特命リサーチ200X

 

 この番組は毎週日曜日午後8時から放送されている情報番組。日本テレビ系の科学ドキュメント番組はかつての「知られざる世界」が有名であるが、当番組はそのような硬派系の番組ではなく、もっとエンターティーメント色の強い番組であり、雰囲気的には同局の「水曜スペシャル」などに近い。その分、内容的には珍説・奇説に偏る傾向があり、情報源としての信頼度はかなり怪しい。だがそれを承知の上で「こういう説もあるのか」として見る分には楽しめる。ただし、プロ野球シーズンになると、巨人戦でほとんどが中止されるのが確実で、それがつらいところ。

 

01.8.6

 当番組の情報信頼度について、1ランクアップすることにしました。その経緯については、8/5のダイエットの回をご覧ください。

 

 この番組は04.3.7の放送を最後に終了致しました。7年以上放送されていた番組だそうです。ちなみに後番組は全くこの分野と関係ないくだらない番組のようです。もうこの局には、かつての「知られざる世界」のような硬派系科学番組を放送する力なんて残ってないんでしょうね・・・。

 

エンターティーメント度 B

情報信頼度 C

タイプ分け 話題型

緊急お知らせ

当サイトがメールマガジン(無料)を発行することになりました。先週の放送内容をワンポイント要約やコメントで振り返るコーナー、先週のキーワードなど情報満載です。サンプル版のチェック及び購読の申し込みはこちらへ。

メールマガジン申し込みページ

 
 

トップページに戻る

3/7 特命リサーチ200X 「東海大地震」

 いつかは起こるはずと言われている東海大地震、今回はその警戒警報が発令された場合にどういう行動をとるべきかというもの。

 まず警戒警報がいかに出されるかまでのステップだが、まず最初に出されるのは観測情報というもの。これは地震の前兆滑りが見られた場合に発令されるものであり、これは後に東海地震とは関係ないとなることもあるという。この場合にやっておくことは、家具の転倒防止などの一般的な地震初期対策及び情報収集である。

 第二段階は注意情報。これはさらに地震の危険性が高くなったと判断された場合に気象庁から発令されるという。この場合には、通常番組は停止されて特別番組が放送される。しかし一番大切なのはここでパニックにならないことだという。この場合にやるべきことはやはり情報の収集だという。

 またこの場合にいろいろな混乱が予想される。予想されることは電話の不通、交通の麻痺、病院の閉鎖、スーパーなどへの人々の殺到などがあるという。電話の不通の対策には、非常時に導入される伝言ダイヤル171というものがある。これを利用する場合には171−1−自宅の電話番号で録音が出来、171−2−自宅の電話番号でメッセージを聞くことが出来るという。さらに交通については道路は渋滞で塞がる可能性が高いので、この時点ではまだ運行がされている鉄道を利用した方がよいという。またいたずらに買い出しに走るのではなく、家にあるものを有効に活用することを考えるのが重要であるという。

 この後、専門家による地震対策判定会議が開かれ、そこで地震の可能性が高いとなれば警戒宣言が首相から発令されることになると言う。

 ここで起こる混乱は、在来線の停止、主要道路の大規模規制、商業区域の機能停止などがあるという。待機場所は基本的には自宅、しかし自宅の強度に問題があるとか、海のそばで津波の危険があるなどとなれば、指定避難場所に避難することになるという。

 なお警戒宣言が解除されると街は普通の状況に戻る。しかし空振りに終わった警戒宣言によって1700億円の経済損失が発生するとのこと。ただし警戒宣言を発令せずに地震に遭遇すれば、30兆円以上の損失が出ると言われており、そのことを考えると必要な犠牲であるとのこと。

 

 後半はダイエットについて。これは以前に紹介した(再放送では?)筋トレをイメージしてから筋トレを実施すれば、成長ホルモンが増加するので効果的であるという理論。これについては科学的理論がかなり怪しげであるので、あまり期待しないこと。ただし筋トレ自体はダイエットには効果的であるので、どんな形でも筋トレの実施は良いことである。

 

 で、今回でこの番組は終了とのことである。いかにもバタバタした終了の仕方から考えると、打ちきりか? まあ春の番組改編の時期であるから、ある程度は予定していたことなんだろうが。しかしここ数回の報告はすべて「今後の報告を待て」という形になっていたのだが、これはすべて途中で投げ出したということのようである。なんだかな・・・。ところで次週からはいかにもエンターティーメントを意識した番組が始まるようだが、あまりにもくだらなさそうな内容に、見る気など全く起こらず。本当にくだらない番組ばかり増えていく・・・。

 

2/29 特命リサーチ200X 「タイタニック沈没&気になる噂の検証」

 前半はタイタニック沈没について。これについては以前より陰謀説がよく語られるが、今回はその手の内容のようである。今回の説はイギリスのタイタニック研究家(こんなのがいるのか?)が唱えている、タイタニックは別の船とすり替えられており、意図的に沈められたというものである。

 すり替えられたと言われているのが、タイタニックと同時に建造されたオリンピック号だとか。この船はタイタニックの同型船であり、ホワイトスターライン社がタイタニックと同じドックで建造したという。

 この研究家が言っているタイタニック沈没に関する不可解な点は、タイタニックの船長が氷山衝突後もしばらくの間何の指示も出さなかったこと、またこの船長が今まで何度も事故を起こしているいわく付きの人物であること、また数々の氷山警告がなされていたにも関わらず、船長と社長がそれを握りつぶしたのだという。

 では意図的に沈没を仕組んだ理由であるが、経済的に苦しかったホワイトスターライン社が保険金詐欺を目論んだというものである。タイタニック号が出向する前に、同型船のオリンピック号が英国巡洋艦ホークと衝突事故を起こして大きな損傷を受けており、オリンピック号をタイタニックとすり替えて沈没させることで、保険金を得ると共に損傷したオリンピック号の処分を考えたというものである。

 さてすり替えの証拠であるが、舷側の窓の数が違うとか、沈んだ船のスクリューの番号が401であり、これはオリンピック号につけられたタイタニック号のものだという(オリンピック号は修理の際にタイタニックのスクリューを流用したことは確認されているという)。

 今までこの説は荒唐無稽として相手にされていなかったが、1996年に生き残りの甲板員の「この船は偽物だという噂があった」とか「後で真相を語らないように口止めされた」という証言をしていることもあるとのこと。

 と、ここまで番組で説明したら、この番組はすり替え説を支持してるのか思えば、最後の最後になってやけに曖昧な言い方をしている。ここまで紹介するなら番組としてはこの説を推すのが普通だと思うのだが、何やら無責任な印象である。

 

 中盤は気になる噂の検証シリーズ

 まずはミミズにおしっこをかけるとチンチンが腫れるというもの。これの回答は、シマミミズという種類はライセニンという毒成分を含む体液を放出するので、これが付着すればあり得る話だというものである。どちらかと言えばミミズの体液が飛ぶというよりも、ミミズの体液のついた手で局部を触ると腫れることも考えられるという。

 一応筋の通った話である。なおこの話に関しては、ミミズに直接触らなくても、土を触った不潔な手で局部を触ることによる感染症の可能性も考えられると思われる。

 

 後半はアメリカのオークビルでの、空から降ってきた謎のゼリー状物質による集団感染の事例について。これについては粘菌の胞子が雲の中で成長して、それが雨と共に降ってきたのではないかとしている。もっとも粘菌自体には毒性がないため、ゼリー状物質に接触した人々や動物が次々に倒れた理由については分からず、粘菌が何らかの有害物質を取り込んだのではないかとしている。

 例によって結論なしである。今後調査を続けて分かり次第報告するとしているが、本当に報告はあるのか? 正直疑問である。なお私は粘菌説でなく、何らかの化学物質説の方を支持する。近くの工場か何かから排出された化学物質が雲の中で反応を起こしてゼリー状物質が生成したというものである。もっとも直接的に何が人体に悪影響を及ぼしたのかが明らかでない以上、それ以上の推測は不明であるが。

 

 予想はしていたが、例によって珍説・奇説に偏っている。まるっきり内容が「水曜スペシャル」レベルになってきた。しかも最近の悪いパターンは、結論をつけずに逃げ出す例が多いことだ。番組全体に無責任ムードが漂っており、この調子の内容を続けるのなら、この番組の信用度は格下げを検討する必要があるだろう。

 

2/22 特命リサーチ200X 「森林火災&恐竜の真の姿」

 アメリカなどでよく問題になる森林火災であるが、最近は日本でも森林火災が増加している。そこで森林火災に遭遇した時にどうすれば良いかというものだそうな。例によって、ほとんど遭遇することがないようなシチュエーションの話である。

 番組ではオーストラリアで森林火災に遭遇したブラウン一家の事例について紹介している。ここであげている避難のポイントについては、

1.頂上の向こう側に向かって逃げる。ただし炎は上に向かって燃えるので炎に追われる形になるという。斜面の場合、平地よりもはるかに速い速度で燃焼し、20度の角度では時速40キロにもなったという。

2.車はある程度の耐熱性があるので、車内にとどまる方がよい。

3.ただし走行中にガソリンの匂いがしたら車外に出た方が良い。

4.やけどを軽減させるには肌の露出が少ない服装の方が良い。

というもの。もし森林火災に遭遇したら思い出してください・・・ってそんなこと滅多にないと思うが。なおこの番組によると、今回のケースは一例にすぎないので共通の法則のようなものはないとのこと。何か無責任な。

 

 後半は恐竜について。最新の説を紹介とのことである。

 最近、中国で発見された恐竜の化石から羽毛が発見されたことから、恐竜は羽毛に覆われていたという説がある。さらにカラフルな色が付いていたこともあり得るという(番組ではここで羽毛・着色ありのTレックスの想像図が描かれていたが、かなりパンクな姿である)。

 知能については、今まではトカゲ並みで社会生活をしていなかったと考えられていたが、子供に餌を与えていたという証拠が見つかったという。

 また走行スピードについては、最近は時速70キロと言われていたが、時速25キロしか出なかったといういう説があるという。またTレックスは狩りをせずに死肉を食べていただけだという説もあるという。

 さらにセイスモザウルスなどのような巨大恐竜は立ち上がれなかったという。アパトザウルスという巨大恐竜の化石から割り出した重量を、重量挙げの選手の筋力を元に最大パワーを算出すると、自身の体重を支えられなかったことになるという。これは二乗三乗の法則といって、体重は身長の3乗に比例するのに対し、筋力は二乗に比例するというものにかなっている(体重は体積であるが、筋力は筋肉の断面積に比例する)という。この法則から行けば、地上生物の体重の限界は30トンになるという。しかしこれ以上の巨大恐竜が存在することが知られており、この謎は現在の生物学の常識では説明できないという。

 これに対してこの番組が持ち出してきた考え方が、当時は地球の重力が小さかったのではないかという突拍子もないもの。46億年前には今よりも地球の自転速度が大きく、赤道地帯では重力が今よりも10%小さかったと考えられるという。しかし専門家によると、恐竜がいた1億年前には地球の自転速度は今とあまり違いはなく、重力には違いはなかったと一蹴されている(当たり前だ)。それにも関わらず、「地球の重力が変化していた証拠が今後見つかるかもしれない」というのが番組の結論という大間抜けなオチになっている。

 何か散発的でまとまりのない内容である。番組側もそれを感じているのか、例の無意味な寸劇で「結局結論がないじゃないか」と出演者に語らせていた。これが何やら言い訳めいていて見苦しい。ところで恐竜の体重の謎だが、重力が変化していたなんて突拍子もない説でなく、現在もっとも妥当と考えられているのは、巨大恐竜は湿地帯のような半水中の環境で生活していた(つまり浮力で体重を支えていた)というものなのだが、このもっとも当たり前の説が一顧だにされなかったのは一体どういう意図だ? 結局この番組の悪癖である珍説に固執してもっともまともな説を見逃すというパターンか。

 前半はあまりに特異な状況に対する話で実際には役に立たず、後半は珍説に固執しすぎてまともな説を見落とす。この番組のもっとも典型的なコケるパターンにはまってしまった今回。こりゃ駄目だ。

 

2/8 特命リサーチ200X 「一攫千金ビジネス&インドネシアの謎の生物」

 前半は一攫千金ビジネスとして、化石ハンターと隕石ハンターについて。化石も隕石もコレクターなどがいるので、貴重なものなら10億円ぐらいの値が付くこともあるのだという。そこで化石ハンターや隕石ハンターをするための手法についての紹介である。

 ・・といったところで、日本では恐竜の化石が発見される可能性があるような地層は少ないし(そもそも地層が新しすぎる)、隕石の大半は海に落ちてしまうので、日本ではどちらもほとんど不可能である。また日本の博物館はアメリカの博物館ほどは金を出さないと思われる。将来アメリカに移住するつもりでもある方なら試しても良いかも。ただ私としては、もう少し手堅い商売をお勧めします。

 

 後半はインドネシアの謎の生物(UMA)について。インドネシアには以前からオランペンデクと呼ばれる、二足歩行をする謎の生物が存在すると言われているとのこと。先ほどオランペンデクのものと言われる体毛が発見されたが、これは人間のものでも他の類人猿のものでもなく、新しい生物である可能性があるという。

 番組としては、ジャワ原人の生き残り説や新種の類人猿説などを紹介していたが、結局は例によって「さらなる調査が待たれる」とのこと。また結論なしかい?! ・・・ちなみに私はもう一つの説をあげておく。それは「日本軍人の生き残り説」である。特に戦後の頃は東南アジアのジャングルに潜んでいた日本軍人は結構多く(小野田さんや横井さんの例は有名)、それらが謎の生物と言われた例もある。マルコ=ポーロや1914年の例は日本軍人はないかもしれないが、1954年に現地の女性がオランペンデクに襲われたという例は極めて怪しいように思われる。

 

2/1 特命リサーチ200X 「鳥インフルエンザ&死体なき殺人事件」

 今、鳥インフルエンザが話題になっているが、これがこれほどまでの社会問題になっているのは、このインフルエンザウィルスが突然変異によって、新型のインフルエンザウィルスになる可能性があるからである。新型インフルエンザが発生した場合、世界人口の1/3が感染し、数千万人の死者が出る可能性があるとの試算もあるとのこと。

 また鳥インフルエンザは人間には感染しないと言われていたのだが、最近は鳥から人に感染したのではといわれるケースが増えている。これはインフルエンザウィルスの特徴である変異のしやすさによって、人に感染する能力を得ることが出来たのではないかと見られている。さらに鶏の集団飼育などによって人が鳥ウィルスと接触する機会が増えたことから感染の例が増えたのではと考えられているという。

 現在新型ウィルスが発生する可能性として懸念されているのは、人インフルエンザウィルスに感染している人に鳥インフルエンザウィルスが感染することで、体内で新型ウィルスが発生することだという。

 ここでこの番組ではQ&A形式で情報提供をしている。

Q.感染しないためにはどうしたらよいか

A.ワクチンがもっとも有効であるが、ワクチンは感染者が発生しないと作成できないし、製造には6ヶ月はかかる。またワクチンの製造に鶏卵を使用するが、インフルエンザで鶏が死んで卵が不足する事態も想定されるので、現在は人間の組織培養細胞で作れるワクチンを開発中である。(これでは全く質問に対する回答になっていないと思うのだが)

Q.新型インフルエンザへの感染はどうすれば分かるか

A.普通の病院ではすぐに判断できない。設備が整った設備に検体を送って判定するしかない。だから現在は鶏のウィルスかどうかを即座に判断できる検査キットを開発中である。(これも回答としては今ひとつ)

Q.感染してしまったらどうしたらよいか

A.感染から48時間以内に抗インフルエンザ薬を服用すれば効果があると期待されているが、長期間服用すると不眠などの副作用があるので注意。(なんでこうもネガティブなんだ)

Q.我々に出来る対策は

A.1.帰宅したら手を良く洗う、うがいをする、マスクを着用するなどの感染症予防

  2.湿度を50〜60%に保つことでウィルスに感染しにくくなる(ただし湿度を上げすぎるとダニも発生するぞ)

Q.鶏肉や卵を食べても大丈夫か

A.鶏肉や卵での感染例はない。心配なら加熱すれば、ウィルスは75℃1分間で死滅するので、安全

Q.日本での発生の可能性は

A.否定は出来ないが、各種の対策がなされているので心配しすぎることはない。(といっても、なんかイマイチ不安だな)

 現在話題になっている情報にタイムリーに対応し、正確な情報を流そうとした・・・というつもりなのかもしれないが、前半部分で派手に危機感を煽りまくった割りには、後のQ&Aに出てくる対策などが貧弱なものばかりで、これではパニックをおさめるのではなくて、パニックを煽ろうとしていると言われても仕方ないのではないか? あまりにも生々しい話題だけに、もう少し扱いは慎重にあるべきだろう。

 

 後半はアメリカでの死体のない殺人事件について。これは妻を殺した男が、その死体をウッドチッパー(木材をチップにする機械)でバラバラにして川に流してしまった事例を、法医学の専門家が犯人の逮捕までに追いつめた例である。

 ここで出された手法は、血痕の大きさや形状などから殺された時の様子を推測する血痕鑑定、さらに2センチの大きさの骨からそれが頭蓋骨であることを明らかにした分析などである。

 確かに凄まじい執念によって事件を明らかにしたものだと感心するが、問題はこの事例が1980年代とかなり古いものであることである。現在はDNA鑑定が進んでおり、これを駆使するともっとすごいことが出来るはずなんだが・・・。

 

1/25 特命リサーチ200X 「科学の力で高級食材の味を手に入れろ」

 高級牛肉と安い牛肉の違いは何か。それは旨味成分や脂肪分の違いであるという。つまりそれを後で補ってやれば、安い牛肉も高級牛肉の味に近づくという。そのポイントであるが、なんとマイタケを使うのだという。マイタケのエキスを肉にしみこませて焼くことで、旨味成分が大幅に増加するとのこと。これはマイタケに含まれるタンパク分解酵素の働きによるのだという。

 さらに脂肪についてであるが、脂肪の多い肉は焼いた時にラクトンが出来ることで、甘みが生じるのだという。さてこのラクトンを増やす方法だが、肉屋などでもらえる肉の和牛の脂肪を安い肉の上に刻んで並べて一晩おくのだとのこと。

 また焼き方にも注意が必要とのこと。家庭用のコンロでは強火で表面を焼くよりも、弱火でゆっくり焼いて方が無難だという。

 二つ目が赤身のマグロをトロに近づける方法。これはマヨネーズを使うという。マヨネーズを塗って2時間ほど冷蔵庫で置くことで、マヨネーズの油がマグロに溶け込んで、まろやかな味になると言う。

 三つ目は米。これは米にハチミツを入れればよいと言うもの。これはハチミツの酵素によってデンプンが分解され、糖に変わるという効果がある。さらにハチミツを入れることで水の沸点が若干上がる(と言っても1、2度であるが)ことでふっくら炊きあがるのだという。ところでこの方法は以前にガッテンで紹介していたのだが・・・・パクリ?

 後半は南米チリで発見された謎の生物について。エナーノ(小さな人と言う意味らしい)と呼ばれるこの生物は、現地の子供が森で発見したのもので、発見後死亡したため現在はミイラになっているという。

 番組の調査では、頭蓋骨が変形したオポッサムではないかということだが、歯の痕跡が見られないことだけが不可解であり、実際のところはDNA鑑定をしないと分からないとのことで、その結果が出るのは数ヶ月後とのこと。なんじゃ?尻切れトンボか?

 私は直感的にカンガルーの仲間の胎児ではないかと思ったのだが、結局はこの番組の結論も近いところだったようだ。オポッサムが事故か奇形か後で意図的に加工されたかは分からないが、頭蓋骨が変形したという説明はリーズナブルに思われる。なんにせよ、DNA鑑定の結果に期待しようか・・・結果が出たら本当に放送するんだろうな?

