たけしの万物創世記

 

 この番組は北野武をメインに据えた科学系情報番組である。最も内容は科学系とは限らず、大工道具の特集があったりなどかなり多彩。また基本の作り自体は意外と手堅い。そのためにそのままだと地味な番組になることを懸念して北野武を起用したのだろうと考えられるが、果たしてそれが正解であったかはやや疑問もあるところ。北野武が出しゃばりすぎると、情報番組としては胡散臭くなってしまうし、あまりに情報番組色を出しすぎると北野武のキャラクターが死んでしまうしと、どうも常にそこのバランスで苦しんでいることが見えるのがやや辛い。

 

 本番組は'01年3月に終了いたしました。比較的優良な番組だっただけに、後継番組がないことが惜しまれます。

 

エンターティーメント度 B

情報信頼度 C

タイプ分け 話題型

トップページに戻る

 

3/13 たけしの万物創世記「運ぶ」

 今回は「運ぶ」などというかなり奇妙なテーマ。北野武自身が言っているように、スタッフがネタに苦しんでいるじゃないかという気がする。

 最初は新幹線の輸送について。新幹線の車両工場の中で、神戸の川崎重工の工場には鉄道がつながっていない。そのためにここで製造された車両は道路輸送される。圧巻は全長34mの車両が道幅35mの交差点でUターンするところ。これは名人芸の世界である。また線路が接続されている工場もあるのだが、それはそれで問題がある。新幹線は広軌が採用されているか、広軌の引き込み線はないため、狭軌に合わせた台車に乗せ変えられて在来線で輸送される。しかし新幹線は車両の幅が広いため、そのままではホームに当たってしまう。だから輸送用台車は背が高くなっているが、これが高すぎると今度は屋根に当たってしまう。結局は数センチの作業になってしまうのである。

 ここで話は全く変わって、オレンジジュースの輸送とそばの出前というこれまた脈絡のない話。要はジュースは「濃縮果汁還元」ということで、濃縮した状態で運ばれている。こうすることによって輸送費が節約できるし、貯蔵スペースも節約できるのである。

 次はピアノの輸送とホテルの移動、さらにマンボウの輸送というこれまた全く脈絡のない話。

 何やら全体的に番組にまとまりがなく、テーマも不在な印象を受けた。北野武が言っていたように、本当にネタが尽きているのかもしれない。 

 

2/27 たけしの万物創世記「スーパードクター」

 今回はいろいろなドクターと医療技術の紹介。これはこの番組が時々する「職人シリーズ」の流れのような感じである。

 まず最初は日帰り手術の達人。最近は入院しなくても日帰り手術で治療をする医師が増えているとか。ここでも足の血管の手術をこなしていたが、これ以外にも日帰り手術の可能な病気は多いという。実は私も以前に、ある病気で日帰り手術を行ったことがある。ただ間違ってはいけないのは、日帰り手術=即日完治ではないということ。私の場合も、自宅に帰ってからが地獄だった(笑)。

 次に出てきたのは、白内障手術の達人。白内障手術とは濁った水晶体を取り出し、人工レンズに入れ替えるという大手術なのだが、この達人はたった1ミリほどの穴を開けるだけで、7,8分で手術を完了させるという。ただ私は個人的には、目にメスを入れるのはちょっと神経的に・・・。

 三人目は1ミリの血管を14針で縫合するというミクロ手術の達人である。脳神経外科での脳の動脈瘤のバイパス手術は顕微鏡下での作業になるんだが、これはほとんど匠の世界。あまり器用とは言いがたい私には信じがたい世界である。

 次は「切らずに治す達人」。四人目は「ガンマナイフ」なる放射線治療の達人。これは外科手術などで取り除けない脳腫瘍などを放射線治療する方法だが、強力な放射線を使うと病巣以外にも影響を与えるので、多方向から弱い放射線を当てて病巣部で焦点を結ばせる方法である。ただこれについては「達人」というよりは、新治療法の紹介のニュアンスの方が強い。

