムはその中でも最大のもので、400ヘクタールの中に50〜100万人がひしめいて暮らしている。ここには多くのリサイクル職人が住んでいる。彼らはゴミを再生して商品を作っている。その中の一人が15才の職人見習いのヴィクター・オコス君。彼は地方の村に住んでいたが、姉を頼ってここに移り住んできた。今は義理の兄と共に廃材から商品を作って売っている。

 彼の作る商品は七輪。田舎には彼の家族が住んでおり、彼の夢は家族のために大きな家を建てること。彼はいつかはこの劣悪なスラムから出ていくことを夢見ているわけである。

 一人の少年の目を通して描いたケニアのリサイクル事情である。ただここで登場するリサイクルは、先進国などのような環境保護のためという理念的なものではなく、もっと切実に生活に密着しているもので、新品を買えないからリサイクル原料を使うという代物である。しかし実際のところ、彼らまでが新品の材料を使い捨てするようになれば、地球が持ちこたえられなくなるというのが実態だったりする。リサイクルというのはどうしても労働力が必要になるので、どこでもそれを支えているのは貧民層というのが現実であり、それがいくらリサイクルを声高に唱えてもなかなかうまくいかない原因の一つとなっている。

 今の資本主義経済は、メカニズム上固定的な貧困層を常に必要としているというところがあり、これが世界経済の裏の面だったりする。だから経済のグローバル化というのがいわゆる負け組を量産するのは当たり前なのである。そろそろこのような呪縛から解放された新しい生活の形を確立しないといけないんだろうが、それがなかなか難問である。

 それにしても、今回登場したヴィクター少年、日本の子供なんかよりも遙かに劣悪な環境で生活しているにもかかわらず、日本の子供よりも輝いた表情をしていたりするんだよな・・・。こういうのを見るたびに「真の豊かさ」って何だろうと考えさせられてしまうのである。

 

4/2 素敵な宇宙船地球号「ハリネズミの大冒険〜劇的改造!英国ガーデン〜」

 イギリスでもっとも愛されている野生動物はハリネズミだという。牧場の生け垣などに巣を作り、ナメクジなどの害虫を食べて生活している彼らは、イギリスでは童話などにも登場するポピュラーな動物だった。しかしその棲息環境は悪化しつつあるという。

 農場への薬剤散布は彼らにも害をなすし、生け垣を手入れするためのヘッジカッターは彼らの巣を根こそぎにしてしまったという。そうして住処を追われた彼らが向かったところが民家の庭なのだという。

 しかし民家の庭も彼らにとっては安住の地とは言えない。民家の庭に入り込んで人為的原因で負傷するハリネズミは後を絶たないという。ただそんな中、怪我をしたハリネズミなどの野生動物を引き取って治療している人物もいる。

 また最近では英国流ガーデンも変化してきて、人工的に手を加えるのではなく、なるべく自然と共生できる形のガーデンを目指す人も増えてきているという。中には病院からハリネズミを引き取って自分の庭に住ませている人物もいるという。

 ハリネズミを主人公にして、短編映画的仕立てで彼らを取り巻く環境を紹介したのが今回。この番組で時々ある趣向である。英国ではハリネズミは、こんなに人間に近いところで生活していようとは私は全く知らなかった。日本でもかつてはこのような自然と一体となった生活があったのだが、現在はほとんど壊滅状態である。今回登場した英国ガーデンはいわゆる郊外というよりもさらに田舎の印象だから、やはり日本で言うところの里山の環境に近いのだろうか。やはりこういう人の住みかと野生との緩衝地帯になる存在って貴重なようである。

 

3/26 素敵な宇宙船地球号「南回帰線の奇跡〜砂漠の花園・地球最古の記憶〜」

 南米のアタカマ砂漠には、春になると1年に1度砂漠の真ん中に突然に現れる花園があるという。花の名はバタ・デ・グアナコ。10日ほどで突然に砂漠の真ん中に現れるのだという。またこの花園は3週間で消えるのだとか。そしてこの花園が現れる場所は毎年変わるという。この花園の現れる位置を左右しているのは霧。海岸で発生した雲が内陸で霧となり、その通り道に湿気を与えるのだという。

 またこの花園は南半球にのみ現れるもので、南回帰線上にほぼ同時に現れるのだという。似たような花園は南アフリカ、オーストラリアで発生しているという。何千キロも離れた大陸で似たような現象が起こっているのだという。またこれらの花の基本になるのはプロテアという植物で、祖先が全部共通だと考えられるという。つまりここに大陸移動説の根拠の1つがあるという。

 しかしこの花園にも脅威が迫っているという。人間が持ち込んだ家畜による食害、またハイウェーが通ったことで付着などによって外来種が入り込み、在来種を圧迫し始めているという。また最近、気候の変動が顕著になっており、それも大きな影響を与えているという。ここにもまた地球温暖化である。

 「地球ふしぎ大自然」的に独特な生態系についての紹介を行う一方で、声高ではないものの環境メッセージが入っているというのが、いかにもこの番組らしいところである。やっぱり自然って奥深いものがあるなと思わせる内容。

 

3/19 素敵な宇宙船地球号「湯けむりの向こうに未来が見える〜地底からの贈り物・地熱のパワー〜」

 火山国である日本では温泉があちこちにあるように地熱に恵まれている。このエコロジーエネルギーである地熱を利用しようという試みがあるという。

 温泉地として有名な草津では、既に温泉のエネルギーが使用されている。旅館で使用した湯を地面の下を通すことによって遊説するシステムが既に実用化されている。これで冬期だけでドラム缶12000本相当の石油の節約になるという。また温泉の熱を取り出すシステムで、給湯や温水プールなどに使用しているという。また最近では温度差を使用した発電も試みているという。

 地熱発電と言えば、初めて実用化されたのは40年前岩手県の松川温泉で、現在50000世帯分の電力を供給してるという。また火山帯上に位置する東京都の青ヶ島では、以前より地熱の噴気口は、ヒンギャと呼ばれサウナから調理、暖房など以前より生活に不可欠となっている。有名なこの島の焼酎もヒンギャあってのものであり、現在は地熱発電も計画されているという。また軽井沢の温泉旅館星の屋では、地熱発電と水力発電でエネルギーの大半を自給しているとのこと。

 何やら地熱利用に関するオムニバス構成だった今回。内容的にはそれなりに面白かったが、全体の印象は妙に薄い。なおこの番組を見ていると地熱発電万々歳に見えるが、実際は地熱発電は立地を選ぶというのが一番の問題で、地方の町1つの電力を供給するぐらいは可能であるが、残念ながら大都市の電力をこれで供給するのは不可能である。

 なお草津で登場した温度差発電は、ペルチェ素子を使用したものだと推測される。ペルチェ素子は電気をかけることで板の両面に温度差を発生させることが出来る素子で、よくパソコンの冷却などに使用されている例があるものである。この原理を逆転させれば、温度差から発電をすることが可能なわけである。メリットとしては従来の地熱発電のような高圧蒸気がなくても発電が出来ることだが、素子の価格と発電能力が問題となるように思われる。 

 

3/12 素敵な宇宙船地球号「大都会ドブ川の奇跡〜"カワセミ""メダカ"大作戦〜」

 東京の旧芝川は評判最悪の川だったという。かつては江戸に続く船の道だったこの川も、相次ぐ洪水などのため40年前に新芝川が掘られて、不要部分が水門で閉じられ旧芝川となったのだが、5.5キロの区間に雑排水が流れ込んでヘドロが蓄積するドブ川になってしまったのだという。番組ではこの川の再生に取り組んだのだという。

 川の再生のポイントになるのは微生物だという。そこで微生物の作用で水質を浄化しようというのである。まず登場するのは炭素繊維を用いた水質浄化で以前に登場した群馬工業高等専門学校の小島昭教授。今回は水質のあまりのひどさに炭素繊維だけでは荷が重いと木炭を加えることにしたという。

 次は植物を使って微生物を増やすという方法。フジタ技術センター環境研究部の島田義彦主任研究員は、植物を使っての微生物繁殖を行うという。植物をマットに植えた植生浮島を作って、その根に微生物を繁殖させるのだという。

 プロジェクトは2005年11月に開始されたという。このプロジェクトには付近の住民も協力し、ヘドロの除去などの作業に従事したとのこと。10トンのヘドロを掻き出して、そこに植生浮島を設置した。

 また河川の再生には流入する排水にも処置をする必要がある。この地域では一部下水道が未整備の地域があるので、そこの家庭排水がそのまま流入しているのだという。そこで登場するのが愛媛県工業技術センターの曽我部義明所長。彼が開発した「えひめAI」という洗浄剤は食品に含まれる菌を混ぜ合わせたものだという。これを使うことで微生物が活性化するのだという。番組では付近の人に呼びかけて、この「えひめAI」を使ってもらうようにした。これを一日一回水回りにかけるのだという。

 実験開始から3ヶ月後、冬が厳しかったために成果が危ぶまれたが、それでも明らかな水質向上効果が見られたという。炭素繊維には多くの微生物が付着し、植え付けた水草は根付き、これらが微生物を増殖させていた。しかもメダカが現れたり、カワセミまでがやってきたとのこと。

 あまりに素晴らしい結果に、私のようなひね者には「本当かいな」という気がしてしまうのだが、とにかく近隣住民の環境意識を喚起するだけでも有意義な取り組みである。また自然の力で自然を再生するという発想がよい。やはりテレビ局もインチキ番組を流すのではなく、このような有意義な番組をやって欲しいものである。

 

3/5 素敵な宇宙船地球号「世界遺産の光と影1 ギアナ高地の悲鳴」 

 南米ベネズエラのギアナ高地は、テーブルマウンテンと呼ばれる断崖絶壁がそそり立ち、地表と隔絶した世界になっている。それらの頂上では固有種の世界が広がっている。

 この地は世界遺産に指定されているが、この別世界を見ようと世界中から多くの観光客が訪れる。観光客達はヘリコプターでこの地を訪れ、頂上上空を周遊した上で、15分だけそこに降り立つのだという。

 テーブルマウンテンの一つ、ロライマ山は唯一の登山道がある山である。そのため、ここは登山道を通って登ることが出来るので、ほとんどの観光客はここを目指すことになるという。荷物は地元の先住民族ペモン族のポーター、登山には丸一日かかるため、登山客達は途中の雨をしのげる場所で点とを張るという。しかしそのことがこの地にはなかった植物のこの地への進出を促してしまったという。特に観光客の排泄物が植物の栄養となって、地上から付着などで持ち込まれた種子などが成長しているのだという。

 またギアナ高地の観光地化は、この地に生きてきた狩猟民族であったペモン族の生活をも大きく変えた。現地には観光ホテルの建設が計画されており、村人もそのホテルの従業員として雇用されるために勉強を始めている。

 ただそのような中でもペモン族の狩猟民族としての伝統は消えたわけではないという。番組ではペモン族の若者が先輩に連れられて、初めての仮に参加する儀式を密着取材している。

 地球上に真に秘境と言えるところはなくなったなどと言われているが、かつての秘境も今や観光地というところが多い。しかし観光地化はその地域の環境破壊につながる例が多く、同様の問題は例えばガラパゴス諸島などでも起こっている。また観光地化はその地域の人々に富をもたらすと同時に、伝統的な生活スタイルを破壊することにもなる。西洋人などは「原住民が文明化された」と見るようだが、一概にそうとは言い切れない場合が多いのも実態である(拝金主義の良からぬ部分だけが浸透した事例が多い)。

 しかし今回の事例についてもやはり、人間の活動自身が環境破壊なのかという疑問がどうしてもつきまとうんだよな・・・。少なくとも、生存のためならともかく、娯楽のために環境を破壊するということは御免願いたいところだが。

 なお番組の構成として、ギアナ高地の環境破壊の物語と、現地民少年の物語とを二重にしていたのは、どうにも双方が中途半端な印象を受けた。単独ではネタとして弱かったのか?

 

2/26 素敵な宇宙船地球号「水銀の不思議〜毒か?薬か?謎の液体金属〜」

 古来より薬などにも使われてきた(秦の始皇帝が服用していた不老不死の薬の中には水銀を含んだものもあったという)水銀だが、近年は環境への蓄積が問題となっている。

 また平城京がわずか74年で滅んだのは、大仏を金メッキする時に大量に使用した水銀の蒸気によって病気が発生したからではないかとの雪があるという。当時の金メッキは、金を水銀に溶かしてアマルガムにした後、加熱で水銀を蒸発させることで行っていたので、大仏製造に使用された2トンの水銀のほとんどが蒸気になったと考えられるのだという。平城京に蓄積した水銀蒸気によって神経の病気などが続発し、これが祟りだと言われたのではないかとの説である。突拍子もない説だが、全くの荒唐無稽とも言えない部分がある。もしこれが本当なら、日本最古の公害病と言えるだろう。

 水銀で特に問題になっているのはメチル水銀である(番組ではNH3Hg+と説明しているが、これは明らかな間違い。正しくはCH3Hg+である。)。これは生体内に蓄積しやすいので、かつて水俣病の原因となった。しかし無機水銀でもバクテリアの働きなどでメチル水銀が合成されることが指摘されており、水銀の排出が問題になるのだという。

 水銀は環境中にも存在し、火山の噴火などで年間4000トンが排出されるが、それらは土中や水中に吸収されていた。しかし近年は石油や石炭の燃焼などの人間活動によって年間4000トンが排出されるようになり、環境中で処理しきれなくなり、生体濃縮で魚の体内などに蓄積する例が増加しているという。日本でも水銀のリサイクルが行われているが、未だにその量は使用量全体から見ると、微々たるものだという。

 また日本では乾電池の水銀使用はなくなったが、未だに中国などでは水銀が使用されており、それが環境汚染の原因となっている。この状況をなんとかしようとして立ち上がったのが、河南省新郷市の田桂栄さん。乾電池の販売などをしていた彼女は、乾電池の水銀による環境汚染の話を聞き、独自に電池の回収を始めたという。しかし処分場がないので回収した乾電池は店内や家の中に山積みされる状況となり、回りの誰からも理解されなかったという。しかし最近、彼女の活動がアメリカの新聞で注目されたことを発端に、中国国内で反響を呼び、彼女は中国初の民間環境保護協会の会長になっているという。

 さて今回の放送はなぜかベッキーが登場していたのだが、魚好きという彼女がら・べるびぃ研究所で毛髪中の水銀量を測定してもらったところ、20代の平均値の倍という値が出ていた。ただこの程度の数値は普通の大人の健康には全く影響がないとのこと。はて、「あるある」では同じ研究所で体内の重金属量を調べ、多くの日本人が重金属の蓄積で疲れやすくなったり痩せなくなるなどの深刻な影響が出ているなどと煽りまくっていたのだが・・・。またも思わぬところであの番組のいい加減さが発覚してしまった。

 それと中国の乾電池回収の話だが、果たしてあの国に水銀のリサイクル施設があるのだろうか? あの国のことだからリサイクルに対する取り組みなど皆無のような気がする。リサイクルのメカニズムが存在しない限り、いくら電池を回収してもそれは下水の詰まったトイレなんだが、そこのところはどうなるんだろうか。

 

2/19 素敵な宇宙船地球号「台所から地球が見える〜タラバガニを育むアムールの神秘〜」

 タラバガニなど豊かな水産物の漁場として知られるオホーツク海。オホーツク海のこの豊かさを支えるのは流氷だという。流氷には所々黄色いところがあるが、これはアイス・アルジーと言われる植物プランクトンの固まりであり、流氷が融けるとこれらの植物プランクトンは大繁殖し、さらに動物プランクトンが繁殖、そして魚が増えるという。この流氷の源になっているのがロシアのアムール川だが、アムール川から供給されるのは淡水だけでないという。

 植物プランクトンが成長するのに不可欠の成分であるのが鉄。しかし鉄はそのままでは水に溶けない。その鉄を水に溶かす働きをしているのもアムール川であるという。アムール川流域の森林で発生した腐葉土からフルボ酸が生成し、フルボ酸鉄になることで鉄が水に溶けるのだという。

 しかしそのアムール川に危機が迫っている。昔からアムール川で漁をして生活してきたモンゴロイド系の少数民族ナナイ人の漁師によると、近年アムール川の汚染がひどくなっており、魚が減って禁漁期間を設けないといけない状況になっているという。河川の汚染の原因はハバロフスクの都市化と、中国の経済発展に伴う排水だという。つい最近も中国の吉林省吉林市で化学工場の爆発事故があり、汚染物質であるベンゼンがアムール川の支流である松花江に流れ込むという事件が発生した。汚染物質はハバロフスクまで達したが、幸いにして大事には至らなかったという。しかしこのようなことが繰り返されれば、いずれはアムール川、さらにはオホーツク海にまで影響があるかもしれない。また流域での森林の伐採も進んでおり、それも心配の種だという。ナナイ人の漁師は、自分の先祖たちは森の木を絶対に切らなかったのに、なぜみんなは環境を守ることが出来ないのかと嘆いている。

 森林が海を育てるというのは最近よく言われていることで、海を守るにはまず植林からと言うのは、この番組でも以前に何回か登場している。アムール川は特に大規模であるだけに、ここでもしものことが起こった時は、被害が甚大であることが懸念されるところだ。それにしても、最近は世界中で環境破壊が加速度的に進行しているのが大問題だ。

 

2/5 素敵な宇宙船地球号「庭に妖精がやってきた!?〜フェアリーペンギンと暮らす町〜」

 オーストラリア南岸のフィリップ島にはフェアリーペンギンと呼ばれるペンギンが棲息している。帰巣本能が強い彼らはいつも同じ巣に戻って来るという。しかしその帰巣本能が徒になる場合があるという。

 タスマニア島はフェアリーペンギンの棲息地域の中にあるが、人口が増加して2万人もの人口のある町もある。その結果、彼らが街の中に棲息するという状況になっているという。彼らはひたすら巣を目指すが、街の中は彼らにとっては危険極まりないところである。犬や猫に襲われたり、車にはねられる例が多いという。またペンギンの糞が公害になっている。

 そこで町ではフェンスを張って、その外に人工の巣を作るなどを行ったが、帰巣本能の強い彼らの中には、それでも町の中に戻ってくるペンギンがいるのだという。彼らは夜の間に巣から海に移動し、そこで餌をとると、夜にまた子どもに餌を与えるために戻ってくる。

 町の人々は、庭先に出来た彼らの巣をそっと見守り、さりげなく共生しているのだという。またペンギンを守るためのボランティアもいるとか。

 元々はペンギンが先にいたところに人間が越してきたから、人間の方が少し立場を譲っているという印象。ただこれもこの町が比較的田舎町だから可能なんだろう。もっと都会化してしまったらどうしようもない。背景には人間と自然の共生の難しさがあるのだが、今回はそれを高らかに問題提議するわけではなく、さりげないエピソードで終わらせていたというところか。

 

1/29 素敵な宇宙船地球号「化学物質過敏症の少女2〜万海花とアリーの願い〜」

 この番組に以前にも登場した化学物質過敏症の少女・万海花ちゃんのエピソードの続報である。

 彼女が化学物質過敏症を発症したのは10才の時、原因は家の建材に使用されていた化学物質だった。日本では今、70万人の化学物質過敏症の患者がいるが、病気としてまだ認定されていない人が多いという。

 重力のコントロールを司る神経に異常を生じている彼女は、ベッドに寝たままの生活を送っており、トイレに行くのも一苦労の状態だという。また近所で溶剤などを使用されると彼女に影響するため、両親は行政に働きかけたという。最初は病名さえ知らなかった近所の人も、今では協力してくれている。

 アメリカのダラス環境健康センターでは最先端の研究と治療が行われており、世界中から年間7000人の患者が治療のために訪れている。このクリニックを30年前に開いたウィリアム・レイ博士によると、化学物質過敏症は明日にでも誰でもなる可能性がある病気だという。ここに通う14才の少女アリーは、学校に充満していた化学物質で発症、突然に倒れてしまったのだという。彼女は母親と2人で他の家族から離れて生活しており、毎日決められた注射を打つことを義務づけられている(一度に10本以上だという)。

 万海花ちゃんは、前向きに生きていこうと、父親に与えられたパソコン(当然ながら、十分に時間をかけて化学物質を抜いたものである)で、化学物質過敏症をテーマにした小説を執筆しているという。

 化学物質過敏症を2人の少女を通して解説している内容。ただ救いも結論もないのがかなり辛い。実際のところ、化学物質過敏症は急増しており問題となっている。原因は環境の悪化。公害や食品添加物などが原因となっていると考えられる。また化学物質過敏症ではなくても、近年になって免疫疾患系の病気が急増していることも同根ではないかと私は見ている。

 人間が環境を汚染しまくったツケが、そのまま人間の身体に跳ね返ってきているわけである。人間は工業製品とは違うということを身体自体が主張しているように私には思えてならない。

 

1/22 素敵な宇宙船地球号「心をつなぐ小さな庭〜ニューヨーク街角の光と影〜」

 ニューヨークのダウンタウンにコミュニティーガーデンと呼ばれるテニスコートぐらいの小さな緑地が散在している。ここでは人々が自由に野菜などを作っている。

 コミュニティーガーデンの走りはニューヨークが犯罪都市と言われた1970年代だった。この時にリズ・クリスティという女性が立ち上がった。彼女は荒れた町を立て直すのに、広場からゴミを取り除き、コミュニティーガーデンという緑地を作った。これは町から暗闇を追放する運動でもあったという。それ以来コミュニティーガーデンは700ヶ所に広がったという。またあの9/11の時も人々はコミュニティーガーデンに集まって、不安を癒しあったのだという。

 コミュニティーガーデンはご近所の人々の社交の場となっている。近所同士の交流が増えることで、町の治安が良くなったという。これらの土地は住民のために市が貸し出していたものである。しかし90年代に経済が上向きになって来た時、市は住民からガーデンを奪って宅地開発を行い始めた。これは住民にとっては市の裏切り行為であった。市によると「治安を良くするには庭を造るよりも警官を増やした方が良い」と言うのである。住民達は弁護士を立てて、裁判で争おうとしている。

 また移民の多い北部マンハッタンのブロンクスにもコミュニティーガーデンがあった。プエルトリコの移民が多いのその一角に、リンゴの木が植えられ、小屋が建てられた庭がある。貧しい中で移民達はそこで互いに助け合って生きてきたという。しかしその地も市から明け渡しが迫られた。住民達は激しく抵抗し、市も代替地を貸与することで妥協した。ただ住民達は30年共にすごしてきたリンゴの木と別れなくてはならなくなっている。

 ご近所の団結が強まると治安が良くなるという話である。かつての日本もこのようなご近所が自然に集まる場所があり、それによって周囲に目が届くことが治安の良さにつながっていたのである。日本では近所の縁が疎遠になると共に治安の悪化が始まった。ニューヨークで日本と逆の現象が起こっているというのは興味深い。

 ただこのような場所は、経済至上主義の考えから見れば単なる「無駄」と判断されがちで、ニューヨークでも世の中がそういう流れになっているようだ。またこれらのコミュニティーガーデンが富裕層のためのものではなく、中流以下の層のものであるというのもポイントだろう。ブッシュ政権下の今のアメリカは金持ちがやりたい放題という傾向がより強まっており、貧乏人のものは金持ちが何でも奪おうとしている(命も含めてだ)という時勢が反映しているように思える。そのうち大きな反動が来ると思うが。

 

1/15 素敵な宇宙船地球号「鉄鋼の町の挑戦〜青空を取り戻した主婦たち〜」

 鉄鋼業の町である北九州市は、かつて深刻な公害が問題となっていた。工業地帯の中にあった城山小学校では、周辺の工場からの排煙のため子どもの健康が損なわれていた。しかし市民の多くが工場の従業員であったため、誰も声を上げることができなかった。しかしそこで母親達が立ち上がったという。彼女らは自力で公害について調査し、8ミリ映画に記録して公開した。このことが北九州の公害問題に世間の感心を集めることになった。そして決定打となったのは、日本で初めてのスモッグ警報がこの地に発令されたことで、これをきっかけにして各企業の排煙への対策が実施され、ついには環境基準をクリアできるようなったという。

 もう一つの問題は死の海となっていた洞海湾の再生だった。大量のヘドロが積もっていた洞海湾では魚が全く棲息できず、そのために当時に各地で発生していた魚が原因の公害病(水俣病など)が発生しなかったという皮肉な状況だったという。この状況に立ち上がったのが当時の谷市長で、彼は佐藤総理に直訴したという。この年に公害対策法が可決され、環境庁が設置されたという時代背景の中、洞海湾のヘドロ除去作業が開始され、かつては工場排水で死の海となっていた洞海湾に80年代には魚が戻ってきたという。

 1990年には北九州市は国連環境計画で高い評価を受け、谷氏が表彰状を受け取ったという。さらに1992年に「国連地方自治体表彰」を受賞し、今日では公害問題解決のためのノウハウをアジアからの研修生などに伝えているという。かつての公害都市は、今や環境保護のリーダーとなりつつあるという。

 なかなか良い話だという印象。東京の川にアユが戻ってきたりなど、血道に取り組んできた環境再生事業の成果がようやく最近になって出始めているようである。もっとも日本全国がそうなっているわけではなく、未だに諫早湾干拓事業のような環境破壊以外に何の目的もないような事業がこの国ではなされているわけであるから、まだまだ血道な取り組みは必要であろう。また現在、当時の日本のような状況になっているのが中国である。中国の環境問題は余所事ではなく、あの国で排出された窒素酸化物が日本で酸性雨となって降り注いだりするなど日本とも密接な関わりがある(エチゼンクラゲの大発生にしても、中国の河川の汚染による富栄養化が原因として指摘されている)。日本も環境技術面で協力する必要があるし、中国政府に対して環境問題にも配慮するように啓蒙していく必要があろう。日本には軍事分野などと言った不毛で馬鹿げた分野ではなく、環境分野での大国にこそなってもらいたいものである。

 

1/8 素敵な宇宙船地球号「シリーズ大地に生きる5 天空の棚田に龍が舞う」

 中国雲南省の標高1800メートルの高地にあるジャイン村に住むハニ族は、山の斜面を棚田に開墾して生活している。この棚田ではイネが育てられ、またイネを育てると同時に鯉の養殖もなされており、これらの恵みで彼らは生きている。また稲刈りの後にはカモを育てるなどの知恵で棚田の恵みを有効に活かしている。彼らの棚田を支えているのは、山の中腹からわき出る豊かな水。彼らはこれを棚田を順番に回して有効に利用している。また棚田は一種の貯水槽の役をなすことから、自然災害の防止にも役立つという。

 彼らが棚田の恵みに感謝して、1年に1回開くのが長街宴と呼ばれる宴である。これは各家庭が料理を持ち寄ってその宴席を町の上流の泉から麓の市場まで延々と連ねるもので、まるで一匹の龍のように見える(これが今回の副題の理由)。最近は観光でも有名になって、遠くから観光客もやってくるようになったと言うが、彼らのもてなしの精神はまだ変わっていない。

 ただこの村でも問題は発生している。数年前に水源の森を守るために森への立ち入りを禁止にしたのだが、村では薪不足が深刻化しているのだという。村の人が森林パトロールを行っているが、秘かに森に薪を取りに潜り込んでいる者が見つかることがあるという。薪不足解消のために棚田の脇に木を植えたりしているが、薪に使えるようになるには早くて5年かかる上に、量も足りないという。そこで最近に注目されているのは、豚の糞からメタンガスを取り出して燃料にするシステムだとか。20軒に1軒ぐらいの割合で導入が進んでいるという。

 理想的に自然と共生しているように見えるハニ族ですが、そこでも森林の問題が押し寄せているとは。彼らの生活を支えているのは豊かな水であるわけだから、森林の保護はまさに死活問題だろう。燃料の候補として豚の糞が上がっていたが、まだ普及率があまり高くないのは、多分設備費がかかるためだろう。また豚はどこの家でも飼えるわけではないのではないだろうか(大体、豚は裕福な家でないと飼えない場合が多い)。

 

12/11 素敵な宇宙船地球号「京都渡月橋・奇跡の灯り〜クリーンなミニ水力発電ってナニ?〜」

 観光地として有名な京都の渡月橋。ここは観光の一環としてライトアップがなされているのだが、このライトアップの電力は水の流れを使用したミニ水力発電で供給されているという。

 名古屋の電気技師の石田正氏は以前からミニ水力発電に取り組んできた。現在の発電の大半は自然に負荷をかけるものであり、クリーンエネルギーと呼ばれているものは安定性に欠ける欠点がある。これに対してミニ水力発電は、環境に負荷をかけない上に、あらゆるところに適用が可能なのだという。

 石田氏のミニ水力発電が設置されている度合温泉のランプの宿。ここは電気が来ていないことで有名だが、予約を取るための衛星電話やテレビの電源を石田氏のミニ水力発電で調達しているという。ここでは裏の高低差13メートルの小川を発電源としている。

 ただミニ水力発電の設置も簡単ではないのだという。例えば一級河川などの場合は国土交通省の管轄になっていたり、農業用水だと農水省の管轄だったりと縦割り行政の弊害もあって水利権が絡むのだという。だから石田氏のミニ水力発電は水利権が絡まないところに、ボランティアで設置されている。

 渡月橋のライトアップにしても、これ自体は地元の悲願だったのだが、一級河川へのミニ水力発電の設置は「前例がない」などとして国土交通省が抵抗をしていたという。状況が変わったのは京都議定書が制定されたこと。お膝元の京都での象徴的試みとして注目されたのだという。