 前半は実用的でありまずまずの内容。ガッテンのパクリでは?というネタもあったが、それを正面に出していたわけではないからこの程度は大目に見ても良かろう。ただ後半は腰砕け。まあ分からないものをそのまま「分からない」と放送するのはこの番組らしいが(正直なのは認めますが・・・先週にもこう言ったっけ)。

 

1/18 特命リサーチ200X 「西郷隆盛本当の顔」

 青柳家という旧家の倉から見つかった多くの写真の中から見つかった一枚の写真。これが西郷の本物の写真ではないかという話である。

 西郷隆盛といえば誰もが上野の西郷の銅像をイメージするだろうが、西郷は写真嫌いで通っており、実は上野の像は西郷の写真を使ったわけではないのである。上野の銅像の元にされた肖像画はキヨソーネという肖像画家によって描かれたとのことだが、キヨソーネは西郷の顔を知らず、資料がないために、西郷の親戚の写真からモンタージュのようにして描いたものである。実際、西郷の像が建てられた時、除幕式に立ち会った西郷の妻の糸子は「うちの人はこんな人ではない」と言ったというエピソードが残っている(かなり有名なエピソードである。ただこの発言の真意については未だに明らかではないが。)。

 さて件の写真であるが、明治の元勲のブロマイドのようなものなのだが、その中で一枚だけ裏の名前が削られた写真があったのだとのこと。青柳家のある東北では戊辰戦争の時に寛大な措置をとった西郷の人気が非常に高く、西郷の写真が含まれていないとは考えにくいとのことである。西郷は後に反乱者として処罰されたために、西郷の写真を持っていることを咎められることを恐れた青柳家の当主によって名前を削られたのではないかとのことである。さらに写真の人物の耳の形の特徴が、西郷のものと一致しているとのことである。

 番組では確認のために写真の人物の服装に注目したところ、これは大礼服と言われる特別な服だと判明し、これを着られたと考えられる人物は西郷を含めて267人いたとのこと。そこでこれらの人物の肖像写真を集めて分析したところ、尾崎忠治という人物であったことが判明したという。

 ということで番組は完全にどっちらけなのだが、さすがにこれだけでは格好が悪すぎるので、最近になって実際に西郷に会った人物が描いた肖像画が見つかったとの情報を追加している。この絵によると確かに今伝えられている肖像画とイメージは異なる(と番組は言っている)が、私の印象としてそれほど今までイメージと違っているという印象は受けなかった。

 正直であるのは認めるが、「西郷隆盛の写真か?!」と持ち上げていた写真が「実は違いました」という結論では番組自体は完全にコケている。まあ上野の西郷像や西郷の肖像画がモンタージュによって作られたという情報は、一般人には興味深いかもしれないが、それ以外にはあまりこれという情報がなかったのがつらいところ。

 

11/23 特命リサーチ200X 「噂&スカイフィッシュ」

 前半は種々の都市伝説について。私は都会でデマがどのように広がっていくかという検証かと思っていたのだが、実はその個々の噂の信憑性についての評価だった。

 まず1つ目は「自分でピアスの穴を開けた女性が、その穴から出てきた白い糸を引っ張ったところ、それが視神経で失明してしまった」というもの。

 これについての解答は単純至極。視神経が耳を通っているわけはないので、これは全くの嘘だというもの。なおピアスの穴から白い糸状のものが出てくることがあるが、それは皮脂や垢などであるとのこと。

 2つ目は「海でけがをした男性の体内で、フジツボがびっしりと繁殖していた」というもの。

 これは「血液と海水の組成がよく似ているから」というもっともらしい注釈がついているようだが、結論は「嘘」。フジツボの幼生と人間の体液は浸透圧がまるで異なるから、もしフジツボの幼生が人体内に入っても死んでしまうとのこと。考えれば当たり前のことである。

 3つ目は「歩行者専用道路の標識は、誘拐犯がモデルになっている」というもの。これについては標識のデザインは国際標準からとられており、デザインを一般公募したという事実はないので、嘘。ちなみにこんな噂が出た原因の一つと考えられるのは、かつて西ドイツの首相がこの標識について「誘拐犯のように見える」と発言してデザインが変更になったという事実があるとのこと。

 私は根も葉もない噂がどういう経過で一般に広がっていくかということの方に興味があったのだが、もっと単純な内容だった。こんなものまともに検証したらすべて嘘であるのは当たり前である。こんな噂を信じてしまう者は、自分の頭でまともにものを考える習慣がないからである。こういう人物は悪徳商法にとっては格好のカモであるので、要注意である。

 後半はビデオなどにたまに映っている「スカイフィッシュ」と呼ばれる像について。静止画で見ると棒状の胴体から3対ほどの羽が出ているように見える謎の生物が映っていたりするものだが、これの答えは「カメラの直前を横切ったハエが、残像効果によってそう見えたもの」。こんなこともいわれるまでもなく当たり前である。静止画ばかりで見ているから謎の生物のように見えるが、動画で見たら一目瞭然。明らかにハエが横切っていることが分かる。これも「ビデオは真実を映している」という根拠のない思いこみがあるからである。

 ビデオではこの手の残像現象やノイズが混入する例は非常に多い。例えば以前に某番組で見たことがあるのだが、ある死刑になった罪人の生首を描いている掛け軸について(それにしても悪趣味だ)、閉じているはずの目が開いたという騒ぎがあった。この例も映像を見れば一目瞭然、ビデオなどによく現れるいわゆる黒点ノイズが、たまたま絵のまぶたに重なる位置に出ていたというだけのことだった(その証拠に、その黒点を除いて絵を見てみると、明らかに目は閉じていたし、カメラのアングルが動くと、フレームの同じ位置にやはり黒点ノイズが現れていた)。放送していたテレビ局の方は映像のプロであるのだから、こんなことは当然分かっていたはずであるのに、まるで心霊現象であるかのように放送していたという品性の低さの方に、私はむしろゾッとした覚えがある(本当に心霊現象だと思っていたのだとしたら、今度はその知性の低さにゾッとするが)。 

 

10/26 特命リサーチ200X 「謎の奇病&謎の歯車」

 顔を洗おうとして水に触れた途端に異常な冷たさを感じるという奇病が発生した。

 これは実はかつてガンビエール諸島で大量発生した奇病だとのことである。この奇病は珊瑚礁でとれた魚に蓄積する毒によるものだとのことが後に分かったとのこと。珊瑚礁が環境変化や事故などによって死滅した場合、そこに石灰藻とよばれる藻が繁殖し(石灰藻は環境変化に強い)、それに付着する特殊な藻が原因だったのだという。

 実は既にコロンブスの時代から船が座礁すれば珊瑚礁の魚が有毒化するということが伝えられていたという。この毒をシガテラ毒といい、そのシガテラ毒の正体がこの藻による毒だったとのこと。この毒は体内に蓄積され、感覚異常などの障害をもたらすという。

 このシガテラ毒の中毒は全世界で数万人単位で発生しており、日本でも数人の被害者が出ているという。しかしシガテラ毒が蓄積されやすいことが分かっている魚は輸入が禁止されており、漁港などでも廃棄されているとのこと。日本での中毒患者は自分で釣った魚をよく知らないまま食べた例だという。

 要は魚の中には毒のあるものもあるので、気をつけましょうと言う話である。こんなことは今更言われるまでもないが。ちなみにこの番組では触れていないが、フグの毒も実はフグの体内で生成されるものではなく、フグが特別な藻を食べることによって蓄積されると言われている。つまりはそれと同じメカニズムである。

 

 後半はオーパーツシリーズ。古代のギリシア時代の遺跡として発見されたアンティキテラの歯車には、16世紀に発見されたと言われている差動歯車機構などの技術が使用されており、古代ギリシア以前に超文明が存在したのではないかとの説まであるとのことである。

 これに対しての解答は、実は古代ギリシア文明というのは我々のイメージよりも遥かに高い技術を持っており、その技術をもってすればアンティキテラの歯車も製造可能だろうというもの。

 アホらしい話である。「こんなものが古代人に考えられる訳がない」なんて言うのは現代人のおごりにすぎない。現代人がよくする勘違いは、古代人を馬鹿だと考えてしまうことである。現代と古代を比較した場合、現代の方が一部の科学技術が進歩しているだけであり、数学などの思考の世界で行えることは古代も現代と大差ないか、場合によってはより現在より進歩している場合もある。それを考えずに、超古代文明だとか甚だしきは宇宙人だなどと言い出す輩は、古代人よりも遥かに馬鹿だと言ってよいだろう。差動歯車機構など、技術的に困難なものと言うよりは、ようは思いつくかつかないかだけの話なので、古代ギリシア人がそれを知っていたところで不思議でもなんでもない。むしろ当時の人間はこんなものは発明だとも何とも思っていなかったのではないだろうか。

 

8/31 特命リサーチ200X 「空き巣の手口&イメージトレーニングダイエット」

 前半は空き巣にアンケートを行ったという空き巣の手口について。

 最近の空き巣は大胆かつ細心になっており、ターゲットにした家の生活状況を事前に把握して行動するとのこと。そのためには電話をかけて留守を確認したりするのだが、もっとも大胆な輩は市役所の福祉課の職員を装って、生活状況(通院による留守などの情報)を調べる者までいるとのこと。

 また最近の空き巣は夜よりも昼が中心だし、場合によっては家人がいる時に忍び込む大胆な者もいる。また閑静な住宅街などよりも、人通りの多い繁華街などの方が、不審な人物がウロウロしていても目立たないので犯行が多いという。

 そして空き巣が好む家は、塀や生け垣で覆われた家。これは一旦中に入ってしまえば、玄関先でゴソゴソしていても外から分からないからである。また犬がいる家も、犬がいることで安心して戸締まりが甘くなりがちなので、逆に狙われる場合があるという。空き巣はターゲットにした家の犬を餌づけして、肝心の時には吠えないようにするなんてことをするらしい。

 空き巣防止のためには、とにかく「防犯意識の高い家」だと思わせて警戒させること。また大体は10分で侵入できないとあきらめるので、簡単に侵入できないような仕掛けを行っておくことが大事である。また最後は、ご近所の視線というのが一番の抑止力であるとのこと。

 以上、実用的かつ実にリーズナブルな話、是非とも参考にされるが良かろう。

 

 後半は一転して、この番組の大好きなダイエットネタ。当然ながらこちらは胡散臭さが増す。

 今回の内容は「筋トレをイメージすると筋力が増加するとの記事があったが、それでは筋トレをイメージするだけで筋量が増加してダイエットが出来るのか」というもの。

 これの答えは実にあっさりしたものである。筋トレをイメージすることで確かに筋肉の運動がスムーズになり筋力増加の効果はあるが、筋量は増加しないのでダイエットにはならないというもの。考えれば当たり前のことである。

 ここまでは全く当たり前のことなのだが、ここからがこの番組の本領。この番組によると、筋トレをイメージすることで成長ホルモンの分泌が促される可能性があり、筋トレの効果をあげることになってダイエットが出来るかもしれないという突飛な仮説が登場する。もっともこの仮説は現在のところ「可能性がある」と「かもしれない」だけなので、これについては今後確認するとのこと。本当に確認できるのやら・・・。

 

 ちなみに今回は番組の最後に謝罪文が読み上げられた。これによると以前に放送した金縛りの回で、睡眠時無呼吸症が重症化してナルコレプシー(脳の損傷に伴う睡眠障害の一種)になる可能性があると放送したのだが、これが取材スタッフの事実誤認であり、仮説としても全く成立していないとのことである。この手の番組がこのような謝罪を入れることは極めて異例であることを考えると、恐らく局として無視できないような人物からかなり厳重な抗議があったのだと思われる。もっともそうだったにしても、某番組などではどれだけ抗議があっても素知らぬふりで通すとのことであるから、それに比べれば随分立派な態度であると言って良いだろう。

 実はそれよりも注目すべきは、ここで「仮説」という言葉を使っていることだろう。残念ながらこの回のビデオが残っていないので確認のしようがないのだが、私がこの回の放送を見た時にこれが「仮説」であるとの印象がほとんど残っていないことから考えると、これが「仮説」にすぎないということはあまり強調していなかったのであろう。つまり番組が確信に満ちて断言しているように見える事実も、実は一皮むけば単なる「仮説」にすぎないということである。もっともそれはこの番組だけでなく、仮説どころかほとんど思いつきにすぎないようなことを、まるで確認された事項であるかのように放送する番組があるから要注意である。「○○と心得よ」なんてやたらに言う番組は特に要注意するべし(笑)。

 

6/29 特命リサーチ200X 「冷却シートダイエット&連続児童殺害事件」

 この番組では以前に低インシュリンダイエットを仕掛けて成功しているが、それで味を占めたか、今度は冷却シートで痩せるという「いかがわしいダイエットシリーズ」第2弾である。内容からして、スポンサーに小林製薬がついているのかと思ったが、どうやらスポンサーの中にはいない模様。おそらく後で宣伝料を取るのだろう。

 この番組の論理は、冷却シートを肩などに貼ることで脳が体温が低下したと判断、体に対して体温を上昇させる指示を出す、脂肪が燃焼されるというものらしい。確かに体温が低下すれば、体は防衛反応として体温を上げようとするが、果たしてそれだけでそんなにダイエット効果があるだろうか。それよりも冷房がガンガンに効いた部屋にこもるか、軽くウォーキングでもして心拍をあげる方が効果があると思うのだが。

 この番組では、実験によって4キロ痩せただの、食事制限も運動もリバウンドもないと例の決まり文句を繰り返すが、何やらこれが胡散臭い。で、よく見ていると、このダイエット法の注意事項として、「このダイエットは軽い運動をしているのと同じなので、通常よりも空腹になるが、ここで普段よりも食事量を増やさないように気をつけること」とのことである。これだったら、結局は食事制限しているのと同じじゃないかとツッコミたくなるが、実はここがこのダイエットの最大のポイントと見た。というのは、太る人間というのは自分がどれだけ食べているかを把握できていない場合が多いのである。だから「食事量を増やさないように」気をつけることで、自分の食事の量を意識することが出来れば、本人にダイエット願望がある以上、自動的に食事量が減少することになるのである。要は冷却シートなんておまけである。

 この胡散臭いダイエット法、試してみようという人をべつに止める気はないが、一言言っておけば、この番組が言うように4〜8枚の冷却シートをヒンヤリとしなくなったら貼り替えることを繰り返し、一ヶ月の間体に貼り続けるということを行えば、冷却シートにべらぼうな金がかかるのと、肌がボロボロになることだけは確実なので、その覚悟のある人だけどうぞ。

 なおこのダイエットに関しては、いずれは「あるある」辺りで「話題の冷却シートダイエット法、果たして本当に効果があるのか。科学の目で調べてみました。」などと叩きつぶしにかかるのではという予感がしていたりするのだが(このダイエット法が話題になるか次第だが)。

 

 後半はイギリスの小児科病棟で起こった患者の連続変死事件。結局は犯人は、もっとも献身的に患者の看病をしていたように思われた新人の看護師であった。殺害の動機などなかったはずの彼女がなぜこのような挙に及んだかであるが、その原因が「代理によるミュンヒハウゼン症候群」という一種の精神の病気であるとのこと。

 ミュンヒハウゼン症候群とは自身を傷つけたり病気を装うことで周囲の関心をひこうとする行為である。これを自分自身でなく、身近な他の人物を傷つけることで行おうとするのが「代理によるミュンヒハウゼン症候群」とのこと。母親が自分の子供を傷つける場合が多く、アメリカでは「難病の娘をけなげに看病する立派な母親」として全国の話題を集めていた母親が、実は自分の娘を虐待していたとして逮捕された例があるとのこと。看護士の彼女の場合は、身近な患者を殺すことで「献身的に看病に励む看護士」を自作自演していたのである。

 なおこの「代理によるミュンヒハウゼン症候群」は先進国で増加が推測されており、日本でも児童虐待の中にこれが含まれていた例があるとのこと。

 もっとも私の体験からいけば、日本社会においては、能力も仕事もない管理職が部下に無意味な仕事を押しつけて、長時間の残業を強いることによって「忙しい職場」を自作自演し、自分も仕事をしているように見せかけようとする「代理によるハードワーキング症候群」の方がより例が多いように思われるのだが。

 

6/15 特命リサーチ200X 「暴走列車&人体ラジオ」

 この前にも書いたように、パニックものめいてきたこの番組では、前半のテーマは無人列車の停止作戦である。

 爆発物(液体フェノール)を満載した貨物列車が、無人で暴走した(そうなったいきさつについては私は見ていない)。このままいけば途中の魔のカーブと呼ばれる急カーブで脱線は必至である。そうなった場合、沿線に大被害が生じる。途中の人口密度の低い地域で意図的に脱線をさせようとして待避線へのポイントを切り替えたが、猛スピード(100キロ程度)の列車はポイントを弾き飛ばして直進を続ける。果たしてこの列車をどうやって止めるかというもの。

 結局、最終的にとった方法は、別の機関車で追いかけ、無理矢理に連結した後にブレーキをかけ、速度が落ちたところで列車に機関士が飛び乗り、決死の覚悟で停止を行ったというもの。確かに映画的で内容としては面白いんだが、だからどうした?

 後半は、誰もいないところで人の話し声のようなものが聞こえてくるという、心霊現象もどきに対する「科学的」説明。この番組によると、これは人体がラジオの働きをすることによるという。人体は電気を通すので強力な電波の元ではアンテナとして働き、また歯に2種類の金属の詰め物をしていることで、その接点がダイオードのような働きをし、これが検波器になったとのこと。最終的にはここで発生した音が、骨伝導によって増幅されて聞こえたとしている。実際に先の現象を投稿してきた女性に電波を当てて実験したところ、確かに音が聞こえたとのことである。

 例の白装束集団のような、少々いかれた連中のことを俗に「電波」などというが、本当に人間が電波を受信することがあるという実例である。あの連中も全員、歯に金属を詰めていたのだろうか(笑)。結論になんとなく胡散臭さを感じる向きもあるかもしれないが、人体からラジオが聞こえてくるというのは、実際にアメリカでも起こったことであり、あり得る話である。少なくとも、謎の声の正体が心霊現象である可能性よりは、遥かに現実的なのである。 

 

5/18 特命リサーチ200X 「ヘルファイター」

 どうも最近はパニックものめいているこの番組であるが、今回は油田消火のスペシャリスト達の物語である。

 ヘルファイターと呼ばれる彼らの組織は世界中で16社に及ぶという。彼らが一躍注目を浴びたのは湾岸戦争においてである。クウェートから撤退するイラク軍は、クウェートへの経済的ダメージと、多国籍軍の侵攻防止のために油田に火をつけた。火をつけられた油田は数百カ所に及び、専門家の試算では完全消火に5年かかるとの結果が出ており、地球環境への影響も懸念されたのだが、世界中から招集された彼らはなんと9ヶ月ですべての油田の消火を終えたのである。

 油田火災は凄まじい灼熱地獄である。炎上する油田の周辺では温度は200℃を越え、生物は近寄ることさえ出来ない。そんな中彼らはどうやって消火作業を行うのかをこの番組では紹介している。

 彼らはまず、油田の付近に消火小屋を建築することから始まる。そこから大量の放水を行いながら、まず油田のバルブの状態をチェックする。この時、もし放水が少しでも偵察メンバーからずれれば(放水程度で油田火災は消えない。放水は偵察メンバーを熱から守るために行うのだ。)、彼らは大やけどを負うことになりかねない。

 バルブの状態に応じて、彼らの作業は変わる。バルブにタールなどの付着物が多く見られる時は、まずその除去から開始しなければならない。この作業は場合によっては戦車を使用することさえあるという。

 バルブの付着物を除去すれば、いよいよ消火作業に取りかかる。この際に使用されるのがダイナマイトである。ダイナマイトは油田の周辺から酸素を除去するのに使用するのだとのこと。なおこれで消せないような火災の場合は、巨大な金属の筒をかぶして、それを大量の水で冷却することで不完全燃焼を起こす方法もあるとのこと。

 最後はいよいよ新しいバルブを取り付けて石油の流出を止める作業に取りかかる。しかし実はこれが一番危険な作業である。油田では未だに石油が大量に吹き上げているし、周囲には引火性ガスが充満している。もしこの作業の際に火花を散らせば、大爆発を起こす可能性があるのだ(実際、この作業時にルーマニアチームで2名の犠牲が出たとのこと)。慎重な作業によってバルブを取り付け、石油の流出を止めれば、目出度く彼らの仕事は終了である。

 なお彼らがこの作業で得た収入は、一人当たり9000万円。これを高いと思うか安いと思うかは難しいところだ。

 

1/19 特命リサーチ200X 「身長を伸ばす」

 今まで日本人の身長は伸び続けてきたのだが、最近はその伸びが停止しているという。ではどうすれば身長を伸ばすことが出来るかというのが今回のテーマである。この番組では益子直美氏を参考にして、どうすれば背が伸びるかに注目している。

 栄養面では俗に言われているカルシウムの摂取よりも、タンパク質や亜鉛に重点をおくべきとのこと。またジャンプする運動が良いなどと言われているが、これも特に運動を限定するわけでなく、運動をすること自体が大切だという。

 また思春期が早く来ると身長の伸びが止まってしまうのだが、それには睡眠が影響しているという。睡眠不足になると、性ホルモンの抑制がうまくいかなくなり、思春期が早くなってしまうという。また成長ホルモンは睡眠時に分泌されるので、やはり「寝る子は育つ」だそうだ。

 またストレスも良くないし、肥満も大敵だとのこと。しかしこうして考えると、今の子供の身長が伸びていきそうなはずが無いような気がしてくる・・・。ちなみに大人が背を伸ばす方法については、次回とのこと。しかし本当にそんな方法があるのか?