 五人目がカテーテル手術の達人。癌は動脈に対して新しい血管をつくってそこから栄養を取っているのだが、この血管をカテーテル手術で塞いでしまうことで、癌を兵糧責めにできるとのことである。同じ方法でリウマチの治療までしてしまうというから驚きである。

 結局は医療の世界、特に外科医は職人と同じであり、もろに腕の良し悪しが出てしまうということである。すべての医者がきちんとした技量を持っていればよいのだが、そうでないところが問題なのである。

 

2/20 たけしの万物創世記「微生物」

 私達の周りにある多くの微生物。それの中には人間を病気にするものから、人間の役に立つものまで種々様々な菌が存在する。

 菌の利用で最も一般的なのは、発酵食品である。醤油を初めとして日本には多くの発酵食品ではあるが、その中には猛毒を持つふぐの卵巣を無毒化してしまうものまであるという。また生ゴミから作り出した完熟堆肥は多くの養分をふくので、これで育てた苺は非常に成長が良く、甘みも強いという。

 印象が強かったのは、番組中に出てきた細菌学者。この人物は脱色作用を持つ菌や、動物性脂肪を植物性脂肪に変換する菌など多くの面白い菌を発見したのだが、この人物の仕事というのが、野外を歩いて野生生物のうんこ集めである。動物の糞は細菌の宝庫なのだそうだ。しかし動物の糞を素手で集めていたのはさすがに・・・。

 ただし有用な菌を見つけるのは実際はかなり大変な作業であろうと考えられる。多くの役に立たない(あくまで人間にとってはであるが)菌の中から、有用な菌を取り出すのはほとんど総当たりで試すしかないのだから、この辺りをもう少し効率化できないのかとの疑問はある。

 

2/6 たけしの万物創世記「モアイ」

 イースター島の巨大石像モアイは日本でも有名である(某シューティングゲームで、こいつの攻撃に苦しめられた者も多いのでは)。しかしこのモアイが何を目的に作られたかは、まだはっきりとは明らかにはなっていない。

 不明なことが多いばかりに、モアイは宇宙人が作ったなどと馬鹿なことを言っている輩もいるが、この番組では科学的観点から、このモアイの目的と建造の方法についての考察を加えている。

 まずモアイの建造の目的であるが、集落の権威の象徴といった推測を加えている。かつて、集落同士の争いで引き倒されたモアイがあるという事実から考えても、この推測は多分妥当だろう。

 またモアイをどうやって立てたかであるが、これはテコで持ち上げながら石を挟み込んでいく方法で可能である。つまり古代人でも十分に可能なのである。これで宇宙人などは出てくる余地がない。なおこれでもまだモアイを宇宙人の産物にしたがる狂信者がよく使う論理が「しかし現代人にはそのような方法が考えついたとしても、古代人にそのような高度な方法が考えつくはずがない」といった理屈である。ただしこの論理は大きな勘違いがある。それは古代人を現代人よりも馬鹿であると考えている点である。しかし実際は、古代人は現代人のような機械文明は持っていないが、決して現代人よりも馬鹿なわけではない。生活に密着した分野に関しては現代人よりも知識の豊富な例があり、実際に数学や天文学などはかなり進歩していた例がある。つまり現代人に考えつく方法は、彼らにも当然考え付くことが可能であるということだ。これはよく現代人が陥りやすい勘違いである。少なくとも古代人は、何でもかんでも原因を宇宙人に帰結するような輩よりは余程賢いということを忘れてはいけない。

 番組後半は、津波で倒れてしまったモアイを起こすプロジェクトに従事した日本人の物語である(何やら番組の構成が前回とそっくりである)。

 このプロジェクトのためには、四駆のクレーン車が日本から輸送されたとのことである。このクレーン車はチリ海軍の上陸用船艇で運ばれ、電線を避けるために(イースター島の電線は非常に低いところにあるとのこと)飛行機の滑走路を走って運搬された。