 なかなお面白い試みであるが、残念ながら都会の大消費電力を賄う役には立ちそうにない。もっともそれでもちょっとしたところには使えそうだ。私は都会で良く行われているライトアップは、単なるエネルギーの浪費と言うことで大嫌いなのだが、こういうライトアップなら良いのではと思う。それにしてもこんなところでも、日本のお役所の馬鹿さ加減が現れるとは・・・。本当に役人と政治家がこの国を滅ぼしそうだ。

 

12/4 素敵な宇宙船地球号「江戸前復活物語〜将軍が愛したアユが還ってきた!〜」

 水質汚染のために危機的状況に陥っていた東京湾だが、最近は復活の兆しが見えているという。その鍵を握っているのはアユだとのこと。アユは川の魚と思われているが、実は生まれて半年は海で生活しており、そんな彼らが暮らしているのはお台場や羽田の人工の砂浜だという。

 成長した彼らは多摩川を遡る。かつては将軍にも献上されていたという多摩川のアユも、一時は水質汚染で壊滅状態になっていた。しかし最近は水質浄化に伴ってアユが復活、昨年は110万匹ものアユが還ってきたという。

 しかし川を遡るアユの障害も多い。魚道の整備されていない堰などでは行く手を遮られたアユが滞留することになる。日本大学理工学部の安田陽一助教授は、そんなアユのために鉄パイプと石を組み合わせた簡易魚道を開発した。費用は6万円という単純なものだが、これによって1日に3万匹以上のアユが遡ったことが確認されたという。

 多摩川は一時期最悪の状態になっていたという。1960年代の人口増加で流れ込んだ生活排水で川は汚染され、たまった洗剤の泡が風で街の中にまで飛んでくる始末で、メダカさえいなくなったという。しかしその後、水質浄化の試みがなされ、現在では環境基準値を満たすまでに劇的に改善されたという。

 現在、アユが最終的に突き当たるのはJR中央線の高架下だという。ここでは2メートルの堰があるためにアユは越えることができない。国土交通省京浜河川事務所のの土屋秋男係長によると、現在ここに新しい魚道を造り、さらにアユが5キロ上流までさかのぼれるようにする工事が行われるのだという。

 多摩川のアユについては以前に「地球ふしぎ大自然」でも扱っており、非常に印象深かった。アユの生涯に重点を置いて紹介していた「地球ふしぎ大自然」に対して、この番組ではアユを守る人々に力点を置いているのが、番組としてのスタンスの違い(自然番組と環境番組の違い)が出ており興味深い。それにしても多摩川にはアユが戻ってきているというのに、大阪の淀川は・・・。

 

11/27 素敵な宇宙船地球号「イチョウ2億年の旅 "生きた化石"の神秘」

 街路樹としてよく見かけるイチョウだが、実は日本には野生のイチョウはいないという。

 イチョウが発生したのは2億年前、ちょうど恐竜の時代だという。恐竜はイチョウを食べ、イチョウは恐竜に食べられることで種などを蒔いてもらうという共生関係にあった。しかし恐竜の絶滅と共に、イチョウは絶滅の危機に瀕する。今でも野生のイチョウは中国の一部にしか残っていないのだという。これが人間に発見され、日本に持ち込まれたのだとのこと。

 日本に持ち込まれたのは800年前で、当時の古文書に防虫剤としてイチョウの葉が挟まれていたのが見つかっているとのこと。当時は鎌倉時代であり、鎌倉にもイチョウが植えられており、ここから僧侶などのネットワークで全国に広がったと推測されているという。

 またヨーロッパには200年以上前に日本から持ち込まれたとのこと。イチョウの現地名「ギンコ」は「イチョウ=銀杏→ぎんきょう→ギンコ」になったのではないかとのことである。 

 今回はイチョウにまつわる随想のような内容で普段のこの番組とは趣が違っていた。ただ、イチョウが実は人間によって広げられた植物だと云うことは全く知らなかった。そういう点はなかなかに勉強になる。

 

11/20 素敵な宇宙船地球号「絶壁に舞う孫悟空〜中国四千年の秘薬を探せ〜」

 日本でブームの漢方薬。その材料の供給地が中国である。中国では薬草輸出が1000億円の一大市場となっており、その8割が日本向けだという。その中でも最近に人気が上昇しているのが鉄皮石斛だという。仙人の秘薬とも呼ばれているこの薬草は、浙江省の産出である。中でも上質と言われているのが雁蕩県霊岩村のものである。ここでは切り立つような岩山にロープ一本でぶら下がって、薬草を採取している薬草採取人がいる。

 薬草採取人の周慶栄氏は15才の頃から薬草を採ってきたという。薬草採取の仕事は代々一族で引き継がれているものであり、彼は金儲けのためではなく、村人のために薬草を守るのが仕事だという。彼は村人の健康相談に乗っており、症状を見て薬草を見立てる。よほどの重病でない限りこれで治してきたという。

 しかし最近は気候の変化か、鉄皮石斛などが減少してきているという。この地域は太古より複雑な火山活動によって岩山が形成されており、これらの岩山にはいろいろな成分が含まれているため、ここで育った鉄皮石斛には有効成分が含まれているのだという。しかし工業化による酸性雨は鉄皮石斛の生育を阻害し、また岩山の崩壊を進めているという。

 一方、中国では薬草需要に応えるために薬草の人工栽培を進めている。鉄皮石斛なども数年以内に栽培が可能になる見込みだという。

 また周氏も独自に鉄皮石斛の栽培に取り組んでいる。岩山以外では枯れてしまう天然の鉄皮石斛も、この村の石や水を使えば育つのだという。また彼は採取して株分けをした鉄皮石斛を、再び岩山に戻すことも始めているという。

 中国の薬草事情であるが、それにしてもここでも日本人の薬好きが反映ししている。病気でもないのにやたらに薬を飲みたがるのは、薬好きの日本人と、サプリ好きのアメリカ人ぐらいだろう。どっちも怪しげな健康情報で踊らせされている民族である。

 なお中国での薬草の人工栽培だが、正直なところ、風土から切り離しての薬草栽培は薬効自体もなくなる可能性が非常に高いと思われる。実際に日本でも江戸時代に小石川の薬草園で朝鮮人参の栽培などを試みたが、日本の風土で育てた人参は効果がほとんどなく、患者にそっぽをむかれたという。

 まあもっとも、元々から効果なんて「気のもの」にすぎない栄養ドリンクなんて、そんなもので良いのかもしれない。むしろ下手に薬効があれば、ガバガバ飲んだ時に副作用が危険である。薬の使い方の基本は「必要のない時にはやたらに飲まない。ただし必要な時にはキチンと飲む」ということに尽きるのだが、どうも世間はこの逆をやりがちで、必要のない時には無意味な薬をガバガバの飲むのに、必要な薬を途中で勝手に止めてしまう例が多い。日本人の薬とのつき合い方ももう少し考えた方がよい。

 

11/6 素敵な宇宙船地球号「シリーズ ミクロの生命体1 新型インフルエンザを阻止せよ!」

 最近になって、鳥インフルエンザのH5N1型ウィルスが危険視されている。このウィルスが危険視されるのは、かつて4000万人の死者を出したスペイン風邪と同じタイプであることと、このウィルスが鳥から直接に人間に感染するらしいと見られているからである。

 アジアでは既にこのウィルスの感染による死者が出ている。タイでは既に十数人の犠牲者が出ている。このタイの農村地帯を北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターの高田礼人教授が訪れた。ここでは鳥から感染したインフルエンザが、人から人に感染したと見られており、新型インフルエンザの発生と大騒ぎになったが、この時はタイ政府による早期の徹底した消毒によって制圧された。

 インフルエンザウィルスは非常に感染力が強いため、高田教授によると先回りで対処する必要があるのだという。方が教授はタイの次にモンゴル高原を訪問した。ここでは渡り鳥の間でH5N1型ウィルスが検出されたのだという。ここで高田教授らは新鮮なカモの糞を探して歩くわけである。こうして収集したサンプルは卵で培養され、識別されることになる。もしここで新型インフルエンザウィルスが発見されると、新型インフルエンザ発症の危険があるということである。今回のサンプルからは幸いなことに強毒性のウィルスは見つからなかったという。

 しかしそれで彼らの仕事は終わりではない。北海道にカモが飛来する頃、彼らはまたここでも糞の収集を行っている。インフルエンザに対応するにはこのような血道な仕事が欠かせないのだという。

 高田教授は万能ワクチンの研究も行っているという。これはあらゆるタイプのインフルエンザウィルスに対応して、感染を予防するものだという。開発が待たれるところである。

 つい最近、インフルエンザについて紹介している本を読んだところなのであるが、そこでも野鳥の糞を集めるということが紹介されていた。どこの世界でも言えることだが、常に最前線ではこういう地味な仕事をコツコツとする人がいるわけである。正直なところ頭が下がる。

 それにしても新型インフルエンザの問題といい、耐性菌の問題といい、人間の知恵はまだまだ自然の脅威と戦うには浅はかすぎるということを思い知らされる状況が続いている。人間も自然の一部である以上、奢るなかれということなのだろうが。

 

10/30 素敵な宇宙船地球号「台所から地球が見える〜豪州マグロ王の決断〜」

 現在、日本で消費されているマグロの中には、オーストラリア産のマグロが増加している。オーストラリアのミナミマグロはその品質から日本でも高く評価されている。

 そのマグロの産地、ポートリンカーンではマグロ御殿と呼ばれる豪邸が並んでいる。マグロで財をなした彼らはマグロ王と呼ばれているという。

 ミナミマグロはクロマグロと並ぶ高級マグロであるが、かつてポートリンカーンで捕れるマグロは小さく痩せており、缶詰用にしかならず、量で稼ごうと乱獲になって資源枯渇の可能性も出たのだという。その結果、漁獲制限が行われることになり、彼らは危機に瀕したという。そこで彼らが考えた新しい方法が畜養であった。若いマグロを捕まえて、餌を与えて育て、缶詰用でなく刺身用として出荷するというものである。

 捕獲されて生け簀で育てられたマグロは、20キロの体重が40キロまでに増えるという。また餌には鰯を使い、日本人好みのトロを作るのだという。マグロ出荷の最盛期は南半球が冬の7〜8月、この時期にマグロはなんとダイバーによって素手で捕まえられるのだという。捕まえたマグロは直ちに活け締めされ、血抜きして洗浄までにわずか1分30秒、この素早さが品質を保つのに重要なのだという。

 しかし最近はポートリンカーンに異変が現れているという。他の国でも畜養が始まったことにより、日本でマグロがだぶつき始めたことで、マグロの価格が低迷し始めたのだという。ポートリンカーンではマグロバブルの崩壊による地域経済の低下が心配されている。

 そこで地元で皇帝と呼ばれているヘイゲン・スター氏が狙う次なる手は、マグロの完全養殖だという。これは日本では既に近畿大学が成功しているが(この番組で以前に放送したらしいが、その後にプロジェクトXにも登場してます)、彼はこれを商業ベースで成功させようというのだという。

 番組は、要はこれからの漁業のキーワードは完全養殖だと言いたいのだろうが、どうも番組の構成が今一つ散漫であるのが気になったところ。畜養の現状を紹介したところに比べて、完全養殖の話が明らかに付け足しに見える。もう少しスッキリした構成にしておく必要があったのでは。多分バランス的に畜養部分の紹介が多すぎたのではなかろうか。

 

10/23 素敵な宇宙船地球号「赤字動物園の挑戦!〜ゴリラ飼育係のアメリカ武者修行〜」

 今、動物園の鍵になっているのが生態展示と呼ばれる形式である。これはその動物が生活する環境を園内に再現し、動物たちの自然な姿を見て貰うというものである。日本でも旭川市の旭山動物園が生態展示で人気を博している。

 しかし日本では赤字にあえぐ動物園が多い。日立市のかみね動物園もそんな動物園の一つ。そこのゴリラの飼育係の山内直朗さんがアメリカのシアトルのウッドランド動物園を訪れた。ウッドランド動物園は動物園革命の本家と呼ばれ、かつてのコンクリートの檻をなくし、動物が暮らす環境を再現した生態展示で人気を博している動物園である。

 山内氏がここを訪れたのは、かみね動物園の改革のヒントを得るため。かみね動物園では人気とり策としてゴリラの繁殖を目論んでいるが、2頭いるゴリラも、オスのダイスケがメスのアキを追い回して怪我をさせて以来、2頭は別居状態という始末。ストレスで苛立つダイスケには、余計に粗暴な行動が目立つようになっていた。

 山内氏が訪れたウッドランド動物園はすべてが違っていた。ここのゴリラは2つの群れが存在するが、驚くのはそのうちの2/3が動物園で生まれていること。またどのゴリラもストレスがなく、ゆったりと暮らしているように見える。

 その影には飼育係達の努力があった。飼育係達は「エンリッチメント」と呼ぶ、動物たちの生活を充実させるための手段を常に考えている。例えばゴリラに餌を与えるにしても、わざと餌を隠して彼らに探させるなど、適度に彼らに遊びを与えながら彼らが退屈しないように工夫しているのである。

 帰国後の山内氏は、市長にも相談を持ちかけ、かみね動物園の改革に取り組んでいる。まだ予算がないのはどうしようもないが、将来の夢を持っている。

 日本には赤字の動物園が多いだけでなく、設備もかなり劣悪なところが多いのが問題です。ひどいところになると、これは動物にとっては独房に等しいと感じられるような施設もあり、そういうところの動物は見ていて可哀想なことがあります。ただ日本では土地の狭さなどもあり、一概にアメリカと同じような設備を作るというわけにもいかないのが辛いところです。複数の動物園が提携して、それぞれ手分けして環境を充実させていくというような工夫があっても良いようには思われるのですが。

 

10/16 素敵な宇宙船地球号「エジプト隠されたオアシス〜黄金ミイラが語るミステリー〜」

 砂漠の国エジプト。しかしエジプトのサハラ砂漠の真ん中に奇跡のようなオアシスが存在する。それがバハレイヤオアシス。ここでは25個所から水が湧き出しており、4つの集落で2万人が生活している。

 バハレイヤの地下水の由来は衛星からの探査で明らかになった。かつてはこの地をナイルが流れており、その流れが絶えた後でも、地下に蓄積した化石水が湧き上がっているのである。

 バハレイヤでは古来より水を有効に行き渡らせるシステムが確立しており、高地で汲み上げた水が順に全域に行き渡るようにされているという。この地に住む人々は古来よりこのシステムを大事に守ってきたのである。またこの地の人々のもう一つの知恵は椰子の木。容赦なく襲いかかる砂嵐から町を守るために防砂林として椰子を植えてきたのだという。砂嵐が襲来する町の西側には幅1キロの椰子の林が育てられている。

 このオアシスでは最近になって巨大遺跡が発見され、大量のミイラが発見された。共同墓地には数万体ものミイラが存在しており、ここがかつてかなりの繁栄をしていたことが確認されている。王家に特有の黄金のミイラも発見されており、かつてのこの地には王家につながる人々が生活していたことになるという。この地が繁栄を極めた秘密は墓所の壁画から解明された。ワイン壺が描かれた壁画が残っており、この地がエジプトの極秘のワイン醸造所であったことが明らかになったのだという。当時はワインは黄金に匹敵する価値があり、その醸造所は狙われることを防ぐために極秘にされていたという。その極秘の醸造所がバハレイヤにあったのだという。

 また砂漠では塩害が問題となるが、バハレイヤにはそれを防ぐシステムも存在したという。地面に含まれる塩分を含んだ排水を排水溝から地下深くの不透水層沿いに湖に排水していたのだという。湖ではパピルスなどの植物がその塩分を吸収して浄化するシステムになっているのだという。そして浄化された水は地中に染み込んでいく。数千年、数百年単位での巨大な水循環システムが確立していたのだ。

 エジプトのオアシス都市の自然と共生する知恵について紹介する内容。しかし水の有効活用はともかく、砂漠で必ず問題になる塩害の対策まで行われていたというのは驚きである。大規模近代農業を行った農地が、次々と塩害で駄目になっていっている現状を考えると、古代人の方が現代人よりも生活の知恵には恵まれていたと考えざるをえない気持にさせられる。このオアシスの水も化石水と言うことは、アメリカで渇水が問題になりつつあるオララガ帯水層などと同じで、むやみやたらに汲み上げたら涸れてしまうということだから、有効に活用する知恵が必要だったのだろう。しかし地質調査もされていないはずの古代に、そのような先のことを考えた知恵があるとは。そう考えると、人間って本当に進化をしているのかが怪しくなってくる。

 

10/9 素敵な宇宙船地球号「インターネットの落とし穴 クリックで始まる絶滅への秒読み」

 インターネットの普及により、居ながらにしてあらゆるものを入手できるようになったが、それが希少生物の絶滅をもうながすることになっているという。

 日本では現在昆虫ブームであるが、特に人気の高いのがクワガタである。インドネシアのスラウェシ島で国の許可を得て昆虫のサンプルを輸出する商売を行っているハムザ氏によると、以前は蝶の標本が多かったのだが、最近は日本からのクワガタの注文が殺到しているという。

 人気のヒラタクワガタが捕れる村ではクワガタバブルが発生している。10センチ以上のクワガタを見つければ、年収に匹敵する収入になるということで、村人は畑を放り出して総出でクワガタ捕りに繰り出している。当然ながらクワガタは減少してくるし、畑は荒れ放題になっている。もしクワガタバブルが崩壊した時にこの村に何が残るかを考えると空しさがよぎる。

 しかしこれらのクワガタの輸入は日本の生態系に甚大な被害を及ぼすことを懸念されている。かつては日本の種と外来種は交雑出来ないと言われていたのだが、最近になって明らかに雑種が見つかり始めているという。また野生のクワガタについて外来のダニなどが渡ってくることによる悪影響も懸念されている。

 またインターネットの世界では捕獲が禁止されている絶滅危惧種の取引がされていることもあるという。例えば捕獲が禁止されているはずのバビルサの頭蓋骨が取引されていたという。絶滅に瀕した希少種になることで、逆に価値が上がってしまっているのだという。

 さらに蝶の標本などでも本来は捕獲が禁止されている蝶などが、現地では外国人観光客相手に大っぴらに売買されている。これを買っていく日本人も多いという。税関で見つかれば当然没収されるのだが、スーツケースに隠したりして持ち込もうとする日本人が多いという(転売目的のように思われる)。現地では生活のために保護蝶であることを承知の上で捕獲している人々がおり、現地の森林保護管のアマン氏も心を痛めている。彼によると「貧しい農民は食べることさえ大変なんだから、生活のために少しの蝶を捕るのは仕方のないことだが、欲を張って大量に蝶を捕るのは良くない」とのことだ。彼は先のハムザ氏の協力を受けて、絶滅危惧種の蝶の人工繁殖に取り組んでいるという。

 なにやら輸入ペットの問題の時にも感じたのだが、金に飽かせて珍獣を買い漁るマニアの浅ましさだけが心に突き刺さった回である。どの分野のマニアにもとかく「自分さえ良ければ」という姿勢や「目的のためには手段を選ばない」という傾向があるのは事実であるが、やはり地球に取り返しのつかないことをしてはいけないだろう。それにしても最近のクワガタバブルは、まさにかつてのオランダでのチューリップの球根バブルと同じで、一種の共同幻想のようなものであるから、いずれは崩壊するのは間違いない(そんなにクワガタが売れ続けるほどにマニアの絶対数は多くはないと思われることから、実は既にクワガタが金になると信じて踊っている輩が市場の大半を占めているのではないかと私は推測している。)。そうなった時、あの貧しい村はどうなるのか。それを考えると心が重い。そういえば、日本の山野も、あの堤から賄賂を貰っていた中曽根政権によるリゾート法なる悪法のせいで、取り返しのつかない惨状になってしまった(原生林などがことごとくスキー場やゴルフ場にされてしまった)。このような愚行まで海外に輸出はさせたくない。

 

10/2 素敵な宇宙船地球号「命を守る炎・ブッシュファイア」

 ブッシュファイアと言っても、ブッシュが起こした戦争のことではない。これはオーストラリア原住民の知恵に基づいた作業だという。

 オーストラリアで問題になっているのが大規模な山火事。落雷などが原因となって、毎年日本と同じぐらいの面積が焼けているという。しかもオーストラリアのCO2排出量の半分は山火事によるものだという。この森を守るために、原住民であるアボリジニの知恵を使おうというのである。

 この大陸で6万年前から狩猟生活をしてきたのがアボリジニだが、260年前に白人がやってきたことで、彼らの生活は一変したのだという。狩りのためにブッシュに火を付ける彼らは、火つけ魔として迫害された。今ではアボリジニの多くが都市で生活しているが、馴染めずにホームレスになってしまうものも多いという(差別もあると思う)。しかしあえて伝統の生活を守ろうとブッシュに戻る者もいる。

 アボリジニの長老は古来よりのアボリジニの知恵であるブッシュファイアを若い世代に伝えようとしている。都会暮らしの若者を集め、1日に20キロを歩くというハードなブッシュ歩きをしながら、彼らにアボリジニの知恵を伝えていくのだという。そもそも彼らが下草を焼くのは、狩りのために見通しを良くするためだとのことで、彼らが火を付けるのは乾期の始めの6月頃、これは草が乾きすぎて大火事にならないためであり、この時期だと火は自然に消えるのだという。またオーストラリアの植物の中には火によって発芽する植物などもあるという。

 このブッシュファイアを山火事の防止に使用しようという研究もなされている。爆薬を使用して下草をライン状に焼くことで、それを防火帯にしようというのである。もし山火事が発生しても、下草を焼いたラインがあれば、そこには燃えるものがないために山火事が広がらないという理屈である。

 番組では都会暮らしのアボリジニの若者達に密着、彼らがたくましく成長して、先祖伝来の知恵に対する誇りに目覚めていく過程を追っている(なんとなく先週の展開を思い出すが)。アボリジニは火をもって火を制御してきたというが、確かにその通りである。なお番組でも言っていたが、この下草焼きは、奈良の若草山の山焼きと同じである。古来からの知恵というものは侮りがたいものがあり、たかだかここ100年程度で登場した科学技術なんてものが遠く及ばない場合もある(特に自然との共生の知恵に関してはその例が多い)。そういう意味では日本でも伝統の知恵というものがほとんど消滅しているのは残念だ。

 

9/25 素敵な宇宙船地球号「生命の森の修学旅行 17人のボルネオ密林体験」

 ボルネオ島北部の熱帯雨林。なんとここに修学旅行でやって来た高校生達がいる。彼らが訪れたのはルマ・セリ村。17人の高校生達はここで一週間滞在する。しかし入村の儀式でいきなり豚を殺すことになって戸惑う彼ら。いきなり生きていくということはどういうことかを実感させられる。

 ここの島民はロングハウスと呼ばれる長屋形式の共同住宅で暮らしいているが、彼らはそこに2,3人のグループに分かれてホームステイする。夕食にはさっき殺した豚も出てきたが、喉を通らない者もいたようである。

 翌日、彼らは川に漁に出たり、森の中に食料採取に出かける。そこで蔓植物から水を摂ったり、虫を食べたりなどの初体験を行う。

 しかしこのようなボルネオの人々の生活も変化しているのだという。木材収入を得るために森が切り開かれたりなどして環境が変わりつつあるのだという。また若者はそのような製材所に勤めたりするようになり、かつてはすべて自給自足だった村にも、貨幣経済が押し寄せているのである。また文明の波が押し寄せているのに今も昔と同じで川にゴミを捨てるために、プラスチックのゴミなどの問題が持ち上がっているという。またここの森に道路が通るという計画を聞いて、生徒達は動揺する。島民が便利な生活に憧れる気持ちは分かるが、大切なものを失って欲しくない。しかし自分たちは便利な生活をしながら島民には不便な生活を続けろと言えるのか。彼らの議論には結論が出ない。

 その後も彼らは鶏をさばくなど貴重な体験を重ねながら、一週間の予定を終えて帰国する。

 非常に有用な体験をしているなと感心した次第だが、これに参加した高校生達は明らかに今の高校生の中では物事をよく考えている方だろう。本当はもっとフワフワと何も考えないような輩にこそこういう体験が有用なようにも思われるのだが。なお自分が便利な生活をしながら、途上国の人間には不便な生活で耐えろというのは自然保護活動にありがちなジレンマである。それにしても今回の内容、団体版うるるん滞在記みたいだな(笑)。

 

9/18 素敵な宇宙船地球号「モンゴル星空の冷蔵庫〜非電化生活のススメ〜」

 遊牧民が暮らすモンゴル。しかしここにも文明の波が押し寄せている。若者は電気のない遊牧の生活をやめ、首都に出てきて現代文明の恩恵を蒙る生活をしたいと願っている。さらにそれに拍車をかけたのが、地球温暖化による気候変動。ここ数年、ゾドと呼ばれる雪害と干ばつによって1000万頭以上の家畜が死に、多くの遊牧民が遊牧の生活を捨てることになった。

 しかし都会に出た遊牧民の生活は楽ではない。都会には仕事がなく、また都会では食料も住居も水も何を得るためにもことごとく金がかかる。都会に出たことを後悔し、遊牧の生活に帰りたいと考えている元遊牧民もいるが、今やそれもかなわぬ願いになってしまっている。

 遊牧民でも裕福な層は、太陽電池などを導入して電化された生活を営んでいる者もいる。しかしそれも大問題になっている。そもそもこれらの機器が高すぎる上に、扱いも難しく故障時の修理もままならぬため、故障した電気機器が草原に放置され、環境汚染の問題が持ち上がっている。

 遊牧民にとってもっとも必要な電化製品は冷蔵庫である。殺した家畜の肉などを保管する必要があるのだが、夏場は肉が腐りやすいため、本来なら10日間は食べられる量の肉を、5日で食べてしまわないといけないことがあるという。

 この遊牧民に協力するプロジェクトを開始したのが、日本で電機メーカーの技術者だった藤村靖之氏である。彼は息子の喘息をきっかけに環境に配慮した非電化生活に関心を持ち、電気を一切使用しない非電化冷蔵庫を開発した。

 この冷蔵庫の原理は単純である。ステンレスで出来た箱の周囲に水を溜めて、それを断熱材で覆う。そして夜になった時に上にある開口部を開くことで、放射冷却によって庫内を冷却するのである。放射冷却が有効に働くためには空が晴れている必要があり、日本では十分な性能が発揮しにくいのだが、モンゴルだと実用になる可能性があるのだという。

 彼は現地の起業家と協力し、モンゴルで調達できる材料で非電化冷蔵庫を開発した。断熱材には羊の毛のフェルトを用い、またペットボトルに墨汁を入れた水を入れる(黒はもっとも熱を吸収、放射しやすいというキルヒホッフの法則に基づく)を回りに並べ、これを地中に埋める形態にした。昨年のテストではこれで4度を実現したという。彼はこの冷蔵庫に先進国がおかした過ちを繰り返したくないという思いをこめているという。この冷蔵庫は「星空の冷蔵庫」と名付けられた。

 番組では実際にこの冷蔵庫を導入した遊牧民家族を追跡。電気を使わないでも冷却が出来る冷蔵庫に喜んでいる彼らの姿を描いていた。

 自然と共生できる生活とはどうするべきかを考えさせられる内容。実際に現在の途上国の人間が、すべて先進国並みの大量消費のエネルギー浪費の生活を目指すと地球が破綻するのは明らかであり、それが現代人類の最大問題の一つになっている。これに対しては、「先進国も原始時代並みの非文明的生活に戻れ」という非現実的な環境保護原理主義のような主張から、「我々は今の生活を守るが、途上国の人間が真似をすると地球が破綻するので、お前達は貧しいままでいろ」というような身勝手で傲慢な態度まで種々様々である。現実的な落としどころとしては、各地域でその実情に合わせて、なるべく地球に負荷を与えない生活を試行錯誤するというところあたりしか仕方ないのではなかろうか。ただ現実にはこの「落としどころ」がかなり難しくはあるのだが。

 

9/4 素敵な宇宙船地球号「アラビアの真珠〜石油が生んだ巨大楽園島〜」

 アラブ首長国連邦のドバイ。ここはリゾート地として知られている。ここはアマモやサンゴが生息する豊かな海である。真珠貝でも知られていたこの海も石油が産出してから様変わりした。ドバイの沖に現在建設されているのが直径5キロにも及ぶ巨大埋め立て地である。ドバイでは、石油が枯渇するまでに巨大リゾート地を建設しようとしているのである。この埋め立てには石油マネーが投入されている。

 しかし埋め立てで大量に土砂が投入されたことにより、サンゴ礁に土砂が積もり、多くのサンゴ礁が危機に瀕している。現地の猟師達によると、漁獲量も激減しているという。ただ開発側は開発が終了すると、逆に生物の住処などが出来ることでより生物が豊かになるのだという。また海中に人工サンゴ礁を設置するなど海洋生物の保護にも配慮しており、環境の創造を目指しているという。

 開発が自然に対してプラスになるのかマイナスになるのかについての判断を、番組が保留していたのが歯切れの悪さを感じさせる。恐らく開発による明らかなマイナスの部分と、環境に配慮するプラスの部分との大小について判断がつけがたかったのだろう。実際のところは10年ぐらい経たないと判断できないのだろうが、個人的には人間が自然を設計するなどというのはおこがましい気がする。それにそれだけやっての開発目的がリゾートというのは、何とも不毛だという印象を抱かずにはいられないのだが。