 

 後半は酒で失敗しないにはどうすれば良いかという、私には全く関係のない話(酒で失敗するも何も、少しでもアルコールを摂取すると、すぐに爆睡してしまう)。

 この番組によると、アルコールで記憶が飛んでしまうのは、アルコールがNMDAレセプターという短期記憶を長期記憶に変換するための器官を阻害するのだとのこと。これを防止するにはサフランを摂取すると良いという。

 また酒で性格が変わるのは、原始的感情を抑えている理性が麻痺するから。これを防ぐには血中アルコール濃度を上げないこと。一気に飲むことをせず、何かを食べながら飲めばよい。また水などを飲んで、尿を出すのがよいとのこと。

 またチャンポンすると酔いやすいと言うが、これは目先が変わるために飲み過ぎてしまうことが原因。異なる酒を合わせたからといって、特別な作用が起こることはない。

 なおワインには亜硫酸やチラミンなどの成分があり、亜硫酸は肝臓の働きを一時的に阻害し、チラミンは血管を収縮させる作用があるので、これが頭痛の原因になったりするとか。

 また女性はエストロゲンの作用で肝臓の働きが阻害されることがあるので、女性は生理前には酔いやすくなってしまうとのこと。

 以上、どうでも良いような内容。気になる人は試してみれば。

 

7/21 特命リサーチ200X 「アルツハイマー防止&幼児の謎の溺死」

 先程亡くなったぎんさんの脳を解剖したところ、意外なことが判明したという。ぎんさんの脳にはアルツハイマー病患者に現れる老人班が出ており、少なくとも100歳でアルツハイマーの症状が現れていたはずであるのだが、ぎんさんは105歳までアルツハイマーの症状は現れなかった。これはなぜかという解明を行っている。

 アルツハイマーを防止する薬品としては、アスピリンやインドメタシンなどの非ステロイド系消炎剤が知られているとのこと。これらは脳での免疫系の過剰反応を阻止することで、アルツハイマーの症状を抑えると考えられている。だが、ぎんさんはこの手の薬剤は服用していなかったという。

 で、ぎんさんがなぜアルツハイマーにならなかったかであるが、これはぎんさんが魚が好きだったことが原因であるとのこと。魚の中に含まれているDHAが脳の機能をアップさせ、アルツハイマーを防いだという。

 ここまできたところで「何をいまさら・・」という気がしたのが正直なところ。魚のDHAが頭に良いというのはかなり前から言われ、お魚天国でも「魚、魚、魚、魚を食べると、頭、頭、頭、頭が良くなる」と歌われているぐらいである。それだけ有名なものを今更念押ししたところで何の意味があるんだろうか? もし竹中直人が出てこなかったら、3年ぐらい前の再放送ではないかと感じたぐらいである。

 

 後半は、幼児の謎の溺死について。三歳の女児が、親が目を離した数分の間に、水深20センチのビニールプールで溺死してしまった事例について説明している。死亡した女児の肺には水が入っておらず、普通の大人の溺死とは明らかに様子が違っていた。

 この事例は迷走神経の暴走によって説明されるという。人間には喉頭を制御する迷走神経という物が存在するが、幼児は皮膚が薄いせいで、皮膚に対する刺激などがすぐに迷走神経の過剰反応を招き、窒息を起こすことがあるのだという。

 対処方法としては、呼吸をしていないことが確認されたら、直ちに気道を確保し、人工呼吸と心臓マッサージを交互に行うこととのことである。ただし、これは全く経験がなかったらとっさにはなかなか行えないだろう。しかし幼児にはこういう危険があることを事前に知っておくことは意味がある。

 

7/14 特命リサーチ200X 「地中海から魚が消えた&尿路結石」

 地中海で魚がとれなくなる現象が発生しているとのこと。この原因は海底に青々と茂っているイチイヅタである。イチイヅタは葉の表面から微量の毒素を出すために、これが海洋微生物を死滅させる上に、太陽光を遮断することで他の海草類を枯らせてしまい、餌をなくした魚がいなくなってしまったのだ。

 元来イチイヅタは熱帯の植物であり、地中海では冬には死んでしまうはずである。しかし実はこのイチイヅタは変異種であり、寒さに強い性質を持っているのだという。このような変異種が発生したのは、水族館にイチイヅタを導入したときに、水の殺菌のために紫外線を当てていたことが原因だったのである(まるで放射能で突然変異したゴジラのようである)。このようにして生まれた変異イチイヅタは、寒さに強い以外にも、無性生殖が可能である(個体の断片からでも発芽ができる)、巨大化するなどの性質を持っており、「キラー海草」と呼ばれて恐れられており、現在世界中でその繁殖が懸念されて、欧米ではイチイヅタの輸入が禁止される措置がとられているという。

 さて、ここで我らが海洋国家・日本の対応なのだが、実は全く何もしていないという。毎度のことながら、取り返しのつかない問題が発生するまではこの国は動かないようだ。一体農林大臣は何をしているんだ・・・あっ、今の農林大臣はあのBSEでその無能ぶりをいかんなく発揮したあの武部か・・・駄目だこりゃ。

 ちなみに日本の環境は地中海よりもイチイヅタの大繁殖のための環境が整っているという。そうなった場合、10年ほどで近海漁業は壊滅する恐れもあるとのことで非常に懸念される。

 

 後半は尿路結石について。尿路結石とは、尿中のシュウ酸や燐酸・カルシウム・尿酸などが結晶化して、腎臓や尿管などで石となってつまること病気である。これで尿管などが閉塞すれば、患者は七転八倒の苦しみを味わうことになる。この尿路結石が近年急増しているのだという。

 原因はシュウ酸の摂取量が増加したことであるとのこと。シュウ酸は緑黄色野菜のアクの成分であり、ほうれん草などに多く含まれている。最近は健康ブームでほうれん草を生で食べたりすることが多くなったり、茶の消費量が増えた(茶にもシュウ酸が含まれている)ことなどによりシュウ酸が体内に増加しているのだという。またストレスや不規則な食事も結石の原因になるとのこと。

 さらに夏場は結石が起こりやすい季節である。それは汗をかくことによって体内の水分が減少し、尿の濃度が増加して、結晶が析出しやすくなるのである。また寝る前にビールなどを飲むことが最悪である。ビールは利尿作用があるので、就寝前に体内の水分が減少する上に、ビールに含まれるプリン体自体が結石の原料となる。これを防ぐには、汗をかいたときにはキチンと水分を摂るなどの行為が重要である。

 要は、水分を十分に摂ることと、バランスの良い食事を摂ることが重要なのである。ここでは悪玉のように言われているほうれん草も、ビタミンCなどの重要な栄養を含んでおり、何も身体に悪い食べ物ではない。しかし極端な取り方をすれば、害の方が現れるということで、これはどんな食べ物でも言えることである。だから私は常々「あるあるのようないい加減な番組に踊らされてはいけない」と言っているわけである。どんな食べ物でも取り上げ方で、身体に良い万能食品のようにも、人体に害の多い危険食品のようにでも扱うことができるのである。

 ちなみに私の会社に、尿路結石で二回入院した人物がいるが、彼はジムやプールで汗を流してはビールを大量に飲むという生活を送っていた。まさにこの番組で取り上げていた最悪のパターンである。二回目の入院の後、さすがに彼も生活を改めたとのこと。みなさんも注意されたし。

 

6/23 特命リサーチ200X 「部分痩せ&心霊現象」

 まず番組は、巷の部分痩せに関する迷信の打破から始まる。

 1.マッサージで脂肪を減らせるか

 マッサージで脂肪をもみだしたところで、脂肪が消費されなければ脂肪が減少することがない。そもそもマッサージで脂肪を流し出すなど不可能で、そんなことをしようと思えば脂肪細胞を破壊するぐらいの力を加えないといけないが、そんなことをすれば炎症などが発生してとんでもないことになる。なおマッサージでリンパ液などの流れが良くなることで、むくみがとれて「一時的に」その部分が細くなることがあるが、それはあくまで一時的なものである。

 2.痩せたい部分にラップを巻く

 こんなことをしても汗が出るだけで、脂肪は全く減らない(汗の成分はほとんど水分)。それどころか、あまり身体にラップを巻きすぎると脱水症状が生じて危険である。

 3.腹筋運動など痩せたい部分の運動をする

 運動をしたからといってその部分の脂肪だけが減ることはない。あくまで脂肪燃焼の指示は全身に回るので、脂肪現象は全身で起こる。なお脂肪燃焼には有酸素運動が有効なのだが、腹筋運動などの筋力トレーニングは無酸素運動であり、脂肪燃焼にはあまり有効ではない。しかし筋肉量が増加することで、基礎代謝を向上させる効果はある。

 4.遠赤外線を当てる

 遠赤外線を当てることでその部分の体温が上がることは確認されているが、脂肪が燃焼する効果は全くない。また遠赤外線サウナなどで体重が減少するのは、ただ単に汗をかくことで水分が減っただけである。水分の補給を行えば、すぐにまた戻る。

 以上のように見事にすべてを粉砕している。そしてここで最も注目すべきは1の説明である。この説明はあるあるで以前に放送していた「セルライト」なるものに真っ向から喧嘩を売っている。あの時のあるあるの結論は、マッサージでセルライトをコラーゲンから分離し、リンパマッサージで流し出すなどというものであるが、これがいかに嘘八百であったかをはっきりと言っているわけである。しかもわざわざ「一時的に」むくみがとれて足などが細くなることがあるなどとまで念を押しているのが、これまたいかにも嫌味である(笑)。

 さてここから番組のメインテーマに入る。この番組の調査の結果、実は部分やせの方法は存在するのだという。そしてその方法が「超音波」であるとのこと。

 人体に超音波を当てることで、その部分にノルアドレナリンが分泌され、脂肪が分解されるのだという。しかも超音波を当てることで脱共役タンパク質という脂肪酸を熱に変える物質が増加するので、運動しなくても脂肪が減少するのだとのこと。

 さてここで実際にこの番組のレポーターがこの超音波を体験するのだが、何やら通販で有名な某ア○ソニッ○を連想させるような機器が出てくる。番組の説明によると、超音波も周波数によっては人体に悪影響を与える可能性があるが、517キロヘルツで医療機器の1/10ぐらいの微弱超音波を与えることで、人体に悪影響を与えずに部分痩せが可能なのだとのこと。

 ここまで見た視聴者は、思わず通販に電話をかけるために受話器を握りしめるところなのだが、ここでこの番組は気になる一言を加える。「現在部分痩せする一般向けの超音波機器は完成していない。」ここで多くの視聴者は受話器を握りしめたまま凍り付くことだろう。つまりこの番組は、何も例の○ブ○ニックのことを宣伝しているのではないですよと訴えているのである。部分痩せするものは完成していないというのだから、つまりあれは効果がない(もしかしたら害があるのかも?)ということを言っているわけである。早計は禁物である。

 

 後半は鬼のミイラについて。以前にこの番組では「竜の骨」と言われている骨について、鮫の骨であることを見事に暴いていたのだが、今回は九州のとある寺に伝わる「鬼のミイラ」について分析している。

 X線分析の結果からの結論は、豚や馬の骨を使って人工的に作られたものということである。ただし足の骨だけは既存の生物と合致せず、謎のままである。

 はっきり言って当たり前のどうでも良い内容(笑)。「鬼のミイラ」なるものが出てきた時点で作り物であることははっきりしている。そもそも、胡散臭いと思われていたミイラが調査の結果、実は本物であるということが学術的に証明されたというのなら、番組としてのニュース価値があると思うが、胡散臭いと思われていたミイラが、やっぱり作り物だったという内容は、番組として意味があるのだろうか? まあかつてこの局が、当番組とは全く反対のスタンスで垂れ流していた「水曜スペシャル」などの内容を懺悔しているつもりなのなら、道義的には無意味ではないが。

 

5/26 特命リサーチ200X 「フーリガン&心霊現象」

 日本でワールドカップが開催されるが、そこで懸念されるのが凶暴なサッカーファン・フーリガンによるトラブルである。警備側も、フーリガン対応に慣れたヨーロッパの警官の応援を仰いだり、札付きのフーリガンについては出入国を拒否するなどの万全の対策をとっている。しかしこれでもフーリガンの被害が発生する恐れはあるという。

 フーリガンの被害が防ぎにくい最大の理由は、いつどのような形でそれが暴発するかが予測しにくいと言うこと。普段はいたって善良なサッカーファンにすぎない人物が、集団ヒステリー状態の中でフーリガン化する可能性があるし、暴動が会場外で発生する可能性もある。

 ではフーリガンの被害に巻き込まれないようにはどうすればよいかであるが、外国人サポーターに無闇に絡まない、周囲の群衆の動きをよく見て将棋倒しなどに巻き込まれないようにする、また各チームのカラーなどがあるのでサポーターに間違われない服装をするなどのものである。

 なんかご大層なことを掲げているが、結論としては「なんじゃ、これ?」である。かつてフーリガン化した阪神ファンを見たことのある大阪人間の私としては、何を今更である。

 ちなみに「阪神の快進撃によりファンのフーリガン化が起こった場合、あなたが巻き込まれないようにする方法」は

1.甲子園近くの飲み屋や道頓堀川など、阪神ファンがたむろすると思われるポイントを避ける

2.黄色と黒色の服を着た集団や、六甲おろしが聞こえてくる方向を避ける

 などである(笑)。

 

 後半は心霊現象について。かつてこの番組では六甲山での心霊現象について、断層などによる磁気の異常が脳に影響を与えて幻覚を見せるのではないかと結論づけていたが、今回はこのような断層のない箇所についての現象はどうであるかという話である。場所は僧兵の幽霊が出ると噂の笠間城後のトンネル。

 結論から言えば、このトンネルがある山は花崗岩で出来ており、その中に含まれる磁鉄鉱によって磁気が乱れていたというもの。またここ以外でも心霊スポットの多くは花崗岩と関係している(例えば城とか墓とか)し、さらに鉄橋などでも落雷によって橋が磁化することがあり、心霊スポットになるという。つまりあくまでこの番組は、心霊現象は磁気の乱れによるものとしたいようである。 

 確かに人間の感情なども脳内の電気パルスで制御されている以上、磁気の影響を受ける可能性は否定できなくはない。ただすべてをこれだけに結びつけるのは難しいところだろう。心霊現象の原因として考えられることは、1.単なる勘違い 2.一種の集団ヒステリーによる思い違い 3.テレビなどの心霊番組を信じ込むことにより、何でも霊に結びつける思考回路 4.ただ単に目立ちたいとの考えからのねつ造 5.村おこしなどを目的とした集団的ねつ造 など多々考えられ、原因として考えられないのは、霊が本当に存在するということぐらいである(笑)。

 

4/21 特命リサーチ200X 「身近な毒草&竜の骨」

 我々の身近なところにも意外な毒草が存在する。最初に出てくる事例は、1975年、フランスでバーベキューをしていた男女11人が倒れ、7人が死亡した事件である。当初は食中毒を疑った警察であるが、食材の中には食中毒性の細菌類は発見されなかった。そして検死の結果は、オレアンドリンによる毒物中毒であった。普通は食品中に混入しにくい毒物に当初は犯罪さえ疑われたが、実は原因はバーベキューの串にあった。串を忘れた彼らは、近くに生えていたキョウチクトウを切って串代わりに使っていたのだが、キョウチクトウが持つ毒成分オレアンドリンがバーベキューの中に出ていたのである。

 これ以外にもジャガイモの芽などに存在するソラニンが原因となった集団食中毒の例などを上げ、我々の身近にも実は自然の毒物が意外と存在するということを説明している。またヨモギとトリカブトなど、よく似ている草があるので、これを誤食する例もあるとのことである。

 自然の植物にもアルカロイド系の毒が存在する場合は多いので、気をつける必要があるのは当然である。ただジャガイモの件に関しては、少々煽りが強すぎるような気がする。ここまで神経質になる必要はないというのが、私の感触である。

 

 後半はとある寺に伝えられる「竜の頭蓋骨」の正体について。

 結論から言えば「鮫の頭蓋骨」であったということなのだが、散々引っ張った挙げ句のこの結論はどっちらけである。あんな大層な分析をするまでもなく、顎と歯の形から素人の私でも瞬時に鮫の骨であることが分かったのであるが・・・。

 

 ところで相変わらず気になるのが、番組の間に入るわざとらしい芝居。あの芝居が番組の信憑性を下げていることが甚だしい。この手の番組を好む者にあのようなドラマを見たがる者はほとんどいないと思うのだが・・・。しかもインターネットセクションの人員が変更になったようなのだが、これがまた何のために出しているのか分からない連中ばかり。これだったら前の方が数倍良かったと思われる。

 

3/17 特命リサーチ200X 「セクハラ」

 アメリカでは社内恋愛のトラブルに企業が巻き込まれないようにするために、「恋愛契約書」なるものまでが存在するという。これは職場内における両者の恋愛関係が会社とは一切関係ないものであることを書類で示すものである。明らかに個人のプライバシーにまで踏み込んでいると思うのだが、アメリカでは巨額のセクハラ訴訟で会社がつぶれる例まであるので、それに対する備えだという。

 一方の日本では、セクハラに対する感覚が鈍いために、今後この手のトラブルが増加する恐れがあるという。一番の問題は、男性と女性でセクハラに対する感覚が違うこと。男性の側はセクハラだと考えてなくても、女性にとってはセクハラだと感じる事例が多い。特に男性社会の企業文化にどっぷり浸かっている世代が一番危ない。

 具体的な事例としては、女性にのみお茶くみを強制するというような男女差別の固定化や、職場内に女性が不快に感じるようなポスターや写真を貼るなどというようなものがある。また肩を叩く、手を握るなどの行為は女性側が不快に感じたなら、セクハラに該当する。また上司が部下の女性を一人飲みに誘うなどという行為も、アメリカなどでは御法度であるという。

 ポイントは、女性が不快だと感じたら、それでセクハラだということ。当然ながら誰が行ったかということも大きく、木村拓也がしたらセクハラだと感じないことでも、松村邦洋がしたらセクハラになるということもある。不公平ではあるが、人間関係とはこういうものであると割り切る必要がある。なおこの番組では扱っていなかったが、最近のアメリカでは、女性管理職の増加と共に、女性上司による男性部下に対するセクハラの事例も増えているので、何も注意すべきは男性だけではないということも重要である。

 

 後半は伊豆大島であったという、謎の髪の毛が空から降ってきたという怪現象について。これは空から20センチぐらいの髪の毛のようなものが空から降ってくるという現象で、日本でも歴史上に何度か報告されているという。

 この番組では同様の現象が最近起こったというハワイにまで出かけて、サンプルを入手、成分分析の結果、溶岩の一部である「火山毛」であると結論づけている。これは火山から飛び散った溶岩が引き延ばされて糸状に固まったものであるとのことである。

 一見オカルトに思われるような現象を科学的に合理的説明をしたのは評価して良い(いい加減な番組だったら、オカルト現象にしてしまうのがオチ)。ただツッコミを入れたくなるのは、「火山毛」などという言葉まで存在することから見て、既にその世界では常識として知られている現象であるのは明かであるにも関わらず、じらせすぎ(挙げ句がハワイまでサンプル入手に出かけている)であること。そうしないと番組にならないことは分からないでもないが、あまりにわざとらしいのではないか。

 

 わざとらしいと言えば、最近は竹中直人を中心とするクサいドラマが鼻につきすぎ。情報番組としてこの番組を見ている者にとっては、このドラマは邪魔なだけではないのだろうか?  

 

2/17 特命リサーチ200X 「見たい夢を見る法2&日本酒」

 今回は前回に続いて「見たい夢を見る方法」。ただ「夢をコントロールしたところでどうするんだ?」というツッコミを入れたくなってしまうところだが、一応それはおいておいて、内容の方を見てみることにする。

 このコントロールできる夢というのが、いわゆる「明晰夢」というものである。特徴は夢であるということを自分で自覚していること。6人の被験者でテストしたところ、うちの3人が明晰夢を見ていたという。

 しかしこの明晰夢を見ているのは、10人に1人ぐらいしかいないという。ではその明晰夢を見るにはどういう訓練をすればよいのか。1.夢を思い出す訓練をする(夢に関心を持つようにする)。2.空を飛ぶ夢を見るようにする(空を飛ぶという状況は現実にはあり得ないので、夢であることに気づきやすい)。3.身体を回転させる夢を見るようにする(夢であることを自覚しすぎたときに目が覚めることを防ぐとのこと)。以上の訓練を行うことで、数日で明晰夢を見ることが出来るとのことである。

 といった内容なのであるが、日頃からしょっちゅう明晰夢を見ている私としては「これってそんなに特別なことなのか?」との疑問を抱くところ。まあ確かに明晰夢中に目が覚めてしまうことも多いので、体を回してみるというのを今度試してみることにしよう。

 

 

 この番組も最近にパート2に突入したようなのだが、以前に比べて芝居がかったシーンが増えているようである。そのせいで、以前からいかがわしい雰囲気があったこの番組が、余計にいかがわしく見えてしまうことになっている。もっともどうもパート2に入ってから、ネタがややいかがわしくなってきた感があるので、バランスがとれているのかもしれないが・・・。なお個人的には、中森友香嬢を始めとするインターネットギャルズが登場しないのはマイナス。

 

2/10 特命リサーチ200X 「富士山噴火への対処法&見たい夢を見る法」

 先週には富士山の噴火の可能性を訴えていたのだが、その対処法が全く欠落していて「一体どうすりゃいいねん」状態だったので、それを受けての対処法というのが今回のテーマ。といっても、個人的に出来る対応なんて限られていると思うのだが・・・。

 まず噴火の二次災害の予測から。まずは噴火による交通の寸断。富士山は東海道の要衝に位置するために、ここで噴火が起こると日本が東西に分断されてしまう危険がある。また火山灰が機械に入り込むことによる信号などのトラブルも予測されると言う。また4センチ降灰しただけで、首都高速は麻痺して復旧の見通しが立たなくなるとのこと。さらに航空機なども、エンジントラブルなどの危険から、運行が不可能になる可能性がある。

 次が停電の可能性。送電線などに火山灰が入り込むと、大規模な停電が発生する可能性がある。都会はこれによって大混乱に陥る。

 また水源地への降灰によって、水道の質の低下や下水道の閉塞などによる病気の発生なども懸念される。さらに農地が火山灰によって甚大な被害が起こる可能性がある。しかもこの火山灰の処理に関しては有効な手段もない。そして気象の変化が起こる可能性もあり、こうなると農業はさらに深刻な打撃を受ける。そしてその影響は日本全域に及ぶ。

 と、このように危機感を煽った上で対策になる。

 まずハザードマップや避難訓練による万一への備え。そして個人レベルで用意すべきは、食料と懐中電灯とラジオ、そして見落としがちなのが電池とのこと。さらに交通が寸断されたときのために、自宅に歩いて帰るための地図などが便利であるとのこと。

 また火山灰が屋根に降り積もった場合は、最悪の場合はその重みによる家屋の倒壊も考えられるので、灰の除去の方法も考えておく必要があるとのこと。

 それにこれが今回の番組でもっとも有用な情報だと思うのだが、ダイヤル171というシステムが存在するらしい。これは被災地の住民が無料で伝言を残せるシステムとのこと。使用法は、171をダイヤルした後、指示に従って自分の電話番号を入力、それが被災地の番号なら伝言を残すことができるとのこと。

 以上、非常に危機感を煽る被害予測の割には、出てきた対策というのは「ごく当たり前のもの」。確かにこのごく当たり前の備えというのが結構重要であるのは事実だが、「この程度の備えでどうなるっちゅうねん」と言いたくなるのが本音である。