 ただ難問は、モアイは凝灰岩という脆い岩石で出来ているために、持ち上げた時にモアイが砕けるのではないかということだった。しかしそこはクレーン技術者達の努力で克服されたとのことで、このクレーン車はまだイースター島に残され、現地の人々によってモアイの修復に使われているとのことである。日本企業による隠れた国際貢献である。

 なおこの企業はすべてボランティアでこの作業を行ったわけであるが(費用が1億5千万円かかっているとのこと)、何がそこまで彼らを動かしたのかが謎ではある。さすがにこの番組でもそこのところに感じ入ったのか、しっかり企業の宣伝をしてやっていたが。

 

1/30 たけしの万物創世記「地下」

 都会の地下はいろいろな利用がされているが、一体どんな利用法があるかというのが今回のテーマ。

 まず冒頭では地下本堂からウドの栽培まであらゆる地下の利用法が紹介されるが、圧巻は地下飛行機。地下トンネルを地面スレスレに飛行する飛行機を通すという計画である。飛行機は地上に近づくと、地上効果によって揚力が増加するが、それを利用するという方式である。時速600キロぐらいが可能であるので、東京−大坂間が1時間で結べるという。なおこれは荒唐無稽な話ではない。この番組では紹介していないが、すでにこの地上効果を利用して湖の上を飛行する飛行機はロシアで実用化されている。もっとも最大の問題は飛行の安定性をどう保つかであろう。この番組中でも北野武が指摘していたが、下はともかく上に浮き上がってしまったときが問題になる。また左右のぶれも同様に問題になろう。

 それにしても最大の驚きは、このような壮大なテーマに携わっているのが、70才を越える老人であること。やはり日本で航空機の専門家は高齢者ばかりなのであろうか(プロジェクトXでもYS11の回で指摘されていたが、日本は戦後にアメリカに航空機開発を禁止されたせいで、若手の航空技術者がいない)。

 後半はユーロトンネルを舞台にした、シールド工法によるトンネル掘削技術についての紹介である。シールド工法というのは、マシンが穴を掘りながら同時に壁を作っていく工法で、この開発によってトンネル技術が飛躍的に進歩したのである。この工法の発想が船食い虫から来ていたというのは、以前にどこかで聞いたことがあるが忘れていた。

 ちなみにこの後のユーロトンネル建設物語は、どちらかというと「プロジェクトX」の方が向いているような気がした。

 

1/17 たけしの万物創世記「牛肉」

 和牛は外国牛と根本的に違うなどというが、どこが違うのかというのが今回のテーマ。

 一言でいえば、和牛は柔らかい。これは日本人が柔らかい肉を好むからだという。これに対してアメリカ人は肉に歯ごたえを求めるので、肉質自体が固い(その上に奴らはやたらに固く肉を焼く)。そしてこの和牛の柔らかさの元になっているのが、霜降りと呼ばれる脂肪の多く入った肉である。

 ただこの霜降り信仰が正しいかは、私は大いに疑問。実際にこの番組でも紹介していたが、霜降りにするための育て方というのが、牛が運動をしないように狭い部屋に閉じこめて3年間肥育する。つまり牛を脂肪太りさせるわけであるから、牛自体は不健康きわまりない。しかもコストが非常にかかる。

 日本人が霜降り信仰になった経過も説明されていた。日本人は牛肉をすき焼きにしたが、このような醤油で炊く調理方法は牛肉を固くするので、霜降りの肉でないと食べにくいわけである。昔、美味しんぼで「すき焼きは牛肉を知らない者が作った、最低の食べ方だ」などと主人公が言っていたが、この辺りを指すのだろう。

 とりあえずこの番組は霜降り礼賛一色になっていたが、本当に霜降りの肉だけが美味しいのかは、考えた方が良いのでは。一枚数千円〜数万円のステーキなんて、どう考えても異常に高すぎる。

 