 

8/28 素敵な宇宙船地球号「外来種は警告する3 楽園を襲う緑の侵略者」

 太平洋上に孤立する小笠原諸島。この島々は大陸からずっと切り離されてきたため、独自に進化した固有の生物種を有している。しかしその生物種が危機に瀕しているという。外来種の流入である。

 梅雨時になるとイエシロアリが大量発生し、島民は外には出られない状態になるという。またこの時にはそれらを餌にするオオヒキガエルも登場するが、これも人為的に持ち込まれたものだという。シロアリはそもそも米軍によって持ち込まれたもので、これが大発生することで、家が食い荒らされるなどの被害が発生しているという。

 さらに大問題を起こしているのが、グリーンアノールという緑色のトカゲ。これは島のあらゆるところに棲息しているが、島の昆虫を食べまくって最強の捕食動物との異名を持っているという。このトカゲの生息域が拡大するに連れて固有種であるオガサワラシジミは絶滅に追い込まれ、他の生物も絶滅の危機に瀕しているという。今年6月、環境省は日本の固有種を守るため、外来生物法を制定して、37種の動植物の輸入や飼育を規制した。グリーンアノールもその中に含まれているという。

 この度、グリーンアノールの棲息状況が調査されたところ、異常に繁殖率が高いことが確認されたという。小笠原でグリーンアノールが大繁殖したのは天敵が少ないためだという。そもそもはアメリカ原産の生物だが、既に小笠原に400万頭はいると見られているという。そしてこれも米軍によって持ち込まれたものだという。あらゆる駆除作戦が実行されたが、なかなかうまく行っていないという。

 大阪で毒蜘蛛のセアカゴケグモが発見されて10年経つが、今では淡路島でまで棲息が見つかっており、つい最近に群馬でまで発見されたという。この8月、環境省は外来種リストの第2弾を制定しようとしているが、その中には高級食材である上海ガニも含まれている。

 結局は外来生物は一旦持ち込んでしまうと駆除は簡単ではないので、持ち込まないように気を付けるしかないということである。確かにその地域の生物を根絶やしにするのならともかく、特定の生物だけを狙い撃ちで駆除するなんて芸当は事実上不可能だろう。以前に沖縄でウリミバエが大発生した時は、不妊化したメスを大量に散布するという形で制圧したが、グリーンアノールの場合その手も使えないだろうし(そんなことしたら、食害で小笠原の昆虫が全滅してしまう)、一般的に良く行われる天敵の導入も、選択を誤るとそれ自体がまたも外来生物として駆除する必要に迫られる可能性があるから困難。どう考えてみても妙案はなさそうである。

 

8/21 素敵な宇宙船地球号「チーターレディの事件簿〜サバンナ最速の貴公子を救え〜」

 国土の9割が牧場というアフリカのナミビア。ここの一角にチーター保護施設があり、33頭のチーターが保護されている。ここに保護されているチーターは牧場の罠に捕らわれていたものを、チーター保護基金を主宰するローリー・マーカー博士によって保護されたものである。彼女はこれらのチーターを訓練し、将来は野生に帰している(なるべく人から離れた地域に放すのは当然だが)。

 このナミビアではチーターは家畜を襲う害獣として年間100頭も殺されているという。また大規模な牧場開発で草原がフェンスに囲われることで、チーターの数は激減したという。また草食動物の減少などにより、チーターが家畜を襲うようになったのだという。多くの牧場主がチーターの被害によって悩まされている。チーターを害獣として駆除したい牧場主とチーターを保護しようとする彼女は常に意見が対立している。

 野生のチーターを研究するためにナミビアに来た彼女は、チーターが虐殺されている現状に、何かをしないといけないとして活動を開始したという。かつては広範囲に繁殖していたチーターも、サバンナの減少や乱獲で、現在は1万2千頭ほどに減少しているという。

 チーターはサバンナ生態系のバロメーターと言われているという。その理由は彼らは足の遅い草食獣を狩ることで弱い草食獣を淘汰しており、また他の肉食獣に獲物を捕られることが多いが、結果としてそれは狩りのうまい彼らが他の肉食獣を養っていることになっているという。

 チーターの保護を行っている彼女のパートナーは、子どもの頃に保護された一頭のチーター。彼女はこのチーターにチューバッカと名付けた。人を恐れないチューバッカは、人間とチーターを結ぶ大使の役割を果たしているという。チーターを憎む牧場主に彼女はチューバッカ見せることで、チーターに対する認識を変えて貰っているという。

 また彼女は、チーターによる被害を受けた村にチーターから家畜を守る牧羊犬を寄付している。チーターは逃げるものには本能的に襲いかかるが、これらの牧羊犬はチーターを見ても吠えて家畜に警戒を促すだけで、チーターの本能を刺激しないのだという。

 野生動物と人間の共存という難しいテーマを、チーターを保護する活動をしている女性を通して紹介したのが今回。そもそもの問題の発端は人間が野生生物の住処にまで進出していったことにあるのだが、かといって彼らを追い出すわけにも行かないのが難しいところである。同様の現象は以前にこの番組で紹介されていたボルネオ島のゾウの問題でもあり、結局は保護を声高に叫ぶだけでは何の解決にもならず、現地の農民の生活も成り立つ案を提案していかないと問題は絶対に解決しないということである。その点では彼女の牧羊犬を寄付するという方法は一案であるが、ただチーターの餌になる生物が減少しているという根本事情はこれでは解決できないことに対してどうするかというのが、今後の問題であるように思われる。

 

8/14 素敵な宇宙船地球号「巨大台風ニ突入セヨ〜集中豪雨・メソ渦の恐怖〜」

 去年は台風の被害が相次いだ年だったが、最大の特徴は、南方で生まれた台風がそのまま勢力を落とさずに日本に上陸したことである。

 この原因としては温暖化によると見られる海面温度の上昇がある。近年は海面温度の高温度地域が日本近海にまで及んでおり、台風はこれらの海面からの湿気を含んだ上昇気流を飲み込み、勢力を拡大していくのである。

 また台風の中で局所的な集中豪雨が発生するメカニズムも存在することが、近年の研究で明らかになってきたという。京都大学防災研究所の林泰一助教授によると、メソ渦と呼ばれる局所的な小さな渦が台風の中で発生することがあり、その部分に巨大な積乱雲が発生し、局所的集中豪雨の原因になるのだという。

 今年7月に出現した台風5号に対し、林助教授と番組スタッフは香港で航空機をチャーターし、台風の目に突入するという観測飛行を行った。その結果、台風の目の周辺にメソ渦と推測される雲の固まりをいくつか発見した。今後の研究が期待されるとのこと。

 台風に突入する飛行に出発したのが今年の7/18とのことだから、前回の後に予告編を入れた時点では、まさに帰ってきた直後ということになる。恐らく突貫作業で撮影ビデオの編集などを行ったのだろうと思われる。ネタ的にはタイムリーで興味深かったが、ただ後半のメソ渦に関する部分については、まだまだ突っ込みが不十分であった印象は拭えない。台風の目に飛行機で突入するというのは面白いが、それでメソ渦が見えたところで、そこからの踏み込みが十分でなかったのが不満。ただ単に林助教授の観測飛行の模様を伝えただけで終わった印象で、もう少し時間をおいてじっくりとネタを練った方が良かったように思われる。何が何でも台風シーズンに間に合わせたかったのは分からないでもないが、それなら去年の台風の被害について分析する第1部と、林助教授の観測飛行を中心にメソ渦の機構について斬り込む第2部にわけ、第2部の方は秋になってからでも良かったのではというのが私の考え。

 なおメソ渦の生成機構やその予測となってくると、大規模な流体シミュレーションが必要と考えられ、地球シミュレーターなどを使用する必要がありそうに思われる。そのようなシミュレーションを行った後の続報にも期待したいが、そうなるとこの番組よりもNHK教育の「サイエンスZERO」向きのネタのように思われる。

 

7/24 素敵な宇宙船地球号「巨大水車にかける夢〜クレオパトラの愛した風景〜」

 かつて肥沃な三角地帯と呼ばれたシリア北西部。ここにはかつては巨大な揚水水車が運河沿いに並び、広大な農地を灌漑していた。しかし今では水車は一部が観光用に残されているだけで、揚水の役割は果たしていない。

 この水車を復活させようと、シリアのハマ市で水車を守ってきた一族の末裔であるムンタセル・タイフール氏は活動を開始している。しかし観光に使えると判断された水車以外は朽ち果てるに任されているのが現状であった。そこで彼は発想を変え、観光に活かせる可能性のある水車から予算をつけて復活をさせようと考える。彼はハマ市当局と掛け合い、古戦場であるシャイザル城にある水車に復活の白羽の矢が立った。

 この水車では未だに昔の水路が使われているが、水車は痛みによる水漏れが激しく、そのために付近の農家はエンジンポンプを使用していた。しかしエンジンの燃料代がかかり、生活は以前よりも貧しくなったという。ムンタセルはここの水車の水漏れを修理することから始める。

 水車の水漏れを防ぐには特別な技術が必要である。彼はハマ市の水車課に出向く。ここは30人近い職人が、水車の維持管理を一手に引き受けている部署であるが、水漏れの防止法を知っているのは引退間近のたった一人の老人だけだった。彼の指示の元、水車の水漏れを防ぐための材料が作られる。それは生石灰に水を掛けて1番放置したものを篩にかけ、それに綿とオリーブオイルを混ぜて練り込んだシリア版漆喰である。これはエジプトのピラミッドにも使用されたものであり、ラウネとよばれるものであるという。

 早速水車の修理が開始される。しかしいざ工事を始めると予想以上に水車が傷んでいたことが判明、結局は水をくみ上げる箱をすべて作り直す大工事となる。しかし職人達が総出で工事にかかり、5日後、ついに水車はかつてのように大量の水をくみ上げる。

 なかなか「いい話」という印象の今回。動力を使わずに水力だけで揚水する水車は見事なエコロジー機関である。ただ維持管理が大変であるので、それを出来る技術を持ったものがいなくなっていたのだろう。20年ぶりぐらいにラウネを作って水車の修理を始めた途端、じいさんが急にシャキッとするというのが、またいかにも職人らしくてまるでプロジェクトXの世界だった(笑)。思わずたたら製鉄復活の回なんてのを思い出してしまった。あのじいさんの技を次ぐ者もハマ市にキチンといるんだろうか。そう言えば、日本にもかつては水車小屋があったものだが、そんなものは完全に消滅してしまった。 

 

7/3 素敵な宇宙船地球号「命輝く茅葺きの家〜白川郷・合掌造りの秘密2〜」

 以前に合掌造り家の凄さを構造の点から紹介したが、今回はその茅葺き屋根についてである。

 白川郷の和田家・大塚家で37年ぶりの茅の葺き替えが始まった。村人総出で、トラック20台分の茅が降ろされる。白川郷では「結い」という村人が無償で協力する仕組みが残っているので、茅葺きが維持されているのだという。降ろされた茅の一部は堆肥として畑に突き込まれるという。茅で作った堆肥は一般の腐葉土に勝る栄養分を持っているという。またこの茅を使って、将来の合掌造り支える木を育てようという壮大なプロジェクトも実行されているという。

 合掌造りには釘を使用しない。ネそという細い木で縛り上げている。頼りなげに見えるネソだが、これは曲げても折れない上に、乾くと鋼のように硬くなるのだという。合掌造りの屋根は全体に柔軟性を持っており、これが雪が積もると100トンを越えるという重量を支えるのである。また茅葺きの屋根を葺くにも技術が必要であり、均一の厚さにするのがポイントだとのこと。白川郷でも専門の職人がいるという。

 かやぶきの屋根はなぜ雨漏りがしないのか。それの研究をしている研究者もいる。東京工業大学の田中亨二教授である。彼によると、水の表面張力のせいで、水は表層の2,3層の隙間で補足されてしまい、それ以上下に浸透しないのだという。

 しかし茅葺きの家にも切実な問題が迫っている。地元に生える茅が減少しているのである。白川郷では年間100トンの茅が必要なのだが、茅場が昔の1/8近くに減少しており、今では自衛隊の東富士演習場のススキなども使用しているという。白川郷では、戦後にはほとんど見かけなくなったコガヤの栽培を始めているという。コガヤは内部が空洞になっているため、内部から腐りにくく、良く保つのだという。ただ年間2万束必要な茅の量に対し、まだ1200束しか収穫がない。ただし、柱の廻りの一番腐りやすい部分にはコガヤが使用されるという。

 またもや合掌造りのすばらしさを訴える内容だが、自然の循環の中で存在しているのは見事である。ただそれだけに、循環型社会のすべてが維持されていないと、合掌造りだけを維持することは不可能であることがよく分かる。正直なところ、白川郷の合掌造りも未来永劫に維持していけるのかには懸念を感じずにはいられないところである。地元を初めとした広範囲での長期の取り組みに期待したいところ。それにしても、日本人としてあの家は純粋に美しいと感じるな。下品な近代建築(代表例、京都駅ビル)などとは大違いだ。

 

6/26 素敵な宇宙船地球号「ゴミから作るエコハウス〜タイヤやビンが津波の島を救う〜」

 インド領アンダマン諸島の1つ、リトルアンダマン島は淡路島ほどの大きさの島である。この島は先のスマトラ島沖地震の津波により、100人が亡くなり、多くの家屋が破壊される大被害を受けた。かつては観光客が多く来た海岸も廃墟となっており、2500世帯が家を失って、仮設住宅での生活を余儀なくされている。しかしセメントや木材などの建築資材が不足し、なかなか住宅の再建が出来ないのだという。

 5月上旬、この島にアースシップと呼ばれるエコハウス建築の達人であるマイケル・レイノルズ氏ら8人のアメリカ人が乗り込んだ。彼らは古タイヤや空き瓶などの廃材で住宅を造る運動をしている。彼らにメールで依頼を出したのが、地元の建築家のニレシュ・グプト氏。彼はレイノルズ氏らの協力によって島民の住宅の再建を夢見ている。

 目抜き通りに2週間で第一号のエコハウスの建築が計画され、彼らの作業は始まった。彼らの住宅は、まず土を詰めた古タイヤを土台にし、ガラス瓶をセメントで固めた壁を作る。地下には貯水槽を作り、屋根は二重にして暑さを防ぐというように、この地の気候を考えて設計されている。彼はゴミ問題の解決として、30年前にゴミを建築材料として利用することを考えついたのだという。

 ニレシュ氏は仮設住宅に住んでいる避難民にエコハウスへの協力を要請するが、あまりに奇妙なエコハウスに対して、彼らは半信半疑である。そこで説明会を実施して彼らの目指しているところを島民に伝える。最初は不信感と物珍しさから高みの見物を決め込んでいた島民達も、やがてはその中から協力者が出始める。そして完成前にモンスーンの季節に突入するというトラブルもあったが、なんとかエコハウスは完成する。

 完成したエコハウスは、外よりも6度も気温が低いという見事なもの。建設費もセメント代の25万円だけとエコノミーである。今後はニレシュ氏がこのエコハウスを建設していくことになるが、既に彼の元には建築依頼が来ている。

 珍妙に見えるエコハウスだが、なかなかによく考えて設計してあり、理にかなっているという印象。そう言えば日本の住宅もそもそも本来はこんな風にあり合わせのもので作っていたものなのだがなどと思い起こさせられる。昔は日本家屋では古い柱などが再利用されていたのだが、だんだんとそれがなくなり、建築廃材が問題になってきている現状を考えると、なんらかの対策は必要であろうと思われる。

 なおこのエコハウス、1つだけ気になったのだが、タイヤを積み重ねた上にガラス瓶をモルタルで固めた構造は、耐震性に難があるように思われる。この地域、地震の心配はないのであろうか? それとも地震になるとタイヤがサスペンションになる?

 

6/19 素敵な宇宙船地球号「ブータン熱血先生物語」

 ブータンと言っても、これは何も先生のあだ名ではない、ヒマラヤの斜面にある小国である。この国では2004年末、国内が全面禁煙になったという。この環境を大事にする国は農業中心の質素な国であるが、ここの国王は「GNPよりはGNH」と宣言したという。ちなみにこのGNHとは Gross National Happiness の略で国民総幸福量だとか。そしてその実践のために環境教育に力を入れているという。すべての教科書はリサイクルされており、最低3年は使うのが目標だとか。時間割にも環境教育の授業が目立っているという。

 しかしこの国でも最近は河川の汚染が発生しているという。原因は洗濯の洗剤、川に直接流すトイレ、さらにはゴミの投棄などであり、毎年25人以上の子供が汚染された川の水によって死んでいるという。このような現状を小学校のネイチャークラブが調査して村人に報告しているという。

 番組では家庭の事情で落第してしまった内気な少女・サンゲと、彼女をネイチャークラブに入れて頑張らせようとする先生の物語を絡めて、ブータンの教育事情も垣間見せている。とにかく日本人はブータンなんて国のことはほとんど知らないので、こういう構成にしているのだろう。ただ5/29の回でもあったが、このように子供を主人公に据える形にすると、環境問題の方のメッセージが弱まってしまうきらいがこの番組にはあり、今回もその傾向は見られた。

 ところでブータンの子供たちの衣装が、日本の着物に近い印象を受けるが、文化の点でこの国と日本はいくつか共通点があることは以前より言われている。なお環境と共生する知恵は日本も持っていたのだが、西洋化によってそれがほとんど破壊されてしまった。その悪しき兆候はこの国にも現れ始めているらしい。難しいところである。

 

6/12 素敵な宇宙船地球号「外来種は警告する2 マリンペストに襲われた町」

 オーストラリアのタスマニア島が、日本のマヒトデの被害で苦しんでいる。このマヒトデは日本の貨物船のバラスト水から持ち込まれたと考えられる。オーストラリアから資源などを輸送する貨物船は、日本で荷を下ろした後、船体のバランスを取るために海水を汲み上げるのだが、日本近海で汲まれたバラスト水には無数のプランクトンが含まれており、この中にマヒトデの幼生などが含まれていたのである。

 マヒトデはタスマニア島近海で爆発的に増殖し、日本からの技術移転によって開始されたホタテの養殖が、マヒトデの被害で中止に追い込まれたという。このような外来種による被害はマリンペストと呼ばれており、現在各地で問題となっているという。

 東京湾でも近年は本来は棲息しなかったはずの生物が多く見られるという。これらはやはりバラスト水と共に持ち込まれた生物であるという。地中海原産のムラサキイガイの上を北米原産のイッカククモガニが歩き回るなんて光景が繰り広げられているのだという。

 しかし日本ではバラスト水持ち込みに対する法的規制は全くなく、マリンペストについては全く無防備だという。今年7月、ようやくIMO(国際海事機関)でバラスト水管理のガイドラインが決定されようとしているという。なおオーストラリアでは3年前からバラスト水の持ち込みを制限しており、外洋でバラスト水を交換することを義務づけており、立ち入り検査なども行われているという。

 またタスマニアの海に持ち込まれたのはマヒトデだけではない。タスマニアの豊かな海草の森が、日本から来たワカメに取って代わられつつあるのだという。このワカメの異常繁殖に影響しているのは、ウニの大繁殖だという。繁殖したウニが海草を食い荒らし、そこにワカメが入り込んだのだという。ウニはタスマニアの在来種であるが、天敵であるロブスターが乱獲されたためウニが大繁殖してしまったのだという。なおこのロブスターも日本に輸出されるのである。やむなく現地では、ワカメを医薬品に利用する道を検討しているという。

 以前にはペットとして持ち込まれて野生化した動物の問題を扱っていたが、今回は海洋編である。意図せずして持ち込まれる海洋生物による被害を扱っている。このバラスト水問題が注目され始めたのは最近のことであり、日本でもようやくテレビ番組などでも扱われ始めた。漁業が盛んなオーストラリアでは死活問題であることから、日本よりも早く取り組みがなされているようだが、日本も漁業国である割には反応が鈍いのが気になるところ。

 

6/5 素敵な宇宙船地球号「シーボルトが愛したNIPPON〜オオサンショウウオの嘆き〜」

 特別天然記念物のオオサンショウウオ。かつてシーボルトは将軍に謁見するための江戸への2ヶ月の旅を行った時、日本の生物などに対する観察も行ったのだが、その中で彼をもっとも驚かせたのが、このオオサンショウウオだったという。三重県の鈴鹿峠の辺りでオオサンショウウオを見て驚いたシーボルトは、この生物を生きたまま本国に持ち帰りたいと考えたという。

 オオサンショウウオはかつてヨーロッパにもいたのだが、氷河期に絶滅したのだという。しかし寒さがもう少し緩かった日本では、彼らは辛うじて生き残ったのだという。だから「生きた化石」である。

 シーボルトが旅した日本は、自然との共生の知恵を持った美しい国だったという。西洋では自然は文明と対立する概念として考えられていたが、シーボルトは恐らくその考えに違和感を感じていたのではないかという。だから日本に魅せられたのだろうという。

 しかしその日本も、明治時代以降西洋化されると共に、自然の破壊も急激に進んだ、そんな中、ニホンオオカミ、ニホンカワウソ、トキなどごく普通に各地にいた生きものたちの多くが絶滅した。そんな中、オオサンショウウオも絶滅が懸念されているという。特に近年、幼生がほとんど見られなくなったことが心配されているとのこと。

 シーボルトに絡めて日本の自然の現状について扱ったのが今回。オオサンショウウオは確か最近に「地球ふしぎ大自然」でも扱っていたが、その時の内容がどうもダブるし、水路で鯉を飼って生ゴミなどは鯉の餌にしているというのも、やはり同じ番組で扱っていた記憶がある。さすがにネタがダブってくるということは、この手の番組では起こりやすいんだろうか。私のようにこの手の番組ばかりあちこちのを見ていると、「あっ、このネタ以前に見たことがある」というのが結構多かったりする。しかも不思議なことに、どこの局が撮っても同じネタは同じような映像になっちゃうんですよね(同業者は考えることも同じと言うことか)。ネタを探す方も大変だろうとは思うが。

 さて西洋文明は「自然は克服すべきもの」と考えるのに対し、日本文明が「自然は共生するもの」と考えていたのは事実である。これは宗教などにも反映しており、「産めよ増やせよ野に満ちよ」で人間の繁栄の観点しかないキリスト教に対し、日本の宗教は八百万の神がいる多神教であり、まさに「もののけ姫」に描かれているような自然に畏怖を感じている教えだったわけである。西洋化された後の日本は、その考えをあっさり捨ててしまったのが問題で、本家のヨーロッパの方では自分たちの行きすぎに気が付いて、自然保護の方向に動きつつあるのに、日本の方では未だに土建屋と政治家と役人が一体となって自然破壊に邁進している(諫早湾の無駄な干拓などが最たる例だ)のは皮肉なことである。今の日本を見たら、シーボルトなら相当悲しむだろうな・・・。

 

5/29 素敵な宇宙船地球号「欲望のサンゴ礁 海馬を守る少女」

 フィリピンのダナホン浅瀬はタツノオトシゴの棲息地である。古来よりタツノオトシゴは漢方薬で精力剤として使用されていたことから乱獲され、絶滅の危機に瀕している。フィリピンでタツノオトシゴの保護のために活動しているNGO団体が、プロジェクトシーホースである。この団体の見習いとして働いているのが16才のチャチャ。彼女はプロジェクトシーホースから奨学金を受けて学校に通った。魚中心の食事を生活をしている彼女の島では、現金収入の方法としてタツノオトシゴを捕らえていた。しかしタツノオトシゴを守るため、プロジェクトシーホースの提案で10センチ以下の個体はプロジェクトが買い取ることにしたという。それは漁民の生活を守りつつ、タツノオトシゴを守る手段だった。彼女は漁民の生活と自然保護を両立させようとするプロジェクトの理念に感動を覚えたという。

 しかしタツノオトシゴは危機に瀕している。ワシントン条約においてタツノオトシゴを規制対象に加えようという動きもあるが、各国の足並みが揃わずまだ発効していないという。フィリピン政府では国内法でタツノオトシゴの捕獲や売買を禁止する法律を作り、違反者には厳罰を加える規定を制定したが、実態は未だに多くのタツノオトシゴが密猟され、香港などに輸出されているという。これらは薬の原料として高く売られ、実は日本の栄養ドリンクの中にもタツノオトシゴの粉末の入ったものはあるという。

 タツノオトシゴの現状という、日本人には全くピンとこないであろう問題を扱ったのが今回。漢方薬というものはあらゆるものを原料にするため、漢方薬目的の密猟というのが結構問題になっている。このようなものは高く売れるため、いくら法律で捕獲を禁止しても、どうしても密猟する輩は出てくるのである(未だに象牙の密猟がなくならないようなものだ)。結局は生産地だけでなく、消費地との双方から締めていく必要があるのだが、そのためには国際協力が重要になるのである。

 さて番組構成だが、一応はチャチャを主人公ということにしていたが、実際の番組は彼女が主人公と言うには、存在感が若干弱かったように思える。ソフトなイメージを出したかったのだろうが、果たして成功したと言えるかどうかは微妙。

 

5/22 素敵な宇宙船地球号「外来種は警告する1 裏切られたペットたちの涙」

 大阪府高槻市の郊外にある動物一時保護センターでは、府民が飼えなくなってしまったペットを、1400円で引き取って預かっているという。最近はアライグマなどが増加しているという。このような事態を受け、環境省では6月から「外来生物法」と呼ばれる外来生物種の輸入を規制する法律を施行する。今回第一陣として37種類が規制されたという。ほ乳類は11種、鳥類が4種、は虫類が6種、魚類が4種、これ以外に猛毒を保つサソリやクモ、植物なども3種規制されているという。これらの規制は日本の固有種を守るためでもある。

 鎌倉ではペットから繁殖したタイワンリスが、樹木を枯れさせる被害が増加しているという。またペットのミドリガメことミシシッピアカミミガメは、年間100万匹も輸入されているが、これも飼いきれなくなって自然界に放たれることで、自然界で大繁殖しており、在来種が圧迫されつつあるという。

 ペットブームで高額で取引されるイヌなどもいるが、その一方で毎年44万匹ものイヌや猫が密かに処分されているという。兵庫県の山中にARKという捨て犬などを救済している施設があるが、ここに来るイヌは人間のエゴの犠牲になったイヌばかりである。このようなイヌは心が傷ついているので、まずリハビリから始める必要があるという。ここではイヌの面倒を見ながら、引き取り手を捜している。しかしARKで救える数は、毎日処分されているイヌや猫の数に比べると微々たるものにすぎない。

 飼い主のエゴがまともに現れたペットの世界の話である。ただ前半の環境絡みの内容と、後半のARKのエピソードのつながりが少々薄いのが番組構成として気にならなくもない。ペットという観点では共通してはいるのだが、外来種による在来種の圧迫と捨て犬の問題は直接のつながりは薄いのではないか。外来種による生態系破壊の問題は、それだけでもかなり重要な問題なので、その一本でまとめても良かったように感じるのであるが。

 

5/8 素敵な宇宙船地球号「バリ島 棚田に宿る千年の知恵」

 バリ島の住民は1000年にわたって棚田を守り続けている。火山島のバリ島は酸性土壌で元来は稲作には適していないのだが、それでも世界有数の稲作地帯なのには秘密があるという。

 バリの住民はスバックと呼ばれる組織を結成しているが、これは水利のために重要な組織である。彼らはトゥムク(分水堰)と呼ばれる施設を使用して、すべての田んぼに公平に水が行き渡るように調整しているのである。それだけにトゥムクの交換は一大事であり、全員が立ち会った中で行われるという。バリ島全体で水路は1800キロにも及ぶのだとか。彼らは山にトンネルを掘ってこれらの水路をつないでいるという。これらのトンネルはトンネル職人によって手で掘られている。

 これらの水路の水源になっているのは各地にある泉である。そしてこの泉の水源はバリ島の4つのカルデラ湖だという。雨期にこの湖に降った雨が、地下を通って各地の泉に湧き出すのである。しかし近年の異常気象の影響はバリ島にも現れており、雨期になっても雨が降らないことなどからの水不足が深刻化しつつあるという。

 水不足が発生すると水を巡る争いが起こる。これを調整するのもスバックの役割だという。彼らが尊重しているのはトリヒタカラナと呼ばれる3つの教えである。トリヒタカラナとは、神に感謝を捧げ、無闇に環境を破壊せず、人の和を重んじるということだという。

 見事に自然と共生している農村共同体の姿である。日本にもかつてはこのような共同体が存在したのだが、近年にはほぼ完全に消滅してしまっている。このような共同体は、争いを事前に避ける装置であるだけでなく、利己主義を抑制する装置でもあったわけであるから、最近の日本人の利己主義が目に余るのはこのような共同体の崩壊も関係しているだろう。

 また日本では棚田は生産性が低いとして今や完全に放置されているのだが、番組中でも言っていたようにそれが山の荒廃を招いている。経済の指標にただの生産性だけでなく、環境コストをも織り込んでいく必要があるのだが、どうも本来が利己主義に根ざしている資本主義ではそれがうまくいかない。この辺りを矛盾なく取り込んでいける新経済理論は登場しないものだろうか。

 

4/24 素敵な宇宙船地球号「よみがえる魚庭の海〜大阪湾にスナメリが戻る日〜」

 今回は録画ミスです・・・大阪湾は地元だけに興味があったのですが、残念です。録画に失敗しているのに気づいた時には、既に番組の最後のセクションになってしまっていました。