 ちなみにあの阪神大震災を体験した者から一言言っておくと、「富士山が噴火したときの東京の被害なんて、あの時の被災地に比べるとなんぼのもんじゃい」。実際にあの程度の甘甘の備えでなんとかなるんだったら、それほどのことじゃない。

 

 後半は「見たい夢を見る方法」。ご大層なタイトルを打っているんだが、その中身たるや「寝ているときにも外からの刺激による影響を受けるので、それを利用する」とか「寝る前のイメージに左右されやすいので、見たい夢のイメージを描いてから寝る」という至極穏当なもの。しかもその実験の結果たるや「好きな彼と海辺でデートする」夢を見るつもりだったはずなのに、4人の被験者の中でそのものズバリの夢を見た者は1人もおらず、その中の1人に至っては「電車の中で職場のみんなとおにぎりを握っている」という夢を見たとという大笑いな内容である(あるあるのようなねつ造をせずに、ありのままの結果を出しているのは評価しても良いかもしれないが)。

 「なんじゃいこれは」と言いたくなるとこなのだが、どうも本番は来週のようである。来週は夢を自由にコントロールできるという「明晰夢」についてを紹介するとのこと。

 ただ、やけにご大層に宣伝をうっているが、「明晰夢」というのはなんてことはない、要は「これは夢だと自分で自覚している夢」のことである。これを見るための方法を次回紹介するとのことだが、果たしてそんなに意味のあることなのだろうか? ちなみに私が見る夢の半分はこれである。多分、普段から自分を突き放して客観的に観察する習慣をつけていたら、夢の中でまでその習慣が出るのではないかと考えている。

 それに私個人としては、見たい夢を見るということがそんなに重要なのかには疑問。確かに悪夢から抜け出す方法というのは有用かもしれないが、いくら良い夢を見たところで、目が覚めた後に何とも言いようのない空しさを感じるだけだと思うのだが・・・。実際に私も、中学時代の片思いの彼女(まんざらこちらの片思いだけでなかった可能性もあっただけによけいに辛いのだが)に再会する夢を見ては、起きてからどうしようもなく切なくなることが多いだけに。

 教訓:完全にふられてしまった失恋よりも、比較的うまくいっていたにもかかわらず、状況によってなんとなく駄目になったという形の失恋の方が、後の人生には一万倍こたえます。想いは正面からぶつけて、すっぱりとふられた方が立ち直りは早いでしょう。

 ありゃ、なんか番組の中身と全く関係のないオチがついてしまった。

 

1/27 特命リサーチ200X 「アナフィラキシーショック」

 アナフィラキシーショックとは、例えばスズメバチに刺された経験のある者が、二回目に蜂に刺された時に免疫系などが暴走して、呼吸困難や意識喪失などから死に至ることもある劇症のアレルギー症状である。

 ただこのようなアナフィラキシーショックは、食物アレルギーなどでも起こるケースがあるのだという。この番組の事例では、小麦アレルギーで生命の危機に陥った高校生や、ピーナッツオイルのアレルギーで死んでしまった陸上選手などのケースがあるとのことである。

 アナフィラキシーショックの症状は、体内で発生した強度の免疫反応で、体中に分泌されたヒスタミンが毛細血管を拡張することによって血圧低下を招いたりするのである。

 このようにアレルギーの症状であるアナフィラキシーショックについては、通常はアレルギー反応の前歴があるはずなのであるが、必ずしも常にそうとは限らないと言うのである。今回の事例の高校生の場合、原因は小麦によるアレルギーだと考えられたのだが、彼は以前には小麦アレルギーを起こしたことがなかったとのことである。

 実はアレルギーの症状とは、一般に言われている「かゆみ」や「発疹」などの症状だけでなく、「頭痛」「だるさ」「イライラ」などの一見ではアレルギーとは思えない症状の場合もあるとのことであり、実は先の彼もそのような症状が出ていたとのことである。

 さらに食事後に激しい運動を行った場合には、胃腸の能力が落ちることで未消化のタンパク質が吸収され、これが激しいアレルギーを起こす原因になるとのことである。

 アナフィラキシーショックは近年増加傾向にあり、花粉症の増加や食品添加物や、さらには食生活の変化による腸内の悪玉菌の増加などが原因となっているとのことである。

 

 最近はアレルギーが明らかに増加傾向にあるので、このような事例も増加していくだろう。上記の原因を見ていると、腸内細菌はともかくとして、花粉症も食品添加物もいわば「公害」につながっている。現在の環境悪化は由々しき事態に陥っているということだろう。

 

1/20 特命リサーチ200X 「犬の異常」

 飼い犬が突然に餌を食べなくなるという異常が発生し、原因を調べていったところ、心理的なストレスが原因だった。実はこの犬は「分離不安症」になっていて、飼い主が海外出張に行ったことがストレスになっていたという。

 分離不安症とは、飼い主とベッタリですごすことによって、飼い主から離れることが出来なくなることだとのこと。この状態に陥った犬は飼い主が外出すると、やたらに吠えたり、物を壊したり、排泄に失敗したりなどをするという。

 犬が分離不安症になってしまう原因は、元来社会性を学ばないといけない時期に、飼い主とベッタリなせいで社会性を学ばないせいであるという。また我慢をしないことでストレスに弱くなるのだとのこと。そうならないためには、「待て」などのしつけをきちんとしたり、外で種々の刺激に慣れさせる必要があるのだという。

 なんかやけに精神的にひ弱な犬が増えてきたのだなと感心させられたが、よくよく聞いていると、犬だけでなく、最近の子供も同じなのではないかと思わされた。親とベッタリのせいで社会性がなくなり、我慢をしないことでストレスに弱くなる。その結果として、すぐに「キレる」ということである。

 要するに、飼い主とか親とかが「正しいしつけ方法」を知っていないせいで、ペットや子供がおかしくなるということなんだろう。

 

12/16 特命リサーチ200X 「低インシュリンダイエット」

 以前にこの番組で流した「低GI値の食べ物を食べるだけでダイエットできる」という手法の年末実践編である。

 この低インシュリンダイエットのポイントは「消化の悪いものを食べれば、血糖値の上昇が少なくなり、インシュリンによって糖分が脂肪細胞に取り込まれることが防がれるので太らない」というものである。ある程度の理屈は通っているのだが、正直なところ、この効果については私は眉唾に思っている。

 例えば、この番組は高GI食として徹底的にご飯を敵視し(このことで、スポンサーに農協関係はいないことが分かるのだが)、パスタの方をやたらに勧めている。この論理に従うと、ご飯ばかり食べている日本人は肥満だらけで、パスタを食べるイタリア人はみんなスリムということになりそうなのだが、現実は全く逆である。イタリア人には日本人とは比較にならないような肥満が多いのは、誰もが知っているところである。

 また低GI食品は血糖値が上がらないということがポイントになっているが、人間が満腹感を感じるのは血糖値の上昇によることを考えると、低GI食品を食べていると満腹感が感じられず、胃が張るまで食べ過ぎてしまう危険性があるのではないかということである(そのせいかこの番組でも「いくら食べても良いという意味ではない」と念を押してはいるのだが)。

 以上のように、私はこの低インシュリンダイエットというものに疑問を感じているので、今回の内容を鵜呑みにする気にはならない。

 むしろ注目すべきは、この番組が勧めていた食事の振り替えは、野菜を加えるなど、品目や種類を増やす方向に向かっていたことであろう。つまり低GI値云々という以前に、明らかに健康的な食事に振り替えていたことの方がポイントである。この番組で勧めていたのは、単なる健康食にすぎない。

 また低インシュリンダイエットの成功例として、現役女子大生モデルの例などを挙げていたが、彼女が単に低インシュリンダイエットだけで減量したとは信じがたい。おそらく彼女はカロリー制限と運動をしていたはずである。少なくとも本職のモデルならそれは常識だろう。ただこの番組ではその部分を伏せてあるだけである。

 番組冒頭では「食事制限も運動もなしに、好きなもの好きなだけ食べて痩せられる」などと、まるでインチキ健康食の宣伝のような文句を言っておきながら、いざ番組が始まると「これは高GIだから食べずにこちらの方がよい」とか「無制限に食べても良いという意味ではない」とか実はやたらに制限が多いというところが、いかにも怪しい証拠。さすがに本当に好きなだけ食べていたら絶対に痩せられるわけなんてないのは、番組側も了解しているということなんだろう。いくら目を引くためといっても、看板に偽りありというのはあまり感心しない。

 

12/2 特命リサーチ200X 「炭疽菌&飛蚊症」

 前半は今話題になっている炭疽菌について。

 炭疽菌は元々は土中に存在するありふれた菌なのであるが、今アメリカで問題になっている炭疽菌は、何者かが明らかに細菌兵器として手を加えたものである。特徴としては、毒性の強い菌を用いていること、飛散しやすいように微粉化していることである。

 炭疽菌は皮膚感染する皮膚炭疽や、消化器に感染する腸炭疽などがあるが、これらは適切な治療さえ行えば決して死亡率は高いものではない。恐ろしいのは肺に菌を吸い込んで感染する肺炭疽であり、これは死亡率が極めて高い(だから肺から吸い込みやすいように微粉化加工してあるわけである)。

 ここで、もし炭疽菌の入った郵便物を送られてきたときにどう対処するかといった内容になる。ただしこの前に、一般家庭や普通の会社にこのようなものが送られてくる可能性はまずはないということを念を押してはあるが・・・。

 もし不審な郵便物が送られてくれば、粉を散らさないことが重要である。だから慌てて投げ捨てたりすることなく、静かに机上などに置き、粉末が散らないようにする。また換気や掃除などをすると空気をかき回すので、そのまま警察を呼ぶこととのこと。粉が付着した上着などやズボン・スカートなどは脱ぎ(と言っても、オフィスでスカートを脱げるか?)、手は洗っておく。

 以上を心がけるとパニックになることなく対処できる、とのことなのだが、もう既にこんなに大騒ぎになるのが一種のパニックではないのだろうか?

 また私が不満に思ったことは、これを見た馬鹿が、大騒ぎを起こすために粉末を送りつけるなどのいたずらが予測されるのに、それに対しての配慮が全くなかったこと。この手の馬鹿は今回の内容を見ると「こんな大騒ぎになるのなら、面白いから是非ともやってみたい」と考えるのがオチ。それを防止するためには十二分な脅しをかけておく必要があるはずである。例えば「日本においては、このような郵便物はいたずらの可能性が高いと思われるが、たとえいたずらと思えても、警察に即座に通報しておくべきだ。現在、日本の警察でも社会不安を狙ったテロに対する警戒は高めており、つい最近も、ある会社にいたずらで粉末を送りつけた男性が業務威力妨害で逮捕され、実刑の判決を受けている。」などというように、嘘八百の内容でよいから、是非とも脅しを入れて置いて欲しかった(この手の馬鹿を封じるためには、場合によっては嘘も正当化されるというのが私の見解)。

 

 後半は飛蚊症について。

 飛蚊症とは、視界にゴミのようなものや、点のようなものが見える症状である。これの原因は目の硝子体に何らかの異物があることによるという。多くは先天性や老化などによるものでそれは問題ない。ただ危ないのは、これが網膜剥離の前兆である場合があるからであるとのこと。

 溶くに最近は若者の網膜剥離が増えており、それは近視の増加に一因があるという。近視の人間は、網膜に負担がかかっており、網膜剥離が起こりやすいのだという。だから目に衝撃などを加えないように注意する必要があるとのこと。だから目が疲れたときには、目をこすったり、押さえたり、眼球体操の類のようなことはしない方が良いという。

 まるで「あるある」のように脅しが強いのだが、あの番組と違うのは「網膜剥離を防ぐ食べ物」とか「網膜剥離を防ぐ体操」などの類が出てこないこと(それどころか、あの番組で勧めていた眼球ストレッチの類は、この番組の見解では御法度であるように思える)。そうなると「一体どう対処しろと言うんだ?」と言いたくなるのだが、「眼球に強い衝撃を与えないようにする」ということだけで後は放りっぱなしという、少々不親切で救いのない内容になっている。これでは突き放しすぎなのではないのだろうか? 「心配のあるときは、専門医にかかることをお勧めする」という一言ぐらい入れていても良かったように思うのだが。

 

 以上のように、情報の内容自体には大して異議はないのだが、問題はその取り上げ方。私の正直な感想としては「あまりに配慮に欠けているのではないか」というところである。公放送たるもの、その辺りは注意が必要なのではないか。 

 

11/11 特命リサーチ200X 「麻疹の流行&筋肉痛」

 最近、大人の麻疹が流行する兆しがあるという。麻疹は子供の時になると軽い症状で終わることが多いが、大人になってからの麻疹は命にかかわる場合が多いので危険である。しかもその患者の大半が予防接種の経験があったという。麻疹は一度予防接種をすれば終生免疫が得られると言われていたのに、なぜ麻疹にかかってしまうのか。

 結論から言えば、一度予防接種をしただけでは数年で抗体が減少してくるのだという。しかし発症しないまでも感染を繰り返すことで、抗体が再生産されるという「ブースター効果」が生じるのである。皮肉なことに予防措置が進歩したことで感染の機会が減少し、ブースター効果が得られないまま抗体が減少してしまう例が増えたのである(除菌のしすぎによる細菌感染の減少なんかも効いているのでは?)

 麻疹の感染を防ぐには、予防接種の効果が薄くなる8年後ぐらいにもう一度ワクチンを接種するのが良いとのこと。また大人になってからでも接種は可能であるという(ただ体調をよく考えないと、予防接種でかえって体調を崩す可能性もあるが)。

 なお同様の危険のある病気として風疹があるという。いずれにしても医療の進歩がかえって人間の抵抗力を弱めているという皮肉な話である。

 

 後半は、なぜ年をとってくると筋肉痛が二日後に現れるのかというテーマ。

 結論から行けば、運動によって筋繊維が破壊された場合、身体は破壊された細胞を分解してから再生を行うのだが、この際に痛みを感じる物質が分泌されるのだという。年をとってくると、血行などが悪くなって、この分解作用が鈍くなるのだという。

 また筋肉痛を起こしやすい運動としては、ダンベルを下ろすときのように、筋肉を伸ばしながら力をかけるときであるという。このような運動をするときは要注意である。

 筋繊維は再生されることで以前より強くなるので、激しい運動をする二週間前に、軽い筋肉痛が起こる程度の運動をしておくのが効果的だという。このことによって弱い筋繊維が本番までに再生強化されるとのこと。またこの効果は二ヶ月ほど続くので、一端筋肉痛を起こすと、それから二ヶ月は筋肉痛を起こしにくくなるという(と言っても、運動の種類が変わって、使う筋肉が変わってしまったらどうにもならないだろうが)。

 この番組では今回は言っていないが、やはり日頃から継続的に運動をすることが大事なのであろう。

 

11/4 特命リサーチ200X 「謎の発火&おならによる急病」

 とあるマンションで、壁の中の柱が突然に燃え上がるという火災が発生した。しかし柱の周囲には発火元となるようなものは存在しなかった。一体何が起こったのかということを解明している。

 結論から言えば、壁の隣に置かれていたガスコンロによって、壁の中の木材が加熱されていたことが原因である。木材はそのまま加熱しただけでも可燃性ガスを発生して燃えてしまう。ただその場合には450℃以上の温度が必要である。しかし200℃ぐらいのもっと低い温度でも、継続的にかかっていれば木材の炭化が徐々に進行し、ついには低温着火を起こしてしまうという。

 また石膏ボードなどを使っていれば、石膏ボードの断熱性と耐火性によって木材が燃焼しにくくなるのだが、この石膏ボードも長年に渡って継続的に熱を加えていれば、内部の結晶水が失われ、断熱性が低下するのだとのことである。

 だからガスコンロを壁際に設置するときは、15センチ以上離すこと、それが出来ない場合はアルミの断熱材などを入れるなどすることが大事であるとのこと。また定期的に壁を触って、温度が上がっていないかもチェックするべきであるとしている。

 実にリーズナブルで興味深い内容。特に日本では台所スペースが十分でなく、壁の近くにガスコンロが設置されている例が多いので、注意する必要があるだろう。また石膏ボードは最近の建築ではよく使用されており、この石膏ボードの特徴を把握しておくことも重要である。

 

 後半はおならのガスの蓄積で、狭心症に似た発作が起こるという事例。エージェント・和田が突然に倒れるというクサイ芝居でいきなり幕開けをするが、これは余計な演出である。

 この症例は、過敏性腸症候群(ストレスなどで発生するという腸内にガスが溜まる症状)で大腸の脾湾曲部内に溜まったおならのガスが横隔膜を押し上げ、この横隔膜が心臓交感神経を刺激し、冠状動脈の収縮を促すことで狭心症に似た症状が出るという。兆候としては、脇腹の辺りがチクチク痛む、階段で息切れがする、少し走ると心臓に痛みが走るなどがあるというが、ガスが溜まっていることについては本人の自覚症状はほとんどないという。

 ただテストしたほとんどの被験者で多かれ少なかれガスが溜まっていたことを考えれば、ある意味ではガスが溜まっていることがあるのは普通の状態ではないのか?

  

10/21 特命リサーチ200X 「宮崎駿映画人気の秘密&美白」

 この番組では、宮崎駿作品の人気の秘密を映像面から(のみ)解析しており、結論として「臨場感」というキーワードで括っている。

 まず我々が「見る」という行為であるが、実は我々は網膜に映った「網膜像」をそのまま見ているのではなく、目からの映像を脳で処理した「知覚像」で見ている。そして宮崎作品はこの知覚像をうまく使用しているというのだ。

 網膜像に従って作画を行った場合、厳密に遠近法に従うことになるが、宮崎作品では意図的に遠近法を無視している部分があり、それが視聴者の臨場感を増していると言うのである。

 ただしこう言われると宮崎アニメが独得の手法を用いているように聞こえるのだが、実はこれは漫画やアニメにごく普通に使われている「デフォルメ」である。アニメは巧みにデフォルメを用いることで「現実よりもリアル」な世界を再現できるのは常識であり(3DCGアニメがかえってリアリティが感じられない一因もここにある)、良くできた作品ならこの辺の効果は意識しているはずである。

 さらに運動視差やオプティカルフローの効果も巧みに用いているという。運動視差とは、電車の窓などから見たとき、近くのものは早く動くのに対して、遠くのものはゆっくりと動くという現象。オプティカルフロートは、真っ直ぐに走ったときの視界が放射状に流れて見える現象。宮崎作品はこれらの効果を画面に取り込んでおり、これがまた臨場感を増すことになっているという。

 またももっともらしい説明がつくのだが、これもまともなアニメ作品なら当然そういう演出をするべきであるという「常識」の世界であり、何も宮崎作品固有の特徴でもない。ただ確かにこの点を手抜きしている作品は結構多い(ある作品で、背景がまるで看板が動くかのように遠景も近景も一緒に動いているシーンを見たときは、目眩がしたものである)のは事実ではある。

 最後にあげているのが、キャラクターの動き。無生物と生物ではその動きに法則性があるかないかという違いがあるが、宮崎作品ではここの違いを実に自然に描いているという。

 しかしこれについても、まともな作品なら「当然そうするべき」演出である。やたらに難しい言葉をあげて説明していたが、いずれもまともなアニメ作家なら当然知っていて当たり前のことであろう。むしろポイントは、知っていても諸般の事情(納期、予算等いくらでも考えられる)で手抜きをしてる作家が多いのに対して、宮崎作品はその原則に徹底的にこだわって作っているということであろう(だからこそ、宮崎氏の下で仕事をしたものは地獄を見るそうだが)。

 むしろ宮崎作品の人気の秘密は、理解しやすいストーリー(最近は、わざとストーリーを分かりにくくしている下手くそな作品が多い)、リアリティのあるキャラクター(人物の感情に全くリアリティのない作品が最近はアニメでもドラマでも実に多い)、明確なメッセージ(これがないスッカラカンな作品も多い)などの映像面以外の部分が多いのではないだろうかというのが、私の分析である。彼の作品を一言で言うなら、愚直なまでに原則に従って徹底的に作り込んだ作品というところではないだろうか。

 

 後半は美白について、つい最近まで小麦色だのガングロだのと言われていたのだが、鈴木その子なる白塗りオバケの効果か、私が常に「日焼けするほど夏に活動するのが健康的なのであって、日焼け自体は健康どころか不健康だ」と繰り返してきたためか(笑)は分からないが、今は世の流れは美白に向かっているとのこと。しかし知らない間に日焼けしてしまう場合があるというテーマである。

 日焼けは皮膚のメラミン色素が増えることによる。これは紫外線から身体を守ろうという自衛反応である。しかしこの光に知らない間に当たっていることがある

 まず室内にいても、ガラス窓のそばにいれば、太陽光線はほとんどそのまま当たる。また服でも白っぽい服を着ていたら紫外線が透過してしまう。また身体に当たらなくても、目に光が当たることで角膜などが炎症を起こす。すると体細胞もメラミンの生成を始めるちのこと。

 また10月でも昼には、8月の午前ぐらいの日差しがあるので注意とのこと(私は逆に、10月になってら昼間でも8月の午前程度しかないのかと感じたのだが)。

 以上から、日焼けを防ぐためには濃い色の服を着て、つばの広い帽子をかぶって外出するようにとのこと。

 内容的にはまたも極めて当たり前。ただいわゆるUVカット化粧品を勧めていなかったのは、好感を持てる。例えば化粧品メーカーがスポンサーの「あるある」では、紫外線の害を散々宣伝した挙げ句「だからUVカット化粧品を使いましょう」という結論になっていたので、それと比較するとなんと良心的なことか。なお「ガッテン」ではUVカット化粧品でUVを防ぐには、顔が真っ白になるぐらいの量を使わないと効果がないということをすっぱ抜いていた(さすがNHK)。またいわゆるUVカット化粧品の中にはかなりやばいもの(亀の甲がいっぱいついたような化合物)が入っているので、これがシミや最悪はガンの原因になるので要注意。