1/10 たけしの万物創世記「超高層ビル」

 今回は横浜のランドマークタワーを例に挙げて、超高層ビルがどのような技術で作られているかについての解説である。

 まず超高層ビルを作る場合は耐震性が最も問題になる。これに対する解答は柔構造にして、地震の揺れの周期を長くすることで地震のエネルギーを低下させることである(この辺りは以前に「サイエンスアイ」でも言っていたことと同じである)。ただここでランドマークタワーについての面白い話が出てくる。

 ランドマークタワーは高さが296メートルもあるために、そのままだと揺れの周期が7秒になり、この場合は風による揺れが大きくなってしまうとのことである。これを防ぐには250メートルの建物並の6秒の周期にする必要がある。さてこの場合にどういうアイディアを使うか。これをこの番組ではクイズのような形式にしていた。答えは下の9階分を剛構造にし、擬似的に大地と一体化させることで揺れとしては250メートルクラスの建物と同じにするという単純な発想である。

 この後は最近この番組のお得意の「職人の世界」。クレーンオペレーターと鳶達がいかに息を合わせて作業を行っているかを示していた。しかし驚いたのは、クレーンオペレーターは鳶達からの指示だけでクレーンを操作しているということ。昔ならいざ知らず、今時カメラぐらいつけても良いように思うのだが、この方が効率がよいのだろうか。 

 

9/12 たけしの万物創世記「噴火・地震予知」

 現在三宅島の噴火が注目されているが、噴火や地震の予知というのは昔からの技術的課題である。最近に比較的成功したのは有珠山の噴火予知である。これはあの火山は前兆現象が非常にはっきりしていたからで、有珠山のような溶岩の粘度の高い火山は前兆現象がはっきりしているらしい。これに対して三宅島のように溶岩の粘度の低い火山は、どこから噴火が起こるかが分かりにくいという。

 なお最近の火山活動が首都圏の地震などにつながらないかということに関しては、関係ないとのことである。確かに火山は局地的なことなのに対して、大地震はプレートレベルのことであるから次元が違うのである。ただし東海大地震については「いつかは必ず起こる」と断言しており、かなり不安を煽る内容にはなっていた。

 内容的にはあまり珍しい知見はなし。比較的常識レベルの内容に徹していた印象である。

 

9/5 たけしの万物創世記「空」

 今回のテーマは空に関すること。まず最初は飛行機の原理から始まり、人類の航空史である。

 人類が初めて空を飛んだのは熱気球によるもので、なんとこれは1700年代に既に実現していたとのことである。その後、水素を使った飛行船が開発され、1900年にはかの有名なツェッペリン伯爵の大型飛行船が開発された。飛行機の開発はこれよりかなり遅れ、ライト兄弟の初飛行が成功するのは1903年のことである。しかしこの頃はまだ空の主役は飛行船であった。しかし飛行船は燃えやすい水素を使用しているという弱点を持っており、これがヒンデンブルク号の悲劇につながる。

 ヒンデンブルクの炎上事故以来飛行船は空の主役の座を追われる。そして次に主役になったのが飛行機である。しかしこの飛行機も「音速の壁」の限界に突き当たっていた。飛行機が音速に近づくにつれ、空気の抵抗が増し、揚力や気流が不安定になり操縦不能になるのである(さらにプロペラでは音速では推力を失うので、ジェットエンジンかロケットエンジンが必要である)。

 この音速に挑み成功したのがイエガーというパイロット。最近音速突破50年記念の祭典でなんと74歳になったイエガー本人がF15を操縦して音速を突破したというのだから、アメリカはすごい(日本だととてもこんな老人を操縦させたりはしないだろう)。

 そして現在の航空機であるが、音速を超える旅客機としてはコンコルドがあるが、これは非常に燃費が悪いのと騒音などの公害がひどいことで消え去る運命にある。現在の旅客機はコストを考えて、あえて音速は超えずに亜音速で飛行している。