 埋め立てによって海洋生態系が大打撃を受けた大阪湾だが、関西新空港では海草がつきにくい垂直護岸ではなく、緩傾斜石積護岸を採用したおかげで、波静かで光が届く浅い海に海底の森が再生したのだという(埋め立て直後にはこの辺りは死の海になっていたようだが、最近は関空周辺は行状になっているとの話は私も聞いている)。人間のやることも少し工夫をすれば自然にかける負荷を減らすことが出来るという話である。

 結局見れたのはこの最後の部分だけ・・・残念。なお大阪湾の海底は緩傾斜石積護岸のおかげで再生できたかもしれないが、石垣島の珊瑚礁は埋めてしまうとどうしようもないので、石垣空港計画はやっぱり救いがたいだろう。

 

4/17 素敵な宇宙船地球号「長靴をはいたベネチア〜水の都を襲う高潮〜」

 運河の町ベネチアは、地球温暖化に伴う海面上昇で悩まされている。イタリア語でアクアアルタと呼ばれる高潮が頻繁に起こり、最近10年では50回以上も発生しているという。海面上昇だけでなくもう一つの問題は地番沈下。かつて湿地に杭を打って人工的に作ったベネチアの町は、その地盤は水を含んだスポンジのようなものであるといわれる。サンタマルタ広場では、海面が80センチを超えたら浸水するため、去年は80回も水没しているという。

 1966年に起こった大規模なアクアアルタではベネチア市は丸ごと水没し、電気も寸断された中で人々は2日間をふるえながらすごしたという。その被害がきっかけにイタリア政府もアクアアルタの研究を開始したが、その結果、最悪の条件が重なると、2.5メートルの水位上昇があり、ベネチアは丸ごと水没することが分かったという。

 これに対して政府が打ち出したのは、海底から可動堰を持ち上げて海をせき止めるモーゼ計画と呼ばれるものである。ただ一時的にしても海をせき止めることが良いのかとの懸念の声もある。ベネチアの海ラグーンには、バレーネと呼ばれる干潮時のみ現れる干潟があり、これらは海水の浄化と共に、海鳥などの住処にもなっている。また可動堰の寿命は100年であり、その間に根本的対策を打つ必要があるという。

 高潮に悩まされながらも、達観したような様子で適応しているのはやはりラテンの血というものか。ただベネチア市民の間でも、なんとかするべきという声とアクアアルタを宿命と受けて止めて、自然と共生するべきという声などが分かれている模様である。しかしやっぱりこれは根本的になんとかしないと、ベネチアが丸ごと水没してしまうのは時間の問題だと思うのだが。

 

4/10 素敵な宇宙船地球号「四百年生きる家〜白川郷・合掌造りの秘密〜」

 信州白川郷の合掌造りの住宅。ここには現在の建築家にとっても驚きの構造が隠されているという。

 合掌造りの家の中はかなり広い。日本の住宅には珍しく4階まであり、延べ床面積は200坪と都会の人間には想像もつかない広さである。また家の中はどこも黒っぽいがこれはいろりのすすで燻された結果である。こうすることで萱や木材が腐りにくくなるのである。だから合掌造りの家では夜も囲炉裏の火を絶やさない。中二階には囲炉裏の火を監視するための窓まである。

 合掌造りの建物が真価を発揮するのは冬である。湿気を含んだ重い雪が降る日本海側では、柔な建物はひとたまりもない。試しに1メートル立法の雪の重さを量ったところ、486キロもあった(6人がかりでも持ち上がらなかった)。これには地元の若者も絶句する。合掌造りの家では、萱の重さと雪の重さで併せて100トンもの加重に耐える必要がある。

 梁には横からの力に強い松が使われ、これ以外にも各種の木材が適材適所に使用されている。森の知恵が盛り込まれているのである。また合掌造りの屋根の柱は、コマジリというとがった部分で梁に乗っかっているだけで固定されていない。実は同様の原理は豪雪地帯の雪崩除けのスノーシェッドの構造にも応用されている。遊びを作ることで力が直接に土台に伝わることを避ける知恵なのだという。高速道路を支える支柱などにもこの知恵は活かされているのだとのこと。

 また屋根の面は東西を向いており、日の光を浴びて雪を融かしやすいようになっている。また雪下ろしした雪を流すための水路まで造られている。まさに長年の知恵が集約されている建築なのである。

 しかし養蚕業などの衰退と共に、白川郷も人口が激減し、合掌造りの家も少なくなったという。しかし冬に雪の中に立つ合掌造りの風景は、日本の原風景を思い出させる。

 合掌造りに欠かせない木材が根曲がりの木といわれる財である。これは雪の重みのために根元の部分が曲がった木で、雪の圧力に耐えてきた分、非常に強い木材なのだという。この木材は合掌造りの家の中で先のコマジリを支える部分の柱にこの木材が使用されている。曲がっていることで圧力を柔軟に受け流すことが出来るという知恵なのだという。

 合掌造りの構造については全く知らなかったが、こうして解説されるとつくづく感心するぐらい良くできた建物である。古来よりの環境との共生の知恵というものは実に侮れないと考えさせられることしきりである。現代の家は確かに断熱などは良くなっているが、それはあくまで空調などのエネルギーを使用することが前提になっていることを考えると、果たして進化したのかは微妙である。しかも現代の家は保ってもせいぜい100年まで。そう考えると、住宅も知らない間に使い捨てになってたんだなと痛感する。とにかくいろいろと考えさせられる内容である。

 

4/3 素敵な宇宙船地球号「シリーズ大地に生きる 雲の上の小さな地球 エチオピア コンソ族」

 エチオピアの山岳地帯の高地に住むコンソ族の村では、無駄なものは一切ないという。500年前には広大なサバンナにいたコンソ族だが、遊牧民との争いに負け、誰も住まない高地に住み着いたのだとのこと。しかし彼らはこの高地で飢饉にも耐え、人口を増やしていったという。

 高地には水がないため、毎日麓の井戸まで水を汲みに行く。水汲みと薪拾いは子どもの仕事となっているという。彼らはコーヒーを貴重な換金作物としているため、コーヒーの葉を拾って煎ってコーヒーを入れる。また家畜を飼っているが、これは太らせて売るために乳は搾らないという。またその糞は、畑に肥料として撒く。その畑は石だらけだが、彼らはその石を石垣作りに使うのだという。彼らの村は一面の段々畑である。また彼らは40種類もの作物を栽培しており、何かが不作になっても他の何かでしのげるようにしているという。

 エチオピアは何度も干ばつに襲われて、多くの餓死者を出したが、コンソ族が人口を増やしていった秘密は、彼らが大事に育てているミダの木にあるという。この木はいくら葉っぱを摘んでもすぐに生えてくるため、いつでも新緑なのだという。木の葉には多くの栄養分が含まれているため、彼らはこれを使うことで、常に最低限の栄養は確保できるのだという。木の葉を煮出した汁で穀物の団子などを煮たものが彼らの主食であるという。

 またコンソの人々は死んだ後は畑に埋葬される。すべてのものは畑に帰すというのが彼らの生き方なのだという。

 彼らが暮らしているのはかなり過酷な環境の中だと思われるのだが、それでもその地に適応する人間の適応力に感心することしきり、また彼らの生活は日本人などから見れば格段に貧しく過酷であるはずなのに、子どもたちの表情が日本の子どもたちよりも生き生きしているのは何としたことだろうか。月並みな言い方だが、日本が豊かさを追い求めるうちに失ったものが垣間見えるような気がした。

 

3/27 素敵な宇宙船地球号「雲南 花の旅人〜ミツバチが語る地球環境〜」

 中国四川省の養蜂家は花を追いかけて中国を動き回る。四川省羅龍村の黄以平さんは夫婦で、冬に花のない四川から半年かけて雲南へ移動することになった。雲南省の羅平には一面の菜の花畑があり、ここは養蜂家にとっての聖地となっている。

 蜂にとっては移動のストレスは命取りになる。黄さん夫婦も持参した20個の巣箱の1つが荷崩れして、その中の蜂の半数が死んでしまうという事故にあったが、幸いにして女王蜂は無事であり最悪の事態は回避した。

 一面の菜の花畑の雲南でも異常気象の影響は現れている。一部に極端に成長の悪い畑があるのだ。これは種を撒いた時期に雨が降らなかったことが原因である。この地域では2ヶ月も雨が降らないことがあったという。

 黄さん夫婦は順調に蜜を集め、何とか高値で売れそうなメドも立った。しかしここで異変が現れる。彼らの蜂が次々死に始めたのだ。これは農民が撒いた農薬が原因だった。本来は雲南では農薬の散布は禁止されているのだが、異常気象によって害虫であるアブラムシが大発生し、花が咲かなくなる危険が起こり、農民が被害の拡大を防ぐために農薬を撒いたのである。養蜂家には養蜂家の立場が、農民には農民の立場がある。黄さんは「仕方がない」と諦めた風で次の場所を探して旅立つ。

 この番組らしく環境もの的側面は登場するが、今回はそれはあくまで付け足しと言った印象で、単に養蜂家の夫婦を追いかけていたという印象が強い。それにしても雲南の一面の菜の花畑を見ると、これは日本では養蜂なんて出来ないわけだというのを痛感せずにはいられない。日本にもまだ養蜂家は存在するが、既に蜜を集めるのに適した花畑などほとんどないのではないか。それにこれでは純度などでも中国産に太刀打ちできそうにもない。

 それと一つ気になったのは、黄さん夫婦も子どもには学問が必要だと考え、子どもを上の学校に入学させるために金を稼いでいるという。息子が養蜂を継ぐかどうかは分からないというのだ。正直なところ。この夫婦にしても出来ることなら子どもは都会で会社勤めでも出来ればその方が良いと考えているのではないだろうか。しかしこのようにみんながホワイトカラーを目指しだしたら、世界の中で誰が食料を作るんだ? 食料生産という人間にとって一番重要な部分を軽視し続けたツケは、確実に近い将来に現れそうでゾッとせざるを得ないんだが。

 

3/20 素敵な宇宙船地球号「ボルネオ島子ゾウの涙 パート2 〜"地球にやさしい…"の落とし穴〜」

 8/1に放送されたこの番組で、植物油脂として需要が増えているパーム油を生産するためのアブラヤシのプランテーションによって熱帯雨林が破壊され、ボルネオゾウが生息域を脅かされていること。また狩の罠にひっかかって、ロープなどで負傷しているゾウが増えていることなどを伝えたが、それに対する反響についてを扱ったのが今回である。

 先の放送などの影響もあって、マレーシア政府をも巻き込んでのゾウの救出作戦が開始された。調査の結果、狩の罠で負傷しているゾウ(現地語で紐を意味するタリーと呼ぶ)は6頭いることが確認され、これらのゾウを助けるために、麻酔銃で眠らせての手術が開始されている。しかし銃を持った人間の接近はゾウにとっては警戒すべきことであり、群れの仲間がかばおうとして攻撃をかけてきたりして、なかなかうまく行かない。しかしようやく、一頭の足にロープが絡まったゾウを捕らえ、ロープを除去する手術をしてから、1ヶ月後に野生に帰すことに成功した。しかし他のゾウの捕獲も急がれるところである。

 一方、椰子の実洗剤メーカー・サラヤの社長である更家悠介氏は、ボルネオのゾウの現状に衝撃を受け、日本のメーカーとしては初めてRSPO(持続可能なパームオイルための円卓会議)に参加、ボルネオゾウの現状を訴え、なるべく森を切り開かずに生産性を上げること検討している。

 やや番組の自画自賛気味のところがないでもないが、現状が動き始めたのは大きな第一歩。ただ根本的なところを解決しないとどうにもならないだろう。先進国でパーム油の需要がある以上、アブラヤシのプランテーションは際限なく増大していく危険を含んでいる。結局はこの問題も、環境問題でありながら経済問題でもあるわけである。現状ではパーム油の代替になるような有効な油はなく、恐らくこの先もさらに需要は増加する方向に向かいそうである。先進国の側でも「無駄遣い」と思われる部分には対策を施すことなどを考える必要があるのであるが。既にこれらの問題は、一国の利害だけでは解決できない問題になっており、どうしても「地球全体でどうするか」という視点が必要になっている。

 

3/13 素敵な宇宙船地球号「ペンギンが泣いている〜病めるゴミ大陸・南極の危機〜」

 南極のホーク岬に棲息するアデリーペンギン、彼らは地面の露出した土地で繁殖するため、観測基地のすぐそばで生活している。彼らの天敵は雛を狙う盗賊カモメや海中で彼らを狙うアザラシなどがいるが、実はこれら以外でペンギンを脅かしているのが大量のゴミである。温暖化で入り江がえぐられて剥き出しになったゴミの上を彼らは行き来されられるのだが、ワイヤーに足を取られて怪我をするペンギンが多く出ているのである。

 これらのゴミは各国の南極基地が捨て続けたものである。1998年、南極条約議定書が発効し、発生したゴミはすべて本国に持ち帰ることになった。しかし過去に捨てられたゴミは海岸に放置されたままである。また南極には閉鎖された基地もあるが、それはそのままゴミとなっている。南極半島のデセプション島には1931年に閉鎖されたノルウェーの捕鯨基地が廃墟となって放置されている。しかしこの廃墟は南極の歴史の史跡として認定されているのだという。史跡だから撤去する必要がないという理屈である。南極の現状を取材し続けるフォトジャーナリストの藤原幸一氏によると、これは「史跡という名の永久投棄」であるという。

 さらにペンギンに迫る危機は温暖化である。大陸を支える氷河や永久凍土が溶け出すことで、崩壊に瀕しているペンギンのコロニーも増加している。取材班の撮影中にも轟音を立てて氷河から水が噴き出すなどといったことが起こっており、その影響で1日で崩壊してしまったコロニーなどもある。現地で研究をしている動物学者のマルセラ・リベルテリ氏が、彼らを危機から救おうと巣を移動させようとしたが、アデリーペンギンは帰巣本能が強いせいで元の場所に戻ってしまう。彼等はたとえコロニーが崩壊しそうになっても移動しないのだという。やむなく彼女は鄙だけでも救おうと、安全な場所にある他の巣に託したのだが、その雛たちが育てられる保障はなく、彼女にとってもこれが正しいことなのかは分からないという。

 今、南極基地でも少しでも過去のゴミを取り除こうとする努力は行われている。アルゼンチンの基地でも隊員達がゴミを除去する努力を行っているが、予算の都合で直ちに運び出すことは出来ないのだという。しかしアルゼンチンはいつかはすべてのゴミを運び出すとしているという。

 南極がゴミの山になっているというのは私もつい最近に報道で知ったのだが、その映像は今回初めて見た。想像以上の惨状であり、かなりショックである。人間が立ち入るところはどこでもゴミの問題はついて回り、南極だけでなくエベレストの山頂でさえゴミの回収を行わないといけないような状況になっているという。

 またここにも温暖化の影響が露骨に現れているのにも恐怖を感じる。この度、温暖化対策の京都議定書がやっと発効したが、日本はその削減量のノルマを達成できるかが危ぶまれている。しかもアメリカに至っては、石油業界の利益のためなら地球が滅んでも良いと考えているブッシュが、京都議定書の批准を拒否している(彼の愚かな頭の中では、アメリカは温暖化で滅ぶ地球とは別の世界に存在しているようである。彼の知能では地球という概念は理解するには難しすぎるらしい。)。なんとか温暖化対策を世界的取り組みにしていかないといけないようである。 

 

2/28 素敵な宇宙船地球号「小さな温泉の大きな夢〜山形県小野川温泉の挑戦〜」

 山形県小野川温泉、豊富な湯量と伝統を誇るこの温泉地も、バブル以降は観光客が減少傾向にあり、衰退の一途をたどっていた。この現状に危機感を抱いた河鹿荘の若き主・佐藤雄二氏である。彼は町の人々に声をかけ、町の再生のための観光知実行委員会を立ち上げた。そして無料の露天風呂を建設したりなどの復興のための手を打っていった。小野川の特長は何かと考えた彼が最終的に行き着いたのが小野川の自然である。町の人々は綺麗な街づくりを合い言葉にゴミ拾いから始めていき、自然に習った水路を造ってほたるが飛び交うようになったり、サクラマスも帰ってくる気配を見せている。そして彼が今取り組もうとしているのが、旅館のゴミを有機肥料として再生し、そうして収穫した野菜を料理として出すという地産地消の考えである。

 彼がモデルとしたのは湯布院である。かつては何もない田舎町として観光客が来なかった湯布院は、その何もなさを逆手にとって癒しの里として今や観光地として知られるようになった。湯布院では地元で採れた野菜を材料にした料理などを提供しており、佐藤氏もそれを参考にして小野川で出す料理を検討している。

 しかしその湯布院も今、転機にある。外から来た資本による開発が自然を破壊しており、中心部にはどこにでもあるような土産物屋が軒を並べるようになった(平凡で、下品で、頭が悪そうなやつである)。湯布院では今、日本初での民間レベルでの景観協定を結んで、原点に戻っての湯布院らしさを取り戻すための取り組みを開始している。

 また小野川温泉に別の暗雲も漂った。山間のダムから米沢市内まで導水トンネルを掘ったところ、大量の水が湧きだして来て、その水の成分分析の結果、小野川温泉の水と水質が一致したのだ。つまりトンネルが小野川温泉の水源を断ってしまったわけであり、このまま放置すれば将来に小野川温泉が枯れてしまう危険が出てきたのである。佐藤氏らは市に対して湧水を止めるように陳情し、市は湧水停止のための方策を検討し始めたが、未だに小野川温泉の1日分の温泉量と同じ量の水があふれ出続けているのである。彼らは将来の温泉を守るためにも活動している。

 小野川温泉を舞台に地方の温泉が自然と共生していく戦略を紹介していた内容。ただ、途中で湯布院の話が出てきたりなど、途中で内容が広がりすぎており、どうも何となく内容が散漫な印象がある。もう少し地産地消をキーワードにしてテーマを絞っていった方が番組の構成としては印象深かったように思われるのが残念である。

 なお湯布院の問題は、どこの観光地でもありがちのことである。雰囲気を売りにしていたはずの観光地が、外から侵入した巨大資本による乱開発で滅茶苦茶になる例(ド下品なリゾートマンションなどが建ってしまったら大体終わりである)が多い。巨大資本はそうやってある観光地を散々に食い散らかしてから他所に新しい利益を求めて移っていくのだが、現地の者にしたら散々に荒らされまくったどうしようもない状態だけが残されるという次第である(このようなことをする典型的企業の一つが、例の税金を一切払わないことで有名な、堤義明が率いるコクドなのだが。)。日本の各地の観光地は、例の悪法「リゾート法」の打撃から未だに立ち直れていないところが多く、これから苦闘があろう。そんな中、佐藤氏の取り組みは新しい地方の展開としては注目すべきところである。これから日本の農業は、アメリカ型の「安いが危険でまずい食べ物」に対する「安全で美味しい食べ物」に生き残りの活路があると考えられるので、この農業と連携しての取り組みというのが鍵となろう。

 

2/21 素敵な宇宙船地球号「森を守る小さな戦士 ツムギアリ〜熱帯雨林昆虫記〜」

 マレー半島に住むツムギアリは樹上に巣を作る蟻である。この蟻はかなり攻撃性があり、巣を作った木に近づいてくる昆虫は、例えばバッタなどのようなツムギアリよりもかなり大きなものでも、集団で倒してしまう(要は餌にされてしまうのだが)。木にとっては葉を食い荒らす虫を追っ払ってくれるわけであり、一種の共生関係とも言えるという。

 ツムギアリの巣作りはかなりユニークである。集団で葉っぱを引き寄せて、その葉っぱを幼虫に吐かせた糸でつなぎ合わせるのである。この習性がツムギアリという名前の由来になっている。またジャングルでは高さ10メートル以上といった高いところに巣を作るという。

 このツムギアリと共生関係にあるのがツノゼミ。ツムギアリはこのツノゼミが分泌する蜜を食料とし、ツノゼミはツムギアリに保護して貰うのである(アリとアリマキの関係である)。またツムギアリはいろいろな生物の死体を分解する森の掃除屋でもあるわけである。

 うーん、昆虫嫌いの人間にしてはキツイ内容。ところでこの番組は大抵は環境保護の観点の内容が多いのだが、今回のは完全に「地球ふしぎ大自然」。こうなると何かが足りないような気がしてしまうのは、この番組ならではなんだろうな。タイトルは「森を守る小さな戦士」とのことだが、何も森を守ってるんじゃなくて、自分たちの生活を守ってるだけじゃんとツッコミを入れたくなってしまったのだが。

 

2/14 素敵な宇宙船地球号「"貴婦人"の舞う里 小さな田んぼの240日」

 かつてはどこの田んぼでも普通に見られた鳥・タゲリ。貴婦人とも呼ばれるこの優雅な鳥はユーラシアから渡ってきて、農閑期の田んぼで冬を過ごす。しかし田んぼの減少でタゲリも姿を消しつつある。

 首都圏ではタゲリの姿をほとんど見ることが出来なくなったが、神奈川県のある田んぼ(理由があって場所は明かせないとしているが、下手に明かすと荒らされる危険があるからだろう)ではタゲリ米というのに取り組んでいるグループがある。このグループでは田んぼを借りてなるべく農薬を使わない農業に取り組んでいる。

 農薬を使わない彼等の田んぼには実に多くの生き物が暮らしている。そして彼らが米を収穫した後、この田んぼにタゲリが飛来し、土を蹴るようにしながら土中の虫を探るのである。

 鳥のために無農薬農業に取り組んでいるという話。結局日本の原風景というのは手入れの行き届いた田んぼと里山が不可欠なのであるが、最近は農村の荒廃でそれがなくなっているのである。だから日本の風景を取り戻すにはまず健康な田んぼから再生する必要がある。同様の取り組みは以前にこの番組にも登場した、コウノトリの里を目指す豊岡などでも行われており、結局はすべて農業の再生が鍵になるのである。そしてこのような田んぼで収穫された米は、人間にとっても良いものである。人間も自然の一環として生きているという姿をこれからは取り戻す必要があるのだろう。欧米式の収奪型農業ではもう限界は見えており、これからは自然調和型農業の時代だと考えられる。

 

2/7 素敵な宇宙船地球号「月の魔力が森を守る〜新月の森の木のミステリー〜」

 スイスのチロルでは、冬の新月の日に切られた木は500年以上保つつと言われているという。製材所を営むエルビン・トーマは新月の木を広げるために奔走している。彼によると新月の日には森の木は力を持っており、腐りやすくて火事でも燃えないというのである。彼の新月伐採にはルールがあり、まず暦に従って新月の日に作業を行うこと、切った木は谷に向かって倒すこと、そして切った木は十分に乾燥させることだという。彼は祖父からこのことを学んでおり、祖父は経験に基づいてこのことを知っていたのだという。

 彼の製材所では新月の木を使った良質な材木を生産しており、この木を重ねたピュアウッド工法によって防腐剤を使わない健康な家を手がけている。彼の長男はかつて新建材によるシックハウス症候群を患っており、そのことが彼がピュアウッド工法に取り組んだ理由だという。防腐剤や塗料を用いず木の空気浄化能力を使う彼の家のおかげで、彼の息子の状態は改善したという。彼が新月の木の分析を大学に依頼したところ、新月の木は木質が緻密で水分が極端に少ないことから虫やカビを寄せ付けないことが分かったという。

 一方、日本であるが、良い木材を得るための伐採のタイミング「伐り旬」があったことが知られており、それも太陰暦に沿ったものであるという。そして吉野では新月に倒された木は保ちが良いという話も伝わっているという(ごく一部のようだが)。

 京都大学農学研究科の高部圭司助教授の研究によると、新月伐採で葉枯らしをしたものは細胞中の水分やデンプンが少なく、そのことがカビの生えにくさなどにつながるのだという。もっともこの結果については彼自身にも意外なものであり、「カルトめいている」とのことではある。

 輸入木材に圧される国内の山林では、林業は採算が合わなくなっている。しかしそんな中で新月伐採が注目されており、新月の木で家を建てる夫婦なども登場しているという。

 新月伐採の効果について科学的に完全に原因を明らかに出来ていないのが番組としてはつらい。一つ間違えるとオカルトになりかねないギリギリの線である。冬に伐採する効果については植物の活動が低下している時期であるので養分や水分が減っている可能性は考えられるが、新月についてはグレーである。影響があるとすれば夜の光の影響か。なんにせよ半信半疑な部分が多く、高部助教授の実験結果にしてもその詳細が分からないので、私には判断しようがない。ただ確実に言えることは、木材にとっては十分な自然乾燥が必要であるということぐらいか(最近は実はこれが不十分な材が多い)。

 新月伐採の話から進めて、最終的には日本の山林の再生の話につなげたのは構成として工夫。そうでないと、さすがにこのオカルトギリギリのネタだけではしんどかったろう。なおさすがに手が入ってるなと感じさせられた吉野の山が印象的。実はここの山はかなり状態の良い山で、大抵の日本の山林はもっと荒廃していて手がつけられない状態になっている。 

 

1/30 素敵な宇宙船地球号「16歳からの手紙〜化学物質過敏症の少女〜」

 現在問題になりつつある病気が化学物質過敏症である。これはあらゆる化学物質に身体が反応してしまう病気である。この病気にかかった患者は極めて不自由な生活を強いられることになる。

 番組では化学物質過敏症で寝たきりになっている16歳の梅原万海花ちゃんに取材を行った。番組スタッフは、外気を遮断した彼女の部屋に入るためにはシャンプーなどは使っていてはダメで、シャワーを浴びた上で両親が用意した服に着替えての取材である。それでも5分後には、彼女は撮影機材の化学物質などに反応して体調が悪化してしまう。

 化学物質過敏症は、環境にあふれる化学物質が体内に蓄積することで、大脳辺縁系に障害をきたして身体のコントロールがおかしくなってしまうのである。誰でも化学物質に対する許容量が決まっており、それを超えた途端に誰でも突然に発症する可能性があるとのこと。しかし未だに化学物質過敏症は病気として認識されていない状態である。

 結局番組スタッフは彼女に負担をかけないように窓の外に足場を組んでそこから取材することになった。

 彼女が化学物質過敏症を発症したのは10歳の時で、住宅の建材に使っていた化学物質が原因だったと考えられる(シックハウスのかなり重症なものとも考えられる)。両親の話では、当初は化学物質過敏症であることが分からず、医者からは「学校でいじめられてストレスになっているのだろう」とか「学校に行くのが嫌で症状を訴えている」と責められたという。

 かつては運動神経抜群だったという彼女も、今では重力感覚を司る神経が侵されており、立つことは元より座っていることさえできないという。さらにずっと家にいた母親も化学物質過敏症を患っており、消毒液や新札などに反応して体調がおかしくなることがあるのだという。

 化学物質過敏症の治療法ははっきりとは分かっていない。現在のところ、化学物質から離れた生活を送って身体の中を浄化しながら抵抗力を上げていくしかない。彼女も取材を始めて半年後、ようやく一階に降りて髪を洗うという冒険(彼女にとってはそれだけでも相当に大変なこと)を行うぐらいには体力が回復した。しかしまだまだ彼女の道のりは長い。

 まさに公害の影響が現れた病気である。かつてはこのような病気は存在しなかった。いかに我々が環境を汚してしまったかの証明であり、そのツケが身体に帰ってきているのである。今回登場した事例は、建材やシロアリ駆除剤などかなり悪影響の強い物質が原因となって発症していたので重症者が多かったが、ここまでいかないまでも食品添加物などの影響でもっと軽度の症状を発症している患者はかなり多いと思われる。私はアトピーなどもいわゆる化学物質アレルギーの一種であると考えており、我々の身体がそれだけ蝕まれているということである。今回の内容は声高に環境保護を訴えるものではなかったが、化学物質過敏症の患者の現状を淡々と伝えることで、逆に切実に環境問題の切迫化を訴えている。「スーパーサイズミー」などを見れば分かるが、今の人間の食品がどれだけ汚染されているか(環境汚染によるものだけでなく、企業の論理で意図的に添加されている物質による汚染が多い)を考えると、ゾッとしてくるのである。なお私は近年の子供の異常(親の躾能力云々以前の問題として、とにかく異常に落ち着きがない子供の増加などの変調が現れている)の原因も、これらの化学物質の脳への影響を考えずにはいられないと見ており、今後さらに深刻な問題になるのは間違いなかろう。

 

1/23 素敵な宇宙船地球号「里山いのちの物語〜野生病院の180日〜」

 神奈川県厚木市の自然環境保全センターの一角では、傷ついた野生動物を救う仕事をしている。ペットなどは対象にせず、日本在来の野生種のみを対象にしているのだが、持ち込まれる動物の数は年間700を超えるとのこと。

 ここにタヌキの兄弟が持ち込まれた。タヌキはペットとして持ち込まれて野生化したアライグマによって生息域が圧迫されているという。ただ、命を助けることは出来ても、問題になるのはどうやって野生を取り戻すかである。

 保護された猛禽類などを野生に返すには、飛行訓練を欠かせない。しかしセンターでは人手が足りないのでそこまで手が回らない。それを支えているのはボランティアだという。ボランティアが里親となって訓練をする。えさ代などは自己負担であり、好きだからこそ出来ることだとのこと。

 またジレンマもある。ある時、センターに傷ついた牝鹿が運び込まれてきたのであるが、鹿は山を荒らす害獣として駆除されている実情もある。野生動物を助けながら、その一方では管理をしないといけないジレンマなどである。