 それにしても日焼けが流行ったり、美白が流行ったりと明らかに化粧品メーカーに踊らされているのがありあり。もうそろそろ化粧品メーカーが意図的に仕掛けるブームに乗せられるのは止めてはと言いたくなるところ。

 

10/14 特命リサーチ200X 「レジオネラ菌中毒&一戸建て購入法」

 レジオネラ菌中毒はアメリカでの在郷軍人病などで有名になったが、水中に繁殖し、水しぶきと共に菌を吸い込むことで肺炎などを起こし、場合によっては死に至る病である。最近、オーストラリアでレジオネラ菌の集団感染があったのだが、それが思わぬものが感染源になっていたという話。

 結論から言えば、感染源は水ではなく、なんと腐葉土であったのだという。レジオネラ菌の中には土中でも繁殖するものがあるという。腐葉土は十分に発酵させていれば、60〜70度と温度が上がるためにレジオネラ菌は死ぬのだが、発酵が不十分だと逆に菌が繁殖してしまったりするのだという。

 もっとも日本でレジオネラ菌中毒が発生するような腐葉土が発売されているとは考えにくい(と言っているが、何の根拠があるんだろうかと疑問を感じなくもないが)ので、管理に気をつけて(高温多湿の場所を避ける)菌を繁殖させないのが重要であるとのことである。

 後半は一戸建ての購入について、都心のマンションに住んでいるある家族の事例で説明している。

 モデルは35才で5才の娘と妻との3人暮らし、自己資金は500万円で、年収は700万円という平均的サラリーマン(ここのところはかなり異論のある人も多いと思う。私も「年収700万って平均的か?」と呟いた口)である。

 まず重要なのはローンの支払額。ローンの支払額は年収の25%以内に抑えるべきである(これは昔から言われていること。実際にこの数字を境に、破綻の率が跳ね上がるという話を聞いたことがある)。またボーナス払いに頼ったり将来の昇給をあてこむのは、今の不景気な時代には無謀であるので避ける。またこれからは退職金もどうなるか分からないので、定年までにローンを終わらせるようにするべきだという。

 以上から計算した可能な予算は3500万円だという。この範囲内で、彼らの希望は、主人が23区内で出来れば都心。妻は新築で広いリビング、娘は犬を飼える広い庭というのである。

 と、ここまで聞いたところで「これは無謀な話ではないのか」というツッコミを入れたくなるのだが、この番組も実は「なんとこの予算でこの希望をかなえることが出来ました」というハッピーストーリーではないのである。

 購入経費を下げるには、定期借地権付の物件を購入する例などを紹介していたが、これは数十年後にトラブル続出が必至なので、私としてはお勧めする気はしない。

 次にこの番組で上がっていたのは、中古住宅をリフォームする例。この番組のケースでは江東区内の2800万円の中古住宅(築25年)を購入し、700万円でリフォームするという結論になっていた。ただ結果としては、中古で庭なしなので、希望としてかなったのは主人の「23区内」という条件だけといういささか悲しい結果である。しかもリフォームの資金が十分でないので、水回りや内装などはリフォームしたが、外装までは手が回らなかったというかなりキツイ内容。

 なお私が気になったのは、このご家族には悪いのだが、築25年も経っている家というのは、基本構造にかなりガタが来ている可能性があり、それを触らずに内装だけ手を加えるというのは、数年後に大幅な改築が必要になるのではないかという気がする。

 この番組では、安く購入する方法として、道の奥や傾斜地や線路そばなどの騒音のあるところなどを上げていたが、逆に「そこまでしないと都心では家は買えないのか?」とひたすら悲しくなる次第。年収700万円という決して平均とは思えない平均的サラリーマンの事例でこうであるのだから、いくら地下が少々下がったといっても、まだまだ真っ当なサラリーマンには絶望的な状況なのでは。

 ちなみに私も最近新築一戸建てを購入した口なのだが、自己資金はこの番組の事例と同じ500万円。ただし年収が「平均以下」であるので、親と同居で親の退職金も頭金に入れてもらってようやく購入である。さらに建築コストを出来るだけ下げるために、坪単価の安い2×4工法を採用している。それでも勤務地である大阪近辺は絶望的で(親と同居になった分、自己資金は増えたが、逆に大きな物件が必要になった)、現在片道2時間の通勤を余儀なくされている次第である(なお残ったローンは30年だから、定年後までである)。

 やっぱり結論としては、「真面目にサラリーマンなんかしていたら、いつまでたっても家なんか買えない」という絶望的なものになってしまいそうな気がする。これはやっぱり、政治が変わらないとどうにもならないのでは。

 

9/16 特命リサーチ200X 「うそ発見器&ネーミング法」

 前半は脳波を利用した新しいウソ発見器の話である。これは自分の記憶に関連した刺激を与えた0.3秒後に現れるP300という脳波を利用しているという。従来のポリグラフは呼吸や発汗などの外的要素を指標にしているので、意図的に操作することも可能であるのに対し、このP300という脳波は、人為的に操作することが不可能なので誤魔化しが出来ないのだという。すでに医療の現場などでは、この脳波を使って、事故などで身体が不自由になった患者の医師を読みとる装置の実験を行っているという。

 なかなか興味深い話であるが、全く誤魔化しがきかないというのは、果たして良いのか悪いのか。私などの場合は、美人の看護婦でもいれば、良からぬ考えを示す脳波が現れてしまうのではないかと不安である(笑)。

 後半はネーミングのコツについて。

 最近は商品のネーミングを一般公募するような場合が多い。これはネーミングがその商品の売れ行きを左右する例が多いからだという。たとえばレナウンが開発した抗菌靴下などは「フレッシュライフ」という名前で発売したときに比べ、後に「通勤快足」にネーミングを変更してからの売り上げは数倍になったという。

 さて肝心のネーミングをつけるコツであるが、

1.その商品の商品特性を表現していること…「野菜中心蔵」などのようにその商品がどういう商品であるのかを一言で言い表しているものが良い。

2.音感…たとえば「ガ行」や「ダ行」は男性的な印象、「まー」「あー」などの伸ばした音は動きを、「ひっ」「はっ」など小さなつはスピード感を、「よちよち」「はいはい」などの繰り返し音は幼児的なイメージを与えるなど、音による効果は非常に大きいのでそれを考える必要があるということ(確かに某巨大ロボットアニメシリーズは「ガンダム」「ガオガイガー」「ダ・ガーン」などいうように、必ず「ガ行」か「ダ行」を含むネーミングにしているのは有名である。)。だからたとえば、ビールなどに「むぎむぎ」などの名前をつけると、ビールのイメージと合わないので、ラガーやブロイなどというような濁音系の名前をつけているという(私は逆に、女性をターゲットのライトビールなどに「むぎむぎ」という名前をつけたら、ウケるように思ったのだが)。

3.時代背景に合っているか…時代と共に流行というものがあるので、それとズレているのはいけないとのこと。例えば昔は「銀河」「伊勢」「琵琶湖」などと言った洗濯機があったが、今はそんなネーミングはなくなっているという(私はひねくれ者であるから、逆に時代とズレたネーミングを意図的につける手もあると考えるのだが。例えばレトロデザインっぽい洗濯機に「那智」とか「鳴門」とネーミングするとか。)。現代は記号的な文字に意味を持たせるタイプが流行であり、例えば「会う」とかけた「au」などが例であるという(しかしこのネーミングは成功しているだろうか? 私は「こんなダサイ名前の携帯なんか使いたくない」と他の会社に乗り換えた者の話とかしか聞いていないのだが。)。

 以上がポイントだとのこと。そして実例として、若者向けの浴衣ファッションのためのネーミング募集があったとした場合、どういう名前をつけるかというのを試している。ただ最大の問題は上記の論理的分析は実に的を射ているにも関わらず、ここで最終的に出てきたネーミングが「J−ROBE」「ゆとりっち」「ゆかティー」というどう考えても「はずしまくっている」ネーミングであること。ここでこれまで積み上げて来た理論がガラガラと崩れ落ちるような気がしてしまったのは私だけだろうか?

 なおこの番組では触れていないが、公募した会社の性格にもよるものの、採用するネーミングは大抵はほぼ多数決であるという事実を見逃してはいけない。普通の会社は「誰にでも馴染んでもらえるネーミング」を採用したいと考えるので、よほどセンスが悪いものでない限り、ある程度多くの応募があったネーミングを選ぶものなのである。だから自分のネーミングが採用されるには、「発想が平凡である」ということも実は見逃せない要素であるし、また商品をもらうには「くじ運が強い」ということが重要なのである(大抵は応募者多数の時は抽選である)。つまり、所詮は「コピーライターの考えるネーミングと一般公募のネーミングは性質が違うもの」なのである。もっともこれを言ってしまうと、番組が成立しないのは分かるが(笑)。

 

9/2 特命リサーチ200X 「謎の人影&蚊に刺されやすい体質」

 まず最初の話題は、廃屋の窓ガラスに映った謎の幽霊の映像について。半端なオカルト番組だと、これをこの建物に住んでいた病気の少女に結びつけて終わらしてしまうところなんだが、この番組がこれらと違うところは、あくまで科学的観点から説明しているところ。

 結論から言うと、抗菌のために銀処理をしたガラスが、潮風で表面に塩化銀が析出し、これが一種の感光剤のようになって、稲妻などの光で人の像が焼き付いたというもの。またこの反応は数日で消えてしまうので、数日後に目撃者がこの現場を訪れたときには像は完全に消えてしまうという塩梅である。

 後半は蚊に刺されやすい体質について、結論は「酒を飲んでいると蚊に刺されやすい」(呼気中の二酸化炭素の量が増加するから)、「汗をかいていると蚊に刺されやすい」(汗の中の乳酸を蚊が感知する)、「O型の人が刺されやすい」(蚊はO型の血液を好むとのこと)。

 最後の血液型の話だけはまだ半信半疑の点があるが、後は概ね妥当な話。ただし実験だけは蛇足。データ点数が少なすぎて、意味をなしていない。この結果から結論を導いているのなら、まるっきり「あるある」であるが、この番組の場合はあくまで確認のための実験であるようだ。

 この番組の結果から考えると、一番に蚊に刺されやすいのは、夏の暑い中のビアガーデンのO型の人ということになるか(笑)。

 以前にも言ったことだが、この番組は結論をオカルトに持ってこないことが非常に好感を持てる。今回の第1テーマなどはまさにそれを感じさせた。ただの光線のいたずらや壁のシミを「心霊写真」として紹介する馬鹿番組などと比べるとなんと良識のあることか(作っている側は冗談のつもりなのかもしれないが、放送内容のせいで心霊現象などを信じて、そこを宗教などにつけ込まれて財産を巻き上げられる者が実際にいることを、あのような番組の制作スタッフはどう考えているのだろうか? もしかするとスタッフ自身がインチキ宗教の回し者かもしれない。)。

 

8/19 特命リサーチ200X 「長寿の秘密&口臭予防」

 中国の梅県という地域は長寿の村であるのだが、そこの村の長寿の秘密は何かというのが第1テーマ。この地域の人は血管疾患が非常に少ないのが特徴だという。こう言うと、低コレステロールの食事をしていると考えるところなのだが、この村の標準的食事というのが、ふんだんに油を使って濃い味付けをした豚肉料理という、典型的な高脂肪、高塩分のメニューである。この矛盾をどう説明するのか。

 この番組の結論は、タウリンを大量に摂取しているからというもの。タウリンは、動物の内臓や魚介類に大量に含まれるが、血中コレステロールを低減する能力を持っているというのである。梅県の人々は豚の内臓肉をよく食べており、これが血中コレステロールを低減していたのだという。

 また塩分については、大量に取っている大豆食品と緑黄色野菜のおかげで、その害をなくしていたとのことである。

 ここで番組は日本の現状に戻る。日本人は元来は魚介類をよく摂っていたので、タウリンの摂取量は多かったのだが、最近の子供は魚介類をあまり食べなくなったせいで、タウリンの摂取量が減少している上に、食生活の欧米化で摂取コレステロールが増加している(20歳以下のコレステロール摂取量はアメリカ人以上だという)のだという。

 なにやらタウリン絶賛番組になっていたが、タウリンにどの程度の効果があるのかは私も正確には知らない。またこの番組のスポンサーに「タウリン1000mg配合」ドリンクを売っているメーカーがあるのだが、それと関係しているかどうかも不明。しかしある程度は割り引いて考えておく方が良いだろう。

 なお中国の長命地域というのは少々気をつけておく方が良い。あの国は戸籍がキチンとしていないので、自称長命者が多く、今でも中国の奥地に行くと自称200才ぐらいの老人がゴロゴロ出てくるとの話なので、あまり額面通りに受け取らない方が無難である。実際にある調査団が中国の奥地で調査した時、80歳以上といっていた老人達の大半が、実は60才ぐらいだったという報告もある(栄養状態が悪いので老化が早く、60才ぐらいで老人のような外観になってしまっていたらしい)。

 後半は口臭を防ぐにはどうしたらよいかというテーマ。

 虫歯や歯槽膿漏などの口内疾患を持っておらず、口の中の衛生にも気をつけているにもかかわらず、口臭で悩んでいる男女の事例に基づいての解説を行っている。

 これらの口臭の原因についての結論は、唾液の分泌量の低下である。先の女性は昼食抜きのダイエットが、男性はストレスが原因になっていた。また現代人は唾液の分泌量が低下しており、それは口呼吸が増加していることが原因であるという(そういえば、私を含めて最近は口を開けっぱなしの人が増えている。私の場合はアレルギー鼻炎のせいで鼻呼吸が出来ないのだが。)。

 またニンニクなどのニオイは体の中から匂ってくるものなので、これを防止するにはニンニクを食べる前に牛乳を飲むとか、ニンニクを食べながらビール酵母を摂るのが良いとのことである。また体内に溜まってしまったニオイ物質を排出するために、水分を摂りながら半身浴し、汗をかくのが良いとのこと。

 こちらについてはかなりリーズナブル。常識的な方法で口臭を予防する方法を紹介していたのが好感を持てる。これが「あるある」などなら、口臭予防薬の使用を勧めて「口臭予防は現代人のマナーと心得よ」などと結論づけるところであろう(笑)。

 

8/5 特命リサーチ200X 「究極のダイエット」

 この番組では以前に5分間ダイエットを紹介していたが、今回はその流れに沿っての企画である。前回のテーマはアイソメトリックなる手法で、毎日5分間のトレーニングで静的に筋肉を鍛えて、基礎代謝を増加させるというものであったが、今回はカロリー制限も運動も必要ないという、横着者には最適のダイエット法を紹介している。

 今回のテーマは「低インシュリンダイエット」。インシュリンは血糖値を下げるためのホルモンであるが、これは血糖値を下げるために糖質を脂肪細胞に送る働きをする。食事後に急激に血糖値が上昇すると、インシュリンが大量に分泌され、脂肪細胞への脂肪分の蓄積が促進されてしまう。そこで血糖値の上昇を起こしにくい食品をとればよいとのことである。

 このダイエットのポイントは、摂取カロリーは落とさないこと。摂取カロリーを落とせば、不足カロリー分を筋肉の分解で補おうとする糖新生によって、筋肉量が減ることによって基礎代謝が減ってしまうので、余計に太る体質になってしまう(この辺りはこの番組でも以前から何度も言っている)からいけないという。つまりカロリーを減らさずに炭水化物の中身を変えることで、血糖値の急激な上昇を抑える方法とのこと。

 血糖値の上昇の高い食品の代表が、ジャガイモ、フランスパン、白米、人参などで、遅いものは、ほうれん草(これにそんなに糖分あったっけ?)、さやえんどう(これもそんなに糖分あるかな?)、そば、玄米、ライ麦パンなどとのこと。つまり前記の食品をこれらに置き換えることで、血糖値の急激な上昇が抑えられて、ダイエット効果が出るとのこと。

 ただしこの番組でも指摘しているが、たとえば人参をのけるとカリウムが不足するなど、栄養が偏る可能性があるので、気をつけるように。またこの方法での注意事項は、いくらカロリーを制限しないと言っても脂肪分を取りすぎると意味がないし、運動などを併用するともっと効果が出るとのことである。

 今回のダイエット方法については、私としては少々眉唾な点もあったりするのだが(特に血糖値の上昇効果が未だに原因不明として説明されていないこと)、内容的には一応は理にかなっている。また「あるある」などだと、「ですから人参やジャガイモは取らないように注意しましょう」と一足飛びに結論に飛びつきがちなんだが、この番組ではこれらを排除してしまった場合の害についても述べているのは良心的と言えよう。

 

 なお、この度この番組の情報信頼度を1ランクアップすることにした。この番組は当初はいかにも珍説・奇説に偏る傾向が見られたが、最近の内容は私の目から見た場合でも、科学的に妥当である程度一般的にも認められている学説に基づいている例が多くなってきている(逆に「そんなもの当たり前じゃないか」という内容も増えているが)。さらに今回の場合などに見られたが、「あるある」などと違って、必ずしも断定口調を用いないという点は重要なことである。

 またオカルトや超常現象に逃げるということがないことも、この手の番組には最も重要なことであるのだが、それについても満たしている。

 以上の点を考慮して、今回この番組の情報信頼度を1ランクアップすることにする。ただしこの番組の最大の問題点は、毎回内容の信頼度のムラが激しく、回によっては「水曜スペシャル」並にひどいレベルのものがあること(特に昔はひどかった)。だからこの番組については「こういう説もあるのか」という程度の受け取り方をしている方が無難であるということは付け足しておく。

 

7/22 特命リサーチ200X 「初対面の印象&家相」

 人間はどうも対人関係において、初対面での印象を引きずってしまうことが多い。ましてや面接などとなると、ほとんどそれだけで人物評価をすることになる。それだけにどうすれば相手に良い印象を与えることが出来るかが気になるところであるが、今回の前半のテーマはそれについてである。

 初対面の相手に対して印象を与えているものの大半は、実は非言語的表現であるという。その中の大きいものがアイコンタクト。つまり目線の送りかたが重要だという。常に相手の目を見つめたままだと、相手に圧迫感を与えるし、視線をそらしすぎると相手を無視しているという印象を与えてしまうので、面接などの場合は70%ぐらいの時間視線を送っているのが最も良いバランスだという(普通の会話の時はもっと少ない50%ぐらいの方が良い)。また視線を逸らす時の逸らし方も大事。目線の逸らせ方で、伏せ目「謙遜・恐縮」、仰ぎ目「熟慮」、横目「恥じらい・はにかみ」、虚ろ目「退屈」などがあるという。つまり目線のはずし方一つで、相手に対して「自分の話に興味をを持っていない」という印象を与えることがあるとのこと。

 この辺りはこんなに「理論的」考察するまでもなく、経験的に誰もが知っていることなのではないかと感じる。私も上司がアホな指示を始めたら、まず目をそらす。しかしそれでもこちらの言うことを全く聞かず、わけの分からない罵倒を始めだしたら、一旦相手の目を真っ正面から見つめてやってから、目線を一回転させてあさっての方向を見つめてやるわけである。これは非言語的表現であからさまに「あんたのアホな話を聞くつもりはない」と表現しているわけである。

 さて番組に戻るが、言語的表現の中でも話の内容というのは実は5%ぐらいしかなく、後の部分は会話の「間」などが大事であるという。たとえば相手の言葉にかぶるような話し方をしたら、相手に対して話をよく聞いていないとの印象を与えるという(私としては、強引で自己主張の強すぎる者という印象を受けると思うが)。

 このように人間の印象というものは話題の内容以外でかなり影響を受けるので要注意とのことである。

 後半は家相の話。東京のワンルームマンションに越してきた女性が、謎の体調不良に陥る。医者にかかった彼女は「ハウスダストによるアレルギー」と診断され、こまめな掃除と換気を指示される。しかしその指示を守っても一向に症状は改善せず、とうとうカビの胞子が原因の肺病を起こして倒れてしまう。原因が分からずに悩んでいた彼女に対して、彼女の母親が「大窓と玄関が向き合っている家相が悪い」と指摘する。半信半疑のまま、玄関と大窓の間についたてをおいたところ、やがて彼女の病気は治る。

 以上を家相の神秘を語るエピソードとしてこの番組では上げているが、これに対して科学的解説を加えようとしている。

 家相というのは、古代中国で風水思想を元にして成立した考えである。風水の思想では龍脈の流れを大切にし、この龍脈がスムーズに流れるように家を建てるべきだとしている。

 この番組では、実はこの龍脈の流れとは空気の流れそのものであり、たとえば鬼門が北東の方向であるのは、中国では黄砂を交えた嵐が北東の方向から吹くため、この方向に玄関や大窓を作ると、家の中に砂が入ってきて具合が悪いからであるとしている。

 そして大窓と玄関が向き合っているのが悪いというのは、この構造だと玄関と窓の一直線の部分だけで空気が流れ、部屋の隅などでは空気がよどんでしまい、結露などが起こることが考えられるという(部屋の対角線に窓を配置すれば、部屋全体の空気が入れ替わる)。その結果カビが生えて、彼女は病気になったのだとの解説である。

 家相という迷信に属するものに、科学的に解釈をつけていたのはなかなか興味深い。ただ家相のすべてがこのような合理的説明がつくとは思いにくい。家相も手相と同様、ある程度の根拠があり(手相の根拠は、その人の生活の仕方は手に現れるという統計学である)、全く何の合理的根拠のない血液型占いなどよりはマシであろうが、残念ながら近年の住宅建設技術の進歩などが考慮に入っていないので、今日では非合理な部分が増えているのではないかと思われる(この辺りは、コンピューター労働などというものが考慮されていないために今日では非合理になっている手相と全く同じ)。この辺りの解説をせずに「昔から続いている言い伝えのようなものには、ある程度の根拠があるものだ」という結論に持ってきているのは少々不満である。たとえば占星術のように、昔から言い伝えられているにも関わらず、何の根拠も全くないものの方が実は多いのだから。