 そして未来の航空機であるが、旅客機は大型化に向かうとのことである。しかしこんな飛行機が離着陸できる空港を日本に作れるかがかなり疑問である。

 また現在は気球や飛行船も見直されているとのことである。これらはコストが安いのが最大のメリットである(飛行機と違って、空を飛ぶこと自体にはエネルギーを必要としないのだから)。太陽電池のエネルギーで一定位置にとどまって定点観測などを行う飛行船が当番組で紹介されていたが、これ以外でも飛行船をPHSの中継局に使うという計画を聞いたことがある。未来の空にはこういったものが多く浮いているかもしれない。

 

8/22 たけしの万物創世記「フェロモン」

 いわゆる色っぽい女優(時には男優も)をフェロモン系などと言うが、フェロモンと言えばもっぱら性フェロモンが有名である。元々フェロモンは昆虫などの行動を制御する化学物質として発見されたが、ほ乳類などでもフェロモンは存在するそうである。

 この番組で興味深かったのは、三人の男性のうちの一人に豚の性フェロモンをつけたシャツを着せ、女性が誰に一番好感を持ったかということをテストしたところ、多くの女性がフェロモンをつけたシャツを着た男性に好感を持ったという実験である。果たしてこの実験がどの程度の厳密さを持っているかには少々疑問だが、人間の行動もフェロモンで左右される可能性があるということを示していた。もしこれが事実なら、いわゆる媚薬というものが開発される可能性もあるということだ。

 もっとも人間の行動はフェロモンなどに左右される本能的な部分だけでなく、いわゆる「好み」などの理性が支配する部分が大きいので、そう単純ではないだろう。このフェロモンの成分は実は汗に含まれるということだが、これに関して北野武が言った「だけど汗かきのデブは女に嫌われるぞ」という言葉が実に本質をついている。フェロモン全開の不男よりも、フェロモンの少ない美男子の方が現実はもてると思う。またさらに、「家付きカー付きババア抜き」とか「年収一千万」とかのオプションがつくとフェロモンよりも効果は高い(笑)。

 この番組で私が初めて知ったのは、フェロモンには匂いがないということだ。私はてっきり、フェロモンとは匂いで行動を支配するんだと思っていたのだが、フェロモンが作用するのは嗅覚細胞とは別の部分であるということで、決して匂いが効果を持つわけではないということだ。匂いというよりはむしろ直感的にくるものだとのこと(この辺りがどうも怪しいのだが)。本能に影響するということは、もしかすると今時の本能だけで動いているような若者(むかつくから殺した、欲しいから盗んだという調子の獣連中)の方が影響を受けやすいかもしれない。

 後半はいわゆる擬態について。これに関しては、番組で言っていた「生物が何かに似せようとしたのではなく、似ていた連中がそれゆえに捕食などから逃れて生き残った結果」との見解は正しい。要は適者生存の最たるものなのである。 

 

7/25 たけしの万物創世記「巨大波」

 今回は波の話。サーファーにとっては巨大な波に乗ることはたまらない快感なんだろうが、果たして最大の波はどのぐらいのものがあるかというテーマである。

 ハワイ諸島などでは北極と南極からやってくる波があり、これは時には10mぐらいになるという。昔「ビッグウェンズディ」というサーファーの映画が確かあったと思うが、多分これがこのクラスの波だろう。

 ただ海の波で大きなものは、30mもの波が発生したことがあるという。これはカナダの東海岸でハリケーンや低気圧が衝突したときに生成したもので、高さとしては10階建てのビル並である。もうこうなるとサーフィンどころの世界ではない。実際にこの嵐に巻き込まれた人々の話を、この事件をテーマにした映画の映像を交えながら紹介していたが、もうこうなったら波などと言う世界ではないことが痛感させられた。一番驚いたエピソードが、燃料切れのために海面に不時着を余儀なくされたヘリコプターから、乗員が飛び降りようとするのだが、波の高さが30mもあるために、タイミングを間違えるとはるか下の水面に叩き付けられて死んでしまうという話。確かに高飛び込みの飛び込み台がせいぜい10mぐらいなのだから、そのとんでもなさが分かるというものである。