 保護されたタヌキは半年後、病気や怪我などで5匹が2匹に減ったものの、たくましく成長し、やがて野生に放たれた。しかし彼らの生活する環境は悪化していっている。

 危機に瀕している里山の現状である。環境破壊もさることながら、アホな飼い主に持ち込まれたペットの野生化の話だけは腹が立つことこの上ない。アライグマなどは例のラスカルの漫画を見て、何も考えずに安直に飼った結果、その飼いにくさのために捨ててしまう飼い主の愚かさには苦々しい思いを禁じ得ない。同様のことは、無責任に日本の河川にブラックバスなどの外来種を放流した一部の釣りマニアのエゴイズムにも見られることである。人間の愚かさが野生生物を絶滅の危機に追いやっているとは情けない。

 なおアライグマは野生が強くて凶暴なので、そもそもペットにむかない。そのことはあの「あらいぐまラスカル」を見ているだけでも、注意深い人間なら気づくはずなのである。あの主人公のスターリングがラスカルを拾ってきたのは、まだ目が開いていないような子供の時で、そのような時から育てても、彼は結局は最後はラスカルを野生に返しているのである。そんなことも考えずに、ただ単に「あっ、可愛い、欲しい」という単純な考えでペットを次々と買い換える馬鹿飼い主には、ペットの飼育を禁止するぐらいの措置が必要だろう。

 

1/16 素敵な宇宙船地球号「ホッキョクグマの涙〜カナダ・ハドソン湾に迫る危機〜」

 カナダの北極海のハドソン湾。ここには地球最大の肉食獣であるホッキョクグマが生息している。ハドソン湾に面した街・チャーチルはホッキョクグマを見に来る観光客で賑わう。この街にホッキョクグマが集まるのは地形的なものが原因で、夏の間に陸に上がっていたホッキョクグマが、10月頃、西から張り出してきた氷に乗り出すためにこのチャーチルの辺りに集まるのだという。

 チャーチルにはホッキョクグマが大量に集まるため、民家に被害が出る場合がある。レンジャーが警戒区域に入り込んだホッキョクグマを追い払う仕事に従事しているが、地元の人はあの手この手で防御策を講じている。ホッキョクグマの食料の95%はアザラシなどの海獣であり、氷が融けて陸に上がっている時はほとんど何も食べないということだが、観光客の捨てたゴミなどを目当てにゴミ捨て場を漁るホッキョクグマもいるという(ここにもゴミグマである)。レンジャー達がゴミ捨て場で捕まえたクマは、彼らが刑務所と呼ぶ施設に一旦収容された後、街から40キロ西の地にヘリコプターで空輸するという。

 しかしこのホッキョクグマに危機が迫っているという。地球温暖化の影響によりツンドラの永久凍土が融けて木が生え始めており、ハドソン湾に氷が張る期間も短くなってきている。ホッキョクグマは冬の間に食べたアザラシによって備蓄した脂肪によって夏の間を凌ぐため、夏の間に出産するメスに特に影響が大きく、覿面に出産数が減少しているというのだ。チャーチルの街でも、ホッキョクグマ観光に来た観光客に地球温暖化対策を訴えているという。

 温暖化によるホッキョクグマに対する影響の問題は、以前に「地球ふしぎ大自然」でも扱っており、かなり深刻な問題になり始めているようである。何やら温暖化の問題と、ゴミ熊の問題をつき混ぜたような構成になっていた。そのためか何やら内容が散漫な印象があり、また番組の構成も今一つ弱い印象がある。特に氷の上で暮らすホッキョクグマの1年のサイクルについて、全く同じ画面(とナレーション)で2回繰り返したのは明らかにくどく、番組構成的にまずさを感じた。番組内容はともかくとして、構成には一工夫必要があったのではないか。

 

12/26 素敵な宇宙船地球号「台所から地球が見える〜ある田舎食堂の挑戦〜」

 世界の食料庫と言われるアメリカで変わった取り組みをしている人がいる。バーモント州のトッド氏は食料の自給自足に取り組んでいる。彼の本業は農家ではなく食堂。彼の食堂の特徴は地元の材料にこだわっていること。彼の仕入れ範囲は半径80キロ圏内の契約農家。これらの契約農家で栽培された無農薬野菜を彼の食堂では使用している。また牛肉用の牛も牧草を食べて育った健康な牛のものを使用している。

 彼が食材を仕入れている契約農家などとは対照的に、アメリカの農業は大規模化・工場化している。とうもろこしは大規模な畑で機械を使って遺伝子改変作物が育てられている。そして畜産も、牧草の生えていない広大な土地に多くの牛が囲われ、遺伝子改変トウモロコシを中心とした飼料を与えられて肥育されている。

 食料を遠くから調達することは、輸送の際に排出される二酸化炭素が増加することになる。あるスーパーでは、食材にそれを運搬するのに排出された二酸化炭素の量を記載したエコラベルを導入して、客の反応を調査している。その結果、客はまず新鮮さ・味・価格・質感を重視し、その次に環境などのことを考えること。また最重要視するのは味で、味がよければ3割ぐらい割高でも地元の食材を選ぶことなどであったという。

 トッド氏は現在、2店目の出店を計画しており、地元の食材を見直すことで地元の農家を支えいくということを考えているとのこと。

 料理人が料理を追究していったら最終的には食材の生産にも関与していくという例は結構ある。以前にもNNNドキュメントで、お好み焼き屋の青年がキャベツの生産まで始めたエピソードが登場していた。結局のところ、無農薬栽培の野菜などは、農薬を大量に使用した大量生産の野菜などと比較した時、安全性や環境の問題云々以前に味が全く異なるのである。そのことから、最初は単純に味の問題から入り込んだ料理人が、最終的には環境の問題にまでつながっていくということになってしまうのである。

 しかし実際に一番重要なのは、我々消費者が正しい製品を見抜く目を持つことである。そもそも現在の農薬漬けの野菜は、消費者の好みに答えるために生産された側面も強いのであるから(曲がっていないキュウリ、虫食いの全くないレタスなどは典型)。消費者が正しい食品を選ぶようになれば(そして本当に価値のあるものには相応に対価を払うようになれば)、正しい食品が増えていくはずなのである。

 

12/12 素敵な宇宙船地球号「砂漠を走る水〜シルクロード・幻のホータン河の謎〜」

 中国のタクラマカン砂漠、ここに住むウィグル族は、中国政府による定住化政策によって今は綿の栽培などで生計を立てている。この地域の生命線となっているのがホータン河である。この河はコンロン山脈の雪解け水が流れているのだが、今では上流の白玉河ダム、黒玉河ダムによって1/3は上流のホータン市周辺の灌漑に回されている。

 下流の村では放水が始まって現れた河から水を引いている。しかし気象変動によって今年はホータン河の水量が異常に減少しているという。そこで最近は、この砂漠の地下に眠っている地下水を汲み上げて灌漑に使用しようという研究がなされているという。

 番組ではホータン河下流の村の住民を中心に据えて描いていたが、今年の水不足はかなり深刻らしい。問題はこれが一過性のものなら良いが、長期的なものならどうしようもないということだ。また地下水の利用を謳っていたが、地下水にしたところで補給のないまま使用を続けたら、そのうちに枯れてしまう(アメリカの中部砂漠地帯では既に大規模灌漑による地下水の枯渇が深刻化している)。やはり背景には地球規模での温暖化などの気候変動が潜んでいる可能性が高く、世界規模での対策が必要なのだが・・・。あのブッシュ政権が続く限りそれもままならない。

 

11/28 素敵な宇宙船地球号「海を耕す島人〜高知・柏島の"里海"づくり〜」

 日本一豊かな海と言われる高知・柏島の海。ここには海を目的にした釣り人やダイバーが押し寄せている。魚類生態学者の神田優氏も、この海に魅せられてこの地に住み着いた一人である。彼はこの地に「里海」を作ろうというのを信念にしている。里海とは里山のように自然の恵みを受けながらも、自然を養っていく発想であるという。

 彼は黒潮実感センターなるものを設立して、子供達にこの海のすばらしさをアピールしようとしている。故郷の海のすばらしさを理解すれば、おのずと守っていく気持にもなるだろうとの発想である。

 しかし現地では殺到するダイバーが漁の邪魔になったり海を荒らしたりしているとして、ダイバーと漁師の軋轢が増していた。神田氏はこの両者の対立も間に入って仲介した。現在では潜水地域と漁場を分けることで軋轢を回避しており、ダイバー側も珊瑚を痛めないように碇を使わずにブイを使うなどの海を保護する配慮をしているという。

 また漁獲量が減ったアオリイカを復活させるため、ダイバーの協力によって間伐材を減少した海草代わりに海底に打ち込んで、イカの産卵場にするという取り組みを神田氏は行った。これこそはまさに里海の発想だという。

 神田氏は島のために「里海市」を企画したり、休耕田を借り受けて「里海センター」を計画したりなど、現在も里海のために働いている。

 「里海」という発想がなかなか素晴らしい。自然は完全に放置した方が良い場合と、人間が適度に手を入れた方が良い時とがあるのだが、人間が適度に手を入れることで成立しているのがいわゆる里山である。その発想を海に持っていったのだろう。この発想は持続できる漁業に通じるものであり、今後重要になる考えである。 

 

11/21 素敵な宇宙船地球号「ウィルスは警告する〜異常気象に潜む危機〜」

 まず最初に断っておきますが、この回、私は録画に失敗してしまいました。気が付いた時には前半の15分が飛んでしまっていて、テレビをつけた時にはトリの体内でウィルスが繁殖しているイメージが映っているところでした。

 と言うわけで番組の全体は分かっていないのですが、要は温暖化などの影響で日本でも熱帯のウィルスを持った蚊などが繁殖する危険があることを言っていたようであります。

 気温の上昇に伴ってマラリアなどの発生地域は確実に増加している。またデング熱なども同様に広がっているという。最近では1999年にアメリカに侵入した西ナイル熱ウィルスはわずか5年でアメリカ全土に広がり、死者は639名を数えるという。

 西ナイルウィルスが大量に発生する地域ではまず鳥が感染することから、アメリカでは鳥を捕獲してウィルスを調査することでウィルスの大量発生を事前に予想しようとしている。

 日本でもウィルスの侵入が警戒されている。埋め立て地にあり、水たまりが多いために蚊が発生しやすい関西国際空港では、水たまりのボウフラの検査という血道な作業が行われている。また機内に入り込んだ虫なども人海戦術で調査駆除されている。また横浜市では蚊を罠で誘い込んで捕獲し、ウィルスを持っているかがいないかを調査するということも行われているという。

 またウィルスが南方から入り込むとした場合、その通り道となる可能性が高いと思われる西表島で、蚊のサンプルを採取しては調査している岐阜大学の源宣之教授のような人も存在している。

 源教授も言っていたが、そもそもウィルスの方に悪気があるわけでなく、ウィルスの領分に人間の方が侵入してしまったり、人間が気候を変えてしまったりしたのがそもそもの原因になっているというのは事実。人間の業が自らの首を絞めていると言うことである。

 

11/14 素敵な宇宙船地球号「台所から地球が見える〜消えたマイワシの謎〜」

 今、日本ではマイワシの漁獲量が激減しているという。マイワシの水揚げ日本一の銚子漁港でも不漁で空しく帰ってくる漁船が多い。また獲れても1トン程度の水揚げでは、漁船の燃料代がやっとで、とても人件費まで出るものではない。

 この不漁については、世界的な気候が絡んでいるという説がある。海洋生物学者のフランシスコ・チャベズ博士によると、レジームシフトと呼ばれる50年周期の豊漁・不漁の周期が存在するというのである。このレジームシフトは気候の変動と連動しているのだという。日本おいてはアリーシャン低気圧が強くなると、北からの親潮が強くなり、大陸からの冷たい風が海面温を冷やし、これらの水が海底に沈もうとすることで深海の栄養分の豊富な海水が上昇し、これがマイワシの餌になるプランクトンの増加を促すのではないかと考えられているという。

 しかしながら、単純に気候変動だけでは説明できない要因もあるという。マイワシの主な漁場である日本近海とカリフォルニア沖とペルー沖の中で、ペルー沖は日本近海と同様に漁獲量が減少しているが、カリフォルニア沖だけは豊漁を誇っているという。

 これは漁業資源の管理が効いているという。本来アメリカ人はマイワシをほとんど食べなかったが、1940年代のマイワシの豊漁期にケチャップ味のイワシの缶詰がブームになり、乱獲の結果漁獲量は1940年代には激減、その原因を究明するためにカリフォルニア漁業調査局が発足したという。漁民達も漁獲1トン辺り1ドルを寄付する形で、この組織の運営に協力し、イワシの生態系に対する研究が行われた結果、12年間に渡ってマイワシの禁漁が行われたのだという。今日でもマイワシに関してはカリフォルニア州政府による漁獲割り当てが決まっており、漁師はランディングシートと呼ばれる漁獲記録を提出しているという。つまりは徹底した資源管理が今日の豊漁につながっているのだという。

 日本人にとって考えさせられる内容だ。カリフォルニアの取り組みのビデオを見せられた銚子漁民の「こういう取り組みが必要だと思うが、政府が音頭をとらないと現状の個人プレーの中では無理だ」というのは本音だろう。集団で行動しやすい農民と違い、独立独歩の一発屋の気風の強い漁民をまとめるのは昔より難しいことである。ただ、政府が音頭をとったところで、漁民側の自覚もないとなかなか実現は難しかろう。

 しかし漁獲管理が必要であるというのは、はっきりしてきているようだ。マイワシよりも先に深刻な不漁に直面したハタハタ漁では、数年前に全面禁漁という苦渋の選択を行った結果、近年ではまた漁業資源が回復しつつあるという。そのような取り組みが必要なのだろう。

 なお、今回の内容とは直接には相関しないが、日本の河川の荒廃によって日本近海の生態系が弱体化しつつあるという現象も長期的には忘れてはいけないことである。漁業についての将来には難題も多いようだ。

 

11/7 素敵な宇宙船地球号「南の島の事件簿〜ヤドカリの眼で見た日本の渚〜」

 今、日本の海岸には国内外から多くのゴミが漂着している。奄美大島の海岸にも多くのゴミが漂着しており、この地のヤドカリにはペットボトルのキャップをまとったヤドカリが見られるという。そのような日本の海岸の姿を、奄美大島の隣のオカヤドカリの聖地・喜界島から漂着したオカヤドカリが語るという設定で描いているのが今回。

 オカヤドカリの眼から見ると、今の日本の海岸は暮らしにくいことこの上ない。まず海岸のゴミの山、その中には彼らの移動を妨げて死に至らしめる廃油ボール(タンカーなどから捨てられた原油や、家庭排水の中の油などが固まったもの)なども存在する。またオカヤドカリの雌は大潮の時に海岸で幼生を放つのだが、海岸と彼らが住むアダンの木のある地域の間には自動車道が造られ、さらに高さ3メートルの防波堤が彼らの行く手を阻む。

 その中でも雌達は垂直の防波堤のわずかな出っ張りに足をかけて海におり、幼生を海に放つ。そしてそうして海に放たれた子供たちは、台風にも負けずに再び帰ってくる。

 オカヤドカリの一人語りという面白い設定で、今の日本の海岸の現状を解説した企画。もっともオカヤドカリの生態が半分だったので、「地球ふしぎ大自然」のような趣もあり、その分、この番組らしい環境問題の視点は薄められていた印象。しかし海岸のゴミの問題は実はかなり深刻で、ゴミを飲み込んで死んだ海鳥の死体が発見されたりなど、生態系に大きな悪影響を与えていることも指摘されている。その辺りをあまり声高でなくても良いが、もう少しはっきりとアピールしておいてもよかったような気もするところ。

 

10/31 素敵な宇宙船地球号「最後の24羽の涙〜地上の楽園・バリ島の光と影〜」

 よこはま動物園ズーラシアは種の保存を目的とした動物園であるという。ここで繁殖を図られている鳥の一つにバリ島のジャラックバリがいる。この鳥を日本で繁殖させなければならないのには理由があるという。

 バリ西部国立公園、この乾燥地域には多くの生き物が暮らしており、その中には多くの希少動物が含まれる。聖なる鳥・ジャラックバリもこの地に暮らしている。日本の時などと共に絶滅に瀕した10種類の鳥としてあげられており、野生には24羽が確認されているのみという。

 ジャラックバリはマングローブの森を餌場にしているのだが、その餌場が日本に輸出する海老などのための養殖池にされてしまったことがジャラックバリの生息を困難にしているが、絶滅に拍車をかけているのが密猟者である。公園内にはジャラックバリの繁殖所があるが、ここを武装した密猟団が襲撃したことがあるという。ジャラックバリには闇の市場で40万からの値が付く(末端価格はその20倍)ために、密猟団も強盗まがいの連中が多く、レンジャーなども武装せざるを得ない状況だという。

 バリでは古来より「馬・家・妻・剣・鳥」が揃って初めて一人前の男として認められるという文化があるのだという。人が持っていない貴重な鳥ほど珍重されるという事情があるため、元来捕獲が禁止されている鳥まで堂々と売買されてしまうのだという。番組が訪ねたある有力者の家には、ジャラックバリを始めとして多くの捕獲禁止の動物が劣悪な環境で飼育されていた。一旦、有力者の手に渡ってしまうと、摘発されることはほとんどないのだという。

 密猟者は地元の村人が多いという。この地は乾燥して痩せているため、村人の生活は貧しい。彼らは元々他の島からジャングルを開墾するためにつれてこられたのだという。その後、この地が国立公園にされることになったのだが、彼等は自分たちが開墾した土地から離れることを拒み、今日に至っているという。彼らは伐採を禁止されている森に入り込んで、木を伐採して生活している。彼らは貧しさのために、密猟に手を染めることがあるのだという。

 現在、野生のジャラックバリはほとんどが血縁関係の24羽のみであり、絶滅が危惧されている(血が濃くなることは絶滅の危険性につながる)。そこで横浜で飼育されていたジャラックバリが里帰りさせられることになったのだという。さらに密猟を防ぐために、マイクロチップを使用したりすることが開始された。またバリ島人々の意識も変化しつつあり、先の有力者の家にも警察が踏み込んだとのこと。

 最後にわずかだけ救いがあったが、全体としてはやるせない話である。実際のところ、密猟で危機に瀕している動物というのは実は多い。救いがたいのは捕獲が禁止されると、より希少価値が出るということでかえって欲しがる馬鹿がいるということである。密猟などの愚かな行為を絶滅するには、まずこの類の馬鹿から取り締まる必要がある。しかし今回のバリの例でもあったが、この手の馬鹿に限って権力を持っている(のか、もしくは権力を持ったらこの手の馬鹿になってしまう奴が多いのか)ので、取り締まりが一筋縄でいかない場合が多いのである。どうも嫌な話だ。我々が出来ることはあまりないが、少なくともその手の珍しい動物を自慢するような輩がいたら、思いっきり軽蔑してやろう(言葉や態度に露骨に現すのがベター)。そのようなものを持っていることが自慢どころか、恥になるということを連中が学習すれば、少しは野生動物に対する救いにもなろう。

 

10/24 素敵な宇宙船地球号「台所から地球が見える〜バナナ畑は野鳥の楽園〜」

 日本に輸入される果物の半分がバナナであるという。かつては大農園で大量の農薬を使用して栽培され、安全性が問題となっていた。しかしそのようなバナナ栽培が今変わってきているという。

 エクアドルでバナナ栽培をする田辺正弘氏は5年前より、殺虫剤や除草剤や化学肥料などを使用しない循環型農法に取り組んでいる。彼のバナナ畑の中には多くの鳥が生活しており、さながら森の風景であるという。彼も最初は大量に農薬を使用するバナナ栽培を行っていたが、農薬で土が痩せることに気づいた彼は、堆肥を使って土を再生している。そして土が甦ると共に生き物が帰ってきたのだという。

 しかし彼の農業も最初は困難を極めたという。当初の2年は木の勢いが衰え、実も小さくなり、化学肥料を使いたい誘惑にかられたという。彼の周囲でも循環型農業に取り組む農園が増え、自然が回復しつつあるという。今で田辺氏の農園では年々収穫量が増加している。

 生産されたバナナは慎重に収穫されて出荷される。この過程で以前は防腐剤が使用されていたというが、田辺氏の農園では今は使用していないという。しかし生産者として頭が痛いのは、日本の市場ではわずかでも傷が入っているバナナは商品として認められず、結果として4割が流通過程ではねられてしまうのだという。

 エクアドルでの循環型農業に触れた後、結局最後は日本人の「異常な傷物嫌い」に戻ってきてしまった。日本人の品質に対するこだわりは、工業においては世界最高品質の商品の開発につながったが、農業の面では薬漬け農業を促進してしまっているのは事実である。しかし今の都会人は、虫食いの後さえない異常に綺麗な野菜の方を高品質品と勘違いしてしまうのだからたちが悪い。どれだけ都会人が土から離れてしまったかを示す例ではあるのだが・・。なおレタスや白菜を自分で育ててみるとよく分かりますが、露地栽培でこれらの野菜を虫食いなしに綺麗に育てるためには、どれだけ大量の農薬が必要か・・。考えればゾッとします。だから農家の人たちは虫食いだらけの自家用栽培品を食べています。恐ろしくて自分の家では食べないような野菜が市場に出荷されているのが日本の農業の実態なんです。

 

10/10 素敵な宇宙船地球号「ウミガメを呼ぶ浜〜山と海をつなぐ砂〜」

 静岡県の相良町はアカウミガメの産卵地の北限である。この浜ではアカウミガメの産卵環境を守るために活動している団体「カメハメハ王国」が存在している。彼等は海岸の清掃をしたり、アカウミガメの産卵の跡を荒らされないように杭を打って自然な孵化を待ったりなどの活動をしている。

 しかし最近は日本全国でウミガメが減少傾向にあるという。その原因はすべて人間の活動が関係している。アオウミガメの死骸を調査したところ、その内蔵から多くのビニルが出てきた。海草を食べるウミガメが水中に漂っているビニルを海草と間違えて食べてしまうためだという。しかしさらに深刻な事態が発生している。それは日本各地でウミガメの産卵に適した砂浜が減少しているのである。

 砂浜の減少は相良町でも起こっている。相良町の海岸でも台風などが来るたびに砂浜が削られるということが起こっている。かつては沖合に砂が溜まっていたので、砂浜が削られることはほとんどなかったのに、今は砂自体が減少しているのである。

 相良町の海岸に砂を供給していたのは天竜川である。しかし天竜川の治水のために建造された多くのダムが、川からの砂の供給を絶やすことにつながってしまった。本来は砂浜に供給されていたはずの砂が、今では川のダムに蓄積してしまっているのである。ダムから細かい砂が流れるようにバイパストンネルを掘る工事も行われているというが、それでも御前崎港の防波堤が砂をせき止めてしまうので、相良町の海岸まで砂は届かないとの指摘もある。

 カメハメハ王国の人々は、カメに発信器をつけてその生態を探ったりしながら、カメの保護の方法について考えている。

 砂浜の減少というのは実は今各地で問題になっている減少である。まず埋め立てなどで砂浜自体が減少しているというのがあるが、それ以外にもこの相良町の例と同じく川からの砂の供給が絶たれているというのが大きいのである。今やダムのない川はほとんどなくなってきている状況下では、川からの砂の供給はほとんどなく、観光地の海岸などではよそから持ってきた砂を定期的に入れているような状態(例、神戸の須磨海岸)である。これではウミガメの産卵地もなかろう。

 またウミガメ減少ににさらに追い打ちをかけるのは、この番組でも指摘していたゴミの問題などことごとく人間活動に関係したことである。またこの番組でもチラリと出てきたが、海岸に入り込んだ4WD車がウミガメの卵を全滅させてしまったいう例もある。ウミガメの産卵地ではシーズンには車の乗り入れを規制しているところもあるが、それでも入り込む馬鹿がたまにいるという。その点ではパジェロのブームが去ったことはウミガメにとっては幸い?

 なおこれは以前に「目がテン」で言っていたが、ウミガメの性別は砂浜の温度で変化するそうな。つまり気候の変動もウミガメに大きな影響を与える(この気候変動に影響を与えているのも人間の活動だが)。こう考えていくと、ウミガメの保護というのも簡単なことではない。せめてすぐに取り組める対策からでもなんとかしないといけないんだろう。

 

10/3 素敵な宇宙船地球号「富士山頂の風〜空飛ぶ古代の微生物の謎〜」

 富士山測候所はこの10月に完全無人化されることになった。その一方で富士で大気の分析を行っている研究者がいる。江戸川大学の土器屋由紀子氏である。彼女によると、富士山は自由対流圏にあるために地表の影響を受けないサンプルが採れるのだという。この大気の中に含まれる微量成分によって地球の環境の問題が見えてくるのである。

 土器屋氏が採取した空気の中には様々なものが水滴に付着して含まれているが、その中には古代からの微生物も含まれている。彼女の共同研究者の東京農工大学の片山葉子氏によると、測定結果に気になる結果が現れているという。採取した空気の中から、チオバチルス・チオパルス(硫黄酸化細菌)が見つかったというのである。この微生物は植物中のチオシアネート(辛み成分など)からCOS(硫化カルボニル)を合成する。この有害物質COSは成層圏にまで上昇して、太陽の光によって反応して有害物質の固まりの雲を作り、これは1年近く消えずに漂うのだという。自然界ではCOSを分解する微生物も存在しているために微妙なバランスが保たれている。

 しかしさらに気になることが存在すると言う。ロシア科学アカデミー土壌氷雪学研究所のグービン博士は永久凍土中の微生物を研究している。彼によると永久凍土の中には太古の微生物が眠っており、その中には人間にとって有害になる可能性のあるものもあるというのである。しかし現在地球上で進行している温暖化により、永久凍土は溶けつつある。最近もアルタイ山脈付近の永久凍土層で温暖化による大崩落がおき、太古の地層が地表に露出するという事件があったという。そして露出した地層にはチオシアネートが多量に含まれていたのだという。この後、さらに永久凍土の融解が続き、大量のチオシアネートが放出された場合のシミュレーションをロシア科学アカデミー大気物理学のラーリン博士が行っている。彼によるとCOSの雲が太陽光線を遮断し、寒冷化が起こる可能性があるというのである。

 つまり想定される最悪のシナリオは、温暖化の進行で永久凍土層が大量に溶け出す→大量のチオシアネートが大気中に放出される→微生物の働きでCOSが大量に合成され、COSの雲が発生する→太陽光線が遮断される→一転して急激な寒冷化が発生する というものである。つまり温暖化が寒冷化の引き金になるというシナリオである。こう書くと温暖化してから寒冷化が起こるのだからバランスがとれて良いのではと考える者もいそうだが(特に地球の運命よりも自分の取り巻きの金儲けの方が大事な馬鹿ブッシュなどが飛びつきそうな考えだ)、両者に時間差があって、しかもその方向に加速がかかりだすと容易に止める方法がないことが問題である。結果として、地球の気温は乱高下することになり、動植物は決定的な打撃を受けることになる。

 とにかくCOSの問題についてはまだ研究が始まったところであるから、今後もその進展を見守る必要があるとのことである。ただ地球の将来に対する不安材料がまた一つ増えたことにはなる。

 何やら今週からリニューアルする様子があったので、番組の内容が変わってしまったらどうしようと思っていたが、ほとんど今まで通りだったようで安心した。今後もこの硬派路線で行ってもらいたいものである。富士山で大気のサンプルをコツコツと集めている女性研究者のエピソードから、最後は地球規模の危機の可能性にまで話が結びついていくのはいかにもこの番組らしい展開である。

 ところで、富士山を登っていた石原良純と最後にチョロッと登場した一青窈だけは全く何の意味もなかったのだが・・・。この連中を登場させるためのリニューアルだったのなら意味不明。なんか余計なものが増えるというのは、番組にとってあまり良い傾向ではない。

 

9/26 素敵な宇宙船地球号「森を走る恐怖の炎 〜森林大火災の真相に迫る〜」

 日本でも森林火災は意外とよく発生している。しかし最近の森林火災は変わってきているのだという。ものすごい勢いで爆発的に燃え広がるタイプの森林火災が増加しているのだという。ロサンゼルスで発生した大火災でも、非常に火の広がりが早く1日に16キロもの速度で広がったという。結局二週間以上も燃え続け、東京都の1.4倍もの面積が消失したという。しかもこの時は逃げようとする車よりも速い火の玉が襲来したと言うのである。

 この火災のメカニズムを研究しているのが火災生態学者のリチャード・ミニック氏。彼によると宅地開発などで開発された森が火災を起こしやすくしているという。このような森では枯葉や落ち葉が分解されずに地面に残り、これらが爆発的に炎を広げるのだという。また下草がカラスムギなどの燃えやすい雑草に変わってしまったことが、さらに火災を発生させやすくしたという。そもそもこのカラスムギは家畜についてメキシコから入ってきたのだが、窒素酸化物の増加によって草の栄養源が増え、カラスムギの繁殖を促したのだという。枯れ草に覆われた斜面は非常に燃えやすく、あっという間に炎が広がる。