 

7/8 特命リサーチ200X 「5分間ダイエット」

 ダイエットを食事制限だけで行おうとすると、筋肉が減少し、基礎代謝が低下することにより逆に痩せにくい身体になりがちである。これを防ぐには筋力トレーニングが良い。ただ、脂肪代謝を増加させるには遅筋を鍛えるのがよいのだが、遅筋を鍛えるには長時間の運動が必要であり、往々にして挫折してしまう原因になる。そこでもっと短時間の運動で基礎代謝を増加させる方法があるというのだ。

 この番組で紹介しているアイソメトリックトレーニングというのは、速筋を鍛えることを主眼にしている。大抵の人が、大部分の速筋を使わない状態でいるので、この速筋を使用することで基礎代謝を増加させようという方法である。

 このトレーニングは成長ホルモンが分泌される睡眠時に合わせて、就寝の30分前に5分のトレーニングを行うという。鍛えるのは大胸筋・後背筋・大体四頭筋・腹直筋の4ヶ所。おのおのの筋肉については7秒のトレーニングで十分だという。これは最高の筋力を保つことが出来るのが7秒であるというデータによるという。

 なにやら万能の方法に聞こえてくるのだが、キチンと「遅筋を鍛えた方が脂肪燃焼の効率は良い」と念を押してあったのに注意。つまり手を抜いた分、効果はそれなりであるということだろう。

 それと個人的に一つ気になったのは、就寝の30分前の全力での運動というものは、睡眠障害を起こす危険がないだろうかということである。息を止めてすると血圧が上がるので注意と説明していたが、血圧が上がると高血圧の問題より、睡眠障害を招く可能性が高くなるので、気をつけた方が良いと思われる。

 後半はビールをおいしく飲むにはどうしたらよいかという、アルコール類を全くうけつけない私にはどうでもよいテーマである(笑)。

 要は、ビールの旨みは喉越しの快感にあり、それは渇き中枢に対する刺激による。しかしそれも2杯、3杯と続く内に刺激が減ってくるので、塩をとって喉をリセットすると良いのだという。

 道理で酒のつまみには塩辛いものが多いわけである。おかげで私のように酒を飲まない者は、酒席に同席すると塩気で胸が悪くなるのである。次は酒を飲まずに酒席につきあえる方法を紹介して欲しいものだ。

 

6/17 特命リサーチ200X 「東京大渇水」

 今年はラニーニョ現象(東南アジア沖の海水温が上昇し、その東の地域の海水温が下がる現象)とダイポールモード現象(インド洋西の海水温が上がり、インド洋東の海水温が下がる)が同時発生しており、渇水の恐れがあるという。特に東京は降水量に比して人口が以上に多いため、一度降水量が低下すると、大渇水の可能性が高い。

 渇水が起こった場合は経済、生活が大打撃を受ける可能性が高いということで、この番組では1994年の渇水と同規模の渇水が発生し、秋にも雨が降らなかった場合を想定したシミュレーションを行っている。

 内容的には今更、目新しいものはなく、最後はお定まりの節水を呼びかけているだけ。

 後半は「別腹」について。これはどんなに満腹でも甘いものなら食べられたりする現象のこと。いくら別腹と言っても人間の胃が二つあるわけではないので、一体どうやって別腹がでるかということ。

 結論から言えば、満腹になっていても、ケーキなどを見た途端に胃の中の食べ物が直ちに腸に送られ、胃の上部にスペースができるのである。このようなことが起こるのは胃の予測調節という現象によるという。予測調節とは食事前から胃のぜんどう現象などが起こることだが、これが満腹の状態で発生しているのが別腹だという。このような現象は人間の胃と脳が接続されており、胃が脳の影響を受けやすいからであるという。つまり自分の好物を見たときに、脳が「食べたい」という意識を持ち、これが胃に信号を送るのである。

 ただ日常的に別腹で甘いものを摂りすぎていると、レプチン受容体に抵抗性が起こってしまい、急激に太ってしまうとのことである。満腹に食った上に過剰に糖分をとるのであるから、当然といえば当然の話である。

 なおこれらの内容は「別腹」については以前に「万物創世記」で、レプチン受容体については「ガッテン」で同じ内容を放送していたので、特に目新しいものではない。

 野球シーズンになると裏番組を軽視しがちなのが日本テレビの特徴だが、今回はどうもそれが顕著に出ているような気がする。ネタ的にも目新しさがなければ、出演者の方も高島礼子が出ていなかったり、中森友香嬢を初めとするインターネットセクションレディーズが出ていないなど、かなり制作費をケチっているのではないかというのが顕著である。

 ちなみに次回は(再来週である。来週は巨人・横浜戦などというどうでもいいような番組がある)、ダイエットとのこと。しかし予告編ですでに5/13の「部分やせ」の回の流用を行っていることからも、先が思いやられる。

 

5/13 特命リサーチ200X 「部分やせ」

 ダイエットをしても、一番やせたいと思っている部分が全くやせないというのはありがちなことである。女性の場合はダイエットをすると、概して腕や足などのやせたい部分よりも、胸などが一番最初に減ってくるものである。

 ワコールの調査によると、脂肪のつく順序は以下の通りとか。1.お尻・腰、2.お腹、3.バストの下、4.太もも、5.首の後ろ・二の腕、6.ふくらはぎ・足首、7.あご・頬。この順序は太い血管があって運動量が少ない部分であるとのことである。そして問題は、この脂肪のつきやすい順序に従って、脂肪も落ちるとのことである。つまり太ももをやせたいと思っても、まずお尻などから脂肪が減ってくるので、ダイエットをここで中断すると肝心の部分がやせないのだという。しかも他の部分が減ってくることで、減らしたい部分がかえって目立ってしまうということがあるという。

 しかしダイエットに失敗しているわけでないのに、部分やせが出来ない例があるという。この場合は他に要因があるという。

 例えば、太ももが太いことに悩んでいた女性の場合の事例では、慢性のむくみ状態になっているのが理由であったという。そしてその原因がタンパク質が不足していたこと。よくダイエット時には肉類を追放しすぎるせいでタンパク質不足になりやすいのだが、彼女の例はまさにそれだという。

 次の腕や足の太さで悩んでいる女性の事例では、筋肉太りだったという。人間の筋肉には速筋と遅筋があるが、速筋の比率の多い人が筋肉太りになりやすいという。速筋が発達すると毛細血管が増加するので、運動量が減った場合には逆に脂肪が蓄積しやすくなるというのである。昔運動していた人が太るパターンである。深田恭子の二の腕もこのタイプだろう(笑)。

 3番目のウェストの太さに悩んでいた女性の場合は、骨盤が開いていることによる骨格太りであるという。これは日頃の姿勢の悪さなどで骨盤が広がって、内臓が下がってくることでウェストが太くなってくるのだという。なお女性の場合は、きつすぎるブラジャーを使用することでも起こるという。

 大事なのは自分のタイプを把握して、それにあった方法をとることだという。ちなみに私の場合は、単純にカロリーの取り過ぎと運動不足である(笑・・・・泣き)。

 後半は「動物は夢を見るか」というテーマ。この番組の結論は、動物も夢を見ていると考えられるが、そう複雑な夢を見ていないだろうというもの。ただこれについてはまだ合意された説はないようである。もしかしたら今時の、欲求に対する自制の効かない馬鹿ガキよりは、犬の方が高度な夢を見ているという可能性も否定できないだろう(笑)。

 

5/6 特命リサーチ200X 「絵本の読み聞かせ」

 染色体異常によって知能の発達が絶望視されていた少女が、親が絵本を読み聞かせることによって驚異的な知的発達を遂げたという内容である。

 子供の知能が発達するには外的刺激と内的刺激が重要であり、絵本を読んで聞かせるということはこの外的刺激を促すことになるというのである。また子供の知能がある程度発達してくると、今度は読んだ内容などについて自分で考えるようになるが、これが内的刺激だとのこと。親としては、例えば読んだ本の内容について考えさせるなどで内的刺激を促すことにより、知能の発達を促すことになるとのことである。

 また子供が幼児期から本に親しむことで、自分で本を読む習慣がつけば非常に大きなことであると思われる。こうして考えると、テレビに預けっぱなしの育児というのが一番悪そうである。テレビは受け身一方であるので、テレビを見る場合も、親が一緒に見て一緒に考えるようにしたら良いとのこと。最近の子供はテレビに預けっぱなしにされている例が多いので、この辺りが他人に対する共感や想像力が欠けている一因ではとも思われた。

 後半は一流ホテルの条件とはというどうでもいい内容(笑)である。要は一流ホテルの条件とは、顧客満足度を上げるための努力をしているホテルである。この番組ではホテルオークラなどの例をあげていた。

 ただこんな高いホテルに宿泊は出来ない私のような貧乏ビジネスマンには無縁の世界である。私にとっての良いホテルとは、宿泊料は9000円以内(私の会社で出張時に出る宿泊料はこれが上限)で、清潔な部屋と寝やすいベッドを完備し、交通アクセスが良くて、出来れば近くにコンビニのある(笑)ビジネスホテルである。ちなみに私は東京泊まりがけ出張の際は、新宿にある厚生年金基金の宿泊施設をよく利用する。ここは駅から遠いのが唯一の難点であるが、後の条件はほぼ満足できるところである。もっとも昨今の不景気で、東京泊まりがけ出張というものもほとんどなくなったが・・・。

 

4/22 特命リサーチ200X 「異食症」

 異食症とは、元来は食べ物ではないものを食べてしまう症状である。ここで紹介されている事例は、チョークや消しゴムを食べてしまう教師や、炭を食べてしまう女性の例である。

 共通しているのは、本人がその異常さを自覚しているにもかかわらず、異食をやめることが出来ないことである。こういう問題は大抵「精神疾患」として片付けられがちであるが、そうせずに内科的原因を提出しているのがこの番組の興味深いところである。

 結論から言えば、これらはすべて鉄欠乏症に帰結できるという。鉄欠乏症が味覚などを麻痺させるのは有名であるが(だから思春期に無理なダイエットをした女性などには味覚障害が出る場合がある。なお亜鉛不足でも同様の障害が出ることが知られている。)、鉄欠乏によって神経系に問題が生じ、脳が機能低下することによるものであるとのことである。またストレスによってセロトニンが減少することも、異食欲求を抑えることが出来なくなった誘因であるとのことである(ストレスがかかると、欲求を抑えることが難しくなるということだ。そういえば私も、仕事のストレスが増えると衝動買いをしやすくなる。)。

 ただ先の女性の事例では、貧血のために鉄剤を常用していたにも関わらず発症している。実は彼女は寄生虫によって鉄分不足に陥っていたとのことである。なお最近は寄生虫に感染する者が急増しており、その背景には海外での感染があるとのこと。海外旅行する際には、生ものを食べない、裸足で土の上を歩かない、食事の前には手を洗うなどに注意すべきであるとのことである。

 後半の話題は、近隣とのトラブル。マンションの事例で、1.ベランダにBSアンテナをつけたところ、管理組合から取り外すように要求された。2.マンションを購入したら、前の居住者が滞納していた管理費を払うことを求められた。3.マンションの配管が水漏れして、下の部屋の住民から損害賠償を要求された の3つの事例について、応じる必要があるのかについての説明を行っている。

 解答は、いずれも応じる必要があるとのことである。1はたとえ分譲マンションでもベランダなどは共有部分であり、管理組合の意向に従う必要がある。2は先の居住者が滞納していた場合は、次の居住者が支払うことになっている(ただしそのことは入居前に仲介業者などが説明する義務がある)。3はマンションの配管については、引き込み管の部分は居住者が管理することになっているとのことである。

 これ以外にも、火災で延焼したとき、軽度の過失の場合は隣家に対しての賠償責任はない(だから火災保険に入っておく必要があるのである。自分のところが火事を起こさなくても、隣から延焼されることがある)が、マンションの家主に対しては原状回復の義務を負うことになるなど、各種の事例について紹介していた。

 近隣とのトラブルなどないにこしたことはないが、こちらのそのつもりでなくても、世の中にはいろいろな人間がいるので、トラブルが向こうからやってくることもある。かく言う私も、隣に非常識な人間が越してきたために、現在トラブルを抱えている(この隣人がうちに迷惑ばかりかけまくり、しかもそのことを全く認識していないようであるのだ)。そのようなこともあるから、こういう件には注意しておく必要がありそうである。

 

4/8 特命リサーチ200X 「霊界からのメッセージ」

 今回のテーマは、テレビ放送終了後に、放送のないテレビから流れてきたという謎の声についてである。この現象はよく心霊現象としてあげられるのだが、結論から言えば心霊現象などではない。その原因について解説しているのが今回の内容。

 まず聴覚の情景分析という現象があるという。これは単純なノイズなどを聞き続けたときに、脳が勝手に他の音声と受け取ってしまう現象だという。

 しかしながら今回の事例は別の原因がある。要するに混信である。電離層の具合でAM波が反射して遠くに届く現象はよく知られているが、通常は電離層では反射しないテレビの電波も、スポラディックE層というものや流星群などによって反射することがあるというのである。

 なお今回の事例ではトラックの違法無線ではないということであったが、テレビやラジオに異常な音などが混入してくる場合は、トラックの違法無線が原因の場合が実に多い。この違法無線はとんでもなく高出力のものを使用しているので、信じられないような現象を起こしやすい(以前に大阪でニュートラムが暴走事故を起こしたことがあり、結局は原因不明になってしまったが、私はこの事故の原因は並列して走っている道路上のトラックの違法無線であると確信している)。ちなみに私も、スイッチを切ってあるステレオから謎の通信が聞こえてくるという現象を経験している(スピーカーコードなどがアンテナになってしまったらしい)。

 後半は一転して、「パンダをペットに出来るか」というテーマ。結論から言えば、パンダはワシントン条約や種の保存法で取引を規制されているので、ペットにすることは出来ない。

 しかしキリンなどはこの法律には該当しないので、条件を満たせば飼うことが出来る。もっともその適切な条件というのが、ムツゴロウ王国でもない限り満たせはしないだろう。

 最近は無責任な飼い主が増えて問題になっているが、それに対応して飼い主の責任を重く問う法律が制定された。その結果、ペットを虐待した場合など、懲役刑に問われる場合もあるとのことである。またペットを放し飼いなどして、他人を傷つけた場合には損害賠償が問われる。しかしこれは当然のこと。そういえばつい最近も、犬にひもをつけずに散歩をさせて、近所の人をかませていた飼い主が逮捕されたということがあったが、こういう非常識な輩はビシビシ罰して欲しいところだ。

 

3/18 特命リサーチ200X 「男性更年期障害」

 更年期障害というと、閉経期などの女性に発生する障害だと認識されているが、男性でも男性ホルモンであるテストステロンの働きの低下に伴って、更年期障害が起こることが分かってきたとのことである。

 症状としては鬱などが現れやすく、更年期障害であることに気づかずに向精神薬などを投与されても、症状の改善につながらず、ひどい場合には自殺などを起こしてしまうことがあるという。

 テストステロンの働きが悪くなる原因としては、ストレス(まさに万病の元である)、喫煙の習慣、肥満などがあるという。だから対策としてはこの裏返しで、ストレスをためない(といっても、現代社会では無理ではないか?)、禁煙する、適度な運動で減量するなどである。

 これもある意味では現代病のようである。元来は男性は女性のような閉経がないので(男は死ぬまで生殖可能である)、更年期障害はないと考えられていたが、このような病気が出るのは、最近の男性の生殖能力が低下してきていることと関係があるのではないかと思われる。

 後半は、秋田美人の秘密。秋田美人と言われるのは、秋田には色白の女性が多く、それは日照時間の短さが影響しているのではないか(ここまでは誰でも想像がつく)というところから始まって、実は秋田の人々には大昔に白人系の血が混ざっているのではないかという大胆な仮説にたどり着いている。

 最後の「秋田人、白人混血説」はかなりのとんでも仮説のように思われるが、実はこの仮説は「サイエンスアイ」でもニッポン名物研究室で以前に出てきたことがある。そのことから考えると、一応は専門家が指摘している事実ではある(それが正しいとは限らないが)。

 

3/11 特命リサーチ200X 「花粉症」

 最近、花粉症に異変が起きているという。元来は花粉症とは、体内にある程度の花粉が蓄積することが引き金になっており、三歳児以降でないと発症しないと言われていたのに、最近は花粉症の乳児が登場しているというのである。このように花粉症が増加しているのは、遺伝の問題があるのではないかという。両親が花粉症の場合、子供が花粉症になる確率は非常に高いとのことである。

 またスギ花粉症が引き金になって、ブタクサなどの他の花粉のアレルギーが発症し、一年を通してアレルギーになってしまう症例もあるという。これはアレルギーを持っている患者は、ヒスタミンの分泌がされやすい状態になっているので、他の引き金でアレルギー反応を起こすことが多いのだという。

 現在はアレルギーに対する根本的治療法はない。ただ可能性があるとして広く行われている治療法としては二種類あるという。一つは急速減感作療法。今までの減感作療法は半年から一年と長期を要するのが難点だったのだが、これを5日間で済ませるという方法である。昭和大学での実験では、これで70%の患者に症状が出なかったとのこと。もう一つはレーザー療法。これはレーザーで鼻の粘膜を焼いて、アレルギーに対して強くするという方法である。

 なお現在アレルギーが発症していない者がアレルギーを予防する方法としては、食生活の改善(肉食を魚中心に変える)、自律神経の強化(ストレスをためない、乾布摩擦などでの自律神経の刺激)などがあるという。

 ただ今回の内容で気になったことは、花粉症増加の原因として、都市化、花粉の増加、清潔化による免疫系の暴走などがあげられていたが、公害の増加について全く触れていなかったこと。スギ花粉症は、スギ花粉自体よりも、むしろ自動車排ガスなどの公害物質が原因ではないかということは定説になりつつある。そのことに全く触れないのは少々疑問であった。

 後半は、事故などで失った手足がまるで残っているように感じる幻肢という症状と、知能障害などを持つ子供が音楽や芸術などで特異な能力を発揮するサヴァン症候群とを絡め、脳の「再配置」について解説していた。この再配置というのは、特別な環境の変化や外傷による障害などが起こった場合、神経回路が組み直されることなどである。どちらも、脳の再配置によることで現れる可能性があるとのことである。

 現在、人工的に再配置を起こす薬などが研究されているという。これによって弱視や言語障害などが治療可能になる可能性があるとのことであるが、人工的に天才を作り出そうとするような問題が起こりそうなことである。この再配置という効果は、単純に脳の能力をアップするわけではなく、何かを犠牲にしてその分を他の能力で補おうとしている効果であると思われるので、無闇矢鱈に行うのは弊害があろう。大体人間が何かの能力に特化しすぎるのはあまり良くない。現に偏差値天才という能力に特化しすぎたエリート官僚は、代償として社会的常識といった能力が欠落しているので、いろいろと問題を起こしている。こんな輩ばかりが増えても問題だ。 

 

3/4 特命リサーチ200X 「謎の突然死」

 子供がスポーツ中、胸にボールが当たるなどの軽い衝撃を受けただけで、心臓が停止する事例が発生している。その原因について究明したのが今回のテーマである。

 心臓は収縮と弛緩を繰り返しているが、この弛緩期を受攻期といい、この時に心筋細胞が衝撃を受けれることによりカリウムイオンが急激に流出し、心室細動(心臓に起こった一種の痙攣)を起こすことがあるのだとのことである。もっとも通常の状態では細胞内のATPがカリウムイオンの急激な流出を防止しているので、普通は胸に少し衝撃を受けたぐらいで心室細動が起きることはない。ただ気をつけないといけないのは、過度な運動などで極端に疲労した状態の時である。このような時は細胞内のATPが極端に減少しているとのことである。

 また最近多いのが、極端なダイエットによるカリウム不足。特に下剤を使用するような無茶なダイエットでは、体内のカリウムイオンが異常に低下し、心室細動を起こすことがあるという。現に、拒食症で命を落としたカレン・カーペンターの直接の死因は心臓障害だとのことである。

 胸部への衝撃で心室細動が起こるというのは初耳ではあるが、ダイエットでのカリウム不足は以前から症例が多い。要するにすべてについて言えるのだが、運動にしろダイエットにしろ、あまりに極端なことはしてはいけないということであろう。

 後半は個人発明について。この番組では、誰もが一攫千金を狙えるように言っていたが、そうそう儲かるものではないと思うのだが。

 

2/25 特命リサーチ200X 「都会のカラス」

 最近、都会のカラスが知能犯化しているという。ある例では、賽銭箱からお金を盗んで、それを鳩の餌の自動販売機に投入して餌を買っていたという。

 都会のカラスと田舎のカラスを比較した場合、明らかに都会のカラスの方が知能が高いという。元々カラスは知能の発達した生物であるが、都会のように栄養が豊富で刺激が強い環境で生活することで、脳が刺激を受けて発達したのだという。

 元々カラスは単独行動をすることが多いのだが、最近は効率を上げるために集団で餌をとる例さえあるというから恐ろしい話である。カラス撃退のために人間がゴミにネットをかけたりなどの対策を打つことが、逆にカラスの知能を発達させることにつながっているというのだから皮肉である。よく田舎者に比べて「生き馬の目を抜く」と言われる都会で生きている者は、どことなく小賢しくなるというが、カラスも同じなようである。

 ところでこれから考えてみると、人間も十分な栄養を与えて知的刺激の十分にある環境下で育てば、知能が高くなるのだろうか。

 後半は鬼火についての推理。結論は「発光細菌に犯された魚」ではないかとしていたが、確かにある例はこれで説明が付くが、沖縄の鬼火伝説がすべてこれで説明が付くのでないのがつらいところ(鬼火で家に火がついたなんて例があるが、発光細菌ではこれは説明できない)。