 なおこの嵐に巻き込まれた漁船のエピソードに出てきた三角波(二方向の波がぶつかることで発生する三角形の波)だが、この番組ではあまり深く触れなかったが、実はこれが最も破壊力の高い恐ろしい波である。その波で舳先がえぐられて一撃で沈没してしまった船の例なども多く、船長達にもっとも恐れられている波であるという。

 どうもまだまだ海にはリヴァイアサンが棲息しているようだ。海は侮りがたい。

 

5/9 たけしの万物創世記「究極の鍵・噛み合わせ・あまご釣り」

 落語の三題噺ではないが、今回は(先週もそうだったようだが見るのを忘れた)3つのテーマを掲げての小ネタ集である。

 まず最初は、エラの張っている顔に悩んでいる視聴者からの投稿から、噛み合わせの問題について。

 昔の人間は固いものを咀嚼していたので現代人よりもエラが張っていた。しかし現代人は顎が弱っており、顎が細くなっている。これが最近の細い顔につながっているのだが、このために噛み合わせの障害(噛み合わせ症候群)が増えているとか。この噛み合わせがずれることによって体全体のバランスが崩れて背骨まで曲がってしまう障害が発生しているという(同じネタは以前に「特命リサーチ200X」でも取り上げていた)。また横向きに寝たり頬杖をつくクセのある人は、噛み合わせ症候群になる恐れがあるので注意ということである。この番組の結論は「エラの張っている人は健康である」。なおこの番組では取り上げてなかったが、噛み合わせがずれる原因として多いのは、「下手くそな歯科医による虫歯治療」というのがある。特に昔の医者などは噛み合わせの重要性をあまり認識せずに、おおざっぱな治療をしていた者もいるので、そういう医者に詰め物などをされたら大変である。

 二つ目は鍵。家の人に開けられない鍵が欲しいという視聴者からの投稿である。

 まず出てきたのは指紋を用いた鍵。これは個人認識の問題とも結びついているが、現在最も実用化が進んでいる分野の一つだろう。驚いたのは一卵性双生児でも指紋は異なるということ。遺伝型は同じであるのに関わらず指紋が違っているということは、いかに指紋に特異性があるかということでもある。これ以外では声で識別する技術や、耳の形で識別する「耳紋」まであるそうだ。

 もう一つ実用化が進んでいる目から情報を読みとる方法だ。アイリス照合システムというものがありこれは虹彩の模様を読みとる方法だそうである。これ以外でも網膜パターンを読みとる方法もポピュラーである。このアイリスパターンと音声識別を組み合わせたキャッシュディスペンサーも開発されているとか。これはカードレス時代もいずれは到来しそうである。ただまだ認識精度の問題とコストの問題があるのではないかと思える。

 三つ目が「あまごはどうしたら釣れるか」(なんて唐突な話題なんだろう)。

 私は釣りをしない人間なのでピンとこないが、あまごというのは非常に釣るのが困難な魚らしい。あまごが釣りにくいのはその頭の良さのためだとのことである。なんとあまごは餌だけを食べて針を吐き出すらしい。しかしこの時にあたりがほとんどないので、タイミングの判断が難しいとのことである。この後は投稿者(小学生である)があまご釣り名人の指導を受けての釣り教室になってしまった。

 なおこの番組では質問を募集中だとか。そろそろネタが尽きてきているのではないかという気がしてくる。

 

4/25 たけしの万物創世記「手・あなたの可能性を押し開く」

 人間の知能の発達は、手を使うことによって促されたという。脳と手には密接な関わりがあることはよく知られていることだ。指を動かすことで頭が良くなるという。

 指回しをしてから迷路をしたら成績が向上するという実験をしていたが、これはどの程度本当かは不明。ただ情けないことに私はこの指回し自体がまともに出来なかった。やはり私はかなり不器用なようである。