 さらに木食い虫の大発生が水分不足で弱った木を襲い、これが枯れ木を増加させる。枯れ木の増加はさらに森を燃えやすくするのだという。実際の森を使った燃焼実験でも、このような弱った森では爆発的に炎が広がり、内部の温度は1000度にも達することが確認されたという。通常の森林火災は地表部分のみが燃える地表火災であったのが、可燃物の溜まった森では木の上部までが燃える樹冠火災になるのだという。これは風で飛び火し、森全体を炎に包むのだという。ミニック氏によると、このような森は立った爆弾だという。

 さらに火災の発生は上昇気流を作り出し、これが地表付近で乱気流を発生し、森の中を流れる風は時速160キロにも達するとのこと。これはさらに被害を拡大させる。また森林火災が局地的な気候に影響を与え、風を呼び込んだりするのだという。すべての根源は異常気象にあるとのこと。

 同様のことは日本でも起こっているという。松食い虫による枯れ木の増加、ウラシロと呼ばれる枯葉をつくりやすいシダの繁殖によって、広島県の生口島で樹冠火災が発生した。

 しかし森林は本来は火災がしょっちゅう起こるものなのだという。アメリカのジャイアントセコイアの森ではほとんど毎日のように火災が発生する。ジャイアントセコイアの球果は火災の炎で開いて種を地表に落とすのだという。森林と共生してきたネイティブアメリカンはそのことを心得ていて、森に可燃物が溜まってくると、定期的に山焼きをしていたという。森との共生がなくなったことが森林大火災の原因になっているのである。

 一般に生きている森は簡単には燃えない(そもそも水分を多く含んでいるから)はずなのに、どうも最近の森林火災はおかしいと言うのは私も感じていたのだが、やはり懸念したとおり、森が死にかかっているせいであったようだ。最近は日本でも特に里山の荒廃が著しく、人間の手が適度に入ることで維持されていた環境は壊滅的状態に近いという。特に日本の戦後に植えられた二次林は、杉や檜の単一植生になっているせいでさらに荒廃が著しい。林業と言った金儲けの観点ではなく、自然生態系保護の観点から日本の森林を見直す必要があるのだが、今のように生活形態が変わってしまった現状ではなかなか困難である。真の意味での山村再生の政策が必要なのだが、これは私にも妙案がない。多分根本的には効率重視の現代文明の形態自体に変更が迫られることになるだろうから、相当に難しい問題である。

 

9/19 素敵な宇宙船地球号「円い村からの伝言 〜南研子 インディオに注ぐ情熱〜」

 アマゾンの奥地に生きているインディオ・カヤポ族は、文明社会と50年前に始めて接触した民族である。彼らは狩りをして生計を立てていたが、近年は森の減少に伴う獲物の減少で生活が成り立たなくなり、政府やNGOの支援が欠かせなくなっているという。

 このカヤポ族の支援に取り組んでいるのが南研子氏。彼女は今ではカヤポ族の人々のあつい信頼を得ている。彼女は文明社会によって生活の危機に瀕している彼らの境遇を知り、彼らのための活動を開始したのだという。

 しかし支援と言っても簡単ではない。バナナを栽培して近隣の村に売る計画を立てたが、そのバナナを運ぶための道がないため、バナナは腐ってしまう状態だという。建設中の道は途中で水路で遮断されており、その近くにはヨーロッパのNGOによって送られたが、整備が出来ないために放置されたトラクターが転がっていた。現地の文化に根ざした支援が重要であることを感じた彼女は、現地の女性達の意見を聞くことを始めた。

 今、課題になっているのは文字を持たない彼らの文化の継承だという。かつては口伝で語り継がれた彼らの文化も、若者達は文明社会からの情報に気を取られて、長老の話などには興味を示さなくなっているという。南氏はカヤポ族の村に学校を作るための支援を決め、子供たちはブラジルの公用語であるポルトガル語を勉強している。彼女によると、善し悪しを抜きにして、ブラジルの公用語であるポルトガル語を読み書きできなければ、彼らは最下層民となってしまって権利の主張も出来ないからとのことである。

 南氏の「彼らの方がよほど人間らしい」という言葉が妙に印象に残った。文明とは何であるかを考えさせられるエピソード。ただ現地民にポルトガル語の教育をすることの是非などは難しいところだろう。確かに道具としてのポルトガル語が必要であるのは確かだろうが、これは一つ間違うと彼等の文化を破壊しかねない危険も含んでいる。近世においては、ヨーロッパ化=文明化という観点で、各地の文化が大規模に破壊された歴史があることを考えると、「現地の事情にあわせた支援」という南氏の言っていた言葉が一番重要になりそうである。

 

9/12 素敵な宇宙船地球号「バルト海の乙女を救え 港湾都市ヘルシンキの未来」

 バルト海沿岸の都市ヘルシンキ(フィンランド)。ここは環境に配慮したソーラー住宅などが導入されているなど、比較的先進的な都市であるが、ここでさえ海には変化が発生しているのだという。

 近隣諸国などから流れ込む排水などによって海が富栄養化し、ノドラリアと呼ばれる毒性アオコの大量発生が起こっている。この毒性アオコは皮膚炎や肝炎の原因になるので、それに侵される子供なども増えているという。バルト海でこのような汚染が進んでいるのは、ここが外海と閉鎖された内海であることによる。旧ソ連の工業地帯から流れ込む排水が蓄積してしまうし、また交通の要衝であるため、年に2000隻もの船が行き交うが、これらの船から流出した重油なども汚染の原因になっている。

 さらに経済の好調に伴う開運の増加で、従来の港ではコンテナが捌けなくなっており、ヴオーサーリ新港建設計画が持ち上がっているのだが、このプロジェクトに反対している人々がいる。現在建設地では海底の浚渫が進んでいるのだが、これがかつて造船工場から海底に垂れ流しにされていたTBT(トリブチルスズ)を拡散させてしまう恐れがあることを彼らは恐れている。TBTは環境ホルモンとして知られており、巻き貝に雄化が発生するなどの障害を起こすことが知られている。また人間に対しても発ガン性があることが知られており、付近の住民も警戒している。環境学者などは危険性を警告したのだが、工事は着工されてしまったという。

 またウオーサーリ新港の隣にはEUが指定した自然保護区が存在し、野鳥の宝庫になっているのだが、コンテナ港が開港することで騒音や証明などで生物が安心して住むことが出来なくなるのではと懸念されている。

 反対派市民の指摘を受けて、市当局はより環境に配慮する開発を行うことにしたという。TBTの問題にしても、浚渫した泥をコンクリートブロックにして地中に埋設することで環境から切り離させるとし、さらに防音壁を作ったり拡散しない照明を使用するなど、環境に配慮した港となると胸を張っている。もっとも果たして本当に影響がないかはまだ不明であるし、海難事故などに伴う原油流出の懸念などは晴らしようがない。経済と環境の両立と言った問題にヘルシンキ市民は直面しているのである。

 日本などとは比較にならないほど環境に配慮している(もはや比べることさえ馬鹿らしいほど)ヘルシンキでも、環境の問題は忍び寄っているということには愕然とさせられる。それを思うと、日本のように環境に対して何らの配慮もしない乱開発を行いながら、まだこの程度ですんでいるというのは、日本の自然がいかに恵まれているかという証明でもあるようだ。決定的な破局にいたる前になんとかしたいものだ。

 

9/5 素敵な宇宙船地球号「北欧フィヨルドの宝物 発見!ノルウェーの深海サンゴ」

 珊瑚礁といえば南の暖かい海と思われるのだが、北欧ノルウェーの海底にも珊瑚礁が存在するというのである。

 真っ暗な海の底に生息するこの珊瑚は、光合成をせずに豊富なプランクトンを餌にして生息しているのだという。そしてこの珊瑚礁は海の生き物にとっての格好の住処となっている。だからノルウェーの漁師の間には、珊瑚のあるところに魚ありという伝説があるのだという。

 しかしこの海に異変が発生している。最近、珊瑚の海から魚が消えたのだという。地元の漁師のウルフ・ガースタッド氏が原因と推測しているのが、底引き網漁である。重りをつけた底引き網が海底をなぞることで、珊瑚に致命的なダメージを与えるのである。彼はかつて漁業会社に対して底引き網漁の全面禁止を申し入れたが、その訴えは届かなかった。そこで彼はこの件を国立海洋研究所に訴えたのである。

 異変を知った研究所は驚いて海洋調査を開始した。調査の結果、珊瑚礁は北極圏の海底にまで存在していることが判明し、しかもカリブ海などのものと同じ種類であることが分かったという。これらの珊瑚はメキシコ湾暖流のおかげで生きていられるのだと推測されている。

 しかし底引き網漁と珊瑚の破壊との直接の因果関係が証明できないと、国に働きかけることは出来ない。調査が暗礁に乗り上げかけた時に、思いがけないところからその証拠が見つかった。海洋地質学者のマーティン博士が、海底油田の調査のために海底調査した時の映像を送ってきたのである。そこには珊瑚が底引き網によって破壊されている映像が記録されていた。さらにマーティン博士が恐れたのは、自分たちの敷設したパイプラインもまた珊瑚礁を破壊していたことである。博士は会社にパイプラインのルート変更を訴えたが認められず、彼は海洋生物学者と共同して珊瑚の研究を行い、会社にルート変更を認めさせた。

 海洋研究所では国に働きかけ、珊瑚礁保護法の成立を目指した。この案に議会は1年近く紛糾したが、1999年3月についに法律が成立した。底引き網漁師達は苦渋の選択を迫られたが、近年は珊瑚礁の重要性を認識して、その保護を目指し始めたという。

 しかしウルフ氏の戦いはまだ終わっていないという。彼は密漁を防ぐための国際的な取り決めの成立を目指している。そしてそのような父の後ろ姿に憧れた彼の息子は、父の後を継ぐべく修行中とのこと。

 なにやらまるでプロジェクトXのような趣のある内容であった。海を守るために執念で立ち上がる漁師。彼の訴えを受けて動き始める海洋生物学者、しかしプロジェクトは暗礁に乗り上げる。その時に現れる意外な協力者、そして国に法律を制定させる。最後は父の後を継ぐ息子が出てきて大団円のエピローグ・・・まんまじゃん!(笑)。と言うわけで、今回のサブタイトルは「伝説のサンゴを守れ! 北海の漁師の執念の闘い」という方が正しいようです(笑)。

 と、冗談はとにかくとして、いくら暖流が流れていると言ってもこんな極北の海にサンゴが、それも深海に生息しているとは驚く次第である。もしかしてここ以外にも驚くようなところにサンゴが生息しているかもしれないと思えてきた。

 魚にとって繁殖に適している環境というのは意外と限定されるものであり、それを破壊してしまうと魚資源に枯渇に結びつきやすい。ここのところでも「持続可能な漁業」というのがキーワードになってくるんだな。効率を重視しすぎると、往々にして自然界での持続が不可能になりやすい。化学肥料を大量使用する近代農業などがこの象徴である。

 

8/29 素敵な宇宙船地球号「大江戸打ち水大作戦〜ヒートアイランドに挑む市民たち〜」

 ヒートアイランド現象などでついに39.5度までを記録してしまった東京。この100年で東京の気温は3度上昇しているという。オフィスの空調、熱を蓄えるアスファルトなどから熱気があがり、今年は900人が熱中症で運ばれたという。

 これに対抗しようとして開始されたのが打ち水大作戦。打ち水で都会の気温を下げようというものである。実際に打ち水を行うと1度ぐらい気温が下がり、また風が吹く可能性もあるという。

 かつては東京には多くの川があったのだが、東京オリンピックの頃にかなりの部分が埋め立てられ、今ではかつての20%しか残っていないという。これがさらにヒートアイランドに拍車をかけている。

 さらに最近は東京湾岸に建てられたビル群がついたてとなって海からの風を遮断して、これがヒートアイランドの原因になっているとの指摘がある。もはや都市の構造自体がヒートアイランドの原因になっているのである。

 そして8月18日、50万人が参加した打ち水大作戦が実行された。中央大学では打ち水が行われる東向島に温度計を設置して、打ち水による温度変化を測定した。1.8度ぐらいの低下があったという。ただし東京全域で温度を低下させるには、風の通り道も考えた都市設計が必要だという。

 打ち水というシンプルな方法を打ち出してきたのが面白いところ。また地球温暖化が云々といった難しい話を掲げたのではなく、みんなで参加するイベントとして企画したのが成功の秘訣であろう。

 ちなみに打ち水とは少し違うが、建物の表面に水の膜を作ることで温度を下げるという研究もなされている。またこちらは番組中にも登場したが、ビルの屋上緑化なども現在研究が進んでいる(屋上だけでなく壁面も含めて緑化する方法も検討されているが)。とにかくできる限り自然な方法で、東京の環境を改善する努力は必要だろう。そうでないと、早晩に東京に人が住めない時代が来かねない。

 

8/22 素敵な宇宙船地球号「忍び寄る食料危機 田んぼが地球を救う!?〜コウノトリの舞う里へ〜」

 日本にはかつては多くのコウノトリが生息していたのだが、環境悪化に伴い減少している(トキも同じ経路をたどって絶滅した)。一方、温暖化の影響は稲作にも影響しており、高温による乳白化現象(米の呼吸が高温によって活発化することで、米のでんぷんが消費されてしまうのだという。こうなった米はもろくなって味も落ち、商品価値が低下する)や害虫の増加などの弊害が現れつつある。この稲作とコウノトリが実は地球温暖化に対する切り札になるかもしれないというのである。

 兵庫県豊岡市の藤原隆夫氏は去年から循環型農業に取り組んでいる。彼の循環型農業とは農薬を一切使わない農業を目指すものであり、そのためには強い苗が必要である。そのために植える種籾の量を通常の1/4にして、ハウスでなく露地栽培によってたくましい苗を育てている。また肥料にはミネラル分の豊かなおからを米糠と混ぜてペレット状にして使用している。またこのおからのペレットは雑草を防ぐ効果もあるという。

 この藤原氏の農法は稲葉農法と呼ばれており、稲葉光圀氏が考案した独自の米農法の理論に基づいているという。彼は自然環境を顧みない近代農法に疑問を抱き、自然の食物連鎖などを活かした農法を考案したのだという。そしてこのような環境はコウノトリにとっても住みやすい環境である(トキの絶滅には農薬による田んぼ生態系の壊滅が主因になっている)。

 このような田んぼの存在は地球温暖化に対する対策になるのだという。水田は多くの二酸化炭素を吸収する能力があるのだが、農薬を使った田んぼでは生き物が存在しないためにメタンガスが発生するのに対し、農薬を使用しない田んぼではそこに生態系が存在することによって、メタンガスの発生が抑制されるのだという。

 藤原氏の循環農法は徹底している。梅雨頃に田んぼの水を抜く時にはビオトープと呼ばれる生き物が移り住めるための水系を確保している。ここの豊かな生態系は子供たちにとっても格好の自然とのふれあいの場であるという。

 手間がかかる農法であると思われるにもかかわらず、田んぼの中のドジョウを捕まえた時の藤原氏のうれしそうな表情が実に印象的である。環境が再生しつつあるという確固たる手応えは、彼にも喜びを与えているのだろう。そこには自然と共生するかつての農業の姿が見えたように思える。願わくはこの自然環境の中で育った子供たちの中に、次代のこの農業を支えていく人材が登場することである。そのためにはこのタイプの農法に対する何らかの推進策をとっていく必要があるのだが。

 

8/15 素敵な宇宙船地球号「シリーズ温暖化と向き合う3 北アルプスからの警告〜神の鳥の悲鳴が聞こえる〜」

 北アルプスの立山・室堂。ここには神の鳥と呼ばれているライチョウが生息している。3万年前、氷河時代に陸続きのシベリアから渡ってきたと言われているライチョウは、地球の気温が温暖になったことにより、高山に住処を移したのである。日本はライチョウの世界最南端の生息地である。

 しかしそのライチョウを今、温暖化が追いつめている。温暖化がライチョウをより高地に追いつめ、ライチョウの縄張りが急激に減少している(10年で26が9に減った)という。また温度上昇による植生の変化が食料の不足につながる恐れが指摘されている。

 さらにより直接的な脅威も迫っている。立山のライチョウの血液を採取して検査したところ、なんと90%からロイコチトゾーン原虫が発見されたという。この原虫はアフリカなどの原産で、虫などを媒介して鳥に感染すると重度の貧血などを起こして命を奪うという。元来は温暖な地域に存在していたこれらの病気が、温暖化によってライチョウの生息域にまで今、日本のライチョウは3000羽程度で、しかも高地に分断されており、立山だけだと500羽程度なので、これはちょっとしたことで容易に全滅する可能性が高いという。このままではいずれはライチョウも第二のトキになってしまうのではないかと懸念されるとのこと。

 温暖化の影響が高山の生き物を追いつめているというエピソードである。まさに温暖化の問題は待ったなしになりつつあり、早急に手を打っていく必要がある(この手の問題は対策をしてから効果が出るのに時間がかかるから、早めに対策をうたないと手遅れになる)。というわけで、地球が滅びる前にあの馬鹿ブッシュを大統領の地位から引きずり降ろす必要があるようだ(何しろ地球の未来よりも、自分の取り巻きの石油会社の利益の方が大事という人物であるのだから)。

 

8/8 素敵な宇宙船地球号「シリーズ温暖化と向き合う3〜日本はどうなる〜 わが心の富士山が消える」

 温暖化が叫ばれているが、その影響は富士山にも現れている。最近目に見えて富士山の気温が上昇しているというのである。富士と言えば冠雪のイメージがあるのだが、ここ数年、富士の雪解けが異常に早くなっているのだという。富士の冠雪のポイントとなっているのは富士山に存在している永久凍土だという。永久凍土は日本には存在しないと言われていたのだが、富士の山頂にはその永久凍土が存在していることが分かったのだという。

 しかしこの永久凍土が溶け始めているという。この30年間で永久凍土層が300メートルも高度が上がっているというのだ。さらに永久凍土が溶け始めることで、土砂を保持できなくなって山の崩落さえ進みつつあるという。

 また富士山の温暖化は富士の植生を変化させ、森林限界が上昇しつつあり、富士山が森林に覆われつつあるという。まずオンタデなどの植物が進出し、その後に他の植物が進出し、最後には木が生えるのだという。このままいけば将来の富士山は今の雪を被った蒼い姿から、頂上まで緑に覆われた姿に変貌する可能性もあるというのである。

 温暖化が富士山の光景にまで影響を与えつつあるというショッキングな内容。富士山を守れというのは、温暖化防止のスローガンとしては日本人のメンタリティに訴えるテーマになりそうである。

 いよいよ深刻化する温暖化に対しては、これは早急に手を打つ必要があるのだが、そのためには、地球の運命よりも石油会社の利益の方が大事だというアメリカのブッシュ大統領を、早いとこ追放しないとどうにもなりそうにない。政治の指導者が馬鹿だったら、地球全体がおかしくなるということである。それにしてもこの重要な時期に、日本を始め多くの国が指導者に恵まれていないのは、まさに人類にとっての末期症状のように思われて仕方ないのだが。

 

8/1 素敵な宇宙船地球号「ボルネオ島子ゾウの涙〜"地球に優しい"の落とし穴〜」

 ボルネオ島では大規模なアブラヤシのプランテーションが行われている。ここで産出されるパームオイルは昨今の健康志向やエコロジー志向で消費量が急増している。製造原料などに記載されている「植物油脂」の大半はパームオイルだという。

 しかしそのことがアブラヤシのプランテーションを急増させ、熱帯雨林の減少を招いている。もはや熱帯雨林は川の際にしか残っていない。ここで新種のゾウ(ボルネオゾウ)が最近になって発見された。

 しかしこのゾウの住処は、プランテーションによって分断され、パッチワーク状態になっている。ゾウを防ぐための高圧電流が流されたフェンスによって彼らの森は分断され、ゾウはその分断された森を川を泳いで行き来しているのだという。現在、川の周辺に植林をしてゾウの生息域を確保しようという活動もなされているが、まだ運動は始まった直後であり、まだ森は分断されたままである。

 一方、森の近くのプランテーションでは、ゾウによる食害も起こっている。ある農園主はゾウによって半年分の収入がふいにされたという。ゾウはアブラヤシの新芽を好むために、アブラヤシを引き抜いて食べてしまうのだという。食害にあった農園主は空砲などでゾウを威嚇して農園から追い出すということを行っている。人とゾウの生活域が接近しすぎたがために起こっているトラブルである。

 パームオイルを洗剤に使用したパイオニア企業サラヤでは、熱帯雨林のこの現状を鑑みてパームオイルに変わる新材料の探索を続けているとのことであるが、残念ながらまだ決定打はないという。

 エコロジーの感覚から導入された自然素材が、産地においては自然破壊の原因になっているという極めて皮肉な事例。環境の問題というのは、あちらを立てればこちらが立たずというようなことがよくあるのが実に難しい。しかも表層だけの「エコロジーブーム」のようなものがさらに矛盾に拍車をかけてしまうというところがある。地球に優しいという言葉だけではとんだ落とし穴があるということか。考えさせられる。

 

7/25 素敵な宇宙船地球号「パラオへの恩返し〜カニ先生・倉田洋二の誓い〜」

 かつて日本の植民地だったパラオは、日本との関わり合いの深かった土地である。パラオ諸島の一つ、アンガウル島はかつて激戦に巻き込まれて、この島の熱帯雨林は一面の焦土と化した。しかし戦後60年、ようやく熱帯雨林が復活している。この森の中で目立つのはオカガニである。実はこのカニこそが森復活の鍵であった。隆起サンゴ島でこの島は元来土壌が痩せている。しかしオカガニが落ち葉を食べて糞を落とすことで土を肥やし、彼らが木の根本を巣を作るために掘り返すことで、木が大きく成長できたのである。

 この島を歩き回っているのが、生物研究者の倉田洋二氏である。彼はこの地に骨を埋めるつもりで8年前に移住してきている。彼はオカガニの研究を続けている。彼が今懸念しているのは、島民が現金収入のためにオカガニを捕まえることである。これらのカニは加工されて輸出されているが、最近はオカガニの数が減少してきているのだという。

 倉田氏は14歳の時、単身パラオに渡り現地で生物の調査に携わっていたが、戦争開始と共に現地召集され米軍の猛攻にさらされた。そしてアンガウル島の守備隊は玉砕、彼も戦死したと伝えられていたが、彼は負傷を追いながらもジャングルの中で柔らかい草やオカガニを食べて生き延びていたのである。彼はそのまま捕虜となり命を長らえたのであるという。帰国後、生物の研究に携わった彼は、1973年に再び戦友達を弔うためにアンガウル島を訪問、熱帯雨林が再生している光景を目の当たりにするのである。8年前に奥さんに先立たれた彼は、決意を込めてこの島に戻ってきたのだという。

 彼はこの地で生物の調査をすると共に、島の生き物を採取することで生活していた島民の生活をも徐々に変えていこうとしている。彼はアンガウル島をまるごとパラオ初の国立公園にするべく活動しているのである。彼は島民自らがアンガウルの生態を守っていけるようにとの啓蒙活動を続けている。

 かつてこの島で命を落としかけた者が、その島の自然を守るために戻ってきたという意味深い内容。彼にしてみれば、ジャングルによって命を助けられたという気持があるのだろう。当時は軍部の無謀な作戦のために、これらの南洋諸島では多くの日本兵が犬死にをした(戦闘による死者よりも、飢餓による死者の方が多かったと言われている)。彼の行為は彼にとっては鎮魂なのだろう。なお今日本で、自衛隊も戦闘に参加すべきと勇ましく叫んでいる連中は、このような悲惨なめとは全く無縁であったのは言うまでもない。常に、必ず安全な場所にいられる者が一番勇ましいのである。

 

7/4 素敵な宇宙船地球号「高原の珠玉を取り戻せ!〜中国"母なる湖"再生プロジェクト〜」

 中国雲南省の海抜1900メートルの高地にある「てん(さんずいに眞)池」は高原の珠玉と呼ばれてきた。しかしこの中国で6番目に大きい淡水湖は、湖岸の昆明市の経済発展と共に、未処理のまま流された生活排水や工業廃水などで汚染され、アオコの発生に悩まされるようになった。かつては母なる湖と呼ばれたこの湖も、汚染によって漁獲量などは激減している。かつてはこの湖では大量のシラウオが採れたというが、今や見る影もない。

 最近になってようやく国がてん池の再生に乗り出した。元々てん地は流れ込む川は多いのに対し、流れ出す川が少ないために汚染に弱い湖である。国は湖に流れ込む汚水を処理することで水質の浄化をするため、汚水処理施設を建設し、今ではほぼ100%の排水が処理されているという。

 しかし汚水の流入を阻止しても、現在のアオコの問題は解決しない。その対策に国が起用したのが中国科学院の劉永定教授である。彼は水の生物に対する世界的権威である。当初は湖水を汲み上げてアオコを濾過して水を戻すという原始的方法をとっていたのだが、これでは埒が明かないと感じた彼が開発した方法が、アオコを農業肥料に使用するというものである。そもそもアオコの発生原因は湖水中に窒素やリンが増加した富栄養化によるものであり、それらの富栄養化には化学肥料も一因となっていた。アオコを肥料にすれば、その窒素とリンを再び大地に帰してやることが出来るのである。劉氏は酵素でアオコの毒素だけを分解することで、アオコを農業肥料にすることに成功したという。

 またアオコを食べる魚の養殖にも取り込んでいる。ハクレンとコクレンという魚はアオコを分解することが出来、好んで食べるのだという。また水草で窒素やリンを固定化するという試みもなされているという。劉氏はこれらの取り組みで湖の自浄作用を取り戻すことを目指している。

 てん池を再生するための取り組みには、昆明市の市民も協力し始めている。当番で湖の清掃を行ったり、国に先駆けて無リン洗剤の使用を義務づけたりなどが行われており、てん池の水質も徐々に回復に向かっているという。

 何やら国の号令一発で総力を挙げて環境保護に向かうというところは、いかにも社会主義的であり抵抗を感じないではないが、やはり環境保護のような課題には資本主義の原理では取り組みにくいのは事実である。今まで中国では公害の問題は放置に近かったのであるが、ようやくに国レベルで取り組み始めたようである。この辺りはやはりこの国が本気で先進国を目指している証拠なのであろうが。

 劉氏の方法はいかにも泥臭く、こんなものでうまく行くんだろうかという疑問を感じさせないでもないのだが、効率だけを追究しているのでないだけに環境との共生的と言えなくもない。富栄養化の解消は、湖中の窒素やリンをなんとかして回収してやることであるから、その点から考えると、アオコを肥料にして大地に帰すとか、魚に食べさせる(その魚を捕まえて人間が食べるか肥料などにするとさらによい)というのは理にかなっている。

 

6/27 素敵な宇宙船地球号「フィリピンの大地に夢を刻む男〜田鎖浩74歳の挑戦〜」

 かつて豊かな森に覆われていたフィリピンも、相次ぐ伐採によって荒廃している。こんなフィリピンの山間の農村を尋ね歩いているのが74歳の田鎖浩氏である。この地域の住民は、農業の出来ない乾期には炭を焼いて現金収入を得るぐらいしか方法はなく、彼によれば山の木を守るには住民対策が必要なのだという。

 田鎖氏は乾期にも農業が出来る自分の農場を見に来るように住民を誘う。彼が立ち上げたNGO・熱帯農林技術開発協会では乾期にも出来る農業を農民達に指導している。彼はこの地に枝豆を普及させようとしている。

 商社の農産物の担当としてこの地を訪れた田鎖氏は、フィリピンの森林が日本の伐採により荒廃し、日本人が悪者扱いされているのを見て、現地の人々の貧困を救うために会社を辞めて立ち上がる。彼が目をつけた作物はマニラ麻。彼はこれを使った紙の生産をこの地で開始した。この事業は軌道に乗り、現地で160人の雇用を生み出し、農民の収入向上にも貢献しているという。マニラ麻で作った紙は非常に丈夫であり、製図用紙などに利用されているという。彼がマニラ麻の栽培に導入した手法は、マニラ麻の栽培と植林を同時に行うというアグロフォレストリーである。彼は20年経った工場をフィリピン人のスタッフに託し、また新しい取り組みを開始した。

 彼は現地の人々に有機農法を指導している。しかしここに立ちはだかるのが害虫の問題である。これに対処するために彼が目をつけたのがニームという植物である。彼は虫除けとして畑の周囲にニームを植えると共に、ニームから自然農薬を製造してこれを使用している。

 商社マンとして訪れたフィリピンの地の現状を見て、NGOとしてそこに住み着いて活躍するというこの使命感はどこから来るのかは、私のような俗物には想像のつかないところである。熱帯雨林の問題は大抵の日本人は知っていたとしても見ないふりをしてしまうものだが、彼にはそれが出来なかったようである。そのような使命感につき動かされているから、74歳になってもあのように元気に活動しているのだろう。それにしても常に思うことなのだが、土と共に生きている人は何歳になっても元気で矍鑠としている。やはり人間も自然の生き物なのだろう。

 

6/20 素敵な宇宙船地球号「ヒートガイア昆虫記〜虫たちが警告する温暖化〜」

 温暖化などの気候変動が言われているが、九州や四国などに生息する南方系の蝶であるナガサキアゲハが関東地方で見られるなどの異常が、今発生しているという。

 昆虫撮影家の栗林氏が神奈川県の大磯に出向いて、地元の蝶の研究家である岸氏と共に近くの森を調べたところ、呆気なくナガサキアゲハを発見。近年急激に増加しているという。ナガサキアゲハの急増は地元の生態系の混乱を招く恐れがあるという。