 

2/18 特命リサーチ200X 「禁煙」

 多くの喫煙者が挑戦しながらも、失敗に終わるケースの多い禁煙である。なぜ禁煙が失敗するのかに切り込んだのが今回のようである。

 ただこの手の番組を見るまでもなく、なぜ人が禁煙に失敗するかは明らかである。それはたばこが麻薬や覚醒剤と同じ中毒性物質であるからである。アメリカでもこのことが問題になったが、その訴訟の過程で、たばこメーカーがニコチンに依存症があることを承知しながら、たばこの販売を続けていたことが明らかになっている。日本においても、たばこが中毒性がある上に体に悪いことは知られているのに、税収源になるという理由で、政府は本気で禁煙教育などを行ったことがないのである。

 この番組によると、たばこに含まれるニコチンは一種の神経毒であり、脳内のアセチルコリン受容体を刺激する性質を持っており、ニコチンを摂取し続けることでアセチルコリン受容体の感度が鈍って、継続的にニコチンを要求するようになるのだという。

 禁煙の障害になるのが、禁煙することによって起こる身体の変化である。これを知っておくことにより、禁煙の成功率は上がるという。

 まず最初の症状は禁煙開始後2時間でもう現れるという。この時に現れるのは「ニコチン切れによるイライラ」である。これは脳がニコチンを求めているためであるという。しかしこの欲求には波があって、実際に強い欲求が来るのは2,3分しかないから、その時に気をそらすことがポイントであるという。

 禁煙2日目から3日目にかけては、血中のニコチン濃度が低下することにより、さらに強い喫煙欲求がくる。この間に血中からニコチンが一掃されるので、5日目にはこの欲求は消えるという。

 そして禁煙が失敗しやすいのが、1〜2週間たった後の「安心期」であるという。この時点ではまだ脳はニコチンを求めているので、気が緩んで喫煙をしてしまいがちになるのだという。この時に負けないポイントは、食事をとりすぎないことと、睡眠をしっかりとること、酒の席を避けることだそうである。

 そして身体からニコチンが抜けた後にも禁煙が失敗させる壁は、行動記憶によるものである。これは「たばこがおいしい」という記憶が残っていて、何かの時にそれが出るのだという。これに対応するには環境を変えることが一番であるという。例えば食後に一服したくなる場合は、食後に歯磨きをするなどの別の習慣を作ることが効果的であるという。この行動記憶が抜けるには約3ヶ月を要するという。

 後半のテーマは「謎の吸血生物」。これは中南米で話題になっている「チュパカプラ」と呼ばれる謎の生物についてである。この生物は家畜を襲って血を吸うと言われているが、未だにその正体が確認されていないとのことである。その生物の死骸が最近発見され、大学での鑑定結果は犬であると出たのだが、どうもその鑑定に使われた死骸と、発見された死骸が別物であり、何者かによってすり替えられた可能性があり、謎の機関による改造生物であるのではないかとの仮説まで出ているとのことである。

 最近のこの番組は科学的裏付けのある手堅い話題が多かったので、路線が変わったのだろうかと懸念していたが(笑)、久々に水曜スペシャルのような怪しい内容である。いかにもこの番組らしくて、妙に安心してしまったのが本音である(笑)。ただ中南米あたりのジャングルには、改造生物ならずとも新種の生物が潜んでいる可能性はあるのではないかとは思えるが。 

 

2/11 特命リサーチ200X 「アイスマン」

 アイスマンというのは、最近にヒマラヤで発見された古代人のミイラのことである。決して雪男やそういういかがわしいものではない(笑)。

 これが何故世紀の大発見かと言えば、このミイラは約5000年前の人類であることが解明されたので、このミイラを調査することで、5000年前の人類の生活が推測することが出来るからである。

 調査の結果、驚くべき事実が多く発見された。まずこの時代は石器時代だと言われているが、我々が予想していたよりも人類は進歩していることが分かったのである。彼が持っていた斧はどうで鋳造されたものであったが、これを作るには高い技術が必要で、これだけのものを作れるようになるには後1000年ぐらいかかると推測されていたのである。またキノコを薬として使用していたりなど、技術レベルが予想以上に高かったと言うことである。

 考古学の常識などと言うものは、一つの発見で覆ることがある。その例であるようだ。

 

2/4 特命リサーチ200X「エコノミークラス症候群」

 今回のテーマは前半が「エコノミークラス症候群」、後半が「ダイエット」である。

 エコノミークラス症候群は最近問題になったので、話題に敏感な人ならご存じではないかと思われる。そもそもこの病気が注目されたのは、国際線で現地に到着した直後に突然倒れる症例が続発し、それが特にエコノミークラスの乗客に多かったからである。

 当初は謎の病気として大騒ぎになったのだが、やがてその原因は解明された。これは長時間椅子に座り続けることにより、足の深部静脈が圧迫され、血流が悪くなることで血栓が生じ、再び動き出した時にその血栓が肺の動脈を閉塞することにより呼吸困難を起こすことが原因であるとわかったのである。

 対策はかなり単純で、とにかく定期的に立ち上がるなど動くことと、水をよく採るように注意することである(1時間に100ml採ることが必要とか)。なおこの症例は病院などで入院していた場合にも起こりやすいので注意が必要である。

 人間の足は「第二の心臓」とも言われており、血流のかなりの部分は足を動かすことで補われている。だから人間にとって歩くことが体によいゆえんである。

 後半はダイエットについて。要は運動を併用しない食事制限のみのダイエットでは筋肉が落ちてしまうので、基礎代謝が減って痩せにくい体になってしまうという常識である。この番組の追加情報では、クロムの不足がさらに筋肉の減少を促すので、栄養のバランスに注意するべきであるとのこと(当然のことではあるのだが)。

 そして筋肉減少を防ぐには、1キロぐらいの軽いダンベルを使ったダンベル体操が効果的である。

 いずれも極めて常識的内容であり、紹介されている情報も妥当なものである。ただ若干扱いがセンセーショナルにすぎるきらいはあるが。

 

10/15 特命リサーチ200X「謎の巨大生命体」

 前回は謎の発光体であったが、今回はアメリカの湖に住むといわれている「オゴポゴ」なる巨大生物についての探索である。実は先週との前後編体制になっており、先週ではオゴポゴはクジラの先祖にあたる生物の生き残りなのではないかという仮説を展開していたが、今回は突然その仮説が変更になって、鮫の一種が染色体が二倍化することで巨大化したのではないかとの推測をなしていた。

 染色体の二倍体というのは、細胞分割時に化学的刺激や圧力・温度刺激などが加わることで発生し、二倍体の染色体を持つ生物は通常よりも巨大化するという。

 ただ仮説を出すのは良いが、要はその生物を見つけるのが一番話が早い。しかしながらさんざん勿体ぶった挙げ句に結果は空振りというのがなんとも締まりのない話である。先週の発光体についても結局は空振りなので、なんか番組としては格好が悪い。もっとも「水曜スペシャル」などの類だと、ここでやらせをするところなのだが、それをせずに終わらせているのはこのテレビ局としては極めて良心的と言えよう(何しろ特番のために偽の石碑を作って海に沈めた前科を持つテレビ局である)。たとえ番組として格好は悪くとも、番組に対する信頼は得たのではないだろうか。

 後半は「食べ放題必勝法」という非常に実用性の高い内容(笑)。いきなり冒頭で「食べ放題で元を取ろうという考えは無理である」と断言するところが小気味よい。つまり仕入れなどを十二分に低コスト化しているので、いくら食べたところで店側が採算割れを起こすことはあり得ないということである(当然の話である)。それにしてもしゃぶしゃぶ食べ放題の肉の原価が100gあたり70円というのはどの業者の数字かは分からないが、とんでもない数字であると感心した。OGビーフでも使ってるのだろうか。

 で、内容はいかに楽しく多くを食べるかという方法についてで、いくつかのポイントを上げていた。1つは最初にいろいろと取りすぎないこと。これはあまり取りすぎると目からの刺激で精神的に満腹してしまうとのことである。これ以外にいろいろ食べて目先を変えるというのもあったが、これは同じものばかり食べると飽きるので当然。また炭水化物は血糖値を早く上げるので後回しにするなどというのも常識レベルである。ただし一つだけ疑問を感じたのは「早食いせずに、自分のペースでゆっくり食べる」という項目である。この番組によると、早食いすれば体温が上昇するのでこれを抑えるためにヒスタミンが分泌され、その結果として食欲が落ちるというのであるが、これは一般的に言われている「早食いすると満腹中枢が刺激されるのが遅れるから、食べ過ぎてしまう」といういわゆる肥満の要素と矛盾するのではないだろうか。どちらが真相なのかは私の知識では判断できないのだが、一体どうなっているのだろう。 

 

10/8 特命リサーチ200X「謎の発光体」

 今回は2時間スペシャルで、遺跡周辺によく現れるという謎の怪光現象を科学的に究明しようというテーマである。

 遺跡周辺にはよく謎の発光体が見られると言われ、これがUFO信者共のUFO存在理由にされていたりするのだが、これを科学的に見た場合にどういう説明がなされるのかということである。結論から言えば、断層に基づく地磁気による現象だとのこと。

 断層では岩盤などの圧電効果によって発光が起こったりすることがあり、これが謎の発光体の原因であるとこの番組は結論している。実のところ、この説は何も珍しい説ではなく、既にこの説でUFO信者連中の怪しいオカルト仮説は完全に否定されている。

 なおこの番組はさらに、磁気が脳に影響を与え、不安感を起こしたり幻覚を見たりする可能性を上げていた。ただこれはまだ科学的に完全に証明されたとは言いがたいので、鵜呑みは危険である。もっとも人間の脳も電気信号で動いている以上、磁気の影響を受ける可能性はあると私は考えるが。

 ちなみにこれらの地磁気の異常は、地震の前などに起こり、阪神大震災でも発光現象や不安感などが報告されているとのこと。なおこれは私も個人的に体験している。

 ここで私の個人的体験を語る。私は大阪に在住しているのだが、以前から私の部屋の本棚の一つが非常に不安定なことが気になっており「地震が来たら布団の上に倒れてくるな」と感じていた。安全のためには角材などをかまして固定する必要があるのは痛感していたのだが、角材を買いに行くのが面倒でついつい先延ばしにしていたのだ。しかし親戚の婚約発表のために神戸に出かけた帰り、私はどうしても今日のうちに角材をかましておく必要があるという予感を強烈に感じ、かなり疲労困憊しているにも関わらず東急ハンズに出かけていったのだ。そしてその角材をその日のうちにかまし、翌朝あの地震が起こった。幸いにして私がかました角材のおかけで、その本棚は倒れず、私はけがをせずにすんだ。

 あの時に私が感じたのは理由不明の強烈な不安感である。もし私が新人深い人間だったら、神の啓示を受けたという言い方をするかもしれない。そういうことを体験しているだけに、地磁気の異常が精神に影響を与える可能性という件については、私としては「あり得るな」というのが実感である。

 

8/27 特命リサーチ200X「睡眠」

 人間は必ず睡眠をとるが、これが不足すると種々の症状が出現する。代表的なものは、1.疲れやすくなる 2.頭痛が起こる 3.風邪をひきやすくなる 4.記憶力が落ちる 5.肌が荒れる などである。

これの1,2は乳酸の蓄積が原因であり、3,4はストレス物質が原因、5は成長ホルモンの分泌不足が原因になるという。

 では無理矢理睡眠をとらなかったらどうなるか。アメリカで200時間連続のディスクジョッキーをした人物がいたが、彼は攻撃的な性格が現れたり、ついには幻覚が見えたという。これは脳内でノルアドレナリンが分泌されたり、脳内の神経伝達物質が不足したことによるという。なおこの後、彼は13時間の睡眠をとって、復帰したという。しかし彼のこのエピソードは実は有名なのであるが、この番組では触れていない後日談がある。彼はその後、性格が変化してしまって、結局は妻ともうまくいかなくなり離婚に至ったという。

 なお睡眠をとらなかったらどうなるかということを犬で実験した例では、とうとう死んでしまったという。

 では睡眠不足を解消するにはどうするか。ポイントは深いノンレム睡眠をとることであるという。ではそのために気をつけるべきポイントが4つ上げられていた。

1.朝には決まった時間に起き、太陽の光を全身で浴びる・・いわゆる体内時計のリセットのためである。これは比較的よく知られており、実戦している人は多い。問題は曇りの日には目覚めが悪くなることである。

2.カフェインは睡眠7時間前からもとらない・・カフェインの睡眠蘇我以降かは強いので、このぐらいの時間をおいた方がよいという。

3.夕食の前に風呂にはいる・・夕食後の入浴は消化を阻害し、消化の信号が脳に届くことで睡眠をそがいするという。

4.睡眠2時間前からは食べ物をとらない・・3と同様に、消化の信号が睡眠を阻害する。

5.睡眠1時間前から照明を暗くする・・睡眠物質メラトミンの分泌抑制を解除するため。

 これらに気をつければ、深い睡眠を得ることが出来るという。

 しかしよくあるのは心配事などのストレスで寝付けないということ。これは誰でもよく体験していると思うが、私も馬鹿な上司のせいで慢性のストレス状態で、これが慢性の睡眠不足につながっている。

 これについては自立訓練法という身体をリラックス状態に誘導する方法で解決できるという。一種の自己催眠の手法のようである。

 後半は南米で出土したジェット機を思わせる金の装飾品が何をモデルにしているかである。これについては、鳥や昆虫でこの形態に類似したものがないというところから、一足飛びにジェット機説が飛び出したようであるが、これなどは典型的なとんでも仮説である。この番組でもこのままの形態では飛行機としては無理で、これはアマゾン川に棲息する魚をモデルにしているという説を上げていた。その独特の形態は実にこの魚と類似しており、これは説得力のある説である。少なくともこれでジェット機説などという馬鹿な説はぶっ飛んだであろう。なお私個人としては、これ以外に鳥を腹の側から見た(つまり仰向け状態)という説を提案しておく。

 

7/30 特命リサーチ200X「謎のウィルス」

 ニューヨークで謎の鳥の大量死と脳炎の大流行が起こった。この事態に対してCDCはセントルイス脳炎ウィルスが原因と判断したのだが、これに対して、セントルイス脳炎は鳥には感染しないことから、別のウィルスの可能性が浮上した。そして調査の結果、これがアメリカでは未知であるウェストナイルウィルスであったことが分かったという。

 そうなると問題になるのが感染ルートなのであるが、この番組によると、密輸された鳥から感染した可能性が高いという。この菌はニューヨークに定着してしまっており、今年も市当局は対策に追われているという。なんと言ってもこのウィルスが恐ろしいのは、未だに有効な治療薬がないということらしい。

 日本における現状だが、日本はアメリカ以上にこれらのウィルスが入ってくる可能性は、アメリカよりも高いという。これはアメリカ同様に野鳥の密輸が多いことだけでなく、検疫がお粗末なことにも一因があるという。

 野鳥などの密輸は貴重生物の絶滅などの危険性だけでなく、このような問題も生じるということである。このような行為は厳正に取り締まって欲しいところであるが、一番悪いのは、人が飼っていないペットを飼いたいなどの理由でこれらの密輸動物を購入する馬鹿なコレクターである。市場があるから供給が生じるわけで、このような馬鹿がいなくなれば、こんな商売はすぐになくなる。

 後半は鮫について。要は鮫に襲われないためにはどうするかであるが、結論は、1.鮫のいるところには近づかない。2.鮫に遭遇しても慌てない。3.鮫に遭遇したら立ち去るまで隠れておく などといった常識的対応をとることが重要とか。また元々は鮫にとって人間はあまり良い食料ではないから、何も人間を狙って襲ってくるのではなく、セイウチなどの食料と間違って襲ってくるとのことである。

 鮫に襲撃される事例というのはそう多いものではないから、要はこちらから鮫の領域に近寄らなければ良いのである。

 

7/23 特命リサーチ200X「謎の金属腐食」

 地球上にはいろいろな細菌があるが、その中には金属に穴を開けてしまうような細菌もあるというのが、今回の話。

 ある細菌は硫黄分を取り込んで硫化水素を発生させるという。これが原因で鉄パイプに穴が空くということだ。中には硫酸を合成する菌もあるから、このような菌はコンクリートさえ分解してしまう。

 こういうとこれらの菌は害になるように思えるが、ある意味では人工物を分解して自然に帰していると言えるから、地球にとって重要な作用であると言える。実際に最近は環境中に放出されたプラスチックがその安定性のために、いつまでも環境中に残って自然破壊の原因になっている。そのために最近は生分解性プラスチックと呼ばれる、自然中で分解されるプラスチックの開発に各社が凌ぎを削っている。

 しかしながら実はこれは大きな矛盾でもある。プラスチックというのはいつまでも分解しないから良いのであって、分解するならプラスチックではないのである。だから本当は、プラスチックは分解したら困るようなところに使って、分解しないといけないところには木や紙などの自然素材を使えば良いだけのことである(私は化学メーカーに勤務していて、私の会社もこの手のプラスチックを開発しているので、あまり大きな声では言えないのだが)。

 後半は、データ記録メディアが自然劣化で死んでしまうと言う話。

 ノイズは少ない上に摩耗しないので半永久的に寿命を持つとの触れ込みで、あっと言う間にLPを駆逐してしまったCDだが、ここに来て「半永久的な寿命」というのが嘘八百だったことが判明してきたのだ。CDは透明なプラスチックにアルミが蒸着されて、そのをさらに樹脂で保護しているのだが、経年劣化でこの樹脂の接着がゆるみ、空気が入ってアルミ層が錆びてしまうことでついには情報が読めなくなると言うのだ。実際にこのような状態なったCDがそろそろ出始めているという。最近判明したCDの寿命は実は20年ぐらいだとのことだから、これだと「半永久的」どころかLPよりもはるかに短い。

 実はこの可能性はCDが開発された当時から指摘されており、私もCDの「半永久的」が嘘だということは常々アピールしてきていたのだが、LPのCDへの買い換え需要を狙っていたメーカーは、それを承知の上でLPの駆逐に狂奔していたのである。

 現在、このように記録メディアが自然劣化で読めなくなるという問題だけでなく、保管してある記録が、読む装置がなくなることで読めなくなるという問題も起こっている。この番組でも指摘していたが、確かにもう一般家庭では、8ミリ映写機、ベータビデオ、LPなどの再生はかなり困難になっている。なおこの番組では指摘していなかったが、これ以外にも比較的近い将来に再生装置がなくなると思われるメディアとして、Hi−8ビデオ、LD、DATがあげられる。さらに5年以内にその可能性があるメディアは、カセットテープ、MO、フロッピー、10年以内に消える可能性があるメディアはVHSビデオ、MD、CDなどである。メーカーは新しい規格が登場するたびにそれに飛びついて、旧規格を駆逐することで消費者の買い換えを促そうとするが、このような消費者の利益を無視したことがいつまでも通用するとは考えにくい。

 なおこの番組では、そのような事態に備える一番の方法はデータのバックアップだと言うが、今後主流になると思われるDVDはコピーガードがかかっているせいで、そのバックアップさえ不可能である。このようなメーカーの思惑に踊らされる状況がいつまで続くのか・・・。

 

7/2 特命リサーチ200X「多発する大洪水」

 近年、大洪水が世界的に多発しているという。この10年では洪水の発生が3倍になっているとのことだ。

 この原因としては地球温暖化の進行による降水量の増加が考えられると言う。つまり温暖化が進行することで、海面や地上からの蒸発が増え、それが雨雲の発達を促し降水量が増加するという。しかも恐るべきことに、地球全体としての降水量は増えるが、雨の降る地域自体は狭くなると言うのである。つまり強力な上昇気流発生により雲の発達が積乱雲型になることで、内陸部まで雲が移動しなくなり、雲が発生した地域で集中豪雨的に雨が降り、一方の乾燥地域では全く雨が降らなくなるというのである。

 そして世界的に見た場合、日本は降水量が増える地域に当たる(島国だから当然であろう)。しかも温暖化によるエルニーニョ現象により巨大台風が発生、さらに降水量増加に拍車をかけるという恐ろしいメカニズムである。そしてそれを実証するかの如く、近年は集中豪雨型大洪水が繰り返し起こっている。

 次にこの手の番組では付き物の「東京に大洪水の可能性があるのか?」である(なぜ東京だけなのか、大阪はどうでも良いのか?)。そして結論は「起こる可能性は非常に高い」である。

 まず東京はもともと沖積平野であり、川よりも低い地域が多くある。また世界的降水量の増加で、東京は降水量が増加する地域に該当する。しかも日本での降水はおもに夏や秋に集中している。しかもヒートアイランド現象で集中豪雨型の雨が増え、さらに洪水の危険を増やす。

 しかも地下街の多い東京の事情が被害に拍車をかける。水位が40センチになると水圧でドアは開けられなくなる。こうなると地下に閉じこめられた人に多くの犠牲が出る恐れがある。

 この後、この番組ではかつてのカスリーン台風の1.2倍の雨が降り、荒川が氾濫した場合のシミュレーションを行っていた。ライフラインの断絶による都市機能の混乱による経済的被害などの見積もりは24兆円にもなるという。また水害後に起こるさらなる被害として、浸水によるゴミの増加、衛生状態の悪化による伝染病発生、交通の混乱などが起こるという。だからそのための対策を今から考えておく必要があるという結論であった。

 これから見ると、最大の問題は東京に首都機能が集中しすぎていることに大きな原因がある。だから最大の対策は「集中の解消」であると考えられる。ちなみにここで想定されていた被害については、東京の人間にとっては震撼すべきものかもしれないが、阪神大震災を体験した者にとっては「何をこの程度で」といったレベルである。