 手は感覚器官が密集しているので非常に感覚が鋭敏である。

 また健康状態が手に現れるという。爪の状態で健康状態が分かるとのことで、爪を押すと白くなるがこれがすぐに戻らない場合は貧血の可能性があり、爪に横線が入るのは病気をした証拠だとか。また面白かったのは指を反らしたときに痛い場合、その指によって病気が分かるとか。私の場合、中指と薬指なので、胃と自律神経らしい。

 後半はいろいろな職業の人の手を見ていくというもの。確かに生活が手に反映していくものだ。実は手相というのはこれが基本なのである。だから手相という占いは血液型占いなんかよりもよほど合理的な根拠があるのである(ちなみに血液型占いは全く根拠がない)。

 なおここでギタリスト野村義男が出てきたのがなんとも。まだこういう仕事してたんですね、彼は。

 

4/18 たけしの万物創世記「ミリオンヒットの秘密」

 今回はミリオンヒットを科学的に作ろうという企画。要はヒット曲に共通するパターンを解析して、それをぶち込んだ曲を作ろうと言うことらしい。

 ここで上げていたのが「さび15秒の法則」(さびは15秒以内で、2回入るということらしい)、「最高音の法則」(さびのところで最高音がくることで印象づける)、「音飛びの法則」(音飛びが入ることでこれも印象づけるとのこと)。だけどこういう法則を上げると言うことは、最近の歌謡曲が完全にワンパターンで作られているという証明とも言える。このデータに基づいてパッパラー河合氏に作曲を依頼していたが、条件を先に付けられているので相当作曲に苦労したとか(そりゃそうだろう)。こんなパターン通りに作曲するんなら、小室哲也に依頼した方がよほどスムーズにいくんではないかと感じてしまった。何しろ彼は、今まで散々同じパターンの曲ばかり作っているんだから。

 歌詞の方も論理的に、例えばさびの部分の母音はア行が多いものにするとか。しかしこれは甚だ疑問。というのも最近の歌手の曲を聴いていると、歌詞に関してはモゴモゴ言っているだけで、詩はどれでも同じようなものなのでは。

 ましてや、歌手の条件は超音波を含んでいることとか。これはかの宇多田ひかるの声には超音波が含まれていて、超音波を聞くことで人は落ち着くと言うことらしい。しかしこの論理には根本的な間違いがある。宇多田はCDでヒットした歌手で(確か初めてのライブをしたのはつい最近だったはずだ。ちなみにライブではCDよりもかなり下手だったという噂も聞いたが。)あるが、CDは2万Hzの音までしか含まれていないから、超音波はおろか、可聴域の高音端まですっぱり切れている(人間は2万Hzの音までしか聞こえないというのは間違いであることが最近指摘されている)。それなのに超音波がどうこうということ自体がそもそもナンセンスである。このナンセンスな前提に基づいて歌手を選ぶというのだから、なんか馬鹿げた話だ。ちなみにこのオーディションに応募した中にあの岩崎良美が含まれており、彼女は最終審査に残られなかったなどというところに何やら芸能界の悲しさを感じてしまったりする。

 なお私個人の意見を言えば、私は宇多田ひかるの声を聞いて落ち着くことはない。私にとってはあの中途半端なハスキーボイスはむしろ神経に障る声である。この辺りは個人の好みが大きいので一般化するのはそもそも不可能なのではないか。

 そして出来上がった曲なのだが、私の正直な感想「この曲は絶対にヒットしない」。はっきり言ってメロディラインにメリハリがなさ過ぎ。全体の印象がきわめて弱い。J−POPにあまり詳しいとは言えない(と言うよりもほとんど知らないに等しい)私が聴いても、当たりそうにないことを確信できる曲である。なんかご大層に法則をぶち上げた割りには、出てきた曲がこれでは完全に腰砕けである。

 今の時代にヒット曲を作る方法は実はきわめて簡単である。とにかくパンチのあるさびだけを作って、それをテレビCMなどで繰り返し流す。すると最近の若者はワンパターンが好きなのと、とにかく馴染みのあるものに走る傾向があるから売れるのである。後は歌手にでも密着して「この曲が売れなかったら芸能界を諦める」なんて「やらせ」をやったら(いわゆる「電波少年パターン」)、発売日には行列も出来るかもしれない。