 ニュージーランドでも同様のことが発生しているという。アメリカが原産地の南方系の蝶であるオオカバマダラは、島づたいにニュージーランドにまで渡ってきているのだが、この蝶もだんだんと南方(南半球だから、より寒い地域に向かってである)に生息域を広げているのだという。

 このように生息域を広げる蝶がいる一方で、大雪山に住むウスバキチョウなどの種類は温暖化の影響で春に羽化するはずの蝶が秋に羽化してしまい、そのまま死んでしまう例があるという。また高山植物も温暖化の影響で減少しつつあり、さらにウスバキチョウを追いつめることになっているという。氷河期から存在していると言われているこの蝶は、温暖化によって滅亡する危険に直面しているのである。

 またナナホシテントウなどの虫は、人間が捨てた空き缶などにによって、冬でもそこで活動するなどの生態の変化が表れているという。空き缶の上は葉などの上よりも暖まりやすいので、そこに産卵するのだという。

 また虫の生態が変化したことで、それを餌とするヒキガエルの生態も変化しているという。ヒキガエルは元来は春眠をするのだが、昆虫の出現が早まったことで春眠をしなくなったという。

 温暖化の原因はいろいろあるが、ニュージーランドでは牛や羊が排出する糞などから発生するメタンガスや亜酸化窒素ガスが温室化ガスの大半を占めている。これに対する対策としてニュージーランドで注目されているのがフンコロガシの仲間である昆虫である。これらの虫は糞を速やかに土に帰すことで、温室効果ガスの排出を抑えることが期待されているという。

 日本の蝶の問題とニュージーランドの問題といったようにテーマが分散したオムニバス形式になっていたので、なんとなく番組としてのまとまりに欠ける印象が拭えなかった今回。それぞれ単独ではテーマとして弱いので、一つにまとめて番組にしたのではという印象がある。また「虫たちが警告する温暖化」とタイトルで打っている割りには、確かに虫の生態が変わりつつあるのは分かるが、それがどのような深刻な事態につながる恐れがあるかという点が全くなかったため、イマイチ切迫感が感じられない(もっとも脳天気な奴にかかれば、カエルが春眠せずにすむようになったのなら、カエルにとっては温暖化も大いに結構なんじゃないと言いそうである)。温暖化という深刻な問題を取り上げているだけに、もう少し構成に工夫が欲しかった。

 

6/13 素敵な宇宙船地球号「カキが秘める驚異の力〜有明産がアメリカの海を救う!」

 アメリカのワシントンDCの近くのチェサピーク湾は、水質悪化により生物の絶滅が心配されている。かつては世界最大の牡蠣の産地であり、船が座礁するほど牡蠣がいたと言われていたここも、富栄養化による水質悪化と、病気の蔓延などによって地元の牡蠣は壊滅的打撃を受け、今や絶滅寸前だという。地元で牡蠣の研究を行っているバージニア海洋科学研究所のスタン・アレン博士は、汚れたチェサピーク湾の中でも速やかに成長でき、しかも病気に強い牡蠣を見つけ出した。それは有明海のスミノエガキである。アレン博士の研究によると、スミノエガキは成長が早いだけでなく、海中のプランクトンを取り込むことで水質浄化をする働きもあることが分かった。アレン博士は100万個の不妊化した(地元の生態系に影響を与えないように、勝手に増えないための処理)スミノエガキを養殖して、海の環境への影響を調査しているという。

 海を守るために地元の人々も立ち上がっている。アナポリスの町では「チェサピークを大切に」と書いたナンバープレートが見られるが、これは通常のナンバープレートよりも20ドル高く、その差額が海を守るプロジェクトに充てられることになっているという。また地元の小学校では子供達が牡蠣を育てて、海に放流するなどの活動を行っている。

 牡蠣が水質浄化能力があることは良く知られているが、日本の牡蠣がアメリカで注目されているというのが面白いところである。もっともその肝心の有明海の方が、農水省によるアホな干拓事業のせいで危機に瀕しているのだから、なんとも皮肉である。

 

6/6 素敵な宇宙船地球号「クジラが遊ぶ太古の森〜カナダの温帯雨林を守れ〜」

 カナダのバンクーバー島には世界にも少ない太古の森が残っている。ここの木は地衣類に覆われているものが多いが、それを養っているのは海から発生する霧である。この温帯雨林には多くの生き物が生活している。

 2500年前からこの森で暮らしてきたのが、カナダの先住民のトラキアット族である。彼らはこの森から食料や薬や建材などを入手してきた。また彼らの知恵は、材木を切り出す時にも見られる。彼らは木を切り倒すのではなく、適度な量をくり抜く。こうすることで木は生き続け、森の恵みは続くのである。

 またこの森の恵みは多くのこけによってもたらされている。森のこけたちからの養分は海に流れ、ここで多くの生き物を養っている。この森の近郊の海は実に豊かであり、クジラも訪れる。しかし今この森に消滅の危機が迫っているという。

 バンクーバーの原生林も白人達がやって来たことで伐採が進んでいる。彼らはトラキアット族などと違って、森と共生する意志はなく、効率優先で無計画に木々を伐採している。さらにここで切られた木材の多くは日本に送られているのである。カナダで伐採される木材の9割はこのような原生林なのだという。トラキアット族の族長だったジョー・マーティン氏も、かつては伐採の作業員として働いていたが、ついには我慢できなくなり、原生林の伐採に反対する運動を開始した。彼は紙を大量に使用する企業に呼びかけて、原生林から作った紙を使用しないように求めている。その呼びかけに応じて再生紙を使用された例として、ハリーポッターの本もあるという。

 さらに自然を守りながら林業と両立させる活動も開始されている。生態系を破壊しないように植林をしながら伐採をしていく方法である。このような自然に配慮して伐採された木材にはFSCマークというエコマークがつけられている。

 この番組でも今まで何回も「森と海はつながっている」ということは登場しているが、またもやそのことを実感させるエピソードである。それにしてもどこの地でも、そこの原住民などは自然と共生するすべを知っているのだが、いつもそれを破壊するのは後からやって来た連中の儲け主義である。資本主義と環境保護の両立というのは、21世紀の最大の課題なんだろう、やはり。

 

5/30 素敵な宇宙船地球号「泥んこサブウ奮戦記〜東京湾 干潟に捧げた30年〜」

 埋め立て続けられた東京湾、その中で国有地だったために一部だけ残されているのが谷津干潟である。ここは生き物のオアシスとなっており、渡り鳥も多く飛来し、国際的に渡り鳥を守るラムサール条約にも登録されている。この中で30年間ゴミを拾い続けてきたのが森田三郎氏58歳である。

 30年前はこの干潟はゴミ捨て場となっていた。悪臭を放ち付近の住民も埋め立てを望んでいた。この干潟が埋め立てられると聞いた時、かつてこの干潟で素足で遊んでいたことを思い出した森田氏は、居ても立ってもいられなくなり、新聞配達の仕事の合間に睡眠時間を削ってゴミ拾いを始めたという。しかし彼は近隣の住民からは奇異の目で見られ、彼の集めたゴミは国も県も市も「引き取る義務がない」とどこも引き取ってくれなかった。

 彼は今も独身であるという。またゴミ拾いのため時間を自由にしやすいタクシー運転手に転職し、干潟のために千葉県の県会議員にもなった。しかし多忙な時間の合間をぬっては今でも干潟でゴミを拾っている。まさにゴミとの戦いにかけた一生なのである。

 彼がゴミとの孤独な戦いを始めた頃、取り除くゴミよりも持ち込まれるゴミの方が多いという状態が続いた。しかし彼がゴミを拾い始めて5年目、彼の姿に共感した主婦などがゴミ拾いに協力するようになった。それでも市は拾ったゴミを回収しようとしなかった。そこで6年目、森田氏らは抗議行動として、住宅地にゴミを積み上げた。これで習志野市が重い腰を上げることになった。そして14年目、ついに国の鳥獣保護区として指定され、谷津干潟が埋め立てられることはなくなった。今はこの干潟で生き物と触れ合う子供達もいるようになった。

 なんとも壮絶なという印象の戦いである。往々にしてこういう行為は報われないことが多いことを考えれば、彼の場合はよくぞここまで持ってきたものだと関心する。そういえば番組中に三番瀬も出てきたが、ここもかつて埋め立てられそうになり、住民を巻き込んだ反対運動が起こったことがある。今や自然を守るのは非常に大変になっているようだ。

 また番組では干潟の水質浄化作用など、いかに干潟が海にとって大切であるかが説明されていた。それを聞いていると、国の愚行で諫早湾の干潟を失った有明海の今後が案じられるのであるが。

 

5/23 素敵な宇宙船地球号「バイキングたちの挑戦〜潮が生み出す未来の灯〜」

 自然保護に力を入れるノルウェーでは、環境を破壊するダムの建設を止めた。しかしそうなると今度はどうやって電力を確保するかの問題がある。この難題に挑戦しているのがバイキングの末裔スベイン・フレディリクソン氏である(いきなり「受験生ブルース」を歌いながら登場する怪しいオッサンだが、これが実は偉大な人物なのである。)。

 彼が経営するハンメルフェスト電力会社ではダムによって電力を賄ってきたが、最近は海底油田などの発見で好景気に沸いており、電気の需要はうなぎ登りであるという。しかし新たなダムの建設は出来ない。しかもノルウェイ人は安い電力に慣れてきているので、新たな電気資源の開発は困難であるという。

 とこうなったら、日本なら原発の推進となるところだが、この国の人間は原子力に対する抵抗は強い。子供たちも500キロしか離れていない隣国ロシアのムルマンスクにある原発の怖さを教えられているという。

 なんとかしてクリーンなエネルギーを開発したいと考えたスベイン氏は、時には高潮の被害をもたらす海の潮の流れに目をつける。しかし彼の潮力発電のアイディアは重役たちには相手にされず、彼は社外に協力者を求める。その結果ハロル・ヨハンセン、海洋学者のビヨン・ベッケンなどとプロジェクトチームを組む。

 彼らはいろいろなアイディアを検討するが、どのプランも問題がありプロジェクトは暗礁に乗り上げる。そんな時にビヨン氏が出したのが画期的なアイディアだった。それは風力発電の風車を海中に持って来るというもの。プロペラは1分間に7回転というゆっくりした回転をしながら、700キロワットの発電を行う。しかし試作機を1台設置した時点で、彼らの資金は尽き、プロジェクトは再び暗礁に乗り上げる。そんな彼に助け船を出したのは、投資家アイナ・ネス氏だった。彼は投資家を募る。さらに京都議定書の締結がそれを後押しし、彼らの潮力発電は軌道に乗った。

 彼らの試作機はまだ30軒の電力を賄っている程度だが、これは地元の人には大きな希望の灯となっている。

 潮力発電に挑む熱き男たちの物語であった。ノルウェー版プロジェクトXといった趣である(笑)。環境の保護を口実にして原子力の推進を図るというナンセンスを実行している国が多い中で、自然エネルギーに進もうというのは共感できる話。ノルウェーという自然の豊富な国であるが故に、そういう発想にたどり着けたのだろうと思われる。

 ところで冒頭で今回世界遺産に登場するモン・サン・ミシェルがちょろっと登場したのだが、提携企画?(笑) んなわけないわな。ただ番組の傾向として、この番組の後に世界遺産にチャンネルをスイッチする者は結構多いように思うのだが、スポーツニュースなんて興味のない者にはとことん興味ないですから。

 

5/16 素敵な宇宙船地球号「石漠化と闘う!〜水が消える?中国・西南地域〜」

 中国西南地域、ここには黄果樹瀑布などカルスト地形の浸食による滝などがあり、中国のナイヤガラと呼ばれている。しかし最近はこの地域で滝の水の減少が発生しているという。この地域も近年は気候の変化によって降水量が減少、それと共になぜか地表に石が現れてきたという。

 羅平県法郎村、ここも最近は水不足と石で悩まされている。かつては水の豊かな村だったのに、1980年代から水が減り始め、村を流れる川も干上がってしまった。30年前まで使っていたという村の水源も完全に枯れてしまって今や見る影もない。この村に住む劉さんは水を求めて5キロ離れた水場までやって来たのだが、この水場でさえもほとんど枯れかけている。

 中国の西南地域のあらゆるところから水がなくなりつつある。かつては豊かな森林地帯であった西南地域も森林の減少で土壌が安定性を失くし、雨などで流出し、さらに土の下にある石灰岩との接着剤の役割を果たす苔も公害などで枯れ、むき出しの石灰岩が地表に現れる石漠化という現象が発生しているのだ。石漠化により地表に木が生えなくなり、これがさらに気候変動につながっている。

 石漠化への対策も行われつつある。ある村では石灰岩を爆破して、その破片で棚田を作って土壌の流出を防ごうとしている。政府も山を封鎖して植林を行う「封山育林」政策をとっている。封山育林のためには山の上で暮らす人を別の場所に移転させる必要があるのだが、家や畑を捨てて先祖代々住み慣れた地を離れることには村人達が抵抗している。政府が作った村の村長となった青年が山の上の村の人々を説得して回っているが、村人はなかなか納得しない。

 しかし封山育林政策が水の回復に効果のあることは証明されている。10年前に移転をして植林を行った村では、最近は水量が豊かになり、干ばつがなくなったという。

 どこの国でも環境保護になると突き当たる壁「今の生活と未来の両立」の問題である。確かに長期的に見れば正しいことが明らかになっている政策でも、現在の生活が成立しなければ民衆には受け入れることは出来ない。特に中国の農民のように決して豊かとは言えない民衆の場合はなおさらである。この観点なしに環境保護問題は解決できない。往々にして先進国が途上国に押しつける環境保護政策が、非人道的であったりするのもここにある。

 

5/9 素敵な宇宙船地球号「ヤマネコと共に生きる島〜暮らしの中の絶滅危惧種〜」

 山や海に恵まれていた対馬。しかし過疎化と共に山は荒廃し、ここに生息するツシマヤマネコは絶滅危惧種となっている。手入れをされていない檜林には下草も生えず、生物の棲息できない環境になってしまっている。またかつての水田には葦が生え、これらが水中で腐ってメタンガスを発生する。さらに荒廃は海にも及んでいる。海底から海草がなくなる磯焼けという現象が生じており、漁業は深刻な被害を受けている。これは山が荒廃したことに関係があるという。森の栄養分が海に流れ海を養っていたのだ。かつては魚付林(うおつきりん)といって海を養うための山が存在したのだが、今やそれが荒れ果てているのである。

 ヤマネコは対馬の生態系の頂点に君臨していた。ヤマネコが減少したのは、餌とする野ネズミが減少しているのが原因である。野ネズミはどんぐりやサツマイモを餌としていたが、里の荒廃でそれらの餌が減少したのである。

 対馬の環境を回復するためにね山人と里人と海人が手を組んだ。山人の野田氏は、ドングリを山に植えることでヤマネコのための林を作ろうとしている。また以前より有機農法に取り組んでいた里人の神宮氏は伐採地の後にサツマイモの栽培を始めた。木庭作と呼ばれる里山農法の復活である。一方海人の国分氏は深刻な不漁のために出稼ぎを余儀なくされたが、対馬に豊かな海が甦る日を夢みて彼らの活動に協力をしている。

 山と里と海が一体になって環境をなしているというこの光景は、そもそも日本自体の縮図である。対馬で言われている環境の荒廃は、本土ではより深刻に絶望的なまでに進行している。どのようにすればこれを少しでもまともな方向に向かわせられるのか。難しい課題である。

 

5/2 素敵な宇宙船地球号「タンスの奥に未来が見える」

 今回はGW企画なのか、生活に密着した分野から環境問題を考えようという内容である。一般家庭と環境の問題について、衣料品の面から注目している。子供などにも分かりやすいようにと構成しているように思えるが、果たしてそれは功を奏するか。

 現在、両親+学生1人の平均的家族が持つ衣料品の数は340枚程であるとのこと。ちなみに1980年には300枚であったことから20年程で40枚増加しているという。

 まずカシミアのセーターの原料であるカシミア。カシミヤ山羊の故郷はモンゴルであるが、ここではカシミア山羊の食害による草原の荒廃が問題になっているという。これはカシミア山羊が遊牧民の収入源として増加していることが原因になっている。草原が養える以上の山羊が飼われることで、山羊が草木の根まで食べてしまうことで、草原が砂漠化しつつあるのだという。なお一着のセーターの材料のためには4頭のカシミア山羊が必要だとのこと。

 自然繊維以上に今や身近になっているのは化学繊維。しかしこの化学繊維は石油を着ているに等しく、資源問題と環境問題を抱えている。かつてフリースでヒットを飛ばしたパタゴニア社は、環境問題に真剣に取り組んでいる企業であるという。化学繊維を使用し続けることに問題を感じたパタゴニア社では、ペットボトルを使用した再生フリースを発売し話題を呼び、追随するメーカーも登場した。しかしメディアの関心が薄れると共に、他者は石油原料に戻ってしまったという。それは再生原料がコスト高になってしまうからだとのこと。

 家庭から排出される衣料品の数は1年で106万トン、そのほとんどはゴミとして処理されているが、中にはリサイクルされているものもある。回収された衣料品は、まず古着として着れるものは東南アジアに輸出され、そうでないものは反毛処理に回されるという。反毛とは衣類の繊維をほぐす作業のことだという。こうして製造された反毛綿はフェルトや紡績(カーテンやカーペット、軍手の原料になる)に使用されるという。しかしこの再生繊維の業界は中国からの安い繊維に圧されて不況にあえいでいるという。もしこの業界が転けてしまえば、衣類の再生はできなくなり、すべてはゴミとして処理されるしかなくなってしまうという。

 長野のファッションデザイナーの岡正子氏はトウモロコシを原料にした繊維を使った服を作っている。トウモロコシから作られた繊維は生分解性があるために環境に対する負荷が少ないのだという。

 以上、生活の身近なところにも環境問題が潜んでいるというテーマである。衣料品に注目したのは観点として悪くないが、本当は食料品に注目した方がもっと直接的に分かりやすかったのではないだろうか。また住宅に注目することから熱帯雨林の問題につなげるなど、いくらでも応用は利きそうである。

 

4/25 素敵な宇宙船地球号「愛する地球へ贈る本〜少女が残したメッセージ〜」

 当時12歳の少女・坪田愛華さんが残した本が「地球の秘密」である。ここに彼女は環境保護のメッセージを込めていた。しかし彼女はこの本を書き上げた2時間後に脳出血で亡くなる。なんとか彼女の意志を残したいと思った両親や、彼女の本のことを知った記者などによって広められ、各国語に翻訳されて世界中で出版されている。

 最初は娘の存在を残したいということが動機の中心であった両親も、だんだんと「彼女の意志を生かしたい」との想いから環境保護の運動に動き始めた。

 両親は娘の本を手渡すためにモンゴルを訪れたが、この国でも環境破壊は目立っている。燃料用の木材などのために森林が伐採され、それが降水量の低下につながっているという。ここの子供たちに地球のことを分かってもらおうと両親たちは本の配布を行った。しかしモンゴルでは漫画本自体が珍しいということもあって、近隣の子供たち1500人がやって来て、用意した1000冊の本では足らなくなるという少々残念な結果になった。しかし彼女のメッセージは確実にモンゴルの子供たちにも伝わっていっているという。

 今回は環境について活動している人物についての紹介という内容。あの本のことは以前にも聞いたことがあるが、あの本を12歳の少女が書いたというのは確かに驚く。自分の利益のためなら地球環境も平和もどうでもよいと考えているブッシュや、自分の責任を他者に押しつけるためにバッシングを煽っている小泉などに比べるとどれだけ立派なことか。どうも悪い奴程はびこる世の中になってきたようで悲しい。

 

4/18 素敵な宇宙船地球号「アマゾンの森を耕す〜ブラジル日系移民奮闘記〜」

 森林の荒廃が進んでいるアマゾン。ここでは森を焼いて牧草地にするため、多くの森が焼失している。同様のことはここにやって来た日系移民も行ってきた。そんなブラジルの日系移民の町のトメアスのはずれに住む坂口陞氏は、新しい農業に取り組んでいる。

 彼の畑は一見すると森そのものである。ここには80種類の作物が混植されている。戦後、ブラジルに移民した坂口氏は化学肥料を使用して胡椒の栽培を行っていたのだが、病気で胡椒は全滅、これからどうするべきかを考えている中で、現地の人々の雑念としたいろいろなものが植えられている庭を見て、混植を思いついたのだという。

 彼の方法はまず木を伐採し、森を焼くところから始まるが、そこからが違う。まずトウモロコシなどを植え2,3年はそれで生活し、次にそれを焼いてから胡椒を植え6,7年の生計を立てる。胡椒と同時に植えたゴムやナッツが育つと、次にはカカオを植える。最後は材木になる木を伐採し、1からスタートするのだという。これで30年から40年サイクルで森を再生させることになるという。この方法はアグロフォレストリー(森林農法)と呼ばれ、今世界中で注目されている。

 坂口氏の始めたアグロフォレストリーは周囲の日系人だけでなく、他のブラジル人の間にも広がりつつあるという。アグロフォレストリーを日系人だけのものにしていてはいけないというのが坂口氏の考えだという。

 作物がとれてもそれが売れなければ生計を立てられない。そこでトメアスにはジュース工場が造られ、収穫された作物はそこでジュースにされ輸出されている。この工場を設立したこともトメアスでアグロフォレストリーが成功した理由であるという。

 またアグロフォレストリーに住む生物の研究の結果、アグロフォレストリーの畑では自然に近い生物が生息しており、害虫がいればそれの天敵がいるというように、自然に害虫の被害を防止するようになっているという。そして今、荒廃した牧場の後でアグロフォレストリーに取り組むブラジル人が増えているという。

 アマゾンの熱帯雨林焼失の問題の解決の障害になっているのは、現地の人々の生活の糧をどうやって守るかである。このアグロフォレストリーはその解答の一つになるのではないかと期待される。独力の試行錯誤でこの農法に至った坂口氏の発想にはつくづく感心させられる。それにしても環境を考えていけばいくほど、近代農業から離れて現地の自然環境に近づいていくというのが常であるようだ。やはり自然から収奪するだけの西洋的思想ではなく、自然と共生していく東洋的思想がこれからの時代の鍵になりそうである。

 

4/11 素敵な宇宙船地球号「現代のピラミッド・トシュカ〜古代ナイル川再生への挑戦〜」

 今、エジプトでスフィンクスが崩壊の危機に瀕しているという。原因は塩害にある。塩の析出でスフィンクスを構成する石灰岩が、軽石のようになってしまい強度が低下しているのだという。そしてこの塩害の原因は近代灌漑農法にあるという。近代農法は大量の水と大量の化学肥料を使用することで、地下水位を上昇させ(大量の水を排水することによるという)、これが塩害を招いたのだという。さらにこのような農地では今や土地が痩せて荒れ果てている。太古よりエジプトはナイルの氾濫によって肥沃な土壌と水が供給されていたのだが、アスワンハイダムの建設で、そのような自然の循環が断たれてしまったのだという。そしてこのような近代農法は、土地を痩せさせ農地の荒廃を招いている。

 エジプトの国土の95%はサハラ砂漠だが、実はその灌漑は太古から取り組まれていた。エジプト中部のファイユームの緑地は3500年前のファラオの時代に取り組まれた緑化の跡だという。このファイユームの緑化のポイントは、ナイルの古い河床を使用して運河を造ったことと、化学肥料を使わない農業を行っていることである。この地では今でも化学肥料を使用しない農業が行われているという。

 ナイルの河床を緑化に使用するために、人工衛星による土地の調査が行われ、その結果古い河床の跡が発見されたという。ここにナセル湖から水を引き、緑化を行うのだという。さらなる調査の結果、ナセル湖の近くにも河床の跡が発見された。それがトシュカであり、ここでは現在緑化が進んでいる。砂漠の緑化においては土壌が水分を吸収してしまうことが問題になるのだが、トシュカの場合は地下にナイルの河床が存在するため、適度な保水能力を持つという。

 この土地を有効に使用するには、化学肥料などを使用せず有機肥料を使用することが重要である。有機肥料を使用することで土壌が形成されるのである。この方法で栽培をされているトシュカの畑では通常のエジプトの農地の4倍の収穫があるという。ナイルから送られた水は無駄にしないために、点滴法で作物に供給され、防砂林によって砂漠化を阻止している。

 化学肥料で痩せ果てた土地を再生するための研究もエジプトではなされている。これは土壌から採取された微生物を使用する方法であるという。エジプトの土地から採取された微生物を繁殖させた腐葉土を作り、これを土地に散布することで土壌を再生するのだという。

 近代農法が土地を駄目にすることに気づき、国家プロジェクトとして有機農法を取り入れた緑化に取り組んでいるというのは、実に賢明な選択であると思う。さすがに伝統のある国であると感じさせられる。これに対してアメリカなどは、遺伝子改変作物などのさらに非自然方向に走っており、将来的には回復不能の状態に陥る可能性が高いことが懸念される。

 

4/4 素敵な宇宙船地球号「巨大都市が飲み干した湖〜水復活にかけた80年の闘い〜」

 アメリカ西海岸のオーエンズレイク。この湖は空から見ると白く見える。それは湖が涸れてしまって塩の結晶が析出しているからである。この湖に水を取り戻そうとしているのが弁護士のオデール氏である。

 この湖が涸れてしまったのはロサンゼルスが水道用にひいたアクアダクトのせいである。ロサンゼルス市は水道を賄うために、オーエンズレイクに注いでいたオーエンズ川をせき止め、すべての水をアクアダクトでロサンゼルスにひいてしまったのである。

 水が涸れた結果、オーエンズバレーでは砂漠化が問題になった。アクアダクトだけでは水が不足し始めたロサンゼルスは、地下水までくみ上げる第2アクアダクトを建設し、根こそぎ水を奪ってしまったのである。オーエンズバレーにはネイティブアメリカンが住んでおり、彼らはこの地を「水の大地」と呼んでいたのだが、その地は乾いた土地になってしまった。その結果、オーエンズバレーでは砂嵐が頻発した。しかもその中でもPM10と呼ばれる10ミクロン以下の微粒子が問題になった。これらの粒子は肺に入り込んで喘息などを起こすだけでなく、発ガン性も指摘されているという。そしてこの砂嵐がロサンゼルスにまで悪影響を及ぼすに至り、市当局もようやく重い腰を上げ、砂嵐の実態調査を開始、砂嵐の原因となっている地点に水が戻されることとなった。この水はアクアダクトの水の一部を湖に戻すという方法で行われている。総工費400億円だとのこと。また来年にはオーエンズ川を堰き止めていた水門が開けられ、オーエンズ川から湖に至る地域に水が流される予定だという。

 とはいうものの、オーエンズレイクに水が戻るわけではない。オーエンズ川に流された水は湖の手前で回収され、湖には至らないという。オデール氏はオーエンズレイクに完全に水を取り戻すための運動を行っている。オデール氏が目標にしている湖がモノレイクである。この湖は住民の手によってロサンゼルスから水を勝ち取った湖である。この訴訟で自然財産共有権というカリフォルニア州の法律が決め手になったという。これはたとえ土地の権利を持っていても、人類や生物のために水資源を独り占めしてはいけないというものだという。

 ただロサンゼルスの方も水不足は深刻な問題であり、水道局も節水トイレの普及などに努めているが、都市への集中が進む中水不足解消の決め手は欠けているようである。

 都市化と共に深刻になる水問題を扱った内容。アメリカが今、地下水の枯渇などで問題が発生しているのは本などで知っていたが、このように湖が丸ごと涸れてしまう例まであるとは知らなかった。都市化が水の問題を伴うのは万国共通で、水が豊富といわれている日本でさえ、毎年のように東京で水不足が囁かれているのは記憶にあるだろう。結局のところ人間の活動は自然に負荷をかける部分が多いので、都市というような過密な状況になれば、その負荷のかけ方が幾何級数的に増加してしまうのである。こういう点から考えても、やはり将来に向かっては地域分散型社会を目指すべきなんだろう。 

 

3/28 素敵な宇宙船地球号「泥の現代建築家〜自然に帰る家を目指して〜」

 インドでは経済の急成長に伴って建設ラッシュに沸いている。次々と建てられるコンクリートの建造物。これに異議を唱えているのが女性建築家リバティー・カーマトである。

 彼女は「泥の建築家」と呼ばれており、土を素材にした建造物を建設している。インドでは土の家は、夏には涼しく冬には温かく、風土にあったものである。日干し煉瓦と土で作られた家は、解体されると土に帰り、翌日から畑として使用できる。

 インドで急ピッチに作られる住宅には耐久性のある焼き煉瓦が使用されているが、一端焼き煉瓦にされてしまうと二度と土に帰ることはない。また焼き煉瓦を作るのに大量の木材が伐採され、多くの山がはげ山になってしまっている。リバティはこれにも危機感を感じているという。

 彼女が土の家との関わり合いを持ったのは、かつてスラムの再開発を担当した時だという。簡素で機能的に作られた土の家に彼女は刺激を受けたのだという。彼女はそれ以来、土や石などその土地の素材を使用したエコロジカルな建築に取り組んでおり、彼女の自宅はその実験ハウスになっているが、そのセンスの良さで高い評価を受けているとのこと。また彼女に建設を依頼する者も着実に増えつつある。