 後半は妖精のミイラと言われているものについて。結論は、猿に対して加工をしたものということであったが、そもそも発見者が金鉱採掘をしていた連中で、その後そのミイラが見せ物に売られたということ自体が怪しいところであり、この結論は最初から予想がつくものである。

 

6/3 特命リサーチ200X「犬の特殊能力&謎の酸欠事故」

 アメリカでの事例。ある日飼い犬が騒ぐので家人が犬を外へ出すと、一目散にこの犬は走り出した。そしてそれを追いかけた家人は、主人が家から50mのところで心臓発作で倒れていたのを発見した。

 さて問題はなぜこの犬が主人の危機を察したかである。視覚や聴覚では考えにくい。結局は犬の敏感な嗅覚によるものだとかんがえられるのだが、次に問題なのは犬が主人に気づいたとしても、なぜその危機にまで気づいたかである。

 この番組では主人の病気による体臭の変化が原因であると結論づけていた。人間は糖尿病になると尿中に糖分が出るように、病気によって身体の分泌物が変化して、体臭が変化するのだそうである。

 では次に問題になるのが、この犬はどうやってその主人の体臭の変化を危険なものであると判断したかである。

 これは記憶によるものだと結論づけていた。つまり以前に主人が心臓発作で苦しんでいるときと、その時の主人の体臭の変化をおぼえていたからであると言うことである。このような犬に特有の気遣いの能力は「群本能」と言い、群の中で病気の個体などがいると狩りなどに失敗する危険があるから、自然に病気の個体をかばうのだという。

 この能力を利用した病気の診断システムの開発も研究されているとのこと。なかなか興味深い。

 二つ目の話題は謎のオアシス。砂漠では突然にオアシスが現れて、また突然に消えるということがあるという。それについての検証である。

 結論としては、砂漠内でも地下の不透水層の上の帯水層に大量の地下水が存在し、それが地表に現れたのがオアシスであり、その後の地下水位の変化などで消滅したのだと結論していた。現在、この地下帯水層に地下ダムを造って、その水を利用した灌漑などが行われているという。ただ私としては、これはより大規模レベルでの気候変化をもたらす恐れがあるのではないかという気がして、少々不安ではある。

 

5/21 特命リサーチ200X「歯周病&謎の酸欠事故」

 最初のテーマは歯周病。現代人がはを失う原因として多いのが実は歯周病であるという。歯周病が恐いのは歯を支える歯槽骨を溶かしてしまうために、歯が根本からグラグラになってしまうことにより、急に歯を全部失ってしまうことである。

 昔は歯周病は老人の病気だと思われていたのだが、最近では10才でも50%、25歳以上では85%が歯周病にかかっているというのである。その原因は若者が食べ物をよくかまなくなったことになるという。これは以前から言われている食べ物が軟らかくなったことに起因しており、これは顎の未発達の観点からも指摘されていることである。またかまないことで唾液の分泌量が低下することも歯周病の原因になるという。さらに不規則な生活によるストレスも免疫を弱め、歯周病の原因になるという。

 歯周病が悪化しやすいのは痛みがないこと。これは歯周病菌は神経を麻痺させる物質を出すのが原因であるという(これは初めて知った。恐ろしいことだ)。また歯周病菌の中には女性ホルモンを好む菌もあるので、若い女性は歯周病になりやすいと言う。

 そしてさらに恐ろしい話。歯周病菌が脳梗塞や心筋梗塞の原因になる可能性があるというのだ。歯周病菌が出す酵素が血栓を作るというのである。これは脳梗塞の患者の4割の血液内から歯周病菌が発見されたことによるという。ただ一つ疑問を感じたのは、上でも上げたように25歳以上では85%が歯周病だといっているのに、脳梗塞の患者の4割から歯周病菌がでたと言っても、これは統計的に意味があることなのだろうか? どうもまだ少々疑問はある。

 しかし歯周病が身体に悪いのは間違いのないことである。これを防ぐには歯茎に注目した歯磨きである。もっと歯磨きに気を使うべきであろう。ただこの番組で言っていた5分以上という歯磨き時間はなかなかとれないものである。歯科医などはテレビを見ながら歯ブラシを使うことを勧めるが、私は個人的にはこれは気持ちが悪くなるのでできない。これが大問題。

 2つ目のテーマは酸欠事故についてである。

 1968年、あるオフィスで女子トイレに入った社員が次々と酸欠で倒れる事故が起こった。実はこの酸欠の原因は地下から侵入した酸欠空気によるものであった。なぜこのような酸欠空気が発生したかというと、まず地下水組み上げなどで地下水位が低下、地下の砂礫層に隙間が出来る。しかも当時の地下工事では圧縮空気を使用することが多く、これが地下の砂礫層の隙間に流入する。そして土中成分の酸化により空気が酸欠状態になる。そしてこの酸欠空気が地下の砂礫層を通って地下にあった女子トイレに到達したのである。

 酸欠事故の恐ろしさは、人間はある程度より酸素濃度の低い空気を吸入すると、瞬時に失神してしまうので、被害者は事態が分からないまま急に意識を失ってしまうことである。また救助に行った者も一緒に倒れてしまうことが多く、これがさらに被害者を増加させることが多い。実際にこの手の事故は工場のタンク内の検査やトンネルなどでよく起こるので、このような作業場ではかならず換気の確認をすることになっている。

 ただしこの酸欠の事故は一般家庭でも起こる可能性があるとのこと。ある事例では、ある病室に見舞いに来た客が次々と倒れるという事故が発生。これの原因は病室にいっぱいあった見舞いの花のせいだという。確かになぜか意外と知られていないことなのだが、植物は光がないと、光合成を停止して呼吸を始めるので酸素を吸収するのである。またこの番組ではそこまで触れていなかったが、病室においてあった花が蘭であったのもポイントである。実は蘭という花は光合成をせずに呼吸だけをする。なぜか蘭はある筋の方々には好まれるそうだが、事務所一杯の蘭のせいで、組員が次々と酸欠で倒れたという事故も聞いたことがある。

 大人1人で1時間あたり6畳間分の空気を消費するという。現代の気密性の高い住宅では意図的に換気をしないと酸欠に陥ることがあるという。これはさすがに私も慌てて窓を開けてしまった。自分の部屋に帰ってくると妙に体がだるいのはこれが原因だったのだろうか?・・いや、仕事の疲労が原因だと思うのだが(笑)。

 

5/14 特命リサーチ200X「謎の奇病&写真写り」

 前半はアメリカ、ナバホ族の居留地で発生した謎の奇病について。この病気の患者はインフルエンザのような頭痛・発熱の後、急激に肺水腫を起こし、呼吸困難に陥って死ぬ。実にその死亡率は50%という恐るべき病気である。

 通常肺水腫は心疾患などによって起こることが多いのだが、患者には心疾患は関係なく、患者がその地域で急増したことから伝染病が疑われる。CDC(アメリカ疾病管理センター)が原因解明に乗り出した結果、原因は新種のハンタウィルスによることが解明された。このウィルスはネズミを安定宿主としており、ナバホ居留地周辺に生息するシカネズミが感染源であると判明した。このウィルスがネズミの糞尿などから埃と共に舞い上がり、気管から体内に侵入して感染したのである。

 なお驚くべきことは、このハンタウィルスの流行を予測したと思われる予言が、ナバホ族の長老によってなされていたということである。それは実はこの病気は初めてのものではなく、以前にも何度か発生しており、ナバホ族は特に大雨や大雪があった次の年が危ないということを経験的に知っていたのである。乾燥地域である居留地に大雨が降ることで、ネズミの餌である松の実などが増加、ネズミが増加して人間に接近することになるのである。ナバホ族長老達の予言は「世界の調和が乱れて多くの人が死ぬ」といった漠然としたものだったせいであまり注目されてはいなかったのだが、実は経験に基づいた危機を訴えていたのだ。

 この番組が立派なところは、長老の予言などという怪しげなものにキチンと科学的理由を付けていたところ。同局の「水曜スペシャル」などなら超能力のような扱いにしてしまうところだが(テレビがそのようなオカルトに荷担することが新興宗教による詐欺事件が増加する背景にある。あの「法の華」も同局のやらせ番組を宣伝に利用した過去がある。)、そういうことをせず理論的にキチンと解明しているのは番組作りの姿勢として評価しても良い。

 後半は写真映りについて。履歴書などに貼る写真をどうやったら好印象を与えるものに出来るかというテクニックである。

 まず履歴書写真の重要性についてだが、写真付き履歴書の場合、かなりの部分が写真の印象に影響されるという実験結果を示していた。これについては私は半信半疑だが、ただし女性の就職の場合、いわゆる美人の方が圧倒的に就職に有利なのは間違いない。

 証明書などの写真で気をつけないといけないのは、フラッシュが上から来るせいで、顔に影が出来やすく暗い印象の顔になりやすいとのことである。これを防ぐにはレフ板(反射板)を使用すればよいのだが、こんなものを持ち歩いている者がいるわけがないから、とりあえずは膝の上に白いハンカチなどを広げればよいとのことである。実際にこれでモデルが2種類の写真を撮り分けていた。確かに顔が大分明るくなっていた。ただ一言いっておけば、彼女ほどの美人なら、履歴(学歴等)の方に問題がなければ、あの映りの悪い方の写真でも十分に採用されるだろう。また顔の表情を自然にするためには、そこにいる人に話しかけるようなつもりで撮れば良いと言っていたが、写真機の前で一人で喋っている人がいたら、それは結構嫌である(笑)。

 また目が開いている方が明るい印象を与えるので、目は開いている方がよいが、無理に開くと驚いたような不自然な表情になってしまうので、鼻から息を吸い込むことで自然に目が開くとのことである。ただし私がこれを試してみても特に変化は見られなかった。

 最後にスナップ写真の綺麗な取り方も紹介。人間の顔は左と右で違うので、しまっている方の顔を前にして斜めを向いた方が良いとか、座る時は足はまっすぐにせずに斜めにした方が長く見えるとか、立つ時は足をまっすぐにせずに身体を傾けるとか、手を前で組むと堅苦しく見えるのでポーズをつけた方が良いとかを言っていたが、これはいわゆるモデルのテクニックであって、個人的意見を言えば、素人にこれをされるとかえって嫌味ではないかと感じるんだが(時々いますよね。私の写真を撮るときは右45度から撮ってとか注文を付ける奴。)。

 現在は就職難なのでこういう話も出て来るんだろう。だけど人間最後は中身であると言っておこう。ただ中身というのはなかなか正しく評価はしてもらえないものだが。

 

3/12 特命リサーチ200X「謎の光る飛行物体」

 1980年代に多く目撃された謎の発光飛行物体についての解析である。これは飛行中の貨物機が巨大な発光物体を目撃したという報告などから始まった騒ぎで、当時はUFOだと大騒ぎされたらしい(原因不明の飛行物体なのだから間違いなくUFOではある。ただこれは何も宇宙船を意味しているわけではないが)。当時は雷説やらステルス戦闘機説やらが否定され、結局は原因不明になったらしい。

 この番組の結論は、これはプラズマであったということ(何やら、大槻教授の顔が浮かんでしまったが)。電磁波が集まることでプラズマが生成することがあるというのだ。まあここまではまあ妥当な番組なのだが、この番組が笑えるのはこの後に国防総省の極秘プロジェクトなるものが現れること。HAARPなる設備が存在し、これが強烈な電磁波を発していたというのである。これは電離層に強烈な電磁波を与えることで、戦闘機の検知やミサイルの迎撃、果ては気象のコントロールまで目指していたという。まあこれがどこまで本当かは分からないが、UFOの正体がプラズマであったというのはそうなんだろう。

 なお電磁波というものは、人体にかなりの影響を及ぼすのではないかということが最近になって言われ始めたが、電磁波の一種であるX線などがガンを発生させたりすることや、そもそも電磁波というものがかなりのエネルギーを持っていることを考えると、人体に無害ということはないだろう。

 

3/3 特命リサーチ200X「夢遊病」

 前半は金属アレルギーに関する事件である。金属アレルギーは大抵は装飾品などが原因になっている場合が多いのだが、ここでの事例はなんと歯につめた金属によってアレルギーが発生したとのことである。金属を歯に詰めることで、一種の電池の効果が現れて金属が溶け出すとのことだ。

 ただし驚くべきは、患者が歯に詰め物をしたのは30年前だったとのことである。その間に金属が体に蓄積し、あるきっかけで(この患者の場合は盲腸になったことらしい)発病したようである。これはいわゆる化学物資アレルギーにそっくりである。あの病気も突然発症し、今までなんともなかったものに過敏に反応するようになってしまうのである。

 この患者の場合は虫歯の本数が多かったことと、水銀アマルガムを使用されていたことなどでアレルギーが強烈に現れたようである。この患者はアレルギーを起こしにくいといわれているチタンに歯の詰め物を変えることで症状がおさまったとか。

 アレルギーが恐ろしいのは、このように長い年月の後で突然に深刻な症状が出ることがよくあることである。だからこそ、農薬の問題や遺伝子改良作物の問題は危ないと私は感じるのである。

 後半はタイトルにもなっていた「夢遊病」についてである。

 夢遊病とは睡眠中に本人に無意識のうちに体が動く病気である。これはよくミステリーなどでは出てくるが、現実の病気としては一般にあまり認識されていないようである。

 夢遊病は脳が未成熟な子供に多いとのことである。夢遊病が起こるのは脳が休んで体は休んでいないノンレム睡眠といわれる状態の時に起こるらしい。ノンレム睡眠の状態では体に対する刺激は脳幹に直接進むのだが、この脳幹からの覚醒の信号が大脳皮質にキチンと伝わらないために脳が部分覚醒してしまうことによるらしい(逆に脳が覚醒して、体が休んでいるレム睡眠の時に目が覚めると、目が覚めても体が動かないといういわゆる「金縛り」状態になる)。もっとも脳が発達するとこの症状はおさまるので、大抵は心配する必要はないとか。

 ただし、中には大人になってこのような症状の現れる人もいるらしい。このようなときは脳に障害がある場合があるとか。事例として現れた男性は、夜中に部屋を歩き回ったり、隣の部屋で寝ていた妻を殴りつけたりしたとのことである。調査の結果判明した病名は、レム睡眠行動障害という病気である。元来レム睡眠中は運動機能が抑制されるのだが、これが強いストレスや大量のアルコールで麻痺することがあると考えられているらしい。彼は証券マンで成績不振のために上司に連日叱責されるというストレスを受けていたらしい。そのせいで、彼は外回りをしている夢や、上司を殴っている夢を見ていたとか。つまり彼は夢の中でのままに体を動かしてしまっているのである。

 ちなみに彼はその後に転職し、ストレスがなくなったことで病気は治まったとか。これはどうも他人事ではない(私も仕事の夢は何度も見たことがある。)。

 

2/27 特命リサーチ200X「拒食症」

 最近問題になっている拒食症についてである。カーペンターズのカレン・カーペンターがこの症状で死亡したことで有名になったが、現在は拒食症患者がとくに日本で非常に増加しているとのことである。

 拒食症の第一期は食事制限から始まるが、第二期になると「ダイエットハイ」と言われる妙に活動が活発になる状態が来るとか。これが飢餓に対して脳がβエンドルフィンが分泌されて、高揚感が来る状態だとか。ランナーズハイなどがよく言われるが、人間は極限状態になるとそれを和らげるのにこの脳内麻薬が分泌されることになるらしいが、ダイエットでもこれがおこるとは初耳である。

 そして第三期に至るととうとう空腹感を感じなくなってしまうとのことである。こうなると脳の摂食中枢に障害が発生してしまっているので、血糖値の低下も感じないし、既に胃が食べ物を受け付けなくなってしまっており、無理に食べても嘔吐してしまうとのこと。こうなると完全に「拒食症」という病気と診断されるそうだ。

 そしてこの次に来るのが第四期。もうこうなると正常な判断力を失っており、自分が危険な水準まで痩せているにも関わらず、まだ太っていると感じており、食べることに対して、太るという強迫観念にかられるとのことだ。しかも恐ろしいことに、この時期になると脳の萎縮が見られるとか。完全に理性が狂ってしまうのである。

 この拒食症になりやすいタイプというのは優等生タイプの子供だという。このタイプの子供は自分でストレスを抱え込む上に、無理に努力をしやすいのではまりこんでしまうとか。またこのようなタイプは親の愛情を得るために過剰に期待に応えようとしたりしてストレスをため込むし、自分で物事を決定できないのでこのこともストレスになるとか。幼い頃に母親の愛を感じられなかったりしたことは非常に大きな影響があるという。つもり某シンジ君のような「僕を愛してよ!」って叫ぶタイプは確実に拒食症になりやすいタイプのようである。

 ただこの番組では親子関係のことなどをメインに据えていたが、社会的に痩せていることが正しいことで太っていることが罪であるかのように喧伝していることが一番大きいのではないかと私は感じている。このような宣伝の効果で、現在の女性は「痩せている」という考え方の基準が拒食症以前から狂っているように思える。某ファッション雑誌が「不健康に痩せすぎている」という理由で一部のモデルを拒否したということも海外ではあったらしいが、それは正しいと思う。人間には正常な範囲というものがあって、明らかにそれからずれたような美意識を刷り込むとおかしなことになるもとだ。

 後半はいわゆる進化の不連続点「ミッシングリンク」が実は宇宙から飛来したバクテリアなどの遺伝子による変異が原因であるという奇説である。以前から地球の生命の発生の元を宇宙に求める説はあるが、実はこの説は地球上で起こった生命発生の謎を宇宙にそのまま移してしまうだけで、実は生命発生のメカニズムについては何も説明していないのであるが・・・。

 

2/20 特命リサーチ200X「虐待の連鎖」

 以前から、虐待されて育った子供は自分が親になった時に子供を虐待することが多いと言われているが、そのことに対して科学的解析を加えたのが今回である。

 虐待されて育った子供は強度なストレスによってノルアドレナリン(いわゆる興奮物質として知られている)の分泌が多くなり、いわゆるキレやすい性格になるとのことである。その上に自己嫌悪が強い性格になりやすいので、さらにストレスが多くなってしまうとのことである。特にこの現象は虐待が幼少期であるほど影響が大きいとのこと。この時に子供が精神を保てるかどうかは、相談できる人がいるかどうかによるとのこと。

 ノルアドレナリンの話は正直なところ半信半疑である。ただ虐待が連鎖するというのは確かに指摘されていることで、何らかの原因があるのは確かである(子供は無意識に親の子育てを真似ると言う説もある)。これには社会的ケアが必要なのは事実だろう。

 後半はいわゆる狼男の話。この番組では麦角病に侵されたライ麦に含まれたアルカロイドによる症状ではないかとの結論をつけていた。このアルカロイドは幻覚などの症状を起こすらしく、狼男として処分された者のなかにはこの中毒によって幻覚に侵された患者なども含まれていたのではないかとのことである。まあこれも半信半疑であるが、以前から狼男に関しては病気であるという説が多く、私も狂犬病説を聞いたことがあるから、要は原因はなんであれ、錯乱した患者を狼男にしてしまったのではないかと思われる。

 なおこの麦角アルカロイドから抽出された幻覚剤がLSDで、現在はこれの乱用が問題になっていると言うのだから、皮肉な話である。

 

2/6 特命リサーチ200X「肥満について」

 この番組も珍説・奇説に偏る傾向があるので注意が必要である。信憑性に関しては水曜スペシャルよりもマシだと考えている方が無難ではある。ただそれを心得た上で見ているとなかなか楽しめる番組だ(「なるほど、そんな説もあるのか」という観点)。

 今回は500kgにもなってしまった男の例。下手なダイエットをすれば恐ろしいことになるという話である。ダイエット失敗者(これは私も含めて)が経験したことがあるリバウンドのメカニズムである。

 要はダイエットなどにより摂取エネルギーが低下すると、体はこれを飢餓状態であると判断して、エネルギー摂取効率を高めると共に脂肪の消費を減らそうとする働きが生じ、これによって体重の減少が一定のところで止まってしまうというわけである。ここで食事量を元に戻してしまうと、また体重が戻ってしまうというわけである。しかもこの時に満腹感の感覚が狂ってしまうので、増加が起こるそうである。そしてリバウンドを繰り返すたびにこのズレは大きくなって、ついには彼のような破局に至る例もあるとのこと。なんとも聞いていると恐ろしくなる話だ。

 ダイエットの成功のためのポイントは、体重の増加を1ヶ月あたり体重の5%以下にすることだそうだ。すると体の過剰防衛機構が働かなくなり、リバウンドをすることがなくなるらしい。

 ただこの番組では言っていなかったが、ダイエット失敗の原因となりやすいものとして、ストレスのことをあげていなかったのはやや不満。実際のところ私がダイエットに失敗したのはこれが原因だった。実は私は体重の減少は1ヶ月で5%以内というのは知っていたので、これに気をつけていたのだが、仕事上のトラブルで(はっきり言って上司との問題である)過剰ストレス状態になり、これがヤケ食いのような食べ方につながってしまったという経緯がある。だから私の経験から言えば、ダイエットを成功させるには精神の安定が重要である。ちなみに私の上司は「太るのはストレスがない証拠だから、もっと仕事を増やした方が良い」などと馬鹿げたことをしゃあしゃあという愚か者である。

 後半は次世代航空機の話だと思っていたら、結局はメガフロートなる浮島型建造物のことだった。これで沖合に空港を作ろうという話らしい。工期は短く、建設費は安く、沖合に作れるから公害面でも有利で、埋め立てと違って海流や海中環境に影響を与えないなどと良いことづくめのようなのだが、これは少々眉唾物。この手の新しい技術には必ず何らかの問題があるものである。ただし埋め立て一辺倒ではなく、他の手法も検討されるのは良いことではある。 

 

トップページに戻る