 結局今回は何をやりたかったのかが意味不明(多分新しいEDテーマの宣伝のつもりなのだろうが)。こういう完全にはずしたことをするのが、いかにもテレビ朝日で泣けてくる。この手の企画はフジの方がずっとうまいだろう。

 

2/15 たけしの万物創世記「双子〜その神秘と真実」

 双子にはテレパシーがあるとかいろいろ言われているが、それについて調べようというものである。

 まず一卵性双生児と二卵性双生児はどう違うかの説明。いわゆる一卵性は一つの受精卵が分割しているから遺伝子型は全く同じである。だから男女の一卵性双生児などは存在しない。ただそこのところが世間的に誤解されているようで、漫画などではよく男女の一卵性双生児なるものが出てくることがある(要するに作者が無知なのだ)。なお二卵性双生児は同時に生まれたというだけで、実際は普通の兄弟と同じである。そしてこちらの双子は当然ながら男女の組み合わせもある。

 初耳だったのはバニシングツインなる言葉。つまり「消えた双子」。妊娠期に実は受精卵が二つに分割していた(つまり双子だった)んだが、その後に何らかの理由で一方が成長せずに消滅してしまうという例があるとのことである。一説によると左利きはこのようにして生まれるとか。ただこれは私には若干疑問。というのは、この考え方は明らかに通常の人間は右利きであるという前提がついているが、日本などで右利きが多いのは矯正によるもので(子供が左手で箸を握ったら「その手は違うでしょ」などと直される)、あまり矯正をしない欧米では右利きと左利きの数はほぼ等しいという調査結果がある。

 次にいわゆる一卵性双生児のテレパシーについての検討。双子に順番にカードを引いてもらってそれがかなり一致するなどという実験をしていたが、これについては統計学的な偏差というものも考えられるから疑問。他にもジャンケンであいこがどれだけ続くかなどという実験もしていたが、この実験でも統計的偏差というものを考慮していなかったので、厳密性は全くない。ただ一卵性双生児というものは遺伝子型は同じ(つまり素質は同じ)で環境も同じ(特に親は双子の場合は普通の兄弟以上に差をつけないように配慮するものである)であるから、考え方などが似てきて、互いの心情が読みやすくなるのは事実だろう。

 そして最後は一卵性双生児でも環境が変われば全然違う性格になるという当たり前のお話。性格や能力は遺伝だけでは決まらないということ。これは遺伝子万能主義にとらわれて優秀な遺伝子をなんて考えて遺伝子バンクに走るような馬鹿な親には良い教材になろう。はっきり言う、親が馬鹿で子が賢くなるはずなどない。それは遺伝のものではなく、環境のものなのだ。親が全く勉強しないのに子が勉強するはずなどないのである。子供に勉強させたいなら、親が自ら勉強している姿を子に見せることである。

 

2/8 たけしの万物創世記「神業〜町工場の達人たち」

 今回はハイテク日本を支えている町工場の職人達。

 日本はハイテクの国と言われているが、実は日本のハイテクを支えているのは高い技術レベルの中小企業である。大企業はそれらを組み立てているだけにすぎない。だから企業が海外進出で移転しても事業がうまくいかないし、発展途上国の工業振興が一朝一夕には出来ないのである。そこのところが世間的には誤解があるようなので、このような企画は結構なことだと思う。

 金属加工の達人やら、平面加工の達人やら、信じがたい達人が次々と出てくる。驚くのは最後は手作業で勘と経験の世界であるということ。とんでもない技術の連発でこれははっきり言って絶句。

 最後には、なぜ日本人にこのような優れた職人技術が発生したのかという文化論になっていた。そして結論は町工場賛歌。こういうご時世だからこういうコンセプトは結構だと思う。今このような町工場が危なくなっているというのが、実はハイテク日本の一番の危機なのである。

 

トップページに戻る