 土の家といえば何やらみすぼらしいイメージがあるかもしれないが、そもそもは日本の伝統的家屋も木と土の家である。そして解体後は柱は再利用し、壁は土へと帰っていたのである。そういう点では日本の昔の住宅もエコロジカルであったと言える。なおインドで木材を使用していないのは、インドでは地震が少ないということが大きいだろう。日本では木の柱を入れないと、地震の時に保たない。

 住宅というものは本来はその土地で合った素材で作られていたもので、石の大地である欧州では石で作られており、その延長線上でコンクリートが登場したということである。そのコンクリートの家が世界中に広がれば、その土地の風土とマッチしないのは至極当然と言える。そういう点でこういった試みは非常にリーズナブルとも言えるのである。

 

3/21 素敵な宇宙船地球号「この手に未来を〜マニラ スラムからの自立へ〜」

 フィリピンではゴミ集積所の近辺に巨大なスラムが存在する。このスラムの住人はゴミ集積所から資源ゴミなどを拾って生活している。

 このスラムで住民の生活向上に取り組んでいる女性がいる。マリベスが行っているセービングという活動は、貧民からわずかずつ貯金を集めていく活動である。こうやって集めた金は、将来の子供の教育費などに充てられる。また一時的に借りたり、ツケで買える食料品なども置いてあるという。彼女はゴミを拾って生活費を稼ぐ傍ら、セービングのボランティアに取り組んでいるのだという。

 また6歳までの子供達に栄養ある食事と教育を与えるためのデイケアセンターも、ボランティアによって運営されているという。この運動は元々はゴミ山で働く母親達が何の援助もなしに始めたものであるという。

 以上、スラムの人々の自立のための自助努力であった。ただ確かに自助努力は良いのだが、自助努力だけでは限界があるので、政府や諸外国などの適切な支援が必要なはずなのだが、その辺りはどうなっているんだろうか? それがやけに気にかかった。それと一方にああやってゴミを拾って生活している者達がいるのに対して、一方ではあれだけのゴミを出している者がいるわけだから、この国での貧富の差というのはかなり開いているのではないか。そういう社会的問題も解決しないといけない課題だろう。

 

3/14 素敵な宇宙船地球号「マヤのペダルパワー 自転車機械が未来を切り開く」

 かつてのマヤ文明の末裔が暮らす国グアテマラ。しかしこの国は最近まで続いた内戦で荒廃し、マヤの人々はわずかな収入で生きている。燃料が高いためにほとんどの農作業は手作業で非常に効率が悪い。

 このマヤに古自転車を使用した機械を導入することで効率化を図ろうとしているNGO組織が、マヤペダルである。しかしマヤペダルの活動は機械の設計などで失敗、カナダのNGO組織ペダルカナダに協力を求めた。

 自転車で人が20キロで走る時のパワーは1/4馬力、これを弾み車で増幅すれば1馬力の力を出すことが出来るという。これを動力として、脱穀機などに利用しようというのである。

 マヤでは伝統的にトウモロコシの有機農法が行われてきた。これに暗い影を投げかけているのが、大規模な産業農場だという。これらの農場では効率を上げるために大量の農薬や肥料を使い、大地や水を汚染している。またこうして生産された安い作物がマヤの農民の生活を脅かしているという。

 自転車マシンはこのような農民を助けることを目指している。手作業では3週間かかるトウモロコシの脱穀作業も、自転車マシンを使用すれば2日で終了する。ある家族では自転車製粉機を導入したことで、家畜用の飼料を自宅で作れるようになり、飼料代がかからなくなった分、利益率が増加するといったメリットが出ており、一家の自給自足を助けているという。また自転車ミキサーを使って、アロエのシャンプーを作っている女性のグループもあるという。

 自然と調和した生き方をしているマヤの農民たちの生活が印象的。こういう彼らには自転車機械というのはふさわしい。毎回いうことだが、現地の状況にあった支援の方法というものがあるものである。

 

3/7 素敵な宇宙船地球号「CO2を買う!? 熱帯雨林の新しい守り方」

 温室効果ガスの削減の方法として、今行われているのが排出量取引である。排出量取引とは、CO2の削減目標以上に削減が出来た企業が、その削減分を自力では削減できなかった企業に売るという取引である。これによって企業はCO2削減に努力するし、自力での削減の無理な企業は費用の面で協力することが出来るという塩梅である。

 このような動きが始まったきっかけは京都議定書である。これによって各企業はCO2の削減に取り組むことになった。しかしそれはなかなか難しいことなので、森林を育成することでそれによって削減されるCO2を排出量と相殺する方式が認められている。アメリカのオレゴン州ではCO2の相殺が法律で義務づけられており、発電所が排出できるCO2の量が決められているという。基準以上の場合は超過金を第三者機関(クライミットトラスト)に支払い、クライミットトラストは植林などに取り組んでいるNGOなどに資金提供を行うという塩梅だという。

 NGO団体のコンサベーションインターナショナルでは、ホットスポットと呼ばれる生物種の絶滅が心配されている地域での植林を行っている。南米でのプロジェクトでは、分断された森をつなげることで野生生物の生息域を広げようとしているのである。

 彼らは現地のNGOと協力してプロジェクトに取り組んでいる。NGOが行うことは、二酸化炭素の吸収量の測定(これが排出量取引の基本データになる)、森林内での種集め(生態系を破壊しないために、現地の植物を植林する必要がある)などである。この種から育てた苗木を、伐採によって森林が破壊された地域に植林するのである。

 これらのプロジェクトは植林だけでなく、他の効果も生み出している。現地民を植林作業に雇用することで、現地に仕事をもたらすと共に、今まで森林を伐採して生活してきた人々の意識を変革することにつながっている。

 資本主義とは利益を追求するためには手段を選ばないものなので、通常の手段では資本主義と自然保護を両立させることは難しい。そういう点から言えば、排出量取引の考え方は資本主義の原理を自然保護に巧みに組み込むという点で興味深いと言える。ただこれのきっかけになっている京都議定書については、自分の利益のためには地球が滅んでも良いと考えている馬鹿ブッシュ(彼は自分が癒着している石油資本の利益にならないことには何でも反対する)のせいで、今ひとつ実効を伴っていないのが問題なのであるが。

 

2/29 素敵な宇宙船地球号「森を救う黄金の糸〜カンボジア絹織物の再生に挑む友禅職人」

 内戦が終わり、復興を目指すカンボジア。ここで消滅しかけた絹織物を復活させようと活躍している友禅職人がいる。それが京都生まれの森本喜久男氏である。

 ベトナム反戦運動への関与などから、森本氏はアジアでの織物指導などを行っていた。ユネスコの依頼でカンボジアの絹織物の現状を調べた彼は、カンボジアの各地で絶望的な状況を目にする。桑畑は地雷原にされ、養蚕自体が絶滅寸前の状況に陥っていた。ただしその中で養蚕が完全に絶滅してしまったのではなく、一部では絹織物が続けられており、優れた生糸を生産していることに希望を見出す。

 森本氏は絹織物再生のための研究所を開設し、ここで現地の人々を雇用して絹織物を指導している。こうすることで伝統の復活とさらに現地の人々の自立を促しているのである。しかし若い村人はカンボジアの伝統的絹織物を見たことがなく、森本氏の伝統織物を復活させる情熱を必ずしも理解しているとは言えないという。

 また戦争による荒廃は森の荒廃に結びついている。かつてカンボジアの伝統的な赤色染料であったラック(カイガラムシの一種)も、それが生息する環境が破壊されたことで入手が出来なくなっているという。

 そこで森本氏は伝統の森の再生にも取り組んでいるとのこと。ここでは先のラックを育てるための森や、養蚕のための桑の栽培なども行っている。将来はこの村が絹織物で自立していけることを目指しているという。

 絹織物を通して、カンボジアの経済的に困難な状況が透けて見えてくる。どこの国でもそうだが、戦争が貧困を産み、貧困が環境破壊を生むという負の連鎖が起こるのだが、この国でもそれが起こっている。森本氏が伝統の絹織物を再生しようとすれば、結果として森の再生にまで取り組まないといけないというのが象徴的である。

 

2/22 素敵な宇宙船地球号「石が育てる砂漠の緑〜アフリカ遊牧民の新農法」

 東アフリカの砂漠の国ジブチ。この国では放牧が主であるのだが、過放牧の影響で土地が荒れ放題になっている。今まで外国の技術を取り入れた大規模な灌漑農法などが行われたが、ことごとく失敗し、それらの設備は維持管理がされず朽ちてしまう状態になっている。

 その中でこのジブチの緑化問題に取り組んで、大きな成果を上げているのが東京農大のチームである。今まで彼らは緑化に取り組んでも、遊牧の山羊などの食害によってやられてしまうということが多かった。そこで彼らは遊牧に頼り切っている遊牧民の定住を目指して農耕の定着を目指しての取り組みを行っている。しかしジブチの大地では塩害が発生しやすく、普通に農業をしたのではすぐに土地が駄目になってしまう。従来の農法では塩分集積が起こってしまって砂漠では通用しないのである。

 ここで開発されたのがストーンマルチ農法というものである。これは畑に石を並べて、その間で作物を育てる方法である。石があることで土が強い日光から守られると共に、夜は空気中の成分が夜露となって石に結露し、地面に湿気が保たれるのだという。現地の試験でストーンマルチ農法によって収穫が増すことが確認され、さらにはこれを用いて夏に作られるメロンを冬に栽培する実験も行われ、ストーンマルチは地面の温度を保つ効果によって冬でも夏よりも早くメロンが収穫されることが確認されたという。今、この農法がジブチの農業の将来を変えるものと期待されているという。

 さらにジブチで行われている面白い試みとしては、太陽光発電で空気を冷却し、水分を結露させて真水を取り出すという装置などの開発も行われているという。

 「石が育てる砂漠の緑」というタイトルを聞いた時には内容が全く想像できなかったのだが、ストーンマルチ農法には驚いた。確かに現地の特性を生かした画期的農法である。砂漠の地では大規模な灌漑をすれば、それらの水が干上がる際に土中の塩分を表面に蓄積させて農地を駄目にするという塩害がどこでも発生している。そのことを考えれば、なるべく水を節約するこの農法は実に効果的である。また地下水などでなく、空気中から真水を取り込むというのもうまい。やはりこういう援助も、やたらに大規模な設備を導入するのではなく、現地の実情を理解した上で最適の方法を選択することが最も重要であるということを思い知らされる内容。

 

2/15 素敵な宇宙船地球号「花大陸に迫る危機〜僕らのワイルドフラワーを守れ〜」

 花大陸とも呼ばれ、ワイルドフラワーと呼ばれる多彩な野生種に恵まれるオーストラリア。しかし最近は緑の森があっという間に無惨な荒れ地になる立ち枯れ病が流行している。

 立ち枯れ病の原因はフィトフトラ・シナモマイという菌である。この菌が感染すると、木は根から水分を吸収することが出来なくなり、枯れてしまうのだという。しかもこの菌は水分があれば地中を感染して、あっという間に広がる。

 この立ち枯れ病がワイルドフラワーにも脅威を与えている。立ち枯れ病の菌は人の靴やタイヤなどに付着して感染地域を広げるという。これを根絶するのは難しく、決定的対策はなかなかない。

 森林において問題になるのが野火であるが、これを防ぐために事前に人工的に火をつけて下草などを燃やすコントロールバーニングが行われている。これを行っているのがCALMブッシュレンジャーと呼ばれる子供たち。彼らは自然のことだけでなく、救命措置なども学び、この中には将来ブッシュレンジャーになる者もいるという。そしてこのブッシュレンジャーが立ち枯れ病対策の最前線に立っているという。彼らは立ち枯れ病の木を見つけると、殺菌薬を注入して感染を防止する。ここで学ぶ彼らは将来、自然を守る人材となるのである。

 オーストラリアの自然保護に取り組む姿勢がよく分かる内容。自然保護は長い視点で考えていかないといけないと言うことである。なおオーストラリアでこのような取り組みが比較的熱心なのは、オーストラリアの環境が必ずしも自然に恵まれていると言いにくい部分があることもあるだろう(とにかく砂漠が多い)。自然に恵まれすぎた日本では、それに甘えているのかどうも自然保護の意識が希薄なのが悲しい。

 

2/8 素敵な宇宙船地球号「プラスチックの洪水 レジ袋はもういらない」

 水の国バングラデシュ、ここでは今、レジ袋が洪水の原因となっている。町中に放置されたレジ袋が水路に堆積し、水路が機能しなくなることで下水があふれてしまうのだという。近年バングラデシュでは急速にレジ袋が普及し、今は年間300億枚もが消費されているという。これらは水路を塞ぐ以外にも、燃やされる時に有毒ガスを発するなどの公害の原因になっている。

 NGOのメンバー、ホセイン・シャヒリアル氏はレジ袋の追放に取り組んでいる。しかし彼の主張はなかなか受け入れられず、レジ袋業者からの脅迫などの妨害もあったという。そんな彼の前に現れた協力者が環境大臣だった。そしてついに2002年3月、すべてのプラスチック袋の製造と使用を禁止する法律が成立した。悪質な違反者には罰金や懲役まで科せられるという強力な法律である。

 しかしそれはレジ袋の製造に携わる人々の大量失業という問題を発生した。そこでシャヒリアル氏が取り組み始めたのが、伝統素材であるジュート(麻の一種)の袋の普及活動である。ジュート袋を持って買い物に行くという昔の光景がバングラデシュでは復活しつつあるという。

 バングラデシュ以外の国でもレジ袋問題に取り組み始めている。フランスのスーパー・ルクレールではレジ袋の配布を止め、繰り返し使用できる厚手のレジ袋を販売することにし、レジ袋の95%の削減に成功したという。

 日本においては杉並区でレジ袋税の導入が決定されたのが初めての取り組みである。しかし地元商店街の反対などで施行はまだされていないという。しかし区ではレジ袋問題のPRには努めており、PR用の企画として杉並戦隊イレンジャーなるものまで登場しているという(離島戦隊タネガシマンとか、今は日本中にご当地戦隊がいるようだが)。

 レジ袋問題はプラスチックの問題の代表的なもので、かなり深刻な問題であるのだが、日本の取り組みが非常に鈍いのが気がかり。マイバック運動などに取り組んでいるスーパーなどもあるようだが、なかなかまだ普及していないのが実態である。バングラデシュのように罰則つきの法律でレジ袋の完全追放というわけにはいかないだろうが、行政が音頭をとる必要はあるのではないか。行政が音頭をとって、スーパー・コンビニなどの各社で共通の規格を作って、レジ袋の配布を止めるというのがもっとも有効な手段ではないかと考える。しかし日本の政府は業界優先だから、こんな思い切った策をとれるかどうか・・・。

 

2/1 素敵な宇宙船地球号「生命を宿す巨大ドーム 「エデンの園」からのメッセージ」

 広大な採掘場跡地に作られた巨大なドーム。この中では熱帯や温帯の気候が再現され、その環境中での植物が植えられている。この施設を建設したエデンプロジェクトはただの植物園とは違い、ここに植えられている植物は何らかの形で人間に利用されている植物である。例えばゴムの木やコルクの木などが植えられている。人々はここを回ることで、人間はいかに植物がなければ生活することが出来ないかを感じることができるという塩梅である。

 しかしこのドームを維持するのは大変である。600人のスタッフが24時間体制で植物の維持管理を行っている。特に大変なのが病害虫対策で、植物にくっついて入ってくるものである。新たに導入される植物は、検疫を受けた後にエデンの特別なスペースで根まで洗われてチェックされる。その後、無菌室で一週間隔離されるという。また害虫駆除の方法としては、益虫を購入して駆除させるという方法をとっている。これは薬品を使いたくないからだという。

 また今、エデンプロジェクトが建設しようとしているのが、砂漠の環境を再現したドームである。しかしドームによる風や光の反射の問題などが近隣住民との間で起こっており、それの解決が迫られているという。

 人工的に環境を再現しようとすると、実に多大な労力が必要になるが、あえてそれを行っているのがこのプロジェクトである。その理念などは興味深いのであるが、一つ間違うと「どんな環境でも人間によって再現できる」とか「世界中の植物が滅亡してもここのものは生き残れる」と言った変な奢りにつながってしまわないかといったことを懸念してしまうのだが。それに植物の大切さを人々に教えるのはよいが、所詮はパビリオン的でメッセージ性が薄いように思えた。

 

1/25 素敵な宇宙船地球号「甦れ!緑の祖国〜マリ・砂漠に灯す命の光〜」

 貧困にあえぐアフリカのマリ。この祖国を自然エネルギーによって再生しようとしているマリ・フォルケセンターのイブラヒムの活動を描く。

 マリでは砂漠化が進行しており、北部の地域では水不足のために村を追われる人々も発生しているという。砂漠化に拍車をかけているのが森林伐採。イブラヒムは環境に負担をかけないエネルギーとして、家畜の糞を発酵させて作ったバイオガスを普及させようとしている。このプラントはマリ人によって作られる簡単なものであるが、都市ガスに匹敵する火力が得られ、便利な上に森林の伐採を防ぐことができるというものである。また発酵済みの糞は、非常に良い有機肥料になる。しかし木の伐採を止めさせようにも、貧しい村での収入は薪の伐採に頼っているという状況がある。また植民地時代から続いている綿花の栽培は土地を疲弊させる。この状況を変えるのはまだまだ大変である。

 さらにマリでは電気のない村が大半である。女性達は暗いランプしかない診療所で出産するため、出産時の死亡率も高いという。そんな村に対してのソーラーパネルの設置もイブラヒムは行っている。一部の費用を村に負担させた上で、装置の管理も村民が行えるように指導も行っている。村の診療所に電気がひかれることで、夜間の出産での死亡率が下がり、夜間に文字の勉強を始める女性達も出てきたとのこと。これは将来の女性の生活向上にもつながることが期待されている。

 さらにジャトロファという植物の栽培の普及も図っている。これは痩せた土地にも育ち、土壌の再生させる力を持つ上に、その実が含む油によって石けんを作ることも可能であるという。このようにして新しい収入源を作ることも考えている。

 発展途上国においては、いくら自然保護をお題目のように唱えても、生活の貧しさという現実の前に何の効力も持たない。そこでイブラヒムの方法は、村人の生活向上を狙いながら環境に負担のかからない生活スタイルに切り替えていくという方法であり、実に理にかなっている。先進国の援助などによる巨大開発ではなく、あくまで住民の生活に根付いた方法を用いていることがポイントであり、これはなかなか考えさせられる。日本の途上国援助も、ゼネコンを潤わせるための援助ではなく、このような草の根ベースの活動にこそ向けるべきではないのかと感じさせられる。

 

1/18 素敵な宇宙船地球号「緑の街の誇りをかけて〜チリ・サンティアゴ〜」

 チリの首都サンティアゴ、600万の人口を抱えるこの都市では、大量のゴミの処理が問題となっている。サンティアゴでは分別回収もされないあらゆるゴミが、そのまま埋め立て地に運ばれている。ゴミの減量が急務となっている同市では、リサイクル率を向上させるためにゴミの分別回収に取り組んでいるという。

 サンティアゴのラベガ青果市場では毎日15トンの生ゴミが発生する。今まではこれを年間1200万円もの費用をかけて埋め立てていたのだが、現在は野菜くずを堆肥として使用する取り組みを開始している。ラベガ市場では市当局と協力し、分別回収した生ゴミを堆肥場で堆肥に変えている。このことにより埋め立てゴミを1/10にして、大幅なコスト削減に成功したという。

 またこうして作られた堆肥は別の都市問題の解決にも使われている。サンチアゴ市では大気汚染を抑制するために緑地の造成に取り組んでいるが、今までこれらの緑地には腐葉土が使われてきていた。しかし腐葉土の採取がサンティアゴ周辺の森に負担をかけていたのである。そこで腐葉土に変わって堆肥を使用することで、生ゴミの有効利用と都市周辺の森の保全につながるというのである。まだ生ゴミ堆肥の生産量は腐葉土の使用量の5%ほどにすぎないが、今後さらにリサイクルを進めることで森の荒廃を防げるのではないかとしている。

 生ゴミを堆肥として使用するというのはよく言われることだが、日本でこれがなかなか成功していないのは、作った堆肥の利用法がなかなかないからである。その点では堆肥を都市の緑化に使用しているというのは興味深い。ただ東京のような「異常な」都市では、サンティアゴの手法はそのままでは使えないと思われるので、首都機能の分散などでもっと人口を減らしてから、このような取り組みを実行すべきではないかと考えられる。

 

10/26 素敵な宇宙船地球号「鎮守の森を世界へ!〜命を守った照葉樹林〜」

 かつての日本人は森に精霊のようなものを感じており、森を切り開く時でもその木を根こそぎにすることはなく、必ず社を中心にいくらかの森を残していた。それが鎮守の森といわれるものである。

 先の阪神大震災などで、この鎮守の森が見直されているという。それは照葉樹林が非常に防災にとって有用であることが明らかになってきたからだという。杉などの針葉樹に比較して、クスノキなどの照葉樹は耐火性が高く、阪神大震災の時でも照葉樹が植えられていた公園を境目に延焼が食い止められていた例があるし、関東大震災の時でも、樹木のなかった被服廠跡では多くの人が火災竜巻にのまれて死んだのに対して、樹木が生えていた岩崎別邸ではほとんど犠牲者が出なかった例があるとのこと。

 なおこの鎮守の森が重要であるのは、その土地本来の木が植えられており、生態系がそこで確立していることである。それがなければいくら植樹などを行っても、やがてはその木も枯れてしまう。人工的に整備された公園などはこういう例が多いので、そう考えると残念ながら今の都会の緑はそう有効ではない緑が多そうである。

 一般に、どうも森といえば森林火災のイメージがあるのか、「燃えやすい」という誤解を受けているようである。しかし生きている森林というのは実はそう簡単に燃えるものではなく、むしろ火災などを起こす森というのは、その森が既にかなり病んでいるという証明であるのである。こういう防災の観点から森の効果を見直す試みは非常に興味深い。なお今回の内容では触れていないが、都会において緑を増やすことは、いわゆるヒートアイランド現象の対策としても有効であるのも言うまでもないことである。

 

9/28 素敵な宇宙船地球号「檜の森と生きる 未来派林業家 速水亨」

 一般に人工林は、生物を養う力がなく環境に有害であると言われている。しかしそうではなく、持続可能な林業が環境と共生できるものであるというのが海山町で林業に従事する速水氏である。速水氏によると森の管理にとって大事なのは光の管理だという。枝払いなどを適切に行っていると、森の中に光が射し、下草や広葉樹なども生え、檜も健やかに育つのだという。

 しかし日本の林業には容易ではない状況にある。安い輸入材に圧されて日本の林業は衰退の一途をたどっており、放置された山林が環境の荒廃を招いている。速水氏の林業とて例外ではなく、国内木材の価格低迷の影響を受けている。そんな中、速水氏は環境に配慮した林業に与えられるFSCマークの取得に挑戦した。

 日本ではFSCマークの申請は初の例だという。速水氏の山林は管理が行き届いており、生態系も周辺の自然林よりも多様であることを評価され、2000年にFSCの認証を得た。

 一般的に人工林はネガティブな印象を持たれているが、適切に管理された人工林は放置されている自然林よりも環境に対して貢献するというのが実に印象的である。ただこうやって頑張っている速水氏の林業でさえ、国からの補助を入れてトントンぐらい経営であるとのことであり、やはり日本においての林業は大変なのであろうと思われる。FSCマークはそういう中で頑張っている健全な林業を支援する主旨であるということを考えると、もっと周知を図っていく必要はありそうである。

 

9/21 素敵な宇宙船地球号「フェアトレード〜インドの環境を守る新戦略〜」

 フェアトレードとは、途上国の製品などをその生産に携わる人間の生活も考えた価格で購入する取引を意味するようである。資本主義的経済では、途上国の製品はその足下を見て買いたたくことになるのだが、そうではなくて高くはついても妥当な価格で購入することで、途上国の人間も裕になれるのである。

 この番組ではインドでの綿花栽培にこのフェアトレードを取り入れた例を取り上げている。インドでは綿花栽培に使用する大量の農薬が問題になっている。これらの農薬は環境や労働者の健康を破壊する上に、農薬の費用が農民にとって重くのしかかっている。このような農薬の大量使用が必要なのは、綿花の単一密集栽培を行うからである。これを改善するには、綿花の単一栽培ではなく数種類の作物を混合して植える。こうすると畑に生態系が発生し、害虫に対する天敵も繁殖することが出来る。さらに肥料には牛糞を使った有機栽培を行う。こうして育てたオーガニック綿花はフェアトレードによって通常の綿花よりも高く引き取る。こうすることで生産者にもメリットが出るのである。

 またこの綿花から服を作る段階でもフェアトレードの精神が実行される。フェアトレードでの縫製工場は、近隣の貧しい家の娘を通常よりも高い賃金で雇う。こうすることでその地域の生活水準の向上が実現するのである。

 このようにして生産されたフェアトレードによる製品は、確かに通常よりも若干高くなるのだが、買い物をすることで発展途上国に貢献できるということで、最近は支持者も増えているという。

 確かに現在は資本主義経済による「アンフェアトレード」によって、発展途上国の商品は不当に買いたたかれ、すべての富をアメリカなどが吸い上げているという構図を考えると、このような運動は有意義であろうと思われる。ただどれだけの広がりを持たせることが出来るかが難しいだろう。ただフェアトレードの製品は高いといっても、確かにユニクロなどの服よりは高いが、無意味に値段だけ高いブランド商品(あんなものはほとんどがブランド料である。私は未だにブランド商品なんてありがたがる連中の頭の構造が理解できない。)を買うことを考えると、はるかに安価である。これは我々も思考方法を転換した方がよいのではないか。他人の労働には相応の敬意を払って然りだと思うのだが。

 

9/14 素敵な宇宙船地球号「プラスチックの海 "幽霊網"からアザラシを救え」

 第二次大戦の戦場として有名なミッドウェイ環礁、昔は米軍の基地があったこの島も、今は野生動物の保護区となっており、多くの野鳥などの繁殖地になっているという。この島の海岸に住んでいるのがハワイモンクアザラシという絶滅に瀕しているアザラシである。

 実はこのアザラシにとっての脅威が「幽霊網」であるという。幽霊網とは漁船から流されたり捨てられたりした網のことである。昔と違い最近の化学繊維で出来た網は自然界で分解しないので、そのまま海中を漂うことになる。この幽霊網に絡まって命を落とすアザラシがいるとのこと。

 この幽霊網を除去するべく頑張っているボランティア団体があるのだが、彼らが回収する網は毎年数トンにもなるという。しかし彼らの努力にもかかわらずすべての網が除去されるわけではなく、生分解性の網などの技術開発や、漁師達のマナー向上などが必要であるという。

 また野生動物にとっての脅威は幽霊網だけでなく、海面を漂ってくるプラスチックのゴミなども海鳥にとっての脅威であるという。アホウドリなどの海鳥は、海面に浮かんでいるものを餌と判断する習性があるので、プラスチックのゴミを胃袋に一杯詰めた海鳥の雛の死骸が多く見られるという。

 今回の番組では取り上げられなかったが、これ以外にも釣り人の捨てた釣り糸が海鳥の命を奪ったりなど、人間の悪行の限りはあちこちにある。確かにこれは抜本的対策を考える必要があろう。今は生分解性プラスチックの開発などが進んでいるが、私が思うのは、そもそも使い捨てにするような容器にプラスチックを使用する必要があるのかという疑問である。もう少し天然素材などの使いやすい容器は作れないものなのだろうか。

 

9/7 素敵な宇宙船地球号「幻の魚イトウ 北の森で生きる」

 北海道の宗谷地方の河川に生息しているイトウ。しかしイトウが繁殖していくためには、河口から源流まで自由に移動できる環境が必要なのだという。イトウは上流に遡って産卵を行うので、その途中が河川改修などで通れなくなると、イトウが生息することは出来ないのだという。実際に一級河川に指定されたせいで、洪水対策などの大規模な護岸工事がなされた尻別川では、もうイトウが繁殖することは出来なくなってしまったという。

 またイトウは森の中の源流地域まで遡って産卵するので、森の中の支流の途中が伐採工事などでふさがれてしまうと、もはやその支流では産卵は不可能になるのだという。だからイトウは「森の魚」なのだとのこと。今、尻別川では釣り人達が中心となって、なんとかイトウが生息できる環境を取り戻そうとの試みがなされているとか。

 それにしても自民党土建政権のせいで日本中で無意味で有害な公共事業が行われているが、こんなところまでそのツケが来ているのには感心させられる。イトウのような「手付かずの自然」が生きていくために必要な生物は、このままだとほとんど絶滅してしまうのではないだろうか。コンクリートで固められた生き物も全くいない川だけが、アホな政治家の票集めのために作られていくのではあまりに悲しい。

 

8/19 素敵な宇宙船地球号「コケ」

 都会でのヒートアイランド現象が問題になっているが、それを緩和するために高層ビルでコケを育てる実験を行っている。

 強風の高層ビルでは植物は吹き飛ばされてしまうが、コケならばコンクリートの表面でも生育することが出来、またコケは自ら大気中の水蒸気より水を作り出す能力を持っているので、コンクリートの温度を下げることが期待できるという。

 苔むすといえば、熟成するというイメージと、寂れるというイメージの二つがあるのだが、これからのビルは苔むしたビルが出てくるかもしれない。ただし、現代建築のいかにも人工的なデザインは、コケとは両立しないと思うのだが・・。

 

トップページに戻る